« 教科書検定、嘘は「沖縄集団自決問題」だけですか・・・? | トップページ | 旧日本軍遺棄化学兵器処理事業という「税金を私有財産化する為の呼び水」・・・。 »

平塚エスカレーター事故、部分対策の招いた惨劇・・・。

平塚で、落とした50円玉を拾おうとした子供が、エスカレーターと建物の壁に挟まれ重体となってしまった・・・という事件が報道された。

法定対策の施されているエスカレーターでの事故であるとの報道だったが、法定的にも対策不十分だったことが改めて報道された。

現行法は「実体に即しているのでは無く」、官僚どもや経営者たち等の「ご都合や責任逃れ」の為に作られている。

もし法律に規定が無くても、エスカレーターと建物壁の間に挟まれる可能性がある隙間があれば、対策するのが「現実対応」で、

法律に規定が無いから、或いは「摘発されることは無いだろうから」・・・と、放置し、対策費の節約を喜ぶのは金権拝金自慰主義に毒された「現実逃避」生物の行っている「自称お仕事=破壊行為」だ。

「子供自身の考え方を育てた周囲の情報」と、その「破壊行為」の犠牲者が今回の子供なのだ。

・・・・・・・。

歩行者が信号を見て、車の動きを見ずに交差点に飛び込めば、青信号でも事故に合ってしまう可能性が少なく無い・・・。

しかし、子供には「先ず、信号を守れ」と教え、「車などの動きに注意すること」は後回しにしている・・・。

順番が逆なのだ。

「先ず、車等に注意」で、信号はあくまでも重要な補助である。

今回のエスカレーター事故も、「先ずお金」という情報に溢れているテレビ・マスコミで育った子供では無く、「先ず命」という情報で育った子供なら、悲惨な目に合わずに済んだだろう。

法律を守ったフリをすれば良い・・・という管理のスーパーでは無く、現実的な危険を把握し対策するスーパーだったら、事故は起こっていないだろう。

・・・・・・・。

大人たちが子供たちに「教えていることが間違っている」ばかりか、

大人たち自身も、現実に生きず、法律という、権力者たちが作り出した「考え・思いによる納得法」に過ぎないものを「頼りに、責任を擦り付けて」、お金に生きている。

このような状態を続ける限り、同様の事件・事故は起こり続ける。

本当に、大切なものは何か?

お金か?

健康な人間社会か?

人間同士の競争に勝つことか?

地球生命体細胞群の永続か?

・・・・・・・。

・・・既に、進路変更は求められ、

進路変更可能時間は、限られている・・・。

それなのに、「法定どおり直せ、他も法定どおりかどうか?チェックしろ・・・」しか言わないお役人、必要情報を放映しないテレビ・・・では・・・!

子供たちに「お金より命の方がずっと大事だ!」「命から大切にする、健康な日本社会にする!」と何故言えない!政治家!!!お役人!!!テレビ!!!

お金を掻き集めて、死んでしまう自分を大量消費で慰めて、環境を壊し、地球生命体細胞群の永続を危うくしているのは、悪魔に魂を売った大量消費自慰生物であり、人間では無い。

人間がこの世界に残せる物事と言えば、とどのつまり「記憶」である。

子供に自分を被せる人々が大好きな遺伝子にしても、思想にしても、財産にしても・・・。

地球生命体細胞群の存続に貢献する「記憶」を残すことこそ、仕事であり、

地球生命体細胞群の存続を危うくする「記憶」を残したり、

死んでしまう自分の為に、本来不要な大量消費の「無駄」を行うのは、破壊行為である。

どんな人でも、最低限この「基本中の基本」は外さないで欲しい。

「基本中の基本」も解らず、或いは、確信犯で無視して、

「基本中の基本」を心ならずも外してしまう人間を量産する「悪魔のストレス」

を生み出している現状権力者や大金持ちたちには、一刻も早くご引退願いたい。

・・・人間の条件を忘れてはいけない!!!

|

« 教科書検定、嘘は「沖縄集団自決問題」だけですか・・・? | トップページ | 旧日本軍遺棄化学兵器処理事業という「税金を私有財産化する為の呼び水」・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事