テレ朝朝番では、「科学の進歩は指数曲線的で、このまま行けば、もう直ぐ、ガンも根治で、老化も防げ、永遠の命も・・・等々」と常連出演者等が上機嫌だったらしいが・・・。

『「人類の精神文化側の進歩・進化に貢献すべき立場にある者等」が「科学の急激な進歩による人類の物質文明側の急激な進歩を喜んでいるダケ」とは、

「本当に、情けない」。

「所謂、文系の仕事をしている健常な者等」なら、

「科学の急激な進歩に対応出来る精神文化側の急速な進歩が無い人類の危険性」等を

「訴えていて当然」だ』。

『「そもそも、AIにしても、大元の制御ロジックこそが肝要」で

「大元の制御ロジック」の「内実」とは

「AI製作者等の精神構造に他ならない」』。

『「現状の多くの人類が抱きしめている、

比べっこによる支配権/被支配権争いという、

乳幼レベル、もしくは、獣レベルの精神構造」を

「大元の制御ロジック」として、

「AIをつくる」なら、

「例えば、

チェスや将棋や囲碁や、

比べっこ主義上の仕事の戦略や、

戦争時の戦略」等々の、

「比べっこにより勝ち負けを争う事等」が、

「得意になるのは、当然」だ。

「人類より上に立つAIをつくり、

その手の性能を指数曲線的に向上させる事」等も、

「十二分に可能」だろう。

「しかし、

もちろん、

そんなAをつくり出し続け、

そんなAIIが導く道の上等を進んでも、

人類に明るい未来は在り得ない」』。

『「肝要な事」は

「科学が指数曲線的に急速に進み出す前」に

「大元の制御ロジックの元になる

人類、もしくは、AI製作者等の

精神構造を

ちゃんと健常進歩・正常進化させておく事」だ。

「それと共」に、

「AI使用者や、

AIに判断や道等を委ねる全ての人々の精神構造の健常進歩・正常進化」も

「必要」だ』。

『「もちろん、それは、AIだけの問題では無い」。

「全ての科学技術の急激な進歩に対して必要な事」だ』。

『「核エネルギーを使用可能にして、

原爆をつくり出し、使用した精神構造そのまま」に、

「例えば、ナノテクによる細胞ロボット等を使う」なら、

「ある人脈にとって不都合な人々」を

「選択的に、殺傷する事が出来るナノテクロボット」を

「製造~使用する事態」等が、

「現実のものになってしまう」』。

『「精神構造の健常成長無き、科学・物質文明の急激な進歩・進化」は

「人類滅亡の特急券に他ならない」』。

『「現状のAIの制御ロジック」は

「大量記憶」と

「比べっこ」だ。

「それは、AI設計者・製作者等も含む、現状の多くの人々の精神構造でもある」』。

『「大量記憶」と「比べっこ」を

「急激に進化させたところ」で

「得られる結果」は

「知れている」』。

『「例えば、

比べっこ上の優劣に基づいて、

現実社会等を動かそうとする」なら、

「悪意が入り込んだ途端に、オシマイ!が急激に迫って来る事になる」』。

『「比べっこでは悪意の完全排除等が出来ない」。

「比べっこで、何が悪か?」は

「相対的、統計的、もしくは、誰かの意思の下の定義等として・・・」でしか、

「決められないから」だ』。

『「相対的悪では、多くが悪なら、悪とみなされなくなる」。

「泥棒集団の中では、泥棒は、悪では無く、お仲間になる」。

「統計でも、同様」だ。

「犯罪多発状態下では、犯罪多発が普通になる」。

「誰かの意思の下で、

誰かにとって不都合な者・物・事等は悪」と

「決められる事の恐ろしさは、誰もが分る事」だろう。

「悪を決める特権争いの元が其処に生まれ易くなる」。

「誰かの意思で、悪が定義される余地が残っている限り、

AIでも、他の科学技術製品」等でも、

「非常に危ないモノになる」』。

『「危ないモノや危ないモノの使用」等を

「常々後追いで、時代遅れとなっている、現状までの法律や社会制度等で押さえ込もうとしても、

必要十分に押さえ込む事は不可能」だ』。

『「どうすれば良いのか?」

「元の制御ロジックを、健常進歩・正常進化させる事が必要」だ。

「その為にも、全ての人類の精神構造を健常成長・正常進化させる為の

情報・教育等」が、

「非常に重要になる」』。

『「本来なら、

{その}仕事を行い、

人類の精神構造の健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信を行っているべき

テレビ番組等」が、

「実質的、政治運動等を行っていたり、

科学技術や物質文明製品等の急激な進歩等を、

悪戯に喜んでいたり・・・等々している」のだから、

「本当に、呆れる」』。

『「立場がありながら、必要な仕事が出来ていない者たち」に

「過分な報酬・立場・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「AIの制御ロジック」として、

「適切」なのは、

「得意な大量記憶や超急速処理等を生かしながら」、

「本質探究&適材適所」だ。

「数学的・機械的には、

最適値からのズレや、

構築度等を利用する事により、

適切なロジック設計が、可能になる」』。

『「科学レベルで判明している人類の実体やその実体の本来の目的」から

「最適を算定し、ズレを判定する」なら

「善悪等の数理的定義等も可能になる」。

「経済・社会システム等も、

最適計算により、

生み出す事が可能になる」。

「最適なところで、

最適な人々と、

不要なストレス少なく暮らせる人々の自虐性は激減する事になる」から、

「その様な人間世界状態が構築出来てこそ、

科学技術の急激な進歩・進化も、

安全に実現出来る事になる」。

「当たり前の基本」だ』。

『「当たり前の基本さえ???の連中」は

「自らの本質も???で、

本当の自信も持てていないからか、

悪戯に、狭義の自分ダケの永遠の命等を求めがちになる」。

「言うまでも無く、其れは、代償欲求の世界に他ならない」。

「元々、生物の誕生・死とは、細胞レベルの実現象」だから、

「生きている誰もが、今、この瞬間にも、誕生も、死も、体験し続けている」。

「細胞ごとの命の連続性を辿るなら、

永遠の命は、地球上の全ての細胞群として実現すれば良い事に他ならない事等も、

直に、判る」』。

『「この今時の人類としての基本中の基本さえ???で、

狭義の自分ダケに拘っている、

実質的、愚か者や、未熟者たち」が

「現実の永遠の命を危うくする行動等をとりがちになり、

実際に、とってしまって来ている者たちも多い事」は

「人間世界を現実通りに見るなら、誰もが直に分る」』。

『「余りにも、酷い、現状経済・社会システム上での、

大金持ちや大権持ち等を目指したり、憧れたりする」のは、

「悪魔に魂を売り渡した亡者等に他ならない」』。

『「自らの実体の本来の目的である存続~永続への貢献に生きる為、

適材適所や本質を探究したり、

生体維持に貢献したり、

・・・等々している」のが

「健常な人々」だ』。

『「命を大切に!」の「前」には、

「命の実態・実体把握が必要不可欠」だ。

「他人の為に生きる」の「前」には、

「他人や自分の実態・実体把握が必要不可欠」だ。

「ちゃんと実態・実体把握から始める」なら、

「地球生命体細胞群の存続~永続の為に・・・」とか、

「広義の自分(地球生命体細胞群)をより良い状態にする為に、

狭義の自分を

どうコントロールするのか?」等々、

「言葉上の美辞麗句では無い、

現実問題への対処等」が

「誰の頭の中にでも生まれて来る筈」だ』。

『「丸ごと一人の感覚」は

「丸ごと一人の死生観や人生観の為に在るのでは無い」。

「丸ごと一人レベルで他人と自分を分ける為にあるのでも無い」。

「いくら思いの上で、他人と自分を分けても、

現実の細胞レベルの命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている」。

「現実の誕生・死は、細胞レベルの実現象」だ。

「丸ごと一人の感覚」は

「狭義の自分を健常にコントロールする為に在る」』。

『「公共の電波の実質的、不当使用の悪質度」は、

「どれ程のモノになるのだろうか」・・・。

「正確に出す為には、相応に進化・進歩しているAI等が必要になる」が、

「多くの視聴者にも、判別出来る大雑把な判別方等はある」。

「日本のテレビ局なら、

その番組の影響により、

どれだけ、

日本社会の状態が実際に良くなっているのか?」等だ』。

『「視聴者に、

憧れるべき好イメージの者・物・事や

敵視すべき悪イメージの者・物・事を擦り込み、

他の者・物・事に自分を投影・転嫁させて現実逃避させたり、

他の者・物・事に八つ当たり等させ憂さ晴らし等をさせたり、

しながら、

配信実権者等に都合の良い者・物・事等に

権力等を持たせようとしている事等」の、

「実効は?」

「言うまでも無く、

憧れる相手等や、

憂さ晴らしの相手等は、

テレビ等ご推奨の先で無ければならない訳も無い」。

「現実逃避や、八つ当たりの憂さ晴ら等しをしたところで、

実生活等が良くなる訳も無い」。

「残る実効」は

「テレビ等のご都合者・物・事がより強い実権等を持ち易くなる事」になる。

「実に、酷い事」だ』。

『「はっきり言えば、

科学技術の急激な進歩!等で、

悪戯に喜んでいるダケ」の

「所謂、文系側の仕事をしているつもりの者等」は、

「要らない」。

「今時の、

テレビ・マスコミ等(・・・主として、所謂、文系側で、情報の一方的大量配信の仕事をしている)の者等」なら、

「人類の精神文化の異常な遅れ」等の

「大問題を告発等」し、

「視聴者個人個人が、

精神構造を健常成長させる為に有益な情報配信が出来ていて然るべき」だ』。

『「然るべき仕事が出来ないところばかり・・・」なのは、

「異常な戦後処理を引き摺り続けているが故の人脈利権等の問題がある」。

「それは、イメージ誘導先や、政治論調等からも、明らか」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

未だに、加計や松井ナントヤラで視聴者の思いや感情等を操りたがっている極悪テレビ・マスコミ等問題・・・。

『「操る悪が悪いのか?操られるおバカが悪いのか?」は「立場や身勝手な思い等によって、人それぞれだろう」が、

「本当は、どちらも悪い」が、

「実態・実体」だ』。

『「国政上の一小問題の大問題化」も

「ゲイノウ人の私生活問題での大衆興味寄せ」も

「その実体」は

「情報配信者の悪思惑に基づく、実質的、工作活動」だ。

「その悪の実態」は、

「視聴者・読者等の考え・思いや感情等」を

「情報配信者の意図や都合の下」で、

「常に操り続ける為」の

「実質的、調教行為等」に他ならない』。

『「情報配信者側が選別・選択した情報」を

「一方的大量配信をし続ける事による、

大衆愚民化・無害化・虚勢化・去勢化工作等」が

「其処に露呈している」』。

『「それは、

健常な人間社会なら、明らかなる不当行為・違法行為等として、

厳しく禁止され、

背くなら、厳罰が与えられて然るべき事」だ。

「ナチス・ヒトラーと同様の実質的、大衆誘導行為が、まかり通り続けて来ている

戦後日本の

テレビ・ラジオ・マスコミ界」は、

「本当に、異常」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが判る事」だ。

「小問題を大問題化して、大悪イメージを付け、

その大悪イメージにより、国政が右往左往させられてしまう事」の

「危険性や、愚かさや、異常性等が!」

「多くの人々が、特定のゲイノウ人の私生活等に強い興味を持たされる事」で、

「都合が良くなる」のは、

「視聴率や販売部数やアクセス数等を

実質的、騒動売り等の手段で

安易に上げる事が出来ている情報配信者等や、

負の話題の裏で、知名度を維持~向上させているゲイノウ人等の方」で、

「騒動情報により、頭の中や心の中を、遊ばれている人々の

実生活等には、ロクなメリットも無い、ばかりか、

無駄に、時間や頭や心を使わせられているダケである場合が多い事も!」』

『「そんな事を

毎日、

繰り返し繰り返し、

行わされ続けている事」の「実体」は、

「視聴{調教}」や、

「購読{調教}」や

「アクセス{調教}」等

「でしか無い事を!」

「何といっても、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内容実体」は、

「汝、

自分の頭で考えるな!

自分の心で感じるな!

