« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

タイムマシンなんて無理な事はとっくの昔に判ってるでしょ・・・。

『「今更ながらに、タイムマシンは無理の宣伝」とは・・・。

「元々、この宇宙の全てが時間エネルギーと時間エネルギーが化けたモノ(だから、エネルギーと物質は同じ・・・相互変換可能・・・で、アインシュタインのE=MC²も成り立つのだ)なのだから、

大元の時間エネルギーが過去から未来への一方向にしか流れないのも当然だし、

エネルギーピークに過ぎない光等には質量(=時間からの遅れ)が無いのも当然」なのだ。(因みに、時間からの遅れが生じれば、その分のエネルギーは溜を巻き物質化して質量を生じる)。

「物質等は、時間エネルギーに転がし続けられているから、物質等であり続けられている」のだ。

「時間の流れが無くなる(止まる)事=この宇宙の物質等の溜が解かれる事でもあり、

それは、その物質等をエネルギー化する事であり、

その分のエネルギーが何らかのかたちで消費されれば、

その元物質の存在も無くす事」なのである。

「ワープ(この宇宙=この時間の流れ群の外に出て、この宇宙に戻る)は可能(理論的には)でも、

タイムマシンは不可能」なのは、「余りにも当然」で、

「こんな物理学上の基本中の基本が???な人々とは、

いったいどの様な情報・教育等を得ているのか???」

(現時空内で実験を行う事=現時空に基づいた実験なのだから、

当然、現時空の時間の流れにも基づく事になり、

時間の流れと共にエントロピーが増大するのは、

余りにも当然で、

そんな実験に大枚を出すのは、余りにもおバカ・・・でしょ。

しかし、この実験を現時空が時間エネルギーの流れによる時空である事の一証明として、論文を書き直せば、

相応に評価される・・・かも)』。

『「皆様、現実逃避化・無害化・愚民化・操り人形化等々の情報・教育等」には「ご用心!」

「タイムマシン等の悪夢(実現不可能=実質的には、現実逃避)を見る」より、

「重力制御やワープ等の夢(実現可能)の実現の為に力を加えた方が、

人生無駄にならないもの」だが』。

|

日本の原発廃止を一番望んでいるのは中国共産党や北朝鮮という国際政治上の現実・・・。

『「ソフトバンクの孫氏(中国系だと勝手に勘違いされている方々も少なく無い様だが、実際は、朝鮮系)も、日本における反原発の応援の為の実質的工作活動か?

・・・自然エネルギー等利用の発電にお金まで出す応援・・・」なのだと・・・。

「日本の原発」は「言うまでも無く、発電の為だけに在る訳では無い」。

「国際政治上の力学」からも「非常に重要な施設」である』。

『「国際政治上の力学」では、

「核兵器を持たない日本が原発まで失う事=中国や北朝鮮の核の脅しの力が増す事」に他ならない。

「原発反対論者で核武装賛成論者」なら「日本国民として妥当」だが、

「核丸腰推進論者たち」は、

実質的に「同時に、中国共産党や北朝鮮の犬論者にもなっている」のが

「国際政治上の力学」だ。

「筆者たちは、核武装よりは、原発保持の方がずっと平和的だと思っている」し、

「日本の原発を廃止する前の必要条件は、全世界的核兵器の廃絶だとも思っている」。

この程度の「基本中の基本さえ???な人々を生み出し続けている」のが

「日教組等による学校教育や韓流テレビ・マスコミ等による不当な情報一方的な大量配信」なのである』。

『「日本のテレビ・マスコミ等や教育等や政治等の人脈」は「即刻、正当な日本の人脈と総入れ替えされるべき」である』。

『「現在でも、

韓流テレビ・マスコミ等や日教組等は、

既に、本当の事がバレているのに、

最後の悪あがきを続けている」のだ』。

『「ロウソクの火が消える前の輝きの如く」、

「総理にしたい人は、小沢氏(現被告なのだが・・・)が一位」とか、

「ブログの人気投票でも、組織票で左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)を上位に・・・」とか、

「往生際の悪い悪あがきを行っている」が、

「それらは、祖国等からの工作資金・・・つまり、情報工作員たちのクイブチ・・・を絶たれない様にする為の必死の努力」でもあるのだ』。

『「日本乗っ取り工作やその為の情報工作等」は、

「その存在がバレた段階で、

続ければ最終的には祖国等の為にもならなくなるのだから、

既に終わっている」のだが、

「自らの人生の多大な時間をそれらの悪事の注ぎ込んで来ていたりする上に、

悪事の報酬で食っていたり贅沢を貪っている様な悪ども」は、

「自らの悪態を無理にでも認めない為」に

「祖国まで貶める最後の悪あがきを未だに続けている」のである。

「そんな出来の悪い腹黒い悪ども」を「未だに飼い続けている愚かな権力者たちも権力者たち」だが、

「類は友を呼ぶ・・・で、おバカはおバカだから、分からない・・・のかも知れない」』。

『「現実離れした者・物・事が得るのは、

現実離れ・・・つまり、現実のこの世からの排斥である」。

「少しでも、人としての頭脳や精神等が残っているなら、

悪事を詫び、相応の補償をし、現実に戻ろうとする事が最善の策である事ぐらいは、

誰にでも分かる筈」だ。

「人としての資質が無い大迷惑な悪どもたち」は「来るべき人類滅亡の日=人類大整理の日から先の存在はあり得ない」のだが』。

|

小沢支持者の正体・・・。

『「韓流フジテレビ等の世論調査では、今、総理にしたい人で、小沢氏が微妙に一位」なのだと・・・。

「しかし、その実体は、支持率10%未満で、二位以下の人との差も微妙」なのだ。

「韓流フジテレビ等による世論調査」は、

「今回の件でも、小沢氏の一位を強調すれば、情報による大衆誘導が可能になってしまう情報工作の源泉的雰囲気満載」なのである』。

『「ところで、実際の小沢支持者たち」とは「どの様な人たちなのか?」

「ネットでは小沢人気が高い・・・」と言うが、

「ネットでの小沢人気の実体」とは、

「そのスジの情報工作員等による情報工作+それに操られてしまった人々」なのだ。

「在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束した小沢氏を支持してしまう

情報誘導等に操られていない一般日本国民は、実際には多く無い」。

「民団と外国人参政権を約束している小沢氏を支持している」のは、

「そのスジの人々」と「そのスジの人々の情報・教育等で操られてしまっている平和ボケの一般日本国民」である』。

『言うまでも無く、

「近隣の韓国や中国やロシア等と領土問題や歴史問題等々まである日本においての

外国人参政権と、

近隣国等とその様な問題が無い国々での外国人参政権では、

その意味は大きく違う」。

「平和ボケ的平等感や公平感等で、日本で外国人参政権に賛成してしまう事」は、

「日本乗っ取りの策略まで保持している近隣他国の実質的工作活動等に力添えしてしまう事と同じ」なのだ。

「冷静に考えれば、誰でも分かる」。

「外国人参政権を持った在日韓国人が、竹島を乗っ取る事は容易」であり、

「在韓日本人の数は、在日韓国人の数とは比べ物にならないくらい少ない」から、

「その逆は出来得ないのが現状」である。

「元々の人数が多い共産党支配下の中国人が、大量に在日し、参政権を得れば、

実質的には、中国共産党による日本の地方略奪が可能になる」。

「北方領土を返す意思が薄いロシア」が、

「在日ロシア人の数を増やせば、北方領土は、日本の法律の下で合法的に乗っ取る事が可能になってしまう」。

「それが、国際政治の現状」なのだ』。

『「在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束した事だけでも、

小沢氏には、日本の総理の資格が無い」。

「逆に、外国人参政権が欲しい連中にとっては、

小沢氏こそ日本の総理になって欲しい人」なのだ』。

『「ネット情報では、そのスジの情報工作員による情報が溢れている」。

「テレビ・マスコミ等は、言うまでも無く、韓流である」。

「学校教育は、左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)の日教組等の組合に属している教師等が行っている場合が多い」。

「それが、戦後日本の異常な情報・教育の実態」なのだ。

「多くの一般日本国民は、それらの情報の操り人形とされる事無く、

本来の自分を保ち、

情報・教育等の人脈を本来の日本の人脈と入れ替えるべく力を加え続けるべき」である』。

|

日本乗っ取り策略の実態・・・。

『「特定人脈が日本を支配・乗っ取りする為の策略の実態(手口)」を記しておく。

「乗っ取り・支配の為に必要」なのは「支配的立場を支配する事」と「一般日本国民の弱体化・少数化」である。

「支配的立場を支配する為の手法」は

「少し前の記事でも記した」通り、

「日教組等による学校教育等や韓流テレビ・マスコミ等による情報等」を

「特定人脈に都合良くコントロールする事」や、

「資質の有る一般日本国民を工作等の手段で徹底的に潰す事」等の

「複合手段」での「実現が画策されている」』。

『「一般日本国民の弱体化・少数化の手口」は、

「一般日本国民の心身共の弱体化」であり、

「少子化政策等による少数化」である。

「心の弱体化の為」には、

「意図的に作り出されている場合もある象徴的差別者等を悪用して、

多くの日本人がとても悪い事をした等の印象を焼き付けたり、

歴史上の現実まで捻じ曲げて自虐的な歴史教育を行ったりする等」の

「策略が用いられている」。

「身体の弱体化の策略」が「飲食物工作や電磁波工作等」という訳である』。

『「弱体化・少数化」させられ「衰退させられた集団」では、

「その様な現状打破の為の依存心も育ち易い」。

「其処に、如何にも頼れそうなリーダーを提供すれば、

何も知らない多くの人々は、

与えられたリーダーの縋りつく事になる」。

「特定人脈による支配の目指すところ」は、

「多くの衰退させられた一般日本国民が、

特定人脈が与えたリーダーを頼る形」である。

「当然、その場合のリーダー」は、

「問題の本当の解決を行う訳も無く、

{問題の存在を強く訴える事で、正義ぶり}、

{何も知らない多くの人々の依存心を増大させる事}等に励むダケ」である。

「現状の民主党政権による

東日本大震災や福島第一原発被災事故等に対する処理姿勢も

正にその状態」だ』。

『以前からも、

「部落差別等の本来の解決(=差別する者・物・事を無くす事)は行わず、

差別の存在を強調する事で悪用し、

被差別仲間として中に入り込み、

被差別人脈の中でもリーダーシップを取り、

多くの人々を不当に操っている場合が多いのが特定人脈の実態」である。

「日本<朝鮮・中国共産党等の民主党政権誕生の裏には、上記の構造も在る」のだ。

「差別政策までした(現在の者では無く、過去の権力者たちだが・・・)のだから、日本の権力者は{全て}悪い。

日本の権力者より、朝鮮の権力者や中国共産党の権力者の方が良い。

過去には、差別政策までして来た、

現在は、上辺では、如何にも腹黒そうで、徳もなさそうで、頼りがいも???な日本の権力者より、

上辺は、善人そうで、頼れそうで、徳がありそう・・・な

朝鮮や中国の権力者の方が良いでしょ・・・等々というのが、

そのスジの連中が暗黙的に仕込んでいるマインドコントロール」なのだ。

「そして、その先にあるのが、日本の乗っ取り・支配」である』。

・・・・・・・。

『「日本では、人を騙す事は恥」である。

「しかし、日本以外では、

人を騙してでも、自らの利権や支配権等々の増大を図れる者は、能力がある

等々の文化の国々も在り」、

「その様な国々では、策略で立場や利権等々を勝ち取るのが当然」なのだ。

「現状の日本社会では、未だに、

日教組等の学校教育や韓流テレビ・マスコミ等の情報により、

平和ボケさせられてしまっている一般日本国民も少なく無い」が、

「昨今の国際化が、多くの一般日本国民を困窮に追いやっている現実」からも、

「実際に日本国内で今も動いている乗っ取り・支配等の策略」からも、

「多くの方々」に、

「平和ボケは罪である事」に「一刻も早く、お気付き頂き」、

「一刻も早く、本来の自分を取り戻して頂きたい」と「切に願っている」』。

|

昨今は元キャンディーズの田中好子死亡話題で多大な時間を割いている韓流テレビ・・・。

『「芸能人の特別扱い」は「韓流テレビの得意業」だ。「昨今も、田中好子死亡の話題に、多大な時間を割いていた。公共の電波なのに」・・・』。

『「そもそも、芸能人商売とは、ファン商売で、一種の宗教商売の様なもの」なのだから、

「公共の電波が特定の宗派の為(今回なら、田中好子教もしくは、キャンディーズ教)に多時間独占使用される事」は「明らかに、異常」である』。

『「昨今なら、

本来なら、多くの日本国民の実生活に大きな影響がある統一地方選の結果とか、

現菅政権の政治の問題等」が「ワイドショーのトップネタであるべき」だ。

「まるで、それら本来のネタを封印する為の道具として使われている様相の田中好子死亡話題」・・・。

「本当のファン(信者)なら、使われ方に激怒しても何の不思議も無い」と「思うのは、筆者だけでは無い」』・・・。

『「因みに、筆者は、自分自身がキャンディーズ世代なのか?否か?も良く分からない」が、

「所謂、芸能人アイドルより身の周りにいる実際の同世代の異性の方がずっと可愛く・美しく感じて来ている事や、

歌等芸の面では、以前は日本の方々より海外の方々のがシッカリしていた」ので、

「若かりし頃から、憧れる異性は、芸能人では無く、

歌や芸等は、芸的に納得がいくモノを主に見聞きして来ている」。

「韓流テレビ等に良く出てくる芸の無い人脈ダケで出ている様な芸NO人もしくは厚顔無恥の恥知らず等は、大嫌い」であり、

「公共の電波で、芸NO人等の大宣伝を行ったりする事」は、

「明らかに不当だ!」と「強く思っている」。

「公共の電波」は、例えば、「大手芸能プロダクション等の為にあるのでは無い」。

だから、

「公共の電波を使って、

芸能プロダクション等が自分たちのプロダクションに所属しているタレント等を宣伝したいのなら、

多くの一般企業と同様に、

コマーシャル料を支払うべきだ」とも「思っている」。

そして、

「コマーシャル要請の受け皿であるテレビ局」は、

「公共の電波の独占使用による情報の大量配信という公共性を重く受け止め、

内実の無い者・物・事の異常な宣伝等」は、

「絶対に行ってはならない」とも思っている。

「大した芸も無いのに、人脈的に売りたいから・・・等と押し売りが可能になってしまっている現状」は「明らかに不当」である。

「公共の電波」が

「特定極一部の者たちに実質的に独占使用され、

特定極一部の者たちに都合の良い情報が一方的に大量配信されている現状」は

「明らかに異常」で、

「公共の電波なら、

ちゃんと公共性(多くの一般日本国民の為に)を保ちつつ使われるべきだ」とも思っている』。

『また、

「この様な当たり前の事さえ満足に感じられないほど、

感覚を麻痺させられてしまっている多くの一般日本国民の状態」には

「ある種の危惧を感じている」』。

『「そして、その一つの原因でもあるのが、韓流テレビ」なのだ』。

『「日本のテレビ・マスコミ・教育・政治等の人脈」は「正当な日本の人脈と入れ替えられるべき」である。

「反自国・反自国民情報を一般大衆に刷り込む情報・教育など在り得ない」のが「普通の独立国」だ。

「現状の日本の情報・教育の実態」は「実質的に、反日&親中国共産党・親朝鮮・親米等」なのだから、

「本当に異常」である。

それは、「日韓併合問題や先の大戦問題や終戦後の日本の問題等(他の記事をご参照下さい)」を検証しても「良く判る」』。

|

「本日は、リアルタイムスキャンを無効にする悪の攻撃が頻発」・・・。

『「筆者のインターネットは、Niftyのセキュリティ24で守られている」のだが、「悪どもは、本日、リアルタイムスキャンを無効にする攻撃を度々仕掛けている」。

「その分だけ、当ブログには痛いところが在る」のだろう』。

|

「日教組等による教育」と「韓流テレビ・マスコミ等による情報」の「本当の目的」・・・。

『「冷静に考えれば、日教組等による教育や韓流テレビ・マスコミ等による情報」が「異常で、悪質である事」は「多くの一般日本国民が分かる」。

「しかし、与えられる者・物・事を鵜呑みにしている状態」だと

「その異常性や悪質性に気付く事は稀」で、

「知らず知らずの内に操り人形化されていたりする」のだから「要注意」だ』。

『「そもそも、日教組等の教育や韓流テレビ・マスコミ等の情報」は「何故、異常で悪質なのか?」

「その奥には、日本支配&乗っ取りの策略が在るから」である』。

『例えば、「政治関連の教育・情報」を「振りかえってみよう」。

「戦後~しばらくの間」は「左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)の方が進んでいる様なイメージを情報・教育等で作り」、

「実際に、学生運動等の政治運動でリーダーシップを取っていた人々の多くは、そのスジの人々」だった。

「つまり、当初は、左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)思想を刷り込むと共に、

リーダー人脈を独占的に抑える事により、

実質的に、多くの一般日本国民を支配しようとしていた」訳である。

「ところが、この左翼化作戦は、簡単に破綻した」。

「何故なら、学生から社会に出た多くの人々」が、

「日本や欧米等の社会体制の方が所謂左翼の社会体制よりずっとマシである事を実感したから」だ。

そこで、「日教組等や韓流テレビ・マスコミ等は、策略を変えた」。

「左翼化は無理と判った」ので「政治無関心を養う事にした」のである。

「多くの一般日本国民の政治無関心化」は「景気の向上等の後押しも加わり、実質的に背成功してしまった」。

「結果、一般日本国民で政治家を目指す人は、稀」となり、

「日本人による政治の世界は、世襲の世界と化してしまった」。

「その一方で、そのスジの人脈の人々で相応の資質のある者たち」は、

「どんどん政治家への道を歩ませられた」。

「その結果、日本の政治家の中のそのスジの人脈の割合は異常な程多くなってしまった」。

「自民党の中にもそのスジの人脈は食い入り、

自民党がダメ等のイメージ作りも

トロイの木馬を利用した策略の如く、

中に入り込んで性質の悪い仲間割れ等を作り出せば簡単」である。

「韓流テレビ・マスコミ等」は、「大いに自民ダメを宣伝」した。

そして、「そのスジの人脈の連中が寄り集まって作られた様な民主党の誕生」であり、

「韓流テレビ・マスコミ等による二大政党制の大宣伝」である。

「自民ダメ!」で「二大政党制の大宣伝」となれば「良く考えない人々の多くは、もう一方の大政党である民主に投票する」という「策略」だ。

「その結果が、民主党政権の誕生」である。

そして、「一端権力を握ってしまった民主党は、

どんなに失政を行っても、

どんなに支持率が落ちても、

政権を手放そうとはしていない」。

「政権=支配権という雰囲気」なのだ』。

・・・・・・・。

『「政治問題と共に重要なのが、国力の源泉でもある科学技術等の問題」である。

「日教組等による教育等と韓流テレビ・マスコミ等による情報等」の結果、

「一般日本国民の理系離れはかなり進んでしまった」。

「その上、過剰な程煽られている原発嫌いの影響」もあり、

「東日本大震災による福島第一原発の被災事故がある現状では、

防衛上でも

国の科学技術を発展させる上でも

重要な原発」を

「要らないと思いこまされている人まで少なく無い」のだ。

「その上、車離れ化」である。

「自動車産業が国の基幹産業の一つでもあるのに、一般日本国民の車離れが起きてしまっている裏」には、

「危険を理由に原発嫌いを誘うのと同様」の

「エコ等を理由に自動車嫌いを誘う情報・教育が在る」のである。

「日本同様に自動車産業が国基幹産業化している韓国の為の情報工作活動的様相」なのだ。

「正に、国力を削ぐ情報工作活動」である』。

『「悪質な乗っ取り・支配工作員たちが一方的に大量に放っている情報・教育等」を「鵜呑みにして、知らず知らずの内に操られてしまう事」は、

「一般日本国民なら、異常な程、自虐的」である』。

『「現状の日本の情報・教育等の人脈は、正当な日本の人脈と総入れ替えされるべき」である』。

|

大震災と左翼政権・・・。

『「阪神・淡路で大震災があった時は、村山政権」だった。「今回の東日本大震災の時は、菅政権」だ。

「どちらも、対中・朝等自虐土下座談話まで公言してしまっている日本の総理としては、明らかな自虐総理」である』。

『「大震災時」には、「地磁気の乱れが生じ、イルカや鯨等が、方向感覚を失い、自虐的に浜に打ち上げられる事が良くある」のだそうだ。

「日頃から良く政治問題を考えている訳でも無いのに、投票にはちゃんと行く様なタイプの人々たち」が、

「投票先を選ぶ時には、何となく・・・等、無意識レベルの要素が強く働いている場合が多い」・・・。

「無意識では、誰もが、動物同様に、自然環境等からの信号の影響を受け、相応に感じていて、意識的行動にも影響を与えている」のだ。

「イルカや鯨が心ならずも自虐行動に出てしまう様」に、

「人間の無意識でも、自然環境の乱れ等を自然からの自己否定信号と取り、

無意識レベルでの自虐・自滅選択を行ってしまう仕組みが在る」』・・・。

『「左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)の村山総理の選択や

実権を握っている者の多くが左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党)の民主党政権の選択とは、

一般日本国民にとって、自虐・自滅選択以外の何ものでも無い」のだ・・・。

(因みに、民主党内の内紛は、小沢一派・・・親中国共産党・親北朝鮮派と菅一派・・・親韓国派の{支配権争い}の様相)・・・』。

『「巨大地震の場合、東日本大震災でも、直接相応に揺れた地域がかなり広範囲であった事からも明らかな様に、

地磁気の乱れは、大きく、

大きな地磁気等の乱れは、電磁波等のかたちで、広範囲に伝わるから、

日本中の多くの人々の無意識が、影響を受けても、何の不思議も無い」・・・。

オマケに、「日本には、米国による核爆弾投下や、中・ソの核実験による毒性の強い、半減期の長い核汚染」や「飲食物や電磁波等による工作等々まである」のだから、

「日本人の過剰な自虐性等」は、

「情報・教育だけが原因では無く、

その様な環境面からの影響も小さく無い可能性も大きい」』・・・。

・・・・・・・。

『「統一地方選」では、「多くの民主党候補は、当たり前の様に落ちた」ので、

「たぶん、地磁気の乱れも落ち着いたのかも・・・。

関東大震災等は、もう少し先になりそう・・・。」等と思っていたら、

「何と!世田谷区では、社民党系の区長が誕生」なのだと・・・。

「原発反対を声高に叫ぶ区長・・・とは、

少なく無い数の世田谷区民が、実質的に、自虐・自滅選択をしてしまった様相」で、

「上記の法則(?)からすると、東京の地震は、意外と近い??」』

|

福島第一原発、半径20キロ圏内が「避難指示」から「警戒区域」に「格上げ」された訳・・・。

『「言うまでも無く、福島第一原発からの放射能等漏れの状態は、被災当初~水素爆発時の頃と比べて、圧倒的に、減少し、安定化している」。

だから、「当初は、警戒区域、それを今、避難指示へ・・・」という「格下げ」なら、

「話しは合理的」だ。

それなのに、民主党菅政権は、「当初は、避難指示、今頃になって、警戒区域・・・」なのだから、

「明らかに、逆を行っている」』。

『「逆が合理的になる場合」を考えれば、

「多くの人々の頭の中」には、

「福島第一原発の状態は、当初より今の方が状態が悪く、より危険なのでは?」という

「不安」が「必然的に生じる」筈だ。

つまり、「今回の格上げ」は、「多くの人々に不安を持たせる{悪の実効}を持っている」のである』。

『「物理現象や現場状況的には、明らかに不合理」な「今回の格上げ」も、

「大衆不安増大」なら「合理的」なのだ。

「同時に、大衆支配・コントロールの実験」としも「合理的」である。

「より細かい指示を出し、より細かく民を支配する事に、

どの程度、一般市民が従うのか?」等を「確認する為の実証実験」なら、

「正に、合理的」になる』。

『「心身とも健康な人」は、「自分を自分で健康にコントロールしているから健康が得られている場合が多い」。

「人」とは、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来の欲求を十分に充足していない」と

「他人を支配」したり「他人に自分を支配させたり」等の「代償欲求が生じる生き物」だ。

「他者支配欲が強い人」や「他者依存・・・他者に自分のコントロールを任せたがる欲求が強い人」は「それだけ自分の健康なコントロールが未熟」なのである。

「支配欲の強い権力者を頂く事」は、「未熟者が未熟者に支配を任せる人間社会を選択している事と同じ」なのである。

「未熟な人間社会では、当然、至らぬ者・物・事が多発する」。

「至らぬ者・物・事に囲まれれば、未熟者が増大する」のは、

「情報・教育等や、それに携わっている者たちが、至らぬ場合を考えれば、誰にでも解る」筈だ。

「戦後の日本の支配欲の強い特定人脈による情報・教育等により、

自らの中に被支配欲を育成されてしまった多くの人々が、選択してしまった」のが、

「支配欲の強い、現民主党政権」である。

「この負のスパイラル」から「抜け出す為に必要」なのは、

「それぞれが、自分で自分を救い出す事」だ。

「多くの人々が、本来の自分に基づいて、自分を健康にコントロールし続け、

支配欲の強い特定人脈の情報・教育の下でも、選挙時等々でも、

誤った判断をさせられたり、操られたりしない様にする事が重要」なのである』。

|

「がんばろう日本」の感をつぶやいたら・・・。

『「筆者たちと同様」に、「後に、乗っ取り・・・が付く」等の「感を得ていた方々もいた」が、「その様な方々の多くは、民主党や日韓併合等の実体・実態を良くご存知の方々」で、

