« 元光ゲンジ赤坂覚せい剤問題と、金権拝金自慰主義社会・・・。 | トップページ | 人類の成長・・・。 »

小沢民主党代表辞任で近づく政界再編という利権分配構図の変更・・・。

民主党の中は、ゴチャゴチャだ。旧社会党から、自民右派まで居る。結果として、ナカナカまとまらないどころか、足の引っ張り合いとなる。

自爆テロで代表を降ろされた前原氏・・・。

些細な問題の蓄積で降ろされた菅氏も同様だった。

お金持ちで、故に金権拝金自慰主義社会では、キングメーカーになれる鳩山氏も、皆の支持が得られない。

今回の小沢氏も、そんな状況がさすがに嫌になったのか?

自らの恥部を押さえられてしまったのか?

デタラメ報道の影響や、執行部との意見の食い違い等を辞任理由にしていたが、「そんなヤワな物事で、辞任する」とは、思えない。

・・・・・・・。

思想・信条バラバラ政党がまとまれる唯一の目標は「政権奪取」だったが、政権奪取が見え隠れするようになった途端、

福田総理との二人きりの会談・・・では、ワザと不安定な足元にある、火に油を注いだようなものだ。

例え、政権を奪取出来ても、自分の意思が思うように貫けないなら、党首の意味は無い。

それならば、元から思想信条の違う多数より、思想信条の似たもの同士を集め多数を狙った方が良い。

福田との会談で、何らかの感触を得たのだろう。

政界再編は、大変だ・・・とか、中選挙区にしないと無理だ・・・とか、言われているが、

実際は、中選挙区とは政治家自身の保険であり、

再編して政権を取れる人数がまとまれば、再編政党の立ち上げなど、容易い。

民主党の中には、「政策遅延が目的か?」と疑われても仕方無いことを平気で行う「他国の紐付き(?)人脈」が居る。

金権拝金自慰主義社会を延長するためには、アメリカとの兼ね合いも官僚との兼ね合いも重要だから、「ポーズでは無く、本気でそれらの勢力から利権を奪う改革をしてしまえば、金権拝金自慰主義で生きたい自分たちの利益も無い」・・・。

国家国民を衰退させれば、自分たちの利益も少なくなる。

生活第一を謳ったのは、そんな事情からだったのでは・・・。

そこで、政策遅延工作活動派を切り、アメリカ派にしても、国内庶民派にしても徹底改革派を切り、中道保守利権維持派でまとまれば、安泰だという算段なのでは・・・。

政界再編問題は、「大衆を納得させる理由付け」だけだ。

そのきっかけを作ったのが、今回の辞任劇だったりして・・・。

今後の続きは、茶番劇もしくはコメディーとしては楽しみだが、金権拝金自慰主義社会である限り、健康な治世は望めない。

金権拝金自慰主義を行い続ける政治家・官僚に大枚を渡すことは、盗人に追い銭のようなもので、正に無駄だ。

そろそろ、無駄を止めて、健康な人間社会を構築する時期だが・・・。

果たして、金権拝金自慰情報・教育に毒され続けている一般大衆の判断は・・・???

巷で、人類滅亡と言われている大量処分は不回避なのか・・・?

|

« 元光ゲンジ赤坂覚せい剤問題と、金権拝金自慰主義社会・・・。 | トップページ | 人類の成長・・・。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事