« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

自滅への道を選択した安倍総理・・・。

自民大敗となった参院選。それでも辞めない安倍総理。誰も手を上げない敗戦処理総理の座を否応無しに続けるだけ・・・。

改革と嘯く「アメリカ人大金持ちと官僚(同類・お友達)の利権保護」政策を、「一日でも長く、一法案でも多く」通すことがお役目の「御輿の上のボンボン」は、

疲れた泪顔で報道陣に答えた映像を全国ネットで流されても、辞めない。否、辞めさせてももらえない。

シンスケ同様「利益製造マリオネット」は、壊れるまで扱き使われる奴隷でもあるのだ。(本人に自覚さえ無い場合も多いが・・・。)

シンスケの場合は、マダマダ不動力の優位性があるテレビ業界の圧力で見せ続けられ「根負けした視聴者」が、「押し出されてズルズルと容認」する状態となったが、

安倍総理の場合は、「自民党崩壊度の目印」を自ら大衆へ提供し続ける役目を選択するという「惨めな道」へ乗せられてしまった。

現状の自民党には現状のテレビ業界程、不動力が無い。

力比べをすれば、押し出されるのは一般大衆では無く自民党である。

自ら自民党の壊れ具合を示す針となる総理は、惨め極まりない。

陰で操る現状権力者にすれば、基から「自民で誤魔化せない時の為の民主」だから、自分たちのお友達である小沢や鳩山が実権を握っている限り何の心配もしていない筈だ。

むしろ「安倍惨劇」を、ホラー映画を楽しむ如く楽しんで見ているのでは・・・。

安倍が壊れて、民主の仕込みが熟成出来た後、新たな人寄せパンダマリオネットが登場して、瀕死で第二党となっている自民党が復活・・・となる筋書きだろう。

現状権力者たちからすれば、どちらに転んでも大丈夫なように民主の中に仕込んである仕込みを熟成させる為の「自民大敗」でもあるのだ。

一般大衆の立場からすれば、菅氏や民主若手に頑張ってもらい、ちゃんと一般市民の為になる政治を行ってもらえるように、「監視の目を緩めず」「現状権力者たちの工作活動を明るみに出し」・・・て、行くことが重要だ。

「アメリカ大金持ち発、官僚・政府立法国家」から、「大衆の目に明らかな日本国議員立法国家」へと変換させない限り、民主主義の入り口へもたどり着けない。

小泉のように「北朝鮮・中国などの不安外国」に注目させ「ナショナリズムを煽り」、その裏で「アメリカのお金持ちに都合の良い法律を立法しまくる」「似非愛国者の姑息な詐欺的手法」に何時までも誤魔化され続ける程、日本の一般大衆はおバカでは無い。

民主党がチャンと国政調査権を行使して、官僚どもの膿みを出し切るのか?どうか?・・・、根っ子のアメリカ大金持ちたちの思惑まで暴露出来るのか?どうか?・・・。

出来るようになったのに、チャンと仕事をしなければ、非常に荒っぽい手段の出番となる。

|

年金とは、法治国家の国民として大金持ちや大企業の利権保護などを含む法律体系に従って暮らして来た者への「当然の代償」であることを忘れてはいけない・・・!

参院選の争点は何だ?国家像だと嘯く人々がいる。

ダイタイ、今時、道徳などという旧来の思いによる納得法を持ち出す「頭の古い」人々に、ちゃんとした「これから先」の国家像など、考えられる筈が無い。

だから、国家像だと嘯く人々は、大衆を現実逃避させたいだけなのだ。

何の為に?

言うまでも無く、権力維持の為である。

歴史を見れば明らかなように、悪政によるストレス状況を造り、民族とか、国家とか、・・・自己や人間に対する情報が十分では無い誰もが「思いの上で」縋り易い自己のアイデンティティーを持ち出して「大衆を誘導」し、戦争までも行って来たのが、数多くの「権力者」たちである。

逆に見れば、そのような方向へ大衆の意思を向かわせる人々は、大衆の命など大切に思っていないのだ。

現在の「不出来な」政治家たちに国家の未来像を構築させるような愚かなことは、誰も望んでいないのでは・・・?

だから、不出来な政治家でも悪政の後始末くらいは出来るだろう・・・と、年金問題が一番の争点になるのは、当たり前なのだ。

「年金とは、世代間相互補助の社会保障だ。」という「きれいごとの刷り込み」に誤魔化されてはいけない。

年金とは、法治国家の国民として、「産まれながらに、数多くの権利を奪われ」「産まれながらに、社会的立場の差別や格差を強要され」「大金持ちや大企業に有利な法律まで含む法の下で、法に従い生活して来たこと」への「当然の補償」なのだ。

そうでは無いというのなら、歴史上も多くの事例がある通り、「気に入らないやつ等を殺し、権力を奪う」人々が続々と出ても、何も文句は言えないことになる。

基礎年金など、税金で当たり前だ。補償なのだから!

|

せっかくだから、基礎的なお話を・・・。

せっかくだから、この世界についての基礎的なお話を・・・。

この宇宙の最初は、何だ?と言えば、「この宇宙の時間がスタートしたこと」である。

時間とは、「実体のあるエネルギー」なのだ。(時間エネルギーの無い空間では、物質も存在出来ず、大きさも意味を持たず、エネルギーが在っても変化出来ないから意味が無い・・・、つまり、全ての基である時間エネルギーが無い空間こそ「真空」というべき空間なのだ。)

この現実を無視し、「時間はスケールのようなもの」として「物質だけを扱う」と宇宙やこの世の空間を実態把握出来なくなる。

実際のこの宇宙では、「時間からの遅れが、時遅場を作る」。これが「ダークマター」と巷の物理学者がノタマウものの正体だ。

ダークマターは基本的にエネルギー場であるから、本来、物質が検出される必然性が無い。

ところが、時間をスケールとして見ている頭の固い人々は、物質を追い求めている。

重さとは、「時間からの遅れ」である。

だから、ダークマターも重さを持つ。

物質の誕生には、必然性がある。

「時遅場のエネルギーが局所的にある程度以上大きくなる」と、エネルギー場としてでは存続出来なくなる。その様な場合どうなるか?と言えば、エネルギーは局所で渦を巻き粒となる。物質の誕生だ。

このような条件を満たせば良いだけなのだから、物質には数多くの種類がある。

当然物質となれば、時間からの遅れも大きくなる。重さも増すのだ。

時間からの遅れの場の形が重力を司っている。(そこに象徴的なエネルギーピークを見出し、物質のやりとりだと見なすことも可能だが、場は場として捉えた方が実体に近い。)

時間上の一点と共に移動出来るくらいのエネルギーだと重さが無い。

光等の電磁波は、粒に見立てることが出来るが、実際は、エネルギーピークに過ぎない。

ピークが大きい程、周囲の時間エネルギーとのぶつかり合いが多くなるので振動数が増すのだ。

通常の物質は、「局所に集まることで、時間による周囲からの押さえつけが、物質間の時間による引き裂きに勝り、強く結び付く」。

局所に集まって重さを増した物質の周囲には、小さいが強い重力場が出来る。

重力場と時間との間を補完する形で、電場が出来る。

電場がある程度以上大きくなると、電子が発生する。

電子からの遅れで、磁場が出来る。

・・・と、なっているのだ。

だから、時間からの遅れを制御すれば、重力コントロールが可能になり、

時空を突き抜ける方法を考案すれば、時空穿孔機を作ることも出来るのだ。

あまり詳しく書くと、おバカが下手な真似をするかもしれないので伏せておくが、時空方程式に測定値を代入し・・・と、続ければ、時空に穴を開ける方法だって意外と簡単に解ってしまうのだ。

この程度の情報を開示すれば、嘘の遠吠えと実体のある物事の差ぐらい、まともな知能のある人々には、解るでしょ・・・。

ダイタイ、精神構造問題だって、細胞ごとから考えていなかったくせに、

自分たちの遅れも理解出来ないのか?

おバカな学校で「前例ばかり」「覚えている」から、古人化し頭がカチカチになってしまうのだ。

ホントに自覚の無い人々は・・・!!!

|

企画モノの話しをすると・・・。

企画モノの話しが出ると、情報を集め(盗み)、資本力や人脈で先駆者利益や名誉等を得ようとする愚か者たちが出ることがある。

今回の当方の企画については、根無し草が頑張ったところで表面を真似るのが精一杯だろうし、情報の出所も直ぐに解るので、愚かなことを考える人は居ないだろうが・・・。

ただし、今回のことで万一のことがあれば、そのような行為を行う生物には存在価値が無い・・・と、時空穿孔機の出番となる。

おバカな物理学者が何と言おうが、この宇宙の基本は時間エネルギーであり、重さとは時間からの遅れであることなど・・・など・・・を、

理解し、それを基に色々な物を考案・製作している者たちが居る・・・。

今のところ、大雑把な制御しか出来ないから、地球生命体細胞群に見切りを付けられたら、丸ごとハイさよなら・・・となってしまうのだ。

引き続き、正規の連絡は、資質次第で歓迎だが、盗人はオトナシクしているように、念のため、お知らせしておく。

|

人類滅亡を避ける方法・・・。

未だにアメリカのポチで無い政権を頂くと、海外投資家が引き日本の景気が悪くなる・・・と言った守旧論が多いのには驚く。

そんな事を行っていれば、間違い無く、人類滅亡だ。

日本だからこそ出来る文化・芸術・技術がある。

例えば、環境技術は先進国中の先進国だ。

アニメ等のツールもそうだ。(ただし、こちらは訴えるべき内容が未だに伴っていない場合が多いので、現状では多くの場合、現実逃避の受け皿としてしか機能していないのが問題だが・・・。)

最新のアメリカ製の戦闘機など無くても国防は十分に可能だ。(因みに、スティルス性だって、どうせ、帯電させているダケでしょ・・・。どのような帯電状況が一番電波を反射し辛いのか?素材は?・・・と、調べていけば、どの国だって開発可能だろう・・・。)

何故なら、アメリカは日本へ攻め入ることなど出来ず、国防対象となる国々は、技術的に2世代は遅れている。

おまけにもはや人類、本気で戦争など出来ない。(すれば、温暖化どころの話しでは無くなる。)

現在の日本人が率先して行うべきは、地球生命体細胞群の永い存続を可能にする為の「情報の流布」「技術の開発」「必要製品・食料等の製造」である。

自分のことさえ満足に理解出来ない人たちは、「自分の行っていることの意味」さえロクに理解していない。

例えば、何故、名誉や地位を欲しがるのか?・・・と言えば、

実体としては、生命体としての本能である「自己確認欲動」に突き動かされて、動き始めさせられている自分が、

「頭の中の思いの処理」で、周囲からの自己に対する「肯定反応を固定化しようとする浅知恵」を加えるから、そのような欲動として認識されているのだ。

この程度の自分のカラクリも理解せず、「頭の中の思いの奴隷」と化すと、

巷によく居る自称、もしくは、現状巷論では、「向上心に突き動かされている行動的な優等生」・・・となる。

ところがそれは、実体としては、「自己に対する理解さえ不十分な未熟な人」に過ぎないのだ。

何故、未熟か?も一応記しておこう。(多くの人は、上記の情報で理解出来ると思うが・・・、)

先ず認識すべきは、「自己確認欲動は全ての人にある」という現実だ。

お互いが、自分の頭の中の思いの奴隷となれば、「どちらが肯定反応を独占するか?もしくは、どちらがより優位な肯定反応を得るか?」の競争となる。

これが、競争社会の根底で蠢いている「自己に対する理解不足という怪獣」だ。

言うまでも無く、人類同士の競争など「どちらが勝っても勝者が人類。敗者も人類。」で、地球生命体細胞群として見れば、

そんなことに多大なエネルギーを使うことなど「エネルギーの無駄」だ。

ところが、自覚無き人々は、自分で何を行っているのか?さえ満足に理解していないから、

不都合な物事が起きると「自分の外に悪者を求める」。

似非正義の出来上がりだ。

自分の底で蠢いている怪獣は、例えば、怪獣映画の敵対怪獣や、ヒーローものの悪役として「現実社会に投影」され、それらを倒すストーリーを見て、人々は「代償欲求を晴らしている」のだ。

これが、現実逃避の姿である。

そんな物事に多大なエネルギーを浪費していれば、あっと言う間に資源もエネルギーも「奪い合わなくてはならない位不足し」「地球温暖化も飛躍的スピードで進行」してしまう。

・・・これが、多くの人類が現在行っていることなのだ。

本来なら、自分をチャンと理解して現実的に健康にコントロールすれば良いだけなのだ。

多くのお偉いサンたちに、「自覚ぐらい持って頂きたい!」と思っているのは、筆者だけでは無いだろう。

そして、漫画・アニメで伝える情報も現実逃避だけでは無く、実体把握や解決法の紹介も十分にあるべきなのだ。(誰か、良い漫画・アニメ作家は居ないかのう・・・。居れば、筆者=原案、原作共作、アニメ=作家さん・・・で、全世界10億部以上モノをつくれるかも・・・。何せ、人類滅亡を現実的に避ける方法なのだから!この件で当方とコンタクトを取りたい方のみ、・・・トップページからご来訪頂いた方は、この記事のみを再選択し、・・・ご連絡先・プロフィール等をコメントにお書き込み下さい。それ以外のコメントはご遠慮下さい。「企画モノの話しをすると・・・。」も必ずご覧下さい。)

自覚情報を面白オカシク伝えるだけでも価値は高いと思う。

また、この程度の自覚は全ての人々が持てるように、

「小学校高学年からちゃんとした心理学」が妥当なのだ。

道徳などという守旧の思いによる納得法では無く・・・。

人類滅亡を避けることなど、難しいことでは無い。

自分のことくらいチャンと理解して生活している健康な人々で溢れている人間社会なら・・・。

| | コメント (0)

またまたプレート日本海側上部で大地震・・・。

能登大地震から間も無いのに、また日本海側で大地震が起きてしまった。

前回の地震時にも耐震補強は急務だと指摘したのに、行政は「人の命よりお金」だから・・・、古い建物の補強を率先して行っていなかった。耐震補強の宣伝さえ不十分だったのでは・・・。

今回の地震で規模の割りに被害者が少なかったのは、夏季であり、食事準備時間では無かったという「不幸中の幸い」の為に過ぎない。

火を使う時期や時間だったら、火事になり、大災害となっていただろう。

一般住宅で火事が発生しなかったのに、火事となった原発は明らかに設計ミスだ。

大揺れしても火種が出来ない設計となっていなかったのだろう。

最近、ユーラシアプレート/北米プレートの日本海側「上部」で逆断層型大地震が頻発している。

この事は、何を意味するのか?

