テロ等準備罪潰しの為の政治工作、朝日・民進・前川「怪文書メモ」問題の裏・・・。

『「日本国内に居る、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等」は「テロ等準備罪の成立を、何としても、阻止しなければならない立場に居る」。

「事前準備も要る、拉致工作や拉致工作への協力等を行ってしまった者たち」は

「その後」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」で

「工作活動等を行わされ続けて来ている」。

「現在でも、

事前準備等が必要な

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、

させられ続けている」』。

『「事前逮捕を可能にする法律の成立」は

「その様な者たちの摘発~公然化にも直結している」』。

『「日本国内で、

工作活動等を行ったり、

それに協力したり、し続けて来ている者たちにとって」、

「テロ等準備罪の成立」は、

「今までの、不当平穏(もちろん、上辺ダケだが・・・)生活等の終焉」を

「意味する」』。

『「昨今の世界情勢からも、

政策論争等の正攻法」では、

「事前逮捕を可能にする法整備を潰す事は困難」だ。

「政治工作等の裏手段による潰し等しか、

道は無い事になる」』。

『「重大法案故に、

中途半端な政治工作では、

潰せない」が

「例えば、

政権のトップを失墜させる事等が出来る」なら、

「政権崩壊に合わせて、重大法案を潰す事も可能になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「政権のトップを失墜させる政治工作等のノウハウを既に持っている」。

「劣悪な独裁体制等維持の為」に、

「情報・技術・経済等が狭く絞られ、

その結果、

多くの北朝鮮国民に犠牲を強いる

かなり酷い無理をしても、

時代遅れの軍備しか持てていない劣等国家状態の北朝鮮」は、

「当初から、

北朝鮮国民支配の為にも、

工作活動に活路を求め続けて来ている」。

「その結果、

工作活動ダケは、

ある意味、超一流状態」だ』。

『「実際」に、

「韓国」では、

「従北マスコミ等」と、

「大統領の側近友人等の問題」を

「悪用」して、

「朴大統領を失墜させる事に成功」し、

「従北大統領を誕生させた」・・・』。

『「今、日本国内で行われている政治工作」も

「基本的に、韓国内と同様」だ』。

『「安倍総理の友人等を利用して、

安倍政権を崩壊させる工作」が

「行われて来ている」』。

『「問題を起こす者に、

無理やり、総理と強い関係を持たせようとしたやり方」が

「{森友学園籠池問題工作}」だ。

「元々からの総理の友人に

無理やり問題化出来る事をつくらせるやり方」が

「{加計学園獣医学部新設問題工作}」だ』。

『「どちらも、

実体としては」、

「一学校法人問題」や、

「一国有地等払い下げ問題」等

「でしかない」が、

「従北テレビ・マスコミ・政党等」が、

「無理やり、重大問題化する」と「共」に

「政権トップとの密接な関係性等」を

「執拗に訴え続ける事」等で

「政権転覆工作の道具」として、

「最大限、活用しようとしている」』。

『「其処に在る」のは、

「実体や事実・現実を原寸大通りに報じる健常な報道等でも無ければ、

健常な政治・政策論争等を行う健常な政党等でも無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等の為の、

政権転覆工作」だ』。

『「工作の大枠部分ダケ」では、

「安倍政権転覆に不十分」と

「悟った従北連中」が

「無理やり、持ち出している」のが

「加計学園獣医学部新設関連の{怪文書メモ}」だ』。

『「同様の内容がメモ等される事態等が存在した事等は否定出来ないものの」、

「メモ内容自体が正当か?否か?」も、

「出所」さえも、

「はっきりしていない

{怪文書メモ}」が

「重大問題であるかの如きイメージ」を

「付加された上」で、

「朝日新聞の一面」等で、

「大々的に報じられた」』。

『「更に、{歌舞伎町出会いバー通い}元文科省次官」が、

「メモは本物論」を

「付加している」』。

『「歌舞伎町出会いバー等、所謂、近風俗・風俗産業界」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、結構、沢山居る」。

「下ネタ弱み掴み」は

「工作活動の基本中の基本だから」だ』。

『「出会いバーで出会い、その後、何をするか?」は

「誰もが、想像に難く無い筈」だ。

「元文科省次官が、下ネタ弱み」を

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に押さえられている可能性」は

「絶大」になる』。

『「怪文書メモ」には、

「事実・現実通りの内容も在れば、

事実・現実とは違う、勝手に、書き加えられたり、脚色等されている内容も在る」と

「強く、推定出来る」。

「出所や記入者等をはっきりさせた上」で、

「何処が、事実・現実通り」で

「何処が、勝手に書き加えられたり、脚色等されている内容なのか?」等が、

「はっきりするまで」は

「怪文書メモは、怪文書メモに過ぎ無い」』。

『「戦後の日本社会」では、

「例え、

大新聞社でも、

大テレビ局等でも、

大物教授等でも、

大物政治家等でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等である場合」が、

「かなり在る」』。

『「怪文書メモ」に

「過分な力を与えようとする情報工作」等に

「操られるとロクな事は無い」』。

『「情報工作による大衆誘導の実害」は

「多くの日本国民が、

かつての、

自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」等で

「重々、知っている筈」だ』。

『「その後、政権交代はあった」が、

「テレビ・マスコミ等には、選挙等による人脈交代等も無い」。

「かつて、~民主!!!等」で

「騒ぎ、大衆を操っでいた人脈等」が

「今、森友!~加計!!!」等で、

「騒いでいる」』。

『「そして、

其処には、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭い」が

「濃厚に漂い続けて来ている」』。

『「はっきりしている事」は、

「一学校法人問題等で、

国政を滞らせたり、

大マスコミ等が大騒ぎ等し、

大衆興味があらぬ方向に誘導等されたり、

していても、

ロクな事は何も無い」が、

「テロ等準備罪を成立させ、

活用し、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等やその協力者等を

徹底的に摘発する」なら、

「戦後日本国内」に

「広く、薄く、漂わせられ続けて来ている

毒」が

「かなり晴れる事」だ』。

『「朝日・TBS・文春・民進党等々、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが濃厚なモノたち」の

「最後の悪足掻き」が

「今、懸命に行われている」・・・』。

|

テレ朝朝番では、英国テロ問題等をダシに、「実質的、反米・利北朝鮮、政治運動等」を、日本の公共の電波上で行っていた様相だったが・・・。

『「英国テロの元も、中東の米軍等による攻撃・戦争等」であり、「安全保障の要諦は、敵をつくらない事」等の旨の「内実」は、「反米・利工作活動国家等」に他ならない。

「中東問題の責任」を、

「先進諸国側、特に、米・仏等に、一方的に求めるインチキ」は、

「時代相応の精神文化の正常進化を怠っている国々やその国家指導者等の為」の

「免罪符」でしか無い。

「極東アジア地域にも、

同様に、

時代相応の精神文化の正常進化を怠っている国やその国家指導者等が在る」。

「言うまでも無く、北朝鮮も、その一つ」だ』。

『「安全保障の要諦は、敵をつくらない事・・・寝言、もしくは、利悪等も、いい加減にするべき」だ』。

『「比べっこによる支配権/被支配権争いという未熟な精神文化上に在る

現状の人間世界システム上」では

「敵とされない事が担保されている」なら、

「極悪非道な工作活動等の悪事も遠慮無く行う国や集団等の方が、

容易に、優位に成り易くなってしまう」。

「自虐行動を他に転嫁する悪行まで用いる方が、

自虐行動を抑制する方」より

「行動等の総エネルギー量」は

「より多く出来易いから」だ』。

『「比べっこ上」では、

「総実効エネルギー量が多い方が、

より優位に成り易い」』。

『「例えば、

国家体制が酷いが故に、

経済劣等国状態に陥らされている国等であっても、

極悪非道な工作活動等なら、

それ程、お金もかからない」ので

「実行可能になる」。

「極悪非道な工作活動という手段を使って、

不当な集金行為等を行う事等も可能になる」。

「それでも、敵とみなされない」なら

「世界秩序は、

実質的に、

崩壊している事になる」』。

『「北朝鮮等の実態を考える」なら

「誰もが、実感を持てる事」だ』。

『「安全保障の要諦は、敵をつくらない事」の

「実体」は

「利工作活動国家等」であり、

「利北朝鮮等」に他ならない』。

『「それでは、本当の安全保障の要諦は?」

「言うまでも無く、

人間世界の精神文化を

物質文明側以上に、

正常進化・健常進歩させ続ける事」だ』。

『「科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用して来ているが故に、

急速な進歩・深化を実現し続けて来ている

人類の物質文明」と

「同様」に

「精神文化側でも、

科学レベルで判明している実体や事実・現実を

意識的かつ積極的に実用し続ける事」、

「この重大事業を

実効が出る域に達するまでは、

意識的かつ積極的に、

急ぎ、

優先して行う事」こそが、

「全人類の安全保障の要諦」だ』。

『「現状では、急速な進歩・進化を実現し続けて来ている人類の物質文明製品」が

「健常な進歩・深化を怠り続けて来ている人類の精神文化上で悪用・誤用等されている」から

「超自虐的な、テロ・戦争・殺傷行為等々までもが、

未だ、旺盛なまま・・・」だ』。

『「言うまでも無く、こんな状態の是正は、急務」だ』。

『「人類の精神文化を健常進歩・正常進化させる為」に、

「非常に有用なのが、情報・教育」だ。

「其処には、テレビも、もちろん、入っている」』。

『「それなのに、

未だに、

劣悪な、

実質的、政治運動等を

行い続けている様相なのだから、

本当に、呆れる」』。

『「政治工作の臭いが濃厚に漂っている、

国連関連者個人による、

日本のテロ等準備罪への批判」等も、

「政治運動等に利用しようとしている様相」で

「本当に、酷い」』。

『「日本の中の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等では無い」のなら、

「例えば、拉致工作でも、事前逮捕が可能になる

多くの一般日本国民を守る事に直結している

テロ等準備罪に反対する方が異常」だ』。

『「拉致工作に手を染めてしまった者等」は

「その後も、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で、

使われ続けられない訳も無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

日本の中に居る、手下として使える、何万~何十万~の人々を、

使わない訳も無い」』。

『「拉致工作等に手を染めてしまった者等」は、

「原罪を背負っている」。

「原罪を背負っている者が、

原罪を背負ったまま、

自己正当化を図ろうとする」なら

「他の者・物・事を支配し続ける事が必需になる」』。

『「この構造」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」も、

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」も

「同じ」だ』。

『「原罪問題の本来の解決法」は

「言うまでも無く、

罪を悔い、

自首等し、或いは、逮捕等され、

罪の実態・実体を暴露し、或いは、暴露され、

公に謝罪し、或いは、謝罪させられ、

罰を受け、或いは、受けさせられ、

罪を贖う、或いは、贖わせられる事」だ』。

『「原罪を背負っていない通常の人間」なら

「自己健常支配を継続させれば良いだけ」だ。

「其処に、他の者・物・事支配/被支配の必要は無い」』。

『「原罪を背負っている者たち」や

「未熟な者たち」等のみが

「自己健常支配の継続の代わり」に

「他の者・物・事支配/被支配」を

「往々にして、過剰に、追い求める状態に陥っている」』。

『「不健常状態」や

「未熟状態」を

「出来る限り早く、卒業すべき人々の数」は

「未だ、多い」。

「それは、

情報・教育等が、酷いまま・・・だから」の「面も色濃い」』。

『「例えば、

戦後日本」の

「情報・教育界の異常さの裏」には

「原罪を背負っている者たちの

不健常な、他の者・物・事支配欲動等が有る」』。

『「原罪を背負っていない普通の日本国民等」なら、

「原罪を背負っている者たちが

免罪符を得る為の

インチキ情報・教育等」に

「狭義の自分を支配させる自虐は慎むべき」だ』。

『「もちろん、言うまでも無く、

原罪問題を解決出来ていない者等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与える必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「教育界」の

「人脈を含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「北朝鮮のミサイルの宣伝」や「自民・大西ダメ!宣伝」等を行っている番組が多いが・・・。

『「もちろん、今更、言うまでも無く、北朝鮮の時代遅れのミサイル自体」は、「脅威では無い」。「例え、一発でも、実弾を撃てば、その時点で、北朝鮮がアッと言う間に負ける戦争になるダケだから」だ。

「それでも、北朝鮮の核・ミサイル等の開発は、迷惑にはなっている」。

「日韓等、特に、北朝鮮との関係が強い国々」では、

「早急に、応分の、対応軍備等を得る事が、必要となってしまうから」だ』。

『「自国の犠牲を出来る限り少なくする為」には、

「北朝鮮が先に撃ってしまったミサイル」でも

「ちゃんと撃墜出来る事が必要になる」。

「当然、その分、技術開発や費用等もかかる」。

「他の事に回せた時間や費用等が、削がれている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が行い続けて来ている

核・ミサイル開発等や工作活動等の悪事」は

「主として、日韓等、北朝鮮以外の国々の国民」が

「本来なら受けられていた筈の多くの恩恵分等」を

「削ぎさせ続けて来ている」』。

『「本当に、大迷惑」だ。

「この様な、実態・実体」は、

「既に、多くの人々に周知」され、

「実効のある対策が実行に移される様に、

世論等も成熟し、

実際に、実効のある対策が実行に移されているのが

本来の状態」だ』。

『「ところが、

日韓の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は、

「北朝鮮側に立って、

例えば、核・ミサイル等の{脅威}等を宣伝し続けて来ている」。

「{脅威}で多くの人々の思考等をフリーズ状態に追い込む事」で

「工作活動」や、

「多くの日韓国民等が受けられている筈の大きな恩恵等を削ぎ続けて来ている北朝鮮による大迷惑の実態・実体」等を

「黙殺せしめ、

実効のある対策の実行等を押し留めさせ続けながら!」』

『「言うまでも無く、

超自虐的でもある、北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等」は、

「超おバカ」だ。

「常人を逸脱した超おバカ状態故、

常人側の対応が、

戸惑わされ続けて来てしまっている」のが、

「北朝鮮問題の一つの本質」だ』。

『「昨今にも、

その超おバカぶり」が

「良く判る事例がある」。

「例えば、米国要人」の、

「戦争になれば、相当に大きな犠牲が出てしまうから、

北朝鮮問題の戦争による解決は避けるべき・・・」等の旨の

「発言時」に、

「相当に大きな犠牲が出るのは、日米韓等の側」等と

「勝手に、思い込んでいる様相」だ』。

『「もちろん、

実際に、

北朝鮮問題を戦争で解決する場合」は

「日米韓側に犠牲がほとんど出ない手段が用いられる」。

「つまり、

開戦と共に、

一気に、

決して広く無い北朝鮮内の

軍備等が在る場所のほとんど全てを、

壊滅する作戦が実行される事になる」』。

『「日米韓側に犠牲はほとんど出ない」が

「多くの北朝鮮国民等、特に、軍人が、

犠牲になる事になる」』。

『「それが、米軍要人の発言の内実」だ。

「日韓内等には、多数の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が居る」から

「米軍要人が、公の場で言える言葉等には、それなりの制限がある」が

「その中で、北朝鮮劣悪国家指導者側に、上記の様な内実が伝わる様に言った」のが

「現実」だ』。

『「軍備上では、

クリントン政権時には、

その様な、一気攻めには、十分な軍備が無かった」が

「今の米韓には、一気攻めの為の十分な軍備が既に在る」。

「北朝鮮の軍備の進化より、

先進国側の軍備の進化の方が、遥かに早い」のは、

「言うまでも無い事」だ。

「その差」は、

「十対一だった勝敗レベルが、

百対ゼロレベルにまで、

開いている」のが

「現実」だ』。

『「かつては、一割程度は、北朝鮮側の反撃による犠牲も出てしまう状態だった」が

「今では、北朝鮮による反撃は、ほぼ完ぺきに押さえられる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が核・ミサイル等の開発等を続け、

主として日韓内等、他国内での工作活動等を続ける」なら

「戦争による解決」しか

「選択肢が無くなり、

その場合は、

北朝鮮側に、非常に大きな犠牲が出る事になる」』。

『「はっきり言えば、

大韓航空機の爆破や、

他国内での爆弾テロや、

他国内での化学兵器VX使用暗殺テロや、

偽札製造~使用や、

覚せい剤製造~販売や、

コンピュータ技術悪用金銭等不当搾取等々の

重大悪事を行わせ続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「{使える}核ミサイル等を保持する事」を

「国際社会は絶対に容認しない」』。

『「だから、実際」に、

「昨今では、

中国までもが、実効のある警告まで発し、

ロシアだって、ミサイル発射実験等を慎む様に提言している」』。

『「開戦となってしまっても、

中国もロシアも北朝鮮側には付かない」。

「そればかりか、場合によっては、攻め込む側に加わる」』。

『「こんな状態で、

戦争となれば、

犠牲が出るのは、

日米韓側等と思えている」なら、

「本当に深刻な超おバカ」等という事になる』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」も

「超おバカに都合の良い情報配信等を行い続けている場合では無い」。

「真剣に、核・ミサイル等の開発と他国内での工作活動等を止めなければ、

北朝鮮側に本当に深刻な犠牲が出る事になってしまう旨」等を

「北朝鮮劣悪国家指導者等にも、告げるべき」だ』。

『「自民・大西ダメ!宣伝」の「目的」は、

「もはや、多くの方々が、既に、ご承知の事」だろう。

「今、旧社会党~旧民主党等の流れ上の民進党系等のテレビ・マスコミ等が、

大西議員の言葉狩り」を

「利用して行おうとしている事」は、

「自民ダメ!~政権交代!!~民主!!!」と「同じ」だ。

「大西ダメ!~議員交代~民進党等野党側議員!!!」の「為」の

「公共の電波を使った、政治運動大騒ぎ」に他ならない』。

『「言うまでも無く、

大西議員の言葉の上辺」は、

「言葉狩りで使うに非常に便利な程、

大胆に、下手」だ。

「しかし、もちろん、言葉の上辺とは、表現の一つに他ならない」。

「真意こそが重要」になる』。

『「日頃から、表現の自由等を訴え続けて来ている者たち」が

「言葉狩り等では、言葉の上辺ダケを偏重し、都合良く、利用しようとする」。

「真意を検証等しようとする」のが

「本来のジャーナリスト等」なら

「言葉の上辺を悪用して、政治運動等を行い続けて来ている者たち等」は

「政治工作員や情報工作員等とでも表するのが適切になる」』。

『「今回の大西議員の発言の真意」は

「ガン患者抑圧等では無く、

喫煙者利権保護~維持等の無理強い等」と

「強く感じられる」。

「早い話し」が、

「其処まで厳しくされちゃうと、

タバコ吸える場所が少なくなり過ぎちゃって、

喫煙者も、タバコ産業の人々も、

困るから、

嫌だ!」みたいな事だ』。

『「自分たちの利権維持の為」に

「利権維持の邪魔となる目の前の存在に八つ当たり等する事」は

「ある意味、よくある話し」だろう。

「大西議員の場合」は、

「政治家としては、言葉使いが、言葉狩りされ易過ぎる」ので

「ある意味、重大な問題」だが、

「だからと言って、

例えば、民進党等野党側の議員を

替わりに当選させれば良い」という事では

「断じて無い」』。

『「言葉の上辺は、如何にも、紳士、優等生、正義等々」でも

「内実としては、

日本国や多くの日本国民に自虐等を強い、

その反面で、例えば、北朝鮮等を利す者たち」と

「言葉下手で、直に、マスコミ等の餌食にされてしまう」が、

「日本国や多くの日本国民の為になる方向に力を加えている者たち」の

「どちらに力を与えるべきか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「議員には、選挙がある」から

「民意による是正が可能」だ。

「しかし、テレビ・マスコミ等には、選挙も無い」』。

『「真意を探究等せず、

言葉狩りで政治運動等を続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いまでもが濃厚な者たち等」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「テレビ・マスコミ等の

新規参入を容易にする規制緩和や補助金等や

現状では、民放キー局が、実質的に、独占使用し続ける事が出来てしまっている

公共の電波の特定周波数使用権の入れ替え等を

実現させる法整備等」の

「手段」も

「有効になる筈」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニング等では、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が、「テロ等準備罪に反対論」や「北朝鮮安心論」等を、日本の公共の電波上に撒き散らしていた様相だったが・・・。

『「ロシアやプーチン大統領等まで持ち出して、北朝鮮安心論等を言っていたその姿」は「本当に見事!(もちろん、皮肉だが・・・)な、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり等」だった』。

『「日米韓側では無く、

北朝鮮劣悪国家指導者等の側が一番困る」、

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員・協力者等による

工作活動等の

事前摘発等を可能にする

テロ等準備罪の成立等」や

「北朝鮮解放戦争」等を

「無い事にしたい」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」と

「相場は決まっている」』。

『「常連出演者等」は、

「米国要人の、

戦争となれば、大きな被害が出るから戦争は避ける方向で・・・論」や

「昨今のロシアの北朝鮮接近」や

「プーチン大統領の過去」等から、

「ロシアは、北朝鮮を庇う」等の

「北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等にとっての楽観論」を

「無理やり、導き出していた様相だった」が

「もちろん、

実態・実体は、

全く違う」』。

『「米国要人の発言の内実」は、

「戦争となれば、主として、北朝鮮内で、大きな被害が出る」から

「北朝鮮が戦争を避けたいのなら、

米国が納得できる内容の提示を早くしろ!」だ。

「プーチン大統領にしても、

ロシアにしても、

米国と北朝鮮を天秤にかければ、

米国の方が圧倒的に重い」。

「もはや、米国主導の北朝鮮解放戦争等には、反対しない」が

「反対しない見返りに、北朝鮮の一部取らせろ!」が

「実態・実体」だ』。

『「昨今、米・中・露の間」では、

「対話では問題が解決出来る訳も無い、

もはや、現状のまま放置~容認する事が

米・中・露の利には成り得ないばかりか、

米・中・露の権威等を失墜させる事にも直結している

北朝鮮の現体制」を

「出来る限り、

早く、

効率良く、

被害少なく、

排除する方法」と、

「排除した後の処理と、利権分配等」が

「話し合われて来ている」』。

『「日韓は、大国の属扱い」なので、

「その結果の、差し障りの無い範囲のみが、

知らされている」のが

「実態・実体」だ』。

『「現状での案」は

「例えば、

北朝鮮が更なる重大問題行動等を起こした」なら

「先ず、中国軍が攻め入る」。

「北朝鮮軍による大きな反撃」が「出来ないから」だ。

「其処で、米国が仲裁に入る」。

「北朝鮮が核・ミサイル等の開発と、他国内での工作活動等を放棄する」なら

「仲裁成立」で

「体制は、現体制のまま」だ。

「北朝鮮」は、

「問題行動が大いに抑制された、

中国とロシアの属国的状態の北朝鮮にされて行く事になる」。

「万一、仲裁が不成立」で、

「北朝鮮が、大きな反撃を{しようと}する」なら

「米韓軍も露軍も、一気に、北朝鮮に攻め入る」。

「その結果、アッと言う間に、北朝鮮解放戦争は終わる」。

「その場合の戦後処理」では、

「北朝鮮内のほとんどが、中国共産党の支配下に置かれる」と「共」に

「一部が、ロシア領になる」。

「米韓は、北朝鮮劣悪国家指導者等による重大問題を排除出来ただけ・・・ライン」まで

「敢えて、引いて事を収める」。

「その後の、米・中・露の対立構造の中」で、

「軍事産業等も大いに潤える体制の維持が可能になるから」だ』。

『「現行経済システム上で利権を追及し続ける」なら

「後ろ盾軍備の強化&比べっこ」は

「止められない」。

「現状の経済システム上」では、

「軍備強化の分も経済成長分になる」から

「益々、止められない」』。

『「以前までの、

北朝鮮の重大問題行動等も、

その面では、

相応に役立っていた」が

「余りにも、重大問題行動が過剰になって来た現状」では、

「現状の北朝鮮を排除する事の方」が、

「メリットは遥かに大きくなる」』。

『「戦争リセット分」や

「戦後北朝鮮内健常化整備分等」まで

「加わる事になるから」だ』。

『「逆に、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、

自首もせず、

圧力と対話で、核・ミサイル・他国内での工作活動等を放棄せず、

北朝鮮解放戦争等も行わず、

極悪非道工作活動カルト宗教国家状態の北朝鮮を存続させる」なら、

「全世界を支配し尽さない限り、自己正当化が出来得ない

北朝鮮劣悪国家指導者等による

更なる、大量な非人道的工作活動等や、

その後ろ盾の核・ミサイル等の開発~増強・増大等が行われ続けてしまう事になり、

その重大なる悪影響」が

「米・中・露も含む全世界に及んで行ってしまう事になる」』。

『「もちろん、世界中の何処の誰でも、北朝鮮劣悪国家指導者等やその手下等では無い」のなら、

「そんな事態を望む訳も無い」』。

『「だから、北朝鮮劣悪国家指導者等の側」は

「そんな実体が露呈しない様に、

かなり、慎重に、事を積み重ねて来ている」。

「しかし、さすがに、昨今では、

例えば、コンピュータ―技術悪用分等まで含めて、

実体が露呈して来ている」』。

『「万一、

現状の北朝鮮を放置したままで行くと、

本格的核戦争を覚悟しない限り、

全人類が北朝鮮劣悪国家指導者等の下に置かれる様にされて行く状態が

続く事になる」』。

『「大きな原罪を背負っているが故に、

精神構造等が大いに歪んでしまい、

歪んだ精神構造故に、

更なる原罪を積み重ねて来てしまっている

人間の精神構造治療等は、

本当に、困難」だ。

「何十年かけても、治療不可能な場合も、少なく無い」。

「相応に大きな影響力を持ち得る、国家指導者等がそんな状態」なら

「先ずは、

そんな状態の国家指導者等」を

「国家指導者等の座から降ろす事」が

「優先されるべき」だ。

「優先されるべき」は、

「状態の酷い者たちが、現状で持てている国家指導者等の利権では、断じて無い」。

「劣悪国家指導者等の害から解放されるべき多くの人々だ」』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家状態である

現状の北朝鮮」を

「放置~容認等出来る者たち」は

「明らかに、異常」だ』。

『「日本の公共の電波上」や

「公共的マスコミ上」や

「学校教育上(テレビご用達、教授・准教授等々の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり等からも、この問題の深刻さは、良く判る)」等で

「明らかに、異常な状態の者たち」を

「蔓延らせ続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」や

「学校教育界」等の

「人脈も含めた正常化・健常化は急務」だ』。

|

「永田メール」ならぬ「朝日怪文書」的様相等を露呈している「加計学園獣医学部設立関連メモ」問題・・・。

『「テレビ等」では「メモの出所」は「辞めさせられた元官僚等」と「官邸サイドは、既に、特定・・・等」と「喧伝している」。

「しかし、それは、出所では無く、出所{スジ}の筈」だ』。

『「辞めさせられた元官僚等のメモ」なら、

「書いたのも、その元官僚等」となるから、

「日時や、その場に居た者等の、重要情報」は、

「かなり、詳しく、出て来ていて当然」になる。

「その上で、元官僚等の、恨み節脚色等が加えられている状態のメモ」等と

「成っている」のが

「普通」だろう』。

『「ところが、当初の怪文書メモ」には

「日時も、出席者等も、無かった」。

「次に出て来た、怪文書メモ」には

「日時や、出席者等が乗っていた」が、

「出席したとされている議員等」は

「メモの内容のままの実態等を否定している」』。

『「元官僚等」が、

「出所は自分では無い」等と

「メモを読んだ人々に、思い込ませる為等」の「工作メリット」と

「メモを読んだ人々に、本当にメモ通りの事が有った等と、思い込ませる事」による「工作メリット」を

「比べる」なら

「圧倒的に、下記の工作メリットの方が大きい」。

「今時なら、どうせ、出所等は、直に、バレる」のだから、

「元官僚等が、もし、本当に、該当怪文書メモ等を、朝日等に提供しながら、

自らの保身等を図る」なら

「多大な工作メリットによる、見返りを得る方」が

「遥かに、合理的になる」』。

『「上記の様な状態が示唆している事」は、

「官邸サイドが、既に、掴んでいる」のは

「出所スジ」であって

「出所」では「無い事」だ』。

『「それでは、何故?テレビ等」では

「出所スジ」を

「出所」と

「喧伝しているのか?」』

『「実質的、怪文書である、該当メモ」を

「仕立てあげる為の基情報を得られる立場に居た者等」は

「少し、調べるなら、直に判る」。

「辞めさせられた官僚も、その一人」になる。

「辞めさせられた官僚以外に、該当者は居ないだろうか?」

「もちろん、居る」』。

『「例えば、

盗聴・盗撮・スパイ行為等を行っている者等」なら、

「該当メモ程度の怪文書メモの作成は、十分に可能」だ』。

『「元来、盗聴・盗撮・スパイ行為等」とは、

「かなり無理をしている行為」だ。

「完璧な情報を吸い上げる事等には、かなりの危険が伴う」。

「事が露呈しない範囲で、

断片的な情報を吸い上げ、

それを基に、怪文書メモ等を仕立てるレベル」なら

「危険度は、かなり低くなる」』。

『「該当怪文書メモ」からは、

「その程度」の

「臭い」が

「濃厚に漂って来る」・・・』。

『「はっきりしている事」は

「情報提供を得た、朝日新聞等は、情報提供者等を知っている事」だ。

「日頃から、

裏取りを、

少なくとも、上辺では、

大いに、誇って来ている者たち」が

「裏取り抜きで、

新聞の一面に大々的に記事を載せるとは

考え辛い」から、

「普通に考える」なら

「朝日新聞は、情報提供者を知っている事になる」』。

『「ここで、もし、朝日新聞」が、

「十分な裏取りも行わず、

政権転覆工作や、

法整備邪魔工作や、

反対政治運動等上」で

「都合が良いから・・・等の理由」で

「該当、怪文書メモ等」を

「十分な裏取りも行わず、

新聞の一面上等に、

大々的に、載せた」なら、

「其れこそ、第二の永田メール」で

「朝日怪文書メモ問題」等となる事になる』。

『「偽メールで追い詰められた永田議員は、自殺してしまった」が、

「今回の怪文書メモ問題」の「実態・実体」が、

「もし、

偽メール問題」と

「同様」で、

「朝日怪文書メモ問題」等の

「状態」なら、

「朝日新聞の近未来は・・・」』。

『「該当官僚」なり

「朝日新聞」なり、

「どちらにしても、

知り得ているなら、

早々に、

情報の出所等」を

「大衆に、告知するべき」だ』。

『「情報の出所等を大衆周知出来ない場合」は

「情報の出所等」が、

「工作員や協力者等による、盗聴・盗撮・スパイ行為等から・・・」である

「可能性が大きくなる」。

「更に、情報発信等の目的」も、

「政権転覆工作や

法整備の邪魔や

反対政治運動」等の

「為」である

「可能性が大きくなる」』。

『「今時、

政権転覆工作や

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等が大いに困る法整備等の邪魔や

反日政治運動等を行っている

テレビ・マスコミ等」を

「有り難く等思えている一般日本国民」は

「どれ程居るのだろうか???」』

『「政党・政治家等にしても、

テレビ・マスコミ等にしても、

多くの日本国民にとって、

有り難く無い存在」を

「大きく残し続ける必要は全く無い」』。

『「有り難く無い政党等」は、

「免疫を養う為」や、

「スパイス的役割りの為」に、

「極少々」で

「十分」だ。

「有権者による選挙時の民意等」で、

「その様な状態を実現する事」が

「可能」になっている』。

『「ところが、

有り難く無いテレビ・マスコミ等」には、

「選挙も無い」。

「テレビ・マスコミ等の偏向・偏重論等に、

過剰な実権を持たせない様」に

「多くの日本国民が、自らの民度を高める事」や、

「特定極一部の者たちや論等ばかり・・・が、

何処の局でも主」等の、

「異常状態」を

「是正させる事」や、

「実質的、情報工作等を徹底排除する・させる等」の

「実効のある対策が急務」だ』。

『「戦後日本国内」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下やその協力者等による

非人道的な工作活動等」さえ

「満足に、告発等出来ていない

テレビ・マスコミ等」などは、

「早々に、お払い箱に放り込むべき」だ。

「その替わり」に、

「多くの一般日本国民の安全・安心等を守る為に有益な情報配信等が出来る

テレビ・マスコミ等」の

「新規参入等を促進するべき」だ』。

|

テレ朝朝番では、政権転覆工作等の臭い満載の「加計問題化」や、「テロ等準備罪反対!の政治運動」等を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「旧社会党~の流れを持つ、民進党の一部」には、「北朝鮮工作員等の同朋やお友達等が、居ても、何の不思議も無い」。

「かつて、民主党時代」の「永田メール」にしても、

「その出所は、北朝鮮工作員等」で

「政権転覆工作等の道具」として

「捏造された偽メール等」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子ヒーロー等として、

育成されよう等としていた

若い民主党議員に、

然るべきスジから、

渡された」のが

「実態・実体」だろう』。

『「当時」は、

「偽でも、もっともらしければ、

政界を躍らせ、

混乱状態に陥らせる事等には十分等」と

「北朝鮮工作員等は、考えていた」のだろう。

「何しろ、

見せ球の

{使えない、

使えば、アッと言う間に、北朝鮮が負ける戦争になってしまう}

核・ミサイル等」でも

「十二分に、多くの日本国民を恐がらせる事等が出来ていた時代」だ』。

『「しかし、

結果」として、

「偽メールの犠牲となった」のは、

「政権与党側では無く、

民主党の若い議員の方」だった』。

『「昨今」の

「籠池劇場」や

「加計問題化」にも、

「かつての、永田メール等」や、

「韓国朴大統領転覆工作等」と

「同じ構造等」が「露呈」している』。

『「問題つくり出し等による、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い政権転覆工作」だ』。

『「韓国朴大統領転覆工作」や

「籠池劇場」や

「加計問題化」では、

「大権を持つ者の友人等の脆弱性を徹底的に洗い出し、

突き、

問題を露呈させる事に成功した友人等と、

大権を持つ者を

徹底的に関連付けて

お仲間、或いは、手下マスコミ等に大宣伝させる」。

「友人等が問題とされる事を行っている」なら

「実質的、情報工作等により、

強い繋がりがある等と、

思い込まされている

大権を持つ者もダメ!」等という

「判断を、大衆の中に起こさせる」等の

「工作手段が用いられている」』。

『「工作が成功する」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い大権を持つ者」は、

「大権を失い」、

「その反動」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の良い者」が

「大権を保持し易くなる」』。

『「韓国の朴大統領弾劾~従北大統領の誕生」は

「その様な工作活動の成功例」だ』。

『「韓国に続いて、

日米内でも、

同様の手段により、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとって都合の悪い大権を持つ者等」を

「大権の座から、引き摺り落とす事等」が

「成功してしまう」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「身の安泰等を図り易くなる事になる」』。

『「実戦争となれば、全く勝ち目の無い、

極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮国家指導者等」の

「延命の為の苦肉の策」が

「他国内での、

真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式の、

非人道的な工作活動等」だ』。

『「昨今の日米の政界・マスコミ界等」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による政権転覆工作の臭い」が

「濃厚に漂っている」』。

『「森友学園問題」では、

「総理との無理やり関連付け」等が

「上手く行かず」、

「安倍政権転覆工作等は、失敗し続けて来ている様相」だ』。

『「そんな状態」に、

「危機感を抱いている、

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「手下等」に、

「安倍総理と強い友人関係にある加計氏関連」で

「何としても、大問題をつくり出す策略の実行」に

「より強い力を注がせ始めた」のだろう』。

『「以前」から、

「工作電磁波による覗き等」や

「侵入工作や、

脅し、懐柔工作等々」の

「手段により、盗み出していた

官僚等の書類情報等」を

「加工等しながら、

お仲間、もしくは、手下、野党・マスコミ等側から、

小出しにさせる事」等により、

「何としても、

安倍総理と強い繋がりを持つ者が、

重大な問題を起こした

イメージ等」を

「大衆の中に構築させようとしている様相」が

「露呈」している』。

『「中国まで含む、国際的な制裁網により、

金銭的にも困窮状態に在る

現状の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、工作員等」には、

「当面の資金稼ぎの必要性もある」。

「以前から蓄積し続けて来ている盗んだ情報等」を

「小出し」にしながら、

「主として、

お仲間、或いは、手下、政党・マスコミ等」に、

「出来るだけ高く、売っている、或いは、買い取らせている、臭い等」まで

「濃厚に漂っている」』。

『「日本国内」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動等を行い続けて来ている者たち等」が

「非常に困る」のは、

「テロ等準備罪等の成立~その実用等」だ』。

『「拉致工作の場合を考えれば、誰でも分る様」に

「ほとんどの重大工作には、事前準備や訓練等が要る」』。

『「拉致工作等を行ったり、それに協力した者たち」が

「その後、何もやらされていない訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」での、

「電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作等々」の

「真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式」の

「非人道的粛清工作等」までもが

「一般日本国民まで含む、

日本国内の多くの人々に対し、

行われ続けて来てしまっている」のが

「戦後日本社会の寒過ぎる現実」だ』。

『「電磁波工作にも、

飲食物工作にも、

準備が要る」。

「侵入工作には、訓練が要る」。

「その段階で、摘発出来る」なら

「拉致を準備段階で摘発出来たのと同様」となり、

「実害が防げる」。

「十分な事前摘発が出来なかった戦後の日本では、

日本全国各地から、多数の日本国民が拉致されてしまった」が

「その二の舞を防ぐ事が可能になる」』。

『「真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式等」の

「集団的工作活動を摘発する為」には、

「相応の法整備・体制整備」が、

「必需」だ』。

『「テロ等準備罪の成立」を

「何としても、阻もうとしている者等」からは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の臭いが漂って来る」』。

『「一般日本国民」なら、

「テロ等準備罪等が成立しても、

何も、困らない」ばかりか、

「むしろ、身の安全や安心等に繋がる」』。

『「しかし、実際に、工作活動等を行い続けて来ている者たち」なら、

「テロ等準備罪の成立」は、

「既に、仕込み続けて来ている重大な電磁波工作の準備等」や、

「飲食物工作の仕込み等」や、

「侵入工作の為の訓練等」、

・・・等々、

「故」に、

「摘発されてしまう事」にも

「直結している」』。

『「その差」は「絶大」だ』。

『「監視問題でも同様」だ。

「監視される事自体が、困る人間は、先ず、いない」。

「何処で、誰が、監視していても、

実害が無ければ、

何となく、嫌な感じ等がする事等はあっても、

実問題にはならない」のが、

「現実」だ。

「人間のやる事は、誰でも、基本的に、大差無い」。

「悪事を行わない」のなら、

「善事・普通事の監視結果等を悪用されない」のなら、

「監視自体が、実問題となる事」は「基本的に無い」』。

『「しかし、監視結果等が悪用される」なら

「ほとんどの人間は、困る事になる」』。

『「戦後の日本社会」では、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」による、

「一般市民も含む、多くの日本国民の監視」が

「放置され続けて来ている」。

「そして、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下」で、

「監視結果等が悪用され続けて来ている」』。

『「例えば、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子に対する、

真綿で首を絞める、或いは、茹でガエル式の

非人道的な工作濃度」を

「高める為」に、

「監視結果を元に、粛清工作員等を動かす等」の

「悪態が、蔓延っている」』。

『「要人」が、

「そんな状態下に置かれる」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子等」を

「要人の座から、効率的に、退ける事等が可能になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下の、政財界工作の一手段」だ』。

『「一般市民」でも

「筆者の様に、工作活動VIP待遇状態の者が、少なからず居る」のは、

「連中が、

血統主義者である事

(偶々、片方の親系が、日韓併合時の朝鮮半島内の日本人という、

戦後産まれの筆者は、

日韓併合時の朝鮮半島内について、それなりに知り得る立場に居る等の理由から、

朝鮮系等の工作活動VIP待遇状態と推定される)」や、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」や、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子等にされてしまっている者等」の

「数」が、

「意外な程、多い場所もあるから

(連中は、地域、乗っ取り、支配等が大好き・・・)」だ』。

『「民主主義社会の国の政権等による監視」が

「善良な一般を困らせる」なら

「選挙等の実効のある手段」により、

「そんな政権等の交代は必然」になる。

「しかし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下での監視等」は、

「選挙で、排除出来る訳も無い」。

「実効のある排除の為」にも、

「事前逮捕を可能とする法整備・体制整備等」が「必需」になる』。

『「テロ等準備罪の成立に、執拗に反対し続けて来ている

政党や、テレビ・マスコミ等」が、

「多くの一般日本国民」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」の

「どちらの立場に立っているのか?」等は、

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「政権は、選挙で変えられる」。

「しかし、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等や、

テレビ・マスコミ等」には、

「一般日本国民による選挙等」の

「実効のある、排除・是正等の手段が無い」』。

『「工作員等対策」としては、

「事前摘発を可能とする法・体制整備等」が「有効」になる』。

『「テレビ・マスコミ等」は

「どうすれば良い?」』

『「テレビ・マスコミ等」とは、

「高い公共性や影響力が有る」のに

「かなり少人数で運用出来てしまっている機関」だ。

「戦後日本のテレビ・ラジオ界」や、

「公共的マスコミ界」は

「異常な戦後処理を引き摺っているまま・・・、

人脈的に偏向・偏重状態のまま・・・」だ』。

『「その是正が急務である事」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「とりあえずは、テレビ・マスコミ等の中に居る、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下、情報工作員等が駆逐されるダケ」でも、

「かなり、マシになるのでは?」等と

「強く推定出来る」』。

『「戦後日本国内で、連綿と行われ続けて来てしまっている、

主として、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

一般日本国民までターゲットにした、

非人道的工作活動等さえ、

満足に、告発等して来ていない者たち」に

「過分な立場・報酬・権力等を与え続ける必要は全く無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

本日の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等は、「皇室の方ご婚約{へ}話題」で、日本国内鎮静化工作等を行っている様相だが・・・。

『「正式ご婚約後、正式発表された」なら「大変おめでたいお話し」なのに、「ご婚約{へ}」で「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に、他重要情報配信時間潰し等に、悪用される」と「言い様の無い、気分の悪さ等も、付き纏って来る」・・・』。

『「皇族のお方のご婚約のお話し」は

「正式発表まで、控えるべき」だ』。

『「現在の日本社会」は

「平和なご婚約話し」等を

「多くの日本国民が、素直に祝える状態では無い」。

「反日他国人脈等による、

一般日本国民までターゲットにした、

非人道的な工作活動等までもが、

未だに、蔓延っている、ばかりか、むしろ、増強されているから」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「先ず、この戦後日本社会の中で、蔓延り続けている

重大問題」を

「告発等し、

一刻も早く、

問題解決する様に、

力を加えるべき」だ』。

『「戦後の日本社会」に、

「ふりかけられ続けて来ている

非人道的な工作活動というチリ」を

「晴らす事無し」に

「本来の日本社会は、在り得ない」』。

『「韓国も、、

日本でも、

米国でも、

政権転覆工作」が、

「仕掛けられている」。

「もちろん、その裏に在る」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下等による、工作活動等」だ』。

『「極悪非道工作活動国家北朝鮮」による

「汚染度の高い、韓国」では、

「既に、政権転覆工作が成功してしまい、

従北大統領が誕生してしまった」』。

『「日本でも、政権転覆工作が行われ続けて来ている」が

「極悪非道工作活動国家北朝鮮」による

「汚染度は、韓国よりかなり低い日本」では、

「今のところ、政権転覆工作が成功する見込みも無い」。

「しかし、その分、

八つ当たり的な、

一般日本国民に対する、粛清工作等」が、

「旺盛」だ』。

(『「韓国では、

逆に、同じ民族という免罪符の下、

一般韓国国民に対する、粛清工作等は、

日本ほど旺盛では無く、

むしろ、有益分子化工作が優先されている」』。)

『「電磁波工作や、飲食物工作や、侵入工作や、医療工作等々」による

「実害」を

「戦後の多くの日本国民が、

知覚の有無等を問わず、

与えられ続けて来てしまっている」。

「陰険なナチス・ヒトラー」とでも

「表した方が適切な者等」による

「真綿で首を絞める、或いは、茹でカエル式の工作活動」という

「毒チリの中」での

「殺傷粛清被害者数」は

「何百万人レベル~になる」』。

『「表に出たばかりか、

北朝鮮劣悪国家指導者等も認めざるを得なかった拉致工作」は

「今や、用済みの、氷山の一角に過ぎ無い」。

「拉致工作員や協力者等が行い続けて来ている

真綿で首を絞める、もしくは、茹でカエル式の工作活動」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が持ち、実用出来ている暴力装置」だ』。

『「核・ミサイル等の開発」は

「今のところ、大衆興味寄せの、見せ球」であり、

「将来的には、実用出来る様にする、実用する、暴力装置」に他ならない』。

『「この構造」は、

「拉致と、その後の工作活動の構造と全く同じ」だ。

「核・ミサイル等が、{使える}暴力装置となった時」には、

「用済みの、他国内での工作活動等の一部」は、

「その摘発や公開等も、容認する・・・」というのが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の悪巧みの実態」だ。

「その時点で、

他国内の用済みの工作活動の一部を、

摘発や公開等させたところで、

使える核・ミサイル等を持つ、北朝鮮劣悪国家指導者等には、

摘発~逮捕等は、及ばない」・・・』。

『「米国での政権転覆工作」も

「日本同様、失敗する事になる」が

「日本での工作同様、

時間稼ぎ工作としての実効は出てしまい続ける事になってしまうかも知れない」』。

『「はっきりしている事」は

「話しても無駄な極悪非道工作活動国家」を

「何時までも、存続させ続ける事」は

「人類滅亡の危機に直結している事」だ』。

『「北朝鮮問題の実のある解決」は

「早ければ、早い程、良い」。

「何故なら、

北朝鮮の{使える}軍備等が少ない分、未熟な分だけ、

実のある解決の為の犠牲も少なくて済むから」だ』。

『「逆に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「どんな手段を使ってでも、

実のある解決手段を実行させず、

時間稼ぎをする事」が

「必要になっている」』。

『「その為の工作活動等が、

主として、日韓等、米国も含む他国内で、今、旺盛に行われている」』。

『「日本の公共の電波上や

公共的マスコミ上」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等に、占有されている状態で良い訳は無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

テレ朝朝番では、「金正恩の視察話になると笑顔の常連出演者」等が、日本が北朝鮮との対話路線を打ち出さない事に不満の意等を示す等の情報配信を、日本の公共の電波を使って行っていたが・・・。

『「散々、極悪非道な、実質的、大犯罪行為等を積み重ねて来ている、北朝鮮国家指導者等との話し合い」が「成り立つ訳も無い事」は、「少し考えるなら、誰もが分る」。

「逮捕され、罪が問われ、厳罰に処されるのが当然の立場である事等」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等も、重々分っている」。

「そんな状態にある者たち」に

「対話等をもちかける」なら、

「過去の大罪を一切問わず、

未来永劫、保身を図れる事」等

「ばかりでは無く」、

「新たなる、不当利権」や、

「過去から積み重ね続けて来ている極悪非道な行動実態の継続~増大の容認」等まで

「要求される」のは、

「当然の事になる」。

「そして、

もちろん、

例え、話し合い上で、

それなりの、折り合い等」を

「付ける事が出来ても」、

「極悪非道な国家指導者等」が、

「合意等を遵守する訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合いが成り立たない事」や、

「話し合いで得た合意等が守られない事」は

「既に、歴史が実証済み」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、

他国との対話」とは

「新たなる不当利権取得の為の道具でしかない」』。

『「必然的に、

北朝鮮劣悪国家指導者等」は、

「対話抜きでも保身~不当利権の増大等を図れる状態の構築」に

「邁進し続ける事になる」』。

『「表の、

実質的、大衆興味寄せの見せ球である、

核・ミサイルを中心とした、先軍政治、然り」。

「裏の、

実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の不当要求等を実現せしめる為の本隊である、

主として、その国の中に、

北朝鮮劣悪国家指導者等が、手下化出来る人材が数多くいる、日韓内等、

他国内での非人道的工作まで含む工作活動然り」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は、

「政財界はもちろん、

医療界や、

教育界や、

テレビ・マスコミ界等々にも、

かなり居る」』。

『「何しろ、

異常な戦後処理」と、

「朝鮮戦争、仮面難民等の受け入れ」等により、

「戦後の日本国内」には、

「北朝鮮劣悪国家指導者等と繋がりの濃い人々が、

多数流れ込んだままになっている」ばかりか、

「その後」は、

「仮面帰化」や、

「子沢山策略」や、

「有益分子育成策略」等々により、

「その数は、時と共に、増大させられてしまって来ている」』。

『「そればかりか、

一般日本国民まで含む、

北朝鮮劣悪国家指導者にとっての不適応分子の

非人道的手段まで使った粛清工作まで

旺盛なまま・・・」だ』。

『「その結果」として、

「現状の日本社会」では、

「かなり多くの要所」が、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等によって、

占有等されてしまっている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者の手下等の実態・実体」を

「露呈」している

「テレビ常連出演者等は、その氷山の一角に過ぎ無い」のが、

「戦後日本社会の寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「本来の日本のテレビ・マスコミ等」なら

「上記の様な、実態・実体等を、

告発等する」のが

「当然」だ』。

『「それなのに、現状の多くのテレビ・マスコミ等」は

「まるで、

北朝鮮劣悪国家指導者等に利権を誘導する為の機関等の

様相を露呈している」』。

『「政界」にも、

「同様の政治家や政党等がある」が

「政界には、選挙が有り、

多くの日本国民が、

自虐的判断に基づく投票行動等を避ける事が出来た」ので、

「現状では、その様な勢力に、過分な実権等は、与えられていない」』。

『「しかし、選挙も無い、情報・教育界等」では、

「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが、

蔓延れてしまっている」』。

『「こんな状態の是正は、急務」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で行われ続けて来ている

非人道的な工作活動の一つ」に

「電磁波工作がある」』。

『「元々」は、

「ターゲット監視や情報不当取得」等の

「覗きの為の道具」として

「悪用され始めた、

音波的縦波電磁波(ドット波、パルス波)」は、

「昨今」では、

「粛清工作に実用出来るレベルにまで、

その悪の破壊力が増している」』。

『「現状の日本社会」では、

「至るところ」に

「工作電磁波発生装置や、ソフト等」が

「仕込まれて続けて来てしまっている」。

「自動更新等する事により、

どんどん、細分化・積算化され、

疑似周波数が、どんどん、高周波側に移行し続けて来ている工作電磁波」は、

「その分だけ、破壊エネルギーも増し続けて来ている」』。

『「このまま行くと、

不特定多数の人々に、

電子レンジ使用レベルの

脳細胞も含む細胞破壊~脳・目等も含む身体傷害等を

もたらす事が出来てしまう状態」まで

「それ程、多くの時間を要しない」と

「推定出来る」』。

『「以前から、

飲食物工作等による早死に化工作等々を行い続けて来ている

極悪非道集団」は

「その長が、持ち得る事が出来ている、

人類完全支配までの残り時間に合わせて、

より早い悪の実効を要求されている」』。

『「大量の一般日本国民等が、

電磁波工作の犠牲者となってしまう時」の「前」に

「電磁波工作の徹底摘発~徹底撲滅」が

「必需」だ』。

『「それなのに、多くのテレビ・マスコミ等」は、

「表の、大衆興味寄せの、見せ球に過ぎない、ミサイルの宣伝」等に

「忙しい」』。

『「今回の北朝鮮のミサイル」は

「発射前に、それなりに、長い時間を要する、液体燃料型に過ぎず、

本当の脅威では無い」』。

『「北朝鮮にとっては、

ミサイル技術向上の為の実験」だが、

「それを、脅威と宣伝」し

「多くの人々の興味」を

「日本国内で行われている

実害が高い

極悪非道な工作活動等では無く、

現時点では、実害のほとんど無い、

北朝鮮のミサイル」に

「傾注させる

情報工作等」を

「行い続けて来ている」のが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等が牛耳っているテレビ・マスコミ等」だ』。

『「もちろん、こんな状態の是正は急務」だ』。

『「電磁波工作の徹底摘発~徹底撲滅」も

「本当に、急務」だ』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」も

「本当に、急務」だ』。

|

北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、「北朝鮮のミサイルの脅威」や「北朝鮮との対話」等を、「日本の公共の電波上で宣伝」しているが・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、現状の北朝鮮のミサイル」とは「{使えない}モノ」に他ならない。

「万一、タッタ一発でも、

実弾を撃てば、

その瞬間、

北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争になるから」だ』。

『「しかし、

もし、

北朝鮮が{使える}核ミサイルを、

必要十分な数、

保持してしまう」と

「北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争も起こせなくなってしまう」』。

『「北朝鮮の核・ミサイル等の{大急ぎの}開発の目的は、其処」だ。

「北朝鮮がアッと言う間に負ける実戦争を封じる事

=北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

主として、日韓等、他国内での工作活動等が、

やりたい放題出来る状態になる事」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等による、先ずは、日韓、そして、全世界支配への道」が

「開けてしまう事」と

「信じ込んでいる」のが

「北朝鮮劣悪国家指導者等の実態・実体」だ』。

『「既に、極悪非道な、実質的、大犯罪行為等を

其れこそ、枚挙に暇が無い程、

積み重ねて来てしまっている、

主として、日韓内等、他国内での

総数としては、既に、何百万人レベルを超えている、

陰険な手段を使った非人道的な不適応分子粛清(殺傷も含む)工作等まで

行って来ている、

極悪非道な劣悪国家指導者等が、

生き延びる為」には

「全世界の支配」が

「必需になるから」だ』。

『「現時点で、一番大きな実害が有る」のは、

「主として、日韓等、他国内での

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の工作活動」に他ならない。

「工作活動を行わせ続ける事が出来ている手下等」こそが、、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の本軍」であり、

「他国内での工作活動」こそが、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に悪のメリットをもたらし続けて来ている重大元凶」だ。

「この実体」から

「多くの人々の目を逸らす為の見せ球が、

時代遅れの北朝鮮の軍備や、

数々の、実質的、大犯罪行為である大問題行動等」という訳だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下」の

「工作活動等を告発等する」のが

「当然」だが、

「現状の多くのテレビ・マスコミ等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の利に沿う、

核・ミサイル等や

大問題行動等の宣伝」をし、

「北朝鮮の脅威を煽り、

北朝鮮との対話等を、

喧伝」している。

「見事!(もちろん、皮肉)な程」の

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」だ』。

『「実際の、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が

「其処に、実際に居ても、何の不思議も無い状態」を

「露呈し続けて来ている」のが

「戦後日本のテレビ・マスコミ等」の

「寒過ぎる実態・実体」だ』。

『「実質的、極悪犯罪者等である、北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合い」は

「成り立つ訳も無い」。

「実質的、極悪犯罪者等に対する適切な対応」は

「逮捕し、罪を問い、罰を与える事」だ。

「拉致工作まで行わせてきている者たち」だから、

「北朝鮮劣悪国家指導者等を拉致、或いは、逮捕等する事」を

「遠慮する必要は全く無い」。

「逮捕した上で、

国際司法上で裁く等の対処」が

「適切になる」。

「それが困難なら、これ以上の犠牲者を出ない為」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を斬首作戦等により排除する事」も

「止むを得ない」。

「更に、それも困難」なら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

{使える}核ミサイル等を保持する前に、

既に、数百万人~の犠牲者がいると、強く推定される、

陰険なナチス・ヒトラー等による、

主として、日韓等、他国内での工作活動被害が、更に、甚大になる前」に、

「北朝鮮解放戦争を行う事」が

「適切になる」』。

『「陰険なナチス・ヒトラー的実体の北朝鮮劣悪国家指導者等」に

「更なる時間を与える事」は、

「更なる、工作活動犠牲者を増やす事に直結している」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる時間を与える選択はあり得ない」』。

『「現状では、北朝鮮の核」は

「大きなミサイルにしか載せられないレベル」だ。

「つまり、実戦となっても、

北朝鮮が、核ミサイルを撃ち、他国内に、着弾させる事等が出来てしまう可能性は、

極めて小さい」。

「しかし、北朝鮮が核弾頭の小型化に成功してしまう」と

「小さなミサイルも、核ミサイルに出来てしまう事になる」。

「そうなってしまったら、

北朝鮮劣悪国家指導者等の言いなりになるか?

核被害まで出てしまう戦争を覚悟するか?

になってしまう」』。

『「世界各国の国家首長等」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「今、選択すべき道」を

「速やかに進むべき」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」の

「逮捕等も急務」だが、

「困った事に、

戦後の日本には、

その為の十分な法も体制も無い」。

「しかも、その様な実態・実体等を告発すべき立場にあるテレビ・マスコミ等」が

「実質的、北朝鮮の手下状態」だ。

「昨今、ようやく、共謀罪~テロ等準備罪等の法整備が成されようとしている」が、

「政界でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下的テレビ・マスコミ等と同様に、

北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下等」が

「その邪魔をし続けて来ている」。

「もちろん、こんな状態のまま・・・」では

「多くの日本国民の安全が守られる訳も無い」。

「実際に、拉致まで実行されてしまった」ばかりか、

「その後も、拉致工作等を行わされた

手伝わされた、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」が

「其れこそ、何百万人もの人々を、

飲食物工作や

電磁波工作や

侵入工作や

医療工作等々、

非人道的な手段を使った粛清工作等で、

殺傷等し続けて来ている」。

「その実態・実体」は

「正に、陰険なナチス・ヒトラー等」だ』。

『「日本の中で、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等を蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「実効のある対策が急務」だ』。

『「多くのテレビ・マスコミ等が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下状態のまま・・・で良い訳も無い」』。

『「戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

サンデーモーニングでは、「北朝鮮解放戦争」や「テロ等準備罪」が困る、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下たちが、日本の国会に悪イメージをつける、実質的、情報工作等を行っていたが・・・。

『「北朝鮮解放戦争」や「テロ等準備罪」等の「成立」は、「多くの一般日本国民にとって、困る事では無い」。

「むしろ、現状までを真摯に検証等する」なら

「もはや、それも、仕方の無い必然・・・」等と

「感じている方々も多い筈」だ。

「しかし、北朝鮮劣悪国家指導者等や、その手下等」なら、

「アッと言う間に、北朝鮮が負ける、北朝鮮解放戦争」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下の

日本国内での非人道的な粛清工作等も含む工作活動等の摘発も可能にする

テロ等準備罪」の

「成立」は

「何としても、阻止しなければならない事になる」』。

『「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」が

「今、必死に訴え続けている事」が、

「実際」は、

「対話には成り得ず、

北朝鮮劣悪国家指導者等に、

核・ミサイル等の開発や、

他国内での工作活動等の増強・増大・深化等の為、

等々の、

更なる時間を与える事に直結している、

北朝鮮との対話」であり、

「何としても、テロ等準備罪を成立させない事」等だ』。

『「米朝{極秘}会談」が

「あったにも関わらず、

北朝鮮は、本日、また、弾道ミサイル発射実験を行った」。

「言うまでも無く、

米朝{極秘}会談は、実質的に、決裂」し、

「韓国で、従北大統領が誕生したから」だ』。

『「対話が成り立つ訳も無い事」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、核・ミサイル等の開発を止めない事」の

「原因は同じ」だ。

「既に、散々、極悪非道の大犯罪行為等を積み重ねて来てしまっている

実質的、極悪犯罪者等である

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話など成り立つ訳も無く」、

「実質的、極悪犯罪者等」が

「体制維持等をする為」には、

「{使える}核ミサイル等の

強烈な{使える}脅し道具等の保持が、

必要不可欠になるから」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等による

極悪非道な、実質的、大犯罪の数々」こそが、

「問題の元」であり、

「極悪非道な、実質的、大犯罪を

其れこそ、枚挙に暇が無い程、続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等問題に対する、

適切な解決法」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等を、逮捕し、罪に問う事等である事」は、

「全世界、どの国の人でも、

健常な人間なら、

誰もが、分っている事」だ』。

『「この様な北朝鮮問題の実体」から

「導き出し得る

北朝鮮劣悪国家指導者問題の解決法」は

「既に、明らか」だが、

「それを、誤魔化し続け、

人々の思いを、

解決に至らない方向に導き続けようとして来ている」のが

「特に、日韓内等に大量に居る、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実質的、手下等」になる』。

『「ナチス・ヒトラー」は

「明らかに分る形」で

「何百万人とも言われている、

ユダヤ人の虐殺を行った」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「戦後日本社会の中に多数居続けている

手下化出来る者たちを使って、

飲食物工作や、

電磁波工作や、

侵入工作等々の、

誰もが直に分らない様な

陰険な手段を使い、

2~300万人以上と推定される日本人の虐殺行為等を

行い続けて来ている」と「共」に、

「情報・教育工作や、

政財界工作等々を

重ねる事」で

「日本側の対応策をも、封印せしめて来ている」』。

『「現状の日本社会における、

極端に多い発ガン率等の裏には、

極悪非道北朝鮮等による、飲食物工作や電磁波工作等々が在る」。

「飲食物工作には、侵入工作による仕込み等もある」。

「侵入工作時には、情報盗み等も行われいている」。

「電磁波工作により誘発されている自動車事故や、

アルツハイマー等の脳障害や、

心不全死等も

数多い」』。

『「しかし、それらを、直接、立証等する事」は

「かなり、困難」だ。

「飲食物工作」は、

「かなり高度な分析調査等を徹底して行うなら、

その実態・実体等を暴く事も可能になる」。

「もちろん、費用と時間は、かなり要してしまう」が。

「当然、準備(仕込み等)が要る上」に

「実質的、集団犯罪である場合が多い」から

「その辺りを徹底摘発等する」なら

「相応に摘発可能になる」。

「電磁波工作の場合」も、

「もちろん、工作機器や仕込み等が要る上に、

多くの場合、実質的、集団犯罪」だから、

「その辺りを、徹底摘発等する」なら

「相応に、立証可能になる」。

「虫等を使った、細菌・ウィルス工作等」や

「科学・化学薬品等を使った、大気工作等」も

「試行されている様」だが、

「もちろん、こちらも、準備の要る、実質的、集団犯罪」だ』。

『「そんな、実質的、集団犯罪等を行っている者たちにとって、

事前摘発を可能にする法整備や実効のある実用や摘発等」は

「絶対に、阻止しなければならない事になる」』。

『「多くの日本人を非人道的な工作活動により弱体化している裏」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」は

「要所押さえ戦略や、

子沢山戦略等を取り、

日本社会の中の、

実権と、

内実、人口構成割合を変える事により、

終極的には、

合法的に、日本の乗っ取り支配等を完遂しようとしている」』。

『「表の、

時代遅れの、

みっともない先軍政治等の裏」で

「主として、日韓等、他国内での、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての

有益分子育成工作や、

不適応分子粛清工作や、

日韓等、他国、乗っ取り支配工作活動等」を

「かなり熱心に、行い続けて来ている」のが

「劣悪国家指導者の下の

極悪非道北朝鮮の実体」だ』。

『「悪魔の国」が

「其処に在る」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等との話し合いは無駄」だ。

「それは、過去も実証している」。

「何しろ、本質的には、

逮捕し、罪に問うべき、極悪人等というのが、

北朝鮮劣悪国家指導者等の実体」だ。

「陰険な、ヒトラー」とでも

「言うべき存在が、其処に居る」』。

『「判り易い、ナチス・ヒトラーは、排除~非難等出来ても、

判り辛い、陰険なヒトラーの排除~非難等が出来ない様」なら

「人類世界は、何れ、陰険なヒトラーに支配されてしまう事になる」』。

『「陰険なヒトラーの排除等」は

「今の人類の急務」だ』。

『「米国との話し合い」に対する

「実質的、拒否声明」である

「本日の、北朝鮮弾道ミサイル発射実験」を

「受けて、

全世界が、どう動くべきか?」は

「もはや、明らか」だ』。

『「陰険なヒトラー」から

「北朝鮮国民を解放する為にも、

主として、日韓内等、他国内での、

陰険なヒトラーの命令・指令の下の非人道的な工作活動を排除する為にも、

斬首作戦の早期結実か、

アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争の実現」が

「今、求められている」』。

『「陰険なヒトラー」は

「韓国の従北大統領等を操る事等により、

何とか、逃れ続けようとする」だろうが、

「此処で、韓国大統領が、陰険なヒトラーの手下である事等を露呈する」なら、

「多くの健常な韓国国民が黙っている筈も無い」。

「今の韓国大統領」には、

「陰険なヒトラーを取るのか?」

「多くの健常な韓国国民と国際社会を取るのか?」の

「選択が求められている」』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」の

「年貢の納め時」も

「直ぐ其処」だ』。

『「悪足掻きをすれば、する程、

陰険なヒトラーが排除された後」に、

「より、過酷な状態に陥る事になる事」等は、

「例え、今は、陰険なヒトラーの手下状態の者でも、

少し考えるなら、

誰もが分る事」だろう』。

『「戦後日本社会」の

「正常化・健常化」は

「言うまでも無く、急務」だ』。

『「戦後日本の

テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」等の

「人脈も含めた、正常化・健常化」は

「更なる、急務」だ』。

|

安倍総理「2020年新憲法施行」問題・・・。

『「言うまでも無く、現行日本国憲法は、完全無欠の完成品では無い」。「そればかりか、むしろ、矛盾だらけ・・・」だ』。

『「象徴的なのが9条」で

「問題の解決手段としての戦争を否定しているばかりでは無く、

軍の保持も否定している」が

「実質、軍である自衛隊」を

「保有している」のが、

「実際の日本国」だ』。

『「自衛権は有る」という

「解釈改憲上」で、

「自衛隊は合法化されている」が

「そんな誤魔化しが通用する」のは

「日本国内くらい・・・」だ。

「実際は、

他国から見れば、

自衛隊は、

軍隊以外の何モノでも無い」』。

『「言葉と実体との整合性上からは、

明らかな異常状態を露呈し続けている」のが

「現行の日本国憲法」だが、

「元々が、

人類の実体やその実体の本来の目的から整合性をちゃんと取っている憲法でも無い」ので、

「言葉と実体との整合性を高めるダケ」では

「日本国・日本国民等が持てている実利も損なわれてしまう事になる」』。

『「言葉=実体」化の

「前」には、

「言葉自体が実体に沿っている必要が在る」』。

『「もちろん、人類の実体やその実体の本来の目的からちゃんと整合性を取って法整備等する」なら

「それは、日本国憲法に留まらず、全人類が共有出来る代物になる」が、

「現状の多くの人類」が、

「その様な精神文化製品」を

「つくり出し、

実用する為」には、

「その前」に、

「多くの人類の精神構造の健常成長」が

「必需」だ』。

『「言葉と実体の整合性が高い法整備」は、

「もう少し、先の話しになる」』。

『「現行日本国憲法」は、

「明治憲法を基」に、

「占領軍等」が、

「その当時考え出せていた理想等を加えて、

練り直し、

基本的に英語で作られたモノ」だ』。

『「だから、英文で読む」と

「特に、序文等は、結構、自然に感じる」』。

『「日本語が苦手だったり、嫌いだったり、等する、方々」が

「現行憲法に拘りたがる」のは、

「ある意味、当然の現象でもある」が

「その様な方々の、お里やルーツ等の臭い」も、

「同時に感じられてしまう」のが

「現実」だろう』。

『「現行憲法の改正」なら、

「ある程度は、言葉と実体に乖離が有りながらも、

多くの日本国民が納得出来るレベルにまで、

その乖離幅を縮小する事」が

「適切」になる』。

『「乖離幅で、実利を担保しながら、

言葉尻や言葉上の揚げ足取り等を行い辛くするレベルの

改正」が

「適切になる」』。

『「この面から考える」と

「安倍総理が、提示した、9条加憲案」は、

「適切な範囲に入っている」と「言える」』。

『「多くの日本国民」に

「9条に対し、

腫物で、

触るべからず的対応をし続けさせる事」の「実効」で

「主として、反日国や反日国人脈等の

利権維持~増大等を

担保させようとし続けて来ている者たち」の

「実体等」は

「既に、多くの日本国民にとって、周知の事実」だろう』。

『「多くの日本国民」が、

「具体的改憲」を

「実感を持って、考え易い」のは

「余りにも、言葉と実体の乖離が激しい、

9条」になる』。

『「はっきり言えば、

どんなに、9条を掲げ続けていたところで、

主として、北朝鮮等による日本侵略~日本乗っ取り支配行為等」は、

「防げない」』。

『「だから、実際」に、

「戦後の日本国内」では、

「多数の一般市民まで含む日本国民」が、

「主として、北朝鮮等による

スパイ・工作活動等」の

「被害を受けさせられ続けて来ている」』。

『「軍事力で反撃しない平和ボケ国家相手」なら、

「例え、十分な軍備等を保持していない国々でも、

スパイ・工作活動等がやりたい放題出来てしまう」』。

『「そして、

戦後の日本国内」に、

「多数の手下に出来る人材を抱える事が出来てしまった

十分な軍備等を保持出来ていない

劣悪体制国家の劣悪国家指導者等」は

「実際」に、

「多数の日本国内のそのスジの人材等を手下化」し、

「拉致を含む、非人道的な工作活動やスパイ行為等を行わせ続けながら」、

「劣悪国家指導者等の利権維持~増大等を謀って来ている」』。

『「北朝鮮の後を追う様な動き」を

「中国共産党支配下の中国が行って来ている事等」も

「多くの日本国民は、少なくとも、心の片隅には、留めておくべき」だ』。

『「9条という、軍事力で反撃しない平和ボケ国家化宣言」が

「主として、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の呼び水となった事」は

「否定できない現実」だ』。

『「もちろん、現行9条故のメリットも在る」。

「専守防衛用軍備しか保持出来ていない自衛隊」は

「攻撃戦争に参加出来ない」。

「大戦後の米国等による戦争に引っ張り出される事の抑止効果」は

「絶大」だった』。

『「多くの一般市民まで含む日本国民」を

「主として、北朝鮮等のスパイ・工作活動等の生贄に差し出し続けながら、

主として、自衛隊員等を、

米国主導等の戦争に参加させない事で、

守り続けて来ている」のが

「戦後日本の実体」だ』。

『「その様な普通の国では無い状態」が

「良かったのか?」は

「昨今の北朝鮮情勢等からも、

誰もが分る事」だ』。

『「普通の国」の様に、

「国防軍を持ち、

反撃戦争も否定せず、

他国によるスパイ・工作活動等は、徹底排除出来る

等々の状態」と、

「普通では無い戦後日本国」の様に、

「専守防衛の自衛隊のみ持ち、

反撃戦争は出来ず、

他国によるスパイ・工作活動等は、やりたい放題

等々の状態」の

「どちらが、日本国・日本国民を守る事になるのか?」は、

「少し考えるなら、誰もが分る事」だ』。

『「戦後の先進国の様に、

核兵器を含む、数多くの先進兵器を保有出来てしまっている国々同士が

本気で戦争を行う事」は

「人類滅亡に直結している」。

「その結果として、現状の人間世界」には、

「既に、先進国同士が、国レベルの本気の戦争を行う事等に対する抑止効果」は

「十二分に在る」』。

『「国レベルでの戦争を行ってしまえば、

直に負けてしまう国々」は、

「反撃力の無い他国内でのスパイ・工作活動等」を

「積極的に行い易い」。

「スパイ・工作活動等」とは

「貧者の実戦争」に他ならない』。

『「ここで、

スパイ・工作活動等を行い続けるなら、

反撃戦争を行うゾ!」等と

「宣言出来ている国々」と

「反撃戦争は行えません・・・」等と

「宣言してしまっている国」の

「大きな差が出る事になる」』。

『「スパイ・工作活動等に伴う、実利も大きい、

先進国である日本」が

「反撃戦争抜き」で

「劣悪国家指導者等の指令・命令の下」の

「スパイ・工作活動等を排除する事」は

「結構困難」なのが「現実」だ』。

『「そればかりでは無く、

{憲法}9条の平和主義」は

「スパイ・工作活動等を防止する法整備等にも、影響を与えている」のが

「現実」だから、

「実際に、戦後の日本」には

「事前摘発を可能にする法や体制さえ、未だ、無い」』。

『「ようやく、法整備が行われる方向に動いている」が

「護憲派の多く」は、

「事前摘発法整備反対派」でもある。

「裏に、漂っている」のは、

「日本国一般市民等の雰囲気では無く」、

「反日国劣悪国家指導者等の臭い・・・だったりしている」が』。

『「平和ボケ国家日本」では、

「多くの日本国民」が、

「飲食物工作や、

電磁波工作等々により、

ガン等の重大病に、{されてしまって来ている}」。

「もちろん、因果関係の立証は、かなり困難」だが、

「飲食物工作や電磁波工作等々を徹底排除した後と比べる」なら、

「誰もが直に分る事となる」』。

『「戦後日本の工作活動被害による死亡者数」は

「かなり、少なく見積もっても、2~300万人以上~レベルになる」』。

『「ガン・脳卒中・心臓病等々の重大病死亡者数の中の

工作活動によると推定される割合等ダケから考え」ても、

「年間で、数万人以上は、確実」だ』。

『「終戦後20年程は、

工作活動も、未だ、小規模であった」が、

「その後の約50年間、

被害者数を増やしながら、

年間、数万人以上等になる」のだから、

「延べ、2~300万人以上が工作活動による犠牲者数」となる』。

『「戦争による被害は、短期に集中する」が

「工作活動による被害は、長期」だ』。

『「戦後日本国内の、

主として、北朝鮮等による、工作活動により、

早死に等させらりたり、

本来の人生を大きく壊されたりした人々の数」を

「考える」なら

「戦争ダケを大悪者扱いしている事の愚かさ等」に

「誰もが気づく筈」だ』。

『「2~300万人以上もの一般日本国民を含む人々が、

{殺されて}いて、

実効のある

防御も、

反撃もしない」のは

「明らかに、

異常」だ』。

『「安倍総理による、2020年に改憲」は、

「2020年である必要も無く、

出来るなら、もっと、早期の方が良いとは思う」が

「東京五輪とも重なる年」の「提示」は

「分り易い」』。

『「実質、改憲時期の先延ばし論」には、

「本当に、呆れた」。

「隠れ護憲派等の正体」が

「露呈している」』。

『「改憲を考える」なら、

「テレビ・マスコミ等ご用達の者たちの意見や論等ばかりを参考等にするのでは無く」、

「戦後日本の実社会の実状を良く吟味等」し、

「実感等しながら、

一日本国民である自分に素直に、

考えるべき」だ』。

『「日本国憲法上で保護されるべき人権」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下で工作活動等を行い続けて来ている者等の為にあるのでは無い」。

「極悪非道な工作活動等を行い続けて来ている者たち」から

「分不相応な日本国内での人権を剥奪する」と「共」に

「多くの本来の日本国民の人権」が

「しっかりと守られる法整備等をする事」が

「日本国として必要な事」だ』。

|

韓国文新大統領を「現実主義派と宣伝する事」等で北朝鮮問題の鎮静化等を謀ろうとしている様相の番組が多いが・・・。

『「文大統領」の「実体等」は、「拉致問題時の旧社会党等の対応等」を「考える」なら、「誰もが分る」』。

『「拉致被害者から、拉致問題の相談を受けた、旧社会党等」は、

「それを、朝鮮総連に、{報告}に行った」。

「其処に露呈していた」のは、

「北朝鮮劣悪国家指導者等の下」の

「上下関係」だ』。

『「とりあえずは、

相手の言い分をくまなく引き出す為」に、

「如何にも、相手の味方であるかの如き対応で、聞く」。

「そして、聞き出した、相手の言い分」を

「くまなく、上に、報告する」。

「実権の無い、下位の者たちには、対応決定権等も無い」から

「上からの指令・命令が来る」までは、

「相手側の言い分等の内実を、出来る限り詳細に、上に上げる事で、

上が判断し易い状態を構築する」』。

『「独裁体制下の窓口対応等」は

「詐欺師の如く、紳士的・優等生的である場合が多い」』。

『「安倍総理との電話会談」で、

「日本の北朝鮮対応等を、

聞き出した、

文韓国新大統領」は、

「側近の、

北朝鮮劣悪国家指導者等人脈の者等を

通じて、

その中身を

北朝鮮劣悪国家指導者等」に、

「{報告}している」・・・』。

『「得られる結果」も「既に、知れている」・・・。

「拉致被害者」が、

「北朝鮮のお友達、旧社会党等」に

「拉致被害者の解放~帰国実現等を

{お願い}しに行ったにも関わらず、

その実現は、叶わなかった」。

「逆に、

拉致被害者の心情等を

より詳細に知った

北朝鮮劣悪国家指導者等」は

「拉致被害者の帰還が要求される将来に対して、

より綿密な準備等を始める事が出来てしまった」』。

『「帰しても大勢に影響が無い拉致被害者に対しては、

北朝鮮内で、徹底的に、マインドコントロール等を行う」と「共」に、

「帰還させたい、拉致被害者の象徴等」を

「つくり出す事」で

「その存在を

大きく感じさせる反面で、

他の多くの拉致被害者の存在を

小さく感じさせる策略等」を

「日本国内で仕込み始めた」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、

より都合の良い大象徴」が、

「韓国人と結婚した、横田さんだった」という訳だ』。

『「日本の中の北朝鮮の、実質的、手下テレビ・マスコミ等」は

「北朝鮮劣悪国家指導者の指示・命令の下」で

「拉致と言えば、先ず、横田さん・・・」の

「大合唱をより濃厚にした」』。

『「帰還出来た拉致被害者の多く」が

「深刻なマインドコントロール下状態だった事等」を

「覚えていらっしゃる方々も、決して、少なく無い筈」だ。

「帰還当初は、

{自分は、朝鮮人だから、朝鮮に帰る等の旨}等まで、

述べさせられていた状態だった方々もいらっしゃった程、

本当に、酷い、マインドコントロール下状態だった」・・・』。

『「極少数」の、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が帰せる拉致被害者の日本帰国が実現した後、

拉致問題」は、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に都合の良い」、

「実質的、膠着状態」だ』。

『「その裏」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等は、核・ミサイル等の開発を急ぎ続けて来ている」と「共」に

「主として、日韓内等、他国内での工作活動をより旺盛にして来ている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下、テレビ・マスコミ等による

実質的、大衆誘導等」により、

「日本でも、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっても都合の良い、

民主党政権が成立させられてしまった」』。

『「民主党政権の余りにも酷い、政治等が露呈し、

当然の如く、

政権交代が起こった後」も、

「テレビ・ラジオ界や、公共的マスコミ界等」の

「人脈は変わっていない」』。

『「未だに、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下等が、

ゾロゾロ状態・・・」だ』。

・・・・・・・。

『「安倍総理から、

北朝鮮問題の日本の対応や、

韓国との協力関係上望む事等を

聞き出した、

従北大統領」からの

「{報告}を受けた、

北朝鮮劣悪国家指導者等の

今後の対応がどうなるのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「拉致問題同様、

象徴をつくり、

日韓内の、実質的、手下、テレビ・マスコミ等を使って、

多くの日韓国民等の興味」を、

「その象徴に集中」させ、

「その下」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって妥協出来る部分解消等を行う」。

「さも、核問題等が解決方向に向かうかの如き印象を持たせようとする裏」で

「今まで以上」に、

「{使える」核ミサイルの開発等を急ぐ」と「共」に

「主として、日韓内等、他国内での工作活動等を、

更に、旺盛にする事等」は、

「既に、見え見え・・・」だ』。

『「対話派従北大統領が誕生」したが、

「表の北朝鮮との対話」は

「上辺では、

先延ばし等」している。

「如何にも、日米側に寄り添っているフリ等」している。

「しかし、

基本的に、

元々が、

実質的、手下等」だ。

「裏対話、

もしくは、

{報告}&{指示仰ぎ}等」は、

「常に、健在状態」だ。

「そして、それは、

北朝鮮劣悪国家指導者等が

綿密な戦略等を練る為の基となり、

更なる時間をかせげる事」にも

「直結している」』。

『「このまま・・・」では、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮問題」が、

「益々、深刻化する事になってしまう」・・・』。

『「文大統領」が

「成立する訳の無い、

北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」の「放棄」を「明言」し

「多くの善良な北朝鮮国民の解放による北朝鮮との融和等」を

「明言する様になるまで」は、

「従北大統領」の

「実体」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下」と

「強く推定出来る」』。

『「従軍慰安婦問題対応も酷い」。

「韓国国民の感情を持ち出し、

国家間合意を守れない言い訳等にしている」が

「元々、現実離れしている反日教育等により、

多くの韓国国民の感情をあらぬ方向に誘導して来ている」のは

「韓国」だ。

「韓国自体がつくり出した問題に対し、

その元凶の是正を行う旨等明言していない」。

「親日分子の徹底排除等まで明言しながら、

大統領に当選した者」が

「韓国国民の感情問題を解決する為に、

{両国」で協力しながら・・・」とは、

「言っている、内実」は

「日本側は、屈服し、韓国側の言い分を呑み、韓国民の感情を宥めよ!等

以外の何モノでも無い事等」が

「明らか」だ』。

『「その現実離れ、史実離れした、

厚顔無恥の図々しさ」は、

「本当に醜悪」だ』。

『「それでも、

文大統領の

酷い言い分」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の希望や利には沿う」。

「見事!(もちろん、皮肉)なまでの、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」が

「露呈」している』。

『「上記の様な内実」は

「少し考えるなら、誰もが分る」』。

『「それなのに、

日本の中の、北朝鮮劣悪国家指導者等の、実質的、手下、テレビ・マスコミ等」は

「韓国新大統領文氏」を

「現実主義派」で

「話が通じる相手」等々と、

「{絶賛}している」』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」なら

「平和ボケ」や

「北朝鮮劣悪国家指導者等の犬」等は、

「いい加減に、徹底排除するべき」だ』。

『「今の、極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮問題」は

「もはや、

これ以上、

其れこそ、一時たりとも、

放置・容認等してはいけないレベルにまで、

なってしまっている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に自首等しない」のなら、

「斬首作戦の結実」や

「アッと言う間に終わる北朝鮮解放戦争等」を

「即刻にでも、実現させる事」が

「必需となっている状態」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の延命の為」に、

「田植えや、{使える}核ミサイル等の開発の為等」の

「時間を与えている場合では無い」。

「田植え無くとも、

北朝鮮が劣悪国家指導者等から解放される」なら

「ちゃんと多くの善良な北朝鮮国民に行き渡る、国際援助等」が、

「其れこそ、いくらでも入る事になる」。

「逆に、北朝鮮劣悪国家指導者等からの北朝鮮解放が無ければ、

北朝鮮の核・ミサイル・工作活動等の問題の解決も無く、

例え、田植えをしたところで、

圧政下に置かれ続ける、

多くの善良な北朝鮮国民の

極困窮状態が続いてしまう事になる」』。

『「そのどちらが良いのか?」は

「言うまでも無い事」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

「北朝鮮極悪非道国家指導者等との融和」等を言う異常な方々問題・・・。

『「極悪非道では無い、むしろ、圧政被害者や、マインドコントロール被害者等である多くの北朝鮮国民等との融和を言う」なら「話しは解る」が

「北朝鮮極悪非道国家指導者等との融和」を「言う」のは、

「明らかに異常」だ。

「そして、もちろん、異常の裏」には、

「相応の訳が在る」』。

『「韓国国民等の異常の裏に在る」のは、

「原罪」と

「人民困窮化」だ。

「反日無罪がまかり通る裏」に「在る事」と

「同じ事」だ』。

『「ある程度以上、困窮状態に追い込められる」と

「人の中」では

「こんなに困窮させられる自分は特別な存在に違い無い!」等の

「感や意識等を持つ」、

「精神心理的、防衛反応」が

「生じ易くなる」』。

『「その様な状態に陥ってしまっている方々にとって」は

「例えば、

民族とか、国籍とか、

自分が持っている分り易い基本要素」は

「頼り易い、便利な道具」だ』。

『「其処」に、

「悪いのは、あいつ!等の旨」の

「情報・教育等が加えられる」と

「例えば、

反日無罪!等」の「思い等」を

「簡単に、生じさせる事が出来る」』。

『「この心理操作」で

「メリットを受ける」のは、

「多くの人々が、思っている悪者の座」を

「例えば、日本等に向けさせる事により、

自らの悪から目を背けさせる必要が有る者たち」になる』。

『「歴史上の現実」として、

「日韓併合時には、多くの日本人が、朝鮮半島に渡り、

時には、私財までつぎ込みながら、

朝鮮半島内の近代化整備等を頑張った」。

「もちろん、当時の日本人は、

武器等を持って、脅し、略奪等する為に、朝鮮半島に渡ったのでは無い」。

「日韓併合という二国を一国化する国家契約に基づいて、

当初は、荒れ放題だった朝鮮半島内を、

先ずは、当時の日本国内並みに、近代化整備等する為」に、

「金や技術や仕事を持って渡った」のが

「現実」だ』。

『「史実」として、

「日韓併合以降、朝鮮半島内の近代化整備」は、

「急速に進んだ」。

「朝鮮半島内の衛生・教育・経済・文化等の水準」は

「飛躍的に上がった」。

「その結果、朝鮮人人口も、急激に、増大した」』。

『「当初は、余りにも、差があり過ぎた為、

別々状態だった

当時の朝鮮半島内の、

多くの朝鮮人と日本人」も

「朝鮮半島内の近代化整備が進むにつれて、

どんどん近づいていた」。

「戦争前時頃には、

朝鮮人に

企業の中枢である経理等を任せていた日本企業も在る状態にまで、

友好関係は、向上していた」』。

『「その様な日本人朝鮮人友好関係向上の流れの中」で

「反政府武装勢力だった3・1抗日等の者たち」が

「多くの朝鮮人や朝鮮半島内の日本人から、

どの様に思われ、どの様に、扱われていたのか?」は

「言うまでも無い事」だろう』。

『「近代化整備や日本人朝鮮人友好関係等の向上の邪魔をする

迷惑でしか無い、

反政府武装勢力」は

「少数集団にしかならず」、

「早々に、山奥に追いやられ、

実害が極めて低い状態に押さえられていた」のが

「歴史上の現実」だ』。

『「ところが、戦争と日本の敗戦に付け込んだ悪者たち」により、

「朝鮮半島内の状態」は、

「急変させられた」』。

『「日本の敗戦時」には、

「朝鮮半島内の日本人の立場・財産・資産等を

朝鮮人が略奪等する事」は、

「容易」だった。

「善意のある人間なら、出来る筈の無い、敗戦火事場泥棒行為等」だが

「悪意のある者たちにとっては、大きなチャンス以外の何モノでも無かった」のだろう。

「米国要人を植民地支配詐欺で騙す工作まで用いながら、

朝鮮半島内や日本本土内で、敗戦火事場泥棒等に手を染めた」のが

「当時の悪意のある朝鮮人たちの実態」だ』。

『「この原罪を正当化する為の工作」が

「朝鮮半島内の反日情報・教育等」と「日本国内の自虐史情報・教育等」や、

「朝鮮半島内の人民困窮化支配」と「日本国内の大量の朝鮮人残留~仮面帰化等による日本社会要所押さえ」だ』。

『「悪意の下の情報・教育」は

「ネット普及前までは、実質的、情報統制状態だったので横行出来ていた」が

「今は、当然の如く、衰退~消滅方向に向かっている」』。

『「朝鮮半島内の人民困窮化支配状態」と

「日本国内の内実、悪朝鮮人人脈問題」は

「未だ、健在状態」だが

「その実体は、既に、バレている」ので、

「今後は、どんどん衰退~消滅方向に向かう事になる」』。

『「ある意味では、

悪朝鮮人人脈の最後の足掻き的様相を露呈している」のが、

「現状の北朝鮮問題」だ』。

『「悪朝鮮人人脈側の悪足掻き反抗手段の一つ」が

「北朝鮮との融和、宣伝」に他ならない』。

『「北朝鮮との融和」を

「言われる」と

「多くの韓国国民」は

「先ず、民族融和を想起させられてしまっている筈」だ。

「しかし、北朝鮮との融和の実体」は

「先ずは、北朝鮮の劣悪現状国家指導者等との融和」に「他ならない」』。

『「とりあえずの融和太陽政策等を実現させてしまう」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

{使える}核ミサイル等を保有し、

主として、日韓等、他国内での工作活動をより増強・増大・進化等させる事」が

「実現し易くなってしまう」』。

『「そんな事を実現させてしまえば、

北朝鮮劣悪国家指導者問題」が、

「益々、深刻になるダケ」だ』。

『「多くの北朝鮮国民が受け続けて来ている圧政やマインドコントロール等は、

そのまま、或いは、より強化され、

主として、日韓内等、北朝鮮劣悪国家指導者の指令・命令の下の、他国内工作活動等」は

「より増強・増大・進化させられてしまう」・・・。

「現状まででさえ、

拉致や、

飲食物工作や、

侵入工作や、

電磁波工作や、

医療工作や、

政財界工作や、

情報教育工作等々により、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清や、

北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子の育成等が、

かなり、大規模に行われてしまっている」のに、

「そんなモノを強化・増大・深化等させる事を許してしまう」なら、

「{使える}核ミサイル等の脅しの下で、

日韓が、北朝鮮劣悪国家指導者等の支配下に置かれてしまう事態」が

「実現させられてしまっても、何の不思議も無い事になってしまう」・・・』。

『「善良市民なら、

絶対に、

北朝鮮劣悪国家指導者等との融和等」の

「異常」を

「認めてはいけない」』。

『「今こそ、北朝鮮劣悪国家指導者問題の実のある解決手段」を

「実行するべき」だ』。

『「一番、犠牲が少なくなる手段」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、自首させる事」だ。

「その為」には、

「自首窓口を与えながら、

徹底的に圧力を高める事等」が

「実効を持つ事になる」。

「つまり、今、必要なのは、融和宣言等では無い」。

「自首窓口の明確化と、更なる、圧力」だ』。

『「次に、犠牲が少なくて済む」のは、

「斬首作戦」だ。

「大韓航空機爆破や、

他国内で、

化学兵器VXまで使用して、

国家指導者の実の兄までをも、

暗殺したテロを

既に、行ってしまった、

北朝鮮劣悪国家指導者等」には、

「斬首作戦で殺される十二分な資格が有る」。

「遠慮したり、ためらったり、する方が異常なくらい」だ』。

『「自首も斬首作戦も時間がかかり過ぎる様」なら

「北朝鮮劣悪国家指導者等が

{使える}核ミサイル等を持つ前」に

「アッと言う間に終わる、北朝鮮解放戦争を行う事」が

「適切になる」』。

『「現状なら、米韓日等の連合軍と北朝鮮軍には、圧倒的な差がある」から

「一たび実戦争となれば、

アッと言う間に北朝鮮の敗戦で決着する」。

「作戦次第では、日本はもちろん、韓国内の犠牲も、ほとんど出ない事になる」。

「北朝鮮内と北朝鮮の主として軍人」には

「かなりの犠牲が出てしまう事になってしまう」が

「それは、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下で、

主として、日韓内で、行わせ続けて来ている

工作活動による日韓の善良市民の犠牲より、

遥かに少ない数になる」。

「万一、

北朝鮮劣悪国家指導者等に、

{使える}核ミサイルを保有させてしまったなら、

その後に、生じてしまう事になる」、

日韓の善良市民の犠牲が、計り知れない事」を

「考えても、

自首も、斬首作戦も、

実効が無い場合、

北朝鮮解放戦争を行わない選択は、あり得ない」』。

『「困窮状態に追いやられている人々」は

「民族や国や金や権力等を頼りがちになり易い」が

「人間が人間として、根本的に頼れる」のは、

「実体や事実・現実」だ。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為には、

悪い事を行わない事が肝要になる」。

「血統や民族や国や金や権力等に現実逃避せず、

劣悪を嫌い、

善良を好む判断の下、

実体や事実・現実の上を

健常に歩み続ける事」が

「今、全人類に、強く求められている」』。

|

テレ朝朝番では、常連出演者等が、韓国従北大統領誕生をダシに、「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動の為の時間稼ぎ」等を頑張っていた様相だったが・・・。

『「如何にも、日本の立場で、モノを語っている様相の上辺」の「インチキ等」は「工作活動問題を黙殺等している事」で「直にバレる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の極悪非道実態・実体」も

「実質的に、黙殺だった」のだから、

「その北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」は

「本当に、お見事(もちろん、皮肉)!」だ』。

『「韓国の従北大統領」は

「韓国国内の北朝鮮劣悪国家指導者の下の工作活動等」により、

「誕生させられた」。

「その目的」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等の為の時間稼ぎ以外の何モノでも無い」』。

『「北朝鮮国内の人権無視圧政、

多数の他国民拉致、

大韓航空機爆破、

他国内爆破テロ、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ、

偽札製造~使用、

覚せい剤製造~販売、

コンピューター技術悪用金銭等略奪、

人質外交、

国連決議違反、

・・・等々」、

「国家レベル」で、

「極悪非道な、実質、大犯罪行為等」を、

「枚挙に暇が無い程、行わせ続けて来ている、

北朝鮮劣悪国家指導者等」が

「存続し続ける為」には、

「他国内での工作活動等による、

宥め(北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての不適応分子の粛清も含む)、

誤魔化し(有益分子育成等の手段も含む)等」や、

「{使える}核ミサイル等の

脅し等」により

「世界中を、騙し、諦めさせ続ける、しか無い」』。

『「他国内での工作活動をより強化・増大・深化等させたり、

{使える}核ミサイル等を保有する為」には、

「時間と金・技術等が居る」』。

『「常道を逸脱した極悪手段等まで用い続けて来ている北朝鮮劣悪国家指導者等にとって」、

「金・技術等」の「問題」は、

「実質的に、問題では無い」。

「制裁の穴」や、

「別国当たり」や、

「泥棒・略奪・スパイ行為」等により、

「必要分を

吸い上げ続けてしまう事」が

「比較的、簡単に出来てしまっている」』。

『「問題」は、

「時間稼ぎ」になる』。

『「時間稼ぎの為」にも、

「工作活動」というのが、

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」の

「実態・実体」だ』。

『「工作活動問題を言わない、

時間稼ぎ工作を行っている」のは、

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下になる」』。

『「健常な人類」なら

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」を

「核保有国として認める選択肢は無い」。

「それなのに、インド・パキスタン・イスラエルと同様・・・等の旨まで

日本の公共の電波上で、喧伝する者」とは、

「実質的、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下になる」』。

『「時間稼ぎ、手下」や

「核保有認めさせ化、手下」等を

「出演」させ、

「工作活動問題は黙殺」し、

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとって、都合の良い論等」で、

「視聴者の頭の中を染め上げたがっている様相」なのが、

「テレ朝朝番等の実体」だ』。

『「その実効」は

「北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる、時間を与える事」になる』。

『「従北大統領下の韓国」が

「今後、どの様な道を進むのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の為の時間稼ぎ」と、

「その裏での、金や技術等の提供等」に、

「邁進する事になる」』。

『「上辺」では、

「大人の対応等を装い」ながら、

「安保問題等」でも、

「内実」で、

「北朝鮮劣悪国家指導者等を有利にする道」を

「選択する事になる」』。

『「韓国の従北大統領誕生を受けて、

日本国内でも、

日本国内を韓国と同様に、

従北政権状態にする為の工作活動」が、

「より積極的に、行われ始めている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の当面の目標」は、

「森友問題等、あらゆる問題を利用して、

何としてでも、

事前逮捕等を可能にする、テロ等準備罪の成立を阻止する事」となっている』。

『「拉致問題を考えるなら、誰もが分る様に、

拉致されるまで、何も出来ない」のが、

「戦後の日本の体制」だ。

「その結果、

日本全国各地から、

多数の日本国民が、

次々と、

拉致され、

北朝鮮に連れ去られてしまった」』。

『「もちろん、拉致には、十分な事前準備が要る」。

「事前逮捕が可能な体制だった」なら

「拉致被害者の数も、

かなり、少なくて済んでいた筈」だ』。

『「其ればかりでは無く、

拉致工作に手を染めてしまった者の数も、

かなり、少なく抑えられていた筈」だ』。

『「拉致工作に手を染めた者たち」が、

「その後」も

「北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令の下での

工作活動等」を

「行わせ続けられて来ている実態」からも、

「事前逮捕を可能にする事」で、

「元を出来る限り小さくさせる事」の

「重要性等」は

「少し考えるなら、誰もが、分る事」だ』。

『「事前逮捕を可能にする法整備等に反対する者たち」とは、

「実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下での、

日本国内の工作活動等」を

「容認し続けている者たち」になる』。

『「見事なまで(もちろん、皮肉)の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」が

「其処に露呈している」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」を

「実際に、解決出来る方法」は

「既に、限られている」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「{使える}核ミサイル等を持つ前」に、

「他国内の工作活動等により、他国内を従北状態にする前」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等を自首させる」か

「斬首作戦を完遂する」か

「アッと言う間に終わる、北朝鮮解放戦争を行う」か

だ』。

『「今まで、余りにも、不用心に、

北朝鮮劣悪国家指導者等に時間を与え続けて来てしまっている」から

「現状の北朝鮮劣悪国家指導者問題は、

こんなに酷くなってしまっている」』。

『「今後」も、

「北朝鮮劣悪国家指導者等」に、

「主として、日韓内等、他国内での、非人道的なモノも多々含む、工作活動等」や

「北朝鮮国内での非人道的な圧政等」を

「続けさせる事を容認させる事に直結している、

北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与える事等」を

「容認している者たち」の、

「人権意識等は、皆無に近い」と

「言わざるを得ない」』。

『「悪魔に魂を売り渡している状態の者たち」に、

「時間を与え続け、

多くの善良市民を悪魔の生贄にし続ける事」を

「放置・容認等し続ける者たち」とは

「悪魔に魂を売り渡した者たちに他ならない」』。

『「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮」の

「極悪非道」や

「工作活動」等を

「問題にしない者たち」とは、

「近未来において、永遠の恥辱に染まる道の上に置かれる者たち」だ』。

『「多くの韓国国民が、悪魔に魂を売り渡す状態を選択した現状」なら、

「北朝鮮解放戦争のハードルもかなり低くなっている事になる」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等が早々に自首等せず、

斬首作戦にも時間がかかり過ぎる」なら

「早々の、北朝鮮解放戦争の開戦」こそが

「北朝鮮劣悪国家指導者問題故の犠牲者」を

「一番少なくする道に他ならない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等に更なる時間を与える選択はあり得ない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者問題」を

「早々に解決させない」のなら、

「別の面からの、人類滅亡が、早々に実現してしまう可能性絶大」になる』。

『「トランプ大統領」は

「チキンでは無い」のなら、

「北朝鮮劣悪国家指導者等が、早々に自首せず、

斬首作戦にも時間がかかり過ぎる様なら、

速やかに、アッと言う間に終わる、北朝鮮解放戦争を開戦するべき」だ』。

『「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下工作員等の駆逐や

その協力者等の処罰等」は

「基本的に、日本政府・日本警察等の仕事」だ。

「手下工作員やその協力者等の告発等」は

「基本的に、日本のテレビ・マスコミ・政治家等の仕事」だ。

「立場を有しているにも関わらず、

多くの日本国民側に立った実のある仕事をせず、

実質的に、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等を利している」のでは、

「本当に情けない」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等では無い」のなら、

「早急に、実のあるところを、実証するべき」だ』。

『「何れにしても、戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的」マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

韓国大統領選、従北候補勝利で、満面の笑み状態の、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち・・・。

『「もちろん、言うまでも無く、過半数を取れていない、従北大統領候補」は、「圧勝では無い」。「フランス並み」に、「決戦投票を行う」なら「ほぼ確実に、負けになる」。

「ところが、日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は、

「圧勝と言っている」。

「実に、見事(もちろん、皮肉)な北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶり」を

「露呈」している』。

『「韓国国民」が

「従北大統領候補を選択してしまった事による、

今後」は、

「既に、はっきりしている」』。

『「従北大統領」は

「北朝鮮との対話等を前面に出す」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等との対話」は

「基本的に、成り立たない」。

「其処で、従北大統領が、どの立場に立つのか?」は

「既に、決まっている様なモノ」だ。

「朝鮮民族の立場に立つ」等の

「上辺の裏」で

「内実として、北朝鮮劣悪国家指導者等の立場に立つ事になる」』。

『「当然、国際社会は、そんな従北大統領の戯言の内実を直ぐに見抜く」。

「実効の無い、北朝鮮問題の似非解決

=北朝鮮劣悪国家指導者等に、更なる、核・ミサイル開発や、他国内での工作活動等の時間を与える事」だ。

「そんな事態を放置し続けて来たから、

現状の様に、北朝鮮問題は、大きくなってしまっている」。

「もはや、実効の無い北朝鮮問題の似非解決」では、

「事が、収まる訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等」が、

「自首」し、

「核・ミサイル等の開発と

他国内での工作活動等を放棄しない限り、

北朝鮮問題の実効のある解決は無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が自首しない」のなら、

「実効のある解決法」は

「斬首作戦と北朝鮮解放戦争等になる」』。

『「斬首作戦が早期に成功する」なら、

「未だ、良い」のだが、

「斬首作戦に時間がかかり過ぎる」と

「北朝鮮劣悪国家指導者等が{使える}核ミサイル等を持つ前に、

北朝鮮解放戦争を開戦する事が必需になる」』。

『「其処で、従北大統領が、

開戦に抵抗する事は、

従北大統領が、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下以外の何モノでも無い事の

実証になる」』。

『「多くの韓国国民」が

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下大統領を選択した事

=多くの韓国国民が、北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態に成り下がった事」だ。

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」なら

「北朝鮮解放戦争時の犠牲も、仕方の無い事になる」』。

『「つまり、韓国国民が、従北大統領を選択した段階」で

「北朝鮮解放戦争開戦のハードルは下がっている」のが

「実態・実体」だ』。

『「この様な、お膳立ての上」で

「米国トランプ大統領」が

「北朝鮮解放戦争をためらう」なら、

「米国トランプ大統領」も

「多くの韓国国民同様、

北朝鮮劣悪国家指導者等の手下に成り下がった事になってしまう」。

「当然、米国トランプ大統領が、その様な、大恥判断等を選択する訳も無い」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の工作等に毒されている

韓国国民や、

日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たち」は、

「韓国大統領選での、従北大統領候補の勝利」を

「喜んだり・・・してしまっている」が

「その現実逃避ぶり」は

「かなりのモノ」だ』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等が、

早々に、自首」して

「核・ミサイル等の開発と、

主として、日韓等、他国内での工作活動等を放棄する」か、

「斬首作戦が早々に成功しない限り、

北朝鮮解放戦争」が

「程なく、開戦される可能性大」だ』。

『「こんな状態を、喜べる」のは、

「本当にどうかしている者たち」になる』。

『「残念ながら、多くの韓国国民」は

「極悪非道工作活動カルト宗教国家北朝鮮による

韓国内の情報・政界工作等に落とされ、

北朝鮮劣悪国家指導者の手下状態に成り下がる道を選択してしまった」』。

『「その責任としての戦争被害等は、甘んじて受けざるを得ない状態」を

「自ら作り出してしまった」』。

『「多くの日本国民」は

「健常状態」なら、

「そんな韓国の状態等を見て、

日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動等の

徹底摘発・徹底排除等」を

「本気で、意識等」し、

「実効のある対策等」を、

「直ちに、行う、行わせる事等」を

「真剣に、考え、訴えたりする」のが

「当然になる」』。

『「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等」なら

「日本の中の北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下の工作活動等」は

「無い事にし続けたがる」のが

「当然になる」』。

『「現状の日本の多くのテレビ・マスコミ等」は

「そのどちらに在るのか?」』

『「日本全国各地から、

多数の日本国民が拉致されている現実等」が

「既に明らかになっている」のに、

「日本の中の北朝鮮等による工作活動問題」を

「無い事にし続けたがっている

テレビ・マスコミ等や、

政治家・政党等」は、

「明らかに、異常」だ』。

『「日本全国各地から多数の日本国民を拉致する為」には、

「計画も、準備等も、かなりの人数の工作員や協力者等も要る」。

「北朝鮮への運び屋工作員ダケで、

日本全国各地からの、多数の、拉致工作」は、

「実現し得ない」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等から拉致工作命令を得て、

拉致工作を実行する工作員等を指定し、

拉致工作員等に協力者等をつくり出させ、

拉致対象者を調査し、割り出し、

見張り、

チャンスを、見出し、つくり出し

拉致を実行し、

運び屋工作員に渡すまでに、

どれ程の工作員や協力者等が必要なのか?」等を

「考える」なら

「誰もが、日本国内に、数多くの北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが居る事等」を

「解る筈」だ』。

『「拉致工作員や協力者等は、拉致工作に手を染めた時点」で

「北朝鮮劣悪国家指導者等に弱みを握られている事になる」。

「日本国内に多数居る、弱みを握っている者たち」に

「拉致工作以降、北朝鮮劣悪国家指導者等が、何もやらせていない」と

「思えるなら、本当に、どうかしている」。

「実際」は、

「世代交代をしながら、子沢山命令・指令等に基づき、人数も増やしながら、

日本国内で、

電磁波工作や

飲食物工作や

侵入工作や

医療工作や

政財界工作や

情報・教育工作等々」を

「連綿と行わされ続けて来ている者たち」が

「未だに、かなり多数居る」』。

『「政界で、事前摘発を可能にする法整備に反対している者たち」や、

「情報界等で、北朝鮮劣悪国家指導者等の手下ぶりを大いに露呈し続けている者たち等」は、

「その中のホンの一例」だ』。

『「はっきりしている事」は

「拉致や、

大韓航空機爆破や、

他国内爆破テロや、

他国内化学兵器VX使用暗殺テロ等々、

極悪非道の限りを尽くし続け」、

「国連決議や、国際社会の意向を無視して、

核・ミサイルの開発等まで続けている」ばかりか、

「主として、日韓内等、他国内を食い荒らし続けて来ている

北朝鮮劣悪国家指導者等問題の

実のある解決」は、

「必需である事」だ』。

『「必要」なのは、

「平和ボケの下の、

北朝鮮劣悪国家指導者等の{使える}核ミサイル保有と

主として、日韓内等、他国内での非人道的な工作活動等の継続」では

「断じて無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等問題」の

「実のある解決」だ』。

『「多くの韓国国民の判断」が

「そのどちらに、力を与えてしまったのか?」は

「もはや、言うまでも無い事」だろう』。

『「日本が韓国の二の舞を演じさせられない様にする為」にも、

「多くの日本国民」は

「事の内実」を

「ちゃんと、理解・把握等し続けた上」で

「選挙時等の判断を下すべき」だ』。

『「幸いな事」に

「日本国内の北朝鮮劣悪国家指導者等の手下等の人数」は

「韓国国内の十分の一~数十分の一レベル」だ。

「この実態」が

「朴政権転覆工作の成功」と

「安倍政権転覆工作の失敗」の

「差」に

「大きく影響している」』。

『「それでも、不用心や平和ボケは、禁物」だ。

「例え、人数は、少なくても、

戦後の日本国内の要所・要職等を押さえる工作が行われてしまっているから」だ。

「政財界や情報・教育界や法曹界・医療界等」に

「北朝鮮劣悪国家指導者等の手下たちが多い」のは、

「単なる偶然では無い」。

「北朝鮮劣悪国家指導者等にとっての有益分子化出来ている学力等有能者たちが、

日本国内の要職や要職内での出世等を得易い様に、

非人道的なライバル粛清工作等まで行いながら、

仕込まれ続けて来ている」のが

「実態」だ』。

『「政界は、選挙がある」ので

「有権者が、実政策・実政治等を見失わなければ、

酷い事態は起こされ辛くなる」。

「ところが、情報・教育界」や

「法曹界や医療界等には、選挙も無い」から

「人の入れ替えも困難」だ』。

『「肝要な事」は

「多くの日本国民が、

北朝鮮劣悪国家指導者等の命令・指令等の下で

日本国内で行われ続けてしまって来ている工作活動等の

実態・実体等を

把握」し

「実効のある対策等を早急に行う、行わせる事」だ』。

『「何れにしても、

戦後日本」の

「テレビ・ラジオ界」や

「公共的マスコミ界」の

「人脈も含めた正常化・健常化」は

「急務」だ』。

|

«テレ朝朝番では、実質的、北朝鮮劣悪国家指導者の手下的様相を露呈し続けて来ている、常連出演者等が、森本学園問題等で騒いでいたが・・・。