サンデーモーニングでは、従蓮出演者等が「格差分断を言わない、ご都合劣悪分断論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「人種差別も、移民・難民差別も、利権格差差別も、皆、分断の素」だ。「ここで、利権格差差別を抜きにして、分断論等を言う」のは、

「利権格差差別上」で

「不当で過剰な利権等を貪り続けられている悪」と

「相場は決まっている」。

「実質的、悪ども」が、

「人種差別や移民・難民差別等をダシ」に

「正義ぶる醜悪な情報配信」を

「公共の電波を使って大々的に行ったところ」で

「得られる結果」は

「差別と分断の継続~拡大になっている」のは

「極めて当然の現象」だ。

「何故なら、

悪どもは、

不当な差別自体を悪として扱っているのでは無く、

悪どもにとって重要では無い差別のみを批判・非難等しているダケだから」だ。

「悪どもの、その様な姿」は

「人種差別主義者」や

「移民・難民差別主義者」等々と

「何ら、変わらない」。

「自分たちにとって、批判・非難する事が不都合では無い差別等」を

「批判・非難等する事により、

自分たちにとって、都合の良い差別等が正当化出来る訳も無い」のだが、

「根本的劣(=おバカ)悪者たち」は

「根本的に劣悪であるが故」に、

「劣悪者自らの{裸の王様状態}」から

「目を背けた、平然と正義ぶったり・・・し続けて来ている」。

「人間世界が、その様な醜悪な実態のまま時を重ね続ける」なら

「腐った世界が崩壊する」のは、

「当たり前の現象」だ』。

『「利権格差差別の実体」は

「特定極一部の者たちばかり・・・が、常連出演(ゲイノウ人等も含む)」で、

「本質的には、劣悪レベルの仕事しか出来ていない」のに

「常連出演者(ゲイノウ人も含む)やテレビ局社員等が得ている報酬や、

その立場や有名人利権等に伴う、更なる利権等々は、膨大」という

「人口割合としては、極少数派である、現状テレビ界人たちの実態」と

「まるで、奴隷の様なキツくハードな仕事を強いられ続けながら、

得られている報酬も、それに伴う利権も、極少」という、

「人口割合としては、圧倒的多数派である一般庶民」等の

「実例」からも

「良く分る」』。

『「人種差別」は

「人種分断」を「生み出し易い」。

「移民・難民差別」は

「移民・難民と在住者との分断」を「生み出し易い」。

「利権格差差別」は

「本来」なら、

「膨大な利権を抱きしめられている人々」と、

「極少の利権しか得られず苦境状態に追いやられている人々」の

「分断」を

「生み出し易い」が、

「その本来生じ易い分断」を

「生じさせない為」の

「悪どもによる、マインドコントロール方法」が

「利権差別を抜きにした差別・分断論等で正義ぶる事」により、

「大衆に、利権差別を認知させず」、

「利権差別による不当利権を得られている者たちに

正義のイメージを持たせる事」だ。

「利権差別が大衆認知される」なら、

「悪どもは、悪どもでしか無くなる」上に、

「差別・分断問題の本質」も

「露呈し易くなる」』。

『「そもそも、人間は、丸ごと一人の死生観・人生観に毒されているダケ」で

「他人と自分との間に、深い境界線を築き、

差別・分断を生み出している」。

「もちろん、

本質的自己保存の為に必要な

狭義の自分と

他人も含む広義の自分」の

「差別・分断」には、

「相応の正当性が有る」。

「しかし、

人類の物質文明の急速な進歩・進化等により、

本質的自己保存自体がより容易に成り続けて来ている現状」では、

「もはや、深過ぎる境界線は、無用の長物であるばかりか、

むしろ、害になる」。

「今、生きている全ての人類の精神文化の進歩・進化」は

「もはや、必需」だ』。

『「こんな時代になっている」のに、

「未だに、お手盛りご都合論等の雨嵐・・・」というのが、

「現状テレビ界等の醜悪で劣悪な実態」だ。

「是正が急務である事」は

「言うまでも無い」』。

『「人間誰しも、根本的自信を喪失する」と

「他の者・物・事に頼りたくなる」。

「当然の事」だ。

「人間誰しも、自己健常支配状態を喪失する」と

「他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事の被支配に甘んじたり、し易くなる」。

「当然の事」だ』。

『「根本的自信」は

「自分の実体把握の喪失等により、容易に失われる」。

「自分の実体が???」では、

「自信が持てる訳も無い」』。

『「自己(狭義の自分)を健常に支配し続ける為」には、

「自己本来の実体把握」と

「広義の自分も含めた自分の実体の本来の目的」を

「理解・把握している事が必要」だ。

「必要な事をちゃんと理解・把握出来ている」なら、

「自分の実体やその実体の本来の目的」と、

「整合性の高い状態」に、

「狭義の自分をコントロールし続ける事も容易になる」』。

『「全ての人々」が

「自己健常制御を継続出来ている」なら

「不当な差別・分断等が在る人間世界には成り得ない」。

「逆から、言う」なら、

「不当な差別・分断等が無い人間世界を構築したい」のなら、

「誰もが、自己健常制御を継続出来る人間社会の構築が重要になる」。

「その基」は

「言うまでも無く、情報・教育」だ』。

『「人は、

誰でも、

覚えている事は行い易く、

覚えていない事は、

行い辛い」。

「幼少期から、

日本語を覚え込まされれば、

日本語で、聞いたり、話したり、読み書き等、出来易くなり、

幼少期から、英語を覚え込まされれば、

英語で、聞いたり、話したり、読み書き等、出来易くなる」。

「その他の言語でも、

言語以外の事でも、

同じ事」だ』。

『「殺人事件ドラマや金権差別ドラマ等」を

「見せつけられ続けて来ている」

「視聴者」は、

「殺人の仕方も、逮捕のされ方も、

金権差別の仕方・され方等々」も、

「覚え込まされている」。

「実際の人間社会」でも、

「ドラマと同様の事件・事故等や

金権差別等が、

繰り返し、繰り返し、起こされ続けて来ている」。

「殺欲動が有っても、殺人欲動を殺すドラマや

金権差別解消ドラマ等」を

「見せつけられ続けて来ている」

「視聴者」なら、

「殺人欲動から自分を解放する事や

金権差別から人類を解放させる事等々」を

「覚え込まされる事になる」。

「映画でも、小説でも、音楽等々でも、・・・同じ事」だ』。

『「未だに、殺人ドラマや、金権差別ドラマ等々、

劣悪レベルのドラマ等々を続けている

劣悪な情報配信機関や作家等々」では

「本当に、情けない」。

「情報配信番組でも、同じ事」だ』。

『「差別や分断を覚え込まさせてどうする?」

「それは、常連出演者等が、自分たちに都合の良い、差別や分断等を

温存せしめる為」の

「悪魔の情報配信」だ』。

『「差別や分断を解消させる為に必要な情報を

大量配信し続ける」なら、

「差別・分断の解消も実現し易くなる」。

「当たり前の事」だ』。

『「劣悪者たちを常連出演者等にし続けたり、

劣悪者たちに公共の電波の使用権を与え続けたり、

・・・する必要は全く無い」』。

『「テレビ・マスコミ等」が、

「劣悪レベルの論・小説・音楽等々を宣伝し続けてどうする?」

「劣悪レベルの脚本等を使い続けてどうする?」

「不当利権を維持~拡大し続ける為」には

「人間世界が終ってしまっても良いのか?!!」』

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「既存メディア至上主義者等」が「白人至上主義等を批判・非難等」して正義ぶっていた様相だったが・・・。

『「現状テレビ上の利権に溺れている様相の常連出演者等」は「未だに、他の問題化出来る事を拾い上げて正義ぶる事等」に「邁進している」。

「例えば、昨今では、

トランプ大統領の発言を拾って、

白人至上主義者問題や人種差別問題等」で

「正義ぶっている」。

「その様相」は

「既存メディア至上主義者」で、

「既存メディア至上主義者」が

「白人至上主義者等を非難・批判等するその姿」は

「正に、目糞、鼻糞を嗤うの泥仕合」だ。

「日本の公共の電波上」に、

「目糞、鼻糞の泥仕合情報等」を

「ばら撒く事等が、どれ程、

人類の構造の進歩・進化や

人間世界の精神文化の進歩・進化」に

「貢献しているのか?」を

「考える」なら

「誰もが、その劣悪な仕事内実等を

理解・把握出来る筈」だ。

「劣悪な仕事内実等」を「露呈し続けて来ている者等」には、

「言うまでも無く、

高報酬も、

有名人利権等にも直結している常連出演等も、

実質的に付随している、権力等」も

「馴染まない」』。

『「何故?目糞、鼻糞の泥仕合になってしまっているのか?」

「ちゃんと善悪の基軸から情報配信出来ていないから」だ。

「白人至上主義者が何故、悪なのか?」

「白人至上主義とは、実体や事実・現実との整合性が悪い思想信条なのに、

白人至上主義者は、

現実人間社会の中で、

それを実とする事を、

周囲の人々等に、強いているから」だ。

「例えば、白人至上主義を、単なる思想や妄想等のレベルで実とし、

フィクション小説やアニメや音楽等として、

現実人間社会に提示する」等なら、

「それは、誰もが持つべき思想信条の自由や表現の自由の範囲の事」で

「何ら、問題無い」。

「そのレベルの白人至上主義思想等まで、

強制的に抹殺せしめようとする事」は

「思想信条の自由や表現の自由を圧殺せしめる事に直結している」。

「思想信条等と言う面」では、

「白人至上主義も、

既存メディア共産主義も、

●●人至上主義も、

●●民族至上主義も、

宗教至上主義も、

科学至上主義も、

現状人間社会システム至上主義も、

金権至上主義も、

武力至上主義も、

既存至上主義も、

改革至上主義も、

血統至上主義も、

・・・等々、等々。

皆、同じ」であり、

「問題とされるべき」は

「他への強い方になる」』。

『「他への強い方を論じる」なら、

「他への強いる事の正当性等」が

「検証されて然るべき」だ。

「どんな思想信条等」なら、

「他へ強いる事に正当性が生まれ、

社会的合意が可能になるのか?」』

『「其処で問われるべき」は、

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性になる」。

「現実人間社会も、

現実の人間」も、

「自らの実体やその実体の本来の目的との整合性の上」で、

「その実存価値や実存の正当性が露わになる」。

「根本的善悪の判断基準」が

「其処に在る」』。

『「自らの実体やその実体の本来の目的との整合性が高い程、100%善に近く、

自らの実体やその実体の本来の目的との整合性が低い程、100%悪に近くなる」』。

『「自らの実体」とは、

「人類誰もが皆同じ」で

「広義の自分である地球生命体細胞群の中の

狭義の自分である約60兆の細胞群」だ。

「そして、その本来の目的」が

「存続」である事は、

「科学レベルで判明している生物史からも、

疑いの余地が無い」。

「時間経過に伴う物理崩壊に対抗して、

生物細胞群が存続する為」には、

「自らの構築度を上げ続ける事が必要になる」。

「人類が、高度な物質文明を保有・実用する前の地球生命体細胞群の実史」は

「生物的多種多様共存化により、

生物的に構築度を上げ続け、

物理崩壊に駆逐されず、

存続して来た事そのまま」だ。

「単細胞生物のまま、物理崩壊に抗う」と

「先ず、巨大化による対応が行われる」。

「巨大化ダケの対応が困難になる」と

「多細胞化する」。

「多細胞化した後、更に、構築度を上げる為」には、

「多種化であり、

多種共存による、構築度アップ」が

「生物的構築度向上の頂点となっている」。

「基本的に、

その宇宙時間経過上に在る地球環境上の物理崩壊度に対応出来る、

一番効率が良い方法が選択されている」。

「その流れの上」で、

「環境等認知・把握能力が高く、

高度な物質文明も生み出せ、実用出来る、

地球外使用も可能に出来る、

人類が誕生している」』。

『「自分の実体や、その実体の本来の目的」等

「根本中の根本が理解・把握出来ている」なら

「根本的善悪の判断も容易になる」。

「自分の実体やその本来の目的」に

「順なら善」で、

「叛くなら悪」だ』。

『「白人至上主義思想信条はどのレベルか?」

「自分の実体からも明らかな様」に、

「人種差別とは、現実との整合性が悪い事」だ。

「人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」だ。

「細胞ごとの命の連続性を辿る」なら

「其れこそ、人類誰にでも、連続性が有る事になる」。

「何処から何処までが白人なのか?」も

「はっきりしない」。

「見かけ上白人なら白人なのか?」

「肌の色の白人度を基準としているのか?」

「それとも、単なる血統主義者なのか?」

「・・・等々」。

「実際の白人主義者の実体」は

「奴隷制度等、根本的には、自分の実体に叛く悪事の上の、

その当時の利権に、

溺れていた者たち」が

「自己正当化の為に生んだ、

現実逃避の為の思想信条」だ。

「優秀な白人には、優秀では無い黒人を、奴隷として使う権利が有る」等と

「信じる」なら

「非人道的悪事も正当化し易くなる」。

「同様の思想信条」は

「一部朝鮮人等にも在る」。

「実際」は、

「日韓併合により救われた」のに、

「日本の敗戦に付け込んで、朝鮮半島内の日本人の立場・財産資産等を

{火事場泥棒}した」。

「その非人道的悪事を正当化する為」には、

「思想信条上」で、

「日本を悪者にする(植民地支配詐欺は、此処から生まれた)か、

朝鮮人を特別に良い者にする(朝鮮人至上主義)か」等が、

「合理的になる」。

「悪者からなら、取っても良い」。

「特別に優秀な者なら、優秀では無い者から取っても良い」。

・・・「実質的には、恥にしかならない思想信条」だが

「現実逃避の為には、有用なツールにも成り得る」。

「現実との整合性が悪い思想信条等は、他にも多数在る」。

「例えば、

丸ごと一人の霊等が在り得ない事等は、

既に、科学レベルで判明している

(人類の誕生・死も、基本的に細胞レベルの現象だから、当然)が、

丸ごと一人の霊等に基づく思想信条等は、巷に溢れている」』。

『「現実離れしている思想信条が思想信条ダケで、他に強いられていなければ、

悪の度合いは、低くなる」。

「今回、米国で白人至上主義等が大いに非難された」のは、

「白人至上主義反対者たちとの{殺傷衝突}があったから」だ。

「{殺傷衝突}の内実」は

「冷静に、事実・現実通りに検証されるべき」で

「その責めも、事実・現実に応じて・・・であるべき」だが、

「{殺傷衝突}の悪の度合い」は

「思想信条レベルでは断じて無い」』。

『「思想信条は、人それぞれ自由であるべき」だが、

「その思想信条に基づいた事の具現化を強いる事」は、

「事の内実による」。

「例えば、地球生命体細胞群の存続の為に必要な思想信条に基づいた事の具現化等」なら

「強いられる事にも、合理性が生まれる」。

「逆に、地球生命体細胞群の存続を危うくする為に必要な思想信条に基づいた事の具現化等」なら、

「強いる事自体が根本的に悪になる」』。

『「他者に対する殺傷行為」は

「言うまでも無く、

地球生命体細胞群の中の

人類という高度に構築されている

生命体の一部を破壊する

悪」だ。

「他者殺傷行為」は、

「厳に押さえ込まれなければならない」』。

『「白人至上主義思想信条」と

「白人至上主義思想信条反対思想信条」の

「対立」の

「適切な処理方法」は

「討論等になる」。

「言論的手段」で

「解決出来ない」のなら、

「その言論自体に、未だ、決定的な力が無い事」が

「露呈している事になる」』。

『「もちろん、

ベースとして、

言論が理解・把握出来る人間の状態が無ければ、

お話しにならない事は言うまでも無い」。

「愚民化教育は、悪」であり、

「実体や事実・現実の理解・把握能力をちゃんと育成する教育は、善」になる』。

『「愚民化を是正する事や、

愚民化されてしまった集団同士の衝突を避ける事」は

「重要」だ。

「既存メディア等」が、

「現状で、内実として行ってしまっている事」は

「愚民化のまま、

一方ダケを正義として扱い、

更なる、対立を煽り、

問題を深刻化させている事」だ。

「もちろん、そんな事を行えている」のは、

「悪人状態の者たち」に他ならない』。

『「悪人状態の者たち」が

「自らが悪人状態である現実から、

目を逸らし続ける為に、

有用なツール」が

「既存メディア至上主義」だ。

「既存の劣悪な文系の教育・学歴上等」で、

「{優秀な者たち}が言う事だから、正義でしょ!」の

「劣悪度」は

「宗教裁判レベル」だ』。

『「毎日{宗教裁判}を見せつけられている視聴者等」が

「愚民化され易くなる」のは

「当然の現象」で、

「毎日{宗教裁判}を見せつけられている視聴者等」の

「頭の中」では

「同様の{主教裁判}精神構造」が

「育成されている」。

「そして、その結果」が

「実際の人間社会に反映される事も多い」』。

『「結果、至るところで、思想信条対立が起き、

思想信条対立は、

時には、{武力}衝突まで生み出してしまっている」。

「皆、

裁く基準さえ学べず、

裁く事だけ、覚え込まされ続けて来ている、

劣悪な情報・教育の犠牲者たち」が

「生み出し続けて来ている

自虐惨劇」だ』。

『「既存メディアの発信力は高い」。

「高い発信力を活かして、いったい何をやっている!」

「人類滅亡を招き寄せている者たち」は

「メディアの仕事を止め、今までの、悪事の責任を取るべき」だ』。

『「学校教育の是正も急務」だ。

「自虐を教え込んでどうする?」

「教えるべきは、実体や事実・現実」であり、

「実体や事実・現実を基にして、

自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が高い

思想信条を持つ事や、

自分の実体や自分の実体の本来の目的との整合性が高い物質文明製品や精神文化製品等を

生み出せ、

それらを健全に使う能力を育成する事」だ』。

『「ITや家や乗り物や道具やおもちゃや武器等々」とは

「人類の物質文明製品」だ。

「映画や音楽や小説やアニメ等々や、

法律や政治や経済・社会システム等々」は

「人類の精神文化製品」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ているが故に、

急速な進歩・進化も実現出来ている

人類の物質文明製品」に比べ、

「人類の精神文化製品」が

「圧倒的に劣っている」のは、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ていないからに他ならない」。

「逆から言えば、意識的かつ積極的に実用すれば良いダケ」だ』。

『「未だに、

多くの人類が、

宗教にも依存・・・で、

丸ごと一人の死生観・人生観等も旺盛・・・」では、

「殺傷事件やテロ・戦争等が蔓延るのも、当然」だ。

「丸ごと一人の死生観・人生観上」では、

「自分と他人の間に、決定的な深い溝が伴っている」。

「自分と他人は、全く別」だ。

「他人との溝が深い死生観・人生観だから、

孤独感も、

他人への殺傷行為等も、生じ易くなる」。

「丸ごと一人の霊や

丸ごと一人で逝けるあの世や、

丸ごと一人の産まれ変わり等々」を

「信じ込んでいる」なら

「例えば、自爆テロ等のハードルも下がってしまう事になる」。

「細胞ごとの命の連続性という科学レベルでも判明している事実・現実」を

「実用する」なら

「広義の自分である地球生命体細胞群への敬意も生じ易くなる」。

「もちろん、広義の自分には、他人も含まれる」。

「広義の自分を思い、自虐を慎む」なら

「必然的に、殺傷事件等も減る事になる」。

「殺したい、殺すべき実体」は

「細胞レベルで考えれば良い」。

「人類誰もの行動の元」は

「脳細胞群からの命令・指令(自立神経も含む)」だ。

「人類誰もが、

自分の実体に叛く、

悪の命令・指令を発している精神構造を殺せば良い」。

「難しい事では無い」。

「使わなければ、良いダケ」だ。

「必要無しと判断され続けている脳神経細胞ネットワークは

どんどん衰退化して行く」。

「その様な精神文化を基に人類の世代交代が繰り返される」なら

「地球生命体細胞群の存続~永続という永遠の命の実現も可能になる」』。

『「現状の、劣悪な、情報・教育等が続けられる」なら

「人類の未来は、それ程、長く無い」。

「物質文明の急速な進歩・進化」に

「対応出来ていない人間世界の精神文化」が

「急速な進歩・進化を実現している物質文明を使わせてしまう事等」により、

「アッと言う間に、人類が滅亡する、ばかりか、地球が消滅する事等」も

「実際に、起こり得る」』。

『「冷静に考えるなら、誰もが直に解る事」だ。

「人類の世代交代は、種の保存であり、個の保存では無いのだから、

産まれながらの環境格差に根本的な正当性は無い」。

「産まれながらの環境差別」は

「早々に、解消するべき」だ。

「劣悪な経済・社会システム」が

「産まれながらの環境差別」に

「お墨付きを与え続けて来てしまっている」のだから、

「その是正」は

「急務」だ。

「難しい事では無い」。

「人類誰もの自分の実体とその実体の本来の目的との整合性が高い

社会・経済システムにすれば良いダケ」だ。

「基がはっきりしていれば、整合性を取る事など、

AIが急速に進歩・進化している事もあり、

簡単な事になる」。

「根本的差別を無くす」なら

「政治等も、AI任せ・・・で、人類は、その検証等をすれば良い」』。

『「より性能の良い精神文化製品を生み出す仕事」は、

「今、人類が行うべき重要な仕事」だ。

「その仕事が出来易い環境への改革」は

「今の政治の仕事で、非常に重要な仕事」だ。

「情報・教育改革元年」は

「何時か?」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

米朝チキンレース「金正恩が白旗」で対話に向かっている様相だが、問題は、金正恩が示す対話条件になる・・・。

『「テレ朝等では、金正恩のギブアップ」を「米朝共々、舵を切り、対話へ・・・等」と「脚色等し、見事な程の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」を「露呈」していたが、

「グアム方向に撃つ」なら

「撃ち落とす等の軍事対応を公言した米国」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等が参った」が

「実体」だ』。

『「何しろ、

実戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる」。

「どんなに強がっても、

中露等他大国の後ろ盾無き北朝鮮に実戦争は出来ない」。

「無理して、実戦争に走れば、アッと言う間に北朝鮮現体制の終わりになる」』。

『「米朝チキンレース」で、

「金正恩がギブアップした」のは、

「当然」で、

「結果」は、

「最初から決まっていた」』。

『「チキンレースをギブアップする」と

「若干の時間が生まれる」。

「北朝鮮は、その間に、少しでも、戦力を強化したいかも知れない」が

「それは、焼石に水」だ。

「戦力強化は、対話条件をよりキツクする北朝鮮にとっての自虐でしか無い」』。

『「米国側の当初からの対話条件」は

「北朝鮮による核・ミサイル開発と他国内の工作活動(非人道的なモノも多い)の撤廃」だ。

「北朝鮮側の希望」は

「以前の様な、核・ミサイル開発の一時凍結」と

「強く推定出来る」』。

『「米国は、もちろん、北朝鮮の希望を呑む様な事はしない」。

「更なる時間を与えるダケ」の

「対話条件」は

「北朝鮮による更なる核・ミサイル開発と他国内の工作活動の継続~拡大に直結している」。

「では、どの辺りに、落としどころがあるのか?」』

『「日本の要望」は

「全ての拉致被害者の解放~帰国」だ。

「全ての拉致被害者を帰国させる事」は

「北朝鮮による日本国内の工作活動を暴く事にも直結している」。

「他国内での工作活動」という

「北朝鮮の行動原理主軸」を

「失った北朝鮮」なら

「時代遅れの核・ミサイル等の開発を行われても、

時代遅れの軍備は時代遅れの軍備でしか無い」。

「実戦争となれば、何時でも、時代遅れの軍備しか持てていない北朝鮮の負けになる」。

「他国内での工作活動も出来ず、戦争も出来ない北朝鮮」は

「もはや、脅威では無い」。

「もちろん、

日米側は、

常に、

北朝鮮をアッと言う間に負けに追い込める軍備を準備し続ける必要に見舞われる」から、

「それなりに、迷惑」でもあるが・・・』。

『「北朝鮮の核・ミサイルは、張子の虎の牙」だ。

「北朝鮮の本当の牙は、他国内での工作活動に他ならない」。

「北朝鮮の本当の牙を失わせる事により、平和状態が生まれ易くなる」』。

『「対話条件の落としどころ」が

「その辺り」なら

「相応の実効がある」ので、

「核・ミサイル開発の凍結+他国内での工作活動の撤廃等」なら

「妥協点としても、ある意味、適切になる」』。

『「日本の拉致被害者全員の帰還も実現可能になる」』。

『「核・ミサイル開発ダケにスポットライトを当てた対話条件の整備」では、

「完全廃絶以外では、

決め事を守らない、北朝鮮劣悪国家指導者等を不当に利す事になる」。

「核・ミサイル開発にスポットライトを当てる」なら

「完全廃絶以外の対話条件はあり得ない」』。

『「恐らく、北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「米側が対話での解決が見込めると判断出来る対話条件を提示出来ない」だろう。

「少々の時間の後、

斬首作戦、もしくは、

米軍による核・ミサイル施設等に対する限定的空爆等が始まる事になる」。

「もちろん、どちらの場合でも、

北朝鮮が反撃する」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になる」。

「滅亡を避ける為」には、

「北朝鮮は反撃も出来ず」、

「核・ミサイル開発と他国内での工作活動等の完全廃絶を認めるしか無くなる」』。

『「ずっと前から、北朝鮮は詰んでいる」。

「詰んでいるのに、

往生際悪く、

核・ミサイルの開発や、

他国内での工作活動等を行い続けている」のは、

「北朝鮮を動かし、命令・指令等を出している」のが、

「劣悪国家指導者だから」だ』。

『「自国民に他国・他国民を敵視させる事等」により、

「自己正当化を謀っている劣悪国家指導者等」の

「仮面」は

「とっくの昔に、破れている」。

「破れた仮面を被り続け、醜態を曝し続けられている」のは、

「劣悪国家指導者等故の悪現象」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」は、

「将棋で言うなら、もはや、数手詰めの詰将棋の段階」だ。

「将棋を知っている、ある程度、頭が健常な人々」なら

「少し考えるなら、誰もが、詰んでいる事が判る状態」だ。

「玉を取られるまで負けを判らない劣悪国家指導者等」なら

「斬首作戦が相応しい」』。

『「日本政府・警察等」は

「日本国内の北朝鮮工作員・協力者等」を

「早急に、徹底摘発するべき」だ。

「北朝鮮への強烈な制裁強化にもなる」。

「もし、

日本国内の北朝鮮工作員・協力者等が、

情報や言動等が自由な日本国内に居続けられていても、

未だに、カルト宗教信者状態」なら、

「日本国民の安全・安心の為」に、

「北朝鮮工作員・協力者等の徹底摘発」は

「行わなければならない事」だ』。

『「上記の様な実態」は

「既に、多くの方々が重々承知」だろう。

「未だに、米朝共々舵を切り、対話へ・・・等々」と

「北朝鮮側に立って、情報配信等している」のは、

「明らかに、どうかしているテレビ等になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「対話待ち」の金正恩等だが・・・。

『「だからと言って、米国が、北朝鮮の都合を呑む対話を提案する」なら「北朝鮮は大いに喜ぶ反面で、実効の無い対話結果が、益々、北朝鮮の不当増長を手助けしてしまう事になる」。

「得られる結果」は

「北朝鮮」の

「核・ミサイル開発~製造~配備の増大」と

「主として、日韓等、他国内での工作活動の増大」だ。

「もちろん、米国」は

「北朝鮮の都合を呑む対話は提案しない事になる」』。

『「その場合、

北朝鮮が更なる反発を{出来る}のか?否か?」で

「極東情勢のその後は大きく変わる事になる」』。

『「北朝鮮がギブアップ」し、

「核・ミサイル・他国内での工作活動を放棄する」なら、

「平和状態が始まる事になる」。

「もちろん、その場合」は

「外を敵にする事」で、

「北朝鮮国民に対し正当性を演出し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等に対する

北朝鮮国民からの反発は生じ易くなる」。

「北朝鮮自身による体制転換の可能性が出て来る事になる」。

「保身欲の強い劣悪国家指導者等」が

「ギブアップを選択する可能性は低い」』。

『「実態・実体からすれば、

更なる反発は{出来ない}、

反発するなら、北朝鮮自体の滅亡に繋がる、

北朝鮮」だが、

「主導権を持っているのが、劣悪国家指導者等」だ。

「{出来ない}事、やってはいけない事等でも、

行ってしまう」のが

「劣悪国家指導者等の特徴でもある」。

「北朝鮮が、ギブアップせずに、

やってはいけない更なる反発をしてしまう可能性」は

「かなり高い」』。

『「政治的解決が出来なかった場合」には、

「軍事オプションを用意している」のが

「米国トランプ政権」だ。

「軍事オプション使用の可能性」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の判断と言動と命令・指令等故に、

どんどん高まって来ている」のが

「現状」だ』。

『「もちろん、元凶は北朝鮮劣悪国家指導者等」だから、

「一番合理的な軍事オプションは、斬首作戦になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の全てを斬首する事」で

「反撃も行われなければ、万々歳!」だが、

「多くの北朝鮮国民(特に、軍人)がカルト宗教信者状態」なら

「北朝鮮による反撃が起きる事になる」。

「そうなると、特に、韓国の犠牲が非常に大きくなる」』。

『「多くの北朝鮮国民がカルト宗教信者状態」なら

「採用すべき軍事オプション」は

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる総攻撃」になる。

「その場合は、アッと言う間に、北朝鮮の反撃手段のほぼ全てが壊滅する」ので

「他国内の犠牲はほとんど出ない事になる」。

「戦後北朝鮮内」を

「実質的に、中国共産党支配下にする裏密約等でも

結べば、

中国が北朝鮮壊滅後、参戦する事も無い」』。

『「上記の様な現状」からも、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「多くの北朝鮮国民が、カルト宗教信者状態になっている事」等に

「縋り」、

「ギブアップを選択するべき」だ。

「元々、

米国と北朝鮮のチキンレースで、

北朝鮮に勝ち目は無い」。

「先進諸国の数十年遅れの核・ミサイル開発等を行っている暇がある」なら

「カルト宗教信者状態の北朝鮮国民に信じ込ませている内容」を

「変えて行く事」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の生き残る道」に

「直結している」』。

『「上記の様な実態」は

「既に明らか」だ。

「それなのに、未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈して来ている

日本の公共の電波を使っているテレビ等」では、

「北朝鮮に都合の良い対話等」を

「喧伝」したり

「北朝鮮に、

核・ミサイル・工作活動等の為にも使える

更なる時間を与える事等を推奨」したり、

「日韓が北朝鮮の防波堤となり、北朝鮮が一番困る実戦争を防ぐ旨」等の

「内実として、

北朝鮮劣悪国家指導者等を喜ばせるメッセージ等」を

「情報配信している」。

「いったい、何処の国のテレビ等か?!」等と

「呆れている」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「はっきり言える事」は

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員や協力者等」に

「日本の公共の電波上」で

「大いなる情報配信権等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含む正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「{北朝鮮の為の}劣悪な反戦論」等を日本の公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「反戦論を語る前」には、「その時代の人間世界の精神文化の実態・実体」を「語る必要がある」。

「その時代の人間世界の最先端精神文化」が

「武力による比べっこ支配権争い」なら、

「戦争ばかり・・・が当たり前」で

「そんな時代時の反戦論」とは

「{腑抜けの論}に他ならない」。

「そんな時代」なら

「反戦論を語る前」に

「武力による比べっこ支配権争いからの正常脱却、つまり、

人間世界の精神文化を正常進化させる事」こそが、

「肝要になる」。

「何の為の戦争か?」が「問われ」、

「それが、内戦が旺盛だった頃」の様に、

「基本的、衣食住等を得る為のサバイバル戦争だった」なら

「物質文明を発展させ、十分な食料を得る事等」が

「精神文化を正常進化させる事に直結している」。

「実際に、歴史上」でも、

「物質文明の発展を実現出来た国々からは、

内戦が次々と消失した」』。

『「しかし、それでも、戦争は無くならなかった」。

「何故か?」

「基本的、衣食住が、ある程度確保出来た国々」は

「更なる、豊かさを追求した」。

「武力による比べっこ支配権争い」という「精神文化そのままに・・・」。

「その結果、起きた実現象」が

「植民地支配争い」だ』。

『「当時の東アジア」も

「主として、欧米列強による植民地支配争い」の「強い流れ」を「受けた」。

「中国は食い荒らされ、その流れは、朝鮮半島にも及んだ」。

「日本も米国等による砲艦外交で開国を迫られ、

欧米列強の利益の為に、

食い荒らされる寸前の状態に陥った」。

「しかし、日本の場合」は

「急速な近代化に成功」し、

「欧米列強の後追いを実現した」。

「そんな時代」の

「反戦論」とは、

「実質的には、欧米列強に屈する論にしかならなかった」ので、

「大きな支持は得られず」、

「逆に、欧米列強の後追いから、同並びに向かい、更には、追い越す、

好戦論が大衆支持を得ていた」。

「その流れの上で、軍はどんどん日本社会の中で力を持ち、

日清・日露戦争にも勝利した」』。

『「単独では国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国」は

「日本との対等合併に救いを求めた」が

「最終的には、国力相応の二国間契約、日韓併合となった」。

「朝鮮半島内は、日本により、急速な近代化整備が進み、

衛生・教育・経済・文化水準の向上」が

「朝鮮人人口を飛躍的に増やす事に直結した」』。

『「欧米列強と同並びに近くなった当時の日本」は

「今度は、追い越せ!とばかりに、

中国大陸への侵攻を初めてしまった」。

「この時点では、

ある程度の豊かさが、好戦派を減らしていた」が

「軍部には、過去の実績が有った」ので、

「日本社会全体として、好戦傾向を打ち消すところまでは行きついていなかった」。

「中国大陸への侵攻」は

「米国を始めとする国際社会の大いなる反発を受けた」が、

「日本社会の中で大きな実権を持っていた軍部」による

「領土・植民地等拡大路線の流れ」は

「止められる事が無かった」』。

『「ここで、日本社会に必要だった事」は

「武力による比べっこ支配権争いからの脱却」で、

「人間世界で、武力による比べっこ支配権争いの

次の段階の最先端精神文化となった

経済による比べっこ支配権争い」へと

「選択している精神文化を正常進化させる事」だった。

「ところが、軍部の過去の影響に基づいた軍国主義教育等の悪影響もあり、

日本社会は、この精神文化の正常進化を実現出来なかった」』。

『「その結果、太平洋戦争にまで至ってしまい、

日本は敗戦した」』。

『「敗戦により、軍部の力が大きく削がれた戦後日本社会」では、

「極当たり前」の様に、

「経済による比べっこ支配権争い」という

「時代最先端の精神文化」が

「旺盛になった」。

「経済大国日本への流れが生まれ、

日本は経済大国化」した』。

『「核兵器まで実用されてしまった第二次大戦後」は、

「核を持たない国々の極地戦争しか起きていない」。

「ある程度以上大量に核兵器を持つ国々」が、

「武力による比べっこ支配権争いを本気で行う」なら、

「其処に勝者は無く」、

「全人類が負けになる」。

「物質文明の急速な進歩・進化」により、

「核兵器まで開発~製造~実戦配備出来てしまった事」により、

「人類は、大戦を避けられている」のが

「現状人間世界の実態・実体」だ』。

『「核兵器無き状態」で

「大戦や戦争を避ける為」には、

「全ての人類が、武力による比べっこ支配権争いという、

前時代の精神文化から卒業している必要がある」。

「ところが、精神文化の正常進化を本気で行おう・行わせようとしている様相」は

「現状人間世界に無い」。

「何故か?」

「言うまでも無く、現状の経済による比べっこ支配権争いの後ろ盾として、

武力による比べっこは未だ健在だから」だ』。

『「こんな現状人間世界」での

「反戦論」なら、

「武力・経済等の力による圧迫で、戦争を避けさせる事」こそが、

「現実論」になる。

「核抑止力により、大戦を避け、

経済抑止力により、戦争を避ける

・・・それが、現実論」だ』。

『武力後ろ盾&「経済による比べっこ支配権争い」という

「精神文化の人間世界」での

「悪戯な、核兵器廃絶論」や

「反戦論」は、

「北朝鮮」の様に、

「かなり遅れて、軍事大国化を行っている国等」を

「悪戯に、利すダケ」になる。

「それが、現実」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員やその協力者等でも、おバカ等でも、無い」のなら、

「内実として、北朝鮮を利す

反戦論や

核廃絶論等は、

慎むのが当たり前になる」』。

『「経済による比べっこ支配権争い」の

「次」の

「人間世界の最先端精神文化は、どんなモノか?」

「実は、其れこそが、今あるべき反戦平和論に直結している」』。

『「そもそも、

武力にしても、

経済にしても、

比べっこ支配権争いは、比べっこ支配権争い」だ。

「比べっこ支配権争いをしている限り、

勝者があり、

敗者がある」。

「其処に、平和は無い」。

「反戦も無理」だ』。

『「では、何故、人類は、比べっこ支配権争いを行って来ているのか?」

「生物的本能故」だ。

「人類に限らず、多くの生物は、

比べっこによる争奪戦で、

身の安泰や存続を図って来ている」。

「比べっこ支配権争い」とは、

「生物レベル、動物レベル、獣レベルの精神構造」に他ならない。

「人類の場合」でも

「人類が、生物レベルのみで生き、世代交代をしていた時代」なら、

「比べっこ支配権争い」は

「合理的になる」。

「生きるも死ぬも、世代交代も、比べっこの結果次第」は、

「その生物種自体を生物の中で強化する意味では、大いに有効」だ。

「しかし、実際の人類は、生物原理ダケでは存在していない」。

「圧倒的な物質文明を保持出来てしまって来ているところ」に

「人類の特長がある」』。

『「圧倒的な物質文明まで保持出来て来てしまっている生物種」が

「生物原理で、進歩・進化させ続けて来ている物質文明製品等を使うなら、どうなるのか?」

「それは、人類史を見れば、誰でも分る事」だ。

「超自虐事態のオンパレード・・・」。

「実に、愚かで、嘆かわしい実態が其処に在る」』。

『「それでは、人類の物資文明」は、

「何故、急速な進歩・進化を実現出来ているのか?」

「急速な進歩・進化を実現し続けて来ている物質文明」を

「自虐的に使用してしまわない為に必要な精神文化とはどんなモノか?」』

『「物質文明の急速な進歩・進化」は

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」で

「実現出来ている」。

「精神文化側」でも、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」でこそ

「物質文明側とのバランスが取れる」。

「至極当たり前の事」だ』。

『「この至極当たり前の事」を

「意識的かつ積極的に行う事」が

「今時、生きている、全人類に求められている」。

「それは、

世界平和の鍵でもあれば、

環境問題解決の鍵でもある」』。

『「具体的に言う」なら

「人類誰もが、自分の正体さえ分らない事」は

「大きな問題」だ。

「自分の正体さえ分らない不安」は

「不要な問題を生み出す元凶になる」。

「科学レベルで判明している人類誰もの実体」とは、

「約60兆の人類細胞群」だ。

「そして、生きている人の実体」とは、

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群」だ。

「つまり、

誕生・死」とは、

「今この瞬間」にも、

「生きている誰も」が

「体験し続けている

細胞レベルの実現象」に「他ならない」。

「もはや、死んだらどうなるの?」等の

「不安は、全く、必要無い」。

「生きている誰もが、今、この瞬間にも、死を体験しているのだから!」』

『「自分の実体が細胞群であり、

死の不安も必要が無い」と

「理解・把握出来る」なら

「かなりの余裕が出て来る」と「共」に

「どう生きたら良いのか?」等が

「気になって来る筈」だ。

「そこで、振り返るべき」は

「細胞ごとの命の連続性」だ。

「自分の細胞の命の連続性を辿る」なら、

「それこそ、地球上の全ての生物に辿り着く事になる」。

「狭義の自分は、約60兆の細胞群であり、

広義の自分は、地球上の全ての生物になる」』。

『「では、地球上の全ての生物、もちろん、細胞群(・・・よって、筆者の場合は、地球生命体細胞群と表現しているが・・・)」の

「根本的目的は何だろう?」

「はっきりしている事」は

「どんどん構築度を上げながら、存続し続けて来ている事」だ。

「地球生命体細胞群の根本的目的」は

「存続」と

「判る」』。

『「地球生命体細胞群」の

「長い~永い存続の為に必要な事」は

「時間経過による物理崩壊に抗える分以上に、

構築度を上げ続ける事」と

「地球が無くなった後も、

太陽系が無くなった後も、

存続可能な状態を生み出す事」だ。

「此処にこそ、

生物原理上で一時は頂点を極められた、恐竜等々では無く、

地球外で暮らす為の情報を得る事も出来る様になり、

その為に必要な物質文明製品も生み出せるようになって来ている人類が、

地球上で一番の生物種でなくてはならない重大理由が露呈している」』。

『「急速な進歩・進化をし続けて来ている物質文明側」に

「対応出来る精神文化の肝」は

「比べっこ支配権争いからの卒業」だが、

「卒業して、どの様な精神文化を得れば良いのか?」

「もはや、多くの方々が、お分かり」だろう。

「物質文明を進歩・進化させる為に必要になる精神構造」は

「本質・実体等の探究」と

「事実・現実への服従&その実用」だ。

「其れこそが、今時の全ての人類が持つべき基本精神構造」であり、

「人間世界の最先端精神文化にするべきモノ」だ』。

『「悪戯な、反戦・反核兵器論等」では、

「北朝鮮の様な、

何周回も遅れている国々等」を

「悪戯に利す実効が生まれてしまう」が、

「精神文化の進化の方向性等を語る」なら

「遅れている国々等は、遅れている国々等として、

実体通りに、誰もが理解・把握出来る事になる」上に、

「今あるべき状態等も、理解・把握可能になる」』。

『「せっかく、日本の公共の電波を使って、情報の一方的大量配信を行う」なら、

「劣悪論やおバカ論等で、

北朝鮮等を利すのでは無く、

人間世界の精神文化の正常進化に役立つ情報配信をするべき」だ。

「今時として、当たり前レベルの仕事も出来ずに、

劣悪な醜態を露呈し続けている者等」を

「常連出演等させる必要は全く無い」。

「過分な、立場・報酬・権力等を与え続ける必要は、全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番等では、「北朝鮮の核・ミサイル開発は体制維持目的{ダケ}の為の旨の嘘論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「北朝鮮の核・ミサイル開発等を冷静に見守れ!」とでも「言いたげだった様相」の「常連出演者等」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶりは、本当にお見事!(もちろん、皮肉)」だ。

「言うまでも無く、北朝鮮の核・ミサイル開発」は

「冷静に見守る事や援助等する事により、

どんどん進めさせる事では断じて無い」。

「何故なら、北朝鮮の核・ミサイルの目的」は

「体制維持ダケでは無いから」だ』。

『「少し考えるなら、誰もが分る」。

「如何に、核・ミサイルといっても、先進諸国の数十年遅れレベル」では、

「もちろん、実戦争では役に立たない」。

「実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わり」だ。

「それでは、

何故、

北朝鮮劣悪国家指導者等は核・ミサイルの保有に固執しているのか?」

「核・ミサイルの{脅し}の裏で連綿と行い続けて来ている

主として、日韓等他国内での工作活動を継続し続ける為」だ』。

『「日韓内を従北政権する」なら

「核保有国、北朝鮮の劣悪国家指導者等の発言力・支配力等が

飛躍的に大きくなる」。

「当面の終極」では、

「日韓の乗っ取り支配を目指している」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の策略の実態・実体」だ』。

『「その為の実活動の{主軸}」は

「日韓内での工作活動に他ならない」。

「拉致被害者を帰せない」のも

「日韓内の工作活動の実態・実体が公にされ、摘発等される事が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の策略を大きく壊すからだ」』。

『「日韓等、北朝鮮の工作活動被害国」は、

「自国内の北朝鮮工作員・協力者等を徹底摘発するべき」だが、

「其処に、核・ミサイルの{脅し}の意味が出て来てしまっている事になる」』。

『「日韓等、北朝鮮の工作活動被害国の為政者の頭や心の中」では、

「自分の代で、北朝鮮の工作活動を徹底摘発する、健常欲動」と

「工作活動を摘発するなら、核・ミサイル等も使いかねない・・・等の北朝鮮の脅しに屈し、

自分の代は、無難に過ごす、不健常欲動」が

「常に、戦っている」。

「その力関係上」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者側が常に優位に立つ為に必要な事」が

「核・ミサイル等の急速な開発の継続」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者の頭の中(因みに、心は死んでいる)」では、

「{使える}核ミサイルを多数保有してしまえば、

{脅し}の効果も絶大で、

工作活動もやりたい放題やり続ける事が出来る・・・」等の

「悪の思惑が渦巻いている」』。

『「北朝鮮による

日韓等の乗っ取り支配」を

「容認するつもりが無い」のなら、

「北朝鮮の核・ミサイル開発」は、

「ある程度の段階で、完全に廃絶させなければならない」』。

『「日韓の乗っ取り支配に成功する」なら

「北朝鮮は、他の国々へもその悪手を伸ばす事になる」。

「何れは、米国も従北政権化しようとする事になる」。

「米国にとって、同盟国日韓が北朝鮮の支配下に置かれてしまう事」は

「極東防衛上からも、断じて容認出来ない」』。

『「現段階なら、

実戦争となった場合、

北朝鮮がアッと言う間に負ける北朝鮮解放戦争になるダケ」だ。

「だから、北朝鮮から先制攻撃を仕掛ける事は、先ず無い」。

「北朝鮮は、核・ミサイルの{脅し}を使いながら、

日韓内等、他国内での工作活動を益々旺盛にし続けている」。

「その一つの悪の成果が、韓国の従北政権化」だ』。

『「日韓内を従北政権化する事/しようとする事」は、

「北朝鮮が勝ち目の無い戦争を仕掛けられない為の防波堤」に他ならない。

「防波堤が有効な間は、

{脅し}の核・ミサイルの開発も、

{主軸}の日韓内等、他国内での工作活動も、

やりたい放題・・・」という訳だ』。

『「米軍は、

今の内に、

北朝鮮の核・ミサイル施設等に、

限定的な先制攻撃を仕掛けるべき」だ。

「現状なら、

本格的な戦争となれば、

北朝鮮に勝ち目は無い」から

「北朝鮮の反撃が無い可能性非常に大」だからだ。

「万一、反撃しようとする」なら

「遠慮無く、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる総攻撃を仕掛けるべき」だ。

「日韓内の被害は、ほとんど出ない」が

「北朝鮮には多大な被害が出る事になってしまうが」』。

『「国連の追加制裁決議に対して」も

「グアムに4発のミサイル・・・」等と

「未だに、突っ張っている」のが、

「北朝鮮の実態」だが、

「もし、本当に、グアムに向かって、ミサイルを発射する」なら

「米軍による北朝鮮のミサイル関連施設等への限定攻撃等にお墨付きを与える事になる」。

「其処で、

限定攻撃をされても、反撃は出来ない、反撃すれば、オシマイになる北朝鮮」は

「グアムへのミサイル発射を{慎重に検討}している」旨までも

「公言」して、

「実質的には、降参状態」だ。

「例え、

グアムへのミサイル発射が無くても、

北朝鮮の核・ミサイル施設等への限定攻撃を行う」と「共」に

「核・ミサイル・他国内での工作活動を北朝鮮が放棄する事を認め、順守するなら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の身の安泰と贅沢自慰生活等を担保する

北朝鮮問題解決協議を行う」なら、

「北朝鮮問題は、解決に向けて、大きく動き出す事になる」』。

『「こんな状態の時」に

「冷静に見守りましょう・・・」等では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ですよ~!」等と

「言っている様なモノ」だ』。

『「今、日本が行うべき」は

「日本国内の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下、工作員・協力者等」の

「徹底摘発に他ならない」』。

『「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々」の

「非人道的工作手段」によって、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子を粛清し続けて来ている反面」では、

「戦後日本の情報・教育等を悪用」して、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子を育成し続けて来ている」のが

「日本の中の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の、

実質的、手下、

工作員・協力者等の実態・実体」だ』。

『「{その}テレビ・マスコミ情報」や

「学校教育内容」は

「何処の誰に利をもたらす情報・教育なのか?!」

「北朝鮮劣悪国家指導者等に利をもたらす

情報・教育や

その発信者等の

操り人形にされてしまわない様に、

くれぐれもご用心!!」

「日本の中に従北政権をつくらせない為」にも、

「所謂、文系の、テレビ・マスコミ情報や学校教育情報の鵜呑み」は

「止めるべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「トランプ大統領が何を考えているのか分らない、金正恩の考えていることは分るけど・・・」等の旨述べていた者まで含む常連出演者等が「ご都合論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「金正恩等の手下等」なら「金正恩の考えている事は分る」のが「当然」になる。

「逆に、トランプ大統領の考えている事は、???」なのが「当然」だろう。

「その様な実態を露呈していた常連出演者まで含む、

テレ朝朝番の情報配信内容」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の良いモノである事が多い」のは、

「ある意味、当然の現象」だ』。

『「米国の世論調査で、

米国民の約50%が、

北朝鮮問題解決の為の軍事行使に賛成」とは、

「極めて、当然の事」だ。

「何しろ、

六か国協議合意も守らず、

対話をすれば、要求ばかり・・・で、

核・ミサイルの開発~製造等には、異常な程熱心」というのが、

「北朝鮮の実態だから」だ。

「国際的協議で導き出された北朝鮮も合意した事も守らず、

核・ミサイル等の界発等を連綿と続けている北朝鮮に対する有効な手段」は

「先ずは、経済的圧力」になる。

「ところが、その経済的圧力も、十分な実効を現していない」。

「中国等が甘く、北朝鮮の裏経済も意外な程大きいから」だ。

「残されている実効のある手段」が

「軍事力行使である事」は、

「余程のおバカでも無ければ、誰でも分る」。

「出来るなら避けるべき軍事力行使」だが、

「北朝鮮が自虐的な核・ミサイル等の開発や、

その裏の、主として、日韓等、他国内での工作活動等」を

「続けている限り、

何れは、

実行せざるを得なくなる」。

「もちろん、そうなれば、多くの人命も失われる事になる」。

「当然、

トランプ大統領も、米軍や米国政府等も、

米国人の犠牲者を出来る限り出さない軍事作戦を

実行する事になる」。

「米国人犠牲者を最小限に抑える軍事作戦」の「実態」は

「大きな破壊力を持つ兵器で、一瞬にして、北朝鮮の軍事要所の全てを無効化する事」だ。

「その様な軍事作戦を実行するなら、米国人の犠牲者はほとんど出ない事になる」。

「その反面で、北朝鮮人の犠牲者は、想像を絶する程の数になる」。

「トランプ大統領が、核兵器使用にまで言及した」のは、

「ある意味、当然の事」になる』。

『「健常な日本のテレビ・マスコミ等」なら

「北朝鮮に自虐的な事はいい加減に止めろ!」等の

「警告信号を出す」のが

「当たり前」だ。

「ところが、テレ朝朝番等の論調」では、

「実戦争となれば、

韓国が大変な事になり、日本もタダでは済まないから、

実戦争は起こせ無い」等の旨で、

「実質的に、北朝鮮に今のままで良いですよ~!メッセージ」を

「日本の公共の電波を使って発信し続けて来ている」のが

「実体」だから

「本当に、呆れる」。

「はっきり言えば、

ある程度の反撃力を保持してしまっている北朝鮮相手の戦争」で

「旧来の、時間をかけた消耗戦等の軍事作戦はあり得ない」。

「戦争になる」なら

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争」になる』。

『「トランプ大統領の考えている事は分らない」が

「金正恩の考えている事は分る」等の旨

「日本の公共の電波上で述べた者までもが常連出演」という、

「テレ朝朝番等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の日本国内の情報配信機関等の

実態・実体」を

「露呈している」』。

『「そんなテレ朝朝番」だからか、

「当然の如く、

AIによる仕事喪失論考等も酷かった」。

「そもそも、仕事とは、何か?」を

「抜きにした仕事論では、お話しにならない」。

「現状人間世界の実態からも明らかな様に、

仕事と破壊行為の区別さえも???のまま、

インチキ経済システム上で自分の下への集金等を行う人々が多ければ多い程、

地球環境は乱れ、

人間社会もテロ・戦争等も含む殺傷事件だらけ・・・になる」。

「そんな人類の行動原理のまま、

AIも使って、更に、高効率で、人間世界を回す」なら、

「人類滅亡の日」が

「益々、急速に近づいてくるダケ」になる。

「テレビ・マスコミ・学区教育等々」では、」

「物質文明側であるAIの進歩~実用化」に

「対応する精神文化側の進歩・進化」を

「実現させる為の仕事」が

「行われていなければならない状態が在る」のに、

「未だに、

旧来の経済システム等に基づいた

金銭評価等への執着心タップリの様相さえ露呈していた

常連出演者」等が、

「ご都合論の域を出ていない、

AIによる仕事代替論等を、

公共の電波上に一方的に大量配信」という

「劣悪ぶり・・・」だ。

「時間とエネルギーの無駄使い」等は

「いい加減にして頂きたいものだが」。

「まぁ、北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等なら、

当然の話しになるのかも知れないが」・・・』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

相変わらず、厚顔無恥の常連出演者等による、実質的、政治運動等が蔓延っているが・・・。

『「どんなに、そのスジのテレビ・マスコミ等が、偏向・偏重情報配信等を続けたところ」で「民主党の流れの民進党等が、政権を得る事も無い」。

「日本には、二大政党制も馴染まない」。

「それでも尚、そのスジのテレビ・マスコミ等」が

「実質的、政治運動等を続けている」のは、

「小池新党仕込み」が

「相応の実効を上げているから」であり、

「裏の本当の実権者の意向があるから」だ』。

『「{使える}核ミサイルの大量保持」と

「日韓の従北政権化等」とは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の世界支配策略の第一歩」だが、

「日本に従北政権をつくる為」には

「従北の者(表の政治家とは限らない)が大きな実権を持つ政党に政権を持たせなければならない」。

「旧来からの日本人脈も大いに実権を持っている自民党等」では、

「従北政権を成立させる事は無理」だ。

「何としても、

従北の者(同上)が大きな実権を持つ、

政権交代可能な政党を生み出す事等」が、

「必要になる」』。

『「しかし、

北朝鮮のお友達、旧社会党の流れの

民主党政権の再来」は「もう無い」。

「何故なら、民主党政権時の政治実態が余りにも酷かった」ので、

「もはや、多くの日本国民からの支持を得る事は非常に困難」だ。

「民主党自体も、民進党へと{看板}を変えている」。

「もちろん、{看板}替えくらいで、大衆の支持が戻る事も無い」。

「今更、前原と枝野で代表選を行ったところで、

多くの日本国民は、もう、相手にもしない」だろう』。

『「其処で、少々前から、策が講じられ続けて来ている」。

「自民党の中の、所謂、保守系の政治家だが、

お仲間の政治家」に

「新党をつくらせたらどうか・・・」。

「小泉の様に、自民党をぶっ壊す!」では、

「自民党政治が民主党政治よりマシである事を知っている

多くの日本国民からの支持」は

「得辛い」が

「自民党をぶっ壊す!」でも、

「民主党やその流れ」でも

「無い」

「新モノ」なら

「大衆の現状脱出欲動の{受け皿}にも成り易い」』。

『「小池新党の裏には、熟慮された策略の臭い」が

「濃厚に漂っている」・・・』。

『「北朝鮮の軍幹部」は、

「グアム周辺への

ミサイル発射(実験か?実戦争の開戦か?は不明だが・・・)を

慎重に検討しているらしい」。

「最初に、グアムと日韓内の全ての米軍基地に対して、ミサイルのよる総攻撃をかける」なら、

「米軍の戦力がどれだけ削がれ、北朝鮮が戦争に勝てる確率は???」

「或いは、

グアム近隣に落ちるミサイル発射実験を行ったなら、米軍の反応は???」

「米軍等により、撃ち落とされた場合、どうする?」

・・・等々」』。

『「何れにしても、北朝鮮は、大口は叩けても、具体的な大行動は起こせない」。

「何故なら、具体的な大行動を起こした途端」に、

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる北朝鮮解放戦争になるから」だ』。

『「日本の従北政権化も未だ・・・」の

「北朝鮮」には、

「例え、米軍による小規模限定攻撃等があったとしても、反撃が出来ない状態が在る」。

「米軍は、

遠慮無く、

北朝鮮の核・ミサイル施設等に限定的な軍事行動を仕掛けるべき」だ』。

『「日本が行うべき事」は

「日本国内の北朝鮮工作員やその協力者の徹底摘発」だ。

「徹底摘発により、北朝鮮が裾野の多くを失う」なら、

「裾野無き長棒は直ぐに倒れる事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等」も

「地に降ろされ、否応無しに、実体通りの対応を受けざるを得なくなる」。

「日本の中の北朝鮮工作員やその協力者を徹底摘発しない日本政府はあり得ない」』。

『「テレビ常連出演者等」が、

「特定極一部の者に偏集」していたり、

「テレビ・マスコミ等の論調等」が、

「利北朝鮮等の方向に偏向している裏」にも

「北朝鮮等による工作等の臭いが濃厚に漂っている」。

「そんな偏重・偏向情報を元」に

「視聴者・読者や日本社会等が操られる事の危険性」は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「例えば、原爆の日」でも、

「美辞麗句を並べ、実効の無い核兵器廃絶論等を賛称しているダケ・・・」という

「明らかな力不足を露呈し続けて来ている」のが

「現状のテレビ常連出演者等の実態」だ。

「そんな事をして、原爆被害の悲惨さ等が繰り返し、繰り返し、視聴者等の頭の中で学習される」なら、

「北朝鮮の核の脅しの効果も高まり、

喜ぶのは、

北朝鮮劣悪国家指導者等」になる』。

『「今時なら、

人類は、何故?戦争を行い続けて来たのか?

何故?核兵器まで製造~使用してしまったのか?

・・・等々の本質を探究」し、

「暴き出し、

多くの視聴者等の理解・把握等も得る事

・・・等々」から、

「実際に、核兵器を無くし、世界平和を実現する、

実効のある、核廃絶論、或いは、核廃絶・世界平和ロードマップ等」を

「提唱出来ていて、普通」だろう』。

『「その様な配信情報内容」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の劣悪ぶりが、益々、明らかになる」と「共」に

「原爆被害や戦争等に怯えている暇がある」なら

「実際の、核廃絶や世界平和を実現して行く事に力を出す事」等の「方」に

「視聴者等の考え・思い・興味・行動等が行く事になる」』

『「今時、必要な、所謂、文系、もしくは、精神文化側の仕事」が

「十分に出来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「気候も、益々変・・・」で、益々、近づく、現状人間世界限界(終わり)の日の様相だが・・・。

『「何しろ、現状人間世界で多大な実権を握り占められている」のは「政治家等にせよ、経済人や大金持ち等にせよ、所謂、文系、或いは、人類の精神文化側の者」なのに、

「現状の所謂、文系、或いは、精神文化側の仕事実体レベル」は、

「丸ごと一人の死生観・人生観等や人の考え・思い等に基づく、

現実離れが激しい極劣悪レベル」だ。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用する事」で

「優れた物質文明製品等を生み出し続けて来ている

所謂、理系、或いは、物質文明側の仕事実体レベル」と

「比べる」なら、

「その酷さは、何処の誰にでも直に判る」』。

『「極劣悪レベルの精神文化に基づいて、

人間世界を動かし続けていても、

出て来る結果」は、

「科学レベルに基づいている」。

「考え・思いの上で、上手くやったつもり・・・」でも、

「科学レベルの実体を伴っていないモノ」の

「成果等」は

「上手いモノでは無い、ばかりか、往々にして、酷いモノになっている」』。

『「人類の歴史は、戦争の歴史」だが、

「戦争とは、人類同士の殺し合い」だ。

「つまり、実体としては、自虐に他ならない」。

「自虐を自虐と実体通りに理解・把握・認識させない」のが

「実体離れ、事実・現実離れした、考え・思い等による劣悪な納得」だ。

「戦争を経済戦争に変えたところ」で

「自虐が止まっていない事」は

「経済戦争の犠牲者等の実態からも、直に判る」。

「兵器も金も手段が違うダケの、人殺しの道具になっている」。

「兵器や金が壊すのは、人間ダケでは無い」。

「武力による比べっこ支配権争い」や

「劣悪な経済システム上での金儲け主義等のツケ」は

「人間世界ダケでは無く、

地球環境にもその多くが回され、

現状の地球温暖化問題等を生み出している」』。

『「健常・正常な頭や精神構造を持つ人々」なら、

「人類の自虐を防止する事」を

「本気で考える」が

「武権・金権等中毒者」は

「人類の自虐上に在る権力や報酬等を狭義の自分の下に集める事」を

「本気で考え続け、実践し続けて来ている」。

「大いなる武権・金権等保持者」は

「武権・金権中毒者に成り易い」が

「大いなる武権・金権等保持者」に

「大権を与えてしまっている場合が多い」のが

「出来の悪い現状人間社会システムの実態・実体」だ。

「結果、現状人間社会システムの是正」より、

「現状人間社会システム上での利権集め」を

「優先してしまう、自虐的な人々が、至るところに溢れている状態の是正」も、

「遅々として進まない」』。

『「人間ダケが、どんなに、是正に抵抗し続けていても、

限界(終わり)は来てしまう」。

「地球温暖化は顕著になり、それに伴う環境変動も顕著になり続けている」』。

『「自虐状態を蔓延らし続けている人間社会」では、

「こんな時期に、起こり易い現象がある」。

「エロ・グロ・ナンセンス」だ。

「多くの人々は、少なくとも、薄々とは、自然環境等の限界を感じ取っている」が、

「狭義の自分の下への利権追及者等は、そんな自分の実感も直視したがらない」。

「慰めの為のエロ」や

「現実より、もっと酷い状態を具現化させる事で、現実をマシに思い込ませる為のグロ」や

「理解・把握や考え・探究等を放棄しても、楽しめてしまうナンセンス」等々の、

「現実逃避の受け皿に、身を浸す事で、

警告の実感から、逃げ続けよう・・・としている」』。

『「エロ・グロ・ナンセンス」の「提供」も

「所謂、文系、或いは、精神文化側の仕事???」だ。

「本来、そんなモノ」は「少量で十分」で、

「大量にこなすべき仕事」は

「人類の精神文化を正常進化させる為に有益になる事に他ならない」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」を

「意識的かつ積極的に実用」した

「性能の良い(現実との整合性が高く、使い勝手も良い、等々)精神文化製品を生み出し、提供し続ける事」こそが、

「今時の、所謂、文系、或いは、精神文化側の本来の仕事」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を実用した経済・社会システムへ是正等さえも、

ロクに訴えられない経済学者や社会学者や政治家やマスコミ人や作家等々」では、

「今時、とても、優良な者とは言えない」。

「むしろ、劣悪な者と言うべき状態」だ』。

『「劣悪なら、優良な者に素直に立場・権力・報酬等々を禅譲すれば良い」のだが、

「自らの劣悪性を実体通り見る事から逃避する為の道具を追い求め、

他者からの実体離れした似非評価や、

大量消費自慰生活等の中に身を置く事で、

死ぬまで逃げ切れば、勝ち・・・等と

大いなる勘違いが出来てしまっている

実質的、病人たち」は、

「本当に、往生際が悪い」。

「もちろん、どんなに逃げ続けたところで、

事実・現実が無くなる訳も無い」から、

「現状の立場や似非名声等に縋り付けば縋り付くダケ、

近未来での、永遠の恥辱に染まる道の上での存在が、大きくなるダケ」だ。

「細胞ごとの命の連続を続けられている」なら、

「負の遺産を背負わされる続きの細胞群が不憫に思える」』。

『「出来る限り早く、

所謂、文系、或いは、精神文化側の体制を転換し、

科学レベルで判明している実体や事実・現実の

意識的かつ積極的な使用を当たり前にする事」こそが、

「自虐被害を少なくする鍵」だ。

「自虐被害が多くなる方向にしたままでいる実権者等」の「実体」は

「大量殺人戦犯に他ならない」』。

『「実質的、劣悪者等が、どんなに悪足掻きしても、

来るべき時は、

確実に来る」。

「キッカケは、

大地震等の天災か、

戦争等の人災か

奇跡的禅譲等か、

・・・は、未だ、不明」だが、

「遠く無い内に確実に来る事になる」』。

|

「国連安保理で北朝鮮への追加制裁が満場一致で可決」&「内閣改造で、安倍政権支持率も向上」等が気に入らない日本の中の北朝鮮の手先等は「言葉狩りで八つ当たり」等の醜態を露呈しているが・・・。

『「言うまでも無く、国連安保理で北朝鮮への追加制裁が満場一致で可決された事」は「重大ニュース」だ。

「日本のテレビ・マスコミ等の上」でも、

「実効がどれ程あるのか?」や

「北朝鮮側の反応は?」等々が

「大々的に、検証され、語られているのが当然の事」だ。

「ところが、

日頃から、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈し続けて来ている

日本の中のテレビ・マスコミ等」は

「この重大ニュース」を

「実質的に、小さな事に、或いは、黙殺したがっている様相」だ。

「まるで、竹島問題や拉致問題を長い間無い事にし続けて来ていた時の様に・・・」』。

『「戦後日本国内の北朝鮮等による工作活動問題等」も

「実質的に、無い事にされているまま・・・」だ。

「その問題と、今回の対応」には

「相互関係がある」と

「強く推定出来る」』。

『「国連安保理で、

中国やロシアまで含む全ての常任理事国が、

北朝鮮への追加制裁に賛成した事実」が

「日本国内で、大々的に知れ渡る事」は

「日本国内の北朝鮮等の工作員やその協力者等の士気低下に直結する」』。

『「タダでさえ、既に、北朝鮮側の負けが確定している事等」は

「余程のおバカか、

カルト宗教信者状態にマインドコントロールされている被害者等でも無ければ、

誰でも分る」。

「つまり、

日本国内で北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等を

行ったり、

その協力をしたり、し続けている事は、

自虐にしかならない」が、

「全くやらないと、粛清工作の対象にされてしまう」と

「信じ込まされている」から

「行い続けている人々が多い」のだろう。

「もちろん、言うまでも無く、

{工作活動止め組}の数が多ければ多い程、

粛清工作が及ぶ者の数は減る事になる」。

「そればかりか、逆に、粛清工作を摘発対象にしてしまえば、

もはや、勝負あった!」だ。

「工作活動を止めない方がどうかしている」のが

「現実」だ』。

『「究極の粛清工作」が

「核ミサイル等を日本へ!」だろうが、

「もちろん、そんな事を行えば、その途端、北朝鮮はアッと言う間に終わる」。

「現状で、

工作員抜け組や不適応分子に対する粛清工作として、

北朝鮮等が行えている」のは

「主として、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々」だ。

「そもそも、

要人でも無い、

多くの場合、下っ端の、人数も多い、工作員や協力者等に対して、

金正男を暗殺した時と同様の手段等が

使える訳も無い」。

「そんな手段を使えば、

他国内で多数のテロを行った北朝鮮」は、

「アッと言う間に北朝鮮が負ける戦争でオシマイになる」』。

『「今回の安保理の追加制裁内容」は

「北朝鮮経済を相応に細らせるから、それなりに利く筈」だが、

「裏経済側が膨らんでしまえば意味が無くなる」。

「北朝鮮の裏経済を膨らまさせない為に重要な事」は

「日・中・韓等、

他国内での北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の稼ぎ等を、

徹底的に、北朝鮮に渡させない事」だ』。

『「手下の稼ぎ」には、

「地道な実業・実務から、

株等、実質的、金転がしも含め、

詐欺や盗みや違法薬物等販売等の犯罪によるモノまである」。

「北朝鮮系企業には稼がせない事」も

「有効」だろうが、

「何処が、実質的、北朝鮮系企業なのか?」等の

「実体情報」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、テレビ・マスコミ等から提供される事は無い」だろう。

「しかし、

テレビ・マスコミ等なら、

その論調等から、

ある程度は、判断出来る筈」だ。

「そして、番組内容によっては、スポンサーが該当する場合もある事になる」』。

『「日本国内の北朝鮮工作員・協力者等を告発する事等も大いに有効」で

「それは、

日本のテレビ・マスコミ等なら、

一般日本国民の安全や平常生活の為にも、

意識的かつ積極的に行うべき事」だ』。

『「多くの日本国民が、十二分に用心するべき事」は

「従北朝鮮劣悪国家指導者等人脈に、政治権力等を与えない事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、テレビ・マスコミ等」は

「日本でも、

従北政権の成立を企んでいる」』。

『「旧社会党は、北朝鮮労働党のお友達」だった。

「旧社会党の人脈の中には、北朝鮮等と強い繋がりを持っている者たちが居る事になる」。

「旧社会党の流れは、

日教組や朝日・TBS等のテレビ・マスコミ等でも濃く、

政党では、

表の見せ球、社民党等&裏の本流、民主党等~民進党等~●●ファースト(第一)等に

続いている様相」だ』。

『「第一書記」が

「肩書きを変える度に、

北朝鮮の無謀度も高まって来ている」。

「第一書記」は

「第一段階の意に過ぎなかった」のだろう』。

『「都政の第一段階、

国政でも第一段階・・・その後、何れは・・・」等々の

「実体検証無きままの悪戯な追従等」は

「非常に危険」だ。

「ちゃぶ台返し政治」で

「何処のどんな人や企業等が優位になったのか?」等々は、

「検証されて然るべき事」だ。

「全てがイエスマンの様相」の

「●●ファースト」を見ていると、

「何処と無く、社会・共産圏の政党の様で・・・」。

「それは、

言葉等の上辺では優等生の

テレ朝やTBS等でも、

同様の様で・・・」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも、相変わらず、「愚劣な核兵器廃絶論」等を日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「似非平和主義者たち」は「上辺の言葉ダケで平和を訴える事等」により、「内実」としては、「例えば、日本の侵略~支配等を企み実行している劣悪国を利す」。

「実際に、人類が、核兵器を廃絶したり、世界平和を得たり、する為」に「必要な事」は、

「人類の精神文化の正常進化に他ならない」が

「似非平和主義者等」は

「自らの精神文化の問題は何処へやら、

上辺ダケで、核廃絶や平和等を訴え、正義ぶるのが得意」だ。

「上辺の言葉に、

法的拘束力等が付いたところで、

虚しい事」は、

「実際の人類の歴史を見れば、誰もが直に分る」。

「例えば、先の大戦末期」には、

「旧ソ連は、日ソ中立不可侵条約を一方的に破棄」し、

「反撃力が大きく損なわれていた当時の日本領内の一部に

軍事侵攻をかけ、

その地域を侵略~支配した」』。

『「大戦後程なく、旧ソ連のお仲間、中国共産党支配下の場所となった旧満州国の部分」は

「実質的に、中国共産党に渡された」が、

「元々、国際的にも正式な日本領だった北方領土の問題」は

「未だ、未解決」だ』。

『「いくら、日本国が、憲法9条をかざしたところ」で、

「六か国協議合意や

国連決議や

国際社会の意向等々」を

「無視し続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等に対して効き目がある訳も無い」。

「北朝鮮の核・ミサイル開発や、主として、日韓等他国内での工作活動等」は

「未だ、旺盛なまま・・・」だ』。

『「現状の人間世界の基本精神構造」は

「武力による比べっこ支配権争いを下支えにした、

経済による比べっこ支配権争い」だから、

「そんな現状人間世界で、実効のある平和状態を得続けたい」のなら、

「ある程度以上強力な下支えの武力を持つ必要がある事になる」。

「ある程度以上強力な下支えの武力を比較的安上がりに保持する方法の一つ」が

「核兵器保有」だから、

「北朝鮮の様な、現状の先進諸国より、何周回も遅れている状態の劣悪国家等の

劣悪国家指導者等でも、

核兵器保有に拘っている」のが

「現状人間世界のお寒い現実」だ』。

『「劣悪何周回遅れ国家でも、核兵器保有」となれば、

「平和状態維持の為に実際に必要になるモノ」は

「上辺の美辞麗句や

国連決議や

国際法やその法的拘束力や、

ましてや、日本国憲法9条等である訳も無い」。

「北朝鮮以上の核兵器保有か、北朝鮮以上の核兵器保有国による核の傘等になる」。

「核兵器とは、核兵器による反撃がある国々には、使えない兵器」だが、

「核兵器による反撃が無い国々には、使えてしまう大量破壊兵器」だ。

「米国による核の傘の喪失」は

「日本の安全保障を壊す事に直結している」』。

『「上記の様な現実論」は

「少し考えるなら、誰もが分る」。

「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等が、

日本の安全保障を壊し、

北朝鮮等を有利にしようとしているのは何故か?」』

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下情報工作機関等の実態」が

「其処に露呈している」』。

『「本来の日本のテレビ・マスコミ等」なら

「行うべき」は

「人類の精神文化の正常進化に役立つ情報配信」だ。

「真の平和主義者等」なら

「内実として、北朝鮮等を有利にする情報配信を行ったり」、

「実効性が無い核廃絶法案等で正義ぶっている

現状の先進諸国等の力量不足国連代表等に悪戯に同調等するのでは無く」、

「人類が、実際に、核兵器を廃絶する方向に動く為に必要な

精神構造の正常進化等を訴えるべき」だ。

「それは、決して、困難な事では無い」』。

『「人類史を検証していても、精神構造の進化を検証していない

足りない人々」とは、

「上辺に拘る人々」で、

「上辺に拘る人々の精神構造」が

「上辺に拘る精神構造だから、その様な行動実態になってしまっている」。

「上辺に拘る人々の精神構造」とは、

「例えば、丸ごと一人の死生観・人生観等に拘っている状態」で

「それは、人の考え・思いの部分では正しいが、現実離れも激しい状態でもある」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実」は

「人の誕生・死も、細胞レベルの実現象」だ。

「つまり、生きている人なら誰でも、毎日、今、この瞬間にも、誕生・死を体験している」。

「一人の人の細胞は、約60兆もあるから、

ある人間個体が、細胞ごとに、自らを理解・把握して、自らを制御する事」は

「非常に効率が悪い事になる」。

「人類個体としては、

約60兆の細胞それぞれに・・・では無く、

丸ごと一人レベルで把握・認識し、

制御した方が、

圧倒的に効率が良い」。

「丸ごと一人としての理解・把握は、自己制御の為であってこそ、合理的になる」。

「ところが、地球生物史・人類史上」では、

「丸ごと一個体の死生観・生命観等の方が先に生まれている」。

「丸ごと一個体の死生観・生命観に基づいて、

全ての生物個体が、自己存続を図って来た」。

「多くの生物個体にとって、自己存続とは自種存続でもあった」から、

「本来なら、自己制御の為の丸ごと一個体の死生観・生命観等」は、

「他の自種個体へも投影・転嫁される様になった」。

「生物原理で事が進んでいるダケ」なら、

「丸ごと一個体の死生観・生命観等を

他の自種個体に投影・転嫁する事」が

「大きな間違いを起こす事も無い」。

「実体や事実・現実との乖離が、それ程、大きくないから」だ。

「ところが、人類の場合」は

「生物原理を超えた、物質文明を生み出し続け、使い続けて来ている」。

「この人類の物質文明の使用」が

「丸ごと一人の死生観・人生観の他人への投影・転嫁等と組み合わさる」と

「とんでも無い事態が生じてしまう」。

「人類の物質文明」は、

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に利用する事で、

より高度に発達し続けて来ている」が、

「その高度に発達し続けて来ている物質文明を使う精神構造」が

「生物原理(動物、或いは、獣と言い換えても良いかも知れない)レベル」なのだ。

「その象徴的な結果」が

「人類史は戦争の歴史」という訳だ』。

『「戦争の歴史を生み出して来ている精神構造を正常進化させ、

別次元の精神構造の人間世界を構築しない限り、

例えば、核兵器の使用を世界的に法律で禁止し、

例え、それが順守されたところ」で、

「核兵器では無い、核兵器以上の破壊力を持つ兵器を開発~製造~使用する国や者等」が

「他の人類を支配する様な状態が実現してしまう可能性等が、絶大になる」』。

『「肝要な事」は

「武力にせよ、経済にせよ、比べっこによる支配権争い/被支配権争い」という

「生物原理レベル、もしくは、動物レベル、もしくは、獣レベルの精神構造」から、

「今時の人類として、持つべき、

比べっこでは無い、

本質を探究し、適材適所を実現する、快適人間世界を構築する、

正常進化した精神構造」への

「正常進化」を

「全ての人類が、実現出来る様にする事」だ。

「基本的方法」は

「至って簡単」だ。

「物質文明の進化同様、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

精神構造や精神文化面でも、

意識的かつ積極的に実用すれば良いダケ」だ。

「例えば、

丸ごと一人の死生観・人生観から、

細胞レベルの死生観&丸ごと一人の自己健常制御観等への

正常進化」が

「今、生きている全ての人類に、強く、求められている」』。

『「自己健常制御を行い続けている人間」なら、

「その代償欲求に過ぎない、他の者・物・事の支配欲/他の者・物・事等による被支配欲」等は、

「健常レベルに抑えられている事になる」。

「武力や経済等による過剰な比べっこ」も

「他の者・物・事支配/被支配欲故の自虐現象」に他ならない。

「全ての人類の精神構造を健常進化させる」なら

「核兵器の廃絶も世界平和の実現も当たり前に出来る事になる」』。

『「所謂、文系の本来の仕事」は

「其処に在る」。

「人類の精神構造や精神文化の

健常進歩・正常進化に貢献する

情報配信や教育等を行う事」だ。

「本来の仕事をせずに、

政治運動等に明け暮れている」のは、

「劣悪な情報配信機関や学校等になる」』。

『「劣悪者同士の波長が合うが故の悪現象」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態と化しているテレビ・マスコミ等」という訳だ。

「もちろん、そんなテレビ・マスコミ等に、

過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・マスコミ等は、河野や野田の入閣で上機嫌の様相だが・・・。

『「タイトルの事態」を「逆から考える」なら「今までの安倍政権では、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ・マスコミ等」が

「お気に入り者」に「余り、実権が与えられていなかった」から、

「徹底的なアンチ安倍キャンペーン等が行われていた事」等が

「露呈する」。

「多くのテレビ・マスコミ等」による、

「森友・加計・陸自日報等の、実質的、小問題の大問題化大衆扇動」や

「大臣や自民党議員等に対する言葉狩り・態度狩り大問題化大衆扇動」等による

「大駄々」の「目的」は

「テレビ・マスコミ等お気に入りの者に、大きな実権を持たせる事」と

「強く、推定出来る」』。

『「多くのテレビ・マスコミ等お気に入り」の

「河野氏や、野田氏の入閣」で

「テレビ・マスコミ等による大衆操り大駄々騒動等」は

「小駄々化」し、

「何れは、終息する事等」が

「推定出来る」。

「今後は、

テレビ・マスコミ等による、

実質的、イメージによる大衆誘導等」で、、

「安倍政権に対するダメ出しを行わせていた

視聴者・読者等」が、

「河野大臣や野田大臣へのダメ出しまで行わない様」に

「操り具合を変えて行く実態が露呈して行く事になる筈」だ』。

『「テレビ・マスコミ等に、

イメージ等で操られてしまっている視聴者・読者等」は、

「イメージ等で大衆を操るテレビ・マスコミ等の悪質性に気づくべき」だ。

「その実態・実体」は

「ナチス・ヒトラーと同様なのだから!」』

『「テレビ・マスコミ等の

実質的、イメージによる大衆誘導」により、

「東京都」では、

「多くのテレビ・マスコミ等お気に入りの小池都知事が誕生」し、

「都議会でも、小池氏の下の都民ファーストが多数を占めた」』。

『「東京がどうなるのか?」は

「多くのテレビ・マスコミ等がお気に入りだった民主党が政権を得た時を思い出せば、

誰もが判る」。

「民主党政権時」には、

「総じて、

日本が細らせられた反面で、

中・韓(北朝も含む)や

在日中・韓(北朝も含む)系の者や企業等が太った」。

「小池都政下で太るのは何処か?」は

「要注目!」だ。

「テレビ・マスコミ等」は、

「その辺りの実態」も、

「ちゃんと実体や事実・現実通り取材」し、

「原寸大で、大衆告知するべき」だ。

「行うべき事を行わない何処かの誰かの為のテレビ・マスコミ等」なら

「その情報配信内容等は、信じるに値しない事になる」』。

『「将来的には、河野総理等の旨」まで

「喧伝していた、所謂、左翼(同上)、テレビ・マスコミ等まであった」のだから、

「テレビ・マスコミ等の偏向・偏重情報配信ぶり」は、

「本当に酷い」』。

『「所謂、左翼(同上)お気に入りの自民党政治家と言えば、小泉もその一人」だ。

「自民党では、小泉、野田、河野等々を偏重したがり、

良いイメージ・正義のイメージで風潮したがる傾向が強い」のが、

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「その逆に、所謂、保守系の政治家には、悪イメージを付けたがる」。

「保守傾向が強かった今までの安倍内閣」にも

「小問題の大問題化や、

言葉狩り、態度狩り等々により、

散々の悪イメージを付け続け、

内閣支持率まで落とさせた」のだから、

「現状の日本の政治」は

「民主主義というより、テレビ・マスコミ等による大衆誘導政治とでも言うべき実態」を

「露呈している」。

「その実態・実体」は

「まるで、ナチス・ヒトラー」だ』。

『「それは、

実質的、大衆誘導を行っているテレビ・マスコミ等お気に入りの総理や政権が出来たなら・・・」を

「考えるなら、誰もが判る」』。

『「お気に入りは、好イメージで・・・、

お気に入りの行う政治・政策等も、好イメージで・・・、

・・・その結果、出来上がる日本社会は、

見事なまでの二極化格差社会状態や、

利韓(北朝も含む)、利中共状態・・・」。

「そんな状態が続くなら、

細った日本を中共や韓(北朝も含む)が飲み込む事も容易になってしまう・・・」。

「北朝鮮独裁者等が、望んでいる日本の政治が其処に在る」』。

『「陰険なヒトラー」は

「戦後日本の中」で、

「非人道的な工作(飲食物工作・電磁波工作・侵入工作等々)の濃度を高める手法により、

不適応分子の粛清を行い続けて来ている」。

「その犠牲者は、尋常な数では無い」が、

「その個々の立証は、工作故に困難」だ。

「しかし、工作自体や工作の元を徹底摘発する」なら

「実態解明も可能になる」』。

『「新安倍内閣が、仕事人内閣」なら、

「日本の中の北朝鮮工作員・協力者等の徹底摘発を行うべき」だ。

「逆に、日本人粛清を放置し続ける」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の仕事人等になる」』。

『「テレビ・マスコミ等でも事態は同じ」だ。

「戦後日本の北朝鮮工作員やその協力者等による非人道的な工作活動等」を

「ちゃんと告発等する」のが

「日本のテレビ・マスコミ等」だ。

「告発等せず、実質的に隠蔽する事で、

北朝鮮工作員やその協力者等を利し続ける」のは

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下情報工作機関等になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

本日の明け方は、筆者の寝床の下方向からの工作電磁波が異常に強かったが・・・。

『「対策をしてある」ので「まるで、ウォーターベッドならぬ電子・ホールベッドの上で、寝かされていた様な状態だった上に、工作電磁波の強さ故に、刺激も強く、目が覚めてしまった」。

「工作電磁波を使った、殺傷粛清が、対策故に、安眠妨害で済んだ訳だ」。

「背中~首~頭全面に、電気治療器を強くして当てられている様な感があった」ので、

「真下方向だけでは無く、東北方面斜め下や、南西~西方面斜め下や、北西方面斜め下等、

多方向からの工作電磁波を集中させる事」で

「筆者の工作電磁波被爆度を上げようとした」のだろう』。

『「筆者の生活環境」では、

「工作電磁波対策用のアルミ板やビニールやテープ等を得る為」には、

「車でホームセンター等に行き購入するのが一番早い」』。

『「工作員等」は、

「車の工作も行っている」。

「車での事故狙いの粛清工作や、車での移動を困難にする為」だろう』。

『「筆者等担当(?)の工作員等」は、

「筆者の車にも工作電磁波発生ソフト等を仕込み、

其れこそ、毎明け方(の様だ)

リード線の角度等を調整して、

運転手の頭や顔や首や胸や足等、

人間身体の車の運転時に重要になる部分に、

工作電磁波が当たる様にし続けて来ている」。

「運転前に、

毎度毎度、

リード線等の角度を確認し、

実害が出ない様にずらしてから、運転を始めるのは、

本当に、余分な手間」だが、

「工作電磁波が身体の重要部分に当てられ続け、

車の運転に支障が出るのより、

遥かにマシ」だから、

「本日も、余分な手間をかけて、実害が出ない様にした上で、

車で買い物に行って来た」』。

『「筆者の今の車」は、

「鍵が甘く、セキュリティーも緩い」。

「以前、ディーラーでセキュリティーアップの相談をしたら、乗り気では無く、

カー用品等ショップ等でどうぞ・・・等の対応」だった。

「工作電磁波が発生していて、電気的に変だから、

メーカーに電気系統の異常を、調査し、元凶への対策を望んだ」が

「ディーラーが拒否」で

「メーカーもディーラー経由では無いと拒否」という

「あり得ない対応」だった。

「それらの旨は、以前にも記した」』。

『「そんなところには、

工作員等の親玉等が、

かなり深く入り込んでいる可能性大」だろう。

「買い替え時には別のメーカーにする」』。

『「現状では、

近場レベルなら、

乗る前の余分な手間で、何とか問題無く乗れる」から、

「近場の他メーカーのディーラーを彼方此方回って試乗を繰り返した」ら、

「工作電磁波の発生が仕込まれている試乗車もあった旨」も

「以前にも記した」』。

『「営業マンにその旨告げ、対応を迫ったら、

対応が、普通にまともな対応を示したところと、

筆者の気のせいや感じ方のせいにし、

無い事にしたがったところがあった」。

「もちろん、無い事にしたがっていたところでは、車は買わない」』。

『「試乗車の工作電磁波の原因」は

「ディーラーに車を見に行った工作員等や、ディーラーの中の工作員等が、

試乗車に工作電磁波発生ソフトを仕込んだ事」と

「強く、推定出来る」。

「普通のメーカー等なら、実質的には、重大な商妨害行為等」だから、

「警察等への告発等が当然な筈」だ。

「当たり前の事を行わないディーラー等」は、

「工作員等人脈のお仲間等が牛耳っている」と

「強く推定出来る」』。

『「本来なら発生していない工作電磁波故の事故等を防止する為」にも、

「車の工作電磁波対策は急務」だ』。

『「ディーラー等を彼方此方回りながら、

他人の車に侵入工作を仕掛けながら、

工作電磁波ソフト等を仕込み続けている、

工作員等を摘発~逮捕~厳罰に処す事等」が

「強く望まれている」』。

『「警察が、例えば、筆者の車を見張る」なら

「工作員の逮捕は、結構、容易な筈」だ。

「何しろ、毎明け方(の様だ・・・)の様に、

勝手に、鍵を開け、

運転席周囲や、

時には、エンジンルーム内までも、

リード線の折れや角度等を変えているのだから」・・・。

「工作電磁波発生ソフトの更新(?)等を行っている事もある様だ」』。

『「もちろん、そんな事を頻繁に行い続ける事が出来ている」のは、

「近隣に住んでいるから」だろう。

「筆者の部屋の中の筆者に向かって、工作電磁波を執拗に当て続けようとしている者たち」も

「もちろん、近隣に居る事になる」』。

『「警察が、ある程度、本気で、例えば、筆者の周囲を当たる」なら、

「侵入・電磁波(だけとは限らない)工作員の摘発」は、

「困難では無い」。

「其処から、辿るなら、工作組織の摘発も困難では無い筈」だ。

「何しろ、工作員の上には、監視員が居る」。

「もちろん、監視員も近隣に居る」。

「工作員や監視員の人脈を洗う」なら、

「それらと無縁な人々以外の数多くが、摘発対象となり、

更に、その上には、

工作指令部が露呈する事になる」』。

『「組織的犯罪」が

「組織が大きいが故に摘発されない」のなら、

「本当に、深刻な事」だ。

「濃度のロジック」で

「考える」なら、

「誰もが分る事がある」』。

『「濃度ロジックの粛清工作等により、日本国内の日本人濃度を低くし続け、

日本国内の●●人濃度を高め続ける」なら

「何年もかければ、合法的に、●●人が、日本を合法的に乗っ取り支配出来る事になる」。

「日本全体で、●●人の濃度を高める為には、相応に、長い時間が必要になる」が

「先ずは、例えば、政界やテレビ・マスコミ界・芸能界等、総人口はそれ程多く無いところで、

●●人濃度を高めると共に、

●●人が実権を握り占め続けるダケ」なら、

「日本側が無防備なら、其れこそ、数十年レベルで可能」だろう。

「平和共存とは程遠い、陰険な侵略行為」が

「其処に露呈している」』。

『「テロ等準備罪も施行された」のだから、

「日本人粛清工作等を行い続けて来ている集団は、

遠慮無く、

徹底摘発して頂きたい」と

「強く願っている」』。

|

昨今、街中の電線の長細いカバーケースに何等かのモノを取り付けている様相の工事が行われていたが、そんな電線の下を通ったら、弱めの工作電磁波の類が出ていた・・・。

『「本日も、工作電磁波対策の為、お金も手間もかけさせられ、時間も削がれた」ので、

「ブログ記入も今頃になってしまっている」』。

『「何の工事か???」だった

「電設業者等による電線カバーケース部への工事」が

「筆者の周囲でも、行われ続けていた」が、

「工事を施した範囲の電線から」は

「工作電磁波の類を発生させる事が出来る様」だ』。

『「昨日、街中に出ると、何か変な感じがした」ので、

「試しに、電車で、移動した」ら

「電車の中まで、変な感じ・・・だった」が、

「二駅ほど移動する」と

「変な感じが消失」した。

「別の市内に入ったところから、切り替わっている様相」だ』。

『「徒歩では、駅前から、離れて行くと、変な感じが、消失した」。

「変な感じは、電線の下で強くなる」。

「ここで、思い当たる」のが、

「タイトルの事態」だ』。

『「昨今、筆者の住んでいるところの周辺」では、

「電設業者等が、電線のカバーケース部に何らかのモノを付けている様な工事」が

「行われ続けて来ている」。

「その様な工事を目撃したところの電線から、

工作電磁波の類と推定される

変な感じをもたらす、

恐らくは、電子・ホール波が、出ている様相」だ。

「電気的に、オンオフ可能だろうから、常に出ているとは限らないが」』。

『「現状では、それ程、強くは無い」ので、

「いきなり、人が倒れたり・・・等の事態は、起き辛いかも知れない」が

「人体を取り巻く、電子・ホール環境が、変わっているからか、、

何となく、身体が重く、動かし辛い状態等を実感する」。

「脳にも影響がある様」で

「イライラや不安感等が生じ易くなる様」だ』。

『「恐らくは、市内の電線関連の工事を担当している業者の中」に

「工作員等が居て、

昨今の電力自由化等で必要になっているのかも知れない

電力会社関連の工事を行う時」に

「工作電磁波の類を発生させる事が出来るモノまで

付けている」と

「推定出来る状態が露呈している」』。

『「目的は、何か?」

「ターゲットへの工作電磁波被爆濃度を上げさせる為」だろう』。

『「筆者の場合は、部屋は工作電磁波対策をし続けている」ので、

「工作員覗きの下で、ポイントアップされながら、

近隣工作員や、

近隣仕込み等による、

強い、工作電磁波の照射に見舞われ続けている状態だが、

対策が相応に利いている様で、

部屋に戻ると、むしろ、楽になる」。

「つまり、現状では、

部屋の中での被爆度<工作電磁波の類発生電線下での被爆度状態」だ。

「工作電磁波対策をしていない状態なら、

部屋の中にも、周囲の電線からの工作電磁波の類の影響が来てしまう事になるので、

工作電磁波被爆濃度が、飛躍的に、高くなってしまう事になる」』。

『「以前、日本人41歳寿命説等が言われていた時」には、

「飲食物工作や大気工作や侵入工作等々で、

多くの日本人を早死にさせる計画があったらしい」が、

「その実態」は

「例えば、飲食物工作の場合」は、

「公害・大気汚染ベースの上」で、

「当時の、未だ、人間の身体に優しく無い、農薬・化学肥料等や食品添加物等々を多めに加えさせる事の上に、

工作員が侵入工作で、

ターゲットの飲食する物・飲食に使う物に

弱毒物や有害物等を仕込み続ける手段だったそうだ」。

「つまり、農業や、食品製造業等のお偉いさんに、工作員に指令を出す者た居た事になる」。

「もちろん、多くの日本人」は

「農薬等は洗い流して使い、食品添加物が多い物は、食品本来の味がせず不味いので、避けた」し

「公害・大気汚染状態も急速に改善された」ので、

「寿命が縮む事も無かった」。

「そればかりか、医療技術等の進歩で、寿命は大いに延びた」。

「しかし、侵入工作までされた人々には、相応に多い犠牲者が出たらしい」。

「ここで、多くの日本国民が知るべき重要な事」は、

「戦後の日本社会には、

日本人早死に化まで企んで来ている工作集団等が居続けている事」と

「その対策が不十分過ぎる事」だ』。

『「だから、

実際に、

日本全国各地から多数の日本国民を拉致する事まで

実現してしまっている」』。

『「そして、そんな連中が、昨今熱心に行い続けている事の一つ」は、

「電磁波工作」だ。

「工作濃度で、ターゲットを早死に化させようとする悪のロジック」は

「以前から、全く同じ」だ。

「濃度でターゲットを早死に等させた場合、

今までの、日本の法や摘発体制では、摘発し、罪を問い、罰を与える事が

不可能に近かったから、

悪どもは、其処をつく工作手段を構築し、実行し続けて来ている」と

「強く、推定出来る」』。

『「しかし、今は、テロ等準備罪が在る」。

「工作電磁波濃度により、ターゲットを早死に化させようとしている悪の集団」の

「事前摘発は、十分に可能」だ。

「何しろ、電磁波工作には、仕込みが要る」し、

「実際に、既に、かなりのところに仕込まれている」。

「準備は、既に在る」。

「目的を立証する為」には、

「工作電磁波の悪の実効を検証すれば良いダケ」だ。

「ある程度以上、濃度が高い工作電磁波が当てられ続けた生体に対する影響を実証する事」は

「それ程、困難な事では無い」。

「濃度が高い状態をつくり出している実態」には、

「悪意が露呈している」から、

「総合する」なら、

「摘発後、罪に問い、罰を与える事は、十分に可能になる」』。

『「日本国政府・警察等は、

電磁波工作を徹底調査し、

出来る限り早く、摘発するべき」だ』。

『「戦後日本国内に居続けている悪意のある集団の徹底摘発~撲滅」は

「日本社会の実環境を劇的に改善させる特効薬になる」。

「それは、北朝鮮問題の解決にも直結している可能性大」の

「重大事」だ』。

『「日本の総理大臣や日本の政権」なら、

「この重大事を見逃す訳も無い」』。

『「近々、戦後の日本社会を黒く重く覆い尽くして来ている酷い雲が、

取り除かれる事」を

「強く、期待している」』。

|

相変わらず、筆者の部屋や車等では、工作電磁波が酷い・・・。

『「相応の時間とお金と手間をかけて、対策をし続けている」ので

「重大な悪の実効は出ない」が

「もちろん、工作電磁波の無い、快適な環境とは程遠い」。

「対策故に、日光も遮断状態で、昼でも電灯をつける必要がある」。

「順次必要になった対策を積み重ねて来ている」ので

「部屋の中は、対策板が乱雑に増えて来ている状態」だ。

「快適なインテリア環境等とは、ほど遠い」』。

『「対策の為に、

費やさざるを得なくなっている時間もお金も手間も、

筆者の人生を大きく阻害している」。

「それでも、対策を行い続けている」のは、

「重篤な健康被害や生命被害等が起きるよりマシだから」だ』。

『「工作が集団的工作である事」は

「以前にも記した」。

「テロ等準備罪も施行されている」のだから、

「即刻にでも、摘発して頂きたいものだが、

元から全て摘発されない限り、

一般日本国民も含むそのスジの人脈の者たちにとっての不適応分子の{粛清工作}」は

「その方法が変わるだけになってしまう可能性大」なので、

「粛々と耐え続けている」』。

『「戦後日本社会」で、

「そのスジの人脈から勝手に、

不適応分子扱いされ、

集団的粛清工作の被害を被らされ続け来ている、

筆者等にとっての

夜明けの日は、

何時だろうか・・・」。

「近づいて来ている気配はあるのだが」・・・』。

『「集団的粛清工作ストーカーたち」は

「筆者等、粛清工作被害者の周囲から、徹底排除されるべき」だ。

「祖国・母国・親国等々に、強制送還・強制送致し、日本国への再入国は永遠に禁止する」のも

「合理的手段だと思うが」・・・。

「その位の罰が与えられて然るべき工作実態があるのだから!」』

|

«「(政治の)受け皿論」が盛んだが・・・。