言うまでも無く、プレート移動量の多さだ。

下支えをしているプレートが異動しているので、上辺の地層に無理がかかり割れて地震になっている訳だ。

ところがプレートの反対側である関東・東海地方では、「異常な位静か」だ。

これを嵐の前の静けさと言う。

プレート境界型大地震の発生は近い・・・。

今~数年内に起きる可能性が大だろう。

今度こそ行政にも本気になってもらいたいものだが・・・、やはり「人の命の価値はお金次第」なのだろう・・・。

仕方無いので、関連地域にお住まいの方々は特に、自主・自己防衛として、早めに耐震補強するなり、立て替えるなりしておくことをお奨めする。

お金が無ければ、柱と柱の間に筋交いを「深くしっかりと」留めたり打ち付けておくだけでも良い。割り箸等で模型を作り、押さえて揺らしても潰れにくいように、補強する場所に目安を付ければ、耐震設計の素人でもある程度効果的なポイントが解る筈だ。見栄えよりも家の下敷きになることを避けることの方が重要だろう。

また、地震保険の付帯や増額、地震担保のある傷害保険の加入等は実施しておくべきだろう。

末筆で大変恐縮ですが、今回の被害者の方々の一日も早い快復をお祈りいたします。

|

株式会社のインチキ・・・。

株式会社では、企業利益の分配や役員の人事を株主総会での承認を得て行う。

つまり、一般社員に幾らの給料を与えるのか?・・・の権限や金額を株主が間接的に支配している。

一般社員の給料は、直には経営者が決める。

人件費として使って良い金額の配分権は経営者に任されている場合が多い。

反対に一般社員はどうか?

(因みにあなたは、あなたの会社の役員や経営者の給料・ボーナスの額を知っていますか?

それらの人々が、経費として落としてあるものの中に、お手盛りはありませんか?

株主への配当金等を知っていますか?

自分の給料・仕事・労働条件/状況と照らし合わせて、上記の金額等は妥当なものですか?

・・・おそらく、知らない人の方が多いのだろうけれども、それでは、搾取側の思う壺ですよ・・・。)

会社に不満がある場合の受け皿として、組合を組織する権利が「スケープゴードとして」設けられている。

ところが、株主でも無い組合の権利など弱弱しいものだ。(株が関係の無い社保庁のような組織なら話しは別だ。)

せいぜい労働基準法等の法律を頼りに、弁護士を儲けさせ、ホンの少しの権利や利益を確保出来る程度だろう。

一般社員が自らを守ろうとするのなら、株を持つことが一番の近道なのだ。

それぞれが少しずつでも株を持ち、労働組合全体では大株主となれば、気に入らない経営者の首を切るのも、自分たちの給料を上げるのも・・・かなり行い易い筈だ。

本来なら、「実働をこなしている」現場労働者に全株式の三分の一以上を与えなくてはならない・・・という法律が在ったって良いのだが、経営者や資本家のご都合で選ばれている国会議員は、下々の権利など無視する「献金を下さるお金持ちのワンワン」だから、雇用形態の自由化などという「奴隷容認法」は作っても、「株式の三分の一現場労働者分配法」のような一般実働者を守る法律は作らない・・・。

現場労働者が不健康な事を強いられた場合に拒否権があれば、コムスン問題もミートホープ問題も未然に防げた筈だ。

「どのような法律を作ったか?」で国会議員の資質は丸見えなのだ。

雰囲気に誤魔化されてはいけない。

|

搾取の構造・・・。

建築業界では「一人区あたり一日幾ら」と日当が決まっている。

通常は、二万円から三万円の間だ。

そこで、請求書には必ずこの金額を基にした金額が載せられる。

企業・個人のお客は請求書に従って支払う。

ところが、現場労働者で、その日当通りの金額を貰う例は稀だ。

多くの場合、「若いとか、技術・経験が不足しているとか」の理由を付けられ、日当の半分も貰えない。

一万円位の場合が多いだろう。

現場では、若さ故力仕事をさせられていたり、技術や経験の必要は無いが「必要不可欠な仕事」を「同じ時間もしくはより多くの時間」させられていて・・・である。

差額は何処へ行くのか?

先ず、手配師(手配師に来る仕事は、規定通りの日当が取れない場合が多いが・・・)、親方や、社長等の管理者の懐へ入る。

そこから、「このような搾取構造を未来永劫続けて頂戴ね・・・」と、政治家へ献金されたりもする。

この搾取構造を「事務屋にまで持ち込むことを可能にした」のが、雇用形態の自由化だ。

事務屋の場合、肉体労働も少なく日当単価も低い(通常は一万から二万円の間位が多い)ので、搾取割合は30%程度の場合が多い。

それでもグッドウィルの親玉を見れば解る通り、多数の派遣社員を抱えるように「大掛かりに行えば」株価も上がり「あっと言う間に億万長者」となれる。

こちらも「この仕組みを未来永劫守って頂戴ね・・・」と政治家への献金例が少なく無い。

日当の安い仕事も必要だ・・・なんて嘘である。

請求はチャンと高いまま出ていて、企業も個人もそれに基づいてお金を支払っているのだから・・・。

要は、搾取したい連中が搾取出来る状況を続けたい・・・と言っているのだ。

そんな連中の多くが行っているのが「大量消費自慰生活」である。

この同じ人類からの搾取が平気で、自分が死んだら後は知らない・・・と言わんばかりの大量消費自慰を行う、「自らの正体も十分に認識出来ない精神・知能的に不十分な人々」に余りある権力や立場を与え続けていてはいけない。

そのような人々は、幻視・幻聴を神や霊のお告げとノタマウ病人共々、チャンとした精神病院やカウンセリング施設で治療するべきなのだ。

同類である人々、及び、お金さえ貰えれば何でも良いというオコボレ頂戴わんわんが多いテレビ・マスコミに騙されてはいけない。

|

中村さん、おめでとう・・・。

年金記録漏れ問題で、テレビに実名入りで出続けていた中村さん夫妻の主張が認定され、主張通りの年金納付に基づいて年金が支払われる事が決定した・・・という話しを聞いた。

ここで考えるべき事は二つある。

一つ目は、記録漏れ問題がある人々は数多いのに、「何故、中村夫妻がテレビに出続ける事が出来たのか?」という「特定個人の応援隊と化すテレビ業界の問題」だ。

人脈的繋がりがあるのか、もしくは「オコボレ頂戴わんわんであるテレビのご都合にピッタリ」だからか・・・。

まるで仕込みの如く「記録漏れ問題への対応はチャンと出来ます・・・」という情報を「宣伝」するテレビ・・・。

特定個人たちの応援隊と化し、特定個人たちの権利の取得を後押しするテレビ・・・。

もう一つは、認定問題だ。

テレビに実名入りで出続けることが出来た人々は、その応援実態もあるから認定・・・、全国的に無名で権力者とも無縁の下っ端は、どうせ何も出来ないだろうから放置・・・、というダブルスタンダードになりはしないか・・・?

オコボレ頂戴わんわんたちが、この手の問題を真摯に検証するとは思えないので、「象徴的な事例だけ取り上げて、スケープゴード的な報道をするか・・・、闇から闇へと葬るか・・・、」のどちらかになるだろう。

どちらにしても、政府の思惑通り「記録漏れ問題はうやもやの内に誤魔化される」応援をしているだけの「高額所得者オコボレ頂戴わんわん」たち・・・。

政治家も官僚もテレビ・マスコミも・・・、総入れ替えしないと健康な社会には成り得ないのでは・・・。

因みに中村姓は、帰化した人たちにも人気のようで・・・。

|

お金持ちになる方法・・・。

現状の人間社会でお金持ちになるのは、それ程難しいことでは無い。

特に、親から資産や現金・株・立場等を受け継げば尚更だ。

基本は、「自分では実働しない」事。(最初のうちだけ、号令をかけて人々を自分の下に集結させる為に、高学歴を得る為の勉強とか、会社を立ち上げる実働とか・・・は、要るケースがあるが・・・。)

他人の労働力・能力を法律のお墨付きを求めて「搾取」する事。

この地球の財産を法律のお墨付きを求めて「いち早く占有」する事。

他人が搾取・占有側に回ろうとしたら、「妨害し蹴落とす」事。

例外的に、実働して大金持ちになる方法もある。成功率は万に一つも無いが・・・。

お金のあり溢れているスポーツ・芸能・芸術等の世界で、「他の競技者よりも明らかに秀でているスター性を持つ、或いは持たせてもらう」事。

お金持ちや権力者が欲しがる或いは必要とする技術・物品を発明・製作し、その「専有に法律上のお墨付きを求める」事。

そして、資本主義での基本は、

実働部分の千倍以上のお金が蠢く「資本界に資本家的立場で係わる」事。

・・・で、以上のような物事を「頑張った人々」が「報われる」人間社会のことを、「頑張った人たちが報われる社会」と言っているのが、自民党、安倍政権である。

こんな物事を頑張ってしまえば、地球環境の悪化は飛躍的早さで進んでしまい、人間同士が蹴落としあう「対人不信社会」だから、「その反動で仲間を求め」、「同類同士で固まることで身分が固定化し」、・・・最終的には、人間同士の争い=戦争となる。

現状人間社会の大問題点を是正しようとせず、問題点故に利益・権利が転がり込む構造に「現状適応」し、地球生命体細胞群の一塊である人間という「現実から離れてしまった人々」よ!

バカもいい加減にして欲しい。

頑張るのなら、言われ無き不公平・不平等の排除とか、

現実との整合性の高い法整備とか、

環境保護とか宇宙開発とか、

「人間社会の健康化」を頑張れば良いのだが・・・。

人間社会の病気を益々深刻にする頑張り方をしていて、自らの下に大枚という覚せい剤を掻き集め、現実逃避という麻薬でトリップし続けている「現状人間社会での成功者」たちよ!

あなたたちは、現実的には失敗作である。

現実的に不健康な者たちが健康化するか、排除されるか・・・しなければ、人間社会の病気は重篤になり、放置すれば、死=人類滅亡に至る。

失敗作に残されている時間は短い。

本来、お金という「道具」は、人類皆が健康になる為に有効活用するべき道具に過ぎないのだ。

個人で抱きしめて、権力を支える道具としたり、自己を高揚させる覚せい剤としたり、現実逃避という麻薬を打ち続ける為に使用するのでは無く!

お金持ちを目指すより、健康な人間社会を造る方が楽しく、面白い!

お金持ちのままなら、近未来において新世代のギロチンの犠牲者となる。

目指すべき方向を間違ってはいけない。

|

忘れてはいけないこと・・・。

テレビ等で偉そうにコメントを言っている司会者・コメンティーター・引っ張り出されるご用達専門家たちは、「ほとんど全員、年収1000万以上の高額所得者」たちである。

同族会社の社長・役員・株主となっていて、億を超える年収を得ている者も少なく無い。

・・・つまり、テレビで流されている情報は「お金持ちご用達」なのだ。

一般市民がそれらの情報を鵜呑みにすることは、自らマリオネットになる道を選択していることに他ならない。

自らの首を自ら絞めるような愚かな行為を行わされないようにする為には、常に、このコメント等は、「現状で立場が有利な高額所得者が言っている」という前置きを付けて見聞きすれば良い。

鵜呑みにしなければ、現状では有利な立場を持つ高額所得者たちの「思惑」が浮き彫りになる筈だ。

それぞれの人々が「本来持っている権利」を「勝手に他人に搾取されず本人が得る」なら、

自然と人々の心も豊かになり、

豊かな地球、豊かな科学技術、みんな食えるのだから自虐的なことはするな!

・・・が、当たり前になる。

現状で、立場、金銭面で優位な人々たちの多くは、他人の資産・財産・能力・労働力等を「出来の悪い法律という思いによる納得法などにお墨付きを求め、搾取・占有しているが故に」、お金持ちであり、優位な立場で威張り安穏と暮らしている・・・のだから・・・。

他の記事もご参照下さい。

|

一応確かそうなら・・・。

第三者機関の認定問題、「一応確かそうなら払ったと認定する」という認定基準が発表された。

「不確かな認定規準」は、担当者の判断次第・・・ということになる。

かつての許認可時代の官僚の如く、第三者機関の担当者と親しい人脈の人々や担当者に賄賂を渡せば認定・・・。人脈から外れる者が真っ向真面目に誠実に・・・は、面倒でお金にならないから認定しない・・・。

・・・という認定基準になりはしないか・・・と、危惧しているのは筆者だけでは無いだろう。

こんなデタラメを行うくらいなら、最初から、年金と生活保護は、「法治国家として、個人の行動を制約し、特定の人々の権利・財産を保全している事の見返りとして」、現状の人間社会故にお金持ちとなっている人々を除く全員の権利として認め、税金で処理するべきなのだ。

第三者機関の担当者になれば、オイシイ話しも次々と舞い込んできそうだから、希望者は後を絶たない・・・のだろうけれども、その指名権をチラつかせ権力を維持したがっている現状権力者は、指名の見返りも期待しているのだろう・・・。

結局、年金問題という利権製造器を悪用して、自らの下に更なる大枚を集めようという魂胆が見え見えで・・・醜悪!

ちゃんと解決する気があるのなら、「先ず、終始決算」を出すべき。

いくら集めて、いくら何々で使ってしまい、いくら投資に失敗して損した・・・のかを示し、残金を明らかにし、

その責任を追及し、関係者を処分し、不当利得を返還させ、

その上で、「大変申し訳無いけれども、これだけしか残っていないから、支払い時期を遅くさせて下さい・・・とか、額を減らさせて下さい・・・、とか、申し訳無いけれども税金で集めさせて下さい・・・」と言うのなら、

普通の正常なお話しだ。

それなのに、一般社会とお上とは違うのだと言わんばかりの横暴ぶりで、年金問題まで利権に変えようとしている悪知恵集団には、本当に反吐が出る。

騙され続けているオトナシイ国民ばかりでは無いことを知る前に、自ら反省し襟を正すべきである。

|

民族・血統主義者の乗っ取り工作・・・。

何処の国の人々でも、善良な人々も居れば、そうではない人々も居る。

日本に地盤が無い血統主義者たちは、家土地を持つ一般日本人と婚姻関係を結び、民族的ネットワークを悪用してその親戚スジを重点的に貶める事で、家土地人脈ごと略奪を繰り返している。

手段として、侵入工作や人脈ネットワークで「弱毒物を継続的に摂取させる方法」や、傷やゴミなどを家土地車等に付けたり埋めたりしたり、街や店での厄付け行為で「無意識にダメージを与え続ける方法」などが取られている。

工作を仕掛けられた方は、気付かない内に半病人化され、本来の実力を発揮出来無くなり人生を捻じ曲げられる。

多くの場合、就職・結婚等も不利になり、ゆとりを持ち財産を形成することも出来なくなり、何処と無くオカシイ健康状態を治そうとしたり、ストレスを発散する為に少ない給料等を使うこととなっている。

血統主義者たちの乗っ取り工作は、現在も静々と進行中で、彼らの理想では、権力の頂点は全て在日・帰化○○人。下働きは、日本人。

現実を見れない彼らの屁理屈では、植民地化されたのだから、同様に植民地化する権利がある・・・と、なっているが、実際は、彼らの中で権力者となっている者たちが、そうやって「思いを操り、工作活動に勤しむ兵隊が欲しい」だけなのだ。

現実に忠実に、男性・女性両方の血統図を書ける程度の普通の現実把握能力があれば、血統・民族主義が「思いによる納得法」に過ぎず、多くの宗教同様「権力者たちによる権力維持のツール」であることぐらい直ぐに解る。

だから、まともな知能のある者たちは、略奪工作より友好を好む。

しかし、未だに、日本植民地計画と日本人奴隷化計画は進行している。

一般日本人が、略奪行為やゾンビ化工作から身を守る為には、その筋の人々との婚姻を避けることと、親戚にそのような人との婚姻があれば、十分に身の回り(特に飲食物)を注意する事だ。

工作行為を主導している者たちの間では、同様の工作を恐れるが故に「日本人との婚姻を禁じている」。

今時、この平和も友好も遠ざける愚かな権力指導者たちを有り難がっているマリオネットが少なく無い事には驚いたが、権力指導者の寿命が長く無いことぐらい知るべきだろう。

もうバレているのだから、工作活動を継続すること=命取りなのだ。

下っ端に追いやられ搾取されている人たちも、権力指導者と心中する気が無いのなら、早めに離れておくことをお奨めする。

|

部分を見て大局を見ないボンボン安倍・・・。

赤城農林水産大臣の事務所費の問題。

普通に考えれば、辞任させるのが当然。

ところが、お仲間という部分に拘り、一般市民を見ないボンボン総理の感覚では、

極一部でも良心的と「思える」申告があれば、他の項目に付回して誤魔化している可能性さえも確かめず、辞めさせる必要は無い・・・とノタマウ。

大金持ちのお仲間と、一般市民は違うのだ・・・と言わんばかりの横暴ブリは、

厚顔無恥の鈍感力を備え、

益々磨きがかかって来た。

総理の言っていることだけを信用して見聞きするおバカな一般市民は未だに多い・・・、とでも思っているのでしょう。

おバカな一般市民には複雑な票読みは出来っこないから、選挙に負けても民主党の一部を取り込めば政権維持が可能だと未だに思っているボンボン総理の政治生命は・・・。

政界から退くのは、小沢か?それとも安倍か?両方か?

参院選前の小細工は下手なコメディーより笑えるので、今から楽しみにしている一般市民も多いのでは・・・?

|

社保庁の怠慢で、社会保険労務士が儲かる・・・。

消えた年金認定問題、第三者機関という新たなお金配分先を設けた政府。

ついでに儲かるのが社会保険労務士・・・、

認定に有利になるように、相談件数の増加が見込まれる。

資本主義の原則通り、ワザワザ余分な仕事を作り、お金を動かして地球温暖化を加速している確信犯の自滅論者たちは、

エアコン無しの真夏など考えられず、

猛暑で電力消費の増加が見込まれれば、ここぞとばかりに可動を停止してあった火力発電所を再開させ、儲けの上積みを目論む策に出た。

人類の自滅期が早まることなど何処ふく風、結局、自分が生きている間だけ豊かならば、後の事など知らない・・・という、

似非無神論者たちは、十分な現実把握能力も持たぬまま、

自慰に明け暮れ、後世に多大なお荷物を残して、死んで行くつもりなのだ。

そんな大迷惑な生物など、さっさと消滅させ、地球生命体細胞群の永続が可能になる人間社会に切り替えた方が良いのでは・・・?

と思っているのは、筆者だけでは無いだろう。

カウントダウンは早まる一方だ。

|

羽賀容疑者と暴力団と大金持ち・・・。

4億円の借金を1000万円で示談・・・とは、滅茶苦茶な話だ。

そこに暴力団関係者が係わっていたとなれば、尚更だ。

テレビ・マスコミでは、ここぞとばかり叩く・・・。

オコボレ頂戴わんわんの似非正義・・・、本領発揮だ。

4億円ものお金を「うるさく言われたから・・・、しつこく言われたから・・・」と、

ポンと投資出来る大金持ちはどうして生まれたのか?

どうせ、土地成金とか、親の財産とか・・・、或いは、株とか、他人を騙して搾取でもしなければ、そんな大金が自由に振舞える大金持ちにはならないのが普通だ。

オコボレ頂戴わんわんたちは、本来マスコミとして告発するべき人間社会の病的な歪みは放ったまま、

大金持ちというオコボレを下さる人種は「清く正しい可哀想な被害者」で、「金権自慰主義に毒された病人」だけが悪という偽善論を一般大衆に刷り込んでいる・・・。

不公平・不平等に溢れた問題だらけの現状人間社会の延長線には、人類滅亡が見え隠れしているのに・・・。

現状でも年間自殺者3万人以上、事件・事故・病気に溢れた日本社会の一大病根である生涯賃金格差や相続問題、インチキ資本主義システムを放置したまま・・・。

数々の欲ボケ経営者が問題を起こすのも、

実働者の立場が弱すぎるから・・・で、例えば、「株式の3分の1は実働者に与えなければならない」という法律を加えるだけで、弊害の駆逐だって可能だろう。

その位の簡単で当然の手当てさえ行わず、資本家・経営者が搾取し放題で、一般実働者は奴隷同様・・・という体系を放置したままならば、

羽賀容疑者や、暴力団関係者同様、「テレビ・マスコミ情報」等で金権自慰主義に毒された人々が、犯罪を起こすことだって後を絶たない。

事件・事故・病気などは、作り出されているのだ。

「現状権力者たちのご都合情報」のマリオネットにならないように気をつけて頂きたい。

|

東国原知事の韓国旅行・・・。

かつての宮崎県は新婚旅行のメッカだった・・・のは、日本神話ロマンス時代の舞台だったから・・・で、

日教組等の戦後左翼教育により、親米中朝教育となり古事記も日本書紀も片隅に追いやられた世代以降は、古の日本国の始まりや王家のロマンスなど何処吹く風、

キリスト教のローマ皇帝の思惑やプロテスタントの思惑も知らず、

教会で結婚式を挙げ、

外国にお金を撒いて帰って来る。

こんな状態では、高千穂鉄道を直すより、外国人観光客の誘致だ・・・と、

芸能人人脈で馴染みの深い韓国へ・・・、

とは、素直なのか?短絡的なのか?確信犯なのか?

お金さえ導ければ、日本の文化など何処吹く風、

金権武力主義の奴隷と化した知事を頂いた宮崎県・・・。

そのうち金脈の頂点には、米国人と朝鮮人、中国人、下働きは一般日本人・・・という、

植民地国家を作りたいのかも・・・?

もっとも、現実逃避型気象予報士がどうホザこうと、気候変動は誤魔化せず、人類滅亡の方が早いかも・・・。

或いは・・・。(他の記事もご参照下さい。)

|

コミュニケーション能力・・・。

人と人とのコミュニケーション能力が十分ではない人々が増えた・・・と、問題視する声がある。

何故、人と人とのコミュニケーション能力が失われていくのか?

言うまでも無く、「人に頼らなくても良い人間社会になって来たから」だ。

かつての人間社会は、何処でも食料さえ十分では無い場合も少なくなく、多くの物質は不十分な上に高価だった。

結果として、人は人に頼る必然性があり、他人頼り効果をより効果的に得る為に「対人コミュニケーション能力」を磨く人々が多かった。

ところが、現在の先進諸国では、便利なモノが有り余る程在る。

他人に気を遣うより、自分にとって都合の良いモノを手に入れることで自らの生活を改善出来る場合も少なく無い。

そこで、都合の良いモノを手に入れる為に「価値を代理しているお金」を集めることには熱中しても、対人コミュニケーション能力は後回し・・・という人々が多いのだ。

ところが、お金というモノはお金持ちに集中するようにシステムが作られている。

結果として、お金持ちでは無い多くの一般市民が、お金持ちからお金を引き出す為には、対人コミュニケーション能力を磨く必然性に迫られる場合が少なく無い。

そこで、お金持ちサイドから見れば、一般市民に対人コミュニケーション能力を磨かせることは、自らの生活が人為的に快適になることと繋がっている・・・と「思えてしまう」から、対人コミュニケーション能力を問題視させる。

実体としては、表向き天使で擦り寄ってくる人間の内は悪魔であるケースが多いのだから、本音を言わないコミュニケーションなど虚構の世界である。

ところが、お金持ちにとっては、現状で有利な立場を保持する為に虚構が必要なのだ。

嘘でも良いから現状の自分を認め続けて貰えれば、とりあえず安泰だ・・・というのが本音である。

一般市民側から見れば、本当に必要な対人コミュニケーション能力とは、そのような虚構を暴き、許容しない・・・という事を共有・実現するコミュニケーション能力だ。

それは「現実に忠実であること」とイコールでもある。

現代は、上辺の対人コミュニケーション能力よりも、「現状では無く」現実把握能力・現実適応能力が望まれている時代なのだ。

物質に溢れている先進国では、特にお金持ちに擦り寄らなくても、現実把握能力を鍛え、自らを取り巻く現実の状況を快適なものにすれば、それなりに快適な生活も出来てしまうものだ。

対人コミュニケーション能力を軽視しても構わない状況が在る。

ここで、対人コミュニケーション能力に拘らせたいのは、お金持ちや現状権力者たちなのだ。

現実把握能力・現実適応能力を鍛えることは、「現実の地平面に立ち、他の現実の地平面に立っている人たちと現実を共有する・・・」という心の安定にも結び付く。

環境問題などの現実問題を解決する為には、お金持ちや現状権力者たちに擦り寄ることよりも優先して、現実に忠実に物事を進めなくてはならない。

反対に現実を無視してお金持ちや現状権力者に擦り寄れば、問題の解決は遠のき、下手をすると不可能になる。

自らの行っていることを今一度考え直して頂きたい人々が、少なく無い・・・

ところに、現状人間社会の一大問題点が在る。

人間同士で慰め合って、人類滅亡してしまえば元も子も無いのだ。

|

中国産の危険度と国内製の危険度・・・。

中国産食品の安全度が低いとテレビマスコミでは騒がしい。

確かに中国産製品の場合は、利益優先や知識不足が原因で問題の多い食品がある。

しかし、輸入に際し一応の水際検査と、輸入企業によっては企業努力により、ある程度の安全性が確保されている場合も少なく無い。

それでは、国内製品は安全か?

否!

外食産業でもスーパー、コンビニの弁当・惣菜でも食品工場でも・・・、アルバイトが作っている場合が少なく無い。

アルバイトが、食品添加物等を必要以上に、或いは量を間違えて入れてしまっている例も少なく無い。

塩や砂糖なら、多少多くても直ぐに解るものだし、健康被害も少ない。

ところが、食品添加物となると「何となく変・・・」とか、「不味い・・・」とか、感じるぐらいで、何がどのくらい入れすぎているのか?までは解る人が少ない。

特に注意しなくてはならない事は、意図的に間違えたり、多めに入れるように暗黙の指示をしている勢力の存在だ。

一般大衆をゾンビ化したい思惑は、病的な現状権力者たちにも、病的な外国勢力にもある。

半病人が増えれば、医者が儲かる。

内在するストレス故に、現実逃避受け皿産業も儲かる。

寿命が縮めば、葬儀屋が儲かり、年金も払わなくて済む。

本来なら要らない物事でも、お金が回れば、景気が良くなる・・・、それが資本主義だ。

万一バレても、「間違った・・・悪意は無い・・・」で通せば、大した追求も出来ない手法は、そんな連中に好都合だ。

一応の網がかかっているちゃんとした中国製より、ホトンド網のかかっていない国内産のモノのほうが危ない場合も少なく無い。

それなのに、テレビ・マスコミでは、ホトンド取り上げない。

インチキパチンコ店摘発を報道せず、ゴト師の摘発を報道するのと同様、自分たちと係わりのあるご友人人脈は庇い、差障りの無いところを叩くのが「オコボレ頂戴わんわん」の「自称お仕事」だ。

今回の偽ビーフ事件は、例外中の例外みたいなものだ。ハッキリ言えば、スケープゴードである。そうで無いのなら、続々と続く筈だ。

一般市民の自己防衛としては、不味いもの、変なものは、もったいなくても食べるな!飲むな!

出来るだけ、まともな水を確保して自炊することをお奨めする。

|

安倍総理、年金全額払う・・って・・・。

年金は全額払うという安倍総理のテレビCM。

全額って、支払い開始年齢を遅くし、減額してしまえば、簡単ですよね。

これから先だって、「残っている原資次第」では、全額の規定を変えちゃえば良いのだから・・・、

嘘は言っていないけれども、悪質。

善意に溢れているなら、先ず、年金の為集めたお金の総額と、使ってしまったり投資に失敗して減ってしまったお金の総額を示すこと。

巷では、3割しか残っていないと言われているのだから・・・。

需給開始年齢の先送りも、勝手な減額も、本を糺せば「原資が減っているから」。

原資が減ったのは、社保庁と政治家が箱物につぎ込んだり、投資に失敗したから・・・で、

その責任を十分に取らず・取らせずに、適当な事を言えば、益々有権者は離れるもの・・・。

ボンボンの感覚では、周囲のお仲間が第一で、一般庶民は何時まで経っても「貢ぐクン」に押さえて置きたい・・・という、本音が丸見え!

醜悪!

|

冬季五輪はソチ・・・。

行えるか?どうか?・・・疑問な2014冬季五輪。

北京五輪・上海万博などで開発ラッシュとなり、中国・インド等、人口の多い開発途上国の景気が良くなればなる程、不都合な真実も悪化する地球環境!

おまけにロシアまで、巨大開発で冬季五輪・・・とは、

懲りない現状権力者たちの本音が、「人類最終戦争」であることの証明みたいなものだ。

かつての冷たい戦争の片翼で共産・社会主義故に開発の速度も遅く、結果として環境維持にも心ならずも(開発部分の環境対策さえ不十分だったのだから!)貢献していた部分もあった国々が、

いっせいに資本主義=金権武力主義に鞍替えしたことによる大影響は、本当に深刻だ。

環境面からのカウントダウンタイマーの針を一気に進めた「冷戦の終結」は、

「現状権力者たちのあまりにも不十分な現実把握能力の証」みたいなもので、

今頃、欧米の裏では、どうしようも無くなってしまい、時間まで短縮されてしまった

環境・人口・食料問題の解決法として、

「地球上に残された人類が住み続けることが可能になる、環境に優しい戦争の行い方」

を研究中の筈だ。

一番可能性が高いのが、自分たちの住処から遠い人口の多い国に戦争を仕掛け勝ち残ることで、

神様が殺して良いと言ったから・・・と、全滅作戦でも平気で行える文化を忠実に受け継いでいる子孫たちは、

相手の核ミサイルは、相手国内で打ち落とし、自国空軍はレーダーに映らず、自国のミサイルは相手国に落ちる・・・作戦と、残留放射能の処理問題に頭を悩ましているのだろう・・・。

残留放射能を封じ込める方法が開発されれば、開戦となる予定だ。

もっとも、環境問題がニッチもサッチも行かなくなっては戦争など出来ないので、

放射能問題に目をつぶっても、時が来れば開戦するだろう。

そんな現状権力者たちの思惑そのままに、大規模開発で冬季五輪を呼び込んだロシア大統領・・・。

・・・アーメン・・・。

本来なら、「地球環境問題が解決出来るまで、オリンピック・万博などは凍結」が正解なのに・・・。

|

ユニクロの米バーニーズ・・・買収問題・・・。

「無印良品」などと同様、「庶民ブランド」で本当の安売り店モノより「割高」な品々を大量に売っている「ユニクロ」。

踊らされ貢がされた庶民が多く、大量の儲けが出て、保持しているお金として使用出来る金額が約1600億円もあるらしい。

そこで、アメリカでの展開がうまく行っていない事に対する打開策として、米ブランドを買う作戦に出た。

アメリカ人を踊らせ貢がさせる為には、日本とは別の「ブランド」が要ることに経営者が気付いた訳だ。

売りに出ていた米ブランドは、既に石油金余り国と1000億円で売買契約をしている。

つまり、買収合戦を仕掛けた訳だ。

日本人を庶民をイメージという思いで誤魔化し、中国人を安い人件費で扱き使い、・・・掻き集めたお金で「売りに出ている米ブランドを買いに出る」・・・とは、現状資本主義の体質に非常に忠実で、

そんな経営者の行っていることは「大量消費自慰生活」だ。

実体として自らに逆らっている自分を見ないように、一生懸命がむしゃらに仕事仕事と嘯き、地球環境の悪化より、自らの本質より・・・、自らの下に集めるお金の額の方が重要だと言わぬばかりに「大枚という覚せい剤」を求め、「現実逃避という麻薬」を打ち続けている愚かな生き物たちの寿命は、

それ程長くはないだろう。

彼らのような生き物を容認している人間社会なら、人類滅亡となるのだから・・・。

一般市民の立場から言えることは、庶民「ブランド」に貢ぐな!品物と値段は自分の目と感覚で吟味しよう・・・ということだ。

庶民ブランド物よりずっと安くて良いものも大量に眠っているのが、モノに溢れた異常な人間社会なのだから・・・。

「搾取集金企業」を育て人類滅亡を誘うより、命を育み地球生命体細胞群の永続が可能になるようにする為に使うのが、本来の「道具としてのお金」の使い方なのだから・・・。

|

審議拒否で野党になる準備も万全、自民党・・・。

故意に夏休みにズラしても、参院選で負けが決定している自民党。

野党の十八番である審議拒否まで練習中とは・・・。

勝ち馬に乗り続けることが巧みな小池氏を防衛大臣に・・・、というゲン担ぎの次は、

お仲間に優しい安倍ちゃん頼りで、勝手に新党日本を解党だとノタマウ荒井・滝氏が現れて(キャスティングボードを握るのが国民新党なら構わなくても、小沢氏と仲の良い新党日本では困るらしい・・・)・・・、

・・・最後には、一家族5人の拉致被害者の帰還の予定・・・?

おまけに、民主党のお仲間にも選挙戦でドジるように依頼中・・・。

それでも、負ける自民党。

政界再編を望む声は大きい。

一般市民の怒りは深い。

|

金権武力主義を忠実に学びとっている子供たち・・・。

現状の人間社会は、金権武力主義だ。

断じて民主主義では無い。

その情報を忠実に学び取っている子供たちは、中学生でも「腕力や集団的圧力という武力」を悪用し「援助交際を強要し、お金を巻き上げ」る。

戦争利権を清算していないままの人間社会だから、その社会構造のまま「現状適応」しようとすれば、当然出てくる発想だ。

この「犯罪行為」さえ押さえ込めないのが、現状の教育だ。

何故か?

善悪の実体さえまともに教えられないからだ。

法治国家だから法律に従うことを教えれば、どんなに悪い事を行ったって時効まで逃げ切れば良い・・・と考える人々も当然出る。

法律を作る側に回って自分たちの下に集金するシステムを作ってしまえばお金持ちになれる・・・と考える人たちもいたから、政治家・官僚どもは税金を如何に私有財産に変えるか?の工夫ばかり行い、まともな治世を行ってこなかった。

結果として、年間自殺者3万人以上、癌・糖尿病・肝臓障害・腎臓障害・血管障害など病気に溢れる拉致問題さえ無いことにしてきた「不健康な社会」が続いている。

こんな世の中では、頼るものは金だ!・・・と、考えるのは大人たちばかりでは無い。

子供たちも自らの置かれている環境で可能な事を行ってしまう。

お金という覚せい剤や現実逃避という麻薬漬けになっていれば、酷い人間社会でも実感が薄くなる。

死ぬまで自分を誤魔化し続ければ、後のことは知らない・・・とばかりに、搾取や環境破壊を仕事だと嘯き、自らの下に大枚という覚せい剤を集めまくっている大人を見れば、売春強要でお金をピンはねすることぐらい、親が十分な自慰マネーをくれない子供たちや、親に人間扱いされていない子供たちにとっては「必要悪」とさえ思えてしまうだろう。

善悪とは、健康問題である。

善悪の感情の本は、人の体内の細胞がもたらす無意識の信号なのだ。

健康な細胞からの情報が善の素。

癌細胞などの異常細胞と死んだ細胞による遮断が悪の素。

100%の善人とか、100%の悪人など存在せず、人はその時の状態により善人にも悪人にもなり得るのだから、セルフコントロールが重要なのだ。

自分を自分で健康にコントロールすることを教えずに、道徳だの法律だのといった「思いによる納得法」を強要したところで効果が薄いのは当然である。

思いは思いで十人十色で良いのだから、誰かの都合で誰かの思いを強要すれば、表向き従うフリをして心でアッカンベーでオシマイなのだ。

従うメリットがあれば話しは別だから、従わせる為にお金という便利な道具を用いているのが現状の金権社会だ。

お金を得る為に、武力を増強し侵略を繰り返し、搾取のメリットで大金持ちになっているのが、現状の先進諸国だ。

こんな人間社会の構造など、情報が溢れている現状では、子供にだって理解出来る。

現状適応しようとすれば、自分たちが侵略・搾取側に回ろうとするのは当然だろう。

現状適応では無く、現実適応を教えなくてはならないし、大人たちも現実適応するようにしないと、環境問題も人口問題も克服出来ない。

せめて、多くの大金持ちとは、地球環境を急速に悪化させる行動を平気で行っている精神的に不健康な人たちであり、大量消費自慰生活は目指すべき成功像では無く、駆逐するべき悪の行動だ・・・という事ぐらい理解出来るような教育が行われ、大人の社会でも大量消費税などの仕組みを設け、大量消費自慰生活が行いにくい状況を作るべきなのだ。

大量消費自慰生活が出来ないとなれば、お金を稼ぐことの意味も変わり、自慰で誤魔化さなくても適応し続けることが可能になる人間社会を構築しようとする人々が大量生産される筈だ。

職業差別も無くなり、適材適所が行き渡り、・・・と良い事の連鎖が起きるだろう。

大量消費自慰生活を行っている人々は、癌細胞のような大悪人である。

癌細胞が急激に増えるように、そんな生活を見せびらかせられると、多くの深く物事を考えない人々も癌化してしまうから、責任は重大なのだ。

弱い者いじめをするのは健康な通常細胞を傷つける如く自虐的だが、大量消費自慰生活を行っている者たちを拒否し駆逐するのは癌細胞駆除となり人間社会の健康化に大いに役立つ。

子供たちが癌化しないように導くのが教育であり、癌化した者たちを通常細胞化するのが健康な人間社会なのだ。

健康な人間社会を得られない場合、人類は滅亡する。

|

久間氏辞任、後任に小池氏・・・。

原爆しょうがない問題発言で辞任に追い込まれた久間氏。

発言を撤回しないまま辞任というところが気になる・・・。

後任の防衛大臣に、女性の小池氏。

旧来からの儒教・風水等の思想が根強い国々の権力者たちが受ける印象は如何なものか・・・。

平和のまま北京五輪・上海万博を行いたい中国はとにかく、ゴネて重油を得たものの本気で核を手放してしまえば体制維持もままならない北朝鮮は・・・。

女性の防衛大臣を頂いた日帝は必ず負ける。油が来たのも天の思し召しだ。今こそ総攻撃の時だ・・・と、本気で核ミサイル金イリュージョン権力者脱出作戦を行ってしまうかも・・・?

まるで核ミサイルをどうぞ・・・ととられかねないメッセージを次々と発する日本の現権力者たち・・・。

その根っ子は・・・。

|

コボル、フォートラン・・・て!・・・。

開いた口も塞がらない社保庁。

今時、21世紀になって数年も経っている今時、コボルやフォートランは無いだろう!

信じられないどころか、「確信犯の証明書」が出てきたようなものだ。

まともな事務を行う意思の無かった(無い)・・・。

筆者の記憶が確かなら、その手のコンピューター言語は、約30年前に使われていたと思う。カタカナPL1とか言う、日本語言語も在ったっけ・・・。

お役所は民間の20年遅れ・・・とは、一頃の極まり言葉だったが、社保庁はお役所の更に10年遅れ・・・で、もはや実務とは無縁の歴史・文化遺産だ。

もちろん負の!

役職員に支払われていた給料は、補償として全額返還が妥当だ。(少なくとも役職は・・・!)

年金関係、全て清算して、一から作り直すべきだ。

30年ものギャップを埋めることに、またまた、多大な費用を費やすなど愚かな事だ。

全員クビにして、二度と雇うな!

歴史・文化遺産に何年も適応して来た連中が、訓練無しで普通のまともな事務屋になれる訳が無い。

そんな連中の訓練費に多大な費用をかけることなど、馬鹿げている。

普通の民間人から公募し、新たな普通のまともな事務屋に任せるべきだ。

・・・と、民間人が言っても、お友達・お仲間を守ろうとするのが社保庁・官僚天下り議員、学閥担保議員なのだろうけれども・・・。

だから、参院選では落ちるのだ!

政界再編となり、衆院選でも落ちるのだ!

|

パリス・ヒルトン問題・・・。

おバカ、セレブを追いかけるおバカマスコミ・・・。

権力者やオコボレ頂戴わんわんマスコミの思惑通りに、

おバカ、セレブに憧れるおバカ市民たち・・・。

タダ単に、親が大金持ちだったから自動的に大金持ちとなり、地球環境に多大な負荷をかけている自慰生活を行っているだけの「おバカ、セレブ」。

おバカ、セレブを、地球環境を率先して悪化させている罪人だと「実体通り」報道せず、おバカ、セレブに憧れさせる「金権自慰主義者」を量産しているオコボレ頂戴わんわんマスコミ・・・。

情報のマリオネットと化したおバカ市民たちは、自らも率先して癌化する道に憧れ、癌化する道を歩む・・・。

・・・・・・・。

こんな事をしていて、人類が滅亡しない訳が無いのですけれども・・・。

世界がもし、おバカ、セレブで溢れていたら、どうなるのか?・・・ぐらいレポートしたら・・・マスコミなら!

|

久間防衛大臣の原爆仕方無い発言・・・。

歴史認識の問題だけだろうか?大いに疑問だ。

当初の予定では日本人拉致被害者帰還となる筈だった日本海小船作戦で、小船で渡って来たのは韓国人拉致被害者(?)(或いは、参議院選直前に日本に送り返す拉致被害者の人数等の情報?)だった。

闇権力者に見放され頭に来た(もしくは、北側に更なるプレッシャーを加える為)安倍政権は、朝鮮総連本部の差し押さえ無効化工作を不発に終わらせ、徹底抗戦の構えだ。

日本国内北工作の一つの中枢、三○グループにも取り締まりの腕を伸ばしている。

・・・となれば、最悪の事態=政財界と北工作の繋がりの暴露もありえる・・・?

・・・暴露されてしまう前に、工作グループが持ち込んでいる旧ソ連製スーツケース型原爆で証拠隠滅・口封じも仕方無い・・・

のメッセージかも・・・?

権力者同士の権力争いの脅し合い・・・だけの予定だったのに、反響が大きすぎて(当然だが!)内心慌てている久間大臣・・・。

事情は解ると、同類同士だから庇い続ける安倍総理・・・。

どちらも権力の座から降りて貰い膿みを明るみに出す時期になっている。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »