「池袋の酷い自動車事故問題」等を使って被害者遺族インタビュー等まで利用して「高齢者免許返納キャンペーン」等を行っている様相のテレビ番組が多いが・・・。

『「該当、池袋自動車事故の真相解明は未だ」だ。「加害車両運転者の言っている事が真実」ならば、

「アクセルべダルとブレーキペダルの踏み間違いの可能性は低い」と

「強く推定出来る」のは

「加害車両運転者」が「アクセルが戻らなかったので、ブレーキを何度も踏んだが止まら無かった」と

「戻らなかったアクセルペダルとは別のペダルを踏んだ認識を述べていた事」等からも

「明らかになる」。

「その様な状態が具現化する場合を考える」なら

「例えば、金縛り状態が其れに非常に近い事になる」。

「つまり、頭は起きていて自由に動いていた」が

「身体は寝ていたまま・・・で、頭の命令を聞かない状態」だ。

「報道にあったドライブレコーダーに残っていた会話内容」等からも

「どうしちゃったんだろう・・・」等の旨「述べていた加害車両運転者の実態」からも

「金縛り状態が強く推定される」。

「そうだとするなら、金縛り状態の原因は何か?」

「加害車両運転者の身体状態(病気・怪我等)故か?」

「加害車両が通った道路近辺や周辺車両や加害車両自体から発生させられていた工作電磁波故か?」

「・・・その辺りの徹底検証も含めた真相解明」が

「今、激烈に求められている」。

「上記の様な深層解明に関する実態が在る現状」で

「被害者遺族へのインタビューを行ったマスコミ等や其れを公共の電波上で大喧伝等したテレビ等」には

「明らかな恣意性等を感じる」のは

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「更に、被害者遺族インタビュー」等を

「高齢者運転免許返納キャンペーン」にまで「使っている実態を露呈しているテレビ番組まで在る」。

「明らかに変な臭い」が「その辺りにも充満している」が

「其れも、工作電磁波の存在を圧殺・黙殺等させる為の情報工作等と考える」なら、

「極めて合理的に成る事に成る」』。

『「実際に、車運転者でもある筆者の実感」では

「高齢運転者であるか否かは問わず、

運転能力不足者に強く望みたい」のは

「最新の実効のある緊急自動ブレーキ等々の安全増備が付いている車への意識的かつ積極的な乗り換え」だ。

「そして、運転環境面で強く望みたい」のは

「他の車や道路周辺からも発生させられている工作電磁波の徹底排除」だ。

「運転者としての筆者の実感」では

「高齢運転者が悪戯に免許返納して自転車に乗られる方が遥かに怖く、嫌に感じる」。

「体幹筋力の衰えた高齢者が運転しているアブナイ自転車の恐さ」は

「自転車が増えた後、かなり多く実感している」。

「車の運転では、筋力を補ってくれるパワステや急ブレーキ補助等の装備が付いている車も多い」ので

「注意・判断等さえ十分なら意外と大丈夫な高齢者も多い筈」で

「其れは、例えば、若年層と高齢者の事故割り合い等からも強く推定出来るある種の真実だと考えられる」。

「しかし、自転車の場合は、二輪でバランスと取り続ける必要がある」ので

「体幹を含む筋力が運転能力と大きな関わりを持つ事になる」。

「ちょっとした段差でフラ付き、場合によっては転倒してしまう可能性もある自転車」を

「常に、意識しながら運転しなければならないケース」が

「高齢者免許返納塔により増える事」は

「多くの自動車運転者にとって決して歓迎出来る事では無い筈」だ。

「現状のテレビ等の論調」は「明らかに、車運転現場の実態からかけな慣れている」等と

「言わざるを得ず、其処には、明らかな恣意性等が感じられる」。

「運転能力不足者には、悪戯な免許返納や車の代わりの自転車等より、より高度な安全装備の付いた車への乗り換え」を

「強く推奨するべき」だ。

「同様の感を持っている自動車運転者は数多い筈」だ。

「該当事故のテレビ・マスコミ等に利用されている様相の被害者遺族」は

「自動車運転免許を持つ自動車運転仕事・常用等実用者なのだろうか???」』

『「もし、本当の事故の原因」が

「工作電磁波による加害車両運転者の金縛り状態の誘発等だった場合」は

「被害者遺族が加害車両運転者に厳罰を望む事も酷い話し等に成ってしまう」のだから

「マスコミ等にインタビュー等をせがまれても、先ずは、真相解明を訴える」のが

「正道に成る」。

「正道を逸脱していない自信等が持てない場合」は

「インタビュー拒否でも良い筈」だ。

「マスコミインタビュー等に応じるより、

認めざるを得ない現実を認める為の精神心理的作業を他の邪魔無く、或いは、良心的・合理的な支援を得ながら、行える環境を得る事の方」が

「大切な筈」だ。

「被害者遺族を利用して、悪戯なきゃぺーんを行っている様相のテレビ・マスコミ等の実態」は

「本当に、酷く、劣悪に成り、

もし、其れが、工作電磁波の存在を隠す為の情報工作等だったなら、

断じて許されてはいけないレベルの重大悪事に成る」。

「その辺りも含めた真相の実態解明」が

「今、激烈に求められている」』。

『「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報」や

「楽興教育」等には「明らかに変なところが少なからず在る」。

「例えば、北朝鮮による日本国内の工作活動等についても、

長い間、ずっと、実質的に、無い事にされて来ていた」。

「日本国民拉致問題が言われる様に成っても、

日韓併合時の朝鮮人に対する強制連行等の方が遥かに酷い旨等が

平然と喧伝され続けていた」。

「日韓併合時や朝鮮戦争時等に自主的に日本に渡来した多くの朝鮮人までもが

強制連行されて来た可哀そうで支援や援助等をしなければならない人々等として

言われ続けて来ていた」。

「ネット普及前の実質的、情報統制が利いていた時代」の

「戦後日本の情報・教育等の異常さの裏」には

「明らかに、朝鮮の濃厚な臭いが漂っている」。

「拉致工作を行った者たちやその協力者等」が

「その後、北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等を行わされていない訳も無い」。

「では、現状までに、日本国内で、どの様なスパイ・工作活動等を行い続けて来ているのか?」

「その辺りも探究して、告発・報道等するのが本来の日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の筈」だが

「未だに、親朝鮮ぶりを堂々とでは無くても、大いに温存したままの報道・情報配信状態」なのだから

「その様な実態を露呈し続けて来ている裏に在る者・物:事等」は

「少し、冷静に、考えるなら、其れこそ、何処の誰にでも、相応に理解・把握出来る事の筈」だ。

「北朝鮮等直接ばかりでは無くても、北朝鮮労働党等のオトモダチや忠実な協力者等の臭い」が

「其処に、充満し続けて来ている」が

「政界とは違い、選挙も無い情報・教育界では、未だに、その人脈が与党状態」だ。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「丸ごと一人レベルの年齢論の本」等が売れているらしいが・・・。

『「人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる」が「生きている人間の実態」は

「今、この瞬間にも細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群」という

「科学レベルで判明している実体」を「十分に利用していない年齢論等の実態」は

「私、こう思っていますから、

皆さんも、こう思えば良い、

そうすれば、自分の思いを支持してくれる人々による

自己承認欲求の代償欲求の追及が上手く行っている状態を感じる事等による

精神心理上の覚醒剤的利権も印税等と共に得られるから・・・」的な

「ある意味、お気の毒な実態露呈になってしまっている様相」で

「この手の有名人(?)商売で集金している出版社等の実態もまた、

ある意味、お気の毒な実態露呈状態になってしまっている様相」なのが

「筆者等が受けた素直な感等」に「他ならない」。

「今時の年齢論等」なら

「細胞レベルに達していて当然」で

「年齢の本質を探究し、その実態を紹介する事」等により、

「多くの読者等の意識上で、

年齢の実体との整合性が高い、

それぞれの人々の年齢感や思い等」を

「構築し易くする事」により

「それぞれの人々の精神構造(自己制御ロジック)の健常進歩・正常進化の助けになる様にする事」こそが

「今時、激烈に求められている必要レベルに達している、健常な情報配信等の仕事に成る」。

「現状まで適応の優等生等が

現状適応優等生であったが故に得られて来ている

他の者からの支持・賛美等や

多目の報酬等や

有名人利権や立場・権力等という

代償欲求追及上の精神心理的覚醒剤{利権}にも成り得ている者・物・事等を

得続けて来ている上で得られている感・考え・思い等に対する

正当化感等を、更に強くすべく、

他の者・物・事等を利用した自己確認行為等を行う事により、

実質的には、他者支配」を「試み」、

「其れに従う、

自己健常制御より、他の者・物・事等による被支配で自己を操っている状態の多くの人々」が

「亡者の列を作っている様相」は

「ある意味、本当に{この世の終わり}の象徴的状態でもある」。

「他者支配側も、他者による被支配側も、

主として、自己健常制御を優先出来る状態を得る事抜き」に

「健常な人間世界の構築は出来得ない」のだから

「他者支配に明け暮れている人々」も

「他者による被支配に明け暮れている人々」お

「いい加減に、自らの精神構造(自己制御ロジック)の健常化・正常化の実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき時」は

「とっくの昔に来ている」が

「戦後日本の情報・教育等が余りにも酷く、

現状までの世界中何処の国での人間社会も比べっこ強いで、人々の精神構造の健常成長を阻害状態」だから

「該当年齢論本等の実態もまた、{この世の終わり}の象徴実態としては、ある意味、当然の状態なのかも知れない」が

「その様な状態」等を「放置しままで、良い訳は無い事」等は、

「こんな状態のまま・・・なら、人類滅亡の時が急速に迫って来るダケになってしまう」から、

「極めて当然の事になる」。

「{この世の終わり}の後に本格始動する事になる健常な新世界」に

「出来る限り多くの人々が、出来る限り犠牲も出さずに、軟着陸する事が出来る様にする事」への

「役立つ実効のある情報・教育」が

「今時、激烈に求められている」のだから

「本等を書き出版する方も、本等を売る方も、もっと、もっと、本質と快適を探究する実務」を

「意識的かつ積極的に行うべき」だ』。

『「現状までの、所謂、文系の優等生の実態」は「天動説優等生みたいなモノ」だから

「今時、重用するに値しない」。

「今時に必要なのは、所謂、文系でも、地動説レベルの情報配信であり教育に、既に、成っている」。

「例え、この今時の人類に求められている現実」に対する「理解・把握や意識の有無」等が

「誰かから、直接、問われている事等が無くても!」』

『「では、細胞レベルで年齢を実態把握してみる」なら

「どの様な実体が露呈して来るのだろうか?」

「今、この瞬間にも、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している生きている人間」の

「今、生まれたばかりの細胞の生年齢は、もちろん、0歳に成る」し

「今、死んだばかりの細胞の生年齢は、もはや、無い」。

「0歳と死体が同居しているのが、生きている人間の実態」だ。

「精神心理学上で」なら「無意識の底に在る、生の本能と死の本能」とでも「表現すべき実態が其処に在る」。

「細胞レベルで命の連続性を検証する」なら

「既に、その繋がりは、地球上の生命発生時まで至っている事」が「科学レベルで判明している」。

「今生きている人間誰もの命の連続性は、地球上で生命が発生した時から」であり

「其れは、何十何億年(正確な年月等は、未だ、検証中だが、何十何億年レベルである事は既に、科学レベルで判明している)にもなる」。

「其の細胞レベルの命の連続性による年齢」は「今生きている、どの人間でも、他の生物でも、全く同じ年齢になる」。

「その中の狭義の自分の発生は、

精子と卵子が一緒に成っ瞬間に成り、

その父とも、母とも違う人類一個体としての別人間の発生から、

細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら、存続し付けて来ている」のが

「今、生きている全ての人間の実態に成る」。

「細胞レベルの命の連続性による年齢」は「人類誰もも同じで、何十何億何千何百何十何万何千何百何十何年」に「成り」、

「狭義の自分個体の細胞群命連続性年齢」は

「現状で世間一般に使われている年齢(丸ごと一人年齢)より、多くの場合、9~10ヵ月程度長い事になる」。

「更に、丸ごと一人レベルだけの年齢観上」では「誕生も丸ごと一人扱い」で

「まるで、人間は丸ごと一人一瞬にして死ぬとしていた丸ごと一人レベルダケの死生観と同様」に

「母体から出てへその緒を切断された途端、或いは、息をし始めた途端等に、その人は産まれたとしている」が

「実際のお産」は「多くの場合、数時間レベルの時間がかかっている」。

「もちろん、その間にも、産まれて来ている赤ちゃんも細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している」。

(「余談になる」が

「占星術等の分離統計学的占い等の場合」は

「その辺りの実状を反映させて、産まれた時間によっては、一日前を誕生日にした方」が

「的中率が高くなる場合が多い様」だ。)

「誕生・死が細胞レベルの実現象である事等を、科学レベルで判明させる事が出来る前」は

「丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがる、人の意識そのまま」に

「誕生・死も、年齢も捉えようとしていた上」に

「多くの個々の人々」は

「其れを基にして、人生観・死生観等をつくり出していた」。

「その様な人間たちの集団的合意等の下で、人間社会・経済システム等がつくられ、実用されて来ている」。

「しかし、その実体・実態離れ」が「かなり、激しい事」は

「誕生・死の実態からも明らか」だ。

「丸ごと一人レベルだけ」では

「今、この瞬間にも、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが実体験している死」さえも

「恐れる事」等が「容易に出来てしまう」。

「その恐れを和らげる為に、多くの人間が同意出来る考え・思いによる納得法等が求められ、実用されて来ている」が

「もちろん、どんなに考え・思いによる納得法等を高度に構築しても、現実とは違う実態認識が基」なので

「現実離れが是正される訳も無く、実際に、問題が解決する事も無い」。

「死自体に対する恐怖心等からの解放」は

「誕生・死が、生きている人間なら、世界中の何処の誰でもが、今、この瞬間にも、実体験している、細胞レベルの実現象である事」等を

「意識上で、理解・把握する事」等により「実現する」。

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に自ら実用する事」で「実現する」。

「死の恐怖から解放された」なら「どう生きるか?」が「重要問題になる場合が多い筈」だ。

「他の問題でも、現実との整合性の悪さを解消して、実解決して行く実務」が

「人類に望まれている事」等は

「少し考えるなら、世界中の何処の誰もが気づける事の筈」だ。

「どう生きるのか?」で「道を誤らない為の重大なヒント」は

「所謂、文系、精神構造・精神文化側でも、科学レベルで判明している実体や事実・現実を自ら意識的かつ積極的に自ら実用する事」だ。

「細胞レベルを科学レベルで理解・把握等していて当然の今時の人間の筈」なのに

「其れを自ら実用せず、丸ごと一人レベルの意識だけに基づいた、天動説レベルの、どう生きるか?論」等では

「ある意味、本当に、情けない事に成る」。

「天動説」とは、

「自分を中心にした理解・把握から得られる感・考え・思い等を圧倒的主軸にして、

星や月や太陽の動きや地球との関係等を説明しようとした論」だった。

「自分を中心にする事よりも、星や月や太陽の動きや地球との関係等の実体・実態を圧倒的主軸にして説明した地動説」の

「方」が

「圧倒的に分り易く、実態把握もし易い」のは

「天動説で自分を中心にしている論者」は

「その論を見聞きする他の人にとって、

元々、自分の中心では無いから、

その人の中心にする事等は、

非常に厄介で、余分なモノになるから」でもある。

「天動説レベルの年齢論や死生観論、人生観論等々」も「同様になる」し

「天動説レベルの人間社会・経済システム等々」も「同様になる」』。

『「細胞の命の連続性からはっきり判る事」は

「丸ごと一人レベルの年齢が、例えば、60歳で同じであっても、

100年前の60歳と今の60歳では、年齢自体も違う事」だ。

「細胞の命の連続性としての年齢、何十何億何千何百何十何万何千何百何十何年かの内、100年の差が其処に実在している」。

「例えば、

今生きている1959年産まれの2019年現状60歳」の「年齢」とは

「1959年より、多くの場合、9~10ヵ月程前に、その細胞群個体としての狭義の自分が発生した、

難十何億何千何百万何千何百何十何歳の細胞レベルの命の連続性の年齢を持つ

1959年-多くの場合、9~10ヵ月の狭義の自分細胞群個体年齢を持つ

今この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続し、生年齢0歳細胞と生年齢が既に無い死体細胞も持つ、

何十兆もの多様な年齢細胞群に成っている」のが

「既に、科学レベルで判明している現実」だ。

「生きている人間の年齢」にも「多様性が在る」が

「人間(動物)の意識」は「丸ごと一人(一個体)レベルに単純化して、捉えたがり、理解・把握したがり、考え・思い・感じたがる」。

「しかし、丸ごと一人の死生観」と「同様の年齢論等」では

「現実離れが激し過ぎる事に成る」。

「人間社会・経済システム等でも事態は同様」だ。

「年齢で言う」なら「丸ごと一人レベルの年齢観ダケでは、例えば、年齢差別等もしがちに成り易い」が

「実体・実態通りの区別や差別なら、合理的になる」が

「年齢で実体や実態が決まっている訳では無い」から

「年齢差別等による処理・対処等」は「往々にして、トラブルの基に成り易い」。

「自動車事故問題でも、問われるべき、区別・差別等されるべきは、運転・判断能力等であり、年齢では無い」。

「仕事でも、恋愛等でも、問われるべきは、能力実態や相性実態等であり、

年齢でも無ければ、学歴等やルックスや収入等々の{上辺の肩書等}では無い」。

「丸ごと一人レベルだけの死生観・人生観上で、比べっこに甘んじる」と

「本質的には自虐になる不要な差別を行った上での不当利権等が基となり、数多くの自虐的判断が誘われがちになる」。

「其れは、例えば、現状までの、戦後日本のテレビ・芸能界等の、

戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)教育の優等生(=有益分子化成功者)や

ご用達ルックス概念等大衆植え付け後のルックス差別錠の優秀者や

血統相続特待生等の過剰偏重等」が

「実質的に、もたらしている、人間社会への悪影響等からも良く判る」。

「未だに、丸ごと一人の死生観・人生観等を基にした殺傷ドラマ、いじめドラマ等々ばかり・・・を配信していてどうする!」

「細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している人間の実態を意識的かつ積極的に実用する」なら

「殺さなくても、殺したい人間の中で細胞ごとの死は起こっているのだから、殺すべきモノの実体を探究し、

殺すべき、思想や行動等々を殺すドラマ等々が在って当然になる」。

「殺傷方やいじめ方や逮捕方や逮捕され方や言い訳・言い逃れ方等々を、

特定極一部の者たちばかりを主扱いする事による有名人化者覚えと共に{学習}させられている

多くの視聴者等の中から」も、

「まるで、二時間ドラマの様な犯罪を行ってしまう者や、

重用され続けて来ている有名人同様化を狙ったSNS悪用問題動画炎上等の問題行動を行う者等々」が、

「ある意味、必然的に生じてしまう事」等は「極めて、当然の現象になる」。

「現実離れしている単純化」は「無理を生み、無理が不要なトラブル等の元に成る事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「現実離れを是正し、無理を減らして行く事」が

「所謂、文系側にも激烈に求められている」。

「殺すべきモノの実体を探究する」なら「丸ごと一人レベルの殺傷やいじめ等を殺すのが当然になる」。

「その実現方法も既に明らか」で

「科学レベルで既に、判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に自ら実用する事」等により、

「被害者に成ってしまいそうな側も、加害者に成ってしまいそうな側も、自らの精神構造(自己制御ロジック)を

健常進歩・正常進化させる事が出来る為に必要になる{上書き情報・教育}等を提供する事に成る」。

「細胞レベルで現実との整合性を高めた人間社会・経済システム等を実用する」なら

「人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体の快適存続の実現が容易に成っていて当然」で

「世界平和も当たり前に成る」。

「新世界の実態」が

「既に、其処に露呈している事に成る」』。

『「現状経済システム上の経済優等生等でも、

現実離れが激しい、所謂、文系教育等の優等生等でも、

テレビ常連出演者等有名人利権優等生等でも、そう」だが、

「特定個人等をどんなに偏重・優遇等しても、

人類誰もの広義の自分である、地球生命体細胞群の快適存続の役に立つ事」等は「ほぼ確実にあり得無い」。

「むしろ、

同様に、偏重・優遇等されたがる人々や、

偏重・優遇状態にある人々に依存状態に陥る人々や、

不公平・不平等感等を募らせる人々」等が

「増えてしまう場合が遥かに多い実態が露呈し続けて来ている」。

「世界平和とは真逆の方向に力が加わっている実態が其処に露呈している」が

「現状優等生たち等」は「現状故の利権追及等に忙しく、その是正さえ行おうとしていない場合が多い」。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈している」。

「{天動説}優等生」等では「現実として、地球生命体細胞群の快適存続の役に立つ十分な仕事が出来る訳も無い」から

「偏重し続けたり、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「出版社やテレビ・ラジオ局等の起用側」も

「何時までも、有名人化~集金等に明け暮れている場合では無い」。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其れは、他の者・物・事による被支配に狭義の自分を預け過ぎている人々でも同様」だ。

「人類誰もの広義の自分には狭義の自分ももちろん入っている」が

「その快適存続の為に仕事をする」のが

「今時の人類の当たり前」で

「未だに、現状までの人間社会・経済システム上での利権等を追及し続けている」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち等の実態に成る」。

「他者支配や他者による被支配」より

「自己健常支配の継続」だ。

「その為に有益になる情報・教育等を行わなくてどうする!!」』

|

テレ朝朝番では「維新議員に対する言葉狩り{解釈指導}」や「反体制派俳優擁護」等を常連出演者等が公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「言葉狩りされた維新議員の発言内容」は「褒められたモノでは無い」が「その{解釈指導}を公共の電波を使って行う事」は

「更に、酷く、劣悪な事になる」。

「公共の電波を使った偏向政治運動や大衆誘導等等の様」は

「以前から顕著」だが

「その是正」は「未だ、未だ未だ」の「実態が露呈している」。

「テレビ界の実権者人脈や常連出演者内実等自体を大きく改めさせなければ、

偏向・偏重状態等の是正も進みそうも無い様相」が

「露呈し続けている」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「テレビ・映画・マスコミ界等で重用されて来ている

反体制派を自主宣告している

俳優」が

「総理大臣役起用された映画政策時」に

「重用されている者による強い希望により、原作とは違う総理大臣キャラを映画に盛り込んだ」。

「反体制派を自主宣告している者とその賛同者等による

映画を使った実質的、政治運動等の実態」が

「其処に露呈している」。

「その様な実態を知った人々」が

「ネット上等で、当然の批判・非難等を発信している事」は

「極めて、当然の、言論の自由在る社会では、ある意味、健常な現象に他ならない」が

「其れに対して、現状までの公共の電波上で重用され続けて来ている、

所謂、左翼(内実、親朝鮮等)の実態を露呈し続けて来ている、

常連出演者等」が

「ネット発信側の同等扱い出演無き状態であるが故に反論も封じさせた状態で、

上から目線の実質的、{解釈指導}等を

公共の電波を使って一方的に行った事」等は

「まるで、独裁圏の言論統制に必要な{大衆(=下々)指導}と同様」の

「酷く、劣悪で、醜悪な実態になる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」。

「是正法は簡単」で

「ネット上の発信者等もその場に招き、常連出演者等と同等の立場・発言権等を与えた上で、

テレビ常連出演者等の主張も言えば良い」。

「そして、多くの視聴者等が、

問題の本質等を理解・把握し易く成る様に、

探究する」なら

「其れが、例え政治運動等であったとしても、相応の公平性がある民意反映状態に成る」。

「現状は、民意反映無き、一方的{指導}状態であり、その事による大衆マインドコントロール、大衆誘導状態に他ならない」。

「ナチス・ヒトラー問題から学んでいるなら、絶対に行ってはいけない、行わせてはいけない状態が其処に露呈し続けて来ている」。

「重ねて記す」が、

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「言葉狩りされた維新議員の発言内容」は

「確かに、褒められたモノでは無かった」。

「戦争を言う」なら

「先の大戦末期、日本の敗戦が極めて濃厚になり、日本が終戦工作に動いていた頃、

突然、日ソ中立不可侵条約を一方的に破り、

火事場泥棒的に北方領土を侵略したソ連の戦争の正当性の有無等を言うべき」だった。

「その上で、北方領土を取り返す為に、日本が同様の事をするのは可か?否か?を聞けば良かった」。

「同様の手段を否とした上では、どの様な手段で北方領土を取り返せるのか?」を

「模索等すれば良かった」。

「客観的に考えるなら、世界中の何処の国の人々」でも

「旧ソ連のやり方には、ズルさ等を感じる筈」だ。

「そして、ズルやインチキの排除・是正」が「今のトレンドに他ならない」。

「特定人脈の常連出演者等ばかりを主とした一方的{指導}もズルやインチキに成る」。

「改憲派の議員に対する言葉狩りは旺盛でも、

護憲派の議員に対する言葉狩りには極めて不熱心」なのが

「現状の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「護憲派の言葉狩りは、行おうとするなら、簡単」で

「例えば、憲法を何十年も変えさせない事を是とする発言内容自体」を

「言葉狩り」して

「日本の法制度の進歩・進化の邪魔をし続けている!」等と

「大喧伝等する事」は

「非常に容易な事」であり

「テレビ・ラジオ・マスコミ等がやる気になるなら、何時でも出来る事」だ。

「完全完成品でも無い限り、時代相応に進歩・進化させるのが、

物質文明製品にしても、精神文化製品にしても、当たり前の必然」なのだから

「燃費も性能も今時基準では圧倒的に悪くなっている車に乗り続けろ!」と「強いているに等しい」、

「実態離れした憲法を使い続けろ!強い」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等から、責められてこそ当然」であり

「賞賛・賛美・正義イメージ等を持たされ、それを喧伝等される事が相応しい事では断じて無い」。

「当たり前の事」だが

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)教育の優等生(=有益分子化成功者)等や

行ってしまうとアッという間に負けで終わるから戦争ダケは絶対に困る北朝鮮金政権等の手下等やその協力者等にとって」は、

「この当たり前の事を黙殺・圧殺等させ続ける事が合理的と考え・思い・信じられる事になる」のだろう。

「何れにしても、今時基準では、明らかに、性能が悪い製品(物質文明製品でも、精神文化製品でも)から

より性能の良い製品(同上)への更新は必需」だから

「必然的に、旧態維持派の数は、減り続けて来ている」。

「戦後日本の所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等による一方的{指導}や

大衆マインドコントロールや大衆誘導等が無ければ、

とっくの昔に、改憲も実現していて当然に成る」。

「散々、邪魔して来ている者たちの責任が追及される事」は「然るべき事に成る」。

「未だに、過分な立場・報酬・権力等が持てている」のは

「選挙も無いから、民意反映も不十分だからに他ならない」。

「急に選挙制を導入させる事等は、困難かも知れない」が

「民意を十分に反映させる様に是正させる事」等は

「民意次第で可能になる」。

「特定極一部の者たちばかりが、常連出演者で主扱い、

特定極一部の者たち等に都合の良い論等ばかりが、主扱い」という

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の異常事態の是正」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本のテレビ・ラジオ界や映画界や芸能界等で重用されているモノ」は

「その実権者人脈にとって都合の良いモノである場合が多い」。

「その辺りの実状を十分に理解・把握した上で、

作品内容等も吟味して、

お金を落すべきか?否か?等も

判断した方が、

自虐事態を避け易く成る」。

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏向状態であるが故」、

「選挙も無いから、未だ、民意反映も不十分であるが故」の

「面倒」が「其処に露呈している」が

「面倒を避けて、ズルい、インチキ状態の者・物・事の集金・集権行為等を支援する自虐」は

「厳に慎むべき事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では、常連出演者等が「社会・共産主義の宣伝」等を行っていた様相だったが・・・。

『「現状のテレビ界」は「戦後日本の左翼教育の優等生(=有益分子化成功者)と血統相続特待生」等で「溢れている」。

「そんな者たちの言う論等」が「左翼偏向状態に成ってる事」は「ある意味、当然の現象でもある」。

「何しろ、所謂、東側、社会・共産主義と表看板を上げている国々等を、

表看板通りに社会・共産主義と言って紹介等し続けて来ている」のだから

「その現実離れぶり」は

「かなりのモノになる」。

「言うまでも無く、所謂、東側の社会・共産主義の国々の実体」は

「社会・共産思想をダシにした独裁政権に他ならない」。

「日本の中で、社会・共産主義とは名ばかりの独裁主義」を

「社会・共産主義と喧伝等している者たち等の多く」は

「戦後日本の左翼(内実、親朝鮮等)情報・教育により実質的に操られている者たち等」に「他ならない」。

「北朝鮮を、全日本国民に、朝鮮民主主義人民共和国と言わせ続けさせようとしていた者たち等の裏」には

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党等の臭いが濃厚に漂っている」。

「政治体制としては、独裁政治体制に他ならない国々を実体通りに紹介する」なら

「独裁国」等が「適切になる事」は「言うまでも無い事」だ。

「例えば、南米の国々でも、例え、選挙の結果であっても、独裁国を是とした、させられた多くのその国の人々の裏には、

何があったのか?を抜きに、

上辺の現象だけで、独裁国を社会・共産主義国等と賛美喧伝等している者たち等」からは

「独裁国人脈の臭いが濃厚に漂って来る」』。

『「戦後日本の左翼教育上」では

「資本主義の後に、社会主義、その後に、共産主義の時代が来る」と

「教え」、

「資本主義より社会主義の方が、社会主義より共産主義の方がより進歩的な社会制度である旨教えていた事さえもあった」が

「もちろん、其処で言われていた社会主義も共産主義も独裁国のモノとは全く別のモノの筈」だが

「其処は、教えられていなかった場合も多かった筈」だ。

「所謂、東側の国々の社会制度の方が西側の国々の社会制度より進歩的であるかの如きイメージ」や

「日本の政党でも、社会等や共産党への支持こそが進歩的であるかの如き考え・思い」等を

「多くの生徒に持たせようとしていた様相の学校教育を良く覚えた優等生たち等」が

「現状のテレビ界等で重用されている」のが「実態」だ。

「名ばかり社会・共産主義、実態は裁国」は

「名ばかり社会・共産主義、実態は独裁国」として「実体通りに紹介し、

「本当の社会・共産主義とは?」等の「情報も付け足す」のが

「良心的な情報配信内容になる」』。

『「では、何故、現状までに、社会・共産主義を掲げて来ている国々は、独裁政権になってしまっているのか?」

「旧ソ連にしても、

他の社会共産主義を掲げている国々にしても、

元々は支配権争い」だ。

「本来の社会・共産主義は支配権争い上に在るモノでは無く、

自己健常支配の継続が当然に成っている人間集団が過剰生産・使用等の無駄を合理的に無くす為に、

個々の民意の集大成として成り立つモノ」だ。

「他者支配と他者による被支配を基本構造とする独裁体制上には、

個々の人々の自己健常支配の継続がベースになる社会・共産主義等が成り立つ訳も無い」。

「個々の人々の自由を保障している自由・資本主義体制の方」が

「独裁体制の国々等より遥かに、本当の社会・共産主義に近い構造を持っている」のが

「現実」だ。

「この重要な現実を多くの視聴者等に見逃させない為」にも

「名ばかり社会・共産主義、実態は独裁国の国々等」を

「名ばかりの方ダケで紹介等し、実体離れした良いイメージ等を付ける事」等は

「厳に慎むべき事になる」。

「それなのに、中国共産党や北朝鮮等が喜びそうな、社会・共産主義国論」等を

「日本の公共の電波上で喧伝」し、

「その反面」で、

「米国が南米の国々をかき回している旨論」等を

「付け足し、反自由・資本主義や反米感情等を煽っていた様相だった」のだから

「その実質的、大衆誘導の目的」が

「何処の誰の為に成っているのか?」等は

「冷静に、少し考えるなら、多くの視聴者等の頭の中でも、直に、明らかになる事になる」』。

『「中国共産党や北朝鮮金政権等の都合に沿う、考え・思い等」で

「多くの視聴者の頭の中を染め上げたい様相のテレビ常連出演者等からは、

中国共産党や北朝鮮金政権等の手下等やその協力者等の強烈な臭いが漂って来る」。

「自由・民主主義圏の日本の公共の電波上」で

「中国共産党や北朝鮮金政権等ご用達論」や

「其れを喧伝等する常連出演者」等が

「主であり続けていて良い訳も無い」。

「その民意離れぶり」等は、

「独裁体制」と「自由・民主主義体制」の「どちらが良いか?」を

「多くの視聴者に聞けば、直に、判る事」だ。

「ここで、独裁体制を、社会・共産体制という実態とは全く別の美辞麗句に替えるインチキやズル」は

「行っても、行わせても、いけない事になる」。

「スパイ・工作活動等が得意な独裁体制国系の者たち等」なら

「積極的に行いたくなる情報工作が其処に在る」。

「現状まで民意離れが激しい戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦日本の左翼(内実、親朝鮮等)教育の優等生」も

「血統相続特待生」も

「常人である場合が多い多くの視聴者とは違う、異物感等が在る者たちになる」ので

「常人向けの見世物としては、人寄せパンダ的効果が得られ易いモノになる」。

「しかし、其処に、政治・社会問題等に対するご用達論の大喧伝公然化等付き」と「成ってしまっている」と

「常人の大衆民意とは程遠い論等による、実質的、大衆誘導効果等が生まれてしまい易い」。

「人寄せパンダ見世物役等を主とした政治・社会問題論等の一方的大量配信」等では、

「多くの視聴者等本来の判断等が捻じ曲げられ易くなってしまう事になる」。

「その実態」は「例えば、民主党政権への政権交代事態等からも、明らか」だ。

「日本国・多くの日本国民に、実質的、自虐選択をさせた情報配信等の責任」は

「非常に重大」だが

「十分に責任を取った常連出演者等や番組制作者等は、果たして、何人いるのだろうか???」

「選挙のある政界」では

「民意が反映され、日本国・多く日本国民にとって自虐度の高い状態は、当然の如く、是正されている」。

「政党・政治家は、責任を取らされ、民主党はもはや無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、未だに、旧態依然としたままで、

未だに、社会等~民主党~立憲民主党等の人脈の者たち等が与党実権者状態」だ。

「そして、未だに、

上記の様な、

多くの視聴者に、

実質的に誤解や

実態離れした誤った認識等を元にした誤った判断等を

もたせてしまう可能性も大きい、

問題のある情報配信等を行っている」。

「もちろん、言うまでも無く、こんな状態の是正が急務である事」は

「言うまでも無い事になる」』。

『「本当の社会・共産体制の人間社会等」は

「個の自立と健常支配の継続の先に在る」。

「他者支配・他者による被支配の独裁体制」は

「独裁支配体制であり、断じて、社会・共産体制では無い」。

「個々が自由でありながら、自己健常支配を継続している事により、

人間集団としての物理的無駄等も合理的に大いに削減出来る様になる」のが

「社会主義」であり

「その先に在る、共有までをも、多くの者・物・事間で、健常可能にする事による、更なる高効率化の実現」が

「共産主義」になる。

「個の自由が保障され、個の自立も、自己健常支配も、誘われ易くなっている分だけ、

自由・民主主義体制の方が、

独裁体制より

社会・共産体制に近い」のが「現実」だ。

「社会・共産宗教で、多くの人民を染め上げる事により、支配権を得ている独裁者や独裁政権等」の

「実態」が「酷く、ズルく、インチキ等が蔓延っている場合が多い」のは

「ある意味、極めて当然の現象になる」。

「独裁では、社会・共産主義は実現し得無い事を誤魔化し続けようとしても、

何れは、バレる事になる」。

「出来る限り、その時期を遅らせる為」に

「酷さ、ズルさ、インチキ等を山ほど使っている」のが

「独裁者・独裁政権等の現状」で

「その利権共同体同士が、共依存の関係を築いている」が

「本当の事がバレるなら、中から是正される様に成って行く事になる」ので

「情報統制・情報教育支配状態の維持に躍起になっている」のが

「独裁者・独裁政権の実態」だ。

「しかし、自由・民主主義圏の日本国内」で

「独裁者・独裁政権ご用達論等を喧伝等する」と

「上記の様に、その酷さ等も、直に、情報配信される事になる」。

「近未来において、

永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを少しでも小さくしたい」なら

「常連出演者等も、即刻にでも、言動内容等を是正するべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「実質的、反トランプ政権論」等を公共の電波上で一方的に喧伝等していたが・・・。

『「憲法国民投票を前にした広告」について「政権側がより多くの資金等を得ていて使えるから不公平等の旨」喧伝等していた

「常連出演者等」は

「日頃から、日本の公共の電波上で、~民主党~立憲民主党等の為になる論」等を

「宣伝料を払っていないどころか、出演料まで貰いながら、実質的、広告喧伝等行い続けて来ている者」でもある。

「選挙も無いから、民意反映も、実権者人脈の交代も、

不十分な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「未だに、北朝鮮労働党のオトモダチ、旧社会党系の者たち等が与党状態である場合が多い」。

「そして、その立場から、政治・社会問題等々に対して、ご都合論等を一方的に大量配信し続けている事」等により、

「多くの視聴者・読者等を実質的にマインドコントロールしようとし続けて来ている実態が露呈している」。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「トランプ政権論」にしても、

「反トランプ派の者たちばかりを主扱い」では

「公平・公正な情報配信とは言えない」。

「反トランプ派とトランプ政権支持派の両方を支持率相応に扱っていてこそ、

現状を反映した公平で公正な情報配信内容になる」。

「その上で、それぞれの派の論の内実を、客観的に検証等して行く」なら

「事の本質を探究する情報配信に成り得る事になる」。

「公共の電波や公共的マスコミ等を使った情報の一方的大量配信」なら

「在って当然」の

「多くの視聴者・読者等をイメージ操作等により大衆誘導したナチス・ヒトラーと同様の悪事を防止する為」の

当たり前の状態」が「其処に在る」』。

『「合法移民と不法移民」の「区別さえ」も「言わない、移民容認すべきでしょ!論」の

「インチキ」も

「中国共産党が行い続けて来ている、

技術移転の強制や

ご都合経済為替政策や

賄賂等により変わる中国企業等に対する扱いや環境対策」等々の

「インチキ」も

「人間世界から排除されて然るべきインチキ」に

「他ならない」。

「中東情勢問題」には

「キリスト教や聖書等」の「大きな影響がある」。

「聖書にしるされている、

イスラエル周辺で起きるとされている最終戦争の後に新世界が築かれる旨の預言」を

「本気で信じている人々が多数居る裏」には

「今までの聖書預言の非常に高い的中率が在る」。

「現状までの多くの人類の精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化の進歩・進化の流れ」等からも

「同様の預言等をつくり出す事は十分に可能」だから

「古の時代に居た精神構造・精神文化に精通したいた賢人たち」が

「その進歩・進化の方向性から、預言をつくり出す事」も

「十分に可能だった筈」で

「更に、その預言を信じて、その通りに実現させるべく動く人々が数多く居続けて来ている」なら

「その、非常に高い的中率も、ある意味、当然になる」。

「何れにしても、現状までの自虐度の高い人間社会・経済システム等を終わらせる、つまり、この世を終わらせる為」には

「多くの人類が納得出来る為の重大事態が在った方が合理的にも成り得る」から

「新たな自虐度の低い人間世界を実現させる為に、重大事態を意図的に引き起こそうという動きが、

意識の有無を問わず、出現する事」等もまた

「ある意味、当然なのかも知れない」。

「この辺りの自虐性から抜け出す為」には

「多くの人類の精神構造(自己制御ロジック)と其れに基づく人間社会の精神文化」を

「情報・教育等を健常進歩・正常進化させる事」等により

「意識的かつ積極的に、健常進歩・正常進化させる事」等が

「非常に有効性が高い事になる」のだから

「実質的、反対野党等やそのオトモダチ反日国等々の為の政治運動等を行っている暇がある」なら

「行うべき事は別にある!!!」と

「声を大にして言いたくなる視聴者・読者等も数多い筈」だ。

「不法移民まで認める移民のインチキが利す」のは

「不法移民を安い労働力として使う悪徳企業やその経営者・株主等」になる。

「中国共産党支配下の安い労働力に飛びついた経営者・株主」等も「同様の事」だ。

「その裏でインチキ故の不利益を被り続けて来ている」のが

「元々のその仕事を行い続けて来ていた、その国の中の正当な労働者等になる」。

「インチキはダメ!」を「全面展開している様相」の

「トランプ政権の支持率が相応に高い」のは

「この意味からも、極めて当然の現象になる」。

「中国共産党支配下の中国」が

「支配下の中国人民を為替操作等により安い労働力として使い続けたり、

技術強制移転や知的財産権を守らない」等々の

「インチキ抜き」で、

「現状の様な経済大国化している」なら

「現状のトランプ政権の言う貿易不均衡問題等も、ある意味、身から出た錆でしょ・・・の世界でもある事になる」が

「実際は、インチキのテンコ盛り状態」だから

「経済大国化しても尚、インチキを続けるのはダメでしょ!!」が

「極めて当たり前になる」。

「米国への不法移民はダメ!」も

「インチキはダメ!」で「極めて当たり前」だ。

「インチキテンコ盛り」は

「北朝鮮金政権等もそのオトモダチが牛耳り続けて来ている戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々も同様」で

「散々、極悪事を積み重ねて来ているから、

核・ミサイル武装までした上に、

主として、日韓内等他国内でのスパイ・工作活動等まで行い続ける事等により、

正当な摘発等を逃れ続けて来ている」ばかりか

「保身と利権増大までも、図り続けて来ている

北朝鮮金政権等の超インチキテンコ盛り」を

「例えば、日本国内の北朝鮮によるスパイ・工作活動等を告発し徹底摘発等を訴えたりする

テレビ・ラジオ・マスコミ等としての健常仕事は何処へやら、

日本国内の北朝鮮によるスパイ・工作活動等については、北朝鮮金政権自らが認めた拉致のホンの一部以外は、

黙殺・圧殺状態」等というのが「北朝鮮金政権等のオトモダチ人脈等の実態」だ。

「もちろん、こんな状態の是正が急務である事」は「言うまでも無い事になる」』。

『「インチキで没落??させられた日米の元々の労働者等」の

「復権・回復・快復等々」と「反対」に

「昨今、インチキが益々バレて没落傾向が日々高まり続けて来ている」のが

「インチキで利権を得続けて来ている

北朝鮮金政権等やそのオトモダチ等や、

中国共産党や、

不法移民悪用者や其れに基づく利権を得ていた者たち等や不法移民自身等々」に、

「どんどん健常変化して来ている」。

「人間は、自らが興味を持っている事を口にし易い」ので

「没落」を「言った常連出演者等」は

「自らの没落」に

「意識の有無を問わず、強い興味が生じ、故に、公共の電波上で日頃の口優等生ぶりからはほど遠い、

没落という侮蔑的な言語を選択し、

思わず、口にしてしまっていた」のだろう。

「その没落ぶり」等が「露呈させているところ」に

「現状の実態が現れている」。

「何れにしても、何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主扱い状態」は

「即刻にでも、是正する、させられるべき状態に他ならない」。

「多種多様な人脈からテレビ・ラジオ等出演者や公共レベルマスコミ常筆等を出現させる」なら

「人脈に拘っている部分が強いが故に酷くなっている様相の現状」を

「是正する事」は「非常に容易になる」。

「例えば、

トランプ政権反対派ばかり・・・では無く、

同時に、トランプ政権支持派を出演させる事くらい、簡単な筈」だ。

「反安倍政権派だけでは無く、

同時に、安倍政権支持派も出す事くらい、簡単な筈」だ。

「反原発派ばかりでは無く、

同時に、原発賛成派も出す事くらい、簡単な筈」だ。

「それらを十分に行って来ていないところ」にも

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等のインチキが露呈している」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「本日のフジ」では

「公共の電波上で、北朝鮮は日韓を分割統治するつもり・・・等の旨」を

「公言した者」が

「出演していた」。

「民主党政権人事以降のNHK」では、

「ゲイノウ人の起用割り合いが非常に高く成り続けて来ている」。

「ゲイノウ人が公共の電波上で起用される事」は、

「実質的に、自らの有名人利権を増大させる仕事上のメリット増大に直結している」のだから

「本来なら、出演料を払わずに、宣伝料を取るべき」なのが

「視聴者から強制集金しているNHKのあるべき状態」だ。

「払っている出演料が民放基準では安いからいいでしょ!」等は

「ゲイノウ人側の言い分に成る」。

「宣伝料を払わなくては起用されないならゲイノウ人は出ない」なら

「視聴料を払っている一般市民から出演者を公募等すれば良い」。

「そうするなら、

戦後日本の芸能界等も、テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界同様の人脈状態に成っている

(何しろ、起用するテレビ・ラジオ・マスコミ側が、金を与えるべき者たち等を実質的に選べてきているのだから!)」から

「一般市民が出演して言う事とゲイノウ人等が出演して言い続けて来ている事の差等も良く判る様になる筈」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

 

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が「米中貿易摩擦等をダシに、{お手盛り経済論}」等を公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「現状経済システムという船から別の船に乗り換えたいが、別の船を知らない、分らない等の旨」を

「現状で精神文化側の仕事をしている者」が「言う事の実体」は

「その者が十分な仕事が出来ていない事の露呈」に「他ならない」。

「時空の坩堝に落ちて行く泥船の実態を露呈している現状人間社会・経済システム上の利権等に溺れながら、

現状人間社会・経済システム等より高性能な人間社会・経済システム等を見出す事」は

「ヤク中毒者がヤクを抜かずに、ヤクに代わるモノを求めても分らない」のと「同様の事」に

「他ならない」。

「先ずは、現状人間社会・経済システムから自らの頭脳等を離れさせて」、

「一体、現状の多くの人々は、何を求め、何に経済的価値を付けているのか?」や

「現状人間社会・経済システムとは、どういうモノか?」等々を

「探究する」なら

「時空の坩堝に呑まれ粉々になり消え去る必然性を持っている現状人間社会・経済システム等」とは

「全く別」の

「時空の流れに乗れる、性能の良い、人類がつくり出す精神文化製品である、人間社会・経済システム等の構築も可能になる」。

「そのリーダーシップ的情報配信・教育等を行っているべき立場に在る」のが

「現状で情報・教育界等で仕事をしている者たち」であり

「与えられている立場・報酬・権力等」は

「その仕事の出来次第であって然るべき」に「成る」。

「大枠を極低レベルに抑え続けている上で成り立っている立場・報酬・権力等の実体」は

「人類滅亡方向に力を加える事をより容易にしている自虐行等に成る」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「現状人間社会・経済システム上の金権利権という覚醒剤中毒患者化していない人間」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でも解る事」だが

「現状の多くの人間が与えている経済的価値の実体」は

「それぞれの人々の死生観・人生観や考え・思い・感じ等上に生み出されている

天動説的状態のモノ」に「他ならない」。

「逆から言う」なら

「多くの人々の死生観・人生観や考え・思い・感じ等を支配・コントロール等する」なら

「経済的価値も支配・コントロール等出来てしまうレベルのモノという事」だ。

「其処に在るのは、人間の精神構造や人間社会の精神文化に基づいた、相対的な経済価値」であり

「科学レベルで判明させる事が出来ている人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取り続ける事で、

絶対的経済価値に近づいて行く、

未来永劫存続可能になる経済価値等では無い」。

「天動説的、宗教的、経済価値や、それに基づいた経済システム等」を

「地動説的、科学的、経済価値や、それに基づいた経済システム等」に

「正常進化させる事」は

「今時の人類の必要重大責務に他ならず、

その為に有益になる情報配信や学校教育等を行っていて当然の立場に在る

現状で精神文化側の仕事をしている者たち等が

未だに、現状人間社会・経済システム等上の覚醒剤的金権利権等を自らの下に集め続ける事に奔走し続けている様相等を

公共の電波や公共的マスコミ等を使った公然化させようとしている

酷く、劣悪な状態」は

「即刻にでも止める、止めさせられるべき事に成る」』。

『「では、人類誰もの自分の実体」は

「一体、何を行い続けて来ているのだろうか?」

「人類誰もの自分の実体が地球生命体細胞群とも表現出来る細胞群である事」と

「個々の生きている人類が、その中の、生きている瞬間に、誕生・死を繰り返しながら、存続している何十兆もの細胞群である事」は

「以前から、何度も記して来ている」し

「それは、既に、科学レベルで判明している実態でもある」。

「広義の自分の歴史を振り返る」なら

「未だ、脳も無い時代」には

「本能任せで、存続を図り続けて来ている」。

「より早い動きや、より多様な環境での適応を目指して来た結果、

動物化する個体もつくり出し、

脳を持つ事による個体行動の行動合理性向上を得て、

更なる、脳の進化へと進むに連れ、

本能レベルからより遠くなって来ている脳内指令部により、

個体行動等の本能離れも起こって来ている」。

「その実態は、大脳新皮質が発達している人類で、特に顕著」だ。

「大脳新皮質内での人間の意識」は

「ある意味、必然的に、

天動説的に成り易く、

本能離れし易い」。

「その結果として、

広義の自分の根本的目的がその存続である本能レベルとの一貫性が取れているなら見失う訳も無い現実さえも、

ないがしろにし、自らの意識上の考え・思い・感じ等だけを、天動説的に偏重した、

自分の本能レベルの実態とは大いなる齟齬を生む自虐行動等さえも

平然と行い続ける事等が出来てしまって来ている」。

「戦争の歴史と言われている通り、自虐行動テンコ盛り状態の先で生まれている」のが

「現状人間社会・経済システム等の実態」で

「現状人間社会・経済システム等自体も、天動説的で、自虐性が高い事」は

「武力世界大戦後の経済世界大戦状態がもたらして来ている格差増大状態や環境破壊問題等々からも

冷静に少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが、非常に良く判る事」に「他ならない」。

「天動説レベルの現状人間社会・経済システム自体」や、

「その中で、如何に上手く、狭義の自分の下等に、利権等を集めるか?等々」を

「良く、学習させられ、良く覚えている、現状優等生等」や

「既に、現状人間社会・経済システム等上での多大利権の収集に成功していた親等からの相続優等生等」が

「自らを重用等する、させる事等を公然化させ続けようとしている実態」は

「本当に、醜悪で劣悪」だが

「金権覚醒剤や現実逃避受け皿産業等や戦争・スパイ・工作活動等脅し、不適応分子粛清策や

有益分子製造工作等々の

更なる自虐業の積み重ねにより、

多くの人間たちをボ~とさせ続けて来ている事」等により

「この本当に、醜悪で劣悪な実態の是正も、遅々として進んで来ていない」。

「その裏で、急速に進めて来ている事」は

「人類滅亡の時と、この世の終わりの時を近づけて来ている事」に

「成ってしまっているのに!!」』

『「現状テレビ・ラジオ・マスコミ界上で重用されている

近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態を露呈し続けている

本質的には、非常に、迷惑な者たち等」が

「自らの実体に気づき、態度を正常化・健常化する時は、何時だろうか???」

「自主是正が出来ないなら、強制的にでも、降ろすべき実態が其処に在る」が

「それでも、金権や現状利権等を盾に抗い続けようとするのだろうか?」

「余りにも、是正が遅い」なら

「少々、人類滅亡の時やこの世の終わりの時が先送りされても」、

「地球消滅等の規模での{リセット}」が「実現してしまう事になる」のだから

「代々話等に現実逃避しても無駄になる」。

「ウルトラ迷惑者たち等」は

「何時まで、多くの人類の精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化の

献上進歩・正常進化を邪魔し続けるのだろうか?」』

『「多くの、個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)が健常進歩・正常進化する」なら、

「経済的価値が与えられる者・物・事等も必然的に変わる事になる」。

「多くの、個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)が健常進歩・健常進化する」なら

「必然的に、その集大成である人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化する事になる」。

「より人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的との整合性が高い精神文化製品として

人間社会・経済システム等も健常是正される事になる」。

「今までのこの世は終わり、

新たな自虐度の低い新世界が構築される事になり、

人類滅亡も避けられ、環境問題の解決も容易に成って行く事になる」。

「新たな世界への軟着陸の為」にも

「今時の情報・教育界が行うべき事」は

「既に、はっきりしている」。

「本能レベルからの整合性さえも取れていない、

上辺の大脳新皮質上での優等生等のつもりの者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い、ばかりか、そんな事をし続けているなら、

人類滅亡の時が急速に迫って来てしまう事になる」。

「それは、過剰相続利権優等生等でも全く同じ事」だ。

「人類の世代交代も個の保存では無く、種の保存」だ。

「科学レベルで整合性が取れている法律」なら

「個の保存に基づいている過剰な相続等を認め続けている事自体異常になる」。

「この面からも、天動説レベルの法や人間社会・経済システム等を

地動説レベルに健常進歩・正常進化させる事の必要・重要性等」は

「多くの人間が実感出来る事の筈」だ。

「金権覚醒剤商売等を行い続けて来ている者たち等」が

「ヤク商売等を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等し続けて来ていても、

ヤク商売自体もヤク中毒者等も激減して来ていない」が

「他の者・物・事支配/被支配を軸から自己健常支配を軸への転換を誘う情報・教育」や

「人間社会・経済システム等の健常化・正常化を誘う情報・教育を行い続ける」なら

「必然的に、他の者・物・事等依存者は激減し、

格差等も是正され易くなり、

環境問題等も解決し易くなる」。

「根本的自虐を避けるのが当然に成る」なら

「人間世界では世界平和が当たり前になる」。

「本能レベルからの整合性さえ満足に取れていない大脳新皮質上の考え・思い・感じ等の偏重が得意な

優等生等のつもりの自虐者たち等」の

「迷惑」と

「その迷惑を理解・把握等出来ずに、悪戯に、迷惑増大方向に力が加わる事を容認している、させられている人々」の

「自虐」は

「何時、無く成るのだろうか?」

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「本当に、急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「金属玉、中間平ら・中間上り下り坂二種の凹棒内転がし映像を使った、ご用達理系・文系論」等を常連出演者等が公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「同じ金属球」を「いっぺんに、中間平らと中間上り下り坂の二種の凹棒スタート下り坂から転がす」と

「上り下り坂がある方が、速度が高い状態での移動時間が長くなる」ので

「反対側の折り返し坂にも早く付き、スタート地点にも早く戻る現象の映像」を

「見たとき」、

「理系の人々」は

「ある程度の重さを持つ金属球であり、

転がり抵抗なので摩擦によるエネルギー熱化も少なく、

位置エネルギーを速度エネルギーに変換する為のポテンシャルが高い状態を与えられているから、当然」等々と

「言ったり」して、

「文系の人々」は

「まるで、人生の様で、上り下りがある方がより鍛えられるので、強くなる」とか

「上り下りがある方が早く終わる、つまり、寿命も短い」等々と

「言ったり」する「現象」が「露呈させている」のは

「それぞれの人々の精神構造の一部に他ならない」。

「其処」から

「現状の文系の人々の精神構造の未熟さが良く露呈している事が判る」が

「本来なら、その様な精神構造問題を言えていて当然なのが、

現状では文系と言われている、精神文化側の高等教育を受けた人間たち」に「成る」。

(「現状では、精神文化側の教育が例え、高等教育とされているモノでも、所謂、文学的状態なので、

精神文化側とも表現されず、文系と表現した方が、

より実態との整合性が高い状態で多くの人々に理解・把握され易い状態に成ってしまっている事」も

「露呈している」。)

「理系側の解釈」は

「本質探究から導き出されている物理の法則通り」で

「どちらが良いも無い」。

「平で摩擦も少なければ、坂から転がり落ちた金属球は等速運動状態を保ち易い」から

「その様な現象を利用する事で、より合理的な機械等の設計~製造~使用が出来る場合に活かせば良い

一つの実証実験材料等にも成っている事になり」、

「上り下り坂を付ける事でより速度が高い状態をつくり出したい場合なら、

そちらの一つの実証実験材料から得られている知見等を活用する事が合理的になる」。

「物質文明側」では、

「実際に、多種多様な物事等に対して、科学レベルでの本質探究とその結果の実用が行われて来ている」ので

「現状でも、人類が持つ物質文明製品は、かなりのモノに成っている」。

「其れに対して、精神文化側はどうか?」

「未だに、両者を比べっこして、自らが既に覚えている人生観や死生観等を被せ、

考え・思い・感じ上で得られて来た結果を

伝達しているダケ」だから

「其れを活用しようとする」と

「共感を基に、同様の感や思いを持った者たち同士で、仲間意識等を増大させる」等の

「常道脳よりのコミュニケーションツール等として実用したりする、

云わば、宗教レベル、同好会レベルの事等々に、出来るのがセイゼイ・・・」だ。

「物質文明側の様」に、

「本質探究の結果を蓄積した構築度の向上等がほとんど望めない状態が其処に露呈している」。

「コレでは、

今後も益々高度に構築されて行く、

より性能の高い物質文明製品を

安全に自虐的に成らずに、実用し続けるに必要十分な精神構造・精神文化等が

構築出来る訳も無い」。

「精神文化側の情報・教育等を物質文明側並み以上に、健常進歩・正常進化させる必要性」が

「其処に露呈している」。

「せっかく、上記の様な内容を、オモシロ可笑しく大衆周知出来る材料にも成り得るネタを使っていて」も

「現状の文系を公然化する様な事に使っている様」では

「公共の電波使用が、本当に、勿体無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「そもそも、日頃から、多種共存!とか、多様性が大切!等々と

優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等し続けて来ているテレビ常連出演者等の

多様性の無さは、本当に異常」だ。

「何処の局でも、同様の顔、同様の論ばかりが主扱い・・・という

戦後日本のテレビ・ラジオ界や公共的マスコミ界等の異常状態の是正」は

「本当に重大な急務に既に、成っている」。

「雑学遊びや有名人遊びや殺傷ドラマ遊び等々で、多くの視聴者・読者等の頭の中を染め上げ続けている内」は

「多くの視聴者・読者等の精神構造(自己制御ロジック)等も旧態依然としたままに成り易い」から

「其れを基にした集利権等も行い続け易くなる」が

「其れでは、人類誰もの自分の実体である地球生命体細胞群の未来が非常に危うくなる」のも

「極めて当然の現象に他ならない」。

「実際に、現状の人間世界や地球環境は、其れこそ、この世の終わりまで後少し状態」に

「成ってしまっている」。

「この後に及んで、旧態依然とした精神構造・精神文化を維持させたまま

その上での利権追及に奔走している者たち等」は

「本当に、悪質」だ。

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に在る」。

「公共の電波や公共的マスコミ等まで使って、人類の未来を酷くしている者たち等が其処に居る」。

「武力にしても、経済にしても、その他の者・物・事等にしても、遊びレベルの健常なモノでは無い、比べっこを

行えば行う程、人類の未来も酷く成ってしまう」。

「何故なら、

人類同士の比べっこでは、

問題の本当の解決も在り得無いからであり、

人類同士の比べっこなら、他の人類を殺したり、排除したりすれば、その比べっこ上で、より優位な立場も得られてしまうから」だ。

「本質・快適を探究するなら、基本的に、比べっこは必要無く成る」。

「本質・快適が探究し切れていない時に、仕方無く、現状対策等を行う為に、比べっこを利用する」のは

「合理的になる」が

「本質・快適探究を疎かに、比べっこダケに終始する」のは

「明らかに、酷く、劣悪になる」。

「自らの精神構造(自己制御ロジック)を本質・快適探究レベルにまで健常成長させる事が阻害されると

往々にして、人間は、比べっこレベルに終始し易く成ってしまう」。

「実質的に、比べっこを強い続けて来ている情報・教育や、

現状までの人間社会・経済システム等が

どれ程、

人間の精神構造の健常成長を阻害する重大な人権侵害を行い続けて来ているのか!」等は

「もはや、言うまでも無い事だろう」。

「是正が急務である事」も「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「弾道ミサイル等軍事訓練を指導した金正恩の影武者」と「安倍総理が提案した無条件の日朝首脳会談」・・・。

『「ロ朝首脳会談も失敗」で、「果たして、金正恩」は「未だ、粛清されていないだろうか?」

「その答」は「今後、北朝鮮と他国の首脳会談が行われるか?否か?」で「直に判る事になる」。

「米朝首脳会談が失敗に終わった段階」で

「北朝鮮の本当の実権者に担ぎ出されている様相の、金正恩の立場」は「かなり、危うく成っていた」。

「更に、ロ朝首脳会談も、失敗」では

「もはや、金正恩ではダメ!とされていても、ある意味、当然になる」。

「その場合、金正恩は、どうなってしまうのか?」

「核放棄約束で程なく粛清の様相の金日成」、

「拉致を認めて程なく粛清の様相の金正日」、

の「実例」からすれば、

「幽閉状態」や「粛清済み」でも

「何の不思議も無い事になる」が・・・。

「そんな時に、弾道ミサイルも含む軍医訓練を指導」で

「更なる制裁強化も無ければ、

軍事優先で瀬戸際外交をする方が

金正恩等が行った首脳会談路線よりマシ」等と

「北朝鮮の本当の実権者等が思い込んでしまってもある意味、当然になる」。

「そうなれば、金正恩等は益々、必要無し」になり、

「むしろ、病気等でお亡くなり・・・で、

世界からの同情支援等を買う方が、

むしろ、合理的になる」。

「弾道ミサイルも含む軍事訓練に対し、国連決議違反だから、更なる、制裁を!」と「成れば」、

「軍事路線回帰に対する国際社会からのダメ出しメッセージが伝わる事になる」のだから

「制裁が行われた方が、金正恩等が未だ生きているなら、金正恩等にとっては都合が良い事になる」。

「本当に実権を持っている独裁者」なら

「核放棄反対派を粛清出来ていて当然になり、

軍事訓練を指導するより、軍事~経済転換訓練を指導で当然になる」が

「金正恩等が軍を変換出来ている様相は、全く無い、ばかりか、

むしろ、北朝鮮軍部の意向通りに軍や核も含む兵器等を増大状態である事」が

「露呈している」。

「朝鮮戦争が負けとなれば、戦争責任が問われて当然の北朝鮮軍部や北朝鮮の本当の実権者等」は

「核を使ってでも、朝鮮戦争に勝つ事」等を

「未だに、真剣に考えている様相」が

「露呈している」。

「担がれている様相」で

「本当の実権は十分に与えられていない様相」の

「金正恩等」は

「北朝鮮の本当の実権者等の意向」と

「米国トランプ政権も含む国際社会の意向」の

「間」で

「実権不足故に、どうしようも無く成っている様相が露呈している」ばかりか、

「今までの北朝鮮金政権の実態からすれば、粛清まで迫って来ている、或いは、既に、粛清されている?状態」が

「露呈している」』。

『「果たして、安倍総理の出した、最後のチャンスの助け舟に乗れる金正恩」は「未だ居るのだろうか??」』

『「イラン問題」も「ベネズエラ問題」も「切迫して来ている」ので

「米国トランプ政権としては、北朝鮮問題は、先延ばししたい筈」で

「先延ばしの為の苦肉の策」が

「安倍総理が出す最後の助け舟に成っている可能性も大きい」。

「先延ばしで、北朝鮮がどれ程持つのか?」は

「疑問」だが

「北朝鮮としては、2020年までに日本も韓国同様の従北政権状態にしなければ、危ういレベルに既に達していて、

その実現は、確実に無理」だから

「日本での工作等ももはや、無駄」に「成り」、

「残された手段」は

「世界から同情支援を買う為の指導者交代」や

「アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる事を覚悟した上での朝鮮戦争休戦取り止め」等に「成る」。

「戦争の裏で、韓国・中国・日本国内等に逃げ延びる策等も練られている筈」だが

「其れが、バレ無い保証は全く無い」。

「開戦よりも、同情支援を・・・で、当面は、日本は諦め、韓国支配に傾注する道」が

「選択される可能性が大きい」と

「推定出来る」が

「何れにしても、北朝鮮問題の解決は、

国家指導者の顔は変わっても内実は変わって来ていない現状までの体制の北朝鮮が持つ時間を考えても、

それ程、遠い未来の事では無い」。

「未だに、日本国内で、スパイ・工作活動等を行い続けている者たち等」は

「本当に、どうかしている」。

「続けるなら、それ程、遠く無い時に、摘発~逮捕が待っている」のだから

「早々に、足を洗っておく事が極めて重要に成っている」』。

『「日本の政府・与党や警察等々も、工作電磁波対策は特に急ぐべき」だ。

「経時変化により、和音が和音の中により細分化する様に入り込む事を繰り返し、より疑似高周波化している、

音響兵器の電子・ホール版とでも言うべき、

電話線や電線や車や建物設備機器や家電等々にも仕込まれている

{悪魔の輪唱}ソフト・ハード」の

「悪の実効」は

「現状でも、通信障害を招く事があるレベルに至っている」。

「生体電流・電子信号の邪魔レベルから、疑似電子レンジ化レベルに近づいて来ている事等からも、

対策抜きなら、人体への悪影響もかなり出てしまっている筈」だ。

「車の事故や脳・心臓等傷害・障害の裏に工作電磁波が在る場合も決して少なく無い筈」だ。

「本気の徹底摘発を急ぐべき」だ』。

『「昨今の気象状態からも多くの人々が感じている通り、

現状人間世界の終わりの日は、

そんなに遠い先の事では無い」。

「武力戦争では、直接人間同士が殺傷し合う」が

「経済戦争では、経済的圧迫(環境も含む)等により間接的に人間が人間も殺傷している」。

「武力世界大戦が終わり、経済世界大戦状態の人間社会が続いている」が

「この自虐的な殺傷精神文化を何時までも続けられる訳も無い」。

「否応無しに、止めざるを得なくなる時」が「刻々と迫って来ている」のだから

「その前に、次なる人間世界への軟着陸を可能にする為の対策」を

「意識的かつ積極的に行っておくべき」だ。

「未だに、武力世界大戦時代に、散々賛美されていた士官学校等の優等生等を賛美・重用していた事等」と「同様」の

「経済士官学校の優等生等を賛美・重用状態」では

「本当に、情けない」。

「比べっこは、あくまで、比べっこに過ぎず、

本質・快適の探究が疎かなまま、比べっこに傾注し続けている人間世界の行き着く先」は

「人類滅亡になる」。

「当たり前の事」だ。

「逆から言う」なら

「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

物質文明側だけでは無く、精神文化側でも実用して、

本質・快適の探究を意識的かつ積極的に行うべきで、

この重要実務を行うなら、

人類滅亡も避けられ、新たな人間世界への軟着陸も可能になる」』。

『「昨今の日本の気象に大きな悪影響をもたらしている」のは

「温暖化であり、中国大陸内で上がっている雨や雪の芯になる汚染物質」だ。

「そして、それは、経済世界戦争上で、中国共産党主導の下、環境より利権が圧倒的に優先されたが故の現象でもある」。

「同様の事態が、其れこそ、世界中で起こっている」。

「ここで、全ての人類が、理解・把握すべき」は

「現状人間社会・経済システム上の経済利権等に過分とも言える重大な価値を与え続けて来ている」のは

「現状までの多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)と人間社会の精神文化である事」だ。

「そして、その精神構造と精神文化が、考え・思いによる納得レベルであり、

既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実の実用が圧倒的に不足している事」だ。

「現状までの人間社会・経済システム等への過剰依存状態」とは

「武力世界大戦時に、武力に過剰依存しながら、人間同士が殺傷し合っていた事と同様の事に他ならない」。

「武力世界大戦を止められたのと同様」に

「経済世界大戦も止めなければ人類も含む地球生命体細胞群の長い~永い未来は在り得無い」が

「その為には、武力世界大戦を止める為に経済世界大戦という精神文化が必要だった」のと「同様」に

「経済世界大戦に変わる精神文化が必要になる」。

「其れは、本質・快適を科学レベルで探究する精神構造・精神文化であり、

本質・快適を科学レベルで探究する事でつくり出せる新たな人間社会・経済システムを実用する事になる」。

「自由度が高い、テレビ・ラジオ・マスコミ等からの発信は、もちろん、

経済学者・政治学者・社会学者等も、人間誰もの実体やその実体の根本的目的から科学レベルで整合性を取って、

経済システム・政治システム・社会システム等を提唱等するべき」だ。

「旧来からの宗教レベルの経済・政治・社会システム等々を微に入り細に入り覚えたりする事を利権にして、

自らの下に利権を集めている状態の者ばかり・・・」では

「実質的、宗教信者ばかり・・・状態で、とても、今時に必要な学者等では無くなる」。

「歴史文化遺産等として保持すべき情報等の研究等をする学者等も必要だが、

人類の健常未来の構築に役立つ研究等をしている学者等が皆無状態・・・では、

本当に、情けない」。

「物質文明側で、そんな状態だったなら、

人類が持つ物質文明製品は、未だに、宗教レベル・・・に成る事になる」。

「そうでは無い現実が示唆している事」は

「人類には、科学レベルの実用が出来る事でもある」のだから

「其れを、精神文化側でも実用していない現状は、明らかに異常になる」。

「是正が急務である事等は、もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮問題」にも「イラク問題」にも「ベネズエラ問題」にも

「地球環境問題」にも

「経済問題」にも

「大きな関わりがある」のが

「個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)問題であり、人間社会の精神文化問題」だ。

「現状の多く人々や人間社会の精神構造・精神文化のまま、

直接的に、具現化している問題を解決しようとしても、

環境問題の例からも明らかな様に、

行き詰る事になる場合が多い」。

「人類誰もの自分の実体やその実体の根本的目的から科学レベルで整合性を取って行く事により、

ほとんどの問題を自虐にならない様に解決する事が可能になる」のだから

「その道を疎かにし続けている事の罪の大きさはかなりのモノになる」。

「その罪に対する罰は、近々、否応無しにやって来る事になる」が

「其れが嫌なら、出来る限りの是正を精一杯行う事」だ』。

|

本日のテレ朝朝番でも「女性・女系天皇容認論」等を常連出演者等が公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「古からの天皇制は男系だから維持出来て来ている事」等を「言わないインチキ論」を「公共の電波上等で喧伝等している者たち」は

「極東地域日本のみ脱原発派」でもあり

「朝鮮系でもある」場合が多い。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等」には

「朝鮮系による乗っ取り支配の臭い」が「濃厚に漂っている」。

「政治とは違い、選挙も無い」から

「民意反映も十分では無く、

朝鮮半島内が南北に分断されてからは、北朝鮮系の者たちによる乗っ取り支配の臭いが濃厚に漂って来る

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等まで蔓延って来ている」。

「もちろん、言うまでも無く、こんな状態の是正は急務」だ』。

『「日本の天皇制」が

「実質的に、

その時代に実権を持った者の上に在る

日本国・日本国民統合の象徴に成った」のは

「其れこそ、千年も前の事」だ。

「その後の日本の歴史でも、支配権争いは多々あった」が

「誰一人として天皇を排除出来無かった歴史上の現実」は

「天皇制を考える時、必ず、認識して置くべき事になる」。

「では、何故、天皇を排除出来無かったのか?」

「男系だったから」であり

「天皇を利用した方が日本国・日本国民の支配も行い易かったから」だ。

「少し考えるなら、誰もが、直に、解る事」だが

「女系天皇が容認されていた」なら

「その時の支配者が容易にその女性天皇を妻とする事が出来る」。

「しかし、その様な事態が具現化してしまった段階」で

「古からの天皇制自体の連続性が損なわれる事になり、天皇制自体の権威も失墜する」。

「男系天皇の場合」は

「その時の支配者が男系天皇の妻を献上する事は出来ても、

支配者自体が天皇になる事は出来ない」。

「男系であったからこそ、古からの天皇制が維持出来た」のが

「歴史上の現実」であり

「それが日本の天皇制の根幹歴史精神文化でもある」。

「日本以外の国々の王制の場合」は

「古からの王制では、支配者が変わると王も変わる」。

「多くの国々の王制」が「古からの日本の天皇制の様な、象徴王制に成った」のは「其れこそ、昨今の事」だ。

「昨今に成ってからの象徴王制」が

「昨今の人間社会の精神文化を反映させ易い」のは

「ある意味、当然」で

「故に、女性・女系王の容認もある」のが「実態」だ。

「其れこそ、千年も前から、象徴天皇制状態を維持出来て来ていて、

明治維新の頃、欧米列強に対応する為に、

実質的、象徴天皇制だったから可能に成った、天皇の神格化を利用して、日本国・日本国民の団結度を一気に上げ、

欧米列強対応を実現させる事も出来た

歴史の長い、日本の天皇制とは全く違う歴史やバックグランドが

他の多くの国々の王制には在る」。

「男系だったから、時の支配者が変わっても、其れこそ、千年も、維持出来て来ていた日本の天皇制という史実」を

「判り易く説明・広報等しているべき、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等なのに、

多くの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等は、

いったい何を行って来ているのか?」

「其処に露呈している」のは

「朝鮮系等が乗っ取り支配し、

朝鮮にとって都合の良い考え・思い等で、多くの日本国民をマインドコントロールし続けようとして来ている様相」等の

「実態」だ。

「女性・女系天皇を可能とさせ、核の脅しや日本国内のスパイ・工作活動等を行い続ける事により、

日本の女性・女系天皇を側室とする

例えば、北朝鮮の支配者等を

生み出したい様相」が「其処に露呈している」。

「朝鮮人の妻と日本人の側室を持つ、日韓も支配する指導者」なら「在日の母を持つ事等も正当化出来る事になる」。

「戦後日本の情報・教育界の実権者等」にも

「政界同様に、十分な民意反映を可能とする、させる、選挙等、健常なシステムの導入が必要」だ。

「男系で無ければ、日本の天皇制が長きに渡って維持出来て来ている訳も無い等の歴史上の現実等さえも、

ロクに、理解・把握もしていない、ばかりか、

支配者の妻や側室にし易い状態の女性・女系天皇をつくり出す事に熱心な

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等から漂って来るのは、日本では無い」。

「朝鮮等の臭いが濃厚に漂って来ている」。

「女性・女系天皇容認論」は

「日本国内を日本系と朝鮮等系に分断する明白な基準に成り得る」。

「{日本国民では無い者たち}の排除を促す状態を喚起させかねない、

戦後日本での支配権を保持しているつもりの朝鮮系等の者たちの

重大な{思い上がり}」が「其処に露呈している」。

「公共の電波や公共的マスコミ等を悪用して、

偏重・偏向情報等で視聴者・読者等をマインドコントロールする事」により

「北朝鮮の核兵器圧力を増させる事や韓国の原発産業等の支援になる、極東地域日本のみ脱原発」や

「女性・女系天皇容認」等の

「考え・思い等を、出来る限り、多くの日本国民等に、持たせよう・・・等としている様相の者たち等」からは

「北朝鮮の実権者等の手下やその協力者等の濃厚な臭いが漂って来る場合が多い」。

「小泉訪朝」でも「安倍同行抜き」で

「拉致は認めても、被害者は北朝鮮の言う通り、その後は、皆、北朝鮮に帰りたい・・・」で

「日朝国交正常化のみが優先されていた」なら

「朝鮮系と言われている、

反原発派に成っている、

小泉総理(当時)による、

北朝鮮への日本国民の血税送金までもが

実現していた可能性も決して小さく無い」。

「そして、十分な資金と、日本流入のハードルの低さを得る事が出来た北朝鮮金政権等による

日本国内のスパイ・工作活動等が、

現状より遥かに旺盛となり、

昨今の韓国の如く、従北政権化されてしまった日本が

女性・女系天皇を北朝鮮金の下に献上する様な事態まで、

実現させられていた可能性も、決して小さく無い」。

「民主党政権でもそうだった」が

「戦後日本では、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の情報・教育等に乗せられた政治的選択等を

多くの日本国民がしてしまうと、

日本国・日本国民が自虐状態に追いやられてしまい、

その裏で、韓国・北朝鮮・中国共産党等が、大いに太る状態」が

「出来上がってしまい易い」。

「それは、天皇制を考える時」等でも

「絶対に忘れてはいけない戦後日本の実現象」だ。

「もちろん、そんな現象を発生させている元の是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「多くの他の国々の王制」とは

「日本で言うなら、足利や織田や豊臣や徳川の事であり、

その時代の支配者(王)が国・国民を統合する象徴として頂き続けて来ている天皇とは全く別の話し」だ。

「其れこそ、千年もの長い年月、象徴天皇制が維持出来て来たのは、男系だったからに他ならない」。

「人間世界は、ホンの少し前まで、世界中の何処でも、男性主導状態だった」のが「歴史上の現実」だ。

「どの{王}にも排除されなかった天皇制は、男系だったからこそであり、この歴史精神文化の維持抜きの天皇制では、

旧来からの天皇制との連続性が損なわれる事になる」。

「日本の精神文化では、例えば、歴史的建造物を改修する場合でも、出来る限り本来通りに造る」。

「繋ぎの女性天皇は問題無いが、女系天皇まで容認とする事」は

「例えて言うなら、法隆寺や平等院等々を現代的な建造物に建て替えてしまう事と同様になる」。

「天皇制の根幹部分を抜きにしたインチキ論で

視聴者・読者等をマインドコントロールしようとしている者たち等からは、

朝鮮系等の臭いが濃厚に漂って来る」』。

『「何れは、天皇制も必要無くなる」が

「その時までは、男系であってこそ、日本国・日本国民の長い史実や歴史精神文化に背かない、意義が保持出来ている天皇制になる」。

「繋ぎの女性天皇はアリ」でも「女系天皇は絶対にダメ」だ。

「其れは、天皇制を維持出来ている史実に在る解答でもあり、

必要情報をちゃんと得ている日本人なら、誰もが良く解る事に他ならない」』。

『「天皇制が必要無くなる時代」とは

「国も必要無くなる時代であり、

比べっこによる他の者・物・事支配/被支配の精神構造(自己制御ロジック)から多くの人間が卒業し、

本質・快適を探究する精神構造(自己制御ロジック)が成人人間の当たり前になる時代」だ。

「ほとんど全ての人間が、

自己健常制御の継続を主とする事が当たり前に成り、

その代償欲求の追及に過ぎ無い他の者・物・事の支配や他の者・物・事による被支配の追及は、

遊び程度になる時代」だ。

「つまり、進歩レベルでは無く、進化レベルで、多くの人間の精神構造(自己制御ロジック)が成長した後の事」だ。

「考え・思いレベルで、進歩させたつもりが、対立を生んだだけになってしまっている事例」は

「人間世界の歴史上にも、現在にも、多々在る」。

「例えば、宗教の歴史等を振り返れば、其れは、其れこそ、世界中の何処の誰もが良く分る事」だ。

「考え・思いレベルで、悪戯に、いじるよりは、

旧来のままを出来る限り維持の方が、

歴史精神文化でもある天皇制には合っている」。

「現状のままでも、後、数十年は、旧来のままで行ける状態」なのだから

「議論を磯久必要は全く無い」。

「議論するなら、悪戯な、改悪議論等では無く、

どうやって男系を維持するのか?」つまり「どうやって、旧来からの体制を維持するのか?に限るべき」だ。

「天皇制の議論を急ぎたがっている者たち等の裏からは、

2020年までに日本を乗っ取り支配したい(つまり、現状のままなら、その程度の存続時間しか残されていない)、

北朝鮮金政権等の強烈な悪臭が漂って来る」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等」を

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上等々で重用し続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「常連出演者等ご用達の天皇制論や国力論」等を公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。

『「王制」と「天皇制」の「違い」さえ「十分に理解・把握出来ていない様相の常連出演者等」の「考え・思い上」では

「例えば、象徴天皇制が、戦後の僅かな期間だけ・・・」等に「成っていた」が

「明治以前も長らく、実質的、象徴天皇制だった」のが

「日本の歴史の実態」だ。

「その時代の施政者とは別」に

「日本国・日本国民統合の象徴として天皇を頂く社会体制」に

「どのその時代の施政者も異を唱えず、天皇制を維持して来た」のが

「日本国の歴史」だ。

「その時代の施政者が王と成り、施政者が変われば王も変わる王制」と

「天皇制」は「全く別の制度に他ならない」。

「明治以降~終戦時までの現人神天皇制の期間」が「通常では無かった」のが「日本の歴史の実態」だが、

「明治維新の頃。通常の天皇制を変えてでも必要に成っていた」のが

「欧米列強の開国~被支配国化圧力に対抗出来る日本国・日本国民の一致団結した状態を早急につくり出す事」で

「その為」の「苦肉の策」が

「神道を国家神道化し、天皇を現人神に頂く事による、神道国家の形成」だった。

「その実効」は「絶大だった」から

「実際に、明治維新以降、極短期間の内に、日本国・日本国民は、欧米列強に対応出来る状態に成って行った」。

「本来なら、大正期には、通常の象徴天皇制状態に回帰するべきだった」が

「当時までの人間世界の主流最先端精神文化」は

「武力による比べっこであり、侵略~植民地支配主義だった」ので

「必然的に、その先に、世界大戦精神文化化も付いていた」。

「人間世界の主流最先端精神文化が世界大戦精神文化化して行く状態」では

「神道国家体制の方が、高い適合性を保ち易くなる」。

「結果として、大正デモクラシーより、富国強兵の延長線」となり、

「日本も世界大戦に入り込んで行く様に成ってしまった」。

「世界大戦精神文化」は「終戦により終わった」。

「核兵器の実用まで行われてしまった、膨大な犠牲が必然的に生まれる、

武力による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化の行き着く先でもある

世界大戦精神文化」は

「大戦後」、

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い精神文化」へと

「進歩」した。

「大戦後~現在までの人間世界の主流最先端精神文化」が「此処に在る」。

「大戦後、人間世界の主流最先端精神文化が、武力による比べっこ精神文化から抜け出した事により、

日本の天皇制も通常通りの象徴天皇制に戻れた」が

「米軍の占領政策上で創り出され、改められた日本の憲法も含む法律に、徹底的に従う状態を強いられた」と

「共」に

「旧来からのままの、男系男子による天皇制を維持する為に必要になる皇族の維持」も

「大いに制限されてしまった」。

「元々、天皇制自体、多くの日本国民の合意の上で成り立って来ている、古からの歴史精神文化」であり

「その実体」も「宗教や人間社会・経済システム等とも同様」に

「多くの人間の考え・思い・信じ等の上で納得に基づいている精神文化製品の一つ」だ。

「旧来からの天皇制自体を変える事の実態」は

「例えば、キリスト教でも、イスラム教でも、仏教でも、神道でも、宗教自体を変える事と同じ事に他ならない」。

「天皇制自体を変えさせようとしている者たち」からは

「別の宗教をつくり出したい者たち」と「同様の感や臭い等が伝わって来る」のは

「単なる偶然では無く」、

「自らがつくり出す宗教に従わせたい思惑等が潜んでいる場合も多く感じられる」のも

「ある意味、当然の現象になる」。

「新興宗教等をつくり出す事が得意な精神文化の臭いが濃厚に漂って来る」が

「それは、朝鮮に濃厚にみられる精神文化でもある」。

「女性・女系天皇を認めさせようとしていた小泉元総理も、朝鮮系と言われている」。

「戦後日本のテレビ等常連出演者等には、朝鮮系の者たちも多い」。

「公共の電波や公共的マスコミ等も使って、

古からの日本の精神文化製品の一つを朝鮮系の人々の意思に沿う様に変えさせようとしている事」の

「実体」は「日本の精神文化に対する侵略行為」等と

「言われても、仕方無い事になる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「現状の人間社会・経済システム自体への言及抜き」に

「その中での優位性を保つ為の国力や民力を言う」とは

「もはや、出来の悪いお笑いレベルの酷く、劣悪な事に他ならない」。

「歴史から先ず、学ぶべき」は

「人類の精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化、自体」と

「その進歩・進化の方向性等」だ。

「其処を抜きにする」と

「自虐史を繰り返す事さえも是と考え・思えてしまう、ウルトラおバカ、自虐状態等に容易に陥り易く成ってしまう」。

「人類の歴史は、戦争の歴史と言われて来ているから、今後も戦争を繰り返すのは仕方無い・・・」等々では、

「今時の人類として、本当に、酷く、劣悪になり、本当に、情けない」。

「個々の人類の精神構造(自己制御ロジック)や人間社会の精神文化の進歩・進化の方向性を十分に理解・把握する」なら

「武力による比べっこ~武力を後ろ盾にした経済による比べっこ~比べっこレベルからの卒業、本質・快適探究レベルへの進化」が

「理解・把握等出来ていない訳も無い」。

「戦争とは、武力による比べっこ」だ。

「経済による比べっこ」でも「比べっこには変わりが無い」から

「その後ろ盾としての武力が欲しくなる」のは

「ある意味、極めて、当然の現象になる」。

「例えば、核兵器等を、本当に、無くしたい」なら

「経済によるモノでも、比べっこ自体を本当に無くす必然性がある」のだから

「経済比べっこに興じている状態のまま、核廃絶等を訴えても、説得力が出る訳も無い」。

「比べっこから、本質・快適探究へと、多くの人間の精神構造と人間社会の主流精神文化を進化させる」なら

「武力による比べっこ上や、経済による比べっこの後ろ盾としてなら、非常に有用になる核兵器等を持つ必要性も激減する事になる」から

「実際の核兵器廃絶も実現可能になる」のが「現実」だ。

「現実をちゃんと直視せずに、

現状のその者等にとって、都合の良い部分ダケを偏重してみて、

必要が無いと思える者・物・事等を

優等生ぶり、正義ぶり、否定する・・・近未来に置いて、永遠の恥辱に染まる道の上に置くべき実態が其処に露呈している」』。

『「天皇制も、現状の人間社会・経済システム等も、宗教等々も、考え・思い・信じ等による納得レベルの精神文化製品に他ならない」。

「云わば、天動説レベルの精神文化製品」だ。

「物質文明側が、地動説レベルを主として実用する様になって、もう、かなり時が経っている」が

「精神文化側では、未だに、天動説レベルが主として実用されている」のが

「現状の多くの人間と人間社会の寒過ぎる実態」だ。

「その是正が急務である事」は「もはや、論を待たない」。

「精神文化側でも、物質文明側同様に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して、

精神文化製品をつくり出し、

旧来からの、性能の悪い精神文化製品を

意識的かつ積極的に性能の良い精神文化製品に置き換えて行く実務」を

「意識的かつ積極的に実行する事」が「必要に成っている」。

「未だに、考え・思いによる納得レベルを主として実用して、

例えば、ドラマや映画やアニメや小説や音楽や絵画等々をつくり出して、

現状の人間社会・経済システム上での集金行為・売名行為等々に勤しんでいる」のでは、

「自己承認欲求の本来欲求が充足され続ける訳も無い」。

「その代わりの者・物・事等を集めた金や立場や権力等々を使って得ようとし続けたり、

自己承認欲求の本来欲求の充足継続に失敗した人生を補わせるべく

子や孫等々に自分を被せて、代々話をつくり出しても、

本当の問題解決が出来る訳も無い」。

「多くの人々が、そんな本質的に自虐的な事を一生懸命行い続けるなら、

人類滅亡の時が急速に迫って来るのは、極めて当たり前の現象に他ならない」。

「迷惑な自虐者たち等」は

「早急に自らの行動実態等を是正するべき」だ。

「特に、影響力が大きい、テレビ・ラジオ常連出演者等やマスコミ常筆等や学校教育者等の是正は急務」だ』。

『「AIやロボットが発達する」と

「人間の仕事が奪われる」とは

「比べっこ主義者の自虐的発想に他ならない」。

「比べっこ上で発生する仕事???に経済価値を付け続けるのでは無く、

本質・快適探究上で発生する仕事に経済価値を付ける、就けられる様に

情報・教育等を健常進歩・正常進化させる」なら

「自己健常制御の継続にも経済価値が付けられて当然」で

「其れを、ベーシックインカムにする事も出来る」。

「不当な格差が是正され、多くの人間が本質・快適を探究する様になる」なら

「世界平和が当たり前になる」。

「逆に、自己健常制御の継続に失敗しているばかりか、他の者・物・事等まで利用して、

自己県所制御の継続を怠り、自己承認欲求の本来欲求の充足に失敗しているが故に発生している

その代償欲求の追及に邁進している様な、自虐的、迷惑者等々」は

「必然的に、ベーシックインカムを減らされると共に、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる事になる」。

「其処に在るのは、他者による支配/被支配の世界では無い」。

「自己健常制御の継続を主に置く人間社会合意であり、

自己支配である自己健常制御の継続により充足され続ける本来欲求であり、

その結果得られる自己承認欲求の本来欲求の充足等々」だ。

「精神的に健常な世界が其処に在る」。

「逆から言うなら、現状は、精神的に不健常だから、数多くの不健常事態が起こる必然性があり、実際に起こり続けている」。

「健常方向への是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「天皇・退位等の情報」をダシに、常連出演者等が、公共の電波を使って、反現政権政治運動等を行っていた様相だったが・・・。

『「天皇制(戦後の象徴天皇制も含む)」も「言うまでも無く、日本の多くの人々の考え・思いの上の納得に大いに依存している、大衆合意上の事」だ。

「その実態」に「宗教的要素が多々ある」のも

「考え・思いによる納得上の事だから、ある意味、極めて、当然の現象でもある」。

「戦後の象徴天皇制」では「天皇は、政治とは別」が

「極めて濃厚になっている」が

「それでも、尚、旧来からの伝統である、男系天皇に限る制度への必要性言及等」を

「保守系政治家と結び付けて喧伝等している」のが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)のテレビ常連出演者等」で

「旧来からの天皇制の実態」や

「女性天皇と女系天皇の区別」等が

「どれ程、はっきり認識出来ているのか???状態の人々が数多く含まれている

テレビ・マスコミ等ご用達民意を基」に

「天皇制に男女差別論等を付加した、女系天皇容認論こそが差も正当であるかの如き論調」で

「その正当としている論調とは違う考え・思い等を保持している保守系政治家等を象徴的、差別的に、悪扱い、民意離れ扱い等していた

様相」は

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「戦後の天皇制は宗教的なところは、もちろん、多々在る」が

「政治的には、ほぼ完全分離状態」だ。

「其処に政治色を被せ、現政権等批判・非難等の道具にしているテレビ常連出演者等こそ、

天皇や天皇制等を政治利用している悪になる」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「政治との繋がりは、ほぼ切られている戦後の象徴天皇制」だが

「もちろん、言うまでも無く、宗教的なところは、多々在る」。

「血統主義に基づいている天皇制自体」が「実質的には、宗教」だし、

「天照大神を皇祖としているところも、かなり、宗教的」で

「天皇のお仕事としての祈りも在る」ばかりか、

「古の日本国・日本国民にとって極めて重要だった米作等に対する強い願い・祈り等の要素も濃い

天皇が行われる宮中行事も在る」のだから

「どんなに否定しても、その宗教性は、否定し切れるモノでは無い」。

「しかし、宗教性を徹底排除した象徴天皇制が多くの日本国民からの支持を得られるのか?」等を

「冷静に考える」なら

「短絡的に男女差別等を排する合理主義上のモノに天皇制自体を変えてしまう事の本質破壊性等も判る筈」だ・

「天皇制を維持する」なら

「政治との分離は徹底して行い、

伝統的な宗教性については、余り、深く、糾弾せず、

古からの伝統文化の残せる部分は出来る限り多目に残した方」が

「より古からの連続性を高く感じられる天皇制になる」。

「政権交代で王が変わるのとは、全く違う要素」が

「天皇制には在る」が

「その部分を維持したい」なら

「悪戯な合理化は不合理になる」。

「逆に、天皇制自体を無くしたい」なら

「今時の基準をどんどん取り入れれば、より、簡単に無くせる事になる」。

「例えば、男女差別だけでは無く、血統差別も止めろ!」となれば

「もはや、天皇候補は、日本国籍を持っている者の全てレベルにまで膨らむ事になる」。

「そもそも、皇族の血統自体も、古の時代にも、何度か変わっている等の説もある」ばかりか、

「戦後、民間人の妻を持った段階で、既に、血統自体が、皇族から離れている」。

「逆に、古の時代、天皇に極めて近い、平家・源氏の血筋も持つ、一般日本国民は、其れこそ、ゴマンと居る」。

「女系天皇を認める話しの先には、

血統差別を止める話しも付いていて、

その先には、天皇制自体を止める話しも付いている」。

「天皇制自体を維持したい」なら

「悪戯な現代化等を短絡的に行うべきでは無い」。

「それは、老若男女・右左・保守革新問わず、

少し、冷静に考えるなら、誰もが解る事」だ』。

『「日本人で、所謂、左翼(親朝鮮等)では無いが、所謂、保守でも無い、

広義の自分である地球生命体細胞群の存続~永続への貢献も考えながら生活している

自然回帰派では無く、物質文明・精神文化共々進歩派である筆者等」の

「考え・思い」では

「現状の人間社会・経済システム等が強い支配権を保持している間」は

「多くの日本国民にとっても、

日本国・日本国民としてのアイデンティティーの保持が安定や保身にも、かなり有益になっている」から

「日本国をより判り易くする、天皇制」は

「維持した方が適切」に「成っている」。

「上記の様に、維持し続ける為には、

政治との切り離しはかなり強く、

宗教性等については、無理の無い範囲での伝統維持」が

「合理的」と「感じ、思っている」。

「男女差別撤廃や、血統差別撤廃等の現代化」を

「天皇制に持ち込む前」に

「現状の人間社会・経済システム等が

より人類誰もの自分の実体との整合性が高い、より高性能なモノに、

是正されている必要がある」と

「強く、感じ、思っている」。

「逆に、日本を破壊して、何処かの誰かの支配下に置く為の工作等の為」なら

「悪戯な現代化を天皇制にも持ち込む事が合理的になる」と

「強く、感じ、思っている」』。

『「日本国・日本国民が直接戦争には巻き込まれなかった平成時代に、もう直ぐ、なりそう」だが

「天災は多く」、

「日本国内でのスパイ・工作活動(粛清工作も含む)も非常に旺盛なまま・・・」の

「平成時代でもあった」。

「令和の時代」は

「天災も少なく、日本国内のスパイ・工作活動等もほぼ完全に無くなる時代に成って欲しい」と

「強く願っている」が

「地球環境問題」は

「日本だけではどうにもならない」ので

「温暖化する=地球が持つエネルギーが増える=天災も大型化し易くなる」から

「天災に見舞われなくなる事」は「期待薄・・・」だ。

「日本国内のスパイ・工作活動等の方は、その対策を徹底的に行うなら、日本だけでもほぼ完全に無くす事が出来得る事に他ならない」。

「その邪魔をして来ている者たち等の裏からは、例えば、北朝鮮金政権等の臭いが、濃厚に漂って来ている」が

「核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を保持したままの北朝鮮金政権等の先は、極めて、短い」と「強く、推定出来る」ので

「日本国内のスパイ・工作活動(粛清工作も含む)等を徹底的に無くす事」は

「令和の時代に実現する可能性大になる」』。

『「御茶ノ水女子大付属中学校教室内の机」に

「ピンクナイフ二本取り付け槍を放置した容疑者」が

「平成の内に逮捕された」。

「報道映像上から、該当容疑者」は

「昨今の特殊詐欺等の場合と同様」で

「下で使われている者の様相」に「見えた」。

「御茶ノ水女子大付属中学の内部や机の位置等まで知っていた、緻密で工作的な様相」と

「防犯カメラに捉えられていた、とても、緻密な工作員等なら行う訳も無い逃走手段」の

「ギャップが示唆している事」は

「裏に、調査部・指令部等が在る事になる」が

「特殊詐欺等の場合と同様」で

「大元の摘発は、相応に、困難かも知れない」が

「犯行実態からも、日本の皇室に女性化のイメージ等を強く持たせたい人脈」に

「犯人が潜んでいる可能性は、決して、小さく無い筈」だ。

「女性化反対!」なら

「男だろ!」や「男である事を忘れたのか!」等の「要素が強いメッセージを残す事になる」が

「ピンクのナイフ二本(偶数)を棒に付けて、寝かせて・・・」では

「まるで、女だろ!」的な

「イメージ」を

「多くの人々に持たせたい様相等になる」。

「イメージによる工作等が得意な人脈の臭い」が

「其処にも漂っている」が

「日本国内のスパイ・工作活動等を徹底摘発等する」なら

「芸当事件の指令部等も露呈する事になる可能性も結構大きい筈」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「北朝鮮金政権等ご用達の北朝鮮の核問題論」等を常連出演者等が日本の公共の電波上で喧伝等していたが・・・。

『「朝鮮戦争責任も含む、散々の極悪事を積み重ねて来ている、北朝鮮金政権が求めている体制保証」を「最初から正当であるかの如く喧伝等する必要は全く無い」。

「国連決議も含む、国際社会の圧倒的意向に逆らい、止める事まで約束した後」の

「北朝鮮金政権等による核等開発~保有の正当性」は「全く無い」。

「保有の正当性が元々全く無い物を手放す事により、その見返りを要求する」とは

「盗人猛々しいにも程がある」。

「北朝鮮金政権等が体制保証を得たい」なら

「最低限でも、先ず、最初に、完全核実な核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等の放棄」が

「必要」で

「其れを実行する事」こそが

「同じ金政権でも、金正恩政権は過去の金政権とは違う事の立証となる」から

「其処で、初めて、体制保証の元本が出来る事になる」。

「この様な当たり前の実態を十分に言わず、

核をもったままの体制保証や、

段階的な核放棄等々が

まるで正当な事であるかの如く

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上等々で喧伝等している者たち等」からは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等の臭い」が

「濃厚に漂って来る」。

「もちろん、北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等」に

「日本の公共の電波上や公共的マスコミ上で、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等も含む日本のあるべき立場等」は、

「既に、上記の様にも、明白」だが

「ロ朝首脳会談」も「実質的に、虚しく終わった金正恩等の今後」は

「更に、確実に、危うく成っている」。

「核放棄約束」で「粛清された様相」の「金日成」。

「日本人拉致を認めた事」で「粛清された様相」の「金正日」。

「米朝首脳会談・中朝首脳会談・ロ朝首脳会談・韓朝首脳会談・・・、首脳会談を重ねて来ているのに

経済制裁の解除も得られず、核放棄約束はして来てしまっている事」で

「粛清が迫っている様相」の「金正恩」。

「北朝鮮が体制転換するか、

自爆戦争を始め、アッと言う間に負けて解放されるか、

等々の選択期限」は

「刻々と迫って来ている」。

「もちろん、言うまでも無く、

早々に、核・ミサイル・他国内でのスパイ・工作活動等を完全放棄する事により、

米軍等からの限定攻撃も避け、

体制保証の元本を得る道」が

「一番賢明になる」が

「其れは、金正恩が本当に実権のある独裁者で、核等放棄反対派を粛清出来てこそ実現可能になる事」だ。

「金正恩が担がれている独裁政権の象徴に過ぎ無い」なら

「北朝鮮金家の粛清劇が続く事になる可能性もある」が

「もはや、経済制裁で、かなり、行き詰っている北朝鮮」だから

「暴発も在り得無い事では無い」が

「暴発前提で、一気に、北朝鮮問題を解決する道を選択する」のも

「仕方無い状態に、既に、成ってしまっている」。

「それは、日本国内の粛清工作活動等犠牲者数からも、明らか」だ。

「数十年にも渡る、大人数集団での粛清工作も含むスパイ・工作活動等の実害」は

「膨大」だ。

「拉致は、氷山の一角の端っこの端っこレベルの公然化している実態の極々一部に他ならない」。

「この辺りをちゃんと告発等して来ていないテレビ・ラジオ・マスコミ等の裏からは、

北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等の臭いが濃厚に漂って来る」』。

『「優生保護法の話しも本当に酷い」。

「昭和23年、つまり、戦後日本が独立する前に設定された優生保護法の裏から」は

「日本人粛清工作の臭いも濃厚に漂って来る」。

「ライ病が感染し辛い、治療も可能である病気である事が科学レベルで判明した後」も

「その実害性の低さを、テレビ・ラジオ・マスコミ等が本気で大喧伝等し、大問題化等して来ていない」し

「政治的にも、同様」だ。

「未だ、旧社会党が大政党だった時代が長く続いていた事」も「無関係とは思えない」。

「占領軍の下で重用されていた朝鮮系・左翼系の者たち等」と

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」と

「政界」等の「闇を晴らす事」も

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等を

徹底摘発する事にも、繋がっている」と

「強く、推定出来る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

池袋暴走事故(事件)の被害者遺族を有益分子として利用している様相の日本の中の工作活動等を無い事にしたいテレビ等問題・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、池袋暴走事故の真相解明は未だ」だ。「被害者遺族の言う様」に「不安があったのに運転したが原因とは限らない」。

「今までの報道内容からしても、加害車両の運転者が何故、正常な運転を行えなくなってしまったのか?」にこそ

「本当の原因が在る」と「強く推定出来る」。

「事件該当道路に出て、縁石に接触するまで」は

「相応に正常な運転が出来ていた様相の加害車両の運転者」が

「何故、正常な運転が出来なくなってしまったのか?」

「運転者の右足のケガ」等の「身体的理由か?」

「運転者の現状脱出欲動の暴発」等の「精神的理由か?」

「電磁波工作等による身体機能阻害」等の「工作活動故か?」

・・・等々の「真相解明」が「行われ、その実態がテレビ・ラジオ・マスコミ等で公表された後」に

「被害者遺族にインタビュー等する」なら

「被害者遺族が言う事もかなり違っている筈」だ。

「事故(事件)の真相解明も未だ、事故(事件)後未だ、日が浅い現状」で

「被害者遺族にインタビューする」なら

「被害者遺族自身の不安・感情」等が

「表立ち」、

「理性脳で整理した後の発言より、感情よりの、その時点で被害者遺族が一番興味を持たざるを得なかった不安等」を

「中心にした、発言内容に成り易い」のは

「精神心理的には、ある意味、当然の現象になる」。

「現時点で、被害者遺族が不安を中心にした発言を言う」のは

「ある意味、当然の事態」だが

「それを、テレビ・ラジオ・マスコミ等やその裏に居る実権者等のご用達論の公然化の為に

公共の電波や公共的マスコミ等を利用して大喧伝等している実態」は

「明らかに、かなり悪質」だ。

「其処に在る」のは

「該当事故(事件)の真相解明の阻害」であり

「多くの視聴者・読者等に被害者遺族感情への共感を煽る事により、

自動車や自動車運転者等に対して否定的な感を抱かせりする事等により

日本の自動車界を細らせる

短絡的で悪戯な世論等を喚起させている

実質的、情報工作による大衆誘導等」に「他ならない」。

「真相解明前の被害者遺族等への悪戯なインタビュー等」は

「本当に悪質」であり

「それを公共の電波や公共的マスコミ等を使って大喧伝等する事により、

多くの人々を被害者感情等で操ろうとしている様」は

「更に、酷く、悪質になる」。

「先ずは、真相解明」であり

「工作活動による事故(事件)である可能性も外さずに、真実を探求し、その結果を公表する事」こそが

「本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事に他ならない」』。

『「情報工作員等の様相を露呈している者たち等ばかりが、

戦後の日本の情報・教育界等で主として蔓延れ続けているのは何故か?」

「選挙も無いから、政界の様に政権交代も無い、戦後日本の情報・教育界の重大問題」が

「其処に露呈している」。

「日頃から、何処の局でも、同様の顔・同様の論ばかりが主扱いという実態」や

「例えば、本日でも、保守系と言われている、フジテレビでも、立憲民主党の江戸川区議当選を喧伝していた事等」からも

「テレビ・ラジオ・マスコミ等で、大喧伝する情報が大元で統制されている様相が露呈している」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「池袋暴走事故(事件)の実態」から

「現時点で、既に、判明している事」は

「加害車両が、何故か、加速し続けたまま、ハンドル操作も行わず、行えず、事故を連発し続けた事」と

「被害者遺族インタビューに応じているお方の該当被害者」が

「自転車に乗って、横断歩道横を青信号で直進していた事」だ。

「該当被害者も、車両(自転車)運転中で、青信号の交差点を直進していた」のが

「実態」だから

「道路交通法上で、車両運転交差点通行時の注意義務は、当然ある事になる」。

「もちろん、今回の場合」は

「加害車両が赤信号高速進入」だから

「被害者側の過失はゼロ」だし、

「高速進入だから、気づいても、避けられなかった可能性も大きい」。

「それでも、同様の新たな事故・事件等の被害者を出さない為」には

「青信号でも、周囲の車やバイク等の動きには十二分に注意するべき!」等を

「其れこそ、テレビ・ラジオ・マスコミ等でも、大喧伝するべき」だ。

「被害者遺族{感情}の喧伝には異常な程、熱心でも、

実効のある被害者減少情報は、黙殺・圧殺状態」という「実態」は

「本当に異常」だ。

「今回の事故(事件)による犠牲」は

「最新の自動ブレーキ等が付いている車だったなら、防げていた可能性が極めて大きい」のに

「自動ブレーキのある車への買い替え」より

「免許返納」に「重点を置いて、喧伝等しているテレビ・ラジオ・マスコミ等も明らかに変」だ。

「その辺りからは、自動車産業等も含む、日本衰退化情報工作等の臭いが濃厚に漂って来る」』。

『「該当被害者遺族」が「今の自分の状態や今後等を不安に感じ・思う」のは

「ある意味、当然の現象」で

「その感や思いをそのまま、車を運転する他人に被せてしまっている様相」は

「ある意味、仕方無い」が

「其れを、大喧伝等しているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当に酷い」。

「何故なら、車の運転の健常・不健常を決めるのは、運転者の不安では無いから」だ。

「むしろ、運転する事に不安を感じているくらいの状態の方が、より注意深く運転し易くなる」のが

「実態」だ。

「不安の内実」としては、

「自分がぶつけてしまう不安もあるし、ぶつけられてしまう不安もある」のが

「普通」だろう。

「該当被害者遺族の言っている不安」は

「ぶつけてしまう不安の方だけ、かも知れない」が

「不安が注意力向上にも結び付いている実態」には

「酷い被害故に、思いが至っていない様相でもある」。

「其れを、大喧伝して、悪用している様相」なのが

「早々の被害者遺族インタビューを、大喧伝している、テレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「実態」だ。

「被害者遺族が言った、周囲の人々も運転するのを止めて欲しい等の旨」も

「家族を失ってしまったが故に、家族(周囲の人々)に強い興味が行っているが故の

当然の言動でもある」が

「其れを、通常状態の人が言っている事と同様に扱って、大喧伝」し、

「運転者を圧迫させる風潮等を煽っている

テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「本当に、酷い」。

「本当に、酷く、悪質な実態が其処にも露呈している」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「筆者の実感」では、

「車の運転の健常性を失い易くさせる原因の一つ」として

「工作電磁波等」は「確実に在る、ばかりか、その発生場所は、増やされ続けて来ている」。

「かなり、前に、国道を移動中に、だんだん気持ちが悪くなった事があった時」は

「前を走っているトラックの排ガス故か?」と「思い、其のトラックから外れる道に移動した」ら

「気持ち悪さも無くなった事があった」。

「同様の事態が、トラックだけでは無く、自家用車等でも起こる様になった後、

排ガスのせい?の可能性は低い事に気づき、

では何故?を思いながら、運転する様になった」。

「サンバイザーを下げると、気持ち悪さも減少したところ」等から

「電磁波による悪さの可能性に気づき、試しに、アルミ板を買い、気持ち悪くなった時、置いてみたら、

マイナスイオンが発生して来た」ので

「確実に、電磁波の類」と「気づいた」。

「その実態は?」を

「検証・推定していく内」に

「音響兵器のホール・電子版とでも言うべき、

経時変化しながら、より細かい(つまり、疑似高周波)方向に向かって変化し続けている

悪魔の輪唱的な工作電磁波の実態が露呈」した。

「更に、工作電磁波発生が仕込まれている場所(車・電話線・エアコン室外機)等々」や

「工作電磁波を使った覗き等の実態」も

「露呈して来ている」。

「壁に耳あり、からも、判る様に、

電子・ホールを音の様に使うと、例え、コンクリートの影の裏でも、覗けてしまう」。

「同時に、ターゲットに、工作電磁波を当てる」なら

「生体電流や生体電子信号の邪魔が可能になり、弱体化・衰退化している状態の人々なら、

つりや痙攣等々はもちろん、心停止等までをも引き起こさせてしまう事が出来ている筈」だ。

「風呂場やトイレ等々での突然死の裏にある」のは「温度差等だけとは限らない」。

「また、継続的に、当て続けるなら、ガン等誘発も可能な筈」だ。

「何れにしても、一般人まで対象にしている様相の粛清工作等を徹底摘発する事」は

「本当に急務」だが

「この辺りの重大問題」を

「圧殺・黙殺等し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等は、明らかに、酷く、異常になる」。

「其処に臭っている」のは「北朝鮮金政権等のオトモダチの濃厚な臭い」等になる』。

『「池袋暴走事故の本当の原因」が

「加害車両自体に仕込まれていた工作電磁波発生ソフト(機械語や機械直接操りである場合も含む)・ハード)や

周囲の建物や電線(電話線も含む)等や、周囲の車等からの工作電磁波による

加害車両運転者の身体機能阻害だった」なら

「被害者遺族が声高に訴えている事」も

「工作活動徹底摘発等になっている筈」だ。

「工作電磁波には悪の積算効果がある」から

「加害車両自体と周囲からの両方が重なる」と

「その悪の実効もかなり高くなり易い」。

「身体の硬直化や脳機能の遅滞化等の悪の実効を具現化させてしまう可能性もかなり高くなる」。

「工作活動情報抜き」で

「真相解明前に、インタビュー」して

「現状までに、テレビ・ラジオ・マスコミ等が被害者遺族にも擦り込んだ情報等を基にした

実質的、感情論等を言わせている様相」は

「本当に、酷く、悪質になる」。

「是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「悪魔の輪唱の音符実態により、

アンテナ化されている

どのリード線湾曲部等から

どの方向に、直進性のある電子・ホールドット波が、

どの程度の強さで発生させられるのか?」が

「変わり続けている様相の工作電磁波」だが、

「数多くの工作電磁波発生仕込み電気機器等からの工作電磁波」が

「その経時変化変遷や工作員等による意図的調整により、

一定所に集中させられた時の威力」は

「かなりのモノになる」。

「加害車両自体に仕込みがあったなら、その悪の実効も飛躍的に高くなっていた事になる」。

「池袋暴走事故(事件)加害車両運転者の身体を硬直フリーズさせ、

脳機能を遅滞化させる程度は、

其れこそ、朝飯前レベルかも知れない」。

「他の自動車事故(事件)等でも、

自宅やホテル等内突然死等にしても、

工作電磁波が原因である可能性が高いモノも数多く露呈している様相」だ。

「何十年間にも渡る、戦後日本の中での集団粛清工作による被害者の数」は

「かなり膨大になる」と「強く推定出来る」。

「反戦だけ声高に言い、反工作活動を言わないのは、明らかに変」だ。

「戦争犠牲者だけ声高に喧伝等し、工作活動犠牲者を圧殺・黙殺し続けている事は、明らかに変」だ。

「変な事を行い続けて来ている者たち等に、過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、池袋の自家用車暴走問題を受けて「自動ブレーキ等の実態紹介報道」等も行っていたが・・・。

『「トヨタ・ホンダ・日産・スバルだけ」では「スズキ・マツダ・三菱」等から「国産車だけの紹介」では「米国・EU」等から、「クレーム等が来ても不思議では無い」。

「また、常連出演者等は、プリウスが最高の旨等述べていた」が

「プリウスの運転支援設備」は「トヨタ車の中で最高では無い」。

「例えば、カローラ等、プリウスより後に新車販売された、運転支援設備も積極的に付けている車の方がより進んでいる」。

「まぁ。この辺り」は「車にある程度以上詳しい、多くの視聴者等からも、多いに突っ込まれている筈」だが

「公共の電波を使っている情報の一方的大量配信」なのだから

「配信情報内容」は「もっと、真剣に、実態や現実との整合性等が検証されているべきである事」等は

「配信者側も、視聴者側も、強く、意識して置くべき事になる」。

「高齢運転者の教習・指導問題の扱い」も「酷かった」。

「いい加減な、停止しない、一時停止」を「教習所でも行ってしまう裏にある」のは

「認知機能低下とは限らず、

状態・環境等理解・把握能力は十分に有るが、

判断能力上で自己の感・思い等をより優先する、ずうずうしさの増加の場合も、かなり、多い筈」だ。

「つまり、この手の問題は、老若男女問わず、

教習所等で、不本意で、面倒なのに、ワザワザ受けなければならない、教習・指導は、

適当に、受ければ良い」等という

「以前は、無かったのに、増えた手間等に対する、不納得心等の上で起こり易い事でもある」。

(「少年~青年期に、納得していなかった学校の試験」は「落第しなければ良い・・・」と、

「簡単に記入出来るところだけ記入」し、「後は、寝ていた筆者」には、

「良く解る心理の一つでもある」。)

「先ず、言うべき」は「教習・指導使用車とその運転者の常用している車の違い」だ。

「多くの場合」は「大きさも小さく、ホイールベースも短い車を常用している筈」で

「其れに、慣れている者に、所謂、Cセグくらすの、より大きい、ホイールベースも長い車」を

「いきなり状態で、運転させる」なら

「低い縁石に後輪が乗り上げる事等は、起こり易い事になる」。

「ある程度、時間をかけて、その大きさ、そのホイールベースの長さの車に慣れる」なら

「この手の事は、実質的に、大問題では無くなる」。

「ここで、浮上して来る事」は

「車の大きさやホイールベースの長さ」等は

「運転者の技量と大きな相関関係がある事」だ。

「現状の免許では、大きさ面では、普通と大型の二区分になっている」が

「その辺りを見直す事も、自動車事故防止に高い実効がある筈」だが

「車メーカー側は、大き目のより高く売れる車をつくりたがり、流行らせたがって来ている」。

「そのメーカーと消費者欲求の差」と「二極化格差状態の深刻化」が

「軽自動車と3ナンバー{高級}車の二極化」や

「車離れ、自転車等増加」等に「繋がっている」。

「日本の注射場・道路等の実態事情」等と

「車自体の性能(安全性・乗車可能人数・荷物積載可能量等々も含む)」等との

「適合性が一番高くなるサイズ」は

「5ナンバー程度の場合が多いのに!」

「免許も、軽限定とか、5ナンバーまでとか、3ナンバーも可、大型も可、くらいに分けられても良い」等と

「感じたり、思ったりしている人々の数」は

「決して、少なく無い筈」だ。

「また、今時、肝要なのは、実使用時の環境性能」だから

「実環境性能で税区分を決め、

排気量区分等は止める方が合理的になる」。

「運転支援設備や

歩行者等保護も含む衝突時安全性能等の安全技術区分に応じた

減税・免税・補助金や罰金的税等も合理的になる」。

「日頃は、公共の電波を使った、主として、反対野党等の為の政治運動等が得意な様相」の

「常連出演者等」が

「自動車問題に対しては、やけ気味に、高齢者試験制度等を、早くやれ!の旨程度」とは

「車オンチぶりが良く判る」が

「それなら、車オンチでは無い者を常連出演者並みに扱って、情報配信すれば良い事にもなる」。

「何の話題に対しても、同じ者たち等が常連出演者で、アレコレ喧伝等している無理」が

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在をつくり出している」が

「その裏に在る」のが「政治・民族等上の思想信条等や人脈等の様相でもある」のだから

「自主是正が何処まで現実的なモノなのか?」は

「非常に、大きな疑問になる」。

「何れにしても、是正が急務である事」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「池袋の該当事故の実態」が「紹介されていた」が

「其処で、はっきりした事」は

「加害車両」は

「縁石に接触するまで」は

「普通に運転されていた」と「強く、推定される事」だ。

「つまり、家の駐車場から出て、どの位になるのか?は不明」だが

「現場の道路に出て、其処に行くまで走っている間」は

「大きな問題が無かった事」が「強く、推定される」。

「現場の道路」は「幅の広い一般道」で「制限速度は50キロか60キロの筈」だが

「ここで問題になる」のは

「工作電磁波を発している車からの工作電磁波」は

「車の速度が高くなるとより強くなっている事」だ。

「例えば、該当道路に出て、走行し出してから、加害車両の前の車から強い工作電磁波が

加害車両の運転者に当てられた」なら

「加害車両の運転者による事故等が誘発されても何の不思議も無い」。

「加害車両の運転者の生体電流・生体電気信号より強い、工作電磁波」が

「加害車両の運転者の足腰等に当てられていた」なら

「どうしちゃったのだろう・・・」や

「足が硬直して、アクセルを踏み続けた状態」等の「事態が発生する事」等も

「大いにあり得る事」だ。

「ガードレール接触前に、加害車両の前後を走っていた車から、工作電磁波が発生されていないか?」等は

「調べられて然るべき事になる」。

「報道内容から、

体力的衰えは、顕著になって来ていた様相の加害車両の運転者」だが

「脳の衰えは、それ程でも無かった様相」でもある。

「脳が衰えていない」のに

「あの事故実態が起こされてしまう可能性の一つ」として

「工作電磁波による誘発事故」は

「大いにあり得る事になる」。

「警察も、いい加減に、本気で、日本国内のスパイ・工作活動等を徹底摘発するべき」だし、

「その為に、必要になっている法や体制の整備等」は

「即刻にでも行われるべき」だ。

「戦後日本国内で連綿と行われ続けて来ている

スパイ・工作活動(非人道的なモノも多い)等を徹底摘発する事等を

訴えもしないテレビ・ラジオ・マスコミ等は、本当にどうかしている」。

「多くの日本国民を、本来より早く、老化・衰退化・病弱等々させる為の

電磁波や飲食物や情報・教育等々を使った、非人道的な粛清工作まで行われている実態が露呈している」のだから

「その対策は、本当に、急務」だ』。

『「10連休前」に

「自動車事故等々を大喧伝しているテレビ等の目的」が

「心理的に、事故を起こし易い状態の視聴者等をつくり出す為」なら

「それは、日本粛清の為の情報工作」に「他ならない事になる」。

「その元のいくつかが、電磁波工作や飲食物工作等により具現化させられている」なら

「被工作活動の深刻度はかなりのモノになる」。

「この辺りまでの可能性も十分に検証しながら、報道等する」のが

「本来の報道機関等の役割りに他ならない」。

「スパイ・工作活動等を黙殺・圧殺等し続けている内」は

「スパイ・工作活動等を仕掛けている側のお仲間等と疑われても仕方無い事になる」』。

『「同様の新たな事件・事故等を防止する為」なら

「横断歩道を渡る時には、信号の色ダケを頼るな!周囲の車やバイク等の動きに十分注意しろ!!」等を「何故、言わない?」

「被害者遺族感情等への共感を誘う事には、熱心」でも、

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に有益になる事等」は、

「黙殺・圧殺・封印状態」では

「その情報配信により、欲しいモノ」は

「同様の被害者遺族等なのでは・・・」等と

「感じたり、思ったりする視聴者が多くても、何の不思議も無い事になる」。

「是正が急務である事」等は「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

池袋の自動車暴走問題や三宮のバス暴走問題等の本当の原因と同様の新たな事件・事故等を防ぐ為に必要になっている事・・・。

『「どちらも、ブレーキとアクセルの踏み間違いを運転者が知覚出来ず、必要な対策を行えずに、暴走を続けてしまったが故の大惨事である実態」が

「露呈している」が

「何故?その様な状態が、しばしば、起こされてしまっているのか?」

「ここで、先ず、問題になる」のが

「自動車のペダル配置と、

運転手の足先の感覚と、

足腰周りも含む筋肉の疲れ・衰え」だ。

「自家用車等の場合、通常、ツーペダル車を運転する場合、

左足ブレーキ・右足アクセルの両足使いで無ければ、

最初にエンジンをかけたり、ギアをドライブやバックに入れて車が動く様にする為にブレーキを踏んでいる必要性がある事等からも、

ブレーキ優先の右足位置をとる人が多い筈」だ。

「アクセル優先の右足位置をとる」と

「アクセルを踏む事は楽になる」が

「ブレーキを踏む為に、足を移動させなければならなくなる場合が増え、その分、ブレーキも遅れがちになり易い」。

「しかし、ブレーキを意識し易くなる」ので

「踏み違い持に踏んでいるペダルが誤っている事を知覚出来無い事等の発生確率は、より低くなり易い可能性もある」。

「ブレーキ優先の右足位置の場合」は

「先ず、ブレーキの上に右足が自然に置ける位置をとり、

ブレーキ下にかかとを置き、

其処から、右に在るアクセルの上に、

足先を右に曲げてアクセルを踏んだり、

かかとの位置をずらしてアクセルを踏んだりする事で、

車を動かしている」。

「つまり、基本として、右足で踏み易くしているのは、ブレーキ」だ。

「疲れや、筋力の衰え等が無い」なら

「基本的に踏み易いペダルを踏めばブレーキを踏んでいる状態になっている」。

「しかし、疲れや筋肉の衰え等がある」と

「股間も弛み、両足が開きがちになる」。

「その結果として、本来なら、ブレーキのところに在る筈の右足」が

「アクセルのところに移ってしまっていたりする事態が具現化し易くなる」。

「もちろん、ブレーキとアクセルでは、ペダル自体の感触もかなり違う車が多い」が

「疲れたり、年齢を重ねたり、すると、衰え易くなる」のは

「手先・足先・知覚力・視力等々」だ。

「その結果」として、

「ブレーキを踏んでいるつもり」でも「アクセルを踏んでいる事態」が

「運転者の知覚の外で起きてしまっている実態が具現化し易くなる」。

「逆から言う」なら

「運転者が上記の様な実態」を

「運転中にも、十分に理解・把握・認識等出来ている」なら

「ブレーキと思ってアクセルを踏んでしまっている事により車があらぬ動きをし出した途端」に

「その修正も行い易くなる」。

「疲れや、老化を十分に知覚した上」で

「ペダルと足の位置の関係を日頃から意識して、知覚する様にしている」なら

「踏み間違えが起きる可能性はかなり減り、踏み間違えても、直ぐの修正が行い易くなる」。

「車を買う時にも、ペダルの位置やシート関連も、十分に気にした方が良い」と「言える」のは

「かなりの数の車、特に、軽やコンパクト車等の、座りとペダル位置の関係が良好とは言い難いから」だ。

「前輪との干渉を避ける為に、左にオフセットしてある車が多い」ので

「右足を真っすぐブレーキの上に置こうとするなら、かなり、意識的に、中央寄りに腰かけなくてはならなくなり、

そうすると、ステアリングが右にオフセット状態となってしまうから、

両者の中間くらいで、妥協するしか無い状態に追いやられる車も多い」。

「快適な運転姿勢等とは、ほど遠い実態が其処に露呈している」が

「現状までで、その辺りの是正を、意識的、かつ積極的に、行っているのは、マツダくらい・・・の様相」だ。

「バス等の場合」は

「中央に太いステアリングシャフトが在る」ので

「元々、股を開いた状態の姿勢が基本になる」。

「バスの場合は、オートマでも、ツーペダルでは無く、左足で操作するアイドリングストップペダル等がある場合が多い」。

「しかし、バスの場合でも、アクセルとブレーキを踏み間違えているのに、ブレーキを踏んでいると認識してしまう原因」は

「自家用車等の場合と同様」だ。

「通常より弛んでいるが故に、

右足が踏んでいる、より右外側のアクセルペダルを、

弛んでいない時の内側に在るブレーキと誤認識し、

足先の感覚も、認知感覚等も、鈍っているから、その誤認識を知覚出来無い」。

「身体特性を良く理解・把握した上で、運転する事の重要性」が「露呈している」のだから

「この手の情報が、もっと、もっと、大々的に配信等されていて当然になる」』。

『「更に、酷い事態」として「工作電磁波の存在がある」。

「音響兵器の電子・ホール版的な、

より疑似高周波方向に向かって経時変化し続る、悪魔の輪唱ソフト・ハード」は

「現状まででも、既に、かなり多くの車にも仕掛けられている実態が露呈している」。

「人間の筋肉の動き」も「生体電流・生体電気信号による」ので

「工作電磁波の影響もかなり出る事になる」。

「ここで、重要なカギを握っている」のが

「運転者自体の生体電流・生体電気信号の強さ」で

「疲れていない、筋肉を積極的に使用している、動かしている筋肉量が多い、等の状態」では

「運転者自体の生体電流・生体電気信号」の「強さ」が

「ある程度までの強く無い工作電磁波」との「相関関係上」で

「勝る事になる」ので「工作電磁波による実害が出辛い事になる」。

「しかし、疲れていたり、元々の筋肉量が少なかったり、等々の状態の運転者にとって」は

「強い生体電流・生体電気信号を使えている状態の運転者とは違い、

工作電磁波による実害が出易くなる」。

「筋肉同様、脳神経でも、同じ事になる」ので

「工作電磁波対策」は「非常に重要になる」が

「戦後日本のほとんど全てのテレビ・ラジオ・マスコミ等々や学校教育等々」では

「日本の中のスパイ・工作活動等は黙殺・圧殺状態」だ。

「其処に露呈している」のは

「北朝鮮金政権等のオトモダチ人脈等」と

「感じたり、思ったりしている人々の数は、決して、少なく無い筈だが!」

「スパイ・工作活動等、黙殺・圧殺状態」は

「即刻にでも是正されるべき事に他ならず、

工作電磁波や飲食物工作や侵入工作等々に対する実効のある対策を実践する事も急務」だ』。

『「多くのテレビ番組等では、この手の問題が起きると直に、

高齢者運転免許返納!を声高に喧伝等している」が

「其れは、車使用でも動けている高齢者を車使用では動かない状態に追いやる衰退化策でもある」と

「共」に

「車業界を細らせ、動かなくなると益々、衰え易くなる実態からも、社会保険等の負担を増させる、

実質的、反日政策等の様相でもある」。

「推奨すべき」は

「対人・対車・対物等々、非常時自動ブレーキ付き等の安全装備が充実している車への買い替え」で

「同時に、より燃費の良い車への買い替えを推奨する」なら

「環境問題面でのメリットも生まれてくる事になる」。

「電気自動車等への補助金を出しているくらい」なら

「こちらの買い替え補助金を出す方が、人間社会メリットも環境メリットも大きくなる」と

「強く推定出来るのだから、より安全でより燃費の良い車への買い替え」等こそが

「公共の電波上でも大々的に喧伝等されていて当然になる」。

「免許返納を大喧伝等している、実質的、日本衰退化工作員等を、

日本の公共の電波上で常連出演等させ続ける必要は全く無い」』。

『「歩行者側から、身を守る為にどうする事が合理的になるのか?」等も

「喧伝等されていて当然」だが

「現状のほとんどのテレビ等では、この面が明らかに不足している」。

「推定100キロ超えで横断歩道に突っ込んでい来てしまった池袋の自動車」を

「横断歩道を青信号で渡ろうとしていた人々が感知する事」は

「都会の車も含む雑踏故に、音では難しかったかも知しれない」が

「視覚では、検知出来た方々も居た筈」だ。

「もっとも、検知出来ていても、速度が速度だから、居場所によっては、避ける事はかなり困難とも推定出来てしまうが」。

「20キロ程度と推定される三宮の横断歩道に突っ込んで来たバスの場合」は

「やなり、雑踏故に、音では検知も困難と推定出来る」が、

「バスの{異常な}動きを見ていた」なら

「検知し、場合によっては、避ける事も出来た可能性がある」。

「身を守る為に、重要な事」は

「横断歩道を渡る時」は

「信号の色だけでは無く、それよりも、周囲の車やバイク等々の動きを左右共着実に見極める事」だ。

「以前に同様の事件・事故等があった時にも、記した」が

「何故か?テレビ等では、未だに、この重要な身を守る手段を常連出演者等が喧伝等していない様相」だ。

「被害者感情等を短絡的に考え、重んじる」なら

「何も言えない、何も言わない」が

「批判・非難等されない保身の道」かも知れないが、

「同様の新たな事件・事故等の被害を減らす為に有益になる事を言わない事」が

「果たして、被害者の利益になるのだろうか???」

「もし、以前の事件・事故等の時」に

「多くのテレビ・マスコミ等」が

「身を守る為に、横断歩道を渡る時は、周囲の車やバイク等々の動きに十分に注意して!!」等を

「喧伝等していた」なら

「今回の問題での犠牲も減っていたかも知れない」のだから

「テレビ常連出演者やマスコミ常筆等々」なら

「自らの{保身}・保利権等々より、

同様の新たな事件・事故等による犠牲者を減らす為に!等を

優先していて当然になる」。

「それも出来ない集利権人間等を公然化し続けている事による実害」も

「かなり、甚大になる事」等は

「多くの人々が共有出来ている情報・教育等により、

その時、その場所の、

個々の人間の精神構造(自己制御ロジック)や

その集大成である人間社会の精神文化」が

「かなり、変わるから」だ。

「物質文明の進歩・進化頼り」で

「精神構造・精神文化側」は

「旧態依然とした考え・思いによる納得レベルと其れに基づいた上辺の表現は威厳に満ちた法等々・・・」では

「人類滅亡の時も急速に迫って来てしまうだけ・・・なのに!」』

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

«サンデーモーニングでは「ノートルダム大聖堂をダシに、今時なら劣悪レベルになる、文化財論」等を常連出演者が公共の電波上で喧伝等していたが・・・。