« 放射線の測定に税金を投じない荒川区の英断・・・。 | トップページ | 昨今の記事が相当気に入らない様で・・・。 »

誰でも分かるTPPの本当の目的・・・。

『「政界では、TPPお化け・・・、大手テレビ局でもその宣伝・・・」なのだから、「本当に呆れる」。

「米国が日本に求めて来ているTPPの本当の目的」など、

「少し、考えれば、誰でも分かる」のに』・・・。

『先ず、

「何処の誰が、日本のTPP参加を求めているのか?」

言うまでも無く、

「表むきは、米国の政界」である。

「米国の政界の意向を実質的に決定しているのは、誰か?」

言うまでも無く、

「米国の政界に大きな影響力をもたらしている連中」だ。

「米国の政界に大きな影響力をもたらしている連中とは?」

言うまでも無く、

「米国の金融投資界や大企業経営者等々」である』。

『「要求元が判れば、要求の本質も簡単に判る」。

「米国の金融投資界や大企業経営者等々」は「何を求めているのか?」

言うまでも無く、

「新たな市場」だ。

そして、

「米国側が有利になる状態」だ』。

『「その為に、連中は、日本に何を望むのか?」

「米国の金融投資界が、日本の個人資産を狙っているのは、明白」である。

「米国の大資本農林畜産漁業等が、日本の消費者を狙っていると共に、日本のそれらの領域を狙っている事も、明白」だ。

「自由化により、日本の自動車・家電等の産業が有利になる」と「見ている向きもある」が、

「米国側の思惑」は、

「自由化により、日本の産業を自由に使ったり、売買したりする事によるメリット」だ。

「自由化すれば、大資本がより有利になる」から、

「大金を持つところがより有利になる」のである』。

『「同時に、TPPには、防衛ラインを引く目的も在る」。

「米国の軍事産業が生き続ける為」には、

「仮想敵国等が必需」だから、

「将来的に、TPPに中国も参加・・・というお笑い論は、成り立ち得ない」。

「極東地域の防衛ラインを、中台間、韓北間、日ロ間に維持し続ける事」により、

「一定の緊張感をそれぞれの国の間に維持し続けさせる事」でのみ、

「米国の軍事産業も生き残れる」のである』。

『「つまり、米国による日本のTPP参加要求」とは、

「日本に、実質的に米国の一部になる事を強いている要求」なのである。

そして、「その反面」でもある、

「鳩山等による、中・ロよりのアジア共同体幻想」がもたらす「実質」は、

「日本の中国への属国化」である。

「国境線を低くする事」は、

「大が小を飲み込む入り口に他ならない」』。

『「国境線を低くする前」には、

「人類の文化の進化が必需」なのだ。

「それは、

主として、

他人を支配したがったり、

他人に自分を支配させたがったり、

現実逃避という麻薬になる者・物・事を求めたり、

覚せい剤的働きをする大枚や大権等の者・物・事を求めたり、

している多くの人々の現状である、

代償欲求追及型文化から、

主として、

自分で、自分を健康にコントロールし続け、

権力は人に持たせず、事実・現実に預ける、

本質追求現実文化への進化」である』。

『「冷静に、現実を把握する」なら、

「生きている誰もが、今、この瞬間にも、誕生・死を繰り返しながら、存続している細胞の塊」であり、

「その細胞の命の連続性は、地球上の全ての生物に繋がっている」のだから、

「最初から地球生命体細胞群の世界は一つ」であり、

「その共通目的は、地球生命体細胞群の存続~永続」である。

「人類も他の生物も、存続の為に、増大&多様性を生み出し、

多種共存を基本とした多様性により、

地球生命体細胞群は、

狭くなって来た地球から宇宙へと進出可能になって来ている」のが「現実」なのだ』。

『「崩壊を招かない為」にも、

「順番を間違ってはいけない」。

「人類の文化の進化前」ならば、

「国境線により、ある程度の多様性が担保されている方が、構築度が高い」のである。

「崩壊を防ぐ為には、時間経過に合わせて、構築度を上げる事が必需」だ。

「国境線を低くし、構築度を下げ、崩壊を招く前」に、

「人類の文化の進化=現実化が必需」である』。

『「人類滅亡に向かう」も「地球生命体細胞群の存続~永続に向かう」も、

「一人一人の人間の意向の集大成によって決定されるべき」である。

「現状で、過分な権力・立場等を保持している者たちによる、

病的な代償欲求追及の欲動によって、

人類全体の向かう先を決定させてしまう事」は、

「人類滅亡に直結している」のである』。

|

« 放射線の測定に税金を投じない荒川区の英断・・・。 | トップページ | 昨今の記事が相当気に入らない様で・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事