« 防衛利権と防衛問題・・・。 | トップページ | 守屋氏逮捕と額賀財務大臣の証人喚問中止・・・。 »

食品表示偽装と添加物問題・・・。

マクドナルドから船場吉兆まで・・・いたる所で発覚している食品表示偽装・・・。

表示偽装でさえ、このテイタラクなのだから、食品添加物や残留農薬等の検査を徹底して行えば、どうなるのか・・・?

・・・は、想像に難く無い。

多少鮮度の落ちるモノや、他のブランド牛を使ったところで、健康に大きな害は無いが、

食品添加物や残留農薬等を接取し続ければ、半病人となり、酷い場合は死んでしまう・・・のは、中国の例を見ても明らかだ。

何時になったら、健康被害に直結する物事の検査が行われるのか・・・?

食品表示を取り締まり、「食の安全に気を遣っています・・・」と「ポーズ」するのは容易いが、

食品添加物や残留農薬等の検査は、費用もかさむし、場合によっては補償問題となる・・・から、

政府与党が本気で国民の健康を考えない限り、実現しそうにない・・・。

逆から見れば、現状では、「国民の健康よりお金」なのだから、そんな政治家や官僚どもに高給を与える必要がある筈も無い。

消費税を上げると騒ぐ前に、国会議員や官僚どもの給料も民間大企業並みにするべきなのだ。

そうすれば、お金目当てで政治家や官僚を目指す「不健康な連中」が減少するだろう。

逆に、お金目当てでは無く、真に「国や国民の為に働きたい心を持つ」まともな政治家や官僚が増えるだろう。

実体が伴わない高給取りを許してはならない。

放置すれば、社保庁の二の舞・三の舞・・・となる。

社保庁職員の事務能力ならクビが当然で、再就職も皆と同じハローワークが当然なのだ。

アルバイトや契約社員でも、元社保庁じゃ嫌がる会社が多いだろうけれども・・・。

|

« 防衛利権と防衛問題・・・。 | トップページ | 守屋氏逮捕と額賀財務大臣の証人喚問中止・・・。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事