« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »

勘違いする人がいるとイケないので・・・。

谷垣氏・麻生氏の元宏池会人脈。額賀氏の元経世会人脈。どちらも、安倍氏同様問題ありですから・・・。

細木和子と墓石屋・宏池会との繋がりは、今更言うまでも無いでしょう。ですから、安倍氏の統一教会と大同小異です。

元経世会と北朝鮮の繋がりは、金丸氏の事を思うまでも無く、言うまでも無いでしょう。こちらは、もっと問題ありです。

日本人として、日本の健康を願う「当たり前の総理の誕生」を願っています。

|

安倍氏独走・・・?

韓国中国「現政権」に対する気遣いを口にした谷垣氏。安倍氏がそのような発言をしないのは、「現政権を変えさせたい」から。統一教会祝電を送っていることからも明らかなように、韓国人脈とのつながりは薄く無い。公明党が中国人脈を押さえているから、現政権に対してそれほど「大仰な敬意」を払わなくても大勢に影響無し・・・。

勝共工作活動を「是とするか?否とするか?統一教会のような宗教を利用した資金集めを是とするか?否とするか?」で評価は分かれると思う。

ハッキリ言えることは、「日本人として、朝鮮半島の権力争いや、朝鮮系日本人の日本植民地策略は、迷惑以外の何物でも無い」ということ。

実質的に政権を持っている清和会人脈と朝鮮半島人脈の繋がりの濃さは、「自民党の朝鮮総連に対する気遣い」を見ても明らか。ミサイルを撃たせて安倍擁護は有り得る話。

人脈を持っていない人間は「日本人的に、他国の現政権を気遣う」。人脈を持っている人間は、他国の自分たちの人脈が有利になるように気遣う。

権力で警察を押さえ、野口氏の死の真相もハッキリしないようなら「要注意」であることは間違いない。

総裁選、未だ結論は出ていない。見守る一般大衆である我々も「表面に騙されず、本当に日本を健康にする仕事をする総理」を後押ししたい。

|

韓国カルト教団事件・・・。

日本の大学生でも、騙された人たちがいた韓国カルト教団。現状の教育の盲点をつく如く、オウムにしても今回の事件にしても、学歴とは関係なしに被害者が出る。

高学歴の為ではなく、実生活の為に知識を蓄積することが教育なら、このような事件など起きない。実生活で重要な物事とは、「自分とは何か?この世を取り巻く物事の正体とは何か?」だからだ。

例えば、化学的知識がある。塩素、フッ素などのマイナスイオン物質についての知識を学んでも、それが実生活とどのように関係があるのか?を学ばなければ、実生活は「豊かで安全なもの」にはならない。

塩素入りの水を飲む。体内に塩素というマイナスイオンが蓄積される。人体では、それを無害化しようとする。結果として、カリウムやナトリウム、マグネシウムなどのプラスイオン 物質が無害化に使われる。結果として、フッ素などの他のマイナスイオン物質に対する無害化物質が不足する。血液などの酸化が起こり体調不良の半病人が出来上がる。

アルミを摂ると鉄が摂取出来ずアルツハイマーになり易くなるのと同じだ。

今回の事件でも、地球生命体細胞群の一塊である自分の基本を知り、人間の生死が細胞ごとに起こっていることを知り、「宗教というのは思いによる納得法であることを知り」それらを「実生活に活かしていた」ならば、起きようのない事件に過ぎない。

しかし「現状」は違う。高学歴による立場争いに明け暮れ、「自分の実体を実感することも無く、実生活を豊かにすることも無く、ヒタスラ自慰と自慰物質を求める事があたかも成功者であるかの如く嘯く情報に満ち溢れている」から今回のように、性という自分の深部の要素を傷つけてしまう犠牲者が出てしまう。

何をやっている!教師!!現状権力者!!!

いい加減に目を覚まさないと、「さらば、略奪の文化・・・さもなくば、さらば、人類・・・」という日は間近なのですけれども・・・。

久しぶりの最終警告、第二段でした・・・。(第三段まであるか?どうか?不明ですから、焦った方が良い事をハッキリ言っておきます。)

|

秋田女児水死(?)・男児絞殺事件・・・。

ここに来て、女児の母親が、我が子を橋から投げ落とした等と供述した為、テレビ・マスコミは、大衆の怒りを犯人に向かわせることに忙しい。(一部に、周囲や現状の社会システムに対する考慮や反省が出てきた事は、歓迎したいが・・・。)

考えて頂きたい。

今回の事件の犯人のように、家庭環境にも恵まれず、金銭的にも恵まれず、もの心ついた後も周囲からイジメを受け続け・・・、故郷から抜け出して就いた職業では、労働力の搾取を見せ付けられ、・・・故郷を捨てきれず、戻れば過去の環境は残り・・・。といった人生を送らされて、自暴自棄にも対人不信にもならず「健康な人生」を歩める人間がどれだけいるのか?

むしろそのような「異常な環境があるにもかかわらず、健康に振舞えるのなら、その人の状態の方が尋常では無い」というものだろう。今回の被害女児のように!

それなのに「上辺に拘る人々は、表面的な健康を求め続け、現状維持を叫ぶ」。何と言う異常事態なのだろう!

諸々の状況から推定出来る事は、今回の被害女児は、被害者の自宅でセッカン等を受け、その「ショック」で死んでしまったのだと推定出来る。(食生活がマトモでなかったので、対ショック耐性もかなり害われていたであろう事は、想像に難くない。)事件とも、事故とも言い難い更なるストレスから逃れようとした母親は、遺棄場所を探し、問題の橋も訪れたが、適当では無いと判断した。その後、他の場所から遺棄したのだろう。男児絞殺も、我が子があの世で一人では、不憫だから・・・というのが本当の動機ではないだろうか?(世間に勝手に作られている「悪者のイメージ」と実際の人間の心理には、多大な差があるものだ。)

ストレスは、より弱いところに集中し易い。

今回の事件も、母親の原家庭のストレスが、弱い子供を形成させ、イジメという地域集団のストレスのはけ口として悪用され、高校卒業後も弱い立場でしか仕事も出来ず、地域でもずっと弱い者であることを求められ続け、反動形成で強がり、子育てが出来る状態では無かったのに子供を産み、益々自分の立場を不利にしてしまい、・・・そのストレスは、異性を求める自慰行為に向かい、子供が益々邪魔になり、・・・そんな状況を周囲の人間たちが作り出していたにもかかわらず、女児の笑顔という表面だけにすがり「現状を放置し、歪んだ現状故の利権・利益に安住していたから」、こんなおぞましい事件が起きてしまったのに・・・。

自分で自分をコントロールして、自分のストレスを他人に八つ当たりすることは『恥!』という『人間として当たり前の事』が行えるように、教育・情報・地域社会が成り立っていたなら、今回の事件など起きてはいない。言われ無き不公平・不平等等から子供を救うことが当たり前の人間社会なら、今回の事件だって起きてはいない。

それを、身なりが汚いから・・・とイジメの対象にしてしまったり、笑顔だから「現状のままで良いだろう・・・。」と放置したり・・・。そんな家庭の子供の水死(?)だから、事故で良いだろう・・・と「早期収拾を図ったり」したから、こんなおぞましい事件になってしまったのだ。

犯人を罰する前に、自省するべきだろう!

人間社会の構成員としての「チャンとした自覚」が持てる人々が、増えることを願って止まない。表面の社会的立場やお金などより、命・性別・身体・健康・・・という人間のより深部の要素が重要だ。いくら表面で成功者ずらしていても、例えば、他人からの搾取で裕福になっていたり、暴力で人を傷つけたり、強姦などを行ってしまったり、・・・人間のより深部の要素を傷付けてしまえば、人間としては、自分も知れず、自分もコントロール出来なかった『敗者』に過ぎない。

そんな「不健康な人間が多く」、「不健康な人間に社会的立場や権力を与え」、「不健康な人間が権力や高い立場を持つことを許容している」から、活力が無くなり、社会が衰退してしまうのだ。ちゃんとした情報を流し、ちゃんとした教育を行い、権力を人に与えず事実・現実に預けさせれば、「活き活きとした人間社会」を造ることなど容易い。

被害者たちの一番の供養になるのは、『健康な人間社会の構築』だ。どんなに花を供えられても、同じような被害者が出てしまう人間社会が続いていては、意味が無い。(タダ単に、「現状で安心したい人」が「花を見て、気持ちをやわらげようと自慰している」だけだ。)

現状のように、上辺の金銭的豊かさと現実逃避に明け暮れていると、直ぐに人類の危機が迫ってくる。

人類が自ら是正出来るうちに、方向転換しないと・・・!

|

サカリの声は、ホラー・・・。

ウチの猫様、頭はオス・身体はメス。メスだから家猫なら虚勢手術は要らないだろうという予想をよそに、サカリになるとしっかり、オス鳴き。否、オス鳴き以上・・・。というのは、ご当人も気持ちが悪いようで、凄む鳴き方プラス気持ち悪い叫び・・・といった感じで、声は最大、ホラー映画・・・。

・・・・・・・、どうしたものか?近所から苦情来るの時間の問題か?ご当人も気もち悪がっているようだから、さっさと取ってあげた方が幸せか?

でも、よくよく考えるとサカルのは、長いお留守番の後とか、誤って手足を踏んでしまった後とか、・・・ストレスがあった後・・・。

抗議か?サカリか?・・・?

複雑・・・。

|

国連、全会一致で北朝鮮非難決議採択・・・。

北朝鮮に対する非難決議が、国連で採択された。全会一致だった。制裁決議ではなくなってしまったが、第一歩としては、成功だと言える。議長声明を超え決議となった。非難決議の後は、当然制裁決議となる。もはや北朝鮮には後が無い。

・・・と、国連では、表面上、北朝鮮問題に取り組んでいる日本国。忘れてはならないことがある。国内問題だ。

そもそも、何故、北朝鮮がチャンと目標に中るミサイルを製作出来てしまったのか?もちろん中身が北朝鮮製では無いからだ。約90%は日本製だといわれている。

何故、そんなに日本製の重要部品が北朝鮮に渡ったのか?お目溢しがあったからだ。

何故、お目溢しがあったのか?北朝鮮から権力者に懐柔作戦が仕掛けられ、金銭・利権・お手伝いと引き換えに「どうせ北朝鮮などには、大したことは出来ないだろうから、問題にはならない。」と国内での工作活動もお目溢し、技術の持ち出しもお目溢し、重要部品の持ち出しもお目溢し、資金の持ち出しもお目溢し・・・。

結果どうなったか?偽札・覚せい剤・麻薬の製造、ミサイル・核の製造、日本国内でもオウム等の事件の後押し・・・。気が付けば、百を超える核兵器とチャンと目標に着弾するミサイル網の整備が済んでいる。先制攻撃を放棄し、ミサイル防衛網が不十分な現状の日本の軍事力では、北朝鮮から無理に迫られれば頼りになるのはアメリカだけ・・・。

そんな事態に、ようやく気づいた権力者集団が、懐柔作戦に堕ちた連中を表向きには追い出し、アメリカと蜜月関係を築き、北朝鮮崩壊をもくろみ制裁を仕掛け始めた。

ところが、それは、日本国内勝共朝鮮人人脈の筋書き通りの策略・・・。

目標は、代々にわたる血統支配。

一部の人間が、代々大衆を支配する構造を固定化してしまう策略。

昨今の二極化政策も、テレビマスコミの悪戯な韓国賛美も、天皇は百済の王の子孫だという「大昔のハク付け」をあたかも歴史上の真実であるかの如く嘯く歴史認識も、重要な立場には、自分たちの人脈以外の人間がつけないように飲食物等に工作物を入れ続け、半病人を量産する愚かな妨害作戦も・・・。

ナショナリズムを煽り、北朝鮮を潰し、日本も朝鮮半島も自分たちが操る国家にしてしまおうという愚かな策動・・・。

韓国も日本も人口の減少が止まらず、北朝鮮は崩壊寸前。日本国内の多くの飲食物は、添加物で汚染され、テレビ・マスコミ・権力者の多くは、極一部の人脈が牛耳っている。韓国では、多くの民があの世とか宗教とかに現実逃避させられ、一部の象徴を見せ付けられ、まるで肖像画の国家指導者にあこがれる何処かの国の国民みたいに、スター的立場が与えられた科学者・権力者・宗教指導者・スポーツ選手・俳優等に民族的同一視を行わされ、本当の自分の人生を放棄させられている。

日本国内でも、警察と地元暴力団の繋がりの闇があるから、広域捜査が行い辛く、そんな弱みを良く知っているパチンコ・風俗業界の朝鮮系人脈は、警察の尻尾を押さえているから、パチンコ店でもインチキやり放題、まるで植民地の如く、日本人からの搾取に明け暮れる。

警察の暗部では、裏金作りなどよりもずっとずっとこの問題の方が大きいから、北朝鮮系人脈が、万景峰号等でミサイルの重要部品や裏金等を日本から持ち出してきたのに、十分な摘発も出来なかった。権力者も、確信犯で裏金等を受け取って来たから、警察に摘発されては困る。そこで摘発に圧力をかけて来た。

本来なら「日本国内でチャンとした取締りさえ行っていれば、『出て来る筈も無かった(北朝鮮・中共・ソ連の技術のミサイルを北朝鮮で生産しただけなら、現状のような「売れる」ミサイルなど出来ない。)』ミサイル・核問題が表ざたになったから、外から北朝鮮を崩壊させて、自分たちの落ち度は誤魔化し、全て無かった事に・・・。」と画策しているだけ・・・。まるで、日韓併合を無かった事にしてしまおうとしている韓国現政権みたいに・・・。

だから、北朝鮮国内に送り込んである自分たちの人脈の連中に、わざとミサイルを撃たせるように煽らせ、ミサイル発射をよい事に、直ぐに制裁決議をブチ上げ、一刻も早く崩壊させてしまおうという魂胆・・・。

一般大衆の生命財産など何処吹く風、自分たちは、核シェルターを準備し、万一「テンコウ大脱出」が起きても安全なように・・・。或いは、その傾向は、いち早く人脈情報で得られるので、サッサと逃げ出せるように多種の準備を済ませ・・・。

北朝鮮問題、日本国内の警察の問題からマトモにしないと、北朝鮮が済んでも次が中共・韓国になるだけ・・・。オカシナ人間に権力を与え続けていると、自らの生命・健康・財産等が侵害され続けるだけ・・・。

|

一週間ぶりです・・・。

急用があり、ブログを一週間ほどお休みさせて頂きました。事後報告で恐縮です。

その間に、国連で北朝鮮制裁決議案等が提案されたり、日銀はゼロ金利を止める決定を行う・・・など、大勢に影響を与えそうな出来事もありました。それと共に、相変わらず、無意識の暴走をもたらす社会構造・情報・教育の是正は進まないまま、過去と同じような精神構造に起因する事件も数多く起きてしまいました。

いったい人類は、何がやりたいのでしょうか?

現状人間社会の勝ち組になっている資本主義の構造とは、お金が回らないと成り立たない構造であることは明白です。お金を回すために、本来不要な仕事をつくり、しかも、より多くのお金を自分の下に掻き集める競争社会ですから、「実体としては、人類自滅器」です。

本来不要な仕事は、環境を壊し、エネルギーの無駄遣いを招き、更により多くのお金を求める競争を行うことで、問題の解決を困難にしています。人々は、そんな「現実」から逃避する為に「自慰」を求め、本当の自分の正体さえ見ようとせず、ヒタスラ鮫の如く、より多くのお金を求め動き続けています。そんな行動を仕事と呼んでいるのですから、救いようがありません。

具体的に例を上げるなら、食品添加物という薬で病人を作り、医者の仕事と、症状を止める為の仕事を作っているから、お金は、本来必要な量の3倍も4倍も必要になり、大量に回ります。しかも、製薬メーカーは、より効き目のある新薬を開発し、高く売ろうとする競争を行っていますから、益々お金が必要になり、環境・エネルギー負荷は高くなります。他の業種も同じ構造で、より早くより高く売れる物事を開発する競争を行っている訳ですから、一見、科学技術が急速に進歩して良さそうですが、実は、環境エネルギー負荷も無駄に大きな自虐行為に他なりません。

自虐性は見たくないものです。

結果として「大量の現実逃避と自慰が必要」になり、益々お金が回ります。

おまけに、情報も「売らんが為」であるが故に自虐性を伴っています。化粧品や以前のタバコなどが解り易い例でしょう。

以前の日本では、タバコという百害あって一利無しと言われている有害物質を吸うことが、格好が良いとか、大人だとかいう「あこがれられるイメージ」と共に宣伝されていましたから、喫煙人口は、飛躍的に増えてしまいました。結果、税収は伸び、病人も増えましたから、資本主義としては「豊か」になる訳で、タバコの本質を訴える情報は、つい最近まで市民権を得ていませんでした。散々依存者を造っておいて、今度は、依存から抜け出すためにまた薬や医者が活躍するのですから、自虐情報に操られている人々は、本当にお気の毒です。本来なら、もっと怒るべきです。

化粧品も同じ構造です。化粧をすれば、皮膚は弱り、本来行っている毒素の排出も困難になりますから、益々老化が進み、それを誤魔化す為に、より多くの化粧品が必要になってしまいます。ところが、売らんが為の情報では、「お化粧しない女は、美しさを放棄している。とか、男でも化粧はお薦め・・・。」となります。髪の毛を染めたりするのも同様で、よりお金を回すことが資本主義では「豊か」ですから、自己の本質をどれだけ傷めても、売らんが為の情報のマリオネットたちは、皮膚に異物をつけ、皮膚から体内に回らせ、無意識の混乱を起こし、半病人の状態に陥ってしまう(自覚のある無しは別です)化粧を止めることも、髪の毛に異物をつけ頭皮等から体内に回らせ、無意識の混乱を起こし、半病人状態に陥ってしまう(自覚のある無しは別です)自虐性からも、なかなか抜け出せません。

本質的に見れば、「売らんが為情報のマリオネット」は、どんなにお金持ちでも「豊かではありません」。自虐的だからです。

仕事でも同じことが言えます。

地球生命体細胞群の一塊として、自虐的なことを一生懸命行っていて、どんなにお金持ちになろうとも、本質的には「豊かでも人生の成功者でもありません」。自虐的な人に、名誉や権力まで与えてしまっては、人類の自虐性は益々高くなってしまいます。

人類自滅器を一生懸命回し続けることが仕事で、そんな自虐的な事を行うと名誉や立場やお金が得られるなんて、出来の悪すぎるジョークです。

自虐性が、ある程度を超えると「人類滅亡」がやって来てしまいます。

その前に、自虐的な物事を抑えられる人間社会に転換出来れば、人類の未来は保障されるようなものです。

権力者が、自己の自虐性の自覚さえ持てず、大衆もそんな権力者に権力を与え続けるのなら、勝ち負けは決定している力の勝負が行われることになるでしょう。その場合は、相応の犠牲が出ます。

繰り返し言っておきます。

「権力は、人に与えず事実・現実に預ける。」

「みんな喰えるのだから、自虐的なことはするな。」

無駄な仕事をするより、全ての人が産まれながらに衣食住が確保されている人間社会の構築を行うべきです。出来るのですから・・・。科学的謂れの無い不公平・不平等は解消し、適材適所を徹底し、努力による格差は善で、搾取による格差は悪だという健康な判断の下に、人間社会を構築するべきです。出来るのですから・・・。

必要以上に過去に縛られる事は、ヒタスラ自虐的なだけです。

健康な人間社会を構築した上で、技術開発でもスポーツゲームでも行えば、自虐性は薄く、心底、仕事もゲームも楽しめるものです。

人間の生死は細胞ごとに起こっているのですから、丸ごと一人の生まれ変わりとか、因果応報などは、在り得ません。

親子は別人格で、遺伝子で伝えられているのは、主として生物的環境適応情報なのですから、肌の色や、寒冷地・温暖地適応の為の姿かたちなどは、よく遺伝しても、人間社会が勝手に作った職業に対する適性とか、人格とか、性格などは、遺伝による影響よりも生後の環境要因の方が大きいのです。

繰り返しますが、自虐性から抜け出せない場合、戦乱の世を招いてしまいます。

全ての人に責任があり、大きな権力等を持っている人は、立場の分だけ責任も大きいのです。資本主義での一枚統一は在り得ません。お金で自慰をチラツカセ、人々をより不健康に現実逃避させ、偽りの平和に酔いしれるのが精一杯でしょう。そして、否応無しに気が付けば、環境もエネルギーも足りなくなり、戦乱の世がやってきます。

ところが、現実主義的情報は伝われば伝わる程、「一人の人とは、地球生命体細胞群の構築度の高い一塊だ」という科学的な自分の基本は同じですから、人種も宗教も立場も権力も関係無く、「事実を共有出来る」のです。

出来るだけ早く、「自覚のある人々が増えること」を願って止みません。

|

群馬パチンコ店行方不明少女・・・。

本日、何故か?思い出したように、群馬パチンコ店で行方不明になった少女のニュースが連発した。大田という外国人ウェルカム地域での、韓国系とも言われているパチンコ店での行方不明事件。国道17号を高崎方面に向かうと、文○○の巨大な看板も目にする事が出来る群馬県。勝共朝鮮人人脈の多い地域。何故か、やたら総理大臣の輩出が多い群馬県。その重要なお仲間なら、日本人の少女の事ぐらいお目こぼしなんて、体質では無いでしょうね。権力者・警察等を押さえても、一般市民の心までは、おさえきれるものではありません。早めの自首を願います。

|

ミサイルよりも虫・・・。

テレビは、北朝鮮のミサイル問題等で騒がしい。人間同士の出来レースなど、当然、猫様興味無い・・・。今一番の興味は、網戸の隙間から部屋に入り込んだ虫。ハエでも無く、蚊でも無い。何という名前かわからないけれども、大きさはハエぐらい。色は黒。頭の付近が少し赤。ハエのようにウルサク飛び回らない。猫様が、追いかけると逃げる程度。

虫は、必死。追いかけられると上に逃げる。猫様、更に追いかけて、箪笥の上に飛び乗る。また虫が逃げる。また追う・・・。楽しそう・・・。

でも、疲れると諦める。今はもう、玄関マットの上で、次なる来客を待機中・・・?

ミサイル問題、付記するなら、日米に失敗だと言われてしまったテポドン2号。失敗のままでは、都合が悪い。(売るにも売れないし・・・。)そこで、明らかに成功したと言わしめる為、もう一度撃つのか?それとも、日米の言うことなど嘘だと、成功を宣伝し通すのか?失敗というなら、もう一度撃って、「単なる失敗で、日本本土に落ちた」なんて、アクドイ手段で日本社会の混乱を狙うのか?どの道後が無い北朝鮮。日本国内の組織共々、朝鮮系勝共集団の策略により、崩壊の道まっしぐら・・・。

猫様、平和そう・・・。人間社会が平和になるのは、何時・・・?

|

民団・総連和解、白紙撤回へ・・・。

日本国内の韓国系組織である民団と、北朝鮮系組織である総連の和解が、白紙撤回された。ミサイル発射が原因だと言う。

そもそも、民族を軸に和解というロジック自体無理がある。

日本人でも、民族を軸に一般市民と暴力団が和解するなんて事はあり得ない。和解が成立するとしたら、それぞれが行うことが軸になるだろう。

民族を軸にとは、北朝鮮のロジックで、北朝鮮の利益確保の為に、騙しにかかり、懐柔作戦を仕掛け、民団の幹部が落ちてしまったから、和解となっていただけだったようだ。

韓国でも、もはやノムヒョン政権は風前のともし火状態だろう。次期政権もノムヒョンの後継者が継ぐ事は、困難だろう。ミサイルを発射してしまった事実は、消せない。

何処の世界でも、あの世とか、民族とか、「思いの世界」に騙されたり、自分への利益とか権力・立場とか「搾取を基にした不健康な利益」に執着していたり、すると、「現実的な解決」が遅くなる。

朝鮮半島問題、徹底した現実主義で、早期解決をお願いしたい。

もちろん、日本も徹底した現実主義で、不健康な物事を抑え、解消し、心底健康で、「健康だから活力が出る社会」へと早期に転換するべきだ。

百済人脈の出来レースでミサイルを撃たせ、国民の恐怖を煽り、ミサイル防衛網の早期整備を促がすのは、対中国共産党政策で、ミサイル防衛網が出来てしまえば、中共による日本国分断植民地化作戦もトーンダウンせざるを得ない。その手柄や数々の国内工作活動を元に、将来的にもずっと日本の権力者層を固定化してしまおうと言うのだから、一般市民は、怒った方が良い。

ミサイル防衛網はとにかく、二極化や、不健康な飲食物・情報等は、一掃しなくてはならない。

権力は、人に与えず、事実・現実に預けて、自虐的な人間社会は、卒業。

「働かざる者喰うべからず」とは、権力者の思い通りに動かないのなら、「褒美も食料もヤラナイ!」と言っているだけ!

現在の科学技術力・生産力を健康に活かせば、「みんな食えるのだから、自虐的なことはするな!」が当然。

本当に、平和で、多種共存が可能な人間社会を造るためには、「思いは思いで十人十色」。「思いは思いに過ぎない」。「重要な物事は、思いによる納得では処理せず、事実・現実を検証して処理」。

「他人にコントロールさせるな、されるな、自分で自分をコントロール」。・・・地球生命体細胞群の構築度の高い一塊という、自分の基本から始め、命・性別・身体・健康・・・と人間のより深部の要素から重要視し、自分で自分をより良く知り、健康的にコントロールする事が、当たり前の人間社会を・・・。

人類滅亡が決定してしまう前に・・・。もう、人類同士で、くだらない搾取競争・権力争いを行っている時じゃ無い!早く目を覚ますべき!

|

北朝鮮ミサイル発射について・・・。

北朝鮮のミサイル発射について、新たな情報が入ったので、記します。

今回のミサイル発射は、北朝鮮内に送り込んである対共産主義人脈の工作員が、扇動した「北朝鮮孤立作戦」だと言う。だから、今回のミサイルは、安全と思える所にしか向かって撃たず、「発射実績を造った事で、南北融和もトビ、世界的にも孤立し、頼りになるのは、中国共産党の極一部ぐらいになった」、つまり、工作は成功。

もし、ミサイル発射が無ければ、南北首脳会談が実現し、「南北統一宣言を行う事で、朝鮮半島の一国二制度化」を行われてしまった可能性が大きかった。ところが、ミサイル発射により、もうその流れに戻ることは不可能。孤立した北朝鮮は、話し合いによる時間稼ぎ=更なる弱体化の道・徹底した反抗=戦争への道、しか残されていない。

だから、2007or9年崩壊・・・なのだそうです。中国がどうしても北京五輪だけは、行いたいので、場合によっては、2年延びるそうで、9年もあり得るとの事。もっとも、更なる孤立を深めた現状では、後3年も持たないらしいのですが・・・。中国共産党の極一部にも見切られ、早々に片付けられ、片付いた後に北京五輪という可能性もあるそうで・・・。

日本人として、一番注意するべきは、「崩壊の瞬間で、テンコウ大脱出と国内組織」、というのは変わらないそうです。

|

資本主義の次に来るもの・・・。

第二次世界大戦は、独裁主義と非独裁主義の戦いだった。当時の日本は、独裁主義の国とは言えないまでも、軍部が力を持ち、軍部の独裁に近い形で事を進めていた。結果として、負けることが決まっていた独裁主義国の側に属させられ、最後まで残ったものの敗戦を経験した。

冷たい戦争・イデオロギー対決と言われていた「社会・共産主義と資本主義」の対立も、同様の構造だった。最初から、勝負はついていた。社会・共産主義の国々は、実質的には、「中央集権独裁国家」だった。人間社会の構築度を高める競争に勝てる訳も無く、結果として、技術開発競争にも勝てる訳も無く、科学技術による搾取合戦に、始めから負けることは決まっていた。東西対決は、西側の勝利となり、アメリカの下で西側に属していた日本は、世界第二位の経済大国となった。

現在は、グローバルスタンダードの時代だと言われている。人間社会は、勝ち残りの資本主義に、一枚統一していく道を歩んでいるようにも思える。それに、異を唱える国々は、テロ支援国家として認定されてしまう。実質的な大国で、西欧資本主義に刃向かう可能性があるのは、旧共産圏であったにも拘らず、開放政策を取り入れ、半資本主義化している中国ぐらいしかない。中国も共産党政権で無くなれば、難なくグローバルスタンダードの波に入り込むだろう。

世界は、一枚統一して行く・・・一見平和で良さそうだが、現実はそんなに甘く無い。

資本主義という、科学技術の向上による搾取競争を、続けて来た結果、地球環境は、既に限界に近づき、自然は、色々な警告信号を発するようになってしまっている。

グローバルスタンダードだと、お祭り騒ぎで一枚統一している場合では、無い。ちゃんと周囲の現実も見なくては、「人類自体が存続出来ない」状態になってしまっている。

周囲の現実を見ると共に、「自分の現実も見るべき」だろう。

どんな人でも、人類であり、人類とは、地球生命体細胞群の構築度の高い一塊に過ぎず、どんな人でも、必ず死んでしまう。つまり、死んでしまう自分を慰めるために大量のエネルギー・資源を使う事など、基本的部分では、自虐的でしかない。

このような「現実」を無視しなければ、地球環境に対する「現実的な対策」も可能になる。

金権自慰生活の為の、技術開発競争や、他者からの搾取の為にエネルギーを使うのでは無く、地球上全ての人類が「健康に存続出来る人間社会を構築すること」にエネルギーを使えば良いだけだ。

「現状の人間社会に合わせた金権自慰搾取競争に参加しない=働かざる者、喰うべからず」、ではダメで、「みんな食えるのだから、自虐的な事はするな!」と、人類全体で健康な人間社会を造れば良いだけだ。

資本主義から現実主義への転換。

もちろん、勝ち残るのは、現実主義。万一、資本主義が勝っても、地球環境は限界を向かえ、戦争となり、人類滅亡となってしまうのだから、資本主義の勝利は、無に帰すことになる。無駄なのだ。

一般市民による現実主義革命・・・。現在既に、その胎動は始まっている。自慰物質に囲まれている現状権力者・成功者は、実感が持てないだろうけれども、そのような人たちの生活は、無に帰す。同胞から搾取し、地球環境に多大な負荷をかけ、自虐的な自慰を行うことなど「無意識レベル、地球生命体細胞群レベルでは、誰も頼んでいない」。

そんなことに自らのエネルギーを注ぎ込み、自由だ!競争だ!と嘯き「現実逃避」している人々は、負けが決定している。

過去の歴史でも、人間社会の構築度をより高く保てるシステムが、勝利を得ていて、それは「必然」だった。

グローバルスタンダードだ!競争社会だ!と、偽りの平和にうかれる前に、一度ジックリ考えて頂きたい・・・。

「資本主義から現実主義への転換」は、出来れば、「無血革命」であるべきで、「より早い程」、地球環境への余分な負荷も防げるから、人類の存続も容易になる・・・のだから・・・。

|

北朝鮮ミサイル発射・・・。

テポドン2を含む、北朝鮮のミサイルが次々と発射された。6発とも10発とも言われている・・・。平壌宣言等を無視し、ギャンブルに出て、実質的な暴走・崩壊の速度を速めた北朝鮮。

実質的には、アメリカが共和党政権では、もう持たない、最後に一矢を報いて、重要人物は、テンコウ大脱出の如く、他国へ・・・、のテストだろう。いきなりミサイルが大量に売れるとも思えないし・・・。

益々、2007年崩壊説の可能性が濃くなって来た。

一応、テポドン2の一段目のテストを終え、日本国内組織に対するメッセージも発し、着々と事を進めている。平和ボケの日本人は、朝鮮学校の生徒を万景峰号から下ろす為、接岸を認めてしまったが、これで、北朝鮮の指令は国内組織まで直ぐに届いてしまう。

日本にとって一番大切なのは、先ず、国内組織の摘発・・・共謀罪不成立であることが本当に悔やまれる・・・。

一般市民の立場では、先ず飲食物・空気に注意。

不味ければ、飲まない・食べない。臭ければ、窓を閉める・その場から遠ざかる。周囲の変な人たちにも、注意。工作活動させないように・・・。

ミサイルが発射されてしまったのだから、国内組織にも十分に注意。

|

実名報道裁判、無期懲役、被害者父親激怒・・・。

被害者の父親が、「性犯罪の抑止になるのなら・・・。」と実名報道を希望した女児暴行殺人事件について、判決が出た。無期懲役だった。

被害者の父親は、判決後の会見で怒りを顕にした。(気持ちは、わからない事もないのですが・・・。)

しかし、それは当初の「性犯罪の抑止」という観点からすると、効果を薄めてしまう結果になってしまっているのではないだろうか・・・?

被告が反省していないと怒る前に、「自分の娘を守れなかった自分を、反省している事が、明らかにわかる言葉を述べ」、「被告のような人間を生み出してしまった人間社会の一構成員であったことに対する反省が、明らかにわかる言葉も述べ」、「今回の犯人を生み出してしまった現状社会の問題点を説明し、それを直していく意思が、明らかにわかる言葉を述べ」、た後で、「被告にも『応分の』反省を求めれば」、言葉には、本当に迫力があり、被告の心も動かせたかも知れない。

しかし、自分の立場から、タダ怒っても、相手も自分の立場の論理で事を進めるだけだろう。反省を演じ、心の底では、自分だってこんな世の中の被害者だ!という思いを抱きしめ、ヒタスラ減刑を求めるために、数々の演技をこなして行くだけだろう。演技なのか?本気なのか?を明確に分け認定する方法など無いに等しい現状では、演技でも、効果が取れてしまうだろう。

結果として、本当の更生など、更に遠くなってしまうのでは・・・。(本音を友人への手紙に記し、演技を抑えていた広島母子殺人事件の犯人の状態の方が、実際は、更生し易いもの・・・。ところが、そちらは、演技が少なかったせいで?死刑の方向に向かってしまっている・・・。)現状の司法制度とは、宗教的解決法(思いによる納得)の域を脱していない、非常に未熟なシステム・・・。

他の性犯罪者予備軍とされる人々も、同様だ。

被害者の父親が、表面的な自分の立場で、タダ怒るだけなら、犯罪者も、犯罪者の論理で生きようとするだけだろう。結果、せっかく実名報道を訴え、マスコミに自分の意見が載せられる立場を得ても、当初の「性犯罪の抑止」とは、程遠い状態となってしまう。

もし、当初の願いが「性犯罪の抑止」では無く、「犯人の死刑」だったのなら、世論を煽り、死刑容認の雰囲気を演出するためにも、怒ることが効果的なのでしょうけれども・・・。それなら、最初から、ハッキリ「犯人を死刑にすることを目的に、愛娘の受けた被害を公表し、実名報道を希望している」と言った方が良かったと思う。

それでも、「自分が、愛娘を守れなかった現実」や、「犯人のような人間を作り出してしまう人間社会の一構成員である現実」からは、逃れられない・・・。

怒る感情は、無意識からも出ている。一度、冷静に、自己の無意識を見つめなおして頂けたら・・・、もう少し冷静で、実効のある言動も発揮出来たのでは・・・?(当事者には、酷な苦言であることを、十分承知の上、敢えて記します。何故なら、マスコミを利用しようとしているからです。マスコミという、大衆周知が出来るシステムを、感情論で動かしてはなりません。)近隣周囲の方々のご協力も大切・・・。

健康な人間社会への転換の為にも・・・。

|

自宅放火事件、連発・・・。

これだけ、自宅放火事件が連発するのは、何故か?「現状脱出の手段として、その手がある・・・。」という情報を与えても、「それは、自虐的な行為であり、自虐的な行為を犯さなくても『現状の問題点をキチンと告発し、具体的な対策を述べ、現状をより良くして行くから、安心してくれ!』と、無意識まで落ち着く情報を」与えない現状のテレビ・マスコミ・・・。

もっとも、自分たちが不健康な社会の歪を造る役割をこなして、権力者からオコボレを貰って金権自慰生活に溺れているのだから、当然、無理・・・か・・・。

多くのワイドショーで、芸能人が起用されているのは、「お手盛り」以外の何物でも無く、業界に溢れているお金は、自分たちのお仲間で上手に分けてしまおうという発想は、官僚や政治家と全く同じ。

一般庶民は、そんなお手盛り連中ご推薦の芸能人を、仰ぎ見てあり難がっていると、しっかりマインドコントロールされてしまうだけ・・・。

どれだけ多くの芸能人情報を知っていても、自分の基本や、健康的に自分をコントロールすること等を知らなければ、自己制御不能状態に陥ってしまう可能性も高いままで、環境次第では、自宅放火の犯人となってしまう人間だって出てしまう。

芸能人情報に現実逃避する前に、それらの情報を得ていれば、「芸能人の実体もより深くわかり」「芸の無い芸能人や、訳も無く出続けている人々の裏」等を感じ、現状のような放送を見れば、気持ちが悪くなるのでは・・・?

大衆にお手盛り状態を見せ続けていると、またまた色々な事件を量産してしまう後押しになるのだから、この程度の事さえ知らなければ「無知集団」で、知っていて行っているのなら「確信犯の工作活動」。日本に犯罪を多発させる後押しをするのなら、日本を愛する日本人では無く、何処かの国のヒモ付きのマリオネット!?国名は・・・?ビックかな?北かな?中かな?それとも、アかな?

ワイドショー、日本を愛する日本人は、何人出ている・・・?

芸能人、芸のある芸能人は、何人いる・・・?

俳優・・・演技が上手い人たちは、何人いる・・・?

歌手・ミュージシャン・・・ちゃんとうたえたり、演奏できている人たちは何人いる・・・?

日本の現状の器の中だけしか見聞きしないと、上手・下手が判りづらいと思いますから、世界の上手を見聞きすることをお奨めします。サッカーのレベルの差より、ずっと、ずっと大きい・・・かも・・・。

日本人でも、テレビに出ている人たちよりも上手な人たちだってタクサンいます。利権団体だから、利権に反する者は入れないだけです。大衆が、利権団体をあり難がって見ている可笑しさ・・・寒~!!!

|

橋本元総理死亡(2)・・・。

橋本元総理の死亡について「現代流腹切りだ。」と、表現した方が適切なのでは・・・、と思える情報が揃って来た。

ヘビースモーカーであったということは、「自己懲罰」が強い状況で、尚且つ、内臓の病は、無意識のストレスによるものが大半だという説もある。

何故、「そんなにストレスが多大だったのだろうか?」

橋本氏は、政治家のわりに「真面目で実直な本質をお持ちだった」のだと考えられる。

結果として、現状政治の病的な一面である「ドロドロとした権力争いや、是々非々で事を進めることが出来にくい状況」などは、氏にとって「多大なストレス」であったに違いない。

現状のような政界で、「ストレスも感じず、活き活きと現状適応してしまっている人たち」は、ある意味かなり重篤な病気だ。しかし、真面目で実直な橋本氏は、無理をして真面目に「現状適応」を続けられていたのだろう。

「本当の自分を欺く事に対する無意識の後ろめたさ」が、ヘビースモーカーとして自分をイジメ、内臓にも多大なストレスを与え続けていたに違いない。その上、工作物質的飲食物で更に無意識のストレスを多大なものにされていたのなら、それは、正に耐え切れる物事では無い。

更に、日歯連一億円闇献金問題が表面化してしまい、もはや無意識では、「腹切りで責任をとるしかない」というような状態となり、お亡くなりになったのだと推定出来る。

現状社会に無理にでも適応し、立場を得て、少しでも改善しようとしたのか?それとも、金権自慰の為の利益を自分のところにかき集めようとしたのか?実際の政策の功罪等・・・、は、色々な意見があると思う。

しかし、病的な現状に活き活きと適応してしまっている人たちよりは、ずっとマトモな一面を感じさせられた事も事実だ。

日本国民としては、中国共産党や、韓国現政権、北朝鮮等と仲が良く、尚且つ、活き活きとしている人たちよりは、ずっと、ずっと、健康的に感じる。病気でお亡くなりになっていても・・・。(皆様、ご自身の健康をご自覚下さい。お亡くなりになった方以下なら・・・、崩壊して行く物質になってしまう日は、近いかも・・・。)

|

自分の事は棚に上げる人たち・・・。

オウムのような教団組織が作られてしまったのは、何故?

小学生を惨殺して、死刑を希望し、死刑になった程、「この世の中が嫌になった人間」が生じてしまったのは、何故?

どちらも、現状社会が作り出している事です。冷静に考えれば、現状の人間社会を構成している全ての人に、責任の一端はある事だ、と言えます。

ところが、多くの人たちは「そんな事まで自分の責任と言われたら堪らない・・・。」と、「遠くに与えている影響は無視しよう」とし、「犯罪を起こした者たちが、悪い=不良品だ。」と「自分の事は棚に上げ、責任の全てを相手に擦り付け、現状のままの自己を正当化しよう」としてしまいます。

それでは、全く、問題の解決には、なり得ません。

自らが発し、遠くに歪をもたらし、犯罪者を作り出すエネルギーは、「新たな犯罪者を作り続け」ます。そして、また、言うでしょう「死刑にしろ!」・・・と。

もちろん、一人の人に「全責任がある訳ではありません」。しかし、現状の社会を構築している一員である以上、応分の責任はあります。

日本の人口は、約1億3千万人です。つまり、全く何の要素も考えずに、等分で割ったとしても、「死刑=人殺しに対する責任は、約1億3千万分の1は有り」ます。

実際は、社会に影響力を発揮出来る、年齢・立場・行動・仕事の内容・生活状況などを考慮するべきですから、赤ちゃんなら「責任無し」、大人で、社会的立場も有り、搾取を行い、社会に不公平・不平等感をばら撒いている人などは、ずっとずっと「責任が大きく重い」ものです。「死刑=人殺しの責任があるのです。」

ところが、自分たちが作り出している、不公平・不平等・搾取などの病根の影響は無視し、犯罪者の資質の問題にすり替えてしまえば、「思いの上」では、責任を逃れられます。多くの人たちは、この「思いのゲーム」が大好きです。

だから、自分の事は、棚に上げ、自分の作り出している影響は「無視して、或いは『みんな一緒でしょ・・・。』とばかりに、勝手な正当化を行い」「犯罪者を作り出すこと」を止めません。

みんな一緒では、無いのです。みんな一緒だと「思った方が自分に都合が良いから」そう思いたいだけなのです。

宗教法人を特別扱いし、より効率良く搾取出来る立場を、競争で争うような人間社会では、「そんな自虐的な人間社会は嫌だ!」という無意識の欲動は、どんどん蓄積され、「自己制御不能状態に陥った人」のうちのある程度の割合の人が、犯罪を起こしてしまう、という状態は解消出来ません。

犯罪者となってしまった人は、「現状を脱出したかった」のですから、ある程度頭も良く、自覚を持てる人なら、何人もの小学生を殺し、自分を死刑にさせ、「世の中に一石を投じると共に、嫌な世の中とオサラバする」なんて、超自虐的な行動でも起こしてしまう可能性があります。

現在のように科学的情報も豊かで、物質も豊かな社会では、オウムのように出来の悪い集団でも「サリン・VXガス程度」は作り出せてしまい、あのような事件も起きてしまいました。

今後、現状のような状態を続けるのなら、体力的弱者を何人も殺す超自虐的な犯罪者や、嫌いになりきってしまった現状の人間社会を、例えば、街ごと、或いは、地球ごと、オシマイに・・・、なんて人間が出ても何の不思議もありません。

自省するなら、早いうちです。次の事件が起きれば、新たな犠牲者が増え、どうせ死ぬのだから、ついでに自分に対して悪意だらけだった世の中も消してやる・・・、という者が、本気の超自虐的行動を起こす前でないと、自省も出来なくなってしまいますから・・・。

自分の事を棚に上げて、不良品の如く死刑!で、溜飲を下ろした「気分」になっている場合じゃないのですけれども・・・。もう、既に・・・。

|

ハエは遊び相手・・・?

ウチの網戸は壊れている。時々、虫が入ってくる。今日は、ハエが2匹入って来た。猫様ニャ~ァ?と声を上げ、一生懸命追いかける。ハエも必死だ。部屋のはじからはじまで、逃げ回る。

猫様とっても楽しそう・・・。

しばらく続いた追いかけっこの後、ついに一匹捕まえた。・・・下に落として、前足で転がしている。・・・しばらくすると、今度は舐め始めた・・・!(ハエ食べるの!?・・・)口に含んで吐き出すを繰り返す・・・。(美味しくないと思うのだけれども・・・。)

結局食べずに、ハエは床に・・・。(南無~・・・。)紙に包んで捨てました。

猫様、ハエ退治出来るじゃん・・・。(サスガ元野良・・・。)

でも、一匹残っていて、口に含んでいたことを思うと、正直、複雑・・・・・・。

|

橋本元総理死亡・・・。

橋本元総理が亡くなった。多臓器不全だという。旧経世会の大物と言われている人物が、次々と良く判らない状態で死亡している。(金丸氏)・竹下氏・小渕氏・橋本氏・・・。

小渕氏は、順天堂大学病院で、専門医のいない中、丁半療法にかけられ失敗。竹下氏は、何だか良く判らない病名でジワジワと真綿で首を絞められる如くお亡くなりになった。今回の橋本氏も同様だ。

いったい何があるのだろうか・・・?彼らの死でメリットを受けているのは誰か?どのグループか?を考えると・・・。

色々な策略・仕込みが簡単なのが、同グループ内。例えば、日本歯科連盟問題でも、橋本総理が無くなってしまったということになれば、必然的に捜査・追及は弱まってしまう。追求が底割れして、予想外の被害をもたらしてしまったら、困るのは誰・・・?

旧経世界で、政界引退後も、未だに元気な野中氏(北朝鮮人脈があると言われている)は、どうして元気なのか?野中氏は、小渕政治を気に入っていたのか?竹下政治はどうだったのか?

一般市民でも、思わず、色々と考えてしまう状況になったことだけは確かなようで・・・。

それにしても、元総理死亡の割には、報道がオトナシイ・・・。

|

それでも、地球はまわっている・・・。

ガリレオ時代の人々は、「思っていた事」が全てだったのでしょう。「現実より思いを優先した人々」は、「思いを否定されることに大きな抵抗をして」「現実を紹介した人間を裁判にかけ裁くという大いなる罪」を犯してしまいました。

しかし、実際は、「思いは、現実には勝てませんでした」。(当然ですが・・・。)

このような、歴史的な事実=教訓があるにもかかわらず、現在でも、「思いの世界に生きている人たち」も少なからずいます。

例えば、丸ごと一人の死後の世界などというのは、その筆頭でしょう。「現実的には、人間の生死は細胞ごとに起こって」います。だから、人間は成長出来ますし、イキナリ死んでしまうのでは無く、老化し、死後も髪の毛や爪が伸びたりします。だから、もし、霊魂なるものを仮定するとしても「細胞ごと」ならまだ現実的ですが、丸ごと一人の霊魂など在り得る訳もありません。

ところが、人々は自己のアイデンティティーを「丸ごと一人の自分」として持っている「心理的」側面もありますから、その「思いのままに」、丸ごと一人がいっぺんに死ぬと「思い」たがってしまいます。

丸ごと一人の霊魂とは、人の心が作り出している「思いの世界」以外のなにものでもありません。

ところが、それを「商売に利用(悪用)」している人々もいます。当然、利権が発生しますから、利権維持の為に情報を制限したくなるものです。権力者が情報を制限すれば、大衆は、「科学的事実の情報」を得辛いのです。現状では、結果として、テレビ・マスコミ等で、死後の世界を利用して、人の心の問題等を扱う人々が、重宝されてしまっています。

まるで、ガリレオの宗教裁判の時代のように・・・。

これは、明らかに罪です。将来的には恥になることです。テレビ・マスコミも自らを自省し、正しい情報を流すことをお奨めします。

それでも、地球はまわっている・・・。(ガリレオ)

それでも、人の生死は細胞ごとに起こっている・・・。(科学的情報を普通に得られている人々)

|

搾取が何故悪か?解らない人へ・・・。

努力による格差は、善であり、搾取による格差は、悪である。・・・それは、人間社会を健康なものに導く為の一つの重要な要素です。ところが、未だに搾取は悪だとわからない人たちも少なからずいるようです。

人類の歴史をふり返って見ましょう。

正に、武力による搾取の歴史です。だから、搾取は必然だなどと、短絡的に考えてしまう人たちがいます。しかし、それは、「現実が見れない重篤な病気状態」だから可能な事に過ぎません。

現実はどうなって来たのでしょうか?

武力による搾取の歴史を重ねてきた人類は、気が付けば、武力による搾取はもう出来ない状態となりました。何故なら、数十年も前に、原水爆という破壊兵器の実用化に成功してしまったからです。本気で武力を使えば、人類全体が危機的状況に置かれてしまうことは、もはや明白です。

武力による搾取は、武力の脅しによる搾取として姿を変えました。

その搾取構造を都合良く動かす為には、貨幣経済体系が有効です。通貨により、「価値の差をつければ」、それは、格差に直結しますから、簡単に搾取が出来ます。安い労働力を得、安い原材料を得る事が出来る「武力大国=科学技術大国」は、現状人間社会の勝ち組と言っても良いでしょう。

ところが・・・。

この搾取構造にも限界が近づいています。環境問題です。経済活動先進諸国が、自分たちの「思い」のままに「開発競争=搾取競争」を繰り広げて来た結果、地球環境は激変し、温暖化という「危険信号」を発するまでになってしまいました。

もはや、人類は「経済原則の搾取競争に明け暮れている場合では無い」のです。

このままの状態を続ければ=経済に重きを置き搾取を続ければ、数十年後には、人類同士、逃げ場の無いサバイバル競争を行わざるを得ない事になってしまうでしょう。つまり、戦争になる可能性が大です。

理性で核の使用を抑えられるのは、最初の内だけです。或いは、勝ち目の薄い方が、起死回生を狙って、イキナリ全面核攻撃!だってあり得ます。第二次世界大戦時の日本軍の真珠湾攻撃も、同じようなロジックですから、そのことを考えれば、少しは実感出来るのでは無いでしょうか?

この道を避ける為には、「搾取は悪である」という当たり前のことから、紐解いて行くことです。先進諸国が、搾取から共存への転換を行えば、戦乱の世は間違いなく避けられます。自慰に明け暮れている場合じゃないのです。

マイクロソフトのビルゲイツも引退を決め、慈善事業に専念する?意向のようですが、「吸い上げた異常な利益を還元するだけ」では、オカシナ状況は是正出来ません。合わせて、搾取を止めることです。

この程度の、人類として、人類を未来永劫存続させていく為に必要な知識は、人類なら当然、持っているべきでしょう。

搾取する為により有利な立場を争う競争社会など、近未来には、「そのままならば、人類滅亡を導くだけで、人類が存続していくのなら解消されていく物事」ですから、その為の現状適応優等生を量産する教育などは、「空しい」物事です。空しい物事の為に重要なエネルギー資源を使用することは、必要以上の自慰の為に無駄使いをするのと同じで、今すぐにでも止めるべき物事です。

学校でも家庭でも、空しい物事は止め、実感のある楽しい物事で満たしていけば、人間社会も健康になり、活力が出てくるものです。現状のような経済成長と金権自慰生活で、心底満足し、活力が出てくる人間など、自分さえわからない狂人以外の何者でもありません。狂人だけが元気で、普通の人々が不満だらけで現実逃避を追い求めているなんて・・・、何と言う自虐的な人間社会なのでしょう!何と言う自虐的なことをやっているのでしょう人類は・・・!

搾取で得た利益など、近未来には「無に帰して」しまいます。目を覚ますのは、今のうちなのですけれども・・・。

|

ワールドカップ、ベスト4出揃う・・・。

日本が敗退した後も、レベルの高い好ゲームが行われているワールドカップ。ベスト4が出揃った。ドイツ・イタリア・フランス・ポルトガル。

ところで、ワールドカップに熱狂していた人たちのうちに、どのくらい「サッカー好き」がいたのだろうか・・・?タダ単に、日頃のストレスのカタルシス的解消を求め、「自分が同一視し易い」日本チームを応援し「勝ち」を求めていただけ、の人たちが多かったのではないだろうか・・・?

本来、スポーツゲームの勝ち負けは、「単なる一要素」に過ぎない。あくまでスポーツなのだから、殺し合いのように勝った方しか生き残れない訳でも無い。資質さえ具えていれば、何回でも、復活出来る。

スポーツにおいては、勝ち負けよりも、選手のプレーそのものに大きな魅力がある。プロの選手の業は、身近で見れば本当に迫力がある。サッカーにしても野球にしても、テレビの画面では、実感出来にくい事だけれども、例えば、キャッチボールをしたことがある人が、プロ野球一流投手の球を身近で見れば、その球威の凄さにあらためて驚くだろう。サッカーも同じだ。フィールドで、パスワークやシュートを見ても、その迫力は凄まじい。

スポーツ好きなら、勝ち負けよりも、サッカーならサッカーの魅力あるプレーを楽しんだり、自分でトライしてみたりすることに、主たる面白みを感じるだろう。ゲームの勝負というのは、二の次、三の次で、スポーツ自体を楽しもうとするだろう・・・。

ところが、拝金自慰情報に毒されていると、カタルシス的効果を追い求め「サッカーの魅力はわからなくても、勝負に拘ったり」、サッカー好きを自称していても「勝たなければ仕方が無い=強くなければ高く売れない=高給取りになれない」とサッカーが好きなのか?高給の取れる可能性のある立場が好きなのか?わからない人々が数多く出来てしまう。

日本が敗退した後も魅力ある試合を見続けていた人たちの中に、どれだけ、本当のサッカー好き・スポーツ好きがいたのか?興味のあるところだ。

テレビ画面の勝負に日頃のカタルシス的効果を追い求めるより、気持ち良く、自分の身体を動かした方がスッキリするのでは・・・?或いは、日頃、身体を酷使されている方は、温泉にでも浸かって、身体をリラックスさせた方が、気もち良いかも・・・?

|

木下あいりさん、実名報道、性犯罪とは・・・。

広島での女児暴行殺人事件、被害者の父親が「性犯罪の抑止になるのなら・・・、」と実名報道を希望し、記者会見を開いた。

事件の実体を公表することで、現状の大衆心理では、「犯人に対する憎しみの増加」が起きる。それは、「一番表面にあること」に過ぎない事などお構いなしに、犯人をひたすらスケープゴード化し「不良品の如く廃棄=死刑」を望む世論が盛り上がっていく・・・。テレビ・マスコミもその後押しに忙しい・・・。自省する事無く・・・!!!

ハッキリ言えば、「犯罪者は造られている」。現状の人間社会によって・・・。その現状の人間社会における、ある程度のメリットが、自分のところに来ているからといって、無防備に現状の社会を支持している人は、「犯罪者を造る手助けをしている事」を、「自覚」しなくてはならない。

性犯罪とは、「人間の深部の欲動が不健康な状態で、尚且つ、自己制御不能状態に陥ってしまった」人が、起こしてしまう犯罪だ。

何故、不健康な欲動が形成されてしまうのか・・・?何故、自己制御不能状態に陥ってしまう人が出てしまうのか・・・?現状の人間社会には、自省するべき点が山ほどある。

多くの性犯罪者は、不健康な欲動が形成される可能性の大きな環境で育ち、更に、現状人間社会から理不尽で多大なストレスを受け続けているうちに、「現状脱出エネルギーが爆発」し、自己制御不能状態となり、犯罪を起こしてしまっている。

現状の人間社会が造っている「不健康な欲動が形成されてしまう可能性の大きな環境」や、「言われ無き、不公平・不平等・搾取などの社会的不備」などを是正しない限り、同じような人間は造られ続ける。いくら捕まえる事が出来た犯人を「不良品の如く廃棄=死刑」にしようとも、大幅に「性犯罪の抑止」が出来る事には繋がらない。

無意識の現状脱出欲動とは、「理屈を超えたものであり、ひとたび自己制御不能状態に陥ってしまえば、犯罪を行えば死刑だとかいう理屈は、何処かへ追いやられてしまう」のが、実体なのだ。現状社会の恩恵に与り、安穏と暮らしている人間の感覚で「思っていること」と、実体は程遠い。

性犯罪の抑止を本当に行いたいのなら、「言われ無き不公平・不平等・搾取等の現状人間社会の不備を是正」することと、「自分の基本から知り、自分で自分をコントロールしていく為の情報・教育の流布」などを行うべきで、タダ単に「大衆感情を煽り、死刑容認世論を導き出す」だけの、実名・実体報道など、行っても効果は薄い。

しかし、現状社会の権力者は、そのような方向へ世論が向けば、「このままの社会でいいでしょ・・・。」という話になるのだから、大歓迎でしょう、けれども・・・。

そんな、実利のホトンド無い方法で誤魔化し続けていると、人々が、自らの内に保持している無意識の現状脱出エネルギーは、どんどん蓄積され、近未来においてかなり高い確率で、戦争を呼び込んでしまう。

一人でも多くの人が、「自覚を持って」頂けることを、願って止まない。

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年10月 »