« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

刑事被告人小沢氏を庇う人々・・・。

『「民主党国会議員小沢氏は、強制起訴され刑事被告人になった」。ところが、「早速、離党も議員辞職もしない旨、お仲間の韓流テレビ・マスコミ等を使って、大宣伝している」。

「一般人の刑事被告人の言い分が、これ程、テレビ・マスコミ等で宣伝させるのか?」を考えれば誰でもわかる通り、

「明らかな異常事態」だ』。

『「テレビ・マスコミ等は、

刑事被告人の言い分を宣伝している暇があるのなら、

他に多々ある本質的に人類の為になるニュースでも

報道・宣伝するべき」である』。

『「小沢氏の言い分の宣伝を一方的に見せつけられた一般市民」の一部は、

「勘違いさえしてしまう」かも知れないが、

「検察審査会による強制起訴」とは「法律の専門家では無い、一般市民の、感覚による強制起訴」であるからこそ「価値が在る」。

「検察による不起訴&一般市民感覚による強制起訴という事態」は、

「現行法や現状の捜査・摘発体制等々の不備を指摘している様なもの」である。

「例え、現行法で罪に問う事が困難でも、

一般市民感覚では、明らかに異常だから、

強制起訴となっているのが、

小沢氏の実態」だ』。

『「小沢氏の政治と金の問題は、強制起訴分だけでは無い」。

「自民党幹事長時代に、小沢氏が主導して発行した国債は、400兆を超えているとも言われている」。

「日本の財政赤字の源泉の約半分は、小沢氏が主導したと言っても良いような状態」なのだ。

「新党を結成し、政党助成金を受け取り、新党を解散した後、

本来なら、国庫にでも返還すべき政党助成金を

党の代表権を持っていたからと握りしめ続け、その後の使途等が???になっている問題」も言われている。

「何れも、現行法や現行の捜査・摘発体制での起訴は困難な様子」だが、

「どちらも、日本国民に対する背信行為と言えるような物事」だ。

「建設業界との繋がりの濃さからも、その他にも、現行法&現状の捜査・摘発体制では起訴困難な、色々なお金の問題」も言われている』。

『それだけでは無く、

「在日韓国人の団体である民団と

日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を約束した

韓国・在日韓国人等>日本という

日本の国会議員としては不適格と言わざるを得ない政治実態や、

中国共産党要人の為に、皇室の慣例まで捻じ曲げた、

中国共産党>日本という

日本の国会議員としては不適格と言わざるを得ない

悪の実績」まである。

それだけでは無く、

「与党民主党幹事長時代には、強権独裁的政治手法が、国民からも、党内からも嫌われた程」だ』。

『「これだけ、材料が揃っていて、

小沢氏に離党&議員辞職を求められない様なら、

菅総理等は、仮面小沢の敵で、

実質は、小沢氏の同胞で、小沢氏と同様、

本音では、

朝鮮・在日朝鮮人>日本、中国共産党>日本という政治を

日本の国会議員の立場で行いたがっている、

実質的には他国権力者の飼い犬的工作員という事になる」。

「果たして、菅総理等の今後の行動は?」・・・。

「民主党の代表や幹事長等々が、

刑事被告人小沢氏を民主党国会議員のままにし、

議員辞職も求めないのなら、

お仲間>一般日本人」なのだ。

「民主党が、そんな政党なら、日本の為の国政が行える訳も無い。

一刻も早く、与党の座から引き摺り降ろすべき」である』。

|

日本国債問題・・・。

『「日本国債の評価が下がった」等で「テレビ・マスコミは騒がしかった」が、「日本国債の実態を考えれば、評価の問題以外の問題が露呈する」が、「何時もの如く、テレビ・マスコミ等ではロクに話しも出てこなかった」。

「日本国債の実態」とは「預貯金が出来る程度の金銭的に余裕のある人々の銀行等の預金(主として定期)等で、

銀行等が国債を買い、

国は、国債の発行で、実質的に、社会保障や公共事業等々を主として行って来た」というものである。

「その様な実態から露呈する日本国債の問題」とは、

「本来なら、ゆとり金銭に対する課税等で行うべき物事を、

ゆとり金銭を持つ者たちは少ない利息を得、

ゆとり金銭を集めて国債を買った銀行等は相応の利益を得、

国は、ゆとり金銭を持つ国民に対して受けの悪い課税制度等を行わない事でそれらの連中に対して優等生面をし続けられた」という、

「悪態による利の三分配状態」である』。

『「社会保障年金と個人年金を分けず、

個人年金部分まで国が約束した利息を払うという{餌}で大量に集金し、

大量に集金したお金で政治家・官僚たちが都合の良い事業等を行って来た、

しかも、世代間相互補助という人口増状態なら悪態が露呈し辛く、より清算が困難で、

より多くの人々を巻き込む方法をあえて採用した、

年金制度と同様の悪態」が「国債にも在る」のである』。

『「悪巧み官僚どもの唯一の失敗(もしくは、確信犯の日本崩壊工作の仕込み)は、人口政策で、

もし、日本が今でも、人口微増社会状態なら、

官僚どもの国債・年金等の悪巧みの露呈もずっと先になっていた」だろう。

ところが、「人口政策に失敗し、急速な少子高齢化となってしまった現在では」、

「悪巧み官僚どもの悪巧みの露呈は避けられない」。

そこで、「情報統制が必要になる」』。

『「悪巧み官僚ども同様」、

「短絡的な比べっこ原理主義に基づき、

利権集中による小大枚得とく立場を得た

左翼(=親中・ソ=現ロ・朝鮮現状権力者&在日外国人等)教育の優等生の同類である

テレビ・マスコミの権力者等を使って、

国債問題や年金問題の本質が露呈せず、

悪巧み官僚どもの悪態がバレず、

多くの人々の興味を在らぬ方向に逸らしながら、

日本崩壊が進む様に、

情報・工作活動が盛ん」なのだ』。

『実際に、

テレビ番組「報道ステーション」では「米国ファンドが悪い」とでも「言いたげな論調」で、

「多くのマスコミ等でも、評価が下がった事を問題にするか?否か?等」の

「本質追求回避論」なのだ』。

『「言うまでも無く、現状の日本の国債も年金も異常」である。

「国債で余剰資金を掻き集める前に、

余剰資金に対する課税により、実体経済内にお金を戻す事が大切」であり、

「現行国債システムは、

途中解約=全額国庫金にすると共に、

余剰資金が実質的に社会保障や公共事業や国債利払い等に使われた実態からも、利息分プラスαを税扱いに変換すべき」である。

「それと同時に、デフレ状態からの脱却の為にも、日銀等による通貨増刷と、労働時間の短縮による立場利権の分配等が必需」だ。

例えば、「日本国民配当金」としてでも、「全日本国民(もちろん在日外国人等は除き、在外日本国民は含む)に、一律20~30万くらい配れば良い」。

「現行の一日8時間基準&残業・休日出勤代若干アップの労働時間/報酬体系は、

例えば、一日6時間基準&残業・休日出勤代倍額以上等にし、

企業が正社員を倍する方が人件費が得になる様にするべきだ。

機械化が進み、マンパワーの必要性が低くなって来ている人間社会が、

労働時間の短縮を行わないから、

利権集中状態が起き、

本来なら、皆が以前より楽で良い生活が出来るのに、

極一部の人々が過剰な立場・報酬を得、

多くの人々が正社員の立場さえ失う様な、

歪で荒れた人間社会になってしまっているのである。

しかも、現行インチキ資本主義システムでは、実体経済内のお金も金融投資界のお金も同じ価値だから、

利権集中で過剰なお金を得た連中が、

銀行や証券・投資会社等々を通じ、

実体経済界のお金を金融投資界に回し、

金転がしで更なる大枚を得ようとしているので、

金余り状態なのに、貧困問題さえも解決出来ていないのだ」。

「自我が狭窄した、自分の実体に対する自覚無き、もしくは、不十分な、代償欲求の追及に奔走している、欲ボケ連中の悪態がもたらしている惨状」である。

「日銀に出来なければ、日銀券と交換可能な政府紙幣でも構わない」。

「悪巧み外国や悪巧み在日外国人や悪巧み仮面日本国民等々による圧力や工作活動等により、

意図的な破綻状態を引き起こさせられ、

その後に一気にインフレ状態を起こさせられるよりは、

ずっと、ずっと、ソフトなランディングが可能になる」』。

『「年金問題は、社会保障年金と個人年金を分け、社会保障年金は生活保護とセットで所得・財産等が不十分な人々にのみ税金から配り、

個人年金は基本的に民間で行うのが正しい道」である。

「人口政策の誤りから既に破綻している現行の年金制度は清算が正しい道」である』。

・・・・・・・。

『ついでに、「人口政策が何故崩れたのか?」も記しておこう。

「健康的な世代交代を不可能にした原因は、利権集中悪徳改悪」である。

「多くの若者たち等が結婚も子造りもし辛くなる状態と引き換えに、

極一部の者たちがより大枚を得易くしたのが利権集中悪徳改悪」だ。

つまり、「悪徳官僚どもや悪徳政治家どもの判断」は、

「健康的な世代交代が可能な人口状態<極一部の人々がより大枚を得易くする社会システム」だったのである。

「そんな自我が狭窄状態の病人、もしくは、確信犯の悪、もしくは、足りない人々等々に、

大権やそれに伴う過剰な報酬や有名人利権等々を与え続ける必要など全く無い」』。

『「ちゃんと清算すれば解決する物事を意図的に引き摺って、

既得権益や自らの立場・報酬を維持しようとしている醜い連中」には、

「過分な立場・報酬を与え続ける必要など全く無い」。

また、「既得権益の解消を行うのなら、

全ての既得権益の解消を行わなければ、

異常な程の不公平・不平等が生じる」。

「官僚や公務員や世襲政治家等の既得権益のみ」を

「過剰に問題視する様にテレビ・マスコミ等で大衆誘導を行い」、

「宗教利権(丸ごと一人の死生観に基づく遺骨利権等も含む)や、

{利権集中による}

テレビ・マスコミ利権や、

大企業利権や、

経営者・株主利権等々や、

血統相続利権等々を、

そのままにし続ければ、

既得権益の解消が行われなかったところに位置している人々のみが、

過剰に優位になってしまう歪な社会になるだけ」である』。

『「自分たちの既得権益維持の為の情報を立場を悪用して、一方的に大量配布している様な人々」にも「過剰な立場・報酬等々は必要無い」。

「むしろ、職権乱用等による処罰や罰金が相応しい」』。

|

祟りの多くは人為的工作活動の成果だったりする・・・。

『「未だに祟りを宣伝しているマスコミ等が在る事自体異常」だが、「祟りの多くは、祟りの存在でメリットを受ける人脈の人々が主導している実質的工作活動か、偶発的自然現象である場合が多い」。

「本当の祟り」等の「丸ごと一人の霊や人間的神の存在を示唆する物事」など「実際は在り得ない」のは、

「細胞ごとの誕生・死という人類の実態が丸ごと一人の霊の存在を否定する事」と

「古の神の実体が、その時代の示し申す者・・・つまりリーダーであった実態」からも明らかである。

「古の人々の、

色々な物事を、リーダー自身の言葉として他の人々に伝えるのでは無く、

リーダーより上に神という{完璧とも思える超リーダー像}を

{他の人々にイメージさせ}、

リーダーの言葉により説得力を持たせる{心理的工夫}は、

如何にも、人間的」である』。

『「祟りが言われているマション等なら、

祟りでメリットを受ける人脈等の徹底調査でもしてみたらどうか?」

「現代では多くの場合、その手の工作活動は、集団で、かなり綿密に行われているから、

例えば、弱毒物や摘発され辛い毒物をその集団にとって都合の悪い人が食べる飲食物に執拗に仕込むとか、

今風に電磁波レーダー&電磁波レーザー等を使って都合の悪い人の健康被害を招いたり、殺人を行ったり

等々の工作実態である場合が多い」筈だ』。

『「祟りで不健康な工作活動を誤魔化そうとする連中こそ

頭が祟られている」のである』。

|

利権集中故に過剰な報酬まで得ているテレビ局アナやご用達コメンテーター等に公務員の高報酬を責める権利など在り得ないでしょ・・・。

『あらかじめお断りしておくが、筆者は公務員では無い。もちろん公務員の味方でも無い。タダの是々非々論者である。

是々非々論として、「テレビ・マスコミ等が公務員をスケープゴード化している実態は、異常だと感じている」のだ』。

『「テレビ・マスコミ等が、公務員と言わず、天下りを繰り返している様な高級官僚下がり等と言うのなら、未だ解る」。

「多くの視聴者・読者等が、

地方{現場}公務員も、高級官僚も、天下りも、区別出来なくなっている一大原因を

ワザワザ作り出し、

実質的に、天下りや高級官僚擁護を行っている様なテレビ・マスコミ等の論調は、

明らかに異常」である。

「因みに、テレビ局会社員の平均年収は一千万以上、

所謂コメンテーター常連組の平均年収は三千万以上」であり、

「高級官僚や天下り組もほぼ同様」である。

「つまり、高級取り連中が、

高給取り連中と、

地方{現場}公務員の様な一般的な人々まで、

ごっちゃ混ぜにする情報を意図的に大量配信する事によって、

実質的には、高給取りを庇っている」のが、

「テレビ・マスコミ情報の実態」なのだ』。

『「公務員と身勝手に一括りにする前」に、

「{現場}公務員と所謂高級官僚は分けるべき」である。

そして、「テレビ出演者の多くや、大手マスコミ執筆者の多くの様に、利権集中故に可能になっている高報酬を得ている者たちは、

その高報酬額や、その高報酬の実態を公開してから意見等を述べるべき」である。

「自らの利権保護・維持の為」に、

「他の{現場}公務員までをも巻き込み、

大衆を不当な情報誘導の餌食にしている様な悪ども」には、

「過剰な立場・報酬を得る正当な権利など在り得ない」』。

『少なくとも筆者たちは、

「毎日の様に同じ顔」は「とっくの昔に見飽きている」。

「ご都合コメンテーターども」の「実体・本質から乖離した見聞きしている方が恥ずかしくなる様な似非コメント等も見聞きし厭きている」。

「醜いクズども」は、「一刻も早く、過剰な立場・報酬を返上すべき」である』。

|

戦争が起き続けている訳・・・。

『「似非平和論者」は、例えば、「戦争が起きる訳」を「支配者と被支配者の立場論に分け、軍事産業が儲ける為等の理由で戦争が起きる」旨などを、公言したがるが、「それは、もちろん、情報工作が目的」だろう。

例えば、「侵略目的で迫ってくる他国に対し、戦争も構えない様なら、その様な国は容易に他国の支配下に置かれる」。

「戦後の日本」でも

「竹島や、

尖閣諸島や、

北方領土等の問題は、

正に、国の主権に係わる{他国による侵略問題}である事は、言うまでも無い」だろう。

ところが、「戦後日本の似非平和教育・情報」は、「多くの日本国民を平和ボケ化し、他国による侵略問題までをも容認させてしまう方向へ導いて来た」。

「当然、その手の情報工作による大衆誘導には、他国権力者等による意図が有る」。

「多くの日本国民の平和ボケ化」で「メリットを受けている国々は?」を考えれば、

「その正体も丸見え」である』。

『「日本との間に、領土問題がかかっている国々」は、

「韓国を除き、旧共産圏の国々」だ。

「韓国は、上辺は民主主義だが、実態は、大権を得た権力者が大衆を支配する実質的独裁主義的で、それは、正に、旧共産圏の実態と同様」である。そして、「同じ朝鮮半島の北朝鮮は、中国同様、旧共産圏の国」である。

「つまり、中・ソ・朝等の旧共産圏の国々が、日本の領土を奪い、日本国民を支配し易くする為に都合の良い情報・教育が平和ボケ情報・教育」なのである。

「だから、

教育現場での実戦部隊である日教組等の教師たちの多や、

テレビ・マスコミ等の多くも、

所謂左翼(=親中国共産党・親朝鮮・親ソ連=現ロシア)なのである』。

『それでは、「何故、この左翼教育・情報」を「戦後日本の実質的支配者である米国権力者たちが認めているのか?」

もちろん、

「日本の軍事面を悪戯に強化させない事にも繋がる多くの日本国民の平和ボケ化は、

米国にとっても都合が良い部分もある」からであり、

「米国権力者と朝鮮権力者や中国権力者たちとの間にある密約や懐柔工作等の成果でもある」事等が容易に推定出来る。

もっとも、「戦後東西対立が激化し始めると、

余りにも、利き過ぎていた多くの日本国民の平和ボケ化が、

日本を共産圏に巻き込む危機まで起こした」ので、

「米国は、日本を東西対立の防波堤として利用すべく、

軍事面での増強を迫り、実現した」のだが・・・。

その時に、「安保反対!!!」を「連呼していた学生運動家たちの多く(一部には、もちろん、そのスジの確信犯の工作員リーダー等在り)」こそが、

「平和ボケ化・愚民化された所謂左翼(=親中・朝・ソ現状権力者たち)の操り人形」の未本である』。

『「中・朝・ロとの間」で「領土問題が露呈している現在こそ」、

「多くの一般日本国民は、過去の平和ボケ化・愚民化の情報工作に操られた愚を繰り返すべきでは無い」』。

・・・・・・・。

『「戦争の源泉」は、

「自分を自分で健康的にコントロールする事さえも出来ない者たちが、

過剰な立場・報酬等を持つ事により、

自分で自分を支配する代わりに他の者・物・事を支配する代償欲求の追求に

他の多くの人々まで巻き込んで奔走出来る様になってしまう事」である。

「未熟者に過剰な立場・報酬を与えず、産まれながらの環境格差を是正する事こそが、

平和への近道であり、

情報・教育の正常化も必需なのだ」』。

『「似非平和論者」の「多くが小沢シンパ」である事からも、

「似非平和論者たちの正体は丸見え」だが』・・・。

『「小沢の為の新たな記者クラブ」には、「筆者たちは大笑い!」だった。

「普通」に考えれば、

「年齢と

過去の負の実績(自民党権力者時代の過剰な大盤振る舞いによる日本の財政悪化・民主党幹事長時の強権独裁的政治手法等々)と

露呈している問題(外国人参政権を在日韓国人の団体である民団と約束・中国共産党要人の為に皇室の慣例捻じ曲げ・政治と金等々)と

強制起訴の問題等からも明らかな様に、

小沢氏の政治生命は実質的にもう終わっている」。

「既に終わっている状況を持つ高年齢者に{大権を持たせ続けたがり、縋る}あたり」にも、

「儒教思想の悪い影響が見え隠れ」している。

「儒教思想が大好きな国々」は「中朝の様に、儒教という宗教の論理でメリットが得られる国々」なのだ。

もちろん、「細胞ごとの誕生・死が明らかになっている今日、

丸ごと一人の死生観を基に築かれた宗教思想である儒教の現実離れぶりはかなりのものである」。

「だから、実際に、儒教やその他の現実離れしている宗教的思想に執着している文化の下で暮らしている人々の間では、

科学技術等の進化も遅く、

科学技術等の成果も、

例えば、

自分と同じ地球生命体細胞群の一塊である他の人を脅したり殺したりする為に用意・使用する等、

自虐的で未熟」なのだ』。

『「本当に世界平和を実現したい」のなら、

「宗教文化は宗教文化として、

科学的な情報・教育を

全世界的に宗教より優先させるべき」である。

「誰もが、自分の実体把握(地球生命体細胞群の一塊)をちゃんと行えれば、

最初から、自虐的な戦争など行う気も失せ、

誰もが、自分で自分を健康的にコントロールする習慣を持てば、

自分をコントロールする代わりに他の者・物・事を支配たがる代償欲求も過剰にならないから、

自ずと世界平和に向かう」のである。

「その様なベース」が出来れば、

「誰もが、超大金持ちと超貧乏等の過剰な環境格差や立場・報酬等の悪にも気付き、

悪を是正する事で健康を保つ欲動も自然と起こり、

必然的に、世界的に人間社会の環境是正欲動が生まれ、

それは、地球環境問題の解決にも繋がっている」のである。

「現状」では、

「自分の実体も???

セルフコントロールも???

本当の善悪も???

という人々が異常な情報・教育により大量に作り出され続けているから、

人間社会の異常も続いてしまっている」のだ。

「細胞ごとの誕生・死」が「示している」のは、「丸ごと一人のあの世など存在し得ない事」である。

「過剰な程宗教に毒された人々が、例えば、自爆テロ等に邁進してしまっている実態からも、

科学>宗教の情報・教育は本当に大切」である。

「宗教の実体把握」ぐらい「全ての人々が行うべき」だ。

「宗教」とは「古の人々による、考え・思いによる納得法」なのだ。

「科学技術も立証法も乏しかった当時としては、

言うまでも無く、かなりの賢人たちが、考え出した物事には違いない」が、

「当時わかっていると思えた者・物・事がベースなので、

例えば、丸ごと一人の死生観がベースだったりしている」のである。

「因みに、神とは、示し申す者である」。

「古の時代のリーダー」とでも「解釈するのが合理的」だろう』。

『「現代では、宗教自体は、もはや、伝統文化遺産で良い」のである』。

|

人類滅亡の精神構造・・・。

『「人」には、「自分が理解出来ない・わからない者・物・事等」を「嫌い、用心し」、「いけない者・物・事として扱う」、「生物的自己防衛本能」が「在る」。

「情報・教育が酷い現状」では、

「ここで」、自分が理解出来ない・わからない「者・物・事」の中に、

「自分を含めない身勝手な思い」を抱き、

「その身勝手な思いに執着しがちな人々」が「未だに数多くいる」のだ。

「それこそが、無意識レベルで人類が滅亡方向へ進んでしまっている元凶」である』。

『「意識していなくても、自分が理解出来ていない・自分がわからない事」は、

「自らの理解出来ない・わからない者・物・事を、

嫌い、いけない者・物・事として処理する本能的働きを呼び起こす」。

「古からの戦争の歴史を見れば明らか」な様に、

「人が、他の者・物・事をいけない者・物・事として判断した場合に起こす行動」の「多く」は、

「いけない者・物・事と判断している者・物・事に対する破壊行為」なのだ。

「自分の実体が???である」と言う事は、

「知らず知らずの内に、自分に対する破壊行為を仕掛けている事」と「同じ場合が多い」のである。

そして、「その様な行動は多くの場合、

自分の認識が甘いが故に、

自分を除外した状態で、

自分以外に、

嫌悪・排除・破壊等の欲動をぶつける対象を捏造し、

その対象に嫌悪・排除・破壊等の欲動を投影・転嫁する形で露呈している」。

=「自分の実体把握さえ???の上に、

自分の健康的セルフコントロールさえ???

という状態の

基本的おバカもしくは、確信犯の悪等々の行動実態」である』。

『言うまでも無く、「自分=人の実体とは、地球生命体細胞群の約60兆の細胞の塊」である。

「自分の実体さえ???のままの思いに拘り、

自分の実体さえ???のままの思いが導くまま行動を起こしてしまう」と、

「人は、知らず知らずの内に、自分の実体を破壊する事さえ平気に行えてしまう」のである。

「それこそが、人類滅亡の精神構造」だ』。

『「人の誕生・死が、細胞ごとである事が科学的に判っている今日」、

「自分の実体が???」である事は、「大いなる罪」である。

「自分の実体把握さえ満足に教えない情報・教育」も「大いなる罪」である。

「人類滅亡を避け」「本当に世界平和を実現したい」のなら、

「先ず、誰もが自分の実体を把握出来る様に、情報・教育を正常化する事」だ。

「旧来からの遺骨利権や、あの世物語利権や、宗教利権等々の維持の為に、

人類滅亡を招く」のは、

「明らかに愚か」である。

「遊び程度の現実逃避材料が必要」なら、

「人類の将来を大きく揺るがさない他の現実逃避材料を利用するべき」だ』。

『「人類の多く」は、「いい加減に目を覚ますべき」である。

「既にそうするべき時は到来」し、

「現状の様に、

現実逃避という麻薬と大枚という覚せい剤を追い求める人々が溢れた人間社会状態を続けるのなら、

近未来には、確実に人類滅亡の時がやって来てしまう」。

「情報・教育」も「経済・法律」も、

「早急に、人類の実体との整合性を取り、是正するべき」である。

「立場・報酬まであるクセに、学者どもは何をやっている!」

「立場・報酬まであるクセに、テレビ・マスコミ・教師どもは何をやっている!」

「立場・報酬まであるクセに、政治家・官僚どもは、何をやっている!」

「人類滅亡の責任を取れる人など存在し得ない」。

「早急な是正が必需である」』。

・・・・・・・。

『「未来は未定」だ。

「2012~2014年頃と推定される人類新世紀の時」が、

「人類滅亡の序曲の扉を開けてしまう時になるのか?」

「本当の世界平和や、地球生命体細胞群の存続~永続へと続く、人類新世紀の扉を開ける時になるのか?」は、

「一人一人の多数決の結果」なのである』。

|

小沢シンパのネット情報工作員たちは、人々の「比べっこ原理主義の精神構造」を利用して小沢を良く見せようと必死だったりしている・・・。

『「民主党菅政権」が「ダメ」なのは、「多くの人々が実感」している。それは、「かつての自民党政権」の場合と「同様」だ。

「短絡的な比べっこ原理主義者たち」は、

「自民党政権がダメだった事」=「内実をロクにしらず、野党であったが故にテレビ・マスコミ等の批判も緩かったもう一つの大政党民主党」は「自民よりマシだ」等と

「勝手に勘違い」し「総選挙時に投票」してしまった。

「結果は日本の政治はどうなったのか?」は、「言うまでも無い」だろう。

「外交も内政も自公政権時より更に酷い状態」である』。

『「先の総選挙時」に、

「多くの有権者」が、

「各党・各候補者の本質を問わず、

テレビ・マスコミ情報等のイメージだけで、

短絡的な比べっこを行い、

実質的にテレビ・マスコミ情報等に誘導された結論を出し、

投票してしまった結果」、

「日本国民は、民主党政権という自公政権より更に酷い政権を頂く様になってしまった」のである』。

『「上記の事態」と「同様」なのが、

「小沢信者たちによる無理やり小沢人気誘導」だ。

「出来の悪い民主党菅政権から嫌われている事」を「逆手に取り」、

「小沢は、菅よりはずっと良い」等と「実体・実態抜きの宣伝に邁進しているその様」は、

「正に、情報工作活動」である』。

『「その手の情報工作&大衆誘導」は、

「韓流テレビ・マスコミお得意」の「情報工作&大衆誘導手法」でもあり、

「以前の自民はダメ!

だから、小泉!、

・・・だから、民主!!!」や、

「ご用達芸能人の無理強い」等々と「同様」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミの情報工作」と「ネット等の小沢シンパの情報工作」は、

「情報工作や策略等で人を騙し、操る様な事などを、

恥とは思わず、賢い等と思いたがっている、

そのスジの同じ人脈の臭いが濃厚」である』。

・・・・・・・。

『元々、

「短絡的な比べっこ」では無く、

「政党の実態を追求する」なら、

「日本>朝鮮・在日等の政治家が権力を掌握している事が多い自民党(例えば、外国人参政権でも、自民党は反対の意を示している)」と

「日本<朝鮮・在日等の政治家が権力を掌握している事が多い民主党(民主党では、対韓土下座自虐談話の菅総理を始め、岡田幹事長も外国人参政権賛成派、小沢元幹事長も在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束等など、実権を握っている者の多くが、実質的に日本<朝鮮・在日なのだ)」では、

「一般日本国民にとって、よりダメージが少ないのはどちらか?」は、「明らか」である』。

『「普通に考えれば」、

「ネット等で小沢!小沢!!!」と「騒いでいる」のは、

「仮面帰化状態や在日の朝鮮系・中国共産党系の人々(中には、確信犯の{日韓併合=日本乗っ取りの開始}人脈の人々もいると推定される)」と

「それらの人々に毒され操られている人々」と推定される。

「権力集中で独裁的政治手法を採りたがる、

日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を民団と約束した、

政治と金の問題まで在り強制起訴が確定的な小沢氏」を、

「未だに、大権の座に就けたがっている人々」は、

「普通の一般日本国民では極少数」である。

「多くの一般日本国民」は、

「小沢氏や、日本<朝鮮・在日等の国会議員等は、

大権を持つ国会議員や地方首長の座からは退くべき」と思っている』。

|

人体の不思議展問題・・・。

『「死体か?標本か?」が「問われ」、「故人の尊厳の問題」とも言われている「死体を標本化した」人体展・・・。

「故人の尊厳の問題」の「実態」は、

「故人が特定出来るか?否か?」と

「故人や遺族の意思の問題」だろう。

「故人が特定出来ない状態」で「標本使用も含む献体に合意」なら「問題は無い」と考えられる。

逆に、「故人・遺族の標本使用が出来る献体意思が無い死体利用の標本作成/使用」や「故人が特定出来る展示」等は「するべきでは無い」』。

『「残念ながら、筆者は、今回の{人体の不思議展}には行けていないが」、

「果たして実態は」・・・』。

また、

『「自分たちも、散々、情報売りで儲けているテレビ・マスコミ等」が、

「死体利用標本で儲けている人々を非難する」のは「笑える」が、

「会場使用料や、標本借り(?)・買い取り(?)・維持費、や必要な宣伝費・人件費等から逆算した入場料が高過ぎていない」のなら、

「資本主義社会では通常の商売」である。

「商売の元である情報や標本の引っ張り出し方等に、不当な者・物・事が無く、

通常の商売ベースで、過剰な金集め等が目的では無い」のなら、

「過剰な問題にする事は不当差別」になる。

「古の時代」に、「獣等を扱う仕事を差別していた」のと「同様の臭い」さえする』。

『「警察は厚労省に見解を求め、厚労省は、人体標本を死体と考えられる旨返答した様だが、

展示から直接故人が特定出来ない標本まで死体と認定すると、

それこそどこまでが死体なのか?が問題になる。

細胞レベルでも、DNA等を調べれば故人の特定は可能だから、

例えば、細胞の死体でもDNA情報とセットの展示等は、故人の特定が可能だからダメで、

DNA情報とセットで無ければ、OK等の判断なら合理的」だろう。

そうで無ければ、それこそ血液や排泄物の展示でも「問題に出来てしまう」事になる』。

『「この手の問題」と「死生観の問題」は「裏表」だ。

「丸ごと一人の死生観を抱きしめたまま」だと、「この手の問題に過剰反応しがちになる」が、

「それは、

丸ごと一人の死生観だと、

死後でも自分で自分の認識が可能な様に思い込んでいる場合が多い」からだ。

「言うまでも無く、

現実では、

人の誕生・死は細胞ごとであり、

丸ごと一人の霊など存在し得ず、

死後の自分による自分の遺体等々の認識は不可能」である。

「細胞ごとの霊を考えるのは自由」だろうが「細胞ごとの霊に自分が認識出来るのか?」は、

「毎日、今、この瞬間に死んでいる自分の細胞の場合を考えれば明白」だ。

「細胞ごとの現実的な死生観をちゃんと認識」していれば「霊の存在の必要性を感じる人は、極少数」だろう』。

『「テレビ・マスコミ等の情報」を「見聞きしている」と、

「多くの場合、自分たちの文化や考え方や立場等への大衆からの支持を得る事が目的なのでは?」との「感が生じてくる」。

「比べっこ原理主義」に「基づき」、

「比べっこで得た立場や報酬等に対する大衆からのお墨付き」を得る為の

「立場を悪用した自己保身的情報流布」が「目立つ」のだ。

「其処」には、「とても、政治家や官僚どもの既得権益を非難出来ないくらいの醜悪さ」が「在る」。

「テレビ・マスコミ等」は、

「他の職種の既得権益を非難する」なら「先ず、己の既得権益を捨てよ!」

「根性無しマスゴミ」に「操られる事」は、

「自らを同様の悪人に仕立てる近道」に他ならない』。

『「人体展でちゃんと現実を見て、目が覚めた人々も少なく無い筈」だ。

「古臭い死生観や、それに基づいた既得権益維持の為等の、悪戯な情報規制」を

「悪戯に容認してしまう事」は、

「中国共産党支配下の中国の様な

極一部の者たちが支配する独裁的社会体制への近道」であり、

「民主主義から遠ざかる道」に他ならない』。

『「人の誕生・死が細胞ごとである事」や

「骨も新陳代謝している細胞群である事」等々は

「既に、科学的に明白になっている」。

「現代の人類」は、

「旧来の死生観に基づいた、

遺骨利権や、

遺骨偏重文化等々」を、

「早急に、現実的に是正~解消するべき時代」に「既に、突入している」のである』。

『「既得権益を保持したがっている団体や有力者からの懐柔工作や圧力等や、

それに基づいた情報・教育工作等々が無ければ」、

「とっくの昔に人間社会は正常化している」のかも知れない。

「現代を生きる誰も」が「事実・現実を知る権利が在る」

「細胞ごとの命の連続性」を「考えれば」、

「直ぐに解る」様に、

「50年前の50歳」と「今の50歳」は「命の連続性の長さが違う」のだ。

「今この瞬間生きている人々の

今活動している細胞の

命の連続性=歳」は

「皆同じ」なのである。

「現代人の誰も」が「現代人の情報・教育を得られるべき」であり、

「それこそが、悪戯な代々話や、

悪戯な老化等々を、

現実的に防ぐ道でもある」のだ』。

|

自らの人生を終える前に人が考えるべき事・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等」では「死に方論情報」が「旺盛」だ。「死に方論では無く、生き方論を旺盛にすべき」旨は、「以前の記事でも指摘」した。

しかし、せっかくだから、

「当ブログなり」に、

「死に方論」も記しておく事にした』。

『「人が自らの人生を終える前」には、

「自分が保持している財産等の処分・行き先決定」や、

「自らの死体処理」や「葬儀・墓等の問題の整理」が「大切だ」等と、

「韓流テレビ・マスコミ等」では「宣伝している」が、

「それは、上辺の物質文明論」であり、

「生き残る側の論理」で、

「処理が簡単に済む様にに合わせてよ!」という「話し」に他ならない。

「人が自らの人生を終える前」に「本当に必要」なのは、

「死の実体把握」による

「自分本来の人生の自覚」と

「死に対する悪戯な恐怖の除去」であり、

それと共に、

「本来の人生を元にした、自分の人生の総括」である。

少なくとも、

「死に逝く当事者個人」にとっては、

「他の人の為(漢字では、おもしろい事に、人の為と書いて、偽となる)の物質文明論」より、

「上記の問題の方が、現実的に遥かに重要」である。

「比べっこ原理主義者たち」は、

「他の人の為の物質文明論を優等生的に処理する事」で

「自分に対する優等生のお墨付き感を得よう」と

「現実逃避したがる」かも知れないが、

「そんな代償欲求の追及による現実離れ感を得た」ところで、

「丸ごと一人の死生観のまま」なら「本質的に、死の恐怖感は消えず」、

「どんなに他の人の事等を思い浮かべても、

実際の死は、当人だけ個別の問題」なのだ。

「他人の為の整理も相応に大切」だろうが、

「自分の事を蔑ろにした他人の為では仕方無い」』。

・・・・・・・。

『「地球生命体細胞群の一塊」という「自分の実体」を「把握する」なら、

「人の人生の本来の目的」は「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」である事に「気付く」筈だ。

「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」という「基本的な基準」から、

「自分の人生を見つめ直す」と、

「自分の人生の実体評価が可能になる」。

「自分の意思がしっかりしている内」に、

例えば、「遊び的」にでも、

「{神様の通信簿}としてでも、

その基準から見直した自分の人生について、

評価を付けて見ると良い」かも知れない』。

『例えば、

「大枚や大権を得た事」=「それだけ、他の人間本来の人生を捻じ曲げている事」だから、

マイナス●●●点(点の基準等は自分で勝手に決めれば良い)。

「大枚や大権を得て行った事の実体」に応じて、

プラス○○○点、マイナス●●●点。

「実体として、自分や他の人々の地球生命体細胞群本来の人生の手助けとなった事等」

それぞれ、プラス○○点。

「実体として、自分や他の人々の地球生命体細胞群本来の人生を邪魔となった事等」

それぞれ、マイナス●●点。

(全ての人間の行動や仕事等々を分類・点数化すれば、良い。

例えば、

殺人は、マイナス●●●●●●●点。

傷害行為は、マイナス●●●●点。

救命の手助けは、プラス○○○○点。

人体に良い飲食物の製造は、プラス○○○点。

利益優先で人体に若干の負担を与えてしまう飲食物の製造なら、プラス○点。

人体に大きな悪影響を与えてしまう飲食物の製造なら、マイナス●●●点。

・・・の様に。)

・・・・・・・。

「重要な事」は、「トータルして、せめてプラスが上回っている状態」である。

「今まで、現実的には悪の限りを尽くしてマイナスが大幅に上回っている様な人々」は、

「自分の為にも、早急に、是正行動を起こすべき」である』。

『筆者は、「神の存在を信じていない」ばかりか、

「古の人々等による神のお告げ等の実体」が「人の思い」である事からも、

「神とは、人が都合良く考え出した概念の一つに過ぎない」と思っている。

「現代人の多く」は、

「頼れるパーフェクトな親像(=人間像)的な神では無く、

自然の摂理等に、人が考え出した概念である神的な性質を感じる」と思うし「筆者もその一人」である。

「遊び」上、

「神様の通信簿」としたので、

ついでに、

「人間像的な神様」が「最終判定下す」とすると、

「総計で、

プラスなら天国、

マイナスなら地獄、

天国・地獄での立場・扱い等は、点数による・・・」等の

「裁きになる」』。

『筆者は、

「是非とも一人でも多くの人々」に、

「自分の人生の実体評価である{神様の通信簿の結果}」を

「抱きしめ=認識して、

ご臨終を迎えて頂きたい」と思っている。

「そういう状態が、メイン」になれば、

「必然的に、人間社会も改善されると推定されるから」だ』。

『因みに、

「神様の通信簿」の「ロジックのヒントくらい」は「当ブログにも、ある程度在る」のだし、

「ゲーム化する事」は「そんなに困難では無いだろう」から、

「根性のあるゲームメーカー」は、「頑張ってみたら?」

(アドバイザー程度の協力なら、筆者にも、可能だが)』

・・・・・・・。

『「人類の精神構造」の「進化」は、

「多くの人々」が、

「人の細胞ごとの誕生・死の実態を把握し、悪戯に死自体を恐れない様になり、

自らの意思による言動・行動等という自らが生きる事の本質に気付き」、

「自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続を第一に考え」、

「自分の実体との整合性評価でプラスとなる人生を歩む事」により、

「実際に実現する」のである。

「人類の精神構造」の

「比べっこ原理主義」から「本質追求原理主義」への

「進化」の「時」は、

「既に来ている」』。

|

KARA問題・・・。

『少なくとも「筆者たちの感覚」では、「セクシーでは無く、下品な」「尻振りダンスが売り」のKARA・・・。

「何故、セクシーでは無く下品と感じるのか?」

と言えば、

筆者たちの感覚では、

例えば、

「マドンナは、グロテスクだが相応にセクシー」だ。

「マドンナの場合」は、

「自分の意思で、自分の性体験を元にしてダンス等を行っている」様相だから、

「相応に、セクシーで、芸術的にも、感じる」。

「しかし、行っている事の実態が大枚集め」なので、「グロテスクにも感じる」。

「KARAの場合」は、

「メンバー自身の意思を感じず、人形的に踊らされている様相で、

若い、やりまくっている女の子が自らの性体験を元にダンス等を創作・・・という雰囲気でも無い」ので、

「仕込んでいる側」等の、

「尻振りダンスで集金している下品さ」&「メンバーの自分を商品にする下品さ」等々「ばかりを感じてしまう」のだ』。

『「韓流好き」や「オナニードール像を求めている様な人々」等々にとっては、

「相応に、魅力的・・・」なのかも知れないが・・・』。

『・・・で、「そのKARA、韓国の所属芸能事務所と一部のメンバーの間でもめている」らしい。(同様の話しは、他の韓国芸能人グループでも在ったが・・・)。

「日本の芸能界」も、

「事件・事故等を起こしたタレント等でも無理強い復活」&「どこのテレビ局でも同じ顔」という「実態からも明らか」な様に、

「かなり酷い実態」だが、

「他国の酷い実態」の「宣伝」で

「お仲間である日本の芸能界」の

「未だマシ感」を「大衆に植え付けようとしているかの如き情報提供ぶり」は、

「韓流テレビの大衆誘導の常套手段」でもある。

(例えば、

「自民党の酷さを宣伝」し、

「人脈的により繋がりの濃い、民主党の未だマシ感を煽った」のと

同様)』。

・・・・・・・。

『「KARAのメンバー」が言う、

「意に沿わない人格を傷付けられた無理強い芸能活動」の「実態」は「不明」だが、

例えば、「反日教育が染み込んでしまっている女性」なら、

「日本人の前で、尻振りダンスを行う、集金人形役」は、「キツイ」だろう。

「以前から指摘されている韓国芸能界の有力者に対する性接待の問題」も在るのかも知れない』・・・。

『「この手の話しで良くある」通り、

「上辺のケナゲなアイドル像とは程遠い」

「利権分配上の不満の臭い」も「濃厚」だが、

「果たして実態」は』・・・。

・・・・・・・。

『「芸能界やスポーツ界等を目指し、大枚を得る事を夢見る、若者が多い状態」とは、

「多くの若者たちが、

本来の仕事に夢や希望を持てなくなり、

人生の価値観がお金に偏っている状態」の「裏返し」でもある。

人は、「大金持ちを憧れの対象にし、

現状人間社会に媚びると、

自分も大枚を得たい」「大枚を得る事=幸せになる事」と「勘違い出来る」。

「大金持ちの実体を把握する」と、

「大金持ちとは悪い状態である事」が「解る」。

「人一人が生活に必要なお金の額は大差無い」から「大金持ちのお金の多くは実体経済離れを起こし易い」し「実際にそうなっている」。

「お金の実体経済離れ」&「利権集中」こそ「実体経済の不況=多くの人々の不幸の源泉」である。

「利権集中が無ければ、大金持ちは生まれない」。

「立場・財産等の過剰な血統相続に、科学的なお墨付きは無い」。

「多くの人々を犠牲にしたり、不当な立場・財産等の相続でも無い限り、

基本的に大金持ちは生まれない」のだ。

「大金持ちを夢見る」とは、

「自分を他人という同じ人間の事など考えない悪人にする事と同じ」なのだ』。

・・・・・・・。

『「芸能の問題」も、

「お金の問題」も、

「他の色々な問題」も、

「もっと、本質を考え、追求する人々の数」が「増えなければ」、

「人類は、確実に滅亡する」』。

|

米中トップ会談・・・。

『「米中トップ会談」が行われた。「報道発表を見聞きする限り」、「米国権力者側が、中国共産党の米国版戦略的互恵関係という共産党支配&中国軍{増強}作戦に、乗せられた」様相だが、

その裏では、「今回の会談の本丸である北朝鮮問題」に「対して、相応の決定がなされた」のだと推定される』。

『「中国共産党にしてみれば、

中国共産党の言う事をロクに聞かない、北朝鮮の現状支配体制では都合が悪いので、

出来れば、中国共産党人脈と馴染みが深い金正男人脈に北朝鮮を支配させたい」・・・。

「米国権力者側の要望は、中国共産党も嫌っている北朝鮮の核兵器を無くす事」だろう。

それら二つは、同時に実現可能とも考えられる」から、

「実現手段を話し合い、相応の合意形成が出来た」と考えられる』。

・・・・・・・。

『「朝鮮半島有事」は「近いかも知れない」』・・・。

|

「モンスター親」と訴える「モンスター教師」&「利権団体化している教職員たち」・・・。

『「教師の力量が???だと、モンスター親も発生し易い」。「力量???の教師でも、他の教職員とは、同じ利権共同体の構成員になる」。

「一人の教師の生徒の親を訴える行動」等の「後押し」は、「利権共同体構成員にとっては容易」だろう。

また、

「ある親をモンスター親として訴え、

もし、裁判で勝利を収めれば、

同様の手法で、他の教職員等の利権を保持出来る可能性も広がる」ので、

「モンスター親としてのマスコミ宣伝&訴訟」は

「そのスジの連中が得意」の「実験」的様相を「露呈」している』。

『果たして、実態は』・・・。

・・・・・・・。

『最近は、

「モンスター親」や「モンスター教師」等と、

「肝心要の生徒が弱くなってしまっている様相」だ。

「其処にこそ、現状の教育の一大問題が在る」。

少なくとも、「筆者たちの時代」は、「幼少期から、モンスターは生徒」であった。

「未だ、それなりに、生徒の元気を阻害しない状態」だったのだと思う。

「飼いならし教育手法の成果か?」

「現状」では、

「生徒の多く」が、

「こじんまりと小さく飼いならされ」、

「者・物・事の本質をロクに考えず」に、

「悪戯に、現状適応に励む様にさせられてしまっている」様相だ。

「現状の情報・教育」なら「日本の国力が落ちるのも当然」なのである。

「親は、その様な状態に対して、もっともっと怒るべき」である』。

・・・・・・・。

『「今回の訴訟」は、

「現状の政権」が、

「日教組等と仲の良い民主党政権である事」と

「無関係では無い」のだろう。

「民主党政権である限り」

「政権と仲の良い組合に属している様な教職員たちは、強気でいられる」のかも知れない』。

『「子どもたちの為」にも、「一刻も早い政権交代が必需」である』。

|

韓流テレビの「死に方」論・・・。

『「本日のとくダネ!」では「ぽっくり寺を訪れている人々等を取材しながら」、「生き方論抜き」の「死に方論」を「公共の電波を使って一方的にばら撒いていた」。

「何故、ぽっくり死を望む人々が少なからずいるのか?」と言えば、

「上辺の理屈」では、

「家族に迷惑をかけたくない・・・」等々となる様だが、

「内実」は、

「死の実体・実態も、生の本質も???な人々が多いから」である』。

『「以前から何度も記してある通り」、

「人間の生・死の実態は、細胞ごと」である。

だから、

「脳の神経細胞の構成や、

恒常的に使う場所等が変われば、

人格まで変化する」のだ。

「人間の生の本質」とは、「その個体の意思の発現に基づいた言動・行動等」である。

そして「個体の意思の発現に基づいた言動・行動等」は、

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が取れていて初めて、

本来の正当性が生まれる」のだが、

「未だに」、

「上記の様な」、

「人生の基本的な部分で大きな影響を与える重要な現実」の「情報・教育が不十分」であるのが、

「人間社会のお寒い現状」なのだ。

逆から見れば、

「現状人間社会」には、

「本当に必要な情報・教育の流布」という「重要な仕事」が「在る」のである』。

『「テレビ・マスコミや、

教師や学者等々、

立場を保持していながら、

本当に必要な仕事が出来ていない者たち」に「相応しい」のは、

「報酬では無く、罰金だったり、立場を返上させる事」である』。

・・・・・・・。

『「細胞ごとに毎日誰もが、今この瞬間にも体験している誕生・死」を「ちゃんと認識する」なら、

「死自体を恐れる必要」は「全く無い事」が「誰にでも解る」。

「考えるべき」は、「その人としての生の本質」である。

そして、「生の本質」の「基本的判断基準」となるのが、

「自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性」なのだ。

「地球生命体細胞群の存続~永続の邪魔をしながら、過剰な自慰行為に邁進している様な意思」など、

「どんなに他の同類的人々からお墨付きを得ながら臨終の時を迎えた」としても「根本的に虚しいもの」である。

「地球生命体細胞群が存続~永続して行く限り、

その様な意思の未来は、虚しいものにしか成り得ない」。

「逆に、その意思の目的が、自らの実体の存続を壊す事」なら、

「ホンの一時は、その意思自体が、破壊の意思を持つ者から、賞賛され続ける」だろうが、

「地球生命体細胞群の存続が壊される事=人類の消滅」だから、

「最終的には、その様な意思をもった継承者の存在も無くなる」。

「具体論で言う」なら「過剰な血統家族主義等の意思がそれに当たる」。

「自分の実体に忠実な本来の仕事」を「行わない・行えない」事は、

「本質的な欲求の不充足状態をつくり出す」。

「本質的な欲求不充足状態」なのに、

「その自覚も、自覚に基づいたセルフコントロールも無き場合」は、

「人は、代償欲求の追及行為に邁進してしまい易い」。

そんな状態で「子造りには成功」すると、

往々にして

「別人格の別人である子に、

過剰な程自分の代償欲求の追及行為を被せ、

子に代々話を無理強いしてしまう様な状態に陥り易い」。

「戦争等、人類の自虐劇のほとんど」は、「この精神構造が生み出している」。

「この様な病的な精神構造」を「そのまま」に、

「自らに対する正当性評価を得ようとする」と、

「比べっこ原理主義者」になり易い。

実際は、「武力や金力や能力等々の特定の要素の比べっこ」で、

「他者よりいくらか優れている部分が在ったとしても、

地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が悪い者・物・事に邁進している限り、

本質的な正当性評価感など得られる訳も無く」、

「代償欲求の追及行為」が「より過剰を求めるだけ」になり易い』。

『「生の本質論」を考えれば、

基本的に現状の様な「死に方論」は要らない。

「生の本質論を考えない死に方論の大量配布」は、

まるで、「早くみんなポックリと逝ってくれ!」と言っているようなものなのだ』。

『思わす、

「韓流テレビ」による「日本人早期駆逐の為」の「情報工作」だったりして・・・、

等々と「感じてしまった方々もいるのでは?」』。

『「保守のフリをしているが、

実態としては、韓国・在日韓国人等大好きの所謂左翼である、

フジテレビ」も、

「日本>朝鮮・在日等々の人脈に総入れ替えするべき・・・」なのでは』・・・。

『因みに、

「所謂、常連テレビコメンテーターの平均年収は、3千万円超え、

主要テレビ局の社員(局アナ等)の平均年収は、1千万円超え、

と言われている」。

「利権集中で仕事内容を考えれば、

異常な程の年収を得ている人々が、

オピニオンリーダーぶって、

大衆誘導しているのが実態」なのだ。

そして、その結果が、例えば、「小泉!」「民主!!!」であり、

「実際の日本社会は、一般日本国民の多くにとって都合の悪い社会へと改悪された」のである。

昨今では、「タイガーマスク等偽善宣伝」等々で、

「ガス抜きをしながら、現状に対するお墨付き心を育てている」様相だ』。

『「本当に、醜悪だなぁ」』・・・。

|

現行法での立件困難or現行法上推定無罪と「無実」とを混同してまでも、小沢氏を庇いたい人々・・・。

『「小沢氏の強制起訴問題」では「有罪確定」は「確かに、現行法では、結構難しいかも知れない」。「しかし、未だ、無罪が決定した事でも無い」のだ。

「それなのに」、「小沢シンパ」の人々は、「小沢無実を訴えていたりする」ので、

「笑える」。

「言うまでも無く」、

「無実」と「現行法での摘発困難~無罪判決」とは、「圧倒的に違う」』。

『「例えば」、「小沢氏の様な民主党の幹部」が、

「先の総選挙時に、要所要所に裏金工作を施していても、

悪どもが、余程、ヘマを犯していない限り、

その露呈も、摘発も、困難なのが、現行法&現状の摘発体制」だ。

「例えば、全て、口約束&現生他者による裏手渡し等の手段」なら、

「直接関係者の誰かが、善意に負けて、真実の告白でもしない限り」、

「現行法&現行の摘発体制では、摘発困難」なのが「実状」だ』。

『「政治の世界の闇」とは、「その様な部分があるから存在出来ている」』。

『「小沢氏の場合」は、

例えば、

「小沢幹事長の下で行った、

先の総選挙時の異常な程の民主党の大勝の裏」でも、

「政治と金の問題が何も無いと推定する方が無理がある」。

むしろ、「金を使って積極的に、要所工作をしたから、テレビ・マスコミ等も政権交代情報をバラ撒いた」等と「推定する方が自然」なくらいである』。

『「政治と金以外」でも、「民団(在日韓国人の団体)と、

日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を約束した実績」まで在るのが、

「小沢氏の実態」だ』。

『「強制起訴されている問題」でも、

「現行法に、連座制が在れば、既に、有罪確定」である「可能性大」である』。

『「小沢氏の手下的立場だった石川氏等は、検察とのやり取りを意図的に(と推定される)録音する事まで行って」、

「裁判ゲームでの無罪を勝ち取ろう」と「必死」だが、

「実際の事件と、裁判ゲームとは同じでは無い」事は「言うまでも無い」。

「むしろ、意図的に録音環境の下で、検察の自白強要的状態を誘導している可能性」も「ゼロでは無い」。

「検察の場合」、「対政治家等に対しては、比較的に直球勝負しかし辛い状態にある場合が多い」ので、

「この手の策略勝負になると、検察は不利」なのだ。

「まるで、狐と狸の化かし合い」的様相だが、

「策略勝負では、悪の方が自由が利くのである」』。

・・・・・・・。

『「中国や朝鮮の文化」では、

「他人を騙してでも、実権を得て、他人を牛耳る事は賢いという文化」が「在る」。

「日本の文化」では、「正直こそリーダーの条件」である」』。

『「多くの日本人」は、

例えば、

「狡賢い臭いの濃厚な独裁者」を「リーダーにしようとは思わない」。

「それは、裁判の結果如何に問わず変わらない日本人の文化なのである」』。

・・・・・・・。

『「小沢氏や民主党等は、日本人の文化をもっと理解するべき」である』。

|

日本>朝鮮・中国・在日なら、シロウトでもこんな政治はしないでしょ・・・。

『「民主党政権の正体」は、「その政治実態からも明らか」。

「日本の政治は、日本>朝鮮・中国・在日等の政治家」が「行うべき」。

「一刻も早い、政界再編~解散総選挙を!!!」』

・・・・・・・。

『「日本の学校教育(特に、社会・歴史等)も、テレビ・マスコミ等も、

日本>朝鮮・中国・在日等なら、

今の様な状態になる筈も無い」。

「情報・教育等の権力者人脈も総入れ替えするべき」である』。

|

大卒&高卒の就職内定率・・・。

『「就職内定率が下がったのは、何故か?」

「上辺で考える人」なら、「企業の業績悪化」等に「その答えを求める」だろう。

しかし、「本質的に考える」なら、

「その答え」は、「利権集中ゆえ」である。

「全ての人々は、ちゃんと認識するべき」だ。

「大金持ちを認める事=利権集中を認める事=雇用を減らす事」である事を』。

『「人の作り出した科学技術等の文明がいくら豊かになっても、

人の精神構造や文化が貧しいまま」なら、

「人間社会が豊かになる訳も無い」。

「豊かな科学技術等」を「活用して」、

「利権集中で、

自らの下にのみ、

大枚や大権を導き込む」、

「実態として、自慰行為を強く望んでいる様な、

精神的に未熟な、或いは、

貧しい文化に毒された人々」を、

「一刻も早く、一人でも多く減らす事」が、

「多くの人々の豊かな生活に直結している」のである』。

『「心が正常」なら、

「自分だけが過剰に恵まれている状態」等では「幸せは感じ得無い」。

「大枚という覚せい剤」や「現実逃避という麻薬」等々で「毒された状態」だと、

「自分だけが恵まれた状態になる事を成功と勘違い」し、

「自分だけが恵まれた状態になる為の努力を正当な努力だ」等と「勘違いまで出来てしまう」が。

冷静に考えるなら、

「大金持ちに憧れ、大金持ちの贅沢自慰生活等を思い浮かべ現実逃避するのは、簡単」だが、

「実際に、大金持ちという利権集中ゆえに成り立つ状態に甘んじる為」には、

「相応の利権集中が必需」で、

「その為には、相応に、他人を排除したり、蹴落としたりする事」が「必要不可欠になる」のだ。

「同じ地球生命体細胞群の一塊同士が、排除・蹴落とし合う状態」が「果たして、本当に幸せなのか?」は、

「誰にでも判る」筈だ。

「実際にその様な悪行に邁進してしまって、相応に悪行が成功してしまっている者たち」は、

「自分たちの悪行を無理やり正当化する為」に、

「他人に同様の精神構造を無理強い」したり、

「子どもに、身勝手な、投影・転嫁・同一視心理を被せ、子どもの本来の人生を捻じ曲げたり」・・・と、

「更なる悪行を行っている」場合が多い。

「科学・技術等が進歩しても、多くの人類がなかなか幸せにならない原因」は「其処にある」』。

『「人類誰もが、自らを悪人化しない様に、

自らを健康的にコントロールするべき」である。

「悪人化してしまっている人々は、早急に、大権や大量報酬の立場から、退かされるべき」である』。

『「雇用が無い」とか「就職内定率が低い」等の問題を解決する為にも、

「利権集中にはNO!!!」が「必需」なのだ』。

|

竹原前阿久根市長、河村名古屋市長、小沢元民主党幹事長、・・・、「独裁傾向の強い政治家たちが行っている物事」・・・。

『「少なくとも、上辺では、民主主義社会を謳っている日本」なのに、「少なく無い数」の「独裁傾向の強い政治家たち」が生まれ、「時には、一時的には、意外な程の人気を得てしまっている」・・・。

しかし、「余りある独裁ぶりが大衆に知れ渡る」と、

例えば、

「小鳩政権時の強権幹事長小沢は、当時の鳩山総理共々、多くの日本国民からも、民主党内からも・・・、ダメ出しを食らい」、

「竹原前阿久根市長も、今回の市長選で落選」、

「河村名古屋市長の支持者心理にも、変化が・・・」、

等々と、

「民主主義のあるべき実態を乖離させ気味になった人々」への

「一般日本国民からの風当たりは、かなりキツクなる」』。

『「それなのに、彼らは、何故、人々が嫌う独裁的政治手法を行ってしまうのか?」

「筆者たちが感じている」のは、

「彼らの政治等の行動」とは、

「多数の彼ら以外の一般市民の為の行動」では無く、

「無意識レベルの自己確認欲動に基づいた、自分確認行動」なのだという「感」だ』。

『「だから、

政治理念等は、

自己のルーツや自分に直結している人脈に基づいていて、

上辺の状態が、保守的でも、左翼的でも、

最終的には、自己のルーツに近い人脈が優位になる状態を作る為の政治実態・・・と思える状態だったりしている」のだ。

つまり、「親等の愛情等を得たがっている子ども」が「親等に気に入ってもらえる、或いは、親の気をひく、であろう行動に邁進している状態」なのだ。

例えば、

「日本乗っ取り策略がある親等」なら「日本<朝鮮・在日」となり、

「経営者の親」なら「経営者に有利な法整備」となり、

・・・といった様相なのである。

総じて、「独裁政治等、

過剰な所謂男性的な精神構造が導く行動に邁進してしまっている人々」は、

「ファザコン的要素」が「見受けられる場合が多い」』。

『「人間の無意識レベルの欲動エネルギー」は、

「意識レベルの欲動エネルギーより圧倒的に高い」場合が多い。

この意味からも、

「無意識レベルまで含めた、自分の実体・実態の把握」と、

「健康的なセルフコントロール」は「大変重要」である。

「政治家等として、他の人々のリーダー的立場を得た仕事を行う人々なら、尚更」だ。

因みに、「自己確認欲動」とは、「誰もが存続の為、常に持ち続けている生物として基本的な欲動」である。

「本質的欲求の不充足状態」が「代償欲求の追及欲動」を生む。

「自らの本質的欲動をちゃんと把握」し「代償欲求の追及は遊び程度に抑える事」が、

「健康的なセルフコントロールの肝」である。

「自らの本質欲動」を「知る入り口」は「自らの実体把握」である。

・・・(後は、他の記事にある程度のヒントくらいはあるので、この手の問題に興味のある方々は、他の記事をご参照ください。)』

『「自己把握や、セルフコントロールが未熟」でも、

とりあえずは、

「上辺の威勢の良さや、頼れそうな感じや、わかり易さ等々」で、

「同様に、自己把握や、セルフコントロールが未熟な人々」の

「他者依存心や、

わかり易い知っている者は良い人等の短絡的な誤解判断等に基づいた人気や票」は「入る」だろう。

しかし、「実体が露呈」すれば、「多くの人々が、人気者や頼れそうな者では無く、民主主義を選ぶ筈」だ』。

『「政治家等になる前」に、

「自己把握&健康的なセルフコントロール等をもっと頑張って頂きたい」、

「独裁傾向の強い政治家たち」・・・。

「上辺のわかり易さや、頼れそうな感じ等々」に「操られて、人気を与えたり、票を投じたり、してしまっている有権者」も「同様」である。

「他人を支配したり、他人に支配されたり」する「前」に、

「自分で自分を健康的にコントロールする事」が「現代人の大人の条件」なのだから』・・・。

|

今望まれているのは、「雇用倍増&余暇倍増&子ども倍増」でしょ・・・。

『「日本社会が衰退している原因」は、「少子高齢化」と「利権集中悪徳改悪」である。

だから、「まともな国会議員」なら、

「少子高齢化と利権集中悪徳改悪」の「是正」を「訴える」のが「当然」だ。

「具体的」には、「雇用倍増&余暇倍増&子ども(もちろん、言うまでも無く、移民等では無く、日本国民の子ども)倍増」である。

「具体的な実践方法」は、

「労働時間の短縮義務&時間外/休日手当ての大幅増額」&「お金や環境が必要な子造り世代への合理的な補助」であり、

「その為の源泉」は「過剰な血統相続や利権集中悪徳改悪利益等々に高額の税を課し、吐き出させれば良い」。

「もちろん、利益を抱きしめたまま海外に逃げられない様に、不当国外持ち出しに厳罰&高額の罰金を課す等、ちゃんと出口を塞いで行う」のだ』。

『「もともと、科学的な整合性の無い過剰な利益の搾取・保持」など、

「厳罰が当然で保護には価しない」。

「当たり前の事を行えば、人間社会は当たり前に良くなるのである」』。

|

「仮面日本」再改造菅内閣の支持率・・・。

『「実体を確かめずに上辺だけで判断する人々」は、「与謝野氏の加入」や「脱小沢路線」で、

「菅内閣とは、日本>朝鮮・在日外国人等の内閣だろう・・・」等と「勘違いさせられている」かも知れないが、

「民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権を約束した小沢氏」同様の、

「外国人参政権賛成派を多数重用しているのが民主党菅内閣の実体」である。

「民主党の場合、幹事長の岡田氏からして、外国人参政権賛成派」で、

「実権を握っている人で、外国人参政権反対派というのは、異常に少ないのが民主党の実態」なのだ・・・』。

『「そのような状況」からも、

「実態的」には、

「脱小沢は、小沢というヒール役を作る事で菅の善玉イメージを強くするお手盛り劇」に他ならないと容易に推定出来る』。

『それなのに、

「菅内閣の支持率が、30%程度にまで向上してしまっている」のだ。

「現状の日本社会」は、

「実体では無く、上辺のムードで操られている人々が、深刻な程多い」。

「文科省と日教組等による学校教育&現状のテレビ・マスコミ情報」等々の「悪の成果」である』。

『「タイガーマスク現象」も「小泉・民主ブーム」も、

「大衆誘導の実証例」みたいなモノに他ならない。

「誰も」が、

「自分のコントロールは自分で行い、

周囲の情報は、鵜呑みにせず、実体を確かめるべき」である』。

『「他人を信じる事」と「他人に操られる事」は「違う」のだ。

「他人を信じる」のは、「人の善意に基づく善行」であり、

「他人に操られる」のは、「人の悪意に自分をあけ渡してしまう悪行」である』。

『「一時の支持率向上」も「実体露呈情報の広まりと共に、直ぐに、急降下するであろう民主党菅内閣」。

「表も裏もちゃんと日本の為の日本の内閣」にならない限り「日本の政治が良くなる訳も無い」。

「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権」は「リトマス試験紙の一つ」である。

「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権等に熱心な人々が多い、

実態として、日本<朝鮮・在日外国人等々という政党」は、

「一刻も早く政権の座から引き降ろされるべき」である。

「今の日本に本当に必要」なのは「政界再編~解散総選挙」だ。

言うまでも無く、「民主党の挙党一致~民主党政権の延命では無い」。

「真に日本の事を考えている」なら、「菅総理も他の国会議員も、政界再編~解散総選挙に舵を切るべき」である』。

|

「自分とは何か?」だと・・・。

『「本日午前中、偶々、NHK(教育)をつけた」ら、「自分とは何か?」の「哲学的考察」を「放映していた」。

「余りの旧態ぶり」に、「思わず呆れ」、「大部分を呆れながら、ながめて」しまった』。

『「どこが、古臭いのか?」は、

「当ブログをお読みの方々」なら「直ぐに気付く」だろう。

「何と!」

「本日放送していた哲学的考察」では、

「自分の一番の基礎」となる

「自分の本質の認識が欠落」し、

「主として、

他の者との比較や、

他の者からのお墨付き等がもたらす

自分感に、

自分とは?を求めていた」のである』。

『この様な「比べっこ原理主義」に基づいた、

「本質が欠落した考察」は、

往々にして、

「人の思いの上で、異常な結論を導き出す」。

今日の放送でも、

「学者???の相手の聞き役だったモデル(女性)の導き出した答え」は、

「他人から認められる事による自分の認識」であり、

「他人から認められ続けるように、努力する」等だったと思う。

それは、裏を反せば、

「他人から認められていない者には、自分も無い」と言っている様なもので、

「深刻な人権侵害の情報」でもある。

「言うまでも無く」、

「実体・実態として」、

「一人の人間の自分とは、

地球上の生命細胞の内、約60兆の、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続し続けている存在」であり、

「その基本的存在は、他人の存在に係わら無い」。

「約60兆の自らの意思でコントロールを任されている細胞群」が「自分」なのだ』。

『「自分を知れば、色々な事が解る」。

例えば、

「人の誕生・死は、細胞ごと」なのだから、

「丸ごと一人の死生観」とは「人の単純化して自分を操る為の思い等から作り出された虚像である」事。

「丸ごと一人の死生観に基づいた、霊や霊界など存在し得ない」事。

「自分は、生まれて来ている細胞も、死んだ細胞も、健康な細胞も、ガン細胞も、傷ついた細胞も含む、複合体」であり、

「それらの細胞群が発している情報信号が、無意識の底である」事。

「健康な細胞の行動実態を、

実人間社会の人間生活等に、

投影・転嫁すれば、

善等の概念になり」、

「ガン細胞や、

死んだ細胞等の行動実態や情報遮断・邪魔等を

投影・転嫁すれば、

悪等の概念になる」事。

「生まれて来ている正常細胞がもたらす軽度の圧迫等の情報を

投影・転嫁すれば、

愛等の概念になり」、

「生まれて来ているガン細胞等に対する他の健康な細胞の情報を

投影・転嫁すれば、

憎しみ等の概念になる」事。

・・・・・・・』。

『「自分探しの時代は既に終わっている」。

「人類は、誰もが、自分の基本くらい認識するべき時代に突入している」のだ。

「基本をちゃんと押さえれば、心理学は科学と直結」し、

「哲学や宗教は、伝統文化遺産の座に移されるべき・・・」等と

「多くの人々が実感する筈」だ』。

『「善悪愛憎の基本」が「細胞レベルで科学と直結している事」は、

「善悪愛憎等の問題が主たる処理テーマである法律」も「科学的に自分の実体と整合性が取れる事」を示している。

「人間生活の潤滑油であるべき経済も同様」で、

「万人が自分の基本をちゃんと把握・認識する事」は、

「人間社会システムの多く」を

「宗教レベルから科学レベルに進化させる源泉」なのだ』。

『「そして、誰もが自分の実体が、地球の生命細胞の一塊である事をちゃんと認識する」なら、

「世界平和が当たり前」になる。

「多くの人類」が、

「自分がわからないが故生じている」

「現状人間社会の比べっこ原理主義に基づいた悪態」から「卒業」し、

「現代相応の

本質追求原理主義に生きてこそ、

世界平和が当たり前で、ほとんどの人々が快適な文化生活を営め、

地球生命体が、

宇宙へも侵略/手柄争い等、競争原理では無く、

本質に基づいて素直に進出出来る

人類新世紀の扉が開く」のである』。

・・・・・・・。

『NHKももっと、シッカリしなさ~い!!!』

|

悪質競馬予想に騙される人々・・・。

『「悪質競馬予想等の物事で集金出来てしまう事自体」、「大衆、愚民化・操り人形化の証」の様なものなのだが、「現状の日本社会」には、

「自らが愚民化・操り人形化されてしまっている事」の

「自覚さえ持てないくらい、

状態の悪い人々が少なからずいる」様である』。

『「遊びなら、競馬の予想くらい自分でしなさい!」

「もし、金儲けが目的なら、

自分で下手な予想をするより、

競馬専門紙の予想を利用すれば良い。

後は、数学的に必ず儲かる資金運用をするだけだ。

つまり、競馬専門紙各予想欄の正答率を出し、

ある程度以上の正当確率のある欄を利用して、

必ず、儲けで止められる様に、

倍賭けなり、3倍賭けなりして、

当たったら、元のかけ金を元の額に戻す賭け方をすれば、

予想が連続して外れ続けても、

それに対応出来る資金のある者は、

必ず、利益を得る事になる」。

「理論上、ルーレット等でも、この方法は可能だが、

ルーレットの場合は、腕のあるディーラーや、インチキ台なら、

意図的に外せるので、

この手の手法は、

賭けの場を開いている者から、

賭けている者が特定出来ない賭け事でのみ通用する」と

「思っていた方が良い」』。

『「詐欺的競馬予想に大枚をつぎ込む必要」など、

「最初から無い」のである』。

『「最初から資金が無い者」は、

「賭け事や投資には向いていない」。

「何しろ、賭け事や投資の基本ロジックは、絶対額では無く、倍・率」なのだ。

「千円しか出せない者にとって10倍は、一万円」だが、

「10万円出せる者にとっての10倍は、百万円」で、

「当選の場合の利益の差は、元手の9万9千円では無く、99万円になるのだ」。

「9万9千円では、一人が一ヶ月暮らすのも結構大変だが、

99万なら、一ヶ月30万(一日一万)使って暮らしても、69万も余る事になるのが、

現状人間社会のシステム」だ。

「お金持ちでも、貧乏人でも、同じ定食を食べれば同じ値段」なのだし、

「一人の人間が基本的に必要な衣食住は大差無い」のだから。

「株でも同様」で、

「同程度の規模の会社」でも、

「安株会社の33%株主になる為の資金絶対額は、それ程では無い」かも知れないが、

「高株会社の33%株主になる為には、相応の資金が必要」になる。

そして、

「株の安い/高いは、一株当たりの株価によって決まる」から、

「一株当たり二割動いた時の絶対金額も、安株会社と高株会社では、大きく違う」』。

『「資金力の無い者」が、

「お金の面での一発逆転を狙うのなら、

毎回ロト6等の高額クジを一口づつ」とかの手が合理的だ。

「因みに、ロト6一等くらいの当選確率だと、一口でも、十口でも、百口でも・・・何れにしても、天文学的な確率」なのだし、

「毎回一口買うのと買わないのとでは、無限の差が在る」。

「毎回一口なら、全損しても損出額は知れている」。

そして、

「例え、末等でも¥800-(元手の4倍にもなる)儲かる事になる」から、

「一口買いが合理的」なのだ』。

『「ある程度以上の資金」が「在れば」、

「下手な賭け事より株の方が現状合理的」である。

何しろ、

「現状の日本社会は、資本主義社会=株主が一番優位な社会」なのだから・・・。

「現状合理」では無く

「現実合理」を目指すのなら、

「当ブログを隅から隅まで読めば、何らかのヒントぐらいつかめる」かも知れないが、

「それは、全人類に与えられている命題」でもある』・・・。

|

「景気を良くする」なら・・・。

『「景気を良くする」なら「労働時間の短縮&ワークシェアリング」だ。「実働者奴隷状態から、実働者人間状態にすると共に、雇用問題も解決すれば、景気は必然的に良くなる」』。

『「この手の話しをする」と「短絡的・官僚的に、直ぐ出来ない話しにすり替える」人々も少なく無いが、

「可能な職種で労働時間の短縮義務を課し、残業代・休日出勤代等のアップ率を飛躍的に高くする法改正」は、

「国会議員や官僚が本気で取り組めば直ぐにでも出来る」。

「現状の一日8時間労働では無く、一日4~5時間労働にするとか、

週5~6日労働では無く、週2~3日労働にすれば、

一人当たりの労働時間は半分、

雇用は倍になる。

収入も半分になるだろうが、

現状の日本では、平均して年収約600万の雇用を一人作る様な雇用体系で、

経営者・株主等否実働者の報酬が過剰なのだから、

平均して年収約300万の雇用を二人にすると共に、

経営者・株主等否実働者の過剰報酬に高額の税を課し、社会保障費等の源泉を十分に取れば良い」のだ。

「可能な職種がその様な状態になれば、

企業は、必然的に、同じ人に残業させるより、他の人を雇う様になると共に、

他の職種でも、ワークシェアリングが広まり易くなる」』。

『「この手の話し」は、

「高度な機械化・合理化が相応に出来ている日本」&

「少子高齢化状態の人間社会」との「整合性を取る」なら、

「出てくるのが当然の話し」なのだが、

「利権集中悪徳改悪の悪の利益で大枚という覚せい剤等を得、

大量の現実逃避という麻薬を買って中毒状態に陥っている様な人々」は、

「自らの病気を治したがらず」、

「多くの他人を劣悪な状態に追い込む事で、

自らの正当性を感じたがったりしている」ので、

「本当に呆れる」』。

『「誰もが、自分の実体把握と、

自らを健康的にコントロールし続ける」事が「重要」なのだ。

「他人を支配したがるおバカや性悪」は

「その様な愚行・悪行が、

自分を健康的にコントロールする事の代償欲求から生まれている事ぐらい

理解・把握するべき」である。

「自分さえ健康的にコントロール出来ていない様な連中」には、

「大きな立場や大きな報酬等々は相応しく無い」。

「この基準」からすれば、

「現状の酷い社会システム故に大枚や大権を得られている者たちの多く」には、

「重税や罰金や懲罰等々が相応しい」。

「その様な連中が自主的に身を正さない」のなら、

「近未来において、確実に、応分の罰が与えられる事になる」』。

・・・・・・・。

『「現代人間社会の技術水準」なら、「誰もが相応に恵まれていて当然」だ。

未だに、「精神構造」が「比べっこ原理主義」の「古代人」たちが、

「現状人間社会の不幸の多くを作り出している」のである。

「誰も」が「比べっこ原理主義」から「本質追求原理主義」へと

「自らの精神構造を進化させるべき」である。

「それこそが、現代を生きる大人に望まれている一番最初の仕事」なのだ』。

『「経済システム」も「法システム」も「人間社会システム」も・・・、

「人間の実体との整合性が取れてこそ、永い存続も可能になる」。

逆に、

「人間の実体と整合性の取れていないシステム等に過剰に縋り付き続ければ、

人類は確実に滅亡」する』。

『「情報難民」は

「事実・現実との整合性が高い情報が行き届き」、

「救われるべき」である。

「おバカ」や「性悪」等は、

「早々に、

過剰な報酬は社会に還元し、

重要な立場から退くなり、

改心したりするべき」である』。

|

「TPP推進派=日本を米国の一つの州化する事を推進している派」&「アジアは内需派=日本を中国の属国化する事を推進している派」・・・。

『「テレビ・マスコミ等で解説やコメントを見聞きする時」、「タイトルのキーワード」を「フィルター的に被せる」と、

「その解説やコメントを言っている者」の「人脈的正体」が「露呈する」・・・』。

『「大国にとって都合の良い論理を呑む事」は、

「その大国の属国への近道に他ならない」。

「経済的敷居を低くする/無くす事は、

敷居の低い/無い中で,

もっとも大きな経済を持つ国の下で経済活動を行う事」なのだ』。

『「もちろん、日本の政治は、日本派によって行われるべきである事」は、言うまでも無い。

「他国人脈のコメント・解説等」は「他国人脈のコメント・解説として見聞きする事」が「重要」である』。

|

「外国人参政権賛成派重用の菅内閣」による脱「民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権約束の小沢」パーフォーマンス問題・・・。

『「小鳩政権の権力状態の影響が嫌でも在ったであろう、前の菅内閣とは違い、第二次菅内閣は、菅人脈が結構勝手に組閣出来た筈」だ。

「ところが、前原外務大臣や中野国家公安委員長を始め、

菅内閣の要職は、以前同様、多くの外国人参政権賛成派で占められている」。

「それが、{民主党}菅内閣の正体」なのだ』。

『「この様な実態」からも、

「菅vs小沢の対立」は、

「韓流テレビ等のお仲間芸能人・コメンテーター等お手盛り劇」同様、

「民主党のお手盛り自虐劇」であり、

「小沢人脈がヒール役を引き受ける事により、

菅人脈をヒーロー化する筋書き」で、

「多くの一般日本国民を騙す事」が「その目的である」と推定出来る』。

『「だから、

実際に、

汚れ役を引き受けさせられている小沢氏には、ダメージの少ない政倫審」で、

「菅等は、悪戯なほど政権にしがみ付き」、

「民主党政権が維持出来ていれば、法曹界にも相応の圧力が可能」だから、

「小沢氏の無罪を早々に決定させ、

形式的禊ぎ後の小沢氏は復活、

というシナリオ」さえもを

「可能に出来る様に事を進めている」のだろう』。

『「民団と外国人参政権を約束した小沢氏の実績や、

菅による外国人参政権賛成派を重用している組閣を見れば明らかな様に、

菅・小沢どちらの人脈」も

「外国人参政権賛成派が主流で、実質的に、日本<朝鮮・在日等の政治理念」なのだ。

「日本>朝鮮・在日等の政治理念を持つ国会議員が国政を預からなければ、

日本の状態が良くなる訳も無い」。

「日本の為」には、

「民主党政権を一刻も早く終わらせるべき」である』。

|

「最初から終わっている」第二次改造菅内閣・・・。

『「外国人参政権」や「在日韓国人の地位向上」に「超前向きな中野寛成」氏を「極左反日運動の実績がある」岡崎氏の代わりに

「国家公安委員長に就けた事からも明らか」な様に、

「菅総理」は、

「日本<朝鮮・在日外国人等の政治姿勢に対する実質的反省無し」である。

「中野寛成国家公安委員長で、在日外国人(特に韓国人)の悪さをちゃんと取り締まれるのか???」

オマケに、「公務員改革担当相も兼務」では、「実質的には、現場警察官等に対する脅しにも成り得る」。

その上、実質的には、「日本<朝鮮・在日外国人等」の「国家公安委員長」が、

「拉致問題までも担当する」のだ。

「自公政権時代等では、

日本>朝鮮・在日外国人等と推定される人物が務めていた場合が多い拉致問題担当」の「看板」は

「上辺で大衆を欺く為」と言われても仕方無い。

「菅総理の組閣のやり方」は、

「上辺で大衆を欺き、

実質的には、日本の利益を損ねる、

朝●人が得意な詐欺・騙しの手口そのもの」である(菅総理や裏でアドバイスした人の実体が露呈している)』。

『「日本国・日本国民の立場で考える」なら、

「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を民団(在日韓国人の団体)と約束した小沢氏」からの

「脱小沢も大切」だが、

「同様」に、

「小沢氏同様」の

「日本<朝鮮・在日外国人の国会議員の閣僚等重要ポジションからの排除」も

「非常に重要」である』。

『「菅の本音」が「日本<朝鮮・在日外国人等」である事を、

実質的に「露呈している」、

「第二次改造菅内閣」。

「与謝野氏」も現状では実質的に「仮面として利用されている」のだ。

「朝鮮等の為なら菅にせよ他の人にせよ民主党内閣が良いのだろうが、

日本の為には、一刻も早い解散~総選挙が必需」である。

「先の総選挙時」に、

心ならずも、

「テレビ・マスコミ等に操られたり、

人脈的圧迫や目先の金や異性等々で転んだり・・・して、

民主党に入れてしまった一般日本国民の罪」は、「本当に深い」。

「先の総選挙時に民主党に入れてしまった人々」は、「応分の責任を取るべき」である』。

|

「小鳩マネー」の臭い・・・。

『「未だに、多くの一般日本国民からNO!!!を突き付けられた小鳩政権時の実権者人脈の要人(例えば、小沢氏等)を擁護している人々(マスゴミ人等)」には、

「共通の臭いがある」。

「小鳩マネーの臭い」とでも言った方が適切かも知れない様な「臭い」だ』。

『「お金と立場が在れば、相応の大衆誘導情報工作も出来てしまう」のが、

「現状人間社会の実情」だ。

「現状人間社会におかれている一般市民」は、

「常に、情報の臭い等に敏感である必要がある」』。

『「この手の、

自分を操り人形状態等から解放し、

実際に自分たちの人生に大きな影響を与える情報」は、

「文科省や日教組等による教育」では「教えていないかも知れないが」、

「それは、本当はとても大切な情報・教育」なのである。

「本当に大切な、基本的人権である自主・自立の元となる情報・教育を行えない裏」には、

「相応の悪巧みがある場合が多い」』。

・・・・・・・。

『「政治と金の問題には、自分たちの代でケリを付ける」旨述べた菅総理。

それが、「上辺だけのパーフォーマンス」では無く、「本気だ」と言うのなら、

「多くの人々を操り人形や愚民や情報難民や悪状態から解放する為に必要不可欠な真実の情報・教育」を

率先して「提供すべき」である。

例えば、

「政権交代~小鳩政権時代の民主党内のお金の流れや、

現状の政治の世界では常にあると推定される裏献金等々を露呈させてこそ、

政治と金の問題との決別が、初めて、本気と言える」のである。

「小沢氏に相応しい」のは、「証人喚問」であり、「政倫審では無い」。

「自浄作用無き民主党」なら、「今後支持が回復する事も益々あり得なくなる」。

「日本<朝鮮・中国共産党・在日外国人等から

日本>朝鮮・中国共産党・在日外国人等へ改心したと

誰もが明らかにわかる様に

外交安保姿勢を見直し、

一般国民の誰もがわかる政治と金や権力実態に対する自浄作用を示す」なら、

「民主党の支持率が回復する可能性もある」が』・・・。

『「菅総理のご夫人」は、「支持率にマイナスは無い」旨述べたのだと言う。

「言うまでも無く、不支持率=マイナスの支持率」だから「それは詭弁」である。

「現状の菅政権の本当の支持率」は、「支持率ー不支持率でその実態はマイナス」なのである。

「与謝野氏の入閣」で、「いくらかは雰囲気が変わるであろう菅政権」。

「本当の支持率」を「せめてプラスになる様にする為」には、

「自浄作用と日本>朝鮮・中国共産党・在日外国人の政治が必需」である』。

・・・・・・・。

『「本当に好ましい状態」は、

「実体通りの政界再編~解散総選挙」である。

「真に日本の事を考えるのなら、それが正道」である』。

|

NHKまでもが実質的偽善を宣伝してどうする?・・・。

『「タイガーマスク等の名前を使った実質的偽善寄付騒動」問題。「NHKまでもが、源流対策抜きの実質的偽善宣伝&実質的タイガーマスクの宣伝」なのだから、

「日本のテレビ・マスコミ等の人脈は、総入れ替えするべきである程酷い」』。

『「何故、実質的偽善なのか?」は、「他の記事に記してあるのでここではあえて記さない」』。

『「もう一つの大きな問題」は、

「主としてタイガーマスクの宣伝とも化しているところ」で、

その結果、何と、「タイガーマスクの原作本が異常な程売れている」のだそうだ。

「コレこそ、大衆誘導による利権製造そのもの」で、

「往々にして、

その様な事態で作り出された利権が生み出す過剰で余剰なお金等」は、

「過剰で余剰な利権を得た人脈が、

それらの人脈が牛耳っている政党の、

選挙等の対策資金等に化けさせたりして、

自分たちの人脈が更に有利になる様な社会を造ろうとしたりする・・・」のだから、

「政治と金の問題」を「嫌っている」様な「まともな一般市民」なら、

「自らを大衆誘導が作り出す過剰・余剰利権製造等の操り人形と化す事」は、

「自虐以外の何ものでも無い」。

(もちろん、「今回の場合がどうか?」は別の話しである・・・念の為)』

『「筆者がある人から聞いたところ」によると、

「政権交代の立役者が小沢氏だと騒いでいる連中の本音」は、

「小沢氏やその人脈による

金による要所押さえが利いたから、

政権交代が出来たのだのだから、

政権交代をもたらした金権政治を問題にするのは

民主党にとって自虐だ」等と言うのだ。

そして、

「その金の実態は、

主として、

幹事長等、党の要職で実権を握っている者が実質的に自由に出来、使途不明処理が可能な、政党助成金等の税金だったり、

お仲間テレビ・マスコミ等による過剰・余剰大衆誘導利益等からの裏献金等だったりしている」と言うのだ。

・・・「本当に、テレビ・マスコミ等の大衆誘導利権は要注意」である。

「金権政治を嫌う」なら尚更、

「大衆誘導利権等の罠には十二分に気を付けるべき」である』。

『「今回の寄付問題」にしても、

「意図的な仕込みで無ければ、タイガーマスクは関係無い」筈だから、

「人助けの寄付が目的なら、タイガーマスクは気にする必要など無いもの」なのである。

そして、本来、「人助けが目的なら、むしろ、偽善では無い本当の解決策

(これも他の記事に記したのでここではあえて記さない)

を訴えたりする事の方が、

ずっと大切」である』。

『「要でも無いテレビ・マスコミ等の情報」に「操られて」、

「知らず知らずの内に、

政治と金の問題の源泉を貢いでいたりしてしまうかも知れない・・・様」では、

「本当に情けない」。

「その様な状態に陥ってしまっている方々」は、

「今一度、ちゃんと自分や人生を考え直して頂きたい」と強く思う

(自分の実体等のヒントは、他の記事に記してある。)』

|

菅と与謝野の一致している思惑・・・。

『「菅総理と与謝野氏の共通している思惑」は、「TPPと税制改革」だ。もっとも、「上辺の思惑」は「一致」でも「内面はかなり違う」。

「菅の場合」は、「日本のTPP開国~更なる国際化=利権集中悪徳改悪による日本社会の崩壊・・・」と、「まるで小泉・竹中的雰囲気満載」なのだが、

「与謝野の場合」は、ある意味では、「その方が本当に日本の為になる・・・と、勘違いしたまま信念を抱きしめてしまっている様相」なのだ。

「小沢氏の実体を知ってか?知らずか?

外国人参政権は憲法違反である旨公言していながら、小沢氏を庇う言動まで示した、

平和ボケ善人的」与謝野・・・。

「民主党菅総理」は、

「上辺では日本の為を言いながら、

実際に行って来たのが、

対韓土下座自虐談話等だったり」するのだから、

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、日本<朝鮮・在日外国人等の政治家」である。

「日本<朝鮮・在日外国人等の政治家による国際化は、朝鮮現状権力者や在日外国人の為である場合が多い」』。

『「税制改革でも同様」である。

「元々、現状の控除がお金持ちに有利になったのは、累進化税が甘くなったから」なのだから、

「累進化税をきつくすれば、控除システム自体は良く活きる」。

「控除システムは、きつい累進化税の緩衝剤だった」のだ。

「累進化税を緩くしたのに、控除システムを見直さなかったから、現状が異常」なのであり、

「所得把握をちゃんと厳格にし」、

「累進化税をきつくする」なら、

「税制の見直しの一部」は「容易」である。

「社会保障を言い訳に、悪戯に消費税という発想」は、

「奴隷化&飼い犬製造的発想」で、

「本来なら、

税制改革の前に、

雇用問題の解決」である。

「雇用問題の解決の為、労働時間の短縮&ワークシェアリングを行うのがスジ」である。

「現状の労働体制のまま税制を改革しようとする発想」は、

「利権集中悪徳改悪ゆえ」であり、

「上辺の利権分配という見せ業」で「大衆を騙し」、

「本質の利権集中悪徳改悪を続ける為」の「悪行」に他ならない』。

『「平和ボケ」与謝野の場合は、それでも「それが、日本の為と勘違いしている」様相だし、

「善人仮面」菅総理の場合は、「そうした方が、少数による日本国民支配が容易になる・・・」・・・と、

「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、確信犯」なのかも知れない』。

・・・・・・・。

『「保守仮面」の「民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権約束」の「小沢氏やその子分的議員たち」に、

「日本の国政の実権を与えるよりは、

いくらかは、菅・与謝野の方がマシ」だが、

「本来の日本の国政に相応しい状態」とは、「程遠い」。

「日本の国政」は、「日本>朝鮮・在日外国人・中国共産党・米国・ロシア等々の国会議員が主となって行うべき」であり、

「日本<朝鮮・在日外国人等の国会議員等の多くは、国会議員から退かされるべき」である。

「有権者」は、「日本<朝鮮・在日外国人等の国会議員の多く」を「二度と当選させるべきでは無い」』。

・・・・・・・。

『「与謝野氏が相当な戦略家」で

「民主党政権内から日本<朝鮮・在日外国人等の国会議員を駆逐する」のなら、

「それは、それでアリだと思う」し、

「たちあがれ日本の平沼代表や国会議員にもその手は在った」とも思うのだが』・・・。

・・・・・・・。

『「菅と小泉」は「臭い」が「似ている」。

「日本の為」を謳いつつ、「内実は、日本<朝鮮・在日外国人」』・・・。

『「与謝野」の「臭い」は「微妙に違う」が、

「果たして、今後の日本の国政は・・・?」

「本来なら(=実体に忠実なら)、政界再編~解散総選挙が当たり前」なのだが』・・・。

|

本日の記事も反応良過ぎ・・・。

『「そのスジの人脈による悪の工作と推定される筆者の部屋に対する電磁波による覗き&筆者に対するレーザー電磁波の照射」の「頑張り程度」が「増した」。

「そのスジの人々にとっては、都合の悪い情報が、相応に在る」と推定される』。

『「せっかくだから、おバカ頑張りメーター的」に「星印でも付けておこうか?」

「本日の記事に対し、悪工作どもは★★★程度の頑張り」なので、

「記事の出来は☆☆☆」

・・・といったところだろう』。

『「日本国」には、

「日本<朝鮮の、

政治家も、

テレビ・マスコミも、

官僚も、

教育者も、

一般市民等の仮面を被った実質工作員も、

必要無いし、

在住は相応しく無い」のである。

「日本<朝鮮の人々」は、

「日本国内で悪工作など行っていないで」、

「本心通り、朝鮮に戻るべきである」』。

・・・と記し、一端アップしてしまったところで、

『「悪連中の本心」は、

「血統主義であり、

目的は日本乗っ取りである事」を思い出した。

「有能で悪連中に都合の悪いな日本人は黙らせ」、

「日本人の血統の人々は減らし」、

「帰化仮面を悪用して、日本を実質的に乗っ取り」、

「一般日本人を奴隷的に下々として扱う事等が悪連中の目的」だから、

「悪どもは、改心しない限り、戻る訳も無い」のだ。

「日本人の多くが、

真実を知り、

戦い排除すべき相手を駆逐する」しか「道は無いのかも知れない」』。

|

タイガーマスク等偽善寄付の大宣伝を行っている韓流テレビ・マスコミ問題・・・。

『「正に、偽善運動の大推奨」という実質的「反社会的行為」に「邁進している」様相を露呈している「韓流テレビ・マスコミ」・・・。

「何故、今回の寄付騒動が偽善なのか?」は、以前の記事にも記した。

「異常な実態の是正訴え無き現状対策は、異常な現状に対するサポートに他ならない」から

「偽善」なのである。

「異常な現状とは何か?

「産まれながらの環境格差」である。

「産まれながらの環境格差は、例えて言うなら、一票の格差と同様の{基本的人権の問題}」に他ならない。

「親子は、別人格の別人」である。

「精子も卵子も適度に異物化されているから排出される」のだし、

「子が親から受け継いでいるのは、主として、生物的環境適応情報」なのだ。

だから、

「親に愛され易い様に、{見かけ上}親と似た部分を持つ」とか、

「対紫外線適応情報でもある肌の色」等々は、

「良く遺伝する」。

しかし、

「元々が別人格の別人」だから、

「親がそれなりに優れた政治家だから子も優れた政治家になるとは、限らない・・・のは、鳩山家等の実例からも明らか」だ。

「別人格の別人が、タダ血統的にその親の子どもだから・・・と、

大きな立場や大きな財産等々を受け継いだところで、

その大きな立場や大きな財産等々が生きない・・・ばかりか、

むしろ人間社会の正常進化を妨げる障害になってしまってる例は、

枚挙に暇が無い」。

「先ず、同じ国の民として産まれたのなら、

国の責任で、

産まれながらの環境格差は、是正されるべき」である。

同様に、

「実体離れし過ぎている過剰な血統家族主義」や、

「過剰な血統家族主義に基づいた現実離れした法体制」等も

「是正されるべき」である。

「それらの源流対策をちゃんと行えば、

今回の様な偽善の多くも必要無くなる」。

「源流対策をちゃんと行えば、上辺の現状対策は最小限で済む」のである』。

・・・・・・・。

『「それなのに、韓流テレビ・マスコミ等」は、

「タイガーマスク等偽善運動の大宣伝」を「行っている」。

「その裏」には、

「その手の情報で、一般日本人の多くを操り」、

「現状の社会体制のままを維持出来る様にする」、

「大衆誘導的思惑」が「露呈」している。

「過剰な血統家族主義からの卒業&産まれながらの環境格差等の是正」という「本質的解決」を「訴えない」、

「タイガーマスク等偽善運動に熱心」なのは、

「そのスジの人々」と「テレビ・マスコミ等の情報で操られている人々」に他ならない』。

・・・・・・・。

『終戦直後、朝鮮半島内の日本人は、強制的に日本に帰された。

しかし、日本に密航までして渡来していた朝鮮人の多くは、未だに、戻っていない。

戦後の日本の情報・教育が事実・現実の基づいた正当なものだったのなら、

とっくの昔に、

朝鮮半島内の日本人を強制的に追い帰す事で、盗人的に日本人の資産・財産を奪い取った事に対する補償や、

朝鮮半島内に居た日本人同様、

日本国内にいる朝鮮人の多くの朝鮮への帰還等々が、

成されている筈だが、

米国と裏取引して、

日韓併合の実体を歪めた連中は、

未だに、往生際悪く、

嘘の歴史の上に立ち続けようとしているのだ。

当時の米国人幹部も、朝鮮側の言い分を聞く代償として、かなりのモノを手に入れている可能性大である。

過激な言い方をあえてすれば、

日本人の多くの若者がまともな教育・情報を得ているなら、

実体無き上辺だけの帰化の帰化取り消し運動や、

日本<朝鮮人排斥運動や

日本<朝鮮者強制帰還運動等が

全国的に流行っていても何の不思議も無いくらいの状況が今の日本には在るのである』。

『民主党等の少なく無い数の国会議員や、

少なく無い数の地方首長や、

韓流テレビ・マスコミや、文科省の一部や、日教組等の人脈は、

渡来し、上辺だけは帰化したが、内実は、日本<朝鮮という人々である可能性大』である。

『一般日本人なら、それらの操り人形と化してしまってはいけない。

善人が元気を取り戻すのに必要なのは、事実・現実の地平面の認識である。

(悪人の場合は、事実・現実の地平面を認識すると、自らの悪性も露呈するから、

事実・現実を遠ざけ続けようと悪あがきするが、

人間社会は、進歩し続け、人間社会の進歩の源泉は、事実・現実だから、

何れは露呈する事になるのだ。

もっとも、悪人は、自分が死ぬまでバレなければ良い等々と思い込みたがる場合が多い様だが・・・。)

自分の実体についても、

自分に直接の係わりが大きな近~現代の歴史や社会体制についても』。

|

日本人若者の就職難&外国人留学生を宣伝している韓流テレビ・マスコミ・・・。

『「今時の大学生は就職難なのだ」と言う。「それも当然」で、何しろ、「文科省お墨付きの日教組等教師による教育情報を素直に覚えると優等生」で、「素直に覚えない者たちは下々(=実質的奴隷扱い)候補生・・・」だからだ。

「其処」では、

「自分なりの考えを育てたり、

自分を育成したり、

自分の実体を把握したり、

自分のコントロールを覚えたり・・・する要素が圧倒的に欠如」している。

逆に在るのが、「嘘偽りの歴史観等を元にした自虐感の植え付け」と「自主性の芽を摘み取る操り人形化」である。

「戦後65年以上も経っているのに、未だに、実質的占領政策が続いている裏」には、

「日本統治の現場仕事を任された朝鮮系人脈の問題」が在る。

「少なく無い数の米国人権力者たち」は、「沖縄返還の実例」からも「明らか」な様に、「相応に合理的な判断が出来る」が、

「日本の財産・人材・技術を使った朝鮮内の急速な近代化であり、二国間の合意契約だった日韓併合を、

日本の敗戦をいい事に、

一方的な日本による植民地支配という嘘にすり替え、

日本によって朝鮮内に築かれた資産や財産等々を無償で奪い取ったばかりか、

無理やり植民地支配論に正当性を持たせる嘘論の為に、

隙に乗じて、日本が登録した当時は、管理能力などある筈も無い竹島に武力侵攻し、実効支配まで続けている、

朝鮮の現状権力者人脈の人々たちの多く」は、

「合理的な判断をする事=自分たちの悪事を認める事」なので、

「なかなか合理的な判断が出来ない」。

「そんな人脈の人々が、日本の情報・教育を牛耳る座に未だに縋りつき、他の普通の日本人には実権を渡したがらず、

日本人愚民化・操り人形化情報・教育工作を未だに続けているのが、実態」なのだ』。

『「日本の若い人々は、真実を知るべき」である』。

『少なくとも、「普通の独立国の若者たち」は、「日本の様な状態にはなり辛い」。

「実質的他国人脈(例えば、帰化していても、本心は、日本<朝鮮等々)による工作活動的情報・教育」では無く、

「普通の独立国の情報・教育で育てられているから」だ。

「その国の国民として、自虐性が育てられる事などあり得ず、

その国の民である事が誇りとなり、自信となる様な教育を受けている」。

「もちろん、一番大切にされるべきは、真実」なのだが、

「中には、真実を捻じ曲げてまでも、

その国の民である事による誇りの形成を優先している国々まで少なからず在る」のが「実態」だ。

その様な国々では、「正に、日本の情報・教育とは正反対」なのである』。

『「外国人留学生たち」とは、

「それらの普通の、

或いは、歪められ、過剰な自尊心を養われている、

独立国情報で育てられて来ている、

日本に留学出来るくらいに、相応に、両親等がお金持ちの世帯の子どもたち」である。

「自虐教育・情報漬け」の「日本人の若者たち」に比べて、

「上辺の自信等が上回っている」のは、

「当然過ぎるほど当然なのだ」。

「企業経営者たちは、この上辺に騙されてはいけない」』。

『「日本人の若者」なら、

「国が下す教育や、現状のテレビ・マスコミ等の情報には相応の疑問を持ち」、

「真実を確かめながら」、

「自分なりの考えを形成したりして、自分を育てる事が、

現状では必需」である。

「それは、タダ単に上からの情報を覚える道より遥かに険しい道」だが、

「相応に実力も養われ、

本来の自信も回復出来る道」でもある』。

『「若い事のメリットを十二分に活かし」、

「現状に飲まれるのでは無く」、

「現実を見極め」、

「現代を生きる人間として相応しい人間に、自分を育てるべき」である』。

・・・・・・・。

『「また、今時の機械化が進んだ人間社会状態」なら、

「国は、率先して、労働時間の短縮を命じるべき」である。

「可能な職種について」は、

「現行の原則8時間労働」を「4時間~6時間程度を原則とする様に改定し、残業代のアップ率をかなり高く義務付ければ」、

「何処の企業でも、同じ社員に残業させるより、新たな人を雇う道を選ぶ筈」だ。

「可能な職種の労働時間短縮」が「根付けば」、

「その他の職種でも、ワークシェアリングが容易になる」。

それは、「若者の雇用を増やすだけでは無く、年齢ゆえに長時間体力や集中力が続き辛い高齢者の雇用も容易にする」から、

「少子高齢化の現状」ならば、

「率先して労働時間の短縮を行わない事」は「ダメ政府の証」の様なものである。

「労働時間が短縮」され、

「余暇時間が増えた人々」は、

「得た報酬を余暇に使う事になる」から、

「景気も良くなる」。

「景気が良くなれば、人口も増え易くなる」ので、

「人口問題の底からの脱出も可能になる」』。

『「日本を衰退させたい」そのスジの人脈は、

「利権集中悪徳改悪等に走りがち」で、

「数多くの一般日本人から仕事を奪い、

若い女性は、性風俗へ、

若い男性は、低賃金奴隷化、

高齢者は、生活保護で飼い殺し、

・・・等々への悪化を推進したがる」が、

「それでは、日本社会が益々荒れ、衰退する事になる」。

「真に日本で暮らす人々の事を考える」なら、

「労働時間の短縮&ワークシェアリングが当たり前」である』。

|

民主党の両院議員総会・・・。

『「小沢一派の党を割る行動」も無かったばかりか、むしろ、小沢一派等からは「挙党一致」という「多くの日本国民の意思より、自らの保身の為の論理」までもが吹き出していた「民主党の両院議員総会」・・・。

「日本社会の空気を読めていない民主党議員たち」は、

「民主党政権の維持こそが大切と勝手に思い込みたがってる」が、

「多くの一般日本国民の意思」は

「ごちゃ混ぜ民主党は割れるべき」であり、

「政界再編」なのだ。

「民主党の挙党一致」で「保身を図ろうとしている小沢一派等」を「除けば」、

「ごちゃ混ぜ民主党自体を大切と思っている人々は少数派」なのである』。

『「もはや、地方では、民主党の冠を頂く事自体がマイナス要素になっている」のは「当然」で、

「小鳩政権時代の失態」や、

「余りにも酷い外交・安保等の政治実態」を「知れば知る程」、

「一般日本人なら、民主党離れするのが当然」なのだ』。

『「お手盛り気分が抜けていないそのスジの人と推定される議員」は、

「歴史は後ろに戻せない・・・」等と、

「民主党への政権交代が出来た事や、

対中国共産党&対韓等土下座外交等々に縋り付きたがっていた様相だった」が、

「歴史は後ろの戻せない」は「間違い」で、

「何れは真実が露呈し、日本社会の正常化が行われる」が「正解」である。

「嘘偽りは、何れバレ、事実・現実は広く知れ渡り、近い将来では、事実・現実に基づいた日本社会になっている」のが「当然」で、

「その様な道を人類が歩まないのなら、人類は、滅亡する」のである』。

『「如何にも、{そのスジの人々が多いから・・・}等と思えてしまう、明日{13}日の党大会」も「楽しみ」だが、

「民主主義社会」なら、

「ごちゃ混ぜ民主党」は、

「一刻も早く解党」され、

「思想信条・政治理念ごとの少数多政党化される事が好ましい」事は、

「現状の高権政治で無理やり一つの大きな中国等と同じようなもの」である』・・・。

|

「もしドラ」問題・・・。

『筆者の近くにも、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーのマネージメントを読んだら」の本が来たので、せっかくだから読んでみた。

「去年一番売れた本」とも言われているから、

「日本社会の現状を知る面でも多少の興味がわいたから」だ』。

『「一読して驚いた」のは、

「内容がまるで文字版マンガ」だったところだ。

はっきり言えば、

「ドラッカーのマネージメントの訳部分以外」は、

「人々の妄想を煽り、

感情をかき立てる為の

どうでもいい嘘話」である。

そして、

「肝心要のマネージメントの引用部分の内容自体」は、

「それだけ読めば15分程度で終わってしまうくらいの量で、

今時なら当たり前の話しや、

幸福感の為に責任を持たせる

(今時なら、

本質的幸福感を味わう為には、自分の実体との整合性が高い事が必需だから、

例えば、

地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が悪い実質的悪行に責任を持たされても、

現実逃避感等が煽られる事はあっても、

実体のある幸福感は得られないから、

そのあたりの記述も必需)等、

昔だから仕方無い話しの羅列」である』。

『「・・・で、値段は、¥1,600-+税」だそうだ。

「情報内容からのお得度」から言えば、

「ドラッカーのマネージメントの和訳本の方が圧倒的に高い」』。

『それなのに、「何故、こんな本が数多く売れたのか?」

・・・「其処に、現状日本社会の情報・教育の問題が在る」。

「愚民化・平和ボケ・操り人形化」されてしまっている人々は、

「上辺の文章マンガが無ければ、

少なくとも、企業経営に携わる者や企業の社員となる者なら、

相応に興味を持っても不思議では無い、

マネージメントの和訳さえも読めない/読む気にならない」程、

「能力面で衰退させられてしまっている」のだ。

「コレは深刻な問題」である。

「日本の情報・教育は、直ちに是正されるべき」である』。

『因みに、

筆者は、

「現行の現実離れした経済システム」を「そのまま」に、

「現状適応を誘っている様なドラッカーのマネージメント」は、「好きでは無い」が、

「約100年も前の本だから、仕方無いか・・・」とも思っていたりする。

「現状権力者や現状で優位な者たち」の中では、

「現状適応に励む下々の量産・支配に役立つ」ので、

「ドラッカーのマネージメントのファンが多い」。

「現実離れし過ぎている現状の経済システム」の

「現実離れを是正しない限り、人類滅亡」なのだが、

「大枚や大権等の覚せい剤」や、

「現実逃避という麻薬等」で、

「行きまくっている中毒者たち」は、

「何を言っても????」なのだ。

筆者たちにとっては、

「例え大量でもバカを殺す事は容易い」が、

筆者たちは「何処かのおバカ連中」とは違い

「バカは死ななきゃ治らない」という「考えを持つタイプでは無い」。

筆者たちは、

「おバカがいくら死んでもおバカの文化のままでは仕方無いから

死すべきはおバカな文化である」と思っている。

「その意味」からも、

「情報・教育の正常化は必需」なのだが、

「昨年売れた本がもしドラ」で「その内容がコレ・・・」では、

「暗澹たる気持ち」も出てくるが、

「現状の情報・教育なら当然」で、

「今は実質的な世紀末」なのだ。

「もしドラ」で「現実逃避」している暇があるのなら、

「現行経済システムの現実離れぶりの検証」でも

「行ってみたら?」。

因みに、「現実的な経済システム」とは、

「地球生命体細胞群の一塊である一人一人の人類の実体」との「整合性がちゃんと取れている経済システム」である。

例えば、

「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献を仕事」とし、

「地球生命体細胞群の存続~永続の邪魔をする実質的破壊行為とはちゃんと区別」し、

「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献度に応じた報酬を支払い」、

「地球生命体細胞群の存続~永続の邪魔をする者・物・事へは応分の罰金や高額の税」、

等々というのが「基本」となる。

「自分の実体を無視した思い」は「妄想」である。

「妄想を元に需要と供給でお金を動かせば、地球も多くの人類も・・・悲鳴を上げるのが当然」だ。

「経営の前には、経済が在り、

経済の前には、人間社会が在り、

人間社会の前には、人類の実体が在る事」を「忘れてはいけない」。

「何事でも順番を間違える」と、

「本来なら簡単な仕事」でも、「収拾が付き辛くなる」。

逆に、「順番通りにこなせば、意外な程容易く物事は片付いたりする」のだ。

「現代を生きる誰も」が、

「自分は細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している細胞の塊である」という

「自分の実体」から「整合性を取って行動を起こせば良い」のだ。

そうすれば、

「誰も」が、

「毎日細胞ごとに体験している誕生・死の実態把握から、

丸ごと一人の死の恐怖や

丸ごと一人の霊や霊界等の妄想等々からも卒業」出来、

「人が生きる事の本質的意味」は

「その人の意思・意思に基づいた行動等である事」にも気付き、

「自分の意思が生き残る資格を持つ為に必要不可欠な事」は、

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が取れている事である事」にも「気付く」筈だ。

「地球生命体細胞群が存続し続ける限り、

地球生命体細胞群の存続に悪影響を与える悪人の意思の実体は存続し得ず」、

「悪人や悪人の意思・行動等は、反面教師情報等としてその象徴的な一部残るだけ・・・になる」のだ。

「誰も」が、「自分の実体に忠実」なら、

「本当の世界平和だって、直ぐにでも実現可能」だろう。

「本当の世界平和」を「壊しながら」、

「大枚や大権という覚せい剤や、

現実逃避という麻薬等々」を「追い求め続けている」様な

「悪や、情報難民や、おバカや、操り人形的人々」も「激減する」筈だ』。

『「約100年前のドラッカーのマネージメント」。

「現代を生きる人間の一人が書いているブログ

(100年後には、当たり前の話しの羅列や、当時だから、仕方無い・・・かなぁ・・・。

もっとも、

筆者の目的は、筆者が有名になったり、このブログを有名にして、後世に残す事では無く、

ここから何らかのヒント等を得て、

少しでも、地球生命体細胞群の存続~永続への貢献を仕事と認識する人が増え、

実際の世界平和~地球生命体細胞群の永続が実現する事を願っているだけなので、

100年後に評価を受けるのは、筆者より、有名/名誉欲等が大きい他の人々なのだろうけど・・・)」。

「もしドラ」は論外として、

「現代人にとって役立つ情報が在るのは」』・・・。

|

AKB48を反対に読むと・・・。

『84BKA

恥バカ?

・・・ん?Aが一つ足りない。

Aが一つ加わると恥バカの完成・・・。

Aの意味するところは?

A型の多い何処かの国の国民で、

A型の多い何処かの国の国民を、

「少女見せ」で

「多くの人々を現実逃避させ操りたがっている連中のお仕事(内実、工作活動)」だったりして??』

・・・・・・・。

『そのスジの人脈は、

反対読みが大好きの様で、

例えば、

運転中に見るパチンコ店の名でも、

反対読みにして、

AKB同様、Aではないが、それらしい一文字(自分を意味するI)を足すと、

コリアなどと読めたり・・・という店も在ったりする(つまり、経営者は韓国人の意味?)』。

・・・・・・・。

『日本社会の裏も明るみに出され、

悪どもの不当搾取分は吐き出させられ、

悪どもが応分の罰を受けなければ、

本当の意味での世界平和も在り得ない。

おバカは、この様に記すと、それなら徹底的に悪工作等に励み、悪どもが勝つまで頑張る等のおバカな考えを持ちがちだが、

最終的には悪どもの勝利など在り得ず、

悪どもが受ける応分の罰とは悪どもが行った悪行の実績に応じて厳しくなるのだから、

素直に今直ぐ悪行を止め、

自ら自主するなり、応分の補償を納めるなりする事が、

罰を軽くする唯一無二の手段に他ならない』。

『何事でも現実に沿った処理が重要なのだ』。

|

かなり「やらせ」っぽいが、例え実際に仕込んでいても決してやらせとは認めないだろう「テレ朝のタイガーマスク直撃」・・・。

『「タイガーマスク」と「タイガーマスクのお面」の「宣伝」の為の「仕込み」的雰囲気満載だった、

「テレ朝のタイガーマスク寄付の瞬間直撃取材」・・・。

何しろ、「カメラマンより足の遅い、不恰好な人や女性」等では無く、

「カメラマンより足の速い、相応にスタイルの良いスポーツマン的男だった」のだから・・・。

そんな「逃がすのに都合の良い取材対象」で、

尚且つ、

「視聴者に、好イメージを与えられる人物」が、

「偶々、養護施設に寄付するところ」を、

「電撃スクープ出来る確率」は、

「本当に少ない」だろう』。

『「局側の仕込みでは無い」としても、

「タイガーマスク側の仕込みである可能性大」であり、

「何れにしても、テレ朝は、

大衆誘導情報大量配信の為、

確信犯で踊った」のかも知れない』。

・・・・・・・。

『「本質是正の意向無き、

現状対策的寄付行為等は、

現状に対するお墨付き援助で、

その実体は偽善である」。

「血統家族主義の害」は「枚挙に暇が無い」』。

『「国や民族に過剰に拘り/拘らせ、

他の国や民族の人々を下に置きたがる思想」も

「血統家族主義の一種」である。

「実態」を「冷静に見れば誰にでも明らか」な様に、

「何から何まで優れた人など存在しない」から、

「人の能力の優劣」は、

「問う能力の種類で勝手に分別している人の思いの上での話し」である。

そしてそれは「本質追求では無く、短絡的な上辺の比べっこ原理主義に基づいた発想」なのだ』。

『「オマケ」に、

「その様に、比べたところで、

能力の優劣は、

環境に大差が無ければ、

国の差や民族の差などより、

個人差の方が圧倒的に大きい」のが「現実」である。

「国家優位主義や民族優位主義」は、

「それらを唱える国家権力者たちが、

自国民等の大衆を操る為の道具」なのだ』。

『「基本的おバカでありながら、

自国民等を更なる愚民化状態にする事で、

支配権を得続けようとしている様な悪どもは、

一刻も早く重要な立場から退かせるべき」である。

そんな「おバカな現状権力者たち」に、

「心ならずも操られてしまっている一般市民の多く」は

「一刻も早く操り人魚の糸を切り、自立するべき」である。

「少なくとも、自分の支配権は自分に在る」。

「操り人形の糸を切り、

自分の自由を取り戻し、

自分で自分を健康的にコントロールする事」こそ、

「現代人の大人としての最低限のエチケット」なのだ。

「この大切な

本来の自己実現への入り口」さえも、

「現状権力者ご用達の愚民化教育・情報等では教えようともしない」。

そしてそれは、

「人類が、おバカな代々話を繰り返し続けている原因」であり、

「現状人間社会が酷い原因」でもあるのだ』。

『「人類新世紀の時」は「近い」。

「人類新世紀にステップアップ出来なければ、人類は滅亡」する』。

|

タイガーマスク騒動の深層・・・。

『昨日、「タイガーマスクの本名等の名前を使った偽善的贈り物騒動」について記したら、「あるスジから情報提供」があった。

その情報によると、「この手の大衆誘導は、戦後日本の支配体制と大きなかかわりがある」のだそうだ。

「具体的」には、「戦後日本では、米軍に取り入った朝鮮系人脈が実質的に日本国内での支配権を得ている」。

「米国人等では、上辺の姿形が日本人と余りにも違うから、

米国の都合で日本人を操る現場仕事を朝鮮系の人脈が行うという事で、

実務を任された」との事だ。

「ところが、朝鮮系人脈の本音」は、

「米国の番犬を演じる事では無く、

日韓併合を日本乗っ取りの開始と位置付けた{日本乗っ取り工作の完遂}だった」。

結果、年を重ね日米間の信頼関係が良好になった後も、

本来なら、日本支配体制は日本人脈による自主性に任せるべきところを、

米国に対し悪戯に危機感を煽り、内情暴露等の脅しと金・女等による懐柔作戦を仕掛け、

日本国内での実質的支配権を得続けている」との事だ』。

『「実質的支配権の内実」とは、「政治と情報・教育」だ。

「戦後の政治と情報・教育」の「実態」は、「皆様良くご存知の通り」である。

「日教組等の教育と韓流テレビ・マスコミ等による情報誘導」により

「{政治や国家支配体制に対する興味を削がれ、

その分野では圧倒的に愚民化された多くの日本人}」は、

「政治無関心」となり、

「その結果」、

「日本は在り得ない朝鮮に対する植民地支配まで朝鮮現状権力者たちの意向通りに認めがち」になり、

「朝鮮系の人脈の国会議員や地方首長等の当選確率等は飛躍的に上がった」のである』。

『「情報・教育で大衆を国の支配体制に対して愚民化した」と共に、

「当初は、実務を効率良くこなすロボット化する為に、それ以外の分野では、相応の教育も行って、興味の多くをそちらの分野へ誘導したり」していたが、

「国の支配体制以外でも活躍する日本人が気に入らなかった朝鮮系の人脈」は、

「全体的愚民化策略を取るようになった」。

「その結果、昨今の日本人の実務能力は衰えている」。

「全体的な愚民化策略」の「問題点」として、

「興味の誘導」が「残った」ので、

「愚民化した人々の興味をひき付け、

今の体制で良いではないか・・・等々という思いを、

多くの一般日本人の中に仕込む必要性が生じている」との事だ。

今回の「タイガーマスク等、偽善的贈呈騒動」も「その一つ」らしい』。

『因みに、「日本には、野生の虎はいないが、朝鮮には、野生の虎がいる」ので、

「そのスジの人脈」は「虎が好き」なのだそうだ。

「桃の場合は、そのスジの人脈なのか?誘導された日本人なのか?良く判らない・・・との事」だが、

「三月を意味する桃と、武士を意味する太郎」は、

「相応に三●人の好みに合う」らしい。

「また、朝鮮名でも素直に読める名前等も好み」だそうで、

「その代表的一例がテツヤ(・・・色々な漢字が当てはまる様だが)」だそうだ。

「韓流テレビ・マスコミ等の本心」は、

「菅直人より民団と外国人参政権を約束し約束に拘る小沢である場合が多い」ので、

「伊達直人が出ると、菅総理の宣伝はほとんど行わず、タイガーマスクの宣伝に走った」との事だ。

「何れにしても、朝鮮系が圧倒的多い民主党政権のまま」が「そのスジの思惑には合う」との事だった』。

『「日本国の支配権」は「日本人の手に取り戻すべき」である事は、

「言うまでも無い」。

「政治無関心・国家支配体制無関心・国家支配体制の実質である情報/教育等の実体無関心は、罪」である』。

・・・・・・・。

『また、言うまでも無く、

「産まれながらの環境格差」は「悪」である。

「親子の実体は別人格の別人」なのだから、

「産まれながらの環境格差」は

「国政選挙時の一票の格差と同様、基本的人権の問題」なのだ。

「血統家族主義に過剰に拘り、

基本的人権を自らぶち壊している様なおバカ状態」に陥ってしまってはいけない』。

『「結構笑える」のは、

「血統家族主義に過剰に拘る事で基本的人権を自らぶち壊している様な連中」が

「他の分野では、やたらと、基本的人権を持ち出したがるところ・・・」だったり・・・する。

「裸の王様」は、「自らがピエロを演じていても???」なのだ。

「自覚」は「大切」である』。

・・・・・・・。

『「正当性の無い者たち」が、「日本国を支配し続けるなら、地球の未来も短い・・・」かも(?)

「米国は、悪巧みを持つ朝鮮系人脈を日本の支配体制から排除するべき」である』。

|

伊達直人等、偽善寄付騒動問題・・・。

『「伊達直人等の名前を使って、児童養護施設等への寄付を行う事」を「あえて偽善」と「記した」のは、

「現状で作り出されている弱者に対する、上辺の現状対策的補助」だからだ。

「本来」なら、「児童養護施設等が無くて済む状態が好ましい」事は、言うまでも無い。

「だから、寄付で、現状対策の一助を行うと共に、現状に対する批判や、現状を是正する意図の添え書き等」が「在るのなら、未だ良い」のだが、

「各報道を見聞きする限り」、

「現状で優位な者たち」が「現状で不利な者たち」に「施しを行って」いて、

「その報道を見聞きした多くの視聴者等」が

「現状の捨てたものでは無いような幻想に浸って現実逃避している」様相なので、

「ここでは、あえて、偽善扱いさせて頂いた」』。

『「その上」、「本質を直さず、現状に媚びる偽善」には、「弊害が付き物」である。

「今回の騒動」でも、

「今回の騒動を見て、

養護施設の連中は、イイなぁ!良いもの貰えて!!!」等と

「強く羨ましがる心を持ち、

現状脱出欲動を暴発させてしまう」

「親の下にいるが、恵まれていない子どもたち」が

「全く出ない保障は何処にも無い」。

「本質是正こそが正道であり、

現状対策は、本質是正とセットでこそ意味がある」』。

『「言うまでも無く」、「現状の人間社会はかなり酷い」』。

『「そもそも、何故、児童養護施設などが要るのか?」

「血統家族主義だから」である。

「血統家族主義では、

血統家族利権に恵まれなかったり、

親を事故や病死で失った上に、親の命と引き換えの大枚等が入ってこなかったりした

子どもたちの多くが、

行き場を失いがちになってしまう」。

それでは「血統家族主義にどれ程の正当性=現実との整合性があるのか?」

「当ブログをお読みの方々」なら、「ご存知の通り」、

「元々、精子も卵子も適度に異物化されているから放出され、

人が遺伝で伝えているのは、主として生物的環境適応情報であり、

人類の世代交代は、種の保存であり、個の保存では無い」のだから、

「血統家族に過剰に縛り付ける思想」の、「現実離れぶりは、かなりのもの」である』。

『「ある程度、現状で、金銭・立場・能力等に恵まれていれば」、

「現状対策を行う事で現実逃避という麻薬を自分にも他人にもばら撒く」のは「容易」だ。

しかし、「本当に大切」なのは、「現実離れしている現状を是正する事」である。

「人類は、現実離れを是正しなければ、そう遠く無い未来に、人類自体が現実から排除されてしまう(=人類滅亡)」のである。

「血統家族主義」や「個の保存」等々の「幻想」に「縋りついて」、

「現実を疎かにする人々がメイン」なら、「確実に人類は滅亡する」。

現代において、

「血統家族主義や個の保存等々という幻想」と「地球生命体細胞群の存続~永続」を

「天秤にかけて」、

「血統家族主義や個の保存等々」を「選ぶ」のは、

「おバカか、情報難民か、性悪か、操り人形か、等々」と相場は決まっている』。

『誰もが、

「伊達直人等、偽善問題をキッカケに、自らの思考や精神状態をチェックする事」を

「強くお奨め」しておく』。

・・・・・・・。

『因みに、

「タイガーマスクというマンガ・アニメにあまり馴染みが無い筆者」は、

「伊達直人という名を見聞きさせられて、

思わず、同じ、直人で、菅直人を想起」し、

「コレは、民主党人脈による菅の援護か??」と思ってしまった。

「タイガーマスクというマンガ・アニメの作者の一人」も、

聞くところによると、どうも、「そのスジの人脈の故人」の様なので、

「韓流テレビ・マスコミで偽善運動を大宣伝して貰っている連中の多くもそのスジなのでは??」と

「思ったくらい・・・」だ。

「普通の日本人」なら、

「現実逃避のネタの提供や、自己の功名心が目的では無い」場合が多いだろうから、

「人知れず、善意の気持ちのこもった寄付等を行うと共に、

現状の現実離れを是正しようとする」と思うが・・・』。

|

菅総理の後は、前原総理ででも民主党政権を続けたい連中・・・。

『「民主党とはどの様な政党か?」は「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権に熱心な国会議員の数を見れば誰にでも解る」。

「前原氏も、在日韓国人を始めとする在日外国人の地位向上を目指す議員連盟に名を連ねている」。

「民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権を約束した{保守仮面}小沢氏も、

議員連盟に名を連ねていなくても、行動実態が、その通り」だ。

「韓流テレビ・マスコミ」では、

「ゲンダイ(ヒュンダイと言った方が適切なのでは)の様に、露骨な程に、民主党特に外国人参政権に熱心な小沢氏ビイキのマスコミも在る」が、

「フジや読売が小沢氏同様の保守仮面を被り、

朝日が優等生ぶり、

テレ東等は、お金!お金!!!と興味を政治そのものから遠ざけている」が、

「それら全ての論調が指し示している方向」は、

「韓国人・朝鮮人は良い人だから、外国人参政権をよこせ!」である。

「竹島を不当占拠しているばかりでは無く、

終戦直後の日本で暴れまくった連中も少なく無いばかりか、

日本乗っ取りの策略を持って、日本に渡来して、帰っていない連中も少なからずいると容易に推定出来る状態」で、

「上辺のイメージだけ」で

「いくら善人ぶっても、

実体は善人とは限らない事は、

物事を事実・現実通りに冷静に考える人なら、誰でも解る」。

「それだからか?

日教組等の、実質、親中国共産党・韓国朝鮮現状権力者の組織による学校教育まで行い、

多くの一般日本人は、平和ボケ状態に追い込まれ、

本来なら、真っ先に知っておくべき、日韓併合の実体・実態も、終戦直後の日本の実態も知らない」のだ。

「日韓併合の実体」は、「俗に言う日本による植民地支配などでは無い」。

「単独では国の存続さえ危うかった朝鮮」が、

「日本を頼り」、

「朝鮮内の急速な近代化を日本の人材・財産・技術等で行った二国間の合意契約」である。

「戦後、日本が戦争に負けた事をいい事」に、

「朝鮮内の日本人による資産・財産等を無償で奪い取るべく、

植民地支配論が捏造」され、

「日韓併合時に、時には密航までして、日本に渡来し、

未だに朝鮮に帰らない

日韓併合を機会に日本を乗っ取ってしまおうと企んでいる連中まで居る」のだ。

「韓流テレビ・マスコミ等による朝鮮人は善人論」とは、「余りにも実態がかけ離れている人々も少なく無いのが実態」である』。

『「特に性質が悪い」のが、「上辺だけ帰化した連中」である。

「上辺だけ日本人、実は、朝鮮>日本という連中」は、

「例えば、国会議員になれば、朝鮮>日本の政治を行いたがり」、

「表れる実態」は、

「在日特権政策や、

土下座外交だったり・・・」している』。

『「全ての日本人は、上記の様な実体・実態を知るべき」である』。

|

土俵際のおバカども・・・。

『「いよいよ追い詰められたせいか(?)おバカどもの電磁波攻撃もだいぶ節操無い強さの域になって来た」。

「当方は、電磁波レベルに応じて、相応の対応をしているから、大丈夫だが、余分な事にお金がかかるのは迷惑である」。

「おバカどもが追い詰められている事」と「民主党の終焉=政権からの脱落」とには、「相応の相関関係がある事が推定される」のは、

「以前にも指摘した」。

「麻生政権の時には、様子を見ながら、遠慮がちに電磁波で覗き&レーザー照射(たぶんガン等の病気や脳卒中等の傷害狙いでしょ)だったのだが、

民主党政権誕生後は、まるで、警察の摘発を恐れていない様相の堂々とした犯行ぶり」なのだ。

「また、当方の記事」でも、「在日やパチンコや日韓併合の実態」等の問題には、「敏感に反応する」。

「日本乗っ取り策略問題」でも同様だから、

「そのスジの連中の仕業」と「推定されても仕方無い」』。

『「民主党」には、「在日韓国人地位向上を目指す議員連盟が在る事は、以前にも記した」。

「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権に積極的な議員も多い」。

「悪戯な(=科学捜査の徹底や捜査摘発手法の現代化の前に)取調べの可視化」に「異常な程熱心」で「実質的には、犯罪行為を行う者や行った者たちを有利にしたがっている連中も多い」。

「もし、電磁波工作兵器との関連が在ると仮定する」と

「取調べの可視化で、万一捕まっても、それ程嫌な思いはせず」、

「電磁波という現行法では十分な法整備も行われていない、摘発体制も???な、手段を使って、

そのスジの者たちにとって都合の悪い者たちを、

現行法では摘発し辛い手法で殺人する悪の工作」も

「行い易くなってしまう」』。

『「警察はもっとシッカリするべきである」。

「もちろん、現在でも、国会議員や官僚同様、公務員である警察には、そのスジの連中が少なからずいる」から、

「一般日本人を守る正当な法整備や摘発体制が整わないと、シッカリもし辛いかも知れ無い」が、

「殺人兵器レベルにまで強化された電磁波照射工作装置や、コンクリートの壁を通しても中のターゲットを特定出来る覗き見レーダー等の現物を押さえる事」は、

「現行法の範囲でも可能」である』。

『「おバカども」に「数多くの不当な工作行為」を「行わせる前」に、

「当方の家の上や、隣や、近隣の建物内の、それらの工作兵器を摘発すべき」である』。

『「警察がちゃんとした仕事を行わなければ、

筆者が、悪どもは、どんどん土俵際から追い落とすが、

それは、筆者本来の仕事では無い事は言うまでも無い」。

「何れにしても、連中には後が無い」のだ』。

|

自己責任論・・・。

『「何処かの現状有立場テレビ」で「ホームレスの人にインタビューした」ら、そのホームレスの人は「自己責任だから・・・」と「答えた」のだと言う。

「その番組」では「当然の如く、何処がどう自己責任なのか?」等の「本質追求」は「行わず」、

「ただ悪戯に、現状で優位な者が下々を見下ろしながら、誰かに助けを求める事の正当性を訴えていた」様だが、

「自己責任の本質を考える」なら、

「以下の様になる」。

当然、

「ホームレスの人」に「現状適応が上手く出来なかった事」の「全責任がある」訳も無い。

「全責任を求められる程、現状は良好な状態に完成していない」からだ。

「ホームレスの人にとっての自己責任分」とは、

「未熟で未完成な現状に媚びてしまったところぐらい」だろう。

「例えば、お金持ちや血統家族主義が描く似非理想家庭像に憧れたり、

例えば、{現状の大した事のない学校教育等}への適応状態を、悪戯に過大評価したり、

例えば、仕事と破壊行為の区別さえ???で、現状の情報・教育が教えるところをそのまま鵜呑みにしていたり・・・」等々と、

「ホームレスの人に限らず」、

「現実離れした現状依存者たち」の「大いなる自己責任の大部分」は、

「現状に媚びたところにある」』。

『「何故、現状に媚びるのがいけないのか?」

「多くの人々が現状に媚びれば、現実離れが加速し、何れは、人類滅亡へと向かってしまうから」だ。

もちろん、

「タダ現状に媚びなければ良い」訳では無い。

「悪戯な政権交代同様」、「それまでの現状を否定しても、得た者・物・事が今までより酷かった」ら、

「意味が無い」どころか、「より悪い」事は言うまでも無い。

「相応の現実把握と現実に近づく努力が必需」なのだ』。

『「現実とは何か?」

「例えば、自分という人類の一人の実体は、約60兆の地球生命体細胞群の高度に構築された一塊であり、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している」のが、「現実」だ。

「その現実」を「現状では、例えば、人の短絡的な思いに忠実に丸ごと一人の死生観で捉えていたり・・・する人々が、未だに、数少なく無い」。

「自分探し」とか「考え・思いの上での納得を得ようと右往左往している人々も少なく無い」。

「自分探しの基本とは、自分の実体を把握する事」なのに』。

『「経済や法システムも同様」である。

「現状の経済や法システム」は、

言うまでも無く、

「ほとんどの人々が、

自分の実体も、誕生・死の実体も???で、

丸ごと一人の死生観を抱いていた時に作られたモノがベースとなっている」。

「当然、その現実離れぶりは、かなりのモノ」だから、

「普通なら、その現実離れの是正を行う事」が「当たり前」なのだが、

「現状に媚びて、現状をそのままにする事で、現状利権を得ようとしている腹黒連中や、おバカや、操り人形や、情報難民たち」が、

「現状の是正=現実化」に「意識的にせよ、無意識レベルにせよ、抵抗」し、

「人間社会の状態を悪いままにしている」のだ。

「そんな状態」では「戦争の歴史が繰り返されるのも当然」で、

「原水爆まで保持してしまった人類」には「火器による本気の戦争行為は御法度だから・・・」と、

「今、所謂先進国等では、みんなで経済戦争をしましょう状態」なのだ。

「当然、戦争という比べっこ」では「多くの人々の快適な生活」より「比べっこで勝利する為の狡賢さ」だから、

例えば、

「工場がオートメーション化され、

従業員の労働が楽になると、

今度は、従業員を減らして、利益率を上げる等の

悪賢い工夫が重宝がられ」、

「数多くのリストラされた従業員の不幸」を元に、

「数少ない経営者等が大枚という覚せい剤を得たりしている・・・」のだ。

「経済戦争の比べっこ」では無く、「より多くの人々の快適生活を目指している」なら、

例えば、

「従業員は解雇せず、

労働時間を半分に・・・、

余暇を楽しむ人々の増加で、

実体経済のお金も回って好景気・・・」等を

「目指すのが当たり前」なのだが』。

『「目指す物事」が「本質的に間違っている」から、

「人類に近づいて来てしまっている」のが、

「地球生命体細胞群の永続では無く、人類滅亡になってしまっている」のだ。

「多くの人々」が、

「自分の実体を把握」し、

「個人的大金持ちは悪であると正しく認識」し、

「個人的大金持ちや科学的整合性の無い過剰な血統相続等は是正する」なら、

「地球生命体細胞群の存続~永続」が「近づいて来る」のだ』。

『本来、

「人類誰も」の「一番基本的な自己責任」とは、

「人類滅亡を招くか?」

「地球生命体細胞群の永続を招くか?」

なのであり、

「人類滅亡を招く事に執着している様な人々」は「悪人として崩壊させられても仕方無く」、

「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献という人類本来の仕事を行っている人々」へは「相応の立場・報酬等が相応しい」のである。

「多くの人々」が「自分の実体に忠実に、本来の人類の道に沿った人生を送るべき」であり、

「人間社会も、多くの人々が、本来の人類の道を歩み易い様に、是正されるべき」なのだ』。

|

三元日の高速は大渋滞?・・・。

『「三元日の高速は大渋滞」と言っても、それは、「特定の方向だけ」で「反対方向は当然の様に空いていた」。

筆者たちは、「二日に、正月気分を味わおうと、適度に正月っぽく混んでいるが混みすぎていない程度の地域と推定される地方の神社に向かった時、高速道を使ったが、普通に空いていて、相応に快適」だった。

「帰りは、もちろん混んでいる事が解っている高速道は避けて、県道」である。

こちらも空いていた』。

『「比べっこ原理主義」の上に、

「減点主義」で、

「生活している」と、

「他人と違う事を行う事」は、

「抵抗がある」かも知れない。

「他人と同じ・・・」である限り、

「他人との比較で大きな減点は無い」からだ。

しかし、「それは、自虐の道と同じである場合も少なく無い」』。

『「パワースポット」が「人気」なのだと言う。

「元々、元気とは、自分の実体に忠実であるからこそ出る」のであり、

「自分の実体に叛いている活気」は「元気では無く、病気」である。

「例えば、大枚という覚せい剤を得た時の活気」などが「病気」の「一例」だ。

「病気の活気」は「ヤクが切れると直ぐに無くなる」が、

「元気は、自分の実体に忠実である限り、自らが元気の泉を保持している様なものだから、絶える事が無い」。

「パワースポット」や「聖人」等から、「元気をもらった」と「思い込む」事は「容易い」が、

「その実体」は、「現実逃避というヤク」に「自らを溺れさせている状態」に他ならないから、

「その手の元気の思い込み」は、「底が浅く」、「往々にして長続きし難い」。

また直ぐに「パワースポット」や「聖人」等や「他の者・物・事」が「欲しくなるダケ」だろう。

「一回の思い込み」を「長期に渡って維持する」事も「不可能では無い」が、

「その手の心理状態に陥る」と、「現実離れしがちになるから、要注意」だ。

「この世や自分の実体と乖離した思いの上での元気」など、

「現実逃避という酒に浸っているからこそ、感じられている様に錯覚出来ているダケ」なのである。

「今時の人類」なら、「誰も」が、

「自分の実体に素直に、元気を保持し」、

「人間の実体や科学的実体との整合性が薄い

旧来からの生活文化や、

他人の行動・言動等は、

必要以上に気にせず、

相応に、快適な人間生活を送れば良い」のである』。

『「みんな一緒に、

旧来からの文化や経済システムを維持して、

手をつないだまま人類滅亡へ・・・」なんて

「馬鹿げている」。

「人類として産まれた」のなら、

「人類らしく、地球生命体細胞群の存続~永続に貢献するべき」である』。

|

「平成の開国」だと!「経済分捕り合戦戦争に参戦」で「明治開国の二の舞」を「目指す」菅内閣の余命・・・。

『「比べっこ原理主義の欲ボケ連中」に「媚びた」段階で、「菅内閣の余命」は「益々短くなった」。

以前にも記した通り、「元々、現状の経済システム自体が不出来で既にバブル状態」なのだから、

「不出来な現実離れした経済システムに媚びた段階」で

「日本社会の崩壊確率が一気に上昇してしまう」から、

「日本社会を崩壊させない為」には、

「そんな愚かな判断を下す内閣等大権を持つ者たちを崩壊させる事」になる。

「日本人の大衆無意識」は、「小沢政権も許さない」だろうが、

「{比べっこ原理主義の欲ボケ連中に媚びた}菅政権も許さない」。

「方針を改めない限り、菅政権の余命は短い」』。

『「明治開国~富国強兵武力争い~敗戦」の「歴史から何も学んでいない」様な総理大臣など、

「今時、必要な訳も無い」。

「新たな情報・技術を発信すべき時代」に、

「悪いモノに媚びて、目先の利益を極一部の連中が得られ易くする政治方針」など、

「本音では誰も望んでいない」筈だ。

「何かをぶち上げなければ、人寄せも出来ないから・・・」と

「ぶち上げる」のなら、

「もっと、人間の実体との整合性が高い物事にすべき」である』。

『「とても理系とは思えない菅総理」・・・。

「全ての心ある国会議員たち」は、

「政界再編~政権交代」を「急ぐべき」である』。

|

年末~年始「現状脱出欲動」渦巻く人間社会・・・。

『「新しい年」と言ったって、「別に科学的に大変化がある訳でも無い」。しかし、多くの人々は、「年末~年始を特別視」したがり、「年末~年始を特別視する事」で「新たな、自分にとって都合の良い変化」を「勝手に期待して」いたりする。

「或いは」、「ここぞとばかりに、日頃のストレスを爆発させ、一種のガス抜きに興じ」たりしている』。

『「上記の様な実態」から「露呈する」のは、

「現状人間社会で暮らす人々」が

「現状脱出欲動を保持」していながら、

「どの様にしたら上手く現状からより良い方向に変化出来るのか?」を

「心得ていない状態」に他ならない』。

・・・・・・・。

『「筆者の家」には、「昨年、新たな子猫がやって来た」。

「ペットショップ販売の猫さまでは無く、他の方の家で産まれた猫さまの中の一匹」だ。

「家猫として産まれた筈の猫さま」だが、

「行動原理が非常に単純」で、「三つしか無い」。

「寝ている」か、

「食べている」か、

「暴れている」か、である。

「筆者」は、「この猫さま」を「三原猫」と呼んでいる。

「人間として産まれた筈」なのに、

「何処となく筆者の家の三原猫の様な行動原理で動いてしまっている」

「決して少ない数では無い現状人間社会の人々」を見ると、

「例え、外出中でも、家の中の三原猫を思い出してしまう」・・・』。

『「人類」にとって「比べっこ原理主義」は「もう卒業すべき時期」なのだ。

「今の人類に相応しい、もしくは、今の人類のあるべき状態」は、

「比べっこ原理主義では無く」「本質追求原理主義」である』。

『「筆者の家の現状三原猫」は、

「以前からいる猫さま同様」、

「何れは、成長して、筆者の家の家猫らしい猫に育つ」だろう。

「身の回りの環境・情報や、接する人・他の猫の影響等々」が「その様に導いているから」だ。

「人間を含む地球の生物」は、「相応に高い環境適応能力」を持っている』。

『「地球上の生物の頂点に在る人類」には、「人物像的導き手はいない」。

「古からの多くの人々」は、

「神という考え・思いの上での存在の人物像的導き手像を創造」し、

「実際の神の導き自体」は、「人類の考え・思いで作り出して来た」。

「神という虚像」を使って、

人間の「投影・転嫁・同一視の心理」を「利用して」

「人間が作り出した思い等に、実体以上の頼りがい」を

「創造・付加していた」訳である。

「比べっこ原理主義者」にとっては、「思いの上での、実体以上のバブル的頼りがい感等」は、

「他の者・物・事との比較の上で重要」かも知れないが、

「本質追求原理主義」で「生きる」「現代人」なら、

「投影・転嫁・同一視等や、比較の上での助けとなる、人物像的な虚像の導き手」など「必要無い」。

「事実・現実こそが、導き手」となる』。

『「健康的に現状脱出する為のヒント」は、「他の記事にも何度も記してある」。

「世紀末的ガス抜き行動」や「健康的コントロール無き現状脱出欲動の暴発」等々が、

「事件・事故等に化けている実態」を「冷静に見る」なら、

「現代を生きる多くの人々が本来なら行わなければならない物事」も「明白だ」と思うが・・・。

「人類にとって、情報・教育の現代化は急務」である』。

|

「在日韓国人の団体である民団と日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権を約束した小沢氏」の新年会に約120人もの国会議員が集まった事から露呈する「民主党の正体」・・・。

『「現状の民主党政権はダメ」な訳である。未だに、「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権」を

「民団(在日韓国人の団体)と約束」した

「幹事長時代の実態からも明らかな様に、大権集中政治手法が好きな小沢氏」の

「新年会」に、

「約120人もの国会議員が出席した」のだから。

「上記の様な実態」を持ち「強制起訴まで決定的」な「小沢氏」の「下」に、

「未だに集まる国会議員たち」の「実体」とは、

「外国人参政権等を大権集中政治で実現したい人脈の人々」と「容易に推定出来る」。

この様な「日本<韓国・中国・在日外国人等」という「政治スタンスの国会議員たち」を

「数多く国会議員として頂き続けている限り」

「日本の政治が良くなる訳も無い」』。

『「有権者は覚えておくべき」である。

「未だに、小沢氏の下に集結した国会議員」を。

「そして、日本の為の政治を求めている」のなら

「今後の国政選挙時や地方首長選挙時等に、それらの人々に票を投じる事の意味を良く考えるべき」である』。

『「日本<韓国・中国・在日等の政治を行う政治家」を「数多く国会に送り込んでいて」、

「日本の政治が悪い」と「嘆く」のは「余りにも自虐的」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等に操られて、

候補者の実体を確かめもせず、

そういう人々を国会に送り込んでしまった有権者が悪い」のである』。

『「二度と、同様の過ちを犯してはいけない」。

更に、「先の総選挙時に民主党に投票してしまった人々」は「応分の責任を取るべき」である』。

|

新年とは言うけれど・・・。

『「新しい年になったから」と「言っても」、「それだけでは何の変化もある訳も無い」。

また、「変化する」のなら、「変化する事で前より良くなっていなければ意味が無い」。

「それは、多くの方々が、自公~民主への政権交代で実感している通り」だ』。

『形式上の区切りではあるが、

「今年」は、

「悪人が崩壊し善人が大成する」プロローグの年になる。

もちろん、

ここでいう「善人・悪人」とは、

「地球生命体細胞群という人類の実体と、その存続~永続への貢献度との整合性」から「判定される善人・悪人」である。

「人類の実体や、その存続~永続への貢献」と「整合性が高い人」が「善人」であり、

「それらとの整合性が低い、多くの場合、人類の実体もその存続~永続も、破壊している様な人」が「悪人」である』。

『誰もが「自らが悪人状態」なら「一刻も早く、自らを善人状態にする様に、健康的に自分をコントロールするべき」である。

「自分を健康的にコントロールする事」の「代償欲求に突き動かされて」「他人を支配したがる愚かな悪人状態の人」が、

「一人でも少なくなる事」が、

「人類の健康の為に望ましい」』。

『「人類の選択肢」は、

「現実革命か?」、

「人類滅亡へのサバイバル戦争か?」の「二択」なのだ』。

『「経済戦争邁進派の実体」は「人類滅亡へのサバイバル戦争派」である』。

『「現実革命を選択する人類」の

「プロローグ」は始まり、

「2012~2014」くらいの時期には、

「人類新世紀」が「スタート」する』。

|

BS、NHK「どうなる日本」・・・。

『「外国人の学者(?)や投資家ばかり」を集めて「日本の経済の未来をお伺いしていた」「どうなる日本」・・・。

「そんな連中」に聞けば「もっと国際的に」とか「開放的に」と「言われる」のが「オチ」と「判っている」通り、

「その結果も同様」だった。

「お互いさまの文化」の「日本」とは「違う」、

「取った者勝ちの文化」の「国々の人々」にとっては、

「日本の国際化や開放」とは「新たなる猟場の出現」に「他ならない」。

「規制緩和」や「国境線を低く」する事の「実体」は、

「金が全てを支配する人間社会にする事」に他ならない。

「現状経済システムの上で、今までに既に大枚を保持している人々やその血統相続者等が、益々有利になるダケ」である』。

『「取った者勝ち文化の面々」は「自分たちの汚点」を「全く説明していなかった」が、

「実」は「現行の欧米(ユダヤ)流経済システム自体」が「既にバブル状態」なのだ。

「悪ども」が「結託」して「数多くの一般市民」を

「現実逃避という麻薬漬け」にし、

「大枚という覚せい剤を欲しがる病態」にしているから、

「多くの人々は未だに現行経済システムのバブル状態」を「把握・認識出来ていない」が、

「実態として、バブルはバブル」である。

「バブル」とは「現実離れした状態で、上辺だけが膨らんでいる状態」なのだから、

「現状経済システムと現実との離れ具合」を「認識する」なら、

「その深刻なバブルぶり」は「誰の目にも明らか」である』。

『「問題となる」のが「バブルのはじけ方」で、

「多くの一般の人々」が「把握・認識していない」ばかりか、

「現状権力者たちも把握・認識していない、もしくは、保身等の為に認めがらないバブル」の「はじけ方」は、

「経済領域で起こらず」、

「代償欲求追求領域」で「起こる事となり」、

「一番可能性が高くなるのが、戦争」なのだから、

「真の平和主義者」なら「現状の経済システムの現実離れの是正等に邁進するべき」である』。

『「現状の経済システム上」での「経済発展に邁進する事」は、

「現状経済システムの現実離れを益々加速させてしまう悪魔の罠」に他ならない』。

『「現実的経済システム」の「基本」は、

「人間の実体である地球生命体細胞群」の「存続~永続」との「整合性を取る事」だ。

「仕事」とは「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」であり、

「正当な報酬」とは「地球生命体細胞群の存続~永続への貢献度に対して支払われる物」である。

「現状経済システム」の様に、

「短絡的な思いの上での需要と供給」で、

「他人の思いを操ったりして、大枚を自分の下に集める事」の「多く」の「実体」は、

「仕事」と言うより「破壊行為」であり、

「本来なら、重税や罰金が正当である」事は、

「基本を理解・把握すれば」、

「少し考えれば誰にでも解る」筈だ』。

『「現状に媚びて、人類滅亡に邁進する」も、

「現状と現実のズレの是正に邁進し、地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する」も、

「基本的には個人の自由」だが、

「人間社会のほとんどが、おバカや病人や操り人形や悪人状態」では、

「お話しにならない」。

「一人一人の自覚と成長」と「正当な大衆合意の形成」が「重要」なのである』。

『「NHKも現状に媚びる悪態放送」など行っていないで、

「地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する情報を提供するべき」である』。

『「因み」に、「悪態放送を行っている者たち」に「相応しい」のは「報酬では無く罰金」である』。

|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »