« 福島第一原発、放射線問題・・・。 | トップページ | テレ朝等の情報の実体・・・。 »

「忘れた頃にやって来る体内被曝」だと・・・。

『「放射線問題」は、「普通の人には???」である。しかし、「基本を理解すれば、そんなに理解が困難な問題でも無い」』。

『先ずは、「発生源の問題」だ。

「日本における放射線や放射能物質の発生源」の「基本的、悪影響」は、

「米軍による原爆投下>中・ソの核実験>福島第一原発」である』。

『「次に、発生源からの距離と位置と時間の問題」だ。

それは「発生源の周辺の場合」と「発生源の周辺では無い所の場合」では「大いに違う」。

「発生源の周辺の場合」は、「位置の問題より、発生時からの時間経過の方が重要問題」だ。

「発生源の周辺では無い所の場合」は、「位置の問題が大きい」。

「日本における天気の移動は、西から東へ」だから、

「福島第一原発被災による放射能漏れレベルの場合」なら、

「発生源の西側なら、距離は、10~20キロメートルも離れていれば(もちろん、地形にもよるが・・・)、

放射線問題というより、健康問題の一つレベルになる」』。

『そして、「最後の判断基準」は、

「放射線問題なのか?」「健康問題の一つなのか?」である。

「健康問題の一つレベルの放射線を気にして、野菜も食べない・・・」様では、

「本末転倒」である。

「健康問題レベルの放射線なら、野菜を食べない事の害の方が圧倒的に大きい」』。

『「忘れた頃にやってくる体内被曝」の「実体」は、

「福島第一原発被災レベル(プルトニウム等は、原発周辺で、少々しか観測されていない)」なら、

「ガン化した細胞を体内で排除出来なかった事」であり、

「それは、正に、健康問題」だから、

「忘れた頃にやって来た体内被曝ゆえのガンなのか?」

「健康維持が甘かった故のガンなのか?」

が「判らない話し」なのだ。

「米軍による核爆弾投下の影響」や

「黄砂同様に、日本にやって来た、中・ソ等による核実験の影響」なら、

「毒性の強い、半減期の長い、プルトニウム等の問題も大きくなる」ので、

「正に、忘れた頃にやって来る体内被曝の問題」なのだが』。

・・・・・・・。

『「基本からちゃんと考えれば、

福島第一原発被災現場周辺以外では、

今回の原発被災による過剰な不安は全く不要」である。

「不安を煽る情報工作員等の論には、ご用心!」』。

|

« 福島第一原発、放射線問題・・・。 | トップページ | テレ朝等の情報の実体・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事