本日、筆者の部屋の東側斜め上方向の部屋で工事があったが、その後、その方向から、強烈な工作電磁波が来る様になってしまっている・・・。

『「筆者のところは、集合住宅」だが、「本日、筆者の部屋の斜め上の部屋で、配管工事があった」。

「配管工事なので、電気機器が取り付けられたとは考え辛い」が

「何故か?その部屋の方向」から、「強力な工作電磁波が一気に来る様になった」』。

『「確実に、意図的に、工作電磁波を発する何かを付けている様相が露呈している」』。

『「都議選だが、

選挙時に、

有権者が決して選んではいけない人脈」とは、

「電磁波工作等、非人道的な工作活動等を行っていたり、協力していたり、無い事にしたり、・・・している者たちの人脈」だ。

「何故なら、其処に在る」のは、

「共存、共生、共繁栄等では無く、

非人道的な粛清工作等を仕掛けている人脈による

日本国・日本国民支配だから」だ』。

『「筆者のところでは、直に気づいた」ので、

「マタマタ、金と時間と手間がかかる対策を、

頭心体を守る為に、行わざるを得なくなってしまった」』。

『「テロ等準備罪も成立した」のだから、

「警察等は、早々に、集団的工作活動を徹底摘発するべき」だ。

「電磁波工作の場合、必ず、物が在る(仕込みソフト等にしても、工作機器にしても・・・)から、

本気で摘発し、

電磁波工作による殺傷能力等を本気で検証する」なら、

「罪の立証は、意外と簡単になる」』。

『「濃度を高める事で、実害をもたらす、悪賢い工作手段の実態」も

「筆者の様に、メモしたり、ブログ上で公開したり、している者も居る」。

「濃度を高める意図や意志等が無ければ、成立し得ない工作電磁波の濃度による実害」から

「遡る」なら、

「陰険なナチス・ヒトラーの実態・実体も良く判る事になる」』。

『「今、日本国政府や日本警察等の本気が問われている」。

「法が成立しているのに、集団的工作活動等を摘発しない・・・」では、

「絶大なる非難を免れない」』。

|

「言葉狩りで、何が何でも、加計問題化」テレビ・マスコミ等の暴挙は何時終わるのか???・・・。

『「戦後日本の公共の電波上や公共的マスコミ上」で「其れこそ、何千万人もの人々に対して、一斉に、配信され続け来ている情報内容」が

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報では無く、

実質的に、旧社会党系人脈等を利すように、偏重・偏向された情報である事」は、

「本当に、深刻な重大問題」だ』。

『「この深刻な重大問題」を「ちゃんと意識出来ず」に、

「テレビ・マスコミ等を、

正義の情報配信機関等と

誤認したまま」、

「テレビ・マスコミ情報を鵜呑みにして覚える」と

「テレビ・マスコミ等による操り人形と化してしまう」』。

『「そんな操り人形化されてしまっている人々の数や割り合い」は、

「政権与党を貶める実効がある情報」が

「執拗に配信された後」の

「世論調査の数値等からも、良く分る」』。

『「かつての、自民ダメ~!政権交代~!!民主~!!!」の

「実質的、大衆誘導工作時」には、

「実際に、政権交代が実現してしまった」のだから、

「実際に、かなりの数の人々が、操り人形化されていた様相が露呈している」』。

『「民主党には、

数多くの旧社会党系の者たちが居て、

その実権掌握割り合いもかなり高かった」が、

「その様な内実情報等」は、

「多くのテレビ・マスコミ等では、ほとんど情報配信されていなかった」。

「その反面」、

「言葉狩り等の手段による、自民ダメ~!偏重・偏向情報」は、

「其れこそ、

テンコ盛り状態で、

情報配信されていた」』。

『「政権交代の内実」は、

「旧社会党政権が出来る様な事でもあった」が、

「その様な実体情報」は、

「旧社会党系の者等が実権を握り占めているテレビ・マスコミ等からは、

当然の如く、配信されていなかった」』。

『「旧社会党とは、

北朝鮮労働党や中国共産党等とのお友達」で、

「その繋がり上、日本国内の北朝鮮系の人々の多くとも近しく、

更に、朝鮮系人脈繋がりで、日本国内の韓国系の人々の多くとも繋がっている」。

「その結果、

実際に、

民主党の応援や、支持者等には、

在日韓国人の団体である民潭の人々がゾロゾロ・・・だった」』。

『「民主党政権が行った事」も

「利韓・利北朝・利在日外国人等となる事が多かった」が

「それは、構成人脈上、当然の事になる」』。

『「総じて、

日本が細らせられた反面で、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)が大いに太った」のが

「民主党政権時の実態」だった』。

『「果たして、そんな事を望んでいた日本国民がどれ程居たのだろうか???」

「もちろん、多くの日本国民は、そんな事は、望んでいなかった」が

「民主党にも大いに流れ込んでいる、旧社会党系の者等が、

実権を保持し続けている、

テレビ・マスコミ等に、

ある意味では、騙されて、操られて、

民主党や民主党候補者等に

貴重な一票を入れた・入れさせられた」のが

「実態・実体」だった』。

『「昨今、同様の事態」が

「また、起こされて来ている」』。

『「選挙も無いテレビ・マスコミ界」だから、

「人脈交代も無い」。

「自浄も???」だ。

「結果、同様の事が、繰り返されている」』。

『「先ずは、日本の首都東京を、

そのスジの人脈が牛耳れる様にするべく、

都知事選では、

テレビ上がりで、

朝日新聞上がりの細川氏の下で政治家に転身し、

小沢氏の下でも政治を学んだ、

小池氏」を

「当選に導いた」』。

『「次に

都議会を

小池都知事のイエスマンで埋め尽くす」なら、

「東京では、思い通りの政治が行える」という訳だ』。

『「都議会を都合の良い状態にする為」には、

「都議選に先立って~都議選時」に、

「多くのテレビ・マスコミ等が、

現都議会第一党である自民党に

徹底的に、ネガティブなイメージを付ける、

情報配信を

執拗に行い続ける事」が

「合理的になる」』。

『「ネガティブイメージの政党には、投票し辛くなる」のも

「有権者の心理だから」だ』。

『「自民党にネガティブなイメージを付ける事が目的」だから、

「元のネタ」は、

「国政上の事でも、

国会議員や総理の言葉狩り等でも、

何でも良い事になる」』。

『「昨今の、多くのテレビ・マスコミ等による政治情報」が

「自民党安倍政権等に、

ネガティブなイメージを付ける実効がある情報配信に

特化している様相」は、

「上記の裏の目的等を、如実に、露呈させている」。

「しかし、

テレビ・マスコミ等の実権者人脈等を知らず、探究等もせず、

テレビ・マスコミ等は、正義の情報配信機関等と、誤認している人々」は、

「露呈状態の、裏の目的等に、気づく事も無いまま、

自民党安倍政権等に対するネガティブイメージ等を

自らの中で育成させられてしまっている場合が多い」』。

『「そうなってしまうと、選挙時には、自民党に投票し辛くなる」。

「結果、自民党以外の票が増え易くなる」という

「策略」が

「露呈している」』。

『「世論調査等が露呈している事」は、

「多くの日本国民が、民主党政権で懲りている筈」なのに、

「未だに、約1割の人々」が

「そのスジのテレビ・マスコミ等の操り人形状態である事」だ。

「それは、結構、危険な実態」だ』。

『「それでは、

選挙時には、

どうすれば良いのか?」』

『「選挙で、政治家や政党を選ぶ時」に

「先ず、重要視すべき」は

「実権者の人脈」だ。

「何故なら、実権者の人脈は、政治を行う事で、何処のどんな人々を利すのか?等に、

否応無しに、大きく関係する事だから」だ。

「それは、民主党政権時の実績からも、明らか」だ』。

『「政治家や政党」の

「実権者人脈が判っている」なら、

「政治家や政党の上辺の訴えの裏に在る内実で、実行しようとしている事等」も

「判り易くなる」』。

『「ちゃぶ台返し政治の裏にある」のは、

「参入業者人脈等をチェンジする思惑」と

「強く、推定出来る」』。

『「幸いな事に、今のところは、皆、元のサヤに収まっている様相」だが、

「都議会の実権が変わる」なら、

「チェンジも容易になる事になる」』。

『「小池都知事や、

テレ朝常連出演者等の、

朝日新聞本社ビルが在る築地への拘り」も、

「人脈から考えるなら、当然の現象」になる』。

『「現在では、東京外に住んでいるが、東京産まれ東京育ちの筆者の感覚」では、

「市場で、場所に拘る感覚は全く無い」。

「場所は、何処でも、

優れた状態の中央卸売市場なら全然問題無いと思う」。

「中央卸売市場にニックネームでも付けて、

それをブランド化する」のが

「合理的と思う」』。

『「築地(江戸前)の海産物ダケを扱っている訳でも無い」のに、

「築地という地名ブランドに拘る」のは、

「明らかに変」だ』。

『「変の裏」には、

「本社ビルが在る場所のブランド地名化に拘りたい、

情報配信界で、相応の実権を持っている人々の臭いが、

漂っている」・・・』。

『「公共的情報配信機関なのに、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信では無く、

偏重・偏向情報配信を続けられている

不健常な情報配信機関」の

「健常化・正常化」は

「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝夜番では、未だに、多くの視聴者等を「天才に憧れさせる為の天才論等」を日本の公共の電波上で風潮していたので、本当に、呆れた・・・。

『「天才=天由来の才能=自然の摂理に素直な者」という「大原則」を「外した」、

「特定の状態下に在る人間の都合に沿った天才論」は、

「往々にして、常に、醜悪」だ』。

『「本日のテレ朝夜番」の

「似非天才論」でも、

「その醜態ぶりは、顕著」だ』。

『「そもそも、特定のゲイノウ人にスポットライトを当てた段階」で、

「似非天才論が、似非天才論でしか無く、

実質的には、特定のゲイノウ人等の価値を上げる事等による、

芸能界の価値向上の為の

実質的、情報工作等である事等」は

「バレバレ」だ』。

『「公明正大な天才論」なら、

「特定のゲイノウ人等にスポットライト等を当てる事」は、

「逆に、障害になる」』。

『「天才等、より頼れそうに思える者・物。事等に頼りたい欲動」は、

「比べっこ支配/被支配権争い状態」で、

「現状脱出欲動が渦巻いている

現状人間社会内」には、

「其れこそ、山ほど在る」。

「ある意味では、極めて、当選の現象」だ』。

『「ここで、健常な問題解決論等を公共の電波上で配信する」なら、

「似非天才論等では無く」、

「実体検証論や、実体との整合性探究論等になる」』。

『「ところが、

散々、

劣悪な情報等で、

視聴者。

の頭の中を染め上げ続けて来ている連中」にとって、

「実体検証論や、実体との整合性探究論等」を

「配信する事」は

「自らの罪を露呈させる事にも直結している」』。

『「其処で、人寄せパンダ的にデッチあげられている」のが、

「似非天才論等」という訳だ』。

『「ついでに、ゲイノウ人等の価値」を

「視聴者の頭の中で、膨らまさせる事等に成功する」なら、

「お手盛り情報配信による、不当利権等も、膨らませ易くなる」』。

『「実に、悪劣な情報配信実体が其処に在る」』。

『「将棋界の快挙」等を「ダシ」に

「似非天才論」等を

「風潮したがる、

劣悪な者等が、

牛耳れている」のが、

「現状テレビ界の酷過ぎる実態・実体」だ』。

『「是正が急務である事等」は、

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「線と日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「都議選と国政を連結させたがり、ご都合、将棋界の14歳公式戦デピュ―以来29連勝藤井四段論」等を、常連出演者等が、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「都議選と国政を連結させて、多くの視聴者にも、支持政党等や、投票先等を考えさせよう・・・」等の「実質的、政治運動」は「本当に醜悪」だ。

「更に、一強与党にお灸をすえる旨」まで「風潮していた」のだから、

「明らかに、野党側を利す為の政治運動の様相だったのだから!」

「政治的偏向情報を公共の電波上で、一方的に大量配信出来ている現状」は、

「明らかに異常」だ』。

『「一強与党にお灸をすえる」で

「野党等に投票してしまう人々」とは、

「上記の様なテレビ情報等に操られてしまっている状態の人々に他ならない」。

「一強与党にお灸を据えたい」のなら、

「与党議員事務所や与党本部等に、

抗議等の旨、どんどん送付等する方」が

「遥かに、合理的」だ。

「与党への抗議等の目的で、野党を利す事」は、

「往々にして、日本国・多くの日本国民に不利益をもたらす事に直結している」』。

『「その実態・実体」は

「過去の、テレビ・マスコミ等実質的、誘導による、政権交代劇等からも明らか」だ』。

『「民主党政権の再来版等」を

「心の底から望んでいる日本国民」は

「果たして、どれ程、居るのだろうか???」』

『「旧社会党の多くが、民主党に、上辺を変えたのと同様」に、

「旧民主党系の者やゲイノウ人では成功も???等の人々」が

「こぞって、集合している」のが

「小池新党の実態・実体」だ』。

『「政策実行力等は、???」で

「基本的には、

小池都知事の手下の、

イエスマン、もしくは、一票マシン等として、

働くダケがやっと・・・の者等が多い」』。

『「小池都知事にすれば、欲しいのは、意のままに操れる都議会の様相」だから、

「とりあえず、政治家として当選したい者」等とは、

「利害関係面で合致している」。

「政策実行能力等の実力のある者」では、

「手下にしたところで、小池都知事の言う事等を聞くダケでは済まない場合が多くなる」から、

「むしろ、政策実行力も???の者の方が、好都合」というのが、

「小池都知事の本心」だろう』。

『「ここで問題とされるべき」は、

「小池都知事が行いたがっている政策・政治等」だ。

「知名度アップ・注目度アップ・求心力アップ等の為」に

「ちゃぶ台返し、前政権による政策等批判」等を

「続けて来ている小池都知事」だが、

「ある程度、結論が出た事」は、

「五輪会場問題」でも、

「豊洲移転問題」でも、

「前政権の政策等側に落ち着く状態になっている」。

「実質的、{小池ファースト}の為の大騒動」に

「何処と無く、虚無感等がつきまとっている」のは、

「単なる、偶然では無い」』。

『「その様な{実績}」から「推定する」なら、

「小池都知事独裁状態が通る都議会」では、

「東京自体に、虚無が生じる可能性も、決して、小さく無い事になる」』。

『「都民有権者」は

「テレビ・マスコミ情報等」や

「国政と無理やり連結させた、一強与党にお灸論」等に

「操られる事無く、

慎重に、

本当に、自分たちの為になる候補に

貴重な、

主権在民上の民権の一票を投じるべき」だ』。

『「東京産まれ、東京育ちだが、現在は、東京外関東平野人である筆者」も

「都議選は、注視している」。

「あらぬ政権が誕生する」なら

「地磁気の乱れがもたらす、多くの人々の判断ミス故」で

「その場合は、首都直下地震も近いかも・・・」等と

「感じていたり・・・もするから・・・」でもある・・・』。

『「14歳藤井四段の快挙」が

「非常に大きく扱われている」のは、

「現状日本社会上では、当然の現象」だ』。

『「しかし、多くの人々は、

将棋自体には、

それ程、深い見識等を保持していない」。

「そこで、視聴率・販売数向上等は取りたいテレビ・マスコミ等」が

「14歳の快挙に付け込んで、用いている、ある意味では、姑息な手段」が

「勝負メシ話題化」だ。

「将棋は???」でも

「メシなら、其れこそ、何処の誰でも分る」』。

『「次に、用いられている、ある意味では、姑息な手段」は、

「棋士の成育歴や性格・趣味等の

人物像にスポットライトを当てた

人依存心を煽る

情報配信」だ』。

『「元々、

常連出演者や、

特定極一部ゲイノウ人や、

特定極一部スポーツ選手等や、

特定極一部政治家等々」で、

「散々、特定の者への依存心等を煽って来ている

テレビ・マスコミ等」が

「自らの土俵の上に、

多くの視聴者・読者等を載せる為」には、

「非常に、合理的な、{姑息な手段}」だ』。

『「稀に、将棋自体の内容も少々ダケ配信されている」が

「プロでも、本当は、どちらが有利なのか???」の

「情報」等を、

「多くの視聴者に

オモシロく、伝える事」は

「本当に、困難」だ』。

『「将棋界自体の話しとして」は

「対戦料や勝利賞金等の話題」が

「多くの視聴者・読者等にも、分り易い」から、

「重用されがちになっている」』。

『「最も、問題とされるべき事態」は、

「せっかくのテレビ・マスコミ情報」なのに、

「何処のテレビ・マスコミ等」でも、

「将棋とは?」とか、

「何故、タッタ14歳でもこれ程の偉業が出来てしまうのか?」等々の、

「将棋というモノの本質を探究している情報配信等を行っていない事」だ。

「結果、多くの視聴者・読者等の考え・思い等は、深まる事無く、

この話題も、

単なる、その時の、ビックニュース等として、

記憶等されるダケに成り易くなる」』。

『「其処には、

情報配信」が

「視聴者・読者の精神構造等の健常成長にほとんど役に立っていない実態・実体」が

「露呈」している』。

『「それでは、将棋とは?」

「言うまでも無く、

盤上で、

二人が、

一定のルールの下で、

勝ち負けを争うゲーム」だ。

「基本的には、二人」が、

「一定のルールの下」で、

「勝ちを目指す、比べっこ」を

「行う、ゲーム」だ。

「更に、

最初は、

二人のどちらもが同条件」から、

「ゲームが始められる」』。

『「先手・後手の振り分けで、同条件は崩れる」が、

「先手・後手を決めるゲーム」は

「同条件で行われる」』。

『「そして、将棋の勝負は、

ほとんど全ての場合で、

数十手から、百数十手程度で、

はっきりと決まる」』。

『「かなり、単純化されている、

たった二人」の

「同条件から始める」、

「盤上の勝ち争いの比べっこ」だが、

「棋士が選べる手の数は、天文学的数」だ』。

『「盤上のゲーム」なので、

「基本的には、実際の殺傷等とは、無縁」で

「その意味では、

将棋をやっている限り、

平和でもある」。

「この辺りの事情」は

「例えば、スマホゲーム等でも全く同様」で

「例えば、

シューティングゲーム等で、

どれだけ敵を破壊しても、

実際の殺傷事件が起きている訳では無い」ので、

「平和」だ』。

『「しかし、忘れてはいけない事がある」。

「それは、比べっこゲームである事」だ。

「最初は、同条件の、

比べっこによる勝利支配権争い」というのが

「将棋の本質でもある」』。

『「実は、

比べっこゲームである将棋の本質」が、

「タッタ14歳での快挙実現にも繋がっている」』。

『「人類誰でも、乳・幼期には、

比べっこによる、他の者・物・事支配/被支配争いの精神構造」を

「身に着けている」。

「比べっこ勝負等の訓練」は、

「其れこそ、乳・幼期から、可能」だ』。

『「スポーツ競技選手等でも、幼少期から訓練した人が、結構な成績を上げている場合も多い」が、

「将棋という頭を使う競技(比べっこ)でも、

その本質が比べっこである限り、

幼少期からの訓練」は、

「十分に可能」だ』。

『「将棋なら将棋に特化した訓練」を

「本人の肯定的な意識の下で行う限り、

幼少期から行い始めた方が、より有利に成り易い」のは、

「生物として、当然の現象でもある」。

「頭・心・体が、時と共に、その方向に向かって、育てられるから」だ』。

『「更に、人間の脳の場合」は

「小学校高学年~中学校~頃に、

より高度な記憶・思考回路等を、

大いに、発達させる事が出来る様になる」。

「成長期の増大化を、その目的に沿って、使う」なら、

「かなりの力量アップ可能になる」』。

『「因みに、

年齢を重ねて、

人体として成長を主とする事がそれ以上困難になる」と、

「人間の頭の中でも、

単純化による効率アップが目指される様になる」。

「成長期の棋士」と

「成熟期の棋士」の

「棋風が変わる」のは、

「人体として当然の現象でもある」。

「単純化の先には、頻用しないモノの廃棄も含まれる」が

「廃棄したモノを再度得る事」は

「成長を主と出来ない状態の生物にとって、非常に困難な事になる」。

「何処の誰でも、色々な、縛り等が、必然的に生じる、人生上、

常に、頻用する事が不可能なモノも多い」から、

「単純化による効率アップに主軸が移った後の人間」は

「次第に、老いて行く事になる」』。

『「快挙故に、棋士や将棋に

スポットライトが当たり、

快挙が無ければ、知る事も無かったかも知れない人々」が

「将棋等を知る機会が出来た事」には

「大きな意味がある」。

「何故なら、将棋界」も

「日本社会の中に実在し、

かなりの、現状経済システム上の、実体経済も有している世界だから」だ』。

『「比べっこによる他の者・物・事支配/被支配争いという、

乳幼レベルの精神構造のまま・・・の人々」にとっては、

「強いプロ棋士の、現状経済システム上での有利さ、有意さ、等」が

「かなり、魅力的に思える」かも知れない。

「かつて~の、幼少期から、スポーツ選手育成ブーム等と

同様」に、

「幼少期から、棋士育成等が、

流行るかも知れない」・・・』。

『「しかし、今時の人類」なら、

「考えるべき」は

「現状経済システム上や、現状社会システム上での、

特定極一部の者の、現状成功像等を、

自分の家族等の下へ導く事等では無い」。

「本質を探究し、

自分の実体や、その実体の本来の目的との整合性が高い、

社会・経済システムへの

正常進化」に

「力を加える事」だ』。

『「自らの実体把握さえ???状態の人々」は、

「有名人等を覚え、

有名人等に自分を投影・転嫁等する事等により、

まるで、自分にも、

有名人が現状人間社会・経済システム故に得られている、

多大な報酬や名誉等の

一部が有るかの如き、幻想に、

現実逃避等したがる傾向さえ、

露呈している場合が多い」。

「現実逃避の受け皿としての有名人等」は、

「例えば、より強く、よりかわいく、より美しく、より大金持ちで、・・・等々、

より頼り易い方が都合が良い」。

「しかし、そんな特別に良いと思える状態の者たちを生み出している」のは、

「実質的には、差別」だ。

「能力差別であり、

ルックス差別であり、

経済差別等々」に他ならない』。

『「自分の実体から整合性を取る」なら、

「他人より強い者」より

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性を高める者の方が、

合理的になる」。

「テレビ・マスコミ等ご推奨の特定のルックス等に現実逃避するより、

自分の実体と相性の良い異性等との出会いや共生等の方が、

遥かに、合理的になる」。

「現状経済システム上の差別故に優位になれている者等に憧れるより、

人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い

社会・経済システムの構築に力を注ぐ方が、

遥かに、合理的になる」』。

『「既に、科学レベルで判明している現実」として、

「誕生・死とは、細胞レベルの現象である事」だ。

「丸ごと一人の死生観や人生観に拘る」なら、

「あの世や神等を信じ、

聖戦や自爆テロ等も行えてしまう心理状態にもなれてしまうかも知れない」が、

「今、この瞬間にも、細胞ごとの死を実体験し、細胞ごとの誕生の実体験しながら生きている現実」を

「ちゃんと、理解・把握している」なら、

「その現実や、その現実の先に在る、存続という細胞群の本来の目的」との

「整合性の高い、

今、自分が出来る、

行動等に思いが至る筈」だ』。

『「せっかくの公共の電波等を使えていながら、

未だに、

民進党等の人脈の為の政治運動等を行い、

底の浅過ぎる、ご都合論等々を、

一方的に、大量配信しているダケ・・・」では

「本当に、情けない」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

昨今の工作電磁波の実態・・・。

『「経時変化により、どんどん、疑似高周波化されて来ている、工作電磁波」が「電気機器等を混乱状態にし、人体には、電子レンジ的傷害をもたらすであろう頃」として、

「6月25日頃を予想していた、かつての、筆者」だが、

「幸いな事に、今のところ、筆者の使用している、電気機器への重大な影響」は、

「出ていない」。

「しかし、確実に、疑似高周波化して来ている工作電磁波」が

「筆者の身体等に及ぼしている実影響」は、

「どんどん、電子レンジ的になって来ている」。

「何しろ、工作電磁波が当たる所に居ると、

確実に、身体温度が上がり、

其処を避けると、

確実に、身体温度が下がる」』。

『「街中では、工作電磁波を発する何等かのモノ」が

「電線のボックス等」にも、

「どんどん、付けられ続けている」』。

『「電設業者や、

電設関連設置指令者等の中」に、

「そのスジの工作員等が要る様相が露呈している」』。

『「中身が良く分らないモノでも、

下っ端の作業員等」は、

「命令に忠実に、

ソレを、設置している」・・・』。

『「工作電磁波を発生させる電子機器等であるにも、関わらず」・・・』。

『「工作電磁波が、その被照射濃度により、その実害が違う旨」は、

「以前にも記した」。

「ターゲットへの照射濃度を上げる為に実用されている手段」の

「実態」が

「いくらか、はっきりして来た」』。

『「工作電磁波は、元々、直進性がある」。

「ターゲットの居るところで、焦点を結ぶ様に、仕込み、

それを、多方向から、当てれば、

ターゲットが浴びせられる工作電磁波の濃度」は、

「飛躍的に高くなる」。

「その様な手段が実用されている」』。

『「筆者に当て続けようとしている様相の工作電磁波」も

「その焦点が、大分、狭まって来ている」。

「以前は、

例えば、●●方向の下方から・・・、程度だった」が、

「昨今では、

●●方向の多方面から・・・、、

筆者が、良く腰かけている椅子から、約2メートル離れた壁では、二十センチ四方くらいで、電界メーターが良く触れる状態の数方向から、

筆者の顔面(目も含む)や頭や、腰部等で、焦点を結ぶ様に・・・)程度まで、

教化されている」。

「因みに、筆者の場合」は、

「部屋の中でも、胸部~腹部には、防護版をぶら下げている」ので、

「胸部・腹部は、狙われていない様相」だ』。

『「オモシロイのは、その強さ」で、

「筆者のブログ記入内容に合わせるかの如く、

強さが、変わる様相」は、

「何処の、どんな人脈の者たちが、この非人道的な工作活動等を行っているのか?」等を

「如実に、露呈させている」』。

『「日本の中の反日人脈による工作活動問題への実効のある対策」は、

「本当に、急務」だ』。

『「昨日の記事が、余程、気に入らなかったのか、

本日朝には、東南の下方向から、

強烈な工作電磁波が、

筆者の顔や頭方向に当てられる様になっていた」。

「もちろん、そんな実態は、直に、把握出来るので、

面倒も、費用等もかかっているが、

相応の対策は、直に、行った」』。

『「その後、所要で、外出していた」ので、

「ブログの記入が、この時間になっている」』。

『「つまり、

例え、筆者の様に、気づき、直に、対策を施す者でも、

確実に、ブログ記入時間を遅らせる等の邪魔は出来ている事になる」。

「対策無しの場合」なら、

「工作電磁波傷害で、ブログ等記入さえ、不可能になっている、かも知れない」・・・』。

『「ブログ等記入の場合は、コンピューター工作による邪魔も在る」。

「今年の1月8日(金正恩の誕生日だが)に、

筆者がそれまで常用していたバイオがサイバーアタックにより破壊された事」は、

「以前にも、記した」。

「ある程度は、セキュリティーを強化した設定で、

プロバイダーのセキュリティーが在っても・・・だった」』。

『「その後は、今の小さなコンピを使っている」が

「プロバイダーのセキュリティー強化の効果も絶大で、

今のところ、無事アップし続ける事が出来ている様相」だが、

「記入中の盗み見等は、未だある様相」で、

「記入途中の妨害工作等の仕掛けも、未だ、時々は、在る様相」だ。

「もっとも、盗み見の場合」は、

「近隣に居るなら、ネット経由では無く、

工作電磁波等使用の可能性が高いが」・・・』。

『「何れにしても、

日本の中の反日国人脈による工作活動等の実効のある摘発等が行われていない現状」は、

「明らかに、異常」だ。

「異常事態の裏には、理由がある」が

「異常なままで良い訳は無い」』。

『「異常な終戦処理のツケが、未だ、旺盛な戦後日本社会」が、

「正常化・健常化される」のと、

「人類滅亡」の

「どちらが早い事になるのだろうか???」』

『「現状社会・経済システム等に溺れる者等」は

「消滅~滅亡への道を突き進めば良い」・・・』。

『「人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の長い~永い存続」は

「日本社会や人間社会・経済システム等に限らない、

本質的、正常化・健常化の上にのみ在る」』。

『「滅亡へのカウントダウン」と

「存続へのカウントダウン」の

「何れを選ぶのか?」の

「意思・意志」は

「それぞれが、明確に、発するべき」だろう』。

|

サンデーモーニングでは、加計・森友等で騒いだ後、「主権在民を言わない、インチキ三権分立論」等を公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「安倍政権や自民党等を貶める為」等の

「加計学園獣医学部設立大問題化」や

「森友学園問題無理やり安倍総理・総理夫人等との連結化」や

「自民党二回生議員個人問題党問題化」等々の

「実質的、情報工作」は

「本当に酷い」。

「実質的、工作情報」を、

「公共の電波上」で、

「一方的に、大量配信する事」等による、

「印象操作」により、

「多くの視聴者等」に、

「反安倍政権や反自民党等の考え・思い等を抱かせる、

実質的、マインドコントロール等」が

「可能になっている現状は、明らかに、異常」だ』。

『「一番、肝要な、主権在民部分を言わない、

インチキ三権分立論」も

「酷かった」』。

『「日本の行政・立法・司法の三権」は

「主権在民上に在る」。

「行政も、立法も、選挙で選ばれた者が行い、

司法の元は、立法」だ』。

『「三権の分立度の高さを問題にする前」に

「問われるべき」は

「民度」であり、

「日本国民が健常な民意を保持出来ているのか?」等になる』。

『「現状で、多くの日本国民の民意の大きな元となっている」のは、

「学校教育」と

「テレビ・マスコミ等による情報」だ。

「権力問題」を

「逆から考える」なら、

「学校教育界」や、

「テレビ・マスコミ界等」にこそ、

「大きな実権が在る事になる」』。

『「果たして、戦後日本の学校教育や、ラジオ・テレビ・マスコミ等」は、

「大きな実権を与え続けていても良い程、

健常だろうか???」』

『「三権の分立度の高さ」などは、

「日本国・日本国民にとって

良い社会が築かれ、

良い政治等が行われている限り、

基本的に、問題では無い」。

「逆から言う」なら、

「三権の分立度の高さを問題にしている者等」の「裏」には、

「現状日本社会や、

現状の日本の政治に対する、

不満等がある事になる」』。

『「加計・森友・自民二回生等々での大騒ぎ」も

「主権在民を言わない、インチキ三権分立論」も

「その内実」は

「反現日本社会&反現政権・与党等」の

「思想信条等を持つ者たちによる、

実質的、政治運動」だ』。

『「それでは、

その様な実質的、政治運動等を行っている者等」は、

「どんな状態の日本社会や、

どんな状態の日本の政権・与党等を望んでいるのだろうか?」』

『「それは、もはや、言うまでも無い事」だろう。

「過去の実績」や、

「好イメージで風潮し続けて来ている政治家や政党等」からも、

「それは明らか」だ』。

『「朝日新聞上がりの細川氏が率いた日本新党等による連立政権」や

「民主党政権」等の

「三の舞」を

「今、日本国内で、実現させたがっている」のが、

「実質的、政治運動等を行っている者等の、実態・実体」になる』。

『「ここで、多くの視聴者等が、考えるべき事」は、

「実質的、政治運動等に誘われて、

実質的、政治運動等を行っている者等が推奨している政治家・政党等に、

自らが持つ主権の一票を与える事」が

「自分の為になるのか?」等だ』。

『「民主党政権等が、都合の良い人々」なら、

「実質的、政治運動等を行い続けて来ているテレビ・マスコミ等が誘う方向」に

「主権の一票を投じれば良い事になる」が、

「果たして、その様な実体を持つ、日本国民はどれ程居るのだろうか?」』

『「実態としては、少数派なのに、

例えば、戦後日本のテレビ・マスコミ・学校教育等を、

実効支配出来ているが故に、

実質的、大衆誘導や、大衆マインドコントロール等も行え、

それらの手段を使う事によって、

多くの日本国民の主権の一票を、

自らの人脈に都合の良い方向に誘導等する」のは、

「健常で、善意のある、者たち、だろうか?」』

『「上辺」は、

「どんなに、

紳士的、

優等生的、

正義的」でも、

「内実」は

「自らの人脈に都合の良い方向に、

多くの人々の主権の一票を誘導・・・等」では、

「その何処に、

実のある、

紳士や、

優等生や、

正義」が

「あるのか???」』

『「選挙も無い、人脈交代も無い、自浄も???」の

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ・マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「問題」は

「本当に深刻」で

「その是正」は

「本当に、急務」だ』。

『「何故なら、この問題」は、

「北朝鮮問題にも繋がっているから」だ』。

『「そもそも、終戦直後の米占領軍による占領政策時」には、

「当時、日本国内に数多く居た朝鮮人等の人々が、重用された」。

「そのほとんどは、日韓併合時に自主渡来していた人々」だ』。

『「先の大戦が、日本の敗戦で終戦となり、

日本と旧韓国は、元の様に、二国に分割される事になった」から、

「朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人は、日本へ強制的に帰還させられた」』。

『「同じ、ロジックが朝鮮人にも当てはめられる」なら、

「日本国内に居た朝鮮人のほとんど全ても韓国内に強制的に帰還させられてこそ、

イーブンになる」』。

『「ところが、

米占領軍による重用」で

「日本国内で、

相応の利権を得る事が出来てしまった朝鮮人の多く」は

「日本に居残る道に邁進した」』。

『「米占領軍による朝鮮人・朝鮮系人脈の重用」は、

「戦後日本の政財界・教育界・情報界の再構築時にも行われた」』。

『「利権の大きな政財界」や

「社会的影響の大きい情報・教育界」という

「日本社会の要所」で

「大きな利権・実権を、其れこそ、棚ぼた式に得られた人々」の「多く」は、

「日本の居続ける限り、在る、その棚ぼた利権・実権等」を

「手放す道を選ばなかった」』。

『「その結果」として、

「日本人がほとんど居なくなった戦後の韓国(北朝鮮も含む)」と

「数多くの朝鮮人が居る戦後の日本」という「アンバランス状態」が

「生まれてしまった」』。

『「アンバランス状態をそのまま放置する」なら、

「直に、

崩壊し、

バランスの良い状態が再構築させる事になる」』。

『「其処で、

棚ぼた式に利権を得た者等」は、

「アンバランス状態維持~朝鮮系人脈にとって都合の良い状態での日本全体支配等の為」に

「数々の策略を実行し続けて来る事になる」』。

『「朝鮮戦争が起こされた事」により、

「日本国内の朝鮮系の人脈も、

北系と南系に分れ、

それぞれが、別々の策略等を行い続ける様になった」』。

『「朝鮮系の者等の共通利益」は

「朝鮮・朝鮮人の為」と「変わらない」が、

「北系」では、

「支配権を、北に!」等も

「強く含まれている」。

「南系」の

「日本より韓国を上に、優位に!」等の

「普通にありがちな、欲動等のレベルでは無い、

北側の支配者の強い欲動に基づいて、

拉致工作を始めとする、

日本乗っ取り支配工作」等が

「戦後の日本国内でも、旺盛に行われる様になってしまった」』。

『「其処には、

もはや、

平和・共存や、

平常比べっこ等は無い」。

「在る」のは、

「支配と被支配」だ』。

『「それなのに、

未だに、

極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮ご用達の、実質的、宣伝・脅し、情報等」を

「平然と、日本の公共の電波上で、配信出来てしまっているテレビ・ラジオ等」も

「数多い」』。

『「支配/被支配の原則に忠実」に、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等を、忠実に守り続けている様相」が

「露呈している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相さえ露呈しているテレビ・マスコミ等」と

「韓国や韓国人等の代弁者の様なテレビ・マスコミ等」が

「実質的、反日政治運動等も行えている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」の

「異常過ぎる実態・実体」だ』。

『「日本系の教師・教授等が積極的に排除された

戦後日本の学校教育界」の

「酷さ・異常さ等」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「そして、

そんな学校教育界で学んだ、

優等生等」が

「大学教授等や、公務員や官僚等になっている」。

「{負の代々話}構造」が

「仕込まれてしまっている」。

「その悪影響」は、

「同じく、戦後日本の学校教育上の優等生を重用している

テレビ・マスコミ界にも及んでいる」』。

『「現状の日本のテレビ・マスコミ」等では、

「戦後日本の学校教育等により、

韓国(北朝鮮も含む)系にとっての有益分子化された者」等が、

「重用されている」』。

『「官僚・公務員(警察も含む)等から、

政治家やテレビ等コメンテーター等への転身者も数多い」』。

『「政界には、選挙があり、

財界は、元々、実体経済や社会現実からの影響が非常に濃い」。

「よって、

戦後しばらく」は、

「アンバランス状態が、相応に是正方向にあった」。

「ところが、

戦後の学校教育や、

テレビ・マスコミ等による、

実質的、大衆誘導等の悪の効果が出始める」と

「先ず、

政治により、

元々の財界スタイル等が、

大いに歪められ、

朝鮮系等がより有利になる状態に改変されてしまって来ている」』。

『「どんな事をしても、

アンバランス状態~朝鮮系優位状態での日本社会安定化」を

「目指している」のが

「そのスジの人脈の者等の実態・実体」だ。

「其処には、

北朝鮮系工作員や協力者等による、

一般人まで含む、日本人粛清工作等まで含まれている」』。

『「戦後日本の学校教育等によっても、

有益分子化出来ていない者等」は

「非人道的な粛清工作等を使ってでも、

日本社会の要所に就かせない」。

「極悪非道な手段」が

「未だ、横行し続けて来ている」』。

『「民意は、

断じて、

テレビ・マスコミ等に預けるべきでは無い」』。

『「日本国民なら、

誰もが、

上記の様な

戦後日本の実態・実体等も、

ちゃんと理解・把握した上」で

「自分本来の健常民意を保持するべき」だ』。

『「多くの日本国民の健常民意に基づいた正当な政治等が続けられる」なら、

「戦後日本の異常なアンバランス状態」も

「あるべき状態に是正される事になる」』。

『「昨今、テレビ・マスコミ等が、大騒ぎし続けている、

政治家の個人的問題」と、

「実行政治内実」は、

「全く別」だ。

「健常民意が反映されているのか?否か?」は

「実行政治内実による事」で

「個人的問題による事では、

断じて無い」』。

『「個人的問題が露呈されている

実行政治内実が日本国・多くの日本国民の為になる政治家・政党」と

「個人的問題の露呈が無い

実行政治内実が韓国(北朝鮮も含む)・多くの韓国(北朝鮮も含む)国民の為になる政治家・政党」の

「何れを選択するのが、日本の選挙時の正解なのか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「北朝鮮色が濃厚」な

「NHK・テレ朝・TBS等」や

「韓国色が濃厚」な

「日テレ・フジ等」に

「操られる事」は

「日本国民として、大いなる自虐になる場合が多い」』。

『「個人的問題等で大騒ぎし、

政治内実は、実質的に黙殺している、

テレビ・マスコミ等には、

くれぐれも、ご用心!」』

『「政治内実でも、

一学校法人設立問題や、

一国有地払い下げ問題や、、

一獣医学部新設問題等々、

はっきり言えば、小さな問題」で

「大騒ぎ」し、

「日本国内の北朝鮮等による工作活動等問題やその対策等」の

「戦後日本の重大問題」を

「実質的に、黙殺し続けて来ている、テレビ・マスコミ等」は、

「大いに、ご用心するべき」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

東京都議選が公示されたが・・・。

『「市場移転問題への対応策」を「見る」なら「誰もが、直に、その政党等の正体が判る」。

「小池新党である、都民ファースト」と「民進党」等は、

「豊洲&築地、両方を・・・」だ。

「共産党」等は

「築地一本」だ。

「自民や維新」等は

「豊洲一本」だ。

「公明党」は

「都民ファーストと連携している」が

「基本的には、豊洲を生かす」だ』。

『「都民ファーストと民進党等の市場移転問題対応が、実質的に、同じである事」は、

「単なる偶然では無い」。

「都民ファースト(第一)」の「実体」は、

「民進党等に近い」』。

『「選挙も無く、結果として、人脈交代等も無い

戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等」では、

「旧社会党や朝鮮系等の人脈の者等」が

「実権を握り占めて来ている」。

「戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等が実質的に推奨して来た政党等」は、

「北朝鮮等とも馴染みが深い、旧社会党」であり、

「日本新党」であり、

「民主党」であり、

「民進党」であり、

「都民ファースト」だ。

「そして、その目的」は、

「非自民政権の樹立」に他ならない』。

『「現東京都知事の小池氏」は、

「テレビ上がり」であり、

「朝日新聞上がりの細川氏の下で、政治家に転身」した。

「細川氏を代表とした政党は、日本新党」だった。

「日本新党の躍進により、非自民政権が誕生した」が、

「その実効」は、

「日本社会の破壊等であり、

実質的に利した人脈は、

朝鮮系等」だった。

「日本新党の躍進による非自民政権の中では、

あの、朝鮮系とも言われている、小沢氏も大いに実権を奮っていた」』。

『「小池現都知事」は

「朝日新聞上がりの細川氏の下の後、

小沢氏の下でも、

政治を学んでいる」』。

『「朝鮮系の者等の実権割合が高い戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等と小沢氏等による非自民政権の樹立」は

「日本新党等の連立政権ダケでは終わらなかった」。

「民主党政権成立時」にも、

「戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等と小沢氏等」が

「強く絡んでいる」』。

『「日本新党等の連立政権」も、

「民主党政権」も、

「そのどちらも」が、

「東京都での圧勝から大きな流れが生まれている」』。

『「都民ファースト」で

「三度目の非自民政権を!」の

「流れ」を

「何としても、つくり出そうとしている様相」なのが、

「現状の多くのテレビ・マスコミ等の実態・実体」だ』。

『「故に、

露骨なまでに、

執拗に、

配信している、

実質的、偏重・偏向情報配信内容」が

「自民一強ダメ!」

「自民二回生国会議員は酷いゾ~!

・・・だから、自民以外を支持した方が良いゾ~!情報」等々だ』。

『「もちろん、配信されている情報内実には、本当に、酷い事も含まれている」。

「しかし、その多くは、政治の本質とは別の、個人の資質等の問題」だ』。

『「与党議員等の個人の資質の問題」で

「野党側に投票する事」の

「実体」は

「野党側の政治を選択する事に他ならない」が、

「多くのテレビ・マスコミ等」は

「この重大事実」を

「伝えていない」』。

『「問題議員等の資質を責める目的」で

「野党側の政治を選択する事の自虐性」は、

「民主党政権成立時等に、多くの日本国民が重々味わっている筈」だ』。

『「同じ過ちを犯す事」が、

「多くの東京都民や、

多くの日本国民にとって、

どれ程、不幸な事になるのか?」等は、

「都民有権者なら、重々考えるべき事」だ』。

『「民主党政権を成立させてしまった者たち」で

「その責任をちゃんと取れた、取った、人々」は、

「いったい、どれ程、居るのだろうか???」』

『「都民有権者には、

同様の間違いを犯す事」等は、

「実質的に、もう、許されていない」』。

『「逆に、日本国・多くの日本国民等を、酷い状態に追いやりたい」のなら、

「政治の実体では無く、

選挙も無い、

人脈交代も無い、

戦後日本の多くのテレビ・マスコミ等が、

偏重・偏向等した取材内実等を元に、

一方的に、大量配信している、

個人の資質等の悪イメージ等」が

「誘う投票先」に

「貴重な一票を投じれば良い事になる」』。

『「果たして、

未だに、

自虐的な、都民有権者は、どの程度居るのだろうか???」』

|

可能性が高いのは「平昌五輪北朝鮮&韓国の共同開催か?」「米朝開戦が?」、共同開催案の提示で北朝鮮汚染度が高い事を示してしまった韓国要人のおバカ度・・・。

『「北朝鮮解放戦争となる、米朝開戦のハードル」は「北朝鮮汚染度が低い同盟国等の同意割合により、高くも低くもなる」。

「逆から言う」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動汚染が高い国々の意向」は

「開戦ハードルの高低に、実質的に、無関係になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の他国内での工作活動等により、

北朝鮮解放戦争の開戦ハードルが

上げられてしまう」なら、

「実戦争が一番困る極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮」は、

「他国内での工作活動ダケをしっかりと行っているダケ」で

「一番困る実戦争を避ける事が出来てしまう事になる」。

「もちろん、

そんな北朝鮮劣悪国家指導者等ご用達の論理」では、

「世界情勢は動かない」』。

『「米国要人も傾注している事」は、

「日韓等、北朝鮮解放戦争が行われた場合に、

多少でも、戦争被害等が起きてしまう可能性が大きい国々」の

「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態である

北朝鮮による工作活動」による

「汚染度の高さ」だ』。

『「今回の韓国要人による」、

「平昌冬季五輪の北朝鮮との共同開催提案」は、

「韓国が北朝鮮の工作活動により、かなり汚染されている事」を

「韓国自ら、露呈させた

一実証例に他ならない」』。

『「それは、

北朝鮮解放戦争のハードル」が、

「益々、下げられる事に直結している」』。

『「更に、

北朝鮮では、

大陸間弾道ミサイル用のエンジンの燃焼実験までもが行われてしまった」』。

『「北朝鮮」は、

「少々は時間が稼げる様に、

内々に行ったつもりかも知れない」が

「もちろん、

その実態は、

アッと言う間に米側にもバレている」』。

『「益々、

米朝開戦を近づけてしまった」のが

「北朝鮮や、韓国」だ』。

『「日本のテレビ等の一部も酷かった」。

「平昌五輪を北朝鮮と共同開催するなら、

北朝鮮の一般市民が、より多くの普通の国々の情報等に触れられる様になるから、

北朝鮮の現政権を打倒する民意が生まれ易くなる旨・・・等々」の、

「実質的、

北朝鮮ご用達の

北朝鮮の為の時間稼ぎ論等」を

「日本の公共の電波上に撒き散らしていた」。

「もちろん、

言うまでも無く、

冬季五輪の共同開催くらい」で

「北朝鮮の多くの国民」に、、

「現政権打倒等の具体的な行動を起こす程の

実影響を与えられる訳も無い」』。

『「基本的に、

スパイ・工作活動国家である現状の北朝鮮」では、

「一般市民の手下諜報員化がかなり進められてしまっている」。

「つまり、同じ民族の同朋を、

保身の為に劣悪国家指導者等に売る事が、

擦り込まれている」ばかりか、

「実際」に、

「売ってしまったり、

売る事に協力してしまった者たちも数多い」』。

『「既に、

実質的、犯罪行為に手を染めさせられてしまっている者たち」が

「選択し易い」のは、

「犯罪者が捕まり、罰せられる、普通の世界では無く」、

「犯罪者のまま・・・なら、

それなりの安定した生活が遅れてしまうが、

犯罪者から抜け出そうとしたり、

犯罪者を告発しようとしたりすると、

粛清されてしまう、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下の世界」だ』。

『「同様のロジック」は

「日韓内の工作員や協力者等にも働いている」から、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下やその協力者等は、

日韓内等でも広がり続け、

数を増やして来ている」』。

『「自由主義圏の日韓等内でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下化等は蔓延れている」のが

「現状人間世界の寒過ぎる現実」だ。

「冬季五輪の共同開催程度の、

情報化・開放化等」で、

「北朝鮮の現体制が大きな影響を受ける訳も無い」』。

『「そればかりか、

冬季五輪の共同開催」により、

「それぞれの国々の中の工作員やその手下等、実質的、犯罪者同士の交流等が深まってしまう」なら、

「益々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等が増え易くなってしまう」』。

『「普通の国の犯罪者では無い人々」なら、

「そんな事態を望む訳も無い」』。

『「米朝開戦を避ける為」には、

「早々に、北朝鮮側が、

核・ミサイルの開発~製造等と、

他国内での工作活動等を

放棄する必要がある」。

「主として、日韓内等で、

非人道的な工作活動を行い続けて来ている

犯罪者等」も、

「ちゃんと摘発され、厳罰に処される事が必要」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動というチリ」を

「払拭する為」には、

「相応の大手術が要る」。

「払拭しない場合」は

「現状では、

主として、日韓内がチリに覆われている範囲」で

「済んでいる状態」だが、

「チリの範囲は時と共に、

どんどん広げられてしまい、

最終的には、

全世界がチリに埋もれてしまう事になる」。

「その場合」は、

「そんな事態が来てしまう前」に、

「人類は、早々に、確実に滅亡する事になる」』。

『「大戦後の日韓内における北朝鮮劣悪国家指導者の命令・指令の下の工作活動等により、

実質的に、殺傷されてしまっている人々の数」は

「ナチス・ヒトラーのユダヤ人大虐殺の数を遥かに超える」。

「工作活動の継続により、

茹でカエル式に殺傷する

非人道行為」は

「即刻、徹底的に払拭されるべき事」だ』。

『「その為の実効のある手段」として、

「主として、北朝鮮内で、大量の犠牲が出てしまう事になる、

北朝鮮解放戦争等」が

「選択された」としても、

「長くなる人類史上では、

必ず、肯定的な評価が得られる事になる{意味のある戦争}になる」』。

『「平昌冬季五輪の共同開催を提案する程、

韓国の北朝鮮汚染度が高く、

現状で北朝鮮の比較的恵まれた場所に居る多くの北朝鮮国民の多くが、

同朋売りやその協力者等の実質的犯罪者であり、

その前に、カルト宗教信者化されてしまっている、

現状の人類の精神医学等の力量内等では、

人類の一般寿命内では、

その快復が

非常に困難な状態に

既に追い込まれてしまっている者たちである事等に

鑑みて」も、

「北朝鮮外の被害が小さい、

北朝鮮解放戦争等」は

「躊躇する必要の無い事」になる』。

『「例えば、日韓等について言う」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等が、

継続されてしまう事による被害」より、

「戦争による被害の方が少ない」のなら、

「戦争を行った方が良い」という

「現実判断が可能になる」』。

『「非人道的な工作活動等を温存させてしまった時、生き残る」のは、

「非人道的な工作活動等に手を染め続けて来ている工作員やその協力者やその子孫等になる」。

「そんな者たちに人類の未来を託す事を是とする」なら

「是とする者こそ、排除されるに相応しい者になる」』。

『「韓国要人による、

平昌冬季五輪共同開催提案」と

「北朝鮮による大陸間弾道弾ミサイル用エンジンの燃焼実験」等で、

「米朝開戦が益々近くなった」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「米国は、北朝鮮解放戦争を躊躇するべきでは無い」。

「北朝鮮が、戦争を避けたい」のなら、

「直ち」に、

「核・ミサイル等の開発~製造等」と、

「日韓等他国内での工作活動等」を

「放棄する事が必要」だ』。

|

テレ朝等では、「エリートバカ暴力議員問題」等をダシに「一強ダメキャンペーン」等を日本の公共の電波上にばら撒いているが・・・。

『「民進党等や、朝鮮系の人脈と近しい様相」の「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・マスコミ等」は、「正攻法の日本国・多くの日本国民の為になる政治・政策論争等では、勝ち目が無い」からか、

「安倍政権や与党自民党等を否定するキャンペーン等によって、

有権者の思いや票等」を

「何としても、

野党側等に

誘導しようとしている」様相だ。

「テレビ・マスコミ等、公共的情報配信機関を不当使用」した、

「実質的、大衆誘導等」が、

「其処に、露呈している」』。

『「エリートバカ的様相を露呈した

秘書に暴力行為等を働いた元自民党国会議員の問題」は、

「本当に酷い」。

「暴行・傷害等は、言うまでも無く、絶対にダメ」だ。

「しかし、今回の事例は、特異な様相も露呈している」。

「秘書側は、

{議員を怒らせる仕事}をし、

起こった議員の言動を

見事なまでに録音している」。

「更に、秘書の証言」が

「所謂、左翼(同上)系のテレビ・マスコミ等で、

大いに{宣伝}されている」。

「その実態・実体は、

該当議員を貶めたり、

与党議員であった該当議員を貶める事で、

与党を貶める為の政治工作等の様相ですらある」』。

『「そして、この問題」も、

「{(自民)一強ダメ!}キャンペーンに使われている」』。

『「一強ダメ!」で「自民党以外にも票を!」とは、

かつての、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」の

「縮小版」で、

「それが、都議選時の小池新党等応援の為である事」等を

「多くの人々も感じている筈」だ。

「何しろ、今、{一強ダメ!}騒いでいる」のは、

「かつて、自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」で

「多くの人々を、実質的に、操ったのと

同じ人脈が実権を保持し続けて来ている、

テレビ・マスコミ等で、

都議選時の、そのテレビ・マスコミ等の、実質的推奨は、

小池新党等なのだから!」』

『「選挙も無い、自浄も???、実権者人脈も常連出演者や常筆等も変わりの無い、

同じ人脈の者等が牛耳り続けて来ている

実質的、公共の情報配信機関」の

「情報配信内実の大問題」は

「本当に、深刻」だ』。

『「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信等」なら

「国会議員と秘書の間の問題」は、

「全国会議員の実態・実体を調べた上で、

その悪質度等に応じて

情報配信するべき問題」だ。

「今回の事例は、云わば、内部告発等に当たる」が

「内部告発の場合なら、

内部告発自体の正当性等が検証されて然るべき」だ』。

『「録音を前提として、ワザと怒らせたり・・・等々、

不当な思惑に基づいて、

{証拠}がつくられていないのか?」等の

「検証は、意外と簡単」で

「其処で、怒らせる目的等が無かったのなら、

該当事例以外の録音が相応に多々出て来て当然になる」』。

『「もちろん、

該当国会議員の場合は、秘書交代が激しかった事実もある」ので、

「該当国会議員側の問題もあると強く推定出来」、

「その実体」は

「所謂、エリートバカ状態」と

「強く推定出来る」』。

『「現状人間社会では、高学歴者等がエリートとされている場合が多い」が、

「高学歴を得る為に必要な事」は、

「良く覚え、答えを間違わない事」だ』。

『「高学歴エリートにとって、

覚えが悪い事や、

間違う事や、

解答が出せない事」等は、

「いけない事等として、認識され易い」』。

『「エリートバカでは無い場合」は、

「間違う事の意味や実体」や

「自分と他人の実体」等々についても、

「思考が及んでいる」が、

「エリートバカの場合」は

「自分の世界のみが正解等と信じ込んでしまっている様な状態に陥っている場合が多い」』。

『「その結果、

自分同様に、

良く覚え、

間違わず、

問いに対する正解を連発し続ける者のみが、

自分と一緒に居る事を許容出来る者」等となり、

「それが出来ない者」は、

「圧倒的に劣位に在る者」等として、

「扱いがちになる」』。

『「エリートバカの裏に在る」のは、

「好きでも無い、本質的な興味も希薄な、勉強等を

無理して頑張れた

頭・心・体能力と、

原家庭も含む環境等」だ』。

『「自分本来の実感や実感に基づく意思等が希薄な状態の上に生まれてしまっている」のが

「学歴エリートの実態・実体」だから、

「当然、自分本来から生まれる自信等は持てていない場合が多い」』。

『「その自信の無さを埋める為に必要となる」のが

「他者や社会等からの高評価や高待遇等」だ。

「高待遇の中には、

高報酬・高立場・高権力等ダケでは無く、

自分の周りが、自分に都合の良い人々による、都合の良い働きで埋め尽くされている事等も

含まれている場合が多い」』。

『「それらが、充足されない事=自分本来の自信の無さが、どんどん頭を出して来てしまう状態」というのが、

「エリートバカ等の実態・実体」だ』。

『「現状の多くの人類」は、

「自分の実体や、その実体の本来の目的から、ちゃんと整合性を取っていない」から、

「エリートバカの様なおバカな状態の人々」が

「其処ら中に、溢れている」のが、

「現状人間世界の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「実体として、おバカな状態の人々がつくり出して、重用し続けている

現状経済・社会システム等」の

「超おバカな自虐性」は

「昨今の、人類滅亡を呼び寄せている実態・実体からも明らか」だ』。

『「マジ、迷惑だから、いい加減にしろ!」の「世界」だが、

「多くの、現状で実権を持ててしまっている、

エリートのつもりの内実、超おバカたち」は

「現状の経済・社会システム上で、

少しでも多く、他の者・物・事から自分を認めさせ、

より、多くの他人等が羨み、自分も欲しい等と認めがちになる様な、大量消費自慰生活等を送る事が出来る事や、

自己正当化の証としての子孫等に恵まれる事」等こそが、

「人生の成功だ!」等と

「思い違い出来ているくらい劣悪な状態」を

「露呈し続けて来ている」のだから、

「本当に、気が重くなる」・・・』。

『「普通に考える」なら、

「自虐的な、経済・社会システム等」は、

「とっとと是正する」のが

「当たり前」だ。

「死生観や人生観や成功観」等も、

「自分の実体やその本来の目的との整合性が取れていてこそ意味がある」』。

『「もちろん、多くの人々が、

自分の実体やその実体の本来の目的等を理解・把握等する為」には、

「相応の、情報・教育・環境等が要る」』。

『「人間社会・経済システム等の正常化・健常化の前」には、

「多くの人類が、

ちゃんと、

自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取れる考え・思い等を抱ける状態に

なっている必要がある」から、

「情報・教育等の正常化・健常化」が

「極めて重要になる」』。

『「それなのに、未だに、

エリートバカ等をダシ」に

「政治運動等」を

「行い続けているテレビ・マスコミ等が、

蔓延れている状態」なのだから、

「本当に、酷い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化は、急務」だ』。

|

小池版「最低でも県外!」都議選集票目的の「築地・豊洲両方生かします」宣言・・・。

『「旧社会党等~民主党等の二の舞」の様相の「民進党等~&小池チルドレン等による、小池新党」が「都議選時に、多くの票を得る為」には、「人寄せ政策等が要る」。

「其処で、急遽仕立てられた様相の、張子の虎政策」が、

「市場移転問題」で、

「築地も豊洲も両方とも生かします!宣言」だ。

「既存の案以外の案を提示する事による、人の興味寄せ効果が有る」、

「豊洲派の票も築地派の票も得る為」の、

「両方生かします!宣言等」の「上辺の謳い文句」は、

「如何にも、テレビ上がりの政治家らしく、

大衆が受け入れ易い様に仕立てられている」。

「しかし、

小池都知事の「両方生かします!宣言」に、

「民主党鳩山元総理」による、

「最低でも県外!」と

「同様の臭い」等を

「感じている人々」も、

「かない多い」と思う』。

『「普通に考える」なら、

「ほとんど準備が整っている豊洲に移転して、

築地を売り、

豊洲市場に小池都知事お得意の、

経費削減策や、

収入増大策を

施す」のが、

「市場移転問題の適切な解答」だ』。

『「ところが、

築地に拘っている小池都知事や、

その裏の実権者等」が、

「何としても、築地!」を

「強いている様相」が

「露呈している」』。

『「象徴的」なのが、

「築地ブランド」だ。

「東京生まれ東京育ちの筆者等の感覚」では、

「築地から連想する」のは、

「築地本願寺」であり、

「国立ガンセンター」であり、

「朝日新聞社本社ビル」等だ。

「其処には、食を盛り立てる要素は無く」、

「むしろ、食を害する感さえ在る」。

「故」に、

「中央卸売市場」は

「築地と区別するべく、

汐留」と

「ずっと、思って来ていた」』。

『「そもそも、

食のブランドとして、

地名を出す」なら、

「食材由来である方が、しっくり来る」。

「例えば、江戸前の海産物が美味しいから、江戸前ブランド等なら、

しっくり来る」。

「中央卸売市場とは、云わば、デパートの様なモノ」で

「地名をブランド名にする事自体馴染まないモノ」だ』。

『「中央卸売市場の品集め力が高く、品櫃管理も良い」なら、

「それは、あるデパートが仕入れも良く、商品展示や接客等も良い事と同様の事」で、

「存在地由来では無く、

店舗由来の

中央卸売市場ブランドとでも言うべき事」だ。

「しかし、それでは、築地に拘っている者等の都合に沿わない事になる」。

「築地に拘っている者等の都合に沿う」のが、

「築地ブランド」という「言葉」だ』。

『「中央卸売市場に受けの良いニックネーム等を付けて、

ブランド扱い等していた」なら、

「場所が、豊洲に移っても、

ブランド自体はそのまま継続し、

生きる事になる」。

「よいデパートが場所を移っても良いデパートであるのと同じ事」だ』。

『「築地という場所に拘っている者等のみ」が

「大衆を地名に拘らせる為に、築地!を大宣伝して来た」』。

『「食の地名ブランド」として、

「江戸前が復活出来る日」は

「そう遠く無いかも知れない」が、

「江戸前ブランドを散々破壊した」のは、

「工業化や経済成長に基づく、

工場排水や生活排水やゴミ等々だった」』。

『「食のブランドとして、

築地ブランドを強いられても、

しっくり来る」のは、

「築地本願寺や、

ガンセンターや、

朝日新聞等」と

「明確な境界線が敷ける人々」か、

「築地の実態を知らない人々」だろう』。

『「朝日新聞等から考える」なら、

「市場が無ければ、陰の場所感が強過ぎて・・・」等なのかも知れないが、

「多くの都民にとって」は

「良い市場が在るなら、場所はどちらでも・・・」だ。

「下手な理想像を、

無理やり、実現させようとする事等により、

政策の実行が遅れたり、

都民負担等が増える事等を

嫌う人々も多い」』。

『「鳩山元総理による、最低でも県外!」から「生まれた事」は、

「基地移転の停滞」と

「沖縄の対立・混乱」等だった。

「そんな状態を歓迎している」のは、

「反日国の劣悪国家指導者等」や

「日本の中のその手下等くらい・・・」だろう』。

『「小池都知事による、両方生かします!」が

「どんな事態を生む事になるのか?」は

「想像に難く無い」』。

『「日本国民分断工作」は

「反日国であり、工作活動国家であるところ等」の

「得意技」だ』。

『「小泉・竹中等が邁進した、

二極化格差社会化」も

「実質的には、日本国民分断化工作」に他ならない』。

『「分断され、弱体化された方」に

「反日国人脈の者等が、優しく、すり寄り、有益分子化する事態」等は

「枚挙に暇が無い」』。

『「ちゃぶ台返し政治」は、

「本来なら、不要な、分断・対立等を生む」』。

『「ちゃぶ台返し政治が旺盛な韓国等」が

「健常成長等出来辛くなっている」のは、

「ある意味、当然の現象」だ。

「その裏」では、

「現状までのままの体制なら、

決して、ちゃぶ台返しの無い状態」の

「北朝鮮」が

「着々と、軍備を強化し、

主として、日韓内での、工作活動等を

強化・増大させ続けて来ている」』。

『「ちゃぶ台返し政治」や、

「分断政治」等の「裏」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「市場移転問題」は、

「普通に考えれば、

誰もが判る、

適切な方法」で

「解決されるべき」だ』。

『「多くの有権者」が、

「最低でも県外!」同様の

「両方生かします!」等に

「騙されない事」が

「肝要になる」』。

|

テレ朝朝番では、死亡してしまった北朝鮮で拘束され昏睡状態で米国に帰還した米大学生の「死因は、わからないでしょうねぇ・・」の旨等、常連出演者が、喧伝等していたが・・・。

『「普通に論じる」なら「何としても、本当の死因を解明して欲しい・・・」等になる。

「タイトルの事態」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等側の言い分」の

「露呈」の様な事だ。

「その辺りにも、現状のテレビ常連出演者」等の

「実体等」が

「露呈している」』。

『「今や、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)にとっての有益分子状態」の、

「籠池氏の言い分」を「宣伝」したり、

「もはや、所謂、左翼(同上)活動家の様相ですらある、

前川前文科省事務次官」に

「国会での発言チャンスを与える事に直結している、

証人喚問や、参考人招致等」を

「多くの視聴者・読者等に抱かせよう・・・」等と

「し続けている」、

「所謂、左翼(同上)ご用達テレビ・マスコミ等」も

「未だ、旺盛」だ』。

『「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等による、

実質的、情報工作による、

大衆マインドコントロール等の悪態」は、

「本当に、酷い」。

「上辺では、

如何にも、報道等」を

「気取っていても」、

「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道では無い」。

「所謂、左翼(同上)ご用達のご都合論で、

視聴者・読者等の頭の中を染め上げる為等」の

「実質的、マインドコントロール」だ』。

『「実質的、マインドコントロール」だから、

「特定極一部の者等が、常連出演者として、仕立てられ」、

「特定極一部の論等が、さも正論の如く、執拗に、風潮されている」。

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等」なら、

「ほとんどの場合で、実体や事実・現実には多面性があるから、

特定部分等を偏重等は出来ず」、

「実体や事実・現実を特定部分等を偏重せずに論ずる」なら

「ある程度以上多様な論が生まれ、

特定方向に偏向した論ばかり・・・とは成り得ない」』。

『「マインドコントロールを行う」なら、

「特定極一部の者や論等を、

繰り返し、繰り返し、出す事等」により

「否応無しに、視聴者・読者等に覚え込ませる事こそが、

合理的になる」』。、

『「戦後日本のテレビ・マスコミ等」は、

「旧社会党等の人脈が都合の良い様に

偏重・偏向している場合が多い」。

「昨今の、

籠池劇場や

一獣医学部新設大問題化等の

情報配信の内実」は、

「明らかに、旧社会党からの大きな流れが入っている民進党等側の言い分に沿っている」』。

『「元々、

一学校法人設立や、

一国有地払い下げや、

一獣医学部新設等を、

大問題化する事自体」が、

「異常」だ。

「学校法人設立や国有地払い下げや獣医学部新設等」に

「本質的大問題等がある」のなら、

「特定の学校法人や国有地払い下げや獣医学部新設ダケで、

問題が生じている訳も無い」』。

『「現状の騒動」は、

「本質的大問題等があるので騒いでいるのでは無く、

その事を問題化し騒ぐなら、

安倍政権を打倒する有用な具に出来るから、

大衆を巻き込んで騒いでいる

実態・実体が露呈している」』。

『「元々が、

反安倍政権・与党等、政治運動」で、

「何が何でも問題化~大騒動化が目的」だから、

「元は、小さなモノ」でも、

「執拗に大きく膨らませる情報工作等が行われている」。

「例えば、

一獣医学部新設大問題化」でも、

「少なくとも、表現上は、好き勝手に書ける

一官僚の個人メモの極一部を

金科玉条の如く扱って、

執拗に、大衆に訴えかけ続けて来ている」』。

『「かつて」の、

「小泉~!」や

「自民ダメ~!政権交代~!!民主~!!!」等と

「同様」の

「所謂、左翼(同上)テレビ・マスコミ等が、

実質的。大衆誘導等を行う事による、

政権転覆工作等が、

今、必死に行われている様相」だ』。

『「旧社会党とは、北朝鮮労働党等とのお友達」であり、

「戦後の日本国内には、北朝鮮系の人々も少なからず居る」。

「その中には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等に

手を染めさせられた人々も居る」。

「それは、

日本全国各地から、

多数の日本国民を拉致{出来てしまった}拉致工作や、

北朝鮮等にとって都合の良い情報・教育で染め上げられていた

戦後日本の情報・教育等の実態・実体からも、

明らか」だ』。

『「集団的工作活動実行者や協力者等」は

「集団的工作活動等の事前摘発を可能にする

共謀罪やテロ等準備罪等の成立や実効のある運用等」が

「非常に、困る」から

「大反対する事になっている様相」だ』。

『「その逆に、平然と、北朝鮮に行っている、日本の大学生等も居るらしい」。

「元々が、北朝鮮劣悪国家指導者等の有益分子」なら、

「例え、平壌等に行っても、米国大学生の様な、非人道的な扱いは受けない事になる」。

「そればかりか、

北朝鮮劣悪国家指導者等が欲しがっている

物や情報等を

運んでいる可能性さえ

決して小さく無い筈」だ』。

『「北朝鮮から昏睡状態で米国に帰還し、

死亡してしまった米国大学生が

北朝鮮内で受けさせられた事」は、

「工作電磁波による有益分子化調教等である可能性が、

結構、高い」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「以前の北朝鮮なら、薬物調教等を行っていた」と

「強く推定出来る」が、

「昨今の日本国内の工作実態からも、

現状の北朝鮮は、

痕の残り易い、薬物(飲食物工作)より、

痕の残り辛い、電磁波工作を好む傾向が強い」。

「其れだけ、工作電磁波の技術に悪の自信等を持っている」のだろう』。

『「北朝鮮側は、

執拗に、電磁波調教を行い、

更に、電磁波調教等の痕跡を無くすべく、

更なる、処置等を行った」と

「強く、推定出来る」』。

『「一説では、人体に無害ともされている電磁波」だが、

「言うまでも無く、それは、質・程度の問題」だ。

「自然界に存在し、通常人間に降り注いでいる程度の電磁波」は、

「実質的に、無害」だが、

「人工的に作り出され、圧倒的に強化等されている電磁波」は、

「電子レンジや電磁波兵器等からも、明らかな様に、

明らかに、人体にも有害」だ』。

『「電磁波調教等の結果、

米大学生が、昏睡状態に陥ってしまった」ので、

「死亡する前に、米国に引き取らせた」のが

「実態・実体」と

「強く、推定出来る」』。

『「昨今、急激に、仕込み場所が増えている、

日本国内の電磁波工作」の

「実効のある摘発」は

「本当に、急務」だ』。

『「元々が、正常・健常な話し合い等は出来る訳も無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「話し合いの窓口を開いた裏」には、

「帰したい、米国大学生が居た」という

「事情があったから・・・」かも知れない』。

『「今後、北朝鮮は、

益々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の言い分を呑ませる為に、

核・ミサイル等の開発に邁進する」と

「共」に

「他国内での、電磁波工作も含む、工作活動に邁進する」と

「強く、推定出来る」』。

『「そんな北朝鮮に協力等している者等」が

「日本国内にも、其れこそ、ゴマンと居る」のが

「戦後日本の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「韓国内の実状は、日本の比では無い」から、

「実際に、韓国では、従北大統領が誕生してしまった」』。

『「日本では、政権転覆工作は成功しない」が、

「例えば、東京都都知事」は、

「テレビ・マスコミ界と馴染みが深い、

ちゃぶ台返し、前政権等批判・非難政治実態等からも、

朝鮮系(北朝鮮も含む)やそのお友達や協力者等であっても、何の不思議も無い

小池氏が、都知事」で、

「何故か、市場移転問題では、朝日新聞本社ビルのある築地に拘っている」』。

『「朝日新聞本社の様相」は、

「少なくとも、筆者たちの印象」では、

「東京湾に着けた、

日本に開国、もしくは、配下に下る事等を迫る、

黒船ならぬ、赤船的様相」でもある』。

『「その南方位(風水等では、配下を意味するらしい・・・)に、

何としても、東京都の土地を・・・」とは、

「いったい、何処の誰の要望だろうか」・・・』。

『「因みに、豊洲は、

朝日新聞本社ビルからは、

徒歩では、結構、遠く、

しかも、

風水等では、

東北方位で、新たに生まれたモノが育つ、

東~東南方位等になるらしい」』。

『「米国は、

話し合いでの解決は、不可能な、北朝鮮との戦争を躊躇するべきでは無い」。

「日韓の北朝鮮汚染が取り除かれる事のメリットは非常に大きい」からだ。

「逆に、日韓の北朝鮮汚染が取り除かれないまま、

北朝鮮が使える核ミサイル等を保持出来てしまう」なら、

「それは、

北朝鮮汚染が、

米国や世界中にも蔓延る事を意味している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等に、

全世界で、

非人道的な工作活動等を行わせ、

終極的には、

北朝鮮劣悪国家指導者等による全世界支配等を

実現させたく無い」のなら、

「北朝鮮問題の解決」は

「急務」だ』。

『「日本の場合」は

「先ずは、

電磁波工作や、

マスメディア等を悪用した悪質な情報工作」等の、

「実害の大きい集団的工作活動等」の

「徹底摘発」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「インチキ内部告発正義論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていたが・・・。

『「該当事例」が「正当な内部告発に当たるのか?」「実質的、政治工作や政治運動等に当たるのか?」等の「検証無き、インチキ、内部告発正義論」は、「本当に酷い」。

「それは、

選挙も無い、

人脈交代も無い、

自浄も???の、

戦後日本のテレビ・マスコミ等による、

報道正義論」等でも、

「全く同様」だ』。

『「内部告発」でも

「報道」でも

「先ず、あるべき」は

「その実体把握に他ならない」』。

『「実体把握を行った上」で

「正当な内部告発」や

「正当な報道」等と、

「政治工作や、政治運動や、大衆誘導等々目的の

実質的、情報工作等」とは、

「全く別の扱いをする事」が、

「適切になる」』。

『「この最初に在るべき重大な区別」を

「重大に扱わずに、

実質的に、黙殺等させた上での、

インチキ内部告発正義論等」は、

「本当に酷い」。

「多くの視聴者」を

「実質的に、マインドコントロール等する為等」の

「不当な情報配信実態・実体」が

「露呈している」』。

『「加計学園獣医学部新設関連の文科省内文書メモ等流出」が

「内部告発に当たるのか?」

「政治工作や政治運動等に当たるのか?」等を

「検証してみるなら、

誰もが、その問題の本質に気づく筈」だ』。

『「流出した文書メモ」とは、

「少なくとも、表現上は、記入者が、好き勝手に書ける、

個人のメモ」に「過ぎ無い」。

「つまり、メモ内容=真実とは限らない」』。

『「記入者が好き勝手に書けるメモ等の場合」、

「記入者の実体把握が重要になる」』。

『「差別の無い官僚等公務員界」には、

「保守系の者も居れば、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の者も居る」』。

『「該当メモ等の流出先」は

「朝日新聞や民進党等、

所謂、左翼(同上)系のマスコミ・政党等だった」』。

『「その辺りの実態・実体」が

「露呈している事」は

「加計学園獣医学部新設関連文科省内文書メモ等の流出~テレビ・マスコミ・一部政党等による大問題化騒動等」が、

「所謂、左翼(同上)人脈による、

実質的、政治工作や政治運動等である可能性が

非常に高い事」だ』。

『「其処」に、

「正当な内部告発の様相は無い」』。

『「そもそも、正当な内部告発」なら、

「好き勝手に書ける個人文書メモ等を流出させる事では無く、

内部告発に値する事実・現実や実態・実体等を

告発出来ている筈」だ。

「今回の内部告発???大騒動」では、

「其処が、圧倒的に欠落している」』。

『「正当な内部告発では無い、

実質的、政治工作や政治運動等」なら、

「賛美等する事では無く、むしろ、非難等する」のが

「健常なテレビ・マスコミ等になる」』。

『「ところが、現状」では、

「特に、所謂、左翼(同上)系のテレビ・マスコミ等が、

まるで、所謂、左翼(同上)系の野党等と同様」に、

「実質的、政治工作や政治運動等を

賛美等する考え・思い等」で、

「視聴者・読者の頭の中を染め上げさせたい様相」だ』。

『「サンデーモーニング等でも、

その為のインチキ論等」が

「日本の公共の電波上にばら撒かれていた様相だった」のだから、

「本当に酷い」』。

『「正当な内部告発者」は

「保護されるのが当然」だ』。

『「内部告発を気取って、

実質的、政治工作や政治運動等を行った者等」なら

「公務員として相応しく無い事」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「正当な報道等をする、テレビ・ラジオ等」なら、

