« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

祝!世界人口70億人超え・・・。

『「本当は、人類の精神構造の進化が不十分な現状では、呪!世界人口70億人超え・・・で、実感もその通りなのだが、

本来なら、祝!世界人口70億人超え・・・を祝う気分でいっぱいであるべき」なのだ』。

『「何故なら、人類とは、地球生命体細胞群の中で構築度が一番高い存在に他ならず、

構築度の高い個体の数が増え、尚且つ、多種の中で共存出来ている状態こそが、

地球生命体細胞群の構築度が高い状態に他ならないから」だ』。

『「ところが、多くの人類は、未だに、自らの高い構築度を有効に活かしていない」ばかりか、

「特定の能力を偏重する事」で、

「自らの実体でもある地球生命体細胞群の構築度を下げる愚行にまで励んでいる」のだから、

「まったく、呆れるばかり・・・」だ』。

『「いい加減に、悪魔のロジックである代償欲求追求型の精神構造から、

人類としての正当なロジックである本質追求&現実主義のロジックへの進化」ぐらい、

「多くの人類が行うべき」だ』。

『「多くの人類が上記の進化を拒み続ければ、確実に人類は滅亡する」のだから、

「人類は、自らの為にも、自らの実体である地球生命体細胞群の為にも、

上記の正常進化を速やかに行うべき」である』。

『「比べっこ原理主義に基づいて、

他の全ての人々に打ち勝ち、

例え、

他の全ての人々を支配したり、殺したりする事が出来たとしても、

それは、現実としては、単なる自虐行動に過ぎ無い」。

「自虐行動を自虐行動と自覚出来ない」のは、

「かなり鈍い人類か、

かなり理解把握力が悪い人類か、

本来必要な資質が欠落している人類か・・・の何れか」である。

「そんな者に、大権や大枚を与える必要など全く無いばかりか、そんな事をすれば、

自虐を認めた事になり、

自虐を認めた愚かな人類の数が多ければ、

人類が滅亡するのは必然」となる』。

『「人類、いい加減に、正常進化しないと!」

因みに、「タイムリミット」は、「世界人口100億人超えで、食料が足りなくなる現実からも、そう遠く無い事は、誰にでも解る」筈だ。

「実際のタイムリミットは、人類の自虐行動により、その時よりも前に寄せられてしまっている」のである』。

|

野田総理は日本国民に「何処の誰が日本のTTPへの参加を強く求めているのか?」を公表すべきでしょ・・・。

『「本当の要求元が判っている要求」なら「その判断も比較的容易」だが、「本当の要求元が???」の「要求への対応は難しい」。

「野田総理」は、「総理自身の実体把握を国民に公表すべき」である。

「実体把握も???(本当の要求元も???)のまま、

今、自分が得ている、周囲からの情報等を元に、

何となく、参加・・・等の判断を下している様」なら、

「野田総理には、総理大臣の資質が無い」』。

|

何時まで誤魔化しを続けるつもりか???「既に破綻している年金」・・・。

『「世代間相互補助年金システム」は「少子高齢化が続いた段階で、既に破綻している」。

「今更、支給年齢を引き上げようが、

高所得者からの年金保険料徴収限度額を上げようが、

破綻している物を、

元に戻せる訳など無い」のだ』。

『「破綻処理をし、

社会保障年金のみを公的年金にし、

上積み分、金融投資年金は、個人個人が民間で行う様にする」事でしか、

「日本の年金の再生はあり得ない」』。

『「支給年齢を70にして、定年を延ばせば、益々若者の雇用状況も悪くなる」。

「そんな状態では、益々、若者たちが、結婚も子造りも出来辛くなる」。

「結果、益々少子高齢化は加速し、世代間相互補助年金システムは持ち辛くなる」。

・・・「日本国民衰退政策を行いたがる」のは、

「反日人脈の人々、もしくは、おバカ等々以外にありえない」』。

『「テレビ・マスコミ等では、年金問題の上辺にしか触れようとしない」。

「年金問題の本質」は、

「世代間相互補助」であり、

「公的に行うべき社会保障年金も、

個人個人が民間レベルで行うべき個人金融投資上積み年金も、

抱き合わせにしたごちゃ混ぜ状態」である。

「現行の年金システムを維持したい」のなら、

「少子高齢化状態から、子沢山状態への一刻も早い回帰が必需」だ。

「日本国民がその様な状態を作り出せる為に、

直ちに、子ども一人当たり100万円とかの出産結わい金でも出す子沢山政策等の荒療治を行っても、

その効果が出るのは、20年後である」。

「つまり、現行年金システムは、既に破綻している」のだ。

「ましてや、金融投資の上積み部分まで公が受け持つ・・・では、

その破綻ぶりが、益々深刻になるダケ」である』。

『「一刻も早い破綻処理」と、

「当たり前の年金システム」である

「公的な社会保障年金」と

「私的な個人金融投資上積み年金」への

「通常システムへの回帰」を「直ちに行うべき」である』。

|

世田谷の訳のわからないホットスポット2・・・。

『「またまた世田谷で福島第一原発由来では無いと推定されるホットスポットが、市民の調査により発見された」。

「もちろん、実害は、実質的に無いレベルの問題」だから、

「大騒ぎは適さない」が、

「内実調査はもちろん必需」だ』。

『「福島第一原発由来の放射能騒動」の「数少ない良い実効」が、

「多くの人々が放射線測定器等を保持し、実際に使用した事」であり、

その結果として、

「この様な人知れず存在しているホットスポットが発見された事」である。

「放射能調査」は「放射能騒動を盛り上げる為に行う」のでは無く、

「ホットスポット実体調査の手始めとして行われてこそ正当性が持てる」のだ』。

『「放射能問題に関しては、冷静に現実的な判断をし続けるべき」である。

「今回の様なかなり高くも思える放射線値」でも、

「その実害は、健康問題の一つレベル」であり、

「例えば、

過剰飲食や、

タバコ(副流煙も含む)より、

遥かに低いレベルの健康問題」なのだ』。

『「今回放射能の原因」は「何か?」

「場所から推定される様に、元其処に在った農産物研究の為の施設で使用されていた放射能物質である可能性が高い様」だが、

「掘り出して確かめる様」なので、

「近々報道がある筈」だ』。

『「今回の問題」でも、

「放射能に用心!」等との論調のテレビ番組と、

「冷静に実害を考えて!」等との論調のテレビ番組とでは、

「視聴者の精神心理上の負担は全く違う」。

「放射能に用心!」等では、

「不安が益々増長してしまい、

その事自体が悪影響をもたらす(放射能の実害は、発ガン率が増加してしまう事であり、ストレスもまた大きな発ガン率増加要因だ)

」が、

「冷静に、実害を考えて!」等の場合なら、

「悪戯な不安の増大は抑えられる事になるから、余分な悪影響も出ない」のだ』。

『言うまでも無く、

「余分な悪影響が出る情報を一方的に大量配信している様なテレビ番組の実体」とは、

「日本衰退情報工作を行っているのと同じ」なのである。

「視聴者も、スポンサーも、そんな論調をばら撒いてる連中には、猛抗議!&出演者等の交代要求等々が当然」だが』。

『「日本領土である竹島をドクト!ドクト!と連呼した●●が降ろされたのと同様」に、

「悪戯な放射能不安を視聴者に起こさせ、

実質的に余分な発ガン率の増加を招いている様な●●も降ろされるのが当然」である。

ましてや、「そんな者が高報酬であって良い訳など全く無い」』。

|

中国共産党の奴隷たちが解放される時・・・。

『「今の中国は、中国共産党の支配下にある」。「その結果、極一部に超大金持ちが誕生している反面、あまりにも酷い日常が当たり前にもなっている」。

「もちろん、共産党支配下の中国で、超大金持ちに成り得ている」のは、

「共産党要人との繋がりが濃い人々」や、

「共産党要人に裏献金も含む話しを通してある人々」だ』。

『「表むきは、中共と対峙している様にみえる米国」だが、

「格差社会構造は、全く同様」である。

違うのは、「米国では、米国要人に話しを通さなくても、超大金持ちになれる事」だ』。

『「どちらの国」でも、

「極一部の者たち」が、「他のほとんど全ての人々を実効支配している状態である事」は、

「変わり無い」。

「違うのは、人による支配(中共)と法による支配(米国)」だ』。

『「人による支配」にしても、「法による支配」にしても、

「過剰な格差をつくり、極一部の者た他の者を支配する構造に変わりは無い」。

「その様な状態に置かれた人間」は、

「被支配者の多くは、被支配から逃れ、支配層に上がる事が成功だと勘違い」し、

「支配者の多くは、支配を続ける事が成功だと勘違い」している』。

『「実際は、

どちらも、

成功とはかけ離れている、

地獄絵図を続ける為の悪魔の策略を維持する為の納得法」に過ぎ無いのだが。

それでは、「実際の成功とは何か?」』。

『「当ブログをお読みの方々は、とっくにご存知」だと思うが、

「自分の実体から整合性を取った自分の活かし方が出来、それが、人間社会等で市民権を得、実効を発揮する事」である。

「自分の実体も???のまま、

悪魔のささやきに操られて、

虚像に過ぎ無い成功像に向かって実質的破壊行為に邁進する、

のは、

成功でありえる訳も無く、

その実体は、大恥の人生、もしくは、大失敗の人生に他ならない」のだ』。

『「自分の実体から整合性を取る」なら、

「格差是正には、正当性があり」、

「多大な格差前提の支配構造には、何の正当性も無い」事は、

「明らか」である。

「何故なら、誰もが、同じ地球生命体細胞群の高度に構築された約60兆の細胞の塊である人類の一人だから」だ。

「元が同じある約60兆の細胞群」が、

「他の約60兆の細胞群」より、

「過剰な程優遇される理由」など、

「科学的に証明出来る訳も無い」。

「また、人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」である。

だから、「人は、四世代もすれば、他人の方が近いくらい」なのである。

「上記の意味からも、産まれながらの格差や、生後の過剰な格差には、正当性が全く無い」』。

『「中共支配下の中国国民が戦うべき相手」は、

「仮想敵国の民では無く、人が人を支配する悪構造である」。

「格差社会米国の国民が戦うべき相手」は、

「格差社会のお墨付きともなっている現行法という悪法」である』。

『「何事でも、本質を追求し、実体から整合性を取って行かないと、本当の成功は得られない」。

「人類の成功法も同じ」である』。

『「本質追求&実体に基づいて、

中国共産党支配下の奴隷たちが解放され、

米国権力者たち支配下の奴隷たちが解放され、

全世界でその様な流れが進む時」、

「人類の新たな時代の扉が開く事になる」』。

|

放射能物質を集めてどうする?・・・。

『「除染等により集められた放射能物質入りの土や砂等々の扱い」は「大丈夫だろうか?」

「何しろ、日本には、日本人を将来的に撲滅して、日本を乗っ取ろうとしている反日人脈の人々が少なからずいる」のだ』。

『「そのスジの人脈の手口」は、

「現行法では摘発出来ない、もしくは、摘発困難な手法を用いて、

日本人の数を減らす事」である』。

『「格差社会化~少子高齢化社会化」も「その手口の一例」だし、

「飲食物工作や電磁波工作」は「以前からかなり執拗に行われている」』。

『「そんな連中が、放射性物質を使わない訳も無い」だろうから、

「今後は、そのスジの人脈が係わる事が可能な飲食店に行く時は、ガイガーカウンター等が必需かも?」』

『「放射線の被曝」は、

「外部被爆と内部被爆で、その実害がかなり違い、

抜けの良い内部被爆と、抜けの悪い内部被爆で、更に、実害がかなり違う」。

「巷で出回っているのは、抜けの良い放射性セシウムが主」である事は、

「ある種の救い」だが、

「それでも、継続的に知らず知らずの内に摂取し続けさせられてしまうと、実害が、かなり大きくなる可能性大」だ。

「そのスジの連中の工作活動の実態」からしても、

「連中は、ターゲットと身勝手に決めた者に対しては、かなり、諦め悪く執拗に工作活動を続ける」から、

「用心していないと、知らず知らずの内に、放射性セシウム等による内部被爆を続けられてしまう被害者が出る可能性がある」。

「例えば、パンや、うどんや、蕎麦などは、放射性セシウム入りの土等を混ぜて作っても、ほとんど判らない」だろう。

「工作物質入り」は、「日本人用」。

「健全な物」は、「そのスジの人脈用」。

として、「差別管理をする」のも、

「そのスジの連中の得意技」だ』。

・・・・・・・。

『「上記の様な不健康な工作活動を防ぐ意味からも、

除去した放射能物質入りの土・砂等々の管理は、

除去当初から一貫して厳しく確かなものでなければならない」』。

『「そんな面倒な事にお金と時間等々をかけるよりも、

ホットスポット等は、

悪戯にさわらずに放置・立ち入り禁止等の処理をし、

さわられた場合は徹底調査&要注意」の方が、

「ずっと合理的」だが』。

|

TPPより前に反格差を徹底すれば・・・。

『「TPPとは、米国の権力者たちや大金持ちたちの要求」である。「そして、その米国で、99%でもが起こって来ている」。

「米国の1%の要求であるTPP」に、

「日本の1%や、その立場に近い者」や、

「日本の99%を不利にしたい連中」が「賛同」しているのが「実態」だ』。

『「現状人間社会で権力を握りしめているタッタ1%の連中の動きは早い」。

「残りの99%を支配し続け、自分たちの余りある特権を維持し続ける為の保身行動」だから、

「内なる脅迫観念がそうさせている」のだろうけど・・・』。

『「米国権力者たち」は、「米国の99%を支配し続ける為」に、

「米国の99%が納得する利益を、早急に、米国の99%に与えなければならず、

それは、同時に、米国の1%の仲間である大金持ちたちの欲求にも応える事でもなければならない」。

「考え出された策」が「他国の市場」で、

「TTPとは、加盟国のほとんどの市場を自由化させる・・・つまり市場開放させる縛りの策」なのだ』。

『「米国の1%」は、

「まるで、植民地支配時代の精神構造そのまま」に

「他国市場侵略によるメリットで、

米国を富ませ、

米国の99%を納得させようとしている」のである』。

『「もちろん、今は、もうそんな時代では無い」。

「日本が連携を取るべき」は、「米国の1%では無く、米国の99%である」。

「日本国内でも、

米国同様、

反格差の流れをどんどん強くし、

1%が抱きしめている過剰金融資産や過剰不動産等々を、

税金等の手段で搾取され市場開放させる事で、

健康的に景気を良くするべき時代」なのである。

「米国内も同様で、米国内で1%が抱きしめている過剰金融資産や過剰不動産等々が、

税金等の手段で搾取され市場開放されれば、

他国に新たな市場を強いなくても、

十分に米国の景気は回復出来る」のである』。

『「そもそも、現状の経済が何故、何処でも行き詰っているのか?」を「冷静に考える」なら、

「余りに多くのお金が金融投資界に上がってしまっているから」だ。

「つまり、実体経済内に、金融投資界のお金を戻す事」が、

「経済の健康的な回復に直結している」のである。

「その為には、過剰金融資産等々は、相続税を始めとする各種の税で出来る限り解消させ、

それらを実体経済内で必要な公共事業等に回せば良い」。

「米国なら、公共事業だけでは無く、医療保険体制等に回しても良い」だろう』。

『「TTPの是非」など「考えるまでも無い」。

「米国の1%に隷属する気が無い」のなら、

「考えるまでも無く非」である』。

『「景気回復の為にも、米国の99%とも、もっとちゃんと連携を取り、格差是正を急ぐべき」だ』。

|

日銀のタッタ5兆円に過ぎない金融緩和・・・。

『「円高対策の一つとして、先日日銀が、まるで、韓国への通貨スワップ枠に合わせるように、5兆円増の金融緩和策を行った」。

「もちろん、

実態としては、同じ5兆円でも、日本と韓国とでは、国の規模が違うから、

韓国>日本

というのが、民主党が行って来ている政策の実体」だ』。

『「実効がある金融枠増加」としては、

「何事でも同様」だが、

「違いがはっきり分かる2割以上、

出来れば、誰もが違いを実感出来る3割~5割の増加が相応しい」。

「基が50兆なら、最低でも60兆、出来れば、65兆~75兆というのが、

実効が出る円高対策」なのだ』。

『「韓国有利を続ける限り、

日本企業の国内雇用の増大は進まず、

韓国等への移転等が進み易い状態が続いてしまう」。

「日本の景気も、良くなる訳が無い」のだ』。

『「日本国内での企業活動が盛んになり、

日本国内でのエコ替え等の内需も増大する、

・・・という状態抜きに、

日本の財政再建はあり得ない」のだし、

「そんな状態で、増税を基軸とする財政再建を行おう」とすれば、

「それは、多くの一般日本国民を一気に困窮に追い込む、反日国の民なら喜ぶ政策」にしかならないのだから、

「政治家も官僚ももっとちゃんと考えるべき」である』。

『「順番が違う」のだ。

「先ず財政再建では無い」。

「先ず円高解消であり、国内産業&内需活性化である」』。

|

未だに放射能で騒いでいるバカたち・・・。

『「福島第一原発からある程度以上離れているところ」では、「放射能問題は、健康問題の一つレベル」だ。

「しかも、ホットスポットとなっているところ」とは、

「放射能物質が、雨水等により、流され、集合され、しかも土等により吸着されている所」だ。

「そんな場所に人が長く留まるのか?」を考えれば、

「ホットスポット問題」も「大きな問題では無い事が判る」』。

『「ホットスポット問題」で「むしろ懸念される」のは、

「集められた放射性物質を悪用される事」だ。

「だから、ホットスポットから持ち出された放射能物質については、確実に管理しておかなければならない」。

「ホットスポットと思われる所」が「以前のまま、誰もさわっていない」のなら、

「実質的には、何の問題も無い」が、

「ホットスポットと思われる場所から、集められた放射能物質が持ち出された場合」は、

「大きな注意を要する」のである』。

『「福島第一原発の近隣は別」だが、

「それ以外の場所で放射能で騒ぐ事」は、

「日本に不利益をもたらし」、

「韓国やロシアの原発営業を利し」、

「北朝鮮や中共等の反日核兵器保有国の核兵器圧力を増す」、

・・・為の「実質的な工作活動にしかならない」のだ』。

『「健康問題の一つレベルの話し」は、

「健康問題の一つとして処理すべき」である。

「子どもにタバコの煙をかけないのと同じ様」に

「子どもたちは、ホットスポットに近づけさせなければ良い」だけだ』。

|

小沢一郎の本質・・・。

『「在日韓国人の団体である民団」と「外国人参政権を約束した」という「一点だけでも、日本<朝鮮・在日である事」は「明らか」』。

『「元々は、北朝鮮系の人脈」という「一部情報」も、

「中共要人に対する対応」や、

「上記の現実」からも、

「相応の信憑性あり」なのでは』。

『「普通に考えれば、

もはや、年齢も年齢だし、現刑事告訴被告だし、

日本国の国会議員等の重要な政治家として、

力を持たせる必要性は全く無し」』。

『「それなのに、

未だに、小沢を狂信的に仰いでいる、

小沢信者の実態を検証すれば、

そのスジの人々がゾロゾロ・・・」だったりして』。

|

反格差デモと反原発を絡める工作活動・・・。

『「反格差」と「反原発」は「相容れない」。何故なら、「原発容認」とは、「庶民でも出来るエコの一つ」であり、「反原発で不利になるのは庶民だから」だ』。

『ところが、「悪連中」は「一般人の自然な気持ちから沸き起こった反格差デモ」に、

「日本の反原発」という

「現状で、大きな立場た大きな利権等々を持っている特定の人々や、

反日核兵器保有国や、

韓国・ロシア等日本のライバルとなっている原発営業国等」を

「有利にする為のロジックをズル賢く混ぜ込もう」としている』。

『「反原発で庶民を操れば、現状で有利な連中は、益々有利になり、

反日核兵器保有国も、

韓国・ロシア等日本のライバルとなっている原発営業国も有利になる」。

「日本の庶民が得られる結果」は、

「反日核兵器保有国の核兵器圧力外交の力が増し、日本国内の企業・雇用環境等が悪くなる事」や、

「韓国・ロシア等の原発営業国を利す事で、日本のメリットが減り、原発事業という大事業を失う事による更なる不況加速」や、

「中流層・庶民層が縮小した格差社会構造がより強まる事で、

相対的に、立場・お金の力が益々増す事」等々である』。

『「庶民や中流層にとって、反原発デモは自虐以外の何ものでも無い」のだ。

「反格差デモは、庶民や中流層にとって合理的なデモ」である。

「混ぜ込み」は、「何処かの策略大好き国の文化であり得意技」だ。

「他国が得意な文化」で「マッチポンプデモを行っている」のは、

「確信犯のそのスジの人々」と「日教組等の教育や韓流テレビ・マスコミ等による情報により愚民化されてしまっている人々や操り人形被害者たち」なのである』。

|

韓国には5兆円超えの通貨スワップ枠、日本には日銀からのお金も出し渋り・・・。

『「民主党政権は、一貫して、韓国の為の政策を行い続けている様相」だ。

「鳩山総理時の寝ぼけたアジア共同体構想に始まり」、

「総理時の菅による対韓土下座自虐談話」も、

「竹島侵略状態が解かれていない状態での朝鮮王朝の書物の渡し」も、

経済でも、

今度は、

「円高、ウォン安ゆえに、韓国製のテレビ等が売れ、日本のテレビ等の売れ行きが衰退している現状」でも、

「未だに、日銀から十分な円を出す政策さえ取らず、

韓国とは五兆円超えもの通貨スワップ枠を設定なのだから!」』。

『「元々、実質的に破綻しているウォンに、今更、日本が多大なスワップ枠を与えたところで、

ウォンがそうそう上がる訳も無い」し、

「元々、供給量が少ない円なのに、未だに、出し渋り状態では、円高が是正される訳も無い」』。

『「日本国は、朝鮮に対しては、過去の経験からも、悪戯な援助はせず、放置・放任政策を取ると共に、

拉致や竹島侵略や日本国内での乗っ取り工作も含む工作活動等、日本に対する侵略行為等に対しては、徹底的に厳しく責めるべき」である。

「朝鮮側が、歪めた歴史認識を改め、過去の悪行を日本に対して真摯に詫び、応分の補償をし、

その後、何事でも、現代の先進国レベルの国交常識をわきまえちゃんと正式にお願いして来るくらいになるまで、

放置・放任&徹底的な厳しい責めが正解」なのである』。

『「現状の朝鮮を援助したところ」で、

「得られる結果」は、

「悪戯な北朝鮮への援助が核兵器製造に化けた」のと「同様になる」』。

『「民主党政権は、一刻も早く終わらせるべき」だ。

「日銀が、十分な円を供給しない」のも、

「民主党の政策のせい」だけでは無く、

「民主党が散々文句を付けて決めた日銀人事の影響が残っているから」だろう』。

『「日本<朝鮮の連中に日本の国政を担わせていてはいけない」のである』。

|

子どもをダシに放射能不安を煽り続けて風評被害等を拡大させ補償金を膨らまし国民負担を増やして来たテレビ・マスコミ等の責任・・・。

『「当初から何度も記している通り」、「福島第一原発被災事故による放射能汚染の実害」は、

「福島第一原発の近隣等を除き、健康問題の一つレベル」である』。

『「それを、おバカもしくは悪もしくは確信犯の日本衰退工作員たち」が、

「子どもまで悪用して、悪戯な放射能不安を人々の中に植え付け」、

「風評被害」や「補償金の増大」等々という「実害」を「大きくして来ている」のだ』。

『「考えてみれば、誰にでも解る」。

「中共やソ連等が核実験を行っていた時」には、

「毒性の強いプルトニウムを含む多くの放射能物質が日本に飛来している」が、

「どれだけの騒ぎになり、実害が生じ、補償が生じたのか?」

例えば、

「当時のテレビ・マスコミ等が、放射能問題で大騒ぎし、

人々の中に、放射能に対する恐怖心を起こさせ、

人々が、放射能不安から、農産物等を不安がり、買わない・・・等々の風評被害が生じ、

国が、中共やソ連にその補償を求めたか?」を考えれば、

「今回の騒ぎが如何に異常かも良く解る筈」だ』。

『「放射能の実害」は、「米国の核爆弾投下、及び、その後の調査により、かなり判っている部分もある」。

「そして、今回の福島第一原発被災事故の放射能の実態」は、

「毒性の薄い放射性セシウムの問題がそのほとんどであり、

そのレベルも、局所を除き、

健康問題の一つレベル」なのだ』。

『「核爆発まで起こしてしまったチェルノブイリの場合」は、

「プルトニウム等まで含む複合汚染」だから、

「その被害も相応に深刻」だ。

「核爆発など起きていない福島第一原発被災事故に、

核爆発を起こしたチェルノブイリを持ち出し、

過剰な不安を煽り、

実害を大きくする」のは、

「おバカや悪や確信犯の工作員」である』。

『「原発映画」は、「多くの場合、反原発派の立場・要望から撮られている」。

だから、

「米国映画のチャイナシンドローム」では、

「メルトダウンすれば地球に穴が開く・・・」と

「被害を超誇張」なのだし、

「チェルノブイリもの」でも、

「悲惨な被害映像等で、原発に対する過剰な嫌悪感や恐怖心を煽る演出になっている」』。

『「操る悪」も「操られる愚民」も「悪い」のだ。

しかし、「決して忘れてはならない」。

「日本にとっては、実害を出来るだけ減らす事」こそ「早い復興に直結している」のである。

そして、

「反日国にとって」は、「日本の実害を増大させる事こそが、反日国のメリットに直結している」のだ』。

|

悪どもは、かなり切羽詰まっている様で・・・。

『「昨今の記事が好評?のせい」か、「上の悪どもは、上の工作実行部屋の近くにある工作機器改造場所」に「13がらみナンバーの黒い車のヤツが持ってきた黄封筒に入った新たな素子まで持ち込んで、悪工作の電磁波の周波数を変えた」。

「少しでも、傷害能力等を高める為」だろう』。

『「バカが頑張れば頑張る分だけ、益々、好評?の記事が増える事になる」のだ。

「お楽しみに!」』

|

独裁者カダフィの死、ところで、韓流独裁テレビ・マスコミ等の死は何時?・・・。

『「死因は未だ不明」だが、「独裁者カダフィが死亡した」という「ニュースが流れている」。

「ヒットラーにしても、他の多くの場合にしても、・・・独裁の行き着く先は、何処でも同様」なのだ』。

『「実体として、日本の大手テレビ・マスコミ等は、民主化されていない」。

「それは、韓流賛美一辺倒方向の情報配信からも明らか」だ。

「民主化された情報」なら、

「韓流賛美一辺倒方向の情報配信はあり得ない」。

「日本の大手テレビ・マスコミ等として、

多種多様な情報を提供すると共に、

日本に対するメリット・デメリットの検証情報があり、

日本がメリットを受け易い方向の情報が主流になる筈」だ』。

『「言うまでも無く、韓流賛美一辺倒方向の情報」で、

「日本が大きなメリットを受ける訳も無い」。

「大きなメリットを受けるのは、韓流人脈・企業等々である」』。

『「終戦直後の暴挙や、竹島侵略等々、歴史上の現実」からも、

「韓流賛美一辺倒方向の情報配信」には、

「かなり大きな疑問符が付く」。

「韓流賛美一辺倒方向の情報配信をしている者たち」は、

「情報配信で、韓流人脈・企業等にメリットを与え、お金を回せば、

竹島の不当占拠が解かれ、無事日本に戻る・・・

終戦直後の暴挙も真摯に反省し、ちゃんと日本に詫び・補償する・・・」とでも「思っているのだろうか???」』

『「日本の大手テレビ・マスコミ等」も「一刻も早く民主化されるべき」である。

「独裁者たちには応分の罰が相応しい」』。

|

本日も上のおバカは悪行に励んでいる・・・。

『「昨今の醜態ぶりに、きっと悪の上役にでもゲキを飛ばされたのだろう」。

「未だに、無駄な事に励んでいるその様は、正に醜悪だが・・・」』。

『「おバカがおバカである所以」は、

「おバカのやっている事で、益々おバカ自身を不利にしているところ」だ』。

『「他の者・物・事に支配されているが故に終わっている人生」から

「抜け出す為」には、

「他の者・物・事を支配したがる」のでは無く、

「他の者・物・事による支配を断ち切る事が一番有効」なのだが』・・・。

|

韓国に利権を配達した先送り体質総理&与党&官僚ども・・・。

『「官僚どもも、政治家も、先送りが大好き」だ。「自分の代でのみ、大きな問題を避けられればそれで良い・・・」、

「それでは、政治に携わっている意味も資格も無い・・・」のだが・・・』。

『「本来、政治とは、未来を造る為の物事」である。

「ところが、現在の変化を嫌って、未来を壊している」のが、「現状の日本の政治の実態」だ』。

『「隣国問題、

例えば、

韓国の経済的破綻や、

北朝鮮の体制崩壊は、

ある意味、必然」である。

ところが、

「その必然を先送りする事に力添えをし、現状利権に溺れている」のが、

「今の日本の国政担当者たち」なのだ』。

『「北朝鮮の核問題を先送りし続けてきた結果どうなったのか?」

「先送りしなければ、持てる訳も無い核兵器を北朝鮮が保有してしまった」。

「その結果、北朝鮮問題の解決も遠のき、

数多くの本来なら失われなくても済んだ人の命までもが失われて来た」。

「米国には、アジアの弱体化で優位を保とうとする質の悪い体質もある」。

「しかし、そんな米国の悪体質が容認されてしまっている」のは、

「米国現状権力者たちが、多くの一般米国国民を愚民化しているから」だ。

「反格差デモの勃発」は、

「愚民化へのNO!」でもある』。

『「今、人間社会の流れは、変わりつつある」。

「他の者・物・事を支配する事で自らの不健康さや未熟さを誤魔化そうとしている人々」の「悪態」は、

「多くの人々に認識」され、

「多くの人々が、

特定の者・物・事に権力を持たせるのでは無く、

事実・現実に権力を預け、

事実・現実を共有する事の大切さに気付き始めている」』。

『「先送りのツケのせいで、人間社会は急変を余儀無くされる事になる」。

「急変のツケは、先送りによるツケを生み出して来た者・物・事に向かう」のだ』。

『「現状のペース」が続けば、

近未来において、

「ある程度の戦乱は避けられない」だろう。

しかし、何れにしても、

「崩壊すべき体制は、崩壊する」。

「ドロボー&援助強要等々で維持している経済も、崩壊する」。

そして、

それ程遠く無い将来、

人類は、

「事実・現実に基づいた人間社会の扉が開く時を迎える」のだ』。

『「ある国家」が、

「裁かれ、消滅する方の道を歩む」も、

「存続する道を歩む」も、

「その国家の国民の個人個人の判断の集大成」である。

「バカや性悪」に「国家を預け続けていてはいけない」のだ』。

|

日韓首相会談・・・。

『「友好」と聞けば、「短絡的に、良い事と思いたがる」のが「多くの日本人の甘過ぎるところ」で、

「日韓友好」とは、「朝鮮内で韓国と北朝鮮の対立を深化させる、朝鮮内分断の力添えになる」のだから、

「下手な友好=どちらの為にもならない」というのが「実体」なのだ』。

『「今の韓国が、北朝鮮との統一を放棄し、日本と一緒になると言うのなら、話しは別の様にも思える」が、

「それと似た状態だった、日韓併合と、その後を振り返れば、その道の現実性には、誰もが大きな疑問を抱く筈」だ』。

『「朝鮮内分断の構造は、日韓併合時代にも在った」。

「当時の多くの一般朝鮮人たちは、日韓併合によって実現した日本の人材・資産・技術等々を活用した朝鮮内の急速な近代化を歓迎した」が、

「日本による近代化を毛嫌いした人々も居た」。

そして、「当然、両者は対立していた」のだ』。

『「日韓併合以前」の「朝鮮王朝による支配」を「統一と勘違いしている人もいる様」だが、

「武力等による強権支配では、繁栄を伴わないから、支配はあくまでも支配」なのである。

「統一」とは、「戦乱の無い安定という共通利益に加えて、精神文化の成長や繁栄が伴う状態」だ。

「朝鮮王朝による支配が無くなった途端、国の内部が分裂した」のは、

「朝鮮内が、朝鮮王朝による支配状態であっても、実質的には、統一はされていなかったから」である。

「支配権者が支配権を失うと、支配権争いが勃発する」それが「統一では無い支配の実態」で、

「統一の場合は、

国のトップを失っても、支配権争いが起きる訳では無く、

行政担当者が替わるダケだから、

国の状態は応分に保てる」のである。

「支配は、衰退を誘う」から、「実際に、日韓併合前の朝鮮は衰退していた」。

「統一は、繁栄や精神文化の成長を伴う」から、

「実際に、

日本は、乱世後の統一後、

相応に繁栄し、

開国時にもより進んでいた部分が多々あった当時の欧米文化・技術を自力で取り込めるくらいの精神文化の成長も行えていた」のである』。

・・・・・・・。

『「分断した朝鮮」で、

「元々の国籍や民族を基軸にする論理が力を持つ」と、

「現状では、北朝鮮側が力を得」、

「実利を重視する側が力を持つ」と、

「現状では、韓国側が力を得る」』。

『「朝鮮半島が統一されていない内」の「日韓友好」とは、

「実利重視の朝鮮人にとっては都合の良い話し」だが、

「日本が朝鮮分断に力を加えているのと同様でもある」のだ。

「表むきの友好」の「裏」では、

「日韓友好自体が、反日感情を高める要素ともなってしまっている」のである』。

『「統一出来ていない朝鮮」とは、

「日本の歴史で言うなら、戦国時代」で、

「どちらの側も、外国まで利用して、国の支配権を得ようと、比べっこを行っている精神文化の段階」なのだ。

「戦国時代」では、「ありとあらゆる騙しの手口まで使った策略でも、何を使っても、とにかく、相手に勝てば良い・・・」だから、

「戦国時代の精神文化を抱きしめている人間」に「今の論理が通じる訳も無い」』。

『「上記の意味」からも、

「朝鮮に対しては、朝鮮が統一され、今の論理で話しが通じる様になるまで、相手にしない」のが「正解」なのだ』。

『「当然、日本国内にいる在日朝鮮人は朝鮮に送還が適切」である』。

『「日本は、あらゆる者・物・事に対して、危機管理が甘過ぎる」ところがある。

「甘えの構造」が「良い方向に働く」のは、

「日本人と同様の精神構造や文化を保持している者どうしの間だけ」というのが、

「人類の現実」なのだ』。

『「朝鮮に対して」は、

「悪戯な援助や友好策を取る」より、

「現実を突き付け続ける事が重要」なのである。

「日本で言うなら戦国時代時の様な精神文化」を持った、

「統一されていない国」が、

「現代の世界に存在している事」の「デメリットは多大」だ。

「世界中が、朝鮮に対して現実を突き付け続ける事」が、

「朝鮮の精神文化面での近代化を早める近道」であり、

「それは、世界の為にもなる事」なのである』。

『「朝鮮や在日朝鮮人等に対し、甘い対応を取る事」は、

「日本の為にも、朝鮮の為にもならない」。

「嘘つき」に対して、

「嘘を認めて仲良くしようとする」のは、

「悪巧みのある人間」か「おバカ」である。

「真の友人」なら、

「嘘つきに対しては、

嘘つきをやめさせ、

本当の友好関係を築く為に、

事実・現実を付き付ける筈」だ』。

『「戦後~昨今の日本政府の朝鮮に対する対応」の「裏」には、

「嘘つきからの利権」や、

「嘘つきに握られている弱み」等々が「在るのでは??」』

|

本日も上のおバカは、悪事を頑張り続けている・・・。

『「摘発される前」に「工作活動を告発し、保護を求めれば」、「温情ある処置も可能」だが、

「摘発されれば、オシマイ」である。

「司法は、応分の罪を問い罰を与える(当然、重くなる)事」になり、

「組織は、組織で、下々の下手に応分の罰を与える」だろう』。

『「おバカ」でも「どちらが得か?」ぐらいは「分かる」筈だ。

「おバカの為」に「一言添える」なら、

「地元警察は、往々にして、地元●暴と何らかの繋がりあり」だから、

「工作活動の告発~保護の為」なら、

「中央にまで、思い切って行く事」が「良い実効が得られ易い手段」だろう』。

|

反格差デモ問題・・・。

『「米国発99%市民デモ」の「日本での通称は、反格差デモ」の様だが、一部報道によると、「反格差デモを北朝鮮が賛美」なのだと・・・。

「全く呆れる話し」だが、

「資本主義を批判している北朝鮮の体制は、所謂資本主義社会よりずっと悪い」という「実態」は、

「実状を見れば、誰にでも解る」。

「いくらドロボーが他人の悪事を非難しても、

ドロボーはドロボーである事に変わりは無い」。

「他人を非難・否定する事による自己正当化」が「朝鮮の得意業的様相である事」は、

「既に、多くの人々が周知の事実」だ。

「裸の王様を体現し続けている恥知らずぶり」に、

「呆れている人類の数は、かなり多い」』。

それは、とにかく、

『「反格差デモ自体は、必然的に生まれた正当な行為」である。

「元々、所謂、政治的リーダーの様な人が仕掛けた事でも無く」、

「リーダー不在的状態こそ、正に、反格差の体現」なのだ。

「者・物・事に依存する事/依存させる事で、

利権を作り、

格差を生み出し、

その恩恵に預かっている者たち等」にとっては、

「自分たちに恩恵をもたらしている精神構造とは違う」から、

「リーダー等が無い事は、正に、異物」で、

「理解し難い、

もしくは、

理解すると自分たちのインチキも自覚しなければならないから、理解してはいけない物事」なのだろうけど』。

『「反格差デモのベース」は「大権等を持った特定の者・物・事等による仕掛けでは無い」。

「現状の酷い状態」という「事実・現実」であり、

「酷い状態を是正せよ!」という「人間として当たり前の感性(こちらも、実体を伴っている)」である』。

『「現状の酷い状態を是正する為」には、

「事実・現実をベースとした現実把握」と「現実把握に基づいた合理的で実効のある是正処置」が「必需」だ。

「反格差デモの解決に結び付く者・物・事等」とは、

「事実・現実としての実効のある是正」なのである』。

『ところが、「現状の人間社会」では「事実・現実では無い虚像の世界が幅を利かせている」。

「宗教や、テレビ・映画や、商業スポーツ等々、人々の投影・転嫁・同一視の心理を利用して、

実質的には、現実逃避という麻薬を与える事により、

人々から人気を得、利益等々を得ている仕事等は、数多い」。

「政治や法制度も未だに、その一つのレベルを抜け切れていない」から、

「多くの人々が現実逃避という麻薬漬けになっていなければ、直ぐに、機能不全に陥る」。

「多くの人々を現実逃避という麻薬漬けにする為には、

相応に現実逃避の為の者・物・事を配り続けなければならなず」、

それは、「現状の金権システム上では、経済の発展に直結している」。

「現実逃避という麻薬を求め続ける精神構造」は、

「庶民でも、大金持ちでも一緒」で、

「庶民は、庶民なりに、常に経済の発展を求め続ける無意識の代償欲求に駆り立てられながら」、

「大金持ちは、大金持ちなりに、常に経済の発展を求める無意識の代償欲求欲動に駆り立てられながら」、

「人生を送っているのが実態」なのだ。

「現状の人間社会」では、

「多くの人々が、

現実逃避という麻薬や、

大枚という覚せい剤を求めながら、

彷徨い続けている」のである』。

『「勘違いしている現状でのリーダー的立場・大権等保有者たち」は、

「現実逃避ベースで、反格差デモを鎮静化しようとする」だろう。

「しかし、現状維持は、人類滅亡へ直結している」のだ』。

『「代償欲求の追及に駆り立てられ、

現実逃避という麻薬や大枚という覚せい剤を求め続けている事、

言い換えるなら、

多くの人類が陥ってしまっている人生の迷路」から

「抜け出す為」には、

「多くの人々」が、

「自分の実体を現実把握し、

人間社会も、人間の実体からちゃんと整合性を取って組み立て直す、

本質追求&現実主義の状態」に

「自分の精神構造を進化させなければならない」』。

『「反格差デモ」が

「多くの人々の精神構造の進化まで含む」、

「本質追求&現実主義の人間社会の扉を開く」、

「現実革命」にまで繋がれば、

「格差が是正される」だけでは無く、

「地球生命体細胞群の存続~永続への扉も開かれる事になる」。

「それこそが、人類滅亡を避け得る唯一無二の道」なのだ』。

|

権力者が宗教好きな訳・・・。

『「宗教の実体」とは「特定の考え・思いによる納得法」である。

そして、

「大衆に宗教を仕込む事」の「実体」は、

「大衆に特定の考え・思いによって納得する精神構造を仕込む事」である』。

『「特定の考え・思いによって納得する精神構造」を「ある人に持たせる」と、

「その人をある特定の考え・思いを利用する事によって操る事が可能になる」。

「上辺が変わっても、同様の精神構造を持つ者・物・事を人間は容易に受け入れてしまうから」だ。

例えば、

「事実・現実が権力を持ち、それを多くの人々が共有する科学レベルに達していない、

特定の人に権力を持たせている現状レベルの法律や政治体系等」や、

「大金持ちや大権保持者を是とする文化」等々も、

「その実体は、特定の考え・思い」に他ならないが、

「宗教を信じる精神構造を仕込まれている人間たち」は、

「それらの特定の考え・思いによる納得も、容易に受け入れてしまい易い」のだ』。

『「権力者等」にとって、

「宗教」とは、

「特定の考え・思いによって大衆を操る為のベースとなる精神構造を大衆に仕込む為の、

渡りに船になる」』。

『「権力者等にとっての宗教」とは、

「大衆支配の為の精神構造を、大衆に仕込む為の、一つのツール」でもあるので、

「宗教心とは程遠い言動実態を多くの権力者たちが持っている」のは、

「ある意味では当然」なのである』。

『「多くの一般市民」は、

「宗教の上辺に騙されていけない」。

「安直」に、

「特定の考え・思いによって納得してしまう精神構造を自らに植え付けさせてはいけない」。

「何が本当なのか?」を「ちゃんと自分自身で考え」、

「特定の考え・思いによる納得法」である「宗教の実体」にまで「考え・思いを至らせ」、

「現代なら、伝統文化遺産にでもすべき、宗教の悪用を防ぎ、

自らも含む人類の精神構造の進化に力を加えるべき」である』。

|

問題を起こした芸能人のゾンビ的復活を望むのは、そのお仲間くらいでしょ・・・。

『「芸能界利権の多くの割合を特定の人脈が押さえようとすれば、不健康な事態が生じ易くなる」。

「例えば、問題を起こした芸能人のゾンビ的復活などが、その一例」だ』。

『「普通の仕事の世界では、

ある程度以上大きな問題を起こした人の

元の地位等への復活は、

先ず、あり得ない」。

「芸能界では、

元の地位へのゾンビ的復活を容認し、

大衆にそれを認めさせようとして来ているのだから、

異常」なのである』。

『「ある程度以上大きな問題を起こしてしまった芸能人は、復活させず」、

「新たな、有能な人を発掘すれば、芸能界も健康的に活性化する」のだから、

「問題を起こした芸能人は、表舞台から退場のままで良い」のである』。

『「ゾンビ的復活を望む」のは、

「同様のゾンビ的復活を望んでいる人々・・・つまり、ある程度以上の問題を起こした人々(例えば、犯罪者)や、

その者と同じ集団になる、血統主義・民族主義・特定宗教主義等、特定の思惑がある団体の構成員くらい」だろう。

「通常の一般市民の意向」より「それらの特定の意向が優先される世界」とは、

「実質的に、病的で、歪んでいる世界」なのだ。

「現状で、表舞台に立てている者や大手テレビ・マスコミ等が、

表舞台で大衆に向かって、

問題を起こした者を表舞台に呼び戻す言動を起こし、

大衆誘導を試みる醜態」などは

「職権乱用、もしくは、大衆に対するパワハラみたいなもの」で、

「芸能界の健康的な活性化の為にも、絶対に容認するべきでは無い」のである』。

|

電動工具まで使い始めた上の住人・・・。

『「電動ドリルか?電動ノコギリか?」という音までし始め、「電磁波の出力も高まっている様」で、

「当方が観測している値も相応に高くなっている」。

「もっとも、減衰策が取ってあるから、実質的には、マイナスイオンの量が随分増えたなぁ・・・という感じ」だが』・・・。

『「どうも、昨今の記事ゆえか?」

「連中には、後が無い様」で

「相当焦っている様相」だ』。

『「悪どもは、崩壊し、存続出来なくなる」。

「それは、自然の摂理でもある」』。

『「とっとと改心した方が身の為だが、

ある程度以上、組織的悪に足を突っ込んでしまうと、

改心=組織から殺される等だろうから、

おバカには、行き先が無い」のだ。

「おバカで無ければ、

改心&警察等への自首&工作活動の告発で、

組織から足も洗え、

罪を償った後は、新たな人生」という「選択肢が、誰にでも思いつく」が』・・・。

『「どんなに酷い警察」でも、

「悪どもの組織よりは、ずっとマシ」なのが、

「現状人間社会の実情」なのだ』。

|

昨今の記事が相当気に入らない様で・・・。

『「本日は、筆者宅の上で時々起きている金槌を使っていると思われる音が、宅の北方上でも、宅の東南方上でも、何時も以上に騒がしい」。

「以前からと同様」に「金槌を使っていると思われる音がした後」は、

「その都度、筆者宅に向かって発せられている電磁波も強化されている」』。

『「全く、迷惑な連中」である。

「何の権利があって、

筆者宅、そして、電磁波レーダーで覗き見し筆者を狙っていると推定される、が、

筆者に向かって、

電磁波を照射し続けているのか?!」』

『「そんなに人間に、電磁波を当て続けたいのなら、

お仲間同士で当てあえば良い」のだ』。

『「こんな連中を野放しにしている日本の警察も行政も、本当に呆れる」。

「税金ドロボーと言われない為」にも、

「日本国民の人権や安全を守る行動くらい取るべき」である』。

|

誰でも分かるTPPの本当の目的・・・。

『「政界では、TPPお化け・・・、大手テレビ局でもその宣伝・・・」なのだから、「本当に呆れる」。

「米国が日本に求めて来ているTPPの本当の目的」など、

「少し、考えれば、誰でも分かる」のに』・・・。

『先ず、

「何処の誰が、日本のTPP参加を求めているのか?」

言うまでも無く、

「表むきは、米国の政界」である。

「米国の政界の意向を実質的に決定しているのは、誰か?」

言うまでも無く、

「米国の政界に大きな影響力をもたらしている連中」だ。

「米国の政界に大きな影響力をもたらしている連中とは?」

言うまでも無く、

「米国の金融投資界や大企業経営者等々」である』。

『「要求元が判れば、要求の本質も簡単に判る」。

「米国の金融投資界や大企業経営者等々」は「何を求めているのか?」

言うまでも無く、

「新たな市場」だ。

そして、

「米国側が有利になる状態」だ』。

『「その為に、連中は、日本に何を望むのか?」

「米国の金融投資界が、日本の個人資産を狙っているのは、明白」である。

「米国の大資本農林畜産漁業等が、日本の消費者を狙っていると共に、日本のそれらの領域を狙っている事も、明白」だ。

「自由化により、日本の自動車・家電等の産業が有利になる」と「見ている向きもある」が、

「米国側の思惑」は、

「自由化により、日本の産業を自由に使ったり、売買したりする事によるメリット」だ。

「自由化すれば、大資本がより有利になる」から、

「大金を持つところがより有利になる」のである』。

『「同時に、TPPには、防衛ラインを引く目的も在る」。

「米国の軍事産業が生き続ける為」には、

「仮想敵国等が必需」だから、

「将来的に、TPPに中国も参加・・・というお笑い論は、成り立ち得ない」。

「極東地域の防衛ラインを、中台間、韓北間、日ロ間に維持し続ける事」により、

「一定の緊張感をそれぞれの国の間に維持し続けさせる事」でのみ、

「米国の軍事産業も生き残れる」のである』。

『「つまり、米国による日本のTPP参加要求」とは、

「日本に、実質的に米国の一部になる事を強いている要求」なのである。

そして、「その反面」でもある、

「鳩山等による、中・ロよりのアジア共同体幻想」がもたらす「実質」は、

「日本の中国への属国化」である。

「国境線を低くする事」は、

「大が小を飲み込む入り口に他ならない」』。

『「国境線を低くする前」には、

「人類の文化の進化が必需」なのだ。

「それは、

主として、

他人を支配したがったり、

他人に自分を支配させたがったり、

現実逃避という麻薬になる者・物・事を求めたり、

覚せい剤的働きをする大枚や大権等の者・物・事を求めたり、

している多くの人々の現状である、

代償欲求追及型文化から、

主として、

自分で、自分を健康にコントロールし続け、

権力は人に持たせず、事実・現実に預ける、

本質追求現実文化への進化」である』。

『「冷静に、現実を把握する」なら、

「生きている誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している細胞の塊」であり、

「その細胞の命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている」のだから、

「最初から地球生命体細胞群の世界は一つ」であり、

「その共通目的は、地球生命体細胞群の存続~永続」である。

「人類も他の生物も、存続の為に、増大&多様性を生み出し、

多種共存を基本とした多様性により、

地球生命体細胞群は、

狭くなって来た地球から宇宙へと進出可能になって来ている」のが「現実」なのだ』。

『「崩壊を招かない為」にも、

「順番を間違ってはいけない」。

「人類の文化の進化前」ならば、

「国境線により、ある程度の多様性が担保されている方が、構築度が高い」のである。

「崩壊を防ぐ為には、時間経過に合わせて、構築度を上げる事が必需」だ。

「国境線を低くし、構築度を下げ、崩壊を招く前」に、

「人類の文化の進化=現実化が必需」である』。

『「人類滅亡に向かう」も「地球生命体細胞群の存続~永続に向かう」も、

「一人一人の人間の意向の集大成によって決定されるべき」である。

「現状で、過分な権力・立場等を保持している者たちによる、

病的な代償欲求追及の欲動によって、

人類全体の向かう先を決定させてしまう事」は、

「人類滅亡に直結している」のである』。

|

放射線の測定に税金を投じない荒川区の英断・・・。

『「福島第一原発由来の放射能物質拡散の実態」は「現在では、そのほとんどが毒性の薄い放射性セシウム」であり「その放射線量も、東京23区内なら、放射能物質を大量に集め易い特殊な場所を除き、何処でも、健康問題の一つレベル」だ』。

『「こんなレベルの放射線測定」に「税金を投じるくらい」なら、

「大量飲食や禁煙を抑える為の広報に税金を投じた方が、ずっと実効が高い」筈だ』。

『「東京23区レベルなら、放射線測定は、個人もしくは民間に任せ、其処で明らかになった対策の必要な程のホットスポットのみ税金で対応すれば良い」のである』。

『「荒川区の英断」を「非難している」のは、

「放射能潔癖症患者たち」や、

「韓流テレビ・マスコミ等の操り人形たち」や、

「確信犯の日本衰退工作員等々」なのである』。

|

あるスジから聞いた話しだと・・・。

『「電磁波工作を続けている悪連中」は「ずっと以前から、電磁波を殺人や傷害(ガン化等)狙いの工作兵器に利用する事を考えていた」のだそうで、

「128メガヘルツくらいの周波数になると、電磁波が直進性を持つ事」から、

「高周波の直進性の高い電磁波を悪用するノウハウを蓄積し続けて来ている」のだそうだ』。

『「128メガヘルツと聞いて、ある程度電気等の知識のある人なら、直ぐに、ピンと来る」筈だが、

「それは、マイクロプロセッサーの周波数にも置き換えられる」から、

「悪どもは、電磁波発生にマイクロプロセッサーを悪用する事を考え、

より高性能のマイクロプロセッサーが出来る度に、実験を繰り返して来た」のだそうだ』。

『「現在では、マイクロプロセッサーは、ギガヘルツの域に達し、

悪どもの電磁波工作兵器も、多用な電磁波を複合して使う工夫までしている場合もある」ので、

「悪どもの電磁波工作兵器の破壊力は、相応に高まっている」らしい』。

『「しかし、元々が、電磁波」だから、

「光の様なモノ」で「強い光の場合を考えてみれば判る通り」、

「人体に深刻な害を与えようとすれば、余程、強く当て続けなければ困難」だ。

「そこで、レーザー技術を悪用して、極所的に当てる事」や、

「多方向から同時に当て続ける事」や、

「ターゲットを追跡しながら、執拗に当て続ける事」等々の

「悪の工夫が取られながら、実際に、使用されている」との事だ』。

『「当然、実質的組織犯罪になる」ので「実働部隊としては、暴力団関係者等が使われている」らしい』。

『「筆者の場合」も、

「上の部屋で電磁波工作兵器を使い筆者を狙って電磁波を照射し続けていると推定されるのは、アジア系の外人(と思われる)」、

「異常に強い直進性の強い筆者の部屋に向かう電磁波を発している周りの建物も、●●系の人の持ち物と推定され」、

「携帯電話をオンにしながら、車で走ると異常な程の高確率で、

筆者の車の前後には、特定ナンバー(以前にも記した通り、一三・三一・ニコニコがらみ等々)の車」と、

「筆者の周囲には、そのスジの人々がゾロゾロの様相」なのだ』。

『「暴力団関係者ともなれば、捕まれば、罪は、一般人の1.5倍」で、

「殺人ともなれば、死刑が待っている確立が高い」から、

「連中にとっても、摘発されない殺人・傷害工作兵器」は「欲しい物の一つ」なのだろう。

「暴力団等には、悪どもからの実験実践手当て等も入っている」らしい。

「悪どもは、

自分たちの人脈の人間だけでは無く、

気の弱い電子工学ボウヤ等を脅したり、弱みを握ったりして、

工作兵器等を開発させ、

暴力団等の組織を使って、実験しているのだ」との事だ』。

『「日本の警察が鈍い一つの原因」は、

「現与党と悪どもの蜜月関係・・・」だったりして』・・・。

『「そう言えば、日本では、所謂右翼系の国会議員等は、事故死や病死・不審死が多い」が、

「所謂左翼系の国会議員は、随分前に、旧社会党のお偉いさんが刺されたくらい・・・」しか・・・』・・・。

|

国民の合意を得ていないまま、勝手に他国と消費税増税約束をした民主党安住大臣・・・。

『「民主党安住の行動は、もはや、中国共産党の域」である。

「対外的な約束を、国民との合意前に行う」とは、

「党が国家・国民の上に在る認識だからこそ出来てしまっている」のだろう』。

『「この様な党を与党にしてしまった有権者たち」も、

「民主党に数多く居る勘違い大臣たちを当選させてしまった有権者たち」も、

「本当にその責任は重大」である』。

『「まともな国会議員たち」は、「政界再編を急ぎ、出来るだけ早く解散総選挙を行うべき」だ。

「当ブログでは、ずっと前から、その旨訴え続けている」が、

「日本の政治を正常化する道」は、

今までのところ、

「先の総選挙時に民主党や民主党候補者に投票した有権者が応分の責任を取る事と、

国会議員側の政界再編~解散総選挙くらいしか無い」のである』。

|

呆れたぞ!日本の原発海外営業のネガティブイメージ情報を流したサンデー・モーニング・・・。

『「他の国が、原発を買うのなら、ロシア・韓国・日本の中で、どの国の場合が、一番、地球上の人類の安全が保ち易いのか?」は、

「明らか」だろう。

それなのに、まるで、「日本は、原発事業から撤退し、韓国・ロシア等他の国の原発商売の利益を図るべき・・・」とでも言いたげだったサンデー・モーニングには、

「本当に呆れた」』。

『言うまでも無く、「原発の輸出」は、「周辺事業まで合わせれば、それこそ、兆レベルの大きな事業」になる。

「その分の仕事」から「日本が撤退する事」は、

「日本が、その分の利益を放棄し、その分、日本の景気や雇用等々の関係も悪くなる事」なのだ』。

『「日本は、原発関連の科学技術の発展を止める事無く、

使用済み核燃料の再処理技術も構築し、

安全に使える原発事業でも景気を良くするべき」である』。

『「それなのに、日本の大手民放なのに、

韓国やロシア等を利する日本衰退論を

平然と一方的に大量配信していた」のだ』。

『「こんな連中に、大手局の番組を持たせている事自体が、大きく国益を損ねている」のである』。

『「因みに、サンデー・モーニングは、

亀田一家エコ贔屓的宣伝のTBSの番組であり、

亀田一家と山口組の関係も露出していて、

暴力団構成員には、在日●●人の比率が異常に高いのも現実だ」。

暴力団は、

「在日●●人の意向」で、

「在日●●人の祖国を利する情報を日本の大手民放にばら撒かせる事」で、

「在日●●人の祖国から工作資金を受け取り、それを資金源の一つにしている可能性もある」』。

『「警察の本気」が「今こそ、必要」なのだ』。

|

亀田兄弟と山口組の関係露出で「どうなの?TBS!」・・・。

『「ボクシング亀田一家に対するエコ贔屓的宣伝を繰り広げて来た様相の大手民放」・・・。

「亀田兄弟と山口組との関係」が「露出した」という「報道が出た」が、

「当然、その道筋上には、大手テレビ局でも・・・」という「疑念が生じている人々も多い」筈だ』。

『「暴力団に対する取締り強化」が「芸能界止まり」なら、

「暴力団排除条例等の目的」は、

「構造上、芸能界より上に位置するテレビ局等の暴力団に対する発言力を大きくする事」にもなってしまう。

「つまり、テレビ局より上のレベルになれば、暴対の取り締まりは十分で無くなる」から、

「暴力団の活動は、テレビ局より上の意向に沿え」という

「暗黙のメッセージになってしまう」のだ』。

『「テレビ局やマスコミや大企業や政治家等々のご用達暴力組織」としてで無ければ、

「実質的に生き残れない状態を生み出す為」、

逆から見れば、

「昨今、弱体化して来ている上記の連中に、暴力部隊を持たせる為」、

というのが「暴対の目的では無い」のなら、

「例え、テレビ局でも、大企業でも、政治家でも、・・・徹底的に取り締まるべき」だ』。

『「今後の取り締まりの成果」は、上記の意味からも「要注目」である』。

|

米韓FTA締結でどうする日米TPP・・・。

『「米国の策略は巧妙である」。「韓国に対しては、飲み安いFTAで米韓で日本を挟み、日本に対しては、より米国よりのTPPの締結を求めている」のだから』・・・。

『「安全保障上を考えるなら、日米TPPの締結は正しい」。

「言うまでも無く、戦争力では、未だに、圧倒的に、米>中共だから」だ』。

『「しかし、日米TPPの締結は、農業問題や金融等々でも、日本と米国の連結度を高める事」だから、

「実質的には、金融の大きな米国が、日本を吸収合併する様な話し」でもあり、

「同時に、将来的な農業=食料問題で、日本の首根っ子を押さえようとしている話し」でもある』。

『「安保の面では、賛成、だが、吸収合併は反対」というのが「多くの日本国民の偽らざる本音」だろう』。

『「何故、米国は、そんなに急いで、日本との強力な連結を取りたがっているのか?」

「其処には、米国大金持ち集団の思惑が見え隠れしている」。

「米国政府の意向とは、米国庶民の意向では無い」。

「米国政府の意向とは、米国大金持ちの意向に近い」のだ』。

『「大金持ちになっても、成長無き大金持ちは、時と共に衰退する」から、

「大金持ちにとっても、成長は必需」で、

「大金持ちの成長の為には、新たな金融投資の原野が必需」というのが、

「米国発TPPの本質」である』。

『「そんな時に、米国で、大金持ちをある意味では否定する99%市民デモが勃発」した。

「TPP反対派」なら、

「上記の意味からも、99%市民デモに力を加え」、

「米国の大金持ちの不健康な意向にNO!を突き付けるべき」である』。

『「米国との友好関係は重要」だ。

「しかし、それは、極一部の超大金持ちたちとの友好関係であるべきでは無く、

多くの一般国民同士の友好関係であるべき」なのである』。

『「中国との友好関係」も

「中共との友好関係を重視せず、一般中国国民との友好関係を重視する」なら、

「日中の平和的友好関係は、直ぐにでも成り立ち得る」のだ』。

『「現状人間社会」は、

「極一部の連中に過剰な特権・大権・大枚を与え過ぎている」から、

「誰もが同じ、地球生命体細胞群の一塊であるにも係わらず、

当たり前の平和さえ、失ってしまっている」のである』。

『「この意味からも、一般市民レベルの現実革命が必需」なのだ。

そして「その時は近い」、

もしくは、

「人類滅亡の時は近い」、

のである』。

|

日本にとっての迷惑度は朝鮮>中共なのだ・・・。

『「日本にとっての迷惑度が、朝鮮>中共なのは、ある意味当然で、何しろ、日韓併合時には、頼みもしないのに、多数の朝鮮人たちが、時には密航までして、来日し、その多くとその子孫たちが未だに日本に残っている反面、

朝鮮に居た日本人のほとんどは、朝鮮から追い出されているから」だ』。

『「この人脈的アンバランスを悪用して、不健康な工作活動まで仕掛けている悪どもまで居る」ので、

「日本にとっての迷惑度では、朝鮮>中国」なのである』。

『「因みに、中国国民の多くを占める漢民族とは、戦争ベタで、

本質的脅威には成り得ない」のは、

「過去の歴史が示している」。

「漢民族の戦争ベタは、儒教文化ゆえ」で、

「多くの人々は、自らが属している集団の文化を容易に変更し得ない」から、

「漢民族の戦争ベタは、過去も未来も続く筈」だ』。

『「実際に、戦争で勝つ為に必需な、新たな強大武器の製造等は、漢民族の儒教文化では無理」で、

「壮絶な殺し合いを行った結果として、現実主義に近い精神構造を身に付けた欧米列強には敵う訳も無い」』。

『「後ろ向きの儒教文化に拘る、漢民族の精神構造のまま出来得る事」は、

「セイゼイ、コピーや他国の技術の盗み程度」なのである』。

『「現代の戦争等は、三国志時代の戦略などと関係無く、より強大な科学技術ベースの武器を保持~使用した者が勝つ」のである。

「策略が通用するのは、あくまでも、気候等の実体把握も???の時代で実質的戦力がどんぐりの背比べだった時代まで」だ。

つまり、「如何に策略上手でも、より進んだ科学技術を保持出来ない集団には、

現代戦争での勝者にはなり得ない」のである』。

『「この意味からも、中共の脅威」は、

「欧米列強の脅威に及ぶ訳も無い」』。

『「中共に出来る事」は、

「多数のコピー軍備を持つ事程度」で、

「それを元に欧米列強からの経済的侵略を食い止める程度」である』。

『「忘れてはいけない事」は「中共は多くの中国国民にとっても迷惑な存在である事」だ。

「民主化した中国=台湾と日本の関係を考えれば、

中国で迷惑なのは中共」なのである』。

『「その一方、朝鮮は、実際に、終戦直後も日本国内で大暴れ、

未だに、日本乗っ取り工作まで続けている悪どもも居る」だけでは無く、

「竹島を侵略」「数々の日本からの援助手助けは無かった事に、援助・手助けを受けられた朝鮮自体が偉い的発想」で、

「散々、近代化に貢献した日本に対し、終戦直後、日本人を追い出すことで、朝鮮内の日本人の資産等を奪い、その後、あり得ない補償まで要求して来ている」だけでは無く、

「昨今では、在日韓国人の団体である民団が、外国人参政権まで要求・・・」なのだ。

「歴史上の現実や朝鮮の厚顔無恥の図々しさ等々」を

「実質的に隠蔽し、異常な韓国賛美を行い続けていると共に、あり得ない異常な韓流への利権誘導まで行っている」のが、

「韓流テレビ・マスコミ等」である』。

・・・・・・・。

『「他国の技術を流用した核爆弾等々程度しか持て無い国」が、

「時空制御を基とした兵器を開発出来る国に対抗出来得る筈などあり得ない」のが、

「この世の現実」である』。

『「朝鮮も同様な理由で日本にとっての脅威には成り得ない」が、

「その迷惑度は、大量の朝鮮人が長年日本に在留している事を悪用した反日活動等により、

実際に、かなり高い」のだ。

「最近では、中共人脈も朝鮮人脈同様、在日中共人を増やし、

その迷惑度を高めている面もある」が、

「現状では、未だに、朝鮮>中共というのが、実態」である』。

|

世田谷の訳の判らないホット・スポット(2)・・・。

『「フタを開けて見れば、蛍光塗料用と思われる古いラジウムの入ったビンが在ったのだと」』・・・。

『「その結果から類推される事」は、

「その家の関係者が、戦前~戦中にかけて、蛍光塗料関係の仕事をしていたのか、その関係者と繋がりがあって、ラジウムを保管していたのか、

或いは、全く関係の無い第三者がその家の人の発ガン~早死にを狙って、放射性物質を仕込んだのか・・・等々」だ』。

『「果たして、真実は?」』・・・。

|

小林よしのり=有名人利権保持者なのだ・・・。

『「有名人利権保持ゆえに年収が良い人」が「年収の話しをしても、自らが恩恵を受けている現行金権システムについてのお墨付き心を他の人に要求しているダケ・・・にしか聞こえない」のだ。

例えば、「小林よしのり氏のマンガが大衆に受け入れられた」のも、

「大手テレビ・マスコミ等による韓流宣伝が韓流人気タレント等を生み出しているのと同様」に

「大手出版社により大量配信されたが故の部分もかなりある筈」だ。

「年収問題」は、「何故高年収なのか?、何故低年収なのか?とセットで無ければ」』。

『「現行経済システムや現状での大権保持者や大金持ちに媚びる事で高年収を確保出来ている人々」は、

「それだけ、既得権益の保持に力を加えている」のだから、

「そんなに威張れたものでも無い」し、

「他の既得権益の問題について偉そうな事を言っても、

結局、あなたはどうなのよ!」という「話しになる」のだ』。

『「年収など関係無しに、デモ等で意思を示した人々は相応に偉い」のである』。

『「既得権益保持者たち」は、

「その様な新たな動きに対して、

自分たちの立場を利用して、

必死に、保身に走り易い」。

「大手マスコミ等による無視や、情報変質や、有名人コメント等々」は、

「その一部の実例に過ぎ無い」』。

『「現行の比べっこ原理主義&競争原理の経済システム上」で、

「ある程度以上のお金を自らの下に誘導しようとする」なら、

「現行システムを肯定した上での集金活動に結び付く努力が必需になる」。

「それを努力と言うのか、実質や本質にまで思いを至らせ、内実は破壊行為に近いと判断するのか?」が、

「その人の人間の本質」である』。

『「金権支配を認める事=国籍や民族を問わず、大金持ちの支配を認める事」だから、

「日本乗っ取り策略を持っている者たちにとっても、

金権支配の崩壊は非常に困る話し」なのだ』。

『「人間誰しもが、先ず、自分を自分で健康的にコントロールし続けるべき」である。

「その代わりに、お金や武力や立場等々を悪用して、

他人を支配しようとしたり、

他人の自分を支配させようとしたり、する事」は、

「自分の実体に叛いている悪行に他ならない」。

「悪行にお墨付きを与えている人間社会を維持し続けようとすれば、

人間社会そのものが崩壊し、

人類は滅亡する」のだ。

「人類は、今、大転換期に居る」のである』。

『「現行経済システムに媚びて稼いでも、人類が滅亡してしまえば、何も残らない」。

「現行経済システムを是正する事も含め、

人間社会のあらゆる現実離れを是正する事抜きに、

地球生命体細胞群の存続~永続は実現し得ない」のだ。

「現実逃避や自慰等に邁進する事」は、

「人類滅亡に力を加えている事と同じ」なのである』。

『「韓流過剰賛美情報等の日本内のスキルスガン的情報」は、

「実体通りに是正されるのが当然」だ。

「近隣国条項等の言い訳より、

事実・現実が優先される事が無ければ、

日本国民の安全も繁栄もままならない事は、

誰にでも解る筈」である。

「日本国内の他国(近隣国でも)人脈による悪の工作活動等は、全て公にされるべき」だし、

「相応の対策が取られるべき」である。

「日本国内では、他国人脈による情報工作(大量配信だけでは無く、盗撮・盗聴等や改竄等も在る)ももちろん、飲食物工作や電磁波工作や拉致まで・・・ある」のが実態なのに、

「現行法で摘発困難な者・物・事は、近隣国条項問題もあってか?野放しに近い状態」なのだ。

「スパイ工作活動等防止法や、相応の摘発体制の即時整備が必需」である』。

|

タバコ増税に反対する???な国会議員たち・・・。

『一部報道情報によると、「自民党が葉タバコ農家の利権維持の為に、タバコ増税に反対している」のだそうだが、

「葉タバコ農家の利権の為」なら、

「多くの人々の健康を犠牲にせずとも、

既得権益に鑑み、

相応の転作補助や補償金を支払えば良い」のだから、

「発ガン物質を副流煙で他人にまで吸わせる死神温存利権保持論には、何の正当性も無い」のだ』。

『「何処ゾ屋のおバカ教授」は、

「喫煙と肺ガンには因果関係が無い」などと「戯言を言っている」が、

「現状人間社会では、数多くの発ガン要素があるにせよ、

タバコも発ガン要素の一つである事は、

科学的データからも明らか」だ』。

『因みに、「現状所謂先進国社会の発ガン要素で注意すべき」は、

先ず、「過剰飲食による高血糖体質や肥満」だ。

そして、

「核実験によるプルトニウム等の毒性の強い発ガン物質」や、

「本来の食品でも無い、人体が欲しがっているビタミン・ミネラル・アミノ酸等でも無い、飲食の要でも無い食品添加物等や農薬や防カビ剤等々」や、

「喫煙(副流煙も含む)」や、

「過剰な紫外線や放射線を浴びる事」や、

「排気ガス等の有害ガス」等々や、

「遺伝」等々にも

「気を付けるべき」である』。

『「喫煙がドーピング扱いになる時代も近づいている様相」だし、

「タバコ税は喫煙者が激減するくらいに、思いっきり上げるべき」だ。

「大衆メリットを考えれば、葉タバコ栽培は、大麻と同様の扱いだって良いくらい」なのだから、

「葉タバコ農家も、転作するなり、補償金を貰い事業から撤退するなり、

大麻栽培同様、研究・医療等の目的限定の栽培に徹する事で保護された状態での葉タバコ栽培を続けるなり、

多くの人々の命と健康を犠牲にしない生き残り方を目指すべき」である。

「上記の様な補償金等のお金も、タバコ税増税で賄えば良い」のだ』。

|

今更、民主党ご用達と化している様相のNHKまで、電気自動車の推進宣伝とは・・・。

『「太陽光発電を流行らせる為」には「相応の安定化設備が要る」。

「その安定化設備」を「個人レベルでも持て!」というのが「電気自動車の宣伝」なのだ』。

『「つまり、太陽光発電システムと共に、電池を買え!」という事なのである』。

『言うまでも無く、

「現行の電気自動車は、

電気モーターの豊かな低速トルクゆえに運転心地は良い」が、

「充電時間もかかり、

航続距離も???で、

電池の経年劣化の問題もあり・・・、

オマケに、高額で」、

「とても、普通の自動車の代替え品として、誰もが利用出来得る物では無い」。

「だから、当然、売り上げも相応」だ。

「しかし、開発済みの電池やモーターを利用するダケでも出来る」から、

「開発・製作は、普通の車より圧倒的に容易」である。

「技術力がそれ程無い企業でも、

新興国でも、

既に出来上がっている電池・モーターを利用する電気自動車は、

作れる」』。

『「電気自動車を流行らせる事が出来れば、

人件費の安いところで、新たな企業を起こしても、

儲けられる可能性大」なのだ』。

『「原発の使用済み燃料の後処理の問題」では、「大騒ぎしている韓流テレビ等」だが、

「電気自動車の大量使用による使用済みバッテリーの再処理の問題」は、「当然の様に沈黙」だ。

「本来なら、電気自動車は、大量に積んでいるバッテリーのリサイクル料等も十分な実効がある程度まで課して売るべき」だが、

「それでは、タダでさえ高い電気自動車が益々高くなってしまう」から、

「本当にどれ程環境に良いのか?の検証も???」のまま(因みに、出先のガソリンスタンドならぬ電気スタンドまでの送電ロスの検証は?また、急速充電時には、クーラーを使わなければ無理というのが現状の充電技術なのだし、多くの人が家で充電したがるであろう夜間には太陽光は無いのだから、エコの実質は?)、

「何処かの利益の為に、使い勝手が???な電気自動車の宣伝」をしている様相なのが現状だ』。

『「現行技術なら、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車程度までが、車として適切」で、

「プラグインハイブリッド車でも、

ちゃんと組み合わせ利用出来る様にしてあれば、

太陽光発電との組み合わせで、相応に、安定化の役割を果たせる」。

「太陽光発電と車バッテリーの組み合わせ利用を考えている」のなら、

「現行では、その程度の方が、損なわれる実利が少ない」と思うが・・・』。

『「現状では、

庶民レベルでは、

実用燃費の良いエコカー&原子力発電等」が「本当の実用レベルのエコ」なのだ。

「優等生ぶって原子力発電を否定しても困らない」のは、

「一戸建て&プラグインハイブリッド車&太陽光発電等々を無理なく買え、

有事の際や日本が不利になった際には海外移住が出来る程度以上のお金持ちだけ」なのである』。

『「因みに、大金を持つ者は、国境線は低いほど有利になる」のが、

「金権社会の現実」だ。

「大金を目指して、大権を得る為に奔走し、守銭奴になるも、

人間社会の健康化・正常化を目指すも、

それぞれの人の人生」だ。

しかし、

「古から、

悪魔に魂を売り渡した者は、

悪魔に魂を売り渡した者に他ならず、

代償欲求追及行為に伴う実質的麻薬や実質的覚せい剤にどんなに恵まれても、

本当の自分は満足し得ない」のだが・・・』。

|

年金の支給開始年齢引き上げ問題・・・。

『「日本の現行年金システム」は「とっくの昔に破綻している」事は、「当ブログでは以前から記している」。

「そして、正当な処理方法」は「破綻処理&社会保障年金と個人年金を分け行政が行うのは生活保護等とセットの社会保障年金のみにし、個人年金部分は民間に任せれば良い事」も!』

『「当たり前の事を当たり前に行わず、

個人年金部分の実質的金融投資部分までもを抱き込んだまま、

現行システムを続けようとすれば、

そのツケが、多くの一般国民に回る」のは、

「当然過ぎる」』。

『「ツケが回っても、損しない」のは、

「金融投資部分が大きな人々」で、

「米国のリーマンショック後の後処理と同様」に

「金満投資家たちや、大銀行(日本の年金の場合は厚労省等)の既得権益の保持に務めれば、

近未来にやって来る」のは、

「99%市民デモ~と同様の事態」なのだ』。

『「実体経済内」と「金融投資界」の「お金のバランスを是正する事」など「簡単」である。

「金融投資も実務同様の仕事として認定」し、

「その利益に対して、実務同様の累進化税を行えば良いダケ」だ。

「日本の年金の場合」も、

「正当な破綻処理を行わない」のなら、

先ずは、

「老後、現役引退後でも、大資産保有者や投資で儲けている人々たちは、

現役実務世代と同様の扱いをし、

相応の累進化税を行うと共に、公的年金支給は止めれば良い」。

「支給開始年齢の引き上げ等」は、

「その様な当たり前の事を行った後に、始めて話題に出来得る話し」である』。

『「今のまま」だと、

「日本でも、99%市民デモ~の動きが必需になり、

それが、現実革命へと続く事になる」か、

「人類は、滅亡への道を急速に転げ落ちる事になる」』。

『「どの様な未来を選択するのか?」は、

「人類一人一人が導き出した結果の集大成である大衆合意が決める」のだ。

「未来は、未定」である』。

|

世田谷の訳の判らないホット・スポット・・・。

『「工作活動の結果である可能性も含め、早急な実体・実態解明が必需」だ。

「除染が効かない」、

「地表より地上の大気中の方が数値が高い」等々の状態から推測される事は、

「未だに、その場所の上や横から放射性物質が流入している実態」だろう』。

|

横浜で放射性ストロンチウムが検出されたのだと・・・。

『「福島第一原発から約250kmも離れている横浜」で「放射性ストロンチウムが検出された」のは、「放射性セシウムより放射性ストロンチウムの方がずっと軽いから」だ。

「放射性ストロンチウム」は「原発事故では、放射性セシウムが放出されてしまう状態になってしまうと、放射性セシウムより遥かに少量出てしまう」。

「今回検出された程度」は「大きな問題となるレベルでは無い」』。

『「しかし、半減期が長いタイプ(何十年かかかる)放射性ストロンチウムの場合、人体に取り込まれてしまう」と、

「カルシウムと同様の扱い」となり、

「骨等に蓄積されてしまう」上に、

「排出にも年単位の時間がかかる」から、

「放射性ストロンチウムの毒性」は「放射性セシウムより圧倒的に高い」

「一般的には、飲食物から体内に侵入する」ので、「カルシウムがらみで海産物は要注意」であり、

「海産物に対する放射性ストロンチウムの検査は重要」だ。

しかし、

「海水による放射能物質拡散能力は、大気より圧倒的に高く、

福島第一原発から放出されてしまった放射性セシウムの量から推測」される

「放出されてしまった放射性ストロンチウムの量」では、

「大きな問題になるとは考えられない」』。

『「今回の報道」は、

「大気中に撒き散らかされてしまった放射性ストロンチウム」の「ホットスポットの話」だと推定されるが、

「ホットスポットで、放射性ストロンチウムを吸収する様に生産された飲食物を飲食しない限り、

心配の必要は無いレベル」だ。

「それなのに、過剰な大騒ぎをしているテレビ・マスコミ等」には、

「本当に呆れる」。

「連中にとって」は、

「よく理解出来ない放射能物質=お化け」なのだろう。

「その実体が、実害が無い枯れ折花だったとしても」、

「実体の理解・把握無き連中にとってはお化けのまま」なのである』。

|

脱原発運動に加担しているのは考え方が???な人々と実質的工作員・・・。

『「福島第一原発の被災事故は、何故起きてしまったのか?」言うまでも無く、「福島第一原発の管理が甘過ぎたから」だ。

それは、「被災地に在りながら、ちゃんと停止した他の原発からも明らか」である』。

『だから、「正当な運動」は「原発の管理をもっとシッカリやれ!」である』。

『「ところが、今の日本」では、「原発の管理をもっとシッカリやれ!」運動とすべき運動を、

「短絡的に、脱原発にすり替えている考え方が???な人々や、

実質的に、他国の為の工作員等々の人々」が「少なく無い」のだ』。

『「連中の認識の酷さ」は、「原発=核爆弾という一部の者の公言からも明らか」だ。

実態としては、

「核の平和・安全利用」として、

「滅多な事では、核爆発は絶対に起きない様に設計・管理されている」のが

「所謂西側諸国の原発」である。

それを「核爆弾と同様に扱う事」は、「正に、知識が???なのか、考え方が???なのか、他国の為の工作員等なのか、・・・何れにしても、まともでは無い」。

因みに、「所謂東側諸国の原発」は、

「核爆発を起こしたチェルノブイリと同レベルの設計・管理・・・という場合もあり得る」から、

「所謂東側諸国の知識・情報をベースとする」なら、

「原発=核爆弾論にも、相応に説得力が出てしまう」が・・・』。

『「放射線潔癖症にも呆れる」。

「今、巷で騒がれているレベルの放射線量」とは、

「放射線源の近くで何時間も何日も居続けないのなら、何の問題も無い程度」だ。

「それは、子どもであっても同様」である』。

『「放射線とは、例えて言うなら、熱い炎の様なモノ」なのだ。

「一瞬なら、熱い炎に手をかざしても大丈夫だが、

長時間手をかざし続ければ、火傷するのと同様に、

現在巷で騒がれているレベルの放射線量なら、短時間ふれる事には、何の心配も要らない」筈だ。

「熱量が非常に高い炎の様に、本当に高レベルの放射線量なら、短時間でもダメ」だが、

「生体が十分に耐え切れるレベルの放射線量なら、長時間触れなければ大丈夫」なのである』。

『「日本の原発の管理体制が向上し、日本が原発を手放さず原子力発電を推進」すれば、「核兵器保有国の圧力外交の力は削がれる」が、

「日本が原発を手放し、核防衛も出来ない・・・となると、核兵器保有国の対日外交圧力は、日本側の萎縮~縮小により、拡大される事になる」。

「そんな事態を望む」のは、「実質的に他国(主として、核兵器保有反日国)の工作員たち」や「愚民」くらいだ。

「放射能潔癖症の人々」は、「放射線の実体把握や、時間の概念等々が欠落している」と推定される』。

『「現実離れしているが故に程度の低い人々の思い」に「合わせた人間社会」は、

「必然的に程度の低い人間社会になる」。

「日本社会を程度の低い人間社会にしたい」のなら、

「放射能潔癖症等現実離れした思いを抱き占めている人々の思いに忠実に日本社会の歩みを進めれば良い」。

しかし、「それは、同時に、孫子の代には、日本国民の多くが多くの他国民に遅れを取り困窮する状態を招いている事でもある」のだ』。

『「者・物・事の判断」は、「事実・現実をベースに、人類の行くべき先も見失わない様にしながら、ちゃんと行うべき」である』。

|

米国発99%市民デモの目標・・・。

『「オコボレ頂戴わんわんテレビ・マスコミ等」では「目標無き野合集団のデモ」的「報道」で「大金持ちのご機嫌を伺っている」が、

「99%市民デモ」が「目標とすべきところ」は「ハッキリしている」』。

『「表れる現象」として「雇用確保や格差是正を求めている」のだから、

「雇用を損ない、格差をもたらしている物事を解消すれば良い」のだ』。

『「現状経済システムの病根」は「金融投資界の過剰優遇」である。

「金余りなのに、数多くの貧困層の人々が存在してしまう」のは、

「実体経済内のお金と金融投資界のお金のバランスが崩れているから」だ。

「オマケに、現状の金融投資界過剰優遇状態」では、

「金融投資界のみで、金転がしで、お金が増やせる上に、その金転がしは、パーセントの論理で動いているから、

超大金持ちは、容易に超大枚を更に膨らます事で、多くの一般庶民が想像さえ困難な額を容易に手に入れる事が出来てしまっている、

ばかりか、

米国は、税制まで優遇」なのだ』。

『「金融投資界に溢れているお金」を「実体経済内に戻せば」、

「必然的に、実体経済内の実働に対するお金の量が増える事になり、

それは、労働時間短縮や、ワークシェアリングや、新たな仕事の立ちあげを容易にする事等々に直結する」から、

「雇用は増え、格差は是正される事になる」』。

『「国の財政」だって「基本は実体経済だから、現状では、多くの国々が、金融投資マネーと実体経済マネーのアンバランス故に、赤字になり易くなっている」のだ。

「金融投資界のお金と実体経済内のお金のアンバランスを是正する事」は、

「主として、実体経済で動いている国家等の経済体質を良くし易くする事にもなる」のだ』。

『「金融投資界を優遇する事で、金融投資界に実体経済界から多くのお金を流し込み、

金融投資マネーと実体経済マネーのバランスを圧倒的に金融投資マネーよりにする事」の

「実体」は、

「実体経済内のお金不足ゆえに、

より強い金権支配構造をつくり出す事」である。

「このインチキ金権経済システム」により「僅か1%の超大金持ちが、現状人間社会の実質的支配権を保持してしまっている」のだ』。

『「健康な人間は、

悪戯に他人を支配せず、

悪戯に他人に自分を支配させず、

自分で自分を健康的にコントロールし続ける」が、

「病人もしくは悪人たち」は、

「自分で自分を健康的にコントロールする代わりに、

インチキ金権経済システムや新興宗教等々、あらゆる手段を用いて、

他人を支配しようとしたり、

他人に自分を支配させようとしたり・・・」という

「代償欲求の世界で生きたがる」。

「しかし、病人や悪人だらけの人間社会を続ければ、確実に人類滅亡がやって来る」のだ』。

『「人類誰もの実体である地球生命体細胞群の存続~永続の為」にも、

「インチキ金権経済システムの是正」は「必需」である』。

|

政治家・官僚から排除された元官僚の実体とは・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等」では「何処ゾ屋の省庁を退職した元官僚の言い分を大宣伝」だが、

「元官僚が退職勧告に至るには相応の理由が在る」のだ』。

『「元官僚が言っている事は、公務員の年功序列廃止等を始め、そのほとんどが、現状人間社会システムで、民間ベースなら、それが良いでしょ・・・レベルのお話し」である。

「民間と公務の違いを十分に理解・把握・認識していないから、元官僚は、干され、元官僚」なのだ』。

『現状人間社会システム上で、

「民間」では、「効率主義を求め、多数の企業が比べっこを繰り広げている」。

「だから、民間では、効率主義で無ければ、勝者に残る確率も減る」。

「現状人間社会システム上、民間ベースで考えるなら効率主義は相応に正解とも考えられる」』。

『「公務の場合」は「どうか?」

「民間では、効率主義の比べっこ競争の結果」、

例えば、「A社とB社が最終的に残り、更なる競争をしても、例えば、A社が残る」から、

「その分野を担当する企業が無くなる事は無い」。

「しかし、蹴落とされたB社関係者たちの多く」は「A社に対して、良好な印象を持つ訳も無い」』。

『「公務に比べっこ原理主義に基づいた競争原理を求める事」は、

「公務担当者内に、公務に対してよろしくない印象を持つ者を大量生産する事と同義」なのだ』。

『「スパイ工作活動防止法さえ無い日本」で「そんな状態を引き起こせばどうなるのか?」

「国家機密は簡単に他国に漏れ、日本の国力は、あっと言う間に急降下する事になる」』。

『「短絡的な民間ベースの効率主義」に「溺れる公務担当者」が「干され、退職に追い込まれるのは、ある意味では、必然」なのだ』。

『「その考えの浅い者」を「悪用」し、

「日本の国力を削ぐ活動に熱心」なのが、

「韓流テレビ・マスコミ等だったりする」のである』。

|

民主党菅政権等による復興遅延&韓流テレビ・マスコミ等による放射能不安増大が招いた結果=東北の人口減少・・・。

『「日本乗っ取り策略の連中」が「考えているプラン」は、「風水の原則通りに、乗っ取る国の東北を押さえる」だ。

「その為に、

その地の権力の座を取り、

天災・人災等の乱を悪用し、元々、その地で暮らしている一般日本国民の出来るだけ多くをその地から追い出し、

放射能や、暴力団等の脅しで、一般日本国民をその地から遠ざけ続け、

然るべき時期が来たら、祖国の内乱等を悪用して難民等の手段で、空いているその地に、そのスジの人脈の人々を大量移住させる」のが、

「悪の策略の筋書き」である』。

『「上記の様な悪の策略を防ぐ為」にも、

「放射能や暴力団等の脅し」を「排除する」と共に、

「多くの企業等が、率先して、東北に拠点を築いたりする事で、一般日本国民の人口流出を人口流入に転換させ、東北を復興させる事が重要」なのだ』。

『「筆者たちは、東北に拠点を築く事を決めたトヨタの英断を心から称賛する」と共に、

「他の大企業等も、トヨタに続くべき」と思っている』。

|

スティーブ・ジョブスはコンピューターの大衆化に貢献した・・・。

『「アップルの故スティーブ・ジョブス氏の功績の一つの実体」は「タイトルの通り」だ。

「多くの人々が欲しがる物を一般化した」のである』。

『「多くの人々が欲しがる物」は、

「その時々によって変化」する』。

『「現状では、現実逃避という麻薬&大枚という覚せい剤等々の情報・教育」で

「代償欲求追及型人間社会が誘導されている」が、

「その現実離れぶりが、否応無しに、多くの人々に実感される頃」には、

「多くの人々は、何を欲しがるのか?」』

『言うまでも無く、「現実離れを是正し、人間社会を本来欲求ベースの現実との整合性の高い状態に導く為の者・物・事」になる』。

『「そんな時期に合わせて、或いは、そんな時期をやや前取りして、

その手の情報・教育の大衆化を仕掛ければ」、

「コンピューターの大衆化で不足だった身のある(人類の存続~永続と整合性を取る事の補助になる)ソフトの大衆化が起きる事になる」』。

『「科学技術の進歩に伴い、本来は、人類の精神構造も成長・進化しなければ、バランスが取れる訳も無い」。

「忘れ去られている本来」を「否応無しに実感する様になってから思い出す」のも、

「今の内に思い出す」のも、

「それぞれの個人の資質次第」なのだ』。

『「ソフト面でのスティーブ・ジョブス的存在は、何時現れるのか?」

もっとも、その実務は、本質的に、

「カリスマ的個人では無く、多人数がつくり出す大衆化になるべき」であり、

「より良い未来の扉を開ける一助に声をあげる人々の数を含む力が強ければ強いだけ、

人間社会の正常化も早くなる」のだが』・・・。

『「砂糖水を売る事に人生を捧げている」のと「同様の状態」の「ソフト制作者たち」が、

「目を覚ます時」は「何時?」』

|

スティーブ・ジョブス氏の魂・・・。

『「人間の誕生・死は、細胞ごとであり、死は日常」という「当たり前の現実」から見ると、

「一個人の所謂死の実体」は「その人による新たな意思・行動の喪失」である』。

『「アップル等で多大な功績を残したスティーブ・ジョブス氏」による

「新たな意思・行動が喪失されてしまった事」は「残念」だが、

「今までの多大な業績だけでも、一個人としては、余りあるくらい」だ。

「特定の一個人に過剰に依存する事」は「間違っている」のだから、

「現在生きている我々は、故人を偲ぶと共に、次を考えなければ」』・・・。

『「多くの人々へ製品を提供しているアップルとしての問題」は、

「スティーブ・ジョブス氏の意思・行動抜きのアップル」に

「どれだけスティーブ・ジョブス氏の魂とでも言うべき、スティーブ・ジョブス氏流の思考等が残っているのか?」

或いは、「スティーブ・ジョブス氏流の思考等より、より現実との整合性が高い思考等が生み出せるのか?」

だが、

その答は、「時と共に明らかになる」』。

『「スティーブ・ジョブス氏たちの功績により、

コンピューターはより早く、個人レベルにまで浸透し、

音楽プレーヤーや携帯電話等コンピューターベースの色々な機器は、

人々の生活をより便利に、楽しく・・・した」が、

「筆者たちの実感」では、

「ハードにソフトの内容が追いついていない」のだ』。

『「これからも、ハードの進化は続く」だろうが、

「現状では、現状のハードとソフトのギャップを埋める事」に、

「当面の必需性があり、現状経済システム上の話しなら、それは新たな金脈でもある」』。

『「当ブログ内でさえ、新たなソフトのヒント程度はそれなりに含まれているくらい」だから、

「ソフト面での進化の時もそれ程遠くない」筈だ』。

『「人類」は、

「時間経過と共に、変化し続けている現実との整合性を取り続ける為」に

「新たな者・物・事を生み出し続ける事」で、

「存続が可能になっている」のだ。

「人類が存続方向に歩みを進めている限り」、

「ある時代の終焉」は「新たな時代の幕開け」でもある。

「地球生命体細胞群が存続している限り、

広義のスティーブ・ジョブス氏も他の故人も行き続けている」のだから、

「故人の良い魂(=考え・思い・意思・行動等々)は受け継ぎ、発展させ、

故人の悪い魂は受け継がず、崩壊させる事」が

「現在生きている狭義の個人たちの重要な役割」なのだ』。

|

小沢被告裁判・・・。

『裁判の後、記者会見まで開き、「弘中弁護士等の弁護団のアドバイス付きと思われる原稿をシタリ顔で読んでいる小沢被告」・・・。

「直ちに裁判を止めるべきという、小沢被告の三権分立の概念では、立法>司法≒行政」なのだろう。

「そう言えば、何処かの国も同様で、立法を預かる党が国の上だったりしている」・・・』。

『「多くの普通の日本人の考える三権分立」とは、

「立法≒司法≒行政」と、

「相応にバランスが取れているべき三権」だろう』。

『「韓流テレビ」では、

「小沢被告の裁判で小沢被告が有罪の場合」は、

「検察が問題」で、

「小沢被告が無罪の場合」は、

「検察審査会による強制起訴が問題」だと、

「今回の裁判自体を問題視させる大衆誘導圧力の造成を試みている様相」だが、

「韓流テレビ=小沢シンパの構図が既にバレている」から、

「醜悪な悪あがきにしか見えない」のだ』。

『「小沢被告も潔白だと言うのなら、強制捜査されても困らない筈」だし、

「他の疑わしい国会議員のところも、強制捜査するべき!」と訴えれば、

「法の下の平等は保てる」のだ。

「立法府に籍を置いていながら、司法である」

「強制捜査にも裁判にも文句を付けている」

「小沢被告だけが強制捜査」の裏には、

「相応の理由が在る」と「多くの一般日本国民は思っている」のだ』。

『「裁判員制度の採用により、司法判断にも変化が出て来ている」から、

「新たな司法判断」が、

「今までの無罪請負人弘中弁護士の手法を、何処まで通用させてしまうのか?」も、

「注目点の一つ」だろう。

「旧来のまま・・・」では「人間社会に進化も無く」、

「固着化した人間社会は、衰退の基」なのだ』。

『「記者会見まで開き、シタリ顔で原稿を読んでいた小沢被告」も、

「4億円の出所等を尋ねた記者からの質問時」には、

「若干、涙目だったりしていた」。

「その辺にも、真実の欠片が露呈している」・・・』。

|

小沢被告は、日本が何処かの国の如く、政党や国政政治家が一番偉い社会と勘違いしている言い分を堂々と述べていたりする・・・。

『「本当に、この人の認識は、中共的なのだろう」。「日本では、国会議員は特権階級などでは決して無く、

むしろ、多くの場合、国政実務を行っている官僚との間を繋ぐ御用聞き的存在として、現在に至っている」。

「日本で偉い」のは、「実際に日本社会や日本国民に実益をもたらす者」なのだ』。

『上記の意味からも、

日本では、

「タカが一人の国会議員を司法が意図的に政治的に抹殺する必要性など全く無い」のである』。

『「小沢被告が嫌われている」のは「堂々と日本に不利益をもたらそうとして来ているから」だ。

「その一つの実例」が「在日韓国人の団体である民団との外国人参政権の約束」である。

他にも、「中国共産党要人の為に、皇室の慣例を曲げたり、

大量の人々を引き連れて、中共を訪問したり・・・」と、

「小沢被告が行って来た政治実態」とは、

「日本国や日本国民の利益より、何処かの国の利益の為的様相が濃厚」なのである』。

『「そんな物事を行っていた小沢(当時は、与党幹事長)被告」が、

「幹事長室への権力集中まで行った」から、

「多くの日本国民が、当然、小・鳩政権を嫌った」のだ』。

『「小沢被告の悪イメージ」は、「身から出た錆」なのである』。

『「未だに、同様の錆を出し続けている様相」の

「小沢被告の冒頭陳述」・・・。

「コレでは、益々、多くの一般日本国民が小沢被告に対して悪いイメージを持つ」だろう。

「そんな小沢被告」を、

「いくらお仲間が庇っても、文化が違うから、実効は出得ない」のである。

「公党の権力者が特権階級的に偉い文化の国」なら、

「小沢被告の主張も、ごもっとも」だが、

「ここは日本」だ』。

『「今回の裁判」は、「現行法&現状の摘発体制では、摘発が困難な政治資金の問題」だ。

「今回の事件についての判断」は、

「小沢被告の身から出た錆の悪イメージとは別に判断されるべき」だが、

「人間の行動原理はそう簡単に変わらない」から、

「政治資金扱い文化」にも

「身から錆が出る文化が使われていた可能性が大」である。

「日本における誰かの錆の悪影響を最小限にする為」にも、

「司法判断は、日本の国益・国民益も考慮した上で、柔軟かつ慎重に出されるべき」だ』。

『また、

「自分の居場所や、自分の居る国の文化を勘違いしている国会議員は、早々に、議員辞職するべき」だし、

「文化が同じところへ移住したが日本の為にも、本人の為も良い」のである』。

|

さすがに今日は多くのテレビ局で「小沢被告」だが「NHKでは、未だに、小沢元代表」とは・・・。

『「裁判当日の報道」で「被告を元代表と呼ぶ訳は?」

「NHKは、大いに反省するべき」だが、

「その内実」は「与党民主党からの意向だったり、圧力だったりしている」のだろう』。

『「民主党政権になった後のNHK」は「明らかに変質している」』。

『「多くの民放」では「小沢被告」だ。

「しかし、未だに、小沢被告の言い分の宣伝には多くの時間を割き」、

「検事役弁護士の主張は十分に広報していない・・・」のだから、

「その偏向ぶりは、明らか」だ』。

・・・・・・・。

『「何処ゾ屋の調査」では、

「テレビ長時間視聴者の寿命は短くなる」のだそうだ。

「その理由の推定として、動かないから・・・」等が挙げられていたが、

「実際は、

テレビ情報に依存し易くなり、

自分で考えないバカになるから」が

「本当の理由」だろう。

「自分で考える脳力や現実把握・判断能力が弱い人の平均寿命が短くなる」のは、

「他の調査で既に明らかになっている」のだ』。

『「NHKの小沢元代表報道」を「視聴」して、

「何の疑問も抱かない様では、アブナイ」のである』。

|

放射性セシウム除染という「後ろ向きの公共事業」問題・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等」は、「前向きの公共事業は、日本が元気になるからか?毛嫌い・・・」だが、「後ろ向きの公共事業は、日本を衰退させるからか?大好きな様相」である。

一頃は、「遺骨収集事業」。

最近では、「放射性セシウム除染」については、

「大宣伝&大賛美」だ』。

『「少し、考えて見れば、誰でも分かる」。

「誰も死んでいない、害も良く判っていない、放射性セシウム除染の実効」は、「放射能潔癖症患者たちの自慰的自己満足くらい」である事は・・・。

「しかし、その費用は莫大」で、

「この面では、確実に、日本国に大きな負担をもたらす」』。

『「遺骨収集事業にしても、特定の人々への利権分配&遺骨文化を抱き占めている人々への自慰的満足心の提供」くらいの「実効」しか無い。

「しかし、日本の血税を使う事は同じ」だ』。

『「多くの一般日本国民」は、

「もっと、現実的実利について、真剣に考えるべき」である。

「考え・思いや心の状態」など「情報・教育でいくらでも操れる」のだ』。

『「今必要」なのは、

例えば、

「原発を止める事では無い」。

「福島第一原発被災事故を受けて、原発の危機管理をしっかりさせると共に、原発事業を推進し、後処理技術の向上を目指す事」だ。

「実害が???な放射性セシウムを悪戯に恐れ、膨大な費用をその除染に費やすくらい」なら、

「実効のある、少子化対策や、産業育成に使うべき

(筆者なら、先ず、それらの大元である情報・教育の正常化や格差是正に使い、それから、それらの実効のある対策に回すが・・・)

」である』。

『「国民の元気のある発展する国を造る」のも、

「国民の元気を失わせ衰退する国を造る」のも、

「数々諸々のイベントに対する

情報配信の内容や、

血税の使い方次第」なのだ』。

『「国を衰退させる情報工作を行ったり」、

「国を衰退させる政策を行ったり」している

「非国民、もしくは、他国人脈の工作員」に

「相応しいのは、過剰な立場や報酬では無く、罰」である』。

|

ハイブリッド車の本命「シリーズハイブリッド車」は何時出るのか?・・・。

『筆者は、近未来の日本のエコカーの一つの本命は、「シリーズハイブリッド車」だと思っている。

何故なら、

「発電専用なら、

エンジンは、小型・高効率が可能な、

2サイクルでも、ガスタービン(ジェット)でも良く」、

「それを、潤滑作用まである(2サイクルの場合)、国産バイオ燃料で回せば」、

「インフラは、今まで通り、

バイオ燃料は、国産」、

・・・で、「使える」からだ』。

『「燃料電池車用の燃料」より、

「シリーズハイブリッド用バイオ燃料」は、「簡単に出来る筈」で、

「今頃、上記の全ての技術を持つトヨタあたり」は、

「実用化実験の真っ最中なのでは?」・・・と思っている』。

|

米国発99%市民デモ・・・。

『「今、多くの人類を縛っている、インチキ経済システムや、比べっこ原理主義の精神構造等を是正しなければ、人類は、程なく、滅亡する」。

「何故なら、どちらも現実離れしているが故に悪質なものだから」だ。

「現実離れした者・物・事への執着」は「現実からの乖離、つまり、現実を失う事、即ち、人類で言うなら、人類が現実から乖離し、現実を失う、人類滅亡を誘う」のだ』。

『それでも、

「多くの人々」は、

「自分たちは、そんな事をやっているつもりは無い」と「意識上では、思い込みたがっている」。

「しかし、人間の行動の基軸は、無意識」なのである。

「出来の良い人でも3割程度の意識上の行動」では、

「残りの7割の無意識の行動の是正は困難」なのが「実態」だ。

「具体的に言う」なら、

例えば、

「多くの人々が、意識上で、豊かな生活を求める一方」で、

「無意識の自己懲罰が地球温暖化を招き、人類を滅亡へと追い立てている」のである』。

『「それでも、多くの人々は言う」だろう。

「我々は、地球温暖化を是正しようとしているのだ!」等々と・・・。

「しかし、

実効が得られるレベルの物事が進行していない限り、

それは、

意識上で自分たちを誤魔化す為の麻薬レベルのお話しでしか無い」。

「中国やインド等々の人口が凄まじく多い新興国の現代化が、どの様な意味を持つのか?」を「冷静に検証する」なら、

「実効のある地球温暖化防止」から「どれ程遠いのか?」は「多くの人の頭の中で明らかになる」筈だ』。

『「現状のインチキを抱えたままの人間社会システムや精神構造のまま」では、「確実に人類は行き詰り、滅亡する」』。

『「それでは、どうすれば良いのか?」

言うまでも無く、

「現実との整合性を取る実務を急ぐ事」だ。

先ず、

「自らの精神構造を、比べっこ原理主義から、本質追及現実主義に進化させ」、

「本質追求の結果得られた現実と現状との乖離を是正する実務を行う事」である』。

『「上記の様な{現実革命}」と「99%市民デモ」は「相応に整合性が在る」。

「だから、現実革命の入り口として、99%市民デモは、良い口火に成り得る」筈だ』。

『「単なる格差是正や雇用問題を訴えているダケ」では「底の浅い自分への利権誘導ゴッコ」だが、

「現状人間社会の問題の本質を検証し、その是正を求める骨太の核を得た段階」で、

「99%市民デモ」は、

「現実革命への扉を開かせるヒーローたちのデモに成り得る」のである』。

『「現実との整合性を取る骨太の核を得る為」には、

「考え・思いによる納得に過ぎ無い宗教等は、邪魔になる」。

「生きている人間の実体」が

「今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している地球の生命の細胞群である事」ぐらい、

「ちゃんと、理解・把握している事が必需」である。

「何故なら、人間社会の全ての者・物・事を現実的に是正する為」には、

「人間の実体から整合性を取って行く事が必要だから」だ。

例えば、

「ある一人の人」という「約60兆の細胞群」が、

「他の人」という「約60兆の細胞群」に対して、

「優遇されたり、冷遇されたりする事」の

「現実との整合性を取れる実務を進めれば」、

それは、「誰も文句が言えない、科学レベルの格差是正になる」のである。

もちろん、

「人間の実体は、地球の生命の細胞群」であり「特に、頭脳が発達している」のだから、

「仕事や遊びも本質から定義出来る」。

「人間にとっての仕事」とは「自らの実体である地球生命体細胞群の存続~永続への貢献」である。

「本質から定義した仕事への相応の報酬」こそが、「妥当な報酬」なのだ。

「金転がしで巨万の富み」などと言うのは、

「明らかに、そんな事が可能になってしまう経済システム自体が異常」で、

「報酬など得られるべき事では無く、現実離れを誘う悪事相応の罰や罰金が妥当」なのである』。

『「仕事ばかり」では、「息苦しい世の中になってしまう」から「遊びも必需」だ。

しかし、

「遊びは、あくまでも、遊び」であり、

「規模も評価も報酬等々も、仕事以上になってしまってはいけない」のである。

ところが、

「現状人間社会」では、

「情報・教育が異常」だから、

「人類にとっての正当な仕事」より「遊びの方が、幅を利かせている・・・ばかりか、評価や報酬まで異常に高かったり・・・している」。

「当然、是正が必需」なのだ。

「自分が気に入っている遊びや担い手等々だから・・・」と「過剰な利権集中や過剰な立場・報酬等々を容認する事」は、

「その他の面でも、同様の過剰な利権集中や過剰な立場・報酬等々を容認する事と同じ」なのだ。

「金転がしだって、その精神構造を悪用している」のだから、

「多くの人々が、抑えるべきところは、ちゃんと抑えられるセルフコントロール」が出来る様に、

「情報・教育等も是正されるべき」である』。

『「現実革命の扉を開ける事が出来れば、

人類は、滅亡を避けられる可能性が大きくなる」のだ。

「真のヒーロー・ヒロインたちの頑張りに期待する」』。

|

朝霞公務員宿舎凍結問題・・・。

『「テレ朝が広報した論」によれば、「朝霞公務員宿舎の凍結は、大衆に復興増税を認めさせる為の財務省のガス抜き」だそうだが、

「散々、身勝手な大衆誘導を行って来ていながら、

財務省の都合による大衆誘導は、

ネタばらし・・・」という

「情報操作ぶり」には、

「全く呆れる」』。

『例えば、

「東電の大量資産や厚遇ぶり等を槍玉に揚げ」、

「内実は、

原発廃止による他国核兵器圧力の向上と、

電力事業自由化による日本国内エネルギー産業の不安定化及び他国人脈支配化」を目指す

「大衆誘導ぶりの様相」などは、

「本当に醜悪」である』。

『「東電の厚遇の実体」とは、

「日本の準核防衛である原発運営、

及び、万一の時の補償源泉等々」の「実質的、危険手当て」に他ならない。

「戦後の不自由な法体系の下」で、

「かつての相応に優秀な官僚や政治家たちが、

上辺を大衆目線では相応に差障りの無い状態にしながら、

内実として、反日国の核兵器圧力を防げる様に、

日本国内の電力エネルギー事情を安定化し、

電力料金も産業を育てる補助になる様に、

工夫して、構築された」のが、

「東電の実態」なのだ』。

『「日教組等による教育」と「韓流テレビ・マスコミ等による情報」で「愚民化されてしまった人々」は、

「何処かの国の国民の様」に

「何でも上辺で判断し、

何でも法通り等々の

単純で底の浅い思考体系を

その頭の中に構築されてしまっている」から、

「そんな愚民たちの要望に応えながら、日本国を維持する」なら、

「正々堂々と核防衛」、

「産業は国の下で正々堂々と育成」、

「立法府の権力は絶大」等々と、

「まるで何処かの反日国の様になってしまう」のだ。

「核防衛」も「する気無し」、

「電気エネルギーは、不安定でも、自分が払う電気料金さえ安ければ良い」等々では、

「程なく、何処かの反日国により日本国は占領されてしまい、

一般日本国民は、反日国民により、奴隷扱いとなる」可能性大なのが、

「現状の人間社会の実情」なのだから、

「愚民化されてしまった人々は、早々に、自らを救い出さなければ!」』

『「スパイ工作活動防止法なきままの日本国」なら、

「朝霞公務員宿舎」の「建設凍結はあっても、建設中止はあり得ない」。

「愚民化されてしまった人々」は、

往々にして、

「核防衛を嫌うのと同様に、

スパイ工作活動防止法等も嫌う精神構造を仕込まれている」のは、

「愚民化情報・教育が、

反日国を有利にする為で、

その源泉も反日人脈」だからだ。

「核防衛も無い、スパイ工作活動防止法も無い、電力エネルギーも???な日本国」なら、

「日本乗っ取り工作&一般日本人奴隷化策略の実現」は、

「より容易になってしまう」。

「愚民もいい加減にしないと!」』

|

放射能汚染問題「複合汚染と主としてセシウムのみの汚染では、実害が違う」のだ・・・。

『「チェルノブイリの汚染被害結果」は、「核爆発まで起こしたが故に、大量のプルトニウム等まで撒き散らかされた事による複合汚染の結果」に他ならない。

「福島第一原発被災事故の場合」は、「現状では、主として放射性セシウムによる汚染」だ。

「プルトニウム検出のニュースの実体は、中・ソ等の核実験時に日本まで来て、未だに、日本に在るプルトニウムと同程度の放射能が検出され、

その内容から、福島第一原発由来のプルトニウムも入っていると推定される」という

「汚染レベル」としては、

「核実験のプルトニウム等を問題にしない」のなら、

「問題に出来ないレベルの汚染」である。

「核実験問題を抜きにソレを騒ぐ」のは、

「明らかに意図的な情報工作」だ』。

『「チェルノブイリの汚染」では、

「数多くの深刻な問題が露呈している」が、

「それは、あくまでも、毒性の強いプルトニウム等まで含む複合汚染ゆえの問題」だ。

「主として、セシウムだけ」の「場合」の「実証データは、未だ無い」のが「現実」で、

「毒性の強いプルトニウム等も含む複合汚染と、主として放射性セシウムの実質的単独汚染を、

同列で論じる事」は、

「現実的では無い」』。

『「放射性セシウム」は、

「人体に入ると、筋肉等に行き、比較的短期間で代謝される」が、

「毒性の強いプルトニウム等は、代謝され辛く、人体に負担を与え続ける」。

「その結果、

傷ついた遺伝子の修復力も削がれる」のが、

「プルトニウム等の恐いところ」で、

「遺伝子の修復力が大きく削がれないのなら、

放射性セシウム汚染による実害」は、

「喫煙や、副流煙喫煙や、過剰飲食等々より、遥かに低い筈」だ』。

『「過剰な不安」も「免疫力等を落とす原因になる」。

「復興を目指す気合いが重要な時」に、

「過剰な原発不安で水をかけたり」、

「不安をばら撒いたりして」、

「得られる結果」は、

「日本の衰退」なのである』。

『「実質的、他国人脈の情報工作員たち」は、「即刻、牢獄へ放り込むべき」だ』。

|

公務員宿舎廃止の前には「スパイ工作活動防止法が必需」・・・。

『「スパイ工作活動防止法等の法律が無い日本」で「国家公務員の宿舎が無くなればどうなるのか?」

少し考えれば「誰でも解る」だろう。

「民間賃貸物件に住む国家公務員の多く」が、「スパイ工作活動の餌食になる事を!」』

『「スパイ工作活動の実態」は、

「電磁波悪用もしくは不当侵入等の手段によるの盗聴やパソコン等盗み見」や、

「弱毒物等弱体化工作の為の仕込み」や、

「ターゲットの弱みを握り、脅す事」や、

「懐柔策略」等々、

「公務員住宅が在る場合と無い場合では、大差が出易い物事」なのだ』。

『「それらを防ぐ為」にも「スパイ工作活動防止法は必需」である。

例えば、

「懐柔され国家機密を漏らした公務員には、相応の厳罰」。

「懐柔等、あらゆる工作活動を仕掛ける他国のスパイ・工作員等にも、相応の厳罰」。

「それらの前準備無しに、日本で国家公務員住宅を廃止する事」は、

「実質的売国行為」である』。

『「スパイ工作活動防止法等の制定前」に、

「公務員住宅の廃止を訴えているテレビ・マスコミ等」の「現状の実態」は、

「正に、中共や朝等他国の為の情報工作機関」だ。

「そんなモノに操られて、実質的売国論に悪戯に賛同してしまう」のは、

「正に、愚民であり、非国民」である』。

|

小沢被告も有罪判決のその子分たちも、既に、政治生命はほぼ終わりでしょ・・・。

『「実質的に終わっている者たちへの執着」は「執着する民主党自体の終わりも近づける」。

「石川被告等に対する有罪判決」は、

「現状日本社会の司法判断として、当然の判決」に他ならない。

「当然」なのは、

「コノ手の事件」が「状況証拠だけで有罪に出来ない」のなら、

「コノ手の事件」は「実質的に取り締まれなくなってしまうから」だし、

「コノ手の事件を、状況証拠だけで有罪にする事のデメリットは、ほとんど皆無に近いから」だ。

むしろ、「コノ手の事件が状況証拠だけで有罪」が「通例化」すれば、「政治資金等の透明性が益々高くなるメリット」まで付いてくる』。

『つまり、

「今回の当然の判決」は、

「日本社会において、コノ手の脱現行法悪には、お墨付きを与えない意味も含む、

日本社会を良くする正当な判決」である』。

『「有罪議員は、早々に、議員辞職するべき」だ』。

『「小沢被告の近未来も同様」だろう』。

『「裁判員という形で一般市民まで引き摺りこんだ昨今の司法制度改革」で、

「日本の判決等も変化するのが当然」である』。

『「最近の事例」を見ると、

「日本国内で不当な工作活動まで未だに行っている

北朝鮮系の人脈に対する厳しいマスコミ等の論や判決等が目立っている」。

「冷静に見れば、それは、まるで、日本国内における韓国対北朝鮮の対立の様相もある」のだが、

「何れにしても、

日本の現行法を悪用して、

日本に対する悪さを行い、

罰等を逃れようとしている連中に、

厳しい手段で臨むのは、

良い傾向」だ』。

『「他国人脈の紐付きの日本の国会議員」などを、

「●流テレビ・マスコミ等や、地元の風潮で、当選させてしまっている異常な一般日本国民の多さ」には、

「全く呆れるばかり」だが、

「他国人脈の紐付きの日本の国会議員などは、要らない」のである。

「有権者も、

テレビ・マスコミ等も、

司法も、

日本国民である自分を見失わない様にしっかりする」のは、

「良い事」だ』。

|

ユッケ&タバコ・・・。

『「新たに導入された食用生牛肉に対する食中毒を防ぐ為には当然の、しかし、厳し過ぎる面もある法規制」により、

「ユッケを出す店は、減り、ユッケを出す店でも、ユッケは、高額になる」だろう。

「同レベルの厳し過ぎるくらいの高額タバコ税」により、

「タバコが高額」になれば、

「タバコを吸う人も減り、副流煙被害者も含む多くの人々の健康増進効果も見込める」。

「ユッケの扱い店減少&高額化」も、

「タバコ税の高額アップ」も、

「厳しいやり方」だが、

「相応に正当性がある」のは、

「どちらも、

生活必需品でも無く、

好き勝手のままでは、

どちらも、相応に、危険

(ユッケの場合は、食中毒の危険性

タバコの場合は、副流煙被害者まで含めて発ガン性等の増大)

だから」だ』。

『「筆者は、

元々、タバコは吸わないし、

基本的に焼き肉店には行かない

(小学校時に焼き肉店の後、二度も入院しているからだが・・・)

し、

ついでに言うなら、

普通の牛肉を食べると、

血流が悪くなる感じが実感出来、

頭の回転も落ち、

凶暴になり易くなるので、

牛肉自体も滅多に食べない」』。

『「人類の歴史を振り返る」と、

「飲食物等も相応に変化している」。

「人類は、

何時まで、

ある程度多くの人々が、

タバコを吸い続け、

牛肉を食べ続けるのだろうか?」』

『「牛肉食も、

タバコも、

情報・教育等により、

嗜好者の数が大きく変化する筈」だ。

「地球生命体細胞群の一塊である人類」が、

「他の地球生命体細胞群を飲食物等化」し、

「飲食等しているのが実態」であり、

「人類にある意味での横暴が許されている」のは、

「地球生命体細胞群の存続~永続の為、

地球生命体細胞群自体が、

宇宙へとその住処を広げる為」である』。

『「この意味から」も、

「他人の健康状態まで悪くするタバコ」も、

「頭の回転を悪くし、凶暴性を増し易くする普通の牛肉」も、

「人類にとって、あまり良い飲食物等とは言い難い」。

「牛肉食やタバコ等の衰退には、相応の合理性がある」のである』。

|

日本社会の病根とは・・・。

『「何処ゾ屋の言い分」では「建前と本音の二重構造が悪い・・・」等という「本質無視の情報工作論レベル」だが、

「日本社会にせよ、他の国の人間社会にせよ、その病根は、はっきりしている」。

「病根は、人間の実体との整合性の悪さ」だ』。

『「普通に考えてみれば、直ぐに判る」。

「建前と本音が合えば、日本社会が良くなるのか?」

例えば、

「憲法を始めとする法律を現状に合わせて変え」、

「政治政党も選挙時のマニフェスト通り動き」、

「裁判時には、どんな人にも、どんな状態でも、法律通りの処置をし」、

「法律で定められた事は、そのまま守る・・・」という「日本社会の実態」は、

「立法府が全権を掌握する独裁社会」である』。

『「科学レベルに達していない法律」の「実体は、宗教的納得法に過ぎない」のだ。

そして、

「現行立法府の行っている事」は、

「科学レベルの実証&整合性を取る現実的な作業」では「無く」、

「立法府がその時、その時点で、その方が良いと判断した法を制定している事」に他ならない。

「この様な状態で、得られている結果」は、

「科学レベルの法で、現実・実体等との整合性を取る為の道具」では「あり得ず」、

「特定の考え・思いに基づいた、国民を支配・統制する為の道具」に他ならない』。

『だから、

「宗教レベルの法の間」は、

「悪戯に、建前と本音の一致を求めてはいけない」のだ。

「不完全な現行法等を絶対視せず、

ちゃんと現実を検証する努力を惜しまず、

人間社会の進化の方向性や、現状の変化等々も見据えた大局的な判断も加えながら、

適当に利用する事」で、

「実際の日本社会を{良くする事}が重要」なのである。

「厳格な法使用等で、

日本社会を悪くしてしまってはダメ」であり、

「良くする為なら柔軟な解釈も良い」のである。

「政党マニフェスト等も同様」だ。

「厳格に尊守するべき」とは「社会の変化への適応性を失わせる事」である。

「政党マニフェスト通りの政権運用を強いる日本社会」とは、

「固着化した日本社会」であり、

「ある時点に固着化した者・物・事」は、

「時の流れと共に直ぐに旧態化・陳腐化する人の世の現実を知る」なら、

「日本社会を固着化させる事=日本衰退工作である事」は、

「誰にでも判る」』。

『「大局的な日本社会の病根」は、「上記の通り」だが、

「局所的な日本社会の病根の一つ」は、

「他国を有利にする情報工作等」なのだ』。

・・・・・・・。

『「局所的病根が、病根は、他にある!」と訴えても、

「見苦しいダケ」なのだ。

「局所的病根になってしまっている人々」は、

「先ず、自らの病気を治すべき」である』。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »