« 謝罪会見から一夜明けた「鳩山総理の会見」問題・・・。 | トップページ | 偽りの雲・・・。 »

明日の選択「エピローグ」(最悪編)・・・。

湖畔でざわめく光の粒は、愚か者たちへのレクイエム・・・。

1728文字のアナグラムが、定めの言葉をささやく時、

全ての延停信号は否定され、

地球を飲み込む穴を開く小さな機械が働き始めた。

誰も知らない人の家で、ひっそりと開いた小さな口は、

無限の力を発揮し始め、

地球の全てを飲み込み始めた。

「何だ???」「地震か???」「この風は・・・・・・・・!!!」・・・。・・・。

人々の迷いと驚きの言葉は、滅亡を彩るアクセサリー・・・。

地を失う事態に気付く前に、空気は人の意識を保つには不十分となり、

意外な程短い時間で、消滅の儀式は完成した。

身から出た錆が、宇宙空間に広がらないようにする為の安全弁・・・。

地球消滅を自ら選択したのは人類である。

エピローグ(最悪編)

ー 完 ー

|

« 謝罪会見から一夜明けた「鳩山総理の会見」問題・・・。 | トップページ | 偽りの雲・・・。 »

小説」カテゴリの記事