« 工作実動部隊の現場から・・・。 | トップページ | 国交省関東地方整備局の茶番劇・・・。 »

実動工作員監視班の現場から・・・。

バケや同胞医者の工作活動、及び、ターゲットは、常に監視されていた。

バケに先立ち、ターゲットの住処に忍び込んだ監視班の工作員は、容易な発見が困難なアンサーバック式盗撮・盗聴器を仕掛けた。

同時に、ターゲットと工作員の周囲に、監視工作員とは別の監視班の人間も配置されていた。監視工作員の行動も監視され、その逆もあり、・・・全ての人間が一度期に裏切らなければ、裏切り行為等も発覚するようなシステムになっていた。

監視班の人間は、ターゲット宅が侵入困難な場合にも好都合である。マンション等なら、上下左右の部屋を専有し、壁・窓伝いに情報を得る事でもかなりの情報が得られる。不快工作活動等も簡単に行える。

工作員・ターゲットの持ち物には、アンサーバック式発信器が仕掛けられていた。

監視班は、イベント情報・状況を意図した時、常に得ていた。

それらの情報は、指導者へ上げられ、指揮は全て指導者が取るようなシステムになっている。

・・・・・・・(続く)・・・・・・・。

|

« 工作実動部隊の現場から・・・。 | トップページ | 国交省関東地方整備局の茶番劇・・・。 »

小説」カテゴリの記事