« 某文部科学省にて・・・。 | トップページ | 某音楽プロダクションにて・・・。 »

胎動・・・。

十数年前、某元中小企業の実験室では、空間強度測定実験が行われていた。

分離素材で区切ってある特定空間内に発生させた電磁波を検知し、その歪み・エネルギー状況から、空間維持限界を探り出す実験は、今、佳境を迎えている。

「この程度の分離素材で、こんなにはっきりとしたデータが取れるなんて・・・!」

「事実は小説より奇なり・・・だね。」

「これで、重力制御も見えて来た・・・。」

「ああ、意外とハードルは低かったな・・・。」

「意外にね・・・。」

「時空の浮き袋を製作すれば、スペースシャトルなんて、無駄の塊・・・。」

「戦いでは無く、理解の勝利だね。」

「でも、制御を間違えると、危ないんじゃないの・・・?」

「当然さ。変な使い方を封じる為には、先ず、人類の精神的進化が必要になる。」

「地球を消滅させる武器としても使用可能だから・・・?」

「使い方を間違えれば、そんなモノで済まないかも・・・?」

「宇宙の大迷惑・・・て訳か・・・?」

「下手すると・・・ね。」

「どうする・・・?この先・・・?」

「とりあえず、万一の時の自滅消滅装置までは、作っておこう。地球消滅程度で済むように・・・。」

「其処から先は・・・?」

「人類の精神心理の進化待ち・・・ってところかな・・・。」

「でも期待出来るの・・・?」

「我々が、こんな技術を持てるのだから、同様に、精神心理の進化のロジックだって、色々なところで発芽してる・・・んじゃないのかな・・・。」

「そうだと良いけれども・・・。」

「まぁ、宇宙の大迷惑となるくらいなら、地球だけ消滅・・・というところまでは、作っておくことにしよう・・・。」

「私たちも消滅しちゃうんだよね・・・。」

「当然さ。・・・でも、人類が、侵略・略奪競争で宇宙を荒らすのよりマシだろ!」

「どうなるのかなぁ・・・人類・・・。」

「なるようになるさ!」

「消滅器の完成まで、どのくらいかかるかなぁ・・・。」

「まあ、のんびりやって、3~4年ってところかな・・・。」

「それより、時空の浮き袋、商品化して大儲け・・・って言うのが良くない???」

「それじゃ、巷にゴマンと居る人類滅亡加速仕事を行う者たちと同じだよ!」

「どうして・・・?」

「大金持ちを見れば、羨ましくなるだろ!当然、ボクも私も・・・の大競争さ。お金目的の為に、用でも無いモノが量産されてしまう一因になるだけさ・・・。」

「お金を放棄すれば・・・?」

「権力者の道具になるだけ・・・。」

「やっぱり、進化待ちしか無いか・・・。」

「日の目が出ると良いけどなぁ・・・。」

「消滅じゃ目も当てられないよ・・・。」

「ウチらも情報やる・・・?」

「適性の無いことやってもなぁ・・・。」

「ヒントぐらいなら、流せるんじゃない・・・?」

「まぁ、自滅消滅器完成後なら、どうせ暇だし・・・そうしたら、やるか・・・?」

・・・・・・・(続く)・・・・・・・。

|

« 某文部科学省にて・・・。 | トップページ | 某音楽プロダクションにて・・・。 »

小説」カテゴリの記事