テレビ・ラジオ・マスコミ等の論を覚え、

テレビ・ラジオ・マスコミ等のイメージに従え!」状態なのだから!』

『「健常な公共的情報配信機関」なら、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が当たり前」だ。

「その上」で、

「視聴者・読者等の

感受性・思考力・判断力等の

向上に役立つ情報」も

「配信し続けるのが当たり前」だ』。

『「人間の精神構造を健常成長させる為」には、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実の理解・把握が必要不可欠」だ。

「丸ごと一人の死生観や人生観のまま・・・」なら

「丸ごと一人レベルの象徴的者・物・事等により、

操る事や支配・被支配関係を強いる事等が

簡単に出来てしまう」。

「その先に出現している」のが

「現状までの人間世界の

超自虐的な、人権力・武権力・金権力社会であり、

経済や権力等を優先するが故の地球温暖化・環境破壊・環境変動等であり、

丸ごと一人レベルの殺傷事件やテロ・戦争等々」だ』。

『「人間世界のベースである

個人個人の精神構造」が

「余りにも、未熟であるが故の

超自虐事態」が

「其処に露呈している」』。

『「それなのに、未だに、丸ごと一人レベルの未熟な情報で、

大衆を操り続ける事による

悪のメリットを

得続ける事等により、

過分な立場・報酬・権力等を維持し続けようと邁進している」のが

「劣悪なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「実に醜悪な実態・実体が其処に露呈している」』。

『「いい加減に、人類の誕生・死も、細胞レベルの現象である事が、

科学レベルで既に判明しているのだから、

その辺りから、始める事で、

丸ごと一人の死生観・人生観からの卒業を促す

情報配信でもしたらどうか!」

「宗教等は、

歴史文化遺産扱い等が適切で、

十二分」だ。

「本来のマスコミ等」なら、

「未だに、

宗教を保護し、厚遇し続けている事や、

特定極一部のゲイノウ人やスポーツ選手やミュージシャン等を偏重している事」等々の

「実害」くらい、

「実体や事実・現実通りに告発し、大衆周知する」のが

「当然」だ。

「日本の本来のマスコミ等」なら、

「日本国内の反日国人脈による工作活動や

それに協力している

悪魔に魂を売り渡している似非日本国民等を

告発しない事等」は

「本当に異常」だ。

「拉致工作を行ったり、

協力したりした者たちの

その後や今でも、

徹底取材し、

実態・実体を露呈させる事くらい、

出来ない方がオカシイ!」

「出来ないのでは無く、やらないのなら、

反日国工作員等のお仲間や協力者等という事になる」。

「そんな状態の者たち」が

「日本の公共の電波を使い続けられていたり、

日本の公共的マスコミで論や意見等を一方的に大量配信し続けられていたり、

・・・している現状」は

「本当に、異常」だ』。

『「ゲイノウ人の私生活や、

イメージ等」に、

「操られてしまっている人々の割り合いや数等」は

「現状のテレビ・マスコミ等による偏重・偏向質問上での世論調査等でも、

ある程度判る」。

「それなりに、多くの人々が、未だ、テレビ・マスコミ等の操り人形状態である実態の裏に在る」のが

「上記の、酷い、愚民化・無害化・虚勢化・去勢化{調教}」という訳だ』。

『「もちろん、そんな暴挙を放置したままで良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

(『「当記事を記していたところ、

拉致工作員・協力者のその後等について、記していた辺りで、

上方向等々からの工作電磁波が急に強化された」。

「記している所をオンタイムで覗いている様相」も

「露呈している」。

「警察も、集団的工作活動を、そろそろ、徹底的に、一斉摘発するべき」だ』。)

|

自由貿易の維持~拡大の前に、現行経済・社会システムの是正でしょ・・・。

『「現行の経済・社会システムのまま、自由貿易等の手段によって、急速な経済成長を行い続ける事=人類自滅器を高速で回す事」に他ならない。

「その辺りの事情を良く判っている米国トランプ政権」等は、

「もはや、現行経済・社会システムの崩壊は、近いから・・・と、

守りに入り、

自国第一主義」だ』。

『「崩壊時に、武力に頼りたがる」のが、

「精神構造が未熟な人間の性」だ。

「精神構造が未熟なのに、その自覚さえロクに持てていない者でも、

国家権力者となれてしまっている国々も、

未だ、多い、のが、現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「崩壊時に、

サバイバル武力比べっこ超自虐ゲームが起きる事を前提にする」なら、

「現状で、世界一の武力を持つ米国が、更なる武力充実を図る」のは、

「極めて、合理的な事になる」』。

『「現状で、一番遅れている」のは、

「武力では敵わないから、

工作活動で・・・、

工作活動の後ろ盾に、

核・ミサイルを・・・等」の

「超時代遅れのやり方に邁進し続けて来ている北朝鮮等の国々」だが、

「その辺りの国々と、

所謂、先進諸国との差」が

「どれ程あるのか?」は、

「北朝鮮に対する、所謂、先進諸国等の対応からも良く判る」』。

『「何れにしても、

武力や、経済等の比べっこの上に、権力安定等を計る、

今時の人間世界には、全く馴染まない、

超古過ぎる国家体制等の先」には、

「悲惨な崩壊劇が待っているダケ」だ。

「それは、所謂、先進諸国でも、

北朝鮮の様な超時代遅れの国々でも、

同じ事になる」』。

『「では、どうすれば良いのか?」

「簡単な事」だ。

「比べっこから卒業して、

最適を探究する精神構造を持つ

経済・社会体制に

正常進化させれば良いダケ」だ』。

『「比べっこの場合」は、

「{他より}秀でていたり、強かったり、美しかったり、・・・等々するダケ」で

「是認される」。

「{他より}劣っていたり、弱かったり、醜かったり、・・・等々するダケ」で

「否定される」。

「是認と否定の先に、

支配権・被支配権等を付け、

支配権・被支配権等が、実効を持つ様に組み立てれば・・・、

現状の経済・社会システムの出来上がり・・・」だ』。

『「そして、その運用基軸」も

「個々の人間の

他の者・物・事との比べっこによる支配権/被支配権争いという

乳幼レベルの精神構造」だ』。

『「精神構造では、乳幼レベルなのに、

物質文明では、核兵器までも保持・・・というのが、

現状の人間世界の

異常なアンバランスの実体」だ』。

『「もちろん、異常なアンバランス状態のまま時を重ねるなら、崩壊する」のは、

「自然の摂理上の必然」になる』。

『「異常なアンバランス状態を是正する鍵」は、

「精神構造面でも、物質文明面の様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用する事」であり、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

積極実用する事により、

より高性能な精神文化製品を生み出し

それを実用する事」だ。

「経済・社会システムも、精神文化製品に他ならない」』。

『「物質文明製品の場合、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

積極実用し、

最適を求める事で、

より性能の良い物質文明製品をつくり出す事が出来る」。

「現状では、

其処に、

現行の経済・社会システム故の圧力や、

乳幼レベルの精神構造のまま・・・の消費者・実用者等の意向や行動等が加わっている」ので、

「多くの物質文明製品が、最適から、外れた位置に在る」』。

『「多くの物質文明製品が、最適から外れた位置に在る事による、

実害」は、

「かなりのモノになる」。

「最適から外れている」ので、

「基本的に、不満が付き纏う」。

「不満を埋める為に必要となる」のが

「代償」だ。

「精神構造が未熟状態の人々の代償欲求追及心」は

「至るところで、煽られている」。

「現行経済・社会システム上」で

「代償欲求追及心を満たそうとする」なら、

「お金が便利な道具になる」。

「現状の経済・社会システムは、実質、金権システムでもあるから」だ。

「其処で、金集めの比べっこを始める」のが、

「精神構造が未熟な人々」で、

「そんな状態の人々が、頑張れば頑張る程、

悲惨な崩壊が、どんどん近づいて来る」』。

『「自らの精神構造を未熟なままにしている者たち」は、

「上記の意味で、人類滅亡を引寄せている大罪を犯し続けている事になる」』。

『「ところが、現状の人間社会」では、

「実体として、大罪を犯し続けている者たちを、金権経済システム上の成功者等として、

祀りあげている

{超自虐コント}までもが、

まかり通っている」。

「実に、寒い世界」だが、

「その寒ささえ、自覚出来ない」のが、

「精神構造が未熟状態の人々」だ』。

『「お金を求め、

お金持ちに憧れ、

万一、お金持ちになれたなら、

代償欲求の追及に奔走している

亡者の様な人々が、

世界中で蠢いている」・・・』。

『「精神構造未熟の害」は、

「恋愛にも及んでいる」。

「最適を求めず、

比べっこ上で、

秀でていたり、強かったり、美しかったり、・・・等々する者を求めている人々」は、

「未だ、数多い」。

「最適から外れている分だけ不満は大きくなる」が、

「其処をお金や権力や社会的立場等で埋め合わせれば・・・」という

「悪の判断に、身をゆだねる、悪魔に魂を売り渡した状態の者たち」は、

「当然の如く、代償欲求の追及に明け暮れる、

人類滅亡を引寄せる大罪を

より多く行う状態に陥っている」。

「其処で、自己正当化を謀る為に、

人によっては、

子づくりをし、

子どもや子孫に自分を投影・転嫁し、

負の代々話を残しながら、

代償欲求の過剰追及や人類滅亡を引寄せた事等を

成功だ!等と誤認し続けながら、

存在し得ないあの世等に現実逃避しようとしている」。

「酷い場合は、工作活動の世代間継承まである」のが、

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ』。

『「当然、そんな状態で、人間世界が平和になる訳も無い」。

「負の代々話が仕込まれている」のだから、

「そのままでは、代々、戦争等を繰り返す事が必然になってしまう」』。

『「この辺りの実状からも、

人類誰もが、

恋愛面で、最適を求める事」が、

「人類の自虐性を減少させる鍵になる」』。

『「最適より、お金や、社会的立場や、能力や、ルックス等々を優先する」のは、

「人類滅亡を引寄せている悪者以外の何者でも無い」。

「人類滅亡を引寄せる極悪成功像等を風潮し続けているテレビ・マスコミ・学校教育等」も

「悪」だ』。

『「最適を求める為にも、自分を深く知る事は、極めて重要」だ。

「もちろん、科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用する事で!」だ。

「基本中の基本」は、

「生きている人類誰もの自分の実体」が、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している約60兆の細胞群である事」だ。

「つまり、誕生・死とは、細胞レベルの実現象に他ならない」。

「生物が、細胞レベルの誕生・死を繰り返しながら、

連綿と存続し続け、

その最先端が、

今、生きている全ての地球上の生物」だ。

「人類誰でも、一人の人間も、其処に在る事になる」。

「細胞ごとの命の繋がりは、

人類誰でも、

其れこそ、

地球上の、他の人間も含む、全ての生物にあると言っても良いだろう」。

「そして、その根本目的」は

「細胞群の存続である事は、疑いの余地が無い」。

「存続が根本目的では無いのなら、

とっくの昔に、

細胞群も、物理崩壊により、消滅していて当然になる」。

「根本目的hが存続なのだから、

細胞群の存続を危うくするモノ・物・事には、

排除されるべき必然が在る」』。

『「高度な物質文明まで保持出来ている現状の人類で言う」なら、

「余りにも、アンバランスな経済・社会システム等の精神文化製品や、

成人としては、余りにも、未熟な、個々の成人の精神構造等」には、

「排除されるべき必然が在る事になる」』。

『「自らの精神構造をちゃんと成長させる」なら、

「自らのより深い部分からの感や信号等も、よりわかり易くなる」。

「現状の経済・社会システム等に翻弄される割り合いも減り、

人類の精神文化製品の健常進歩・正常進化への力添えや、

世代交代のベースとなる恋愛面等での健常判断等も、

生まれ易くなる」』。

『「最適の為には、何事でも、源流対策が極めて重要」だ。

「人間の源流」は、

「自らの精神構造」であり、

「世代交代のベース」だ』。

『「比べっこ原理主義のまま、悪の世代交代のベースをつくり続ける」なら、

「物質文明面と精神文化面の異常なアンバランスが、

悲惨な崩壊劇を生み出すダケになる」のは、

「当然の現象」で

「現状の人間世界は、今、その真っ只中」だ』。

『「余りにも、稚拙で劣悪な、テレビ・マスコミ等の情報や、学校の精神文化側の教育等を

蔓延らせ続ける限り、

是正の速度が、十分に早まる事は無く、

人類滅亡が現実のモノとなってしまう事になる」。

「地球生命体細胞群の長い~永い存続の為には、

人類の精神構造や、精神文化側製品の

稚拙で劣悪な状態の是正」は、

「本当に、急務」だ』。

|

昨今の筆者の周りの集団的電磁波工作の実態・・・。

『「上の部屋の者たち」が「筆者の居場所や体勢を電磁波技術を悪用して覗き、執拗に、追いかけ回しながら、

ポイントアップし続けると共に、

工作電磁波自体も照射し続けている時間割り合いが異常に高い事」等は、

「以前のフィリピン人たちの時と同じ」で、

「それらの者たちに、繋がりがある事」は

「既に、以前にも、記した」』。

『「昨今では、工作電磁波がより疑似高周波化し、そのエネルギー量が増えている」からか、

「筆者のところにも、より強い工作電磁波がやって来る様になってしまっている」。

「相応の対策が必要なので、仕方無く、時間とお金と手間をかけて、更なる対策強化を行い続けて来ている」が、

「その様相は、工作電磁波を執拗に当て続けようとし続けている者たちにも良く判る」からか、

「昨今では、より強い電磁波によるより早い悪の実効を目指している様相」だ。

「筆者の居場所を、覗き、付け回す、執拗さも増している」。

「既に、現状では、対策のある筆者の部屋」は、

「マイナスイオン満載レベルを遥かに超え、

まるで、電気治療室状態」だが、

「対策無き場合、同レベルの工作電磁波を執拗に当て続けられるなら・・・」を

「検証する」なら、

「工作電磁波の悪質性も良く判る事になる」』。

『「上の部屋の者たち」は

「筆者の居場所や体勢をポイントアップする為と、

同時に、筆者に強い工作電磁波を当てる為」に

「相応の大きさのある工作電磁波機器を保持している様相」だ。

「もちろん、工作道具だから、上辺は、如何にも工作機器とはなっていないだろうが、

逃げ場所や放棄場所を潰した上で、一斉摘発をかけるなら、

確実に{物}を押さえる事が可能になる」』。

『「筆者の部屋には、周囲の建物からも、強い工作電磁波が当てられ、それの一部は、筆者側の対策により、反射等している」から、

「工作電磁波を観測出来る機器で、観測する」なら、

「筆者の部屋を取り巻く、工作電磁波の実態等は、

結構、判り易い筈」だ。

「単なる偶然で、これ程強い工作電磁波が、一個人の部屋~部屋の中に居る者に集中させられる可能性は、

ほとんど皆無」だから、

「ターゲットに浴びせる工作電磁波の濃度を高める事による

悪の実効狙いの実態(=意図的な悪意)」等を

「判明させる事も十分に可能な筈」だ』。

『「テロ等準備罪も発効したことだし、

そろそろ、本格的な摘発を行って頂きたい」等と

「強く願っている」』。

『「電磁波工作が、集団的工作活動である事」は、

「筆者が外出した時の

街中に在る工作電磁波発生場所や、

工作電磁波が発生する様に仕掛けられている筆者の車や、

車運転中の他の工作電磁波を発している車」等々からも、

「明らか」だ。

「東京でも在った」から、

「かなり大きな集団的工作活動が仕掛けられている事」は、

「間違い無い」』。

『「何処のどんな人脈の者たちが行っているのか?」も、

「ある程度、強い推定が可能な状態になっている」。

「他の記事にも、何度か記した」が、

「筆者の実感」では、

「拉致工作にも手を染めた可能性大の

北朝鮮系の人脈の者たち等が、

世代交代をしながら、

執拗な電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々を続けている感」が

「非常に強い」。

「そして、それらと友好関係のある人脈の者たちも、

電磁波工作等々に手を染めている」』。

『「先日、何軒かの車のディーラーを訪れ、いくつかの車に試乗させてもらった」が

「試乗車の中にも、工作電磁波を発生している車が在った」。

「恐らくは、スマホ等と同様の、ソフトによる仕込み」だろう。

「不思議な事に、工作電磁波を発生していた試乗車は、

何処の場合でも、

軽の装備の少ないグレードだった」。

「普通車(筆者が試乗したのは、皆、コンパクトクラスだが・・・)の場合は、

工作電磁波らしい電磁波を感じた試乗車は、

筆者の少ない体験上、今のところ、未だ、無い」。

「まさか、何処かの思惑で、出来る限り、普通車を選択させるべく、

工作電磁波ソフトを仕込み・・・なんて事は、無いだろうが」・・・。

「可能性が高く思えるのは、

ディーラーで試乗車も見ていた者の中に、

車嫌いの反日工作員等も居て、

車に悪イメージを付ける為に・・・、

或いは、試乗時に事故を誘発させる為に・・・等」だろう・・・』。

『「何れにしても、そんなところにまで、

電磁波工作の悪害は、

既に、入り込んでいる」。

「徹底摘発が、強く望まれる」』。

『「車メーカーやディーラー等」は

「実効のある工作電磁波対策を急ぐべき」だ。

「ソフト面では、工作電磁波ソフト等の不正書き込みを徹底的に封じ込める事が必要」になる。

「工作電磁波発生ソフトを仕込まれてしまった車から、

速やかに、工作電磁波発生ソフトを削除し、

二度と書き込まれない様にする技術・体制等の整備も急務」だ。

「工作電磁波は、交流波・パルス波と当たる」と

「より強い害を発し易くなる」。

「本来なら無い、余分なパルス波状態等を発生させる手段」として、

「点火プラグの信号を、ある一つ気筒の一本のリード線ダケを長めにし、折り返す事で、

電気をホンの少し、滞留させる手段が在る」。

「筆者の車にも、{その手}が仕込まれていた」ので、

「リード線の長さをそろえたら、

その部分からの工作電磁波の悪害が、かなり、軽減された」』。

『「ソフト面では、筆者の車のメーカーの場合は、

ディーラー側が、対処拒否状態である上に、

例え、一回削除してもらったところで、

また仕込まれれば同じで、

筆者の今の車は鍵も弱く、

侵入工作も容易だから、

そのまま・・・」だ。

「もちろん、それでは、乗り辛い」から、

「物理面で、工作電磁波対策を施して乗っている」が、

「度々、出先でも、侵入工作で、リード線の位置や角度を変える工作員まで付き纏っている」から、

「本当に、呆れる」。

「乗る前に、毎度、毎度、リード線の位置や角度を確認し、工作電磁波が車の運転に支障の無い方向に発する様にしてから、運転を始める」のは、

「面倒だが、やらないで運転して、運転し辛い状態になるより、遥かにマシ」なので、

「仕方無く、行い続けている」。

「この辺りの事情は、部屋の場合と同様」だ』。

『「集団的ストーカー的様相まで露呈している」のが

「電磁波工作や飲食物工作等を行っている連中」だ』。

『「確実に言える事」は

「日本国内には、筆者の様な、一般日本国民に対しても、

執拗に、

今までの法律や摘発体制等では、摘発・処罰等困難な

非人道的な集団的工作活動を仕掛け続けている者たちが居る事」だ。

「この組織犯罪の徹底摘発」は

「本当に、急務」だ』。

|

もはや、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の活動家的様相の前川前文科事務次官を正義のヒーローの如く扱いたがっている様相の韓(北朝も含む)流テレビ等問題・・・。

『「よくよく考えてみる」なら「誰もが分る事」だ。「タカが、一獣医学部新設等」を「大問題化させようとして、大騒ぎ出来ている、現状の日本が、どれ程、平和ボケな状態か!!」

「この平和ボケ逃避状態をつくり出す事」等に、

「大いなる力を発揮している」のは、

「戦後日本の学校教育と、テレビ・マスコミ等の情報に他ならない」』。

『「安倍政権批判・非難等も、大いに結構」だが、

「その批判・非難等の元」が、

「言葉狩りや、

態度狩り」や、

「一獣医学部新設問題化や、

一学校法人設立問題や、

一国有地払い下げ問題等々の

実質的、小事」では、

「大事問題を隠蔽せしめる為の小事大騒ぎの域を出ない」』。

『「例えば、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

非人道的工作活動に対する対策が甘い!」等の

「日本国内の重大事に対する問題点の批判・非難等」なら、

「安倍政権に対する批判・非難等が大きな力を持つべき実体がある事になる」が、

「現状の、反対野党や反対人脈のテレビ・マスコミ等による、

実質的、反対野党側等を利す為の政治運動等の為の批判・非難等」では、

「ある意味、本当に、時間の無駄」だ』。

『「実に、バカらしい、

小事の大問題化政治運動」で

「国会まで開いている」とは、

「本当に、平和ボケも、いい加減にしろ!」の

「世界」だ』。

『「官僚を辞めて、フリーとなり、制約が無くなった前川前文科省事務次官」は、

「文科省時代に、自分の意志に反する事が、通されてしまった事に対する恨み満載の様相」だが、

「それは、

元々が、学力面等で、自分が一番常連」で、

「周りの人々」に、

「あの人は優等生!」

「あの人は、特別(エリート)!」等々と、

「持ち上げ続けて来ている、

所謂、エリートにはありがちな事」だ。

「所謂、エリートが、圧倒的に、苦手な事」は

「自己否定」であり、

「自己否定に繋がる者・物・事等に対しては、

徹底的に、否定・排除等しようとする」のが、

「所謂、エリートの負の性」だ』。

『「文科省トップであった、所謂、エリート前川氏」は、

「文科行政が、前川氏の思う通りに運ぶ事こそが、正解等」と、

「強く信じ込んでいた筈」で、

「其処に、政治主導の波が来れば、

自分より、おバカな政治家等の政策等が、

エリートの自分が考え、実行させようとしている政策より良い訳が無い」等と、

「思い込んでいて、何の不思議も無い」』。

『「しかし、実権面」では、

「政治家>官僚」なので、

「政治主導以降、前川事務次官に溜まっていたであろう、

政治主導に対する、恨み等」は、

「本当に、甚大なモノとなっていた筈」だ』。

『「本質的には、日本国・日本国民の為の考えを優先するのが、

自己が否定される事を極端に嫌う優等生等の特徴」だが、

「現状の前川氏の状態」は

「日本国・日本国民の為」よりも、

「事務次官時代の鬱憤晴らし等」が

「優先されている様相」で

「その実態・実体」は

「まるで、所謂、左翼(同上)の活動家」だ』。

『「そんな前川氏を大歓迎して、

まるで、ヒーローの如く扱いたがっている」のが、

「所謂、左翼(同上)の政党や、テレビ・マスコミ等」という訳』だ。

『「実に、くらだらない、ドタバタ劇が其処に在る」。

「こんなモノに、

公共の電波や、

公共的マスコミの

貴重な時間や紙面等を割いている暇がある日本」とは、

「本当に、深刻な平和ボケ」だ』。

『「北朝鮮問題を本気で解決する気がある」なら

「日本国内の北朝鮮系の工作活動等を徹底摘発する事等」が、

「王道」になる。

「何しろ、北朝鮮の実体」は、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家だから」だ。

「日本国内の工作活動が、摘発される事」は

「そのまま、北朝鮮劣悪国家指導者等の弱体化に直結する」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が弱体化する」なら、

「相対的に、その他の北朝鮮国民の力が増す事になる」から、

「民主化や解放政策等が実現し易くなる」。

「逆に、日本国内の北朝鮮の工作活動を摘発しない事」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の力を温存させ、

北朝鮮問題をより深刻にする事に直結している」』。

『「この重大問題に対する対策が甘過ぎるから・・・」等と、

「安倍政権を批判・非難等する」なら、

「それは、非常に合理的」だ。

「しかし、反対野党や反対テレビ・マスコミ等の論理に乗せられて、

言葉狩りや、態度狩りや、

実質的小事の大問題化等々」で

「安倍政権を批判・非難等{させられている}」なら

「本当に、深刻なおバカ」だ』。

『「自分の意思や行動等」を

「反対テレビ・マスコミ等や反対野党等に操らせる事等」は、

「相応に、愚かで、自虐的な事になる」』。

『「日本国民なら日本国民として、

テレビ・マスコミ等や学校教育等に操られず、

身の周りの実体や事実・現実・実感等を大切にしながら、

自分の意思や考え等」を

「保持し続ける事」等が、

「自虐を避ける王道にもなる」』。

『「反対野党や反対テレビ・マスコミ等の論理で多くの日本国民が操られる」なら

「利を得るのも、反対野党や、反対テレビ・マスコミ等になる」』。

『「当たり前の事」だ』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」という

「誤解や不当誘導等を避ける大原則さえ、

ロクに守っていない、

悪劣なテレビ・マスコミ等」を

「リーダーの如く信望する」のは、

「詐欺師やカルト宗教等に騙され、操られてしまう人々と同じ状態の人々」だ』。

『「偏向・偏重テレビ・マスコミ等情報や学校教育等の嘘やインチキ等」に

「常に傾注し、それらに、決して操られず、

実体や事実・現実の原寸大を忘れずに、

偏向・偏重を正す事等が出来ていてこそ、

正常な成人状態」になる』。

『「正常な成人を育成していない、劣悪な文系情報・教育の是正」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、元々、劣化どころか、反日国の手先情報工作員等的常連出演者等が、似非、政治劣化論等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「都議選での都民ファースト圧勝」や「北朝鮮のICBM発射実験成功??」等を「受けて」、「日本の中の、朝鮮系人脈が牛耳っているテレビ等の常連出演者等」は、

「上機嫌の様相」だ』。

『「元々、都議選での都民ファースト圧勝」も

「お仲間、テレビ・マスコミ等による、大衆誘導の結果」に他ならない』。

『「例えば、

安倍総理が、秋葉原で応援演説をした時」には、

「反安倍政権側の活動家連中」が、

「横断幕まで頭上に広げて、

安倍辞めろ!コールを叫んでいた」ので、

「活動家集団により応援演説妨害をされた安倍総理」が

「あんな人たちに負ける訳はいかない!」等の

「言葉も含む、

妨害を止めさせる為の反論をした」。

「上記の事実の内」から、

「あんな人たちに負ける訳にはいかない!」ダケを

「言葉狩り」し、

「偏重大宣伝をして来ている」のが、

「活動家集団のお仲間、テレビ・マスコミ等」だ』。

『「その工作目的」は、

「自民党に悪イメージを付ける事」に

「他ならない」』。

『「選挙時に、

有権者は、

悪イメージを公然化させられている政党を排除し易くなる」。

「テレビ・マスコミ等による悪イメージの公然化で、

自民党を有権者の選択から排除させる

政治工作」は、

「二段構えの工作の一段目」だ』。

『「二段目は、受け皿急造工作」に他ならない』。

『「もはや、民主党政権の流れの民進党では受け皿には成り得ない」。

「其処で、一部テレビ・マスコミ連中が急造した受け皿」が

「小池新党」だ』。

『「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身した小池氏」は

「その後、多数の政党を渡り歩き、小沢氏や小泉氏の下でも、政治を学び、

先の都知事選で当選し都知事となり、

小池氏の下の政党、都民ファーストを立ち上げ、

自民党に離党届を提出している」』。

『「小池氏のお仲間、テレビ・マスコミ等」は

「都民ファースト」を

「小泉等と同様に、好イメージで大宣伝して来ている」』。

『「実際の都民ファースト」は

「その構成員のほとんどが、政治未経験者である{上}に、

民進党からの転身者が十人レベルで居る」。

「つまり、政党内の実権」は、

「小池氏や、民進党からの転身者が握り易い状態に在る」』。

『「実際の小泉元総理」は、

「日本を二極化格差社会化する事等に大いに力を発揮」した。

「その害」から、

「お仲間テレビ・マスコミ等による好イメージ扱いとは全く違い、

嫌っていたり、怒ったり、等々している、

日本国民の数もかなり多い」』。

『「テレビ・マスコミが視聴者・読者等に植え付けようとし続けているイメージ=現実では断じて無い事」は、

「絶対に、忘れるべきでは無い」』。

『「小池新党の内実問題に戻ろう」。

「旧社会党が拉致問題対応等で、

多くの日本国民からの支持を失い、

旧社会党大衆有名人たちは、社民党を立ち上げた」が、

「その時には、多くの旧社会党大衆無名人たちが、民主党に上辺の看板を変えた」』。

『「民主党政権が、

日本を細らせた反面で、

中国や韓国(北朝鮮も含む)や

日本の中の中国系・韓国系の者や企業・組織等を大いに太らせた事等により、

多くの日本国民からの支持を失った後、

民主党大衆有名人たちは民進党を立ち上げた」が、

「多くの民主党大衆無名人たちは、

民進党では選挙時に再当選等も出来ない」ので、

「別の看板を欲しがっている」』。

『「そんなところに、

一部テレビ・マスコミ新党とでも言った方が適切な、

都民ファーストがつくられ、

流れ込める者たちが、

流れ込んでいる」』。

『「東京都の流れを

国政にまで広げる事が出来れば、

国政で、

{第二の民主党}~政権奪取」等も、

「可能になるかも知れない」と

「企み、その為の政治工作等を大いに行い続けて来ている」のが、

「そのスジのテレビ・マスコミ等の実態」だ』。

『「そんな実態・実体は、既に、露呈している」が、

「小池氏等のお仲間テレビ・マスコミ等」は

「実態・実体等を情報配信せず、

都民ファーストの好イメージだけを

一方的に大量配信し続けて来ている」』。

『「劣化したテレビ・マスコミ、どころか、

政治工作機関的様相を露呈している悪テレビ・マスコミ等」が

「其処に在る」』。

『「政治劣化論を言う前」に

「テレビ・マスコミ等に操られてしまっている状態の民の問題」が

「言われなければ、お話しにならない」』。

『「民主主義社会」で、

「劣化した政治家や政権を選択している」のは、

「有権者」だ』。

『「有権者の劣化の元凶は?」等を

「探究する」なら、

「戦後日本の情報・教育の大問題」が

「露呈する」』。

『「政治無関心化による無害化学校教育」や

「学校教育やテレビ・マスコミ情報に依存する状態を育成する

有益分子化教育」の

「大問題」は

「本当に、深刻」だ』。

『「その上に、現状までの様な、

偏向・偏重テレビ・マスコミ情報等による擦り込み等が載せられている」から、

「多くの有権者が、実質的に、テレビ・マスコミ等による操り人形状態」だ』。

『「政治劣化の元凶」は、

「戦後日本の学校教育」と

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に在る」』。

『「ここで、忘れてはいけない事」は、

「学校教育もテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」も

「どちらも、同じ人脈の者がその実権の多くを押さえている事」だ』。

『「内実として、旧社会党~民主党~小池新党等の人脈の流れ」が

「戦後日本の多くの学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ情報等」を

「実効支配し続けて来ている」』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」という

「公共的要素が濃い、テレビ・ラジオ・マスコミ等に在るべき大前提」が、

「全く守られていない、

ばかりか、

主として、旧社会党~の人脈の者や組織・企業等を利す情報配信等が

蔓延れ続けて来ている、

現状のテレビ・ラジオ・マスコミ界」は

「本当に、酷い」』。

『「学校教育で問題なのは、特に、文系側」だ。

「文系教育の基本中の基本」である

「精神構造の健常進歩・正常進化に有益な教育」は

「ほとんど行わず」、

「他の者・物・事の支配/他の者・物・事による被支配を争う、

乳幼レベルの精神構造に固着させる

成長を止めさせる教育等が蔓延っている」』。

『「精神構造の成長が止められている者たち」なら

「どんなに、科学的な知識等が豊富になっていても、

偏向・偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等情報や宗教等で操る事は、容易になる」。

「逆に、精神構造の健常成長がある人々」は、

「依存や支配/被支配争い等から卒業し、

本質探究や実体把握等が当たり前になる」ので、

「偏向・偏重テレビ・ラジオ・マスコミ等情報や、

宗教等では、

操られ辛くなる」』。

『「宗教とは?」を

「探究せず」に

「宗教を信じる者たち」は

「宗教で容易に操れる」が

「宗教とは?」を

「探究する者」は、

「宗教に操られる事も無い」。

「それは、今時の成人としての重要な資質」だ』。

『「国連で、核兵器禁止条約が成立した」が

「核兵器を禁止したところで、

核兵器以上の破壊力を持つ兵器をつくり出す事は、

人類にとって、簡単な事」だ。

「既に、出来ている可能性も大」だ。

「核兵器を禁止して、核兵器以上の破壊力を持つ兵器を禁止していない」なら、

「そのおバカぶり」等は

「誰もが直に分る事だろう」』。

『「重要な事」は

「物質文明製品の一つに過ぎ無い核兵器等、特定の物質文明製品を禁止する{コント}」を

「行うのでは無く」、

「自虐的な物質文明製品を生み出す事や、

自虐的な物質文明製品等の力や圧力により不当な利権を得ようとする事等々」の

「余りにも、稚拙で未熟な精神構造状態に在る者たちの

精神構造を

健常成長させる事」だ』。

『「精神構造が健常成長出来ていない者たちには、

過分な立場・報酬・財産・権力等々を与えず、

精神構造健常成長の為の育成環境等を与える事」だ』。

『「治療が必要な者たちは、病院に入院させて治療するべき」で

「その為の治療技術等も意識的かつ積極的に開発するべき」だ』。

『「全ての人類の精神構造を健常成長させない限り、

急激な進歩・進化を実現し続けている人類の物質文明製品の自虐使用や

自虐的な物質文明製品の製造~使用により、

アッと言う間に、

人類滅亡どころか、

地球消滅等の超重大事態が

実現してしまう時代」が

「もう、直ぐ其処まで来ている(或いは、既に、来ている)」のが

「人間世界の現実」だ』。

『「今時は、

もう、既に、

テレビ・マスコミ等」で

「特定人脈を利す為の政治運動等を行っている時では、

断じて無い」』。

『「人類滅亡、或いは、地球消滅を防ぎたい」のなら、

「情報・教育の健常化・正常化」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、「北朝鮮を核保有国として認めて、米朝交渉するしかないゾ~!論」等を、日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「先日、国際決議等を無視して、発射した、北朝鮮のミサイル」が、「500キロ程度の重さなら、搭載出来る等の旨」の

「米国北朝鮮研究機関の発表等」を

「引用」し、

「其処に、広島原爆の重さ等を重ね」、

「北朝鮮の核ミサイルは、実用化出来ている様なイメージ」を

「風潮」し、

「米国も、北朝鮮が核保有国である事を前提にした交渉を行わざるを得ないでしょうねぇ~」等と、

「常連出演者等が、付け足していた、その実態・実体」は、

「正に、日本の公共の電波を不当使用出来てしまっている

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の情報配信機関」だ』。

『「現実との大きな違い」は、

「重さとして、核弾頭レベルを搭載する事が出来ても、

ミサイルとして使えるか?は、全く別」で

「現状の北朝鮮には、核ミサイルとして使える技術も部材材料等も、

今のところ、未だ、足りない」。

「更に、米国が軍事オプションを行使出来ない事」を

「前提としている事」も

「大きく違う」』。

『「それらの現実から、容易に予想出来る近未来」は、

「北朝鮮が使える核ミサイルを完成させる前」に

「主として、米国による、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」が

「起こされる事」だ』。

『「日韓内の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」は、

「何としても、北朝鮮解放戦争ダケは避けさせたい、

そして、その時間稼ぎの間に、

北朝鮮に使える核ミサイルを持たせたい、

そうする事で、

核保有国としての北朝鮮と米国との交渉を実現させ、

北朝鮮一派による日韓内支配工作が、

より旺盛に行える状態を構築したい、

・・・等々」だろうが、

「もちろん、そんな悪の思惑」は、

「とっくの昔に、米国要人等も重々承知」で、

「悪魔に魂を売り渡す事でも無い限り、

米国が、北朝鮮を核保有国として認める事はあり得ない」』。

『「北朝鮮を核保有国として認めざるを得なくなる前」に、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争等を仕掛ける事になる」』。

『「つまり、北朝鮮が急いでいる{使える}核ミサイルの開発」の

「実効」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争を

より早く、呼び寄せている事以外の何モノでも無い」』。

『「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争の

主たる犠牲者」は、

「北朝鮮の軍人になる」。

「日韓が、ミサイル防衛と工作活動対策をちゃんと行うなら、

日韓内には、ほとんど被害が出ない」。

「つまり、日韓内の米国人等に対して、避難誘導等を行う必要が基本的に無い」』。

『「米国による宣戦布告」から

「ホンの少しの時間が経つダケ」で、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」は

「実際に、終わっている事になる」。

「主として、北朝鮮の軍人に甚大な被害を出しながら・・・」』。

『「戦後処理には、少々の時間がかかる」が

「現状の大問題である北朝鮮劣悪国家指導者等は、既に、亡きモノとなっている」から、

「戦後処理は、意外な程、スムーズに進む事になる」』。

『「米軍は、戦後直に、引く事で、北朝鮮解放戦争の正当性を全世界に認めさせる事が出来」、

「中国やロシアには、不戦故のメリットが与えられる事になる」』。

『「逆に、米国が北朝鮮解放戦争を躊躇した場合はどうなるのか?」

「{使える}核ミサイルを持ててしまった北朝鮮の{要求」」を

「呑むか?突き返すか?」の

「選択が、直に、突き付けられる事になる」』。

『「呑むなら、極悪非道工作活動国家北朝鮮の膨張が始まる」。

「呑まなければ、北朝鮮側からの軍事圧力(軍事行動も含む)が発生する」』。

『「次第に、韓国は、北朝鮮の支配下になり、

その波が、日本にも押し寄せる」。

「工作活動と軍事圧力による北朝鮮の日韓内支配が完了する頃、

米国内も、北朝鮮の工作により、

ボロボロ状態に陥る事になる」』。

『「そんな状態を跳ね返す為には、核戦争を覚悟する必要が生じ、

核戦争となれば、人類滅亡が決定的となる」』。

『「現状の経済過剰追及故の温暖化による人類滅亡の時までには、

未だ、少々の時間がある」が

「核戦争が起きるなら、その時点でアウト!」になる』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態」の

「現状の北朝鮮」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下から解放する事」は

「人類の急務」だ。

「主として、日韓内のカルト宗教信者状態の

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等への対策も急務」だ』。

『「多くの北朝鮮国民が、カルト宗教信者状態では無い」のなら、

「斬首作戦ダケで用は足りる」が、

「多くの北朝鮮国民や、

主として、日韓内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者の実質的、手下等が、

カルト宗教信者状態である現状」では、

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争以外の選択肢は無い事になる」』。

『「逆に、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、カルト宗教信者等にとっては、

北朝鮮解放戦争ダケは、絶対に、避けさせなければならない事になる」』。

『「韓国の従北大統領」が

「北朝鮮解放戦争反対!」なら、

「従北大統領が、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、カルト宗教信者である事」の

「証左になる」。

「日本の政界や、テレビ・マスコミ界等の者たちでも事情は同じ」だ』。

『「カルト宗教信者たちの戯言」は

「対話が成り立つ訳も無い、北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」で、

「カルト宗教信者たちが、願っている事」は

「北朝鮮が核保有国として認められる事」という訳だ』。

『「北朝鮮が核保有国として認められる」なら

「断じて、対話では無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等による{要求}を

蔓延らせる事が出来易くなってしまう」。

「内実として、そんな事を望んでいる者たち」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等で無い訳も無い」』。

『「今のまま、北朝鮮が、戦争を呼び寄せ続ける」なら、

「近々、事態は、急変する」。

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」が

「日常の延長線上で、

ある日突然、始まり、

直に、北朝鮮の負けで、終わる」』。

『「戦後、

北朝鮮劣悪国家指導者等はもちろん、

主として、日韓内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等」も、

「永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」』。

『「現状で、常連出演等してしまっている実質的、手下等」は

「大衆に覚えられている分だけより大きく、

永遠の恥辱に染まる道の上で{輝く}事になる」。

「非常に、お気の毒な事だが」・・・』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員やその協力者等への

実効のある対策」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

(『「現状のまま・・・」では、

「北朝鮮解放戦争時」に

「日本にも、少々のミサイルが飛来する事になる」だろう。

「一つは、恐らく、軽井沢上空で大爆発」し

「一つは、横須賀に向かうが、途中で撃墜され、爆発もしない」。

・・・等々』。)

|

テレ朝朝番では、多様性の無い常連出演者等が、似非民主主義論等を喧伝していたので、本当に呆れた・・・。

『「朝日・TBSと読売・フジ」や「テレビ常連出演政治解説者等とテレ朝朝番常連出演者等」で「多少、政治論調等が違う事」で

「両論併記状態や、対論状態等が成り立っている旨等」を

「喧伝していたインチキ」には

「本当に、呆れた」。

「言うまでも無く、朝日も、TBSも、読売も、フジも、

米軍の占領政策の下で再編された、

戦後の日本のマスコミに他ならない」。

「内実として、日本人保守派が徹底的に退けられた反面」で

「朝鮮系の者たちが、異常な程、重用され続けて来ている実態・実体」は、

「ずっと、変わっていない」。

「朝鮮戦争を境」に、

「韓国派(読売・フジ)と北朝鮮派(朝日・TBS)に分かれたダケ」だ。

「民主党政権人事以降は、NHKも北朝鮮派化している」。

「その何処にも、本来の日本派は無い」。

「戦後日本の学校教育界も同様」だ』。

『「日本国内には、元々からの日本国民が多数居る」。

「しかし、元々からの日本国民が主たる実権を握れていない

テレビ・ラジオ・マスコミ界や、

学校教育界」では、

「それらの界で、主たる実権を握り占めている者たちにとっての

有益分子しか、

登用されない」。

「もちろん、日本国内に、そんな有益分子等の数は少ない」ので、

「テレビ常連出演者等は、特定極一部の者たちばかりが主とされ、

毎日の様に、何処の局でも、

同様の顔で、同様の論を風潮する状態になっている」』。

『「韓国派も北朝鮮派も朝鮮派に他ならず、

朝鮮派による日本の政治論が、

如何に、偏っているのか?等」は

「その推奨政治家・政党等や、嫌っている政治家・政党等からも明らか」だ』。

『「日本本来の日本派の政治家や、日本本来の政治家が実権を握っている状態の政党等に対する批判・非難・揚げ足取り・汚し等々」や、

「朝鮮派にとって都合の良い政治家や政党等に好イメージを持たせる」、

「実質的、情報工作が蔓延っている」』。

『「小泉~!」

「民主~!」

「安倍ダメ~!」

「小池~!」

「都民ファースト~!」等々の

「情報配信内実」は、

「読売・フジ」でも

「朝日・TBS」でも

「変わらない」』。

『「更に、元秘書の政治工作かも知れない、

政治内実問題では無い、

態度狩りに過ぎ無い、

{このハゲ~!}等々に、

多大な時間枠を割いた

実質的、都議選時反自民感情煽り情報工作」も

「何処の局でも同様」だった』。

『「その何処にも、

実体や事実・現実に対する、深い探究も無ければ、

原寸大報道も無い」。

「逆に、公共の電波を悪用した、

偏向・偏重情報の一方的大量配信等による、

実質的、政治運動は在る」』。

『「ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導が其処に露呈している」。

「もちろん、大衆誘導は、民主主義の大敵」だ』。

『「多様性の無い、毎度同じの常連出演者等」は、

「民主主義には、多様性が必要」等と

「自分たちの実態・実体は抜きにしたインチキ論等を風潮していた」。

「実に、醜悪な実態・実体が其処に露呈している」』。

『「多様性を言う」なら

「朝鮮派ばかりを主とせずに、

日本派を主にするべき」だ。

「朝鮮派の政治論や、マスメディア論ばかり風潮させずに、

日本派の政治論や、マスメディア論もちゃんと情報配信するべき」だ』。

『「多くの日本国民にとって、政治で大切な事は、その実効に他ならない」。

「上辺の言葉や態度等は、如何にも、紳士的・優等生的」でも

「日本を細らせ、反日国や日本国内の反日国人脈・企業・組織等を太らせる政治をする」なら、

「それは、多くの日本国民が望んでいない政治」だ』。

『「マスメディアは、その公共性からも、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信が当然」だ。

「実体や事実・現実の極一部を偏重した情報を一方的に大量配信させる事により、

視聴者・読者の中に

偏向した思考等を抱かせる」のは、

「情報工作による大衆誘導に他ならず、

極悪事として、徹底的に、排除され、行うなら、厳罰が与えられて然るべき事」だ。

「公共性も実影響も大きい、巨大機関である、マスメディア」の、

「実体や事実・現実の極一部偏重」や、

「原寸大報道を逸脱した情報配信」は、

「大きな罪」であり、

「大きな罰が与えられるべき事」に

「他ならない」』。

『「政界には選挙がある」。

「民意を反映した、政権交代という、人脈交代もある」。

「しかし、その民意が、テレビ・マスコミ等によって、大いに歪められている」なら、

「それは、民主主義上の民意では無く、

テレビ・マスコミ等大衆誘導上の民意になる」。

「ナチス・ヒトラーが行った事と同様の絶対に容認してはいけない事」が

「其処に露呈している」』。

『「戦後日本」の、

「テレビ・マスコミ等」には、

「選挙も無い」。

「人脈交代も無い」。

「自浄も???」だ。

「実体や事実・現実の極一部を偏重する事の禁止」や

「原寸大報道を逸脱した情報配信の禁止」や

「公共の電波や公共的マスコミを使った、

特定政党・政治家等を利す

実質的、偏向政治運動等の禁止」等の

「是正措置を徹底する事」くらい

「行わなければ、

戦後日本の、

テレビ・マスコミ等の暴走」は

「止まらない」・・・』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「戦争は困る北朝鮮ご用達の、米国は、今まで、北朝鮮問題で軍事オプションを使えなかったから、今後も、使えないゾ~!論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に大量配信していたが・・・。」

『「以前は、核兵器も、実用レベルのミサイルもロクに保持していなかった北朝鮮」の「軍備的成長」等は「実質的に、大讃美し続けて来ている」が、「北朝鮮による他国内の工作活動等」や

「米国の軍備的成長」等は

「無い事にしたがる」のが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態の、テレビ・マスコミ等」だ』。

『「米国が、民主党クリントン政権時」に、

「大した兵器を保持出来ていなかった状態の北朝鮮に対する、軍事行動」を

「韓国の大反対により、諦めた{故事}を元」に

「核ミサイルまで保持出来ている可能性大の現在の北朝鮮には、

もはや、米国が軍事行動を仕掛けられない」等と

「思い込み、信じたがり、同様の思いで、視聴者の頭の中を染めたがる」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態の者等」と

「相場は決まっている」』。

『「はっきり言えば、米国が北朝鮮に軍事行動を仕掛けるハードル」は、

「現在の方が、遥かに、低い」』。

『「民主党クリントン政権時」には、

「北朝鮮による韓国等に対する攻撃を十分に無効化出来る手段等を、

ほとんど持っていなかった米国」だが、

「現在では、北朝鮮に攻撃させない手段を保持出来ている」。

「北朝鮮の軍備的成長より、

米国の軍備的成長の方が早い」のだから、

「それは、極めて当然の事」だ。

「ところが、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「この様な現実も、無い事にしたがる」』。

『「民主党クリントン政権時」には、

「韓国による大反対で、戦争回避となった」が、

「北朝鮮による工作活動汚染が激しい、

日韓、特に、汚染度がより激しい韓国の意向に振り回される程、

共和党トランプ政権は甘く無い」』。

『「今、問題となっている」のは、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争に対する、

国際合意と、

米国民意の同意のみ」だ』。

『「国際合意を取り付ける為に行っている事」が

「中国やロシア等」に、

「どうにかしろ!」と

「強く迫っている事」だ。

「どうにかしない」なら、

「消極的合意が出来た事になる」』。

『「国際合意上では、今、中国やロシア等に、少々の時間が与えられ、

その間に、なんとかするなら、

軍事オプションは回避する」という、

「実質的、執行猶予状態」だ。

「{執行猶予中}に、

中国やロシアがなんとかしなければ、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争が行われる事になる」』。

『「米国内の同意ハードル」は、

「不当拘束され、昏睡状態で、米国に帰還した、米国人大学生」が、

「米国の最先端医療技術でも助けられず、死亡した事」で

「かなり、下がっている」。

「其処に、米国まで届く、核ミサイル」を

「北朝鮮が保持する」という

「事実」が

「重なる」なら、

「米国が

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争を

躊躇う理由は無くなる」』。

『「逆に、北朝鮮を核兵器保有国家として認めてしまう」なら、

「元々が、極悪非道工作活動カルト宗教国家状態である北朝鮮」による、

「非人道的な工作活動が、

主として、日韓内のみならず、

米国内やEU内等でも、

旺盛に行われ始める事に直結している」。

「日韓内の北朝鮮による非人道的な工作活動の実態・実体」を

「十分に、把握している米国」が

「その様な自虐的な道を選択する訳も無い」』。

『「トランプ大統領」は

「日韓が、酷い北朝鮮に我慢しているのは、信じ難い旨、

北朝鮮問題は、中国に解決させる旨、

つぶやいている」が、

「もちろん、それらは、皮肉」だ』。

『「普通の国なら、

自国内の、北朝鮮の様な国による非人道的な工作活動等は、

ちゃんと排除するのが、当たり前でしょ!」等の旨が、

「日韓に向かって、言われ」、

「他国内で、非人道的な工作活動まで行っている北朝鮮を陰で支え続けているなら、

中国も北朝鮮と同じと見なしますよ!」等の旨が、

「中国に向かって言われている」のが

「実態・実体」だ』。

『「超おバカな、北朝鮮劣悪国家指導者等や、その手下等(日韓内も含む)」は

「北朝鮮の核大陸間弾道弾開発を急いでいる」が

「その自虐行為」は、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる、北朝鮮解放戦争の開戦を

どんどん近づけている」のが

「現実」だ』。

『「自国の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等への対策が甘い

日韓に少々の犠牲が出てしまっても、

それは、自業自得」になる』。

『「日韓の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「北朝鮮の核・ミサイル開発に対する、技術情報等援助や資金援助等まで行い続けて来ている」と

「共」に、

「情報工作や政財界工作や、

非人道的な、飲食物工作や電磁波工作や侵入工作等々まで行い続けて来ている」。

「健常なテレビ・マスコミ等」なら、

「自国内の北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等を

告発等し、

徹底排除等を訴える」のが、

「当たり前」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル等の大宣伝等は、積極的に行い続けて来ていても、

自国内の工作活動等は、無い事に・・・」というのは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下、テレビ・マスコミ等になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下、テレビ・マスコミ等が、

推奨している政権や首長等とは、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の良い政権・首長等に他ならない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的手下、テレビ・マスコミ等が、

批判・非難等している政権や首長等とは、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の悪い政権・首長等に他ならない」』。

『「昨今の日本では、

安倍政権批判・非難が旺盛」だが、

「大批判・大非難されている、言葉狩りや態度狩りの結果」が

「日本国・多くの日本国民に多大な被害等をもたらしているだろうか?」

「一学校法人設立問題」や

「一国有地払い下げ問題」や

「一獣医学部新設問題化」等を、

「大問題とする事のメリットは、何処に生まれるのか?」』

『「日本を細らせ、反日国や日本の中の反日国人脈等を大いに太らせた民主党政権時の大問題」や、

「利権を集中させる事で、日本国内を二極化格差社会化させた小泉政権時の大問題」等と

「今の、安倍政権で大問題とされ、大騒ぎしている事」とは、

「全く、本質的な意味が違う」』。

『「安倍政権を批判・非難等し、

民主党政権や小泉政権等を

推奨し続けて来ている」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ。

「そして、今、それらのテレビ・マスコミ等は、

民主党からも、多くが流れ込んでいる、小池一派を推奨している」。

「北朝鮮の核・ミサイル等を大宣伝しながら、

北朝鮮等による日本国内の非人道的な工作活動問題を無い事にしながら、

・・・」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、都議選小池一派大勝を受けて、常連出演者等が、早くも、国政を睨んだ反自民の流れ造成等を企んでいる様相を露呈していたが・・・。

『「今回の都議選」で「小池一派が大勝出来た原因」と「自民党が大敗した原因」は「同じ」だ。

「それは、多くのテレビ・マスコミ等による、

徹底した、

自民党に対する、ネガティブキャンペーン」だ』。

『「ネガティブキャンペーンの元」を

「提供してしまった、脇の甘い、大臣や国会議員等の側にも、

応分の責任はある」が、

「主たる原因」は、

「言葉狩りや、態度狩り等の小事」でも、

「大事の如く扱い、

多大な時間を割いて、

大々的に、一方的な情報の大量配信を繰り返した、

原寸大報道を逸脱している

テレビ・マスコミ等の異常な情報配信」に他ならない』。

『「ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導」が

「其処に露呈している」』。

『「言葉狩りや、態度狩り等レベルの、ネガティブキャンペーンの元」は

「自民党ダケにしか存在しない訳も無い」。

「小池一派を徹底調査等する」なら、

「ネガティブキャンペーンの元と出来る小事等を

見つけ出す事等は、

マスコミ人等なら、

それ程困難な事では無い筈」だ。

「元々が、

小池の手下状態で公認されている者たちの口には、

実質的に、下手な事は、しゃべるな!マスクがかけられている」から、

「モノを語る与党議員の様に、

言葉狩りを行う事は、比較的、困難かも知れない」が

「安倍総理に近づいたり、安倍総理の友人だったりしている人々を調べた様に、

友好関係人脈等を洗う事等は、それ程、困難な事では無い筈」だ』。

『「例えば、

候補者の多くが、

在日反日国人等との友好関係保持者等だったりする事」等を

「洗い出す事は、それ程、困難な事では無い筈」だ』。

『「両方、或いは、多方の、ネガティブキャンペーンを行った」なら、

「政治的中立性が保たれているテレビ・マスコミ等になる」が、

「自民党のネガティブキャンペーンだけ、大々的に、執拗に・・・」では、

「政治的中立性があるテレビ・マスコミ等と言える訳も無い」』。

『「現状の様」に

「原寸大報道や、

政治的中立性を

逸脱した、

公共の電波や、公共的マスコミ等を使った、

情報の一方的大量配信」が、

「蔓延れている状態」は

「明らかに、異常」だ。

「是正が急務である事は、言うまでも無い事」だ』。

『「上記の様な

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の大問題」は、

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「しかし、戦後日本の学校教育では、

主として、文系面で、その様な思考を阻害させる愚民化・無害化教育が行われ続けて来ている」』。

『「多くの日本国民の政治無関心や、政治離れ等の裏に在る」のも、

「戦後日本の文系面の学校教育」だ。

「無害化洗脳」とでも

「表した方」が

「適切な実態・実体」が

「其処に在る」』。

『「政治無関心や政治離れで、実質的に、無害化されている人々」を

「テレビ・マスコミ情報で操る事は容易い」。

「元々が、政治無関心なのだから、

政治内実等を考えさせずに、

上辺の、善悪イメージ等による、選択をさせる事など、

本当に、容易い」』。

『「其処に、

戦後日本の学校教育など無関係に、

日本の政治に大いに興味を持ち続けている者たちの票を加える事が出来る」なら、

「選挙時の大勝など、簡単に、つくり出せてしまう」。

「政治的関心が強い宗教団体や民族団体や組合等々に属している親の下に産まれた人々等」は、

「学校教育関係無しに、強い政治的関心を保持し易い」。

「しかも、親や親の付き合っている団体構成員等との関係が、良好」なら、

「支持政党等も、親等と同じに成り易い」』。

『「テレビ・マスコミ等では、人に依存させる情報配信も旺盛」だ。

「特定極一部のゲイノウ人やコメンテーター等が、

何処の局にも、紙面にも、

執拗な程に、出現させられ、

視聴者・読者等は、

それらの者たちやその論等を、

否応無しに覚えさせられている」』。

『「特定の者や、論を覚えた視聴者・読者等」は

「覚えた者や論等に依存しがちになり易い」。

「何しろ、愚民化・無害化文系教育により、

自ら、興味を持ったり、検証したり、考えたり、・・・等々する事」を

「徹底的に、封じ込められて来ている上に、

そんな情報が載せられているのだから!」』

『「現状のテレビ・マスコミ等による大衆誘導が放置されたまま・・・」なら、

「国政でも、小池等象徴的な者の下に、

現状のテレビ・マスコミ等の実権者等にとって、都合の良い国政政権等を

選挙で、{つくり出させる}事」も

「それ程、難しい事では無い筈」だ。

「しかし、その実態・実体」は

「ナチス・ヒトラーの大衆誘導政治と同様の事に他ならない、

絶対に行わせてはいけない事」だ』。

『「公共の電波」は

「特定極一部の者たちの為に在るのでは無い」。

「特定極一部の者たちや、その論ばかり・・・が、何処の局でも、主流という異常事態の是正」は、

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「大衆誘導効果抜群!都議選、小池一派大勝」等で、上機嫌のテレビ常連出演者等問題・・・。

『「都議選睨みの、かつての、民主党政権成立時の、自民ダメ!キャンペーンと同様」の、「民主党政権成立時から実権者人脈交代も無い、テレビ・マスコミ等による、自民ネガティブキャンペーン」の

「悪の効果」は、

「本当に、凄まじかった様相」だ。

「何しろ、急遽立ち上げた、政治シロウトがほとんどの小池新党」が、

「反自民の受け皿と化す事等が出来てしまい、

大勝出来たのだから!」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

民主党政権成立時から、政権交代はあっても、

テレビ・マスコミ等の実権者人脈の交代は無い」から、

「今回の、テレビ・マスコミ等を使った、

自民党ネガティブキャンペーン」も、

「実態・実体としては、

公共の電波や公共的マスコミ等を使った、

政治工作の為の情報工作」に他ならない。

「当然の様に、都議選時の流れを、

国政にも繋げるべく、

仕込みまでしてある様相」だ』。

『「仕込みの一つ」は、

「秋葉原での安倍総理の応援演説時に、

突如、出現した、

まるで、韓国の政治運動の様な事を行っていた、

反安倍グループ」だ。

「仕込みを事前に知っていたからか、

テレ朝のカメラ等も入り、

その様相は、

上方向からのモノまで含めて、

大々的に、映像に記録されている」。

「今後、事ある度に、使い回す予定」と

「強く、推定出来る」』。

『「もはや、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)側の活動家の様相を露呈している、

元、出来の悪い右翼的だった、籠池氏たち」も

「出現」し、

「その様相も、映像に記録されている」から、

「こちらも、事あるごとに、使い回し・・・の予定だろう」』。

『「実態・実体」としては、

「都議選時の応援演説時の、

仕込みの臭いが濃厚な、

反対派による過激な運動態度等に過ぎ無い事」だが、

「その実質的、小事」を

「まるで、国政上の大事の如く、風潮する」のは、

「実質的、大衆誘導で、民主党政権まで成立させてしまった、

テレビ・マスコミ等の得意技」であり、

「本来ならば、ナチス・ヒトラーの手法と同様の大衆誘導として、

大いに、非難され、排除されるべき実態・実体」だ』。

『「ここで、問題となる」のは、

「民度」で、

「ナチス・ヒトラーと同様の大衆誘導を仕掛けられていながら、

その実態・実体を非難し、排除しようとする人々よりも、

大衆誘導に操られてしまっている状態の人々の方が、

未だ、多い事」だ』。

『「客観的に考える」なら、

「テレビ・マスコミ等が、

好イメージで、実質的に、推奨し続けて来ている

小池都知事や、小池新党等」とは、

「テレビ・マスコミ等に都合の良い、政治家や政党に他ならない」。

「それは、小池都知事の経歴からも明らか」だ。

「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身し、

数々の政党を渡り歩き、

小沢氏の下でも政治を学び、

自民党に離党届を出している

小池現都知事」の

「実態」が

「示唆している事」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「多くのテレビ・マスコミ等が大応援していた(る)、

小泉~!や民主党等と、

同様」に他ならない。

「当初の民主党政権時には、剛腕幹事長として、小沢氏が君臨していた」。

「小池新党の構成員のほとんどが、政治経験無し状態・・・となれば、

小池都知事が、

小池新党内でかつての小沢氏同様の剛腕都知事化しても、

何の不思議も無い」』。

『「小沢氏や、小泉元総理等が、行った事」が

「日本国・多くの日本国民にとって、どれ程、良い事だっただろうか???」

「むしろ、日本破壊工作とでも表現した方が適切なくらいの実態・実体等を

感じている人々も多い筈」だ。

「同様の事態を起こす可能性がある」のが

「小池氏」で、

「その本性を現す時は、

国政でも、相応に実権を得た時になる」と

「強く、推定出来る」』。

『「都政では、

当面は、お目付役、公明党の意向も反映させて、

相応に、如何にも、正義等を演じる」だろうが、

「国政での実権掌握割り合いが相応に取れた後」は、

「かつての、民主党政権と同様に・・・となる可能性大」だ』。

『「何しろ、民主党政権を成立させてしまったテレビ・マスコミ等が、

今、反自民の受け皿として、実質的に、大応援している」のが、

「小池氏と小池新党なのだから!」』

『「多くの有権者は、実質的に、小さな問題で、反自民化されてしまう事の危険性に気づくべき」だ。

「そして、反自民の受け皿として、

民主党政権を成立させたモノ等が、用意したところに、雪崩れ込んでしまう事の

危険性に気づくべき」だ』。

『「今頃、北朝鮮金正恩等は、

都議選の結果を受けて、

祝杯を挙げ続けている」だろう。

「何しろ、北朝鮮労働党のお友達、旧社会党~の人脈の、

都知事の下に、

同じ人脈の都議会第一党を

日本国内の実質的、手下、テレビ・マスコミ等による、ナチス・ヒトラー的な大衆誘導により、

誕生させる事に成功したのだから!」』

『「大衆誘導に操られてしまった旧ドイツ国民のその後」は、

「本当に、悲惨」だった』。

『「大衆誘導に操られてしまった都民に

襲いかかって来る、

悲惨な出来事」は、

「日本国内の北朝鮮系の工作員・協力者等による、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の雨嵐か?」

「北朝鮮からのミサイルか?」

「それとも、東京大地震か?」

・・・・・・・・』。

『「不思議な事に、

戦後の日本では、

あらぬ政権が成立している時に、

大地震が発生する確率が高い」。

「東京圏の人々」は、

「早急に、十分な地震対策を行っておいた方が、良いかも知れない」』。

『「北朝鮮解放戦争は、躊躇される事無く、早々に行われるべき」だ。

「その方が、

非人道的な工作活動による犠牲者まで含めた、

トータルの犠牲者が少なくて済む」』。

『「日本国内の北朝鮮等による工作活動に対する、

実効のある対処は

国家の急務」だ。

「国も警察も、出来る限り早く、

電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々の

非人道的な粛清工作に対する

実効のある摘発等を行うべき」だ』。

『「情報工作面では、

テレビ・マスコミ等による大衆誘導」や

「文系愚民化学校教育」等々を

「何時までも、蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

韓国従北大統領と会談したトランプ大統領・・・。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は「対話では解決し得ない」。

「劣悪国家指導者等に出来る事」は、

「対話では無く、不当要求ダケだから」だ』。

『「劣悪国家指導者等が、不当要求を止め、

実体や事実・現実に基づいて、対話に応じる事」は、

「劣悪国家指導者等が、大犯罪者以外の何モノでも無い事」を

「認める事に直結している」』。

『「大犯罪者である実態・実体から逃れ続ける為」には、

「其れこそ、全世界を、

劣悪国家指導者等の支配下に置く必要が有る」』。

『「その様なベース故に、

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「先ず、

北朝鮮内を、

極悪非道工作活動カルト宗教国家状態にした」』。

『「そして、

次に、

その支配圏を、

日韓内に広げようとし続けて来ている」』。

『「主たる手段」は

「日韓内での、工作活動」であり、

「全世界に見せびらかしている、核・ミサイル等の、問題行動」は、

「主たる手段である、日韓等、他国内での工作活動」から

「大衆の目を背けさせる為の、見せ球」に他ならない』。

『「上記の様な実体」を

「実体通りに報じず、実質的に、隠蔽し続けて来ている」のが、

「日韓等の北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態のテレビ・マスコミ等」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、一番困る」のは、

「実戦争」だ。

「何故なら、実戦争となれば、アッと言う間に、北朝鮮が負けるから」だ』。

『「よって、

北朝鮮劣悪国家指導者」等は、

「何としても、実戦争を避ける為」に

「日韓内の手下等を利用して、

非人道的な工作活動等を仕掛け続け、

先ずは、韓国内に、

手下大統領を誕生させる工作に成功した」』。

『「次に、

狙っているのが、

日本の首都東京」で、

「東京の政権を支配下に置く事が出来た後」は、

「その流れを、日本国の政権に・・・」というのが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、悪の策略」だ』。

『「日韓の政権を押さえるなら、

実戦争を避ける事が可能になり、

非人道的な工作活動等もやりたい放題出来る様になる・・・それが、

北朝鮮劣悪国家指導者等の悪の戦略」だ』。

『「主として、日韓内の、

先の大戦後の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の、

非人道的な工作活動による犠牲者数」は、

「ナチス・ヒトラーのユダヤ人虐殺の人数を遥かに超えている」と

「強く、推定出来る」』。

『「何しろ、

何十万人~何百万人~もの工作員・協力者等による、

数十年にも渡る、

非人道的な早死に化工作や人生捻じ曲げ工作等が

日韓内等で、

行われ続けて来ているのだから!」』

『「飲食物工作や、

電磁波工作による、

陰険な粛清工作犠牲者数ダケ」でも、

「かなりの数になる事が強く推定出来る」。

「日韓内の、

発ガンや、

内臓傷害や、

心不全や、

脳傷害(アルツハイマー等も含む)の裏」には、

「飲食物工作や

電磁波工作がある場合が

かなり多い事が

強く推定出来る」』。

『「ナチス・ヒトラーの様に、

直接、判り易い手段で、大虐殺等を行う」なら、

「その現実も判明し易い」が

「北朝鮮の陰険なヒトラーたち」は

「他国内の手下工作員や協力者等を悪用して、

何十年にも渡る、

非人道的な工作活動を行い続けて来ている」。

「飲食物工作や、

電磁波工作や、

侵入工作等々の、

真綿で首を絞める、

もしくは、

茹でカエル式等の

陰険な粛清工作」で

「執拗に、

日韓内の、北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の排除」を

「行い続けて来ている」』。

『「その様な陰湿な工作」等が、

「露呈される事も無かった」。

「日韓内の多くのテレビ・マスコミ等が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下状態だから・・・」だ』。

『「露呈させない、

どころか、

実質的、隠蔽工作等までし続け来ている」のは

「何しろ、手下状態なのだから、ある意味、当然の現象」だ』。

『「米国」は

「北朝鮮解放戦争を躊躇するべきでは無い」。

「日韓内等の北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等に、惑わせられてはいけない」。

「北朝鮮解放戦争後、

日韓内等の、

北朝鮮等による、

非人道的な工作活動による犠牲者が無くなる」なら、

「北朝鮮解放戦争での

日韓等の犠牲者が、

ある程度出てしまっても、

全体としての犠牲者は、少なくて済む事になる」』。

『「主たる犠牲者」が

「実質的には、快復不可能な、カルト宗教信者状態にある、北朝鮮内の軍人等」なら、

「戦後の処理等もより容易に成り易くなる事になる」・・・』。

『「日本から、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等という

チリを払う事」の

「意味は、非常に大きい」』。

『「それは、人類の未来にも、大いに関わりのある事だから」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題の解決」は

「人類の急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「都知事選利小池派等の為の自民党ネガティブキャンペーン」や「ご都合、インチキ、メディア論」等を、公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「都議選の投票に行く前の視聴者等」が「自民党にネガティブなイメージを付けているテレビ情報等ダケを、公共の電波上等で、見せつけられ、

小池派等他の政党等の方には、

ネガティブなイメージを付けている情報配信等が無ければ、

どの様な投票行動をとり易くなるのか?」は、

「言うまでも無い事」だろう。

「何となく・・・でも、自民党には貴重な一票を入れ辛くなり、

何となく・・・、自民党以外のところに、貴重な一票を投じてしまう事態」が

「誘発され易くなる」』。

『「悪質な、実質的、大衆誘導」が

「其処に露呈している」』。

『「一獣医学部新設」等を

「無理やりでも、大問題化させようとし続けている、

極悪テレビ・マスコミ等の実態・実体」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「日本の保守が大嫌い」な

「反日国人脈、もしくは、所謂、左翼(親朝鮮等)」にとっては、

「日本の保守がやる事は、何でも、悪に仕立てたがる」。

「本当の大問題が、見出せなければ、

少々の、問題化出来そうな材料に、無理やり、大スポットライトを当て続ける事により、

何としても、大衆の中で、大問題化させよう等」と

「情報工作を行い続ける」。

「言葉狩り」や「態度狩り」等々を「元」に、

「全体像情報等を十分に伝えず、刈り取った極一部ダケを偏重」し、

「其処に、徹底的に、悪イメージを付けて、

公共の電波上や、

公共的マスコミ上で、

風潮し続け」たり、

「一学校法人新設問題」や

「一国有地払い下げ問題」や

「一獣医学部新設」等々の

「国政上では、小さな事」を

「公共の電波や公共的マスコミ等を使っで大問題化させようとし続けている

実質的、情報工作」等は

「本当に、醜悪」だ』。

『「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道」等の

「公共の電波上や、公共的マスコミ上での、

健常な報道・情報配信姿勢等では無い」』。

『「そんな、実質的、極悪事等を、平然と行い続けて来ている者等による、

メディア論も酷かった」』。

『「情報の一方的大量配信を続ける事が出来るメディア」には、

「実体や事実・現実に基づいた、偏向・偏重等の無い、公明正大な情報配信等が、

基本的に、求められている」。

「例えば、思想信条や政治的偏向性等が、

メディアに在る事は、

断じて、許される事では無い」』。

『「言うまでも無く、

政界に、多様性等を求める事」は

「メディアの役割では無い」。

「政界の一強状態や、

多党乱立状態等」は、

「有権者の選択の結果に他ならない」。

「日本のメディアが行うべき」は、

「有権者の健常な選択をサポートする為」に

「現状の日本の実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等を続ける事」だ。

「日本社会の現実情報を理解・把握する事が出来ている有権者による、

健常な判断の結果」として、

「一強状態が生まれようが、

多党乱立状態等が生まれよう」が、

「それは、

その時の日本の有権者による、

正当な選択になる」。

「逆に、メディア主導による、反保守政党キャンペーン等によって、

保守系と所謂、左翼(親朝鮮等)の二大政党化等{させられてしまう}事」は

「本当に、不当で、不健常な事」だ』。

『「現状のテレビ常連出演者等の偏りの酷さ等」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「多様性が無い状態」は、

「健常な民意の反映である、選挙の結果等」なら

「正当」だが、

「選挙も無い、人脈交代も無い、自浄も???の、

戦後日本のテレビ・マスコミ界等」では、

「不当な事に他ならない」』。

『「今の、政界は、一強状態で、隠蔽体質???」

「散々、竹島問題や、拉致問題や、北朝鮮等による日本国内の工作活動問題等々の

問題を無い事に、或いは、実体や事実・現実より遥かに薄い事等に、

し続けて来ている

戦後日本のテレビ・マスコミ等」が

「正義ぶって言える事か!!」

「そんな{戯言}を公共の電波上で、堂々と言えている様な者等」を

「常連出演等させ、視聴者にその論等を強い続けて来ている異常状態」こそが、

「是正されるべき事」に他ならない』。

『「異常状態の裏に在る」のは、

「人脈利権の維持~増大等の思惑」だ。

「そして、それは、政治的偏向・偏重情報等にも、繋がっている」。

「テレビ・ラジオ・一部マスコミ界の者等」や

「現状の多くの常連出演者」等にとって、

「都合の良い政権や日本社会の状態」等を

「樹立{させる}為」に

「政治的なモノも含む、偏向・偏重情報等が、

一方的に大量配信されている実態・実体」が

「露呈している」』。

『「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身し、

小沢氏の下等で、政治を学んだ、

自民党に離党届を提出した

小池都知事」も

「多くのテレビ・マスコミ界等の者たち等にとって、

都合の良い者」と

「強く推定出来る」』。

『「もちろん、言うまでも無く、

日本国民の中で、

その様な人脈の者等は、

少数派」だ。

「少数派に、強い政権支配力等をもたせて、

少数派利権等を増大させる事が良い等と、

心底から、思っている」なら、

「内実は、少数派だが、テレビ・マスコミ等が、大きく宣伝しているところ等への

支持・投票等が、合理的になる」。

「民主党政権を樹立{させられた}時と同様の事態」が

「今、東京都で、{起こされてしまっている}」』。

『「それは、

テレビ・マスコミ等の人脈に変わりが無いが故」の

「悪現象」に他ならない』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

都議選、「小池好ましい」&「自民党悪」の「イメージ」を多くの有権者が持たされてしまっている様だが、「小池の何処が好ましく、自民党の何処が悪なのか?」をちゃんと理解・把握出来ているのだろうか???・・・。

『「テレビ・マスコミ等の、実態・実体、イメージによる大衆誘導」は「本当に酷い」。

「誰にでも、好ましい面もあれば、悪い面もある」。

「重要な事は、その実体」だ。

「アノ人のこの面は、こういう実体だから、好ましい」。

「アノ人のこの面は、こういう実体だから、悪い」。

というのが、

「適切な評価表現等」だ』。

『「其処で、{こういう実体だから}の部分を、希薄にしたり、他から持って来たり、・・・等々する」と

「アノ人の、好ましい、もしくは、悪い、イメージだけ」が

「独り歩きし易くなる」。

「もちろん、そんな重大部分を希薄にした、伝達情報等の価値は低い」』。

『「本来なら、価値が低い伝達情報等であっても、

例えば、

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や、

公共的なマスコミ等」が、

「言い続ける、書き続ける」と

「多くの視聴者・読者等」は、

「それが、価値が低い伝達情報等とは、思えなくなって来る」。

「逆に、其れこそが、覚えるべき、今の情報等と、勘違いし易くなって来る」』。

『「公共の電波を使ったり、

公共的マスコミ等を使ったりする」なら、

「イメージで、大衆を操る事が可能になる」』。

『「その手法」は

「ナチス・ヒトラー」と

「同様」だ』。

『「戦後の日本」では、

「陰険なナチス・ヒトラー的」な

「北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「日本国内の手下等を使って、

ナチス・ヒトラー等と同じ手法で、

多くの日本国民を操る事等が、

出来続けてしまって来ている」』。

『「米軍の占領政策時」には、

「旧日本軍系の者たちが徹底的に冷遇された裏」で

「当時日本国内に居た朝鮮人等が、棚ぼた式に重用された」。

「その流れの延長線」で

「戦後日本の政財界や情報・教育界の要所」には、

「多くの朝鮮人が入り込めた」。

「希望等により、実質的には、隠密時に、日本国籍を与えられた者たちも数多い」』。

『「朝鮮戦争時に、日本の中の朝鮮系の者たちも、南北に分かれた」。

「朝日新聞が、急激に、左傾化した裏」にも、

「朝鮮戦争による、日本の中の朝鮮系の者たちの南北分裂がある」』。

『「異常な戦後処理の実態・実体」や、

「韓国による、竹島の不当占拠」や

「北朝鮮による、拉致」等々は、

「長い間、実質的、黙殺状態にあった」が、

「もちろん、それも、朝鮮系の者たちが、

戦後日本の情報・教育界を牛耳れて来ているから」だ。

「日本国・日本国民に自虐を強いる情報・教育が、旺盛だった」のも、

「同じ理由による」』。

『「テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身した小池現都知事は、

小沢氏の下でも政治を学んだ」。

「そして、自民党に離党届を提出している」。

「小池都知事の人脈的実態・実体」は

「北朝鮮系等と、強く推定出来る」。

「朝日新聞も、小沢氏も、

北朝鮮との繋がりが言われている」』。

『「朝日新聞や北朝鮮等にとって、

小池都知事は、好ましい者」だろう。

「何しろ、人脈的に、近しい様相なのだから」・・・』。

『「反対に、自民党系等の対立候補等」は

「悪い者」だろう。

「何しろ、人脈的に、遠い様相なのだから」・・・』。

『「好ましい」と

「悪い」の

「差」を

「つくっている」のは、

「本質的に、人脈」で、

「先に結論ありき」の

「好・悪論の為」に

「使える道具的情報を、アチコチから集めて、

風潮している」のが、

「多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「韓国系のテレビ・マスコミ等」は、

「小池都知事に、ネガティブに成り易く、

韓国系と言われている、石原元都知事等に、ポジティブになり易い」。

「北朝鮮系」は

「その逆」だ。

「問題なのは、本来の日本系は何処???」という事だ』。

『「上記」は、

「根っからの日本人で、東京産まれ、東京育ち、現東京外暮しの筆者」の

「実感」だが、

「同様の実感をお持ちの方々も、数多い筈」だ。

「何しろ、此処は日本国なのだから!」』

『「選挙も無い、人脈交代も無い、自浄も???」の、

「戦後日本の情報・教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は、

「本当に、急務」だ』。

『「正常化・健常化が???の情報界等に操られて、

選挙が歪められ続けていてはいけない」』。

『「都議選時」には、

「多くの有権者」が

「北朝流・韓流テレビ・マスコミ等に操られ、

自虐的な選択をさせられてしまわずに、

本来の健常な選択が行えて、

悔いの無い投票が出来る事」等を

「強く、願っている」』。

|

集団的電磁波工作が益々強化されているが・・・。

『「選挙がらみか?否か?」「北朝鮮解放戦争がらみか?否か?」等は「良く判らない」が、

「筆者を取り巻いている、集団的電磁波工作が、益々強化されている」。

「部屋の東側斜め上方向から、配管工事の後、筆者等に向かって、急に、強い、工作電磁波が来る様になった事」は、

「以前にも、記した、その後、一応の対策を施した」が、

「対策の穴の位置に、ずらしながら、工作電磁波を、何としても、筆者等に当てようとし続けている様相」だ。

「もちろん、対策の穴も、次々に、塞ぐ対策をしている」ので、

「工作電磁波の実効は出ない」が』。

『「東側斜め上方向や、東側隣室方向からの工作電磁波に対しては、

直に、対策を施す事や、対策の穴を塞ぐ対策までする事」を

「分った様相の、工作電磁波を何としても、筆者等に当て続けようとしている者等」は、

「今度は、東南~南下方向からの工作電磁波を一気に強める策に出て来た」。

「以前から、強い工作電磁波を発していた隣の建物方向から」だ。

「複数の企業等が入っている小さなビルの様な建物」で、

「事務所等の借り手も、入れ替わったりしている様相」だから、

「現在の借り手か、管理者等と、工作電磁波には、強い繋がりがある事が推定出来る」。

「それは、筆者の集合住宅の東側方向の二件でも、言える事だろう」』。

『「強さの違いはあるものの、基本的に同じ、経時変化する複数和音的な縦波ドット波工作電磁波」だから、

「同じ目的を持つ、複数の者たちによる、

筆者等に対する、工作電磁波照射」という

「集団的工作活動の実態・実体」が

「露呈している事になる」』。

『「更に、言うなら、筆者が、車で外出した時」にも、

「かなりの高確率で、強い、工作電磁波を発している車が、

筆者の車の前後や横方向に出現し続けている」。

「工作電磁波の強さ」は、

「車の電気の強さによる様」で

「トラック等、24V車の場合の方が、

遥かに、強い、工作電磁波に見舞われる」。

「ドイツ車等もバッテリーが大きいからか、

例えば、ワーゲン等でも、強い工作電磁波を発している車も在った」。

「車のメーカーには、余り、違いは無い様」だが、

「工作員等の好み故か(?)仕込み人脈の都合故か(?)」は

「不明」だが、

「スバル車と、三菱車と、古い日産車」に、

「強い工作電磁波を発する車が多い実態が少なくとも、筆者の実体験上は、在る」。

「軽自動車等の場合は、バッテリーが小さいせいか、それ程強い工作電磁波を発する車は無い様」だ』。

『「それでも、運転している車自体が、工作電磁波を発している」なら、

「距離の二乗でより強い工作電磁波照射状態に追い込まれてしまう事になる」から、

「相応の実害が出る」。

「筆者の車も軽で、その様な状態に在る」から、

「メーカー(三菱)に、電気系統が異常である旨告げ、調査依頼を、何度も出した」が、

「メーカーでは、相応に、調査を受けようとした」のに、

「ディーラーが拒否」で、

「調査は行われなかった」。

「工作関連の問題では、やる気が無いところとは、

工作実行者側である可能性が高く、

そんなところと、連綿と付き合ってもロクな事は無い」ので、

「筆者の車の場合は、適当に、対策をした」。

「結果、近隣での買い物程度なら、問題無く、実用出来るレベルにはなった」が、

「工作電磁波は、自車分と他車分が重なると、変化・強化等して、より強い、悪影響等が出易くなる」ので、

「前後や横方向等に、頻繁に、強い工作電磁波を発する車が在ると、

とても、普通に乗れる状態にはならない」。

「よって、中~長距離では、使わない事にしている」』。

『「近々、車は、三菱以外に、買い替える予定」だ』。

『「当然、車で出ている時に遭遇している、工作電磁波を発する、筆者の前後や横方向に、執拗に出現する数多い車の運転手たち」が

「筆者の部屋の近隣に居る者たちと同じとは考えられない」。

「トラック等の場合、他府県のナンバーである場合も多いから、工作実行集団の構成員の数」は

「相応に多い事が、強く推定出来る」』。

『「強い工作電磁波を照射されると、

其れこそ、意識を失い、気絶しそうになる事さえ、ある」。

「昨今、高速道路も含む、色々なところでの、運転者の運転が???故の事故の中」には、

「相当な確率で、工作電磁波の悪影響による事故が含まれている筈」だ。

「車に、

不快感

(工作電磁波を当てられると、対策無しなら、不快感や不安感やイライラ、ドキドキ等の心身体症状が出易い。

酷い場合は、思考障害や、心不全等が起こされてしまっても、何の不思議も無い。

何しろ、ドットやパルス的な実質、電気的信号でもあるのが、工作電磁波の実体だ・・・。

人体制御への悪影響があっても、何の不思議も無い。)や、

危険感(運転が???の他車の事故等は、危険感を抱かせ易い)等、

悪イメージを抱かせる為」の

「反車工作&車使用人民粛清工作」等を

「行いたがるのは?」からも、

「工作を行っている者等の人脈」が

「浮上して来る」。

「そして、工作実行者の数からも、

人脈の正体が浮上して来る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂っている」のが、

「現状の日本国内に、蔓延っている、

電磁波工作の実態・実体」だ。

「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮でも、

血統や民族等を理由に、

親北朝鮮や北朝鮮とのお友達等という

日本の中の人脈の者等」が

「非人道的な電磁波工作等を行い続けている実態・実体」が

「浮上している」』。

『「テロ等準備罪も通った」のだから、

「警察等は、日本の中の集団的工作活動等を、

徹底的に摘発するべき」だ。

「電磁波工作がどんどん強化され続ける」なら、

「其れこそ、何百万人~何千万人もの日本人が粛清(殺傷)されてしまっても、

何の不思議も無い」』。

『「電離作用もある工作電磁波により、脳細胞が破壊され続ける」なら、

「アルツハイマー等の発祥率も高くなる」。

「臓器や免疫関連組織等が破壊され続ける」なら、

「発ガン率等も高くなる」。

「その悪の実効」は、

「弱毒物や有害物等を、少しずつ、継続的に、接種せしめる

飲食物工作の悪の実効を

遥かに、凌ぐ」。

「昨今の、アルツハイマーや、発ガン率の増加の裏」には、

「電磁波工作もある」。

「前記した様に、交通事故の裏にもある」』。

『「電磁波工作には、工作電磁波を発生させる物が要る」。

「もちろん、基本的に工作だから、

見て直ぐに判る機器等を使っている場合は、

基本的には、少ない」。

「筆者の部屋の周囲等では、事情は違うと推定出来るが」・・・。

「見かけは、普通のパソコン・スマホ・家電機器・設備機器等々電気機器等」で、

「ソフトによる仕込み」や

「電気機器等の少々の改悪」+「ソフトによる仕込み」等の「手段が旺盛な様相」だ。

「その上で、工作電磁波を発生させる、実質的、送信アンテナを設定している様相」だ。

「例えば、電線を曲げるダケでも、実質的に、送信アンテナ化出来てしまう」のが

「工作電磁波の実態」だ。

「直進性のある工作電磁波」だから、

「曲げられた電線に導かれる方向に向かって発生する」が、

「その発生角度等は、工作電磁波の疑似周波数等によって、変わる」。

「疑似周波数等を変える事で、微妙な調整が出来ている様相なのが、工作電磁波の実態」で、

「微妙な調整は、スマホやパソコン等でのコントロールが可能な様相」だ』。

『「ターゲットの居場所や体勢等が見えていたり、盗み見していたり、する場合」には、

「ターゲットの当てたい部分に合わせて、調整している様相が露呈している」』。

『「昨今では、至る所に、次々と、工作電磁波を発生させる仕込み等がされている」。

「その様相」は、

「北朝鮮が核・ミサイルの開発を急いでいる様相」と

「見事な程、シンクロしている」』。

『「何れにしても、集団的電磁波工作の摘発」は

「本当に、急務」だ』。

|

«東京を、お仲間、小池一派に支配させたいテレビ等による、「都議選時に小池一派を利す為の、自民党ネガティブキャンペーン」等の公共の電波の不正使用問題・・・。