「日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を得ているのも、当然」だ』。

『「正義ぶり、優等生ぶって、

偏向論や人脈的に偏向している者等を偏重し、

聴者の頭の中を

特定人脈等を利す考え・思い等で染め上げようとし続けている

実質的、情報工作機関等」なら、

「日本の公共の電波の使用権を与え続ける必要は全く無い」』。

『「公共的マスコミ」や

「学校教育」等でも、

「事態は同様」だ』。

『「最初に在るべき重大な検証や区別や報告等を

意図的に、黙殺せしめる、している、

詐欺師的情報配信等」は、

「大いなる非難に値する」』。

『「情報配信者の実体情報」も

「重大情報の一つ」だ』。

『「番組出演者や、番組製作実権者や、配信実権者等」の

「思想信条や支持政党等は?」

「宗教に属しているのか?否か?」

「属しているなら、どの宗教団体等か?」

「産まれや生育歴は?」等々の

「配信情報内容のベースとなる実体情報」が

「事実・現実通り」に

「十分に、視聴者に周知されていない状態」は

「明らかに、不健常」だ』。

『「逆に、上記の様な実体情報等が、

多くの視聴者に大衆周知される」なら、

「多くの視聴者の

テレビ等が配信している情報内容の実体把握」も

「より容易になる」』。

『「つまり、配信情報内実等を、誤解したり、

良く知らないが故に、不当に操られてしまったり・・・する事等」が

「激減する事になり、

実質的、大衆誘導等の害悪を減らせる事になる」』。

『「所謂、左翼(同上)系のテレビ・マスコミ等」は、

「小池都知事や、その政治・政策や、

小池新党」等を、

「賛美等している場合が多い」が、

「その辺り」にも、

「所謂、左翼(同上)人脈の臭いが漂っている」・・・』。

『「実体が事実・現実通りに知らされた時、

所謂、左翼(同上)系の者たちばかり・・・が、主として、常連出演だったり、

所謂、左翼(同上)系の者たちに都合の良い論ばかり・・・が、主として、正論扱い等だったり、

・・・している」なら、

「それらの偏向状態の是正要求民意等も、強く成り易くなる」』。

『「選挙の無い、テレビ・マスコミ界」に

「民意を反映させる為」には、

「最初に在るべき、重大な実体情報や、区別等」が

「非常に重要」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動の臭いが濃い、米イージス艦とコンテナ船の衝突問題・・・。

『「かなり混んでいる海域」でも「双方の船のコントロールが適切な限り、滅多な事では衝突事故など起こる訳も無い」。

「しかし、其処に、何らかの、悪意に基づいた意志等が絡む」なら、

「かなりの高確率」で

「衝突事故等が出現する」』。

『「今回の事故実態から、はっきりしている事」は、

「米イージス艦の質量は、コンテナ船より遥かに小さかった事」と、

「衝突場所」が

「米イージス艦の要所であり、

船と船との衝突など想定していない今時の軍艦の弱点であった事」だ』。

『「米イージス艦側には、船長も含む、数人の負傷者と、7名もの行方不明者まで出てしまっている」が、

「コンテナ船側の被害」は、

「船首部分が少し壊れたダケ」だ』。

『「確実に言える事」は、

「米軍」は、

「使えるイージス艦を、

一隻、

当分の間、

使えない状態にさせられてしまった事」だ。

「しかも、宣戦布告や軍事攻撃等無しで」・・・』。

『「この状態が、何処の誰や、何処の国等を利す事になるのか?」等は、

「昨今の極東情勢を知っている方々なら、

もはや、言うまでも無い事」だろう。

「今頃、北朝鮮劣悪国家指導者等は、

工作活動の成功を祝って、

祝杯でも挙げている・・・」のかも知れない・・・。

「何しろ、極悪非道工作活動カルト宗教国家状態」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等なのだから!」』

『「筆者等が、上記の様な感や思い等と強くした」のは、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的様相を露呈し続けて来ているテレビ等」が

「該当衝突問題に対して、

過失等があったのは、

米イージス艦の方であるかの如きイメージ」等で

「情報配信していたから」だ』。

『「泥棒をして逃げる時」に

「無垢の他人を指差して、

{あいつが泥棒です!}等と叫ぶ、

何処かの国・民族等の精神文化の臭い」を

「其処に、感じたから」だ』。

『「何れにしても、宣戦布告前の工作活動等」で、

「イージス艦等、

肝要武力を、

例え、その一部でも、

無力化出来てしまう事」等への

「十分に実効のある対策等」は

「必需」だ』。

『「何しろ、拉致工作からも明らかな様」に、

「日本には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作員や協力者等」が

「其れこそ、ゴマンと居る」。

「そして、行っている事」は

「基本的に、工作活動」だから、

「その悪質性や、犯罪性等の立証等は、

「相応に、困難な場合が多い」』。

『「例えば、高速道路走行中の車の運転者」に、

「その前後等から、

工作電磁波を当て、

運転者の意識等を失わせたり、

運転者に心不全・脳卒中状態等を起こさせたり」等々しても、

「それが、工作活動による、実質的、殺傷等である事」を

「立証する事」が

「困難な様」に、

「該当、イージス艦とコンテナ船との衝突問題」も、

「その本当の実体を露わにする事」は、

「相応に、困難な事」と

「推定出来る」』。

『「しかし、工作活動には、反対側からの摘発手段が在る」。

「命令・指令・準備等を暴く事」だ』。

『「幸いな事」に

「先の参院国会」で、

「テロ等準備罪は成立」した』。

『「後は、

実効のある運用を出来るだけ早くする事が、

非常に重要になる」』。

『「該当、イージス艦とコンテナ船との衝突問題の裏」に

「工作実行指令等が在ったのなら、

それを露呈する事」等は、

「テロ等準備罪の有効性等を

多くの人々に、

其れこそ、アッと間に、

ご理解等頂くに、

必要十分な実例になる」かも知れない』。

『「日本側が、その様な面で、地に足を付ける」なら、

「それは、

日米同盟の更なる強化に直結する事になる」』。

『「一番避けるべき状態」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の、

日本国内・日本領海内塔での、

工作活動」等を

「蔓延らせ続ける事」だ』。

『「拉致工作実態等からも、明らかな様」に、

「戦後の日本国内」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下」等が、

「其れこそ、ゴマンと居続けている」。

「その中には、非人道的な工作活動等を、

実際に、行い続けている者等も、

多数居る事等」は、

「他の記事にも記している」』。

『「日本の中の韓国系の工作活動等」は、

「結構、大胆で、直ぐなる結果等を求めがちな様相である事」に対して、

「北朝鮮系等の工作活動等」は、

「茹でカエル式で、直ぐなる結果は、あまり求めない場合が多いが、

絶対に露呈しない事を絶対条件に行われ続けて来ている様相」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、絶対に露呈しない工作活動手段として、選択している様相」なのが、

「弱毒物や、有害物等を、

ターゲットに、

意図的に、継続的に、接種させ続ける手段」や、

「工作電磁波悪用の電磁波工作」等だ』。

『「北朝鮮に、実質的に、人質にされた若い米国人」が

「脳欠損のある状態の意識不明状態で、米国に帰された」が、

「その裏に在った非人道的な悪事が、

工作電磁波使用の

洗脳工作や、

自白無理強い工作等々であった可能性」は

「かなり、高い」。

「経時変化により、

どんどん、数が重ねられ、

疑似高周波化する様に、設計されている様相」の、

「音波同様の、電子側とホール側双方の要素がある、縦波ドット派」と

「強く推定出来る、工作電磁波」の「実効」として、

「人の神経作用(脳神経も含む)への

介入等がある」。

「元々、生物の神経ネットワークでは、電気信号が利用されている」が、

「其処に、介入し、

混乱させたり、

睡魔等を誘ったり、

高揚させたり、

イライラさせたり、

不安にさせたり、

・・・等々が可能」なのが、

「工作電磁波」だ。

「更に、意図的な身体操り等も可能」で、

「例えば、心不全や心停止等を、意図的に起こさせたりする事程度」は、

「現状でも、結構、可能な様相」だ。

「更に、研究~開発等が進んでいる」なら、

「意思・意志等の操り等まで可能になるかも・・・」等と

「悪どもなら、考えたり、思っていたり等々していて当然」で、

「そんな実権に、若い米国人男性が使われてしまった可能性も、

結構大」等と、

「強く推定出来る」』。

『「元々は、壁に耳あり・・・等の古事」から、

「電波を音の様に使う事で、覗きを・・・」等の

「発送から生み出され、

周波数等に傾注した、単純な測定や解析等では、

その存在が、露呈しない様に、

経時変化する様に、設計された

工作電磁波」の様だが、

「複数和音的ドット派による電離作用や、

人間の神経組織等に対する実影響等」の

「効果が意外と、大きかった」ので、

「殺傷工作や、不適応分子粛清工作にも使われる様になり、

それを、今度は、

有益分子化工作に無理にでも使用しようとしている様相」が、

「意識不明の若い米国人男性の裏」に

「在る」のかも知れない』。

『「何れにしても、実戦争となれば、

アッと言う間に、

極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮の負け」となり、

「元を失った工作活動の多くも必然的に、終焉」し、

「戦争被害の圧倒的多くは、北朝鮮側に出る事になる」。

「今、一番、戦争を避けたい」のは、

「工作活動に邁進する事で、覇権を得ようと、悪足掻きし続けて来ている

北朝鮮」だ』。

『「日米韓等の側なら、少なくとも、他国内での工作活動を全廃しないのなら、

実戦争も厭わない事等」を

「北朝鮮に突き付け続ける事等」により、

「実際に、自国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動を撲滅する事」が

「肝要」になる』。

『「米イージス艦と、コンテナ船の衝突問題」は、

「徹底して、工作活動の可能性も含めて、裏を洗うべき」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の他国内での非人道的な工作活動等」は

「早々に、撲滅されるべき」だ』。

『「日本国内に居る朝鮮系の人々」でも、

「工作活動無縁」で

「日本社会や日本国民との共生・共栄等を目的として、動いている方々」は、

「大歓迎」だが、

「非人道的な工作活動等を仕掛け続けて来ている者や組織等々」なら

「根本的に、歓迎される訳も無い」。

「根本的に灌漑される訳も無い、

根本的に間違っている事等を行いながら、

上辺等で誤魔化す事等により、

騙し、操り、

無理にでも受け入れさせ続けようとしている、

醜悪で劣悪な連中には、

本当に呆れる」』。

『「人間世界正常化・健常化等により、

半分以上の人類が生き残れる時間」は、

「もう、残り少ない」。

「生き残り可能人数等が、

科学レベルで明らかになった時、

人類には、

究極の選択が突き付けられる事になる」が、

「その時点」で、

「生き残る資質が有ると認定されるに、必要十分な資質を身に着けておく事」こそが、

「今の多くの人類に求められている事」だ』。

『「未だに、

非人道的な工作活動等を行い続けている者等やそれを認めているその子孫等」は、

「真っ先に、

生き残る事に相応しく無い側に放り込まれる者等になる」。

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態で居る事自体が、

見の破滅を招く事になる」』。

『「神様の通信簿」は

「誰にでも付けられる」。

「人類誰もの、自分の実体である地球生命体細胞群の、

本来の目的である、

その存続への実貢献度」を

「科学レベルで算定する」なら、

「誰もが、今の自分の実体を理解・把握出来る事になる」』。

『「物質文明面」では、

「物質文明を健常進歩・正常進化等させる事」等による、

「地球生命体細胞群の宇宙への進出等を可能にして行く事」等や

「人類誰も、一人の人等も含む、地球生命体細胞群の健常・正常状態の維持」等や、

「地球環境等の健常・正常状態等を守る事」等への

「貢献等」が「肝要になる」。

「精神文化面」では、

「科学レベルで、自分の実体やその実体の本来の目的とのの整合性が取れる、

自己健常支配の継続や

それに有効な情報・教育・訓練等への貢献・努力等が肝要」になり、

「他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配等に

甘んじている者や情報・教育・訓練・努力等の

実評価が悪くなる」のは、

「当然の事」だ』。

『「昨今の地球環境の急変状態等からも、

誰もが、

実感している事だろう」が、

「{裁きの日}が来るまでに、

残されている時は、

もう、少ない」』。

『「裁きの基準」は、

「人間が勝手に決めている、現状経済・社会システム等に沿う事では無い」。

「{神様の通信簿}に沿う事になる」。

「何故なら、そうしなければ、人類が滅亡してしまう必然性を排除出来得ないから」だ』。

|

「加計学園獣医学部新設大問題化」に熱心なテレビ・マスコミ等の、朝鮮系等人脈の強い臭い・・・。

『「アサヒ系や、TBS系や、NHK等」には「北朝鮮系の臭い」が、「日テレ系やフジ系」には「韓国系の臭い」が、「濃厚に漂っている」。

「何れに」しても、朝鮮系」だからか、

「親朝鮮の色合いが濃い民進党等贔屓&韓国や北朝鮮にも日本の立場からモノを言う場合が多い安倍政権等嫌い」が

「顕著」だ』。

『「日本の公共の電波を使っている、

日本国内のテレビ・マスコミ等」なのに、

「朝鮮系・・・」という

「異常事態」は

「何時になったら、是正されるのだろうか」』。

『「選挙のある政界」では、

「朝鮮系等のテレビ・マスコミ等による、

実質的大衆誘導まで在って」も

「相応に、

日本国内の人脈内実、構成割り合い」を

「反映した状態となっている」』。

『「ところが、選挙も無い、

実質的に、自浄も無い、

テレビ・マスコミ界や、学校教育界等」では

「未だに、

占領軍が占領政策時に朝鮮系の者等を重用した状態の影響」が

「強く残されたまま・・・」だ』。

『「戦後日本の学校文系教育内容の異常さ」等からも、

「昨今の、

選挙の無い、テレビ・マスコミ・文科省VS選挙の結果である現日本政府・与党等」の

「ある意味での、必然性等」を

「多くの人々は、少なくとも、薄々とは、感じている筈」だ』。

『「昨今の、

テレビ・マスコミ・文科省一部官僚等による、

加計学園獣医学部新設大問題化」の

「裏に在る」のは、

「人脈利権の問題に他ならない」』。

『「戦後日本の文部省等お墨付きの

日本に自虐を強いる学校教育等」は

「その裏」で

「長い間、朝鮮側を不当に利して来た」。

「その現実離れぶりが、

ネットの普及等により、

公然化」し、

「脱自虐教育等の流れが出て来た」のは、

「最近の事」だ』。

『「昨今の加計学園獣医学部新設大問題化」の

「かつての日本自虐強い教育同様の、酷い、現実離れぶり」は、

「少し考えるなら、誰もが直に分る」』。

『「かつての日本自虐強い教育」が

「長い間、成り立ってしまった」のは、

「実質的、情報統制状態下で、

その問題について、多くの日本国民が得られる情報・教育等が、

極めて、限定されていたから」だった。

「同様の手口」が

「加計学園獣医学部新設大問題化」にも

「在る」』。

『「文科省内から、

何らかの手段で、

実質的に、盗まれたのか、

流出させられたのか、等した、

加計学園獣医学部新設関連メモ文書等」に対する、

「多くのテレビ・マスコミ等の扱い」は、

「本当に、酷い」。

「実体や事実・現実離れしている」。

「原寸大報道でも無い」』。

『「総理のご意向・・・」や

「官邸の最高レベル・・・」等「ばかり」を

「偏重」している。

「その反面」で、

「メモ文書の実全体内容」や

「どうして、文科省内のメモ文書が、流出したのか?」等の

「事実・現実上の重大問題情報配信」は、

「ほとんど行っていない」』。

『「日本に自虐を強いる情報・教育ばかり、積極的に配信等」し、

「事実・現実に基づいた実体情報の原寸大情報配信や教育等」は、

「黙殺せしめていた事態」と

「全く、同様の事態」が

「現状の多くのテレビ・マスコミ上等で起こされている」』。

『「未だに、

そんな不健常な事を行っている」のは、

「日本に自虐を強いる情報・教育等を行っていた者等と、

同じ、人脈の者等」だ』。

『「利そうとしている者・物・事等も、

朝鮮系等」と

「コレも、同じ」だ』。

『「人脈構成割合の是正無き組織・企業等」が

「明らかな自浄作用を表すのは、稀」で、

「多くの場合、

上辺が少々変わっても、

やっている事は、

基本的に同じ」で、

「利そうとする、利す、相手等も同じ」だ』。

『「政界には、選挙がある」ので、

「民意による、人脈構成割合等の是正、もしくは、適正化等も、可能になっている」。

「政界同様、或いは、ある意味では、政界以上の影響力や実権等を保持出来ているにも関わらず、

選挙も無い」のが、

「テレビ・マスコミ・学校教育界等の実態・実体」だ。

「学校教育上がりの官僚界も同様」だ』。

『「現文科省等に、

所謂、左翼(内実、親朝鮮)の官僚等が多い」のは、

「単なる偶然では無い」。

「意図的に、

日本社会の中の

押さえるべきところ」に、

「そのスジの者等が、

優秀な、官僚にも成れる者等を、集中させる

工作活動等も在る」』。

『「日本全国各地からの、

多数の日本国民の、

拉致」からも

「明らか」な様に、

「戦後の日本国内」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動」が、

「実際に、現在も、行われて来ている」』。

『「拉致工作等を行わされた工作員・協力者等の多く」は、

「子沢山強い世代交代等までさせられながら、

その後も、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等」を

「行い続けさせられて来ている」』。

『「工作活動の中には、

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々、

非人道的な工作活動も在る」』。

『「そのスジの人脈のスパイ・工作活動利権を守る為」に、

「テロ等準備罪等に猛反発していた」のが、

「そのスジの、政党や、テレビ・マスコミ等の実態・実体」と

「強く推定出来る」』。

『「その辺りの実状からも、

特に、北朝鮮系のテレビ・マスコミ等々」と

「非人道的な集団的工作活動の繋がり」は

「早々に、

徹底検証され、

摘発すべきは摘発する事」が

「急務」になる』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や、

「公共的マスコミ界」や、

「学校教育界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「本当に、急務」だ』。

|

加計大問題化、言葉狩りによる大衆誘導「総理のご意向・・・」等々偏重情報配信、テレビ・マスコミ等の暴挙は何時止められるのか?・・・。

『「冷静に考えるなら、誰もが、直に気づく事」だ。「民進党や朝日新聞等が、どの様な手段でか???得た、文科省内、一官僚の好き勝手に書ける個人メモ上」に「在った言葉」は、

「総理のご意向・・・」等々「ダケでは断じて無い事等は!」』

『「そして、国政等を預かっている文科省内の文書が、

一官僚の個人メモにしても、

流失してしまっている事の

危険性や、大問題や、

流出事態に関わっている、

悪者や悪事等」の

「大問題も!」』

『「健常なテレビ・マスコミ等」なら、

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)勢力等、

特定極一部の勢力」を

「より、有利にする事」等に、

「有益」な、

「ある種の情報工作手法である、

言葉狩り」等は、

「断じてせず」に、

「該当文科省メモ文書等の内容の実体」を

「出来る限り、判り易く、

視聴者・読者等に伝える」のが

「当たり前」だ』。

『「文科省内の文章が、例え、個人メモにしても、流出した事の危機管理の脆弱性等」を

「大問題として、報じていて当たり前」だ』。

『「当たり前の仕事をせず」に、

「言葉狩りや、

重大事態を無い事に・・・」等の

「手段」で、

「視聴者・読者等を操り続けようとしているテレビ・マスコミ等」は、

「明らかに、異常」だ』。

『「例え、

それが、

NHKであっても、

異常なモノは異常」だ』。

『「異常なモノの裏」には、

「相応の理由がある」』。

『「NHKの場合」は

「その理由」が

「~民主党政権時の頃の実権者人事」と

「強く、推定出来る」』。

『「戦後日本の、北朝鮮系も含む、朝鮮系人脈」と、

「朝鮮系人脈の割合が一般社会より遥かに濃い、芸能界や●暴界や、

旧社会党等、親朝鮮の度合いが強い、一部の政党」等との

「強い繋がり等」は、

「もはや、有名な話」だが、

「昨今の、NHKのゲイノウ人重用ぶり」にも、

「その辺りの人脈による実権構造不当改変等」の

「明らかな現れが出ている」』。

『「ゲイノウ人がゲイノウ人を宣伝する事まである、

ゲイノウ人の重用ぶり等」に、

「強い、違和感等を抱いている視聴者も多い筈」だ』。

『「出演者の内実まで変えられている」のだから、

「その論調等も、当然の如く、変わっている」』。

『「昨今のNHKの多くの番組の論調」は、

「例えば、

どんな方法でか???の

流出した文科省内メモ文書等の、

極一部を偏重し、

極一部を偏重する事で得られるイメージに偏向する論」等の

「積極配信状態」で、

「まるで、

プチ朝日・プチTBS等とでも、言うべき状態」だ』。

『「健常な報道姿勢である、

メモ内容の概要等を、

出来る限り判り易く、

視聴者等に伝える情報配信」や

「文科省内から、例え、官僚個人もメモ等であっても、流出してしまった事等の

危機管理の脆弱性や

その犯人の悪質性等を問題にする情報配信」等では「無く」、

「実質的に、盗み出されている、もしくは、リークされているメモ」の、

「総理のご意向・・・」等の「部分ダケを偏重」し、

「個人メモでは無い、

文科省内の公文書」的な

「イメージ」等を

「視聴者に抱かせ」、

「それらの状態から生じる偏向論の方向」に

「多くの視聴者の思い等を誘導している」その様は、

「本当に、醜悪で悪劣」だ』。

『「該当メモ」を、

「所謂、左翼(同上)の、

政治運動、もしくは、政治工作等の為」の

「有用な具」として、

「視聴者の中で、育成させる為」の

「情報配信ぶり」が

「露呈している」』。

『「出来る限り多くの視聴者」を、

「所謂、左翼(同上)の為の有益分子にする為」の

「有益分子化情報工作」等が

「露呈している」』。

『「それは、客観的に見る」なら、

「明らかな、

公共の電波の不当・不正使用等」で、

「とんでもない、

絶対に、許容されるべきでは無い事」等に

「当たる」』。

『「そんな状態」が

「テレ朝・TBS等ダケでは無く、

NHKも含む、

多くのテレビ局でまかり通ってしまっている」のが、

「現状の日本のテレビ界の余りにも酷い実態・実体」だ』。

『「選挙のある政界」では、

「与党議員等の徹夜の頑張りもあり、

本日、テロ等準備罪が、成立した」』。

『「多くの日本国民」が

「テロ等準備罪を良く解らないから、

不安に感じj、

人間心理上では、わからない事・不安な事等は、

悪い事・始末する事等として処理され易い」から、

「悪いモノの様に、思い込まされている」のも、

「多くのテレビ・マスコミ等による、

情報配信内容、もしくは、実質的、大衆誘導等故の現象」に

「他ならない」』。

『「実は、政府・与党側」が、

「多くの日本国民の懸念等を払拭する事は、意外と簡単」だ』。

『「誰にでも判り易い、適用実例を示せば良いダケ」で、

「例えば、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

非人道的な工作活動等」を

「テロ等準備罪を使って摘発する」なら、

「其れこそ、

アッと言う間」に、

「多くの悪では無い日本国民の不要な不安の多くは払拭される」と「共」に、

「テロ等準備罪や、それを成立させ、有効活用した政府・与党等への支持」が、

「増大する事になる」』。

『「その北朝鮮劣悪国家指導者等による命令・指令の下の工作活動等」に

「テレビ・マスコミ等による、実質的、情報工作等が含まれる可能性」等は、

「結構高い」と

「強く推定出来る」のは、

「多くのテレビ・マスコミ等による情報配信内容が、

上記の如く、

余りにも、酷いから」だ』。

『「健常なテレビ・マスコミ等」なら、

「実体や事実・現実に基づいた原寸大報道等が当たり前」だ。

「実体や事実・現実を視聴者・読者等に、

受け入れ易く、

わかり易く伝える」のが

「当たり前」だ』。

『「政治運動や、

政治工作や、

情報による大衆誘導等を行っている」のは、

「明らかに、不健常なテレビ・マスコミ等になる」』。

『「テロ等準備罪の、

正当で、判り易い、

有効な実用」を

「強く望む」と

「共」に、

「戦後日本の情報・教育界」の

「より早い、正常化・健常化等」を

「強く望んでいる日本国民の数も多い筈」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

«小池都知事や朝日等は、どうしても、築地を東京都のモノにさせ続けたい様相だが、その裏には、何がある?・・・。