« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

前九州厚生局長/親戚、社会福祉法人経営者、問題・・・。

タダで結構新しいセルシオを貰ったばかりでは無く、過去にはキャディラックや国産車と車は計三台。自宅新築時には、何百万円かのご祝儀。その他に、年に何度かお小遣い・・・とは、随分気前の良い親戚がいて、羨ましい・・・と多くの人々が思っただろう。

この問題を「羨ましい」と思った人々は、「偏重情報の操り人形」化されている可能性が大きいので、是非、セルフチェックを・・・。

先ず問題になるのは、

「どうしてそんな大金を持っているのか?」だ。

社会福祉法人の経営ってそんなに儲かるの?

異常な位儲かるとしたら、問題だろう。

相続財産が沢山あったの?

そうだとしたら、血統主義法律も問題だろう。

他に事業でも行っていたの?

そうなら、社会福祉法人の経営というのは、「他の大儲け出来る事業の片隅で出来るくらいの簡単な事」なのか?

他に「錬金術は?」

例えば、補助金受け取り時と、支払い時にタイムラグがあれば、そのタイムラグを利用して資金運用が出来る。ファンド関係なら年利20%ぐらいになるから、20億の仕事の支払いを3ヶ月先送りすれば、それだけで1億出来る。

他にも、請求書・領収書を二重にして、バックマージンで事を収めれば、20億の予算の仕事の実体が、10億円だったりして・・・(もちろん違法だが・・・バレるか???)。差額の約10億は儲け・・・。

・・・とにかく、金権社会だから「大金を集めれば、錬金術などいくらでもある」のが、現状の人間社会だ。

これこそ、人類自滅器の基本構造でもあるのだが・・・。

この辺の告発が出来るくらいまで、取材して踏み込むか?テレビ・マスコミ・・・?

(朝青龍を追っかけている暇があるのだから、やる気になれば出来る筈だが・・・)

それとも、お仲間舛添氏の宣伝で終わるか?

どの要素の情報の放映時間が長いか?何処を強調して、大衆に刷り込もうとしているのか?・・・見ものでしょ。

|

救急車搬送問題・・・。

奈良県では、破水した妊婦の受け入れ先病院が直ぐに見つからず胎児が死亡してしまったり、

都市部では、大した症状でも大怪我でも無いのに救急車をタクシー代わりに使う人々が多くなってしまったり・・・、

と、問題だらけの救急車搬送問題・・・。

実は、その原因は同じである。

健康な人間社会を構築しようとしていないから、こんな事ばかり起こってしまう・・・。

考えて欲しい。

もし、奈良県の妊婦の方が「有名人や大金持ちや政治家の娘だったら」同じような対応になったのか?(恐らく、ドクターヘリでも来るんじゃないの!・・・と思った方も少なく無いのでは?)

都市部で救急車をタクシー代わりに使ってしまう人々は、

「自分たちに出来る権利の行使を、他人を無視して行っている」だけだ。

多くの有名人や政治家・企業経営者等が、「他人を無視し、或いは蹴落として、権力を得たり大枚を得たり・・・している」のだから、

同様の行動に過ぎないのである。

それなのに、より大きな影響がある「現状権力者や有名人たちの行動」は問題視されず、

弱い立場の一般庶民の行動は、「小さなことでも、大々的に問題視する」オコボレ頂戴わんわんテレビ・マスコミ・・・。

オメーらが、救急車をタクシー代わりにする人々を量産しているのだ。

数々の事件の後押しをしているのだ。

大金持ちや権力者の精神構造に憧れる人々を量産することによって!

自覚ぐらい持て!!!

まともな情報の流し方なら、

「大食い選手権と、飢え死にしている人々」とか、

「大金持ちと、超貧乏人」とか、

・・・などのように、「この世界にある実態を、片方だけ偏重せずに伝える」のが、

当たり前だ。

そのような「現実に即した情報を見聞きすれば」

多くの人々が、「食えない人がいるのに、大食いを競技化するのはオカシイ」、とか「生活に困っている人がいるのに、余りあるお金でホトンド無駄な物事に大金をかけているのはオカシイ」・・・と感じ、

タダ単に「大金持ちに憧れ」たり「大食い出来る能力に憧れたり」・・・といった、

「偏重情報」に操られる「思いの奴隷」

と化してしまう事を防ぐことが出来るものなのだ。

異常なお金の配分実態の問題点も感じ、健康な人間社会を構築する為にはどうすれば良いのか?等を考えたりするものなのだ。

それなのに、率先して思いの奴隷を量産しているのだから、他国の工作員か、自滅論者か、単なるバカか・・・。

優秀と言われている学校を卒業すれば、優秀な人間になっている・・・とは、限らない。

むしろ、「旧来の思いを沢山覚えている」分だけ、「思いの奴隷化している人間」になっている場合が多い。

皆さん、家系や学歴や社会的立場に騙されないように、ご用心!

|

朝青龍の帰国治療・・・。

自らのズル休みが招いた事とは言うものの、その処理に困り、貝になってしまった朝青龍。

当初からの指導不足のせいとは言うものの、全責任を負わされた高砂親方。

帰国~引退~事業主への転身へのセレモニー・・・?

追いかけるマスコミ、稼ぎまくる相撲評論家、その後押しをすると共に、他の情報にフタをするテレビ・・・。

・・・それらの情報の操り人形と化し、大騒動を楽しんでいる大衆・・・。

そんな事などしない方が、温暖化防止の為にも良いのでは・・・?

たまには、何もしないでジッとしていたら・・・?

因みに、何もしないでジッとしていると「自分の内面を見ざるを得ない」かも・・・。

自覚する為には、その方が良いのですけれども・・・。

|

ネットカフェ難民5.400人(?)・・・。

厚生労働省の調査で「ネットカフェ難民は約5.400人と推定される」と公表された。

一生懸命働く人々、欲しいものは何?

椅子の無い満員電車?

家の無い生活?

・・・そんな訳が無い。

働いても「搾取ゆえに給料が少なく」、

「中央集権極一部権力者採決システムゆえに、大都市は労働する人々が人権を守りながら移動する事が出来ない程、混む」。

みんな不幸になる為に働いている訳では無い。

それなのに、極一部の人間たちが権力も大枚も握り締めているシステムを維持しているから、

必要な仕事を長時間こなしても、十分な給料さえ貰えない人々が多い。

「グローバルスタンダードと嘯かれている」この「欧米型搾取システムによる人間社会」は、「人口密度の低い社会でも、犯罪者だらけの社会になっている」。

日本のように人口密度の高いところで、真似をする事は、先ず、多くの国民を殺し(だから、年間自殺者3万人以上なんてバカげた自体になる)何れ自滅(国力衰退)する(人口が減り、中小企業という小回りの利く現場技術開発研究所も減るので当然だ)道だ。

こんな「自虐的な筋書き」を「実行させて来た」のは、「根っ子が外国の人々」である。

当初の予定では、既に、薄い毒漬けの下「41歳寿命」の日本人が大量に出ると共に、「ゾンビ化された日本人を極一部の根っ子が外国の人間たちが操る、植民地国家」になっている予定だった。

ところが、薄い毒の大部分が「保存剤や抗菌剤」だった為、意外と長生きの日本人が増えてしまい、半病人を大量生産することや、主だった立場は特定人脈で独占することは出来てきていても、年金を払わないで済む予定が崩れた。

近未来には、このボロからも悪事は表沙汰になり、大量の戦犯が処分される予定だ。

怒れ!日本人!!!

廃せ!椅子の無い電車!労働賃金の搾取!!!

厚生労働省からの天下り人たちは、「一日10分しか仕事が無いのに、大枚を得て、大量の退職金まで得ている」のだ。

毎日、長時間、必要な仕事をこなしている人々の日当が1万円なんて、在り得ない!

経営者同士の搾取合意と、利益分捕りピラミッド構造があるから、労働賃金が安いだけなのだ。

搾取したものから「政治献金が出ている」から、与党は「搾取側に有利な法律を次々と通した」のだ。

現在、表面の言葉に騙され続けている国民が、減ってきている。

これからも更に、急速に減るだろう。

とりあえずは生活の為、仕方なく、現行システムに飲まれているしかない人々も、裏で声を上げる自由を持っている。

拝金自慰情報の操り人形から解脱すれば、現実を感じている自分が顔を出す。

その声が熟す頃、大変化が起きる・・・かも。

或いは、強硬手段で現状権力者や大金持ち=搾取人間たちが滅せられる方が早いのか・・・?

出来れば、彼らにこそ率先して、解脱、自覚、実行して頂きたいのだが・・・。

|

名古屋女性拉致殺人事件・・・。

ネットで拉致強盗殺人の仲間を集め、実行してしまった「拝金自慰情報の操り人形たち」・・・。

その犠牲となってしまった「拝金自慰情報の犠牲者」・・・。

情報と教育の重要性と「その責任」について、テレビ・マスコミ・文部科学省等はどう考えているのだろうか?

少なくともテレビからは、その反省が伺い知れない。

曰く「インターネットの問題点は・・・」、

曰く「犯罪者たちの問題点は・・・」、

曰く「死刑になりたくないと自首とは・・・、死刑にするべき・・・」、

等など・・・。

犯罪を生み出す場のエネルギーを解消しない限り、「同様の新たな事件」は起こり続ける。

一つはちゃんとしたセルフコントロールであり、その意味からも「小学校高学年からチャンとした心理学」が必要だ。

もう一つは、犯罪を誘う環境の解消で、その為には「産まれながらの環境格差の是正」や「職業差別の撤廃・適材適所の徹底」、「努力と実働による格差が在り、支配や搾取による格差は認めない」ことや、「生涯賃金の格差により自分に向かない仕事に憧れてしまう程、生涯賃金の格差の無い」等・・・という「健康な人間社会」の構築だ。

どちらも「心身共に健康な政治家たちなら、率先して行わなくてはいられない事」だと思うが・・・。

今回の悲惨な事件を見ても、「支配・搾取による格差を容認し、お金は稼げれば稼げるほど良い・・・と思い、一流スポーツ選手や有名芸能人等は人から憧れられる立場だから大枚を得るのが当たり前だ・・・などと思っている」「拝金中毒者」は、少なくとも治世を預かる立場やテレビ・マスコミ・教育などの大衆への情報を預かる立場からはご引退願いたい。

自分のことさえ満足に理解出来ずに、「自分をちゃんとコントロールする代わりに他人を支配し、そんな自分の実体を見ないように数々の現実逃避を欲し、数々の現実逃避を実現する為に大枚を欲している」ような「自慰中毒者」も、少なくとも治世を預かる立場やテレビ・マスコミ・教育などの大衆への情報を預かる立場からはご引退願いたい。

「オメーらに、地球環境を悪化させ、地球生命体細胞群の未来を無くする権利なんか無い!!!」

自分たちの実体を鏡で見て、恥ずかしくないのか?

そんな連中に素直に調教されちゃっている一般国民の皆様は、一刻も早く目をお覚まし下さい。

連中の言うとおりやれば、人類滅亡ですから・・・。

|

安倍改造内閣・・・。

衆参逆転によりドロ舟化している安倍政権。内閣改造人事が発表された。

ドロ舟に乗っても大丈夫なのは、泳げる人(総選挙で落ちそうも無い人)だけ・・・という事で、

派閥の長を始めとして皆、有名人ぞろい。

有名人でもドロに塗れたくない小池氏は、散々世界中で顔を売る営業をこなした後、ちゃっかり「自分から辞める」・・・とは、

身代わりの早さと仕込み・損得勘定等・・・本当に超一流ホステス並みだ。

国民が付いてこない船に乗っていても自分は見てもらえない。(深い心の傷の反動かも・・・。)

おまけに、蹴落としておきたい谷垣派を除く各派閥に満遍なくポストを配っている。

一般市民感覚とは程遠い自民党内で、90点の評価と言われるのも思わず納得。

来るべき「総選挙時に議席を減らさない為に必要な精一杯の工夫」は出来たが、

上辺の言葉の通り「国・国民の為の政策」とか「格差に配慮する政策」とか「地方に配慮する政策」とか・・・、「やる」のか???

テレビでのマスゾエ答弁の如く、「やると言って、上辺だけ挿げ替えて実態を変えずに済むように」、「優等生的に」「出来ない」「仕方無い」理由を述べて「官僚・政治家お仲間利権維」に邁進するのでは・・・と思っている国民が圧倒的に多いのでは?

元々「東大・官僚のお仲間が多い」のだから・・・。

お友達・お仲間よりも「一般国民を優先」出来るか?

一般国民のあなたなら、どう思う?(だから、権力は人に持たせちゃダメなんだって!)

岸・佐藤・安倍・麻生・・・と「上辺の名字は変わっても親戚スジ」の人々が「国家権力の中枢に居座り続けていられるのは、アメリカとの密約・・・」。今は民主の「フリーメーソン鳩山から続く鳩山も同じ穴のムジナ・・・」。

だから、戦後60年も経つのに未だに日本はアメリカの半植民地・・・。

権力は人に持たせず、事実・現実に預ける人間社会なら、

「自殺者3万人以上という内戦状態を作っている元凶である搾取システムを益々強化するなんて愚かな事」は起きない。

人握りの人間に権力を持たせていると、その権力を維持する為に「搾取が必要となり、見返りを配る為に利権が必要となる」。

バカもいい加減にしないと、本当に無くなるよ。

|

安倍総理の演説・・・。

アジアを巡っている安倍総理。各地での演説が報道されている。

せっかくだから、表面の言葉では無く、本音部分を推測してみるのも一興だ。

例えば・・・、

50年前、私の祖父岸総理が訪れ、50年後に「同じ家系の人間が総理大臣として再び訪れる」事が出来たのは、

日本社会で「血統利権保護政策」を行って来たからです。

インドをはじめとする各国の「権力者の皆様」も「血統利権保護政策」だけは、お忘れ無くよろしくお願いいたします。

努々も、現実主義に目覚められ「事の本質を教育すること」など行わないで下さい。

「大金持ちを優遇し、人と人がいがみ合い、分捕りあう人間社会を維持し」、

我々、極一部の人間が、利権・権力を握り締めている為には、下々に行わせることが沢山あります。

例えば、愚かな大衆を「美しい国とか美しい星」などという「キャッチコピーで欺き」、現体制のままでは達成不能な政策は「行うと嘯き、実質的に行わない」ことです。

師であるアメリカ権力者たちの教えに忠実に、愚かな大衆には「宗教を信じさせ」、

現体制にお墨付きを与えさせる「票田化」すると共に、

「工作資金を提供させる事」です。

軍隊も警察も「文民統制」の名の下に、国の最高権力者が掌握出来るようにしておけば、

愚かな大衆は「表面を見て安心」し、

我々最高権力者及び側近は「警察の取り締まり対象になることもありません」。

この「中央集権独裁体制」を維持する為に、

地方分権などは「行うと言って行わない」ようにするか、「見かけ上分権させ、その上に立つ中央直結の支配機関を作る」ことです。

出来の悪い国を宣伝し「ナショナリズムを煽る」事です。

愚かな大衆は「中央集権の独裁体制とは、出来の悪い国の体制のようなことであると勘違いし、我が国の実体を許容します」。

現体制のまま「僅かな利益を大衆に与えておけば」、「大きな利益は独占出来るもの」です。

不満が出たら「解決すると言って、ザル法を通せば良いのです」。

愚かな大衆は「法律の実体などみませんから、法律を作っただけで評価します」。

このように、ズルズルと引き伸ばし政策を行えば、

「確実に地球環境は悪化しますから、その表面を摘み、地球環境を守ろうと言いましょう。その裏で、自らやお仲間の大量消費贅沢自慰生活を維持することです」。

愚かな大衆が「事の本質に気付く頃には、人口・環境問題等で人類が窮地に追い込まれていれば良い」のです。

ストレスを外で晴らすマインドコントロールを行っておけば、人類の窮地で、「大衆は戦争に乗り気になります」。

我々特別な極一部の人々だけは生き残れるように、権力者同士しっかりネットワークを構築しておきましょう。

情報交換をしながら、軍備を充実させ、

「事の実体に気付いた大衆が、ぐうの音も出ないように、完全防備しておきましょう」。

人類の窮地など、軍を動かし、愚かな大衆の人口を減らせば大丈夫です。

軍事産業で益々儲け、

復興需要で益々儲けましょう。

戦後は、大衆の死を哀れみ悲しむポーズを取りながら「大衆の思いを宗教的にコントロールする」為に、大規模な慰霊施設を作り、毎年のように慰霊祭を行いましょう。

建設利権と維持利権が得られると共に、愚かな大衆のマインドコントロールまで出来るのですから、一石三鳥です。

このように、「上辺さえ繕っておけば、愚かな大衆には内面など見えませんから、我々極一部の人間による極一部の人間の為の人間社会は、未来永劫続けることが出来るでしょう」。

今後益々発展される貴国でも、師であるアメリカの権力者さまさまを見習われまして、益々「大量消費自慰生活に励まれますように」お願いいたします。

ただし余りに急速な環境悪化は不測の事態を招く恐れがありますので、我が国の環境技術をご利用下さい。

友人である大企業権力者たちもお仲間ですから、お知りおき下さい。

権力者お友達ネットワークを益々強固なものとし、

愚かな一般大衆とは違う人間の輪をしっかりと維持しましょう。

これが、愚かな一般大衆が大量に死に、人類滅亡も回避出来、特別な我々が生き残る道です。

今後も「しっかり、この道筋に沿った計画を実行して行く為に、時々会いましょう」。

・・・・・・・。

|

保育料未納90億円・・・。

「保育料の未納が90億円もあるゾ!」・・・と、厚生労働省が喚いた。

おまけに、「未納者へは、差し押さえも含む厳しい態度で臨む。」という脅し付きだ。

今更、何の為に・・・。

言うまでも無く、「自分たちのおズルを誤魔化す為の煙幕」である。

「国民から吸い上げた税金を、自分たちで管理出来る金壺に入れ、適当な名目で引き出すと共に私有財産化して来た」官僚どもは、

国民からのボッタクリシステムを出来る限り温存するべく、あらゆる知恵を使っている。

東大をはじめとする偏差値の高い有名校に入り、キャリア試験にも受かったその頭脳を駆使して、行っているのがコレである。

未だにアメリカの半植民地であるのも、

国が大赤字なのも、

年間自殺者3万人以上という内乱状態が続くのも、

・・・当然なのだ。

国民のことより、国のことより、「自腹」なのだから!!!

そんな連中に答弁書を書いてもらっている与党の政治家たちは、ザル法を作り官僚利権を温存する事ぐらいしか出来ない。

弱みも握られているのだし、同類なのだから・・・。

気にしてている対象は、一般国民では無い。自らに利益をもたらしてくれる自らの同類だ。

一般市民と感覚が違うのは当然なのだ。

一般市民の立場から「抜け出して」特別な立場を得る為に、

我慢して嫌いなお勉強をこなし、実際の生活では役に立たない知識を覚え、

好きでも無い先輩上司のご機嫌を取り、言うことを聞き、

「仕事の実体=弱み」を掴んだら、出世を目論み、出世出来なくても天下り、或いは議員となり、

・・・ようやく得た「特別な立場」なのだから、

ド頭まで狂って、下々と違うのが当然だ・・・となるのだ。

国の状態を良くし、国民生活が良くなったから、国民から敬われるのでは無く、

自己の欲望の実体さえ満足に理解しないまま、「勝手な努力・苦労をしたこと」を認めろ!と言うのだから・・・バカ言ってんじゃ無い!

下々の未納を言う前に自らを正せ!厚生労働省!官僚ども!!!犬議員!!!

今のうちに・・・、出来るうちに・・・。

|

警視庁巡査長32歳女性射殺後自殺事件・・・。

警視庁の巡査長が、32歳の女性を射殺後すぐに自殺してしまった事件が報道された。

推定される動機は、

「あの世の存在を信じて・・・」か・・・?

「一人で自殺は寂しいから道連れ・・・」か・・・?

「興味ある身近な人への八つ当たり・・・」か・・・?

・・・・・・。

いずれにしてもよくある話しで、「現状日本社会の病根」を告発している。

江原ナントヤラとかスピリチャル話人間たちには「大いに反省してもらいたい」ものだが、

「実体無き物事」を「嘘話ということわり」「無し」に「然も在りなん・・・」と「大風呂敷を広げれば」、

そのまんま「信じてしまう」人々も少なからずいるのだ。

今回の犠牲者は、もしかすると「お前らが殺したようなもの!」である可能性も少なく無い。

・・・・・・・。

「身近で興味のある人間に対する八つ当たり」とか「一人で死ぬのが寂しいから道連れ」というのは、

「心理や実態把握の問題」だ。

自分の心理さえ満足に理解出来ていないから、「八つ当たりが恥ずかしく無く」、

死の実体さえ理解していないから、「丸ごと一人づつ死という認識」で、「寂しいから道連れは、無駄」であることさえ解らない。

情報・教育の問題である。

「テレビ・マスコミや文部科学省が殺した!」ようなものである可能性も高い。

一般人が持てない拳銃を警察官が持っているのは、

「現状日本社会の病根の深さ」を示している。

・・・・・・・。

最初から、命・性別・健康・・・と「人間の深部の要素から優先して」「人間社会を健康的に構築すれば」今回の事件等のように「バカげた事件が何度も繰り返される世の中」では無くなる。

それなのに、外面の要素に過ぎない「お金」にこだわらせ、「血統利権」や「搾取利権」等の「科学的正当性の無い差別」を温存し、おまけに「拝金自慰情報ばかり配り続けている」から、

人類滅亡まで迫って来ている!

迷惑極まりないから、おバカもいい加減にしなさい!!!

|

車に液体をかけたのは・・・。

隣町のスーパーの駐車場は二階建てだ。

穴の開いた鉄板が二階部分の床だから、上の車がジュース等をこぼせば、下に漏る。

・・・で、本日、筆者の車に液体がかかっていた。

そこで、拭いてみたら「何故か、油性の成分」・・・。

通常なら、在り得ないから、「ゲスの工作」か・・・。

借りている駐車場に泊めているだけでも、虫の糞や油性の液体が付けられたり、小さな傷を付けられたりしているから、

余程、暇らしい。

付回しているお仲間集団も同様で、くだらないことにエネルギーを使って地球を壊すぐらいだから、「確信犯の自滅論者たち」で今のままなら「望み通り自滅する予定」だ。

今回の犯人「も」、車種と運転者を押さえてあるから、もれなく自滅する。

・・・ま、一応知る権利ぐらい与えてあげよう・・・、

という「お知らせ」でした。

カウントダウンタイマーを止める権利を保有しているのは、「人類全体で止めない限り」極一部の人々とある種の生命体なのだ。

言うまでも無く、ゲス(言うまでも無く内面だ・・・上辺でも見る人が見れば明白だが・・・)は含まれて居ない。

あまり失礼な事は続けない方が身の為だが、自滅論者には無駄なお知らせだろう。

近くに居る一般市民が知るべき事は、愚かな自滅論者の存在であり、自滅論者を知っている者は、出来るだけ遠くへ離れておくことだ。

大雑把な制御しか出来ない故、

あらかじめお知らせしておく。

|

山口祖父殺害犯都内で逮捕・・・。

山口県の祖父殺害事件、孫が都内で逮捕されたとの報道があった。

以前から指摘している通り、「現状脱出エネルギーの暴発」による惨劇の犯人とされている「被害者」だ。

親を殺さなかった事を不思議がる方が不思議だ。

問題は、親とかいう特定の個人では無い。

「現状」だ。

偶々目の前にいて「現状適応を強制していた祖父」が犠牲になったのは、過去の例からしても当然だ。

暴発に場所を選ぶ余裕など無い。

現状適応強制の

愚かさ、

恐さ、

などを、今一度かみ締めて頂きたい・・・。

そして、二度と同様の事件を起こさぬように、殺される被害者も現状脱出エネルギーを暴発させて殺してしまう「被害者」も出さないように・・・。

当事者では無い人々が出来ることは、「少しでも人間社会の健康状態を良くする事」しかない・・・。

「思いの上」での現状など狭い世界だ。

是非とも「現実を検証して頂きたい」。

(他の記事もご参照下さい。)

|

病名変わった朝青龍・・・。

急性ストレス障害から、乖離性障害へと病名が変わった朝青龍・・・。

本当に病気か?否か?

そもそも「全ての人々は、時により、何らかの精神的疾患を抱えている」のだから、病名など付けようと思えば誰にだって付けることが出来る。

元を糺せば、「大相撲よりモンゴルでの仕事を優先したズル休み」なのだから、

「横綱としてあるまじき行為」で、「大関・平幕降格もしくは、引退」の何れかを選ばせれば良いだけだった。

それを「外国人だから」と気を遣い、「日本人的な処理」をしたから、話しがこじれにこじれている。

外国人として扱うのなら、精神面は、モンゴルの医者に診断させるべきである。日本の医者がモンゴル人の文化や精神構造をチャンと理解しているとは思えない。

日本人医者に診断させ、病名を付け、それを理由に帰国可という筋書きは、政治家の誤魔化し同様の筋書きで、国技に泥を塗るようなものだ。

一番問題なのは、朝青龍本人が「二頭を追っている」事だろう。

大相撲の横綱と、モンゴルでの事業主の双方を「同時期」に「両方とも成功させる」という「拝金自慰権力志向に忠実な制覇主義」は、「現状」人間社会に適応しようとして「現実」を見失った人間の特徴でもある。

病名を付けるのなら「自我狭窄症=自分の思いの奴隷と化した状態」と付けるべきだろう。

昔流に宗教的表現を使うなら、「悪魔に魂を売り渡した状態」と言うことだ。

もっとも、現状の人間社会、同様の状態の人々が、うんざりする程いるが・・・。

「現状」に拘る人の思いが地球環境まで壊している「現実」を見て、悟れ!

|

中華航空機爆発炎上事故・・・。

沖縄那覇空港で、着陸直後の中華航空ボーイング737が爆発炎上事故を起こしてしまった。

乗客・乗員全員は、脱出し無事・・・との報道だ。

着陸後の爆発炎上だったことが幸いした。

ボーイング737の新しいタイプなのに、爆発・炎上とは・・・、本当に事故なのか?・・・と思う人も少なく無いかも知れない。

右エンジンの後ろからの燃料漏れがあり、左エンジン側で爆発炎上・・・との報道があった。

燃料漏れは、通常なら在り得ないが、上空で硬い異物(隕石や鳥、大きな氷の塊など)がぶつかったり、整備不良や意図的な工作などがあれば話しは別だ。

燃料漏れが確認された右エンジン側では無く、左エンジン側で爆発炎上・・・となれば、両方のエンジンとも何らかの異常状態であった可能性が高く、

「どうもキナ臭い」。

上空時に異常は無く、着陸直後の事故であることから、エンジン逆噴射等で壊れるような何らかの工作もしくは整備不良なのでは・・・?

何故か事故の多い中華航空・・・現状人間社会における「権力争いという病気」の「八つ当たりの被害者」になってしまっている・・・のかも・・・。

それとも、機体の欠陥?整備不良?・・・今は、原因究明を待つしかない・・・が、

日航御巣鷹山墜落事故の真相が闇に葬られているが如く、

権力がらみの航空機事故の真相は、表沙汰になり難い。

・・・そんなところにも、「表沙汰に出来ないことに支えられている現状権力者たちの病気」の「重篤さ」が露呈されている。

いい加減「重病人に権力を持たせる事」は止めませんか?

権力は事実・現実に預けて、

他人を支配せず、自分をコントロールする人々が、現実を共有する人間社会なら、

最初からこの地球はパラダイスなのだから!

自分さえ満足に理解出来ていない「強欲自慰バカ」が「ずうずうしく他人を支配し、他人の財産や労働力を搾取しよう」と「分捕り合戦」を行っているから、

地球環境が悪化し、

人類の存続まで危うくなってしまっているだけなのだから!

愛は「地球を」救うなどと「転化」せず、自分で自分を良く理解して「自分を救い、行動を正して」頂きたい方々が、

マダマダ大勢いる人間社会・・・。

健康化が間に合わなければ・・・。

|

24時間テレビ・・・。

未だに放映している24時間テレビ・・・。

募金で集めたお金で、障害者用の車椅子・車等を寄付・・・と、

「拝金自慰情報をバラ撒いて、数多くの病人を量産している」事の反省は何処へやら、

「ヒタすら正義ぶる偽善ぶり」は、醜悪。

・・・おまけに、実際に障害者と認定されている人々の中には、「見ていると気持ちが悪くなるから嫌だ!」という人々が少なからず居る。

・・・のは、「障害者を強調して、スケープゴードにしている」からだ。

「外に、弱くかわいそうな人々を無理やり見出し、自分たちの行っていることを棚に上げる」のは、「自覚無き=精神病レベル、拝金自慰自滅病患者」の典型だ。

病人に公共全国放送を行わせ続けてどうする!

障害者の為に・・・と、偽善募金する前に、

拝金自慰情報をバラ撒く代わりに、24時間「自覚情報」でも発信したら?

その方がずっと健康な人間社会の構築に役立つのですけれども・・・。

「勝手に作り出した無駄=年寄りの70キロマラソン」を放映して、「頑張れ!」・・・とやれば、「何も考えずに、与えられた事を頑張ってしまう」人々が量産される・・・、

から、現行放送が「現状権力者の操り人形量産」の為の放送であることは明白だ。

いい加減にそんな馬鹿げたことは止めたら!(オコボレ頂戴わんわんたちじゃ、無理かなぁ・・・)

頑張る物事の内容が重要なんだって!!!

他人を蹴落とすことや、本当の自分を見ないことや、他人から搾取することや、地球環境を壊すことや、ヒタすら自分の下にお金を集めること・・・、

などを頑張る人間が増えたら、確実に「人類滅亡」だ。(迷惑極まりない!)

自分や他人と戦うことを頑張るのでは無く、自分も他人も「自分の行っていることの実体も」・・・「理解する事」を頑張れば、

現在行っていることが「恥ずかしくて、恥ずかしくて、堪らない・・・」と「自覚」出来る人々が増える・・・から、

自ずと人間社会の大衆合意内容も変わり、

地球生命体細胞群の永い存続も可能になるのだから・・・!

前例をよく「覚えた」優等生が牛耳っている限り、古臭い儒教の世界のようで、権力が「作られた立場」の「人」に集中していて、社内・同業営業派が出世・お仕事ゲットとなり・・・、・・・無理かなぁ・・・。

|

メタボ侍の死・・・。

伊勢市の健康文化都市作戦、旗手役メタボ侍の一人が急性心疾患で死亡してしまった。

他人の言うことは良く聞き、他人に対する気遣いも十分で、真面目で仕事熱心な人格者であったという身内の話が報道された。

どんなに他の人が良い人だと言ってくれても、死んでしまっては仕方が無い。

自分の状態を他人からの反応で確かめるのでは無く、

自らの中を見て確かめる「自己確認」の習慣を持っていたら、

このような残念な事態は避けられた可能性が高い。

現状では多くの人は、物やお金や他人など、自分以外の要素に頼りやすい生き物となってしまっている。

しかし、その時々の自分の実体を見失ってしまう程、頼ってしまう事は「無意識的に自虐的」なのだ。

同様の事件・事故が起きないように願って止まない。

この意味からも、小学校高学年からは「ちゃんとした心理学」を教えるべきである。

道徳などという「古い、思いによる納得法」を「刷り込み」、現状権力者にとって「都合の良いマリオネット」を量産しようとせずに・・・。

実は、他人を支配しようとする愚か者たちの無意識には、より大きな自虐性の渦が巣食っている。

それなのに、真面目で良い人の如く自らの無意識の自虐性に翻弄されて死んでしまい難いのは、他人に八つ当たりして他人を殺しているからなのだ。

そういうやつ等を知らず知らずの内に容認しているから年間自殺者3万人以上などという惨状となっているのが、現状の日本社会だ。

この自覚無き殺人者たちには、長い未来が許されていない。

自らの中にある「神様の通信簿」を見るが良い。

(他の記事もご参照下さい)

|

小池防衛大臣問題・・・。

安倍政権が青息吐息でも、ちゃっかりアメリカを訪問し「軍需産業大好き共和党重鎮」ライス氏との仲を濃くして、

防衛大臣生き残り、

及び、自分思いの人事、

を貫こうとした「名ホステス」顔負けの「権力者取り入り上手」小池防衛大臣。

人に取り入る術は巧みでも、防衛大臣本来のお仕事は大丈夫では無い・・・と、思わせてしまった「携帯電話事件」。(意図的にしても情報漏れという「悪技」を使って保身及び自分の意見を優位に・・・とは・・・、多数の日本国民を殺しても生き残ろうとした旧軍部みたいで・・・醜悪!)

結果、防衛大臣留任を勝ち取り(予定:青息吐息の安倍総理が元気一杯の小池氏を切れば、益々短命だから切れない・・・)、

事務次官人事は引き分け(自らが押した警察系では無く、守屋事務次官よりでも無い「防衛省生え抜き」)、

と、とりあえずの勝負は「表面的には」勝ち・・・。

・・・・・・。

多くの人々が、このような流れを見て、

「極一部の人間に権力を持たせていることの、

愚かさ、

危うさ、

バカらしさ、・・・」

に、改めて気付いてくれれば良いのだが・・・。

現状の人間社会は、「極一部の強欲バカによって、牛耳られていて、

強欲バカが何時までも権力を握り締め続けようとしていて、

多くの一般大衆がそのような愚かな行為を、何となく認めてしまっているから、

人類滅亡まで迫って来てしまっている」のだから・・・。

軍事大国アメリカの権力者に取り入って生き残る防衛大臣など、ホステスじゃないのだから!・・・要らない。

その軍事大国アメリカにだって、数多くの「軍需産業利益と無関係の人々」が居て、一枚岩では無い。

軍需産業派はかつての「日独伊三国同盟の権力者」のようなものだ。(もっと言えば、人殺しの道具を作り使用する派なのだから、現代のナチスだ。)

最終的に人間社会で生き残るのは、「軍需産業利益を廃する者たち」であることに気付かないくらいのおバカな人間に権力を与え続けている程、危ういことは無い。

権力は人に持たせず、事実・現実に預けさせ、

多くの人々が「自分本来の姿」を認識し、

人の心を豊かにすれば、

豊かな地球、豊かな科学技術・・・、

最初から、この世はパラダイスなのだ!

「愚か者たちが壊しているだけ」なのである。

権力者に取り入り自分を売ることが巧みな「ホステス型」大臣に余りある権力まで持たせている「未熟な日本社会」が、

普通に健康な人間社会に転換出来る日は何時?

全ては、情報と、大衆合意の問題だ。

地球生命体細胞群の存続に協力する人生を送るのか?

人同士頼り合い慰め合い、人類滅亡へと続く道を構築することを手伝うのか?

一人一人の一生の存在価値は、「神様の通信簿」とでも言うべき「自らの中に存在する自然の摂理に描かれ続けている」。

あなたの人生、大丈夫???

|

世界同時株安、ドル安、円高の裏で・・・。

アメリカの低所得者層対象の住宅ローンの焦げ付きが原因と言われている株安、ドル安・・・。

低所得者層を「作り出した」現状権力者たちは、自らが行って来たことの反省も無しに、

「仕掛けた株安で一儲け」

を企んでいる。

その波に飲まれるな!=安く売るな!

大きな戦争も無く、大きな社会的変化も無いのだから、

「仕掛けた株安は、儲け効率の良いところで戻す」

・・・というのが、現状権力者の「予定」だ

・・・が、「予定は未定だ」。

株安・ドル安・円高の「裏で、確実に進行している」「地球環境温暖化がもたらす環境の激変」!!!

北極海の氷も「科学者の予想より3~40年も早い減少を露わにし」、

「雪雪崩式に起きる自然崩壊の恐怖」の「予兆」を示している!

地球環境が激変して人類の存続も危うくなってしまえば、

「株価など無いに等しい」!

今、人類が「集中的」に取り組まなくてはならないのは、

「自然崩壊を食い止める事」だ。

北京オリンピックや上海万博(本来なら、オリンピックも万博も・・・地球環境が健康的に安定するまで「凍結」がふさわしい)や、

数々の現実逃避などに、

大量の資源・エネルギーを使っている場合では無いのである。

現状権力者の思惑では、

「下げた株価で安く買い」

「上げた株価で高く売り」

「地球環境が崩壊しても、自分たちだけは、金力のものを言わせて生き残る」

という筋書きだろうが、

そんな馬鹿げた筋書きを容認する程、人類も、自然環境も、その他の要素も、甘く無いことを知るべきである。

極一部の超大金持ちが操る「錬金マシーン=株式市場」の変動に一喜一憂していないで、

多少の資本力がある方々は、

拝金自慰主義=死んでしまう自分を、

自分自身に対する理解不足や自信の無さを誤魔化す為に、

大枚と言う覚せい剤を追い求め、

自分をコントロールする代わりに他人を支配しようとし、

そんな姿を直視しない為に現実逃避に明け暮れる・・・、

から「解脱」して、

自然崩壊を食い止める所へ投資したり、自ら行動を起こして頂きたいと思う。

肝は「自覚とセルフコントロール」であり「情報」である。(他の記事もご参照下さい)

地球生命体細胞群の永い存続あってこそ、健康で有意義な人生となるのだから!

地球環境や同じ人類や他の生物を壊して、自分を慰め、あの世での更なる自慰を想い描いて死んでいくのは、「金権自慰情報に洗脳された」病人なのだ。

自覚があれば神経症レベルで、自覚が無ければ精神病レベル・・・である。

タダで公表しているブログでさえ、この程度の情報が発信出来るところに、

現状人間社会における科学的・現実的検証財産の実体が在る。

その実体を無視して、何時まで自分を誤魔化し続けられるのか?

何時まで他人に無理強い出来るのか?

誤魔化し続け、代々話を作り、伝承し、偶々その家庭に産まれた人々を不幸のどん底に陥れたいのか?

・・・現状権力者や大金持ちたちが、自分本来の姿に気付いて反省し、行動を改めるのは、何時?

|

怒りの導火線・・・。

テレ朝夕方のニュースショーの一項「怒りの導火線」、本日のテーマは「密漁」だった。

相変わらずの「オコボレ頂戴わんわん」全開!の取材姿勢は、

芸の無い芸能人のお笑いよりずっと笑える。

現行法の問題点を暴露・公表するのが「本来のテレビ・マスコミ等の報道機関の役割」だが、

現行法を守れ・・・と、ヒタスラ現状権力者や利権団体にとって都合の良い情報を、

「下々の大衆に刷り込もうとする」

姿勢は、

・・・醜悪すぎて爆笑!

稚貝を撒いて養殖しようとしているアワビ等は、保護の対象とする合理性があるが、

自然界の海洋資源は、「本質的に」極一部の商売人たちのモノでは無い。

漁協という利権団体が、政治家に便宜を図ってもらって造った法律では、「丸ごと漁協のモノ・・・的法律」となっているが、

その事が「問題」だろう。

近所の人々やレジャーで訪れた人々が、自然界の海洋資源を自らの食料とする権利を一方的に奪う権利など本質的に無い。

つまり、現状の法律が「特定団体の為」、「人々が本来保持している権利」を強制的に奪おうとしているのだ。

自然界の海洋資源を崩壊させない獲り方の情報を流布し、

現行法の裏に蠢く利権団体と政治家の「拝金主義の毒素」を告発し、

健康な法律への転換を促す、

・・・のが、

本来の報道機関だ。

それなのに、「相変わらず」オコボレ頂戴わんわん全開!

なのだから、

報道番組では無いニュースショウの一項としても、

笑える。

いっその事、タイトルも「笑いの導火線」にしたら・・・と、思ってしまった。

|

猫様の悩み・・・。

うちの猫様、自分が猫だという自覚・・・なし。

鏡を見せれば、顔を背けまくり、

「絶対に自分は飼い主と同じだ!」と信じている様子・・・。

「私がこんなに小さいのも!色が黒くて毛が生えているのも!・・・差別待遇のせいだ!!!」

・・・という叫びの目で、私を見ないで・・・。

差別では無く、区別なのだから・・・という言い訳(?)を無視した、私の食卓チェックは今日も続く・・・。(食べられるモノが無いの納得出来たでしょ・・・???おとなしく、いつものキャットフードを食べて頂戴!何てったって、コンピ2台も壊したでしょ!高級キャットフードは当分出ないんだっちゅうの!あんたあ!!!)

|

靖国参拝、小泉氏・高市氏・・・。

小泉氏と高市氏の靖国参拝を「宣伝している」テレビ・マスコミ・・・。

小泉氏も高市氏も「自称改革、実態としては利権/権力を極一部の人々へ集中させる政策」を率先して行なっている「似非ナショナリスト=多くの日本国民の利益を削ぐ集権独裁論者」である。

靖国でナショナリズムを煽る裏で、

「アメリカ人大金持ち、朝鮮人大金持ち、中国人大金持ち、極一部の日本人大金持ち・・・たちに都合のよい法律を通しまくり」、

一般日本人からの文句を押さえやすいように「権力まで集中させる法律を通しまくって来た事」を、

率先して行って来た人々だ。

その「悪政の下」で、

「年間自殺者3万人以上!!!」、

「中小企業の倒産は数知れず!」、

「貯金ゼロ世帯が飛躍的に増え!」、

「年収300万円未満世帯も飛躍的に増え!」、

「奴隷化した労働者=ウァーキングプアーまで増え!」、

「格差が広がり!」、

「格差が固定化し!」、

「共稼ぎしないと子育てが出来ない人々が飛躍的に増え!」、

「結果、親の居ない家庭で、心も考え方も十分に学べず、荒んだ子供たちが増え!」、

「短絡的に強さを求め!」、

「弱肉強食の社会となり!」、

・・・と、

日本社会は地獄化しつつある!!!

その「戦犯である人々」を「宣伝して」来るべき衆議院選で「当選し易い」ように、「戦没者遺族会票」を「集中させる手助け」をしているのが、現状のテレビ・マスコミ=オコボレ頂戴わんわんたちだ。

テレビ・マスコミ情報や、「政治家の上辺」に操られないように気を付けて頂きたい。

(靖国の本質や、本来国政を預かる者が取るべき態度については、過去の靖国関係の記事をご参照下さい。)

|

「白い恋人」で有名な石屋製菓問題・・・。

石屋製菓が自社製品の大腸菌・黄色ブドウ球菌検出を隠蔽したり、返品製品の賞味期限を延長して再出荷していた事が、内部告発で明らかになった・・・との報道があった。

会社の利益=役員・株主の懐に転がり込むお金優先で、消費者=お客さまは後回し・・・という企業体質が暴露された訳だ。

「同様の企業体質の会社は数多い。」

これからも内部告発で暴露される企業が続々と出てくれば良いのだが・・・。

問題は、法律だ。

万引きは窃盗罪となり、それなりに重い罰が付くが、ピンはねは多くの場合合法で摘発も難しい・・・のが「搾取側の都合で作られている」現行法だ。

「細菌検出にはうるさく、食品添加物に甘い」・・・のが、現行法だ。

内部告発で、多めの食品添加物を問題にすることは難しい。

こんな状況では、消費者側の自己防衛しか「自らの健康」を守る術は無い。

不味いモノは、多くの場合「食品以外の成分が入っているから不味い」のだ。

(塩梅も満足にコントロール出来ない飲食物製造業なら、それ以前の問題だが、情報が十分にある今時、そんな企業は少ない。

開発者たちが、せっかく美味しく造ったものに、メーカーや販売店の都合で、長持ちして、食中毒「だけ」は起きないように=後々起きるかも知れない食べた人の細胞の癌化や血液ドロドロ化など「法律に関係無いから」知った事では無い・・・、余分なものを必要以上に加えるから不味くなるのだ。)

宣伝に力を入れ、味に力を入れないメーカー・外食産業等には要注意である。

おいしそうなイメージと実際に身体に良いモノとは違う。

大企業だからと言って信用出来るものでも無い。

出来合いの飲食物で、不味いモノは、食べるな!飲むな!もったいなく思えても捨てて二度と買うな!出来るだけ安全で良質な水を確保して、農薬・運搬/展示時保存剤等に注意して自炊せよ!

・・・現状の日本社会で自らの健康を守る鉄則だ。

法律は、搾取側の都合で作られている。

法令違反にならないから安全・・・では無い。

何故、こんなに半病人が多いのか?

何故、こんなに癌や糖尿病、血液・血管障害患者が多いのか?

断じて、生活習慣だけでは無い。

飲食物が異常なのだ。

「搾取側が常食しない」「下々ゾンビ化」飲食物を、搾取側の思惑そのままに「与えられるままに飲食し」「医者をもうけさせ」「葬儀屋を儲けさせ」「年金も貰わずに」この世を去る必要など無い。

多くの一般市民の方々には、石屋製菓問題をスケープゴード化する事無く、ご自身の飲食関係を今一度見直して「自衛」して頂きたいと思う。

|

右足切断でも気付かずバイク運転・・・。

国道一号浜名バイパスでバイクに乗って先導していた男性が、中央分離帯に右足をぶつけ膝下10センチから下を切断してしまった。

それでも、「気付かず」インターを降りた所で気がついた・・・とは、

人間が細胞の塊であり、

人の生死が細胞ごとに起こっていて、

人の思いと感覚には密接な関係があること、

等を改めて実感させてくれた事故だ。

今回の事故の負傷者は「先導者という気の張った状態で」「高速道路での転倒の危うさを良く熟知している」が故に、

接触でバランスを崩しても転倒してはならない・・・という事に「のみ」気を集中させ、

自らの右足を失っていることさえ、インターチェンジで降りて「安心する」まで、

「無意識の内に」無いことにしていたのだろう。

多くのスポーツ選手が経験するように「試合中の怪我は痛くない」のと同様の心理メカニズムだ。

「人の思いと感覚には密接な関係が在る。」

現状の人間社会のように、「お金持ちに憧れ」「強い者に憧れ」「美しいとされる者に憧れ」・・・というような「思い」を「刷り込まれ続ける」と、

「感じなくなる物事」が在ることを忘れてはいけない。

今回の方は、幸いなことに命に別状は無かったが、残念なことに切断してしまった右足の再接合は難しい・・・という結果になってしまったとの報道だった。本当にお気の毒・・・。

・・・・・・・。

人類が、人類同士の蹴落としあいに明け暮れ、人類が自滅してしまったところで、お気の毒と思う他星の高等生物など居ない。

「自らの正体さえ満足に理解出来ず、自らを自らでチャンとコントロールしようとせず代わりに他人を支配しようとするような『下等生物』故の自業自得だから、当然の結果」

・・・でオシマイ。

今回のニュースを見聞きして、一人でも多くの人間が「思いと感覚の密接な関係」に気付き、

「人類として殺してはならない感覚」

を思い出すことを願って止まない。

「同じ人類が身を犠牲にして示してくれた人類の特性」から学び取った知識等で、人類の未来をより良くすること位しか、当事者の犠牲に他人が報いる方法は無い・・・。

|

水木しげるの戦争体験記・・・。

NHKスペシャルで放映していた水木しげる氏の戦争体験記、戦争の悲惨さ、かつての日本軍の考え方の愚かさ、それでも戦争に突き進んでしまった一般大衆の無力さ・・・などが伝わって来た。

戦争体験者から聞いた話では、第二次世界大戦時の生き残り確率が高かった人々とは、次のような人々だという。

1.戦争主導者=権力者に近く、権力者に取り入り、最前線に行かずに済んだ人々。

2.年齢や性別・体力や障害などで、最前線に行かずに済んだ人々。

3.最前線に送られても「自分たちの命が第一で、敵との交戦は適当に・・・、生き残りを第一に・・・」と、師範学校の教えなど聞かない「悪」・・・。

・・・・・・・。

何か似ている・・・と、思った人も多いのでは?

「現状」と!

否、現状では2.の弱者に対してさえ「早く死ね」政策なのだから、酷さは増している。

精神構造の進化の無さ、むしろ退化・・・を痛感させられると共に、

何時までも「無力な一般大衆ばかりでは、いけない!」・・・と改めて思わされた人々も少なく無かったのでは・・・?

過去を振り返り、歴史に学ぶべきことは、

「戦争は行ってはならない」・・・という「上辺」では無く、

何故、悲惨な事態になったのか?

どうしたら、二度と繰り返さないのか?

・・・という部分に当たる人々の深層だ。

深層問題が未解決なら、上辺などあっと言う間に吹き飛んでしまうから、当然である。

人類が戦争を繰り返した訳も解らずに、次の戦争を防げる筈が無い。

・・・・・・。

因みに、「現状で」全ての医療関係薬に対する認可が遅いのは、

薬の認可利権の拡散を防ぐと共に、「早死にが増えれば、支払い年金も減る」

という「両睨み」作戦・・・。

「食品添加物の認可が欧米より多い」のもこの道による・・・。

親韓・親米政策で、極一部の超大金持ちを優遇する政策にしているのは、

「利権・金権・権力を極一部の人々に集約させる」と共に「一般日本人の人口を減らす」「両睨み」政策・・・。

まるで、かつての軍司令部の如く「一般日本人を殺しまくり、人口を減らしまくる」政策の先には、何が見える?

「日韓併合から始まった」この流れ・・・。

日本的では無く、何処かの半島的な覇権争い・・・。

日韓併合の裏には、日本に染み「渡り」日本を乗っ取る「裏筋書き」がある・・・。

関東大震災や東京大空襲、広島・長崎原爆投下などで、「焼け野原となった地域」で「混乱期に」率先して土地確保に走り、

20年住んだら自分のモノという法律を作り、

殺人等の極悪犯罪まで時効を作り、

・・・と、今の官僚と同様の狡賢い政策を行い・行わせ続けている「特定人脈」・・・。

その流れに飲まれている現状の官僚などに権力を持たせ続けていてはいけない。

一般日本人を陥れる「弱毒物を継続摂取させる飲食物改悪作戦」や「情報や普段の生活で不愉快な思いを無意識に刷り込む厄付け自虐情報作戦」・・・。

行っている実行部隊が、宗教団体の名を借りた工作団体・・・。(何も知らない一般日本人のお布施・寄付金等が工作資金に化けている・・・。だから、宗教団体は特別扱いで無いと困る・・・。)

日本国乗っ取り作戦・・・未だに深く侵攻中・・・。

知らずか?知っての確信犯か?・・・大枚や見返りを貰えれば、「多少のことは」お好きにどうぞ・・・と、黙認・容認して来た日本の権力者たち・・・。

今でも積極的に協力している権力者たち・・・。

そんな者たちを国会や地方首長に送り込むことにお墨付きを与えてはいけない。

権力は事実・現実に預けさせ、

情報は「精神を分裂させる」モノから、「精神の統合・コントロールの手助けになる」モノに転換させ、

日本国民による日本国民の治世を行えば、

「豊かな自然、豊かな科学技術、みんな食えるのだから、自虐的なことはするな!」

が当たり前になる。

日本国からでも、何処の国からでも・・・、この「アクエリアススタイル」を「実現」して行けば、

・・・人類滅亡も回避出来る。

一番の肝は情報だ。

多くの人々が「他人と戦い勝つこと」や「他人を支配すること」や「勝利・支配に基づく搾取利権による大金持ち」を

「素晴らしい」とか、「憧れる」とか、

「思い込み」、「容認し」、

「自分を満足にコントロール出来ない代わり」に「他人をコントロールしようとし」、

「自分の中に混在している善悪」まで「他人に転化して、良い人・悪者をつくる場のエネルギーに力を与え」「ヒーローと共に悪人を造りだし」

・・・、と「精神的に幼稚なことを」「いつで経っても続けている」ことを手助けする情報を流し続けるのなら、

「100%の確率で人類滅亡がやって来る」。

人類滅亡を防ぐのは、ホンの一握りのヒーローでは無い!

一人一人の精神状態の集大成なのだ。

情報発信元に携わっている方々は「特に」、自覚を持って頂きたい!

|

野田聖子議員の事務所で盗難・放火事件・・・。

「全ての政治団体、一円以上は領収書付き・・・」と、民間並みの当たり前の経理事務処理を自らに果たす・・・と、与党も野党も言い始めている矢先、

盗難・放火事件・・・とは、

「証拠隠滅か?」

ライバル候補の「追い落とし工作の為の情報収集か?」

どちらにしても、盗難品は高く売れそうなので、

「下手な盗みを行うより効率が良い・・・という、

プロの犯行か?」

・・・と、色々想像させてくれる事件だ。

真相は・・・?

「何れ出てくる情報の内容と出所次第」・・・或いは、「情報が出てこなければ、それが答え」・・・

なのでしょう。

・・・・・・・・。

心と頭が十分に育っている人々は、皆、ご存知のように、

「自分の上辺のみを綺麗に繕いたいのは、汚さを他人に押し付けたいと言っているのと同じ」・・・である。

「軍による脅しと搾取で利益を得て」

「その自覚さえ十分に持とうとせず」

「自慰に明け暮れている」

・・・のは、

欧米諸国のお金持ちや権力者でも、日本の金持ちや権力者でも一緒だ。

日本の政治家の例で言うなら、

「日本国民全ての生活が裕福で綺麗なものになるまで、自らは底辺に苦しむ国民の気持ちを決して忘れないように汚い貧困生活に甘んずる・・・」

というのなら、正に公僕精神全開・・・で、

「美しい国を造る美しい政治家」だが、

「手段を選ばず、自らの生活を先ず裕福」に、そして「他人さまから突かれる」「上辺ダケは」綺麗に・・・と、

自慰と現実逃避に励んでいる拝金国会議員が多いから、

その象徴として「国民の血税で造った、一等地に建つ、広く、豪華で、安い住処=赤坂お手盛りおズルの塔」まで建つ。

現状の国会議員の資質は丸見えなのだ。

安倍ボンボン・赤城ボンボン・鳩山ボンボン・岡田ボンボン・・・と、自民も民主も「親の財産故にボンボン」となっている議員が数多く、おまけに立場まで良い・・・のは、

金権自慰主義の社会の「金権」自慰政治システムだからに他ならない。

そのような政治家たちを一般大衆が「何となく」容認していたのは、「何となく」一億総中流社会で「金持ちケンカせず」だったから・・・で、格差社会となれば「黙っていない」ばかりか、「力ずくでも・・・派」もドンドン出てくる。

これから先も、格差社会である限り、政治家狙いの犯罪は増えるだろう。

大金持ち狙いの犯罪も増えるだろう。

多くの場合、現状のそれらの人々は、他人からの搾取や権力者が割り振るオコボレ頂戴・・・で裕福で、「上辺だけ」綺麗な生活を営んでいるのだから・・・当然だ。

今時もう「正体は丸見え」なのだから、「自覚ぐらいお持ちなさい!」

学校で習ったり受験に出る科目の学問や前例は良く覚えている「偏った知識では優秀」な官僚も官僚下りの政治家も、

「習っていないこと試験や前例に出ないこと=無いことでは無い事」を知り、

「自分たちより他の人々の方が優秀な事が数多くある事」を知り、

もっと「自らに謙虚に素直に」・・・なるべきなのだ。

「どんなに上辺を繕っても無駄」なのだ。

万全なセキュリティなども在り得ない。

自らの行っていることが、数々の犯罪の原因になっていることぐらい「自覚」するべきなのだ。

本来なら、セルフコントロールで、自らの健康を取り戻すべき問題である。

しかし、十分な反省も、人間社会の健康化も行わず、敢えて人間社会の健康化を遅らせ、代々、搾取財産を相続し続けるなら、代々話で、地獄が似合う人々に、本当の地獄がやってくる。

それは、そんなに遠い未来では無い。

産まれながらの環境格差の是正を行わない国会議員など、自らが拝金自慰血統主義者「=自らの実体に叛いている自虐人間」であると言っているようなものなのだ。

時代遅れで迷惑な人間が権力まで持つ愚かな時代は、あと少しで終わる。

|

南北首脳会談・・・。

韓国と北朝鮮の現状権力者たちが、首脳会談を行う。

どちらも本来なら、権力の座が危うい人々だ。

それなのに、権力・現体制を維持したがっている人々だ。

心ならずもその下に置かれてしまっている、現状権力者利権と縁の無い搾取されている側の一般市民たちは、本当に「朝鮮統一を信じている」のだろうか?

客観的に見れば、問題のある現状権力者たちが権力を保持している限り、統一は無い。

「統一をダシに、権力を維持することを目的にしているのだから!」

実際、統一されて、北朝鮮内の事情が明らかになれば、数多くの「親戚を粛清されてしまった人々」が金正日を許すとも思えないから、核爆弾放棄=金正日の自己防衛放棄のようなもので、

ちゃんとした核放棄も統一もあり得る訳が無い。

韓国の政権だって、統一後北朝鮮の下に付く訳も無いから、「どちらが上の争い」に火を付けて「権力者同士が争う」より、「権力者同士は仲良くし、現在の利権を維持する方が得と考えている」に決まっている。

北京オリンピック・上海万博で忙しい中国は、北朝鮮の相手などしている暇が無い。

その間の時間稼ぎを「韓国の政権をダシに」行いたい北朝鮮現状権力者の思惑と、「平和統一をダシに」で自分たちから続く政権を維持したい韓国現状権力者の思惑・・・。

権力維持の為のもたれ合い首脳会談が、現状権力を維持出来る「時間の引き伸ばし」であることは明白だ。

つまり、現状権力者たちに搾取・冷遇されている人々にとっては、そのような状態がより長く続くだけなのだ。

平和統一とお祭騒ぎしているのは、工作員か?操り人形化されてしまった哀れな市民か?・・・。

お隣の国でも、主導者たちも、操られる市民も、問題だらけのようだが、日本も同様だ。

多くの一般市民が健康で文化的で平和な生活を営む為には、何処の国でも「人々が自分の行っている事の自覚を持ち」「権力は事実・現実に預ける」という当たり前の事を行い、

不健康な現状権力者や搾取で大金持ちになっている害人間たちを駆逐する必要があるのだ。

実は、それは「人類自滅を防ぐ道」でもある・・・。

|

勝手に映画評論「銀河ヒッチハイク・ガイド」・・・。

2005年米・英の作品だと言う・・・。

思わず「オイオイ!」と言いたくなるくらい不自然な、「進歩的生物である筈の宇宙人たちの遅れた地球人的精神構造・判断基準・行動・・・ぶり・・・」・・・。

スターウォーズでも同様ですが、まるでギリシャ・ローマ時代のような合戦・合戦もどきや、宗教的色彩・・・。(スターウォーズで言えば、ジュエダイ=ジーザス=庶民の宗教、シス=シリウス=支配者の宗教・・・というのに類似の要素・・・。スターウォーズでは、敢えて、庶民側に勝利をもたらし、大衆の不満のガス抜きを行っていて、その手法は、正に醜悪!)

これでコメディーなら、未だ救いはあるのだが、作っている方は結構「自分たちが頭が良いつもりで、・・・マジっぽい」から、醜悪。

現状権力者の欲望そのままに、

「権力者にとって都合の良い」「庶民の精神構造」を刷り込むべく、

「スターウォーズのように庶民側に勝たせて=同一視させる主人公のハッピーエンド・・・で不満のガス抜きをし、それと共に、難しいことを考えることなど放棄して、今ある生活を楽しみましょう・・・」

というメッセージを送り込む。

映画という非日常が作り出す「軽度の催眠状態」を悪用した「暗示の刷り込み」・・・。

正に、現状権力者の「オコボレ頂戴わんわん」が作り出し垂れ流す情報の「典型」。

こんな映画を「素直に鵜呑み」して洗脳されちゃっているのですかねぇ・・・欧米の一般庶民は・・・。

因みに、高等生物なら、「権力は人や宇宙人に持たせず、事実・現実に預ける」が当たり前。

銀河大統領とか、・・・特定の宇宙人に権力を持たせたり、戦争もどきの争い=自虐的破壊行為、とか、・・・行う訳が無いんだっちゅうの!(死語?)

自らの内にある欲動さえ満足に理解・コントロール出来ていない未熟な人類が、善悪などを無理やり他人に投影して、人類同士のおバカな支配権・優越権争いを行って来たから、

戦争の歴史となり、

地球環境を破壊し、

自らの将来まで縮めているだけなのに・・・!

ホント、自覚が無い人々や、現状権力者のオコボレ頂戴わんわんが作る情報流布ツールって醜悪!

そんな自虐的な物事に「多大なエネルギーやお金をかけて、益々環境破壊を加速させている」くらいなら、

「黙って、食べられない人々への飲食物の為、寄付でもしたら!」・・・と、

声を大にして言いたくなる映画でした。

因みに、当方が映画を作れば、「チャンと精神構造的にも進歩している宇宙人」だって描けます。

2005年の英・米で、こんな映画を作っているようでは、おバカを駆逐しないと、マジに人類滅亡かなぁ・・・。

現状権力者のオコボレ頂戴わんわんでは無く、真に人類として、地球生命体細胞群の未来を考え、スポンサーに名乗りを上げたい方々は、ご遠慮無く、コメントが有効になっている記事「人類滅亡を避ける方法・・・。」(文化・芸術)のコメントへご記入を・・・。

当方は、お話しが中心で、映画はバックで付いていただけ・・・だから、それ程、気にもならなかったけれども、WOWOWにお金払っている方々・・・これで良いの???

|

勝手に映画評論「はだしのゲン ヒロシマのたたかい」・・・。

何故か、WOWOWの入る友人宅で、たまたまやっていた映画を見ながら話しをする事になったので、

斜め見していた映画を勝手に評論!

・・・という訳で、

一本目は、「はだしのゲン ヒロシマのたたかい」。

1980年の実写版だ。

原爆の悲惨さを全世界にアピールする映画か?と勝手に思っていたが、

伝わって来た情報は、

「平和を失ってはならない」「戦争はダメだ」「戦後の混乱期は何でも在りだ」「アメリカは憎い」「けれどアメリカに頼らなくてはどうしようもない」「朝鮮人への差別があった」「朝鮮人として頼るものはお金だ」・・・

と、何処かの左翼政党のプレゼンテーションみたいで、

原爆の悲惨さを訴えるところは、関連する僅かな画面と、幼女の死というストーリーぐらい・・・。

本来なら、原爆症に苦しむ人々の戦後から1980年に至る悲惨な現状と、

そのことに対する「アメリカと日本政府の対応」を織り込み、

主人公であるゲンの成長や思いと重ねながら、描き出すべきところなのに・・・。

1980年というバブル前の軽薄短小の華やかさも加わり、

「変に明るい」・・・。

お金を払って見る気にはとてもならないシロモノでした。

当方は、映画がバックで、話しが主だから良かったものの、「映画を見るぞ!」とWOWOWに加入して、それなりに期待して見た人たちは怒っているのでは・・・?

|

創価学会や清和会が政権を放したがらないのは・・・。

韓国では、政権が変わると前の大統領が逮捕されたりする・・・のは、

大統領になる為にあるいは、政権を持っている時に、数々の違法行為を含む集金活動・工作活動を行っているから・・・で、

そのような行為も含む大規模な中堅権力者掌握が無いと権力の座も得にくいお国柄だからだ。

統一教会会員への祝電でも明らかなように、韓国ととても仲の良い清和会や、三韓カラーが大好きな創価学会の連中の精神構造も韓国人と良く似ているせいか、

通した法律の多くが、少数の大金持ちに都合の良い「利権・権力集中法案」であった。

靖国、中国、北朝鮮でナショナリズムを煽る裏で・・・、

良心的に一般市民に寄り添う裏で・・・、

「構造改革だ!」「グローバルスタンダードだ!」「国際競争力だ!」などと「嘯き」・・・、

旧来の族議員と官僚を切り離し、官僚利権はザル法で温存し、政府・官僚に利権と権力を集中させ・・・、

極一部の人間たちに「お金も権力も集中させて、韓国やアメリカのような国にして来た」裏には、

自分たちに都合の良く無い人間の追い落とし工作活動がある・・・。

数多くの中小企業という自由な発想の出来る民間開発研究所がつぶれる日本こそ国際競争力が無くなってしまうのに・・・!

このような「日本国弱体化工作」を平気で行えたのは、「根っ子や心が外国人だから」に他ならない・・・。

裏に、大規模な工作活動や恐怖政治でも無ければ、このような表裏正反対のデタラメが容認される訳が無いのだ。

・・・で、政権が変わり、警察の摘発も自由となると・・・、

時効前の違法工作活動などが表沙汰になる可能性がある。

一日でも長く政権にしがみ付いていたいのは、「時効待ち」でもあるのでは・・・。

現在実行中の摘発困難モノや、立証困難モノだって、実体がバレると困るのでは・・・。

この際、「優秀な民主党」には、

「宗教とは、古の人々が考え出した思いによる納得法である」という宗教の実体を明らかにし、

「だから、宗教関係のものは歴史・文化として正当に扱うが、特別扱いはしない。政教分離も当然だ。」と、

宗教法人の特別扱いを廃止し、

靖国も思いによる納得法だから・・・と、国としては関知せず、

教育も宗教に対する基本的知識としては、「実体は、科学的検証法が十分になかった時代、古の人々が考え出した思いによる納得法である。」という基本知識から始めて・・・、

「政教分離がハッキリしない政党とは組まない」

・・・と、民主・現実路線を打ち出してもらい、

政権を取り、過去の政権の悪事を洗いざらい出して頂きたい・・・。

と思っているのは、筆者だけでは無いだろう。

時効待ちが機能しないように、時効撤廃法案も通し、法律の穴を埋め、立証困難案件も十分に摘発出来るようにして・・・。

|

原爆投下と競争社会・・・。

人類が人類を大量虐殺してしまった原爆投下。

原爆発明時の実験結果を見て、

「これならば、敵をあっと言う間に大量処分出来る。ソ連との差も明確に示せる。・・・」と勝手に都合良く「思った」のが当時のアメリカの権力者たちで、

連中は、

「こんなモノを使えば、罪の無い一般市民まで大量に巻き込むから、絶対に人口密集地で使うべきでは無い。脅しとして敵国の無人島にでも落とせば、戦争を終結させるのには十分だ。ソ連もそれを見て悟るだろう。・・・」と、冷静で客観的な判断すら出来なかった「知能も心も十分では無い人々」だった。

このような歴史の「真実」は、連中から続く権力構造のまま歪められ、

「知能も心も十分では無かったことの反省は無く」「原爆投下首謀者は英雄」という似非正義論がまかり通っている・・・のが、現状のアメリカ社会だ。

懲りない連中は、未だに「人類同士の競争こそ発展の秘訣だ・・・」と、似非やる気を充満させ、人類の健全な発展を削ぐ「悪魔に魂を売り渡す論理」を、自国の大衆ばかりか世界中に無理強いして来た。

自らの中にある善のエネルギーも悪のエネルギーも十分に自覚・コントロールせず、

自らの外に自分勝手に投影して悪者や善玉のお仲間を作り出している、

この身勝手な思いは、

21世紀となり、人間社会の健康に役立つ情報も十分にある今日でも、人類同士で蹴落としあいを行う「超自虐社会」を継続させている。

歯止めにしているのが法律という「権力者が作る思いによる納得法」とか、

軍事力による脅し、だから、

環境破壊も防げず、地球が温暖化するだけでは無く、地球上にいる多種の生物は飛躍的速度でその種類を減らしている。

地球生命体細胞群として見れば、「あまりある生物種の減少=構築度の減少」だから、

構築度がある程度以上下がれば「生命を維持出来なくなり」「絶滅となる」筋書きだ。

この愚かな方向へ率先して向かっているのが現状の人類である。

原爆で心ならずも殺されてしまった方々や、被爆してしまい寿命を縮められてしまったり、未だに後遺症に悩まされている方々の犠牲を無駄にしない為にも、

一人でも多くの人々に、自分たちの行っている事の「自覚」を持って頂きたいと思う。

人類の向かっている方向性を変えるのは、人類であるべきだ。

何処かの高等生物に強制的に変えられるようではオシマイである。

|

東京北区ホームレス放火少年・・・。

北区赤羽という朝鮮系・三ケイ系人々の多い地域の少年たちが、「ホームレスは犬猫以下だ。掃除する・・・。」と犬猫以下の知能・心のままに悪行を働き、罪の無いばかりか、心ならずも現状人間社会の病根を表現する役割を背負わされていた普通の市民に重傷を負わせてしまった。

親の教育は?・・・家庭環境は?・・・学校での教育は?・・・???

現状日本社会の「社会情報からの教育」は、「弱肉強食」であり、「働かざる者食うべからず」であり、「遺伝血統主義」である。

この愚かな社会情報教育を十二分に駆逐出来ない家庭・学校環境に置かれた未熟な少年たちは、

自分たちに内在するストレスを理解することも出来ないまま、

「自分たちは強者側でありたい」という「思い」に支配され、

「自分は最低の弱者では無い」と、

より弱く見える者に危害を及ぼした。

現実的に見れば、それは、正に「弱者の行動」である。

本当に強く正しい者ならば、他人からの支配搾取で贅沢自慰生活を行っている「地球環境を率先して悪化させている」害人間の平和的駆逐でも実践して頂きたいものだが・・・。

頭も心も十分に育つことの出来ない環境に置かれた少年たちは、加害者であると共に、被害者でもある。

犬・猫と暮らしている人なら誰でもわかると思うが、犬にも猫にも「人を思いやる知能・心」がある。

飼い主が変な状態なら、率先して癒しの行動に出たりすることも少なく無い。

本来なら、ホームレスという現状社会の負のストレスの吹き溜まりに追いやられている人を見た時、

「これが、文化的な国家か?何処が間違っているのか?どうしてこんなことが起こるのか?・・・どうしたら、こんな状態が無くなるのか?・・・」などの人間として自然で健康な思いが浮かび上がるものだが、

人間としての十分な相手をされこなかったのであろう「加害少年たち」は、

「自分たちも人間扱いされなかったのだから、自分たちより弱い立場に居る者など、価値が無い」と、破壊に走った。(今回の事件の複数の被害者には、ホームレスでは無く、タダ単に野宿していた人も含まれていた。加害少年たちの「思い」では、野宿民とホームレスは同様の弱者なのだろう。)

同様の事例は、枚挙に暇が無い・・・のが、現状の日本社会だ。

いい加減に、頭も心も未熟な「働かざる者食うべからず」の世界から抜け出して、

地球生命体細胞群の高度に構築された一塊としての人本来の使命に基づいて、

「豊かな地球、豊かな科学技術、人の心を豊かにすれば、みんな食えるのだから、自虐的なことはするな!」

と、真に文化的で健康な人間社会を構築する方向へ転換するべきなのだ。

ホームレスのように、社会的負のストレスが、人間を通して実体化するような「負のストレス場」を作ってはいけない。

誰だって「気が付いたらその家の子供」で、「親子は別人格の別人」なのだから、産まれながらの環境格差も是正されるのが当たり前なのだ。

当たり前のことを行わないから、分捕り合戦となり、人が人と争い蹴落としあう対人不信社会となる。

努力・実働による格差は健康的でも、支配・搾取による格差など容認されるべきものでは無い。

支配・搾取を行おうとする努力など、破壊行為以外の何物でも無い。

それなのに、そのような努力をした人たちが報われる社会を推奨するとは、

能無し破壊論者の行うことだ。

そんな総理大臣を選ぶ政党や、そんな政党員を当選させる国民や、破壊行為を行った人々を優遇する法律を率先して作り続けている官僚たちも、

いい加減に目を覚ますべきである。

多くの人々が、年間自殺者3万人以上の国の高級住宅地など虚構の世界であることを自覚するべきなのだ。

どんなに見かけを繕っても「本当の姿」は丸見えである。

悪魔に魂を売り渡した者たちには、地獄がふさわしい。

このまま進行するなら、間違いなく本当の地獄がやってくる。

|

楳図かずお邸問題・・・。

日本では景観が軽視されている。

電信柱もいたる所に在り、綺麗な街といえる所は少ない。

武蔵野市でも景観条例が無く、

楳図邸の色を決めるのは住民同士の話し合いに結論を求めるしか無い。

そこで、究極の話し合いとも言える裁判となった。

どちらにしても、武蔵野の高級住宅地一戸建てを持つお金持ちと、お金が有り余っている(?)漫画家の、

「どちらの思いが支配権を持つか?」

の争いだから、

普通の一般市民からすれば、そんなことにお金をかけるくらいなら、食えない人に寄付でもしたら・・・と言いたくなる。

家がや街並みが綺麗でも、行っていること行って来たことの醜悪さを誤魔化し切れないのは、綺麗なヨーロッパの街並みを見ても明らか・・・で、

ハッキリ言えば順番が逆なのだ。

先ず人類として、悲惨な状況を一掃し、言われ無き差別を駆逐し、全ての人々が本来の権利を回復してから、

それぞれが好き勝手に自分の思いを表現すれば、

健康的だが、

搾取や、他人の犠牲や、大衆現実逃避誘導で現状権力者の手助けをしたりした者が、大金を得て、未熟な自分の思いを曝け出す姿は、どちらにしても醜悪である。

「戯言は、自らの中を「自覚」してから、お言いなさい!」

資質無き者が総理大臣や横綱になると、トラブルだらけになるのと同様、

資質無き者がお金を保持しても無駄なのだ。

頭と心がまともなら、「病的な現状で成功しようとせず」「現状人間社会の病気を治すことで自分も含む全ての人々が本来持っている権利を回復しようとする」ものだが、

拝金自慰情報に毒されて現状人間社会のマリオネットとなった人々は、他人からの搾取で自慰を行いたがる。

年間自殺者3万人以上の国の高級住宅地など、虚構の世界だ。

地獄の如き景観こそふさわしい。

|

朝青龍問題・・・。

相撲協会自らが作り出してしまった朝青龍問題。

そもそも、相撲をタダのスポーツに近づけ過ぎたから、八百長問題も朝青龍問題も発生してしまったのだ。

相撲とは、日本の国技であり、伝統文化であり、神事でもある、タダのスポーツでは無い奥の深いものである・・・という事をもっともっと全面に出して、

強いだけの人は、大関止まり、

横綱になれるのは、強いだけでは無く、神と崇めても良いくらいの「何か」を、合わせ具え持っている人のみ・・・、

という事を徹底していれば、

横綱不在でも大衆は惑わず、

強いだけのスポーツ選手は横綱とはならない。

本来の姿を軽視してしまっているから、高砂親方も外国人に対して十分な情報が与えられない。

伝統文化を大切にしている歌舞伎等に接する時の真摯さと、ダダのスポーツの中で強い者であろうとする一競技者としての思いとでは、大きな違いがある。

相撲道本来の姿をもっと重大に扱うべきなのだ。

お金を追い求めたり、悪戯な国際化に走ることは、自らを崩壊へと導く道である。

|

日本では、清和会・創価学会・朝鮮人・中国人・・・の幹部が元気で、旧経世会の大物が訳のわからない病気で早死にしたり、多くの一般国民が半病人の訳・・・。

日本国内の飲食物は、食品添加物で溢れている・・・、

だけでは無く、

外食へ行けば、ちょっとした指令で「添加物大量混入飲食物」が配られる人と、

「お仲間元気飲食物」として普通の飲食物が配られる人に、

大別されている・・・、

人間の勝手な選別を行っている「悪意のある集団」が存在する・・・。

集団的ストーカー行為等で、気に入らない人々や邪魔になりそうな人々の生活を綿密に調べ、

生活空間に、ゴミ類を撒き散らしたり、飲食物工作・金銭略奪工作・下働き奴隷化工作などで数多くの厄を付け、

本来の力を発揮出来にくくし、

自分たちのお仲間だけが社会的に重要なポジションで権力をふるえるように、

工作活動を続けている愚か者たち・・・、

もしくは売国奴(もっとも根っ子が外国だから、連中に言わせれば、アジアの支配権は我が民族・・・という論理なのかも・・・)・・・。

有線の親玉は中国系で、

ソフトバンクの親玉は朝鮮系・・・というのは、有名な話。

・・・となると、摘発されない楽天やTUTAYAの親玉は?

日興のおじいさんたちは・・・?

・・・そういった「超お金持ちに有利な税制や法律体系」を静々と通しまくっている「似非ナショナリスト」小泉~安倍政権・・・。

・・・官僚たち・・・。

みんな小沢氏や橋本氏や竹下氏の如く、何となく体調が変で・・・では無く、

厚顔無恥の安倍氏やお仲間の如くお元気で・・・。

「思いによる納得法」である宗教で、大衆をコントロールしている池田ナントヤラや、

在りもしない霊やあの世を見えると嘯き、大金を稼いでいる江原ナントヤラ・・・、

も、お元気そうで・・・。

一般大衆は、半病人が多いというのに・・・。

対策も十分に行わず・・・。

いずれにしても、日本国と日本人を壊し支配しようとしている愚か者たちに長い未来は無い。

|

人材派遣「フルキャスト」業務停止・・・。

ピンはね企業のフルキャストが一時的に業務停止になる。

・・・のは、お上が禁じている「建築や警備」などの労働者の派遣を行ったから

・・・で、

それらの業種は「既に上前をハネるシステムが出来上がっている業種」なのだ。

要するに「縦割り利権の侵害」に対する罰なのである。

一般市民の立場から見れば、派遣社員という「奴隷的立場」の駆逐こそ、

政治家や官僚などのお上に期待している事だが、

お上は、自分たちへの貢ぐクンを優遇するから、

貢ぐクンが「奴隷が欲しい」と言えば「奴隷容認法」を通し、

「取りたい放題のお金を集めたい」と言えば「格差容認法」を通す。

おまけに、税制まで「大金持ち優遇法」なのだ。

ここまで好き放題やられていて「暴動すら起きない」のは、

一般日本人がバカなのか?

お上の添加物漬け半病人作戦や情報戦略の効果なのか?(学会系の養老では、お酒も食事もスッキリで、添加物は最小では・・・?と感じたので、おそらく少なくとも与党公明党は、添加物だらけの飲食物情報は知っている筈だ。それなのに、国会で大騒ぎしないのは、「確信犯」で「自分たちさえ守られていれば・・・元気なのは、お仲間だけ・・・」なのでは・・・?)

本来なら、自殺する程お金が無い人々は、自殺する前に「大金持ち」を駆逐するべきなのだ。

或いは、大金持ちばかり居る「おズルの塔」や「松濤町とか田園調布」などで、

「来世は大金持ちに生まれ変わりたいから・・・。」という遺書でも残して自殺すれば、

少しは「現状日本社会の病根」の告発になるのだが・・・。

静かに、現状社会を黙認して自殺する程「もったいない」事は無い。

日本人の武士道精神や特攻精神は今何処・・・?

もっとも、オコボレ頂戴わんわんのテレビ・マスコミがチャンと報道するとは限らないから、出来れば「実況中継モノ」がより効果的だ。

・・・なんて、暴論も言いたくなる程、

静かな日本人・・・。

立ち上がるのは何時・・・?

それとも、「面倒は全てに優先する」から、例え乱暴でも他人頼み???

|

テロ特措法に反対することを明言し、政権を得ない宣言をしている民主党・・・。

言うまでも無く、現状の日本の国防はアメリカ軍の多大な力抜きには成り立たない。

それなのに、アメリカ軍へ後方支援という「ササヤカで済んでいる」協力を断る・・・とは、

早々にアメリカ軍を追い出して自衛するつもりか、

政権担当能力が無いことを国民に訴えるつもりか、

・・・の何れかで無ければ、話しが成り立たない。

後方支援から最前線までの道のりは、遅く、緩やかなものだが、

後方支援を断り「アメリカを怒らせた時」の最前線までの道のりは、「あっという間」だ。

もし、民主党が、現状で必要な法律は通し、官僚の贅沢生活より一般市民の普通の生活の方が大切だという原則を守るのなら、本当に政権交代が可能だろう。

それなのに、ワザワザ自分たちが不利になる政争の具を用意して、

衆議院解散総選挙になった場合は、「僅かな差で自民・公明に勝たせる」状況を用意しているとは、

「確信犯の同類だ」・・・と言われても仕方無い。

結局、日本の国会議員は、アメリカ人大金持ち発、官僚経由、政府公認、与党追認・・・の、「人口密度減少・格差拡大」法案を続々と通し続けるだけの、

「アメリカ人・朝鮮人・中国人大金持ちたちのポチ」

であることを、改めて知らしめる道化役者たちだけなのだろうか・・・。

心ある若手は、声を大にして、本気を示して欲しい。

|

○○学会や民族系工作員の皆様、工作活動を辞め告発するなら今のうちですよ・・・。

もう既にバレている工作活動。

このまま続ければ、それが元で地球がパーもありえるかも・・・???

否、集中的排除対象となるのでしょう・・・。

早めに辞めて改心し告発側に回っておいた方が身の為です・・・。

大金持ちにせよ、不健康な工作活動を行う者たちにせよ、人間社会の健康を阻害する者たちを切除しないと、地球生命体細胞群の永続が可能な社会の構築が間に合わなくなってしまう時期はもう直ぐ・・・。

巻き込まれたくない一般市民は、それらの人々から遠ざかっていて下さい。

大雑把で乱暴な制御しか出来ないとの事なので・・・。

|

赤城農林水産大臣のクビと降りない安倍総理・・・。

今更クビを切るくらいなら、選挙前にクビにしておけば良かったと嘆く自民党幹部もいるそうで・・・(もっとも、ご当人の弁では辞任だが・・・)、

安倍総理の感覚のズレは甚大だ。

もっとも、現状の人間社会では、多くの人々が「現実とのズレ」を自覚すら出来ていないのだから、

自覚無き人々が何となく選んだ「象徴」で、ある意味ピッタリなのかも知れない。

自覚無き人々が、どんなに大声で叫ぼうとも「人間が細胞の塊であり、刻々と変化し続けることで自らがコントロール出来る時間を保持し続けている、ある意味ではカヨワイ存在」である現実は否定のしようが無い。

ところが、人の思いとは勝手なもので「自分は、細胞の集まりでは無く丸ごと一人で、強く不変で他の人々から認め続けられる良い存在である」と「思いたがる」。

もちろんそれは、自己保存の欲動が自分の頭の中で加工されて出てきている「誰もが持ち易い、自分勝手な思い」に過ぎないのだが・・・。

現実を無視もしくは過小評価すれば、そのような「思いのまま」の人生を進めることも可能だが、

多くの場合「現実との乖離の不自然さ」がそれを許容しない。

(例えば、細胞の集まりである自分を認めるのなら、一つ一つの細胞がより快適な暮らしが出来るように「食事・運動・空気・衣類など」に気を配りたくなるものだが、丸ごと一人で自分を見れば「化粧や見た目」が重要となり、細胞を痛めつける生活を平気で行ってしまう。

・・・どんなに上手に塗り手繰っても、本当の自分は化学物質のダメージにより《肌に塗り体内に入り込む異物は、肝腎臓に多大な負担をかけ、老廃物の代謝も阻害する》、

より早く老化してしまうのだから、時が経てば、結果は甚大なものとなる。

「自然の摂理はズルや誤魔化しを認めない。」

・・・普通は、この辺で現実との乖離に気付いておバカな行為を止めるものだが・・・、

それを、今度は手術でシワ伸ばし・・・とは、懲りない人々の見本みたいなモノで・・・、

最初から異常な量の化粧品などに使うお金があるのなら、水や食料さえ満足に得られない人々の生活を改善する為に寄付でもした方が「みんなが健康になる」のだ。)

ところが、人に権力を持たせてしまっている「未熟な現状の人間社会」では、その一つの頂点である総理大臣の立場にある人がどんなに現実から乖離していても、「本人が辞めない」と言えば辞めさせることさえ出来ない。

その下で、一般国民が不利益を受け続ける・・・。シニタイ総理や内閣など、海外からも満足に相手にされる訳が無い・・・。

今回の安倍総理の総理の椅子に対する執着は、人に権力を持たせることの愚かさ、バカらしさが良く分かる一つの事例だ。

人が持つ権力の頂点には居なかった赤城農林水産大臣は、「より優位な権力者」に辞めさせられたが、

本来、総理大臣より優位な権力であるべき国民の総意は、現状では総理の意思より権力が無い。

現状の日本では、国会議員=公僕では無く、国会議員=一般国民より優位な権力者なのだ。

一般国民が選挙で選んでいるのは、「自分より優位な権力を持つ人間」というのが現状である。

選挙制度も法律もジックリ見直して、「ずうずうしく権力者になりたい人々」が国会議員になる日本社会では無く、「日本国の健康な治世を行える資質のある人々」を公僕として国会議員に送り出せる日本社会に転換させるべきだ。

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず・・・、権力を事実・現実に預けるのなら、公僕は健康な人間社会を維持する同列の仲間なのだ。

いい加減に「人に権力を持たせる未熟な人間社会」はやめ、「権力は事実・現実に預ける」健康で成熟した人間社会に転換するべきだ・・・と思っているのは、筆者だけでは無い。

|

未だに人気の小泉前総理・・・。

未だに小泉人気が在るとは・・・、驚きだ。

客観的に見れば、中国・北朝鮮・靖国神社などで「ナショナリズム」を煽った裏で、「アメリカ人大金持ちに都合の良い法律」を通しまくった「アメリカ大好き総理」に過ぎないのに・・・。

「改革」とは、アメリカ化であり、「景気が良くなった実感」を得るのは、「大企業・官僚・外国企業」である。

この辺のワンフレーズの使い方の確信犯的詐欺行為は、旧来の「左翼・革新=実は、親中国・北朝鮮・ソ連」「右翼・保守=実は、親米・親西側諸国」と同じで、言葉だけしか見聞きしない一般大衆は、常にイメージに操られる「操り人形」なのだ。

日本の中小企業から数多くの有益な技術が生まれたのは、中小企業の絶対数が多かったから・・・で、現状のように大企業が有利な法体系となり、数多くの中小企業が倒産して行く社会では、今後新たな有益技術が生まれる数が減る・・・から、小泉~安倍路線は、国力減退政策以外の何物でも無い。

それなのに「目先の利益確保だけに忙しい大企業の重鎮」は、「自分が生きている間だけ贅沢自慰生活が出来れば後は知らない」・・・と、確信犯の自滅論者たちなのだ。

まるでアメリカの宗教票みたいな、通した法律も検証しない一般大衆「イメージの操り人形」たちは、本気で「日本のアメリカ化」を支持しているのだろうか?

「アメリカ人・朝鮮人・中国人大金持ちに都合の良い日本社会」を望んでいるのだろうか?

ユウセンの親玉=中国系や、ソフトバンクの親玉=朝鮮系、やラクテンの親玉=?系、日興のおじいさんたち=?系、ナベツネ=?系、池田ナントヤラ=?系、江原ナントヤラ=?系・・・などに都合が良く、一般日本人が十分な給料も得られず、搾取されまくる日本社会を望んでいるのだろうか?

自覚無き、現実把握能力の不十分な人々は、21世紀の人類として???だなぁ・・・。

「まとめて処分したくなる・・・」という人がいるのも、不思議は無いなぁ・・・。

それとも現実把握情報が不足しているだけ・・・?

|

渋谷妹バラバラ殺人、親の言い分・・・。

法廷内での親の証言の一部が報道された。殺された妹が問題児で、殺人者となった次男は良い子という内容のようだ。

言うまでも無く、「どちらも同じ家庭で育った子供たち」である。

親の「思い」に忠実な次男は、三浪していても良い子で、親の「思い」に忠実では無く、自由奔放に生きようとしていた長女は、悪い子・・・とは、親にとって「都合の良い子・都合の悪い子」という区別に他ならない。

実態を見れば、そのような両親からの「精神的圧迫」が、「犯罪を誘う場」を造り出していたのだ。

本人の適性を無視して、両親同様の仕事を強いる権利など、どの両親にも無い。

現実把握能力が不足している親は、子供は自分の分身であるかの如く「大いなる勘違い」をしているが、子供とは「親とは別人格の別人」である。

遺伝や環境で親と似た部分が造られていても、「基本的に別人」なのだ。

多くの場合、親の一番近くにいる新たに生まれた新たな人間は、「その人本来の適性を活かしてこそ、歪みの少ない真っ当な人生」を送れるものなのだ。

この、その子供本来の権利を「親の思い」や「言われ無き社会的不公平・不平等」などで捻じ曲げると、内在するストレスは強大なものとなる。

「現状の人間社会が事件・事故・病気だらけなのは、この基本的な誤りによるところが大きい。」

産まれながらの環境格差が少なく、本人の適性を活かすことが当たり前の「健康な人間社会」なら、今回のような悲惨な事件も起きなかっただろう。

現状でも、少なくとも、親の立場にある人々には、自分たちの行っていることの自覚ぐらい持って頂きたいものだ。

因みに、父親は、最初の細胞の半分を提供したダケだから、「自分の子」感が、自らの体内で数多くの細胞を一緒に育てた経験を持つ母親より薄い。

この事の自覚が無いと、薄い自分の子感を誤魔化す為、母親以外の異性に種付け行為を行おうとする欲動などが暴走することも少なく無い。

本来は、「自覚」とセルフコントロールが必要なだけなのに・・・。

母親の場合は、自分の子感が強くなりすぎになり易い。

こちらも、自覚とセルフコントロールで、必要以上に子供を拘束しないようにするべきなのだ。

親の立場にある方々は、今回の悲惨な事件の教訓を無駄にすること無く、親から子へ「教えるべきこと=本当の事・現実」は教え、子供の現実である適性を活かし易いように「自らの思いの奴隷」から解脱して、真っ当な親の人生を歩んで頂きたい。

産まれながらの環境格差の是正は、全ての人々にとって必要不可欠な健康の基だから、率先して行うべきなのだ。(他の記事もご参照下さい。)

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »