« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

現状の日本社会が異常な理由・・・。

終戦後60年以上も経つのに、未だに、彼方此方に米軍基地が在り、国防も米軍頼り・・・という日本国・・・。とても、独立国とは言えない・・・。

「何故、この様な異常状態が続いてしまっているのか・・・?」

その裏には、「日韓併合」と「米国による、朝鮮人を利用した日本支配という終戦処理」がある・・・。

・・・・・・・。

日韓併合後、大量の朝鮮人が、合法的手段だけでは無く、密航までして日本に渡来した。

「何故か・・・?」

多くの場合は、仕事・お金目的だったのだが、中には、「日本乗っ取りの為に渡来」した者もいる・・・。

併合という吸収合併を認める裏には、「乗っ取ってしまえば、対等合併も吸収合併も関係無い・・・」という思惑が潜んでいる・・・。

乗っ取りの為には、日本人の弱体化が必需で、

日本人の弱体化に好都合だったのが、

「日本が負ける戦争」である。

日本が負ける戦争を行なう為には、大国との対立関係が必需で、

当然の如く、乗っ取り人脈は、日本人の仮面を被ったりながら、周囲から、煽ったりして、

大国との対立を誘うべく、数々の問題行動の後押しをしたり、

問題是正行動を起こす者たちの足を引っ張ったり・・・して来た・・・。

結果、乗っ取り人脈の思惑通り、日本は負ける戦争に突入し、

しかも、徹底的に弱体化するばかりか、原爆まで落とされるまで、終戦処理さえ行えなかった・・・。

終戦が近づくと共に、米国に取り入り、

大量殺戮で出来る限り日本人人口を減らすと共に、

戦後処理として、朝鮮人人脈が支配権を得る事で、親米国家構築を行なう旨、密約を結んだ『悪者』の存在が浮かび上がって来る・・・。

・・・・・・・・。

上記のような観点から見れば、

戦争を煽り、敗戦を玉砕にすり替え戦争を継続せしめ、

戦後は手のひらを返すように、平和ボケの去勢文化を煽って来た、

情報・教育人脈にこそ、

異常事態の元が潜んでいる事は、誰にでも解る・・・。

・・・・・・・。

「何故、日本国の日本人に教える教育の情報内容が、朝鮮人権力者にとって都合の良い朝鮮人の立場からの論ばかり・・・なのか・・・?」

「何故、日本人の立場からの論が、テレビ・マスコミ・教育現場等で大々的に扱われず、実質的に封印されているのか・・・?」

・・・その裏には、相応の理由があるのである。

・・・・・・・。

「何故、朝鮮系が7~8割も占めるパチンコ店が多くの駅前の一等地にあるのか・・・?」

俗に風潮されている様に、「日本国内では、朝鮮人に対して、過剰な差別で、不利な仕事・・・」では、駅前の一等地を手に入れる財力など有り得ない。

しかし、終戦時に日本国内で起こった物事を知るなら、その理由が解る・・・。

戦後、多くの日本企業が朝鮮系の人々に対して用心していた・・・のにも、相応の理由があるのである。

「当然の用心」が「差別にすり替えられた」のは、何故か・・・?

そして、差別をテコに、更なる利権拡大を謀って来ているのは・・・。

他方で差別を強調しているクセに、日本のテレビ・マスコミ人脈で、大きな利権を保持している者は、未だに、朝鮮系の割合が異常なほど高い・・・。

何処のテレビでも同じ顔・・・で利権集中・・・の裏には、異常な差別構造がある・・・。

・・・・・・・。

自民党と民主党の争いは、まるで、裏に米国が在る韓国と裏に中国が在る北朝鮮の争いみたい・・・だ。

大国同士の代理擬似戦争の道具にされてしまえば、国力は益々衰えてしまう。

二大政党制など、日本には馴染まない。

今の日本の政界に必要なのは、外国人脈のポチを区別する政界再編である。

・・・・・・・。

独立国として当たり前の自主防衛体系が未だに整っていない裏には、

情報・教育による大衆コントロールが在る。

そして、その情報・教育をコントロールしている人脈は・・・。

・・・・・・・。

そんな現状なのに、日韓で原子力開発の共同体制が構築されようとしている・・・。

その裏にあるのは、米韓人脈による日本核防衛封じである・・・。

北朝鮮が核兵器保有である現状で、日本が核丸腰なら、日本の国防米国依存度は高いまま・・・となり、

国防=経済の下支えという実体を知るなら、

米国に国防を依存する事=経済面でも米国のポチ化の道・・・なのだ・・・。

米中が接近している現状で、米国の下という事は、近未来では、大国の下請け中小国家への道に他ならず、

それは、大国の都合で負担を押し付けられる実質的奴隷国家への道なのだ・・・。

・・・・・・・。

自主防衛無くして元気な日本国など在り得ない・・・。

|

官僚改革も当然だが、テレビ・マスコミ改革も忘れてはいけない・・・。

現状の日本社会が異常になってしまった原因の一端は、間違いなくテレビ・マスコミ情報にもある。

極一部の特定の人脈によって一方的に大量配布されている情報の害は、今更言うまでも無いだろう。

具体的には、以下の様な『害』がある。

「毎日の様に同じ顔、同様の論」という情報配布と「心理学教育の欠如」の組み合わせから得られる結果は、

『知らず知らずの間の出演者や論者等に対する投影・転嫁・同一視心理の育成』となり易い。

優位な立場から一方的に論を大量配布している者に対し、投影・転嫁・同一視心理を持ってしまうと、

『自ら考えず、論者の論をオウム返しする人間が大量に出来てしまい易い』。

「同じ人脈による同様の意見ばかり・・・」となると、

『比較検証論さえもが育ち辛くなってしまっている』。

そのような人々が作り出す大衆合意とは、実質的にテレビ・マスコミ推奨論と同じなのだ。

『日本社会は、テレビ・マスコミ等に操られて現状に至っている』。

『そして今、テレビ・マスコミどもは、自らを省みる事から逃れる為に、特定の政治家や官僚ども等をスケープゴードにしている』のだ。

・・・・・・・。

テレビ・マスコミ改革として行なうべきは以下の様な物事だろう・・・。

少なくとも、圧倒的に優位な立場から、『毎回のように同じ論者はダメ』である。

テレビ出演者等も同じ人脈の同じ人ばかり・・・では、視聴者を愚民化してしまうばかり・・・だ。

『多様性の担保』や、

『利権集中の排除』

くらいは直ぐにでも行なうべきである。

・・・・・・・。

テレビ・マスコミ規制は、情報統制に繋がるとテレビ・マスコミ連中は嘯いているが、

上記の様に、多様性を担保させたり、利権集中を排除したりする事は、

情報統制とは無関係である。

むしろ、その様な規制無しで、独占状況を放置している事が

『テレビ・マスコミ等の権力者による実質的な情報統制を生み出している』のだ。

公共の電波の特定周波数『独占』使用権を得ているのだから、テレビ・ラジオ等に対する規制は当然であり、

新聞・雑誌等もある程度以上の規模のものは、十二分に公共性があるのだから、規制は当然である。

・・・・・・・。

米国流に自由に独占行為まで容認する事は、多くの人々の正当な利益を損ねる。

新自由主義経済の害は、多くの人々が「実感している」と思うが、

新自由主義的テレビ・マスコミの害は、『多くの人々の無意識を蝕み、実感さえ感じられなくしてしまっている』のだ。

「どちらがより悪質か・・・?」は、言うまでも無いだろう。

官僚どもの改革など、機能不全になっている縦割り問題とか、異常な天下り体制と異常な体制に基づく異常な報酬や、そのような報酬で帳尻合わせしなければ割りに合わない省庁内時の安報酬等、・・・『誰でも解る明らかに不健康な部分を治せば良い』のだから、

『そんなに大騒ぎする程の問題でも無い』。

「それなのに、何故、テレビ・マスコミやテレビ・マスコミ等と仲の良い政党等が大騒ぎするのか・・・?」

と言えば、『その様な連中が自分たちの利権を温存する為に、スケープゴードにしようとしているから』である。

「本当の『悪』」は、その様な所にいる。

『テレビ・マスコミ等に操られて、官僚どもや特定の政党のみを「過剰に」悪者扱いし、本当の悪を野放しにしてしまってはいけない』。

|

何処と無く「草なぎに似ている地デじか」、ところで草なぎの『特別扱い』は何故???・・・。

普通の世界では在り得ない特別扱い復帰となった草なぎ剛・・・。地デじかに対する態度も『偉そう』・・・。

それなのに、「草なぎ復帰を容認している人々」が『大宣伝されている』のは、何故・・・?

・・・・・・・。

テレビ・マスコミ等が散々煽った

「韓流ブーム」も実際に踊っていた人々の実数は、ほぼ在日+帰化・・・。

政党・内閣支持率も実態とは遠い場合が少なく無い・・・。

草なぎ剛復帰容認者数も、同様なのだろう・・・。

『歪めた情報の異常な大宣伝』で、「多くの人々を『特定人脈に都合良く操ろうとしてる』テレビ・マスコミ等は、本当に醜悪」だ・・・。

普通に考えれば、今や地デジキャンペーンの主役は「地デじかとキャンペーンアナたち」である。

草なぎの復帰で『汚されたキャンペーン』になったと感じているのは、筆者だけでは無い。

『重要な仕事を行なっている最中に、飲酒・泥酔・全裸・大暴れ・・・という失態』では、

『通常、元の仕事に復帰は在り得ない』。

「多くの人々が知っている芸能人だから・・・」とそんな事を容認すれば、その悪影響は計り知れない。

米国では、有名人の殺人刑事事件で無罪の評決が出されてしまった・・・。

草なぎ復帰容認者は、同様の過ちを犯しているのである。

タダ働きを過剰評価してはならない。

政治家等が異常なほど安い出演料(有名人の出演料は数十万~百万以上なのに、政治家は、国会議員でも、一万~数万だという・・・)ででも、テレビに出たがる事実からも判るとおり、

テレビ・マスコミ等の世界は「出たもの勝ち」なのだ。

失態~出演封印・・・次第に影が薄くなる・・・という道より、

タダでも出続けた方がメリットは遥かに大きい。

そして、失態後も出続ける人の裏で、『本来なら出る事が出来る真っ当な人の出演機会が損なわれている』のだ。

・・・・・・・。

特定人脈のゴリ押し我がままお手盛りを何時までも容認していてはいけない。

|

「頑張った者たち」の雇用論・・・。

本日のサンプロ、「頑張って、或いは、血統利権で棚牡丹式に、現状の立場を得ている者たち」による雇用論・・・。

『大元が欠落しているから、まともな議論にならない』。

「大元とは、何か・・・?」

頑張りの要素を加味するなら、「何をして頑張った・・・と認めるのか・・・?」である。

立場を得る為に、権力保持者に気に入られるように権力保持者が気に入っている能力を磨いたり、時には、物やお金や身体や性も含む多様の贈呈品まで含む手段で、

『立場を与える権利を持っている権力保持者に気に入られようとする努力』を

「頑張った・・・」と認めているのが、現状だ・・・。

その様な「頑張り」で立場を得た者も出演していた・・・のだろうが、

同時に、「血統利権を継承した」という要因がかなり大きくて立場を得て出演してた者もいた・・・。

血統利権を継承した者の頑張りとは、血統利権の維持の為の頑張りである。

立場を与える事が出来る者の血統利権も在ったりする・・・のが、現状の日本社会だから、

現状で言われている「頑張り」という『美辞麗句』の実体は、上辺の言葉ほど好ましい物事では無い。

だから、「頑張ったダケ」では、多くの人が認めない。

そこで、『多くの人に認めさせる為』に、「権力を持っているお金や、権力のある立場という道具が必要になる」。

そもそも不健康な頑張りだから、多くの人々が素直に認めないのだが、

「お金や立場を持ってしまえば、多くの人々がお金や立場の前にひれ伏す」から、

「不健康な頑張りでも偉ぶれてしまっている」のである。

現状で言われている「頑張った人が報われる社会」とは、「そのような事態を認めなさい」という事なのだ。

そのようなデタラメを前提に、経済を合わせようとすれば、経済自体もデタラメになる。

いくら議論したって、ロクな結論など出てくる訳も無い。

・・・・・・・。

本来なら、「どうすれば良いのか・・・?」

『不健康な頑張りは、認めず、健康な頑張りを認めれば良い』だけだ。

不健康な頑張りとは、地球生命体細胞群の永続の邪魔をする物事であり、

健康な頑張りとは、地球生命体細胞群の永続と整合性のある物事を頑張る事である。

現状権力者に気に入られる頑張りは、現状権力者がこの世の創造者でも無い限り、不健康になる。

特定の人に過剰な権力を持たせる事自体、地球生命体細胞群の永続の邪魔になるからだ。

地球生命体細胞群の永続の為に、

権力は、事実・現実に預け、事実・現実を共有する人間社会が望まれている。

健康な頑張りである、地球生命体細胞群の永続に貢献する物事を頑張れば、

金権や権力で人を従わせなくても、多くの人々が自然と敬いの心を抱ける。

過剰な報酬など人間社会を不健康に誘ってしまうダケだから、健康的実生活が成り立つ報酬が得られているのなら、遊び程度の上積みは楽しくても、過剰な報酬など、頑張る方も欲しがらない筈だ。

・・・・・・・。

現状では、血統利権や不健康な頑張り等で一端立場や権力を保持してしまった者たちが、

「立場や権力を手放す事=自分たちのインチキが露呈する事」

となってしまっているから、

「自らの醜悪さを見ないで済むように」

「他人を押しのけ、他人を下敷きにしながら」

『逃げ回っている』のである。

だから、立場・権力等の固定化を望み、固定化利権を侵食されないように、不当な差別を行なっているのだ。

「テレビの毎日同じような顔」の裏にあるのは、不健康な利権維持の思惑である。

そして、『出演利権を得ている者たちが、自分たちの利権を維持する為に都合の良い論理を大衆に一方的に刷り込もうとしてる・・・から、醜悪で反吐が出る』のである。

公共の電波枠を使って、お手盛り情報をばら撒くような不健康な物事を行い、

その上に過剰な立場や報酬まで得ているような連中は恥を知るべきだ。

くだらない不健康な連中を出し続ければ、疑いもせず、情報を鵜呑みにしているような人々も不健康になる。

くだらない不健康な連中を出すくらいなら、心ならずも職を失った者たち等に順番に出演して頂き、職無き間の生活の足しとして十分な出演料を出すべきである。

・・・・・・・。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

「母親殺人、次女連れ去り」容疑者逮捕問題・・・。

独占欲問題が事件を起こしてしまった一つの実例であろう今回の事件・・・。象徴的なのが、「連れ去られてしまっていた次女の態度」だ。

客観的に見るなら、「逃げるチャンスは山ほど・・・」に係わらず、沖縄までもの逃避行・・・。

「独占・・・」で無ければ、事件も起きず、「相応にオーケー」だったのかも知れない・・・。

・・・・・・・。

人間の本能など、その様なモノなのだ。

「本能から、遠ざけよう・・・」としているのは、考え・思いに過ぎない・・・。

「家族主義を前提に、性の独占原則を守ろう・・・」とすれば、相応に納得出来る相手以外とはパートナーシップは組めない・・・。

しかし、『本能的には、多くの異性に自分を認めてもらいたい』・・・。

『その二律背反が数多くの悲劇・惨劇を引き起こしている』。

・・・・・・・。

多夫多妻制なら、今回の惨劇は起きていないだろう・・・。

・・・・・・・。

人類、少しは学ぶべきである。

急変では多くの人々が付いて来れないから、反発も大きく、破綻する・・・。

しかし、『先ず、あるべき姿=科学的に整合性のある状態を示し、軟着陸を誘う・・・』なら、

多くの人々が移行可能だろう・・・。

今回の事件も『他人ごととして、「切り離して処理」してはいけない』。

『この意味からも、同様の新たな事件・事故等を誘わない意味からも、よ~く考えるべき』である。

|

民主党の現実路線・・・。

イザ政権交代が現実味を帯びてくると、現実路線に舵を切らざるを得なくなった民主党・・・。

そこで、現実路線に舵を切った民主党と自民&公明連立政権を比べると、

『民主内の旧社会党的政策を除いたのが自民&公明・・・』だから、

『足を引っ張る旧社会党人脈がいる分だけ、民主の方が効率が悪くなる』のは、明らかだ。

そもそも、日米安保に頼っていながら、民主の言う外交・安保政策は在り得ない。

「日米安保解消の為、民主は何を選択しているのか・・・?」

客観的に見れば、現状では中国頼りであり、それは、米国と中国を入れ替えるダケの「日本半独立国家状態維持論」である。

米国と中国を比べた時、「反日感情がどちらがマダ薄いのか・・・?」は言うまでも無いだろう・・・。

だから、「現時点では、民主政権より、自公政権の方がマシ」である。

『本来なら、独立国家として当たり前の自主防衛から始めるべき』なのだ・・・。

・・・・・・・・。

『目覚めよ!!!日本人!!!』

|

おバカNHKの介護論・・・。

他の問題で散々家族主義を煽っていながら、「介護だけは家族主義の範囲外・・・」などと言う『現実離れ論』は成り立つ訳が無い。

他の問題での家族主義を刷り込まれた「被介護者」にとって、一番自然なのは、「家族による介護」である。

だから、「他の問題での家族主義を解消しない」のなら、『家族による介護に対して、相応の報酬を与える』のが合理的解決法だ。

ところが、その様な道筋に話しを進めると、介護利権を侵食する。

だから、介護利権の維持の為にデタラメな論を風潮し、大衆を煙に巻いているのが、現状のNHK情報である。

・・・・・・・。

「受信料を勝手に徴収しているクセにふざけるな!!!」と思っているのは筆者だけでは無い・・・。

・・・・・・・。

家族主義を解消しなければ、まともな介護論など出来る訳も無い・・・。

|

教えるのに不適切な漢字???・・・。

「淫」とか、「賭」とか、・・・は、教えるのに不適切だと、『上辺の言葉狩りがお上手な集団』は、『上辺狩りをダシに自らの仕事の簡略化を画策』している。

そのようなお手盛り自慰人間に習う生徒や、お手盛り自慰人間を上司等に頂く組織は不幸である。

教育格差の実体は、飲食物格差と情報格差であり、

情報格差の一因となっているのは、教師や教職員の上部団体の人々なのだ。

・・・・・・・。

そもそも、現実として人間社会には、事件も事故も、淫らな行為も、賭博行為等も・・・在る。

「現実を表現しているダケ」の文字を規制する「実益」は、教える者たちの仕事簡略化くらいである。

教師等で、上辺の文字狩りで自らの仕事を簡略化しようとするような不健康な物事に費やしている暇があるのなら、

生徒や生徒を教える先生たちに、

「何故、淫らな行為が発生してしまうのか・・・?」とか、

「賭博とは、人間のどの様な欲望に基づく行為か・・・?」くらい、教えるべきである。

ちゃんと物事の本質を理解し、自分も理解し、自分をコントロールするなら、

教師等による淫らな事件やギャンブル破綻など激減する筈だ。

・・・・・・・。

淫らな行為と言えども、多くの場合、その実態は、異常に、抑圧されてしまっている本能的欲動に基づいている。

人類の実体が、細胞ごとに誕生・死を行なっている、四性を持つ、多夫多妻制と整合性の高い、高度に構築された地球生命体細胞群の一塊の集まりである事を知るなら、

現状の人間社会は、「本来の健康的性欲まで抑圧して、妄想を煽っている淫らな社会・・・」とでも表現した方が適切なのだ。

賭博行為は、「自己確認の代償欲求追求行為の一つ」である。

短絡的に自己確認感が得られたような妄想体験が出来るばかりか、

現状人間社会では過剰な力を有しているお金まで短絡的に手に入る場合もあるので、

人気も絶えない・・・のだ。

賭博自体が不健康なのでは無い。

適度な代償欲求追及ゲームは潤滑油である。

現状の人間社会そのものや、

現状の人間社会における情報・教育が不健康極まりない(=現実離れしている)から、

過剰に賭博等の代償欲求追及行為にのめり込んでしまうような人々が少なからず出てしまっているのだ。

そして、元を責めず、上辺に全ての責任を擦りつけようとするようなおバカな事を行なおうとすれば、

「我慢して賭博に溺れないで居られている人々」の

「納得心向上の為」の「他人を利用した補助情報」として、

「賭博に溺れる悪い人々・・・」等が利用される事になっているダケ・・・なのである。

悪いのは、賭博行為では無い。ましてや、賭博行為を表現している文字でも無い。

『現状の人間社会が科学的に間違っている』のである。

|

マジ???「地デジキャンペーン」草なぎ剛のメインキャスト復帰・・・。

普通の世界では在り得ない復帰劇・・・。旧来の地デジキャンペーンを壊し、新たなキャラクターまで作らせた草なぎ剛のメインキャスト復帰・・・。

こんな物事が通るのなら、「酔っ払い運転のトラック運転手でも、物損なら無罪放免」とでもしなければ、『異常な差別社会』となってしまう・・・。

まるで、「日本のテレビは特定人脈の所有物!!!」という雰囲気満載のキャンペーン・・・。

こんな実態を露呈しているようでは・・・、

地デジになっても、テレビはダメなまま・・・かも・・・。

・・・・・・・。

因みに、「出演料タダで二年間は反省・・・」という『勘違い人間』の為に付記すれば、

有名人利権を元に稼いでいる連中にとっては、「出続けられること=利権維持」なのだ。

反対から見れば、『出続けられくなる事=利権消失』なのである。

自らの利権維持の為、タダの道を選択する芸能人等は枚挙に暇が無い。

騙されてはいけない。

|

お台場に実物大ガンダム、関西では実物大鉄人28号、「懲りない人々の物逃避」・・・。

お台場のガンダム、聞けば「オリンピック招致の為」だと・・・。呆れているのは、筆者だけでは無い。

そんな事を行なっていて、「温暖化防止の為○○を!・・・」では、実質的に、マッチポンプで温暖化防止など成功する訳も無い・・・。

温暖化防止を実現する為に『必要不可欠な鍵』は、「人々の精神構造の進化」である。

「景気を良くする為に、仕事・・・」は合理的だが、仕事の内容が問題だ。

「実物大ガンダムや鉄人で人々の現実逃避を煽り」、

先進国なのに、「強いの弱いの速いの遅いの・・・のオリンピック招致」では、

『実質的には、精神構造の退化を誘っているのと同じ』である。

現状では、それでも人が動き、物が動き、お金が動けば・・・、「仕事」なのだろうが、

『実体的に見れば、そんな物事は仕事では無い。実質的破壊行為である。』

人間型ロボットなど、本当に作りたいのなら、工事等に使えるくらいの物を作れば良いのだ。

その様な実用がある上で、「上辺だけガンダムや鉄人等で遊ぶ」のなら、無駄は少ないが、

今時なのに、ほとんど動かない見世物では・・・。

今時なのに、ガンダム教と鉄人教のご本尊では、

「宗教的精神構造の維持を画策」している実態が露呈していて醜悪なのだ。

それでも、「操り人形」は、見に行くだろう・・・。

そして、お金も資源もエネルギーも動き、

地球環境等に負荷をかけながら、

人々の現実逃避心を強くしながら・・・、

地域経済も少しは潤うだろう・・・。

そして、潤った地域経済の実りは、ヒエラルキー分配により吸い上げられる。

過分な報酬を立場ゆえに得た者等は、自らの実体がもたらす不安から逃れる為に、

更なる現実逃避という麻薬を求め、

現実逃避という麻薬で麻痺した自らを動かす為に、

大枚という覚せい剤を追い求めるだろう・・・。

その様な立場のある者たちの悪習を見せ付けられている下々も、

自らの不遇を誤魔化す為、現実逃避という麻薬を欲し、一発逆転の大枚とい覚せい剤を欲するだろう・・・。(本来なら、「産まれながらの環境格差」等科学的に間違っている異常な差別を撤廃させれば良いのだが・・・、大衆合意の基となる人口では、下々の方が圧倒的に多いのだから・・・)

・・・その様な時を重ねてしまい、気が付けば、地球温暖化も環境・人口・エネルギー・水問題等々も・・・、深刻を極め、

自然界に追い詰められた人類は、自虐争いで生き残りメンバーを選抜しようとする・・・だろう・・・。

・・・・・・・。

古の時代は、科学的検証手段も乏しく、人類が、しっかり把握出来ている物事も少なかった。

人々は、解らない物事がもたらす精神的不安定を『とりあえず解決』する為に、「考え・思いによる納得」を求めた。

納得心を強くする為に、「教組という頼れる者」や「仏像等の頼れる物」や「法事等の頼れる事」も作ったりした。

宗教的精神構造は、時と共に、宗教以外の部分にも広がり、

科学時代となって宗教が衰退する中、

多様化し細分化されている者・物・事にその役割を委譲している。

「ガンダム教」も「大リーグ教」も「格闘技教」も「ダイヤ教」も「絵画教」も「音楽教」も「高学歴教」も「血統教」も・・・、その精神構造は大同小異である。

多くの人々が、それらの精神構造が求めるままに、地球の資源・エネルギーを浪費しながら、「者・物・事イベント」を実行し続ければ、地球など幾つ在っても足りる訳が無い。

そんな人間社会で一つの縛りとなっているのが、資金力だ。

宗教的精神構造のまま、自らの考え・思いを実現する為に、資金等を得ようとして、他の人々と自虐競争を繰り広げている・・・のが、人類のお寒い実状である。

いい加減に、人間自身としても「天動説から地動説への精神構造の進化」するべきなのだ。

今時の仕事なら、「宗教的精神構造の繰り返しでは無く、人類の精神構造の進化の為・・・」である。

その様な仕事なら、人類本来の仕事としての整合性も保てるし、地球温暖化の解決にも繋がるから、者・物・事を動かしエネルギーや資源を使う価値もある。

おバカや悪人に過分な立場や資産を与えてもロクな事は無い。

ほとんど動かない=実用性の無い巨大人間型ロボットなど「つまらない・・・」ばかりか、

「現代版の巨大な宗教像」は、精神構造の進化を怠り、故に、滅び行く人類の哀れな遺産・・・となってしまうのかも知れない・・・。

・・・・・・・。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

「ロッテリアの返金バーガー」と「パチンコ店の大開放!!!」・・・。

多くのテレビ番組で「番組内宣伝」を行う事となったロッテリアの味自慢バーガー「不味ければ返金」キャンペーン・・・。

「宣伝に釣られて、試しに食べた人=操られているなぁ・・・」と感じているのは筆者だけでは無い。

実態を見れば、『高額』バーガーで「半分以上残す事」や「アンケート記入」等『条件がキツイから』返金申し出困難・・・だから、

実際に返金を勝ち取った人などほとんどいない・・・ばかりか、

高額商品が売れたロッテリアはウハウハだろう・・・。

オマケに、話題性で多くのテレビ番組で「番組内宣伝・・・」なのだから、

花畑や王将等と同様で、番組内宣伝企業は「笑いが止まらない・・・」かも知れない・・・。

・・・・・・・。

筆者がロッテリアに辛口なのは、

以前、「新宿の地下の店で食べた品が薬っぽく、その後の体調が優れなかったり」、

「コージーコーナーのケーキが薬っぽく感じる率が高まった」事と無縁では無い・・・。

ロッテリア傘下になる前は、

『明らかに』「不二家よりコージーコーナー」だったのだが、

現在では『明らかに』逆転している。

・・・・・・・。

「ロッテリアの返金バーガー」を知り、「パチンコ店の大解放!!!」を想起した人も少なく無いだろう・・・。

何事でも、甘い話しには、ご用心・・・。

・・・・・・・。

因みに、贅沢「牛肉」バーガー・・・温暖化の今日、しかも夏、果たして、日本人の身体に合うのか???

今の季節で外食なら、昨今増えた本場インドカレーの方が「あり難く感じる・・・」のは、筆者だけでは無い・・・。(値段は、「ファーストフード並み」では無く、「ファミレス並み」だが・・・、ファミレスでステーキ等よりは、ずっと後味や食後の身体感が良い・・・

因みに、たまに、飲食時に直ぐ気が付くほど不味くなくて、薬っぽい飲食物を接取してしまった後は、イライラしたり、身体が重く感じるようになったり・・・とロクな事が無い・・・

そんなモノを常食してしまえば、キレ易くなってしまったり、半病人化してしまったり・・・するのも当然である・・・

飲食物にはご用心・・・)

|

日食狂想曲・・・。

地動説の今日、「天文学の当たり前」皆既日食・・・。筆者の感覚では、決まりきっている日食観察より太陽なら黒点観察等の方が面白い・・・のだが、宗教から解脱(宗教用語だが・・・)していない人々が未だに数多くいる人間社会・・・では、黒点観察より日食の方が人気がある・・・。

残念ながら(?)好天に恵まれなかった地域が多かったから、太陽観察はほぼ不可能で、

「結構、暗くなった・・・」変化で日食を知る事になった方々が多かっただろう・・・。

関東平野にいる筆者も、日食時は用事でドライブ中だったが、

「暗くなった・・・」

・・・と言っても、「ライト点灯の必要性は感じない程度だった」のだが・・・。

しかし、ラジオでは、高校野球でスタンドのライトを日食ゆえに点ける旨放送していたから、

野球をやっていた所では、試合に影響のある程度まで暗くなっていたのだろう・・・。

・・・・・・・。

日食について、興味を持つ動機は様々だ。

筆者が聞いた範囲で、特に異常だったのが、反日人脈の人々の言い分で、

「日食=日本を食うだから、縁起が良いのだ・・・」と言う・・・。

「日本国内で、日本食い」だから、「是非とも自分の眼で見ておきたい・・・」という人々も少なくなかったらしい・・・。

好天に恵まれなかった所が多かったから、天気は、不健康な思惑の味方をしなかったようである。

・・・・・・・。

「宇宙飛行士の毛利氏」の言葉は、重要だ。

幼少期の興味で人生が変わる人々は、決して少なく無い。

自然で健康な興味を持てる環境・能力等に恵まれている人々が多ければ良いのだが、

現状の人間社会を顧みると暗澹とした気分になってしまう・・・。

「天気は、この面でも一種の平等性を示唆していた・・・」というような妄想を抱けるところが自然の偉大なところでもある。

・・・・・・・。

しかし、自然の偉大さは常に人間に対して好意的とは限らない。

自然の流れに割り込んだ人類の行動の悪影響があれば尚更だ。

地球温暖化や気候変動が起こってしまい、

山口方面では、異常な集中豪雨で土石流&山腹崩壊で多数の死傷者という悲惨な事件までおきてしまった・・・。

・・・・・・・。

どんなに頑張っても、人類自体自然の産物である。

「人類が、自らの自然性を否定したくなる心理は、何故生じたのか・・・?」

「その自己否定構造を基に、どれ程の自虐行為を積み重ねてきているのか・・・?」

姿を見せなかった太陽の気持ちになって考えてみると良い・・・かも知れない・・・。

・・・・・・・。

因みに、「当たり前の物理現象」でもある皆既日食・・・。

晴れた日なら、擬似画像など何時でも見ることが出来る。

光を減衰する板にコインでも貼り、適当な距離で太陽に合わせて見れば良いだけだ・・・。

もちろん、この場合も太陽観測用メガネ等で見るべきだが・・・。

せっかく買った観測用具等を持て余している方は、試してみるのも一興かも・・・?

|

麻生と中川秀直の握手、結局「テレビ・マスコミのアンチ麻生キャンペーンて何だったのだろう???」・・・。

自民党の一体感を強調して解散した麻生政権・・・。テレビ・マスコミ等で散々「麻生おろしの急先鋒」と騒がれた中川秀直も、麻生総理に握手を求める始末・・・で、

振り返れば、『テレビ・マスコミ情報のいい加減さ』ばかりが鼻に付く・・・。

最初から力関係を考えれば、本気で腹を括らない限り「反総理」など在り得ない。

テレビ・マスコミ等の情報の勢いでは、「中川秀直や与謝野等は、腹を括っているか『印象』だった」のだが、

フタを開ければ「ご存知の通り・・・」だ。

内閣支持率同様の「『情報誘導』の悪臭」が漂って来る・・・。

・・・・・・・。

イタリアでは、女好き首相が高支持率だ。

高支持率首相の裏には、「首相が持っているマスコミ」がある。

「支持率などあてにならない・・・という実体」は、マスコミ人なら誰もが知っている・・・。

ところが、「お手盛り支持率等を金科玉条の如く宣伝している」のが、日本のテレビ・マスコミ等の実態なのだ・・・。

・・・・・・・。

大衆誘導情報工作を行なっているような連中に、特定周波数独占使用権等を与え続ける必要は無い。

政治家や官僚を責める前に、「その元となる情報」を「一方的に大量配布している」テレビ・マスコミ等の実体ぐらいは考慮するべきである。

現実的に見るなら、現状の日本社会で責めるべきは、先ず、「情報・教育」であり、科学的に不当な差別故に成り立ってしまっている「大金持ち」だ。

筆者の知る限り、「心身共に健康で良心的な大金持ちなど皆無」である。

「血統抽選に当たったから・・・」と、異常な程過剰な財産を平気で相続出来ていたりする人には足りないモノがある。

他人を蹴落として大枚を得る事が出来る立場を得て稼いでいる人々も同様だ。

人間として健康な知能や感性があるのなら、過剰な財産や稼ぎに対して、異常性を認識し、嫌になる筈である。

ところが、「代償欲求追及病」にかかると、「過剰を過剰と認識出来ず、充足される訳の無い欲求の充足を追及してしまう・・・」から、始末が悪い。

客観的に、現実的に、見れば、「精神神経症の病人だらけ・・・」というのが、現状の人間社会なのだ。

そして、「病気が重篤になれば死に至る=人類滅亡となる・・・」のは、『必然』である。

・・・・・・・。

さて、「人類どうする・・・?」

「病気を治すか・・・?」

「病気のまま滅亡に向かって突っ走るのか・・・?」

「病気を治そう!!!」と訴えるのが健康な情報・教育なら、

「病床利得を容認し、追求しよう!!!」と訴えているのが異常な情報・教育なのだ。

・・・・・・・。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

有名人「死亡説」問題・・・。

「有名人はどの様のして『つくられて』いるのか・・・?」を考えれば、死亡説の実体も判る。

有名人を覚えさせらている事に対する「自覚」も、その様な事態に対する「セルフコントロール」も無い人々の中では、

知らず知らずの内に覚えこまされ「自らの一部とさせられてしまっている有名人」の「存在が確認が出来ない事」

=「代償欲求として追い求めている物事」に対する「充足感の欠如」

となる。

自らの中で生じている「充足感の欠如」に対する「合理化」が必要となり、

「考え・思いによる納得」を求める心理が発生したり・・・する。

その様な原因により、勝手に作り出されようとする「考え・思いによる納得」は、往々にして安直となり易い。

その結果が、「事実無根の死亡説・・・」だったりしているのだ。

その上に、「情報による操り人形が数多くいる社会」では、

『死亡説によって・・・でも、有名人利権は復活したり、増大したり・・・してしまう』・・・から、

「流される方にもメリットが有る」。

その様な社会では、「死亡説での商売も可能となる」から、テレビ・マスコミ等も「ワザワザ騒いだり・・・する」のである。

・・・・・・・。

いい加減に、

多くの人々が、者・物・事に過剰に依存し過ぎないように、

・・・義務教育からちゃんとした心理学ぐらい教えるべきである。

また、多くの人々に「操り人形の糸」を

「情報を一方的に大量配布し続けたりする事」で

「本人が知らぬ間に結びつける事」で可能になる

『不健康な商売』で、

『不当で過剰な利益を上げている悪徳連中』からは、

「高額の税」を取り、

『不健康な商売など行い辛くするべき』である。

人間社会の健康化の観点からも、消費税より不健康商売等撲滅税(仮称)である。

・・・・・・・。

芸能人なら芸を楽しむ。

そうすれば、『芸が良い人なら、誰でも良く・・・』なり、

『問題となるのは芸の質』となるから、

「者に過剰に依存する事」も無くなる。

芸能人の私生活も、一般人の私生活も、『私生活は私生活』である。

芸能人の誕生・死も、一般人の誕生・死も、『人の誕生・死は細胞ごとで日常』である。

「私生活売り」や、「人脈だけで一方的に売られているような悪質商売ぶり・・・」が気に障るのは当然だ。

・・・・・・・。

「芸能人の芸を楽しもうとせず、者を覚えこもうとするような状態」が、

「何故生じているのか・・・?」ぐらいは、多くの人々が考えるべきである。

「現状の人間社会が不健康な理由」の一端ぐらい判る筈だ。

・・・・・・・。

現状では、『未だ未だ、テレビ・マスコミ情報は悪質』である。

そして、その現状のテレビ・マスコミ情報が、「民主贔屓」で、「政権交代を推奨」しているのだ。

『芸能人の私生活売りと同様の物事を感じている・・・』のは、筆者だけでは無い。

・・・・・・・。

普通に考えれば、今の日本に必要なのは「政界再編」であり「政権交代」では無い。

「旧経世会系人脈」や「日教組」や「旧社会党」が「実権を握っている民主&社民政権」への「政権交代」を、

『本気で望んでいる一般日本人など、少数派』である。

ところが、「テレビ・マスコミ人脈」では、「旧社会党系」や「朝鮮系の人々」の「割合が異常な程高い」から、

「推奨状態も違っている」のだ。

そして、多くの「テレビ・マスコミ等が、自分たちに都合の良い情報を一方的に大量配布している」のである。

知らず知らずの内に、「テレビ・マスコミ等の操り人形」となってしまってはいけない。

|

日本社会の元凶、「テレビ族」問題・・・。

「テレビ族」の論理では、『悪者は公務員、正義はテレビ族』だが、テレビ族の言うように「公務員まで民間並み・・・」にすれば、「どの様な社会になるのか・・・?」くらいは考えてみるべき・・・だろう。

・・・・・・・。

そもそも「テレビ業界の実態」は、『かなりの利権集中悪徳社会』である。

『何処の局でも、毎日の様に同じ顔』、

『下請け製作会社に負担を押し付けている搾取構造』、

『利権集中に基づく高給』、

・・・である上に、

『議員等のように、一般市民によるフィルターが無い』・・・。

(「視聴率がある」という嘘に騙されてはいけない。「毎日、何処の局でも、同様の顔・・・」という「ベース」の上での視聴率などに大きな意味は無い。)

『極少数の実権を握る者たちが、「出演利権」も「報酬分配」も・・・コントロールしている』・・・。

・・・『異常な利権集中悪徳社会だから、質も悪い・・・』のは、『皆様良くご存知の通り』である。

報酬面の問題として『自分たちの「利権集中悪徳ぶり」が槍玉に挙がっては困る・・・から、スケープゴードとして公務員』というのが実態だ。

・・・・・・・。

そもそも「公務は、民間のような競争構造が合わない」。

だから、『民間がバブルの頃でも、バブルは無く』、

少し前までは、「公務員の報酬=平均的なまま・・・だから、高報酬を望む者たちは公務員を避けた・・・」のだった。

ちょっと考えれば誰もが解るように、

「警察等の公務員が、高報酬の為、仲間と競争し、手柄を争う・・・ような社会」が良い訳が無い。

何故なら、『手柄を認め高報酬を与える者に権力が集中してしまうから』だ。

「テレビ業界等、民間の例を見れば明らか」なように、極一部の者たちが実権を握り締める事が出来てしまう社会は「異常な社会」になるのである。

・・・・・・・。

不況の状態では、平均ベースの「公務員の報酬が高めに感じる・・・」のは当然だ。

それは、バブルの頃、多くの人々が、「公務員は報酬が少ないからつまらない・・・」と感じていたのと同じなのである。

今の日本の問題は、

「公務員の高報酬(???)」では無い。

『公務員の報酬まで高報酬と感じてしまう不況』であり、

『不況を生み出してしまった元凶である内需崩壊』であり、

『内需崩壊の基である人口の異常減少』なのだ。

利権集中悪徳改悪を行なってしまうと、益々人口は減少する。

そんな方向へ日本社会を導こうとしている「テレビ族」は、正に『日本社会の元凶』である。

元凶に騙され、知らず知らずの内に操り人形化されてしまってはいけない。

|

『テレビ・マスコミ政党』という実態だから、テレビ・マスコミが大応援の民主党・・・。

民主党で実権を握っているのは、旧経世会&旧社会党人脈・・・で、オマケに総選挙の候補者を見れば、「マスコミ関係がゾロゾロ・・・」なのだという・・・。

テレビ・マスコミ連中が応援するのも当然なのだ。

「自民党の内紛」は『大宣伝』で、

民主党の

「重要法案審議拒否問題」も、「鳩山代表偽装献金問題」も・・・、

『大宣伝されないのは異常』である。

(「国民にとってどちらがより重要なのか・・・?」は言うまでも無いだろう・・・)

オマケに、自民党の中から実質的自爆テロを行なっている『中川も元日経』なのだという・・・。

言わば「同類」なのだ。(「同類なら、自民崩しも当然」である・・・)

『テレビ・マスコミ人脈が自分たちに都合の良い政権を実現する為に、

「お手盛り情報を一方的に大量配布している異常実態」が露呈』している・・・。

・・・・・・・。

また、

旧経世会、旧社会党、テレビ・マスコミ人脈に共通しているのは、『朝鮮系の割合が異常に高い』事だ。

「朝鮮系人脈が政権を取る為、

お手盛り情報を一方的に大量流布しているのが、

現状の日本のテレビ・マスコミの『異常』実態」である。

・・・・・・・。

そんなモノを鵜呑みにしてはいけない。

テレビ・マスコミ等が嫌っている政治家ほど『一般日本人には良い』場合も少なく無いのである。

テレビ・マスコミ等に騙されてはいけない。

|

大雪山系の中高年登山死傷事故・・・。

多数の死者まで出てしまった大雪山系登山・・・。地球温暖化による気候変動の影響も考えられる天候の悪変・・・。

それにしても、「何故、中高年登山がブームになっているのか・・・?」

・・・・・・・。

「人は、何故山に登るのか・・・?」「其処に山があるから・・・」は、有名な話しだ・・・。

目の前にある物事を理解したくなる欲求は生物的本能でもある。

また、別の話しでは、「バカと煙は高いところが好き・・・」とも言われている・・・。

代償欲求追及型人間を「本質的おバカ」とするなら、この話しも的を得ている事にもなるのだ・・・。

・・・・・・・。

心理学的に見れば、そもそも、「危険と自己確認感は紙一重」だから、

「自己確認の代償欲求を欲している人々」は、

バンジージャンプ等の恐怖アトラクションにしても、スカイダイビングや飛行体験にしても、登山にしても・・・、

「脅しや危うい要素のある物事」を

・・・「やってみたくなって当然」である・・・。

おまけに、登山は、

「恐怖感による拒絶のハードル」はそれ程高く無く、

良い空気や景色がもたらす非日常体験も刺激になり、

体力消耗による自己確認感も強く持てる・・・。

・・・その手の人々にとっては、好都合なレジャーでもある・・・。

国内登山なら費用も一般旅行+α程度だから、比較的お手頃だ・・・。

人気が出ているのは、代償欲求追及型人間の数の多さや、上記のような理由ゆえ・・・だろう・・・。

・・・・・・・。

代償欲求の追及には、「代償欲求の追求ゆえに実体・実態把握が希薄になってしまい易い」という落とし穴がある。

多くの場合、「考え・思いの上で求めているイメージ」に誘われて行動を起こしてるのだから、当然だ・・・。

筆者の感覚では、

タダでさえ急変し易い山の天気・・・、

オマケに昨今の気象変動・・・だし、

代償欲求の追及も???だから、

必要不可欠な用事や

余程のゆとりと堅実な装備・計画等が無ければ、

登山などしたくない・・・のだが・・・。

夢見る人々相手の商売も熱心にしないと、

景気も良くならない・・・から、国まで衰退してしまう・・・のが、

金権拝金・・・社会の実情だから・・・、

登山旅行の宣伝も勧誘も・・・至る所で見受けられる・・・。

・・・・・・・。

この問題も他の問題同様、

『元が間違っているから、問題が生み出されてしまい、犠牲者が出てしまっている・・・』のである。

・・・・・・・。

無意識の解析面から見れば、

人間も、「年齢を重ねるほど、体内の死んだ細胞の割合が増える」から、

無意識内に上がって来ている「死んだ細胞を感じる事による情報量」も多くなる。

その手の情報の実体は、「反応無しだったり、邪魔だったり、・・・」するから、

所謂「ネガティブ情報」である。

「自分の中から、若い時にくらべて、ネガティブ情報が多く上がって来ている実態を理解・把握し、

ネガティブ情報に基づくエネルギーは、

地球生命体細胞群の存続に対し、ネガティブにすべき物事に向かって発散させる・・・等、

上がって来るネガティブ情報の使い方を工夫していれば良い・・・のだが、

その様な自覚無しに、ネガティブ情報に身を任せてしまう・・・と、

知らず知らずの内に自己崩壊を誘ってしまい易い・・・。

そして、そのような自分のベースがあると、無意識が誘う事故に巻き込まれ易くなってしまう・・・のだ」・・・。

多くの「事件は、主として人の意識による物事」だが、

多くの「事故は、主として人の無意識が誘っている」・・・。

悲惨な事故を減らす為にも、

「義務教育からちゃんとした心理学くらい教えるべき」である。

|

早大OBへの強制捜査情報からも伺い知れる「ヒルズ族の株情報交換」・・・。

六本木ヒルズの中では、棟により株情報交換が行なわれている・・・。実質的インサイダーかも知れない人々が、株で稼ぐのは簡単・・・だ・・・。しかも、この手のインサイダーの摘発は「毎度、毎度、そこでしか知りえない情報に基づく取引で大儲け・・・みたいな『おバカ』でもしていない限り」非常に困難である。

「株主・経営者優遇」政策とは、その様な人々にとっても都合の良い政策に他ならない。

大学生でも、ネットで仕掛けが出来てしまう・・・株儲け・・・。

今回の強制捜査情報を読んでも、

「益々、実働がバカらしくなる・・・」人々も少なく無いだろう・・・。

・・・・・・・。

金権拝金大量消費自慰血統主義社会では、

「血統抽選に外れた・・・」なら、

「先ず、株・・・」なのだ・・・。

何しろ、『金権』だし『拝金』だから、「お金さえあれば、大抵の物事は通ってしまう・・・」のだから・・・。

・・・・・・・。

いい加減に人類は、「金権拝金教」から解脱するべきである。

先ず、自らが下す「経済的価値判断」を、

「意図的に作り出されているイメージ等による、実質的妄想判断」では無く、

「地球生命体細胞群の存続に対する貢献度等、実体に基づく実体判断」にしてみる事をお奨めする。

例えば、ダイヤモンドの実質は、「良く光輝くように削られた硬い炭素の塊」である。

そして、原石を取り出すためには、実質的侵略者たちが、重機を持ち込み、安い労働力として人々を扱き使い、現地を荒らしている・・・のだ。

その上で、加工し、宣伝し、

「人々の妄想を煽り」、「タダの炭素の塊を異常な高額で買わせている」のである。

その様な実体・実態を「知り」、「感じている・・・」なら、ダイヤモンドなど、美しくは見えないだろう・・・。

牛肉でも同様だ。

多くの場合、タダでさえ摂取カロリー過剰な人々が、ワザワザ何十人分にもなる穀物等をたった一人分にする程、牛に圧縮させ、

生きている牛を殺す所も、解体するところも・・・隠された状態で、

さも「美しい食物」の如く売っている・・・から、実体・実態を知りも感じもしない人たちは、平気で常食したり・・・している・・・。

筆者の感覚では、「魚が捌けなくて、牛肉は平気・・・」は解らない。

そして、ダイヤも牛肉も・・・ベースにあるのが「お金儲けの為・・・」なのだ。

その様な手段で集金されたお金が、「どの様な目的で使われているのか・・・?」

を検証すれば、他の場合同様、大量消費の自慰行為だったり、体制維持の為の軍備や選挙資金だったり・・・しているのだ。

・・・・・・・。

カロリーの高い贅沢牛肉ハンバーガー等を食べる前に、

「自らの身体」や、

「殺し・解体し、肉にする為に牛に与えている穀物の本来の行き先」や、

「殺し・解体されている同じ哺乳類である牛の姿」でも、思い浮かべてみると良い。

それでも尚、「自分の心身共の健康の為、食するべき・・・」なら、食べるべきだろう・・・が、

「食べない方が健康に近づく人々が多い・・・」のが、

「金権拝金大量消費自慰血統主義社会の実態」である。

・・・・・・・。

経済を実体評価すれば、自ずと妥当な値段も変わる。

仕事の評価も変わる。

儲け目的の株転がしや土地転がしなど、「仕事」というより「悪事」になる・・・。

「悪くても金を集めた人」に、権力まで持たせていては・・・『まともな人間社会になる訳が無い』。

誰だって、自己否定は困難で、多くの場合、他の人々に自分を肯定させる為に、自分の行って来た物事を継承させたり、発展させたり・・・させたがる・・・のだから・・・。

・・・・・・・。

人類、向かうべき方向を間違ってはいけない。

人類の一人である誰もが、「向かうべき方向を自らが選ぶ権利と義務」を放棄してはいけない。

自分の権利と義務さえ放棄してしまっているようなら、「自信も失ってしまう・・・」のは、当然である。

逆に、「本来の自分を取り戻せば、自信も底からわいてくる・・・」のだ。

本質的には、誰も自分を縛っていない。

「誰かの都合で与えている情報を鵜呑みにしてしまうと、知らず知らずの内に、操り人形の糸で自分自身を縛ってしまう・・・」のだ。

『誰もが自由であれ!!!

そして、誰もが本来の自分に忠実であれ!!!』

・・・・・・・。

「地球生命体細胞群の永続か・・・?」

「人類滅亡か・・・?」

大衆合意が行き先を決める・・・。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

両院議員総会を開き「麻生おろし」が実現すれば、中川秀直等は生き残れるとでも思っているのか???・・・。

解散直前に悪あがき・・・の懲りない面々・・・。益々、落選が決定的・・・になって行く人々・・・。

外から見ても、地方選で自民惨敗の原因の一つには、『自民党内からのアンチ総理攻撃』がある・・・。

実質的戦犯たちが、自らの悪態を誤魔化す為、他人に責任を押し付ける為に開催したがっている・・・両院議員総会・・・。

両院議員総会を開いたら、ちゃんと「自民党内からのアンチ総理攻撃の責任」も『追求するべき』である。

・・・・・・・。

中川や武部や小泉一派等と、国民新党の面々とを入れ替えた方が、本来の自民党的だと思っている人々は少なく無い・・・。

今時、中川や小泉一派等を応援しているのは、「利権集中悪徳改悪派」のスジの人間たちだけ・・・でしょ・・。

利権集中改悪悪徳社会が都合が良い高給取りや、経営者・株主等の数は少ない。

その一派であるテレビ局は、お手盛り情報を大量流布しているダケなのだ・・・。

その様な情報流布は、公共の電波の不当使用でしょ・・・。

|

格差問題「欧米や中国等との比較論」ではダメでしょ・・・。

格差問題では、ずっと最先端で優等生だった日本国・・・。だから、「他国と比べれば、現状でも未だに優位・・・は当然」である。

だからと言って、「それで良い・・・」訳が無い。

現実に日本社会では、格差を原因とする数々の事件・事故等が起き、年間自殺者の数等を見れば明らかなように、かなり多くの人の命までもが失われている・・・のだ。

下を見て、「日本は良い・・・論」は間違っている。

『日本社会の「方向性」を見て「良い方向に向かっているのか・・・?」「否か・・・?」が重要』なのだ。

方向性を検証するなら、

誰もが気付く通り、「社会の基本となる人口」の面では明らかに悪い方向に向かって来てしまっている・・・。

そして、「産まれながらの経済・環境格差」の元となる相続税等の問題でも、

世界標準をダシに改悪されてしまって来ている・・・。

「労働報酬の分配」にしても、立場による格差も悪くなって来ている・・・。

生活保護が高いのでは無い。労働報酬の分配構造が改悪されたから、「ワーキングプアー」などという『異常事態』が起きてしまっているのだ。

・・・・・・・。

かつての欧米社会では、所謂ホワイトカラーの人々が、所謂ブルーカラーの人々に、タバコを手渡す時等は、「投げ渡し」だった・・・。

現在でも、米国等では、ミツバチ等は「奴隷同様の扱い」をしている。

現状人間社会の俗称「世界標準」とは、

「支配と被支配」であり、「支配と被支配を成り立たせる為の格差の温存」なのだ。

人々は、支配者になるべく競い争い、競い争い勝てなかった者たちは、諦める事で被支配者に甘んじている・・・。

・・・・・・・。

「何故、他の者・物・事を支配したがるのか・・・?」さえ満足に理解・把握していない未熟な者たちが、行っている自虐争い・・・。

自虐争いが高じてしまえば「戦争」である。

・・・・・・・。

精神心理的に検証するなら、

『他の者・物・事に対する支配欲とは、自分を健康的にコントロールする欲の代償欲求』に他ならない。

「自分をちゃんと健康的に支配しているなら、他の者・物・事に対して過剰な支配欲は抱かないで済む」のが、人類だ。

・・・・・・・。

しかし、過去において、人類が置かれていた状況は、余りにも貧しかった・・・。

多くの人々が

衣食住さえ危うく、

自分が暮らしている所の自然環境や周辺物質等に対する理解・把握も十分では無い・・・ばかりか、

自分の実体に対する理解も???だったり・・・していたのだ・・・。

そんな状態で、人類は、地球上の他の生物より恵まれている頭脳を使い、先ず、考えた・・・。

そして、「考え・思いによる納得」を求めた。

好天や十分な収穫等を求める心理が、縁起担ぎや祈り等を生み出し、それらは、更に強い納得心を生じさせる事が出来るように、体系的にまとめられ、宗教となって来た・・・。

しかし、「考え・思いによる納得」だけでは、事は上手く運ばない。

そこで、同時に、「実利を生み出す為の、数々の実用技術」も生み出して来た・・・。

狩猟に有利な道具や、農耕生産技術等により、食料の確保が可能になり、

定住する事が可能になった事により、家等も発達して来た・・・。

より有利な場所や状態を得る為に争いも起こり、争いに勝つための実利技術も積み重ねられて来た・・・。

それでも、尚、自分が把握出来ていない、自分の周りも十分に把握出来ていない・・・ストレスは、解消されていない・・・。

人々の中で、代償欲求を生み出している・・・。

近世までは、「人類の誕生・死が細胞ごとである現実」さえ満足に把握出来ていなかったから、

多くの人々は、「丸ごと一人の死生観」を考え・思い、

丸ごと一人の死生観での納得心を保持する為に、

「あの世」や「霊」等の『考え・思いの上での概念』まで創造して来た・・・。

そして、現在でも、未だに、「自分自身が地球生命体細胞群の高度に構築された一塊」として産まれている現実も???な人々は少なく無い・・・。

自分の基本が???な状態がもたらす「代償欲求の発生」により、

自分と他人との「区別」や「優劣」等に過剰に拘り、

「他人と違う自分」や「他人より優れた自分」等という「考え・思いの納得」の為、

「者・物・事に対する過剰な拘り」や「本来は不要な独占」等を欲したまま・・・の人々も少なく無い・・・。

「者・物・事に対する過剰な拘り」や「本来は不要な独占」等は、人類同士の自虐争いの基であるのに・・・。

・・・・・・・。

現実として、人の誕生・死は細胞ごとである。

今、この瞬間にも誰もが経験している細胞ごとの誕生・死に対して、果たして「霊が必要だろうか・・・?」

ところが、そのような現実が???で、「丸ごと一人の死生観」を抱きしめていたり・・・すると、

生前と死後の人の「丸ごと一人として考えれば急激な差」を埋めるために、霊を思い、霊の行き先として死後の世界を思ったり・・・する事になる・・・。

現実として、子造りは、「種の保存」であって「個の保存」では無い。

しかし、そのような実体が???な人々は、遺伝子等に過剰に拘り、「血統・家族主義が自己の保存となっている・・・と考え・思い」たがる・・・。

人類としての基本的な物事が???な人々は、自分に対する基本的な自信も???となるので、

「自分に対する基本的な自信に対する代償欲求」を追求したがり易くなる・・・。

代償欲求は所詮代償欲求だから、本来の欲求が充足される事など在り得ず、

充足されない本来の欲求は、「より頼れると考え・思えるように」代償欲求の肥大化を促してしまい易い・・・。

「肥大化してしまった過剰な代償欲求」を多くの人々が追及すれば、

直ぐに「本質的に自虐的な略奪争い」となってしまう・・・のは当然である。

・・・・・・・。

人類としての本質に素直に考えるなら、『地球生命体細胞群としての永続を求めるべき』である。

そして、実体通り、四性社会とし多夫多妻制にすれば、財産や姿形や性等による過剰な差別も無くなる。

産まれながらの環境格差も解消するのが当然になる。

本来、共産主義等を謳うなら、その様な「実体通りの基本的なベース」が無ければ共産になど成り得ない。

「共産を謳いながら、家族主義制など在り得ない」のである。

その上で、努力と実働による格差は認めるという当たり前の事を行なえば、

『現実との整合性が高い人間社会』になる。

そのような社会は、便宜上、インチキ共産主義との区別の意味も含め「現実主義」とでも「実体主義」とでも、言えば良い・・・。

人類「現実主義」或いは「実体主義」社会化の『方向に向かわなければ、滅亡』してしまうのだ。

逆に、その方向へ向かうなら、「現状人間社会の問題の多くは、どんどん解消されて行く」のである。

『重要なのは、方向性と、速度』だ。

悪戯な急変は、破綻を招く、

遅すぎれば、人類滅亡の方が先に来てしまう・・・。

先ずは、未来を指し示す情報として、広く大衆周知し、緩やかで十分に早い実態改善を行なって行くべきである。

・・・・・・・。

人類、いい加減におバカは止めるべきなのだ。

そして、よりおバカに近い格差の大きな国々の状態を見て、

「未だマシ・・・」などと言う、おバカは、やらないようにしなければ・・・。

ちゃんと本質を見極めて、向かうべき方向を間違わないようにしないと、

「現実として人類滅亡がやって来てしまう・・・」のだ。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

地方分権の前にやるべき物事・・・。

地方の首長権限は、国政で例えれば「総理大臣では無く大統領的」だ。そんな地方に安易に権限を委譲すれば、日本各地に強いヒエラルキーが誕生し、ヒエラルキートップの独裁者同士の争いから国も混乱し、国が弱体化してしまう可能性も否定出来ない。

確かに「二重行政」等の『「ちょっと見」では、明らかな無駄』はある。

しかし、「二重行政」=「参勤交代」と見れば、その「無駄は、国の体制維持の為・・・」とも取れる・・・。

(「参勤交代」などは、「産業効率等で見れば、明らかな無駄」だが、その明らかな無駄の効用もあり、「古の江戸幕府でも、長い間内乱を遠ざけられた・・・」のである。)

「二重行政」という「無駄」を仕込んだ官僚どもには、江戸幕府程度の知恵は有った事になる・・・。

現代でも、単純な効率主義だけでは、健康的に国の体制を維持する事は困難である。

金権拝金大量消費自慰血統主義社会で、単純な効率主義となれば、大金持ちほど益々権力が強くなり、その維持も容易になってしまう・・・。

摘発さえされなければ、どの様な手段でも「大金を持てば、日本の支配も簡単・・・」になってしまう・・・。

逆から見れば、『地方分権の前には、健康的な国の体制維持の為の何らかの工夫が必要』で、

「テレビ・マスコミ情報&日教組教育&平和ボケ」のまま「地方分権」では、

「一部地域を特定人脈が押さえる事による内乱~日本国の弱体化」という「悪の筋書きの実現」の応援になってしまう可能性もゼロでは無い・・・。

その様な意味からも、

「悪戯な財源・権限等の委譲の前に、少なくとも道州制程度の大きさの確保は必要」であり、

「二重行政撤廃の前に、情報・教育等の健康化等」が必要である。

「現状のまま単純な地方分権」を高らかに謳い、「正義ぶっている」人々と、テレビ・マスコミとは非常に仲が良い。

そんな所にも、その手の人々の人脈や根っ子が見え隠れしている。

・・・・・・・。

年金問題でも、元凶は、「人口の異常減少」であり、「在り得ない社保庁実務」である。

だから、本来なら、訴えるべきは、先ず「人口状態の健康化」であり、「在り得ない実務を行なった人々と、普通に仕事をする人々との入れ替え」である。

そのような方向へ向かわず、「人口減少を前提にシステムの問題にすり替えたり」、

「在り得ない業務を行なった人々に更に仕事を続けさせる為に、雇い続けたり・・・している」のは、

『明らかに異常』だ。

また、「人口の異常現象」や「在り得ない社保庁実務」を生み出している人脈と、

テレビ・マスコミ人脈を考えれば、

『同類では・・・』と感じる人々も少なく無い・・・。

・・・・・・・。

多くの日本の問題の元凶は、「日本国・日本人の足を引っ張る人脈」の問題でもある・・・。

|

「重要法案審議拒否」の民主党で実権を握っているのは・・・。

鳩山代表偽装個人献金隠しの為(?・・・一応つけておく・・・)、『数々の重要法案まで審議拒否』・・・という民主党で、

「実権を握っているのは、旧経世会人脈の人々と、旧社会党の人々・・・」である。

そして、その双方の人脈の裏に見え隠れしている・・・のが、北朝鮮系の人脈なのだ・・。

(故金丸副総理の金庫から出てきた金の延べ棒は・・・、

旧社会党の拉致問題に対する対応は・・・)

そして、『民主党の外交・安保は???』である。

だから、北朝鮮船舶臨検に伴う法整備に非協力的なのは、当然・・・にしても、

障害者自立支援法の改正よりも、派遣労働法の改正よりも・・・、

代表『=お仲間の保身』・・・では・・・。

民主党政権になってしまうと、何処かの国の共産党系・・・と同様、そのスジの人脈以外は高権力で押さえ込まれ、冷遇されてしまいそう・・・で・・・。

麻生が、ナチスやヒットラーを連想してしまったのは、ある意味当然なのだ・・・。

・・・・・・・。

与党内に巣食っている韓国系人脈が食いついている・・・政治家も、

北朝鮮人脈が食いついている政治家も・・・、

普通の日本人にとっては、選ぶべき対象では無い・・・。

『政界再編で、別枠にされるべき人脈』である。

|

自民党内反麻生人脈の人々が、内閣不信任決議案に賛成出来なかった理由・・・。

政権政党には、取り付きたがる人脈が後を絶たない。「日本国の政権政党なら、日本人が取り付くのは、お好きにどうぞ・・・」の面もあるのだが、根っ子が外国となると話しは違って来る。国益を大きく損ねてしまう可能性が大だから・・・だ。

日本の中の外国人人脈では、朝鮮系の割合が高い。

(日韓併合以降大量の朝鮮系渡来人が密航までしたりして・・・住み着いていて、帰化したりもしている・・・のだから、ある意味、当然だ・・・。)

そして、朝鮮系の人々の割合が異常な程高い職種がある・・・。

テレビ・マスコミ・学校教育関係等を始め、多くの日本人が接している情報・教育が「親朝鮮だったり、朝鮮より・・・」なのは、その様な理由による・・・。

反麻生の人々の裏で食いついていると推定される人脈も、同様に「朝鮮の臭い・・・」がする・・・。

テレビ受けの良い中川、あの山崎派の武部、若手テレビ常連組みも同様だ・・・。

そして、その様な人々に共通しているのは、

「反麻生を謳っていても、自民党離党行動が出来ない事」だ。

とかげは尻尾を切り離しても、尻尾は再び生えて来るが、

『とかげの尻尾からとかげの頭は形成されない』のである。

政権政党は、例えて言うなら、とかげの様なもの・・・でもある。

尻尾は何度でも生え変わらせる事が出来るが、

切り離された尻尾の立場の人々にとって、

頭を失う事は、

「食いついている人脈が流し込んでいる毒で死んでいく近未来」なのだ。

誰にでも、「親朝鮮テレビ等が応援している連中=朝鮮系人脈食いつき済み・・・」と、容易に推定出来る筈だ・・・。

食いつかれている人々が、「外国人脈にとって都合の良い日本の国益を損ねる政策」を『行わないで済んでいる理由』は、

「頭に抑えられているから・・・」で、

『頭と離れれば、陰ながら支援したり、弱みを握ったりしている・・・人脈の言うとおりにせざるを得なくなる』・・・。

そんな政治家を多くの一般日本人が応援する訳も無い。

そんな正体がバレれば、落選は目に見えている・・・。

自民党内にいる限り、「上辺の言葉だけは」威勢の良い、中川も武部も・・・、

麻生内閣不信任決議案に「賛成出来なかった理由」は其処にある・・・。

|

「自民党の全てが悪だ」と勘違いさせられている人々・・・。

内需崩壊で職を失ってしまっている人々も多い。また、内需崩壊の原因を勘違いさせられている人々も多い・・・。

そもそも、現状の内需崩壊は、「小泉政権の誕生」によるところが大きい。

「小泉政権誕生の裏にあったのは何か・・・?」

「もう、忘れちゃってる・・・」方々も少なく無いよう・・・だが、

『テレビ・マスコミによる実質的誘導情報』である。

自民党総裁選挙で、「従来タイプはダメ!」「自民党をぶっ壊す!・・・とやっている小泉が良い・・・」という『イメージ誘導』をやっていたのは、当時の多くのテレビ・マスコミだった。

その「イメージ誘導」に乗せられて、全国の自民党員たちが、こぞって「小泉」に入れたから、小泉総理誕生となり、その後の「利権集中悪徳改悪」ぶり・・・は、皆さん良くご存知の通りである。

現状の内需崩壊は、自民党全体によるものでは無い。

自民党を「強権支配し操った」小泉一派によるものである。

『その様な政権を生み出した「テレビ・マスコミ等」』は、

その後の「是正方向政権に対して、徹底的にNO!!!」だった。

確かに、安倍も福田も小泉と同じ清和会系の総理だから、安倍・福田までは、「人脈面で」相応に納得出来る面もあった・・・のだが、

是正方向「政策」や、「別派閥の麻生」は『話しが別であって然るべき』である。

多くの人々が「日本国民として、何を望んでいるのか・・・?」を考えれば、

『景気が良くなり、内需も復活し、求人も戻る、・・・健康的な日本の社会状態』である。

テレビ・マスコミ等が推奨した小泉等は、

「強い企業は益々強く、弱い企業は消滅・・・」という『利権集中悪徳改悪』を行なった・・・ので、

『強い企業は、景気回復』したが、

『下請け等弱い立場の企業は、体力まで細ったり、倒産して数が減ったり』してしまった・・・。

数の上で圧倒的に多い弱い立場の中小企業が弱体化したり消滅したりする事は、

内需を細らせる事に他ならず、実際に、「お金持ち景気は良くなった」が「通常景気は悪くなっていた」のである。

そんなところに、米国発金融恐慌が起こり、凄惨を極めていた・・・のがホンの少し前だ・・・。

その後の麻生政権による経済是正対策により、底からようやく若干登り始めている・・・のが、現状である。

この様な状態で、「テレビ・マスコミ等が作り出している情報の『ムード』」に流され、

『政策に必要なお金の出所さえ???な「民主党!」・・・とやり、

「始まっている事業」等をストップしたり・・・縮小したり・・・すれば』、

『小泉劇場以上の惨劇が繰り広げられてしまう・・・』のは、明らかだ。

民主党の政策は、「公共事業等から社会福祉等への仕事の転換」だから、

『不況時に、そんな物事を行なおうとしてしまえば、景気も雇用も益々悪くなってしまう』・・・。

『多くの人々が求めている変化とは、

「雇用や景気の回復」であり、

「仕事内容の変革を強いられる事」では無い』。

『仕事内容の変革を行なうなら、情報・教育等の変革から始めるべきで、それらは、好景気で人々にある程度のゆとりのある時に行なうべき物事』なのだ。

テレビ・マスコミ等の情報に「毒されている人々」は勘違いさせられている。

「自民党の『全てが』悪い・・・」と・・・。

そんな「丁半バクチ的な実態」など『在り得ない』のに・・・。

「政権交代が起こり、民主党政権になれば、そのままの自分に仕事がやって来る・・・」等と・・・。

民主党の政策で仕事が得られ、収入がアップするのは、「社会保障関係等の資格・仕事・立場所有者等である」のに・・・。

現状の日本社会に望まれているのは、先ず、『「小泉・竹中等の間違い」を是正する事』だ。

そして、ある程度、景気も回復し人々の間にもゆとりが生まれてきてから、

社会構造や仕事等をより現実との整合性が高いように変革する事だ。

何事でも順番を間違ってはいけない。

不況から十分に抜け出せていない現状で、大変革を選択する事は、自滅行為になってしまう・・・。

・・・・・・・。

8月30日に行なわれる総選挙・・・。

自民も民主も勝ち切らなければ、「急変革は起きず」に、先ず、『政界再編』になる。

そして、真に日本国・日本人の為になる政治を行なう者たちのみが集合して、政権を作れば、

足を引っ張る者を排除出来た分だけ、急速に、日本社会もまともに成り易くなる。

テレビ・マスコミ等が作り出す「ムード」に乗せられ「操られて」、

民主党への政権交代・・・となってしまうと、

旧社会党人脈も混在している連立政権が、「どの様な政策を行えるのか・・・?」は、

言うまでも無いだろう・・・。

「拉致問題に対する旧社会党の対応」や、

「神戸の震災への対応」や「村山談話」等、自社さ政権時の負の遺産等を忘れてはいけない。

|

「B」や「黒」の裏側・・・。

数字の1と3を合わせると「B」になる。何処かの半島では、終戦直前の8月13日に立国していないと都合の悪い論理がある・・・。そして、抗日運動のスタートが3月1日だったり・・・している。

B&Bは、三月一日スタート八月十三日完了の、シンボルでもある・・・。

此処は日本で、日本の国旗の色は、紅白だ。

日本人にとって「白は源氏」・「赤は平家」の象徴でもあるが、

何処かの国の国旗には、紅白の他に、青と黒の色がある・・・。

そこで、そのスジの人脈は、日本で、「青」や「黒」を足す・・・のが大好きだったりしている・・・。

芸能人の黒好きも・・・、

青に拘る政治家も・・・、

外食産業等々でも・・・、

・・・もちろん、そのスジ以外の場合もあるが、実体が判明するまでは、一応、要注意である・・・。

「日本乗っ取り」等の不健康な政治的思惑等が無い人々は問題無い。

しかし、日本で色々な実権を握り締め、その信号を発する事で、益々自分たちを優位にしながら、

「最終的には植民地化・・・」を画策している様な不健康な人々には要注意である。

店や会社等には、人脈を示す印があるのだという・・・。

「何故、そんな事をするのか・・・?」と言えば、

「特定人脈がお金を落とすなら、出来る限り同胞へ・・・」というベースと、

「何も知らない日本人が普通に・・・」を合わせると、

「ベースの無い普通の日本の店や会社より有利な商売等が出来るから・・・」であり、

「工作拠点としても利用出来るからでもある・・・」のだそうだ・・・。

また、テレビ・雑誌等の取材では、「印を頼りに取材」すれば、「高確率で同胞の応援が可能になる・・・」のだそうだ・・・。

金権拝金大量消費自慰血統主義社会では、政治的思惑の実行にも「お金」だから、

上記のような「工作仕込のインチキレースによる有利な集金」まで、色々なところで仕込まれているのが、

日本の実状なのだ・・・。

中には、意図的に特定人脈以外の人々を弱体化(半病人化)する為に、添加物過剰投与等摘発され辛い手法で、不健康な工作の仕込みまで行なう店もある・・・から、要注意である・・・。

・・・ご用心・・・。

|

徹底的に「アンチ麻生ネガティブキャンペーン」、テレ朝・・・。

テレビ・マスコミ情報を検証するなら、「アンチ麻生ネガティブキャンペーン」は、一部の人脈により意図的に仕掛けられている事が解る・・・。

最初から「最短内閣・・・」等と言っていたのが「社民党」や「チョウニチ」だから、

「ネガティブキャンペーンの裏にいる人脈は、朝鮮系・・・」と多くの人々が容易に推定出来るだろう・・・。

「アンチ麻生キャンペーン」の一つのきっかけになった・・・と推定されるのが、

「朝鮮人は自ら望んで創氏改名を行なった・・・」という麻生の「実態暴露」発言だ。

日韓併合時に「密航までして渡来した大量の人々」は、

当然の如く「自ら進んで創氏改名を行なったり、戸籍を買ったり、奪ったり・・・」して、日本にもぐりこんでいる・・・のだ。

元々、その様な人々に「日本を乗っ取る」等の政治的思惑が無いのなら、大きな問題は無い・・・。

ところが、フタを開けてみれば、現在では、東大の名誉教授でさえ、「朝鮮人の歴史認識・・・で、

竹島は贈呈・・・論者」だったりしている・・・のだ。

「その様な異常事態の裏にある物事は・・・?」を考えれば、

誰にだって、「政治的思惑」が見えて来る・・・。

・・・・・・・。

日本国内の「日本乗っ取り系」朝鮮人人脈から嫌われている麻生・・・。

その様な人脈と推定されるテレビ・マスコミ等が実質的に推薦しているのが、

所謂「上げ潮派」、「改革派」、「小さな政府論者」、等々や「旧社会党員もいる民主党」である・・・。

・・・・・・・。

「アンチ麻生ネガティブキャンペーン」も「麻生おろし」も「自民分断」も・・・、その様な人脈の意思の下で行われている・・・。

特定人脈に操られ踊らされた都民等は、

まるで「サッカー応援をしている様な雰囲気で、民主党等を応援する様な異常性」を露呈していた・・・。

オウムの選挙戦や、韓国の大統領選と同様の雰囲気の裏には、操られている人々の悲愴が潜んでいる・・・。

しかし、

「テレビ・マスコミ情報等を鵜呑みする事」で付けられてしまう「操り人形の糸」を切れば、

『本来の自分』が顔を出す。

|

資本主義に負けた社会・共産主義と現実に負けている資本主義・・・。

マルクス・レーニン等によりお金の無い国々でも、特定の人脈の人々が実権を握る事が出来る方法として考えだされた所謂「社会・共産主義」・・・。

「簡単にインチキがバレる・・・」のは、社会・共産を謳っていながら、産まれながらの環境格差がある所だ。

産まれながらの環境格差を温存したまま、人々を騙す為の方法が「働いても働かなくても同様・・・という悪平等」で、

当然、そのような実態では、略奪競争行為で、所謂資本主義にも敵わなくなり、今では、実質的にホボ壊滅状態である。

本質的に考えるなら「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず・・・」だから、

「社会・共産主義等の思想」は、「『現実との整合性をちゃんと取る限り』、相応に合理的」である。

そのような体系を過去の社会・共産主義との区別の為、「現実主義」とでも呼んでおこう・・・。

「現実主義」なら、

人類としての実体との整合性を取るから、

産まれながらの環境格差を無くし、

努力と実働による格差を認め、

外見や性等での否現実的な格差を是正する為に、人類の実体との整合性が高い多夫多妻四性社会とする事になる・・・。

その様な人間社会となれば、人間社会での事件・事故等は実際に激減する・・・。

・・・・・・・。

過去における所謂社会・共産主義は、人類としての本質的自信の欠如の反動形成である血統家族主義や産まれながらの格差等を温存したまま、大衆コントロールに重点が置かれていたから、

科学・現実的システムでは無く、宗教同様の「考え・思いによる納得法」レベルで、

フタを開ければ、

利権を共産党員等の教組集団に集中させた「中央集権独裁主義」になっていた・・・のだ。

そんな実質宗教主義では、「実利」を奪う事を競い合いで、所謂資本主義に負けるのも当然である。

ところが、所謂社会・共産主義に自虐争いで勝った資本主義にしても、

「気が付けば、『実際に』、環境・エネルギー・人口・食料・水問題等で破綻が迫ってきてしまっている」。

「代償欲求追及の略奪競争を繰り広げている・・・」のだから、

「拡大する実質的妄想行為に限度は無く、破綻も当然の結果」である。

・・・・・・・。

大昔のキリストは言ったという・・・。

「神よ、許したまえ、彼らは、自分が何を行っているのかさえ解らないのです・・・」・・・。

現代人に贈る言葉があるとするなら、

「未だに、自分が何を行っているのか・・・さえ解らない者たちに残されている時間は短いのです・・・

一人でも多くの者よ!直ちに目覚めなさい!・・・」とでもなるのだろう・・・。

『自らのアイデンティティが地球生命体細胞群にまで到達している者は幸いです・・・

その様な者たちが十分に多ければ、そのような者たちは、地球生命体細胞群として永遠の命を実際に得る事になるでしょう・・・

狭義の自己に固執する「悪魔に魂を売り渡した者」たちには、地球生命体細胞群の永続の為「正義の戦士が鉄槌を下す」事になるでしょう・・・

それ程までに、現状の人間社会は酷いのです・・・

・・・・・・・』

・・・・・・・。

「人類は既に、事実・現実に素直に、何事でも科学的に処理するべき時期に到達してしまっている」のだが・・・。

・・・・・・・。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

幼児にサプリを与えるおバカ・・・。

人間を含む生物は、周囲の環境に適応しながら自らを育てている。だから、幼児や乳児にサプリを与えてしまえば、「サプリがある環境に適応する生体として育ってしまう」・・・。

その事が持つ意味は重大だ。

「サプリがある環境に適応する・・・」は、

裏から読み解けば『サプリが無い環境では適応が困難になるかも知れない生体・・・』である。

サプリなど、現状の歪んだ人間社会ゆえに必要になってしまっている補完用物質に過ぎない。

人類が、生体本来の能力を伸ばせば、体温が保てるような環境では、ほとんど飲食物を取らなくてもある程度の期間健康状態を保てるくらいにも成り得る。

今後、宇宙空間へも進出する事が想定されている地球生命体細胞群としての人類にとって、

「どの様な方向へ向かうのが適切なのか・・・?」

は言うまでも無いだろう・・・。

薬頼り、化学物質頼り・・・より、地球生命体細胞群として、進出が好ましい。

サプリで人工化の先には、人体のアンドロイド化が見えている。

生体としての脳がもたらす将来の判断と、

人工頭脳がもたらす将来の判断は、

必ずしも同じとは限らない。

本来の生体を失うくらいに自虐的な思考の延長線にある人工頭脳の判断では、

宇宙の大迷惑になってしまう可能性大である。

向かうべき方向を間違ってはいけない。

幼児にサプリは間違っている。

地球生命体細胞群としての共生適応を考え、

滅菌空間で純粋培養的育て方では無く、

共生有益菌類等との上手な付き合い方を身に付けさせる事を推奨する。

|

血統・家族主義の裏にあるもの・・・。

人類の文化を検証すると、かなり以前から血統・家族主義である。しかし、ここで、「血統・家族主義は、太古の昔から続いているから、人類にとって不変の物事・・・」等と考えるのは、早計だ。

「血統・家族主義は何故生じたのか・・・?」を検証するなら、

裏にあるのが、「独占欲」であり、

独占欲が生じる裏にあるのが、

「本質的自信の無さ」である事に気付く・・・。

そして、「本質的自信の無さの裏にあるのが、現実との乖離」である。

現実との乖離とは、実質的に、自然の摂理との乖離で、

『現実との乖離を防ぐ唯一無二の方法は、自然の摂理を把握し、

自然の摂理との整合性を保ちながら生活する事』に他ならない。

・・・・・・・。

幸いな事に、人類には、自然の摂理を把握する能力が備わっている。

自らが人類であると自覚している人々なら、

分からない物事に翻弄されず、自然の摂理を読み解き、

本質的自信を身に付けながら、自然の摂理との整合性がある生活を目指すべきである。

「人類なのに、獣のような精神構造」では、

「四性

(現状の二性制同様、

頭・身体とも『優位性を持ってその性』とすれば、基本的には四性で良いのだ・・・。

頭・身体とも、全く同等レベルの優位性である両性具有等の場合が在れば両性も加えるべきだが・・・。)

にも至らず、血統・家族主義からも解脱出来ない・・・」だろうが、

『二性で、血統・家族主義という自然の摂理に反し、独占欲に基づく人間社会のまま時を進めれば、

人類滅亡へ辿り着いてしまう・・・』のも、自然の摂理である。

・・・・・・・。

人類は今分岐点にいる。

「地球生命体細胞群としての永続という永遠の命を手に入れるか・・・?」

「考え・思いに翻弄されて、自虐争いの末滅亡するか・・・?」

の「何れの道を選択するのか・・・?」

一人一人の選択結果が大衆合意を形成し、「大衆合意」が『人類の行き先を決める』のだ。

結論を出すまでに残されている時はそれ程長く無い。

誰もが、よ~く考えて『自らが選択する』結論を決めるべきである。

|

タケシ・東国原問題、『政治家より芸能人のが偉くてはダメ』でしょ・・・。

「師匠の言う事を・・・」と、タケシの話しを重く扱う旨表明した東国原・・・。

政治家より芸能人の方が偉くなってしまえば、

芸能界に都合の悪い政策は通らなくなり、

不健康な社会に成り易くなってしまう。

東国原・タケシ問題と同様なのが、有名人政治家問題だ。

東国原もそうだが、テレビ上がりが当選し易い状況は異常である。

テレビ・マスコミ等を牛耳る者に都合の良い日本社会で良い訳が無い。

テレビ・マスコミ上がりを偏重しないように、多くの人々が、冷静に考えるべきである。

|

臓器移植法改定案A案を簡単に通した参議院の無能ぶり・・・。

「脳死は人の死」と法律で決めれば、法律上は「脳死判定された後=死体」である。

現実としては、人の誕生・死は細胞ごとだから、現実通り人の死を定義するなら、

「その人の全ての細胞の死をもってその人の死とする」である。

また、今後、科学技術が向上すれば、「たった一つの細胞さえ生きていれば、『命の連続性が保たれている再生』も可能になる」・・・。

(命の連続性も無視すれば、DNA情報さえ判れば、「その人」の再生も可能になる・・・)

しかし、その様な物事は、クローン人間と同様の物事である。

「その人とは何か・・・?」の問題に直面する。

本質的に、ある人の死を考える前に、「その人とは何か・・・?」を検証しなくてはならない。

「その人とは何か・・・?」を検証するなら、その人の「人生の記憶」と「生態的特徴」が重要で、

「生態的特徴」が細胞一つからでも再生可能なら、

残るは、「人生の記憶」である。

もちろん、「脳にも人生の記憶が蓄積される」が、『心臓にも蓄積されるのが現実』だ。

参議院なら、「脳死判定後は死体で良いのか?」「否か?」と、

「心臓移植も他の臓器と同様の扱いで良いのか・・・?」程度の物事は、論議をつくすべきだった・・・。

「脳死判定後は死体」と決めるなら、脳死判定の精度が完全である事が望まれる。

果たして、「現状の脳死判定の精度は、完全か・・・?」

もちろん「否」である。

悪戯な「脳死=人の死」法定は、「冤罪で死刑・・・」と同様の危険性が包括されてしまっている道を選択してしまった事と同じなのだ。

そんな結果を生み出してしまった現状では、参議院が参議院としてちゃんと機能しているとは言い難い。

資質・能力が???な人々たちに、高い立場や報酬を与えてしまってはいけない。

|

未だに「出所がはっきり証明されていない」民主党鳩山代表の「偽装個人献金」の出所は・・・?

「説明責任は果たした・・・」と嘯いても、納得出来ない人々が多いのは、『出所次第では、タダの偽装では済まない』からでもある。

例えば、「外国人人脈・・・、だったりしたらどうか・・・?」

そんな『紐付きの総理が誕生してしまえば、国益が大きく損なわれてしまう・・・』事は想像に難く無い・・・。

「タダでさえ、外交・安保が???な民主党」である。

「その裏に、何がある・・・?」

・・・・・・・。

鳩山代表の偽装個人献金問題は、

西松等「とりあえずの出所」がはっきりしている迂回献金問題(こちらも、「本当の根っ子」の検証は大切だが・・・、故金丸時代から小沢にピッタリ・・・で、多くの人々は、ある程度は推測出来たりする・・・のだ・・・)より、遥かに深刻な問題かも知れない・・・。

・・・・・・・。

筆者の知る限り、「お金持ちほどケチ」である。

ケチなお金持ちタイプの人間なら、「政治などに私財を投じるか・・・?」「否か・・・?」は言うまでも無いだろう・・・。

果たして、鳩山代表の個人献金の「実態は・・・?」

本当に自分のお金なら、

口座等の控えを公表すれば、大金持ちの実態がバレる事はあるかも知れないが、疑いも晴れるのだから、

弁護士など雇うまでも無く、

ご本人の決意次第で直ぐにでも可能な筈だが・・・。

|

タダの国立西洋美術館・・・。

昨日、用あって上野に行ったら、国立西洋美術館の無料開放日だったので、せっかくだから入ってみた・・・。

所蔵品の数もそれなりにあり、その内容もそれなり・・・なのに、「つまらない・・・」のは、

「展示方法が悪いから・・・」だ。

そもそも、美術品等人間の文化に係わる品々は、

その文化を生み出す背景等と共に在ってこそ面白さが増す。

だから、仏像等でも、「博物館よりお寺・・・が一番」、

そして、「お寺で見慣れてから、普段見れない部分を見る為なら、博物館・・・」なのだ。

西洋美術館所蔵品の場合、この一番が抜けているから「つまらない」・・・。

キリスト教の宗教画など、教会や信者の家に在ってこそ面白い。

印象派の風景画も、その時代の大金持ちの部屋に在ってこそ、本来の目的も見えて来る・・・。

例えば、フランスのルーブル美術館は、館そのものが、大金持ちの家みたいなものだから、

スクラップブックに貼り付けたような上野の西洋美術館とは全く違って見えるのである。

ロダンの銅像も「数をタダ置いてあるダケ・・・」的でもったいない。

然るべき建造物や庭等とセットで無ければ・・・。

・・・・・・・。

状況とセットで美術品を見れば、気も感じ易くなる。

作者を取り巻く状況、

画商の所にある状況、

買われていった所にある状況、

上記は、リアルタイムの状況だ。

そして、現代人から見る状況・・・。

文化財を見る時、

リアルタイムの状況の想起無しに、

現代人から・・・だけでは、味気無い。

国立西洋美術館も数を見せるのでは無く、気を感じさせなければ・・・。

・・・・・・・。

お役所仕事は、味気無くなり易い。

国立西洋美術館も展示方法を改善すると共に、

せっかく、漫画・アニメの殿堂を作るのなら、ちゃんと工夫するべきである。

|

「芸能人の私生活売り」は公共の電波の不当使用でしょ・・・。

病気でも、死亡でも、恋愛でも、結婚でも、離婚でも、・・・私生活上の出来事は、毎日至る所で起こっている。

芸能人等の場合だけ、『テレビ等で大宣伝・・・』という状況は明らかに不健康だ。

特定の人々を「エコ贔屓する事による害」は多大である。

いじめ等も同様の精神構造から発生している。

・・・・・・・。

「芸能人なら芸を売れ!!!」

「芸が無いならテレビに出すな!!!」

・・・当たり前の事だが・・・。

|

都議選「小泉劇場に懲りない都民の民主劇場」・・・。

テレビ・マスコミ連中が「大喜びしている・・・」都議選結果・・・。何しろ『情報誘導そのままの結果』だからだ。

同様の物事は、小泉郵政選挙でも起きた。

「その結果どうなったか・・・?」

「芸能界『同様』」の格差社会となり、

テレビ・マスコミ連中のように、「政治権力等で勝手に削減出来ない高級取りが有利となる」

『情報誘導が作り出すお手盛り社会構造』になって来てしまっている。

・・・・・・・。

しかし、「新銀行東京」、「築地市場移転」、「オリンピック招致」・・・と、失政テンコ盛り状態の石原都政に対して「NO!」は当然だ。

問題は、「・・・だから、民主で良いのか・・・?」である。

筆者が一番危惧しているのは、「テレビ・マスコミ情報に操られた悪戯な投票率のアップ」なのだ。

「何処にも入れる党が無い・・・」から静観・・・や、

「しっかり実体を検証してから、○○党・・・」なら、それ程心配は無い。

『テレビ・マスコミ等に操られていないから』である。

しかし、テレビ・マスコミ情報が作り出している『ムード』=「民主=正義」「自民=悪」のロジックで動いてしまう「操り人形的人々の一票一票」は本当に危ない。

都議選の投票率アップは、その様な意味からあまり喜べない。

都議選の場合、「中選挙区制が幸いして、悪戯な大差がついていない」が、

同様の事が国政で起きてしまえば、

正に『ラジオを利用したヒットラー時代のドイツと同様』である。

・・・・・・・。

「小泉劇場に懲りた・・・」なら、『総選挙では冷静になるべき』だ。

民主も自民も勝たせてはいけない。

どちらも勝てなければ政界再編になる。

|

笑えない「2012人類滅亡」・・・。

オーラより笑えない「2012人類滅亡」・・・。最後に「心配無いメッセージ」が仕込まれていたところも含め、「実際に起きてしまいそうな筋書きが露呈してしまう・・・」からだ。

太陽の活動が活発になり、地球を取り巻く磁気フィールドに穴があったところで、

「地球には、大気があるから大丈夫・・・」は、人類等それなりに大きさのある生物について・・・で、

『ウィルス等が受ける影響は相応に大きなものとなってしまう可能性大』である。

そのような可能性が推定される時期に合わせて、

「温暖化問題等の解決の為、人口を減らそう・・・」と「ウィルステロ」が仕掛けられれば、

その犯人を特定する事はかなり困難になってしまうかも知れない・・・。

そして、「G8では、2050年までに8割削減、世界全体では5割削減・・・」と、『お偉いさんたちが公言している』のだ。

そんな『夢物語』を可能にする方法は、多くない。

一番平和的な方法は、言うまでも無く『多くの人類の精神構造を正常進化させる事』だが、

その道では「お偉いさんたちの利権も吹き飛んでしまう」・・・。

「お偉いさんたちの利権を温存したまま『夢物語』を可能に出来る筋書き」は、

「人口削減」くらいしか無く、

人口削減の為に戦争は出来ないのが、現状だ。

「ウィルスの場合、ワクチン接種者は助かる可能性大」だから、

「人類の選別も容易」である。

原爆まで落とし、「戦勝したから・・・」と、その補償も行なわないような国の文化なら、

そのような悪魔の筋書きの実行もあり得てしまうのでは・・・?

もっとも、その精神構造の先にあるのは、人類滅亡

(人間にとって、

その様な手段による人口削減の後の精神構造の進化は、

正当化出来得ない物事の上に無理を重ねるだけ・・・だから、

そのような手段を行ってしまう前の精神構造の進化よりずっと困難になる・・・のは、当然だ・・・)

だから、

例え一時的に人口削減に成功したところで、地球生命体細胞群の永続には繋がらない。

人類滅亡がセイゼイ数千年くらい遠のくくらい・・・だろう・・・。

・・・・・・・。

さて、「その様な事態が起きてしまう前に、一般市民が準備出来る事はあるのだろうか・・・?」

もちろんある。

ウィルスに対抗するためには、「適度な免疫」だ。

『食品添加物や添加塩素、或いは、化粧品等で、自らに不必要な負担をかけ、自らを弱体化しない習慣』を付けておく事をお奨めする。

そして、磁気フィールドの穴ゆえに過剰になってしまうかも知れない放射線等に対抗する為には、「ガン化し難い状態」だ。

『不必要な高血糖状態はガン化の大応援団に他ならない。ヨウ素等必要ミネラルの適度な補給も忘れずに、適度な運動や好質な油や適度な水分等で良好な循環を保つ事だ。肉類は、アミノ酸の補給には有益だが、油質が悪いから循環不良を招き易い。過剰摂取は要注意である。』

身体的に良好な状態をキープし、ウィルスキラーの清浄機等を備える事くらいは、多くの日本人が可能だろう。

また、場合によっては、おバカ殲滅作戦の実行が早まってしまう可能性もあるかも・・・。

・・・・・・・。

何れにしても、現状の人間社会、色々な面で限界が近い。

多くの人々が、先ず、自らを地動説にして、平和的進化を目指すべきである。

本来、情報・教育等はその為にあるのだ。

本来の仕事を放棄しているような連中に余りある立場や報酬を与える必要など全く無い。

|

上辺とは違い「格差社会」が意外にお好き(?)民主の政策・・・。

下を保障の民主の年金システム・・・。しかし、その財源は「年金目的消費税(?・・・一応付けておく)」・・・。

そして、高収入の人々の上乗せは、「個人年金的」・・・となれば、

高収入の人々の年金が益々有利になる・・・。

下の保障が、消費税等では無く、富裕税等なら、格差是正になるのだが・・・。

・・・・・・・。

名古屋市長も『金持ちに有利な%の論理』・・・。

・・・・・・・。

自民党でも「格差がお好きな(?・・・一応付けておく・・・)小泉一派等」はいるが、

それ以外は、実際に総中流政策を行って来ていた人脈・・・。

『一番の間違いは、大都市集中政策』である。

大都市集中政策~大都市不動産バブル~不動産規制~株・金融投資への道が、大間違い(だから破綻した)で、その元の大都市集中政策が人口減少の原因なのだ。

「総中流に厭きたから・・・」と、

現実逃避型人間にとっては、米国等の良く『思い込める』部分だけ偏重して、

「知らず知らずの内に格差を求めてしまう・・・」のは、明らかな間違い。

マンネリ腐敗による不健康な部分を健康化すれば良かっただけなのに、

『余りあるお金を求めたから、崩壊して来ている』日本社会・・・。

「都議選」や「総選挙」も選択するべき方向を間違ってはいけない・・・。

|

ハプニングバスツアーが商売になってしまう訳・・・。

「性商売は、何故成り立っている・・・?」をちゃんと合理的に考えれば、誰でも、その原因は「血統資本主義にある」事ぐらい解るだろう・・・。

現状の人間社会では、「実質的に」多くの国々が、『精神的に未熟で、現実との整合性が薄い』「血統資本主義」だ。

「何故、血統資本主義になってしまっているのか・・・?」と言えば、

「新陳代謝の話し(該当記事をご参照ください)」同様

『上辺の言葉は覚えていても、内実を理解していない人々が多いから』である。

血統問題で、多くの人々が「未だに理解不足」なのは、

「子造り=個の保存」だと『思い込みたがっているところ』だ。

現実を見れば、「子造りは種の保存」でしか無く、「個の保存とは実質的に無縁」だから、

「四世代もすれば、他人の方が似ている・・・」となる場合が多いのである。

そもそも、「精子も卵子も適度に異物化されている」から、排出されるのだし、

その組み合わせで出来る最初の一つの細胞は、既に、元の父でも母でも無いから、

兄弟姉妹でも結構違うのが現実だ。

『何処の誰の子供だって新たな人格として産まれている』のである。

それなのに、

自分に『本質的な自信』を持てず、

自分の人生にも『本質的な自信』を持てない

「代償欲求追及型人間」たちが、

老化と共に実感が増えてくる自己の死に対して、

『考え・思いの上での逃げ所』を求めるという未熟な物事を行なうから、

「死後の世界」が欲しくなるのと同様に、「自己の不滅性」を求め、

「自己の不滅性」という概念の『投影・転嫁対象として、「自らの子供」を利用しているダケ・・・』なのである。

現実を在りのまま認めるなら、

『人類とは、地球生命体細胞群の高度に構築された一塊の集まり』であり、

自然発生的に四性や俗称障害者(異常な程失礼な表現だが・・・)等を持ち、

生体特性的には、多夫多妻制が合理的な生き物なのである。

自分に本質的に自信を持てない代償欲求追及型の文化が、

外側に悪者を作り、

血統家族主義を作り、

数々の頼れると思い込める者・物・事を作っていると同時に、

数多くの事件・事故等も生み出しているのだ。

おまけに、数々の頼れると思い込める物の一つである「お金」に多大な権力を与えている資本主義等となれば、

血統家族主義という本質に逆らう状態に満足出来ない人々相手に「性を売る商売」も成り立つのは当然である。

性を売ることで多大な権力を持つお金という便利な物が手に入るから、売り手も買い手も後を絶たないのだ・・・。

『本質的にそんな状態』なのに、

「上辺だけ」は正義ぶったり、優等生ぶりたい「代償欲求追求人間たち」が、

自分たちの我慢のダシの為にも・・・と、

「科学・現実との整合性が???」である「未熟な法律」を基に取り締まっている・・・。

何事でも、科学的現実には逆らえないのだから、「考え・思いによる納得法」から解脱して、

何事でも、科学的現実的に処理しなければ、

『実際に世界平和も地球生命体細胞群の永続も・・・手に入る訳が無い』。

「天動説人間たちが、地動説を受け入れるまで、人類の苦難は続いてしまう・・・」のだし、

その時期が余りにも遅すぎれば、「人類滅亡・・・」となるのだ。

全ての国々で、さっさと血統資本主義から解脱して、

平均以上の相続財産は全て税金等で取り上げ、

平均以下の人々へ再分配・・・、

人間社会も、四性&多種多様が基本のバリアーフリー&多夫多妻制・・・としなければ、

現実問題として、環境問題なども解決出来ず、考え・思いの対立が深まり、戦争となり、

人類滅亡となってしまうのだ・・・。

おバカを何時までも続けるつもり・・・なら、「おバカ処分で地球生命体細胞群の存続を実行」する事になる・・・のは、必然である。

一人一人の地動説が重要なのだ。

そして、それが、メインになれば、大衆合意も必然的に変わる。

・・・・・・・。

カウントダウンは進んでいる・・・。

|

ゲンダイの自民党高齢者狩り・・・。

日刊ゲンダイ(内実は、在日韓人現代?・・・一応つけておく・・・、・・・イルハンヒュンディとでも読んだ方が似合うかも・・・)によれば、次期総選挙では、自民党高齢議員がピンチだというイメージを「大宣伝」したいらしい。

そもそも、人の老化は、個人差が大きい。

だから、おバカ三代目ボンボン小泉のように、「個人差より杓子定規に上辺の年齢・・・」とやる事は、合理的では無い。

ゲンダイも、上辺の年齢では無く、実務能力等に対する疑問なら良いのだが、

「年齢で、・・・危うい・・・」とやっているのだから、

『実質的に大衆誘導情報工作』である。

オモシロがって、この手の情報を『鵜呑みにして覚え』、

友人・知人に『覚えた物事を自慢したくなる・・・』のが、

日教組等の教育により「マリオネット化された人々・・・」だ・・・。

そして、「マリオネットは、糸を切られると動けなくなり、倒れこんでしまう・・・」のである・・・。

そうなってしまわないように、

出来れば、物心付く位の時から、

『一方的に与えられている情報の裏くらい常に考えるようにする事』をお奨めしておく・・・。

親や先生等の立場の人々が教えるべきは、調べれば解る知識を覚えさせる事では無い。

「上辺に騙されず、実体・実態を見抜き、人生を誤らない為に必要な習慣」である。

基本が出来れば、個性が得る知識を選択する。

個性が選択した知識を覚え、発展させる事は、快感であり苦痛では無い。

無理やり嫌な勉強や仕事等を行なえば、見返りの大枚でも得たくなる・・・のが、人の本音だ。

多くの人々に、そんな事を行なわせて、本来の健康的な人間社会を壊すくらいなら、

最初から、皆が、好きな物事を行うようにして、人生を誤らない人々が多数となる方が良いのである。

テレビ・マスコミ・学校教育等に騙されてはいけない。

例えば、政治家としての内実を見れば、中曽根元総理の方がはるかに高齢だが、中曽根元総理の方が小泉元総理より数段マシである。

現状の政治家でも、朝鮮ボケの若いのより、根っからの日本人である高齢者の方がずっと良い。

上辺に騙されるとロクな事は無い。

|

朝日が釣られた???「便所めし」・・・。

朝日(チョウニチと読んだ方が似合うかも・・・)は「釣られたのか・・・?」「率先して夕刊トップの大報道を行なったのか・・・?」便所めし問題は、ある意味、リトマス試験紙でもある・・・。

「便所めし」の後に「日本人」を付けると、「どの様のイメージが湧くか・・・?」を考えれば、

「その様なイメージを宣伝したいから、率先して大報道・・・」が露呈する。

「きっと、日本人を貶めて、何処かの国のお偉いさんに褒められたいのでしょう・・・。」と思ったのは、筆者だけでは無い・・・。

|

オバマの「核兵器リストラ」政策・・・。

サミットでも注目???オバマの核廃絶「宣伝」・・・。「核兵器廃絶・・・」と言っても、実際に廃絶する訳も無く、オバマの呼びかけの実質は、「核兵器の維持にはお金がかかるから、米ロ双方で減らせば、双方とも金銭面で楽になるから、良くない・・・?」である。

本気で核兵器を無くす気があるのなら、先ず、「核兵器など使えない状況」が一番で、

その為には、「全ての国が、一たん核保有」である。

軍事戦略上、核兵器とは、「核を持たない国に対してのみ使用出来る兵器だから・・・」だ。

そして、その後、「全世界で同時に廃棄」、もしくは、「全ての核兵器を全世界組織の管轄下に・・・」とやるしか無い。

(もっとも、裏技として『核兵器以上の兵器の出現を解らしめる』という方法もあるが、

誰もが簡単に理解出来る地球上で、水爆以上の破壊力を実践すれば、地球環境も益々危うくなってしまう・・・から、

現状では、裏技もご法度なのだ・・・。

全ての国の指導者が、地球からある程度遠い宇宙空間での実験でも十分に理解出来るくらいになっているのなら、話しは別になるかも知れない・・・が、

未だに、「宗教中心」や「丸ごと一人の死生観」である場合も少なく無いのが、地球の「お寒い現状」である・・・。全く・・・。)

・・・・・・・。

オバマの「核のリストラ」呼びかけを過剰に評価している日本のテレビ・マスコミ・・・。

いったい何処の国のテレビ・マスコミだ???

核問題で、日本として行なうべき物事は、『二度と日本に核兵器を用いられないようにする事』である。

その為には、「全世界的核廃絶まで、核保有」が合理的である事は言うまでも無い。

核丸腰のまま、人類が滅亡方向に進んでしまい、

地球環境・人口・エネルギー・食料・水等々の問題が深刻化すれば、

近未来の日本は、「他国による核の脅しの下、異常なほど不利な状態に置かれる・・・」のは、目に見えている。

だから、ヨーロッパでは、地球環境問題を安全保障上の脅威と位置づけ、

ちゃんと軍備を整えている・・・のだ。

核兵器の無い日本で核反対を連呼し、「実質的に日本だけ核丸腰を推奨している」ような連中を応援しているテレビ・マスコミ等は、いったい何処の国のテレビ・マスコミだ???

核反対を連呼するなら、中国や北朝鮮や米国やロシア等々に行って、

広島・長崎の惨状を訴え、連呼するべきなのだ。

被爆者補償だって、『本来、米国に求めるべき』だろう。

日本で核反対を連呼しているのでは無く、米国内で広島・長崎の惨状を十二分に訴えていたなら、「多くの米国国民が、補償に賛同している」筈である。

そして、「核兵器を使えば、後の補償が大変だ・・・」となれば、

『核廃絶にも有効に働く』筈である。

オバマも本気で核廃絶をする気があるのなら、「日本への補償」をぶち上げたらどうか・・・。

・・・・・・・。

何事でも、道を誤ってはいけない。

日本国内の『テレビ・マスコミ情報は異常』である。

もっとも、確信犯の「根っ子が他国の工作員」なら、「日本だけ核丸腰」、「米国が落とした核爆弾の後始末も日本・・・」とやるのが、当然なのだろうが・・・。

オバマの核リストラは、「米国の都合」である。

そんな物事を過剰に褒め称えてどうする???

オバマも本気で、核廃絶を行ないたいのなら、

「日本への核補償」を行い、

とりあえず、余分な核を全ての友好国に分け、「日本でも管理、そして、他国と歩調を合わせて順次廃棄して欲しい・・・」等とやれば良いのだ。

ロシアも同様にすれば、実際に核兵器は廃絶出来るが・・・、

そのような道を選ばず、「リストラ・・・」なのだから・・・。

・・・・・・・。

|

麻生になって進み始めた「北方領土問題」・・・。

テレビ・マスコミ等では、「サミットでの存在感の無さ・・・と『勝手な悪いイメージ付け』」が強調されているが、

実際は、麻生になってから、北方領土問題でも「日本として当然の物事」が進んでいる。

ロシア側の不当占拠を公にすれば、

「とりあえずは、ロシア側から反発があるのが当然」だ。

しかし、日本側が不当占拠も公にしなければ、何も先に進まず、

時と共に「ロシア側の実績」だけが積み重なって行ってしまう・・・。

そして、今回のサミットでも、「経済協力の前に、領土問題の進展を!・・・」と釘を刺している。

=『麻生は、少なくともこの面では、日本の首相としてちゃんと仕事をしている』のだ。

北方領土問題、「麻生だから進展が無い」のでは無い。

麻生になって「日本本来の立場を公にした事により、一時的にロシア側で停滞している」のである。

それなのに、「存在感が無い・・・」と『悪いイメージ』を付ける事に邁進しているテレビ・マスコミ等・・・。

いったい何処の国のテレビ・マスコミか!!!

日本国・日本人の足を引っ張っているのは、麻生では無い。

(朝鮮系人脈の割合が異常に多い)テレビ・マスコミ等である。

日本人ならテレビ・マスコミ等に騙され、操られてはいけない。

上辺の「イメージ」では無く、内実を見て判断するべきである。

・・・・・・・。

また、政権基盤を言うのも間違っている。

麻生政権=自民党政権であり、日本の政治は官僚内閣制だ。

旧来から、朝・中・ロ(ソ連)と仲の良い旧社会党人脈等の立場の人々なら、

「旧社会党等の人脈の権力が強い政党が政権を取れば、

ロシア側の言い分に近い返還を行なうから、

旧社会党系人脈の権力が強い政党が政権を得られるように『外から応援してくれ・・・』」

・・・とでも言って、ロシアを利用しそう・・・だが・・・。

その様な人々なら、自分たちの思惑の為にも、「政権基盤・・・」なのだろうが、

普通に考えれば、『国益・国民益に直結している外交・安保は、滅多な事では変わらない』のだ。

だから、ロシアが政権担当能力を気にする事は、

「日本が日本である限り、問題の先送りにしかならない」のだ・・・。

「自分たちの世代で・・・」と公言し、

「問題の先送りを望んでいないと推定されるロシア側」が、

「政権担当能力を気にしているなら、それは、親ロ政権化を待ち望んでいる事と同じ」である。

しかし、日米安保が基軸である以上、日本のその様な急変はあり得ない。

だから、「ロシア側が、政権担当能力を気にして、麻生政権を相手にしていない・・・とは、実質的に嘘」である・・・。

両国内の環境とは、

「ロシア側の返還納得」と、「日本側の返還条件等に対する納得」であり、

その実質の主たる部分は、

「ロシア側の歴史教育・情報問題」と、

「日本側の『竹島返還問題をクローズアップさせない為に、北方領土返還の邪魔をしている人脈の問題』」なのだ。

そして、日本では、その様な人脈が、テレビ・マスコミ等で一方的に情報の大量配布を行なっていたりして・・・、

人の好い、「平和ボケ」、「おバカ」、情報・教育まで、疑いもせず鵜呑みにしてしまう・・・日本人が「知らず知らずの内に」操られていたりする・・・から、

現状の日本は異常なのである。

|

韓国人が大好きな『13』日に総理不信任決議案提出予定の民主党・・・。

「何故、韓国人・朝鮮人が13日が好きなのか・・・?」くらいは、ちゃんとした日本の歴史教師に習っているのなら、誰もが知っている筈だが、

日本の教育では、意図的に隠蔽されている・・・ので、知らない人の為に付記すれば、

「終戦前に朝鮮での立国が無ければ、韓国人の言い分も通らないから・・・」である。

・・・で、

「偶々か・・・?」

「仕込みのある意図的な物事(東京都の公務員の中にも、結構な割合で、そのスジの人間が居たりする・・・のは、公務員募集では、上辺さえ整っていれば拒否出来ないから・・・だ)ゆえか・・・?」

都知事選の翌日となった13日・・・。

鳩山代表の「献金問題を誤魔化す」為にも、絶好のタイミングなので、

テレビ・マスコミ情報に操られた「普段は、政治無関心で、内実も知らないムードだけで投票に行く」様な人々が、こぞって民主に投票したアカツキには、

民主党&韓国人脈等は、大喜びで「不信任決議案を出す・・・」だろう・・・。

自民の中にいる韓国人脈も同様で、そのタイミングの睨んで、「両院議員総会~お手盛り総裁擁立へ・・・」と、狙っているのだ・・・。

・・・・・・・。

多くの都民の皆様におかれましては、

知らず知らずの内に「特定人脈の駒として、利用されるおバカな都民」にならないようにして頂きたいものである。

裏で実権を握っている者たちの根っ子ぐらい検証の上、投票を!!!

東京都民以外(筆者もそうだが)は、地方選挙(都議選等)と国政では争点が違う事を忘れないようにしたいものである。

地方選挙が、「その地方の為の選挙」なら、

国政は、「日本国・日本人の為の選挙」なのだ。

他国・売国人脈に力を与えてしまってはいけない・・・。

|

美少女図鑑とプロのモデル・・・。

他の芸事でも同じだが、日本の場合、一生懸命売られている俗称プロ=特定人脈に都合の良い人々だから、内実は酷い場合が少なく無い・・・。

お笑い等でも、シロウト芸の方が、ずっと『素直に』笑える。

モデルも同様で、シロウトの方が、ずっと『素直に好感が持てる』場合が多い。

・・・・・・・。

何事でも、お金や名誉(=代償欲求)等が絡むと、

『上辺は売る為に整えられていたりしても、内実は醜悪になり易い』のだ。

「『特定の人々が商売する為に、見せ付けている』モデル等に、

実体から乖離した妄想を抱いている」

『現実逃避麻薬でレロレロ状態の人』で、

上記のような物事が直ぐに解らない人々も多いかも知れないが・・・。

しかし、多くの人々は、「野菜等の例を思い出せば、実感も戻る・・・」だろう・・・。

・・・・・・・。

商売モデルの写真などは、修正だらけ・・・で、

筆者の感覚では、「今時の技術なら最初から全てバーチャルでも構わない」と思うのだが、

バーチャルでは裏の仕事にまわせないからか(?・・・一応つけておく・・・)、

未だに「生身の人間狩り」が行なわれている。

そして、人間狩りに引っかかったり、率先して自分を売り込んだりしている・・・のは、

多くの場合、「拝金追金病者」や、「弱者・被害者」等なのだ・・・。

例えば、原環境で、十分な自分の存在感を得られず(=多くの場合、周囲の人々にちゃんと人間として相手してもらえず)、

学校教育や社会情報等でも、基本的心理学・人間学も教えてもらえないから、

他人から認めてもらう代償欲求が溢れてしまっている状態の『上辺が売りに都合の良い人々』だったりしている・・・。

元が病者や弱者・被害者等なのに、ちゃんと心底健康化する訳では無く、

「化粧やカメラ技術や整形等々で、上辺を売りに都合良く整えて、売っている・・・」のだから、

「醜悪になる・・・」のは、ある意味当然なのだ・・・。

ところが、買い手も、科学的に間違っている現状人間社会システム故に、

「現実逃避という麻薬」や、「大枚という覚せい剤」を求めていたりする・・・から、

醜悪でも商売が成り立ってしまっている・・・のが現状である。

・・・・・・・。

本質的には、

そこら辺の普通の人々が、化粧などせず無理無く着飾っている方が、ずっと美しい・・・のだ。

プロ物よりはマシの美少女図鑑も、変に、服や化粧の流行を追わずに、人間としての本質を追及するようにすれば、いくらかは、魅力的になるのに・・・。

現状の物では、「操り人形」や「病気」を感じてしまう場合が、多過ぎる・・・から、哀しくなる・・・のだ。

・・・・・・・。

|

橋下・原口「テレビ族」会談・・・。

「地方分権」を強調している「テレビ族」・・・。「その目的は・・・?」

・・・・・・・。

民主党サイドから考えると・・・。

総選挙は、国政選挙だが、「外交・安保等」『本来の国政問題が争点となると民主党は弱い』。

しかし、「国内問題を強調すれば、国政問題での弱点を誤魔化せる」・・・。

民主党の『如何にも優等生的、地方サイド・農民サイド・市民サイドの政策の裏には、

「選挙に勝ち、政権を取る為の策略」が潜んでいる』・・・。

大阪府知事サイドから見ると・・・。

自民でも民主でも、地方分権&知事権限の拡大政策を行う政党が政権を得れば、

「自らが主張した物事が実現し実績が挙がる」・・・。

「マスコミ・立場等、持てる物事の全てを動員し、各党に揺さぶりをかけ、自らの主張を通そうとする手法は、如何にも弁護士的」である。

事件公判の場合同様、

「事件の実質と、弁護士側の勝利との整合性が取れているのなら、良い」のだが、

『有罪の犯人を無罪にしてしまっては、元も子も無い』・・・。

国政による事件(=日本が抱えている大きな問題)の実質は、

第一に、「日本人人口の異常減少」である。

第二に、「とても独立国とは思えない外交・安保」である。

(経済問題が強調されたりしている・・・が、外交・安保が???だから、米国権力者たちの言いなりにならざるを得ず、総中流から二極化格差社会へ・・・と体制を崩壊させられたのだ。

その上で、更に、朝中土下座外交的思想信条を持つ政党が政権を取れば、

二極化格差社会の頂点に巣食うのは、朝中人脈・・・という

実質的植民地状態になってしまう・・・。)

「情報・教育の問題」も重要だ。

散々、「自虐」や「ゆとり」や「おバカ」等で、日本を弱体化して来た日教組等やテレビ等と近しい政党が政権を取るとどの様な状態になるのか・・・は、言うまでも無いだろう・・・。

「地方分権」や「霞ヶ関改革」等は、『形態論の話しであり、本質では無い』。

事件で言うなら、「刺した凶器が何なのか・・・?」を争っているようなもので、

「誰が刺したのか・・・?」を追求していないのだ。

・・・・・・・。

職にあぶれた人々が自暴自棄になり、実質的「自爆テロ」を起こしてしまっている現状の日本社会で、

毎日のように同じ顔のテレビ・マスコミ等は異常である。

公共の電波を使っているのに、「極少数の特定の人々が独占・・・」で、

「偏った情報をばら撒いている」ばかりでは無く、

「異常な高報酬を得ている」場合も少なく無いのだから、

『出演回数&時間制限』でも設けて、

『異常に集中してしまっている利権は分配するべき』だ。

テレビ・マスコミ等の平均年収を半額にして、

雇用を倍にすれば、

雇用対策にもなり、情報も偏り難くなる。

医者の世界も同様だ。

年収半額&雇用倍の方が、「お金目的では無い、人助け目的の医師による安全医療になる」のだ。

・・・・・・・。

政治など、基本的に、官僚等の事務方が実務の多くをこなしている。

実務をこなさない官僚等が多いのなら官僚改革も重要だが、

実務をこなしている官僚等が主流なのに、一部の金目的「高級」官僚どもを槍玉に挙げ、

「公務員改革が正義・・・と『スケープゴード化している』」のは、間違っている。

実務以外の政治では、

「日本をどの方向に向かわせるのか・・・?」を示す「民意の方向性」が問題なのである。

「民意の方向性」を「意図的に誘導して実質的に作っている」テレビ・マスコミ情報は、

「真に日本人の意思を反映させるように健康化されるべき」なのだ。

「日本を健康化する実効のある手段」は、

多くの日本人に

政治家を入れ替えた事による「誤魔化し気分」という「現実逃避の麻薬」を与えたり、

例え、政権交代があっても、

実質的に健康化されない近未来の日本社会での絶望感を与えたりして・・・、

「日本を先細りさせて行く事」とは、全く違う。

『テレビ・マスコミ等の特定人脈独占状態を解消させ、

偏っている情報を健康化し、

向かうべき方向性の民意を誤らないようにし、

日本が発展して行く事』である。

・・・・・・・。

現状なら、

『「テレビ族」は、

「覚えたから・・・」、「知っているから・・・」と、

偏重するべきでは無い。

「用心するべき」』である。

|

マイケル追悼式とユダヤの星・・・。

マイケルジャクソンの追悼式の映像を見ると、それとなく、しばしば、「ユダヤの星」マークが出現している。

イスラエル国旗の中央にも描かれている「ユダヤの星」マークの出現率が、

「他のマークの出現率に比べて、圧倒的に高い」ところにも、

『米国のショービジネス業界の人脈が露呈』している。

日本のテレビ・マスコミ等で言うなら、「親韓国&朝鮮の情報」と同様の「ユダヤの星」・・・。

それとなく、知らず知らずの内に(?)見せ付けられている「米国のマリオネット」たちは、

表面のマイケルを拝んでいる内に、

知らず知らずの内に、「ユダヤの星」を拝み、

知らず知らずの内に、その裏にいる人脈に献金させられたりしている・・・のだ。

「マイケルという集金装置」の裏にも、「米国の正義???」の裏にも、

巧みな戦略が潜んでいる・・・。

「マイケルの自己矛盾」は、

「特定人脈の集金装置として子供の内から仕立てられてしまった悲劇」が原因でもある・・・。

・・・哀れなり・・・。

そして、日本における「パチンコという集金装置」や「韓国という正義???」の裏にも、数々の悲劇が潜んでいる・・・。

・・・・・・・。

血統主義に科学的お墨付きは無い。

・・・今時の人間なら、いい加減に悟るべきである。

|

台湾の売春合法化・・・。

「女性の権利か・・・?」「女性虐待か・・・?」・・・売春問題は、何処でも解決されていない。「何故か・・・?」

言うまでも無く、「現行の家族制度等が、科学的に間違っているから」である。

『人類は、細胞ごとに誕生・死を行なっている、四性を持つ、多夫多妻制と整合性のある生物』なのだが、

「丸ごと一人の死生観」や「二性社会」同様、

『未熟な人の思いが問題を作ってしまい、未熟な思いに拘ったまま誤魔化そう・・・としているから、解決出来る問題も解決出来ない』のである。

売春問題でも、

現状の多くの人の思いに拘り、「一夫一妻制で、血統相続・・・」とやっていれば、

そのような社会で有利になる人々と、不利になる人々では、

身体の自然な成長に伴う性行動の実行機会にも、格差が生じる。

「性行動とは、本能的欲動」だから、

「阻害される事によるストレスエネルギーも膨大」となり、

「膨大なストレス」は、

多くの場合、

「八つ当たり先を求め、人間社会を益々不健康にしてしまう・・・」のだ。

そこで、社会防衛反応的に売春等の誤魔化し手段が発生する。

合法化しても、合法化しなくても、「誤魔化し手段は、必然的に生じている」のだから、

無くなる事も無い・・・。

「合法化するのと、非合法にするのとでは、どちらがマシか・・・?」

「非合法で優等生ぶっても、無くせないのだから、合法化した方がマシ・・・」と、

欧米等の合理主義が根付いている社会では、合法化・・・なのだ。

「上辺だけでも、優等生的に・・・」と、

日本を含む東洋的社会では、

「表むきは、非合法」だったりする・・・が、

「管理している警察等と上手く出来ていると摘発されない非合法売春事業が可能・・・だったり」

「合法事業の裏で、個人が勝手に・・・と言いながら、実際は、管理付きだったり・・・」、

「最初から非合法を承知で行なっている商売だったり・・・」している・・・。

「所詮、誤魔化しだから、合法化も非合法も、どっちもどっち・・・」なのだ。

・・・・・・・。

生物の誕生・死が細胞ごとである事が、科学的に判っている今日でも、

多くの人々を丸ごと一人の死生観に拘らせようとすれば、

「丸ごと一人の死生観を悪用して、大枚を騙し取ろう・・・」という不埒な輩も後を絶たない・・・。

多くの人々を「丸ごと一人の死生観に拘らせようとする事」は、実質的に「犯罪の擁護」である。

・・・・・・・。

二性社会を強要すれば、そこからはみ出す二性の人々が、大きな社会的圧迫の中で生活する事になってしまっている・・・から、

「性不適合だ・・・」と、自らの身体を傷つけ改造するような事まで行なわせてしまっている・・・。

最初から、四性社会なら、果たして、自らを傷つけ改造するような行動を行なうだろうか・・・。

・・・・・・・。

人類が、『生物的実体との整合性が高い「多夫多妻制の人間社会」』で暮らしていたら、

『売春など、商売にも、問題にも、ならない・・・』だろう・・・。

・・・・・・・。

何事でも、事実・現実より、未熟な人間の考え・思い等を優先しようとすれば、

本来不必要な混乱が起きてしまい、

その誤魔化しに、多大な時間やエネルギーをつぎ込んでも、

結局は、誤魔化し切れないのである。

そして、誤魔化しを求め続ける先にあるのは、人類滅亡なのだ・・・。

・・・・・・・。

何処の国の人でも、

お偉いさんでも、下々でも・・・、

「人類としての基本的な物事」くらい、いい加減に悟りなさい!!!

自らの外に観察出来る太陽と地球の関係では、現実通り「地動説」でも、

自らの中の問題となると「天動説」では・・・、

とても「アクエリアス時代の高等生物」とは言えません・・・。

全く・・・。

|

さすが「上辺の優等生」民主党の「高校授業料無料化&財源論」・・・。

耳障りの良い「高校授業料無料化」・・・。しかし、現状の日本の教育格差の実体が『飲食物&情報格差』である事を知るなら、

得られる結果が「授業料はタダだから、『上辺の』学歴は高卒以上となっても、学力等は???な人々が量産される『実効が???な政策』」である事が直ぐに解る。

そう言えば、学歴ダケは、「大卒がゴマン・・・」という国が何処かに無かったっけ・・・。

本気で日本の国力を上げる気があるのなら、

先ず、少なくとも、小学校~高校まで、朝食と昼食は給食にでもして、『飲食物格差を是正する事』だ。

そして、生徒のやる気を失わせている「ネガティブ情報摺り込み教師」を排除し、

「個人・個人の興味・適性に合う物事の能力を向上させて行くお手伝いをちゃんと行なえる」まともな教師のみにするべきである。

・・・・・・・。

財源論もいい加減だ。

辻褄合わせとして、最後に申し訳のように出てくる「歳入改革」が「飴玉政策」の財源の半分弱とは、

実質的に、『大増税でも行なわなければ、財源の半分は足りない事と同じ』で、

与党の赤字財政政策より更に酷い。

おまけに、権力を持てば、取り上げ易い「公務員の報酬を2割カット・・・」と、

消費者金融金利やファンドの予定配当等と同様に

「『%の論理』でお金関係を処理すれば『不遇に喘ぐのは何時も低所得層』」である。

上辺の綺麗ごとの裏には、自民小泉一派同様の『大金持ち優遇政策』が潜んでいる。

優等生は、言葉を上手に操り「他人の為を気取ったりする・・・」が、

内実は「優等生である自分が一番」である場合が多い。

(好きでも無い勉強等を、無理に頑張ったりするから、性格が歪むのだ・・・)

如何にも「他人の為・・・」を装う裏で、

大枚&大権を自らの下に掻き集めている

優等生政党を頂いている何処かの国では、

上辺で謳う綺麗ごとの社会・共産主義の裏で、

内実「中央集権独裁主義」になっている。

・・・・・・・。

実は、

中国共産党を二つに分け、

「共産民主党」と「共産共和党」にでもして、

「上辺だけは、民主・・・」を演じると、米国みたいになるのだ・・・。

そのような社会で、実権を握っているのは、

大衆騙しの政治家等の裏に隠れている「巨大資本を持つ極一部の人間」だ・・・。

「・・・民主」と「・・・共和」で、

「大衆を右往左往させる」波を起こしている裏で、

波の仕掛け手たちは、波を利用して、巨大資本を更に膨らます事を画策している・・・。

偶には、失敗して大損するが、巨大資本の大損には、国家補償付きなのだ・・・。

金権拝金大量消費自慰血統主義社会は、既に限界を迎えている。

日本も中国も・・・米国的社会化する事は、

「人類滅亡への特急券」なのだ。

・・・・・・・。

現在の日本に必要なのは、「二大政党制を前提とした政権交代」では無い。

『政界再編』である。

|

大阪パチンコ店放火殺傷事件、「パチンコ店とのトラブルは無い」を『宣伝している』テレビの異常・・・。

早速「パチンコ店擁護情報を発信している」事からも『人脈正体もろバレ』なテレビ・・・。普通に考えれば、容疑者が自暴自棄になった裏に「多額の借金」や「仕事の無さ」が在り、

「多額の借金」の裏には「ギャンブルが在る」と推定されるのだから、

パチンコ以外のギャンブル的行為を行っていたという情報が無い現状では、

「今回の事件の原因の一つはパチンコ店にもあったのでは・・・」と推定される。

それなのに、「パチンコ店とのトラブルは無い・・・」とパチンコ店擁護情報をばら撒いたりしているのだから、

その様なテレビ情報から生じると推定される近未来の状態は、

「第二・第三の同様の事件・・・」でもある・・・。

その様な事態が起きた時、果たして『責任取る気があるのか???』・・・。

普通なら、消費者金融等の高金利の問題追求同様、パチンコ等の「上辺は娯楽」&「実質ギャンブル」の問題も追求するべきである。

そして、「不況や仕事減少の原因は、極一部の人々に利権を集中させているから・・・」なのだから、

利権分配等の大衆合意を生み出す議論等も大いに行なうべきである。

(日本を弱体化しようとしている情報工作機関なら、同様の新たな事件・事故等が続くように情報発信ているのは、当然だが・・・。

そのような事件報道を行なっている連中が蹴落としたがっているのが「自民」であり、

応援しているのが「民主」だ・・・。)

そもそも、茨城や秋葉原の事件が起こってしまった後も、

「問題の本質の追求」を避け、

「問題を作り出している所を擁護」しながら、

「問題を起こした者のみに厳罰を求める」様な

おバカな物事を行なって来ている・・・から、

今回の事件のように同様の新たな事件・事故等が続いてしまい、

情報産業本来の役割を十分にこなしているとは言えない状態である・・・。

そんな物事を行なっていて、「高報酬まで得ている・・・」のだから、

日本のテレビ・マスコミ等に係わっている人々は「かなり悪質」だ・・・。

同様の新たな事件・事故等が起きてしまう前に、テレビ・マスコミ等は、早急に是正する、もしくは、是正させるべきである。

|

静岡県知事選「自民否定」で負けた自民推薦候補・・・。

自民党には山ほど問題がある。しかし、自民党推薦の候補が自民党を否定すれば、「自虐的情報発信=後ろめたさや自信の無さの表現」となり、より多くの人々が退く・・・。

オマケに応援が、小池や片山・・・とくれば、小泉一派のイメージも付きまとっている。

「小泉一派=従来の自民党では無い異常な一派・・・」だから、益々従来の自民党を応援していた人々も退く。

以上のような理由からも、静岡県知事選、「民主党推薦候補が勝って当然」である。

そもそも、「自民党=悪党」&「民主党=救世主」のような

『イメージを売っている』のは、

『旧社会党系の人々も多いテレビ・マスコミ等』である。

売り手の本質も???なまま、上辺のイメージで操られている人々が、

「民主を応援し、政権交代が起これば、日本がマシになる・・・等」と『勘違いさせられている』のが現状だ。

普段は政治に無関心なのに、「不況だから・・・」等々の理由で、政治・選挙に興味を持ち、

『テレビ・マスコミに何の疑いも持たずに、その情報を鵜呑みにして、自らを操り人形化している・・・ような人々』が、

『テレビ・マスコミ等に操られて、こぞって投票に行くような事態となっている・・・のが現状』である。

テレビ・マスコミ等の『イメージ情報を肯定するように、「自民党否定」とやれば、テレビ・マスコミ等に都合の良い結果になる・・・』のは、当然だろう。

現状は、「政党離れで、無所属・・・という時とは、事情が違う」のだ。

・・・で、この当然の結果で、糠喜びしたりして『テレビ・マスコミ等の情報に操られ「民主党信者」になってしまったりしいる人々』は、

今後の選挙結果次第では、

「自分たちの無能さに

愕然とする事になってしまう・・・」のだ。

「地方選挙は地方選挙」だが、地方選挙の結果の情報は、国政選挙にも影響を与える。

しかし、忘れてはならない事は、『地方と国政では、望まれている物事が違う事』だ。

信者化してしまうと、冷静な判断も疎かになり易い。

「国政で大切なのは、何か・・・?」

「外交・安保等は、その一つ」である。

地方選挙では、外交・安保が問題になる事は少ないが、

『国政選挙で、外交・安保を問題にしない事は、非常に危険』である。

・・・・・・・。

本日のテレ朝夕方ニュースショー「スーパージェイ・・・」では、「不況の日本で仕事を無くした技術者が中国へ行って指導している」『宣伝』があった。

現状では、日本製品と中国製品では、圧倒的に日本製品の方が出来が良いが、

そのような技術者&技術の流失により、

日本製品と中国製品の差が少なくなった時、

「反日教育まで行なっている国々では、日本製品が売れなくなる・・・」のは、

火を見るのより明らかである。

ところが、平和ボケ教育世代の技術者は、日本人として行く国を選ぶ事さえしていない・・・。

「当たり前の国防意識を持つ、もしくは、孫子の事を考える」なら、『少なくとも、反日教育を行なっている国へ行く事は避けるべき』である。

無用心な日本人の裏には、外国系人脈による情報・教育がある。

「情報・教育による国防」も、重要である事ぐらい認識していないと、

日本の近未来は非常に危ない。

果たして、社民党と連携を組むと言っている民主党の国防意識=孫子の代の日本人を守る意識は如何なものか???

「国防がある程度シッカリしていなければ、経済的繁栄も困難になる」のが、現行の所謂西側先進諸国における人間社会のシステムである。

「拉致問題での旧社会党の対応を覚えている・・・」なら、よ~く考えるべきだろう。

・・・・・・・。

現状のような状態を招いてしまった与党や官僚どもの責任は重い。

同時に、そのような事態を悪用して、日本を危うくしようとしている根っ子が他国の人脈も酷い。

来るべき総選挙では、多くの日本人が「上辺のイメージに騙されずに」冷静で的確な判断をするべきである。

|

大阪、パチンコ店「ガソリン放火テロ」・・・。

秋葉原事件がきっかけになり、殺傷力の高い刀剣類の所持が禁止された。しかし、『いくら犯罪行為に関係する物を規制しても、犯罪行為を生み出す精神構造を変えなければ、犯罪行為は激減しない』・・・。

例え、自動車以外へのガソリンの注入を規制し、自動車のガソリンタンクを金庫化しても・・・、

犯罪目的のガソリンの所持を防ぎ切る事は出来ないだろう・・・。

今回の事件の実行者は、ガソリンが一定割合で空気と混ざり合えば、爆発的に燃える事を知っていてか?偶然か?・・・バケツで撒くというある意味では「簡単で合理的な手法」を用いてしまっている・・・。

しかも、実質的テロ行為の実行場所が、通路が狭く、ゲームに熱中している不特定多数の人々がいる

監視設備等は過剰に(?・・・一応付けておく・・・)在っても、消火設備は???な

パチンコ店・・・である。

大きな犠牲が出てしまったのも・・・ある意味では当然だ・・・。

今回の店に「どの程度の物があったのか・・・?」は不明だが、多くのパチンコ店の場合、過剰なほど設備されているせっかくの監視設備も、「客の安全の為には、役に立たなかった・・・様」である。

・・・・・・・。

パチンコのゲーム自体も、『店側が圧倒的に有利な』お金が絡む「勝ったの、負けたの・・・」ゲームだから、

パチンコ店は、「恨みを買い易い」・・・。

今回の犯人も、おそらくは、「負けて八つ当たり・・・」だろう・・・。

放火が重罪である事は、テレビ・マスコミ等でもしばしば宣伝されている。

今回の犯人も、秋葉原事件と同様、おそらくは、「死刑覚悟=人生放棄」的状態から、事件を起こしてしまったのだろう・・・。

人が、自爆的になってしまう原因は幾つもある。

その原因を少しでも減らして行く事でしか、人間社会の健康度合いも上がらないのだが、

他人を自爆的に陥れているがゆえに得られるメリットで、自慰を企む不埒な輩が余りにも多いから、

人間社会もなかなか健康的にならない・・・ばかりか、時と共に、上辺だけが整い、内面の不健康さは醜悪を極めてしまっている・・・。

その延長線に「人類滅亡が迫って来ている」のだから、

少しは考え、方向性を改めるべきである。

・・・・・・・。

「地球を消滅させる事なんて、そんなに難しい事では無い・・・時代」が其処まで(既に・・・かも・・・)来ている。

刃物や火、原子力同様、どんな物・技術でも、使い方次第なのだ。

そして、使い方を決めているのは、人の意識・無意識を含む考え・思いなのである。

「一番手短な意識である上辺」に過剰に拘り、

『背後の精神構造を実質的に野放しにしてしまっている状態は、非常に危険』なのだ。

実質的テロ行為を行ってしまった犯人に反省や更生(現状の日本では、死刑・・・不良品扱いで廃棄・・・だろうが・・・、その様な発想では、同様の新たな事件・事故等は防げない・・・)を求めるのも当然だが、

同時に、テロ行為を生み出してしまった物事や、被害を広げてしまった物事に対しての反省や改善も忘れてはいけない。

現状のように、者・物・事の奪い合いの精神構造が過激になれば、行き着く先は、命をかけた奪い合いであり、原水爆以上の技術を持つ人類がそんなおバカな物事を行なえば、地球消滅ぐらい当然・・・なのである。

・・・・・・・。

現代を生きる人類なら、

過剰な者・物・事を得ようとする前に、

「何故、者・物・事が欲しくなっているのか・・・?」くらい、ちゃんと理解して、

自分で自分を健康的にコントロールしなさい!!!

「自分で自分の事が理解出来ていないから・・・」と言って、

他人や他の物・事をダシに、お墨付きを得ようと、おバカで大迷惑な物事を行なっていては、ダメですよ!!!

全く・・・。

|

公共の電波の独占使用枠を得て、大衆に一方的に情報を大量配布しているテレビ局関係者は、『実質的公務員』でしょ・・・。

形式上民間でも、公権力の許可・認可等を得て、著しく優位な立場から、情報を一方的に発信しているテレビ局・・・。

『実質的に、大衆に一方的に情報を大量配布する公務員的立場なのだが、

その報酬は、一般公務員より遥かに高い(最近、少し、減ったが、それでも、多くが、平均年収一千万以上・・・)』。

しかも、民だから、発信する情報も民次第、企業次第・・・。

一応、形式上のお目付け機関はあるが、『仕事を行なっているアリバイ作りの為に、不必要な言葉狩りを行なっている程度・・・で』実効は???である。

民間企業で、社員採用決定権を保持しているのは、極少数の経営者・・・。

極少数の経営者にとって都合の良い極少数の人々だけ雇えば、

ばら撒く情報は、実質的に、お手盛りばかり・・・。

そんな情報で操られている一般市民は、正に操り人形・・・。

何でも、「官から民へ・・・」と、悪戯な構造改革を行なってしまえば、

テレビ局同様、著しく優位な民間企業が彼方此方に・・・という異常事態になってしまうだ。

そして、種の保存になっていても、個の保存とは程遠い、遺伝子の実体さえ満足に理解していない???な連中が行ないたがっているのは、「血統資本主義」・・・。

(「血統資本主義」では無いというのなら、産まれながらの格差是正・・・平均以上の相続財産の取り上げ&平均以下の人々への再配分、余りある優位な立場の相続禁止等は、当然である・・・)

|

マイケルジャクソンの悲劇・・・。

マイケルの死後も夢から醒めない信者たち・・・。ある意味、お気の毒である・・・。マイケルご当人もある意味「被害者」だから、共感出来る部分は少なからずあるのだが・・・。

・・・・・・・。

マイケルが道を誤ってしまった最大の理由は、「外面に拘った事」だ。

父親からの「虐待体験により、父親嫌いの精神構造が出来る・・・」のは、自然なのだが、

その後、「父親の外面に似てくる自分の外面と、虐待を生み出していた父親の内面の問題を切り離せていなかった=現実把握が出来ていなかった」から、

異常な物事が起こり続けてしまっていたのだ・・・。

(米国にだって、それなりに力量のある精神心理の専門家はいる・・・だろうに・・・。)

・・・・・・・。

マイケルの自己矛盾・・・。

「ウィアーザワールドを行いながら、『自らは』異常な贅沢三昧生活」、

「白いの黒いの関係無い・・・と謳いながら、『自らは』白人化・・・」、

「誰もオレたちの事なんか気にしていない・・・と、謳いながら、『自らは』衆人の注目の真っ只中・・・」、

・・・『「相反する」上辺と実態』・・・。

自己矛盾の悲劇の基は、「上辺に拘り過ぎているショービジネスの世界」や、「上辺のみを求めている多くの一般大衆」にもある・・・。

「何故、其処まで上辺偏重なのか・・・?」

その裏にあるのは、『人々の実体・実態把握能力の欠如』だ。

「人々の実体・実態把握能力の欠如は何故生まるのか・・・?」

言うまでも無く、情報・教育の問題だ。

例えば、今時の先進国の人なら、誰でも、「人間は新陳代謝している」事ぐらいは、習っている筈である。

ところが、

「新陳代謝という言葉は覚えても=上辺は覚えて」も、

新陳代謝の実体・実態

=細胞ごとの誕生・死

=人間の誕生・死は細胞ごとに起こっている

=細胞ごとの誕生・死なら「霊魂等の概念など要らない」

=「霊魂等の概念は、古の人々が丸ごと一人の死生観を抱いていたが故に必要になった」

・・・等々、

『新陳代謝という上辺の言葉の裏側にある実体・実態を理解・把握していない人々が、異常な程多い』・・・。

上記の話しでも解る通り、

『ちゃんと教えれば、誰もが理解出来る基本的な話しで、難しい話しでは無い』のだが、

『教え方が悪いから、基本的な物事も理解出来ていない様な異常事態になっている』のだ。

「何故、教え方が悪いのか・・・?」

多くの場合、「教える方が解っていないから、教え方も悪くなる・・・」のだ。

経済のデフレスパイラルと同様の「負の構造」があるのである。

人の誕生・死のように「自分に係わる基本的な物事」さえ、満足に理解・把握出来ていない人々は、

「内在する不安」から、「頼る者・物・事を求める」ようになり易い。

「自分で自分の存在を理解・把握せず、

他人を利用して自分の存在を理解・把握しよう」とすれば、

「競争行為」等が必要となり、

人類同士のどんぐりの背比べや、自虐競争等で、

勝ったの・負けたの、

速いの・遅いの、

強いの・弱いの・・・等々と、

『充足され得ない代償欲求を充足させようとする』

「おバカ」な、もしくは、「大迷惑」な行為に邁進する事になってしまっている・・・。

・・・・・・・。

マイケルも、その「信者」も同様なのだ。

マイケルの信者も、

マイケルの音楽等で、日常生活における理不尽な苦痛を誤魔化しているくらいなら、

理不尽な苦痛の無い人間社会を造るべく、源流対策をした方が理に適っている

(上辺に拘っている人々からは、

「源流対策として何をすれば良いのか・・・?解らない・・・」という声が聞こえてきそうだが、

「上記の例を逆から考えれば、多くの人々が気付く」通り、

『一人一人が現実的な死生観等を身に付ける事によって、

本来のそれなりに安定した自分を取り戻し、

大衆合意を変えれば良い』のである。)

のだし、

マイケルも信者から大量の献金を集めて、慈善行為を行うよりは、

『過剰な大金持ちを作る事が、多くの貧民を生み出す事』なのだから、

「発信力のある立場を利用して、

誤りである過剰な大金持ちを否定する行動を起こした方が良かった」のである。

そのような実質改善方向に向かっていたなら、

黒人である上辺への拘りも自然と解消され、

「父親の問題は、父親の精神構造や父親の精神に圧力をかけていた社会の精神構造の問題である事も理解出来ていた・・・」

かも知れない・・・。

・・・・・・・。

『マイケルの生き様を見て、マイケル同様の悲劇を演じてしまう事から、解脱出来る人々が多く生まれれば』、

未だ、いくらかは、救われた気分になる・・・のだが・・・。

報道映像等で、多くの人々の「頼る者・物・事を求め続けている亡者の姿」を見ると、暗澹とした気分になってしまう・・・。

テレビ・マスコミ・教育等の関係者たちは、

確信犯の情報工作員等では無いのなら、

何時まで、おバカや大迷惑・・・をやれば気が済むのだろうか???

|

未だに、竹中、日テレ朝番の醜悪ぶり・・・。

何故、未だに、テレビ・マスコミ等で一方的に大量配布出来る言論の場を与えるのか???な竹中・・・。

何しろ、本日の日テレの朝8時からのニュースショーでも、

エルピーダメモリー救済の件を「社会主義だ!・・・」と槍玉にあげ、

「・・・社会主義では、一時的に皆ハッピーになるが、直ぐに、皆不幸になる・・・」旨言っていたくらいの『おバカ、もしくは、確信犯の工作員』なのに・・・。

竹中ご推奨の「血統資本主義」では、一時的なハッピーも無く、

「産まれながらの血統抽選に外れた人々」は、

「万に一つの大金ゲットという大願成就を目指して」、

「他人を蹴落とし、他人より、自分だ!!!」と、

『病的な努力に邁進している』・・・。

もちろん、言うまでも無く、ロクなベースも無い社会主義や共産主義などは「実質的に独裁主義」となるからもちろんダメだが、

「血統資本主義」で良い訳も無い。

かつての日本が総中流化出来ていたのは、「官僚社会主義と政治資本主義の組み合わせ」だったから・・・でもある。

実際に、丁半バクチ的に「社会・共産主義か?」「血統資本主義か?」のどちらかを選択していた他の国々よりも、日本社会のシステムの方が有利だったのである。

当然、日本を羨む関係他国からの邪魔が始まり、日本国内にいる外国人脈等の工作活動の悪の成果も加わり・・・、それなりに順調だった日本社会は、どんどん崩されて来てしまっている・・・。

先ず、土地バブル~株成金、超高報酬スポーツ・芸能有名人等々、「大金持ち」を容認させられたところから、崩壊劇は始まり、

『「大金持ちの容認=格差の容認」である事さえ、満足に理解出来ない人々を量産している愚民化教育・情報』と相俟って、

多くの日本国民の中で、「者・物・事に過剰に頼る精神構造」が構築されてしまった・・・。

『人間社会のベースとなる個人個人の精神構造が病的もしくは異常なものでは、個人個人が集まってつくる人間社会が上手く行く訳が無い』。

・・・・・・・。

「何事でも、積み上げる事より壊す事の方が簡単」なのだ・・・。

「大金持ちを容認する事=大金持ちにお金を集中させる事」だから、

そんな状態になれば、一般社会は不況になる。

不況になれば、値段が安くなければ物も売れない。

当然、企業の利益も減る。

社会が不況で、税収も騰がらなくなって来ている状況で、

「構造改革で無駄を排除等・・・」とやれば、

益々先細りになる。

しかも、大金持ちになれる立場には、多くの場合、権力も付随しているから、「下々いじめの悪あがき」が可能だ・・・。

「より早く萎んでしまう・・・」のは、一般庶民で、

現状では、「子造りどころか、結婚さえ困難になってしまっている人々がゴマンといる悪状」だ・・・。

・・・・・・・。

「小泉・竹中路線では、もはやダメ・・・」はもう常識である。

もはや、竹中には出番など与える必要も無い。

『現状で一番必要なのは、個人個人の精神構造を健康化する為の情報流布』である。

日テレのお偉いさんも、確信犯の工作員で無いのなら、大いに反省するべきだ。

|

「ポメラ」欲しいけど高過ぎる・・・。

あったら便利な「ポメラ」・・・。しかし、高過ぎるから買わない・・・。現状の日本社会で、あの内容で、万を超えては「庶民無視的だから」いけません・・・。

大ヒットしているそうなので、是非とも、「量産効果で普通の値段!!!」を・・・。

|

麻生政権の「求心力」・・・。

おバカなテレビ等の論調では、「求心力がある事=正義のよう・・・」だが、少し考えれば誰でも解る通り、「求心力が強い政治の究極は独裁・・・」なのだから、『政治で重要なのは、求心力では無い』。『実行政策』である。

「実行政策では無く、求心力を問題にする『問題のある論調』」の裏には、

「自分たちにとって都合の良い人脈を優位にする情報工作」がある・・・。

『テレビ出演者たちは、局アナ含めて、一般企業離れした高所得者揃い』である。

『公務員等の高報酬を批判し、並み、もしくは、低報酬に蹴落とし、

自分たちの高報酬は温存すれば、益々、自分たちが優位になる』・・・。

そして、その様な連中にとっては、「構造改革で利権集中二極化社会化する事」が都合が良い。

テレビ等の出演者たちの多くは、「上辺では庶民の味方のフリをしていても、実態は高報酬者で自己中・・・」なのである。

違うというなら、「年収等を半額にして倍の人数を雇うべき」だ。

『多様な人材がいれば、もう少しはマシな情報が提供出来る筈』である。

・・・・・・・。

「求心力を求める事は、頼れる人を求める事と同じ・・・」だ。

人に頼る政治の例は、北朝鮮にも韓国にも米国にも中国にもロシアにも・・・ある。

本来、政治家や官僚とは、公僕であり頼られるべき性格の立場では無い。

『良心的に国家・国民の為になる仕事をこなしながら、相応の報酬を得、十分に実った稲穂のように主権者である国民に頭を垂れる・・・ような人々こそ、政治家や官僚に相応しい』のだ。

ところが、主権者が「頼れる人」を望むようになってしまうと、どんどん本来の状態から遠ざかり、

「頼れる人に集中する利権の裏で、数多くの醜悪な物事が起きてしまう・・・」から、

人間社会が益々悪くなってしまう・・・のである。

米国型の小さな政府も「小さな政府=少人数に大権・・・」だから、

「どうでも良い分野で作り出されている見せ掛けの人々の自立」の裏で、

『大権に付随している利権争いは醜悪を極め』、

「上辺の綺麗ごととは裏腹に実質的には超排他的利権構造になっている」・・・。

『小さな政府より、頼る人を求めない社会の方が先』である。

頼る人を求めない社会なら、問題となるのは、政府の大きさでは無い。

『政府の大きさは、自然に、健康な治世を行う為に的確な規模になる』。

・・・・・・・。

弱小派閥の出で頼り無いから、調整型で実効のある政策に邁進せざるを得ない麻生は、

大派閥の出で丁半政治手法に長け、身勝手な政策で日本人人口を益々減少させ、日本社会を困窮に陥れてしまった小泉より、

「遥かにマシ」である。

・・・・・・・。

上記のように「普通に冷静に考えれば、誰でも解る」通り、テレビ等の「求心力誘導情報工作」は、本当に『質が悪い』。

日本社会健康化の為にも、「即刻、テレビ出演者等は入れ替えるべき」である。

|

BSフジプライムニュース、コマツの親玉の日本再生論・・・。

さすがにV字回復を実現した企業の経営者だけあって、話しの内容は面白い部分も少なく無かったが、

『企業経営と行政との違いの理解が???な所』が「如何にも平和ボケ情報・教育の操り人形」もしくは「確信犯」だった・・・。

「固定費を減らす・・・」とは、国に置き換えれば「小さな政府論」である。

「アジアと共生しながら健全発展・・・」する為に、「領土・歴史問題等はどうするつもりなのか・・・?」

残念ながら、具体的説明が無かったところが、「平和ボケなのか?」「確信犯なのか?」

・・・・・・・。

日韓併合時、大量の朝鮮人が密航までして渡来した。

密航渡来の人々が日本人仮面を被って根付いた場合、交通機関が現在ほど発達していない当時、密航した船が付いた港付近になる・・・のは、想像に難く無い。

・・・・・・・。

工作機械にGPS+各種センサー+通信装置を付けて、機械の状態や使用状況を常に把握出来るようにしたり、

ハイブリッド化等エコの先取りで、

ダントツ企業へ・・・という経営判断&実行はさすがだが、

コマツの企業利益が大きく絡んでいるアジア共生主義も、

企業としての経営判断の延長線で、

『国益よりも、企業利益という雰囲気がチラホラ』・・・。

(番組の論調を鵜呑みにしていると、判らないかも知れないが・・・。)

『一企業としての判断と、日本国としての判断は、必ずしも同じにはならない』。

・・・・・・・。

実質的に「小さな政府論者」で、「アジア中心主義」とくれば、そのスジの人・・・という場合が少なく無いので、

そのような人の論を宣伝した番組の作り手もそのスジなのかも知れない・・・。

・・・・・・・。

左翼の仮面を被っていても、右翼の仮面を被っていても・・・、

日本国内でも朝鮮人の為になる物事を実践するのが、

良い「内実」朝鮮人・・・。

・・・・・・・。

今時、根っからの日本人なら、『先ず、日本人人口の増加』である。

そして、『本来の国益維持の為に、ある程度の規模の政府は必要と考えるのが普通』だ。

だから、「先ず。少子化対策に『集中的に』お金をつぎ込む・・・」等と言うのが、普通の日本人の経営者等の判断だろう・・・。

その路線から大きく外れている人々には共通点がある。

「日本人庶民などどうでも良い・・・」ような要素がチラホラしている・・・。

|

「丁半政治以外はNO!」テレビ・マスコミ等のおバカ度・・・。

解り易い丁半政治。見本は小泉だ。「郵政民営化に賛成か?反対か?」「官か?民か?」「財政再建か?否か?」「小さな政府か?大きな政府か?」「構造改革か?否か?」「(体制迎合スタイルで)努力するか?しないか?」・・・。そして、「大金持ちか?貧乏か?」・・・。

実力の無い、或いは、確信犯の愚民化工作目的であるテレビ・マスコミ等もそのようなスタイルが大好きである。

オマケに、何故か(?)「麻生嫌い」だ。

麻生総理誕生直後から、社民党やテレ朝等は、「最短内閣&総理・・・」等とやっていた。

そして、揚げ足取りと、ケチ付けに終始し、昨今では、

『実質はブレていない』麻生の政治手法を「ブレている・・・」とやり「麻生はダメ・・・」とやっている。

そもそも大統領制では無く官僚内閣制である日本の政治では、

「小泉のようなモノの方が異常」で、

「弱小派閥出身の総理大臣としては麻生は普通以上にまとも」である。

それを「ダメ!・・・」とやっているのだから、

『実際にダメなのはテレビ・マスコミ等の方』だ。

「おバカなテレビ・マスコミ等の情報を半強制的に見せ付けられ『続けて』いる」

「日教組教育等で何も考えず覚えるダケ状態」の

「操り人形化されてしまっている一般市民」は、

「おバカ、もしくは、確信犯の悪者のクセに『図々しく出続けている』、

偉ぶり利口ぶっているコメンティーター等の意見を、

ロクな検証もせずにオウム返し」している・・・。

この様な状態では、

テレビ・マスコミ等が

「右を向け!」と言えば、右を向き、

「左を向け!」と言えば、左を向く、

危うい日本国になってしまう・・・。

・・・・・・・。

最高裁の判事の信任投票で辞めさせられる人はいない・・・。

テレビ局が勝手に毎日のように出続けさせている質の悪い人々も、滅多な事では、入れ替わらない・・・。

立候補にはそれなりに高いハードルがあるが、選挙により簡単に落とされる政治家等とは違い、

「安定的で実質的強権を得てしまっている異常な立場」の裏にこそ『巨悪が潜んでいる』・・・。

『日本社会を健康化する為には、先ず、テレビ・マスコミ等の人脈を固定化させない事』だ。

それは、『政治家の顔を変える事より遥かに実効がある』。

現状のように『毎日何処のチャンネルでも同様の顔というのは、余りにも異常』である。

官僚内閣制で、上辺だけ変化する政党による政権交代があった所で、「巨悪は安泰」である。

日本社会を不健康にしている元凶の撲滅無しに、健康化された日本社会は在り得ない。

一般市民の立場なら、テレビ・マスコミ等の情報に騙される事が無いように、

「物事の上辺では無く『実質を見極める習慣』を身に付けておく」事だ。

丁半バクチは娯楽としては安直で楽しいかも知れないが、

『丁半政治で動かされた日本社会のオゾマシサは、多くの方々が良く知っている通り』だ。

それなのに、「未だに、丁半政治を求めているテレビ・マスコミ等は、『本当に質が悪い』」。

株主や経営者や質の悪いマスコミ連中等の報酬が異常に高い日本社会では、益々質が悪くなってしまう。

『悪質なのに過分な報酬を得ている者たちは、それだけで悪者』である。

「何故なら、社会を壊しているから・・・」だ。

悪者の中にも、善の実体は、毎日・この瞬間にも生まれている。

自ら進んで自分を健康化しないのなら、自らの実体が、自らに大いなる罰を与える事になる。

ご当人が負担を他人に押し付けたりして、逃げ切ったりすると、多くの場合、代々話化してしまう・・・のだ。

子孫が受け継げば(受け継がない事=子孫に捨てられる事と同義である)、末代までの恥となるような物事を行なっているおバカもしくは、悪者連中は、直ちに態度を改めるべきである。

・・・・・・・。

「最短政権・・・」と一部の政党やテレビ・マスコミ等(多くの場合親朝鮮系・・・)に言われていた麻生政権は、もはや最短では無い・・・どころか、任期満了まで続くかも知れない状況だ。

そして、政権運営中に、官僚内閣制の総理大臣&内閣&与党として、それなりの実績を積み重ねてきている。

現状で障害になっているのは、むしろ「丁半政治の負の遺産」なのだ。

未だに、「丁半政治に拘れ!・・・」等と言っているような「おバカ」もしくは、「悪者」を切り、

良心的着実堅調派が集まれば、自然と日本の為になる政界再編となる。

日本社会に丁半バクチ政治は似合わない。

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »