« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

「表の顔オバマ」と「実体80%のクリントン人脈治世人」に歓喜させられている米国民・・・。

大衆コントロール政治の先進国(???)米国では、オバマ大統領誕生で多くの米国民が歓喜している・・・。

共和党でも民主党でも・・・、どちらの政党にもユダヤ人脈がくっ付いていて、テレビ・マスコミ・映画等は、実質的にユダヤ人脈が牛耳っているアメリカでは、

ユダヤ人脈の意図する政治を実現し続ける為に、

大衆がコントロールし続けられている。

米国の有色人種にとって、黒人大統領の誕生は溜飲を下ろせる『イベント』だろうが、

「上辺のイベントに操られている自分を自覚している人々がどれ程いるのか・・・?」

を考えれば、大衆コントロールの深刻さは誰にでも解るだろう・・・。

まるで、ピラミッド完成式典のようなオバマフィーバー・・・。

多くの人々の「者・物・事に頼る『未熟な』精神構造」は、太古の時代からなかなか成長しない・・・。

その裏には、人間社会で権力や財産に恵まれている者たちが、その未熟な精神構造を利用して保身や増長を謀ってきた歴史がある。

ピラミッド時代と比べて、現在が違うところは、物である。

現在では、多くの人々が、多くの実生活に密着している物を持っている。

その分だけ、ピラミッドのような「大きな頼れそうな物」で大衆心理を操る事は難しくなった。

しかし、者と事は未だに、「大衆コントロールの為の便利な道具」である。

象徴的人を王者に担いで、大衆に同一視を促し、コントロールする手法は、未だに健在だ。

自由や人種差別が無い「象徴」として、オバマほど都合の良い人材はいない。

大統領就任式典に参加した人々の脳内には、「初の黒人大統領誕生の瞬間に自分もその場所に居た」という『事』が刻み込まれ、

覚えこまされているハリウッド映画のスターやオバマ大統領という『者』と同様に、

何かにつけ、その人が頼る『事』が保持出来た訳である。

それらの『共通、者・事』を頭の中に強く保持している人間を操る事など簡単である。

数多くの問題が起きても、あっても、

「ここは、自由で、人種差別の無い国アメリカ・・・。オバマ大統領を見れば解るだろ・・・。」と

『現在、異常な程の財産・権力・利権等を保持している人々もそのままに』、

多くのアメリカ人が『異常な不公平ハンディキャップレース』を頑張る事になる。

多くのアメリカ人が、頑張った努力の多くを、現在有利な立場にいる者どもが吸い上げられ、

極一部のアメリカ人が『象徴的にアメリカンドリームの実現者として宣伝され』ながら・・・。

・・・・・・・。

そもそも、「人種差別とは何か・・・?」

白人たちが、『産まれながらの利権の維持の為』、白人以外を下位に置く、『科学的正当性の無い「考え・思いの上での物事」』だ。

「人種差別」も、「産まれながらの環境格差」も、「血統主義」も、・・・、その実質は同じなのである。

『人は、「科学的正当性の無い」産まれながらの差別を受けるべきでは無い。』

『科学的正当性の無い産まれながらの差別は、何事でも撤廃されるべきである。』

だから、本来なら、人種差別撤廃と共に、他の産まれながらの環境差別も撤廃されるべきなのである。

ところが、米国ではキリスト教で大衆をコントロールしている。

ユダヤ経と共通情報も多いキリスト教は、ユダヤ人脈にとっても大衆コントロールツールとして、とても便利だ。

キリスト教で「丸ごと一人の死生観や血統主義を覚えこまされている人々」にとって、

産まれながらの環境格差や血統主義の科学的正当性の無さは、納得し辛いお話しかも知れない・・・。

丸ごと一人の死生観の否定=復活の否定・・・だったり、

血統主義を否定する事=アブラハムの子孫の優位性の否定・・・だったりするのだから・・・。

しかし、『現実として、人の誕生・死は細胞ごとに起こっている』。

だから、血統主義や、産まれながらの環境差別が科学的正当性を持つ為には、

「その約60兆の細胞の一塊」が「他の約60兆の細胞の一塊」に比べて、

差別・優遇される科学的正当性が無ければならない。

人の遺伝子情報の主たる部分は、生物的環境適応情報である。

しかし、「人間にとって、地球生命体細胞群にとって、より貢献する仕事をこなすか?どうか?・・・」は、生物的環境適応情報に支配されていない。

現実を見れば、差別・優遇に科学的正当性を見出す事など、出来ない、もしくは、極めて困難である事は、誰にでも解る。

・・・・・・・。

クリントン人脈には、ユダヤ人脈が付いている。

80%がその人脈なのだから、オバマ政権になっても、アメリカは、宗教から解脱出来ず、

本当の意味での差別の解決にも程遠い状態が続くだろう・・・。

『人間社会の根本である』産まれながらの差別を無くさなければ、

その歪を誤魔化す為に、多くの無理・無駄等が強いられる事になる。

それを米国国内だけで処理せず、戦争や経済的植民地からの略奪等で誤魔化し続けようとして来たのが、過去の米国の歴史だ。

・・・そして、そんな米国の後追いをさせられているのが未自立国家日本である・・・。

・・・・・・・。

宗教からの解脱度が高い日本なら、産まれながらの差別の撤廃も米国より容易な筈だが・・・、

昨今のテレビ・マスコミ等の情報は、時代に逆行し、人類滅亡を誘うような情報ばかり・・・なので、本当に呆れる・・・。

おバカが永遠の眠りに付く事が、人類の夜明けをもたらすなら、

必然は起きる。

|

「アジアは内需・・・」と言った伊藤忠のお偉いさんを賛美、サンプロの正体・・・。

先日のサンプロで象徴的だったのが、伊藤忠のお偉いさんの発言だ。曰く「・・・アジアは内需・・・」・・・。そして、サンプロレギュラーの反応が「・・・元気が出ました・・・」・・・。

オイオイ!!!

アジアは内需の実体とは、

「市場原理主義の大資本家」に都合の良い

『経済植民地略奪競争論上の話し』だろ!

そんな戯言を聞いて元気が出るのは『同類』や『悪者どもに毒されてしまっている、ゾンビ・操り人形等』と相場は決まっている。

日本企業にとってアジアが内需なら、中国企業でも韓国企業でも・・・同様で、

結局は、経済的に強い所が圧倒的に有利な「経済植民地略奪競争を正当化しているダケ」である。

・・・言うまでも無く、日本国にとっての内需とは、日本国内での需要に他ならない。

・・・・・・・。

全く、「武力による植民地略奪競争であった帝国主義」を非難しているくせに、

「経済による植民地略奪競争である市場原理主義」を推奨している

『懲りないチョウニチ』は・・・!!!

本当に、『自覚無きおバカ』のくせに「社会的立場等を有してしまっているボケども」は、

『普通の地球生命体細胞群にとって大迷惑』である・・・。

「帝国主義」も「市場原理主義」も・・・、『精神的に未熟な者ども』が、

『投影・転嫁・同一視の心理に翻弄され』、

『他の者・物・事を利用して、自己確認の代償欲求の解消を追及しているだけ』の

『愚行』に過ぎないのに・・・。

・・・・・・・。

伊藤忠のお偉いサンの前の竹中・金子の論戦にしても、

『未だに竹中を担ぎ出し、宣伝する醜悪さ』だけが目に付いた・・・。

田原の前置きでは、「テレビ慣れしている金子・・・」だったが、

実際は、昨今の出演状況を見れば解るとおり『竹中も金子氏以上にテレビ慣れ』していて、宣伝が上手い分だけ尚醜悪である・・・。

ワザと(?・・・一応付けておく・・・)逆を言う「田原の醜悪さもお見事」であった・・・。

ここまで、『悪代官番組』に徹すると、それはそれで、ある種のブラックユーモアコメディみたいで楽しめてしまう・・・が・・・、

毒されているであろう「ゾンビ」と「操り人形」の数を思うと、気が重くなる・・・。

また、竹中の論理に煙にまかれている慶応お坊ちゃまの映像を見ると、「次世代は、大丈夫か???」と思わざるを得ない・・・のは、

ある程度前から、日本では、出産・子育てに対する経済格差が顕著になってしまっているからだ・・・。

一般庶民レベルでは子育ても困難だから、必然的に子育てが可能な家庭=高収入となり、高収入の家庭では庶民の家庭より子沢山なので、

今時のお子様たちを見れば、お金持ちの子の比率が、筆者世代とは比べ物にならないくらい高いのである。

比率が多くなった『自らを正当化したいボンボン』が、

竹中の言うような論を鵜呑みにして(或いは、利用・悪用して)、

日本の要職につき好き勝手を行なってしまうかもしれない・・・のでは・・・、

・・・アメ・中の漁夫の利極東有事作戦で今一度日本社会が徹底的に壊された方が、まともな日本社会が築き易かったりして・・・。

・・・・・・・。

何れにしても、近未来の日本では、新たな健康的人間社会構築の前に、破壊が先ず起きる・・・。

|

何故テレビ・マスコミ等は「定額給付金反対の大合唱」なのか?・・・。

テレビ・マスコミ等では、定額給付金という税金の国民による使用に大反対で、「2兆円を特定の産業で使え!・・・」の大合唱だ・・・。

「何故か・・・?」

全国民に配るなら、一人あたりタカだか一万二千円~となってしまう2兆円だが、特定の産業につぎ込めば『巨大な利権が生まれる』のが2兆円である。

今散々叫ばれている「小学校校庭の芝生化」や「太陽光発電」等の場合を考えても明らかで、

2兆円がその手の産業に、『集中的に』つぎ込まれる事=その手の産業を行なっている企業の株価急上昇&産業関連者の収入上昇=利権上昇=金権社会での発言力上昇となる。

テレビ・マスコミ等の関係者なら、『いち早く、どの産業に巨大資金が流れ込むのか・・・?』を『知ることが出来』、

『有利な、「お仲間を利用した」実質的インサイダー株取引等』を行なう事が出来る。

また、就職支援等に集中的に資金を与える事=その手の関連者の利権向上だから、

派遣村が労働団体主宰だった事からも明らかなように、労働団体関連者が力を持ち、

創価学会と公明党との関係と同様に、

労働団体と民主党や社民党、共産党の関係を考えれば、

『実質的には選挙対策』となる。

・・・そのような実態がある「給付金反対!!!」の大合唱・・・綺麗ごとの言葉の裏で自らへの利権向上状態を作り出そうとしているテレビ・マスコミ等の情報工作に騙されてはいけない。

定額給付金は、国民による税金使用である。

『国民による税金使用が上手く行く事=減税への入り口』なのだ。

何れにしても、悪戯に、特定の人脈の利権を向上させるような工作活動に載せられてしまう事だけは、避けるべきである。

・・・多くの人々が、テレビ・マスコミ等の情報を鵜呑みにして、知らず知らずの内に都合の良い操り人形にさせられている「平和ボケ」の「お人好し」では、

日本の未来は危うい・・・。

|

「ドンキホーテ」渡辺喜美を宣伝したテレ朝・・・。

まるで「春闘」や「メーデー」のようだった『契約解除された人の数の割には、何故か???(・・・生活支援の代わりに政治闘争を応援してね・・・では、当然かも・・・)少人数』の派遣村も終焉し、

テレビ・マスコミどもが、新たな『好都合材料』を探している所へ、絶好のタイミングで、登場している渡辺喜美・・・。

定額給付金反対とは、主権在民論者で無い事の証であり=大衆支配論者であるから、改革という利権集中や、公務員から立場やお金を取り上げ、利権を集中させる事にも熱心だ。

今時、そんな時代を逆行させようとしているような人間を、あたかも「正義のヒーローの如く脚色」しているのは、

グローバルスタンダードという癌細胞的精神構造正当化システムが、大好きなテレ朝等ぐらいだろう・・・。

「ドイツを見習え・・・」と言わんばかりのテレ朝は、

まるでかつて朝日新聞等による日・独・伊三国同盟賛美、実質的国民洗脳作戦の如く、

自由主義経済システム賛美の裏で、

数多くの一般日本人を苦境に陥れたいのだろう・・・。

・・・・・・・。

定額給付金とは、『税金の国民による使用』である。

「政治主導」の雇用対策や社会保障の問題とは別の話しだから、「そちらの財源にせよ!」というのは、

『国民に税金は使わせない=減税につながる話しは出来ないと言っているのと同じ』だ。

政治主導による雇用対策や社会保障が足りないのなら、そちらは、そちらで、別途論じるべきである。

公務員改革という利権集中を行なえば、益々景気も悪くなる。

天下り問題は、年功序列型給料システムを改良し、階級も給料も上がらない窓際族的公務員を認め、終身雇用すれば良いだけだ。

「窓際族的公務員では、自らのプライドが保てない・・・」という人々は、『自主的』に能力を買ってくれる民間へ転業すれば良いのである。

そうすれば、必然的に、民間でも通用する能力を磨かなければ転職も出来なくなるのだから、公務員の資質向上にも繋がる。

他の問題も、本質を考えれば、渡辺喜美の言っている事は、

「威勢は良いが内容は???」である事は直ぐに解る・・・。

・・・そんな「ドンキホーテ」的渡辺喜美を賛美しているテレ朝等は、もっと???だが・・・。

|

「癌」と「グローバルスタンダード」の根深い関係・・・。

自由主義経済をグローバル化させようとしている現状の人間社会・・・。しかし、自由主義経済の弊害は至る所で噴出している。

それなのに、未だに、「グローバルスタンダードだから・・・」と自由主義経済システムを蔓延させようとしている者たちがいる。

何故、それらの連中は、「そのような愚挙に出ているのか・・・?」

その裏には、『そのような連中が追求している「上辺の利権」と、「自己に対する理解不足」が在る』。

『「グローバルスタンダードだから・・・。○○のようにした方が良い・・・。」と言う人々の裏には、「癌細胞のような自己増大の精神構造」が在る』。

・・・・・・・。

「自由主義経済をグローバルスタンダード化すればどうなるのか・・・?」

顕著な例が、金融資本の世界だろう。

自由主義経済では、より高率な配当を謳えば、お金は其処に流れ込む。

だから、金融資本の世界で食っている国等は、自由化で門戸を開き、より高い配当でお金を集めている・・・。

しかし、お金を集めただけでは、配当が払えない。

そこで、破綻したリーマンのような高配当の運用先に委託する。

上手く運用益が出ている間は、その国としては、表面的には「メデタシ、メデタシ・・・」だが

(現実的には、高配当の運用には、無理や無理強いは付き物である・・・高配当の裏には、騙しや不当搾取等、不健康な物事が充満している場合が多い・・・)、

破綻すれば、何処かの国のような状態となってしまう・・・。

税金でも同じだ。

企業は税金の安い国で納税が出来るのなら、税金の安い国で納税する。

税金で取られる割合が減り、増大した利益は、経営者と株主の懐に入る。

経営者や個人株主も、税金の安い国で納税したがる。

そして、吸い上げられ集められた巨万の富は、そのような人々の虚栄心を満たす為に使われている・・・。

富の源泉を生み出している実働者や、実消費者は、不当な搾取・報酬に泣き、経営者や株主に対する余分な配当分だけ割高な商品を買わされている・・・。

「金権主義社会で、そんなシステムを続ければどうなるのか・・・?」

『利権は、益々極一部の人の下に集中』し、

多くの人々は、『利権が集中する立場を争い』、

集中した利権を得た者たちは、自己正当化の思いに突き動かされ、『利権の血統相続に邁進』している・・・。

・・・そして、『行き着く先は、「毎度お馴染み」である人間同士の醜い争い』である。

・・・・・・・。

「自由主義経済のグローバルスタンダード化が良い・・・」と言っている人々は、

「人間同士の醜い争い(最終的には、戦争という実態になる場合が多い・・・)がしたい・・・」と言っているのと同じなのだ。

「何故、そのような愚かな物事を行いたくなっているのか・・・?」ぐらいは、自己分析するべきだろうが、

愚か者に自己分析は無理かも知れないので簡単に言うなら、

『そのような行動は、自己確認の代償欲求の追及がもたらしている愚行』である。

代償欲求の追及などに邁進しないで、ちゃんと自己理解とセルフコントロールを行なって頂きたいような『精神的未熟者』たちが、

己の恥と愚行に気付けば、

環境問題もエネルギー問題も直ぐに解決出来、

自然に平和な人間世界となり、

この地球上は本来のパラダイスとなる・・・のだから、

愚かなグローバルスタンダードの追求という人類滅亡路線を一生懸命歩むエネルギーがあるのなら、

一度立ち止まり、冷静に、自己の本質を見返ってみるべきである。

・・・・・・・。

代償欲求は、どんなに追及しても、代償に過ぎないから、次々と欲求が生まれ肥大化してしまう・・・。

それは、まるで癌細胞の精神構造である。

地球生命体細胞群の一塊でありながら、

自らを癌細胞のような存在としてしまっている人々が余りにも増えてしまえば、

癌で人が死んでしまうように、

地球生命体細胞群も癌細胞のような人々のせいで滅亡してしまう・・・。

自らを癌化させない事は、健康な人間としての最低限の資質だが、

そんな最低限の資質さえ???な人々が、余りにも多いので、哀れだ・・・。

情報伝達という抗癌剤で無理なら、

大胆な切除手術を行なわざるを得なくなってしまう事が哀しい・・・。

|

「残るは軍事ばかりなり・・・」のアメリカ復活法・・・。

オバマは、「日本や韓国のハイブリッド車では無く、アメリカのハイブリッドを・・・」と夢物語を語っていたが、

その夢物語を夢で無くする方法をアメリカは持っている。

それは、「極東有事で、日本や韓国の自動車産業を吹っ飛ばす『悪徳・漁夫の利作戦』」だ・・・。

北朝鮮という火種があり、日本の防衛がアメリカ頼みである限り、

アメリカがその気になれば、何時でも極東有事は起こせてしまう・・・。

かつての第二次世界大戦時と同様の手段が使えてしまうのだ・・・。

・・・・・・・。

核丸腰である日本国内で、大声で核反対を叫んでいるくせに、

実際に核兵器を持つ国々では十分に叫ばないばかりか、

北朝鮮の核兵器開発へも協力してしまっているかも知れないような人々は、

大いに反省して頂きたいものだ。

・・・アメリカが変な気を起こさない内に、自主防衛は必需である。

・・・・・・・。

日本が核武装するなら、日本にとって最悪の事態は避けられるだろうが、

核丸腰日本なら、

「アメリカさん、お好きにどうぞ・・・」状態のままである事は、

冷静に事実関係を検証するなら、

誰にでも解るだろう・・・。

・・・・・・・。

核反対を叫びながら、同じ朝鮮人である北朝鮮に核兵器を持たせるような、

何処かの民族の騙しに、

何時までも乗せられている場合では無いのである。

極東を見れば、日本人だけが核丸腰であるのは、まぎれも無い現実だ。

せめて、アメリカの核の傘の下だというのなら、共同管理ぐらいは出来ていないと・・・。

現状を見るなら、「アメリカの核の脅しの下・・・」というのが妥当である・・・。

|

人口減少社会なら、内需減少もデフレも・・・当然だろ・・・。

内需拡大が叫ばれて久しいが、その解決策は『人口微増社会への転換』である事も叫ばれ続けている・・・。

しかし、『日本国内には、日本人人口を減らそうとしている「実質的工作員」がいるので、

経済問題等全ての問題の根本である日本人人口増加政策は、実質的に邪魔されている』・・・。

今時「内需拡大」を叫んでいる勢力には、二通りある。

一つは、実質的工作員が叫ぶ「タンス預金等、一般日本人財産吸い上げ内需」だ。

それは、一般日本人から仕事や住処を取り上げるのと同じ流れの上に在る。

現状の人間社会が金権社会である限り、「ある程度の資産を持っている事=ある程度の権力を持っている事」だから、

『利権集中を行ない、日本を支配したい連中にとって、一般日本人の預金は邪魔以外の何物でも無い』・・・。

そこで、あの手この手を使って、一般日本人から、お金の源泉である仕事を奪ったり、得られるお金の量を減らしたり、預金を減らそうとしたり・・・して来ている。

そのような路線を、「構造改革」或いは「上げ潮派」等と言う美辞麗句で賛美しているのが、日本のテレビ・マスコミ等の実状である。

・・・実質的工作機関の洗脳作戦に騙されてはいけない。

・・・・・・・。

もう一つの内需拡大政策は、言うまでも無く『日本人人口増加社会への転換』である。

『日本人人口減少の主たる原因』は、「大都市『集中』政策」と、「利権『集中』政策」なのだから、

それらの逆を行けば必然的に日本人人口は増加し、内需も拡大する。

所謂「改革」・「上げ潮」等=日本国・日本人崩壊改悪で、利権を集中させるのでは無く、

日本全国何処でも普通の生活が成り立つように、経済・政治・社会的状況等を整えるべきなのだ。

その方向へ向かう治世こそ、『日本国・日本人にとっての「先進」改革』である。

・・・・・・・。

「利権集中悪徳改悪」に対抗する「日本先進改革」を唱える政治家集団が出、

『日本の』テレビ・マスコミ等もそれらの集団が意図するところを正確に日本国民に伝えるなら、

多くの日本国民が『将来的安心』を感じ、

景気等も急速に回復する筈である。

・・・・・・・。

人口増加を訴えず、利権を集中させ、仕事や報酬を絞り、タンス預金を引き出そうとするような悪徳支配狙い=植民地化狙いの連中に、何時までも日本国の重要な立場を与え続けていてはいけない。

諦めの悪い『根っ子が他国』の連中は、「お里の国へ帰るべき」である。

|

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »