« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

理念無き???民主党政権・・・。

『「中・朝現状権力者の為の政治という立派な???理念」を持っていても、「日本国の政権」である限り、「公言は出来ない」・・・。

「民主党で実権を持つ小沢・鳩山・旧社会党の面々」の「理念」は、

正に、

「中・朝現状権力者の為の日本国の政治」・・・的様相を示し、

「菅や前原等々の理念」は、「韓国現状権力者の為の日本国の政治・・・」なのだろう。

だから、

「小沢は、幹事長の時」に、「皇室の慣例までも捻じ曲げ、中国共産党要人の為に利便を図り」、

「菅や前原等々」は、「竹島返還も実現していないのに、朝鮮王朝の書物は返還・・・」なのだ。

「民主党内」の「小沢派と反小沢の対立」は、「中国共産党&北朝鮮派」と「韓国&米国派」の「対立」の様なモノだ。

「日本の善意や、そのスジの人脈による日本からの技術・情報等流出等で育った面も大きい、日本と同様の分野での輸出立国である韓国の為に、円高容認」で、

「多くの日本の現場実働者たち」が、「どんどん痩せ細させられている」のに、

「景気対策や、円高対策より、韓国王朝の書物返還・・・」というのが、「民主党政権」の「日本では公言出来ない理念」である。

「中・朝等では、日本を不利にした事を手柄として誇っていたり・・・して・・・」と思っているのは、筆者だけでは無い。

そして、「その理念の延長線」には、

「在日韓国人の団体である民団」との約束でもある「外国人参政権」までも在る。

「売国・売国民政策」で、

「一般日本国民の多くを困窮させてしまえば、

少々の餌とテレビ・マスコミ等による情報誘導で、

外国人参政権でも通せる・・・という策略」なのかも知れない・・・。

「親外国政権」が続けば続く程、「日本国・日本国民の状態は悪くなる」』。

『「日本国の政権として相応しく無い政権」は、「一刻も早く解消されるべき」である。

「即効性がある」のが、「心ある国会議員による政界再編」だ。

「年内に新党を立ち上げれば、政党助成金の面からも、合理的」だし、

「民主党政権、早期解消という面でも、大衆からの支持も得易い」のだが・・・。

「何故か?動きが今一つ鈍い」・・・。

例えば、「自民党の中にも、他の政党でも、そのスジ(本音は、親中国共産党・親朝鮮現状権力者)の人脈が巣食っていて、邪魔をしている」・・・。

「日本の政界も、情報・教育界同様、病根が、深い」』。

|

後が無い北朝鮮現状権力者&日本の民主党政権・・・。

『「前に進んでも、後ろに引いても、後が無い国家権力者」を「頂いてしまっている国」が、現状の極東には多い。

「日本」も「北朝鮮」も、「正に、その類」だ。

「北朝鮮の場合」は、「どんなに威勢の良い事を言っても、米軍が出てくると行き詰まり」であり、

「日本の民主党の場合」は、「もはや政権の体を成していない」。

「北朝鮮と日本で圧倒的に違う」のは、

「北朝鮮の場合」は、「現状の国家権力者を選んだのは、一般国民の意思では無く」、

「日本の場合」は、「現状の国家権力者を選んだ、もしくは、テレビ・マスコミ等に操られた大群によって選ばされてしまったのは、一般国民である事」だ』。

『「日本の民主党内」の

「小沢派と反小沢派の対立」は、

正に、

「北朝鮮&中国共産党派」と

「韓国&米国派」の

「対立の様なモノ」で、

「重大な問題」は、

「其処では、日本が軽視され過ぎている事」である。

「多くの一般日本国民」は、

「既にその事に気付いている」。

そればかりでは無く、

「その原因」が、

「民主党の多くの議員たちが引き摺っている血統等も含む人脈の問題である事」にも

「気付いている」人々も少なく無い。

「日本国内に朝鮮半島の人脈問題」を持ち込み、

「韓国人脈と北朝鮮人脈で日本の国政の場でも、代理戦争を行っている様・・・」では、

「多くの一般日本国民が、ソッポを向くのも当たり前」だ。

「日本の国政」は、

「思想信条面」でも、「政治理念面」でも、「人脈面」でも、

「日本が主体である国会議員」が「主となって行うべき」である。

「ある程度の国際性を担保する為」にも、「他国等人脈等」は、「主では無く、副として」、

「日本の国政に参加頂くのが相応」である。

「日本の場合」、「国政だけでは無く」、

「韓流テレビ・マスコミ」や、「日教組等の教育」等々からも「明らか」な様に、

「情報・教育も、特定他国が主体的様相を示してしまっている」のだ』。

・・・・・・・。

『本日、「韓国大統領」は、「北朝鮮に対して、援助の見返りが、核兵器保有や魚雷や砲弾・・・では、忍耐も限界・・・」である「当たり前の旨」を「ようやく公言」した。

「李明博大統領」は、「今までの親北大統領よりはるかに現実認識がまとも」な様である。

「同じ民族だから・・・」というのは、「北のご都合論理」に他ならない。

「北の権力者の意向は、支配権争いであり、どんな手段を使っても、北の権力者が、朝鮮を支配する事」なのだから、

「正しく、実体通りに、支配権争いと認識する」なら、

「同じ民族である事が、強固な支配欲に毒されている国家権力者が仕掛けている支配権争いの解消になんら役立たない事も直ぐに判る」。

「北の論理」は、「同じ民族だから、北朝鮮金王朝に従え!!!」である』。

『「北朝鮮人脈」による「平和ボケ」「愚民化」「民族同一視主義」的、

「北朝鮮現状権力者ご用達の情報工作」は、「韓国でも盛ん」だが、「日本でも盛ん」だ。

「今、極東地域でぶつかり合っている」のは、

「中国共産党&北朝鮮」の「権力者支配文化」と、

「多くの所謂西側諸国」の「所謂自由文化」なのである。

「北朝鮮の後ろ盾」である「中国共産党」。

「自衛隊への対応」でも、「中国共産党的」な「情報統制」を行いたがっている要素も露呈した、

「日本の民主党政権」・・・。

「北朝鮮」も、「日本」も、「国家権力者の早期入れ替え」が望まれている。

少なくとも、「民主主義国である旨公言している日本」では、

「一般日本国民からの実際の支持率が2割台以下の政権ではダメ」である。

「日本の場合」は、「平和的」に、

「早々の政界再編」&「解散総選挙」が、「妥当な道」だ。

「北朝鮮の場合」は、「他国が最小限の武力を用いても、早急に国家権力者を入れ替えるべき」である。

「今の北朝鮮の国家権力者たちに時間を与える事」は、

「北朝鮮軍部が持つ核兵器の数が増えてしまう事」なのだ。

「目先の小さな戦争」を恐れて、

「将来に大規模核戦争を準備する・・・」では、

「自虐的過ぎる」』。

|

日本政府は、北朝鮮問題で中国を頼る前に、日本国内の北朝鮮系工作員等を厳重に取り締まるべきでしょ・・・。

『「北朝鮮現状権力者問題で、中国共産党を頼る事が、間違っている」事は、以前にも指摘した。

「中国共産党に頼る事=北朝鮮現状権力者に時間を与える事=北朝鮮保有の核兵器の数が増える事・・・」である。

「日本政府として、今、先ず行うべき事」は、

「日本国内にいる北朝鮮系の工作員等に対する厳重な取り締まり」である。

「関東平野で暮らしている筆者の周り」でも、

「電磁波工作兵器を使用して、他人のプライバシーを覗き続けていたり、電磁波連続照射で健康被害を誘おうとしている連中」や、

「飲食物工作員」等々、

「そのスジの工作員および、

そのスジの工作員の指示の下で動いていると推定出来る人々が、少なからずいる」。

「ところが、警察はロクに動いていない」』。

『「北朝鮮現状権力者のお金の元」には、「日本国内からの支援」もある。

「北朝鮮現状権力者の持つ武器・技術の元」には、「日本国内からの情報・技術・部品等々の流出」もある。

「日本国内を厳重に取り締まる事は、相応に効果がある」のだ。

ところが、「民主党政権」では、

「総理」も「左翼(親朝鮮現状権力者)思想に毒された平和ボケ人間」で、

「旧社会党上がりの官房長官」は言うに及ばず、

「国家公安委員長まで左翼上がり」だったり・・・と、

「まともな対応が期待薄・・・」なのだ。

「実際」に、「筆者が被害を被っている電磁波使用の覗きや、連続照射等」にしても、

「自公政権時代よりも、遥かに堂々とし、悪質になっている」。

まるで、「警察は押さえてあるから、大丈夫・・・といった雰囲気」なのだ』。

『「民主党人脈と北朝鮮現状権力者人脈の裏の繋がり」を考えれば、

今回の「神風」も、

「日本国内の政治状況を睨んで、意図的に、仕掛けのタイミングが計られていた可能性も大」である』。

『北朝鮮問題解決の為にも、民主党政権は、一刻も早く終わらせるべきである』。

|

本日、もしくは、昨日の記事が気に入らない、そのスジの人脈・・・。

『日本国内にも、北朝鮮等、他国人脈の工作員がいる。

例えば、筆者の同級生でも、そのスジの人である事がほぼ確定的な人もいる。

頑張って、学業・技術等々を身に付けていても、行っている事が、工作活動・・・では、

「生き恥」だが、

未だに、バレていないつもりで、色々と行っている様は、正に醜悪だ。

ネット等で妨害工作をしたり、

電磁波工作兵器等を開発させ、

暴力団人脈等下々の工作員等を使って、

ワザワザ現実把握能力等が相応にある筆者等を狙い、

バレる工作活動を行わさせている暇があるのなら、

少しは、自分自身の中でも見つめなおすべきだが・・・』。

『因みに、「北系人脈」は、かつての東西対立に因み、東が大好きなので、

大学等でも、東が付くところへ積極的に進学させ、もしくは、したがる。

「東マークの下には、同類が集まり易く、

同類が多数のところでは、人脈形成や、そのスジの人脈による他者支配が容易になる」という「工作活動の為の仕込み」である。

そして、人脈的に優位な立場を悪用して、他者の弱みを握ったり、他者の技術・情報等を盗んだりして、工作活動に悪用していたりするのだ』。

『「バレる可能性が大きくなるターゲットを設定する事等」は、

ある意味では「内部告発」であり、「裏切り行為」である。

そうでは無いのなら、犯罪者の心理でよくある「摘発される事で落ち着きたい無意識の欲動」によって「突き動かされている」のだ。

つまり、「それは、自分の把握もコントロールも???である事の証」である。

まぁ、「自分の実体に叛いている者」が「行える事」など「そんなモノ」なのだが・・・』。

『北朝鮮現状権力者問題で、中国共産党を頼るのは、間違っている。

まるで、配下の小さな暴力団の問題を、大元の大きな暴力団に解決依頼している様な常態では、実効が薄い事は、明らかだ。

誤魔化されて、時間稼ぎをされ、その間に、北朝鮮権力者たちは、核兵器の数を増やすだけである。

中国共産党に対しては、北朝鮮の現状権力者たちを病院送りにする事に対する了解を得るのが妥当だ。

ロシアの了解も得た上で、「北朝鮮現状権力者を切れば、中国共産党は安泰だが、その意に沿わなければ、中国共産党も不利益を被るゾ!」くらいの「強い姿勢」で、

米韓等西側諸国は、望むべきである。

中国共産党の後ろ盾無しの北朝鮮現状権力者なら、北朝鮮問題の解決は、早い』。

|

「似非庶民派」河村市長市議会リコール署名問題・・・。

『「大金持ち」は「%の話しを好み」、「一般庶民」は「実額の話しを好む」。

何故なら、

「大金持ちであればある程、たった1%の差で実利等が大きく違い」、

「十分な元手を持たない一般庶民なら、%の話しでは、お話しにならない」からだ。

「本当に、庶民の為の減税を行う」のなら、例えば、「一律五万円減税・納税額が五万円に満たない分は支給」等の「減税策になる筈」だ』。

『「河村市長」の「市民税一律10%減税」は、「明らかに、お金持ちの為の政策」である』。

『「そのお金持ちの為の政策実現の為」、

「障害になっている市議会をリコール」とは、

正に、「支配欲の強い発想」で、

「支配欲の強い、庶民騙し&従来からの権力・人脈等潰し&実際は、極一部のお金持ちの為の政治を行う人・・・」と言えば、

正に、「民主党に多々いる、自民党にもいる、他には、丸ごとその政党というところもある、そのスジの人々」と「同じ」だ』。

『「慎重なリコール票審査が行われた事」は、「歓迎」したい。

「多くの一般市民」が、「上辺」や「作り出されたムード」等で「操られない様」に、

「しっかりと自分を保ち」、「判断する事が重要」なのだ。

「本質を見極める事が出来るようになる事」が「重要」である。

その為にも、「日頃からの現実把握」が「重要」だ。

「自分自身」についても、「人間社会」についても、「自然界」についても・・・』。

|

「同じ民族なのに、何故、仲良く出来ない?」・・・『似非平和論理の裏』・・・。

『朝鮮半島問題、「同じ民族なのに、何故、仲良く出来ない?」・・・そう言われると、多くの「平和ボケ化・愚民化されてしまった人々」は、「もっともな話しだ・・・」等と、

「似非平和論理を納得」したりしてしまう。

「実際」は、

「その似非平和論理」が、

「自らが率先して平和を乱している病的な権力者」の「指令に基づいた情報工作活動」であっても・・・』。

『「同じ民族等」、

「人の実体資質を問わず、上辺を問う」「論理」は、

「数多くの情報工作活動で使われている」。

「人々を上辺に拘らせ、本質を見る目を削ぐ」のが「その目的」だ』。

『「朝鮮半島問題の本質」も、

「自分たちの特定の考え・思いに基づいて、他の人々を支配したがっている連中」と、

「他の人々の支配を嫌い自立を好む人々」との「対立」なのだ。

言うまでも無く、「北朝鮮の権力者たち」が、「自分たちの特定の考え・思いに基づいて、韓国の人々を始めとする他国の人々を支配したがっていて」、

「自由主義社会の韓国や他の国々で暮らしている人々の多く」は、「自立派」である』。

『「他人を支配したがる」事は、「ならず者」を生み易い。

「元々、人間は、頭脳が高度に発達した人間の存在自体」として、「自分を自分で健康的にコントロールする事を求められている」。

「自分で自分をコントロール」する「代わり」に、「他人を支配する」事や、「他人に自分を支配させる」事は、

「代償欲求」に他ならない。

「代償欲求の追及行為は、遊び程度、程々に」&「本質的欲求には、相応に応える」というのが、「人間が自らの健康を保つ為に必要な事」である。

結果、「他者支配・他者による自分支配等々、代償欲求の追求行為に奔走し過ぎる人々」は、「病的」になり易く、

「自らの病気や問題等の自覚まで嫌う」と、

「自分の悪態を他人に転嫁したがる様になり易く」、

「ならず者状態」に陥り易い』。

『人の行動原理の底に巣食っている精神構造を把握すれば、

日本でも、

例えば、「小沢氏一派」の様に、

「大物に頼れ!」等とやっている連中は、

「支配/被支配欲が過剰」で、「北朝鮮や中国共産党等に近い」。

「小泉元総理一派」の様に、

「何でも、自由に!」等とやっている連中は、

「ベースの不公平・不平等の是正無き、悪戯な自立主義」で、

やはり、「人間社会の破壊」を招く。

「現実をちゃんと把握」して、

「直すべきところを直した上」で、

「情報・教育・環境等も健康化した上」で、

「多くの人々が健康的な範囲で、自立出来る状態にする事が肝要」なのだ』。

『「他人を支配したがる国家権力者」と、「国家権力者に支配されたがる一般国民」という「構造」は、

正に、

「神やあの世や霊等の架空の物事を掲げ、信者を支配したがる教祖等」

&「架空の物事に現実逃避し、現実逃避状態を維持する為に、教組に支配されたがる信者」

と同様で、「宗教団体的」だ。

その「宗教団体の様な精神構造を持った国家」が、

「武力等で他国を脅す状態」は、

「暴力・武力カルト的」である』。

『「朝鮮半島問題」は、「同じ民族の問題では無い」。

「人の状態や資質の問題」なのだ。

日本で言うなら、「他者支配欲の強い暴力団等」と、「自立を好む一般市民」との「対立の様なもの」なのだ。

「問題の解決法」は、「他者支配欲という代償欲求の追及行為に病的なほど邁進してしまっているばかりか、自らの病気や問題の自覚を嫌っている者たちの病気を治す事」であり、

その為にも、「それらの連中を病院送りにする事が重要」なのだ。

「北朝鮮の病的な現状権力者たち」を「病院送り」にすれば、「拉致被害者も解放される」事になる。

「病気の自浄作用が期待出来ない国家権力者等」に対しては、「他国が率先して、口を挟み、実力行使もしないと、病気が更に深刻になり、問題は、どんどん大きくなってしまう」。

「想像してみれば良い」。

「今のまま時間を重ね、病的な北朝鮮権力者たちが何百もの核兵器を保有してしまう状態」を・・・』。

|

日本の中の北朝鮮人脈問題・・・。

『「北朝鮮権力者たちが、意外な程大金持ちな裏」には、「日本国内にいるそのスジの人々からの支援」や、「一端、北朝鮮権力者マネーに化けたお金で支配されている日本国内の企業等」の「問題」もある。

「北朝鮮軍部が、意外な程技術持ちである裏」には、「日本国内にいるそのスジの人々からの情報・技術・部品等々の提供」の「問題」もある。

「旧社会党」が、「拉致問題で、日本側の立場に立った処理をしようとせず、まるで、北朝鮮権力者たちの御用聞きの様な対応を示した事」は、有名な話しだ。

「旧社会党の支持母体の一つである日教組等の教育」により、「多くの一般日本人」が「平和ボケ・愚民化・去勢化された」のも、皆様良くご存知の通りだ。

そして、「今の民主党政権で実権を握っている」のは、

「仙谷官房長官や輿石氏等」のように、「旧社会党の面々」と、

「大金持ちであるがゆえに、鳩山」、

「多くの旧社会党の面々と大変仲が良い、北朝鮮や中国共産党とも近いと言われている、政治経験が豊富な小沢」なのである。

「日本の民主党政権誕生と、北朝鮮権力者たちの不当増長は、無関係では無い」。

「北朝鮮権力者の不当増長」の「裏」には、「日本国内にいるそのスジの人脈の支援」もあるのだ。

この「日本国内の他国人脈の工作等の問題を抑える為に必要な法整備や情報・教育等」さえ「十分では無い」のが、「日本国の現状」である。

「情報・教育は、正常化」し、「スパイ工作活動防止法」くらい「直ちに成立させ」、「一般日本国民の安全上必要な体制を直ちに整えるべき」だ。

「人脈も???、政権担当能力も???、日本の為の政治より、韓国(朝鮮)の為の政治という・・・実態の民主党政権は、一刻も早く終わらせるべき」である。

「日本国内で、多々の工作活動等を行っている他国人脈」・・・。

「平和的で有効的で健康的な工作」なら「未だマシ」だが、

「北朝鮮現状権力者や中国共産党等」の「意向等に沿った」、

「不健康な工作活動」も「少なく無い」のが、「日本社会の実状」だ。

その上、現状では、「余程の事が起こらない限り、国は、知らんプリ・・・」なのである』。

『「北朝鮮が核兵器を保持している現状」で、「その核を無効にする手段」は、

「北の核放棄」か、

「日韓の核武装」しか無い。

「北の核放棄が実質的に困難」である以上、

「日韓は、米軍核の共同管理ぐらい直ちに行うべき」である』。

|

未だにいる「心霊と金縛りの関係を信じている人」とは・・・。

『「心霊現象を感じる事が出来る事=特別な自分」という「精神構造」を「知っていれば」、「多くの人が気付く」だろう。

「未だに、心霊現象を信じている事=特別な自分の維持欲」である事に・・・。

言うまでも無く、「人の誕生・死は、細胞ごと」だから、「丸ごと一人の霊が押さえる金縛りなど在り得ない」。

「丸ごと一人の霊」を「思い・考える事」によって「自己の特別性の維持」でも「心の内に、企んでいない」のなら、

「素直」に「丸ごと一人の霊とは、人の考え・思いの上での概念に過ぎない事」を「把握」した方が、「ずっと自分の為になる」。

ましてや、マスコミ的立場を使って、

「丸ごと一人の霊」や「心霊」等を「宣伝する事」など、

「宗教団体等に頼まれた」のでは無いのなら、

「今時としては、悪質な、大衆愚民化情報工作」である。

「一般日本国民の愚民化・弱体化等を企んでいる何処かの国の紐付きの情報工作員」で無いのなら、

「素直に、自らの中を見つめ直し、自らの精神を成長させ」、

「立場がある上に、報酬を貰っている仕事」として、「自らを、もっとマシな仕事を出来る状態にするべき」である。

「情報工作員等では無い」のなら、「現状では、恥曝し」だ・・・』。

|

早期解散総選挙に否定的な公明党問題・・・。

『「一般日本国民」の事を考えるなら、「一刻も早い、民主党政権からの解放」が「非常に重要」だ。

「自民党」も、「みんなの党」も、「早期解散総選挙に熱心」で、

「今、政界の裏」では、「政界再編を睨んだ動き」が、それなりに「盛ん」だ。

「理想的」には、「年内に政界再編~年明け早々にも、解散総選挙」だが、

「公明党が、実質的なブレーキ」になっている』。

『「一般日本国民の方を向いている」のか?

「韓国現状権力者や北朝鮮現状権力者や中国共産党の方」を向いていて、

「中・韓・朝土下座政策を実行し続けている民主党菅内閣を影から支援している」のか?

・・・今、「公明党の宗教問題とは別の政治実体」が問われている』。

|

北朝鮮の暴走の裏・・・。

『ついに、「韓国領土への砲撃」まで行った北朝鮮。その前には、「わざわざ米国人を呼び付けて、濃縮ウラン核兵器製造にも利用出来る遠心分離機の大群」の「ショールーム」を「見せ付け」た。

「ショールーム」の「裏」には、「本体が在る」場合が多い。

「北朝鮮の山々の地下」では、「今、着々と核兵器製造・・・」である可能性も少なく無い。

「米・韓等と、軍事力を比較」すれば、「通常兵器では、北朝鮮に勝ち目は無い」。

「当然、そんな事は、北の連中も重々承知」だろう。

「北朝鮮が唯一上に立てる手段」は、「国内にあるウランを悪用した大量の核兵器保有」である。

「北朝鮮権力者たち」は、「自分たちが他国の下に位置する事を認められる精神状態」にならない限り、「核を手放す訳も無い」』。

『「北朝鮮という国の権力者たちの精神構造」は、

「日韓併合時に、最後まで、日本の人材・財産等による朝鮮内の近代化に武力抵抗し続けた人脈から受け継がれている唯我独尊的精神構造」なのだ。

「近代化に遅れようが、国際社会水準から遅れ国の存続さえ危うくなろうが、

・・・そんな事は、一切お構いなしで、

北朝鮮権力者たちが、常に、他(国際社会等)よりの上」なのである。

「其処には、客観性や、科学的整合性など全く無い」。

「徹底した、北朝鮮権力者たちによる主観の世界」なのだ。

そして、「その状態が崩される事に対しては、徹底抗戦」する。

「このある種のカルト教団的国家」に対して、「有効な交渉など在り得ない」。

「取り得る手段」は、

「ジワジワと、衰退させ、先細りさせ、現実把握情報を大量に流入させ、多くの北朝鮮の人々をカルト状態から解放し、カルト状態を消滅させる」か、

「一気に権力者たちを叩き潰す事」である。

「情報統制が厳しい状態」では、「先の方法」は、「実効が薄い」。

「だから、実際に、北朝鮮の権力者たちの状態」に、「有効な変化」が「出ていない」』。

『「今のままの状態が続けば」、「二年後には、北朝鮮は、膨大な数の核兵器を保有してしまう」だろう。

そして、「その脅しの下」に、「数々の不当な利権を集め続ける」だろう。

「核兵器保有前に、叩き潰さなかった事のツケ」は、

「今の状態を放置すれば、益々高く」なる』。

『「中国に期待する」のは、「無駄」である。

「元々、中国共産党も、北朝鮮権力者たち」も、「それぞれが、唯我独尊・・・」なのだ。

「それぞれが、自国民の大量殺害まで行って来ている権力者同士」、

「中国の言う事など、北朝鮮は、聞かず」、

「北朝鮮が余りにも厄介者になれば、中国は、簡単に、北朝鮮への責任を手放す」』。

『「北朝鮮を悪者扱いして、中国共産党が優等生扱いされる事のメリットが大きくなれば」、

「中国共産党は、北朝鮮など相手にしなくなる」。

「その時」に、「北朝鮮が持っている核の数が問題になるダケ」だ。

「ショールームの裏の本体」が、

万一、「二年前から可動」していれば、

「既に北朝鮮は、とんでも無い数の核兵器を保有してしまっている」可能性もある。

その様な状態なら、「北朝鮮の不当な強気」が、「止まる訳も無い」』。

『「北朝鮮問題の解決」は、「これ以上、時間をかけてはいけない」。

「時間をかければかける程、北朝鮮保有の核兵器の数は増え」、

「北朝鮮保有の核兵器の数が増えれば増える程、北朝鮮問題の解決は困難になる」。

「金王朝を世界的な王朝にするつもりが無い」のなら、

「米韓は、直ちに、中国を説得」し、「北朝鮮権力者を潰すべき」である』。

|

チャールズ皇太子の結婚・・・。

『「戦勝国ゆえに、未だに、階級社会が残っているイギリス」。

「一般人の皆さ~ん!

チャールズ皇太子やその嫁さん(貴族では無く、一般社会の社長令嬢らしい)に、

投影・転嫁・同一視して、

現実逃避しながら、

現状を容認して頂戴!!!」の「大メッセージ」。

「海外の権力者ご都合情報」なのに、

「日本国内」でも、

「オコボレ頂戴わんわんマスコミたち」が、「おバカをつくる、楽な仕事」で忙しい。

「大衆愚民化の罪」の「罰」は、「厳罰が相応だと思っている」のは、「筆者だけでは無い」。

「オコボレ頂戴わんわんマスコミたち」には、「素直にならず」、

「そんな連中は反面教師にする事」が、「普通を保つ有効な手段」に他ならない。

「二人の若者たちが結婚する」。

「それは、世界中で毎日、たくさん起きている慶事の一つ」だ。

それより、「人類の実体から乖離している階級社会の是正」の方が、「遥かに重要」である』。

|

「おバカ」のつくり方・・・。

『「人をおバカとして育てる事」は「簡単」だ。「おバカ製造の肝」は「人間の特定の思いに拘らせる事」である』。

『例えば、

「あなたは、特別」という刷り込みで、

「自分は特別だという思い」を「持たせ」、

「特別な自分という思い」に「拘らせる事」で、

「おバカは出来上がる」』。

『「おバカ」と「普通の人」とを「分ける」のは、

「おバカは、特定の思いを偏重したがり」、

「普通の人は事実・現実を重視する」事である。

例えば、

「丸ごと一人の霊という特定の思い」を「真剣に抱き続ければ」、

人は、

「毎日、この瞬間にも、誰もが体験している実際の細胞ごとの死を忘れ」、

「死自体を過剰な程に恐れ」、

「存在し得ない、あの世を求め続ける」程、

自分を「おバカ状態」に「陥らせる事」も出来てしまう。

普通に、

「特定の思いを偏重する」のでは無く、

「事実・現実を重視する」のなら、

「人の誕生・死は、細胞ごとである事」が「既に判明している」のだから、

「細胞ごとの霊では無く、丸ごと一人の霊」という「発想」は、

「現実離れした発想である事」に「直ちに気付く」。

「旧来の丸ごと一人の死」の「実体」とは、

「その人による新たな意思・行動の発現の喪失」である事に「気付き」、

「新たな意思・行動の発現の喪失」を「恐れる」なら、

「意思・行動の内容が、喪失を恐れる程、重要なのか?否か?が重要」である事にも「気付く」。

「一人の人として、重要な意思・行動の発現とは?」を「考えれば」、

「自分の実体である地球生命体細胞群の存続との整合性が重要」である事にも「気付く」。

「丸ごと一人の死」を「恐れるに足る人生を送っている人」が、「果たして、何人いるのか???」

・・・・・・・。

「細胞ごとの誕生・死という現実を把握出来ていなかった古の人々」が、

「現実把握が出来ていなかったがゆえ」に、

「丸ごと一人の霊」という「発想に至った事」も、「理解」出来る。

「現代人」でも、「今、尚」、「丸ごと一人の霊やあの世を求めている人々がいる」のは、

「そのような人々」の「精神心理上や情報・教育等の環境等の問題である事」も「理解」出来る』。

『「精神心理上の問題」と、「現実把握」には、「深い関係」がある。

「人が落ち着く」とは、「事実・現実と共にある状態に人を置く事」である』。

『「行き詰まりを実感した時、我が状態を客観的に見つめ直す」と、

「事実・現実を重視せず、古から等の思い等を偏重するが故に、おバカ状態に陥り」、

「おバカ状態ゆえに、不安定になり」、

「おバカ状態のまま、不安定状態から逃れようと、すれば、する程、更に、特定の思いに縋り付こうとしてしまう」、

「負のスパイラル状態」等の「自覚」も出来たりする。

「自覚を得る事」は、「セルフコントロールの手掛かりを得る事」と「同じ」で、

「自覚を得た人」が、「自らを事実・現実と共にある状態に導く」のは、「それ程困難な作業では無い」。

「重視すべき」は、「事実・現実」であり、「特定の思い」では無い』。

『「巷に溢れている」「おバカのつくり方」を、

「反面教師」にすれば、

それは、「おバカにならない方法」にもなる』。

『「おバカが主導する人間社会」が「誘う」のは、「人類滅亡」であり、

「普通の人々が民主的に人間社会を進めれば」、「地球生命体細胞群の永続が可能になる」』。

|

もはや「自虐劇」、民主党政権が決めた事業を仕分けしている民主党の事業仕分け・・・。

『「元々」、「権限が???」「単なるパーフォーマンス」「民主党の宣伝」だった「事業仕分け」・・・。

かつては、「自公政権が決めた事」を「仕分け」だから、「未だ、威勢良さにも裏があった」のだが、

「民主党政権が閣議決定した事まで、仕分け」という「現状」は、

もはや「自虐劇」だ』。

『「民主党政権」の「稚拙さ」や「売国ぶり」は、

「もはや、言うまでも無い事となり」、

「現状」では、

「多くの一般国民」が、「民主党政権の実体に気付いている」から、

「支持率も急降下」で、

「基本的に支持率が再び上がる要素」が「無い」。

「もはや、多くの一般国民」の「興味」は、「民主党政権の次の政権は?」である』。

『ここで、「次こそ、小沢!」と「未だに、言いたがっている連中も、未だに、いる」が、

「政治と金の問題」もあり、「強制起訴問題」もある上に、

「在日韓国人の団体である民団と、外国人参政権を約束した小沢」に

「日本国の政権を持たせたがっている」のは、

「そのスジの連中くらい」なのだ。

「未だに、小沢!小沢!!!と騒いでいる連中」は、「そのスジの情報工作員等である事がバレバレ」である』。

『だからと言って、「ダメだった自民政権をもう一度・・・」と「願っている一般日本国民は少ない」。

「ごちゃ混ぜ自民党」の中には、

「小泉等の様に」、

「民営化という名の私物化」や、

「経済自由化という名の一般庶民奴隷化政策」等々が

「大好きな連中」も「居る」』。

『「残されている実質的な選択肢」は、

「心ある国会議員」が、

「それぞれの思想信条・政治理念事」に「集まり直す」、

「政界再編」~「解散」~「総選挙」しか無い。

「日本国・日本国民の為に、政治を行っている自負のある国会議員」は、

「これ以上、酷い状態で時を重ねる事」で、

「多くの一般日本国民を困窮状態を更に悪くしてしまう事を避ける為」にも、

「一刻も早く、合理的な行動を起こすべき」である』。

『「問題だらけ」の「民主党政権の大臣や官房長官等々」などは、

「早々に行われる総選挙等できれいに、政権の座から降ろし、国会議員の座から退いて頂く」方が、

「実効が???な懲罰や、大臣更迭などの手段」より

「ずっと良い事」は、言うまでも無い』。

『「次回総選挙等」では、

「多くの一般日本国民」が、

「マスゴミ等」による「小泉!!!」「民主!!!」等々の

「大衆誘導」に、

「絶対に、操られてしまってはいけない」。

「民主主義の基本中の基本」は、

「自主」であり、

例えば、

「選挙等に際して」は、

「それぞれが、

真に、日本国・日本国民の為になる事を考え、

地球生命体細胞群の永続との整合性等も考え、

候補者や党等の実体を、自分で調べ、自分で判断を下し、投票する事」である』。

『「年末も近い」が、

「正月も近い」が、

「は~やく、来い、来い、政界再編&解散総選挙!!!」』。

|

「盗撮を言う」前に「自分たちの管理の甘さを反省すべき」仙谷官房長官問題・・・。

『「国会内で望遠レンズで、機密情報を盗みとられた」から「現代相応のより強い報道規制を」などと、「自分の甘さを棚に上げたバカな論理を公言していた仙谷官房長官」・・・。

オマケに、「日韓首脳会談にも無理やり同席の意向」なのだと言う』。

『「この、自分の事を棚に上げて、他人に、責任を転嫁し、

責任を転嫁する先である他の者・物・事を、

強権で支配しようとする」、

「病的な、或いは、未熟な精神構造」は、

「何故生まれたのか?」』・・・。

『「人は、一般的に、幸・不幸いずれの場合でも」、

「本人が処理出来ない位の特別な状態」に「置かれる」と、

「特別な状態におかれた自分は、特別なのだと思い込む事によって自分を守る」。

この「精神的安全弁」を「精神的安全弁であると認識」し、

「特別な状態から抜け出した後」は、

「自分を普通の状態置く」のが、

「セルフコントロールがちゃんと出来る普通の人」なのだが、

「現状の人間社会」では、

「自己の特別な思いを維持する為」に、

「自分にも、周囲にも、自己の特別性の維持を求め続ける」、

「セルフコントロールが未熟な人」も「未だに数多い」。

「実態」として、

「自己の特別性の維持」という「代償欲求の追及行為」から、

「勉学や、練習等に励み」、

「自分が持っていた能力との整合性や、環境等の整合性も加わり」、

「所謂、優等生や、高能力スポーツ選手等」に「なれている人」も少なく無い。

しかし、

「本来」は、

例え、「社会的に成功者と認識された」としても、

「自分が得た、社会的に優位な立場や評価」と「そこに駆け上るまでの自分の精神欲動」とを

「別個に認識」し、

「過去の病的な精神構造から、自分を解放する事」が、

「健康的なセルフコントロールには必需」だ。

そして、

「代償欲求の過剰追及という不健康な欲動が元」だったのなら、

「その様な不健康な欲動を元」に「現状社会迎合的成功を求め続ける様な不健康で不幸な人々」を「一人でも減らすべく」、

「現状社会の病的問題点」を「告発」し、

「現状社会の健康化へ力を加える」べきなのだ。

ところが、「本来の、自己に対する健康的なセルフコントロール」を「忘れてしまう」と、

「人は、往々にして、

自己の特別性の維持・拡大の為の道具として、

自らが得た、優位な立場や評価等を悪用してしまう」。

この「自己の特別性の維持>人間社会の正常化」という「精神的に未熟、或いは、病的な状態の人」たちに、

「大権等を与えてしまう」と、

「人間社会の正常化」は「遅れ」、

「自己の特別性を追い求める病的な人」が「大量生産されてしまう」のである』。

『「仙谷氏の過去を検証すれば」、「自己の特別性」を「誘う要素」が「露呈」するだろう。

「仙谷氏の現在」からは、「自己の特別性維持>人間社会の正常化」という「行動実態」が露呈している。

しかし、

何れにしても、

そんな「病的な精神構造を持つ、或いは、精神的に未熟で、自分を健康的にセルフコントロール出来ていない人間」に「国の大権を預けていてはいけない」。

「仙谷官房長官」は、「早々に辞任させられるべき」である』。

|

「尖閣ビデオ」を見た中国人の反応問題・・・。

『「中国領内で、日本船に抗議するのはあたり前」、「日本船から中国船への警告は乱暴」等々の意見を発している事が多い「尖閣ビデオを見た中国人」・・・。

しかし、「そんな状態の人々」でも、「中国船が日本船に体当たりした事実」は、「認めざるを得ない様」である』。

『「ここで問題となる」のは、「中国人の領土認識」だ。

「何故、尖閣諸島沖が中国領だと主張しているのか?」である。

「歴史上の事実・現実や国際法等の事実・現実」では「明らかに日本領」である「尖閣諸島&周辺海域」。

「其処」を「中国人に中国領だと思わせている」のは、

言うまでも無く「中国共産党による教育」である。

しかし、「中国共産党がそう教えてくれたから、其処は中国領だ」という「論理」には、

「中国一般国民にとっても、非常に危ない要素」がある。

「かつての中国共産党」は、「中国共産党の論理」で「中国国民として相応しく無い」と「一方的に認定した大量の人々」を「殺害」した。

「尖閣諸島やその周辺海域が中国領である事を中国共産党の論理を元に認める事」は、

「中国一般国民の大量殺害を認める事と同じ」であり、

「その様な手段で中国共産党に大権を保持させ続けている限り」、

「今後も、何時、何時、中国共産党による中国一般国民の大量殺害が行われても」、

「何の文句も言えなくなる事と同じ」なのである』。

『「今時の人間」なら、

「権力」は、「特定極一部の人々に持たせるべきでは無い」。

「事実・現実」に「預け」、

「現代を生きる人間同士が事実・現実を共有する事が重要」なのである。

「多くの中国一般国民」が、「歴史上や国際法上の事実・現実」を「検証」し、

「中国共産党による支配」から、「解放される事が重要」なのである』。

|

雇用問題の解決法・・・。

『元々、「合理化や機械化を進めれば、人の雇用は減ってあたり前」である。

「そんな状況」を作り、尚且つ、「実働者」を「より効率良く使い」、「人件費を抑えようとすれば」、

「雇用問題が発生するのは当然」だ』。

『「どうすれば良いのか?」

「機械化・合理化した」なら、

「労働時間の短縮を義務付けるべき」である。

「年収800万円の人を一人作る」のでは「無く」、

「年収400万円の人を二人作る」様な「体制」で、

「企業経営をする事を義務付けるべき」なのだ』。

『「余暇時間が増え」、

「程々の年収が確保され」、

「働きたい人は、ちゃんと働ける状態」こそ、

「人類が、自分たちをより幸福にする為」に、

「技術等を積み重ねて来たことから得られる」

「正しい方向の未来社会」に他ならない。

「お金ダケに依存」して、

「極一部の忙しい実働者金持ち」と、

「株主等一部の否実働者金持ち」と、

「多くの低賃金労働者」と、

「多くの職が得られない人々」をつくるような、

「利権集中悪徳社会」を

「続ける必要など全く無い」。

そして、もちろん、「平均以上の過剰な相続等も是正すべき」である』。

『「科学技術が進歩し続けている」のに、

「人間社会が荒れ果てている」のは、

「人間の精神心理の成長が不十分だから」だ。

「精神心理の成長に必要不可欠」なのは、「現実把握」である。

「事実・現実を認識・把握出来る精神状態」こそが、

「世界平和の元」でもあり、

「人間の実体である地球生命体細胞群の永続という実現可能な永遠の命の元」でもある。

そもそも、「地球生命体細胞群の一塊である人間」にとっての「本来の仕事」とは、

「地球生命体細胞群の永続に貢献する事」だ。

「自分の下に大枚という覚せい剤を集める事」や、

「利権集中で大枚という覚せい剤の価値を高める事」等々は、

「自慰」であっても、「仕事では無い」。

「地球生命体細胞群の永続に貢献する為」にも、

「自分というその一塊を健康的にコントロールし続ける事」も「立派な仕事」だ。

「自分に課せられている本来の仕事」を「ロクに行わず」、

「他の者・物・事をダシ」に、「自慰に突き進み続けている人々」が、

「多ければ多い程」、

「人間社会が荒れるのはあたり前」なのである。

「自分を健康的にコントロールし続ける事」こそ、

「万人が既に得ている雇用」であり、

「本来、相応の報酬があって当然の物事」に他ならない。

「このベースの雇用を認める事」と、「合理的な利権分配」を行えば、

「雇用問題の解決」も「実際に可能」だが、

「問題だらけの過去からのシステム」に「過剰に縋りついたまま」、

「利権集中悪徳社会」を「無理やり、続けようとする」なら、

「雇用問題の解決」も、

「世界平和」も、

「成し得る訳が無い」。

そればかりか、「近未来にやってくる」のは、「人類滅亡」である』。

『「上記の様」に、

「当たり前の現実」を「素直に認める」なら、

「雇用問題」の「解決」も「実際に可能」になる。

「世界平和」も、「永遠の命」も、「実際に可能」になる。

「現状」に「縋りつきながら、人類滅亡を招く」も、

「現実」を「大切にして、地球生命体細胞群の永続に貢献する」も、

「個人の自由」だが、

「人間である限り、誰一人として、選択&行動の責任」から「逃れられない」』。

|

「尖閣ビデオ流出」の「原因究明&再発防止」・・・。

『誰がどう考えたって、

「尖閣ビデオ流出の原因」は、「日本側に立つのなら、率先して公開すべき情報を中国側(中国共産党等)に立って、意図的に隠蔽した民主党菅政権」にあり、

「有効な再発防止策」は、

「中国側(中国共産党等)や朝鮮現状権力者側に立つ判断の下で政治を行っている様な現政権から、

日本側に立って政治を行う普通の日本の政権への政権交代」に決まっている!でしょ』。

・・・・・・・。

『「中国共産党」は、

「今回のビデオ流出が日中関係に悪化をもたらさない事を希望する」旨、

「図々しく、述べていた」が、

「日中関係を悪化させるのが嫌」なら、

「領海侵犯の上に、海保の船に体当たりした」

「ならず者」を

「ちゃんと処罰する事」が「重要」であり、

「同様の事件・事故等」の

「再発防止」が

「重要」である事は言うまでも無い。

「ならず者」を「英雄扱い」・・・等々と、

「盗人猛々しい」様相を示している「中国共産党の言動」こそが、「日中関係の悪化」を招いている。

「中国」は、「早々に民主化されるべき」である』。

|

「自由貿易」で「中国レアアース」を問題にする「愚」・・・。

『「元々、デタラメな経済原理主義」で「利益のみを追求していた」から、「環境問題・人権問題・労働報酬問題等々を抜き」に「タダ安いから・・・」と「中国のレアアースに飛びついていた事」自体の、

「問題行動性」を「十分に反省せず」、

「自由貿易」をいい訳に、

「問題だらけの産出ゆえに安い、中国レアアース」の「供給を迫る」のは、

「間違っている」』。

『「反省すべき」は、

「現状の破綻している経済システム」を「ベース」に、

「悪戯な経済戦争」を「行い続けている」、

「国や大企業」である』。

『「自由貿易」となれば、

「国境線は低くなり」、

「企業差は大きくなる」。

「一大企業がまるで国の様になり、

大企業の株主や経営者は、まるで国王や、国の幹部になる」。

「武力を経済に置き換えただけ」の「比べっこ原理主義社会」では、

「人類滅亡は時間の問題」だ』。

『「人類は既に」、

「地球生命体細胞群の高度に構築された一塊である自分の実体に忠実」に、

「地球生命体細胞群の永続に貢献すべく」、

「本質追求原理主義に基づいて」、

「生活」し

「人間社会を組み立て直さなければならない時期」に「達している」。

「自分の実体に叛いた明るい未来などあり得ない」のだ』。

『「経済」を「論議する」のなら、

「現状経済システムの現実離れの是正」を「論議すべき」である。

「国の指導的立場」だったり、

「大企業の経営者」だったりしている者たちが、

「古臭い、既に、破綻している経済システム」に「縋り付き」ながら、

「自分の下に転がり込む目先のお金だけを気にしている様」は、

「本当に見苦しい」』。

『「本質的おバカ」は、

「地球生命体細胞群の存続の為」にも、

「重要な立場から退くべき」である』。

|

「尖閣ビデオ流出」の責任問題・・・。

『「尖閣ビデオ流出の責任」は「何処にあるのか?」

「元々、情報支配&検閲後のマスコミ情報等のみの提供で、一般国民を支配する、

国・国民より上に、特定の政党が位置する、

中国共産党的政治を行いたがっている民主党」の「論理」では、

「責任は、現場」であり、

「一般国民とは違う、指導者的立場の政権与党の責任」とは、

「政権与党に忠実な現場を作る事」なのだそうだが、

それでは、「民主主義国家では無くなってしまう」』。

『「普通の民主主義国家の論理」なら、

「今回の尖閣ビデオ流出の責任」は、

「本来、公開すべき情報である情報を、

特定の理由により、

意図的に公開しなかった、

民主党菅政権に在る」事は、「明らか」だ。

「問題とされるべき」は、「何故、民主党菅政権が当初からの公開を行えなかったのか?」である』。

『「海保保安官」の「行った事」は、

言わば「個人レベルの善意の報道」である。

「余りにも、テレビ・マスコミ等々が、民主党ご用達」で、

「まともな仕事をしなくなってしまっている」から、

「個人レベルの報道」が「必要になってしまっている」のが、

「日本の現状」だ。

「民主主義を壊す、

特定の政党とテレビ・マスコミ等の強過ぎる人脈的繋がりは、

是正されるべき」である。

「中国人船長も、中国船も、中国船の乗組員も、既に、実質的に、無罪放免されている」、

「今回の事」が「事件化される」のなら、

「事件化されなければならない報道」は、「枚挙に暇が無い」。

本来なら、

「当初からの全面公開&領海侵犯衝突事件犯には、相応の処罰」が、

「中国共産党等による不当な{工作外交}を封じる為にも」、

「あたり前」である』。

|

「尖閣ビデオ流出事件」の問題点・・・。

『「主体を考えれば直ぐに判る」が、「セキュリティーが甘い」「公務員による国家機密の流出は問題だ」「法律どおりで無ければならない」等々の「論」では、

「主体」が「中国側(中国共産党)にある」。

例えば、「セキュリティー問題」で言うなら、

「主体」が「日本国・日本国民」なら、

「日本国・日本国民にとっての利になる情報の封印を解いた事」こそ、

「日本国・日本国民の、セキュリティーが働いた事」になる。

「主体」が、「中国共産党等」なら、

「中国共産党等が不利になる情報の流出」は、

「正に、セキュリティー問題」だ。

「主体を無視した短絡的なセキュリティー論」は、「問題」である。

「主体を無視した短絡的な公務員論や、国家機密論や、法律論も同様」だ。

「主体」が「日本国・日本国民」なら、「民主党菅政権による隠蔽」の方が、「日本国・日本国民に対する背信行為であり、問題である」』。

『「何故、民主党菅政権」は、「日本国・日本国民の立場」に「立たず」、

「中国共産党等の立場に立って、物事を処理するのか?」

「普通に考えれば」、

「民主党の支援者・組織等の後ろに中国共産党等が付いている事」が「浮上」する。

「在日韓国人の団体である民団」と「外国人参政権を約束した小沢氏等」の様に、

「明らかに他国人脈の紐付き的様相を示している国会議員も少なく無い」のが、「民主党」である。

「民主党菅政権」が「尖閣ビデオの隠蔽に必死になり」、「中国共産党等の利を図った」「裏」には、

「バラされては困る、民主党菅政権と中国共産党等の人脈の間の支援関係等」が「在る」と、「推定」される。

「特に、隠蔽や政府による情報支配に、熱心」なのが「仙谷官房長官」だ。

「旧社会党からの国会議員である仙谷官房長官」の「裏」には、

「左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)人脈の支援等」が「付いていても何の不思議も無い」。

「そんな政権」だから、

「実質的、売国・売国民政策になるTPP等(言うまでも無く、大金を持つ人や企業等が圧倒的に有利になる自由貿易体制では、金○○でも、文○○でも、ジョージ○○でも、習○○でも、大金の力で、日本国内の企業・製品・人々の支配が容易になる)には熱心」で、

「韓国現状権力者には、自虐土下座外交」、

「中国共産党にとって不利になる尖閣ビデオは隠蔽」という「外交政策」なのだ。

「一般日本国民の子どもが増える事には大して貢献せず、韓国・中国等近隣の外国人の外国にいる子ども分は、直ぐに、日本の血税を配る、子ども手当て」等の

「主体が日本国・日本国民では無い内政」なのだ』。

『「主体が外国の政権運営を平然と行い続けている」、「民主党政権」は、「一刻も早く終わらせるべきである」。

短絡的な、「愛国無罪」や「反中無罪」等は、良く無いが、

「政権無罪(政権さえ取れば、独裁政治さえ可能になってしまう)」や、

「現行法無罪(現行法で摘発不可能なら、殺人でもオーケーな訳も無い)」や、

「売国・売国民無罪(言うまでも無く、重大な背信であり実質的犯罪行為である)」は、

「もっとダメ」である』。

|

「尖閣ビデオ流出犯」の告白・・・。

『「元々、報道陣にも公開されるべく、用意されている海保のビデオ」。「それを、わざわざ、政治判断で、隠蔽した民主党菅政権」。

「いい訳」として、「公判の事件だから・・・」と、「中国船船長を釈放した事と、全く相容れない、デタラメな言い訳まで述べている」民主党菅政権・・・。

「同様のいい訳にならないいい訳」を「テレビで一方的に大量配信していたテレ朝番組(コメンテーター大谷)」。

「公判が理由」なら、

「あらゆる事件・事故の映像」、

例えば、「交通事故の映像」でも「タブー」で無ければならない。

「事件・事故映像が隠蔽された、新聞やニュース」なら、「要らない」人も多いだろう。

「今回の尖閣ビデオ」は、

「中国船の悪態がハッキリ判る、

日本の安保・国益に係わる、

多くの一般日本人も知っておくべき、

重要情報」だ。

「尖閣ビデオ隠蔽」で「利を得る」のは、

「中国側(中国共産党等)であり、日本側では無い」』。

『「愛国無罪!」は確かに危ない。

それは、「共産党独裁支配下の中国等の状況をみても明らか」だ。

しかし、「売国有罪が問われなさ過ぎる現状の日本の状態」は、「もっと危ない」。

「民主党菅政権の行っている事」は、

「今回の尖閣ビデオの隠蔽」もそうだが、

「中国共産党や、朝鮮現状権力者の意に沿った売国的政策」が少なく無い。

「売国有罪が問われなさ過ぎた結果、政権を預かる者たちが、売国政策・・・」では、

「日本は本当に危うい」』。

『「自分が尖閣ビデオを流出させた」旨、告白した、海保保安官。

「公開されるべき情報を公開した罪を問う事」より、

「売国政策の罪」を「問う事」が「優先されるべきである事」は、言うまでも無い』。

『「売国的政策を行い続けている民主党菅政権」の言う事など、

「例え、政府内の人間でも、聞きたく無い人が多い」のは「あたり前」である。

「もはや、民主党菅政権は政権の体を成していない」。

例え、「政権を持つ者の立場を悪用した、強権的手法」を行っても、

「もはや、政権内でも、操られる人は、急激に減っている」。

「そんな官僚等の状況」を「横目で見ながら」、

「公明党までもが、補正予算に反対する事を決定・・・」なのだ。

「テレ朝等の人脈」では、「菅の後に前原総理で、民主党政権を続けたがっている」が、

「民主党政権である限り」、

「民主党内の党内力学と無縁には成り得ず」、

その結果、

「小沢氏や鳩山氏や旧社会党の面々が実権を保持している、左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権となる」から、

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)の意に沿った売国的政策とは、無縁に成り得ない」。

「一刻も早い政界再編~解散~総選挙」が、「今の日本には、必需」である』。

|

「官僚ども」が「事業仕分けを相手にしない」訳・・・。

『「民主党菅政権は、バカにされている」。「外交・内政とも、余りにも酷い」のだから、「当然」だ。

「多くの一般日本国民」も「官僚たち」も、

「こんな民主党政権が長く続く」とは、

「考えていない」し、

「長く続けさせるつもりも無い」。

結果、「当面をしのげば、良い」と「考えている官僚も少なく無い」のである。

「官僚どもに、真剣に相手にされていない事業仕分け」もそうだが、

「至る所」で、「政権崩壊の現象」は表れている』。

『「民主党菅政権」が、

例えば、「尖閣諸島中国船領海侵犯衝突事件」の「時」、

「直ぐにビデオ映像を全世界に公開」し、

「中国側の酷さを訴える」様な、

「当たり前の対応が出来る政権」だったら、

「尖閣ビデオ流出問題」なども「起きていない」し、

「多くの一般日本国民」も「民主党菅政権を支持」し、

「多くの官僚ども」も、「民主党菅政権をバカにする」事も無かっただろう。

しかし、実際は、「中国共産党>日本という政治」だったから、

「多くの一般日本国民は呆れ」、

「官僚どもも、民主党菅政権をバカにしている」。

「事業仕分け」などは、当初から、「権限の無いパフォーマンスであるその本質」が「見抜かれた」のだから、

「仮面を被った別名で復活」も当然だ。

オマケに、「民主党内でも、小沢元幹事長などは、積極的に、幹事長室への陳情で、自らの権力保持・増大の為に、復活容認だった」のだ。

「党内でさえ、バラバラ」で、

「自民より遥かに未熟なごちゃ混ぜ大政党である民主党」は、

「バカにされて当然の党内事情でさえ、是正出来ていない」ばかりか、

「バカにされて当然の政策を外交でも内政でも行った」のだから、

「短命政権で当たり前」なのである』。

『現状では、「お仲間になっても何の不思議も無い公明党」にさえ「ソッポを向かれ」、

「もはや、民主党菅政権は、何時、解散~総選挙を行うのか?」という状態の周辺状況が揃っている』。

『「心ある民主党国会議員」は、

「率先して、集団離党」し、

「政界再編を誘い」、

「総選挙より前」に、

「有権者に確かな選択肢を用意するべき」である。

「民主党内の党内力学に支配されている限り」、

「党内の十分な是正等が出来る訳も無い」が、

「離党~新党結成なら、話しは全く別」になる』。

|

物事には順序がある「自由貿易」の前に「比べっこ原理主義から本質追求原理主義への成長」が必需だ・・・。

『「現状」の「比べっこ原理主義」の人間社会のまま、「自由貿易を悪戯に推進する事」は、例えて言うなら、「未熟者にワイセツ動画を見せる様なもの」で、ロクな結果をもたらさない。

得られる結果は、「一部の大企業が益々巨大化」し「大金持ちたちに都合が良い金転がしの道具」となり「大金持ちたちが益々大金持ちになり易くなり」、

「世界全体の文化や製品等々の多様性が破壊され単純化」され、

「数多くの一般庶民が、職を失い、困窮に喘ぎ、益々奴隷化する」様な、

「劣悪な物事」であり、

「細胞ごとの死生観」も「血統家族主義からの解放」も、「未だ未だ」の、「比べっこ主義の状態」で、

「そんな事態になれば」、

「極一部の血統の者以外は、奴隷化する異常な人間社会」となる』。

『「おバカ連中」は、「他の生物の生存競争~残った種」等の「実態」から、

「人間同士も、生存競争を行い、競争勝者が残れば良い」等と、

「獣の論理」を「保持してしまっている」が、

それは、

「人類本来の役割」である「地球生命体細胞群の永続の為、地球生命体細胞群の高構築度に貢献し、地球生命体細胞群の住処を増大して行く事」と「整合性が取れない間違った発想」である』。

『「人類本来の役割」は、「その恵まれた頭脳等を利用して、本質を見極め、自らの実体である地球生命体細胞群の永続に貢献する事」に他ならない。

「他の生物、例えば、獣等の弱肉強食の生存争いの上辺のみ」をみて、

「人類であるのに、獣同様の行動を起こし続けて是正しない」のは、

「おバカのやる事」だ』。

『「全世界的」に「本質追求原理」が行き渡り、

「大金持ちは悪であると、実体通り正しく認識する事」や、

「構築度を支え、向上させ続ける為には、多種共存状態が非常に重要である事」や、

「人類として共有すべきは、事実・現実であり、宗教等特定の思いでは無い事」等が、

「多くの人々に認識された後」ならば、

「貿易の自由化を行っても、大きな害は出ない」。

しかし、「順番を間違う事」は、

「比べっこ原理主義のまま経済戦争を行う事と同義」であり、

「武力戦争」から、「経済戦争」に、「上辺の形」を「変えて」も、

「戦争は戦争に他ならない」から、

「過度の競争原理がもたらす本質無視の比べっこゲーム」を「真剣に行う人が多ければ多い程」、

「急速」に、「人類同士のサバイバル武力戦争も近づいてきてしまう」のだ』。

『「比べっこ原理主義に基づいている現状の経済システム」は、「既に破綻している」。

「破綻している経済システム」を「大前提」に、

「人類滅亡に直結しているサバイバル武力戦争への道」を、

「まっしぐらに突き進む」のは、

「大バカのやる事」だ。

「今、人類の英知」が「問われている」。

「破綻している現状経済システム」という「人類自滅装置」に「縋りつき」ながら、

「大枚という覚せい剤や、現実逃避という麻薬」を「追い求め続ける」おバカを続け、

「人類滅亡への道を突っ走るのか?」

「破綻している現状経済システム」を「現実的に是正」し、

「地球生命体細胞群の永続という永遠の命を目指すのか?」

・・・「一人一人の判断」は「自由」である。

「大衆合意」は、「一人一人の判断の集大成」によって作られる。

「他人任せ」は「罪」である。

「おバカに任せれば人類滅亡」だ。

「多くの人々が、個人レベルで声を上げ続け」、

「おバカな現状権力者たちに是正を強いる事が重要」なのである』。

|

「円高」+「TPP」=「経済戦争で多くの一般日本人を玉砕させる道」・・・。

『「開国」と言えば、「聞こえは良い」が、「何処に対して開国しているのか?」が「問題」だ。

「国の境の壁を低くして、喜ぶ」のは、「多くの一般庶民では無く」、

「極一部の大金持ち」である。

何故なら、「国の境の壁が低くなる事=お金の価値が相対的に上がる事」だからだ』。

『「TPP」とは、「米国大金持ち集団」が「米国大金持ち集団にとって」、

「日米二国間交渉以上の成果」を「得る為」に「他国も巻き込んで仕込んだ罠」に他ならない。

「自由貿易」と言えば聞こえは良いが、「自由経済がリーマンショックを生んだ」事を「忘れていなければ」、

「自由貿易の行きつく先」は、「誰にでも解る」。

「規制が薄い世界」では、「力が全てを支配」し、

「大力を持っている者等」は、

「その立場を維持する為」に、

「更なる大力」を、

「他者に先んじて得続けなければならず」、

「その結果、規制少なき金融投資界で破綻が起きた様」に、

「規制少なき自由貿易界での破綻」も「時間の問題」となる。

「現代の人間社会」は、「比べっこ原理主義では、もうダメ!!!」なのだ』。

『「そんな大金持ち同士」の「比べっこ原理主義に基づいた代償欲求追及ゲーム」に、

「無理やり付きあわさせられる、大金も持たない一般庶民」は「たまったモノでは無い」。

まるで「十分な武器・食料も無いまま過酷な戦場に送り込まれる様」に、

まるで「玉砕を命じられて、戦場に送り込まれる様」に、

「勝ち目の無い、比べっこゲーム」で「自らをすり減らし」、

「大金持ちの自慰心を一時的に満足させる一助をさせられるダケ」で、

「その後は、一気に、玉砕(崩壊)・・・」である』。

・・・・・・・。

『「米国大金持ち集団の言いなり」に、「小泉・竹中等は、日本の中小零細企業を潰しまくった」。

「続いて、郵政等が狙われたが、亀井等の頑張りで、それは、今のところ救われている」。

「民主党菅政権」が「小泉・竹中等の様」に「米国大金持ち集団>一般日本人」なら、

「TPPという米国大金持ち集団が仕掛けた罠」に「熱心」なのも「当然」だが、

「一般日本人>米国大金持ち集団の政府」なら、

「TPPという大金持ちを更に有利にする為の罠」には、はまらず、

「一般日本人を守らなければ嘘」である』。

『「製造業が伸びる」という「嘘」を言っている者も居たが、

「異常な円高である限り、日本国内の製造業が、伸びる訳も無い」。

「あり得る事態」は、

「TPPにより、労働者流入の壁が低くされる事」で、

「高い円を求めた海外の労働者が大量に日本に入り込み」、

「日本国内が益々荒れる事」である』。

『「日本破壊工作活動」としてなら、「正に合理的」な「TPP」・・・。

「韓流民主党菅政権」&「韓流テレビ」が「熱心」なのは、

「韓国に漁夫の利を与えるための日本潰し工作として・・・」なのだろう。

「自由貿易関係」は、「二国間協議のEPAで十分」である』。

|

「規制が必要」なのは「ネットか?」「テレビか?」・・・。

『「公共の電波を独占使用していながら」、「特定の極一部の人々」が「毎日の様に画面を埋め尽くし」、「特定の極一部の人々にとって都合の良い情報」を「一方的に大量配信している」テレビ・・・。

「テレビ情報による害」は、「多くの人々のモンスター化」「本来は悪である大金持ちの公然化」「利権集中状態の人に頼る人々の愚民化」等々、「甚大で数多い」』。

『「ネットはどうか?」

「多くのネット情報」は、「一方的配信であってもテレビの様に異常な程優位な立場を独善的に利用している大量配信」では無い。その上に、「コメント等を受け付ける双方向性がある場合も多い」。

「規制が緩いが故に多い情報量」ゆえに、

「情報を得る方に相応の資質が求められる」が、

「それは、愚民化とは正反対の人々の成長を促す要素」でもある。

「緩い規制ゆえの害」の「多く」は、「愚民化された人々や未熟な人々が前提で成り立つ害」であり、

「現代人として相応の成熟している人々にとっては害では無く、現状把握情報の一部」である』。

・・・・・・・。

『「今、規制が必要」なのは、「ネットでは無い」。「テレビである」。

少なくとも、「特定の人々への依存心を過剰に育ててしまう、毎日の様に同じ顔」や、

「芸が無くても、人脈だけで大金が得られてしまっている、人脈だけで出ている様な芸の無い芸能人の過剰出演」や、

「特定の人々にとって都合の良い情報を十分な反論無しに、一方的に大量配信している情報の伝え方」や、

「本来は悪である大金持ち等の公然化」等々は、

「直ちに実効がある規制が行われるべき」である』。

・・・・・・・。

『「日本のテレビが、韓流テレビで無くなり、日本のテレビになるのは、何時だろうか?」

「まるで、嘘の歴史を刷り込む様」に、

「特定の人々にとって都合の良い情報」を「一方的に一般日本人に大量に刷り込もうとしている病的な状態」を「抜け出す」のは、「何時か?」

・・・「本来なら、直ちに!」だろう。

「日教組等の教育で去勢化されてしまった訳では無いのだろうけど、

本当に、一般日本人には、大人しい人々が多い・・・なぁ・・・」』。

|

「尖閣ビデオ」は「国家機密」か???・・・。

『「時の政権が勝手な判断の下」で「国家機密扱いに指定」したら、「国家機密」であると言う事なら、

「民主党菅政権の判断次第」だろうが、

「尖閣ビデオ」の場合は、

「日本国・日本国民の安全に係わる国家主権を、

中国船が一方的に侵害した一事件」なのだから、

「尖閣諸島が日本の領土である事を認めている政権」が

「国家機密扱いにする正当な理由などあり得ない」』。

『しかし、

「上辺はとにかく、本音では、尖閣諸島問題は、日中間の領土問題だと認識している政権」なら、「話しが違って来る」。

「民主党菅政権の対応」をみていると、「その本音の部分が露呈して来る」』。

『「今の日本の政権」は、「中国共産党や、朝鮮現状権力者のご用達政権・・・」なのだ。

「一刻も早く、日本の為の政治を行う日本の政権に政権交代させないと」、

「日本の国益」が、

「日本の借金時計以上の勢い」で、「刻々と失われ続けてしまう」・・・』。

『「中国共産党流の圧力外交」を「実質的に容認」したが故に、

「未だに政府として公開していない」「尖閣ビデオ」・・・。

「最初から即時公開」していていれば、

「中国側の不当さばかりが目立った事件」である

「尖閣諸島中国船領海侵犯衝突事件」を、

「ワザワザ隠蔽する事」という、

「中国共産党の為の仕事」を行った「民主党菅政権」。

「その売国的行為」こそ、「裁かれるべき罪」である』。

|

小沢氏がニコニコ動画に出た訳・・・。

『「日本乗っ取り工作等の連中の間」では、「お仲間とお仲間以外を区別する暗号的名称」が「以前から、大流行」である。

「何故、そんな事をするのか?」と言えば、

例えば、

「お仲間マークの店等は儲けさせ、

お仲間以外の店は率先して邪魔したりして、

お仲間を有利にする」為だ。

「良く知られているマーク」としては、所謂「三K」がある。

「三国人」の意味だとか、「サードコリア」の意味だとか、「由来は、色々と言われている」が、

はっきりしている事は、「かおる」の様に「三音節で頭が、Kではじまる名前」が「マーク」として使われているのだ。

もちろん、「何の関係も無い一般日本人の店等の場合も多い」が、

「状況的にマークが必要な要素がある場合は、要注意」である』。

『同様の「マーク」としては、「数字の13がらみや、31がらみ」も「有名」だ。

「建国記念の8.13や、三一抗日記念日からとったりしている」と「推定」される。

最近では、例えば、「634(ムサシ)の様」に、「足して13」とか、「結構ひねっている場合」も少なく無い』。

『その他の「マーク」として、現存するのが、「21がらみ」や、「ニコニコがらみ」、「7がらみ」である。

「21世紀は三国人の時代の意味から、か?」「ラッキー7×3で21だから、か?」、

・・・何れにしても、「マーク」は「マーク」だ。

「ニコニコがらみ」は、例えば、「自動車のナンバー」でも数多い。

「かな+1313」とか、「かな+1331」とか、の「かなりマーク度が濃いもの」から、

「単に同じ数字を二回繰り返している」「マーク度の薄いもの」まで、

車のナンバーが自分で選べる様になった後は、「多々見かける様になった」。

「ニコニコ動画も同類でしょ・・・」と、

筆者たちは、「ネット界には、そのスジの情報工作員が多い」事から、

「勝手に、最初から、そう思っていた」』・・・。

『何れにしても、

「在日韓国人の団体である民団と、日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を約束した小沢氏」は、

「お仲間のところだから、出て、お仲間に利益を与えると共に、自分の保身も画策した・・・」ので、

「お仲間、ニコニコでは、小沢氏に不都合な情報は、隠蔽した」と、

考えると「良く整合性が取れてしまう」のが、「現実」である』。

・・・・・・・。

『「念の為付け加える」が、

「上記のマークを保持していても、普通の一般日本人である場合も決して少なく無い」。

「また、意図的に、マークをしていない工作員」も「少なく無い」。

「マークか?否か?」は、「周辺状況と合わせて慎重に判断するべき」である』。

|

「尖閣ビデオ流出犯」をさがしている暇があるのなら「民主党政権が続く事による国家損失の計算」でもすべきでしょ・・・。

『「一部のおバカ」の「論理」では、「中国共産党に対するカードになるから隠した事には意味がある」だが、それは「わざわざ桁違いの失点を与えた上で、一得点を得る、本当にバカな手段」に他ならない。

今回の「尖閣中国船領海侵犯衝突事件」、「最初から国際社会に対して全面公開」していれば、「中国共産党の受けたダメージ」は、例えて言うなら「マイナス100%」だろう。

「ビデオの公開を止めた事」で「助かった」のは「中国共産党」に他ならない。

「マイナス100%のダメージ」の代わりに、「公開出来るビデオというたった一枚のカードを得る手法」は、「中国共産党の延命の為」では無いのなら「本当におバカ」だ』。

『「中国の民主化が遅れれば遅れる程」、

「極東地域」は「大きな北朝鮮」を抱え続ける事になる。

「北朝鮮」の規模でさえ「散々大迷惑」を被り、「日本の国益が大きく損なわれている」のに、

「大きな北朝鮮」が「続けば続く程」、

「日本の国益の損出は甚大になってしまう」。

「中国共産党」に対しては、「今回の尖閣中国船領海侵犯衝突事件」の様な「独裁の下の悪賢い工作活動的行動」が「露呈した途端」、

「その工作活動等を全世界に公開」する事で、

「世界世論の圧迫」で「独裁の下の悪賢い政治手法」を「封じ込めながら」、

「民主化の方向に動くなら、太陽政策が見える様に接する事が重要」である。

「民主党菅政権の対応」は、「中国共産党の延命」を促し、「極東地域民主化国の利益を大きく損ねる悪政」に他ならない』。

・・・・・・・。

『「今回の尖閣ビデオ流出事件」の「大元の犯人」は、

「最初から公開すべきだった民主党菅政権自身」であり、

「先の総選挙時に、民主党に投票してしまった有権者」である。

「公開されるべき情報が公開された事」は、

「事件と言うより、正常化」だ。

「正常化の罪」を「問う暇」があるのなら、

「民主党政権が続く事による国家損出の計算でもし、公表すべき」なのが、

「本来のテレビ・マスコミの仕事」である』。

|

あり得ないでしょ!「警察官が殺人の手助け(?)」秋田の弁護士殺害事件・・・。

『「何故、こんな酷い事態が起きてしまったのか?」まるで、「警察官が殺人犯の手助けを行ってしまったかの如き実態を露呈」している「秋田の弁護士殺害事件」』・・・。

『「普通なら間違う訳の無い、被害者と加害者」を、

「何故、弁護士宅に駆けつけた警察官は間違ってしまったのか?」』・・・。

・・・・・・・。

『「事件の裏」には、「殺されてしまった弁護士」が「手がけていた仕事」が「浮上」している。

「消費者金融問題で活躍していた被害者」は、

つい先日「韓国での消費者金融問題」で、「手助け」を「始めていた」・・・。

「日本よりも更に規制が弱く」、「年利40%近い高金利で商売が可能」な「韓国の消費者金融商売」・・・。

そんな所に、「日本の消費者金融問題で活躍していた弁護士が手助け・・・」となれば、

「反日・韓国一番思想等も加わり」

「邪魔者は消せ!」の「発想が生まれても何の不思議も無い」』。

『「そのスジの人脈」の「不正パチンコ商売」等での「警察懐柔ぶり」からも、

「警察官が間違う理由」として「多種の凶器」を「持ち込まされていた加害者」

+「間違う事で報酬が得られたかも知れ無い警察官」と言う

「出来レース」の「可能性」さえ、

「見え隠れ」している』。

『「果たして、真相は・・・?」

「真相解明が???の様」なら、

「上記の様な可能性」が「益々濃くなる」』。

『「警察官」は、言うまでも無く、

「公務員」なので、

「一定の条件をパス」すれば、

「思想信条や人脈的な問題などは、問題にされる事無く、警察官になれる」。

結果、「オウムの信者」でも、

「上辺では帰化して、普通の日本人を気取っている、実体は、北朝鮮の工作員」でも、

「日本の警察官になれている」。

「不正パチンコ商売」が横行し、

「一般日本人が守られない実態が露呈したりする」裏には、

「上記の様な問題」が「潜んでいる」のだ』。

『「今の日本」では、「自衛が必需」である。

「今の様な状態」で「時を重ねてしまう」と、

日本も、米国の様に、

「警察は頼りにならないし、怪しいから、お金があるなら、民間による警備やガードマンを・・・」という事態が、

「当たり前の社会になってしまう・・・」のかも』・・・。

『「ほとんどの警察関係者」は、「まともに、良い仕事を行っている」のだろうが、

「未だに、筆者の所の電磁波による覗き&電磁波レーザーによる傷害・殺害狙いの攻撃の摘発にも来ていない」のが「実態」だ。

(筆者の場合は、自衛しているから、当分は、深刻な事態には、ならないだろうし、

イザという時には、本気の反攻も出来るが、

そんな時に、警察が???だと、筆者の正当防衛を認めず、現状の犯罪者を庇いそうだから、始末に悪い。

電磁波レベルから推定すると、自衛無き人なら、とっくの昔に倒れている位の、悪質な事件なのだが)』・・・。

|

民主党政権は、何故「デタラメ外交なのか?」・・・。

『「民主党政権の政治は酷い」。「はっきり言って、内政・外政とも、ダメだった自民以下である」。

「自民は、ダメ・・・。民主は、もっとダメ。」である。

「政界再編して、まともな人々のみが寄り集まる事」抜きには、

「日本の国政の正常化」はあり得ない。

「民主党の政治が自民よりもっとダメなのは、何故か・・・?」

そのヒントになるのが、

民主党内にある

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」などの議員連盟だ。

元々、「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」の様に、

「在日韓国人>一般日本人等の政治判断の下」で

「政治を行いたがっている人々」が

「民主党には数多くいる」のである。

因みに、「菅総理の後の総理かも?」と言われている「前原氏」も

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟のメンバー」であり、

「何故か、韓国語がベラベラ」なのだと言う』。

『「日本の国政が弱体化」していれば、

「韓国は、漁夫の利が得られる」。

「在日外国人で、母国に子どもを持ち、年に二回も会いに行ける」のは、

「韓国等近隣の外国の人々」であり、

「その様な人々の子どもにまで日本の血税で子ども手当てを配った事」も、

「確信犯」だろう』。

『「何処かの似非右翼的報道」では、

「在日韓国人・朝鮮人は、本国への帰属意識が低い」等という「嘘」を「書いていた」が、

「在日は言うに及ばず、帰化しても尚、朝鮮>日本」というのが、

「決して少なく無い数の朝鮮系の人々の判断基準」である事を、

「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」の存在等が「実証」している』。

『「日本国の政治」は、「日本>外国の人々が行うべき」である。

「外国>日本の国会議員等」を、

「無用心に、余りにも数多く、当選させてしまってはいけない」』。

|

今、行うべきは「尖閣ビデオ流出犯の特定」では無い「失政だらけの民主党菅政権を終わらせる事」だ・・・。

『「本来なら」、「事件が起こった時に直ぐ公開されるべきだった尖閣ビデオ」。

「それを、ワザワザ非公開にする」という、

「国民と共にある民主主義国家の政権」では「無く」、

「国家指導者が国民を操る独裁政権国家的手法を用いた」のが、

「民主党菅政権」であった。

この少なくとも上辺では「自由主義や民主主義を謳っている日本国」の「政治」として、

「明らかにミスマッチで異常な政権運営」を「行い続けている」

「間違った政権」を「頂き続けている事の実害」は、

「本当に異常な程多大」である』。

『「今、一番優先されるべき」は、

「政界再編~解散~総選挙」であり、

「間違った政権運営を正す事に貢献している、尖閣ビデオの流出犯の特定」では無い。

「現行法で違法行為」だから、「厳しく取り締まり」、

「現行法で違法にならなければ」、「無実扱い・・・で、否摘発者は大手を振る・・・」、

というスタンスで物事を処理すれば、

「今回の尖閣ビデオの流出犯は厳罰」で、

「小沢氏の様な人が、大手を振る・・・」事となる。

「その様なスタンスで物事を処理しようとしている人々」が、「どちらの方向を向いているのか?」は、明らかだ』。

『「不備だらけの現行法を金科玉条の如く扱う現実逃避」的態度を、

「多くの一般国民が望んでしまう事」は「非常に危険」である。

本来、「今時の法律」とは、「科学的整合性が問われるべき、一般国民の為の道具」であり、

「立法権を持つ権力者が一般国民を操る為の道具」では無い。

「現行法に過剰に拘る事」は、

「現状で立法権を持っている者に過剰な権力を与えてしまう事と同じ」なのだ。

「多くの一般国民」が、「現行法と科学的現実との矛盾を指摘」し、「一般国民の要望で現行法を是正させ続ける事が重要」であり、

「その為」にも、「今回の様な事件に際して」は、

「一般国民の声」が、「向かうべき方向」を「示さなければならない」。

「その様な、一般国民レベルでの自主性」が無ければ、「民主主義とは成り得ない」。

「平和ボケ」や「政治嫌い」や「愚民化」等々で、「一般国民の声を削ぐ」一方で、

「自分たちが決める現行法」を「いい訳」に、

「法律で一般国民を操る社会」を容認し続ければ、

「日本も、直ぐに、中国共産党下の中国のような、

検閲等の情報制限と国家権力者の判断による死刑等々が花盛りの

独裁支配国家とされてしまう」』。

『「今、民力が問われている」。

「テレビ・マスコミ等の情報に操られず」、

「一般国民が自分自身の判断を元に声を上げ続ける事が重要」なのだ』。

『「今回の事件処理」で「本当に必要」なのは、「流出犯の特定では無い」。

「尖閣ビデオは、当たり前の処理として、最初から公開していれば、流出犯は生まれていない」のだ。

「公開しなかった民主党菅政権の方が異常な程質が悪かった」のである。

「ダメだった自民よりもっとダメな民主党政権を早々に終わらせ」、

「政界再編で作られた、普通に国家運営が出来る政権に、政権交代させる事」である』。

|

「尖閣ビデオ英断公開」ではっきりした「ならず者」を「英雄扱いした」中国共産党問題・・・。

『「民主党菅政権による尖閣ビデオ一部公開利権」も「吹っ飛ばした」、「尖閣ビデオの英断流出」。

「民主党菅政権のお粗末な対応」に「憤慨していた多くの一般国民」にとっては、

「今回の流失事件」は、

正に「正義のヒーローの出現」だ』。

『「テレビ等でも繰り返し放映されている尖閣ビデオ映像」から、

「ハッキリした事」は、

「明らかに中国船が意図的にぶつけている実態」と、

「中国船の乗組員の落ち着きぶり」である。

「普通の民間漁船」なら「船同士の衝突」は、

「自分たちの命にも係わるかも知れ無い重大事態」だから、

「大慌てして、避けようとする」筈だが、

「今回の中国船の場合」は、

「まるで、全乗組員が統率の取れた工作員であるかの如く」、

「見事な落ち着きぶり」で、

「船のぶつけ方」も「自分たちの船が、沈没する事が無いように、計算されたぶつけ方」としか思えない「ぶつけ方」だ。

「意図的に、衝突させる事」で、「事件を作り出している」その手法は、正に「工作活動」である』。

『何処の国でも「意図的に船を衝突させたならず者」なら、

「相応の厳罰が当然」だが、

「中国共産党の場合」は、「日本側の不適切な釈放後の船長」を「英雄扱い」した。

まるで、「中国共産党が指令した工作活動」の「功績を称える」かの如く・・・』。

『「ビデオ流出後」の「民主党菅政権の対応」も「異常」だ。

「今までの不適切な対応を真摯に反省」し、「公開から明らかになった事実を基」に、

「対中共政策等を考え直す」のならとにかく、

「英断を下し、実行した、多くの日本国民にとっての正義のヒーロー」を「犯罪者扱いする事に必死」だ。

昔から、「ヒーローを悪者扱いするのは、悪者」と相場は決まっている。

「民主党菅政権の判断基準」では、「中国共産党>多くの日本国民」なのである』。

『「映像を見れば」、「普通のまともな人なら誰でも」、「意図的に船をぶつけた、ならず者を問題視」する。

「宣戦布告後の戦争中」なら「話しは別」だろうが、

「平時の暴力行為を好ましく思う人」など、「何処の国でも、圧倒的な少数派」だろう。

「今回の事件で、中国船船長を称える事」は、

「中国共産党による平時にはあり得ない工作活動」を「称えている事と同じ様なもの・・・」だから、

「その様な人の頭の中」では、「日中は戦争中」なのだろう。

「中国共産党」とは、

「今回の事例が、中国共産党の直命令に基づいたものか?否か?は別にしても、

この様な手法を用いた船長を賞賛しながら、中国共産党の保身と利権増大を謀っている組織」なのである。

「健康的な国家指導組織」なら、「ならず者には厳罰が当然」で、

「外交問題を引き起こした船長」など、

「死刑のハードルが低い中国共産党による判断」なら、「死刑でも、何の不思議も無い」。

ところが、「英雄扱い」なのだ。

「中国共産党の意図に沿った行動だった」から、「ならず者的行動でも、英雄扱い」なのである。

「中国共産党や、朝鮮現状権力者と、日本との間」では、「戦後、公言されていない戦争が行われている」のだ。

「情報・教育工作は言うに及ばず」、

「日本国内の政治・マスコミ・大企業・教育・病院等々、

権力や要職にそのスジの人脈が入り込み」、

「工作活動的手法」で

「日本の利益や安全等々が、奪われ続けている」のである。

一般日本人の「平和好き」は、「良い事」だが、「平和ボケ」は、「悪い事」である』。

|

民主党政権ご用達、テレビ族ずらりの「検察のあり方諮問会議」問題・・・。

『「大阪地検の元エースによる自爆テロ」&「テレビ・マスコミの検察問題論の大合唱」により、「大問題化されてた検察」について、

「更なる追い討ち」をかけるべく、

「民主党政権」は、「検察のあり方諮問会議」なる「検察改造を目的とした団体」を仕掛けている。

しかも、「その諮問会議のメンバー」は、

「法制度や捜査手法」の「科学化・現代化」より前に、

「取調べの可視化」を「異常に、強く訴えていた」様な

「テレビ常連組み」が「ずらり・・・」なのだ。

「座長」も、「同様」の「千葉前法務大臣」である。

既に、「最初から、結論ありき・・・の工作活動的様相」を「露呈」している。

オマケに、現民主党政権の政府のお偉いさん(柳田法務大臣)が、

「すみやかな結論が得られる様に、スピード感を持って、仕事を進める」旨まで、

述べている』。

『「最近のテレビ・マスコミ等による問題提起の内容」や、

「民主党政権の行おうとしている物事」の「多く」は、

「犯罪者側を有利にする為の仕事にしか思えない様な物事」が「多過ぎる」。

「今、日本では、犯罪者側>警察・検察の人々」が「権力を握りしめてしまっている」のだ』。

・・・・・・・。

『「テレビ・マスコミ・芸能界等」は、「暴力団等との繋がりも深くなり易く」、

「実際」に、「暴力団等は、芸能人等の弱みを握ったり、覚せい剤等の手段」で、

「表に出せない強い繋がり」を「裏で、芸能人等と結んでいる」。

毎日の様に、「上辺では、正義面」して「テレビ等」で、

「一方的に」「偉そうに」、

「大した事でも無い事をほざいている」

「テレビ等ご用達コメンテーター等」も、

「取調べの可視化」等の「論調」から「みても明らか」な様に、

「警察・検察では無く、暴力団等が有利になる論」を「風潮」している。

「その様な状況」からも、

「テレビ・マスコミご用達コメンテーター等」も、「芸能人と同様」に、

「警察・検察よりも、暴力団等の方に近い」事が「容易に推定出来る」。

「検察のあり方諮問会議」に「名を連ねている連中」とは、「その様な連中」なのである』。

・・・・・・・。

『「民主党政権」は、「本当に異常」だ。

「デタラメな外交」で「日本の国益を大きく損なっている」ばかりでは無く、

「内政」でも、

「大金持ち」にも、「外国にいる外国人」にも、

「日本の血税をばら撒く、

日本国民の子どもを増やす事には大して貢献しない、

子ども手当て」や、

「国内の中小零細製造業を潰す為としか思えない、

雇用状況も悪くしている

円高放置」等々、

「余りに酷い政治実態」である』。

『「検察のあり方諮問会議」を急ぐ理由は、

「お仲間、小沢氏等の為、なのでは?」と思った人も少なく無いだろう。

「小沢氏等、民主党要人のお仲間感覚」は、

「民主党員&朝鮮人(在日も含む)&中国共産党>一般日本人なのでは・・・」と

「感じている人々」も少なく無い筈だ。

「其処にある」のは、「善人か?悪人か?」では無い。「お仲間か?否か?」である。

「そんな公党」は、「日本の国会に必要無い」。

「民主党政権」は「一刻も早く終わらせるべき」である』。

|

「丸ごと一人の死生観」と「闇にもぐってしまう性犯罪」の深い関係・・・。

『「現状の日本」では、「性犯罪の多く」が「表に露呈しない」。「それは、何故か?」

「丸ごと一人の死生観を抱いている人」の「感覚」では、

「性犯罪等で人が傷つけられてしまった場合」、

「その人、丸ごと一人が傷モノになってしまった」様な「感じ」を「得てしまいがち・・・」だ。

もちろん、言うまでも無く、「それは、大きな誤り」である』。

『「現実」として、「人の誕生・死」は、「細胞ごとに起こっている」。

だから、言うまでも無く、「性犯罪」でも、「傷害犯罪」でも、

「被害者は、細胞ごとの新陳代謝」で、「相応の快復」を行っている。

「実態により近い、細胞ごとの死生観」が「主流になれば」、

「性犯罪」でも、

「被害者も、社会全体」としても、

「傷害犯罪と同様」と「感じる人」が「主流になっている筈」だ』。

『「傷害犯罪の被害者」となってしまって、「警察等に訴えない人は、稀」だろう。

同様に、「性犯罪」でも、「警察等に訴えない人」は、「稀になる」』。

『「傷害犯罪の被害者」となってしまい、「怪我してしまった人」を、

「傷モノ扱いする様な愚かな人」は、「どれだけいるだろうか?」

「その被害者」が、「例え、プロのスポーツ選手」の様に、

「身体が重要な仕事を行っている人」でも、

「その様な愚か者」は、「圧倒的な少数派」だろう』。

『「精神・心理面」では、「どうか?」

「丸ごと一人」を「抱きしめている人々」は、

「自分が理解出来るから、恥ずかしいとも、いけないとも思っていない物事」は、

「丸ごとの理解」を示し、

「性の様に、自分の中で、未消化な要素があるが故に、何処と無く恥ずかしく思い、何処と無く、オープンにするのは、いけない事と思い込んでいる物事」は、

「丸ごとの否定」をしがちになり易い』。

『「その様な現実離れした概念」がもたらしている「自らの未熟な悪態」から、

「自分を解放する」のが、

「現実把握」だ。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返している人間の実態」を「ちゃんと現実把握する」なら、

「自分の未熟な、心や思いの問題」を「乗り越えて」、

「性犯罪」と「傷害犯罪」の「実体的同様性」が「優先される」筈である。

「傷害犯罪の多く」が「訴え」られ、

「性犯罪の多く」が「闇にもぐらせられている現状」は、「異常」である。

「生きている人間」は、「細胞ごとに新陳代謝している」からこそ「存続出来ている生物」なのだ。

「性犯罪」でも、「傷害犯罪」でも、

多くの場合「身体的怪我は治る」のである。

そして、「犯罪行為で怪我をさせられた事」は、「遠慮無く訴えるべき」である』。

『「精神的怪我」は、「どうだろうか?」

「精神とは、実態的には、脳や心臓の記憶細胞や、神経細胞の働きによって活動・認知」され、

「よく活動する精神状態に関連する神経細胞」が「より強化」され、「より活動・認知し易くなる」、

「人体細胞の生理作用」である。

「怪我をした時」、

「怪我が治る事もしくは、怪我の無い状態」に「興味を持ち」、

「怪我が治った後」は、「その怪我自体は、忘れるくらいに、その怪我自体には無関心になる事」、

そして、「新たな怪我をしない様に、対策をし、普通に用心する事」が、

「怪我の治りや、その人のその後の人生にプラスになる」事を考えれば判る様に、

「負の体験等の反復学習は避け」、

「怪我を治し」、

「新たな同様の事件・事故を防ぐ為にも、

無用心だった場合なら、普通に用心し、

犯罪行為自体は、

訴え、

犯罪者には相応の処罰を求め、

法の不備があれば、是正を求める」等の

「前向きの対策」が「有効」である。

「人間、誰しも、心に傷を負わされてしまう」と、

「防衛反応が、自己の特別性を呼び起こし」、

「自分を特別な立場に置く負の体験」の「反復学習」を行いがちになり易い。

そして、「そんな状態」を「周囲に認めさせたくなり」、

「病床利得を養いたがってしまいがち・・・」にもなる。

「過去の負の体験に、過剰な程に縛り付けられてしまう後ろ向きの問題処理」を行ってしまうと、「その様な道にはまり込み易い」のだ。

「過去の負の体験」は、

「怪我を治す為に必要な実態把握」や、

「犯人を捕まえ罰する為等に必要な実態把握」等を、

「ある意味、ドライに、事務的に行う」に留め、

「精神・心理の問題」では、「後ろ向きの処理では無く、前向きの処理をする事が重要」である』。

『「性犯罪撲滅」の為にも、

「多くの人々」の、「丸ごと一人の死生観」から、「細胞ごとの死生観」への「正常進化」と、

「色々な事件・事故等に対する実体・実態把握情報・教育」の「普及」は、「重要」だ。

「性犯罪被害者たち」を、「タダ単に、視聴率アップの為の話題提供」程度で、扱っている様な、「稚拙なテレビ番組」等は、「早々に駆逐されるべき」である。

「今時のテレビ番組」なら、少なくとも、「細胞ごとの誕生・死という人体の現実」を「広報」し、

「性犯罪被害者たち」は、「怪我をさせられてしまった人であっても、傷モノでは無い」旨くらい「広報するべき」である』。

『「性犯罪被害」も「傷害被害」と同様に

「遠慮無く訴えるべきである」。

「稚拙で、未熟な世間の目があるとしても」、

「出来が悪いのは、稚拙で未熟な世間の目や、

その様な状態を放置している事に手を貸している情報・教育等の方」である。

「何事でも、出来の悪い方に合わせてしまっては、ロクな結果が得られない」。

「未熟な現状日本社会」でも、

「性犯罪を傷害犯罪と同様に思い、遠慮なく訴える、健康的な人々」の「応援団」は、

「少なく無い筈」だ』。

|

小沢氏が国会答弁から逃げる訳・・・。

『「検察の判断」では、「不起訴」だった「小沢氏の問題」・・・。しかし、「不起訴=無実、もしくは、無罪、では無い」事は、以前から何度も指摘している。

「今、検察審査会で問題となっている問題にしても、現行法では、有罪とするのが、検察判断で困難となる程、し辛い」のは、「現行法に連座制が無いから」で、

「現行法に連座制があれば、小沢氏はとっくの昔に、逮捕~起訴されていた筈」である。

「法律の不備をいい事に無実・無罪を訴える事」は、

少なくとも、「立法府の人間である国会議員の資質として、大いなる疑問符が付く」。

オマケに、「小沢氏」には、

「その他」にも、「政治と金の問題は言うに及ばず」、

「在日韓国人の団体である民団と、

日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を約束した、

朝鮮>日本という政治姿勢の問題」や、

「天皇陛下と中国共産党要人の異例の面会という、

中国共産党>日本という政治姿勢の問題」等など、

「多々の問題」が「在る」』。

『それにしても、小沢氏は、往生際が悪い。

「司法での問題になっている事を立法府で論議する事は好ましく無い・・・」等と、

「立法府の人間」が、

「司法上の問題の議論から逃げる事」は、

「不備だらけの現行法の是正が不十分な問題とも密接に結びついている」

「出来の悪い言い訳」である。

「公開性云々の出来の悪いいい訳」も「述べていた」が、

「公開性の問題」なら、「証人喚問等を公開すれば良いだけ」だ。

「何故、それ程までに、国会での公開証人喚問等を嫌うのか?」

言うまでも無く、「裁判での争い」となれば、「現行法上の争い」となる。

「裁判での争いだけ」なら、「検察が不起訴判断をしている様な物事」だから、「小沢氏側も、大丈夫と踏んでいる」のだろう。

そんな状況なら、「公開」も「差し支えない」・・・。

しかし、「国会での公開証人喚問等」となれば、「話しが違って来る」。

「現行法など関係無しに、質問の雨嵐・・・となる可能性大」であり、

しかも、「証人喚問ならば、偽証罪まで適用される」。

「公開証人喚問の拒否」は、「そんな状態での公開は、困る」と言っている事と同じだ。

つまり、「小沢氏」は、

「自分が勝てそうな争いなら、受け、公開もかまわない・・・」が、

「負ける可能性がある争いからは逃げている」のだ。

「自らの問題」で「この様な態度を取る{小物の国会議員}」など「今の日本に、全く必要無い」。

「小沢氏は、公開証人喚問に応じないのなら、議員辞職するべき」である』。

『「民主党」も、「小沢氏が、公開証人喚問に応じない」のなら、

「離党勧告や除名等の党としての懲罰をするべき」だ。

「多くの一般国民が注目している問題」で、「公党としてあるべき態度」さえも示せ無い様な、

「小沢の下の民主党」なら、

「多くの一般国民が、そんな政党は不必要だと判断する」のが「当たり前」だ。

「今回の問題」は、

「政治倫理審査会等での答弁」という「実質的な誤魔化し」で、「ガス抜き」が出来れば、

「終わってしまう様な問題では無い」。

「公開証人喚問」での「小沢氏の答弁」に、「多くの一般国民」が「納得」出来なければ、

「小沢氏が政界から退くまで、終わる訳の無い問題」だ。

「小沢氏」も「逃げない」と言うのなら、「公開証人喚問に応じるべき」である』。

『「強制起訴される事が決定的だから、議員辞職し、年齢も年齢だから、政界から退く・・・」等と言うのなら、「未だ、話しは解る」が、

「国会での答弁は、拒否。裁判所で・・・」では、

「現在の国会議員」として、

「明らかにお粗末過ぎる」。

「お粗末な態度」を「露呈し続け」、

「張りぼての威光」さえ「どんどん薄くなっている小沢氏」の「周り」からは、

「チルドレンたちさえも、ボロボロと剥がれ落ちている」のが「実状」なのだ。

現状では、

「全く政治信条が違うたちあがれ日本の与謝野氏」から、

「敵に塩を送るような同情的態度まで取られている程」、

「小沢氏」の「{張りぼて(=事実・現実との整合性が無い、上辺だけの)}威光」は、「衰えている」』・・・。

|

「ポイントカードは店に預ける・・・」本当に、芸能人には、厚顔無恥の図々しい人が少なからずいる様で・・・。

『「何となく、フジテレビを点け続けていたら、トクダネとその次の番組」で「何と、二人も、芸能人が店にポイントカードを預けている旨」告白していた。

「店側」からすれば、「有名人であるがゆえに断り辛い事態」を、

「平然と無理強いしている様」は、「正に醜悪」である。

「どんな人のポイントカードでも預かる店」なら、問題無いが、

「そんな店なら、わざわざポイントカード自体を発行する事も無い」筈だ。

明らかに、「芸能人側からの持ちかけ」で、

「店側が有名人を特別扱いする事で、有名人利権のオコボレを頂戴しようとしている」様な事態、

もしくは、

「店側が、嫌々でも有名人だから受けざる得ないパワハラ的な事態」を

「招いている」』。

『そんな「常人離れした、図々しい、醜悪な連中」が「常連」として、「テレビに出続けている」のである。

「そんな情報を一方的に、無用心なまま、見せ付けられ続けている一般視聴者」が、

「上辺の明るさ・柔らかさ等に騙され」、

「無用心にそんな情報で、自分を染めさせ」、

「愚民化・悪人化等されてしまっている」のが、「現状」である。

「精神的もしくは、実際に、子ども」なら、

「そんな芸能人たちとの同一視や雰囲気学習等」により、

「同様」の「醜悪なほどの図々しさ」を」「身に付けてしまっていたり・・・する」のも「ある意味当然」なのだ。

「モンスター○○」が「生まれてしまう原因の一端」は、「間違い無く、この様なテレビ情報にある」。

「毎日の様に、何処の局でも、同様の顔」

「芸が無いけど、人脈ゆえに出続けている芸能人」

「大枚という覚せい剤の宣伝」

「本来は、{実体経済離れのお金を大量に一部個人が抱き占めてしまっている悪の状態}である大金持ちの公然化」

「○○ドリームという象徴がもたらす現実逃避」

等々を、

「一方的に見せ付けられ続ける」に付け、

「多くの一般視聴者」の「少なくとも潜在心理上」では、

「今の世の中、

今の世の中で権力のある人に認められさえすれば、

オイシイ立場が得られ、

大枚という覚せい剤も手に入るのだ・・・」「そして、それこそが、成功者の人生だ・・・」等々と、

「病的な心理が構築され」

「知らず知らずの内に、

実際の人間社会/自然界等々をどんどん破壊する方向に、

力を加えさせられるように、

仕向けられている」のである』。

『「日本の情報・教育」は、「早々に健康化されるべき」である。

その為にも、「現実離れした不健康な情報・教育」を「平然と流し・行い続けている現状の人脈」は、「早急に入れ替えられるべき」である』。

『「毎日の様に、何処の局でも同じ顔・・・」等は、「直ちに止めるべき」である。

「厚顔無恥の図々しい連中」など、「絶対にテレビ出演者の常連にするべきでは無い」』。

|

水嶋ヒロの大賞小説の中身・・・。

『「命がテーマ」だと言う、ポプラ社の懸賞応募小説で大賞となった、「水嶋ヒロの小説」・・・。

「芸能人である事を伏せていた」とか、

「懸賞金(2000万)辞退」とか、

「やらせや、仕込みではないのか?」とか、

・・・周辺事情で騒がしいが、

筆者としては、「命がテーマ」なら、

「旧来からの、丸ごと一人の死生観に基づいた、大衆愚民化小説なのか?」

「現代相応の、細胞ごとの死生観に基づいた、命論なのか?」の

「一点だけが、気になる」。

「大衆愚民化小説」なら、「ポプラ社」も、「大衆を愚民化状態で塩漬けにする為に、有名人頼りで、新たな仕込みを行いたい様な、質の悪い組織」なのかも知れないし、

「現代相応の情報の大量配信」なら、「ポプラ社は、時代相応のちゃんとした出版社」という事になる。

「現時点での、水嶋ヒロの実体」も「同様」になる。

「果たして、実態は・・・」』。

|

北方領土問題・・・。

『「民主党菅政権の外交オンチが招いた」「ロシア大統領の北方領土訪問」・・・。

「先の大戦末期、日本側の敗戦が確定的になってから、

日ソ中立不可侵条約を一方的に破棄(もちろん国際法違反)し、

玉音放送日以降の戦闘行為まで行って不当に略奪・実効支配しているままの日本国の北方領土」。

「ならず者の論理による不当侵略・略奪等」の「精神構造」は、

「中国共産党や朝鮮現状権力者と何ら変わりが無い」。

「日本が領土として管理を始めた時には、

王朝存在地周辺くらいにしか近代的な経済システムすら無かった状態で、

竹島の様な離れ小島の管理能力などある訳もなかった韓国による

戦後の竹島への不当侵攻~不当支配」も、

「旧ソ連の北方領土への不当侵攻~不当支配と同様」である。

「元々、清時代には、管理能力などあり得なかったが故に、

管理能力を有していた日本の領土となった尖閣諸島」に

「在り得ない領土問題」を持ち出し、

「強権で奪いとろうと画策している中国共産党」も「同様」だ。

「不当略奪している/しようとしている実態を自国内等で誤魔化そうとする」と、

「必要になる」のが、「嘘の歴史教育等」である。

「中国や朝鮮」の「反日教育」や、

「日本の人材・資産・技術による朝鮮内の急速な近代化であり、朝鮮側が国の存続の為に必需だった日韓併合を日本による植民地支配と教えている嘘教育」と「同様」に、

何と、「ロシアでは、日本に侵略~略奪された北方領土を取り返した・・・と嘘教えている」のだと言う・・・』。

『「事実・現実を基本にする科学技術がコレ程発展している21世紀の今日」、

「未だに、事実無根の嘘論理に基づいて」、「国政までもを行おうとしているそれらの国々の国家指導者たち」は、

「丸ごと一人のあの世を信じているおバカ状態」と「同様」の

「現代人とは言えない古代人的状態人々」なのだ。

「古代人に指導され」「それを素直に受け入れ続けて」いれば、「時代遅れになるのも当たり前」である。

「そんな国家指導者たちを頂いてしまっている」、

「それらの国々の一般国民」は、「ある意味では被害者」である』。

『「現実離れが人類滅亡を招いている」のだ。

「領土問題は、国際法上等の現実通りに処理するべきである」。

「ロシアは、旧ソ連時代の、中立不可侵条約を一方的に破棄し、日本に侵攻した事等を詫び、相応の補償を行うべきである」。

「北方領土の返還は、当たり前の話し」だ。

「韓国」も「竹島への不当侵攻」を「詫び」、「相応の補償を行うべき」である。

「中国共産党は、自国民の大量殺害まで行っている歴史と共にある」のだから、

「ならず者の論理から抜け出せる訳も無い」。「中国は、早々に民主化されるべきである」。

「北朝鮮については、もはや、言うまでも無いだろう」』。

|

家の中の情報を丸取りした後の緊縛強盗・・・。

『先日、「80歳にもなる老女の家に緊縛強盗が入り、金庫等、金目のあるところを重点的に探した後、約1千万円もの現金等を盗んで逃げた・・・」というニュースがあった。

この事件で、「非常に大きな問題の一つ」は、「まるで家の中の情報が全て、判っているかの如き、犯人たちの犯行実態」である』。

『「以前の様に、鍵にならない鍵がほとんどの家々に付いていた時代」なら、

「鍵にならない鍵を開けて、中にある鍵を持ち出し、コピーを作り、コピー鍵で何度でも忍び込んで情報を盗み取っておく・・・」等の「手法」が「主流だった」が、

「現在では」、「電磁波を悪用し、レーダー技術を用いた盗撮的手段で、家々の中の情報を盗み取る事」が、「意外な程簡単に出来てしまっている」のだ。

例えば、「数十メートル離れた車の中から、家の中を盗撮する事くらい簡単な程、現在の科学技術は進んでいる」のである。

「犯罪を行っている方」は、

「盗撮技術と、電磁波レーザーまで使って、

ターゲットの金銭・財産・プライバシー・健康・命まで奪っている実態が在る」のに、

「警察の方」は、「現代化がずっと遅れている」のだ。

「早急な対策が必需」だが、

「取調べの可視化等、犯罪を行う方を有利にする事に熱心・・・」な

「民主党政権下では期待出来ない」。

「自主防衛」として、

「鍵の対策はもちろん、電磁波悪用防止対策まで必要」なのが、

「日本の現状」である。

例えば、「隣の部屋や、上下の部屋と、自分との間等に、1ミリ~数ミリのアルミ板を置くと、マイナスイオン発生器のようになる場合は、危ない・怪しい電磁波の存在が在る可能性大

(覗き見に悪用している電磁波である場合が多いので、相手がアルミ板の存在に気付くと、スイッチを切ったり、場所を変えたりする事も多々ある。ちょっとでも、怪しい時は、徹底調査が必需だ)

」だ。

そんな場合は、「電磁波が来る方向を全て隙間無く数ミリ程度のアルミ板で塞ぐ、

光が必要なら、生理食塩水の入った水槽でも置く、しか無い」が、

「結構お金もかかるので、迷惑」なのだ。

「電磁波使用」でも、「覗きは覗き」であり、「プライバシーの侵害」だ。

「その上に、特定の人(例えば、父親なら父親だけ)の特定の場所(頭なら頭だけ、心臓なら、心臓だけ、首なら、首だけ、腎臓なら、腎臓だけ・・・等)を狙って、執拗に電磁波レーザーを当て続けていれば、特定の人は、体調不良等になるから、傷害罪」にもなる。

「運悪く、腎不全やガンや心不全や脳卒中等にでもなり、早死にすれば、殺人罪が適用されるべき」だろう。

「警察」は、「もっと現代化を頑張り、ちゃんと現代相応の捜査・摘発を行うべき」である』。

|

尖閣ビデオ公開問題・・・。

『「極一部の国会議員にのみ」、「編集後の極一部を公開した」、「尖閣ビデオの公開」・・・。

「この様な手段で利を得るのは何処か・・・?」を考えれば、

「現民主党菅政権が、日本国の国政を預かりながら、何処の誰の為の政治を行っているのか・・・?」も「明らか」だ』。

『言うまでも無く、

「この様な、情報公開を絞る事から利権を生む手段」で

「利を得る」のは、

「情報の公開をしきっている人々・・・今回の場合なら、菅政権」と、

「その情報を公開されては困る人々・・・今回の場合なら、中国共産党」と、

「公開情報に触れる事が出来た人々・・・今回の場合なら、極一部の国会議員」に他ならない。

実際に、「民主党、菅政権」は、

「本来なら、当初から直ぐに全面公開で、全世界に広く、中国のやり方の酷さを訴えるべき事例」の

「公開を渋る事」で、「中国共産党に恩を売り、ワザワザ面倒になる人寄せ話題を製造する事で、小沢氏等の問題を先延ばしにしたりしながら、政権維持の手助けにし」、

「中国共産党」は、

「中国人(実際は、共産党の特命と推定される)による乱行の全世界公開が、行われない事で、中国の治世組織としての権威が保て」、

「公開情報に触れる事が出来た国会議員」は、「各テレビ・マスコミ等からのラブコールの嵐」だ。

「一番の問題」は、

「普通に、健康的に、事件直後に全面公開」を「行わなかった事」により、

「中国共産党に突け入る隙を与えてしまい、日本の国益を損ね」、

「他国人脈の工作活動に対するお粗末さを露呈する事(=他国人脈の工作活動は、ロクな摘発は行いませんからご自由に、と言っている様なモノである)で、

一般日本国民の安全を損ねている事」なのだが!』

『「日本国・日本国民の益や安全を損なうような政権」は、

「一刻も早く終わらせるべき」である」。

「心ある国会議員」は、「政界再編~解散~総選挙を急ぐべき」だ』。

|

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »