« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

塩谷ナントヤラの●股問題・・・。

『「本来、こんな話題で公共の電波の時間を割くとは、異常」だが、「現状の芸NO界の質の低さの象徴としては、判り易い」だろう。

「問題なのは、●股が可能になるくらい、質の低い芸NO人でももててしまう事」で、

「その裏にある」のが、

「有名人利権」や、

「女性側の美形?信仰」や、

「お金信仰」等々、

なのだろうから、

「振った方も振られた方も醜悪」である』。

『「内実を知った上でのお付き合い」なら、

「外面にそれ程左右される訳も無い」ので、

「美形??だろうが、有名人??だろうが、お金持ち??だろうが、

余り、関係無い」。

「むしろ、気が合うか?思想信条や人生観等が合うか?等々の問題が大きくなる」。

「若い間は、男女とも本能である性欲動に追い立てられて、内実が???の求め合いを露呈する場合も少なく無いだろう」が、

「内実や本質を問わないと、格差が生じ易くなる」のは、

「何の話しでも同じ」だ。

「逆に、内実や本質を問う」なら、

「ほとんど全ての人々が保持している性器は一組」なのだから、

「いっぺんに何股も必要無い」のだし、

「自分との相性が重要」なので、

「恋愛も総中流化し易くなる」のである』。

『「内実や本質を問わない求め合いが、恋愛格差の源泉」なのだから、

「悪戯な美形??信仰や拝金信仰等々の後押しをする事」は、

「多くの人々にとって本質的に自虐的」なのだ。

「自らの恋愛環境を悪くしない為」にも、

「本質追求&内実主義は重要」である』。

『言うまでも無く、

「現状のテレビ・マスコミ等では、特定の姿形等に過剰な利権を与える情報を一方的にばら撒く事で、安直な集金商売を行っている」のだ。

「そんなモノに操られて、自らの恋愛環境を自虐的に悪くしている方々の実態」は、

「おバカ、もしくは、操り人形状態」なのである。

「そんな状態なら、一刻も早く、そんな自虐的な状態から自分を救い出すべき」だし、

「現状の偏向情報ゆえの不当利益の上にあぐらをかいている性悪」も、

「自分の性格を正常化するべき」である』。

|

高校生が化学室から薬品盗んで爆弾製作だと・・・。

『「最近の高校生は、余程レベル低下が激しいのか?北海道で、高校生なのに、化学室から薬品を盗んで爆弾を製作し、山で爆発実験をした旨のニュースがあった」。

「筆者たちの経験上」では、

「そんな事は、小学生レベル」で、

「高校生なら、巷に溢れている色々な物の内蔵化学物質を調べ、

その組み合わせで、別に、化学室から盗まなくても、爆弾くらい出来る筈」だ。

「化学が苦手な人でも、巷には、ガソリンやガスや花火等、元々、爆発する物を平然と大量販売している」のだから、

「爆弾製作が目的なら、何故ワザワザ化学室から盗むのか?」だが、

「学校を貶める為」なら「正に、合理的」だ』。

『「昨今の学校教育の酷さ」は「実社会で新入社員を受け入れている人々の多くが実感している筈」だが、

「実際にもっと酷さを実感しているのは生徒かも知れない」。

「もちろん、多くの場合、それは、無意識レベルでの話し」で、

「上辺では、良い生徒を演じている場合が多いのだろう」が、

「人間にせよ、何にせよ、生物の無意識は、当然、実体離れを嫌う」から、

「無意識レベルでは、実体離れ教育が嫌われない訳など無い」のだ』。

『「無意識の反抗心<上辺の有名校等の魅力」という「タイプの人々」は、

「学校教育に素直に、色々と覚えると共に、政治思想的には、所謂左翼化される場合が多い」のだろう。

「しかし、実社会に出て、有名校の威力も吹き飛び、実力が問われる様になる」と、

「無意識の反乱が起こる場合も少なく無い」のだ』。

『「元々が、自信の喪失による反乱」なので、

「反動形成で他人を蹴落としても過分な自信幻想を抱ける様に・・・」と、

「比べっこ原理主義」に走り、

「実仕事とは何の関係の無い他人の弱みを攻めたり」しても、

「比較の上での自分の優位性を保とう」としたり、

「仲間や子分集めをして、自分の優位性を保とうとしたり」、

・・・等々と、

「益々、実体離れを誘う行動へと突き進む姿は、正に醜悪な実態を露呈している場合が多い」のだが』。

『「そんな姿を露呈しているご当人」も、

「そんな上辺だけに拘っている現実逃避をしている間」は、

「自分自身では、はっきりとは見えてこない醜悪な人間の状態」でも、

「その人の無意識では、実感している」から、

「必然的に内部崩壊が起きている」のだ。

「そんな人間たちが現状実権力者の多く」なら、

「現状のままでは、漏れなく人類滅亡が付いて来る」のも、

「ある意味当然」である』。

『「高校生の愚行」を「それらの高校生のみの愚行」と「片付けている間」は、

「同様の新たな愚行も後を絶たない」だろうが、

「愚行の裏を検証」し、

「本当の問題点を改善する」なら、

「同様の新たな愚行等が防げる可能性は大きくなる」。

「どちらの道を選択するのか?」は、

「個人個人の選択の自由」だ。

「しかし、選挙でも同様だが、ある選択の集大成の結果が、実際の人間社会を動かしてしまう」のだから、

「選択の自由には、応分の責任も漏れなく付いている」のだ』。

『「どんな事件・事故等」でも、

「その事件・事故等の裏に潜む本当の原因の追求」を「忘れてはいけない」。

「比べっこ原理主義が主流」では、

「人類滅亡も当然」だが、

「本質追求現実主義が主流」なら、

「地球生命体細胞群の存続~永続も可能になる」のだから』。

|

関越道藤岡インター付近のバス事故問題・・・。

『「{格安}ツアーバスが居眠り運転で左側側壁に激突し、多数の死傷者が出てしまった悲惨な事故」。

「それでも、今回は、さすがに、危険運転致死傷罪の大宣伝には使われていない」様だ。

「その面では、正に、韓流テレビ・マスコミ等のダブルスタンダードの実証例」である』。

『「{格安}ツアーバス」の「経済原理優先過剰問題」の「生みの親」は、

言うまでも無く「悪戯な規制緩和」である。

つまり、「今回の事故原因の一端」は「悪戯な規制緩和」だから、

「そのリーダーであった小泉や竹中等も実質的には戦犯の一部」なのだ。

「悪戯な規制緩和でいったいどれ程の命が失われたのか?」を考えれば、

「連中の重罪性も良く解る」と思うが』。

『「米国は、ずっと前から既に規制緩和状態」で、

「その結果、安全や快適も金で買うものが常識」だ。

「生活のあらゆる分野で、安全や快適を金で買う」となると「当然、人並み外れた大金が必要になる」。

「規制緩和の実体とは、大資本過剰優遇」だから、

「人並み外れた大金さえ持てば、有利な企業活動等も容易」だ。

しかし、「人並み外れた大金を持つ為には、道が限られている」。

「一番容易なのが相続」で、「米国等の規制緩和&自由主義の実体は、血統家族差別主義」なのだ。

「次に容易なのがスポーツや音楽芸術等で現状権力者のご機嫌を損ねない範囲で大衆受けする事」だが、

「大衆受けの源泉にもなるテレビ・ラジオ・マスコミ等は大資本の犬」だから、

「血統家族主義者が公平な扱いなどする訳も無く」、

「例え、ご機嫌を損ねない範囲・・・でも、この道も実質的には最初から半分以上閉ざされている様なもの」だ。

「次に来るのが、お金になる大発明」だが、

「その為には、相応の才能と才能を鍛え花開かせる環境が必需」である。

「お金になる大発明などに結び付く才能等を保持している人など、超高額宝くじに当選する人くらいに稀」なのだ。

「大金持ちになる番外編が、超高額宝くじの当選と、株等の投資で成功し続ける事」だが、

「そちらは、もちろん天文学的な確率」である。

「上記の様な実状」から「必然的」に、「大金持ちを泥棒的手段で狙い、大金を得ようとする人々が多数出る」。

「オマケに、同様の手段でガードの固い大金持ちを狙うのでは無く、ガードが出来ない普通の人を狙い小金を奪おうと画策する人々も多数出る」。

「それだけでは無く、そんな世の中なら世の中ごと破壊してしまおうと思う人々も多数出る」。

「結果、安全には益々お金がかかる様になり、大金持ちになる為には・・・、も、益々加速する」から、

「実質的に、負のスパイラル状態に陥っている」のだ』。

『「その負のスパイラル状態を誤魔化す為の悪のアイデア」が、

「米国内{だけ}ある程度以上豊かにする事」で、

「その為に、米国大資本に米国外からお金や仕事をタンマリと持ってこさせる策略」が

「跋扈して来ている」。

「その為には、他の国々に文句を言わせない為、世界最強の軍備が必需」となる。

「今までの米国は、極一部の超大金持ちたちの意向に沿って、テレビ・ラジオ・マスコミ・映画等が大衆を操り、上記の論理で動いて来た」』。

『「米国は、世界最強の軍備を保持している」から、

「上記の様なデタラメも行えて来た」が、

「日本には、世界最強の軍備も無い」。

「そんな日本で、悪戯な規制緩和をすれば、日本は衰退するばかりか、実際に、多数の犠牲者が出る」のである』。

『「向かうべき方向は、実質的血統家族差別主義社会では無い」。

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性がより高い人間社会」である。

「具体的」には、

「格差社会や悪平等社会は整合性が低く」、

「総中流社会で実体のある正当な差がある社会が整合性が高い」のだ』。

|

サンデーモーニングの原発論・・・。

『さすがに、「原発が在る地域で反原発派の候補が選挙で勝てない」現実を突きつけられると、

「一方的でプロパガンダ的な反原発論は陰が薄くなって来ている」。

「しかし、未だに、現実論の域には達していない」』。

『本日も、

「脱原発の代わりに、原発が在る地域には別の経済的メリットを・・・」の旨とか、

「パイが縮小して行く社会を前提に・・・」の旨とか、

「原発に代わるエネルギー政策を示せば・・・」の旨とか、

「以前よりはマシ」だが「未だに、公共の電波で大々的に宣伝される程の論では無い論」ばかり・・・なのだ』。

『「脱原発の代わりに、原発のあるところに代わりの経済的メリットを・・・論」の「実体」は、

「税金=自分の財布の中の金では無い」を「ばら撒けば良い」と「言っているのと同様」で、

「正に、先の総選挙時の民主党のマニフェストと同様」だ。

「パイが縮小する事を前提に・・・論」は、

「インチキ」だ。

「パイは縮小するか?拡大するか?そのままか?」とは、

「パイの大きさのコントロールがまるで神様が決めた既定路線の如く嘯いている」が、

「実際」は、

「パイを縮小させる方向の政策を行うか?」

「パイを拡大させる方向の政策を行うか?」

「パイをそのままにする方向の政策を行うか?」の

「日本社会で政策の実権を持っている者たちの意向でコントロール出来る話し」なのだ。

「実際」に、

「一極集中、格差社会化等々の利権集中悪徳改悪を行った」から、

「パイも縮小し続けて来ている」のだし、

「利権分配総中流化政策を行えば、パイは拡大する方向に動く」。

「原発に代わるエネルギー政策を示せば・・・」と言うのなら、

「具体的に言うべき」だ。

「現状で、温暖化ガスの発生がほとんど無い安定大容量発電である原発の代わりになる」のは、

「地熱発電や大規模水力発電」くらいしか無い。

「不安定発電」や「小容量発電」では「効率が悪い」から「電気料金も上がる事となり、日本企業も不利になる」。

「米国は、シェールガスを日本に売りたいのだろうから、石炭・石油発電よりはマシな天然ガス火力発電をご推薦」だろうが、

「石炭・石油発電よりマシと言っても、所謂化石燃料使用火力発電は所謂化石燃料使用火力発電」である。

「温暖化ガス防止の面では、原発に及ぶ訳も無い」』。

『「原発は、安全管理をしっかり行った上で使い続け、安全技術も廃棄物処理技術も再利用技術も磨き続ける」のが、

「正当な道」だ。

「当時の技術では反応温度が4~500度と30年前には夢の電池だったリチウムイオン電池が、

今巷に溢れているのが科学技術の進歩の現実」である。

「リチウムイオン電池から撤退せず、

研究開発を諦めずに続けた結果、

実用リチウムイオン電池が出来、巷に溢れる様になった」のが

「現実」だ。

「当時も古い考えに執着している科学者たち」は、

「リチウムイオン電池の実用化は絶対に無理!等」を

「連発していた」のだ。

「まるで、現在の反原発科学者たちの様に」』。

『「国のエネルギー政策を細らせる事」は、

「意図的にパイを縮小させる事」であり、

「日本を衰退させる事」である。

「逆に、国のエネルギー政策を太らせる事」は、

「パイを拡大方向に導き、日本を発展させる事」になる。

「現代は、地球温暖化を防止しながら、エネルギー政策を発展させる事が国として重要」なのだ』。

『「原発の安全管理の向上や廃棄物処理技術の向上等々は当然」だ。

「それらを向上させ続ける為」にも、

「日本経済の為」にも、

「日本国のパイを守る為」にも、

「日本の安全保障の為」にも、

「原発は使い続け、技術は発展させ続けなければならない」のだ。

「日本を衰退させたい者でも無い限り、核の平和利用である原発からの撤退はあり得ない」のである』。

|

小沢無罪で挙党一致を願っている選挙したくない民主党の面々・・・。

『「法務大臣も民主党」だ。「選挙したくない民主党」にしてみれば「無罪でも有罪でも政権だけは維持したい」。

「有罪にした場合と無罪にした場合のどちらが政権維持に有利か?」

「有罪にすれば、小沢チルドレンの反発は必至で、同じ民主党のに、小沢を有罪にした法務大臣では、民主党内はケンカの嵐になる」。

それに比べ「無罪になった現状」は「静かなモノ」だ』。

『「多くの一般日本国民」は、

「小沢一派による反消費税反乱を期待している」が、

「民主党のロジック」では、

「政権維持が他の何よりも優先される」ので、

「果たして・・・」』。

『「もちろん、小沢一派が反消費税反乱を起こさなければ、小沢一派はその時点で完全に終わり」だが、

「民主党政権である間は、国会議員の座が維持出来る」。

「小沢一派が反消費税反乱を起こせば、

有権者の何割かは振り向き、選挙時に有利になる」が、

「当選まで結び付くのは、僅かな人に限られる」。

「既に、第三極があり、有権者の多くは、既に、民主党<第三極だから」だ』。

『「現状では、どの道失う国会議員の座」なら、

「一日でも長く保持していたい」と

「国政を預かる政治家らしからぬ小物ぶりを露呈している民主党国会議員」が、

「一番多い筈」だ。

「小沢一派の動きが鈍い」のも「その理由から」だろう』。

『「朝日新聞が小沢にNOを突き付けた論調を展開している」らしい。

「その意図」は、

「多くの有権者に見放され、

裁判所からも推定無罪だが、

内実的には問題だらけの旨指摘され、

もはや実質的に終わっている小沢<民主党政権の維持」なのだ。

「小沢を抑える論調を大宣伝する事」で「小沢の復権の邪魔」をし、

「小沢一派が反消費税大騒動を起こし辛く」し、

「結果、民主党政権を維持する」。

「小沢復権で反消費税大騒動~解散総選挙」は「困る」というのが

「朝日新聞」の「本音」だろう』。

『「解散権は総理にある」。

「野田総理が民主党<多くの日本国民」なら、

「党の意向は無視して、解散で、消費税増税問題等の真を問うべき」である』。

|

前の記事で自動車事故と電磁波の問題を記したけど・・・。

『「電磁波工作問題」は「自動車だけでは無い」。「照射されると頭がボーッとして集中力が阻害される事」からも「明らかな様に」、

例えば、

「家や、学校や、塾や、職場等で、照射されれば、

照射されていない者との条件差は顕著で、

実質的なハンディや、ミス・事故誘発原因等になる」。

筆者が聞いた話しでも、

「かなり以前から、電磁波悪用による日本人弱体化工作は行われている」との事で、

「直進性があまり良くない周波数帯しか悪用出来なかった技術水準の時代」は、

「大雑把に重要なお仲間の人材がいないところに向かって照射」等の

「大雑把な実行手段しか採っていなかった」との事だが、

「現在」では、

「電磁波レーダーやサーモグラフィ等によって、ターゲットの特定も容易」で、

「電磁波悪用工作兵器の性能も、電磁波レーザーレベルで、射程距離も100mを超える」と言うから、

「要注意度は、かなり高まっている」のだ』。

『「悪用電磁波による悪影響」は、

「頭がボーッとする」だけでは無い。

「現在悪用されているモノの中では、低周波に属する比較的穏やか?な電磁波」でも、

「首や肩等に照射され続けると、首や肩が凝る」し、

「高い周波数で強いレーザー」なら「失明や、心臓障害や、脳障害等を起こす事さえ可能」なのだそうだ。

「当然、当てられ続けている状態が何日も続けば、本来なら出ない筈の疲れが出、内蔵傷害等も起こり易くなり、

そんな状態で心臓や脳を強めのレーザーで狙えば、相応の高確率で殺人も可能」で、

「実際に、その手で殺された可能性のある政治家や有名人等もいる」らしい。

「高い周波数の強いレーザーを集合させて使えば、急速殺人も可能」だと言う。

「電磁波による弱体化や殺人」は「日本の現行法&現行の摘発体制」では、

「摘発さえ困難」である』。

『だから、「当面は、自主防衛しか無い」。

例えば、

「自宅や、学校や、職場等で、何故か?頭がボーッとしたり、首や肩が凝ったり、胸等に痛みを感じたり・・・する場合」は、

「悪用電磁波による場合も疑ってみるべき」である。

「電磁波自体は、電気的オンオフで一瞬にして、当てるも消すも出来てしまう」が、

「電磁波レーダー等で覗かれていない限り、悪どもの即応も困難」だ。

「電磁波レーダー等も電磁波利用」なので、

「例えば、適当な厚みのあるアルミ板を疑わしき方向に配置すると、マイナスイオンが発生したりする」から、

「通常比較的安価で売っている低い周波数帯の電磁波しか検知出来ない電磁波測定器で検知出来ない電磁波の存在も判る筈」である。

「因みに、高い周波数帯の電磁波も測定出来る機器は、現状のところ高額」だし、

「デジタル式で、特定の周波数のみ検知する様な機器だと、特定の周波数自体を割り出すまで、電磁波の存在も捉え辛い」。

「アナログ式で、比較的安く、高周波の電磁波の存在も検知出来る方法」としては、

「アルミ板+電界測定」等の手段が「有効」だ。

「周波数の特定は出来ない」が「電磁波の存在は判る」』。

『「電磁波の存在が判った」なら、

「自主防衛の実行」である。

「それこそ窓まで含む部屋中(前後上下左右全ての方向)をアルミ板やアルミを含むトタン板等で覆う必要が生じる場合もある」が、

「基本的に電磁波は直進する」し、

「ある程度以上の時間継続的に照射されなければ、大丈夫な場合が多い」ので、

「例えば、寝室や、リビング等で何時も座るところ等、風呂・トイレが長い人は風呂・トイレ等、常日頃余り態勢が動かない所」を

「中心に防御すれば実効がある」。

「防御対策後は、悪電磁波がマイナスイオン発生エネルギー供給源に化ける筈」だ。

「窓は、現状のところ、都合の良い物は巷では売っていない様だが、高周波の電磁波を通さないフィルムを貼ったり、

水槽や水入りのペットボトル等を置いて、

可視光線は通すが、工作電磁波は通さない状態にでもするしか無い」だろう』。

『「スパイ工作活動防止法等と十分な摘発体制の整備は、急務」である』。

|

愛知と千葉の小学生死傷自動車事故問題・・・。

『「報道による」と「どちらの運転者も、何故か?ボーッとしていた・・・との事」で、「外見上は、明らかな事故」だ。

「愛知の場合は、横断歩道横断中の小学生に突っ込み」、

「千葉の場合は、緩いカーブの直進すれば当たってしまう所に在ったバス停に突っ込み」、

と、

「ボーッとしていたら、確かに、起こってしまっても不思議の無い、外見上は事故」である』。

『しかし、

「小学生が自動車事故の犠牲になる外見上事故の連発」には、

「大いなる疑問が生じる」。

しかも、

「韓流テレビ」では、

「ボーッとするくらいなら、自動車の運転は止めるべき」等と、

「まるで、自動車の運転自体を悪者扱い・・・」なのだ』。

『「筆者も、運転中に{何故か?}ボーッとする事が結構あった」。

「不思議に思い、考え、色々と試してみた」。

「考えられる原因」として、

「前の車が、有害ガス等を発している場合」、

「前や後ろの車が、電磁波等を発している場合」、

「筆者自身の体調・心調等」、

「筆者の車が、有害ガスや電磁波等を発している場合」等がある。

しかし、

「実際にボーッとした時」は、

「飲食物工作対策を行っている筆者の場合」は、

「前後に車が在った時だった(飲食物工作の被害者なら、前後に車が無くても、{何故か?}ボーッとがあり得るが)」ので、

「筆者自身や筆者の車の問題は、別である事が容易に推定出来た」』。

『「残った前後の車の問題を検証する為」、

「ボーッとした時に、前に車が在れば、意図的に車間距離をかなり多く取ってみた」。

「後ろに車が在れば、意図的に、その車とは別の道を選択する様に、何回か右左折を繰り返した」。

「それらの対処を実行後」は、「どちらの場合も、ボーッとする感は無くなり、通常の感に戻った」。

「対処を開始する時、既に、頭や気は相応に使い始めている」のだが、

「それでも、前や後に車がある時は、何故か?ボーッとは取れないまま」で、

「前や後のその車が無くなると、何故か?ボーッとが取れた」のだ』。

『「当初は、不当な燃料を使用したトラック等の有害ガスを疑っていた筆者だった」が、

「前だけでは無い、前後である事」と、

「前後の車との相関関係(ボーッとした時に前後に在ったのは、トラックだけでは無く、一般車の場合が多い)」から、

「ほぼ間違いなく電磁波によるもの」と推定した』。

『「電磁波を使用して他人の頭をボーッとさせる事を考えてみる」と、

「低周波の電磁波使用では直進性が悪い」ので、

「ある程度以上の高周波の電磁波だろう」と推定出来る。

「ボーッとさせる」のは、

「運転ミスを誘う為や、運転自体への不安を持たせる為」だろう。

「ボーッとさせる為」には、「狙いは、首から上や、心臓弱体化等を狙って、胸」だろう。

「仮に、電磁波レーザーを使ってそれらの場所を狙っている」なら、

「最初から、それらの場所に電磁波減衰板や、電磁波反射板を置けば良いだろう」。

「周波数が特定出来ないと、効率の高い反射板は製作困難なので、とりあえずは、電磁波の存在を確認する為に、減衰効果のあるアルミ板を設置してみよう」。

「電磁波がアルミ板に当たると、マイナスイオンが発生するので、その感で、存在は、確認出来、減衰もされているから、実害は薄い筈」だ。

・・・等々と考えを巡らし、

実際に、「先ず、アルミ板を装着して車を走らせる様にした」。

「その結果」、

「特定の車

(何故か?如何にも、朝鮮系等の実質工作員が好みそうなナンバーである場合が多い・・・恐らくは、その筋とタッグを組んでいる●暴系民族系等の人脈等だろう・・・)

から、直進性のある電磁波が発せられている事」が「確認出来た」上に、

「{何故か?}ボーッと」も「無くなった」』。

『「次に行った」のが「反射板化」である。

「アルミで減衰する」から

「アルミと適当な金属を張り合わせた物をサンバイザーに設置

(前の車から電磁波が来ている事が疑われる場合は、サンバイザーを下ろし、頭を死角にする)

し、

心臓の前には、面倒なので、大きなペンダント的に同様の反射板を身に付ける様にした」。

「後ろ側の対策としては、ヘッドレストの裏に同様の反射板を設置し、

アルミ含有のトタン板をトランクに入れた」。

「そんな、対策済み車で走る」と、

「電磁波発生車が、反射に気づくと、向こうから遠ざかって行く」。

「結果、恐らく、確信犯で行っているのだ」と「容易に推定出来た」』。

『しかし、

「ここでも、問題なのは、現行法&現行の摘発体制」である。

「上記の様な現実が在っても、

電磁波照射によるボーッとが原因の事故があっても、

現行法&現行の摘発体制では、

電磁波照射を行っている者たちを摘発し罰する事が困難」なのだ。

「スパイ・工作活動防止法&十分な摘発体制の実現は急務」である』。

『「現実として、日本衰退化工作は、至る所で、色々な手段で行われている」。

「電磁波工作車の目的」は「多くの日本人の車離れ&偶発的な事故」だろう。

「そして、多くの日本人の車離れ&多くの日本人不安化情報工作」を、

「韓流テレビ・マスコミ等が受け持っている」のだ』。

『「連発している悲惨な自動車事故&その大宣伝」の「裏」には、

「上記の様な仕組みが在る」可能性大である』。

|

小沢裁判「無罪」問題+α・・・。

『「今回の裁判で特徴的だった」のは、「まるで、朝鮮総連に捜査が入った時と同様」に「無罪を叫ぶ人々の大群」が「裁判所前に押し寄せていた事」と、

「共謀の立証が不十分だった」から「有罪には出来ない」ので「無罪」という「判決内容」だ』。

『「小沢氏は今回の問題で、無実では無いが推定無罪を勝ち取った」のだ。

「この判決からも判る事」は、

「現行法で有罪に出来ない者・物・事=無実では無い」という事で、

「現行法を是正し続ける事は必需であり急務である事」である』。

『「ところが、本来その重要な仕事を行うべき国会議員たち」は、

「現行法の是正権を悪用した実質的な利権誘導」には「熱心」でも、

「本来必要とされている国家・国民の安全を守る為の是正」には「消極的」なのだ。

例えば、

「悪戯な規制緩和等は、明らかに大資本を持つ者のみを過剰に有利する為の改悪」で、

「明らかな利権誘導」だ。

「偏向論ばかりが跋扈している

日本の公共の電波を独占使用している

テレビ・ラジオの

極少数の人々に集中し過ぎている利権の解放等」を行う「正当な是正」には、

「異常な程消極的」である。

「悪戯な

公務員いじめや

建築業界等極一部の業界のいじめ等

にしかならない

悪戯な既得権益の破壊では無く」、

「日本に数多くの実害をばら撒いているテレビ・ラジオ既得権益の破壊」こそ

「今の日本では必要なのに!」』

『他にも、

「現行法&現行の摘発体制には現実との整合性が悪いところが多々在る」。

「例えば、現行法&現行の摘発体制」では、

「飲食物工作等により、

継続的に、弱毒物や実質的な有害物等を長年に渡って少しずつ摂取させられて殺されても、

その摘発&有罪にする事は困難」だし、

「電磁波工作等で、いきなり殺人が在っても、その摘発も有罪にする事も、困難」だ』。

『「法改正の元々の発想」が、

「古臭い元の法律を改良する事」だから、

「改良にならず、改悪になってしまう事もある」のだ。

「最初からちゃんと基本通りに行えば、良いダケ」なのに。

「基本とは、人間の実体である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性を求める事」である。

「その基本の為に、現状人間社会で、日本という国のくくりの中で、法律の整合性を求めれば良い」のだ。

「大元の基本(根本的現実と言っても良いだろう)と現状とを上手く繋ぐ整合性の求め方」こそ、

「法律改正の基本」である』。

『「根本的現実と現状とのギャップが少ない人間社会」こそ、

「誰もにとって、自らの実体との整合性が高い人間社会になるから、快適になる」。

「何事でも、基本からちゃんと整合性を取らなければ、何れは、崩れ去ってしまう」のだ。

「何れ崩れ去ってしまう者・物・事に邁進する」のは

「本質的に虚しい努力」であり

「虚しい努力の積み重ねの人生」なら

「必然的に虚しい人生」になるから、

「本質的に、無駄な人生みたなもの」だ。

「本質的に無駄な人生に熱中している人々が多ければ多い程、人類全体が虚しい度合いも増す」から、

「人類滅亡も急速に迫って来る」のである』。

『「国のリーダーとか、地方のリーダーとか、偉ぶる前」に、

「上記の基本ぐらいは、立候補者の全ての人々が身に付けている」べきだろう。

「有権者も、基本から、候補者を検証すれば、投票先を誤る確率も減る筈」である。

「その場合、日本国の選挙なら、現状では、日本という国のくくりがある現実を忘れてはいけない」のだ。

「悪戯に現状を無視して、悪戯に急速な現実との整合性を求める事は、急変による破壊を招く」のも、

また「真実」なのだから』。

『「出来るだけ早く、人類全体が、事実・現実の地平面に軟着陸が出来る様に、

例えば、

日本国という一つの国レベルの集団が、

その方向に向かって軟着陸し始めている状態を示す事が、

重要」なのである。

「世界的にその流れが生まれれば、実際の世界平和が実現する」』。

『「元々、人類誰もが、地球生命体細胞群の一塊」なのだから、

「誰もが、事実・現実に忠実に、自分の実体に素直」ならば、

「最初から世界平和が当然」なのである。

「{自虐的}な争い等は、全て、事実・現実と乖離した思いに拘り執着する事が原因」なのだ。

「例えば、現実として、生きている誰もが細胞ごとに誕生・死を繰り返しながら存続している」のだから、

「丸ごと一人の殺人」なんて「バカげている」のだ。

「殺したい程憎い」のは「多くの場合、特定の思想信条や言動等」である。

「特定の思想信条を殺したい」のなら、

「その特定の思想信条と事実・現実との整合性を検証すれば良い」。

「整合性無き、或いは、整合性の薄い思想信条など」は、

「人類(地球生命体細胞群)が存続~永続に向かう」なら、

「時の流れと共に何れは死に至る」のだから、

「ワザワザ自らの手を汚して丸ごと一人を殺す必要も無い」のだ。

「丸ごと一人を殺すおバカを考えている暇がある」のなら、

「先ず、殺したい思想信条と事実・現実との整合性を検証」し、

「その検証結果を公表すれば、事実・現実と整合性が低い思想信条等は崩壊の速度を速める事になる」。

「逆に、

検証の結果、

自分が抱きしめていた思想信条の方が事実・現実との整合性が低ければ、

自らの人生を虚しくしない為にも、

殺すべきは、

自分が抱きしめている思想信条の方」である』。

『「現状の司法制度は、未だ未だ宗教レベル」だ。

「一刻も早く、科学レベルで事実・現実との整合性が高い司法制度に改善されるべき」である』。

|

小沢氏に対する無罪判決問題・・・。

『「元々、現行法&現行の摘発体制では有罪が困難だから、現行法のプロ検察は不起訴祖分にしていた小沢氏の問題」。

「検察審査会による強制起訴」でも、

「現行法と現行の摘発体制の壁は厚いままだった」から、

「無罪判決は、ある意味当然」だろう。

「因みに、現行法に連座制があれば、小沢氏は間違いなく有罪」である』。

『「ここで、重要な問題なのは、小沢氏が立法府の人間、しかも、現与党で重大な権力を保持している人間、である事」だ。

「現行法や現行の摘発体制の不備を直す立場にある実権保持者を裁く事は、元々、困難」でもある』。

『「今回の判決」により、「小沢氏に対する党員資格停止等の活動制限は実質的に無くなるだろう」から、

「小沢氏がかつてから大々的に訴えていた反消費税増税の動きも活発にならなければ嘘」である。

「その面で、小沢氏が大人しくなる事」=「小沢氏の政治生命を実質的に終わらせる事」だから、

「今後の民主党内は、割れるのが当然」だろう。

「それでも割れない民主党」なら、

「相当に根深い団結力が働いている事の実証」で、

「そんなに根深いものと言えば、例えば、●●系人脈等による団結力等の話しになる」ので、

「民主党が割れない事」=「民主党丸々●●系人脈等の集まり等である事の実証になる」のだ』。

『「今回の無罪判決」で、

「事は動かざるを得なくなった様相」である。

「今後の展開は要注目」だろう』。

|

北朝鮮が韓国を大々的に非難していても日本を非難しない訳・・・。

『「反日教育まで行っている」のに「同じ朝鮮の韓国に対する非難は大々的」でも「日本に対する非難は大人しい」。

「その裏にある」のが、

「韓国と日本の政権の違い」だ。

「現状」では、

「韓国は、反北朝鮮政権」であり、

「日本は、親北朝鮮政権」なのである』。

『もし、

「日本が反北朝鮮政権だった」なら、

「韓国への大々的な非難と同時に、日本への大々的な非難も行われている」筈だ。

「それは、日本の総理だった小泉が、日本の慰霊施設でもある靖国神社に行ったダケ」でも、

「中国共産党・朝鮮等が大々的なクレームを付けて来た現実」からも、

「明らか」だ』。

『「中国共産党」や「朝鮮」の「政権」の様に、

「他国内に親政権が出来ないと困窮」する

「本質的には正当性の無い政権」が「行う事」は、

「駄々っ子と同じ」なのである』。

『「駄々っ子政権」の

「直接の被害を一番多く受ける」のは、

「その国の人々」だが、

「工作活動の標的になる国の民も結構な被害を受けている」』。

『「人類が世界的に駆逐すべき」は

「駄々っ子政権」なのだ。

「駄々っ子政権に親などという自虐的な政権を頂いている国」では、

「駄々っ子の子分で駄々っ子以下」なのだ』。

|

原発問題、テレ朝夕番の大谷によれば「日本は経済的豊かさよりも安全に舵を切った」だが・・・。

『「原発の安全管理は非常に重要」だ。「しかし、安全の元は、何か?」

「言うまでも無く、安全!安全!と祈っているダケでは、安全は得られない」。

「実際に安全対策を向上させ続けなければダメ」である』。

『「実際の安全対策を向上させる為」には「資金が要る」。

「研究でも、開発でも、実際の施工でも、必要なのは、現実として金」である。

「つまり、豊かさ無きところに安全は無い」のだ』。

『「それは、国防でも同じ」である。

「かつての朝鮮が日本との併合以外に生き残る道が無くなってしまった」のも、

「朝鮮王朝による下々徹底衰退支配政策の結果、国としての豊かさを失っていたから」である。

「国としての豊かさを相応に保持出来ていた当時の日本」が、

「開国から間も無く欧米列強に迫るほどの国になった事」と

「比較する」なら、

「誰でも、豊かさこそが安全の基本である事も理解出来る筈」だ』。

『「日本経済を衰退させてしまっては、

原発の安全管理も得られないばかりか、

国としての安全も保てなくなってしまう」のである』。

『「そんな論を日本の公共の電波を使って一方的に大量配信していた大谷」は、

「おバカ芸NO人コメンテーターとは、ある意味では対極の、

お利口仮面、内実、日本衰退化情報工作員」なのだろう』。

『「韓流テレビ常連出演者たちの論」は、

「鵜呑みにしてはいけない」のである』。

|

北朝鮮の脅し外交問題・・・。

『「韓国の反北朝鮮政権にいちゃもんを付けている北朝鮮の脅し外交」。

「もちろん、現実兵器を使って戦争を仕掛ければ、あっと言う間に北朝鮮が負ける」。

「その現実さえ???なら、北朝鮮の権力者たちは、相当なおバカという事」だ』。

『「如何にも、核ミサイルでも撃ちそうな脅しの裏」で、

「実際に行われるのは、

核実験もどき

(実際に核実験を行う事=その分だけ北朝鮮の保有核が減る事だから、

北朝鮮としては、出来る限り核は使いたくない筈)

と、

工作活動」だろう』。

『「日本でも工作活動は要注意」だ。

「既に、韓流テレビ・マスコミ等では、北の脅し外交を大宣伝だったりする」。

「それは、実質的に、北朝鮮を有利にする情報工作になる」。

「芸の無い芸NO人の押し売り宣伝による悪の効果と同様」で、

「北朝鮮の脅し外交を宣伝する事=反北朝鮮強行政権(=スパイ・工作活動等防止&摘発&厳罰等をしっかりやる政権)成立等への悪の防波堤になる」のだ。

因みに、

「芸の無い芸NO人の押し売り宣伝」では、

「先ず、芸の無い芸NO人が有名人化」される。

「有名人に貢いだり、操られたりする、愚民の数が多ければ多い程、

芸の無い芸NO人が発するコメントで、

大衆をコントロール出来てしまう悪の効果が得られる」のだ。

「その実態は、

現在の韓流テレビの芸NO人コメンテーターの数の多さを知れば、

誰もが納得出来る筈」だ。

「こんな状態が、日本にとって非常に危険である事」は、

「北朝鮮と仲の良かった旧社会党の面々等が実権を握っている民主党政権の成立」という

「実績からも明らか」である。

「オマケに、未だに、芸NO人コメンテーターの多くも、民主党を有利にするコメントを一方的にばら撒き続けている」のだ』。

|

中国・北朝鮮・韓国と言うけれど・・・。

『「日中友好40周年・・・」と言うが、「その実体は、日本が中国共産党政府と交流を始めて40年」である。

「中国共産党とは、中国国内の中国人にとっても、決して良い権力者集団では無い事」は、

「中国国内の事情を少しでも知っている人なら、誰もがご存知」だ。

「そして、中国共産党は、中国国内の民主化に未だに否定的」である』。

『「そんな中国共産党との友好??関係が40年も続いてしまっている事自体」が、

「本質的には、日本にとっても、中国にとっても良く無い」のだが、

「普通のお付き合いでは否定される事を重々承知な中国共産党の方々は、

脅し(中国国内の強権政治等や、核兵器保有&大量資金を投入し続けて軍備増強し続けて来ている)と

懐柔(日本の国会議員等でも、まるで、中国共産党のポチの様な人も少なく無いが、その裏にあるのは・・・)等々により、

普通では無理なお付き合いを延ばして来ている」のだ。

「中国の普通の人々との友好関係は大いに歓迎」だが、

「中国共産党との友好関係の悪戯な延長は大いに疑問」である』。

『「北朝鮮も同様」で、

「北朝鮮の現状権力者たちと、自ら率先してお付き合いしたい人々など稀」である。

「普通では無理なお付き合いを得る為に北朝鮮の権力者たちが行っている事」も

「中国共産党と同様」で、

「脅しと懐柔等」なのだ』。

『「韓国の場合は、政権によって結構変わる」が、

「それでも、何しろ、嘘の歴史認識を元に一方的に日本人を追い出し、

日本が築いたインフラ等や、日本の財産等を無償で奪って、国を始めてしまった」から、

「戦後は、一貫して、反日がアイデンティティ」だ。

「真実を認め、親日になる事=韓国の罪を認める事」だから、

「国家権力者の立場に就いている人々」は、

「立場上、尚更、反日をやめ辛いかも知れない」が、

「反日を止め、事実を認め、罪を詫びれば、真の日韓友好関係の礎を築いた歴史に残る偉大な国家権力者になれる」のだから、

「トライする価値は非常に高い」のだが。

「日本は、反日状態の国家権力者たちと普通のお付き合いは無理」なので、

「必然的に、韓国の反日状態の国家権力者も中国共産党や北朝鮮と同様の脅し・懐柔等の手法を用いている」。

「北朝鮮でも韓国でも得意」なのは、

「日本国内にいる在日や朝鮮系の人々を利用した手法」だ。

「上辺では、一般日本国民との区別が困難なそれらの人々を使って、

弱みを握って脅したり、

工作活動で弱体化したり、早死にさせたり、

異性やお金や善玉{イメージ}等々で懐柔したり、

等々」と、

「とても友好国らしからぬ裏がある」のだ。

「韓国でも、北朝鮮でも、普通の朝鮮の人々との友好関係は大いに歓迎」だが、

「現状の様な状態では国家権力者や工作員たちとの友好関係は大いに困難」である』。

『「主として上記の三国のみを指してアジアという日本のテレビ・マスコミ等の裏」にも、

「上記三国の工作活動等が巣食っている」。

「上記三国の情報工作員の様な人々ばかりが、テレビ常連出演者・・・」では、

「騙されない、操られない人々でも大迷惑」だが、

「騙されたり、操られたりしてしまっている人にとって」は、

「その人の人生を捻じ曲げ壊されている実害がある」のだ』。

『「どんな国の人でも、善人もいれば、悪人もいる」。

「善人との付き合いは、歓迎」だが、

「悪人との付き合いは、迷惑」である。

「どんな人でも、善人状態にも悪人状態にも成り得る」。

「上記三国等の実質的工作員化されてしまった日本人も悪人状態」なのだ。

「他人による操り<セルフコントロール」なら、

「誤解や過ち等から悪人化していた自分を自分で救い、

自分で自分を善人化する事は、

困難では無い」。

「他人による操り>セルフコントロールの状態」とは、

「自分本来の人生を放棄している状態」だ。

「未熟が容認される年齢や状態で無いのなら、その様な状態は実質的に病気」であり、

「未熟が容認される年齢や状態で、他人による操りが容認される場合」でも、

「日本社会として、悪人に操らせてはダメ」である』。

『「中国の民主化」と「朝鮮の正常化」を

「望んでいる日本人はかなり多い筈」だ。

「付き合うべき、或いは、ちゃんと相手にするべき、相手を間違ってはいけない」のである。

ちゃんと、

「善人状態の人」と

「悪人状態の人」を

「区別」して、

「善人状態の人にエネルギーを与える様にしなければ!」

「特に、日本の国会議員等立場のある人々なら、この面での認識は、一般の人より遥かにしっかりしていなければ!」

「日本からの意向」が、

「中国・北朝鮮・韓国の現状権力者支持では無く」、

「中国の民主化の後押し」や、

「朝鮮の正常化」で、

「その流れが強くなれば、結果的に、それらの国々の普通の人々も救われる」のだ』。

|

シェールガスだと・・・。

『「世論を操り、日本のみを脱原発させようとしている様相の報道ステーション」では、「何と!最近米国でドンドン出ているシェールガス(天然ガス)まで宣伝している始末」だ。

「石炭発電よりは、石油発電の方が、

石油発電よりは天然ガス発電の方が、

大分温暖化ガス排出量は抑えられる」が、

「元々が火力発電だから、実際には、セイゼイ半分くらいになる程度」だ。

「石炭火力も石油火力も止め、全てを天然ガス発電にしたところで、温暖化問題は解決出来ない」』。

『「それでも、石炭や石油よりは、天然ガスの方がマシだから、新たに火力発電所をつくるなら、天然ガス発電所が良い」だろうが、

「既に在る原発を再稼動するのと、新たに天然ガス用の火力発電所をつくるのとでは、雲泥の違いがある」。

「温暖化ガス対策の面からも、日本経済の面からも、原発再稼働の方が圧倒的にメリットが大きい」』。

『「米国のシェールガス」と「米国の小麦や牛肉」には、

「経済的な相似性がある」。

「日本で米食を衰退させれば、米国産の小麦の日本へのより多い輸出が容易になり、

日本で鯨肉食等を衰退させれば、米国産の牛肉の日本へのより多い輸出が容易になり、

日本で原発を衰退させれば、米国産のシェールガスの日本への輸出が容易になる」』。

『「結果的に日本を衰退させる者・物・事」には「正義のイメージや良いイメージ」等を付け、

「結果的に日本を良くする者・物・事」には「悪いイメージや嫌悪感」等を付け続け来ている様相の

「韓流テレビ・マスコミ等」だが、

「その節操の無さは、本当に呆れるくらい見事」だ。

「既に、実質的に鯨食が押さえ込まれている現状」では、

「外国の反捕鯨団体を糾弾」し、

「正義ぶり」、

「今現在の問題」では、

「外国のシェールガスを正義の天使の如く風潮している」。

「正常な認識力や判断力を備えている人なら、見ている方が恥ずかしくなる位の出来」である。

「それでも愚民を操る為には十分」で、

「その実効は民主党政権の成立で実証済み」なのだ』。

『「人は、自らの思い等に拘り事実・現実から自分を乖離させる悪事を働く事によって、愚民になれる」。

「悪どもは、そんな人々の悪を認める事で、愚民を操っている」のだ。

「もちろん、多くの場合、主として無意識上での話し」だが、

「悪を認められている限り、愚民は愚民のままで認められている錯覚を味わえている」のだ。

「愚民は、自らが認められた錯覚を与えてもらっているお礼に、悪の都合の良い投票行動等を実行している」のである』。

『「人間社会のガンは、悪と愚民(=自分に対して悪事を行っている者)」だ。

「悪と愚民に相応しいのは、過分な立場や報酬では無く、

応分の罪と罰と補償支払い等々」である。

「それは、現状の人間社会内で実際にその様な状態を強いられていなくても、

実際には、悪と愚民の中で、自然の摂理が与え続けている」のだ。

「実際の人間社会が自然の摂理との整合性を持つ事こそが、人間社会の健康化に直結している」のだし、

「実際の人間社会が自然の摂理と乖離し過ぎれば、漏れなく人類滅亡が付いてくる」のである』。

『「一人一人の責任の在る選択の集大成で人類の未来も決まる」のだから、

「もうちょっと、ちゃんと考えて頂きたい方々が、余りにも多い現状」は、

「本当に異常」である』。

|

京都府亀岡の無免許少年が起こした酷い事故問題・・・。

『「この手の事件・事故が起きる」と「韓流テレビ・マスコミ等では、主として厳罰論だけが大宣伝される」。

「悪戯に、被害者感情のみを煽り、

事件・事故の本質には迫らず、

視聴者や読者の厳罰を望む心理を増長させる事」の「実体」は、

「情報工作」である。

「日本人の自動車離れを誘う情報工作」に他ならない』。

『「もちろん、事件・事故の加害者に対し、応分の罰を求めるのは、当然」だ。

「ただし、

その事件・事故の問題の本質を追求した上で、本当に罰せられるべき者・物・事に対して・・・、で無ければ」、

「被害者心理にのみ同調しただけの、

客観性も公正性も無い、

悪戯な感情論」の域を出ない。

「悪戯な感情論の高まり」で、

「悪戯な厳罰化を招く事」の「実体」は、

「悪戯な厳罰化による脅し」である』。

『「悪戯な厳罰化による脅しに曝されている自動車運転」では、

「自動車運転自体が悪者扱いとなり易い」から、

「例えば、若者の自動車離れも加速し易くなる」』。

『「言うまでも無く、自動車産業は日本の基幹産業の一つ」だ。

「上記の情報工作の目的」は、

「(さすが、韓流・・・朝鮮流・・・テレビ・マスコミだが、)日本衰退」なのである』。

・・・・・・・・。

『「現在までの報道内容等が事故実態」なら、

「今回の事故で一番問題」なのは、

「無免許運転」と「まるで自らの崩壊を望んだかの如き、徹夜~居眠り運転」である。

「本当に、深刻な酷い事故実態」だが、

「しかし、それは、あくまでも、本当に運の悪い偶然の結果」だ。

「無免許・徹夜~居眠り運転が原因」なら、

「誰もいないところで、塀に激突し、少年たちが死亡した可能性も大だった筈」である』。

『「まるで、自らの崩壊を望んだかの如き徹夜~居眠り運転」の「裏」には、

「数多くの原因がある筈」だ。

「単なる若気の至り」とは「限らない」から、

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ意味からも、この面の検証は必需」である』。

『「韓流テレビ・マスコミ等が無免許運転の厳罰化や

まるで自らの崩壊を望んだかの如き徹夜~居眠り運転の原因の解明等を

訴えている」のなら、

「解る」のだが、

「事故実態の酷さや、被害者感情や、危険運転致死傷罪の大宣伝」なのだから

「実質的には、悪戯な脅し」で、

「悪戯な脅しが誘う結果」が「日本の自動車離れ~自動車産業の衰退」なのである』。

『「日本衰退情報工作を行っている様な連中」に

「日本の公共の電波の独占使用権を与え続けている必要など、全く無い事」は、

「言うまでも無い」だろう。

「そんな連中に相応しい」のは

「過分な立場や報酬では無く」、

「応分の罰を与え、今までの悪行に対し補償させる事」である』。

『「今の日本に必要」なのは、

「悪戯な自動車事故の厳罰化では無い」。

「実効のあるスパイ・工作活動防止法等や十分な摘発体制」である』。

|

選挙の有権は悪平等・・・。

『「ちゃんと投票する政党や候補者の実体について調べ、自分で良く考えて投票する人」でも、

「テレビ・マスコミ等が、投票に行く様に促すから、とりあえず、投票する」事にし、

「政党や候補者の実体も調べず、テレビ・マスコミ等の促すままの政党や候補者に投票したり、

酷い場合には、タダ自分の知っている有名人だから投票したり・・・する人」でも、

「一票の価値は同じ」なのだ。

「悪平等の見本みたいなモノ」だが、

「有権者の悪平等だけでは、そんなに酷い悪態は生まれない筈」である。

「問題なのは、政党や候補者の実体も調べない様なおバカたちを、操る悪ども」で、

「悪どもの有用兵器がテレビ・マスコミ・教育等」なのだ』。

『もちろん、

「おバカたちがおバカで無くなれば、悪に操られない」のだから、

「おバカたちにも相応の責任がある」』。

『「悪の策略で操られたおバカたちの数が多ければ多い程、酷い政権が出来る」から、

「酷い政権と上記の構造には、相関関係が在る」のだ。

「選挙に限らない」が、

「悪とおバカたち」は「本当に大迷惑」である』。

『「悪とおバカたちが、のさばらない社会とする為」には、

「現実的な区別・差別が必需になる」。

「悪やおバカたちは、悪やおバカたちであるが故に、過剰な権力等をもてなくする社会システム」は、

「何処の国でも、相応にある」が、

「国の権力者が悪やおバカたち」だと「逆に普通の人々や善人が不利益を被っているのが実態」なのだ』。

『「悪やおバカの定義が必要」だろうが、

以前から記している通り、

「事実・現実からの乖離が悪」であり、

「事実・現実も???なのがおバカ」である。

「事実・現実からの乖離」は、「事実・現実より自分の思い等を優先するから起きる」。

「悪は、自分の思い等を事実・現実よりも優先する事を自分にも他人にも無理強いしている」のだ。

「おバカ」は、「事実・現実の理解把握が???」で、

「その様な状態の原因」も

「実は、事実・現実を理解・把握する事より自分の思い等を優先する事を自分に無理強いしているから」である。

「自分に対する悪行が自分をおバカにする」のだ』。

『「悪でもおバカでも無い、候補者や有権者たち」は、

「悪やおバカの策略に対して、余りにも、無対策過ぎる」。

「策略に対して無対策である事で、正義ぶるのは偽善」である』。

『「余りにも酷い、政権が続く様」なら、

「最低限、政党や候補者の実体について調べ、ちゃんと自分の頭で考えている人のみを有権者と出来る様に、

資格試験でもやるべき」だろう。

「それは、国家の為にも国民の為にも正当な差別・区別」になる。

「現状だって、年齢と国籍で差別・区別している」のだが、

「ある国の選挙なら、国籍で差別・区別するのは、正当な差別・区別」である。

「年齢のみによる差別・区別が悪平等を生んでいるのが実態」だから、

「年齢制限枠を下に広げる事も含めて、資格試験でも導入すれば良い」のだ。

「そのくらい、酷いレベルにあるのが、日本の国政」である』。

『「一刻も早く」、

「一人でも多く、おバカを削減」し、

「悪が保持している過分な立場や権力等は返上させないと、

日本は本当に大変な事になる」』。

|

田中大臣・前田大臣の問責決議案可決・・・。

『「野田総理は、民主党内では実権が薄い」。「民主党内の実権は、今、実質的に、輿石幹事長等旧社会党の面々と輿石と仲の良い数の多い小沢一派が握っている」。

「輿石人事である大臣たちを野田が更迭出来ない状態」こそが「主従を如実に現している」のだ』。

『「旧社会党とは、北朝鮮と仲の良い政党」で「日本<北朝鮮の政党」だった。

「実際に、

拉致被害者の家族等が北朝鮮との交渉も旧社会党なら可能だろう・・・と、

被害者救済を訴えに行った時、

旧社会党は、何と、北朝鮮の出先機関である朝鮮総連に{その旨を報告に行った}」のだ。

「小沢とは、北朝鮮製の金塊が金庫に在った故金●の流れの国会議員」である。

「そんな流れの連中が実権を握っている民主党政権」だから、

「北朝鮮ミサイル発射時の対応」も、

「日本<北朝鮮」となり、

「北朝鮮の失敗を庇う為、自虐的な大失態を演じた」可能性大なのだ。

「この様な実態が露呈している事」は、

「民主党<北朝鮮権力者」である』。

『「北朝鮮が工作活動国家である事」は、

「何度も記している」。

「日本での工作活動」は、

「そのスジの連中が実権を握っている暴力団や宗教団体や民族組織等々を使って、

飲食物工作や電磁波工作や情報工作等々、

露呈し辛く、摘発困難な工作活動が、

大胆に行われている」。

「暴力団等と、芸能界等と、テレビ・マスコミ等の繋がりの濃さは、

今更、言うまでも無い」だろう。

「ネット情報工作で、

稚拙なモノも意外と多くあるのは、

書き込んでいるのが、●暴や●宗や●民(=日本人では無い)だったりするから、

ある意味、当然」なのだ』。

『「●暴や●宗の操られ工作員は日本人である場合も少なく無く、

日本では通称使用も認められている在日外国人の場合でも区別は困難」で、

「そんな連中が、アルバイト先や企業内や職場内でも工作活動・・・」なのだ。

「現職を引退しても、例えば、電磁波工作兵器等を背負ったり、飲食物工作用の物質等を保持したまま、街中をウロウロ・・・している元気なご老人たちもいる」のだ。

「そんな連中が意外と元気で、真面目に仕事に打ち込んで来ている日本人が、意外と早死にだったり、半病人だったり・・・する」のは、

「工作活動の標的、もしくは、被害者か?仕掛け側か?の差」なのである。

「テレビ・マスコミ等の情報や学校教育が???だったり、

お役所でも駅ビルでもプライベートなマンションでも一戸建てでも、訳の判らない高周波の電磁波が在ったり、

街中の飲食物が???な場合もある」のは、

「決して偶然では無い」』。

『「テレビ・マスコミ等による情報工作で出来」、

「そんな連中が実権を握っている民主党政権のままで良い」とは、

「北朝鮮権力者人脈による日本支配の入り口みたいなもの」で、

「本当に、深刻な日本の危機」なのである』。

『「即刻、解散総選挙」こそ、

「日本の為の道」なのだ。

「政界再編で、日本の国会議員は現状の党を超えて集合」し、

「即刻、解散総選挙」である』。

『「野田も日本の総理なら、

旧社会党・日教組の輿石や、旧社会党仙谷等の、

出来る限りそんな連中が実権を握っている民主党政権の維持という、

日本にとって悪い思惑などには従わず、

二大臣の問責を内閣不信任と取り、

直ぐにでも、解散するべき」である』。

|

反原発派の論と古舘の笑顔で「原発どうかんがえる?」を閉めた報道ステーション・・・。

『「最終回とされた14人目は、反原発派のエコノミスト???浜の論」だった。「反原発でエコノミストとはどんな人か?」と言えば、

「日本の老いを楽しむ・・・」等と、

「まるで、日本支配を目論んでいる中国共産党や朝鮮の権力者の様な発想」の、

「日本経済衰退推進論者」だった。

「ある国が老いて楽しくなる」のは

「ある国を老いさせる事でその国を侵略したり実効支配したりしたがっている病的な権力者等」と

相場は決まっているのだ。

「普通の日本人なら、日本の老いに対し、楽しみなど感じる事は出来ず、危機感を抱いてる筈」だ。

「国の滅亡が前提で無い限り、先にその個体の死が在る一人の人間の老いと、国の老いは同列で語られるべきでは無い」。

「当たり前の話し」である』。

『浜曰く

「原発は完全制御出来ていないから、

まるで、

魔法のかけ方は知っていても、

魔法の解き方を知らない魔法使いの見習いの様なもの・・・」等と、

「文学的な表現で人を誑かそうとしていた」が、

「現実的」には、

「日本で運用されている通常の原発は、基本的に運用制御は出来ている(高速増殖炉は運用制御が未だ不十分だが)」。

「福島第一原発で、出来ていなかったのは、津波対策・被災対策」であり、

「不十分なのは、使用済み核燃料等の処理問題」だ。

「使用済み廃棄物等の処理の問題が不十分」なのは、

「火力発電所でも同じで、温暖化ガスの処理は不十分」である。

「だから、福島第一原発被災事故の問題」は、

実際は、

「原発が制御出来ていない」などという「問題である訳も無く」、

「津波対策や被災事故対策が不十分だった」という「問題」なのである。

「不十分な部分は、十分にして行く」のが「科学技術の進歩」であり、

「科学技術の進歩を放棄する事は、亡国への特急券」に他ならない。

「文学的表現で、

視聴者に、原発自体の不安を増大さえ、

亡国への特急券を購入する事に賛同させよう・・・等々」とは、

「情報工作の常套手段」に他ならない』。

『「エコノミスト???」らしく、

「経済問題にも言及していた」が、

「その実体」は「やはり、すり替えの情報工作論」だった。

「原発再稼働すれば、シャッター通りは景気が良く戻るのか?」等と「問いかけていた」が、

「言うまでも無く、原発再稼働と、地方商店街等のシャッター通り化は、別問題」である。

「地方商店街等がシャッター通り化された原因」は、

「悪戯な規制緩和」により、

「国際競争とは直接関係の無い国内の流通や商売等まで大資本が有利な体制に改悪したから」で、

「多くの人々の小さな利権奪い、

大資本に従来無かった大きな利権を与えてしまった結果」である。

その結果、

「急速に格差社会となり、

格差社会化が、少子高齢化を益々加速し、

急速な少子高齢化が、社会保障費の急速な増大を招くと共に、内需を益々細めているから、

日本の景気も益々悪くなって来ている」のだ。

「エコノミストで上記の構造が解っていなければ、エコノミストの適性は無く、

解っていて、シャッター通り化とは直接の関係が無い原発を持ち出して、情報工作に使っているなら、悪」である。

「もちろん、原発を再稼動しなければ、その分、日本の電力は不利になるから、益々日本の景気は悪くなる」。

「逆に、原発を再稼動すれば、日本の電力が有利になる分だけ、景気は良くなり易い」のだ。

「基本的に、シャッター通り化問題とは別の問題」だが、

「原発再稼働は、景気向上の役に立つ」』。

『「そんな日本国・日本国民を不利にする論の後」で、「古舘が満面の笑顔」なのだ。

「報道ステーションの反日ぶり・・・」は「本当に醜悪」である。

「こんな番組やこんな番組を放送している局」に、

「日本の公共の電波の独占使用権を与え続ける必要など全く無い」』。

|

「政治ごっこ」で日本に多大な損害をもたらしている民主党、樽床によれば「問責ごっこ」だが・・・。

『「民主党と北朝鮮の宣伝に忙しい韓流テレビ」等では、「民主党の政治ごっこ」は言わず、民主党樽床発言「問責ごっこ」のみの宣伝だが、

「実態」は「皆さま良くご存知の通り」だ。

「実際の国政を預かっているのに、政権ごっこレベルの事しか出来ていない政権」など、

「一刻も早く現実の国政政権の座から降ろされるべきである事」は、

「言うまでも無い」だろう。

「芸の無いお笑い芸NO人の笑えないお笑い」より、

「遥かに爆笑出来る、天然、もしくは、おバカ、揃いの民主党」なのだから、

「公党など辞めて、お笑い芸人集団でもやれば良い」等々と思っている方々は、

「かなり多い」筈である』。

『「北朝鮮の宣伝にも忙しいテレ朝」では、

今日も、

「金正日の遺言を宣伝」し、

曰く、

「金正日の遺言」では、

「南朝鮮と戦争すれば、北朝鮮は、他の国々より何百年も遅れる事になるから、絶対戦争するな!」の旨とか、

「南朝鮮の現政権とは、話しにならないから、次期政権

(どうも、工作活動の結果、韓国で政権交代が起きると思い込んでいた様相だ。

実際は、政権交代は起きなかったが。

日本での工作活動の成果が政権交代&民主党政権である。

だから、民主党政権では、表向きでは北朝鮮を非難していても、裏では、朝鮮が喜ぶ政策をどんどん実施・・・なのだ。

・・・この辺の関係は、北朝鮮の見せ物現実兵器と主体である工作活動という構造と全く同じ・・・)

と連携せよ!」の旨とか、

「まるで、

太陽政策を行えば、

北朝鮮は軟着陸するかの如き、

実質的嘘情報(何故、実質的嘘なのか?は下記をご参照ください)を

大宣伝」だった』。

『「上記の遺言内容だけ」では、

「金政権にとって都合の良い状態を得る為には」という「本質が抜けている」のだ。

「金政権にとって都合の良い状態を得る為には」を「付けて考えれば」、

「ミサイル・核兵器の開発を続けよ!」という「以前から宣伝されている遺言」と、

「本日宣伝された遺言」は「矛盾しない」が、

「金政権にとって都合の良い状態を得る為には」を「付けないで考える」と、

「ミサイル・核兵器の開発を続けよ!」という「先軍政治」と、

「南朝鮮とは戦争するな!」や「南朝鮮の次期政権と連携せよ!」という「外交政治」は、

「大いに矛盾する」。

「工作活動国家北朝鮮」にとって

「実際に、重要なのは、工作活動」であり、

「工作活動の結果、親北朝鮮政権が韓国や日本に出来れば」、

「北朝鮮権力者の意向で、韓国や日本も操れる=韓国や日本も実質的に支配出来る」から、

「連携しても良い」なのだ。

「大量の自国民を困窮状態に追い込み大量の餓死者を出したり、

公開処刑や粛清も行い続けてきている権力者たちの考えている事」の「実態」とは、

「他者支配」である。

「他者支配を危険思想と思わせず、平和のメッセージであるかの如く宣伝する」のは、

「実質的に、他者支配を行おうとしている権力者の手先」に他ならない』。

『「工作活動国家北朝鮮」にとって、

「核兵器やミサイル等の現実の武器」は「工作活動を誤魔化す為の煙幕に過ぎ無い」。

「多くの人々の関心が核兵器やミサイル等なら、工作活動は行い易い」のだ。

「日韓にとって、重要なのは、北の工作活動を厳しく取り締まる事」である。

「北も工作活動ではバカでは無い」から、

「当然の如く、取締りや摘発が困難な手法で工作活動を行っている」。

例えば、

「弱毒物や実質的有害物を少量ずつ継続的に飲食物に混入(工作員が外食産業のアルバイトになって実行したり、実質的に鍵になっていない鍵を開けて他人の部屋に忍び込んで仕掛け続けたり・・・)」とか、

「電磁波レーダーにより建物内の人物の居場所や体勢まで覗き、同じ場所に、電磁波レーザーの多方面からの照射を継続で行う」とかの

「工作手段」が

「実際に日本国内でも用いられている」。

「覗きによる情報収集は常套手段」で「弱みや趣味趣向を握る事=支配の第一歩」である。

「とんでも無く大胆に、しかも、陰湿に執拗に工作活動は行われ続けている」のだ。

「連中の目的は、日本人の弱体化・早死に化による日本の国力衰退」なのだ。

「それは、情報工作でも同じで、

去勢化(不安を煽る等の手法が用いられている)、

無害化(平和ボケ等の手法が用いられている)等は、

実質的に弱体化に直結している」のだ』。

『「工作活動対策」として、

「一番効果があるのに未だに不十分」なのは、

「北の工作活動の実体・実態を露呈させる事」だ。

「先ずは、北朝鮮が工作国家である事を十分に大衆周知」し、

「見せ物に過ぎ無い、実際は使えない、北朝鮮の現実兵器等に、過剰な興味や恐怖心を抱かない様にする事」だ。

「逆に、北朝鮮や中国共産党等の本質である工作活動に対しては、十分な注意と関心を払う事」である。

「例えば、

情報工作に対し、

大衆がその情報を鵜呑みにして信じたら、

何処が利を得るのか?等を

大衆周知すれば良い」。

「そして、その情報の実体や本質からの乖離を暴露すれば良い」のである』。

『「韓国が捏造情報工作を世界中で熱心に行っている裏」には、

「韓国国内の北朝鮮による情報工作が在る」。

「北朝鮮による情報工作が結構有効で対策も困難な事を嫌と言うほど味わっている韓国」は、

「北朝鮮と同様の手法で不当な利益を得ようとしている」のだ』。

|

審議をしない国会より遥かに問題な民主党政権による政治・・・。

『「自民ダメ!」は「その通りだった」が「民主はもっとダメ!!!」だった。

「仕事をしない国会議員はダメ!」だが、

「民主党政権の国政が続く事はもっとダメ!!!」である。

「出来る限り早い解散総選挙が必需である事」は、

もはや、「多くの方々がご存知の通り」だ』。

『「特に、先の総選挙時に民主党に投票してしまった有権者」は、

「その責任からも、率先して解散圧力を高めるべき」だ。

「未だに、お仲間とか、党内融和とか、政権維持とか、

・・・言っている連中」は、

「日本人のお仲間では無い」可能性大である』。

|

問責決議案提出で強まるべきは「解散圧力」・・・。

『「余りにも防衛大臣としての資質が無い、田中大臣」と「公職選挙法に触れる、前田大臣」に対する「問責決議案の提出は当然」である。

「野田総理の任命責任も問われて当然」だ』。

『「問責決議案の連発にダメ出しをするのは間違っている」。

「問責決議案を連発される政権に対するダメ出しが正当」なのだ。

「今後野党は、審議拒否等の強硬手段を取るべき」だし、

「世論は、解散圧力を強めるべき」である』。

|

韓流テレビの東京都尖閣諸島買収問題に対する論調は要チェックですよ・・・。

『「領土問題について、中国と話し合うべき・・・」、「この問題に対する中国政府の態度は、落ち着いている・・・」、「中国政府高官と日本の大臣の格の違いが良く分かる・・・」、

・・・等々の「とても、日本人の発言とは思えない内容の発言が目白押し」の

「韓流テレビ」』。

『言うまでも無く、

「尖閣諸島は、歴史的にも、国際法的にも、日本の領土」である』。

『だから、

「日本が行うべきは、中国との話し合いである筈も無い」。

「尖閣諸島に自衛隊を駐留させる」とか、

「日本の民間の観光施設をつくる」等々の、

「日本国の領土を日本がより強く有効利用する事」で、

「海底資源埋蔵の可能性が指摘された後、

中国や台湾が一方的に勝手にいちゃもんを付けて来ている日本の領土」に対し、

「日本の実効支配をより強くし、広く世界中にアピールする事」だ』。

『「内実に正当性が無いので、

上辺だけしか頼るモノが無い、

中国共産党要人の態度」が、

「優等生であるのは当然」で、

「それは、韓流テレビの優等生ぶりと同様」なのだ』。

『「日本の大臣がお粗末」なのは、

「言うまでも無く、親朝鮮が山ほど・・・の民主党政権だから」で、

「そんな政権を生み出してしまった、

先の総選挙時に民主党に投票した有権者の責任」である』。

『「国賊番組や、コメンテーターや司会者等々の論がメインでは、日本のテレビとして異常」だ。

「国賊論等は、対論として、細々と・・・で十分」であり、

「主論は、日本の為になる論であるべき」である』。

|

地震不安、放射能不安、北朝鮮不安、中国不安、・・・、みんな日本を萎縮させる為の情報工作なのですから・・・。

『「当然の話し」だが、「情報工作に操られて、萎縮した人生を歩むと共に、日本の(つまり、自分の暮らしている所の)景気も社会も悪くする」のと、

「情報工作に操られず、本来の自分の人生を歩む」のとでは、

「充実感が全く違う」』。

『「操られる道」は「知らず知らずの間に、自らも、自らの直近の周囲も不利にする道」だから、

「上辺でどんなに人畜無害の善人ぶっていても、その実体は悪人」なのだ。

「本来の自分に素直な人生を歩めば、知らず知らずの間に、自らも、自らの直近の周囲も元気が出てくる」から、

「正当な道であり、例え、上辺が人畜無害や聖人君子で無くても、その実体は、善人」なのだ。

「悪とは、病気の元と一緒」で「病気になれば元気も出ず、本来の実力も発揮出来ず、周囲にも負担が及ぶ・・・」のは、

「当然」だ。

「善とは、健康の元と一緒」で「健康な状態なら、本人も元気で、周囲も楽になる」。

「自らを善の状態でコントロールし続ける事」こそ「社会人の基本」なのである』。

『「ところが、現状の日本では、悪が幅を利かせて、不相応な立場や報酬まで得ている」から、

「日本も病気になり衰退して来てしまっている」。

「日本を衰退させる事でメリットを受けるのは?」を考えれば、

「誰でも悪の元が判る筈」だ。

例えば、

「朝鮮は、日本が衰退すればする程、朝鮮の嘘を無理強いし易くなり、

中国共産党は、日本が衰退すれば衰退する程、尖閣諸島への侵略が容易になる」。

「そんな連中にしてみれば、出来るだけ多くの日本国民を不安漬けにして、悪化させ、日本を衰退させる事」こそ、

「目先の、自国・自国民の利になる」のだ。

「もちろん、それらは、悪行に他ならず、露呈すれば、それこそ永遠の恥辱に至る道」で、

「既に、露呈し始めている」から、

「朝鮮でも、中国共産党でも、バカでは無い権力者なら、そんな道は歩もうとしない筈」だ。

ところが、

「バカ権力者も、バカ権力者に操られるバカな一般国民も少なからずいる」のは、

「どの国でも同じ」で、

「実際に、バカが権力を抱きしめられているから、悪行がまかり通ってしまっている」のだ。

「日本でも他国でも、バカな権力者から過分な権力や立場を取り上げる事が重要」なのである』。

『「全ての一般日本国民」は、

「もし、未だに、操られている様なら、

バカな権力者の情報工作に操られている状態から

一刻も早く抜け出すべき」だ。

「地震列島日本では、地震は当たり前」なのだから、

「不安を増長している暇があるのなら、実効のある地震対策をすれば良い」のだ。

「放射能問題は、世界レベルで解決しなければ意味が無い」のだから、

「日本の原発のみに現状の世界レベルからかけ離れた安全管理を求めても無駄」である。

「現実的に考えて、使える日本の原発は率先して使うべき」だ。

「北朝鮮の現実兵器は、

ミサイル発射が失敗の連続である事からも明らかな様に、使い物にならず、

核爆弾にしても、

万一使えば、あっと言う間に北朝鮮が戦争で負けるから、使えない」のだ。

「中国の軍事力の脅威も同様で、

中国がどんなに数をそろえても、技術水準が米国等と桁違い・・・では、

現実兵器を使って戦争を仕掛ければ、程なく負ける」のだ。

「朝鮮や中国で考えるべきは、見せ物にしかならない、出来ない、現実兵器」では無く、

「工作活動やテロ」である。

「北朝鮮や中国を不安がっている暇がある」なら、

「テロ・工作活動対策を充実させれば良い」のだ。

「反日人脈の工作活動の一つ」である「日本国内の情報・教育工作」から、

「多くの一般日本国民が抜け出す事」も、

「大きな実効になる」のである。

「スパイ・工作活動防止法と十分な摘発体制」も「早急に整備するべき」だ』。

『「本来の元気が出ていない人々」は、

「もし、情報工作等に操られている状態」なら、

先ず、

「情報工作等に操られて、悪戯な不安に陥り、病人化している悪い状態」から、

「一刻も早く、自分を救い出すべき」である。

「心と身体の繋がりは濃い」から、

「意外と、身体の不調の原因も其処にあったり・・・して」・・・。

もっとも、

「飲食物工作や電磁波工作が原因の場合もある」から、

「その辺りの対策も忘れずに」・・・』。

|

東京都尖閣諸島買収問題・・・。

『「都民の税金を使うのはどうか?」とか「中国人による経済メリットを損なうのでは?」等々の

「反対論は、もはや少数派」である。

「都民の税金を使う事の正当性」は、

「現状までの国の東京一極集中政策等により多くのメリットを受けているのが東京都」なのだから、

「この問題でのみ、都合良く国と都を切り離そうとする発想が間違っている」のだ。

「中国人による経済メリットを言う」なら、

「中国の日本人による経済メリットも言う」のが、

「普通の論」だが、

「情報工作論」では、

「中国人による日本に対する経済メリットのみが語られ、実質的には、脅し論化されている」。

「普通の論に思いが至らず情報工作論に操られるのはおバカ」である』。

『ついでに言うなら、

「日本にとって」は、

「日本人による中国経済へのメリットの力を保つ為」にも、

「日本の景気が良い事は重要」だが、

「逆に、中国側から考えれば、日本人による経済メリットを出来るだけ下げる事」が、

「尖閣諸島を中国が遠慮無く侵略する為には必要になる」から、

「先ず、日本の景気の悪化であり、日本の衰退」なのだ。

「その為の工作が日本国内で行われ続けて来ているのが実状」である。

「自虐教育」も「土下座外交」も「日本のみ反原発」も「利権集中~格差社会化が招いた異常な少子高齢化」も

・・・「みんなその流れの上に在る」。

「その辺の事情は、日本人の財産を嘘で奪う事で国を始め、竹島を侵略している朝鮮でも同様」だから

「工作論では、日本の自虐は、中・朝のみに対して重大に」なのだ。

「実体」としては、

「中国共産党支配下の中国」と

「北朝鮮・韓国の朝鮮」が、

「アジアに限らず、世界的に見ても、特に異常」なのだが』。

『「日本が行うべき事」は、

「それらの工作の無効化」だ。

「自虐を止め、土下座外交を止め、使える原発は率先して使う

(チェルノブイリの大事故の後、ロシアが原発を止めたのか?や、

事故時には、日本への影響も絶大な中国や朝鮮の原発は日本の原発より安全か?

原発の代わりになる大容量安定安価電力が在るのか?

・・・因みに、火力発電所のランニングコストは燃料費次第で石油等が上がれば高沸だが、原発のランニングコストはとても低い・・・。

大容量安定安価電力を失った地で産業が商売がやり易いか?

日本の景気や雇用はどうなる?

火力発電所で出ている温暖化ガスの完全制御は?等々

を考えれば、

日本のみ原発を止める必要など全く無い事は誰にでも分かる筈)」様にすれば、

「自然と日本国内のムードも景気も良くなり、

人口も増え、

少子高齢化も是正される事になるから、

社会保障の問題の解決も容易になる」。

「利権集中を改めさせ、利権は出来るだけ多くの人々に広く薄く分配が正当」で、

「それこそが、総中流化のベースになる」なのだ。

「何の差も無い悪平等も悪」だが、

「異常な利権集中の容認や超大金持ちも悪」だ。

「何の者・物・事」でも

「現実との整合性が低い事」こそ「悪く」

「現実との整合性が高い事」こそ「良い」のである』。

『「実質的情報工作員たちに、日本の公共の電波の独占使用権を与え続ける必要など全く無い」のだ。

「実質的情報工作員たちを、日本の教壇に上げ続ける必要も全く無い」のである。

「実質的工作員たちを、日本の議員にする事など、本来なら在り得ない話し」である。

「スパイ・工作活動防止法とちゃんとした摘発体制を早急に整備」し、

「工作員たちには相応しい罪と罰を与え、日本国・日本国民が受けた不利益に対する補償も行わせるべき」だ』。

『「民主党の外交」は、

「普天間問題等々で、現状では自主防衛が不十分な日本の実質的命綱である日米安保の邪魔をしたり」、

「少なくとも竹島が返還されるまでは、

渡す必要の無い朝鮮王朝の書物を韓国に渡したり、

5兆円もの通貨スワップを与えただけで、竹島の返還も前進させなかったが故等々による

韓国の不当な増長」であり、

「ロシアの大統領までも北方領土に招いてしまったり・・・」と

「とても日本の政権とは思えない、

まるで、それらの国々の工作員の様な、

ヒタすら日本を不利にする外交」である。

「北朝鮮のミサイル発射に対しても、まるで北朝鮮の失敗を庇う為の如く、本当にお粗末な対応」だった。

「そんな日本に不利益を与え続ける政権を成立させてしまった」のが、

「先の総選挙」だ。

「先の総選挙時に民主党や民主党の候補に投票した有権者の責任は本当に重大」なのである。

何れにしても、「早急な解散総選挙が必需」だ。

「解散圧力をドンドン高めるべき」なのだ。

未だに「解散総選挙は先で良い・・・」などと「言っているのは、余程のおバカか非国民」である』。

|

石原都知事の「尖閣諸島を東京都が買う」宣言・・・。

『「国連安保理の北朝鮮に対する厳しい議長声明発表」と「合わせるかの様なタイミング」で、

「石原都知事による尖閣諸島を東京都が買う旨の公表」だ。

「石原都知事の反中国共産党は本物だろう」が、

「移民容認派石原都知事の反朝鮮は???」である』。

『「何れにしても尖閣諸島を東京都が買う事」は「ベターチョイスに違い無い」。

「本来なら、国が買うべき」だが

「国が余りにもだらしない」のだから、

「中国共産党の権力者が交代するタイミングを見て速やかに実行して来ている石原都知事」は、

「この件では立派」だ』。

『「韓流テレビ」では、

未だに、

「沖縄本島より中国、或いは、台湾に近い尖閣諸島」とか、

「中国も領有権を主張している尖閣諸島」とか、

「日本と中国の間に領有権での争いがある尖閣諸島」とか、

「日本のテレビとしては、あり得ない説明の仕方」で、

「尖閣諸島を紹介している」が、

「尖閣諸島を日本が国際法上有効な方法で平和時に自国の領土とした時、

当時の中国(清)は、衰退が激しく、とても離島の管理など出来得なかった」のだ。

「その辺りの事情は、竹島と全く同じ」である。

「その後、長年に渡り、日本領であり続けた尖閣諸島」に、

「近年になって、豊富な海底資源等が分かってくると、突然、難癖をつけてきた」のが、

「中国共産党や台湾」だ』。

『「その中国共産党の論理」として、

「50年も実効支配が続くと、国際的にはその国の領土として認められる場合が多い」から、

「焦っている・・・」等と、

「まるで竹島問題の韓国の為の論を公共の電波を使って一方的に大量配信していた」のが、

「テレ朝昼番」である。

「尖閣諸島の日本による実効支配は、とっくの昔に50年を遥かに超えている」のが、「現実」だし、

「韓国による竹島の実効支配が、未だに続けられているのは、日本政府がだらしないから」で、

「本来の日本テレビ」なら、

「先ず、そんなだらしない政府を批判」し、

「早々に竹島を取り戻す事を訴えるべき」である』。

『「尖閣諸島問題」は、

「東京都による買収で、一歩前進するだろう」が、

「竹島問題も忘れてはいけない」のだ。

「本来の日本の政権」なら、

「竹島を返還したなら、朝鮮王朝の書物も渡す・・・」だったり、

「竹島を返還したなら、5兆円もの通貨スワップ等々」だったり、

するべきだが、

「売国民主党政権」では、

「韓国に色々な物を与えるダケ」で、

「竹島問題対韓政策は圧倒的に不十分」だ。

「それは、

今回の尖閣諸島を都が買う宣言時に、

竹島問題に対して十分に言及しなかった(少なくとも日本の報道上ではそう・・・)

石原都知事も実体として同様」なのである』。

『「日本が平和時に自国の領土とした竹島や尖閣諸島」を、

「奪おうとする側」は、

「嘘の為(韓国)」や、

「後で知ったおいしそうな資源を奪う為(中国共産党)」なのだから、

「明らかに正当性が無い」。

「正当性が全く無い者・物・事を無理やり成し遂げる為に必要になる」のが、

「武力や工作活動」である。

「しかし、武力や工作活動等の不当な手段で奪う事」は、

「泥棒」に他ならず、

「泥棒には罪と罰が付き物」で、

「泥棒国家は、例え泥棒に成功しても、最終的には、泥棒した物も失い、永遠の恥辱を得る」のだ』。

『「中国共産党は、日本領尖閣諸島の侵略を諦めるべき」である。

「韓国は、直ちに竹島を返還し、過去の乱暴狼藉泥棒行為等々を日本に対し謝罪し応分の補償を支払うべき」である。

「それらを求めるのは、日本人として当然」で、

「未だに、中国共産党や朝鮮に利を与える言動を発している者たちの実体」は、

「それらの人脈の工作員の操り人形」もしくは、

「確信犯のそのスジの人」もしくは、

「おバカ」に他ならないのだ』。

・・・・・・・。

『「中国・ロシアも賛成した国連安保理の議長声明」で、

「益々、孤立度を高めた北朝鮮」だが、

「カルト宗教団体にとって、孤立度を高める事=特別性の向上」だから、

「今後も事態が好転するとは思えない」のだ。

「北朝鮮カルト宗教信者を一人でも減らす事が重要」なのだが、

「日本の民主党政権も、

多くのテレビ・マスコミ等も、

学校教育等も、

朝鮮教信者に汚染されている様相」なのだ。

「日本社会に害をばら撒いている朝鮮教の信者たち」に「相応しい」のは、

「カルト宗教から脱する為の治療や実社会からの隔離」であり、

「実社会の中での過分な立場や報酬では無い」のだ』。

|

仙谷の「集団自殺」発言問題・・・。

『「(原発再稼働しないなら)日本は集団自殺する様なもの・・・」と「正論を述べた仙谷」。

「しかし、その裏に在る」のは

「民主党政権維持の為に、

正論と迎合し、

人の思いを引く言葉で脚色する、

政権維持&保身優先の強い思いの様相」なのだ。

「その証拠となる様な、解散は絶対しない旨の発言」を、

「知っている人は少なく無い」だろうが、

「韓流テレビ・マスコミ等では、そちらは実質的に隠蔽・・・」だから、

「韓流テレビ・マスコミ等だけからしか情報を得ていない人々」は、

「仙谷の実体も???」で、

「ヒタすら」人の思いを引く「集団自殺発言のみ」が

「頭の中で回ってしまっていたり・・・」するのだ』。

『「何れにしても、原発再稼働するべきは、正論」である。

「日本の原発のみの危機管理問題を問題にしている人々の多く」は、

「事故時には日本にも重大な影響を及ぼす事になる他国の原発や、

火力発電所や水力発電所等の危機管理の問題を

何故か?考えていない」が、

「その様な状態も、

実は、

韓流テレビ・マスコミ等による情報による大衆誘導の悪の成果に他ならない」。

「原発で言うなら、日本の原発のみが、高い安全対策を行う事だけでは、核汚染の危機管理にはならず、

日本のみに高いハードルを課す事によって、

日本のみが不利になるダケ」だ。

「原発の危機管理は、世界全体で高めるべき問題」で、

「日本の原発の実情は、世界レベルで考えれば、マシな方」である』。

『「それでも、現在の日本の原発の危機管理には大きな問題が在る」。

「それは、有事やテロ・工作活動に対する対策」で、

「有事になれば、日本に戦争を仕掛けてくる国は、

真っ先に、

軍の基地や軍需工場と共に、

エネルギー源である発電所も攻撃するのが定石」だ。

「今時の戦争なら、それがミサイル等による攻撃になる」のは「当然の想定」だから、

「原発のあるところにも、ミサイル防衛等を!」こそが「危機管理になる」のだ。

「そして、それは、火力発電所でも、水力発電所でもその他でも同じ」である』。

『「スパイ・工作活動の場合も同様」で、

「むしろ、スパイ・工作活動の場合」は、

「軍の基地への攻撃」より、

「エネルギー源である発電所を使えなくする事による国力衰退を狙う」のが「定石」になる。

「それなのに、未だに、スパイ・工作活動防止法や十分な摘発体制さえ無い」のが「日本の現状」なのだ。

「スパイ・工作活動」という「言葉」から、

「例えば、ハリウッド映画の様に、ダイナマイトでダムや火力発電所や原発を爆破!」等の

「通常、滅多に無い、スパイ・工作活動のみを思い浮かべるのはバカ」だ。

「上記の様に記す」と、

「感や頭の良い方々は、既に、お気づき」と思うが、

「情報工作による原発無力化&日本の国力衰退」という「工作活動」が、

「日本の原発のみ使うな!」なのである。

「そんなモノに操られている日本人ではバカにされて当然」なのである』。

『「上記の問題に気づく」なら、

「おバカを量産する為の工作活動」が、

「戦後日本の学校教育やテレビ・マスコミ情報等」という「実体にも気づく」筈だ。

「一人でも多くの日本人が、

愚民化情報・教育から解放され、

真の自分を取り戻す事を願って止まない」』。

|

テレ朝大谷に言わせれば原発使用は負け戦だが・・・。

『「先の大戦まで持ち出して、脱原発論を訴えていた大谷」だが、「原発使用が負け戦」とは、

「お笑い」だ。

「言うまでも無く、原発使用こそが、経済戦争で勝つ道

(高エネルギーの実用制御を諦めるくらいでは、科学技術の進歩も危うくなる。

科学技術の進歩こそ豊かな経済の元なのだ。)

」であり、

「本当の負け戦は、既にバレている朝鮮系人脈による日本乗っ取り支配策略」である』。

・・・・・・・。

『「人は、自らの無意識の興味に強く引き摺られて行動している」。

「負け戦」や「引き揚げ時」に「興味がある大谷の実感」は、

「間違っていない」のだろう。

「大谷」こそ、

「自らの無意識からの警告に素直」に、

「負け戦の引き揚げ時を逃さず、

お仲間共々、

日本の表舞台から消え、

本当のお郷にでも引き揚げるべき」なのだろう』。

|

「橋下vs民主」民主党政権維持&橋下新党準備の為の茶番劇・・・。

『「今、解散総選挙を行っても、橋下新党は間に合わない」。「民主党では何時解散総選挙になっても、もはや勝ち目が無い」。

「橋下新党=民主党一部権力者と同じ人脈の新たな仕込み」なら、

「正に、合理的な茶番劇」だ。

「茶番劇に興味を持たされ、橋下と民主を重点的に覚えさせられる人々の数が増えれば増える程」、

「橋下と民主の二択で投票行動を行ってしまう人々が増えてしまう」。

しかし、

「もう、そんな手で操られてしまう人々は、激減している筈」だが』。

|

北朝鮮の軍事パレード・・・。

『「新たな大陸間弾道弾と思えるミサイルまで行進・・・」だった「北朝鮮の軍事パレード」。一部では、「ハリボテでは?」という声もあるが、

「実際は、ハリボテなどでは、北朝鮮国内の求心力が持たないから、現物」だ。

「ただし、今回のミサイル発射が失敗した様に、使えない現物

(あんなモノに、

核でも生物化学兵器でも載せて撃とうとすれば、

結構な確率で自爆で、

北朝鮮内が核汚染や生物化学兵器に見舞われるのだ。

万一、ちゃんと飛んでも、日米は、結構な確率でミサイルを撃ち落せるし、

ミサイル発射=開戦で、開戦になれば、アッと言う間に北朝鮮の負けなのだ。)」である。

「カルト国家北朝鮮の武器=カルト宗教団体オウムのサリンプラントの様なモノ」なのだ。

「事実・現実の検証では無く、思い込みでつくるから、瑕疵が付き物」なのである』。

『「現実の武器とは逆に、工作活動は、北朝鮮は結構巧み」だ。

「工作活動のみが、北朝鮮政権の実質的な生命線」なのだ。

「その様な実体を誤魔化す為の見せ物に過ぎ無い、武器保有」なのである』。

『「だから、北朝鮮を何とかする為には、北朝鮮の工作活動を封じる事が一番合理的」だ。

「それなのに、日本の政権もテレビもマスコミも教育も・・・、北朝鮮の工作の術中に嵌ったままの様相」なのだから、

「本当に情けない」。

「拉致までされて、スパイ工作活動防止法やちゃんとした摘発体制さえ整えない国も本当にどうかしている」が、

「拉致や竹島問題を無い事にして来た、

在り得ない大量の強制連行や植民地支配

(日韓併合の実体は、日本による朝鮮内の急速な近代化であり、

国の存続さえ危うかった朝鮮・朝鮮人の救済である。

実質的に、所謂植民地支配では無い。

だから、実際に、

日韓併合により朝鮮人の生活・教育水準は飛躍的に上がり、

人口は飛躍的に増え、

朝鮮人は被支配者として扱われず日本人と同様に日本国民として扱われ、

有能ならば、日本人と同様に出世も出来ていた。

ソレを植民地支配というなら、現状の世界は植民地だらけ・・・になる。

日韓併合による社会体制の変更は当時の多くの朝鮮の人々にも歓迎されたが、

気に入らなかったのは、当時の朝鮮の一部権力者たちで、

連中は、自分が一番なら、他人がどんなに酷い状態でも良く、自分が一番で無ければ、何でも嫌なのである。

その文化の流れが今の北朝鮮にある。)

と比べたりして正当化していた

チョウニチ等の新聞等々」や、

「外国人参政権問題や人権擁護法案等々の重要な問題をほとんど取り上げないテレビ・マスコミ等々」を、

「優等生たちによる優秀な新聞やテレビ・マスコミ等々として捉えている人々」も、

「本当にどうかしている」』。

『「本当にどうかしている人々」が

「中国共産党や北朝鮮がお友達の旧社会党の面々や

北朝鮮製金塊保有故金●の申し子小沢等々

多数の北朝鮮のお友達が実権を握っている

民主党政権まで成立させてしまった」のだから、

「日本国内では、北朝鮮系の工作員たちは、笑いが止まらない」のかも知れない。

「警察トップも法務大臣も北朝鮮と仲の良い人々が多数いる民主党・・・なのだから、

工作活動もやりたい放題状態・・・」かも知れないのだから』。

『何れにしても、

「一刻も早い、政界再編~解散総選挙が必需」である。

「先の総選挙時に民主党に入れてしまった人々の責任は本当に重大」なのだ。

「早急に責任のある行動を示すべき」だし、

「同様の過ちは、二度と犯してはいけない」』。

|

橋下ブレインによる原発無しでも電力大丈夫論の実体・・・。

『「節電要請すれば=企業活動に制限をかければ」、「再生可能エネルギー発電や他の事業者による発電を積極的に買い上げれば=電気料金を上げ、庶民生活や景気を困窮状態に追い込んでも良ければ」、

「原発再稼働抜きでも電力は足りる」・・・なのだから、

「橋下やそのブレインたちが考えている事の実体」は、

「日本経済や日本の景気を悪化させる事に他ならない」。

「逆に考えれば、

日本経済や日本の景気を悪化させなければ、

原発を再稼働しなければ電力は足りない」と「言っている」のだ。

「そんな論を聞いて、原発再稼働に動かない人」とは、

「日本<他国の人」だろう』。

『「オマケに、

日本の原発にのみ徹底した安全管理を求め、

日本の原発のみ徹底した安全管理が出来ていない内は動かさせない・・・」とは、

「偏西風を考慮し極東地域の核問題全体を考えるべき核汚染の危機管理としては意味が無く、

日本のみが不利な電力事情に陥るだけ」なのだから、

「まるっきり、漁夫の利を得たい国々による情報工作活動の様相」なのだ』。

『「日本ダケ原発を止めていても、日本にとって良い事は何も無い」。

「逆に、日本の電力事情が悪化する事で漁夫の利を得る国々」にしてみれば、

「一日でも長く日本の原発は止めて置きたい」のだ』。

『「橋下やそのブレインが、何処の国の方を向いた政治家やそのブレインなのか?」は、

「もはや、言うまでも無い」だろう。

「韓流テレビ上がり」の「利権集中派」で「原発再稼動の抵抗勢力」では、

「国旗・国歌で日本ぶっても、内実は???」なのだ』。

『「本当に日本の事を考えている」なら、

「多くの人々が原発不安の中・・・」でも、

「使える原発は率先して使い続けながら、安全対策をより強固にし続けて行く事こそ、

日本企業の為にも、日本国民の為にも、日本の景気の為にも、地球温暖化防止の為にも良い!」等と、

「韓流テレビ等に操られている自虐大衆迎合の自虐論を述べるのでは無く、

日本人としての正論を述べるべき」である』。

『「橋下一派」は、

「原発再稼働に積極的」になり、

「外国人参政権反対・人権擁護法案等反対を明示」し、

「移民反対を明示」し、

「利権集中&強権体制の構築を行わない事を明示する」まで、

「悪戯に、期待したり、信じたり・・・してはいけない」のだ』。

『「自民がダメだから・・・」と「自民よりもっとダメな民主を選択させられた人々」は、

「民主がダメだから・・・」と「民主よりもっとアブナイ橋下を選択させられがち・・・」かも知れないが、

「上辺で操られているから、そんな事態に陥る」のだ。

「本質を問う」なら、

「上記の様に、日本の為に重要な事は、明らか」なのだから、

「騙されない」のである』。

|

「今一度、青く染まる奈良」のコマーシャルを見ていると・・・。

『「日本乗っ取り工作等をある程度知っている方々」なら、「奈良百済という一部朝鮮人の幻想を思い起こしてしまう・・・」方々も「少なく無い筈」。

「朝鮮による日本乗っ取り工作に悪用する為、

悪どもは、日本に居る百済系人脈を釣り利用しようとして来ている」。

「悪どものインチキロジック」では、

「元々、日本の権力者は朝鮮人(百済も含む)だったのだから、

日本を正当な支配者人脈が支配する様にする為に、

朝鮮人による日本支配に協力を!」なのだ。

「百済などと、千年以上も前の話しを持ち出して、現在の人間社会を混乱させ、支配権争いに悪用する・・・」とは、

「今現在の{実}力が無い連中の悪知恵に他ならず」、

「そんな{実}力無き連中にとって」は、

「自分で自分を健康にコントロールする代わりに他人を支配したがったり他人に支配されたがったりしている人間社会等」は

「終焉に向かっている実状も???」なのだろう。』。

『「行政の在日・被差別{異常・過剰}優遇/優先」は、

「日本全国何処でも同様」で、

例えば、

「地方有名観光地・店・物産等の裏やB級グルメ等の裏にも潜んでいたり・・・」する。

「当然の如く、新たな祭りや、イベント等も同様」なのだ』。

『「行政=公務員」で「差別はご法度」だから、

「長年、在日や被差別の圧力には、弱かった」。

「その上、日本に帰化していれば、どんな人でも採用されて来ていて」、

「そのスジの人が人事権を握れば、そのスジの人を優先的に・・・だったりする」から、

「意外と、公務員の中には、そのスジの人が多い」のだ。

例えば、

「そのスジの人が、生活保護担当になれば、そのスジの人には篤く、日本人には冷淡に・・・」だったりするから、

「担当者による差別が起こせない様な規制や基準は必需」である。

「元々が、日本国の生活保護」なのだから、

「竹島は何処の国の領土か?」くらいは「聞いてみて」、

「日本と言わない・思っていない人々にまで出す必要は全く無い筈」だが』。

|

一端白紙の石原新党・・・。

『「現状では、当然の事態かも知れない」が「政界再編~解散総選挙が日本にとっての急務」である事は、「変わり無い」。

「石原新党白紙問題」は、

「誰のせいか?」の問題では無く、

「新党を始める手法の問題」なのだ』。

『「既存の国会議員たちを集める旧来の政界再編が中心」では、

「行き詰るのも当然」で、

「今、望まれているのは、

既存の国会議員以外でも、

真に日本の為になる国会議員の適性のある人材の発掘」である。

「その面では、橋下塾は一歩先を行っている」が、

「塾の講師や、橋下の原発再稼動に対する対応等々を考える」と、

「橋下塾が真に日本の為になるのか?」は、

「大いに疑問」だ』。

『「石原や亀井や平沼世代の人々」には、

「馴染みが薄いかも知れない」が、

「今や、当ブログの様に、一個人でも、思想信条や政治理念等を公表出来る時代」である。

「筆者たちには、その気も適合性も無い」が、

「数多くのブログ等を読めば、政界に進出させるべき思想信条や政治理念をお持ちの方々も数多くいる様相」なのだから、

「率先して、ネット情報も利用して、有能と思える人材をスカウトすれば良い」のである。

「そうすれば、最初から、思想信条や政治理念は、判っている」のだから、

「同じ党として当然の仲間が集まる」。

「思想・信条や政治理念がほぼ同一なら、マニフェスト等の政策も容易」で、

「有権者にとって」も、

「他のごちゃ混ぜ集団とは、全く違う、判り易い党」となる』。

『「支配・被支配の文化の申し子の如く、自らの下にチルドレンを集めたがっている様相の橋下」。

「そんな枠では、図々しい、思惑含みの連中がどんどん集まるダケになる事は容易に想像が付く」。

「実質的には、既存政党の仕掛けと何ら変わらない器」では「集まるのも同様の人々」だろう。

「もし、石原や平沼や亀井が、

日本文化の通りに、今の日本が必要としている能力の高い仲間を、発掘し集める」なら、

「図々しさの代わりに奥ゆかしさを保持した、

思惑の代わりに真っ当な志を保持した

人々の集団を作る事も可能」だろう。

「明治維新時の動きだって、自らの下に・・・では無く、

同じ志を持つ志士を集め、日本を救う為、時には、格下の者にさえ頭さえ下げ・・・と、

同様だった」のだ』。

『「今、求められているのは、上記の様な事」なのだ。

「古臭い顔の離合集散劇で有権者を誤魔化せる時代などとっくの昔に終わっている」のである』。

|

本日も韓流テレビは北朝鮮の宣伝に忙しい様で・・・。

『「日テレに至っては、金成日を3.1抗日戦争の勇と勝手にしている北朝鮮の嘘論(実際は、別人の功績???を悪用したロシアの紐付き金成日)まで宣伝するコメンテーター付き」なのだから、

「本当に呆れる」。

「原稿棒読みの金正恩の演説」だって、

「多くの一般日本国民にとっては、こんなに多くの時間を割くほどの価値は無い」筈だ。

「在日朝鮮人にとっては、非常に重要で、多大な時間を割いてでも伝えてもらいたい内容」かも知れないが』。

『「まるで、カルト宗教団体の宣伝を行っている様に思えてしまう北朝鮮の宣伝番組」。

「日本のテレビの異常性は、早急に是正されるべき」だ』。

|

韓流テレビの何処でも毎日の様に同じ顔と同じ手法で売りを始めた金正恩・・・。

『「実力の無い者等を無理やりにでも有名人等にする為」には、「例えば、視聴者が諦めるくらいに、何処の局でも、毎日の様に同じ顔」である。

「同様の手法に出るしか無かった様相」の「北朝鮮」。

「韓流テレビ同様、既に、終わっている様相」なのだ』。

|

北朝鮮や在日朝鮮等の太鼓持ちテレビ・マスコミ・政権等では・・・。

『「北朝鮮によるミサイル発射は、明らかな国際社会に対する裏切り行為」である。

「普通の日本のテレビ・マスコミ等」なら「先ず其処を強調して言うべき」だ。

次いで、「明らかな失敗」なのだから「明らかな失敗である旨をちゃんと言うべき」だ。

「その上で、

今後の北朝鮮に対する対応について、

過去の対応&効果を考慮しながら、

多くの視聴者等にも考えさせるべき」だ。

「同時に、今回のミサイル発射&失敗を直ぐに全国民に周知しなかった日本政府の問題についても、大いに言及するべき」である』。

『ところが、

「まるで北朝鮮や在日朝鮮人等の太鼓持ち的様相」の

「テレビ・マスコミ・政権等」では、

「日本政府の問題は声高に叫ぶ」が、

「北朝鮮の問題については、脅威を誇張&穏便に・・・」なのだ。

「過去の穏便な対応が北のミサイルや核兵器や工作活動に化けている」のに』。

『「民主党政権と北朝鮮との繋がり」は、

「北朝鮮や中国共産党がお仲間扱いの旧社会党の面々」は言うに及ばず、

「北朝鮮製の金塊がを持っていた故金丸の申し子的小沢」、

「北朝鮮系の政治団体に大金を政治献金の菅前総理」等々なのだから、

「推して知るべし」だ。

「有権者は、上記程度の事ぐらいは知っての上で投票するべき」である。

「韓国の化粧品まで販売を始める朝鮮好きイオン」は「岡田家の企業」で、

「西武の堤が旧社会党好きだったのと同様、日本の大企業のボス」でも、

「そちら系の者は少なく無い」のだ。

「因みに、フォーブスが調べた日本の大富豪ベスト10には、朝鮮系がゾロゾロ」・・・。

「普通の日本人の感覚」なら

「皆で食べるお米は皆で作り、

皆で収穫した米は、

皆で分けて食べる」だが、

「朝鮮人等の感覚」では「支配しなければ支配される」であり、

「支配の為には、そして、支配すれば、何をしても良い(権力者人脈以外は能力があっても下働きしかやらせない、或いは、仕事も与えない/させない等々)」であり、

「支配されたら、何をされるか分からない」であり、

「下々支配の為には自らの下への利権集中が必要」なのだ。

「ルーピー鳩山の奥様は、朝鮮系」だと言う。

「そんな民主党」だから、

「外国人参政権賛成派もゾロゾロ」で、

「多くの日本人の人権を実質的に損なう、極一部の日本人や在日外国人に特権を与える為の人権擁護法案等にさえ熱心な者たちもゾロゾロ」

・・・なのだ』。

『「日本の為には、一刻も早い政界再編~解散総選挙が必需」だが、

「原発再稼働の抵抗勢力」と同様、

「政界再編の抵抗勢力」や

「解散総選挙の抵抗勢力」も

「未だにいる」』。

『「現在の北朝鮮」とは、

「日韓併合前の朝鮮と同様」で、

「自国だけでは、その存続も危うい状態」である。

「何故、そんな状態になったのか?」と言えば、

「権力者人脈が権力を維持する為に、権力者人脈以外を徹底的に衰退させたから」で、

「そんな状態では、国際化も国際社会の中での競争も無理なのは当然」である。

「日韓併合時には、漢民族では無い清王朝支配下の中国は欧米列強に荒らされ放題で、日清戦争では日本が勝者

(実質的には、

中国を清王朝の支配や欧米列強の支配から解放する役割の一端を果たしたのが、旧日本軍。

大戦での勝ち目が無い日本軍が中国内で清や欧米列強を駆逐し、

大戦に敗戦したので、

大戦後に国民党支配下の中国となり、

共産党軍が国民党軍を台湾に追い込んで、

中国は、現在の状態に。)」だったから、

「当時の朝鮮の権力者たちは日本に救いを求め、

当初は、図々しくも対等合併を求めたが、

最終的には、国力相応の日韓併合となった」。

「{現状}では、中国は未だ元気・・・なので、中国に救いを求める事が{出来ている}北朝鮮」だが、

「中国の景気も何時までも持つ訳も無い

(共産党独裁支配維持とは、

北朝鮮と同様で、

権力者優遇&下々衰退政策が必需だから、

異常な格差も、

国家全体としての衰退も必然だ)」から、

「近々、中国は、中国の存続の為に北朝鮮を見放さざるを得なくなる」。

「北朝鮮の政権崩壊による移民流入の害<北朝鮮の味方をし続ける事による損失」となった時、

「中国の態度は変わらざるを得なくなり、共産党独裁の中国は、躊躇無く北朝鮮を切る」筈である。

「その時点で、どうしようも無くなる北朝鮮が救いを求めるのは、日本」で、

「韓国に救いを求められないのは、同じ民族同士の負けは、絶対に認めたく無いから」だ。

「日本に対して北朝鮮」が、

「助けてください」と「言う訳も無く」、

「救うのが当たり前だろ!」と言ってくる事になる。

「その時点までに、日本国内の自虐史感や自虐政権等々を駆逐しておかないと、

日本国が、本来負担しなくても良い負担を認めてしまう事により、

多くの日本国民が不利益を被る」。

「逆に、北朝鮮にしてみれば、最後の命綱が日本」だから、

「何としても、日本の自虐を維持しておきたい」のだ。

「その為の北朝鮮等

(韓国も、

北の面倒は出来るだけ日本に負担させたい上に、

韓国自体も日本から取れるだけ取りたい・・・から、

同方向の工作活動に邁進)

による工作活動の真っ最中に現在の日本はある」のである』。

|

いい加減に放射能不安を煽る情報工作は止めるべきでしょ・・・。

『「未だに、韓流・朝流テレビでは、原発の放射能不安を煽っている」。「福島第一原発被災事故由来の放射能問題が本当に深刻な地域は、

少しずつ狭まって来ているのが現実」なのに』。

『「他の原発について」だって、

「福島第一の被災事故実態からも明らか」な様に、

「水素爆発を防ぎ、

燃料の冷却を続けられるなら、

例え原発で福島第一の様な被災事故があっても、

放射能物資はほとんど拡散されず、

実害は、ほとんど無い」のだ。

「現実的に考えれば、

原発の実質制御は、

火力発電所が大量に出している温暖化ガスの実質制御より遥かに容易」なのである』。

『「日本の為を考えるテレビ」なら、

「使える原発は率先して使える様に、視聴者の不要な不安を取り去るべき」だが、

「まるで、反日の為の情報工作の様相」の「現状の日本のテレビ」では、

「未だに、悪戯な放射能不安を煽っている」のだから、

「本当に異常」である』。

『「視聴者は、そんな異常なテレビの反自国情報工作に操られてはいけない」のだ。

「ネット世論の影響か?否か?は分からない」が、

「ようやく、極一部の出演者が韓国の原発の問題にまで言及

(本来なら原発より遥かに問題にされているべき中・朝・ロ等の核兵器問題や

中国共産党支配下の中国やロシアの原発については未だ・・・の様相だ)」したり、

「上辺だけ

(本心から再稼動派なら、再稼動を容易にする論を十分に言えて来ている筈である)は、

自らは、原発再稼働派である旨述べる韓流テレビご用達コメンテーターが出たり」、

・・・しているが、

「実態としては、

国が既に再稼動方向に舵を切っている現在でも、

未だに、原発再稼働の実質的抵抗勢力として、

悪戯な放射能不安等を煽っている場合が多い」のだから、

「本当に呆れる」。

「原発再稼働を困難にすれば、日本がどれだけ不利益を被るのか?」を考えれば、

「日本が自国である自国や自国民の為を考えている人」なら、

「原発再稼働の後押しになる論を十分に紹介出来ている筈」だ。

「逆に、日本が自国では無い人や、現在在籍している国より祖国を有利にしたい人等」なら、

「放射能不安等を大いに煽り、日本の原発再稼働を困難にすれば、その分漁夫の利を得る国々もある」から、

「ある意味、合理的」なのである』。

『「現状日本のテレビ・マスコミ・教育等は、早急に是正されるべき」である』。

|

今後の北朝鮮問題について中国共産党の論を宣伝している韓流・朝流テレビの異常・・・。

『「安保理決議等で北朝鮮をこれ以上刺激すれば、それが、核実験へのお墨付きになる・・・」等と、

「安保理決議等はなるべく穏便に・・・」を「望んでいる中国共産党や北朝鮮と同じ立場の論」を、

「平然とばら撒いている」のが、

「NHKも含む、現状日本の韓流・朝流テレビ」だ。

「連中の論理」では、「北朝鮮を刺激しなければ、北朝鮮は核実験を行わない・・・」だが、

「実際」は、「北朝鮮の都合に沿って国際社会が動いたところで、北朝鮮の核・ミサイル・生物化学兵器の開発・保持等は止まらない」。

「何故なら、それらは、北朝鮮内で神格化が進められている金正日の遺言だから」である』。

『「北朝鮮が金正日と決別するのなら話しは別」だが、

「そうなれば、金正日の子どもを国の最高権力者に据えて置く必要も無くなる」のだ。

まさか、

「第一書記や第一国防委員長の第一の意図するところ」とは、

「金正日の喪に服す一年限りの意」なんて事は無いと思うが・・・。

(どうせ、三男・第一で、3.1を北朝鮮人民の心中に常に植え付ける為等の理由でしょ)

「そうなら、そうで、国際社会が北朝鮮に対する対応を穏便にしたところで、北朝鮮は近々不安定化する事になる」』。

『「何れにしても、北朝鮮の様な国を甘やかせば、

過去の甘やかしが、核兵器やミサイル等の開発に化けた」のと同様、

「甘やかせば、甘やかすほど、それらの開発速度が上がり、国際社会はより困る事になってしまう」のだ。

「是々非々対応が重要」で、

「安保理決議違反には、毅然とした対応が必需」なのである』。

『「それなのに、現状日本の韓流・朝流テレビ」では、

「強い安保理決議は核実験を招く・・・とか、北朝鮮を刺激しない様に・・・」等々と、

「まるで、中国共産党や北朝鮮の出先機関の様な事を平然と言っている」。

「本当に現状の日本のテレビ・マスコミは異常」である』。

『「今回のミサイル発射問題」でも、

「韓国と米国は、ミサイル発射とほぼ同時に、その事態を把握し、国民にも知らせていた」が、

「日本の民主党政権・政府は、

まるで、北朝鮮の出先機関であるかの如く、

ワザと日本国内の情報伝達に問題を起こした様相」で、

「ミサイル発射自体を遅くまで国民に知らせなかった」。

「その実効」は、

「北朝鮮のミサイル発射大失敗」を「ミサイル発射に対する日本国内の情報伝達の問題で霞ませる事」なのだから、

「まるで、日本国内の北朝鮮人脈に対する気遣い>一般日本国民の知る権利や安全」なのだ。

「さすが、旧社会党の面々や菅元総理や小沢等々、北朝鮮人脈と仲の良い人々を大量に抱えている政権」である』。

『「多くの一般日本国民」は、

「そんな政権下でお墨付きを貰って、電波の特定周波数の独占使用によりオイシイ商売をおこなっっている連中」が、

「率先して出している解説者やコメンテーターや司会者等々の論」などに、

「悪戯に依存してはいけない」のだ』。

『「日本のテレビ・マスコミ・教育等」は「早急に是正されるべき」である』。

|

失敗したから7時38分に変更?北朝鮮のミサイル発射時間・・・。

『「米国や韓国の観測」では「7時39分の発射」だった筈だが、「北朝鮮の時計は一分遅れなのか?13の三倍の聖なる数は失敗には使えないからか?失敗の場合は、奇数(陽数)では無く偶数(陰数)使用なのか?」

「北朝鮮の発表」では、

「7時38分に撃ち上げた衛星は、失敗・・・」なのだ』。

『「時間さえ現実通りに発表しようともせず、宗教的思想や思いを優先する北朝鮮」なら、

「ミサイル発射も失敗が当然」なのである』。

『「・・・と思っていた」ら、

「韓流テレビ」によれば、「7時38分55秒発射なのだと!」

「コレなら、5秒違いで、ありえる話し」だし、

「7+3+8=18(金正恩の誕生日1月8日がらみか?)で、55(ニコニコ)付き」、

「金正恩ニコニコ」狙い「だった様」だが、

何れにしても、

「大失敗!!」なのだ』。

『「問題は、大失敗の責任を誰が取らされるのか?」で、

「軍部がお仲間を犠牲にする可能性」と、

「運も徳も無い新たな指導者を犠牲にする可能性」では、

「どちらが強いのだろうか?」

「金正日も死後解剖・・・」という「お国柄」だから、

「何があっても不思議じゃない」のだ』。

|

安保理決議違反の北朝鮮に対してどうする?民主党政権・・・。

『「日本が出来る対北制裁でもっとも実効がある」のは「日本国内の北朝鮮系工作員の摘発&厳罰」で、

「それは、一般日本国民の健康・生命・財産にもなる」のだから、

「本気で対北制裁を行うつもりがある」のなら、

「早急に、スパイ工作活動防止法を成立させると共に、実効のある摘発体制を整えるべき」だ』。

『「ところが、上記の様な実効のある対策を行う」と「過去の工作活動もバレバレ」になり、

「困る国会議員も含む人々が山ほど出てしまう」からか、

「日本では、何故か?或いは、当然」、

「国民の健康・生命・財産等を守る当たり前の法や摘発体制がなかなか出来ない」。

「日本国民が拉致までされても尚、日本はスパイ工作活動天国状態」なのだ』。

『「そんな、スパイ工作活動天国状態の日本」が、

「北朝鮮の核兵器やミサイルの生みの親」なのだから、

「本当の日本の政治家」なら、

「スパイ工作活動防止法や実効のある摘発体制の整備」に、

「何の躊躇いも無い」筈だが』。

|

13日13時40(39)分、何を発表する北朝鮮??・・・。

『一部報道によれば、「平壌にいる他国の報道陣に対してタイトルの時間に正装での招集をかけたと言う北朝鮮」。

「いったい何を発表するのか??」

「正直」に、

「本日のミサイル発射は失敗しました」等と「言う訳も無いだろう」から、

「何処かの太鼓持ちみたい」に、

「意図的に爆破した」等、

或いは、

「ミサイル発射の失敗を実質的に隠蔽する効果」を狙って、

「核実験を行う宣言等」を

「発表するつもり」なのだろう』。

『「最悪」は、

「ミサイル発射にも失敗する運も徳も無いおバカ三代目の担ぎ操りでは、北朝鮮国民も操りきれない」と

「軍部等が判断」し、

「暴走を決断して、宣戦布告する事」だが、

「さすがに、いくら北朝鮮でも、其処まで愚かでは無い事」を祈りたい』。

『「フタを開けて見れば、何と!万寿出で、金成日と金正日の新たな銅像のお披露目・・・」とは、

「想像を絶する程のカルト宗教国家ぶり・・・」である。

「こんな状態」なら、

「戦争をすれば、確実に負け」でも、

「飛んで火にいる夏の虫状態」も

「平気かも??」』

|

北朝鮮のミサイル打ち上げ失敗・爆発を北朝鮮による意図的な爆破と宣伝して北朝鮮の太鼓持ちを行っている韓流・朝流テレビ・・・。

『「予定軌道を少しはずれたから爆破・・・」とは「先進国なら当然の技術」だが、「余程、大きく軌道を外れたので無ければ、北朝鮮に、打ち上げ後たった一分の軌道で失敗を判断出来る程の実力がある訳も無い」。

「余程大きく軌道を外れた」のなら、

「それこそ大失敗」に他ならないのだ。

「失敗を前提としない北朝鮮」が、

「ワザワザ爆破装置まで付けるとは考え辛い」から、

「最初から爆破が目的では無い」のなら、

「普通に考えれば、爆破では無く、失敗・爆発」である』。

『「それなのに、韓流・朝流テレビ」では、

「北朝鮮の名誉の為か?北朝鮮による爆破を宣伝していた」のだから

「本当に呆れる」』。

『「韓流・朝流テレビ」も、

「朝流・韓流マスコミ」も、

「日本でメジャーである必要は全く無い」。

「本来なら、それらは、細々とマイナーでやっていれば良い」のだ。

「ところが、何故か?現状の日本では、韓流・朝流テレビや朝流・韓流マスコミがメジャー」なのである。

「朝流・韓流教育も異常」で、

「日本の情報・教育は、本当に、早急に、是正されなければならない」』。

|

京都の酷い轢き逃げ事故、その原因は?・・・。

『「追突事故を起こした直後、急発進して、多くの歩行者や自転車運転中の人を巻き添えに、最後は、電柱に衝突し、轢き逃げ車の運転手自身も死亡・・・」。

「轢き逃げ車の運転手にはテンカンの持病があった」のだと言う』。

『しかし、

「原因はテンカンか???」

「恐らく、最初の衝突は、テンカンが原因」なのだろう。

「しかし、その後は、テンカンが原因というより、無意識の現状脱出エネルギーの暴発が原因の様相」なのだ』。

『「家族等から、車の運転は止める様に、言われていた運転手」。

「免許の更新時も、

仕事に就く時も、

持病であるテンカンは申告せず、

本人の自覚では、昼は大丈夫と思い込みたがっていた運転手」。

「その運転手」が、

「運転手自身の思い込みでは、大丈夫と信じていた昼間」に、

「テンカンの発作で追突してしまった」としたら、

「その時点で発生する無意識の現状脱出エネルギーは、相当なものになる」』。

『「自動車」は、

「ステアリングにしても、アクセルにしても、ブレーキにしても、

安全設計上から、

意図的な力が加わらない限り、

その効力が出ない様になっている」。

「ステアリングは、

放置・・・なら、

普通は、やや左よりに進み、

左側にあるガードレールや建物等にその自動車の進路を止められる様」に、

「アクセルは、放置なら、戻り、アイドル回転」に、

「ブレーキは、放置なら、利かず、その時の成り行き」に、

・・・、・・・。

「つまり、

意図的に、

ブレーキを踏まず、

アクセルを踏み、

ステアリングを操作しない限り、

もの凄いスピードで直進し続け、

人々や自転車や電柱に突っ込む事は出来ない」のだ。

「テンカンの発作」とは、

「突然、気を失ったり、大声を出したり・・・」と、

「むしろ、車の運転行為を阻害する場合が多い」。

「テンカンの発作だけ」なら、

「車は、程無く止まっていた筈」だ』。

・・・・・・・。

『「どんな人」でも、

「自らの中にある現状脱出エネルギー」が

「突然異常な程膨張」し、

「現状脱出エネルギーを暴発」させてしまう

「可能性」がある。

誰でも、

「自らの無意識部分にまで思いを至らせ、

常に変化し続けながら存続している自らを

出来る限り健康にコントロールし続ける事」が

「重要」なのだ。

ところが、

「自分を健康にコントロールする代わり」に、

「他人を支配しようとしていたり、

他人に自分を支配させようとしていたり、する人々」は、

「その分だけ必然的」に、

「自己把握もセルフコントロールも疎かに成りがち」だから、

「暴発率も高くなってしまう」のである』。

『「周囲の人間たちが、無理強いして、ある人の行動等を抑制する」のでは無く、

「ある人のセルフコントロール力が高められる事によって、不健康な行動等が抑制される」のが、

「正当な道」だ。

しかし、

「現状の情報・教育」では、

「正当な道への誘いより、

実質的に、他者支配&他者による被支配への誘いとなる

情報・教育がテンコ盛り・・・」なのだ。

「現状脱出エネルギーの暴発が事故原因」なら、

「そんな情報・教育の責任も重大」という事になる』。

|

北朝鮮ミサイルは、13日7時39分に既に発射&約一分後に分解・消失だと・・・。

『「北朝鮮のレベルの低さは想像を遥かに超えている」。しかし、「それよりもっと深刻」なのは「日本政府(政権)のレベルの低さ」だろう。

「ちゃんとした日本の政権」なら、

「7時39分にミサイル発射」なら「その2~3分後には、日本全国に告知されている」べきで、

「発射後約一分で分解・消失なら、その旨も続いて告知されているべき」だ。

「そうすれば、その時点で、日本に居る人々の今回のミサイル不安は無くなる」と同時に

「北朝鮮のミサイル技術の実態が多くの人々に伝わる」のだから、

「ちゃんとした日本の政権ならそれが当然」である。

「現政権が行っている事」は、

「まるで北朝鮮の失敗の告知を出来るだけ先送り」し、

「ぼやかし」、

「北朝鮮の名誉を守ろうとしている様相」なのだ。

「さすが、北朝鮮人脈と仲の良い人々が山ほど・・・の民主党政権」である』。

『「北朝鮮の人々でも、足し算くらいは普通に出来る・・・と推定して、推定した筆者たちのミサイル発射日時だった」が、

「連中が大好きな13そのままの13日、

同じく連中が大好きな7そのままの7時、

39分は13の3倍」と、

「普通の思考では無く、ベタ&特定数の思考の様相」なのだ。

「きっと、北朝鮮の人々は、普通の足し算は??でも、特定数の倍数等は良く知っている」のだろう。

(「筆者たちの予想が外れた理由」を確かめるべく、

その後、色々と聞いてみたら、

どうも、

「連中の暦の考え方」は、

「世間一般の西洋カレンダーでは無く、10干12支の世界」らしいのだ。

「甲(陽)の辰日だから、今日」らしく、

「乙(陰)の巳日の明日はあり得ない」のだそうだ。

「時間については、世間一般の時間のまま・・・」らしいのだが)』。

『何れにしても、

「北朝鮮によるミサイル発射は失敗」である。

「約一分後に分解・消失」では、

「ミサイルどころか、花火・・・」だろうが、

「朝の花火では、火の芸術もほとんど見え無い」から、

「セイゼイ祝砲レベルの話し」になる。

「タカが祝砲に何百億円相当のお金をかけた政権や国家指導者」では、

「何処の国でも、失墜が当然」だろう』。

『「北朝鮮のミサイルを、米国の記者が喜々として報道していた」のも、

「直ぐに落ちるレベルの技術なら脅威になる訳も無く、ある意味、当然だった」のだ。

「時代遅れの核兵器は製造出来ても、米国まで飛ばす技術は無い」ばかりか、

「核ミサイルを遠くに飛ばそうとすれば、北朝鮮自身が危うい(今回の位置で核が爆発すれば・・・を考えれば誰でも解る筈)」のが、

「北朝鮮の先軍政治の実力」なのだ』。

『「事実・現実の地平面に立たなければ、科学技術や製造力等は育たない」。

「北朝鮮の科学技術の多くは、他国からの盗み・・・だろうが、

どんなに盗み等の腕が良くても、

盗んだ技術を活かす現実の生産力・製造力等が無ければ、

実際には使い物にならない」のだ。

「事実・現実の地平面に立つ」なら、

「北朝鮮現指導部による北朝鮮国民衰退支配策には、何の正当性も無い」。

「事実・現実の地平面に立てば、北朝鮮でも正常に進化・成長する国に生まれ変わる」が、

「北朝鮮現指導部にとって、事実・現実の地平面に立つ事=崩壊」なのだ』。

|

北朝鮮のミサイル発射日時なんてテレビ・マスコミ連中なら知っているだろうに・・・。

『「元々、北人脈も含む朝鮮人脈と繋がりが濃い日本のテレビ・マスコミ等の多く」なら、「とっくの昔に、北朝鮮のミサイル発射の日時等も知っている筈」だが、

「それでも、ワザとしらばっくれて、意図的に北朝鮮の宣伝に邁進している様相」なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「まるで、被害者たちが拉致問題の相談をしに行ったら、朝鮮総連に報告した旧社会党の様」で、

「連中の向いている方向は、日本では無く、北朝鮮を含む朝鮮」なのだろう』。

『「北朝鮮の宣伝をすると共に、日本に不安をばら撒いている情報工作員たち」に

「相応しいのは、過分な立場や報酬では無い」。

「罰金や罰である」』。

|

笑えるゾ!チョウニチ「橋下(所謂右翼)赤川(所謂左翼)と考えれば、実体通り」なのだ・・・。

『「何と!朝日(チョウニチ)新聞には、大売れ大金持ち作家(たぶん左翼=親朝鮮人脈ゆえに・・・だろうけど・・・)赤川の橋下批判論が載った」のだそうだ。

「保守仮面の実体左翼(=親朝鮮)橋下」を「所謂左翼(=親朝鮮)赤川が批判」し、「それを、チョウニチが宣伝」なのだから、

「本当に、下手な芸NO人のお笑いより、大笑い!!!」なのだ』。

『「バレバレのお手盛り劇」に「未だに操られているのは、愚民化・操り人形化されたままの人々」くらいで、

「その数は、日々どんどん激減している」のに』。

『「元々、実体が無い者・物・事は時の流れの裁きに耐えられず何れ消滅する」のだ。

「何処かの国の所謂ウリナラファンタジー」も「日本のウリナラ流もしくはチョウニチ流左翼&仮面保守・仮面右翼」も、

「もはや未来が無いレベルに達しつつある」』。

『それでも、

「事実・現実の地平面に立っている者たち」は、

「事実・現実の地平面から助けの手を差し伸べている」のだが、

「自覚無き連中や確信犯たちにとっては、余計なおせっかい」なのかも知れない。

「自らの選択で永遠の恥辱を選んでいる者たち」は、

「近未来から、永遠の恥辱にどっぷりと浸かり続ければ良い」のだ。

「それが、罪の償いにもなる」のだから』。

|

笑えるゾ!橋下の太平洋戦争突入論&マスコミ正義論・・・。

『「さすがに、韓流テレビが生みの親だけの事はある」。「そんな橋下に言わせると、日本を有利にする原発再稼働は、まるで太平洋戦争に突入する様な話し」であり、

「日本を有利にする原発再稼働を止める為に、テレビ・マスコミに正義の役割を・・・」なのだ。

「韓流テレビご用達コメンテーター化している経産省実質クビの古賀も同様」だが、

「日本を有利にする論を言わず、正義ぶって日本を不利にする論を、公共の電波で一方的に大量配信して大衆に無理強い」なのだ。

「そんな論に騙されるおバカの数は、日々激減している」のに』。

『「誰だって、

その事を、

行えば、

或いは、行わなければ、

日本が有利になるのか?

不利になるのか?

日本以外の他国を利していないか?

・・・等々」を考えれば、

「テレビ・マスコミ等で一方的に大量配信されている論の実体を簡単に見破れる」のだ。

例えば、

「悪戯な不安を煽って、多くの一般日本国民を萎縮させて、日本が良くなる訳も無い」が、

「多くの日本国民が萎縮すれば、結果として、日本の生産力や国力等も衰えるから、漁夫の利を得る国は在る」のである。

「韓流テレビや橋下たちの様な実質反日連中の失墜は、意外と早い」筈である』。

|

昨今の記事もなかなかご好評の様で、益々・・・。

『「以前は、上や横や斜め下くらいだった異常に強い高周波の電磁波」が「真下からも来る様になった(因みに筆者の部屋は3階)」。

「オマケに、入浴中でもトイレの中でも電磁波・・・」なのだ。

「確実に、電磁波レーダーやサーモグラフィー等で筆者の居場所が覗かれている」。

「プライバシーの侵害」&「電磁波レーザー照射による傷害もしくは傷害致死或いは殺人狙い」である』。

『「どうも、筆者の住んでいる地域には、相当数多くのそのスジの実質工作員の支配下の人々が居る様相」なのだ。

「公安や警察等が、本気で、電磁波工作等を摘発し、一般日本国民の健康や財産等を守る気がある」のなら、

「筆者の周囲を調査すれば、そのスジの連中がゾロゾロと摘発出来る筈」である。

「日本の公安や警察ならば、本気で頑張って頂きたい」と「強く願っている」』。

|

北朝鮮の「ミサイル」は何時発射されるのか?・・・。

『「ゴロ合わせや記号等々を人民コントロールの道具にしている北朝鮮」だから、「ミサイルの発射も、人民が覚え易く納得し易い日時を選ぶ筈」だ。

「その面から考えれば」、

「予告期間の3日目・・・金正恩は三代目、三男、その上、3は元々連中が大好きな数字」、

「14日8時・・・1+4+8=13」とか、

「4月14日7時・・・4+14=18、18+7=25」とかが、

「有力」だろう。

「13は、3.1抗日運動の3.1の連中が大好きな逆読み」であり、

「18は、金正恩の誕生日1月8日」で、

「25は、連中の大好きなニコ、或いは、2+5=7で、ラッキー??」なのだ』。

『「元々が、国際社会内では悪の効果しか得られないミサイル発射」で、

「北朝鮮国内向き」なのだから、

「自ずと、その目的も、人民支配の道具等々に限られて来る」。

「支配し易い様に=人民が覚え易く、尚且つ、金正恩を崇め易い様に・・・」だ。

「そう考えれば、たぶん、発射は上記の日時等になる筈」だが』。

『「問題は技術面」で、

「まともに飛ぶ可能性は、日米のミサイル防衛ミサイルの命中率より遥かに低い」と推定されるから、

「本当にアブナイ」のである』。

『「普通の頭が有れば、そんなアブナイ事で人民支配を画策する(イメージとしては、敵対国の存在を無理にでも製造しなければ、あくまでも悪である。)」より、

「国際社会に従順になる事で、多大な支援を得て、その結果人心を掌握した方がずっと効果が高い(こちらの道ならば、世界平和や北朝鮮発展への功労者だ)」が、

「北朝鮮軍部に担がれ操られる立場から、逃れた、長男や次男ほどの賢さも無い様相の三男」は、

「担ぎ操る者は軽い方が良い」の「見本みたいなモノ」で、

「今時の普通の考え<担ぎ手である軍部の意向」なのだろう』。

『「一日も早い北朝鮮の正常化を望んでいる人々」は、

「数多い」のに』。

|

何故、日本の有名人には反日が多いのか?・・・。

『「日本国内で活躍{出来ている}有名人」には「反日が多い」。「何故か?」

「その裏に在る」のが「朝鮮人脈の米軍との裏取引」である』。

『「終戦直後、日本国内に居た朝鮮人たちが、武器を持って乱暴狼藉を働けた」のも、

「同じ理由から」だ。

「連中は、日本支配を目的として、あらゆる手段を用いて現在まで工作活動を行っている」のである』。

『「所謂保守、つまり、日本の為になる思想信条や政策を胸に抱いている人々」は、

「戦後常に、連中の工作活動に狙われ、飲食物や電磁波工作等々で、弱体化されたり、殺されたりしている・・・」。

「ある程度以上才能があると見込まれる者に対しては、それこそ、幼少期から工作活動の対象」なのだ。

「周りの人々を良く思い出してみると良い」。

「多くの一般日本人の周り」には、

「日本の為になる思想を持ち、優秀だった・・・」のに「上辺では、事故や病気で早死にさせられている人々」が、

「一人や二人はいる筈」である。

「逆に、反日思想を持つ連中は、意外な程元気・・・だったりしている筈」だ。

「政界」でも、

「所謂保守政治家が短命だったり、何故か?病気や怪我をさせられたり・・・している割合」と、

「所謂左翼政治家が、短命だったり、何故か?病気や怪我をさせられてたり・・・している割合」を

「比べれば、自ずと、実態が露呈する」のだ。

「全ては、悪の工作活動の悪の成果」なのである』。

『「所謂左翼(=反日)連中が、一端、企業や組織等で実権を握る」と、

「所謂左翼(=反日)連中以外は、工作活動も含む不当な手段で蹴落とすケース」は、

「決して少なく無い」。

「その結果が、有名人は、所謂左翼(=反日)ばかり・・・」なのだ。

「多くのテレビ・マスコミ等の偏向論」も「上記の構造から生まれている」。

「日本は、正に、工作活動天国国家」なのだ』。

『「知らぬは本人(=日本人)ばかりなり・・・」なのである。

「実状を冷静に分析すれば、誰でも、上記の様な実態は、少なくとも、類推出来る筈」だが、

「工作活動を仕掛けている側」からすれば、

「工作活動の露呈=工作活動の失敗」だから、

「隠蔽や誤魔化しに必死」なのである』。

『「一般的に、多くの日本の所謂知識人たち」は、

「自分の専門分野以外、例えば、政治等に出しゃばりたがらない」。

「それは、日本人が本来持っている性質」である。

「ところが、反日左翼の工作員が有名人になる」と、

「そんな連中は、自分の専門外でも、日本乗っ取り工作の為に、率先して表に出たがる」のだ。

「同様の構造」が、「専門外の原発問題でも、率先して、反原発運動に邁進している連中にも在る」のである』。

『「多くの一般日本国民」は「有名人なら、何でも、どの分野でも、正論を言うもの・・・」等と「勘違いさせられている」。

「もちろん、現実としては、そんな事はあり得ない」のだ。

「有名人の論に依存する前」に「自分で、事実・現実を検証する事が重要」なのである。

「有名人=自分の知っている、自分の一部の様な状態の人」に対しても、

「是々非々で対応出来る大人の状態」に、

「多くの一般日本国民が自らを成長させる事」が

「一番重要」なのである』。

|

ふざけるな!橋下!!原発再稼働の抵抗勢力の一員となった責任はちゃんと取れよ・・・。

『「期待していた方々も結構いた橋下大阪府知事」だが「原発再稼働の抵抗勢力の一員の様相」なのだから、

「期待外れと考えを改めるべき」だろう。

「韓流テレビ上がりの橋下」が「露呈している実体」は、

「韓流テレビ人脈(=朝鮮人脈)の一員」なのだ』。

『「原発再稼働の抵抗勢力となっている人々の実体」は、

「日本の電力事情を弱体化する事で、企業も個人も衰退させる悪の工作活動員の一員」に他ならない。

「違う!」というのなら、

「原発に代わる今直ぐに使える安定大電力の電源をちゃんと示すべき」だが、

「誰一人、出来ていない」のだ』。

『「中国や韓国やロシアの原発は稼働状態のままで良く」て、

「日本のみ原発再稼働に反対!」とは、

「国益・国民益をちゃんと考えているなら、あり得ない話し」なのである』。

『「身勝手な百キロ圏内地元論」は、

「明らかに、無理やり大阪まで入る様にしたダケ」で、

「実際の核汚染を考える」なら、

「偏西風の実態からも、極東地域に在る原発全てにとって日本は地元」なのだ。

「日本の原発ダケを不当に不利にする」のは、

「反日工作員の得意技」である』。

『「そんな橋下に騙されてはいけない」。

「第三極も結構だが、本質が反日の第三極など要らない」のである』。

|

民主党政権の維持に拘っている輿石幹事長・・・。

『「国益・国民益を考える」なら「民主党政権の維持より政界再編~解散総選挙」だが、

「民主党輿石幹事長は、未だに、民主党政権の維持に奔走している様相」だ。

「その目的は?」』

『「輿石幹事長とは、旧社会党で日教組からの出である事は良く知れたな話し」だ。

「旧社会党と言えば、北朝鮮>日本」の「実績まである問題のあった党」である。

「民主党内には、輿石幹事長の他にも、北朝鮮人脈と仲の良い実権保持者が多い」。

「外国人献金問題が浮上していた頃、東日本大震災となり、何故か?その問題は、多くの人々に???の状態のままの様相」の「菅前総理」が、

「北朝鮮系の政治団体に政治献金していた」り、

「旧社会党の面々はもちろん、小沢も、イオン(金系資本も入っているのでは?)の岡田も、そのスジの人・・・」というのは、

「言わば、公然の秘密」である。

「ルーピー鳩山に至っては、そのスジの人々に取り込まれ、コントロールされ、鳩山家の財産まで差しださせられている様相」なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「北朝鮮系の人脈にすれば、民主党政権の維持は、至上命題」なのだ』。

『「一般日本国民の立場」なら、

「この様な状態は、本当に深刻な状態」だ。

「北朝鮮系政権の裏」では、

「そのスジの人脈等による工作活動も実質的に野放し(何しろ、警察トップも法務大臣も民主党員なのだ・・・)なのだから、

こんな状態が続けば、

電磁波工作や飲食物工作で、

知らず知らずの内に命を落とさせられてしまう日本国民の数が、

飛躍的に増えてしまいそう・・・」である。

「その手の問題に気付いていない、自主防衛無き方々は、くれぐれもご用心!」

「表の問題であるテレビ・マスコミ・学校教育等の情報・教育問題」や、

「ミサイル・核問題」という

「見せ物の裏」に、

「連中の本当の企み」である

「日本の乗っ取り支配の為の日本弱体化や日本の法律で摘発困難な日本人殺害等々」が「潜んでいる」のだ』。

『「ちがう!」と言うのなら、

「今、花盛りの様相の電磁波工作や飲食物工作の摘発は、もっとちゃんと行われ、

既に、逮捕者等が出ていて当然な事」や、

「日本の国力の弱体化に直結する復興や原発再稼働に対する抵抗勢力に対する批判も、

もっと、もっと、大きなものとなっていると共に、

多くの一般日本国民の放射能不安や原発不安はもっと、もっと抑制されている筈の

情報・教育の無さ」は、

「いったい、どうやって説明するのか???」

「上記の事態」からも、

「日本国内が、電磁波・飲食物・情報/教育工作だらけ・・・」であり、

「その様な状態の一因が、現政権にある事」は、

「誰にでも解る筈」である。

(因みに、自公政権の間は、今は、遠慮なく・・・の筆者に対する電磁波工作も遠慮がちに・・・だった)』。

『「今、日本人は、本気で、立ち上がり、反日勢力と戦わなければならない」。

「一刻も早い解散総選挙」と、

「韓流(朝鮮流)テレビ・マスコミ等に騙されない議員や政党の選択が必需」なのだ。

「自分たちの為にも、

孫子の代の自分たちの将来を正当な状態にする為にも、

今の戦いを恐れてはいけない」のである』。

|

小選挙区&二大政党制よりもっと危険な首相公選制・・・。

『「小選挙区制が作り出した二大政党制」の中、「とにかく政権交代・・・で、生まれた」のが「民主党政権」だ。

「その酷さは、今更言うまでも無い」だろう。

「自民はダメ、しかし、民主はもっとダメだった」のである』。

『「ダメだった自民党」でも、

「鳩山の様なとんでもないルーピー総理」や、

「小沢幹事長時の様な強権小沢の暴走を止められない状態」や

「菅の様な北朝鮮系政治団体へ献金総理」などは出ていない。

「三代目の野田総理が少しマシに思えても、その内実は、上記の連中を含む党内の人々に引き摺られている」から、

「実際、自民よりダメな状態」だ。

「早急な政界再編&解散総選挙」が「必需」である』。

『「民主党政権」は「何故生まれたのか?」

「多くの人々の政治オンチ」と

「多くのテレビ・マスコミ等の誘導」が

「実質的な民主党政権の生みの親」である。

「つまり、問題は、有権者の側や、テレビ・マスコミ等にあった」のだ』。

『「首相公選制」で「生まれる首相」には、

「政党より更に強力な権力が付帯し易い」。

「十分に多くの有権者の政治オンチの是正」や、

「テレビ・マスコミ等の正常化」が「無いまま」なら、

「首相公選制」は、

「二大政党制より更に危険な制度に他ならない」』。

『「一番の問題は、制度では無い」のだ。

「有権者の政治オンチの是正」と、

「テレビ・マスコミ情報の正常化」が、

「先ず在るべき」なのである』。

『「先ず、首相公選制!」を「訴えている人々の実体」とは、

「先ず、より強力な権力を一点に集中させましょう!」と「訴えているのと同じ」で、

「そんな事でメリットを得る」のは、

「多くの一般日本国民」では「無く」、

「日本の支配を画策している連中」や

「強いリーダー等に依存したい病人たち」なのである。

「普通の日本国民」なら、

「先ず、有権者の政治オンチの是正!」であり、

「テレビ・マスコミ情報の正常化!!」である。

「十分に多くの人々の自主・自立無き民主主義などあり得ない」のだ』。

『「二大政党制を誘った小選挙区制は、実際に上手く機能しなかった」のだから、

「解消すべき」だが、

「制度問題などは、後の話しで無ければ、政治の正常化は出来得ない」のだ』。

|

北朝鮮ミサイル問題、ショールームの公開を喜々と報道していた米国記者・・・。

『「核でもミサイルでも、北朝鮮は二枚舌」だ。「長年に渡って日本から掠め取ったお金の額だけを考慮」しても、

「ショールームとして使っている見せ物核施設やミサイルの裏」には「軍事用の本物が在る筈」だ。

「そのショールームを見せてもらったくらいで、喜々としながら報道している米国記者」に、

「米国の体質が良く出ている」。

「大国米国にとっては、北朝鮮問題など、極東の小さな問題に過ぎ無い」のだ。

「北朝鮮に、本物の大陸間弾道核ミサイルが在っても、そんな旧時代の武器などどうでも良い」のだろう』。

『「今回のミサイルだって、ちゃんと制御出来るのか???なのが北朝鮮の武器の実力」なのだ。

「工作活動では一日の長がある北朝鮮」だが、

「実社会の科学技術等がモロに反映する実際の武器となると全く時代遅れのレベル」なのである』。

『「時代遅れの者・物・事を見せ付けられて、納得する」のは、

「時代遅れの体制や情報に漬け込まれている人々くらい」で、

「現在の所謂先進国の多くが見る北朝鮮の技術」とは、

「時代遅れのアブナイもの以外の何ものでも無い」から、

「米国記者も、本当の危機など全く感じない」から、

「まるで、ディズニーのアトラクションを報じるかの如く、喜々として・・・」なのだ』。

『「北朝鮮の権力者たちは、上記の現実をちゃんと認識するべき」である。

「北朝鮮国内に効果のある事」と、

「世界レベルで効果のある事が乖離している現実」こそ、

「北朝鮮の実態であり病根」なのだ』。

『「何故、北朝鮮国内のレベルアップ(=北朝鮮国民の有能化)が出来ないのか?」

「其処に在るのが、本当の問題」なのだ。

「現権力に代わる優秀な権力者候補が生まれない様に」という

「現権力以外を押さえ込む支配政策こそが問題」なのである。

「その結果が、実社会の低レベル化」であり、

「世界レベルからの乖離」なのだ』。

『「普通の先進国」では、「多くの場合、より優秀な者に権力を持たせる様にシステム作りをしようとしている」。

「より優秀な者に権力を持たせる事で、より優秀な者が育ち易い社会環境を作り出し、維持・発展させようとしている訳」である。

「それでも、時に、勘違い人間やおバカが出て、

一端権力の座に着くと、保身や、血統家族主義や、民族主義や、お仲間主義等々に傾くから、

なかなか人間社会の正常化は困難」なのだ。

まるで、「人間社会の正常化が難しいのなら、古のやり方こそ正しいのだ・・・」等々と、

「短絡的に、古臭いやり方で、現権力の維持に傾いている様相の北朝鮮」だが、

「新陳代謝こそが、存続の為の肝である地球上の生命体等」の「自然の摂理の現実」からも、

「新陳代謝に逆らう旧態への拘りは、崩壊~消滅への特急券に他ならず、明らかな間違いに他ならない」のだ』。

『「世界中が北朝鮮を相手にしなくなれば、

それこそ、アッという間に、現体制の北朝鮮は終わり、

本来の新陳代謝が始まる」のだ。

「その方が、何処の周辺国にとっても、他の世界の国々にとっても良い」のだから、

「一刻も早く、世界全体として、その方向に動くべき」だが』。

『「北朝鮮を見て、日本も笑っていられない」のは、

「日本社会も格差社会化し、勘違いおバカを生み出し易くなってしまって来ている」からだ。

「超大金持ちになった者」は、

「自分で自分を健康にコントロールする事」より、

「金権支配という悪魔の罠」に「落ち易く」、

「金権支配の為」に、

「様々な悪の工作活動さえ行う様になり易い」のである。

「そして、そんな悪態超大金持ちたち」は、

「当然得られる訳も無い本当の自信の欠落」や、

「本当の満足の欠落」を、

「穴埋めしよう・・・」と、

「血統家族主義化・お仲間主義化」したりして、

「他の者・物・事からのお墨付きを求める様になり易い」のである。

「そんな超大金持ちたちのワンワンになる事でオコボレを貰っている者たち」も、

「本当に醜悪」で、

「当然、そんな状態では、悪態超大金持ち同様、本当の自信も、本当の満足も欠落する」から、

「悪態超大金持ち同様、代わりの穴埋めを求める様になり易い」のだ。

「悪態超大金持ち」にしても「オコボレ頂戴ワンワン化した者たち」にしても、

「本来の自分を取り戻し、自分で自分を健康にコントロールする事」こそが、

「問題を実際に解決する方法」なのだが』。

『「格差社会化」こそが、

「人間社会崩壊への入り口」であり、

「超大金持ちの否定&総中流化こそが、人間社会健康化への入り口」なのだ

「誰も」が、

「超大金持ち」は、

「憧れの対象」や

「オコボレを貰おうとする対象」

では「無く」、

「悪である」と

「正しく認識するべき」だ』。

|

もはや「自爆テロ」レベル、鳩山元総理のイラン訪問・・・。

『「日本の国益を損ねる自爆テロ元総理」に対し、「ちゃんとした処分も行えない様なら、民主党政権自体も自爆テロと同様の立証」なのだから、

「野田現総理には、本気で鳩山氏の処分を頑張ってもらいたい」』。

『「案の上、鳩山元総理のイラン訪問は、イラン側に政治利用され始めた様相」だ。

「IAEAの実質二重基準」は「その通り」だが「その裏に在る」のは、

「現実主義度による差別でもある」のだから、

「現時点では、ある意味、必要悪の様相」なのだ。

「余りにも現実把握が???な連中に核兵器を持たせれば、使用してしまう可能性が高まるから、仕方無い面もある」のである』。

『「ところが、ルーピー鳩山は、とても、政治家とも元総理とも思えない平和ボケの夢逃避状態の様相」で、

「現実主義度による仕方無い差別も???」のまま、

「悪戯な悪平等的価値観に基づいて、

イランの現状をそのままに、

イラン側に利用される論を述べてきた」のだろう。

「脱宗教無きイランでは、現実論は無理」だから、

「イランで先ず話すなら、脱宗教の話しでもするべきだったのだが」』。

・・・・・・・。

『「はっきり言えば、今時なのに、宗教支配国家」では、

「まともな話しは通用しない」のだ。

「それは、実質的、儒教支配国家でも、シリウス教支配国家でも、キリスト教支配国家でも、仏教支配国家でも、・・・、同様」で、

「宗教支配国家とは、宗教支配の極端な例であるカルト集団と精神構造的には大差無い」から、

「宗教支配国家は、その現実離れぶりが誘う崩壊と大の仲良し」なのである。

「宗教支配国家のままなら必然的に訪れる崩壊からの決別を目指して、

必然的に出現したのが、脱宗教&科学主義や現実主義等々」である』。

『「人類も含む地球生命体細胞群の存続~永続の為には、崩壊行為は迷惑」だ。

「よって、現実主義者たちは、崩壊を食い止めるべく、色々な努力をしている」のだが、

「宗教等で、いっちゃってる人々にとっては、その者たちがいっちゃっている世界こそが全て」だから、

「大人の話しが成り立たない」のだ』。

『「いっちゃっている世界に拘っている者たちが、拘っている」のが、

「現実離れしているが故に本当は弱々しいそんな連中自身が去勢を張る為の道具」で、

例えば、

「核兵器がソレ」である。

「大人になれない者たちの比べっこ」が、

例えば、

「オレの核兵器のが凄いゾ!」

「お前の核兵器保有はダメだゾ!」等々なのだ』。

『「人類、いい加減にそんなおバカは止めるべき」で、

「核兵器等、比べっこ原理主義者ゆえの道具に拘らず、現実に拘る」なら、

「人類誰もが地球生命体細胞群の一塊」で、

「最初から、世界は平和」なのだが』。

・・・・・・・。

『「世界平和へのロードマップ」とは、

「先ず、何処でも誰でも脱宗教&科学・現実主義者化」、

「そして、誰もが、比べっこ原理主義から卒業して、事実・現実の地平面に立つ事」である。

「個人的宗教でいっちゃっている様相のルーピー鳩山等」では、

「知る由も理解把握出来る訳も無い・・・」かも知れないが』。

|

芸能人で操られている人々・・・。

『「昨今のテレビ」は、「朝番でも、所謂ワイドショー等でも、芸能ネタに時間を割く割合が異常な程高くなっている」。

「現在のテレビ視聴者たちの中」には、

「芸能人の芸の話しでは無く、主として私生活や色々な問題等について興味を持っている人々がそんなに数多くいるのか?」

「大いに疑問」だが、

「電波の特定周波数独占使用権を保持している方は、

事ある度に、芸能人等の情報を流したがっている様相」だ』。

『「昨今の小林幸子問題もそう」で

「芸能界とピッタリ・・・のテレビ局等にとっては、

実質的に、お仲間の利権構造の話しだから、

自分たちのお仲間がより有利になる世論を導き出そうと必死・・・なのかも知れない」が、

「普通の一般人の感覚」なら、

「一エンタ歌い手の会社の話しなど、どうでも良く、

セイゼイ、紅白出演や衣装がどうなるのか?程度の問題」である。

「そんな事に多大な時間を割いている者たち」に、

「公共の電波の独占使用権を与え続けている事」は、

「明らかに、異常」だ』。

『「芸能人の会社や私生活等の問題を覚えたところ」で、

「普通の人々には、何のメリットも無い」が、

「逆に、会社問題ネタでも私生活問題ネタ」でも、

「実質的には、芸能界や芸能人そのものの宣伝にもなる」から、

「芸能界・芸能人側には、

より人々の興味をその方向に引っ張り、

芸能界や特定芸能人の有名度・知名度を高めるメリットがある」のだ。

「つまり、電波の公共的使用では無く、業界や特定芸能人個人としての利用」なのである。

「その結果」が「特定芸能人等の異常な高報酬」であり、

「オセロ中島クラスでさえ、高級マンションを二軒も賃貸可能・・・」なのだ。

「そんな異常な高報酬が、世の為、人の為にならない事は、オセロ中島自身も立証している」』。

『「通常なら、

そんな身勝手な利用の仕方をしようとすれば、

一般企業のコマーシャルの様に、高い代償が要求される」が、

「テレビ局とピッタリ・・・の芸能界や特定芸能人等」が、

「普通の一般企業同様の高い代償を支払っている・・・という話しは聞いた事も無い」。

「連中は、異常に高い出演料等を受け取っているダケ」なのだ』。

『「コマーシャル時に一般企業が支払っている高い代償」が、

「テレビ局の収入や芸能人等の異常な出演料に化けている」のが「実態」なのだ。

「公共の電波の独占使用権を得ている企業とそれにピッタリ・・・」は、

「ソレだけで、特別に有利な商売が出来てしまっている」のである。

「その様な状態の上」で、

「テレビ局とピッタリ・・・のお仲間芸能界・特定芸能人の押し売り・・・」なのだから、

「本当に醜悪」なのだ』。

『「そんなモノに操られている人々」は、

「本当にどうかしている」。

「操られついでに、選挙時の投票先や、政治イメージまで・・・」では、

「操り人形と化した愚民の一票の集まりが、

日本を窮地に落としいれ、

結果として、操り人形と化してしまっている人々自らの首も絞めている」のも、

「ある意味では当然」なのだ』。

『「今、或いは、未だに、多くの一般日本国民に必要」なのは、

「脱テレビ&脱芸能界・脱特定芸能人」である』。

|

民主党政権の維持に必死な人たちの裏・・・。

『「もはや、脱民主党政権」こそ「国益・国民益に適う事である事を疑う人は少数派」だろう。

「それでも、政権維持に拘っているのが民主党やそのお仲間」なのだ。

「つまり、連中は、徹底して、国益・国民益<連中による権力維持&保身」なのである』。

『「この構造を崩す為」には、

「民主党政権の維持が連中の保身に結びつかないばかりか、障害になる事を突き付ける」のが「一番」だ。

「先の総選挙時に、民主党や民主党の候補者に投票してしまった人々の責任は重大」だが、

「その責任の取り方として、自らが投票した党や候補者等に上記の現実を突きつける事が有効」なのである』。

『「民主党政権の、実質的、お仲間、もしくは生みの親である韓流テレビ・マスコミ等」では、

「未だに、野田政権の支持率アップ&民主党政権維持の為の情報工作に必死」だが、

「野田総理がどんなに頑張っても、民主党政権である限り無理なものは無理」である。

「野田総理が、本当に、日本の為の総理なら、解散総選挙に何の躊躇いも無い筈」だ。

「解散総選挙を躊躇い、民主党政権の維持に拘っている総理の状態」とは、

「野田総理も民主党のお仲間の一人に過ぎ無い事を露呈している事と同じ」なのだ』。

『「自民党始めとする現野党は、国益・国民益<権力維持・保身状態の民主党や野田総理と妥協したり、野合したり・・・、してはならない」。

「一刻も早く、解散総選挙に追い込むべき」である』。

『「まるで、日本の民主党政権の援護の為の一面もある様な北朝鮮のミサイル発射固執」だが、

「米国からの食料援助を没にするミサイル発射の実体」とは、

「国益・国民益<権力維持・保身」なのだから、

「その精神構造は、日本の民主党と何ら変わらない」のだ。

「元々、民主党内には、菅前総理や、旧社会党の面々等々、北朝鮮人脈と仲の良い人々が多い」。

「精神構造や文化が似た者同士の裏に在るのは?」を考えれば、

「多くの人々がその正体に気付く筈」だが』。

『「現在の日本国は、とんでも無い人脈の人々に政権を預けてしまっている様な状態」なのだ。

「一刻も早い正常化が必需」である』。

|

国民新党亀井代表の大人の態度と造反議員たちの子どもの態度・・・。

『「代表の印無ければ政党助成金さえももらえなかった造反議員たち」は「反省するべき」である。

「亀井代表が自ら離党を表明した事=造反議員たちへの愛」なのだ』。

『「正論で事を進められない子どもたち」への「せめてもの贈り物」が、

「政党助成金を受け取れる様に・・・」との「亀井代表の辞任表明」なのだ』。

『「普通の日本人たち」なら「愛に応えて、自らの至らなさを悟り、愛に応えて、より良い態度に出る筈」だが、

「果たして」・・・』。

・・・・・・・・。

『「何れにしても、政界再編は急務」である』。

|

ルーピー鳩山元総理の裏に在るもの・・・。

『「身勝手なイラン訪問」で「物議をかもしている鳩山元総理」。「その裏に在るのは、一部の朝鮮系人脈による鳩山元総理操り」なのだ』。

『「鳩山元総理の奥様が朝鮮系である事」は、「既に露呈されている」。

「鳩山弟と比べても、明らかに以上な行動の裏に在る」のは、

「そのスジの人脈の意向」なのである』。

『「鳩山元総理の行って来ている事」を「冷静に考えてみれば良く判る」。

「鳩山元総理の言動の結果、何処が一番メリットを受けているのか?」

「言うまでも無く、朝鮮」である』。

『「東アジア共同体にしても、

普天間県外にしても、

北朝鮮からすれば、

喉から手が出るほど都合の良い話し」だ。

「イラン訪問もそう」である』。

『「北朝鮮(=旧高句麗)と韓国(=旧新羅)と日本(=旧百済の人脈も流れている)の関係を考える」なら、

「旧高句麗と旧新羅は、朝鮮王朝時代、長年に渡って同じ国だった」のだ。

「日本国内で旧百済人脈を誑かしているのも、旧高句麗と旧新羅の朝鮮人脈」である。

「歴史上の現実としては、旧百済は、朝鮮内に在った当時の日本領と同様、朝鮮から追い出されている」のだが、

「同じ朝鮮系という嘘」で「旧高句麗と旧新羅の連中は、旧百済の人々を日本乗っ取りに悪用しようとしている」のである』。

『「何れにしても、旧●●に拘る思考自体が時代遅れ、現実離れの窮み」で、

「奥方や民主党を通じて、そんなモノに操られている現実離れした人の象徴が鳩山元総理」なのである』。

|

国民新党のお家騒動・・・。

『「党首抜きの欠席裁判の様な会で、党首たちを排除し、党を乗っ取ろうとした」とは、

「本当に見苦しい限りで、そんな策の裏に在るのは、権力を取る為には何でもあり文化」なのだろう』。

『「普通の日本人同士の話し合い」なら

「重々話し合った上で、双方妥協しながら、中間線で落ち着いた筈」だ。

「普通の日本人を集めるつもりで党をスタートさせた綿貫や亀井」は、

「普通の日本人の集団の党が前提だった」から、

「対人不信の原則に基づいて一々細かな党則も決めなかった」のだろう』。

『「今回の問題」は、

「普通の日本人だった筈の人たち」が「何故、権力を取る為には何でもあり文化に洗脳されたのか?」である。

「権力を取る為には何でもあり文化」は「朝鮮や民主党等の文化」でもある。

「与党として、民主党政権に加わっている間に、知らず知らずの内に、その様な文化に洗脳されてしまった」のだろう』。

『「権力を取る為には何でもあり文化」には、

「権力を取ったら何をしても良い」が「セットで付いている」。

例えば、

「橋下市長」の

「権力保持者の権力を誇示する、

まるで公開処刑の様な、

喫煙で懲戒免職」にも

「その文化は見受けられたりしている」のが

「日本の政界の実状」なのだ』。

『「日本の政界の実権は、普通の日本人の下に取り戻すべき」である。

「何処かの国の文化に洗脳された様な人々に日本の実権を預ける事」は、

「日本を何処かの国の様な状態に改悪する悪の特急券」なのだ』。

『「普通の日本人側」も

「国境線が低くなっている現状に合わせて、

不測の事態に備え、

対人不信の原則に基づき細かな党則等をつくって置く自主防衛くらいは行っておくべき」だ。

「自主防衛の甘いところにつけ入る」のも、

「権力を取る為には何でもあり文化」の「得意技」なのだから!』

|

バカは大飯原発にも福島第一原発同様の津波が襲うと思い込まされている・・・。

『「大飯原発の位置を考えれば、誰でも解る筈」だ。「太平洋側と日本海側では津波の危険度は全く違う」のだ。

「大飯原発が津波で危険」なら、

「韓国の原発(当然、海に面している)も津波で危険」と「考えるのが当たり前」だが、

「そんな話し」は「大飯原発が津波でアブナイ情報をばら撒いている連中は、何故か?或いは、当然、言わない」のだ。

「それだけでも、原発再稼働の抵抗勢力と化している人々の実体は、見え見え」なのだが』。

『「連中」は、

「悪戯な不安を煽る事で、日本のみ原発を止めさせ、

核不安を無くす為では無く、

韓国や中国を有利にする為、

反原発運動に勤しんでいる」のである』。

『「そんな非国民に相応しいのは、過分な立場や報酬等では無い」。

「NHKからも一部の有名人からも民放からも・・・

実質的非国民たちは駆逐されるべき」だ』。

『「実質的非国民の不安増大情報に操られてしまっている状態の日本国民」は、

「一刻も早く本来の自分を取り戻すべき」だ。

「不安に操られて非国民を応援」し、

「実質的に他国人脈の工作員に成り下がってはいけない」のである』。

|

原発再稼働の抵抗勢力=朝鮮・中国の応援部隊なのだ・・・。

『「日本でのみ異常に厳しい安全基準を原発に課そうとしている人々」の「実体」は、「安全基準も???なままの原発を平然と使い続けている韓国や中国等を有利にする為の工作活動を行っているのと同じ」だ。

「極東地域で、原発事故が起きた場合」、

「核汚染は偏西風によって広がる」。

「韓国や中国の原発で事故があれば、日本が大々的に被害を受ける事になる」。

「それなのに、日本で原発の再稼動の抵抗勢力と化している人々」は、

「それらの国々の原発や核兵器の問題については、全くと言って良い程、言及しない」。

「事故時には、日本に重大な被災をもたらす事になる韓国や中国等の原発について」は、

「安全管理が???のままの使用を容認」し、

「日本の原発のみに、異常に高い安全基準を求める事」の「実体」とは、

「韓国や中国等は、安く安定的な電力使用で有利な企業運営をして良い」が、

「日本には、安く安定的な電力使用を認めないという事」に他ならないのだ。

「そんな状態に置かれれば、多くの日本企業が更なる困窮状態に追い込まれる事」は、

「誰が考えても解る」筈だ』。

『「上記程度の当たり前の理屈も解らない知事や市長」では、

「知事や市長の座を与えるべきでは無いおバカという事になる」し、

「解っていて、原発再稼働の抵抗勢力を演じている」なら

「確信犯の反日&朝鮮・中国等の応援者という事になる」。

「韓流テレビ・マスコミ等は、正に確信犯の様相」で、

「以前から一貫して、日本を不利にし朝鮮や中国が有利にする情報テンコ盛り・・・」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミ等」で、

「上記の理屈を解っていても、テレビ・マスコミ等では言わない・・・」のは、

「朝鮮や中国の出先機関なら当然」で、

「日本の機関なら異常」なのである』。

『「原発を再稼動する事」は、「日本復興の一つ鍵」である。

「電力事情を出来るだけ安価に安定させる事」は「日本国内での企業活動や市民生活に力を与える」。

「逆に、原発再稼働を遅らせる事」は、

「日本の復興を遅らせる」と共に、

「不利な企業活動等が招く経済不況により、数多くの日本国民の職や命を失わせる道」なのだ』。

『「反日人脈の中には、一人でも多くの日本人の命を出来る限り早く失わせる為の工作活動を行っている連中が少なからず居る」。

「そんな連中が、平然と日本国内で悪の工作活動を実践している」のが、

「平和ボケ化された、スパイ・工作活動防止法や十分な摘発体制さえ無い日本の現状」なのである。

「朝鮮や中国の原発や核兵器が今のままで良くて、

以前以上の安全管理をし始めている日本の原発のみ再稼動不可などという異常な話し」は、

「正常な日本国民ならあり得ない」のだ』。

|

鳩山元総理の???なイラン訪問・・・。

『「散々、問題だった、鳩山元総理の様な人でも、イラン訪問(=イランの要人に会う事)が出来てしまう」のだから、

「本当に、日本の政界は、異常」である。

「イランで訪問を受け入れる方」は、

「日本の元総理として、現与党議員の重鎮の一人として、受け入れてしまう」のだろう』。

『「元総理鳩山がロシア訪問した後、

北方領土問題に対してロシアがより強行になってしまった酷い実績もある」。

「これ以上日本の国益を損ねないで欲しい!」と

「思っている人はかなり多い筈」だ』。

『「総理時代等に日本が損ねた国益・国民益を考える」なら、

「鳩山元総理が、自らが持っている大枚や資産の全てを国に寄付しても不十分なくらい」だ。

「逆に、大枚や資産が無ければ、鳩山元総理の様な資質が余りにも???な人が、総理大臣になれる事も無かった筈」である。

「鳩山元総理の問題」は、

「特定・極一部の人々を超大金持ちにする事」の「悪の実効」の「一つの実証」みたいなものなのだ』。

『「超大金持ちは、憧れるべき対象では無く、不健康であり、悪」である。

「多くの人々が、超大金持ちを正しく悪と認識している」なら

「超大金持ちを生み出さない税等の体系等に何の異論も無い筈」だ。

「自分の為にも、

他人の為にも、

多くの人々が、

自分の実体から乖離した考えや思いに溺れるのでは無く、

自分の実体との整合性が高い考えや思いを持つべき(他の記事をご参照ください)」なのである』。

|

今更、北朝鮮の無害化を叫ぶ何処かの回し者・・・。

『「日本の無害化・去勢化」とは「何処かの国の工作活動目標」だが、「同じく、無害化という言葉を使って、実質的には、北朝鮮への太陽政策を行え!」と

「大々的に訴える者が未だにいる」のだから、

「日本社会の病根は根深い」のだ』。

『「誰もが知っている」通り、

「北朝鮮の様な国に対する太陽政策は実効が無いばかりか、逆効果を生む」。

「それは、過去の太陽政策が、核兵器やミサイルに化けた実績からも明らか」だ。

「北朝鮮のその様な暴挙を益々増強させたいのなら、太陽政策」だが、

「今は、実質的な北朝鮮の生みの親である、中国やロシアでさえ、ミサイル発射反対!」なのである』。

『「自国民でさえ超冷遇しても平気」なのが「北朝鮮の指導者たち」だ。

「指導者に忠実な限りある程度優遇され続けているのは、北朝鮮の身分制度で核心層以上の者たちのみ」である。

「そんな北朝鮮が、太陽政策の結果、無害化する事などあり得ず、

北朝鮮指導者人脈による日本&韓国の支配が完了すれば、北朝鮮は納得する」のが「実状」なのだ。

「太陽政策による飴は、北朝鮮の支配工作の為の武器や資金に化けるダケ」である』。

|

電磁波工作兵器の素子がバージョンアップされ周波数も更に高くなって威力も増した様で・・・。

『「周波数アップにより直進性と有効距離が更に伸びている様相」の「電磁波工作兵器」。

「レーザー銃化する方法」は、

「弱電力の電磁波レーザー銃から発せられる電磁波と共鳴する周波数も含む電流の流れている電線や鉄筋部に、直進性の高い電磁波を当てる事」で、

「連続してい流れている弱電力の電磁波レーザーと共鳴する電流も含む電流を利用する結果」、

「鏡面反射で増強させた光等と同様の状態」となり、

「レーザー光線と同様に電磁波レーザーを作り出す効果が得られている」。

「つまり、弱電力の電磁波レーザー銃+電流が流れている電線や鉄筋等の二段構え」なのだ』。

『「当然、仕込みも二段構え」で、

「弱電力の電磁波レーザー銃を持つ者、操作する者」と、

「その電磁波レーザー銃が放つ電磁波の周波数と共鳴しレーザー化する周波数の電流も含む電流が流れている電線や鉄筋等を作り出す、或いは、マップアップする者」等に

「分担作業化されている様相」だ。

「何しろ、駅舎でも、店でも、お役所でも、普通のマンションでも、車でも、弱電力の電磁波レーザーと共鳴する電流も含む電流が流れる様に、

仕込み素子等が勝手にどんどん取り付けられている様相」なのだ』。

『「連中の工作の巧みなところ」は、

「それぞれ一つだけでは、大した影響も出ないところ」で、

「二つを合体させた結果得られる強めの電磁波レーザーをしつこく当てられ続けたり、

その様な電磁波レーザーを複数多方向から一点に当てられたりする」と、

「大きな実害が出る様に仕込んでいるところ」だ。

「本当に、陰湿で、執拗な連中」である』。

『「そんなモノを街中に仕込む為には相応の組織と資金が必要」だから、

「自ずと連中の正体も露呈する事になる」。

「日本人への実害が目的と推定される」から、

「反日人脈の仕業である事は、間違い無い」。

例えば、

「ある日突然、

何処かの国が何処かの国に宣戦布告し、

日本では、工作活動を全開にさせる可能性もある」のだ。

「その時」は、

「電磁波レーザーのレベルも飛躍的にアップされ、至るところで撃ちまくられると共に、

至る所で、即効性のある飲食物や空気の工作が始まる可能性大」なのである』。

『「早急な摘発が必需」だ』。

|

橋下・古賀等原発再稼働の抵抗勢力のみの論を大宣伝している偏向テレビ番組・・・。

『「ストレステストで合格」とは「世界レベルで見て原発を動かしても良い」である。

「常日頃は、世界レベルを散々利用(悪用)しているクセ」に

「今回は、日本のみ世界レベルからかけ離れた異常に高いレベルの安全基準をクリアーすべき・・・」とやっているのが、

「偏向論の実体」なのだ』。

『「視聴者は騙されてはいけない」。

「弁護士上がりで、科学は???の橋下」や「実質的には経済産業省クビ状態の古賀」が、

「原発再稼働問題で、正論をはれる訳も無い」。

「逆に、科学が???や経済産業省クビ」なら、

「原発不安は大いに語れる」だろう』。

『「そんな情報を流している連中に日本の公共の電波の独占使用権を与え続けていたり、

そんな番組のスポンサーを行っている日本企業」など、

「本当の日本国民による運営なのか?」等を「疑いたくなる」のも、

「当然」だろう』。

『普通に考えれば、

「ストレステストに合格した(=世界レベルでは使用OKの)使える原発」は、

「一刻も早く動かし、

日本の電力事情を安定させ、

企業活動を容易にすると共に、

悪戯な値上げは抑え、市民生活への負担も抑えるべき」である』。

『「日本国内の企業や市民に不要な負担を強いたがる」のは、

「反日人脈の人々や自虐的な日本人等」なのだ。

「大手民放等で、実質的、反日工作員や病人たちの論」が

「大手を振っている状態」は、

「本当に異常」である』。

|

石原・橋下「{公然の}秘密会談」・・・。

『「移民容認派の石原」と「外国人参政権賛成派の橋下」が「公然の秘密会談を行い」、

「テレビ・マスコミ等がそれを大宣伝」だ。

「石原都知事」が「何れ話す旨を述べた」ので、

「今のところ、順調」なのだろう』。

『「他の面子を見ても、保守正道の平沼や、外国人参政権反対の亀井」なのだから、

「少なくとも、政策の面でまとまるのか?」は、

「全く不透明」だ。

「現時点で唯一同一である事がはっきりしている」のは「民主・自民、二大政党や官僚政治(=つまり、現状の国政)に対するNO!」である』。

『「実は、其処が一番問題」で

「自民ダメ!民主はもっとダメ!!・・・」は「多くの一般日本国民の感と全く同じ」なのだ。

「石原新党が、移民反対や外国人参政権反対等々を明示した上」で、

「真に日本が有利になる政策を掲げる」なら、

「新たに生まれた第三極として台風の目にも成るべき」だし、

「上記の問題を陰に押し込んだまま、首相公選制等の強権体制の構築を目指す」なら、

「多くのテレビ・マスコミ等によって、

民主の次に仕込まれた

特定人脈による日本支配の為の策略政党である事」が

「露呈する事になる」のだ』。

『「昨今の野田総理による民主党政権の運営を見ている」と、

「まるで、石原新党の準備を待っている時間稼ぎの様相」にも思える。

「本来なら、小泉の郵政同様、消費税解散!で良い」のだ。

「意外と野田総理も、石原新党のお仲間に入るのかも知れない」』。

『「どちらに転ぶか今のところ良く判らない石原新党」だが、

「真に日本の為になる政党なら歓迎したい」し、

「新たな策略政党なら絶対に騙されない様にしたい」ものだ』。

『「政治に裏切られ続けている」のは、

「多くの有権者の政治に対する興味や声上げが足りないから」でもある。

「テレビ・マスコミ等に操られている有権者が多い内」は、

「真の民主主義には成り得ない」のだ。

「多くの有権者(=日本国民)が、

政党や候補者の本質を把握する努力を怠らず、

真に日本国民の為になる政策を行なう政党や候補者を選択する事が重要」なのである。

因みに、

「本質を把握する努力をいくらかでもしていた」のなら、

「先の総選挙時」でも、

「少なくとも、民主党の実態(=実権)が当選回数の多い旧社会党の面々や小沢に在った事くらい」は、

「分かっていた筈」である。

裏では、「北朝鮮と仲の良かった旧社会党」や「豪腕強権小沢」が「実権を握っている党」を、

「テレビ・マスコミ等のイメージ策略により人畜無害善良仮面を被っていた鳩山や菅や岡田や前原等」の「表の顔」に騙されて、

「選択してしまった有権者」や、

「同じく、テレビ・マスコミ等とマニフェスト等で大宣伝された

子ども手当てや高速道路無料化等のばら撒きで釣られた有権者」とは、

「正に、操り人形状態だった」のである。

「同じ過ちは二度と犯すべきでは無い」のだ』。

|

団塊リーダー世代左翼の病気・・・。

『「日本人なのに、朝鮮や中国共産党等に操られている状態から未だに抜け出せない人々」が「少なからず居る」。

「それらの人々の実体とは?」』

『「元々、戦前の教育は天皇や国家に依存する事を強要されていた様な教育」だった。

「つまり、大いなる者・物・事と思える者・物・事に依存させられる精神構造を刷り込まれていた」のだ。

「その被害者である依存病患者たち」が「日本の敗戦により、依存する先を失わされた」。

「結果、

多くの人々の中で、

新たな依存先探しが、

一気に始まり、

経済に依存する者たち、

血統・家族等に依存する者たち、

仲間と{思える}人々に依存する者たち、

米国に依存する者たち、

異性に依存する者たち、

酒や食に依存する者たち、

暴力や力に依存する者たち、

能力に依存する者たち、

現実逃避に依存する者たち、

・・・等々と共に、

所謂左翼思想に依存する者たちも生んだ」のだろう。

「米国に依存する事が嫌だった連中が、所謂旧共産圏(=左翼)に依存先を求めた」と推定される』。

『「何れにしても、依存病状態」なのだ。

「本質的に、事実・現実の上に立っていない」のだ。

「だから、本当の自信も持てず」、

「依存病患者たちは、比べっこにも依存する事になり易い」。

「他者との比較で、

他人より優れている自分等を自覚する事で、

比較の上での自信を得、

自己確認の代償欲求を満たそうとする」のだ。

「元々が、自己確認の代償欲求の為の比べっこ」だから

「多くの場合、確実に自分が有利になれる者・物・事を選択したがり、

もし、比べっこの結果、自分が下になってしまうと、往々にして、あらゆる手段で、それを否定したがる」のである。

「その様な精神構造が、

{同じと思いたがっていた仲間}に{依存し合っていた}所謂左翼活動家同士の殺し合いまで生んだ」のだ。

「連中にとっての、{同じと思いたがっていた仲間}」の「実体」とは、

「仲間でも何でも無く、{自己確認の代償欲求を追及する為の道具}に過ぎなかった」のである』。

『「依存病状態から自分を救い出す為に重要」なのが、

「自覚」と、

「健康な自己制御」である。

「自覚」とは、「自分の状態を客観的・現実的に認識する事」だ。

「健康な(=現実との整合性が高い)自己制御の為に重要」なのも「事実・現実の把握」である』。

『「所謂、左翼から抜け出せた人々」は、

「その面では、自覚を得、健康な自己制御を得た人々」であり、

「未だに、左翼状態の人とは、未だに病人状態のままの人々」なのである。

「もっとも、左翼依存を抜け出せても、●●依存で、比べっこが大好き状態という人々も少なく無い」が・・・。

それでも、「ある一つの者・物・事に対する依存状態から自分を救い出せた人」は、

「依存病の状態が、応分に改善されている場合が多い」のだ』。

『「自覚無き病人たち(=所謂、神経症レベルでは無く、精神病レベル)」が

「政界でも、テレビ・マスコミ界でも、教育界でも・・・、

跋扈している日本社会」では、

「日本社会全体が病気に引き摺られてしまう・・・のも、ある意味当然」だ。

「病人に相応しいのは、病院であり、過分な立場等ではあり得ない」のだ』。

『「少なくとも、有権者が選ぶ権利を保持出来ている政治家くらいは、

有権者が病人を選ばない事により、

病人は排除出来る筈」だが、

「本来、健康であるべき多くの有権者が、

病人たちの教育や情報により病人化されている」ので、

「民主党政権などという本来ならあり得ない政権までもが出来てしまっている」のが

「日本のお寒い現状」なのである。

「日本の情報・教育の正常化は本当に急務」だ』。

『「未だに、依存病状態の団塊リーダー世代左翼等々の方々は、

お歳もお歳なのだから、

出来るなら、

長年の人生経験の実効ある者・物・事を寄せ集めて利用してでも、

自分自身で自分を依存病状態から救い出すべき」である。

「自分の実体を自覚する」なら、

「治さない方が嫌になる筈」だ。

「自分の実体の自覚から現実逃避し続けたがる負け犬に相応しい」のは、

「虚像の世界」である。

「実際の現実社会に多大な迷惑や実害を及ぼす事無き様」に、

「虚像の世界で十分に現実逃避を楽しんでいれば良い」のだ。

「自分の実体の自覚からの現実逃避も人間の一つの権利」である。

「ただし、他の者・物・事を巻き込んで大迷惑や実害を及ぼすのは、権利の乱用に他ならない」のだ。

「例えば、数多くの団塊の世代の勘違い左翼人間たちを生み出してしまった責任は大きい」のである』。

『「歳だけ重ねた子どもたち」も、

「人生を終える前に、

一度は事実・現実の地平面を十分に味わって、

本当の意味での大人を知って頂きたいもの」である』。

『「事実・現実」は「共に在る者にとっては良き友であり、最大の味方」だが、

「それを否定しようとする者にとっては、何人でも敵わない最強の敵」なのだから』。

|

笑えるゾ!日本の核武装を危惧する中国・・・。

『「日中友好を実現したい」のなら「先ず行うべきは、中国が反日教育を止め、嘘の歴史認識の無理強いを止める事」だ。

「あり得ない南京大虐殺●十万人等などを宣伝している内」は、

「中国自身が日本から否定される不安を生み出しているのと同じ」なのである。

「その一つの現れ」が「日本の核武装や右傾化を危惧する・・・」なのだ』。

『「右傾化と勝手に言っている」が、

「日本での所謂右傾化の内実は、国・国民としての正常化」である。

「売国や嘘の歴史認識に基づいた土下座外交等々を止めるのは、

何処の国の民でも正当な話しであり、

それは、右でも左でも無い、国・国民としての王道」なのだ。

「嘘で大衆を操って来た邪な道を歩んでいる所謂左翼が衰退するのは当然」で、

「連中の実体は、左翼でも革新でも無く、非国民に過ぎ無いから」である。

「ある国の民がその国の民である事を認識すれば、必然的に、王道を歩む様になる」のである』。

『「日本では良く、米国と中国を二大大国として比べる人たちが居る」。

「日本をそれらの国の下に置いて考えている」

「米国派」も「中国派」も

「自虐的な人々」なのだ。

「ただし、

米国については

現実として、未だに米軍の駐留が在るので、

軍事安全保障上では、

明らかに日本は米国下に在る」。

「普通に考えれば、在日米軍だろうが、日本軍だろうが、日本の為の軍隊に違いは無い」。

「日本軍のみを悪戯に嫌う中国人の裏には、中国の反日教育がある」のだ。

「日中友好の障害は、中国の反日教育や嘘の歴史認識」なのである』。

『「多くの日本人」は「現実主義者」だ。

「日本で米国好きが中国好きより多い」のは、

「米国の方が事実・現実の上に立っている割合が多いから」なのである。

「上記の事実からも明らかな様に、嘘の歴史認識は日中友好の障害に他ならない」のだ』。

『「人を騙す」のは「実力が無いから」だ。

「実力があるなら、正攻法で何も困らない」のだし、

「実力を養う為には嘘は障害にしかならない」のである』。

|

原発抜きで日本の電力は足りていると思わされているおバカたち・・・。

『「原発抜きの電力事情の実態」とは「火力発電所の超積極使用」である。「不安定な再生可能エネルギー」では「原発の代わりは出来ない」のだ。

「火力発電所では主に石油を使う」。

「そして、その石油を取り巻く世界情勢から考えれば、誰でも解る様に、今後も石油価格は高止まり・・・どころか、どんどん上がる一方になる可能性大」だ。

「燃料費はそのまま電気料金に化ける。それは、東電でも、民間の小規模発電事業企業でも同じ」だ。

「家庭で使用している電気量なら、

値上げ幅が例え20%でも、

例えば、10,000円の電気料金が12,000円になる程度の話しで、

それは、原発不安を刷り込まれている人々にとっては、自らの不安を抑える為の新たな保険代に過ぎ無いと思えるのかも知れない」が、

「月々何十万円も、何百万円も、それ以上も、電力を使う企業にとっては、正に、死活問題になる」。

「企業は存続の為に、

人減らしを行い人件費を抑えたり、

日本での企業活動を諦め、海外に移転する等の対策を取る」から、

「それは、日本社会の景気の悪化や衰退に直結している」のだ。

「つまり、原発抜きで電力が足りていると思い込んでいる人々の思い」とは、

「日本社会の景気の悪化や衰退を前提にする」なら「原発抜きでも電力は足りる」という

「現実」の

「日本社会の景気の悪化や衰退を前提にする」という「都合の悪い部分抜きの思い」なのだ。

「その危機管理ぶり、或いは、おバカぶり」は、

「日本社会全体の景気の悪化や衰退も構わない・・・」という「レベル」なので、

「日本や海の一部に、問題となるレベルの放射性物質をばら撒いてしまった福島第一原発の危機管理」より

「遥かに程度が悪い」のだ』。

『「福島第一原発被災事故の主たる原因」は、

「余りにもお粗末な津波対策」である。

「もし、

津波対策が相応に十分だったなら、

福島第一原発の被災事故は起きず、

福島第一原発も他の東日本大震災被災地に在る原発と同様、

無事止まっていた筈」である。

「上記の事実」からも

「福島第一原発の津波対策を甘くしたままで放置し続けて来た人々の責任は重大」なのだ。

「本来なら、それらの責任が在る人々が表に出て、

福島第一原発でも津波対策をちゃんと行っていれば、被災事故は防げていた旨等を述べ、

人々の悪戯な原発不安を取り除くべき」である。

「それと共に、

起きてしまった被災事故ゆえの被害に対し、

もっと、もっと、積極的に現状回復を目指すべき」だ。

「低レベル放射線の害」等の

「タバコや過食等々の害より遥かに低い害への対策」などは、

「タバコ対策や過食対策等々より低いレベルで良い」のだし、

「本当に深刻なある程度以上の高レベル放射能に対しては、積極的に除染」し、

「福島第一原発の近隣等で、

積極的な除染より、

他の地域への移住の方がコストが安くなるレベルの地域については、

早急に、代替地への移転を行えば良い」。

「幸いにも、

福島第一原発被災事故で漏れてしまった放射能物質で、

未だにある程度以上の放射能が残っている物質の多くは、

半減期が30年程度の放射性セシウム」である。

「除染が大変な地域」でも「未来永劫人が住めない事には成らない」のだ。

「人々の原発不安を和らげる為にも、

先ず、実際の被災事故被害を出来るだけ早く減らす事」である。

「そして、

悪戯な原発不安を煽る情報では無く、

原発不安を取り除く情報こそが、

積極的にテレビ・マスコミ等で流されなければならない」。

「国益、国民益を考えるなら、それが当然」なのだ』。

|

選挙制度と政治の関係・・・。

『「かつての中選挙区制度」では「ある程度以上の者が投票すれば当選出来たから、業界ごとにご都合議員が出る状態」となり「所謂族議員政治が行われた」。

「しかし、それは、日本社会の実態とある程度は近い間接民主主義状態」だった。

「現在の小選挙区」では「大量の票が無いとその選挙区では勝てないから、有名大政党や有名人が有利になっている」。

「有名大政党や有名人というダケでは政策も???だから、

各政党はマニフェストを出し有権者に問う形式になっている」が、

「マニフェストを読む人の数は意外な程少なく(全政党分全有権者に配布では無いから当然だが)、

政党は有権者受けの良い政策をマニフェストで大々的に扱い、

マニフェストに書いていない政策でも行わない訳も無い」から、

「実質的に、マニフェストを使った有権者騙しが可能」なのだ。

「そして、有名大政党や有名人は、テレビ・マスコミ等が生みの親」だから、

「小選挙区制は、実質的にテレビ・マスコミファシズム化し易い」のである』。

『「大選挙区はどうか?」

「大選挙区の場合も、有名大政党や有名人が有利になり易く、

テレビ・マスコミ等の影響力も大きくなり易い」。

「テレビ・マスコミ等の影響を最小限にしていたのが、中選挙区制でもあった」のだ。

「言うまでも無く、日本の大手テレビ・マスコミは特定極一部の者たちによって運営されているし、

その論調に偏りがある事は、誰もが知っている筈」だ。

「何処の局でも、毎日の様に同様の顔、同様の論調」というのが「日本のテレビの実態」であり、

「新聞・雑誌等で筆を揮っている連中も、毎日の様に同様の顔、同様の論調」なのだ』。

『「政党ごとの比例代表制」は、

「所謂死に票が少ない制度」である。

「ただし、有権者が各政党の実体を出来るだけ実体通りに理解・把握している事が重要」だ。

「しかし、各政党の実体の理解・把握を向上させる方法は、いくらでもある」。

例えば、「偏りの無いテレビ・マスコミ等による情報提供等」は「大いに役立つ筈」だ』。

『「上記の様に考える」と、

「テレビ・マスコミ等の偏りの無い正当利用等を前提とした政党ごとの比例代表制」

&「中選挙区制」が、

「現状日本の間接民主主義上では、適合性が良い事が解る」筈だ』。

『「首相公選制」は、

「所謂直接民主主義に思える」かも知れないが、

「その実体は、大選挙区制と同じ」で、

「テレビ・マスコミ等の是正無き場合、小選挙区制同様、テレビ・マスコミファシズムを容易にする手段」にしかならない』。

『「決められない政治」の「原因」は、

「リーダーシップの不在では無い」。

「本質を突き詰め、

出来る限り良い解答を導き出し、

突き詰めた本質と考え出した出来る限り良い解答を、

偏向の無い状態で大いに有権者に伝えていないから」である』。

『「強いリーダー」にせよ、

「いい加減な政治家集団」にせよ、

「有権者が●●任せ、●●依存状態」では、

「実質的に民主主義には成り得ない」。

「有権者が行われようとする政策を十二分に知り、

その上で、合意の意思表示をし、

その後で、政策が実行されてこそ民主主義」なのだ。

「それは、相応に時間も手間もかかる作業」だが、

「時間をかけない●●任せ、●●依存・・・よりは、遥かに、合理的で安全」なのである。

また、

「例えば、国防や自然災害被災等、時間をかけられない判断については、前もって方向性だけ決めておき、後は担当に任せれば良い」。

「決めるべき方向性」とは、

「普通の日本国民なら誰もが思っている通り、

日本国・日本国民の安全であり、安定であり、発展」である。

「その他の政策についても、

上記の方向性を基に考察を深めれば、

誤った判断はかなり防げ、

判断も早くなる筈」だ』。

|

ふざけるな!人権擁護法案、「日本で今一番人権が損なわれているのは、工作活動に野ざらし状態の多くの一般日本国民」だ・・・。

『「拉致等の問題を考えれば、誰でも解る」筈だ。「日本で一番人権が損なわれているのは、実は、工作活動に野ざらし状態の多くの一般日本国民」なのである。

「過去の差別や本来なら必要の無い哀れみやゴネ得等々を元」に、

「既に過分な利益や特権が与えられている人々」に「更に、利権や特権を与える必要など全く無い」のだ。

「人権擁護法案など考えている暇がある」のなら、

「スパイ・工作活動防止法等&ちゃんとした摘発体制の整備等の実現」を「急ぐ」のが、

「本来の日本の国会議員」である。

「多くの一般日本国民の人権を、

工作活動に野ざらし状態にする事で損ねている現状」で、

「既に、余りある利益や特権が与えられている状態の人々に更なる特権等を与えようとする事」は、

「実質的」には、

「更に、多くの一般日本国民の人権を損ねさせる為の新たな工作活動に他ならない」のだ』。

『「そんなモノにお墨付きを与える総理大臣」なら、

「実質的に、工作機関の幹部の様なモノ」で、

「全く、日本国の総理として相応しく無い事は明白」である』。

『「民主党自体、

内在している者や、

行って来ている物事を見れば、

朝鮮や在日朝鮮人の出先工作機関の様相」だ。

「民主党政権を続けさせる事」の「悪の実効」は、

「朝鮮人脈による日本の実効支配を容易にする事」である。

それは、

「日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置づけ、

長期計画で日本の乗っ取りを画策して来ている

朝鮮の人脈の意向と全く同じ」なのである。

「竹島の様に、日本全体が実効支配されてしまわない様にする為にも、

一刻も早く、政界再編~解散総選挙を行い、まともな日本の政権をつくるべき」だ』。

|

原発再稼働の抵抗勢力を止めた枝野大臣・・・。

『「現職の経済産業大臣でありながら、原発再稼働の抵抗勢力・・・では、全くお話しにならないので、総理周辺からキツイお叱りでも受けたのであろう枝野氏」。

早々に、「抵抗勢力から脱し、政府の一員となる」宣言だ』。

『「枝野大臣の変わり身」も、

「民主党国会議員の資質を良く現している一例」だろう。

「本人の信念等より、保身優先」なのだ。

「本気で、原発再稼働に反対」なら、

「政府の一員を抜けてでも、抵抗勢力であるべき」だが、

「そんな確信も根性も信念も政治理念も無い」のだろう。

「元々、ある者・物・事について良く考えている」なら、

「必然的に、その者・物・事については、相応の信念等も持てる」が、

「枝野氏の原発再稼働反対」も「大した考察の無い一時の気分の上での抵抗勢力化」なのかも知れない』。

『「同様の状態」なのが「橋下知事」だ。

「今は、原発再稼働の抵抗勢力である方が大衆受けも良い・・・」とでも「思い込んでいる」のか、

「枝野大臣が抵抗勢力状態を脱した今でも、原発再稼働の抵抗勢力状態」なのだ』。

『「そんな事をすれば、多くの日本企業や経済界からバッシングを受けるのも当然」だ。

「何故なら、原発再稼働の抵抗勢力」は、

「考察が足りないおバカ」か、

「確信犯の反日」だから、である』。

『「橋下知事が早々に原発再稼働の抵抗勢力から脱しない事」=「橋下知事の本質は上記の二つのどちらか」という話しなのである。

「考察が足りないおバカ」や「確信犯の反日」なら

「日本の政界で重要な立場を任せてはいけない人である事」は、

言うまでも無いだろう』。

・・・・・・・。

『「未だに、テレ朝で、大谷などは、福島第一原発の被災事故の問題が完全解明されていないから、原発再稼働は慎重であるべき・・・」などと、

「考察の足りないおバカ」か「確信犯の反日」の「論調」を「公共の電波使って大宣伝していた」が、

「言うまでも無く、福島第一原発の被災事故の原因は、津波対策が甘過ぎたから」である。

「それは、他の震源地にもっと近い津波対策がマシな原発が無事止まっている現実からも明らか」だ』。

『「元々、この世界に完全な安全などあり得ない」。

「それは、地球に向かって大きな隕石等が衝突しない補償も無いという宇宙の現実」からも「明らか」だ。

「そればかりか、太陽だって未来永劫不滅不変では無い」のだ。

「太陽が膨張期に入れば、地球は太陽に飲み込まれる事になる」。

「完全なる安全を求める」とは「丸ごと一人の死生観のままの不老不死の様にあり得ないものを求めている事と同じ」なのである。

「現実論で言う」なら、

「原発の安全管理」とは「通常の管理+人為ミス管理+十分な津波、地震、落雷、雪害、風害等々の自然災害・火災・テロ等に対する対策」であり、

「加えて出来得るなら、隕石に対する対策」である。

「それらの対策が、十分に出来つつあるのが日本の原発」だ。

「安全管理が現実的に十分になった原発から再稼動する」のは

「地球温暖化問題の面からも、日本の経済の面からも、当然」なのである』。

『「因みに、現実としては、地球生命体細胞群という広義の自分なら実際の不老不死も可能」だ。

「丸ごと一人の死生観や狭義の自分等々のみに拘る、

考察の足りないおバカや、

確信犯の現実逃避者等々」が、

「丸ごと一人の死生観のままの不老不死というあり得ない状態を望む」のである』。

『「枝野にしても、橋下にしても、口は達者でも、考察の足りないおバカか、確信犯の反日の様相の政治家」などに、

「余りある大権を持たせてはいけない」。

「口は達者」と言えば、

「蓮舫」や「辻元」や「田中真紀子」等々も、

「その実体は???」なのだが、

「何故か?口が達者というダケで、頼れそうに勘違いしている人々も少なく無い様で・・・」』。

|

警察が???の裏・・・。

『「警察官やお役人は公務員」である。「公務員選抜では、所謂差別や本来なら正当な区別が許されていない」から、

「そのスジの人脈の人々にとっては、公務員は、都合の良い就職先」なのだ』。

『「その結果、警察官やお役人の中には、???な人々も混ざってしまう」。

「もちろん、多くの警察官やお役人は、善良な一般日本国民」だ。

しかし、「中には、???な人も居て、その割合が意外な程高いのは、

上記の理由があるから」なのだ』。

『「筆者の知る限り」でも、

「明らかな所謂左翼活動家が、東京都に就職」したり、

「北朝鮮系の新興宗教団体のメンバーが、警察官になったり」、

「・・・している実例」がある。

「以前、知人から聞いた話し」だと、

「何と!医者で外科医になった人が、そのスジの人」で、

「その外科医の言い分が、外科医は人殺ししても罪に問われない。だった」のだ。

「ニュース報道を覚えている方々も少なく無いと思う」が、

「日本人女性の健康な子宮をドンドン摘出した酷い医者」も「実際に居た」。

「日本人人口の減少が目的だった」のかも知れない。

「飲食物の場合は、急変による死亡はご法度だが、

継続摂取による死亡では、摘発されない」のだ。

「電磁波などは、実質的に野放し状態」である』。

『「筆者の実感」では、

「警察や医者等より、遥かに、テレビ・マスコミ・教育・芸能界や、飲食物・電磁波等々の害の方が高い」。

「テレビ・マスコミ・教育等々や飲食物・電磁波等々の工作により、

経済的困窮に追い込まれたり、

精神的に追い込まれたり、

健康を失わされたり、

命まで失わされた人々の数を思えば、

誰もが事の深刻さに気付く筈」だが』。

『「今の日本が異常」な「一因」は、

「他国系の不健康な人脈による工作活動にある」。

「スパイ・工作活動等防止法&ちゃんとした摘発体制の整備は急務」である』。

|

「先ず人ありき・・・」の新たな相棒・・・。

『「テレ朝のドル箱ドラマ相棒の新たな相棒が発表された」。「キャラも何も決まっていない段階なのに、発表」で「先ず人選ありき・・・」なのだ』。

『「先ず人」という「やり方」は、

「テレビ界では常套手段」である。

「先ず人の裏」は「先ずお金の流れる先」でもあるのだ』。

『「毎日の様に、芸の???な芸能???人たちの私生活や家族の一方的宣伝情報を一方的に大量配信している」のが、

「多くの日本のテレビ・マスコミ等」である。

「その芸能人の家族でも友人でも知人でも無い多くの一般大衆」に、

「視聴者の知人や友人や家族等と同様の扱いを無理強いする」のが、

「一方的私生活情報の大量配信の実体」なのだ。

「そして、その様な悪質情報の大量流布により得られる結果」が、

「特定極一部の者やその家族等への利権集中(お金・名誉??等の集中)」である』。

『「中国や朝鮮等、陸続きの国々では民族・血統家族主義等による国境や住み分けが長年に渡って行われて来ている」。

「島国日本では、

海が国境となったお蔭で、

多くの日本人が悪戯な血統家族主義に深くそまらず、

内実主義になれていたから、

明治維新時にも、欧米列強からの遅れにも直ぐに対応出来た」のだし、

「戦後の復興も成し得た」のだ。

「ところが、テレビ・芸能界等は、未だに、血統家族主義の様相」なのだ。

「つまらないのも当然」であり、

「つまらないものに公共の電波の独占使用権を与え続けている事のデメリットは計り知れない」のだ。

「得られている実効」が「多くの一般日本国民の操り人形化・愚民化・・・」では、

「喜んでいるのが、反日他国系の人脈」であるのも

「当然」なのである』。

|

日本経済を不利にする経済産業大臣なんて要らない!野田総理は一刻も早く枝野を更迭せよ!!・・・。

『「日本国内の産業の為にも、原発の再稼動は急務」である。「それなのに、何と!経済産業大臣が原発の再稼動に対し、異常な程腰が重い」のだ。

「まるで、韓流テレビ・マスコミ等の子分」の如く、

「関連自治体の納得や国民の納得が不十分では、原発の再稼動は出来ない・・・」旨などと、

「経済産業大臣らしからぬ言動ぶり」なのだ』。

『そもそも、

「未だに、少なく無い数の一般日本国民が原発の再稼動に異常な程慎重」なのは、

「韓流テレビ・マスコミ等による偏向情報の大量流布が原因」である。

「悪戯な原発不安」は「大いに煽り」、

「原発の安全対策情報等」は「実質的に隠蔽」では、

「少なく無い数の一般日本国民が原発不安を増大させ、原発の再稼動に慎重になるのも、ある意味では、当然」だ』。

『元々、

「東日本大震災で、福島第一原発{のみ}が重大な被災事故を起こしてしまった」のは、

「福島第一原発の津波対策が異常な程悪かったから」である。

「他の震源地に在った津波対策がマシな原発は東日本大震災でもちゃんと止まっている」のだ。

「つまり、本来、問題とされるべき事」は、

「原発そのものでは無く」、

「原発の安全管理の不十分さ」である』。

『ところが、

「実質的に、他国人脈の情報機関的様相の韓流テレビ・マスコミ等」では、

「原発そのものを悪者扱いする情報工作に邁進し続けて来ている」。

「その結果が、

日本のみ脱原発などという核の安全管理にもならず、

日本のみを不利にする日本国民なら誤った論」を

「信じさせられてしまっている一般日本国民が、未だに少なからずいる」のだ』。

『「東日本大震災以降、日本の原発の安全対策は見直され、十分な安全対策が取られつつある」。

「十分な安全対策が取られた原発から率先して再稼動する旨を述べる(その事を通じて、一般国民の悪戯な原発不安の解消を手助けする)」のが

「本来の経済産業大臣の役割」だ。

「経済産業大臣の座にある者が、悪戯な原発不安を煽る側にあってはいけない」のである』。

『「野田総理は、一刻も早く枝野大臣を更迭するべき」だ。

「資質無き枝野の更迭も出来ない様」なら、

「その事自体が民主党政権ではダメな事の新たな立証として加わる事」になり、

「一般日本国民による解散圧力を一気に高める事に大きく貢献する事」になる』。

・・・・・・・。

『「枝野による原発再稼働否積極的宣言のニュース」を「聞いて、満面の笑顔だった」のが、

「韓流テレビご用達コメンテーターでもある岸博幸」である。

「韓流テレビ・マスコミ等が率先して起用しているが故に{有名人}岸の正体もその表情やコメント内容等から丸見え・・・」なのだ。

「そんな者の論で操られて、自らの国を不利にするのは、おバカ」である』。

|

余りに酷い橋下以前の大阪・・・、だからと言って「独裁的手法を容認する様になってしまってはいけない」・・・。」

『「韓流テレビ等の人脈の仕込みは巧み」である。(さすがに、裏に、工作国家人脈が付いているだけの事はある・・・)。

「比べっこ原理主義者たちに溢れる現状の日本社会」なら、

「大衆に比べさせ、選択させれば良い」。

「比べっこ原理主義者たち」には、

「とても酷い者・物・事」より「マシ」ならば、

「首相公選制等、独裁的手法の実現を画策している、実質的危険人物等」でも、

「良い人に思えてしまう」から、

「比べっこの手段を使えば、日本を独裁的手法で支配する為のベースの構築も可能になる」』。

『「日本を独裁的手法で支配出来る体制にすれば、後は、同様の比べっこに基づいて、

自分たちに都合の良い人を、

自分たちに都合の悪い人より良く思わせれば良いダケ」だ。

「大衆に、自分たちに都合の良い比べっこをさせる為の情報提供ツールとして、

情報・教育分野の支配は欠かせない」。

「学校教育も、テレビ・マスコミ等も、連中にとっては、重要な工作機関」なのだ』。

『「実は、同様のロジック」で、

「小泉政権が出来、民主党政権が出来た」のだ。

「比べっこ原理主義の精神構造を植え付けられ、

テレビ・マスコミ等で操られている人々が多い」から、

「日本の現状も酷い」のである。

「多くの一般日本国民」が

「今脱するべき」は、

「比べっこ原理主義」であり、

「得るべき」は

「本質追求原理主義」だ』。

『「今後の世界情勢も上記の二極に分かれる事になる」。

「本質追求原理主義により、事実・現実の地平面に立てる人々は、次第に重用される様になり、

比べっこ原理主義により、特定の思いに拘る人々は、次第に恥辱まみれになる事になる」。

「歴史の捏造なども、比べっこ原理主義の上でしか成り立たない」のだ。

「比べっこ原理主義」なら「酷い嘘」より「マシと思える嘘」は「本当と思えてしまう」が、

「本質追求原理主義」なら「嘘はどちらも嘘」である。

「嘘国家は衰退」し、

「現実主義国家は発展する事になる」のだから、

「多くの一般日本国民が目指すべき」は、

「現実主義国家」である。

「その為のベース」として、

「先ず、

個人個人が、

比べっこ原理主義を脱し、

本質追求原理主義に進化する事が重要」なのだ』。

『「実は、競争原理も比べっこ原理主義ゆえの現象」なのだ。

「本質を追求して問題を解決したり、発展等を得る」なら、

「何が本当に必要か?等が重要」であり、

「どちらがより優れているのか?等を比べても仕方無い」のである』。

『「以前の大阪よりマシなら、橋下が全面的にOKか?」を考えてみると良いかも知れない。

「大阪を少しでもマシにする事は重要」だから、

(実際に、赤字市営バスの運転手の異常な給料の問題などは、本当に呆れた。

それらさえ是正出来ていなかった橋下以前の大阪の政治家たちは、

そのバスの運転手の給料問題より更に異常である)。

「大阪では、以前よりマシな橋下に、大いに頑張って、良い実績を残して頂きたい」が、

「国政となると、全く話しは別」なのである。

「外国人参政権」や「原発問題」に対する考え方や「首相公選制」等々にしても、

「橋下の国政に対する考え方には、大きな疑問符が付く」のが「現実」だ』。

|

ドイツの脱原発の裏・・・。

『「極東地域、日本でのみ脱原発」の「運動に忙しい連中が大好き」な「ドイツの脱原発」。

しかし、「その裏」は、「ドイツの首相=旧東ドイツの人という事」と「無関係では無い」のだ。

「ドイツでも、日本でも、旧共産圏の人脈」は「脱原発を望み」、

「元々から自由圏で暮らしていた人脈」は「原発の安全管理の向上を望んでいる」場合が「多い」。

「それを客観的に見れば、ドイツと日本の脱原発」とは、

「旧共産圏の人脈によるドイツ&日本弱体化策略の様相」なのだ』。

『だから、実際に、

「日本で脱原発運動に忙しい連中の訴え」は、

「北朝鮮や中国共産党支配下の中国やロシア等主として旧共産圏の国々が抱えている

極東地域の他のもっと深刻な核問題には言及せず」、

「日本のみ脱原発」であり、

「ドイツでも、ドイツのみ・・・」なのだ』。

『「元々、正攻法である科学技術等の発展」で、

「自由主義圏に敵わなかった旧共産圏」では、

「各種の工作活動が徹底的に鍛えられている」。

「その一つの現れ」が「脱原発問題」なのである』。

『「冷静に考えれば、ドイツや日本等のみで脱原発したところで、脱原発の意味は無い」。

「むしろ、それらの科学技術のある国々が原発から退く事のデメリットの方が大きい」。

「それと共に、旧共産圏等の核兵器の価値が上がる事になる」。

「原発問題」は、

「安全管理の徹底」と「制御技術の向上」等により、

「既に在る物の極一部を否定して解決したつもりになる」のでは「無く」、

「実際に本質的に解決する事が重要」なのだ。

「その為には、脱原発では無く、もっと安全管理も含む原発技術を磨け!」である』。

『「極一部の国々」から「原発が消えたところで、安全管理も含む技術が???な多くの国々が核兵器や原発を保有している状態」では、

「核問題の解決など出来る訳が無い」。

「それが、現実」である』。

|

橋下維新塾の講師を見れば、テレビ・マスコミ等ご用達がズラズラ・・・。

『「タイトルの事態からも、維新塾の正体は丸見え」だ。「テレビ・マスコミ等の常連を講師にする事=タダでさえ利権集中&偏向論理大宣伝のその人脈にお金を流す事」である。

「それらの講師に対して反する生徒を、評価するのか?外すのか?等を見ていると面白いのでは?」』

『「韓流テレビ・マスコミ等の論調

&韓流テレビ・マスコミ等の論調により誕生した自公政権よりもっとダメな民主党政権により、

多くの人々が既成政党はダメと思わされている現状」では、

「多くの人々が、第三極に頼りたくなる」のも「解らなくも無い」。

「しかし、それは、正に、韓流テレビ・マスコミ等の論調が導いている道」なのだ。

「そして、第三極の中心人物扱いされている橋下も韓流テレビ上がり」である』。

『「戦後の日本の情報・教育等は実質的に朝鮮系の人脈により牛耳られている事」は、

「以前から何度も記している」。

「韓流テレビ・マスコミ等の論に乗る事」=「朝鮮系の人脈にとって都合の良い状態」なのだ。

「何故か?或いは、当然、橋下知事も、民団(在日韓国人の団体)の要望である外国人参政権に賛成なのだと!」

「普通の日本人の感覚」なら、

「竹島を韓国に不当占拠されている状態」で、

「在日韓国人が要望している外国人参政権」に、

「賛同する訳が無い」。

「外国人参政権に賛成」という「日本の政治家等」は、

「普通の日本人では無い可能性大」なのだ』。

『「普通の日本人の政治家の感覚」なら、

「日本の製造業を電気エネルギーの面で支えている原発を

地熱発電等原発に代わる安定的で十分な代替発電設備が出来る前に廃止したがる訳が無い」。

「電気エネルギーを不安定にしたり、高くしたりする事は、日本の製造業の衰退に直結している」からだ。

「日本の製造業を衰退させる事で有利になる国々の人脈の人」ならば、

「日本の原発は是非とも止めさせたい」だろう』。

『「外国人参政権に賛成」で「脱原発」などという「反日」では、

「普通なら、第三極の中心になどなり得ない」が、

「韓流テレビ・マスコミ等の強力なサポート」や、

「橋下より更に酷い政治家たちの実質的な強力なサポート」により、

「多くの一般日本国民が、本来なら、あり得ない人に期待を抱かせられている」のが

「現状」だ』。

『「ネットの世界」も「情報工作満載」である。

「日本仮面の裏」で、

「外国人参政権賛成&脱原発の橋下を強烈に支持する論調を展開している、

実質的には、韓流テレビ・マスコミ等に操られている状態の人も少なく無い」のだ。

「大阪の問題」は「橋下が良い」のでは「無い」。

「今までが酷過ぎた」のだ。

「酷過ぎた今までよりマシだから・・・と、外国人参政権賛成&脱原発を支持させられている様」では、

「朝鮮系人脈の操り人形の域を出得ない」のである』。

|

芸能人のコメントで操られるおバカたち・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等では、芸能人によるコメント等の割合がどんどん増えている」。

「芸能界とは、パチンコ業界や、●暴力業界同様、朝鮮系の人々の割合が異常に高い業界」であり、

「当然、それらの中にいる人が言う論も、朝鮮系の人々に都合の良い論である場合が多い」のだ。

「上記の様な実体的ベースを全く考慮せず、芸能人の上辺の言葉で操られる人々は、

おバカ」である』。

『「おバカの一票でも、真剣に本質を追求して考えた者の一票でも、同じ一票」というのが、

「選挙」だ。

「もちろん、国政や地方自治は、選挙結果をベースに進められる」。

「おバカ状態の人々は、一刻も早く、自分をおバカ状態から救い出すべき」だ。

「日本の困窮や、自らの生活の困窮を招いているのは、おバカの一票なのから!」』

|

北朝鮮ミサイル(?)発射問題・・・。

『「ミサイルでも人工衛星でもその実体は同じ」だ。「北朝鮮にとって、ミサイル(?)発射は、国内で金正恩の権力の正当性を示す為に必需」だから、

「必ず発射する」筈だ。

「しかし、そうすると、米国からの食料援助が無くなる」』。

『「そうなると、どうなるのか?」

「ミサイル発射は出来たが、人民に満足な食料を配れない金正恩」、

「血統的には、父親が旧日本軍関係者だった在日の女性の子どもの金正恩」、

・・・だから、

北朝鮮内では、

「北朝鮮的に見れば血統的に正当で、人民に食料も配れる長男への期待が高まる事になる」だろう。

「結果、北朝鮮の中国共産党支配下の中国化が加速する事になる」だろう』。

『「何れにしても、北朝鮮内の不安程度は増す」のだ。

「三男は、自らの立場が危うくなれば、韓国に対し、先制核攻撃全面征服を狙うかも知れない」。

「極東の火種」は「本当に深刻」だ』。

『「北朝鮮を現在の様に悪く増長させてしまった一因」は、

「過去の日本からの資金・技術・情報等の提供にもある」。

「過去の日本からの資金・技術・情報等が、人民の生活の向上には余り結びつかず、核兵器やミサイルに化けた」のだ。

「北朝鮮の様な国に対し、資金や技術や情報等を無用心に与え続けた裏」には、

「戦後日本の情報・教育・政治等の問題がある」。

「韓国や中国でも同様」なのだ。

「日本の終戦直後の負の遺産は、早々に解消するべき」である』。

|

消費税増税法案問題で反対している小沢一派の実体・・・。

『「反小沢vs親小沢」という「民主党内の対立軸を利用」して、「反小沢なら民主党政権でも良いか・・・という感を、多くの人々に持たせて来た」のが

「韓流テレビ・マスコミ等」である。

しかし、

「反小沢政権でも、民主党政権には違い無く、民主党政権である限り、数の多い小沢一派の意向も当然反映されて来ている」のだ。

「その韓流テレビ・マスコミ等」が「今」、

「消費税増税法案問題」で「反小沢と親小沢の対立軸を使って大宣伝している」。

「今回の対立劇も、

茶番劇の域を超えず、

民主党政権の維持&反小沢仮面の裏で行われる小沢一派の要望の政策という状態」は、

「たぶん続く」だろう』。

『「茶番劇を真剣劇に見せる為の見せ弾」が「閣僚等の辞任劇や極少数の民主党離党者」である。

「離党して、立場は違っても、お仲間はお仲間・・・」というのが「血統主義者たちの本音」だから、

「ファミリーの一員が離党した方が選挙に有利」なら「離党もあり」なのだ。

「本気の反対」なら「先ず、集団離党で政権を崩壊させる筈」である』。

『「韓流テレビ・マスコミ等にとって、お仲間民主党政権の維持は、死活問題」だ。

「何しろ、テレビ・マスコミ等の立場を悪用して、無理やり政権交代を実現した」のだから、

「民主党政権では無いまともな政権になれば、公共的要素が大きいテレビ・マスコミ情報の悪用が出来ない様な対策が取られる可能性大」だからである』。

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »