「新型コロナウィルスは舌から(も、は言われていなかったが)感染する旨」や「リアリティー番組出演者自殺をダシのSNS規制論」や「懲戒処分では無かった事ダシの{政治運動}」等が公共の電波を使って大喧伝されているが・・・。

『「該当ウィルスの正体探究は何処へやら、該当ウィルスは舌から感染する旨大喧伝し、鼻奥や喉奥からの検体採取での深部感染等は心配無い様な考え・思い等」も

「多くの視聴者等に植え付けたがっていた様相」も「露呈させていた番組もあった」が

「感染可能なレセプターを持つ細胞が在り、其のレセプターとのコンタクトが取れる状態を得る事が出来る」なら

「感染は具現化する」のが「ウィルスの実態」だから

「どんなに舌からの感染を大喧伝しても、

喉奥や鼻奥の細胞には該当ウィルスが感染可能なレセプターが無い事を明らかにしない限り」、

「其の場所からの該当ウィルスの感染リスクは無い!」等と「安心する事は出来ない事に成り」、

「鼻奥や喉奥からの検体採取によるPCR検査には問題が無かった事にも直結し得無い事に成る」。

「はっきりしている事」は

「口腔内のウィルス量が多い該当ウィルスの検査の為の検体採取を行うなら、

圧倒的に唾液からの採取がメリットが大きくリスクが少なく成る事」だから

「検体採取は唾液で!」を「直ちにでも徹底する、させるべき事に成る」。

「緊急事態宣言が全国で解除された」が

「十分な感染力を持つ該当ウィルスは、自然感染なら日本にはもう余り多くは無い筈」で

「第二波等を警戒する事」と

「海外からの人等の受け入れや日本からの海外への人等の出入りに対して十二分な該当ウィルス対策を行う事」等には

「大きな相関関係が在る事に成る」。

「其の様な{警戒}はワクチンが出来て大々的に実用されたり、該当ウィルスに感染した人々が免疫等を得たりする事により、

該当ウィルスに対する集団免疫の防波堤が構築されるまで

継続されなければ成らない事に成る」が

「此処でも問題に成る」のが「現行経済システム上での経済問題」だ。

「現行人間社会・経済システムの実態」が、

「過大な金権状態の下で、

多くの何等かの{仕事}をしなければ日常生活も成り立ち得無い{奴隷}状態の人々を創り出し続ける事」も

「大前提とされているモノである事」等は

「今回の該当ウィルス{ショック}!により、其の意識の有無を問わず、多くの人間たちにも再認識された筈」だ。

「せっかく其の様なベースが出来ている」なら

「現行人間社会・経済システム自体の是正等も論じられていて当然に成る」のに

「現行人間社会・経済システム上で優位な立場を得ている、与えられている、テレビ常連出演者等は

自らの利権の維持~増大の為か(?)其の辺りに言及しない場合がほとんど・・・」に「成ってしまっている」。

「何処の局でも同様の顔、同様の論等ばかりが主扱い状態」の

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や「マスコミ界」等の

「画一的であるが故の{貧弱さ}」等が「其処に露呈している事に成る」が

「現状で利権を得ている者たち等が、其の辺りを是正しようとせず、

其の代わりに、他の問題をダシに正義ぶり、優等生ぶる事が大得意な様相を露呈し続けて来ている事」等は

「既に、多くの視聴者・読者等の実感通り」で

「其の構造故の衰退化等が、テレビ・ラジオ・マスコミ界等に起こって来ている事等が、益々判り易く成って来ている昨今」でも

「未だに、常連出演者等は同様・・・、論等も同様・・・のまま、

視聴者・読者等の方を其れに迎合させようとし続けている様相さえ露呈させている場合も多い」のだから

「もはや、呆れを通り越して哀れにさえ思ったり、感じたりしている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「同様の者たちばかり・・・では無く、多種多様な者たちを起用したり、

同様の論ばかり・・を主にでは無く、多種多様な論を紹介して、判断等は視聴者・読者等に委ねたり、する」なら

「直にでも、其の是正も出来る事に成る」のだから

「其れを行わないで、維持している利権等の正当性等はいったい何処に在る???」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「もちろん、言うまでも無く、其の様な状態の是正は急務に成っている」。

「其れは、地球環境問題や人間社会問題の深刻化が加速度的に進んでしまって来ている現状までの実態からも

明らかな事に成る」。

「該当ウィルス問題」でも

「感染が工作によるモノ」なら

「第二波が何時起きてしまうのか?」も

「工作を仕掛けている側次第に成ってしまう事にも成り得てしまう」のだから

「スパイ・工作活動等対策問題も重要な問題に成る」。

「戦後日本のスパイ・工作活動対策が十分なモノなのか?」は

「拉致工作まで行われてしまっている実態からも明らかな様に、もはや、論を待たない」。

「スパイ・工作活動等天国状態の是正抜き」に

「多くの日本国民等の安全で安心出来る、普通の人間生活も在り得無い事に成る事」等は

「被スパイ・工作活動等VIP状態の筆者等の実態や実感からも良く判る」。

「実質的には、重大な人権侵害が其処に在る」のに

「其れを圧殺・黙殺等し続けて来ている事等により、

実質的にはスパイ・工作活動等を仕掛けている側を援助等している状態に成ってしっまっているテレビ・ラジオ・マスコミ等は

スパイ・工作活動等を仕掛けている側の情報工作機関等では無いなら、本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「経済問題」なら

「人権上からも、

ベーシックインカムと、

科学レベルで正当性が担保されていない過剰な報酬・資産等への重課税等の

セット導入を実現させたらどうか!」

「そんな事をすると、働く気を無くす人々が多数出る」とは「詭弁」で

「今回の自粛時の実感や実態等からも明らかな様に、

人間誰しも、必要最小限の事しかしない、出来ない状態は、相応に苦役と成り、

何等かの行動等を起こしたく成るモノ」だし

「仕事にしても、現行で仕事とされているモノ」は

「現状人間社会・経済システム上での私利私欲の公然化や

現状人間社会・経済システム等を支える為に必要とされているモノに他ならず、

人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的である存続~永続への貢献から整合性を取ったモノでは無い」のが

「現実」で

「実質的には、自虐行為や破壊行為等でも、仕事にされている」のだから

「其の是正を行う事には大きな価値が在る事に成る」。

「人類史をふり返っても、武力による比べっこ支配権/被支配権争い時代には、

戦争等により敵という同じ人類を殺傷等する事が仕事にされていた」のが

「現実」で

「現状の武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い状態の人間世界」では

「経済圧殺や環境破壊等々が横行出来ている」のが「現実」だ。

「自分の実体や其の実体の根本的目的から整合性を取って自虐度を減らす様に、人間社会・経済システム等を構築する事」は

「決して不可能な事では無い」のだから

「其の辺りの論等の口火くらい付けても当然に成っている」のが

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の実態」なのに

「未だに、現状利権に縋り付いている状態の者たち等ばかり・・・が大手を振れている様相・・・」では

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんな実態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「リアリティー番組等で自らを{見世物}にする為には、相応の能力や資質や覚悟等が要る事」は

「明らかな事に成る」のだから

「プロデューサー等が出演者を決める時」には

「必要な能力・資質・覚悟等を見極め、出演者も重々其れを承知の上で無ければ成らない事に成る」。

「そもそも、自らを{見せ物}にする事を是とする状態」とは

「自己承認欲求の代償欲求を追及している状態の一例に他ならず」、

「自らを{見せ物}としている番組等を視聴している人々の実態もまた、

出演者等に感情移入したり、投影・転嫁同一視心理を働かせたりしながら、

他の者・物・事等を利用した自己承認の代償欲求の追及を行っている状態の一例である場合が多い」。

「どちらも代償欲求追及の世界」だから

「代償欲求追及の常として、より過激化・過剰化し易い事」も

「当たり前」で

「過激化・過剰化し易いが故に、

代償欲求追及状態の人々には、オモシロく感じられ易い」のが「実態」だ。

「其処に、現状人間社会・経済システム故の、知名利権や出演報酬等や視聴率やスポンサー収入等々も付いている」のが

「実態に成る」。

「現行人間社会・経済システム上でも適材適所は極めて重要に成る事」等は

「例えば、

プロレスラーとしての資質が無い者にプロレスラーを行わせてしまうなら・・・や、

技術開発者としての資質が無い者に科学技術製品の設計を強いたら・・・」等々の

「事態を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「適材適所では無い起用故の惨劇」を「ダシ」に

「惨劇の中の極一部に過ぎないSNSによる誹謗中傷を切取り、偏重し、

其れをダシにSNS規制等の政治・社会運動等を

公共の電波まで使って行う事」の

「正当性は何処に在るのか???」

「テレビ常連出演者等にしてみれば、

公共の電波上で有名人利権付きの仕事を行っているのだから

自らもターゲットにされていてもある意味当然に成る

一部の人々の八つ当たり的誹謗中傷的情報発信等の{不快なモノ}を排除出来、

主として、賛美等される状態が出来てしまうなら、

まるで独裁政党支配国家の人民指導独裁政党員の様に成れ、

自らの利権の維持~増大等もより容易に成る・・・等と

意識の有無を問わず、感じたり、思ったり、しているのかも知れない」が

「故人レベルの者たちによる、

現状人間社会・経済システム故の多大な利権等も持っている場合が多い、有名人等への八つ当たり等の発信等も

封じ込められてしまう人間社会の息苦しさ等が、

溜まりに溜まった大八つ当たり化の生みの親に成り易い事等は、

冷静に、考えておくべき事の一つに成る」。

「言論の自由と表現の自由」を

「私利私欲の為に制限させようとしている臭い」等を

「発してしまっている状態の者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「政権交代のある政界の様に、有名人(人脈)交代も在るべき!」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者・読者等の数も、かなり多い筈」だ』。

『「賭けマージャンで罰せられるべき」は

「該当元検事長ダケでは断じて無い」。

「サンケイの記者も朝日の元記者も同罪」だが

「賭けマージャンにもレートが在る事もわすれてゃいけない」。

「報道されているレートは、客観的に考えるなら、高額報酬者たちにとっては遊びレベル」で

「賭博と大悪扱いする事」には「明らかな違和感が在る」。

「高額報酬である事を問題にした上で、小市民レベルなら賭博に成るのでは・・・論等なら、未だ解る」が

「現政権に悪イメージを付ける為の政治運動の一環としての大問題化」等は

「明らかに、変で、其の様な事が公共の電波を使って行われて、行えて、しまっている」なら

「本当に、変」だ。

「精神構造的」には

「自殺してしまったリアリティー番組出演者」と

「同様の状態に置かれている」のが「該当元検事長の実態」に「他ならない」。

「皆で、該当元検事長や現政権に八つ当たりしましょう!公共の電波を使った政治運動等」を

「行っている様相」なのが

「現状の多くのテレビ常連出演者等の実態」に「成ってしまっている」。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当元検事長」と「新聞記者たち」の「ズブズブの関係」の「問題」を

「スクープ出来た程、何処かの誰かとズブズブの関係だったのか、スパイ・工作活動的手段でも用いていたのか、」等が

「疑われる」のが

「文春の記者等の実態」で

「現状の日本社会の中には、同様のズブズブの関係が至るところに・・・状態」だから

「例えば、北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配工作等でも皆、バレている」のが「現実」だ。

「そんな実態が在る」のに

「そんな実態が在る事は他所に、上辺の極一部ダケを偏重する事等により、正義ぶり、優等生ぶっている場合が多い」のが

「現状の多くの常連出演者等の実態」で

「其の様な者たちにも論等にも、もう飽きた・・・状態の視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「政権交代同様の常連出演者等交代」が「必要な時」は「とっくの昔に来ている」。

「多種多様な者を起用する事等が必要に成っている」のが「現状の実態に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

日本での新型コロナウィルス問題は収拾方向に向かっている様相だが、恋愛リアリティー番組出演者の自殺をダシにした有名人利権増大等を画策している様相の番組や常連出演者等が公共の電波上で蔓延れている様相だが・・・。

『「昨日は、家の中の問題」で「ブログアップはお休みに成ってしまった」が「日本での該当ウィルス問題」が

「収束方向に向かっている様相」は

「テレビ番組論調等からもある程度は判る事に成る」。

「該当ウィルス問題が縮小方向に動いた隙を使って大々的に訴えられている様相」なのが

「霊愛リアリティー番組出演者の死をダシにした、

SNS等{誹謗・中傷}大問題化による、有名人利権の保護・増大にも好都合に成る、ネット言論等規制強化等推奨論」だが

「其れを、常連出演者等がお手盛り的に大喧伝等している実態」は

「本当に、醜悪で、劣悪に成る」等と「感じたり、思ったりしている視聴者等の数も多い筈」だ。

「テレ朝朝番等で紹介された誹謗・中傷とされていたSNS上の言論等の多くの実体」は

「視聴者等が抱いた、抱かせられた、思いや感想等レベル」で

「其れを、誹謗・中傷等とする」なら

「賛同・賛美以外は言うな!書き込むな!等」の

「まるで、独裁支配下の民の様な状態を強いられる事に成る」。

「そもそも、

テレビ・ラジオ・マスコミ等上で、顔出し・名出し(芸名等にしても)して自論等を喧伝等したり、する事自体

自らを{見せ物}にする事で、多くの視聴者・読者等に覚えさせた上に生まれる

利権等の上での

商売や賛同者・信者等集め等を行っている様なモノに他ならなず、

自らの{見せ物}化で、多くの人々に自らを覚え込ませる事に成功した者たち等には、

相応の大衆周知利権等が付いて来ていて、

更なる有名人商売や賛同者・信者等集め等が行い易く成ったり、高額所得者等を得られ成り易く成ったり

している」のが

「少なくとも、現状までの実態」だから

「顔出し・名出し利権の上での商売等々を行う道に入り込む者たち等」には

「最初から、応分の資質や覚悟等が問われている事くらい、理解・把握出来ていなければ、

其の理解・把握不足が問題化されても

仕方の無い事にも成り得る事に成る」。

「其の辺りの実態を良く理解・把握出来ている状態の者たち等」なら

「誹謗・中傷等される事でも、興味を持たれていない事や無視されている事等より、遥かにマシ」等と

「考えられたり、思えたり、していて当然」で

「其れこそが、自らを{見せ物}にした先で稼いだり、賛同者・信者等を集めたり、する者たちが、

盛って居なければ成らない重要な資質に成っている」。

「自らを{見せ物}にした先で、稼いだり、賛同者・信者等を集めたり、している、しようとしている者たち等」が

「他の人々等から、良い事しか言われない、賛美等しかされない事等を望んだり、要求したり、する事」は

「明らかな、スジ違い」で

「そんな事を求めるなら、自らを{見せ物}にする事を止め、一般市民同様の状態で、アレコレ行えば良い事に成る」。

「事実無根の誹謗・中傷等はダメなのは一般人でも有名人等でも同じ事」で

「言論上の誹謗・中傷等より遥かに酷いのが、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等のターゲットにされてしまっている事等」で

「其の重大事を圧殺・黙殺等し続けて来ている様相の者たち等」が

「言論上での誹謗・中傷等を、個人の感想レベルまで大問題化して、公共の電波上等で大喧伝等する事」等は

「本当に、異常な状態等」に「成る」。

「日本乗っ取り支配や他者支配等の思惑等が無い」のなら

「言論の自由」を「守り」、

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は解消させたり、徹底摘発し厳罰に処したり、撲滅したり、する事」を

「訴える」のが「当然に成る」。

「現状の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「ネット上の言論等を規制等したがる前」に

「有名人商売・売名商売等を行う為の基本的資質でも大喧伝等したらどうか!」

「公共の電波上に顔出し・名出し等する為の基本的覚悟等でも大喧伝等したらどうか!」

「フェイスブック等、ネット界でも同様の事に成る」が

「情報・教育上で其の辺りを十分に大衆周知出来ていた」なら

「本来、在るべきでは無い、自殺事態等、悲惨な状態を激減させる事も既に出来ている筈」だ。

「常連出演者等が、自らの有名人利権の維持~増大等を画策した上に生じ易い論等の大喧伝等」では

「言論の自由等が阻害され易く成ってしまう状態」や

「必要な、元々求められている、資質や覚悟等の無い、適材適所では無い状態に自らを置いてしまった、置かされてしまった者たち等の

同様の新たな悲惨なニュース等が繰り返し起こされ易く成ってしまう事にも成り得てしまう」。

「欲ボケ状態や確信犯の悪」なら「公共の電波上等で重用し続ける事自体が、適材適所とは言い難い事に成る」し

「欲ボケ状態や、確信犯の悪等では無い」のなら

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「昨日のサンデーモーニング」では

「香港の中国化では無く、中国の香港化が推奨されていたり、

日本人賛美等々」、

「意外な程、マシな情報配信内実の部分もあった様」だが

「其の様なテレビ等情報配信内実の改善実態とは大きくかけ離れていて、

筆者の周囲の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等はより旺盛化され続けて来ている」。

「テレビ界等の者たち等と、其の様な非人道的なスパイ・工作活動等を行っている者たち等が同じ人脈の者たち等」なら

「正に、詐欺師的実態が露呈している事に成る」し

「テレビ界等の者たち等が、非人道的なスパイ・工作活動等を行っている者たち等とは違う人脈の者たち等」なら

「非人道的なスパイ・工作活動等を大々的告発等しない事」等は「本当に異常な事に成る」。

「其の辺りを注視して行く」なら

「テレビ界の者たち等の本当の正体も判る事に成る!」等と「感じたり、思ったりしている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等を大々的に告発等する様に成る」なら

「日本社会の正常化・健常化も実現し易く成る」のだから

「一刻も早く、其の方向の動きが具現化すると良いのに!」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者等の数もかなり多い筈」だ』。

『「日本での該当ウィルス問題」は

「これから暖かく湿った気候に成り易い日本の多くの場所では、とりあえずの収拾方向に向かう様に成る可能性大」だが

「何時までも、鎖国状態が保てる訳も無い」ので

「該当ウィルスだけでは無い、ウィルス等感染症対策済み日本社会の構築が重要に成る事に成る」。

「更に、地球温暖化対策も求められている事は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今回の該当ウィルス問題への自粛・引きこもり対策で顕著に成った事」は

「其の様な生活実態が、地球温暖化の抑止にも相応に有効に成る事等でもあった」が、

「もちろん、現状までの日本社会・経済システムのまま・・・なら、

自粛・引きこもり状態では経済的に成り立ち得ない人々の数もかなり多く成る」ので

「ある意味、必然的に出て来る議論の一つがベーシックインカム制の導入に成る」。

「そもそも、生きている人類誰もが何十兆かの今、この瞬間にも誕生・死を繰り返しながら存続している細胞群という基本的現実から」の

「整合性を取る」なら

「誰もが一生生き続けられるだけの基本的経済状態を与えられる事」に

「相応の正当性が在る事に成る」。

「更に、人類誰もの広義の自分の実体である地球生命体細胞群の根本的目的に成る其の存続~永続との整合性を取る」なら

「地球温暖化等による地球環境の人為的激変状態の是正」が

「正当に成る」のだから

「広義の自分の存続を危うくしない、させない事にも相応の価値がある事に成る」。

「其の辺りから整合性を取って、ベーシックインカムと罰金等を構築する」なら

「現状の底の浅い人間社会・経済システムとはレベルの違う、

人類誰も実体や其の実体の根本的目的との整合性が高い人間社会・経済システム等が構築出来る事に成る」。

「其の方向への{軟着陸}の為に、少しずつ、現状から其の方向に、人間社会・経済システム等を是正・更新等して行く実務を

行い始める事が極めて重要に成っている」のだから

「其の辺りに言及している論等も、テレビ・ラジオ・マスコミ等で大喧伝等されていて当然に成る」のに

「未だに、其の様な傾向がほとんど無い様な状態が続いてしまっている」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「今回の自粛・引きこもりにしても、

広い一戸建てでの自粛・引きこもりと、

筆者のところの様に狭い集合住宅一戸内での自粛・引きこもりとでは、

其の精神的負担・物理的負担等は大きく違っていて当然に成る」が

「現状では、金の出所は問われず、広い一戸建て側が賛美されがちで大手を振って・・・状態」だ。

「其の辺りの余りある格差等も、科学レベルでの正当性が無い限り、是正されて当然に成る」。

「有り余る有名人利権等を無くす事の大衆合意」は

「此の先の時代の必然に成る」し

「もはや、

貧困に産まれて自分(たち)ダケが大金持ちに成る、成れる事を人生の成功!等とする事に賛同する人間たちの数より、

過剰で過大な格差を是正し、貧困状態自体を無くす事こそが、人生の成功に成る!等とする人間たちの数の方が

かなり多い筈」だ。

「ベーシックが保証され、其の先は、科学的にも正当性が担保されている分ダケより多くの報酬等が得られる」なら

「人間世界の不穏な事態も激減させる事が可能に成る」が

「免疫を養う程度、遊び程度の不健常も必要に成る」のが

「細胞レベルで誕生・死等々を繰り返しながら存続している生物の実体である事等も

決して忘れてはいけない事に成る」』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型(とされている)コロナウィルスの日本での感染流行は自然感染流行なら収束方向が当たり前に成る筈だが・・・。

『「人民支配傾向の臭いが強い、{ハウス}!や{カウントアップ}ロードマップやアラート等々の情動脳側刺激ワード政治手法」は

「小泉政治とも共通点が多い、日本よりも何処かの半島の臭いが漂って来る政治手法実態の様に感じている人々の数も

決して少なく無い筈」だが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の手法も同様」なので

「既に、飼い慣らされてしまっている状態の人々も少なく無い様相でもある」。

「該当ウィルスの実体や日本での感染等の実態が未だ???状態という状態も本当に変」だ。

「普通に考える」なら

「該当ウィルスが自然発生では無い事等は、ほぼ確実な様相」なのだから

「感染の流行も人為的工作等である可能性も含めて考えるのが当たり前」で

「工作の実行手段等を封じる事等」も

「意識的かつ積極的に行わなければならない事に成る」が

「戦後日本の実態は、拉致工作までされているのに未だに、スパイ・工作活動等天国状態のまま・・・の様相」だ。

「其の結果」として

「あらぬ形での日本国民等支配・コントロール等も可能に成り易く成ってしまっている」のだから

「自由・民主主義状態を守る為にも、工作活動等を封じる事は非常に重要な事に成る」のに

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

時代錯誤的な旧日本軍の特高警察等を引き出す事等が得意で、

実態としてはスパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている側を利し続けて来ている状態なのだから、

本当に酷く、劣悪に成る」。

「{伝家の竹刀}緊急事態宣言により、

日本全国で多くの日本国民等が自主的に家や部屋等に主として引きこもっている状態を選択し続けて来た事等により、

該当ウィルスの感染流行が自然のモノだったなら、既に、該当ウィルスのほとんどは実質的に感染力が無い状態が出来ている筈」で

「これからウィルスが苦手な高温多湿時期に成る事も考慮するなら、

鎖国状態を続けている事等により、

新たな該当ウィルスの流入が無い状態が続いている限り、

第二波が起きる可能性もかなり低い状態に成っている筈」だが

「該当ウィルスの感染流行が工作等人為的手段によるモノだった」なら

「話しは全く違って来る事に成る」。

「極めて重大な事実」が「其処に在る」のに「其れを圧殺・黙殺等し続けているテレビ・ラジオ・マスコミ等は本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「上記の様な{重大事実}圧殺・黙殺と共に、

実害では無く感染を大問題化した情報配信や対策が行われ続けて来ている」ので

「実態としては、既に、日本国内では該当ウィルスの感染流行力等はほぼ無い状態に成っていた」としても、

「情報配信内実や対策等」は「未だに、日本国内に多くの感染流行力等がある該当ウィルスが存在している事が大前提状態」で

「其れを、危機管理の基本は最悪を想定して!」等と

「優等生ぶり、正義ぶり、正当化する、させる」のと

「該当ウィルスの実体や日本での実態を検証する事を主にし、判明した実体・実態を大衆周知する事」とでは

「正に、雲泥の違いがある事に成る」。

「原寸大を大きく逸脱した不要で過剰な対策を実行する事」は

「そのまま、現行経済システム上での膨大な経済的損失を誘う事に直結している事にも成る」のだから

「先ずは、実体・実態検証を!そして、原寸大の必要十分対策等を!の旨等、訴えている」のが

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」。

「訴えるべき」は

「第二波の恐怖やPCR検査の増大等々では無く、

該当ウィルスの実体(発生源・製造元等々)解明と

該当ウィルスの感染流行実態の解明」であり、

「其の大衆周知」こそが「マスメディア等が行うべき本来の仕事に成る」。

「其の辺りがはっきりする」なら

「人民支配が大好きな様相のお偉いさん等々による情動脳側刺激ワード政治等抜き」でも

「多くの人間たちによる該当ウィルス問題に対する必要十分な原寸大対応の具現化が容易に成る」。

「行政が行うべき」は

「必要十分な原寸大対応を行う為に犠牲にせざるを得なく成った者・物・事等に対する補償等であり、

健常状態の人類誰もの、日本国内なら日本国内に居る人々誰もの、人権を守る事に他ならない」。

「また、テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が行うべき仕事としては、

現状の人間社会・経済システム上では当たり前に成っている需要と供給に基づいた経済的価値等与えの

根本的正当性等について等の検証等も在る」。

「其の辺りを行う」なら

「多くの人々の中で、

本来在るべき仕事であり相応の経済的価値等が与えられていて当然の事なのに未だ十分に、或いは全く、無い仕事等や

現状では高い経済的価値等が与えられているが、本来は其れが正当では無い仕事等を

見出せる能力等も育成される事に成り、

其れが民度の向上にも直結している事にも成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」』。

『「該当ウィルス問題」では

「日本国内の市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いの{調査}」を

「抗原・抗体簡易検査キット使用(唾液・血液からの検体採取)で行い、其の経時変化を大衆周知するべき」だ。

「本格感染者では無い該当ウィルス保有~排出中者でも陽性にしてしまっている可能性大の

鼻奥・喉奥からの検体採取では其の様な状態の人々を本格感染者にしてしまう事を助けてしまっている可能性大の

手間も時間もお金もかかる{感度の良い}PCR検査を主軸にした検査・調査等は、

早々に卒業し、

しっかり在る影響力の大きいモノの検出を主にした簡易検査キットによる調査を行い

其の経時変化を大衆周知する事で

実際の該当ウィルスの存在状態等が多くの人々に理解・把握し易い状態を創り出す」なら

「多くの人々の中から、過剰で余分な不安やストレス等は解消される事に成ると共に、

実態通り原寸大の危機意識等が生まれ易く成り、必要十分な原寸大対応の具現化も実現し易く成る事に成る」。

「重要な事」は「上から言われた事に従う事では無い」。

「実害を防ぐ事」であり「健常な実益を得る事」だ。

「上から{ハウス}!等と言われて其れに仕方無く従う、従わさせられる」のでは「独裁政権国家の民の様」であり

「判明した実体・実態情報等に基づいて、実害を防ぐ為に必要十分な原寸大対応を自主的に行う」のが「自由・民主主義の民の当たり前」に

「他ならない」が

「其れが、家や部屋に引きこもる事を主にする事」なら「自主的引きこもり等に成る」が

「自然感染流行ダケで市中に既に該当ウィルスがほとんど無い状態なのに、自主的引きこもりを続ける必要性は低い事に成る」から

「重要な事は実体・実態解明であり其の大衆周知に成る」。

「{カウントアップ}ロードマップ等を大喧伝する前」に

「実体・実態解明を行い、其の結果をありのままに大衆周知する事」が「必要に成っている」のに

「人民支配が好きな様相の上様は・・・」。

「コレでは、●●ファースト等の{汚名}や悪イメージ等が消える訳も無い」が

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、何故か、絶賛状態」なのは

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等も、視聴者・読者等支配が大好きで、場合によっては其れを

日本の従●政権化に利用しようとしているから」かも知れない。

「{カウントアップ}規制緩和では、こんなに規制緩和してあげていますよ~!状態の様」で

「段階的に規制緩和するならカウントダウンが普通だと感じている人々の数も多い筈」だが

「該当ウィルス問題なら、

7~8割レベルの人々が免疫を持つ必要銃部な免疫の防波堤構築完了状態が出来るまでは

カウントダウンしても

ゼロには出来得ない事に成る」。

「三段階解除なら、

レベル4くらいからのカウントダウンが適切に成るのに・・・等と感じたり、思ったり、した、させられた人々の数も

多い筈」だが

「其れも、該当ウィルスの市中存在実態等が???状態のまま、では」・・・。

「該当ウィルスは人為的、或いは人工的なモノ」で

「其の感染発生原因は、意図しない流失等」で

「其の後の感染流行の拡がりが成り行き任せ」だったなら、

「該当ウィルス感染拡大問題を大きくしてしまった犯人の一人」が

「鼻奥や喉奥から検体採取するPCR検査である可能性も大きい事に成り」、

「日本では、其の様なPCR検査が非常に少なかった事により、

本格感染者を多数創り出してしまう事も避けられた」ので

「中国武漢由来の第一波は小さい状態で収拾し、

欧米由来の第二波の時は、其の様なPCR検査の数が増やされた分と、より毒性が上がっていた分だけ波が大きく成ってしまった可能性」が

「考えられる」が

「多くの人々の自主的引きこもり等により、既に、感染力が強い状態の該当ウィルスはかなり減っている」のが

「現状の実態に成るんじゃないの・・・?」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数も決して少なく無い筈」で

「もし、そうなら、過剰な要請・規制等は既に不要な筈」なのに

「過剰な要請・規制等を続けている事の責任等は!」等の

「問題にも成り得る事に成る」。

「工作による感染流行だった」なら

「実体・実態解明抜きのままの、感染実態等ダケを工作の仕込み側の都合に沿う様に・・・も可能に成る事に成る」から

「其の辺りの実状を知り得ている者たち等々が、優等生ぶり、正義ぶり、

要請だの規制だの其の解除だのをご都合に合わせて行ったり、

何処の誰のやり方が良いだの・・・等々と

大衆相手に、頼るべき者等を{仕込む」工作等も可能に成る事に成る」。

「何れにしても、実体・実体解明と其の大衆周知が極めて重要に成る事」等は

「もはや、疑いの余地が無い」のだから

「健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、其の方向に向かう論等を大喧伝等していて当然に成る」』。

『「筆者の場合」は

「集合住宅の家の中では、かなり強い工作電磁波が彼方此方から・・・、

家のドアを開けて外に出ると直に、隣接家の換気扇から何等かのモノが大量に・・・。

更に、其の先、エントランスに向かうと、寒い冬でも開いていた窓から、同じ臭いの何等かのモノが・・・、

やって来る状態が行き帰りとも在り、

車にも工作電磁波仕込み等々が・・・状態」で

「周り中に監視(ネット・電話・郵便等も含む)等も含む工作員や其の協力者等と推定出来る者等がうじゃうじゃ・・・状態」で

「出先にも、其のお仲間等と容易に推定出来る者たち等が、ほぼ漏れなく出没・・・」という

「{被}非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等VIP待遇状態が続けられているまま・・・」だが

「もちろん警察等にも届け済み」なのに

「大きな実害が出ない限り、ナカナカ本気で動けないのが現状の日本の警察等の実態であり、戦後日本の法体系等」なので

「其の脆弱性に付け込んでいる非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は

何十年も旺盛なまま・・・」だ。

「気づいているか?否か?は別にして、同様の状態の下に居る日本人の数もかなり多い筈」と「容易に推定出来る」のは

「其の様な非人道的なスパイ・工作活動等を行い突けている者たちの集団の者たち等」は

「老若男女問わず、世代交代しながら、至るところに数多く居るから」で

「筆者個人ダケに対して、其の様な大仕込みをする事の合理性は無い様なモノに成る」から

「ターゲットにされている人々は当然多数に成る」。

「其の非人道的なスパイ・工作活動等の目的」が「日本の乗っ取り支配等である事」等は

「工作員や協力者等の実態や工作手段等から良く判り」、

「常在戦場で勝つまでは母国・祖国等にも戻れない、戻っても立場が危うい状態に置かれている者たち等と

容易に推定出来る者たち等の哀れ」は

「もし、祖国・母国等に帰る気や思い等などとっくの昔に喪失しているから、

日本国内で暮らし続けるつもりなら、

其の様な非人道的なスパイ・工作活動等を実践してしまっている事自体が、

工作員や協力者等や其の子孫等の未来を暗くする事に直結している事に成る」のだから

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「カルト宗教信者状態の者たち等や妄想族等」なら

「独裁政権等による世界制圧が実現する事に成るから、

其の時の日本での支配階級等に成れる」等の

「実現不可能な{夢}に現実逃避したく成っていても当然に成るのかも知れない」が

「もちろん、言うまでも無く、独裁政権等による世界制圧等の実現が在り得る訳も無い」。

「其れは、人類の精神構造・精神文化の進歩・進化の方向性を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に他ならない」。

「人類史を振り返るなら、古の時代は、何処でも独裁政権が当たり前だった」が

「其の後、次第に、金権化・民主化し、

金権の無い者たち等が金権を得る為に思想と独裁を利用したのが旧社会・共産主義の実態だったが

当然の如く、東西冷戦では西側の勝利に成った」。

「此の状態を武力や戦争で覆す事はもはや、無理である事」等は

「現状で人類が既に保有出来ている武力の実態を知るなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「だからと言って、仕方無く実践されて来ているのが、非人道的なスパイ・工作活動等の手段だが、

スパイ・工作活動等が行われている事は既にバレている」のだから

「行っている側の勝ちは既に在り得無い状態に成っている」。

「この後、スパイ・工作活動等が放置出来得ないレベルにまで強化されるなら、

躊躇無く、其の対策が一気に強化され、

スパイ・工作活動等を行い続けて来ていた者たち等は摘発され罪が問われ厳罰に処される事に成る」し

「強化出来無いスパイ・工作活動等では其の実効も限定的なモノに成る、ばかりか、何れは、問題化する事に成る」。

「既に、負けている泥船からは、一刻も早く脱出する事」等が「正解に成る事」等は

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが、直に解る事に他ならないレベルの簡単な当たり前」だが

「其れを解らない事に出来てしまう」のが「カルト宗教信者状態の者たち等や、妄想族等に成る」。

「実に、哀れな実態が其処に露呈している事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルスの実体も実態も???のまま要請解除や第二波に備えて、では問題」と「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題」等・・・。

『「該当ウィルスが自然発生では無い事」は「ほぼ確実の様相」だが「自然発生では無いという事」は「製造元には該当ウィルス等が在る事」に

「他ならず」、

「製造元以外でも、該当ウィルスを検出したところ」にも

「該当ウィルスが在る事」に「他ならない」。

「では、其の感染流行の実態は?」が「極めて重要な問題に成る」のは

「該当ウィルスが意図的にばら撒かれたりした」なら

「其の大元を摘発等し解消等させると共に、

全世界で同様の事を徹底的に規制・排除等しない限り、

同様の事態が何時、何処で起こされてしまっても何の不思議も無い事に成るから」だ。

「もし、該当ウィルスの感染流行が昨今の人間世界の人等の移動に基づいた成り行き任せのモノ」で

「其の後も、工作的手段等を実用しようとしたり、実用していたり、する事も無い」なら

「該当ウィルスの流行を抑える事には、相応に高い実効がある事に成る」が

「該当ウィルスの流行が人為的なモノだった」なら

「流行を抑えたところで、工作的仕込み等はいくらでも出来てしまう状態の排除・撲滅等が無い限り、

該当ウィルス問題の解決に繋がる大きな実効は得られ辛い事に成る」。

「上記の問題」は「極めて深刻な現状人間世界の問題に他ならない」のだから

「其の探究・解明等の大衆周知が無いマスメディア情報配信等では、本当に酷く、劣悪に成る事に成る」。

「何事でも源流探究・検証~源流対策抜き」では「本当の解決は得られ無い」。

「当たり前の現実」が「其処に在る」』。

『「該当ウィルスの製造元」としては「中国共産党支配下のウィルス研究所や疫学病院等」か

「北朝鮮金政権等支配下のウィルス研究所等」が

「考えられる」。

「では、流行の実態はどうか?」

「当初の武漢発の変異前の該当ウィルスの感染実態」には

「明らかに不思議なところが在る」。

「其の象徴的実例」が

「日本での異常な程少ない該当ウィルスの感染の実態」だ。

「此の様な事態」が「成り行き任せの感染で成り立つのだろうか???」

「武漢も含む中国との人々・物質等の交流も旺盛で、距離も欧米諸国より近い日本」で

「該当ウィルスの感染が本当に少なかった」なら

「其処には、其の様な状態を具現化させる相応の感染実態が無ければ成らない事に成る」。

「成り行き任せ感染だった」なら

「日本での該当ウィルスの感染者数は、かなり多くて当然に成る」から

「成り行き任せでは無い事態」が「浮上して来る事に成る」。

「可能性として考えられる事」は、

「該当ウィルスの流行が散布工作等によって創り出されている事」で

「例えば、習近平の訪日が決まっていたから日本での流行を抑えめにする散布工作が行われていた」り

「北朝鮮金政権等による非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の一環として

該当ウィルスの感染実験等も行われているが、

今までの他の細菌・ウィルス等の感染実験故に、日本在住の人々の多くが免疫活性化状態に在るが故に

該当ウィルスの感染~流行も起こり辛い、何重にも成っている毒等の総裁現象が在る事」等が「在る事に成る」。

「もし、其の様な場合」なら

「該当ウィルスの感染流行」を

「{ハウス!}要請等により一端は抑えたところで、

次の流行{製造}は工作仕込み側次第と成ってしまっている事に成る」から

「該当ウィルス自体への対策だけでは無く、工作活動対策が極めて重要に成る事に成る」。

「工作の目的」が

「中国共産党の覇権掌握」なら

「日本の状態を中国共産党支配下の中国の後追い状態にする事が合理的に成る」から

「日本の感染流行が抑えられるなら、日本が本格的に復興する前に次の感染流行を仕込む事等が考えられる事に成る」し

「北朝鮮金政権等による日本乗っ取り支配の為の工作の一環」なら

「他の工作活動等を合わせて、日本の従北政権化を実現させる為に都合の良いタイミングで、新たな感染流行を仕込む事や

該当ウィルス感染の裏に隠される不適応分子等粛清工作や不当利権争奪工作等が行われる事」等が

「考えられる事に成る」。

「中国共産党は、中国国内での該当ウィルス制圧等を大喧伝等すると共に、

先延ばしにしていた全人代を開催し始めた」。

「北朝鮮金政権等の表の顔は、本当にオトナシく、まるで何も無いかの如き様相だが、

日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は

まるで該当ウィルスの流行に合わせるかの如く、三月一日ごろをピークにした大幅増強が行われ、

其の後も、茹でガエル式に増強され続けて来ている」。

「緊急事態宣言による自粛要請等により、

数多くの店や企業等が日々やせ細らせられ、

廃業や倒産に追い込まれてしまっているところまで少なからず出て来てしまっている状態の裏」で

「日本乗っ取り支配工作等がより旺盛化している可能性はかなり大きい」。

「{ハウス!}で在宅時間が非常に長くされている人々の中には、

其の分、工作電磁波が当てられている時間が大幅に増やされていたり、

換気に合わせて工作物質(細菌・ウィルス等入りの場合も在る)を家や部屋の中に{招き込まされて}いたり、

工作員等が近隣に居るなら、ホンの少しの外出時間でも仕込まれてしまう可能性も大きい、飲食物工作等の実害が生じてしまっていたり、

等々の事態が、

知らず知らずの内に{与えられて}しまっている、不適応分子扱いの人々も少なからず居る筈」だ。

「該当ウィルス自体の対策だけでは無く、日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等に対する対策も必需である事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」のに

「戦後日本の{政権交代}の無いテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では、

まるで工作活動対策を行う事が悪い事であるかの如き考え・思いや心理等を多くの視聴者・読者等に植え付け続けて来ていて、

民意で動く、代理制民主主義上の日本国政府等や其の下の警察・自衛隊等の本気の工作活動等対策も封じ込めさせ続けて来ている」。

「日本乗っ取り支配工作の一環としての情報・教育工作が在る実態」が「其処にも露呈している事に成る」。

「普通の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、日本の中で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等を

告発等し、其の十分な実効がある対策の実行等を訴えない訳は無い」。

「現状までは、北朝鮮による拉致工作までをも無い事に、大した問題では無い事に、等々しようとしていた事まである程で、

其の後の{政権交代}も無いから、同様の人脈が実質的に情報・教育界を支配状態で、

本当に、変」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス問題で重要に成るのは、ワクチンの実用と免疫・抗体等の取得に他ならならず、

感染研知者数の増減で一喜一憂する、させられる事は、不要な衰退化に繋がっている、繋げさせられている事に成る」。

「PCR検査にしても、抗原検査にしても、

異物・有害物等は内から外に排出しようとする生理現象の当たり前からも、

唾液採取であるべき」で

「載っているダケの場合でも、ウィルスが在る状態の粘膜を擦り、削る検体採取法では、

ウィルスの深部感染の助けに成っている可能性も大きい事」等は

「物理の当たり前を考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「日本での該当ウィルスの感染流行が少なかった裏には、

病院等該当ウィルスが在っても何の不思議も無い場所での

鼻奥・喉奥からの検体採取によるPCR検査数が少なかった事」も

「考えられる事に成る」のは

「何十回も培養するが故に{感度}も良いPCR検査」なら

「該当ウィルスが在る空間に居るが故に該当ウィルスが粘膜上に載っているダケの人々からの検体採取」でも

「{陽性}判定が出来てしまう可能性大だから」で

「{陽性}判定されると共に、該当ウィルスの深部感染の手助けまでされてしまった人々の中には、

本格感染者にされてしまった人々も数多かった可能性大」で

「其の様な状態の人々を隔離する策を採る」なら

「医療機関の負担が増えて当然に成る」から

「PCR検査数を絞った日本のやり方による{実益}がかなり在った事が強く推定出来る事に成る」。

「未だ、唾液からの検体採取ダケに成っていない状態のPCR検査を大推奨し続けている常連出演者等」からも

「日本衰退化情報工作員等の臭いが漂って来る場合も在る」が

「そうでは無いのなら、是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス自体の問題」なら

「問題にすべきは、感染研知者数では無く、市中感染率であり、

重要視すべきは、免疫・抗体等保持者割り合いであり、ワクチンの実用」だ。

「感染研知者数基準で自粛状態等を要請したり、解除したり、するなら、

意図的な衰退化工作等も可能に成ってしまう」が

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いを明らかにし、ワクチン等の早期実用により免疫・抗体等保持者割り合いを高めて行く」なら

「後戻りの無い、該当ウィルス対策が可能に成る」。

「同時に、他のウィルスの感染流行を抑えさせる対策も積極的に施す」なら

「ウィルス工作等は非常に行い辛く成る」のだから

「更に、合理的に成る事に成る」。

「現状までの科学技術の進歩・進化により、

人体には害を与えずにウィルス等を破壊する特定周波数の紫外線ダケを出す機器等の製造も可能に成っている」のだから

「其の辺りを公共交通機関や人々の集まる店やホール等々に常備する、させる様にする」なら

「相応の実効が期待出来る事に成る」のだから

「ウィルス等に効果がある空気清浄機等々と共に、多くの人々の家々等での実用を推奨し、推進する対策等」でも

「行ったらどうか!」

「更に、今後の病理学的対策として、

ウィルス・細菌等の実体解析等が出来たなら直に、簡易検査キットと抗体等検査キットが創れる体制の整備を

行っておく事も高い実効が期待出来る事に成る」。

「並列計算が得意な量子コンピューター等を使った、

精度と信頼性の高いワクチン・特効薬等製造~安全性検証等シュミレーションも

実現可能な筈」だから

「其の辺りも積極的に強化して行くべき事に成る」。

「ウィルスの研究等は自由であるべき」だが

「其の管理は透明性を持ち、徹底したモノで無ければ成らない」し

「其の工作使用等は徹底的に禁止され、万一使うなら壊滅的厳罰が与えられる様にしなければ成らない」。

「上記の様な、物質文明側の進歩・進化が早い人間世界に必要に成っている精神文化側の進歩・進化を具現化させる為」にも

「独裁政権等の廃止・撤廃等が既に、必然に成っている事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「人為的、或いは、人工的なモノである可能性大」の「該当ウィルスの製造・管理責任」は

「徹底的に追及されて当然の事に他ならず、其の補償も必需に成っている」。

「更に、工作散布なら、其の責任追及と補償も必需に成る」。

「独裁と工作が大損や壊滅等に直結している状態の人間世界の構築抜き」では

「例えば、地球を消滅させる事も簡単な時空爆弾等を持つ独裁者・独裁世間等が好き放題出来る人間世界に成ってしまう事に成る」のだから、

「物質文明側の進歩・進化ダケでは無く、精神文化側の進歩・進化も十二分に考慮した上での

人間社会構築は

決して怠ってはいけない事に成る」』。

『「検事長と新聞記者が賭けマージャンでズブズブの関係・・・」とは

「時代劇的実態でもある」が

「其の様な実態の元」に

「日本乗っ取り支配工作等が付いていた」なら

「戦後日本の処理すべき重大問題が其処でも露呈している事に成る」のは

「もし、検察庁法改正案の強行採決を行っていたら・・・」を

「考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「如何にも政権寄りの検察幹部等の実体」が

「本当に政権寄りとは限らない事」は

「詐欺師の実態からも良く判る」が

「日本乗っ取り支配工作等を仕掛けている側は、詐欺師のプロ集団みたいなモノ」だから

「戦後の日本社会の中で安全に暮し続ける為には、其の手の詐欺師等への対策が非常に重要に成る事に成る」。

「其の安全確保を個人に丸投げ・・・では、国や行政機関等として本当に劣悪に成ってしまう」から

「出来る限りの安全確保対策を施して行くべき立場に在る」のが「立法機関」だ。

「今回の問題をきっかけ」に

「其の安全確保にも有効に成る、非人道的な場合も多い集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を取り締まる事が出来る

法・体制等の整備が進む事」を

「強く願っている日本国民の数は、かなり多い筈」で

「其の意思帰化が出来ていない人々」でも

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が正常化・健常化される」なら

「其の多くの意識化も実現し易く成る」のだから

「新聞記者も{同罪}である事」等からも

「公共レベルの情報・教育界でも民意を反映させた{政権交代}の実現を可能にする法整備」等も

「行うべき事に成る」。

「多くの日本国民の安全に直結している重要事」を

「一つ一つ実現させて行く事」こそが

「政権与党等に託されている本来の仕事の一つに他ならない」のだから

「せっかくの緊急時であり、

問題が露呈した検察庁要人でありマスコミ関係者等であるのだから、

其の辺りの入り口を開ける機会にしない方が、

むしろ不思議な事に成る」。

「政権や政治家等の人気等」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等によって創り出される様では、

民主主義では無く、テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態で、

其れは、ナチス・ヒトラー等と同様の事に成る」。

「政権や政治家等の人気等」は

「提案~実践した政治・政策等によるべき」で

「其の提案~実戦を自虐的なモノにせず、させず、本当に自分たちの為に成るモノにする、される為の民意を

ちゃんと持てている事が、

今時の自由・民主主義圏の民が求められている事に他ならない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に操られるのでは無く、

個々の人々自らが、狭義の自分の実体の底から生まれている感覚や能力等を健常に活かし、

実体・実態検証を行いながら、判断等する事が重要に成る」。

「其の様な実態を具現化し易くする人間社会・経済システムを構築して行く事」が「重要に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「新型コロナウィルス問題、正体探究無き、症状{脅し}!」や「検事長・新聞記者等賭けマージャン問題ダシの反現政権政治運動」等が旺盛な様相だが・・・。

『「該当ウィルスの日本での感染実態も被害実態も疑問だらけ状態」なのに「其の解明等を十分に行おうとせず、

肺炎以外の症状等を大喧伝する{脅し}!等には本当に熱心な様相を露呈・・・」では

「いったい何処の誰の為の公共の電波を使った情報配信なのか?」等も

「大きな疑問に成る事に成る」。

「其の様な情報配信実態を露呈しているテレビ等」では

「検事長と新聞記者等が賭けマージャンをした」という「暴露が得意な週刊誌等の記事情報の前暴露」を「ダシ」に

「任命責任!等々と、現政権を批判・非難する政治運動等」も

「大々的に行い始めている」。

「戦後の日本社会の中には、確実に北朝鮮金政権等の下に在る状態の人々や其の協力者等も少なからず居る」が

「北朝鮮金政権等や中国共産党等の様な独裁政権にとって」は

「其の存続の為に他の国・国民も含む世界中の全てを支配下に置く事が必要に成り」、

「実際に、戦後の日本国内に数多くの手下や協力者等に出来る人々が居る北朝鮮金政権等」は

「拉致工作まで含む、日本乗っ取り支配の為の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を

連綿と行い続けて来ている」。

「もちろん、其の中には、情報・教育工作も政財界工作も在る」が

「今回露呈した、検事長と新聞記者等の賭けマージャン{仕込み}」や

「其のメディア暴露」等も

「其の氷山の一角である可能性が大きい」。

「そんなモノに踊らされて、

北朝鮮金政権等の手下情報機関状態かも知れないテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内実等に操られてしまう状態の

日本国民の数が多い」なら

「北朝鮮金政権等による日本国・日本国民乗っ取り支配工作等も容易に成ってしまう事等」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「中国共産党の覇権掌握工作の一環としての

新型コロナウィルス感染問題による米軍空母等の弱体化につけ込んだ

尖閣諸島近海での日本漁船等に対する大圧力がけ{工作}」も

「独裁政権による支配圏拡大工作の氷山の一角」に「他ならない」が

「そちらを声高に訴える事が出来ているテレビ等」でも

「日本の中ではより旺盛な北朝鮮金政権等による支配圏掌握工作等にとういては、圧殺・黙殺状態」と

「まるで其のお仲間か、協力者の様な実態を露呈し続けて来ている」のが「実態」だ。

「そして、其の様な実態を露呈しているテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等や、反対、もしくは審議拒否野党等は、

皆、反現政権政治運動等に異常な程熱心な実態も露呈し続けて来ている」。

「戦後~現状までの日本社会」は

「日本乗っ取り支配側と

其れを拒否し今時の人類としての当たり前を求めている側に

二分して来ている」が

「昨今、其の境界線がより明確に成り続けて来ている』のは

「乗っ取り支配を仕掛けている元が危うく成り続けて来ているから」でもあり、

「日本国内の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等がより強化され続けて来ているから」でもあり

「該当ウィルス問題により、更に、其の傾向が増しているから」でもある。

「既に、多くの日本国民が、{政権交代}の無いテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等には操られない、

自由・民主主義国の民としての必要十分な民度を持てている筈」だが

「未だに、公共の電波を使ったり、公共レベルの大マスコミ上からだったり、

大上段に構えられて、堂々と正義ぶり、優等生ぶった{偏重・偏向}論等を、分り易く丁寧に情報配信される」と

「詐欺師に騙される如く、其れこそが{真実}!等と勘違い・思い違いさせられ、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に操られてしまう、民度が十分に高く育つ事が出来ていない人々も

少々は居る様で、

其の割り合いが概ね数%レベルである事等は、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による{大衆誘導の効果を確かめる為}にも有用に成る世論調査の動き等からも良く判る」。

「独裁政権側と自由・民主主義側のどちらが勝者に成るのか?」は

「既に、決まっていて、其れが自由・民主主義側に成る事」等は

「個々の人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の進歩・進化の方向性を知る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「特定極一部の人間たちが他の人間たちを支配する」のが「独裁支配圏の実態」だが

「其処に在るのは、

自己健常支配の代償欲求に他ならない他の者・物・事支配と

其れを成り立たせる為に必要に成る他の者・物・事による被支配を

過剰追及させ続ける状態」で

「其の実体」は「はっきり言うなら、精神的に病んでいる状態に他ならない」。

「人間も含む生物には自己健常化本能が在る」から

「実際は、人類も誰もが、場合によっては無意識の底レベルからの、自己健常化欲求を持っていて、

其の健常欲求を意識レベルで具現化させる事が出来易くする様に、人生や人間社会を構築して行く事こそが、

自虐を抑えたやり方に成る」。

「其の様な根本からの整合性を取る」なら

「独裁支配体制との整合性の悪さ等は、もはや、言うまでも無い事に成る」のに

「上記の様な、所謂、文系学問の基本中の基本の一つである

自分の実体や其の実体の根本的目的からの整合性を取った精神構造・精神文化の進歩・進化さえも、

学校教育上では教えられていないし、覚えさせられてもいないから・・・と、無い事にし続けたがっている」のが

「独裁支配圏の手下や協力者等の状態に自らを置く事等を是としてしまっている人間たちの

ある意味、哀れで、お気の毒に成る、酷く、劣悪な実態に成る」。

「もちろん、そんな状態下で人生を送っていたところで、其れが本来の自分の人生である訳も無く、

今時の地球上で生きている人類として求められている役割りも遂行出来ている訳も無く、

多くの場合、其の邪魔をしている状態に成っている」のだから

「全地球の無意識や宇宙の他の生命体等からすれば、其れは、正に、解消、もしくは、駆逐すべきモノに他ならない事に成る」。

「地球生命体細胞群の無意識に任せる」なら「人類滅亡に成り」、

「宇宙の他の生物に任せる」なら「地球消滅もあり得る実態」が「其処に露呈している事に成る」。

「独裁体制側が例え、他の人類等を支配出来たところで、やって来るのは人類滅亡か、地球消滅に成る」のだから

「独裁体制側に勝ち目は在り得無い」。

「人類としての精神構造・精神文化を健常に進歩、正常に進化させ続けて行く」なら

「他の者・物・事支配や他の者・物・事による被支配を過剰追及するのでは無く、

自己健常支配を軸として、

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続に貢献する健常な仕事・生活等をし続ける事と

免疫を養う程度、遊び程度の自己不健常制御や不健常生活・行動等が、

当たり前に成る」。

「何事でも大局が重要」で

「小悪事等を大問題化する、させる事により、大局をあらぬ方向にする、させる事」等は

「絶対に行わせてはいけない事に成る」。

「大局をあるべき方向に動かしながら、小悪事等は原寸大で是正させたり、処理したりする」のが

「健常なやり方に他ならない」。

「小悪事を大悪事であるかの如く大喧伝した」なら

「其の時点で、其の情報配信者や教育者等は疑った方が良い事に成る」。

「大局は、誰もが判る筈」だ。

「独裁支配圏の民に成る事を是とするのか?否か?」

「精神構造と精神文化の健常進歩・正常進化に背いているのか?否か?」

「小悪事を大悪事の如く大喧伝等しているのか?原寸大の扱いをしているのか?」等々を

「検証する」なら

「マスメディア等の常連出演者や常筆等や学校教師(教授等も含む)等の論や意見等の正当性や不当性等」も

「判り易く成る」』。

『「該当ウィルス問題」でも

「肺炎以外の症状を大喧伝して不安を煽っている状態の情報配信等も未だ在る」が

「肺炎以外の症状の多くは、血栓による心不全や脳梗塞等、ストレスが原因にも成り得るモノでもある」のだから

「公共の電波等を使って、不安を煽る情報配信等を行う事」は

「其の様な症状を引き起こし易くする視聴者等の数を増やさせる、{粛清}工作等を行っている様な事にも成ってしまっている」。

「感染自体を大問題化し、させ、差別や問題行動等を誘ったり、

鼻や喉の奥に綿棒を突っ込んで粘膜を削る該当ウィルスの深部感染を助ける実効もある事等が容易に推定出来る、

本格感染に至っていない粘膜レベルで該当ウィルスを体外に排出させようとしている状態の人々でも陽性に出来てしまっている可能性大の、

PCR検査を大推奨していたのと同様」に

「該当ウィルスによる実害を増大させる為の{情報工作}等の様相」が

「其処にも露呈している」等と

「感じたり、思ったり、させられている状態の視聴者等の数も多い筈」だ。

「さすが(もちろん、皮肉)、北朝鮮金政権等による日本国内の非人道的なスパイ・工作活動等を圧殺・黙殺状態にしているテレビ等」と

「感じたり、思ったり、している視聴者等の数も多い筈」だ。

「其れでも、{政権交代}も無い戦後日本の情報・教育界等では、

同じ人脈の者たち等が其の人脈ご用達の情報・教育等を

東西冷戦が遥か昔に終わっている今日でも、

連綿と行い続けている様相」で

「そんな日本国内の情報・教育等から元気をもらっているのが、

日本国内に居る北朝鮮金政権等の手下、或いは、お仲間や其の協力者等のスパイ・工作員等の様相」なのだから、

「いったい、多くの日本国民の為の情報・教育は何処???状態」で

「日本の公共の電波を使っていたり、公共レベルのマスコミだったり、学校教育だったり、している」のだから

「其の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「検察庁法改正」は「先送り」でも

「妥当な人間が検事総長等に任命されるなら、基本的に、大きな問題は起き辛い事に成る」。

「賭けマージャン{工作}にハメられてしまった様相でもある検事長等は、

辞める事に成って当然に成る」が

「賭けマージャン{工作}と其の暴露{工作}を不問にしてはいけない」。

「むしろ、其の辺りをキッカケに、

日本国内で行われ続けて来ている非人道的な場合も多いスパイ・工作活動等の問題を

一気に大衆周知すると共に、其の解放法等を構築し実践する事等が合理的に成る」。

「現政権等を弱体化させる事等よりも、遥かに重要に成る、マスメディア等としての本来の仕事」が

「其処に露呈している事に成る」』。

『「筆者の酒豪住宅内」では

「大気工作も未だ、旺盛」だ。

「同じ臭いのする何かが出されている、窓や換気扇の前は早く通り過ぎる様にした旨記した」が

「何と、排出されて来る何かが増やされたり、換気扇の風が強くされたり、と、

相応の{工夫}をして来ている」。

「集団工作員等の一部等と推定される者たち等の居場所や顔や風体等が、どんどん明らかに成って来ている」のに

「未だに、不健常な工作活動等を行い続けさせられている様相」は「ある意味、本当に、哀れ」だ。

「一刻も早く、負けが決まっている大元から工作員等自身を解放するべきである事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「ウィルスの正体探究よりも海外の感染問題等の大喧伝」等の状態では・・・。

『「該当ウィルス」が「人為的、或いは人工的なモノだった」上に「其の感染の流行も工作によるモノだった」なら、

「該当ウィルス対策ダケを行ったところで問題が解決出来る訳も無い」。

「そんなモノを工作に使う国や組織等自体を是正させるか、解消させるか、等々する根本的な対策が必要に成る事に成る」。

「絶対に忘れてはいけない事」が「其処に露呈している」のだから

「該当ウィルスの正体探究」と「感染流行工作等が在るのか?否か?」等の「検証」も

「マスメディア等が行っていて当然の仕事に成る」。

「筆者が上記の様な事を度々記して来ている」のは

「少なくとも筆者の周囲」では

「該当ウィルスか?否か?は不明だが、

付着させられると増えて来る、まるで細菌かウィルスかの様なモノの噴霧工作が在るから」だ。

「噴霧タイミングを任意に設定出来る小型無音噴霧器等」を

「ポケットの中やリュック・鞄等の中に隠し入れ保持している事が強く推定される者」が

「ターゲットの通るところ」に

「程なく概ね成人の上半身くらいの大きさに成る大気団の置き土産をしたり」、

「ターゲットの後ろ首筋等のところを通り過ぎる時にターゲットに直接噴霧したり」、

等々「している実態」が

「実際に、日本国内で在る事」は「紛れも無い事実」だ。

「噴霧されているモノの重さは大気団を創り出すくらい軽く、

静電誘導で付着し易く、

付着すると増えて来る、

付着した衣服等の中ではかなり長生きし、

洗わないで放置するなら環境や場合によっては年を跨いで増えながら存続する性質の悪いモノである事や、

少々水で洗った程度ではナカナカ落ちない軽い臭いのあるモノであり

風呂の中で洗い流すと浮く、水より軽いモノである事が判るモノ」が

「小型噴霧器を持つ集団により撒かれている実態が在る」。

「何等かの感染実験等が行われている事」は「ほぼ確実」で

「其の様な実態まである」のに

「拉致工作等々までされている」のに

「他にも、電磁波工作や飲食物工作や侵入工作等々、非人道的なスパイ・工作活動等が時と共に強化されながら連綿と行われ続けて来ている」のに、

「未だに、其の戦後日本の中で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下と強く推定される

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を

告発しようともしていないテレビ・ラジオ・マスコミ等や

本気で摘発等しようともしていない国や警察や自衛隊等々」は

「本当に変に成る」。

「直にでも是正すべき実態が其処に露呈している事に成る」。

「上記の様な実態が既に在る事」は

「該当ウィルスでも同様の手段で散布・噴霧等出来てしまう事に他ならず」、

「もっと毒性の強いウィルスや細菌等でも

工作員に免疫等を持たせるなら

其の感染流行を起こさせたり、特定のターゲットに濃厚感染させたりする為の、

散布・噴霧等を行わせる事が出来てしまう事でもある」。

「ウィルスを人工的に創り出す事は相応にハードルが高い」が

「既に在るウィルスに人為的な変異等を起こさせてしまう事」等は

「比較的簡単」で

「例えば、SARSウィルスを持つコウモリ等を大量に飼育し、

電磁波を当て続けたり、

普通は飲食しないモノを与え続けたり、等々する事で

ウィルスの変異を誘い、

変異したウィルスを培養し、

其の感染実験等を不適応分子や海外の国々内等で行う事」等は

「独裁政権国等なら、容易に出来てしまう事に成る」。

「該当ウィルスの発生源等の調査」を

「WHOに独立性を持たせて行わせる事に中国共産党も賛同した事」が

「示唆している事」は

「該当ウィルスが中国共産党製では無い事等でもある」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数もかなり多い筈」で

「自然発生ウィルスなのか?北朝鮮等の置き土産なのか?」等々の

「可能性が、益々強く成っている実態が其処に露呈している事に成る」が

「自然発生ウィルスにしては、発生場所や感染の拡がり実態が変な様に、感じたり、思ったりしている人々の数も多い筈」で

「該当ウィルスの正体としては、中国共産党製では無いのなら北朝鮮等独裁政権国家製である可能性が益々高く成って来ている実態」が

「其処に露呈している事に成る」。

「其の様な実態が在るからか?否か?は不明」だが

「日本の中の北朝鮮金政権等との親和性が高いテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

該当ウィルスの正体探究が異常な程疎か」だ。

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等についても圧殺・黙殺等の状態のまま・・・」だ。

「情報工作とでも言った方が適切に成る実態が其処に露呈している!」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「情報工作等では無いのなら、是正が急務に成っている事等は、もはや言うまでも無い事に成る」。

「国や警察・自衛隊等々を

マスメディア等としてせっついていて当然に成る事が其処に在る」のに

「反現政権政治運動等には異常な程熱心でも、多くの日本国民の安全・安心等に大きく関わっている重大な問題については

圧殺・黙殺状態のまま・・・では、本当に、酷く、劣悪に成る」。

「電磁波工作でもそう」だが

「昨今の急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の科学技術等を非人道的なスパイ・工作活動に使う

精神構造や精神文化が明らかに病んでいる状態の者たち等の問題」は

「本当に深刻」で「直にでも改善しなければ成らない事に他ならない」。

「核兵器等を実用する事には相応に高いハードルが在る筈」だが

「其の常識も精神構造や精神文化がある程度以上健常であってこそ」に「他ならず」、

「精神構造や精神文化が非人道的なスパイ・工作活動等を行う程に病んでいる者たち等なら、

何時、何時、核兵器等を実用してしまっても何の不思議も無い事に成る」のが

「人間世界の本当に寒い実態」に「他ならない」。

「逆から言うなら、非人道的なスパイ・工作活動等を行い付付けて来ている様な者たち等に対しては、

もし其の様な者たち等や国や組織等が核兵器を保有しているなら、先制全面核攻撃等による完全壊滅等の手段を用いてでも、

先に排除するなり、

其の他の確実に実現出来る手段が在るなら、確実に是正させる事」が

「既に、必需に成っている事に成る」。

「該当ウィルスの正体を探究して行く」なら「必然的に其の発生源も明らかに成る」。

「其処で、本当は人為的、或いは人工的なモノだったのに、自然発生だった等の誤魔化しを行うなら、

人類の未来は極々短く暗澹としたモノに成る事」等は

「ウィルス工作にお墨付きを与えてしまった事による実害を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「更なる極悪事を積み重ねさせた上で、更なる核武装等を可能にする時間等を与えた上での処理」が

「其の前の処理よりも大変に成ってしまう」のは

「極めて当たり前の事に成る」。

「もし、該当ウィルスが中国共産党製だった」なら

「中国共産党と其の下のスパイ・工作活動組織等の解消と中国の民主化が必需に成り」、

「もし、該当ウィルスが北朝鮮製だった」なら

「北朝鮮金政権等と其の下のスパイ・工作組織等の解消と北朝鮮の民主化が必需に成る」。

「自然発生である可能性が極めて低い実態が既に露呈している該当ウィルス問題を其の正体解明も含めて解決する事」は

「其の辺りの実状を大きく変化させる事にも繋がっている」。

「人間世界の格差・貧困の問題の解決も必需」だが

「人間世界の非人道的な国や組織等やスパイ・工作活動問題の解決も必需である事」は

「決して忘れてはいけない今時の人類の重大事」だ。

「其れなのに、現状の多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信等の実態は本当に変」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「昨日は、出先でも大気工作に遭った」が

「不自然にポケットに手を入れていた上に、筆者の後ろを何度も通ろうとしたり、

仲間と悪の協力をしながら筆者との距離を詰めようとして来たり、等々していた」ので

「{工作員}の顔や風体塔も良く判った」が

「年齢も色々で、大柄な者も、小柄な者も居た」が「共通の感じ」は

「●●系であり、組合員や新興宗教団体信者の様・・・」だった。

「何時もの同じ臭いのするモノが右耳後ろ辺り等に付着させられた」が

「マスクをしていたので直接の吸引は少なく、

何時もの様に、帰宅後、衣服は全て洗濯し、頭身体は風呂で洗った」。

「ナンラカのモノには、とっくの昔に感染させられていて当然の状態が筆者にはある」が

「其れでも、まるで嫌がらせの如く、執拗に大気工作等を仕掛けて来ている様」は

「執拗な電磁波工作等他の工作と同じ」で

「本当に迷惑」だ。

「其の様な迷惑集団が日本国内に居る事は既に明らか」なのに

「未だに、実効のある対策を行っていない国や警察等も本当に変」で

「其の告発や摘発の必要性等を訴えないテレビ・ラジオ・マスコミ等も本当に変」だが

「日本の乗っ取り支配が目的と強く推定される、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等は、

時と共に強化され続けているので、

対策していれば迷惑レベル、対策無しなら大きな実害が出る場合も稀では無い現状から、

対策していても実害が出るレベル、対策無しなら大きな実害が当たり前に出るレベルに成る状態に

悪く進歩して行く事等も容易に推定出来る」。

「本気の徹底摘発等が必需に成っている実態が其処に露呈している事に成る」のだから

「何時までも、国も警察もテレビ・ラジオ・マスコミ等も圧殺・黙殺状態のまま・・・では、通る訳も無い」。

「其の辺りの徹底摘発等が無い場合」は「其れよりも遥かに深刻な事態が生まれてしまう事に成る」のは

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「中国共産党がWHOの調査を受け入れる」のだそうだが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの発生源」は「何れ明らかに成る」が「中国共産党がWHOの調査を受け入れる」とは

「該当ウィルスの発生~拡散について、

中国共産党の責任外である事が判ったからか、

責任外にする事が出来る自信があるからか、等の

何れかに成る」。

「該当ウィルスの日本での感染の実態や少ない致死者数の裏」には

「其れこそ、其れを知る世界中の何処の誰でもが{何かが在る筈}等と感じたり、思ったり、していて当然」で

「合理的に成り得る理由等として」は

「該当ウィルスが自然発生」で「感染の拡がりも成り行き任せ」なら

「該当ウィルスに対する感染検知検査の少なさ」と

「数多い肺炎致死者等の中に紛れ込まされている該当ウィルスによる致死者」等が「考えられる」し、

「該当ウィルスが人為的、或いは人工的なモノ」で

「感染の拡がりが仕込みや散布工作等によるモノ」なら

「中国共産党による覇権掌握工作の一環の自爆感染~免疫の防波堤構築等想定済みの昨年10月のミリタリー世界大会時の仕込み」と

「習近平の訪日が決まっていたが故の日本の自衛隊感染外し」等や

「北朝鮮による報復経済制裁の為の武漢仕込み」と

「日本での少な目の散布工作」等が

「其れ以外の変異した該当ウィルスの感染の拡がり」と「共」に

「考えられる事に成る」。

「上記の場合」で

「中国共産党がWHOの調査を受け入れられる」のは

「自然発生~成り行き任せの感染の拡がりの場合」と

「北朝鮮による仕込みの場合」に「成る事」等は

「自分が悪いとは決して認めようとしない中国共産党の体質等からして明らかな事に成る」。

「該当ウィルスが自然発生だった」なら

「該当ウィルスの存在を中国共産党が認めた下で判明してから程なく、

WHOが調査に入った時点で武漢の市場の生き物等々を隠蔽する必要も無い事に成る」ので

「該当ウィルスは人為的、或いは人工的なモノである可能性が高い事に成る」。

「其の場合、中国共産党製という事に成ってしまう」なら

「中国共産党が責任と補償を求められて当然に成る」ので

「仮にトップ等は懐柔済みにしても、全てのメンバーを懐柔済みに出来ている訳も無い、WHOの調査を受け入れる訳も無い」。

「ここで浮上して来る事に成る」のが

「該当ウィルスが北朝鮮製である事等に成る」。

「先の大戦後の日韓内には北朝鮮系の人々も多数居て、

北朝鮮系である事=北朝鮮金政権等の支配下の民で其の命令・指令等は聞かざるを得ないが、

北朝鮮金政権等にしてみれば自分の飼い犬の様なモノだからむやみに殺傷等したくは無い状態が

日韓国内には在る事に成る」。

「身から出た錆に他ならないが、外貨稼ぎの労働者等までも帰還させなければ成らない状態の経済制裁を与えられた事等に対し、

該当ウィルスによる報復経済制裁工作として、

中国共産党支配下の中国武漢内に該当ウィルスを置き土産にして来た可能性」が

「浮上して来る事に成る」し

「日韓内の北朝鮮金政権等の飼い犬状態の物たち等にはあまり感染させない様に、

日韓内では、不適応分子粛清工作等としてでしか、程感染工作等も行っていない」なら

「日本の感染者数の少なさも感染致死者数の少なさも合理的に説明出来る事に成る」。

「更に、該当ウィルス感染問題により日本の経済も衰退化させる為には、

感染問題自体を大問題化させた方が合理的に成るので、

以前から行い続けて来ている非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を

該当ウィルスの感染問題に合わせて強化する、させる事等も行って来ている」なら

「日本の象徴的感染者や感染致死者を創り出して

其れを日本の中の北朝鮮金政権等の手下情報機関的状態のテレビ・ラジオ・マスコミ等で大喧伝等させる事等による

日本の該当ウィルス感染問題の深刻化~経済衰退化」も

「日本の実際の感染者数や実際の該当ウィルスによる犠牲者数より遥かに大きな状態にさせる事が出来てしまう事に成り」、

「日本の現況と良く合う状態」が「其処に露呈している事に成る」。

「そんな北朝鮮金政権等にすれば、

そもそもが世界中の軍の中に該当ウィルスを仕込む事により、

世界中の軍の弱体化を誘う事を主とした武漢世界ミリタリー大会時の仕込みで

欧米各国等にも持ち帰られる事に成った該当ウィルスの変異」は

「想定外の事に成る」の「かも知れない」。

「報復経済制裁工作と軍弱体化工作等レベルでは無い、想定外変異ウィルスによる実害はかなり膨大」で

「もし、上記の様な実態が真実であった」なら

「其れは、北朝鮮が壊滅させられても仕方の無いレベルの話しにも成ってしまう事に成る」から

「北朝鮮金政権等も其の手下やお仲間や協力者等々も、怯えながら該当ウィルスの正体が何処ようなモノで

世界中の人々が納得しているのか?等々を注視等しているのが、実態に成っているのかも知れない」。

「日本国内の手下、もしくは、お仲間や其の協力者的実態を露呈し続けて来ているテレビ・マスコミ等では、

該当ウィルスの正体探究が極めて希薄な場合が多い」のも

「単なる偶然では無い筈」で

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の告発さえも行って来ていない

テレビ・ラジオ・マスコミ等の

北朝鮮金政権等に対する従順さ等は、本当にお見事(もちろん、皮肉)!なレベルに成ってしまっている」が

「其れは、多くの普通の日本国民視聴者・読者等の実感や思い等とは明らかに乖離している状態に他ならない」。

「選挙も無いから{政権交代}も無い」が「故」に

「北朝鮮金政権等の手下、もしくはお仲間や協力者等々が{政権与党}なら其のまま・・・」というのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の酷く、劣悪で、危ない、実態に成る」。

「そんな状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の中には、

付着すると増えて来るので細菌かウィルス等と推定される何らかのモノによる大気工作や感染実験等も在る」。

「其の中に該当ウィルスや該当ウィルスの前世代版等が在っても何の不思議も無い実態が在る」。

「象徴的感染者や大量感染や他の電磁波工作や飲食物工作や医療工作等々との組み合わせ等による象徴的致死者等」を

「意図的に創り出せる状態」が「其処に露呈している事に成る」。

「中国共産党の工作組織が北朝鮮同様の非人道的なスパイ・工作活動等を日本国内で旺盛に・・・」等の

「実感は、少なくとも筆者には無い」が

「北朝鮮系の者たちや其のオトモダチや協力者等による非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が旺盛に行われ続けていて、

筆者も明らかに其のターゲットにされている実感はかなり強く在る」。

「上記の様な実態」からも

「該当ウィルスの正体が現実通りに解明される事等により、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的なスパイ・工作活動等の実態も解明されて行く可能性も結構高い事等」が

「容易に推定出来る事に成る」。

「中国共産党の大量の自国民の犠牲も厭わない自爆仕込みも含む覇権掌握工作の可能性も、もちろんゼロでは無い」が

「日本国内に居る筆者の実感」では

「該当ウィルスがもし、人為的なモノ、或いは、人工的なモノで、其の感染流行等が工作仕込み~等」なら

「大元は北朝鮮であり、工作も北朝鮮系の者たちや其の協力者等による事等の実態」が

「強く感じられている」。

「何れにしても、該当ウィルスが自然発生では無く、感染流行も成り行き任せ的自然状態では無いなら、

該当ウィルス対策として合理的に成るモノも

全く違っている事に成る」のだから

「其の辺りの徹底検証が必需に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自然発生ウィルス」なら

「ウィルスとの共生・共存策が合理的に成り、

大丈夫な感染やワクチンの開発~実用等による免疫の防波堤の構築による問題の解決が当然に成る」が

「人為的、或いは人工的なウィルス」なら

「其の製造元の是正や解消等が必需に成る」し

「ましてや工作による感染流行等だったなら、其の工作元の解消や撲滅等が必然に成る」。

「当たり前の事」が「其処に在る」。

「該当ウィルスの正体探究を行わず、人為的でも人工的でも工作でも不問にしてしまう」なら

「今後の人間世界がウィルスを使った工作まで行うズルくて極悪な者たち等により牛耳られてしまい易く成ってしまう事に成る」し

「今後も容易に第二段・第三団・・・のウィルス工作等が可能に成ってしまう事に成る」ばかりか

「より毒性の強いウィルス等の実用も可能に成ってしまう」のは

「非人道的な茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態からも良く判る事に成る」。

「絶対に避けなければいけない状態が其処に露呈している事に成る」』。

『「市中感染率も市中免疫・抗体等保持者割り合い等も良く判らない状態」では

「可能に成る経済政策等を合理的に構築し実行する事も相応に困難に成る」のも

「極めて当たり前の事に成る」。

「ようやく、

該当ウィルスの市中感染率も免疫抗体保持者割り合い等も判る様に其の調査を行い、其の大衆周知も行われる様に成りそう・・・」だが

「元々、封じ込めに失敗した段階」で

「其のウィルスの実体(毒性や感染方法等々)を把握」し

「早急に其のウィルスの市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いを調査する」のが

「ウィルス流行対策の当たり前に他ならない」のだから

「今後どんなウィルスが流行ってしまっても、

早々に、其の実体探究が出来、

簡易抗原・抗体検査キット等が創り出せる状態の構築が必需に成っている事」等は

「既に、明白な事に他ならない」。

「感染者専用病院等と共に創る事を忘れてはいけないモノが其処に在る」。

「今後も地球環境の変動も人間社会の激変等も起こり続ける事に成る」が

「全ては、基本的には、現在の延長線の上に現れる」のだから

「予測等も十分に可能に成り、予めの対策等も可能である場合が決して少なく無い」。

「現状利権に溺れる事をヨシ!とする精神構造や精神文化の状態」から

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性を取った上での快適生活等を良し!とする精神構造や精神文化に

多くの個々の人々の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を健常成長させる実務」を

「怠る事無く、健常に正常に進歩・進化させ続けて行く事」が「激烈に求められている」。

「何時までも旧態依然とした狭い視野の中での政治運動等を行っている暇が有る」なら

「今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等に激烈に求められている実務を行うべき立場に在る者たち等」が

「健常進歩・正常進化する時は何時に成るのだろうか???」

「健常進歩・正常進化拒否状態のまま・・・なら、過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「本年の12月頃からは、世界もかなり変化せざるを得なく成る状態に陥り易く成る」。

「其の後、3~4年は激動状態に陥るかも知れない」。

「出来る限りの対策を其の前に施しておく事が、

現状で所謂、文系の仕事を行っている者たち等には特に、今、激烈に求められている」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも「正体探究抜きの新型コロナウィルス感染問題論の喧伝等」や「世論調査政治運動」等を公共の電波を使って行っていた様相だったが・・・。

『「日本の該当ウィルスの感染実態も肺炎致死者等実害実態も変だ」等の「感や思い」は「其れらを知る世界中の多くの人々の中にも在る筈」だから

「其れらの真実を探求している」なら「マスメディア等として良い」のだが

「其れらの真実を圧殺・黙殺等せしめる為の大衆誘導情報配信等を行っている」なら

「明らかに健常なマスメディアとしての常道を逸脱している事に成る」。

「該当ウィルス自体の正体探究情報抜き」では

「元が???状態の上に其の後が載せらる事に成る」から

「其処を抜きにする」なら「容易に、誤魔化し論やご用達論等の構築も可能に成る」。

「該当ウィルスが自然発生なのか?」

「人為的、或いは人工的生産物なのか?」と

「其の後の感染の拡がり」は

「成り行き任せなのか?」

「工作的手段等も入っているのか?」等に「よって」、

「該当ウィルス問題の実体も、其の在るべき実効がある対処法等も、大きく変わって来る事に成る」。

「先日のテレ朝昼番等では、

該当ウィルスの正体について、

中国共産党支配下の中国武漢に在る疫学病院等か、ウィルス研究所等からの流失が疑われる旨等、

情報配信していた」が

「管理が悪く、流れ出し、失踪状態に成ったのか?」

「意図的な工作的流失だったのか?」等は

「良く判らない」。

「今の段階」では

「其の両方の可能性を基礎に該当ウィルス問題対策を考えたり、論じたり、する事が合理的に成っている実態が

其処に露呈している事に成る」から

「先ずは、其の両方を前提にした該当ウィルス問題論等が在って当然に成る」。

「もし、流れ出し、失踪状態と成った該当ウィルスが、其の後、成り行き任せで感染を拡げて行っていた」なら

「日本での感染の拡がりは、明らかに不思議な状態に成る」のは

「日本と中国の距離の近さと人々の交流の盛んさから考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「日本の感染検知の始まりも、其の後の感染研知者数も犠牲者数も、

他のほとんどの国々に比べて、圧倒的に遅く、少ない」。

「日本と中国との距離の近さや人々の交流の盛んさ」と

「日本の都市部の人口密度や満員通勤電車の実態を考える」なら

「該当ウィルスが発生した中国共産党支配下の中国武漢や其の近隣等は別にして、

其れ以外のほとんどの国々や地域より早めの遥かに激しい感染の流行が在って当然に成る」。

「ところが其の様な実態は無い」。

「此処で、

該当ウィルスが管理不足等故の流失からの成り行き任せ感染拡がりでは無く、

工作的手段による拡がりである可能性が浮上して来る事に成る」。

「習近平の訪日が決まっていた」から

「日本では、中国共産党の覇権掌握工作の一環としての該当ウィルス散布作戦はオトナシク!」等なら

「合理的に成る実態が浮上している事に成る」。

「欧米諸国へ該当ウィルスを送り込む為に使われた可能性もある

昨年10月の中国武漢でのミリタリー世界大会時に、欧米からの参加者等には該当ウィルスの感染機会を多くする」と

「共」に

「日本からの参加者塔には該当ウィルスの感染機会を少なくする」なら

「最初の仕込み時の感染の種の大きさが違う事に成る」から

「其の後の感染の拡がり等も違っていて当然に成る」。

「日本の参加者等には感染機会ほぼゼロで、

日本での感染の流行は、其の後の武漢等の人々との人的交流から生じる様に

{仕込んでいた}のかも知れない」。

「元々は、

ソフトウィルスの自国民の犠牲も厭わない感染により、

先ずは、中国国内での感染問題の駆逐を実現させた後、

訪日までに、感染の少ない日本での感染問題も解決する事が出来る様にする」なら

「日中間の移動は可能に成り、日中の繋がりの濃さも増させる事が可能に成る」。

「覇権工作なら、相応に合理的に成る実態が露呈している事にも成る」が

「{誤算}だったのは、該当ウィルスの変異が容易に起きてしまった事」だろう。

「欧米に場所を写した該当ウィルスは、其の環境変化故か?変異して毒性も強めてしまった様相が露呈している」。

「其の先で日本への流入も起きている」。

「もはや、中国共産党が大量の自国民の犠牲も厭わず、ある程度の免疫の防波堤を得る事が出来たウィルスの状態では無く成り、

日本での早期収拾も実現し得無く成ってしまった」。

「其れが、該当ウィルス問題の現状までの実態」とも「推定出来る」。

「しかし、上記の様な論等」が

「中国共産党等とも、お仲間や協力者・オトモダチ等かも知れない戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等で

大喧伝等され大衆周知される事は

意図的に避けられているから」か

「実際に、テレビ・ラジオ・マスコミ等で喧伝されている様相は無い」。

「其の代わり」に

「{元を抜きにした}日本の世界とは違う実態{納得誘い}論等が大喧伝されている」。

「いわく、

日本で該当ウィルスの感染があまり拡がらなかったのは、日本人の生活習慣が良いから!等の旨」や

「BCGが効いている!旨」や

「命令でも無い要請なのに日本人が良く頑張った!から旨」等々・・・。

「普通に考えるなら、どんなに生活習慣が良くても、

ある程度以上該当ウィルスが日本に入り込んでいて、満員電車通勤等では其の感染を防げる訳も無い」し

「BCGによる免疫力アップ効果は在るにしても、其れは感染後の話しに成るから、そうなら抗体保持者割り合いが高く成っていて当然に成る」し

「要請なのに自宅待機等を頑張ったのは事実としても、其れは、欧米由来の第二波に対してで、

第一波が小さかった理由には成り得無い」。

「クラスター対策が効いた!旨の喧伝も在る」が

「専門家会議自らが吐露している通り、

全ての感染源者を押さえ切れた訳では無く、

押さえられた感染源者はセイゼイ1割程度というのが実態と強く推定出来る」から

「やはり、第一波が小さく抑えられた事の理由としては明らかに不十分に成る」。

「考えられる事は、既に、同様のウィルスに対する免疫・抗体等を多くの人々が保持していた」か

「上記の工作故」等に「成る」のだから

「普通のマスメディア等による情報配信なら、其れらが大喧伝等されていて当然に成る」。

「日本の該当ウィルス感染実態も変」だが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信内容も変」だ。

「其処に共通している」のが「極東地域旧東側圏人脈の影響等に成る」。

「此の様な疑念を晴らす為」にも

「戦後日本の情報・教育界等も政界同様に民意を反映して{政権与党}が交代出来る様にするべき」だ。

「情報・教育界が{政権交代}した後も、同様の情報配信内実だった」なら

「人脈による影響は少ない、或いは無い事の証明に成る」し

「情報配信内実が大きく変わった」なら

「人脈による影響が大きい事に成る」。

「何れにしても、其の実検証を行わない事」は

「情報教育界独裁体制等を知らず知らずの内に容認・黙認等せしめられている事と同じ」で

「非常に危険な事に成る」』。

『「抗体検査」では「東大で糖尿病等の診療等に来た人々を対象にした分析機器を使った検査でも陽性率が0.6%だった」のだそうだが、

「其れは、基礎疾患の在る人々は該当ウィルスの感染による重症化リスクが高い!大喧伝の賜物とも考えられる」。

「抗原・抗体検査・調査は、市中の実態が判る調査結果が出るレベルに成ってこそナンボ!に成る」。

「抗原でも抗体でも、

感染しても大丈夫と感じたり、考えたり、思ったりしている人々の陽性率」は

「感染したら危ない!と感じたり、考えたり、思ったりしている人々の陽性率より高くて当然に成る」が

「其れも、該当ウィルスが市中に在ってこそ」で

「工作で工作員等が保有」なら

「何時何処で感染爆発等を仕込むのか?」等も「工作を仕掛けている側次第に成る」。

「昨日も、{用心している}買い物時に、さすがに直接顔や首等にナンラカのモノを直接吹きかけられる事は無かったが、

筆者の通る先等を先読みして大気工作の大気団を置き土産する、以前から良く在った手法には、何度か遭遇した」。

「もちろん、其の様な場合には、仕掛け側の挙動も普通の人々とは違うので、こちらも先読みしていれば、

たぶんあの辺りに大気団が在るから・・・等と、{濃厚接触}を避ける事も可能に成ると共に、

大気工作用と強く推定されるモノの同じ臭いの存在と共に、其れを置き土産した者の顔や衣服等々も判る事に成る」。

「昨日は、集合住宅に戻る時に、近隣の自転車置き場で不自然な動きをしていた若い男性(黒リュックバック保有)と

食料品を買って出る時に店のドアの前に居た白髪の眼鏡老人等が{置き土産}をしていた」が

「感染させても、ナカナカ発症しないから・・・と直接かける様にした様相でもあった」し

「其の後も追い感染継続!等の様相でもある」のだから

「上記の様な実態」からも

「該当ウィルスか?否か?は不明だが、集団によるナンラカの感染に限らない工作等が在る事」等は

「少なくとも筆者等にとっては疑いの余地が無い事でもある」。

「当然、日本政府等も警察や公安や自衛隊等も既に把握済みの筈」で

「上記の様な工作等を排除する為の実効のある対策が強く求められている」し

「工作等が続けられるなら、何れは、実行される事に成る」』。

『「ワザとらしい、

現政権に悪イメージを付ける事により、日本を従北政権化させ易くする為とも推定される、

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使った政治運動等も

未だに旺盛なまま・・・」だ。

「本日は、{世論調査政治運動}の実態を露呈させていた」が

「世論とされている元が、

抗体検査レベルの少数であり、

質問等も恣意的である事等は、

もはや、多くの視聴者等も良くご存知の事」だろう。

「多くの日本国民の民意」が

「従北政権が良い!なのか」

「従北政権は嫌!なのか」は

「もはや、言うまでも無い事」で「其処にこそ本当の大衆民意が在る事」は

「既に明らか」なのだから

「未だに、みっともないご都合世論調査政治運動等を続けている事自体が、

既に、哀れな事の様に、感じたり、思ったりしている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「{政治運動}等を行っている暇がある」なら

「該当ウィルスの正体探究でも行うべき」だし

「日本国内で連綿と行われ続けて来ている北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の

告発等でも行うべき」なのが

「健常な今時のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事に成る」。

「現状の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「新型コロナウィルス第二波{脅し}!」や「検察法改正反対{政治運動}」等を公共の電波を使って行っていた様相でもあったが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの特性」等は「徐々に判明して来ている」。

「感染・抗体等検知検査の検体を取る」なら

「該当ウィルスの量が多い唾液」が「適切に成る」のは

「該当ウィルスが好む人体感染場所が鼻・口~喉~肺等であり、

人体の異物・有害物排出が内から外へ」で

「口や肛門・小便排出器官等多くの排出物が在るところからの排出が多くて当然に成る」から

「其の中で鼻~肺等にも近く、検体採取も容易な唾液からの検体採取が合理的に成る事に成る」。

「献血者血液からの抗体検査」で

「他の抗体検査実態とは全く違い、検査意外な程、抗体保有者割り合いが低かったり、

該当ウィルスが無いとされている頃の保存血液でも陽性が出たりした」のは

「使った抗体検査キット自体の問題もあるかも知れない」し

「検査時の問題もあるかも知れない」し

「献血血液使用というところに其の原因が在るかも知れない」し

「疑陽性の疑いもあるかも知れない」が

「抗体も少なくとも感染中は人体内で問題と成っているウィルス等の在るところに集中し易い事」や

「該当ウィルスと遺伝子的に同様のウィルスが日本には依然から在った事」等を

「示唆している様にも思える」。

「筆者の知る限りでも肺炎に成った高齢患者の検査」で

「不明ウィルスとされたウィルスが検知された事」が

「2~3年前にもあった」が

「其の不明ウィルスも該当ウィルスの同類だった可能性が在るのでは・・・」等とも「考えられる」が

「其処からの流行は発生していない」のは

「病院内で隔離され、医師・看護師の方々の診察・看護等の時も面会時も手の消毒とマスクと防護服の着用が求められていたから、かも知れない」。

「其の様な事実」からも

「既に、同様のウィルスが存在していても、何の不思議も無い事」等は「容易に推定出来る事に成る」。

「実用面でのメリットが大きい抗原検査と抗体検査も、

何度も培養するが故に

ウィルスの死骸でも

本格的感染以前のウィルスが粘膜に乗せられて排出されているダケの状態の人々のウィルスでも

検知{可能}な{感度の良い}PCR検査」も

「該当ウィルスについて」は「検体採取場所は基本的に唾液」が「適切に成る」。

「検体採取時の誤差まで入れるとPCR検査の信頼性確度は約60%レベルと考えられる」が

「唾液採取にする」なら

「検体採取時の信頼性確度がより高く成る事」は「容易に推定出来る」。

「検体採取時の違いが実質的に無い様な状態」で

「感染している人々のウィルス量の多いところからの検体採取」なら

「抗原検査も抗体検査もPCR検査も其の信頼性確度には大差無く成る筈」だ。

「感染が終わった後」は「抗体は基本的に用済みに成る」ので

「感染が終わった後の抗体検査について」は「血液中でも唾液でも同様に成る事が推定出来る事に成る」が

「人体生理として再感染のリスクに備えて前に大量にウィルスが在った場所に抗体も居残り易くなる仕組み等が在る」なら

「唾液検体の方がより検知し易く成る事に成る」。

「何れにしても、十分に多数の抗原検査(調査)と抗体検査(調査)を行う事により、

該当ウィルス問題の日本国内の実態を判り易く大衆周知する為の基本データを得る事」は

「非常に重要な事に他ならない事に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体等保有者割り合いの基本データが在る」なら

「例えば、其れに、感染も免疫等も無い人々の割り合いを加えた色付き三球図と

色を合計した信号図の経時変化図等を其の地域ごとに作り出す事は容易」で

「其の大衆周知により、多くの人々の該当ウィルス問題の其の時其の地域での実態が直感的に判り易く成る事に成る」。

「ウィルス問題が無い時」とは「色で言うならどんな色に染まるか分らない白の状態」で

「其処にウィルスの毒性に合わせて、黒(強毒)~赤(中程度毒)~の色が加わり」、

「感染流行が始まった段階」で「白色は黄色にされて当然に成り」、

「黄色が赤や黒に近づけば近づく程、感染問題が深刻な事に成る」し

「赤や黒の中からやワクチン接種等により青もしくは緑の色が加わる状態に成る」と

「赤の場合の光の三原色なら次第に白色に近づいて行く事に成る」し

「黒の場合なら灰色に近づいて行く事に成る」。

「あるウィルス感染問題の終焉は、白色や灰色の状態で表される事に成り、

色が付いている間は、色相応の感染問題の深刻さが判る事に成る」。

「実際の深刻さレベルが判り、其のウィルスの正体もある程度以上判る」なら

「合理的に成る対応行動や規制等を具体的に示す事等も容易に成る」から

「それぞれの色の状態に合わせた合理的に成る対応行動や規制等を大衆周知する事」等も

「容易に成る事に成る」。

「第二波が来るゾ~!{脅し}等を行っている暇がある」なら

「上記の様な大衆周知の具現化を行おうとしていて当然に成る」のが

「日本のマスメディアの現状の筈」だ。

「{脅し}!」や「気を緩めるな!指令・命令!」等「では無く」

「大衆の該当ウィルス問題に対する実態・実体把握に基づく合理的対応行動等の具現化が無ければ成り立ち得ない」のが

「自由・民主主義社会の当たり前」に「成る」。

「人間は実体や事実・現実と共に在る状態に自分を置く事で初めて落ち着く事が出来る」。

「落ち着きの先で生み出される対応行動等」には「頑張りは要らない」。

「必要に成っている事を当たり前に遂行するダケ」で

「其れをリラックスして行おうが一生懸命行おうが、其れは人それぞれの自由に成る」。

「独裁支配圏なら支配下の人民等は飼い犬の様なモノとして扱う事も可能に成る」から

「ハウス!でも命がけで治療しろ!等々でも出来てしまう事に成る」が

「其れが、21世紀の人間社会で適切な事に成るのか?」は

「もはや、論を待たない事に他ならない」。

「該当ウィルス問題を実害・実益基軸で考える」なら

「感染致死者という重大実害を出来る限り抑制する事」と「同時」に

「免疫・抗体等保有者という実益」を「出来る限り小さな負担でより多く創り出す事」が

「重要に成る事に成る」。

「感染とPCR検査基軸で、不安・恐怖心・ストレス等煽りのマスメディア情報配信等を横行させ続け、

実質的には、差別や問題行動等や免疫力の低下等々を招き続ける事の罪」は

「本当に大きく、其の実害も多大に成る」。

「該当ウィルスによる経済的損失」は

「世界レベルでは{日本の経済が消失するくらい!}等と嬉しそうに表現していた」のが

「サンデーモーニングの実態だった」が

「経済問題を言う」なら

「この際、現行人間社会・経済システムと人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性の検証でもすれば良い」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が置かれている今の立場の筈」だ。

「重要な事は、人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続を可能にし続けて行く事であり、

其の根本的実務との整合性が

現行の人間社会・経済システム等とどの程度あるのか?を

検証する事」だ。

「多くの人類」が

「自分の実体も其の実体の根本的目的も???のまま、

代償欲求の過剰追及に生きる」なら

地球環境破壊も人間同士の対立や分捕り合戦等々も当たり前に成ってしまう」が

「自分の実体に素直に其の実体の根本的目的である存続~永続を実現し易く成る様に生きる」なら

「本来欲求の健常充足を基軸とした地球環境破壊度も低い人間同士の争い等も少ない状態が当たり前に成る」。

「そもそも現状までの経済や人間社会等などは、

人類が勝手に決めて、

其れで良いという大衆合意を、時には無理やりにでも取り付けているダケ」で

「いわば、天動説状態のまま・・・」だ。

「地動説的に考えた上で、人間社会・経済システム等を再構築し実用する事が既に求められている」のに

「該当ウィルス問題が起きても、未だに、天動説状態の現状までの人間社会・経済システムの上での解決を図ろうとし続けている」。

「そんな事をしている内」に

「どんどん自分の実体や其の実体の根本的目的と整合性の在る状態から離れて行ってしまうのに!」

「そして其の行き着く先は人類滅亡、もしくは、地球消滅等に成ってしまうのに!」

「該当ウィルスが人為的・人工的なモノだった」なら

「相応に対応すると共」に

「根本的な大きな齟齬が在るままの現状までの天動説状態の人間社会・経済システム等を

地動説状態のモノに健常進歩・正常進化させる実務を行う事」が

「今、激烈に求められている」。

「未だに、多くの視聴者等を情動脳レベルで支配しコントロールし、反現政権政治運動等に走らせようとしている状態」の

「まるで北朝鮮の様に遅れ過ぎているテレビ等」が

「是正される時は、何時に成るのか!」

「其の時が遅ければ遅い分だけ、人類の未来も暗澹たるモノに成り易くなってしまうのに!」

「ウィルス感染問題」でも

「ウィルスの当初からの封じ込めに失敗した後」は

「医療崩壊を防ぎながら、感染致死者を出来る限り少なくしながら、

免疫・抗体等の保有率を上げて行く事」が

「重要に成る事」は「極めて当たり前の事に他ならない」。

「当初封じ込めに失敗し、パンデミック状態に成ってしまっているのに、

感染可能状態の人々を多数残す{対策}が

第二波・第三波の生みの親に成る」のは「極めて当たり前の事に他ならない」。

「一時の封じ込め成功」で「大喜びしたり、勝ち誇ったりしている」のは「本当に、酷く、劣悪な事に成る」。

「現行のままの経済なら、感染しても大丈夫な人々と既に免疫・抗体等を保持出来ている人々を軸に回す様にするのが

適切な対応策に成り、

感染すると重症化してしまい易い免疫学的弱者状態に陥らない、陥らせない事と

免疫学的弱者状態の人々の保護」に

「傾注する」のが「当たり前の事に成る」。

「感染しても大丈夫な人々を隔離するのでは無く、

感染する事が危険に成る人々を保護する」のが

「現行経済システムを使い続けるなら、適切な対応に成る」。

「経済システムから進歩・進化させる」なら

「人類誰もが何十兆かの地球生命体細胞群の一塊に他ならず其の根本的目的は健常存続~永続に成るのだから

人間生活を持続可能にする基本的人権としてのベーシックインカムが当たり前に成る」と「共」に

「科学レベルで地球生命体細胞群の存続~永続への貢献が其れダケの経済的価値を与える事に成る事を証明出来得ない

過剰な報酬・資産等への超重税等が当然に成る」。

「必然的に科学的お墨付きの無い格差は是正され、多くの人類の健常生活が具現化し易く成る」ので

「例えば、研究目的以外の人為的・人工的ウィルスの製造等も大きく抑制され、其の管理等もより厳重に成り易く成るし、

自然発生ウィルスへの対応も、落ち着いて原寸大で行え易く成る」。

「先ず、所謂、文系の情報・教育を地動説状態にする事が極めて重要」で

「其の先」に

「人類誰もの自分の実体や其の実体の根本的目的との整合性が高い、より性能の良い精神文化製品として、

新たな人間社会・経済システム等が開発~製造~実用化される事に成る」。

「せっかくの引きこもり時間を其の方向で活かす事が出来る人々が数多く出る」なら

「該当ウィルス問題の解決だけでは無く、其の先に明るいモノが現れて来る事に成る」。

「其の様な方向に向かう為に有益に成る情報配信をしているべき立場に在るテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「未だに、{脅し}!や政治運動等状態である事」は

「本当に劣悪で、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「感染{検知}者数偏重状態の是正は何時?」等・・・。

『「感染{検知}者数を基にして、自粛等の解除基準を決める」なら「感染検知検査数が増えれば、解除も困難に成る」のは

「当たり前の事に成る」。

「今後、抗原検査がどんどん実用化されて行く中で、其れこそ、何時まで経っても解除しない事等も可能に成ってしまう{仕込み}」は

「いったい何処の誰の為の{仕込み}なのか!」等は、

「該当ウィルス問題発生以降、

感染とPCR検査基軸の情報配信により、

多くの人々の不安や恐怖心やストレス等を煽り続けて来ている戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実権者人脈等を考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも良く判る事に成る」。

「緊急事態宣言が解除された地域との分断{推奨}も、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の得意技」で

「其処に在るのは、人々の生活圏実態を無視した不要な差別や問題行動等を誘発させ易くする、

酷く、劣悪なメディア情報配信の実態等に成る」。

「該当ウィルスについて」の

「市中感染率と市中免疫・抗体等保持者割り合いの経時変化」という

「誰もが、該当ウィルス問題の現状を理解・把握し易く成る{基本的現実情報}を圧殺・黙殺し続け、

極一部の人々に対してダケ行われて来ている状態の感染検知検査が露呈させた極一部の感染者の数ばかりを重要視させ、

其の上に、

象徴的感染者や象徴的感染致死者の情報を載せる」なら

「多くの人々の頭や心の中では、

不安や恐怖心やストレス等が増大させられ易く成り、

免疫力も低下させられ易く成り、

差別や問題行動等が誘発され易く成る」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」のに

「其の様な実態を誘う情報配信等を行い続けて来ている」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「実態としては、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が生みの親でもある

差別や問題行動等を取り上げて、優等生ぶり正義ぶるのも本当に醜悪!で

先ずは、謝罪と反省と出演者等も含む是正が当然なんじゃないの!等の感や思い等を抱かせられている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「該当ウィルス問題での大騒ぎの裏」では

「戦後日本の中で連綿と行われ続けて来ている非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が旺盛化されている」が

「少なくとも、筆者の実態では該当ウィルス問題より遥かに大きな実害のある其の重大問題を

大々的に告発等したりしているテレビ・ラジオ・マスコミ等は皆無状態」という「本当に酷く、劣悪な状態」だ。

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手段を集団で連続して使い続ける事により、

多くのそれぞれのところからは少しづつ、合わせると、大きな悪の果実を得続ける事が出来てしまって来ている

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を行い続けて来ている下っ端工作員や其の協力者等の先に居る

豪悪巨悪(実は小者なのに、操られている人々が多いから其の様な状態に成ってしまっている)を

排除・撲滅等する事抜きに人類に長い未来は在り得無い事」は

「既に、決まっている」。

「被非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等VIP状態の筆者の場合の実態等」は

「以前の記事にも何度も記している」。

「集団で

法的には迷惑行為レベルの証拠は押さえ辛い警察等も本気の摘発は行い辛い事を

連続して強化しながら

浴びせ続けられている」と

「本来の人生が大きく歪められる状態下に置かれてしまう事に成る」のは

「ある意味、当然の現象」で

「其の様な手段で、ライバルに成りそうな人々を駆逐する事により、

戦後日本社会の中で其のスジの連中が実権を掌握できる割り合いを増やすやり方に成っている実態が露呈している」。

「何故、そんな事を行っているのか?等も、既に、バレバレ状態」で

「先の大戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては強制的に日本本土に帰還させられたが、

日本本土内に居た朝鮮人の多くは居残り続けて来ている上に、

朝鮮半島が南北に分断された後は、独裁国家である北朝鮮の民と成った者たちも多い」。

「米軍の占領政策により、

多くの朝鮮人に日本国籍を与え所謂、左翼と朝鮮人により戦後の日本社会を右傾化軍事化しない様にさせた遺産分の

日本国籍保有北朝鮮支配下の者たちも多く、

其れらの者たちの集団が

実際に拉致工作等を行った事は既に公然化しているが、

北朝鮮金政権等の元々の工作目的は日本の乗っ取り支配に他ならない事」は

「独裁政権故の必然性」と

「在日の母を持つ金正恩がトップに据えられている事による必然性」から

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でも判る事に成る」。

「朝鮮系の金正男が金正日の後だった」なら

「在日の北朝鮮系の者たちの北朝鮮内での価値や立場は下げられてしまう事に成る」ので

「金正男を招いておいて其れを摘発させ実質的には後継者レースで大きな遅れを取らせる策まで講じられた」のが

「実態」で

「イザ在日の母を持つ金正恩が北朝鮮のトップに成った後」は

「益々、日本乗っ取り支配の為の非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が強化され続けて来ている」のも

「ある意味、当然の現象に成る」。

「韓国の従北政権化も、北朝鮮金政権等による同様の手段の工作の{賜物}に他ならない事」等は「容易に推定出来る事に成る」。

「該当ウィルスの発生源は中国共産党支配下の中国武漢内に成る事はほぼ確定的な様相」だが

「該当ウィルス自体が、中国共産党のウィルス研究所や疫学病院等からの流失なのか?

外貨稼ぎの為の北朝鮮労働者からなのか?」は

「未だ、不明状態」だ。

「其の後の日本国内での感染や実害の実態から推定する」と

「中国共産党等による工作」や

「既に、多くの日本在住の人々が該当ウィルスにも効く免疫等を保持出来ている状態が在る事」等でも「無い限り」、

「合理的にならない様相が露呈しているように、感じたり、思えたり、している人々の数も決して少なく無い筈」で

「筆者も実害を受けている、大気工作等の実態からすれば、

弱毒ウィルスや弱毒細菌等の感染実験等が行われていても何の不思議も無く、

其れもまた非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の一環と強く推定出来る」から

「例えば、該当ウィルスにも効く免疫等が非人道的なスパイ・工作活動等により養われていた可能性等も浮上して来る事にも成る」。

「其の免疫等が、該当ウィルスの前世代版なのか?別の細菌等故か?」は「不明」だが

「其の様な実態が在っても何の不思議も無い実態が戦後日本社会には在るのが現実」だ。

「非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている集団を隔離、もしくは、国外追放等する」なら

「該当ウィルス問題も一気に片付く様な感じさえする」のが

「被非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動VIP状態の筆者の実感」だ。

「非人道的な集団連続強化型スパイ・工作活動等の存在を把握するなら同様の感や思い等を抱く人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「当然、当ブログの内容も覗き見しているのか?アップしているのを呼んでいるのか?は不明だが知っている筈の集団の構成員や其の協力者等」は

「昨日も、

其の前に筆者がアップしたエスカレーターで遭った工作実態に呼応するかの如く、

筆者がエスカレーターで荷物を持ちながら止まって乗っている時に、後ろから集団でゾロゾロと歩いて下りて来た」。

「エスカレーターを歩かないで!アナウンスは無かった」が

「歩く程急いでいる者なら、エスカレーターを降りた後も相応に・・・なのに、エスカレーター上ダケ歩き状態という不自然さ」で

「其の前の嫌な実体験から後ろから人が歩いて来た時に直ぐ、

横を向いて通り過ぎようとする人々の顔や手先を視る対策を取っていた」ので

「大気工作も不発で済んだ様相だった」。

「本日、同様の手段で、買い物に行った時にも、近づいて来る人が居たら、顔と手先を視る事を繰り返したら、

実害の大きな大気工作は避ける事が出来た」。

「レジに並んでいる時も、横向きで後ろの人が近づいたら愚に判る様にし、

レジ清算時も並びのレジに来る者たちにも同様にした」上に

「買い物した物をエコバックに詰め替える時には、外の未だ誰もいないところでやなり近づいて来る人には注意して後ろを向けずにとやった結果」が

「実害の少なさに繋がった様」だ。

「雨であっても、相変わらず、集合住宅内では、筆者が通り過ぎるタイミングに合わせるかの如く、同じ臭いの{何か}が撒かれている」が

「其の場所は速足で通り過ぎる事で実害は少なく成る」。

「付着すると増えて来る{何か}は水よりも軽いモノでお湯の上には浮く様相」は

「風呂に入り、何かの臭いがする様になった湯舟の中のお湯の表面のお湯ダケを掬い取り捨てると臭いも無く成る事」から

「良く判る」。

「掬い取ったモノを分析するなら其の正体も判る事に成る」が

「其の様な金も手間もかかる事は、

迷惑レベルでは警察も本気で動かず忙しい科捜研等ではやってくれない」。

「感染したまま放置すると、人体でも増える実態も観察出来るので、

徹底的に感染させたままにするなら、何等かの症状が出るかも知れないが、

既に、小感染を繰り返している状態の筆者の場合は、既に、免疫・抗体等保有済みかも・・・」。

「何れにしても、一定以上の不快感が伴う事は事実」で

「風呂の回数が増える分だけ当然、余分な手間も時間もお金もかかっているのも事実」だ。

「電磁波工作でも事態は同様」だが

「飲食物工作や侵入工作等々も含めて、迷惑行為レベルの事を集団で連続して強化させながら行い続けて来ている者たち等の

罪は戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難で軽い扱いに成ってしまうのかも知れないが、

多くの個々の人間たちの本来の人生を捻じ曲げているのが実態なのだから、

本当に重い事に成る」。

「近未来において永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に在る」。

「非人道的なスパイ・工作活動等は世代間連鎖も在る事が判明している」が

「其の様な事を行わさせられている親の下で産まれた事は本当に不幸そのものに他ならない」。

「何故なら、

非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛けさせなければ成らない程、正攻法や正道上では後れを取り過ぎている国や国民は

其の時点で既に負けているから」であり

「どんなに非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けたところで増えるのは恥辱ばかりで永遠に勝ちは無いから」だ。

「まともな頭や心が有る人間なら、

非人道的なスパイ・工作活動等を行う事を強いて来た者たち等を排除し政権交代等する事を考え、頑張る」。

「まともな道から逃げ出して、極悪独裁者の犬に成り、其の世代間連鎖を行わせている事」が

「どれ程、恥ずかしく、愚かな事に成っているのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「はっきりしている事」は「裁きの日は来る事」だ。

「其のある程度前までに、歩むべき道の選択の誤りを是正しない」なら

「永遠の恥辱に染まる道の上」が「決まっている事に成る」。

「代々なら、代々が!」だ』。

『「該当ウィルス問題」は

「ウィルス対応ダケ」なら

「話しは単純に成る」。

「市中感染率と免疫・抗体等保持者割り合いを調査し、其処から

市中感染率と免疫抗体保持者割り合いと感染も免疫等も無い人々の割り合い」を

「それぞれ色付きの図にして、判り易く其の経時変化を大衆周知すれば良い」。

「肺炎致死者数の増減も大衆周知すれば良い」。

「其の様な実態・実体把握を容易にする情報」と

「それぞれの状態に対応する合理的な対応行動等に成る情報」を

「大衆周知する」なら

「必然的にボトムアップ的対策が実現する事に成る」。

「現状までの様な、まるで独裁政権下の国々の様な、

言葉や象徴等で情動脳に訴え上からの命令・指令・指示・要請等々で大衆を操り続けようとする事等との

整合性が高いマスメディア情報配信内実」では

「差別や問題行動等が生まれ易く成って当然」で

「{悪意}が露呈している様なモノ」だが

「其れも、日本乗っ取り支配工作の一環」なら「合理的に成る事に成る」。

「そうでは無いなら是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「象徴的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「???な結果の抗体検査や解除基準等」と「テレ朝昼番の正体探究」等・・・。

『「テレ朝昼番の新型コロナウィルス発生源等の探究情報等の日本の公共の電波を使った配信から、該当ウィルスの発生が昨年9月以前で、発生場所は中国共産党支配下の中国武漢内等に成る事」等が

「かなり多くの視聴者等にとっても判り易く成った状態が生まれている事等が容易に推定出来る様に成った」。

「該当ウィルスの世界への拡がり方も、武漢で10月に世界ミニタリー大会が在った事が一つの起点に成る事」等から

「相応に納得出来易く成った」。

「流失元は、中国共産党支配下のウィルス研究所にしても、疫学病院等にしても、

其処から先ずは武漢市内に感染が拡がり」、

「軍の世界大会(競技会)に参加した軍人や関係者や観客等に、該当ウィルスの感染機会が在った事に成る」ので

「観客の多くが武漢市民等なら、武漢での更なる流行拡大が当然に成り」、

「日本での感染者数の少なさ」も

「欧米での感染流行の多さ」も

「軍大会経由」なら「相応に良く分る」。

「武漢との経済的(仕事・観光等)・人脈的繋がりのある国々等への感染流行」も

「同時並行的に起こっていた筈」で

「其の影響が大きかった」なら

「日本での感染者数は公表されている数の少なくとも10倍~の数であって当然に成る」が

「其の割りには、致死者数が圧倒的に少ない事は変!」と

「多くの人々も思っている通り」で

「日本の該当感染致死者数が異常な程少ない裏」には

「日々二百数十人~のレベルにも成っている日本の肺炎致死者の中に

感染を検知されていない該当ウィルスによる致死者も紛れ込まされていた」り

「日本の医療等の良さ」や、

「日本の生活習慣」や

「免疫・抗体等既に保有等々」の

「理由が在って然るべき事に成る」が

「献血をしに来た人々の血液を使ったサンプル数千の抗体検査の結果」は

「意外な程、抗体保有者率が低い」。

「東京圏で0.6%東北圏で0.4%」とは

「驚く程の低さ」で

「今後の万人規模の市中調査等の結果が出されるまで」は

「本当の実態」は「???状態」に「成る」のは

「他の極一部の病院等に来た人々や検査を求めた人々に対する抗体検査の陽性率は6%~10%に成っていたから」だが、

「もし、献血に行く、行ける様に、日頃から健康管理がしっかりしている」なら

「該当ウィルスに対する感染リスクも十分の一レベルに成る」等の

「実態が在る」なら「其れは、相応に有用な情報に成っている事にも成り得る事に成る」。

「もし、本当に抗体保有率が0.何%レベルなら、其れは其れで本当に深刻な問題を告発している様な事にも成る」のは

「抗体を保有出来ていない状態」なら

「感染リスクも重症化リスクも相応に高い事に成るから」だ。

「現状までの日本の感染実態」を「色付き三球図で表す」なら

「割り合い相応に大きな黄色の球で表現される事が適切に成る、免疫・抗体等も感染も無い大多数の人々の球を中心」に

「割り合い相応の大きさの赤色の球で表現される事が適切に成る、感染者の球が周り」、

「感染者の球の中と、感染も免疫・抗体等も無い人々の球の中から、

青色もしくは緑色で割り合い相応の大きさで表現されるのが適切に成る、免疫・抗体等を保有している人々の球が創り出され続け、

其れが次第に感染者の球との力関係を変えながら黄色の球の周りを周っている状態に成る」が

「それぞれの球の大きさでは、圧倒的に感染も免疫・抗体等も無い人々の球の大きさが大きい、

全ての色を合計すると、

やや赤みを帯びた黄色状態に他ならない事に成る」。

「三色を光で表現し、同じ割り合いで合成すると白く成る様にする」なら

「赤色や黄色の存在がかなり薄く成り、全体的に白っぽく成ったところで、行動自粛等が解除されるのが適切なレベル」で

「赤色や黄色がはっきりしている間」は「要警戒!要注意!が妥当に成る」が

「該当ウィルスの場合は、其の毒性が其れ程激烈では無く、専用の治療薬・ワクチン等が無い現状」で

「日本での感染致死者数は、インフルエンザの流行が小さかった分と相殺出来るレベルに収まっている実態も露呈している」から

「要警戒!要注意!の内容を原寸大の合理的なモノにする事」が「必要に成る」。

「感染すると重症化し易い免疫学的弱者状態の人々を守る事」と

「自らが免疫学的弱者状態に陥らない様にする事」と

「感染し辛い、感染させ辛い、生活習慣を具現化し続ける事」等が

「合理的に成る」。

「元々、日本で暮らしている人々のほとんどが、口先で発生する日本語でコミュニケーションを取っている事」と

「口腔内にも多数存在し易い該当ウィルスの感染」には

「相応の相関関係が在る事が推定出来る」のは

「言語コミュニケーション上で日本の中でもより発声が控え目で口数も少な目な東北での感染流行が少ない事」からも

「良く判る」。

「開放的な北海道での感染が多い事」から「同じ寒い地域でも、其の辺りの実用精神文化による差が在る様」で

「其れは、感染を避ける為に有用に成る事にも成り得る事」等が「推定出来る」。

「マスクの着用」は「飛沫は防ぐ」が「ウィルス自体は通してしまうマスクも少なく無い」から

「可能な場合は、小声、言葉少な目」も「組み合わせる方が合理的に成る」。

「該当ウィルス感染問題」は

「三球図三色合算で緑、もしくは青色に成るまで終わらない」。

「感染を抑える事は、免疫・抗体等の保有も抑える事に他ならない」から

「感染を抑える手段で該当ウィルス問題を押さえ込もうとするなら、

ワクチンが大々的に実用化されるまで、該当ウィルス問題は終わらない事に成る」。

「市中抗体保有率の調査結果が出るまで、良く判らない」が

「本当に、日本国内で該当ウィルス{にも}有効に成る免疫・抗体等を保持出来ている人々の割り合いは、

発表された抗体検査結果の様に、驚く程低いのだろうか?」

「該当ウィルスは{長生き}でもある」し

「感染が発生している場所は、其れこそ世界中」なので

「自然発生感染流行状態なら、日本国内の多くの場所に、該当ウィルスも在る事が推定出来る」が

「其の割りには、日本の該ウィルスの感染者数も致死者数等も本当に少な過ぎる」。

「テレ朝昼番の該当ウィルスの正体探究情報からすれば、

該当ウィルスは中国共産党支配下の病院等からの流失である可能性が高く、

其の後の流行も成り行き任せの様相」だが

「其れが、本当のところに成るのだろうか?」

「成り行きまかせで、中国との人的交流も旺盛な、満員電車通勤も当たり前だった日本での該当ウィルスの流行が、

以外な程、{オトナシイ}状態に成り得るのだろうか?」

「中国由来の第一波はクラスター対策で押さえ込めたとは、専門家会議の弁」だが

「成り行き任せ感染流行状態だったなら、当然、全てのクラスターを押さえ込めている訳も無い」。

「其の上に満員電車通勤状態も在った」。

「余りにも少ない中国由来第一波の日本の感染者の数の裏」に

「習近平の訪日に備えて、日本ではウィルス工作はオトナシク等の事態は無かったのだろうか?」

「該当ウィルス問題が中国共産党の覇権掌握工作の一環だった」なら

「日本でのウィルス工作をオトナシクする事で、第一波を抑える事は可能に成る事にも成る」。

「欧米由来の第二波は押さえ込めていなかった」のは

「欧米からのウィルス感染の波」は「中国共産党等の工作では無いから、かも知れない」。

「筆者が工作を度々記して来ている」のは

「実際に、少なくとも筆者の周囲では、しばしば工作と推定出来る事態が起こり続けて来ているから」だ。

「該当ウィルスか?否か?は不明」だが

「先日も、某駅のエスカレーター(下り)で、

エスカレーターでは歩かないでください!アナウンスが流れている中、

筆者の後ろから若い細身の背の高い黒服白シャツ黒スクエアリュック保有男性が歩いて下りて来た、ばかりか、

筆者の右横を通り過ぎる時に、リュックを傾けて筆者の方に向けた、と気づいたら、

何等かの臭いのする、時と共に増えて来るモノが音も無く、右顔横~耳浦・首筋辺りに、吹きかけられた」。

「当然、早々に、拭いた」が

「他の場所でも、家々の窓や換気扇からでも、何度も、同様の事が起きている、同じ臭いのモノ」だ。

「其の様な事も行っている集団が、日本国内に居る事は事実」で

「其の辺りの実状からも、工作の可能性は無視出来ない事に成る」。

「昨今の人の出が少ない街中なのに、大気状態は、人の出が多かった頃より悪い場合が多い」のも

「異常で、何等かの人為的なモノを感じる」。

「外に出るなら、工作員が至るところにいる様相が露呈している」し

「だからと言って公共交通機関を避けて、車で・・・とトライしても、

工作電磁波を発している車も彼方此方に・・・状態で、

筆者の車の安定性を損ねさせたり、運転中に筆者の車にも仕込まれている工作電磁波を運転者に当てる様に工作したり、等々で、

この手の工作の酷いところは、車のディーラー等が是正修理等困難な場合が多い事」で

「仕方無く、自主的に電磁波対応をしているが、アルミ等々だらけとなり、快適な運転環境では無い」し

「サスペンション関連は、工作部分を取り換えても、また同様の事を行う事が容易に推定出来る」ので

「現状では、高速は遠慮で、一般道でノロノロと・・・状態に{されて}しまっている」。

「窓を汚される事もしばしばで、虫がワイパーに挟まれていたり、虫の糞の様なモノが付けられていたり、等々する事もしばしば・・・で、

視界の邪魔をしようとしている様相」だが

「必然的に、毎度毎度、ウォッシャーしてから、先に進む状態に{されて}いる」。

「工作員集団」を「徹底摘発排除等する」なら

「該当ウィルス問題も終わるのでは・・・」等の「感や思い等までもが浮上して来る実態が在る」』。

『「該当ウィルスが中国共産党支配下の中国発である事は、ほぼ間違いの無い事」に「既に成っている」。

「管理責任にしても、製造責任にしても、工作なら工作責任にしても、追及されて当然の実態が既に在る」。

「補償を求めても、全世界の国家・国民の上に中国共産党が在る等と{信じている}者たち等が、補償に応じるか?」は

「大いに疑問」だ。

「応じない場合は、中国共産党支配下の中国に対する、コロナ責任間税とか、コロナ責任規制等々が世界中で行われる事に成るかも知れない」が。

「元々が信頼性工学を抜きにして科学技術等を真似したり、盗んだりする事等により急発展して来ているのが、

現状までの経済開放後の中国共産党支配下の中国の実態」だ。

「信頼性工学等{も}ちゃんと学び、取り入れる」なら

「騙したり、盗んだり、する事がどれ程自虐的な事に成るのか?」等も「良く判っていて当然に成る」が

「元々が、同じ中国人同士で支配圏争いを行い、旧ソ連の絶大なる支援の下で、

旧日本軍より遥かに多くの中国国民を殺して支配権を得たのが、中国共産党の実態」だから

「信頼性や人権等々より支配力の増大ばかりを取得したがる基本構造が付いている事にも成る」。

「今時の世界標準は、万民平等の先で、適材適所が求められている、ちゃんと人権も信頼性も在る事が当たり前の状態」なのに

「未だに、支配力の増大ばかり・・・に{救い}を求め続けている実態を露呈している」のだから

「其の何処にも、国家・国民の上は無い事は、既に明らか」で

「一刻も早く、中国共産党は解散し、民主化する事」が

「該当ウィルス補償問題を穏便に済ませる為にも、有効に成る事である事」等は

「もはや、世界中の何処の誰でもが重々承知の事に成っている」。

「習近平が本当の大人(タイジン)なら、今こそ、民主化!!」だ。

「今後の世界も中国も、より延命し易く成る道が其処に在る」し

「中国の民主化無き場合、人類滅亡の時が其れ程遠く無い時に成ってしまう」のだから

「よ~く考える」なら「今こそ!の価値も良く判る事に成る」』。

『「テレ朝昼番の該当ウィルス正体探究情報等では、工作の可能性は外されていて、

流失が強調されていた様相でもあったが、

流失と日本の中国由来の感染状態には、何処と無く齟齬が在る様に感じたり、思ったりしている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「欧米由来の第二波~は、対策相応の成り行き感染の様相が良く判る状態に成っている」が。

「該当ウィルスの本当の正体解明は、其れ程遠く無い時期に具現化する事に成る」のは

「もし、そう成らないなら、該当ウィルス問題の収拾も在り得無い事に成るから」だ。

「工作は、行えば行う程、より強烈な形でバレ易く成り、応分の罪と罰も与えられ易く成る」。

「工作とは、奥の手で、仕方無く、少々行わざるを得なく成ってしまう事が在るのが、現状人間社会の定常状態で、

工作を主にした、覇権掌握とか、報復等々は、自虐にしか成り得無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」』。

『「該当ウィルス対策」で

「頑張れ!とか緩むな!等々の、体育会的激!で情動脳に訴えるやり方」は

「宗教レベル、天動説レベルのやり方に他ならない」。

「先ずは、誰もが実態・実体把握を容易に出来る情報配信であり、

実態・実体把握を基にした合理的で自虐的に成らない適切な行動等の具現化を容易にする事」だ。

「ようやく、市中抗原・抗体検査・調査等により、実態・実体把握が行い易く成って来ている事」は

「救い」だが

「緊急事態宣言等の解除基準として、感染研知者数等、検査数依存の項目を重用しているところは、

明らかに、変」だ。

「検査数がある程度以上在るなら、感染陽性率等なら合理的に成る」。

「合わせて、抗体保持者率も重用すべき項目に成る」。

「感染しているか?免疫抗体等を保持しているか?感染も免疫等も無いか?」の

「何れかの状態に全ての人は入る」し

「其れらの割り合いと力関係が重要に成る」のだから

「其の辺りの経時変化を図と数値等で大衆周知する」なら

「多くの人々が、原寸大の用心や対応行動等を具現化し易く成る」。

「実態・実体把握を疎かにさせ、原寸大を逸脱させる事」は

「本来なら不要な、不安や恐怖心やストレス等や差別や免疫力の低下等々を抱かせ易くしてしまう、

{悪魔}のやり方でもある」』。

『「少々の是正傾向が出て来ている番組等もある」が

「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「検察庁法改定問題」と「言われるべきなのに云われていない新型コロナウィルス問題の重要部分」等・・・。

『「公共の電波ばかりでは無く、ゲイノウ人等有名人も利用した、反現政権政治運動等」は「健常な民主主義状態を大きく損ね易くもしてしまう」から

「ナチス・ヒトラーの歴史に学ぶ」なら「禁止されていて当然の事に成る」。

「検察庁法改定問題」でも

「コロナウィルス問題で大変な時にやる事か!」等の

「最初から論理破綻している{如何にも、さもありなん論}が前出しにされていたりする場合も多い事から」も

「多くの口出しゲイノウ人等や反対野党等」が

「今、何故、法改正する必要があるのか?」等を

「ロクに理解・把握等出来ていないか、理解・把握等出来ているなら、確信犯の悪状態に成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「コロナウィルス問題等、重大問題が在る中、他の政治は止めろ!」というのが

「暴論や愚か論でしか無い事」等は

「冷静に考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事」だろう。

「では、何故、今、検察庁法の改定が必要に成っているのか?」

「民間に定年延長が求められたのは、少し前だが、民間も定年延長なら公務員も定年延長!」は

「当たり前の話し」であり

「其の積み残し是正」を

「少子高齢化が激しい昨今の日本社会の中で、長々と行わない事」等は

「明らかに不当な事に成る」。

「また、昨今の様に世界情勢が激しく変動している時へ対応する為」には

「ある程度、時の政権による融通を利かせる事が出来る様にした方」が

「国としての危機管理にも齟齬が生じ辛くする様に出来る事に成る」。

「其処で明らかに変な事を行う政権」なら

「次の選挙時には確実に政権を失わせる事が出来るのが代理制民主主義の良いところ」だから

「政権による裁量権をどの程度まで拡げるのか?」と

「世界情勢」には

「大きな関連性が在る事にも成る」。

「此の辺りの実状を全く無視」して

「井戸の中の蛙的、優等生論・正義論等を構築する」なら

「簡単に、反対野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等と同様の論こそが良い!等の感や思い等を抱けてしまう状態に陥る事に成る」が

「其れこそが、愚民状態に自らを陥れている実態に他ならず、

政権与党では無いので野坊主に好き勝手が言えている状態の反対野党等やテレビ・ラジオ・マスコミ等の論等に

操られる状態の愚民」なら

「独裁支配圏の民の様にする事も容易に成る事に成る」から

「其の辺りの臭いを感じている人々」なら

「此の{政治運動}流れ」からも

「日本を従北政権化する為の政治・社会工作等の臭い」等が

「相応に強く感じられている筈」だ。

「火事場泥棒!を大喧伝等する者たち等」は

「先の大戦で日本が敗戦した事につけ込んだ{火事場泥棒}をいったいどの様に捉えているのだろうか?!」

「日本の敗戦につけ込んだ{火事場泥棒}!は追及せずに、

現状の国会での法整備に対して、火事場泥棒!呼ばわりする事の

酷く、劣悪なダブルスタンダードには、呆れている人々の数もかなり多い筈」だ。

「因みに、日本の敗戦につけ込んだ{火事場泥棒}!が戦後日本の法律の中では、時効扱いとされ、不問にされる状態に成っていても、

其の後の、{火事場泥棒資産・財産}を利用し、

戦後日本の法・摘発体制等の脆弱性に付け込んだ、

非人道的なスパイ・工作活動等は

正当化出来る訳の無い事に他ならない」が

「其の辺りへの追及もロクにして来ていない、

ばかりか、

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等の方を庇ったり、手伝ったりして来ている」のが

「多くの火事泥棒!喧伝の者たち等の実態に成る」。

「其の元凶が、

朝鮮半島の南北分裂と、北朝鮮側の血統や人脈の先に在る、

北朝鮮金政権等による命令・指令等に成る事」等は

「もはや、公然の秘密状態」だが

「日本を従北政権化する為」なら

「現政権は、倒した方が良いのか?否か?」等を

「考える」なら

「多くの人々が、今回の検察法改定問題をダシにした、

ゲイノウ人等有名人まで{利用}している{政治運動}等の

本当の目的や目標等」にも、

「感や思い等が至る事に成る」。

「上記の様な、{全体像}も考慮の上で、

尚、未だに、現状の世界情勢と代理制民主主義の中の検察法の改定に本気で反対等している」なら

「其れは、人脈や血統や思想信条や贔屓社会体制や政治指向や思想信条等を露呈している事にも成る」。

「人間社会が健常進歩・正常進化方向に動く」なら

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在に成る」のは

「独裁支配体制等をヨシ!とした人々に成るのか?」

「自由・民主主義社会体制等を良し!とした人々に成るのか?」は

「もはや、論を待たない事」だろう。

「一時の、多くの場合、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が創り出している、

ムード等に操られて、多くの人々が愚民化してしまう」と

「どんな事態に陥るのか?」等は

「例えば、かつての民主党政権時等を振り返る」なら

「多くの日本国民が実感を持って理解・把握出来る事に成る」。

「選挙の在る政界では、民主党政権からの政権交代も実現した」が

「選挙も無い戦後日本の情報・教育界等」では

「未だに、多くのところで、旧東側人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・」だ。

「其れらの者たち等ご用達論」に「自らを操らせる事の自虐性」等は

「もはや、多くの日本国民が重々実感済みの事の筈」だが

「まるで、詐欺師の様に巧みに人々を操る者たち等は、

人々を引っ掛ける{道具}を次々と替えながら、

実質的には、多くの人々が反現政権~親旧民主党等と成る様に{誘導}し続けて来ている」。

「今時の公共の電波や公共レベルのマスコミの本来の役割りは、実体や事実・現実に基づいた情報の原寸大配信であるべき」なのに

「戦後日本の情報・教育界等では、

未だに、

日本の政権を朝鮮や中国共産党等にとって都合の良い政権にする為の{政治運動}等が旺盛なまま・・・」だ。

「現政権の問題より遥かに深刻で重大な問題が其処に在る」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「新型とされているコロナウィルス問題の情報配信等にもかなり変なところが多々在る」。

「先ず、該当ウィルスの正体が実質的に不問にされている事は、明らかに変」だ。

「もし、米国トランプ政権が言う様に、該当ウィルスが中国共産党のウィルス研究所等からの流失や散布工作だった」なら

「該当ウィルスが{長生き}な事の理由も良く判る事に成る」のは

「人為的製造物にせよ、人工的製造物にせよ、ウィルス工作兵器として創るなら、持ち運んでも簡単に死なない方が好都合に成るから」だ。

「ウィルスを人工的に創り出す事には、相応に高いハードルが在る」が

「ウィルスを人為的に創り出す事は、其れこそ、北朝鮮でも可能な事に他ならない」。

「例えば、SARSウィルスを保有しているコウモリ等をある程度以上の数飼育し、グループに分け、

それぞれのグループに、普通なら食さないエサを与えたり、電磁波や放射線塔を当てたりし続け、

ウィルスを採取して検査し、

変異が在ったなら、其のウィルスを培養すれば良いダケ」だ。

「培養したウィルスの感染実験を行いたく成っても当然に成る」が

「非人道的な事も平気で出来てしまう体制でもある独裁支配圏の国々等なら、

不適応分子を使った感染実験等も容易に行える事に成る」。

「感染実験により其のウィルスの毒性等が確認出来た」なら

「其れを使用した戦略等が考えられても当然に成り」、

「例えば、

中国共産党の覇権掌握工作の為には使えないか?」とか

「北朝鮮なら、報復経済制裁工作の為に使えないか?」等々の

「目的が考えられ、其の実行手段等も考えられていて当然に成る」。

「実行した時に、直に犯人扱いされる事を防止出来無ければ、作戦の実行は不可能に近い事に成る」ので

「例えば、先ずは、自国民を犠牲にして、其れから・・・等々の作戦も考え出せ、実行出来てしまうのが、

独裁支配政権等の実態で、

今回の世界中の該当ウィルス騒動も、

其の辺りの具現化である可能性」が「決して低く無い事」等は

「其の感染の拡がり実態等からも、

冷静に少し考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「該当ウィルスの感染~実害の実態」は

「世界中のモノが報道等されている」が

「特徴的なのは、日本の感染実態」だ。

「中国武漢付近での自然発生やウィルス研究所等からの流失」なら

「物理的距離からも、人の交流の実態からも、日本での感染の拡がりは、欧米諸国より前で当たり前に成る」が

「最近、少々発表された日本の{低い}抗体保持者割り合いと感染問題当初の{低い}感染率等から判断する」と

「日本での該当ウィルスの感染流行は、欧米諸国より後に成る事に成る」。

「此の変な事態」を

「合理的に説明出来てしまう事に成る」のが

「ウィルス工作の場合」だ。

「習首相の訪日が決まっていた」から「日本では、工作を薄く・・・」なら

「感染当初の日本の感染率の{低さ」も合理的に成る事に成る」。

「其の辺りも探究していて当然に成る」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の筈」なのに

「中国共産党や北朝鮮金政権等と親和性が高い者たち等が高い実権を保有し続けて来ている場合が多い」からか

「圧殺・黙殺状態が続いている」。

「もし、該当ウィルスが工作兵器だったなら、想定外かも知れない事」は

「該当ウィルスの変異が意外と怒り易い事」等に「成る」。

「変異前の該当ウィルスに対するワクチン等は準備済み」でも

「変異語のウィルスに其れがどの程度効くのか?」は「定かでは無い」。

「中国共産党の発表でも、抗体保有に対しては、意外な程、其の実効を低く喧伝等している」。

「効く筈だったワクチン等が虚しく終わってしまった事態等の存在も疑えてしまう実態が其処に露呈している事にも成り得る」から

「本来だったら、ワクチン既に摂取で死なない筈なのに、死んでしまった重鎮の存在等が在るのかも知れない」。

「何れにしても、該当ウィルスの正体探究は外せない重大情報に成る」のに

「ロクに探究して来ていない場合が多い」のが

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「自然発生ウィルスでは無い場合」なら

「当然、製造物責任や管理責任や工作責任等々が付いている事に成る」し

「本当の実効を持つ対策も、自然発生と人為的・人工的製造では変わって来る事に成る」。

「其の辺りを言わない事は、本当に変」だ。

「直にでも是正すべき実態が其処に露呈している」。

「是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「抗原検査」は「さすがに、言われ始めた」が

「未だに、PCRより{劣る}イメージ付き」だ。

「検査時間の短さも、検査にかかる手間や費用等も、圧倒的に抗原検査キットの方が優れている」し

「大問題のイメージで喧伝されている検査精度等でも、実質的にはPCRと大差無い」から

「PCR検査を二度行う様に、抗原検査も二度行う」なら

「実用上でほとんど問題の無い事に成る」。

「因みに、専門家会議のお方の論」では

「市中感染率は、病院に行って検査を求める人々の感染率より低くて当たり前の旨だった」が

「其の基準で言うなら、現状の東京の市中感染率は7%以下に成る」。

「しかし、例え、7%の半分の3.5%の市中感染率だったとしても、1千万都圏なら35万人もの感染者が居る事に成る」。

「僅かに行われた抗体検査では、東京圏では、6~8%の人々が保有との報道等も在る」が

「両方合わせる」と「約1割もの人々が既に、感染、もしくは感染~抗体保有済みという事に成る」。

「其の割りには、感染致死者の数が少ない」のは「日本の医療・治療が優れているから」とも「推定出来る事にも成る」し

「専門家会議等の提言を基に政府等が行って来ている現状までの該当ウィルス対策が合理的だった事も示唆している事にも成る」。

「其の辺りの実状から、該当ウィルス問題の実害実態も在る程度判る事に成る」。

「新たなウィルスとされている該当ウィルスの場合」は

「感染しても無症状・軽症で済む場合も多い」が

「重症化してしまうと、専用の治療薬も治療法も無い」から

「感染者の体力・精神力等次第に成ってしまい易い」。

「其れでも、日本の場合は、重症化者対応が相応に出来ている」ので「感染致死者数は少ない」が

「該当ウィルス対策として重点を置くべき事は、重症化を避ける事に成る」。

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々が重症化し易い事」は「既に、判明している」し

「若い年齢層の人々で免疫学的弱者状態でも喫煙者等肺が不利な状態でも無い人々なら、

感染しても重篤化してしまう場合は、

其れこそ、交通事故に合ってしまうレベルの確率に成る事」等も

「既に判っている」。

「ワクチンが実用化されるまでは、

感染抑止に実質的に有効に成る手段は、免疫・抗体の保持に他ならない事に成る」。

「感染者等隔離や人と人との接触を減らす策」は「感染の先送りは出来ても、感染自体を防ぐ事には直結していない」。

「避けるべき」は「重症化」であり「感染自体では無い」のが

「ワクチンが無い現状の実態に成る」が

「どうすれば、重症化を防げるのだろうか?」

「ウィルス感染~免疫構築の道筋」としては

「毒性の極めて低い、或いは無い、ウィルスを深く摂取する事による、ワクチン等による手段」が

「理想的に成る」が

「ワクチンが無い現状」なら

「浅い感染~体内でウィルスが増殖するに合わせた免疫・抗体等の取得」が

「合理的に成る事に成る」。

「該当ウィルスの場合」は

「エアロゾル感染と飛沫感染が危険度が高く成る」のは

「エアロゾルにしても飛沫にしても、呼吸塔により、直接、身体の深部に到達してしまう可能性が高いから」だ。

「特に、運動したり、大声を出したりする事等により、深い呼吸をしていた場合」には

「一気に大量のウィルスが深部にまで達してしまう可能性が高く成る事に成る」。

「感染したウィルス自体」は「人間の生体異物・有害物等排出サイクルに載り、内から外へと出され続ける事に成る」ので

「呼吸だけでは無く、便や尿でも、汗や涙や鼻水や唾液等々でも、皮膚の垢でも、出されているウィルスが入っている場合が在る事に成る」。

「しかし、該当ウィルスの場合」は

「徳に、肺や気管や鼻奥や口の中等々、呼吸と繋がりが強いところの細胞への感染を好む傾向が強い」ので

「其の辺りからの排出物には、多く存在し易い状態が在る事に成る」。

「血管内でも悪さをする旨の報道等もあった」が

「ウィルス存在割り合いで言うなら、呼吸関連の場所とは桁違いに低い割り合いで在る事等が推定出来る」が

「ゼロでは無い事に成る」。

「理論的には、接触感染による少な目のウィルス感染を鼻先にでも感染させるなら、疑似ワクチン的に使える可能性もある事にも成る」が

「もし、そんな事を試す場合には、自己責任に成る事」等も「言うまでも無い事に成る」。

「感染して、生体免疫システムが反応するなら、引っかいたりしていなくても、炎症反応が出る事に成る」ので

「鼻先が、赤く成ったり、痛く成ったり、する筈」だ。

「其の御は、余分な感染を避ける事が合理的に成る」し

「十分な免疫・抗体等が構築される前に、大量・深部・長時間等、重症化し易くて当然に成る感染をしてしまっては、

元も子も無い事に成る」。

「感染してもほぼ大丈夫な状態の人々が感染を期にしない」のは

「解る」が

「だからと言って、深部・長時間・大量感染をして、重症化してしまっては大変な事に成る」。

「浅く、緩い、少量の感染で、免疫・抗体等を構築出来てしまう」なら

「該当ウィルスの感染自体は{無償のワクチン}にも成り得る事に成る」。

「抗原検査キットに続いて抗体検査キットも早々に実用化されるべき」だし

「其の方向で動いている筈」だ。

「検査は、抗原検査キットと抗体検査キットによる検査を主流にし、PCR検査は押さえとして必要な場合に・・・で十分な筈」だ。

「現状での東京圏の感染実態」は

「感染率と抗体保持率が報道等されている通り」なら

「相応に感染が拡がっている事に成る」。

「市中感染率と市中免疫・抗体保持者率と感染も免疫等も無い人々の力関係を表した球体引力関係図」と

「市中の状態を表した人型状態ごと人数割り三色図と、其の色合計の信号図」を

「経時変化と共に、マスメディア等で大衆周知する」なら

「該当ウィルス問題の現状の実態の理解・把握を、多くの人々が直感的に行い易く成り、

理解・把握出来た実態との整合性が高く成る合理的な対応行動等も自主的に素直に具現化し易く成る」。

「{政治運動}等を行っている暇がある」なら

「実態・実体把握が十分に出来ていないが故の不安・恐怖心・ストレス等や其れ故の差別・問題行動等の具現化等を

除去する事に有益に成る、

原寸大の実態・実体把握を助ける情報配信等を行うべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「{自然発生ウィルスとは限らない}のに、ウィルスとの共存・共生等を訴えていたり、相変わらずの反現政権政治運動等を行っていたり」等の様相だったが・・・。

『「新型とされているコロナウィルスの正体」が「自然発生なのか?人為的・人工的なモノなのか?」も「未だ、はっきりしていない状態」なのに、

「ウィルスとの共存・共生等を訴える」とは

「本当に、変」だ。

「もし、該当ウィルスが人為的、或いは人工的なモノ」で

「該当ウィルスを創り出したり、流失させたり、或いは、意図的に撒いたり、等した国・組織・集団等のお仲間や協力者等」なら

「合理的にも成る実態が其処に露呈している事にも成る」が。

「普通のマスメディア等」なら

「ウィルスとの共存・共生を言う前」に

「自然発生なら」等の「大前提を付けていて当然に成る」し

「該当ウィルス問題」なら

「該当ウィルスの正体究明の一環として、該当ウィルスが自然発生なのか?人為的、或いは人工的なモノなのか?等を

探究していて当然に成る」と「共」に

「感染流行の原因・起因と成った事態等の究明も行っていて当然に成る」。

「該当ウィルスが自然発生」で

「其の感染の始まりも、人間側が自然領域に入り込んだが故」等なら

「ウィルスとの共存・共生状態を構築する責任も人間に在る事に成る」。

「しかし、該当ウィルスが人為的、或いは人工的なモノであり、

其の感染の始まりが、ウィルス研究所等からの流失や、意図的な散布工作等だった」なら

「そんなモノとの共存・共生等はあり得ず、

ウィルス感染問題の責任と補償が発生源と実行源に求められて当然に成る」。

「既に、該当ウィルス」は

「人為的なモノなのか?人工的なモノなのか?は未だ、明らかにされていない」が、

「中国共産党のウィルス研究所から出た旨、

米国トランプ政権が公言している実態も在るし、

米国CIAが其の複数の証拠を盛っている旨の公言まで付いている」。

「其の事実」が「在る現状」で

「(該当)ウィルスとの共存・共生を大喧伝している日本の公共の電波を使っているテレビ番組等」とは

「まるで、中国共産党等の為の情報配信機関の様なモノ」で

「普通なら、ウィルスとの共存・共生等を大喧伝する前」に

「米国トランプ政権や米国CIAが公言している事が事実では無い事等の証明をする」のが

「当たり前に成り」、

「事実か?否か?の検証上で、事実である事が判った」なら

「ウィルスとの共存・共生を言うのでは無く、中国共産党に対し、責任を追及し補償を求めたりする」のが

「当然に成る」。

「ウィルスとの戦いは、人類皆で力を合わせて」も

「自然発生ウィルスなら合理的にも成る話し」だが、

「自然発生ウィルス」を「人類の敵とするのでは無く、共存・共生すべきモノ等として対応する」のも

「合理的にも成る事に成り」、

「人為的、或いは人工的発生のウィルスが、流失したり、散布されたりした」なら

「其の責任を追及し、応分の補償を要求する」のが

「当たり前の事に成る」。

「当たり前では無い論等の大喧伝等の裏」には

「相応の人脈的利権や思惑等が潜んでいる場合が多い」が

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等」が

「特定人脈の利権の為に使われてしまう事を容認し続ける事」は

「ナチス・ヒトラー等の実例からも、非常に危険な事に成る」のは「既に明らかな事に成る」から

「全面的に禁止し、其の様な実態が在るなら、直にでも是正する、或いは、是正させられなければ成らない事に成る」。

「戦後日本の、選挙も無いから{政権交代}も無い情報・教育界」では

「東西冷戦が終わった後も、未だに、旧東側の人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・」だ。

「其の様な人脈的バックグランド故」に

「中国共産党や北朝鮮等々を{擁護}等する論調の大喧伝等」が

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上や学校教育等上で続けられてしまって来ている」。

「即刻にでも是正する、させるべき実態が其処に露呈している事に成る」』。

『「相変わらずの、

公共の電波を使って、現政権に悪イメージを付け、

反対、もしくは審議拒否野党等を有利にする{政治運動}等」も

「行い続けられている様相でもあった」。

「該当ウィルス問題で病院に行く為の判断でも、

国による目安を

まるで絶対基準であるかの如きイメージで大喧伝等していた」のは

「他ならぬ、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等だった」のに

「其の事に対する謝罪・反省等は何処へやら、国や現政権等ばかりが悪いイメージの論をマタマタ大喧伝等している

厚顔無恥ぶりの露呈」には

「本当に呆れている視聴者等の数もかなり多い筈」だ。

「そもそも、該当ウィルス問題で実害:実益基軸では無く、感染・PCR検査基軸の論で、

実質的には、多くの視聴者・読者等の不安・恐怖心・ストレス等を煽り、

免疫力の低下や、問題行動等が起こり易い状態を創り出して来ている」のも

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態」だ。

「其の謝罪や反省等は何処へやら、国や現政権等ばかりが悪いイメージの大喧伝を行う事で、自らの{罪}を誤魔化そうとしている様」は

「詐欺師の様」で

「本当に、酷く、劣悪に成る」。

「そんなモノ」を

「公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等で、其れこそ、常々見聞きさせられ続けられている状態の多くの人々の中」で

「どんな現象が起こされ易く成っているのか?」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「例えば、実質的には、

自分の事は棚に上げて優等生ぶり正義ぶる事がOkであるばかりか、其れにより利権等も得られている事等を

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等から{教えられ}{学び取らされている}視聴者・読者等が、

{其の真似}をして、{自粛警察}等の問題行動等を起こさせられてしまう事態も

生じている様相」だが

「其処で、マタマタ{自粛警察}自体を問題化し、優等生ぶり、正義ぶる為の道具にしている」のが

「酷い、厚顔無恥状態に在るテレビ・ラジオ等常連出演者等やマスコミ常筆等だったりしていて、

其の負の連鎖的、劣悪劇」に

「呆れている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」なのに

「負の連鎖劇の生みの親であるテレビ・ラジオ・マスコミ等の責任や謝罪や補償等は、全く出て来ていない様な状態に成ってしまっている」。

「該当ウィルス問題でも、

多くの視聴者・読者等の中で不安・恐怖心・ストレス等を生み出させ、免疫力低下・不順状態や問題行動等を生み出させ易くする

部分偏重情動脳向き情報配信等を行うのでは無く、

多くの視聴者・読者等に{幽霊}を怖がらせるのでは無く、{幽霊}の正体の理解・把握を容易にする、

全体像の理解・把握を容易にする情報配信を行う事で

多くの視聴者・読者等の落ち着きと冷静で合理的に成る対応行動の具現化を誘うのが、

健常状態の今時の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事に成る」。

「現状までは、本当に、酷過ぎる状態に成ってしまっているテレビ・ラジオ・マスコミ等が多い」が

「其の裏に在る」のも「選挙も無いから政権交代も無い{政権与党}人脈の問題」等と

「容易に推定出来る事に成る」。

「今までの{罪}ダケでも、十二分に人脈交代が適切に成るレベルだ!」等と

「感じたり、思ったり、している視聴者・読者等の数はかなり多い筈」だ』。

『「該当ウィルスに対する日本国・政府等の対応」は

「相応に合理的なモノに成っている」から「実際に、他の国々と比べても、致死茶数も致死率も低いレベルに収まっている」。

「例えば、

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が大推奨!して来ていた、

喉や鼻の奥からの検体採取によるPCR検査を多数行った国々の致死率は高く成っている」が

「日本は低いレベルで収まっている」。

「其の理由を推定する事は其れ程困難な事では無い」。

「粘膜上でも中でも比較的長時間生き続ける事が出来る該当ウィルスが在る場合もある

喉や鼻の奥の粘膜を削る方法での検体採取を行うなら、

其の部分の細胞面も出易く成り、其処に該当ウィルスが寝具感染し易く成る」のは

「物理的当たり前の現象に成る」。

「粘膜に在り、排出されるダケ状態だった該当ウィルス」の「深部感染の{手助け}を行ってしまった可能性も高い」のが

「喉や鼻の奥からの検体採取によるPCR検査」で

「そんな検査を数多く行えば行う程、重症化し易く成る人々の数も増え、

しかも、症状が出て病院に入院した後も、同様の手段でPCR検査が繰り返される」なら

「益々、重症化し易く成ってしまう」のも「ある意味、当然の現象に成る」。

「ウィルス感染問題」では

「深部・長時間・大量感染を防ぐ事が重要に成る」が

「感染者を集める事は、ウィルス濃度が高い場所を創る事に成り、

其の場所に隔離等して閉じ込める事は長時間感染の助けにも成ってしまう」し

「更に、喉や鼻の奥の粘膜を削るPCR検査が繰り返し行われる」なら

「深部感染の手助けが繰り返し行われている様なモノ」に「成ってしまっている可能性大に成る」。

「其の様な状態に置かれてしまう人々の数」を

「全部が把握し切れる訳の無い封じ込めに失敗した後のクラスター対策」で

「必要重症患者病床数の確保にも繋がっている部分封じ込め策を採る事」により

「少なく抑えて来た」のが「現状までの日本のやり方」だ。

「客観的に考える」なら

「相応に合理的な策が実行された」のに

「其の実体把握が良く出来ないからか?(劣)、

把握出来ているのに政治運動等の為ワザと悪く行っているのか?(悪)状態の

情報配信を行い続けて来ている」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態に成る」。

「劣悪状態の是正が必要に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「全体像把握の方法等は、前の前の記事に記してあるのでご存知では無い方々は其方をご参照願いたい」。

「抗原検査キット・抗体検査キットによる短時間判定を主にした検査・調査等が実用化される時も近い筈」だから

「マスメディアが本来の仕事を行うなら、

市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率と感染も免疫等も無い人率等を大衆周知出来る様に成る時も、

近い事に成る」。

「全体像の理解・把握が容易に成る」なら

「個々の人々のウィルス感染問題への自主的で合理的な対応もより具現化し易く成る」。

「抗体を持っている人々でも再感染もあるウィルスである旨の{脅し」!も未だに、横行している」が

「抗体を持っているなら、再感染しても、無症状や軽症で済む確率が飛躍的に上がる事に成る」のが「事実」だから

「抗体保有には、大いに有効に成る」のが「現実」だ。

「ワクチンも抗体保有の為に摂取する」のだから

「抗体保有をまるで無駄か、無意味であるかの如きイメージで喧伝等するのは、本当に変に成る」が

「感染を大問題化して、不安・恐怖心・ストレス等を煽る為や其の先での現政権に悪イメージを付ける政治運動等の為なら、

合理的に成る喧伝等に成る」。

「もちろん、損な酷く、劣悪な情報配信状態のままで良い訳は無い事に成る」が』。

『「該当ウィルスが中国共産党製で、流失や意図的散布だった場合の対応策」等も

「論じられていて当然に成る」のが

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だが、

「北朝鮮金政権等や中国共産党等と親和性の高い人脈の者たち等が強い実権を保持し続けているままだからか、

其の様な在って当たり前の論等でさえもが、

まるで、日本国内の北朝鮮等による自人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を無い事にしているのと同様に、

圧殺・黙殺状態・・・」だ。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、「総合ウィルス対応指針・機関等でも創れば良いのに」・・・。

『「どんなウィルスでもウィルスに変わりは無い」から「感染方法」や「毒性実体」等も「一定の枠の中に入る事」等は

「容易に推定出来る」。

「ウィルスは基本的に自分では動けず、自分だけでは増える事も出来ない」から

「生き残りの為には、他の生物への感染や人為的培養等が必需に成る」。

「ウィルスの寿命には違いがある」が「通常多くの人間たちが暮らしている環境下では、ウィルスだけでは、其れ程長く無い」。

「もちろん、冷凍保存状態等の場合は別に成る」。

「ウィルスが感染出来る生物には、違いが在る」。

「人間社会内でウィルスが直接問題に成る」のは「人間にも感染する事が出来るウィルス」で

「其の毒性や感染力の強さ等と、問題の深刻さには、相応の相関関係がある事に成る」。

「人間社会で問題に成るウィルス感染問題が発生してしまった場合の対処法」は

「人間世界の科学技術や医療技術や環境技術等々の進歩・進化相応に、其の時代として、ある程度決まっている」。

「どんなウィルス感染問題が起きても、

実害を出来る限り小さくする為に、

其の時代の人間たちが、基本的に行うべき事」は

「既に、決まっている様なモノ」だ。

「先ず必要に成る」のが「ウィルス自体の把握」に「成る」。

「ある問題を起こしているウィルスの把握が出来た」なら

「其の毒性も起きてしまっている問題からある程度知る事が出来る事に成る」。

「一定程度以上高い毒性が在る事が判明した」なら

「最初に採れる実害を増やさない対策」は「封じ込め策」に「成る」。

「ウィルスの感染力や感染方法等も、程無く明らかに成って行く」のは

「元々、ウィルスの感染方法は、幾つかに限定されている様なモノだから」だ。

「他の生物を媒介した感染」や

「空気感染」や

「エアロゾル感染」や

「飛沫感染」や

「接触感染」等々、

「ウィルスが人体に侵入する方法は、実質的に、限られている」。

「あるウィルスの感染問題が発生した」なら

「其のウィルスの感染方法を封じる事」に「実害抑止の実効がある事に成る」。

「他の生物による感染」なら「該当する生物を排除・駆除等する事が合理的に成り」、

「空気感染やエアロゾル感染」なら「大気の清浄化・消毒等が実効がある事に成る」。

「また空間を区切る事も有効に成る」。

「飛沫感染」なら「飛沫を他の人々に浴びせない様にするマスクや、飛沫を浴びない様にするマスク・眼鏡等々」が「実効がある事に成る」。

「接触感染なら、手袋等の使用や、手洗いや、

人体のウィルスの入り口に成っている場合が多い、粘膜部分や其の近くに指や手で触れる事を避ける事等々」が

「実効がある事に成る」。

「飛沫感染も接触感染も人と人との接触を減らしたり、無くしたりする事で防ぐ事も可能に成る」が

「其れは、其のウィルスの毒性や感染問題の実態と人間社会生活等との、バランスの上で判断される事が合理的に成る事でもある」。

「留意すべき」は「髪の毛や顔等、露出している部分」と「衣服・靴等々」で

「其れらの上でもある程度の時間生き残る事が出来るウィルスの場合」は

「例えば、動いた髪の毛・衣服等其れらや、其れらに触れた手や指等からの感染もあり得る事に成る」ので

「全体的に消毒したり、洗ったりする事が合理的に成る」が

「其れは、其のウィルスの毒性や感染力の強さと日常生活維持との、バランスの上で判断される事が合理的に成る事でもある」。

「特効薬的対策」は「ワクチン接種と其のウィルス専用薬に成る」が

「其れらを、新しいウィルスに対して直ちに開発~製造~実用出来る程、現状の人間社会の科学技術力は未だ、進歩・進化出来ていない」ので

「何れも、半年~2年程度の時間が必要に成る場合が多い」。

「比較的早期に実用化出来る」のが「ウィルス検知・抗体検知」で

「ウィルスを検知出来るPCR検査は、既に在る」し「実用化されている」が

「特定のウィルス専用では無い」ので「手間も時間も費用もかかる」のが「実態」だが

「当初は、其れに頼るしか無い」のが「現状人間社会の実態」だ。

「抗原検査キット・抗体検査キット」は「ワクチンや専用治療薬よりもかなり早く実用化出来る」のが

「現状人間世界の実態」なので

「実用化出来次第、より手軽な検査法に切り替える事が合理的に成る」。

「感染防止・抑止のやり方」や

「有効に成るワクチン・治療薬等の実効の高い対策」や

「感染と免疫・抗体等の検査手段」等々は

「既に判っている」のだから

「問題に成っているウィルス」と

「其れらの対策等」の

「最適合点」を「具現化する事」が

「其のウィルス問題の基本的対応法に成る」。

「最適合点を見出す為に必要に成る」のが

「ウィルスの正体究明」と

「感染の実態把握」と

「免疫・抗体等保持の実態把握」に「成る」。

「どんなウィルスの感染問題でも、

基本は皆同じに成る」のだから

「ウィルスの正体究明」で「自然発生なのか?人為的・人工的生産物なのか?等」を

「見極め」、

「其の毒性や感染力・感染手段(自然発生か?否か?でかなり違う場合もある)等」も「見極め」、

「感染の実態把握」で

「封じ込めが可能なのか?否か?」を「見極め」、

「封じ込めが可能なら、先ずは、封じ込め策を!」

「ウィルス感染が工作等人為的なモノだったなら、工作元の解消・撲滅等を!」

「封じ込めに失敗している事が判ったなら、先ずは、感染と免疫・抗体等保持の実態をより正確に把握する事を!」

「着実に実行し、其れを大衆周知する事」で

「多くの人々の冷静で自主的な合理的に成る対応行動等の具現化」を「実現し易くする事」が

「重要に成る事に成る」。

「同時に、ワクチンと専用治療薬等が未だ無いなら、其の開発~製造~実用化を急ぐ事が重要に成り」、

「抗原検査キット・抗体キットの早期実用化により、より現実に近い実態把握を行い、其の結果を判り易く大衆周知する事」が

「重要に成る事に成る」』。

『「新型(とされている)コロナウィルス」の「場合」も

「基本は同じ事に成る」のだから

「其れらを冷静に着実に行えば良いダケ」なのに

「該当ウィルス問題が起きた後の、日本の多くのマスメディア等の対応」は

「感染を大問題化し、させ、PCR検査ばかり・・・を大推奨!」で

「実質的には、

多くの視聴者・読者等に、該当ウィルスに対する不安や恐怖心やストレス等を持たせ、

感染者等への差別や

不安・ストレス故の問題行動等を誘発させたり、

免疫力を落させたり、する情報配信等を行い続けて来ている」。

「しかも、実質的には、其の様なマスメディア等自らが創り出している色合いも濃い差別や問題行動等を

常連出演者等や常筆等がマスメディア上で優等生ぶり、正義ぶり、取り上げ、批判・非難等する事により

現政権や現状の日本社会に対する悪イメージ等を、多くの視聴者・読者等に持たせようとする、

実質的、マインドコントロールを

公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って行い続けて来ている」。

「日本の市中(少なくとも、筆者の周囲)では、

其の様なマスメディア論調にまるで合わせるかの如く、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が旺盛化され続けて来ている」。

「具体的には、

電磁波工作(覗きやターゲット等の監視・粛清等にも使われている。工作電磁波の実態は、以前の記事にも何度か記しているので、ご存知で無い方々は以前の記事をご参照ください)や

飲食物工作(侵入工作とセットの事もある)や

大気工作(該当ウィルスか?否か?は不明だが、付着するとウィルスや細菌の様に増えて来るモノだったり、呼吸の邪魔にも成りそうな化学物質等だったり、している場合が多い)等々の

集団で行っている連続強化型茹でガエル式の実態が露呈している、

戦後日本の現行法・現行の摘発体制では摘発困難な非人道的なスパイ・工作活動等」が

「旺盛化され続けて来ている」。

「該当ウィルス問題より、遥かに深刻な問題が其処に露呈している!」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数もかなり多い筈」だ。

「因みに、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等からは、

北朝鮮金政権等の手下や其の協力者等(国籍{は}日本の場合も多い)の濃厚な臭い」が

「マスメディア等のある意味、異常な情報配信の裏からは、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈等や其の協力者等の濃厚な臭い」が

「漂い続けて来ている」。

「常在戦場で日本乗っ取り支配が実現するまでは、日本に居残り続けろ!等と命令等されている可能性大の

拉致工作等までも行った日本国内に居る北朝鮮等の工作員等や其の子孫等が、

其の後、何のスパイ・工作活動等も行わされていない訳も無く、

其の協力者等の役割りを、

北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈の者たち等は、

以前に何等かのスパイ・工作活動等を手伝ったりしてしまった事等の弱み等を握られていたりする可能性も大だから、

現状では、スパイ・工作活動等の協力等を全く行わされなく成っている、等とは考え辛く、

世代交代までしながら連綿と行われている実態が露呈している」のが

「戦後日本国内に実際に在る、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等の実態」に「成る」。

「摘発対象者が例え、数十万人レベルに成っていても、日本政府・警察・自衛隊等による本気の徹底摘発が強く望まれている」し

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なら、此の重大問題を告発しない事」は「本当に変」だ。

「該当ウィルス問題」でも

「該当ウィルス問題の実体・実態把握を容易にする情報配信等を行っているのでは無く、

感染の大問題化や

喉奥・鼻奥の粘膜を削るが故に該当ウィルスの深部感染の助けをしてしまっている可能性も大きいPCR検査ダケの大推奨!

(ようやく、最近に成って、唾液からの検体採取を言い始めたところもあるが)や

象徴的感染者や感染致死者の大喧伝等々により

多くの視聴者・読者等の不安や恐怖心やストレス等を煽り続けて来ている」のは

「本当に変」だ。

「其の先に、反現政権政治運動まで付いている場合も多い」のは「ある意味、当然の現象に成るのかも知れない」が、

「其れは、政治的偏向性の露呈でもある」等と「感じたり、思ったりしている視聴者・読者等の数もかなり多い筈」だ。

「東京都知事等も、昭和の熱血根性モノでもあるまいし・・・気が弛む・・・等と上から情動塔を煽る事等を言っていないで、

該当ウィルスの実態・実体把握をより容易にする情報配信でもすれば良い」のに・・・。

「前の記事に記した、球体図や市中色分け人型図や信号図」等を

「示し」、

「例えば、其の信号色相応の合理的に成る対応行動は、上記の様なモノの内、コレとコレとコレ・・・等々と

判り易く説明する」なら

「球体図や人型市中図や信号色の経時変化や其の方向性と共に、

合理的に成る対応行動等を冷静に具現化し易く成る人々の数も増える筈」だ。

「独裁政権の民や国は、独裁者・独裁政権等の持ち物かも知れない」が

「自由・民主主義圏の民は、行政首長等の持ち物でも犬でも無い」。

「ハウス!や気が弛む・・・等を言う前に、現状を判り易く伝え、自主的で合理的な対応行動等の具現化を行い易くする」のが

「今時の自由・民主主義圏の行政首長やマスメディア等の本来のやり方の筈」だ。

「マスメディア等主導で行政首長等が決められ、マスメディア等主導で問題に対する対応行動等を強いられる」なら

「マスメディアファシズムの世界に成ってしまい、

其れは、ナチス・ヒトラーの歴史から学ぶなら、絶対に具現化させてはいけない事にも成る」。

「戦後日本の情報・教育界の現状までは、本当に変な事が多過ぎる」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス問題、テレ朝朝番では「未だに、PCR検査の大推奨!」や「理論物理学者等の机上の理想論」等を常連出演者等が公共の電波上で大喧伝等していたが・・・。

『「其れ程遠く無い時期に、抗原検査・抗体検査のキットが出来る」のに「未だに、PCR検査を大推奨!」では「本当に、変」だ。

「しかも、人件費抜きの試薬代ダケを紹介する事」で

「PCR検査は安いイメージ」等まで「多くの視聴者に抱かせようとしていた」り、

「全自動なら手間がかからないし、

全自動の機械でも比較的安価な物も在る(其れでも、ある程度の検体数をこなす事が出来るモデルは何千万円レベル)旨等、喧伝する事」により

「PCR検査は手間も時間もかからないイメージ」等を「多くの視聴者に抱かせようとしていた」り、

等々と、

「まるで、PCR検査の営業マンの如き実態を公共の電波上で露呈していた」のだから

「其の裏に、関連企業株を買っていたり、裏営業手当(お金とは限らないが)等が出ていたり、等々、どんなお金の動き等が在るのか?」等を

「考えさせられたり、感じさせられたり、等々してしまった視聴者等の数も決して少なく無い筈」だ。

「更に、検査数さえ増やすなら、人と人との接触を減らす割り合いも、収拾までの日数も短く成る{筈}!の{机上の理想論}まで付けていた」のだから

「益々、立派な(もちろん、皮肉)PCR検査営業マン等」に「成る」。

「PCR検査関連」で

「まともなニュース(?)は、唾液での検査に切り替える事を医師会が要求し、其の実現も時間の問題と推定出来る事」で

「検体採取場所を唾液へと切り替える事」により

「検査を受ける人々の、該当ウィルスの深部感染を助けてしまうリスクも減り」、

「検体を採取する医師等の感染リスクも減る」のだから

「唾液への切り替えは即刻にでも具現化する、させるべき事」に「成る」。

「何れにしても、既に、ウィルス自体の特定は済み、封じ込めに失敗している該当ウィルスに対して、

PCR検査による感染検知とは、

小魚を切るのにナタを使っている様なモノ」で

「抗原検査・抗体検査のキットが出来た」なら

「主としてそちらを使う事が適切に成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「理論物理学者の{机上の理想論}」とは

「封じ込めが可能な状態」なら「実態も伴い易く成る論」に「成り易く成る論に他ならない」が

「封じ込めが失敗している該当ウィルスに対しては、余り意味の無い論でもある」。

「其れは、例えば、倍数の検査や四倍数の検査や全数検査等を実行するなら、どれ程の隔離必要者が生まれるのか?」等を

「考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「現状までの日本の該当ウィルス対策の実体」は

「部分クラスター追いによる部分封じ込め策」で

「其れにより、実害を1~2割程度抑える事により、医療現場の余裕を生み出す策に成っている」。

「幸いな事に、昨年から今年の冬は、インフルエンザの流行が小さかったので、其の分の医療現場のゆとりも手伝い、

該当ウィルスによる実害が現状までは、世界の他の多くの国々と比べても少ないレベルに抑えられ続けて来ている」。

「其の様な部分封じ込め対策上で生み出されている数字をベース」に

「検査数を何倍に増やすなら、収拾までは・・・等と机上で計算等する」なら

「該当理論物理学者と同様の計算結果が得られる事に成る」が

「其れをそのまま具現化すれば良い状態に成っている程、該当ウィルス問題が単純では無い事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「感染ダケを重大に捉え、偏重して論等を組み立てている状態」とは

「地球を取り巻いている天体として、良く判る太陽と月ダケを偏重し、天動説を導き出し易い状態の様なモノ」で

「該当ウィルス問題でも重要に成る」のは

「全体像の理解・把握に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「封じ込めに失敗しているウィルスの対策」では

「感染ダケの大問題化~感染検知検査の大推奨等では無く、

市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率の理解・把握が極めて重要に成る」。

「封じ込めに失敗したウィルスの問題を終息させる為には、

全人類の7~8割が其のウィルスに対する免疫・抗体等を保持出来ている必要があるから」だ。

「免疫・抗体等を保持する為」には「ワクチン接種が大いに有効に成る」が

「該当ウィルスに対するワクチンは未だ、其の実用化が出来ていない」。

「現状では、該当ウィルスへの感染~快復により該当ウィルスに対する免疫・抗体等を保持する方法しか、実質的には無い」のが

「実態」だ。

「此処で、感染ダケを大問題化し、感染しているなら直に隔離!とやる」と

「感染しても大丈夫な人々が免疫・抗体等を保持出来る{実益}を大きく損ねる事に成る」。

「結果、終息も、ワクチン頼りに成る」。

「ワクチンが出来、大いに実用化されるまでは、該当ウィルス問題を大きく引き摺り続ける、続けさせる、やり方」が

「其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルスの場合、感染の実態もかなり判って来ている」。

「唾液でのウィルス量が喉より5倍も多い事の裏」には

「人体の内から外への遺物排出の流れが在る」と「推定出来る」し

「大声を出し汗もかく場合も多い、閉じた空間、ライブハウス」や

「口呼吸に成る程身体を動かす場合も多く、汗もかく、閉じた空間、スポーツジム」での

「クラスター発生が多く」、

「人と人との距離は近い場合も多いが、対面した話しはほとんど無い、汗も其れ程書かない場合が多いパチンコ店では、

クラスター発生が報告されていない」事等や、

「日本の東北地方での感染研知者が少ない」のも

「其の地域の人々の、口を余り明けない、言葉数少ない、話し方等と大きな関連性が在る可能性が大きい事」や

「暖かい地方での感染も少ない」のは

「暖かいと免疫も良く働き易く成る人体の特徴と、暖かい湿気のあるところは苦手なウィルスの特徴の組み合わせによる実態と

推定出来る事」等々、

「ある意味、当たり前の実態が露呈している事に成る」が

「其れは、封じ込めに失敗しているウィルスの対策法等を構築する為に重要に成る全体像把握の為にも有益に成る、

惑星情報的事でもある」。

「抗原検査による市中感染率{調査}と

抗体検査による市中抗体保持者率{調査}が行われ、其の結果が大衆周知される」なら

「感染者という星」と

「免疫・抗体等保持者という星」と

「感染も免疫等も無い人々という星」の

「大きさの関係が判る事に成る」。

「其れら三つの星の大きさや力関係を経時変化と共に描く」なら

「誰もが、該当ウィルス問題の現況を理解・把握し易く成る」と「共」に

「其の時、其の場所で適切に成る行動等の具現化も{自主的に}起こし易く成る」。

「免疫・抗体等保持者という星」が「太陽の如く大きく育ち」、

「其の周り」を

「感染も免疫も無い人々という少々大きい星」や

「感染者という小さな星」が

「周る様に成っている状態」が

「該当ウィルス問題の終息状態」に「成る」が

「感染者という星が太陽の様に大きく成ってしまい」、

「其の周りを感染も免疫も無い人々という中くらいの星が周り」、

「免疫・抗体等保持者という星が、小さい状態」が「続いてしまう」と

「大きな犠牲も其の他の実害も出てしまう事に成る」。

「感染も免疫等も無い人々が太陽の如く大きな状態」とは

「該当ウィルス発生前の状態に他ならない」が

「其処に、先ず、感染者の星が生まれてしまい、中国武漢等で大きく育ち、其の後、欧米等でも大きく育ち」、

「其の後を追う様に、免疫等保持者がそれぞれの地域生まれ、其の星の大きさを少しずつ大きくし続けて来ている」のが

「該当ウィルス問題の今までの実態」だ。

「其れは、地域ごとにも描ける図に他ならない」から

「例えば、日本の現状まで~今後の経時変化を図にする事」は

「必要デーに成る市中感染率と市中免疫・抗体等保持者率が判るなら、

其れこそ、直にでも図に出来る人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「それぞれの球の力関係」を「球の大きさ」と「引力的」に「表現すれば、力関係が直感的に判り易く成る」。

「更に、一つ一つの星星を、それぞれ其の大きさの分の人型のモデルにでもして色付け、

其れを市中を象徴する図等の中に存在させるなら、

其の地域の市中の状態等が、より実感を持って判り易く成る」。

例えば、

「感染も免疫等も無い人」は「黄色」、

「感染者」は「赤色」、

「免疫・抗体等保持者」は「緑色、もしくは青色」にして

「例えば、全体で100人でも千人でもをそれぞれの割り合いで振り分け、

市中を意味する長方形等のバックグランドの上に散りばめて表現する」と「共」に

「色を合計して、信号の様に、危険度が高い赤色より~橙色~黄色~黄緑~緑等として表現する」なら

「其れを視た誰もが直感的に、其の時、其の場所の該当ウィルス問題の状態等を理解・把握し易く成る」。

「天体図的な全体像」と

「三色の人型モデルの市中図と人型の色を合算した信号的色図」を

「例えば、テレビ画面やマスコミ紙上等々で、毎日、経時変化と共に知る事が出来る」なら

「誰もが、該当ウィルス問題の今と、向かっている方向性」等を

「直にでも理解・把握出来る様に成る事に成る」。

「上から言われて、嫌々にでも自粛行動等や店閉め等や在宅勤務等々を行い続ける、行わせ続けさせられる状態」と

「誰もがウィルス問題の実態・実体把握が容易に出来るが故に、自主的に適切に成る対応行動等を具現化し易く成る状態」の

「どちらが、21世紀の自由・民主主義圏の実態として適切に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「誰かに頼れ~!」や

「何処何処の誰々はリーダーとして良いゾ~!(其れなのに、日本の現政権等は何だ~!)等々の政治運動」等を

「公共の電波を使って行っている暇が有る」なら

「今時の日本のマスメディア等として情報配信すべき内実」が「其処に露呈している事に成る」。

「感染を重大問題化して感染者ダケを減らし、無くして行く事」は

「封じ込めが可能なら、正解に成る」が

「封じ込めに失敗している該当ウィルス等に対して」では

「季節の移り変わりと共に、第二波・第三波が襲い掛かって来た時の脆弱性をより高める策に成ってしまう事に成る」。

「大量の自国民の犠牲者まで出す事を厭わず、多くの中国人に該当ウィルスの免疫・抗体等を持たせる策を採った

該当ウィルスの発生源である可能性大の中国共産党の覇権掌握工作等を手伝ったりしているのでは無い」なら

「日本国内の該当ウィルスに対する脆弱性を低くする策等を提案等していて当然に成る」。

「今までの日本の部分封じ込め策」は

「医療崩壊を防ぎながら、免疫・抗体等保持者率も上げる要素も低く無い、

ある意味、日本の現状で出来る苦肉の事前の策の様なモノに成っている」。

「下手に、

鼻や喉の奥の粘膜を削る検体採取法を使っているが故に該当ウィルスの深部感染の助けに成ってしまっている可能性の高い、

医療従事者の感染リスクも負担も大きい、

時間も手間も費用もかかる、

PCR検査を大々的に行わなかった事」が

「効を奏して来ていた裏」では

「免疫・抗体等保持者割り合いも、増え続けて来ている」のが

「日本のマスメディア等による評判は、異常な程、悪い、

日本の該当ウィルス対策の実態・実体に成る」。

「選挙も無い、戦後の日本の情報・教育界等では、

未だに、旧東側の臭いが濃厚な、北朝鮮労働党等のオトモダチ政党人脈や朝鮮系や中国共産党系等の者たち等が

政権与党状態のまま・・・」だから

「現政権等のやる事を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等する事で、現政権等に悪イメージを付け、

テレビ・ラジオ・マスコミ等実権者等や学校等実権者等のお仲間、

北朝鮮労働党等のオトモダチ人脈等も未だ多々居る、反対、もしくは、審議拒否野党等を

少しでも有利にする、政治運動等」を

「公共の電波や公共レベルのマスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「実態・実体に成っている様相が其処に露呈している事に成る」。

「該当ウィルス問題も、其の為のダシとして使われている場合も多い」ので

「本来なら、在るべき情報配信内実等も希薄にされてしまい続けて来ている様相でもある」。

「もちろん、そんな状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「該当ウィルスの判っている略歴」は

「遅くとも、昨年11月には、中国共産党支配下の中国武漢辺りに在り、

其の{中国共産党お墨付きの}特定が行われたのが昨年12月」で

「程なく、武漢での感染爆発~封鎖等の大騒ぎに成った」。

「欧米諸国での感染爆発は、其の後」だから

「欧米発のウィルスという中国共産党の主張には説得力が無く、

米国CIAが複数の証拠を既に持っているという、中国共産党のウィルス研究所発のウィルスである可能性が非常に大きい事に成る」。

「自然発生ウィルスでは無い実態が露呈している事に成る」から

「製造物責任が問われて当然」で

「其の補償と再発防止策の具現化」が

「該当ウィルス問題収拾の為には必需に成る」。

「補償ダケで済ませる」なら「其れこそ、天文学的な金額を中国共産党が支払わなければ成らない事に成り」、

「補償と再発防止策のセット」なら「現実的な金額による補償と、中国の民主化による再発防止」が

「適切に成る」。

「中国は早々に、幾つかの国々に分かれてでも良いから民主化するべき」だ。

「一党独裁支配体制は、21世紀の人間社会には古過ぎる」。

「中国共産党と同様の事を行っていて何の不思議も無い」のが

「北朝鮮金政権等に成る」が

「金正恩が、中国共産党による該当ウィルス対策を大称賛!とは、

其の独裁政権同士のお手盛りぶり」に

「もはや、呆れている世界中の人々の数もかなり多い筈」だ。

「独裁政権の酷いところ」は「非人道的な事でも行ったり、行わせたり、出来てしまう事」で

「其れは、科学技術も物質文明製品等も大いに進歩・進化している、21世紀の人間社会には在っては成らないモノでもある」。

「自由・民主主義圏の国々は、非人道的なスパイ・工作活動等は余程、合理的に成る場合以外では行わないが、

独裁支配圏の国々は、非人道的なスパイ・工作活動等を主たる実践手段として選択している実態も露呈している」。

「本来は、裏に在る抑え的モノを主にせざるを得ない程、表では負けているのが、実態に成っている」が

「裏を主にし続けている限り、表では永遠の負け組で、其の様な{お荷物}が、今時~の人間世界でどれ程の間存続出来るのか?」等は

「冷静に少し考える」なら「其れこそ、世界中の何処の誰でもが判る事に成る」。

「早々に、非人道的なスパイ・工作活動等や時代遅れの兵器(核兵器も含む)等は完全放棄し、

其の分につぎ込み続けて来ている資源・納涼等を表の世界で使うべき」だ。

「転換し、再生への道を歩む」も

「非人道的なスパイ・工作活動等を主にしたまま滅亡して行く」も

「独裁政権国と其の国の民や其の協力者等の判断と意志次第」だが

「どちらが自虐的に成らない事に成るのか?」等は「もはや、論を待たない事に成る」。

「日本の実態として、筆者の周りでも、筆者に対して、でも、未だに、

非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等が強化され続けている」。

「日本政府・警察・自衛隊等々が、本気で徹底摘発せざるを得なく成る時が、其れ程遠く無いレベルにまで、

強化され続けて来ている」。

「大事上での完全敗北を知るまで行い続けるなら、本当におバカで超自虐的に成る」のだから

「未だに、非人道的な集団連続強化型茹でガエル式スパイ・工作活動等を行っていたり、其の協力等をしていたりする者たち等」は

「早々に、歩んでいる道を変えておくべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

«テレ朝朝番では「未だに、PCR検査や強いリーダー等の大推奨!や韓国等の対応賛美!状態」等だったが・・・。