「民主党や日韓併合等の実体・実態をあまり良くご存知では無い方々」からは、

「{乗っ取り}より{支配}の方が合う」旨ご指摘頂いた』。

『「正に、

現民主党菅政権の

大震災被災や財政再建まで道具にしている感がある政権維持や政権への執着」とは、

「支配権維持」の「様相を示している」のだから、

「現状の実感としては、その方がより合っている」。

「支配の先にあるのが乗っ取り」という「構図」なのだ。

「現状」では、「将来の乗っ取りを可能にする為」にも、

「がんばろう日本支配・・・」なのかも知れない』。

・・・・・・・。

『「多くの祖国より日本が好きで、渡来し、日本に帰化している方々」は、

「不健康な策略など持っていない平和的な方々」だと思う。

「しかし、

現状の日本には、

確実に、

乗っ取り等の目的を持ち、在日していたり、仮面帰化していたり、・・・する人々も居る」。

「露骨な人は、

日本は朝鮮人の島である旨まで堂々と述べ、

日本人は出て行け!とまで言っている」。

「そして、その手の人々には、儒教信者が多い」。

「儒教思想を抱きしめている人々が少なくとも内々では容認している」のが、

「中国皇帝による朝・日支配(儒教の本質は、{中国皇帝が大衆を支配する為の宗教}なのだから、当然だ)」であり、

「現状の中国を見れば、国の上に皇帝的に中国共産党」なのだから、

「それは、同時に、中国共産党が日朝を支配する事に直結している」のだ。

よって、「その手の人脈は、内実、中国共産党贔屓」である場合が多い』。

『「民主党の場合、菅でも小沢でも、中国共産党贔屓である事は、

多くの方々がご存知の通り」だ。

「民主党とは、そういう政党なのである」』。

『「日本の為」には、「一刻も早い政権交代が必需」だ。

「上辺の震災復興や財政再建等」に「騙されてはいけない」のである。

「民主党政権の言う政権維持の実態」は「中国共産党同様の国の支配権維持的様相を示している」のだから。

「先の総選挙時に民主党に票を投じてしまった方々は、相応の責任を取るべき」である』。

『「日韓併合~戦後日本の歴史の実態等」は、

「他のまともなブログ等の記事等や、当ブログの該当記事等」を

「お読みになれば良く分かる」と思う。

「ポイントだけ」記せば、

「日韓併合前の韓国は、

朝鮮王朝が支配権維持の為、

王朝人脈等以外を徹底的に衰退させる政策をとっていた為、

国の存続さえ危うい程衰退」し、

「当然、王朝存在地から遠い離島の竹島の管理能力などある訳も無く」、

「日韓併合時には、当初、朝鮮側は対等合併を持ちかけ」、

「当時の国力相応の日韓併合になった事には、心底納得出来ない権力者等も居て、

日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置付け」、

「日韓併合後の日本人の財産・技術等々で朝鮮内は急速な近代化が行われ」、

「日韓併合時には、より良い生活を求めたり、日本乗っ取りを目的とした人々が、大量に、時には密航までして日本に渡来し」、

「終戦直後には、その中の一部の人々が、日本の敗戦を良い事に、都市部等では武力まで用いた略奪行為まで行い」、

「米軍に鎮圧されたのに、戦勝国の民を名乗りたがり」、

「米軍側に呆れ果てて」、

「あなた方は決して戦勝国の民では無い。

敗戦国日本の民でも無いと言うなら、

第三国人だ。」と「言われた」のが「三国人のルーツ」であり、

「現在でも、未だに、不当な工作活動等を続けているそのスジの人々」が「日本には実際に居る」のに、

「日本には、スパイ・工作活動防止法等さえ無い」ので「十分な摘発さえ行われていない」のだ』。

|

民主党の「がんばろう日本」を見ると・・・。

『「民主党」や「韓流テレビ・マスコミ」等が掲げている「がんばろう日本」を見ると、その後に、「乗っ取り」という「文字が見えて来てしまう気がする」のは、「筆者たちだけ??」』・・・。

|

一般庶民衰退政策に邁進している民主党政権・・・。

『「消費税増税」&「電気料金引き上げ」&「サラリーマン主婦等の年金第三号保険者からの料金徴収」・・・、

「全て、現民主党政権が画策中」の

「一般庶民衰退政策」である。

「上記の政策」は、

「全て、

大金持ちほど実害が少なく、

お金持ちでは無い者には負担が大きくなる庶民衰退政策」に他ならない』。

『「何故、庶民衰退政策に走っているのか?」

「衰退させられた人々は、心理的に、頼る者・物・事を求めがちになる」。

「頼る者・物・事を提供出来る」のは、

「利権集中悪徳政策の悪の利を得ている様な連中」である。

「衰退庶民が、事の本質に考えを至らせられず、頼る者・物・事に依存している間」は、

「悪徳連中は安泰・・・」という訳である。

「だから、衰退政策と愚民化・操り人形化情報・教育等は、セットで用いられる場合が多い」。

「悪徳連中が庶民を支配する為に、衰退政策と愚民化・操り人形化情報教育等を用いて来た例は、決して少なく無い」。

「日韓併合以前の韓国も正にその様な状態だったのだ」』。

・・・・・・・。

『「日本の文化」は、「もったいない」であり、「お互い様」である。

「一般国民の多くの能力を愚民化・操り人形化情報・教育や現行法で摘発困難な不当な工作活動等」で

「本来の能力を発揮出来なくする」のは「もったいない」。

「利権集中悪徳は、悪であり、

皆が相応に良い生活を共有出来る様な、

お互い様社会の方が、治安維持等も容易である」。

「一億総中流時代までの間は、政権の多くが日本人脈だったのだろう」。

「政権の人脈が大きく変わってしまった様相を示したのは、

小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪以降」である。

「政権の人脈が変えられてしまった裏にあるのが、

戦後の日教組等による学校教育であり、

韓流テレビ・マスコミ等による情報の一方的な大量配信」なのだ。

「それらの毒」は、「一刻も早く日本社会から抜くべき」である』。

『「日本の復興の為」には、

「他国の文化が濃厚な民主党政権から日本の政権への政権交代が必需」であり、

「韓流テレビ・マスコミによる情報の一方的大量配信や

文科省や日教組等による左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党)教育等の

日流&中道への是正が必需(その為には、人脈の入れ替えが必要だろう)」である』。

|

お門違いも甚だしい!「原発推進派文化人への批判」・・・。

『「福島第一原発被災事故で問題とされるべきは、原発そのものでは無い」。「古く、危機管理も???だった福島第一原発固有の問題」である。

「以前にも指摘してある通り」、

「福島第一原発のみが大被災で、

他の、震源地にもっと近い女川原発や福島第二原発等は、

ちゃんと停止出来ているのが日本の原発の実態」だ。

「福島第一原発が大被災~大事故になってしまった理由」を「検証」し、

「事態収拾&相応の対策を急ぐ事」こそが

「本来の解決法」である』。

『「福島第一原発の問題点」は、

「原発本体よりも海側に、非常用電源等の施設を作っているのに、津波の想定も異常な程低かった」という

「臨海原発としての危機管理が余りにも酷い設計&建築の問題」が「主」で、

「地球温暖化等を考慮せず、過去のデータに拘るあまり、想定を低くし過ぎていた為、

多少足りなかった耐震対策の問題」が「副」である。

「危機管理がまとも」なら、

「津波の想定は、もっとずっと高く、最低でも10~20メートル級は想定」し、

「万一、津波で海側の施設が破壊されてしまった場合でも即応出来る」様に、

「少なくとも2台の移動可能な非常用電源施設等を高台から移動路を付けて高台に配置する等の対策が取られていた筈」だ。

「耐震対策」も「過去のデータに拘らず、科学的に起き得る最大限を想定し、対応しておくべき」である』。

『「人は、者・物・事が把握出来ていないと心に不安を生じる」。

「不安の元は、現実把握不足であり、その実態は、正当な情報不足」なのだ。

「不安を生じている人」は「不安の解決を欲する」。

「本来の解決法は、自らの実態把握不足の解消なのだが、

正当な情報が得られないと、それも困難になる」。

「本来の解決法が困難になった人は、不安解消の為の代償欲求を暴走させがちになる」。

「その実例」が、

「お門違いも甚だしい、原発推進派文化人等に対する非難」や、

「ロクに理解も出来ていない放射線や放射能物質等に対する過剰反応」や、

「原発そのものに対する嫌悪感や排除感等」なのだ』。

『「大手であるのに、

不安煽りに邁進し、

正当な情報を十分に提供していない

韓流テレビ・マスコミ等」の「罪は大きい」。

「同時に、正当な情報を提供していない情報工作組織の様なところの情報で踊らされてしまっている人々」の「罪も大きい」のである。

「~小泉~民主~」という「多くの一般日本国民を不利にした実体験」もあるのに、

「未だに目が覚めず」に、

「原発不安で踊らされてしまっている様な人々」は、

「一刻も早く、その様な操り人形状態から自分を救い出すべき」である』。

|

大型特種クレーン車が小学生の列に突っ込んでしまった訳・・・。

『「容疑者の供述」では「居眠りをしていた・・・」との事らしいが、「居眠りをしていた・・・」では無く「眠らされた可能性もあるのでは?」

・・・と、「日頃から、不当な電磁波が出ている車が前・後に付く事が多い筆者たち」は「直感」した。

筆者たちは、

「何故か?車が前・後に来た後」

「頭がボーッとしたり、眠くなったり、胸が痛くなったりする」事等を

「何度も体験した後」は、

「電磁波工作車が走り回っているのでは?」という「疑念を抱き」、

「相応の対策を行った上で、観察を続けている」。

「筆者の車には、

後側に電磁波反射板(屈折率の違う、違う種類の金属板を張り合わせれば良いだけなので、若干の費用と手間はかかるが、簡単に作れる)を付け、

前の車は、ナンバー確認の後は、出来るだけ距離を取ったり、違う道を選択したり、反射板等で防いだり・・・している」。

「へんな症状からも、頭や胸を狙っている事は明らかなので、

後ろ側は、ヘッドレストの裏とか、シートバックとかに反射板を付ければ良く、

前の車に対しては、

胸の部分は、手持ちでも、服の中でも、反射板を入れたりする事で・・・、

頭の部分は、サンバイザーとセットにして、サンバイザーを下ろす・・・、

等々でも、

相応に効果がある。

露出している顔面部分や眼も狙われてる可能性も大きいのだが、

眼は、体液に浸っている様なものなので、電磁波の悪効は薄く、

顔面は、セイゼイ日焼けする程度だろうから、

脳や心臓の様な部分の不調の様に、いきなり深刻な状態は引き起こさないと推定される」。

「対策の結果、後ろ側に付く車は、反射板に気付く(たぶん)と直ぐにいなくなり、或いは、距離を取る様に、明らかに変化」し、

「前側の車も、筆者の車の状態から、工作活動がバレていたり、反射等されている事に気付く(たぶん)といなくなる割合」が

「圧倒的に高くなった」』。

『「対策前」は、「運転中に、何故か?ボーとしたり、眠くなったり、胸が痛くなったり・・・等々」と「コンディションから考えてもあり得無い不思議な症状が出ていた」のだから、

「その差は明確」で、

「それは、同時に、不当な電磁波工作を行っている車の存在も示している」』。

『「翌日になったら、テンカンの発作である旨が報道されていた」。

「テンカンの発作」だと「責任能力の問題」が「問題」になるだろう。

報道には、「発作を抑える薬を飲み忘れていた旨供述とあった」ので、

「相応の責任は問われる可能性が大きい」が・・・』。

『「今回の場合はどうだか判らない」が、

「精神疾患&責任能力&工作活動」の「問題」も「現状の日本社会には在る」。

「そのスジの医者が精神疾患の認定」し、

「そのスジの医者により、精神疾患を認定された実質的工作員が、犯罪を犯し、

そのスジの弁護士等が責任能力が無い等の理由で無罪を勝ち取る・・・」という「筋書き」だ。

「反日思想に毒されているモノたち」にとっては、

「日本人を殺したり、

日本人の健康や財産等を奪ったり、・・・する工作活動を日本で行う事」が「正義」なのである。

「そして、身勝手な屁理屈では、正義なのだから、

決して、身勝手な屁理屈で下に置いている日本人に、実質的犯罪行為が露呈させられたり、

日本人に、捕まったり、

日本人から、罪に問われてはならない」のである。

「結果、現行法では摘発困難な工作活動的手段で

色々な実質的犯罪が行われている」のが

「日本社会の実状」なのだ。

「身勝手な屁理屈は

現実では破綻しているから、

正義ぶっても、堂々と、表立っては出来ない」のだ。

「おバカどももいい加減に目を覚ますべき」だが』・・・。

・・・・・・・。

『「日本には、

スパイ・工作活動防止法等の法律も無ければ、

そのスジの取り締まりも異常な程手薄い」。

「その結果が、スパイ・工作活動天国的様相の現状日本社会」なのである』。

『「今回の悲惨な事故(?)」でも「何故、居眠りをしたのか?」の「解明は必需」だ。

「特に、

前(筆者たちが実感している工作活動でも、主として窓ごしに狙っている様相だから)

・後(反射板では無い状態の金属だと、電磁波に対しレンズやアンテナの働きをしてしまう事もあるので)を

走っていた車等は、所有者の人脈まで含めて、徹底調査すれば、

何らかの者・物・事が出てくる可能性も小さく無い」だろう』。

・・・・・・・。

『「あるスジから聞いた話し」では「東北地方」では「居眠り運転等の率が高かった」のだそうだ。

「左翼政権の下」で「不当な電磁波工作等が、現行法では取り締まれないから・・・」等の理由で、

「野放しにされている可能性も小さく無い」のである。

例えば、

「被災車の中の特定ナンバー車を中心に、綿密に調べれば、

高周波の電磁波(直進性や実現可能技術等の問題から、ミリ波程度と推定される)を発信させる仕込み」等を

「発見出来る可能性も小さく無い」だろう』。

|

ふざけるな!「東日本大震災を悪用して消費税アップ」を画策だと・・・。

『「まともな政府」なら、「東日本大震災の復興で大量の資金が要る今こそ」、「約30兆の日銀券と交換可能な政府紙幣の発行」や「義援金控除付きの貯蓄税」や「所得税や法人税への累進効果の高い上乗せ税」等々を「行うべき」である。

ところが、「民主党菅内閣」は「庶民いじめ&景気細らせ税」である「消費税の増税」を「画策している」。

「消費税の増税」は、「景気を悪くする」のだから「復興も遅らせる」。

「復興財源を捻出する」なら「景気を悪くする税では無く」、「景気を良くする税等の手段」で無ければ、

「実際は、復興を遅らせる事になる」のだ。

「日本の復興を遅らせたい国は?」を考えれば「誰でも分かる」。

「民主党菅内閣の政治は、日本<朝鮮・中国等」なのである』。

『「一刻も早く、政権交代させる事」が「より早い復興にも結び付く」のだから、

「東日本大震災級の大ショックが政界で起きるくらいの

政界再編&解散総選挙を急ぐべき」だ。

「良心的政治家たちなら、今、政界再編~解散総選挙に動かない事」は「間違っている」』。

|

所謂左翼と現実主義は違うのです・・・。

『「日本の所謂左翼の実体は、親朝鮮権力者や親中国共産党等である事は、以前から何度も指摘してある通り」なのだが、

「筆者たちの世代より前の世代」では、

「上辺では、

若かりし頃は、左翼、革新等、

年齢を重ねると保守等、

というタイプに見える人々が少なく無い」。

「しかし、その様な人々の実体は、現実主義者たち」なのである』。

『「人は、若い頃は、周囲の全ての人々を善人と思いたがり易い」。

「何故なら、

無意識の基である細胞でも、

生まれて来ている細胞の割合が多いので自らも善人化し易く、

多くの人は、周囲の他人も自分と同様だと思いたがるから

である」。

「子どもの場合、自分と同様の善人と思い込む対象として、周囲にいるのが、

友達や、

日教組等の組合員である場合も少なく無い、

戦後は、極端なほど左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)化している

学校の先生

だったりする」。

「結果、

学生時には、

無用心に左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)教師の思惑に染まってしまった左翼チルドレンが

大量生産されてしまう事になる」。

「日本の若者の場合、

外見上は、左翼系の思想に染まっている様に見える者たちの割合が多くなる」』。

『「ところが、

それらの左翼染まりの若者の内実は、皆同様では無い」。

「日教組等の左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)思想に毒されてしまった、操り人形的状態の一般日本国民等の人々」や、

「血統や人脈等の理由から確信犯の左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)」もいるが、

「現状より良い進んだ社会状態を望んでいて、

所謂左翼教師等が現状より良い体制のイメージで語っていた事等を素直に信じ過ぎたダケの現実主義者たち」もいる。

「当然、現実主義者たちは、

社会に出て、社会の現実を知り、

日教組等の左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)教師の実体も知る様になると、

左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)思想からは抜け出し、

現実主義的に社会等を良くしようとする様になるから、

上辺では保守的にもなる」のだ』。

『「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪の前」は

「社会に出た後の現実の日本社会を味わえる就職場所等が相応に沢山在った」が、

「利権集中悪徳改悪以降」は

「何処かの国の下々徹底衰退政策の如く、普通の就職場所が極端に減らされてしまった」から、

「今時の若者たち」は「現実主義に目覚めるチャンスも喪失させられてしまっている面も少なく無い」のだ』。

『特に「若い方々」は、

「知らず知らずの内に操り人形化されてしまわない様に、

常に、情報の発信者等の本質にも気を配る事で本当の自分自身を守って頂きたい」と切に思っている』。

・・・・・・・。

『「昨今」では、

「左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)連中が好んで、

左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)思想の為に悪用している問題」として、

「原発問題」が在る。

「国際政治的に日本の原発廃止を一番望んでいるのは、中国共産党や北朝鮮なのだ」から、

「原爆投下時や中・ソの核実験時等との比較無き、

放射能物質脅威論や放射線危険論等」が

「如何に日本社会にとって有害であるのか?」は「冷静に考えれば、誰でも、良く判る筈」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等を始めとする左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)連中」の「国際政治的策略等」で

「踊らされてしまう事」は、

「一般日本国民としては、自虐的」である』。

『「言うまでも無く、福島第一原発の被災事故によるに核汚染の問題」は、

「チェルノブイリよりも圧倒的に小さく、

日本における中・ソ等による核実験の核汚染や、

米軍による核爆弾投下による核汚染より、

圧倒的に小さい」。

また、「半減期とは、放射能が半減するダケで放射能が無くなる訳では無い」のだから、

「半減期の長~いプルトニウム等の毒性の強い放射能物質まで大量に撒き散らされた上記の事例の情報を抜き」に

「今回の福島第一原発の被災事故」の

「過大な不安を煽っている明らかな情報工作」等で

「操られてしまってはいけない」のである』。

『「左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)連中」は、

「中国共産党や北朝鮮を有利にする為に、日本で原発反対を訴えている」のである』。

・・・・・・・。

『「因みに筆者」は、

「比べっこ原理主義では無く、本質追求主義の現実主義者」なので「革新的な面も、保守的な面も持っている」のは、

「他の記事をお読み頂ければ、ご理解頂ける」と思う』・・・。

|

ふざけるな!「計画」避難・・・。

『「計画停電」でもそうだが、「民主党菅政権」は「計画」が「お好き」だ。「しかし、その計画」の「意図するところ」は、

「計画停電対象者等や計画避難対象者等」が

「対応計画を立てられるが故の計画」では無く、

「政府側が一方的に上から目線で、自分たちの計画に、計画的に下々を従わせる為の計画」的様相なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「計画停電問題」でも

「本当は、客商売でもある東電は、もっとマシなプランを用意していたのでは無いだろうか?」

「ところが、政府側にそのプランを見せたら、

多くの要人がいる23区も対象地、菅の選挙地盤の武蔵野も対象地・・・で、

政府側が東電にプランの出し直しを無理強いしたのではないだろうか?」

・・・「その様な印象さえ受けるのが、計画停電の実態」なのだ』。

『「計画避難」でも

「現政府によるその地域の人々への実質的衰退政策の裏で、

何らかの利権や支配権等の思惑が潜んでいても何の不思議も無い」様相だ。

「何しろ、お客様や被災者が第一の{計画}では無く、

政府が{計画}し、下々をその{計画}に従わせる為の{計画}的様相」なのだから』・・・。

・・・・・・・。

『「一刻も早く政権交代した方が、まともな復興も早くなる」と「実感している人々は数多い」』。

|

「散々、内外での風評被害の基情報をばら撒いて来たくせに、その責任は他に擦り付けたがっている韓流テレビ・マスコミ等」問題・・・。

『「東日本大震災と福島第一原発被災による核汚染等の問題」の「風評被害」は、「日本の内外を問わず酷い」。

「その様な風評被害が何故起きたのか?」を考えれば、誰でも分かる筈だ。

「風評被害には基情報が在る」。

そして、「風評被害の基情報」は「主として、韓流テレビ・マスコミ等による情報と民主党菅政権による情報」なのだ』。

『当ブログでも以前から指摘してある通り、

「東日本大震災報道」では、

「大被災場所の特定情報&大被災を受けないで済んだ場所の情報が余りにも希薄」だった上に、

「地震のスケール」や、

「東北地方太平洋沖が震源地という事」や、

「大被災地域の大被災情報等」は「過剰に大宣伝だった」から、

「多くの人々が、東北全体が大被災を受けた様な印象を持たされてしまった」。

「それは、一般日本国民等だけの問題では無く、海外の報道機関等から日本に派遣されている人々でも同様」で、

「多くの海外報道機関は、人材や予算の面から、直接取材を主として行えず、

日本のテレビ・マスコミ等の報道やネット情報等々から得た情報を主に記事を配信している」。

そして、「情報の裏を取る事にも相応の能力・時間・お金等々が必要になる」ので、

「裏が取れている旨を公言しているテレビ・マスコミ等の情報の利用率が高い」のだ。

結果として、「海外報道の基情報は、日本の大手のテレビ・マスコミ等である場合が多い」のである。

「日本の大手テレビ・マスコミ等の現状」は「韓流」なのだが・・・』。

『「結果、東日本大震災問題」では、「東北地方全体が巨大地震で大被災地同様の大被災を受けた印象」が「内外に伝わってしまった」のである』。

『「福島第一原発被災問題」では

「民主党菅内閣とその下の東電の当初からの対応」が

「余りにもお粗末だった」上に、

「韓流テレビ・マスコミ等による不安増大情報が加わった結果」、

「原発被災の実態より遥かに深刻な核汚染印象」が「同様の内外にばら撒かれてしまった」のである。

例えば、「レベル7の問題」でも、

「公共的な大報道機関」なら、

「チェルノブイリと同様のレベル7等」という「情報配信は、明らかに実態離れしているからダメ」で、

「本来なら、プルトニウム等の毒性の強い放射性物質の量は問題にせず、

放射性ヨウ素やセシウム等の

噴出形態を問わない

積算総量だけを問題にしている

判定評価基準の問題をちゃんと広報」し、

「格納容器が無い設計の原発が爆発事故を起こしてしまったが故に、

毒性の強いプルトニウム等まで大量に広範囲にばら撒かれてしまったチェルノブイリとは明らかに違う、

チェルノブイリよりは遥かに軽微な核汚染状態の実態をちゃんと広報しなければいけない」のである。

その上で、「原爆投下や核実験の核汚染の問題をちゃんと広報」し、

「それらとの比較からも、

現状の核汚染の問題が韓流テレビ・マスコミ等の報道印象ほど深刻では無い事を、

ちゃんと全世界の人々にご理解頂く事が重要」なのである』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」では「自分たちが不適切な情報工作的情報を散々大量配信して来たクセ」に、

「悪いのは、政府だ!」とでも言いたげな様相だが、

「本当に悪く、日本に実害をもたらした基は、韓流テレビ・マスコミ等」なのだから、

「即刻、人脈の総入れ替え等、相応の懲罰的対応が行われて然るべき」だ。

「しかし、韓流テレビ・マスコミ等の応援で誕生出来た要素が大きい政権等だったりすると、

当然の対応も取り辛い、ばかりか、出来ない」だろう』。

『「事実・現実に基づいた正当な情報配信を行わず」、

「特定の者や国や物事等を有利にする要素の強い情報工作的情報を一方的に大量配信している」、

「大手テレビやマスコミ等」などには、

「その存続の正当性などあり得ない」のである』。

『「存続の正当性が無き者・物・事等を無理やり存続させようとする人間社会等は、必然的に衰退する」。

「韓流テレビ・マスコミや日教組等による学校教育や対韓自虐土下座談話まで発表した総理が党首の民主党政権等を存続させ、

日本社会を衰退させる道」と

「不当な情報・教育・政治等を是正し、

日本社会を発展させる道」の

「どちらが、東日本大震災からの復興にも貢献するのか?」は、

「誰が考えても明らか」だろう』。

『「日本社会を正当化する為の転換期は確実に来ている」』。

|

最近の記事は「かなりビンゴ!」の様で・・・。

『「最近の記事は、かなりビンゴ!の様」で「本日朝頃から、悪どもの電磁波工作のレベルがかなり上がった」。

「最近の記事内容」からも「悪どもの人脈」は「推定出来る筈」だ。

「即刻、スパイ・工作活動防止法等を成立させ、ちゃんとした厳重な取り締まりを行うべき」である』。

・・・・・・・。

『「筆者には、不思議な事があった」。

「筆者等を特定し、家や部屋で狙い撃ちする程度」は、「工作として当然なのだろう」が、

「数多くの電磁波工作兵器搭載車まで作り、道路上でも工作実行・・・」という「効率の悪い手段まで用いているのは何故か?」

しかし、「聞くところ」によると、

「悪ども」の「元々の文化では、主道とは、そのスジの連中の独占物であり、

そのスジの連中以外の者たちは、主道から排除したいという精神文化の為」だと言う。

「つまり、一般の日本国民等も道路上では、筆者同様の電磁波工作の被害を受けている可能性が大きい」のである。

(因みに、上辺からは判らない様に電磁波工作兵器化している為、余分で不当な電磁波が出ている車の多くは、特定ナンバー・・・1,3がらみや、ニコニコがらみや、足して13や21や31等である場合が多い。上辺では普通のナンバーの車の場合もあるが、上辺では普通のナンバーの車の場合、余分で不当な電磁波を発していない場合が多い。)

「また、駅前等の所謂一等地も同様の精神文化の為、独占したがる」のだと言う。

「よって、筆者の様に、駅前の一等地に普通の日本人なのに住み、当ブログの様な情報を流している者」は、

「絶対に許せない敵と思いませ、組織の意向で下々を支配し続ける為の道具化しているのだ」と言う』。

『「自分を自分で健康的にコントロールし続ける文化」では「無く」、

「自分の本当の姿さえ見ようとせず、

代償欲求の追及に奔走し、

他人を支配したがる病的な文化」は、

「本当に、大迷惑」である。

「病的な文化を抱き占めたまま、

病的な工作活動等まで続けている、

病人たちは、一刻も早く、刑務所等の実質的隔離病棟等に収監されるべき」だ。

「それにしても、警察の摘発は遅い・・・なぁ・・・」。

「民主党政権である限り、ストップがかかっているのか?」と思われても仕方無い』。

|

福島第一原発の20キロ圏内には30年は住めないなんてある訳ないでしょ・・・。

『米軍が広島と長崎に核爆弾を投下した後、「広島も長崎も80年は住めない・・・」なんて言われていたが、

「実際は、全く違い、戦後の復興ぶりを見れば明らかな様に、

本当に危なかったのは当初の何年か」だった。

「米軍による原爆投下による核汚染」と、

「今回の福島第一原発による核汚染」を比べれば、

「圧倒的に、米軍の原爆投下による核汚染の方が深刻」だから、

「福島第一原発の20キロ圏内に人が住めない時間は、相応に短い事は誰にでも解る」。

「それは、事態が収拾した後何年もかかる話しでは無い」。

「こんな事さえも???な総理なら、総理の資格は無い」』。

『「総理の立場」なら「一刻も早い収拾」と「一刻も早い復興」を「訴えると共に、全力で実行する」のが、「当然」であり、

「過剰な不安を煽ったり、収拾を遅らせたりしている様」では、

「他国人脈等の工作員」と言われても仕方無い。

何しろ、「菅総理」には、

「対韓自虐土下座談話発表」という

「朝鮮や中国の権力者の人脈の工作員では?

と思われても仕方無い

実質的な反日実績まである」のだから』。

『「反日総理を平然と頂き続けている様な平和ボケ一般日本国民たち」は、

「左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)の日教組等による教育や、

左翼(=親朝鮮現状権力者・親中国共産党)の韓流テレビ・マスコミ等の情報のマインドコントロール犠牲者」でもあるのだ』。

『「普通の感覚を持っていれば、

反日総理や反日政党を与党として頂く一般日本国民など在り得ない事」くらい

「誰にでも分かる」筈だ。

「マインドコントロールの犠牲者たち」は「一刻も早く、自分を救い出すべき」である。

「日本乗っ取り策略に基づいて動いている確信犯の仮面帰化人たち等」なら「何を言っても無駄だろう」が、

「普通の独立国なら、

そんな連中は、国家乗っ取り策略の罪等で、

スパイ工作活動防止法等により取り締まり、

厳罰が当然」なのだ』。

『「韓流テレビ・マスコミの罪は深い」』。

|

「原発反対!で正義ぶって日本を不利にするおバカ」問題・・・。

『「幽霊でも原発でも・・・」人は自分が良く理解出来ない者・物・事を悪として処理したがる。

しかし、「それは、幽霊や原発が悪いのでは無く、理解不足のその人が未熟」なのだ』。

『「因みに、

細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している人にとって、

丸ごと一人の幽霊とは、古の人々の概念に過ぎ無いから、

今では、恐れる人など稀」だろう』。

『「原発」だって「電力問題ダケ」なら、

「それこそ税金を使った強制エコ替え&太陽光発電で対応可能」だろう。

(因みに、筆者の家では、冷蔵庫や電球のLED化等の自主エコ替えにより、使用電力は去年と比べて、約26%少なくなった。原発分が約27%と言われているから、もう少し、エコ替えを進めれば、対応可能になる。集合住宅なので太陽光パネルは付けられないが・・・。)

しかし、「原発は、電力だけの問題では無い」のだ。

「一番、日本の原発を無くしたいのは、中国共産党や北朝鮮の権力者たち」である。

「日本から原発が無くなる事=それらの国々の核の脅しの価値が上がる事」に他ならない。

それだけでは無く、「高エネルギー制御技術を実践の場で磨き続ける」という「科学技術の進歩の問題」とも「密接に係わっているのが原発」である。

「核や放射線等々の制御も出来ない様では、人類の宇宙への本格進出は、夢のまた夢」なのだ。

「科学技術の衰退とセットなのが、原発放棄」である』。

『「者・物・事をある側面からダケ見た単純化の罠」は「至る所で仕込まれている」。

「上辺だけ紳士なら、内実も紳士とは限らない」のである。

「日本で、原発反対!で正義ぶっている者たちの実体」だって、

「中国共産党や北朝鮮の工作員かも知れない」のだ』。

『「平和ボケ」は「罪」である。

「者・物・事は、その実体を多方面から捉え、正確に把握し、

依存したりするのでは無く、

共有出来る現実等を共有すれば良い」のだ。

「その為にも、ベースである自分をシッカリと自分で健康的にコントロールし続ける事が重要」である。

「他人に自分を支配させたり、

他人を支配しようとする」のは、

「セルフコントロールの代償欲求に過ぎず、

それが過剰になっていれば、

明らかに精神的な病気」なのだから!』

|

原発等の風評被害は何故起きているのか?・・・。

『「日本国内だけでは無く、海外でも東日本大震災の風評被害は起きている」。「何故か?」

「其処には、日本国内&海外のメディアが得ている情報の問題が在る」。

「日本国内で、大手を振るって情報を大量配信している」のは、「主として、韓流テレビ・マスコミ等」である。

「だから、多くの一般日本国民等が、韓流テレビ・マスコミ等による情報の害を受け、

過剰な不安心理や、不必要な買占め行動等へと、

大衆誘導されている」のは、ある意味、当然でもある。

「海外のメディア」が「情報を得ている所」は「日本の大手メディアやネットが主」であり「現地取材等は副」に過ぎない。

「だから、海外のメディア等も、日本の韓流テレビ・マスコミ等の情報で操られている状態なのだ」。

「その結果が、海外でも起きている風評被害」であり、

「日本からの外国人脱出」や「日本への外国人観光客の減少」等々なのだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等の罪は本当に大きい」。

「韓流政府の罪も本当に大きい」が・・・。

「日本の政治・情報・教育の人脈は、普通のまともな日本の人脈と総入れ替えされるべき」である』。

・・・・・・・。

『「考えてみれば誰にでも分かる」。

「東日本大震災が起きた当初に、

その被害地域の特定情報をちゃんと発信していたら・・・」。

「原発問題でも、

ロクなリーダーなど出来ないクセに、リーダーシップだけは取りたがる

韓流民主党政権では無く、普通の日本の政権だったなら・・・」。

「現実通りの政治や情報配信」なら「風評被害は起き辛い」が、

「イメージ先行の政治や情報配信」は「風評被害を招く」のである』。

『「原発被災による放射能物質等汚染問題を論じるなら、

誰でも解る様に、核爆弾投下や、核実験による放射能物質等汚染問題とセットで情報提供すべき」なのだ。

「米軍による核爆弾の投下後も、

中・ソによる核実験の後も、

今回の福島原発とは比べ物にならない程酷い放射能物質等の汚染が在ったのが

日本の現実」だ。

「それで、日本はどうなったのか?」・・・「皆様良くご存知の通り」である。

「放射能物質等に対して、

まともな知識がある人なら、

核実験情報の公開さえ???の中・ソや、欧米諸国等の核実験後地付近等に行く方が、

日本にいるよりずっと怖い」筈だ。

例えば、「日本を離れて中国に行く事=中国の核実験後地に近づく事に他ならない」のだ』。

『「日本では地震が起きるのが当然」だから「日本の建物等の多くは、相応に耐震対策がされている」。

「未だ、足りない部分を急ぐ事こそ重要」であり、「今までの貯金分は貯金分としてちゃんと広報する事も重要」だ』。

・・・・・・・。

『「大罪人たち」は、

「これ以上人災を広げない為」にも、

「重要な立場から即刻退くべき」である』。

|

ようやく「仙台空港復旧での自衛隊と米軍の活躍」や「近隣国、台湾からの義援金の多さ」を放映した韓流フジテレビ・・・。

『「本日のフジの朝番」では「今頃になって、ようやく、仙台空港復旧での自衛隊や米軍の大活躍」や「{近隣国}、台湾からの義援金の多さ」について、放映していた。

以前にも指摘してある通り、「本来なら、自衛隊や米軍の活躍ぶりは、当初からリアルタイムで放映されているべき」である。

何故なら、「大被災の状況だけでは無く、

復旧への頑張りを見た人々の心には、

自分たちも頑張れば復興出来るという心も育つから」だ。

そして、「大被災当初の情報として、圧倒的に不足していた」のが

「大被災場所の特定&大丈夫だったところについての情報」である。

「それらの情報が余りにも希薄だった」から、

「東北=米どころ」とか、

「ガゾリン等の備蓄等を忘れて」、

「頭がショートしてしまった人々が余りにも多く出てしまった」のだから、

「韓流テレビ・マスコミ等によるこの面での罪は大きい」』。

『「近隣国を強調していた台湾からの義援金の多さ」についても、

「近隣愛だけでは無い、その裏にある本当の理由の情報」も放映すべきである。

「日本の近隣国」と言えば、「韓流テレビ・マスコミ等に毒されている多くの人々は、真っ先に韓国を思い浮かべる」だろう。

「その韓国の今回の東日本大震災に対する援助ぶり」は、

「僅かな救助隊を派遣」や、

「日本から散々稼いだ韓流有名人の一部の多額寄付金」や、

「韓流テレビ・マスコミ等の不適切な情報提供ゆえに、

多くの人々が買占めに走ったがゆえに、

品不足状態となった米や水等の支援」なのだ。

「一般韓国人からの義援金等の額は、台湾に遠く及ばない」。

「何故か?」

「台湾では、嘘の歴史教育など行わず、反日教育も無い」。

「だから、当然、一般台湾市民から日本への義援金も自然な気持ちで行って頂けている」。

「韓国では、嘘の歴史教育と反日教育で、多くの人々が韓国の権力者の操り人形状態」だ。

「多くの一般韓国国民は、権力者による指示でも無ければ、

嘘の歴史教育では韓国への侵略国

(実際は、国の存続さえ危うかった当時の韓国内の急速な近代化整備を行った大援助国であり、

朝鮮王朝による一般国民が権力者の座に決して上がれないようにしていた一般国民衰退政策から、

多くの一般韓国国民を解放した救世国なのだが。

朝鮮による日韓併合=日本による植民地支配論とは、

敗戦により、日韓併合当時の日本国民等が朝鮮半島内に残して来ざるを得なかった

多大な施設・財産等を無償で奪いとる為の屁理屈に他ならない。

多くの朝鮮半島内の人々を王朝時代の衰退悪政から救い出し、

仕事も・・・日本が入る前は、王朝から遠い人脈の人々は徹底衰退で、近代的な経済システムさえ無かった。王朝から遠い人脈の人々の着物は、染める事さえ出来なかったのが日韓併合前の朝鮮内の現実である。当然、当時の朝鮮王朝は、離島の竹島などを国として管理する訳も無い。

教育も・・・日本が入る前は、近代的な小学校さえ無く、朝鮮で小学校を最初に作ったのは日本であり、当初は、渡朝した日本人の為だった。しかし、日本が作った学校等でも、朝鮮人で入学相応の実力のある者は入学出来たのが日韓併合以降だ。日韓併合前は、学校さえロクに無かったのだから、仕事の力量も相応で、当時の多くの朝鮮人が良い職に付けなかったのは、日本による差別ゆえでは無く、朝鮮王朝時代の教育水準の低さが原因なのだ。

インフラも・・・日韓併合前、朝鮮半島内はインフラ未整備状態だったので、日韓併合後も商取引等は、基本的に日本本土経由にせざるを得なかった。その為、当時の朝鮮内の人々は、日本人も含めて、商売上等では余り良い思いは出来ていない。インフラ整備が整った後、日本の朝鮮総督府は朝鮮直の取引を模索し始めていたが、開戦となってしまったのが現実である。

・・・上記等々を近代的に整備し、

朝鮮人でも優秀な人は、ちゃんと重用し、

・・・尚且つ、日本の米国に対する敗戦&朝鮮側の屁理屈により、

無理やり多大な置き土産までさせられた植民地支配など

在り得る訳が無い事は、

歴史上の現実を知る事が出来ている普通の頭のある人なら、誰でも分かる。

日韓併合とは、当初は、朝鮮側が対等合併を求めた現実からも明らかな様に、

日本による植民地支配では無く、

朝鮮による日本を利用した近代化整備による国の生き残り&日本乗っ取り策略の開始・・・未だに、悪の工作活動を日本国内で続けている愚か者たちもいるのだから、日本にこそスパイ工作活動防止法等が必需なのだが・・・に他ならない。)

であり、

反日教育の日本への支援など、なかなか行い辛い状況に追いやられている」。

「そして、一部の韓国の権力者は、

韓国民を操り人形化しているだけでは飽きたらず、

日韓併合を日本乗っ取りの開始と位置付けた古からの策略のままに、

多くの一般日本人までをも韓国の権力者の操り人形化しようとしている」のだ。

「韓流テレビ・マスコミ等により、

無理やり売りつけ、

日本人受けが良かった一部の韓流有名人に象徴的に多額の寄付を行わせ、

在日の手下を使って、不要な買占めを煽り、

日本人が一番有難がるであろう米と水等の支援をする等々の手段で、

日本人の韓国に対する好イメージ

(実態は、台湾からの義援金額等と比べれば誰にでも判ってしまうのだが・・・)

を増長させるという、

策略的手段で、

出来る限り多くの一般日本人の心をつかみとり、

操り人形化を容易にしたい・・・その様な臭いさえ、

非常に濃厚」なのが、

「嘘の歴史教育&反日教育まで行って来ている

権力者等による一般国民支配が日本より圧倒的に濃厚な

韓国の支援の仕方」である』。

・・・・・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等の人々にとっては、

日本に一番近い、

否、

韓国に一番近い・・・どころか、韓国の一部となるべきは日本・・・なのかも知れ無い」が、

「実体としては、現状では、情報・教育等まで含めて日本に一番近いアジアの国は、台湾」なのである』。

『「中国は、

一刻も早く、共産党の独裁支配体制から解放され、民主化されるべきであり、

無理やり一つの大きな中国状態は止めるべき」である。

「韓国は、

自分を健康的にコントロールする代わりに、他人を支配したがる権力者を頂かない様にし、

特に歴史の情報・教育を現実的に直すべきだ」。

「北朝鮮については、言うまでも無いだろう」。

「アジア諸国が情報・教育まで含めて、

現実との整合性を高めれば、

必然的に、近隣国は本当に近隣国になる」』。

|

福島第一原発の対応さえ???の民主党菅政権を一刻も早く政権の座から降ろす事こそ早い復興への正道である・・・。

『「福島第一原発処理問題」でも「菅総理による対韓自虐土下座談話の如く、日本を意図的に貶め、早期収拾を困難にする様相の対応を示している

民主党菅内閣」・・・。

「統一地方選で民主党が大敗したのも当然」である』。

『「一日も早い日本のまともな復興の為には、

一日も早い政権交代が必需」なのだ。

「民主党政権に復興を担わせる事=復興が遅くなるばかりか、反日自虐復興となる可能性大」なのだから』。

|

笑えるゾ!「中・韓から来日している人々に、福島第一原発の放射能の心配を質問している韓流テレビ」・・・。

『「良心的なテレビ等なら、ちゃんと本当の事を教えて差し上げるべき」だろう。「中・韓等から来日している人々へは、

中・ソによる核実験の核汚染の問題からも、

中・韓等にいるより、日本にいる方がずっとマシ」である事を』。

『それを「自虐的」に、或いは、「意図的に日本を貶める為」に、

「福島第一原発被災事故による放射能問題のみにスポットを当て、

福島第一原発被災事故<核実験<核爆弾投下という放射能物質問題の本質を

避けた質問をし、

大手テレビ局の放送で大々的に日本全国に流している・・・」とは、

「正に、反日情報工作」である』。

『「こんな連中に大手テレビ局を牛耳らせていてはいけない」。

「日本の情報・教育等の人脈は、

反日人脈では無く、普通の日本の人脈と入れ替えられるべき」である』。

|

福島第一原発被災事故の国際評価尺度と原爆投下や核実験の国際評価尺度・・・。

『「福島第一原発被災事故の国際評価尺度が上げられた」のだそうだ。「レベル7で、チェルノブイリと同等」なのだと・・・。

ところで、「偉そうに国際評価・・・を行っている連中」の「米国の日本に対する原爆投下の評価尺度は?」

「核兵器保有国が散々行って来ている核実験の評価尺度は???」

・・・「つまり、

実態としては、

現状の国際評価尺度など、

特定国が自国等を有利にする為に、

国際的政治利用や日本での原発不信煽りや原発復興遅延等々が可能な様に、

都合良く作り出され、

都合良く使われているダケ」なのだ。

だから、「不安を煽る情報工作的報道等」では、「懸命にいい加減な尺度の数値の上昇を金科玉条の如く重く宣伝している」が、

「実際は、気にするほどの話しでは無い」のである。

「言うまでも無く、チェルノブイリの場合と福島第一原発では深刻度は違い、

福島第一原発の深刻度は、チェルノブイリに遠く及ばないが、

国際評価尺度が急に上げられた裏には、

特定国等の国際政治上の理由が在るのである」。

「原爆投下や核兵器開発の為の核実験を散々行い続けて来ている国々」の

「本当の責任は

福島第一原発の被災事故など遠く及ばないほど深く深刻」なのが

「現実」なのだ。

「日本の原発の存在が、自国の核兵器保有の価値を下げていて、

眼の上タンコブ的に思っている特定国等の権力者等」にとっては、

「それらの国々の権力者と近い日本政府内等の人脈を

悪の工作活動に活かし、

多くの一般日本国民に原発に対する嫌悪感等を植え付けようと必死」なのだ。

「時系列で新しい核問題を責めれば、

核爆弾投下や核実験等々による核問題が誤魔化せる訳も無い」。

「核兵器保有の価値を上げる為に、日本等の原発を貶める悪の情報工作活動などが正当な訳も無い」。

「ズルをすればズルをする程悪質度が増すダケ」である』。

『「言うまでも無く、今回の福島第一原発の被災事故より、

核兵器保有国が散々行って来ている核実験や、

米国による原爆投下の方が、

圧倒的に深刻な問題」である。

「チェルノブイリの約10分の一の放射能物質が漏れている」と言っても

「それは、主として、原子炉内

(当初は、水素爆発等で、その内の若干の物が空気中にもばら撒かれてしまった様だが・・・)

であり、

現在でも少しは、汚染水等の形で外に出ているが、

チェルノブイリの様に空気中に大量にばら撒かれている訳では無い」。

「国際評価尺度等を決めたり、不安を煽る様に発表している連中」は、

「どの国のどの人脈からどれ程の裏報酬を受け取っているのだろうか?」

・・・「結構な金額等が動いていても何の不思議もなさそう・・・」だが』。

|

自粛問題・・・。

『「ニュージーランド等他国での地震があった時、自粛した日本国民等はどれ程いたのか?」を考えれば、誰でも解る通り、

「自粛とは、仏教の喪の様なもの」なのである』。

『「言うまでも無く、喪は、宗教儀式であり、

宗教儀式を行う事で、納得心を強くする事がその目的」なのだ。

「人間にとって、納得とは、心や頭が落ち着く事であり、

心や頭が落ち着く為に、実際に必要な物事とは、

現実をありのままに自分に認めさせる事」に他ならない。

「だから、自分に、現実をありのままに認めさせる事が出来ていれば、

宗教的な喪や自粛は要らない」のである』。

『「日教組等の薄弱教育や韓流テレビ・マスコミ等の薄弱情報の犠牲者である

多くの人々は、

現代人なのに、死の実体・実態さえ???」だから、

「近隣の死が自分に襲いかからない様にする為の喪」や、

「大被災で多くの方々が亡くなってしまった時等の自粛」を「欲する心」が「出て来てしまう」のだろうが、

「死の実体・実態」とは、「細胞ごと」であり、「誰もが今、この瞬間にも死を体験しているのが現実」なのだ。

「ある人の死の本質」とは、「その人による新たな意思・行動等の発現の喪失」である。

「だから、

故人の意思・行動の中で、現実との整合性の高い正当な物事を尊重する事こそが、

故人に報いる唯一無二の道」であり、

「日頃から、自分の意思・行動等をしっかりと納得が行く様に正当にコントロールし続けている事が一番重要」なのである』。

『「今回の大被災」で「多くの被災して死亡してしまった方々」は、

「地震や津波で命を落としたく無い。家族や友人たち等と、幸せな人生を送りたい。等々」と「考え・思っていた事は、想像に難く無い」。

「だから、二度と、同様の新たな悲惨事が起きない様に、

一刻も早く、万全な避難場所が在る復興を行う事」こそが、

「故人に応える最善の方法」に他ならない。

その為に、「自粛」は「どれだけの役に立つのか???」』

『「現代に生きているのに、

自らの心や頭の理解・把握・コントロールが???」では、

「古代人状態」であり、

「それは、情報・教育の害による犠牲者の状態でもある」のだ』。

『「大被災地の事や大被災で亡くなってしまった方々等の事を

考え・思い、

実質的に現実逃避する前に、

先ず、自分を情報・教育の害から救い出し、

現代人として、ちゃんと成長させる事が重要なのである」』。

|

地震問題・・・。

『「専門家でも、マグネチュード8以上の地震は起きない・・・等の、あまりにもおバカな論を平然と言っていたりする」ので、

「現在の地震の問題について」も「記しておく」。

「言うまでも無く、地球温暖化という事は、空気が温暖化するダケでは無く、地球全体のエネルギーが増えている事」なのだから、

「温暖化させてしまった段階」で「過去の通常時のデータは当てにならない」。

「温暖化すれば、断層やプレート等の緩みや動き易さも増す」から、

「地震は、巨大化し易くなり、連発し易くなる事」は、

「科学的に考えれば、誰にでも解る筈」だ。

「僅かな温度上昇でも、

断層やプレート等の巨大質量を持つ物質にとっては、

その積算分が実質的な影響分になる」から、

「バカに出来ない」のである』。

『「日本以外の地域でもマグネチュード9クラスの地震が実際に起きていた昨今の事情」を考えれば、

「温暖化が更に酷くなっている今日、

しかも、プレートが密集している日本付近でなら、

{マグネチュード9で済んだ・・・}等の認識が正当」なのだ』。

『「今後も地震は必ず起きる」。

「だから、必ず起きる地震を悪戯に恐れている暇があるのなら、

耐震対策等を行っている方がずっと現実との整合性が高い正当な行動になる」のだ』。

|

韓流フジテレビの「チェーンメール追跡誤魔化し論」・・・。

『「チェーンメール追跡の第二段だ」と言うから見てみたが、「結局は、チェーンメールの追跡」は「適当なところ(本質が露呈しない段階)でオシマイ」で、

「ネタ元のツイッター情報特定&批判等」的なまとめ方の「誤魔化し論」だった』。

『「悪質な情報工作」は、

「ツイッターやブログ等から使えそうなネタを探し出し

(常に、工作員たちが都合の良いネタを考え出せる訳も無いので)

それをチェーンメール等の手段で拡散する」のが「実態の一つ」でもあるのだから、

「ネタ元の特定&批判等」は「お門違いも甚だしい」。

「しかし、多くの視聴者は、この手の情報提供を鵜呑みにし、

実質的に、騙されて、操られてしまっている」のが

「現状日本社会のお寒い現実」なのだ』。

『「チェーンメールの元は辿り切らず」、

「ネタ元に過ぎないツイッター批判の後」で

「韓国のアイドルグループ、カラの宣伝」なのだから、

「フジの朝番もテレ朝等と同様、

向いている方向は、日本<韓国・在日等」なのだ』。

『「日本のテレビは、主として、日流であるべきであり、

他国流が主流である様相の現状は明らかに異常」である。

「戦後の混乱時に米軍等に付け入り、

日本の情報・教育等の分野に深く食い入ってしまっている朝鮮系の人脈」は、

「戦後65年以上も経っている現在も、

戦後産まれの世代までも、自分たちの都合で牛耳るべく、

未だに、不当な情報工作を続けている」のが「実態」なのだ。

「日本のテレビ・マスコミ・教育等の人脈は、まともな日本の人脈と総入れ替えされるべき」である』。

|

福島や茨城等の食品等の放射能汚染を気にするくらいなら、関西の物は食べれないでしょ・・・。

『「何度も記している通り、日本での核汚染の実害は、米軍による核爆弾投下>中・ソ等の核実験>福島第一原発の被災」である。

「福島第一原発の被災」では、「主として、放射性ヨウ素とか放射性セシウムとかの毒性の低い放射性物質が天災の被災で少々外に出てしまっているダケ」なのだが、

「原爆投下や核実験」では

「プルトニウム等毒性も強い半減期も長~い放射性物質が、

人為的に大量にばら撒かれた」のである』。

『「福島第一原発問題」では、

「過剰な程に、調べまくっている核汚染状況」と、

「韓流テレビ等が、過剰な程に、大宣伝している汚染数値等」故に、

「多くの人々が、不安を感じさせられている」が、

「原爆投下や核実験の核汚染状況は、

陰でコッソリ調べられ、結果はほとんど発表されていない」から、

「多くの人々は、何も感じる事さえ出来ていない」のである。

(実際、

原爆が投下されたのも、核実験も、西で、

天気の流れは、西から東へで、日本アルプス等の遮りがあるから、

関東より関西の方が、核汚染度は高い。)

「情報が過多ゆえに不安」「情報が無いがゆえに無かった事」という「実態」は、

「明らかに現実離れしている」』。

『「現実的」には、「核汚染の激しい関西の食料等も、もちろん、食べて大丈夫」だし、

「実際に、出ている害」としては、

「日本全体のガンの発生率が、他の国より高い」だが、

「それは、核汚染による害なのか?

過食による害なのか?

好ましく無い、食品添加物や農薬等による害なのか?

複合害なのか?・・・」

「判別出来ないレベルのお話し」で、

「実際は、健康問題」だから、

「放射能物質等を過剰に気にするより、

健康管理をちゃんと行った方がずっと合理的」なのである』。

『「韓流テレビ・マスコミ等やそのスジ等のネット情報工作員等に操られて、

自分の健康管理を疎かに、

放射能物質等で大騒ぎ・・・

させられてしまってはいけない」。

「その様な操り人形状態の多くの人々」が、

「~~小泉~~民主~」等々で、

「知らず知らずの内に、

自分たちの首を絞める一方で、

韓流人脈等を有利にする手助けをさせられて来た」のである』。

『「操り人形状態の自分を救い出す」のは「自分」である』。

|

当然の結果、石原氏の再選・・・。

『「筆者は、東京産まれ東京育ちだが現在は都民では無い」。しかし、「都知事選は相応に注目していた」。

今回の場合、

「一番の興味」は、「石原氏と交代出来るくらいの内実を持った若手が出たか?」だったが、

「少なくとも、実際に大量得票出来た候補者は、

象徴的問題の原発問題でも、

短絡的な反対論者ばかりだった」ので、

「底の浅さが直ぐに判り、コレでは、世代交代は無理・・・」との感を得ていた。

そして、「賢明な都民が選んだ結果もその通り」だった』。

『「原発を考える時、電気エネルギーの問題ダケを考えるのは、足りない人々」で、

「現状の人間社会では、

原発とは、

電気を生む施設であると共に、

保有国の科学技術の発展にも大きな影響を持ち、

尚且つ、核兵器の問題からも明らかな様に、安全保障上の問題でもある

複合的にとても重要な施設」なのである。

「原発の複合要素に対し、ちゃんとした対案を示す事を怠ったロクでも無い意見」では、

「底の浅さは見え見え」で、

「その様な状態の人々では、

東京都の様な大自治体の首長や国会議員等などの職は無理」である。

「資質的に無理」なのに、

「韓流テレビ・マスコミ等の実質的情報工作により有名人化されたり、

頼れる政党化されたから・・・と、

国会議員等の職を与えてしまった場合の実害の実例」は、

「現民主党政権等を見れば誰でも解る筈」だ。

「多くの一般日本国民」は、

「心ならずも、日本弱体化工作に手を貸してしまわない様に、

常に、情報・教育等の本質等に、気を配っていなければいけない」のが、

「出来の悪い日本社会の実情」なのである』。

『「東国原氏にしても、わたなべ氏にしても、

原発等に対するちゃんとした捉え方や政治・政策理念の保持等が出来ていれば、

世代交代の可能性もあったかも知れなかった東京都知事選」・・・。

しかし、それでも、

「韓流テレビ有名人上がりは、やはり、韓流テレビ有名人上がり」であり、

「相応の用心が必要」なのである』。

『誰もが、

「韓流企業の業績アップと普通の日本企業の業績ぶりや、

朝鮮系の人々が多い新大久保の商店街の繁栄ぶりと、

普通の日本の商店街の衰退ぶり等を比べれば解る筈」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等が大衆誘導して来た結果が、ソレである」』。

『「ネット界でも、そのスジの人脈は、

未だに、在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束した小沢現被告を応援していたりする・・・」し、

「未だに、結果の出た都知事選に対しても、

石原都政に期待出来るか?否か?等のお得意の大衆誘導アンケート調査等を行ったりしている様だが、

アンケートなどお仲間による大量投票で、結果は、ある程度は、意のまま・・・なのだし、

結果を発表するのも集計者側で、お手盛りコメンテーター等の意見でも付ければ、

如何にもソレらしくなる」のだから、

「そんな大衆誘導手段で考えを動かされてしまうくらいに教育水準が低い状態の人々の問題が露呈するダケ」なのだ。

「もちろん、

低い水準の教育とは、

日教組等による学校教育や、その優等生である官僚ども(因みに、何れも所謂左翼思想・・・親朝鮮現状権力者・親中国共産党の優等生??である場合が多い)、

ゆえである部分がかなり大きい」のだから、

「多くの一般日本国民は、ある意味では、被害者」なのである』。

『「自分を被害者状態から救い出せるのは、基本的に自分自身」なのだ』。

|

原発に反対する人類の進化の邪魔をする人々・・・。

『「言うまでも無く、原発とは、原子力の平和利用であり、核兵器の様な人類としての自虐利用では無い」。

「原子力の平和利用」とは、「人類が制御可能なエネルギーの範囲を広げて行く上で実効のある有用な手段」であり、

「人類が制御可能なエネルギーの範囲を広げて行く事こそが、

人類を始めとする地球生命体細胞群が宇宙へ進出する事への道」に他ならない。

「短絡的な原発反対者たち」は、

「科学の歴史も、

人類が物事やエネルギー等に対し、

認知や制御の範囲を広げ続けて来ている進化の現実も十分に認識出来ていない未熟な状態もしくは、

工作員等の情報・教育による操り人形化状態」なのである。

「その様な状態の方々」は、

「一刻も早く、その様な状態から自分を救いだすべき」であり、

「その為に有用なのが、まともな情報・教育」である』。

『「原発反対論者たち」は、

「原発反対を唱える前に、

核兵器開発の為の放射能物質の害とか、

実際に核兵器が使用されたがゆえの放射能物質の害等を

ちゃんと知り、

原発反対では無く、

中・ソ・米・仏・英・イスラエル・インド・パキスタン・北朝鮮等々の国々に対し、

核兵器反対を唱えるべき」である』。

|

ユニクロとシマムラ・・・。

『「衣料品業界の大手の義援金や寄付等がネットで賞賛されているのだ」という「宣伝報道」が在った。

確かに、「ユニクロの場合は、大手相応の立派な義援金等寄付ぶり」だと思うが、

「シマムラの場合は??」が付く。

「店舗の25%が被災という記事も在った」が、

「被災の実態=大被災とは限らない」のだし、

「実際」に、

「関東平野の中部にある筆者の住んでいるマンションの隣のシマムラは、

被災等の理由で一時閉店だが、

筆者のマンションの被災実態が、ペットボトルが倒れ、後々確認して判明した食器棚の中の弱弱しいガラスが幾つか割れたダケだった事からも、

その被災実態は、大被災地の被災実態とは大きく違う事は誰にでも判る」だろう。

「原発問題の暫定基準の何倍という不安煽り手法同様、

この手の数字の出し方で、宣伝報道したところもどうか???と思う」のだが、

「未だ予定だという寄付を挙げて感動とは、如何に???」

「筆者には、全く理解出来ず、タダ宣伝報道の醜悪さが気持ちの上に残ったダケ」だった。

「それなのに、ネットで賞賛の嵐」とは、「正に、情報工作員の仕業」としか思えず、

「シマムラと情報工作員の人脈的繋がりの臭いが濃厚に漂っている」様相だ』。

・・・・・・・。

『「シマムラ」には、

「大手相応、ユニクロ以上の義援金の出しぶり、寄付のしぶり」を「期待しておく」』。

|

地方選当日だが・・・。

『「大手テレビ・マスコミ等、公共性の高い大手企業と国の政権の問題」には「大きな関係が在る」。

「地方選」にも「同様に関係性の高い問題が在る」。

(選挙日なので、具体例は、それぞれの方々がお考え下さい。)

「どんな人を選ぶのか?」によって「変わる物事が確実に在るのである」。

「だから、選挙は必ず行くべき」だ』。

『「筆者は、

選挙時には、

年齢や世襲か?否か?や学歴や職歴等々の上辺の情報では無く、

その候補者の思想信条や政治理念を基に

ベターチョイスに投票する事にしている」。

「何故なら、

上辺では無く、

思想信条や政治理念こそが、実行される政策に大きな影響力を持っているから」だ』。

『「多くの方々が、本当に自分の為になるベターチョイスに投票していれば、

多くの方々の実際の生活も、日本社会も、

良くなって来ている筈」だが、

「実際は、多くの方々」が、

「何かに騙されて、

候補者の本質を見失い、

自分たちの為にならない候補者に不本意なお墨付きの一票を投じさせられていたり、

策略的情報教育等により、政治から遠ざけられ、棄権に追いやられていたりする」のが「実態」だから、

「多くの方々にとって、実際の日本社会も良くなって来ていない」のだ。

「自分の為になるように候補者を見定め、投票に必ず行くべき」である』。

|

未だに「原発不安を煽っている韓流テレビ・マスコミ」問題・・・。

『「福島第一原発の被災」は「確かに、相応の問題を残している」が、「その問題のレベル」は「米国の核爆弾投下よりも、中・ソの核実験よりもかなり小さい」。

「本来のテレビ・マスコミ等」なら、「先ず、素人でも解る上記の簡単な判断基準を広く広報するべき」である。

ところが、「日本の原発を貶め、原発嫌いの国民感情を煽る事により、対核兵器の強力な防波堤にもなっている日本での原子力技術開発を弱体化させ、

核実験で多大な迷惑を日本にもかけた上に、核兵器保有国でもある共産党独裁政権下の中国等のメリットを図る目的でもある様相」の

「韓流テレビ・マスコミ等」では、

「未だに、福島第一原発の被災をダシに、

原発不安を煽っている」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等の情報提供が悪質性」は、

「放射線測定値に関しても、

米国が核爆弾を投下後や、中・ソ等が核実験を盛んに行っていた頃の

日本の放射線観測値等の比較例を挙げた上で、

絶対値を示す誤解の無い情報提供では無く、

比較例も挙げずに、

悪戯に低い面もある日本の規制値の倍率で述べている」ところにも表れている。

その上で、「原発や放射線等に対して、過剰な嫌悪感を持っている雰囲気満載の司会者やコメンテーター等」が、

「不安」を「連発している」のだから、

「正当な情報提供と言うより、

視聴者の不安を煽り、日本社会を混乱・弱体化させる為の情報工作と言った方が適切」なのだ』。

『「日本の大手テレビ・マスコミ等の人脈」は「正当な人脈と総入れ替えするべき」である』。

|

テレ朝、新番組「モーニング・バード」・・・。

『「テレ朝の朝8時からの番組が変わった」。筆者たちにとって、一番の注目点は、「不安や自虐や現実逃避を煽る情報工作番組からの解脱ぶり」だが、

「実際は、予想の通り、上辺の表の顔だけ変わって本質は変わらず・・・」だった』。

『例えば、

「原発問題」でも「放射能や放射線についての解説をやろうとした」のは「良い」のだが、

「肝心の解説を行った石原がその手の事は???の様相」だから

「視聴者は、放射能や放射線の本質を知る」より「不安を得る」。

オマケに、「文系解説者」の「青木」が、「所謂、原発嫌いに投げ込んだ本の知識の悪影響からか?益々、視聴者に不安を煽る解説まで付け足していた・・・」。

「コレではダメ」である』。

『「情報工作番組」から「情報提供番組」への「転換に必要」なのは、

「本質」と「正当性」だ。

「原発問題でも、何故、原発が生まれたのか?何故、必要なのか?」

「放射能や放射線問題に対しても、

健康問題の一つレベルの問題と、

実際の放射能物質や放射線の問題との

区別をはっきりさせるべき」である。

その上で、

「放射線=高エネルギー(振動数)の電磁波=高エネルギー(振動数)の光と同様な物」という「実体」を

「自信を持って解説出来る様な人に解説」させれば、

「視聴者は、悪戯な不安は得ず、

物事を本質に基づいて、正当に考えられる様になる」』。

『「情報工作番組」から「情報提供番組」への「正当化が望まれている民放番組は数多い」。

「現状では、ほとんどの番組が情報工作番組でダメ」である。

それだけに、「ちゃんと正当化が出来れば、さきがけとも成り得る」のだから、

「多くの民放番組」は

「●国の為の情報工作では無く、日本のテレビ番組だと言うのなら、

もっと、もっと、正当な改革を行うべき」である』。

・・・・・・・。

『「因みに、

朝鮮の現状権力者たちは、

常に、日本が悪で無ければ、

自分たちの嘘もバレ易くなる

ので、

事ある事に、日本を貶めようとする」。

「嘘の歴史の上に国を建ててしまう」と、

「他国を無理やり下に置いたり、他国内に入り込んで、情報工作を行ったり・・・しなければならない無理まで生じる」のである。

「そして、そんな権力者たちは、自分たちが他の自国民に蹴落とされない様にする為に、

他の自国民は、徹底的に無害化、もしくは、衰退させる」のだ。

(その結果、日韓併合前の朝鮮は、国の存続さえ危うくなる程、衰えていた。)

「一般日本国民なら、平和ボケのままではいけない」。

「特に近隣の策略国家の文化」には、「くれぐれも、ご用心!」

「日本のテレビ」が「韓流テレビ」では「韓国にとって都合の良い一般日本国民の考え方等を養ったりしてしまうから、いけない」のである。

「日本のテレビ」は「日流が基本で、時代相応に世界流で無ければ!」』

|

喪と自粛・・・。

『「喪」は、「仏教の決まり事」だ。「何故、決まり事が考え出され採用されて来たのか?」と言えば、「考え・思いによる納得を得る為」である。

例えば、「死の判定が???だった頃」は、「お通夜」や「初七日」等の「工夫」で、

「死の判定が???である事を補い、もう、確かに、故人は死んでいる」と「誰もが納得した後」で、「埋葬」したりしていた。

「埋葬後49(七の7倍)日もすると、土葬の当時」は、「多くの場合、遺体の様子もかなり違う」。

「そこで、49日もすると、あの世に着いた」と「納得する事にした」のが、「49日」である。

「当時」は、「死自体の把握も???だった」ので、

「わからない物事は、とりあえず、恐れ、用心する、人間の心理そのまま」に、

「近親者や他人の死から、自分を守る事を納得する為」の「考え・思いによる納得法」も「考え出された」。

「それが、喪」である。

「喪の間は、派手な生活等を避ける事」で

「死という少なくとも当時の人々には得体の知れない恐ろしい物事から隠れる事」で

「安心という納得を得よう」というのが「喪の実体」だ。

「親・兄弟等、近親者の死の影響は強い」と「多くの人々が思えた」ので、

「その様な場合、喪は一年」とか、

「近隣の他人の場合は、初七日が過ぎるまで」とか、

「色々な納得法がある」』。

『「現代の日本国民の多く」は、「人の誕生・死が細胞ごとである事を知っている(学校教育でも教えている筈なので、当然だ)」。

しかし、

「現代の日本で起きてしまった東日本大震災の犠牲者の事を思う」と、

「不思議と、旧来の喪的行動を示してしまう日本国民の数も少なく無い」。

曰く「自粛」である。

「時代や、ちゃんとした情報・教育等の面では、仏教という古の宗教からの卒業」が「促されている」のだが、

「旧来からの利権保持の為等の理由から捻じ曲げられているちゃんとしていない情報・教育等に毒されている、

少なく無い数の日本国民」は、

「知らず知らずの内に、仏教文化を抱きしめ続けさせられている」訳である。

「未曾有の大災害という理解し難い現実に直面させられ、

テレビ・マスコミ等の情報で、益々不安を煽られ続けて来ている、

多くの日本国民の中の一部の人々」は、

「実際に、極近い方々を震災で失ってしまった人でも無いのに、

長期の自粛ムードという喪を選択させられている様相」だ。

「未曾有の大災害」という「理解し難い物事」が、

「当時の人々には、理解し難い物事だった死が喪等の理解し難い物事から逃れる為の納得法を生み出した様」に

「考え・思いの中で、自粛という納得法を生み出している」のである。

しかし、「現実的には」、

「地震は、ある程度は、科学的に判っている、確実に来る場所まである程度特定されている、温暖化の今日なら、そのエネルギー規模や連続性等の増大も予想出来る、自然現象」であり、

「原発は、人類自らが生み出し、通常時には、ちゃんとコントロール出来ている高エネルギーを利用した物」であり、

「死の実体は、細胞ごと」である。

「理解し難い未曾有の大災害」という「感」は、

「上記の様な現代人なら知り得ている情報より、

テレビ・マスコミ映像等の大被災情報の実質的な脅しが上回っていたり・・・するから、生じるだけ」なのだ。

「地震・津波等の大災害や死に対して」は「喪の様な自粛で対応する」のでは無く、

「対震・対津波対策を急いだり、健康を保つ等の、現実的な対応をする事」の方が「圧倒的に合理的」である。

「現実的な対応」は、「実体経済も動かす事になる」が、

「自粛」は「経済を細らせ」、

「経済を細らせる事が、実際の被災地の復興を遅らせる要因になる」のだから、

「現実的に、被災地の事を考えるなら、自粛は考えもの」なのだが』。

『「日本国民の場合」は、「上記の様に、仏教文化の影響が色濃い」が、

「日本に居た中国人の場合」は、

「震災直後、日本から逃げ出す中国人の数の多さ」からも、

「儒教文化の影響が色濃く出ている」。

「儒教では、徳が無いと、大災害等の禍に合う」という「考え・思いによる納得法」があるので、

「大災害等の禍に合いたく無い=自分は不徳人間だとは思われたく無い」から「大災害が起きたところから離れる」のだ。

「もちろん、現代の中国は、共産党政権下で、上辺では、宗教を否定」だが、

「実際の中国国民の行動原理は、未だに、儒教の影響が色濃い」のである。

「その裏にある」のは、「日本同様、現実通りちゃんとしていない情報・教育等の問題」なのだ』。

『「儒教の文化」では、「支配と被支配」だ。

「徳のある者が支配権を得て、

下々は、徳のある支配者に従う」である。

「現状の中国共産党による支配」も「正に、同様の精神構造」になっている。

「韓国も仏教より儒教の影響が強い」のは「当然」で、

「古から、朝鮮半島の国々は、大国中国を目指して来ていた」からである』。

『しかし、「中国の一部権力者たち」と「朝鮮の一部権力者たち」との「日本に対する対応」は、「結構違う」。

「中国の一部権力者たち」は、「儒教の精神構造そのままに、自分たちを徳のある支配者に置きたがり、

日本を徳のある支配者に支配される方に起きたがっている」。

しかし、「それは、単純に支配」である。

「朝鮮の一部権力者たちの場合」は、

「単純に支配では無く、乗っ取り」なのだ。

「何故なら、朝鮮の歴史」には、「その実態を知る多くの日本人等を抹殺しても、隠したいくらいの日本に対する劣勢が在ったから」である。

「朝鮮の一部権力者たちの身勝手な論理」では、

「日韓併合の実体・実態を知る者は、悪」なのだ。

「単純支配」では、「実体・実態を知る者の排除は困難」である。

「そこで、血を入れ替えても、歴史上の現実を封印する・・・」というのが、

「日本乗っ取り策略」なのだ。

そして、「未だに、そんな策略の下で動いている

時代遅れの人々までもがいるのが日本の実状」である。

(因みに、朝鮮内では、日韓併合の実体・実態通りの者・物・事を公言すれば、そのスジの連中に暗殺される事も稀では無いらしい)

「日本の敗戦」という「日本の危機を良い事」に、

「情報・教育を牛耳る立場をそのスジの連中で固め、

日本国内で、現実の歴史に封印をさせ、

自虐教育を行って来た実例」からも、

「そのスジの連中の悪ぶりは明らか」である。

「今回の東日本大震災」も「そのスジの連中にとっては、格好の機会」なのだ。

「日本の国力を出来る限り落とし、朝鮮を有利にすべく、数々の工作活動が行われている」。

「例えば、原発の復興を遅らせたり、原発に対する過剰に否定的な論を煽る事」も「その一つ」だ。

「原発の肝」は、「高エネルギー(熱)の制御」であり、

「人類の歴史を見れば明らか」な様に、

「より高いエネルギーを制御して行く事こそが、進化」なのだ。

「何故、人類にその様な進化が必要か?」と言えば、

「地球生命体細胞群は、何れ、宇宙に進出せざるを得ず、

宇宙に進出する為には、

高エネルギー制御技術は必要不可欠だから」である。

「人類の未来の道程と密接に係わっている高エネルギー制御技術を実践し、より現実的にして行く為の一つの現場でもある原発」を

「遠ざけてしまう国」とは、

「近未来での先進国から遠ざかる国」でもあるのだ。

(この意味からも、日本の為なら、選挙等では、悪戯な原発反対派等は、実質的に、日本を先進国から外したがっている様なものなので、ダメ!である)』。

『「日韓併合当時の朝鮮の実状」は、

「王朝の周辺以外では、近代的な経済体制も無く、

王朝から遠い多くの人々は、絶対に権力の座に登れ無い様に、徹底的に衰退させられていたから、

その様な人々の着物は多くの場合使い古された汚れた白(王朝の周辺以外では、着物を染める事も出来ていなかった)であり、

オンドル部屋の敷き紙はボロボロという状態で、

近代的な小学校さえ無い状態」だった。

「日韓併合以降、朝鮮に渡った日本人の感覚では、

王朝の周辺以外は、正に、開拓地だった」のである。

「当然、そんな当時の朝鮮に、竹島の管理能力などある訳も無く、

竹島は、当時の日本が、平和時に国際的に合法な手段で、自国の領土にした」のであり、

「朝鮮の権力者等が言っている様な、日本が朝鮮を侵略した最初の一歩などというのは、

明らかな嘘である」。

「そもそも、日韓併合自体、二国間の合意契約であり、

朝鮮側は国の存続と自国内の急速な近代化の為に、

日清戦争に勝った日本を利用する事を考え、

積極的に、日韓対等合併を求め、

それが、当時の国力相応の日韓併合となった」のが「現実」である。

「日本が上の日韓併合に納得しなかった朝鮮側の権力者の一部」が

「日韓併合を日本乗っ取りの第一歩と位置付け、

儒教思想に基づいた、長い、長い、工作活動等を続けているのが実態」なのだ。

「当時の朝鮮内の多くの一般市民」は、

「朝鮮王朝による支配体制よりずっとマシな日本による統治&近代化を大いに喜んだ」のが「現実」である。

「ところが、当然、その様な現実は、朝鮮の権力者には都合が悪い」。

「そこで、日本乗っ取り工作と共に、徹底した歴史捏造工作が朝鮮でも日本でも行われ続けている」のだ』。

|

菅政権は、今回の東日本大震災を受けて、「総理自身の不徳の至るところ」と詫び下野するらしい・・・。

『もちろん、「タイトルは、四月バカ・・・」ですが、「タイトルの通り、儒教精神に則り早々に退くべきと思っている一般日本国民も多い筈」。

「特に、民主党内」には、「儒教や仏教等が大好きな方々も多い様」なので、

「復興を理由に悪戯な延命は止めて」、

「まともな復興と、日本の為に、一刻も早い、政界再編~解散総選挙を!!!」』

|

テレ朝等の情報の実体・・・。

『「悲惨な被災状況を伝え」「多くの視聴者の心理の中に不安を増大させ」ながら「風評被害を招かないように・・・」等と「優等生ぶって」も、

「視聴者」は、

「危ないから用心・・・」と「構えがちになってしまう」。

「それが、人間の心理」だ。

だから、

「その様な情報提供の実体」は、

「こんなアブナイ物がありま~す!」と「宣伝している様なもの」なのである』。

『「不安を煽って、人々の中に頼れる者・物・事への依存心を増大させ」ながら、

「今のリーダー(菅政権)は頼り無い。もっと、頼れるリーダーを!」等と「訴える事の実体」は、

「依存心に応える支配者を選べ」と「言っている様なモノ」なのだ』。

『「テレ朝等の情報」とは、

「多くの人々の心の中に本来なら不要な不安心を増大させ、

不安心を持っている人なら危ないと思える物を、大宣伝し、

多くの人々の萎縮した消費行動や生活等」を「促す」と「共に」、

「そんな現状を打破してくれる救世主を望む心理」を

「多くの人々の中に育成している事」と

実質的に「同じ」なのである。

「その様な状態に持って行かれてしまった人々」が、

「選挙等で選びがちになる」のは、

「依存心に応えてくれると思えそうな候補者」なのだ。

「(お仲間)候補者からすれば、その様な情報提供を元」に

「韓流テレビご推奨地方首長の如く」、

「例え、内実は???でも、

上辺だけは、威勢の良い、如何にも、リーダー的なポーズを取っていれば、

当選確率が上がる」事になる』。

『「統一地方選を睨んだ、

韓流テレビ・マスコミ等による情報工作には、

くれぐれもご用心!」』

|

「忘れた頃にやって来る体内被曝」だと・・・。

『「放射線問題」は、「普通の人には???」である。しかし、「基本を理解すれば、そんなに理解が困難な問題でも無い」』。

『先ずは、「発生源の問題」だ。

「日本における放射線や放射能物質の発生源」の「基本的、悪影響」は、

「米軍による原爆投下>中・ソの核実験>福島第一原発」である』。

『「次に、発生源からの距離と位置と時間の問題」だ。

それは「発生源の周辺の場合」と「発生源の周辺では無い所の場合」では「大いに違う」。

「発生源の周辺の場合」は、「位置の問題より、発生時からの時間経過の方が重要問題」だ。

「発生源の周辺では無い所の場合」は、「位置の問題が大きい」。

「日本における天気の移動は、西から東へ」だから、

「福島第一原発被災による放射能漏れレベルの場合」なら、

「発生源の西側なら、距離は、10~20キロメートルも離れていれば(もちろん、地形にもよるが・・・)、

放射線問題というより、健康問題の一つレベルになる」』。

『そして、「最後の判断基準」は、

「放射線問題なのか?」「健康問題の一つなのか?」である。

「健康問題の一つレベルの放射線を気にして、野菜も食べない・・・」様では、

「本末転倒」である。

「健康問題レベルの放射線なら、野菜を食べない事の害の方が圧倒的に大きい」』。

『「忘れた頃にやってくる体内被曝」の「実体」は、

「福島第一原発被災レベル(プルトニウム等は、原発周辺で、少々しか観測されていない)」なら、

「ガン化した細胞を体内で排除出来なかった事」であり、

「それは、正に、健康問題」だから、

「忘れた頃にやって来た体内被曝ゆえのガンなのか?」

「健康維持が甘かった故のガンなのか?」

が「判らない話し」なのだ。

「米軍による核爆弾投下の影響」や

「黄砂同様に、日本にやって来た、中・ソ等による核実験の影響」なら、

「毒性の強い、半減期の長い、プルトニウム等の問題も大きくなる」ので、

「正に、忘れた頃にやって来る体内被曝の問題」なのだが』。

・・・・・・・。

『「基本からちゃんと考えれば、

福島第一原発被災現場周辺以外では、

今回の原発被災による過剰な不安は全く不要」である。

「不安を煽る情報工作員等の論には、ご用心!」』。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »