« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

30代現役官僚の給料とオセロ中島の報酬・・・。

『「30代現役官僚が自らの給料をオープンにした。月収手取り37万円位になるとの事」だ。

「東大卒の国の官僚でこの程度の月収」である。

「中程度の生活は可能」だろうが、

「当然、オセロ中島の様に、家賃数十万円の高級マンションを二軒も持つ様なまねは出来得ない」』。

『「国の官僚の仕事」と「オセロ中島クラスの芸能人の仕事のどちらに価値があるのか?」を考えれば、誰でも分かる筈だ。

「一部芸能人の報酬は異常」なのである。

(そして、「その異常な芸能人の報酬」が、更に、「マンションのオーナーである芸能人に還流・・・」なのだ)』。

『「国家公務員の給与削減」は、「国の財政が赤字だから仕方無い面もある」のかも知れない。

「国が赤字だから国家公務員の給与削減・・・」なら、

「黒字自治体等の地方公務員給与に、削減の理由は無くなる」。

「それどころか、黒字なのだから、給料アップ・・・」が「当然」だろう』。

『「一部芸能人の異常に高い報酬」は、

「芸能界の異常な利権集中格差社会状態が生み出している」。

「何処のテレビ局でも同様の顔の裏」では、

「同様の顔の芸能人とその芸能人が所属している芸能事務所等への異常に高いお金の流れが在る」のだ。

「それと共に、異常に低い芸能人の報酬が多々在る」。

「今の日本の芸能商売」は

「正に、タダ同然の原資」の中から、

「芸能事務所等の権力者に都合の良い者」に、

「テレビ・マスコミ出演等の利権」を与え、

「大衆に、何時でも、何処でも、同じ顔出演等で、無理強いする事」で、

「特定の者を無理やり覚えさせる事」で、

「成り立ってしまっている」のである。

「その裏に在る」のは、

「芸」でも「能」でも無く、

「芸能事務所やテレビ局等の権力者の意向」だ。

「一般人が、そんなモノに付き合う必要など全く無い」のである』。

『「本来、

報酬とは、

人間の実体である地球生命体細胞群の存続~永続に対する貢献度に応じて支払われるべき物」だ。

「ところが、現状のいい加減なインチキ経済システム」では、

「権力者等、特定極一部の者の意向で報酬が決められてしまっている面も未だに多い」から、

「権力さえ得れば・・・」等々と「不健康な思いに操られてしまう愚か者たちも後を絶たない」のだ。

「健康に考える」なら

「デタラメな報酬等を決めている権力者等から

不当で過剰な権力等を取り去る」のが

「正解」なのである』。

『「他人の給料や報酬と、自分の給料や報酬を悪戯に比べる」だけでは、

「報酬問題の本質の解決は見出せる訳も無い」。

「他人より良いから・・・」と言っても「それが正当とは限らない」のだ。

「自分の実体からちゃんと整合性を取る」なら、

「仕事とは?」

「報酬とは?」

等々の「本来も理解・把握出来」、

「本来と現状のギャップの是正こそが正当な道である事も直ぐに解る」筈だ。

「実体や現実との乖離の是正無き者・物・事は崩壊し、

実体や現実との整合性が高い者・物・事は存続する」のは、

「自然の摂理」である。

「身近なニュースの報酬問題」でも、

「上辺の世間話を繰り返している内」は、

「何ら進展も無い」が、

「多くの人々が本質に思いを至らせ、

現状の問題点を解決する意思を持てば、

未来は開ける」のである』。

『「人に過分なお金等を持たせてもロクな事は起きない」のは、

「鳩山元総理」や、

「オセロ中島」等々の「実例」を

「考えても明らか」だろう。

「逆に、必要なお金等さえ無い人は、不当で過分な困窮状態に追い込まれている」。

「格差是正は必需」であり、

「過分な報酬・財産等を有してしまっている人々から過分な報酬・財産等を取り上げ、

必要なお金等さえ無い人々に再分配する事等々」は、

「その人たちの健康の為にも、人間社会の健康の為にも、良い」のだ。

「良い事を行おうとしない政治家や有権者たち」は「良い人では無い(=悪い人、もしくは、迷い人)」である』。

|

どじょう野田総理は実は小沢一派と同様?・・・。

『「民主党にとって解散総選挙は自滅への近道」だが「日本にとって民主党政権が続く事は自滅への近道」でもあるのだ。

「野田総理が民主党<日本なら、解散総選挙に対して何の抵抗も無い筈」だが、

「小沢一派と同様で、民主党政権維持による保身が第一なら、解散総選挙のハードルは一気に高くなる」。

「つまり、近々、早々に、解散するのか?しないのか?で、野田総理の本質は丸見えになる」のだ』。

『「元々が、自民党以外の大政党として多種多様な政治理念や思想信条を持つ者たち(旧社会党一派や鳩菅一派や小沢一派等々)が自民党からの政権交代の為、無理やり集まった民主党」・・・。

