今日は18日だからか、筆者の周囲にいる工作員や協力者等が筆者に当て続けて来ている工作電磁波工作も普段より熱心な様相だが・・・。

『「上方向からの工作電磁波だけでは無く、東~東南方向等からの工作電磁波も合わせて

筆者の要るところに集中させている様相」だが

「既に、対策済みなので、その分、マイナスイオン等が強く発生している」。

「無駄な事を行い続けている者たち」の

「正体」は

「既に、バレバレ」だ。

「一般日本人に対してまでも、執拗な実質的、粛清工作等を行い続けて来ている、

しかも、31がらみや、13がらみや、18がらみの時等には、より熱心になる

何人もの、つまり、集団」の

「正体」は

「そのメンバーの何人かがバレた段階」で

「既に、バレバレ」だ。

「工作活動等無縁の日本との平和友好関係を望んでいる者たちでは無い、

一般日本人までターゲットにした非人道的な工作活動等まで行い

日本の乗っ取り支配等が必要な人脈」とは

「今更、言うまでも無く、北朝鮮金政権等の手下・協力者等人脈になる」。

「国籍が日本であっても無くても、

民族的に日本人であっても朝鮮人等であっても、

行っている事」が

「非人道的な工作等」では

「責められて然るべき実態が其処に在る事になる」。

「恥の上塗りを行い続ける事等」により、

「其れこそ、お里にお帰り!!贔屓の場所にお行き!!!等の

集団圧力でも受けたい様相ですらある

その実態」は

「自殺願望で自殺の出来ない者等が無差別殺傷事件等を起こす事で死刑を得る実態」の

「相似形」で

「心理学的には、精神構造が同様であるが故の相似形現象の露呈等になる」。

「自己健常制御の継続を怠り、

独裁者等に自分を操らせ、非人道的な工作活動等を行い続けている

超自虐的で恥ずかしい実態の裏に在る」のは

「未熟で自虐的な精神構造」という

「実態が其処に露呈している」』。

『「既に、バレバレなのに、未だに、バレていないつもりで

工作活動等を行い続けている

裸の王様状態の者たち」が

「現状のまま、愚かで自虐的な事を行い続ける」なら

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」のは

「確実」だが

「現状の様な事を続けている」なら

「その前に、集団圧力等により、

日本から出て行け!!状態になる可能性も

かなり強く成って来ている」。

「日本に住み続けたいのなら、愚かで自虐的な事はいい加減に止めるべき」だが』。

『「はっきり言えば、北朝鮮金政権は既に詰んでいる」。

「現状で米国トランプ政権が異常なまでに優しい」のは

「もはや、詰んでいる者たちへの最後の施しに他ならない」。

「北朝鮮金政権等が素直に自首し

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を完全放棄する」なら

「小さな生き目が出て来る」が

「自首しない場合」は

「生き目無し」というのが

「北朝鮮金政権等の現実」だ。

「米国トランプ政権等の異常なまでの優しさ」を

「北朝鮮金政権等が詰んでいないばかりか、米国にまで勝てた!」等と

「大勘違い出来る」のは

「裸の王様状態の北朝鮮金政権等の手下・協力者等くらい」だ。

「今時の人類」なら

「実体や事実・現実を、見ない、見れない、劣悪状態」等は

「いい加減に脱するべき」だが』。

『「温暖化・極端気象等の裏に在る」のも

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」だが

「温暖化の元にも{なれない}超時代遅れの精神構造や精神文化」の

「大迷惑」を

「片付ける事」は

「温暖化対策より遥かに容易」で

「近々、北朝鮮金政権等側にせよ、反北朝鮮金政権等側にせよ、

人類が行う事になる、行わざるを得ない、実務に他ならない」。

「大迷惑を片付けた後」には

「温暖化・極端気象等に対する重大な片付け実務が待っている」のは

「多くの人類が実感している通り」だ』。

『「金や権力等々に現実逃避し実質的、妄想等に溺れていても、

上記の様な現実は避けられない」。

「大迷惑」や

「温暖化・極端気象等」の

「片付け」で

「軟着陸状態を得る為」にも

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる為に有益な情報・教育等」は

「極めて重要」になる。

「今時、情報・教育界の仕事等を行っている」のに

「この重大な実務を怠り続けている者たち」は

「本当にどうかしている」。

「必要な仕事を行っていない、行えていない、者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「天動説状態の情報・教育界」を

「地動説状態に是正する実務」は

「本当に急務」だ』。

|

もはや、悪役はテレビ等の様相だが・・・。

『「悪」とは「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い、

性能の悪い物質文明製品や精神文化製品であり、

其れら性能の悪いモノを

時には、武力・暴力脅し等まで使って、無理強いする事等」だ。

「戦後日本のテレビ界等」は

「選挙も無く、人脈交代も無いが故」に

「性能の悪い精神文化製品を一方的に大量配信し続け、

性能の悪い精神文化製品で視聴者等を実質的にマインドコントロールし続けて来ている

極悪状態」の

「無理強い」が

「可能になってしまっている」。

「選挙があるから人脈交代もある政界」や

「多種多様な企業等が次々と現れる事が出来ている財界等」とは

「全く違う、

非常に数が少ない、多くの視聴者が簡単に視聴する事が出来る、公共の電波枠の

実質的、独占が可能状態であるが故」の

「重篤なる負の現象」が

「其処に露呈している」』。

『「NHKも含む、多くの視聴者が容易に視聴できる状態の地上波デジタル放送」では

「未だに、毎日、何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主流」という

「異常さ」だ。

「他に代わりが無い訳では無い事」は

「ネット等の論等を見れば、誰もが直に分る事」だ。

「その様な実態から多くの視聴者の関心を遠ざける為等の目的」だろう、

「ネット悪いぞ!怖いぞ!イメージ論等」まで

「公共の電波を使って一方的に大量配信し続けて来ている実態」は

「正に、悪そのもの」になる』。

『「実際問題、比べっこ主義に基づいたテレビ番組や映画等々」で

「多くの視聴者等の頭の中を染め上げる」なら

「実際の人間社会が是正される事より、

比べっこ主義の都合に沿う現状の人間社会を維持させながら、

悪戯に、比べっこ上の優位者を目指す実質的、劣悪者が増えてしまう事」は

「今までの、壮大な実証実験からも、既に、明らか」だ。

「情報配信内容が現状のまま・・・」なら

「同様の新たな事件・事故等」が

「時と共に急速に進歩・進化し続けている物質文明製品の実用により、

より酷い状態になり易くなる」のは

「至極当たり前の事」だ。

「この様な実態が明らかになっている」のに

「未だ、是正無きまま、劣悪な情報配信を続けている、

ばかりか、過分な立場・報酬・権力等まで得続けて来ている」のだから

「本当に、酷い」』。

『「酷い実態を生み出し続けている現状の人間社会・経済システム等」も

「性能の悪い精神文化製品に他ならない」が

「性能の悪い精神文化製品を是正しようとせず、利用しようとする者たち」とは

「悪魔に魂を売り渡した者たち」に他ならない。

「永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき者たちが其処に居る」。

「過分な立場・報酬・権力等々を保持しているなら、

永遠の恥辱に染まる道の上での存在の大きさが大きくされて然るべき」だ。

「それは、テレビ・ラジオ等公共の電波を使っているモノだけでは無く、

公共的大マスコミ等や

学校教育等が

映画・音楽・小説・アニメ・絵画等々の

人類の精神文化製品政策上でも全く同じ事」だ。

「はっきり言えば、殺傷事件等さえ激減させる事が出来ず、

世界平和も実現出来ていない

現状の性能の悪過ぎる人類の精神文化製品上の仕事???を

現状の是正抜きに行っている者たち等」に

「高い社会的立場や権力や高報酬等は不相応になる」。

「劣悪レベルの物質文明製品製造・販売者等と同様の

低報酬や低い社会的立場や小さな実権等々や

場合によっては、劣悪製品故の害に対する罪や罰等」が

「与えられて然るべき状態」が

「其処に在る」』。

『「現状のテレビ等」は

「見事(もちろん皮肉)なまでに悪」だ。

「おぬしも悪よのう~」で

「済まされない」のは

「その実害の大きさ故」だ』。

『「現状のテレビ・芸能界等では、

血統家族主義に基づいた仕事・立場等の継承まで少なからず在る」。

「今時の人類が必要としている精神文化側の仕事等を行えていない」のに

「過分な立場・報酬・権力等が得られてしまったから・・・」と

「子づくり子育て等が可能になり、

更に、過分な立場・報酬・権力等が得られる状態までもを

血統相続等している実態」は

「本当に醜悪」だ。

「有名人の子」は

「有名人の子と言うダケで起用するべきでは無い」。

「実力のある者は、血統・人脈を問わず、積極起用するべき」だ。

「人間社会の不公平感等を増大させない為に必要な当たり前の措置」が

「其処に在る」』。

『「必要な実力が無い、劣悪な者たちや論等を

公共の電波まで使って公然化する事の実害は膨大」だ。

「其処には、多くの視聴者等の不満増大等に基づく、事件・事故等の発生原因等」を

「実質的に、つくり出している重大なる罪が在る」』。

『「いい加減」に

「丸ごと一人ダケの死生観や人生観に基づく、要でも無いドラマや解説等は止めるべき」だ。

「其処に、血統家族主義まで加えても、実質的には、より劣悪度が高くなるダケ」だ。

「死の実体が細胞レベルの実現象である事」等を

「多くの視聴者等が心底理解・把握出来ている」なら

「丸ごと一人の殺傷等、現実離れした自虐業を強く思う人々の数も激減する」。

「殺すべきモノの実体を探究する人々が増える」なら

「酷く低レベルの精神文化製品である

現状の人間社会・経済システム等や

比べっこ主義等々」を

「殺し、或いは、是正し、より自虐度の低い

高性能な精神文化製品に代える是正作業等を

実際に行える人々の数が飛躍的に増える事になる」。

「今時の人類に必要な精神文化側の仕事」が

「其処に在る」』。

『「酷い政治を行った政党や政治家」は

「選挙で落とされる」。

「酷い情報配信等を行い続けて来ている者たち」が

「そのままで良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「熱波は中国大陸から、大豪雨災害の元も地球温暖化」なのに反原発や中国経済頼り・・・では・・・。

『「地球温暖化による害」は「引っ越せば避けられるモノでは無い」。

「多くの人類の精神構造や人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」により

「人類の精神文化製品」である

「人間社会・経済システム等をより実体や事実・現実との整合性が高い高性能のモノに

進歩・進化させない限り、

地球温暖化も、格差問題等も解消し得ない」。

「現状の人間社会・経済システム等を絶対視して頼り、

その上での利権集め等々に邁進し続けている者たち」の

「罪」は

「本当に、大きい」。

「その様な状態を公然化したり、煽ったり、する、情報配信等を行い続けて来ている

テレビ・ラジオ・マスコミ・映画・小説・アニメ・音楽・絵画等々」も

「本当に、酷い」。

「現状のまま」なら

「地球温暖化や現状人間社会・経済システム等故の実害」が

「時と共に、倍々ゲーム状態で高まり、

早々に、{終わりの日}を迎える事になる」。

「現状の多くの人々の精神構造や

人間社会・経済システム等々をそのまま」に

「例えば、堤防等を高くしたり、耐震性等を上げたり、するダケ」では

「人類に長い先はあり得ない」。

「多くの人間」は

「早く、この重大な現実に気づくべき」だ』。

『「ある人類個体(人類誰もの狭義の自分)がある場所で産まれた事」とは

「その人類個体の初動エネルギーが其処からスタートした事に他ならない」。

「その後、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら成長して行く人類個体」は

「その都度、

その場所を含む環境での自己確認を行い、

自己承認欲求の本来欲求を充足すべく、

自分個体自体を環境適合させながら成長させて行く」。

「ところが、現状の人間社会・経済システム」は

「その様な人類誰もの自分の実体との整合性等を取ってつくられていない」。

「丸ごと一人の死生観・人生観等」の「地動説レベルの考え・思い」や

「他の者・物・事との比べっこ支配権/被支配権争い」という「乳幼レベルの精神構造」を

「基」に

「ある意味では、非常に短絡的な考え・思いを偏重」し

「人類誰もの自分の実体との整合性が悪い自虐的な人間社会・経済システム等」を

「つくり出し、

多くの人間を其れに依存させる事」で

「ある意味では、無理やり、維持し続けている

本質的には、超自虐的な状態」だ。

「超自虐状態の人間社会・経済システム等」という

「実質的、人類自滅器」を

「多くの人間たちが、一生懸命動かす」なら

「人類滅亡の時が急速に迫って来る」のは

「当然の現象」になる。

「現状人間社会・経済システム等の終わり」か

「人類滅亡」の

「選択」で

「人類滅亡を選ぶ」のは

「劣(おバカ)か悪(自虐者)になる」。

「当たり前の事」だ』。

『「多くの人間」は

「上辺ではどうでも、本質では、現状人間社会・経済システムの終わりを選択する」。

「結果、現状人間社会・経済システムの終わりの日」が

「近々、やって来る事になる」。

「ここで、問題になる」のが

「現状人間社会・経済システムを終わらせた後、どうするのか?」だ。

「代わりが無い」では「お話しにならない」から

「現状人間社会・経済システムの代わりになる、

より高性能な精神文化製品を製造して置く必要がある」。

「そして、その実態情報等を十二分に配信して置く事」こそが

「多くの人間が実用している

人間社会・経済システムという大きな精神文化製品」の

「代変わり時」の

「軟着陸」に

「必要な事になる」』。

『「地球温暖化による悪影響が濃い、数多くの自然災害」や

「現状人間社会・経済システム等による悪影響が濃い、数多くの事件・事故等の人災」は

「人類に対する大きな警鐘」だ。

「大きな警鐘が成り続けている」のに

「現状利権等に溺れ、実質的、現実逃避や自慰等に邁進し続けている、

現状で相応に実権のある立場を持つ者たち等」の

「罪」は

「途轍もなく深い」。

「人類にとって、必要な仕事が出来ない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「未だ、

個々の人類の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な

情報配信や教育等さえ満足に出来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等や映画・アニメ・小説・音楽・絵画等々や

学校教育等を

平然と行い続けている者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続けていても、ロクな事は何も無い」ばかりか、

「より酷い事等が訪れ易くなるダケ」だ』。

『「例えば、テレビ界」でも

「要でも無い者たちを常連出演等させ続け、過分な報酬や有名人利権等を与え続けていても、

ロクな事は何も無い」。

「公共の電波を使っている」のだから

「事件・事故等は実体や事実・現実に基づいた原寸大報道情報等を

十分に配信する」と「共」に

「原寸大報道情報に対する解釈」は

「視聴者等が自ら健常・正常に(つまり、自虐的にならない様に)行える様」に、

「視聴者等の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な情報配信を付けたせば良い」。

「要でも無い者たちの同様な論ばかりを主流にして一方的に大量配信等する事」により

「多くの視聴者等を実質的にマインドコントロールしている状態の現状」は

「明らかに酷過ぎる」。

「酷い仕事???を行って来ている者たち等に相応しい」のは

「罪や罰等であり、断じて、過分な立場・報酬・権力等では無い」』。

『「公共の電波上」で、

「日本の大災害・大被害等を、実質的に、喜々として、情報配信等していたり、

日本の大災害・大被害等をダシに、平然と、優等生ぶり、正義ぶっている

常連出演者等」は

「明らかに、酷い」。

「要でも無い、言葉やコメント等など無し」に

「実体や事実・現実情報が原寸大に配信されている」なら

「多くの視聴者等の中」で

「何が出来るのか?何が必要なのか?等々」の

「感や考え・思い等」が

「自然に、沸々と湧き上がって来る筈」だ。

「其処に、

現状で行われている事や

ボランティアの参加の仕方や必要能力・資質等々や

義援金等の送り方・送り先等々」の

「情報」が

「局等の垣根を超えて実体や事実・現実通りに原寸大で付く」なら

「多くの視聴者等がその人が出来る行動等を起こし易くなる」』。

『「常連出演者等」は

「マインドフルネス」や「瞑想」等々の「前」に

「自らが行っている事の健常化・正常化等を行うべき」だ。

「マインドフルネス」や「瞑想」等は

「心ならずも、不測の事態に巻き込まれてしまった時等の対処法」としては

「適切な一手となる場合が多いかも知れない」が、

「元々、不健常・不正常な事を行い続けている者たち等」が

「自己正当化等する為の道具として使われても、その実効が虚しく思えるダケ」だ。

「最初から、

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

仕事等を行おうとしている」なら

「自己健常制御が当たり前」で

「他の者・物・事に対する支配欲も

他の者・物・事による被支配欲」等々も

「過剰には生じない」から

「不測の事態等に陥らなければ、

マインドフルネスや瞑想等の特に行う自己制御法等を行わなくても、

全然問題の無い状態が続き易くなるモノ」だが』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

オウム松本元死刑囚の神格化を喧伝し、人の誕生・死は細胞ごとの実現象を言わない、時代遅れ番組問題・・・。

『「遺骨等を、教組等を神格化する為の重要な道具に出来ていた時代」とは

「生物の誕生・死の実体が科学レベルで判明していなかった時代に他ならない」。

「逆から言う」なら

「生物の誕生・死の実体が科学レベルで判明している事」を

「人々がちゃんと理解・把握出来ている状態」なら

「遺骨等の神格化利用は、

絵に描いた餅、

もしくは、古の精神文化の一つ等にしか成り得無い事になる」。

「松本元死刑囚の遺骨が利用された神格化」を

「本当に心配している」なら

「人の誕生・死は細胞レベルの実現象である

既に、科学レベルで判明している現実」が

「より多くの人々の中」で

「心底、理解・把握される為に有効な情報を言わない事等はあり得無い」。

「逆に、松本元死刑囚の神格化の応援をしている」なら

「人の誕生・死の実態情報等を黙殺する事こそが合理的になる」。

「人の誕生・死の実態情報等さえ満足に配信していないテレビ等」が

「オウム信者等」と

「健常日本国民等」の

「どちらの為の情報配信を行っているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「オウムで忘れてはいけない事」は

「オウムの実態」が

「化学兵器テロまで行った日本転覆工作を行った

工作組織であった事」だ。

「この重大な事実」を

「実質的に、黙殺して、

オウムを宗教団体として扱っている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「明らかに酷過ぎる」。

「実態として」は

「宗教やヨガを餌に、信者や賛同者等を集め、集金し

化学兵器まで製造~使用した

国家転覆テロ工作等を行った

テロ工作集団だった」のが

「オウム」だ。

「上辺では、ヨガ・宗教等でも、

内実としては、工作組織としての実態の方が遥かに濃い集団だった」のが

「オウム」だった。

「そんなオウムの後継団体の目的」が

「宗教では無く、工作等である可能性も非常に高い」から

「公安の監察付きになっている」のが

「実態」だ。

「ここで、多くの日本国民が考えるべき」は

「かつてのオウムの様な、

上辺は宗教団体等内実は工作組織という集団」は

「オウムだけなのか?」という

「重大事実」だ。

「現状の日本社会の至るところに仕込まれてしまっている

工作電磁波発生ソフト・装置等の実態等」からも

「その様な工作組織等がオウムだけでは無い事」は

「近未来において、多くの人々が、直に分る事になってしまう事」と

「強く、推定出来る」。

「ここで、更に考えるべき」は

「オウム以降、日本の工作組織対策等は十分になっているのか?」だ。

「もし、十分な工作組織対策が出来ている」なら

「巷は電磁波工作だらけ・・・等の実態が露呈する訳も無い」。

「まるで、言い訳の為や、アリバイつくりの為の如く、

オウム後継団体には公安の監察付き」でも

「その他の工作組織等々は従来通り、好き勝手にどうぞ・・・状態」では

「日本国・多くの日本国民の安全・安心等が守られる訳も無い」のだが

「与党も野党も、この重大問題に関しては、実質的に、沈黙状態・・・」だから

「本当に、酷い」。

「裏には、北朝鮮金政権等による核・ミサイル等の脅し等が在る」とも

「言われている」から

「北朝鮮金政権等問題がちゃんと片付けられた後」は

「要注目」かも知れないが』。

『「北朝鮮金政権等が実質的に詰んでいる現状でも、

未だに、旺盛に、

日本の中で

電磁波工作や侵入工作や飲食物工作等々を

行い続けている工作員・その協力者等」は

「昨今の異常な熱波を悪用」した

「ダニ等利用迷惑行為」まで

「行っている」。

「元々、工作に使えるモノは何でも積極的に使う様相の者たち」だから

「例えば、筆者の家の扉には、筆者の周囲では余り見かけない、

大きな蜂やクモや虫等々が

少々元気の無い状態で置かれていた事等が

多々あった」り、

「大気が化学スプレーで実質的に、汚染されている事等」も

「少なからずある」から

「洗濯物の外干しは出来ない」が

「今度は、熱波を利用してか、ダニが玄関から・・・」だ。

「電磁波工作等々を行い続けている者たちが行っている事」と

「強く推定出来る」。

「電磁波工作対策程では無いが、虫対策・大気対策にも、相応に金や手間等がかかる」。

「一般日本人にまで、迷惑、邪魔行為等を行っている暇がある」なら

「フェアに贔屓の国や国民等の為になる事等を頑張れば良いのに・・・」と

「呆れている」』。

『「そもそも、韓国や北朝鮮等の反日」は

「日韓併合により朝鮮半島内が急速に近代化され良くなった事に対する

自己正当化の為の反発」でもある。

「何しろ、朝鮮の指導者の下では、人民衰退化支配状態・・・と

今の北朝鮮同様の状態だった」から

「多くの朝鮮人も困窮していた」が

「日韓併合以降」は

「国家権力者同士が締結した国家間契約に基づく二国を一国化する同化政策が

朝鮮半島内でも行われ、

植民地支配を知らない日本国民によって

朝鮮半島内も日本本土同様に住みやすい状態を構築する事等が積極的に行われた」から

「多くの朝鮮人の衛生・教育・生活水準も大いに上がり、朝鮮人人口も大いに増えた」。

「実態としては、

多くの朝鮮人にとって、

それまでの朝鮮人の指導者等より遥かに良い政治・政策等が行われた」。

「それをそのまま事実・現実通りに認める精神文化や度量等が

戦後の朝鮮人権力者等に在ったなら

戦後の韓国も北朝鮮も、反日では無く、台湾同様の親日となっていた筈」だが

「実際」は

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を行わせた、行った」のが

「その頃の多くの朝鮮人権力者等」だった。

「そんな朝鮮人権力者等が自己正当化を図る」なら

「反日」は

「合理的になる」ばかりか

「自己正当化を図り続ける為」には

「日本の乗っ取り支配等までが必需になる」。

「其処で、戦後の日本」には

「多数の手下等を残し続ける必要がある」ので「残し続けている」。

「ばかりか、子沢山化等工作等で、増やしている」。

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制等」では、

「絶対に露呈させられないやり方」を

「主として、使い、

日本乗っ取り支配工作等を行い続けさせて来ている」。

「日本人の邪魔をして、そのスジの者たちが出世し易くしたり、

日本人人口を減らす事により、日本国内のそのスジの者たちの人口割り合いを高め、

多くの者たちが日本国籍を得る事等により

合法的に、政界等の状態をそのスジの者たちにとって都合の良い状態にしようとしたり」、

・・・等々、

「戦後日本社会の中で蠢き続けて来ているスパイ・工作員・その協力者等の実態」が

「其処に露呈している」。

「オウムの中にもその手の者たちがゾロゾロ・・・」で

「日本人を騙して集金する事」は

「そのスジの連中にとっては、工作の成功」になる。

「宗教団体仮面の集金」だけでは無く、

「振り込め詐欺集金等の裏」にも

「北朝鮮金政権等の濃厚な臭いが充満している」・・・』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「内実として、北朝鮮金政権等の都合に沿う情報配信等を続けて来ている」のは

「単なる偶然では無い」。

「其処には、北朝鮮金政権等のオトモダチ人脈の者たちがゾロゾロ・・・」だ。

「選挙のある政界では、当然の如く、少数派になっている」が

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界」では

「新たな者を雇う者や起用する者が北朝鮮金政権等のオトモダチ・・・」なら、

「雇われる者や起用される者の多くも北朝鮮金政権等のオトモダチ・・・」となり、

「コントラストを付ける為に少数起用される

北朝鮮金政権等にとって実害が無いレベルの

北朝鮮金政権等の反対派の者たち等」は

「脇役扱い」で、

「主役や主流の論等」は

「内実として、北朝鮮金政権等の都合に沿うモノばかり・・・状態となってしまっている」。

「結果、

自国民衰退化支配・敗戦火事場泥棒等々の

悪業を行い続けて来ている者たち等の人脈の実態や実体」が

「多くの視聴者・読者等に理解・把握・認識等される事も無く、

戦後の日本社会では、

平成30年の今日でも、

未だに、

スパイ・工作活動等天国状態であるばかりか

実効のある法や摘発体制等の整備さえほとんど進められていない」。

「それは、日本乗っ取り支配工作等を放置・容認等し、

一般日本人まで危うくし続けて来ている、

とんでも無く、酷い事」だ』。

『「工作活動等無縁の人々に対する差別は絶対にダメ」だが

「工作活動等を行い続けて来ている者たち等」は

「徹底的に厳しく摘発し、応分の罪と罰を与えるべき」だ』。

『「松本元死刑囚の神格化」は

「宗教面では集金の具にされるくらい・・・」だろうが

「工作活動面では、工作員等がまとまる礎等にも成り得てしまう」が

「公安の監察付きのところに集合して本音で語る工作員はほとんどいない」。

「問題にすべき」は

「既に摘発されていない、新興宗教団体等の団体・組織等」だ。

「反日他国の工作員等が

一般日本国民等から集金したり、集合する器として利用したり、している

新興宗教等の団体・組織等に対し、

過剰な優遇措置等を続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝等では、未だに、「選挙も無い常連出演者等が、反対野党等と同調している公共の電波を使った実質的、政治運動」等を行い続けているので、本当に呆れる・・・。

『「西日本豪雨災害」までも「政治利用」して

「他の法案審議を止めさせたり、遅滞させたり、しようとしている

反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に酷い」。

「元々、多くの法案には賛否が付きモノ」だ。

「その法案に反対だから・・・」と

「天災(実際は、地球温暖化という人災故の現象の様相だが)による大被害まで

利用しようとしているその様」は

「恥知らず」を

「大いに通り越した極悪状態等」になる。

「真に、被災者や被災地の事を考えている」なら

「政府同様、実効のある対策を率先して提案し、実行する様にする、させる」と

「共」に

「日本の国会議員としての日本国・多くの日本国民の為になる本来の仕事」も

「粛々と、遅滞無く行い続ければ良い」。

「日本の国会議員としての仕事を行い続けて来ている」なら

「それは、断じて、難しい事では無い筈」だ。

「日本の国会議員というより、

反日他国等の日本国内政治工作員等としての仕事をしようとしている」なら

「{何でも}利用して、反対!」等の「手段」で

「日本の政治を遅滞させたり、混乱させたり、する事」こそが

「合理的になる」が。

「因みに、

日本のカジノも含むIR法案が成立する」と

「極東地域のカジノ等の利権」が

「分散される事になる」から「嫌がっている」と

「強く、推定出来る」のは

「散々、反日情報・教育等を行い続けて来ている韓国」だ。

「日本より韓国(朝鮮)の利権を図る事が大好きなら

日本国内に居て、反対!や邪魔や混乱づくり等々を行っていないで

韓国(朝鮮)に行って、韓国(朝鮮)内をより良い状態にする事等」を

「頑張れば良い」等と

「感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い」。

「現状の様な{反対野党}状態」では、

「いくら、お仲間、テレビ・ラジオ・マスコミ等が実質的、大衆誘導等を行おうとし続けても、

もはや、{反対野党}が与党になれる訳も無い」。

「民主党政権を成立させてしまった事による負の教訓」は

「多くの日本国民の中に深く刻まれているから」だ。

「そして、その負の教訓は、世代が変わっても、受け継がれている」。

「多くの日本国民に自虐を強いる反面で

中・韓(北朝も含む)等を利す

反対野党等」は

「もはや、多くの日本国民にとって、反与党の受け皿とは成り得ない」。

「多くの日本国民が望んでいる」のは

「健常野党」だ。

「与党より日本国・多くの日本国民の為になる実行可能な政治・政策等」を

「十分に訴えられてこそ、

与党になる可能性がある野党になる」』。

『「選挙区の問題」でも

「元々からの日本国民の多く」は

「県等の区分けによる地域特性の重要性等」を

「ある意味では、本能的に、ある程度以上は分っている」。

「廃藩置県にしても、

藩自体を完全消滅させた訳では無い、

ばかりか、藩の区分を結構積極的に利用した

日本流の政権交代に伴う変革を行った」のが

「実態」だ。

「その結果、その地域で連綿と続いていた歴史文化等の多くも継承されている」。

「支配者が変わると、

前の支配者や前の支配者の行った事等を全否定する精神文化が濃い

中国や朝鮮半島等とは全く違う

日本の精神文化が其処に在る」。

「その辺りを平然と無視出来てしまう人々の実体」は

「日本に根差している年月や深さ等が浅い」と

「容易に推定出来る」。

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等にその傾向が強い」のは

「単なる偶然では無い、相応の実態が在る」と

「強く、推定出来る」。

「そんな反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「その絶対人数より遥かに大きく

日本国内で蔓延れている」のは

「戦後日本故の一時現象」だろう。

「選挙のある政界」では

「反対野党等は当然の如く少数派となった」が

「選挙の無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々」では

「未だに、

所謂、左翼や朝鮮系が重用された

占領軍による占領政策の大きな影響下状態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」と思うが』。

『「所謂、左翼」が

「真に、革新的でも、先進的でも無く

媚朝鮮・媚中国共産党等であり

旧社会・共産圏の国々同様、スパイ・工作活動等が大好きである事」等は

「今までの、所謂、左翼の実態から、誰もが直に分る事」だ。

「元々、その当時の者たちが理解・把握出来ていた範囲の人間世界観を基」に

「ある種の理想像を考え・思い・つくり出した」のが

「旧社会・共産主義等の基本ロジック、精神文化」だった。

「ところが、実際の人間世界は、時の流れと共に、どんどん進歩・進化・変化する」。

「時の流れと共に生まれて来る進歩・進化・変化」を

「受け入れ易く、取り入れ易かった」のは

「指導者が指導する旧社会・共産主義の国々では無く」、

「個々の自由度が高い自由主義圏の国々だった」。

「結果、東西冷戦」では

「時の流れ共に生まれて来る進歩・進化・変化の取り入れがより容易だった

西側(自由主義圏側)が勝利した」。

「未だに、所謂、左翼、旧社会・共産圏の精神文化」で

「国を運営し続けている」のは

「中国共産党支配下の中国」や

「金独裁政権状態の北朝鮮」等々

「多くの人類から、迷惑に思われているところくらい」で

「実質的には、所謂、左翼が表舞台に在る必要性はもはや無く、

表舞台で大手を奮うなら大迷惑」というのが

「現実」になっている』。

『「ところが、戦後日本の学校教育」では

「教師の多くが所謂、左翼」で

「戦後学校教育上の優等生」とは

「所謂、左翼教師等の言う事を良く覚えた者」等と

「なってしまっている」。

「所謂、理系の方」では

「いくら、所謂、左翼教師が、{先生はこう思う!}等とやっても

実権が在るのは物理の法則や事実・現実等になる」から

「所謂、左翼教師等の実害も少ない」が

「所謂、文系の方」では

「所謂、左翼教師等が、

{先生はこう思う!君たちもこう思いなさい!}等とやり

生徒が、先生の思いを良く覚え、応えれば、優等生になる」。

「結果、所謂、文系の仕事」では

「所謂、左翼ご用達論者等として育成された者たち」が

「高学歴~テレビ・ラジオ・マスコミ界等での要職等」となり、

「現状の様」に、

「もはや、時代遅れの論等々」を

「平然と、

大衆に向かって

優等生ぶり、正義ぶり、

言い続けられていたり・・・する

実質的、醜悪・劣悪状態」が

「続けられて来てしまっている」。

「実態」としては

「上辺の言葉上手」と

「厚顔無恥」等が

「テレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等に

求められている資質」となり

「精神構造・精神文化の健常進歩・正常進化への貢献」という

「精神文化製品として極めて重要な性能が著しく悪い

情報・教育等漬け状態にされ続けて来ている

多くの視聴者・読者等の中」では

「知らず知らずの内に、

他の者・物・事への依存心等や

現状脱出欲動が蓄積され続け、

それが、時には暴発してしまう」から

「同様の新たな、事件・事故等も後を絶た無い」。

「同様の新たな、事件・事故等」は

「現状の常連出演者等が優等生ぶり、正義ぶり、今まで同様の自論等を

公共の電波上や公共的マスコミ上で一方的に語る為に都合の良い道具」とされ

「多くの視聴者・読者等の頭の中」では

「図々しく、低レベルの事を言っていたりするのに、

高報酬で有名人利権までも維持~増大等しているのは、

酷いなぁ・・・」とか、

「心や頭の汚染が大きい人々の中では、

自分も同様の手段で利権が得られれば良い・・・」等々と

「呆れや、悪魔に魂を売り渡した狭義の自分コントロールロジック等が

繰り返されたり、育成されり、している」。

「20年遅れの世紀末の様相」が

「其処に在る」』。

『「本日のテレ朝昼番」等では

「実力???の心理学者???や常連出演者」等が

「看護師薬剤混入殺傷事件等をダシ」に

「まるで、共産党の指導者の如く

社会不適合心理等を言っていた」が

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取っていない

上辺の正義論等」では

「本質的、説得力も、現状人間社会是正力等」も

「生まれて来る訳も無い」。

「心理学者」なら

「現状の多くの人間」が

「無意識の興味によって動かされている事」くらい

「重々承知の筈」だが

「その解説さえも無かった」から

「事件の大元の深層も見えて来ない」。

「該当看護師にしても、

先ずは、自分が救われたい」のに

「その自覚も持てていない」から

「代償欲求として、他人を救う仕事」を

「無意識の力にも誘われて選択していた」のが

「実態」と「強く推定出来る」。

「しかし、

他人を救う仕事を繰り返しても

直接、自分は救えない」。

「代償欲求には充足が無い」から

「どんなに他人を救い続けても、

救われていない自分は

そのまま、時を重ねている状態になる」。

「そうなると、無意識の中では、

そんな現状を脱出する欲動や

何らかの結着を求める力等々」が

「増大して来る」。

「丸ごと一人の死生観・人生観上で

その様な深層心理に基づくエネルギーが増大して来る」と

「人間の一つの結着点である丸ごと一人の死に対する興味が増大して来る」。

「代償欲求上で他人を救う事に邁進し続けていた

自分を救う事が十分に出来ていない者」が

「丸ごと一人の死に対する興味を増大させる」と

「他者の殺傷に向かい易い」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「該当看護師の意識上」では

「自分が強いられていた仕事を楽にする事により、自分を楽にしたい」等だったのかも知れないが

「深層心理内で、現状脱出欲動が暴発した」から、

「意識上の良心等では抑えきれず

丸ごと一人の死生観等に基づいた結着を

他人に被せた

代償欲求に基づく

殺傷行為まで行ってしまった」というのが

「実体」と

「強く推定出来る」。

「該当看護師の中では、現状の自分の状態が死ぬ程嫌だった」のだろうと

「強く推定出来る」が

「死ぬ程嫌な現状を

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性をとって

どう現状との接点を取りながら

合理的に変えるか?」より「前」に

「丸ごと一人の死生観・人生観や

代償欲求の過剰追及や

現状脱出欲動の暴発」が

「やって来てしまったが故の惨劇具現化」と

「強く推定出来る」。

「同様の新たな事件・事故等を避ける為」には

「丸ごと一人の死生観・人生観等の天動説状態」から

「誕生・死とは細胞レベルの実現象であり、

人の意識は丸ごと一人レベルで考え・思いたがるという地動説状態」に

「多くの人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」と

「自己健常支配の継続による本来欲求の充足の大切さ」や

「代償欲求の追及では本来欲求が充足される訳も無い現実」等の

「理解・把握」等々が

「重要」になる。

「多くの人々の精神構造が健常進歩・正常進化する」なら

「必然的に、人間社会の精神文化である政治・社会・経済システム等を

健常進歩・正常進化させるエネルギーも増大する事になる」から

「同様の新たな事件・事故等の激減も具現化し易くなる」。

「所謂、文系、人類の精神構造や人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる仕事を行っているべき立場にある者たち」が

「未だ、酷く低レベルであり続けている現状」は

「早急に是正する、させるべき、現状の多くの人類にとっての重大な危機」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「公共の電波を使った{政治運動}等の後で、{ご都合日本人論}」等を常連出演者等がばら撒いていたが・・・。

『「反安倍政権・反原発」等の「公共の電波を使った実質的、政治運動」は「何時も、醜悪」だ。

「その{政治運動}」には

「{北朝鮮金政権等ご用達}等の臭いまで付いている場合も多い」のだから

「醜悪等を感じる」のは

「ある意味、当然!なのだろうが」。

「その後の常連出演者等ご用達日本人論」も

「酷かった」』。

『「周囲との共調性等を賛美し、特出したリーダー不在を嘆いたその実態」もまた、

「北朝鮮金政権等ご用達の様相」で

「政治家や学者等のリーダーシップ等を言っていたその実体」は

「他の者による支配/被支配の精神文化推奨に他ならない」。

「北朝鮮金政権等の上辺」は

「周囲との協調性があり、特出したリーダーも在る状態」だから

「その賛美を行っていた様相にも思える」。

「もちろん、日本の精神文化はそんなところには無い」。

「日本の精神文化の特徴の一つ」は

「実利主義」であり

「自分たちが使い易い様にする」だ。

「周囲との協調性等もその実利主義の上に在る」。

「特出したリーダーへの依存状態」は

「民衆の大きな実利を損なう」から

「日本でリーダーとされて来た人々の実体」は

「多くの場合」で

「集団としてまとまる為の象徴」だった。

「目的は、集団としてまとまり続けた上で、更なる実利向上を図る事」等だから

「天皇家の温存も実現した」。

「それは、人による支配/被支配精神文化が濃いところ等」では

「在り得ない現象」だ。

「日本人の周囲との協調性の前には実利が在り、実利向上が在る」。

「本来の日本人なら自らの内に在るから良く分る上記の様な実態」は

「本来の日本人では無い、日韓併合以降や終戦後等に渡来して日本国民となった人々等」にとっては

「分り難い事」なのだろう。

「だからか、日本人が見聞きさせられると、何処と無く、変・・・」という

「論等」が

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では蔓延っている」。

「野球とサッカーの違い」より

「野球やテニスを軟式にしてその当時の自分たちの集団の中で使い易くした事にこそ

日本の精神文化の分り易い特徴が在る」が

「その辺りへの言及が無くて良い・・・」等というのが

「渡来系のお方の感覚や思い等」なのだろう。

「古の時代に渡来した仏教でさえも

自分たちの集団の実利向上に都合が良い様に

日本流に改造して使って来ている」のが

「日本の精神文化の特徴」だ。

「元々、特出したリーダー等を根っから求めていない人々が多い」から

「科学技術の進歩・進化も実現し続けて来易くなっている」。

「物質文明側の科学技術等」で

「肝要になる」のは

「特出したリーダー等の人では断じて無い」。

「科学レベルで判明させる事が出来る再現性のある使える実体や事実・現実」だ。

「人に対する依存心等が低い精神構造を持っている人々が多いが故」に

「自然や科学や化学等々上の実体や事実・現実に対して

素直に従い易い精神構造の保持が容易になっている」のが

「多くの日本人の精神構造の特徴」だ。

「所謂、文系、精神文化側でも、同様に、

科学レベルで判明している、させる事が出来る、実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事で

自らの集団の実利向上を図る」のが

「本来の日本人の精神文化」で

「特出したリーダー不在を問題化し

特出したリーダーをつくり出し、

特出したリーダーに多くの人々を依存させ

操り続けよう・・・等とする」のは

「今時では、超遅れ過ぎている北朝鮮金政権等ご用達の

精神文化論等」になる。

「日本人なら多くの人々が当たり前に分る事」さえも

「言わずに、言えずに、

内実として、北朝鮮金政権等にとっては都合の良い

特出したリーダー必要論等」を

「日本の公共の電波上で喧伝した者たちの実体は?」

「何故?そんな者たちが常連出演等し続けているのか?」

・・・等々、

「大いに疑問に感じた」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「他番組等」でも

「オウム死刑囚の刑執行を受けて」も

「要でも無い者・物・事等に捕まって、自分を操らせてしまわない様にご用心!」

「要でも無い者・物・事等はオウムやその流れだけでは無く、

今の日本社会の中にも多々在るからご用心!!」

「誕生・死の実体とは細胞レベルの実現象なのだから

丸ごと一人の死生観・人生観等を悪用しているところ等に騙されない様にご用心!」

・・・等々の

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に有益になる情報配信等」さえ

「出来ていない」。

「それは、本当に、酷過ぎる実態」だ』。

『「酷い、劣悪レベルの仕事しか出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

過去同様の劣悪オウム問題情報配信を続けている進歩・進化大不足のテレビ・マスコミ等問題・・・。

『「オウム地下鉄サリン事件等が発覚してから、既に、20年以上も経っている」のに「未だに、

正義ぶり、優等生ぶり、カルト宗教対策等を何とかしなければいけませんねぇ・・・の旨等々」では

「本当に呆れるばかり・・・」だ。

「カルト宗教等にまで依存する者たちを生み出している」のは

「未だ、巷に溢れている、比べっこ主義の擦り込み情報」であり

「汝、考えるな!先生や教科書や参考書等々の言葉等を覚えよ!状態の学校教育」等に他ならない。

「精神構造・精神文化面でも、既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に

「実体や本質を探究する教育」や

「本質・快適探究主義の情報」等が

「十分に在る状態」なら

「カルト宗教等に限らず、悪戯な比べっこ主義による支配権・被支配権争い等基づいた

自虐的な思考等に翻弄されて操られてしまう人々の数」は

「激減しているのに!」

「その重大な実務」を

「怠って来ているばかりか、

旧来からの比べっこ主義や上辺記憶主義等に基づいた

劣悪レベルの情報・教育を行い続けて来ている者たち」の

「責任は、非常に大きい」。

「公共の電波を使えたり、公共的マスコミ上で大量配信等出来たりする、高い立場」や

「それに伴う高報酬や実権等」などは

「絶対に相応しく無い実態が其処に在る」が

「政界とは違い、選挙も無い情報・教育界」では

「旧来からの既得権益の維持~増大に努める内部営業等が得意な者たち等」が

「重用されつっ付けて来ている」様相で

「十分な改善の兆しさえ、未だ、見えて来ていない状態」だ。

「その様な劣悪過ぎる情報・教育界等」は「どうすれば、改善されるのか?!!」』

『「例えば、学校教育」で

「現状で既に科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

人類誰もの自分の実体把握等の教育」が

「行われている」なら

「丸ごと一人ダケの死生観・人生観等に基づいた古からの宗教等」は

「実体通りに歴史文化遺産等として捉えられる人々が大多数になっている筈」だ。

「旧来からの宗教等は、歴史文化遺産等として維持・保護等する価値があると

多くの人々が思えるモノなら、歴史文化遺産等として保護すれば良い」し

「旧来からの宗教を利用した新興宗教等」は

「その実体把握に基づいた実体通りの理解・把握が必然になる」。

「例えば、オウムの様に、仏教やヨガをダシ」に

「信者支配等」をしたり

「信者等からの集金」をしたり

「集めた金を基に、武器や大量破壊科学兵器等を生産し、使用したり」した

「上辺は宗教法人だったモノ」の

「実体」は

「宗教やヨガを悪用した実質的。国家転覆等を目的とした工作組織に他ならない事になる」。

「オウム程過激では無いにしても、同様に

宗教等を悪用した実質的、国家転覆等を目的とした工作組織等」は

「他に無いのか?」や

「宗教等を悪用した実質的、国家転覆組織等の裏には何がある?」等の

「実態把握等も極めて重要になる」。

「反日スパイ・工作活動国家等」の

「出先暴力装置」等として

「つくり出されている可能性も極めて大になるから」だ。

「その辺りの基本的な実態把握が出来ている」なら

「例えば、オウムの松本死刑囚が何故?尊師が殺せ!と言ったら殺す事が救済になる」等の

「普通に考えるなら、現実離れしている事等」を

「平然と信者に擦り込み続けて来たのか?」も

「相応に理解・把握出来る事になる」。

「宗教ダケ」なら

「殺傷は不要な場合がほとんど」だが

「反日工作組織」なら

「日本国民殺傷や日本国家転覆等は本来の役割になる」。

「オウムは、宗教団体では無く、工作組織だから、公安の監察も必要になっている」のが

「実態」で

「公安の監察が付いている」から

「オウムの流れの宗教団体等は、現状では、現状では、大きな事は行い辛い」。

「ここで、多くの日本国民が気づくべきところ」は

「日本国内の反日他国の工作組織はオウムの流れダケか?」になる。

「今更、言うまでも無く、オウムは氷山の一角」で

「しかも、大雑把に判り易い酷い事を行った一組織に他ならない」。

「多くの他の工作組織等」は

「戦後日本の現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な手法」を

「主として使う、日本国民粛清工作や日本国家転覆工作等々」を

「連綿と行い続けて来ている」。

「戦後日本社会」が

「何処と無く、スッキリしていない大きな元凶」は

「其処に在る」。

「昨今、日本社会の至る所に仕込まれてしまっている、

工作電磁波発生ソフト・装置から出ている工作電磁波」を

「工作員等が誘導電磁波等を使って、執拗にターゲットに当て続けている

電磁波工作」の

「実害」は

「多くの飲食物工作同様」に

「不快感・イライラ・心不全・内臓不全・ガン・脳卒中等々を誘っている」が

「そんなモノが巷に溢れていれば、スッキリしない」のは

「極めて当たり前の事」になる。

「因みに、筆者の実体験」でも、

「渡米した時には、日本とは違う明らかなスッキリ感が在った」。

「社会面では、

銃問題や移民問題や多大な格差問題等々、

日本より遥かに怖い面も多々あるのに!」だ。

「電磁波工作と飲食物工作等々不健常な工作」の

「在る世界」と

「無い世界」では

「明らかに、スッキリ感が違う」。

「筆者の場合」も

「現状では、自主防衛しか無い」から

「金も手間も時間もかけて、工作電磁波対策を行い続け、

飲食物工作には常に気を付けている状態」だが

「対策無しの時より遥かに健康状態が良くなっている」。

「本来なら、社会的合意を基に、日本国内の不健常な工作活動等を徹底撲滅する、させる」のが

「当然の道」だが

「その当然の道に、善悪をごちゃ混ぜにした似非差別や似非人権等々と盾に抗う

工作員等の手助けをしている政治家・政党・学者・論客等々まで少なからずいる」のが

「戦後日本の異常な実態」だ。

「戦後日本の工作活動汚染」は

「何時、取り除かれるのか?」

「北朝鮮金政権問題等が片付く」なら

「その多くが取り除かれそう・・・」等と

「感じたり、思ったりしている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「自分の実体やその実体の根本的な目的さえも???状態」では

「落ち着ける訳も無く、自虐行動等を避け続ける事等が出来る訳も無い」。

「人は、実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置けた時、初めて、落ち着く事が出来る」。

「本質的自虐行動等を行わない、本質的に悪い事を行わない事を実現し続ける事」により

「人間は、自己承認欲求の本来欲求を充足させる事が出来る」。

「人間の誕生・死も細胞ごとの実現象であり、

今生きている人間なら、

何処の誰でも、

今、この瞬間にも、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら存続している」のが

「既に、科学レベルで判明している現実」だ。

「死の実体験は、誰もが、今、この瞬間にも行っている」のだから

「死を恐れる必要は全く無い」。

「死が細胞レベルの実体験現象である事等を理解・把握出来ていなかった

古の時代の人々」が

「死が怖かった」のは

「死の実体を理解・把握出来ていなかったから」に

「他ならない」。

「死が細胞レベルの実現象である事を十分に理解・把握出来ている」なら

「死自体を恐れる事も無くなる、代わりに、どう生きるか?が激烈に問題に成って来る」。

「人の意識」は

「丸ごと一人で考え・思いたがる」。

「何故か?」

「狭義の自分一個体を健常に支配し続ける為には、その方が好都合だから」だ。

「どう生きるか?」の「答え」は「其処に在る」。

「自己健常支配の継続」だ。

「自己健常支配を継続する」なら

「支配欲の本来欲求が充足され続けるダケでは無く、

自己承認欲求を充足する事も容易になる」。

「自己承認欲求を充足させ続ける為」には

「本質的に悪い事を行わない事が必要になる」。

「自己健常支配中なら、本質的に悪い事は行い辛い」から

「その面でも、合理的になる」。

「他の者・物・事に対する支配欲・他の者・物・事による被支配欲」とは

「自己健常支配欲の代償欲求に過ぎ無い」。

「代償欲求には充足が在り得ない」。

「自分本来の欲求では無いから」だ。

「どんなに他の者・物・事を支配して」も

「どんなに、大いに頼れそうな者・物・事に自分を支配させて」も

「自己健常支配欲は充足されず、

その代償欲求が充足されないまま、

代償欲求追及欲求が次々を起こって来る」。

「どんなに金や権力等を持っても、本当の満足はあり得ない」。

「どんなに金や権力等を持っている者に依存出来ていても、本当の満足はあり得ない」。

「自己健常支配の継続を過剰に怠り続けている」という

「本質的に悪い事」が

「自己承認欲求を充足させる事を困難にしたりするダケ」だ。

「代償欲求の追及」は

「免疫を養う程度に、遊び程度」が

「健常範囲になる」。

「政治でも宗教でも独裁傾向の強いモノ程、実際は、構築度が低い、劣悪な状態のモノ」だ。

「多くの人間の自己健常支配の継続が容易になる政治・社会・経済システム等」が

「性能の良い精神文化製品になる」。

「現状の政治・社会・経済システム等の精神文化製品」は

「余りにも、出来が悪い」のだから

「性能の良い精神文化製品をつくり出す事」は

「多くの人間にとって、非常にやる価値がある重要な仕事になる」。

「個々の人間の精神構造を健常進歩・正常進化させる事に役立つ

テレビ番組・映画・アニメ・小説・漫画・音楽・絵画等々」が

「大流行する事により、

多くの人々の精神構造が健常進歩・正常進化した」なら

「大枠の精神物価製品である政治・社会・経済システム等の性能アップもより容易になる」。

「この重大な実務」を

「意識的、かつ、積極的に行う事」は

「地球環境問題の解決にも直結している」。

「逆に、それを怠る」なら

「人類滅亡の時が急速に迫って来る事になる」。

「もう、今時は、

人類成人が、

カルト宗教や独裁政治等々に、

現実逃避している時代では無い」。

「意識的かつ、積極的」に

「物質文明面だけでは無く、精神文化面でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用して

多くの精神文化製品の性能を向上させるべき時代」だ』。

『「時代が要求している仕事が出来ていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「以前同様の論調しか言えない・書けない者たち等」を

「常連出演・常筆等させ続けていてもロクな事は何も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「健常化・正常化」は

「急務」だ』。

|

オウム死刑囚死刑執行で大慌ての様相のテレビ番組が多いが・・・。

『「日頃から現行法で合法なら何でもOK&推定無罪等を大推奨している連中」が

「オウム死刑囚の死刑執行に対して」は

「アレコレ大いに言う」のは

「大いに変」だ。

「曰く、

神格化???」

「精神状態は???」

「今のオウムの後の団体等は・・・」

「一部被害者による真実を語って欲しい等の切実な、しかし、実現の可能性が極めて低い

思い」まで

「利用」して

「如何にも、死刑執行をしてしまった現政権等に問題があるかの如きイメージ等」を

「何としても、多くの視聴者等に抱かせたい様相」の

「情報配信内実」には

「大いに呆れる」。

「もっと、呆れる」のは

「精神文化の健常進歩・正常進化への情報・教育界の貢献が余りにも疎かであるが故」の

「悩める若者等の宗教・カルト宗教・大物等々頼り問題」に「対する論調」だ。

「現状までの情報・教育界の多くの者たち等の仕事等が余りにも劣悪だったが故の現象」に

「対し」、

「自らの仕事が十分に出来て来ていない従だな責任問題等々は何処へやら、

どうすれば良いのですかねぇ・・・的論調」を

「公共の電波上等で平然と実質的、公然化しようとしている様」は

「本当に、酷過ぎる」。

「更に言う」なら

「オウムの裏には北朝鮮金政権等の臭いさえも濃厚に漂っていた」が

「その事さえも黙殺状態であるが上」に

「オウム以外の北朝鮮金政権等の臭いが濃厚に漂っている

公安の監視さえも、公然とは付けられていない、幾多の宗教団体等々」の

「重大問題」の

「実質的、黙殺」は

「本当に酷い」。

「オウムの実体」は

「宗教団体といより、工作組織」だった。

「仏教やヨガ等を悪用した新興宗教をダシ」に

「実体把握が出来ない状態の者たちを信者化し、信者等から集金」し

「集金した金をサリン等暴力道具の開発~製造~実用等に使っていた」のが

「オウムの実態」だった。

「その実態」は

「北朝鮮金政権等の瀬戸際外交等々」と

「実質的に、同様」だった。

「その時点での日本政府等を転覆させる為」の

「日本国内の鉄砲玉の役割等」を

「担わされていた実態が露呈していた」。

「当時」は

「宗教法人免罪符」で

「余程の事が露呈していない限り、警察等による捜査等も容易に排除出来ていた」』。

『「オウム同様の新たな事件等を防ごうとする」なら

「宗教法人免罪符の問題」や

「北朝鮮金政権等、反日他国人脈による日本国内の宗教等団体を悪用した工作活動等問題」や

「多くの日本国民等が悪用されない為」の

「個々の人々の精神構造の健常進歩・正常進化」と

「日本社会の精神文化や精神文化製品の健常進歩・正常進化」等の

「重大問題への言及」は

「在るのが当然になる」』。

『「それなのに、未だに、多くのテレビ番組等」では

「アレフや光の輪等の今は?」等と

「実質的に、一部宗教団体等偏重宣伝」を

「行っていたり」、

「若者ならではの悩み」等と

「まるで、若者が悩むのは当たり前の如く喧伝」し

「現状の精神構造・精神文化側=所謂、文系の情報・教育等の異常な劣悪ぶり等」を

「実質的に、公然化しよう・・・としていたり」等々したのだから、

「本当に、酷い」』。

『「現状の若者等が悩む大きな一因」は

「現状の所謂、文系の情報・教育等が余りにも酷いから」だ。

「例えば、歴史でも、精神文化の進歩・進化等の基軸さえ教えていない」。

「その代わりに、歴史上起きた物事に対し、

その事や

年代や

その当時・その事等に対する実権者名等を覚えさせている」。

「コレでは、有名人依存商売等には都合の良い操り人形等」が

「調教され大量生産等されても当然」でも

「歴史から学ぶ人間が生まれ育たない」のも

「極めて、当然の現象になる」。

「例えば、古の時代、当時の人々は何を求めていたのか?」

「そして、何を得られていたのか?」

「誕生・死等に対しては、どの様に理解・把握出来ていたのか?」等々を

「知り」、

「其処から、当時の人々の精神構造や、当時の人間社会の精神文化」を

「学び」、

「時代が新しくなる度に、或いは、時代を遡る度に、

その精神構造や精神文化がどの様に変化したのか?等々を学ぶ」なら

「何処の誰でも、ほとんどの人々が、人類の精神構造や人間社会の精神文化」の

「進歩・進化の方向性等を知る事が出来る様になる」。

「精神構造や精神文化の実状や進歩・進化の方向性」を

「知り、学び、考える」なら

「異常な程、簡単に、カルト宗教等に騙される人々の数も激減する事になる」。

「現状では、理系・文系共優等生でも、

実質が伴っているのは、理系側ダケ」だ。

「何故なら、理系側は、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ、積極的に実用している」が

「文系側は、科学レベルでは無く、統計学レベルや考え・思いレベルである場合が多いから」だ。

「地動説レベルに達している理系」に対して

「天動説レベルの文系」とでも

「言うべき実態」が「其処に在る」。

「地動説レベルに達している理系の知識や技術等」を

「天動説レベルの精神構造や精神文化で実用してしまっている」のが

「多くの人類の現状」だ。

「その中で、更に酷い」のが

「精神構造・精神文化が天動説レベルである事を悪用」して

「他の者・物・事等の支配/被支配という代償欲求レベルの欲動」を

「過大に育てさせ、それを悪用して、

利権等を貪ったり、

人間や人間社会を壊す自虐業を行ったりする

者や者たちや組織等」だ。

「オウムもその一例に他ならず、

オウム以外にも、同様の組織・集団・個人等々は、

未だ、多数在る」のが

「文系の情報・教育等が余りにも劣悪な現状人間世界の実状」だ』。

『「上辺は、何であっても、北朝鮮金政権等の手下、工作員・工作機関等」は

「実体として、北朝鮮金政権等の手下、工作員・工作機関等」だ。

「在日の母を持つ北朝鮮金正恩独裁政権」には

「政権の正当化の為に、日本を乗っ取り支配する必然性が在る」。

「独裁とは、他を支配するであり、必要になる他を全て支配する」だ。

「自己健常支配の継続の代わりに、他の者・物・事支配/被支配を是とする集団」を

「無理やりにでもつくり出す事により、独裁は可能になる」。

「無理やりの実行手段」が

「恐怖政治であり、核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等であり、

瀬戸際外交等々である」のが

「北朝鮮金政権の実態」だ。

「日本支配が必需になっている在日の母を持つ北朝鮮金正恩政権等の

実質的、手下、工作員・工作機関等々」は

「現状の日本国内に少なからず在る」。

「オウムの時代」には

「在日の母を持つでは無かった」から

「北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配工作等」も

「鉄砲玉を使って乗っ取れればラッキー!・・・程度のノリ」だった。

「現状の日本乗っ取り支配工作等」は

「ガチ」だから

「オウムの様な大雑把で判り易い手段は使われていない」。

「電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々により

時間をかけて本来の日本国民を弱体化させ減少させる」と「共」に、

「子沢山指令等々により、

日本国内で日本国民の権利を持つ北朝鮮金政権等にとって

都合の良い血統の者たちの数を増やす戦略」が

「実行されている」のが

「実態」だ。

「日本国内の北朝鮮人脈等によるスパイ・工作活動等」を

「本気で、摘発して来ていない政府等もどうかしている」し

「本気で、告発等して来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等も本当にどうかしている」。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮金政権等に対する土下座外交等」や

「北朝鮮金政権等の手下・お仲間等の実態」になる』。

『「そんな中」で

「北朝鮮との繋がりが濃いとも言われているオウムの死刑囚に対する死刑を執行した事」の

「意味は大きい」。

「少なくとも、日本政府等は、北朝鮮金政権等に対する土下座外交等を

これ以上行わない事」の

「明らかな意思表示にもなるから」だ。

「其れなのに、未だに、日本の中の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「北朝鮮金政権等の実質的、手下状態では・・・」。

「其れは、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の是正が急務である事」等の

「一つの立証になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ。

「特に、所謂、文系では、必要十分な仕事も行得て来ていない実態」が

「既に、明らかなのだから!」』

|

北朝鮮金政権等の合意違反等は十分に問題化しない、反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等が佐川氏の偽証?等を正義ぶって追及する政治運動等を行っているが・・・。

『「現実日本社会に対する悪影響等の大きさ」からすれば「圧倒的に、北朝鮮金政権等の問題の方が大きい事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「野党が本気で日本の与党になりたい」のなら

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等」を

「徹底摘発する事等を訴えていて当然」だ。

「何しろ、重大な問題であるにも関わらず、

現状まででは与党側の実効のある対策も???状態」だから、

「日本国・多くの日本国民の為に、本気で与党を追及する為」なら

「非常に好都合になる材料に他ならないから」だ。

「ところが、北朝鮮金政権等のオトモダチ人脈の臭いも濃い、

反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「日本国・多くの日本国民がより良い状態を得られ易くする事」等よりも

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等が行い続け易くする事」等の

「方」が

「重要!といった雰囲気まで、醸し出し続けて来ている様相」で

「日本国内のスパイ・工作活動等の問題に対しては、実質的に、沈黙・黙殺状態」だ。

「日本国・多くの日本国民にとって、重要な仕事を行わない反面」で

「微に入り細に入る言葉狩りや態度狩りや証言狩り等々をダシ」に

「正義ぶって、与党批判・非難等を行う反与党政治運動等」には

「異常な程、熱心」だ。

「特に、北朝鮮に厳しい安倍政権に対する反安倍政権政治運動等」には

「異常な程、熱心な様相が露呈し続け来ている」。

「一学校法人設立問題であり、一国有地払い下げ問題であり、

籠池氏問題の様相も色濃い森友学園問題」や

「一獣医学部新設問題である加計学園問題」の

「実体」は

「国政上では小問題」だ。

「国政上での実質的、小問題」を

「無理やり、安倍総理等と強く結着させたイメージで喧伝し、

大騒ぎし、

無理やり大問題化する、させる事」により、

「多くの人々の中に、反安倍政権感情・思い等を醸成させよう・・・」等と

「し続けて来ている様」の「実体」は

「実質的、政治工作等になる」。

「スパイ・工作活動等の問題を告発しない、出来ない」のは

「反対野党やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「実質的、政治・社会工作等を行い続けて来ているから・・・かも知れない」が、

「其れより、強く感じる臭い」は

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等の臭い」等という

「人々の数」も

「決して、少なく無い筈」だ』。

『「昨今の異常気象、もしくは、極端気象に重なって

工作電磁波の害も在るから」だろう

「熱中症等の実害が頻発している」。

「原発再稼働に反対している人々」は

「市民というより政治活動家の臭いが濃い様相」だが

「新安全基準への適合義務もある、元々、ほとんど起きる可能性の無い原発の重大事故」と

「原発使用による地球温暖化抑止効果」や

「その事による、少なく無い数の死者まで居る熱中症等防止効果」や

「原発使用による電力安価安定供給」等々の

「原発使用メリット」を

「比べ」て

「原発使用メリットを選択しない、出来ない」のは

「一部テレビ・ラジオ・マスコミ等により

放射能潔癖症や原発恐怖症等の状態に追い込まれてしまっている人々」や

「良く分らないモノは嫌状態の

原発を幽霊等状態にしか理解・把握等出来ていない人々」や

「日本に原発を使用させない事によるメリットが得られる反日国人脈等の人々」等になる。

「温暖化による異常気象・極端気象が急激に酷く成って来ている昨今、

減らすべきは火力発電である事」は

「論を待たない」。

「急激な温暖化等の大きな元凶」は

「人口も多く、急速な経済発展をして来ている中国等の国々」だ。

「中国等の急速な経済発展の裏」には

「現状の人間世界の精神文化が在り、

現状の人間社会・経済システムが在る」。

「比べっこ主義の人間世界」には

「先駆者利権が付きモノ」だ。

「だから、実際」に

「武力による比べっこ支配権・被支配権争い時代」には

「列強による植民地支配が流行り、

植民地を持った列強」は

「先駆者利権を得、大いに太れた」。

「先の大戦後、武力による比べっこが経済による比べっこに{進歩}した後」は

「国境線より経済圏が上に成り易くなり、

比べっこ上で優位に立つ為」に

「自由主義圏の多くの大企業」は

「更に、大きく多種多様に・・・という構築度アップの法則そのまま」に

「経済圏拡大による先駆者メリットを争って来ている」。

「東西冷戦終結後、その経済圏拡大の範囲」が

「旧社会・共産圏にまで至る様になった」。

「東西冷戦の終結を受けた

中国共産党支配下の中国」は、

「一国二制度政策を実行した」。

「中国の大人口を多大な消費者や市場等として捉えた自由主義圏の大企業等」は

「中国への進出を始めた」が

「中国共産党支配下・・・では、自由主義圏の様な商売は直には出来なかった」。

「それでも、時と共に、自由主義圏の要素を濃くせざるを得なくなった」のが

「お金に目が眩んだ中国{共産}党」で

「強大な中国共産党{大企業}」は

「経済比べっこ上で、中国国内のその絶対的に優位な立場等を利用して大いに太った」。

「ここで、問題だった」のが

「フェアや環境面への思いの至りぶりが少な過ぎた事」だった。

「中国共産党幹部等の経済は大いに太った」が

「環境破壊等も熾烈を極め、多くの中国国民の思いの中からフェアも消えて行った」。

「元々の人口が膨大」なので

「その悪影響も多大になる」のは

「必然」だ。

「中国のフェアでも無かった、環境への配慮も足りなかった{経済発展}」は

「地球温暖化を急激に酷くして来ている」。

「さすがに、習政権」では、

「汚職・賄賂等の徹底撲滅等を行い、

温暖化等対策も積極的に行う様」に

「舵が切られている様相」だが

「基が酷い」ので

「その実効が十分になるまでには、相応の時間を要する」。

「中国同様に人口の多い、急速な経済発展をして来ている国々である

インドとブラジル」が

「若干、救われている」のは

「元々、自由主義圏」で、

「暖かく、冬季の化石燃料使用暖房等の必要性も低いから」だ。

「その辺りの実状を十二分に理解・把握済みの米国トランプ政権」が

「自国第一主義」で

「もはや、実効のある是正は非常に困難・・・と、温暖化嘘論等を言って来ている」のは

「現実主義だから」と

「強く推定出来る」』。

『「旧来の社会・共産主義」の「構築度」は

「自由主義圏より低かった」から

「東西比べっこ冷戦」で「東は西に負けた」。

「構築度の低い、比べっこ主義」に

「拘り続けて来ているが故」に、

「人類は、自らに負け、

地球環境さえも危うくし続けて来ている」。

「構築度の高い物質文明製品等を自虐使用しない為」には

「物質文明製品以上に構築度が高い精神文化製品の普及により

多くの人々の精神構造を必要十分以上に健常進歩・正常進化させる必要がある」。

「地球環境問題を解決する為に必要」なのは

「物質文明側の科学技術等ダケでは断じて無い」。

「社会・経済システム等精神文化側の精神文化製品の性能」を

「物資文明側レベル以上に進歩・進化させる事」が

「絶対に必要」だ。

「当たり前の事」だ。

「比べっこ主義」から

「本質・快適探究主義」への

「精神構造の健常進歩・正常進化」が

「今、生きている、全ての人類の大人」に

「激烈に求められている」。

「何時まで経っても、子ども時代同様の比べっこ主義」では

「本当に、情けない」。

「比べっこ主義に好都合な現状社会・経済システム等の是正も急務」だ。

「それは、自らの精神構造を本質・快適探究主義に健常進歩・正常進化させる事が出来ていない

{天動説に執着しているレベル}の者たちとって」は

「不可能にさえ思える事かも知れない」が

「今時の成人として当たり前の本質・快適探究主義の精神構造を保持出来ている人々にとって」は

「それ程、難しい事では無い」。

「現状からの軟着陸進歩・進化を実現させる為」にも

「経済・社会学者や政治家等々の精神構造の進歩・進化」が

「重要になる」。

「多くの人類の精神構造を健常進歩・正常進化させる為」には

「精神文化側の情報・教育の急速な健常進歩・正常進化が必需」だ。

「比べっこ心を養う為」には

「誰が・・・の世界が好都合になる」が

「本質・快適探究」なら

「何が・・・や、どうして・・・や、どうやって・・・、等々の世界が非常に重要になる」。

「誰が・・・」は、

「基本的に、

何処の誰でも、地球生命体細胞群(広義の自分)の中の

約60兆とも言われている人類として構築されている細胞群の一個体(狭義の自分)になる」から

「その重要性は、比べっこ時程、強く成り得ない」。

「物質文明の世界を見る」なら

「誰もが分る事」だ。

「物質文明の世界では、基本的に、主体」は

「つくり出された物質文明製品自体に在り

それをつくった者には無い」。

「誰がつくった物なのか?が重要なのでは無く、

よい製品なのか?否か?が重要」なのが

「物質文明製品の世界」だ。

(「比べっこ精神文化が蔓延っている現状」では

「誰がつくったのか?を比べっこに利用しよう、させよう・・・という

{魂胆}が

露呈している場合もあるが」。)

「例えば、テレビ番組や映画や小説やアニメや音楽や絵画等々」にしても、

「視聴者・読者等が、本質と快適を探究する上」で

「性能が良い精神文化製品なのか?性能が悪い精神文化製品なのか?」等を

「考え、理解・把握しようとする」なら

「現状の多くの精神文化製品の性能の悪さ」に

「多くの人々が気づいたり、思いが至ったりする筈」だ。

「人殺しドラマ等で、殺人や逮捕の仕方・され方、言い訳の仕方、等々を覚えさせられる」のと

「殺人欲動を殺すドラマで、殺人欲動の殺し方の一例等を知る事」等の

「精神文化製品としての性能の差」の「積み重ね」は

「殺人事件等の維持・増大等」と

「減少・激減等」の

「差」となって

「実人間社会に還元される事になる」。

「全ての精神文化製品に同様の実効が伴っている面がある」のだから

「精神文化製品群自体を健常進歩・正常進化させる事」の

「実効」は

「多大になる」』。

『「上記の様な事」が

「既に、明らかになっている昨今、

未だに、旧態依然としている

{天動説レベル}の精神文化製品等を

つくり出し続け、大量配信等し続けている事」の

「実体」は

「資源・エネルギー等の無駄」であり

「環境破壊等に力を加えている自虐業」とでも

「言った方が適切なくらい・・・」だ。

「そんな低レベルの仕事???に対して、

過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「サッカー、ワールドカップ等をダシにした、ご都合差別論や国家主義論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「サッカー、ワールドカップ」だけでは無く「現状人間社会の中のスポーツ競技」には

「大きく分けて以下の内実が在る場合が多い」。

「先ずは、純然たるスポーツ競技としての比べっこ」だ。

「其処にお金が絡んでくる」と「商業スポーツ化」する。

「そして、其処に、特定のプレーヤーやチーム等の偏重を乗せ、

観客や視聴者等の投影・転嫁・同一視の便を図る」と

「代償欲求追及の受け皿になる」。

「他の者・物・事との比べっこによる支配権/被支配権争い」という

「乳幼レベルの精神構造」を「主として、保持し続けている人々」が

「未だ、多い、現状人間社会の中」の

「スポーツ競技大イベントの内実」は

「皆、同様の純然スポーツ比べっこ&商業&代償欲求受け皿の複合構造になっている」。

「ここで、どの要素をより強くする事を是とするのか?」が

「国・民族・人種・地域・贔屓個人・贔屓チーム等々、

それぞれの集団の精神文化上の違い」として「露呈する事になる」。

「差別や国家主義等の問題」も

「個々の人々の精神構造の問題」であり、

「人間集団の精神文化の問題」に

「他ならない」。

「差別論を語る前」には

「正当な差別」と「不当な差別」の「区別」を

「明確にしておく事」が「極めて重要」だが

「政治運動上で多様されている差別等」では

「正当な差別も不当な差別も一緒にして差別ダケを訴える事により

実質的には、正当な差別を受けるべき者たちに

不当な利権を与えている場合が多い」。

「例えば、正当な善悪区別を行い悪を差別する」のは

「正当な差別」だ。

「何処の国の者でも、何民族の人でも、どの人種の人間でも、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取った上での悪い事を

行ってしまっていたり、行っている」なら

「本質的、悪者である事になる」。

「本質的、悪者を本質的、悪者では無い者とは区別」して

「行ってしまった悪事に対する償いを行わせる為」や

「さらなる悪事を行わせない為」等の「目的」で

「差別待遇等を与える事」は

「極めて正当な事になる」。

「例えば、現状で日本国内に居る北朝鮮系の人々」でも

「拉致を始めとする工作活動等の悪事を行ってしまった、その後も行い続けている

本質的に、悪い者たち」と

「本質的に、悪い事無縁の人々が居る」が

「在日朝鮮人差別は絶対にダメ!」等と

「善悪区別抜きに差別論等を喧伝してしまう」と

「実質的には、工作活動等を行い続けている、本質的、悪者たちを不当に利す事になってしまう」。

「現状までの多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等に存在し続けて来ている

実質的には、工作員等を利してしまっているインチキ差別論の実態」だ。

「そして、その様なインチキ差別論を喧伝等し続けて来ている」のが

「毎日の様に、何処の局でも同じ顔・・・等々の常連出演者等だったりしている」のだから

「この手の問題」が

「人、或いは、人脈の問題である可能性が非常に高くなる」。

「もちろん、言うまでも無く、

在日朝鮮人等に限らず、

本質的、悪い事無縁の者たちへの差別は絶対にダメ!」だ。

「差別とは、本質的、善悪が基に在って、初めて正当になる事に他ならない」』。

『「正義ぶって、不法移民までもを容認する者たち等の裏」には

「不法移民を安い労働力等として使う悪権力者や悪経営者等の臭いが充満している」。

「低賃金労働力により、他の正当な民を雇用しているフェア企業等より

安く同様の製品を消費者に提供する事」で

「有利な競争を行い、企業等を太らせ、その利益の多くの取る

悪策略等」は

「善悪を厭わずに、儲け等だけを考える」なら

「其れこそ、世界中の多くの人々が容易に考え出せる悪策略等に他ならない」。

「もちろん、その悪策略を実行する為には、超えなくてはならない善のハードルが在る」が

「自らの下への金集め等を偏重している自己制御の悪い者たち等」は

「ぞの善のハードルを容易に乗り越えてしまう」。

「イザ、不法移民等を安く使う事が出来てしまう状態を得る」と

「これは、人助けの一環だ!」等々の

「ご都合屁理屈等まで喧伝する場合も少なく無い」。

「人助けなら、

言うまでも無く、

移民を発生させている酷いところを改善する事こそが正道になる」。

「正道は???」で

「不法移民を利用する悪者たちの屁理屈」は

「本当に醜悪」だが

「人助けと言われてしまう」と

「思わず、賛同してしまう場合も少なく無い」のが

「善悪区別さえ行わない差別論等で洗脳されている状態の人々の実態」だ』。

『「不法移民等を安く使っている悪者たち等と

インチキ差別論者等と

インチキ差別論者等に実質的に守られている悪工作員等」には

「悪の共通利益が在る事になる」。

「悪の共通利益を持っている者たち」が

「同一人脈化し易い」のは

「ある意味、当然の現象」だ。

「悪の精神構造を持った者たちの人脈」が

「其処に在る」』。

『「もちろん、言うまでも無く、悪の精神構造を持った者たちやその人脈等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「与え続ける事の実害」は

「多大になる」』。

『「北朝鮮に厳しい安倍政権やトランプ政権」を

「悪の精神構造を持った者たちや人脈は非常に嫌う」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信等を目指している健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等」なら

「是々非々対応や原寸大報道等が当然」で

「使える立場・権力等を得ているから・・・」と

「公共の電波や公共的マスコミを使った{政治運動}等」を

「行い続けられる訳も無い」。

「不法移民はダメ!」は「言うまでも無く、正論」であり

「不法移民等を生み出す人権等問題」を「解決する為には・・・」と

「正当な解決法等を提案等したりする」のが

「当然の仕事等になる」。

「当然の仕事等を行わず」に

「元の問題の解決を考えないから、必然的に生まれ続ける不法移民等」を

「低賃金労働者等として不当に使用し続ける為には有益になる

元を言わない、悪の人権論等や{政治運動}論等」を

「大喧伝し続けている」のは

「必要な善悪区別さえ十分に行えていない

悪魔に魂を売り渡した者たち」になる』。

『「悪魔に魂を売り渡した者たち」が

「近未来において、

同様の新たな者たちを生み出さない様にする為にも、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」のは

「ある意味、当然の事」だ』。

『「何処の局でも毎日の様に、同様の顔、同様の論ばかりが主流」という

「異常事態」は

「早急に是正されるべき事」だ』。

『「米国トランプ政権の支持率を一気に上げる事にも繋がる」のは

「米国側が米韓軍事演習まで止めているのに、

首脳会談の約束さえ守らない北朝鮮金政権への軍事攻撃等になる」が

「この当たり前の事実」さえも

「戦争等が一番困る北朝鮮金政権等の為に、無い事にしたがっている」のが

「現状のテレビ常連出演者等の実態」だ。

「その北朝鮮金政権等の実質的、手下ぶり」は

「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だが』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「米韓合同軍事演習中止でも、核増産&日本国内の電磁波工作等もより強化・増大」の北朝鮮金政権・・・。

『「米国トランプ政権の堪忍袋の緒が切れる時」が「どんどん近づいている」。

「軍事戦略上」での

「日韓に大きな被害を出さずに北朝鮮金政権問題を解消する実効の高い手段」は

「米軍による先制核攻撃になる」。

「そもそも、風水の云われ」でも、

「自国の、新たな気が生じるとされている、東北方位」で

「核実験を何回も行うという行為」は

「核攻撃を呼び込んでいる{儀式}の様なモノ」だった。

「その後の核実験場爆破」も

「核攻撃の後の通常攻撃を呼び込んでいる{儀式}の様なモノ」だ。

「そんな自虐的な{儀式}を積み重ねて来た」だけでは無く、

「米朝首脳会談での首脳同士の約束である核放棄実行」を

「怠り続けて来ている」だけでは無く、

「更なる核増産や日本等他国内での工作活動等の強化・増大等まで行い続けている

国際的合意だけでは無く、

首脳同士の約束も守らない、

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等」が

「連綿と人間世界内で存続し続ける事等」を

「容認し続ける人々や国々ばかりでは無い事」は

「至極当たり前の事」だ。

「金正恩に騙された」では

「選挙で勝てる訳も無い米国トランプ政権」は

「北朝鮮金政権等に首脳同士の合意を確実に早期実行する事」を

「当然の如く、強く求め、

その証として、米韓合同軍事演習まで中止している」のに

「北朝鮮金政権等側の対応」が

「米国トランプ政権を騙して、不当利益を得続けよう・・・」では

「米国トランプ政権がタダで済ます訳も無い」。

「米軍の先制核攻撃を呼び込んでいる超自虐的な現状の北朝鮮金政権等の態度」が

「早々に改められない限り」、

「北朝鮮金政権等の悪夢」は

「それ程、遠く無い時に現実のモノとなる」』。

『「北朝鮮金政権等に今求められているのは{自首}」だ。

「{自首}しないなら、強制逮捕や排除・駆除等が当然になる」のが

「散々の極悪事を積み重ねて来ている政権等の宿命」だ。

「少なく無い数の核兵器等大量破壊兵器等まで保持してしまっている」となると

「強制逮捕や排除・駆除等を実行する為の手段も相応に高くなる」のは

「当然の事」だ。

「日韓等他国へ一番悪影響が出ない手段」が

「米軍による先制核攻撃等である事」は

「軍事戦略を少し考える」なら

「何処の誰でも直に分る事」だ。

「先生核攻撃にお墨付きを与える事に直結している」のが

「米韓軍事演習中止なのに、核増産!」や

「未だに、主として、日韓内等、

他国内でのスパイ・工作活動等を

強化・増大等し続けている実態」になる』。

『「自虐的な事を連綿と行い続けられて来ている程、

超おバカな北朝鮮金政権等」は

「超上から目線で、大量の核兵器等を保持してしまえば、

米国トランプ政権等も、

中国習政権も、

オトナシクさせ続ける事が出来るばかりか、

騙し続ける事等も可能等」と

「超勘違いしているかも知れない」が

「もちろん、現実世界ではそんな事はあり得ない」。

「あり得ると思い込めるのは、裸の王様ばかりなり・・・の世界」だ』。

『「北朝鮮金政権が大量の核兵器を保有する事=米軍等による先制核攻撃を呼び込んでいる事」というのが

「現状人間世界の現実」だ』。

『「米軍等が先制核攻撃を行う」なら

「北朝鮮のミサイル等が日・韓・米等を襲う事も無い」。

「その代わりに、若干の核汚染の影響」が

「日韓等にやって来てしまう可能性は高い」が

「その害」と

「北朝鮮金政権が持つ核・ミサイル・大量破壊兵器等や

北朝鮮金政権等による他国内でのスパイ・工作活動等を容認し続ける事の害」を

「天秤にかける」なら

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の核・ミサイル・大量破壊兵器・工作活動等を

駆逐しない事の実害の方が遥かに膨大である事」は

「冷静に考えるなら、世界中の何処の誰にでも分る」。

「現状の先進諸国の首脳等の判断が間違う訳も無い」から

「北朝鮮金政権等」が

「核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等を維持し続ける道」は

「既に、閉ざされている」。

「この後に及んで、未だに、核増産や日本も含む他国内での工作活動等を強化・増大等し続けている

北朝鮮金政権等の

超おバカ・超自虐ぶり」には

「呆れるしか無い」が

「それは、自覚無き劣悪者等の常でもある」』。

『「物質文明の急速な進歩・進化等」は

「北朝鮮金政権等レベルでも、

核・ミサイル・大量破壊兵器等々を保持出来てしまう事態」を

「生み出している」。

「精神文化側の進歩・進化が未だ不十分過ぎる現状人間世界」では

「その対処法も現有出来ている物質文明製品頼りとなる」のは

「ある意味、必然」で

「北朝鮮金政権等が保有出来てしまっている物質文明製品等より大きな破壊力を持つ

物質文明製品を実用する事による

北朝鮮金政権等問題の解決」は

「現状人間世界の問題解決法のスタンダードでもある」』。

『「北朝鮮金政権等はいい加減に自覚するべき」だ。

「北朝鮮金政権等は、散々の極悪事を積み重ねた段階で既に負けている」。

「負けているのに負けを認めず、

既に、勝負は付いているのに、

今更、無理やり勝とうとしても無駄」だ。

「現実離れした妄想を懸命に追及する結果」は

「負けを認めていない者たち等への鉄槌になる」。

「負けを認めない為に、

核・ミサイル・大量破壊兵器・他国内での工作活動等々を

強化・増大等し続けている」なら

「それ以上の大きさを持つ鉄槌を実用する事が必要になる」。

「其れダケの事」だ。

「何れにしても、既に、勝負が付いている結果が覆る事は絶対に無い」。

「北朝鮮金政権等はこの現実くらい真摯に認め、

速やかに{自首}するべき」だ。

「核増産や他国内での工作活動等を強化・増大等し続けている」なら

「米軍による先制核攻撃が程なく現実のモノになってしまう」のだから

「北朝鮮金政権等の速やかな{自首}」は「本当に急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「昨今の酷い事件を受けたご用達心理学者等の低レベル論」等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「起こってしまった事件・事故等」を「外形的に分類等」しても「同様の新たな事件・事故等」を

「激減させる対策に直結する訳も無い」。

「少なくとも、心理学者等」なら

「無意識レベルにまで至る事件・事故等の問題解析等が出来ているべき」で

「公共の電波上に配信する情報」は

「其れを、分り易くしたモノ等であって「然るべき」だ。

「外形的な分類学等や事件実態の推定等」では

「同様の新たな事件等を誘発させる事等には有益になってしまう」が

「同様の新たな事件等を激減させる事には余り効果が無い」。

「その様な情報配信を続けて来ている番組等の本音」は

「同様の新たな事件・事故等を激減させる事では無く

同様の新たな事件・事故等を繰り返し繰り返し起こさせ続ける方向に力を加える事による

常連出演者等の利権維持~増大を目的している!」等と

「感じられたり、思われたりしても、仕方無い」。

「そうでは無い等というのなら、是正が急務」になる』。

『「そもそも、人類誰もの実体は

広義の自分も含むその実体の本来の目的に沿う行動等を起こし続ける事により

常に、自己承認欲求の本来欲求を充足させる事が出来ない限り、

根本的不満を抱き

状況を変える欲動が起きる様に出来ている」。

「現状までの人間社会やその中で暮らしている人間の実態」は

「上記の本来求められている実態とは程遠い」から

「其れこそ、何処の誰でも、

自己承認欲求の本来欲求の充足が不順となり、

根本的不満を抱き続けて来ている」。

「ここで、根本的不満を誤魔化そうとするのか?」

「根本的不満を生じさせる状態を改善しようとするのか?」の

「違い」は「絶大」だが

「この根本的な絶大なる差を意識化して考えたりする情報・教育等」は

「異常な程、希薄」だ。

「その様な情報・教育面の重大瑕疵もあり

現状人間社会では、

多くの人々が根本的不満を誤魔化す選択を主にしてしまっている」』。

『「金権社会でもある現状人間社会内」で

「根本的不満を誤魔化す為に便利な道具は金であり権力になる」。

「元々が自己承認欲求の本来欲求が満たされていない事による

根本的不満」なので

「その誤魔化し法」は

「自己承認欲求の代償欲求の追及になる」。

「自己承認欲求の代償欲求として簡単に浮上する欲求」は

「他の者・物・事に自己を認めさせたり、

他の者・物・事を認める欲求」だ。

それは、

「他の者・物・事を用いて自分にお墨付きを付けさせる事」で、

「外側から本来欲求不充足状態の不安定な自分を支えさせよう」としたり、

「他の者・物・事を認め、その者・物・事に依存する事」で

「本来欲求不充足状態の不安定な自分を誤魔化そう」としたりする「虚しい、企み」だが。

「支配・被支配の関係」で

「支配側を欲する」と「他の者・物・事に自分を認めさせる欲求が肥大化し易くなり」、

「被支配側を欲する」と「他の者・物・事を認める欲求が肥大化し易くなる」。

「自己承認欲求の本来欲求不が充足である状態」により、

「自己健常支配の継続も困難になっている」が

「本来欲求不充足状態を是正しようともしていない」ので

「必然的に、自己健常支配の代償欲求である

他の者・物・事支配/被支配欲求が生じている」。

「云わば、深層心理の負のスパイラル状態」が

「其処に在る」』。

『「自己承認欲求の本来欲求不充足状態を誤魔化す為の金権」には

「偏在が合理的になる」。

「何しろ、基本的には、他の者・物・事との比較を利用した誤魔化しだから」だ。

「例えば、

通常より良い食事をしたり、

通常より良い家に住んだり、

通常より良い異性パートナー等を得たり、

通常より強い権力を持ったり、使用したり、

・・・等々」による

「比べっこ上の優位者になる事」や

「比べっこ上の優位者を認め、其処に自分を投影・転嫁・同一視等して依存したりする事」での

「本来欲求不充足状態の誤魔化し」には

「金権の偏在があった方がよりコントラストが付き、誤魔化し依存度も高め易くなる」。

「しかし、どんなに代償欲求を追及したところで本来欲求不充足状態が改善される訳も無い」。

「改善されない本来欲求不充足状態を誤魔化し続ける為には、

更なる誤魔化しの為の代償欲求の追及が必需になる」。

「充足が在り得ない、代償欲求の追及」が

「肥大化し易い」のは「ある意味、当然の現象になる」。

「どんなに金を集められても、

どんなに強い権力を持てても

どんなに通常より良いとされる異性パートナーを得る事が出来ても、

どんなに通常より良い住処等を所有出来ていても、

・・・等々、

更に、更に・・・と欲求が生まれ続ける」のが

「充足され得ない代償欲求が持っている宿命」だ』。

『「代償欲求追及型人間が蔓延っている現状の金権比べっこ人間社会」では

「当然の如く、不適合者等が生まれ続ける」。

「比べっこや金権偏在構造自体」が

「根本的自虐を要求している」。

「人類誰もの自分の実体や

その実体の本来の目的から

整合性を取ってつくられている社会では無いのだから、

自分の実体やその本来の目的に従順でも不適合に成り得てしまう」。

「それでも、多くの人間が相応に現状人間社会との折り合いを付けられている」のは

「現状の金権比べっこ人間社会が相応に巧妙につくられているから」だ。

「代償欲求追及によりある程度以上自分本来の実体を誤魔化せる人間の割合」が

「大半になる様につくられれば、

自らの代償欲求による誤魔化しメリットを否定する事にも繋がる

現状人間社会の是正」に

「反する人間の数も相応に多くなる」。

「そして、その様な状態の是認」が

「現状適応を強いる圧力となり

個人レベルでも、集団レベルでも、その圧力が発せられ、

個人にも、集団にも、その発せられた圧力が当てられている」のが

「現状人間世界の実態」だ。

「自己承認欲求の本来欲求不充足状態でもあり、

現状人間世界からの圧力も当てられている人間の中」では

「その様な現状を脱出する欲動がどんどん蓄積される事になる」。

「蓄積されている現状脱出欲動」は

「無意識レベルの大きなエネルギーを持ち」、

「些細なキッカケによってでも暴発し易い」。

「現状人間世界の中の数多くの酷い事件・事故等の裏に在る」のは

「現状脱出欲動の蓄積と暴発」だ。

「同様の新たな事件・事故等を激減させる為に必要な事」は

「現状脱出欲動を蓄積させない事であり、

無意識レベルの欲動等を意識化して健常にコントロールする事」になる』。

『「代償欲求の追及に邁進している者たちの実体」とは

「本来欲求充足」や

「自己健常支配継続」が「出来ていない」

「根本的不適合者に他ならない」。

「根本的不適合者を是とする現状人間社会のまま時を重ねて来た結果」が

「戦争の歴史(金権偏在、比べっこ金権支配/被支配争いだからある意味、当然だ)」であり

「昨今の急激な環境変動」等だ。

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って人間社会を構築する」なら

「自己承認欲求の本来欲求を素直に充足させ易くなる人間の数も大幅に増える」。

「結果、自己健常支配の継続も行い易くなる人間の数も大幅に増える」。

「世界平和が当たり前となり、

急激な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明相応の

精神文化を

保持する事が出来ている人間社会では

自虐となる環境破壊等も大幅に抑えられる事になる」。

「現状脱出欲動の暴発も大幅に減る」から

「酷い事件・事故等も激減する事になる」。

「それら人間本来の状態を大きく阻害している」のが

「代償欲求過剰追及者たちの実体」だ。

「本来の人間社会への健常進歩・正常進化を大きく阻害している」のが

「現状の多くの情報・教育等」だ。

「是正が急務である事はもはや、言うまでも無い事になる」』。

『「何時まで経っても、

特定極一部の者たちの現状利権を維持~増大する為に好都合になる

低レベルの論等や悪い論等ばかり・・・」を

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で

喧伝等し続け、

無理やり、公然化させ続ける悪業」を

「行い続けていて良い訳は無い」。

「根本的劣悪者たちに相応しい場所」は

「永遠の恥辱に染まる道の上等になる」』。

『「現状までの天動説レベルの所謂、文系学校教育等の優等生」が

「力量不足」なのは

「ある意味、当然の現象」だ。

「何しろ、天動説を、変とも思わず、感じず、鵜呑みにする、

鵜呑みにして覚える事による現状利権を追及する、

レベルの状態なのだから!」

「其処に在るのは、時代遅れの宗教の信者の様な実態等」になる。

「生贄を必要とした宗教も在った」が

「何時まで経っても、

実質的に、多数の人間を生贄状態にし続けて来ている、

精神文化面での天動説を是としている{宗教}の

宗教信者状態では、

実に、情けない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「本質を言わない、言えない、仕事論とか老化論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「本質抜きの論等」とは「あの世や幽霊等々の存在まで可能にしてしまう丸ごと一人の死生観・人生観論等」と

「同じ」、

「実体や事実・現実を意識的かつ積極的に利用していない実質虚論」等になる。

「それは、今時の精神文化製品としては余りにも低性能という話しにもになる」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的」から

「整合性を取った上」で

「仕事を定義する事」は「簡単」だ。

「逆に、その様に本質から整合性を取らない」なら

「例えば、戦時中は敵という同じ人類を殺す事が{仕事}と出来てしまう」。

「人類誰もの自分の実体」とは

「地球上の生命体細胞群に他ならない」。

「その中の約60兆とも言われている細胞群個体がそれぞれの人になる」。

「広義の自分は地球生命体細胞群」であり

「狭義の自分はその中の約60兆とも言われている細胞群個体」だ。

「そして、広義の自分の根本的目的」は

「その存続である事は疑いの余地が無い」。

「地球生命体細胞群」は

「単細胞から多数化・多様化し

高度に構築した多様な多細胞群は数多くの種類の生物を生み出して来ている」。

「それは、この宇宙に存続している限り逃れる事が出来得ない

時間の進行に伴う物理崩壊エネルギーに抗い

存続し続ける為の生体としての非常に合理的な対処法」だ。

「地球外での存続まで視野に入れている地球生命体細胞群」は

「地球外の利用を可能とする人類という種まで生み出した」。

「全ては、地球生命体細胞群=個々の人類にとっての広義の自分の存続の為」だ。

「この本質から整合性を取る」なら

「仕事とは、地球生命体細胞群の存続に貢献する事」等の

「実体を伴った定義」が

「簡単につくり出せる」。

「現状人間社会で仕事とされている事が仕事なのでは無い」。

「地球生命体細胞群の存続への貢献が仕事」だ』。

『「現状人間社会」は「金権社会化されている」。

「その結果、{仕事}とは自らの下への金集め等」と

「本質的に、大勘違いしてしまっている人々も多い」。

「この、金権社会化下の仕事に対する自虐的大勘違い」を

「意識化させない為に有用になる」のが

「現状に在る{仕事}の実質、賛美・偏重等」だ。

「大金を稼ぐ{仕事}とは大金が集まる{仕事}に他ならない」が

「有名人スポーツ選手や有名人ゲイノウ人や株由来大金持ち等々、

大金を稼ぐ{仕事}は実質的に、大賛美されている」。

「それら、直接金集めの要素が強い{仕事}」は

「{仕事}体験テーマパーク等では扱わず、

他の直接金より人助け的要素を感じやすい{仕事}」を

「偏重して扱っていたりするのが現状の実態」だ。

「その実体」は

「人類の精神文化」が

「武力による比べっこ支配権/被支配権争いだった時代」の

「多くの人類の{仕事}」が

「兵や兵器を生み出す事であり、

当時は、優秀な兵や優秀な兵器を生み出す事等が大賛美されていた事」と

「何ら、変わりが無い」。

「武力による」が「経済による」に「変わったダケ」の

「比べっこ精神文化下」では

「本質的自虐劇が繰り返されている」』。

『「現状に在る{仕事}を偏重し、その効率を良くすればより良い社会がつくれる」等と

「考えた」のが

「旧社会・共産主義」だった。

「自由主義圏」では、

「{仕事}自体が需要と供給の関係上で自由に生み出されたから

{仕事}も多様になった」。

「現状に在る{仕事}を偏重して{優秀な}者の指導で効率良くしようとした

旧社会・共産主義圏の国々」と

「自由主義圏の国々」は

「対立」し

「東西冷戦となった」が

「勝利したのは多様性が担保されていた西側自由主義圏の方」だった。

「構築度の法則からも、至極当たり前の結果」だ。

「小さいモノより大きいモノの方」が

「共存を前提」に

「単体より多体の方」が

「単種より多種の方」が

「構築度が高くなる」。

「そして、全く同じ事が出来るなら大きく重いモノより小さく軽いモノの方が構築度が高い」。

「つまり、精神文化として崩壊に抗い易くなる」。

「本当の理想」は

「人類誰もの自分の実体やその実体の実体から整合性を取った

多種多様快適共存状態」だが

「単純化された東側の世界より多種多様化が自由だった西側の世界の方」が

「崩壊に抗い易く勝ち残った現実」は

「相応の教訓になる」。

「現状の学校教育等がまとも」なら

「人類誰もの自分の実体やその本来の目的」や

「人類の精神文化の進歩・進化の方向性」や

「人類の精神文化史上の教訓」等々も

「教えられていて然るべき」で

「その様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実等」を

「物質文明側同様に意識的かつ積極的に使用している

精神文化側の学校教育=所謂、文系の学校教育」なら

「要らない論など出る訳も無いのだが」。

「この辺りの基本中の基本が無い現状までの

精神文化側の学校教育等」とは

「天動説の世界」で

「その優等生や高学歴者の実体」は

「古の時代の教会派、つまり、宗教信者状態に他ならず」、

「そんな状態の者たちが生み出し続け来ている

精神文化製品(テレビ・ラジオ番組、映画、アニメ、小説、絵画、音楽等々)が

物質文明製品(車・家電・スマホ・コンピューター・ロボット等々)程に

性能が良くならず、

実体としては非常に低性能である事」は

「ある意味、当然の現象に他ならない」』。

『「現状にある仕事に拘る」等の「精神文化状態」では

「AIやロボットの急速な進歩・進化に対応出来る訳も無い」。

「仕事とは?」から「本質的に紐解いた上」で

「狭義の自分自らに適性が有る仕事を行う、行える様にする」のが

「順当な対処法になる」。

「AIやロボット等もどの様に進歩・進化させるのか?どの様につかうのか?」を

「決め出して行く」のは

「個々の人々の精神構造とそれを基にした人間社会の精神文化」だ。

「今までが、遅れ過ぎている分だけ

精神文化側には物質文明側以上に仕事の幅も需要も在る」のが

「現実」だ。

「必要な仕事が出来る人材を生み出す情報・教育が非常に重要な時」に

「旧態依然とした性能の悪い精神文化製品を公共の電波上にばら撒いている様では」・・・。

「大いに呆れている」のは

「筆者だけでは無い筈」だ』。

『「老化の本質」も

「構築度から考える」と

「直に解る」。

「現状の老化論」では

「細胞やDNAの物理破壊(原因は物理的でも生物的でも)の老化では無い破壊問題」と

「老化問題」を

「直結させている」が

「破壊問題は破壊問題」だ。

「破壊を防ぐ事や破壊から出来るだけ早く回復する事により

不要な早期崩壊は防げる事になる」が

「老化の本質」は

「破壊とは別に在る」。

「先ず、考えるべき」は

「広義の自分が老化しているのか?」だ。

「もちろん、広義の自分である地球生命体細胞群」は

「老化などしていない、ばかりか、健常成長し続けようとしている」。

「狭義の自分だけを偏重する」なら

「先ず、狭義の自分の成長実態を認識するべき」だ。

「受精卵が細胞分裂し

細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、

多種多様に育ち

母体内から出て

更に、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら

狭義の自分自体が大きくなって行く

成長期」。

「構築度の法則からすれば、大きくなる事で構築度を上げている実態」が

「良く分る」。

「成長に合わせて、多種多様な者・物・事や動きを覚えて行く実態」は

「多種多様化であり、多種多様共存化でもある」。

「自分個体を大きくして行く事」は

「環境面(自然・物理両方)・自らの生体面との折り合い」で

「一定程度で止まる」。

「其処で行われている事の実体」は

「外界とのバランスの最適点を見つけ出す作業」だ。

「狭義の自分だけを偏重して考えても、

広義の自分や身の回りの自然環境・物理環境等との最適点を見出す事で

自らの存続を容易にする重要実務の実体に突き当たる」。

「外界とのバランスから生まれて来る事態」は

「構築度の法則」の

「全く同じ事が出来るなら大きく重いモノより小さく軽いモノの方が

構築度が高くなる事」の

「実用」だ。

「出来る事が必要な事」は

「広義の自分に対する事」も

「狭義の自分に対する事」も

「在る」。

「広義の自分に対して必要な事」は

「ある特定の狭義の自分が行わなければならない事では無い事も多い」。

「多種多様共存性を保ったままの分業制による構築度アップ」が

「時間経過と共に求められる様に成って来る理由」だ。

「分業制によって専門家した狭義の自分個体の行っている仕事」が

「他の狭義の自分個体が行える仕事」より

「低レベルとなった時」、

「その座を開け渡す事こそが

広義の自分の構築度アップに繋がる事になる」。

「其処で、順当な交代が行われると生まれる」のは

「退いた狭義の自分個体がそれまで偏重して使っていた部位を使用しなくて良くなる状態」だ。

「使われなくなった部位を保持し続ける事」より

「使われなくなった部位は放棄する事」の「方」が

「高い構築度が保ち易い」。

「つまり、時間経過による物理崩壊にも抗い易くなる」。

「使われなくなった部位が狭義の自分全体を包み込む」なら

「狭義の自分自体が退いた方が広義の自分の構築度は高め易くなる」。

「老化や狭義の自分個体の{死}」とは

「広義の自分にとって必要で出来る事の要請」により

「狭義の自分の部位存続の放棄を行う事で生まれる

広義の自分の健常存続の為の自然現象に他ならない」。

「特定の狭義の自分個体を不{死}化する事により

広義の自分が健常存続し易くなる」なら

「不{死}化もアリかも知れない」が

「不{死}化に値する特定の狭義の自分など、先ず、在り得ない」。

「特定の狭義の自分の不{死}化とは、人類個体のガン細胞化と同じ事だから」だ。

「ガン細胞が人類個体の{死}を誘う様」に、

「特定の狭義の自分の不{死}化」は

「広義の自分の死を誘う事に直結する事になる可能性大」だ。

「人類にとって、実現可能で合理的な永遠の命」とは

「広義の自分の存続~永続に他ならない」』。

『「精神構造面」で、

「上記の様な現実をちゃんと理解・把握・認識等している人々が増え、

人間社会の精神文化も時代相応に健常進歩・正常進化する」なら

「人類が生み出す物質文明製品にも相応の良い変化が起きる事になる」。

「現状では封印されている

宇宙に本格進出する為には必需」な

「時空制御技術」等は

「自虐的な精神構造や精神文化の徹底撲滅抜き」には

「解放され得ない」。

「逆に、自虐的な精神構造や精神文化が余りにも酷く蔓延り続ける」なら

「時空制御技術等の自虐使用により地球消滅もあり得てしまう」・・・』。

『「仕事と自虐破壊行為等の区別さえ???のまま自分の下への集金に明け暮れている

本質的、自覚無き、大迷惑者たちの数」を

「急速に減らす為」にも

「情報・教育の正常化・健常化」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「富山の警察官拳銃強奪&殺傷事件」や「韓国の酷い、美容整形手術室内の実態」等をダシに常連出演者等が自論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「韓国関連批判・非難等をいくら行っても、北朝鮮金政権等が正当化されたり、より良く思えたり、する訳も無い」。

「それでも、

韓国社会・米国社会・日本社会等に対する批判・非難等」には

「結構熱心」で

「北朝鮮社会に対する批判・非難等には異常な程、非積極的」というのが

「日頃から、北朝鮮金政権等の

実質的、手下の様相を露呈し続けている

テレビ番組や常連出演者等の実態」だ。

「美容整形とは?」等さえも

「探究しようとしていない

低レベルの

実質、韓国社会批判・非難論」等で

「正義ぶり、優等生ぶっている厚顔無恥ぶり等」には

「本当に呆れる」。

「この様な情報が多くの視聴者等の頭の中に入り込み、擦り込まれて行く事の

悪害等について、

もう少し、真剣に考えたらどうか!」

「同様の状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等ばかり・・・」だから

「同様の新たな事件・事故等が起こり続けている面もかなりある」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数は決して少なく無い筈」だ。

「富山の警察官拳銃強奪~殺傷事件」も

「過去散々、繰り返されて来ている、

現状脱出欲動の暴発に基づく、

大量無差別殺傷事件等の実態が露呈している、

同様の新たな事件に他ならない」。

「本質の改善無き人間社会」では

「同様の新たな事件・事故等が起こり続ける」。

「しかも、急速に進歩・進化し続けて来ている物質文明製品等の実用を伴って!」』

『「元陸自の該当容疑者」にとって、

「小学校を襲い、大量殺傷事件を起こす目的と強く推定される事件」の

「実行作戦を考え出す事」等は

「容易だった」に違い無い。

「昨今の小学校では、教師等がサスマタで防御する」から

「飛び道具が要る」。

「飛び道具と言えば、拳銃」で

「どうやって手に入れるのか?」で

「警察官を襲う」とは

「かなり安易で短絡的な発想にも思える」が

「警察官のスキを付いて襲い、

警察官の身体と強固に繋げられている拳銃を切り離す為に必要な刃物等を予め持つ」とは

「相応に作戦の臭いが強い事になる」。

「ネット等を悪用して、裏マーケット等で拳銃を買う等」の

「悪社会の手段を使わず、

{正々堂々と}警察官を襲った辺り」からも

「容疑者の思想信条等が垣間見える」。

「容疑者の其処までの現状脱出欲動」は

「どうして形成され、どうして暴発したのか?」

「その辺りをちゃんと探究し、問題の本質を是正する実務を行わない限り、

同様の新たな事件・事故等の再発を激減させる事は出来得無い」。

「当たり前の事」だ。

「それなのに、未だに、上辺論」を

「正義ぶり、優等生ぶり、言うダケ・・・レベル」では

「本当に情けない」。

「上辺対応でも、

例えば、警察側の拳銃を取られない様にする為の対応」も

「古臭い」が

「その指摘も無い」。

「警察官が拳銃を持つ必要性から検証し直して

拳銃では無い新たな今時の物質文明製品に変える等の手段」が

「本気で論じられて然るべき時代に既になっている」。

「本人認証付きの新たな必要備品等なら

万一強奪等されても強奪した者等が使用する事も困難になる」。

「基本的に、容疑者等を殺害する必要は無い」のだから

「威嚇や拘束等の役に立つ

殺害に直結しない

登録本人しか使用出来ない備品」が

「合理的になる」。

「今時の物質文明の進歩・進化状態からすれば、

その様な備品等を開発~配備等する事等は

結構容易な事の筈」だ。

「もちろん、上辺では無く、本質の改善が一番である事は言うまでも無い事」だ。

「現状脱出欲動」は

「何故?形成されるのか?」

「何故?肥大化するのか?」

「何故?暴発してしまうのか?」

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪い状態」が

「其処からの脱出欲動を生む」。

「それは、極めて健常な事」だ。

「しかし、現状の多くの人々」は

「何処のどの部分が整合性が悪いのか?」等を

「意識化出来て無い場合が多い」。

「その結果、現状脱出欲動」は

「基本的状態が改善されない限り、

無意識レベルで蓄積され続け、

時と共に肥大化して行く」。

「意識レベルの制御無き現状脱出欲動」が

「ある程度以上の大きさにまで肥大化してしまい

其処に、暴発を誘う刺激等が加わる」と

「現状脱出欲動は容易に暴発する」。

「基本的には、現状をチャラにする目的が基になっている現状脱出欲動暴発の上辺」は

「現状脱出欲動を暴発させる者の頭の中」で

「無意識レベルの強大な脱出欲動と共に構築されて行く」。

「其処では現状人間社会上の常識等は大きな実権を持てない」。

「大きな実権を持っているのは、現状を壊す事、無くす事等」だ。

「其処には、現状脱出欲動を暴発させる本人を無くす事も含まれる」から

「大量殺傷等による死刑狙い等」とは

「現状脱出欲動追及の一つの定型となっている」。

「元々は、人類誰もの自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が悪いが故に

生じている健常欲動の一つ」の

「現状脱出欲動」が

「意識化されないが故に、状態の是正無きまま蓄積され、肥大化し、

肥大化した現状脱出欲動がその即時充足~解消等を欲している」のに

「意識化も無く、自己制御もロクに出来ない状態の人間の中」で

「代償欲求を過剰追及する形等で暴発する」。

「それが、幾多の大量殺傷事件等の精神構造の実態」だ。

「基本構造が判れば、対策も判る」。

「重要な事は意識化であり、

意識化に基づく現状是正であり、

自己健常制御であり、

代償欲求の追及では無く、本来欲求の充足」だ。

「それなのに、現状脱出欲動の意識化」や

「意識化に基づく現状是正等」さえも

「行わず」、

「自己健常制御の代わりに、他の者・物・事等による被支配や他の者・物・事等の支配を実質、推奨等」し

「本来欲求の充足を誘わず、代償欲求の追及を促進させている」のが

「現状の多くの情報・教育等の実体」だ。

「結果、現状人間世界は、人類滅亡方向に向かって急速に転げ落ち始めている」』。

『「大量殺傷等にまで至らない現状脱出欲動の代償欲求の追及の一例」として

「美容整形等が在る」。

「美容整形等」とは

「自分本来のルックスやスタイル等」を

「否定」し

「現状人間社会が良いとしているルックスやスタイル等に自分を改造する行為」だ。

「特定のルックスやスタイルを良いとするルックス・スタイル差別」は

「ルックス・スタイル差別商売等を行っている者たち等にとっては重宝かも知れない」が

「そんなモノに躍らせられて自分を痛める」とは

「酷い代償欲求の追及の仕方になる」。

「本来欲求を充足させる為」には

「ルックス・スタイル差別を無くせば良い」。

「異性パートナー同士で一番重要なのは相性」であり

「ルックスでも、スタイルでも、お金でも、学歴でも、学力でも、能力でも、仕事でも、権力等々でも、断じて無い」。

「相性の良いパートナー同士が一緒になる」なら

「本来欲求も充足される」ばかりか

「本質的に、不当な差別を否定する事にもなる」から

「人間社会の健常度も高くなる」。

「ルックス・スタイル等々の差別」で

「人間社会を不健常にした上での利権を貪っている」のは

「本質的、悪人になる」。

「本質的、悪人等」は

「自己承認欲求の充足も困難になる」から

「その代償として、

他の者・物・事等に自分を認めさせる事等の過剰追及欲動等が生じ易くなる」。

「そんな事態を具現化する為に有用」なのが

「お金であり、権力であり、金権を増大化させる事」だ。

「金権社会化した上で、お金を大量に保持する」なら

「多くの実権を金に代理させる事も可能になり易くなり」、

「他の者・物・事等に金権を持つ自分を認めさせる事も容易になる」。

「その裏」では

「多くの人々の中で、現状脱出欲動の増大が起き、

現状脱出欲動の意識化を

金権実態等の意識化にも直結するから等と

阻害し続ける」なら

「意識化されていない現状脱出欲動の暴発等も起き易くなる」。

「其処でも助かる為に・・・」と

「金権を利用して身の回りを強固にガードしても

本来欲求が充足される訳も無く、無駄」だ。

「本質的に、自分に自信が持てない状態を自らつくり出し、

自己承認欲求の代償欲求の追及に明け暮れた人生を正当化する為に有用」なのが

「{自らの}子に金権等を受け継がせる事」だ。

「本質的には、人間世界を壊す悪業を行ったが故に自己承認欲求の本来欲求の充足せもが

困難になっている自虐的愚か者たち」が

「多くの場合、他の人々を犠牲にして掻き集めて来ている金権等を

その子孫等に継承させ

子孫等に産まれながらの金権等を持たせる悪業」は

「更なる、現状脱出欲動を生み出している」。

「人間何処の誰でも産まれて気づいたら、

例えば、

ドナルドト・ランプはドナルド・トランプであり、

安倍晋三は安倍晋三であり、

金正恩は金正恩であり、

あなたはあなたであり、

私は私」だ。

「産まれる親を選んだのは該当本人では断じて無い」から

「産まれながらで、

人生を決定付けるレベルの大権が得られてしまったり、

人生を決定付けるレベルの不利益が与えられてしまったり、する異常事態」は

「即刻にでも是正するのが当たり前の事」だ。

「この当たり前の極めて重要な是正」にも

「自己承認欲求の本来欲求を充足させる事を阻害している事等を

行って来ている者たち等は大いに抗う場合が多い」。

「人間何処の誰でも、産まれた後、自らの意思で何を行ったのか?」が

「極めて重要」だ。

「例えば、産まれて気づいたら、金正恩だったから・・・と

金政権が代々積み重ねて来ている極悪事等を行い続ける」のは

「最低最悪な意思~行動等」で

「独裁者の立場を利用して極悪事等を直ちに止め、過去の極悪事を清算する」のが

「極めて良い意思~行動等」になる。

「最低最悪な意思~行動等」には、

「自己承認欲求の本来欲求が充足出来得ない重大な罰が付いている」。

「極めて良い意思~行動等」には

「自己承認欲求の本来欲求の充足が容易になる絶大なる褒美も付いている」。

「褒美を取らず、重大な罰を取る」のは

「どうしようも無いおバカか、悪」になる』。

『「いい加減に、テレビ・ラジオ・マスコミ等」も

「健常進歩・正常進化」し

「より性能の良い精神文化製品を提供するべき」だ。

「いい加減に、

無意識レベルの現状脱出欲動の暴発を防ぐ為に意識化させる事くらい、

現状人間社会の是正に有益な情報配信くらい、

自己健常制御の役に立つ情報配信くらい、

行ったらどうか!!」

「もし、それが、出来ないなら、出来る者に立場を譲るべき」だろう』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』、

|

ネット関連講師殺人事件で常連出演者等の顔色も・・・の様相だったりしていたが・・・。

『「該当事件に対するコメント等」が「何時もの様に、好き勝手に言う・・・等の状態では無い様相の常連出演者等」・・・。

「慎重なコメント等ぶりの裏」には

「相応の反省・自省等が在るなら、良いのだが」・・・』。

『「殺害されてしまったネット関連講師の行った事」は

「該当講師のブログ上での容疑者とのやりとりで、容疑者を批判等した事」と

「容疑者の身勝手な書き込みの削除等を要請した事」と

「ネット関連の講師として強硬的な安全対策等を教えたりしていた事」等だ。

「主として、個人レベルの逆恨みを誘ってしまったダケ」等の「実態」が

「其処に露呈している」。

「テレビ常連出演者等の場合」は

「日頃から、日本国・多くの日本国民を不利にする反面で

反日他国や反日他国人脈等を実質的に利すコメント等」を

「日本の公共の電波上」で

「好き勝手に喧伝等している場合も多い」。

「実質的には、日本国・多くの日本国民に少なく無い実害をもたらしている場合も在る」と

「思ったり、感じたりしている視聴者等も多い筈」だ。

「しかも、選挙も無いから、人脈交代等も無い」。

「例えば、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等常連出演者・常筆等」が

「実質的に、応援・推奨等していた民主党」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に乗った有権者票分が加わった事等により

政権の座に付けた」が

「実際に行った政治」が

「日本を細らせた反面で

中・韓(北朝も含む)や日本の中の中・韓(北朝も含む)人脈等を大いに太らせた」では

「多くの有権者の支持も直に離れて当然」となり

「程なく、政権を失った」ばかりか

「選挙故、国会議員の数も大いに減った」が

「民主党を推奨・応援等していたテレビ・ラジオ常連出演者やマスコミ常筆等は、

その後も現在も常連出演や常筆と言う場合が多い」。

「民意反映が不十分」な

「公共性の高い仕事上」に

「主として、出現し続け、

好き勝手を言えている厚顔無恥ぶり等」は

「本当に酷い」等と

「感じている視聴者・読者等も多い筈」だ。

「選挙がある」なら

「民主党同様に、少数化し、野党化する=主では無くなる」のが

「当然の事になる筈なのに」・・・』。

『「そんな常連出演者や常筆等」の

「極めて酷い事の一つ」は

「日本国内の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等さえ

十分に告発等して来ていない事」だ。

「その結果、実質的には、スパイ・工作活動等の支援・応援等になっている」。

「例えば、拉致の実態」は

「拉致工作に他ならない」。、

「多くの場合、

日本全国各地から、

拉致対象者を選び出し、

有益分子化教育を行い、

主として、日本海側の北朝鮮への運び屋工作員等のところまで

工作員や協力者等の中を穏便に移動させた上」で

「北朝鮮行きの工作船等に乗せた」から

「日本全国各地から多数の日本国民を拉致するという大悪業が実現してしまった」のが

「現実」だ。

「拉致工作を行った者たち」が

「その後、北朝鮮金政権等から命令・指令・協力要請等々を受けていない訳も無い」。

「実際に、受けている」から

「飲食物工作や電磁波スパイ・工作や侵入スパイ・工作や情報・教育工作や医療工作や

政財界工作等々、数多くのスパイ・工作活動等」が

「戦後の日本国内で蔓延り続けて来ている」。

「それなのに、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が行って来ている事」は

「拉致と言えば、圧倒的マイナーなケースである

日本海側で運び屋工作員等に直接拉致された

横田めぐみさんの事や

海外での拉致を主軸にして、

日本国内での多くの拉致の実態を黙殺している」。

「その結果、日本国内のスパイ・工作員・協力者等」に

「スポットライトが当てられる事も無く、

スポットライトも当てられないスパイ・工作員・協力者等には

北朝鮮金政権等からの命令・指令も容易で

スパイ・工作活動の実害は多くの一般人も含む日本国民に

襲い掛かり続けて来ている」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、

多くの日本国民の安全・安心の為にも

意識的かつ積極的に告発等していて当然」なのに

「現状では、北朝鮮金政権等の実質的、支援等をしている状態」だ。

「更に、実質的には、北朝鮮の核・ミサイル等の宣伝や日本国民脅し等になる情報配信等」は

「熱心に行い続けて来ている」。

「北朝鮮が一番困る日韓国内のスパイ・工作活動へのスポットライト当て」は

「行わず」、

「北朝鮮が一番嫌う戦争」は

「戦争絶対悪論」等で「北朝鮮を実質、援護」し

「北朝鮮は核放棄をしなくても仕方ない論」や

「北朝鮮の核放棄に費用がかかるから日韓等は支援するべき論」等まで

「喧伝」し、

「多くの視聴者・読者等に北朝鮮金政権等の都合に沿う様に考え・思わせる事を目的としている様相」の

「情報配信等を続けて来ている場合が少なく無い」。

「言うまでも無く、

北朝鮮の核・ミサイル等」とは、

「もし、実用するなら、アッと言う間に北朝鮮の負けになる戦争に直結する

実質的には、使えない兵器」だ。

「だから、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等がその問題を論じる」なら

「北朝鮮が核・ミサイル等を使っても、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる戦争になるだけの旨等論じる」のが

「当然になる」。

「核放棄合意を一方的に反故にして開発~保有して来ている北朝鮮の核の放棄」も

「行うのが当たり前の事」だ。

「その費用は、

核放棄合意を一方的に反故にして核開発~保持をして来た

北朝鮮が負担するのが当然になる」。

「正当な論では無い、実質的、北朝鮮金政権等支援論等」で

「多くの視聴者・読者等の頭の中を染め上げようとして来ている実態」は

「明らかに酷い」。

「個人レベルでは無い、

多くの日本国民の大いなる怒り等が生まれても何の不思議も無い実態」が

「其処に在る」。

「選挙がある」なら

「日本の側に立たず、北朝鮮金政権の側に立っている論等を

日本の公共の電波上や日本の公共的マスコミ上等で喧伝等し続けて来ている

常連出演者・常筆等のほとんど」が

「落選」し

「日本の側に立つ論等を喧伝等する者が当選する事」により

「常連出演者・常筆等の人の入れ替わりがある」のが

「当然になる」。

「選挙も無いなら、極めて厳しい、自浄等があって然るべき」だが

「現状では、その様相さえ無い」から

「実際に、常連出演者や常筆等は、以前からの者が未だに、主である場合が多い」』。

『「視聴者・読者等の内在的不満」は

「今も、どんどん膨らんでいる」のが

「現実」で

「その内在的不満が顕在化する時」には

「大きな動き等が生まれても何の不思議も無い」。

「内在的不満を顕在化出来るか?出来ないか?の違い」は

「{テレビ・ラジオ・マスコミ等マインドコントロール}のインチキやズルを

意識化出来るか?否か?の違い」と

「同じ」と

「強く推定出来る」。

「意識化出来る人々の数」は

「今、この瞬間にも増えている」から

「選挙も無い、自浄も無い・・・ままでは、何れは、大きな動きが生まれる事になる」。

「何時まで経っても、

個々の視聴者・読者の精神構造の健常進歩・正常進化と

人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化への貢献度が低すぎる

性能の悪い精神文化製品をつくり出し続ける事で

過分な立場・報酬・権力等が得られ続ける時代が

続く訳も無い」。

「ましてや、公共の電波や公共的マスコミ等を使った実質的、政治運動等」とは

「ナチス・ヒトラーの世界」だ。

「戦争が主だったナチス・ヒトラーの様に、

兵器も含む物質文明製品の急速な進歩・進化を実現出来ないが故」に

「スパイ・工作活動等を主にして来ている

陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等やその実質的、手下等」が

「日本の公共の電波や公共的マスコミ等を使って、政治運動」とは

「一刻も早く是正する、させるべき、本当に酷過ぎる事態」だ。

「陰険なナチス・ヒトラー、北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等により、

多くの場合、時間をかけて、殺傷されてしまったり、

本来の人生を喪失させられてしまったり、している日本国民の数」は

「少なく見積もっても、何百万人レベルになる」。

「何故なら、其れは、

何十万人もの工作員・協力者等による数十年にも渡る

集団スパイ・工作活動等による実害だから」だ』。

『「個人レベルの怒りや八つ当たりや勘違い等」は

「集団レベルより小規模であるが故に勃発し易く、収束し易い」。

「集団レベルは、一度動き始めたら、大変な事になり易い」のは

「先の大戦前の状況からも明らか」だ。

「そして、一端動き始めてしまった」なら

「容易には止まらない」のも

「先の大戦等からも明らか」だ。

「八つ当たりや勘違い」は

「誤解を生まない丁寧な説明等で防ぎ得る」が

「実態に対する怒り」は

「本質の是正やそれまでの責任・補償等が無ければ、なかなか収まるモノでは無い」。

「散々、実質的には、酷い事を行って来ている者たちが連綿と常連出演・常筆等のまま・・・」では

「怒りは時と共に、内在的にせよ、増大し続けてしまう」のが

「当然になる」。

「早めの自浄が望ましい」。

「北朝鮮金政権等の自浄と同様で困難なのかも知れない」が

「個人レベルでの身の処し方は、北朝鮮では無い日本では自由な筈だが」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

«サンデーモーニングでは「反対野党等の為の政治運動等」や「ご都合デマ論」等を公共の電波上で配信していたが・・・。