「大臣の資質」を責める「反対野党の資質」と「それを大喧伝するお仲間テレビ等の資質」と「ズルいソ連を言わない北方領土問題」・・・。

『「日本の大臣の資質」として「重要」なのが「官僚を支配出来るか?等」では「無い事」は「かつての民主党政権時の実態」からも

「良く判る」。

「官僚を活かす事が出来ている」なら

「実務上では、大きな問題も起き辛い」のが

「日本の国政の実態になる」。

「反対野党等が行っている事」は

「実態として、言葉や態度の揚げ足取り等による悪イメージ付け等」で

「その目的」が

「より良い政論の提案等では無く

政府・与党等に悪イメージ付けを行う事等による

政争である事」は

「既に、多くの日本国民が重々承知の事になっている」。

「反対野党等のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「その政争で反対野党等を利す情報配信を

公共の電波や公共レベルのマスコミ上で一方的に大量に行い続けて」も

「もはや、それに誘導される有権者は少ない」から

「実際に、反対野党等は少数化」し

「現与党側の一強状態になっている」。

「大臣の資質の前に反対野党等やそのお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等の資質」が

「大いに問われている実態が露呈している」が

「反省無き者たち」には

「十分な進歩・進化を実現させる事も困難な様相」で

「反対野党等の議席を減らす事にも直結している

旧態依然とした政界茶番劇とそのテレビ・ラジオ・マスコミ等による大喧伝」は

「未だに、旺盛状態」だ。

「選挙も無いが故に実権者人脈等の交代も不十分過ぎる

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の重大問題の氷山の一角」が

「其処に露呈している」』。

『「先の大戦末期」に

「日本の敗戦が濃厚になった事につけ込んで、

日ソ中立不可侵条約」を

「一方的に破棄」して

「北方領土も侵略~支配し続けて来ていた旧ソ連」は

「明らかに、酷く、ズルい」。

「大量の核兵器まで保有している現状人間世界の世界標準」は

「酷く、ズルい事からの脱却になっている」。

「戦利としての領土侵略~略奪等が容認されたまま」で

「核兵器まで持っている現状の人類が戦利を目指す事」の

「超自虐性」は

「もはや、世界中の何処の誰にでも明らかな事」だ。

「武力による現状変更は認めない世界的合意が生まれている裏」には、

「相応の超自虐を避ける為のバックボーンが在る」。

「その超自虐を避ける為のバックボーンを強く支えている{筋肉}の一つ」が

「ズルは容認しない事になる」。

「現状まで引き摺られている過去の問題」にも

「超自虐を避ける為のバックボーンを通す必要がある」。

「ズルの容認はあり得ない事」だ』。

『「北朝鮮金政権問題」でも「ズルは絶対にダメ」だから

「核放棄約束をしてもそれが実行されていない間」は

「制裁の解除もあり得ない」。

「未だに、ズルが通せると思い込んでいる様相」の

「北朝鮮金政権等は、超自虐を避ける為にも、早々に、態度を改めるべき」だ』。

『「元々が、日本の敗戦が濃厚になった事につけ込んだ

火事場泥棒的侵略~支配である

北方領土問題」でも

「ズルが容認されて良い訳は無い」。

「旧ソ連はズルかったが、ロシアになったらズルく無い」なら

「ロシアが国際的にも一流の大国として認められ易くなる」が

「旧ソ連持と同様のズルに走り続ける」なら

「ロシアの国際的評価は低いままに成り易い」。

「ズルを放棄して、潔く日本の北方領土を返す事」は

「ロシアにとって国際社会内での大きなメリットを得る事に直結している」』。

『「それなのに、未だに、

二島を渡す合意には主権も渡すとは記されていない」等の

「ズル」を

「言っている様」では

「世界中の多くの人々」に

「未だ、未だ、ロシアは一流の大国には成らないのだろうなぁ・・・」等の

「感や思い等を抱かせている事になる」。

「その世界中の多くの人々からのロシアに対する感・思い等のデメリット」は

「本当に多大」だ。

「二島を渡す」には

「主権も渡すとは書いていない」が

「主権を渡さないとも書いていない」。

「渡す事の実態・実体は何か?」を

「考える」なら

「世界中のほとんどの人々」が

「日本に帰す事であり、其処には、当然、主権も含まれる」と

「認識する事になる」。

「人類の歴史上」でも

「領土が渡されて、主権が渡されていないなどと言う、あり得ない事態は無い」。

「ズル」は「ズルでしか無い」から

「多くの人々の思いや感の上」に

「スッキリしない悪いモノを抱かせる」。

「そんなモノを多くの人類に抱かせる国家指導者等」に

「世界中の多くの人々の尊崇等が集まる訳も無い」。

「旧ソ連とは違う

ズルく無いロシアのやり方」を

「全世界に示す」なら

「世界中の多くの人々から尊崇等される事になる」。

「米国からの敵視状態等も減る事になる」から

「米軍基地が在ろうが無かろうが、対立しない、攻められない状態が得られ易くなる」。

「是々非々の経済活動等には、全世界の多くが賛同する事になる」から

「経済発展もし易くなる」。

「領土に拘り、世界中から、ズルいと思われ続けるのが良いのか?」

「過去のズルは潔く清算し、

世界中からズルをしない是々非々の経済活動の仲間等として

歓迎されるのが良いのか?」

「どちらを選ぶのが正解か?」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北方領土問題の原点でもある

日ソ中立不可侵条約の一方的破棄~侵略等にも言及せず、

二島引き渡しには、主権も引き渡すとは書いていないと

ロシア側の言い分ダケを喧伝し、

主権を引き渡さないとも書いていない等」の

「既に、明らかな、当たり前の反論等さえも言わない

テレビ等は、明らかに異常」だ。

「其処に露呈している」のは

「日本のテレビ等では無く、

旧社会・共産圏等の手下、情報工作機関等の実態になる」』。

『「戦後日本の

所謂、文系、左翼(内実、親朝鮮・利朝鮮等)教育等の優等生等が行っている事」は

「日本にとって自虐となり、反日他国等を不当に利している場合が多い」が

「何時までも、そんな劣悪状態で良い訳も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝昼番では「北朝鮮金政権に核・ミサイル等開発等の更なる、時間を与えたオバマ前大統領の夫人本の大宣伝」等をダシに「北朝鮮金政権等に厳しいトランプ政権批判・非難」等をを行っているが・・・。

『「もっと他に流すべきニュース等が在る筈」なのに「未だに、公共の電波を使った実質的、政治運動等」を

「連綿と行い続けている様」では・・・。

「その酷い、劣悪ぶり」に

「呆れている視聴者の数も多い筈」だ』。

『「ジャパン・ライフ問題」でも

「重要な事」は

「その様な{商売}方法等が詐欺には出来辛い現行法の是正等」なのに

「実質的には、問題実態を紹介したダケ・・・」だったのだから

「現行法の是正」等を

「黙殺・圧殺等する事」等により

「実質的には、現行法・現行の摘発体制等では摘発困難な

実質的、集金工作や障害・傷害工作等の維持~増大等を

容易にする為の

実質的、情報工作~大衆マインドコントロール等の様相」が

「其処に露呈している」。

「拉致までされているのに、

十分な実効を持つスパイ・工作活動対策さえも行えていない

戦後日本の異常状態の裏」には

「日本の中に居る、日本国籍を持っている場合も多い、

北朝鮮金政権等の実質的、手下等やその協力者等の臭い」が

「濃厚に漂っている」。

「こんな異常状態の是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「北朝鮮金政権等にとって」は

「核・ミサイル等の脅し武器を保持出来ている間」に

「日韓内の工作活動等を出来る限り旺盛に行う事等により

日韓を乗っ取り支配する事」こそが

「現状の最優先事項になっている」。

「元々、核・ミサイル等の脅し武器抜き」なら

「其れこそ、北朝鮮国民による暗殺事態等が起きても何の不思議が無い状態」を

「自ら築いて来てしまっている北朝鮮金政権等にとって」は

「核・ミサイル等は命綱になっている」から

「手放せる訳も無い」。

「北朝鮮国民を支配下に置いた後の北朝鮮金政権等にとっての問題」は

「外圧の排除になる」が

「その為」には

「近隣に在り、

歴史上でも密接なかかわりを持つ

規模の大きく無い国」である

「韓国と日本を先ず、支配下に置いてしまう事」こそが

「合理的になる」。

「北朝鮮単独では、中国を支配下に置く事は規模面からも困難」だが

「韓国・日本を支配下に置く事が出来るなら、

その先には、中国支配も見えて来る事になる」。

「自己健常支配を怠り、

その代わりの他の者・物・事徹底支配に邁進し続けて来ている

北朝鮮金政権等にとって

自己正当化の為に永遠に必要になるのは支配域を増大し続ける事に他ならず、

支配域の増大が止められる事=今まで散々積み重ねて来ている罪の清算になる」から

「核・ミサイル等脅し武器の保持」と

「手下やその協力者等を使った、主として日韓内等、他国内での工作活動等」は

「絶対に放棄出来ない事になる」』。

『「話しても無駄な相手との対話・会談等々」は

「余分な時間を与え、被害をより大きくし続けるダケになる」から

「早々に、問題の根幹を駆除・排除等する」等の

「実効のある対策が実行される事」が

「非常に強く求められている」』。

『「その様な北朝鮮金政権等を取り巻いている現状の中」で

「日本の多くのテレビ番組等」が

「北朝鮮金政権等にとって厳しい、トランプ政権や安倍政権等を批判・非難等し続け」、

「北朝鮮の核兵器圧力感等を増させる為か、核問題を喧伝」し

「実質的、集金工作等を{宣伝}したダケで、法・摘発体制等の是正を言わず、

実質的には、工作活動等の利を容認・黙認等する世論等を醸成させようとしていた・・・」

等々の

「実質的には、日本・多くの日本国民を不利にする反面で、

北朝鮮金政権等やその手下等を利す

情報配信ぶり」等なのは

「単なる偶然とは思えない」。

「其処に漂っている」のは

「北朝鮮金政権等の手下やその協力者等の濃厚な臭い等になる」』。

『「もちろん、言うまでも無く、日本の公共の電波等が

北朝鮮金政権等やその手下等に乗っ取られていて良い訳は無い」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」。

「何処の局でも、ニュースとして取り上げる問題が、ほぼ、同じ、

更に、主たる論調等もほぼ同じ、

更に、常連出演者等もほぼ、同じ」という

「異常事態」は

「情報統制にも通じている」。

「とても、自由・民主主義圏の国のテレビ番組とは思えない実態が其処に露呈している」。

「是正が急務である事」は「もはや、言うまでも無い事になる」。

「ニュースとして取り上げる問題」は

「事の重大性や近接性等に鑑み、

日本国内で起きてしまった殺傷事件・事故等が一番であって何の不思議も無い」。

「そして、それは、実体や事実・現実に忠実に原寸大で報じられるべき事になる」。

「視聴者・読者等をマインドコントロール等しようとしている様相が濃厚な

特定極一部の常連出演者・専門家等々による論や解説など要らない」。

「本当に必要」なのは

「個々の視聴者・読者等が個々でその問題に対し、

考え・判断等するのに必要な能力を養う事であり、

その為に有益な情報・教育になる」。

「つまり、民衆主義社会の肝である民度を高める為に有益な情報・教育」だ』。

『「自己健常制御を疎かにしている未熟な者たち」は

「その代わり」に

「他の者・物・事の支配」や

「他の者・物・事等による被支配」を

「強く求め易い状態になる」。

「幼少期なら、其れもまた健常」だが

「成人期になっても、未だ、幼少レベル・・・」では、

「発育不全状態等と言わざるを得ない状態になる」。

「悪」は、

「多くの人々を発育不全状態に押し留める事」や

「脅し・圧力」等により

「他者支配を容易にしようとする」。

「その極致が独裁支配」だ。

「健常人間社会」なら

「多くの人々の健常発育を容易にし続けようとする」から

「多くの人々が成長し易くなる」。

「結果として、自己健常支配を主とする人間集団が構築される」から

「他者支配・他者による被支配」等の

「抑圧要素が軽減された

健常で自由な状態」を

「築き易くなる」。

「民度の高い民主主義社会」を「実現させる」なら

「それは、旧来の社会・共産主義より遥かに、実度の高い

社会・共産主義的要素も濃い民主主義社会になる」。

「多くの人々が狭義の自分ダケでは無く、広義の自分まで十分に理解・把握した上で

行動する」なら

「それは、

当然の結果」であり

「地球環境問題の解決にも直結している道になる」。

「情報・教育が健常化される」なら

「近々、実際に、人類が手に入れる事が出来る健常な世界が其処に在る」。

「旧態依然とした情報・教育の繰り返し上に在る現状利権等を負い求め続けている様相」の

「天動説型の、所謂、文系の仕事をしている者たち等による実害」は

「かなり、膨大」だ。

「それは、

戦乱・格差等々の人間社会問題としても具現化しているばかりか、

地球環境問題としても具現化している」。

「こんな状態を実質的に、放置・容認等し続けた上」の

「所謂、文系側の利権に本質的な正当性が在る訳も無い」。

「所謂、文系側でも、所謂、理系側同様に、

地動説型で仕事をする」なら

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取った

丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観に固執していない

個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化への貢献度が高い

仕事が出来ていて当然になる」。

「所謂、文系側の地動説化」は

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、民度問題抜きの{チョウおバカお手盛り}民主主義論等を公共の電波上にばら撒いていたが・・・。

『「民主主義の基本」は「言うまでも無く、民」だ。「民が独裁者やテレビ・マスコミ等の操り人形状態」では

「其処に在る」のは

「民主主義の名を不当使用」した

「独裁主義」であり

「テレビ・マスコミ全体主義」になる。

「マスメディアロート論まで出して、お手盛り民主主義論」を

「喧伝」し

「米国トランプ政権等を批判・非難等する実質的、政治運動等」を

「日本の公共の電波上で行い続けている醜態」は

「本当に、酷く、劣悪になる」が

「自覚無き愚か者たち、もしくは、確信犯の悪たち」等は

「常連出演利権等の維持~増大の為か?」

「反日他国の都合に沿う日本社会・日本世論等醸成の為の

情報工作の為か?」

「平然と、酷く、劣悪な事を行い続けて来ている様相」なのだから

「本当に呆れる」。

「是正が急務である事」は

「既に、言うまでも無いレベルの事になっている」』。

『「真っ当な民主主義論」なら

「先ず、問われるべき、語られるべき」は

「民の民度」だ。

「マスコミ等によるろ過」や

「情報伝達や民主主義政治等の速さ」等々は

「どうでも」、

「民度が低い民の集団」では

「民主主義が成り立ち辛く」、

「民度が高い民の集団」なら

「民主主義が成り立ち易い」事は

「極めて、当たり前の、基本中の基本」だから

「民主主義を言うなら、先ず、民度問題を言う必然性が有る事になる」。

「民度問題抜きの民主主義論の多く」は

「実質的に、策略的政治工作・情報工作論等である場合が多い」。

「常々、公共の電波を使った実質的、政治運動等が得意な

テレビ局や番組等」が

「実質的、策略的政治工作・情報工作論等の側の

似非民主主義論等を喧伝したがる」のは

「ある意味、極めて当然の現象になる」』。

『「民度」と「表現される」と

「多くの人々の中」で

「多種多様な民度論等が出て来易くなる」が

「民度」を

「個々の人間の精神構造の成熟度と言い換える」なら

「より具体的なイメージ等が掴み易い筈」だ。

「比べっこレベルの精神構造の民度を持つ集団」の

「民主主義」なら

「比べっこに対する合意となる」のは

「極めて当たり前の現象になる」。

「その比べっこ」が

「武力による命がけの支配権/被支配権争いだった時代」の

「人間世界の主流、最先端、精神文化」が

「所謂、侵略~植民地支配主義だった歴史上の現実」は

「今時の多くの人々が重々承知の現実になる」。

「もちろん、

其の時代の、主流、最先端、精神文化に走った国々の

主たるマスコミ論や大衆民意等々」も

「其れに、合意していた」から

「侵略~植民地支配等が横行したのが現実」だ。

「民主主義の一つの結果が其処に在る」。

「多くの人々が科学レベルで理解・把握出来ていた事が少なく、

多くの人々が考え・思いの上での納得に依存していた時代故の

自虐惨劇が其処に露呈している」が

「そんな時代に、主流、最先端、精神文化自虐惨劇上での

侵略する側にも成れなかったが故に

侵略される側に回ってしまっていた国々やその国々の多くの人々の民度(精神構造)が

侵略される側よりも高かった訳では断じて無い事」も

「決して、忘れてはいけない事になる」。

「武力による比べっこ支配権/被支配権争い」を「是とする精神構造」の

「反省」から

「比べっこをそのまま」に

「武力を経済に替えた」のが

「先の大戦以降、現在まで続いている人間世界の主流、最先端、精神文化になる」。

「現状の多くの国々の多くの人々の精神構造」も

「其れに、是を出している精神構造状態に他ならない」。

「比べっこがそのまま」だから

「対立も必然になる」。

「武力による命がけの比べっこの反省」から

「経済を表看板にすり替えても、

比べっこは比べっこ」だから

「その比べっこが経済レベルで満足出来なくなれば、武力レベルに後戻りしがちになる」のも

「当然の現象になる」ので

「現状の経済比べっこには後ろ盾の武力が必需となっている」。

「人類が比べっこで事を進めようとする限り、

行き着く先」は

「武力による命がけの比べっこになる」が

「そんな超自虐的な事」に

「多くの人々の精神構造が是を出している」のが

「現状の民主主義の実体」だ。

「比べっこの中」で

「保守」だの「リベラル」だの「社会民主主義」だのと

「上辺」を

「競い合い、比べっこ」しても、

「生まれるのは対立」となり

「終極的には、武力による命がけの比べっこに成り易い」のは

「極めて、当然の現象になる」。

「自国や自集団等の利権を第一にする保守」も

「例えば、不法移民を票田にする、ズルや悪まで認める自由主義(リベラル)」も

「それらとの比べっこ上では、それらより賢く思えるでしょ!レベルで

内実は、旧社会・共産圏からの引用も多い社会民主主義」も、

「皆、決定打とは成り得ない」から

「比べっこ~比べっこ故の対立~終極的には武力による命がけの比べっこの道」を

「歩み進んでしまっている自虐」は

「どれも、変わらない」』。

『「こんな状態の現状を是正する為にはどうすれば良いのか?」

「多くの人々の民度(精神構造)」を

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと

健常進歩・正常進化させれば良いダケになる」。

「先ずは、

個々の人々の民度を高める事

=個々の人々の精神構造を健常進歩・正常進化させる事」こそが

「民主主義上でも、極めて重要になる」。

「それなのに、未だに、

比べっこのまま・・・で

現状利権を維持~増大等する為等の

情報工作・政治運動等を

公共の電波上でも

行い続けている様相では」・・・。

「余りにも、酷い、劣悪さ」に

「呆れを通り越して、哀れになる」が

「その実害は膨大」だから

「放置・容認等し続ける訳にも行かない事になる」。

「現状の人間社会状態や自然環境状態の現実」からも

「明らかな様」に、

「人類誰もの広義の自分の長い~永い存続を実現させる為」には

「公共の電波上や公共的マスコミ上や学校教育上」の

「情報・教育の健常化・正常化」は

「既に、本当に真剣に行うべき急務になっている」。

「それなのに、旧態依然とした状態が続いているのは何故か?」

「其処には、特定極一部の人脈の者たち等の膨大な既得権益等々の臭い」も

「充満している」が

「ホンの何十兆かの細胞群の集団を不当に利す事により

人類誰もの広義の自分である地球生命体細胞群自体を

大きく損なう超自虐業=極悪事」は

「直ちにでも、止めさせられ、

極悪事の清算と

同様の新たな極悪事の再発防止の為」にも

「相応の罪と罰が与えられるべき事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

米国中間選挙の結果を受けて、北朝鮮金政権等やその手下等は強気になろうと必死の様相だが・・・。

『「上院は共和党の勝ち」で「下院は民主党の勝ち」という「米国議院のねじれ」は「中間選挙時の通例」で

「重要な事」は「上院と大統領が同じ共和党である事になる」。

「上院を取られなかった事によりレームダック化しなかったトランプ政権の今後」は

「今までとそう違う訳も無い」が

「北朝鮮金政権等やその手下等」は

「早くも、米国中間選挙の結果が北朝鮮金政権等やその手下等を利す様になった」等と

「必死に思い込みたがっている様相」だから

「本当に呆れる」。

「一部報道等によれば、

米朝首脳会談を先送りした」のは

「北朝鮮金政権等の側との事」だが

「言葉や上辺で優等生ぶり正義ぶる事が得意で

結果はなかなか出なくても放置・容認・黙認も厭わなかった

以前のオバマ民主党政権とは違い、

早々に実のある結果を求めるトランプ共和党政権」にとって

「約束をロクに守らず、

首脳会談の先送りまでさせた

北朝鮮金政権等が

どの様なモノに感じられているのか?」は

「もはや、説明するまでも無い事」だろう。

「米国トランプ共和党政権の

怒りの導火線に火が付く瞬間」を

「呼び寄せている、もう一つの政権」は

「韓国文従北政権」で

「日韓基本条約等の国家間条約さえ反故にする

とても文明国とは思えない対応」が

「北朝鮮解放戦争時の犠牲になっても仕方ない感」を

「沸々と沸き起こしている事」等は

「民族特別思想・民族特別意識等から抜け出して、

事の正邪等を、冷静に、少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る事になる」。

「米国に限らず、

何処の国でも、

軍事産業の為」には

「軍縮より

軍備比べっこの冷戦状態であり、

時には小規模戦争である事」等も

「また事実」だが

「その辺りを無い事にしたがる」のが

「極悪政権や極悪政権等を実質的に、利し続けて来ている似非平和主義者等」の

「酷く、劣悪でもある、現実逃避の実態」だ。

「北朝鮮解放戦争が実際に行われる」なら

「其れは、米軍の先進兵器等の積極使用等により、

アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる実質的、小規模戦争になる」。

「北朝鮮金政権等やその手下等や

韓国文従北政権等」は

「自ら戦争を招く{自虐}」を

「直にでも止め」、

「北朝鮮」は

「誠実」に

「全核兵器とミサイル・大量破壊兵器等と他国内での工作活動等を

完全放棄するべきであり」、

「韓国」は

「誠実」に

「日韓基本条約等を守るべきである事」等は

「民族特別思想・民族特別意識等から抜け出して、冷静に、少し考える」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰にでも分る事になる」』。

『「韓国が日韓併合時の個人の請求権は消失していないとする」なら

「終戦時に朝鮮半島内等に在った日本人個人の財産・資産等を

日本の敗戦につけ込んで韓国権力者等やその手下等々が

火事場泥棒的に略奪した分についての

日本人個人の請求権も消失していない事になる」。

「韓国人に対する補償は認めても、日本人に対する補償は認めない」なら

「とても文明国・文明人等とは思えない

アカラサマな民族差別等が

全世界に、明らかになる」。

「植民地支配を免罪符にする」なら

「二国間の合意契約であった二国を一国化する日韓併合同化契約」が

「植民地支配であった事の立証が必要になる」。

「日韓併合時の実態が事実・現実通りに明らかにされる」なら

「植民地支配{詐欺}が露呈する事になる」。

「戦後火事場泥棒を正当化する為に植民地支配{詐欺}等々まで

行い続けて来ている国やその国の国民」が

「世界中からどの様に思われるのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事になる」。

「民族特別思想・民族特別意識等は早々に捨て、

日韓基本条約締結後は未来志向で・・・」が

「戦後の韓国にとっての救いのある道だった」が

「自ら救いのある道を踏み外す事を繰り返して来ている{自虐}の酷さ」等には

「世界中の多くの人々が本当に呆れている事」だろう。

「北朝鮮の{自虐}の酷さは韓国以上」で

「朝鮮半島には{自虐}を生み出し増大させ続ける劣悪な精神文化が在る事」等を

「露呈させている様相」だが

「そんな精神文化状態だった」から、

「かつての欧米列強進出時には、単独では国の存続さえ危うい状態に陥っていた」等と

「強く、推定出来る」。

「治すべき精神文化は治すべき」で

「精神文化を健常にする唯一無二の道」は

「実体や事実・現実と共にある落ち着いた状態に自らを置き続ける事」だ。

「民族特別思想や民族特別意識等に現実逃避し

実体や事実・現実から乖離している分のツケを

周囲に八つ当たりして回し続けようとする悪病態」の

「治療の為」には

「それなりに強い意志と長い時間が必要になる」かも知れないが

「だからと言って、戦争等による{安楽死}を呼び寄せている」のは

「本当に、どうか!と思う」。

「日本の中に居る北朝鮮金政権等の手下等やそのオトモダチ等や

韓国文従北政権等に近しい者たち等」にも

「同様の精神文化・精神構造傾向等が見受けられる場合も少なく無い」が

「日本の中で暮らしている分だけ症状は軽い様相」だ。

「日韓併合時の朝鮮人と同様の状態が其処に露呈している」が

「戦後も同化契約を生かしたままだった」なら

「悪い病態も消失していた」かも知れない。

「ズルと悪の先にはロクな者・物・事は産まれない・生まれない」が

「健常方向を目指す正常努力の先」には

「相応に明るい健常な人間世界等が在る」。

「どちらを選択するのが正解か?」は

「言うまでも無い事になる」が

「21世紀の今日なのに、

未だに、

ズル・悪正当化の為の民族特別思想や民族特別意識が横行している様」では・・・』。

『「世界中の多くの人々」が

「本当に呆れている」のだから

「北朝鮮も韓国も治すべき精神文化は早々に治療すべき」で

「自ら治療出来ないのなら、素直に、助けを求めるべき」だ。

「ガン細胞的状態の者・物・事等の限定的駆除・排除等により

ある程度の健常状態を取り戻せる可能性も決して低く無い」のだから

「朝鮮人の誰かが、そのスジの助け願い」でも

「米国トランプ共和党政権等に必死に行ってみるのも良いと思う」が・・・』。

『「何れにしても、ズルと悪の先にはロクな者・物・事が産まれない・生まれない」。

「ズルと悪に対する差別は正当」で

「ズル・悪差別抜きでは平和・健常状態等になる訳も無く」、

「差別せずに、ズルも悪もお仲間にしたがる、する」のは

「似非平和主義者等やズル者・悪者自体等になる」』。

『「不法移民にまで市民権を与える事で票田にしようとしたオバマ民主党政権」は

「明らかに、ズルい」。

「北朝鮮金政権等の問題を、更に、大きくする時間」を

「北朝鮮金政権等に与えた事」等を

「戦略的忍耐」等の「美辞麗句で正当化した」のも

「明らかにズルい」。

「悪が生み出すズルい発想が露呈している様相が其処に在る」。

「日本の反対野党や

反対野党のお仲間

テレビ・ラジオ・マスコミ等々や学校教師等」にも

「同様のズルさ」が

「在る様相」が

「露呈し続けて来ている」』。

『「ズルや悪の様相を露呈し続けて来ている者たち等」が

「ズル・悪の親玉的様相の北朝鮮金政権等を実質的に、利し易い」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「ズル者・悪者たち等が自己正当化する為」には

