« 少女ワイセツ写真教頭と写真館の写真・・・。 | トップページ | ホンダの販売不振と、新型フィット・・・。 »

20年前より子供たちの体力低下の真実・・・。

子供たちの体力が20年前より低下しているという調査結果が報道された。

十羽一絡げにして、体力低下とは・・・、「誤魔化し」だ。

実際は、「体力も二極化している」のだ。

お金持ちは文武両方とも、お金をかけて鍛える・・・から、「学力も体力も親の経済次第・・・」というのが、現状の日本社会である。

この血統主義社会は、何故、出来てしまったか?

もちろん作られているのだ。

忘れてはいけないことがある。

第二次世界大戦終了時、中国大陸や朝鮮半島や南方の島々に居た日本人は、大部分「かなりの財産を置いたまま」帰国した・させられたが、

日本国内に強制連行等で連れてこられた人々は、かなりの割合が日本国内に残っている。

日本国は戦前から、「優秀な者なら出所をあまり問わず登用した」が、他の国々では、旧来から血統社会だった。

日本に残り、日本に残った人々には、二通りいて、

本国の体質より日本国の体質が好き・・・で、日本人的価値観の下で生活している人々・・・と、

根っ子は本国で、日本人は○○人の下でなくてはならない・・・と、「思い込んでいる」人々・・・だ。

後記の類の人々が、本国の援助を受けながら「日本植民地化工作」を行い続け、

その結果が昨今の日本社会に反映してる。

彼らにとっては、一般日本人は、自分たちの民族の下で「なくてはならない」から、

彼らは、血統を保つように結婚相手も制限し、集中的にお金・権力を集める手法をとり続けてきた。

そのような人々がより有利に暮らせる日本社会を目指して、お金等で、官僚・政治家を操り、グローバルスタンダードと嘯いた構造改革や、大金持ちから貧乏人まで当然の如く存在する格差社会が作られて来た。

同化工作の一環として、韓国ブームが仕掛けられ、歴史情報等編纂されている。

テレビでは、異常な位、朝鮮系や創価学会系の人々の割合が多く、それらの人々が当然の如くコメントを発信している。

自分たちのルーツや思想・宗教も伏せたまま・・・!

血統利権が代々相続されるように、ゆとり教育が推進され、

一般市民の力を削ぐ為、水や多くの飲食物は塩素や添加物が「必要以上に」入っている。

・・・その結果が、昨今の格差社会であり、親の経済状況により、子供の学力にも体力にも差が付く、血統利権温存社会なのだ。

十羽一絡げにして、みんなが体力が落ちたように報道し、誤魔化すのは、このような実態が露呈することを遅らせる為の情報工作である。

格差社会製造の為のリストラで職を失った夫を詰り、ゴルフクラブで殴られてしまった主婦のニュースが流れた。

現状社会故に職を失った夫を責めてはいけない。

格差社会を作った「小泉や官僚どもや無責任な政治家たち」を責めないと・・・!

そんな者どもに、騙され続けていた自分を責めないと・・・!

今時、血統主義格差社会とは、何処の文化?

一部の優秀と嘯く者たちが、愚かな大衆を操る社会は、何処の文化?

・・・そんな文化の延長線にあるのは、人類滅亡である!

|

« 少女ワイセツ写真教頭と写真館の写真・・・。 | トップページ | ホンダの販売不振と、新型フィット・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事