サンデーモーニングでは常連出演者等が「相変わらずの解決の大きな役に立つ訳も無い、地球環境問題や人間社会問題在るゾ~!国連訴え等をダシに既得権益の維持~増大等に励んでいた」等の様相だったが・・・。

『「そもそも、地球環境問題も人間社会問題も人間たちが創り出して来ている問題に他ならない」のだから

「本気で其れらを解決する気がある」なら

「人間たちは、何故、其の様な実質的には自虐に成っている事を行って来てしまっているのか?」等の

「検証から始める」のが

「適切に成る問題解決法を得る手段」に「成る」。

「個々の人類個体の言動等を具現化を創り出している」のは

「個々の人類個体の意識の有無は問わない脳内からの命令に他ならず、

其の指令中枢が人類個体の意識を司っている大脳新皮質の神経細胞ネットワークの実使用構造」で

「筆者は、其れを精神構造という言葉で単純化して表現して来ている」。

「個々の人類個体の精神構造の集大成が其の人類個体が属している集団の精神文化に成る」。

「そして、精神構造や精神文化を創り出している」のが

「存続本能の先に構築されて来ている死生観や人生観」だ。

「此の人類個体の基本行動原理と

其の集大成として人間社会で具現化され続けて来ている事態の内なる実体を

必要十分に理解・把握出来ている」なら

「人類自らが創り出して来てしまっている実質的には自虐に成る問題を解決する為に本当に必要に成っている事」が

「個々の人類個体の精神構造を自虐度がより低いモノに健常進歩・正常進化させる事であり、

其の集大成として具現化され続けて来ている人間社会の精神文化もより自虐度の低いモノに健常進歩・正常進化させる事」に

「成っている事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「問題の源泉の改善抜き」に

「問題が在るゾ~!」等と

「正義ぶり、優等生ぶり、訴えていたところ」で

「其の実体」は

「私は其の問題を理解・把握出来ていますよ~!

偉いでしょ!

認めてよ~!

褒めてよ~!

褒美として権力でも名誉でも報酬でも頂戴よ!

だって問題を訴えられるくらい分っていて優秀なんだから~!」等々の

「自己承認欲求の本来欲求の充足が不十分であるが故に、

其の代償欲求を過剰追及している病的状態に在る、

現状優等生・現状優位者等の

慰め欲求等の露呈」等に「成ってしまっている」のが「現実」だから

「実際の問題解決は遅々として進まない状態に成り易く成ってしまう事に成る」。

「所謂、文系側の科学レベルにまで至っていない場合がほとんど・・・の情報・教育等の問題が其処にも露呈していて、

所謂、文系側の優等生等がいくら集まり訴えていたところで

実際の問題解決とは程遠い実態しか具現化出来て来ていない現実」が

「自虐度がかなり強い現状地球と一部宇宙の世界の実体」に「成っている」。

「国連の文系優等生たちも、

テレビ・ラジオ・マスコミ界等や学校教育界等の文系優等生たちも、

自らが現状故に保持出来ている利権の維持~増大には都合が良い訴え等は得意でも、

本当の問題解決は不得意に成り易く成ってしまっている」のは

「本当の問題解決を行おうとする」と

「所謂、文系の現状までの既得権益の多くが崩壊状態に成るから」だ。

「其れは、個々の人類個体の精神構造を創り出す事に大きく関わっている死生観や人生観を考えても、

良く分る事に他ならない」。

「生きている個々の人類個体の実態」は

「今、この瞬間にも細胞レベルで誕生・死を繰り返しながら存続している何十兆もの細胞群に他ならず、

細胞レベルの命の連続性は地球上に生命が誕生した時まで続いているから

人類誰もの根源的な祖先は単細胞に成り、

今生きている個々の人類個体の命の連続性の長さは皆同じで何十億年にも成っている」のが

「既に、科学レベルで判明している現実」だ。

「根源的祖先である単細胞」は

「人類ダケの祖先では無く全ての地球の生物の祖先でもある」のが「既に、科学レベルで判明している現実」だ。

「生物の誕生・死とは細胞レベルの実現象に他ならない」が

「人類も含む高度に脳が発達した生物の意識は一個体レベルで捉えたがる」から

「細胞レベルの誕生・死という現実を科学レベルではっきりさせる事が出来ていなかった時代の人類は、

誕生・死も一個体レベルの実現象と考え・思い、其の先に死生観や人生観を構築し、

其の先の集団的合意により人間社会を動かし続けて来た」。

「現実とは違う、丸ごと一人レベルでの誕生・死という概念」は

「現実の誕生・死とのギャップを埋める為に、丸ごと一人レベルの魂や霊を創り出し、

其の先に、丸ごと一人レベルで逝くあの世や、丸ごと一人レベルでの生まれ替わりや復活等々を創り出した」。

「丸ごと一人レベルで逝けるあの世が在ったり、生まれ替わりや復活等々が在ると信じている人間たちにとっては

死のハードルも下げられ易く成って当然で

其の様な状態の死生観が主流だった時代の人間社会の主流最先端精神文化が

武力による命がけの比べっこに成り続けて来ていた」のは

「ある意味、当然の現象に成る」。

「丸ごと一人レベルだけでの死生観・人生観を抱きしめている状態」とは

「自分の実体把握も十分に出来ていない状態に他ならない」から

「自己支配も不十分に成り易く、其の結果として自己支配欲の充足が不十分に成るなら、

衣食住の困窮状態も後押しし、

他者支配や他者による被支配に邁進し易く成り、

死生観・人生観等も他者支配/他者による被支配の要素が大きく反映されて創り出され易く成る事に成る」。

「武力による命がけの比べっこの先に支配権/被支配権が付いていた」のも

「ある意味、当然の現象に成る事に成る」。

「個々の人類個体の精神構造」は

「赤ちゃんの時は誰でも、

母親の乳房の支配権を求め、

親による支配の下で自らが未だ十分に出来ない排泄物の処理等も行ってもらいながら、

自らの個体を健常成長させようとする」から

「精神構造上でも、支配権/被支配争いであって健常状態に成る」が

「成長と共に、出来る事も理解・把握している者・物・事等々も増えて来る」ので

「支配権/被支配圏争いの精神構造のままでは対応効率が悪く成ってしまう状態に成る」。

「其処で生まれる」のが

「比べっこの精神構造」だ。

「自分はどれだけ強いのか?を他人と比べて確認しようとする欲動が強く成ると、

例えば、他人との体力比べっこ等を行いたく成る様に成り」、

「自分がどれだけ賢いのか?を他人と比べて確認しようとする欲動が強く成ると、

例えば、他人との脳力比べっこ等を行いたく成る様に成る」が

「其処には既に、其の人間社会内で既に大人に成っている物たちが敷いたレールが敷かれている場合も多い」。

「更に、理解・把握出来ている者・物・事等が増えて来る」と

「比べっこでは効率が悪く成る」ので

「本質・快適等を探究する精神構造が育って来る」のが「健常状態」だが

「人間社会側が比べっこレベルへの固着を強く求めている状態に在る」と

「多くの人類個体が此の正常進化を阻害され易く成る事に成ってしまう」。

「現状の所謂、文系側が其の様な状態に在る事」は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「元々、支配権/被支配圏争いにしても、比べっこにしても、本質・快適探究にしても、

自己を健常に支配し続ける為に必要に成る

他の者・物・事と自分個体の間を

どの様な言動等具現化により適切化すれば良いのか?を

合理的に見出す為のベースとして

生み出され構築されているのが実態に成っている」から

「成長により自分の状態が変化したり、周囲の環境が変化したり、する」なら

「精神構造も成長する」のが「通常の健常状態なのに!」だ。

「現状の人間社会の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争いに成っている」が

「其処で生まれて大きく成って来ている問題」が

「地球環境問題であり格差も含む人間社会問題等々」だ。

「比べっこ故の問題が其処に露呈しているのが実体に成っている」のだから

「個々の人類個体の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を比べっこレベルから本質・快適探究レベルへと健常進歩・正常進化させる事こそが、

問題を本当に解決する事に直結している事に成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「具体的にどうすれば良いのか?」

「所謂、文系の情報・教育でも、所謂、理系の情報・教育と同様に、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を、意識的かつ積極的に実用すれば良いダケ」だ。

「誕生・死の実体は細胞レベルの実現象」だ。

「人類も含む地球上の全ての生物の根源的祖先は単細胞」だ。

「今生きている全ての地球の生物の命の連続性は根源的祖先から何十億年にも成っていて、皆、同じ歳」だ。

「現状までの人間社会・経済システムとは、上記の様な実態を十分に実用出来無かった時代の人間たちが、

丸ごと一人レベルで捉えたがる人類個体の意識を基にして構築されていた人生観や死生観を基に

特定の人間集団ごとに勝手に創り出している

科学レベルでは人類誰もの自分の実体に他ならない地球生命体細胞群(広義の自分)と

其の広義の自分の根本的な目的である存続~永続との

整合性が悪く、自虐度の高いモノに他ならない」。

「そんな人類自滅器状態の人間社会・経済システム等に多くの人間たちを依存させ続けている状態を続ける」なら

「地球環境もどんどん悪く成り、人類滅亡の時が迫って来る状態に陥ってしまうのも、

ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「所謂、文系側の情報・教育面でも科学レベルで判明している実体や事実・現実を意識的かつ積極的に実用して

製品群を創り出し、其れを実用する」なら

「多くの個々の人類個体の精神構造も健常成長し易く成り、其の集大成として人間社会の精神文化も健常進歩・正常進化し易く成る」から

「地球環境問題も人間社会・経済問題も実際に、解決出来る様に成る」。

「ホンの短い間にも何億もの死も何億もの誕生も実体験している」のが

「今、生きている全ての人間個体の実態」だ。

「丸ごと一人レベルダケの死生観・人生観から自分個体を解放し、

もっと現実との整合性が高い死生観・人生観を得る為に

有益に成る映画・アニメ・ドラマ・小説・音楽・絵画等々の精神文化製品が大量に生み出される状態が

何故。未だ生まれていないのか?」

「其処に在るのが、

現状で所謂文系の仕事を行っている物たち(主として多くの実権・利権等を保有している物たち)等による

現状既得権益の維持~増大の為の意図的な策略等なら

現状の状態は正に合理的にも成る事に成る」。

「其れとも、多くの人類個体の精神構造を健常成長させる為に有益に成る精神文化製品を生み出せない程の

おバカ状態の者たちばかり・・・が所謂、文系側の仕事をしているのか!」

「当ブログの存在からも明らかな様に・・・、そんな事は断じて無い筈だが!」

「{ほ~タクれ}常連出演者等が公共の電波を使って大喧伝している内容」と

「当ブログ等の内容」の

「どちらが多くの人類個体に本当のメリットをもたらす事に成るのか?」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現状の多くのテレビ番組等の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の』

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では常連出演者等が「未だに、中国流社会主義等を推奨!の様相」等だったが・・・。

『「インチキ論の肝」は「中国共産党による人民支配の為の人間社会システム等」を「社会主義等と喧伝」し

「中国共産党支配下の中国」を「単に中国と言う事により、まるで日米等と同様の国であるかの如きイメージを

多くの視聴者等が持ち易くしているところ」等に「成る」が

「インチキの肝等も重々承知の筈の多くの視聴者等にとって」は

「もはや、呆れを通り越して哀れに成るレベルの論等」が

「日本の公共の電波を使って一方的に大量配信されていた」のだから

「是正が急務に成っている事」等も「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「中国人の多くが中国共産党の支配下での{豊かさ}に満足してしまっている」から

「米国等の思惑通りに、自由主義経済が中国内にも入り込んだ後は、徐々に中国国内も自由・民主主義化とは成らない」とは

「中国共産党ご用達の論に他ならず、

実際は、一国二制度で自由主義を中国共産党支配の支配の下に取り入れた事により、

其の経済的メリットを一番大きく得たのが中国共産党で

金満に成った中国共産党が

よりお金もかかる人民支配の為の手段の実行等も出来る様に成った結果

中国共産党による人民支配度がより高く成った」から

「人間の支配欲が自己健常支配を主に成り立っている生体の実態からしても、

他者(中国共産党)による支配がより巧妙に、強くされて来ている現状中国国内での

意識の有無を問わない実感では、不満が増大状態に在る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自己健常支配を軸にする事を中国共産党の支配下に置かれる事で奪われている状態の多くの中国国民」が

「自らの人権が十分に守られていない状態に置かれている」から

「他の人々の人権を阻害する事にも寛容的に成り易く成り、

悪い事や信頼性を欠く行動等を起こし易く成ってしまう事」は

「例えば、新型コロナウィルス流失の実態等からも良く分る事に成る」。

「自らの人生を上から中国共産党に押さえられている人生」では

「本来の人生である訳も無い」から

「多くの中国国民の実態が、

自らの支配者の座に在る中国共産党の前では、如何にも満足で幸せの様な言動や素振りを披露していても、

中国共産党の支配が届かないところでは本音が出易く成る、

面従腹背状態に在る事」は

「冷静に、中国国民の実態を検証等するなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」が

「面従腹背」は

「清時代もそうである様に、他民族の支配下に置かれた長い時間を持つ漢民族にとっては、馴染みの深い精神文化にも成ってしまっている」。

「多くの中国国民にとっては、

支配者が清だった時代が終わり一時は中国国民党政権の下で戦後の民主化国の一員に成れた状態を得ていたのに、

ソ連の絶大なる軍事支援の下で中国共産党が大陸内の中国の支配権を得てしまったので、

支配者が清から中国共産党に変わった等の実感に成ってしまっているのかも知れない」が

「戦後の人間世界の主流最先端精神文化」が

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に

「成っていて、軍事技術も含む技術・経済比べっこでは個々の人間たちが個々の能力を存分に発揮出来る状態であった方が有利に成る」から

「実際に東西冷戦では個々を大切にする西側の勝利に成った」。

「ソ連はロシアと成り、一応は民主化して西側経済圏にも入れる状態に成った事に慌てた中国共産党が保身の為に創り出した策が

自由主義経済圏を中国共産党の支配下で中国の一部に取り入れる一国二制度化だった」。

「中国共産党の支配下で自由主義経済圏に門戸を開く事の実効」が

「経済的に一番儲け易く成るのは中国共産党という実態」で

「旧ソ連からの絶大なる武器等の支援により旧日本軍より遥かに多くの中国国民を殺して中国大陸内での支配権を得た実態」と「共」に

「中国共産党が他の人間たちを支配し続けなければ成らなく成る根本的理由」に「成っている」のが

「実態に成る」。

「他の人間たちを支配し続けなければ

中国共産党が実際に行ってしまった数々の内戦や不適応分子粛清等々非人道的行為や

一刻二制度で一番経済的に潤ったのが中国共産党等という実態」が

「表に出て、其の責任等が追及される事に成る」。

「本当に良い政治を行っている」なら

「個々の人間たちの自由な意思や行動(悪に成るモノは除く)等を容認して、

例えば、民主化して選挙を行っても、政権与党に成れて当然に成る」が

「同じ中国国民をソ連の絶大なる軍備援助の下で大量に殺傷し、其の後も不適応分子の粛清を重ねて来た現実」や

「一刻二制度で一番潤ったのが中国共産党等で其の潤いがより高度で巧妙な人民支配の為に使われた現実」等が

「十分に表に出て来る状態が在る」なら

「中国共産党は少数野党化するのが当然に成る」。

「世界的な情報・人・物等の交流がどんどん盛んに成り続けて来ていて、今後も其の流れは変わらない

人間世界の進歩・進化の動きを

一時的に停止状態に追いやる事が出来てしまったのが、

新型とされているコロナウィルスの{感染を大問題化}した現状のパンデミック騒ぎの実態」に「成る」。

「中国共産党製の工作用ウィルスの流失や意図的工作使用が強く疑われる実態が其処に露呈している事に成る」。

「人類誰でも、狭義の自分個体を構成している何十兆かの細胞群を自ら支配・コントロールしながら自分の人生を歩んで行く」のが

「健常な状態に他ならず」、

「自らを他者に支配させている状態で人生を歩む」のは「乳幼期だけで十分」なのが

「多くの人間個体の実態」だ。

「其れでも、人間が人間を頼るしか実質的に、手段が無かった古の時代」には

「強い支配力が与えられた者の下で多くの人々が其の人々の人生を歩まざるを得なかった史実は在る」から

「其の様な史実と強い支配権の取得を基に、21世紀の今日でも独裁支配体制の国家運営等を行っているところも在る」。

「しかし、其れらの国々等は、もはや、時代遅れ状態・不良債権状態である事等」は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「AIによる職業判断等を参考に、自らの意思で職業を選ぶ人々等の状態は近々生まれる事に成る」が

「其れは、AIや指導者等による支配とは全く違う事」に「他ならない」。

「他者支配を必需にしているモノには相応の他者支配が必需に成る理由が在る」のが「現実」で

「根本的に、個々の人類の支配欲とは自己健常支配の為に実用してこそ、其の欲求も充足される」のが「現実」だ。

「支配欲の本来欲求の充足が足りない」と「必然的に、其の代償欲求として他者支配の欲求や他者による被支配の欲求が出て来る」が

「代償欲求をどんなに追及しても本来欲求が充足される訳も無い」から

「欲求不充足状態に陥る事に成る」。

「其の欲求不充足状態を脱しようとして更に代償欲求の追及を行う」のが

「代償欲求過剰追及病」等の「者たちの実態に成る」。

「病気状態の者たち等が国や国民を支配する」なら「其の国や国民等も病気に成り易く成ってしまって当然に成り」、

「多くの人間たちの病気状態が人類滅亡を呼び寄せる事に成る」のは

「病気を治さないと死に至ってしまう場合もある事」等からも

「極めて当たり前の現象に成る」。

「人類滅亡を避ける為にも、病気は治す!治させる!」のが「必定に成る」。

「自己健常支配を十分に行っている、行えている」なら「過剰な他者支配欲や他者による被支配欲が生まれて来る訳も無い」。

「独裁者等も独裁者等に自らを支配させてしまっている人間たち等も、自己健常支配が不十分な病気状態に在る事に成る」。

「其の様な実態を露呈させながら人生を歩み続けている状態」は

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれて当然に成る実態に成る」。

「新型とされているコロナウィルス感染問題が

工作によるモノなら、

工作を仕掛けている側の都合で、

何時、何処で大量感染を出すのか、収束させるのか、等々も自由に成る事にも成る」。

「単なる自然発生ウィルスのパンデミックとは限らない実態が露呈している状態」で

「ウィルス工作や感染大問題化工作等の可能性を排除する」のは

「明らかに変に成る」が

「中国共産党と親しい、近しい、かも知れない日本の中の情報界の者たち等」は

「他者徹底支配が必需に成っている中国共産党」を

「危険では無い組織等として喧伝等し続けたがっている様相ですらある」。

「中国共産党と多くの中国人は別である事」等は

「香港や台湾や世界中の華僑や中国国内の多くの人々の実態からも良く分る事に成る」。

「危険で排除すべき」は「中国共産党」や「北朝鮮金政権等」の「独裁政権」だ。

「此の当たり前の事を喧伝せず、中国共産党による支配圏拡大~覇権掌握等を喧伝等したがっている様相を露呈していた」のが

「一部常連出演者等の実態だった」。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

「菅内閣誕生!」よりも「次期総理に●●を!の為の政治運動等」に熱心な雰囲気満載の多くのテレビ常連出演者等の様相だが・・・。

『「筆者の周囲では、相変わらずの、電磁波工作・ウィルス入りか、細菌入りか、が強く推定される、大気工作・ダニや不快虫等の嫌がらせ工作・飲食物工作・侵入工作・医療工作・情報教育工作等々が、

筆者も含む何人も個人相手(意識の有無は別にして)に集団により、連綿と行われ続けられている」のが

「現状の日本社会の実態」なのだから

「戦後日本社会の中で未だに蔓延り続けている非人道的な集団スパイ・工作活動等を徹底摘発し、

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ていた、いる者たち等に

相応の厳罰を与える事」が

「強く求められている」が

「決して少なく無い数の戦後産まれの一般日本人等が、其の様なスパイ・工作活動等の被害に合い続けている裏」で

「スパイ・工作活動等無縁であるばかりか、むしろ、ライバル蹴落とし工作等の恩恵等を預かっている様相の

特定極一部の人脈の者たち等」が

「主たる常連出演者等として日本の公共の電波上を{占領}し続け、

其の様な人脈の者たち等や其の裏に在る臭い満載の反日他国等にとって都合の良い情報配信等を

連綿と行い続ける事により

利権の維持~増大等を図り続けて来ている実態」は

「何時までも放置・容認等され続けていて良い訳など無い事にも成る」のだから

「未だに、集団で非人道的なスパイ・工作活動等を行って来ている、いたりしている者たち等の

徹底摘発が行われていない事」等は

「本当に異常な事に成る」。

「戦後産まれの一般日本国民まで幼少期から何十年にも渡ってターゲットにし続けて来てている事」が

「示唆している事」は

「現状で非人道的な集団スパイ・工作活動等を仕掛けている者やかつて仕掛けていた者たち等の子や孫や子孫等にも

何十年にも渡り、同様の事態の倍返し等が仕掛けられても、ある意味仕方の無い事」等に「成る」。

「公助による徹底摘発~厳罰等が無い場合、共助による倍返し報復劇等が大々的に行われる様に成ってしまっても、何の不思議も無い事に成る」。

「自助・共助・公助を言う菅自民党総裁(明日からは総理大臣)による内閣(行政府)」が

「此の戦後日本社会の中で連綿と巣食い続けて来ている多くの一般日本国民の安全・健康・安心等や本来の人生を大きく阻害し続けて来ている

巨悪の解消」に

「全く手を付けない」なら

「新内閣は早々に行き詰る事に成る」のは

「一般日本国民に対して仕掛けられ続けて来ている非人道的な集団スパイ・工作活動等は言うまでも無く政財界の要人等に対しても仕掛けられ続けて来ているから」だ。

「其の根本的目的」が

「日本の従北政権化・従北社会化に成っている事」等は

「冷静に其の実態を検証する」なら

「仕掛けている人脈や其れに協力させられている人脈等から」も

「其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「もちろん、選挙のある政界」では

「其の様な人脈の者たち等が多数当選出来る訳も無い」が

「選挙の無い戦後日本の情報・教育界の中では、未だに、政権与党状態のままに在る事も可能に成ってしまっている」のが

「現実」だ。

「実質的には、一党独裁政権状態に成っている」のが

「戦後日本の情報・教育界の実態」だが

「其の辺りの是正が急務に成っている事」は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「一党独裁政権状態の戦後日本の情報・教育界の情報・教育に毒される事等の実態」は

「例えば、差別問題等を考えれば良く判る」。

「多くの学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信等」では

「差別はダメ!」だけが「大喧伝され、多くの視聴者・読者・生徒等は{差別はダメ!}を覚える、覚えさせられ、

其の先で、学校教育やテレビ・ラジオ・マスコミ等の言う通りの{差別はダメ!」を訴える者が現れ、

多くの人々が簡単に其れに同調してしまっている状態に成ってしまって来ている」。

「何を差別にしているのか?差別の実態・実体は何か?の検証も無いままに!」だ。

「差別という耳障りの悪い言葉を与えられると、其れはダメ!と短絡的に言い易く成り易い」が

「何を差別として扱っているのか?」の「検証抜き」には

「上辺の言葉に共感させられて操られている操り人形状態に在る事に成る」。

「差別とされている事の実態検証をする」なら

「例えば、

米国の黒人差別なら、

警察官等の制止に抗い、銃があると推定出来るところに手を伸ばしてたりした、黒人側の問題行動に、

警察官に銃で撃たれた等の悲劇の大きな原因が在る実態等も

理解・把握出来る様に成り、

同様の問題行動実態を露呈してしまう人々が黒人に多いなら、

警察官が黒人である事を理由により用心深く成ったりしてしまう事も、

ある意味、当然の現象に成る事」等も

「理解・把握出来る様に成り」、

「差別を無くす為」には

「黒人側の問題行動を無くす事が効果的に成る事」等も

「理解・把握出来る様に成り」、

「問題行動が起こされてしまっている裏に、教育や環境等の問題が在るなら、

其の改善と

差別を生み出している実態の理解・把握こそが、

源流対策に成る事」等も

「理解・把握出来る様に成る」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が言っている{差別はダメ!}だけを

集団で大いに繰り返し訴えたりしたところで

実際の差別問題は解消し得無い」が

「其の差別問題に対する源流対策を実行する」なら

「問題行動等を具現化してしまっている方に確信犯の悪意等が無い限り」、

「其の差別問題の解決も可能に成る」のが「現実」に「成る」。

「戦後日本の中で連綿と行われ続けて来てしまっている非人道的な集団で個人を襲うスパイ・工作活動等の場合も

事情は同様に成る事に成る」。

「では、日本側はどの様な源流対策を行って来ているのか?」

「例えば、戦後の日本の敗戦と米軍の占領政策で重用された事等につけ込んだ日本国内の火事場泥棒的略奪行為等に対しても、

朝鮮半島に帰れない(実際は、帰らないの場合が多い筈なのに)なら、

日本国内で住処と職を持ち、

今後悪い事などせずに暮らし続けるなら仲間だ!とばかりに、

略奪した場所でも二十年も誰も文句を言わなければ其の者の物とした、ばかりか、

戦後の困窮時には、職が無いとまた悪い事もし易く成ってしまう可能性が大きいから・・・と職業に出来る事に繋がる物等まで

上げた地域も決して少なく無かった」。

「其の後、平和共存状態のまま・・・なら、集団で個人に遅いかかり続ける非人道的なスパイ・工作活動等など行われる訳も無かった」が

「北朝鮮金政権等にとっては、

日本国内の朝鮮人は金政権の手下で、金政権の命令・指令のまま動いて当たり前で、

裏切るなら粛清!」で

「其の結果として、拉致工作を始めとする集団で個人に襲い掛かり続ける非人道的なスパイ・工作活動等が

行われ続ける状態に成ってしまった」。

「本来なら、其の様な状態を告発し、摘発を促すのが、日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の役割り」なのに

「テレビ・ラジオ・マスコミ等でも、学校教育の中でも、

拉致は無い事に、

戦後日本国内に居る朝鮮人は皆、旧日本軍に強制連行されて来た可哀そうな人々等々の

まるで、非人道的なスパイ・工作活動等の実践を情報・教育面から支援しているかの如き論調が

主たる論調状態のまま・・・だった」。

「其の様な論調が史実・現実とは程遠いモノでしか無い事が公然化するのは、ネット普及以降の事」だ。

「北朝鮮による日本国民拉致問題を本気で解決する気がある」なら

「先ずは、国内問題である戦後の日本国内に居続けて非人道的なスパイ・工作活動等を行ったり、其れに協力したり、した者たち等を

徹底摘発する事こそが合理的に成る」。

「日本国内のスパイ・工作活動等が徹底的に摘発され、日本を北朝鮮金政権の支配下に置く工作活動等が継続出来得ない状態に成る」なら

「北朝鮮金政権等にとって拉致した日本国民は単なる重りにしか成らない状態に成る」から

「拉致被害者の日本帰国と引き換えに、経済的支援でも得られるなら、早々に拉致被害者を日本に帰す事も具現化し易く成る」。

「逆に、日本国内の北朝鮮金政権等の下のスパイ・工作員等や其の協力者等を徹底摘発しない」なら

「在日の母を持つ独裁者を頂いているが故に、日本の乗っ取り支配も必需に成っている北朝鮮金政権等」は

「其れらの者たち等を使い続ける非人道的な集団で個人を襲い続けるスパイ・工作活動等を止める事も無く、

日本国・日本国民の乗っ取り支配も諦める事も無く、

日本国内のスパイ・工作活動等の実態を知る拉致被害者等を日本に帰す事も無い」のが

「当然に成る事に成る」。

「数が圧倒的に多い一般日本国民が数の面では少数派に過ぎ無い日本国内の北朝鮮金政権等の下のスパイ・工作員や其の協力者等や其の子孫等を

連中が何十年にも渡って戦後産まれの一般日本国民を襲い続けて来ているのと同様に、

集団で何十根にも渡り、襲い続ける事等」は

「決して、難しい事では無い」が

「其の様な共助の事態が具現化する前」に

「公助により、スパイ・工作員や其の協力者等の徹底摘発をする事」が「適切に成る」。

「北朝鮮金政権等が何時まで持つのか???状態に既に至ってしまっている原状で、

未だに、非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている物たち等」は

「本当にどうかしている事にも成る」のだから

「公助による徹底摘発や共助による子孫も含む何十年もの報復を避けたい」のなら

「直ちにスパイ・工作活動等を放棄するべき」なのに

「本日に至っても、未だに、継続中・・・」では「本当にお気の毒にも成る」。

「同様の顔ばかり・・・同様の論ばかり・・・が蔓延り続けているテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育気も同様」だが

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「相変わらずの、自民党に悪イメージを付ける政治運動等」や「未熟な差別問題論」等を常連出演者等が公共の電波を使って一方的に大量配信等していたが・・・。

『「与党等の問題は、例え国政上では実質的、小問題であっても、如何にも重大な問題であるかの如く喧伝し続けている様相」なのに

「野党側の問題、例えば、立憲民主党の立憲主義・・・法による支配等とは、中国共産党も法の順守を訴えている事等からも明らかな様に、

立法の権利を持っている者たち等の都合に沿う人民支配等の実体も内包去れている事に成る事等の

重大問題は、無い事にするべく、圧殺・黙殺状態・・・」とは

「正に、差別的対応に成る」が

「公共の電波を使っているのに、其の様な差別的対応が横行し続けている原状」は

「明らかに酷く、是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其の様な実態を露呈している者たち等の言う差別問題論等」が

「実質的に、劣悪レベルに成っていた」のは

「ある意味、当然の現象にも成る事に成る」。

「そもそも、差別とは何をして差別と言っているのか?」

「黒人であった事が警察官に銃に撃たれた事に繋がっていて、他の人種には同様の事態が起こされていない」なら

「黒人という人種に基づく差別が在るとする」のも「合理的に成る」が

「例えば、警察官の制止を振り切って、銃が在ると推定出来るところに近づいて行った事が撃たれた事に直結していた」なら

「其れは、警察官の制止を振り切ったり、銃が在る事を推定出来るところに近づいた者の行動実態が

警察官の銃の発砲を誘った事に成る」。

「此処で、黒人だけが撃たれ、他の人種の人々は撃たれていないなら、黒人差別に成るが

実際の米国社会内では、他の人種の人々でも同様の行動実態を引き起こしていたなら撃たれている場合も少なからずある」のが

「実状」だ。

「其れは、ハロウィンの時に仮装して他人の家を訪れ、

其の家の人に、フリーズ!(動くな!)と言われたのに近づいてしまったら撃たれて殺されてしまった日本人の事件等」からも

「世界中の多くの人々が容易に推定出来る米国社会の実態でもある」。

「警察官等に、身分証明を求められたら、両手を上げ、イッツ、イン、マイポケット等と言えば撃たれる事は無い」が

「服の内ポケットに手を入れる等する」なら

「銃が其処に在る場合も多い」ので

「撃たれてしまう可能性も高い」のが

「銃社会でもある米国社会の実態」だ。

「車を停める時でも、泥棒して直に逃げるつもりは無い事等の証として、車の頭から駐車スペースに停め、バックで出る」のが

「米国社会の常」で

「自分は悪い事はしない」を「明らかにしていない」と

「疑われ、銃を使うと疑われたなら、撃たれる前に撃って自分を守る」のが

「銃社会でもある米国社会の精神文化でもある」。

「其の様な精神文化が在る事」は「米国に住んでいるなら重々承知の筈」なのに

「何故、ある意味、無謀な態度を取ってしまう人々が居るのか?」こそが

「問題の本質」で

「其処に在るのが、情報・教育や生活環境や経済等の格差の問題」なら

「直すべき実体は其処に在る事に成る」。

「其れを、象徴的事例を集め掲げ、人種差別問題にすり替えて大喧伝し、逆差別状態を得ようとしたりする社会運動家」や

「人種差別問題を大々的に訴える事により、其の信者を増やし、

視聴率を上げたり販売部数を多くする事で、実際は、金集めをしているメディア等の者たち等」には

「問題を本当に解決しようとする意志・意思等無く、

自分の下への利権収集欲等を露呈してしまっている醜悪な実態等が在る事に成る」。

「其の様な社会運動家やメディアの者たち等にとって都合の良い道具に成る」のが

「有名人等の同調と其れに基づく行動の具現化」だ。

「スポーツでも何でも、其の道で相応に一流に成れた者たち等」に

「実際に、本当に深刻な差別実態が在った」なら

「其の道で一流にまで登り上がる事も出来ていない筈」で

「多くの差別訴えに同調して何らかの具現化行動を露呈して来ている有名人等の場合」は

「其の有名人自身が受けた差別は在ったにしても、耐えられる範囲であり、其の道で一流に登り上がる事も阻害しなかったレベルだった事に成る」。

「日本人の筆者の感」では

「むしろ、逆差別状態があったんじゃないの・・・」等の「感も出て来てしまう」のは

「日本のテレビ・芸能界等での朝鮮系の者たちの偏重実態等が在るから」だ。

「実際に、深刻な差別の被害にあっている人間なら、

例えば、歯科医集団の差別か!とでも言いたく成る奥歯を幼少期に三分の一の丈にされたままの筆者の様に、

体力的にも不利な状態に置かれてしまい、選択出来る道も其の道の上で奥歯を食いしばって頑張り続ける事等による成功等も

大いに阻害されてしまう事に成る」から

「現状までの様な人間社会の中で所謂、成功者の位置に在る事が出来ている状態の人々も極稀に成る事に成る」。

「其の裏で、逆差別状態の者たち等」は

「例えば、●●人であるダケで重用され易い状態と成り、何十年かの重用状態の後、其の道の重鎮とも成れば、

同様に●●人の重用を続ける悪の逆差別連鎖を行う事で

●●人の利権を守っていたり、している」なら

「其れに、基づく生活格差・経済格差等々も時と共に大きく成ってしまう事に成る」。

「逆差別状態の先で有名人利権も含む利権を得たりしている状態に在る場合も決して少なく無い筈」なのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ等の常連出演者等やマスコミ等の常筆や学校教育等の実権者たちや一部企業の重鎮等々」だが

「其の様な立場の者たち等が優等生ぶり、正義ぶり、喧伝等している差別論等が

多くの人々に差別はダメと思わせながら、内実では、逆差別状態を圧殺・黙殺させる為にスケープゴードにしている事」等は

「冷静に少し考えるなら其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の様な実態故に、問題の解決には繋がらず、同様の新たな事件・事故等は起こり続け、其れをダシにまたまた優等生ぶり、正義ぶり、

実質的には大衆騙しの情報配信・教育等々を連綿と続けている事等により、

自らが差別のある現状で保持出来ている利権の維持~増大等を目論んでいたり、している」のが

「実態に成る」。

「もちろん、其の様な酷い実態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「有名人等が有名人利権の在る立場で、

ある政治・社会問題等に口出しする事が

往々にして其の政治・社会問題を歪めてしまう事に力を加えている場合が多く成ってしまうのは、

当事者では無い有名人等が訴える内実の多くが現状のメディア情報等の通りに成っているからで、

メディアの操り人形として有名人が使われてしまっている様な実態を招かない為」にも

「門外の事、当事者でも無い事に、口を出すなら、有名人利権枠の無い個人レベルで!」が

「適切に成る」。

「個人レベルでの思想信条や表現・発信等の自由は誰もが持てているべき基本的人権」だが

「其の基本的人権に有名人利権付きの者と有名人利権無しの者との差別状態を創り出している」のが

「有名人の訴えを偏重して使っているメディア等に成る」。

「メディア等に乗った情報配信に成る事が判っているスポーツ試合や有名人等のステージ等で

故人レベルの思想信条等を訴求力の在る上辺で訴えたりする事」は

「本来個々の同レベルであるべき、思想信条や表現・発信等の自由に差別状態を創り出す、

行う事が実質的には悪に成っている事に他ならない」。

「戦後の日本社会内で横行し続けている個人(戦後産まれも含む)を集団で襲い続ける非人道的なスパイ・工作活動等は

公助により徹底摘発されるべき事だが、

公助による徹底摘発が行われないなら、

同様の非人道的なスパイ・工作活動等の倍返しを今まで其の被害を受け続けさせらえていた者たちの集団が行ってしまっても

仕方の無い事に成る」。

「戦後産まれにまで、代々にまで、仕掛け続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等なのだから、

其れを返すなら、非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ている者たちの子どもや子孫等も其のターゲットに成る資格が在る事に成る」。

「既に、何十年も行われ続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等なのだから、

其の返しも何十年も続けて当然に成る」。

「筆者の周囲にもターゲットにされて当然の者たちが少なからず居る」し

「其の者たち等が非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けるなら、

倍返しで襲うべき者たち等や其の子ども子孫等のいるところ等を明らかにする、筆者に万が一があった時は明らかにされる事等も

既に、決まっている」。

「非人道的なスパイ・工作活動等を未だに行い続けている者たち等や其の子孫等に勝ち目が無い事」は

「日本国内で非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けている者たち等の人数と

其れを酷いから止めろ!等と思っている人間たちの人数と持ち得ている技術等を考えるなら、

其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の様な裏も在るのだから、

非人道的なスパイ・工作活動等の公助による徹底摘発が急務に成っている事」は「既に、明らか」だ。

「現行法・現行の摘発体制では摘発困難な手法を使っているのが

法令順守が大好きな者たち等の一つの特徴でもある」が

「電磁波工作や飲食物工作や大気(ウィルス・細菌等も含む)工作や侵入工作等の実態は既にバレている」のだから

「摘発を可能にする法整備・体制整備等は行うなら、直にでも出来る事に他ならない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の{情報工作}や学校教育での{教育工作}の実態」は

「工作の存在に気づくなら、直にでも多くの視聴者・読者・生徒等が気づける事に他ならない」。

「正常な話しが通じない中国共産党や北朝鮮金政権等や韓国従北政権等との話し合いを言う石破氏」を

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が推しているのは何故か?」

「他の候補との実質的、差別状態が其処に露呈している」が

「其の裏に在る」のは

「多くの視聴者・読者等の共感を得て、多くの視聴者・読者等にも支持させたい、策略的な思惑等に成る」。

「差別問題を優等生ぶり、正義ぶり、訴える裏で、

実質的には、差別問題の解決を誘わず、逆差別状態を築こうとしたり、

多くの視聴者・読者等がテレビ・ラジオ・マスコミ等の論に協調する事等を意識の有無を問わず学ばせ、

其の先での集金行為等を行っていたり、等々している実態を持つテレビ・ラジオ・マスコミ等」が

「策略に基づく{工作}情報配信等を行っているのでは無い」のなら「余程のおバカ等に成る」。

「{工作}にしても、おバカ等にしても、是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

旧民主党が再集合で表看板立憲民主党・枝野代表の様相だが、お仲間テレビ番組等では大推奨の様相で・・・。

『「菅自民党総裁候補の自助・共助・公助訴え等の自助をやり玉に挙げ、北朝鮮等の言う、一人は皆の為に!皆は一人の為に!等も当てはまる事に成る、互いに支え合う社会を訴えていたり、

在日韓国・朝鮮人等が強く望んでいる事かも知れない、選択的夫婦別姓を訴えていたり、

野党の役割りとして行政監視を訴えていたり、

・・・等々と

訴えている事の内実は、

在日韓国・朝鮮人の地位向上を目指す議員ループまで在った旧民主党等と同様のまま、

在日朝鮮人等も入っているんじゃないの・・・の様相満載の市民連合の要請に応じて、

野党集合を図り、

まるで立憲民主党が国民民主党の一部や無所属野党系議員の一部を併合した様な形で

国会内に相応に一つの形に成っている野党側の集団を創った事」等に対し

「旧民主党政権時の

日本を細らせた反面で中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)や其れらと繋がりの濃い日本国内の者たち等を大いに太らせた、

多くの日本国民にとっては実質的に、自虐等を強いられる事に成った政治実態等を

否応無しに知っている

多くの日本国民有権者等が、

どの様な感や思い等を抱いているのか?」等は「兎に角」、

「自分たちのお仲間等の再集合による政権交代狙いはメデタイ!とばかりに、

大絶賛気味に一方的かつ大量の情報配信を行っていた」のが

「旧民主党政権誕生時にも大いなる力を発揮したテレビ番組等だったりしている」のだから、

「未だに、公共の電波の適切な使用も出来ていない其の様相等には、本当に呆れた」が

「其の様な政治的偏向・偏重情報配信状態の是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「自助と互いに支え合う社会の問題で言う」なら

「自助の裏には自助にも必要に成る個人の自由が在る」し

「互いに支え合う社会の裏には互いに支え合う事を上が強制出来る体制等も付いている事に成る」。

「其の辺りの実体を言わずに、耳障りがキツい自助と耳障りは良い互いに支え合う社会という上辺の言葉ダケを

大喧伝するダケ」が

「マスメディアの仕事である訳も無い」。

「内実を探究し、本音を露わにさせる事等こそが、メディアとしての重要な仕事の一つに成る」。

「上辺の言葉のイメージ通りに喧伝等するダケ」なら

「場合によっては、実質的、詐欺等の手伝いをしている様な状態にも陥ってしまう」のが

「メディア等の仕事の実態に成る」のだから

「もっと、もっと、慎重で、探究も忘れていない、公共の電波や公共レベルのマスコミを使った情報配信に相応しい内実を持つ

情報配信が出来る様に、

是正・改善等する事」が「強く求められている」のが「実態に成る」。

「是正・改善等が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「立憲民主党等が朝鮮の為では無く日本の為の政治・政策等を行おうとしている」なら

「例えば、日本国内の北朝鮮等の手下スパイ・工作員等や其の協力者等の徹底摘発等を訴えるべき」だ。

「現与党より日本国・多くの日本国民の為に成る政治・政策を行おうとしている事を訴える」なら

「其の様な政治・政策の訴えこそが説得力のある訴えに成る事に成る」。

「特に、

現状まででは、朝鮮の為の政治・政策を行おうとしていたんじゃないの・・・

今後も朝鮮の為の政治・政策等を行おうとしているんじゃないの・・・的な

疑いが付き纏っている様相の旧社会党~民主党等~の流れの上に在る人脈の政治家・政党等」なら

「日本の為の政治・政策を行う事の一つの証」として

「多くの有権者の納得が得られる政治・政策等が其処に在る事に成る」。

「例えば、在日の母を持つ独裁者を頂いている北朝鮮金政権等による日本国・日本国民の乗っ取り支配等の為の

非人道的なスパイ・工作活動等を行い続けて来ていたり、其の協力をして来ていたり、等々するなら、

其の摘発は口にも出来辛い事に成っていて、ある意味、当然に成る」が

「そうでは無い」のなら

「多くの日本国民の安全・安心や人権等を守る為にも、徹底摘発等を訴えない方が不思議に成る」。

「其れは、与党等でも同様の話しに成る」が

「政権交代を目指している」なら

「与党より良い政治・政策等を行う事が多くの日本国民有権者に分らなければ無理な状態下に在る

政権交代を目指す事を公言している野党等の側にとって

与党等の足らないところを指摘する事に成るのだから

より必要に成っている事の一つにも成る事に成る」。

「こんなに判り易い現与党に足りていないところを突く事が出来ていない野党」に

「現与党より良い政治・政策等を期待出来る日本国民有権者等は少数派に成って、ある意味、当然に成る」から

「朝鮮等の為では無く、日本の為の政治・政策を行う事の証の具現化」は

「政権交代を目指す野党にとっての一つの試金石にも成っている」のが「現状に成る事に成る」。

「スパイ・工作活動等を仕掛けている側では無い」のなら

「容易に訴えられていて当然に成る政治・政策等が其処に在る」。

「現与党も、公助であるべき日本国内の非人道的スパイ・工作活動等の徹底排除を

何時までも個人レベル自助レベルの自己防衛策等に頼っていてはいけない」。

「日本国内の北朝鮮系のスパイ・工作員等の徹底摘発抜きに、拉致問題の解決が実現出来る訳も無い事」は

「拉致工作も含む日本国内の北朝鮮系のスパイ・工作活動等の目的」が

「日本国・日本国民の乗っ取り支配に成っているから」等と「容易に推定出来る事に成る」。

「先の大戦後、朝鮮半島内のほぼ全ての日本人は日本本土に帰還した」が

「日本本土内に居た朝鮮人の多くは戦後の日本国内に居残った」。

「何故か?」

「一つの大きな原因」は

「米軍の占領政策時に日本国内に居た朝鮮人が重用されたから」だ。

「もう一つの大きな原因」は

「朝鮮半島内の支配権争いが起こされ朝鮮半島内が南北に分断された頃から

北朝鮮金政権等による日本国・日本国民の乗っ取り支配の為のスパイ・工作活動等が旺盛に行われる様に成ったから」だ。

「日韓併合時にほとんどは自主的に日本に渡来し戦後の日本国内に居残っていた朝鮮人の内、

北朝鮮金政権等の支配下に入れる事が出来た者たちや其の協力者を使うなら、

日本国内で相応に大きな規模のスパイ・工作活動等を実践する事も可能に成ってしまう」し

「実際に行われたから、拉致工作が露呈した」。

「拉致の目的が北朝鮮工作員を日本に溶け込む事が出来る状態に教育する為等だった事」等は

「既に、多くの人々が知っている事」だが

「其の様な目的で拉致工作が行われた後は、

当然、日本に溶け込んだ状態で北朝鮮の工作員等が大量に送り込まれている事」等を

「想定し、検証~告発等し続けて来ているだろうか?」

「実際の摘発が在ったなら、多くの日本国民に注意を促す為にも、大ニュースに成っていて当然にも成る」が

「摘発が在っても、圧殺・黙殺状態のまま・・・」というのが「実態」で

「其の理由として、国際問題に成るから・・・等々の{耳障りは良い美辞麗句}等が声高に叫ばれたりしていた」。

「日本国内のスパイ・工作活動等は圧殺・黙殺され、無い事にされる」なら

「北朝鮮金政権等も日本にはスパイ・工作活動等は仕掛け放題!等と考え・思い、判断等して当然に成る」。

「結果、拉致工作が発覚した後も、数多くの拉致工作が行われ、

拉致工作ダケでは無く、日本国内では数多くの北朝鮮金政権等の命令・指令の下の非人道的な集団スパイ・工作活動等が

連綿と行われ続けて来ているのが実態」だ。

「日本国・日本国民の乗っ取り支配が目的に成っている」のだから

「其の基軸で北朝鮮側が勝手に分けた有益分子の育成工作と不適応分子の粛清工作が行われ続けて来ている」のが

「実態」で

「具体的な手法」が

「情報・教育工作や支援・懐柔工作等による有益分子の育成」と

「其の有益分子のライバル等に成り得る不適応分子に対する粛清工作」と

「多くの一般日本国民の弱体化・衰退化工作」等に「成っている」。

「不適応分子粛清工作の手段としては、飲食物工作や電磁波工作や大気工作や侵入工作や医療工作等々が在る」。

「それぞれの実態は他の記事をご参照頂きたい」が

「何れにしても、集団で個人を襲い続ける」のだから

「公助による徹底摘発が適切に成る事」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「日韓併合時の朝鮮半島内の実状を知り得る立場に産まれた戦後産まれの筆者の実体験でも、

幼少期の歯科医では虫歯の治療で虫歯に成っていない奥歯を削られた上に

虫歯の被せ物は丈が異常に短く、

奥歯の長さは三分の一レベルに{治療}され、

其の状態が良い旨医師から{教えられた}」ばかりか、

「歯科検診時には、学校でも市役所等でも、全てスルーだった」ので

「子どもの筆者は人間の奥歯は皆同様に短い」等と「思い込まされていた状態だった」が

「両方とも短い奥歯では、奥歯で噛めない、無理に噛もうとすると斜め噛みに成り、

知らず知らずの内に、斜め噛みを続けさせられる状態で成長した」から

「成人後は上顎と下顎が合わない状態に成ってしまった」し

「其の後何度も色々な歯医者に行った」が

「奥歯の丈を足してもらえた」のは

「何年か前の歯医者に行った時ダケ」で

「其れ以外は、皆、歯科検診時の如く、誰かの意思の下であるかの如くスルー」だったし

「酷い場合には、平成なのに水銀含有金属まで冠に使用され、歯ブラシで磨くと歯ブラシが黒く成った始末」だ。

「筆者の実感」では「其の様な治療体験は単なる偶然には思えない」。

「其れは、小学校時、焼肉屋の後、二度も一週間以上も入院という実体験からも言える事でもある」し

「予備校時には、予備校のソバ屋の後、電車の中でフラフラに成ってしまい、其の後、家の近くの医院に行ったら、

症状がより過激化し、

実際は、膵臓系が傷められた状態だったのに、

胃ばかり大量のレントゲン撮影で

異常が無いから精神・神経の問題とされ、

ロクに食べられない状態に成っていたので神経科に入院させられ、

当然、本来あるべき治療は無く、

要でも無い{忘れ}薬等が大量に処方・・・」では

「其処にも何処かの誰かの意思の下の集団的医療工作の濃厚な臭いが濃厚に漂っていた」。

「東京住まいの当時の筆者だった」が

「親戚の計らいで地方に転院し、約一年の療養の後ようやく快復した」が

「歯はそのまま・・・」。

「社会に出た後も、時々、飲食物工作が濃厚な事態に襲われ続けて来ている」が

「変なモノは飲食しない・変なモノが出た物は同じ物を同じ店で買わない・飲食する物は度々変える」等の

「自衛策を採っている」し

「電磁波工作に対する自自主防衛策も金も時間も手間もかけて行い続けて来ている」ので

「今までのところ、何とか、一般社会の中で生活出来ている」が

「昨今、新型とされているコロナウィルス問題発生以降、大気工作

等もより旺盛な実態も在る」ので

「何時までも、集団で個人を襲う非人道的なスパイ・工作活動等に対して、自助を行わせ続けられて来ている状態」は

「とても納得出来る状態では無い」。

「公助の本格出動は何時に成るのか!」

「一刻でも早い事が望まれている」し

「意識の有無を問わず、筆者と同様の状態下に置かれてしまっている日本国内在住者の数も決して少なく無い筈」だから

「与野党とも、此の戦後日本に巣食い続けて来ている非人道的なスパイ・工作活動等を徹底的に摘発~排除等する事」を

「いい加減に意識的、かつ積極的に行うべき」だ。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等なら、此の問題を訴えない方が異常に成る」し

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

菅総理の後を見越した石破推し状態のテレビ番組が多い様相だが・・・。

『「昨日の報ステで石破氏が言っていた事の一つ」は「メディアは国民の声の代表の旨」だったが「もちろん、選挙も無いから

{政権交代}も無い戦後日本のメディアが国民の声の代表の訳も無い」から

「明らかに変」で

「全く納得も出来得ない」が

「石破自民党総裁候補の謳い文句が共感と納得」とは

「其の共感と納得が一体、何処のどの様な者たちのモノの事を言っているのか」等を

「露呈させている様」で

「ある意味、興味深かった」。

「国民」という「言葉も連発している石破自民党総裁候補」だが

「其の国民の実体がどの様な国民に成っているのか」等も

「上記の実態から何処と無く想像出来てしまう様な気がする視聴者等の数も決して少なく無い筈」だ。

「北朝鮮系とも言われているあの小沢氏の下で政治を学んだ事もある、自民党を離党した事もある、石破氏」という

「経歴から」も

「何処と無く、想像させられてしまう事もある」。

「そんな石破氏」に

「グレートリセット」等と「言われる」と

「どの様にグレートリセットするのか?も十分に言われていない事」等からも

「不安を抱かざるを得なく成る状態に陥らされる人々の数も多い筈」だが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では石破氏推しの常連出演者等ばかり・・・が主たる常連出演者状態のまま・・・」だから

「其の様な常連出演者等の実態を実態通りに捉える事抜きに、

公共の電波上で一方的に~何十万~何百万~の人々に向かった大喧伝されている常連出演者等の上辺の言葉等ダケを

知らず知らずの内に覚え込まされている状態の視聴者等の中」では

「民主党政権への政権交代が具現化されてしまった時の様に、

三人の中で一番良いのは石破氏等の感や思い等が育成されている状態に成ってしまっている可能性が大きい」。

「ナチス・ヒトラーのラジオ等利用の大衆誘導のソフト版的な公共の電波を使った大衆誘導の実態が其処に露呈している」が

「其の大衆誘導を行い続けて来ている」のは

「選挙で選ばれたナチス党等でも無い、

選挙も無いから{政権交代」も無い

まるで旧社会・共産圏の独裁政党状態の様な戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」なのだから

「此の実質的には、ナチス・ヒトラーによる大衆誘導等より更に酷い状態の是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「上記の様な実態が在る」のに

「石破氏の弁では、メディアは国民の声の代表の旨」なのだから

「石破氏もまた戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等と同様のところに居る集団の一員である事」等が

「推定出来る事に成る」。

「まるで野党の様な主張の裏に在る」のも

「其の者の根本的立ち位置」等と「推定出来る実態」が「其処に露呈している事に成る」。

「石破氏がそうでは無い等と言うのなら、

選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のメディア界等を国民の声の代表等と喧伝した事の誤りを認め、

謝罪・是正等するべき」だし

「選挙も無いから{政権交代}も無いのに公共の電波使用や公共レベルのマスコミ等の仕事を

同じ人脈の者たちがず~と続けられていたりしている異常事態の是正等」も

「訴えるべき」だ。

「国民とは何時の時代の何処の国民なのか?」や

「グレートリセットの具体像」等も

「はっきりと喧伝するべき」だ。

「現在の政府や自民党執行部での高い立場を有していないが故に発言内容の自由度も高い石破氏の立場」なら

「其の辺りの{実務}が行えない訳も無い」。

「はっきりさせるべき事をはっきりさせずに、イメージで大衆を操ろうとし続ける」なら

「現状の石破氏の実態は、かつての政権交代前の民主党等の実態と同様」で

「其の裏に在る」のが「選挙も無いから{政権交代も無い}戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界」という

「実態を露呈させている様な事にも成り得る事に成る」。

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等が石破氏推し状態に成っている事の実体」も

「お仲間推しのお手盛りみたいな事に成る」。

「そんな政治的偏向・偏重状態が容認・黙認等され続けていて良い訳も無い」。

「其の辺りも含めた戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「三人の自民党総裁候補の弁を視聴する」と

「出身地による個性が良く出ている様にも感じさせられた」。

「慎重に言葉を選びながら回答していた秋田県出身の菅候補」と

「論理的・合理的に出来る限り判り易い言葉で回答しようとしていた広島県出身の岸田候補」と

「小沢氏に政治を学んだからか、

同じく小沢氏に政治を学んだ経験も持つ小池都知事同様に、まるで首長、もしくは独裁的リーダーの如く、

多くの人々を寄せ付け、知らず知らずの内に頼らせる雰囲気で回答し続けていた鳥取県出身の石破氏」の

「個性の差」は

「相応に面白かった」が

「主権在民であるべき自由・民主主義の国の総理大臣に成る人間に求められる資質」が

「どの様なモノに成るのか?」は

「相応に良く考えてみるべき事に成る」。

「辛抱強く着実に」なら「菅総理」が「良いと思える」し

「国政も外交もスマートに」なら「岸田総理」が「良いと思える」し

「主権在民度が薄く成ってしまっても良いから誰かを頼り誰かの下で暮らしたい」なら「石破総理」が「良い事に成る等と思える」。

「政治は基本的に現状対応に成る」が

「国という大きな船を動かす」なら「辛抱強く着実に」が「適切に思える」が

「昨今の地球環境や人間世界の急変状態を考える」と「スマートな対応」も「必要に成る様に思える」。

「新型コロナウィルス対応でも、

多くの人々の民度が低い国々や

多くの人々の民度が一定以上内に入っていない国々なら合理的に成る

強制力を持つロックダウンを早急に可能にするべき論等を述べていた石破氏」が

「多くの人々の民度の高さが一定以上に在る状態の日本国の総理として適切に成るのか?」は

「疑問に思える」が

「其の様な上からの支配割り合いを高める政治等の実行」は

「例えば、中国共産党や北朝鮮金政権等、独裁政権の下に日本国も日本国民も収めてしまいたい思惑等を持っている人々にとっては、

大歓迎!にも成る事が容易に推定出来る事に成る」。

「菅自民党総裁候補」は

「自助・共助・公助を言っていた」が

「先ずは自助とは、民度が相応に高い国々等であってこそ実現可能に成る事」で

「実際に、日本は其の様な状態に在ったから、新型コロナウィルス対応でも要請レベルで相応の実効も得られて来ている」が

「高い民度を維持する為には、相応の経済や生活環境や情報・教育等も必需に成る」ので

「共助・公助側からの格差の是正も必需に成る」。

「円高容認、もしくは推進、政策等によって日本国内の仕事が大いに減らされ、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)にも多くの仕事が移動させられていた

民主党政権時には、

製造業等の雇用は大いに細っていたので、

技術者等までもが中国・韓国等にも出て行き仕事と報酬を得る状態までもが創り出されていた」。

「少子高齢化により働き手人口が減少し続けていても、尚、有効求人倍率は1に満たず、

働こうとしても職が得られ無い状態では自助が困難に成る場合も少なく無いから

生活保護者も増え、

ホームレスや生活保護者等の為のNPO等も増えた」。

「円高により相対的に安く輸入出来る様に成った事により、

輸入関連の職種の利益率は上がった」し

「例えば、中国や韓国に友人・知人・親類縁者等が居る人々」は「稼ぎ易く成った」ので

「日本の中の其の様な立場の人々」は「相応に金満に成り易く成った」が

「もちろん、其れは、少数派に他ならない」。

「総じて、多くの日本国民を細らせた反面で、

中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等と其れに繋がっている日本国内の少数の人々を太らせた

実効があった」のが「民主党政権時代の政治の実態だった」が

「其の様な状態に日本を導いた政権を成立させる事に大いなる力を発揮した」のが

「選挙も無いから{政権交代}も無い、まるで旧社会・共産圏の独裁政権状態の様な、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等の多くだった」。

「{政権交代の無い}まま今も、同じ人脈の者たち等が公共の電波や公共レベルのマスコミ等や学校教育上等で

情報配信・教育等を行い続けている」が

「其処の多くで推されているのが石破氏」だ。

「石破氏の言うグレートリセット」から、

「民主党政権時の中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等や其れと繋がりが濃い状態の日本国内の人々等を利した状態」と

「同様の臭い」を

「感じさせられてしまっている人々の数も決して少なく無い筈」だ。

「其れは、{政権交代}も無い、同じ人脈の者たち等が推しているのだから、ある意味、当然の現象にも成る」。

「其の辺りの{異常性}を是正する」のは

「公の役割りに成り、其れが多くの日本国民にとっての公助にも成る事」等は

「民意反映状態が得られ、偏向・偏重状態が是正される事」等からも

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「現実問題として、少数派を利して少数派が得た利益により多数を助ける事は非常に困難に成る」。

「多数派を利す事で多数派が得た利益により少数を助ける事は具現化が比較的容易に成る」。

「少数派を利す事で多数を助ける為に・・・と少数派を利し続けて少数派を特権階級の如く金満・権力満状態にする事」は

「独裁政権を創り出す事にも繋がっている」し

「実際に、独裁政権下の国々の状態は其の様に成っている」。

「特定極一部の特権階級の者たちによる他の者たちの徹底支配」という

「不健常な欲動」は

「自己健常支配を十分に実践し続けていない者たちの中」では

「容易に生まれて来る」。

「中国共産党や北朝鮮金政権等の支配下に入れられる事を是としている日本国民は、圧倒的少数派の筈」だが

「未だに、中国共産党や北朝鮮金政権等による支配の具現化と其の時の特権階級を目指している様相を露呈している場合もある様相」なのが

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の実権者等には少なからず居る様相」だ。

「普通では具現化不可能な事を無理やりにでも具現化しようとする」なら

「核武装でもウィルス工作でも、行ってしまう可能性が高い」のが「独裁政権の実態」だが

「独裁政権の下での特権階級を求め、非人道的なスパイ・工作活動等を行ったり、協力したり、している者たち等の

悪質性も、独裁政権同様に成る事等は、もはや、言うまでも無い事に成る」。

「拉致問題を解決する為」にも

「日本国内の北朝鮮金政権等の手下スパイ・工作員等や其の協力者等を徹底摘発し、其の罪を問い、厳罰を与える事」等は

「必需に成っている」が

「其れは、多くの日本国民の健常生活や健康・命を守る為の公助でもある」。

「個人に集団で非人道的なスパイ・工作活動等を仕掛け続けて来ている状態を自助・共助で解決出来る訳も無く、

其の辺りの必要に成っている公助が十分に実践されない状態のまま・・・なら、

公助を行う気の無い政権等と言われても仕方の無い事に成る」。

「経済格差の元に成っている」のは「利益再分配問題ダケでは無い」。

「非人道的な集団で個人を襲い続けるスパイ・工作活動等により通常の本来あるべき状態を喪失させられてしまっている状態の日本国民の数も

かなり多い筈」だ。

「本来在る通常の健康状態や脳力等が阻害され続けるなら、実行可能に成る経済活動等も大いに阻害される事に成る」し

「其の裏で、スパイ・工作活動等で盗んで得た情報・技術等を使って、

スパイ・工作活動等を仕掛けている側に属しているが故にスパイ・工作活動等の被害を受ける事も無い者たち等が

本来其の仕事を立ち上げ行おうとしていた者たちに先んじて、其の仕事等を行ってしまう」なら

「不当利権が得られ易く成る事」等は

「少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「其の様な状態が戦後の日本社会には在り続けて来ている」。

「どの自民党総裁候補でも、此の日本の中に在る本当に深刻な問題への対処を具体的には訴えていない」が

「其の辺りの問題も公然化し、正当かつ適切に解決して行く事が必需に成っている」のが

「現実」だ。

「誤魔化し続けた先に在るのは誤魔化さず解決した先に在る状態より遥かに酷い人間社会の実態に成る」。

「次期総理は菅氏で既に決まっている様な事に成る」のだろうが

「菅総理の次」を

「菅総理の政治を実際に知る前から考え、石破氏推しをしている実態を露呈している」のが

「現状の多くのテレビ等の酷く偏っている実態」だ。

「テレ朝昼場では、韓国目線での新総理誕生後の日韓関係の改善等を喧伝している」が

「元々が韓国の自爆により日韓関係が必然的に悪くされているのが実態」だ。

「新総理との対話を求める前」に

「韓国自らが自爆状態を是正する事が必需に成っている事」等は

「冷静に、少し考えるなら其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「日韓基本条約により植民地支配詐欺も大戦後の日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為等々もチャラにする事が出来た」のに

「其の日韓基本条約を否定した自爆」が

「其のまま」なら

「何れは、植民地支配詐欺も敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為等々も問題化される事に成るのが必然」なのに

「其の路線を歩み続けている」とは

「犯罪者が摘発・逮捕される事により、初めて落ち着く事も出来る様に成るのと同様な状態を

韓国権力者等の無意識が求めているから、かも知れない」が。

「よくよく調べてみる」なら

「日韓併合時の日本主導の朝鮮半島内の近代化整備が無ければ、産まれてもいない人々」が

「天に唾をして、自ら唾を浴び、天に唾を吐いた自分が悪いのでは無く、唾を落した天が悪い~!と

駄々を捏ねていている様な実態を露呈している様な事にも成ってしまっている可能性大」なのに

「韓国の自虐は何時まで続けられてしまうのだろうか・・・」。

「韓国や北朝鮮等の言い分を公共の電波や公共レベルのマスコミ等を使って多くの日本の視聴者・読者等に向かい

一方的に大喧伝する事は大得意」なのに

「多くの日本国民の実感や知っている事や考え・思いや言い分等々は、ロクに訴えもして来てない」のが

「選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等の実態」だ。

「韓国側から見た時期総理候補の評価まで日本の公共の電波を使って喧伝等している枠が在る」なら

「例えば、日韓併合時に朝鮮半島内に居た者の子孫等の知っている事や考え・思い・言い分等でも喧伝したらどうか!」

「世界中が本当の事を知る」なら「日韓・日朝関係の適切化も容易に成り易く成る」。

「因みに、テレ朝昼番によれば菅総理の次は石破総理を期待している韓国人が多い・・・と此処でも石破推し」だったり

「菅総理の裏から二階氏等が実質的に、操る事」等だったり、

していた。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス(=中国共産党ウィルスである可能性大)の感染検知者数が減少傾向の日本と増大し続けている米国・インド等中国共産党との対立関係が濃厚な国々・・・。

『「新型とされているコロナウィルスが中国共産党等のウィルス工作用のウィルスだった」なら「当初の日本での感染者数の少なさ」は

「習近平の訪日が決まっていたから」で

「習近平の訪日が中止と決まった後」に

「日本での感染が拡大した」のも「ある意味、合理的な現象に成る事に成る」。

「此処で注目すべき」は

「元々は感染者数が非常に少なかった状態だった筈」なのに

「急に感染者数が増えた事」で

「其の裏に在ると推定出来る事」として

「感染工作の存在」は「否定出来得ない事に成る」。

「どの様な感染工作が行われていた事が推定出来るのか?」と言えば

「ウィルスの遺伝子情報解明から其のウィルスが何処由来のウィルスであるかも判る」のが

「昨今の科学技術レベルの実態」だから

「其の地域で感染工作を行う」なら

「工作用のウィルスの現地調達が必需に成っている事に成り」、

「ウィルスを何十乗にも増やして検査するPCR検査の陽性検体」を「使って、工作用ウィルス得る事」が

「合理的に成り」、

「感染検知検査場内や近隣で、其処を訪れる人々に感染させる工作を行う」なら

「感染を拡大させる事」お

「工作用ウィルスを集める事」等も

「より容易に成る事に成る」。

「一般市中の感染者率は非常に低く0.001~0.0001%レベルと強く推定出来る状態の日本」でも

「感染検知検査場近くの市中の感染者率は、感染検知検査の陽性率からも分る様に、~数%~レベルと非常に高いレベルに成っていた」のが

「現実」だ。

「まるで感染工作を助ける為の様に、

日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では

もっと、もっと、PCR検査を行え~!論と

もっと、もっと、PCR検査を受けろ~!論ばかり・・・が主たる論として

公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で大喧伝され続けていた」。

「ウィルス工作である可能性が否定出来無い状態」なら

「検査時にウィルスを大いに増やすPCR検査では無く、抗原検査や抗体検査が適切に成る」し

「手間も費用も時間もかかるPCR検査に比べ、抗原検査や抗体検査は安上がりで結果も直に出る」から

「国の政策としては当然の様に抗原検査の充実が図られた」。

「其の事により、相対的にPCR検査が抑えられる様に成る」と

「感染研知者数も検査時の陽性率も落ちて来ている」。

「裏では、工作である可能性も考慮され、監視も強化されている可能性も大きい」。

「しかし、此処で安心してしまうのでは、余りにも危機管理が甘過ぎる事に成る」。

「ウィルス感染拡大工作を行うなら元気な状態のウィルスが長持ちし易く成る寒く乾燥した季節に行う事が合理的に成る事」等を

「見越して、感染工作等を行っている悪たちが、今のところは工作用ウィルスを積極使用せず温存している可能性も大きい事」等も

「十分に考慮する必要がある事に成る」。

「工作には工作目的があって当然に成る」が

「新型とされているコロナウィルス感染騒動の実態から判る工作目的」が

「該当ウィルスの感染問題にょり欧米先進諸国の経済を衰退化させると共に、それぞれの国々の現政権にダメージを与え、

欧米先進諸国の衰退化や内政の混乱の裏で

当初の武漢での大集団感染により生き残った多くの人々が相応に該当ウィルスの免疫・抗体等を保持出来ている状態と

其の後の徹底した感染防止対策により

欧米先進諸国より早く該当ウィルスの感染問題から抜け出している状態の中国共産党支配下の中国が

相対的な経済的優位性を得易く成り易し、

其の様な中国優位な状態を構築した中国共産党は先ずは中国の政権として益々安定的に成り、

其の支配圏が拡がるに連れて数多くの国々と其の国々の国民をも支配下に置く

絶対的な存在にまで登り易くする事」等なら

「現状は正に合理的に成っている事にも成る」。

「其の様な工作と工作目的等が在るなら、

米国やインド等中国共産党との間に対立問題を抱えている国々での感染者数が多い事」も

「単なる偶然とは思えない」し

「今後の日本」も

「中国共産党に対する対応次第と言えてしまう状態に置かれている様な状態かも知れない」が

「毒性が其れ程激烈では無いウィルスにしても、ウィルスを工作に使う非人道的な行為等が許されて良い訳は無い」。

「PCR陽性検体から工作用ウィルスが作れるのか?」を

「疑問に思う方々もいるかも知れない」が

「ウィルスの死体でも増幅して検知してしまう」のが「PCR検査の実態という事」等から

「冷静に少し考えるなら、解る事」だが

「某整腸剤錠剤が非常に多くの乳酸菌の死骸の塊なのに、実効がある事」等と「同様」に

「細菌やウィルスレベルに成る」と

「死骸でも大量に摂取する、させられる」なら

「人体内では生きている細菌やウィルスを摂取した、させられた事」に「準じる実効が起こされる事」等は

「決して、忘れるべき事では無い事に成る」。

「死んでいる、殺している(筈)だから大丈夫」で

「迂闊に放置、或いは、捨てたり、する事」が

「工作用ウィルスの調達に結び付いている可能性もある事」等は

「全世界の人々が決して忘れてはいけない事に成る」。

「陽性検体」を「凍結保存」等し

「其の後粉砕して人体との間の静電誘導効果により人体に寄り付く様な物質と共に粉砕加工等する」なら

「比較的簡単に、工作用ウィルス」等が「作り出せてしまう事に成る」し

「其の工作用ウィルス」を

「散布する為の工作道具」等を「作り、工作員や其の協力者に持たせたり、散布工作等を行わせたり、する事」等は

「金権社会状態の現状人間社会では多くの国々の中で比較的容易な事にも成ってしまっている」。

「クシャミや咳等なら用心する人々が多い新型とされているコロナウィルス問題が旺盛な人間社会内」でも

「音も気配も希薄な、

人前で明らかに工作を行っている様な素振りを見せながら行う事など極稀な筈(感染力のある人間に付着し易い状態で人間に付着する様にウィルスを放置すれば良いダケなのだから・・・)の、

ウィルス散布工作を用心している人々」は

「極々少数派の筈」で

「其の辺りの実状もまた、非人道的な工作活動等の後押しにも成ってしまっている事」が「強く推定出来る事に成る」。

「バレる事が工作の致命傷に成る事」は「多くの人々が知っている事」だが

「其れは、支配/被支配関係がある程度以上対等レベルに在ればの話し」で

「圧倒的に優位な立場の者たち等が、実質的には、其の支配下に在る圧倒的に劣位な立場の者たち等」に

「非人道的な工作活動等を仕掛けている場合」等では

「工作の露呈が致命傷に成る事も無い事」等を

「重々承知の独裁政権等の場合」は

「先ずは、圧倒的に優位な立場の確保を!とばかりに、核武装等までする事が稀では無い」が

「其の優位・劣位の判断」が

「独裁政権故に実体や事実・現実を反映したモノとは成って無く、独裁政権の御手盛り自認等レベルだったりする場合も少なく無い」。

「結果として、世界中から嫌われ、制裁等を受ける状態に陥り易く成るのが独裁政権の常」だ。

「該当ウィルス問題」について

「上記の様な事」は「無い事にしたまま」の「情報配信を続けて来ている」のが

「かつては、拉致は無い事に・・・、あったとしても旧日本軍による強制連行の方が遥かに酷い!を無理強い等していた、流れの先に在る、

選挙も無いから政権交代も無い、戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「相変わらずの、野党贔屓の政治運動等」や「種問題等の人間社会問題」等の常連出演者等の自論等を公共の電波を使って一方的に大量配信等していたが・・・。

『「未だに、国政上では実質的に小問題でしか無い、既に、ある程度以上の解決状態も在る、森友問題を持ち出し続け、

安倍政権や其れを継承する旨等述べている菅総理候補等に悪イメージ等を付けよう・・・等としている様相でもあった」のだから

「本当に、呆れた」が

「其れダケでは無く、野党の野合的集合の先で持ち出されている消費税減税等の{政策}の

実質的、宣伝まで行っていた」のだから

「其の様な、野党側に偏向している政治関連情報」を

「日本の公共の電波を使って、連綿と一方的に大量配信し続けて来ている事の正当性」は

「大いに疑問に成る」ばかりか

「其の様な公共の電波を使った{暴挙}がまかり通り続けて来ている状態の異常性等」は

「もはや、明らかな事に成る」。

「選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等故の不健常性・異常性等」が

「其処に露呈している事にも成る」。

「実効のある是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「消費税減税」や

「実質賃金」等の

「耳障りの良い言葉」の「実体検証抜き」に

「耳障りの良い言葉を喧伝等する野党等に良いイメージを持たせる情報配信等を行い続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等」は、

「明らかに、ジャーナリスト精神が不足している事等を露呈している事にも成る」。

「社会保障の財源としての安定税収を得る為に、消費税で無ければどんな税が適切に成り得るのか?」

「そして其の税を課す事に対する日本社会の有権者の合意が得られるのか?」

「其の辺りの説明抜き」で「消費税減税!ダケを声高に訴える事」は

「明らかに、ズルくインチキ臭く、感じる」が

「其のズルく、インチキ臭い論等」を「まるで優等生による正義の論の如く平然と公共の電波上や公共レベルのマスコミ上で

一方的に大喧伝等出来てしまっている」のが

「本質や実体の探究が明らかに不足しているのだから、ジャーナリスト等としての資質が大いに疑われて当然に成る、

多くの常連出演者や常筆等の実態に成ってしまっている」。

「そして多くの場合、其の様なズル・インチキの裏に利反日他国や利反日他国人脈等の{実利}が付いている臭いも濃厚に成っている」のだから

「{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や其のお仲間野党等」が

「どの様な人脈の者たち等によって構成されているのか?」等は

「冷静に少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「実質賃金と求人倍率には大きな関連性が在る」。

「円高容認政策で日本の雇用を細らせ、中国共産党支配下の中国や韓国(北朝鮮も含む)等の雇用を拡大する」なら

「日本の求人倍率は下がり、中国や韓国の求人倍率は上がる」し

「少ない求人の先で職を得た人々の実質賃金は円高効果が効き相対的に上がっている状態として扱う事が出来る様に成る」が

「日本国内での仕事が円高容認により細らせられた先の

得少ない求人の下では

生活保護状態に追いやられる人々も増え易く成る」。

「日本社会全体として考える」なら

「実質賃金の高低」等に「騙される事」の「危険性」等は「もはや、明らか」だが

「反日他国や日本の中の反日他国人脈等への利権誘導を行いたい様相を露呈している様相ですらある、

反対、もしくは審議拒否野党等や其のお仲間テレビ・ラジオ・マスコミ等では

実質賃金という言葉を金科玉条の如く掲げ、其の下に多くの有権者・視聴者・読者等の思いを集めようとしている様相でもある」。

「耳障りの良い言葉を利用したズルやインチキ等の臭いが其処にも露呈している」等と

「感じたり、思ったり、している人々の数もかなり多い筈」だ。

「ズルやインチキ」は「科学技術や工業等の分野でも農業畜産業塔の分野でも、国際化と共に横行し易く成って来ている」。

「代表的な事」が

「中国共産党支配下の安い労働力と其の先に生まれる大量の消費者の魔力に騙された状態の先で具現化されてしまった

中国共産党等がズルいインチキ的手段で西側先進国の技術等を吸い上げられる事付きの

中国の世界の工場化と其の先に生まれた大量の消費者」だ。

「東西冷戦での負けを認める事が自らの実体露呈~崩壊に繋がってしまう可能性大の中国共産党にしてみれば、

東西冷戦での負けを認めずに西側経済のメリットを得る事が出来る状態の構築は至上命題だった」から

「部分的経済解放策により、実質的には西側資本主義経済を中国共産党の支配下で取り入れる一国二制度という

{ズル}」を「仕込んだ」。

「此の{ズル}の悪賢いところ」は

「中国共産党による支配では無く、西側の資本主義経済を認めた様な部分を表に出したところ」で

「其れに騙された多くの西側先進諸国等は、

性善説に則り、

情報が中国国内に入り込んで行くに従い、中国も民主化して行く筈」等と

「期待した」が

「実際は、経済部分解放による利益を一番多く取ったのが中国共産党と成り、

大きな経済的利益を得た事は其の分お金をかけた人民支配も可能にした」から

「中国共産党による支配力が益々強くされてしまった」。

「其の流れは次第に大きく成り、昨今では香港に対する支配力の強化に余念が無く、

台湾も其れに続けて・・・と画策している様相を露呈し続けて来ている」のが

「中国共産党の実態」で

「其の先には、中国と中国国民を支配する中国共産党という状態だけでは無く、

世界中の国々と世界中の人々を支配する中国共産党という

{悪魔の絵図}までもが見え隠れしている」のは

「他の者・物・事等を支配下に置く事を止めてしまうと、

今までの、散々の人権無視の悪実態や不当な差別や汚職・賄賂等々の問題やスパイ・工作活動等やズル・インチキ等々も

他の多くの国々同様に、実体や事実・現実通りに問われる事に成るから」で

「其の様な問われては困る内実が多ければ多い程、他の者・物・事を支配し続けなければ成らなく成る」から

「他の者・物・事等に対する支配を止めるにも止められない状態に在る」のが

「中国共産党の実態」だ。

「種の問題も、ズルやインチキを使ってでも利益を得る事を是とするか?否か?の精神文化の問題に他ならず、

国際化する事とは

ズルやインチキを行う事も能力等と誤解・勘違い等しているが故に、

自らの力で力量の在る社会体制整備や精神文化や武器も含む物質文明製品等々を創り出す能力が大いに阻害され続ける状態に陥っていたが故に、

例えば、世界大戦の前には被侵略国状態に陥ってしまっていた国々等が

其の様な精神文化状態のままに在ったとしても、

旺盛な交流状態が生まれてしまう事に他ならず」、

「其の辺りの危機管理を十二分に行う前の国際化による問題の発生の一角」が

「例えば、種の問題等に成っている」のが「実態に成る」。

「本来なら、上記の様な論等を喧伝していて当然に成る日本のテレビ番組等」なのに

「ズルやインチキを仕掛けて来ている可能性大である側に対する差別等はするな!」論等ばかり・・・が

「旺盛状態・・・」とは

「其の辺りにも、{視聴者騙し}、{視聴者マインドコントロール}等のズルやインチキの臭い」を

「感じたりした視聴者の数も多かった筈」だ。

「もはや、

多くの常連出演者等は、もっと普通の、まともな日本の立場での論等を喧伝等出来る者等と入れ替えられて当然状態に成っている様相」なのに

「選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界等」では

「ず~と同様の顔・同様の論ばかり・・・を主扱いで、偏向・偏重状態の是正が明らかに不足しているまま・・・の様相」だ。

「是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「地球環境問題を解決する為」には

「多くの人類の精神構造を健常成長させる事が必要に成る」が

「ズルやインチキも能力としている状態は、精神構造上ではまるで赤ちゃん状態」だ。

「其の辺りから、本質・快適探究レベルまで精神構造を健常成長させる為に有効に成る情報・教育等」を

「{ズルやインチキも能力}連中が行う事が出来る訳も無い」。

「此の意味からもテレビ界実権者等や常連出演者等の交代が必需に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「現時点でもかなり手遅れ・・・状態に成ってしまっている」のに

「未だに、旧態依然とした旧東側等の者たちを主扱い・・・状態」では

「人類滅亡の時が急速に近づいて来てしまっても、何の不思議も無い」が

「其の責任が問われざるを得なく成った時、

果たして、現状までの戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等の実権者たちや常連出演者・常筆・教授等々が

どの様な責任の取り方を要求される事に成るのか?」等は

「特に当事者たちは、冷静に考えてみるべき事にも成っている」。

「何れにしても、現状の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む、正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

野党系のテレビ・ラジオ・マスコミ等が創り出した石破氏人気の様相だが石破氏の主張も反現体制野党的で、立憲・国民合流でも人気低迷状態の野党では二大政党制など夢のまた夢状態なのだから、この際石破氏が出て新たな野党の形成でもした方が良いのでは・・・。

『「何れにしても、日本の次の総理大臣は安倍政権路線の維持を掲げている菅官房長官に成る事」が「ほぼ確実に決まっている様相」だが

「岸田氏や石破氏は、其の後の総裁選を睨んで今回の総裁選に立候補し、

それぞれ自らの政治信条等を、其の多くはマスメディア等を通じて多くの人々に知ってもらおうとしている様相でもある」。

「もちろん、多くの日本国民にとって重要に成る事」は

「誰が総理に成るのか?」では「無く」、

「日本国・多くの日本国民にとって良い政策・政治がどれだけ具現化されるか?であり、

日本国・多くの日本国民にとって自虐に成る政策・政治等が行われないで済むか?」に「成る」。

「其の辺り」の

「日本国・多くの日本国民にとっての実利・実害の面」では

「民主党政権より其の後の安倍政権の方が圧倒的にマシだった」から

「安倍政権は長く続いて来ていた」。

「其れでも尚、今でも尚、選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等々では、

民主党政権の流れに在る現野党等が合流する事等による

再びの政権交代を期待したり、画策したり、している様相を露呈させている場合も多い」が

「政権交代するなら現政権より良い政権では無ければ大いなる自虐に成る事」等を

「先の民主党政権への政権交代で

否応無しに重々実感する事に成ってしまった多くの日本国民有権者等が

再び同じ人脈の者たち等に政権を持たせる気には成らない事」等は

「ある意味、極めて当たり前の事に成る」。

「現状のままの日本の政界の状態」では

「二大政党制も夢のまた夢状態のまま・・・」だ。

「もっとも、二大政党制が日本に馴染むのか?」も「大いに疑問」だが。

「現状までの戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育界等が

旧社会党等~民主党等の人脈のお仲間人脈が政権与党状態に在る事」等は

「もはや、多くの日本国民等が良く知っている事の筈」だが

「東西冷戦が西側の勝利で終わった後、東西二極対立の二大政党の必要性は無く成っているのが現実に他ならない」。

「旧東側の臭いが濃厚な政党等を今の日本の二大政党の一翼にする事」等を

「未だに、正当・適切等と考え・思えている」のは

「未だに、旧東側の人脈に属し続けている人々等くらい・・・」で

「今時の多くの日本国民の感覚」では

「二大政党制にする」なら

「東西対立(≒中国共産党・北朝鮮金政権等の支配下に日本の属させる側と欧米等側自由・民主主義圏に属する側)」では「無く」

「言うまでも無く、完璧では無い、自由・民主主義圏側の政治・社会体制の中での重点の置き場所による二極創造等に成る」が

「多様性が声高に言われ始めて既に久しい現状」では

「短絡的な二極分化は困難に成っている」のが「実状」だ。

「他局連合政権状態が適切に成る実態が其処に露呈している」のだから

「政権交代による大幅な政策・政治転換の実現~中国共産党・北朝鮮金政権等の支配下に属する日本国・日本国民等の状態」等を

「具現化させる為なら合理的に成る二大政党制」には

「早々に見切りを付け」、

「多くの政治家等が自らの本当の政治信条等を公言し、ある程度以上の支持を集められるなら政党化し、

其の集合体の中での合意形成により実際の日本国の政治も行う事」が

「合理的に成る」。

「自民党内の派閥政治」は「其の党内状態の様な事」で

「二大政党制による政権交代~等が目的な東側テレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等では

大いに悪イメージが付けられて来ている」が

「実際は、相応に合理的な政治スタイルに成っている」。

「もはや、東西対立は西側の勝利で終わっているし、

中国共産党・北朝鮮金政権等の支配下に日本国と日本国民を置く事を是としている日本国民の数は極々少数でしか無い」。

「必要な事は政権交代では無く、日本国・多くの日本国民にとってより良い政策・政治の実行に成る」のだから

「政権交代には便利な二大政党制」等は「もはや、無用の長物に成っている」。

「其れでも、どうしても、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等が二大政党制を望む」なら

「旧東側の臭いが濃厚な者たち等を集めたところで、多くの日本国民が振り向く訳も無いのだから、

今回の総裁選でもまるで野党の様な主張を公言している様相の石破氏等を軸に

新たな政治勢力の結集でも画策してみたらどうか」・・・。

「恐らくは、石破氏の下に、民族・血統等を軸にした集合体が出来てしまう事に成ってしまう」と「推定出来る」が

「其の多くは、既に、バレバレの状態なのだから、ちゃんと正体を表に出した方が

多くの日本国民からの受けも良く成る筈」だ。

「もっとも、

日本国内で暮らす人間として他の日本国内で暮らす人間たち等との共存・共栄等を望み、

非人道的なスパイ・工作活動等やインチキやズル等々を行っていなければ!の話しに成る」が。

「そもそも、血統主義・民族主義・人種主義等々自体」が

「自らの実体から離れ過ぎている短絡的で自虐的な思想信条等に他ならない」のだから

「特定の民族等で集合しても、其の辺りをはっきりさせている」なら

「民族を問題にする方がダメでしょ!の世界に成る事に成る」ので

「とりあえず過去の流れの先で集合したら民族等基軸に成っていました・・・程度の事」等は

「多くの人間たちが精神構造的に鍛えられる一場面でしか無く成る事に成る」。

「現実の細胞レベルの命の連続性を検証して広義の自分を理解・把握・自覚するなら、

其れこそ世界中の何処の誰でもが解る筈」だ。

「どんな狭義の自分個体人類の祖先も単細胞生物に他ならない」。

「人間だけでは無く、

猫の祖先も犬の祖先も、

牛の祖先も豚の祖先も、

鯨の祖先もアザラシの祖先も、

像の祖先もキリンの祖先も、

鶴の祖先も亀の祖先も

セミの祖先ゴキブリの祖先も、

ブナの祖先も杉の祖先も、

米の祖先も麦の祖先も

マグロの祖先もウニの祖先も

狭義の自分個体の祖先はみ~んなみ~んな単細胞だ」。

「そして、其れらの全てが狭義の自分個体との細胞レベルでの命の繋がりを持つ広義の自分に他ならない」。

「何十億年も生き続けて来ている広義の自分が其処に在る」。

「ところが、高等生物の意識」は「細胞レベルでは無く、丸ごと一個体レベルで捉えたがる」。

「丸ごと一個体レベルだけで捉える」と

「必然的に狭義の自分個体の近隣に在る丸ごと一個体レベルの生命体細胞群、特に、自分個体と同種の生命体細胞群が偏重され易く成る」。

「人間の意識」では

「先ずは、親であり子が偏重され易く成り、其処から兄弟姉妹や親類縁者へと繋がって偏重され易く成る」。

「血統家族主義の先に在るのが民族主義」で

「民族主義の先に在るのが人種主義」だが

「其の細胞群の命の連続性は人類に成ってからタッタの何十万年かに過ぎ無い」。

「何十億年もの広義の自分の歴史の内のタッタ何十万年より遥かに少ないタッタ何百年か何十年かを過剰偏重した先で

色々な者・物・事等を構築する」と

「往々にして自虐状態が築かれてしまう事に成る」。

「血統家族を過剰偏重すれば、血統家族に属する人間たちとそうでは無い人間たちとの間に対立が生まれ易く成る」。

「民族でも人種でも同じ事」だ。

「広義の自分のタッタ何十年か、何百年か、ダケに拘り過ぎて全体像を大きく歪める自虐を行ってしまう」のでは

「とても、今時の人類として望まれている資質・能力のレベルにまで

狭義の自分個体を健常成長させる事が出来ている人間とは言い難い事に成る」。

「自己健常支配が明らかに足りない、近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる実態が其処に在る事に成る」。

「人類ダケ何十万年だけを偏重しても、同様に成る事」は

「昨今の昨今の人類が創り出した経済・社会システムに基づく極一部人類過剰偏重状態が創り出している地球環境問題からも明らかだ」。

「其れ程、遠く無い近未来」では

「人類誰もも含む広義の自分である地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続との整合性を取る事による

人間社会・経済システム等の構築や

政治・政策等の実行が

実践される事に成る」。

「其処に健常に繋がる政治・政策等の実行と人間社会・経済システム等の是正が今、望まれている」のに

「未だに、旧東側による支配等を画策している様相の者たち等は、どれだけ~!遅れ過ぎているのか!!」

「そんな状態の者たち等」に「何時までも公共の電波の使用権や公共レベルのマスコミ上での重用状態や

学校教育上での大きな実権の在る立場等々を与え続ける必要は全く無い」。

「未だに、非人道的なスパイ・工作活動等を実践している者たち等」は「恥を知るべき」だ。

「インチキやズルをしている者たちも同様に成る」。

「巷では、未だに、諦めの悪い旧東側等の支配下に在る者たち等が、要でも無い酷いスパイ・工作活動等やインチキやズル等をして

粛清工作等したり、集金したり、等々する事により、

時代遅れ過ぎている人類同士の支配ゴッコを行い続けよう、続けさせよう、としている」。

「他者支配の前に自己健常支配」が「当たり前に成っているのに!」だ。

「精神構造面で言う」なら

「支配/被支配の関係とは、

母親の乳房の支配権を得ようとし、親や大人たちの被支配下での安住生活を得ようとする、乳幼レベルの精神構造に他ならない」。

「精神構造が健常に成長する」なら

「未だ、理解・把握出来ている事が少ない少年期には、

新たに知った者・物・事等と既に理解・把握出来ている者・物・事等による比べっこを行う精神構造のレベルに成る」。

「青年から成人に成って行くに従い、既に知っている者・物・事等も増えて来て、其の中での取捨選択を実践する必要性も高く成り、

比べっこレベルから本質・快適探究レベルの精神構造に成長する様に成る」。

「支配権争い」とは「乳幼レベルのままの精神構造上で具現化する、させられてしまう事に他ならない」。

「悪は、比べっこレベルに多くの人間たちを押し留める事等により、

安易な集金・集権行為等を実践し、

其の利権の多くを自らの下に集めようとする」が

「多くの利権により自らを他の人間たちに無理やりにでも認めさせる事を欲する、

自己承認欲求の代償欲求過剰追及野実態が其処に露呈している事に成る」。

「自己健常支配を実践している」なら

「多くの人間たちが、それぞれの精神構造を健常成長させる事を助ける事等を行う様に成るのが当たり前」で

「其の様な自己健常支配の先で生み出される事の裏では自己承認欲求の本来欲求の充足も行われる事に成る」ので

「必然的に、自己承認欲求の代償欲求を過剰に追及する欲動等も生じ辛く成っている」から

「他の者・物・事等を利用した狭義の自分個体に対する承認の要求等の事態を具現化させてしまう事も稀に成る」。

「広義の自分の理解・把握等が不十分であるが故に

血統家族主義・民族主義・人種主義等に陥ってしまっていたり、

狭義の自分の精神構造の健常成長の重要性に対する理解・把握等が不足しているが故に

より劣位の精神構造の中に自らを安住させ続けようとしてしまう自虐を行ってしまったり、

他の人間たちをより劣位の精神構造の中に押し留めようとする悪事を行ってしまったり、」

している人間たちの数の多さと、其の様な悪い状態に在る人間たちの実権の大きさが

現状の人間世界も広義の自分の実態も、大きく歪めてしまっている」のが「現実」だ。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

私用でブログ記入が出来なく成っていた間に「難病指定の持病悪化で安倍総理が辞任表明~次期総理選び」等と成り「安倍嫌いの常連出演者等は喜々としていたり、石破氏等を推していたが、自民党国会議員の多くの支持は菅官房長官と成り、菅総理誕生前夜の様相」等だが・・・。

『「小泉ジュニア人気」にしても「石破人気」にしても「選挙も無いから{政権交代}も無い、まるで旧社会・共産圏の独裁体制の様な、

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による

{大衆誘導人気}の色合いが濃い事」等は

「他の不人気政治家等と人気政治家等の

戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等による取り上げ方や取り上げ頻度等を検証し、

冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「自民党を離党し新進党や自由党等で小沢氏の下で政治を学んだ事もある石破氏」が

「自民党に復党後、地方行脚を重ね、

直接会った自民党員等や其の周囲の人々の中での知名度を上げ、人気も上げた事」は

「石破氏の努力の賜物に当たる」が

「自民党を離党した事」と

「復党後の地方行脚に忙しかった事」等により

「自民党国会議員同士の会合や自民党国会議員の中での人気が希薄に成っている事」も

「また事実」だ。

「ここで多くの日本国民が理解・把握等すべき事」は

「人気の正体」と

「石破氏も含む全ての次期総理候補の本当の思想信条や政治指向」等に「成る」。

「人気について言う」なら

「当然の事に成るが、誰もが自分が知らない人には人気も与える事が出来得ない」し

「知っているダケ」でも「人気のキッカケにする事が出来てしまう実態」が「在る」。

「多くの人々が知っているダケ」でも

「多くの人々が知っているダケで人気が在る状態にも成り得てしまう」のが

「人気」だ。

「もちろん、其処には多くの人々が知る時のイメージも付き纏う」。

「多くの人々に特定極一部の人々を大々的に知らしめる事が出来てしまう

公共の電波を使っているテレビ・ラジオ等や

公共レベルのマスコミ等」の

「ある人の取り上げ数量』と「其の人にどの様なイメージを持たせて取り上げているのか?」により

「特定の人に人気を与えたり、特定の人に悪イメージを付け不人気にしたり、する事」等も

「出来てしまっている状態」が「未だ、在る」のが「戦後日本社会の実態」だが

「其の様な{大衆誘導}人気・不人気を成り立たせてしまう為の{仕込み}に成っている」のが

「戦後日本の汝、本質を探究するな!汝、先生や教科書や参考書等からの情報を覚えよ!タイプの学校教育」だ。

「覚えて知っている事に大きな価値を与えるべく、覚えて知っている事を問う試験で進学先まで決められてしまう場合がほとんど」なのだから

「そんな学校教育に{調教}され続けた状態の人々」が

「テレビ・ラジオ・マスコミ等の情報に触れた時、先ず行いがちに成るのが与えられている情報を覚える事に成り易い事」は

「ある意味、当然の現象に成る」。

「其の辺りの実態も重々承知の筈の戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の仕事を行っている者たち」は

「例えば、ゲイノウ人等でも自分たちの都合に沿う者たちばかりを主にして視聴者・読者等に覚えさせたがる」。

「特定極一部のゲイノウ人等を大手メディアにより実質的に、否応無しに覚えさせられている状態の人々が多数居る状態に成る」と

「覚えている人々の中では覚えている(実際は知らず知らずの内に否応無しに覚え込まされている場合がほとんど・・・の様相だが)ゲイノウ人等が

共通利益状態に成る」。

「同じ者・物・事等を覚えている人々の共通利益の内、者についてソフトに表現するなら、其の者は人気がある等に成る」。

「実際は、選挙も無いから{政権交代}も無い、まるで旧社会・共産圏の様な独裁体制的実態の在る、戦後日本の大手メディア等により、

知らず知らずの内に覚え込まされてしまった者・物・事等でも

同様に覚え込まされてしまった人々の集団内では共通利益に出来てしまい、

覚え込まされた者が人なら人気が生まれ、

物・事等なら公然化状態等が生まれてしまう事に成る」。

「其処に在る」のは「大手メディア主導の{大衆誘導人気}であり{大衆誘導公然化}に他ならない」が

「本質を探究する事等はロクに教えられず、与えられる者・物・事等を覚え、覚えた事を人前や試験等で{披露}する事等を

{調教}され続けて来ている多くの視聴者・読者等にとっては、

自己承認の代償欲求の充足感さえも生まれている様に感じさせられてしまっている、

多くの場合では其の集団のの自覚無き、共通利益とされ、

其れを侵害される事を忌み嫌う精神状態まで育成されてしまっている場合も多い」が

「其の様な状態こそが、大衆誘導で操られる民として求められている有益分子状態である事」等の

「理解・把握・自覚等」は

「自分本来の人生を失わせない為にも、決して忘れるべき事では無い事に成る」。

「{良いイメージで押し売りゲイノウ人商売=集金}も{良いイメージで押し売り政治家政治運動}等も、

皆、大衆誘導により多くの場合大衆誘導を行っている者たち等に利権を集中させる為の、実質的、策略みたいなモノに他ならない」。

「其の様な状態を解消させる為」にも

「戦後日本の情報・教育界の正常化・健常化」は「急務に成る」。

「公共の電波の使用権」や

「公共レベルのマスコミ上での一方的大量配信権」等には

「相応の民意反映が在って当然に成る」。

「個々の民意を健常に創り出す為に必要に成る」のが

「与えられる者・物・事等を覚え、其れを披露等する事を主にするのでは無く、

本質や快適を探究する事も主にしてちゃんと教える学校教育等に成る」。

「覚えたダケの状態の人々」は「往々にして、比べっこレベルからの成長が困難に成る」が

「本質・快適の探究を学んでいる」なら

「比べっこレベルから本質・快適探究レベルへ自らの精神構造を健常成長させる事も容易に成り易く成る」。

「当たり前の事」だが

「多くの人々を比べっこレベルに押し留める事の先で大衆誘導等を行いたい{悪}者たち等にとって」は

「{悪}者である実体が暴かれ辛い状態を構築~維持し続ける必要がある事に成る」。

「比べっこレベルから成長しない者=有益分子」、

「比べっこレベルから成長しようとする者=不適応分子」とし

「有益分子には益々比べっこレベル固着状態の強固化を図るべく、其の状態こそが良いゾ~!と称賛等したり、場合によっては褒美を与えたり」し

「不適応分子には、再教育や粛清を与え続ける」のが

「{悪}の行っている事」に「他ならない」。

「元々の日本社会には、本質・快適探究がちゃんと在った」が

「戦後の日本社会からは、何処かの反日国等の都合により比べっこレベル固着状態が強いられ続けている実態が露呈している」。

「戦後日本の情報・教育界の{政権与党}が所謂、左翼(内実、親朝鮮等)と朝鮮系に成っている事」等は

「冷静に、少し、実態を検証する」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「現状の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「北朝鮮との繋がりが濃いとも言われている小沢氏の下で政治を学んだ石破氏の歴史認識には、大きな疑問符が付くところも在る」。

「石破氏は、同様の統治下に在ったのに其の後、台湾は親日、朝鮮半島は反日に成っている理由」として

「台湾は割譲で、朝鮮半島は割譲では無い旨述べていた」が

「台湾に親日と朝鮮半島の国々の反日の理由」は

「主として、日本による統治に至る過程に在るのでは無く、

主として、戦後の体制の始め方に在る」のが「現実」だ。

「植民地支配詐欺の先で日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的に戦後朝鮮半島内で国を始めた朝鮮の国」と

「そうでは無い状態で戦後国を始めた台湾」では

「日本による統治時代」を

「日本による侵略~植民地支配とし続けなければ成らない戦後の朝鮮半島内の国々」と

「日本による統治により近代化も急速に進んだ等々とありのままに認識出来る台湾」の

「大きな違いが生まれる」のは

「ある意味、極めて当然の現象に成る」。

「元々、欧米列強がアジアにも進出して来た頃、単独では国の存続さえ危うく成っていたのが当時の韓国」で

「欧米列強に食い荒らされて来ていた清に食い荒らされる」か

「ロシアの侵攻により侵略支配される」かの

「何れかの状態に陥る状態に成っていた」のが

「日本に助けを求めた当時の韓国の実態」だった。

「日本側にしても、ロシア等が朝鮮半島にまで進出では、日本の国防にも大きな懸念が生じる」から

「其の要請に応じ、日清・日露戦争等も行い、其の後は韓国を保護する国家間契約まで締結した」。

「保護契約が日韓併合へと{格上げ}に成った」のは

「保護契約時の日本の韓国に対する対応が韓国にとっても良かったから」で

「当時の韓国権力者等は対等合併を望んだ」が

「国力相応の日韓併合に成った」のが「史実」だ。

「日韓併合時代の政策も植民地支配政策では無く二国を日本寄りの一国にする同化政策だった」し

「実際に、当時の朝鮮半島内で行われた事は急速な近代化整備等であり、

其の結果、多くの朝鮮人の衛生・生活・経済・文化水準も飛躍的に向上し、朝鮮人人口も大いに増えた」のが

「史実」だ。

「より近代化整備が進んでいた日本本土に、

自主的に、

より良い仕事や報酬や生活等を求めて、

未だインフラ整備等が不十分だった当時の朝鮮半島内から日本本土に時には密航までして渡った大量の数の朝鮮人も居た」が

「学校での日本語も含む教育」と「創氏改名で日本人同様の名前も名乗る権利の保有も認められていた事」等が

「其の後押しにも成っていた事」も

「同化政策故に現れた実際の状態に他ならない」。

「インフラが不十分で多くの物流が本土経由だった事」は

「当時、朝鮮半島内に居た多くの日本人にとっても大いなるデメリットだった」ので

「多くの日本人もインフラ整備に邁進していた」が

「其の時代に、いわば別天地を求めて日本本土に自主的に渡った」のが

「多くの朝鮮人の実態」だった。

「ある程度、インフラ整備も進み、物流も朝鮮半島直が可能に成りつつあった頃に、開戦に成ってしまった」のが

「史実」だ。

「日本の敗戦に伴い、米軍の占領政策が始められた」が

「其の時に重用されたのが所謂、左翼と当時日本国内に居た朝鮮人だった」。

「武器を取り上げられた日本人に対して武器を持った朝鮮人が乱暴狼藉を働き、

駅前の一等地や大街道沿いの大きな土地等を日本全国各地で略奪した史実」を

「知っている人々も多い筈」だが

「戦後日本の学校教育等では、其の辺りの史実が教えられる事も無く、

日本に居る朝鮮人は旧日本軍に強制連行で連れて来られた可哀そうな人々等の

{マインドコントロール}が、ネットが普及するまで行われ続けて来ていた」。

「元々、戦後の国の始め方が酷かったから、無理にでも日本を悪者にしなければ国の立ち上がり自体も正当化出来ない」のが

「戦後の朝鮮半島内の国々の実態」で

「其の様な国々にとっては、反日が必需だった」が

「日韓間では、日韓基本条約の締結により、過去は問わず未来志向で行く事の合意が形成された」。

「韓国にとっては、反日を捨てて未来志向で行く事が出来る状態も得られた事に成る」が

「北朝鮮は其の様な状態に成り得ていなかった」ので

「北朝鮮系の韓国人等にとっては、反日維持がある意味、当然に成った」。

「反日維持は、植民地支配詐欺を声高に叫んだり、敗戦につけ込んだ火事場泥棒等を行った者たち等にとっても都合の良い事だった」ので

「せっかくの未来志向への切り替えのチャンス」も

「北朝鮮と{悪}の圧力で消し去られてしまった」のが

「戦後の当時の韓国の実態」だった。

「其の後も反日が維持~増大され続け、特に、従北政権化してからは、本当に酷い状態に成ってしまっている」ので

「新たな問題が次々に創り出されて来ている」。

「従軍高報酬売春婦の実態」も「知っている方々が多い筈」だ。

「当時は売春は合法の仕事だった」し

「多くの男性の仕事が勝ち目の無い戦場に赴き、命がけで敵という同じ人類を殺害等する事だった」。

「お金の為に自らの娘等を売春婦として売った親等も居た」が

「其れは、当時の日本人も朝鮮人も同様だった」。

「朝鮮半島内では、朝鮮人の親等が朝鮮人の仲介人に娘等を売り、売春の上がりをピンハネ等していたのも朝鮮人」だった。

「日韓基本条約締結後なのに、従軍慰安婦を大問題化する事が、従軍高報酬売春婦の実態を世界中に知らしめる事に成る事」等くらい

「少々考えるなら、解る事の筈」だが

「反日の材料に出来得るモノは無理やりにでも使い、駄々を捏ねる悪体質が在る限り、同様の事態も続けられてしまう事に成るのかも知れない」が

「其れこそが、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれるべき存在に成っている事等くらい、いい加減に自覚し、早々に是正するべきである事」等は、

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「次期総理問題で言う」なら

「日本と朝鮮半島の間での歴史認識の問題で、朝鮮半島寄りに成っている日本の総理候補」を

「日本の総理にする事」は「避けるべき事に成る」。

「史実に基づいて歴史問題を整理出来る、くらいの骨のある総理の誕生が望ましい」』。

『「安倍総理辞任」で「喜々としていた様相の常連出演者等」は「本当にどうかと思う」。

「難病の持病の悪化では、総理辞任こそが責任のある対応に成る事に成る」。

「問題は、難病の持病の悪化が何故起きたか?」等で

「其処に、例えば、電磁波工作や飲食物工作等や情報工作等によるストレス増大化等が無いとは言い切れない」のが

「スパイ・工作活動天国状態の戦後日本社会の実態」だ。

「其の辺りの実態解明」や

「スパイ・工作活動対策自体の充実」等も

「日本国・多くの日本国民の安全の為には必要に成っている事に他ならない」。

「新型とされているコロナウィルス」だって「中国共産党製や北朝鮮製の工作用ウィルスである可能性も否定出来ていない」のが

「現実」だが

「工作用ウィルス」なら

「其のウィルスを使った工作が考えられていて当然に成り」、

「例えば、WHOと結託して{ソフト}ウィルスの感染を大問題化させる事による世界経済の衰退化~中国共産党覇権掌握の為の工作の実践等である可能性」等も

「決して小さくは無い事に成る」。

「感染を大問題化し、させ、

感染検知の為の、ウィルスを増やして検査するPCR検査を大々的に行わせ、

其の陽性検体を集め工作用ウィルスの現地調達を行い、

検査場に集まる人々に向かって散布等する」なら

「効率的に感染者をドンドン増やす事も可能に成る」。

「感染検査錠近くの市中感染者率は、一般市中より高くて当然に成るベースも在る」のだから

「其処に工作まで加わる」なら

「何時、何処で、大量感染問題を創り出すのか?」も

「工作の仕掛け手次第に成る事に成る」。

「其の様な工作を避ける為に有効に成る」のが

「ウィルスを増やして検査するPCR検査は出来るだけ行わない事」で

「検査をするなら、症状が出たら病院等で抗原検査(唾液検体使用が望ましい)と

パンデミック収束に繋がる抗体保有者率が判る事にも繋がっている抗体検査」が

「合理的に成る事に成る」。

「パンデミックに成っているのだから、市中感染者率と市中抗体保持者率を調査し其の経時変化を大衆周知する事も重要」で

「其の実態把握は、

自主性・自立性がある操り人形状態に無い多くの人々の中で其の時、其の場所で、合理的に成る該当ウィルス対策を具現化させる事を後押しする事に成る」。

「感染自体を大問題にして多くの人々を操る」のは「悪質」だ。

「感染差別やストレス等を生む悪が其処に居る事に成る」。

「感染しても無症状で快復し他の感染すると重症化し易い高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々にも感染させない」なら

「ワクチンが未だ無い状態の中、既に、ワクチン接種が行えた様な事に他ならない」のが

「実態」で

「感染では無く、実害・実益基軸で対応する」なら

「当たり前に語られたりしていて当然の事が其処に在る事に成る」。

「当たり前に語られていて当然の事を十分に喧伝等せず、

感染自体を大問題化し、不安・ストレス等や感染差別を誘って来ていた」のが

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態だった」が

「其れは、選挙も無いから政権交代も無い、まるで旧社会・共産圏の独裁体制の様な、戦後日本の情報・教育界故の実態でもある事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「何れにしても、戦後日本の情報・教育界の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

米国警察黒人対応問題や新型コロナウィルス感染問題等で象徴的差別等抗議者や感染者等を大喧伝している、安倍総理には辞めてもらいたい様相の番組が多いが・・・。

『「米国警察黒人対応問題についてのメディア情報のほとんど」は「極一部ダケを切取り偏重する事で、其の事件・対応等の実態は何処へやら、

多くの視聴者・読者等の中に

黒人差別問題の存在と其の具現化の繰り返しが不当に起こされ続けているかの如き感や思い等を想起させ、

内実としては、

白人等と有色人種等の対立を煽る社会運動や、

反現政権政治運動等の

実効が生まれる様に成っている」。

「本来のメディア情報配信」なら

「問題・事件・事故等の実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」が

「適切に成り」、

「例えば、現状で騒がれている黒人男性に対する警察官による発砲問題でも、

元々の警察官たちからの銃の発砲無き制止を振り解き、

米国では車のダッシュボードの中に銃を置いている場合も多いのに、

車の中、運転席~ダッシュボードに手が届くところに乗り込もうとした、

体力のある黒人男性の故の、

警察官の過剰防衛(至近距離後ろから七発の発砲は明らかに過剰とも思える)行動だった」のが

「実態」と「推定出来る」が

「黒人男性が後ろから警察官の銃により撃たれているところダケ」を

「偏重」し

「其処ダケを過剰に喧伝する」なら

「多くの視聴者・読者等の中」に

「実態離れしている警察官による黒人差別」等の

「感や思い等を想起させ易く成るフェイクニュース的な情報配信に成る」。

「そして、其の様な{フェイクニュース}に操られた人々が、本来なら生まれていなかった可能性が大きい

別の暴力・破壊行為等まで伴う差別反対運動等の問題行動等を起こし、

更に、其処で警察等の側が同様の対応をした時、

同様に部分偏重で、

同様の感や思い等を多くの視聴者・読者等の中に想起させる情報配信等を行う」なら

「本来あるべき問題解消に必要に成る双方の対応の{学習}等は何処かへ置去りにされたまま、

膨大なる差別問題が在るかの如きイメージだけが増大させられ、

其の先では、其処で差別をされている側に当たる人々の被差別利権に増大等まで図れ易く成ってしまい易い状態が出来てしまう事に成る」。

「例えば、

差別するな!差別はダメ!等々で、

実体や事実・現実、原寸大離れしている、横暴な認識を強いたり、被差別側の者たち等による横暴な行動等まで容認せしめる事等がまかり通ってしまうなら、

其処に生まれているのは、実質的、逆差別状態に他ならないばかりか、

実体や事実・現実、原寸大から離れている分だけより悪い状態に成っている」のが

「現実に成る」。

「米国の黒人{差別}問題と同様の状態に在る」のが

「日本の朝鮮人等に対する{差別}問題」に「他ならない」。

「どちらも、きっかけにされている問題・事件・事故等の実体や事実・現実に基づいた原寸大理解・把握から紐解くべき事」に

「他ならない」。

「上記の例えの警察官による黒人への発砲問題でも、

警察官による発砲という過剰防衛状態を誘ってしまった黒人男性側の行動実態にも問題がある事は、

冷静に、少し考えるなら其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」が

「其の辺りの実態の原寸大理解・把握が在る」なら

「黒人差別はするな~!{差別}社会運動等では無く、

同様の新たな悲劇・惨劇等を防ぐ為にも、

警察官に制止を求められたら、先ずは制止する事で身を守ろう!社会運動や、

其の様な流れが大きく成るに連れて当たり前に在る事に成る、

警察官側の過剰防衛行動は止めよう!体制の構築等が

当然に成る」。

「{差別}運動の先」で

「暴力・破壊行為・強奪等まで生まれてしまっている事も稀では無いのが米国の実状」だが

「其の様な実状を生み出しているのが{フェイクニュース}の繰り返し擦り込みによる大衆誘導に成っている」のだから

「本当の悪は、何処に在るのか?」も

「もはや、明らかな事に他ならない」が

「{フェイクニュース」情報配信等を行っているメディア等」も

「{フェイクニュース}集金が容易だから{フェイクニュース}を度々大喧伝等しているのが実態」で

「其の守銭奴状態の生みの親」が

「現状の金権状態の人間社会・経済システム等に成っている」のだから

「本当の悪」は

「金権状態の人間社会・経済システム等の生みの親」で

「其れが誰か?」と言えば、

「其れを是としている精神構造状態に在る全ての人間たち」に「他ならない」から

「先ずは、自らの精神構造の状態を冷静にありのままにチェックし、

其れが、金権状態の人間社会・経済システム等を是としている」なら

「先ず、治すべきは自らの其の様な精神構造状態に成る」。

「金権状態の人間社会・経済システム等から卒業する為には、其れより良い何かをちゃんと理解・把握・認識し、実用する事が求められる事に成る」のは

「武力比べっこを是としていた人々が多かった時代の武力比べっこを是とする精神構造を持っていた人間たちと同じ話しに成る」。

「武力比べっこの悲惨さや自虐性は、今時の人間たちなら、多くの人間たちが重々承知の事に成っている」が

「其の真っ只中に在った時には、多くの人間たちが其れこそが自らも、自らの家族も、自らが属している国等も、より良くする為に合理的に成る事!等と

本気で感じ・考え・思っていたのが史実」だ。

「金権比べっこの現状も同様に成っている」から

「上記の様な問題も其の先で、ある意味、必然的に生み出され続けて来ている」のが「現実」で

「其の実態」は

「武力比べっこ時代の戦闘・戦争等と同様の事に他ならない」。

「上記の様な問題が酷い!」等と「言う」のは

「武力比べっこ時に戦闘・戦争が酷い!」等と「言っていたのと同様」で

「言っている事は其の通り!」でも

「どうすれば酷い状態から卒業出来るのか?の具体的方法等が無ければ、酷い戦闘・戦争も止められなかった」のが

「現実」だ。

「どうすれば、酷い問題を起こさずに済むのか?」の「答え」は

「個々の人類の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化を比べっこレベルから本質・快適探究レベルに健常成長させれば良い!」に

「他ならず」、

「其の様な精神構造・精神文化の健常成長が具現化しない間」は

「現状の多くの人々の精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化其のまま」に

「其の先で現状と同様の多々の問題が必然的に生み出される事に成る状態が続く事に成る」。

「さて、此の様な状態」で

「比べっこ上の成功者」等を「象徴的差別訴え者!等として、メディア等が偏重し大喧伝等する事の実効」を

「考える」なら

「{フェイクニュース}集金と同様の{有名持起用}集金の実態も良く解る事に成り、

有名人等に操られてしまう状態の視聴者・読者等の状態に自らの精神構造の状態が在る」なら

「皆、同様の、武力比べっこ時代なら戦争を是としていた状態に当たる精神構造状態の人間たちに他ならず、

自らの精神構造の健常進歩・正常進化を怠っている状態の人間たちが大多数と成れば、

現状の多くの問題・事件・事故等も同様の状態のまま・・・で、

時が重なれば重なる程、地球環境問題も格差問題も含む人間社会問題も必然的に深刻化してしまうのは、

武力比べっこ時に戦争を続けているのと同様の事だから当然の現象に他ならず、

其の先に、人類滅亡の時が想起出来ない様であれば、今時の人間としては明らかに脳力不足とも言えてしまう状態に成る事に成る」。

「自らの精神構造を健常成長させる事は、自らの努力と責任により、其れこそ、世界中の何処の誰でもが具現化出来る事に他ならない」のだから

「メディア等が本来行うべきは、現状の精神構造・精神文化の先で必然的に生み出され続けている問題をダシに集金等する事では無く、

多くの人間たちの精神構造と其の集大成である人間社会の精神文化の健常成長の助けに成る情報配信等に他ならない事に成る」が

「戦時中の多くの人間たち同様に、現状の精神文化の中での勝ち組を目指している状態を露呈している者たちばかり・・・が

蔓延っている実態が露呈している」のだから

「其の病根の深さ」は「本当に深刻なレベルに成ってしまっている事に成る」。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「客観的に考える」なら

「難病指定の持病がある総理大臣が休み無く、現状の様な多々の多くの問題の中仕事をし続けている」なら

「持病治療の為の薬の適合性に変化が生じていても、何の不思議も無い事に成る」。

「其の調整の為に、二度ほど入院・検査等とは、其れダケで済むレベルの酷く無い健康状態が在る事の証の様な話し」なのに、

「多くのテレビ等では、政権交代はあるのか?論等が大喧伝等されている」。

「少しでも、日本も従北政権寄りにしないと困る状態に在る」のは

「北朝鮮の独裁者、在日の母を持つ、金正恩等」だが

「北朝鮮労働党のオトモダチ政党人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・というのが、

選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本の情報・教育界の実態」だ。

「{政権交代}すべき」は

「情報・教育界の方」であり「選挙も在るから政権交代も在った政界では無い事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」が

「自分たちの{政権交代}の必要性等を圧殺・黙殺せしめる為に、

日本の現政権や米国トランプ政権等に政権交代を求め続けている様相を露呈している」のが

「現状の多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」だ。

「情報・教育界こそ{政権交代}するべき!である事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは「多くの日本のテレビ等ご用達、新型コロナウィルス問題論」や「ご都合、ファシズム論」等を常連出演者等が公共の電波を使って一方的に大量配信していた様相でもあったが・・・。

『「既に、パンデミックに成っている該当ウィルスの封じ込め」を「無理にでも行おうとする」なら

「一定期間徹底した、行動自粛・経済活動規制状態を続けた後、鎖国状態も続けなければ成らなく成る」。

「パンデミックに成ってしまっているウィルス等への対応策として合理的に成る」のは

「多くの人間たちが免疫の防波堤を築く事」に「他ならない」。

「ワクチンの実用化による大多数の人々の免疫保有が可能に成る前」は

「該当ウィルスに感染しても大丈夫な状態の人々が感染し免疫・抗体等を保有し人間の防波堤を築く事」が

「合理的に成る」。

「既に、封じ込めに失敗しパンデミックに成っている該当ウィルス」の

「感染を大問題化する事」の「実効」は

「其の様な情報等で頭の中を染め上げられてしまった多くの人々の中で、不安やストレスを増大させ、

其の先で、不当な差別等の八つ当たり状態を生み出し易くする事」等に

「成っている実態」は

「該当ウィルス問題に対する日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による大喧伝内実等からも、

良く分る事に成っている」。

「其処に露呈している状態」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ等主導のファシズム状態」等に「他ならず」、

「其のファシズム状態の生みの親」は

「何処の局でもマスコミ等でも、同様の者たちばかり、同様の論ばかり、が主扱い」の

「{該当ウィルス問題過剰大問題化大衆マインドコントロール論等大喧伝}」に「他ならない」。

「テレビ・ラジオ・マスコミ等による現実人間社会問題等に対する情報配信の鉄則であるべき、

実体や事実・現実に基づいた原寸大情報配信」では「無い」、

「何処かの誰かの意志等に基づいている可能性も大きい、

偏重・偏向等情報の大喧伝等による大衆マインドコントロール社会・政治運動」等の

「濃厚な臭いが漂って来る状態が其処に露呈している」。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス問題の実体や事実・現実に基づいた原寸大」は

「どの様な内実に成るのか?」

「先ずは、該当ウィルス問題の大元である、該当ウィルスの実体と其の感染流行の実態の探究が必要に成る」。

「該当ウィルスの感染流行」が

「中国共産党支配下の中国武漢発である事」は

「既に、世界中の多くの人々が知っている事に他ならない」が

「では、大元の該当ウィルス自体は、いったい何処に在ったのか?の検証」は

「中国共産党によるWHO等の該当ウィルス発生源等徹底検証拒み」等により

「妨害された状態から一向に前進していない様相」だ。

「普通のテレビ・ラジオ・マスコミ等による情報配信なら、其の様な状態の是正を誘うべく、

中国共産党は徹底検証を受け入れるべき!論等の大喧伝があって当然に成る」が

「現状の多くの日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

大元の該当ウィルス実体問題はまるで無かったかの如く、圧殺・黙殺状態に成っててしまっている」。

「何処と無く、拉致を無い事に、在っても大きな問題では無い事に、したがっていた当時のマスコミ等の論調と同様の臭いが

漂って来る実態」だが

「其れも、ある意味当然とも言えてしまう」のは

「其の当時も、今も、選挙も無いから{政権交代}も無い戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界等では、

同じ人脈の者たち等が政権与党状態のまま・・・だから」だ。

「中国共産党を庇おうとするも、

北朝鮮金政権等を庇おうとするも、

どちらも所謂、東側、旧社会・共産圏の権力者たち等を庇おうとしている事に変わりは無い」が

「戦後の日本の中の所謂、東側、旧社会・共産圏等の実権者たち等が

戦後日本の情報・教育界では政権与党状態」なのだから

「其処に露呈している」のは

「東西冷戦が西側の勝利で終わった後も、未だに負けを認める事が出来ていない人脈の者たち等による、

国家権力者や公共の電波・公共レベルのマスコミ・学校教育等上での実権者等の

優位な立場を使った

大衆巻き込みによる逆転劇画策等」に「他ならず」、

「該当ウィルス問題」も「其の為の仕込みの一つである可能性も決して小さく無い事に成る」。

「其れだけに、該当ウィルスの実体や感染流行の実態探究」は

「本当に重要な事に成る」のだから

「其の辺りを圧殺・黙殺等し続けている状態は、決して、容認されて良い訳も無い状態の一つに成る」。

「自然発生ウィルスなのか?」

「人為的、或いは、人工的製造物のウィルスなのか?」

「感染流行の元」は

「自然界から人間界への流入か?」

「何処かのウィルス研究所や疫学病院等からの流失か?」

「意図的な工作か?」

「其れら問題の大元」の「必要十分な理解・把握抜き」では

「該当ウィルス問題の適切に成る対処法等も藪の中状態に成ってしまう事に成る」。

「万一、工作だった」なら

「工作目的もあって当然に成り、

例えば、

世界中の多くの国々を該当ウィルス問題対応故に経済的に不利に追い込む事で金権支配をより容易にし、覇権を掌握の為とか、

他の国々の中に工作を仕掛けている国等にとって都合の良い政権を誕生させる為等々、の

工作目的が考えられる事に成る」。

「ウィルス工作と共に、情報・教育工作等も重ねるなら、工作の実効はより高くし易く成る」が

「其の様な裏故に、現状の日本の情報配信等が行われている可能性が決して小さく感じられない」のは

「所謂、東側、旧社会・共産圏の人脈が実権掌握状態のまま・・・の戦後日本の情報・教育界の実態が在るから」でもある。

「そうでは無い」等と「言うのなら、是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「感染流行が既に日本全国至るところで起こされてしまっている該当ウィルスの対策として合理的に成る」のは

「どの様な対策に成るのか?」

「感染自体を大問題化し感染者なら無症状でも隔離等するのが良いのか?」

「感染者を検知する為に、ウィルスを大いに増やして検査するPCR検査を大々的に大量に行う事が良いのか?」

「該当ウィルスの実体と感染流行の実態探究が圧倒的に不十分で、工作による可能性も否定出来ていないのに、

スパイ・工作活動天国状態の戦後日本社会の中で、

該当ウィルスを増やして検査し陽性検体からの工作用ウィルス現地調達を容易にする可能性も大きいPCR検査を大々的に多数行う事等は、

本当に大丈夫なのか?」

「感染自体の大問題化では無く、

実害・実益基軸で合理的に成る対処法を考え出し、実践する方が良いのではないだろうか?」

「実害」としては

「該当ウィルスに感染して重症化してしまったり、死に至ってしまう事」と

「自粛・引きこもり、規制・ロックダウン等故の、経済・社会的損失」等が「ある事に成る」。

「実益」としては

「該当ウィルスの感染により、無症状レベルで、免疫・抗体等を得られるなら、

ワクチンの実用化前にワクチン接種が出来た様な事に成る」。

「社会・経済活動等を可能な限り行う、行える事による、現状人間社会・経済システム上での実益は相応に在る事に成る」。

「避けるべき」は

「感染してしまうと重症化し易い、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々が感染してしまう事に成る」。

「合理的に成る検査」は

「症状が出た人々に対する抗原検査(唾液検体が望ましい)」と

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々との濃厚接触が必需に成っている仕事をする人々に対する

厳格に管理されたPCR検査の継続と陽性者の濃厚接触仕事からの排除に成る」。

「現状までの国のやり方はどうか?」

「感染者数・感染致死者数の数を世界レベルで比較すれば明らかに成る様に、

かなり実利よりで合理的な対応が出来ている事に成る」。

「しかし、未だに、市中感染者率と市中免疫・抗体等保持者率の調査(なので、陽性でも隔離しない)大衆周知さえも十分に無い」から

「多くの人々が、該当ウィルスの感染流行と免疫・抗体等の保持が、日本の中でどの様な状態に成っているのか?等の

理解・把握を行う事が困難な状態にされているまま・・・」だ。

「封じ込めに失敗しているウィルス等に対して必要に成る

市中感染者率・市中免疫等保有者率の大衆理解・把握は、

其れを知る多くの人々による、それぞれの立場で合理的に成る対応の具現化を容易にする」のだから

「出来る限り早く、実践するべき事に成る」。

「一般市中にはほとんど感染者が居ない事」を「理解・把握出来ている」なら

「検査による陽性率が数%~1割レベルもある事」を「知った時」に

「検査場近くの市中感染者率が其れに近い事も容易に理解・把握出来る様に成る」。

「症状も無く、免疫学的弱者状態の人々との濃厚接触も避ける事が出来る」のに

「感染の有無を知る為に、感染率がより高いゾーンに自らを誘導する等の、実質的、自虐行為」を

「避ける事も容易に成る」。

「PCR検査による陰性判定」とは

「あなたは、今、該当ウィルスに感染出来る状態です証明」に「他ならない」。

「免疫・抗体等を持っていますから、該当ウィルスに感染しても重症化等はし辛い筈です証明」に「成る事に成る」

「抗体検査の陽性判定」とは「全く、意味も価値も違う」のが

「PCR検査陰性判定」の「実態」だ。

「そして、陽性判定が出た」なら「疑陽性でも、無症状でも、隔離等が推奨されている」のだから

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等がPCR検査をもっとやれ~!等とやっている事自体、

日本国内の負担をより増やしてやるゾ~!的」で

「日本国内の該当ウィルス問題をより大きくする事のメリット」が

「何処の、どんな者たち等や組織等に行くのか?」等を「考える」なら

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等として」なら

「本当に、変・・・にも成る論等ばかり・・・が主たる論等として大喧伝されている現状」は

「本当に、酷く、劣悪にも思えてしまう事に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「戦前のファシズム状態の生みの親の一人が、戦前のマスコミ等だった事」は

「今のマスコミ等も決して忘れてはいけない、無視してはいけない事に他ならなず、

先ずは、マスコミ自らの謝罪と反省等が在って然るべき」だが

「戦前のマスコミ等とは全く別だから、其の必要は無い」等の

「雰囲気を常々発信し続けて来ているのが、戦後日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「其の実態は、政権が変われば別の国という実態を露呈して来ている、半島や大陸の一部の国々と同様で、

政権が変わっても同じ日本という長い歴史を持つ日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等としては

明らかに、不自然な実態を露呈している事にも成る」。

「戦後日本の情報・教育界」からは

「米軍の占領政策で重用された朝鮮と所謂、左翼(親朝鮮等)の濃厚な臭いが漂い続けて来ている」。

「選挙のある政界」では「相応に、日本本来の状態にも近づいて来ている」が

「選挙も無い戦後日本の情報・教育界では、未だに、朝鮮系と所謂、左翼(内実、親朝鮮等)系が政権与党状態のまま・・・」だ。

「そして、本日も、テレビ・ラジオ・マスコミ等ファシズム状態を構築すべく、

何処の局でも何処のマスコミでも同様の者たちばかり・・・同様の論ばかり・・・を主扱いで

大衆に向かって一方的に情報を大量配信し続けている」。

「ネット普及前」は

「其のファシズム強いがかなりの実権も持てていた」が

「ネット普及以降」は

「テレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等ファシズム強い状態」も

「かなり、崩されて来ている」。

「政界では、所謂、東側の人脈の者たち等や政党等はもはや少数派で、

其れらの人脈の議員等や政党等が政権与党に成る事は、

ほぼ確実に無い状態に成っている」のに

「未だに、{政権与党}が変わっていない戦後日本の情報・教育界では、

所謂、東側の人脈の者たち等が、

現政権等ダメ~!大衆マインドコントロール等の先で

ファシズム状態を生み出し

其の上に所謂、東側の人脈の者たち等や政党等を載せさせる事等により、

韓国の従北政権等と同様の状態を日本でも具現化させようとし続けている様相」が

「露呈している」。

「当時は、世界中の多くの国々が実用していた主流最先端精神文化だった

武力による命がけの比べっこ支配権/被支配権争いという同じ土俵の上で

正々堂々と精一杯戦い、負け、

素直に撒けを認めた」から

「戦後の日本は急激に復興も出来た」のが

「史実」だ。

「東西冷戦が西側の勝利で終わっても、負けを認めず、

正々堂々とした表での戦いでは無く、裏のスパイ・工作活動等により派遣を掌握しようとする

何処かの低俗精神文化国・組織等が

覇権を得られる事は絶対に無い」と

「言い切れる」のは

「戦後の人間社会の主流最先端精神文化」は

「武力を後ろ盾にした経済による比べっこ支配権/被支配権争い」に「成って来ている」が

「其の精神文化ではもう上手く行かなく成っている実態が、

地球環境問題からも、人間社会・経経済問題からも、既に多くの人間たちの中で判っている」からで

「比べっこ精神文化では上手く行かない事を上手く行かせようとする」なら

「比べっこによる支配/被支配ゲームから卒業して、

本質・快適等を探究する精神文化レベルに進級しなければ成らない事に成り、

本質・快適等探究レベルに進級するなら、

表での正々堂々とした比べっこ上では負けてしまうから・・・と

裏でスパイ・工作活動等を行う事により覇権等を得ようとする他の者・物・事支配精神文化が、

非常に未熟で、稚拙で、成人レベルの人類にとっては劣悪なモノでしか無い事等も、

十二分に良く解るから」で

「其の様な本質の理解・把握等が当たり前に行える人間たちの数が増えれば増える程、

永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる存在でしか無い、

裏のスパイ・工作活動等を旺盛に行う事で覇権等を得ようとする者たち等の

実体・実態は、

永遠の恥辱に染まる道の上にしか存在し得無く成るから」だ。

「素直に、負けを認めて、表で正々堂々と自らの精神文化も健常成長させる様に再出発した方が

遥かにマシに成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成っている」のが

「所謂、東側の者たち等や組織・国等々の実態」に「成っている」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含めた正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

新型コロナウィルス差別問題の生みの親、多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の論調問題・・・。

『「感染を大問題化し、ウィルスを増やして検査する感染検知検査のPCR検査ばかり・・・を大推奨!」では「多くの視聴者・読者等の中」で

「不安やストレス等が増大し易く成る」のは

「極めて当然の現象に成る」。

「更に、無症状でも隔離!を大推奨」では

「多くの視聴者・読者等の中」で

「自らや自らが関係する人々の感染の有無を知りたい欲動等が増大化し易く成って当然に成る」が

「感染検知検査を受けに行く事の実態」が

「通常の市中感染者率より遥かに、桁違いに高い、感染者率に成っている事が容易に推定出来る感染検知検査場に

多くの人々を集める事による感染拡大にも成ってしまっている事」等は

「海外の感染拡大事例等からも、PCR検査が増やされた後の日本の感染検知者数の増加実態からも、

少し考えるなら其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「自らや自らが関わる人々の感染の有無は知りたい」が

「感染検知検査を受けに行く事は、

一般市中より桁違いに感染リスクが高いところに自分を移動させる事でもあり、

無症状で医師も検査の必要性を認めていない場合は自費となり、~3~4万円もの高額な検査費用もかかってしまう」。

「コレでは、多くの人々の中で該当ウィルスに対する不安やストレスが増大し続ける」のも

「ある意味、当然」で

「不安やストレスを無理にでも解消しよう、させようとする」と

「人間は時に、人によっては、感染者差別等、八つ当たり的手段を実践してしまう事が在り、

ある人が始めた差別に同調し、其れを拡大化・増大化させる事に直結している差別サポート言動等の実践により、

自らの内なるストレスを誤魔化そうとする人々も出現し易く成る事に成る」。

「戦後の日本の学校教育等では

自己支配や其の代償欲求である他者支配/他者による被支配等の人間の精神構造の基本的実態等さえも

ロクに教えていない」から

「自分の精神状態や其の先で生み出されている言動・行動等を

自ら健常に制御し続ける事等に

慣れた居ない、成らされていない人々の数も多く、

知っている、知らない基軸の教育や試験や学歴等々への依存状態も誘われている状態に成ってしまっている」から

「皆が知らない事は無い事にする事で皆の利権を守る」等の「不健常状態の精神構造等も生まれ易く成ってしまっている」。

「当然の如く、不安やストレス等も生じ易い状態に育成されている人々に向かって、

テレビ・ラジオ・マスコミ等が

者・物・事等の実体や事実・現実を原寸大で伝え、実体・実態把握を容易にする事で、

多くの視聴者・読者等の不安やストレスを抑え、落ち着きと適切な対応等を誘う情報配信を行わず、

騒動売りの如く、偏重・偏向情報等の一方的大量配信で多くの視聴者・読者等が其の危険な臭い等故に

意識の有無を問わず引き付けられ易く成り、

其の結果、視聴率や販売部数等も増え易く成る事が推定出来る、

{悪魔に魂を売り渡した金集め情報配信}等を行い続けて来ている」。

「該当ウィルス問題でも、事態は其の通り・・・」で

「実体や事実・現実、原寸大」なら

「感染を問題化する論やウィルスを増やして検査するPCR検査ばヵり・・・を大推奨するのでは無く、

該当ウィルスの実体や事実・現実を原寸大で扱い、其の先で、実害・実益基軸の論を喧伝等する」のが

「適切に成る」。

「多くの人々にとって、ウィルスが感染する事やウィルスの感染が拡がる事とは、どの様な事なのか?」も

「良く分っていない事の一つだろう」から

「実体・実態把握により余分な不安・ストレス等を減らず為」にも

「其の辺りから、論を進めれば良い」と思う。

「該当ウィルスの、自然発生か?人為的、或いは、人工的なモノなのか?や

感染流行は自然発生からの成り行き任せなのか?

人為的、或いは人工的製造物であるウィルスの流失からの成り行き任せなのか?

感染流行工作によるモノなのか?等々の実体究明も忘れてはいけない事に成る」。

「元のウィルスが無ければ、当然、感染も感染流行も発生し得無い」から

「感染流行が始まる前には元のウィルスと其のウィルスに感染してしまった人等が在った事に成る」。

「では、ウィルスが人に感染するとどうなるのか?」

「人体との親和性が高く、人体に危害を加えない類のウィルスなら、人体と共存しながら人間間での感瀬力も持つなら、

人間の間で其のウィルスも増えながら存続して行く事が可能に成る」が

「人体との親和性が十分に高く無い場合は、異物や危険物として人体内から排除する生体防御反応のターゲットに成る」。

「先ずは、人体の内から外へと追い出す働きが生まれ、

其れでも追い出せない場合には人体内で其のウィルスに対する免疫・抗体等が構築されて行く事に成る」。

「該当ウィルスの場合は、

高齢者も含む免疫学的弱者状態では無いなら、

ほとんどの人が、概ね感染後1~2週間で免疫・抗体等が構築される事で其のウィルスの毒性に人体が蝕まれてしまう状態を避ける事が出来る様に成る」が

「其の事」は

「該当ウィルスが其の間に他の人間等に感染して生き延びなければ、該当ウィルス自体が絶えてしまう事を示している」。

「人間同士の接触を徹底的に絶つ事」は

「該当ウィルスを1~2週間で絶つ事にも成り得ている筈」だが

「実際の該当ウィルスは、長い間の人間同士接触絶ち状態の後でもまるでゾンビの如く復活し、

其の後、感染者数が増えてしまっていたり、するところもある程」だ。

「此の辺りの実態」から

「ナンラカのモノの存在等を感じる人々の数もかなり多い筈」だ。

「現状では、多くの国々が鎖国状態に成っているばかりか、

該当ウィルスの遺伝子解析により、該当ウィルスがそれぞれの国々・地域等により別の遺伝子に成っている事も判っている」。

「此の事は、もし該当ウィルスの感染流行問題が工作によるモノだったなら、

工作用のウィルスを得ようとするなら現地調達する事が非常に合理的に成る事」を

「示している」。

「鎖国状態で別の国からの工作用ウィルスの持ち込みも結構困難に成っている上に、

ウィルスの遺伝子解析で其れが別の国製である事がバレてしまうと其の事が工作による感染流行の実態を露呈させる事にも繋がっている状態に成る」ので

「感染流行が工作によるモノだったなら、工作用ウィルスの現地調達が欠かせない事に成る」。

「どの様な方法を使えば、工作用ウィルスの現地調達が可能に成るのか?」

「例えば、ウィルスを増やして検査するPCR検査の陽性検体を集め、其れを工作散布用に加工する」なら

「比較的容易に、工作用ウィルスが創り出せる事に成る」。

「戦後日本のスパイ・工作活動天国状態という実態からも、

国がPCR検査をかなり絞った事は、

上記の様な理由を考えるなら、

誰もが合理的な事だった等と思える筈」だ。

「そして、実際に、当初からしばらくは、日本国内での感染者数や致死者数は他の国々に比べて異常な程低いレベルに抑えられていた」。

「其れなのに、日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等では、

当時から、感染自体を大問題化!PCR検査ばかり・・・を大推奨!状態だったのだから、本当に変」だ。

「該当ウィルス問題が、例えば、中国共産党とWHO等が組んで仕込んだ中国共産党覇権掌握の為の世界経済衰退化工作等だった」なら

「日本での余りにも少ない感染者数・致死者数は、工作を仕掛けている側にとって容認出来得ない状態であった事」等も

「容易に推定出来る事に成る」が

「其の様な場合の中国共産党やWHO等の側にとって都合の良い情報配信内容として・・・」なら

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の情報配信内容も合理的に成る事に成る」。

「其の後、PCR検査が増やされれば増やされる程、病院等の中での感染流行拡大状態も旺盛に成った」。

「病院等での感染流行拡大」は

「該当ウィルス問題では無い病気・怪我等で病院等に行っていた人々にも拡がり、

当然、高齢者も含む面得疫学的弱者状態の人々の割り合いが高かった」ので

「重症化者数~致死者数も増えて来てしまった」ので

「国は緊急事態宣言を出し、多くの日本国民や日本在住の人々が、其の{要請}に忠実に、自粛・引きこもり生活状態を続けた」。

「其の様な状態」とは「工作により新たな感染者を生み出し辛い状態でもあった」ので

「感染検知者も時と共に減って来た」。

「其の間にも、感染大問題化・PCR検査ばかり・・・を大推奨していた」のが

「多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「其の論調に操られてしまった人々の民意も重なり、PCR検査がどんどん増やされる様に成ってしまった」。

「冷静に考える」なら

「一般市民に対する検査なら、症状が出て病院に行ったら直に其の場で結果の分る抗原検査(唾液検体が望ましい)が適切」で

「PCR検査が必要に成るのは、高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々との濃厚接触を必要としている仕事等を行っている人々等で

十分なのに」だ。

「緊急事態宣言が解除された後、

まるでPCR検査の増大により工作用ウィルスの現地調達が増えが故でもあるかの如く、

感染検知者数が増大して来た」が

「感染した、させられた、多くの人々が、若く行動力のある世代の人々だった事」は

「高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々の周囲では、工作に対する見張り効果が相応に出て来ているから、かも知れない」。

「工作は其の存在に気付かれた段階で、既に、負けが決まっていて、

其の存在が明らかにされた時、工作元の終焉も必然的に見えて来る、

正当な手段を向上させる事での勝負さえも満足に行えない状態の劣悪国等が実践してしまう、

小さく、細く、鋭いが、認知されると折れ易く、折れた先が工作指令・指示元に突き刺さり易い、自虐刃に他ならない」。

「正道上で比べっこが十分に行える国々は工作を主にせず、正道を主にするが、

もちろん、卑劣な工作を仕掛け続けて来るところがバレても工作を止めないなら、

其れより、遥かに効果的な工作を実践出来てしまう国々等でもある」。

「分科会の会長」が

「感染はピークに達した旨等公言した」そうだが、

「日本の中の工作実態等も十分に認知出来ていて当然に成る国ご用達の一つの組織の長の公言等」だから

「相応に、確度の高い事」と「推定出来る」が

「未だに、PCR検査の大推奨!を訴えていた」のが

「所謂、左翼(内実、親朝鮮等)テレビ常連出演者等」だった。

「秋に成ったら、寒く成ったら、更に酷い状態になるゾ~!脅し」等も

「忘れない」のが

「不安やストレスを煽るテレビ等の常套手段」だ。

「工作電磁波と高い関連性が在る事も推定出来る熱中症による致死者数と比べても、

インフルエンザによる致死者数と比べても、

該当ウィルス以外の肺炎致死者数と比べても、

圧倒的に低い致死危険性しか無い実態も既に判明している該当ウィルス問題」なのに

「象徴的感染者や象徴的感染致死者等の大喧伝」で

「多くの視聴者・読者等の不安とストレスを煽って来ている」のが

「日本の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の実態」で

「戦後日本の学校教育との悪のコラボ状態により、其の先で生み出されて来ている」のが

「該当ウィルス差別問題等」の「実態」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等には、直す、直させる、べきところが、其れこそ山程在る」が

「選挙も無いから政権交代も無い戦後日本の情報・教育界では、旧態依然としたままの状態のまま、

本日も、一方的な情報配信や教育等が続けられてしまっている」。

「戦前~戦中の情報・教育も、

右翼(≒旧日本軍)偏向と所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏向の違いだけで、内実は同様と言える状態だった」のだから、

「歴史からちゃんと学んでいるなら、是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「死ね!とか消えろ!等々の短絡的過ぎる下劣な言葉を平気で実質的に公言出来てしまう様な人々」の

「生みの親の様相を露呈している一部学校・家庭・宗教団体・組織等々教育」と

「覚える事・知っている事や共感を偏重しがちに成る人々を生み出している多くの学校・家庭等々の教育」と

「其の様な状態を具現化させ易くする多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等による不安・ストレス等煽り情報配信」と

「不安・ストレスの先で下劣に共感している事等を実質的に公言出来てしまっている人々」の

「自虐的悪のコラボ状態を解消させる為」にも

「情報・教育の健常化・正常化」は「急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

相変わらず「新型コロナウィルス感染騒動煽り」等の様相だが・・・。

『「東京の重症者扱い基準が他とは違う状態では他と比べられない」等の旨「公共の電波上で大喧伝する事の実効は何か?」等を「考える」なら

「現状の該当ウィルス問題に対するテレビ情報配信」が「一体、どの様な実効を追及しているのか?」等も

「多くの視聴者等が相応に解る事に成る」。

「実態としては、東京の重症者扱い基準は実際の重症化者のみをカウントする為に合理的に成っている」のだから

「隔離の都合上や、既往症塔からの重症化懸念等により、軽症者・中等症者等をICUに入れている場合でも重症者扱いする事」等よりは、

「実際の重症化者数を現実により近い状態で表している事に成る」。

「むしろ全国も東京と同様に、実際に重症化してしまっている人々だけの数を重症者数として公表する様に改めるべき」で

「該当ウィルス感染故の症状基準の重症が人工呼吸器使用やエクモ使用等に成る事」は

「昨今では、既に明らかと言っても良い状態に成っている」のだから

「未だに、当初からの基準に拘り続けている方がむしろ変・・・」等とも「思える」。

「集中治療室に居る事」とは「場所」であり「症状では無い」。

「例えば、隔離場所として他に利用出来る病室等が無いから・・・」と「集中治療室に入れた軽症者」等でも

「重症者数としてカウントせざるを得ない」なら「応分に重症化者数はかさ上げされている事に成り」、

「重症化者数を増やす事で該当ウィルス問題がより深刻化している事を訴えたい者たち等が病院経営等をしていて、

其の意思の下で集中治療室での感染者隔離等が行われるなら、

意図的に、重症化者数を増やす事も出来てしまう事にも成ってしまう事に成る」。

「実体や事実・現実、原寸大」から「離れている方」を「悪」として「扱い」、

「実体や事実・現実、原寸大」に「近づけようとする方」を「善」と「扱う」、

「正当な善悪差別」を「実践する事」で

「問題の解決を少しでも容易にしようとする」なら

「重症者数としてカウントする基準」では

「東京のやり方の方が善であり、集中治療室という場所=重症化者とする旧来の基準の方が悪に成る」。

「何れにしても、重症化者数や其の増減で大騒ぎする、させる必要は全く無い」。

「該当ウィルス問題で問題にすべき」は

「未だに、

市中感染者率と市中免疫・抗体等保持者率の調査さえもが行われ其の結果が大衆周知されていない事と

ウィルス自体と感染流行の実体解明が不十分過ぎる事」だ。

「封じ込めに失敗したウィルス等に対する合理的な対処を行う為の基本中の基本情報が未だに、???状態」では

「好き勝手な、本当に実効があるのか?さえも???の対策???等が横行し易く成る」。

「該当ウィルスが自然発生で其の感染流行も成り行き任せのモノだった事が明らか」なら

「普通の封じ込めに失敗したウィルスに対する対処等を行えば良い事に成る」。

「該当ウィルスが人為的、或いは、人工的な製造物だった場合」は

「其の製造元は該当ウィルスを持っている、持っていた事に成る」から

「製造物責任の追及を忘れてはいけない事に成る」。

「感染流行」が

「製造物の管理が悪くての流失起因」なら

「管理責任の追及が無ければ成らない事に成る」。

「個人の人権が十分に保障されている国々内からの個人責任レベルの流失」なら

「相応に高い個人責任が在る事に成る」が

「個人の人権が十分に保障されていない独裁政権支配下の国々内からの流失」なら

「其の責任の多くが支配下の個人を支配している独裁政権に在る事に成る」。

「感染の流行が工作によるモノだった」なら

「工作目的が在って当然に成る」。

「例えば、

覇権掌握の為に他国の経済状態を悪くする、させる為に比較的毒性の強く無い感染力は高いウィルスを工作散布等する、した事」や

「米国大統領選等で独裁支配国家にとって都合の良い政権を誕生させる為の米国内も含む混乱工作としてウィルスを工作散布する、した事」等が

「推定出来る事に成る」。

「どちらの場合でも、工作の実効を高める為には、情報工作とウィルス散布工作等の継続が効果的に成る事に成る」。

「もちろん、ウィルスを工作使用する様な非人道的な政権の存続は断じて許してはいけない事に成る」。

「該当ウィルスが人為的、或いは人工的ウィルスだったり、

其の流失や意図的な工作による感染流行問題の発生だったり、する」なら

「該当ウィルス問題に対する対処法が、自然発生~成り行き任せ感染流行の場合と全く違うモノに成る事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「其の辺りをはっきりさせる為にも、該当ウィルスと其の感染流行の実体・実態解明は欠かせない事に成る」のに

「日本国内での感染大騒ぎ化等には熱心でも、其の辺りは異常な程、圧殺・黙殺状態・・・の実態を露呈している」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ・マスコミ等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「是正が急務に成っている事」は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「中国武漢では、

中国共産党による公表上では新たな感染者はゼロだそうで、

若者たちが大人数、非常に密な状態で音楽等イベントを楽しんでいる映像も紹介された」が

「此処で忘れてはいけない事」は

「武漢での該当ウィルス対策の実態」だ。

「感染流行騒動当初、武漢では多くの人々が病院に集中した、させられた」から

「感染者も行く病院周辺での市中感染者率は通常武漢市内より遥かに高い状態に成っていて当然」で

「急激な感染拡大が起きて、起こされて、しまった」。

「其の後も、徹底PCR検査」で

「多くの人々が近隣市中感染者率が一般市中より高くて当然の検査場に集中させられ、

喉奥や鼻奥の粘膜を削る検査を行った、行わされた」から

「益々感染者率が高められた事に成る」。

「其の急激な感染拡大と共に閉鎖政策が行われた」ので

「武漢内には多数の感染者が居る状態と成った」。

「多数の感染者」は

「感染から快復出来、免疫・抗体等も保持出来ている可能性が高い{ラッキーな}人々」と

「感染から快復出来ず、死に至ってしまった{不運な}人々」に

「分れる事に成った」が

「{ラッキーな}人々の数もかなり多かった」から

「其の後の武漢では、該当ウィルスに対する人間の免疫による防波堤が築かれている状態にも成り得る状態が存在する事に成った」。

「更に、PCR検査の徹底により感染者は直ぐ隔離という強引とも言える策を実践した」ので

「其れらの総合効果で該当ウィルスに対する封じ込めが出来ている状態に至っている可能性も決して小さく無い」。

「其の中での大人数の若者たちが民衆している音楽イベント開催中等の映像配信」は

「中国共産党支配下の武漢での該当ウィルス対策の成果の宣伝みたいなモノ」で

「其れを、上記の様な実態の解説等もロクに付けずに、日本の公共の電波上で大々的に配信している」のが

「中国共産党の手下、日本の中の情報工作機関等の様相でさえ時々露呈している様相」の

「戦後日本のテレビ等の現状の実態」だ。

「当然の如く、其の様な実態を露呈しているテレビ等では、該当ウィルスや其の感染流行等の実体・実態解明等には、

極めて不熱心な様相」で、

「中国共産党支配下の中国の優位性を宣伝等する為には好都合に成る、

日本国内での該当ウィルス感染流行大騒ぎ!状態の誘い」等には

「大いに熱心な様相」を「露呈している」。

「戦後日本の公共の電波や公共レベルのマスコミや学校教育等々が

韓国・北朝鮮・中国共産党等に乗っ取り支配され続けて来ている様に

感じたり、思ったり、し続けさせられて来ている日本人視聴者・読者・生徒等の数はかなり多い筈」だ。

「其の裏に在る」のは「選挙も無いから{政権交代}も無い、未だに、旧社会・共産圏等の人脈の者たち等が政権与党状態」等という

「実権者実態」等の「問題」と「強く推定出来る」。

「政界の選挙の如く、民意反映のシステム等を導入した政権交代の在る状態にする」と「共」に

「反日独裁政権国等の都合に沿う情報・教育等では無い

日本本来の情報・教育状態への是正」が「必需に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「該当ウィルス問題への適切な対処法」は

「市中感染者率と市中免疫・抗体等保持者率の場所別の調査(つまり、陽性者の隔離等は行わない)を行い、

其の経時変化を大衆周知する事」と

「症状が出た人が病院に行ったら速やかに抗原検査を受けられる様にし、其の結果と症状に応じて、適切な医療等が受けられる様にする事」だ。

「工作の可能性が排除出来ていない状態」で

「ウィルスを増やして検査するPCR検査を大々的に行う事」は

「鎖国情愛であっても工作用ウィルスの現地調達を容易にしてしまう事に繋がっている」から

「避けるべき事に他ならない」。

「無症状者でも積極検査!」では

「一般市中より感染者率が飛躍的に高く成っていて当然に成る検査場近隣市中へ多くの人々を誘導する事に成り、

其の結果、感染の急速な拡大が具現化し易く成ってしまう事に成る」から

「避けるべき事に成る」。

「症状が出た人への抗原検査(唾液による検査が好ましい)」と

「クラスター追跡上の人々」や

「医療・介護上在った方が合理的に成る人々」への

「限られたPCR検査(唾液による検査に限る)」の

「検査体制」と

「市中感染者率と市中免疫・抗体等保持者率の大衆周知を基にした

個々の人々の、其の時、其の場所で適切に成る感染防止対策の実践」により

「感染しても問題の無い人々は感染し快復し免疫・抗体等を得る自由も在る状態の先」で

「ワクチンの実用化まで」は

「重症化し易い高齢者も含む免疫学的弱者状態の人々への感染拡大の速度を出来る限り抑えて行く事」が

「合理的に成る」。

「感染自体を大問題化し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ等は明らかに変で悪的」だ。

「問題にすべきは、実害であり、実益も無しにしたまま・・・では、実体や事実・現実、原寸大に近づく事をサポートする

善の情報配信には成り得無い」。

「北朝鮮には拉致までされているのに、未だに、スパイ・工作活動天国状態のまま・・・では、本当に情けない」。

「実効のあるスパイ・工作活動対策の具現化」も「戦後日本社会の急務に成る」。

「日本のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等なら、其の旨も訴えたり、教えたり、していて当然に成る」。

「日本本来のテレビ・ラジオ・マスコミ等や学校教育等なら、是正出来ない訳も無い」。

「反日独裁政権等の手下や其の協力者等では無く、

日本が好きで日本に居る人間たち等なら、日本国内の環境改善に繋がっている、非人道的なスパイ・工作活動等の解消等に反対する必要も無い筈」だ。

「人間誰でも単細胞生物からの進化品に他ならない」。

「血統家族や民族や人種等々、ホンの一部ダケを過剰偏重した先で生まれる利権の下で、

ホンの一部の人間たちダケを優位にしよう、させようとしている悪者たちの策略に基づいて

狭義の自分を動かしてしまう自虐行為等から、

世界中の全ての人間たちが自らを解放する事が強く求められている」。

「地球環境問題も人間社会問題も日々深刻化し続けている昨今、

人類の存続の為にも、是正が急務に成っている事」等は

「もはや、言うまでも無い事に成る」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者等人脈も含む正常化・健常化」は「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では「公共の電波上で何十万人~何百万人~もの人々に一方的に論を視聴させている常連出演者等が、SNS書き込みとは其処ら中に其の旨の張り紙でもしている様な事!等の旨」等喧伝していたが・・・。

『「何十万人~何百万人~もの人々に一方的に論等を視聴等させている者たち等が、何時も何処の局でも同様の者たち等が主で、

多くの場合、反論や他論等を喧伝する別の者も無し状態」等の

「異常状態の大問題」を

「圧殺・黙殺等し、実質的に無い事にさせてがっている様相の者たち等」が

「ネット普及以降、

実質的に、其の様な者たち等による言論・思想統制状態が崩され、

多くの者・物・事等の実体や事実・現実情報等を

多くの人々が知る事も出来る様に成った事」等に「対する」、

「実質的、恨み節」等を

「公共の電波上で喧伝等している姿」は

「ある意味、本当に哀れに思える」。

「そうでは無い!等と言う」のなら、

「最低でも、公共の電波上で自論等を喧伝等し続けて来ている常連出演者等自らの実態に対する上記の様な本質の説明」や

「現状で主たる常連出演者や主たる論扱いされているモノの偏り」や

「対論・他論等の喧伝等無き場合が多い事や

対論・他論等が在っても常連出演者等の解釈等を基に、実質的に、主扱いの論等より劣悪扱い・下扱いにしている事」等への

「反省・謝罪」等が「在って当然に成る」。

「人脈的に偏りが在る者たちばかり・・・を主たる常連出演者等として重用し、

其の様な者たち等のご用達、実質的には、偏向・偏重論等を主たる論等として大喧伝し、多くの場合で反論・対論・他論等さえもロクに付けずに、

公共の電波を使って、何十万人~何百万人~もの視聴者等に

実質的には、一方的に視聴させている状態を継続する事等により、

実質的には、大衆マインドコントロールを行い続けて来ている実態」は

「明らかに、酷く、劣悪で、是正が急務に成っている事等は、もはや言うまでも無い事に成る」。

「其の様な状態を是正すべく、一応は、BPO等が在るが、其の実態は現状のテレビ・ラジオ等ご用達組織の様相」で

「例えば、日韓併合等の歴史認識問題についても、

朝鮮側の言いぶの大喧伝状態ばかりが蔓延り、

日韓併合時の朝鮮半島内の実態を知る日本人等からの証言等さえもロクに情報配信して来ていない」のだから

「何処のどんな人脈の為の偏向・偏重なのか?」等も

「多くの視聴者等が、意識の有無を問わず、大体は分っている状態に成っている様相」だが

「偏向・偏重状態の是正は遅々として進んで来ていない様相でもある」。

「何故か?」

「選挙も無いから{政権交代}も無い」のが「戦後日本のテレビ・ラジオ・マスコミ界や学校教育界の実態だから」で

「学校教育から始まっている実質的、マインドコントロールの被害者の数は、相当な数に至ってしまっているまま・・・の状態が

今も尚、続いてしまっているから」だ。

「其の実質的、マインドコントロールを解く為に有効に成る情報配信・教育等が出来る者たち等」を

「現状の常連出演者同等の立場で意識的、かつ積極的に起用する」なら

「其れこそ、アッと言う間に、マインドコントロールから解放される事に成る人々の数もかなり多い筈」だが

「其の様な事態が具現化する事=現状までの常連出演者等が積み重ねて来ている、実質的、大衆マインドコントロール等の、

実質的、罪が露呈する事に成り、

必然的に、現状までの既得権益等も失われる事に成る」。

「其の様な事態を具現化させない為」に

「未だに、偏向・偏重の在る人脈等の者たちばかり・・・を常連出演者等として主扱いし、

毎日、毎日、何処の局でも同様の顔・同様の論等ばかり・・・で

公共の電波上を埋め尽くす、実質的、情報統制状態を続けている様相でもある」のが

「現状の多くのテレビ・ラジオ等の酷く、劣悪な実態に成る」。

「其の様な状態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「政治的には、旧社会党~旧民主党等~への偏向性が在る事を露呈し続けて来ているテレビ・ラジオ・マスコミ・学校教育等が多い」。

「旧社会党と北朝鮮労働党が友党関係に在り、拉致問題発覚時、拉致被害者に頼まれた旧社会党が朝鮮総連に{報告に行った}との話しは、

当時、かなり有名に成った話しでもある」。

「日本の政党」なら「拉致被害者の早期帰還の為に{交渉に行ったり、拉致自体を責め、クレームを付けに行ったり、する}のが

普通に成る」。

「其の差と同様の差を未だに裏では抱きしめ続けて来ている様相を露呈させている場合も決して少なく無い」のが

「毎日の様に、何十万人~何百万人~もの前で、実質的には、一方的に自論等を喧伝等し

多くの視聴者に視聴させ続けて来ている、多くの、テレビ常連出演者等の実態」だ。

「反論・対論・他論等を喧伝等する者が居る場合は、実質的に少なく、

多くの場合では、同様の論等ばかり・・・が主たる論等として他の常連出演者等からもサポート等されている状態で

何十万人~何百万人~に向かって、一方的に喧伝等され続けて来ている」。

「テレビ・ラジオ界自体が同様の人脈が政権与党状態のまま・・・」だから

「何処の局でも同様の状態に成ってしまっているまま・・・」だ。

「日テレやフジは右寄りで、アサヒやTBSは左より」とは

「お手盛り評価の視聴者等無理強いみたいなモノ」で

「其の内実」が

「韓国寄りの日テレとフジ、北朝鮮寄りのアサヒとTBS」等「なんじゃないの・・・」等と

「感じたり、思ったりしている視聴者の数も多い筈」で

「日本は何処・・・状態のまま・・・である事」が

「日本の公共の電波使用なのだから、当然の大問題に成る事に成る」。

「歴史認識にしても日本人の歴史認識を戦後学校教育や戦後のテレビ・ラジオ・マスコミ情報等から

十分に得ている日本国民がどれだけ居るのだろうか???」

「日本人の歴史認識は、それぞれの家庭任せ・・・」では

「戦後日本の韓国・北朝鮮等ご用達、情報・教育マインドコントロールの被害者の数が増えてしまうダケに成り易い事」等は

「冷静に、少し考えるなら、其れこそ世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「戦後の日本国内に日本が好きで居続けている、スパイ・工作活動等無縁の朝鮮系の人々なら、

日本人の歴史認識を知った、知らされたところで、何の問題も無い筈」で

「何処の国の民でも、歴史認識上で合意を見出す為に必要に成っていて当然に成る事」は、

「歴史上に在った実体や事実・現実であり、其の原寸大での理解・把握に成る」。

「捏造は恥ずべき事」に「他ならない」し

「捏造の助けにも成り得てしまう、実体や事実・現実の隠蔽」も「同様」だが

「戦後日本の情報・教育では、日韓併合時の実態は圧殺・黙殺状態」で

「戦後朝鮮半島内の情報・教育では、日韓併合時の実態として捏造情報・教育等が蔓延り続けて来ている状態」だ。

「其の様な状態」が

「戦後の日本と韓国・北朝鮮の間に、本来なら無い状態で済んでいる筈の問題を創り出す事の手助けにも成ってしまって来ている」。

「同様の話し」を

「全世界レベルで拡げる」なら

「そもそもが、皆単細胞生物だったのが現実」なのだから

「血統家族主義や民族主義や人種主義や人類過剰偏重主義等々自体、本質からかなり乖離している酷いモノに他ならない事である事」等も

「少し考えるなら、其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「そんなモノを基軸にした不当差別の上で不当な利権を創造し、其れを維持~拡大等しようとするなら、トラブル等が起きない訳も無い」。

「トラブルを起こす元を創り出し、其れに縋りながら、トラブル上で対立する方を悪い!等とやる事自体、

酷く、劣悪な事に成る」。

「正当な差別」とは「善悪差別」であり

「善・悪」とは、

「実体や事実・現実、原寸大からの乖離を悪」、

「実体や事実・現実、原寸大に近づいていく事を善」と

「理解・把握する、出来る」なら

「其れこそ、世界中の何処の誰でもが解る事に成る」。

「実体や事実・現実、原寸大に近づいていく為」には

「実体や事実・現実を原寸大で理解・把握する為に必要に成る情報・教育等が欠かせない事に成る」のに

「例えば、日韓併合時については戦後の日本では圧殺・黙殺状態のまま・・・にし、

韓国・北朝鮮の言い分には素直な

者たち等ばかり・・・を

テレビ・ラジオ常連出演者等やマスコミ常筆等として重用や学校教育上等で重用等の状態のまま・・・では、

其の問題に対する、多くの人々の善に基づく対応・処理等を殺し、悪に基づく対応・処理等を育てている様なモノ」で

「実質的には、トラブルをより深刻化する自虐を行ってしまっている事に成る」。

「新型とされているコロナウィルス問題」でも

「事態は同様」で

「重要な事は、実体や事実・現実の原寸大理解・把握に他ならない」のに

「ウィルスの実体解明は何処へやら、

感染基軸で大騒ぎし、させ、

ウィルスを大いに増やして感染の有無を検査するPCR検査ばかり・・・を大推奨!では、

該当ウィルス問題の深刻化を誘っている様なモノ」で

「最初から、実害・実益基軸での対応!等を大喧伝していたとしたら・・・」等と

「比べてみるなら明らかに成る様」に、

「現状までの国の対策・対応は、実害・実益基軸に近い」のに

「そちらは、大批判・大非難」で

「中国共産党製かも知れない、工作感染拡大も在る可能性だって決して無い訳では無い

該当ウィルス問題」の

「深刻化を誘い、問題解決を遠ざける実効が在る論等ばかり・・・を

優等生的、正義的な、解答であるかの如く大喧伝状態で、

其の先には、現政権批判・非難等と立憲民主党等賛美等まで付いている場合も少なく無い」のだから

「裏に在る」のは、

「其の様な偏向情報配信等も含めて、該当ウィルス工作利用による日本の政権転覆~従北政権化工作等なんじゃないの・・・」等の

「感や思い等を想起させられている状態の視聴者・読者等の数も多い筈」だ。

「其の辺りも含めて実体解明が必需に成っていて、実体解明の為の仕事を行うのもジャーナリスト本来の仕事の筈」だが

「ジャーナリスト本来の仕事は何処へやら、

何処かの反日独裁政権国の為とも推定出来てしまう政権交代等を誘う為の政治運動には大いに熱心な様相を

露呈し続けて来ている場合が多い」のが、

「何十万人~何百万人~もの視聴者等の前で毎日の様に自論等を喧伝し続ける事が出来ている

現状のテレビ界実権者等に重用され続けて来ている、テレビ常連出演者等の実態」だ。

「個人レベルの、張り紙レベルの、SNSの問題」と

「何十万人~何百万人~レベルの公共の電波使用上の問題」の

「どちらが大問題に当たるのか?」等は

「言うまでも無い事に成る」が

「自らが創り出している様相を露呈し続けて来ている大問題は圧殺・黙殺状態のまま、

個人レベルの問題を優等生ぶり、正義ぶり、批判・非難等し

同様の感や思い等で、多くの視聴者の頭の中を染め上げたい、染め上げさせたい様相を露呈している様相でもあった」のだから

「本当に、呆れた」。

「其の様な実態の是正が急務に成っている事」等は「もはや、言うまでも無い事に成る」。

「先ず、現状の常連出演者等自らの大問題をちゃんと告発し、自省等したらどうか!」

「其の辺りを抜きにしたまま、公共の電波上で常連出演者等として重用されているからパワハラ的論理でも無理強い出来る・・・」等の

「様相を露呈し続けている限り」、

「常連出演者等が期待している実効等が得られる状態が生まれる訳も無い」が

「意図的な、確信犯の情報工作機関・情報工作員等が行っている事」なら

「其の辺りの不健常な状態を解消する、させる為」にも

「戦後日本のスパイ・工作活動対策を是正する事」が

「必要に成っている事に成る」』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等々の

「実権者人脈等も含む健常化・正常化」は「急務」だ』。

|

«サンデーモーニングでは「現状で日本で流行ってしまっている新型コロナウィルスの変異版問題や其の弱毒化喧伝等やPCR検査の大推奨」等や「終戦記念日の頃には旺盛に成る先の戦争問題」等の、所謂、左翼(内実、親朝鮮等)偏り状態にある常連出演者等の論等を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していたが・・・。