« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

国政の空白・・・。

『「民主党菅政権である事自体が、国政の空白どころか、日本の復興の為の邪魔」みたいなものでしょ・・・。

それは、

「福島第一原発海水注入問題の例からも明らかな様に、

現場が一番しっかりしていて、

民主党菅政権は、

現場からの情報もロクに精査せず、上でいばりちらしていたダケだから、

あの失態ぶり・・・だったのだ」。

「上でいばりちらすと共に、

計画的避難地域の指定など、

一般市民の支配コントロール等には、

異常な程熱心で、

実際に一般市民の為になる現実的復興は???」というのが、

「民主党菅政権の実態」である』。

『「現状は、国政の一時的な空白より更に悪い」。

「一時的な国政の空白」は、

「現場主導になり易くなるから、当面は、どうにかしのげる、どころか、より仕事もやり易くなるのだし、

必要予算等国政上の必要事項等が直ぐに後追いするなら、

日本の復興の速度は、

民主党菅政権に居座られ続けるよりずっと速くなる」』。

『「今こそ、解散総選挙~政界再編&政権交代」である』。

|

福島第一原発海水注入問題、嘘で嘘を固めるための新たな嘘・・・。

『「民主党菅政権の実態が良く判る福島第一原発海水注入問題」・・・。

「今頃になって、海江田大臣が海水注入指示を現場が海水注入する前に出していた」旨、

言い出している。

「最初から、民主党菅政権が、事態を把握出来ていない事も、ロクな現実対応も出来ていない事も、バレバレ」で、

「今頃になって、後から出てきた政府の優秀さ?を誇示したい様相(・・・本当に醜悪だなぁ)の海江田大臣の指示」など、

「多くの人が、嘘でしょ。」と「直感する」のだ』。

『「嘘では国はまわらない(一時的に嘘で固めた者・物・事が通ってしまう時期が少々あっても、最終的には、崩壊する)」。

「現実の復興の為」にも、

「将来の日本の為」にも、

「現実とちゃんと向き合える政権へ一刻も早く政権交代させるべき」である』。

|

菅の代わりの総理候補・・・。

『「自公政権ダメ!」で「多くの一般日本国民が求めたもの」は「自公政権よりマシな政権」だった。

「ところが、民主党政権は、小鳩政権時も、菅政権時も、自公政権よりもっとダメな政権」だった。

「現総理大臣である菅」は、

「対韓自虐土下座談話まで公言し、

総理大臣自らが日本に不利益をもたらしている

日本の総理としては最悪の部類に入る総理大臣」である』。

『「菅は、上辺は善人っぽく見え、大衆受けの良い事では、大衆サイドに立ち謝ったりする事は得意」だが、

「総理大臣としての力量や実務能力は、かなり酷い」。

「震災・原発被災事故対応でも、その酷さは、かなり、露呈している

(震災に対する現実把握&現実対応が酷かったから、

10人を超える餓死者まで出ているのだ!)」が、

「何しろ、対韓自虐土下座談話まで公言した親韓派なので、

韓流テレビ・マスコミ等は、出来るだけ菅の酷い部分を隠し、

菅政権の延命に手を貸している」のが「実態」だ』。

『「先の総選挙時」に、

「多くの一般日本国民」が、

「自公政権よりマシを求めた事は間違いでは無い」。

しかし、

「自公政権より酷い民主」を、

「ただもう一つの大政党だから・・・等」と

「韓流テレビ・マスコミ等の情報誘導によって、

選ばされてしまった事は、

明らかにダメ」である。

「自公政権よりマシ」の「正解答」は、

「政界再編でマシな政治家が集結する事」に他ならない』。

『「韓流テレビ・マスコミ等は、必死で守りたがっている」が、

「日本の総理として、菅は最悪レベル」なので、

「総理大臣として、菅よりマシ」は「掃いて捨てるほどいる」。

「だから、解散総選挙~新内閣成立に対して、大きな不安は不要」である』。

『「韓流テレビ・マスコミ等の情報が誘う方向にお墨付きを与える意見や行動等を持つ事

=日本社会を韓流人脈にとって都合の良い状態に改悪する手助けをさせられている事」に他ならないのだ。

「知らず知らずの内に、{韓流の操り人形消費者&一票マシン}にさせられてしまってはいけない」のである』。

『「韓流人脈」にとっては、

「対韓自虐土下座談話まで公言する日本の総理の代わり」は、

「そう何人もいない」だろうが、

「一般日本国民の立場なら、

菅よりマシな日本の総理大臣は、

掃いて捨てるほどいる」のである』。

|

「民主党からの除名=とりあえずは、まともの証」みたいなものでしょ・・・。

『「復興よりも政局・・・」と「韓流テレビ等では批判し、大衆誘導をしようとしている」が、

「一刻も早い、まともな復興が、出来る様にする為に、政局」というのが「実態」だ。

「現状で政権の座にある民主党内で、現状で権力を保持している者たち」は、

「自分たちの保身の為」に「内閣不信任案に同調する民主党議員は除名」等と

「脅しにならない脅しをかけている」が、

「現民主党執行部による除名」の「実体」は、

「民主党の冠を付けている限り、次期総選挙での落選確率が飛躍的に上がる」のだから、

「民主党の冠を自ら外すまともな判断に他ならない」』。

『「民主党菅政権の復興政策指揮実態を見れば誰でも解る」が、

「今の政権に復興を任せていれば、

日本の復興は確実に遅れ、

日本の復興遅れによる漁夫の利を韓国や中国が得続ける」事は「確実」である。

「当然、そんな復興政策を行った民主党に対する支持率は、益々降下する」から、

「民主党の冠を被っている事」は「次期総選挙での落選確率大幅アップ券を保持している事」と「同じ」なのだ』。

『「日本の為を思って国会議員になっている民主党国会議員」にとってなら、

「現執行部による除名」は「勲章みたいなモノ」である筈だ。

「逆に、韓国や中国を有利にする為に、

日本で国会議員になっている仮面帰化連中等ならば、

日本の復興を遅らせ、韓国や中国に漁夫の利を与え続けようとしてている

現民主党政権の執行部からの除名」は、

「正に、裏切り者の証みたいなモノ」だろう』。

『「国会議員のとりあえずの本質が露呈する事になる、

必ず提出される内閣不信任案への賛否行動」』。

・・・・・・・。

『「昨今の韓流テレビ等では、

必死になって、

政局より復興を訴え、

お手盛り世論調査

(もし、お手盛り世論調査で無いのなら、

多くの一般日本国民が、

韓流テレビ等の情報誘導に操られている事になるので

非常に危険な状態)

で、

政局より復興を優先するべきと考えている人が多い、

菅総理の退陣時期は、大震災対応が終わってからと考えている人が多い、

等々の、

冷静に考えれば、日本の復興を長引かせ、

韓国や中国に漁夫の利を与え続ける、

一般日本国民なら選ぶ訳も無い選択肢を、

宣伝している」が、

「韓流テレビ等の意向で日本社会が動く様になってしまってはいけない」のである。

「日本社会を、

テレビ・マスコミファシズム社会化する事=

日本社会を

ヒットラー支配下のドイツと同様の事態をも生み出してしまいかねない社会にしてしまう事」なのだから』。

『「放射能問題」でも、

「政権・政治家問題」等々でも、

「多くの一般日本国民が、者・物・事の本質を検証し、思いを至らせ、

韓流テレビ等に操られずに、

自立した判断をする/出来る様になる事が重要」なのである』。

『「韓流テレビでは、放射線の測定は専門家でないと難しいなどという嘘まで言っていた」が、

「放射能物質や放射線の基本的特性を知っていれば、

誰でもちゃんした測定が出来るのが現実」である。

「専門家頼りを煽る」のは「愚民化情報」であり、

「ちゃんとした測定が出来る様に必要な情報を提供する」のが「本来の公共的情報機関の役割」だ』。

『「放射線=光の親戚」で「その強さは、発信源からの距離の二乗に比例して弱くなる」のだし、

「地表近くで観測される放射線の元の放射能物質の多く」は、

「空気中を漂っている物もあるが、

空気中に偏在しながら漂っていた物が、雨・風等により地上に落とされた物」なのだから、

「放射能物質が落下した直後の地表面等の放射線が強い」のは「当然」である。

「地表面から離れると、地表由来の放射線は、基本的に、距離の二乗で弱まる事になる」が、「空気中に漂っている物もあるので、実際は、それ程は減衰しないのが当然」だ。

「そして、放射能物質は、それぞれの物質により半減期が異なる」から、

「例えば、今回の福島第一原発被災事故由来の放射性ヨウ素の多く」は、

「今時期なら、多くの場所で、問題となる程の放射線を発していない筈」だ。

「半減期がやや長い放射性セシウム由来の放射線」は、「観測出来る場所も少なくない」だろうが、

「放射性セシウム」とは、「意外な程毒性が弱い放射能物質」なのである。

「由来物質を問わない放射線事態の人体への害」は「極短時間に強い放射線を浴びてしまった場合の害が深刻」な以外は、

「多くの場合、健康問題の一つレベル」である。

「だから、例えば、放射線を避けても、タバコの副流煙を吸い続けたり、

人体に好ましく無い農薬や化学肥料や食品添加物等が過剰に付着している飲食物等を

しばしば飲食したり、

していては、仕方無い」のである。

「良質な飲食をし、心身共に健康な状態を保つ事」こそ「実際に、有効な微弱放射線対策」である』。

『「微弱放射線」なのに、

「過剰に騒ぎ、人の居住まで制限する事の実体」は、

「復興遅延の為の工作活動」に他ならない。

「そんな事を行っている者たちに国会議員の座を与え続けていてはいけない」のである』。

|

太陽光発電を大規模実用化する方法・・・。

『「太陽光発電」は「安定度が悪い」から、「大規模実用化」には「安定化施設が必需」だ。

また「電気には、送電ロスが付き物」である。

「上記の様な現実」からも、

「大規模太陽光発電」を「実現する」なら、

「大電力消費場所に近い=都市部近郊&安定化設備とセット」で無ければならない。

「具体的に言うなら、

例えば、関東地方なら、

外環道や県央道や北関東自動車道沿いに、

それぞれ数箇所ずつ電田特区を設け、

その場所では、

一般家庭の屋根も可能な限り利用させて頂くと共に、

農業から電業への転換も促すと共に、

安定化施設も併設する、

という様なスタイルが現実的」である』。

『「孫氏の休耕田利用電田構想」では、

「優良農産物生産に適した環境の良い、

電力消費場所から遠い場合が多い、

休耕田対象」なのだから、

「上記の理由からもダメ」であり、

「ダメなプランを実行する事の実体は、日本の国力低下」である』。

『「韓流テレビ・マスコミ等による情報や、

提案者の上辺の正義面等に騙されて、

実際は、日本の国力を低下させる策略的発想に

騙されてしまってはいけない」。

「何事でも、上辺は、ホンの一要因に過ぎ無い。

者・物・事の本質を理解・把握・検証し、

判断するべき」である』。

『「最近の記事で誤解されている方々もいる様なのであえて記せば」、

「筆者は、

言うまでも無く、

悪戯な太陽光発電反対&原発推進論者」では無いのだ。

「日本国力維持~増強論者であると共に、

真の世界平和&地球生命体細胞群存続~永続の実現を目指している論者である」事が、

他の記事をお読み頂ければお分かり頂けると思う』。

|

放射線測定を始めた主婦たちを紹介していた韓流フジ・とくダネ!・・・。

『「主婦たちの自立」を「放射線の測定なんて、ストレスが溜まるでしょ!」と「自立の足を引っ張る方向の論」にして、

「役所任せを誘う事で、

中国共産党支配下の中国社会の様な体制の実現の方向に論を向かわせていた、とくダネ!」・・・。

「冷静に論の本質を検証すれば、上記の様な実体は明らか」なのだが、

「なんとなく、ご用達コメンテーター等の論に追従してしまっている人々」にとっては、

「上辺は賢そうで善人的に見えるご用達コメンテーターや司会者やアナウンサー等の論こそが、

正論だ・・・」等と、

「思い込まされてしまう」のだろう』。

『「言うまでも無く、行政任せの放射線測定など、実際には当てにならない」。

「個人個人の立ち回り先は違い、行政では、全ての個人の立ち回り先をチェックする訳も無く、

放射能物質は偏在するから、

実効のある対策をとるなら、

実際に、自分たちが立ち回り触れる所や物を確かめなければ意味が無いからだ」』。

『「そのスジの連中が放射線測定器を嫌っているもう一つの理由」も記しておこう。

「日本国内には、そのスジの連中が持ち込んでいる旧ソ連製のスーツケース型原爆が、

少なくとも20程度は在ると言われている」。

「当然、原爆だから、それなりに、放射線が出ている(一応は物理的に遮蔽してあるが、何しろ、旧ソ連製である)」。

「万一にでも、

それらのモノが発見されてしまえば、

日本中大騒ぎで、

工作活動の実態もバレ、

多くの日本人の危機意識も目覚めるから、

以降の工作活動が非常に困難になる」からだ』。

『「出来るだけ多くの一般日本人が放射線測定器を持ち、

???な数値が出たら、上記の様な事の可能性まで含め、

疑い、真実を確かめる/確かめさせる事が重要」なのである』。

『「因みに、福島第一原発由来の放射能物質については、原発近隣以外の地域では、若干の偏在はあっても、実質的には、健康問題の一つレベル」だろう。

しかし、「偏在している放射線が強い所を避けるメリット」は「相応にある」筈だ。

「関西で放射能を図れば、未だに、米国が投下した核爆弾由来の放射能が出、

関東でも関西でも、中・ソが散々行った核実験由来の放射能は、未だに出る」が、

「それらも、とりあえずは、健康問題の一つと捉えて処理するのが現実的・・・」だろう。

しかし、「こちらも、偏在している放射能が強いところを避ける事のメリット」が「相応にある」筈だ』。

『「身の回りの環境」は「行政任せ」ではいけない。

「原爆持ち込み」だけでは無く「電磁波工作」や「飲食物工作」まであるのが「日本の現状」である。

「放射線」はもちろん、

「電磁波等(通常の電磁波測定器では測定し辛い、ミリ波等の周波数を使っている場合が多い様だが)の調査、不当な電磁波が在った場合の防御(電磁波の場合、水やアルミ(現状の電磁波工作のレベルだと、少なくともミリ単位の厚さが要る)の様に、通さないもので防いだり、屈折率の違う金属を二枚合わせて、電磁波の鏡を作れば、発している方に戻す事も可能)」や、

「不味い、或いは、食べた後、体調が悪くなった、飲食物を避ける事」等々は、

「スパイ・工作活動野放しの日本社会で、

自らの安全を確保する為に、

現状(政権交代後、筆者のところへ工作も急に強力になった事からも、特に、親中国共産党・親朝鮮権力者政権下の間は・・・)では、必要な事」である』。

|

ソフトバンク孫氏と3時間の電話会談の後、サミットに出かけた菅総理・・・。

『「2020年までに、自然エネルギーによる発電を20%に・・・」と「サミットで公言した菅総理」・・・。

「その実体」は、「孫氏(中国系だと思っている方々も多いが実際は朝鮮系)への利益誘導」である』。

『「サミット前には、孫氏と3時間にも及ぶ電話会談」。

「そして、孫氏の自論&思惑」は、

「自然エネルギー発電(主として、休耕田に太陽光パネルという日本の食糧自給率を更に下げる方向の発想)」であり、

「実際に、私財まで投入し、実質的にその事業をスタートさせている」』。

『「孫氏の事業に対しての後押しをする為に、

菅総理はサミットでの発言を悪用している様相」なのだ』。

『「特定極一部の者・物・事に利権集中させる事」は、

「支配/被支配社会化への道」である。

「利権の集中先が、

例えば、朝鮮系である事は、

朝鮮系の人々が支配する日本社会への道」である』。

『「多くの一般日本国民」は、

「この様な事態」に対し、

「もっと、もっと、危機意識を持つべきだ」』。

|

電気自動車の可能性と近未来の自動車・・・。

『「電気自動車」には「大容量バッテリーが必需」だ。「そして、充電時間もかかる」。

だから、「実質的に、現状~近未来の市場製品で使えるモノ」としては、

「セイゼイ、近距離限定のタクシーや、路線バスくらい」だろう。

「近距離限定のタクシーなら、駅に充電設備を設け、客待ち時にずっと充電すれば良い」から、「実用的」だし、

「路線バスでも、車庫やバス停を充電場所化して、同様の手段が使える」。

それでも、「渋滞にはまり続けた場合には、電池切れになる」から、「万全では無い」』。

『「筆者は以前から、

「現状のエンジンの延長線で燃料を再生可能燃料にする道」が「とりあえずは、現実的だろう」と思っている。

「昨今の燃費競争で、

エンジンの熱効率は結構上がり、

ガソリン等のエンジンだけの車の燃費は、

トランスミッション等の進化もあり、相応に向上している」。

「つまり、

ガソリン車等と同様に走らせる事が出来る再生可能燃料が

大量生産出来、

高くなったガソリン等より少し高いくらいの値段になれば、

現実的に代替え実用可能になる」のだ』。

『「藻等を使ったバイオ燃料のプロジェクトは、既に、米国では、国策で始まり、

航空機燃料として使われる様になりつつある」。

「その技術の効率の高めた次世代版も、

十年くらいで実用可能になるだろうから、

今から、国策で取り組めば、日本で走る車は、バイオが主で、石油要らず・・・」も可能だろう。

「東北の復興でも、福島第一原発等の付近では、原発再開しないのなら、海と馴染みの深いバイオ燃料畑を作るべき」だとも思うが』。

『「バッテリーを利用する車としては、ハイブリッドが既に実用化済み」だ。

「もっと、電気よりにすれば、所謂シリーズハイブリッド(エンジンは発電機として使用するのみで、基本的に電気モーターで走る)になる」。

・・・でも、「何れの場合も、ガソリン等、もしくは、代替え燃料が必需である事が実用の条件みたいなモノ」だ。

「バッテリーとモーターだけの電気自動車の致命的な欠点を補う為」には、

「ガソリンスタンドに代わる電気スタンドというインフラの日本全国急速整備と、

バッテリーの超短時間急速充電が可能化や、

バッテリー性能寿命の飛躍的な向上や価格の激減等

・・・つまり、バッテリー革命が必需」なのだ。

「鉛ではダメ、

ニッケル水素でもマダマダ、

リチウムでも今一、

空気電池でもたぶん今一というのが、

バッテリー+モーターのみの車の実用実態」である』。

『「電気自動車の開発は先進国で無くても出来てしまうほど容易」である。

「逆に、

電気自動車の為の充電設備の設置は、

そのインフラ整備費用が莫大」だ。

「そんな事に莫大な費用をかけても、

実質的には、日本にメリットをもたらさない可能性大」である。

「日本の電気自動車社会化を強く望んでいる」のは、

「中国等、ガソリンエンジン等で先進では無い国々」なのだ。

「充電インフラが出来た後、日本が引き続き格差社会構造」なら、

「安い中国製の電気自動車の日本での大量販売が可能になる」可能性も小さく無い。

「一般日本庶民は、日常の足として、安いが、直ぐに充電が必要になり、充電時間もかかる、使い勝手の悪い、長持ちしない(安物買いの銭失い)、中国製の電気自動車」で、

「安い中国製の電気自動車を大量販売する事で大儲けした中国共産党等の幹部等は、

日本国内でも、超高級車・・・という様な未来に向かう方向に力を加える」のは、

まともな日本人では無い』。

|

与野党一丸という幻想に騙されている人々・・・。

『「民主党政権と自公政権では、それぞれの党内で実権を握っている者たちの文化が全く違う」。

「例えば、

日韓併合を、日本による植民地支配であり日本はその賠償金を何度でも朝鮮に払うべきと考えている人々と、

日韓併合の実体は、日本の人材・技術・資産等を使った当時国の存続さえ危うくなっていた朝鮮の日本による救済であると考えている人々が、

同様の復興計画等を考え出せるか?を考えれば、

分かる筈」だ』。

『「重要な事」は、

「日本の復興を目指すのか?」

「日本乗っ取りの手助けをするのか?」

の「区別をしっかり付ける事」である』。

『「電力と産業の関係は言うまでも無い」。

「安定した電力が無い事=その地では企業が工場等を運営出来ず、雇用も無くなる事」である。

「原発には核の安全保障の防波堤としての役割もある」。

「原発を衰退させて行く事=核の安全保障の防波堤が低くなる事=中・朝・ロ等核保有国の外圧を日本が自ら強める事」である。

「原発の様に、

安定的に大量の電力を供給出来る自然エネルギーによる発電法は、

地熱発電と水力発電くらい」なのだ。

「電田構想」とか「休耕田を太陽光発電の畑に・・・」という「策略もある」様だが、

「この先の人類増加&食料・水不足を考慮するなら、

休耕田の太陽光畑化は、

食料外圧を高める道に他ならず、

食料外圧が使える国々を有利にする為の策略である事も判る」。

「日本の国力を維持増強出来る手段」は、

「原発の維持増強+火力発電所の地熱等自然エネルギー化」である』。

『「与野党一丸などという幻想を追い求めても、実体・実態離れしているから無理」なのだ。

「政界の実体・実態を良く知らない素人」は「幻想を抱きがちになり」、

「知らず知らずの内に、民主党菅政権の延命に手を貸してしまっている様相」だが、

「それは、同時に、一般日本国民としては、非常に自虐的な事でもある」のだ』。

|

パレスチナ・イスラエル(イスラエル・パレスチナの順でも良いけど)問題・・・。

『「どちらも、先ず、脱宗教しなければ、解決は無理」でしょ。「オバマ氏の言った1967年ライン=イスラエルによる武力侵攻の公然化」なのだから、「それをベースの共存は無理に決まってる」でしょ。

「脱宗教した後で、現実的な話し(あなたも私も偶々今の親から産まれココに住んでいる人類の一人同士等)を詰めるなら、

現実ベースの共存化も可能だろう」けど』・・・。

『「そもそも、遺伝的に種の保存しか行っていない人類の一部現代人が、

2000年も前に自分たちの祖先(・・・と勝手に思い込んで)が住んでいたところは、本来自分たちのモノだ・・・と、

考え・思う事自体が

現実離れした悪態(武力侵攻)の元で、

現実離れした考え・思いの大元は、宗教等なのだから、

先ず、脱宗教が必需」。

「オバマ大統領も、本気で中東和平を実現したい」のなら、

「先ず、脱宗教」である』。

『「脱宗教した現実的な人類の世界」なら、

「そもそもが人類の世代交代は、種の保存であり、

種の保存としては、多様性を生み出し構築度を上げる事がより合理的なのだから、

多くの人々は過剰に特定の血統・人種等の保持に拘らず、

どんどん混血が進む筈」である。

「その様な事態をより容易にする為のベース」は「科学的正当性の無い格差の是正」である事は言うまでも無い。

「大金持ちや大権等を賛美している人々が主流」では、

「世界平和も地域平和も無理」だが、

「その大金や大権の本質的正当性を問い、

過分な利権等の集中に対し、

本質的に正当性なラインへの是正を求める人々が主流になれば、

必然的に世界平和も地域平和も実現する」。

「宗教の実体は、考え・思いによる納得法」なのだから、

「考え・思いは十人十色で自由で良い」が、

「考え・思いによる納得が過剰な実権を得てしまわない様に、

権力は、特定の者・物・事に持たせず、

事実・現実に預ける事が重要」なのである』。

『「事実・現実を重視する現実的な人間社会」なら、

「誰もが細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続し、

誰もが同じ地球上の細胞群であり、

その命の連続性を辿れば、同じ生命体である」のだから、

「世界平和が当然」なのだ』。

『「人類にとって、本当の仕事とは、

自らの実体である地球生命体細胞群の存続~永続に貢献する事」である。

「そのホンの一部の一塊でしか無い自分の下に、

過剰な権力や財産等を集め、

代償欲求の追及に過ぎ無い自慰に明け暮れ、

本来の仕事が出来ていない後ろめたさを誤魔化す為に、自分と子を過剰な程に同一視し、血統相続等で過分を保持させる事で、

自らの人生を成功だ等と考え、思い、納得しようとし、

それでも消し去れない(否現実的な事を行っているのだから当然だが)本質的不満を、

あの世や丸ごと一人の復活等の実質的妄想に求める事」等々は

「人類本来の仕事では無い」。

それは、

「現実離れ故に、

多くの場合、他の人々や他の生命体までも大いに巻き込む自分にとっても自虐的な醜態」である』。

『「人類として、

自覚や自分のコントロールが悪く、

故に、内実大いなる不満を抱えている人は、

往々にして、他人を無理やり自分の下に置いたり(その為に必要なのが、他人より高い報酬や立場だったりする)、他人を殺したり(その為に必要なのが他人より強力な武力だったりする)する事等々で、

自己正当化を図ろうとする現実離れした悪の努力さえおこなってしまいがちになる」。

「本来なら、自分の実体に素直に、全ての地球生命体細胞群が快適に存続出来る様にして行けば良いだけ」なのに』。

『「自分に悪事を行わせて得られる実体は、

自分を悪人化する事に他ならない」のだから、

「自覚無きおバカなら、直ちに自覚すると共にその様な愚行は止めるべき」だし、

「確信犯の悪」なら、

「悪の基である死んだ細胞やガン細胞の如く、

人間社会から消え去るなり、消えさせられるなりするべき」である』。

『「本当に、おバカと確信犯の悪等は大迷惑」で、

「未だに、その様な人類が少なからずいる」ので、

「世界平和も地域平和も遠い・・・」のだが、

「情報・教育等がまとも(=現実的)」になれば、

「おバカや確信犯の悪の数は一気に激減する筈」だから、

「情報・教育の正常化を全世界的に急ぐべき」である』。

『「米国大統領」なら、「先ず、自国内の情報・教育の現実化を行ったらどうか・・・」』。

|

放射能から子どもたちを守るのは・・・。

『「放射線から子どもを守るのは、政府の規制値では無い」。「実際に、毒性の強い放射能物質を避ける事」だ。

「政府の規制値を下げる事=宗教的納得法」であり、

「実際に毒性の強い放射能物質を避ける事=科学的現実対応」である』。

『「子どもを盾に政府に規制値の見直しを求めている、

如何にも、

社会運動的な動きもある様」だが、

「その様な宗教的手段で納得心を得たところで、実際の解決にはならない」のである』。

『「本気で子どもを実際に守りたいのなら、

規制値の見直しを求める」のでは「無く」、

「放射線測定器等の配布を求め、

親たちが子どもたちの生活環境を自らの目で確かめ、

危ない所は、安全になる様に改良させたり、

安全になるまでは避けさせる事が重要」なのである』。

『「放射性物質は偏在し、

放射性物質による毒性もかなり違う」のが

「現実」だから、

「実際に子どもたちが良く利用している所全ての放射線量を測定し、

その放射線の元になっている放射能物質を特定する事が重要」なのだ』。

『「福島第一原発の被災事故の実態から、

ばら撒かれてしまった放射性物質の多くは、

放射性ヨウ素と放射性セシウムだと推定される」。

「放射性ヨウ素は、半減期が短い場合が多い」から、

「現状で、

福島第一原発から放出された放射線を発している放射能物質の多くは、

放射性セシウムの筈」である。

「放射性セシウムは、意外な程、毒性が低い」から、

「基準とする被爆可能放射線量を高めに設定しても、実際は、大勢に影響は無い」のが「現実」なのだ』。

『「規制値の見直しを求める事の実効」は、

「復興遅延」なのだ。

「日本の復興を遅延させればさせる程、

極東地域では、中国や朝鮮が有利になる」。

「者・物・事の本質を確かめ、

・・・例えば、その様な運動をすれば、どの様な実効があるのか?等、

実体として日本の復興が早くなったり、

実体として子どもや皆の安全が確保されたり、

・・・する実効のある者・物・事なら支持し、協力し、

実体を確かめたら、負の実効がある者・物・事に対しては、

十分に用心し、うかつな協調行動等を起こさない様にする事が

本当の復興推進や、本当の安全確保等の為に重要」だ。

「一般日本国民なら、

知らず知らずの内に、

在日もしくは仮面帰化等の反日運動工作員の手先として操られてしまってはいけない」のである』。

『「また、

日本には、中・ソ等の核実験により飛来している放射能物質も少なからず在る」。

「東北地方の場合は、比較的少ない様だが、

核実験により飛来している放射能物質には、

プルトニウム等半減期が長い毒性の強い物質が少なく無い」。

「放射線量を測っている場合、中・ソ等の核実験によるプルトニウム等による放射線量も合わせて測定している場合も少なく無い」のだ。

「西日本では、中・ソ等の核実験だけでは無く、米国による核爆弾投下によるプルトニウム等の害も多い」。

「実態としては、

放射能物質の多くが福島第一原発由来と推定され、

その多くが放射性セシウムであると推定されている福島等の地域より、

中・ソ等にも近く、米国に核爆弾まで落とされたプルトニウム等の半減期の長い毒性の強い放射能物質汚染が深刻である可能性が高い西日本の方が、

危険である可能性大」なのだ』。

『「日本人のガン発生率は異常な程高い」。

「その一因として、

中・ソ等による核実験と米国による核爆弾投下や、

欧米諸国による核実験により汚染された太平洋等の海産物等々の影響がある可能性は非常に大きい」のだが、

「それらの本当の意味で深刻な他国由来の放射能問題は、あまり騒がれず、

福島第一原発被災事故による、

実際の深刻度は、核実験や核爆弾投下より遥かに低い、自国由来の放射能問題は、

自虐的なほど大騒ぎさせられている」のが「実態」だ』。

『「そして、その様な自虐実態を作り出しているのが、

内実が、親中国共産党・親朝鮮権力者である、

日教組等による教育と

韓流テレビ・マスコミやそのスジのネット等による情報等」であり、

「それらの{ベース}を元に、リーダーぶって大衆を扇動している」のが、

「そのスジの工作員」というのが「実態」なのだ。

オマケに「現状の日本の政権は、

そのスジの連中が大衆誘導で愚民化・操り人形化されてしまっている人々を操って作り出してしまった、

そのスジの政権」なのである』。

『「多くの一般日本国民は、一刻も早く目を覚ますべき」である』。

|

嘘で嘘を塗り固めようとしても結局は嘘だから固まらず崩壊する、韓流菅政権・・・。

『「福島第一原発海水注入中断問題」でも「都合の悪い事は、嘘で誤魔化そうとし、嘘がバレようとすると、更なる嘘で塗り固めようとしている様相」の「民主党菅政権」・・・。

「特定極一部の人々にとって都合の良い嘘で政権を維持しようとしたり、

特定極一部の人々にとって都合の良い嘘で歴史までも捏造しようとしたり、

・・・している文化の国は?」を考えれば、

「民主党菅政権」が、

「韓政権と揶揄される事等」に、

「思わず納得してしまう方々も少なく無い筈」だ』。

『「文化に遺伝が関係あるのか?否か?」は「定かでは無い」が、

「特定の文化で生きている/いた人を重要視している生き方や考え方等を選択する」と

「人は、重要視している人と同様の文化を持ち易くなる」』。

『「人は、自らが取り入れている文化や人は批判し辛く、

その対極にある文化や人は批判し易い」』。

『「今回の事からも、明らかな様に、

民主党や菅政権の文化は、

現実や実利を重要視する日本の文化では無い」。

「嘘や策略を用いても、権力の座を勝ち取り、権力の座を維持する事で、支配/被支配の支配者側に居座り、

何でも、支配者側の都合で行おうとする

中国や朝鮮の権力者文化の臭いが濃厚」である』。

『「その本質ゆえに、

民主党政権では、

対韓自虐土下座談話も平気であり、

中国共産党に対して、日本の皇室以上の扱いぶりだったりする・・・」のだ。

まるで、「親文化に媚び、親から褒めてもらおうとしている策略子どもの様」で、

「醜悪」である』。

『「さすがに、そんな文化には嫌気がさした」のだろう。

「本日、民主党若手の横粂議員が離党の旨を公言した」との事だ。

「当然、今後も、日本国の国会議員としてまともな国会議員の民主党離れが進む」だろう。

「国会議員もようやく、政界再編へ転がり始めた訳である」』。

『「それなのに、未だに、韓流テレビ・マスコミ等では、

海水注入問題の責任を原子力専門委員会等に擦り付けて

民主党菅政権を庇う大衆誘導を醜く行おう・・・としているところもある」。

「韓流テレビ・マスコミ等にとっては、

韓流政権で無くなる事」は、

「韓流等お仲間への利権誘導等の関係からも、困る」のだろう』。

『「被災現場では、

言った、言わない、等の子どものケンカなど止めて、

一刻も早い収拾に全力を尽くすべき・・・」等の意見が出ているらしいが、

「一刻も早い収拾を実現したいのなら、

政権交代が必需である」。

「嘘・策略による権力維持文化の政権に、

満足な現実対応が出来る訳も無いから」だ』。

『「一刻も早い復興の為」にも、

「日本の政治・情報・教育等々は、直ちに是正されるべき」である』。

|

何故、放射性セシウムばかり計るのか?・・・。

『「放射能問題で、放射性セシウムばかり計るのには思惑が在る」。「半減期の短い放射性ヨウ素を計っても大問題化出来ず、

半減期は長いが、中ソの核実験時にも飛来しているプルトニウム等を計れば、

福島第一原発だけを悪者扱い出来なくなるから」である』。

『「実際は、放射性セシウムとは、

チェルノブイリの例からも明らかな様に、

人体に蓄積されても意外な程害が無い物質」である。

「人体内に入るとそのほとんどが筋肉に蓄積され、代謝されるから」だ。

「放射性ヨウ素が、甲状腺ガンの原因になり、

プルトニウム等の毒性は、ずっと深刻なのだが、

放射性セシウムは、意外な程、人体に害を与えない」のである』。

『「それなのに、意図的に、福島第一原発の放射能漏れ問題を大問題化したい連中」は、

「人体に害が無いような放射性セシウムの放射能の値を過剰宣伝」し、

「その一方で、人体にとっては、本当に深刻な、毒性が強いプルトニウム等の計測やその公表は???」という「歪んだ放射能騒ぎ」を行っている』。

『「歪んだ放射能騒ぎで大衆を操り、

自分たちの思惑を実現せしめようとしている悪ども」には、

「過剰な立場・報酬等を与え続けていてはいけない」』。

『「放射能問題で騒ぐなら、

人体に害がある放射性ヨウ素とプルトニウム等で騒ぐべき」である。

「放射性ヨウ素の数値が日々下がり、

プルトニウム等は、ずっと計測され続ける

放射能データを毎日見せ続けられれば、

多くの一般日本国民も、

プルトニウム等の漏れはそれ程多く無く、

漏れた放射性ヨウ素の値が日々下がっている福島第一原発発の放射性物質」に対し、

「相応の安心感を抱く」と共に、

「未だに、観測され続けている米国の原爆投下や中・ソの核実験等発のプルトニウム等」に対し、

「当たり前の嫌悪感を抱く」筈である』。

『「放射性セシウムばかり・・・」の「テレビ・マスコミ等による大騒ぎ」は、

「米中ソによる核兵器の害を隠蔽」し、

「日本の放射能問題の原因は、福島第一原発の被災事故のみにあるかの如き誤った印象を与える」のだから、

「ちゃんとした日本のテレビ・マスコミなら、

そんな偏った情報を流す訳も無い」のである。

「ちゃんとした日本のテレビ・マスコミ」では無く、

「米・中・ソ等の下部機関」なら、

「現状の情報流布の様になるのも、ある意味、当然」だ』。

『「米国では、僅か3%に過ぎ無いユダヤ系の人々の意向が、過剰な程通り、実現しているのだ」という。

「その裏にあるのは、

ユダヤ人脈によるテレビ・マスコミ等の支配と、

ユダヤ人脈の大金」だ。

「日本でも、利権集中悪徳改悪のまま時を重ねれば、

大金を極一部の人々に集中させる事も可能になってしまい、

日本では、戦後、元々、テレビ・マスコミ等は韓流である」。

「多くの一般日本国民は、この事に対する危機感をもっと深刻に抱くべき」だ。

「日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置付けた不当な策略」は、

「今も進行中」なのである』。

|

反原発を訴えるなら核の安全保障とセットでが当然だろ・・・。

『「はっきり言えば、日本において、ドイツ同様の米軍核の共同管理等の核の安全保障論無き原発反対論は、

中国共産党や北朝鮮やロシア等の増長の手助けにしかならない」。

「日本の韓流テレビ・マスコミ等は、中国共産党や朝鮮権力者の下部機関の様なモノ」だから、

「そのスジが有利になる悪戯な原発廃止論による大衆誘導に熱心」だ。

「そして、韓流テレビ・マスコミ等を、韓流なのに、日本のテレビ・マスコミ等と勝手に勘違いしている

愚民化もしくは、

操り人形化されてしまっている人々」が、

「悪戯な反原発論に力を与えてしまっている」のだ』。

『「考えてみれば良い」。

「電気だって、ガスだって、決して全ての状態で安全な訳では無い」。

「だから、実際に、感電事故等もガス爆発事故等も起きている」。

「しかし、電気もガスも、科学技術の向上と共に、そのコントロールが可能になっているから、

現状では、人類の多くの一般人が扱っている」のだ。

「一般レベルから少し登ったところにあるのが、ガソリン等のエンジンを使用している車や船舶や飛行機等」だ。

「それらは、全て、免許が必要」だが、

「例えば、ガソリンエンジンは、エンジン内で、ガソリンが連続して爆発している」のだから、

「その危険性ダケに

思いが至っているのなら、

誰も、車など怖くて乗れない筈」だ。

「原発は、更に、高いレベルで、高エネルギーを制御しながら電力を生み出している」ので、

「もはや、一般素人が扱えるモノでは無い」が、

「原子力自体、既に、数十年前にそのエネルギー利用が可能になっているモノ」なので、

「未だ、生まれたての様なもので、未熟な部分も多々ある」が、

「今後、技術を積み重ねて行けば」、

「将来的には、自動車のエンジンの如く、一般利用が可能になっても何の不思議も無いモノ」なのである。

「現在の自家用自動車の如く、

自家用原子力宇宙船

(もちろん、原子力エンジン等の必要は無い。

近未来の宇宙船は重力制御で飛ぶ事になり、

宇宙船内の酸素還元等の必要電力維持の為のおさえとして、

小型原子力発電機が要るのだ。

いつも光が十分にあるところばかり飛行するとは限らず、

大きな太陽電池パネルを拡げての宇宙空間での移動など不自由な上に危なくて仕方無いからだ。)

が太陽系等を飛び回る日もそう遠く無い可能性さえある」のだ」』。

『「人は、自分が理解・コントロール出来ない者・物・事をとりあえず、恐れ、嫌い、避け、

自分を保とうとする」。

「しかし、その保身行動は、裏を返せば、

自分の理解・コントロールの範囲を広めれば、

不要行動」でもある。

「動物は火を恐れる」。

「理解・コントロールが出来ないから」だ。

「人類は、原子力さえ、理解・コントロールし始めている」。

「それなのに、日本衰退政策の如く、多くの一般日本人の元気を削ぐ為に、

悪戯な原子力嫌いを煽っているテレビ・マスコミ等は、本当に悪質」である。

「考えてみれば誰でも分かる筈」だ。

「実際に存在している原子力を、

悪戯に否定すれば、

火を怖がる動物の如く」なり「その姿は、現代人には不要な恐怖感で震える古代人の様」だが、

「実際に存在している原子力の理解・コントロールを深めれば、

相応の自信を得た先進国の現代人と成り得る」事を。

「多くの一般日本国民を古代人化する情報・教育は本当に悪質」である。

「情報・教育がまともなら、

今の日本に元気が出ない訳も無く、

今の日本が衰退する訳も無い」』。

『「核の安全保障論抜きの反原発論を言う連中の実体」は、

「中国共産党や北朝鮮やロシア等々の手先」である』。

『「電力を得る為に原子力を使わないのなら、

外交面で日本を一方的に不利にしない為にも、

実質的な核武装が必需」だ。

「発電では原子力不使用&核兵器保持もしくは、ドイツ同様の米軍核の共同管理」なら、

「日本人の論として成り立つ」が、

「実質的核武装論無き、反原発論では、

まるで、中国共産党や北朝鮮やロシア等々の工作員の論の様」である』。

|

芸能人の死亡を他の芸能人の宣伝に使っている醜悪番組・・・。

『「本日の多くの所謂ワイドショー番組のトップは、胃ガンで死亡した児玉清氏の話題」だ。

「胃ガン予防問題として扱うのなら、正当だろう」が、

「他の芸能人の宣伝に公共の電波を不正使用している」のだから「本当に醜悪」である』。

『「東日本大震災問題でも同様の事が少なからずあった」。

「この様な事実」を「冷静に考えれば、誰にでも分かる」筈だ。

「現状で、

公共の電波の使用権を得ている連中の本質は、

お仲間の宣伝>社会貢献で悪質」なのである。

「日本の公共の電波は、

極一部の芸能人やテレビ出演者たちやコマーシャル等テレビ利権に携わっている人々の為に在るのでは無い。

多くの一般日本国民の為にあるのである」。

「最近では、NHKでさえ、訳のわからない芸NO人を使い、宣伝し、一方的に徴収している視聴料から出演料まで払っている悪態ぶり」だが、

「本来なら、芸NO人の宣伝になる場合、芸能事務所等から宣伝料を徴収し、

その分、一方的に負担を強いている視聴料を安くするべき」である』。

『「焼き肉屋ユッケ食中毒4人死亡事件」にしても、

「韓流テレビ・マスコミ等による

過剰な焼き肉宣伝

が無ければ、

多くの一般日本国民が焼き肉に対し

本来なら抱く訳も無い過剰な興味を抱く事も無く、

日本中が焼き肉屋だらけになる事も無く、

焼き肉屋同士の過剰な競争行為も生じず、

4人もの貴重な命が失われてしまう事も無かった」だろう』。

『「公共の電波を独占使用していながら、

公共性が???なばかりか、

極一部の者・物・事に利権誘導している様な極悪連中に相応しいのは、

報酬では無く罰金や刑罰である」』。

|

放射能が怖いのなら・・・。

『「韓流テレビ・マスコミやそのスジのネット等の論調」では、実質的に、「微量放射能物質や微量放射線を大いに恐れ、ストレスを抱え、萎縮した生活を送りなさい!」だが、

「放射能や放射線が怖い」のなら、

「悪戯に恐れているのでは無く」、

「放射線メーターでも買い、身の周りや飲食物等をチェックする」のが、

「普通の現実対応」だ。

「悪戯に恐れ、

韓流テレビ・マスコミやそのスジのネット等が誘導する様に動く・・・のは、

愚民化・操り人形化されてしまった人々」である。

「愚民化・操り人形化されてしまっている」のなら、

「先ず、その様な状態から自分を救い出す事」である』。

『「微量な放射線や放射能物質に対して」は、

「実質的に、健康問題の一つ」なのだから、

「自らの健康状態を良い状態に保つ事が適切な現実対応」になる。

「放射線や放射能物質を過剰に毛嫌いする」のなら、

「鉛等放射線を遮断する物質に囲まれた部屋で、

放射能物質が付着していない飲食物のみを摂取する生活でもすれば良い」。

「反原発世論や反原発運動に力を加えたところで、

実際は何の解決にもならない、

ばかりか、

日本を衰退させ、

一般日本国民の多くを困窮に追い込むダケ」である。

「日本国民なのに、

反原発で正義ぶったり、

反原発で正義ぶっている人を支持する」のは

「自虐的なおバカ」なのだ』。

『「現実」とは、「そう言う事」なのである』。

|

未だに原発不安を煽っていた韓流「とくダネ!」・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等による福島第一原発問題に対する、最悪の事態を考えるべき・・・」等々の、

「未だに原発不安を煽っている醜態」には、「本当に呆れている方々も少なく無い筈」だ』。

『「知らない人の為に、

今一度説明すれば、

そもそも、

西側諸国の原発とは、

万一の事態が発生しても、

基本的に、

制御棒が入れば、核爆発が起きない様に設計されている」のだ。

「今回の福島第一原発の被災事故」にしても、

「地震直後に、制御棒はちゃんと入っている」。

「だから、その時点で、核爆発等の最悪の事態は基本的に無い」のである』。

『「福島第一原発以外の地震・震災被災原発は、全て、無事止まっている」。

「福島第一原発の場合、

基本的に古い上に、

安全設計が余りにも酷く、

非常用の発電機が働かなくなってしまったから、

制御棒挿入後の水による冷却が出来なくなり、

その結果、燃料等に過剰な熱が蓄積され、燃料等がメルトダウンしてしまった」のだ。

「しかし、通常の方法では無い海水等による冷却(何故か?余りにも遅かったが・・・)が、追って行われ、

その後の対策も進んでいる」ので、

「現状では、相応に安定的に、冷え続けている」のが「実態」である』。

『「西側諸国の原発は、

燃料棒の大きさも、

圧力容器や格納容器の強度も、

核爆発を起こす様な過剰な熱が溜まらない設計になっている」のである。

だから、

「メルトダウンが起きて、

圧力容器が溶けて、

少しずつ溶けた燃料が格納容器等に漏れ出した事」の

「実体」は、

「メルトダウン自体は、大きな問題では無く(重要なのは、再臨界等が起きない事)」、

「メルトダウンした燃料の保有熱分散が起こった事」である。

それは、「設計上の安全対策が有効に機能している状態」なのだ。

それなのに、

「おバカや確信犯の性悪等」は、

「チャイナシンドローム等の、客を踊らせ、楽しませる為の超誇張情報等や、

反日工作員等による反原発書物等の情報等に、

未だに、操られたり、意図的に、それらのインチキ情報を基に不安を煽っている醜態ぶり」なのだ。

「メルトダウンした事や、

圧力容器の一部が溶けた事等々の本質を言わず」、

「それらの情報」を、

「大衆不安を煽る為の材料」として「悪用」しているのである』。

『「原発問題で、

本来あるべきテレビ・マスコミ情報」は、

「不要な大衆不安を取り除く情報」であるにも係わらず、

「未だに、

最悪の事態を考え・・・等とやっている」のが、

「韓流テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「その悪の実効が、

多くの人々に不要な不安を抱かせ、

本来なら避けられる電力不足を招き、

復興を遅らせ、

日本社会や日本経済を衰退させる事等々、

なのだから、

その反日本社会ぶりは明らか」である。

「反日情報工作員に、日本の大手テレビ・マスコミ等を牛耳らせていてはいけない」。

「悪どもは、

例えば、

国家衰退目的工作活動罪等で牢獄に放り込むと共に、

相応の補償を行わせ、

日本の大手テレビ・マスコミ等では、

本来の正当な情報を流せる様にするべき」である』。

|

昨日の記事も結構ビンゴの様で・・・。

『「本日、外に出たら、何時もにも増して、電磁波工作車の当方に対する悪態が酷い」。・・・「という事は、昨日の記事もビンゴ」で、

「●氏の人脈も電磁波工作等を行っている悪の人脈に通じている可能性大」である』。

・・・『と記したら、「上の部屋からの電磁波も急に強化された」。

つまり、「それらの人脈は、みんな繋がっている」様である』。

『「因みに、上の部屋は、賃貸物件で、外国人が入っている事になっている」し、

「本日の悪質電磁波工作車」は、

「ベージュのニッサンの軽の薄いニコニコナンバー」だった』。

|

いよいよ孫政党の準備か(?)・・・。

『「もはや、民主党には先が無い」。「一端政権交代させたら、政権担当能力が自公以下だった事が明白になってしまったから」だ。

「自公ダメ・・・は相応に正しい判断だったかも知れないが、

自公以下の政権の選択は、もっとダメ」であり、

「それは、今時の多くの人々が既に十分に分かっている事」である』。

『しかし、

「民主党政権に政権交代させる事」で、

「外国人参政権や人権擁護法案の改訂版等々の

自分たちの思惑の実現を画策していた連中」にしてみれば、

「民主党が政権の座から降ろされる事=自分たちの目論みも消え去る事」だから、

「民主党が政権の座から降ろされるまでに、

自分たちの目論みの実現に一生懸命になる政党の立ち上げ&その政党人脈への利権集中等が必需」になる』。

『「その受け皿的雰囲気満載」なのが「昨今の孫氏(朝鮮系の人)の行動」だ。

「大量の私財を急速に集められているだけでも、

裏には、利権集中や不透明な援助等がある可能性大で???の要素満載」だが、

「その私財の一部を、

東日本大震災の義援金や、

自然エネルギー財団等の手段で反原発路線への力添えとして使っている現状から、

露呈する者・物・事を検証する」なら、

「先に、政界等の影がチラホラ見え隠れしている事」は「明白」である』。

・・・・・・・。

『「義援金や反原発」の「大衆イメージ」は「正義」であり、

「そこに大枚を注ぎ込める個人」の「大衆イメージ」は「頼りになる善人」である。

「もちろん、実体や本質は、テレビ・マスコミ等がその作り出しに大いなる力を発揮する大衆イメージの通りとは限らない」のだが』。

『「義援金の行き先でNPOも指定」とは、

「政治活動等とNPO等との繋がりの濃さを考えれば、

誰でも分かる事だが、

まるで、●チルドレンの製造開始」とも取れる』。

『「孫氏(中国系と思っている方々も多い様だが、実は朝鮮系)や、

孫氏に近い人々が政界進出しない」のなら、

「上記の話しは、外れ」だが、

「孫氏や孫氏に近い人々が政界進出し、

新たな政党等が出来た場合」には、

「多くの一般日本国民は、

是非とも、上記の話し等を思い出し、

一般日本国民自身の為にも、

新たな政治家や政党等の本質に思いを至らせる事も忘れないで頂きたい」と思っている』。

|

あり得ない警備会社のあり得ない警備体制・・・。

『「警備の常識」では、「人を配するなら、人を配する事が警備体制の増強に繋がる様に配する」である。

ところが、

「6億円以上の現金が強奪された警備会社の場合、

まるで、金庫の暗証番号を強盗犯に知らせる為に、

人を配置」なのだ。

「常識的に考えれば、

暗証番号を知らない人を配置すれば良いだけ」である』。

『「鍵が壊れていた小窓も異常」である。

「鍵が壊れていた小窓なら、

鍵を直すか、

ハメ殺しにするか、

侵入時には、警報音が鳴る様にする等の

対策をするのが普通」だ。

「意図的に対策をせず、悪意を持った者の侵入口を作り、

悪意を持った者をハメるのなら、

小窓からの侵入者へは、トラップやカメラ映像等が当たり前」である』。

『「強盗犯が警備会社を狙った事」は、

「強盗犯は、お金が在る所を狙うのだから、

銀行や郵便局の強盗同様、あり得る話し、で、

それをあり得ないと言っていた韓流テレビ・マスコミ等の方が異常」だ』。

『「あり得ない警備会社や社員・関係者等」の

「思想・信条・支持政党等には、

意外と特定の傾向があったり」して・・・』。

『「韓流テレビ・マスコミ等が異常性を示していた事」からも、

「今回の事件の裏の臭気が臭って来ている」』・・・。

|

●●(故人)に会いたいから、自殺とは!・・・。

『「丸ごと一人の死生観の実害の実例」が「タイトル」である。「丸ごと一人の死生観のままである事は、自殺の後押しの一因にもなってしまっている」のだ』。

『「死を実態通りちゃんと把握していれば、

●●(故人)に会いたいという思い込み」など生じない。

「誰でも、

細胞ごとに、

今、この瞬間にも、

死を体験しているのが現実」だから、

「現実に素直に考えるなら、

誰もが、細胞ごとに、故人の所に逝っているのである」。

「もっとも、細胞ごとのご対面・・・では、ご対面の意味も???だから、

多くの人は、細胞ごとのあの世など、その存在の可能性を思う事も無く、必要性さえ感じないだろうが・・・」。

「死の実体は、故人の新たな意思・行動等の発現の喪失」である。

だから、「故人に会いに行くは、否現実的」だが、

「故人の意思を尊重する」なら、「相応に合理的」だ。

「良い親等に恵まれ、その親が故人となってしまった場合」に「良い親の意思を思う」なら、

「自殺等を考える事など無く、

この世で幸せになる事等を考える筈」である』。

『「多くの人々をちゃんと現代人化せず、

古代人の様な状態に塩漬けにする事で、

丸ごと一人の死生観等による利権を維持しようとしている醜悪な情報・教育等」の「罪」は「本当に深い」。

「いったい、今まで、何人の自殺/殺人等の補助をして来たのか?!」。

「愚か者や悪人等は、

ちゃんと過去の罪の責任をとり、

情報・教育等の重要な立場から直ちに去れ!!!」』

|

詰んだ小沢(現被告)の後玉としてソフトバンク孫氏を仕立てようとしているそのスジの人脈・・・。

『「外国人参政権を民団(在日韓国人の団体)と約束した事が露呈し、政治と金の問題でも色々言われ続けている小沢(現被告)は、

年齢の問題もあり、

実質的に、その政治生命が既に詰んでいる」・・・。

「小沢頼りの人脈にしてみれば」、

「新たな権力集中先と成り得るそのスジにとって都合の良い人」を「早急に仕立てる必要性がある事になる」。

そして、

「現状での候補の一人が

ソフトバンクの孫氏(中国系と思っている人々も多い様だが、実際は朝鮮系)」という訳である』。

『「ソフトバンクの孫氏は、最近、原発被災問題をキッカケに、日本の電気産業にも参入する為か(?)

自然エネルギー等利用の発電等の為に、

大量の私財まで投入している」。

「しかし、それが、

電気産業への参入が目的では無く、

正義や頼れるイメージ作りが目的で、

政界への参入の為」なら、

「現状の日本のテレビ・マスコミ・教育等の社会状況の下、

正に、合理的」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等により、悪戯な反原発意識を持たされてしまっている人々にとっては、

浜岡原発を止めた菅総理でさえ、正義のヒーロー的感覚」なのだから、

「原発以外の発電等に私財まで投じる孫氏」は、

「頼れるニューリーダー等」と

「思い込まされてしまう事も容易」だろう。

「その後押しの為か?

そのスジのマスコミ等では、既に、孫氏への賞賛の雨嵐・・・」なのだ』。

・・・・・・・。

『「連中が大権集中主義」なのは、

「外国人参政権等の無理を実現させる為」である事は、「以前にも指摘」した。

「実際の日本の状態に素直」ならば、

「無理は実現出来ない」。

だから、

「無理を実現させる為」には、

「特定の人や人脈に大権を集中させ、

それ以外に人々には、

大権を持つ者たちの意向を無理やりでも呑ませる事により、

無理を実現させる」等の

「悪の策略」が必要になる。

オマケに、

「人類の歴史が、

大権集中主義から民主主義へと流れている現実」からも「明らか」な様に、

「大権集中主義」とは、

「その様な社会体制を選択する人間社会を

旧態化させ

衰退させる

手法でもある」のだ。

「日本を支配すると共に、

日本を衰退させて自国等を有利にしたがっている国々等」にとっては、

「日本社会を大権集中主義化する事」が「正に合理的」なのである』。

『「者・物・事に依存する人々を量産し、

極一部の者・物・事に大権を集中させ、

極一部の人脈が、実質的にその国を牛耳る体制とは、

人脈的な支配・被支配が在る階級社会に他ならず、

支配者人脈が他国人脈となれば、

他国人脈による日本乗っ取り支配&一般日本国民奴隷化体制に他ならない」』。

『「人類の進化の歴史に素直」に、

「者・物・事に、過剰に、依存したり、依存させたり、する事で、

他人を支配したり、他人に支配させられたり、せずに、

者・物・事の本質を理解・把握する事で、

自分で自分を健康的にコントロールし続ける人々が、主流になっている社会体制へと

歩みを進める事こそ」が、

「今の日本が本当に必要としている事」である』。

『「皆様、悪どもの策略に陥れられない様に、くれぐれもご用心!」』

|

「韓流テレビ・マスコミ等による反原発世論扇動」の「悪の効果」で「支持率向上の菅内閣」・・・。

『「韓流テレビ等によれば、菅内閣の支持率が向上し、原発を止めた事を評価している実質おバカの割合も意外と多い」のだと言う。

「言うまでも無く、それらは、韓流テレビ・マスコミ等による大衆誘導の悪の成果」である』。

『「もっとも、元々、韓流テレビ等の世論調査では、

そのスジの人々の割合が高いところの割合を大きめにして、

調査をかけているフシがある」から、

「その分の数字の面での悪の実態もある」のだろう。

「例えば、

多数の在日外国人が住んでいる所やその隣接地域等や、

所謂被差別問題があったところやその隣接地域等や、

情報として、韓流テレビ・マスコミ等くらいしか得られない人々が多く住んでいる地域等を多めにして

世論調査すれば、

必然的に、

日本乗っ取り策略の一つのステップである

外国人参政権や人権擁護法案の改訂版等の成立に熱心な民主党政権に対する支持率は向上する事になる」。

「言うまでも無く、

日本を一方的に圧倒的に不利にする外国人参政権や、

事実・現実に権力を預けるのでは無く、

その法律で大権を与えられた委員等が、特権的調査権を得、人権侵害等を認定出来てしまう(=特定極一部の人々に新たな大権を持たせる)、

新たな特権製造的仕組みの人権擁護法案の改訂版

などは、絶対に成立させてしまってはならない法律なのだが、

その様な実体の情報は、韓流テレビ・マスコミ等では、隠蔽」だから、

「多くの情報難民庶民たちが知る由も無い」。

「結果、少なく無い数の情報難民庶民たちが、

上記の様な法の成立により利権を得る人々の

操り人形にされてしまっている」のである』。

『「誰にでも分かる筈」だ。

「~小泉~自民ダメ~民主~等々の韓流テレビ・マスコミ等による大衆誘導の結果、日本はどうなったのか?」

「そして、その連中が、今、自民ダメ!と同様に、原発ダメ!を訴え、益々日本を衰退させようとしている」のだ。

「テレビ・マスコミ等やその地域等でリーダーぶっている人々」が、

「善なのか?」「悪なのか?」くらいは、

「今までのしがらみや、上辺等の要素に騙されず」に、

「その実体を確かめるべき」である』。

『しかし、

「韓流テレビ・マスコミ等に操られている人々は、

未だに、

丸ごと一人の死生観派や、

大権大金持ち等憧れ派だったりする、

否現代人状態だったりするので、

世論調査をすれば、

大衆誘導の成果の数値が出せてしまっていたりしている異常事態が

未だに続いてしまっている」のだ』。

|

代替え案無き似非理想逃避の原発縮小派の人々・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等による反原発世論扇動」は「未だに収まっていない」。「その結果、世論調査をすれば、

原発廃止派や原発縮小派という実質的には日本産業衰退派たちが、

半数以上にもなってしまっている」。

「この様な状態は、非常に危険」である』。

『「原発の代替えになる発電法は?」との「重要な問い」は、

「世論調査では問われていない」様だが、

「問われていたとしても、情報誘導で操られている人々」は、

「風力や太陽光等の否現実的な手段を答えるだけ」だろう。

「現在の日本の電気インフラ設備では、

安定度が悪い風力や太陽光等による発電が主流には成り得ない」のが「現実」なのに』。

『「自然エネルギーの中で唯一、

現在の日本の電気インフラ設備との整合性が取れる」のは、

「地熱発電」だが、

「地熱発電所は、建造費が高く、

発電所の設置場所

(候補地の多くは、国立公園の中等になってしまうから、

現行法のままなら、

日本衰退工作の為に、日本の発展に反対する者たち等が大騒ぎする事になる可能性大)や、

出来上がるまでの年月等も問題で、

高い建造費をかけて作った地熱発電所から、既に出来ている電気インフラ設備までの間のインフラ整備にもお金がかかる」から、

「早急な実現は困難」だ』。

『「反原発派」は「自分たちの論」が、

「地球温暖化対策に反する火力発電の増大」か、

「日本の産業の衰退」の

「何れかを選択している事」くらい、

「自覚」し、

「日本の中の雇用環境等を今以上に悪くしない

実効のある実現可能な代替え案を見い出せない様なら、

考え直すべき」である』。

『「日本の国内産業の基盤エネルギーである電力問題でもあり、安全保障問題でもある原発問題」を

「単なる発電法の問題としてだけ考え、

韓流テレビ・マスコミ等の情報誘導による原発不安に踊らされ、

日本を不利にする原発停止等を悪戯に支持し、

実際には、原発の代替えに成り得ない、風力や太陽光の発電を悪戯に支持してしまう様なおバカ」が、

「何故、大量に作り出されてしまっているのか?」を考えれば、

「誰もが、日教組等による学校教育や、韓流テレビ・マスコミ等による情報の大罪」に

「気付く筈」だ』。

『「悪の文化」は、「他人の能力を阻害する事で自らを有利にし、利権等を独占し続けようとする」。

「善の文化」は、「他人も発展させる事で自らもより発展し易くし続けようとする」。

「歴史上の現実」でも「悪の文化の国々は、衰退」し「善の文化の国々は、発展して来た」。

「そして、善悪の対立が起き、人類は、何度も戦争さえ繰り返して来た」。

「ちゃんとした現実把握や自覚の下で、善を選ぶも、悪を選ぶも、その人の責任」だが、

「他の者・物・事の操り人形の状態の下で、選択させられている様では、その人は、自分の人生の責任さえ果たしていない事になる」。

「誰もが、

他の者物事の操り人形状態等からは抜け出し、

自分の人生を生き、

自分としての責任を負うべき」である』。

|

今更、釈迦=大昔の人の映画とは・・・。

『「言うまでも無く、釈迦もキリストも大昔の実在の人物」だ。「そして、仏教やキリスト教の実体とは、釈迦やキリストによる宗教そのものでは無く、古の権力者たちが自分たちに都合の良い様に、釈迦やキリストの思想を利用・編纂したもの」である』。

『それなのに、未だに、「釈迦やキリストを題材とした映画等は作られ続けている」。

「その裏にあるのは、現状権力者や現状で優位な者たちの保身欲」なのだ』。

『「そんなモノに付き合う、現状で不利な人々」など、

「筆者たちの感覚では、正に、信じられない!!!」だが、

「韓流テレビ・マスコミ等や、日教組等による教育や、宗教団体等のマインドコントロールにより、

実質的に洗脳されてしまっている人々にとっては、

頼れる者の宣伝映画等が出来た・・・」なのだろう』。

『「いい加減に、

多くの人々には、

者・物・事の本質を実体・実態把握して頂きたいもの」だが』。

『「地球温暖化の危機が叫ばれている現在」、

「本当に必要な情報こそ、テレビ・映画等の題材等に相応しく、

地球温暖化をもたらし、現状の不公平・不平等等々の改善の邪魔になっている元凶でもある

現状の社会体制維持の為等の情報など、

現代のテレビ・映画等々の題材等には相応しく無い」。

「環境破壊>環境改善」という「情報」等は、

「大衆に一方的に大量配布されるべきでは無い」。

「古からの{支配者の為の宗教}に{現実逃避}している人々の数が多ければ、

確実に人類は滅亡する」。

「今、人類に必要なのは、多くの人々に実体・実態把握を促す情報」である』。

『「考えてみれば良い」。

「古からの仏教やキリスト教等が大流行した人間社会」と、

「自分の実体把握等が可能になる情報が大流行した人間社会」の

「差」を!

「前者の場合」なら、

「多くの人々が現実逃避すると共に、

多くの人々が者・物・事に依存する状態のまま、

時が積み重ねられる」から、

「確実に、人類は、滅亡する」。

「後者の場合」なら、

「地球生命体細胞群の永続という実現可能な永遠の命に向かう人々の数が圧倒的に増える」から、

「必然的に、人類滅亡は避けられ、

地球生命体細胞群の永続の可能性が高まる」。

「その差は甚大」である』。

『「バカどもや性悪どもは、

過分な立場・報酬等をちゃんと社会に還元し、

表舞台から去れ!!!」』

|

「日本に不安をばら撒く韓流テレビ・マスコミ等」&「日本にストレスをかけ続ける現民主党政権」という「他国の為の工作活動問題」・・・。

『「東日本大震災は、言うまでも無く、天災である」。「今時の人間なら、天災に対し不安等の感情を強く抱き、それに支配されるのでは無く、

天災に対しては、相応の対策を考えるべき」である。

ところが、「韓流テレビ・マスコミ等の情報により操り人形化されてしまった人々」は、

「まるで、古代人の如く、天災に対して恐れおののいている」』。

『「原発とは、言うまでも無く、人類が生み出した物」だ。

「しかし、生み出して実用してからの年月は浅い」。

「だから、当然、色々な不備が露呈したり、天災等により露呈させられたり」する。

「今時の人類なら、それらの不備を出来るだけ早く是正しようとする筈」だが、

「韓流テレビ・マスコミ等による操り人形たち」は、

「まるで、古代人の如く、人類が生み出せている人類の為にも有用な原発や放射能等々を忌み嫌っている」。

「人類にとって自虐的な核兵器を忌み嫌うのは、当然だが、

核兵器と原発の十分な切り離し不足や、

科学の進歩の方向性の見失いは、

明らかに異常であり、それは、悪い情報による悪影響」である』。

『「その上」に、

「民主党菅政権」は、「わざわざ現状で使えている原発まで止め、

韓流テレビ・マスコミ等共々、日本に更なるストレスをかける策略に出た」。

「浜岡原発は動かしたまま、対津波等の対震災対策を行えば良いだけ」なのに、

「わざわざ止めても直ぐに安全には成り得ない原発を止めさせた上に、

早急な対震災対策は???なのだから悪質」である。

「浜岡原発停止による電力不足を始め」に、

「ドミノ的に日本を衰退させる策略が取られ」ている。

「その一つの実例」が、

「意図的に作り出された電力不足を言い訳にした、

節電圧力」である。

「一般家庭だけならイザ知らず、

中小零細まで含む企業に対する節電圧力は、

実質的には、

日本企業衰退策略」に他ならない』。

『「反日左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党)政権やテレビ・マスコミ等など、

日本には要らない」。

「過分な立場を得てしまっている者ども等は、

早急に、正当な日本の人脈と入れ替えられるべき」である』。

|

あり得ないだろ!「警備会社から6億円以上の現金強奪」・・・。

『「筆者たちは、あり得ない者・物・事の裏には、相応の原因や理由やカラクリ等が在ると思っている」。

「今回の立川の警備会社からの6億円以上の現金強奪事件」にしても、

「相応の者・物・事が在る」と思っている』。

『「立川と言えば、現総理の選挙区である地域に隣接」し、

「現総理は、今、政界内で、政界内工作をしなければ生き残れない程の状況」でもある。

そして、「現民主党政権が政権交代を強いられる事=二度と民主党人脈が日本の政権の座を得られない事とほとんど同じ」である。

「左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)や民主党系の人脈にしてみれば、

現民主党政権の政権からの没落=オシマイなのだ」』。

『「その裏も在り得る」が、「果たして実態は?」』

|

日本を衰退させる政策に邁進している民主党菅政権・・・。

『「浜岡原発を停止させ、その補償を支払う」のと、「浜岡原発は動かし続け、対震災対策を行う」のとでは、

「衰退と発展の違いがある」』。

『「原発停止&税金による補償支払い」では、

「正に、負のスパイラルを意図的に作っている状態」だが、

「原発維持&必要な公共事業」なら、

「正のスパイラルになる」のだ』。

『「当然、負のスパイラル政策」では、

「日本社会は衰退」し、

「正のスパイラル政策」なら、

「日本社会は発展する」』。

『「民主党菅政権が、

負のスパイラル政策を正義ぶって行えてしまっている裏」には、

「韓流テレビ・マスコミ等による情報工作が在る」』。

『「上記の実例」からも、

「民主党菅政権&韓流テレビ・マスコミ等の反日性」は「明らか」だ。

「反日政治家に国政を預けたままではいけない」し、

「反日テレビ・マスコミ等に過剰な立場を与え続けていてもいけない」のである』。

『「日本の復興」の為にも、

「先ず、反日人脈を重要な立場から退ける事」は「重要」である』。

『「反日で、何処の国の利権を増大させているのか?」は、

「少し考えれば、誰にでも分かる筈」だ』。

|

上原美優の自殺・・・。

『報道によれば、「大家族&貧乏が売りの一つだった若き女性タレントが自殺してしまった」のだと言う。

「タレントに限らず、自殺とは、毎日、この瞬間にも、死を体験している全ての生物には、本来不要なもの」だが』。

『「現実」として、

「誰でも、今、この瞬間にも、死を体験している」のが

「人類の実体」だ。

「人類に限らず、地球上の生物の誕生・死は細胞ごとだから」である。

「それなのに、未だに、一部の人々は、

あくまでも、宗教同様の考え・思いの上での納得に過ぎ無い、

現実離れしている、

丸ごと一人の死生観に囚われている」。

「その結果として、

人生上に何か不都合があると、

丸ごと一人の単位で自分や他人を否定したりする自殺や殺人を生んでいる」のだ。

「冷静に考えれば、これ程バカらしい事は無い」』。

『冷静に考えるなら、

「多くの場合、殺したいモノの実体」は、「丸ごと一人では無い」。

「その人の極一部の要素」である。

「人の極一部の要素を殺す為に必要なのは、

丸ごと一人に殺人や自殺ではあり得ない」。

「例えば、

自分の脳細胞の構築度アップだったり、

例えば、他人の脳細胞の構築度アップだったりするのが実体」だ』。

『「死とは、現実のこの世から排除する/される事である」。

「現実のこの世から排除する/される事になる裏」には、

「現実離れした原因が在る」のだ。

「細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している自分の実体把握や、

現実離れの是正こそが、

殺人や自殺に対する実効のある予防法」なのである』。

『「現実離れを自覚する為」には「現実把握が必需」である。

「自分の実体把握」と「問題となる者・物・事の現実把握」は、

「自殺や殺人防止の意味からも非常に重要」である』。

・・・・・・・。

『「情報・教育が余りにも異常な現状日本社会では自殺が多発しているばかりか、殺人も珍しく無い」。

「今回の若き命の喪失に対しても、

現状の情報・教育で相応の立場を得ている者たちには、

相応の責任が在る」』。

『「当ブログでは、以前から、何度も、日本の情報・教育の異常性や、

それらに携わっている人脈の入れ替え等々を訴えている」が、

「未だに、微力」だ』。

『「少子高齢化社会の日本」で、「若き命の喪失は残念でならない」し、

「その責任の一部は、明らかに、現状の情報・教育にある」のだ。

「日本の情報・教育で実権を握っている人脈は、

正当な一般日本国民の人脈と入れ替えられるべき」である』。

|

反原発の宣伝に公共の電波を不正使用している悪ども・・・。

『「原発問題を考えるのは妥当」だ。「だから、本来なら、現状の原発の問題点を解消させるべく、

現状の原発の問題点を露呈させ、

その対策を論じるべき」である。

ところが、「韓流テレビ・マスコミ等では、一方的な原発叩き」なのだ』。

『「日本の場合、

原子力発電は、発電だけでは無く、核の安全保障上の防波堤にもなっている」のだし、

「原子力を利用する事」は、

「高エネルギーを制御する事と同じ」で、

「科学の進歩の歴史を見れば明らかな様に、

人類が制御可能なエネルギーは、

科学の進歩と共に拡大し続けている」のだ。

つまり、「科学の進歩の方向性に逆らわず、先進国として、高い科学技術等の水準を保ち続ける」のなら、

「反原発はあり得ない」のである』。

『「原子力という高エネルギーの制御は相応にハードルが高い」が、

「制御不可能では無い」。

「原発反対論者の学者等の多く」は、

「原子力関連重要ポストから除外された人々や、

科学の進歩の方向性や原子力制御が本当に理解出来ていない人々等」で、

「科学の進歩の方向性に反する反対論の出所」は、

「私怨や無知」だったりする』・・・。

『それらの「私怨や無知等々を悪用して、

日本を不利にする為の情報工作活動を行っている」のが、

「韓流テレビ・マスコミ等」である』。

『「例えば、原子力発電はCO2排出量も少なく、コストパーフォーマンスも悪くない発電法」だが、

「原発の建造コストや補助金等の税金も含むと、高い」などと言う

「反原発論を誘う為の論を一方的に大宣伝したり」している。

「日本の原発には、核の防波堤としての意味合いもあるのだから、

補助金には防衛面からも税金で出す正当性が有る」。

ところが、「原発の本質が分かるこういう面は言わない」のが「韓流テレビ・マスコミ等の情報工作」だ。

「原発の建造コスト」は、「安く抑え気味になり過ぎていた」から、

「実際に、福島第一原発の様に、十分な対震災対応が出来ていない原発が在る」。

「新たに作る原発の建造コストは、もう少し高く取り、ちゃんとした安全対策を行う事」や、

「既に作られた原発で安全対策が十分では無いところは、早急に安全対策を行う事」こそが、

「本来必要な事」である事は「明白」だ。

「悪戯な反原発世論扇動」は、

「多くの人々を悪戯な反原発で現実逃避させ」、

「それらの正当な論の実行を遅らせてしまう」から、

「日本中に危険をばら撒き続けている事と同じ」なのである』。

『「日教組等の教師による学校教育等や、

韓流テレビ・マスコミ等による情報が、

民主党政権を誕生させてしまった」が、

「民主党政権誕生に起因する日本の損失は、多大」である。

「このままの状態が続くなら、益々日本が衰退{させられて}しまう可能性大」だ。

「がんばろう日本」の後に続くのは、

「平和ボケの感覚なら、復興」なのだろうが、

「平和ボケから抜け出し」て、

「日本の後に、何も書いていない訳」や、

「言い出した人脈」を考えれば、

「がんばろう日本{乗っ取り}」という「実体」が「露呈」する・・・』。

『「利権集中悪徳改悪等の手段で、

日本列島で暮らす人々に対し、極一部の人々で支配可能になる強固な支配体制を構築し、

支配者層の血統をそのスジの連中で埋め尽くしたがっている様な連中」に、

「政治や、情報や、教育等々の重要な立場の要職を与え続けていてはいけない」』。

|

有名人と義援活動・・・。

『「当ブログでは、どんな連中のどんなモノでも被災地の方々のお役に立つなら・・・」の意味から、

「今までは、有名人等の義援活動について、あえて、あまり記していない」。

しかし、「売名行為>義援実体」という「所謂有名人(実態としては、韓流テレビ・マスコミ等が無理やり有名にしているのだが)の存在には、

相応に嫌悪感を感じているのも事実」だ』。

『「皆様、義援実体<売名行為の

所謂有名人(実態としては、韓流テレビ・マスコミ等により無理やり有名にされている)という、

悪の教組には、

ご用心!」

「悪の教組に追従したり、悪の教組を支持したり・・・する事」は、

「自らを悪人化する近道」なのだ』。

・・・・・・・。

『「現代人は、答の無い問題に対応する力が求められている」。

「答の無い問題に対応する為に

実効のある手段は、

本質追求」である。

「自分を含めた者・物・事の本質を追求する」なら、

「答の無い問題の正解を導き出す事も可能になる」。

「先ずは、基軸となる自分の本質」である。

「自分の本質が実体把握出来た」なら、

「所謂答の無い問題への解答もかなり容易になる」。

「その上」に「悪意のある他人による被支配者とされてしまう危険性も減る」』。

『「所謂、有名人の義援行動も、

その実体を本質追求すなら、

韓流テレビ・マスコミ等による情報誘導や操り人形化等々の策略を呑まされる事も無くなる筈」だ。

「基本は、簡単」である。

「売名行為>義援実体か?否か?」を「確かめれば良いダケ」だ。

「高報酬を得ている割に義援金や義援行動等が少なければ、

当然、売名行為>義援実体となる」。

「何年も、億の単位の年収を得ていて、特に多大な借金も無いのに、億の単位の義援金も出せない様な有名人は、象徴的立場で生計を立てている有名人にする価値も無い」。

「どんな人でも実生活で本当に必要なお金の額には大差が無いから、

億単位の年収を得ている者たちには、過剰なゆとりが在るのだから!」

「今時の実生活では、

年収が百万の単位なら、

多くの場合、借金も付き物で、

万~十万の単位の義援金等が出せれば相当頑張っていると言えるかも知れないが、

年収が千万の単位なら、過分な物事を行わなければ、相応にゆとりが出来るから、

数百万~数千万の単位の義援金等が出せなければ変である。

特に借金等も無いのに、出せない人々は、出せないのでは無い。

{出さない}のだから、其処に人間としての本質が出るのである」。

「企業でも同様で、何十億・何百億・・・も有名人商売等で稼いでいる企業が、

相応の義援金を出せていないのなら、

そんな者たちに、実質的には、人々に象徴を与える事になっている有名人商売の立場は与えるべきでは無い」。

「象徴仕事は、象徴仕事なのである」。

「売名行為の要素が本当にほとんど無いのに、

多額の寄付等行っている所謂有名人もいる」。

「それは、企業や政治家等でも同じ」だ。

「民主党政権や菅総理等や多くの韓流テレビ・マスコミ等の実体は、売名行為>政府支援・義援等の実体だから醜悪」なのである。

「オマケに、民主党政権や菅総理等は、

浜岡原発停止要請等でも明らかな様に、

支援どころか、実質的には、復興の足を引っ張る政策まで行っている」のだ。

「それ等を賛美している韓流テレビ・マスコミ等も同罪」である』。

|

浜岡原発停止??問題・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等によれば、浜岡原発は、7~8時間で発電停止作業を終え、その後1日程度で{冷温停止}する」のだそうだが、

「それらの連中の言う{冷温停止}とは、

福島第一原発同様の{常に大量の冷却水を流し込み続ける必要がある状態}に他ならない事」は、

「福島第一原発被災事故問題等で、

原発の事をある程度以上知った人々なら、

直ぐに分かる筈」だ』。

『「原発を本当の意味で冷温停止させる為には、数ヶ月単位の長~い時間が必要」である。

「それなのに、止めたら直ぐに{冷温停止}になる様なイメージで情報を大量配布している事」の「実態」は、

「大衆誘導目的の情報工作活動」である』。

『「福島第一原発だって、

地震直後に緊急停止が働き、

制御棒が入ったから、

その時点では、緊急手段による{冷温停止}の状態だった」のだ。

「しかし、その{冷温停止}とは、正に言葉上だけで、

実際は、常に大量の冷却水を注入し続けなければならない状態であり、

福島第一原発では、

震災で電源を失ったばかりか、

非常用の発電設備まで失ってしまったので、

大量の冷却水の注入が出来なくなってしまったから、

皆様が良くご存知の通りの大被災状態に陥ってしまった」のだ。

「浜岡原発の場合も同様」だから、

「原発を止める事より、震災対策を急ぐ事の方が遥かに重要」なのである。

「原発を止め、

CO2を出さない電気を大量に失わせ、

環境面でも、

経済面でも、

多大な損失を誘う{愚策}」を

「英断と情報工作した」のも

「韓流テレビ・マスコミ等」である。

「その上、大急ぎで行うべき対震災対策の声は、ほとんど聞こえて来ていない」から、

「現状は、正に、危険を誘い、損失を誘っている状態」に他ならない』。

『「こんな状態を容認させられてしまっている一般日本国民」は、

「正に、愚民化・操り人形化されている状態」なのだ。

「危険を誘い、損失を誘う愚策」を「総理大臣が要請した」のだから、

「普通の国の国民の中なら、

総理解任論や、政権交代論等々が大爆発しても何の不思議も無いのに!」

「国会議員もだらしない」。

「日本に危険を誘い、損失を誘う愚策を要請した総理大臣さえ、

早急に退陣させる方向へ十分に動いていない(現状では)のだから!!!」』

・・・・・・・。

『「地震のストレスは、溜まれば溜まる程、巨大地震が起き易くなる」。

「それは、自然の摂理」だ。

「一般日本国民のストレスも同様で、

こんな状態が続けば、

蓄積されたストレスが暴発する時には、

大変な事になる」。

「今の内に、早急に、政界再編~政権交代へと事を進めた方が、

遥かに、犠牲が少ない事は確実」だろう』。

『「立場のある心ある国会議員は、

今こそ、政界再編~解散総選挙を急ぐべく、

本当の英断をするべき」である。

「東日本大震災からの復興だって、今の体制で行えば、何時になるのか???」

「復興の為にも、早急な政界再編&解散総選挙」である』。

|

「韓流テレビ・マスコミ等の策略による延命」を模索している菅政権・・・。

『「多くの一般日本国民が良くご存知の通り、現民主党政権は、実質的に、韓流テレビ・マスコミ等による実質的情報誘導により誕生した」。

「だから、当然の如く、民主党の連中は、菅にしても、小沢にしても、

韓流テレビ・マスコミ等の権力者との{お仲間人脈}を保持している」』。

『「昨今、韓流テレビ・マスコミ等」では、

「一般大衆の心の中に原発不安を造成し続けて来た」。

「そして、意図的に作り出された大衆の不安を払拭する

偽りのヒーローの役を総理大臣である菅が行い」、

「浜岡原発停止要請!」と「正義ぶった」のが、

「浜岡原発停止騒動の実体」である』。

『「もちろん、その裏には、一部報道等で言われている米国による圧力も在る」。

「米国にしてみれば、西から東への気流移動により、

浜岡原発に万一の事故や被災があった場合、

横須賀・座間等の米軍基地が使い辛くなり、米軍人等の士気が弱まるのは、

大いに困る事も事実」だろう。

「しかし、米国による圧力なら、独立国と言う建前や、民主党政権なら親中政策等々を後ろ盾に、

突っ張ろうとすれば、突っ張れる」のだ。

「ところが、菅総理は突っ張らなかった」。

「米国相手に突っ張る事も選択せず、

日本の為に頑張って浜岡原発を維持し、夏の電力不足を少しでも和らげる事も選択せず、

策略通り、正義のヒーローぶって、原発停止を要請し、圧力等々で実現せしめた」。

「日本にも向かず、

米国にも向かず、

中国共産党にも向かない選択の実体は、

朝鮮に向いている選択」に他ならない』。

『「日本を不利にする為に浜岡原発を止める策略の脚本の内実は上記の通り」なのである。

「何故、日本が不利になるのか?」は、「夏の電力不足を考えれば誰でも分かる」。

「万一、電力不足で、工場まで含む停電・・・となれば、日本企業の信頼は大きく揺らぎ、

電力不足を前提に前向きな生産活動を抑制すれば、その分、日本企業の競争力が削がれる事になる」。

「日本企業とライバル関係にある外国企業等を考えれば、

誰にでも、特定の国々が思い浮かぶ筈」だ。

「本を書いたのは、民主党や韓流テレビ・マスコミ等の裏にいる他国人脈の悪」であり、

「策略実行役である、韓流テレビ・マスコミ等も、菅もその犬」なのである』。

『「悪の策略脚本に踊らされない為」にも、

「多くの一般日本国民」は、「韓流テレビ・マスコミ等による操り人形状態」から、

「一刻も早く、自分を救い出すべき」である』。

『「浜岡原発は、

止めた瞬間から安全では無いのだし、止めて冷温停止するまでには、長~い時間がかかるのだから、

急いで、対震災対策を行うのが正解」である。

「原発停止の実効の薄さや害をロクに説明せず」、

「原発を停止すれば、その瞬間から安全であるかの如き幻想を多くの一般日本国民に抱かせ」、

「多くの一般日本国民の現実離れした不安を造成すると共に、

偽りのヒーロー像である原発停止要請総理を

英断賛美している事」の「実体」は、

「日本の公共の電波等を不正使用した、

他国の為の情報工作活動」に他ならない』。

『「反日人脈やおバカ等は、日本の大手テレビ・マスコミ等の主要な立場から駆逐するべき」である』。

|

「菅降ろしで小沢手詰まり???」小沢(現被告)は民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権を約束した瞬間、「既に詰んでいる」のが実態だが・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等では未だに小沢(現被告の宣伝)だ」・・・。「小沢の実態はタイトルの通りなのに」・・・。

「もっとも、韓流テレビ・マスコミ等」も「韓流である事がバレた段階で既に詰んでいる」のだが』・・・。

『「何れにしても、

多くの一般日本国民にとって、

詰んでいる政治家や

詰んでいるテレビ・マスコミ等は

用無しである事は確か」だが』・・・。

|

日本の原発に必要なのは停止措置では無く対震災対策であるという当たり前も言わない情報工作員たち・・・。

『「民主党菅総理による浜岡原発停止」を「英断」と「大宣伝している左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)連中」によれば、

「地震多発国である日本では原発自体が危ないから、

大地震が起きる可能性が高い所にある物は止め、

老朽化した原発の代替え原発は作るべきでは無い、

等・・・だそうだ」が、

「それは、それだけなら、

中国共産党や北朝鮮やロシア等々が保持している核兵器による脅しを強め、

外交面でそれらの国々にメリットをもたらす為」の

「実質的、売国論に他ならない」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等では、

実質的には、他国人脈の工作員的様相の人々が身勝手に言っている実質的売国論の大宣伝」だが、

「本来の日本のテレビ・マスコミ等なら、

地震多発国日本の原発に必要なのは{十分な対震災対策}である旨を訴え、

全ての原発に、必要な対震災対策が早急に行われる様に、

訴えるべき」である』。

『「浜岡原発の対津波対策」にしても、

「中部電力のお偉いサンたちは過剰過ぎるゆとりを見て、2~3年などと言う寝ぼけた事を言っている」が、

「対津波対策など一気に行えば、月単位で出来る事」くらい

「少し考えれば、誰にでも解る」。

「今、浜岡原発で必要なのは、原発を止める事では無い」。

「対津波対策を急ぐ事」である。

「対韓自虐土下座談話を公表し、日本を不利にした悪の実績まである菅総理」による「浜岡原発停止」は、

実質的に、

「対韓自虐土下座談話同様に、総理の立場を悪用して、日本を益々不利にする為の悪の工作活動」に他ならない』。

『「日本の原発廃止論」を「訴える」なら、

「セットで、対中国共産党・対北朝鮮・対ロシア等の核抑止力論が必需」だ。

「例えば、

ドイツ同様の米軍核の共同管理論等と

原発廃止論」が

「セットで語られていれば、日本の為の原発廃止論」として「成り立つ」事になる。

しかし、「核抑止力論抜きの悪戯な原発廃止論」では、

「中国共産党や朝鮮権力者やロシア権力者等々の為の論になってしまう」。

「上記の事は、少し考えれば誰にでも分かる」。

ところが、

「左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)連中」は、

「一般日本国民の多く」を「テレビ・マスコミ・教師・教授等々の立場に乗じた情報誘導により、原発嫌いへと誘い」、

「日本の原発を無きものとする事」で

「中国共産党や朝鮮権力者やロシア権力者等々に利益をもたらそう」と

「情報工作活動等に必死」だが、

「その様な実態が既にバレている現状」では、

「もはや、醜い悪あがきに過ぎ無い」のである』。

『「根っ子が他国だったりする場合が多い左翼(=親中国共産党・親朝鮮権力者等)連中の情報・教育等により操り人形化されてしまっている一般日本国民の数」は、

「時と共に激減している」のが「今の日本の現実」だ』。

『「もはや、

左翼(=親中国共産党・親朝鮮権力者等)連中」が「最後の砦として縋っている」のは、

「血統や宗教や立場・人脈等々の縛り」なのだ。

「地球上の生物の進化が、多様性と共に成り立っている事や、

人間同士興味を惹き合う異性の遺伝子は異質度が高い場合が多い事等の

科学的現実に逆らう血統主義は、

正に、自然の摂理に逆らう愚行に過ぎないから

何時までも残り得る訳も無く、

その実体は、考え・思いによる納得法である宗教だって、もはや、伝統文化遺産の域」である。

「パワハラ的立場・人脈の縛り」は「異常な利権分配状況が続く限り、保持されてしまうだろう」が、

「異常な利権分配状況等々は、早急に解消されなければ人類滅亡なのだから、

こちらも後が無い」』。

『「人は悪行に邁進した瞬間にその人の人生は終わっている様なもの」なのである。

「何しろ、

誰にとっても、

善悪の素は、自らの細胞群の細胞の状態であり、

悪に比重を置いた行動に邁進する事は、

死んだ細胞やガン細胞等々による無意識の刺激に比重を置いた人生を選択している事と同じ」なのだから』。

|

デーブスペクターの苦笑い・・・。

『「チャンネルを変える途中で、TBSサンジャポを見たら、何処の民放でも出ている、一説には、米国、ユダヤ人脈や、CIA等とも繋がりがあるとも言われている、デーブスペクターが苦笑い」していた。

「何故?」と「思い、チョットの間見続けていた」ら、

「どうも、ビンラディン殺害問題」で「多くのご用達コメンテーター等」が、

「やはり、殺人はダメでしょ・・・」的意味の

「コメントを連発したから・・・」、

の様だった。

「米国流」の「悪魔の象徴の様なヤツは殺して当然!正義万歳!」の様なコメントは、

「当然の如く、皆無に近かったのだろう」』。

『それは、

「平和ボケ化・操り人形化と共に、

無害化・去勢化等も仕込まれている

日本の情報・教育が生み出した現実」でもある。

「この様な事態を受けて、

米国の権力者たちも、

無害化・去勢化の害を検証し直すのでは??」

「その結果、

米国権力者の圧力により、

近未来の日本の情報・教育は、

米国内同様に、

平和ボケ・無害化・去勢化は止めて、

愚民化・操り人形化に舵を切られてしまう??」

・・・等の感が想起させられた

「デーブスペクターの、

何処と無く背後を感じる苦笑い(一説は、本当だったりして・・・)」・・・。

「果たして、

日本の情報・教育等々は、

何時まで、米国や中国共産党や朝鮮権力者等々の圧力下で、歪められ続けているのか・・・、

そして、今後の日本の情報・教育は?」

「本来なら、

言うまでも無く、

一刻も早く、

日本の情報・教育は、

普通のまともな日本人の人脈の意思の下で行われる様に改正されるべき」だが』。

|

民主党菅総理による「浜岡原発停止を英断というおバカ」問題・・・。

『「日本の総理大臣」なら「浜岡原発は停止せず、直ちに、不十分である対津波対策をおこなわせるべき」である。

「その様な対応なら、正に、英断」だろう。

「浜岡原発の場合、対地震対策は、場所が場所だけに、以前から散々叩かれ、相応の対策が取られている」。

「しかし、対津波対策は甘い」から、

「早急に対処するのが正しい判断」だ。

「原発を止めて、対策を遅らせる事」は「その間、原発を不良債権化する事と同じ」であり、

「それは、同時に、

中部電力だけでは無く、

日本国全体に、

新たな、

大きな負担を強い、

日本を弱体・衰退化させる方向に力を加える

おバカ政策、もしくは、実質的には、他国の為の工作活動的政策」なのである』。

『「古からの中・朝等、儒教国の文化」には、

「支配者は、被支配者が支配者になれない様にする為に、被支配者を衰退させる事で、

支配権を保つ」という要素がある。

その結果、

「実際」に、

「日韓併合時の韓国は衰退し、国の存続さえ危うくなっていた」のだし、

「大国であった筈の清も、

欧米に食い入られ、日清戦争に負ける程にまで衰退していた」。

「現状の日本の民主党政権の文化」は「同様の儒教思想的文化の臭いが濃厚」で、

「支配に熱心な連中」は、

「被支配者(と連中が勝手に決め付けている多くの一般日本国民)を衰退させる事

=支配がよりし易くなる」とでも

「思い込んで、実践しているフシがある」。

「だから、実際に、日本を発展させる政策は???」な反面、

「民主党政権による支配状況は、事ある度に強めようとされ」、

「東日本大震災や原発問題等々」は、

「民主党政権による支配状況強化の為の道具として使われてしまっている様相」なのだ』。

『「日本全体を衰退させる一方で、自分たちの支配力を強めようとしている様な政権」など、

「この日本には全く必要無い」。

「一刻も早く、政界再編~解散総選挙が行われるべき」である』。

|

中・朝の日本原発撲滅作戦の犬たち・・・。

『「国際政治力学上、日本の原発は、中・朝の防波堤である」。「だから、まともな日本国民なら、電力問題だけで原発を論じてはいけない」。

「ところが、日本の現民主党政権や韓流テレビ・マスコミ等は、

言うまでも無く、左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)政権・テレビ・マスコミ等なのだ」。

「結果、事ある度に、中・朝が有利になる様に事を進めたがる」。

「その結果が、一般日本国民の中に反原発の意思を育てる一連の行動」なのだ』。

『「日本国内にありながら、中・朝を有利にする反日的発想の下で、

多くの一般日本国民を扇動しようとしている様な連中」など、

「普通の独立国なら、国家反逆罪で刑務所行きが当然」だろう。

しかし、「戦後の日本は、本来の独立国としての要件を満たしていないばかりか、

米・中・朝による被支配国的状態さえ平然と容認し続けて来ているのだ」。

その結果が、

「村山や菅等の左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党等)総理大臣の誕生であり、

それらの左翼総理大臣による、

実質的には、反日工作活動的な対中・朝自虐談話であり、

核兵器防衛無き日本の核安全保障の防波堤の一部である原発維持・使用等に対する

政府や韓流テレビ・マスコミ等に扇動された世論の反論」なのである』。

『「多くの一般日本国民は、一刻も早く、平和ボケ・操り人形状態から目を覚ますべき」である。

「善人面した教師やテレビ・マスコミ連中や宗教関係者等々が、必ずしも善人とは限らず、

善人面の裏では、日本乗っ取り・日本人奴隷化策略等々を保持し、実際にそれらの策略を実行し続けている事もある現実等々」を、

「多くの一般日本国民は、一刻も早く気付くべき」である』。

『「中・朝・ロ等々が、

本当の意味で、民主化され現実主義社会化されるまで、

もしくは、核放棄するまでは、

日本は、自国・自国民の安全保障や国際政治上の立場保持の為等の為に、

原発保持か、核兵器保持(ドイツ同様の米軍核兵器の共同管理も含む)かの何れかを選択し続けなければならない」。

「朝・中・ロ等の権力者人脈が元となり、

率先して日本国内で組織作りや思想布教等を行い続けている左翼連中には、

十分な用心が必要」であり、

「現民主党政権の様に、

それらの連中に実権を預けてしまう事は、

多くの一般日本国民にとって、非常に自虐的になってしまうから、

避け続けなければならない」。

「それが日本社会の現実である」』。

|

微量放射能の問題より遥かに深刻な飲食物問題・・・。

『「今、大騒ぎになっている安売り焼き肉チェーン店でのユッケ食中毒問題では、4人もの貴重な命が奪われてしまっている」が、

「福島第一原発の被災事故による放射能漏れ問題では、言うまでも無く、放射能等による死者は1名も出ていない」。

「この現実が示している事」は、

「今の日本社会では、微量の放射能等を気にするくらいなら、飲食物に注意せよ!」である』。

『「微量放射能による実害」は「将来的にガン発生率が上がってしまう可能性」なのだから、

「現実主義者である筆者たち」は、

「福島第一原発被災事故による放射能漏れを気にしている暇があるのなら、

ガン対策を急ぎ、

出来るだけ早く、

誰もが、安く容易に対ガン検査やガン治療が出来る体制を作るべきだ」と強く思っている。

「それこそが、福島第一原発の放射能漏れに対する現実対応の一つ」なのだから』。

『「日本社会の飲食物には、

工作物質等入りでは?

と疑わざるを得ないモノが在る事は以前から指摘している」。

「何しろ、現状の日本には、元々の日本国民でも無いのに、

日本列島は自分たちのモノで、

元からの日本人は、撲滅し、血統的に日本列島で暮らす人間を入れ替える事が正当と

身勝手に考え・思っている集団の人間が少なからずいるのだ!」

「その様な連中にとっては、日本人の弱体化や少子化や早死に化は正当な仕事」であり、

「その為の手段として、飲食物工作や電磁波工作や情報工作等々が続けられて来ている」のが「戦後の日本社会の実態」である。

「終戦直後、駅前の一等地等で散々略奪等を行った連中の中には、

日本に馴染み、平和主義者に改心した者も少なく無いが、

中には、未だに、大元の祖国権力者人脈の意図の下、不当な工作活動等を続けている愚か者たちも居る」のである。

「一般日本国民の安全・安心を守る為」には、

「多くの一般市民に、現実に基づいた正当な情報・教育を提供し、

スパイ・工作活動等防止法等や適切な取り締まりが出来る体制を持ち、

正当な対応をする事が必需」だが、

「戦後の情報・教育等や政治等には、

異常な程に左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党)人脈が食い入り、

未だに、中には、上記の様な過激な悪もいる左翼(=親朝鮮権力者・親中国共産党)人脈が、

情報・教育・政治等の分野で過剰に蔓延ってしまっている」のが「日本の実情」なのだ。

「平和ボケ化・操り人形化されていても安全とは限らないのが実状」である。

「現状では、多くの一般日本国民にとって、自衛が必需」なのである』。

『「飲食物・電磁波・情報・教育等々」「日本乗っ取り工作活動にはご用心!」』

|

本日も反原発と焼き肉の宣伝に忙しい韓流テレビ・・・。

『「テレ朝では、朝から、自民党河野氏による2050年までに原発全廃論の宣伝」だ。

「その後の所謂ワイドショー番組では、実質的に焼き肉の宣伝」である。

「河野氏による原発全廃論は、

ドイツ同様米軍核の共同管理とセットなら、未だ合理的なのだが、

ドイツが原発全廃の方向に向かっている事のみ宣伝し、

ドイツが米軍核を共同管理している事を隠蔽している情報流布では、

実質的には、中国共産党や北朝鮮等の為の情報工作活動になってしまっている」のだ。

「日本の原発の存在が、

中国共産党や北朝鮮等が保持している核兵器にとっての目の上のタンコブである事は、

少し考えれば、誰にでも解る」が、

「電力論だけで安全保障論抜きの原発論に乗じている間」は、

「多くの一般日本国民が、中国共産党や北朝鮮や韓国権力者やロシア権力者等々にとって都合の良い平和ボケ状態のままだったりする・・・」のである』。

『「安売り焼き肉チェーン店ユッケOー111児童・成人女性死亡事件問題」も

「Oー111が混入した原因等の真相解明が第一であるべき」事は、以前にも記した。

「他の中毒事例等を列挙し、現状の焼き肉店料理の危うさを紹介する」のは、

「未だ、同様の新たな事件・事故等の防止の意味からも合理性がある」。

「しかし、公共の電波を使っているテレビでは、

基本的に、商売等に悪影響を与えてしまう悪イメージはご法度」だ。

「だから、芸能人商売等でも、

芸の実体等を言うのでは無く、

大物とか、豪華とか、・・・実体離れした歯の浮く様なあり得ない褒め言葉の連続になっている」のだが、

「その手の原則が当てはめられるのはお仲間だけ」なのである。

「自民ダメ&二大政党制等の民主党を有利にする為の大合唱からも明らかな様に、

公共の電波を使っていながら、

自分たちのお仲間以外の場合は、

ご法度は無し」なのである。

「焼き肉の場合も実質的には、多くの焼き肉は大丈夫で閉めている」。

「その結果として、宣伝になっている」のである。

「視聴者メリットを真摯に考えるなら、

牛肉食の宣伝だけでは無く、

牛肉食と環境負荷の問題とか、

牛肉多食と人の凶暴性や知能等能力の問題等々とかも、

論じられても良い筈」なのだが。

「牛肉食と環境負荷の問題は、原発による発電とその環境負荷の問題等と同様であり、

国産牛が高価な現状からも明らかな様に、牛肉多食の問題は、食料自給率等安全保障の問題でもあるのだし、

牛肉食の割合が高い国々の人々の排他的凶暴性は、歴史上の事実からも明らか」なのだから』。

『「今回問題となっている安売り焼き肉チェーン店への納入業者」は「国産牛であり、その焼き肉店用に加工

(3Kワードでもあるが・・・そのスジの連中は、

お仲間マーク的な3KワードやBや13やRや21や7や31やニコニコ等々・・・人脈によって好まれているマークが違うらしい・・・を、

お仲間呼び寄せや、お仲間による支配や、お仲間ゆえに工作対象からの除外等々の意味として、

お仲間や工作員等に知らせる為に

暗号的に利用する事が多い)

した旨述べていた」。

「暗に、その業者以外への肉は安全である旨を述べている様なもの」である。

「生肉用としては、卸して居ない旨も述べていて」、

「問題は、あくまでも、今回の安売り焼き肉チェーン店だけであり、

責任は、あくまでも、今回の安売り焼き肉チェーン側にあるのだ」とでも言いたげだった。

しかし、「元々無い菌は繁殖し得ない」から、

「何処かでOー111が混入し、それが増殖した事は、確実」である。

「菌の混入元の特定」と、「増殖原因の解明は必需」だ。

因みに、「Oー111やOー157等の人間にとっては有害な乳酸菌類は、牛の内蔵内には普通に在る」。

「卸し業者が牛の内蔵も扱っているのなら、混入場所が、その業者内である可能性も大きい事になる」。

そして、「安売りチェーン店に対する肉は、特別な加工付き」なのだ。

「状況的には、業者の過失が疑われても何の不思議も無い状況」だが・・・。

「増殖原因として考えられるのは、輸送中の温度管理」である。

「死者が出てしまっているところが、

業者のある東京から遠い富山や福井である事からも、

輸送中の増殖の可能性が大きい事が推定可能であるし、

輸送時間が富山や福井よりは短かったと推定される神奈川の同チェーン店でもOー111による中毒発生で、神奈川の場合は、死者は無し、・・・と言うから、

それらの状況を合わせれば、

菌の混入場所は、卸し加工業者であり、

菌の増殖原因は、移動中の時間&温度管理等だと推定出来る」・・・。

「安売りチェーン店での管理等の問題は、その次の段階の問題」だが、

「韓流テレビ・マスコミ等による報道等だと、直接客にユッケを提供した安売りチェーン店の大叩き・・・」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミ等による情報提供の実態は、

まるで、実行犯だけに全ての問題を押し付ける●暴等の手法と同様」で、

「人脈的文化・性格等が出ている様に感じた・・・のは筆者だけでは無い」・・・。

「この問題も、お仲間芸能人等の過剰ヨイショ!情報の一方的大量配信問題と同様」なのである。

「果たして、この事件の真相は?」』

『「何れにしても、食中毒等の場合、

例え、意図的な工作活動であったとしても、

その立証・摘発等は困難だったりする」のが

「スパイ・工作活動防止法さえ無い日本の現状」だから、

「飲食物・電磁波・情報等々、数々の問題には自己防衛が必需」である』。

『「韓流の宣伝」は「そのスジに日本人のお金を流す宣伝」でもあるのだ。

「不況の上に、東日本大震災まで起こってしまった日本で、

他国人脈にお金を流す宣伝・・・」とは、

「いったい何を考えているのか?」

「日本衰退工作の為なら、合理的」だが』。

『「原発廃止論者」と「焼き肉店愛好者」と「民主党支持者」と「韓流支持者」には、

「明らかな人脈的共通点が在る」。

「一般日本国民なのに、特定の人脈の意図で操られてしまっている様では、本当に情けない」。

「全ての人々は、

本来の自分に素直に、

自分を自分で健康的にコントロールし続ける事で、

他人を支配・コントロールしようとしたり、

他人に自分のコントロールを任せようとしたり、する、

余分で不当な代償欲求を抑えるべき」である』。

|

焼き肉店ユッケOー111中毒小学生死亡問題・・・。

『報道等によれば、「生食用の牛肉など無い日本」なのに「多くの焼き肉店では、生の牛肉料理であるユッケを出している」のだと言う』。

『「小学生時に、二度も焼き肉店の後、入院した経験を持つ筆者」は「基本的に、焼き肉店には行かない」が、

「韓流テレビ・マスコミ等では、過剰な程に、焼き肉等の大宣伝がされている」から、

「その手の情報に毒されている人々」は「自然と焼き肉店に足が向いてしまっているのかも知れない」』。

『「しかし、多くの焼き肉店は決して安く無い」。

「牛という育てるのにお金がかかるが故に、

料理使用でも相応に高い値段が付け易い材料(=単価を上げて儲け易い商売の基)を浸かっているのだから、

当然と言えば、当然」だ。

それを「量販する事」で「易く提供していた様相の事故チェーン店」』・・・。

『「状況的」には、

「商売利権がらみの排斥工作活動等の臭い」も出ている』・・・。

『「その臭いを益々濃くしている」のが、

「政治的には小沢支持者等と思われる人脈による事故チェーン店等へのネット情報攻撃」だ。

「その連中が繰り出しているネット等の情報の特徴」は、

「生牛肉食や、焼き肉全体の問題を訴えるのでは無く」、

「事故チェーン店攻撃になっているところ」である。

「本来なら、生食用の牛肉が無いのにユッケが出されている多くの焼き肉店全体の問題」を「訴え」、

「ユッケが必要なら、生食用の牛肉をちゃんとした管理の下で生産~販売する管理等の体制の構築を訴える」べきだが、

「まるで、他の店のユッケは今の管理体制でも安全だと言いたげ」&「事故チェーン店は徹底的に攻撃」という「論調」なのだから、

「ある種の意思の存在が浮かび上がって来る」』。

『「在日韓国人の団体である民団と外国人参政権を約束した小沢氏の支持者」が、

「在日韓国人等が経営している場合も多い、多くの焼き肉店支持者とダブル」のは、

「ある意味当然」だろう。

「今回の事故安売りチェーン店の存在」で「利権を損なっている焼き肉店」は「意外と多い」のかも知れない』。

『「日本における不健康な工作活動」は、

「現行法で摘発され辛い、摘発困難な方法」が採られている。

「ハードルはそれなりに高い」だろうが、

「Oー111が何処からどの様な手段で、小学生が食べてしまった肉に付いてしまったのか?」

「徹底調査が必要」である。

何しろ、

「何の罪も無い

(そのスジの連中に言わせると日本人であるダケで罪なのだそうだが・・・)

貴重な小学生の命まで失わされている」のだから』・・・。

|

宗教からの卒業では無くテロリストのワンボスを殺害してテロに勝とうとした米国の愚・・・。

『「米国では、ビンラディンの殺害を喜んでいる人々が多い」らしい。しかし、「冷静に考える」なら、「米国によるアルカイダ等の反米テロ組織の一ボスの殺害が意味するところ」は「何でもありの開始」なのだ。

「核テロを近くに呼び寄せてしまった可能性も大」である』。

『「テロ等の問題の本当の解決法」は、「テロリストになる事がバカらしくなる人間社会にする事」である。

「その為には、科学的に正当性の無い格差の是正と宗教の実体把握が必需」だ。

「貧困が何故生まれるのか?」を冷静に考えれば、

「フェアトレードの対極にある利権集中悪徳による大金持ち」や

「情報・教育・環境等の格差等」の

「問題が露呈」する。

「それらは、少なくとも現代の所謂先進国の人間社会で生きている多くの人々」が、

「既に周知の事実」だ。

「それなのに、

未だに、

現状で大金持ちである者や権力者である者たち等々は、

自分たちの科学的正当性の無い不当な利権等の維持の為に、

不当な情報・教育等を行い続けていたりする」から、

「所謂先進国の人々でも、

未だに、

大金持ちや大権に憧れている様な

愚民化・操り人形化されてしまっている人々も少なく無い」のだ。

「その様な状態」は「同時」に、

「その意味でのテロの一因を作っている状態」なのだ。

「テロリストの源泉を残している事」なのである。

「科学的に正当性の無い大金持ちや大権保持等は、悪である」という「常識」が「行き渡り」、

「科学的に正当性の無い格差等が是正されるまで」、

「テロの源泉は無くなり得ない」のである』。

『「もう一つの重要な問題」が「宗教の実体把握」である。

「人の誕生・死が細胞ごとである事が、既に、科学的に判明している現代」でも、

「未だに、宗教の実体把握が出来ていない人々」は「数多い」。

「宗教とは、考え・思いによる納得法」に他ならない。

「考え・思いによる納得を、

考え・思いによる納得と把握せず、

真実と誤解し続けている集団の存在の容認」は、

「その集団の考え・思いに反する者・物・事を、

その集団が身勝手に否定する事を容認している事と同じ」なのだ。

「つまり、考え・思いの上での人殺しまで含むぶつかり合いを容認している一つの源泉」が「宗教の実体把握の不足」なのである。

「テロリスト側も、対テロ戦争を行う側も、

自らの宗教等に基づいた考え・思いの上で納得出来る処理を好み、

それが容認される社会状況がある」から、

「テロも対テロ戦争も起こり続けている」のである』。

『「宗教の実体把握を容易にするの為」には、

「人類の死生観の検証を行うと良い」だろう。

「古の人々の死生観」は「言うまでも無く、丸ごと一人の死生観」である。

「人は、丸ごと一人いっぺんに死ぬ」と「考え・思っていた古の人々」は、

「生前の人と死後の人の差を不思議に感じた」。

「何しろ、多くの場合、全く同じ姿なのに、全く動かなくなるのだから、不思議に感じるのが当然」だ。

「そこで、その差を埋めるべく、

考え・思いをめぐらし、

多くの人々が納得出来る考え・思いが作り出された」。

「霊や魂等の概念」である。

「それに付随して、霊や魂の行き場等も考え出され、

あの世等の概念も生まれた」訳である。

「現代人の多くは、新陳代謝を知っているから、

人の誕生・死が細胞ごとであり、

今、この瞬間でも、誰もが、細胞ごとの誕生・死を繰り返しながら存続している事も知っている」。

「現代人にとっては、

死の本質は、細胞ごとであり、誰もが実体験しているのだから、

死自体を恐れる必要も無く、

むしろ、どう生きるのか?の方がずっと大切な問題」である。

「自分の実体が、細胞ごとであり、細胞ごとの命の連続性を把握するなら、

誰もが、この地球の大きな細胞群の生命体の一部である事にも気付く事になる」。

「地球生命体の細胞群の一塊という自分の本質を理解・把握している」なら、

「どの様に生きるべきか?」の「基本的答」は、「誰にでもわかる筈」だ。

「自分の本質の存続に貢献する事」こそ、

「正当な生き方」であり、

「それは、自分の本質である地球生命体細胞群の永続という

現実的に得られる永遠の命にも直結している生き方」なのである』。

『「古の人々」は、

「宗教等で、地球生命体細胞群の入れ替わりながら存続しているホンの一部である自分等の永続性や復活等を求めた」が、

「それは、宗教等ゆえの現実離れした考え・思いゆえに生まれて来た現実離れした発想」なのである。

そもそも、「人」は、

「精子も卵子も適度に異物化されているから排出し、

多くの子が親に似ている部分を保持しながら産まれてくるのは、

生物的にその方が環境適応が有利だったからに他ならず、

親子の実体は、別人核の別人」なのだ。

「個人や血統等に過剰に拘る裏」には「自分の本質が???であるが故の頼る者・物・事を求める心理」が「在り」、

「手短な者・物・事に過剰に依存したがる心理」は「正に、宗教と同様」で、

「現実離れのトラブルを生む源泉」なのである。

「実質的には古代的な考え・思いを抱きしめた個人の永続・復活等や、

過分な血統相続等に

科学的なお墨付きなどあり得ない」のだ』。

『「少し良く考えてみれば誰にでも分かる筈」だ。

「誰もが、地球生命体細胞群の一塊である自分の実体を把握」し、

「科学的に不当な格差等が解消されている」様な

「人間社会」なら、

「テロリストになったり、

対テロ戦争等で、自らの本質の一部である他の人を殺したり、傷付けたりする事」などは、

「ほとんど全ての人々が

愚かでバカらしい等々と、

考え・思っている事」が!

この意味からも、「現実離れしている不当な情報・教育の罪は深い」のである』。

『「今のままの人間社会が続くなら、

人類滅亡の日という是正の日は必ず来てしまう事になる」。

「個人個人の是正は自己責任なのだから、

誰もが自らの是正を急ぐべき」である。

「特に、

不当な工作活動を行っていたり、

利権集中や血統相続ゆえに過分な財産や権力等を保持していたりする者たちや、

それらを容認している者たち等々は、

是正を急ぐべき」である』。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »