« イージス艦「あたご」、漁船と衝突する船で『国防は大丈夫か???』・・・。 | トップページ | 電話相談員に自給5,500円を計上、社保庁問題を社保庁に処理させる愚・・・、道路特定財源問題を官僚と一体化した与党に委ねる愚・・・。 »

米兵に綱紀粛正を求める愚かさと、付いていってしまった『中学生』に危険認識を求めた新潮の愚かさ・・・。

そもそも、通常の情報・教育で持て余してしまうぐらいのワルを、叩き込んで隔離している・・・要素もある在日米軍・・・。

その連中に『教育で綱紀粛正を求める』・・・とは、笑止千万である。

『そんな教育を受ければ、益々ストレスが溜まるだけ!!!』だっちゅうの・・・!

「現状」対策を行うなら、基地の中にソープでも配し、『基地から出る時は、「抜き済み」にする』・・・くらい行わなくては、無理。

言うまでも無く、一番良いのは、米軍にはお帰り頂き、余りあるエネルギーは、米国内現状権力者たち等に向かわせて頂くことである。

そうすれば、困った現状権力者たちも、『本当に必要な、情報や教育、健康を損なわない社会体制』に気付くかも(?)知れない・・・。

・・・・・・・。

マダマダ若く『他人を信じたいエネルギーで満ち溢れている』中学生に、危険認識を求める論調を展開した新潮も酷い・・・。

徐々に現状・現実認識を深めている段階の年齢の人々に、『一律に同様の認識を求める』事自体、大きな無理がある・・・。

しかも、情報・教育が現状のような状態で・・・。

米軍が居るお蔭で儲けられている人々も居るのが、実態だから、米兵=完全悪とは宣伝されない。

部分悪として宣伝されている限り、解釈次第で用心の深さが変わる・・・のは、大人とされている人々でも同じだ。

ましてや、大人とされている人々だって、振り込め詐欺や霊感商法等のような『解り易い悪行』にさえも騙されている・・・のが、現状の情報・教育の成果である。

『対人問題』とは、例えば、「交差点では、信号より、他の車やバイク等の動きに気を付けるようにしなさい。」・・・というような、『対物問題』とは訳の違う、高度な判断が求められる物事なのである。

『若年層の安全確保は、成人層の責務』である。

政治家/官僚・テレビ/マスコミ・教師/親・・・等が責められるのなら、話しは解るが、

被害中学生を責めてはいけない!!!

被害中学生を責める前に、マスコミの一端である自らを責めるべきだろ!・・・新潮!!!

何れにしても、情報・教育、人間社会等をより現実的なものにすることが一番だが・・・。

(他の記事もご参照下さい)

|

« イージス艦「あたご」、漁船と衝突する船で『国防は大丈夫か???』・・・。 | トップページ | 電話相談員に自給5,500円を計上、社保庁問題を社保庁に処理させる愚・・・、道路特定財源問題を官僚と一体化した与党に委ねる愚・・・。 »

教育」カテゴリの記事