「ズルい・悪い自分より酷い巨ズル・巨悪等の存在が有益になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、「入管法改正問題」等を扱っていたが・・・。

『「政府・与党等が行っている」のは「主として、今必要な、現状対策等」で「反対野党やそのお仲間テレビ・マスコミ等が行っている」のは

「主として、政府・与党の行う事に対する難癖付けや批判・非難等により

優等生ぶり、正義ぶる事等」と

「なってしまっている」から

「日本社会自体がナカナカ良く成らず、

例えば、少子高齢化問題等も解決出来無い」。

「この自虐的、負の構造から抜け出さない限り、

政治も社会も良く成り辛いまま・・・なのは

ある意味、極めて、当然の事になる」。

「現状対策に忙しく無く、

自由に本当の解決策等を提案出来る立場に在る、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

大学等や

野党等」が

「現状対策に懸命な、政府・与党等の後追い状態」で

「難癖付けや批判・非難等を主に、優等生ぶり、正義ぶる事等により、

政権交代等を実現させよう・・・等と

実質的、政治運動に明け暮れている様」では

「本当に、酷く、劣悪になる」。

「コレが、天動説状態の現状の所謂、文系側の仕事???の実態」だ』。

『「戦後日本」の

「所謂、左翼(内実、親朝鮮・利朝鮮等)偏向・偏重情報教育」で

「茹でガエル状態にされている

所謂、文系学校教育優等生~高学歴者たちの実態」とは

「所謂、左翼(同上)にとっての有益分子に他ならない」。

「朝鮮半島が南北に分かれてから一気に旺盛になった

戦後日本国内の

所謂、左翼(同上)情報・教育」とは、

「元々は、

日本国自体を旧社会・共産圏側に引き摺り入れる為の情報・教育でもあった」。

「つまり、北朝鮮金政権等の下に引き摺り入れる為の情報・教育の側面が濃厚」なのが

「戦後日本の所謂、左翼(同上)情報・教育の実体」だ。

「そんなモノの優等生~高学歴者等」の「思想信条や論・言動等」が

「日本国・多くの日本国民にとって有益な場合が非常に少ない事」や

「内実として、北朝鮮金政権等を利している場合が多い事」等は

「ある意味、極めて当然の現象になる」』。

『「入管法改正問題」で

「経済にスポットライトを当て、

経営者と労働者の利権問題を論じ、

労働者を利すべき論を喧伝した事」も

「如何にも、左翼(同上)的」だったが、

「そもそも、現状の経済システム上で経済利権を比べっこで争奪し合う」なら

「低賃金労働者を使える企業の方が

低賃金労働者を使わない企業より有利に成り易い」のは

「極めて当たり前の事でもある」。

「更に、実体経済界より金融投資界の方を圧倒的に優遇している

現状の経済システムのまま

時を重ねる」なら

「必然的に、多大な格差がどんどん膨らむ」のも

「極めて、当然の現象になる」。

「低賃金労働者等の使用によって

経済競争面で有利になった企業の経営者と株主」に

「利益が集中し易いシステムとなっている」のが

「現状の経済システムの実態」だ。

「更に、多大な金権を認めている」のが

「現状の人間社会システム」で

「お金に色も付けられていない」のだから

「現状人間社会・経済システム上」では

「経営者~大株主こそが、支配権を持ち易くなり、

時と共に膨らむ保有金権等の増大等により

より大きな支配権を持ち易くなっている」のが

「実態」だ。

「この問題を解決する方法」が

「経営者と労働者の対立軸上に在る訳も無い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰にでも解る筈」だ。

「比べっこや他者支配・他者による被支配」という

「精神構造・精神文化自体を是正する事抜き」に

「人間社会・経済システムという人類の精神文化製品上の問題」の

「本当の解決」は

「不可能になる」』。

『「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が悪過ぎる

出来の悪い精神文化製品(人間社会・経済システム等も含む)を

整合性の高い出来の良い精神文化製品に替えて行く実務」を

「推奨すべき、現状での自由度が比較的高い、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や

大学等や

野党等」が

「現状対策に明け暮れている政府・与党等に難癖を付け、批判・非難等し、

実質的に、足を引っ張っている状態」では

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「資質が???な大臣」等の

「揚げ足取りをしたり、難癖付けをしたり、・・・している」のが

「日本を細らせた反面で

中・韓(北朝も含む)を大いに太らせた実績を持つ政党の

要人だった者」では・・・、

「旧態依然とした政界茶番劇の先には、

より良い日本社会等は見えて来る訳も無い」が

「そんな茶番劇」を

「お仲間テレビ等は、公共の電波上の貴重な時間を割いて、大々的に配信」なのだから

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「ゲイノウ人が三人の子どもを連れて、子ども遊戯施設に行ったら、入場を断られた事」を

「該当ゲイノウ人の有名人利権増大の為に大いに役立つ

公共の電波上での名出し、顔出し、大喧伝・・・」では、

「一子ども遊戯施設の管理上の問題という実質的、小問題」に

「余りにも、大きなスポットライトが当てられ過ぎていて、

本当に、酷く、劣悪になる」。

「報道・ニュース」等は

「実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信であって然るべき」で

「特定極一部ゲイノウ人等の有名人利権増大等の為に

公共の電波が使われ過ぎている現状」は

「明らかに不健常になる」』。

『「日本の少子高齢化問題の本質」は

「日本社会の不健常状態に在る」のだから

「日本社会から不健常状態を出来る限り無くして行く事に対して

有益になる情報配信をしているべき

公共の電波を使えている者たち等」が

「日本社会をより不健常にするに有益となる情報配信状態」では

「本当に、酷く、劣悪」だ』。

『「筆者の実感」では

「戦後日本社会の不健常性の多く」は

「飲食物や大気等と情報・教育に在る」。

「科学技術等が急激に進歩・進化している昨今では、電磁波工作も大きな問題」で、

「本質的に問題」なのは

「その不健常性の中に、

北朝鮮金政権等の命令・指令の下の工作活動等がかなり含まれている事」だ。

「逆から言う」なら

「少子高齢化対策の為」にも、

「日本国内のスパイ・工作活動対策を堅強にする事」等こそが

「大いに有効になる」が

「スパイ・工作活動等の工作員やそのお仲間等から」は

「当然の如く、この正論さえも言われる事が無い、

ばかりか、

実質的に、黙殺・圧殺等しようとしている状態」さえもが

「露呈している」。

「人脈的是正が必要な訳」が

「其処に在る」。

「少子高齢化対策の為にも、

至急、

厳しい罰則まで含む法整備と必要十分な体制整備を

行い、

スパイ・工作活動等に手を染めている者等」は

「正しく、逮捕等する事」で

「過分な立場・報酬・権力等を失わせれば良い」』。

『「所謂、文系の{天動説}情報・教育」は

「いじめ・犯罪・自虐等々の生みの親でもある」。

「優等生ぶって性差別問題等を訴えている者たち」でも

「ルックス差別・スタイル差別・学歴差別・血統差別等々が得意な者たち」は

「多い」。

「そもそも、何故、差別が必要になっているのか?」

「言うまでも無く、比べっこの精神構造だから」だ。

「本質・快適を探究する」なら

「例えば、性もありのままが当然」で

「実際に、既に、科学レベルで判明している事」として、

「脳の性と身体の性が別な人々も居る事」や

「性器等の両性具有も在る事」等が「在る」。

「つまり、五つの性別が在って然るべき状態が既に在る」が

「現状の多くの国々の人間社会システムでは、二性別のみ」だ。

「無理やり、二性別の枠に押し込もうとしても、現実離れしているから無理になる」のは

「当然の現象」なのだから、

「科学レベルで判明している実在している性を元に性別を行う

当たり前の人間社会システムに健常進歩・正常進化させれば良い事になる」。

「現実・実体通りから遠い人間社会システム上」なら

「ストレスが生じて当然」で

「そのストレスを無理やり押し殺そうとする」と

「例えば、性差別等の状態が八つ当たり的に起こされてしまい易くなる」。

「一番の問題」は

「実体や事実・現実をありのままに認識する事が出来ていない人間の状態に他ならない」のだから、

「其処の是正に役立つ情報・教育が極めて重要になる」。

「それなのに、現状までの情報・教育は・・・、

その酷さ、劣悪さ、は、直ちに是正する、させるべき」だ。

「差別で圧倒的に正当になる」のは「善悪差別に他ならない」。

「科学レベルで判明している人類誰もの実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取った

善悪差別を徹底する」なら

「他の多くの差別問題等はどんどん縮小して行く事になる」。

「経済システム問題も必然的に是正される事になる」』。

『「現状対策」としては

「外国人労働者の一時的受け入れ程度は必要になってしまっている」が

「其処から先」に

「どの方向に向かうのか?」で

「未来は大きく変わって来る」。

「日本国内の不健常性を徹底的に排除する」なら

「必然的に、日本人の子どもの数も健常に増える事になる」から

「外国人の受け入れは、一時的で済む」が

「日本国内の不健常性を排除しない、或いは、増大させる」なら

「日本が益々衰退し、より多くの外国人を受け入れざるを得なくなる」。

「日本国内のスパイ・工作活動等の徹底排除さえも言わない、

現状までのテレビ・ラジオ・マスコミ等や反対野党等」が

「誘っている」のは

「どの様な日本社会になるのか?」は

「もはや、言うまでの無い事になる」。

「政府・与党等も現状対策で忙しいのは、解る」が

「未来の方向をより健常にする為」にも

「不健常性の排除をもっと、もっと、頑張るべき」だ。

「例えば、

テレビ・ラジオ・マスコミ等や文系学校教育等の

天動説状態を是正させる事等」は

「もっと、もっと、真剣に取り組んでいて当然の事になる」。

「現状」の様に、

「小事を大事の如く扱っていたり、

偏重・偏向花盛りで、

実質的には、特定極一部の者たち等や、反日国等を、

過剰に、或いは、不当に、利している状態等」は

「明らかに、酷過ぎる」。

「学校教育でも

科学レベルで判明している

自分の実体やその実体の本来の目的」や

「其れに基づいた自己健常制御の継続」等を

「必要十分に教えていない」のは

「明らかに異常」だ。

「こんな教育状態で、ストレスのかかる比べっこ受験教育等を行い続ける」なら

「いじめ・自殺等が防止出来る訳も無い」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等」の

「ニュース・報道等では、偏重・偏向花盛り」で

「実質的には、反対野党やそのオトモダチ反日国等を利す政治運動的ですらある」。

「殺傷事件ドラマ等は旺盛」なのに

「殺人欲動を殺すドラマ等はほとんど無い」。

「金満賛美ドラマ等は旺盛」なのに

「格差解消ドラマ等はほとんど無い」。

「比べっこドラマ等は旺盛」なのに

「本質・快適探究ドラマ等はほとんど無い」。

「こんな情報配信状態」で

「人間社会が健常に成る訳も無い」』。

『「是正が急務である事」jは

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、未だに「該当ジャーナリスト有名人利権増大化大衆マインドコントロール」等を行っていた様相だったが・・・。

『「該当ジャーナリストの妻までも{テレビ出演させた}」り「該当ジャーナリストを{過剰に宣伝}し続けて来ている、

テレビ等自体の{罪}」への

「反省・謝罪等」は「何処へやら」、

「ネット世論等を公共の電波上で一方的に批判・非難等しながら、

該当ジャーナリスト等や

現状のテレビ界・ジャーナリズム界等に

{正当なイメージを持たせよう}としている様相」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「其処に在る」のは

「戦後日本の

{ゆでがえる左翼集団}による

{お手盛り醜悪劇}に他ならない」。

「公共の電波が使えている事により

一度の~何十万人~何百万人~何千万人~もの人々に対し、

一方的に自論等を配信する事が出来ている

常連出演者等」は

「自論等の公然化により自論等が正当なモノに出来る」等と

「勘違いさえしている様相」だが

「もちろん、論等の正当性」は

「実体や事実・現実との整合性の高さの上に在る」。

「どんなに公然化する事に成功しても、

例えば、人類にとっての自虐論は人類にとっての自虐論でしか無い」。

「それは、戦争の歴史とも言われている人類史上からも明らか」だ。

「戦争(=武力による比べっこ支配権争い)が人間世界の主流最先端精神文化だった時代」では

「戦争して相手に勝つ事」こそが「{正論}」と

「多くの人々が考え・思っていた上」に

「当時の政治やマスコミやラジオ等々もその{正論}を大喧伝し

公然化度をより高めようとしていた」。

「戦争(=武力による比べっこ支配権争い)の自虐性等」は

「今時の多くの人類の中では

既に、重々承知の事となっている」。

「かつての戦争と同様の事態」が

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等にも在る」。

「政治等にも在る」が

「ネットの普及により

個々の人々からの民意の発現も

それなりに担保されて来ている事等による

民主主義度の高まり」により

「本来の民意が反映され易くなっている政治等」の

「自虐度」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等と学校教育等による情報統制~ファシズム状態だった時」より

「遥かに低く成って来ている」。

「それなのに、

未だに、

戦後左翼教育等の優等生でもある場合が多い

占拠も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等で

蔓延り続けて来ている{ゆでがえる左翼}等」は

「例えば、公共の電波上で、ネット世論等を批判・非難等し続ければ、

自らが正当に成れるとでも信じている様相」なのだから

「本当に、酷く、劣悪」だ』。

『「該当ジャーナリストの家族へのバッシングの一つの引き金にもなっている」と

「強く推定出来る」のは

「該当ジャーナリスト帰還前に、早々に、該当ジャーナリストの妻をテレビ出演させた事」だ。

「該当ジャーナリストの親への取材映像まで流された」。

「該当ジャーナリストの行った事の正当性等が検証等され、

多くの人々がその検証等に対する納得心等を持つ前に!」だ。

「コレで、家族バッシング等が起きないと思っている」なら

「テレビ界等の者たちは、本当に、オメデタイ(もちろん、皮肉)!」

「コレが{ゆでかえる左翼}の行っている事の一つの象徴」だ。

「所謂、左翼に優等生扱いされ・・・つまり、有益分子として認められ」、

「テレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等で採用され、重用される様になっているダケ」で

「その者自体に正当性が宿る訳も無い」のだが

「自らを優等生・社会での成功者等と信じ込んでしまっている様相の

実質的、愚か者・自虐者等」は

「自らが行う事なら、其れダケで、何でも通り、大丈夫だ!」等とでも

「思い込み続けていたい、のかも知れない」が

「もちろん、実体や事実・現実からかけ離れている者・物・事等に

正当性など宿る訳も無い」。

「テレビ・マスコミ等自らがつくり出した面も濃厚な

バッシング問題等への自省や謝罪等は何処へやら、

公共の電波上等での一方的なネット批判・非難等により

自己正当化等を図り続けようとしている様相」は

「本当に、酷く、劣悪」だ』。

『「常連出演者」等の

「酷く、劣悪な状態等」が

「公共の電波上等」で

「実質的に、公然化され続けて来ている事」の

「実害」は

「相当なモノになる」。

「酷く、劣悪な状態等の実質的、公然化」により

「人間社会に良い影響が出る訳も無い」ばかりか

「悪い影響が出易くなる」のは

「少し考えるなら、何処の誰にでも、直に分る」。

「常連出演者等を見て、

アレでも良いんだ・・・。

アレで結構な高報酬を得られているんだ・・・。

・・・等々の感を持つ視聴者等が増える」なら

「所謂、左翼に魂を売り渡す様に、

どんな手段を使ってでも、

公共の電波上等に出続けられる、

有名人化する等、

現状で優位な立場を得てしまえば、

実体や事実・現実からの乖離が激しい者・物・事等でも、

それこそ、~何百万人~何千万人~もの人々の前で、

好き勝手が言えるばかりか、

過分な報酬等まで得られる」等々と

「無意識レベルも含めて、考え・思ったりする人々が増える」と

「共」に

「好き勝手の部分ダケが一人歩きし易くなる」から

「いじめ・犯罪等々も増え易くなる」。

「金や立場さえ有れば・・・」や

「摘発されないのなら、現行法で有罪にされないのなら、無罪でしょ!」とばかりに

「スパイ・工作活動等々の卑劣でズルい手段を重用し易くなる者たち等まで

増え易くなる」。

「反対から言う」なら

「現状で既に、酷い事や、ズルい事や、スパイ・工作活動等々を行っている者たちへの

実質的f、エールにもなっている」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等情報の実体」だ。

「自分も含む実体や事実・現実に背いて、

そんな情報配信等を行い続けられる者たち」が

「日本社会に多数居る訳も無い」から

「特定極一部の者たちばかり・・・を常連出演で主流扱い状態なのだ・・・」等と

「容易に推定出来る」。

「そして、その新たな駒、或いは、反対野党等の新たな{有名人}党員等として

育成したい」なら

「該当ジャーナリストとその妻まで含めた有名人利権増大化{情報工作}」等も

「非常に合理的になる」』。

『「所謂、左翼ご用達のお手盛り情報配信劇」等には

「もう、うんざり・・・」という

「視聴者・読者の数が多い」のは

「極めて、当たり前の事になる」。

「選挙も無いテレビ・ラジオ・マスコミ界」の

「実権者人脈等の民意を反映した是正」等は「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、常連出演者等が「分断を、優等生ぶって、批判・非難」等していたが・・・。

『「何故、分断現象等が起きるのか?」を「例えば、トランプ大統領等や保守政権化等のセイにする事」等により、

「多くの視聴者等」に

「実質的に、所謂、左翼(内実、親朝鮮・利朝鮮等)を利させようとしている

実質的、マインドコントロール」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「もちろん、言うまでの無く、分断現象等が起きてしまう元凶」は

「現状の多くの人々の精神構造が人・人脈依存状態だからに他ならない」。

「例えば、政治・思想信条上での分断」も

「其処で問われている」のは

「実体や事実・現実等を科学レベルで検証した上での善悪等では無く、

多くの場合、

テレビ・マスコミ等がつくり出している

{アッチはダメですよ~!}{コッチの方がイイですよ~!}イメージに対する

賛否になってしまっている」。

「多くのテレビ・マスコミ等は●●政党贔屓、●●政党ご用達状態」なのが

「現状の多くの国々の実態」だ。

「その結果、実質的には、多くの視聴者等」は

「テレビ・マスコミ等自らがつくり出している

{アッチはダメですよ~!}{コッチの方がイイですよ~!}イメージを利用した

実質的、政治運動の中で、踊らされている状態にされてしまっている」。

「与野党分断」は

「良く在る事」で

「{分断状態の対立ゲーム}により、

反対!野党までもが存続可能になっている」のが

「現状の政治の実態」だ。

「本来、問われ、科学レベルで検証されるべき」は

「国・国民の状態をより良くする政策は?」や

「どうすれば、世界平和が実現出来るのか?」や

「どうすれば、環境問題が解決出来るのか?」等々の

「実現可能な政治・政策等」であり

「より効率良く実際の政治・政策等を動かして行く為の手段等なのに!」

「その様な道の上」では、

「与党も野党も同じ国の政党であり、同じ国の国民なのだから、

必然的に、分断状態等は非常に希薄となる」。

「世界平和も環境問題も、全世界の人類の共通メリット」だから

「其処に、酷い分断が生まれる訳も無い」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等マインドコントロール等による

視聴者・読者・生徒支配の先に在る支配権争いの政治ゲーム」には

「分断が付きモノ」だが

「それは、そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等によるファシズム社会を

構築する、させる事等により、

その社会の中での支配的立場を維持~増大し、

その利権等を貪り続けようとしている

本質的には、{極悪}人たち等が

自らの利権の為に生みだしている分断に他ならない」』。

『「現状までの酷く、劣悪な経済システム上」では

「経済比べっこ支配ゲーム上」で

「安い労働力を得た企業等の方」が「有利になる」。

「多くの移民・難民」は

「低賃金労働者として使い易い人々でもある」。

「其処で、ズルい経営者等は、移民等を欲しがる」。

「移民する者たちの中にもズルが在る」。

「何しろ、

多くの場合で、

自分たちが生まれた国や場所をより良くする実務より

既に、ある程度、社会基盤が整っている国々に入り込む事で

比較的、容易に、

例えば、為替故に、相対的に大きなお金を得ようとしたり、

安全や便利な生活を手に入れようとしたりする

別天地欲等の方が旺盛になっている状態だから」だ。

「ズル経営者」と「ズル移民」は「波長が合い易い」が

「ズル経営者やズル移民故の不利益を被らされる事になる

ズルをしない人々」と

「ズルをする人々の波長は合い辛い」。

「当たり前の事」だ。

「合法移民でさえも、上記の様な内実が在る場合も多い」のだから

「不法移民ともなれば、そのズル度が高い事は想像に難く無い」。

「元々、ズルの精神構造を持つ者たち」が

「その者たちの思い以上の良い報酬・生活等が得られなければ、どうなるのか?」は

「実例からも、言うまでも無い事になる」。

「周囲への八つ当たりや強盗・強奪行為等々が起こされ易くなる」のは

「ある意味、至極、当然の現象」だ。

「ズル経営者等の要望は反故にして、

ズル移民等には

先ずは自国内をより良くする実務を

推奨し、

軍事・技術・経済面も含めてサポートする」のが

「正道になる」。

「ズルを蔓延らせる人間社会」なら

「その先が極めて短いモノになる」のは

「昨今の物質文明の急激な進歩・進化からも

少し考えるなら、何処の誰にでも分る事になる」。

「酷く、ズルい北朝鮮金政権等の

問題さえも未だに解決出来ていない」のが

「個々の人々の精神構造や人間社会の精神文化を

必要十分に健常進歩・正常進化させる事が出来て来ていない

現状人間世界の寒過ぎる実態」だ。

「更に、ズル経営者・ズル移民等々を蔓延らせる」なら

「とんでもない事態が容易に具現化し易くなってしまう」から

「現状の全世界の保守化による旧態回帰」は

「防衛反応的必然でもある」。

「しかし、旧態回帰ダケでは、直に、劣化し、崩れて行く事になる」から

「緊急避難としての旧態回帰の間」に

「それぞれの国々等の中で、

本気で

個々の人々の精神構造と

人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」が

「極めて重要になる」。

「それなのに、未だに、

実質的、政治運動等を行っている番組や常連出演者等がゾロゾロ・・・」では

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「今行うべき」は

「旧態依然とした、実質的、政治運動等」では

「断じて無い」。

「個々の人々の精神構造と人間社会の精神文化を

健常進歩・正常進化させる事」だ。

「例えば、先ずは、

死生観・人生観等と科学レベルで判明している現実との整合性を高めれば良い」。

「人々の、多くの、考え・思いを生み出している基本」が

「健常進歩・正常進化する」なら

「必然的に、

生み出される精神文化製品

(=テレビ番組・映画・小説・音楽・絵画等々や

政治・経済システム・社会システム等々)等々も

健常進歩・正常進化する事になる」。

「その為に必要な情報・教育等を行っているべき

テレビ・ラジオ・マスコミ等々や

学校・教師等々」の「多く」が

「現状の様な、酷く、劣悪な有り様では」・・・。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「人質~解放ジャーナリスト大宣伝で有名人利権増大化」が公共の電波を使って行われているが・・・。

『「謝罪や反省は異常な程、希薄」で「実質的、{自ら招いた不幸}自慢等」は

「異常な程、旺盛」・・・。

「明らかに、オカシイ感覚等が蔓延している該当ジャーナリスト{出演}番組」・・・。

「其処に露呈していた」のは

「日本のテレビ・マスコミ等、ジャーナリズム界の責任」を

「圧殺せしめる情報工作等による大衆マインドコントロール等」の様相だ。

「該当ジャーナリストの安全対策不足の原因」として

「日本のジャーナリズム界の上部」が

「下部現場取材者等に対する必要な支援等を十分に行って来ていない事がある旨」等

「指摘した」のは

「橋下氏」等だが

「その辺りの反省は何処へやら、

自己責任論も、該当ジャーナリスト共々、実態として、圧殺しよう」とし、

「該当ジャーナリストの有名人利権増大化等の為」には

「公共電波の上の貴重な時間まで大きく与えている実態」は

「本当に酷い」。

「映像・音声等の証拠無き取材」で

「唯一、当初は、ノートを取る事ダケは許されていて、ノートが在った」が

「それも、後に、取り上げられた・・・」では

「記載内容は解放後の記憶や思い次第となっていて当然」で

「人質実態の取材に限定されている」のだから

「もはや、大々的に公共の電波を使って見聞きさせらえっるまでも無い内実しか無く、

むしろ、警察等での事情聴取こそが適切」で

「後に、警察や他のジャーナリスト等が事実認定出来た内容」が

「報道されれば良い事になる」。

「それなのに、該当ジャナリストに公共の電波上で語らせたい番組等」では

「謝罪・反省等が余りにも希薄な事」等も「指摘もせず」、

「該当ジャーナリストの{言い分}を実質的には、一方的に大宣伝状態」だ。

「韓国人を名乗れ!」は

「人質状態の中では必要な事だったのだろうが、

それが、ワザワザ、外に出されたのは何故か?」等の

「疑問さえも質問しない」まま

「該当ジャーナリストの言い分ダケ」は

「そのまま大喧伝状態」だ。

「当初は、拘束したグループと該当ジャーナリストがそれなりに上手くやれていた実態」も

「言っていた」が

「それは、組んで身代金を得られれば、山分けにさえ出来てしまう様な状態でもある」。

「身代金を得られる様に、率先して、協力している内は高待遇」とは

「生き残る為には、お仲間になれ!」と「同様」で

「イスラム教徒にまでなったという該当ジャーナリスト」が

「今後、どのお仲間として活動するのか?」も

「問われて然るべき」だが

「それさえも問わない」。

「該当ジャーナリストに対し、

出来る限り、良いイメージ」を

「多くの視聴者に持たせたい{情報工作}等が其処に露呈している」。

「日本政府等無条件救出当たり前状態」を

「公然化し続ける事」は

「どんな思惑がある者でも、

いい加減な安全対策でも、

好き勝手に、

何処にでも行き、

好き勝手な事を行い易くする

日本政府等には大きな負担を背負わせる反面で

ジャーナリズム界等には本来の負担さえ求めさせない

悪の蜜の道」を

「維持させる為の実質的、マインドコントロール等になる」。

「そんな事が公共の電波を使って行われて良い訳は無い」』。

『「人質持に本当に酷い目に合っていた」なら

「該当ジャーナリストの身体等にそれなりに証拠が残っている筈」だが

「その辺りへの言及も無かった」。

「タダひたすらに、該当ジャーナリストを良いイメージで大宣伝等したい様相」が

「露呈している」。

「該当ジャーナリスト有名人化{工作}」を

「表に立たせる事」により

「日本のジャーナリズム界の責任を圧殺せしめる{情報工作}」等は

「本当に酷い」』。

『「大失敗して、また、人質となったのか、

確信犯で、

或いは、

無意識の自己承認欲求の代償欲求過剰追及欲動等に誘われて

人質になる事を繰り返したのか?」等さえも

「実質的に、不明」なまま、

「該当ジャーナリストの有名人利権増大化の為」に

「公共の電波上で重用する事」も

「酷く、劣悪」だし、

「該当ジャーナリストの有名人利権増大化や

自己責任論問題を盾」に

「日本のジャーナリズム界の責任を圧殺せしめさせよう・・・等としている様相」も

「酷く、劣悪」だ』。

『「現行法・現行の社会体制等上」で

「良し」等と「されている事」の「実体」は

「現行が戦前~戦時中等だった時の事から学ぶ」なら

「良く判る筈」だ。

「現行法や現行の社会体制上」で

「ダメ!」とされている

「自らの下への過剰集金等」も

「良し」とされている

「自らの下への過剰集金等」も

「自らの下への過剰集金等」という

「本質的、自虐劇には変わり無い」。

「そんなモノを維持したり、行ったり、する事」で

「世界平和状態」や

「環境良好状態」等を

「大きく損なわせている」のでは

「その何処にも、優秀等が在る訳も無い」。

「自らの実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

過剰に自虐的になる物事等を行う事」は

「世界中の何処の誰もが、自粛すべき事に他ならない」。

「この自己健常支配の基本さえもロクに出来ていない者たち等」なら

「どんなに高学歴等でも、

どんなに大金持ち等でも、

どんなに大権を保持していても、

皆、自己健常支配が不十分であるが故に

その代償欲求になる他の者・物・事支配や

他の者・物・事による被支配を

過剰に追及し易くなっている

実質的に自虐度の高い、精神疾患状態の者に他ならない」。

「もちろん、実質的に自虐度の高い者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」。

「天動説状態の現状までの、所謂、文系界」が

「余りにも、現実離れ度が激しく、自虐度も高い」のは

「ある意味、当然の現象になる」。

「地動説状態へ健常進歩・正常進化させる是正」が

「急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「該当ジャーナリスト等の有名人利権増大化等の為に

公共の電波上の貴重な時間を割いている暇がある」なら

「所謂、文系界の天動説状態から地動説状態への

健常進歩・正常進化の役に立つ情報配信等」を

「行うべき」だ。

「大衆愚民化・衰退化等上の偏在利権等々に正当性などある訳も無い」。

「在るのは、酷く、劣悪な自虐状態等になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、橋下氏を生中継ゲスト出演させて、常連出演者等が自己責任論等を論じていたが・・・。

『「対論無き状態」よりは「遥かにマシ」だったが「実態」としては

「該当ジャーナリストの有名人化後押しの要素も濃い」、

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等ご用達論等の域」を

「出切れていなかった」のだから

「未だ、未だ・・・」だった』。

『「橋下氏の発言内容」から

「日本のジャーナリズム界の親分・子分的関係」が

「露呈させられていた」のは

「良かった」。

「該当ジャーナリスト」は

「お仲間」というより「子分のお仲間」とでも「表するべき者になる」。

「親分側に居るテレビ常連主演者等やマスコミ常筆等」が

「十分な支援無きまま難地に突入して功績を上げようとした子分の解放~帰還」を

「子分共々、大絶賛したがる」のは

「{組}要素の濃い人間集団関係上」では

「良くある事になる」が

「その中」で

「その{組}が実質的に、敵視している国や政府等々への感謝・称賛等」は

「異常な程、希薄化する」と「共」に

「帰還出来た該当ジャーナリストは過剰な程に大賛美する」のも

「{組}人間関係上では良くある話しになる」。

「その辺りの実態」を

「表現はもっと紳士的だった」が

「橋下氏が公共の電波上でちゃんと指摘した事」も

「良かった」。

「更に、現状ジャーナリズム界の酷い、下っ端使用状態」を

「告発した」のも

「良かった」が

「その先に付いていた」のが

「該当ジャーナリスト有名人化に直結する

該当ジャーナリストに大いに語ってもらいたい論」では

「興醒め」になる。

「該当ジャーナリスト」には

「真摯な謝罪と反省はして頂きたい」が

「大いに語ってもらいたい」とは

「決して思えない」のは

「証拠無き取材や語り等では、当人の言い分ダケを一人歩きさせる事が出来てしまうから」だ。

「実態としては、かなり無謀な取材手法まで使って、

仕事の実績を上げようとしている者の多く」は

「功名心過剰追及状態者である場合が多く」

「その様な状態の者が語る内容は過剰なお手盛りに成り易い」。

「該当ジャーナリスト」が

「何故?拘束されてしまったのか?」や

「その後、解放まで至る実態」等については

「其れこそ、客観的に取材出来るジャーナリストが取材して報道等すべき事になる」。

「該当ジャーナリストに対して」は

「警察等が十分な事情聴取をすれば良い事になる」が

「既に、行われているとの報道も在った」。

「公の場で、該当ジャーナリストが行うべき」は

「謝罪と反省」で「十分」だが

「それなのに、大いに聞きたい・・・」とは

「其処までして、該当ジャーナリストを有名人化したい思惑があるのか?」等と

「思わざるを得ない」』。

『「十分な戦場取材等への支援体制さえ構築出来ていない現状の日本のジャーナリズム界」を

「プロ扱い」して

「それ以外の一般を見下す論調」には

「大いに呆れた」。

「はっきり言えば、戦後日本の所謂、文系の仕事の多く」は

「プロとしてそれ以外の一般と大きく差別出来る程、成熟していない」。

「何故なら、理系側とは違い、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して

仕事を行っていないから」だ。

「考え・思いによる納得レベル、宗教レベルの仕事レベル」で

「今時、プロを公言」は

「余りにも、酷く、劣悪になる」』。

『「テレビ常連出演者等」や

「その他の既に、有名人利権を保有出来ている者等」の

「意見や論や発現内容等」が

「過剰な力を持ててしまっている」のは

「テレビ・ラジオ」や「公共的マスコミ等」に「乗せられているから」で

「~何万人~何十万人~何百万人~何千万人~の人々に対して

一方的に情報を配信出来る

多くの人々が容易に手に入れる事が出来てしまう情報」は

「その内容の真偽等が検証される前」に

「多くの人々の意識上で認知され、その人の一部にされている」。

「最初からいけない事等と判っている内容でも無い限り、

認知し、覚え、自分の一部としてしまった情報等」は

「否定され辛くなり、その結果として、

テレビ・ラジオ・マスコミ等による大衆誘導等までもが実現可能になってしまっている」。

「更に、情報の一方的大量配信機関等が意図的に黙殺し続ける事等による圧殺」も

「可能になってしまっている」。

「特定極一部の者・物・事等を偏重し過剰に扱う裏」では

「大いなる圧殺が多々引き起こされ続けて来ている」のが

「実態」だ』。

『「テレビ・ラジオ・マスコミ等」は

「見易さ、読み易さ、大将」みたいな「要素が濃い」が

「見易い、読み易い、と言って、その情報内実の価値が高い場合ばかり・・・とは限らない」。

「実害の大きい、見易い、読み易い、情報が溢れて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「その一つの実例が、特定極一部の者たちやその論ばかり・・・を主流扱い」という

「酷い、異常さ」だ。

「内実としては、実質的、日本国・日本人ヘイトスピーチ」等も

「満載状態」で

「北朝鮮金政権等や

日本国内でスパイ・工作活動等を行い続けて来ている

その手下、スパイ・工作員やその協力者等を

不当に利させる内実を持つ情報配信」も

「未だ、多い」。

「其処に露呈している」のは

「人脈や思想信条等の問題」で

「北朝鮮も含む朝鮮系を利す、反面で、日本に過剰な、或いは、不当な負担を強いる

人脈や思想信条等の問題の臭いが濃厚に漂っている」』。

『「ネットの世界」は

「見辛さ、読み辛さ、大将」的要素が強いが

「その原因の多く」は

「溢れすぎている情報群からの選択の手間故」であり

「個々の情報の内実の真偽や価値等とは全く別の事」だ。

「自由度が高く、個々別々の配信が可能になっている事」の

「メリットは非常に大きい」。

「溢れすぎている情報群からの選択の手間の問題」は

「AI等の健常利用で、何れ、解決される事になる」。

「現状」では

「特定の人や集団等の思惑が入り込んだ検索サイト等は山ほど在る状態」だが

「人類誰もの自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

有益か?否か?や害があるか?否か?等々」の

「科学的判断をする検索サイト等」は

「未だ、無い様相」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の情報・教育内容」も

「そのロジックから検証される様になる」なら

「本当に有益なモノや本当に害のあるモノ等々」も

「必然的に炙り出される事になる」。

「そうなると、

見易さ、読み易さ、大将故の過剰利権等は消失して行く事になる」。

「人類に本当に必要」なのは

「代償欲求過剰追及上で頼れそうな

有名人や

上辺優等生論等々では

断じて無い」。

「自分の実体やその実体の本来の目的から整合性を取って

自虐を避ける為に有益になる論や

明らかな害として避けるべき事等を露呈させてくれている論」等になる。

「近未来において、特定極一部の者・物・事等の過剰偏重等」は

「明らかな害をもたらす避けるべき事」として

「永遠の恥辱に染められる道の上に置かれる事になる」』。

『「テレビお仲間」の「対論付き」は

「対論も無し」より「マシ」だが

「ネット各論をありのままに紹介等している訳でも無い」ので

「民意の反映等も???状態」だ。

「更に、その内実」に

「新たな者の有名人化付き」では

「本当に、情けない」。

「常連出演者等の論等がネットを参考にして出されている場合も少なく無い筈」だが

「その辺りへの謝意や言及さえ十分では無いばかりか、

ネットを悪者扱いしている様」は

「本当に酷く、劣悪」だ。

「現状までの、

本当のプロには成れていない

考え・思いレベル、宗教レベルの仕事上」で

「大きな、或いは、重い、立場や権力等を得る事が出来たから、

勝ち!で、何でも通る」みたいな

「横暴」は

「永遠の恥辱に染まる道の上での名を大きくする{悪魔の愚策}に他ならない」。

「更に、人によっては、

未だに、

反対野党等を有利にする

公共の電波を悪用した{政治運動}等まで

行っている様相」なのだから

「{悪魔の愚策}の毒でヤラれてしまっている方々」は

「永遠の恥辱に染まる道の上での名の大きさを少しでも小さくする為」にも

「本気で、早急に、{治療}するべき」だ』。

『「考え・思いによる納得上の立場や利権等々」などが

「永遠に続く訳も無い」のは

「細胞ごとの誕生・死という

科学レベルで判明している実態から

実在し得無い事が既に判っている、

丸ごと一人の霊や死後の世界等の事」を

「考える」なら、

「何処の誰でも、分る」。

「現状の文系の仕事の多く」は

「未だ、天動説状態上で行われている」が

「所謂、文系の地動説化が可能である事」は

「既に、判っている」のだから、

「かつての宗教裁判の様な自虐劇を繰り返さない為」にも

「所謂、文系の仕事を行っている者たち自ら」が、

「自らを地動説の上に立たせる実務に励む事」が

「自虐を避ける為」の

「合理的手段になる」』。

『「天動説の自己中状態」なら

「ネットを参考にしてもその旨さえも言わないで平気」かも知れないが

「地動説上で生きている地に足の着いた状態の人間」なら

「実体や事実・現実を黙殺・圧殺等する本質的、悪事を行う事」が

「自己健常支配を継続し、

自己承認欲求の本来欲求を充足させる事の障害になる」から

「実態通りに告白等する」のが

「当然になる」。

「本質的、悪事を行い続けて来ていて、

自己承認欲求の本来欲求が満たせずに、

その代わりに、他の者・物・事等からのお墨付き等を求め続ける

代償欲求の過剰追及を

より容易にし続けるべく

過剰な出演料等の報酬を得続けよう・・・と

有名人利権等にしがみついている」のは

「本当に、酷く、劣悪」だが

「そんな様相の常連出演者等がゾロゾロ・・・の様相なのだから、

本当に、酷い」。

「そんなモノが公然化され続けている事による

人間社会への悪影響は図り知れず、

自分の実体も、

その本来の目的も、

自己健常制御の継続の大切ささえも、

???状態で

過分な立場・利権等々を

見せつけられ続けて来ている多くの視聴者等」が

「自らの立場や能力等を悪用して、

いじめ、

パワハラ、

暴行等々の

問題行動を起こし易くなる」のは

「極めて当然の現象でもある」』。

『「所謂、文系側の天動説状態の仕事」が

「世界平和の実現」も

「環境問題の解決」も

「遠ざけ続けて来ている」のが

「現実」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「徴用工問題」=韓国従北大統領政権等による日韓分断工作の一つの様相だが・・・。

『「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等」は

「日本国内でも行われ続けている」が

「韓国国内では日本国内以上に、より旺盛に行われ続けて来ている」。

「韓国国内」に

「反日感情等が蔓延する」なら

「多くの韓国国民」が

「拠り所にし易くなる」のは

「お金・経済・自由・民主主義・法治等々では無く」、

「同一民族」等となり、

「それは、朝鮮王朝が存在した地も陣取っている

北朝鮮金政権等にとって

非常に都合の良い状態でもある」。

「逆に、民族感情・民族意識等が希薄化される」なら

「多くの韓国国民」が

「拠り所にし易くなる」のは

「他の多くの自由民主主義圏の国の民と同様」に

「お金・経済・自由・民主主義・法治等々」に

「成り易くなる」。

「独裁国家で国際的な取り決めも反故にし続けて来ている

北朝鮮の金政権等にとって」は

「韓国国内で、

民族感情を煽る事」等により、

「民主主義圏」の「日本・米国」等との

「距離を遠ざけさせる工作」は

「非常に合理的な行う価値の高い工作になる」から

「戦後。南北分断以降の韓国国内」では

「民族感情煽り情報・教育工作」等が

「ずっと、旺盛なまま・・・」だ。

「朝鮮無罪!」は

「散々の極悪事を積み重ねて来ている

北朝鮮金政権等をも無罪にし易くする

悪魔の呪文」でもあるが

「民族感情を煽られて、

実質的、カルト宗教信者状態に陥らされている人々」は

「その悪魔の呪文」を

「平然と、まるで、正義の雄叫びの如く、叫べたり、している」のだから

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「もちろん、カルト宗教信者状態に陥らされてしまっている方々」は

「出来るだけ早く、

本来の

健常人類としての狭義の自分を

取り戻すべき」だ。

「健常判断等が出来ずに

実体や事実・現実との整合性が悪い事等を

平然と叫べている状態の人々」とは

「独裁者等が操り易い人々でもある」。

「民族感情等で独裁者に操られ、

独裁者の支配下への道を歩み進んでいる自虐状態の人々」は

「即刻にでも、

そんな自分の実態を理解・把握し、

独裁支配下への道を歩む事を止めるべき」だが

「元が日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を立ち上げ、

その後は、火事場泥棒正当化の為に植民地支配詐欺等々を

連綿と続けて来てしまっている」のでは

「実体や事実・現実をありのままに認める事より

民族等への現実逃避で

独裁者の支配下・・・の方」が

「未だ」、マシ」等と

「思い込めているのかも知れない」。

「北朝鮮にしても韓国にしても、

朝鮮半島の{病}は元から直さなければ、治るモノも治らない」・・・。

「そんな事を無意識レベルでは重々承知しているからか、

北朝鮮金政権等は、

まるでカルト宗教団体の集団自殺にも似た、

世界からの粛清待ちの状態まで構築し続けて来ている様相」なのだから

「本当に、お気の毒」だ。

「韓国が従北のまま、このまま進む」なら

「米国が韓国を相手にしなくなる時」も

「直にやって来る事になり、

それは、米軍によるアッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等にも直結している」。

「滅亡への道を歩み進んでいるカルト宗教信者状態の集団」は

「一刻も早く、カルト宗教から抜け出すべき」だ』。

『「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」でも

「北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の重大問題」は

「黙殺状態」だが

「元を黙殺して上辺ダケでアレコレやる」と

「事態が解決出来ずに、より複雑化し、新たな問題が続々と起こり続ける可能性が高くなる」のだから

「いい加減に黙殺状態から抜け出すべき」だ。

「今回の問題」でも

「北朝鮮金政権等による韓国内でのマスコミ・政治工作等により誕生した(と強く推定される)

韓国従北大統領政権等による日韓分断工作=韓国従北化工作」という

「実体への言及が余りにも疎かなのは何故か?」

「その辺りの実体問題を黙殺したまま

上辺の現象ダケを喧伝等する」なら

「その実効」は

「日韓分断工作への助力等になってしまい、

それは、

実質的に、北朝鮮金政権等の工作等を手伝ってしまっている状態になる」。

「北朝鮮金政権等の実質的、手下やその協力者等の実態を露呈してしまっている

日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の状態」が

「起こり続けて来ているのは何故か?」

「人脈的に北朝鮮金政権等の手下等やオトモダチ等である場合」も

「決して少なく無い筈」だが

「本質や実体への言及不足故に、

その様な本来の意図とは違う実態を露呈させられてしまっている

テレビ・ラジオ・マスコミ等が在る事もまた事実」だろう。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「韓国」の「反日迷惑外交」は

「また、また、また、また、・・・かぁ・・・」で

「本当に呆れる」が

「北朝鮮金政権等によるスパイ・工作活動等の重大問題を解決する事」こそが

「この様な異常な状態を是正させる特効薬になる可能性大」なのだから

「日本の健常なテレビ・ラジオ・マスコミ等々」なら

「其処への言及も決して忘れてはいけない事になる」。

「北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の重大問題」を

「黙殺し続けたい」のは

「北朝鮮金政権等やその手下やそのお仲間等々になる」。

「もちろん、

散々の極悪事を行い続けて来ている北朝鮮金独裁政権等の手下やそのお仲間等々」に

「日本の政財界等や

学校教育界等や

テレビ・ラジオ・マスコミ等々」で

「重要な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番でも、常連出演者等が「ブラジル保守系政権の誕生や世界の右傾化」等を嘆いていた様相だったが・・・。

『「グローバルスタンダード化」とは「単一化であり、構築度を下げ、崩壊を招く状態でもある」から

「崩壊を嫌がる人々の感や思い等」が

「それ以外を求め易くなる」のは

「極めて当然の現象」で

「かつての、構築度を上げる為の余白がいっぱいだった時代の

主流人間社会精神文化であったが故」に

「構築度を上げる感等」が「満載状態」でもあった

「自国第一主義等」への

「帰結が起こり易い」のも

「極めて当然の現象」でもある。

「グローバルスタンダード化」から「崩壊感を取り除く為に必要な事等」さえも

「言わず、言えず」に

「右傾化を嘆き、グローバルスタンダード化が良い旨等、喧伝する事」等により

「自らの保身等も図ろうとしている様相の常連出演者等」は

「本当に、酷く、劣悪になる」』。

『「グローバルスタンダード化」による「崩壊を避ける為」に

「必要になっている事」とは

「現状のグローバルスタンダード手段の中」で

「ガン細胞的実態を露呈しているモノの排除~健常状態への是正」に他ならない。

「例えば、経済面で総じて言う」なら

「現状で問題な事」は

「金余りなのに、格差が蔓延り、貧困状態の人々が多数居る事になる」が

「その是正法」は

「ガン細胞的実態を露呈している金融投資界を健常化する事」で

「具体的には、全世界レベルで同様の金融投資税等が実効がある事になる」。

「十分な金融投資税で得た資金を格差是正の為にベーシックインカムに回す」なら

「金融投資界の金余り状態が無くなる」と「共」に

「ほとんど全ての人々の最低限生活を経済面で担保する事も可能」になり

「実体経済界の活性化も起こり易くなる」。

「その様な経済システム自体の是正」と「共」に

「多くの人々の精神構造の健常進歩・正常進化に必要な情報・教育」を

「意識的、かつ積極的に、行う」なら

「実体経済界が活性化しても、自虐の活性化は抑えられる事になる」から

「人間世界の健常継続が実現し易くなる」。

「次世代人間世界へのソフトランディングを可能にする道」が

「其処に在る」が

「実に情けない事」に

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等々」では

「上記の様なロードマップが喧伝されたり、

多くの人々の精神構造や人間社会の精神文化を健常進歩・正常進化させる為に

有益な情報が喧伝されたり」

していない。

「今時に必要な情報配信等の仕事が満足に出来ていない状態」なのに

「過分な立場・報酬・権力等々は保持出来てしまっている」のが

「現状の多くのテレビ常連出演者やマスコミ常筆等々の酷い実態」だ。

「世界の右傾化の流れ」には

「現状脱出や変化を求めている健常欲動の要素」も

「少なからず、見受けられる」が

「世界の右傾化の流れを他所」に

「旧態依然とした状態を維持せしめるべく

内実としては、劣悪な、批判・非難等々を繰り返している

多くのテレビ常連出演者等の保守ぶり」は

「本当に、酷く、劣悪」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「現状で主たる情報配信者となれている者たち等の是正無き場合」、

「人間世界は現状の世界の右傾化の流れの先に築かれて行く事になる」。

「個々の人間の精神構造や人間社会の精神文化の健常進歩・正常進化」も

「不十分」なまま

「そんな事態を具現化させる」なら

「行きつく先がサバイバル戦争となる事」は

「冷静に、少し考えるなら、世界中の何処の誰にでも分る」から

「実際」に

「自国第一主義を掲げている国々」や

「自国第一どころか、元々、独裁者・独裁集団第一主義の独裁支配体制の国々」は

「サバイバル戦争の為の備えを積極的に蓄積している状態となっている」。

「もちろん、サバイバル戦争が起こされてしまう」なら

「人間世界が惨憺たる状態下に置かれざるを得なくなってしまう」のだから

「今の内に、情報・教育等」を

「意識的かつ積極的に健常進歩・正常進化させる事」は

「極めて重要な事になる」。

「それなのに・・・、現状の常連出演者等や常筆等々の実態」は

「余りにも、酷く、劣悪」だ。

「即刻にでも是正すべき実態が其処に在る」』。

『「世界の右傾化」も

「ハロウィンのバカ騒ぎ」も

「精神構造的には同じ、現状脱出欲動が基になっている」。

「何故、現状を脱出したくなる欲動が生まれて来ているのか?」

「言うまでも無く、自分の実体やその実体の本来の目的に叛き過ぎているから」だ。

「逆から言う」なら

「多くの人々」が、

「自分の実体やその実体の本来の目的との整合性が高い行動等を主にする様になり」、

「人間社会が多くの人々のその様な行動等が行い易い状態に構築される」なら

「過剰な現状脱出欲動等は生まれない事になる」。

「現状の人間社会」は

「その中の人々」に

「他の者・物・事との比べっこ」や

「比べっこの結果や差別の結果等を反映させた

自己承認欲求の代償欲求の過剰追及」等々が

「行い易い様に構築されている」が

「元が無ければその様な状態が生まれる訳も無く」、

「現状人間社会の生みの親」は

「多くの個々の人々のその様な状態を望む欲動」に他ならない。

「人間社会を是正しようとする」なら

「その元」である、

「個々の多くの人々の精神構造の是正から始めるのが順当になる」。

「精神構造を成長させる」と

「実体や事実・現実を踏み外さずに思いが至る世界」が「深く・広くなる」。

「例えば、丸ごと一人ダケの死生観・人生観上」では

「必然的に、自分と他人との間」に

「深く絶大なる溝が生み出される事になり、

他人と自分を比べたくなる欲動も増大し易くなり、

丸ごと一人の死後の世界や丸ごと一人の霊等も欲しくなる」が

「生きている人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思いたがる」が

「生きている人の実態は、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら存続している

何十兆もの細胞群」という

「既に、科学レベルで判明している実体や事実・現実を基」に

「死生観・人生観を築いている人々」なら

「人類としての細胞群の命の連続性」からも

「他人と自分を過剰に深く分ける必要も無くなり、

細胞ごとに今、この瞬間にも実体験している死への恐怖も無くなり、

丸ごと一人の死後の世界や丸ごと一人の霊等も要らなくなる」が

「その代わり」に

「よりどう生きるべきか?等々の感や思い等が強くなる」。

「更に、細胞レベルの命の連続性の先を探究し、

それが、地球上の全ての生物に繋がっている事等を

実感する様になる」なら

「広義の自分である地球生命体細胞群(他の呼び方でも良いけど・・・)等の

概念も自然と生まれて来る事になる」。

「狭義の自分である数十兆に過ぎ無い広義の自分を偏重せしめる為」に

「広義の自分を余りにも破壊し過ぎる状態等」は

「是正したくなって当然」で

「更に、広義の自分の本来の目的である存続」が

「地球外への進出も含めて求められている実態に感や思いが至る」なら

「悪戯な、自然回帰ダケでは実現し得無い広義の自分本来の目標」を

「見失う事も無くなる」。

「狭義の自分自体も含めた世界中の何処の誰もが広義の自分の中に在る」のだから

「自虐を避けるダケ」で

「世界平和の実現」も

「環境問題の解決も可能になる」。

「丸ごと一人ダケ認識故」の「不安や恐怖」は

「比べっこによる解消を求めた」が

「その比べっこの多くは自虐でもあった」のが

「人類の歴史の現実」だ。

「自分の実体やその実体の本来の目的である存続との整合性が高い

死生観・人生観等を

多くの人類が持つ事」の

「重要性は極めて高い」。

「比べっこ」から「本質・快適探究へ」の

「多くの人類の精神構造の健常進歩・正常進化」が

「人類の自虐を大きく抑制する事になる」。

「未だに、過剰な比べっこを煽っている」のは

「悪魔に魂を売り渡した者たち」になる。

「比べっこ」は

「免疫を養う為に、遊びレベル程度」が

「適切になる」』。

『「今時に必要な情報・教育等が行えていない者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等々を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「自己責任すり替え論等」や「該当記者有名人化論」等々が、常連出演者等により、公共の電波上で一方的にばら撒かれているが・・・。

『「人質になった段階」で「該当ジャーナリストの取材内実」が「カメラも無い北朝鮮の旅行未満」に

「成らざるを得なく成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら、何処の誰にでも分る事になる」。

「写真・映像・音声等々の証拠無き取材報告」では

「その価値も説得力も大きく削がれている事になる」。

「詳細なメモが在る」との事だが、

「人質持に詳細なメモを取っていたなら、

取り上げられたり、

罰が与えられていたりしていて当然になる」から

「詳細なメモ」は「解放後に書かれたモノ」と「推定出来る」。

「書かれたモノだけ」の「信用性」は

「例えば、かつての宇宙人現る東スポ記事の様」に

「売らんが為の策」と「ほとんどの読者が思ったり、感じたりした実例」」からも

「かなり小さい」と「捉えられても仕方無い」。

「該当ジャーナリストを売らんが為の策の様相」は

「自己責任が言われても当然の人質事件の実態は何処へやら、

解放が明らかになった直後から

該当ジャーナリストの妻まで

テレビ出演までさせて

視聴者等の血統家族主義上の良かったね!感情等を煽る事で

ジャーナリスト無罪!世論等をつくり出そうとしていた様相」の

「一部テレビ番組等の実態から」も

「良く判る」。

「該当ジャーナリストが実感を持って報告出来る」のは

「主として、人質事件の実態等となる」が

「それは、

例えば、公共の電波上や公共的マスコミ上等々で大喧伝されるべき事では無く、

主として、警察等の事情聴取の場で報告されるべき事になる」。

「公共の電波上や公共的マスコミ上で扱うに相応しい

該当ジャーナリストの発言等の内容」は

「謝罪と反省で在って然るべき」で

「その扱いも

該当ジャーナリストに過大な有名人利権を与えない

小規模なモノで在って然るべき」だ。

「該当ジャーナリストに有名人利権を与えようとしている者たち等」からは

「該当ジャーナリストを有名人化した後に有益分子として使う臭い」等が

「濃厚に漂って来る」。

「ジャーナリストというよりは政治活動家の臭いが濃い様相」が

「其処にも露呈している」』。

『「例えば、普通の市民生活を送る為にある国の道を歩いていたら、

突然、拉致だれた」なら

「拉致された者は無過失と認定されて然るべき」だが

「国からの度重なる入国自粛や退去要請等が出されている

人質商売・人質外交等まで行う集団が居る事が判っている所」に

「人質商売等を行うかも知れない者やそのお仲間等と少々の知り合い関係が築けているから・・・レベル」の

「十分な安全対策には成っていない安全対策て

自主的に入り込んで人質にされた」なら

「その過失はどれ程のモノとするのが適切になるのか?」

「其処が、自己責任と言われる部分」であり

「解放後に

カメラ等(つまり、証拠映像・録音等)も無い北朝鮮観光(監視員付き)未満と

強く推定出来る(何しろ、人質で身動きも取れず、

取材対象を選ぶ事も出来得無いのはもちろん、

下手に記録等を残す動き等をするなら

殺害等の罰まであり得た状態だったのだから)

取材内容(人質事件の実態等は過失等の問題を検証する事も含めて警察等に報告するのが適切になる)を

場合によっては、売らんが為に、

大きく膨らませたりして、発表する」のが

「自己責任である訳も無い」。

「ところが、すり替え自己責任論等までも」が

「公共の電波上で一方的に配信されていた」のだから

「本当に酷く、劣悪」だ』。

『「批判・非難等々にしても、称賛・賛美等々にしても、

批判・非難等々や、称賛・賛美等々事態に良い悪いが在る訳も無い」。

「最終的に落ち着くところ」は

「実体や事実・現実との整合性が高いところ」で

「其処に至る為の問題を告発等したり、順調進行を後押し等したりする」のが

「批判・非難等や、称賛・賛美等の役割になる」。

「この辺りの実体さえも???の様相、

或いは、

解っている確信犯の悪の様相」の

「常連出演者等」は

「批判すれば、自分に帰って来る」と

「日頃から、

安倍政権・トランプ政権・日本の原発等々に対して

実質的、ヘイトスピーチを

公共の電波上でばら撒き続けて来ていた自らの事は何処へやら、

多くの視聴者等や世間の批判・非難等の正当権利を

公共の電波上を使った

一度に

一方的に

~何十万~何百万人~何千万人~もの人々への情報{圧力}配信による

実質的、視聴者マインドコントロール等により

圧殺せしめようとしていた様相だった」のだから

「本当に酷く、劣悪になる」』。

『「公共の電波上等」で

「同じ人脈の者たち等」に

「何時までも、酷く、劣悪な事を行わせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでも「公共の電波を使った、解放された該当ジャーナリストの自己責任論を圧殺せしめる情報工作」等を行っていた様相だったが・・・。

『「何でもごちゃ混ぜにする自己責任無し論→ジャーナリスト無罪論」は「まるで、何処かの国の反日無罪!等」と「同様」で

「本当に劣悪で醜悪」だが

「それが、公共の電波を使って一方的に大喧伝等される」と

「戦後日本の学校教育等の毒に染められている多くの視聴者等」は

「それこそが正論だ・・・」等々と

「思い違い、勘違い等させられてしまい易い」。

「もちろん、自己責任が問われる割り合い等」は

「事の次第等々によって、個々別々になる」。

「該当ジャーナリストの場合」は

「以前にも人質にされている」のに

「十分な安全対策も施さず」に

「日本国からの度重なる自粛要請等も無視」して

「危険地域に入り込み、人質にされてしまった」のだから

「その自己責任度」が「非常に高いと言われても当然の状態が在る」。

「戦乱地域等の取材が無いと実態把握も出来ない」から

「取材~報道等自体は自由であるべき」だが

「ネットの普及やドローンも含むIT機器の進歩・進化等々が在る現状人間社会の実態」からも

「肉弾取材ダケが取材の手段で無い事」は

「既に明らか」だ。

「肉弾取材を行う」なら

「相応の安全確保が必需になる」から

「自国軍の同行等を可能にする事等も含めた検討~法整備等が先ず必要になる」。

「今時なのに、余りにも、無策、無謀状態」で

「肉弾取材を行った該当ジャーナリスト」は

「事前考慮等が明らかに足りていない」。

「つまり、今時のプロジャーナリストとしての資質が明らかに???状態」だ。

「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等では大擁護状態」なのは

「お仲間だから」と「強く推定出来る」。

「特に、反対野党等や北朝鮮金政権等との親和性が高い様相を露呈し続けて来ている

局等の論調」が「より一方的な大擁護状態である事」からも

「該当ジャーナリストの人脈資質等」が「窺い知れる状態になっている」。

「ジャーナリストと言うよりは、反対野党寄りの政治活動家等として捉えた方」が

「該当ジャーナリストの行動・言動等との整合性が高くなる」等と

「感じたり、思ったり、している」のは

「筆者たちだけでは無い」』。

『「所謂、保守系と言われている局」でも「自己責任論=感情論」等を

「公共の電波上で一方的に喧伝する事」等々による

「実質的、自己責任圧殺情報工作等」が

「行われていた」から

「自己責任論圧殺」と

「ジャーナリスト無罪!」は

「現状のテレビ界等の実権者たち等による合意事項になっている」と

「強く推定出来る」』。

『「日本国が日本国民を救助する」のは「当然」だが

「例外規定も無い、スパイ・工作活動等防止法等も無い、戦後の日本国の法体系」の

「脆弱性に付け込んだ、実質的に国家・国民に相応に大きな負担をもたらす{工作}等を

防止する為」の

「方法等」を「構築する、させるべきである事」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう。

「その意味からも、

公共の電波まで使った、故に、大々的な、

自己責任圧殺論等の喧伝」は

「本当に、酷く、劣悪な事になる」。

「多くの視聴者等に日本国の現状の法・体制等の脆弱性を黙殺せしめる事等」による

「日本の法・体制整備等の進歩・進化を阻害せしめる情報工作等の実態」が

「露呈している」。

「北朝鮮金政権等々」なら

「その様な日本社会の状態も歓迎!」だろうが

「普通の感覚を持てている日本国民」なら

「テレビ等は一体何をやっているのか!」等々の

「疑問や怒り等々」が

「沸き起こって来ていて当然になる」』。

『「北朝鮮金政権等に対して厳しい

米国共和党トランプ政権や

日本の安倍政権等に対する批判・非難等は旺盛に行う」が

「日本の中の北朝鮮金政権等の命令・指令の下のスパイ・工作活動等の

十分な告発さえ行って来ていない」のが

「戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「そんなテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報等」を

「無条件で信じ込み易くする精神構造」を

「育成して来ている」のが

「戦後日本の学校教育」だ。

「どちらも直ちに是正する、是正させるべき実態を露呈している事になる」』。

『「公共の電波上で~何十万人~何百万人~何千万人~もの人々に向かって

一方的に自論等を何度も述べ続けて来ている」のが

「テレビ常連出演者等の実態」だが

「当然、テレビ常連出演者等にも自己責任が問われて然るべき事になる」。

「公共的マスコミ上の常筆者も同様に自己責任が問われて然るべき事になる」。

「何しろ、選挙も無いから、人脈交代さえも無い」。

「民意反映も圧倒的に不十分な場合が多い」のだから

「一方的に大量の人々に向かって自論等を喧伝等している責任の多く」は

「該当本人に在る事になる」。

「個人レベルの自由は担保されていて当然」だが

「公共レベルに特定個人等の自由ダケが大反映させられ続けている

戦後日本の情報・教育界等の実態」は

「本当に酷く、劣悪な実態」で

「直ちに、是正する、させるべき実態になる」』。

『「哲学レベル=考え・思いによる納得レベル=宗教レベルの核廃絶論等」で

「優等生ぶり、正義ぶっていた」のも

「酷く、劣悪だった」が

「核廃絶を実現させたい」のなら

「世界中」の

「個々の人々の精神構造」と

「人間社会の精神文化」を

「健常進歩・正常進化させる事」等により、

「乳幼レベルの比べっこ状態」から

「成人レベルの本質&快適探究レベル」へ

「人間世界を健常進歩・正常進化させる事が必需である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ。

「その為」には

「人間や人間社会の基本中の基本から、科学レベルで整合性を高めて行く事が重要になる」。

「丸ごと一人ダケの死生観・人生観」から

「生きている人の意識は丸ごと一人レベルで捉えたがり、考え・思い・感じたがるが

生きている人の現実は、今、この瞬間にも、誕生・死を実体験しながら存続している

何十兆もの細胞群」等の

「より科学レベルで判明している実態との整合性が高い死生観・人生観」への

「健常進歩・正常進化」は

「人間社会を健常進歩・正常進化させる為の基になる」のだから

「その辺りの情報・教育等々」を

「十分に行わない事」は

「本当に酷く、劣悪になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

解放されたジャーナリストは「ジャーナリストと言うよりも、政治活動家と考える」とお仲間テレビ・マスコミ等の擁護ぶりも良く解る・・・。

『「日頃から、市民と言うよりは、政治活動家とでも表現した方が良く馴染む様相の人々」を

「実質的、政治利用等して来ている」のが

「反対野党やそのオトモダチ北朝鮮金政権等々の{お仲間}テレビ・マスコミ等」の

「実態」だ。

「ジャーナリスト」等と「言われる」と

「まるで、公正中立な正義の報道人等」と

「勘違いさせられてしまい易い」のが

「戦後日本の学校教育を受けて来ている多くの人々」で

「その様な人々」は

「例えば、

テレビ常連出演者等が

上辺では

優等生的に紳士的に正義ぶったりする」と

「その常連出演者等の言っている内容等が正しい等」と

「思い違いさせられ易い人々」でもある』。

『「戦後日本の学校教育界」には

「多くの反対野党等々と同じ人脈の教師等が入り込んでいる」。

「米軍等による終戦処理」として

「所謂、右翼系の教師の多くが学校教育界から排除された反面」で

「所謂、左翼系の教師が数多く重用されたから」だ。

「そして、選挙も無い学校教育界」では

「その人脈の流れが連綿と主導権を握り続けて来ている」。

「ネット普及以降」は

「その論調や教育内容等には

若干の是正(現実や実体との整合性をより高める)傾向が

見受けられる様にもなっている場合も増えた」が

「もちろん、全ての教師等が是正方向に動いている訳では無い」。

「上辺ダケ是正」で

「内実では、旧来からの人脈利権の維持~増大に有益になる

実質的、マインドコントロール等を仕込んでいる状態の教師等の数」は

「未だに、多い」と「言わざるを得ない」。

「その一つの実例」が

「全体主義的精神構造の育成」だ。

「先ず、

個人の精神構造の健常進歩・正常進化が

十分に出来る様になっている生徒等を育成した後」に

「例えば、皆で仲良くや、お仲間を大切に、等々の

全体主義的精神構造を育成させる」なら

「全体主義的精神構造を育成する事による悪の状態が具現化する可能性も激減する」が

「個人の精神構造の健常進歩・正常進化を疎か」に

「全体主義的精神構造の育成を大いに行う」なら

「その実効」は

「先生等上の立場からの言う通りに動き易くなる集団等の造成になる」。

「ここで先生等上の立場の者の様に理解・把握され易くなっている者たちの実態」が

「学校教師の様な者たちと成り易い」のは

「極めて当然の現象」で

「例えば、テレビ常連出演者等がまるで学校教師の如く解説等する」なら

「その論や意向等に沿って、皆で仲良く、集団で動く事こそが正しい等」と

「思い違い・勘違いさせられている状態が具現化」し

「それが、例えば、政治利用される」と

「例えば、反対野党政権等が成立させられてしまう場合もある事」等は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の大応援で成立した民主党政権等の実態からも

良く判る」』。

『「{政治活動家}市民」も

「{政治活動家}ジャーナリスト」も

「戦後日本の学校教師の様なテレビ常連出演者等が{政治等利用}出来る

有用な具」になる。

「お仲間」なら

「偏重したり、応援したり、徹底的に擁護等したりする」が

「お仲間以外」は

「黙殺したり、批判・非難等をする」のが

「その集団の特徴」で

「そんな酷く劣悪な事」を

「公共の電波や公共的マスコミ等まで使って行い続けて来ている」のが

「戦後日本の、多くの、テレビ・ラジオや公共的マスコミ」の

「非常に寒い、実態」だ。

「お仲間ジャーナリスト」の「解放」が「大喜びで喧伝等されて」も

「お仲間と強く推定出来る北朝鮮金政権等が

日本の中で行い続けて来ているスパイ・工作活動等から

多くの日本国民が解放されていない異常事態の告発等は黙殺状態」だ。

「そんな全体主義上で皆で仲良く!等を言う」のは

「北朝鮮金政権等の実質的、手下等になる」』。

『「解放されたジャーナリスト」の「言い分」は

「基本的に、その人個人の言い分に過ぎ無い」。

「それが、公共の電波上や公共的マスコミ上で大喧伝等されたところで

それが真実とは限らない事」は

「多くの視聴者・読者等が常に心に留めておくべき事」だ。

「例えば、該当ジャーナリストが自分を韓国人と{言わされた}事」でも

「その集団内ではそう言わざるを得ない状態は在った様相」だが

「それを映像化してその集団の外に出す必要性は全く無い」。

「小さなスペース内で

8ッカ月も

動きを極端に制限された事」からは

「凄い大変さ」等が「容易に、想起させられる」が

「それが、本当だった」なら

「該当ジャーナリストの身体にはかなりのダメージが在って然るべき事になる」。

「ところが、解放された該当ジャーナリストの映像からは、

結構元気そうな実態が伝わって来ている」。

「与えられた食べ物等々の話し」にしても

「大変さ等を想起させられるには合理的」だが

「元気そうな実態との整合性は悪い様相になる」。

「カタールがカタールの都合だけの為に

日本国籍ジャーナリストの解放の為の身代金を払う訳も無い」。

「日本国との関係も睨んで・・・で当然になる」。

「ところが、多くのテレビ等では、カタールの都合ダケを強調している」。

「まるで、該当ジャーナリストは日本にダメージは与えていないイメージ」を

「多くの視聴者等に抱かせたいかの如く」・・・。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等」では

「政治運動上でイメージによる実質的、大衆誘導が頻繁に行われて来ている」。

「例えば、

~自民ダメ!(イメージ)~政権交代必要!(イメージ)~民主が良いゾ~!(イメージ)の

大喧伝によって引き起こされてしまった

民主党政権への政権交代劇もその一例になる」』。

『「該当ジャーナリスト大変だったね(イメージ)

可哀そうだね(イメージ)」等々により

「事の実体を見失わせる

実質的、情報工作等」が

「公共の電波や公共的マスコミ等を使って

行われてしまっている」なら

「それは、直ちにでも是正する、させるべき事になる」。

「実態」としては

「自らの判断ミス(確信犯で無いのなら)が引き起こした不幸・困窮状態自慢等

みたいな事」を

「無条件に該当ジャーナリストの言い分ダケを信じて、偏重して、

公共の電波上や公共的マスコミ上」で

「大喧伝等する事」は

「もはや、時代遅れ過ぎる劣悪態等になる」。

「同様の問題を二度と起こさない為に有益に成り得る

法・体制整備の検討~施行」や

「今回の問題の真実の検証」等々が

「行われていて然るべき」だが

「それは、原寸大扱いであって然るべき事でもある」。

「国政上の小問題」を「国政上の大問題」と

「多くの視聴者・読者等」に

「勘違い・思い違いさせる事」による

「実質的、政治運動」や

「本当の大問題隠蔽等」は

「もう、いい加減に、全廃する、させるべき事」だ。

「未だに、

戦後の日本の中で

其れこそ、何十万人~レベルの人々(国籍は問わない)が

集団的に行い続けて来ている、続けさせられて来ている、

北朝鮮金政権等の命令・指令によるスパイ・工作活動等の

重大問題」さえも

「十分に告発等していない」のが

「戦後日本の中で蔓延り続けて来ている

北朝鮮金政権等のオトモダチや手下等かも知れない

多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の

余りにも、酷過ぎる実態」だ。

「是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事になる」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

この前の「お知らせ」記事も、まだまだ解像度が低い、概念簡易理解を容易にする為のモノだったので・・・。

『「この前の時空関連記事」も「迫力不足かも知れない」ので「もう少し、解像度の高い実態が在る事」が

「判る様」に

「少々、追記する事にした」』。

『「先ずは、時間エネルギーについて」。

「三次元立方時空」で

「T(時間)とS(空間)」が

「分離した事によって時間の進行も始まった」が

「その時点で発生している

相対的に極大になり得ている

所謂、インフレーションと所謂、ビッグバンを繋ぐ

時間エネルギー」とは

「T(時間)とS(空間)の分離を解消し

平衡状態(つまり、時間が動かない0=真空状態)に

復帰する為に

放出し続けているエネルギーになる」。

「つまり、

T(時間)とS(空間)の分離状態が解消され

平衡0真空状態になるまで

時間は動き続ける事になる」。

「現宇宙の結末」は

「平衡化によるT・S再結合」で

「再び0真空状態への復帰となる」。

「それまでは時間は進行・・・つまり、T・S再結合の為の時間エネルギーの放出が続き

T・S再結合後は時間が止まり

時間が止まったが故に

大きさも重さもエネルギーも、全てが何も無いのと同じ状態になる

真真空状態になる事になる」。

「かつての唯物論的物理学(S要素だけを偏重し時間をスケールとして扱っている物理学)」では、

「宇宙モデル」として

「球体の膨張~収縮モデル」や

「永遠膨張モデル」等々が

「在った」が

「時空の分離と時間エネルギー」という「実体から導き出される宇宙モデル」は

「上記の一つになる」。

「T・S分離解消平衡化の為に放出されている時間エネルギー」は

「現時空の至るところに存在している」ので

「相対的に時空量が増える」と

「内在時間エネルギーも増える事になり

時間エネルギーは

物質化した星等々(簡略的には、Sの三乗状態として捉えれば理解し易いと思う)や

時間を引っ張る空間(簡略的には、T×S×S状態として捉えれば理解し易いと思う)

=時遅粒、或いは、所謂、暗黒物質や

光等(簡略的には、T×T×S状態として捉えれば理解し易いと思う)にも

影響を与える」から

「相対的にエネルギー量が多くなる遠くの星等々」は

「より早く遠ざけられる」のも

「当然の現象になる」』。

『「多くの人々は既にお気づきの様」に

「簡略化した理解を容易にする為の記述」では

「例えば、素粒子等の実態も描け無い」。

「実際の実態」は

「光にしても、素粒子にしても、時遅粒にしても」、』

「tの三乗状態」と「t×t×s状態」と「t×s×s状態」と「sの三乗状態」の

「大雑把に分けるなら4種の時空点」が

「光・素粒子・時遅粒等々のその状態を具現化する為に必要分が集合した

複合物状態」で

「時間エネルギーに運ばれ続けている=周囲の時空点が替えられ続けている状態のモノになっている」。

「どの様な集合状態」が

「例えば、特定周波数の紫外線の光となるのか?」等々を

「検証して行く」なら

「例えば、個別の素粒子等の実態も表現出来る事になる」。

「そして、それぞれの光や素粒子や時遅粒等々」が

「接している集合していない時空点」が

「時間の進行と共に次々と入れ替わる実態を通じ」て

「基底エネルギーより多いエネルギー(光)」や

「時間からの遅れ(素粒子・時遅粒)」等々を

「周囲に伝達しているのか?」を

「検証する」なら

「所謂、重力等々の力の伝達も良く解析出来る事になる」。

「例えば、近接時空点の位置に同様の素粒子が在るなら

それらは、他の周囲の個々の時空点からより大きく遅れさせられる事になる」ので

「大きく遅れさせられた素粒子同士の間には相対的に強い力が働く事になる」。

「比較的離れているモノ同志の間の影響」が

「波動として捉えられ易い」のも「当然の現象になる」。

「時空方程式の概念」は

「簡略版で、ある程度は理解されていると思う」が

「{使える}時空方程式」は

「それぞれの実態に沿った時空点・時空点集合を使ったモノ」だ。

「特定時空の三次元点群」が

「時間の進行と共にどの様に変化するのか?」を

「計算」したり

「その時空の{強度}等」を

「計算」したり「出来る」のが

「{使える}時空方程式」の「実態」だが

「もちろん、此処では、具体的には記さない」』。

『「多くの方々がお気づきの様」に

「所謂、大統一理論」も

「S(空間)要素偏重&時間をスケールとしてでは無く、

t(時間)要素とs(空間)要素から積み上げれば可能になっている」』。

『「重量制御も時空破壊兵器も絵空事では無い」』。

『「人類は、いい加減に自虐を止める為」にも

「個々の人類の精神構造と人間社会の精神文化の

健常進歩・正常進化」に

「本気で取り組むべき」だ』。

|

«テレ朝朝番でも、常連出演者等が「解放されたジャーナリスト絶賛」等状態だった上に、「国家主義(内実、独裁主義)推奨」等までしていたが・・・。