« 笑えるぞ!「菅政権批判の日刊ゲンダイ」・・・。 | トップページ | 家の中の情報を丸取りした後の緊縛強盗・・・。 »

尖閣ビデオ公開問題・・・。

『「極一部の国会議員にのみ」、「編集後の極一部を公開した」、「尖閣ビデオの公開」・・・。

「この様な手段で利を得るのは何処か・・・?」を考えれば、

「現民主党菅政権が、日本国の国政を預かりながら、何処の誰の為の政治を行っているのか・・・?」も「明らか」だ』。

『言うまでも無く、

「この様な、情報公開を絞る事から利権を生む手段」で

「利を得る」のは、

「情報の公開をしきっている人々・・・今回の場合なら、菅政権」と、

「その情報を公開されては困る人々・・・今回の場合なら、中国共産党」と、

「公開情報に触れる事が出来た人々・・・今回の場合なら、極一部の国会議員」に他ならない。

実際に、「民主党、菅政権」は、

「本来なら、当初から直ぐに全面公開で、全世界に広く、中国のやり方の酷さを訴えるべき事例」の

「公開を渋る事」で、「中国共産党に恩を売り、ワザワザ面倒になる人寄せ話題を製造する事で、小沢氏等の問題を先延ばしにしたりしながら、政権維持の手助けにし」、

「中国共産党」は、

「中国人(実際は、共産党の特命と推定される)による乱行の全世界公開が、行われない事で、中国の治世組織としての権威が保て」、

「公開情報に触れる事が出来た国会議員」は、「各テレビ・マスコミ等からのラブコールの嵐」だ。

「一番の問題」は、

「普通に、健康的に、事件直後に全面公開」を「行わなかった事」により、

「中国共産党に突け入る隙を与えてしまい、日本の国益を損ね」、

「他国人脈の工作活動に対するお粗末さを露呈する事(=他国人脈の工作活動は、ロクな摘発は行いませんからご自由に、と言っている様なモノである)で、

一般日本国民の安全を損ねている事」なのだが!』

『「日本国・日本国民の益や安全を損なうような政権」は、

「一刻も早く終わらせるべき」である」。

「心ある国会議員」は、「政界再編~解散~総選挙を急ぐべき」だ』。

|

« 笑えるぞ!「菅政権批判の日刊ゲンダイ」・・・。 | トップページ | 家の中の情報を丸取りした後の緊縛強盗・・・。 »

政治」カテゴリの記事