« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ニュージーランドの地震被害問題・・・。

『「意外な程低いマグネチュードなのに、大被害が出てしまっているニュージーランドの地震」・・・。

「その原因」は、「戦勝国イギリス流の建築」にある様だ』。

『「先の大戦の戦勝国」だからと言って「全ての物事が正しい訳でも無い」。

「この世界の基本」は「自然の摂理」であり、

「適材適所」である。

「イギリスでは適材適所かも知れなかった建築技術も、

地震が多発する元イギリス支配下のニュージーランドでは適材適所では無かった」。

「結果、多くの人々が犠牲になってしまった」』。

『「かつての日本の明治維新時」には、

「欧米というダケで欧米を嫌悪した輩も少なからず居た」。

しかし、「地球生命体細胞群全体として見れば、

近代化は、相応に正当」であり、

「欧米を理由に、近代化に反抗する事は、

誰もが、自らもその一部である地球生命体細胞群自身にも反抗する事」だった。

「何事でも、本質が重要」なのだ』。

『「今回のニュージーランド地震の大被害」も「地震大国であるニュージーランド自体の本質」に拘らず、

「過去の建造物自体を重要視する戦勝国イギリスの文化に拘った事がもたらした人災」である』。

・・・・・・・。

『人類の、

「比べっこ原理主義」から「本質追求原理主義」への

「正常進化が不十分」である限り、

「同様の新たな人災は、後に続いてしまう」だろう。

だから、「人類は今こそ急ぐべき」なのだ。

「比べっこ原理主義」から「本質追求原理主義」への

「正常進化を!!!」

「それこそが、今回の地震の犠牲者に報いる唯一無二の道」でもある。

「その為」の「情報・教育」は「本当に重要」である』。

|

韓流テレビ・マスコミご推奨の方向に動くと多くの一般日本人は困窮状態になる・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ」の「ご推奨方向」は、「行き詰まり閉塞感~森政権ダメ感~小泉フィーバー~自民ダメ感~民主フィーバー~民主ダメ感~地方首長推奨感」である。

「実際」は「どうだったのか?」

「行き詰まり閉塞感を大宣伝されていた小渕政権時代が、マシ」で、

「小泉政権時代は、大企業や立場優位者や金持ちは万歳!だったが、多くの一般日本庶民は、小さな利権さえ剥奪され」、

「自民ダメで誕生した民主政権は自民よりもっとダメ」である』。

『「この{韓流テレビ・マスコミ}路線が示している方向」は、

「多くの一般日本国民の為にはならない事」は「既に明白」だ』。

『「民主ダメ」で「地方首長が良い」訳など、

少なくとも一般日本庶民にとっては「在りえない」』。

『「多くの一般日本国民」は「韓流テレビ・マスコミ等の情報誘導大衆コントロールの支配から解脱(一般的には宗教用語だが、もちろん筆者は宗教者では無い。表現的に的を得てるので、あえて使っている)するべき」である』。

|

「減税日本」等と庶民騙しの名前は止めて「韓流テレビ新党」とでもしたら?・・・。

『「韓流テレビご推奨の地方首長たち」が「連携の動き」を見せている。「現名古屋市長河村氏」は、「減税日本という地方政党」まで立ちあげた」が、

「河村氏の言う減税の実体は、大金持ちや大企業等優位企業本位である事」は「以前から指摘してある通り」だ。

「電波使用料は下げるべき」発言のあった「テレビ族」「民主党原口氏」との

「接近も報道されている地方首長たち」・・・。

いっその事、それらの首長・議員たちがまとまって

「韓流テレビ新党」でも立ちあげた方が

多くの一般国民にとって、「実体が判り易い」』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」による「日本人マネー韓国・朝鮮系人脈送り情報工作」は、「本日も盛ん」だ。

「多くの一般日本人のお金」が、「韓国・朝鮮系の人脈に流れる事」により、

「実際に、日本社会が良くなれば、

未だ、良い

のだが」、

「河村氏の減税」の「実体」が、

「小泉・竹中路線の利権集中悪徳改悪である事」からも「明らか」な様に、

「韓国・朝鮮系人脈へのお金の集中」も、

「そのスジへの利権集中」なのである』。

『「日本国内」において「韓国・朝鮮系の人脈が利権集中の得を得る状態となってしまう事」=「多くの一般日本国民が困窮状態に追いやられ、そのスジの人脈に実効支配される事」になる可能性大である事は、

「竹島に対する不当占拠」や、

「朝鮮内での反日教育」や、

「日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置付けている古からの権力者人脈」等の問題からも、「明らか」だ』。

『「逆に、日本国内が利権集中状態にならなければ、

その様な悪巧みは不可能になる」。

「何故なら、多くの一般日本国民」が「被支配状態に追いやられなければ」、

「多数決で多きを占める」のは、「一般日本国民だから」である』。

『「この意味」からも、

「小沢氏の様な大権集中主義の政治家」や

「小泉・竹中の様な利権集中悪徳改悪政策実行者」等に対し、

「一般日本人」は「大いに警戒するべき」なのだ』。

『「日本の民放テレビ局」は、「何処の局でも毎日の様に同じ顔」という「実態」からも「明らか」な様に、

「利権集中悪得状態」なのだ。

そして、「何処の局でも同様のテレビ局」が「こぞって韓流ブーム等を仕掛け」、

「一般日本人のお金をそれらの人脈に流れ易くしている」のである。

「その結果、誕生した」のが、「韓国・朝鮮系の人脈が濃い民主党政権」だ。

「そして、今、日本の国政状態は非常に悪く、

多くの一般日本国民は、正常な国政なら本来得られるメリットを失っている」』。

『「民主党がダメだから、テレビ有名人地方首長・・・」というのは「間違っている」。

「それらは、どちらも、韓流の臭いが濃厚な人々」である。

「対北朝鮮問題で、旧社会党による対応は、日本<北朝鮮的で酷かった」。

そして、「旧社会党の人脈が、現民主党でも実権を持ち、

小沢氏等とは、仲が良い」のである。

「上辺の看板に騙されてはいけない」。

「政治手法」や「政策実体」で「判断するべき」である。

「大権集中的政治手法」や、

「利権集中悪徳改悪等を押し進めよう」としている「政治家たち」は、

「日本<他の国(母国・祖国等)」である可能性大なのだから』。

|

小沢元代表では無く「小沢被告」が適切でしょ・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等」では、「未だに、小沢元代表と表している場合が多い」が、「元代表時には、与党では無い」のだから、

「与党の重さを重要視する(通常ならそうする)」なら、

「小沢元幹事長(当然、小鳩政権時の強権幹事長ぶりも想起させるだろうが・・)」、

「現状を重視する」なら、

「小沢被告(強制起訴と通常の起訴の区別に拘るのなら、強制起訴被告)」と

「表するべき」でしょ』・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等」は、「一番小沢氏のイメージが良くなる表現を使っている」様相だが、

「それは、

裏を返せば、

シロウトなら、イメージ情報で操れる等の思惑も感じさせ、

実質的には、シロウトをバカにしている様な事でもある」のだ』。

『「一般視聴者の多く」は、

「韓流テレビ・マスコミ等のお手盛りご都合情報等々を鵜呑みにして、

韓流テレビ・マスコミ等々に

自分を操らせている場合では無い」のである。

「韓流テレビ・マスコミ等」による「小泉~民主~等々」によって、

「実際は、多くの一般日本人の生活がより悪くなっている」

「現実」を

「見逃し続けていてはいけない」。

「大切にすべきは現実」であり「韓流テレビ・マスコミ等が作り出しているイメージでは無い」』。

|

総辞職なら前総理で政治生命はオシマイ、解散総選挙なら、選挙後の連立次第では政治生命の維持も可能、菅総理の判断は?・・・。

『「民主党菅政権は行き詰っている」。「三月危機どころか、既に、危機」なのだ。

「ここで、問題になる」のが、「近々行われるのは、総辞職か?解散総選挙か?」である』。

『「もちろん、日本の事を考えるのなら、政界再編~解散総選挙」だが、

「解散権を持っている菅総理の判断」を考えると、

「菅総理自身が一番有利な状態を保てる判断となる可能性大」だから、

「自公等との大連立が不可能」となれば、

「タイトルの様な選択肢の中での選択になる」』。

『「自ずと、自らの政治生命を終わらせる事に直結している総辞職は選ばず、

解散総選挙を選ぶ事になる」だろう』。

『「幸いな事に、日本の財政は、6~7月くらいまでは、維持可能」なのだと言う。

「三月解散&四月総選挙なら、何とか、財政が持つ間に新体制への移行も可能になる」。

「総理は誰でも、それこそ菅のままでも、日本>外国・在日外国人の人々が集合した連立政権で日本の国政を担えば良い」。

「日本衰退工作に熱心な日本の国会議員など要らない」のだ。

「日本の財政再建の第一歩」は、

「日本>外国・在日外国人の人々が主となって国政を担う事」に他ならない。

「比べっこ原理主義に基づく略奪競争」という「現状の世界的人間社会の実体」を考えれば、

「悪戯な平和ボケや開国・開放政策が、日本<外国・在日外国人状態を招いてしまう事」は「明白」である。

「大金持ち」なら、「国境が低くなる事=お金の価値がより高くなる事」だから、「困らない」どころか「歓迎」だろうが、

「多くの一般庶民」にとっては「国境を低くする事」=「その国の民としての利益が減衰して行く事」に他ならない。

「日本国民としての利益が在る」から

「日本の庶民」は「世界的に見れば、高水準の生活実態を保てている人々が多い」が、

「国境を低くし、日本国民としての利益が目減りすればするほど、

庶民の生活水準も、世界水準に近づいてしまう事になる」のだ。

「年金・社会保障や、治安や、外交・安保等の問題も同様」である』。

|

小沢被告に対する民主党の党としての処分に不服の、小沢と親分/子分の16人・・・。

『「自党の党員が、刑事被告人なってしまったら、その者に対し公党が何らかの処分をするのは当然」である。

「その公党としての当然の対応にまで反旗を翻している人々」とは、

客観的に見れば、

「公党の一党員というより、

小沢親分の子分としての要素が強い人々」に「他ならない」』。

『「民主党は、強権左翼の様だ」と「言う人々がいる」。

「強権左翼的民主党と共」に「一方では」、

「親分子分の関係が露呈」している。

もっとも、数の面では、「たった16人」の国会議員だった様だが・・・。

「この様な状態」が「露呈している実態」は、

「民主党は、強権左翼と●暴的親分・子分の集まりの様相」という事なのだ』。

『「だから、実際」に、

「大手●暴が民主党の支持を公言した」り、

「元は暴力団もしくはその関係者が使っていた建物が、民主党の事務所になっていた」り、

「筆者の様に、反民主色を明らかにしている者」に対して、

「如何にも強権左翼的な恥知らずの工作活動を仕掛けている連中」が

「いたり」する』。

『「韓流テレビ・マスコミ等が、民主党の味方をしたのは、

人脈的に近いからである」。

「芸能界と暴力団の関係や、

テレビ・芸能界は、朝鮮系の人々の割合が異常に高い事や、

暴力団構成員の約3割以上が在日朝鮮人や朝鮮系である事等を知っている人々なら、

誰もが気付いている筈だ」。

「強権左翼も同様」で、

「例えば、上辺はジェントルな、しかし、内実は強権的な集金実態が露呈した日教組等も同様に、朝鮮系の割合が高い」』。

『「善良な朝鮮系の人々も少なからずいる」が、

「日本には、確実に、日韓併合を日本の乗っ取りの開始と位置付け、

そのスジの工作活動を未だに熱心に行い続けている連中も、

未だに、いる」のである』。

『「人脈を考えると、民主党政権が、日本を衰退させる政治を行い続けている」のも、

「ある意味当然」なのである。

「日本が良くなる事で自らの利益も増大する人々の集まり」とは限らず、

「日本を衰退させると、他国の権力者や大金持ち等からの報酬等が得られる人々」が

「数多くいる可能性大」なのだから』・・・。

|

鳩ボンはいい加減自分が日本衰退工作の道具にさせられている事ぐらい気付くべきでしょ・・・。

『「ルーピー鳩山」の「ルーピー行動」で「喜んでいる」のは、「日本を衰退させたい連中」である。

「ルーピー状態の鳩山氏」には、

「本人の真剣な自己革命でも無い限り」、

「ルーピー行動以外は、余り期待出来ない」のだから、

「日本の為を思うのなら、一刻も早く政界を引退する/引退させる」のが、

「日本の為の政治を考えている人々」だが、

「自覚無きご当人」と、

「ルーピー鳩山が国会議員である事でメシを食っていたり、

ルーピー鳩山が国会議員である事の利権に預かっていたり、

ルーピー鳩山を日本の国会議員にし続ける事で、日本をより衰退させ易くしたい」連中等は、

「ルーピー鳩山を辞めさせたがらない」。

「一般日本国民からすれば、本当に、大迷惑な話しである」』。

『「自らの発言がドンドン墓穴を掘ってしまっている様な状態の前総理の国会議員としての存在」など、

「日本の為を考えるなら、迷惑以外の何ものでも無い」のだから、

「鳩山氏は、一刻も早く、政界から退き、国会議員も辞めるべき」である。

「余りあるお金もある」のだから、

「転換も現実的に可能」なのだ。

「鳩山氏」は、「自らの適性がある世界(筆者たちには、何かわからないが・・・、何かは在る筈だと推定される・・・)で生きるべき」だ』。

『「実態」として、

「総理辞任後の鳩山氏のロシア訪問後、

ロシアの日本の北方領土に対する対応は明らかに違っている」。

「沖縄の基地問題で、日米関係を???にしてしまった後、

日米関係と沖縄県民を天秤にかけて、

発言を右往左往させている醜態」には、

「誰もが呆れている」』。

『「ダメな物事をダメと言わず、貴方は日本の為に必要だから・・・等と言いくるめ、

鳩山氏を国会議員の座に置き続けたがっているのは、

鳩山利権のシモベか、

日本衰退工作員の

どちらかに他ならない」』。

『「他国の人までもが、総理なのに、ルーピーと言った段階」で

「鳩山氏は気付くべき」である。

「鳩山氏には、総理や国会議員の適性は全く無い」。

「自らの適性が全く無い世界に、他の世界の優位面(金銭財産、過去からの人脈等々)を悪用し、もしくは、悪用され、

自らの身を置き続ける事は、

直接関係の無い多くの他の人々に多大な迷惑を及ぼす」。

「鳩山前総理」は、

「現状の資質のままなら、一刻も早く政界を引退するべき」だし、

「周囲の人々も、自らの利権では無く、日本の為を考えるなら、直ちにその方向に動くべき」である』。

|

結審まで党員資格停止が濃厚の小沢被告問題・・・。

『「何処かの国の文化」では「他人の支配を諦める事=他人に支配される事」なのだそうだ。

「小沢被告の支配欲の強い政治姿勢等」も「正に、その文化」なのだろう』。

『「その手の人々」は、「どんな状況に追い込まれても、他人を支配し続けようとする」筈だ。

「小沢被告の場合」も「裁判に集中」では「他人を支配出来ない」から、

「党員資格停止」になっても「民主党員では無い立場で、他人への支配権を維持しようとするであろう事」は、「想像に難く無い」。

「その具体的手段」が「地方首長や地方新党への唾付け」である』。

『「誰かの唾が付いた食べ物」は「他の人々は食べたがらない」から、

「過去の政治実績や人脈等をフル活用して、

他の誰よりも早く、

地方首長や地方新党へ唾付け行為を行う事」は、

「醜悪だが、相応に合理的」ではある。

既に、「率先して唾を付けられに出向いた河村名古屋市長や大村愛知県知事」までいるのが、

「日教組等の学校教育&韓流テレビ・マスコミファシズムに毒された日本社会の酷い現状」である』。

・・・・・・・。

『「一般日本人である筆者の感覚」では、

「他人を支配する事も、他人に支配される事も嫌」である。

「他人を支配し、

他人が滅多な事では支配者の座に上がれなくする為に、

他人を徹底的に痩せ細らせる治世」が

「招く事態」は、

「国なら国の衰退である事は、歴史が実証している」。

「日本の歴史」では、

「他人の支配は程々に、島国の出来る限り多くの民を、相応に豊かに暮らせる様にする事で支配権も維持・・・」だったから、

「明治開国後の急速な近代化を可能にするだけの底力を多くの人々が養えていた」。

「当時のアジアの日本以外の強権独裁的国家の多くの民が、痩せ細らせられていた事と比較」すれば、

「治世文化の差が如何に重要か?」が「良く判る」』。

『「小沢被告」による事にしても、

「韓流テレビ・マスコミご用達、有名人利権の下の地方首長」による事にしても、

「強権独裁的政治手法」や

「極一部の大権権力者&多くの弱体化した民の社会」は

「日本には馴染まない」。

「何事でも、過剰な利権集中には、NO!」が「正解」なのだ。

「民は、衰退させられると、頼る者・物・事を求めがちになってしまい易い」が、

「頼る者・物・事を求め、頼れそうな者・物・事に大権を預ける事」は、

「更なる衰退に直結している」のである』。

『「今こそが、ふんばり時」である。

「者・物・事を頼る」のでは無く、

「何が本当か?」を「検証」し、

「本当に、自分たちの社会・生活等を豊かにしなくては!!!」

「多くの一般日本国民」は、

「韓流テレビ・マスコミ」や「他国的文化が濃厚なネット情報工作員」等々に「操られている場合では無い」のである』。

『「結審まで党員資格停止」&「既に高齢の国会議員」なら、

「素直に政治の世界から引退する」のが「日本の文化」である』。

|

某地元不動産会社の車が在る時は・・・。

『歩いても直ぐの距離なのに、何故か?車で来訪している某不動産会社の車が在る時は、

何故か?上や横の部屋からの電磁波も強くなる。

上の部屋が空き室だった時も、その不動産会社の人間が来ている時は、上の部屋からの電磁波の照射が在った。

当然、部屋に機器を取り付けていた者同様、とっくの昔に「リストアップ済み」である。

悪事を頑張れば頑張るほど、その実態が公開される。

バカは本当にバカだなぁ』。

|

菅と岡田はいい加減に世論<民主党が民主党の支持率低下を招いている事ぐらい気付きなさい!・・・。

『「小沢元幹事長に対する世論の要望は、党員資格停止などでは無い。議員時職である」。

「民主党に対する貢献が在ったから・・・」と、

「小沢元幹事長に対する処分を甘くする事」は、

「世論に叛いている事でもある」のだ』。

『「結果」として、

「実際に、民主党の支持率は低下している」。

「菅も、岡田も、世論<民主党なら、公党である民主党内での実権の座から降ろされるべき」である』。

|

「減税日本」問題・・・。

『「河村名古屋市長が立ち上げている減税日本」・・・。「減税と言えば聞こえは良い」が、「河村氏の言っている一律10%減税の実体」が、「金持ちほど有利になる社会の為の手助け」である事を「見逃してはいけない」』。

『「そんな政党の党員が数多く日本の治世を担うようになってしまう事=日本社会が金持ちに牛耳り易くなる事」に他ならない。

「それは同時に非常に危険な事」でもある。

「「何故なら、金持ちになる手段を選んでいない事でもある」からだ。

「振り込め詐欺でも、

犯罪行為でも、

強盗でも、

利権集中悪徳でも、

・・・金さえ得てしまえば、有利になる社会を認めてしまう事」は、

「多くの一般市民にとって、限りなく自虐的」である』。

|

訴訟する程、夫婦別姓文化が大事なら、夫婦別姓文化の国に移住でもしたら?・・・。

『「産まれて来る子どもの事を考えるなら、夫婦別姓は在りえない」。「夫婦別姓文化に訴訟する程の拘りがある」のなら、「夫婦別姓国に移住したら?と思う」のは、「日本人では筆者だけでは無い」だろう』。

|

???がいっぱい?、中目黒老夫婦殺傷事件・・・。

『「中目黒の老夫婦殺傷事件の容疑者が逮捕された」。しかし、「その容疑者の供述」は「多くの一般の人々にとっては理解し難い供述」の様相を露呈している』。

・・・・・・・。

『「犯罪行為の原エネルギー」は、「現状脱出欲動である」事は、

「以前から何度も指摘している」。

「今回の事件」も「現状脱出欲動の暴発」を「考える」と、

「その構造の理解が容易になる」かも知れない』。

『「元々、犯罪行為を行ってしまう・しまった人々の話しは、

犯罪行為を行わない常人の話しとは

異質である場合が多い」。

「異質な状態の人々の上辺の言葉を過剰に気にする事」は

「犯罪行為の実体を見極め辛くする事」でもあるのだ』。

『「犯罪行為を行ってしまった人」の「犯罪行為を行った時点での言動等」こそが、

「現状脱出欲動の暴発実態」であり、

「犯罪行為を行ってしまった=現状脱出欲動を暴発させてしまった」後、

「その容疑者等が示している言動等」は、

「爆発した火山の{後の語り}」の様なものなのである』。

『「この構図から明らかに外れる場合が多い」のは、

「工作活動等の場合」で、

「工作活動等の場合」だと

「工作員は、

犯罪という認識より、

国家や民族やその集団等の為の正義だと思い込まされているか、

確信犯の金銭・立場目的だったりする」ので、

「現状脱出欲動では無く、

代償欲求の追及に奔走・・・の場合が多い」のだ』。

『「今回の事件の報道を見聞きする限り、

明らかな殺意や、犯行時の犯人の感情面での高揚等が報じられているから、

少なくとも、{冷静な工作員}では無い様」だ』。

『「容疑者」は、

「現状脱出欲動を蓄積させ、

暴発させてしまう

何らかの要因を保持していた筈」である。

「その一つの要因として考えられるのが、娘の病気入院」だろう』。

『「病気の娘が韓国で入院、韓国への逃走直前の任意同行・・・等と、

韓国人脈との繋がりが濃そうな実態が報道されている」から、

「容疑者は、元々が、日韓併合以降の渡来系の人」もしくは、

「何らかの事情で韓国人脈と、濃い繋がりを持てている可能性が大きい」と推定される。

「日本国内における日韓文化もしくは、朝鮮側の文化を考えると、支配権争い等の対立によるストレス蓄積もあったのかも知れない」。

「支配・被支配の文化では、他人を支配しない事=他人に支配される事」なのだ。

「他人を支配したり、他人に支配されたりするのでは無く、自分で自分を健康的にコントロールし続ける事が現代人の条件」なのだが・・・。

その様な状況を総合して考えると、

「朝鮮内の反日教育・情報等を真に受けてしまっている、

捏造された反日感情等に毒され突き動かされている人々等が依頼した

国際的嘱託殺人」という可能性も容易に推定出来てしまう。

「日本人の金持ち(何らかの理由で、被害者が指定されていた可能性大)を殺害すれば、

その見返りとして、娘の治療費等・・・」という

「可能性もゼロでは無い」のだ。

「娘が人質に取られ、工作活動的殺人を行わないと、娘の命は・・・という脅しの場合も考えられる」が、

「その様な場合」なら、「殺人時に、高揚はしない」だろう』。

・・・・・・・。

『「日本人でも、韓国人でも、善人状態の人も悪人状態の人もいる」。

「それなのに、韓流テレビ・マスコミ等では、韓国人は善人だらけ・・・とでも言いたげな論調である場合が多い」。

「実態」として、

「現状の韓国」は、

「日本の領土である竹島を不当占拠」し、

「韓国内では、反日教育・情報を蔓延させ続け」、

「未だに、二国間の合意契約であり、日本の人材・資産・技術等を使った朝鮮内の急速な近代化である日韓併合を日本による植民地支配にすり替え、

在り得ない植民地支配の補償などを日本に要求し続けている」国なのだ』。

『「善人状態の人とは、国籍を問わず仲良くするのは、当然だが、

悪人状態の人々に対しては、

その国籍を問わず用心するのが当然」である。

「平和ボケ」同様、

「外国・外国人・在日外国人・仮面帰化人(国籍だけ日本&本心は祖国等)等に対して、無用心になり過ぎる事」は、

「日本国・日本人の主権や領土や文化や財産等々だけでは無く生命・健康までをも失わせてしまう可能性を広げてしまう特急券」に他ならない』。

|

祝・エジプトの独裁者辞任・・・。

『「エジプトでは、親米独裁政権の大統領が辞任した」のだと言う。報道ステーションの様に、「韓流テレビ・マスコミの一部」では「独裁」より「親米」を「訴え」、

「親米政権の崩壊」とでも言いたげだが、

「実際は、ネット情報等による民衆蜂起がもたらした{独裁政権の崩壊}」に他ならない』。

『「今後のエジプトの政権が親米か?否か?」の問題より、

「今後のエジプトの治世が、宗教の下か?現実主義か?」の問題の方が、

遥かに重要な問題だ。

「宗教を利用して、極一部の人々が他の多くの人々を実質的に支配する体制」は、

「独裁政権状態と何ら変わりが無い」から、

「情報による民主化が真実なら、

エジプトの治世は、より現実的な民主的政権の樹立に動く筈」だ。

そして、「その様なエジプトなら、親しくなる国々も自ずとその方向になる」。

現状では、「欧米の体制の方が、宗教原理的独裁色の濃い国々や、共産党独裁支配状態の中国などの国々よりはマシ」である』。

『「実体を伴った民主主義を一つの理想とするのなら、独裁体制の国々よりは、多数の政党が存在する国々の方が、実体を伴った民主主義に近い」事は言うまでも無い。

「特定の宗教のみが強権を持つ国々よりは、多数の宗教や無宗教、考え・思い等が共存出来ている国々の方が、より実体を伴った民主主義に近い」のも「当然」だ。

そして、「実体を伴った民主主義を支えられるのは、実体把握に他ならない」。

この意味からも、「誰もが、先ずは、自分の実体(他の記事をご参照下さい)を把握するべき」である』。

|

「生産的では無いどころか売国的な民主党政権」を頂き続けているより「解散総選挙の方が遥かに生産的」でしょ・・・。

『「仙谷氏も終わっている」。「既に、官房長官を降ろされている」のに、「鳩山前総理同様」の「止めた方が良い余分な発言を連発」なのだから』。

『普通に考えれば、「民主党政権を頂き続けている事」の方が、

「解散~総選挙より遥かに否生産的」である。

「民主党政権の場合」は、

「否生産的であるばかりか、

日本破壊的でもあり、

売国的でさえある」のは、

「昨今の子ども手当てや領土問題等々を見ても明らか」だ。

「オマケに、外国人参政権賛成派まで多数いる」のである。

「日本を細らせ、外国人参政権を実現させたい様な普通の日本人は、まずいないだろう」。

「そう考えれば、誰もが解る」様に、

「民主党国会議員の多くは、普通の日本人では無い様相を露呈している」のだ。

「日本>中国共産党・朝鮮権力者・在日外国人等々なら、シロウトでも、現状の様な政治はしない」』。

『「民主党政権は一刻も早く終わらせるべき」である。

「今こそ、解散~総選挙&政権交代」であり、

「それこそが、現状では、一番生産性の高い結果を得る政治」に他ならない』。

『「悪巧み無縁の心ある民主党国会議員」は、「率先して離党し、政界再編~解散総選挙を誘うべき」である。

「その様な気骨のある者さえ出ない様」なら「民主党国会議員の実体は、皆同様で、

鳩山マネーや小沢権力のシモベ」なのだろう。

「菅総理一派だって、本気で小・鳩を切れば、支持率回復は当然であり、他党との連立の可能性も開けて来るのに、

党首のクセに満足な対応すら出来ていない」のだ。

「裏を返せば、菅総理一派も小・鳩のシモベ状態という事である」と容易に推定出来てしまう』。

|

お金が全てと思い込むなら「どうやって得たお金なのか?」の検証くらいするべきでしょ・・・。

『「昨今の日本の若年層でも、中国でも、他の国々でも、{お金が全てと思い込んでいる人々}が少なからず居る」』。

『「短絡的な拝金主義者たち」に「共通している事」は、

「どの様な手段であっても多くのお金を得た者が、同時に実権も得られる」等という、

「現状で既に優位な者たちの論理」を「自分の状態を別にして、抱きしめている事」だ』。

『例えば、

「鳩山前総理の様」に、

「余りある血統相続財産・立場等が有れば、産まれながらに大金持ち」で、

「余りある血統相続財産・立場等による大金でも大金に違い無い」から、

「短絡的な拝金主義者たちの思いの上」でも、

「その様な大金持ちも、実権まで持ててしまう」事になる。

「●●詐欺や強盗・泥棒等の現行法でも明らかな犯罪行為として扱われている手段によって集められた大金持ちは言うに及ばず」、

「小沢氏等の政治と金の問題が言われている政治家等の裏でも臭っている」、

「現行法では、摘発されない、もしくは、摘発されていない、もしくは、摘発され辛い、

実質的犯罪行為等による大金持ち」でも「同様」だ。

「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪の悪のメリットゆえ可能になった大金集めの結果による大金持ち」でも「同様」である』。

『「その者が何故、その大金を持っているのか?も検証されず、

大金持ちなら実権まで持ててしまう人間社会」とは、

「異常で病的な人間社会」に他ならない』。

『「人間社会の病気を治そうとせず、病床利得を得ようとしてしまう人々」は、

「実質的に、頭や心が病気の状態」である。

「人間社会の病気を治そうとする」のなら、

「大金保持が可能になっている者が、何故、大金を得られたのか?を検証し、

地球生命体細胞群という人類誰もの実体の存続~永続と、

その人が大金を得た理由・方法等との整合性を確かめ、

認めるべきは、認め、

排除すべきは、排除する」のが「当然」である。

「人は、誰でも、健康で文化的な生活を営む為に必要な金銭等を必要とする。

そして、その誰もが必要な金銭等の額は、基本的に大差無い。

余りある大金を一個人が保持する事が正当性を得られるケースなど、

実質的には、ほとんどあり得ない」のだ。

「大きなプロジェクト等の為にお金が必要なら、

先ず、そのプロジェクトと地球生命体細胞群の存続~永続との整合性を検証し、

整合性が無い者・物・事なら廃止が当然であり、

整合性がある者・物・事でも、

そのプロジェクトを行う組織等が大金を集金・保持・管理・使用するべきであり、

一個人が保持等をするべきでは無い」』。

『「自分で自分の実体把握も、健康的なコントロールも満足に出来ていない人々」は、

「代償欲求に突き動かされている場合が多い」。

「その一つの代表例」が、

「自分で自分を健康的にコントロールする代わりに、

他人を支配しようとしたり、

他人に自分を支配させようとしたりする事」だ。

「もちろん、そんな事をしたところで、本質的な欲求が充足される訳も無い」ので、

「代償欲求は、時と共に膨らみ続けてしまう場合が多い」。

「大金拝金主義」も、「大物依存主義」も、「同様の精神構造が生み出している」。

「頼れると思い込めるお金やモノは、より大きい方がより思い込み易い」から、

「個人による大金保持等を認め、それに縋りたがったり」、

「同じ人類の一人を過剰に大物扱いし、それに頼りたがったり」、

・・・しようとする「思いが生まれ、それに依存したがっている」のだ。

そして、「大金保持と同時に実権まで付いて来れば、

自分たちの思い込みに実際の人間社会での実も伴わせる事が可能になるから、

お金=実権を強く望んだりする」・・・。

「しかし、その実態は、

未熟な頭や心が生み出している

自分の健康的なコントロールさえ???な人々の

未熟な、或いは、病的な、思い込みの話し」なのだ。

「そんなモノに実際の人間社会を振り回させている状態だから、

現状の人間社会は、実際に酷い」のである』。

『「人類の誰もが、

自分の頭も心も、ちゃんと成長~進化させるべき」である。

「何時まで経っても、古代人的思いや精神構造を引きずっている必要性など全く無い、

ばかりか、

そんな事を多くの人々が行い続けていれば、

確実に人類は滅亡してしまうのだから!」

「教育・情報は、即刻、改善されるべき」である』。

|

筆者の暮らしている市では・・・。

『「筆者は、関東平野の一市で暮らしている」。「筆者の暮らしている市の民主党国会議員の事務所には、小沢氏の大ポスターが堂々と貼ってある」。「市長も、今は、自民系に変わったが、それまでは、民主党系だった」』。

『「先日、筆者のところ」に、

「ヤマトコンビニエンス」を「名乗った」

「二人の若い男性」が、

「人一人が入るくらいの大きさの荷物を持って訪ねて来た」。

当然、筆者には、そんな荷物が来る当ても無い。

「ドアは開けず、ドアスコープ越しに、状態を見て」、

「どちら様からの荷物ですか?」を「繰り返したところ」、

「バツが悪そう」に、「勘違いの旨を告げ、逃げる様に去って行った」。

「拉致工作か?」と感じたくらいの出来事だった』。

『「以前から在る電磁波による覗きや、身体障害狙いの工作」や、

「飲食物工作」と共に、

「そのスジの人々」は、

「現行法で摘発出来ない/し辛い事=やっても良い事と勘違いしている様相」なのだ』。

『「政権政党を選ぶ事」は、

「その政党で実権を握っている人脈の資質を選ぶ事」でもあるのだ。

「立法府の人間なのに、現行法で摘発出来ない事=やっても良い事等と思い込んでいる様な人々が、実権を握り占めている政党」などを、

「学校教育や、テレビ・マスコミ等の情報に操られて選んでしまう事」は、

「非常に危険な道」である』。

『「筆者等に万一の事態があれば、

その犯人の人脈は、容易に推定出来ると思う(既に、リストアップしてある&公開体制も整っている)。

筆者等に対する工作活動等を続ければ続ける程、

そのスジの人脈は、不利になる」のである』。

|

前原外務大臣は、日本の敗戦が濃厚になった時、いきなり、日ソ中立不可侵条約を一方的に破って侵攻した旧ソ連の悪態を全世界に訴え直すべきでしょ・・・。

『「ロシアの日本の北方領土に対する侵略ぶり」は、「酷い」。「その裏」には「竹島を不当占拠されているのに、自虐土下座談話まで発表してしまった菅総理や、総理引退後わざわざロシアまで出向いて自らのルーピーぶりを宣伝して来た鳩山前総理の問題等々」がある。

「つまり、民主党政権が舐められているから、ロシアが不当につけ上がっている」のだ』。

『「日本国の国政を預かる者」なら、

「先ず、竹島の不当占拠を徹底非難」するべきであり、

「中国船による尖閣諸島領海侵犯衝突でも、毅然とした態度で事件処理をするべき」であるのは、

「当たり前」だ』。

『「当然の対応をせず、

国際法上正当な日本の領土を侵略・侵略しようとしている

悪の利権共同体国家の

悪の連携の補助をしているのは、

売国政権に他ならない」』。

『「中・朝に対し、売国的態度を表に出している民主党政権だから、

ロシアにも舐められ、つけ上がられ、

悪の利権共同体国家連携まで作られ、

麻生政権時には、日本にとって有利に動き始めていた北方領土問題も暗転してしまっている」』。

『「民主党政権が一日続くごとの国家損失を計算すれば、

一刻も早い政権交代が必需である事は、

誰にでも解る」筈だ』。

|

橋下新党の不人気=既に崩壊し始めている韓流テレビ・マスコミファシズム・・・。

『「愛知県知事&名古屋市長選」では、「大成功を収めてしまった様相を示している韓流テレビ・マスコミファシズム」だが、

「大阪市では、既に、

河村名古屋市長同様、実質的に、韓流テレビ・マスコミが生み出した

小泉元総理や小沢元幹事長や河村名古屋市長同様、独裁的政治手法が得意の橋下知事の下の新党の人気が全く出ていない」のだそうだ』。

『「本当に、一般日本国民の為になる物事を行おうとする」のなら、

「独裁的政治手法は全く必要無い」。

「逆に、極一部の一般日本国民や、一般日本国民では無い他国人脈の人々の為になる様な物事を、

有権者の多くが一般日本国民である日本社会で、

無理にでも通そうとすると、

独裁的政治手法が必需になる」』。

『「独裁的政治手法を可能にする為」には、

「権力の集中と、教育やテレビ・マスコミ情報等による大衆誘導が必需」だ。

「教育やテレビ・マスコミ情報等による大衆誘導で操られてしまう事」は、

「自らの手で、独裁的政治手法の入り口を開けてしまう事に加担してしまう事と同じ」なのだ』。

『「教育がまとも」なら、「上記の様な事は、小学校高学年~中学校くらいに、誰もが習っている筈」である。

「例え、学校教育等で習っていなくても、

自分の頭を他人に支配されずに自分で自由に使えている」のなら、

「ある程度の時期には、気付いている筈」だ』。

『「当記事等で初めて気付いた方々」は、

「教育・情報等により操り人形化されてしまっている可能性大」である』。

『「誰もが、誰かの操り人形状態から自分を解放するべき」であり、

「一人一人が真剣に考えた集大成で、政治が行われるのが、本当の民主主義」なのだ』。

『「所謂保守系の思想が強いからか?

韓流テレビ・マスコミ等の協力も立ち消え、橋下新党は、勢いが無い」。

「独裁的政治手法容認状態だけ作ってしまえば、

頭を左翼(親朝鮮現状権力者・親在日外国人等)にしてしまえば、

そのスジの思惑通りに支配出来てしまう」からか、

「韓流テレビ・マスコミ等は、

小泉・小沢・橋下・河村等々、

上辺の政治思想に拘らず、

先ず、独裁的政治手法を採りたがる政治家たちを実質的に推奨し続けている」』。

『「日教組等による教育や韓流テレビ・マスコミ等によるファシズム体制が出来てしまう事=日本がそのスジの人脈に支配される事」なのだ。

「日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置付けている様な朝鮮人権力者人脈も在り、

終戦後在朝日本人のほとんど全てが強制的に帰還させられたのに、

在日朝鮮人は、数多く帰化(上辺だけの場合もある事は容易に推定出来る)したり数多く朝鮮国籍のまま日本に残り続けている」のだ。

「そんな日本の実態」なのに、

「外国人参政権を在日韓国人の団体である民団が要求し小沢氏等が約束した事の意味を考えれば、

誰もが、平和ボケではいられない筈」である。

「多くの一般日本人は、もっと、もっと、危機意識を持つべき」である』。

|

最近のニュース(2011年2月10日頃)・・・。

『「ホームドア問題・・・混雑するホームに設置されていない事自体が異常。列車とホーム・線路・信号システム・券改札等は、安全第一でシステム設計されているべき。今までの車両・ホーム等縦割りバラバラ状態は、あり得ない」。

「小向美奈子容疑者覚せい剤事件・・・韓流テレビ・マスコミ等が{覚せい剤}と{女}の宣伝をするのは、{そのスジの商売}の応援の為。普通に考えれば、大々的な報道には全く価しない」。

「大相撲八百長問題・・・今更何??{何故、今か?}を考えれば、韓流テレビ・マスコミ等が過剰な大騒ぎをしている理由も見え見え」。

「民主党の政治実態や党首討論・・・直接国民生活に係わる国政は、もっとちゃんと報道するべき」』でしょ・・・。

|

弱体菅総理の党首討論・・・。

『何しろ、「自分の党の一兵卒刑事被告人に対する処分も満足に出来ていない総理」なのだから、「官僚どもの支配も容易な様相」で、

「まるっきり官僚支配答弁的返答に終始していた菅総理」・・・。

「いくらかは、総裁が慣れて来た自民党谷垣氏の方が、遥かに、自分の意見を述べていた様相」だった』。

『「こんな状態の民主党政権」など「一刻も早く政権交代させる事」が「日本の為」である事は、「言うまでも無い」。

「何しろ、処分されるべき一兵卒刑事被告人」が、「未だに実権を握りしめている」のが、「民主党の実態」なのだ』。

『「多くの一般日本国民」は、

「韓流テレビ・マスコミ等」による「大相撲煙幕」などに、

「誤魔化されている場合では無い」のである。

「今こそ、早急な政権交代が望まれている」のだ』。

|

韓流テレビの既得権益・・・。

『「他の既得権益を批判する前に、自分たちの既得権益を清算するべき」である事は、「言うまでも無い」。

「毎日の様に何処の局でも同じ顔、

色々な問題でも、何処の局でも同様のコメント&解説、

そして、テレビ局社員の平均年収は一千万以上、常連ご都合コメンテーターたちの年収は三千万円以上である場合が多い、

公共の電波の特定周波数を多数独占使用し続けている

既得権益保有者集団であるのが、

韓流テレビ」だ』。

『「全ての人々が小さな利権を持つ社会」の方が、

「極一部の人々が、多大な利権を保持出来てしまう社会」より、

「遥かに平和になる」事は、「言うまでも無い」。

「既得権益問題の処理法」としては、

「現状の韓流テレビの様な余りにも過剰で不当な利権に対する批判は当然」にしても、

「悪戯な既得権益批判」より、

「小さな利権さえ得られていない多くの人々が最低でも小さな利権は得られる様に訴える」方が、

「遥かに、建設的だし、健康的」である』。

『「日本のテレビ用の公共の電波のほとんど全て」を「韓流テレビ局」だけに使わせるのでは無く、

「日本なのだから、最初に、当然、日流テレビ局」があり、

他に、

「欧米流テレビ局」があり、

「アジア流テレビ局」があり、

・・・と、

「多種多様なテレビ局が、

多種多様な人々を使い、

多種多様な情報・解説・コメント等を展開する」のが、

「現代社会としての正しい姿」である』。

『「その様な多様性の中」でこそ、

「多くの視聴者が、

短絡的な上辺の比べっこ主義を卒業し易くなり、

本質追求主義へと、自らを成長させ易くなる」のだ』。

『「韓流テレビによる

韓流に都合の良い解説・コメント等のみの

押し売り状態」は、

「明らかに異常」だ。

そして、「それは、愚民化・操り人形化の手法と同じ」なのだ』。

『「愚民化・操り人形化状態の背後」には、

「特定権力者(日本とは限らない)たちによる明らかな悪意がある場合が多い事」は、

「誰もが容易に推定出来る筈」だ』。

『「韓流テレビの様な不健康な既得権益こそ、

真っ先に解消させられ、

日本のテレビ局は、

本来在るべき健康的な多様性を得るべき」である』。

|

どんなに大相撲を悪者扱いしたって、民主党や小沢が正義になる訳じゃないのにねぇ・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等による大相撲悪者扱い」は「かなり醜悪な領域まで達している」。「その反面」、「大相撲悪者扱い情報のフタ」で「民主党政権や小沢氏の問題の情報」が「十分に伝えられず」、

「民主党政権や小沢氏の実体把握を阻害された人々」が、

「そのスジの工作活動的情報等により、

民主党政権の維持や、

小沢氏の復権方向に同調する様に、

操られがちになってしまっていたりする」』。

『ところで、「何故、韓流テレビ・マスコミ等は、大相撲を執拗なまでに嫌うのか?」

「その裏」には、

「日韓併合&日本の人材・技術・資産等による朝鮮半島内の急速な近代化に対して、

執拗なまでに反抗した朝鮮の権力者人脈の意向と、

それら老人の意向に代々操られ続ける儒教精神が在る」。

「元々、日韓併合以前の朝鮮内」は、

「王朝支配」で、

「当時の朝鮮王朝は、

王朝人脈以外の人々が簡単には権力の座に登れない様に、

王朝人脈以外の人脈を徹底的に衰退させる支配体制で、

朝鮮内を支配していた」。

「その結果、朝鮮は衰退し、世界的な近代化の流れにも乗れなくなっていた」のである。

「世界的な近代化の流れが押し寄せて来た時、

当時の朝鮮が取り得た選択」は、

「清か日本と組み

朝鮮内の急速な近代化を

清や日本の手を借りて行う事、

もしくは、国を失う事」だった。

「そんな時に、日清戦争で日本が勝った」。

「当時の朝鮮は、日本との対等合併を日本に持ちかけたが、

最終的には、国力相応の日韓併合となった」。

「以上が、日韓併合という二国間の合意契約が行われた本当の理由」である。

そして、「日韓併合は、

朝鮮内の多くの人々に、

朝鮮王朝支配よりは遥かにマシな優秀な者なら重用される社会体制をもたらし、

それらの恩恵を肌で感じ取った多くの朝鮮の人々は、日韓併合を歓迎した」。

しかし、「極一部の権力者たちとその家来たちは、

徹底的に日韓併合&日本の人材・技術・資産による朝鮮内の急速な近代化に反抗し続けた。その人脈は、今の北朝鮮に通じる人脈の人々も含んでいる」。

「武力抵抗まで繰り返した、それらの反日韓併合人脈の人々に対して、

当時の日韓併合を歓迎した朝鮮人たちは、日本人共々、武力での駆逐を試みた」。

「大部分の駆逐には、成功したが、極一部は、しぶとく残り続けた」。

「その様な朝鮮内の内戦時に、日韓併合を歓迎していた当時の朝鮮人の兵たちの多くは、

朝鮮王朝の支配体制よりマシをもたらした日本文化にも傾倒していたので、

当時の日本兵共々、

内戦の不利を打開する為等の状況では、

{天皇陛下万歳!}を叫び、玉砕戦法まで行っていた」。

「その姿に強烈な脅威を覚えた」のが、「反日韓併合の朝鮮人権力者たち」である。

「彼らは、天皇と神道の関係を調べ上げ、

その結果として、

天皇と神道こそ、絶対に駆逐すべき日本文化である旨、

強く胸に抱きしめた事」が容易に推定される。

「横綱のまわしを見ても明らか」な様に、

「相撲と神道との関係は、今更言うまでも無い」だろう。

「神社や天皇をいきなり駆逐する事は、非常に困難」なので、

「先ずは、日本の国技であり、神道との繋がりが濃い相撲を貶める事により、

先祖の溜飲を下ろし、供養でもしているつもり・・・」なのかも知れない』。

『「韓流テレビ・マスコミによる大相撲等に対する醜悪な論調の裏」には、

「策略も、

身勝手な思いも、

未だに儒教等に縛られている古代的な精神構造も、

・・・、」在るのである』。

『「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している人間の実態が明らかになっている今日」なのに尚、

「未だに過去の不健康な人の思い」に

「自分を支配させ続けている」様な、

「自分の実体に叛いている愚かな人々」は、

「一刻も早く、自分本来の人生を取り戻すべき」だ。

「今時」なら、

「不健康な工作活動等を内部告発すれば、英雄」だが、

「今時」なのに、

「不健康な権力者の意向の下の工作活動等を行い続けていれば、

確実に、それこそ、{末代までの恥}」である』。

・・・・・・・。

『「愛知県と名古屋市が在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束した韓流小沢氏と近い人脈の首長を頂いてしまった様」だが、

「その様な事態の後に懸念される事」は、

「元々、朝鮮系人脈と繋がりが濃いパチンコ店等の首長を押さえた事により可能になる狡いやり方によるそのスジの企業等の集金力アップ」であり、

「集金力アップが可能になった企業からそのスジの人脈に流れるお金の量の増量」であり、

「その結果として、そのスジの人脈が、更に強化されてしまう事」である。

「他国権力者の臭いが濃厚な人脈が強化される事の意味」は、

「今更、記すまでも無い」だろう。

「多くの一般日本人は、もっと、もっと、危機意識を持つべき」である』。

|

「刑事被告人小沢」に当選報告した大村愛知県知事&河村名古屋市長問題・・・。

『「韓流テレビ族だけに、やはり、その人脈の人たちだった様相を露呈した大村氏・河村氏」・・・。

「愛知県と名古屋市は、

韓流テレビ・マスコミ情報に操られた人々が、

選挙でお墨付きを与え、

小沢~韓流テレビ等々系の人脈の首長を頂いてしまった状態」だ』。

『「テレビ・マスコミファシズムが生み出した首長たちが実権を握る愛知・名古屋は、

そのスジの人脈の天国化されてしまうのだろうか??」

「元々、民主党が強かった地域だけに、

非常に危ない状態である事は、

容易に推定出来る」』。

『「テレビ・マスコミファシズムが可能になってしまう事」は、

「本当に、深刻な危機」である。

「政治実権を持つのが、テレビ・マスコミを裏から支配している者になり得てしまう」のだ。

「裏で牛耳っている者の意向で意図的に作り出されているテレビ・マスコミ等の論調に従わない者たちを、政治実権を使って冷遇する事も可能になってしまう」のだ。

「多くの一般日本国民は、一刻も早く、目を覚ますべき」である』。

|

待機児童問題・・・。

『「そもそも、何故、多くの親が自らの子どもを保育所等に預けたがっているのか?」その裏には、「立場・仕事・報酬等の悪の利権集中が在る」。

「かつての日本社会では、多くの人々が、片親分だけの収入で、2人以上の子育てが可能」だった。

もちろん、「その時代に稼げていたのは、多くの場合男性で、性差別状態だった悪い部分もある」が、

「各家庭が、片親分だけの収入で2人以上の子育てが可能だった状態」は「悪く無い」』。

『「ところが、立場・仕事・報酬面での利権集中悪徳改悪が進むと、

共稼ぎ状態でも、2人以上の子育てが出来る人々は減り、

現状では、結婚して家庭を持つ事さえ困難な程、立場・仕事・報酬面で冷遇されてしまっている人々まで、数多く居る」』。

『「そんな状態を前提」に、「親が子育てより仕事を優先出来る状態を作る」と共に、

「幼少期から、

左翼(=親朝鮮現状権力者・親在日外国人等)教育&試験の結果である保育士等の左翼の犬的人々に、

多くの子どもたちを漬ける事」も「出来てしまう」のが、

「待機児童対策」である。

「日教組等や韓流テレビ・マスコミ等の左翼(=親朝鮮現状権力者・親在日外国人等)教育・情報漬けにされた人々」が、

「無用心にも民主党政権を誕生させてしまった仕組み」と「同様の策略」が、

「幼少期から仕込まれる事になる」のが、

「待機児童対策」である。

「民主党だけでは無く、自民党の親朝鮮現状権力者・親在日族等や、社民党や共産党が熱心になるのも、ある意味当然」なのだ』。

『「待機児童問題を解決する為」には、

「利権集中悪徳状態を解消し、

多くの人々が、方親分だけの収入で、2人以上の子育てが可能な社会にする事が重要」である。

「国家権力者等に近い人脈が、

国家権力者の思惑に沿った思想や感性等を

善人面しながら、多くの子どもたちに仕込む」のでは無く、

「多種多様な家庭が育てる多種多様な子どもたちが共存しながら、未来を構築して行く状態」こそ、

「本来の健康的な人間社会」である』。

『「利権集中悪徳状態を容認せず」、

「労働時間半減&余暇倍増&雇用倍増&子ども倍増」政策を行う事こそ、

「現状の日本社会に望まれている政治」なのだ』。

『「真剣に、本質的に、考えれば、誰にでも解る」。

「大金持ちは憧れるべき対象では無い。悪である」。

「代償欲求に突き動かされ、

余りある金銭・財産・立場等を追及したり、

他人を支配しようとしたり、

するのでは無く、

自分で自分を健康的にコントロールし続ける事が重要」だ。

この「現代人としてのエチケットさえ守れない人々」には、

「余りある立場や報酬等を与えてはいけない」』。

|

何でも「ガチンコを望む」頭と心の弱い人々・・・。

『「国同士のガチンコ勝負は戦争である」。「企業同士のガチンコ勝負は経済戦争だ」。「もちろん、比べっこ原理主義社会におけるそれらのガチンコ勝負は、

他との比較による勝ち負けに他ならず、

他を蹴落としてでも利権集中し、

現状で優位になっている方が有利な比べっこである」』。

『「つまり、ガチンコ勝負」とは、

「どの様な手段を用いても、

有利な現状を得ている方が、

益々その有利性を高めるためには都合の良い勝負」なのである。

(因みに、今話題の大相撲でも、

{他の力士に比べて}頑丈で強い力士にとってはガチンコが得だが、

あくまでも、{他の力士に比べて}だから、

他者との比較で、頑丈で強い状態を得る為には、

他の力士を弱体化する工作等の悪の手段も有効になる。

つまり、

{比べっこ原理主義社会におけるガチンコ}は、

{人脈的に自分たちを他を分け、

他を弱体化する悪の工作組織を持つ様なところが有利になる事}でもあるのだ)』。

『「上辺の綺麗ごと」の「裏に潜む悪徳欲求」。

「そんなモノ」を「上辺の綺麗ごと」に「騙されて」、

「知らず知らずの内に飲み込まされ、

知らず知らずの内に、

自分を他者の悪徳欲求にコントロールさせてしまってはいけない」』。

『「何故、他との比較で自分等を悪戯に有利にしたがる過剰な悪徳欲求が生まれるのか?」

「当ブログをお読みの方々なら、既にご存知と思う」が

「{他者との比較}で自分へのお墨付き感等を得ようとする欲求は、

代償欲求に他ならないから」だ。

「代償欲求は、{代償}欲求であるから、

どんなに代償欲求の追及に奔走しても、

基本的に、{本質的な欲求}は充足されない」。

「結果、益々、{欲求不充足感}が増大する」。

「増大して行く欲求不充足感を代償欲求で埋めようと奔走すると、

その要求内容自体が過激に増大してしまう」のだ』。

『「過剰な程の金銭や立場を得ても尚、

本質的な欲求の充足が出来ていないから、

更なる金銭や立場等を追及してしまう」のが、

「本質的な欲求の自覚も充足行動も満足に行えていない未熟者もしくは、確信犯の悪人の実態」である。

「他の者・物・事を巻き込んで、

比べっこ原理主義に基づいて、

自覚もセルフコントロールも足りないまま、もしくは、悪意に基づいて、

その個体への

代償欲求充足感を送り続ける為の、

大迷惑な行動を起こし続けている連中」は、

「早々に駆逐されるべき」である。

「その様な連中を平和時に駆逐する為にも、

その様な状態に陥ってしまっている人が自分をその様な状態から救い出す為にも、

情報・教育は本当に重要」だ』。

『「人類は、どうすれば、

その様な

みっともない、

他の者・物・事まで巻き込む

大迷惑な負のスパイラルの精神状態から、

自分を救い出す事が出来る様になるのか?」

「当ブログをお読みの方々」なら「既にご存知」の通り、

「先ずは、自分の実体の自覚」である。

「そして、自分の本質的な欲求の自覚」だろう。

「その上で、その自覚に基づいた合理的な行動等」である。

「そして、代償欲求の追及は、遊び程度にするべき」なのだ』。

『「他の者・物・事との比べっこ」など「適当で良い」。

そして、「本質追求」を「真剣に行う事」が、

「現代人があるべき状態」である』。

『言うまでも無く、

「自分の実体とは、

地球生命体細胞群の高度に構築された約60兆の細胞群であり、

それは、細胞ごとに、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している」のだ。

「地球生命体細胞群としての本質的な欲求は、自らの実体の存続~永続」である。

「自らの実体の一部である自分の存続も重要だから、

広義の実体の存続を保ちながら、

自分の健康状態を保つ為の衣食住等を得る事は、本質的な欲求」だ。

「広義の実体の存続を保ちながら、多くの人々の本質的な欲求を満たす為の仕事は重要である」。

「そして、多くの健康な人類が存続しながら、地球外でも地球生命体細胞群の存続を可能にすべく、

科学・文化等と現実との整合性を高めていく事も重要」だ』。

『「短絡的な上辺に拘る比べっこ原理主義者たち」は、

「自分と他の者・物・事は別物であるかの如く思い違いし、

他の者・物・事の破壊行為等が平気な場合が多い」が、

「現実として、誰もが、地球生命体細胞群の一塊なのだから、

広義の自分には、他人も、他の地球上の生物も含んでいる」のである。

「所謂、獣の弱肉強食」の「上辺」を見て、

「それこそが、生物の宿命だ!」等と「短絡的に思い違い」し、

「人類として産まれていながら獣の真似をしているバカ」も少なく無いが、

「所謂、獣の生物的環境適応力の向上は、その生体の強化に依存しているから、

獣は、弱肉強食の一見競争原理に見える状態でそれぞれの生体の強化を行い、

地球生命体細胞群の存続~永続への貢献を行っている」のである。

「高度な頭脳を持つ人類にとっては、

人類の生体自体の強化による地球生命体細胞群の構築度アップが宿命では無い。

地球外へと地球生命体細胞群の住処を広げるべく、

高度な頭脳を活かし、

地球上での地球生命体細胞群の構築度アップが限界に達した後も、

地球生命体細胞群の存続を可能にして行く等の手段で、

地球生命体細胞群の存続~永続への貢献を行う事が、

人類の宿命」に他ならない。

「高度な頭脳を使って、武器まで作り、獣の真似をしても、得られる結果は、自らの実体の大量破壊等で、人類の生体自体の強化すら???である」。

「多大な犠牲と引き換え」に、

「他の者・物・事に大迷惑を及ぼし、

自分の実体の自覚さえ???な、

精神状態も病的な、

頭の使い方も悪い」連中の

「代償欲求充足感が一時的に向上するくらい」だ』。

『「戦争でも、経済戦争でも、格闘技でも、ガチンコばかりに拘るのはおバカ」である。

「者・物・事の本質を追求」し、

「自らも、比べっこ原理主義から、本質追求原理主義に成長・進化させると共に、

地球生命体細胞群の存続~永続へ貢献出来る様に、自分を健康的にコントロールし」、

「特定の者等の意向に操られるのでは無く、

他の者・物・事に対しても、

多種多様な楽しみ方や感が得られる状態に

自分を解放してやらなければ、

せっかくの高度な頭脳がもったいない」。

「誰もが、本来の自分を取り戻すべき」である』。

|

電磁波工作問題、さて、一番軟弱そうな理系ボウヤから摘発してもらおうか・・・。

『「当方等に対する電磁波工作実行犯と推定される人物は、既に何人かがリストアップされている」。

「警察がどの様な道筋て摘発するのか?」はわからないが、

「一番軟弱でオチそうなのが、理系ボウヤ」である。

「何しろ、工作器械の製作や設置・コントロールにも係わっていると推定される」のだから、

「其処を押さえれば、

事件の全容解明も容易」だろう。

それとも、「捕まえ易いご老体たちから捕まえる」のだろうか?

「何れにしても、当方に万一の事があったりすれば、リストは公開」される』。

『既に、

「悪どもに明日は無く、

根っ子までの摘発~全容解明~悪質性を考慮した厳罰が望まれている状態」なのだ』。

『「既に、周囲にも、被害や情報共有が広がっている」ので、

「警察が余りにもトロいと、その事まで大問題化する事になる」し、

「その内、全国的なニュースになるのかも」・・・』。

・・・・・・・。

『「現実把握能力や、対応力がある普通の善人」を「ターゲットにした事自体がバカ」なのだ。

もっとも、「多くの犯罪者は、犯罪者自身の無意識が、罪の摘発を招いている」から、

「知らず知らずの内に、ワザと捕まる筋道を選んでいたりする」のだが・・・』。

|

大相撲に全てガチンコを求めるバカ・・・。

『「一定のルールはあるものの、鍛えた者同士が、連日15日間も続けてぶつかり合う大相撲」の「全てがガチンコ」だったら、

「多くの力士が怪我だらけ」で「不戦勝・不戦敗の雨嵐」、

「極一部の本当に頑丈な力士のみが生き残り」、

「そんなハードな相撲取りになろうとする人など極々少数になる」だろう』。

『「連日興行の要素の強いプロレス等も同様」である』。

『「元々、ガチンコ格闘技のほとんど」は、

「試合が終われば、次の試合まで、かなりの間隔をあける」。

「そうでもしなければ、多くの競技者の身体が持つ訳も無い」』。

『「ガチンコ大相撲を求めている人々」の「多く」は、

「実際の相撲を良く見ている人々」では「無い」。

「韓流テレビ・マスコミの論調に操られている人々」だ』。

『「その様な状態こそ大変危険」で、

「大相撲はガチンコで無ければならない」で「操られる人々」は、

「小泉!~民主!!!」でも「操られている可能性が高い人々」で、

「今後も、●●!で操れる人々」なのだ』。

『「大相撲をちゃんと見ている人々の多く」は、

「大相撲には、元々、出来とガチンコが混在していた実態など、

重々承知の筈」である。

「その上」で、

「この一番は、出来・・・、まぁ、星数が星数だから・・・、仕方無いか・・」

「この一番は、ガチンコ!本当に迫力あったなぁ・・」等の感を持ちながら、

「殺し合いから程遠い、神事でもある大相撲」を「楽しんでいた筈」だ』。

『「大相撲にガチンコを求める人」は、

「総合格闘技に殺し合いを求めるだろうか?」

「何でもありの格闘技の究極の勝敗は、競技者の生死であるのだから!」・・・。

「上記の問題を考えれば明らか」な様に、

「格闘技には、それぞれの格闘技のルールに基づいた程々さが必要」なのである。

「大相撲や連日興行性が高いプロレスなら、出来とガチンコが混在している程度が適切」なのだ』。

『「自虐的にも、韓流テレビ・マスコミの論調に操られて、自らの首を絞めてしまっているよう相の大相撲」。

「八百長を問われた」ら、

「堂々と、15日間も連続で行い続ける相撲ですから」、

「ガチンコか?否か?を推定する真否眼を養う楽しみ方も大相撲の楽しみ方の一つです・・」とか、

「怪我人の山や、不戦勝・不戦敗の雨嵐や、究極的には殺し合いまで、見たいんですか?」とでも

「反論すべき」なのに』・・・。

『「まるで、対韓自虐談話を発表してしまった菅総理の様な、

大相撲協会の自虐対応」。

「その裏に在るものは・・・?」』

『「本当に、今の日本のテレビ・マスコミは異常である」。

「現与党民主党政権も、

日本のテレビ・マスコミや教育界も、

真に日本の為になる人脈と入れ替えるべきである」。

「情報・教育でも政治でも同じ」だが、

「往々にして、

地元の暮らしをまともに出来ない/しない様な人々は、

自分たちのインチキを誤魔化す為に、

悪戯な世界化等を訴えたり、

世界標準等を気取ったりするが、

それらの上辺の裏に潜んでいる、

醜い、地元等に対する強権・独占・支配欲等を

見逃してはいけない」。

「地元の暮らしを真に良くしようとする事」は、

「世界中の人々が、その地で良い暮らしが行える事に通じている」のだ』。

|

大相撲八百長騒動で他の重要情報を遮断。「テレビ・マスコミファシズム」の醜い実態・・・。

『「今日も、未だに、大相撲八百長問題に異常な程の多大な時間を割いている韓流テレビ」・・・。

「韓流新聞等も同様」である』。

『「その裏」では、

「韓流テレビ・マスコミ頻出有名人政治家が、愛知県知事選で勝利」。

「同じく、韓流テレビ・マスコミ頻出の{作為的}名古屋市長選勝利の河村たかし氏」共々、

「県民税10%減税」を「叫び」、

「それを、庶民革命だ」と「嘯いている」。

オマケに、「名古屋市議会に対するリコールも成立」だと・・・。

「韓流テレビ・マスコミが作り出した有名人知事河村氏」の「大衆誘導策略」が「大成功した」様相だ』。

『それは、同時に、「愛知・名古屋」も「テレビ・マスコミファシズム」で「支配可能地域」である「実態を露呈した事」でもある』。

『「筆者たち」は、「民主党小沢一派や社民党等の政治等」よりは、

「大村&河村両氏の政治等の方が少しはマシだ・・・」とは思っているが、

「両氏の政治等も、その実体を考えると酷い」とも思っている。

そして、

「テレビ・マスコミファシズム問題」は「政治姿勢や政策等の現場問題よりずっと大きく重大な問題だと認識」している』。

『今回の「市民税10%減税」にしても、

「何処が、庶民の為???か???」

はっきり言えば、

「市民税10%減税」も「企業優遇税制」も、

「比べっこ原理主義に基づいた、

税源泉と成り得る、

大金持ちや、利益の良い企業等を

ぶん取る為の政策」だ。

「大金持ちや稼げる企業の愛知・名古屋移住/移転で、

愛知・名古屋を太らせれば、

他は痩せても良い」と「言っている様なモノ」で、

「その実体」は「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪」と「同様」なのだ』。

『「比べっこ原理主義に基づいた、悪戯な略奪競争」が「生み出す」のは、

「極一部の人々の過大な利益・生活等&多くの人々の過小な利益・生活等」である。

「今時なら、本質追求原理主義に基づいて、

全ての人々が、相応に豊かに成り続けて行く状態を生み出す政治を行うべき」なのに・・・』。

『「テレビ・マスコミファシズムの問題」は、

「ヒットラーの事を考えても明らか」である。

「訴えている内容以前の重大問題」なのだ。

「テレビ・マスコミ情報に操られ、

特定極一部の者たちに、

過剰な立場や利権を与えてしまう事」は、

「非常に危険」であり、

「それは、同時に多くの人々が本来得られるメリットも喪失させている」のだ。

「要でも無い、芸NO人等の過剰報酬の裏で、

多くの実働者たちが困窮に喘いでいる異常事態」を

「可能にしてしまっている現状の実態」こそ、

「現在のテレビ・マスコミファシズムによる実害の実例」である。

「本来」なら、

「実働者こそが恵まれ、敬われ、相応の報酬を得られ、

実体が???な有名人利権など在り得ず、

実体がある有名人利権も集中され過ぎず、

・・・等々」の

「健康が維持し易い人間社会造りのサポートの為に、

テレビ・マスコミ・学校教育等の

公共性が高い情報・教育は在る」のである』。

『「公共性が高い情報・教育を発信出来る立場にありながら、

人間社会を不健康に導いている様な連中に相応しいのは、

過剰な立場や報酬では無く、

相応の罰金や罰」である』。

|

セックスをしない若者たち問題・・・。

『「日教組等の学校教育や、韓流テレビ・マスコミ等に毒され、去勢化&似非合理主義化されてしまった若者たち」は、

「そのスジの連中の悪の思惑通り、

去勢化され、

セックスからも遠ざかり、

結果、子造りからも遠ざかり、

一般日本国民の人口を減らす様に

操られている様相」だ』。

『「日本国籍である限り、

日本国民の少子高齢化が進めば、大いに不利になる」。

「多くの国々」では、

「未だに、血統家族主義&拝金主義等の思想が根強い=

排他主義で、日本国籍を捨てたところで、その様な人々の状態が良くなる訳では無い」。

「むしろ、弱体国家の民として、奴隷化されるのがオチ」である』。

『「他国人脈の工作活動に操られる」のは、「大バカ」である。

「日本国民の多くの若者」は、

「日教組等の所謂左翼(=親朝鮮現状権力者・親在日外国人等)学校教育や、韓流テレビ・マスコミ等を信じるのでは無く、

自分を信じるべき」である』。

『「因みに」、

「少し前のインド」では、

「子沢山で貧しい若者」に対して「質問する」と、

「今は、子沢山だから、貧しい、

しかし、老後は子沢山だから、安泰だ」等の「返答があった」。

「それは、

今の医療水準や平均寿命を考えても、

90%以上の人が成功する、

豊かな老後法」なのだ。

「悪どもの策略的情報等により、

目先の楽に拘らせられて、

ほとんどの人が味わう事になるある程度以上の年月が経った後の不利を得させられている様では、

本当に情けない」。

「他の国の人々の近未来を不利にする事」で、

「自分たちのメリットを謀ろうとしている様な連中」に、

「操られてしまってはいけない」』。

『「断じて言う」。

「多くの戦後の日本国民の様に、

他国民を支配したがらない文化の人々の数が増え、

何処かの国の多くの民の様に、他国民を支配したがる文化人々の数が減らなければ、

地球生命体細胞群の存続~永続は在り得ない」』。

|

極左過激派没・・・。

『「極左過激派が失敗したのは、何故か?」言うまでも無く、「現実では無く、自分たちの身勝手な思いを優先したから」だ。

そもそも、「国レベルでも、

所謂社会・共産圏の国々が失敗し、

残っている所も、

社会・共産では無く、

独裁政権になってしまっている訳」も「同じ」で、

「現実より特定の人々の思いを優先した結果」なのである』。

『「ここで、現状では、国レベルの比べっこで勝者扱いされている、

所謂、西側の国々について」も、

「同様だ!」と「感じられれば、感性は正常」だが、

「自らが属しているから・・・」「自らにとって都合が良いから・・・」等々の理由から、

「現実より自らの思い等を優先」し、

「西側諸国を優等生扱いしている」様なら、

「その人の感性は異常である」』。

『「実際」は、「現実離れこそが、人類滅亡の理由」であり、

「現実離れの是正こそが、地球生命体細胞群の存続~永続への道」なのだから、

「上辺の短絡的な比べっこ主義」に基づいて、

「所謂東側諸国よりは、所謂西側諸国の方がマシだったから・・・」と、

「所謂、西側諸国の現状の体制に過剰に依存する事」は、

「非常に自虐的」である』。

『「自分の実体である地球生命体細胞群」と「現状人間社会の整合性」を

「ちゃんと検証」し、

「現実離れを是正する思いや心」を、

「多くの人々が、抱き続けている様な人間社会で無ければ」、

「確実に、人類は滅亡する」』。

|

大相撲八百長問題&日ハム斎藤選手・・・。

『「大相撲八百長問題」、「今更、何を無粋な事を。何処の誰の為に??」

「日ハム斎藤選手」、「プロとして活躍したら報道、大活躍したら大報道してね」』。

・・・・・・・。

『「現与党による情報統制(?・・・一応付けておく・・・)&お仲間韓流テレビ・マスコミ等の不当な与党偏重大協力により、

現状の日本のテレビ・マスコミ情報は、

異常事態の様相です」』・・・。

|

電磁波発生元の部屋を訪ねると・・・。

『しばらくしてから、

時間稼ぎの為(と推定される)「今風呂に入っていたから・・・」と

「それっぽい格好をして人が出てきた」。

(もちろん、お風呂の音などしていないし、

こちらの対応が強固だった場合、

暴行演技等が演出し易い状態でもある)。

直ぐには対応出来ない旨告げられ、出直しを求められた。

当然、その間に器械(電磁波工作兵器等)を隠す為だろう。

まるで、

「絵に描いたような」

「マニュアル化された確信犯的応対である」。

「明らかに組織」を感じる』。

『「こんな状態では、反撃を押さえられる体制で、いきなり踏み込んで押収する等の手段でも用いなければ、

器械(電磁波工作兵器)の押収は困難」と推定されるが、

「器械の存在自体は、電磁波の観測からもはっきりしている」』。

『地元密着の臭いが濃い地方警察の手に負える案件では無く、

「組織犯罪担当の部署等の摘発案件」だろう。

「警察も本腰を入れて、頑張って頂きたい」。

「電磁波工作兵器の押収~日本国内におけるそのスジの工作活動の露呈」へ』。

|

GANTZって?・・・。

『「誰かの意向で、誰かが敵と決めた者たちを殺すミッションを与えられ、そのミッションをこなしていく連中が主人公だというGANTZ」・・・。

内容を知らない筆者は、思わず、

「自分の中の悪を自覚し、コントロールせず、

思いの上で、外に身勝手な悪をつくり、

他人まで巻き込んで悪を退治する精神構造」に対する

「お墨付き心の培養」が、

「この映画の目的か?」と思ってしまった。

「果たして、実態は?」』

・・・・・・・。

『何れにしても、

「人間にとって、

本質的に、

本当の善悪とは、

誰かの思いが決めるのでは無い。

自らの実体である地球生命体細胞群を存続~永続させるのが善であり、

自らの実体を崩壊~滅亡へと導くのは悪である」。

「上記の話し」は、

「現代人なら、常識」だろう』。

『「現代人としての常識が???」な「マンガや映画に毒される事」は、「自虐的」である。

「現代人としての常識が???な原作者や監督」なら、

「公共性が高い作品発表法は使うべきでは無い」』。

『「上記の基準」からも、

「今の多くの映画やマンガやドラマ等々は、本当にダメ」である。

「外に敵を作り、

悪戯な破壊行動を認めてしまう様な心を養わせる情報では無く、

自らの実体把握や、自らの中の善悪のエネルギーを健康的にコントロール出来る心を養わせる情報が主で無ければ、

今時の公共性の高い仕事としての正当性はあり得ない」』。

『「自らの実体を崩壊~滅亡方向に導くダメ情報を自らに刷り込み、

ダメ情報に知らず知らずの内に操られたりする事は、

自虐的だが、

多くの場合、その自覚も持て無いくらいの勢いで、

ダメ情報漬けにされているのが、

現状の人間社会で暮らしている多くの情報難民たち」だ。

「所謂、先進諸国でも、情報難民は数多い」。

「実態としては、

ダメ情報がダメ人間を量産し、

ダメ人間の集団が人類滅亡を招いている

負のスパイラルに人類は迷い込んでしまっている」のだから、

「人類を負のスパイラル状態から抜け出させる為にも、

情報・教育の急速な是正が必需」である』。

|

真実は善人の味方であり悪人が絶対勝てない敵なのだ・・・。

『言うまでも無く、「自らの善人状態を保つのも、自らを悪人状態に陥れてしまうのも、本人のセルフコントロール次第」である。

「人は、誰もが、死んだ細胞や、癌細胞や、生きている健康な細胞等々の細胞群で成り立っている複合体」だから、

「誰もが、

健康な細胞に基づいた感覚である善の感覚も

死んだ細胞や癌細胞に基づいた感覚である悪の感覚も、

どちらの実感も内在している存在」なのだ』。

『「ここで、自分が細胞の塊であり、

その細胞群には、善の感覚の基も、悪の感覚の基も在るという

現実の自覚が有り、

現実に基づいた相応のセルフコントロールを行い続けている」なら、

「その人は、善人状態を保ち易く、大きな問題も起こし辛く」、

「その様な状態の人々の集合体である人間社会も健康的な人間社会となる」』。

『しかし、「情報・教育等が異常だったり」して、

「利権等が極一部に集中している様」な

「情報・教育異常、利権集中悪徳社会」では、

「多くの人々が、健康なセルフコントロールを行える為の基礎情報・教育も乏しく」、

「今時の人間として、当然得ているべき基本的なゆとりも乏しく」、

「その結果」、

「そんな状態の社会におかれてしまっている

多くの人々」は、

「自らの実体の自覚さえ無いまま、

自らの善・悪の感覚をごちゃ混ぜにした感覚を、

身勝手に、正しいと思い込みたがり」、

「自分の実体も、人間社会も破壊して行く行動等」を

「平然と起こしていたり」する』。

『「その様な状態」は、

「自覚と実体把握が出来る状態の現代人から見れば」、

「正に、おバカ、もしくは、病気、もしくは、未熟で、

大迷惑な状態」に他ならない』。

『「事実・現実」は、「どんな悪人より強い善人の味方」である。

反対に、「悪人にとっては、絶対に勝てない敵」である。

「自らを悪人状態に陥れ、

絶対に勝てない敵を作る、

自虐的な人生を送る」のも、

「自らを善人状態にコントロールし、

事実・現実を味方に付けた、

地球生命体が存続する限り、

永遠に続く人生に繋がる」のも、

「それぞれの人々の自己責任の選択」である。

「駆逐される事や自己崩壊が人生の目的なら、自らを悪人化すれば良い」。

「地球生命体細胞群の永続という永遠の命に繋がりたいのなら、

自らを善人状態にするしか無い」のである』。

・・・・・・・。

『「人は、

事実・現実と共にある状態になる事で、

はじめて落ち着ける」。

「多くの人々が、

事実・現実と共にあり、

事実・現実を共有している人間社会は、

落ち着いた、健康的な人間社会に成り易い」。

「落ち着いた、健康的な人間社会の邪魔をしている悪人」は、

「改心させられ、善人化される」か、

「悪人状態のままなら、隔離・駆逐されなければ」、

「落ち着いた、健康的な人間社会も実現し得ない」のだ。

「自らの中の善・悪をちゃんと把握し、

自らを善人の状態にコントロールし続けている上」で、

「地球生命体細胞群の存続~永続の為に、

悪人状態の人々に、

善人状態への改善や、

悪人のままなら、隔離・駆逐を求める事」には、

「正当性がある」』。

『「自らの善・悪さえも健康的にコントロールせず」、

「悪戯に、他の者・物・事に投影・転嫁して、

身勝手な悪像に基づいて、

工作活動等を行っている」のは、

「人の実体」は「悪人」に他ならない』。

『「人類が存続する限り、

上記の様な実体の意味での

善人は、大成し、

悪人は、崩壊する」のである』。

|

利権集中悪徳改悪で税金を払える人や企業等が減ったのだから、必要な税金は利権手中悪徳改悪ゆえに儲けが増えている人や企業等から取るべきでしょ・・・。

『「消費税なんて、とんでも無い」。「後は、タイトルの通り+余剰資産等を持てている人や企業等から、必要な税金を取れば、日本社会、少しはマシになる」。

「日本社会をマシにしたい国会議員等」なら、

「その方向に動くのが当たり前」で、

「消費税などは、利権集中悪徳改悪を更に増長したい連中が言う事」に他ならない。

「手当て配りは、手当てを配る支配者の飼い犬化」と「同じ」で、

それは「強権独裁主義社会化と同じ」である。

「民主主義社会が前提」なら、

「利権分配(=労働時間半減&雇用倍増&子ども倍増)政策」こそが、

「今の日本の必要」なのだ』。

|

利権集中悪徳権力者たちや大金持ちたちこそ、人類の癌なのだ・・・。

『「自分の実体さえ???のクセに、悪巧みが得意な利権集中悪徳連中」。「そんな連中の多く」は、

例えば、

「意図的に他の者・物・事を悪扱いし、

正義ぶる事で、

他の人々を欺こうとする」』。

『「冷静に考えれば、誰にでも解る」通り、

「他の者・物・事が悪い事と、

他の者・物・事を悪扱いしている者等が正しい事とは、

全く違う」。

ところが、「無用心に自分を明け渡している状態の人間の心理」は、

「非常にいい加減」で、

「自分の知っている者・物・事は、

知っているというダケで、良扱い、

知らない者・物・事は、知らないというダケで、悪扱い」だったりするのだ。

その様な状態の人は、

例えば、

「自分が知っている権力者や有名人等」が、

「○○は悪い・・・」等と「正義ぶる」と、

「それが真実で、権力者や有名人等は、正義の人だ・・・」等と、

「権力者や有名人等の悪の思惑通り」に、

「勘違いした思いを抱きしめたり」する』。

『「操り人形一票マシンクン」や、

「操り人形貢ぐクン」等々の「製造実態」である』。

『「国レベルで他国を悪者扱いする反○国教育」等も、

「悪巧みの策略の一例」なのだ。

「権力者等の利権集中悪徳ぶりが高い国ほど、

反○国教育が強かったりしている」。

「そんなモノに毒されているその国の民」は、「被害者でもあり、おバカでもある」のだ』。

・・・・・・・。

『「元々、

誰もが地球の生物であり、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら

存続している

細胞の塊である」。

「この現実」は、

「誕生・死は、誰もが今、この瞬間にも体験している事」や、

「(細胞レベルでの命の連続性を考えれば明らかな様に)

今生きて活動している細胞の年齢(命の連続性)は、実質的に誰でも同じである事」や、

「(細胞ごとの誕生・死という実態から)

丸ごと一人の霊やあの世の世界など存在し得ない」という事を示している。

「丸ごと一人の霊やあの世が存在しない事」は、

「この世の問題は、この世で解決するしか無い事と同じ」だ。

「今、現体制に素直に真面目に従って頑張れば、

来世では良い思いが出来る」等の

「現状で有利な人々に都合の良い大嘘」などに「操られるのは、バカ」である』。

『「大嘘に操られて、現状に媚びるのでは無く、

現状で科学的に間違っている物事を是正する/させる事こそ、

現代人としての正しい道」なのだ』。

『「人は、

自分を自分で健康的にコントロールし続けない/させてもらえないと、

他人を支配したがる、

者・物・事に依存する、

過剰な者・物・事を欲しがる等の

代償欲求が芽生え、

代償欲求の追及に奔走してしまう状態に陥り易い」生き物だ』。

『「だから悪ども」は、

「悪ども自身を含む極一部の人々が過剰に奪う事で、

多くの人々を困窮状態に落し入れ、

代償欲求追及型人間が生じ易い環境を造りたがる」。

まるで、

「癌細胞が、正常細胞の分の養分まで奪って巨大に育ち、

その生体自体を衰退~死へ向かわせる如く」、

「悪どもによる人類滅亡策略は、進行中」なのだ』。

『「所謂無意識部分まで含めた自分の状態に対する自覚」が持て、

「自覚に基づいた是正行動が起こせれば良い」のだ。

しかし、「自覚さえ???の人々」は、「未だに、数多い」。

「情報・教育等が、悪どもに支配された状態で、有効に機能していないから」である』。

『元々、

「精子も卵子も適度に異物化されているから排出」されているのだ。

「その組み合わせ、及び、選択で、出来る、

新たな、

別人格の別人の

最初の一つの細胞の誕生」こそが、

「人類誰もの始まり」である』。

『「人が遺伝子で伝えているのは、主として、生物的環境適応情報」だから、

「親に愛され易い様に、親に似た部分を持つ」とか、

「親と同じ環境で生活し易い様な、肌の色や、手足の長さや、腸の長さ等を持つ」等は、

「良く遺伝する」が、

例えば、「有能政治家の子どもが有能とは限らない」様に、

「人間的資質などは、

遺伝より、

生後の環境や、

本人の意思・努力等の影響方が圧倒的に大きい」のである』。

『「上記の様な実態」からも「明らか」な様に、

「産まれながらの環境格差や、

過剰な血統相続等に、

科学的なお墨付きなど無い」のである。

「利権集中悪徳者の多く」が、

「身勝手に、

子どもに、

自らを、投影・転嫁し、

身勝手に、自分と同一視したりした上」で、

「過剰な血統相続等を望み、

社会的にも強引に通している実態」を見れば明らかな様に、

「自分で、自分を健康的にコントロール出来ず、

他人を支配したがる、

あの世の存在まで思い込んでいる、

おバカ、もしくは、性悪、もしくは、病人、もしくは、情報難民等でもある

利権集中悪徳者たち」は、

「本当に、地球生命体細胞群の癌の様なモノ」なのである』。

『「正常細胞を生き残らせ、

生体を救う為に、

癌細胞を殺す治療が正当な様に、

地球生命体細胞群の存続の為に、

癌細胞的利権集中悪徳者たちを殺す事にも、

科学的には正当性が生まれてしまっている」のだが・・・。

「癌細胞的状態の人々」は、

「一刻も早く、自らを正常細胞化する事をお奨めしておく」』。

『「少なくとも、今時の人間」なら、

「大金持ちや有名人を目指す」等の

「利権集中悪徳の頂点的立場を目指し、

大枚という自慰源泉を得る事」等を

「夢と思い込まされてはいけない」。

言うまでも無く、「そんなモノは夢ではあり得ない」。

強いて表現するなら、「病人や悪人による、妄想とか、悪夢とか、・・・言うべき」だろう。

「夢」は、

「世界平和とか、貧困撲滅とか、格差是正とか」・・・、

「実際の人間社会等がより健康になる事」であってこそ

「夢としての正当性が保持出来ている」。

「人生の目的が、人間社会を不健康にする事や、自慰、なんていうクズ」には、

「高い立場も過剰な報酬も似合わない」。

「罰金か、病院送り等が正当」である。

「本来、誰もが、地球生命体細胞群の一塊である限り、

人生の目的は、地球生命体細胞群の存続~永続への貢献であってこそ、

健康的で真っ当な人生」なのだ』。

『「癌細胞的人間たち」は、

「一刻も早く、

自分を健康細胞化するか、

過剰な立場、報酬等々を放棄するべき」である』。

|

「存続の危機」に陥っているのは「大相撲か?民主党政権か?」・・・。

『はっきり言えば、筆者が子どもの頃(昭和の時代)から、「大相撲には、ガチンコと出来が混在していた」・・・。

それなのに、「何故、今、大問題化されているのか?」

それこそが、「多くの人々が考えるべき事」である』。

『「意図的に大問題化され、

一方的に大量配信されている情報を鵜呑みにし、

情報発信側の都合で踊ってしまうのは、

操り人形化された人々」に他ならない』。

『「誰もが、

どんな情報に対しても、

何故、今、その様な情報が一方的に大量配信されているのか?」くらいは、

「常に問い、

自分なりの考察が出来る状態」で無ければ、

「本当の民主主義など成りたつ訳も無い」。

「操り人形的人々が多い状態が作り出すのは、

テレビ・マスコミファシズム」である』。

『「戦後の文部(科)省&日教組等の教師による日本の学校教育と、

テレビ・マスコミ情報が作り出してきたのは、

操り人形化されてしまった多くの人々」だ。

当然、「そんな不健康な教育・情報の裏」には、

「不健康な権力者等の思惑による策略」が潜んでいる。

普通に考えれば、それは、「特定の人脈が日本を実質的に支配し続ける為の策略」である』。

『「民主党の政策を検証してみよう」。

「大金持ちにも、外国に居る外国人の子どもにも、日本の血税を配る子ども手当て」は、

「何処の誰の為の子ども手当てなのか?」

「外国にいる外国人の子どもの場合、

年に二回の面会等の条件等からも、

(相応に手間がかかる母国との往復という事態を考えれば)近隣国の

(最低でも年二回の渡航に不自由しないくらいの)お金持ちの為」である

「実態が露呈」している。

「民主党で象徴的」なのは、「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権の賛成派が多い事」だ。

「外国人参政権が成立してしまった場合、

主として、どの国の人々がそれを得るのか?」を考えれば、

「外国人参政権を欲しがっている人々の実体も明らかになる」。

言うまでも無く、「日本の場合、外国人参政権が得られる他国籍の人となれば、中国人と朝鮮人の数が圧倒的に多い」。

「子ども手当て」と「外国人参政権」等の問題から、

「露呈する事」は、

「民主党の裏」には、「朝鮮や中国のお金持ち、もしくは、権力者等が存在する可能性が大である」という「実態」だ。

因みに、

「子ども手当ての満額支給にも熱心な小沢元幹事長は、

在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束」していて、

「現民主党執行部は、

強制起訴され刑事被告人となった小沢氏に対して

満足な処分さえ出来ていない」。

「小沢氏の裏には、中国共産党要人や、朝鮮人権力者の影が見え隠れし、

そちら系の民主党国会議員等が、

小沢氏の処分に対して、猛烈に抵抗している様な状態が在る」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミや、

ネット情報工作員たちが

どんなに民主党擁護(主として小沢系)に走っても、

当然の如く、民主党の支持率は低いまま」だ。

しかも、「与党としての政権運営も、一兵卒党員の処分さえも、ロクに出来ない酷さ」である。

「そんな実態を普通に報道すれば、益々支持率が落ちるのは、当然」である。

そこで、「どうしても、強力な煙幕が必要」になり、

「相撲なら多くの一般日本国民の興味を釘付けに出来る・・・」とばかりに、

「大相撲界では、当然の如く、以前から存在していて、公然の秘密化していた出来問題」を、

「今、

過剰な程の大問題化し、

一方的な大宣伝を行っている」のである』。

『以前、「プロレスラーの故ジャイアント馬場」が、

「プロレスって出来なのでは?」の旨「質問され」、

「・・・例え、出来であっても、やっている側が出来であると、言える訳が無いしょ!」の旨「答えていた」事があった。

「ガチンコ格闘技の多く」は、

「ボクシングの様に、

選手は、

一度試合をすれば、当分の間は試合が出来ないくらいの状態になる」。

「相撲の場合は、制限が多く、連日も可能な様に工夫はしてあるが、

毎日ガチンコが続けられる頑丈な力士ばかり・・・とは、限らない」。

「見ている方だって、別に、真剣勝負の殺し合いが見たい訳では無い筈」だ。

「プロレスも相撲も、ガチンコと出来が混在くらいが、適切」なのである』。

『「昨今の意図的に作り出されている利権集中悪徳改悪社会のストレス」を、

「相撲の真剣勝負化に向けるのは、間違っている」。

「相撲とは、元々、見る方が、その一番の出来・ガチンコを見抜く真否眼を養う楽しみ方も出来る

神事であり、伝統文化であり、スポーツである複合要素の代物」なのだ。

「日本の国技であるから相撲を潰す!」的な「工作活動に邁進している」のは、

「反日国系の人脈」である。

「民主党政権の誕生」と「大相撲八百長問題の過大問題化」は「無縁では無い」』。

『「今、日本での存在が危うい」のは、

「他国権力者の臭いまで漂う、民主党政権」である。

「大相撲の存在を脅かし」、

「政権生き残りを画策している様な様相の人脈」は、

「日本の政界からも、

日本のテレビ・マスコミ界からも、

追放されるべき」である』。

|

NHKクローズアップ現代「引きこもり」問題・・・。

『「多くの引きこもり状態の方々に共通している事」は、「他人を気にし過ぎる事」だろう。

「他人の事を気にして、周りに合わせる様な人を作る、去勢化・操り人形化情報・教育」は、

「日教組等や、韓流テレビ・マスコミ等の得意業」だが、

「当ブログを見ても明らかな様に、

日教組等や、韓流テレビ・マスコミ等に毒されていない筆者たちの様な人々は、

多くの引きこもり状態の人々ほど、

過剰に、

他人の事を気にしていない」』。

『「日教組等の学校教育や、

韓流テレビ・マスコミ等の毒を

自らから抜けば、

必然的に本来の自信を取り戻せる方々も多い」筈だ』。

『「就職が出来るとか、社会的立場があるとか、等々の要素は、

一番最初に気にすべき要素では無い」。

「先ずは、自分の元気を取り戻し、

自分の問題は、自分の問題として、

社会の問題は、社会の問題として認識する事で、

例え、職が得られなくても、

過剰な引きこもり状態からは、抜け出し易くなる」筈だ。

「不況の現状」では、

「多くの人々が、職が得られ辛いのは当然」であり、

「悪徳経営者等は、

不況をいい事に、

雇用の立場や人数や報酬等を目一杯しぼっているのだから、

そんな現状の社会状態に過剰に媚びる必要など全く無い」。

むしろ、元気が出てきたら、

「労働時間半減&雇用倍増&子ども倍増」等々の

「政治運動でも行った方が、

下手に現状に媚びるよりは、ずっとマシ」だろう。

「政治運動というと過激に聞こえるかも知れないが、

当ブログの様に、

ネットで声を上げ続けるだけでも、

それなりの意味はある」』。

『「誰もが、自分本来の元気を持てる状態」こそが、

「まともな健康的な人間社会」だ。

「現状に過剰に媚びる前に、自分の実体に忠実である事が大切」なのだ。

「未だ未だ出来の悪い現状等とは、適当に付き合えば良い」のである』。

『「韓流NHK」に「過剰に毒される事なかれ!」

「本来の自分の人生を生きて頂きたい」と切に願っている』。

|

「強制起訴されている一兵卒」刑事被告人小沢の除名も出来ない民主党・・・。

『「こんな政党では与党は無理」である。「何しろ、自浄能力???」なのだから!

「普通の政党なら、強制起訴された一兵卒刑事被告人など、

あっと言う間に、除名が当然」だ。

まともなところなら、

「議員辞職勧告も付け、

被告人が裁判に専念出来る環境を整えると共に、

党や他の議員への影響を抑える筈」である』。

『ところが、「現状の民主党」は、

「小沢氏に対する処分さえ満足に出来ていない」。

「この事は、何を意味するのか?」

「逆から考えれば明らか」な様に、

「民主党は、小沢氏の影響力を維持させたい」のである。

「党員資格停止」とは、「一時的に上辺だけ切り離させてもらいます」宣言に他ならず、

「影響力自体への影響は大きく無い」。

そんな「処分の名に価しない処分」で、

「多くの日本国民を誤魔化そうとしてまでも」、

「民主党は、小沢氏の影響力等を維持したい」と言っている様なものである』。

『「未だに、

実質的に、

小(大権・独裁的政治手法が好みの在日外国人の団体である民団と外国人参政権約束した者)

・鳩(大金持ち)

・輿(日教組)主導」であるのが、

「民主党の実態だ」と「公言している様なもの」である』。

『「そんな一般日本国民離れした政権政党など、

一刻も早く、

政権の座から降ろされるべき」である事は、言うまでも無い』。

『「小沢氏除名派の民主党国会議員」は、

「民主党内では無く、一般日本国民の方を見て」、

「何一つ恐れる事無く、

遠慮無く、

離党~政界再編~解散総選挙への流れを起こすべき」である』。

|

ちゃんとした与党が出来ない民主党菅政権は、大相撲問題で正義ぶる事で自分たちの悪態を誤魔化そうと、実質的工作活動に忙しい・・・。

『「何処かの国の文化」では、「他人を騙しても自分たちの思惑を通す事」は「利口の証」なのだそうだ。

「日本の文化では、他人を騙したりする事は恥」なのだが・・・。

・・・で、「他人騙し等を利口の証と思い込んでいる文化に毒されている人々」は、

「策略や工作活動等の手段も恥では無く、利口の証と思い込んでいるから」、

「実際」に「日本国内でも数多くの策略や工作活動が実行されてしまっている」。

「全く、本当に大迷惑!!!」なのだが、

「実際に、

北朝鮮工作員による拉致工作を始め、

戦後日本の他国人脈による策略的情報・教育工作等も、

飲食物や電磁波工作等も、

現状日本社会に、実態が在る者・物・事」なのだ』。

『「それらの策略や工作等の手段と同じ臭いが充満している」のが、

「民主党政権による大相撲八百長問題」の「過大扱い」で、

「本質的には、

多くの人々の実生活に大きな影響を与える事などある筈も無い、

タカが、大相撲の八百長問題程度」を、

「過剰な程過大に問題扱い」し、

「正義ぶっている様」は、

正に「ロクな与党が出来ていない民主党政権自身の事は、

スッカリ棚に上げた上での、

策略的大衆誘導情報工作の様相」である』。

『「その様な民主党政権を

むしろ陰からリードしている様相を示している」のが、

「実質的には、策略的大衆誘導情報工作の様な手段で

民主党政権を誕生させる事に大貢献した、

韓流テレビ・マスコミ等々」である。

「今回の大相撲八百長問題」も、

「韓流テレビ・マスコミ人脈の人々が、

民主党政権の民主党政権にとって不利な実態情報にフタをする為に探し出して来た情報の一つ」という様相だ。

他にも、

「大衆の興味」を、

「多くの一般国民の実生活に直接係わりがある国政問題」から「逸らし」、

「多くの人々を現実逃避させる為」に

「意図的に作り出している有名芸能人や有名スポーツ選手等々の情報の一方的大量配布」という「フタ」が「多用」されている。

更に、

「有名人や韓国文化等をネタに、韓国人脈にお金を流れ易くしている事」が、

「韓流テレビ・マスコミ等の行っている事」の「実体」である』。

『「何故か?か、当然か?」は、

「人それぞれの感じ方」だろうが、

「韓国人脈にお金が流れると民主党も元気になったりしている」のだ。

「テレビ・マスコミ等による韓流ブームの仕掛け」と、

「民主党政権の誕生は、無縁では無い」。

「元々、民主党の支持母体である日教組等の教師による学校教育を受けている場合が多い戦後の日本国民」は、

「韓流テレビ・マスコミ等の情報誘導により、

簡単に操られる一票マシン化されている様な実態が在る」のだ。

「そんな状態」では、

「韓国人」に、「日本人は有難いほどバカ」等と「言われても仕方無い」。

もっとも、筆者たちは、

「権力者の都合で捏造された嘘の歴史を鵜呑みにし、

権力者の都合で操られたり、

権力を持つ事で他の人々を操ったり、している上に、

策略や工作活動等という科学技術等が進化すればする程露呈し易くなる悪業を賢いと思い込めている

自分の実体に叛いている大バカ」よりは、

「平和ボケバカ」の方が「いくらかはマシ」だと思っているが。

何れにしても、「自分をバカや大バカ状態から救い出せるのは自分だけ」である』。

『「平和ボケで、日教組等の悪巧みによる情報難民状態」でも

「日本国民」なら、

「歴史上の現実」として、

「日本が竹島や尖閣諸島等を

平和時に国際法上合法的に自国の領土とした当時、

韓国も清も

それらの離島に対する管理能力など有し得ないほど

近代化に遅れていた状態だった事」くらいは知っておくべきだろう』。

『「民主党菅政権」は

「大相撲等の問題をダシに、

見苦しい工作活動的な事など行っていないで、

政界再編~解散総選挙に舵を切るべき」である。

「民主党等<日本国・日本国民という国会議員」なら、

「離党~政界再編に動けない事が異常」だ。

「誰も動かない/動けない様」なら、

「民主党とは、

民主党等>日本国・日本国民という国会議員の集団である事の証の様なもの」だから、

「そんな政権政党は一刻も早く政権の座から引きずり降ろす事」が、

「日本国・日本国民の為になる事は明白」である』。

|

大相撲八百長メール問題より遥かに重要な与党が出来ない民主党菅政権問題・・・。

『「韓流マスコミ等では、小沢氏を切っても政治と金の問題の解決には遠いから、小沢氏を切らないで・・・等と、小沢庇いに必死だった」が、

民主党菅政権にとって、

「小沢氏を切る事」は「カードでは無く、負債処理の様な事」だから、

「切らない事=負債を持ち続けたまま倒産する道」に他ならない』。

『「党首や幹事長等が強制起訴されている自党の一兵卒党員さえも切れない政党」など、

「政党の名に価しない」から、

「実際」に、

「多くの一般日本国民の関心は、

既に、

政界再編~解散総選挙」になっている』。

『「本来のテレビ・マスコミ等」なら

「現状の民主党菅政権の余りにもお粗末な与党ぶり」を

「ちゃんと報道」して、

「日本の為にも、政界再編~解散総選挙が一刻も早く訪れる様に、

情報提供すべき」だが、

「韓流テレビ・マスコミ等」では「民主党政権誕生時には、散々、世論を煽ったクセに、

今回は、大相撲八百長メール問題>ちゃんとした与党が出来ない民主党問題」なのだ。

この「お仲間庇い的な醜態」を「曝している様な連中」には、

「公共の電波の特定周波数独占使用権や、

多くの人々の下に配布されている新聞・書物等での記事記入権など与えるべきでは無い」。

「現状日本の

公共的要素が大きい

テレビ・マスコミ等の仕事に相応しく無い連中」は、

「ちゃんとした与党が出来ない民主党の面々同様、

即刻、

ちゃんと正当な仕事が出来る人々と入れ替えるべき」である』。

|

さて、質問です(歴史)・・・。

『「戦後日本の学校教育・テレビ/マスコミ情報の多くは、日韓併合~終戦直後までの現代日本社会に直接大きな影響を及ぼしている時代の歴史教育を、

差障りのある問題も含むから・・・等の理由で、

実質的に封印して来ました」。

「韓国や、北朝鮮や、中国共産党支配下になった中国では、

日本で直近の歴史情報・教育が実質的に封印されている間から、

長きに渡って、反日教育等が行われて来ました」。

「上記の様な状態がもたらす結果と、実際の現状の関係各国/各国民の状態」及び、

「日本で現代社会に大きな影響がある重要な歴史情報を封印させた人脈とは、どの様な人脈と推定されるのか?」を

「お答え下さい」』。

・・・・・・・。

『「上記の様な問題に、正しく解答する為」には、

先ず、

「日韓併合~終戦直後までの歴史の実態を知る事」が「必要」です。

(興味のある方々は、当ブログにも若干の情報は有りますから、当ブログの他の記事をご参照下さい。

また、戦後日本の情報・教育を実質的に牛耳れている立場の者及びそのお仲間等々では無いところが公開している情報等をネットで調べたりすれば、

かなりの実態を知る事が可能です。)

ところが現状では、「多くの一般日本人は、その時期の歴史実態情報を十分に得られていません」。

「関係各国の一般国民の場合は、それぞれの国の権力者による権力者に都合の良い反日教育情報漬けになっている」様相です』。

『それに比べて、

「現状が実際どうなっているのか?」は、多くの人々が知っています。

だから、

「歴史上の情報が欠落していても、

現状から遡って考えれば、

ある程度、確度の高い推定も可能」です。

「日本では、

竹島は韓国に不当占拠され、

北方領土は未だ戻らず、

それなのに、日本は、特に、朝鮮や中国に対し、土下座外交を繰り返し、

多くの一般日本国民が、実際は、現実離れしているそれらの事態を

仕方の無い事等と思い込まされています」。

「その様な現状こそ、意図的に作られ、得られてしまっている結果」であり、

「その様な結果を得たい思惑のある人脈の人々が、

日本での情報封印&自国での反日教育等を行った」と「推定する」のが、

「普通の考え方」でしょう』。

『「実体としては、情報難民化されている多くの一般日本国民も、

現実離れした権力者のご都合による反日教育を刷り込まれ、操られている関係国の一般国民も、

被害者」です。

「極一部の悪巧みを行い続けている権力者連中とそのシモベたち」が、

「日本と近隣諸国の

本来の関係を築くベースになる

事実・現実を

壊し、

自分たちの思惑で、その地域を牛耳ろうと画策している様な状態」が、

「今の日本と近隣諸国には在る」のです』。

・・・・・・・。

『「上記の問題」は、「一般的なレベルとしては、中学高学年~高校程度」でしょう。

「受験の為等の理由」で、

「タダ単に、教師の言う事や教科書の内容を覚える{愚民化・去勢化・操り人形化教育}の毒」に

「毒されてばかりいないで、

多くの大人も、子どもも、

自分の暮らしている国や地域を悪巧み支配者たちに占領行為から守り、

本当に良くする事に繋がる、

本来あるべき現実に基づいた十分な歴史情報・教育が得られるべき」です。

そして、「直近の真実の歴史を知る事」で、

「現状社会に対する現実把握能力を養い保持するべき」です』。

『「誰もが、

脱!悪どものシモベor操り人形!!!」』

|

せっかくだから、昨日の「NHK教育高校生物」関連の話しの続きをもう少し・・・。

『昨日の記事では、「番組内容や教育の問題点」を指摘した。「そこで、記事の内容を覚えたりするだけ・・・」なのは、「現状の情報・教育に毒されている事の証」で、

「情報・教育を得た結果」、

例えば、「昨日の記事を読む事」で「現状の試験の問題等」に「思いが至る様に自分を成長させている事」が「重要」なのだ』。

『「試験の問題」を考えてみれば、誰にでも解る通り、

「現行の試験の実態」とは、

例えば、昨日の例で言うなら、

「生物とは何か?という問いに対して」、

「教師が言った事」を「オウム返し」し、

「細胞で出来ていて、

子孫を残し(・・・と、血統家族主義心を育成する様な言葉を覚え書き出し)、

代謝する物」等の「解答を書けば、満点」だったりするのだ。

ところが、

「本当の生物の本質」である

「宇宙の物理時間の流れとは別の自分の時間を持ち・・・等」と、

「筆者が昨日記した様なこと」を書くと、

「採点者が???の場合、異物扱い=悪いモノ扱いで、×だったりする」のである』。

『「筆者等が採点する」なら、

「教師の言った事のオウム返しは、小得点、

本質に迫った解答は、大得点」なのだが、

「現状の多くの試験では、そうはなっていない」。

「現状の入試の多くも同様」である。

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親在日外国人等)教育の教師が教えた通りの解答をすれば、合格」なのだ。

そして、

「その様に、その手の情報で飼いならされている度合いが高い者たち」が、

「優等生扱い」され、

「高学歴等を得られ、

社会的に優位な立場に就き易くなっている」。

つまり、

「情報・教育の問題」は「試験の問題に通じ」、

「試験の問題」は「現状日本社会の問題に通じている」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ情報を良く覚えた{優等生たち}」が、

「小泉!~民主!!!と操られた実態」からも「明らか」な様に、

「情報・教育の問題」は「本当に重要」である』。

・・・・・・・。

『本日も「韓流テレビ・マスコミ等」では、「大相撲八百長メール問題」に「意図的に、多くの時間を割いている」。

「以前にも指摘した」通り、

「相撲の様に、15日間も連日行う格闘技的要素の強い事」を、

「全てガチンコで行え!」というのは「余りにも酷い要求」である。

「多くのプロレスが出来」である事からも「解る筈」だが、

「相撲の場合」は、「出来とガチンコが混在しているからこそ、奥が深い楽しみ方も可能」なのだ。

例えば、「多くの見る方々」が、

「これは、出来・・・だろう・・・」とか、

「これは、ガチンコに違いない・・・」とか、

「自らの真否眼を養う様な楽しみ方」も「出来てこそ」、

「神事であり、伝統文化であり、スポーツであり、格闘技でもある相撲」である。

「短絡的に、ボクシングの様なガチンコ格闘技だけに絞らせようとする」のは、

「日本本来の旧来から長年続いている相撲文化の破壊工作活動に他ならない」。

「15日間も連続で、鍛え上げた者同士がガチンコ勝負を行う相撲」なんて、

「あり得ない」。

まるで、

「日本の相撲文化破壊の為に、

相撲に日頃のストレスをぶつけなさい!」とでも

「大衆を情報誘導している」様な

「韓流テレビ・マスコミ等」は

「韓国の文化に対しては、歯の浮くような賞賛ぶり・・・」だったりしている』。

『「旧来からの日本文化破壊工作」&「韓国文化賞賛」という「情報の一方的大量配信」の「先」に、

「何が見える?」だろうか。

上記の「情報・教育」~「試験」~「日本社会」の「問題」が解っている人たちには、

改めて記す必要は無いだろう。

(解らない方々は、他の記事をご参照下さい。)』

『「情報を見聞きする時」は、

「発信側の実体を確かめ、

発信側の実体ゆえの情報として見聞きする事が重要」である。

(因みに、当ブログは、一般日本人が個人レベルで記している。)』

|

NHK高校生物・・・。

『「時間が空いた昼過ぎに、テレビチャンネルを動かしながら、どんな番組をやっているのか?何となくながめてみたら、

NHK教育で今時の高校生物をやっていたので、

筆者が高校だった時代(だいぶ前だが・・)に比べどれ程進歩したのか?

・・・と思い、少し見てみた」』。

『出出しが、何と、「生物の本質に迫る・・・」だったので、思わず期待したが、

フタを開けてみると、

「生物とは、

細胞で出来ていて、

子孫を残し、

代謝をする」と、

「本質論では無く、

子孫を残す・・・と、血統家族主義の臭いが濃い、

上辺論が始まった」ので、

「ガッカリ・・・」だった』。

『「本質論だ・・・」と言うのなら、

本来なら、

「生物と否生物(つまり、タダの物質)を比べる事から始めるべき」である。

そうすれば、

「生物の実体とは」、

「自らの中に宇宙の物理的な時間の流れとは別の時間の流れを保持している物質」に他ならない事が誰にでも解る。

そして、

「{自らの時間}を保持し続ける為、

{細胞ごとの誕生・死}を繰り返しながら、

{多数・多種・多様に進化}しながら、

{存続し続けている細胞群}」というのが、

「地球上全ての生物の本質」なのだから、その旨を教えるべきである』。

『「地球の生物の存続の為の進化実態」こそ、

「構築度を上げ続けて来ている状態」である。

「多数化・多種化・多様化」の「共存状態」こそが「構築度を高め得る状態」であり、

「何故、地球の生物が構築度を高め続けなければならないのか?」と言えば、

「宇宙物理時間の流れに駆逐されずに、存続し続ける為に・・・」である。

この宇宙では、

「生物以外の物質は基本的に物理的な時間の流れにより崩壊方向へと変化させられている」が、

「生物のみが、自らの中に物理的な時間の流れ以外の時間の流れを持ち、

自らの構築度を上げ続けている事によって、

物理的な時間の流れによる崩壊を免れている」のだ』。

(因みに、宇宙では、時間の流れからの遅れが質量となり、質量を持ったエネルギーは物質化する。

物質が宇宙物理時間の流れにより崩壊方向に導かれ続ける事は前述した通りだ。

そして、生物とは、自らの中に宇宙物理時間の流れとは別の時間の流れを保持出来ている物質なのだから、

この宇宙の構造は、時間の流れ>物質>生物で、

生物論も物理論の一部なのである。

そして、この宇宙のベースにまで論理が届いているちゃんとした物理学は、

重力制御等の新たな技術を可能にする・・・が、

同時に時空爆弾等の製造も可能になるので、

多くの人類の精神構造がもっとマシになるまでは、封印だったりする・・・。

おバカと性悪はこの意味からも本当に大迷惑である。)

『そんな生物の一つであると推定される

(この広い宇宙の中には、地球の生命体以外にも生命体が無いと考える方が不自然だ)

「地球生物細胞群にとって」、

「特定の個体が子孫を造るか?否か?の問題より、

地球生物細胞群の構築度を上げ続けられるか?否か?こそが、

人類を含む全ての地球生物細胞群の存続にとっては、

現実的にとても重要な問題」なのだ。

この「現実的にとても重要な問題」を

「多くの人々が理解・把握する為の援助をする」のが「教育本来の役割」である。

「血統家族主義等の

特定の人々に不当なメリットを与える

現実離れした特定の思いに対するお墨付き心等」を

「多くの生徒たちの思いや心の中に芽生えさせる」のは、

「断じて、教育では無い」。

それは、

「教育の仮面を被った情報工作」である』。

『「教育の仮面を被った情報工作」で始まった

高校生物は、

その後、

「生物と環境の話し」や

「環境による生物多様性の話し」に進んだ。

それは、

「どちらも、上辺論だったが、実態論なので、特に害は無い情報」だった。

「覚えるのが好きな人は、それらの情報を覚えれば良いし、

覚えるのが好きではない人は、

それらの情報が必要になった時、

得られる方法を知っておけば良い」というレベルのお話しだった』。

『「教育で大切な事」は、

「自分の力で、者・物・事の本質を追求する、健康的な向学心を養う事や、

本質追求の結果得られた事実・現実を自分の思いより優先して受け入れられる現実把握力を養う事や、

事実・現実を多くの人々と共有する事が出来る精神状態を得る事等々」である。

「情報を与えるから、覚えなさい!」は「教育では無い、愚民化・去勢化・操り人形化」である。

「NHK教育を見て、どれ程の人々が、健康的な向学心を養えているのか???

どれ程の人々が、自分の思いより事実・現実を優先する事が出来る現実把握力を養えているのか???

どれ程の人々が、事実・現実と共にある状態に落ち着く事で、他の人々と事実・現実の共有が出来る精神状態になっているのか???」

「公共の電波の特定周波数独占使用権を持ち、

受信料の強制的徴収で事業を行っているNHK」なのだから、

「もっと、もっと、

教育の実効性に対する費用対効果や、

情報内容が与える影響等々についても、

ちゃんと考えながら、

番組制作を行うべき」である』。

|

与党が出来ない民主党菅政権・・・。

『言うまでも無く、「今の日本の国政は大変異常な状態にある」。何しろ、「与党である筈の民主党政権」は、「予算案」でも「税制改革案」でも「ロクな与党案が示せない」のだから!

この「与党の立場を得ても、ちゃんとした与党が出来ない政権政党」とは、

例えて言うなら、

「自ら進んで、

運転をさせてよ!と皆に訴え、

皆の内から多数派分の賛同を得、

車の運転席に付き、

運転手を任されているのに、

車の運転が出来ない状態と同様」で、

「明らかな異常事態」である。

通常その様な場合なら、「運転手交代」しか「解決の方法は無い」。

「民主党政権は一刻も早く終わらせるべき」である。

「先の総選挙時に、民主党に投票してしまった有権者の責任は本当に大きい」』。

『「民主党の支持母体である日教組等による学校教育」や

「韓流テレビ・マスコミ等」の「情報誘導」に

「心ならずも操られてしまった一般日本国民」というのが、

「先の総選挙時に民主党に投票してしまった多くの有権者の実態」なのだと推定される。

この意味からも、

今でも「日教組等の学校教育」や「韓流テレビ・マスコミ等の情報」に「知らず知らずの内に操られている人々は、要注意」なのだ。

また、「忘れてはならない事」は、

「ネットの世界」でも

「多くのそのスジの情報工作員が

意図的にそのスジが有利になる情報を

大量配信している事」だ。

「組織的情報工作活動」だから、

「日本のネット界には、

意外な程、

所謂左翼(=親朝鮮現状権力者・親在日外国人等々)の情報が多い」のである。

「組織的情報工作活動には、金銭面等のバックグランドが要る」。

「ネット情報工作員等の金銭面等でのバックグランドの源泉」は、

「そのスジの人脈による合法・非合法を含む集金活動等の成果」であるのが通例だ。

「政治と金の問題」は「ネット界にも在る」のである。

(因みに、

「当ブログ」は、

「個人レベルで何処からも何も貰っていない立場」だから、

「好き勝手な事が記せている」。

しかし、

「筆者は、

ブログ内容が気に入らないと推定される連中から、

電磁波工作による覗き/監視・傷害目的の邪魔等

や弱毒物や有害物質入り飲食物工作等々の

ストーカー的行為や、嫌がらせ等々を受けたりしている」。

「自らを現状権力者の飼い犬とする事で、

オコボレを頂戴しながら、

生計等を立てたり、

お小遣い稼ぎ等をしている様な連中は、

自らの{神様の通信簿}でも付けてみるべきである」。

「そうすれば、

誰にでも、

自分を、実質的悪を行っている現状権力者のシモベとし、

オコボレ頂戴ワンワン化する人生が、

自分の実体に対する背信行為であり、

本質的に生き恥の大失敗の人生である事が、

はっきりわかる筈」だ。

「工作員、皆で辞めれば怖く無い、

ばかりか、現状権力者の悪巧みが露呈して、

人間社会も健康化し易くなる」のだ。

「人類滅亡に一票を投じ続ける」も、

「地球生命体細胞群の存続~永続へ一票を投じる方に鞍替えする」も、

「誰もが、自らの意志で決定する権利を持っている」のである。)』

『「ちゃんとした与党が出来ない民主党政権は一刻も早く終わらせるべき」だ。

「心ある民主党議員」は「自ら党を離れ」「政界再編~解散総選挙を誘うべき」である。

「先の総選挙時に、

心ならずも民主党に一票を投じてしまった多くの有権者も、

政界再編~解散総選挙の圧力世論を高めるべき」だ。

「エジプトほどの状態になる必要は無いと思うが、

今の日本は、国政異常事態なのに、

一般日本国民が静か過ぎる。

(コレも、日教組等の学校教育や、韓流テレビ・マスコミ等による

一般日本国民平和ボケ・去勢化情報・教育の悪の成果だが)・・・」。

「少なくとも、政界再編~解散総選挙圧力世論蜂起くらいの

一般日本国民による

活気ある意思表示が起きる状態が

独立国としては当たり前」だろう。

「先の総選挙時に、

心ならずも民主党に一票を投じてしまった多くの有権者は、

今こそ、政界再編~解散総選挙圧力世論増勢等、

相応の責任の取り方をして頂きたい」と「切に願っている」。

「ちゃんとした与党が出来ない与党を頂き続けている時間は無駄」なのだ。

そして、「国政で時間の無駄使いが行われる事は、国の衰退に直結している」』。

|

多くの一般日本国民を守る事無き世界化は、在日外国人等、元々、国境を越えた人脈や利権構造を保持している者たちを優位にする為の実質的工作活動なのだ・・・。

『「何事でも、その事によってどの様な結果が得られるのか?」を考えると、「熱心にその事を進めようとしている人々の思惑や人脈等が露呈」する。

例えば、「韓流テレビは、韓流タレントや韓国料理等々を大宣伝している」が、

「その結果は、多くの一般日本人のお金がそれらの所に流れる状態を生み出している」。

「資本主義社会である現状日本」では、

「お金を持つ者たちがより有利になる」から、

「韓流人脈にお金を流す事」は、

「韓流人脈を有利にする事」と「同じ」なのだ。

「韓流人脈が有利になれば、

竹島は、韓国領扱いになり易くなり、

在日外国人の参政権も成立し易くなる」。

「その結果、益々、韓流人脈が有利になる」のである。

「韓流人脈有利の延長線上」には、

「日韓併合を日本の乗っ取り植民地化の開始と位置付けた」

「そのスジの人脈による悪の日本乗っ取り植民地化工作活動の実現さえ見え隠れ」している事が、

冷静に考えれば、「誰にでも解る筈」だ』。

・・・・・・・。

『「米国主導のTPP」は、「確かに、対中国共産党対策としては良く生きる」だろう。

「しかし、米国主導である事は、米国の社会状態同様、大株主や、大企業経営者や、大金持ちが圧倒的に有利になる社会にする事への近道でもある」のだ。

それは、「多くの血統相続等に恵まれなかった一般日本庶民が、

一発大逆転を夢見て、

権力者たちに嫌われていない自らの能力を最大限発揮し、

比べっこ原理により極一部の者だけが、

異常な大枚を得る事が出来る

●●ドリーム等に

現実逃避させられ続ける社会」である』。

・・・・・・・。

『「冷静に考えれば、世界化する前に、世界化の標準モデルの提唱が必需」だ。

「筆者たちは、

世界化の大前提は、

{本質追求原理主義に基づいた現実主義(詳細は他の記事をご参照ください)}である」

と考えている。

「比べっこ原理主義に基づいた世界化の実体」とは、

「現状で有利な

特定の国の

特定の極少数の人々に対する

他の多くの国の多くの人々までをも巻き込んだ

お墨付けゲーム」に他ならず、

「それは、同時に、{人類滅亡への特急券}でもある」のだ』。

・・・・・・・。

『「所謂左翼(=親朝鮮・親中国共産党・親在日外国人等々)は、

自分たちが有利になり易い世界化という工作の成功を願って」、

「情報・教育を悪用して、

多くの一般日本人を平和ボケ化・愚民化・操り人形化」して来た。

「現代の日本」は、「その様な実質的他国人脈による悪の工作から抜け出す時になっている」のだ。

「今こそ、未だ目覚めぬ多くの一般日本人たちが、目を覚ますべき時」である』。

『「良心的な在日外国人や帰化した方々」なら、

「必ず、今、現住している日本を第一優先で考えている筈」である。

「そうしなければ、日本での仕事も生活も困るのだから、当然」である。

「日本に現住していながら」、

「過剰な程に、日本<母国等という人々」には、

「相応の用心が必需」だ。

「それは、差別などでは無く、

現状人間社会が国単位の権力構造の下で動いている実態からも必要な

その国の民としての責務」である』。

|

電磁波工作兵器の技術の出所・・・。

『「朝鮮や中国等の民族・血統社会の人々の中には、未だに、是々非々判断より民族・血統優位判断をする時代遅れの人々が少なく無い」。

「それらの人々」にとっては、

例えば、

「民族・血統の為なら、他国の技術を盗んで流用」でも「正義」なのだ』。

『「筆者の部屋に対する電磁波レーダー&電磁波レーザーの技術水準が意外と高かった事」から、

「筆者は、以前から、その技術の出所が何処か?」不思議だった。

色々と調べてみると、

どうも、「韓国軍人脈、もしくは、仮面日本人の自衛隊人脈の

その手の技術を知り得る立場の人が

米軍の地上では使ってはいけない程高性能な電磁波レーダー技術を盗み取り、

それに、前々から開発していた電磁波レーザー銃を付けて、

お仲間に教え、

お仲間の下で、工作兵器を大量生産し、

日本国内でお仲間の暇人たち(●暴関係者や在日等で仕事にあり付き辛い人々)を利用して、

お仲間が有利になるように、

一般日本人の弱体化を謀っている様相」なのだ。

「実態」としては、「電磁波レーダー&電磁波レーザーのセット工作兵器」は、「持ち運び可能で、デイパック程度にまで小型化されている(但し、重さは相応にある)」。

「電磁波レーザーのみ(こちらは、相応にもっと小型)」を「車の前後に取り付けたり、手持ちバックに仕込んだりして、ターゲットを狙う工作」も「在る」。

「小型バッテリーもしくは充電式乾電池程度の電源使用の小型電磁波レーザー銃」の「威力」は、「手持ち用の場合は、相応に小さい」が、

例えば、「心臓や脳を何回も狙い撃ちすると、たまには、重大な傷害を引き起こせる」程度の威力はある。

「車バッテリー利用分の威力」は、「手持ち用よりずっと大きく」、

「数十メートル離れた位置からターゲットを狙い撃ちして、手持ち用で数メートル程度から狙い撃ちした場合と同等の威力が在る」』。

『「微量物質の解析が可能になったいる現在」、

「そのスジの日本人弱体化&日本乗っ取りの為の工作」は、

「飲食物に対する弱毒物や有害物の混入~継続摂取による半病人化・弱体化・死人化」に代わり、

「電磁波工作兵器使用へとその手法が世代交代している」のだ』。

『「筆者の周囲の部屋や建物等に、

警察等は、なかなか摘発に来ないが、

其処には、現行法では摘発困難かも知れないが、

他国人脈の工作活動的大犯罪が潜んでいる可能性大」である』。

|

さすが?韓流フジテレビ、「小沢被告」過剰擁護の訳・・・。

『「日本国民のお金を韓国人脈に流す為の宣伝に邁進している部分もある様な韓流テレビ」・・・。

その中で「保守仮面を被っている内実左翼(親朝鮮権力者・在日等)が、フジ」である』。

『本日は、「小沢氏が強制起訴され刑事被告人になった事」を受けて、

「各番組でご用達コメンテーター等がお手盛り論を一方的に大量配信」していた。

「とくダネ!」では、

「検察起訴と強制起訴の違いを強調し、

強制起訴では有罪に成り辛いばかりか、

小沢氏の場合は、有名人ご用達の有名弁護士弘中氏が付き、

尚且つ、小沢氏の側近の石川氏が、検察の再聴取に対して{ICレコーダーを内密に持ち込み}、検察による証言誘導があった旨を露呈させる実質的{工作}まで行って、

小沢サイドは無罪を勝ち取るべく、頑張っているのだから、

たぶん無罪になるだろう・・・とでも言いたげ」だった。

「しかも、それらの事に対するロクな反論も無し」である』。

『言うまでも無く、

「現状の捜査・摘発体制&現行法で有罪立証困難」と「無実」は「違う」。

「小沢氏の場合」は、「現状の捜査・摘発体制&現行法では有罪立証困難と推定されたので、

検察は起訴を見送った」。

しかし、「現状の捜査・摘発体制&現行法に馴染みが薄い一般市民感覚では、小沢氏の行っている事は限りなく黒に近く、起訴すべき」だった。

「上記の事態が示している事」は、

「現状の捜査・摘発体制&現行法」は「現代に対応出来る様に是正されるべき」という事である。

「民主党菅政権」が「政治と金の問題にけじめを付ける、金にはクリーンだ!」と言うのなら、

「与党国会議員なのだから、小沢氏の様なケースでもちゃんと摘発~起訴~有罪と出来る様に現行法を是正すべき」である。

「現行法の是正」と「小沢氏の議員辞職」が「セット」になれば、

「多くの一般日本国民」も「民主党菅政権の政治と金の問題に対する取り組みは本気だ」等と感じ、

「民主党菅政権の支持率も向上する」から、

例えば、「自・公・みんな・たちあがれ等」も

「民主党菅政権との連立に乗り易くなる」。

だから、「本気で政治と金の問題にけじめを付ける」のなら、

「政権運営上の問題」も「解決出来る可能性は大きい」のである。

逆に、「この様な状態」なのに、「小沢氏をお仲間として庇い続ける」様なら、

「民主党菅政権の実体」は

「政治と金にけじめを付ける仮面を被った

小沢氏の同類」という事になる』。

『「韓流フジテレビ」では、

「強制起訴を歪小化」する事と、

「小沢氏の無罪イメージ」を

「一方的に大量配信していた」。

「現状の捜査・摘発体制&現行法の不備の指摘すらしない、

特定人脈ご用達のテレビ局やテレビ番組等々に、

公共の電波の特定周波数の独占使用権を与え続ける必要など全く無い」』。

『「韓流フジテレビ」が「小沢被告を過剰擁護する裏」には、

「日本のお金を韓国人脈に流すのと同様」、

「小沢氏に大権を持たせ、民主党という大政党を悪用して、

小沢氏の独断的なリーダーシップの下、

日本の国会議員を一票マシン化して、

外国人参政権等の朝鮮権力者や中国共産党等が有利になる法律を通したい思惑」が在る』・・・。

|

小沢氏の強制起訴を受けたテレビ・マスコミ等の異常論調・・・。

『「強制起訴され刑事被告人となった与党民主党元幹事長の小沢氏」。「小沢氏の強制起訴を受けて、各テレビ・マスコミ等も騒がしい」』。

『「特に異常なのが、朝日(チョウニチと読むべきかも・・)」で、

まるで、「現行法で有罪にならなければ、何でも通すべきだ」とでも言いたげな論調だ。

ここで、

「現行法による有罪・無罪判定の本質とは、

どの様なもので、

どの様な問題点があるのか?」さえも考えられない人々とは、

正に「日教組等による自虐・去勢・操り人形化教育の犠牲者」である。

「現行法とは、

言うまでも無く、科学的水準に未だ達していない宗教(考え・思いによる納得)レベルの未熟な法であり、

司法関係者の実体は、ピラミッド構造に組織された宗教主導者(現行法や上級裁判所判決等に基づいた考え・思いに基づいた判断に大衆を従わせる者)たちである。

だから、

例えば、

・ピラミッド構造組織のトップで判断を下す僅かな数の人々を特定の人脈が押さえてしまえば、

特定の人脈にとって都合の良い有罪・無罪判定が可能になってしまう。

・科学レベルに達していない現行法の不備を国会議員等が意図的に直さなければ、

現代基準では甘過ぎる法体系の下で、特定の人々が法律を理由に大衆を従わせる事が出来てしまう。

・・・等々の{重大な問題}を常に抱えているのだ。

この{重大な問題}に対する{是正勧告の一つ}が

検察が起訴を諦めた者・物・事に対する一般市民による強制起訴で

それは、

{既に現行法に毒されている場合が多い現行法の専門家では無い一般市民による尊重されるべき判断}である。

その{尊重させるべき判断}を{現行法上では有罪にする事が困難だろうから・・・}と

{異常な程、歪小化している}のが、

朝日等の論調の実体である』。

『また、

「多くのテレビ・マスコミ等では、

民主党菅政権の政権運営上の問題から、

民主党菅政権は、小沢氏に対しての処分が出来ないであろう旨

大宣伝している」。

「民主党菅政権が、小沢氏という民主党の一仲間を多くの一般日本国民より優先するのなら、

そんな政権に日本の国政を続けさせてはいけない」のである。

それなのに、

「所謂韓流テレビ・マスコミ等では、

小沢氏が無罪判決を勝ち取れそうなイメージや、

政権運営上の問題等々を一方的に大量配信し、

民主党菅政権が小沢氏の処分を行い辛くするプレッシャーを与えている」。

「その実体」は、

まるで、

「小沢氏に大権を与え続け、

小沢氏の強烈なリーダーシップの下で、

民団(在日外国人の団体)と小沢氏が約束した外国人参政権等の

普通の国会議員が普通の手段を用いたのでは通らない法律等を成立させる為の援護をしている

(他国・・・主として朝鮮・・・系人脈の)情報工作機関」である』。

『「ごちゃ混ぜ大政党」である「民主党」は「割れるべき」だ。

「元々、竹島を不当占拠したり、拉致を含む数々の工作活動を日本国内で行っている朝鮮権力者系の議員」と、

「一般日本国民の為の国政を行おうとしている日本の国会議員」とが、

「同じ党で居られ続ける訳が無い」。

「割れるのを恐れているのは、当然人数面では少ない朝鮮権力者系の者たち」で、

「その連中の策略は、大政党を作り、大政党の権力を掌握する事で、日本の国会議員を一票マシン化して、自分たちの思惑を通す事」なのである。

「菅政権が日本の為の政権」なら「小沢氏の処分をためらってはいけない」。

「小沢氏の処分で、その意向を示し」、

「日本の為の国会議員が集合して大政党化すれば良いだけ」である』。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »