テレ朝昼番では、米ティラーソン国務長官が「北朝鮮との無条件対話を提案した旨」等情報配信していたが・・・。

『「もちろん、例え、対話自体は実現したところで、双方が納得出来る合意が成立する訳も無い」。

「更に、対話となれば、金正恩等北朝鮮の要人が北朝鮮外に行く事になる」。

「海外で自らの兄、金正男を

化学兵器まで使って暗殺した

悪の実績を持つ金正恩等」が

「北朝鮮外に出る」なら

「同様の事態が金正恩等に起きても仕方の無い旨」等の

「覚悟」が「必要」になる。

「更に、ティラーソン発言」には、

「今後、更なる核・ミサイル等実験等を行うなら、

無条件対話は消滅する旨」まで

「付いている」』。

『「今回の米ティラーソン国務長官による

北朝鮮との無条件対話

(テレ朝昼番等の

如何にも、北朝鮮劣悪国家指導者等のオトモダチらしく、

無条件降伏を連想させる無条件対話{表現}には

笑える・・・が)

提案」は

「米の政策変更では無く、

{米による最後通告}の

色合いが極めて濃い」。

「北朝鮮が無条件対話を求めて来る」なら

「金正恩等の暗殺が可能(何処の誰が行うのか?は別にして)となり、

北朝鮮が更なる核・ミサイル実験等を行えば、

米軍側の先制攻撃による

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる

北朝鮮解放戦争が始まる事になる」。

「どちらの場合」でも

「米中等の落としどころ」は

「中国共産党支配下の中国並みの北朝鮮」だ』。

『「金正恩等が、

早々に、

自ら、

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄しない限り、

金正恩等の余命は、極めて短いモノになる」。

「金正恩等が早々に態度を是正しない限り、

近々、

北朝鮮解放戦争か

内実、斬首作戦等により

金正恩等は駆逐され、

北朝鮮内を、

中国共産党支配下の中国並みの状態にするべく、

新たな北朝鮮の国家指導者等が生まれる事になる」』。

『「米ワシントンポスト」では

「早々に、米朝{核}戦争の予想シナリオを載せた」らしい。

「もちろん、その被害は、膨大になる旨記されている」との事だ。

「米国内で

米軍の先制攻撃による

北朝鮮徹底懲罰容認世論等」を

「喚起する為」には

「実に、合理的な記事内容」になる』。

『「米・韓・日等の側に、膨大な被害を出さない為」には

「北朝鮮側からの宣戦布告や先制攻撃等が無くても、

米側が圧倒的な軍事力の差を十分に行使して

アッと言う間に北朝鮮を劣悪国家指導者の下から解放する事」こそが

「合理的になる」。

「もちろん、北朝鮮の主として、軍人等には多大な犠牲が出る事になる」が

「北朝鮮の工作活動の被害を

受け続けている

韓・日等の工作活動被害者等」を

「顧みる」なら

「それは、仕方の無い犠牲」になる』。

『「全ての元凶」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の悪の政策等である事」は

「もはや、疑いの余地が無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が悪の政策等を手放さない」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等には、

人類世界から排除される事の正当性が

付いている事になる」』。

『「金正恩等が劣悪では無い」のなら

「早々」に、

「時代遅れの核・ミサイル等の開発」や

「主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」の

「悪の政策」を

「手放すべき」だ。

「早々に悪の政策を手放さない事=劣悪国家指導者等の証明になる」からだ』。

『「未だ、

日本国内の電磁波工作等(筆者等に対するモノも含む)も強化し続けている」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」と

「強く推定出来る」。

「拉致問題でも、

日本全国各地の北朝鮮工作員・協力者等の重大問題を黙殺したまま、

主として、日本海側の拉致被害者等ダケにスポットライトを当てる

酷い、偏向・偏重情報配信等が

蔓延っている」。

「情報・教育工作等も未だ旺盛なまま・・・の実態」が

「露呈」している。

「もちろん、

日本全国各地から多数の日本国民を拉致し北朝鮮に連れて行く為」には

「北朝鮮に連れて行くのに適している者の割り出し」から始まり、

「道中で反意・反乱等を起こさせない為の有益分子化教育等を施し」、

「主として、日本海側に来る運び屋工作員のところまで、

無事送り届ける事」等が

「必要になる」。

「拉致」も、

「北朝鮮誕生以来、

戦後日本国内で連綿と続けられて来ている

北朝鮮による日本支配の為の工作の一つ」だ。

「拉致被害者を日本語・日本文化教師等とする事」により

「北朝鮮内の朝鮮人工作員を日本人化して日本国内に潜り込ませる事等を

可能にしている」。

「拉致工作やその協力という{犯罪行為}を行ってしまったが故」に、

「実質的に、弱みを握られている、拉致工作の工作員・協力者等」が

「その後、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行わせられていない訳も無い」。

「日本の中に北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等を量産する事」により

「日本乗っ取り支配等をより容易にしよう・・・と工作し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子の育成工作

(情報・教育工作や工作員等の積極的、子造り等)」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清工作

(飲食物工作・電磁波工作・侵入工作等々)」等々を

「戦後日本社会の中で、連綿と行い続けて来ている」。

「本来、独立国なら、

実効のあるスパイ・工作活動等防止法等と摘発体制等を持ち

国家・国民の安全・安心を確保するのが当然」だ。

「しかし、戦後日本の政界」では

「北朝鮮労働党のお友達政党等」が

「それは、戦前の特高警察等と同様!」等々と

「実質的に、日本国内の北朝鮮工作員・協力者等を利し続ける状態を維持する事」を

「強いて来た」。

「北朝鮮のお友達政党と同様の人脈が運営し続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ等の論調も同様・・・」で

「その結果」として、

「多くの日本国民」は

「日本国内の重大な危機・危険等」を

「十分に知る事も出来ず、

正当な民意も起こせない状態に追いやられたまま来ていた」。

「ネットの普及」で

「テレビ・ラジオ・マスコミ等情報統制状態が崩れ、

現在では、ある程度の是正傾向が出ていて、

政界では、民意の反映もあり相応に是正されている」が

「未だ、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の人脈は変わりが無い」。

「現状の日本社会では、

未だに、

かなりの数の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等が

蔓延れている」。

「拉致」は

「氷山の一角」だ。

「氷山の一角から、重大問題の全体像がある程度判る情報配信等をする」のと

「氷山の一角ダケを強調して、他に重大問題が無いかの如き印象を視聴者・読者等に持たせる」のとでは

「その意味合いや実効が全く違う」』。

『「日本国内で、

一般日本国民の健常利権等を損なわせながら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下工作員・協力者等の不健常利権の維持~増大等の

実質的、力添え等となる

情報・教育・政策等々」を

「行って来ている者や組織・企業等」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、拉致問題でも、白頭山についてでも、北朝鮮ご用達論を日本の公共の電波上にばら撒いていたので本当に呆れた・・・。

『「拉致問題」で「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等が配信すべき情報」は

「{一刻も早い解決を!}等を優等生ぶり、紳士ぶり言うダケの{実効の無い偽善論}等」では

「断じて無い」。

「既に、露営している、拉致被害者の日本語教師化等の拉致目的等」から

「容易に推定出来る

日本国内に送り込まれて来ている

北朝鮮の工作員等と

工作員等による工作活動等」の

「徹底摘発」だ。

「この当たり前の重大事を黙殺し続ける事の実効」が

「日本国内の北朝鮮の工作員や工作活動等の援助・支援等になる現実」からも、

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

この重大な事を言わない方が異常」になる。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の

日本の中の情報工作機関等」としての「実態」だ。

「もちろん、そんな事を行い続けて来ている者たち」に

「公共の電波を使わせ続けたる必要は全く無い」。

「公共的マスコミ上等で蔓延らせ続け、

その様な者たちの論等を重用し続ける必要も全く無い」』。

『「白頭山」を「革命の聖地としている」のは

「北朝鮮のお手盛りカルトファンタジー等」だ。

「実際の歴史上の事実・現実」は

「日韓併合当時の日本国内で

二国間の合意契約に基づく朝鮮半島内の近代化同化政策に

武力まで用いて抗う事で、

朝鮮半島内の支配を目論んでいた

当時の朝鮮人にも、日本人にも{迷惑}な

{小規模な反政府反乱武力組織}」が

「当時の朝鮮人・日本人の警察・軍等」により

「追い込まれた場所」が

「白頭山」だ。

「その結果」として、

「反政府運動」も

「反乱武力組織等による支配等」も

「その実効」は

「大勢に影響の無い極々小さなレベルにまで至った」のが

「歴史上の現実」だ。

「白頭山」とは、

「当時の小さな反政府組織反乱武力組織」の

「実質的、鎮圧」が「成功した」の「場所」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が

当時の小さな反政府反乱武力組織」が

「実質的に、追い込まれ、鎮圧された場所」を

「革命の聖地」と

「嘯ける、

実質的には、

厚顔無恥の恥知らず状態の

精神文化等」を

「是正しない限り、

北朝鮮との普通の対話等は成り立つ訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の精神文化等」が

「普通の国々では通用しない事等を認識させる為」にも

「日本の中」でも

「北朝鮮ご用達論ダケを喧伝する」のでは「無く」、

「歴史上の事実・現実等を優先して情報配信する」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の正道」になる』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等としての正道は何処へやら、

北朝鮮劣悪国家指導者等のご用達論等ばかり・・・」を

「日本の公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」に

「ばら撒き続けて来ている者たち等」の

「実態」は

「日本の中の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等」になる。

「もちろん、

そんな者たちに

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「米国がパリ協定を離脱したばかりでは無く、

月や火星等の有人探査に積極的になった」のは

「言うまでも無く、

中国・インド等の超人口大国が

十分に先進国か出来ていないまま発生させる温暖化ガス等が

地球環境に与える現実の変化予測故」と

「強く推定出来る」。

「現状のまま、世界経済等を動かし続ける」なら

「それ程遠く無い近未来」に

「地球環境の激変が

雪雪崩的に

やって来てしまう事になる」。

「その時に、サバイバル戦争が起きる」なら

「核戦争となってしまう可能性も決して小さく無い」。

「世界レベルで核戦争が起きてしまった場合、

人類が地球で暮らす事も困難になる可能性大」だ。

「その場合の受け皿」を

「今の内に用意して置かなければ、

人類は滅亡する事になる」。

「パリ協定離脱も、月・火星等の有人探査積極化」も

「極めて、現実的な判断に基づいた

米国として行うべき政策」に他ならない』。

『「最悪の事態を避ける為に今、必要な事」は

「もう一つ在る」。

「筆者も常々訴え続けて来ている

多くの人類の精神構造と人間社会の精神文化を

意識的かつ積極的に

健常進歩・正常進化させる事」だ。

「人間世界に大きな影響を与え続けて来ている

出来の悪過ぎる現行の社会・経済システム等の

精神文化製品」を

「出来る限り早く、

出来の良い精神文化製品へと健常進歩・正常進化させる事」の

「実効は非常に大きい」。

「自虐的な戦争を回避させ、

地球温暖化の抑制にも拍車がかかる等」の

「大きな実効」が

「大いに期待出来る」。

「今、所謂、文系の仕事をしている人々」が

「強く意識し、積極的に行うべき仕事」が

「其処に在る」』。

『「旧態依然とした、

今時、求められている仕事のレベルに達していない、

仕事、もしくは、破壊行為、もしくは、自虐行動等を行う事」で

「現状利権等を貪り続けようとしている実態を露呈している者たち」は

「断じて、優秀でも、優等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態等までも露呈している」なら

「もはや、劣悪レベル、醜悪レベル」だ。

「もちろん、劣悪レベル、醜悪レベルの者たちや論等を、

常連出演・常筆等させ

公然化等し続けていても、

ロクな事は何も無い

ばかりか、

むしろ、{有害}」だ。

「そんな状態の是正が急務である事」は「言うまでも無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

富岡八幡宮「宮司姉等、弟等による殺傷事件」問題・・・。

『「宗教的考え・思い・信念等が濃厚と強く推定される人々による、神社利権争いの要素も濃い様相」の「惨劇」が

「起こされてしまった」。

「報道等による」と

「富岡八幡宮の{稼ぎ}は膨大」で

「宮司ともなれば、神社の{稼ぎ}も{資産}等も好き勝手に出来る」。

「宗教法人としての免税・減税も多い」。

「宮司時代の富岡弟」は

「酒や女性等々に、大量のお金を使う、等々の乱行ぶり」。

「それが、問題となり、父親から勘当、宮司職を退かされた」。

「富岡弟」の「宮司時代の年収は約4千万、退職金は1億2千万、

そして、問題行動を起こさない事を条件に、月々の支援付き」。

「富岡姉は宮司に成ろうとしたが、神社本庁から数年経っても、認可されない」。

「それは、境内に建てた豪邸等の問題故か?」

「しびれを切らせた富岡姉等は、神社本庁を脱退」。

「結果、富岡八幡宮の利権等に対する支配度はより高まった」。

「富岡弟は、それに激怒」。

「そして、今回の事件」。

・・・「という流れ」らしい』。

『「元々が、金満状態の人々による骨肉の争い」だから

「お金が目的」とは「考え辛い」。

「宗教的考え・思い・信念等が強い者たち」による

「お金や権力の支配権争いの様相」が

「露呈」している』。

『「宗教的考え・思い・信念等」の「特徴」として

「自己支配が希薄にされる部分の存在が在る」。

「神や教義や教組等々に、支配権を預ける・預けさせる事」により

「古の時代、自己支配等が困難だった重大問題」の

「鎮静化等を図る部分」が

「それに当たる」』。

『「神道」では

「全てのモノを八百万の神として祀る事」等により

「鎮静化等を図っている」。

「例えば、

古の時代、権力者等の敵に当たっていた強者や有力者等」が

「死後、怨霊とならず、良い神となる様に祀る事等」による

「人心や人間社会の鎮静化等」は

「和にも通じる

日本の旧来からの

考え・思い・信じ等による納得法(≒宗教)」だ。

「自然の驚異等に対しても同様」だから

「神社には、

人を祀ったモノも在れば、

自然等人以外のモノを祀ったモノも在る」』。

『「敵に当たっていた強者や有力者等や自然等々」を

「神社に祀る事による人心や人間社会の鎮静化等」の

「実効」は

「非常に大きかった」。

「日本の中で高度な物資文明製品等が生み出された事等」の

「裏」に「脈々と流れ続けて来ている」

「旧来からの精神文化の一つ」が

「其処に在る」』。

『「しかし、

神社や神道」は、

「明治~終戦まで、

国家神道として{悪用}」された。

「文明開化以降、欧米列強に追いつけ!追い越せ!」と

「当時」の

「武力による比べっこ支配権争い」という

「世界レベルの最先端精神文化に沿った比べっこ支配権争い等」の「為」に、

「多くの人々に、丸ごと一人レベルでの命がけを強いる事等には好都合」の

「神社・神道等が使われてしまった」。

「死して、靖国で会おう!」は

「もちろん、現実として実現する事では無い」が

「当時の多くの人々に命がけの武力による比べっこ等を行わせるハードルを低くする事」等には

「大いに役立ってしまった」』。

『「戦後」は、

「神社も神道も、普通の宗教状態に戻る事になった」』。

『「その戦後の有力神社の一つで起こされてしまった今回の惨劇」にも

「宗教的考え・思い・信念等の影響が大きく反映されている」。

「先ず、

丸ごと一人の殺傷自体、

丸ごと一人の死生観・人生観・宗教観等に基づいた

超自虐体現行動」だ。

「何故、超自虐なのか?」

「言うまでも無く、現実離れ・実体離れが激し過ぎるから」だ。

「人の誕生・死は、現実として、細胞レベルの実現象に他ならない」。

「殺すべきモノの実体は、丸ごと一人の人間では無い」。

「それなのに、丸ごと一人レベルで、身勝手に、殺傷等しようとする」なら

「現実離れ、実体離れが、超自虐行動を起こした者に襲い掛かる事になる」。

「今回の自殺した容疑者」は

「その辺りも宗教的に納得しようとしていた様相」だ。

「死して、怨霊になる」等々の

「非現実的な発想」は

「古の時代なら、それが普通だった」と「強く推定出来る」と

「共」に

「多くの人々」が「実際に、そう考え・思い・信じていた」から、

「実際に、怨霊を祀り良い神になって頂こうとする神社」も

「少なからず在る」。

「死して靖国で会おう!と同様の要素が在る」のが

「死して怨霊になる!」だ。

「その考え・思い・信念等を持つ者たち等にとって都合の良い

丸ごと一人のあの世の世界」が

「其処に在る」が

「もちろん、現実として実在する事はあり得ない」』。

『「それでも、今回の容疑者(富岡弟とその妻)」が

「犯行後自殺等した裏に在る」のは

「血統家族{宗教}」と

「強く推定出来る」。

「例え、両親である自分たちが犯行後自殺等してしまっても、

子が正当な跡継ぎとなる」なら

「自分たちの続きなのだから、それで良い等」の

「宗教的考え・思い・信念等」は

「多くの人々が、未だ、保持している考え・思い・信念等かも知れない」が

「もちろん、言うまでも無く、

人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存であり、

親子は別人格の別人」だ。

「子は両親から自らをつくり出すモトを貰い、

そのモトは選択され組み合わされて

環境に適合し易い様に発芽し、

環境や個体自らの意思の反映等も受け、変化し続ける」。

「同じDNAを持っていても、

頭・身・体等を意識的に鍛えた場合」と』

「鍛えていない場合」では、

「全く、別人の様になる」。

「同じDNAを持つ個体でもそう・・・なのだから、

兄弟姉妹ともなれば、

環境や意思等の違いはさらに大きくなり、

違うのが当たり前になる」。

「環境や意思等の影響を強く受けながら、

細胞ごとに入れ代わりながら成長~成熟~老化して行く

別人格の

約60兆とも言われている細胞群・・・それが、一人の人間個体の実態」だ。

「血統による差ばかりを偏重して重用したがる」のは

「溺れる者は藁にも縋る心理状態故の現象に他ならない」。

「溺れる者が何故溺れているのか?」

「言うまでも無く、

実体や事実・現実と共に在る状態を得ようとせず、

実体や事実・現実とは程遠い考え・思い・信念等に縋ろうとしているから」だ。

「その自覚があるにせよ、無いにせよ」・・・』。

『「今回の惨劇でも明らかな様に

宗教的考え・思い・信念等の重用状態上の犯行等は

悲惨な状態を生み出し易い」。

「まるで、飲酒状態と同様の様に」・・・』。

『「その辺りの実状」からすれば、

「宗教法人に対しては、免税・減税より酒・タバコ等並みの課税」が

「適切になる」。

「歴史文化遺産的に重要と多くの人々が認めるモノ」は

「歴史文化遺産等として保護すれば良いダケ」だ』。

『「エルサレム等の問題」でも

「宗教を過剰優遇して、宗教だから何でも通る・・・的」に

「事を処理しようとすれば、

上記の宗教故により酷くなってしまい易い悪の効果等故」に

「より酷い実体現象が出現させられ易くなってしまう」。

「全世界的な脱宗教の流れ」は

「時代の要請」だ』。

『「聖書の言う、偽りの宗教」とは

「実体や事実・現実と乖離している宗教の事」と「強く推定出来る」。

「今時の人類なら、

自然の摂理=神で、科学=宗教」等であってこそ、

「{偽りの宗教のドツボ}を避ける事が出来易くなる」』。

『「伝統文化遺産としての富岡八幡宮」は

「神社テーマパーク、神道テーマパーク」等としても

「大いに魅力的」だが、

「其処に仕えている人々の精神構造までもが、

古の時代のまま・・・である必要性は全く無い」』。

『「丸ごと一人の死生観等や血統家族主義や怨霊信仰等の色合いも濃い

神社利権の支配権争い殺傷惨劇」等の

「再発防止の為」にも

「多くの人々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」の

「健常進歩・正常進化」が

「強く望まれている」』。

『「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化等の為の十分な仕事が出来ていない者たち」等を

「公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上」等々で

「蔓延らせ続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、未だに「北朝鮮の為の戦争回避論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮問題」を「解決する方法」は「既に、はっきりしている」。「一つ」は

「北朝鮮が

核・ミサイル等の開発

と主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

完全放棄した上での、

話し合い~平和解決」だ。

「もう一つ」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等の軍事オプションによる解決」だ。

「其処には、北朝鮮劣悪国家指導者等の利に適う、対話の為の対話等」は

「無い」。

「対話の為の対話等」では、

「悪戯に北朝鮮劣悪国家指導者等を利すダケになってしまい

北朝鮮問題の解決には結びつかないから」だ』。

『「一番理想的」なのは、

「北朝鮮が核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「放棄する事」による

「対話~平和解決」だが

「過去の実績からも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、この道を選択出来る」とは

「思えない」。

「現実的解決策」は

「軍事オプションの行使」になる。

「軍事オプションが行使される」なら

「米・韓・日等の側の犠牲を出来るだけ少なくする作戦」が

「合理的になる」。

「もちろん、その分、北朝鮮側の犠牲は膨大になる」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等が平和解決への道を歩まない」のなら

「もはや、どうしようも無い犠牲」になる。

「クリントン政権時には不可能だった、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)」は

「既に実行出来る状態」だ。

「北朝鮮の軍備の進歩・進化の速度より

米・韓等の側の軍事力の進歩・進化の速度」の方が

「遥かに早い」から

「クリントン政権時には、戦争になれば、韓国内の犠牲も膨大・・・」だったが、

「今では、米・韓・日等の側にほとんど犠牲を出さずに

北朝鮮問題を軍事的に解決する事」も

「可能になっている」。

「つまり、

北朝鮮の時代遅れの軍備増大は

無駄、

どころか、

自虐にしかなっていない」のが

「現実」だ』。

『「米・韓・日等の側にほとんど犠牲が出ない軍事作戦を実行する場合」は、

「事前避難等も必要無い事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、近々、態度を是正しない」なら

「近々、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等が

実行される事になる」』。

『「北朝鮮が国連を頼るとは、正に、末期症状」だ。

「散々、安保理決議等を反故にして来ている」のに

「国連に対話等の仲介を・・・」とは

「もはや、笑い話にもならない愚行劇」だ。

「実効」として、

「北朝鮮は少々の時間を得た」等と

「北朝鮮劣悪国家指導者等は思いたい・・・」だろうが、

「既に、米側のタイムリミットは決まっている」から

「実際は、全く、実効も無い」。

「他に出来る事が無くなっている」から

「仕方なく行ったダケ」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等による

出来の悪い茶番劇に

付き合わされた国連の方々」も

「本当に、ご苦労様・・・」』。

『「米側が既に定めているタイムリミットの前」に

「北朝鮮側が

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「完全放棄しない限り」、

「タイムリミットが来た途端に、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争が実行される事になる」』。

『「今、日本のテレビ・マスコミ等が大々的に配信すべき情報」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

滅亡等を覚悟しない限り、

態度を是正せざるを得ない実状」であり、

「日本国内に戦争被害脅し等をかけたりして、

対話の為の対話実行民意圧力等をつくり出そう・・・等とする事」では

「断じて無い」。

「それなのに、

未だに、戦争被害脅しや対話推奨論等々を喧伝し、

実際に北朝鮮問題を解決する実効のある方法等は

ロクに言わない」のが

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、手下の様相を露呈している

テレビ・ラジオ・マスコミ等」だ。

「実現可能な実効のある対案等はロクに出さず、出せず、

悪戯な批判・非難等や

言葉狩り・態度狩り、揚げ足取り等や

実質的、ファンタジー案等の提案等」は

「得意中の得意」な

「反対野党等」と

「同様の状態」が

「其処に在る」』。

『「反対野党の中には、北朝鮮のお友達」も

「少なからずいる」。

「政界には、選挙があり、民意も反映される」から

「反対野党は、当然の如く少数派になっている」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等」には

「選挙も無く、民意の反映も希薄」だから

「未だに、反対野党の様なテレビ・ラジオ・マスコミ等が

大政党並みに蔓延れている」。

「是正すべき、させるべき、である事が明らかな

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等と

公共的マスコミ等の

実態」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮問題の解決の為」には

「既に、時が遅過ぎる

多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化と

その集大成としての

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」を

「誘う、情報・教育等」の

「意識的かつ積極的な実行」だが、

「現状の人間世界」には

「北朝鮮問題以外にも、深刻な問題が多々在る」。

「未だ、その実効が見込める重大問題の為」にも

「一刻も早く、精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化の役に立つ

情報配信等」を

「意識的かつ積極的に始めるべき」だ。

「それさえも出来ない」のなら

「力量不足、実力不足等は明らか」なのだから、

「恥の上塗りを続けない為」にも

「早々に、

過分な立場・報酬・権力等を手放すべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等と同様の問題」が

「其処に在る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、中東より北朝鮮の方が心配な様相の常連出演者等が「トランプ大統領批判・非難論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「未だに、日本の公共の電波上で、米朝の戦争は無いと思う旨」等を述べ、

「実質的には、北朝鮮劣悪国家指導者等の現状の政策を応援していた様相だった」のだから、

「本当に呆れた」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が現状の政策のまま突き進む」なら

「近々、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる等」の

「メッセージを発する事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を改めさせる事に力を加える」のが

「日本のテレビ・マスコミ等の正道なのに」・・・』。

『「トランプ大統領に対する悪戯な批判・非難等」も

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の得意技」だ。

「其処には、

米大統領選挙時に、

{トランプは落ちる!}等の旨を大々的に連呼した

テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち自身の

自己正当化の為の更なる恥晒しぶり等」が

「露呈」している』。

『「そもそも、米国でトランプ大統領が誕生した」のは

「それまでの状態の打破を欲する{現状脱出欲動}」が

「多くの米国国民の中に生まれていたから」故の

「実体現象」だ。

「現状利権を貪っている状態」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界人等々にとって」は

「その様な本質は認め難い事」になる。

「よって、現状を変えるエネルギーが大きいトランプ氏に対する

強烈なバッシングを行う事で、

現状維持派のクリントン氏等を応援した」が

「それは、虚しく終わった」。

「多くの人々の中で渦巻いている現状脱出欲動の大きさの前」に

「現状のマスメディアファシズム等」が

「負けた」。

「実は、その現状脱出欲動」は

「もちろん、米国人の中だけに在るのでは無い」。

「世界中の多くの人間が自らの中に持ち、

知らず知らずの内に

どんどん巨大化させている場合」も

「決して少なく無い」』。

『「では、何故、現状脱出欲動が生じるのか?」

「自分の実体さえも十分に理解・把握出来ず、

その実体の本来の目的に沿う様に自分を健常にコントロール出来ていないから」だ。

「自分の実体やその本来の目的に叛いている現状を

背いていない状態に変えたくなる」のは

「本能欲動として当然」だ。

「しかし、どう変えれば良いのか?が分らない」。

「その様な状態のまま時を重ねる」と

「{変えたくなる}の蓄積」が

「{現状打破・現状脱出}の欲動」へと「{化けて}行く事になる」。

「自らの中に在る{化けモノ}を退治する実効のある手段」は

「自らの外に追い出す事」だ。

「その結果、現状脱出欲動という人間の中に巣食っていた{化けモノ}」が

「人間社会の中で具現化する」。

「個人レベルで強烈な破壊行動等として{化けモノ}を具現化する者も出る」し、

「集団レベルで、例えば、選挙時等に、より現状打破の要素が濃い候補者や政党等を選択する事もある」。

「もっとも悲惨なのが集団レベルの命がけの{化けモノ}具現化」で

「戦争」だ。

「人類の歴史は戦争の歴史とも言われている」が

「その実体は、人類が現状脱出欲動という化けモノに翻弄されて来た事」でもある』。

『「元々が、現状脱出欲動という{化けモノ}の

実体人間社会での具現化に

積極的なトランプ大統領」だ。

「そして、トランプ大統領は、現状脱出を求めている多くの米国民の支持を得て誕生した」。

「現状人間世界の至る所で、同様の現象がより顕著になって来ている」』。

『「精神構造・精神文化から、紐解く事により、

現状脱出欲動という{化けモノ}を

鎮静化~解消等させようとしない場合」、

「人類が歩む道」は

「今まで、同様の現状脱出欲動という{化けモノ}に翻弄される歴史を積み重ねる事となる」。

「精神構造・精神文化面」から、

「その様な実態を予見していた古の時代の賢人たち(もしくは、エイリアン等)」は

「未来の人類への{警告}として、

聖書等の預言書を残した」。

「その{警告}を{警告}と理解・把握せず、

預言であり、決まっている将来」と

「考え・思い・信じる」と

「聖書預言を実現させる事こそが、人類の為になる」等の

「{信念}も生まれる」。

「その{信念}に基づいて、事を具現化させよう・・・とする人々が多ければ、

実際の人類の歴史も

聖書預言同様となる」。

「とても、悲惨な実態」だが

「それは、自らの中から現状脱出欲動を解き解し、鎮静化~解消させる努力」を

「怠っている人類への強大な罰」でもある』。

『「愚か者のテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「紳士ぶり、優等生ぶり、現状維持等や

現状脱出欲動の具現化に対する悪戯な批判・非難等ダケ」を

「続ける」なら

「人類への強大な罰」が

「確実に与えられる事になる」』。

『「中東問題」も

「北朝鮮問題」も

「戦争・テロ・殺傷・いじめ等々の問題」も

「格差・貧困・差別等々の問題」も

「皆、解決しなければならない重大問題」だ。

「そして、その平和的解決法」は

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」と

「その集大成として、人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる事」だ。

「人間の中の進歩・進化を抜きにして、

外の世界ダケで事を処理し続けよう・・・とする」なら

「強大な罰ばかりでは無く、漏れなく人類滅亡が付いて来る」。

「当たり前の事」だ』。

『「今時の所謂、文系の仕事として、必要十分な仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「イスラエルの首都をエルサレムと認めた米国」、「ロシア国家ぐるみドーピングで韓国冬季五輪出場権剥奪」、「日本の大相撲問題」、・・・比べっこ時代の崩壊は既に始まり、20年遅れの世紀末がやって来る・・・。

『「それは、地球環境問題からも明らか」だ。「現状までの比べっこ時代の人類の世紀末」が

「かつて、巷で良く、言われていた、1999年頃から、約20年遅れ」で

「やって来ている」・・・。

「今後、現状のまま・・・」なら、

「比べっこ時代の崩壊現象」は、

「加速度的に進んでしまう事になる」。

「超おバカ、もしくは、悪、テレビ・ラジオ・マスコミ等々や、学校教育等々」は

「未だ、比べっこ上の優位者等を賛美・推奨している」が

「崩壊を回避させようとせず、崩壊をより早める事に力を加えていてどうする???」』

『「当ブログ」は、「一般日本国民による日本語表記」なので

「日本国民にとって、身近なところから考えてみよう」。

「日本の大相撲問題」だ』。

『「元々、日本の相撲は、武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代の平穏時」に

「力士たちの有り余る力を昇華させる事」により

「武運アップ(立身出世)や豊かな実りや平和等を願う奉納神事」や

「大衆娯楽」として

「つくり出された」。

「平時が続く事により、より娯楽の要素が高くなった」。

「日本の{相撲}の発生」も

「他の精神文化製品同様、

発生当時の人間社会の精神文化欲求上に在り」、

「{相撲}の成長も成長当時の人間社会の精神文化上に在る」。

「日本の武力による比べっこ時代」は

「第二次世界大戦終了時まで続いた」から

「それまでは、日本国内の人間社会が持っている精神文化と

{相撲}との整合性も高く、

{相撲}自体の問題が問われる事は無かった」』。

『「戦後の日本社会」は

「武力による比べっこ」から

「武力をベースにした経済による比べっこ」へと

「日本社会が保有している精神文化」を

「進化」させた。

「経済による比べっこの要素が強く入り込んで来た」から

「{相撲}もより商業化」し、

「横綱や人気力士等は商売にも利用される頻度が飛躍的に上がった」。

「経済による比べっこ」で「より有利な状態を得る為に合理的な手段の一つ」は

「国際化」だ。

「国際化と共に、{相撲}は商業スポーツの色合いが濃くなった」。

「内実としては、より良い報酬・立場等を得る為」に

「外国人力士が部屋入りする事等も増えた」。

「発生時からしばらくは、神事の要素も濃かった相撲」には

「神事的形骸が多々ある」が

「内実」として、

「主として、商業スポーツでの成功を目指している力士(日・外を問わず)や

商業スポーツを見る事による実効を求めている人々等にとって」は

「神事的要素」より

「勝負」が

「より重要」となる。

「その結果、ジャパニーズプロレスリングでも良かった{相撲}」は

「ボクシングの様な、ガチンコスポーツ勝負へと

変質させられて来ている」。

「主要力士の場合、強者同士のガチンコスポーツ勝負が15日も続く場所」が、

「一年に何回もある」のだから、

「怪我人だらけ・・・になる」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「怪我まで伴う場合が決して少なく無いガチンコスポーツ勝負を望まれている人々」が

「力を抜けるところでは、力を抜きたい・・・」等と

「考え・思い・感じたり・・・する」のは

「ある意味当然の現象」で

「その力を抜けるところ」が

「商業スポーツから遠い、相撲の伝統文化面等になり易い」のも

「当然の現象」だ。

「商業スポーツを見る事による実効を期待している人々にとってもそれは同様」になる。

「その逆に、本来の{相撲}を大切にしたい人々(親方・力士等も含む)にとっては、

その様な現象は許容出来ない事になる」』。

『「比べっこの究極」は

「命がけの比べっこ」で

「それが、武力の比べっことなった」のは

「高度な頭脳を持つ人類の必然」だ。

「命がけの比べっこ」が

「基本的に、抹殺状態にある現状の似非平和人間社会」では

「商業スポーツ等にガチンコ勝負を求め、命がけの比べっこの代わりを演じさせよう・・・とする

代償欲求追及者が溢れている」。

「現状の{相撲}の悩み」は

「多くの人々の精神構造の悩みの投影転嫁版」でもある』。

『「高度な頭脳を持つ人類」なら

「精神文化や精神構造の進歩・進化の方向性等から

自らの精神構造を進歩・進化させる事や

人間社会の精神文化を進歩・進化させる事」等により

「この{悩み}を解消させる事も出来る事になる」が』。

『「比べっこ」の「後」の

「精神構造・精神文化」は

「実体・本質・快適等探究」だ。

「比べっこ」とは「結論を比べる事により得る手段」だが

「実体・本質・快適等を探究する為に、比べっこは必需では無い」。

「比べっこ」は

「深い知識も高度な技術も無くても可能」だが

「実体・本質・快適等探究の為には、相応の知識や技術等が要る」。

「比べっこ」は

「人類なら、乳幼時代の精神構造として相応しく、

成人の人類の精神構造として相応しいのは、

実体・本質・快適等探究になる」。

「小~中~高~大時等」は

「比べっこから実体・本質・快適等探究へと

自らの精神構造を健常進歩・正常進化させる時」だ。

「本来の文系情報・教育の肝」は「其処に在る」』。

『「多くの人々の精神構造」が

「比べっこから実体・本質・快適等探究」へと

「健常進歩・正常進化出来ている」なら

「{相撲}」で、

「比べっこ商業スポーツとしての実効」を

「強く求める人々は減る事になる」。

「精神構造が実体・本質・快適等探究に至っている」なら

「力士でも、観客でも、

ガチンコ怪我だらけ・・・」が、

「決して、快適では無い事」は

「直に判る」。

「{相撲}本来の実体を顧みる時、

時の精神文化が生み出した伝統文化遺産的精神文化製品の

必要性や味わい等も良く分る」。

「{相撲}が残るべき精神文化製品となる為に必要な事」は

「ガチンコでは無く、伝統文化的要素の維持・保護等である事」も

「本質から考えるなら直に解る」』。

『「異常な現状の緊張感や対立等」は

「多くの人々の精神構造が未だ、比べっこレベルであるが故の悪現象」に他ならない』。

『「重要な事」は、

「多くの人々の精神構造」を

「一刻も早く、健常進歩・正常進化させる事」だ』。

『「比べっこ五輪」で

「ロシアの国家ぐるみドーピング」という「ズル・インチキ等」が

「バレ」だ。

「スポーツ比べっこはフェアであってこそ価値がある」と

「当然の考え等を持つ、IOC」は、

「ロシアを冬季韓国五輪から排除した」。

「国家ぐるみ・・・とは国家の問題」だから

「国としてのロシアは排除しても、{クリーン}な個人は排除しない」と

「IOCは正義ぶってもいる」。

「報道されている実態から推測する」と

「ドーピング選手も、国家ぐるみドーピングの被害者の様相」で

「クリーンな選手とは、国家ぐるみドーピングの被害者では無かった者たち等」になる。

「何れにしても、この問題の基」は

「国家ぐるみドーピング」だ。

「ロシアを国家ぐるみドーピングに走らせた」のも

「国家同士の比べっこで何としても勝者に成りたい」等の

「比べっこ故の動機」だ。

「五輪の本質」は

「平和の祭典」とも言われている。

「スポーツの本質」は

「人類の限界や新たな世界の体現等に在り、

比べっこ上には無い」。

「それでも、比べっこ原理主義者等」は、

「スポーツ比べっこでの勝利・勝者等」を

「過剰な程、重要に扱いたがる」。

「それは、経済による比べっこ上での使い勝手の良い道具にも出来るから」だろう』。

『「経済による比べっこ」で

「短絡的に勝者を目指す者たちが多過ぎて来ている上」に

「未だ、その是正等も無い」から

「現状の地球環境問題」は、

「加速度的に深刻化しているのに!」』

『「古の時代から在る、

宗教比べっこ」も

「大変」だ。

「何しろ、

宗教」とは、

「実質的には、

徹底的にその宗教を信じる事で

深い納得を得続けようとする手段」だから

「宗教対立は、必然的に深い対立に成り易い」。

「歴史上も、何度も、命がけの対立になっている」』。

『「宗教問題解決の為」には

「先ずは、宗教を別にして、

人々の精神構造や

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「重要」だ。

「宗教を持ち出して、解決を図る」と

「命がけの比べっこになってしまい易いから」だ』。

『「現状人間世界」の

「多くの重大問題」を

「解決させる鍵」は

「個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「その集大成である人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」だ。

「本来の文系の仕事」は

「其処に在る」』。

『「時は、急を要している」。

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化に繋がる

精神文化製品が

どんどん発表・発行・公開等される事」により

「加速度的に、多くの人類の精神構造が健常進歩・正常進化」し

「人間世界の精神文化も健常進歩・正常進化する」なら

「無用な戦争も、環境破壊等もかなり避けられる事になる」。

「人間世界の精神文化を次世代に移行させる事」で

「初めて、人類に、宇宙の本格進出権が与えられる事になる」。

「それは、地球生命体細胞群の存続~永続の為の必需品」だ』。

『「未だ、筆者の周りでは、邪魔・妨害・嫌がらせ等々する悪者たち」が

「蔓延っている」。

「北朝鮮等問題(日本の中の工作活動問題も含む)の早期徹底解決」は

「本当に、重要」だ』。

|

NHK受信料等、最高裁「合憲」判決問題・・・。

『「公正な放送の為」に「他からの影響を排除する為、受信料を徴収する契約を強制的に締結させる事等」が「合憲判断された」のは

「ある意味、当然」だ。

「しかし、現状のNHK」が

「公正か?」は

「全く別問題」だ』。

『「特に、

実権者人脈、民主党人脈{圧力}人事以降、

NHKでは、芸能界等の者たちの起用」が

「より激しくなった」。

「論調」も

「親韓(北朝鮮も含む)・親中国共産党等寄り論調等」が

「より蔓延る様になった」。

「視聴者から受信料を強制的に徴収していても、

政界等の実権者からの圧力には容易に屈している実態・実体」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本の芸能界」では

「異常な戦後処理故」に

「朝鮮系等の者たちの割り合いが一般日本社会より遥かに高い」。

「その面では、●暴同様の実態」が「其処に在る」。

「現状のNHK」では、

「芸能界の者たちが登用されている割り合い」が

「それ以外の一般日本国民が登用されている割り合い」より

「遥かに高い」。

「民法と同様化している」』。

『「戦後日本の芸能界や●暴等」と

「例えば、北朝鮮のお友達かつての旧巨大野党等との繋がりの濃さ」は

「色々なところで、度々、良く指摘されている通り」だ。

「其処には、

政治論調等でも、

親韓(北朝も含む)・親中国共産党等の論調が重用されがちになる土壌」が

「出演者等によってつくり出されている実態が露呈している」』。

『「政界圧力等で

ゲイノウ人等を重用する事等」を

「実現する人事等が

行われている実態」が

「露呈している」のだから

「例えば、

NHKで雇う者や、

外注先等や、

アナウンサーや

論説者等や、

起用するご用達コメンテーター等々」でも

「その実態に変わりは無い事」が「強く推定出来る」』。

『「その実態」は

「多くの民放と全く同様」で

「多くの民放と同様の

偏向・偏重等が蔓延るNHK」には

「視聴料を徴収する契約等が強制的に締結出来る状態は馴染まない」』。

『「内実として、公正性を失い、民放同様に偏向・偏重傾向を顕著に露呈している状態」の

「現状のNHKの実態を十二分に問う事無し」に

「視聴料の徴収契約等を強制的に締結する事等」が「合憲か?否か?等を争った裁判」の

「合憲判決」には

「内実を問わない事を是認さしめる実効」までもが

「含ませられている様相」だ』。

『「その悪のメリットが享受出来る

現状の多くのテレビ・マスコミ等の報道や情報配信等」でも

「テレビ・マスコミ等自らの問題の露呈を恐れてか?

内実問題への言及は異常な程希薄」だ』。

『「この辺りの、実質的、策略ぶり」から

「スジの悪い裁判を仕掛けた者たちの実体の臭い等を感じている」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「他に影響されない公正な放送等の内実が伴っている」なら、

「視聴料徴収等を含む契約を強制的に締結出来る事」が「合憲」でも「当然かも知れない」。

「しかし、現状のNHKの実態」は

「違う」。

「芸能界の者たちとそれ以外の一般日本国民の登用割り合いの異常な差」等からも

「明らかな様」に

「内実が十分に伴っていない」。

「そして、その様な実態への悪い方向への急激な変化」が

「旧民主党系の者たちが政界で強い実権を持てていた時期」と

「重なっている」のは

「単なる偶然とは到底思えない」』。

『「今、多くの旧民主党系のテレビ・マスコミ等」では

「政界等からの圧力問題等は言っている」が

「その実体は、異常な現状を是正させない為の悪の防波堤の様相ですらある」』。

『「NHKは、ゲイノウ人等の起用割り合いを一般日本国民並みにする」と「共」に

「テレビ出演等により知名度が上がると仕事に繋がるメリットを受ける事になるゲイノウ人等から」は

「宣伝料を取るべき」だ。

「そして、得られる宣伝料分、一般日本国民の視聴料を安くするべき」だ。

「更に、視聴料に所得・資産等の高低によっての差が無い事も、異常」だ。

「テレビの大小による差があっても良い筈」だ。

「個人所得・資産等の実態把握や決算システム等がどんどん進歩・進化している今時、

その辺りを大雑把なままにし続ける事の正当性は無い」』。

『「スジの悪い訴えの最高裁判決等」を「基」に

「現状利権等の固定化を図ろうとするのは悪」だ。

「北朝鮮等の実態からも明らか」な様に、

「悪を蔓延らせてもロクな事は無い」。

「今回の最高裁判決」は

「受信料徴収自体は正当である事の最高裁判決」として、

「現状のNHKの是正すべき問題」を

「是正させる事」は

「絶対に忘れるべきでは無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害」の日馬富士に大甘処分を望んでいる様相の常連出演者等問題・・・。

『「日馬富士個人の帰化等利権」と「多くの人々が知っている、飲酒、パワハラ・暴行~傷害事件を甘く罰する事により日本社会の中に生まれる害悪」を

「天秤にかける」なら

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害等の新たな被害者を出来る限り少なくする為」にも

「大甘処分に対して否定的」であって

「当然」になる。

「ところが、多くのテレビ常連出演者等」は

「大甘処分により日馬富士の帰化等利権を守る事」を

「まるで、正義の如く、風潮している」。

「そんな常連出演者等の頭の中」では

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害等の被害者」より

「有名人等の利権」を

「優先する{悪魔のロジック}」が

「蔓延っている」のだろう。

「その{悪魔のロジック}故」に

「韓国(北朝鮮も含む)等の反日国への売国・売国民政策・政治家・政党等」も

「平然と、公共の電波等を使って、応援出来てしまっている」と

「強く推定出来る」。

「優等生ぶり、正義ぶり・・・

内実としては、

偽善者だったり、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下だったり、

・・・等々出来てしまっている」のも

「{悪魔のロジック}故」と「強く推定出来る」』。

『「では、その{悪魔のロジック}」は

「何時、

どんな者・物・事に、

仕込まれたのか?」』

『「戦後日本の学校教育」や

「戦後の日本社会」や

「それぞれの現家庭」等や

「現状人間社会・経済システム」等に

「{悪魔のロジック」を仕込む何かが潜んでいる」と

「強く推定出来る」』。

『「多くの人々が{悪魔のロジック}を支持し続ける」なら

「人間世界の行き先は決まっている」。

「人類は確実に滅亡する」。

「人類滅亡の元凶は多くの人の中に在る」。

「多くの人々が{悪魔のロジック}から抜け出す」なら

「人類誰もの自分の実体、広義の自分である地球生命体細胞群の永続も可能になる」』。

『「現状では、多くの常連出演者等」が

「内実として、人類滅亡に力を加えている」。

「{悪魔のロジック}を保持したままの狭義の自分を正当化しようとする」なら

「多くの人々に{悪魔のロジック}を保有させる事が合理的になる」』。

『「狭義の自分の悪い所の是正を拒み、

広義の自分を抹消させようとする

自虐状態の者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「{悪魔のロジック}を保持している者たちの頭の中」では

「持っている金の量≒その人間の価値」だ。

「得られている高いとされている立場≒その人間の価値」だ。

「持てている権力の強さ≒その人間の価値」だ。

「その様に重い・感じ・信じる事」で

「自己正当化を図ろうとしている」。

「もちろん、実際の人間の価値」は

「そんなところには在り得ない」。

「そんなところの価値に社会性を与えている現状の人間社会故」に

「ある種の幻想に浸れるダケ」だ。

「実際の価値が其処には無い」から

「どんなに金を大量に持っている者でも、更なる、金を求め、

どんなに高い立場が得られている者でも、更なる、高い立場を求め、

どんなに大きな権力を持っている者でも、更なる、大きな権力を求めている」。

「代償欲求の追及上には充足は在り得ない」。

「当たり前の事」だ』。

『「本来の人間の価値」は

「人間の実体である地球生命体細胞群」の

「本来の目的である存続に対する貢献で決まる」。

「自分の実体やその実体の本来の目的に沿った行動等追及」は

「本来欲求との整合性も高い」から

「合理的な行動実態や成果等次第」で

「その都度、本来欲求の充足状態も得られる」。

「其処に人間社会的価値や経済的価値等が与えられるのか?否か?」は

「その後の話し」だ。

「人間社会が人類の実体やその本来の目的との整合性を高めれば高める程、

本来欲求の充足状態を得て来ている人々への評価や報酬等も高くなって行く事になる」。

「逆に、人間社会が人類の実体やその本来の目的との整合性を悪くするなら、

当然、冷遇等される事になる」が

「そんな状態の人間社会なら人類滅亡が付いて来る事になる」。

「現状に媚びて、刹那的な利を得ながら人類滅亡を呼び込む人生」と

「本質を探究しながら人類の実体である地球生命体細胞群の存続~永続に力を加える人生」の

「どちらを選択するのか?」は

「個々の自由であり、自己責任の世界」だ。

「しかし、その集大成により人類の余命も決まるのだから、

一人一人の責任は、非常に重い」』。

『「公共の電波上で、人類滅亡方向に力を加えている自虐者等」を

「常連出演させ続ける害」は

「本当に大きい」。

「何故なら、そんな自虐者等を実質的に、公然化している事になるから」だ。

「多くの視聴者等が自虐者等と同様の状態になる」なら

「人類の余命は急速に短くなって行く事になる」』。

『「日馬富士、飲酒、パワハラ・暴行~傷害問題」でも

「大相撲や横綱のあり方」と

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害事件等」は

「ちゃんと分けて扱うべき」だ。

「多くの人々にとって、より重要」なのは

「飲酒、パワハラ・暴行~傷害事件等」の

「抑制~撲滅」に他ならない。

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為の実効のある策」が

「求められて然るべき状態が其処に在る」。

「それを、大相撲や横綱のあり方とごちゃまぜにして、

本質を歪め、

要でも無い結論等で

多くの視聴者の頭の中を染めよう・・・としている様相」なのだから

「本当に呆れる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「言葉の上辺を大問題化する無害化・去勢化工作」等を日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「日頃から、言葉の上辺」は「如何にも優等生的・紳士的」に「内実としては、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論等」を

「日本の公共の電波上にばら撒き続けて来ている者たち等」が

「言葉の上辺を大問題化する事の内実」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を利す事等」になる』。

『「差別」や「人権」や「表現の自由」等と

「言葉の上辺の大問題化」等を

「使い分け」ながら

「実質的に、利しているところ」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等」では

「日本のテレビ等として、本当に、呆れるばかり・・・」で、

「その実態・実体」は「劣悪で醜悪なモノ」になる』。

『「言葉で重要」なのは

「断じて、上辺では無い」。

「内実」だ』。

『「内実」として

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、大犯罪者等を利している」なら

「どんなに言葉の上辺が紳士的・優等生的であって」も、

「その実体」は

醜悪で劣悪なモノ」に他ならない。

「視聴者・読者等が傾注すべき」は

「内実であり、断じて、上辺では無い」』。

『「言葉の上辺を大問題化する事」は

「内実の理解を阻害させ」たり

「その言葉を発した者等を貶め」たりする事等には

「大いなる実効を発揮する」。

「例えば、

現状の日本社会」では

「政治家の言葉狩り」で

「無用な大臣交代劇等が起こされる事」は

「与党の政策より日本国・多くの日本国民の為になる政策」の

「提案・提示等」さえ

「ロクに行えない{反対}野党の者たち等」を

「正義ぶらせ、{反対}野党支持率を上げる為等」に

「大いなる実効がある」。

「現状の日本社会」では

「テレビ・マスコミ等の者たち等」による「言葉狩り・態度狩り」等々で

「その政治家の内実を探究しないまま

悪者のレッテル貼りをしてしまう

テレビ・ラジオ・マスコミ等の操り人形状態の人々」が

「未だ、多いから」だ。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が利して来ている政党・政治家等」は

「もはや、多くの日本国民が知っている事」だろう。

「現状の日本社会で、

何とか、人気が取れる、

{反対}野党や{反対}野党政治家」や「その人脈の者たち」等である場合が多い。

「其処には、北朝鮮労働党の{お友達}旧社会党系の者たち等」も

「多数含まれている」。

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」を

「平然と公言出来ていたり、実行しようとしていたり・・・等々する」のも

「ある意味、当然の現象」になる』。

『「其処に在る」のは

「人脈の問題」であり、

「劣悪国家指導者等の手下化してしまっている者たちの問題」だ。

「例え、自分の親兄弟姉妹親戚等でも、

悪者は悪者として扱い対処する健常状態の人間ばかり・・・」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「時と共にドンドン小さな問題になって行く」のが

「当然の現象」だ。

「逆」に、

「自分の人脈の者たちこそが正義」等の

「誤った正義感等に毒されている人々の数が多ければ多い程」、

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は

「時と共に、ドンドン深刻化{出来て}しまう事になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の現状はどちらか?」

「言うまでも無く、後者の状態になってしまっている」。

「今まで、

散々、

日本等の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の

実質的、手下等(政財界の者たちや、テレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等も含む)」が

「其れこそ、

言葉や態度等の上辺」では、

「如何にも紳士的・優等生的」に

「内実としては、北朝鮮劣悪国家指導者等を利す論や政策等」を

「蔓延らせ、実現させて来た事」等による

「悪現象」が

「其処に、露呈」している』。

『「もちろん、こんな状態の是正」は

「急務」だ。

「今までの、悪効果の実績ダケ」でも

「多くの{反対}野党の者たちや

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち」等は

「過分な立場・報酬・権力等を剥奪されるに十二分」になる。

「政治家には選挙がある」。

「実際に、{反対}野党等の者たち」は

「ある程度は、少数勢力化している」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等には選挙も無い」。

「人脈交代も無い」。

「未だに、民主党政権成立に多大なる力を発揮した者たち等」が

「テレビ・ラジオ界や

公共的マスコミ界」等で

「大いに蔓延れている」。

「情報の一方的大量配信が民主主義等に与える事が出来る重大な影響」等を

「鑑みる」なら

「公共の電波を使うテレビ・ラジオ」と

「公共的マスコミ」等には

「実質的、選挙等による人脈交代が有って然るべき」だ。

「或いは、

実体や事実・現実に基づいた脚色の無い原寸大情報配信」の

「罰則

(背いた場合は、

即クビ、

即公共の電波の使用権停止、

等々)もある

強い義務等があって然るべき」だ。

「現状」の

「実質的、偏向・偏重・脚色等自由状態」で

「人脈交代も無い事」による

「多大な悪影響」は

「北朝鮮問題でも出ている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

いよいよ近づく米朝戦争・・・。

『「日韓等の多くのマスメディア等による{戦争は無いゾ!}等の旨の誤った情報配信」の「実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が行い続けている

核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」への

「応援」だった。

「戦争が無い」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「例え、経済制裁等がどんなにキツクなっても、

核・ミサイル等の開発や

主として日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等」を

「行い続ける事が出来てしまう」。

「経済制裁の抜け道・裏道等を探し出し、実用する事」は

「工作活動国家にとって、それ程困難な事では無いから」だ。

「しかし、

そもそも、

北朝鮮劣悪国家指導者等は

何故、核・ミサイル等の開発や

主として、日韓内等、他国内での工作活動(j非人道的なモノも多い)等」を

「行い続けているのか?」

「体制維持の為」と「言われている」が

「どんな体制を維持する為か?」こそが

「極めて重要になる」。

「それなのに、

日韓等の多くのテレビ・マスコミ等では、

この重要事項を無い事にしている」。

「戦争は無いゾ!の旨」や

「日韓内等の工作活動問題の黙殺」や

「体制内実を言わない体制維持の為の旨」を

「情報配信し続けて来ている実態」からは

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の臭い」が

「濃厚に漂って来る」』。

『「金正恩の母親」は

「在日朝鮮人」だった。

「金正恩を頂点とした政権を正当化する為」には

「北朝鮮による日本支配も必要になる」。

「北朝鮮による朝鮮半島内の支配は、金日成~金正日時代からの必需事項」だ。

「北朝鮮の体制維持」とは

「北朝鮮による日韓内支配の実現抜きに在り得ない」。

「北朝鮮がそんな事を{望める}裏に在る」のが

「日韓内に少なからず居る北朝鮮人脈の者たちの存在」という訳だ。

「北朝鮮人脈の者たちがテレビ・マスコミ等を牛耳る」なら』。

「日韓内で北朝鮮劣悪国家指導者にとって都合の良い配信情報は蔓延」させられ

「都合の悪い配信銃砲は黙殺」され

「北朝鮮人脈の者たちが政権を取れば、従北政権になる」という訳だ』。

『「北朝鮮が日韓内を支配する為」には

「日韓内から米軍を排除する必要がある」。

「その為の道具」が

「核ミサイル」という訳だ』。

『「日韓内で連綿と続けて来ている

政財界工作や

情報教育工作等々による

北朝鮮にとっての有益分子化工作」と

「その裏で行われている非人道的な

日韓本来人脈の駆逐&日韓内北朝鮮人脈の人口増大工作」や

「飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

医療工作等々の手段による

北朝鮮にとっての不適応分子粛清工作」も

「北朝鮮による日韓支配が目的だから行われている事」に他ならない』。

『「核ミサイルで米軍を排除」し

「日韓内の工作活動で日韓内を変質させる事」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配が可能になる」。

「日韓支配の為」に、

「多くの北朝鮮国民の命や生活まで犠牲にして

何十年もの間、

核・ミサイル等の開発と

主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

行い続けさせて来ている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態」だ』。

『「元々」が

「北朝鮮による日韓内支配の為の100年(?)計画」で

「既に、主として、日韓内では、膨大な数の人々を粛清してしまっている上に、

北朝鮮人脈の人口増大化まである程度は図れてしまっている」から

「北朝鮮が劣悪国家指導者の支配下に在る限り、

他国がどんなに止めろ!と迫っても、

北朝鮮が核・ミサイル・工作活動等を放棄する事は無い」』。

『「もちろん、

陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき、

北朝鮮の現体制」を

「維持させ続けていてはいけない」』。

『「数字に拘る北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「金正恩の誕生日である1.8がらみも大好き」で

「2018年には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓乗っ取り支配の目途を付けたがっている様相」だ。

「そのセイか?筆者の周り(関東平野)の電磁波工作仕込み」も

「急速に増大している」。

「多数仕込んだ上」で

「音響兵器の電子・ホール版による{悪魔の輪唱}の悪の実効が

最大限に至る」なら

「かなりの人数の人々が、その実害を被る事になってしまう」。

「北朝鮮工作活動問題の解決は、本当に、急務」だ』。

『「もちろん、米国等は、上記の様な実態を重々承知」だから

「陰険なナチス・ヒトラーとでも言うべき北朝鮮に対し、

米国側も一歩も引かない」。

「米・日・韓の被害を最小限に押さえる

軍事作戦がいくつも用意され、

その中で、より良いモノを

実行日時も含めて精査中」と

「強く推定出来る」。

「北朝鮮が核・ミサイル・工作活動を放棄しない限り、

近々、軍事オプションが実行される事になる」』。

『「戦争を避けたい」のなら

「日韓のマスメディア」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に諦めを誘う

情報配信等を行うべき」だ。

「それなのに、未だに、戦争は無いゾ!論等を公共の電波上等でばら撒いている者までもがいる」のだから

「本当に呆れる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が日韓支配を諦めて、

北朝鮮の国家指導者の地位だけを維持したい」のなら

「核・ミサイル・主として、日韓内等、他国内での工作活動(非人道的なモノも多い)等を

放棄する事」こそが

「合理的になる」。

「その為の動機付けとして、

核・ミサイル施設等への限定攻撃」は

「大いに有効」だ。

「米軍が限定攻撃を与えても、北朝鮮は反撃出来ない」。

「反撃するなら、全面戦争となり、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争に成ってしまうダケだから」だ』。

『「陰険な工作活動国家の劣悪ボス」に

「騎士の心が在る訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者が選択する」のは

「死して恥も残さず」では「無く」

「生き延びて、贅沢生活をする」に「なる」。

「民族主義カルト宗教仮面を被りたがる」のは

「カルト宗教メリットがある内ダケ」だ。

「人類の世代交代が個の保存では無く、種の保存でしかない事」や

「親子も別人・別人格等」は

「今や、多くの人類の共通認識」だ。

「子孫が否定せざるを得ないモノを残そうとする愚かさ」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」が

「日韓支配という代償欲求の追及に明け暮れている暇がある」なら

「自己健常支配の継続により本来欲求を充足させ続けるべき」だ。

「本質的に悪い事をしない事」こそが

「自己承認の特急券」でもある』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に残されている時間は少ない」。

「米軍が限定攻撃する前」に

「核・ミサイルの開発と

他国内での工作活動等を

放棄する事」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等が、生き延びられる道」だ』。

|

テレ朝朝番では、「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の朝鮮戦争論」等で多くの視聴者を脅そう・・・等としていた様相だったが・・・。

『「普通の戦争論」なら「東京に核や水爆が落とされたら・・・」等の「被害想定の前」に「戦争実態論等」が「有って当たり前」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分を通し易くする世論等」を

「日本国内でつくり出す為」に

「脅しの為」の「戦争論」等を「言う」なら

「{万一・・・もちろん、言わない}東京等の人口密集地・人口密集時間」に、

「核や水爆を{落とせた・・・落とせる事を前提に言う}時」の

「被害想定等」を「大宣伝する」のが

「当然」になる。

「本日のテレ朝朝番の内容」は

「校舎の方だった」のだから

「その北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶりは、本当に、お見事!(もちろん、皮肉)」だ』。

『「では、実際に、想定される朝鮮戦争」は

「どの様な実態となるのか?」

「米国が軍事行動を起こす」なら

「米・韓・日の被害を最小限に押さえる作戦を採用する必要性に迫られる」。

「選択可能な作戦」は

「北朝鮮の攻撃力・反撃力を徹底的に削ぐ作戦になる」。

「より確実な戦果を得る為」には

「先制核攻撃等も合理的になる」が

「核使用は世界中からの反発を招く可能性が高い」ので

「核攻撃に匹敵する

絶大なる軍事力格差を利用した

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)」が

「実行される可能性大」になる。

「その前」には

「限定的に核・ミサイル施設等への空爆等」が

「大いにあり得る」。

「実際に、限定空爆等が行われても、北朝鮮は反撃出来ない可能性が大きい」。

「何故なら、反撃すれば、全面戦争となり、

全面戦争では北朝鮮の負けが決まっているから」だ。

「万一、北朝鮮側が反撃してきた時」には

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放作戦(仮称)が実行される事になる」』。

『「さて、そんな朝鮮{戦争???}の実態」で

「果たして、どれ程のミサイルが日本に飛んで来るのか?」

「セイゼイ数発~十数発程度」と

「強く推定出来る」。

「現行のミサイル防衛システムでも、その内の9割以上は、撃墜出来る事になる」ので、

「日本に着弾{出来る}北朝鮮のミサイル」は

「0~セイゼイ1~2発」というのが

「現実的なところ」だ。

「もちろん、首都東京等の場合は、ミサイル防衛網もより高度になっている」から

「東京への着弾確率はほぼ0と考えて良い」だろう』。

『「北朝鮮問題」で

「米軍による軍事行動が起こされたり、

戦争になってしまう」と

「困る」のは

「北朝鮮側」だ。

「だから、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「万一、北朝鮮劣悪国家指導者等が圧力でも態度を改めなかった場合に

当然の如く起きてしまう

実態」を

「実態通りに言わず」、

「核・水爆被害想定」や

「戦争は絶対ダメ!」等を

「表看板にして、脅し、

北朝鮮劣悪国家指導者等の為」に

「軍事オプションや戦争等の手段」を

「排除させる世論等」を

「日・韓等の国内でつくり出させよう・・・」等とする』。

『「其処には、

北朝鮮れr付悪国家指導者等ご用達」の

「情報工作・マインドコントロール等」の

「実態」が「露呈」している』。

『「日・米・韓側のテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「日・米・韓側」は

「圧力によっても北朝鮮劣悪国家指導者等が態度を改めないのなら、

軍事オプションの行使もアッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争も覚悟している」。

「何故なら、

それらの手段を使っても、

日・米・韓側にはほとんど被害が出ないから」だ。

「現状で軍事オプションを行使せず、

北朝鮮解放戦争も行わず

圧力のみを送り続けている」のは

「北朝鮮庶民の軍事犠牲を出来るだけ出さない様にする為」だ。

・・・等々の「情報配信をする」のが

「当然になる」』。

『「北朝鮮問題、話しは単純」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「核やミサイルや他国内での工作活動等は、もう、要らない!

それらを完全放棄するから、金と支援をくれ!!等」と

「決断して言えば、平和解決」となる。

「平和解決をもたらした北朝鮮劣悪国家指導者等なら

劣悪では無い北朝鮮国家指導者等として

世界から認められる可能性も出て来る」。

「もちろん、北朝鮮内でどう思われ、どう扱われる事になるのか?」は

「全く別だが・・・」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「国際的圧力にも屈せず、態度を改めず」、

「核ミサイル等を持つ事等」により

「米国と{対等}交渉、ならぬ、米国等への要求突き付け等」を

「実現させよう・・・」と「し続ける」なら

「米軍等による軍事力行使が始まる事になり、

全面戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる」が

「北朝鮮内では、

主として多数の軍人が

犠牲になってしまう事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等もタダでは済まない事になる」。

「余程のおバカや悪では無いのなら、

前者を選ぶのが当たり前になるが」・・・』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の状態」を

「世界にとって、

よりマシな選択が

出来る状態にする為」にも

「日韓内等のテレビ・マスコミ等の配信情報内容」は

「非常に重要」だ。

「本日のテレ朝朝番の様に、

未だに、

多くの視聴者(=多くの日本国民)に対する

核・水爆・戦争脅し・・・等々の情報配信」を

「行い続けている事」は

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の誤っている考え・思い等に力を与える事になる」。

「日本の公共の電波を使わせて、そんな事をやらせていて、どうする?」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、北朝鮮のミサイル発射を受けて、常連出演者等が「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮」が「米国まで届く核ミサイルを持てば、米国は北朝鮮との戦争が出来なくなるの旨」は「北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達のファンタジー」だ。

「主語を北朝鮮として自論等を考え・言っているところ等」にも、

「常連出演者等の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」が

「露呈している」ので「笑える」が・・・。

「現実は、その逆」で

「北朝鮮問題では、

より大きな力を持っている米国を主語にしなければ、

実態把握も出来得ない」』。

『「現実」は

「米国」は

「北朝鮮が米国に届く核ミサイルを持つ前」に

「北朝鮮の核・ミサイル・工作活動問題を解決する必要がある」ので

「軍事オプションも含む全ての選択肢をテーブルの上に乗せたまま

何としても、解決しようとしている」だ。

「中国等が積極的に協力した徹底した圧力によっても、

北朝鮮劣悪国家指導者等の態度が改まらない」なら

「それは、

軍事オプション実行」の

「お墨付きになる」』。

『「軍事オプションを実行する時」には

「米・韓・日等の側の犠牲を最小限に押さえ、戦後処理も出来るだけ容易にする作戦になる」のは

「今時の{戦争}の必然」だ。

「その実態」が

「圧倒的な軍事力の差を存分に使う事による

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争となり

戦後処理では

現状の北朝鮮部分を

実質的に、中国共産党支配下にする事となる」のは

「冷静に、少し考える」なら

「誰もが解る事」だ。

「北朝鮮が米国まで届く核ミサイルを持つ事で、

米国との{対等}交渉ならぬ、

米国への要求を突きつける事が可能になる事態」とは

「北朝鮮劣悪国家指導者等のファンタジーに過ぎず

実現の可能性は無い」。

「北朝鮮は既に詰んでいる」のが

「現実」だ』。

『「そもそも、

北朝鮮劣悪国家指導者等が米国に突き付けたがっている要求とは何か?」

「北朝鮮の現体制維持???・・・もちろん、そんな事では無い」。

「現体制維持の為」なら、

「核・ミサイル等の開発」より「核・ミサイル放棄」の「方」が

「圧倒的に適している」。

「在日の母を持つ金正恩の要求」は

「米国よ!日韓の支配を容認しろ!」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等による日韓支配抜き」では

「金正恩の正当性も失われる」から

「無謀な核・ミサイルの開発」という「見せ球」の「裏」で

「日韓内では、連綿と乗っ取り支配の為の工作活動等を行い続けさせている」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の現状」だ。

「米国まで届く核ミサイルに縋る事」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等のファンタジーを実現させよう・・・としている」のが

「極悪非道テロ・工作活動・カルト宗教国家状態を維持せしめている」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の現状」だ。

「もちろん、言うまでも無く、

国際社会が、

そんな状態の北朝鮮劣悪国家指導者等を認める訳も無い」。

「だから、実際に、中国共産党までもが北朝鮮にダメ出しを行っている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等は、早々に、態度を改めるべき」だ。

「核ミサイルの開発」が

「呼び込んでいる」のは

「米国との{対等}対話では無い」。

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」だ。

「少々の核ミサイルを持ったところで、米国との軍事力の膨大な格差は変わらない」。

「つまり、北朝鮮の核・ミサイルの開発は自虐でしか無い」』。

『「上記の様な実態」は

「既に、明らか」なのに、

「日本の公共の電波上」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等のファンタジーに対する

実質的、お墨付きを喧伝した者等」が「居た」。

「異常で、呆れる事」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、北朝鮮船漂着等問題を受けて、未だに「北朝鮮庶民可哀そうでしょ!」論等で多くの視聴者を北朝鮮にとっての有益分子化する実質的、マインドコントロール等を行っていた様相だったが・・・。

『「常連出演者等の{寝言}も本当に酷い」。「例えば、北朝鮮戦争になれば多くの難民が来る等々」・・・。

「もちろん、言うまでも無く、

米・韓・日側にほとんど犠牲を出さない

アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争」となれば、

「多くの難民が出る前」に

「北朝鮮問題の元凶である北朝鮮劣悪国家指導者等が排除される事になる」。

「北朝鮮問題の元凶の排除」は

「難民の発生も防ぐ事に直結している」のが

「現実」だ。

「それなのに、難民を強調して、

北朝鮮の元凶の排除を避けさせよう・・・等としている辺り」にも

「見事な程の

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり・・・等」が「露呈している」。

「もちろん、そんな状態の者」を

「日本の公共の電波上」に

「常連出演等させ、

そんな者の自論等を大々的に配信させ続ける必要は全く無い」』。

『「北朝鮮問題を本気で解決する」なら

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争まで含んだ

ちゃんとした実効のある手段の選択」を

「後押しする」のが

「当然」だ。

「出来るなら平和的解決が一番」だ。

「現状での北朝鮮問題平和的解決の為」の

「現実的選択肢」は

「世界中が北朝鮮に対し徹底した圧力を加える」と「共」に

「北朝鮮の現政策に対する徹底したダメ出し等」を

「与え続ける事等」により

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「核・ミサイル等の開発~実戦配備等と

主として日韓内等、他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)」等を

「止めさせる道」になる。

「圧力とダメ出しの道」を

「進んでいる時」に

「北朝鮮庶民を持ち出し」て、

「可哀そうでしょ!」

「隣国の庶民には支援物資等を与えるべきでしょ!」

「漂着した人々は、実質的難民でしょ!」等々と

「まるで、圧力をかけている事がさも悪い事であるかの如き

すり替え論」を

「公然と配信していた事」は

「日・米・韓のテレビ・マスコミ界人として、本当に異常」だ。

「もちろん、言うまでも無く、元凶は北朝鮮劣悪国家指導者等」であり

「元凶在る限り、

人道支援等が無駄になるばかりか、

悪用されてしまう事」は

「既に、多くの人々が周知の事実」だ。

「多くの北朝鮮庶民の為」にも

「出来る限り早く、元凶を取り除く事」こそが

「正道」になる』。

『「日本の中に北朝鮮工作員が多数いて、

数々の工作活動等を行い続けて来ている事」等を

「テレビ・マスコミ界等の者たちが知らない訳も無い」。

「多くの拉致工作は

「拉致対象者の割り出しに始まり、

穏便な北朝鮮への移動の為の有益分子化教育・マインドコントロール等を経て、

工作員・協力者等の下を移動し、

北朝鮮工作船等で来る北朝鮮への運び屋工作員に渡された事」で

「実現している」。

「だから、日本全国各地から多数の日本国民の拉致が可能になってしまった」のが

「現実」だ。

「日本海側に着いた工作船の工作員」が

「着いたところに居た日本国民を勝手に拉致」等というのは

「レアケース」に他ならない。

「レアケースを喧伝し、

大部分を黙殺せしめようとしている辺り」にも

「北朝鮮の為の情報工作等の臭いが充満している」』。

『「多くの拉致工作の実態」からも

「日本国内に多数の北朝鮮工作員やその協力者等がいる事等」は

「明らか」だ。

「国政政党でも、旧社会党等と北朝鮮労働党等のお友達ぶり」は

「もはや、多くの人々が知っている話し」だ。

「日本国内にも北朝鮮シンパが多数いる」ので

「北朝鮮問題がナカナカ解決出来ない面もある」。

「日本のテレビ・マスコミ等」なら、

「その辺りの実態等」を

「大衆周知等する事」で

「解き解す事等により

北朝鮮問題の解決を後押しするべき」だが

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相等を露呈している者等」を

「常連出演等させ、大々的に語らせていたり・・・する」のだから

「本当に呆れる」』。

『「其処に在る」のは

「日・米・韓側のテレビ・マスコミ等では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態の

日本の中の北朝鮮の情報工作機関等になる」』。

『「森友問題等で、国会は、国政調査権を使うべき論」等を

「述べていた常連出演者等も居た」。

「森友問題に限らず、

戦後日本の全国有地払い下げ問題を

調査する為に国政調査権を使う」なら

「正当」だが

「北朝鮮等の臭いさえ濃厚に漂っているテレビ・ラジオ・マスコミ等や野党等が騒いで

政争の具化する為には都合が良い

森友問題ダケ」を

「調査させようとする」のは

「明らかに、オカシイ」。

「北朝鮮の臭いさえ濃厚に漂っているテレビ・ラジオ・マスコミ等や野党等の意向ダケ」が

「国政調査等にも活かされる」なら

「もはや、日本は日本では無くなり、

北朝鮮の属国等になる」。

「もちろん、

北朝鮮問題の解決を益々遠ざける事にも繋がっている、

そんな暴挙が容認される訳も無い」』。

『「日馬富士暴行問題」の

「本質」が

「飲酒暴行・傷害等問題である事」は

「以前も記した」。

「通常は、大学院まで行っているインテリ横綱日馬富士」でも

「過度な飲酒により、健常なセルフコントロールを失う事」で

「暴行・傷害等の事件まで引き起こしてしまった」。

「それでは、

同様の新たな事件・事故等を防ぐ為にどうする事が有効に成るのか?」

「飲酒運転厳罰化以降、悲惨な飲酒運転事故等も減っている現実」からも

「飲酒暴行・傷害等の厳罰化とその大衆周知が有効になる事」は

「想像に難く無い」。

「自動車運転には免許がある」が

「飲酒」にも

「年齢制限」による「実質的、免許が在る」。

「其処に、暴行・傷害等による厳罰化を乗せるダケ」だ。

「今回の問題を受けて、

テレビ・マスコミ等や

国会議員等なら

当然、訴え、

実現の努力をしていて当然の法改正等」が

「其処に在る」』。

『「逆からのアプローチ」も「ある」。

「筆者は基本的に、厳罰化は嫌い」だ。

「だから、実際に、飲酒運転厳罰化時期にも、反対論等を記している」。

「筆者が厳罰化を嫌う」のは

「法による外からの規制より

自己健常制御による自分の中からの規制を

より大きくするべき」と

「思っている、感じているから」だ。

「その方が自由度も上がる」ので

「構築度を高め易くなる」。

「もちろん、その自由には自己責任も付いている事になる」から

「無責任自由では無い」。

「以前から、自己健常制御の役に立つ情報・教育の重要性を訴え続けて来ている」が

「未だ、自己健常制御の代わりに、

他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配を

過剰追及している状態の人々が多過ぎるからか、

自己健常制御を主とする大きな流れは出て来ていない」。

「こんな現状人間社会」で

「即効性を求める」なら

「とりあえずの厳罰化こそが、実効を持つ事になる」』。

『「飲酒暴行・傷害等の厳罰化」により

「警察等の仕事量が減る」なら

「その分」を

「日本国内の北朝鮮等の工作員・工作活動等の徹底摘発等に

回す事も可能になる」』。

『「日馬富士暴行問題」で

「横綱としての品格等も問われている」が

「国際化し商業スポーツ化して来ている相撲自体」が

「既に、大きく変質させられている」。

「品格問題の前」に

「相撲はどうあるべきか?どうするべきか?」を

「真剣に考え、多くの日本国民が納得出来る落としどころに

落ち着かせる事」が

「必要」だ』。

『「相撲界治外法権」は

「あってはならない」。

「暴行・傷害事件」は

「暴行・傷害事件」として

「適切に処理するべき」だ。

「暴行・傷害容疑者等」には

「相応の処分が下されて当然になる」。

「その辺りに、治外法権ぶり等が出る」と

「相撲の信頼や人気等も失墜する事になる」』。

『「白鳳」は

「本当に強い力士」だ。

「しかし、

商業スポーツ選手としてなら、合理的になる発言・態度等も多い」が

「日本の相撲界の横綱としては、足りていない部分も少なく無い」。

「この辺りにも、相撲はどうあるべきか?どうするべきか?等」の

「問題」が

「露呈している」』。

『「国際化や商業スポーツ化と日本古来からの伝統文化面等とのすり合わせ」による

「変質」が

「どの様な変質だったなら、

多くの日本国民の納得を得られるのか?」

「その辺りの議論もあって然るべき」と思うが・・・』。

『「何れにしても、問題だらけの現状人間社会・経済システム等の先」は

「それ程長く無い」。

「それは、

人類を含む地球生命体細胞群が永続に至る事も出来る道を進む」にしても

「滅亡の道を進む」にしても

「同じ事」だ。

「その辺りの基本中の基本」から

「あらゆる者・物・事等の再検証・再構築等が必要になっている」のが

「現状人間世界が直面している現実」だ。

「相撲問題もその上辺の一つに他ならない」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、未だに「森友問題大騒ぎ」等により北朝鮮にとって都合の良い日本の政権化の為に、公共の電波を使った実質的。大衆誘導等を行っていた様相だったが・・・。

『「森友問題の本質は何か?」「今更、言うまでも無く、一国有地払い下げ問題であり、一学校法人設立問題」だ。

「そして、

{ウルサくゴネる}籠池氏等」の

「普通の職業人ならあまり濃い付き合い等」は

「したく無くなる要素満載の者等」から

「発生」している

「官僚等が行わざるを得ない仕事」への

「即効対応問題」だ。

「即効対応等の為」に

「血税の無駄遣いが行われてしまった様相である事」が

「今、大問題化されている」』。

『「しかし、冷静に考える」なら

「無駄遣いされたとされている税金の額」は

「会計検査院の報告に基づく」なら

「最大でも5~6億円程度、

最小なら2~3億円程度」だ。

「国政上の同程度の{無駄}」は

「其れこそ、ゴマンと在る」。

「普通の企業だって、ある程度以上の規模になれば、

億レベルの無駄や損失を出す事は稀では無い」。

「その辺りの現状人間社会の経済実態」も「後押しした」のだろう。

「官僚等」が

「出来るダケ遠ざけておきたい者が持って来た仕事を

出来る限り早く片付けてしまう為」に

「血税使用判断上」で

「ある種の甘えを出してしまった事」は

「想像に難く無い」。

「北朝鮮のお友達野党・テレビ・マスコミ等」は、

「無理やりにでも

北朝鮮に厳しい安倍総理等と籠池氏等を繋げる事」で

「日本の政権を北朝鮮厳しく無い政権に変えようとしている様相」だが

「一般的に、

官僚が

何れは変わる特定の総理を

偏重する事は無い」。

「森友・加計問題等で、どんなに追及しても、

安倍総理との直接の接点が出て来ない」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「何故なら、

一国有地払い下げ問題や一学校法人設立問題や

一学校獣医学部新設問題等」の

「国政上では実質的、小問題である事」と

「総理生命等をバーターにする

超おバカな者」が

「総理大臣の座を争奪する競争の勝者になれる訳も無いから」だ。

「森友・加計問題・問題化」は

「行政上の問題・問題化」であり

「政権の問題では無い」』。

『「行政上の問題・問題化」を

「無理やり政権問題化しようとしている

野党やテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「重大問題の方」が

「遥かに深刻な大問題である事」を

「多くの日本国民」は

「強く意識するべき」だ。

「何しろ、野党はとにかく、

テレビ・ラジオ・マスコミ等には選挙も無いから

実権者人脈の民意に基づく交代等も無い」のだ。

「戦後日本社会の中」で

「連綿と続けられて来ている

韓国(北朝鮮も含む)等やその人脈の者たち等を偏重し

その利権増大等を誘う情報配信等」の

「裏」には

「実権者人脈の固定化という

直にでも是正する・させるべき

実質的、重大悪が在る」』。

『「戦後日本社会」には

「数々の国有地払い下げが在る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界等がらみも多数在る」。

「その辺りに、過剰な値引き等が無い訳も無い」。

「例えば、北朝鮮のお友達旧社会党系人脈の要素が強い

朝日系や西武系等の場合はどうか?」

「筆者は、本質的問題の是正には興味はある」が

「粗探し等はあまり得意では無い」ので

「その辺りは、興味のある方々は、徹底探究してみると良いかも知れない」・・・。

「粗探し等が得意な筈のマスコミ人等」なら

「とっくの昔に重々承知の事」で

「自分たちの人脈の保身や利権の維持~増大等の為」に

「ワザと大衆周知させて来ていないダケ・・・のかも知れないが」・・・』。

『「何れにしても、

異常な戦後処理に基づく

日本社会の重大な膿、もしくは、ガン等」の

「重大問題」を

「解消させる事抜き」に

「日本社会の健常化・正常化」は

「実現し得ない」。

「北朝鮮問題が解消出来る」なら

「その多くの部分が解消可能になるが」・・・』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は

「時間を稼ぎ、

その間に、

北朝鮮に多数の米国大陸まで届く物も含む核兵器を保有させる事等」により

「陰険なナチス・ヒトラー」とでも言うべき

「極悪非道工作活動国家体制の北朝鮮」を「存続」させ

「北朝鮮劣悪国家指導者等が持つ支配権や利権を

どんどん増大させ続けよう・・・等」と

「未だに、足掻いている様相」だ。

「もちろん、

そんな事を容認する事の実態」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等が乗っ取り支配する日本・韓国等になる」から

「それは、絶対に容認してはいけない事」だ。

「必要なら、米国による核攻撃を容認しても、

絶対に実現させてしまってはいけない事」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮問題の平和的解決を目指す」なら

「圧力強化により、

北朝鮮劣悪国家指導者の意思・意志を変えさせる事」を

「意識的、かつ、積極的に行う事等」が

「合理的になる」。

「圧力の中には、もちろん、マスメディア等の情報による圧力も在る」。

「世界中のマスメディアが北朝鮮にダメ出ししている」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が意思・意志を変える可能性もより高くなる」が

「日韓等、北朝鮮問題に直面している国々のマスメディアまでもが、

北朝鮮劣悪国家指導等の利に適う情報配信・・・では、

北朝鮮劣悪国家指導者等が態度を是正する可能性も減ってしまう事になる」。

「経済制裁等を行っていながら、

マスメディア等が北朝鮮の応援・・・」では、

「せっかくの圧力実効が大きく削がれてしまう」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の様相を露呈している

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の罪」は

「この意味からも、非常に大きい」』。

『「それは、森友・加計問題・問題化等々より

遥かに、深刻で大きな問題」だ。

「この深刻で大きな問題」を

「隠蔽し続ける為」に

「森友・加計問題・問題化」や

「日馬富士暴行問題」等々が使われ

「北朝鮮劣悪国家指導者等の為に時間を稼いでいる様相」が

「露呈している」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「サンフランシスコ従軍慰安婦像問題」を悪用して「韓国は日本の侵略戦争の被害者」等であるかの如きイメージを多くの視聴者に持たせようとしていた様相だったが・・・。

『「従軍慰安婦=女性の人権を踏みにじられた被害者」や「韓国=日本による侵略~支配の被害者」等の「朝鮮悪権力者等ご用達論」等を

「日本の公共の電波上」に

「撒き散らす事が{出来ている}常連出演者等」の「実体」は

「もはや、明らか」だろう。

「其処」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下」の

「実態」が「露呈」している』。

『「今更、記すまでも無く、

当時の従軍慰安婦」とは

「当時合法だった売春という仕事」を

「戦地に行って行う事」により

「当時の多くの軍の将校よりも多い報酬を得ていた

高額所得就業女性」だった。

「程度の差はあっても、男尊女卑精神文化」が

「世界中で蔓延っていた当時」の

「合法高報酬売春婦」に

「現在の人権観等を無理やり当てはめて

一方的な被害者扱いする事」の

「現実離れ、実体離れ」は

「明らか」だ。

「{被害者ファンタジー}等で社会を騒がせてどうする?」』

『「実体や事実・現実に基づいて、冷静に考える」なら、

「其れこそ、何処の誰でもが、解る事」だ。

「冷静に考えるベースとなる情報配信等を行わず、

現実離れ、実体離れしている主張等」を

「議会内等や、

公共の電波等まで使って、

喧伝している者たち」の

「目的」は

「{被害者ファンタジー}利権の取得等」になる。

「現実離れ、実体離れしている主張等を発している者たち等」の

「お仲間等」が

「{被害者ファンタジー}利権の取得」に「力を加えている」』。

『「その様な実体を露呈している者たち等が、

例えば、日本の公共の電波上や公共的マスコミ上に居る」なら

「其処に居る」のは

「普通の日本国民等では無い」。

「朝鮮悪権力者等の実質的、手下等の実態を露呈している

特定極一部の者たち等」になる』。

『「そんな実態を露呈している常連出演者等」の

「言い分」では

「加害者は直に忘れられるが

被害者は何時まで経っても被害者だから

{日本は}謝罪し続けるべき・・・」等の旨だった。

「当時の韓国や当時の朝鮮人従軍高報酬売春婦等」は

「当時の日本による一方的な被害者」等の

「イメージ」を

「多くの視聴者に持たせようとしていた様相」だった』。

『「もちろん、事実・現実」は「全く違う」』。

『「歴史上の現実」として

「日本による韓国保護条以降、

単独では国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国や韓国の実権者等」を

「実質的に、救済する為」に

「多くの日本人が朝鮮半島に渡った」。

「もちろん、

その時、朝鮮半島に渡った多くの日本人」は

「武器を持って、当時の韓国・朝鮮人等を侵略~支配する為に渡ったのでは無い」。

「金と技術やノウハウ等と仕事等を持ち、

朝鮮半島内も日本本土内並みに

急速に近代化整備等する為に渡った」のが

「現実」だ。

「二国間の国家間合意契約である日韓併合条約」は

「二国が一国化する合意契約であり、

より進んでいた日本側に同化する合意契約」だった。

「当時の日本は当時の韓国に対し、侵略戦争など仕掛けていない」。

「平時の国家間合意契約により

朝鮮半島内の急速な近代化整備と日本との同化政策が行われた」のが

「日韓併合時の実態」だ』。

『「戦後日韓併合条約を解消する」なら

「平時の合意解消契約により平和解消する」のが

「正当な手段」だった」。

「しかし、戦後の韓国(北朝鮮も含む)等の悪権力者等」は、

「正当な手順を踏まず、

日本の敗戦につけ込んで、

火事場泥棒的に日本人の立場・財産・資産等々を

実質的に略奪する事」で

「戦後の韓国(北朝鮮も含む)を始めてしまった」。

「現状の日韓(北朝鮮も含む)問題の元凶」は

「其処に在る」』。

『「日本の敗戦につけ込んだ

実質的、火事場泥棒等を

正当化する為の

インチキ論」が

「日本による朝鮮半島侵略~植民地支配論」という訳だ。

「日韓二国間の国家間合意契約」を

「一方的に侵略~植民地支配に置き換える為」の

「道具の一つ」として「悪用されている」のが

「竹島」で

「朝鮮半島にも近い小さな島である竹島を

元々は韓国領と嘯く事」で

「如何にも、竹島侵略から当時の日本による朝鮮半島侵略が始まったかの如きイメージ」を

「多くの人々に無理やり持たせよう・・・」というのが

「戦後韓国悪権力者等の悪の策略」だ。

「もちろん、言うまでも無く、当時の竹島」は

「より近代化整備が進んでいた日本国・日本人によって

平時から漁業等の為に平和利用されていた」ので

「普通に、国際的に有効な手段により、日本の領土として登録された」のが

「現実」だ』。

『「従軍慰安婦問題」でも

「当時の朝鮮半島内の

意に沿わぬ朝鮮人従軍高報酬売春婦」を

「売り買いしたり、売春の上がりをピンハネ等していた」のは

「朝鮮人」だった。

「朝鮮人の親・兄弟・親戚等」が

「金の為」に

「娘等を朝鮮人の仲介人に売り渡し、

朝鮮人仲介人等」は

「売春の上がりをピンハネして稼いでいた」のが

「実態」だ。

「歴史上の事実・現実」から

「朝鮮人従軍慰安婦の人権等を糾弾する」なら

「人権上の罪等を問われるべき」は

「朝鮮人になる」。

「それを無理やり日本に転嫁させる事により

不当利権を貪ろう・・・」等というのが

「現状の

無理やり作りだされている

従軍慰安婦問題」の「実体」だ』。

『「戦後の韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等」は

「日本の敗戦につけ込んで実質的、火事場泥棒をした自己を正当化する為」に

「植民地支配詐欺」を

「行った」。

「植民地支配詐欺」が

「戦後の日韓基本条約により実質的に止められ

植民地支配詐欺による不当利権の貪り」が

「それ以上困難になる」と

「従軍慰安婦詐欺」を

「始め出した」。

「日本を巻き込んで

一方的被害者を演じ

大騒ぎする事による

ゴネ得狙いの悪行」が

「連綿と続けられている」のが

「実体」だ』。

『「落ち着きどころ」は

「最初からはっきりしている」。

「それは、現実の歴史の現実・実体・事実の上に在る」。

「落ち着くべきところ」に

「落ち着いてしまう」と

「ゴネ得不当利権貪りも不可能になる」ので

「韓国(北朝鮮も含む)悪権力者等」は

「手下化出来る者たち等を使い、

本質を伝えさせず、

騒ぎ続ける事」で

「ゴネ得不当利権貪りを続けよう・・・等と足掻き続けている」』。

『「そんな悪者たちの歴史観」では

「徹底的にゴネ得不当利権を貪り続ける事」で

「日本等を衰退化させれば

勝者???が勝手に歴史をつくれる」等だ。

「北朝鮮問題がナカナカ解決出来ない裏に在る」のも

「この朝鮮の悪劣な精神文化」に他ならない』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等で行うべき」は

「実体や事実・現実に基づいた

本当の落ち着きが得られる情報・教育等に他ならない」。

「それなのに、

朝鮮悪権力者等の実質的、手下の様相を露呈している者たち等」が

「未だに、蔓延っている」。

「もちろん、こんな状態の是正」が

「急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「常連出演者等」は

「大阪市長がサンフランシスコとの姉妹都市を解消する

当たり前の対応に出た事」を

「批判・非難等していた」が

「大阪市長を批判・非難等する前」に

「従軍慰安婦問題や日韓併合問題等について、

現実の歴史上の実体や事実・現実等を十分に伝えていない

常連出演者等」が

「批判・非難等されるのが当然」になる。

「常連出演者自らへの批判・非難等を避ける為」に

「他の者・物・事等を悪者扱い等し続けている実態」は

「本当に醜悪で劣悪」だ。

「其処」には

「泥棒が逃げる時に、

アイツが泥棒です!等と

無垢の他人を指差して逃げる

朝鮮人に多いともされている悪精構造の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「単独では国の存続さえ危うくなる精神文化や精神構造等」を

「健常化・正常化する、させる」まで

「北朝鮮や韓国等の反日問題等の解決」は

「困難」だろう。

「精神文化・精神構造等の健常進歩・正常進化が不全状態の者たち等」を

「重用し続けている限り、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

学校教育等の

状態が良くなる訳も無い

ばかりか、

その影響による人間社会等の悪化現象等も

無くなる訳も無い」』。

『「米国ニューズウィーク」が

「日本人の53~%もの人々が北朝鮮との戦争を望んでいる旨{誤}配信した」のは

「もはや、

武力行使しか解決の手段が無くなってしまっている様相の

現状の北朝鮮問題」を

「実際に解決へと導く為」に

「米国が武力行使を行った時」の

「{米国民向けの免罪符}の意味合いが濃い」と

「強く推定出来る」。

「つまり、

北朝鮮側が早々に態度を是正しない限り、

米軍による武力行使は近い」という事だ。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の者たち等」も

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下の状態」を

「何時までも、露呈し続けている場合では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の態度を早々に是正させる事に繋がる

情報配信等を

意識的かつ積極的に行うべき」だが・・・。

「それなのに、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等の様相を露呈している者たち等」は

「北朝鮮と心中するつもり・・・」なのかも知れない。

「北朝鮮と心中する」なら、

「永遠の恥辱に染まる道の上に大きくその名が置かれる存在となってしまう」のだが・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

«「自覚無しでは成長しないAI」からも分る「自覚無き常連出演者等の成長不全状態無理強い継続」問題・・・。