« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

サブプライムで穴が開いた資本バブル=戦争の呼び水・・・。

現状の資本界、バブルである。其処にサブプライムで『意図的に穴が開けられた』・・・。

「世界恐慌→戦争」という図式が見え隠れしている・・・。

果たして、アメリカの投げ出した穴押さえ資金は十分か???

「軍需産業大好き」ブッシュ政権が投げ出したのだから、十分な訳が無い。

穴は塞がらず、バブルは弾け、世界恐慌となる頃には、オバマ政権である。

オバマが難題を解決出来ない・・・となれば、仕込みの戦争が始まり、

第三次世界大戦へ・・・との道筋は、「聖書預言だ!」「神のご意思だ・・・」と是認される・・・だろう。数多くの『宗教国家』において・・・。

必ず勝ち、生き残り、・・・「千年王国がやって来る・・・」と、実際は、『人類滅亡を誘ってしまう・・・』のが、人類の近未来・・・だろう・・・。

このまま行けば・・・。

・・・・・・・。

『日本の年金システム同様、既に破綻している現状資本システム・・・』。

悪巧みの集金システムを考えるより、

『破綻処理と新たな経済システムを考えた方が人類の為・・・』だが・・・。

まともな経済学者もいない現状人間社会は、他の道を考え出せずに、滅亡への道を歩んでしまっている・・・。

・・・・・・・。

荒療治しか無いのか・・・。

カウントダウンは止まらない・・・。

|

「麻生氏圧勝・・・」で恨み節・・・の親韓テレビ・・・。

小泉の時は大応援・・・。今回も『当然』地方票ゼロとなった小池の応援(総裁選が終わっても、未だに)・・・。・・・というのが、日本のテレビ局の実態だ。

そして、日本のテレビ局は「親韓」である。

竹島は日本の領土であるのに韓国に不当占拠されているは、『今の現実』だし、

日韓併合時、「(仮面日本人利権を得る為)創氏改名を朝鮮人が率先して行った・・・」のは、『過去の現実』だが、

「韓国大統領が創氏改名に嫌悪感を示した・・・」と、韓国の立場を支持し、過去の現実も歪めるような事を平然と言う民主党国会議員まで担ぎ出すのが、日本のテレビ局の現状である。

チョウニチ新聞に至っては、「竹島を日韓友好の為譲渡すれば良い・・・」と言ったブンヤと、日本人名を名乗っていながらテレビで独島と連呼した芸能人???と、韓国人と言う、『親韓ばっかりの対談を大掲載』していたり・・・、

・・・と言うのが日本のマスコミの現状だ。

知らず知らずの内に、そんなテレビ・マスコミの操り人形と化してしまった人々には、

『現実を現実通りに言う』麻生は人気が無い。

しかし、逆に「それだから、ちゃんとした日本人としての判断が期待出来る・・・」と、思っている人々も少なく無い。

テレビ・マスコミが恨み節を吐露している分だけ、「日本人にとっては、小泉~福田よりは期待出来る・・・」というのが実態だろう・・・。

テレビ・マスコミの恨み節のお蔭で、「新総理誕生後直ぐに解散するべき・・・」と言う程、支持率は上がらないだろう。

是非とも、政策勝負で、『親韓勢力には出来なかった物事を行い続けて頂きたい』と思っているのは、筆者だけでは無い。

「創氏改名が本意では無いと言うのなら、率先して朝鮮名を名乗り、日韓友好の前に、歴史・領土問題は解決するべき・・・」ぐらいの事を言えば、

反発する=仮面日本人である事が、益々露わになる。

多くの根っからの日本人には、仮面日本人の本音は、「日韓併合=日本乗っ取り・・・」なのでは・・・と知れ渡り、

平和ボケで去勢化・無害化されていた人々は、当然の防衛意識を回復すると共に、

自虐教育・無害化/去勢教育等の工作活動で封じ込められている日本人としての元気も回復する。

・・・・・・・。

それにしても、この後に及んで小池を宣伝している・・・のがテレビの現状・・・だから、

醜悪を通り越して、お笑い・・・である。

因みに、小池の過去の輝かしい???履歴等は、そのスジの人脈による「小池一極集中的」後押しが無ければ不可能である事ぐらい、誰にでも解る。

「仕込んだ駒がダメでは、今までの努力も無駄になる・・・」のが、そのスジの人々だから、

必死なのだろうが・・・バレバレなので、無駄だ・・・。

・・・・・・・。

改革で、利権少数集中を行わなければ、植民地的支配も不可能である。

『小泉改革と同様の物事をずっと前から実践済みである芸能界』では、支配・被支配がはっきりしている。

「努力とは、支配者に気に入られる努力」となり、

「支配者が気に入った」極一部の者は、優遇され、「意図的に売り手市場にされている状態の芸能界」で『率先して、売ってもらえる』・・・。

他の多くの者たちは、支配者の顔色を気にしながら青息吐息の生活を続け、

支配者の意に沿わない者は、落ちこぼれ、

『落ちこぼれは、業界内では食えない』。

改革推進派の目指すところは、そのような社会である。

・・・・・・・。

テレビ・マスコミが変に優遇する人々は、衆議院選でも当選させるべきでは無い。

|

「愚民化教育」の成果・・・。

愚民化教育では、『学ぶ者が興味を持てないように、教育指導要綱を作る』・・・。

結果として、『勉強する事のメリットを近くの環境で確認出来ていない、普通の人々』の多くは、

『勉強自体が嫌になる』・・・。

ところが、『高学歴のメリットで、親が、社会的立場や大枚を得ている家庭で育っている子供』は、違う。

『目の前に勉強する事の意味が見えている』から、多くの場合、愚民化情報でも「覚えて損は無い・・・」と、思うようになる。

親が高学歴のメリットを示していない状態で、子供に対し、「勉強!勉強!・・・」と叫んだところで、子供にとっては、単なるストレスと化し、益々やる気を殺がれる場合が多いのだから、

愚民化教育では、「学歴の家族間格差固定」が起こり易いのである。

愚民化教育を止めるとどうなるのか・・・?

例えば、基本的情報を学んだ後(小学校高学年或いは、中学程度から・・・)、

『数学・物理・化学・生物等は、具体的な物事から遡って(例えば、機械やゲーム等の設計や、株・金利計算等など・・・)』教え、

人間=自分の基本として『心理学や生物科学等』を教え、

現在の社会システムの基本として『法律や経済システム、国際関係等』を教え、

『歴史も現代から遡って』教えれば、

多くの人々が『現在ある自分でも興味のある物事』は『進んで勉強するようになる』のである。

それと共に、飲食物格差を是正すれば、

必然的に、「平和ボケ愚民」は減少し、『多くの国民が本来の力を発揮出来易くなるので、国力は増し、学歴家族間格差は解消され、適材適所社会へと近づいて行く』・・・。

・・・・・・・。

今時、「愚民化教育を続けよう・・・」としているのは、現状利権を維持したがっている「家族主義現状権力者や大金持ち=現状で有利な人々」や、

「日本の国力を削ぐ工作活動を行っている根っ子が外国の人々・・・」以外の何物でも無い・・・。

そんな者たちの「悪い思惑」に翻弄される事無く、

『子供たちの本来の能力を引き出す・・・のは、親や身近にいる人々の責務』である。

悪戯に、八つ当たり的に、「勉強しなさい!・・・」と言わず、

本来の情報・教育の道筋を利用したり・・・して『適性や興味を引き出せば良い』だけだ・・・。

飲食物・空気等も健康なものにし続けて・・・。

意図的に作られている『情報・飲食物格差』は、現状日本社会の大きな元凶である。

・・・・・・・。

歴史からちゃんと学ぶなら、誰でも解る事がある。

時代と共に、「神」や「強い指導者」などと言う「理想の親」を求める『精神的に未熟な人々』は、減り、

「権力は、事実・現実」に預け、「事実・現実を認め、他の人々と事実・現実を共有する」『精神的に成熟している人々』は、増えている。

『人間社会が向かう方向は明らか』である。

その歩みを、「現状権力者や大金持ちたちの家族主義等の思想信条により」意図的に停滞させられてしまっているから、『環境・エネルギー問題等が深刻になってしまっている』のだ。

『多くの人間が本来の能力を発揮出来れば、環境・エネルギー問題等の解決など容易』である。

「極一部を優遇し、多くの能力を封じ込めている現状人間社会の異常性は、人類滅亡が迫ってくる程」なのだ。

「メタボ立場」も「メタボ収入」も「メタボ仕事」も『悪(善悪についてよく解らない方々は、他の記事をご参照下さい)』である。

「事実・現実に権力を預ける」のなら、メタボ立場など要る訳が無い。

メタボ仕事など、「適性のある者で手分けして行うのが当然」だ。

メタボ立場やメタボ仕事が無くなれば、自動的にメタボ収入も解消される。

適材適所社会なら、事件・事故等も激減する。

産まれながらの環境格差も是正される。

『人間社会は「本来のパラダイス」となる』のである。

時代に逆行し、人に持たせる権力を大きくし、権力集中を行えば、権力争いとなり、確実に人類は滅亡する。

・・・「どちらが良いのか・・・?」は言うまでも無いだろう。

・・・・・・・。

権力を持ちたがる人の裏には、自己確認の代償欲求がある。

自分で自分をを確認する代わりに、他人を巻き込んで、他人に自分を認めさせたり、物・事による賞賛等で、自分を確認した気分に浸りたい・・・だけなのだ。

『生きている一人の人間は、常に入れ替わっている細胞群の一塊』である。

『常に状態が変わっているのだから、常に自分とこの時空との間で、確認行為を行わないと落ち着かないのが当然』だ。

その『自覚が有り、細胞の入れ替わりの実感があるのなら、例えば呼吸をしているだけ・・・でも、自己確認は実感出来ている』筈である。

ところが、頭の中の「自分の思い」という極小部に自らの意識を集中させてしまうと、「自分の身体の実感すら???」となり易い。

『自らの思い(多くの場合、他者からの情報でマインドコントロールされているのだが!)の奴隷』となれば、

自らの身体が送ってくる自己確認情報は魅力的に『思えず』、

自らの思いを認める他人を見る事や自らの思いに対する評価物/事による自己確認の代償の方が魅力的に『思えて』しまう。

そのような『思いの奴隷化した人々』にとっては、

人生=代償欲求の追及そして、実現・・・となり易く、そして、代償欲求の充足を自己実現と『思いたがる』・・・。

実際は、多くの人々を巻き込み、大量のエネルギー等を使用し、代償欲求の追及に奔走し、同様の思いを抱いている人から「思いの上での共感」や「賞賛の物・事」を与えられただけ・・・で、

客観的に見るなら、それは『大量の資源・エネルギーを使った』『特定・極少数の人類同士の慰めあい』に過ぎない・・・のだが・・・。

・・・で、そんな物事を行っていて、口先だけの「エコ・・・」では・・・。

愚民化教育の成果・・・そこにも在り在り???・・・さすが「総本山」なんちゃって・・・!

|

ドイツ系リーマンは見放し、大き過ぎるAIGには救いの手・・・という、現状アメリカ政府の家族主義度・・・。

日本でも、潰すには大き過ぎるダイエーは潰れなかった・・・。アメリカでも大き過ぎるAIGは潰せない・・・。

ドイツ系リーマンは、米現状政府が見放したから、買い手も付かず、潰れた・・・。

・・・・・・・。

イザとなった時の明暗を分けたのは、現状権力者たちの判断に影響を及ぼしている『深層心理』だった・・・。

米国ネオコンの人々は、多くが家族主義である。

家族主義とは、『遠くの他人の事はロクに考えず、自分の近くを優遇する思想』だ。

米国現状政府構成員から遠いドイツ系リーマンは、見放された。

AIGが残ったのは、大き過ぎるだけでは無く、米国現状政府に近いから・・・だろう・・・。

・・・・・・・。

多くの場合、人間の判断には、無意識の支配がある。

家族主義がその者の無意識に多大な影響を及ぼしていると、知らず知らずの内に、「判断すれば、自分の近くは優遇し、他人は冷遇しがち・・・」になる。

国という現状人間社会の線引きなど何処へやら、発端者民族の違う以前の敵国系は見放し、大き過ぎる自国系は、引き受け・・・と、

現状権力者という特定少数個人の判断は、見苦しいほど旧態然とした人間臭さに溢れている・・・。

回復可能で元が取れるのなら、どちらでも助け、破綻が見えているのなら、どちらでも見放す・・・のが、公平だと思うのは、筆者だけでは無い・・・。財政面など国債の発行でどうにでもなる。

旧態然とした特定少数個人の判断で、差別するような状態は、近未来から振り返れば、恥ずかしい事となる・・・のは、明白である。

以前からの数々の悪行で、既に、悪代官のような評価が決定しているブッシュ一味・・・。

更なる恥の上塗りを行い、ヒトラーや原爆ドームのような記憶でも残したいのか・・・。

反面教師が多すぎる近未来の人間社会・・・では、笑うに笑えない・・・。

・・・・・・・。

日本も、ブッシュの同類(?・・・一応付けておく・・・)小泉等の人気が意外と高かったり・・・している・・・ようでは・・・問題だらけ・・・だが・・・。

『大人なら、頼る者・物・事を求めるな。

求めている内は、精神的に子供である。

事実・現実を把握し、事実・現実を他の人々と共有出来る精神状態にまで成長してこそ、ようやく大人』なのだ。

神という理想の親を求める精神的子供たちよ。

自らが細胞の塊である事ぐらい『現実なのだから』理解せよ。

神という絵に描いた餅は、いくら求めても実際に得られないが、

細胞の塊という現実は、現実を把握している多数の人々と共有出来る。

自分という細胞群のコントロールを行おうとすれば、

他人を支配したり、他人に支配されたり・・・などと言う煩わしい物事は、必然的に遠ざかる。

代償欲求は、溢れる程充足させ続けなければ自分を誤魔化せないが、

本来の欲求に応えれば、直ちに満足が返って来る。

大人が増えれば、人間社会の健康維持も易しいが、

者・物・事を求める子供に溢れる人間社会は、容易に重篤な病気となる。

・・・・・・・。

家族主義の位置する所を理解するなら、家族主義が大好きな人々の精神的成熟度もよく解る筈である。

・・・そんな人々に余りある権力を持たせてはいけない。

|

今時「独裁者でも良いじゃない・・・」とやる日テレの大衆支配工作部隊・・・。

タケシを使い「独裁者でも良いじゃない・・・」と『コントロールする人間とコントロールされる人間に二分化する工作活動』を行おうとしている(?・・・一応付けておく・・・)日テレ・・・。

愚民化歴史教育を刷り込まれていると、「何が大問題か?」も良く解らない・・・のかも知れないが・・・。

歴史をちゃんと検証すれば、『人間による人間に対する支配構造が、時代と共により緩やかになっている事や、人間支配から科学・現実共有への流れが、誰にでも解る』。

ところが、大衆愚民化工作的歴史教育では、この「学び取るべき一番の肝」さえ、「満足に教えない」・・・。

逆に、このような基礎知識が有れば誰でも解るが、

「独裁者でも良い・・・」とは、「時代を遡っても良い」と同義で、

『そのような方向へ日本社会が動く事=日本社会の更なる衰退化となる・・・』のは、明白である。

そもそも、『誰もが約60兆の細胞群である人間の能力に、支配と被支配を分ける程の余りある個人差など無い』。

古の時代に人による支配が可能だったのは、現実把握度が低かったからに他ならず、

独裁的人間と自分とを同一視する事で、『考え・思いを同じにし』、集団利益を維持する体系でしか、人間社会がまとまりようも無かったから・・・である。

現在では、既に、多様な物事について、科学的・現実的検証が可能である。

本来なら、「それぞれの人々が、本来持っている能力を発揮し易い人間社会システム」に改変し、『考え・思いの共有から、事実・現実の共有へ』と『進化する』のが当たり前だ。

「環境格差ゆえに本来の能力を発揮出来ない大量の人々」を意図的に作り、

「優位な環境ゆえに、より有利に本来の能力を発揮出来るだけの人間が、支配する・・・」と言うような『自虐的人間社会を推奨する事など、あってはならない暴挙』である。

『余りある環境格差を内在する自虐社会の平和など、偽りの平和に過ぎない。

偽りの平和が、権力争いや戦争等を生むのである』。

誰もが約60兆の細胞の塊であるという現実から、人間社会を組み立てれば、誰にだって「本来のパラダイス」が想像出来るだろう・・・。

独裁者を頂いて、満足な生活を送れる人間とは、実質的に『自分本来の能力を放棄させられた操り人形』に他ならない。

『自分本来の能力を放棄させられた幸せ』など『虚構の世界』である事は、誰にでも解る。

まるで「ヤク中毒のゾンビになりなさい・・・」というような物事を、「能力応分の立場・・・」とやる・・・のが、支配/被支配二極化論者の手口である。

ましてや、血統遺伝しているのは、主として生物的環境適応情報に過ぎないのだから、

個人の人格や内在能力を無視した暴論を放送する裏には、工作目的や悪意が無い訳が無い・・・。

・・・日テレ関係者の中は、他局同様、そのスジの工作員で溢れ、

日テレの株は、渡りナントヤラだけでは無く、実質的に、金○○が大量保有している・・・のかも・・・。

今時放送するなら、

『自虐社会を止めれば、本来得られている「パラダイス生活」』や、

『愚民化歴史教育では無く、歴史から学ぶ肝・・・』とか、

『自分の正体や、死生観の推移・・・』とか、

「人間や人間社会の進化に貢献する物事」・・・だろ!!!

情報産業本来の役割を放棄した誰かの為の工作機関(?・・・一応つけておく・・・)などに、特定周波数独占使用権など与える必要は全く無い・・・どころか、

さっさとスパイ工作活動防止法をつくり、工作員には応分の罰を与え、不当利益等は没収するべき・・・である。

|

誰でも解る本質論を伏せたままにしている現状人間社会の異常性・・・。

人間に限らず、地球上の生物の誕生・死は細胞ごとに起こっている。

この宇宙の時間は、一定方向にしか進まず、光に質量が無くエネルギーがある事からも明らかなように、宇宙のベースは、時間エネルギーであり、質量とは時間からの遅れである。

(質量を持つ物質は時間から遅れエネルギー粒となり、光はピークに過ぎないから基底エネルギー以上のエネルギーを保有しながら、質量が無い。質量を持つ物質が集まる部分や、時間エネルギーが疎になる部分には、時遅場=ダークマターが形成され、時遅場は遅れの分だけ質量を観測させる。)

・・・以上のような『人間の基本』『この世の基本』は、『誰にでも理解出来る簡単な物事』である。

ところが、これらの基本情報は『意図的に』、大衆周知されていない。

何故なら、『人間の誕生・死が細胞ごと・・・』では、『丸ごと一人の死生観等』は成り立たず、

『宇宙の基本的仕組みを知れば、地球を消滅させる技術など意外な程簡単に出来てしまう・・・』し、『全ての物質・エネルギーは過去から未来へと運ばれているのだから、タイムマシンが実現不可能である事は誰にでも解るから・・・』である。

『細胞ごとの死生観』が広まり『タイムマシンも実現不可能・・・で、原水爆以上の破壊兵器が簡単に出来る・・・』となれば、『科学的・現実的正当性など無いに等しくなる』『現状権力者や大金持ちによる現状の支配構造』など、『維持出来る筈が無い』。

そこで、『宗教等の時代遅れの情報等を偏重し』、『現実情報等は、意図的なある種の隠蔽工作』が行われている・・・のが、現状の人間社会である。

情報をコントロールし、飲食物等でも愚民化工作を行い・・・、『支配する為により都合の良い人々』を『意図的に』量産しているのが現状の人間社会システムである。

しかし、『事実・現実である物事』は『ずっと隠し続ける事が困難』である。

往生際の悪い現状権力者や大金持ちたちがいくら足掻こうと、『地球生命体細胞群の永続へ・・・』と向かう限り、『時間の問題』である。

『人類滅亡へ・・・』と向かうなら、『重要基本事項を隠し続けられる時間は延びる』が、『人類が滅びる・・・』と言う事は、『現状権力者や大金持ちたちの子孫も無くなる・・・』と言う事なのだから、何れにしても、大迷惑な話しだ。

まるで領土問題の先送りのように、「時間が解決する・・・」「将来に託す・・・」とは、聞こえは良いが、その実体は、『自分が生きている間は、優位な立場をフル活用して、好き放題やらしてもらう・・・』『後の事は、直接の子孫たちへは、ある程度の財産・立場を残してやるから、上手くやれ・・・』と言っている事と同じである。

『要するに、「ご当人たち」は、実体を見ない為に、現実逃避という麻薬と大枚という覚せい剤に溺れ続けていたい・・・』と言っているのだ。

・・・・・・・。

「おバカな生物たちに、美しすぎる星は、分不相応である・・・」という事を「環境・社会問題等」で体現してしまっている現状の延長線には、

地球消滅さえ見え隠れしている・・・。

|

まるで「反日官僚コントロールの見本」太田農水大臣・・・。

事務所費問題や問題発言が積極的に報道されている太田氏・・・。テレビ・マスコミが嫌う裏には「何かがある・・・」のだが・・・、まるで「反日官僚にコントロールされている見本」のような発言は、頂けない・・・。

日本の日本国内相手の経営者なら、多くの場合、日本国内の人々の健康には、人一倍気を遣う。

お客様が病気・・・で、自分のところの商品より医者代にお金を費やすようになってしまっては、元も子も無いから・・・ある意味、当然だ。

ところが、『根っ子が他国、特に反日感情の強い国・・・』だったりすると、『全く違う』・・・。

『商売では無く、日本人を貶める工作活動』だったり、『日本乗っ取り工作の一環として・・・』だったり・・・するので、

『日本で暮らす「自分たちの人脈・自分たちにとって都合の良い人々」以外の人々』は、『半病人で早死に・・・』が『そのような人々の理想』だ・・・。

官僚どもの中にも、そのような人脈の人々は、多数(?・・・一応付けておく・・・)含まれている。

ライバルである一般日本人蹴落とし工作の成果で、意外な程多い・・・のである。

一般企業も例外では無く、『資金の出所が???』な『一般日本人を弱体化する為の企業(?・・・一応付けておく・・・)』は、至る所に存在している・・・。

・・・・・・・。

まるで「反日官僚の言い分をそのままリピートしているような」太田農水大臣・・・。

これでは、次期総選挙で、ライバルとなる予定の『その筋の人』に、国会議員のイスを明け渡してしまう事になってしまう・・・。

・・・・・・・。

大臣でも、国会議員でも、一般人でも・・・、色々な工作活動にはご用心・・・。

・・・・・・・。

先ずは、飲食物空気等に十分注意して『自分本来の健康状態=能力』を保ち、

次に、周囲を検証・実体把握する事だ。

『表面的』に友好的な人でも『根っ子が反日』なら『要注意』である。

日本人は、国家感が希薄だが、反日教育等を行っている国々の人々は、「先ず、国家・民族等・・・」である場合が少なく無い。

日本にいるから・・・、日本名を名乗っているから・・・、と言って、日本的文化を持っているとは限らない。

くれぐれも、飲食物・空気・情報等には、ご用心・・・。

『歴史・領土問題等を解決する前の真の友好関係など在り得ない・・・のが、国家間』である。

『経済交流が盛んになる事=経済競争による優位合戦が盛んになっている事・・・というのが実体』だ。

『日本の技術者が伝達した物事を、自国の手柄にすり替える事など、朝飯前・・・というのが、反日国家の実情』である。

『企業経営者なら、安い労働力や税金等に釣られて、実質的売国を行わされてしまわないように、十分に注意するべき』である。

太田農水大臣も国防面からも十分に考え直した方が良い。

・・・で無いと、「気付けば、タダの人・・・」に落とされている・・・のが、「策略に溢れた権力争い」である。

「相手候補は、テレビ・マスコミを味方に付けている・・・」のだから、策略の餌食とならないように・・・最大限の工夫くらいして頂きたいものである・・・。

|

「世論調査でも麻生氏」それでも「小池氏支持」をそれとなく言わざるを得なかった小泉の息子は「芸能界」・・・。

一部『そっち系』マスコミは、「自民党総裁選の黒幕は、森と青木だ・・・」「総裁選には、人も金も要る・・・」「与謝野の裏には青木がいる・・・」「森は、勝ち馬麻生に乗りたくて・・・」「森が画策した石原の立候補は小池押さえ・・・」・・・と、『小池を除く有力候補の汚し』に邁進している・・・。

支持候補に付いて明言しなかった小泉も、「小池支持」を言い出した・・・。

それらの裏には、ある人脈の意図が色濃く出ている・・・。

一部マスコミが言うように、「総裁選には、人も金も要る・・・」なら、『小池の金は何処から出ているのか・・・?』

「政界渡り鳥で、党内基盤も???な候補の金の出所・人脈等」は、

「大いなる疑問/問題点となり、大衆周知するべき重大な取材内容となるのが当然」だが・・・、

『何故か?(お仲間だから当然・・・と言うべきかも知れないが・・・)言わない』・・・。

・・・・・・・。

小泉の息子は、芸能界でお世話になっている。

その辺に、小池人脈の根元があるのは、誰の目にも明らかである。

特定一部の人々が、自分たちに都合の良い候補をエコ贔屓応援している現状のテレビ・マスコミは、

明らかに重大な問題を抱えている。

・・・・・・・。

「テレビ・マスコミ問題」、「飲食物問題」、「自虐情報問題」・・・、

『全ての病根には、共通の意志がある』。

「小池には、党内人気もテレビ・マスコミに騙されていない一般日本人人気も無い」のは当然である。

総選挙時等に、「小池一派を選ぶ事=一般日本人にとって自虐的である事」は、既に多くの人々の知る所となっている。

「息子が人質で、それとなくでも支持を言わざるを得ない・・・」小泉・・・。

操られて、セイフティーネット不十分なまま急速な構造改革を行い、外国人大金持ち/権力者にとって買い易い日本を築くと共に、大量の一般日本人自殺者まで出した・・・三代目ボンボン・・・。

・・・醜悪である。

同様の事態に追い込まれてしまっている、「懐柔・支配工作におちてしまった政治家・官僚・経営者等も少なく無い・・・」のが、日本の現状なのだ・・・。

しかし、もうバレバレである。

「多くの一般日本人が元気を取り戻し、日本を貶めていた工作活動が無に帰す・・・どころか、相応の罰を受ける」近未来の結果は、既に見えている・・・。

|

「9.11同時多発テロ」後、軍需産業はウハウハ、映画等もホクホク、未だに、テロは継続/多発中・・・。

テロが起きる実情がある限り、テロは無くならない。悪い実情を是正しようとせず、『悪い実情をダシに益々太ろう・・・』としているのが、「悪い現状権力者たち」である。

9.11同時多発テロ以降、

「どれだけ世界の不当な格差は縮まったのか・・・?」

「植民地支配同様の不当な搾取・略奪行為は、どれ程減ったというのか・・・?」

・・・それらの物事を『維持する為に』「軍備」というのが、現状なのだから、

テロリストもテロとの戦いを主張する人々も、実態としては「同じ穴の狢」に過ぎない・・・。

持っている金銭・財産・技術力等が違うだけ・・・で、

『武力で他人を虐げて、自分を優位にしたがっているだけ・・・』なのだ・・・。

おまけに『自分の周囲だけに、搾取・略奪ゆえに成り立つ、大量消費自慰生活を送らせようとしている・・・』のが『テロとの戦い組』である。

・・・・・・・。

人は、誰もが約60兆の地球生命体細胞群の一塊である。

だから、産まれながらの余りある環境格差等に科学的お墨付きなど無い。

地球生命体細胞群の永続は実質的に可能だが、

タカが約60兆に過ぎない特定の個人が、余りある優位性を求めたり、特定個人としての永続性を求めるような『現実との整合性が薄い病的な物事』を行おうとすると、

『本来可能な永遠の命』さえ危うくなってしまう・・・。

・・・このような『現代の人間として把握・認識しているのが当然の物事』を、

『把握・認識出来なくしている情報工作活動から、直ちに止める』事が、

『実際にテロを解消する事が出来る道の第一歩』である。

『くだらない、使えない=使えば地球生命体細胞群の存続が危うくなってしまう』ような「大人の玩具」に大枚をつぎ込むくらいなら、

『ちゃんとした教育・情報』を全世界的に大量流布するべきなのだ。

・・・・・・・。

一般市民の立場なら、現状権力者たちの思惑に騙され・コントロールされてしまい「テロとの戦いの為には、大人の玩具的軍備が要る・・・、その為に税金を取られ使われるのは仕方無い・・・」などと、考えない事だ。

冷静に、現実を検証するなら、

『何が間違っているのか?』

『どうすれば良いのか?』

・・・等は、人種・血統・立場等を問わず、誰にでも解る筈である。

『現実として、誰もが、約60兆の地球生命体細胞群の一塊・・・』なのだから!!!

|

「金正日重病・・・」で揺れる北朝鮮???・・・。

元から揺れている北朝鮮・・・。何しろ、「後ろ盾の中国共産党からは世襲はダメ・・・」「アメリカからは、別の金さんどうですか・・・?・・・」・・・。

「北朝鮮内部は、中国共産党系・世襲狙いが2~3系統・アメリカでも・・・系・・・」と割れている・・・。

既に、派閥争いになっていたから、「長男の極秘来日がバレされる・・・という世襲妨害」まで起きていたばかりか、「核をダシに六ヵ国・・・」という「中国・アメリカ人脈コネクション強化策」まで、実行されて来た・・・。

・・・権力争いとは、そんなモノなのだ。

・・・・・・・。

それでは、「今後はどうなるのか・・・?」

混乱が終わる為には、「北朝鮮自体が潰れる」か『何処かの勢力が圧倒的に有利にならなければならない』・・・。

後ろ盾を見れば、「北内部」と「中国共産党」と「アメリカ人脈」との争い・・・だが、

「北内部は世界的地盤が圧倒的に弱い」、

「アメリカは大統領選でフラフラ・・・」、

・・・という現状で優位になっているのが、『中国共産党系・・・』である。

中国共産党系の思惑は、「世襲抜きの共産主義維持・・・」だから、

現状の流れが続けば、『金ファミリーがフェイドアウトする集団指導体制・・・』へと向かう事になる。

問題は、核・ミサイル等の軍備だが、『中国同様に堅持し続ける・・・』と見るのが妥当だろう・・・。

=完全に放棄するとは思えない・・・。

拉致問題はどうなるのか・・・?

「汚点を嫌う」のが、外面に拘る指導体制の特徴だ。

中国共産党による餃子事件等の処理方法同様、「煙に巻きながら、誤魔化し続け、実利面だけ整えようとする・・・」だろう・・・。

・・・・・・・。

金正日など、もはや、御輿の上の象徴に過ぎない。

形式上独裁者でも、実態は、既に全く違うのである。

乱暴なアメリカ派は、世襲派と中国共産党派を「トマホークでドン!!!」で、「アメリカ派金・・・」を目論んでいる・・・が、

「大統領選で共和党勝利が???」では、

「仕込みとして使い、失敗した場合の傷は大き過ぎる・・・」から、「実行は???・・・」というのが現状だろう・・・。

何れにしても、北だけに問題となってしまうのが、「負け組みの自棄」である。

「自派閥の先が無い・・・と、ミサイル発射+テロ指令→北自滅+自滅道連れ・・・」の可能性もゼロでは無い・・・。

日本の防衛は「シッカリしておくべき」である。

|

大相撲「大麻」問題で活躍している分析器の性能を見れば・・・。

「東京ドーム一杯分の水の中の一粒の角砂糖」程度の異物でも、検出出来る・・・のが、現在の科学技術だ。

この現状を考えれば、『警察で、科学捜査が主流にならなかったり・・・』、

『怪しい飲食物が巷に溢れているのに、全ての飲食物に対する精度の高い抜き打ち検査等が行われていなかったり・・・』、

・・・しているのは、『明らかに異常』である。

何故、その様な「異常事態」がまかり通るのか・・・?

一つは、既得権益の維持だ。

旧来の手法を継続しないと、利権が無くなってしまう人々に対する保護の為に、多くの一般国民が得られる本来の健康的な社会が先送りされている・・・。

・・・この様な話しをすると、直ぐに「道路行政等と同じ・・・」と考えてしまう『愚民化教育や情報工作により、単純化思考を刷り込まれてしまっている人々』がいるが、

『転職困難な多くの人々に対する職の維持を含む問題』と、

『新しい検証技術を取り入れる問題』は、

『明らかに別』である。

新しい検証技術を取り入れる事で失われる既得権益とは、関連する職に係わる人々の「考え・思いの既得権益」が主・・・なのだ。

つまり、「天道説から地動説に改宗しなさい・・・が嫌だ!」というような「思い」が「抵抗する人々の中」で起こっていて、『思いの維持の為に抵抗している』のである。

「大衆実利」より「特定の人々の思い」が優先されるが故に、異常事態が起きてしまう未熟な人間社会を卒業する為には、

『権力は人に持たせず、自分でも持とうとせず、事実・現実に預ける』という『成熟し進化した文化の構築が必要』なのだ。

『顕著になって来たエネルギー・環境・人口・食料問題等を考えるなら、愚民化教育・情報等で、大衆を操ったり、操られたり・・・している場合じゃ無い事ぐらい多くの人々が実感出来る筈』である。

それなのに、未だに動く気配も薄い・・・のは、

日本の足を引っ張る悪意のある工作活動によるところも非常に大きい・・・。

「日本の足を引っ張りたいのは・・・?」を考えれば、平和ボケでナントカブームとかに溺れている場合では無い事ぐらい、「誰にでも解る筈」である。

歴史教育も現在から遡るように教えれば、「絵に描いた餅を覚え、覚えた絵に描いた餅を自慢する愚民・・・」では無く、ちゃんと、『現代社会の問題点や注意点を実感出来る普通の国民が育つ・・・』のである。

間に領土問題を抱えているような非友好的な国々に囲まれていて、核ミサイルまで準備している国々もある中で、去勢憲法を誇るような平和ボケ国民は少数派となり、ちゃんとした普通の対応で、本来の領土を維持し、公平で対等な国交関係を築く事ぐらい出来ている筈である。

未だに、アメリカの半植民地・・・では無く、戦後産まれが多数を占めるようになると共に、独立国家として当然の大人の道を歩む人々が大半になっている筈である。

因みに、去勢憲法=日本を去勢した誇り・・・とばかりに、憲法の憲の字は、その筋の人々の名前等でも好んで使われているのだ・・・と言う・・・。

其処には、3・1と日本同様に並べようが、1・3と西洋的に並べようが・・・、何処かの国の戦勝記念日と同様のロジックがあるのである・・・。

平和ボケの太陽政策が生む物事は、北朝鮮を見れば明らか・・・だ。

「何処の国からの技術流失等で、核・ミサイルが出来上がってしまったのか・・・?」を考えれば、

大枚をつぎ込んでミサイル防衛まで行わざるを得なくなった責任の一端は、平和ボケに率先して邁進した人々にもある・・・のは、明白である。

そのような行動や自殺のように、自虐的行動を行ってしまう人々が多い・・・裏には、「自虐情報・教育の流布」という『工作活動』がある・・・。

・・・・・・・。

アメリカのネオコンは、「家族主義が大好き・・・」なのだそうだ。

日本国内でも、家族主義を大宣伝している人々たちは、アメリカのネオコン的な、おまけに根っ子が他国の人々である場合が多い・・・。(テレビ業界を見ても明らかである・・・)

日本本来の文化とは、在地及び和の文化で、核家族化で原家族を破壊しておきながら、『家族をベースに略奪競争を推奨するような』家族主義を宣伝する事は、『日本人としてなら自己矛盾』である。

そのような物事は、根っからの日本人の発想では無い・・・。

環境負荷が大きく、普通の日本人なら、身体に対する負担も大きい牛肉の『常食・多食』を誘うのも同様である。

軟水に対する生物的環境適応情報遺伝子を持つ日本人の飲料水として、大量の塩素を入れ、硬水化した水道水を配布する・・・事も、水道管の材質等も・・・工作的である。

(おまけに、塩素入り水導水、殺菌能力が高いので、有益な腸内細菌まで殺してしまい、ビタミン群の体内自製も行われ辛くなってしまう・・・。)

・・・・・・・。

日本国内から悪意のある活動を取り除けば、自然と、活力も甦る・・・のである。

先ずは、自分の周囲から・・・でも、色々な物事、再検証してみる事をお奨めする。

|

芸能人と差別問題・・・。

日本の芸能界は、被差別部落出身者や、他国出身者が多い・・・のは、そのような立場の人々が、不当に、もしくは当然、職を得られ辛かった時代があったから・・・だ。

差別の中には、正当な差別と不当な差別がある。

個人は、産まれる所等を個人の意思で選べない。

だから、産まれながらの環境差別や、産まれた場所・親等で、個人を差別する事は、明らかに不当である。

出身地による差別は、不当だが、国益・国防等を考えた時に、正当性を持つ差別もある。

例えば、朝鮮系日本人なら、日本企業は、何処の企業でも差別無く雇うべきだが、

在日朝鮮人を公言しているような人々までもを差別無く雇う必要は全く無い。

『現在暮らしている日本より、根っ子の国を優先する要素が一定以上濃い場合は、差別しない事=国益に反し・国防上の問題となる』物事である。

その辺の区別がシッカリしていない「平和ボケ・同一化工作に溢れている日本」だから、

「北朝鮮の核もミサイルも日本からの技術・部品等の流失で出来てしまった・・・」

「拉致さえも長い間、無い事にされて来た・・・」

「日本の飲食物には???な物が一杯ある・・・」

「日本の情報・教育も???な場合が少なく無い・・・」

・・・のである。

朝鮮系日本人や一般日本人の出所による差別は、明らかに不当である。

在日朝鮮人や、他国の工作員等に対する差別は、ある意味、当然である。

『情報工作』により、「朝鮮系日本人と在日朝鮮人を同一化」し、

『特定極一部の作られ続けている弱者を見せ付ける』事により、

「『差別問題を利用して』更に工作活動に有利な状況を作ろうとしている・・・」のが、

日本の支配・植民地化等を画策している(?・・・一応つけておく・・・)人々である・・・。

筆者も、芸能人であっても、学者でも・・・、朝鮮系日本人は嫌いでは無い。

しかし、在日朝鮮人等が『その実体も明らかにしないまま』悪戯にテレビ等でコメント等を言うのは、大問題である・・・。

テレビ・芸能界等は、プロダクション等による「売り支配システム」等や、「仮面日本人」問題が大いなる問題なのだ。

在日=根っ子は元の国なのだから、『日本人を騙す目的が無いのなら』、率先して、元の国の名前をそのまま名乗るべき・・・だが・・・。

『○○系日本人なら、例えば、「竹島は日本の領土である」』と考えている筈であり、

『例えば、「一般日本人が飲食するもの等に健康を害する物等を入れたりしない」』筈である。

|

「帳簿改竄」「トンネル会社」「特定一人の事故米混入係」「社長の支持」・・・と、食品会社というより仮面を被った工作組織的「三笠フーズ」・・・。

大量の一般日本人に、有害物の入った事故米入り飲食物を「何年にも渡り」「知らず知らずの内に接取させ」、不当な利益を上げていた「三笠フーズ」・・・。

報道された手口も、正に『食品会社の仮面を被った工作組織』的・・・である。

お仲間かも知れないテレビ・マスコミ等は、「健康への影響は少ないと考えられる・・・」と『火消しに必死』だが・・・。

実は、そのような会社は「三笠フーズだけでは無い」・・・。

例えば、食品添加物を「安全を『表むき』の理由として」「多めに入れたり」、

汚染されているであろう場所で取れたかも知れない魚介類や、危ないかも知れない飼料等で育てた牛・豚・鳥・・・等、を『安いから』等の理由で原料に使っている企業等は、枚挙に暇が無い・・・。

『美味しいもの・健康に良いもの』を『多くの日本人に提供する』のでは無く、

『多くの日本人へは、継続的に飲食すれば、半病人になってしまうかも知れないもの』を提供しながら

『利益を上げる=日本人の財産を自分の下へ掻き集める』事に邁進している

企業の仮面を被った工作組織のような団体は少なく無いのである・・・。

ここで、重要な事は、『日本には、継続的接取で調子が悪くなる程度の飲食物を「意図的」に大量配布しても取り締まる法律が無い』事である。

しかし、「大量配布を行っている方にいる(少なくとも)意志発信者」は、『どんな物を配っているのか・・・?知っている』事である。

意志発信者のお仲間には、情報を流し、「知らない人々のみが被害者になり易い状況」を作ると、「日本国内で、お仲間=元気、知らない一般日本人=半病人」という状態が築けてしまう・・・。

そのような状態になると、受験でも、スポーツ競技でも、芸術等でも・・・、どちらの人脈が有利になるのか・・・?は言うまでも無いだろう・・・。

実質的に、「学力低下」や「キレ易い人々」は、飲食物工作等により、意図的に仕組まれている・・・のである。

・・・・・・・。

添加物や添加塩素等に重税をかける事などは、一般消費者の事を考えるなら、直ぐにでも出来る筈である。

現状の添加物表示は、『実際は使っていても、外食産業等には無い・・・』ばかりか、指定添加物のみ・使用量無し表示だから、参考程度にしかならず、先ずちょっと食べて味等から判定する(食品本来の味が死んでいたり、本来の薄かったり、不味かったり・・・するのには、理由がある・・・)・・・しかないが、全ての場合で使用量表示させ、抜き打ち検査を行い、使用量が適性か?否か?の判定を行い、不適な物は公表する事ぐらい、直ぐにでも出来る筈だ。

事故米転用や、不適飼料・材料等の検査だって、やる気でやればちゃんと出来る筈である。

健康的な普通の日本の企業も、不用意に危ない工作員的人々を雇ってしまわないように、経営者・従業員等がそのような組織等から懐柔・支配工作を受けコントロールされてしまわないように・・・

十分に注意するべきである。

・・・・・・・。

日本からの技術流失で、北朝鮮の核・ミサイル等は出来上がった・・・とも言われている。

「平和ボケや同一化情報工作」のお蔭???で、日本の技術者は、ホンの少しの高報酬という餌で中国や韓国という『間に領土問題があり、反日教育まで行っていた(る)国々』へも行って、技術伝達してしまう・・・。

「スパイ工作活動防止法」も無いから、大元の資金の出所が他国の工作機関や独裁者でも、「日本での会社の立ち上げも、『工作』事業も可能」・・・で、

そんな所が、『一般日本人の為になる物事を行う訳も無い』・・・。

「何となく、調子が悪い・・・」という方々は、先ず、飲食物・空気・情報等を再点検する事をお奨めする。

懐柔・支配工作におちた官僚・議員は数多く(?・・・一応付けておく・・・)、お役人や政治家等は、あまり当てにならない・・・ばかりか、

医師(特に歯医者は要注意。どんな詰め物をされてしまうか・・・?解らない。詰め物ゆえに体調不良・・・という人々も少なく無い筈だ・・・。)や法曹関係者も当てになるとは限らない・・・のだから・・・。

|

町村vs中川、町村派分裂(?)の裏・・・。

『福田総理誕生時には、こんな強気発言していたっけ???』と、誰もが思うだろうに・・・、「派閥単位の締め付けはいけない・・・」と強固に主張している『小池百合子を後押ししている』中川秀直・・・。

派閥がダメと言うなら、ワタナベやヨサノのように率先して無派閥となるべき・・・だが、しっかり派閥内候補の後押しをしている・・・のだから、

『本音は、派閥では無く、政治思想/思想信条・権力争い・・・である』事は、明白・・・。

要するに、中川の言う「派閥ダメ・・・」は、『派閥で意を同じくする人々が多くなると、自らの政治思想/思想信条・権力争いの上で「困る」』と言う事なのだ。

・・・で、町村と中川の違いは・・・と言えば、『真光と統一教会の違いのようなモノ・・・』で、

『「親韓なれど根っ子が日本」と、「親韓で根っ子が韓国」の違い・・・』であろう・・・と、思ってしまう・・・のは、筆者だけでは無い・・・。

構造改革を急進させ、『外国人が買い易い日本』を出来るだけ早く構築したい中川・小池・・・。

構造改革による負の要素の手当てを優先し、『日本人としての最低限は守りたい』森・町村・・・。

・・・根っ子の違いは明白である。

テレビ・マスコミ等による『亀田政界版・第二のおタカさん=政界女性ヒーロー的小池の仕立てられ方』を見ても、

石原・小泉のように、『テレビ・芸能業界に子供等を差し出している人々』を見ても、

先ず、「竹島は何処の国の領土か・・・?」から、問いただし、「国民とは、日本国民のことか・・・?」等も聞いてみたくなる・・・のは、筆者だけでは無い・・・。

「日本が好きです!」で、工作のターゲットとなり民主党党首を降ろされた(?・・・一応付けておく・・・)菅の例もある事だし・・・。

簡単に懐柔・支配工作におち(?・・・一応付けておく・・・)、『セイフティーネットの構築もロクに行わず、大量の自殺者まで出しながら・・・、日本売りの便宜を図ってしまった』三代目ボンボン小泉・・・。

「シナ!シナ!」と、中国に対しては、異常な程強行なれど、尊敬する政治家は、かつての韓国大統領という『何故か?朝鮮人には甘い』石原・・・。

どちらも、子供たちは、テレビ・芸能界という朝鮮系人脈が濃い業界で、「かなり優先的に(?・・・一応付けておく・・・)出してもらっている・・・」・・・。

言うまでも無く、日本の芸能界有名人は、「売れている・・・」のでは無い。

「売ってもらっている」から「大衆周知され」、

「大衆周知される人々が『意図的に』絞られている」から、「売ってもらっている人々が売れてしまっている」のである。

そのような、現状では、「売り手がかなりの権力を持っている」「他国系人脈が強い業界」に「無用心に(?・・・一応付けておく・・・)子供や兄弟等を行かせる国政政治家」など、普通に考えれば、「その時点でアウト!」だが・・・。

町村と同じ真光系・・・なのに、小池ソックリの事を言っている石原・・・。

・・・その裏には、テレビ・芸能界系人脈による懐柔・支配工作がある・・・。

そして、テレビ・一部マスコミ等が大推薦しているのが、

「売ってもらって有名人となっている」小池である。

(普通に考えれば、根っ子も周辺人脈も???で、上辺はきれい事、内心は???、おまけに、政党渡り鳥・・・という、「権力志向が異常に強い」女性など、怪しく・危うく・・・さえ思え、日本国の国政政治家としても???だが・・・。)

テレビ・一部マスコミは、「何故、率先して小池を売るのか・・・?」

・・・そこにあるのは、血統だったりして・・・。

・・・・・・・。

町村派は、『真光系と統一教会系にでも・・・』分裂した方が良い。

津島派や古賀派も、『中国系懐柔・支配工作受諾済み系と、工作無縁組みにでも・・・』分裂した方が良い・・・。

懐柔・支配工作等抜きで、「日本人として、日本の政治を考えるなら、誰もがそう違わない」筈である。

・・・・・・・。

既に、国会議員票の四割を押さえている・・・という報道もある麻生氏・・・。

今回の総裁選、普通に報道するなら、

話題は、「一回で麻生氏が過半数を超えるか?」

「二位は誰となるか?」(政策面・党内人気等から考えると、与謝野氏である可能性も高い・・・)

であり、

小池等、特定の候補に対し、分不相応の大応援をするのは、普通では無い工作機関的報道機関である。

|

「皆さんの=テレビ・マスコミ人脈の(?)ご協力を頂いて・・・」推薦人確保、小池氏・・・。

まるでかつての「おタカさん」のように、「テレビ・マスコミ人脈大応援・・・」の小池氏・・・。

「ようやく」推薦人確保・・・と言うから、裏事情は青息吐息(?・・・一応付けておく・・・)・・・。

それでも、何が何でも売りたい・・・のは、仕込みを無駄にしたく無い・・・から(?・・・一応付けておく・・・)・・・。

小池氏を売りたいテレビ・マスコミ・・・。

日本を売りたい(?・・・一応付けておく・・・)小池氏・・・。

『買い取りたいのは、何処の国の大金持ちか・・・?』・・・。

バレバレ・・・となれば、「党内一筋→多党渡り歩き=党無縁・・・と『仮面』を変えても」無駄・・・。

宗教法人・愛人・諸問題等でクビ根っ子を押さえられている人々は、従わざるを得ない・・・ので、問題となるのは、その様な人々の人数・・・。

若く・裏を知らず、懐柔・支配工作に落ちてしまうような国会議員の資質???という人々と、合わせて・・・も、その筋の人脈の総裁選勝利はもう既に無理・・・。

結局、『総選挙時落選防止工作・・・を、テレビ・マスコミぐるみで行っている・・・』ようなもの・・・だから、『醜悪』・・・。

|

三笠フーズ問題の裏・・・。

冬木三男社長の謝罪とテレビ・マスコミ等の情報誘導(?・・・一応付けておく・・・)により終息を謀っている三笠フーズ『食品使用不適』事故米飲食物使用問題・・・。

何故、このような酷い物事が行われてしまったのか・・・?

ヒントとなるのが社長の名前である。

「冬」は、風水等の概念で、「北や一」の意味もある。

三男の三と合わせると、『お決まり・・・の13=B』である。

これは単なる偶然か・・・?

・・・・・・・。

筆者が聞いた話しによれば、その筋の工作組織は、『工作活動を行う時の心理的障壁を低くする為』に『工作員がターゲットを選ぶ時』、『工作員が同胞だと安心感を抱き易い要素を持っている人々を選ぶ』・・・のだそうだ。

例えば、「サ」が付く名字「佐々木」「佐藤」等は、『ササ族の末裔である可能性が高い=同血統のよしみで協力が得られ易い・・・』とか、

「田」とは、『口の中に十字=キリスト教と浅からぬ因縁があるので、宗教的に同様な感覚を得られ易い=より熱心に入信を誘え・・・』等の、

『工作員に対する暗示』が用いられている・・・と言う・・・。

実際に、日韓併合以降渡来の工作員人脈も、率先して、「サ」や「田」の付く名字を選び、同一視の便を図ったのだ・・・と言う・・・。

もっとも、司令部に近い人脈では、名字に付いては、「中心志向」が強く、皇室関係を思わせる名字とか、中心を思わせる名字とか、・・・が好まれ、

名前に付いては、「儒教・一番・武士名・公家名等の志向が強い」・・・のだそうだ・・・。

当然の如く、同様の氏名を持つ日本人に対しては、同一視心理を利用した懐柔・支配工作等が『より熱心に』行われ易い・・・のだと言う・・・。

・・・で、改めて『親朝』の人々を見直せば・・・、「驚くほどの合致」がある・・・。

もし、同様の氏名をお持ちの方々は、その筋の人脈からの懐柔・支配工作等に強い警戒が必要・・・だろう・・・。

・・・・・・・。

・・・で、冬木氏、ご当人が工作員張本人である可能性は、他の場合と同様、それ程高く無い・・・のだろうが、

懐柔・支配工作を受けていた可能性は、かなり高いのでは・・・?

例えば、「今の世の中全てお金・・・だよ・・・。バレ無ければ『勝ち』さ・・・。」等の概念を刷り込まれると共に、

「事故米を食用転用すれば、儲かるぜ・・・。」等の悪知恵を暗示されていたり・・・。

政府内に送り込んである工作員人脈の人々に、「事故米を三笠に流し、その後の検証は曖昧に・・・」等の仕組みを構築させていたり・・・。

日本国全体にも、「日本社会/日本人の健康や、国防等より、何でもお金、勝てば良い、平和ボケ・・・等の概念を優先してしまうような情報がばら撒かれている」のだから・・・。

・・・・・・・。

『日本国内は、工作員天国』である。

何しろ「平和ボケ」工作の成果???で、

『反日教育さえ行っていた(る)領土問題がある国々』に対しても、『親○政策を行っている・・・』ばかりか、

『スパイ工作活動防止法さえ無い国』なのだから・・・。

今後、人口・環境・食料問題等が益々深刻になって行く狭い地球で、今のような状態で、果たして、日本国/日本人が、工作活動さえ行っている国々やそれらの国々の人々と、同様に或いはより有利に生き残っていけるのか???

・・・大きな疑問を感じているのは、筆者だけでは無い・・・。

医療技術の進歩で「41歳寿命説」は吹っ飛んだ・・・が、実際は飲食に不適である飲食物の継続接取で、実際に半病人化されてしまっている人々や癌等の病気になり、命まで落としてしまっている人々は、『異常な程多い』・・・。

『異常な物事には必ずそうなってしまう原因がある』。

『その一面が臭っている・・・』今回の三笠フーズ事故米事件・・・。

『背後まで「徹底解明」』を求めるのが当然だが・・・。

同時に、『情報・教育防衛を忘れず、スパイ工作活動防止法ぐらい制定するべき』である。

防衛オタク石破でさえ、情報・教育防衛の重要性を強く訴えなかったり、

一時産業に対する支援等でも『日本の実態に合わない条件付支援』が公言されたり、

・・・する裏には、懐柔・支配・情報誘導工作等がある・・・。

|

「小泉・マドンナ・刺客」で大応援していたくせに『自分たちのご都合人脈の人々の人気が???』となると「大切なのは、総選挙・・・。騙されるな・・・。お祭騒ぎに乗せられるな・・・。民の実力が問われている・・・。」と、嘯いているテレビ・マスコミの恨みぶし・・・。

「何処でも同じ顔」、「醜悪芸(???)のお笑い番組・報道」等というのが、日本の民放である。

つい先日まで、「上げ潮派・・・」「小泉改革の継承者・・・」等の『美辞麗句賛美よいしょ!』で、「小池・石原・・・等」の『大宣伝』だったのに、『思ったほど人気が上がらない・・・』となると、

手のヒラを返して、

「民主党の応援(?・・・一応付けておく・・・)」・・・。

「自民党総裁選/候補者歪小化工作(?・・・一応付けておく・・・)」・・・。

『自ら散々大衆コントロール情報を発信し続けている』くせに、

「『自分たちのご推薦人脈が当選しそうも無い』自民党総裁選人気で自民党の支持率回復・・・」では『困る・・・』と、言わんばかりの情報転換・・・。

・・・・・・・。

何処の誰のポチにせよ・・・、ポチだけあって・・・、『お見事!な醜悪芸(???)』である。

ガッハッハ!!!

ポチと言われたく無ければ、自分たちの『根っ子や所属人脈や思想信条等を明らかにした上で』、自分たちの押したい候補等を正々堂々と押したり、自らが行っている物事の実体を正々堂々と公表するべきである。

例えば、

「日本植民地化工作の一環として、○○を支持する・・・」とか、

「日本人半病人化、ゾンビ化工作の一環として、○○の飲食を推奨する・・・」とか、

「『実在しないあの世や丸ごと一人の死生観』等を宣伝し、そのスジの人脈を儲けさせると共に、日本人愚民化を行う工作活動等は、率先して行い続ける・・・」とか・・・。

|

日本国の実情・・・。

日本の国家予算は、年間たった数十兆・・・と言うのは、あくまでも一般会計だけの話しで、特別会計が約三百~四百兆あるので、実際は、合わせて四百何十兆・・・というのが実態である。(民主党の調査・公表では、約210兆だが?・・・実際は、少なく見積もっても三百近くあるのでは・・・?)

この額を見れば、八百兆超えの借金など、実際は、年収の2倍程度(民主党説でも4倍程度)・・・という話しだから、言われている程の大問題では無い・・・のは、誰にでも解る。

それなのに、『一般会計という見せ金』だけを強調し、「財政危機を宣伝」し、経済問題に論点を集中させよう・・・としているのは、実質的『情報工作員』・・・である。

しかし、『現状の日本社会が、機能不全に陥っている事もまた現実』だ。

そこで、機能不全を直すために、「構造改革」・・・だと、言う・・・。『上辺の言葉』は、ちょっと聞くだけなら、正当に聞こえるが、

構造改革の『内容は、大問題』である。

本来なら、『全ての問題の「根源」は、急激な人口減少/高齢化』なのだから、

「構造改革として一番必要」なのは『人口微増政策』である。

「大都市集中政策」で、「核家族化」をもたらし、「原家庭を破壊する」と共に、「規制緩和で、大金持ちほど集金が容易になる」ようにすれば、

『必然的に』、『子供を育てられるゆとりのある人々の数が減少し、人口は益々激減』してしまう。

・・・以上「日本人人口減少/利権集中工作=植民地化工作」である。

逆に、行政組織による地方差別撤廃・大企業分散政策等で、地方に住んだまま大企業関連の仕事が可能な場所を増やせば、家・土地の安い地域で、東京圏より遥かにゆとりのある生活空間を確保しながら、相応の収入も確保出来る人々が増え、人口も増加する。

『本来、行われるべき構造改革とは、悪戯な規制緩和による搾取容認/利権集中では無い。

人口激減社会を、人口微増社会へと構造転換する構造改革こそが、望まれている』のである。

社会保障政策も同様だ。

『社会保障とは、社会的搾取・略奪等に対する補償が無ければ、普通の生活レベルや健康等が保てない人々に対して必要な物事』で、

『率先して搾取・略奪行為を行い、その為に余りある金銭・財産等を有している人々や、

社会制度の不備ゆえに大金や大量資産を得ている人々等に対してまでも、

「泥棒に追い銭的年金や医療保障等」を「国が与える」必要など全く無い』のである。

『医師不足問題にしても、医師の入り口が間違っているから起きる問題』であり、

「医師選抜システムを改める事抜きに、報酬面での手当てを行う・・・」とは、

『利権団体に対して、泥棒に追い銭を投げているような物事』だ。

「何故、そんな予算の使い方を行うのか・・・?」と言えば、『官僚組織も同様の利権団体化しているから・・・』で、

『利権団体組織を公僕組織に改める事こそ構造改革』で、

「表看板を変え、民間利権団体化する・・・利権団体容認・隠蔽工作を行いたがったり・・・」、

「実質的利権団体の『支配権を少数で押さえよう』・・・とする」・・・のは、

利権団体や他国工作組織等からの政治献金等で益々太りたがっている金権拝金大量消費自慰生物もしくは、根っ子が他国の工作員等に他ならない。

・・・・・・・。

『年間総予算四百数十兆の日本国、本来の構造改革さえ行えば、増税など全く無用で借金返済も十数年で可能』である。

これが、『痩せても枯れても経済大国である日本国の実情』なのだ。

それなのに、

『年間自殺者が3万人を超え』、

『多くの人々が経済問題を抱え・貧困に喘ぎ』、

『働けども働けども満足な収入さえ得られない人々までもが「生み出されている」』のは、

『現状で有利な人々が自分たちの優位性を公然化・正当化する為』、

『根っ子が他国の勢力が、日本を植民地化する為』の『意図的な工作活動』に他ならない。

|

「麻生の次への布石」兼、「解散総選挙時当選狙い『顔売り』」で乱立して来た自民党総裁選候補者たち・・・。

麻生氏・与謝野氏・石破氏は既に推薦人20人以上確保・・・で、テレビ・マスコミ人脈ご推薦の小池氏・石原氏・山本氏、官僚上がりで同じく通産官僚だったお父上が、アメリカや孫正義共々(?・・・一応付けておく・・・)日本版基本OS「TRON」の基本OSとしての普及を阻止(みんなが、その当時は情報盗み放題だったウインドウズ使用で無いと、略奪計画が狂うからか・・・?)・・・、という前歴から、孫正義人脈との繋がりがあるかも知れない(?・・・一応付けておく・・・)棚橋氏が未だに???なのは、言うまでも無く、自民党政治家としての地盤の違い等があるからだ。

この実情からしても、中立姿勢の報道なら、麻生氏・与謝野氏・石破氏を先ず報道し、その他の人々は、次点・・・で、当然だが、

亀田応援団同様に、小池応援団化してしまっている番組もあるので、笑える・・・。

まるっきり「亀田と小池は、(ある意味)同類です・・・。私たちのお仲間です・・・。」との実態(?・・・一応付けておく・・・)をそのまま宣伝している・・・ようだ・・・。

テレビ業界と繋がりが濃い石原家の長男の宣伝も抜かり無く、

こちらは、「利益共同体だから、宣伝して上げるので、当選したら、よろしくね・・・。」とでも言いたげ・・・である。

こんなテレビ局・番組の現状なのに、

『汝、考えるな!汝、与えられた物事を覚えよ!』という『愚民化教育で洗脳されているかもしれない人々』は、

しっかり「小池」「石原」を『覚え』、

『自分が覚えた物事』は、『その内容を問わず』『自分の味方だ・・・』と『勝手に勘違いしている・・・』からか・・・、

アンケートで問えば、『人気』では、「麻生の次が小池、そしてその次が石原・・・」なのだそうだ・・・。

・・・・・・・。

テレビが勝手に、「構造改革の継承者・・・」・「上げ潮派・・・」等の『美辞麗句』で装飾し、

勝手に『小泉人気の受け継ぎ先指定している・・・』ような小池・石原・山本等だが、

小泉氏の側近であった飯島氏によれば、「小泉改革の継承者は、与謝野氏・・・」なのだそうだ。

・・・・・・・。

今回の自民党総裁選は、麻生でほぼ決まり・・・だろうが、

総選挙では、

『テレビがエコ贔屓宣伝している人々は、外す・・・』のが、一般的な日本人にとっては、正解かも・・・。

・・・・・・・。

因みに、石破氏、宗教は、プロテスタントで、ある意味、カトリックの麻生氏と同様、新興宗教(=実態、集金・連絡団体?・・・一応付けておく・・・)の人々とは、全く違い・・・、

ちゃんと格差に対する気配りもある・・・ところが、俗称「上げ潮派」=実態『略奪容認、権力・財力集中工作推進派』とは、全く違う・・・。

『外資流入という上辺の美辞麗句』の裏で『外資に儲けさせたくて(?・・・一応付けておく・・・)』

「構造改革を進める事が、マーケットでの日本買いにつながる・・・」と

『日本を売りたい・・・』のかもしれない・・・『テレビ・マスコミ等に仕立てられた女性ヒーロー(?・・・一応付けておく・・・)』小池氏等とは全く違う・・・。

(麻生氏・与謝野氏、石原氏・・・については、他の記事をご参照下さい)

「日本人として選ぶなら、どのような人々が良いのか・・・?」は言うまでも無いだろう・・・。

かつての日本か経済大国となれたのは、『資本家より実働者を優遇していたから』である。

『株主配当に先んじて設備投資・技術開発等が出来たから・・・』である。

非実働者である資本家・株主等を優遇し、そのような連中の搾取・略奪を容易にする事=実働者を奴隷化ような物事であり、多くの中小零細企業を潰し、日本をハゲ山化する事・・・なのだ。

・・・・・・・。

総選挙時に一票を投じる人々、十分に考え、決定するべきである。

テレビ等に騙され、「イメージが良いから・・・」「知っているから・・・」等と、

知らず知らずの内に

『特定の人々にとって都合の良い人へ一票を投じる操り人形として』

自分をコントロールされてしまわないように、ご用心・・・。

『自分をコントロールするのは、自分・・・でなければ・・・』。

・・・・・・・。

オーラ等が『仕込みまで想像すれば、お笑い番組と化す・・・』ように、

日本の民法『ワイドショー・ニュースショー等も、製作者・提供者等の人脈の思惑まで見れば、お笑い番組に過ぎない・・・』のである・・・。

『無防備な状態で、ぼんやり見ていて、潜在記憶への植え付けを容認してしまう』と『操り人形化されてしまう・・・』のだから、

『危ないお笑い番組』だが・・・。

|

米焼酎は要注意・・・。

大阪の「三笠フーズ」が事故米を流した・・・との報道があった。米焼酎の原料等として・・・だと言う。他の報道では、せんべいや和菓子・・・と言うから、注意するべきものは多い・・・。

事故米の内容は、発癌物質やメタミドホス等の農薬等が基準量以上検出された米・・・というから、

『お金儲けにかっこ付けた、日本人半病人化工作活動』の一端かも知れない・・・。

「帳簿改竄まであり、何処にどれだけ流れたのかも不明・・・」というから、益々その気配が濃厚である・・・。

・・・・・・・。

こんな企業・企業内工作員(?・・・一応付けておく・・・)まで混在しているのが、日本の食品業界の現状である。美味しくない、味が変な飲食物に対する注意が必要なのは、中国・中国産だけでは無いのである。

因みに、こんな原料を使った焼酎を飲んで、癌等の病気になって寿命より遥かに早く死んでしまっても・・・、その事の責任追及は満足に出来ない・・・ばかりか、実行犯は微罪・・・というのが、現状の日本の法律である。

「どの様な意図の下でこのような蛮行が行われているのか・・・?」

「背後の人脈は・・・?」

・・・等も満足に検証されない・・・のが、現状の「平和ボケ」日本である。

・・・・・・・。

「何でも無い事・・・。拉致も長い間無い事・・・。」、

「スパイ工作活動防止法等には大反対・・・という世論形成の為の情報が一杯・・・。」、

・・・というのが、日本の今まで・・・なのだ。

・・・・・・・。

麻生総理誕生気配濃厚になった、今日この頃、この様な事件が露呈された事も、「満更、無縁では無い・・・」のかも知れない・・・。

|

24時間テレビの高視聴率・・・。

かなり重篤な状態にある日本社会・・・。

人助けの偽善番組(?・・・一応付けておく・・・)に興味を持つのは、『本当は、自分が助かりたい人々』・・・。

この手の番組が高視聴率である事=『人助けに興味を持つ、本当は自分が助けてもらいたい人々』が多い事=日本社会が重症である事の立証・・・に他ならない。

・・・「今更、何を・・・」だが・・・。

・・・・・・・。

当然、筆者は興味も無く、見てもいなかったので、内容は???だが、

何故か113キロとなった(13=Bが一番のお手盛り賛美か・・・?)芸能人マラソンのゴールが、最も高視聴率だったらしい・・・。

『芸能人が長距離を走りきるだけ・・・で、何故感動するのか・・・?』と言えば、言うまでも無く「投影・転嫁・同一視」の成せる業・・・だが、

それら『自分自身が行っている心理作業』も『自覚していない(?・・・一応付けておく・・・)』『愚民化教育の賜物である』『操り人形的人々』は、

実質的『お手盛り自虐ゲーム』をやりとげる事でも、「頑張っている・・・」から・・・と、

『頑張る物事の内容さえ考えずに応援してしまっていた・・・』のだろう・・・。

それは、客観的に見れば、

・・・正に『「内容を考えずに動く人間」を量産する為の調教』に他ならない・・・。

・・・・・・・。

おまけに、この手の番組が成り立つ為には、『「助けるべき弱者」が必要』となる。

つまり、『差別により、意図的つくり出されている弱者』は、知らず知らずの内に公然化され、知らず知らずの内にそのような状態が正当化されているのである。

・・・・・・・。

『産まれながらの環境格差を温存』する為、『平均以上の莫大な財産等の血統相続を公然化』したり、

『障害があるのは、人間社会の方なのに、特定の人々を障害扱いしたり』・・・しているのが、

『物質面に比べ精神面が圧倒的に未熟な現状の人間社会』なのだ・・・。

・・・・・・・。

寄付やカンパ等で、福祉車両等を生み出すような『アリバイ作り、大衆欺き手法』より、

『誰もが約60兆の地球生命体細胞群の一塊である』、

『生物の誕生・死は、細胞ごとに起こっている』、

『宗教や丸ごと一人の死生観等は、科学的検証が出来なかったが故に生まれた「考え・思いによる納得法」である』、

・・・等の多くの人々が『現実』を『把握』する為の手助けになるような情報を流布した方が遥かに有益である。

『科学的お墨付きの無い不当な差別を撤廃させる』世論等が形成出来るように、

『本当の物事』を紹介した方が、

『健康な人間社会に近づく・・・』のは、言うまでも無いだろう・・・。

・・・・・・・。

「本当の物事に封印をして、人々を現実逃避に誘っている・・・」のでは、偽善番組と言われ続けられていても・・・仕方無い・・・。

・・・・・・・。

人々の投影・転嫁・同一視・・・抜きなら、芸能人マラソンの実体とは、『多くの時間・エネルギー公共の電波の時間枠等を使い』『実質的に無益な物事を行っている』愚行である。

人々の投影・転嫁・同一視・・・の部分の実益は、先に述べたとおり、『支配層による大衆調教』及び、『人々への現実逃避という麻薬配布』に他ならない。

『現実逃避という麻薬を貰うより、全地球財産の人口分の一のという本来の財産権の回復を得た方がずっと実質的に得る物事は大きい』のだが・・・。

・・・・・・・。

何れにしても、現状の人間社会システムでは、先が無い=人類滅亡となる事は、既に明らか・・・である。

現実逃避という麻薬と大枚という覚せい剤に溺れていないで、

『地球生命体細胞群の快適永続への道を実質的に探し構築して行く事』こそ、

『今を生きる人類の本来の仕事』である。

本来の仕事は、『自分も含む人助けにも直結している』のである。

・・・・・・・。

24時間テレビ等の不自然さから学び、

操られて、現実逃避の涙を流す状態を卒業し、

自分本来の仕事を思い出す人々が増えれば良いのだが・・・。

|

自民党総裁選の裏構造・・・。

麻生・石原・与謝野・小池等の名前が連呼されている自民党総裁選・・・。「その裏構造は・・・?」・・・と、人脈を考えると面白いかも・・・。

一つの鍵は、人脈連絡組織(?・・・一応付けておく・・・)である宗教団体だ。

真光の信者である事を公言している石原・・・。

真光繋がりで、→安倍→福田→石原・・・というのが、そのスジの希望だろう・・・。

そのスジとは、『右派親韓』勢力である。

麻生に関する宗教は・・・?と言えば、カトリック・・・でありながら、靖国神社問題では、「宗教法人である事が問題・・・」等と、宗教無縁の判断も出来るようなので、麻生のカトリックは、多くの日本人の神道・仏教・キリスト教・・・と同様だろう・・・と推定出来る。

亀田の応援部隊で、統一教会信者等との繋がりがある(?・・・一応付けておく・・・)中川秀直氏との繋がりが濃く、テレビ業界大応援で、「作り出されている女性ヒーロー的要素も強い」政界渡り鳥とも言われている『何でもあり』・・・小池は、

『親朝鮮改革(=略奪容認、権力・財力集中化)急進派』勢力だろう・・・。

防衛省内の同人脈等からの協力が無ければ、「守屋問題等の摘発でお手柄・・・も無理・・・」、テレビ・マスコミ業界同人脈からのイメージアップ応援等が無ければ、「急激な出世も無理・・・」と推定出来る・・・。

与謝野については、今更何も言う事は無いだろう・・・。

周囲の日本人=官僚どもの言う事は、「よ~く聞こえ」、遠い日本人=一般庶民からの声は、「相応・・・」と推定出来るのだから・・・。

因みに、宗教はカトリックだと言う・・・。

・・・で、テレビ業界という朝鮮系人脈が幅を利かせている所では、

「一番は、小池」だが、自民党内では、「外様で無理そう・・・」だから、次点候補の「石原に対する大応援・・・」となっている・・・。

その流れは、朝鮮系人脈から後押しを受けている自民党員にとっても、乗らざるを得ない(???)流れ・・・で、

お金や弱み等に押されて、次々と、支持者が増える予定・・・かも・・・。

・・・しかし、『一般国民にも、裏がバレバレ』・・・なので、『何処まで嘯けるか???』

『構造改革(=略奪容認)急進派総理誕生や、真光系総理が続く事態には、成らない・・・』と思っているのは、筆者だけでは無い・・・。

そもそも、朝鮮系人脈にして見れば、

構造改革という略奪容認、権力・財力少数集中政策を急いでもらいたくて、「上辺右派真光系総理でも応援していた・・・」のに、安倍も福田も・・・一般日本人に対する気遣いを口にして、今のままでは、一向に急進しそうも無い・・・。

そこで、急進派を「上げ潮派」と賛美し、「イメージアップを謀り」、「仕込んである女性ヒーロー」の下で、「急進させたい・・・」から、「福田降ろし・・・」というのが、実態だろう・・・。

因みに、『公務員改革と、権力少数集中政策とは全く別の話し』だが、

それらをごっちゃにして「公務員改革=総理/政府の下への権力集中・ついでに、小さな政府で人数も絞る・・・」と『宣伝している』のが、現状の日本のテレビ・マスコミである。

公務員改革としては、縦割りゆえに利権団体化し、機能不全になっている官僚組織に融通性を持たせ、全体として、日本国の治世を健康化するのが正道である。

具体的に言うなら、

特別会計のまま公開を義務付け、特別会計余剰予算の額を競わせるような官僚の使い方(人事で効果を上げた者を他の組織の上役等に据える・・・等の横登り人事を認める工夫等をすれば簡単である・・・)をし、各組織の効率化を図り、

『余剰予算の使い方は、今一番必要な物事から順番に・・・』という、当たり前の手当てを行うと共に、

『国会議員の報酬等は、減額するが、民意を反映する定員はむやみに減らさない・・・』という当たり前の方向に向かえば良いのである。

『治世という難しい物事を少数の権力者に集中させて任せる・・・とは、時代に逆行する動き』なのだ。

多くの物事で、事実・現実関係が、科学的に説明・公開出来る今日、『公表し、大衆の検証を得る』原則さえ守られれば、治世のように複雑で難しい物事は、相応の人数で慎重に行った方が良いに決まっている。

ヒットラーでも、金○○でも、共産党でも、何とか教団でも・・・、権力集中が行われれば、結果は権力争いとなり・・・権力争いの有利な道具となるテレビ・マスコミ関係人脈が力を持ち過ぎ・・・大衆は、扇動され操られ・・・ロクな事にならない・・・のは、歴史が示している通り・・・である。

・・・・・・・。

因みに、真光・・・、若き頃の筆者が神奈川県で暮らしていた時の筆者の安アパートにも布教活動に来たことがある・・・。

『どのようなところか・・・?』と話しを聞きに行ったら、

筆者との話しで「頭が痛くなった・・・」と言った教団小幹部(?)が、

「教えられたのだから、お金を置いて行きなさい・・・」と言う・・・。

話しの内容を客観的に見るなら、「教団員の言った話しの中で、科学的に矛盾する物事を指摘したのが筆者・・・」なのだから、『教えたのは、どちらか・・・???』・・・賢明な読者は解ると思うが・・・。

(『考え・思いの中に現実逃避している信者には、科学・現実論を話す前に、マインドコントロールを解く事が必需である・・・事を実感した・・・』若き日の筆者だった・・・。)・・・この事を意図的に教えた・・・と言うのなら、マダ話しは解る・・・が、そんな話しも雰囲気も全く無かった・・・のは、言うまでも無いだろう・・・。

おまけに、回りにいた多数の信者も、筆者をジッと見つめた・・・ので、危機を感じた若き日の筆者は、仕方なく、若干のお金を置いてその場を逃れた経験がある・・・。

組織も、他の組織同様、確固たるヒエラルキー構造で、小額のお金を多数の信者から集める手法や信者が宗教用具を買うと共に、霊的な力が生じたり、新たな信者を一定以上の人数獲得すると出世する仕組み等は、『ネズミ講的・・・』とさえ思えた・・・。

・・・それでも、宗教法人・・・で、政治家の活動資金の源泉となっているかもしれないから(?)取り締まりは無し、

おまけに、現状の日本の愚民化情報・教育・・・では・・・。

「オーラ等が仕込みまで公開され、お笑い番組にならないのも・・・政治権力のせい・・・」なのだ・・・。

『創価学会でも、真光でも、統一教会でも・・・、政教分離は、上辺の話しでしか無い・・・のが、日本の現状』である・・・。

|

公明党の思惑・・・。

年内、衆議院解散総選挙・・・となり、自民党『辛うじて過半数確保』・・・となれば、「キャスティングボードを握れる」公明党・・・。

自民でも民主でも、都合の良い方に乗るそぶり・・・で、自分たちに都合の良い政策は、通したい放題・・・(?)

その「実績」を引っさげて、都議選も大勝利・・・(?)

政権を握るオイシサをタップリと味わう・・・予定・・・。

・・・・・・・。

実質的支持母体が一宗教団体である政党が、キャスティングボード・・・では、日本の政治は???

「政教分離など何処吹く風」・・・、

日本の教育も政治も「宗教に対し腫れ物扱い・・・」だから、このようなバカげた事態となってしまう・・・。

『宗教とは考え・思いによる納得法に過ぎない』のだから、『特別扱いなど不要』である。

「情報・教育等でも、ちゃんと実体・実態を教えるべき」なのだ。

実質的に「工作組織の連絡場所兼集金団体」というような宗教団体など、『スパイ工作活動防止法で取り締まるべき・・・』なのに・・・。

『細胞ごとの誕生・死』という『科学的現実』が明らかになっている今日、

人々を「丸ごと一人の死生観」で「マインドコントロール」し、「霊感商法等で集金」して、「政治権力を得る為の資金を得ている」ような団体が『存続してしまっている事自体がおかしい』・・・。

「何故・・・?」と思って、政治家と宗教団体との繋がりを見れば・・・、

公明だけでは無く、自民でも民主でも・・・、『異常な数の国会議員が宗教団体の信者や構成員』・・・。

・・・これでは、「考え・思いによる納得治世」しか出来ない訳・・・である。

「世襲議員」や「信者議員」、「根っ子が日本人かどうか怪しい議員」・・・等は、『日本の国会議員にするべきでは無い』。

「世襲議員」は、「資質が???の場合も少なく無い」ばかりか、「世襲以外の人々が議員になるチャンスを大いに損ない」、

「信者議員」では、「満足に、政教分離も出来ない・・・」から、「未だに、実態・実体教育も行えず、宗教団体等も特別扱い・・・、宗教団体の仮面を被った工作組織も存在可能・・・」で、

「根っ子が日本人では無い場合」、「日本国・日本国民の利益より、根っ子の国の為の工作活動に熱心・・・」

・・・なのだから・・・。

『実際の問題を科学的・現実的に処理して行かなければ、健康な日本社会には成り得ない』のである。

|

福田辞任劇~次期総理問題・・・。

福田総理の計画的(?・・・一応付けておく・・・)辞任劇で、「次期総理が誰か・・・?」という問題が注目を集めている・・・。

本命は、麻生氏だが、約一年前に「麻生謀略説・・・」を宣伝し=『情報工作まで行い麻生総理を阻止した人脈』の人々は、内心穏やかでは無い・・・。

今日のテレビでも、その影響がチラホラ・・・。

その類の人脈では、「中川秀直」と「小池百合子」、隠し玉(?)で「高村正彦」がご推薦・・・のようである。

「上げ潮派・・・」と、『政策を賛美』されている中川秀直・・・。

「小泉改革の継承者・・・」と、『小泉人気の受け継ぎ先指定』されている小池百合子・・・。

「何故か???」それとなく・・・候補として出されている番組もある「高村正彦」・・・。

上記の人々及び、現状の日本のテレビに、共通な理念は何か・・・?

『韓国大好き・・・である・・・』と、思うのは筆者だけでは無い・・・。

統一教会/その信者との関係があった(今もある・・・)高村/中川・・・。

大問題化されている太田氏同様、事務所費が???な小池・・・。

昨年の麻生包囲網工作にしても、中川の愛人女性への警察情報提供にしても・・・、小池の朝鮮式(?・・・一応付けておく・・・)風水要素タップリのパーフォーマンスにしても、『上辺に拘り、結果が全て・・・』という『半島文化』的・・・。

・・・で、言っている事が、「構造改革路線継続・・・」、「上げ潮経済・移民容認・・・」だったりしている・・・のだから、『何を行いたいのか・・・?』は、一目瞭然だろう・・・。

「構造改革で、財力・権力の少数集中体制を作り」、

「官僚どもからも権力・財力等を奪い」、

(・・・以上、一般日本人弱体化計画・・・)

「経済を上げ潮にする為には、若い労働力が要る・・・だから、移民・・・」と、

『お馴染みの国から、大量のお仲間を移住させたい!!!(?・・・一応付けておく・・・)』・・・。

(・・・以上、日本乗っ取り計画・・・)

・・・合わせると『日本植民地化計画』・・・。

・・・・・・・。

韓国に何十回も行っていても『日本人としての判断を下しそう・・・』な、

『大金持ちであったが故に、懐柔工作にも落ちなかった(?・・・一応付けておく・・・)』麻生氏とは、全く違う判断を示しそうな人々・・・。

「何故か・・・?その類の人々のイメージアップを謀っている・・・」「麻生派等のイメージダウンを謀っている・・・」のが、『現状の日本の』テレビである・・・。

他に、テレビ業界お約束の「石原・小泉」宣伝(・・・こちらは、「その類」人脈の次点候補だろう・・・、因みに、石原都知事も移民容認派、おまけに石原議員が属するは、あの韓国大好き・・・山崎派である・・・)が行われ、

出戻りだが、女性で若く大衆受けが良いので担がれる可能性ゼロでは無い「野田聖子(こちらは野中の同類(?・・・一応付けておく・・・)古賀等の防波堤か・・・)」等の名前が出ているが、

実質的には、構造改革継続派=権力・財力少数集中工作継続派と麻生派等の戦いとなるだろう・・・。

果たして、「どの様な結末を見るのか・・・?」次期総理問題・・・。

もし、麻生総理が誕生しても、その前でも・・・、「何でもあり集団が何もしない・・・」『とは思えない・・・』ので、

その類では無い人々は、命・健康等には、普通以上に十分な注意が必要だろう・・・。

・・・・・・・。

何れにしても、「テレビ・マスコミの情報工作ぶり・・・」も『「茶番劇の一幕として」面白い・・・』かも・・・。

・・・・・・・。

ついでに、「麻生以外なら誰でも良い・・・」と鼻息が荒い「野中」の裏を考えると・・・、

野中の出身は、被差別・・・と言うから、財力的に恵まれていなかった(?)野中に対する応援工作・懐柔等を行ったのも、上記その類の人脈だろう(安上がり・・・を、高い立場に付かせれば、高効率だから、狙われ易い・・・)・・・と、誰もが容易に想像出来るのでは・・・。

竹下・橋本・小渕が訳の解らない状態で死亡している裏で、『野中だけはお元気・・・』なのは、その辺の理由と無関係では無いだろう・・・。

・・・・・・・。

総理が変われば、「警察等に対する押さえ」も変わる。

何でもあり人脈にとって、それは、配下暴力団組織等の摘発→身の安全が脅かされる事・・・に直結する。

北朝鮮による工作活動までもが実質的に野放しだったから、工作員・何でもあり人脈等による拉致も核・ミサイル技術等の流失も起こってしまった日本国・・・。

社会体制の不備と平和ボケ教育等の悪い効果で、技術者流失が止まらない日本国

(領土問題もあり、植民地支配の歴史もあるのだから、当然、反日感情を持つ人々が多い韓国の、自動車・電器産業等への流失は、何十年も前から・・・、

中国へは開放政策後、日本のリストラ事情と相俟って大量に・・・

・・・みんな日本より多少高い報酬という餌で、国家経済/戦略の要となる科学技術の向上を得ている・・・のだから、

日本の無策ぶりは、呆れる程見事なばかり・・・である

現代でも、散々近代化に貢献した史実など無視・・・で、植民地支配や侵略被害・・・という負の要素だけ異常なほど大きく主張する国々の現状を見れば、

将来的に、日本の技術者が教えた物事が、どの様な扱いを受けるのか・・・?は想像に難くないだろう・・・

日本人から習ったとは言わず、過去の蛮行に対する当然の償いである・・・とか、

万一乗っ取りが成功すれば、自民族が祖先の国へ奉仕した当然の行為・・・とでも言いそうだが・・・

使えない大人の玩具に大枚をつぎ込むより、ちゃんとした情報・教育を行う事の方が国家防衛として遥かに重要である事は、言うまでも無い・・・のに・・・

技術流失で北朝鮮に核・ミサイルを作らせて、大枚をつぎ込んでミサイル防衛・・・と言う、『お手盛り軍需利権製造』に邁進している・・・のが、現状の拝金官僚ども・・・である・・・)・・・。

一般日本人の人口減少政策が採られ続けている日本国・・・。

一般日本人が添加物等による半病人化や、自虐情報等で、疲弊させられている裏で、財力・権力の集中工作が行われている日本国・・・。

・・・何でもあり人脈のお里では、ハゲ山ばかり・・・だったのは、新たな種を植えても他人が略奪してしまうから・・・。

そんな文化では、まともな技術も育たず、権力争いの異常事態となり、自国内だけでは埒が明かないので、他国(=日本)を利用すると共に、日本の乗っ取りまで考え、その筋書きを実行し続けている病的な人々・・・。

儒教文化と合わさり、代々話しは未だに継続中・・・。

何処かの国のハゲ山同様・・・、略奪競争で、中小零細企業という日本の木々を無くす「ハゲ山国家化工作政策」が、俗に言う「構造改革」である。

そんな人脈の懐柔工作に簡単に落ち続けてきた日本の『資質/適性無き政治家・経営者たち』・・・。

・・・この国は膿を完全に出し切らないと、・・・活力など出る訳が無い・・・。

・・・・・・・。

『テレビ業界は、朝鮮人人脈とつながりが濃い。

テレビ人脈が応援する候補=朝鮮人人脈にとって都合の良い候補等である場合が多い・・・』。

「愚民教育という工作活動」の悪い効果で、『裏さえも考えずに』、『上辺に拘り』、テレビ等が流す情報に簡単に操られてしまっている人々・・・。

・・・騙され続けていてはいけない・・・。

|

「ご祝儀相場で年内解散総選挙」の布石、福田総理の突然辞任・・・。

マタマタ仕込みが始まった。福田総理の突然辞任である。今後の予定は、「自民党総裁選」で『自民党及び、自民党新総裁の大宣伝』をテレビ・マスコミに行わせ・・・。(「民主党代表選回避無投票で小沢氏再選」は、自民党総裁選を目立たせる為の布石か・・・)

現時点では、国民人気の高い「麻生氏」を担ぎ、ご祝儀相場がある内に『解散総選挙』で、過半数維持の目論み・・・。

米国との「お約束」給油継続法案も公明の造反で無理=米国からのお礼は貰えない・・・、

来年の都議選を睨み早期解散希望の公明は、「三分の二可決に反対」・・・では、給油継続法案だけでは無く、全ての重要法案が???

・・・と、「詰んでいる」福田政権・・・。

麻生人気で、詰み→解散時「ご祝儀相場の上積み」を期待するくらいしか、多くの衆議院自民党議員にとって、再選の手立ては無い。

・・・・・・・。

議員であり続けられるのなら、何でも良い・・・と、『バレバレの仕込みに邁進した自民党』・・・。

「自民党自体詰んでいるのだから、サッサと政界再編した方が良い・・・」と思っているのは、筆者だけでは無い。

・・・・・・・。

それにしても、この『バレバレ仕込み』にどれ程の数の一般国民が『騙されてしまうのだろうか・・・?』・・・。

「小泉・・・」で、大量当選させてしまった過去があるだけに、気になるところだが・・・、

もう騙されてはいけない!=「ご祝儀相場はご禁物!あくまでも政策の内容を見てご判断を!」・・・。

|

警察取調べ監督官配置と、取調べ全録画が実現しない訳・・・。

鹿児島志布志冤罪事件等で不当取調べの問題が露呈し、益々、信頼を大きく失ってしまった為、警察内での取調べに対し、監督官を配置する事がようやく実施される・・・。

監督官が部屋の外からマジックミラー越しに取り調べ室内の様子を見られるように改造された様子が報道された・・・。

しかし、『当然の如く』、その監督官も同じ警察内のしかも『特定一部の人間』である。

おまけに相変わらず『取り調べの全録画』さえ行われない・・・。

何故か・・・?

・・・・・・・。

少し前まで、日本の犯罪の多くは、地元密着型だった・・・。

だから、現在の警察組織の元の警察組織も地域別縦割りに組織されていた。

『地域別縦割り取り締まり・・・の裏では、地元人脈や地元有力者等と、警察取締りの間に、適当な妥協が生み出され続けていた』・・・。

・・・地元暴力団と密着している警察等の問題が露呈したのも、それ程遠い昔では無い・・・。

この流れの続きにあるのが、現状の警察システムだから、

当然の如く、地元人脈や地元有権者等に対する考慮が入り込んでいる。

現在の日本では、犯罪等も、交通通信機関の発達で、地元密着型では無くなっている。

利権等も同様で、警察組織との間に利害関係のある組織的集団も広域・・・となっている。

それは、逆に見れば、『特定地域の特定の取り締まりで、シッポを掴まれ、公表されてしまうと、被害が莫大・・・という状態になっている事と同じ』である。

そもそも、集金目的の仕事等でも、スポーツ競技等でも・・・、法律やルールに従っている状態で行うより、違法行為や試合外妨害等まで含めた『何でもアリ方式』で行った方が、より有利な競争行為が行える。

だから、仕事等でも、多くの業界で、違法行為や違法スレスレの行為など山ほど存在している。

暗黙の内にそのような事態を認めつつ、『現状権力者にとって都合の悪い者たちが行う物事のみ取締りの対象としている・・・のが、現状の日本社会』である。

・・・政治家の胸先三寸で、拉致さえも無い事にされて来た・・・のが、日本社会なのだ。

「現状権力者たちが、権力を維持する為」には、『この不公平・不平等システムが必需』である。

だから、日本の警察システムは、『人数・予算等も圧倒的に少なく』、「21世紀の今日、未だに、自白偏重主義」で、『取締りの全録画さえも容認されていない』。

本来なら、警察内の人間が取り締まり状況を監視するなどと言う『アリバイ作り』でお茶を濁さないで、

警察の人数・予算等を当たり前のレベルに引き上げ、自白偏重主義を止め、『科学捜査をメインにするべき』である。

そのように、当たり前の手当てをすれば、取締りの全録画も容認出来、冤罪等も激減する・・・。

・・・・・・・。

日本には、長い間、まともな警察組織さえ無い。

『そんな状態で、多くの一般日本人が、平和ボケを刷り込まれ、無防備にされ、鍵の無いような家で、情報も財産も、健康も・・・略奪され続けていた・・・のが、少し前まで・・・で、

現在では、略奪人脈等が大金持ちに上り詰め、二極化格差社会を公然化し、血統相続を容認させ、代々続く支配/被支配構造を構築しよう・・・とされている・・・』のだ。

「アリバイ・・・」でマシになった・・・と騙されてはいけない。

『日本社会、一度全ての膿を出さなくては、機能不全も治らない』。

|

アメリカ大統領選、共和党の隠し玉、副大統領候補ペイリンとは・・・。

筋金入りの超保守派=銃規制反対・人工中絶反対・同性婚反対・・、つまり、科学的・現実的お話しが通じるとは思えない人・・・である。

何故、そのような人が副大統領候補になれるのか・・・?

其処にアメリカ社会の実態がある。

何しろ、意図的に、キリスト教系新興宗教も含む宗教普及政策で、

『大衆を宗教知識漬け』にし、=非科学的・非現実的な要素も含まれているのに、科学よりも優先するのが当然・・・と信じる=思い込む人々を量産し=(愚民化工作)、

『お墨付きの一票を投じる操り人形を量産している・・・』のだから・・・。

共和党副大統領候補として、操り人形の琴線に触れる候補を出してくる事=『共和党こそ操り人形化工作の司令部・・・という実証』である。

・・・・・・・。

日本では、「宗教ネタの操り人形化」は、一部政党を除き、あまり普及していない・・・が、

『有名人ネタの操り人形化』(=愚民化工作)は、枚挙に暇が無い。

こちらも、「操り人形化工作の司令部は・・・」を考えれば、一目瞭然である。

・・・・・・・。

そして、日米大衆操り人形化司令部同士は、仲が良い・・・。

その裏には、現台湾・朝鮮も絡んでいる「時代錯誤の密約」がある・・・。

極一部の勘違い人間たちに余りある権力等を与え続けてはいけない・・・。

|

「快適生活」だと・・・。

先日、テレ朝の某番組司会者コメンテーター等は、「・・・今の自分たちの『快適生活』・・・」と、

現状の『年間自殺者3万人超え』・『餓死者もいる』等など『問題だらけ・ストレスだらけの日本社会』での『生活』を『平然と快適と言い』、実質的に自分たちが『人間として異常感性の持ち主』である事を公言したのだそうだ・・・。

「何故、そのような人間になってしまうのか・・・?」を考えれば、

・・・連中の身の回りが、『現実逃避の麻薬』と『異常なやる気を出す小大枚という覚せい剤』等で『満ち溢れている』事が容易に想像出来るだろう・・・。

『余分な報酬等は、人々の健康な感性さえ壊してしまう・・・』のである。

そのような連中が、公共の電波で大量配布している情報とは、

実質的に『異常な自分を正当化する為の言い訳を公然化』し、

『人々に、現状のままの自分にお墨付きを与えさせようとしている』、

『マインドコントロール情報』に他ならない。

贅沢生活で自然環境を破壊し、

そのような状態にある『異常な自分を正当化する情報を大量配布する事等で、益々環境破壊を加速させ、人間社会までもを破壊している・・・のが、現状の多くのテレビ出演者等の実体』である。

『全人類が実行しても、

自然環境と共生出来き、

全ての人々が同レベルの生活を得る事で不要な自虐争いを行わないで済む生活こそ

快適生活の本質であり、

快適生活と贅沢自慰生活は全くの別物』である。

『贅沢自慰生活を快適生活と言う心の死んだ人々』が、テレビ等大量情報を一方的に配信するツールの出演者で良いのか???

適材適所社会では無い事がもたらしている機能不全は、医者・法曹関係者・政治家等だけでは無いのだ。

『年間自殺者3万人超え等の日本社会に快適生活など在り得ない』。

身近な『現実』を者・物・事で隠し、

自分の近傍だけ整えて、

贅沢自慰生活に現実逃避しているような

精神の貧しい連中に不相応な立場や高報酬を与え続ける事は、「泥棒に追い銭と同じ」である。

現状の金権拝金大量消費自慰血統主義教社会、無駄遣いは至るところにある。

彼らが批判している政治家・官僚等の無駄遣い等は、

「自己正当化の為の情報誘導」もしくは、

「代償欲求がもたらしている醜悪な言動」である。

『恥ずかしくないのか・・・?』不思議・・・。

『優等生面する前に、自分や自分の行っている物事の本質ぐらい理解するべきだ・・・』と思っているのは、筆者だけでは無い。

・・・もっとも、『確信犯の植民地化工作員』ならば、当然の言動だが・・・。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »