« 日本人が地震で死んだら嬉しい韓国人問題・・・。 | トップページ | 今更ながら瓦礫処理は今後進展しそうだが、反原発の工作員たち及び工作員たちに操られている人々が駆逐されるのは何時?・・・。 »

結構、そのスジの連中にとってはビンゴの様で・・・。

『「元々、何十年も前から、そのスジの連中による不当な工作行為等々の迷惑を被り続けている筆者」にとって、

「今更の多少の工作の強化など何でも無い」のだが、

「昨今の記事も結構好評な様で、連中は、一生懸命電磁波工作を頑張っている」。

「笑えたのは、筆者の車にまで発信素子を仕込んだところ」で、

「実効を抑える対策をしながら、何時現物を押さえるのか?」を「ジックリ楽しんで(?)いる筆者をよそ」に、

「次々と工作員たちが顔を出す(=面が割れる)のだから、

バカは死ななきゃ治らない」のである』。

『「結構若い世代まで工作員化している裏」には、

「組織の成り立ちや運営方法が深く係わっている」。

「戦後、農協等にも入り込み、図々しくリーダーシップを取った連中の中にも、そのスジの連中がいて、

そんな連中は、代々、グループのリーダーとして、あり得ない話し等を普通の人々に仕込み、

実質的にマインドコントロールしている」のだ。

「当然の如く、終戦直後に日本国内で大暴れした連中やその子孫も居て」、

「日本で大暴れが可能になった裏」には、

「多くの一般日本人男性は戦地」なのに、

「多くの一般(?)朝鮮人男性は、最後の最後まで赤紙徴集の対象とはならず、

多くが日本に渡来し、軍需工場等で稼いでいた」からである。

「終戦直後の日本国内の成人(若者~中年)男性の割合は、朝鮮人>日本人の所が、日本国内には、少なからず在った」のだ。

「軍需工場等が在ったところ」等が「その様な状態であった場合」が多い。

「そんな連中が、帰化したり、日本人に成り済ましたりしながら、日本人から奪った土地で、店を持ったり、農家に転身し農協等で図々しくもリーダーシップ・・・」なのである』。

『「そして、今、尚、日本乗っ取り策略に基づいて、不健康な工作活動を行っている」のだ』。

『「日本政府(もっとも、そんな連中の代弁者や長の様な民主党政権ではお話しにならないが・・・)も、

現行法では取り締まり辛い部分も多いのだろうが、

日本の警察等も、

もっと、もっと、しっかりするべき」である。

「現状では、気付いている人々は自衛、気付いていない人々は、工作活動に嵌りっぱなし・・・で、人によっては、病気・事故等で早々と死亡・・・なのだから!」』

|

« 日本人が地震で死んだら嬉しい韓国人問題・・・。 | トップページ | 今更ながら瓦礫処理は今後進展しそうだが、反原発の工作員たち及び工作員たちに操られている人々が駆逐されるのは何時?・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事