« 赤福、それは、あんまりです・・・。 | トップページ | 都営地下鉄大江戸線停電事故、狭いトンネルからの脱出に2時間もかかるシステム不備・・・。 »

対テロ戦争にたった一年で22兆円もの大金を要求しているブッシュ・・・。

たった一年で22兆円ものお金を使わせろと要求し、行っていることが「戦争」だから、テロは何時まで経っても無くならないし、

そんなお金の使い方をする連中は、最初から、テロを無くす気など無いのだ。

多くの「下っ端テロリストが、貧困ゆえにテロリストに化けている現状」を、ちゃんと認識しているのなら、「貧乏の根絶」こそ、世界平和への道であることぐらい「誰にだって解る」。

それなのに、22兆円もの大金を「戦争に使わせろ」と要求しているのは、「確信犯で、軍事産業を儲けさせ、そのことによって自らも利益を上げたいから」に他ならない。

多くのアメリカ人たちが、ハリウッド映画やキリスト教でマインドコントロールされているから、悪魔と天使の例えどおりの「善人と悪人という単純な倫理観」しか持たず、

通常、人は、自分を「悪人だ」とは思わないから、「外に悪人が必要」で、

宗教の違うイスラム教徒は格好の「悪人像を投影するターゲット」となる。

この「心理的ベース」を悪用して、軍需産業や資本の世界で異常な利益を上げ続けることを目的としている大量消費自慰生物たちが、

一般市民の命を奪いながら、自らの財産を膨らまし続けているのが実体だ。

周囲の下っ端テロリストに化けている同宗教貧困層の数が減れば、世界的テロの脅威は、国内極悪犯事件程度に縮小される。

そうなってしまうと、巨大な軍備の必要性も薄れるから、軍需産業は困る。

是非とも対立構造が必要で、その為には、テロリストたちには「世界的なテロリストであって」欲しい。

出来れば、「国家対立が理想」だから、宗教の違うイスラム教国家で、戦争をして勝てば、エネルギー資源まで転がり込む国家には、率先して「悪を投影」する。

悪を投影された国家は、旧来からの独裁的支配者構造である場合が多く、独裁的支配者たちは容易く挑発に乗り、益々憎み易い対象に化ける。

問題を本気で解決するなら、簡単で、独裁的に国民の利益を搾取して私腹を肥やしているような支配者たちを始末し、一般国民の衣食住情報・教育を現実的に健康なものにすれば良いだけなのだが、

「自分たちが、独裁的支配者たちと同様のことを行っている」から、独裁的支配者たちは始末しようとせず、その犠牲となっている一般国民を憎しみの対象として風潮しているのだ。

元から、植民地支配や戦争利益で表面的に豊かになっている欧米社会は、それらの行為の清算をしない限り「自らの心の中も落ち着かない」。

その落ち着かない心を見ずに、悪者を作り出して「現状のまま突っ走る行為」の先には、人類滅亡が見えている。

全ての人々が貧困から解放され、全ての人々が実体知識を得て「考え・思いによる納得法である宗教等」から解放され、全ての人々が、地球生命体細胞群の一塊として、自らの存続に貢献する人生を送るなら、人類の未来は永い。

たった一年で、22兆円も使うのなら、大量消費自慰生物である自らをより増長する為に、戦争を呼び水に私腹を肥やすのでは無く、自らを基から正し、真に地球生命体細胞群の為になるように有効に使って頂きたいものだが・・・。

人間として当たり前の上記のような発想すら出来ない病人或いは、未成長な人々が大金や分不相応な武器を持ってもロクなことは無いのだ。

状態の悪い人々にコントロールされている人々は、本当に哀れだ。

一刻も早く、解放されることを願って止まない。

日本国だって同様だ。

自国だけで防衛は出来ないと言っているくせに「異常に巨額な防衛費」を使い、アメリカに思いやり大枚を配り、

事務方トップの行っていることを見れば、大量消費自慰生物そのまま・・・!

なのだから、潜んでいる「無駄は、多大である」事ぐらい誰にだって解る。

本来なら、誰かのお腹に消えているお金を「ちゃんと節約」すれば、世界情勢を見て、「自国だけでの防衛」だって可能な筈だ。

それを、防衛はアメリカ頼み、大枚は自腹へ・・・と、行動してきた官僚ども、政治家ども、関係者たちだったから、

戦後60年も経っているのに、アメリカの半植民地なのだ。

北朝鮮や中国の一般国民たちも共に、権力者たちの呪縛から解放されれば、極東地域の平和安定は、直ぐにでも可能である。

平和安定が実現し、多大な防衛費が小額で済めば、国民に豊富な年金が配れる筈だ。

それでも尚、社会保障の原資が足りないのなら、「現状の社会ゆえにお金持ちである人々」から頂戴すれば良いのだ。

防衛問題、問題なのは、出来の悪い権力者たちである。

|

« 赤福、それは、あんまりです・・・。 | トップページ | 都営地下鉄大江戸線停電事故、狭いトンネルからの脱出に2時間もかかるシステム不備・・・。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事