「政権交代の為、子ども手当てや高速道路無料化等、財政の根拠が無いばら撒き政策を連呼した民主党」・・・。

「民主党の実体を知らず・見ず、テレビ・マスコミ等の誘導にも乗せられ、甘い汁に寄り集まってしまった多くの有権者たち」・・・。

「政権を取ったら程無く、余りにも酷い、政権担当能力の無さを露呈した民主党」・・・。

「民主党政権ゆえに失われ続けている国益・国民益は計り知れない」』。

『「今は、政界再編の風が吹き始めている」。

「その風を止め、民主党政権の維持に固執しているのが、民主党政権維持に拘る保身派」だ。

「今時、保身派の域を出ない限り、野田総理も小沢一派も、日本の国会議員の器では無い」』。

『「日本の中では多様な人脈がそれぞれの人脈にとって都合の良い日本にしようと動いている」。

「一番数が多い」のは「言うまでも無く、本来の日本人」だが、

「本来の日本人の多くには、出たがり屋にならず、周囲に合わせ、任せ過ぎるきらいがある」。

「数の面では、本来の日本人に大きく及ばないが、日本での主導的立場を得たがり、日本を自分たちにとって都合良く支配したがる者が多いのが、朝鮮系の人々」だ。

「元々が、支配側に回れば何をしても良く、被支配側に回されると何をされるか分からない・・・のが、朝鮮の文化だった」。

「被支配の恐怖は反動形成で支配欲を望み、支配側に上がる為には何をしても良い等の文化に繋がっている」。

「その精神構造から、日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置付けた連中の誕生もあり、

長期計画で日本乗っ取りを実現しようとしている連中は、未だに、日本社会に巣食っている」。

「日本に渡来し、日本に馴染み、帰化し、日本国民の立場で善良な生活を送っている朝鮮系の人々は、全く問題無い」が、

「日本には上記の様な不健康な思惑を持ったまま居る在日朝鮮人や朝鮮系の人々が少なからず居る」のだ。

「戦後日本の情報・教育が異常なのは、米軍の支配政策ダケが原因では無い」。

「米軍に取り入った朝鮮人による情報・教育支配の策略でもある」。

「終戦時に米軍に取り入った朝鮮人」は「終戦直後日本国内での米軍による統治を手伝う旨約束し、その為に日本軍の武器の保持も許された」。

「ところが、日本軍の武器を持った朝鮮人たちが行った事」は「駅前の一等地等を武力により略奪する等々の乱暴狼藉」だった。

「乱暴狼藉の果てに、朝鮮人は戦勝国の民だ!などとあり得ない嘘まで言う状態にまで付け上がった」ので、

「さすがの米軍も呆れ、武器を持った朝鮮人たちを鎮圧した」。

「米軍が朝鮮人に向かって、あなた方は戦勝国の民では無い。戦敗国の民でも無いなら第三国の民だ。と言った」のが「三国人という言葉の誕生」である。

「武器を保持した朝鮮人の問題は、米軍により、その後の日本の政策により、解消された」が、

「情報・教育が朝鮮系に支配された負の遺産」は「戦後、未だに、解消されていない」。

「戦後ずっと、

別天地を求めて日本に渡来したり、

日本乗っ取り策略の為に日本に渡来したりしたまま、

帰化したり、在日のままで、

朝鮮には戻らない人脈の人々の一部が、

情報・教育等を使って、

日本を自分たちにとって都合の良い状態にしようと動き続けて来ている」のである。

「そんな情報・教育に、調教され、操られてしまっている」のが「日本人の所謂左翼」なのだ。

「所謂左翼は、所謂左翼である限り、そのスジの人々には歓迎される」から、

「他の人々に認められた幻想を見る事も可能になる」。

「しかし、その実体は、朝鮮の都合で動く犬として可愛がられているダケ」なのだ。

「間に領土問題がある」のに「韓流ブームや韓国製品等の購入等々で韓国にお金を流す事の愚かさ」は、

「韓流ブーム等々で韓国にお金を流せば、韓国が竹島の不当占拠を止めるのか?」を考えれば、「誰でも解る筈」だ。

「むしろ、実態は逆で、韓国に流れたお金は、韓国が世界に対して竹島(独島)は韓国領だと主張する為の資金に化けたりしている」のだ。

「何しろ、日韓併合により、

日本のお金・技術・人等々で、

朝鮮内の急速な近代化を行い、

朝鮮人の人口まで増やし、

朝鮮人の教育水準等も飛躍的に上げた事を、

日本による植民地支配だ!その補償をよこせ!とゴネる恩知らず、恥知らずの状態のまま」なのが、

「現在の朝鮮」である。

「朝鮮側は日本は永遠に謝罪し続けるべき」などと「あり得ない事を言っている」が、

「実体通りに対応する」なら「朝鮮は日本に永遠に感謝すべき」であり、

「戦後~現在までの恥知らずの愚行について永遠に日本に詫びるべき」である。

それにしても、「先ず、行うべきは、日本国内の情報・教育の正常化」だ』。

『「民主党にはもちろん、現状の国会議員は、情報・教育界同様、朝鮮系の人々の割合が高い」。

「朝鮮系の人々は率先して支配側に回りたがり、多くの平和ボケ日本人が悪戯にその様な状態を容認し続けて来たから、その様な状態になってしまった」のだ。

「結果、日本の政権なのに、所謂左翼同様、日本を不利にし、朝鮮を不当に有利にする政策まで行ってしまって来ている」。

「朝鮮を有利にする事を続ける事は、朝鮮による日本の支配を容易にする事に直結してるのに!」

「少数派による多数派の社会」とは、

「清王朝による漢民族支配」や、

「中国共産党による中国支配」や、

「朝鮮王朝による朝鮮人支配(現在の北朝鮮と同様)」や、

「ユダヤ系による米国支配」等々と「同様」の「超格差社会になる」のだし、

「超格差で支配側が圧倒的に有利にならない限り、少数による多数支配は困難」なのだ。

「本来の日本人で、日本を北朝鮮みたいにしたい人」は「ほとんどいない筈」である』。

『「在日韓国人の団体、民団の要望である外国人参政権に賛成」とか、

「移民政策に賛成」などという

「反日国会議員の数を出来る限り減らす事が、日本国・日本国民の安全保障に直結している」のだ。

「ある程度の安全・衣食住情報等々の環境が無ければ、高度な文化も技術も育ち得ない」。

「原発問題でもそう」だが「不安は人々を萎縮させ目先の保身に走らせ易い」のだ』。

『「野田総理が本来の日本人なら、

民主党政権の維持に拘るべきでは無い。

むしろ、民主党政権は一刻も早く終わらせるべきである。

日本の為に、

政界再編風に力を加え、

早々に、解散総選挙を行うべき」である』。

|

前の記事では嘘の歴史認識について記したけど、嘘の歴史認識を宗教に変えても同様なのです・・・。

『「事実・現実からの乖離」という面では、「嘘の歴史認識も宗教も同様」だ。

「丸ごと一人の死生観も同様」である。

「だから、前の記事と同様の問題が、それらとも共に在る」』。

『「宗教を過剰に強く信じて、依存状態にある人々」も、

「事実・現実の地平面に立つ人権を実質的に阻害されている状態に他ならない」。

それと同時に、

「その様な状態の人々」は、

「一その様な状態の人々が信じている者・物・事が崩壊したりする」と、

「嘘の歴史認識が崩壊した時に嘘の歴史認識に依存していた人々が示すのと同様の精神的錯乱状態を現す場合が多い」。

「イスラム教やキリスト教やユダヤ教や仏教等々」でも

「過剰依存状態にあり、事実・現実からの乖離が激しい状態の人々」とは、

「実質的に人権が守られていない人々」なのだ』。

『「信仰の自由」とは「信仰者たちによるメリットを受けている人々にとって都合の良い言葉」だが、

「信仰でも何でも、自由を得る前には、自由を得る人が事実・現実の地平面に立てている必要性が在る」。

「事実・現実の地平面に立てていない人々の自由」とは、

「実質的に、{その自由}に縋っている事に他ならない」のだ。

「そんな状態は客観的に見れば、自由では無く依存である」。

「依存状態の者たち向かって言われている信仰の自由の実体」とは、

「依存状態のままで居て頂戴!(その方が都合が良いから・・・)」に他ならない。

「はっきり言えば、依存状態の人々がバカにされ、都合良く悪用されている」のだ』。

『「誰もが、事実・現実の地平面の上に立つ権利=本来の人権を守られるべき」である。

「本来の人権が守られれば、宗教問題等も解決し易くなる」。

「宗教問題等は、直接色々な宗教の問題等に手を付けると、解決も困難になる」が、

「本来の人権の問題から解きほぐして行けば、解決も不可能では無い」のだ。

「今、21世紀の人類の英知が試されている」のである』。

|

嘘のゴリ押しに必死な韓国人たち・・・。

『一部報道によれば、「何と、韓国人の大学教授がニューヨークタイムスに従軍慰安婦の巨大広告を出した」のだそうだ。

「お金の為に自ら進んで応募、もしくは、親等に売られた、従軍{高報酬}売春婦」を「日本に無理強いされた{可哀そう}な従軍慰安婦」と

「無理やりすり替えて大宣伝している事の実体」とは、

「嘘の事実・現実、もしくは、歴史認識の強要」に他ならない。

「そんなモノに操られてしまう米国人等がいるのなら、それは、米国人の資質も多いに疑われる事になる」』。

『「元々、嘘の歴史認識を元に国を始めた韓国や北朝鮮や中国共産党支配下の中国」は、

「全て、同様の嘘の無理強いを行い続け無ければ、国自体の根幹が???になる」。

「事実・現実としては、嘘の歴史認識で国を始めた国家指導者が間違っている」のだが、

「国家創始者でもある人たちを同じ国の人間が否定する事は、

その国の国民のアイデンティティの崩壊にも直結するので困難」と

「思えてしまっている」のだろう。

「しかし、何処の国の人であれ、本当の根幹のアイデンティティは事実・現実の上に在る」。

「自分の本当の根幹のアイデンティティの喪失と抱き合わせの嘘の歴史が元の国家の民」とは、

「精神異常を強いる状態」なのだ。

「結果として、自分の根っ子が事実・現実に根ざしていない上記の国の人々は、

嘘の歴史認識が元の国家の嘘が露呈し、認めざるを得なくなると、

異常な程乱れる場合が多い」。

「自国民を精神異常状態に追いやる嘘の歴史認識の無理強い」は、

「明らかな人権問題である」』。

『「賢明な人」なら「何処の国の人」でも、

「無理強いしたがっている嘘の歴史認識に操られる事など無く」、

「上記の国々の国民の深刻な人権問題に思いが至る筈」だ』。

『「韓国や北朝鮮や中国共産党支配下の中国」が「救済が必要なのは現実」である。

ただし、「救済が必要」なのは、

「それらの国々の一部の人々が大宣伝している嘘の歴史認識に基づいた者・物・事では無い」。

「嘘の歴史認識で操られてしまっているが故に精神異常状態に追い込まれているそれらの国々の多くの一般国民」である』。

『「人間誰しも、事実・現実の地平面の上に立つ権利が有る」。

「その基本的人権を阻害している国家権力者や有力者たちこそ悪魔の手先に他ならない」』。

|

民主党モノと宗教モノは反応良過ぎ!・・・。

『「筆者が、そのスジの連中にとって気になる様相の記事をアップする」と「工作員たちも敏感に反応する」。

「顕著なのがタイトルの様な事」だ。

「本日も先の記事をアップしたら、程なく、筆者のところに向かって来ている電磁波が強化された(その分マイナスイオンが強くなるので、直ぐ判る)」』。

『「タイトルの事+朝鮮がらみ、中共がらみ」は「本当に反応が良い」。

「現状の日本国内」には「その様な実質的工作員たちがうじゃうじゃいる」のだ』。

『「街の中で普通の人に紛れている歩行者等工作員たちの電磁波工作兵器の使用実態」も「少し判明した」のでついでに記しておこう。

「電磁波工作兵器を持たされている(胴体に巻かれていると推定される)のは、

老人だったり、女性だったり、中年だったり、怪我をしている若者だったり・・・と、

傍から見ると人畜無害に見える人々が多い」。

「そして、電磁波工作兵器から発せられている電磁波レーザーの照準を携帯電話等を利用して操っている」のは、

「黒と赤や金等、そのスジの人々が好む服を着ている場合が多い若者~中年の男性や、結構シッカリしていそうな女性等、

如何にも指令側・・・といった様相の人の場合が多い」。

「電磁波レーザーは、人体に一本くらい当たっても大した影響は出ない」が、

「二・三人~数人の工作員が持っている電磁波レーザー兵器の照準を一箇所に集められる」と

「当たった場所が痛くなり、長時間そのままだと、火傷の様な痕が残るくらいの威力がある」。

「脳内や目や心臓等内蔵への悪影響も十分に考えられる」。

「一刻も早い摘発が必需」である』。

|

最近、頭にくる事・・・。

『「車で道を走っていると、結構な割合で●●文化会館とか幸福の●●等々の新興宗教施設が見受けられる」。

「宗教とは何か?さえ満足に教えない愚民化教育と宗教法人に対する税制優遇がもたらした結果がコレ」である』。

『「宗教法人の会計処理」は「不透明なままで良い部分も在る上に税制優遇も在り」だから、

「宗教法人は、普通の企業より圧倒的に実利を得易い」。

「宗教法人が実際に行っている事の実体」は、

「信者の心のケア」とか「宗教用品等の販売」等である。

つまり、現在なら、

「精神医学とかカウンセリングとか芸能等々が請け負っているのと同じ部分」と

「フェギアやカード等々のグッツ販売」等なのだ。

例えば、

「精神医学やカウンセリング」では、「宗教施設の建造などほとんど無理=つまり、そんなにバカ儲け出来ない」のが現状の経済だ。

「相当流行っている芸能や商業スポーツの代表人」でも「その宗教施設は一つ在れば良い方で、数箇所も在るのは例外的な人のみ」だ。

「数箇所どころか、何十箇所以上も在る特定新興宗教法人の施設の異常性」は、

「不公平ハンディキャップ経済レースの一つの現れ」なのである』。

『「民主党は、党内に新興宗教団体である立正佼成会の人脈を抱えている」。

「自民党は新興宗教団体である創価学会と縁が深い公明党と仲が良い」。

「つまり、日本の二大政党は、それぞれ特定の新興宗教団体と縁が深い」のだ。

「選挙時には集票マシンにも化ける新興宗教団体の過剰優遇」を「是正出来る力が日本の大政党には希薄」なのである。

「その結果が、

実質的庶民いじめの日本人人口減らしにしかならない、

財政再建にも結びつかない、

消費税増税は声高に叫んでも、

宗教法人の優遇税制の廃止を声高に叫ぶ大政党が無い実態」なのである』。

『「多くの人々の政治不信の一因」は「間違い無く、その様な事態にある」』。

『「昨今では、まるで消費税増税問題のみが政治上の問題だと思われても仕方の無い程の多くのテレビ・マスコミ等による偏向情報提供ぶり」だが、

「言うまでも無く、政治上の問題は、消費税増税問題だけでは無い」。

「消費税増税では同じ民主党と自民党等」でも

「民主党政権と自民党政権では大きく違うし、もちろん、それら二大政党以外の政権ならもっと違う」。

「だから、自民党は民主党政権を解散に追い込む事を躊躇ってはいけない」のだが、

「自民党内からも、同じ消費税増税派なのに、消費税法案に反対・・・では、大衆受けが悪い・・・等々」の、

「まるで民主党政権を応援している、後ろから鉄砲を味方に向かって撃つ様な論まで出ている」のだと言う。

「法案を政争の具にする事」は「何時の時代でも変わりは無い」。

「今更ながらに、法案を政争の具にするな!等々と言っているテレビ・マスコミ等」とは、

「正に、民主党政権を誕生させる事に大きく貢献した、民主党政権のお仲間」なのだ。

「自民党は、民主党政権との違いを明確に訴え、

消費税増税には同様に賛成でも、コレだけ違いがあるのだから、政権交代こそが日本にとってのメリットになる旨を強く訴え、

一刻も早く民主党政権を解散総選挙に追い込むべき」である。

「出来れば、その前に、政界再編がある事が望ましい」』。

『「宗教法人の優遇税制」も「民主党政権」も

「一刻も早く終わらせるべき」だ』。

|

「学校でダンス必修」で「ダンススクールバブル」状態・・・。

『「政策一つで潤う人脈がコロリと変わる」のが「現状人間社会の実態」だ。

「学校でダンスを必修にした事」で「ダンススクールはバブル状態」である』。

『「学校がらみでは、以前にも同様の事態は在った」。

「所謂詰め込み教育時代の塾」がそうだ。

「学校教師は、学校では適当に授業・・・。

結果、生徒の多くが???状態。

その状態に合わせて、学校教師が経営者である場合もある塾では、雇った優秀な若い人等を使って、丁寧に解り易い授業・・・」。

「正に、仕込みと金集め回収の実践状態」である』。

『「現状の人間社会で、多くの人々」は、

「学校教育」とか「大手テレビ・マスコミ」等々は、

「清く正しい物と勘違いさせられている」。

「実体は全く違い、

学校教育は、

時の政権の都合で大衆を操る為や、

政権奪取を狙う者たちが政権奪取を容易にすべく大衆に刷り込みを行う為、

或いは、特定の者たちに利権を誘導する為、

等々である場合が多い」。

「大手テレビ・マスコミ等も、特定の人脈を有利にする為の情報工作機関、等々である場合が多い」のだ』。

・・・・・・・。

『「否科学的な善悪・正義感等」は、「人々を操るツール」に「成り得てしまう」。

「ちゃんと細胞からの信号等に基づいた科学的な善悪や正義感等の知識が有る」なら、

「多くの人々は、他の作為のある人々等に悪戯に操られる事も無い」。

「元々、人類も含む地球生命体細胞群の本当の目的」とは「地球生命体細胞群の存続~永続」である。

「存続~永続の状態を得る為」に「細胞群が本能的に行っている」のが「自己確認」だ。

「つまり、人類も含む地球生命体細胞群の本質的な欲」は、

「存続欲が一番」で「次が自己確認欲」なのである。

「自分の存続の為、自分の状態を健康に保つ為に出てくるのが健康欲」だ。

「自己確認の結果」、

「食が必要なら出てくるのが食欲(呼吸欲も含む)」であり、

「睡眠が必要なら出てくるのが睡眠欲」であり、

「繁殖行動等が必要なら出てくるのが性欲」である。

「人類の場合、それらの本質の基本欲動が脳内で加工され投影転嫁される事により多用な代償欲求に化けている」のだ。

「健康欲の中には、ガン細胞等撃退欲や、死んだ細胞等の排出欲が在る」が、

「それらが代償欲求化されると、他の者・物・事に対する撃退欲や、他の者・物・事に対する排除欲に化ける」のである。

「名誉欲とは、自己確認欲の代償欲求」である。

「色々な者・物・事の構築欲も代償欲求に他ならず、その元は、健康欲であり、食欲であり、性欲であり、睡眠欲(睡眠中に活性化する構築行動の為)である」。

「色々な者・物・事の所有欲も代償欲求に他ならず、その元は、やはり、健康欲であり、食欲であり、性欲であり、睡眠欲(安心して睡眠する為の物質欲求)」なのだ。

「現状の世間に溢れている所謂善悪や正義感等々も代償欲求が生み出した概念」である。

「本来の善とは、地球生命体細胞群(自分も他人も含む)の存続~永続との整合性が取れる事」であり、

「本来の悪とは、地球生命体細胞群(自分も他人も含む)の存続~永続との整合性が取れない事」だ。

「本来の正義とは、地球生命体細胞群(自分も他人も含む)の存続~永続との整合性が取れる事を行う事」である。

「本来の善悪・正義をちゃんと知っていれば」、

「所謂巷の善悪や正義感」が「本来の善悪や正義と整合性が取れるのか?否か?で、その実体も把握出来る」。

「つまり、実際は、地球生命体細胞群の存続~永続と整合性が取れない者・物・事なのに、

善ぶっていたり、正義ぶっていたりする者・物・事に騙され、操られる事も無くなる」のだ。

「逆に、本当の悪もよく判るようになる」』。

『「上記程度の話し」は、

「小学校高学年~中学生くらいでも解るお話し」である。

「くだらない芸能人等のヨタ話しや私生活等々を覚えている暇があるのなら、

ホンの少しの時間を使って、

自分や人生や人類も含む地球生命体細胞群の基本くらい覚え、

自分を健康にコントロールし続ける術を覚えるべき」だ。

「因みに、悪の元であるガン細胞や死んだ細胞は誰の中にも在る」。

「人はどんな人でも、悪を身をもって知っている」のだから、

「どんな人でも、自分を健康にコントロール出来なくなると、悪人に成り得る」のだ。

「もちろん、どんな人の中にも善の元である健康な細胞は溢れている」。

「だから、どんな人でも自分を健康にコントロールし続ければ、善人であり続ける事が出来る」のだ。

「人類は、他力的に、特定の人々の善人化を阻害する愚かな行為」などは、

「自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続の為に、とっとと止めるべき」である。

「特定の他の者・物・事を悪として、善ぶる行為が偽善」なのだ』。

・・・・・・・。

『さて、

「現状の学校教育」や

「現状のテレビ・マスコミ等」は、

「地球生命体細胞群の存続~永続は、どれ程整合性が取れているのか?」

「基本を押さえた上で、良く考えれば、誰でも、その情報等の悪質性が良く解る筈」だ』。

|

日本で利権集中悪徳改悪が大きく進行し格差社会化が顕著になったのはテレビ・マスコミが煽った小泉ブームの後なのだ・・・。

『「タイトルの現実」からも「テレビ・マスコミ等が意図的に作り出して来ているブームの正体は丸見え」だ。

「小泉ブーム」も「民主ブーム」も「橋下ブーム」も、

「みんな多くの一般日本国民を困窮に追い落とす反面、極一部の特権階級層の力を益々増す為のブーム」に他ならない』。

『「米国や韓国や共産党支配下の中国等が正にその社会構造」で、

「一端その様な極端な二極化社会となってしまう」と、

「一般庶民は、現実逃避状態に追い込まれると共に、

特権階級層に憧れさせられ、

一攫千金の●●ドリームを見させられると共に、

特権階級層の世代間連鎖も容認させられ、

特権階級層が支配する企業等で生活費を稼ぐ為に特権階級層の犬である事を強いられる」事になる』。

『「テレビ・マスコミ等に操られて、その様な道に日本を歩ませるのはバカ」である。

タイトルの現実からも明らかな様に、

「小泉ブームの反対側にこそ、多くの一般日本国民の為の政治が在る」。

「韓流テレビ・マスコミ等が嫌っている、悪イメージを付けている」、

「反小泉」、「反小沢」、「反民主」、「反橋下」にこそ「多くの一般日本国民の為の政治が在る」のだ』。

・・・・・・・。

『「日本を格差状態に追い込む前の小渕政権」に「総理が死ぬ程の圧迫を加えた」のが「小沢」である。

「小渕総理亡き後、訳の分からない総理交代劇で、清和会政権が出来た」。

「その流れの延長線+テレビ・マスコミ等のブーム煽りで出来てしまったのが小泉政権」である。

「小泉の改悪に反対した」のが「平沼や亀井」である。

「その後、格差社会に対する補正を行おうとして来た安倍や麻生に対して、猛烈なバッシングを行ったのも多くのテレビ・マスコミ等」だ。

「そして、民主ブームを煽ったのも、多くのテレビ・マスコミ等」だ。

「現在、民主は自民よりダメ!!!が判明すると、今度は、橋下ブームを煽っているのが多くのテレビ・マスコミ等」である。

「ただし、橋下ブームについては、左翼連中が嫌いな見せ球国旗・国歌があるので、ブームの煽り方も左翼のアイデンティティを保つ分だけ変化球的」だ。

「しかし、直球でも変化球でもブームを煽っている事自体は変わりが無い」。

「そして、橋下氏は、脱原発&外国人参政権賛成」と「正に、韓流テレビ・マスコミ等の意向と同じ」なのである』。

『「多くの一般日本国民」は「これ以上、自虐的な判断を積み重ねてはいけない」。

「次の総選挙時には、絶対に判断を誤ってはいけない」のである』。

|

韓流テレビでフジを叩くバカ・・・。

『「韓流=親朝鮮という意味では、フジより遥かにテレ朝とかTBSの方が酷い」が、「何故か?フジだけが叩かれている」。

「その裏に在る」のは、

「そのスジの思惑」なのだ。

「韓流=親朝鮮」では、

「安い韓流ドラマ等を大量使用した程度の疎いフジを叩く事」によって、

「他の本陣韓流テレビ局=親韓情報がテンコ盛りの価値を上げる情報工作活動」なのである』。

『「日本での反朝の動き」に「対して」、

「韓流テレビ・マスコミ等は必ず、最終的に日本側が謝る処理を好む」。

「それは、芸能人の韓流批判でも、一般人の嫌韓でも同じ」だ。

「それらは、意図的な情報操作」なのである』。

『「嫌韓・反韓」は、

「何しろ、竹島を不当占拠されている」のだから、

「それだけでも、日本人なら当然」である。

「北朝鮮については言うまでも無い」だろう。

「自国の領土を不当占拠している国や日本に対して悪の工作活動を仕掛けている国に対して、親しみを覚える」のは、

「非国民」である』。

|

橋下新党の正体・・・。

『「韓流テレビ上がりで、外国人賛成派&反原発」で「正体は丸見え」。「つまり、第二の小沢」なのです。

「保守=親日」仮面で、実は「左翼=親中共親朝」という「日本人騙しの受け皿」が、

「小沢では無理」と「判る」と、

「テレビを悪用して橋本」というのが「実体」です』。

『「現状のまま」なら、

「今後、橋下新党は、橋下氏の意向である外国人参政権と日本のみ脱原発という日本を大きく衰退させる政策」に「動く」でしょう。

「橋下チルドレン」は「その意向に沿う者」になるでしょう。

「君が代とか国旗とか上辺の日本乗っ取りに対する実影響が少ない物事」では「保守=親日」で、

「内実を支配する為に重要な外国人参政権」や「日本の製造業に多大な打撃を与える事に直結している脱原発」では「左翼=親朝・中」というのが「現状の橋下氏の実体」です。

「日本の政治の内実を支配出来れば、竹島は韓国領、次に、対馬、或いは、何処かの市町村は実質的に朝鮮領、等々」といった「日本乗っ取り拠点作り」が「可能になります」。

「脱原発で日本の製造業に大打撃を与える事=日本と重なっている品目が多い韓国の製造業に多大なメリットを与える事」です。

「国旗・国歌」で「意図的に肉を切らせて日本を騙し、外国人参政権や日本のみ脱原発で日本の骨を切る策略」の臭いが濃厚です』。

『「その上、強力なリーダーに依存する体質を多くの一般日本国民に植え付ける事も行っています」から、

実質的には、「少数で多数を支配する体制作りをしている訳」です』。

『「外国人参政権に反対」&「原発を率先して使用する事等により日本の製造業を復興」等々の

「日本の骨格をしっかり発展にさせ、

日本を骨格からしっかり有利にさせる政策を

明言し、実行しようとしない限り、

橋下新党は第二の小沢一派の域を出得ません」』。

・・・・・・・。

『「橋下氏や前原氏等も同様ですが、出自の周囲に在日朝鮮人がいた人は、往々にして、外国人参政権に賛成の場合が多い様」です。

「身近な者の意向には反対し辛い・・・」では「日本の政治を任せる器で無い事が明白」です』。

|

人類にとって、核問題とは宇宙開発と同様に処理すべき問題なのだ・・・。

『「人類が核エネルギーを実用化してから、既に、数十年が経っている」。「核エネルギーの実用化の最初」は「不幸な事に核兵器であり原爆」だった。

「核エネルギーの平和利用」が「原子力発電等」である』。

『言うまでも無く、

「核エネルギーは膨大なエネルギーを発し、

その制御もそれなりに大変で、

更に、万一、事故等で制御不能になれば、その影響は甚大で広範囲に及ぶ」。

「つまり、人類にとって、他の誰かが、核兵器にせよ、原発等にせよ、持つ事・使う事」は、

「他人事では済まない事」なのだ』。

『「核エネルギーの利用は、

全世界レベルの管理の下で行うべき」であり、

「それは、宇宙開発と同様の問題」なのである』。

『「何処の国でも核兵器を作り保持して良い。ただし、その管理・使用は、全世界レベルで行う」。

「何処の国でも原発等を造り運用して良い。ただし、その管理は、全世界レベルで行う」。

が正解なのである。

「管理を全世界レベルで行う」なら、

「ちゃんと管理し易くする為にも、技術も全世界レベルで最上にする事が好ましい」。

「技術を全世界レベルで最上にする事」で「事故等は最小に押さえられる」のである』。

『「今時、数十年も前に実用化され使用された兵器を作るな!」と「規制し続ける事は困難を極めるのが当然」だ。

「作るな!」が無理なのだから、

「不当な使用を避ける為にも、好きに作って良いから管理は全世界レベルにする」が「正解」なのだ。

「希望する全ての国が最上の核兵器を持ち、全世界レベルで管理をすれば良い」のである。

「同時に、希望する全ての国が原発を持ち、全世界レベルで管理をすれば良い」のだ。

「この意味からも、技術国の脱原発は間違っている」』。

『「人類は、もうじき、或いは、既に、核エネルギー以上のエネルギーを実用化する(している)」だろう。

「核について、全世界レベルの管理が実現する」なら、

「核以上のエネルギーについても、全世界レベルの管理が可能になり易くなる」』。

|

「学校でダンスを必修」の裏・・・。

『「日本社会の中でも、立場や職業により、その立場や職業に係わっている人々の人脈が違う」のが、「実状」だ。

「テレビ・芸能界」と「暴力団」等々では、「一般日本社会と比べて、朝鮮系(在日も含む)の人々の割合が異常な程高い」。

「ダンスとは、言うまでも無く芸能」である』。

『つまり、

「学校教育でダンスを必修にする事」は、

「芸能界により多くのお金を流す事」であり、

「同時に、芸能界に多い朝鮮系の人々にもより多くのお金を流す事に直結している」のだ』。

『「其処の何処が問題なのか?」

「朝鮮系の人々がより多くのお金得た一つの結果」が「民主党政権の成立」である。

「金権社会」では「その社会の権力構造とお金の量」に「相関関係が在る」。

「朝鮮(韓国・北朝鮮共に)が親日なら問題無い面も大きい」が、

「北朝鮮は拉致を始めとする重大な実害を日本国・日本国民に及ぼし、その解決も未だ、なばかりか、核兵器やミサイル開発にまで熱心な上に反日教育を行っている」。

「韓国は、竹島を不当占拠し、やはり嘘の歴史教育&反日情報・教育が蔓延し、

強制連行や従軍慰安婦等あり得ない問題まで捏造し、

しかも、あり得ない補償まで再三日本に求めて来ている」。

「そのスジの人々」が「日本でより大きなお金を持つ事の意味を考えれば」、

「誰もが、深刻な問題に気付く筈」だ』。

『「民主党の中には、在日韓国人の団体である民潭の要望である外国人参政権に賛成の人々が多数いる」。

「そればかりか、在日外国人の地位向上等を目指している人々も、数多くいる」。

「上記の様な{竹島を不当占拠している反日朝鮮}が、日本国内において参政権を得る事の意味を考えれば、誰でも分かる」筈だ。

「連中の目的」は、

「竹島の次は、外国人参政権を悪用して●●の不当占拠」であり、

「果ては、日本乗っ取り」である可能性が極めて高い。

「そうでは無い」というのなら、

「拉致被害者を全員日本に帰還させ」、

「一切の工作活動は止め」、

「不当占拠している竹島を返還」し、

「嘘の歴史教育や反日・情報教育は止め」、

「在り得ない補償など求めず、ちゃんと日本に感謝を示すべき」である。

「在日韓国人や朝鮮人が参政権を得られるとしても、その後で無ければあり得ない」のだから、

「今求めている事の異常性、不適切性もちゃんと詫びるべき」である』。

『「タカが、学校教育でダンスの必修」なのでは無い。

「より多くのお金を朝鮮系に流す為」の「確信犯の工作」なのだ。

「民主党&文科省&日教組等」の「朝鮮系の人々による朝鮮系の人々をより有利にする為の策略」である可能性大なのである』。

『「生徒にとって、学校でダンスを必修にする事のメリット」は、

「生徒たちのストレス抜きの様に思えるかも知れない」が、

「ストレス抜きの方法の指定」であり、

「ストレス抜きの為に使うお金の流れ先の誘導」なのである。

そして、「そのメリットを受ける」のが、「朝鮮系の割合が異常に高い業界」なのだ』。

『「学校で科学等をよりちゃんと教える」なら、

「生徒や日本にとってのメリットも大きい」が、

「ダンス・・・」では、

「韓国芸能界の様に、権力者の性奴隷の入り口・・・かも知れない」のだ。

「そんな物事」を「必修にして、学校から給料を貰っている先生の給料までも、その業界に流させる、実質的工作活動」が、

「学校でダンスを必修にする」の「実体」なのである』。

|

中国共産党が新潟で東京ドームより広い土地を所得した訳・・・。

『「日本乗っ取り策略を持つ連中」と言えば、「真っ先に、日韓併合を日本乗っ取りの開始と位置付けた連中の流れ」だし、

「その実行手段も日本国内での工作活動が主」だが、

「拡大政策が破綻すれば崩壊してしまう中国共産党も日本の乗っ取りには積極的」だ』。

『「中国共産党の場合」は、

「確信犯の正攻法(?)」で、

「軍拡と、お金等を使った国会議員や地方首長等やテレビ・マスコミ・教育等の懐柔や土地所得&拠点作り」なのだ。

「首都東京の北西に当たる新潟で東京ドームより広い土地を所得」とは、

「正に、道教も盛んな中国らしい発想」で、

「風水では、北西が一番強い方位」であり、

「一番強い方位である北西に大きな拠点を持つ事」は、

「その地を支配する為の鉄則」なのである』。

『「中国共産党による軍拡も正に中国的」で、

「数であり、量であり、規模(大きさ)」なのだ。

「そして、その大きさが、相手方にはより大きく思える様に、秘密主義」なのである』。

『「中国共産党の思惑の実現」と「中国共産党の崩壊~民主化」の「どちらが早いか?」は、

「自明の理」で、

「近未来では、中国は、幾つかの国々に分かれて存続する事になる」のだ。

「既にその兆候は出ていて、昨今ニュースになった次期中国共産党重鎮候補者の更迭は、正に、内からの崩壊の序章」なのだ。

「もちろん、中国の民主化の為には、欧米や日本も含む周囲の民主化国からの情報提供や民主化の応援が重要」である。

「中国共産党流の拡大政策の犠牲を最小限に食い止める為」にも、

「民主主義の各国や各国民は努力を怠ってはいけない」のである』。

|

「何か?変・・・」の「裏」には「工作活動」が潜んでいる・・・。

『「戦後の日本の情報・教育は何か?変・・・」だ。「当然、その裏には、特定の人脈の特定の意思に基づいた情報・教育工作が在る(他の記事をご参照下さい)」。

「その他にも、一般日本人が何か?変・・・と感じる者・物・事の裏」には、

「多くの場合、実際の工作活動が在る」のだ』。

『「筆者の実体験」でも、

「小学校低学年時から、飲食物で何か?変・・・」は「時々あった」。

「象徴的なのが、焼き肉屋の後、二回も入院」である。

「その後も、飲食物の何か?変・・・」の「実害」は、

「社会人になって、まさかと思うけど、飲食物工作でもあるのでは?・・・と疑い、飲食物に気をつける様になるまで、続いた」。

「気を付けた後でも、皆無になった訳では無い」のだが、

「元々が、いきなり死ぬ程の大問題になる工作を行っていない様相」で、

「継続的に工作物質入り飲食物を摂取し続けない状態なら、変な症状も続かず、大勢に影響は無くなった」』。

『「その後、筆者の身に襲いかかって来ている」のが「電磁波工作」である。

「飲食物に気をつけ、健康状態も良く、頭も普通にまわる様になって来た頃」から、

「何故か?急に、肩こりや首の痛みが強くなったり、車の運転中にボーとする事が多くなった」。

「最初の内は、年齢のせいか?とか、疲れか?とか、色々と思い、鍼灸・医者も含む色々な解消手段も試した」のだが、

「症状は改善しなかった」。

「まさか、と思い、電磁波を疑い、居室の周りにアルミを配置してみたら、何と、マイナスイオンが発生した様な状態になった」。

「明らかに、電磁波が来ている事が確認出来た」し、

「その電磁波が、直進性がある程周波数の高いものである事も分かった」ので、

「電磁波が来ている事が確認出来た方向に、アルミ版を置いたところ、首や肩の痛みは程無く解消」した。

「ところが、電磁波が来る方向と強さが、どんどん増えた」のだ。

「明らかな意図と悪意が露呈した」ので、

「防御にも、相応に力を入れた」ら、

「更に、どんどん電磁波が来る方位は増え、強さも増して来ている」。

「つまり、個人的な意図と悪意では無く、集団的な意図と悪意」なのだ』。

『「ところが、この手の集団的意図と悪意に対して、現状の日本の法律も摘発体制も不十分」なのだ。

「当然、警察にも相談した」が、

「警察は、電磁波が???の様相」で、

「記録には残すが、積極的な取り締まりは???」と、

「まるで、筆者の身に死でも訪れたら、電磁波による殺人も視野に捜査するけど、それまでは、実害も認めたくない・・・といった様相」だった。

「コレでは、現場の下っ端に訴えたところで無駄と悟った」ので、

「県警本部等に連絡している」』。

『「直進性の高い電磁波(=電磁波レーザー)を、ターゲット(筆者等)の特定部位に当て続ける為」には、

「電磁波レーダーやサーモグラフィ等による覗きが必需」だから、

「特定部位に電磁波レーザーが来続けている現状」からも、

「明らかに、覗き行為は在る」のだ。

「それだけでもプライバシーの侵害行為」であり、

「警察が本気で取り締まるなら、直ぐにでも取り締まれる筈」だ。

「もっとも、民主党政権の間は、警察のトップも民主党・・・」だから、

「あまり期待出来ないのかも知れないと思える」のは、

「自公政権時代には、コソコソと低レベルで・・・だった電磁波工作が、民主党政権になった途端、堂々と高レベルに変化したから」である』。

『「今の日本は、明らかに異常」だ。

「異常な者・物・事」の「裏」には、

「工作活動や、悪意等々が在る」のである。

「何か?変・・・」を「感じている人々も決して少なく無い筈」だ。

「飲食物・電磁波・情報/教育等々には、特にご用心!」』

|

消費税増税法案問題・・・。

『「財務省のわんわんたち的様相の野田総理&安住財務大臣等々」も「消費税法案の可否より保身の様相の小沢一派」も、

「さすが、能力???の人材豊富な民主党!」である』。

『「野田総理の弁」では「全世代で公平な税負担を・・・」だが、

「普通」に考えれば、

「現行制度ゆえに過剰な儲けや資産構築が可能になっている人々こそもっと税負担を!」が

「当たり前」だ。

「当たり前の事を通そうとせず、

詭弁を使ってまでも、当たり前では無い事を通そうとする裏」には、

「不健康な思惑が在る」のが「人の世の常」である』。

『「財務省や民主党の不健康な思惑とは何か?」

「消費税を増税すれば、景気が悪くなる」のは、

「過去の3%から5%へのたった2%の増税時でも明らか」だ。

「今回のプランでは、先ず、3%上げ、その後更に2%と、計5%も上げる」のだから、

「景気が良くなる要素は皆無」である。

「その辺りは、財務省や政府も重々承知」だから、

「景気条項の具体的な数値の記入には応じようとしない」のである。

つまり、

「財務省のプラン」では、

「景気など、どうでも、

どうせ消費税増税すれば益々景気は悪くなる事も重々承知の上」で、

「とにかく消費税増税という最低補償の新たな収入源を確保したい」のだ。

「民主党のプラン」では、

「格差社会維持のまま消費税増税すれば、多くの一般日本国民は益々衰退する」から、

「日本乗っ取り支配工作が容易になる・・・」なのだろう。

「だから、小沢一派も、保身が担保されるなら、最後は消費税増税に徹底反対などしない筈」だ』。

『「財務省や民主党の応援をしている」のが「韓流テレビ・マスコミ等や学校教育の多く」である。

「~小泉~自民ダメ~民主~」で、

「散々それらの連中に騙されて来ている多くの一般日本国民」なのに、

「未だに、それらの連中の術中の中のまま・・・の人々が少なからずいる」のだから、

「正に、その様な事態こそが、日本の危機を招き、多くの一般日本国民の首を絞めている」のだ』。

『「消費税の代案は?」

「言うまでも無く、現状で過剰な利益等を上げられている人々への追加課税」である。

「その様な課税を行えば、格差も是正され、景気も良くなるから、少子高齢化の是正にも直結する」。

「具体的には、取りたい放題取っている経営者や株主への累進課税を強めたり、

既に取って蓄積&金転がしをしている連中への累進性のある貯蓄税や金融投資税や過剰相続税」等々の手段になる。

「それらの課税」なら

「多くの一般市民は全く困らず、

過剰に金融投資界に蓄積され、金転がしに転用されているお金が、

実体経済内に還流される」から

「実体経済の景気も良くなり、実体経済の雇用も増える」のだ。

「急場をしのぐ財政再建」なら「日銀券と交換可能な政府紙幣でも出せば良い」。

「主として日本のお金が日本内に貸し出しされそれが赤字なダケ」なのだから、

「日本のお金で赤字を埋めても世界経済の大勢に影響は出得ない」。

「セイゼイ高過ぎる円高の是正になる程度」だろう。

「円高是正になれば、日本国内の雇用も良くなる」のだから、

「日本の為の政府なら、少なくとも、十分な検討&調査ぐらい行い、先ず、その内容を公表するべき」だ。

「全世界の反応を見て、政府紙幣の発行額等の最終判断すれば良い」のである』。

『「消費税増税」には、

「全く正当性が無い」。

「財務省のプラン」では、

「国家公務員給与の削減を受け入れた」が、

「2年限定」なので、

「消費税増税の頃には、国家公務員等は困らない」なのだ。

「困るのは、主として、中小零細の民間企業社員等」である。

「そんな手に使われるダケ」の「公務員給与削減」を「正しいと風潮して来た」のも、

「韓流テレビ・マスコミ等」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等の毎日の様に同じ人の論という実態」の「裏」は、

「それらの人々への利権集中」であり、

「結果、常連組みの年収はかなりのモノ」なのだ。

「それは、一般市民を操った悪の報酬みたいなもの」である。

「悪の報酬で」でも「汗水たらした実働で」でも、

「お金自体の区別は出来ない」から、

「どんな手段でも、大枚を稼いだ者が偉ぶっている」のが、

「現状の病的な人間社会」だ。

「普通の人」は「病気を治そうとする」が、

「悪」は「病床利得に溺れたがる」のである』。

『「韓流テレビ・マスコミ等や現状の学校教育等の多く」に、

「未だ、騙されたまま、マインドコントロールされたまま・・・」の「人々」は、

「一刻も早く目を覚ますべき」である』。

|

日本で反原発の人々は韓国釜山のコリ原発の全電源喪失&組織ぐるみの隠蔽を知っているのか?・・・。

『「極東地域の核問題で一番心配するべきは、中・朝・ロの核兵器であり、次に心配するべきは、それらの国々の原発である事」は「何度も記している」。

更に、「それらの国々のウラン採掘残土の問題」も在る。

「何故なら、極東地域では、核汚染が起きてしまった場合、汚染物質の多くは偏西風に乗る事」になる。

「結果、中・朝・ロでの事故等による汚染の場合、核汚染物質が日本に渡来する率がかなり高い」のだ。

「日本国内の原発については、日本がしっかり管理・安全対策を施せる」が、

「他国の核兵器や原発について、日本が直接口を出す事は困難」だ。

「極東地域の核問題の安全状況を改善出来る唯一の方法」は、

「より技術力が高い国が率先して核技術を磨き、その技術を伝承する事」である。

「核兵器については、米国頼りに成らざるを得ないのが現状」だが、

「原発なら、日本の技術もかなり活きる」。

「日本が核技術から遠ざかる事=日本以外の上記の様な国々に核の安全管理等々も任せる事」であり、

「上記の国々のタイトルの様な文化等を考える」なら、

「それが、より危険な道である事」は、

「誰にでも解る」筈だ』。

『「知らない人」は、「釜山やコリ原発の位置を地図で確かめてみると良い」。

「もちろんコリ原発は、海に面して存在している」。

「ついでに、偏西風のラインも書いてみれば、筆者の言う意味もより分かり易い筈」だ』。

『「福島第一原発被災事故で、日本は、除染技術を磨き実践する実体験の場を心ならずも与えられてしまった状態」だ。

「この現状を活かす」も「この現状に怯え退く」も「日本国民の判断次第・・・」である。

「被災して核汚染まで起きてしまった今だからこそ、

逆に、国家として、核関連予算を大幅増額(この手のお金は、東電等民間企業に押し付け、電気料金等に反映させてはいけない)し、

一刻も早い除染&除染技術の構築と、再発防止対策を早急に実践するべき」である。

「世論もその後押しをした方が、より利に適っている」。

「日本でのみ、日本の原発のみ、反原発」では、

「核汚染対策にもならず、日本の技術を弱体化させる事で不当な利益を得ようとしている悪巧み他国を利するダケ」だ。

「そんな反日運動に身を投じている親を見ながら育つ子」が、

「どんな子になり易いのか?」を考えれば、

「悪戯な核汚染不安で右往左往し、反日連中に操られる事の愚かさも実感出来る筈」である』。

『「核汚染が不安」なら、「実際の放射線量を測れば良い」。

「人の目では見えない物」でも、「測定器にはちゃんと出る」。

「実在する放射線は実在する」のだし「その量も、余程下手な測定をしなければ、測定した量とそれ程違わない筈」だ。

「実在しない放射線は、測定出来ない」。

「測定出来ない現実」や「小量の放射線量という現実」と、

「放射能不安に操られている自分の状態」を

「天秤にかけた時」、

「悪戯に自分の感覚を優先する」のは「現実をみとめたがらない未熟な人々」であり、

「自分の感覚より現実を優先出来る人になれてこそ大人」なのだ』。

『「子どもなら誰でも大人に育ててもらいたい」筈である』。

|

日本のテレビ・マスコミ・教育なのに反日なのは何故?・・・。

『「実は、この問題の裏に在る事こそ日本社会の一大問題」なのだ。

「日本のテレビ・マスコミ・教育なのに、平然と反日情報・教育が行えてしまっている裏」には、

「情報・教育界の権力者人脈の問題が在る」』。

『「戦後、米軍による占領政策で、旧日本的な教師や言論人たちは、一斉に教育・マスコミの座から降ろされ、

その隙に付け込んだのが、

主として朝鮮系の人脈」だ。

「その後、主として、自分たちの同類しか重用しない朝鮮系の人脈の権力者たち」は、

「テレビ・マスコミ・教育界の新入社員等を選ぶ時に、自分たちに都合の良い人々しか採用しない」のだ。

「その傾向が、朝鮮系に乗っ取られた他の業種の一般企業にまで蔓延している」のが、

「日本の実情」である』。

『「そんな連中」は、

「日本が不利になる政策でも、朝鮮が有利になる政策なら容認」なのだ。

「テレビ・マスコミ・教育界の実質的マインドコントロール」により、

「朝鮮系が幅を利かせている民主党が与党にまでなってしまった」のが

「日本の実情」である』。

『「日本の教育が如何に異常か?」は、

「東日本大震災で避難を余儀無くされた子どもたちの書いた文を読んでも良く判る」。

「まるで、何処かの反日団体の様に、反原発や日本政府批判のシュプレヒコールの嵐の様相」なのだ。

「普通の日本人が教育している」のなら、

「基本的には、天災なのだから、仕方の無い部分もある。

しかし、二度と同様の新たな被災を被らない為に、人の力で出来るだけの事はしよう。

そして、一刻も早く復旧・復興を成し遂げよう。

放射能問題は、現実的に対応するべきだ。

一刻も早い復旧・復興の為に、原発はどうすれば良いのか?

安全確保した上で動かす事が合理的だろう。

今、友達等と離れ離れに暮らすことは辛いが、天災ゆえの事は、先ず、現実を認め、我慢すべきは我慢すべきだ。

自分たちの世代では、完全に安全な原発を可能にしてやる!

等々」の

「実質的に後ろ向きの意見では無く、現実的で前向きな意見が主流になる筈」だ』。

『「反日マインドコントロールされた様相の子どもたちの意見をまとめて本にし、

その宣伝をテレビで行った朝日のセンスも、

さすが、反日チョウニチ・・・だが、

そんなモノに操られてしまっている軟弱者を多数生み出してしまっている現状の日本の情報・教育の害は、

本当に深刻」である』。

『「日本の情報・教育」は、「ちゃんとした日本人脈の下に取り戻すべき」だ。

「反日連中は、

国家反逆等の実害により、

日本の外に強制的に出され、

連中のルーツかも知れない反日国家の中で、

反日を叫ぶのが、

お似合い」である』。

『或いは、

「それ程、嘘や虚像が大好き」なら、

「現実のこの世で、他の人々に迷惑を及ぼしていないで、

現実のこの世では無い嘘や虚像の世界に率先して行くべき」だろう。

「古の日本神話」では、

「あの世の支配権をやるかこの世の支配権をより実力が高い者の手に・・・」という

「国譲りの物語」がある。

「●●系の人脈」には

「あの世の支配権でもやるから、

現実の日本からは出て行って欲しい」等と

「切に願っている、実害を被っている人々の数」は、

「決して少なく無い筈」だ。

「情報・教育工作にしても、

飲食物や電磁波等々現行法では摘発し辛い工作にしても、

悪どもの日本にとっての悪意のある迷惑行為に、

多くの一般日本国民は何時まで我慢しているのだろうか?」

「悪どもが不当な工作行為を続ける」なら、

「近々、日本側が怒りを爆発させる事になる可能性大」である』。

|

消費税増税法案を通すには・・・。

『「財務省も野田総理も解っている筈」だ。「消費税増税法案を通す道は、小泉時代の郵政解散同様、消費税解散しか無い事」を』。

『「消費税増税派と消費税増税反対派に政界が再編」され、

「解散総選挙で民意を問い」、

「消費税増税派が勝利した場合」しか、

「消費税増税が実現する道は無い」のだ』。

『「その為」には、「消費税増税派」が「消費税増税反対派」より「良い」と「多くの有権者に思わせる必要がある」。

「其処で、消費税増税反対派に対して、徹底的な悪、もしくは、劣イメージを植え付けてきている」のが、

「~小泉~自民ダメ~民主~」の「韓流テレビ・マスコミ等」なのだ』。

『「所謂右翼は暴力的で悪く劣り、

所謂左翼は平和好きでお利口と思わせる

同じ人脈による住み分けお手盛り劇」や、

「おバカで視聴率を稼いでいる日テレやフジより、

テレ朝がお利口そうに思えてしまう、

韓流テレビ内の住み分けによる大衆誘導」と

「同様の手法が用いられている」のである』。

『「何れ消費税解散になる」だろうが、

「多くの有権者は、今度こそ、韓流テレビ・マスコミ等に騙される事無く、

真に日本の為になる判断をするべき」だ』。

『「財政再建は重要」だが、

「消費税増税では、

景気の悪化を招き、

景気の悪化が更なる少子高齢化を招くから、

社会保障も雪ダルマ式に大きくなり、

財政再建は不可能」になる。

「規制緩和による利権集中でも同様」だ。

「税で言うなら、消費税増税では無く、金融投資税や貯蓄税や相続税や所得税の累進性アップ等々であり、

総じて言うなら、格差是正の規制による利権分配」こそが、

「景気向上&日本人人口増加による正当な少子高齢化の是正に必要な事」なのである』。

『「消費税増税反対派」でも、

「外国人参政権賛成派(小沢を始め民主党内にはゾロゾロ、自民党でも隠れ賛成派はいる)」や、

「移民推進派」は、

「実質、売国&反日で、日本の為になる政治を行う可能性が極めて低い」ので「ダメ」である』。

『「真に日本の為になる政治が出来る政治家は、意外と、或いは、当然少ない(率先して国会議員等に成りたがる図々しい根っ子は●●人は多くても、図々しい根っからの日本人は少ない)」のだが、

「多くの有権者が内実を見失う事無く、真に日本の為になる人々や党に票を集める事」が、

「民主主義上有意義な意思表示になる」のだ』。

|

「南京大虐殺は数の問題では無い日本軍の行為の問題」だと・・・。

『「未だに、タイトルの様なおバカな論が世間にばら撒かれている」のが「日本社会の病的実態」である。

「所謂、●十万人南京大虐殺などというあり得ない事態」は、

「もはや、あった事には出来得ない」。

「それでも、一方的に日本側を悪者にし続ける為には・・・」を「考えれば、タイトルの様な論も出てくる」』。

『「そもそも、南京戦争時の中国国内は国としては崩壊状態で混乱・乱世状態だった」のだ。

「その中で、日本軍と中国国民党軍が戦ったのが南京戦争」で、

「日本軍が優位になると、蒋介石一派が南京から逃げ出し、その時に、焦土作戦を採ると共に、中国一般国民も盾にし、ゲリラ戦まで行った」のだ。

「戦争なのだから、どちら側の行為も残虐行為であり、日本軍のみが残虐行為を行い、中国側は、清廉潔白・聖人君子状態だった・・・なんて事はあり得ない」。

「南京戦争の戦争犠牲者の中には、当然、日本兵の犠牲者も多数いる(何故か?日本兵の犠牲者の{数だけ}が、南京大虐殺の犠牲者の数として、まるで中国側の犠牲者として捉えられる様に上乗せされている場合もある様だが)」』。

『「日本側が責められるべき面があるとすれば、大本営の戦争戦略」である。

「元々、勝てる訳の無い戦争に日本を突っ込まさせて行った、判断力が???な連中」だから、

「その戦略も???だらけ」だ。

「現場の兵士たちは、上の命令に忠実だったダケ」である。

「そんな状態で命を落とさせられてしまった日本兵も、南京戦争での犠牲者」に他ならない』。

『「日本兵が中国内で相当酷い事まで行った」のは、

主として、

「終戦近くになって、日本の負けが濃厚になり、監獄組みまでが兵になった頃の話し」である。

「その頃の日本兵(特に監獄組み)は、戦争は負けが濃厚で、日本に帰ってもまた監獄かも、鬼畜米兵に酷い目かも、・・・知れない状態だった」ので、

「かなりヤケになり、実際に、相当酷い事も行っていた」らしい。

「終戦近くでも生き残っていた日本兵」の「実態」は、

「相当に狡賢い悪(命令に逆らっても、不利な戦いはしない、とにかく逃げて生き延びる・・・)の生き残り割合が多く」、

「国の為に、命がけで・・・という真面目なエリート将校組み等」は、

「不利な戦局でも真面目に戦い、玉砕した場合も少なく無く、結果、真面目組みの生き残り率は低かった」。

「筆者が、実際に中国内の戦争に参加した元日本兵から聞いた話し」では、

「戦争行為には積極的では無かった連中」なのに、

「中国の市民を遠くから見て、男か?女か?判別し、女だと判ると、襲い、強姦し、殺す事を積極的に繰り返した連中までいた」そうだ。

「その元日本兵は、遠くから見て、何も、殺す事までしなくても・・・と思った」と言うが、

「階級も下で、やった事に対して文句を言えば酷く殴られる、場合によっては、殺される、から黙っているしか無かった」らしい。

「何処の国でも悪は悪」だが、

「真面目な、現場旧日本兵の為にも言う」が、

「悪の割合は、お国柄によってかなり違う」のである』。

『「客観的に見る」なら、

「自国民の多くの命を負ける戦争で失わせた旧日本軍の大本営は、かなりの悪」で、

「中国の一般国民までをも盾にして逃げた蒋介石一派もかなりの悪」だが、

「蒋介石は、戦後直ぐに、下々の日本兵を、悪いのは、司令部、あなたたちは、司令部に従ったダケ・・・と、

ちゃんと日本に帰還させた」ので、

「日本兵をシベリア強制送致で強制労働までさせたソ連」より、

「遥かにマシな悪」である。

「そのソ連と仲が良かったのが中国共産党」なのだから、

「中国共産党の悪の資質は推して知るべし」だ』。

『「上記の様な実体もある」のに、

「未だに、旧日本軍(南京戦争時には、その多くが所謂エリート真面目組み)のみが、酷い事をした・・・」等と「嘯く連中」は、

「普通の日本人では無い」のだろう』。

|

未だに放射能で騒ぐバカ・・・。

『「現実問題」として「福島第一原発被災事故由来の放射能物質等の問題」は「既に収束方向にある」。

「福島第一原発からある程度以上離れている所なら、今後用心すべきは、ホットスポットくらい」だ。

「それ以外の低レベル放射能を気にするくらい」なら、

「過食や、高血糖食や、本来の食品でもビタミン等でも無い食品添加物等の複合摂取や、タバコや、自動車等の排気ガス等々」に、

「気を配った方が実利は大きい」。

「放射能問題で言う」なら、

「中国やロシアや北朝鮮の核実験や核燃料採掘に伴う残土の放射能物質の飛来」や、

「それらの国々の原発問題まで、考え、気にして確かめるべき」である。

因みに、「宮城・岩手・青森については、海産物も含む生産品も、所謂瓦礫も、気にすべき放射能汚染など全く無い」のだ

「福島産の物だって、実際の放射能汚染がある物以外の大部分の物は何の問題も無い」。

「放射能汚染の測定・判別」は「多種多様な余り好ましく無い食品添加物や残留農薬等の測定・把握より遥かに容易」だ。

「気になる人は、放射線測定器を買って自分で確かめてみれば良いダケ」だ』。

『「福島第一原発被災事故由来の放射能ダケ気にする異常な状態」は、

「客観的に見るなら、

おバカ、

もしくは、

操り人形状態に他ならない」のだ。

「カルト宗教信者の親を持った子の事を考えれば誰でも分かる」様に、

「そんな状態の親に育てられる子どもは悲惨」である』。

『「事実・現実の上に立ち、客観的判断が出来る事」は「本当の自信を生む」。

「本当の自信を持った親の子」なら「本来の成長も容易」だろうが、

「カルト信者的状態の親の子・・・」では「本来の成長も困難になる」』。

『「真に子どもの為を考えている」なら、

「先ず、親自身がカルト信者の状態に陥らない事が一番」だ。

「実害のある放射能はちゃんと避ける」が

「悪戯で不要な放射能不安は持たない」等の「態度が親としては望ましい」のだ』。

『「カルト信者的に、

正義ぶって、

悪戯な反原発や放射能潔癖症行為に没頭している・・・」では、

「まるで裸の王様・・・で、本当に恥ずかしい」』。

|

今更ながら瓦礫処理は今後進展しそうだが、反原発の工作員たち及び工作員たちに操られている人々が駆逐されるのは何時?・・・。

『「野田内閣の遅過ぎた指令」も手伝って、「瓦礫処理は、ようやく、本格的に進みそうな様相」だが、

「日本の復興の実質的邪魔となっている反原発の世論が是正されるのは何時だろうか?」』

『「瓦礫受け入れ反対運動を行っている活動家」と「反原発の活動家」は、

「かなりの部分でダブっている現実」からも、

「反原発運動の実体」が、

「日本の復興を遅らせる事で日本以外の他国を利する為の運動である事」は、

「少し考えれば、誰でも解る筈」だ』。

『「放射能が恐い」のは、

「幽霊が恐いのと同様」で、

「幽霊を恐がらせるロジックで操られているから」である。

「低レベル放射能の実害」など「過食やタバコの実害より遥かに低い」のが「現実」だ』。

『「福島第一原発被災事故問題で急ぐべき」は、

「本当に深刻な所の除染」である。

「人が触れる心配がほとんど無いホットスポット」や、

「低レベル汚染」等々を「過剰に気にする事」は、

「放射能を恐がる心理を増長させる近道」に過ぎ無い』。

『「東日本大震災による負の部分」は、

「日本国・日本国民全体で分かち合い、一刻も早く処理する事」こそ、

「日本の為になる」のは、

「言うまでも無い筈」だ。

「存在しない幽霊を恐れる様な心理を増長させ、日本の復興の邪魔をする人々」は、

「確信犯の悪と、確信犯の悪に騙され、操られてしまっている人々に他ならない」』。

|

結構、そのスジの連中にとってはビンゴの様で・・・。

『「元々、何十年も前から、そのスジの連中による不当な工作行為等々の迷惑を被り続けている筆者」にとって、

「今更の多少の工作の強化など何でも無い」のだが、

「昨今の記事も結構好評な様で、連中は、一生懸命電磁波工作を頑張っている」。

「笑えたのは、筆者の車にまで発信素子を仕込んだところ」で、

「実効を抑える対策をしながら、何時現物を押さえるのか?」を「ジックリ楽しんで(?)いる筆者をよそ」に、

「次々と工作員たちが顔を出す(=面が割れる)のだから、

バカは死ななきゃ治らない」のである』。

『「結構若い世代まで工作員化している裏」には、

「組織の成り立ちや運営方法が深く係わっている」。

「戦後、農協等にも入り込み、図々しくリーダーシップを取った連中の中にも、そのスジの連中がいて、

そんな連中は、代々、グループのリーダーとして、あり得ない話し等を普通の人々に仕込み、

実質的にマインドコントロールしている」のだ。

「当然の如く、終戦直後に日本国内で大暴れした連中やその子孫も居て」、

「日本で大暴れが可能になった裏」には、

「多くの一般日本人男性は戦地」なのに、

「多くの一般(?)朝鮮人男性は、最後の最後まで赤紙徴集の対象とはならず、

多くが日本に渡来し、軍需工場等で稼いでいた」からである。

「終戦直後の日本国内の成人(若者~中年)男性の割合は、朝鮮人>日本人の所が、日本国内には、少なからず在った」のだ。

「軍需工場等が在ったところ」等が「その様な状態であった場合」が多い。

「そんな連中が、帰化したり、日本人に成り済ましたりしながら、日本人から奪った土地で、店を持ったり、農家に転身し農協等で図々しくもリーダーシップ・・・」なのである』。

『「そして、今、尚、日本乗っ取り策略に基づいて、不健康な工作活動を行っている」のだ』。

『「日本政府(もっとも、そんな連中の代弁者や長の様な民主党政権ではお話しにならないが・・・)も、

現行法では取り締まり辛い部分も多いのだろうが、

日本の警察等も、

もっと、もっと、しっかりするべき」である。

「現状では、気付いている人々は自衛、気付いていない人々は、工作活動に嵌りっぱなし・・・で、人によっては、病気・事故等で早々と死亡・・・なのだから!」』

|

日本人が地震で死んだら嬉しい韓国人問題・・・。

『「嘘で国を始め、国民に対して嘘教育を行っている国々の国民は哀れ」である。

「朝鮮と日本との間の問題」を「解決する為」には、

「双方が事実・現実の上に立つ事が必需」なのだ』。

『ところが、

「朝鮮側は事実・現実の上に立とうとせず、

日本側は事実・現実を無かった事にして来た」のが、

「戦後」だ。

「その結果、

朝鮮側による

竹島の不当占拠や、

拉致等の工作活動問題や、

あり得ない補償要求問題等々

という新たな問題」が「次々と増えてしまって来ている」。

「今回の問題もその一つ」だ』。

『「無かった事にして来た日本側」は、

「新たな問題も生み出さなかった」が、

「嘘がベースの朝鮮側は、嘘を維持する為に、次々と新たな問題を起こして来ている」。

「新たな問題が露呈する度」に「日本側では、本当の事を確かめる人々が出て、本当の事を知る人々が増加した」から、

「今では、いくら韓流テレビ・マスコミ等が、韓国は正義の良い国と嘯いても、韓国が嫌いな日本人の割合はどんどん増えて来ている」のだ。

「北朝鮮については、言うまでも無い」。

「拉致やミサイル・核兵器問題が発覚した時点で既に終わり」である』。

『「現実としては、朝鮮側の嘘は、朝鮮側の首を自ら絞める自虐にしかなっていない」のだ。

「ところが、朝鮮側にとって嘘を改める事は、日本を認める事になり、今まで散々反日教育まで行って来た朝鮮側の政府等も否定する事になる」から、

「犯罪者がなかなか犯罪を認めないのと同様」で、

「行き着くところまで行かないとダメな様相」なのだ。

「何れ、朝鮮側は嘘で自滅する」』。

『「客観的に見れば、そんな国家の下に偶々産まれた人々は、不幸」である。

「不幸を出来るだけ少なく抑える為に有効」なのは「事実・現実情報の大量流布」だ。

「日韓併合(実体としては、国の存続さえ危うかった朝鮮の救済で、日本による朝鮮内の急速な近代化。)」についても、

「創氏改名(実体としては、支配政策では無く、朝鮮人の利を図った親和政策。)」についても、

「所謂、従軍慰安婦(実際に存在したのは、従軍高報酬売春婦。意に沿わぬ売春婦の実態は、親等に売られた子。)」についても、

「所謂、強制連行(日本人に対する赤紙徴集と同時に語られるべき。実数も極めて少数。)」についても、

「終戦直後の朝鮮人や日本人の行動(日韓併合時に密航までして日本に別天地を求め渡来していた朝鮮人の多くは朝鮮に戻らず、終戦直後には、身勝手に戦勝国の民を名乗り、武器を持ち殺人や略奪まで行った者たちも少なく無かった。あまりの酷さに、占領米軍により鎮圧された場合も多く、三国人とは、戦勝国の民でも無いのに敗戦国の民でも無いというならあなたたちは三国人だと米軍司令官が朝鮮人に言った事で出来た言葉。一方、朝鮮内にいた日本人は強制的に日本に戻され、日本人の財産・資産は朝鮮人が実質的に奪い取っている。)」についても、

「終戦後の歴史(日韓の間では、補償問題は既に解決済み。)」についても、

「竹島(言うまでも無く、日本の領土。日本が竹島を平和的に国際法上有効でもある手段で正式に領土とした当時、朝鮮側は衰退が激しく、とても離島の管理など出来る状態では無かった。日本が正式に領土とする前も利用率はゆとりのあった日本側の方が高い。)」についても、

「天皇のルーツやその時代の日本と朝鮮の歴史(日本が国としてまとまる時代には、朝鮮内に日本側の領土が在り、日本から朝鮮内の領土に出向いていた長を含む家系が天皇家のルーツでもある。日本の小領土と近かく交流があった百済が、朝鮮内から追い出された時、日本を頼り、当時の日本側も百済の王や貴族を、日韓併合時の朝鮮王朝の方々同様、それなりに重用した。)」についても、

「事実・現実を出来るだけ多くの人々が知るべき」である』。

『「日本側が無かった事にして来た事を反省」し、

「事実・現実を多くの一般日本国民が知る様になれば、

必然的に、朝鮮側も変わらざるを得なくなる」のだ。

「少しでも事実・現実に近い方」が「リーダーシップを取る事を躊躇ってはいけない」のである』。

『「他国の人であれ、その人の実質や内実を問わず、他人の死や不幸を望む状態」とは

「精神的に正常では無い状態でもある」。

「日本人という事だけで死や不幸を望む人」とは、

「是々非々判断も出来ない未熟な状態の人」でもある。

「そんな国民を作り出す情報・教育とは?」を考えれば、

「愚民化情報・教育の害」が「誰にでも解る」筈だ』。

『何処の国であっても、

「数多くの自国民を愚民化する事」で「極一部の権力を持つ者たちが国を支配する構造」とは、

「情報・教育によるファシズム」で、

「金権によるファシズム」同様、

「とても現代的とは言えない」のだ』。

|

瓦礫処理問題・・・。

『「東日本大震災による瓦礫」の「問題」は、「一に、処理が異常に遅い事」だ。

「それだけ復興に実質的なブレーキがかけられている」のである』。

『「他の都道府県に分散して処理する」にしても、

「被災地に処理施設をつくり処理する」にしても、

「早急な処理=早い復興に直結」なのだから、

「瓦礫処理を遅くする必要は全く無い」。

「日本の復興を遅らせたい連中」なら「話しは別」だが』。

『「瓦礫の受け入れで右往左往している自治体は異常」だ。

「7~8割以上の多くの人々が、受け入れOK」なら、

「受け入れない理由は無い」。

「日本の復興を遅らせたい反日連中」かも知れない、

「強行に瓦礫受け入れに反対している連中

(何故か?或いは、当然の如く、反原発の連中とダブル場合が多い様で・・・)」などの

「相手をして」

「復興を遅らせる」なら、

「反日自治体長等」である。

「民主党政権の間」は、

「警察等のトップも民主党」だから、

「怖気づく自治体長等が出てしまう」のも「解らなくも無い」が、

「この手の問題で、怖気づく事=拉致発生時に毅然とした対応を取らなかった事と同様」である。

「少なくとも、自治体の長なら、命がけで毅然とした態度を取るべき」だ』。

『「今の日本、平和ボケでは通らない」。

「守るべき者・物・事を守り、

進めるべき者・物・事を進めない限り、

悪の工作活動等のみが進展してしまう様な状態」なのだ。

「日本乗っ取り策略の下で動いている連中等と戦い

本来の日本の戦後を造る事」は

「戦後産まれの使命」である』。

|

民主党への政権交代を煽っていた韓流テレビ・マスコミ等が反原発を煽っているのだから・・・。

『「小泉!・・・」で「騙され、操られ」、「民主!!!・・・」で「騙され、操られ」、「反原発!!・・・」で「騙され、操られている」様な人々が、

「どうして存在しているのか?」

「その裏に在る」のは、「学校教育」である』。

『しかし、昨今では、さすがに、

「韓流テレビ・マスコミ等に騙され、操られる人々は、大分減り、今では、確信犯の悪を含めて、セイゼイ15%程度」である事は、

「各報道による、瓦礫処理に反対している人々の割合等の調査からも判る」』。

『「しかし、それでも、今尚約15%もの人々が変なのは何故か?」

「その裏に在る」のが「●●系の人々の組織ネットワークと子沢山戦略」だ。

「●●系の家庭」では「組織ネットワークによる指示の下、戦後一貫して、子沢山戦略が取られ続けて来た」と共に、

「百年以上の長きに渡る日本乗っ取り策略の完遂」の為、

「親から子へそして孫へと不健康な思想・文化が伝承され続けてる」のである。

「表の顔は、一般日本人、しかし内実は●●系・・・という人たち」は「確実にその数を増やし続け」、

「それに合わせて、●●系の在日や帰化人も表舞台に立ち、

表舞台に立った者たちからの記号指令に呼応して、

●●系は動き、

そのスジに集金し、集金したお金や盗聴・盗撮等々で弱みを握る工作活動等を元に、

そのスジの力を高め続けて来ている」。

「その結果が、

韓流テレビ・マスコミ等であり、

一般日本企業等の衰退であり、

利権集中構造の構築であり、

民主党政権の成立」なのだ』。

『「約15%が支配する日本」に「させない為」にも、

「85%が本来の声を上げ、力を発揮する事が重要」である。

「ウルサイ約15%の中の一部の者の言い分や、約15%側の暴力や工作活動やプロパガンダや不当な圧力等々に屈する事無く」、

「本来の自分を通す」と共に、

「不当な者たちの不当な策略等を実現不可能にする事」が「重要」なのである』。

『「日本のテレビ・マスコミ等は、本来の日本の人脈の手の下に取り戻すべき」だ。

「教育も同様」である』。

『「余程のおバカ」で無ければ、

「民主党への政権交代を応援していた韓流テレビ・マスコミ等」に、

「マタマタ騙され、操られる事は無い」と思う。

「未だに、騙され、操られてしまっている方々」には、

「民主党への政権交代の二の舞を行いたいのか?」等を

「自問自答してみる事」をお奨めしておく。

「確信犯の日本乗っ取り人脈の連中」には、

「既にバレている不健康な策略」から「一刻も早く足を洗う事」をお奨めしておく。

「不健康な策略を強いる不健康な組織」と、

「近未来の健康な日本」の

「どちらにより大きな力があるのか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「不健康な者・物・事は、何れ崩壊するのが自然の摂理」なのだ』。

|

東京大空襲の日を平和の日にした東京都・・・。

『「3月10日は、1945年に東京大空襲が実際に行われた日であり、東京大空襲による死者は10万人とも言われている」。

「大量の焼夷弾を積んだB29等が大量に押し寄せてきて、東京という人口密集地で無差別爆撃を行った結果、10万人もの犠牲者が出てしまった」のだ。

「この事実からしても、南京大虐殺●十万人が、明らかに嘘である事は、誰にでも判る筈」である。

「当時の日本軍の武器は、大量の焼夷弾を積んだB29の大群とは比べ物にならない程殺傷力が弱く、

戦争の相手方の中国側も日本軍と同様の武器を保有して戦っていた」のだ。

「そして、南京大虐殺では、日本側の戦争犠牲者への言及は、当然の如く無い」』。

『「戦争はいけない」と「言う事は簡単」だが、

「現状の人間社会で、戦争に至らない状態を続ける事」は「結構難しい」。

「だから、実際に、未だに、局地戦は後を絶たっていない」。

「現代の人類が大きな戦争を避ける様になった」のは「核兵器が誕生したから」である。

「もはや、大きな戦争は、人類滅亡に直結している事くらいは、余程のおバカで無ければ誰でも解る」。

「綺麗ごと、もしくは、現実逃避、等々の反戦の訴え」より、

「核兵器の実在が、実際の大きな戦争の抑止に直結している」のが「現実」である』。

『「テロや局地戦まで無くす為にはどうすれば良いのか?」

「現実主義者の筆者たち」は、

「情報による防衛を全世界的に徹底させ、実際に、不当な格差や差別等々を無くす事」しか

「現実的な解決法は無い」と思っている』。

『「情報による防衛」とは、

「誰もが自分や他人や宗教等々の実体を理解把握し、

誰もが、他の者・物・事を支配しようとしたり、他の者・物・事に支配されようとしたりする代償欲求の追及に過剰に溺れるのでは無く、誰もが、自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の解消を主と出来る様に導き、

誰もが、科学的現実的に正当性の無い格差や差別等々から解放される事を誰もが望める様になる事をサポートする」情報・教育を、

「全世界的に広める事」である』。

『「情報による防衛が行き渡れば、誰もが同じ地球生命体細胞群の一塊である事の理解周知が行き届く」から、

「必然的に、不当な格差や差別も解消しなければ気持ちが悪くなったりする」のだ』。

『「戦争の犠牲になってしまった方々に報いる唯一無二の道」は、

「本当に二度と戦争を起こさない本当に平和な人間社会を構築する事」である。

「真の平和」とは、

「後ろ向きの宗教的慰霊祭」や、

「現実逃避の果て」に

「在るのでは無く」、

「真の平和が得られる現実の道の先に在る」のである』。

『「平和の日も結構」だが、

「内実の在る平和の日の為に、そろそろ情報による防衛くらい本気で始めてみるべき」だろう』。

|

武力では無く外交で平和を保とうとして出来なかった琉球王朝・・・。

『「結局、現状の人間社会は、綺麗ごとでは収まり得ない」のだ。

「かつての琉球王朝も、中国と日本の薩摩藩との間で、外交のみで平和を保とうとした」が、

「武力抗争手段が余りにも乏しかったので、結局は、日本の一部となり、米軍に侵略された」。

「同時期の薩摩藩等が、英国との戦争で徹底抗戦し、結果として、英国から認められ、明治維新へと向かえた事」と比較すれば、「良く解る筈」だ。

「在るものを否定せず率先して在るものの中で有利に立とうとする事」は「自らの強化を招き」、

「在るものを否定する綺麗ごと」は「自らの弱体化を招く事」は

「明らか」である』。

『「今の日本で言うのなら、国防問題と原発問題がコレに当たる」。

「戦後60年以上も立ち、戦後産まれが日本の実権者たちである現状」で、

「米軍の駐留が良くて、日本軍がダメ」などと言う「現実逃避の綺麗ごと論」は、

「正に、日本弱体化論に他ならない」のだ。

「原発問題」でも、

「地震~津波被災ゆえの水素爆発&放射能物質流失」を「口実」に、

「原発から逃げる」のは、

「綺麗ごとの日本弱体化論以外の何ものでも無い」』。

『「日本は、率先して、日米安保を維持しながら、在日米軍を日本軍と入れ替えるべき」であり、

「原発からも逃げず、原発の事故後対策を含む技術をもっともっと磨き、その分野でリーダーシップを取れるくらいにするべき」である。

「極東地域のアブナイ核」と言えば、

「先ず第一に、日本の原発では無い」のだ。

「普通に考えれば、北朝鮮や中国やロシアの核兵器であり、次にそれらの国々の原発である」。

「例えば、北朝鮮が韓国に対し、核攻撃を行えば、福島第一原発の被災事故とは比べものにならない程の放射能物質が、偏西風に乗り大量に日本に降る」のだ。

「中朝の原発で事故があっても同様」である。

「そんな極東地域」で「技術立国日本が原発から退く事などあり得ない」のだ』。

|

岡田副総理=未だに既成政党が復活出来ると思い込んでいるおバカ・・・。

『「既成政党は、現在までの実績で既に破綻している」。「自公ダメ!民主はもっとダメ!!!」という「実績」は、

「今後、多少仕事らしい仕事を行ったところで、当分の間崩れ得ない」。

「既成政党にとって、

唯一の打開策は、

政界再編しか無い」のだ』。

『「政界再編&その後のちゃんとした仕事」なら

「大政党内の党内対立が問題だった事になる」ので、

「既成政党でも息を吹き返せる」のである』。

『「ところが、ボンボンおバカ副総理岡田」は、

「上記の様な単純な理屈さえ分かっていない様相」で、

「本日もBSテレ朝クロスファイアで、解散を否定しながら、既成政党離れを防ぐ意味での実績作りを本気で述べていた様相だった」のだ。

「客観的に見るならバカ丸出し」である』。

『「政界再編無き状態」なら、

「多少の実績を上げようが、何をしようが、時と共に、既成政党に対する風当たりは強くなる」。

「結果として、第三極が時と共に有利になる」と共に、

「第三極の選挙準備も整ってくる」。

だから、

「岡田副総理は、本心では、第三極の応援をしている」のなら、

「岡田副総理は、おバカでは無く、かなりの悪(大衆を欺いている事になるのだから)で、演技者」になるが、

「テレビ上の言動や表情等からは、真面目な堅物一辺倒」なのだから、

「客観的に見るならおバカに見える」のである』。

『「既成政党の連中が本気で生き残りを考えている」なら、

「即刻、政界再編に動くと共に、出来るだけ早く解散総選挙を行う事」を

「行うしか無い」のだ』。

『「ルーピー鳩山・独裁&北朝鮮系政治団体好きイラ菅・ボンボンおバカ岡田副総理・・・」では、

「民主党は既に破綻」である。

「今後、多少の実績をつくったくらいでは、次の総選挙時に復活出来る訳も無い」。

「外国人参政権賛成&強権&チルドレン集め大好き小沢被告にしても、とっくの昔に終わっている」。

「まともな民主党議員等は、今後も国会議員等を続けたいのなら、即刻、民主党を離れるべき」だ』。

『「自民党も同様」である。

「中・朝土下座政策による負の実績は、消しようも無い」。

「特に、小泉以降の自公政権で、親韓だった連中はどうしようも無い」。

「そんな日本に不利益をもたらす実績の上に、民主党政権が自公政権より更に異常に韓国を利する政権運営を行ったから、

韓国側が付け上がり、

従軍慰安婦像問題等のあり得ない要求までしているのが現状」だ。

「もはや、過去の清算が無ければ、自民党にも復活の目は無い」のである』。

『「ちゃんと日本>朝鮮・中国等々の政治家のみが集合する政界再編を行う」なら、

「元既成政党でも、それらの人々に復活の目は在る」。

「ポイントは、移民反対、外国人参政権反対、日本人人口増加政策賛成」である』。

『「上記のポイントから検証してみれば明らか」な様に、

「第三極が信頼に足るとは限らない」のである』。

|

民主党政権早く終わらないかなぁ・・・。

『「本当に大迷惑な民主党政権」。「多くの日本国民や日本国が被った損失を考えれば、それは、誰もが分かる筈」だ。(極一部の確信犯やカルト教団信者的人々は除く)

「先の総選挙時に民主党国会議員や民主党に投票した人々の責任は本当に重い」』。

『「民主党政権が終われば、少しは、日本も晴れる」から、

「野田総理は、

党内を向くのでは無く、

日本国民・日本国の方を向いて、

ちゃんと解散するべき」である』。

『「民主党内に籍を置いている野田総理」なら、

「それぞれの民主党国会議員の資質も良くご存知の筈」だ。

「立場・報酬・権力等々を与え続ける事が、日本にとってデメリットとなる様な人々」を、

「一刻も早く国政の場から退ける事」こそ、

「総理が出来る真の日本の為の仕事」なのだ』。

『「小沢と話す必要など無い」。

「小沢のやる事は、知れている」。

「総理に出来る限り多大なストレスを与え、総理を弱体化しようとするダケ」だ。

「それは、故小渕総理の例からも明らか」である』。

|

最近は、結構至る所で電磁波発生素子仕込みだらけの様相だ・・・。

『「車やパチンコ店だけでは無く、カラオケ店でも、普通の商店でも、駅でも、公共施設でも・・・」、

「最近は、やたらと色々な所に、電磁波発生素子が仕掛けられている様相」で、

「至る所で、高周波の電磁波が観測されている」。

「高周波の電磁波は、電線や電線端にあるスピーカーや電球やディスプレー等々、電気機器の電線末部分から発生している」から、

「回路のグランド部分等に、高周波を仕込んでいる様相」だ』。

『「かなり、組織的に大々的に行われている」し、

「工作員保有の工作兵器も在り」、

「工作員の人脈が中共・北朝鮮系の様相」だから、

「一般日本国民の弱体化・早死に化を狙った組織的な犯行である事」は、

「ほぼ間違い無い」。

「そちら系の●暴組織も絡んでいる様相」だ』。

『「こんな事態が放置されている裏」には、

「政権の問題もある」し、

「日本の法律や摘発体制の問題もある」。

「実際に、自公政権時代より民主党政権になってから、電磁波工作の強度は比べ物にならない程強くなっている」し、

「日本の現行法では、因果関係がはっきりしない限り、電磁波の継続照射による発ガン等による死亡でも、摘発は困難」だ』。

『「日本の警察等もこの手の工作活動に対し、積極的に摘発するべき」である。

「今のまま時を重ねるなら、自衛無き者たちは、結構な割合で、弱体化させられてしまう」。

「それは、飲食物工作等でも同様」なのだ』。

|

あり得ないでしょ!「オセロ中島の再登板」を望む人々・・・。

『「芸能事務所が滞納家賃の肩代わり」とは「普通ではあり得ない話し」だが、「芸能界の利権構造を考える」と「思わず、納得・・・」だったりする。

「所謂大物芸能人と言われている人々の部屋を借り家賃を滞納した事=所謂大物芸能人への借り」であり、

「所謂大物芸能人に不利益をもたらす事は、同じ芸能界ではタブー」なのだろう。

「よって、一般社会ではあり得ない、個人の落ち度を会社が償う事態」の「露呈」なのだ。

「本当に、今の日本の芸能界は異常」である』。

『「そもそも、今回のオセロ中島の問題」は、

「神のお告げとか、●●の生まれ変わりとか、・・・言うあり得ない人にマインドコントロールされてしまう者」に、

「テレビ等で常連出演利権を与え、余りある報酬を与えたところ」で、

「ロクな結果は得られない事の立証みたいなもの」だ。

「悪に騙されコントロールされてしまう様な人に、余りある報酬を与えれば、悪を利するダケ」なのである』。

『「普通の世界」なら、

「オセロ中島は、あり得ない人にマインドコントロールされた段階で、少なくとも表舞台は、終わっている」。

「普通の会社ならクビが当然」で、

「会社が滞納家賃を代わって払う・・・」なとど言う「あり得ない事態」は、

「実際にあり得ない」。

「滞納家賃は滞納した本人が払えば良い」のだし、

「その為のお金は、今までの立場を清算した後で得られる立場で稼ぐのが当たり前」だ。

「オセロ中島の復活を容認する事」は、

「現状の芸能界の異常な特別性を認めると共に、オセロ中島が普通の人として快復する道を閉ざす事でもある」のだ』。

『「そんなあり得ない状態を望む人々」とは、

「他人の不幸は蜜の味を味わいたい連中(今回の様な事例なら、マインドコントロールにより弱体化した人が、快復する過程を上から見て、優越感を味わいたい連中)」か、

「お仲間の特別扱いを望む悪」等々と「相場は決まっている」のだ。

「周囲の人々が、

普通の人々なのか?

他人の不幸は・・・なのか?

お仲間特別・・・なのか?」は、

「少し注意深くこの問題に対する対応を見れば、丸見え・・・」だったりする』。

|

ウラン鉱山の残土問題・・・。

『「何処かの国の為に、どうしても日本の原発や原子力産業を衰退させたい様相」の「日本の大手テレビ番組の多く」だが、

本日も、「サンデーモーニング」では、

「日本の旧ウラン鉱山の残土問題」まで持ち出して、

「放射能不安を煽っていた」のだから、呆れる』。

『「少し考えれば、誰にでも分かる筈」だが、

「ウラン鉱山の残土問題で、日本が先ず、一番考えなければならない」のは、

「中国や北朝鮮のウラン鉱山の残土」である。

「偏西風によって日本に渡来しているそれらの残土」は、

「中・ロ・北朝等による核実験で渡来しているプルトニウム等の放射能物質と同様」に、

「日本人の発ガン原因の一つにもなっている可能性大」なのだ』。

『「核問題は、既に、後戻りは出来ない」のである。

「そんな状態で、悪戯に原発等から退く事」は「得策では無い」。

「むしろ、率先して、核や放射性物質を研究し、今既にある問題を出来る限り早く処理出来る実力を養うべき」だ。

「その為にも、原発は率先して使い続け、安全対策を十分に構築し続ける」と共に、

「核汚染や核のゴミ問題に対しても、率先して取り組むべき」である』。

『「中国や朝鮮による核汚染問題を放置したまま、

日本のみ脱原発・・・で、

中・ロ・朝等々の原発は容認・・・」では、

「いったい何処の国の人なのか?」

「似非日本人が日本国内に溢れている」から、

「現状の日本の状態も悪いのでは?」と

「感じているのは、筆者たちだけでは無い」』。

|

南京大虐殺の実体・・・。

『「前の記事」では、「随分間を省略して記してしまった」ので「所謂、南京大虐殺についての実体を記しておこうと思う」』。

『「重要なポイント」は、「以下の通り」。

「当時の南京には、後に終戦時の戦勝国中華民国(中華人民共和国では無い・・・念のため)の代表となる蒋介石が居た事」。

「南京戦争では、旧日本軍が勝利し、その時点では、旧日本軍は南京を制圧した事」。

「戦局が日本側に圧倒的に有利になった時点で、蒋介石たちは南京から抜け出した事」。

「蒋介石たちが南京から抜け出した時に、日本軍の追っ手を封じる策を講じた事」。

「等々」である』。

『つまり、

「旧日本軍と当時の中国軍の間で、南京で戦争があり、

日本側が有利になると、中国側の大将たちは抜け出し、

日本軍の追っ手を封じる為に、中国側は、市民を盾にすると共に、市民の中にゲリラ兵を仕込むと共に、

日本側の勝ちが確定的だったので、日本側が利を得られない様にする為に焦土作戦を行った」のが、

「所謂、南京大虐殺」なのだ』。

『「上記の様な中国側の戦略」により、

「実態としては、当時の中国軍側が多くの中国人に犠牲を強いた」のだが、

「終戦時に戦勝国となった中華民国」は、

「中華民国の首長でもある蒋介石が多くの中国国民に犠牲を強いた南京戦争」では「都合が悪い」から、

「旧日本軍による一方的な大虐殺を捏造」し、

「それを南京大虐殺と名打った」のである。

「中華民国が訴えたのは、20万人の一般市民を虐殺した南京大虐殺」だった。

「中華民国から中国の支配権をもぎ取った中国共産党」は、

「中華民国より以上に中国国民の事を重用しているポーズの一環」として、

「中華民国の捏造、南京大虐殺20万人の一般市民虐殺」を、

「30万人の一般市民虐殺に塗り替えた」のだ。

「そんなモノ」が「日本国内でも大手を振っている裏」には、

「そのスジの人脈が牛耳っている日本の情報・教育の問題が在る」のである』。

『「ついでに記す」なら、

「旧日本軍の戦争は、元々物資が乏しい日本だったので、基本的に出来る限り現地調達だった」。

「しかし、

南京戦争当時の旧日本軍兵士の多くは、

所謂エリートで、

上官の命令に忠実であると共に、

滅多な事ではハメを外さない者がほとんどだった

(命令以外のやたらな事を行えば、上官から厳しく怒られた)のだ。

終戦近くの時の様に、

兵士としての適性が???だったり、

監獄から出した者まで兵士という時代では無い

(終戦近くになってから召集された兵の中には、監獄組みや、米俵一つ満足に担げない、視力も悪い、兵士としての適性が???の者たちも、少なく無かった。

日本の負けがほぼ確定的になった頃の兵の中には、

日本軍の武器を持って投降すれば幹部扱い等々という中国共産党軍等への寝返り兵や、

ヤケになって民間人に対する乱暴狼藉・殺人行為まで行う者もいた)

」から、

「所謂、南京大虐殺時には、旧日本軍の兵士たちが、戦争行為以外の乱暴狼藉を山ほど行ったとは考え辛い」。

「むしろ、当時の中国は、国の中自体がバラバラで、兵も統率さえ???だった」から、

「戦争(負け戦)の混乱に乗じて好き放題悪さを行った中国兵や中国人は、

かなり居た筈(この辺りの事情は、終戦近くの日本兵と同様)」である。

「現在の日本人の態度や文化を見ても、戦局が有利な状態での日本軍の態度は良く判る」と思う。

「国や地域に深く巣食った文化や精神構造は、一朝一夕では変わらない」のである』。

『「多くの日本人」は、

「事実・現実の上にしか確かな者・物・事は構築出来ない」等と「考えている」。

「朝鮮人や中国人の場合」は、

「事実・現実を知る者の多くを殺したり、口封じすれば、朝鮮人や中国人の思いを事実・現実とする事が出来る」等々と「考えている人々が少なからずいる様相」だ。

「人類の未来を担えるのは、どちらの考え方か?」は、言うまでも無いだろう』。

|

嘘つきに嘘つきと言った名古屋河村市長の蛮勇・・・。

『「所謂南京大虐殺の実態」とは「日本軍と中国軍による南京戦争であり、その戦争においての日本側の勝利」である。

「だから、実際に、中国側にも、日本側にも、主として兵の戦争犠牲者が出た」。

「犠牲者数としては、中国側がセイゼイ1万~2万、日本側が数百~数千くらい」の筈である。

「写真や映像上中国側の兵が中国一般市民に見える場合がある」が、

「それは、戦局が不利になった中国側の兵がゲリラ化したからである場合が多い(一部に本当の一般市民犠牲者も当然いる)」。

「中国共産党が国を立ち上げる時、南京では、中国は日本に負けました・・・」では、

「都合が悪い」。

「そこで、中国共産党は、嘘をついた」。

「南京では、日本軍が非武装の一般市民を一方的に虐殺した。その数は30万人にも及ぶ・・・等々」。

「冷静に考えれば、誰でも分かる」。

「30万人を殺害する為には、どれ程の武器とどれ程の戦争行為が必要なのか?」

「広島への原爆投下で失われた命の数より遥かに多い数の命が奪われる為」には、

「どれ程の武器が必要で、どれ程の戦争行為が必要か?」

「しかも、当時の南京では、中国側も日本軍と同様の武器を持ち抗戦していた」のだ。

「現実」としては、

「南京大虐殺は、嘘」であり、

「中国共産党は、嘘つき」である』。

『「その嘘つき」に対して、「あなたは嘘つきです・・・」とやってしまったのが、

「河村名古屋市長」である。

「嘘つき」に対して、

「あなたは嘘つきだ!」とやって、

「素直に私は嘘つきでした。これからは、嘘を改めます。」等とやる「場合がどれ程あるのか?」を考えれば、

「河村名古屋市長の資質も良く判る」だろう。

「さすが、鳩山、小沢、菅、等々、普通では無い方々がゾロゾロ・・・の民主党」である』。

『もっとも、

「河村名古屋市長の今回の発言の場合」は、

「鳩山や菅等々とは違い、功の部分も少なからずある」。

「それは、多くの一般日本国民が、所謂、南京大虐殺の実態について、再考・再検証したところ」だ。

「日韓併合の実態にしてもそう」だが、

「多くの一般日本国民は、真実の歴史を知るべき」だし、

「それは、中国や朝鮮の人々でも同じ」だ。

「河村名古屋市長のメッセージ」が、

「真実の歴史認識の共有無ければ、真の友好関係はあり得ない」という「メッセージ」なら、

「少なくとも、日本側のテレビ・マスコミ等は、その意をちゃんと大宣伝するべき」だろう』。

『「中・朝等に対する土下座教育・情報・外交等のメリット・デメリットは、ちゃんと検証されるべき」である。

「土下座教育・情報・外交とは、嘘つき教育・情報・外交でもある」のだ。

例えば、「日本と朝鮮との間」でも、

「日本や多くの日本国民が嘘つきに合わせている間」に、

「竹島は不当占拠され、一般日本国民まで拉致され、核兵器まで保持され・・・、未だに、不当要求・・・」では、

「日本にとってのメリットなど無いに等しく、日本にとってのデメリットは計り知れない」』。

|

野田総理&谷垣総裁の秘密会談??・・・。

『「現在の日本の政治の実権は、財務省」にある。「総理である野田にしても、財務省の意向に叛けば、早々にアウト」だろうし、

「野党第一党党首である谷垣だって、率先して、財務省をお手伝い・・・なら、総理の目もある」。

「財務省政治の結果、

幾多の目くらまし政策の裏で、

財務省が喉から手が出るほど欲しい

安定財源と信じるに足る

消費税増税という財務省の要望が

粛々と進められている」のが「現状」なのだ』。

『連中は、「財政再建を行いたい」のでは無い。

「安定財源と信じるに足る自分たちがコントロール出来る新たな財源が欲しい」のだ。

「何故か?」

「その裏には、財務省がコントロール出来る新たな財源が無くなると、困る、実状がある」のだろう。

「本来なら在るべきお金が無くなっていたり」

「密約で約束し、支払い続けているお金の為の資金が不足していたり」、

「・・・する事態」が

「推定される」。

「財務省の闇は深い」のである』。

『「上辺の茶番劇」には「脚本家がいる」。

「政界茶番劇」は、

「人寄せパンダ的に、大衆の興味を惹き付ける」と「共に」、

「大衆に、

{何となく}、

消費税増税は仕方無い・・・等と思わせる」為の

「マインドコントロールの一環として行われている」のだ。

そして、「茶番劇を率先して宣伝している」のは「ご存知の通り、大手テレビ・マスコミ等の多く」なのである』。

『「財政再建」なら「誰も異論が無い」だろう。

しかし、「消費税増税=財政再建」では「無い」。

「むしろ、消費税増税では、景気の悪化が招かれ、税収自体が減る可能性大」である。

「景気が悪化すれば、益々少子高齢化が深刻になり、結果、益々社会保障費も膨らむ事になる」。

「消費税増税」では「財政再建は出来ず」、

「消費税増税」は「日本破滅の仕掛けにしかならない」のだ。

「財政再建する」なら「消費税増税では無く、景気向上策が第一」だ。

「財政再建の為に増税する」なら「大金持ち・大資産等のみへの追加課税・累進課税の強化(そうすれば、大量のお金・資産が実体経済内等々に出る事になるから、景気も良くなるし、多くの普通の経済状況の人々には影響が無い)等、

景気の悪化を招かない増税こそが正当な道」である。

「欲ボケどもが、法の下の平等等々を言う前には、産まれながらの環境格差の是正等々が必需」であり、

「血統主義者たちは、人類の世代交代が個の保存では無く種の保存である事ぐらい、いい加減に理解・把握するべき」だ』。

『「以前は、製造輸出産業のみが、日本の基幹産業だった」。

「現在では、それに、金融投資が加わっている」。

「日本社会は、金融投資の割合が増えるのに合わせて少子高齢化し、景気も内需も衰退している」のが「実態」だ。

「金転がし」では「技術も子どもも育たない」のである』。

『「財政再建とは、経済上の健康化」である。

「健全な経済システムなら、社会上の健康化とシンクロしない経済上の健康化は、在り得ない」が、

「現行のインチキ経済システムでは、大資本を抱きしめている者たちが益々有利になる様に金転がし過剰優遇」だから、

「金転がしでも、経済上の健康化が可能になっている」。

「もちろん、それは、上辺だけ」だが。

「内実が腐っているが、金勘定だけは健康的・・・」という「状態」で、

「果たして、多くの国民が本当の幸せを享受出来得るのか?」と言えば、

「もちろん否」であり、

「一時的に、大枚という覚せい剤中毒状態に陥る事が出来る人々がある程度以上数多く出ても、それは、長年に渡って継続出来得る状態ではあり得ない」。

例えば、

「大資本大金持ちが多数いる所謂ユダヤ人が何を求めているのか?」

「自分たちの国」であり、

「自分たちの国の安全と繁栄」だろう。

(更に、「世界支配の欲動」まで「有しているのかも知れないが・・・」。)

「日本は、既に国が在る」。

「ところが、安全は、未だに、米国頼り」だ。

(「国を健康化するなら、もっと、この分野にも投資するべき」である。

具体的には、「駐留米軍を日本軍と入れ替えれば良い」。

「そうすれば、沖縄の問題も解決し易くなる」。)

「そして、少子高齢化では、繁栄どころか、衰退を招いているのと同じ」である。

(「金融投資で儲けを出し続ける為」には、

「大資本が必需」で、

「結果、多くの金融投資利益」は

「実体経済内に還流されず」、

「金融投資界に溜まるお金」では、

「実体経済内の景気は良くならない」から、

「人口も増えない」。)

「多くの日本国民には、世界支配の欲動など無い」筈だ。

「今時の日本国民」なら、

「自分を健康にコントロールする代わりに

他の者・物・事を支配したがる代償欲求の追及行為に、

翻弄されっぱなし・・・」という人々は、「少数派」だろう。

「多くが、そんな未熟な状態より、自分で自分を健康にコントロールする正当な道を好む」筈だ。

「金転がしを求めて国家・国民を衰退させる」のは「バカか、反日本国・反日本国民」なのだ』。

『「日本乗っ取りの策略を持つ亡国人等々」なら、

「日本人に技術をつくらせ、それを盗んだ後で、

日本の経済を衰退させ、

日本人人口を激減させた上で、

在日亡国人にも参政権を与え、

亡国から大量移民・・・」だろうが、

「普通の日本国民」なら、

「日本の産業の活性化であり、

日本人人口の増加であり、

少子高齢化の解消であり、

日本社会の健康化である筈」だ』。

『「現在の財務省は、どちらを向いているのか?」

「財務省の闇には、何が在るのか?」

「何処と無く、米・中等先の大戦の戦勝国の臭い+朝鮮の臭いが、漂っている・・・」』。

『「総理や国会議員たち」は、

「財務省等官僚以上にしっかりしていなければならない」。

「ちゃんと一般日本国民の利益を、代表して、実現させなければならない」。

「財政再建なら、多くの一般日本国民の利益にもなる」が、

「消費税増税では、多くの一般日本国民の不利益にしかならない」のだ。

「消費税増税で、財政再建出来ると考えているなら、バカ」である。

「財務省等官僚の駒や人形になる事」で、

「国会議員の座を得たり、大臣や総理の座を得たり、維持したり、している様」では、

「中国共産党支配下の中国が、下々に選挙で選ばせる駒や人形を持った様な状態」と、

「似た様なモノ」なのだ』。

|

韓流テレビ・マスコミ等にマインドコントロールされていると・・・。

『「何となく、原発は悪モノで、無くさなければならず、太陽光発電や風力発電は、正義の味方で、増やすべき、と思っています」。

「何となく、公務員なら全て悪で、全ての公務員の報酬は下げられるべきと思っています」。

「何となく、政権交代が必要とか思い、

何となく、大政党への政権交代で無ければダメと思い、

先の総選挙時には、何となく、民主党に投票ちゃっています」。

「何となく、日本は、先の大戦時に朝鮮や中国の人々に大変悪い事のみを行ったのだから、朝鮮や中国の人々には全面的に謝罪するべきと思っています」。

「何となく、・・・」。

「何となく、・・・」』。

『「実は、内実を確かめない、何となくの判断こそ、マインドコントロールの悪の成果」なのです』。

|

オセロ中島マインドコントロール問題を心配しているつもりの韓流テレビにマインドコントロールされている人々・・・。

『「マインドコントロールによる不当利益を貪っている」のは「占いや新興宗教等の仮面を被った悪ばかり・・・」とは「限らない」。

「現状の日本」では、

「学校教育」や、

「テレビ・マスコミ等」だって、

「実質的マインドコントロールだらけ・・・」なのだ』。

『「マインドコントロールの実体」は「基本的に同じ」である。

「ターゲット本来の頭や心で考えさせず」に、

「マインドコントロールする側に都合の良い論理で、ターゲットを操っている」のだ。

その上で、

「直接的にターゲットの財産や権利等を貪っている」のが

「オセロ中島等に食いついてる様な連中」で、

「間接的にターゲットの財産や権利等を貪っている」のが、

「不当な学校教育や、不当なテレビ・マスコミ等」である』。

『「嘘の歴史や自虐史感等々を刷り込み、

選挙時の投票行動や、

事件・事故・政策等の世論等を操るマインドコントロール」による「不当利益」が、

「何処の国のどの様な人々を利しているのか?」を考えれば、

「誰もが、その悪質なマインドコントロールの元に気付く筈」だ』。

・・・・・・・。

『「本日も、

NHKのニュースでさえ」、

「韓国大統領による3.1抗日記念日の演説の宣伝」を「一方的に大量配信」である。

宣伝された「韓国大統領の言い分の内容」は、

「(元々在り得ない)従軍慰安婦(従軍売春婦はいたし、意に沿わぬ売春婦の実態は親等に売られたである)問題を人道的に早急に解決する事」や、

「日韓は重要なパートナー同士だが、未来志向の為にも、過去の歴史から逃げてはいけない(過去の歴史から逃げているのは、言うまでも無く、韓国側・・・他の記事等をご参照ください・・・である)旨」だったが、

「不当な学校教育や、不当なテレビ・マスコミ等による情報で、マインドコントロールされている人々」には、

「上記の()内に筆者が記入した現実がわからない」のだ。

「マインドコントロールされている人々の頭の中」では、

「日本は韓国を植民地化して、朝鮮の人々に散々嫌な思いをさせたのだから、

韓国に謝るのは当たり前で、

従軍慰安婦補償問題にも応じるべき」とか、

「日本人は、もっと過去の歴史を深刻に受け止めるべき」等々の

「妄想が渦巻かされている」のである。

「そんな妄想を抱きしめた人の一票でも世論」でも、

「一票は一票、世論は世論」というのが、

「質を問わない数のみの多数決、似非民主主義の実態」なのだ。

「似非民主主義・・・実体は学校教育・テレビ・マスコミ等マインドコントロール票集め」によって、

「より酷い政権まで出来てしまった」のが「先の総選挙時」である。

「そのより酷い政権が行って来ている者・物・事を検証する」なら、

「似非民主主義による不当利益が何処に流れているのか?」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「オセロ中島のマインドコントロールを心配する

(その実体は、

マインドコントロール状態にある自分自身の実態を見つめ把握し、

自分で自分のマインドコントロールを解く事から

自分を逃し続ける為の代償欲求の追及行為・・・だったりしている)

前」に、

「不当な学校教育や、不当なテレビ・マスコミ等による情報のマインドコントロールから自分を解放するべき人々」が、

「未だに、少なからずいる」のが、

「日本のお寒い実状」なのである』。

|

「女性宮家」&「天皇国家元首化」問題・・・。

『「民主党等の政権等による日本破壊工作の一つ」が「女性宮家創設策略」だ。それは、「日本乗っ取り策略の一環」でもある。

「日本乗っ取り人脈の論理」では、

「天皇=日本の王=朝鮮人」で、

「その事自体を現在、もしくは、近未来、日本で暮らしている人々に周知する為」には、

「現在、もしくは、近未来の天皇家の血筋を誰が考えても朝鮮系とする事が必需」で、

「その為に、一番手っ取り早い道が、女性宮家創設&天皇家の女性と朝鮮系の男性の結婚→その子が天皇になる事」と、

「天皇の国家元首化」なのだ。

「天皇=日本の王が朝鮮」なら「日本は朝鮮の国」というのが、「日本乗っ取り人脈の屁理屈」である。

「女性宮家創設」は、「天皇家の血統を現在~の朝鮮系男子にする為の策略の入り口」なのである』。

『「多くのテレビ番組」では、「女性宮家の創設を天皇の公務のご負担軽減と結びつけたり・・・」訳の

「解らない屁理屈満載・・・」で、

「女性宮家創設反対派の論は、ほとんど紹介されていない様相」だが、

「元々、皇籍から外れる事が前提の皇系女子」には、

「天皇のご負担を和らげる公務など割り当てられていない」。

「天皇のご負担を和らげる公務を行う事=その女性宮家の天皇家化」であり、

「その実体は、皇位継承問題」なのである。

裏から見れば、「皇位継承権無き女性宮家創設」には、「何の意味も無い」のだ』。

『「皇位継承問題で考える」なら、

「伝統文化を重んじるか?」「科学・現実を重んじるか?」で「判断は変わる」。

「伝統文化を重んじる」なら、

「天皇家の男性血統による皇位継承という伝統文化の破壊は、間違っている」。

「科学・現実を重んじる」なら、

「人類の世代交代は種の保存であり個の保存では無いのだから、天皇家に産まれた男子が天皇では無く、天皇の適性がある人間を天皇にするべきだ。

それこそ全日本国民の中の希望者から、天皇の仕事に対する適性を検査・試験して、天皇を選べば良い・・・のだが、

適性の検査・試験の内容を誰が作るのか?等の問題も当然出てくる」。

「現時点」では、

「人類の世代交代の実体知識の大衆理解・把握も不十分で、民間レベルの相続問題の科学・現実的処理も未だ未だ・・・」なのだから、

「当面の間は、伝統文化維持が現実的」だ』。

『「伝統文化維持」なら、

「出来る限り、前例を維持した方が、より長い伝統・文化の維持になる」。

「天皇家皇位継承問題」で言うなら、

「日本の敗戦により他国により強制的に破壊された旧皇族の復権」こそが、

「日本社会の戦後からの脱却にも通じる正当な道」であり、

「更に、伝統文化を壊す事にしかならない女性宮家の創設は、明らかに間違った道」である』。

『「天皇の国家元首化」とは、

「天皇が国家元首だった時代」まで「歴史を逆行させる道」だが、

「女系天皇や女性宮家創設とセットで無ければ、それは、それで、アリでも、大勢に影響は無い」だろう。

しかし、

「女系天皇や女性宮家創設とセットの天皇の国家元首化」は、

「極めて危険」だから、

「女系天皇や女性宮家創設がちゃんと否定されるまで」は、

「天皇の国家元首化論は抑えておく方が、より賢明」かも知れない』。

『また、

「男女平等論を言う」なら、

「人権上の平等や法の下の平等論も言われなければならない」。

「天皇や皇族に一般市民同様の男女平等を持ち込む」なら、

「天皇や皇族も人権上の平等や法の下の平等の下に置かれるべき」である。

「男女平等論のみを強調する論」は「情報策略的」だ』。

|

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »