« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

福島第一原発、放射線問題・・・。

『「収拾処理には、長い時間がかかる・・・」や「{基準値以上}の放射線の{観測}」を「強調している韓流テレビ・マスコミ等」・・・。

「実は、収拾処理時間の問題と、対放射線対策は、裏表の関係」なのだ。

だから、

「韓流テレビ・マスコミ等による情報流布」には、

「多くの人々の心の中に放射線に対する恐怖心や嫌悪感を増大させ」、

「過剰な対放射線対策を行わせる事により、

収拾時間を出来るだけ長くする為の情報工作」的

「実体が在る」のである』。

『「放射線問題」を「普通に考えてみよう」。

「天気の移り変わりは、西から東へであり、

台風等の例を見れば明らかな様に、高気圧や低気圧の空気は渦を巻き対流しながら、移動している」のだから、

「福島第一原発から漏れてしまっている微細な放射能物質が行き渡る範囲」は、

「東側に大きく(東側は幸いな事に、放射能物質が薄められ易い大海だ)、西側に小さい」。

「食べても大丈夫なほうれん草」や「乳児なら気にした方がいいかも?の水道水」の

「放射線が観測」された

「群馬の東端や東京の東端くらい」が、

「対流分の実質的な西限」と推定される。

そして、「放射線のレベル自体」は、「福島第一原発の周辺以外」では、

「問題のあるレベルでは無い」。

「そもそも、

広島・長崎に原爆が落とされた現実や、

東西冷戦時の日本の西側にある中国やソ連の核実験により、

日本には、大量の放射能物質が在る」から、

「放射線自体は、観測すれば、それこそ何処でも出る」。

「その中の特に強いものを探せば、

異常な程、厳しい、暫定基準値を超える数値など、

見出す事は、そんなに困難な事では無いだろう」。

「中国からやって来ている黄砂」の事を考えれば、

「天気の流れが如何に、東側に物を運び易いのか」が「良く解り」、

「それは、同時に、西側に物が運ばれ難い事でもある」のは、

「少し考えれば、誰でも解る」』。

『「日本人のガンの発生率が高い一因」は、

「広島・長崎の原爆」と「中国やソ連の核実験」である「可能性も大」なのだ。

「それらは、同時に、本来なら、気にすべき放射能物質であり、

テレビ・マスコミ等で、大々的に注意喚起等が行われていて当然の情報」なのだが、

「韓流テレビ・マスコミ等」では、

「上辺だけは、民主化されている韓国をダシに、

中国共産党的な政治体系の実現を画策している様相さえある」ので、

「日教組等による日韓併合~戦後まで等の歴史教育同様、

少し前の、中国やソ連からの核実験放射能物質問題は、ロクに言わず実質的に隠蔽・・・」で、

「今の、日本の被災原発からの微量放射能物質の問題は、

反日教育の如く、大々的に宣伝」なのだ』。

『「被災した福島第一原発」は、

「過剰な対放射線防御などを行わず」に、

「一刻も早い収拾を行う」のが、

「正当な道」である』。

・・・・・・・。

『オマケに、

「民主党菅政権の民主党枝野官房長官」は、

「正義ぶって」、

「1~4号機だけでは無く、5,6号機も廃炉にすべき」旨を述べていたが、

それは、同時に、

実質的には、

「一日も早い復興や日本経済」の「邪魔をする発言」でもある。

「当面は、地震・津波対策をちゃんと行って、使える5,6号機は使い続ける」のが、

「正当な道」だ。

「同時に、可能なら新たな原発も造るべき」である』。

・・・・・・・。

『「お考え頂きたい」。

「韓流テレビ・マスコミ等の論」と

「当ブログの様な普通の日本人の論」の

「どちらが、日本の為になるのか?」を!』

|

大震災直後のチェーンメール問題・・・。

『「大震災直後のチェーンメール問題の本質」は「意図的に通信環境に多大な負荷をかけ、その悪の効果次第で、

通信困難~通信障害~通信環境がダウン等の

悪の成果を得る事を目的とした情報工作活動」である。

(以前から、ネット界等には、そのスジの情報工作員がゴマンといる事は、良く知られている)』。

『「ところが、未だに、{原発は危ないぞ!の宣伝}を続け、

自衛隊や米軍等の活躍はほとんど伝えようとしていない

韓流テレビ」では、

「震災直後のチェーンメールの形式だけの追跡調査まで行いながら、

本質は、ロクに語らず、

結果として、チェーンメールの宣伝の様」な「情報配信を行っていた」。

「上辺」では、「善意を語り混乱を招くのは良くない」旨や、「偽計業務妨害になる」旨を述べていたが、

「本質論が希薄だった」ので、

「内実」は、

「善意を語り混乱を招く悪の情報工作活動を行って摘発されたところで、

偽計業務妨害程度の罪にしかならない・・・」旨を、

「情報工作員に伝えている様なもの」だ』。

『「日本の本来のテレビなら、通信妨害~破壊工作がその目的である旨をちゃんと述べ、

スパイ工作活動防止法等の必要性を訴えるべき」だが、

「何しろ、韓流テレビ・・・」である』。

『「日本の大手テレビ・マスコミ等の多くは、その人脈をちゃんとした日本の人脈と総入れ替えされるべき」である』。

|

東北・関東大震災、報道問題・・・。

『「東北・関東大震災について、報道は、本来、どの様に行われて来ているべきだろうか?」「また、どうして、本来行われるべき報道が行われていないのか?」

「その裏に、現状日本社会の病根が露呈している」』。

『「本来あるべき報道」とは、

「大震災直後~3日目くらいまで」は、

「大被災状況と

大被災を受けたところを特定する情報と、

救助・非難情報等が主であるべき」だ。

ところが、「多くの日本のテレビ・マスコミ等では、大被災状況の大宣伝を重点的に行った」。

「その結果どうなったのか?」

「東北での大地震という事が多くの人々の頭に刷り込まれ」、

「大被災を受けたのは主として臨海地域であるのにも係わらず、

東北=米どころというショートした思考に操られてしまった人々が、

米を買いあさってしまった」。

「それは、明らかに、不当な情報流布による害」である。

「大被災状況をちゃんと伝えると共に、大被災が及んでしまっている境界線をちゃんと伝えていた」なら、

「多くの人々による米の買占めは起きていない筈」だ』。

『「大震災3日後~一週間後」くらいまでの「正当な情報配信」とは、

「救助・非難情報が主」である。

「ところが、多くのテレビ・マスコミ等では、その頃になっても、ずっと、大被災状況の大宣伝が主で、避難情報が付け足されている程度」だった。

「本来なら、大宣伝されている筈の、救助情報は、何故抜けたのか?」

「実は、ここでも、現状日本社会の病根が露呈している」。

「実際の救助は、主として、自衛隊等が行い、それに、他の国々からの救助隊等が加わって行われている」。

「韓流テレビ・マスコミ等では、大宣伝された韓国や中国からの小さな規模の救助隊も加わっているし、

韓流テレビ・マスコミ等では、意図的に隠蔽している米国や台湾等韓国・中国以外の国々からの韓国・中国の救助隊より大きな規模の救助隊も加わっている」。

「救助の実態を伝えれば、当然、自衛隊の活躍が目立ち、

ついで、普通なら、米国等、規模の大きな救助隊が続く事になる」。

「ところが、日本の所謂左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権やテレビ・マスコミ等の価値観」では、

「自衛隊や米国や台湾は、悪」で、

「朝鮮の現状権力者や中国共産党が、善」である。

「韓国や中国の小さな善を大宣伝して、

あたかも、現状権力者が実効支配している韓・中こそが、

正義の国家である・・・との実体離れした嘘を大衆心理に植え付けたがり、

悪扱いの自衛隊や米国や台湾等による大活躍等は、

絶対に宣伝したくないのが、韓流テレビ・マスコミ等の価値観」なのだ。

つまり、「韓流テレビ・マスコミ等は、韓国の現状権力者や、中国共産党のご都合情報を、

日本で大規模にばら撒いている」のである』。

『「その害」は、「歴史教育にも及んでいる」。

「日教組等の教職員組み合いも、その元の教育での優等生である文科省等の官僚の一部も、

実体は、左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)である」。

「日本では、歴史上の現実通りの教育が封印」され、

「中・韓では、権力者の意向が、歴史上の現実だと教えられている」。

「日本の情報・教育」は、「朝鮮現状権力者や中国共産党等に、実効支配されてしまっている様な状態」なのだ』。

『「そんな左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)連中が、悪としているもう一つの物が、原発」だ。

「左翼連中(親朝鮮現状権力者・親中国共産党左翼)」が

「原発を悪としている」のには、

「相応に訳がある」。

「原発の技術を保持出来ている事=何時でも核兵器を作れる事」だから、

「中国共産党にしてみれば、

日本が何時でも核兵器を作れる事

=自分たちが苦労して保持している核兵器の価値を

その分だけ損ねている事」なのだ。

「どんな手段を使っても、出来る限り、日本<中国共産党の状態を作りたい連中」にとっては、

「日本の原発=目の上のタンコブ」なのである』。

『「上記の様な理由の結果」、

「一人でも多くの一般日本国民を、原発嫌いにするべく、

情報工作活動等が、続けられて来ている」』。

『「教育・情報を左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)人脈が抑えた事」により、

「戦後の日本社会は、大いに歪められ」、

「多くの一般日本国民は、本来の生活を大いに歪められている」。

「左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)連中」の

「悪の工作活動の成果の例」を挙げれば、

「多くの一般日本国民の平和ボケ・去勢化・操り人形化等」である。

「その結果」として、

「~小泉~民主~(韓流テレビ等ご推奨地方首長)~」という

「大衆誘導政治」による「政権樹立」が可能になってしまって来ている。

「そして、その結果、実際の日本社会は、どう変わったのか?」

「多くの一般日本国民が一般日本国民であったが故に保持していた実質的な小さな利権の多くは崩壊させられ、

格差が広がり、

ソフトバンクや、ロッテ等の韓流人脈の臭いが濃い大企業は↑、

多くの日本の大企業は↓、

新大久保等、韓流人脈が濃いところの商店街は、大繁栄、

多くの一般の日本の商店街は、シャッター通り」である。

「村山談話」や「菅談話」等の

「朝鮮現状権力者や中国共産党の嘘の歴史観にお墨付きを与える補助となる総理談話」までも生んでしまって来ている』。

『「既に、大震災後10日以上過ぎた」。

「本来なら、大被災地以外では、既に、相応に、日常が回復されていて当然」だ。

「ところが、

韓流テレビ・マスコミ等は、

普通に考えれば、何日か前より、状態が悪くなっている訳も無い、原発や放射線等の問題で、

未だに大不安を煽り、

政府・東電は、

計画出来ない計画停電等で、

日本社会を乱し、復興を遅らせる悪の策略を続けてしまっている」。

「韓流テレビのコマーシャルでは、

頑張れ日本と言いながら、

{復興には長い月日がかかるかも知れない・・・}と、

{暗に、

不手際や策略故に長くなるかも知れない復興に対し、

人々のお墨付き心を養っておく為の

実質的な情報工作}まで行っている」。

「本来なら、

{一日も早い復興の為に、

それぞれが自分の立場で出来る事

(一色社会より多色共存社会の方が、

実際のエネルギーは大きくなるから、

復興も早くなるのだから)

を、

頑張ろう!}で良いのである」』。

『「今、一般日本国民は問われているのだ」。

「歴史上の現実より権力者の意向を優先している中国共産党や朝鮮現状権力者の下で支配される暮らしを選ぶのか?」

「歴史にしても、他の者・物・事にしても、現実主義で生きる社会を選ぶのか?」

「一人一人の現実を決める判断は非常に重要である」』。

|

関東・東北大震災の裏では、日本の足を引っ張る為に、秘密結社が頑張っている・・・。

『「日本には、スパイ・工作活動防止法等の十分な法体制&取り締まり体制が無い」。

「その結果、現状の日本社会は、正に、スパイ天国&秘密結社天国的な様相を示している」。

「もちろん、それらのスパイや秘密結社の多くは、日本の為では無く、日本以外の国の為に組織され、動いている」のだ』。

『「操り人形的手段で、秘密結社の工作要員にされてしまっている日本国民の数も少なく無い」。

「善悪判断をそのスジにとって有利にするダケで、多くの人々は、そのスジの意向に沿って動いてしまう」。

「つまり、情報による支配・コントロール」こそが、

「秘密結社幹部の下で、一般人を現場工作員として使う悪の手段」なのだ。

「例えば、

日韓併合の実態を知らない状態に人々を封じ込め、

日本による植民地支配論等の嘘論を刷り込めば、

多くの一般日本国民が、韓国に対する土下座外交等を容認してしまう」。

「独立国の国民として、実態を知らずに、嘘情報を鵜呑みにして、土下座外交等にお墨付きを与えてしまう様な状態」とは、

「正に、現場工作員の心理状態」なのだ』。

『「そのベースの心理状態」に

「儒教という宗教の思想や、

強制連行や従軍慰安婦等の朝鮮可哀そう論、

日本悪魔論等の

上乗するコントロール情報を加える」と、

「容易に暴力的な行為まで厭わない現場工作員が出来上がる」。

「例えば、

飲食物工作や電磁波工作等を

悪い日本人(実際は、世代交代しているのだが、儒教精神等を刷り込まれていると、おじいさんが悪なら、何の関係も無い孫まで悪・・・なのだ。)を懲らしめる為の正義等と勘違いさせられ、

それらの悪工作の実践に手を貸してしまっている人々も少なからず居る」』。

『「秘密結社の実態」は、

「上辺」は、

「宗教団体(当然の如く、新興宗教である場合が多い)」だったり、

「趣味サークル」だったり、

「NPO」だったり、

「普通の企業」だったり、

しながら、

「その中で秘密結社員ダケが集合し、

情報共有や連絡や指令の出し・受け等を行っている」のだ。

「この意味からも、宗教法人やNPO等の悪戯な優遇は、

実質的に、秘密結社等に対する資金・立場等の利益誘導の様なものになる」から、

「絶対に行い続けるべきでは無い」』。

『「日本社会」では、「当たり前に進むべき事」が「当たり前に進まない事」が「しばしばある」。

「今回の震災後の対応もそう」だが、

「その裏では、必ずと言って良い程、秘密結社等の良からぬ動きが在る」。

「例えば、悪戯に不安を煽る情報等」なども、「その一例」だろう。

「個人レベルの発信である当ブログ等」と、

「政府や韓流テレビ・マスコミ等の論調」を

「比べれば」、

「実際は、どちらが、より、実際の回復や復興の役に立つのか?も明らか」だろう。

「一般日本国民が個人レベルで簡単に考え出せている物事」を、

「立場のある政府やテレビ・マスコミ等の仕事を行っている所謂優等生が考え出せない訳も無い」。

つまり、「意図的な情報操作をしている訳」である。

そして、「その様な意図的な情報操作さえ、

容易に、容認させられてしまう程、

多くの一般日本国民が、

日教組等による学校教育や、

韓流テレビ・マスコミ等による日頃からの情報操作&大衆誘導等により、

操り人形化させられてしまっている」のである』。

『「普通の独立国」なら、

「現状の民主党政権の様な政権や韓流テレビ・マスコミ等など、

あっと言う間に、

消滅させられている」。

「韓流テレビ・マスコミ等による情報操作&大衆誘導で、

衆議院で余りにも過剰な議席まで与えてしまった民主党政権まで誕生させてしまっている日本社会の病根は深い」』。

『「誰もが、知らず知らずの内に、実質的に、秘密結社の実働員化させられ、

知らず知らずの内に、日本人なのに反日行為をさせられてしまわない様に、

十二分にご用心!!!」

「万一、現状の自分が、その様な状態だったなら、

一刻も早く操り人形状態から抜け出す事だ」。

「真実を知る事」は「良い薬になる」』。

|

幽霊と福島第一原発の放射線・・・。

『「人間には、解らない者・物・事をいけない者・物・事として、用心して処理する、自己防衛本能」が「在る」。

「古の時代の丸ごと一人の幽霊等もその一例」で、

「幽霊の正体見たり枯れ折花」とは「現実把握が不要な恐怖心を取り去った話し」である。

もちろん、

「現代人なら、人の誕生・死が細胞ごとである事は十分に理解・把握している」から、

「丸ごと一人の幽霊という妄想を抱いていない」ので、

「暗いところにある枯れ折花等は、最初から枯れ折花等だろうと思って見る」。

「当然、不要な恐怖心は無用」である』。

『「福島第一原発の放射線問題」では、

「古の人々の丸ごと一人の幽霊と同様の問題が露呈している」。

「現場周辺の放射線の問題」は、「放射線の問題」だが、

「離れたところの放射線の問題や、微細微量放射能物質の問題」は、

「健康問題の一部」に他ならない。

多くの人々が、「健康問題の一部」を「幽霊の如く、過剰に恐れている」裏には、

「韓流テレビ・マスコミ等による不当な情報流布」が「在る」』。

『「古の時代の日本のお金持ち」には、「ワザと幽霊の絵の掛け軸をかけて、客人を驚かして、遊んでいたりした人々」も「居た」。

「当然、幽霊の絵の掛け軸をかける方は、絵だとわかっているから、怖く無い」。

「熱湯風呂に入れられれば、人は死んでしまう」が、

「普通に熱い風呂」くらいでは、「人は死なず、かえって気持ち良く感じる人も少なからずいるくらい」だ。

「放射線・放射性物質の問題」も「同様」で、

「一歳未満の乳幼児には、お奨め出来ない熱い風呂」の話しを聞いて、

「大人までもが、産湯に浸かりたがる様」では、

「本当に情けない」。

「そんな様子を見て、幽霊の掛け軸を仕掛けた方は、笑っている可能性も大である」。

「何しろ、韓流テレビ・マスコミ等は、少なくとも上辺の学歴等は優等生ぞろい・・・なのだから」。

「性悪どもの、性悪遊びの駒にさせられてしまっている哀れな子羊たちが、

目覚める時は何時?」』

|

テレ朝、スーパーモーニングの情報誘導ぶり・・・。

『「福島第一原発現場勇士が足元で被爆した問題」と「水道水放射線問題」を「十分に切り離さず情報提供していた」テレ朝、スーパーモーニング・・・。

「少なくとも、足元の装備は不十分だった現場勇士の問題」の「結論」としては、

「十分な備えを!」は「適切」だが、

「水道水放射線問題」の「結論」としては、

「十分な備えを!では無く、

過剰な心配はせず、冷静に現実的に対応を!」が「適切」だ。

「元々の状態も、結論も、全く違う問題」を、

「十分な切り離しを行わずに伝えれば」、

「不安を感じたり誤解を生じている視聴者も多くなり易い」。

「正に、情報工作の様相」だ』。

『「実質的、情報工作を行い、多くの人々を在らぬ方向へ導いてしまっている者に相応しいのは、

立場から退ける等の罰や罰金」であり、

「一般庶民より遥かに多い高額な報酬

(因みに、テレ朝社員の平均年収は1千万円超え、

ご都合コメンテーター等の場合は、年収三千万円超えである場合が多い)

では無い」』。

・・・・・・・。

『「悪質なテレビ人脈は、良質な者たちに、入れ替えられるべき」である』。

|

民主党政権の子ども手当ての成果で、首都圏では一歳未満の乳児が急増???・・・。

『「ある時(昨日・今日)のあるところ(東京等)の水道水から、{微弱な放射性物質}の存在が{観測されただけ}」なのに、

「韓流テレビ・マスコミ流の不安増大情報流布の手にかかると、

多くの人々が本来なら、不要な買占めに走り、

その結果が、タイトルの様な皮肉を言いたくなる程の事態」だ・・・。

オマケに、

実質的には、「そんな事態を引き起こしたもう一方の主役でもある」のに、

「政府」が「偉そうに、政治主導を気取り」、

「店頭から消え果ている所も少なく無い、ペットボトル入り飲料水の増産を指導・要請」とは、

「日本国が、所謂西側社会から、旧社会共産圏の国にでも変えられてしまったような様相」でさえある。

言うまでも無く、

「西側社会では、

需要が在れば、

企業は、政府からの指導・要請など無くても、

率先して、需要のある製品を増産・生産」する』。

『「微弱な放射性物質や放射線」は、「観測すれば、それこそ何処ででも見つけ出せる」。

「日本の暫定規制値」は

「原発や放射能に対して過剰な嫌悪感を抱かせる為に、意図的に低く設定されている様なところさえある」。

「微細な、

半減期が10日にも満たない(放射性ヨウ素の場合)、

元の放射線レベルが乳児なら気にした方がいいかも・・・程度の放射性物質を、

特定の時間、特定のところの水の中を、一生懸命探したら、

検出出来た・・・くらい」で、

「少なくとも年齢は大人の人々が、

本来なら不要なペットボトル入りの水を求めて、

右往左往させられている事態」は、

「明らかに異常」である』。

『「放射線問題」で言うなら、

「福島第一原発の現場で復旧作業をされている方々や、

福島第一原発の近隣の方々の問題」と、

「ある程度以上離れたところでの問題」は「全く別レベル」である。

「前者は気にしなければならないレベル」であり、

「後者は気にする事の無いレベル」である。

「ある程度以上離れたところでの放射線問題」は、

「福島第一原発被災ゆえの放射線を気にするより、

他の不健康な物事や危ない物事を気にするのが当然・・・というレベルの話し」に他ならない。

「放射性セシウムの半減期が30年だと不安を煽っている番組もある様」だが、

「体内に入ると筋肉部分に持っていかれ、普通に代謝する、離れたところレベルの微弱な微細放射線セシウムの、実害は無い」。

更に言えば、「離れたところレベルの微弱な微細放射性ヨウ素の害にしても、心配理論の基本となっているのは、ヨウ素をあまり食さないが故に簡単に甲状腺に蓄積してしまった欧米人のデータであり、

普通に、ノリやワカメや昆布等を日常的に食べ、身体内に通常ヨウ素が十分に在る人の場合の害は、

通常ヨウ素が少ないが故に、一気に放射性ヨウ素が蓄積され易い欧米人に対する害より、

圧倒的に少ない筈(実証データは未だ出ていないが、科学的には、容易にそう推論される)だ。

普通のヨウ素が十分に在る人にとっての離れたところレベルの微弱な微細放射性ヨウ素は、

離れたところレベルの微弱な微細放射性セシウム同様、

甲状腺が大きな害を受けるほどは大量に蓄積せず、

通常ヨウ素と同様に、通常の代謝サイクルで、問題無く処理される可能性大であり、

オマケに、半減期が10日にも満たないのだ」。

「韓流テレビ・マスコミ等では、

気にしなければならない現場&近隣の情報と、

気にする必要の無い離れたところの情報の

区切りが曖昧で、

扱いも同様だから、

多くの人々が誤解する」のだ。

本来なら、「現場・近隣は、現場・近隣の頑張りや大変さに主眼を置き、実際に検出されている放射線レベルの問題を科学的に添えるべき」であり、

「離れたところは、時間を大きく割かず大問題化しない」のが、

「当たり前」だ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等で不安を増大させ、

ペットボトル入り水の買占め現象を起こさせ」、

「政府が得意気に増産を指導・・・」の

「実態」は、

「韓流テレビ・マスコミと民主党政権政府」で、

「多くの一般日本人を支配・コントロールしている事」である。

「今回の不安増大情報で、色々なモノを買いあさっている様な人々の多くは、

韓流テレビ・マスコミ等が、~小泉~自民ダメ~民主~韓流テレビ上がり地方首長・・・と操れば、

その通りに投票して来てしまっている操り人形化されてしまっている人々なのでは」・・・。

「一般日本人なら、そんな自虐操り人形状態から、一刻も早く自分を救い出すべき」である。

「現状」では、「韓流テレビ・マスコミ等による大衆誘導投票の結果」、

「多くの一般日本国民の上に、民主党政権政府と韓流テレビ・マスコミ等が在る状態」なのだ。

「まるで、中国共産党政権下の中国の様」・・・であり、

「それは、同時に多くの一般日本国民にとって非常に自虐的な事」である』。

『オマケに、

「多くの一般日本人を支配・コントロールして、

日本社会をあらぬ方向に導き、実質的に国力を削ぐ事で、

漁夫の利を得るのは、

多くの産業等が日本とダブっている

(元々は、日本の技術等である産業も多いのだから、ある意味当然だ。)

近隣国、

韓国」なのだ』。

『「中国共産党と同様の政治手法で、日本を犠牲にして韓国のメリットを増大させる政治を行っている政権」や、

「実質的に、日本を犠牲にして韓国のメリットを増大させる様に、情報配信を行っている大手テレビ・マスコミ等」など

「日本には要らない」』。

『「日本の政権と、テレビ・マスコミ等の多くは、直ちに、人脈を入れ替えるべき」である』。

(この記事もツボにヒットしている様で、悪どもの電磁波工作の度合いが増した。)

|

計画停電細分化の前に・・・。

『「計画停電実行地域で暮らしている筆者たちの実感」では、「計画停電を行う」なら「もっと、止まるのか?否か?はハッキリさせ、区域を小さく、時間も短く、一部を除く23区の特別扱いは止めて!」である。

「止まるのか?否か?が解らない事」は、「仕事上決定した計画が立てられない事」でもある。

「その場対応が出来る店や仕事等が有利になり、その場対応が出来ない店や仕事等が不利になる事」でもある。

「仕事をしている人々の間に、不公平感や不信感を増大させる為の工作活動では無いのなら、

即刻、止めるべき」だ。

「区域の問題」は、「歩行や自転車で移動出来る隣町が、計画停電対象時間外なら、実生活上、しのぎ用がある」ので、

「その程度まで小さく」。

「時間の問題」は、「3時間は、明らかに長過ぎ」。

「出来るなら、1時間程度にすれば、実生活への影響は相応に軽微で済む」。

「23区の特別扱いについて」は、「計画停電当初から言っている」。

「不公平感を持たせ、日本人同士の間に不信感を漂わせる・・・」のは、

「他国人脈による工作活動なら解るが、まともな日本人の仕事では無い」。

「23区特別扱いなら、最初から、計画停電地域の電気料金優遇処置等を公言すべき」であり、

「23区を特別扱いしないで済むのなら、最初からそうすべき」だ。

「東電・政府には、善処を求める」』。

|

「長く・・・」を強調した枝野の会見・・・。

『「福島第一原発の被災~微細放射性物質漏れが原因で、基準値以上の放射線量が観測された福島等の一部野菜類」について、

「食べても大丈夫だが、{長期}汚染が予想されるので・・・」の旨述べていた枝野官房長官』・・・。

『「政府要人」として言うなら、

「現状でも食べても大丈夫な範囲、

将来的には、一刻も早く、地元の農家の方々が被災以前の普通の状態で仕事が出来る様にする・・・」が「正当」であり、

「地元農家を落胆させ、

多くの一般日本人を不安にさせる情報流布」は、

「明らかに不当」である』。

・・・・・・・。

『「実質的、日本破壊・衰退工作に忙しい政府の要人など要らない」。

「民主党は、直ちに、政権の座から退くべき」である。

「例え、

無政府でも、

普通の日本人の自主性に任せた方が、

民主党政権や韓流テレビ・マスコミ等が

上から横から邪魔している状態より、

ずっと回復も早い筈」だ』。

|

プロ野球開催問題・・・。

『「現実把握と日常回復の問題から考えれば、プロ野球開催問題」の「合理的解決ライン」も見えて来る。

「プロ野球開催問題」には、「二つの側面」がある。

「東北・関東大震災という大災害の問題」と、

「大震災が原因の計画停電の問題」だ』。

『「大災害の問題」では、

「大災害からの復興の実態」とは「日常回復」だから、

「いち早く、日常回復が可能」な「プロ野球」は「今回の大被災から遠かった事になる」。

「そして、プロ野球のお客様の多くは、大被災から遠かった人々」になるのだろう。

「大被災から遠かった人々にとって、

先ず、重要なのは、

同じ日本で起きた大被災を自分に認めさせる事」だ。

多くの人々は、

「韓流テレビ・マスコミ等による大宣伝」等により、

「過剰なまでに、大被災地や被災原発情報漬けになって来ている」から、

「大震災から10日以上も経った現状では、

大被災を自分に認めさせられていない、大被災から遠かった人々」は、

「数少ない」だろう。

「実質的には、{その先に進めない心理}を重く抱き占めさせられてしまっている状態の人々」が数多い・・・。

「そんな心理状態を持つ人々が少なからずいる状態」で、

「プロ野球を開催しても、好感を持って受け入れられる人々の数は、そんなに多くない」だろう。

「プロ野球開催問題」と「韓流テレビ・マスコミ等による情報流布や政府の対応等」は、

「裏表の関係」なのである。

「大被災地ではないところの人々の心」が、

「次に進める状態」になれば、

「プロ野球等の開催も歓迎」され、

「開催されたプロ野球等での義援金集め等も可能になる」のだから、

「政府も韓流テレビ・マスコミ等も、もっと、正当な情報流布をするべき」である』。

『「計画停電の問題ではどうか?」

こちらは、

「電力不足」の「本質」とは、

「電力使用量がその時の発電可能な電力のピークを超えてしまう事」という

「現実から考えるべき」である。

つまり、「ナイター開催等」が、

「発電可能電力未満の領域に収まる」のなら、

「ナイターを悪戯に責める事に正当性が無い」。

「寒い時期は、電力使用暖房の為、夜の電力使用量が上がる」。

だから、「寒い時期のナイターは避けるべき」だろう。

「それ以外の時」も、

「電力供給能力回復前」は、

「その時期の電力使用量のピークを基に判断しながら、開催か?否か?を決めるべき」である』。

『「プロ野球の開催を悪玉扱い」して、

「上辺では、正義ぶっていた、民主党の要人たち」も居たが、

「そんな連中の大震災や大震災に伴う災害への対応を見れば、

それらの人々が、日本にとって、正義か?悪か?」も明らかだろう。

「日本の一刻も早い復興の為」なら、

「大被災地では無いところでの、過剰な萎縮は禁物」である。

「大被災地の状態に直接の大被災者でも無い者たちが、

協調し、悲壮感を抱き占め、萎縮した生活や経済活動を行う」より、

「出来る限りの日常維持をし、

実効のある節電と義援金を行う方が、

実際の被災地の一日も早い復興には有効」なのである。

「現実的に復興を遅らせない為」にも、

「日常回復が出来るところは、率先して日常回復するべき」なのだ』。

|

危機管理・・・。

『「東北・関東大震災」で「明らかになっている危機管理の問題」・・・。

「危機{管理}という言葉からも、明らかな様に、

{管理する}為には、

{先ず、現実把握}である」。

「そして、当ての無い管理では仕方無い」から、

「管理目標を認識する事も重要」だ。

「今回の震災で言うなら、{可能な限りの日常回復が現実的な管理目標}になる」。

「要するに、今回の様な被災時の危機管理」とは、

「壊された現実を正確に把握」し、

「出来るだけ早く、可能な限りの日常を回復する事」なのである。

「破壊された現実を正確に把握」し、

「日常」との「間」を

「可能な限り、

現実的に埋める事」が

「危機管理の実態になる」』。

『「先ずは、それを自分に当てはめよう」。

「身体・心・財産等々」。

「それぞれの実状で、必要な物事は違う」が、

「共通している」のは、

「現実をありのままに自分に認めさせる事」が

「スタートになる事」だ。

「心の問題」で言うなら、

「人の心は、現実と共にある状態になれる事で初めて落ち着ける」のである』。

『「後は、管理目標である可能な限りの日常回復」との「間」を、

「現実的に生めて行けば良い」』。

『「今回の大災害は、基本的に天災」なのだから

「基本的に、被災者に責任は無い」。

「責任の無い事の補償は、自分で行う必要も無い」。

「被災者が、

国や、被災を免れた他の人々からの援助を受ける事等に、

抵抗感を持つは必要は無い」』。

『「幸いにも直接大きな被害を受けなかった人々にとって、最初の問題」は、

「想像を超えた大災害に対する心の問題」だ。

「被災者と同様・・・の、同情心や共感心を持つ事」は、

「最初に、自分に大災害を認めさせる為には、ある程度は必要な場合もある」が、

「自分に大災害を認めさせる事が出来た後の状態」なら、

「その先に進む事への心理的邪魔になる」。

「個人差のある問題」だが、

「出来る限り早く、自分に現実を認めさせ、自分を事実・現実の地平面に立たせる事」が「重要」なのだ。

それは、「それぞれの人が、それぞれの立場で出来る実効のある復興支援等のベース」になる』。

『「ベースを持ち、目標が解っていれば、判断も容易になる」』。

|

韓流テレビの不安増大&日常復帰妨害情報工作・・・。

『「上辺では、落ち着いて・・・」等と「優等生ぶりながら」、「内実」は「不安増大&日常復帰妨害になる様な情報」を「大量配信している韓流テレビ・マスコミ等」・・・。

「多くの日本人を不安漬け」にし、

「日本の日常復帰というを遅らせる事」で、

「メリットを受けるのは、日本と同様の製品等を生産・輸出している近隣の国々・・・」なのでは・・・。

「それらの国々の為に、

多くの一般日本国民を情報誘導している・・・のでは(?)」』・・・。

『「本日の朝番」でも「テレ朝」では、

「可能な地域では、選挙を予定通りに行おう・・・」と

「出来る地域では、出来るだけ早く、日常復帰を行おうとしている片山大臣」を

「実質的に非難」し、

「{早い日常復帰をする事=心が無い}かの如く、嘯いていた」。

「被災地の事を考えても、日本全体の事を考えても、

{一刻も早い救助・快復・復興・日常復帰こそが、現実的な救い}」なのに!』

『「フジ」では、「関東地域でも、福島・茨城での余震を大宣伝」・・・。

「オマケに、

寒いから、より電力使用量が多くなっていた現実があるのに、

まるで、エアコン使用は大丈夫とでも言いたげな情報配信」・・・。

「計画停電で情報配信するなら、

足立区等の極一部を除いて、23区は除外になっている事をちゃんと伝え、

人口の多い23区の計画停電対象外の人々に、

{計画停電対象外でもちゃんと実効のある節電をする事が、

日本の全体の為に大切}である事を

それこそ、大宣伝して伝えるべき」なのに・・・。

「震源地から遠いところで暮らす人々の心の中」で「本来なら不要な不安心」を「増大」させ、

「実態とは違う方向へ、節電努力を導く事で、実際の電力事情をより悪くする」様な、

「情報配信」が「もたらす実効」は、

「日本の日常復帰の必要以上の遅延」』・・・。

『「日本の{現実的な救い}を先延ばしにする事」で

「メリットを受けるのは?」

・・・「さすが、韓流テレビ」である』。

|

「ひとつになろう日本」・・・。

『「被災地映像」と「被災原発映像」を「大量配信している韓流テレビ」が「ひとつになろう日本」を「言い始める」と、

「日本全体で、大被災地のように、悲惨になろう・・・」を「感じてしまう」のは、

「筆者だけでは無い」。

「状況を見据えた上で、提言する」なら、

「ひとつになろう」では無く「快復しよう、復興しよう」等となる筈だが、

「ハナマル=一丸」好きな韓流テレビ等では、

「ひとつになろう」なのだ』。

『「ひとつになろう」の「願い」を「一番強く抱き占めている」のは、

「民主党菅政権」だろう。

例えば、「復興を自民にお願い」等の誘いを出し、

「自民がそれを呑む事」の実態は、

「復興には長い時間がかかるから、長期の連立政権の成立」になる。

「長期連立政権の間」は、「元の提案をした、菅氏も総理大臣でいられる可能性が大きくなる」』。

『「ひとつになる」事は、「集団の単純化」である。

「集団の単純化」は「その集団の構築度を下げる」から、

「その集団が発揮出来るエネルギーも弱くなる」。

「多種共存こそが、大きなエネルギーを出せる状態」であり、

「それぞれが、それぞれの立場で最善を尽くして、

快復・復興に向かう」のが「一番効率が良い」。

「これこそが、所謂西側が所謂東側に勝利した理由」なのである』。

『「単純化で日本の復興を遅らせたい」のは、「何処の国の権力者なのだろうか?」』

|

東京都知事選候補者、東国原氏立候補・・・。

『「韓流テレビ有名人」の「都知事立候補者」が「増えた」。「前、居酒屋チェーン和民の経営者、わたなべ氏」に続いて、今度は、「韓流テレビ有名人~宮崎県知事の東国原氏が立候補」だ』。

『「筆者は都知事選の有権者では無い」が、

「韓流テレビ有名人」は、

「その実体

(歴史・国家・文化観や、

外国人参政権や在日外国人等に対する対応や、

韓流テレビ・マスコミや芸能人等に対する対応等など)

を確かめないと危ない」と「思っている」。

「特に、韓流テレビ・マスコミご推奨の韓流テレビ上がり候補者には、

ご推奨の裏に相応の理由がある筈だから、

用心が要る」。

「東京都民有権者の賢明な判断を切に望んでいる」』。

|

東北・関東大震災、何故、民主党政権はまともな対応が出来ないのか?・・・。

『「大震災に対する政府・与党等の対応」は、筆者の立場でも良く分かる「原発問題」にしても「計画停電問題」にしても「余りにもお粗末」だ。

「せめて、救助・復興は、まともであって欲しい・・・」と「祈らざるを得ない」。

もちろん、「どの問題でも、現場は皆、それこそ本当に命がけで頑張っている」。

「政府・与党等とのギャップは余りにも大きい」』。

『「何故なのだろうか?」

「民主党政権の文化の問題」なのだ。

「まるで、政権与党になった事=天下を取った事」という「様相」は、

「至るところで、見受けられている」。

「天下を取ったのだから、

下々は、天下人の言う事を聞き、

何か問題があるなら、天下人に対して、お願いしに来い!」的な雰囲気なのだ』。

『「その異国情緒タップリな文化」を考えると、

「菅総理の東電に対する恫喝」も、

「海江田大臣の渋ちんガソリン等の放出や、原発現場に出向いた東京の消防に対する実質的暴言」も、

・・・「正に、整合性が取れてしまう」』・・・。

『「与党になる為(実際は、天下を取る事とは全く違うのだが・・・)には、

恥も外聞も無く、

テレビ・マスコミも利用し、

利権等の約束や、ドブ板選挙等も行い・・・」、

「そして、一端与党になったら、

まるで、日本は、民主党の下だと言わんばかりの横暴ぶり」・・・。

「オマケに、政策は、子ども手当てに等にしても、・・・稚拙で、何故か?一般日本国民では無く、他国の人々が有利になったりする政策」・・・』。

『「韓国では、どんな手段を使っても権力を取らないとダメ」なのだそうだ。

「その結果、政権が変わると、前の政権のインチキも露呈し、元大統領が逮捕・・・なんて事態になる」。

「中国では、国家・国民の上に中国共産党員等」だから、

「一般国民は、共産党員等の立場のある人々に、

お金やその他の献上品(?)まで付けて、

お願いします!お願いします!!!」なのだ。

そして、「その手のお願いします!」には、

「国境が無かったりする」から、

「ちょっと前まで」は、

「軽飛行機の免許を中国で買う、

=金さえあれば、訓練は適当、試験は形式的・・・、酒や異性はテンコ盛り・・・」なんて事まで出来ていた。

「英語がちゃんと出来なきゃダメ!ちゃんと危機対応も出来なきゃダメ!!等々、実力主義の米国」や、

「費用が高く、実力も相応に問う、形式満足主義的な日本」とは、

「全く違う文化」なのだ。

現状の「中国や韓国の文化」は、

「事実・現実<権力者の意向で、何でも通ってしまう様な文化」なのである。

だから、

「韓国や中国の歴史教育等は、権力者の意向」で、

「韓国芸能界では性接待もあったりする」』・・・。

『「民主党の文化」は、「日本や米国より、韓国や中国に近い」。

「それは、そのまま、民主党員の構成や実権を持っている者たちの実体を物語っている」』。

『「政府や与党等は、

多くの一般日本人に、

与党民主党員等に対する依存心を付けさせたくて、

頼み込みが無ければ、まともに動く気も無い」のかも知れない。

或いは、

「本当に実力不足で、

頼み込み等のアイデアやネット等での苦情・提言等が無ければ、

まともな事も出来ない」のかも知れない。

何れにしても、

「多くの一般日本国民が、

韓流テレビ・マスコミ等に操られたり、

目先の利権や、ドブ板選挙等の上辺に騙されたりして、

実質的に、自虐的な選択をさせられてしまった事」が、

「今を生んでいる」のだ。

本当に、「先の総選挙で民主党に票を入れてしまった人々の罪は重い」。

「多くの一般日本人」は、「二度と、韓流テレビ・マスコミ等に操られてはいけない」。

「目先の利権や、ドブ板選挙等の、上辺に騙されてはいけない」』。

|

だから、野菜や魚や水道水等の今レベルの放射線量を気にするくらいなら、高血糖等を気にするべきでしょ・・・。

『「忘れていませんか?微量放射線の害は、細胞のガン化等が主。そして、日本の場合、放射線に対しては、過剰な程厳しいのに、実際は、原発被災前から、ガン患者が多い事を!」

「現状レベルの食品や水等の放射線量で右往左往しているくらい」なら、

「本来の食品でも無い、ビタミンでもアミノ酸でも無い、食品添加物等入りの飲食物や、

高血糖等をもたらす飲食物等を控えたり」、

「化粧

(肌に塗ったモノは、身体の老廃物の排出を邪魔したり、老廃物と混ざって色々なモノに変化したり、肌上等の細菌状態を変えたり・・・、

それらのモノが、身体に染み入り、肝臓等で無害化されたりしながら、代謝されているのが実態・・・つまり、化粧は、相応に身体に負担をかけている・・・から、

筆者の知る限り、化粧を続けているが故に、老化が早いと容易に推定される人々が多い・・・)

を止めたり」、

「ガン細胞の大好物である糖類の大量摂取を控えたり」、

「一気に血糖値が上がる食事は止めたり」、

・・・する方が、「ずっと合理的」なんだってば!』

『「韓流テレビ・マスコミ等」では、

「放射線が検出された食品や水や、放射線値の大宣伝」だが、

「そんな情報に振り回されて、

自らの精神的健康状態を悪くする事」の方が、

「ずっと有害」なんだってば!』

『「ガン化してしまった細胞を退治する」のは、「人体の健康な免疫システム」だ。

「だから、

こんな時こそ、

日常維持&健康維持を心がけ、

免疫力向上の意味からも笑顔」である。

「大被災地を忘れず、心で泣いて、義援金等、

そして、

顔は笑顔で、節電&出来る限りの日常維持を!」』

|

被害を最小限で食い止める対策と、被害を最大限まで拡げる対策・・・。

『「東北・関東大震災」に対する「政府等の対応」は、「タイトルのどちらに当たるのか?」

「放射性微細物質を被り、汚染された野菜の問題」でも、

「県単位で出荷停止」という「対策」は、

「被害を最小限で食い止める対策」では「無い」。

「被害を最小限で食い止める対策」なら、

「基準値以上の放射線が観測された地域の野菜は、絶対に、市場には出せない様にすれば良いダケ」だ。

「つまり、市場に出ている野菜は、安全。」で「良い」のである』。

『「実害の無い、安全な農産物まで、廃棄させ、

不安感を増大させ、

経済効率を著しく悪くする対策」は、

「対策というより、妨害工作と呼んだ方が適切」である』。

・・・・・・・。

『「とんでも無い大震災」だから「とんでも無い復興資金が必要になる」。

「その時」に「経済を細らせる事」は、

「早期復興の邪魔をしている様なもの」だ。

「日本の立ち直りが遅ければ、遅いほど、

漁夫の利を得るのは?」』・・・。

・・・・・・・。

『因みに、「復興資金として、20兆円が必要」と言う事は、

「大雑把に計算すれば、一人当たり20万円」と言う事である。

「総中流時代なら、多くの人々にとって、その様な基準で良いのだろう」が、

「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪以降、

急速に格差が増大し、

急速に低所得者層が増大してしまっている現状の日本社会では、

大金持ちは、億~十億~百億単位、

金持ちは、百万~千万単位、

所謂、中流状態で、20万円、

低所得者なら、気持ち~万円単位、

というのが、{応分}になる」。

「日常経済活動を大震災前のレベルで維持した上」で

「復興資金を義援金等だけにした計算」なら、

「上記の様な話し」なのだ。

「復興資金の半分」を「国費等で補う」としたら、「上記の半分」である。

「お金持ち以上の人々なら、多くの場合、即金で全額でも大勢に影響は無い」だろうが、

「所謂中流以下の人々なら、即金で全額・・・では、日常生活に大きな影響が出てしまう可能性も小さく無い」。

だから、「当面の節電と共に、出来る限り、日常を維持しながら、継続的に・・・、が重要」なのである』。

|

一昨日もしくは、昨日の記事が余程、困る様で、アップ妨害されました・・・。

『「そのスジの連中」は、「言論弾圧が得意」な様で、「昨日、新たな記事をアップしようとしたら、異常な程、先に進まない」。

そこで、「最初の版」は、「アップ出来ていない可能性を考え、

短縮版をアップ」したら、

何度も、「途中でやり直しを求める英文メッセージが出た」。

「メッセージに従って、やり直しを繰り返した結果」が、

「現状のトップページの状態」なのだ。

(幸いな事に、ニフティのセキュリティーの出来が良かった様で、反映までは、若干時間がかかった様だが、最初の版もアップされていた。)』・・・。

『「通信妨害工作まで入った事」からも、「当方の記事は、相当本質を突いている様」である』。

『「読者の方々には、大変恐縮です」が、

「重なっている記事の削除をかけた時に、{削除信号を悪用される可能性を考慮}し、

{工作事実を残す}意味からも、

現状の異常な状態のままにさせて頂きます」』。

|

実質的に「日本にブレーキをかける計画」の様相の計画停電問題・・・。

『「計画出来ない計画停電」は、「未だに続いている」。「計画停電の実態」とは、

「東電地域では、東京23区を外し、その分の負担を周辺地域へ・・・」である。

「海江田大臣の言葉」からも、「実質的に明らかな様に」、

「東京23区の人々の電力使用暖房分等の負担を周辺地域へ・・・」というのが、

「計画停電の実態」だ。

「東京23区を除外する事」で、「実質的に、23区内にいる権力者等を懐柔している様な面もある」』。

『「この策略的」な「計画停電」と「共に行われている」のが、

「備蓄が十分にあるガソリン等の不十分な配布」である。

「計画停電とガソリン等の不十分な配布」の「悪の成果」で、

「東京23区周辺に数多くあるメーカー等の工場や商業施設等」は、

「計画出来ない機能不全状態に追い込まれている」』。

『「日本社会にブレーキをかけて、漁夫の利を得るのは?」を考えれば、

誰にでも分かる筈だ。

さすが、

「対韓自虐土下座談話の菅総理」

&「在日韓国人の団体である民団の要望でもある外国人参政権の賛成派がゾロゾロの民主党」

&「韓流テレビ・マスコミ等」

による「共同作業」である』。

『「多くの人々に一方的に大量に情報を配信しているところ」なら、

「情報は、基本的に、事実・現実に基づき、

人々が冷静な判断を下せる様に、

配信するべき」である。

「この民主主義社会の基本的エチケット」とでも言うべき大原則を、

「嘘の歴史を平然と自国民に教え込んでいる国の様な文化を抱き占めている人々」が「理解出来るのは、何時の日か???」』

『「それにしても、多くの一般日本人たち」は、

「本当に我慢強いなぁ」・・・。

「でも、我慢強い日本人の堪忍袋の尾が切れた時の怖さは、

悪どもなら、知らない方が身の為かも」』。

|

実質的に「日本にブレーキをかける計画」の様相の計画停電問題・・・。

『「計画出来ない計画停電」は、「未だに続いている」。「計画停電の実態」とは、

「東電地域では、東京23区を外し、その分の負担を周辺地域へ・・・」である。

「海江田大臣の言葉」からも、「実質的に明らかな様に」、

「東京23区の人々の電力使用暖房分等の負担を周辺地域へ・・・」というのが、

「計画停電の実態」だ。

「東京23区を除外する事」で、「実質的に、23区内にいる権力者等を懐柔している様な面もある」』。

『「この策略的」な「計画停電」と「共に行われている」のが、

「備蓄が十分にあるガソリン等の不十分な配布」である。

「計画停電とガソリン等の不十分な配布」の「悪の成果」で、

「東京23区周辺に数多くあるメーカー等の工場や商業施設等」は、

「計画出来ない機能不全状態に追い込まれている」』。

『「日本社会にブレーキをかけて、漁夫の利を得るのは?」を考えれば、

誰にでも分かる筈だ。

さすが、

「対韓自虐土下座談話の菅総理」

&「在日韓国人の団体である民団の要望でもある外国人参政権の賛成派がゾロゾロの民主党」

&「韓流テレビ・マスコミ等」

による「共同作業」である』。

『「多くの人々に一方的に大量に情報を配信しているところ」なら、

「情報は、基本的に、事実・現実に基づき、

人々が冷静な判断を下せる様に、

配信するべき」である。

「この民主主義社会の基本的エチケット」とでも言うべき大原則を、

「嘘の歴史を平然と自国民に教え込んでいる国の様な文化を抱き占めている人々」が「理解出来るのは、何時の日か???」』

『「それにしても、多くの一般日本人たち」は、

「本当に我慢強いなぁ」・・・。

「でも、我慢強い日本人の堪忍袋の尾が切れた時の怖さは、

悪どもなら、知らない方が身の為かも」』。

|

実質的に「日本にブレーキをかける計画」の様相の計画停電問題・・・。

『「計画出来ない計画停電」は、「未だに続いている」。「計画停電の実態」とは、

「東電地域では、東京23区を外し、その分の負担を周辺地域へ・・・」である。

「海江田大臣の言葉」からも、「実質的に明らかな様に」、

「東京23区の人々の電力使用暖房分等の負担を周辺地域へ・・・」というのが、

「計画停電の実態」だ。

「東京23区を除外する事」で、「実質的に、23区内にいる権力者等を懐柔している様な面もある」』。

『「この策略的」な「計画停電」と「共に行われている」のが、

「備蓄が十分にあるガソリン等の不十分な配布」である。

「計画停電とガソリン等の不十分な配布」の「悪の成果」で、

「東京23区周辺に数多くあるメーカー等の工場や商業施設等」は、

「計画出来ない機能不全状態に追い込まれている」』。

『「日本社会にブレーキをかけて、漁夫の利を得るのは?」を考えれば、

誰にでも分かる筈だ。

さすが、

「対韓自虐土下座談話の菅総理」

&「在日韓国人の団体である民団の要望でもある外国人参政権の賛成派がゾロゾロの民主党」

&「韓流テレビ・マスコミ等」

による「共同作業」である』。

『「多くの人々に一方的に大量に情報を配信しているところ」なら、

「情報は、基本的に、事実・現実に基づき、

人々が冷静な判断を下せる様に、

配信するべき」である。

「この民主主義社会の基本的エチケット」とでも言うべき大原則を、

「嘘の歴史を平然と自国民に教え込んでいる国の様な文化を抱き占めている人々」が「理解出来るのは、何時の日か???」』

『「それにしても、多くの一般日本人たち」は、

「本当に我慢強いなぁ」・・・。

「でも、我慢強い日本人の堪忍袋の尾が切れた時の怖さは、

悪どもなら、知らない方が身の為かも」』。

|

実質的に「日本にブレーキをかける計画」の様相の計画停電問題・・・。

『「計画出来ない計画停電」は、「未だに続いている」。「計画停電の実態」とは、

「東電地域では、東京23区を外し、その分の負担を周辺地域へ・・・」である。

「海江田大臣の言葉」からも、「実質的に明らかな様に」、

「東京23区の人々の電力使用暖房分等の負担を周辺地域へ・・・」というのが、

「計画停電の実態」だ。

「東京23区を除外する事」で、「実質的に、23区内にいる権力者等を懐柔している様な面もある」』。

『「この策略的」な「計画停電」と「共に行われている」のが、

「備蓄が十分にあるガソリン等の不十分な配布」である。

「計画停電とガソリン等の不十分な配布」の「悪の成果」で、

「東京23区周辺に数多くあるメーカー等の工場や商業施設等」は、

「計画出来ない機能不全状態に追い込まれている」』。

『「日本社会にブレーキをかけて、漁夫の利を得るのは?」を考えれば、

誰にでも分かる筈だ。

さすが、

「対韓自虐土下座談話の菅総理」

&「在日韓国人の団体である民団の要望でもある外国人参政権の賛成派がゾロゾロの民主党」

&「韓流テレビ・マスコミ等」

による「共同作業」である』。

『「多くの人々に一方的に大量に情報を配信しているところ」なら、

「情報は、基本的に、事実・現実に基づき、

人々が冷静な判断を下せる様に、

配信するべき」である。

「この民主主義社会の基本的エチケット」とでも言うべき大原則を、

「嘘の歴史を平然と自国民に教え込んでいる国の様な文化を抱き占めている人々」が「理解出来るのは、何時の日か???」』

『「それにしても、多くの一般日本人たち」は、

「本当に我慢強いなぁ」・・・。

「でも、我慢強い日本人の堪忍袋の尾が切れた時の怖さは、

悪どもなら、知らない方が身の為かも」』。

|

計画停電って「計画的に停電地域の一般日本国民を苦難におとしいれ、日本社会にブレーキをかける為の停電」なのでは・・・?

『「一向に改善していない」「計画出来ない計画停電」や「ガソリン不足の問題」・・・。これは、もはや、明らかな「人災」である。

「計画停電の実態」として、

「東京電力内では、その多くが、東京23区内にいる日本社会の権力保持者」を「対象から外して、実質的に懐柔している」。

「海江田大臣の話しからも、実質的に明らかになっている様に、

実態としては、東京23区民の電力使用暖房等の分の負担を、周辺地域へ・・・」というのが、「計画停電」だ。

その上で、「十分に備蓄を使って行えば、行える」「負担地域へのガソリン等の配布も十分に行っていない」。

その結果、「メーカー工場等も多々ある周辺地域」では、

「実質的に計画出来ない機能不全状態が強いられ続けている」。

「大震災という天災に、

その分の人災が加わり、

日本社会のブレーキがより強くかけられてしまっている状態」なのだ』。

『「政府とテレビ・マスコミ等がタッグを組んで作り出している様相」の

「この様な人災」は、「いったい何処の誰の計画なのか?」

「日本社会にブレーキがかかって漁夫の利を得るのは?」を考えれば、

「誰にでも分かる」だろう。

さすが、

「対韓自虐土下座談話の菅」

&「在日韓国人の団体である民団の要望でもある外国人参政権賛成派がゾロゾロの民主党」

&「韓流テレビ・マスコミ等」である』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」が「韓国や韓国人脈等の善玉イメージを一生懸命大宣伝している裏」では、

「実質的に、日本<韓国・在日等の状態が作り出される様」に、

「情報配信が行なわれている」のだ。

「この何処かの国の文化の臭いが濃厚な

策略的情報配信に、

怒りを覚えているのは、

筆者だけでは無い」』。

・・・・・・・。

『「震災当初」から、

「まるで、

大被災地域以外の日本全体も

大被災地の如く悲惨感を強く抱き占め続け、

日常を壊し、

国力を落としなさい!」とでも言いたげな「情報配信」ぶり・・・。

「原発問題でも、

まるで、多くの一般日本人が、

現状では必要なのに、確実に原発嫌いになる様」に、

「過剰な程に、不安感を煽る情報配信を散々続けた後で、

とって付けた様に、落ち着いて・・・。

そして、新たな事態が起きる事に、

また不安感を煽り」・・・を「繰り返し」』・・・。

『「多くの人々へ一方的に大量配信している情報」は、

「基本的に、事実・現実に基づいて、

情報受信者が

冷静な判断を下せる様に配信するべき」である。

「その原則」が

「嘘の歴史を平然と教えている国の文化を抱き占めている様な人々が、

心の底から大切と思える日は何時なのだろうか???」』

・・・・・・・。

『「それにしても、多くの一般日本人は、本当に我慢強いなぁ・・・。」

「でも、堪忍袋の尾が切れた時の日本人の怖さは、

・・・悪い事を行っている者たちは、知らない方が身の為かも」』。

|

民主党菅内閣の余りに酷い「オールジャパンの呼びかけ」・・・。

『「汚れ役や危ない役は、野党に・・・」、「自分たちは、主導権&手柄を独り占めし易いポジション」で・・・、的な、「策略の要素の強い」「オールジャパンの呼びかけ」を「行った」民主党菅内閣』・・・。

『「内容を吟味しない人々」にとっては、

「オールジャパンの呼びかけを断った方が悪く思えてしまっている」かも知れないが、

「冷静に内容を見れば、上記の様な感を持つ方々が多い筈」だ』。

『「非常時こそ、与党が、危ない役や、汚れ役を率先して引き受ける」のが、

「日本的文化」だが、

「どうも、民主党(菅)政権の文化」は、

「どんな手段を用いても、権力を取り、保持している者たちが大将・・・」的な、

「何処かの国の臭いがプンプンする文化」なのだ。

「江戸末期~明治の時代に、

日本の文化ゆえに、日本は欧米列強流の急速な近代化にも対応出来たが、

日本の周囲の国々は、どんどん欧米列強に侵略され、

特に、当時の韓国では、国の存続さえ危うくなっていた歴史上の現実」を「考えれば」、

「日本的な文化を失う事」が「どれ程、国の危機に直結しているのか?」も「良く解る」と思う』。

『「本当に、こんな政権は、一刻も早く辞めさせなければ、

日本は大変な事になる」』。

|

「ガソリンが無い」と「ガソリンが届けられていない」は「大きく違う」のだが・・・。

『「韓流テレビ」では、「被災地では、ガソリンが無いから、車があっても動かせない・・・」等の「表現」で、「視聴者の余分な不安を煽る情報提供」を「行っている」。

「平時なら、大きな問題は出辛い」のだが、

「非常時の表現は実体・実態通りで無いと、

視聴者の心の中で、不要な不安心が育ってしまう」のに・・・』。

『「言うまでも無く、三ヶ月分の備蓄が在るガソリン等は、無いのでは無い」。

「被災地では、通常の供給ルートインフラが破壊されている」ので「未だ届けられていないところも少なからずある」である。

「悲惨な被災地映像」を「見せ付けられ」ながら、

「ガソリンが無いから車を動かせない・・・」という「言葉を聞かされている」

「視聴者の心の中」では、

「不安感が増大」し、

「ガソリンを入れて置かなければ・・・」等の「強迫観念」が生じてしまっている場合も多い筈だ。

つまり、「ガソリンが無い・・・」が「強迫観念を生じさせる暗示の言葉の役割を行ってしまっている」のである』。

『「ガソリン等は、無いのでは無い」。

「被災地では、通常の供給ルートまでもが大被災により破壊されているので、

未だ、十分に、届ける事が出来ない」のだ。

「大被災地以外」では、「通常の供給ルートも基本的に大丈夫」である。

「不要な買占め等が無く、政府が必要な分の備蓄放出を行っていれば、

大被災地以外では、

ガソリン等は相応に行き渡り、

通常生活の維持に対する不要な人災による障害は防げている」のである』。

『「東北・関東大震災の直接の大被災を受けていない者たち」の

「日常生活が大きく崩される事」=「日本の国力が衰退させられる事」でもある。

「一時的に・・・」にせよ「日本の国力が衰退する事」で「実質的なメリットを受けるのは・・・?」等を考えれば、

「何故、韓流テレビが、本来なら、避けられる障害を招く様な表現を、

未だに、使っているのか?」も「分かる」のでは?』

『因みに、

「表現による暗示や強迫観念の問題さえも???」なら、

「公共的要素が強い」

「多くの人々に、一時に、大量の情報を配布出来る」

「テレビやラジオ等の仕事を行う資質も???」である』。

・・・・・・・。

『「日本の政治・情報・教育等に携わっている人脈」は、

「ちゃんとした日本の人脈に、

直ちに入れ替えるべき」である』。

|

???・・・。

『「東北・関東大震災から、一週間以上が過ぎた」。「危機管理がまとも」なら「直接大被災地以外のところ」では、「相応に日常が回復している」筈だが、

「筆者のいる関東平野中部でも、未だ、日常とは程遠い状態」だ』。

『「原因は何か?」

「計画停電問題」は「確かにある」。

「共に、何処へ行ったのか?十分に出したのか?・・・???なガソリン等の備蓄の問題」もある。

「韓流テレビ・マスコミ等による不安煽りの悪影響」で

「不当な買占め現象が置き、日常品混乱から、物流に更なるストレスを与えてしまっている事」もある』。

『「しかし、上記の様な物事」は、「対策が取れる物事」だ。

「人々が安心したり落ち着いたり出来る様に、現実情報を配り、実効のある対策をすれば、

多くの物事が解決出来る」。

「非常時に、現実情報を隠蔽する事は、人々から落ち着きを奪う事」に他ならない。

「非常時に、不安情報をばら撒く事は、本来なら不要な、二次・三次の災害(人災)を招いている事」に他ならない。

「非常時に、採れる実効のある対策を取らない事は、本来なら不要な、二次・三次の災害(人災)を招いている事」に他ならない』。

『「原発問題では、過剰に不安感を煽り」、

「ガソリンの備蓄は、実効がある分を実効があるタイミングで放出せず」、

「人々の不当な買占めを抑える為の情報の流布は不十分」というのが、

「現状」なのだ』。

『「原発問題に関しては、他の記事を参照して頂きたい」。

「ガソリンの備蓄の放出は、いったい?どうなっているのか???

本当に、現政府の対策はダメ」である。

「非常時に、

{買占めの宣伝}を行って、

タダ、不要・不急の買占めは慎んで」と「言われても」、

「現実情報が???で落ち着けない人々」は、

「否合理的な保身行動に邁進し続けてしまい易い」のだ。

「米問題なら、今回の地震による、主たる米作地の○%の被害、

だから、買占めは不要」等と、

「現実情報を広く知らせる事が重要」なのだ。

「大被災地の映像ばかり、見せ付けられていると、現実的判断を失いがち」だが、

「今回の大被災地は、そのほとんどが、臨海地域」だから、

「米作被害は、そんなに大きい訳も無い」。

「それに、元々、現状では米余りであり、米には、備蓄もある」のだ。

「米は大丈夫」と「思えるだけ」でも、「落ち着ける人」は「少なく無い筈」だ』。

・・・・・・・。

『「古の人々による、考え・思いによる納得法である仏教」では、

「死の実体が???だったから、

実体が???の物事の処理を間違えない様に・影響を受けないと思い込める為に、

通夜や、初七日や、四十九日や、喪に服す等、

色々な考え・思いによる納得法が考案されている」。

「しかし、ちゃんと、新陳代謝の意味を理解・把握し、

人間の誕生・死が細胞ごとである事や、

ある人が亡くなる事は、その人による新たな意思や行動の発言を失う事である事」等を

「十分に、理解・把握している現代人」なら、

「大被災という現実を自らに認めさせる為の時間だけが、現実的な問題」だろう。

「日頃から、実体・実態把握の習慣を持ち、現実主義や本質追及主義で生きている人」なら、

「宗教心を重視している人には、冷血動物か?と思えてしまうくらいの短い時間」で、

「自らを現実の地平面に立たせる事が出来ている人々も少なく無い」のが「現実」である。

「もちろんその様な人々でも、心や感情を持っている」。

(因みに、筆者でさえ、

毎日、

被災地の人々の一刻も早い救助や一刻も早い快復や一刻も早い復興を祈りながら、

義援金の募金を続けている)』。

|

非常時だからか、悪どもは悪工作を増強している・・・。

『「東北・関東大震災」により「当面、警察等による摘発は無い」と「思いこんでいるせいか?」、「電磁波レーダーを使って筆者の部屋を覗き、筆者の頚椎を狙ってレーザー電磁波を当てている悪どもによる悪工作の出力が上げられた」。

「おそらくは、東電との契約もより高い電力が使用出来る様に変更されたと推定される」。

「この非常時の節電が重要な時に」である』。

『「この様な連中の実在」からも、

「食料やガソリンやトイレットペーパー等の買占め問題」も、

「悪どもによる情報工作」である可能性が大と推定出来る。

「悪どもの実態は、

日本の通常の経済活動等を妨害する事で、

メリットを受ける、

多くは根っ子等が他国系の人脈だったり、

それらの人脈に飼われている連中だったりする」』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」による

「悪戯に不安を煽ったり、

必要な情報を十分に聞き出し、

十分に大衆に伝えていない無能ぶり」も、

「本当は無能では無く、確信犯で・・・」なら、

「悪どもの情報工作と同様」なのだ。

「その辺」からも、

「日本の大災害被災に乗じて、益々●流人脈を有利にする臭い」が、漂っている』・・・。

・・・・・・・。

『もちろん、「何処の国の人でも、善人も悪人もいる」。

しかし、「日本社会」には、

「組織的に悪を行っている反日人脈が存在している」。

「不健康な工作活動等を防ぐ意味からも、

スパイ工作活動等防止法等を早急に成立させ、有効にし、

直ちに、厳しい取締りを行い、

悪どもに厳罰を与えるべき」である』。

『「筆者に対する悪工作に対しても、警察の摘発も随分とのんびりし過ぎている」。

「その事と、現政権が民主党政権である事等は、無関係では無い可能性大」だ。

「何しろ、民主党や韓流テレビ・マスコミ等に対する批判記事や、

日韓併合や戦後日本で起きた事等の実態等を記す度に、

良過ぎるくらいのレスポンスで、悪どもの工作活動が増強され続けて来ている」のだから・・・』。

|

計画停電問題「東電は、電力の供給可能量と計画停電実施ラインと現在使用量を出来る限りリアルタイムで公開すべき」でしょ・・・。

『「東電は、タイトルの様な処置を、全体分だけでは無く、計画停電のグループ事の分も含めて、出来る限りリアルタイムで情報提供すべき」であり、「テレビ等は、それを、少なくとも該当地域には、情報提供すべき」である。

「具体的な数値を、該当地域の多くの人々が知れば、電力使用のピークを抑える等の節電対策も行い易くなり」、

「節電の実効率も高まる筈だ」』。

|

「オールジャパン」と言うのなら「辻元や仙谷たちばかりでは無く、野党からも人材登用を!」・・・。

『「東北・関東大震災への対応」で、「言葉だけのオールジャパン」で「あの辻元氏を登用、仙谷氏もゾンビ的復活」という「民主党菅内閣」・・・。

「客観的に見れば、明らかに、オールジャパンというよりは、オール左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)」である』。

・・・・・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等」による「大衆誘導」の「結果」、

「日本社会」は、「~小泉~自民ダメ~民主~民主ダメ~地方首長~」へと「誘導されている様相」で、

「実際の日本社会」では、

「それに呼応する様」に、

「ソフトバンクやロッテ」の様な「韓流人脈の臭いが濃厚な企業の業績は↑」&

「新大久保」の様な「韓流人脈商店街等は大繁栄」になって来ているが、

「多くの一般日本企業の業績は↓」&

「多くの一般日本人の商店街等は衰退・・・」である。

「この実態を冷静に見て」、

「多くの一般日本人は、気付くべき」だ。

「左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権や、

韓流テレビ・マスコミ等に操られてはいけない事に!」』

『「大震災の救助~復興が、

左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)人脈のみの主導で行われる事

=その人脈にとって都合の良い復興整備が行われる事」の可能性大なのである。

「日本人は、何事でも、お互い様だし、特に、非常時等では、ノーサイド」だが、

「●●人脈の文化では、取った者勝ち&非常時こそ自分たちの利権増大のチャンス!」なのである。

「民主党菅内閣も、韓流テレビ・マスコミ等も」、

「上辺だけは、

ノーサイドを気取り、オールジャパンを訴えている」が、

「内実は、

民主党菅内閣による、

オール左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党)人材起用や、

不安を煽って、本来なら維持出来ている、多くの一般日本人の日常を壊した様な、

韓流テレビ・マスコミ等による情報発信」なのだ。

「●●の文化の臭いを濃厚に感じている」のは、筆者だけでは無い』。

『「多くの一般日本人」は、

「上辺だけのオールジャパンや、大震災の悲惨さや、原発の解らないが故の不安感等への情報誘導等に、誤魔化されて」、

「左翼(親朝鮮現状権力者・親中国共産党翼)政権や、

韓流テレビ・マスコミ等」の「実体・実態」への

「監視等を忘れてはいけない」』。

『「あの辻元氏の登用や、仙谷氏のゾンビ的復活」は、

「近い将来必ず終息する福島第一原発問題」より、

「一般日本人にとっては、

遥かに深刻な、

将来拡散してしまう問題の種」である可能性も小さくないのだ』。

|

今日も寒いけど、大被災地以外では、「電気を使った暖房は出来る限り控えよう!」・・・。

『「(計画出来ない)計画停電」で、「海江田大臣の発表によれば、寒いから電力不足」なのだそうだ。

「寒いから電力不足という事の実態」は、

「多くの人々が寒いと電気を使って暖を取るから、電力不足になる」である。

だから、「海江田大臣の発表が全て」なら、

「多くの人々が、

電気を使わないで暖を取るようにすれば、

暖かい日と同様の電力使用量で抑えられ、停電時間/箇所もずっと減らせる筈」だ』。

『「筆者のお奨めは、

布団から出たら、即、

家の中でも外と同じエコ着込みと、

ネコ様暖房で、

筆者は、ずっと前から、実践中」だが、

「エコ着込み+ホッカイロ等でも同様(ただし、買占めはダメ、無くてどうしても必要なら、必要{最低限・・・関東域より南なら、時期的に、もうじき暖かくなる事を忘れずに!}を買うべき)」だろう。

「それぞれが、出来る事を行うだけでも、数が集まれば、相応に効果が出る」筈だ』。

『「政府やマスコミ等の発表も、もっと、現実をありのままに、

多くの人々が、理解把握出来、それぞれが、相応の対応をとり易いように、

具体的に、行うべき」である』。

|

計画停電問題、海江田大臣が言うには「寒いから、より電力不足」なのだそうだ・・・。

『「今日は、寒いから、より電力不足になる・・・」のなら、「間際になってから」、「予測不能な大規模停電が起こる可能性がある・・・」などと「不安心を煽るのでは無く」、

「政府も、テレビ・マスコミ等」も、

「寒い日は、最初から」、

「今日の、特に何時~何時までは、暖房等での電力使用は、出来る限り控えて!」の

「大宣伝を行うべき」でしょ・・・。

「大雑把」に「いっそうの節電を!」と「アナウンスした時の実効」と、

「寒いけど、電力使用暖房は出来る限り抑えてください!」と「具体的に、アナウンスした時の実効」には、

「有意な差が出る」筈だ。

「非常時」には、「何でも、実効を考えて、最善を尽くすべき」である』。

『「計画出来ない計画停電」よりは、

「止まる事がはっきりしている輪番停電等の方が、計画出来る分だけ、実社会での仕事等は回り易い」筈だ。

「電車が止められる所へは、{優先的にガソリンを配布}と発表&実行していた」なら、

「ガソリンの買占めも抑制された筈」だ。

「そもそも、電車が止まる事=人々は他の交通手段に頼る事」なのだから、

「今回の被災状況で石油関連施設が???」なら、

「最初から」、「電車を動かす事は、優先しなければならない重要事項の筈」。

「東電」は「電力の事しか見えていない様相」で、

「現政府は、日本の実社会の事が???の様相」。

「緊急に、日本の実社会の事をちゃんと解っている者たちを、対策本部で重用すべき」である』。

『「政府やテレビ・マスコミ等による情報の配布が???」だから、

「本来なら、余分な第二次・第三次の災害が起きてしまっている・・・」と

「実感している」のは、

「筆者だけでは無い」』。

|

放射線量の不安??・・・。

『「一時間あたりの被爆放射線量を単純に、24倍して、一日なら、●●・・・、更に、30倍して、一ヶ月なら、●●●・・・、更に365倍して、一年なら、●●●●・・・になるから、危ない等」の「足りない&不安増大論」には、「ご用心」』。

『「何処が足りないのか?」と言えば、

「人間の身体が、細胞ごとに新陳代謝している事」や

「測定値とは、その時のピークである事」等への「考察を忘れている所」だ』。

『「被爆放射線は、

一度期にかなり大量だったり、

微細な放射性物質等を自分の中の代謝され辛いところに取り込んでしまわない限り、

基本的に、細胞代謝サイクルの中で、淘汰されている」。

「ピーク値を測定」という事と、「常に、ピーク値の放射線が存在してる事とは、同じでは無い」』。

『だから、「実際」に、

「一時間あたりのピーク値」という「目安」を「基」に、

「原発従業員」も「現在被災地で活躍している自衛隊等の方々」も、

「相応に、安全を確保しながら、活動出来ている」のだ。

(ピーク値問題に対して、言葉足らずで誤解された方々もいた様なので付記します。

放射線測定値は、その器械がその場所で得たピーク値を示すので、

その場所が違えば、ピーク値も違う事になる。

その場所による差は、元の放射線発生物質から遠くなればなる程、大きくなる。

だから、放射線発生物質から近いところで作業している作業員なら、線量計を一つ持っていれば、実際浴びた放射線量とほぼ同じ価を把握出来るが、

放射線発生物質から遠いところにいる場合は、

それこそ、全身に線量計でも付けて測定しない限り、本当の事は、判らない。

しかし、遠くになれば、なる程、放射線の影響も薄くなるから、

放射線を発生している物質自体を自らの身体で取り込んでしまわない限り、

一般的に、ある程度以上遠くにいる人は、心配無用・・・放射線を気にするくらいなら、他のもっと危ない事を気にした方が良い・・・なのだ)』。

『「人間は、骨だって骨細胞の集まりであり、約3年で新陳代謝しているし、

脳だって、神経細胞等の集まり」なのだ。

「一番代謝サイクルが遅いと推定されている脳細胞は、頭蓋骨という頑丈な容器の中で、更に、髄液(もちろん代謝する)等に浸っている。

強い放射線に対しては、無力だが、弱い放射線には、頭蓋骨&髄液等による防衛は、それなりに効く」。

「一度期(短時間)でも影響が出てしまう余程強い放射線を浴びてしまったり、

微細で相応に強い放射性物質が脳内に入り常駐したりし無い限り、

基本的に、放射線による脳への影響<元々の健康状態等による影響」なのだ』。

『「新陳代謝等を考えれば、

一度期(短時間)により多くの放射線を浴びるCT検査等の方が、より危ない事になる」が、

「実際は、CTでも大丈夫」なのだ』。

・・・・・・・。

『因みに、

「米国の処置」は、

「原発に対しては、十二分に用心し、

米国民は日本人より安全ですよ・・・という、

米国民向けのアッピール」でしょ。

だから、

「シロウトが単純計算しても安心し易い様に、

2の3乗で8の、日本側20キロ、米国側80キロなのでは?」』・・・。

・・・・・・・。

『「原発は、

日教組等の学校教育や韓流テレビ・マスコミ等によって毒されている多くの人々にとっては、

良く解らない、怖い、忌み嫌うべきモノであり、

廃止すべきモノ」なのだろう。

また「チャイナシンドローム等のハリウッド誇張映画等に毒された人々にとっては、

メルトダウン=地球に孔が開いてしまうくらいに恐ろしい事」なのだろう。

そして、「日本では、その様な大衆情報ベースがある」から、

「其処に向かって、

その様な考え方を持っている人々が好んで読みそうな本まで投げ入れている

商売人や情報工作員等もいる」のだ。

「現在の福島第一原発の被災~事故についても、

そんな思惑含みの情報ベースを基に考え、悪戯に不安になったりせず、

ちゃんとした科学的・現実的な情報ベースの上で考え、それぞれの判断を下すべき」である』。

|

福島第一原発問題「自衛隊員の健康を考慮しながらの、比較的ゆっくりとした処理で対応という実状からも、明らかな様に、過剰な不安は不要」です・・・。

『「福島第一原発」については、タイトルの通り。「ガソリンや米や食料等は、大被災地以外では、買占め行動が無ければ、普通に回る」』。

『「不安感や不信感を煽るマスゴミ」や、

「不安感や不信感から、

実質的には、他の人々を犠牲にした否合理的な保身行動を行ってしまった人々」等が、

「幅を利かせている様な人間社会」では、

「ダメ」だが、

「現状の日教組等による学校教育や、

韓流テレビ・マスコミ等による情報」の「成果」が、

「コレ」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミ等が大衆を操って誕生させた様なところもある、

現民主党政権も酷い」』。

『「情報・教育問題」は「本当に深刻」で、

「一刻も早く」、

「何れは、必ず来る、今後の新たな被災等の時の為にも、

今までの、現実逃避化&自虐化&操り人形化、情報・教育では無く、

もっと、もっと、現実主義の教育・情報をメインにしておくべき」である』・・・。

・・・・・・・。

『「PTSD」を防ぐ意味からも、

「どんなに認め難い現実」でも、

「被災時等」には、

「先ずは、どんなに、泣いても騒いでもかまわないから、

現実をありのままに自分に認めさせる事」。

「処理能力が未だ未熟な子ども等の場合」は、

「(出来れば、現実をありのままに自分に認めさせて、落ち着く事が出来た)大人が

子どもを抱きしめたり、話したりして、

理解出来ない・認め難い現実を

無意識の域に押し込んでしまわない様にさせる事」だ。

「自分を落ち着かせる事が出来れば、

どんな難局でも、

合理的に乗り切り易くなる」』。

|

計画停電問題「東電もテレビ・マスコミ等も、何処にどれだけの電力を送っているから停電が必要なのかを知らせるべき」でしょ・・・。

『「日増しに、停電時間が長くなっている様相の計画出来ない計画停電」・・・。「日々、停電場所・時間が変わる輪番は、仕方無い」が、

「東電も、テレビ・マスコミ等」も、

「停電該当者」に、

「不要な不安や不信感を持たせない為」にも、

「今、何処何処にどれだけの電力が必要だから、

今、何処と何処を止めます・・・」くらいの

「情報は、開示し、発信するべき」である』。

『「非常時」には、「多くの人々の落ち着いた対応が必需」だ。

「十分にあるガソリンや米が、不安感・不信感から、買占められてしまい、

本来なら、不要な日常破壊まで起こされてしまっている現状」からも、

「不安感や不信感の除去が如何に大切かが、良く解る筈」だ』。

『「大被災地での救助や復興は絶対に疎かにしてはいけない」が、

「負の連鎖の防止も忘れてはいけない」のである』。

|

みんなで被害を最小限で食い止めようよ・・・。

『「直接大被災していない地域の人々」が「ショック故に、自分を失ってしまい合理的では無い保身行動に出てしまっている様相」が露呈してしまっている・・・。

「例えば、米や、ガソリン等の買占め等がその一例」だが、

「忘れていませんか?」

「米余りを!」

「ガソリン等には、備蓄がある事を!」』・・・。

『「震災当初からずっと記し続けている通り、

直接大被害を受けていない地域の人々にとって重要なのは、

節電&出来る限り日常を保つ事&義援金」に他ならない』。

『「政府や、東電の様な公共的立場の強い独占的事業者」も、

「一般市民」も、

「大被災地域での救助・復興へそれぞれの立場応分の力を出す事はもちろん、

大被災を免れた地域での

出来る限りの日常維持も大きな責務」だ。

「大被災を受けてもいないのに、米やガソリンや缶詰等々を買い占めてどうする???」

「食料や燃料が、実際に、不足しているのは、大被災地であり、

幸運にも大被災を免れた地域」なのに、

「買占め行動で、大被災地へ送るべき分を減らすばかりでは無く、

自分たちの首まで絞めて、どうする???」』

『「福島第一原発問題」でも、「冷静に」。

「放射線被爆の量」は、「人間自身が放射性物質を取り込んでしまわない限り」、

「大きな問題にはならない量しか出ていない」。

「現在程度の放射線量で右往左往する・・・」なら、

「とてもでは無いが、健康診断等は受けられない」。

「放射線の価を気にする必要は、

現在のレベルなら無い」。

「自らが、

大変運悪く、

微細な放射性物質を取り込んでしまわない様に、

対策するダケで十分(被災原発の近くにいる人々は、特に、相応に用心するべき)」だ。

「被災原発から遠い距離にいるのなら、

滅多な事では当たらない大変悪い運とは無縁

・・・と決め込める人(自己責任だが・・・)は、

何の対策も無しでも良いくらい」である。

(心配なら、ワカメや昆布やノリ等を食べられる人は食べ、花粉症対策同様、マスクやゴーグル等である。)』

・・・・・・・。

『「出来る限り多くの人々」が、

「非常時」こそ、

「事実現実の地平面に立ち、

冷静に、合理的な行動をし、

負の連鎖を避け、

より早い救助や復興への協力をするべき」である』。

|

韓流テレビ・マスコミ等では、「原発問題ばかり・・・」だが・・・。

『「過剰に原発を貶め、人々の不安心を煽り、・・・本来なら、日常的生活を保てる人々の日常的生活を壊す為の情報工作か?」と「思われても仕方無い」程、

「韓流テレビ・マスコミ等」では、

「既に、停止し、

冷やしている状態にある

福島第一原発の被災~について、

本当に、熱心に報道を続けている」。

(「オマケに、韓国のみの救助隊等の活躍を特別扱いして、忘れずに報道するところが、如何にも韓流だったりしている局まであった」・・・。)

「政府&東電の計画出来ない計画停電も同様」だが、

「日本社会の本来なら保てる日常的を壊したいのは、いったい何処の国の人脈なのか???」』

『「福島第一原発で、今、大きく問題視されているのは、

格納容器からの水蒸気漏れがあったと推定されている二号機と三号機と、

何故か?原発運転中では無く、使用済み燃料を保管していたのに、今回の被災等で、事故が生じてしまっている四号機」の様相だが、

「内実は、

既に、核分裂は止まっているが、

未だに、高温状態である使用済みを含む核燃料が放射している

{放射線の問題}なのだ」。

「核燃料の高温状態が、核爆発を誘発しないか?」等と、

「不安に思う方」もいるかも知れない。

「しかし、既に、制御棒が挿入され、核分裂が止められ、

水や海水の注入努力により、

日々刻々と温度を下げられている核燃料(もちろん、元の熱量が半端では無いから、本当に冷えるまでには、長い月日が必要だが・・・)」なのだ。

「格納容器に、ヒビが入っていて、高い放射線が観測され、

冷やす為の作業を行う為の作業員が、容易に仕事が出来なくなってしまっている事」等は、

「相応に問題」だが、

それは、「核爆発を心配する様な話しでは無い」。

「基本的に設計上」、

「やたらな事では核爆発等を誘発しないエネルギー保有量になる様に、燃料の大きさは工夫され、

制御棒も入れられているのが原発」だ。

「被災により、格納容器の万全状態が崩されたが故に、

外に漏れてしまう放射線の問題は、相応に問題だが、

その量や強さは、オープンエアの核実験より遥かに小さく、

原爆を落とされた広島や長崎が立派に復興出来ている現実からも明らかな様に、

全く対応の出来ない絶望的な話しとは、程遠い話しである」』。

『人は、「過剰な不安心」を「抱かせられてしまう」と、

「自己防衛本能が、代償欲求追求的に働いてしまい、

冷静に考えれば不用な物の買占め等、

非常時に負の連鎖を招いてしまう行動さえ起こし易くなってしまう」。

「この意味からも、韓流テレビ・マスコミ等の報道姿勢は明らかに???」である』。

『「本来なら、不要な買占め<節電&日常維持&義援金というのが、今の現実だ」。

「非常時こそ、冷徹な程、冷静に、現実の地平面に立ち続けるべき」である』。

|

計画停電問題「停電箇所を最小限にする事=被害を最小限にする事では無い」のだが・・・。

『「東電」は「電力会社らしく、停電箇所を最小限に抑えるべく、努力をしている」。しかし、「停電箇所を最小限に抑える事=停電による被害を最小限にする事では無い」。

「停電による被害を最小限にする為には、日常の維持が重要である」。

「鉄道を止めれば、必然的に、多くの人々が車での移動に依存しがちになり、結果、ガソリンの実質的争奪戦になる」。

「停電により、鉄道等のインフラや、病院等人々の健康サポートの最後の砦を止める事」は、

「停電による被害を増大させ、負の連鎖を招いてしまう、

非常時には、やってはいけない愚策」である』。

『「東電は、電力会社だから、未だ、電力基準の判断をしてしまうのもわからないでも無い」。

「しかし、政府は、非常時こそ、被害を最小限に押さえるべく、最大限の努力をしなければならない」。

「大震災の影響で多方面への対応が迫られているが、

それぞれに、特命担当大臣を置き、

大震災の影響全てについて、速やかで実効のある対応を行う事で、

負の連鎖を防ぐ義務と責任が政府にはあるのである」』。

|

東北・関東大震災の影響で、株安・円高だが・・・。

『「東北・関東大震災」による「大被害や原発被災」が原因で、「海外の投資家たちが引き、株安」、そして、「円高」なのだという報道があった。

しかし、「投資家の方々」等は、「冷静に考えて欲しい」。

「被災して大問題になっている原発(福島第一原発)」は、

「元々、

古く、

津波の想定もタッタ10m未満、

原子炉より海側にバックアップ施設・・・という、

悪い設計の原発」だ。

「古く悪い設計の原発」が

「想定外被災」を受けて、

「現状程度の事故で済んでいる実態」を、

「冷静に考慮する」なら、

「過剰な反応の必要が無い事」にも「気付かれる筈」だ。

因みに、「他のもっと震源地に近いが若干は新しい原発等」は、「全て、無事停止」している』。

『「また、大災害で、死者・行方不明者の数も万を超える」が、

「大きな被害を受けてしまった東北三県(岩手・宮城・福島)の

元々の総人口は、五百数十万人」である。

「この事の意味も冷静に考えて頂きたい」』。

『「稼ぐ為に、意図的な日本株安を起こしているのでは無い」のなら、

「上記の二点だけでも冷静に考慮すれば」、

「むしろ、今こそ、日本株が買いである事も解る」と思う』。

(当記事に(も)、

抵抗や嫌悪感を持たれる日本の方々も少なくないかも知れないが、

当ブログの読者には、海外の方々も多い様なので、あえて記しました。)

|

計画停電は直ちに止め、「ある程度の余裕を持った必要電力予測に基づいた、時間場所をあらかじめ指定した輪番停電にするべき」でしょ・・・。

『「通常の仕事等では、予定が立たない事が非常に困る」。「東電主導の計画出来ない計画停電」よりは、「タイトルの様な輪番停電の方が、遥かに、予定が立ち、仕事が回る」筈だ。

まるで、「関東・東北等の地域で仕事を回せなくする目的でもあるのか??」の様な

「実態として、東電が多くの一般市民を振り回している」

「計画出来ない計画停電」・・・』。

『「こんな酷い方法を容認している現政府も酷い」。

「政府」は、

「本当に、どうやっても、必要な電力が足りないのなら」、

「政府主導」で、

「電力非常事態宣言」を「出し」、

「例えば、

鉄道なら、

必要な電力が確保出来るまで、当面の間は、平行している路線のある鉄道等では、電車動力電力が自前のJRだけにする」とか、

「元々、大昔には、存在していなかった新幹線は、止めさせ、その分の電力を回させる

(当然、相応の緊急工事等が必要になるが、

有事には、出来ない話しをするのでは無く、

やれる話や出来る話を可能な限り出し、

その中で一番実効がある手段を、

総理等の責任の下で判断し実行する事が重要だ。)

」とかの、

「一般市民にも分かり易く」、「仕事等の計画もそれなりに立て易い」、

「荒療治だが、実効は、それなりにある手段を取るべき」だが・・・』。

|

福島原発被災問題「放射線対応も現実対応を!」・・・。

『「現場では、{人体に影響が無いとは言えないレベル}の放射線が観測されてしまっている福島第一原発」・・・。

「しかし、放射線や放射線を出す物質(大きな固体にせよ、微粒子にせよ)からの影響」は、

「{環境的距離}が遠ければ遠い程、薄くなるのが現実」だ。

「現場で作業等をされている方々は、当然、強固な防護服等を着用していたり、

防護室内に居て、環境的距離は、必要最小限は取れている筈」だ』。

『「政府は、既に、半径20km以内の全住民に避難を求め、現状では、極一部の方々を除いて、避難が実現し、残っている方々の避難も実現しつつある」。

「半径20~30km以内の全住民にも、(避難準備)や自宅内待機等環境的距離を遠ざける為の対応を求めている」』。

『「大気中に拡散され、風等により、運ばれてしまっている放射性微粒子が原因」の

「通常より高いが、一般的には人体への影響は無いレベルの放射線」が、

「関東平野の各地でも観測されている」』。

『「離れた場所にいる人々(筆者も含む)」は、

「風等で飛散し、その一部が身近にも運ばれて来ている、放射性微粒子」による「一般的には人体への影響が無いレベルの放射線」に「対して」、

「過剰に心配する事無く、現実的対応をすれば良い」だけだ』。

『「具体的」には、

「過労や心労等を避け、健康状態等を出来る限り向上させておく事」と、

「放射性微粒子と人体との環境的距離を遠ざける事」である』。

『「放射性ヨウ素微粒子に対しては、摂取が可能な人は、ノリやワカメや昆布等の前摂取が効く」。

「他の微粒子も含めて、使い捨てのマスクも有効」だ。

「余分な外出を避ける事や、家の窓を閉め、換気扇等の使用も必要十分最小限にする事等も有効」だ。

「心のケアや強化」としては、「人間は、現実と共にある状態になれる事で初めて落ち着ける・・・という現実に素直になる事」だ。

「災害時には、余分な仕事も増えてしまい、過労状態に陥り易くなり易いから、

多くの人々が、出来る限り、日常を保つ事も重要」なのである』。

『「風向きや天気」は「変化するもの」だ。

「風向きや天気の変化に合わせて、相応の対応を取り続けられる人は稀」だろう』。

『「放射線に対しては、現場近くに居ない方々は、過剰に恐れる必要は全く無い」。

「それぞれが相応の現実対応を行いながら」、

「日常を保てる立場にある者たちが、

大震災ゆえの心のショック等を出来るだけ早く落ち着かせ、

節電等をしながら日常を復帰させながら、

被災された方々や被災された所への実効のある支援を行う事」が

「大切」なのである』。

|

福島第一原発二号機問題・・・。

『「一・三・二(13再び??)の順番で、危機に陥っている福島第一原発」・・・。

「東電にも、所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)が少なからずいる」・・・ので、

「思わず、心配になってしまった」・・・のは、「筆者だけでは無い」』・・・。

『「何れにしても、

日本では史上最大のマグネチュード9.0という超巨大地震の被災にも係わらず」、

「原発の被害・影響等は、未だ、小さくて済んでいる(核兵器保有国が、散々行って来ているオープンエアの核実験等より遥かに小さい)」。

「一部では、

原発に対する解らないが故の嫌悪感や、

今回の被災の過大評価等から、

原発株を売る状況まである様」だが、

「冷静に考えれば」、

「今の日本の原発は、

近くで、史上最大のマグネチュードの地震が起き、その被害が襲っても、

今回の被害状況・・・」なのだし、

「他の記事で記した様に、

危機管理の問題を是正すれば、

将来的には、もっとマシになる代物」でもあるのだ』・・・。

・・・・・・・。

『「原発復興の邪魔の為の情報工作等を防ぐ意味から」も

「あえて記しておく」』。

|

計画停電問題・・・。

『「計画停電」の「実態」は「名称とは乖離している」。「何故、実態と乖離している名称が使われているのか?」

「其処には、所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)の思想」が「在る」。

「所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)の思考」では、

「一般人民(・・・下々)は、指導者の計画に沿って動くべき」なのだ。

「左翼的現状権力者の思いに忠実な名称」が「{計画}停電」なのである』。

『「もちろん、現状の日本社会は、所謂、旧社会共産圏の社会では無い」。

「結果、左翼思想名称と、一般市民の情報受け取り結果には、大きなギャップが生じている」。

「それが、現状の混乱の一因」なのだ』。

『「筆者の暮らしている(関東平野中央部)」でも、

早々に、「お上は当てにならない・・・」等と

「決め込んで行動を起こした人々」等が、

「ガソリンスタンドや開いているスーパー等に{長蛇の列}」だ。

結果、「道路はあらぬところで渋滞」し、

「開いていたスーパー等では、品不足・・・」だ。

「計画停電」では無く、

「停電実態に合った名称&実態通りの発表」で、

「電車等公共交通機関による移動が確保」されていたなら、

「上記の様な異常な混乱は、防げている筈」である』。

『「一般市民の立場」なら、「無理の無い復興支援」&「節電!(特に、電力使用が多い時間帯)」と「出来る限り、日常維持!」が「大切」である。

因みに、筆者は、「毎日、無理の無い範囲で、買ったつもり募金」&「節電」&「日常維持(ガソリン等でも必要分だけを何時もの通りに・・・)」を続けている』。

・・・・・・・。

『「所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)」は、

「上辺では所謂、優等生や高学歴が多く」、

「上辺では、ジェントル」だが、

「内実」は、

「優等生や高学歴の実体=日教組や文科省のワンワン」、

「上辺のジェントルさは、下々支配の為に必要な上辺のポーズ」だったりする・・・のだ。

そして、「ご当人の内実」としては、

「自分を健康的にコントロールする代わりに、代償欲求を暴走させ、他人を支配したがっている状態」である場合が多い。

「何しろ、欠陥だらけの現実離れした学校教育等でもワンワンになれる位に、

現実に対して鈍くなれる環境等を保持出来てしまっている/保持せざるを得ない場合が多い」だけでは無く、

「現状では、所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)政権」だから、

「社会に出ても、現実主義に是正せざるを得なくなる環境等も不十分」である場合が少なく無いのだ。

「特定の考え・思いの世界を中心に生きている様な実体を持つ」、

「所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)」の「下」で、

「実際の日本社会が右往左往させられてしまっている事」は、

「大きな実損をもたらす大問題」に他ならない』。

『「所謂、日本の、左翼(=親現朝鮮現状権力者・親中国共産党)思想に毒されてしまっている人々」は、

「出来る限り早く、現実の地平面に立つ事で、自らも他の人々も救うべき」である』。

|

計画出来ない「計画停電」問題・・・。

『東京電力の発表によれば、「電力の需要と供給のバランスをギリギリまで見極めて・・・」だそうだから、

「はっきり言えば、計画出来ない、その場、その場で対応する、緊急停電」というのが、

「計画停電の実体」だ』。

『「そういう計画」なら、「最初から計画停電などと言う実体離れしているが故に混乱を招く悪い名称」は「使わず」、

「一般市民には、徹底した節電をお願い」し、

「頼める企業には、操業を止める事等をお願い」し、

「電力の需要と供給のバランスが崩れた時には、

○時~○時の間の場合○○の地域が{緊急停電}します」と

「大衆周知すれば良かった」のだ』。

『「筆者も言葉使いは、かなり下手」だが、

「東電の言葉使い」は、「大きな混乱を招いているくらい」だから、

「相当に下手」であり、

「電力会社が公共的仕事である」を「考慮」すると、

「適材適所になっていない事態」は「直ちに改善されるべき」である』。

|

東日本大震災、「大災害時こそ政権等の監視を忘れるな!」・・・。

『「今は、日本全体が一丸となって・・・」という「平和ボケ的善人論」もあるが、「有事時こそ、被災を免れた人々は、出来る限り平時を保ち、政権監視&批判等をする事も{絶対に忘れてはいけない}」。

「大戦中に、日本が既に負けている状態だったのに、更に、無謀な戦争行為を続け、更なる犠牲者を増やし続けてしまった」のは、

「日本全体が一丸となって、能力???な権力者の下で動いてしまっていたからに他ならない」のだ』。

・・・・・・・。

『「今回、菅政権」は「あの辻元氏を総理補佐官に任命し、復興計画を・・・」等と、

「大丈夫か???」の「感を持たざるを得ない物事」まで、

「東日本大震災の大災害時の混乱の中」で「行っている」。

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)が主導する復興計画」が、

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)の強いリーダーシップの下」のみで

「行われてしまう事」を「防ぐ事が出来る」のは、

「世論」である。

「リーダーが辻元でも、世論のお墨付きが???」なら、

「リーダーの下にいる世論と近い考え方の人間の意見が力を持つ確率が高まる」。

「現在の救助問題」や「原発問題」でも「同様」だ。

「今時の、真実の情報の隠匿によるメリット」は、「当面は、悪の方がより多く取得し易い」のだし、

「何れは、真実は露呈する」のだから』・・・。

『「大災害時だから、全ての人々を信じたくなる気持ちは解る」。

「被災されてしまった方々同士なら、お互いにそうするのが、一番合理的」だ。

しかし、「被災を免れた人々の間では別」なのである。

「大災害に乗じて、冷徹な程に、自分たちの利権増大を謀る輩だっている可能性大(例えば、実質的株価操作等の手段で・・・)」なのだ。

「現在リーダー的立場にある者たちが、リーダーとして的確な仕事を出来るとは、限らない」のに、

「リーダーシップだけ取りたがる可能性もある(実際に、現状の民主党菅政権はその様相だが・・・)」のだ。

「多くの人々が、それらの悪意のある人々や、リーダー不適格な人々等より、ずっと冷静に、

それらの悪意のある人々やリーダー不適格な人々等の悪態を不可能にするくらい」に、

「監視・批判・必要なら告発等をする事が重要」なのである』。

|

余りに酷い「計画停電」と「その報道」・・・。

『「昨日の韓流テレビ・マスコミ等のニュースや政府発表等では、計画停電で、公共交通機関が止まる問題等に対して十分には広報していなかった」・・・。

「東電の計画???停電」も「東京23区は特別扱い・・・」と「余りにも酷い」対応だ。

「日本の経済等への影響を考慮し、東京23区を特別扱いするのなら、

その分の負担を背負う所に対しては、

早々に、

応分の割引き処置等のメリットを後々でも与える旨等、

不公平感を拭い去る為の対応もセットで行わなければダメ」である』。

『「東電も、政府も、韓流テレビ・マスコミ等も・・・、

まるで、今回の東日本大震災を悪用して、

日本を意図的に余分な苦難に追い込んでいる様相で、

どうかしている」等の

「感を得てしまっている」のは、

「筆者だけでは無い」』。

|

「津波から避難・・・」と言われても、避難場所が無けりゃダメでしょ・・・。

『「地震が起きたら、津波の可能性があるから、海に近いところは津波から避難を!」と「テレビの解説者やコメンテーターは言っている」が、

「避難出来る場所が無けりゃダメ」な事は、「当然」だ。

「だから、本来なら、避難場所を造るべき、確保して大衆周知すべき」等と「言うのが、現場感覚のある人」である』。

『例えば、

「地震時に津波が押し寄せる可能性のある地域」には、

「一定間隔で、

鉄筋コンクリートで、

被災時には避難場所に成り得る建物を建てなくてはならない事を定める

法律の制定&法に基づいた速やかな実行」とか、

「該当する地域での大衆周知の徹底」等が、

「今、幸いにも今回被災しないで済んだ該当する所」&「今回被災してしまった所」で

「現実的に望まれている物事」である。

一応現状でも、「何と!三階建て以上の鉄筋コンクリートの建物に避難・・・」等の

「アリバイ的対応はあった」のだが、

「津波予想が過去にデータの都合の良い部分に過剰に拘る人たちでも7m、

温暖化影響を考慮しない一般的な推定でも、10m程度までは予想されていた」のだから、

「多くの人々が避難する場所」を考えても、

「最低でも、7~10階建て以上の鉄筋コンクリートの建物の上部に速やかに避難」というのが、

「実効のある対応」だ。

「今回の津波では、それでも助からなかった人々も少なからず居る」が、

「アリバイ的では無く、実効のある対応をしていてれば、かなりの数の人々が救われていた」筈である』。

『「机上の空論的解説やコメント」や「アリバイ的対応」等では、

「現場や現場と成り得てしまう所に住んでいる人々」にとっては、

「役に立たない」』・・・。

|

蓮舫痛すぎ、リーダーシップを取っている政権中枢が感情丸出しの会見では・・・。

『「悲痛な表情を浮かべながら、会見を行った蓮舫」・・・。「見ていた方が、ちゃんと救助が出来ているのか???不安になったくらい」だ。

「緊急事態に対応している政府要人の態度としては、全くダメ」である。

「会見の内容とは別だが、少なくとも、視聴者に、政府は救助に全力を尽くしているから大丈夫・・・と、

不安な思いを抱かせない様に、

緊急事態時こそ、ある意味での鉄仮面が必需だ」。

「意図的に大衆の中に不安心を増大させる為の情報工作活動では無い・・・」と言うのなら、

「蓮舫は、日本の文化や危機対応の標準等をちゃんと理解してから、政権でリーダーシップを取るべき」である(周囲の人間は、アドバイスもしていないのか???)』。

|

東日本大震災問題、「とんでも無い地震&被害だから、とんでも無い額の復興資金が必要になる」・・・。

『「今回の東日本大震災は、とんでも無い地震&被害」だから、「当然、とんでも無い額の復興資金が必要になる」。

「だから、一般の立場なら、日々の生活の中で出来る範囲を{続ける事}」が合理的だろう』。

『「同時に、政権監視も忘れてはいけない」。

「政権に対する批判の声無き事、今の政権のやり方を容認している事と同じ」なのだ。

「前記事でも実例を示した様に、民主党菅内閣の対応は余りにもお粗末」だ。

「民主党菅内閣等のやり方に対する批判が多くなれば、

必然的に、他の者のまともな意見も通り易くなる」。

「非常時だからと、感情に流され、あらぬ者・物・事を容認してしまう事」は、

「知らず知らずの内に、負のスパイラルを招いている事と同じ」である。

「非常時こそ、冷徹な程冷静に、現実の地平面に立つべき」である』。

|

東日本大震災、あり得ないでしょ!民放FM局には連絡可能で、政府の対策室には連絡不可能・・・。

『「日常を保ちつつ、節電(今日は予行演習みたいなものだが・・・)&買ったつもりの義援金募金」に出かけて来たら、「車中のラジオで、タイトルの様な信じ難い実態が話されていた」。

続いて、「菅内閣は、被害者数を少なめに信じたがっている旨まで、述べていた」のそうだ。

「政府も一般国民も、現実把握&現実対応が一番なのに」、

「政府が率先して、思いの世界・・・」という状態は、

「本当に信じ難い」』。

『「最低でも、

人の心は、

どんなに悲惨などんなに認め難い現実でも、

現実と共にある状態になれて初めて落ち着く事」くらい、

「情報・教育がまともなら、多くの人々の間で、共有出来ている筈」だ。

ところが、

「日本では、日教組等による自虐教育と、

韓流テレビ・マスコミ等による現実逃避情報が主・・・」だから、

「精神的に子どものままの状態に押し込められてしまっている人々の数が意外な程多い」』。

『そして、「政府まで開いた口が塞がらない対応」である。

「癒しや慰めにより、現実逃避が可能になり、現実逃避状態で一時的に難を逃れられていても、

現実逃避したままだと、

実際は、人間は身体全体で被災していて身体からわかっているから、

多くの場合、本当の問題解決にはなっていない」のだ。

「当面、悲惨な事態が無意識に押し込められている状態である場合が多い」のである。

「後にフラッシュバック等が起きてしまう可能性を高めてしまう状態を出来る限り避ける為にも、

被災前からの徹底した現実主義に基づいた情報・教育が必要」なのである』。

『「地球温暖化という現実を考える」と、

「今回の東日本大震災」は、

「日本が被る大災害の始まりである可能性もある」。

「今回偶然にも被災から免れた方々」も「今の内に、出来る限りの備えをしておくべき」だろう。

「耐震等、物の対策も、自分自身の心の対策も」』。

|

福島原発「非常用ディーゼル発電機がダメだった」訳・・・。

『「福島第一原発一号機、被災~事後対策」問題で「露呈した事」がある。「事故や故障や被災時には、命綱になる二機の非常用ディーゼル発電機」が「二機とも仕えなくなる確率は、平時前提の100万分の1では無い」のだが、

「平時を前提とした確率100万分の1のまま、設備を整えて、OKを出してしまった事」が「問題」なのだ。

「本来」は、「事故・故障・被災時の確率に基づいて安全設計をしなければダメ」である。

「地震被災時の確率まで考慮していた」なら、

「二機の非常用ディーゼル発電機」の「他」に、

「十分な容量を持つ非常用移動発電機」が「最低でも二台、何時でも使える状態で準備されていた筈」である』。

『「一号機の倍近い出力を持つ、三号機まで一号機と同様の事態に陥りつつある・・・」旨の報道まであった。

「三・一がらみの不健康な工作活動さえ想起させてしまう事態」だ。

今は、「出来る限りの現状対策で出来るだけ早く事態を収拾する」と共に、

「本当の真相解明」と「再発防止」が「必需」である』。

|

「被害が甚大な巨大地震」という「理解し難い事態」もしくは「認め難い事態」に遭遇すると「どうしたら良いか???」になり「思いに救いを求めたくなりがち」だが・・・。

『「こんな事を記せば、現状の未熟な人間社会では、反感を持つ人々さえ、少なからずいる」だろうが、

「多くの人類を飢餓状態から救い出したのが、宗教では無く、現実の食料生産技術等の向上であった」のと同じで、

「被災地の快復に実際に寄与するのは、思い<実利」である。

「はっきり言えば、

同情心を持つ者自身の為の上辺の同情心より、

被災されてしまった方々への現実的な心のケアや支援」なのだ』。

『「上辺の同情に走りたくなる」のは、

「その様な状態の人」が

「今回の大災害に対して、どうしたら良いか???」だったり、

「現実に在ったのに認め難い思いを抱きしめているから」に他ならないのである。

つまり、

「被災を免れたり、実質的な被災が少なかった人々」が、

「自分の心の安定の為」に、「現実を受け入れて落ち着くのでは無く」、

「思いの上で安定を模索している状態」だから、

「思いの上での同情心等が生じている」のが「実態」なのだ。

先ずは、「そんな状態から自分を救い出し」、

「どんなに酷い現実」でも、

「現実通りに認める=理解・把握する事」で、

「初めて人は落ち着ける」のである』。

『「被災から免れたり、被害が少なくて済んだ人々」は、

「今回の大災害に対して」、

「先ず、自分を救う=自分を現実の地平面に立たせる事」だ』。

『「巨大地震の直接の実質的大被害者では無い人々」にとって、

「一番大切な対応」は、

「負の連鎖の防止」と「現実的な復興等の協力」だ。

「原発が壊されてしまい、電力不足状態に陥る事が明らかになった」のだから、

「関係している所で暮らしている人々」は、

「電力ピーク時(今の季節は、午後6時~7時くらいになるらしい。)には、節電!」で、

「実際に、その様な動きは既にある」。

「政治の監視や、政権批判等を忘れない事」も「負の連鎖の防止」になる。

「歴史上でも、

悪どもは、災害さえ悪用して、利権増大や政権維持を謀ったりして来た」のだし、

「悪どもに、利権増大や政権維持を許してしまった一般市民は、

災害後に不当に笑っていた悪どもの下で、

負の連鎖に放り込まれてしまっていたりした」のだから。

この辺の対応が不十分な人々が多かったから、

「~小泉~自民ダメ~民主~という韓流テレビ・マスコミ等」による「操りの下」、

「韓流テレビ・マスコミ等の人々や韓流人脈の人々等は立場・報酬等を温存出来ている」ばかりか、

「電波使用料を下げる事や

韓流への実質的利益誘導等

利権増大まで画策されている反面、

多くの一般日本人の生活実態は、どんどん悪くさせられてしまって来た」のだ。

そして、

「被災場所から、推定される近未来対応」。

「被災地域の海産物等は、大打撃・・・」だから、

「海産物等、普段、被災地域の物にお世話になっている場合」は、

「相応の対策を」。

そして、

「自分の健康状態を崩さずに出来る範囲で、復興の為の募金・支援等にも協力を!

(食べ過ぎ/飲みすぎている人の食べたつもり募金や、

金持ちの多く募金は、

それらの人々自らの健康の為にもなる)」。

「現実的に、能力・立場等のある方々は、

それぞれの然るべき時が来たら、

実際に、被災地に出向き、救助や復興や現実的な心のケアのお手伝い等をする/出来る」事になる筈だ』。

『「先ずは、

実際に、超巨大地震が起きてしまい、実際に、甚大な被害が出てしまった現実」を

「現実通りに自分に認めさせよう」。

その上で、「現実の自分の立場・能力で出来る事/するべき事を行おう」』。

・・・・・・・。

『「現実」として、

「細胞ごとに誕生・死を繰り返している人間には、丸ごと一人のままのあの世や霊は存在し得ない」。

「既に亡くなってしまった方々」には「既に苦痛はあり得ない」。

「亡くなってしまった方々の思い」に「応える唯一無二の手段」は、

「同様の新たな悲惨な状態の再発防止」である。

そして、

「生き残れている者たちにとって重要」なのは、

「者・物・事の快復」に他ならない』。

|

大地震に乗じて「予算を丸飲みしろ!」という民主党菅内閣の悪態・・・。

『「今回の巨大地震の被害は甚大なものだ」。「当然、救助~復興には、多大なお金が必要になる」。

「本来なら、通常予算とは、全く別の特別予算を組むべき」だが、

「民主党菅内閣の提示」は、「何と!巨大地震の被害をいい事に自分たちの予算案を丸飲みせよ!」という

「信じがたい悪態」だ』。

『「とんでも無い政権」である。

「巨大地震への早急な対応は当然」だが、

「同時に、民主党政権の一刻も早い政権交代も必需」である』。

『「古の時代」なら、

「政権を持っている者に徳が無いから、今回の様な事態が起きた」という「理由」で、

「あっと言う間」に

「政権から降ろされている、どころか、場合によっては、処刑されている」のが

「民主党政権の実態」だ。

「上記の話し」は、

「民主党の中にも愛好者が多数いると推定される

儒教に基づいた歴史上の事実」だが、

「皮肉を込めて記しておく」』・・・。

|

福島第一原発地震被害問題・・・。

『「日本の原子力発電所は、巨大地震が起きる事も考慮の上建てられている」。

「それでも、今回の日本での観測史上で一番大きなマグネチュード8.8(後に9.0に修正)という

超巨大地震に対しては、十分に持ち応えられなかった一部の発電施設も在った」・・・。

「もちろん、巨大地震が起きる事も考慮して建てられていた施設」だったから、

「超巨大地震にもかかわらず、深刻な被害は、意外な程最小限で済んでいる」様だ。

(・・・と、思ったら、危機管理が甘く、非常用発電機が働かなかったり・・・、

その後、熱くなり過ぎて、水~水素爆発があった模様・・・。

水は、条件次第では、燃えてしまうからだ。対策が必需である。)

「しかし、本来なら、地球温暖化がはっきりした段階」で「相応の対策が必要だった」のだ』。

『「地球温暖化=地球が持つエネルギー量が増えた事」なのだから、

「増えた/増えると推定されるエネルギー量を基準」に、

「即刻、家々や各インフラ施設等の対自然現象対応基準も見直し、

即刻、実際の対応も急ぐべき」である。

「温暖化状態が解消されない限り、

今後も、史上で一番強い●●という事態が続く」だろう。

「近未来に起きてしまう可能性が非常に大きい

新たな悲惨な事態の被害を出来る限り小さく押さえる為」にも、

「本気で考え実行するべき」だが』・・・。

|

さすが、在日韓国人からの献金受領の菅政権、韓国軍を受け入れだと・・・。

『「東北沖太平洋地震の被害者救助等の目的」で、「在日米軍より早く、韓国軍が活動してしまう異常な様相」だ・・・。

「普通に考えれば、

先ず、自衛隊で、

足りなければ、在日米軍

(何しろ、既に日本に居る、

日米同盟のパートナーなのだし、

間に領土問題も無いのだから)、

それでも足りなければ、国連からの支援軍等の順番になる筈」だ。

ところが、「在日韓国人からの献金を総理自らも受けていた民主党菅政権の場合」は、

「早々に韓国軍の登場」なのだ。

「明らかに異常」である』。

『「東北地方の被害が甚大だった事」から、

「韓国側にしてみれば」、

「外国人参政権を約束した小沢氏のお仲間たちで、

自分たちのお仲間でもある東北在住の人々の救済の為、

いち早く・・・」という面もあるのだろうが、

「そんな要素もあると推定される韓国側の要望を受け入れる事」は、

「韓国現状権力者たちの精神構造を考えれば」、同時に、

「竹島や歴史教育問題等、

日韓の間に存在している色々な問題で、

日本を益々不利にしてしまう可能性大」なのだ』。

『「在り得ない植民地支配の補償まで、

事ある度に、何回も日本に対して補償を要求し続けている、

竹島に侵攻し、不当実効支配している、

反日教育まで行って来ている、

・・・のが、韓国現状権力者の実態」である』。

『「そんな韓国現状権力者が差し出す」、

「上辺は、人道支援という救助の為の韓国軍派遣」の、

「内実」は、

「日本の一般国民騙しの韓国に対する好イメージ作りという情報工作」であったり、

「将来的外交カードの一枚作り」であったり、

している「可能性大」である』。

『「日本政府は、

竹島問題等韓国との間にある色々な問題がある程度以上解決するまで、

絶対に韓国軍を受け入れるべきでは無い」。

「まるで、在日韓国人から献金を受け取っている与党民主党議員等々の救助の為に、

軍という脅しの材料でもあるモノまでもを派遣してもらっている様相の

民主党菅政権」・・・。

「こんな政権が、日本の政権である事の正当性は、全く無い」・・・。

「在日外国人等から献金を受け取っていない心ある民主党議員」は、

「率先して党を割り」、

「一刻も早く、政界再編~解散~総選挙を行わせるべきである」』。

『「被災地の救助と復興は、一刻も早く行うべき」である事は言うまでも無い。

しかし、

「甚大な震災被害を機に、

被災地の他国人脈支配要素を悪戯に強めてしまわない為にも、

相応の配慮は必需」である』。

『「韓流テレビ・マスコミも、民主党菅政権も、

異常な程韓国よりの判断を、

平気で行ってしまっている」のが「実態」だ。

「民主党菅政権」も「韓流テレビ・マスコミ」も、

「ちゃんと普通の日本の政権/テレビ・マスコミに入れ替えるべき」である』。

『・・・・・・と、「韓流テレビが余りにも{韓国軍}を強調した」ので記事にしたら、

さっき見た「NHKの報道」では、「何と!五人の兵士と二頭の犬」で「他の国からの救助隊等と同様に、来る」のだそうだ。

つまり、「韓流テレビ」による「韓国軍の特別扱い報道」が「異常だった」のである。

何れにしても、「日本で救助の実績を作った事」を

「韓国の現状権力者たちが外交カードや内政に利用にしない」とは

「限らない」のだが・・・』。

|

あり得ないでしょ!全面運休首都圏の鉄道・・・。

『「首都圏では、震度7では無く、震度5の域だった筈の東北沖太平洋地震」。「それなのに、鉄道が極一部を除いて全面運休状態で、多くの人々が職場待機や徒歩帰宅・・・とは、あり得ない」。

「先ず間違い無く、

スーパーの商品棚では無い、インフラ設備の鉄道施設では、

震度5レベルでは、

実際に壊れた部分は非常に少なく、

多くの路線では、

速度を落とした通常運行もしくは、

徐行運転による間引き運行程度の対策で

大丈夫な筈」だ』。

『まるで、

「近未来に必ず起こってしまうであろう

関東域大震災の時の為の予行演習的様相」だが、

「そんな事態を決定したのは、いったい誰か???」

「お偉いさんたちの

責任取りたく無い病の害」を受けるのは、

「お客様でもある一般市民」なのだ』。

|

マグネチュード8.4(後に8.8に修正、後に9.0に修正)だと・・・。

『「大被害が出てしまっている宮城県沖の地震、マグネチュード8.4(後に8.8に修正、後に9.0に修正)もあったのだそうだ」。

「震源地近くの大被害状況や政府等の対策について」は、ここでは記せない』・・・。

『「筆者の周辺(関東平野中部)でさえ、

ブロック塀が崩れたり、

スーパーが緊急閉店に追い込まれたり、

銀行ATMが止まったり、

携帯電話が使用不能状態になっていたり、

・・・、・・・、

筆者の住んでいるマンションでも、数箇所、小さなコンクリート剥がれやヒビ割れが出たり・・・」と、

「震度5という数値相応の被害が実際に出ている」』。

『「心配されるのは、余震だけでは無い。

大地震の連鎖の可能性も大きくなってしまっているのでは?」。

「今からでも備えを万全にしておくべきだ」』。

『「今回の地震のエネルギーが日本での観測史上最大だった事」と「地球温暖化」は、

「無関係では無い」筈だ。

「地球が温暖化するとは、地球が保持しているエネルギーが増大する事」であり、

「地球が持っているエネルギーの暴発の一つである地震の場合」も、

「その規模が大きくなる事」は、

「十二分にあり得る話し」なのである。

「過去のデータ」では、

「大規模地震でストレスが抜ければ、その地域では、しばらくは、大規模地震は起きない・・・」だが、

「温暖化により蓄積されているエネルギーを考えると、

大規模地震で弱まったところ、もしくは、その連続面で地震の連鎖・・・の可能性もゼロでは無いのでは?」』。

・・・・・・・。

『「因みに、今回の地震では、

商売重視の置き方をしなければならないスーパー等は、緊急閉店に追い込まれても、

筆者の部屋では、緊急用の水で何時でも取れる様にしてあったペットボトルが倒れたり、

結構量があるがゆえに、置き場所からはみ出ていた本が散らばった程度で済んだ・・・のは、

建物の構造と地震の揺れの関係から、

食器棚やタンス等は、中の物が飛び出さない方向に向けてあり、

重い家具には、倒れ防止器具を付けてあったからだ」と推定される。

「残念ながら、マンション自体を自分でいじる事は出来ない」が、

「部屋の中は自分で工夫出来るから、

今、行える事を行っておくだけでも、今後の被害は確実に減らせる」。

「今回の被災を免れた方々でも、

万一、地震対策が未だの方々は、

是非、早急な対策を!」』。

|

とんでも無い地震だ・・・。

『「筆者のいる関東平野の中部」でも「かなり長い時間、かなり強く揺れた(感じとしては、震度5くらいか)」地震・・・。

「NHKによれば、震源地は、東北宮城県沖で、津波警報も出ている。

震源地の近くでは大変な事になっている事は、想像に難く無い」。

「今後も、余震や津波に要注意だ」』。

|

菅総理、在日外国人違法献金問題「日本名を名乗られて判らなかったのなら、公人に対する通称等使用を規制すべき」でしょ・・・。」

『「菅総理の言い分」では、「相手の方が日本名を名乗り、在日外国人である旨言わなかったから、在日外国人(韓国人)からの違法献金という認識が出来なかった・・・」だが、

それなら、「日本の総理として、日本の国会議員として、

同様の新たな違法行為を防止する為にも、

在日外国人等の通称等使用に対する規制を行うべき」である事は、

「明らか」だ。

(そもそも、在日朝鮮の方々も、本音から「創氏改名は、嫌々だった」等と言うのなら、

嫌々である創氏改名と同様の通称使用など、とっくの昔に止めている筈だ。

通称使用の権利範囲ももっと狭くても良い等の論が主流になり、

日本の法律も是正されている筈だ。

ところが、現状では、日本における在日外国人等の「通称使用の権利範囲は、異常な程広く」、「規制は、異常な程甘い」。)

「菅総理が、日本の総理・国会議員としての当然の仕事」さえ、「満足の行えない」のなら、

「即刻、解散なり、総辞職なり、するべき」である』。

『「野党」も、「通称使用の問題」くらい「ちゃんと突くべき」である。

「その程度の事も出来ていない」から、「自民はダメ・・・」になってしまったのだ』。

|

菅総理の在日韓国人からの違法献金問題・・・。

『「前原前外務大臣が外務大臣を辞めた時」の「菅総理の表情」を「見れば」、「菅総理自身が、外国人からの献金という認識があったのか?否か?」も、「明らか」でしょ。

「前原氏に辞められる事は、自分の防波堤が崩壊する事という様な雰囲気の

涙目に近い表情」は、

「その時点で、既に、今日の騒動を予測していた様」でもあったなぁ』・・・。

・・・・・・・。

『「ここまで来たら、破れかぶれ解散しか無い」でしょ。

「総辞職して、他の民主党議員が総理になったところで、

事態は本質的に変わらない

(もはや、民主党に投票する人々は、

時が経てば経つほど、

民主党の実態がより広く知れ渡るから、

より減って行く事が確定的)」

のだから。

「韓流テレビ・マスコミ等は、減税日本&連携一派等の、

新たな{韓流(在日も含む朝鮮系の人々)を優位にする為の受け皿政党・議員等}の用意が出来るまで、

解散総選挙は先延ばしにしたい様相」だが、

そんな企みだって、「もう既に、バレバレ」なのだから。

「民主党系の人々」が、

「国会議員の座を一議席でも多くを保持していたいと思う」なら、

「即刻解散~総選挙が正解」なのである。

・・・・・・・。

「一秒でも長く日本衰退工作を行う為の確信犯の悪」なら、「相応に裁かれるべき」でしょ』。

|

韓流テレビ・マスコミ等では、「民主党土肥氏は全ての役職を退いたから良いではないか」とでも言いたげだが・・・。

『「韓国で行われた3.1抗日運動記念日がらみの行事」に「日本の与党国会議員でありながら、わざわざ参加し、

日本は、竹島を自国の領土としている事を放棄すべき、

日本は、嘘の歴史教育を止め、韓国同様の正しい歴史教育を行うべき、

等の意の共同宣言に、

署名までして、

韓国の民族衣装を着て、韓国の国旗を喜々として振って来た(もう一度記すが、日本の与党国会議員であるのに、3.1抗日運動記念日がらみの行事でだ!)」土肥氏』。

『この問題は、

土肥氏が、

「テレビ・マスコミ等に報道されるとは思わなかった旨吐露」し、

「早々に、全ての役職を退く旨公言」し、

とって付けた様に、「竹島は日本の領土である旨述べた」から、

「オシマイにして良い問題の訳が無い」』。

『「民主党の党体質や党内力学」を考えれば、「誰でも解る」様に、

「幹事長を退いた小沢元幹事長(現被告)が、

未だに、大きな実権を保持出来てしまっている」のと同様、

「旧社会党時代からの長い議員実績があるがゆえに、

民主党内での立場も相応の土肥氏」も、

「上辺は、一兵卒、内実は、党内権力者」という事態が容易に推定されるのだ。

「世論が、

全ての役員を退いて、竹島は日本の領土宣言をすれば、

土肥氏が国会議員で有り続ける事を容認する事」

=「民主党というごちゃ混ぜ大政党の存続

&民主党内で外国人参政権派等、

実質的朝鮮>日本議員が優位なままの状態の存続への後押し」になってしまう可能性大なのである。

つまり、「今回の土肥氏の甘い処分を容認する事」

=「日本乗っ取り策略を持つ不健康な朝鮮側現状権力者たちの

大きなステップでもある外国人参政権等の実現への

可能性を残してしまう事」でもあるのだ。

「それは、多くの一般日本人にとって非常に自虐的な事」である』。

『「他国人脈による策略実現の防止」には、

「その策略に必要なステップを無効にする事」が「良く効く」。

「ステップさえ実現不可能なら、策略自体を諦める他国人脈も少なく無いから」だ。

「不健康な朝鮮側人脈」等による「日本乗っ取りや日本人支配策略についても同様」である。

例えば、

「外国人参政権」は、

「該当他国と日本との、在外自国人(仮面帰化等を除いた実質)の数のバランスが均衡するまで塩漬け」にしたり、

「外国人参政権自体を状況判断から日本では取り入れない事を決定」したりする事や、

「国内法でも、著しく他国人脈が有利になる法律は、絶対に通さない事」や、

「日本<他国の国会議員等」は「その実態が露呈したら直ちに国会議員等の座から退かせる事」や、

「法律が無い事が実質的ステップになってしまっている{スパイ工作活動防止法等}の法律を成立させる事」等などが、

「非常に良く効く」のである』。

『「真実の歴史教育」も「良く効く」。

「日本では、

そのスジの連中の工作活動により{差障りがあるから・・・}と、

現状の日本社会に大きな影響を与えている

明治維新~日韓併合~終戦直後の歴史情報・教育が異常な程希薄」だが、

「日韓併合時の韓国」は、

「王朝の周辺にしか経済らしい経済も無く、

王朝の周辺以外は、

権力の座に決して上がって来られない様に、

徹底的に衰退させられていたから、

例えば、人々の着物は、染料の無い白だったりしていた」のだ。

「当時の日本人の認識」では、

「朝鮮を併合する事のメリットは希薄」で、

「日韓併合の合意契約を結んだ朝鮮の王朝周辺以外の所」は、

「当時の北海道より未開の、新たに開拓しなければならない様な所」だったのだ。

「日韓併合」により、「日本側の人材・技術・財産を使った朝鮮内の急速な近代化を望んだのは、むしろ朝鮮側」なのである。

「そんな朝鮮側」の中には、

「極一部に武力抗戦までして日本による急速な近代化に反抗した人々も居た」。

「今の北朝鮮に通じる様な人脈」で、

「今の北朝鮮」が、

「日韓併合前の朝鮮と同様」に、

「王朝の周辺(今で言うなら平壌)以外は、

決して権力の座に登って来れない様に、徹底的に衰退させられている」のも、

「その様な権力者たちの精神構造が原因」なのだ。

「実際」に、

「日本の人材・技術・財産を使って、朝鮮半島内は急速に近代化整備された」が、

「日本の敗戦を良い事に、

その全てを無償で奪い取る策略が跋扈した」。

その象徴こそが、「日韓併合は日本による植民地支配という嘘論」であり、

「その嘘の歴史」が、「朝鮮内では、一般国民に思想教育の如く、徹底的に叩き込まれ」ているのだ。

その上、「反日感情までもが煽られ、

日本人と本音で接する機会を心の面から遠ざけられた朝鮮人たち」は、

「真実の歴史さえ知る機会も削がれている」のだ。

「日本」では、

「終戦時に日本に渡来していた朝鮮人たちが米軍に取り入り、

戦後の日本統治の手助けをするフリをして、

日本軍の武器を使って、不当な略奪・暴行行為まで行った」だけでは無く、

「敗戦処理の時に米軍と話しを付けた朝鮮系の人脈が、

保守系教師を教団から追い出しただけでは無く、

日教組等の教師組合や政党等を作り、

教育現場と政党~文部省等のお上の両方、

そして、テレビ・マスコミ等からも、

{直近の歴史は差障りがあるから・・・}等の理由付けを行って、

歴史情報を隠蔽したり、

嘘の歴史情報をばら撒く、

等などの

情報工作を行い続けて来ている」のである。

その様な「権力を取った者が全て」的な「善も悪も良識も無い支配権争いの文化の底で蠢いているのが、儒教という宗教」なのだ』。

・・・・・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等の論調や煙幕(大衆興味を引き付け易い他の話題)に釣られて、

知らず知らずの内に自虐的な判断をさせられてしまってはいけない」。

「平和ボケ化」や「政治無関心化」は、

「一般日本人を、

知らず知らずの内に、実質的工作活動の操り人形にする為の

罠」である』。

・・・・・・・。

『「民主党土肥氏に相応しい」のは、「国会議員の座から退かせる事」に他ならない。

「議員辞職勧告決議案も率先して出せない民主党菅内閣」なら、

「世論による解散圧力を、もっと、もっと、高めるべき」だ。

「日本の為」には、

「一刻も早い、政界再編~解散総選挙を行い、

土肥氏の様な日本<外国・在日の国会議員の数を、

国会内で実権を持て無いくらい少なくする事が必要」である』。

|

「神世界による霊感商法被害推定100億円」だと・・・。

『はっきり言って、「この様な被害が現代の日本社会で出てしまう原因は、情報・教育が異常だから」である。

「人の誕生・死が細胞ごとである事は、既に、ずっと前に、科学的に判明している」のだから、

「学校教育でも、

社会的な情報でも、

現代人の常識として、

その理解・把握を深める為のサポート情報・サポート教育が行われているべき」なのだ。

「新陳代謝という言葉を上辺で覚えていて、

未だに、丸ごと一人の死生観や霊やあの世等の概念等を抱いている状態」とは、

「新陳代謝を理解・把握していない愚か者の状態」に他ならない。

「現状の情報・教育が大きく影響して、知らず知らずの内」に、

「自分を愚か者状態にし、

愚か者状態であるがゆえに、

優秀???(本当は、悪質)な人々に、

自分を操らせてしまっている様な人々」こそが、

「霊感商法や振込め詐欺等の被害者になり易い」のだ。

「多くの人々を意図的に愚か者状態に押さえ込んでおいて、

操り人形化しようとしたりする」のは、

「精神的未熟者や病人や、悪人のやる事」である。

「自分で自分を健康的にコントロールする代わりに、

他人を支配したがる代償欲求の追及行為に奔走する」のは、

「精神的未熟者もしくは病人や、

確信犯の悪」なのだ。

「そんな者たち」に、「過剰な立場や報酬を与え続けていてはいけない」。

「学校教育やテレビ・マスコミ等の立場のある者や、議員等の権力者たち」が、

「精神的未熟者や病人でも、悪人でも無い」のなら、

率先して、

少なくとも、

「人の誕生・死等、

人生に大きく影響がある物事に関しては、

科学的現実に基づいてちゃんと理解・把握を深める情報・教育を行うべき」である』。

・・・・・・・。

『「現代日本の情報・教育が酷いから起きた様な要素も強い

100億円にもなるとも言われている被害をもたらした霊感商法事件」・・・。

「実質的情報難民状態の被害者だけの責任に押さえ込んでしまっている限り」、

「同様の原因による新たな事件・事故等の再発防止は困難」である』。

『「宗教等への異常な程過剰な気遣い

(まるで、異常な歴史教育の中・韓・朝に対する異常な程過剰な気遣いと同様だが・・・)

は、直ちに止め、

宗教団体等の優遇も止め、

宗教がちゃんと伝統文化遺産の域に安心して移行出来る様に手助けする事」こそ、

「現代の政治家や情報・教育に携わる者たちの重要な仕事」に他ならない。

「宗教の実体」とは、「考え・思いによる納得法」である。

だから、

「色々な物事のマニアの実体」は、「信者と同様」で、

「有名人教」でも、「野球やサッカー等のスポーツ教」でも、「アニメ教」でも、

みんな「現代社会が生み出した宗教にも成り得る物事」なのである。

「古からの宗教のみが、

既得権益的に、

宗教団体等の認定を受け、

税制の優遇等特別扱いを受けている現状」は、

「実体的に、明らかに現実離れしている」。

だから、「そんな現実離れした状態を続ければ、

優遇されている特定の宗教団体等が、他の普通の商売を行っている所より、

楽な商売が出来、お金が残り易くなるから、

現状の日本の様に、

不況でも特定の宗教団体にはお金がタンマリある様な

異常な人間社会になってしまう」のだ。

「全ての宗教」について、

「優遇は止め、

古から続いている伝統文化的要素が強い、

伝統文化遺産として保護しなくてはならない宗教のみを、

伝統文化遺産として保護すれば良い」のだ。

「所謂新興宗教(創価学会も立正佼成会も入る)」は、

「実質的に考え・思いによる納得法に基づいた商売を行っている様なもの」だから、

「他の現代の宗教的にも成り得ている物事と同様」に、

「商売は商売として税金等をちゃんと取るべき」である』。

・・・・・・・。

『「全世界的に、科学的現実が宗教等の思いによる納得より力を持つ様になれば良い」。

「元々が、人類誰もが同じ地球生命体細胞群の一塊」なのである。

「その現実を誰もがちゃんと理解・把握すれば、

必然的に、元々世界は一つである事にも気付く」。

「人類を分けているのは、宗教や思想等の人の思いによる現実離れした納得」である。

「宗教や思想等より科学的現実を優先すれば、必然的に、平和になるのが、地球生命体細胞群である人類の実体」なのだ。

「今生きている人々の本来の役割にも、地球生命体細胞群という自分の存続~永続への貢献」という「基本がある」。

「その基本から紐解けば」、

「現状人間社会の多くの問題の現実的な解決も可能になる」のだ』。

『「現代でも残っている宗教の役割としては、現実逃避という麻薬の役割もある」が、

「それは、本当に心の痛み等が強くて必要な時に一時的に使ったり、

普段は、軽く、遊び程度に使う分には、

悪影響は少ないが、

本気でのめり込んでしまうと依存状態に陥り、

現実を感じる感覚も削がれてしまい、

悪戯に現状を容認し易くなってしまうので、

現状権力者たちが、下々を宗教漬けにして、現状の自分の安泰を謀ったりする事には合理的でも、

多くの一般市民にとっては、自分本来の能力を鈍化させてしまう悪魔の罠みたいなもの」なのだ』。

|

売国署名の民主党土肥議員は、即刻議員辞職させるべきでしょ・・・。

『「韓国現状権力者の言う嘘の歴史を元にした、竹島の領有権や、日本の学校教育について、言及した、韓国側のあり得ない宣言書に、

与党国会議員でありながら署名した土肥氏」・・・。

「この実質的売国行為」は、当然、「国会議員資格剥奪や公民権停止に相当する」だろう』。

『「現実の歴史」は、

「日本が竹島を国際法的に合法的な手段で、平和的に自国の領土とした当時、

韓国は近代化に遅れ国の存続さえ???の状態だった。

竹島の様な離島の国としての管理など出来得ない状態だった」のだ。

(この辺の事情は、中国が領有権を主張し始めている尖閣諸島と同様・・・当時の清には、尖閣諸島の様な離島の国としての管理能力など無く、尖閣諸島は、日本が国際法的にも正当な手段で平和的に自国の領土にした)

「実際」に「嘘偽りの歴史を教えている」のは、「韓国の現状権力者たちの方」なのである』。

『「ところが、韓国」では、

「嘘をつこうが、

他人を力で押さえ込もうが、

権力を持った者の勝ち・・・という宗教、儒教の影響が色濃く残っている」し、

「特に権力者たちにその傾向が強い」から、

「実際は、自分たちが嘘の歴史を教えていても、真実は言わず、

嘘の歴史を教えているのは日本だ!等の

自分たち以外を下において、

自分たちの嘘や汚点等を

現実を無視して上から下に投影・転嫁する、

更なる嘘まで、

平気言い通そうとする」のである』。

『「朝鮮産まれでありながら、そんな朝鮮の文化を知らなかった」とは、とても思えないので、

「民主党土肥議員は、

朝鮮産まれの朝鮮人で日本に帰化したが、

未だに内実は、朝鮮>日本の仮面帰化人なのでは?」という疑念が生じる』。

『「何れにしても、実質的売国署名だけでも、国会議員を辞めさせるには十分な理由」だ。

「民主党

(元社会党・・・他にも民主党には、

元社会党の議員が多数いて、

議員歴が長いから、実権を持っている場合が多いのだ。

民主党の実体としては、

仮面社会党の要素も少なからずある)

土肥議員は即刻議員辞職せよ!」

「土肥議員が議員辞職しないのなら、

民主党は、土肥議員を除籍し、

土肥議員に対する議員辞職勧告決議案を率先して上げるべき」である。

「民主党がその様な行動を起こさない/起こせない場合=民主党の本音は、土肥議員と同様である事の実証・・・」に他ならない』。

|

「年金のデタラメ処理」問題・・・。

『「普通に考えれば」、「少子高齢化になってしまった段階」で「世代間相互補助年金は破綻」している。

おまけに、

「現行の年金システム」は、

「国債同様で、

年金保険料支払い者という預金者への利払いを約束した、

一種の投資年金を

国で行ってしまっている

異常なシステム」なのだ。

本来なら、

「年金」は、

「国が行うべき、生活保護と同様の社会保障年金」と、

「個人が民間で行うべき、個人資産運用年金に分けられているべき」である』。

『「現行の年金問題がデタラメな処理を繰り返されている」のは、

「国が行っている、

実質的には、破綻している、

個人資産吸い上げ事業を

永延と続けたいから」に他ならない。

しかし、「破綻解消の可能性が極めて薄い物事を永延と引き摺る事」は、

「将来に大きな負の遺産を残す事と同じ」だ。

「現行の年金システム」は、「清算が正しい道」である。

「保険料支払い者には、元本返しで十分」だ。

「その上で、

社会保障年金のみを国が行い、

個人的上積み年金は民間が行えば良い」のだ。

「国会議員の多く」が、

「ちゃんと一般日本国民に本当の事(=現行年金システムは破綻している事)を告げ、

現行年金システムの清算~新たな年金システムへの速やかでスムーズな移行が必要である旨告げ、

粛々と仕事をすれば良いダケ」なのだ』。

|

「力が全て、金が全て・・・」は、「儒教という宗教」の悪影響なのだ・・・。

『「中国や朝鮮等(日本にも残っているが・・・)の文化」で「力が全て、金が全て・・・」と「上辺」では、「短絡的な実利主義の様に思えてしまう文化」がある。

しかし、「その様な文化」は、実は、「儒教という宗教」を抱きしめているから、

起こってしまっているのだ』。

『「儒教とは、言うまでも無く、中国皇帝の為の宗教」である。

「ローマ皇帝がキリスト教を編纂させ、利用した様に、

中国では、儒教を利用した」のだ。

それらの「宗教の肝」は、「武力制圧し権力を握っている当時の現体制に対するお墨付き心を、支配下の民に持たせる事」である。

「その為」に「精神構造の相似性」を「利用して」、「支配下の民にも、その宗教を信じる事で生じるメリットが与えられていたりする」のだ。

「儒教の家長制度」や「キリスト教の神による復活」等が、それに当たる』。

『「日本人では、少なく無い数の人々が、

儒教は思想であり、宗教では無いと勘違いしている」。

「キリスト教の様に、神や死後の復活等の超然的物事を語っていないから、勘違いする人々もいるかも知れない」が、

「超然的物事を語ろうが、語らなかろうが」、

「宗教」とは、「特定の考え・思いの下で納得する事」である。

「特定の考え・思いの下で、

その思想を信じている人々が、

強い納得心を抱く事を

強くサポートする」のが、

「宗教の実体」である。

「東西の皇帝たち」は、

「支配下の民の思想を

皇帝にとっても都合の良い宗教によって一色化した方が

支配が容易」なので、

「こぞって、人民支配に宗教を利用した」のだ』。

『「儒教の肝」は、「内実、中国の皇帝が一番」であり、

「ローマ皇帝が編纂させたキリスト教の肝」は、「内実、ローマ皇帝が一番」なのだ。

「それぞれの皇帝たちは、人殺し等の力業で、権力を得ている」。

「だから、古の時代では、東西とも、実質的には、宗教の下で、正義と悪が分けられ、力が全てを支配する人間社会構成だった」のだ』。

『「しかし、時代が進むと」、「ヨーロッパでは、ローマ皇帝が編纂させたローマ皇帝の為のキリスト教」に、「反旗が翻る」。

「ヨーロッパが、多数の列強による権力が散らばった国家群だったから、

それは必然でもあった」のである。

「片や中国の周辺では、中国が唯一の大国だった(ロシアは中枢が余りにも遠すぎた)」ので、

「近代まで、中国皇帝の中国皇帝の為の儒教という宗教が生き残ってしまっている」のだ。

「儒教が、神や死後の復活等の超然的な物事を積極的に語らず、

上辺では、宗教では無く、単なる思想に思われ易い事」も「儒教という宗教の生き残りには役立っている」』。

『「日本でも、徳川支配の江戸時代」までは、「儒教という宗教を利用して、支配者たちが、一般国民を支配していた」のだ。

「ところが、儒教利用がアダとなってしまい、

{本来の天帝にあたるのは、徳川将軍では無く、天皇でしょ・・・}となったから、

江戸時代も終わってしまった」・・・。

「明治以降戦後までは、形式的に天皇を仰ぐと共に、天皇を国民支配に利用する国家権力者たちにより、日本の政治は行われて来た」。

「実質的には、天帝支配では無く、国家権力者支配だった事」と「敗戦」が引き金となって、

「戦後の日本では、儒教と言う宗教は、実質的に衰退して来ている」』。

『「中国や朝鮮の場合」は、「未だに、儒教という宗教が色濃く残っている」のは、

「中国の場合は、戦勝国の立場を得、自国の古からの文化への誇りや愛着心が強く残されたから」であり、

「朝鮮の場合は、

戦争時には、日本だった筈なのだが、

戦勝国の立場を得ようと、

二国間の正式合意契約であり、日本の人材・資産等を使った朝鮮半島内の急速な近代化整備という要素も強かった日韓併合を、

日本による植民地支配とすり替えた事により、

日韓併合以前の朝鮮の文化がより力を持ったから」である。

「もちろん、実際には、朝鮮が戦勝国になる事など出来る訳も無い」ので、

戦後、「米国将軍たち」は、

「朝鮮人に対し」、

「あなた方は、戦勝国の民では無い、

戦敗国の民でも無いというのなら、

第三国の民だ(在日朝鮮人たちが、三国人と言われる元)」と、

「潔く、日本と同じ立場だった事も認めない人々への軽蔑の感さえこもっている様相の言葉」を「投げかけている」くらいだが』・・・。

『「何れにしても」、「実際に、儒教という宗教の影響が色濃く残っている中国・朝鮮等」の

「力やお金に拘る文化ぶり」は、現在でも、「醜悪なほどに、凄まじい」。

「本当の現世実利主義等だったのなら、

余りにも過剰な醜悪さまで至らないものだが、

何しろ、元々、宗教文化」である。

「ローマ皇帝ご用達のキリスト教が充満していた古のヨーロッパで、

キリスト教が敵とみなす者・物・事に対する殺戮も含む徹底的な弾圧が行われたのと同様」に

「金さえ持てば、力さえ持てば、権力さえ持てば、・・・」の社会では、

「他人の足を引っ張ったり、他人を策略にはめたり、工作等で蹴落としたり・・・する事まで含めて、

どんな手段を用いても、金や力や権力を得た者が勝ち・・・の文化が蔓延っている」。

「日本で暮らしている中・韓・朝の一部の人々や、

未だに、儒教という宗教に毒されたままの日本人も同様」なのだ』。

・・・・・・・。

『「宗教心を持っている人々は、平和的で良い人々だ・・・」というのは「幻想」である。

「その様な幻想は、宗教側が好んで配信していて、

多くの平和ボケや情報難民等も知らず知らずの内に同調してしまっている」が、

「実際は、儒教や元のキリスト教等の宗教とは、

古の権力者が特定の思想で民を支配する為に編纂した道具」なのだ。

だから、「実際」に、

「古のキリスト教では悪魔と認定された者は、殺しても良く、

儒教では、皇帝(親)が下々(子)より{圧倒的に偉い}から、

飢餓状態になれば、子ども殺しては食しても良い」のである。

「何れも、

特定の考え・思いに基づいた思想に納得を求めたから、

行える凶行」に他ならず、

「権力を事実・現実に預ける現実主義等の文化だったら、絶対に在りえない異常事態」なのだ』。

『「科学的」には、

「人間誰でも細胞の塊」であり、

「誕生・死も細胞ごと」であり、

「細胞の命の連続性を考えれば、人類発生前から、続いていて」、

「その連続性こそが、細胞の塊である人間の本来の年齢なのだから、

昔の60歳と今の60歳では年齢が違う」のだし、

「今生きていて活動している細胞群の命の連続性(年齢)は、誰もが同じ」等々、

「儒教やキリスト教という宗教の嘘や矛盾を露呈させるには十分な証拠が既に判っている」』。

『「日本の大乗仏教等」や「現在の多くの国々でのキリスト教等」は、

「仏教でも、元々は、寺の人が侍という字になる事からも、明らかな様に、武力を保持していた同じ思いで納得する人々の集団だった仏教徒」を、

「商売的(つまり、本当に、現世実利主義的)に大衆にまで広げた(キリスト教の場合も同様である)」から、

「宗教本来の毒々しさは、大分薄まっている」が・・・』。

『現代なら、

「宗教は、伝統文化遺産、もしくは、有名人教やガンダム教等と同様の個人的趣味」で良いのである。

「権力は人に持たせず、事実・現実に預け、大切な物・事等は、皆で共有すれば良い」のである』。

『「脱宗教が出来ない事」は、「非常に危険」だ。

何故なら、

「宗教が残る事

=事実・現実では無く、

特定の思想等で多くの人々が操られてしまう危険性が残ってしまう事だから」だ』。

|

外国人からの違法献金、「露呈した前原前外務大臣」と「露呈しない人々」問題・・・。

『「在日韓国人から献金を受けていた事が露呈」した「外国人参政権賛成派」の「前原前外務大臣」・・・。

「韓流テレビ等」では、「外務大臣だから問題・・・」等と、「前原前外務大臣のみの問題に抑え込みたい様相」で、「在日韓国人の寄付も善意を強調・・・」だが、

「在日韓国人の団体である民団」が「外国人参政権を要求した事」や「小沢元幹事長(現被告)と約束した事」等を知っている人なら誰でも、

「外国人からの違法献金問題」は、

「民団や外国人参政権がらみの可能性もゼロでは無い」、

「前原前外務大臣だけの問題では無い」、

「重大な問題の氷山の一角なのでは?」等と思う筈だ』。

「民主党内」の「外国人参政権賛成派の数の多さ」を知っている人なら誰でも、

「他にも、実質的に在日韓国人等から献金を受けている国会議員等がいるのでは?」と思う筈だ』。

『「前原前外務大臣」の場合は、「露呈した」が、

「何故、他は露呈していないのか?」』。

『「少し考えれば、誰でもわかる」様に、

「他の違法行為同様」、

「不備だらけの現行法に基づいた違法形式を満たしている事が露呈しなければ、

摘発も出来ない」からだ。

「外国人からの実質的違法献金」でも、

「例えば、在日韓国人が帰化した同胞に頼んで同胞の名の下で献金」したりすれば、

「摘発が困難な場合が多い」から、

「滅多な事では露呈しない」のだ。

「ネット献金や、ご当人たちの間だけでは実際は判る匿名献金等の手段でも、露呈し辛い」だろう。

「企業献金より個人献金の方が、圧倒的に、実質的外国人からの献金が容易になる」のだ』。

『だから、

「有権者」は、

「韓流テレビ・マスコミ等の論調だけを気にするのでは無く」、

「否応無しに露呈する問題以外の要素も考慮しなければならない」のである』。

『例えば、

「外国人からの違法献金問題」については、

「民主党内の外国人参政権賛成派の数の多さ」や、

「在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束した小沢元幹事長(現被告)による強権集中的政治手法」等から

「逆に、考慮し、判断するべき」なのである。

例えば、

・・・「普通に考えれば、日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権なのに、

何故、民主党内には、これ程数多くの外国人参政権の賛成派がいるのか?」

・・・「その裏には、実質的な外国人からの違法献金等が何もないのか?」

・・・「何故、小沢元幹事長(現被告)は、強権的に幹事長室への権力の集中を行おうとしたのか?」

・・・「大政党を強権的に押さえる事で、党首や幹事長の意思の下に多数の一票マシン議員を作ろうとした裏には、

例えば、外国人参政権等、

普通の手段では通らない、献金等をした外国人の要望の実現の為等の、

売国・売国民的企みがあるのか?否か?」等々と・・・』。

|

東京都知事選候補者問題・・・。

『「石原都知事が引退濃厚・・・」で「混沌としている様相の次期東京都知事の立候補者たち」・・・。

しかし、「各候補者の上辺のイメージより、大切なのは、各候補者の実体」だ。

例えば、「外国人参政権に対しては、賛成か?反対か?」

例えば、「経済政策や人権意識等に関しては、日本<外国・在日外国人か?日本>外国・在日外国人か?」

例えば、「目指している社会構造としては、利権集中悪徳格差社会派か?否か?」』。

『「所謂マスコミ」が

「ちゃんと機能しているのなら、

上記の様な事に対する

各候補者の実体が露呈する様に

ちゃんと質問し、回答を得る筈」だが』・・・。

『「現状権力者たちや、そのスジの連中の、オコボレ頂戴わんわん連中だったり、ご用達部隊だったり」すると、

「本来なら、東京都民も含む一般日本国民にとって重要な候補者の実体」を

意図的に、「誤魔化したり、ボヤかしたり・・・」する上に、

「どうでも良い上辺のイメージで選挙が行われる様に情報コントロール~大衆誘導したりする」のだ』。

『「選挙時」には、「所謂マスコミ等の実体」も「露呈し易くなる」』。

『「物事の上辺に騙されず、本質を追求する事」を「忘れなければ」、

「誰もが、現状日本社会の酷い実態を実感出来る筈」だ』。

|

京大等大学入試カンニング事件・・・。

『「携帯電話直使用という、かなりテクが要のに実態としてはバレ易い手段の上に、身元が直ぐにバレる電話通信直使用という、

実質的には、見せ玉役と容易に推定される者の行動の裏」で

「どれ程の数の本当の悪」が

「中国式等の手段

(髪の毛内やメガネや筆記具等に仕込みの小型カメラ

&公共的電話通信などは用いず、私的な通信手段

&優秀なお仲間の解答や外のお仲間によるネット検索等による解答

&私的な通信手段による返答を筆記具等に仕込んだ小型ディスプレーの流れ文字で見たり、かくしイヤホン等で聞き取ったり・・・)

でカンニングしたのか?否か?」も

「ちゃんと検証するべきでしょ」』。

|

松下政経塾問題・・・。

『「松下政経塾」と言うと、「多くの日本人は、あのナショナル(現パナソニック)の松下氏が立ち上げた塾だから、

松下氏の心に呼応した善良な日本人が通う塾」と

「勘違い」したがっているのかも知れないが、

「実態として」は、「日本人成功者松下の名を利用」して、

「一般日本人を欺き」、

「日本支配をする為に、政治家に成りたがる人々」が、

「こぞって押し寄せている塾」でもある・・・。

だからか(?)、

実際に、

「中学時代から、在日韓国人との仲が良く、

国会議員になっても在日韓国人から政治献金まで受けていた

前原現外務大臣」を始め、

「親中・朝国会議員が多い現民主党の国会議員にも、

多数の松下政経塾出身者がいたりする」のだ』。

『「何事」でも「上辺に騙されてはいけない」。

「例え、あの松下の政経塾出身者」でも、

「日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権の賛成派だったりするのなら、

その国会議員等は、普通の一般日本人の代表とは限らず、

他国人脈の紐付きかも知れない」のだ』。

・・・・・・・。

『「どんな人でも、人は、常に変化し続けながら存続している」。

「だから、

有権者は常に、

国会議員等の候補者の

その時~近未来の実体(思想信条・政治理念等)を確かめながら、

投票する必要性がある」。

「総選挙」は「意外と近いかも知れない」』。

『「国会議員を始めとする政治家たち」が、

「本当に日本国民の為を考えている」のなら、

「一刻も早く、思想信条や政治理念に基づいた政界再編を行うべき」であるし、

「各政党間の議員の移動は、原則的に、次の選挙までは禁止にするべき」である』。

『例えば、

「外国人参政権の賛成派と反対派が同じ党などと言うデタラメ状態は

直ちに是正されるべき」なのだ。

「経済政策でも、社会保障でも同様である」。

「その結果」は、

「たぶん、少人数多数政党化する」だろう。

しかし、「実体通り」なら、

「その方が有権者には判り易い」し、

「はっきりしている思想信条・政治理念ごとの政党・候補者へ

有権者が

自分の判断で

一票を投じられてこそ、

テレビ・マスコミによる大衆誘導ファシズム政治では無い

本来の民主主義の第一歩に他ならない」のだ。

「実際の政権や政策」は、「小人数多数政党が集まって、連立出来る政策ごと等で、決めれば良い」。

「対外的に長期同じ顔が必要」なら、「権力の弱い大統領でも置けば良い」。

「国会議員たちが、自分たちの利権等では無く、

本気で日本の為の政治を考えている」のなら、

「その程度の改革が出来ない訳」など「在り得ない」』。

『多くの有権者は、

「上辺の松下政経塾や東大等高学歴卒や現状の高等職歴等などに騙されてはいけない」。

「その候補者」が、

「日本<外国・在日外国人なのか?」

「日本>外国・在日外国人なのか?」

「有権者(自分)と同じ考えの、経済政策を行いたがっているのか?」

「有権者(自分)と同じ考えの、社会保障や税制等を行いたがっているのか?」等々が

「重要なのである」』。

|

最近のちょっとした話題・・・。

『「ネット実名/匿名問題」・・・「先ず、現状で優位な立場にいる、テレビ出演者やマスコミ記事著者等が、

芸名やペンネームや通称使用等を一切止めて、

本当の実名を使用する様にしてから言うべきでしょ。

そもそも、意見や論等は、誰が?が重要なのでは無い。

その意見や論の本質や実体が重要なのだ。

有名人の実質的人類滅亡誘導論より、

無名人の論でも、地球生命体細胞群の永続~存続との整合性が高い論の方が、遥かに重要である」。

「自立問題」・・・「現状権力者や大金持ち等に媚びる事で立場や金銭等を得ている連中は、

自立?

オコボレ頂戴わんわん?

巷で言われている自立話題は、

実態としては、

未だ、事実・現実の地平面に立てていない様な人々が、

本当は自立出来ていない自分の実体から現実逃避する為、

他の人々をダシに悪戯な比べっこを行い、

他の人々との現状での上辺の比較で得られる

自立感という虚像の充足に奔走し続けているダケ。

(つまり、本来の自立を忘れた代償欲求の追及行為)

自分の実体を抜きにしたまま他人の事をとやかく言う前に、

自分の実体を確かめ、本当の自立を目指すべきでしょ」。

「引きこもり問題」・・・「自分の実体と行動等との整合性も???のまま、

悪戯に行動を起こし(その様な状態の者たちが行っている物事の実体は、

現実逃避という麻薬や大枚という覚せい剤を求め、

代償欲求の追及に奔走している醜態である場合が多い・・・)、

実質的には、地球生命体細胞群として自虐的な行動を堂々と行ってしまっている

厚顔無恥の元気者たちよりは、

迷いに素直に引きこもっている方々の方が実害が少ない・・・でしょ。

必要な仕事は、手分けして皆で行えば良いのだ。

仕事を独占させ、利益や権力等も独占させるのが異常なのである」。

「人の精神の病」・・・「精神的に健康である事の定義さえ満足に出来ていない現状の精神医学では、

現状適応を目安にしているという立派過ぎる程の現状権力者のオコボレ頂戴わんわんぶりだが、

実際は、地球生命体細胞群である自分の実体との整合性から、精神的健康も定義出来る。

地球生命体細胞群の存続~永続への貢献行動を行っていると共に、その一部である自らを健康的にコントロールしていれば、健康で、

自らの健康的コントロールの代わりに、他人を支配しようとしたり、他人に自分を支配させたりしていたり、

地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が悪い行動を平然と行い続けていたりするのなら、相応に病気だ。

自覚や自我の問題も同様で、

ちゃんと、自分が地球生命体細胞群の一塊である事の自覚を持ち、

広義の自我として、地球生命体細胞群まで認識しているなら、健康的だが、

狭義の自我である地球生命体細胞群のホンの一塊である自分にばかり執着している様な自我狭窄状態は、明らかな病気である」。

「実質的病人に多大な権力や立場を持たせ、

その血統相続や病床利得思想相続を認め、

血統相続者や病床利得思想相続者が同様の病態を繰り返し、

それに周囲の多くが病的に媚び続ける様な

自虐的な人類の歴史を繰り返し続ける必要性など全く無い」。

・・・・・・・。

「もっと、もっと、多くの人間が、

もっとちゃんと自分を進化させないと、

地球生命体細胞群・・・つまり、誰にとっても広義の自分の未来は、短くなってしまう・・・」のだ。

「一人一人の責任は重大」である』。

|

トラブル頻発の日本兵遺骨収集問題・・・。

『「フィリピンで旧日本兵の遺骨収集を行ったら、その多くがフィリピン人の遺骨と推定され、しかも、本来推定されている人数より遥かに多くの遺骨が集まってしまった」のだそうだ。

「フィリピン以外の国にある遺骨だって、

長い年月で土に返っていて収集不能だったり・・・」と、

「実際に、日本兵の全遺骨のみをちゃんと収集するのは困難である」のが、「遺骨収集事業の実体」だ』。

『「現代なら、

本来は、

実態として約3年で入れ替わっている骨細胞群の遺骨収集など止め、

生存時には、分解~トイレ等の中へ・・・と流されている骨細胞等に故人を被せる文化から、

現実的文化へ転換する為の情報の流布を行うべき」なのである』。

『「人の心や思い」は、「事実・現実と共にある状態になる事で、初めて、落ち着ける」のだ。

「旧日本兵の遺骨問題」でも、

「遺骨に故人の霊や魂が宿っていると思い込んでしまっている状態の人々」だと、

「遺骨が日本に戻って来ないと、故人の霊や魂も日本に戻れない・・・」なのだろうが、

「それは、丸ごと一人の死生観ゆえの思い込みがもたらしている妄想の様な物事に他ならない」のだ。

「丸ごと一人の死生観等の、

現実離れしている考え・思いに執着している限り、

現実離れした考え・思いを元にした妄想等が膨らむ事はあっても、

実際に、心や思いが落ち着ける訳も無い」のである』。

『「人間の誕生・死の実態」は「細胞ごと」であるのが「現実」だ。

「故人の霊や魂の存在を考えるのなら、細胞ごとに考えなければ、現実との整合性が取れない」のが「現実」だ。

「細胞ごとの霊や魂を考えるのは、個人の自由だが、

今、この瞬間にも死んでいる自分の細胞に

霊や魂の必要性を感じる人は、

いったいどれ程いるのだろうか?」

「多くの人々は、

丸ごと一人なら、霊や魂を考えたくなるが、

細胞ごとなら、霊や魂の必要性を感じない」筈である。

「霊や魂」とは、

「丸ごと一人の死生観という{現実離れした考え・思い}と、

現実の人間の死の

間を埋める為に、

古の人々が考え出した辻褄合わせの概念」なのである』。

『「新陳代謝を繰り返し、細胞ごとに入れ替わりを続けながら、存続している一人の人間にとって、

重要なのは、その人の意思・言動等である」。

「死に行く者たちが、自分の意思を失う時」には、

「強い念が生じたりする事もある」ので、

「実際に、戦争時には、遠方の戦地で死んだ瞬間の肉親の感を得た日本に居た人々」も「少なからず居た」のだ。

それは、

「強い念が、ある種の場を形成し、

その場が、ある種の電磁波の様なものを通じて、波長の合う者に伝えられた」とすれば、

「科学的にも、実際に、在り得る」話しである。

「ここで、気付く人も居る」だろう。

「その時点で、故人の霊や魂(・・・実際は、意思だが・・・)は、日本に戻っている」のである。

何も今更、

「生きていれば、誰もが、最終的にトイレに流している様な細胞群のなれの果ての残りを、

ワザワザ収集するために、

多大な税金を使い、否現実的な利権等を製造する必要など全く無い」のである』。

|

やっぱり出てきた「前原外務大臣に対する在日外国人の支援者」・・・。

『「本日の参院予算委員会の答弁」で「自民党西田氏の質問」により、「前原外務大臣は、中学時代から、焼き肉店経営者の在日外国人との仲の良い付き合いがあり、

何と、政治献金まで受けていた(本人が知っての上なら、公民権停止になる)事」が「露呈」した。

「コレ」では、

「前原外務大臣」が、

「韓国語がベラベラ・・・」と言われていたり、

「外国人参政権の賛成派だったり」するのも

「ある意味、当然」だ』。

『「民主党政権」とは、

「こんな状態の国会議員でも外務大臣にしてしまっている政権」なのだ。

「日本<外国・在日外国人の政治」が「行われてしまって来ている」裏には、

「相応の実態が在る」のである』。

・・・・・・・。

『「一刻も早い、

政界再編~解散総選挙」を

「望んでいるのは、

筆者だけでは無い」』。

|

「反体制派」・・・。

『「中国では一般中国国民に対する言動弾圧が行われている」が「日本の多くのテレビ・マスコミ等では、「実体通り」に、「言動弾圧」とは言わず、

「中国政府は、反体制派を押さえようと必死だ・・・」等の表現を使っている。

リビアでも、「反体制派に対して、政府側が空爆・・・」等の表現を使っている』。

『「基準」が「それぞれの国の現状権力者」だと、

「それぞれの国の現状権力者たち」が「正義の体制派」で、

「現状権力者に反意を示す者たち」は、「悪の反体制派・・・」等の

「イメージ」になるが、

「基準」を「人類誰もの実体である地球生命体細胞群に置く」と、

「リビアや中国で叛いている」のは、

「現状権力者たちの側である事(この辺の判断が、?な方は、他の記事をご参照ください)」は

「明白」である』。

『「本来、現状権力者の様な、特定極一部の人々は、基準には成り得ない」。

「古の時代は、実際に基準と出来る物事の把握が不十分だった」ので、

「人類は、緊急避難的に、人に大権を持たせたり、大権を持つ者たちを基準とする人間社会を築いて来た」のだ。

だから、

「人の誕生・死が細胞ごとである事」や、

「細胞群の命の連続性等」が、

「科学的に判明している現在」なら、

「もう、

特定極一部の人々に大権を持たせたり、

特定極一部の人々を基準する

必要性など無い」のである』。

『「権力は、事実・現実に預ければ良い」。

「基準は、人間等の実体等から科学的に考え・検証して、決める様にするべき」だ』。

『「人類誰もの実体である地球生命体細胞群」に叛いている「反体制派の人々」に、

「余りある大権や大量の資金や資産等を与え続けて行く事」は、

「人類全体にとって非常に自虐的」である。

「この意味から、

現状権力者たちが身勝手に決め込んでいる内政干渉等はダメというご都合論」にも、

「過剰な権力を与え続けている必要性は全く無い」のである。

「人類全体の為、地球生命体細胞群の存続~永続の為という

人類誰もに共通な基本的大義が成り立つ物事」は、

「国境線や未熟な法律等より上位に置かれるべき」である』。

『「過剰な立場や財産等々には恵まれてしまっている現状権力者たち」は、

「上辺の現実逃避漬けに生きる生き恥を続けるより、

科学的に既にはっきり判明している自分の実体に素直になるべき」だ。

「現状では、過剰な立場を得てしまっている、

自分の実体さえ???なおバカ状態等々の人々」が、

「今時の普通の人間としての常識を理解・把握」し、

「その理解・把握を元に行動を起こせば、

大迷惑者が、一瞬で救世主的にも成り得る可能性がある」。

「近未来で語られる生き恥の人生を選択し続けるのか?」

「近未来で語られる救世主的大転換を選択するのか?」

「現状で過剰な立場を得てしまっている者には、

相応の責任の大きな選択も付いてしまっている」のが「実態」なのだ』。

『「おバカや

性悪や

情報難民や

ヤク(現実逃避という麻薬・大枚という覚せい剤)中毒者たちが

どんなに抵抗」しても、

「人類が存続方向に向かう限り」、

「近未来では、現実革命(仮称)が起きる」のである。

何故なら、

「人類誰もの実体」は、

「実際に、地球生命体細胞群(他の表現でも良いけど・・)」なのだから、

「多くの人々が現実を理解・把握すればする程」、

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が取れる者・物・事が選択される様になり、

地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が悪い者・物・事は、悪として判断・処理される事になるから」である。

「人間社会の大転換に際して」は、

「現実革命が在った方がより合理的」である。

そして、「現実革命の時は、そんなに遠い先の事では無い」』。

・・・・・・・。

『「現状の自分が、

自分の実体に対して、

素直か?

反体制派か?」は、

「それぞれの方々が、現実通りにご判定下さい」。

そして、

「誰もが、

変化の

権利も

自由も

持っている事」を

「お忘れ無く!」』

|

大学入試カンニング問題「逮捕された予備校生の宣伝」に邁進している韓流テレビ・・・。

『韓流テレビ等では、「京大等試験中試験問題流出事件で逮捕された予備校生の個人的実態情報」が「宣伝」されている。

曰く、

「父親を亡くした。母子家庭状態だった。・・・」

「センター試験で思ったより点が取れず、追い詰められていた。・・・」

「予備校内での模擬試験等では成績優秀者だった。・・・」

「aicezukiのハンドルネームで、自殺の仕方の問い合わせや、仙台市内の良い精神科を紹介して欲しい旨も訴えていた。・・・」等々・・・』。

『「まるで、

精神的に追い詰められていた若者一人だけによる計画性の無い事件だから、

出来るだけ軽い処分で済ませられる様な世論が育つ様に、

意図的な大衆誘導情報を流している」様相なのだ』。

『「実際の手口実態も特定出来ていない現状(携帯直打ちなら、少なくとも隣の受験者は気付いている筈)」で、

「容疑者予備校生の情状的応援情報を主に流布」とは、

「お仲間の臭い濃厚」である。

普通なら、「仲間の有無も含め、事件の実態解明が主であるべき」だ』。

『「今回の容疑者予備校生やその仲間たち(居た可能性大だとも推定されるが・・)が

本当の悪

(その道の組織に通じている人脈

・・・だから、aicezukiという逆読みで相応の意味を持つ{マーク}的ハンドルネームを使用{組織内のお金等を動かす為には、組織管理者の検証が簡単になる様に、そのスジの連中には判るマークが付けられている場合が多い}

・・・なのでは・・・)」で、

「実際に入試問題を流出させる者が、

摘発される可能性も考慮しながら、

最初から、意図的に精神科を探している情報を流していたのなら、

正に、合理的」なのだが・・・。

「有名一流校を受け、

携帯操作にも熟練しているくらいの、

頭のまわる人間」なら、

「担保付き犯行では無いと、やらない・・・」と思うが・・・。

「今回の事件の実態は???」だが、

仮に、

「上記の様な集団的犯罪像を前提にして考える」と、

「母子家庭の弱者的立場の者だったから、

現場実行犯役に抜擢され、

相応の前報酬や実行/成功報酬・立場等々が準備されている・・・」と

「推定する事も容易に出来てしまう」。

その様な場合、

「実行犯のお勤めが終わる」と

「親分、お勤めご苦労様でございます・・・」等と、

「組織内の小親分等の椅子が待っていたり」するのだ。

「行くぜチャイナ」とは「チャイナ=中国共産党や朝鮮現状権力者の日本における工作員になります」の意味だったりして』・・・。

『「利権集中悪徳格差社会では、

対人不信の原則で者・物・事の実体/実態を確かめないと、

悪行を行う/行っている方が異常な程有利になってしまう」のだし、

「実際に、現状の日本では、悪戯な信用の裏をかく犯罪行為等が、枚挙に暇が無い」のだ。

この意味からも、

「有名人のあの人が好いているvs嫌っているから・・、

大手やテレビが宣伝しているvsしていないから・・、

上辺がきれいvsきたないだから・・、

等々の

悪戯な比べっこ」では無く、

「本質追求が重要」である』。

『「実体・実態解明前」は、

「あらゆる可能性を考慮して、

世論が偏らない様に、

情報を提供する」のが、

「公共的立場のあるテレビやマスコミ等の本来の仕事」だ。

「本来の仕事」を「放棄」して、

「お仲間擁護では?」と取られても仕方無い様な情報ばかり一方的に流し続けているのは、

「公共的テレビ・マスコミでは無く、

そのスジの情報工作機関」である』。

『「公共的テレビ・マスコミ」と「そのスジの情報工作機関」との「区別」くらい「つけられる能力」を、

「多くの一般市民が保持しているべき」で、

「情報・教育がまともなら、当然、その様な状態になっている筈」である。

「現状が???」なのは、「情報・教育が???」である事の「実証」でもあるのだ』。

|

小沢現被告の言う国民って、いったい何国民?・・・。

『「国民の望む政治」等と、未だに、小沢現被告(元幹事長)は何かに付け「国民を持ち出している」が、

果たして「小沢現被告(元幹事長)の言う国民とは、いったい何国民なのだろうか?」

「多くの一般日本国民」は、

「総選挙前には、在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束し、

与党幹事長時には、強権的政治手法で権力の集中を謀った、

小沢現被告(元幹事長)には、

政界から退いてもらいたいと思っている」。

「上記の様な実態」からも、

「小沢現被告(元幹事長)の言う国民」とは、

「在日も含む韓国や中国の国民なのだろう」と推定される』・・・。

『「国民」と「言われて」、

「勝手に日本国民と推定してしまう」のは、

「平和ボケ」に他ならない』。

|

「大学入試カンニング問題」と「国政問題」のどちらが重要?・・・。

『言うまでも無く、「今の日本の民主党菅政権による国政は行き詰っている」。「多くの一般国民の心の中」では、

「そんな実状など見たくない・・・」

「無かった事にしたい・・・」

「国政など気にしていなくても、官僚たちが上手くやってくれる・・・」

「一般国民の立場で国政を気にしてもしかたない・・・」等々の

「現実逃避欲動」が「渦巻いている」だろう。

「そんな大衆心理」に向かって

「韓流テレビ・マスコミ等」は、「積極的に現実逃避話題を投げ入れている」。

「わざわざ大問題化している様相」の

「大相撲問題」も

「ヤクと女の問題」も

「大学入試カンニング問題」も

・・・「多くの一般の人々の興味を

国民の実生活に直結している政治から離す為の餌」に他ならない』。

『「何故、政治問題を考えさせたく無いのか?」

「多くの人々が政治問題をある程度以上考えていれば、

小泉~民主~韓流テレビご推奨の地方首長等・・・のラインで、

日本を支配出来なくなる」。

何故なら、

「小泉が行った政策の実体が、利権集中悪徳政策である事に気付いていれば、

多くの人々は小泉を支持せず」、

「自民よりマシを期待した民主の実体が、自民よりもっとダメである事を知っていれば、

多くの人々は民主に投票せず」、

「韓流テレビご推奨の地方首長等と小沢氏や韓流人脈との繋がりの濃さを知っていれば、

多くの人々は韓流テレビご推奨地方首長等に用心する」。

「多くの人々がちゃんと政治について考えていれば」、

「実際に多くの一般日本国民の為にならない政策を行なおうとしている者たち」は

「実権を持つ事が困難になる」のだ』。

『「大学入試のカンニング」は「基本的に個人レベルの問題」だが、

「韓流テレビ・マスコミ等の情報操作による大衆誘導というカンニング」は、

「多くの一般日本国民が本来保有している利益さえ、容易に損なわせてしまう程影響力が大きな重大問題」に他ならない』。

・・・・・・・。

『「人々の実生活にある程度以上の影響がある物事には優先順位が在る」。

「公共的報道等なら、

実際の国民生活に大きな影響のある物事から順番に実体・実態を解り易く報道するべき」なのだ。

「公共の電波等を利用させてもらっている立場でありながら、

情報操作による大衆誘導などを行っている悪者たちに相応しいのは、

報酬では無く罰金や罰」である』。

『「何処の局でも、毎日の様に、同じ顔」という状態からも明らかな様に、

「現状のテレビ人脈の人々は、良質では無い」。

「良心が在れば、同じ顔が放送番組を占有している状態を良好な状態とは判断出来ず、

必然的に、混乱しない程度により多くの人々に出演してもらう様にする筈」だ。

「平然と毎日の様に出続けている連中も、同様で、

連中に確かにあるのは、厚顔無恥の図々しさであり、

良識や良心等々は???」である。

「心が健康なら、毎日の様に出続ける事等に抵抗感が生まれ、

出続けているだけでは無く、底の浅い自論やご都合論などを堂々と公共の画面で述べる事等に対しては、

恥ずかしく、良心が痛む筈」だ』。

『「そんな韓流テレビ番組の情報等で操られてしまっている一般日本国民等もだらしない」。

「一因は、日教組等による平和ボケ・去勢化学校教育にもある」が、

「少なくとも大人たちは、もっと、もっと、しっかり出来る筈」である』。

|

「盗聴ハンター」と同質の臭いが・・・「京大等入試問題流出事件容疑者の摘発」宣伝・・・。

『「盗聴ハンター」等で摘発されている盗聴・盗撮器のほとんどは、「秋葉原や通販等での一般向けの販売品であり多くの場合シロウト用」だ。

しかし、「実際の日本社会」には、

「盗聴・盗撮器程度は自作出来る人々が結構多数居て、

その中には、技術を悪用し、他人のプライバシーや健康等を侵害する悪まで居て、

一般的な盗聴等調査会社等の調査では滅多な事では見つからない手法を用いている場合も少なからず在る」。

(調査会社が使用している電波探知機で引っかかり難い周波数帯や電波特性を利用したり、

データ蓄積&アンサーバック式にして調査が無い事が明らかな時に集積したデータを吸い上げる様にすれば良いダケなので、

一般的な調査会社等の調査から逃れるのは、意外と簡単なのだ。)

「盗聴等調査会社等に依頼して調査してもらえば安心・・・」という訳では無く、

「その手の会社等に依頼すれば、シロウト的盗聴・盗撮等の害の多くが見つけ出せる・・」というのが「実態」だ』。

『「上記の様な現状の電子技術の実態を踏まえた後」で、

今回、韓流テレビ・マスコミ等でも大騒ぎになっている「京大等入試中試験問題流出事件」の、

「警察が特定した携帯電話使用の事例の裏」で、

「いったいどれ程の不正行為が行われているのか?」を「考えてみれば」、

「今回の摘発案件のみが大きな問題なのでは無く、

現状の入学試験自体の問題が大きい事」に「誰もが気付く筈」だ』。

『「ところが、その方向に世論が動き、

大学の入試自体が真っ当に是正されてしまう」と、

「見せ玉の裏で不正による悪徳を貪っている人々」は「大きな悪徳利権を喪失する」事になる。

この様に考えて行けば、

「見せ玉が全て的な世論を煽り、

入試自体の是正はソコソコに留めさせ、

そのスジの人たちの悪徳利権は維持させたい・・・」等々の思惑が在るから、

「韓流テレビ・マスコミ等では、世論をその方向に誘導しているのでは?」等と、

誰もが疑念を持つ筈だ』。

『「日本では大学入試自体の価値が異常に高過ぎる」ので、

「どんな手段を使ってでも、

所謂一流校に合格し、

大学内での試験も同様の手段で乗り越え、

所謂一流校卒という肩書きを手に入れ、

親やお仲間が用意しているそれが活かせる立場に着き、

所謂一流校卒等で一般日本国民を騙せば」、

「国会議員や有名人等も夢では無い(実際は、悪徳ゆえの悪夢だが・・)」。

「所謂一流大卒なのに意外な程出来の悪い、国会議員や韓流テレビ出演者等が多い」のは、

「上記の様な理由から・・」だったりして・・・』。

『もっとも、

元々は、

「権力やお金で入試問題等を入手や、

実際に優秀な代理人が試験を受けたり、

特別枠だったり・・・というケースが多かった様」だが、

「電子技術の進化により、無線&モールス等の手段」も用いられる様になり、

「そして現状・・・」なのだ』。

『「聞くところによると、

{韓国流の携帯電話使用}なのでは無く、

{韓国流の見せ玉}が{携帯電話使用の下々摘発}なのだと言う」。

(「その裏で、そのスジの本命は、{中国流で楽々と合格}・・・というのが実態」らしい・・・。)

「何処の国」でも

「悪徳利権故に金や立場が過剰な連中」が、

「悪徳血統相続主義等の不健康な思いに基づいてやる事」は、

「ロクでも無い」様である』。

|

内戦状態のリビア、独裁がダメな訳・・・。

『「親米であろうが、反米であろうが、独裁政権は行き詰る」。「何故なら、独裁政権とは、特定極一部の人に過剰な権力を持たせている現実離れしたシステムだから」だ。

「今時」なら、

「権力は事実・現実に預け、

多くの人々が、事実・現実を共有する事(誤解の無い様に、一応記しておくが、所謂共産主義の奨めでは無い。実例は後に記す。)で、

合理的な人間社会を構築する」のが「正当な道」に他ならない。

「科学の世界では、

基本的にその様に物事を処理しなければ、

実体/実態解明も、技術等の向上や蓄積も、

不可能」である。

「政治や心の問題等の世界が、人間頼りだった」のは、

「科学的実体/実態解明や、必要な技術等が未だだったが故の仕方無い処理方法」に他ならない。

しかし、既に、

「人の誕生・死が細胞ごとである事が、科学的に実態解明」され、

「細胞ごとの命の連続性の検証もかなり進んでいる現代」なら、

「もはや、特定極一部の人に多大な権力を持たせてそれに頼る手法」は、

「害以外の何ものももたらさ無い」のだ』。

『「実際」に、

「ほとんど全ての独裁政権国では、

多大な権力に擦り寄る輩は後を絶たず、

汚職だらけ・・・となり、

それらの不正を正そうとすると、

多大な権力を保持している側が保身の為に必死の反抗に出る事態となってしまっている」。

「権力を事実・現実に預けるなら、

元々が、同じ生命大木の末端の細胞の塊同士(全人類が共有すべき事実・現実)なのだから、

ほとんどの全ての人々が平和で豊かになる人間社会が可能」なのに、

「独裁の大権の為に利権を特定極一部の人等に集中させるから、

本来の健康的な状態が壊されている」のだ。

「独裁や利権集中は正に悪行なのである」』。

『「そんな悪の独裁政権下のリビアが、内戦状態になってしまっている」。

「独裁政権側は、不当搾取した多大なお金から、微々たるものを大衆に配り、継続支持をねだっている」が、

「配られているお金は、

不当搾取されなければ、元々は一般市民が保持していた筈のお金の極一部」なのだ。

「一般市民がその様な実体/実態認識を広く共有する(事実・現実の共有の一例)」なら、

「不当搾取ゆえのお金の極一部が返金されたダケで舞い上がる訳も無く、

むしろ、全ての不当搾取分を出せ!!!」となる筈である。

「結果、近未来には、

必ず、

独裁側は独裁&利権集中悪徳の罪により裁かれる事となる」』。

『「その様な事態」は、「中東だけでは無く、世界中何処でも同じ」だ。

「独裁&利権集中悪徳の罪」は、「近未来において、必ず追求され、罪人たちは裁かれる事になる」。

「それこそが、

人類が

本来の平和で健康的な人間社会を得る為に必要なステップ」なのである』。

『「科学的な正当性の無い大権持ちや大金持ちも悪」である。

「大権持ちや大金持ちは、憧れるべき存在では無く、

科学的正当性の無い多くの場合は、罪人としてみなされるべき存在」なのだ。

「一般庶民が、

大権や大金持ちに憧れている状態」とは

「大権持ちや大金持ちが、立場やお金を利用して、一方的に自分たちにとって都合の良い情報をばら撒いている

罪人のご都合情報に操られて、

罪人に憧れさせられている様な状態」に他ならない。

「者・物・事の本質を追求する習慣がついていれば、

その様な罪人たちの策略にははまらない筈」だ。

「科学的正当性の無い権力やお金の集中を排する事」こそ、

「本当の世界平和への入り口」に他ならない。

その意味からも、「独裁政権排除は正義」である』。

|

今時なのに、「NHKクローズアップ現代」では「宗教(仏教)の役割」だと・・・。

『この様な「時代遅れの論調を公共の電波でばら撒く事の害」を考えれば、「本日のNHK番組の悪質性」も「良く判る」。

「今時」なら、

「既に時代的に役割を終え

伝統文化遺産の域に達している宗教」の

「甦りを訴える」のでは無く、

「宗教がその役割を終えた理由等を広く知らせ」、

「絆の問題にしても、自殺の問題にしても、他の問題でも、

現状の実際の問題に対しては、

もっと現実的な解決法を提唱するべき」なのだ。

「古の時代の一部の宗教家たち」は、

「一部の貧しい人々を救った」と言われているが、

「実際に、多くの人々が衣食住に困らなくなった実態」は、

「宗教によるものでは無く、

現実的技術等の積み上げによるものに他ならない」。

「今までは、現実的技術等の中に、心や精神の問題を包括出来ていなかった」から、

「その部分でのみ、未だに宗教が活かされている場合もある」が、

「実際に、誕生・死の実態が細胞ごとである事が科学的に把握されている現在

丸ごと一人の死生観から細胞ごとの死生観への正常進化の如く、

丸ごと一人の心理学等から細胞ベースの科学的心理学等への正常進化が行われれば、

現状の人類にとっては宿題的である

心や精神の現実的技術等による解決の時も、

そう遠い時では無い事は明白」である』。

『「この様な実際の時代背景」を「無視」して、

「視聴者を悪戯に古に執着させる事で、

宗教(仏教)等に携わっている特定の人々の利益・利権を維持させようとしている様な情報」を

「一方的に大量にばら撒く醜態」は、

「正に、悪の情報工作活動的」である。

「仏教界等からの、裏金でも動いているのでは?」と思われても仕方無い』。

『「本来」なら、

今時なら、

「丸ごと一人の死生観から細胞ごとの死生観への正常進化を促す為の情報」や、

「元々、約三年で入れ替わっている骨細胞の燃え残りである遺骨を偏重している文化から卒業出来る様に

視聴者等の進化をサポートする為の情報」等々を

「提供すべき」だ』。

『「視聴者に{死の実体}や{宗教の実体}を考えて頂く事等」でも良いだろう。

因みに、「当ブログレベル」でも、

「丸ごと一人の死生観から細胞ごとの死生観への正常進化の問題」や、

「人の誕生・死の実態が、細胞ごとである事から、

トイレの実体とはある種の共同墓地である事」や、

「約三年もすれば、トイレの中のモノにもなっているであろう遺骨に対する偏重から卒業するべきである事」や、

「遺骨収集事業等の実体」は、「ある種の後ろ向き公共事業の利権製造みたいなモノ」である事等や、

「宗教の実体」が「考え・思いによる納得法」である事

等々は「以前から何度も記している」。

「丸ごと一人の死生観を抱いている人々は、死自体を恐れているかも知れない」が、

「細胞ごとの死生観を抱く様になると、死自体は日常で痛くも痒くも無い」のだから、

「死自体に恐怖心を抱く事も無くなる」。

(「つまり、死の恐怖という心の問題を現実的に解消出来るのである」。)

「その副産物」として、「生の実体も大いに気になるようになる」から、

「より現実認識が進み易くなる」。

「多くの人々の現実認識が向上すれば、人間社会の多くの問題の解決も容易になる」のだ。

「現代とは、既にそういう時代」なのである』。

『「視聴者から強制的に視聴料を一方的に徴収しているNHK」なのだから、

「宗教(仏教)等特定の人脈に対する利益/利権誘導的情報の配信は慎むべき」である。

「本日の番組の放送内容」なら、

「番組製作者や放送実行者に相応しい」のは、

「報酬では無く罰金」だ。

「NHKは猛省を!!!」』

|

京都大学入試問題試験中流出問題・・・。

『「aicezuki」というハンドルネーム使用の者がネット上で流出問題の解答を求めていたりした京都大学入試問題試験中流出問題・・・。

「aicezuki」を逆に読むと、「行くぜCIA」になる旨指摘していた報道等もあったが、

普通に考えれば、それは「行くぜチャイナ」の意味だろう』。

『「そのスジの連中」が「逆読みが好き」なのは「以前の記事でも記した」。

「そのスジの連中」の「本音」は「反米&親中朝」なのだから、

「本音」で、

「米国の諜報組織CIA」に「憧れているかの如きハンドルネーム等」は「あり得ない」。

しかし、一般日本社会では、米国>中朝なので、

「上辺では一般日本社会に順じている様相を装い、

内実では自分たちの本音を露呈する・・・」のが、

「そのスジの連中の常套手段」である』。

『「実際に、試験中に試験問題を外部に流出させる手法」としては、

「韓流テレビ・マスコミ等が宣伝したい韓国流の、携帯電話使用による方法」より、

「中国流の髪の毛内やメガネ・筆記具等々への小型カメラ仕込み法」の方が「遥かに容易」だ。

「今時の通信技術」なら「電波監視の孔を抜けさせて外部との通信も可能」である。

「返答」を「やはり仕込みの小型ディスプレーや液晶等で、流れ文字等の状態で見れば」、

「今時の電子技術を良く知らない試験監視官が不正を見つけ出す事は困難」である』。

・・・・・・・。

『「そもそも、大学{入試}に高い価値を与え過ぎている文化」が「間違っている」のだ。

「大学」も、「入り口は誰でもどうぞ!しかし、ちゃんと学業や技術等を理解・把握・マスター出来ない者は、進級不可・卒業不可・落第や退学等」が「正解」なのだ』。

・・・・・・・。

『「また、今回の事件が起こった時期の問題」もある。

「偶然か?否か?・・・衆院での予算案採決時と重なり、

当然の如く、欠席造反者まで出ている現状の民主党の醜態の話題が、

本来なら、一番の話題となっている時」だ。

「若者や入試時期の子ども持ちの親たちは、

政治問題に関心を持たず、

入試問題でも考えていなさい!」とでも言いたげなタイミングで、

その理由から、

「入試時期が丁度重なる

インパクトが強い有名校京都大学での事件が起こされた」のかも知れない。

「つまり、親中朝&民主党系人脈の臭いが濃厚な事件」なのである』。

『「犯行実行者」は、「摘発されなければ、京大入学・・・で、所謂高学歴ゲット・・・」。

「摘発されてしまった場合は、そのスジの人脈で重用の担保付き・・・」なのかも知れない』。

・・・・・・・。

『「そのスジの連中」は「工作活動が得意」だ。

「飲食物工作・電磁波工作・情報工作等々、等々」・・・。

「実際に、現状の日本には、その様な人々も少なからずいる」のに、

「現状の日本には、スパイ・工作活動防止法さえ無い」のだ。

「一般日本国民が本来有している健康・財産・安全等を守る為」にも、

「スパイ工作活動防止法の成立を急ぐべき」である。

「本来なら、

遅くとも、

北朝鮮による拉致問題が露呈した時点では、

成立させられているべき」だが、

「所謂左翼(親中朝現状権力者)連中が猛烈に反対」なのだ。

しかし、それらの連中が反対するのは、

「工作活動を行ったり、

工作活動の指令を出したりしている連中と

ダブっている可能性大だから・・・」なのだ』。

『「工作活動」というと「???の感を持ってしまう方々」も多いかも知れない。

しかし、

「現行法で摘発困難だったり、摘発可能でも摘発されていない大泥棒の持つお金」でも

「汗水たらして真面目に働いて稼いだお金」でも

「同じお金の扱いである」様に、

「工作活動で得た立場」でも

「正当に得た立場」でも

「同じ立場の扱いである」のが

「未熟な現状人間社会の実態」なのだ。

「工作活動により、重要な立場の多くをそのスジの連中に抑えられてしまう事」

=「一般日本国民を支配し易くする実権をそのスジの連中に与えてしまう事」なのである。

「平和ボケは罪」である。

「未だに、平和ボケ状態の一般日本国民」は、

「一刻も早く目を覚ますべき」だ』。

|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »