« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

次期総選挙で当選させてはいけない「日本のみ脱原発の24人」・・・。

『「超党派の脱原発国会議員が、日本の原発の即廃炉を求めている」らしい。「その数は、24人」だと言う。

「言うまでも無く、日本の原発の実情は、中国の原発や朝鮮の原発よりマシ」である。

「そんな状態で、日本のみ脱原発を訴える事の実質は、中国や朝鮮の原発産業の応援にしかならない」。

「国会議員で、この程度の常識を持っていない」のなら、

「国会議員としての資質は無い」し、

「確信犯で、中国や朝鮮の原発産業に利益誘導しているなら、正に、売国国会議員」である。

「何れにしても、次期総選挙で落とすべき議員である事はには違い無い」』。

『「韓流テレビ・マスコミ等による日本のみ脱原発や発送電分離正義論等の情報による大衆誘導」は、

「正に、韓国への利益誘導」で、

「日本の原発産業を衰退させ、

脱原発ドイツと原発大国フランスの関係の様に、

韓国を原発大国化すると共に、

発送電分離で、韓国から日本にケーブルを敷けば、

韓国は、フランスの様な立場を得られる・・・」という

「策略」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミ等の大衆誘導に載せられて、

そんな方向に賛同する意を持たされてしまっている一般日本国民の実態」は、

「正に、マインドコントロール被害者」である』。

『「原発問題」は、

「日本のみでは、全く意味が無い」。

「中国や朝鮮の原発で事故があれば、偏西風に乗って多量の核汚染物質が日本にやってくるのが現実」だ。

「日本の福島第一原発の被災事故でも、

偏西風効果があったから、

多くの核汚染物質は太平洋側に行ったので、

日本本土内は事故後の処理まで悪かった大被災事故の割に被害が小さかった」。

「海に飛散した大量の核汚染物質は、海による拡散効果が陸地より遥かに大きいので、現在では、既に、実害が無い程度に治まっている様相」だ。

「しかし、中国や朝鮮で原発事故があれば、太平洋とは違う狭い日本海を楽々と越えた大量の核汚染物質が日本を襲う」のだ。

「オマケに、多くの中国の原発は、日本の原発より世代が古い」。

「中国でも地震がある事は四川州の地震で実証済み」である。

「それなのに、日本のみ脱原発を訴えている実質的売国国会議員」などは、

「早々に、議員定数削減の対象にでもされるべき」だろう』。

『「日本の原発産業を衰退させれば、漁夫の利を得るのは、韓国と中国」である。

「日本の自動車産業を衰退させても、同様」だ。

「情報・教育や政策等では、盛んに自動車離れを加速する方向に大衆誘導してい様相」だが、

「その実体は、中国や韓国を利する売国情報・教育」なのである。

「多くの日本国民」は、

「そんなモノに踊らされていてはいけない」のだ』。

|

フタを開けて見れば「民主党内反対57人」の消費税増税法案の採決・・・。

『「今の民意」は「消費税増税では無い」。「解散総選挙」だ。ところが、「解散すれば多くの議院が落選となる民主党」の「野田政権」は、

「消費税増税法案の成立を急ぎ、本日衆議院で採決し、可決された」。

「その上、一日でも長く、多くの民主党国会議員に立場・給料等を得させ続ける為」か、

「国会の会期まで延長」している。

「全く、民意無視の酷い状態」である』。

『「消費税を増税したところで、財政再建には直結しない」のは、

「誰にでも解る筈」だ。

「財政再建をする為」には、

「先ず、税収自体を増やさなければお話しにならない」。

「税収を増やすと同時に、無駄も削減しなければならない」。

「消費税増税による税収増加」より、

「景気向上による税収増加」の方が

「圧倒的に大きい事」は、

「多くの人々が知っている通り」だ。

「実際に、先の消費税増税では、他の景気悪化を防ぐ為の減税を行っても景気が悪くなったので、税収が減っている」。

「つまり、消費税増税の実効は、税収増では無く、税体系の直間比率変更等だった」のだ。

「税体系の直間比率を間接税を大きくする方向に変える事の実効」は、

「金持ちほど有利にする社会の構築」である。

「今回の消費税増税においても、その流れは巧妙に仕込まれている」。

「消費税増税」では、「低所得者ほど税負担割合が多くなる」が、

「その対策」として、「低減税率の導入や、給付金付き税額控除などが、提案されている」。

「それらが、低所得者を救う良い提案の様に思えてしまっている方々もいるだろう」が、

「その実体は、高所得者保護」である。

「本来なら、低所得者に対する給付金付き税額控除など行わず、高所得者の税をもっと、もっと高くし、消費税増税幅を減少させれば良い」のだ。

「例えば、年収10億円の超高所得者に対して、99%の所得税をかけても、1千万円の高所得者」である。

「99%がきつ過ぎるのは、%のイメージであり、

年収200万円以下の人々が数多くいる今の日本社会で、

1千万円の高所得者という部分だけを見れば、

それで十分と思える人も少なく無い筈」だ。

「10億円に対して、99%では酷と考える人でも、90%ならどうだろうか?」

「年収1億円」である。

「所得税の累進性は、もっともっと上げるべき」だ。

因みに、「ニッサンのゴーン社長の年報酬は、何と!9億7千万円超え」だと言う。

「それは、トヨタの全役員27人の年報酬合計額より多い」のだそうだ。

「そんなバカげた超高額年報酬を憧れの対象としている様では、健康な人間社会が築ける訳も無い」。

「それが結構贅沢なモノでも、通常の生活で必要な分以上の年報酬等を受け取ったところで、

人はその多くを実体経済内で使い切れるわけも無く、

余ったお金は、往々にして、金転がしの源泉になるダケ」だ。

「現状の世界的不況の元凶」は、

「実体経済界と金融投資界のお金のバランスの異常」で、

「金融投資界が金余りなのに、実体経済界は不況」なのだ。

「その様な病態を更に加速させる大金持ち優遇税制など直ちに止めるべき」なのである。

「大金持ちからは、ちゃんと高額の税を取り、健康化させるべき」である。

「日本の景気を良くする為には、円高・デフレからの脱却、つまり、弱円安・弱インフレ化」だが、

「現在は、意図的な円高・デフレ維持」なのだ。

「消費税増税タイミングに合わせて、弱円安・弱インフレ化すれば、一気に税収は飛躍的に上がる事になる予定・・・」というのが、

「官僚どもの浅知恵」だろう。

「そんな予定がある」から「例えば、再生可能エネルギー発電の購入料金も、20年固定価格とかで、尚且つ、激高値」なのだ。

(激高値でオイシイ思いが出来るのは、最初だけ・・・だから、激高値も容認・・・なのだろう)』。

『「果たして、官僚どもの浅知恵通りに経済は動くか???」

「元々の経済システム自体が異常」なのだから、

「上手く行く訳も無い」のだが・・・』。

『「経済システム自体を世界的に是正する」のには、

「当然、時間もかかるし、数多くの障害もある」だろう。

「しかし、大金持ちへ高い税を課す事や、経済評価を変える事なら、

情報・教育を改善すれば早々に可能」なのだ。

「大金持ちに高い税を課し、金転がしへ逃げるお金を減少させ」、

「経済評価が、経済システム自体を是正させる方向に力を加える」ようになれば、

「経済システムの是正も可能になる」。

「税制・情報・教育の正常化(=現実との整合性をより高める事)は、急務」である』。

・・・・・・・。

『「今回の消費税増税法案で、造反者たちは、消費税増税に反対した民意よりの行動により、選挙時に有利に立とうとしている」のかも知れないが、

「時期総選挙時に有権者が注目すべき一番のポイント」は、

「日本国・日本国民の為の政治家か?」

「他国・他国民の為の政治家か?」である。

「消費税増税に反対でも、外国人参政権に賛成」という様な

「日本<他国の政治家を当選させる事は、日本を他国人脈に支配させる特急券」なのだ。

「国内の経済問題>日本の支配体制」という「判断基準」で

「日本の国会議員を選んでしまってはいけない」のである。

「日本の支配体制を他国人脈に委ねる事=実質的には、他国人脈による日本乗っ取り支配の容認」なのだ。

「総選挙時に、一番気にすべきポイント」は「どんな人たちに自国・自国民の実質的支配権を与えるのか?」である。

「法治国家の支配権は、実質的に、立法府が一番強い」のだ。

「日本の在日が意外な程有利な実権を得ている裏」には、

「立法府(つまり、国会議員)に食い込んでいる在日人脈の意向」が在る。

「在日を有利にする法整備を行って来ている国会議員の実体」とは、

「一般日本国民<在日外国人」なのである。

「その裏に在るのは、お金や異性や選挙時の協力等々だろうけど・・・」。

「外国人参政権の問題もその延長線上にある」のだ』。

『「日本国内の税制等経済問題」は、

「日本>外国の国会議員の集団が民意を吸い上げた上で、判断すべき」だ。

「消費税以外の税金でも、

その血税が、

在日外国人に一般日本国民以上に手厚く配られるとしたら、

多くの一般日本国民は納得出来ない筈」である。

「そんな事態を招かない為」にも、

「日本国・日本国民の防衛の為」にも、

「先ずは、日本<他国の国会議員を排除する事」だ。

「外国人参政権への賛否は、一つの目安になる」』。

『「次に、気にすべきポイント」は、

「宗教団体の優遇に対する可否」である。

「今時なのに、特定の考え・思いに過剰な力を持たせている宗教を優遇する必要性などもう既に、全く無い」。

「そんなモノを優遇すれば、他の多くの考え・思いをベースにした者・物・事とのバランスが崩れる」。

「伝統文化遺産として保護すべき宗教等は、伝統文化遺産として保護すれば良い」。

「それ以外の新興宗教等は、優遇を止め、他の特定の考え・思いをベースにした者・物・事と同様に、お金が絡む事は会計をクリアーにさせると共に、普通の税金を取れば良い」のだ。

「消費税増税より先に、宗教法人の優遇税制&会計処理は直されなければならない」。

「この事に反対している国会議員は、時期総選挙時に選ぶべきでは無い」』。

『「野合大連立を容認する世論に力を与えてはいけない」。

「今の世論は、圧倒的に、解散総選挙を急げ!であるべき」だ。

「そんな事をすれば、野合大連立中に、要でも無い法案を次々と通されてしまう可能性も小さく無い」のだ。

「何しろ、民主党や公明党には、外国人参政権賛成派がゾロゾロ・・・だし、人権救済法案に対しても同様の状態」なのだから!』

|

金持ちは何故?金持ちなのか?・・・。

『「タイトルは、貧乏人は何故?貧乏人なのか?に代えても大差無い」のだが、「金持ちは何故?金持ちなのか?」

「この事を十分に理解把握せずに、悪戯に金持ちに憧れたりする」のは、

「非常に自虐的で危険な行為でもある」のだから、

「それこそ、学校教育でも、ちゃんと、金持ちは何故?金持ちなのか?」くらいは「教えるべき」である』。

『「金持ちを考える前には、金や人間社会の経済システムを考える事が必需になる」。

「金とは何か?」

「経済システムとは何か?」

「多くの方々は、金とは価値の代理品である事くらいは、直ぐに思い付く」だろう。

「経済システムとは、基本的に、金のやりとりをお互い納得ずくで行う為のシステム」だ。

「それでは、金とは、何の価値を代理しているのか?」

「歴史上明らかな事は、物品自体の価値の代理であると共に、権力者からのご褒美でもあった事」だ。

「経済システムも同様で、自然発生的な経済システムもあるが、基本的に経済システムを最終的に決定しているのは権力者たち」である』。

『「ここで問題になるのが、それらの構造がもたらしている貧富の差」で、

「現状人間社会システム上の貧富の差を実質的に決めているのは、権力者たち」なのである』。

『「本来、経済システムとはどの様なモノであるべきか?」

「先ず、お金が価値の代理なら、その価値判断が重要になる」。

「人間にとって重要な価値判断とは、自らの実体との整合性が取れる価値判断」だ。

「例えば、自らの実体である地球生命体細胞群や、その地球生命体細胞群の本質的な目的である存続との整合性を基に、

価値が導き出され、その代理としてお金が当てはめられている」なら、

「お金が代理している価値自体の現実離れは非常に少なくて済む」。

「ところが、現状では、権力者や大衆の意向で価値判断が変わっている」。

「本質的実体と乖離している価値判断も少なからず含んでしまっているのが、現状のお金の代理ぶり」なのだ』。

『「経済システムも同様」だ。

「権力者や大衆の価値判断に基づいたお金の代理権に基づき、

現状の人間社会でより支配力が強い権力者等の意向が重なり、

ある意味では、かなり適当につくられているのが現状の経済システム」である』。

『「お金の代理価値の判断」も「経済システム」も、

「結構いい加減(=実体・現実離れしている)のが、現状人間社会の実態」なのだ。

「それなのに、多くの人々が、そのいい加減なモノを絶対的に扱ってしまっている」。

「その姿は、正に、金権教」である』。

『「お金持ちは何故?お金持ちなのか?」

「言うまでも無く、現状のお金が代理している価値の判断や、現状の経済システム、上で、多くのお金を集められ、維持や継承(相続)出来、

その事が社会的に容認されているから」だ。

「その裏にあるのは、金権教」なのである』。

『「多くの人々が金権教から解脱」し、

「者・物・事の本質に基づいた事実・現実との整合性が高い価値判断を行う様になる」と、

「必然的に、お金の価値も経済システムも正常化(現実離れが是正)される」。

「人類は、今、多くの者・物・事に対し、正常化の実務を行わなければならない状態に追い込まれている」。

「現状のお金の価値判断や、経済システムに拘って、それらをいくら維持し続けたところで、

人類を含む地球生命体細胞群の存続が危うくなったり、不可能になってしまったり・・・、しては、

本末転倒」なのだ。

「適当に作り出されているのにも係わらず、絶対的に思い込んでいる人々が多い、お金の価値や経済システム」だが、

「そんな状態では、

自分の人生さえも、

適当・・・で、

絶対的等と思い込んだが故に、

現実離れが激しい、

本来の自分の人生とは縁遠い人生になってしまっている可能性大」なのだ』。

『「何事でも、元から紐解かなければ、余計にこんがらがってしまいがちになってしまう」のである』。

|

生活保護不正受給問題の解決法・・・。

『「この問題の解決法は以前からはっきりしている」。「現状の生活保護制度の一番の問題点」は、

「受給判断」が、

「保護対象者自身や援助者による自主的な生活保護受給意志に過剰に委ねられている事」だ。

結果、

「図々しい者ほど受給され易く」

「真面目で遠慮がちな者には、本当に必要な場合でも受給されなかったり・・・」しているのだ』。

『「本来、生活保護受給の可否判断」は、

「保護対象者や援助者の意志などに過剰に委ねられるべき物事では無い」。

「客観的に保護対象者の実状を見極めた上で、公正に行われるべき物事」だ。

「例え、保護対象者自身が嫌がっていても、客観的実状が生活保護を必要としている」なら、

「それこそ、押し売り的手段を用いても、生活保護は受けて貰うべき」だし、

「逆に、保護対象者や援助者がどんなに強い意志で訴えていても、客観的実状が生活保護に適さない」のなら、

「冷徹なまでに、出すべきでは無い」』。

『「国民の血税を本当に必要な人々には配り、

不当に得ようとする者たちには決して配らない様にする為」には、

「当事者の意志判断では無く、実状判断が必需」だ。

「現状では、その面での法律や体制面での不備も重なり、

例えば、●暴や、左翼・民族団体等の後押しがあると、生活保護の受給も容易」で、

「本当に生活保護が必要な人々でも、遠慮がちな場合は、生活保護が与えられ辛くなってしまって来ている」。

「図々しい悪を利し、遠慮がちで真面目な善人を冷遇して来ている」のが、

「旧来の生活保護受給可否判断」なのだ』。

『「芸人の生活保護不適切受給問題で、スポットライトが当たった生活保護受給問題」。

「正当な解決が得られるまで、スポットライトを外さない様に、誰もが留意し続けるべき」である』。

|

緊縮財政派が勝利したギリシャの選挙・・・。

『「ギリシャの選挙は、緊縮財政派が勝利し、EUの国々も、とりあえずは一安心・・・」という「報道論調ばかり・・・」だが、

「実際は、問題の解決が出来た訳では無い」ので、

「今後は不透明」だ』。

『「元々、この手の問題の解決法は決まって」いて、

「金融投資界を保全し、大金持ち等々を守る代わりに、多くの庶民に苦難を強いる」か、

「金融投資界を破綻させ、大金持ち等々の利権を破壊する代わりに、多くの庶民の実生活を守る」か、

「全てを誤魔化し、多くの庶民を殺し、リセットする為、戦争する」か、

の「何れか」である』。

『「元々が、ギリシャの様に、金になる産業が十分に無い国が、金になる産業を大いに持つ国々と同じ通貨体制に入る事自体が無謀」で、

「そんな事をすれば、金になる産業を大いに持つ国々に通貨が相対的に安くなるので、

金になる産業を大いに持つ国々は、輸出が容易になり、当初は大喜び・・・」だが、

「時を重ねれば、

金になる産業が十分に無い国が

金になる産業の大いにある国と同様の経済発展が出来なかった事のツケを膨らまし、

そのツケが、金になる産業が大いにある国に回ってくる」。

「それが、現状のEUの状態」だ』。

『「通貨統合せず、各国が独自の通貨のまま」なら、

「為替がクッションになる」から、

「金になる産業が十分に無い国々の中で暮らす人々の実生活も相応に安定」だが、

「為替クッションが無い場合」は、

「金になる産業が十分に無い国々の中で暮らす人々の生活は、アッと言う間に困窮する」。

「アッと言う間の困窮」など「その国で暮らす多くの人々が納得出来る訳も無い」から、

「緊縮財政は破綻する」のだ。

「超急速に、ギリシャにも独・仏同様の金になる産業を大量に作り出しでもしない限り、

緊縮財政程度では、同じ通貨のままの財政再建など出来る訳が無い」のだ。

「EUで問題なのは、ギリシャだけでは無い」。

「金になる産業が十分に無い国々全てが問題になる」のだ。

「結果、今のまま行けば、ギリシャ暴動か、他の金になる産業の十分に無い国々の問題までもが重なって・・・戦争、等の道に陥ってしまうことになる」』。

『「円は極東地域で通貨統合していない」ので、

「異常な円高になってしまっている」が、

「異常な円高を作り出した」のが、

「EUの実態を無視した通貨統合」なのだから、

「極東地域での通貨統合に動くのは間違い」だ。

「極東地域で通貨統合する」と「EUの独・仏の役割を日本だけが引き受ける事になってしまう」。

「韓国ウォンは既にウォン安」だし「中国元も今後急速に安くなる」。

「金になる産業の本質は先進技術やエネルギー資源」なので、

「同一通貨圏となってしまえば、十分な、先進技術開発現場や、エネルギー資源採掘現場を持たない国の経済的将来は知れたもの」なのである。

「真似、盗み、後追いの国々と、真っ当勝負で新たな技術の国の通貨は別であるべき」だし、

「一次産業や観光がメインの国々と、資源立国・技術立国の国々の通貨は、別であるべき」だ。

「為替がクッションとなって、多種多様な状態や文化等々を維持すれば良い」のである』。

『「通貨統合という単純化」が「惨劇の元」なのだ。

「通貨統合とは、言語で言う」なら、

「例えば、世界標準語だけにしましょう・・・」という話しで、

「それは、先に大金を保持した人々と同様の、先に世界標準語を覚えた人々には、都合の良い話しかも知れない」が

「例えば、世界標準語でわびやさびの世界が十分に伝わるのか?等々を考えれば判るように」、

「それぞれの国々の多様な文化と多様な文化に根ざした多様な言語を否定した事の先」に

「多くの人々の豊かな未来は在り得ない」のである。

「逆に、無味乾燥な金権血統差別主義社会を目指すのなら、通貨統合も世界標準語も理想的」なのだ。

「金権血統差別主義社会を目指す人々の裏」では、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりの他人を支配する代償欲求」が「大きく巣食っている」。

「つまり、金権血統差別主義等を目指す人の実態とは、精神的不健康者もしくは未熟者」なのである』。

|

オウム事件再検証・・・。

『「オウム事件について、考えるべき第一の問題」は「全ての凶悪事件が、宗教法人化した後に起こっている事」だ。

「当時の風潮では、宗教法人を警察等が突っつく事はタブー的だった」のだから、

「先ず、警察等から突っつかれ辛い立場を得、その後、実際の凶悪犯罪を行う」という「手法」は、

「明らかに計画的」である』。

『「実際に起きた凶悪事件の内容も注目点」だ。

「オウムに反する者・物・事に対する殺人も含む徹底攻撃」部分は、

「まだ、宗教団体的」だが、

「サリン事件等、多くの一般市民まで巻き込む実質的テロ」は、

「むしろ、工作組織的」である』。

『「「隠れ蓑である宗教団体の権利を得た後、工作組織的テロまで行った」のが「オウム」なのである。

「その様な実態」からも、

「オウム=カルト宗教団体では無く、オウム=宗教団体の仮面を付けた工作組織」と捉えるのが妥当だろう』。

『「オウムが目指したテロの内容を検証」すれば、

「ロシア製のヘリコプターを使ってサリンを大量にばら撒き、一般日本国民の大量虐殺を目指していた」のだから、

「自ずと多くの日本国民を虐殺したい思惑を持つ連中が浮上」する。

「北朝鮮との繋がりも言われていたオウム」なのだ』。

『「北朝鮮と言えば、言うまでも無い反日国家」で、

「反日の源泉は、日韓併合への反抗」である。

「日韓併合の実体は、日本による朝鮮の救済

(もし、日韓併合が無かったなら、朝鮮は、既に、国として存続していない筈だし、

日韓併合により社会水準が飛躍的に向上したので、朝鮮人の人口も飛躍的に増えた)」だが、

「その日本による朝鮮の救済に反抗していたのが、北朝鮮に通じる人脈で、その中の一部の連中の意図」は、

「日韓併合=日本の乗っ取り開始でもある」のだ。

「日本乗っ取り策略を持つ連中の筋書き」は、

「数多くの日本人を殺すと共に、新たな日本人の誕生を阻害し、

出来る限り多くの朝鮮人を日本に渡来させると共に、

日本社会の実権をそれらの人々が握り、

最終的には、日本人人口は、奴隷的扱いをするのに必要な人口まで少なくすると共に、

乗っ取り支配連中が日本を支配する・・・」である。

「日韓併合以降、その筋書き上の道を歩いて来ている朝鮮系の人々が、少なからずいる」のだ』。

『「日韓併合以降、大量の朝鮮人が時には密航までして、日本に渡来している事」は、

「多くの人々がようやく良く知るところとなりつつある」。

「別天地を求めて日本に渡来した利権追求の朝鮮人」も「少なく無い」が、

「日本乗っ取りの思惑を持ちながら、日本に渡来し、渡来後も、その目的に沿って動いている人々」も「少なく無い」のだ。

「先の大戦時には、多くの日本人が勝ち目の無い戦場に強制的に送り込まれ、多くの日本人が命を落とした」が、

「朝鮮人に対する召集は、非常に遅かった」。

「終戦時には、朝鮮にいた日本人はほぼ全てが強制的に追い出された」が、

「日本に居た多くの朝鮮人は、朝鮮に帰っていない」。

「結果、多くの朝鮮人が戦中でも生き残り、戦後も日本に居るままになっている」のだ』。

『「それらの人脈の人々」が

「政財界はもとより、教育や宗教界にも数多くいる」ばかりか、

「そんな中には、オウムの様に、あり得ない程過激な手段を用いながら、不健康な思惑の実現を目指している連中も少なからず居る」のだ』。

『「日本国内の不健康な工作活動を排除し、一般日本国民の健康・安全を守る為」にも、

「スパイ工作活動防止法&実効のある摘発体制の整備は急務」である。

例えば、

「現状の工作活動は、直進性が出る以上の高周波の電磁波を悪用したものが多様されている様相」なので、

「一定以上の直進性のある高周波の電磁波は、認可された所でしか使用出来ない様に制限をかけ、

感度の良い高周波電磁波探知・測定器を利用して、高周波電磁波使用工作活動の徹底摘発を行えば良い」のだ』。

『「オウム事件が起き、

北朝鮮による拉致が明らかになっている現在でも、

未だに、スパイ・工作活動天国状態の日本」では、

「本当に情けない」。

「日本に必要な仕事さえ満足に行って来ていない政治家たちの中」には、

「日本に必要な仕事の邪魔をするそのスジの人脈の連中も混ざっている」のだ。

「そんな連中を別にする政界再編こそが、今の日本に一番必要」なのである』。

|

昨年末からオウム特別指名手配犯が全て逮捕された裏・・・。

『「昨年末の出来事として、平田容疑者が自ら出頭した」が「その前には、金正日の死亡があった」。

「日本国内の北系工作員人脈も、世代交代が進んでいる」』。

『「その様な裏を考える」と、

「菊地、高橋と最後の特別指名手配犯が{一般市民からの情報提供を元に}逮捕された」のも、

「何故か、当然の様にも思えてしまう」のだ。

「要するに、用済み世代の始末」である』。

『「日本国内の工作実態」も、

「明らかに世代交代の様相が濃厚」で、

「以前は、飲食物工作等がメインだった」のだが、

「昨今では、電磁波工作がメイン」の様相だ。

「工作に係わっている人々の年代も、かなり若い者も含まれている」から、

「平均年齢で考える」と、「明らかに世代交代の様相」なのだ』。

『「オウム事件を良く知らない世代」が、

「続々と、オウムの後であるアレフやひかりの輪に集まっている」というが、

「そんな団体にでも、若年層の人々が集まる裏」には、

「特定人脈の不健康な思いもある」のだ』。

『「日本乗っ取り工作」は、「確実に代々受け継がれながら、行われ続けている」』。

『「一般日本人の出生率等」と、

「日本にいる朝鮮系の人々の出生率等々」を比べると、

「色々な者・物・事が露呈する・・・」。

「昨今では、高級車のナンバーだって、特定ナンバーの場合が少なく無い」のだ。

「確実に、一般日本人弱体化工作&そのスジの人々支援工作の悪の実効は出ている様相」なのだ』。

『「利権集中悪徳改悪」で「メリットを得る」のは、

「どんな人脈か?」

「一般日本人なら、

日本国内では、元々、多数なのだから、

利権を集中せず、皆で分かち合った方が、皆が豊かになるから良い」のだ。

「しかし、極少数の意志で日本を支配したい人々」なら、

「利権は集中させなければ、支配も困難になる」。

「少子高齢化政策」や「円高・デフレ政策」だって「同様」だ。

「それらは、一般日本人を利さず、周辺反日国や日本国内の日本人では無い人脈を利している」』。

『「オウムの特別指名手配犯が全て逮捕されたから・・・」と言っても、

「日本社会に巣食っている悪の工作活動が終わった訳では無い」のだ。

「オウム特別指名手配犯の全員逮捕をきっかけ」に、

「日本国内で悪の工作活動を行い続けている連中の摘発~厳罰等々」を、

「益々、しっかり気を入れて頑張るべき」なのである』。

|

「大金持ちの為に緊縮財政」か「大金持ちの金を実体経済に還流させる」か・・・。

『「古今東西、本来なら格差是正政策となるべき税金使用政策がばら撒きだけで終わっている」のは、

「現状の社会システムゆえに大金持ちとなれている人々から十分に収税しないから」だ』。

『「ばら撒きだけで終わってしまう」と「結果として、財政が不健全化」する。

「不健全化した財政を再建するのは正しい道」だが、

「財政再建の為に庶民も含む全ての国民に負担を強いる緊縮財政や消費税増税等」が

「正しいのか?」は、

「良く考えてみるべき」である』。

『「元々が、現行社会システムゆえに発生している異常な格差を是正すべき税金使用政策」なのだから、

「格差是正の為にも、取るべきところは、大金持ちである事」は

「明白」だ。

「大金持ちから十分な収税を行わなければ、何度でも、財政の不健全化は繰り返される」』。

『「実態として、金権血統家族差別主義社会である現状の人間社会」では、

「金権ゆえに大金持ちの権力も強くなっている」ので、

「古今東西財政再建問題が浮上する度に、

大金持ちの保身欲望が優先され、

庶民も含む全国民の負担で是正しきれないくらいの財政不健全化が起こる」と、

「戦争という大量庶民殺しが繰り返されて来た」』。

『「大金持ちは悪」である。

「悪態是正の為にも、大金持ちからの大量収税は正しい」のだ。

「大金持ちを優遇し続け、財政再建を目指し、庶民も含む全国民に負担を求める緊縮財政や消費税増税を行う事」は、

「悪態維持政策にしかならない」のだ。

「人間社会の健康化の為にも、

戦争を避ける為にも、

税金を取るべき先や、

採るべき政策は、

誤ってはいけない」のだ』。

|

NHK特報首都圏「難民受け入れ問題」・・・。

『「ずっと以前から、難民申請がある」のに、「一向に受け入れない日本」を「問題視している論調」だった「NHKの特報首都圏」。

「まるで、難民受け入れ世論を準備する為の大衆操作の一つの様相」なのだ』。

『「問題は、難民受け入れ容認派ばかり・・・の様相」の「ゲストや取材者だけ」で、

「番組を仕立てたところ」で、

「公共の電波を使った情報提供」なら

「必ず、受け入れ容認派ばかりでは無く、

反対派や中間派も含めた論を流し、

視聴者自身による公正な判断を誘うべき」である事は、

「以前から、何度も記している」。

「容認派ばかり・・・」の「偏向情報」で「多くの視聴者を操る」様な事を「行っている連中」には、

「公共の電波を使うテレビの仕事を行う立場」は「相応しく無い」』。

『「まるで、朝鮮半島有事の際の朝鮮からの難民・移民受け入れの為の下準備の様な事」が、

「日本では、行われ続けて来ている」。

「難民受け入れ可能人口を増やす為」にも悪用出来る

「急速に日本人人口を減少させる急速な少子高齢化社会化」も、

「イザという時に、多くの下々の文句に実権を伴わせない事」にも悪用出来る

「極一部の人々に実権を集中させる利権集中悪徳改悪」も、

「そのライン上の物事」だ』。

『「多くの人々が受け入れた方が良いのでは・・・」と「思えてしまう例のみ」を挙げて、

「・・・だから、難民受け入れのハードルを低くするべきでしょ・・・」とやるのは、

「本当に、悪質」である。

(もっとも、

本日の例で言うなら、

「何故、難民認定対象者が日本側が推奨したシンガポール大使館への問い合わせさえも行わないのか?」の辺りに、

「日本側が受け入れていない理由の裏がチラホラ・・・」だが・・・。

「難民として認定せず、不法滞在状態に置く事=常に日本政府の監視下にある事」なのだ。

「人道的理由から、強制送還はしない」が、

「難民認定で日本社会の中で野放しには出来ないと判断している人」と「折り合いをつける一つの方法」が、

「難民認定せず、不法滞在状態を認め、支援金を出す道」なのである。

当然、「NHKの番組プロデューサーや取材記者等々なら上記程度の基本知識は持っていなければ能力不足」だから、

「確信犯で、本日の情報・・・」なのだろう)』。

『「朝鮮から日本への難民・移民」については、

「日韓併合を日本の乗っ取り開始と位置付けた悪連中の意志が生きている限り、

禁止するべき」である事は

「言うまでも無い」だろう』。

|

祝!オウム高橋の逮捕・・・。

『「東京都大田区西蒲田のマンガ喫茶に居た」ところを、「マンガ喫茶の従業員からの情報提供」により「捜査員が向かい獲捕されたオウム高橋」』。

『「今後、逃亡実態も公表されるだろう」が「個人的逃亡ダケだった」のなら、

「オウム関係者は、既に、組織等から見捨てられている」のだろう。

・・・・・・・。

「あくまでも可能性」だが、

「可能性としてある」のは、「隠れていた漫喫がお仲間で、お仲間のボスが捨て支持を出した事」だが、「果たして実態は?」・・・。

「今後、警察は、オウム高橋の直接の逮捕容疑の検証の方に力を入れる様になる筈」だが、

「逃亡実態の徹底解明から、もしかすると居たかも知れない支援者等の組織・人脈を割り出し、押さえておく、公安的仕事も忘れない」だろう』。

『「気になる」のは、

「東京には逃げない・・・」等と「散々、公共的に大宣伝していた韓流テレビ・マスコミ等」で、

「それが、意図的な、{裏をかいて東京に逃げろ心理を誘う為の逮捕協力の為の仕込み}なら良い」のだが、

「逆の場合は、公共的情報の大量配信が、オウム高橋の逃亡を手助けした様な事になってしまう」。

「せっかく公開された直近の防犯カメラ映像や似顔絵」も、

「東京にはいない・・・」と「思い込まされて見る」のと、

「東京にいるかも・・・」と「思いながら見る」のとでは、

「実効が違う筈」だ。

「今回」は、「東京にいない・・・」情報に「勝る通報心による情報提供」が「あった」ので、

「逮捕になった」が・・・。

「以前の記事ではあえて記さなかった」が、

「韓流テレビ・マスコミ等」も「どこかの政党等」も、

「朝鮮系人脈の実権が強いという意味では、以前に記した組織等と同様」なのだ』。

|

民主党のマニフェストなんて「とっくの昔に破綻している」でしょ!・・・。

『「国民との約束であるマニフェスト違反にならない様に、消費税増税法案と社会保障はセットに・・・」等々と「今更、どんなに叫んで」みても、

「多くの一般日本国民」は、「今更、また何言ってんの・・・」等と思うダケだろう。

「高速道路の無料化も、子ども手当ても、・・・・・・民主党のマニフェストで守られていない重要事項は既に沢山ある」のだ。

「マニフェストが全てダメと、ちょっとダケでもマニフェスト通り、では、大きな違いがある」と

「思いたいのは、民主党等くらい」で、

「多くの有権者は、とっくの昔に、民主党のマニフェストなど気にもしていない筈」だ』。

『「そんな事より、

例え、先の総選挙時に民主党に投票した人でも、

散々期待だけさせておいて、

期待を尽く裏切ったのだから、

さっさと解散総選挙しろ!」と「考えている人々が多数派の筈」である。

「それは、支持政党無し層や、第三極支持層の急激な増加として、既に、実際に数字に出ている」』。

『「今後、民主党が民主党政権を維持すればする程、

今まで以上に、民主党離れは加速し、

益々選挙時に返り咲ける人の数は減る」事になる。

「何故なら、

政権維持に拘る事も、

今までの民主党政権の政治同様、

民意に叛いているから」だ』。

『「早めの解散総選挙」こそ、

「生き残れる民主党国会議員にとっても得策」なのだが、

「出来る限り遅い解散総選挙で、生き残れる民主党国会議員の数を更に減らそうとしている様相」なのが、

「善人仮面の輿石幹事長」なのだ。

「生き残れる民主党国会議員たち」が

「輿石幹事長離れし、

自民にまで擦り寄るのも、

当然と言えば当然」なのである』。

|

どんな連中が「1千万円の賞金クビ」オウム高橋の逃亡を手助けしているのか?・・・。

『「数百万円持参しながら逃亡中と推定されているオウム高橋」だが「報奨金は1千万円」だ。

「普通の人」なら「オウム高橋から、目先のお礼金を貰い、犯罪者になる」より、

「警察に届けて、報奨金を受け取る」方が、

「善悪の面からも、金銭的な面からも良い事」は、

「直ぐに分かる」。

「普通の人がオウム高橋の逃亡の手助けをする事はまず無い筈」だ』。

『しかし、「特定の思想信条や思惑を持つ集団」なら「話しは別」になる。

「特定の思想信条や思惑を持つ集団にとっては、圧倒的に、目先のお金<その集団の思想信条や思惑」なのだ。

「その思想信条や思惑の利益が、オウム高橋の逃亡と重なっている」なら、

「その様な特定の思想信条や思惑を持つ集団」は、

「オウム高橋の逃亡を積極的に支援する」だろう』。

『「報道によれば、川崎駅西口までタクシーに乗ったらしい」が、

「恐らく、その目的は、川崎駅西口付近で、支援者の車に乗り換える為」だろう。

「今まで居た住処の近くで支援者の車に乗れば、支援者の車の割り出しも比較的容易」だが、

「駅前の様に、何処の誰の車か分からない車が多数集まるところで、支援者の車に乗り込めば、その車の特定は困難を極める」。

(その後の報道で、オウム高橋は川崎駅西口から国道一号の方まで徒歩行った様だ。

しかも、駆け足で急いでいたらしい。

大きなバッグを買った後もタクシー利用だから、急いでいる事は間違い無いだろう。

考えられる事は、時間の制約があった事だ。

例えば、「何時何分までに、国道一号沿い等にある外食産業等まで来い」等々・・・。

警察も当然、そのスジも当たるだろう。)

「しかし、不可能では無い筈」だ。

「警察も当然、そのスジも当たっている」と思う』。

『「個人的支援者の可能性も無いとは言い切れない」が、

「個人的支援者なら、異性や、極親しい友人等になる可能性が大」だから、

「その特定も比較的容易な筈」だ。

「しかし、オウム高橋は未だに逮捕されていない」。

「個人的支援者の線は薄く、集団的支援組織による逃亡支援と考えるのが妥当」だろう』。

『「集団的支援があるとして、どの様な集団ならオウム高橋の逃亡を支援するだろうか?」

「オウム菊地の逮捕劇のタイミング」からも、

「あのタイミングでオウム菊地を逮捕させ、

オウム高橋は逃がす事が、

その集団の利益に適う

思想信条や思惑がある集団の可能性が高い」だろう。

「オウム菊地の逮捕劇で吹っ飛んだ情報」といえば「生活保護不適切受給問題」である。

「生活保護と芸能人と暴力団の近さは、多くの人々が知っている通り」だ。

「そして、それらの人脈は、朝鮮系の人々の割合が非常に高い」。

「オウムも北朝鮮との繋がりが言われていた」。

「その辺りの集団」なら、

「オウム高橋の逃亡を手助けする可能性がある可能性大」なのだ』。

『「その辺りの集団が絡んでいるとすると、

警察の内部情報も筒抜けの可能性も少なく無く、

組織的に偽造パスポートや海外の人脈との馴染みも薄く無い場合が多い」ので、

「オウム高橋は、とっくの昔に海外・・・」で、

「新たな大きな話題が必要になった場合に、強制的に呼び戻し、大話題の材料にする予定・・・」なのかも知れない』。

『「果たして、実態は?」

「もし、筆者が万一オウム高橋と推定される人を見つければ、迷い無く、警察に一報する」。

「もちろん、正義の為であり、報奨金の問題では無い(??)」が・・・。

「多くの方々も同様ではないだろうか?」

「日本国内にいる」のなら、

「一般人が近づけない●暴の事務所内等々にでもいない限り」、

「オウム高橋の逮捕は近い筈」だ』。

|

中国の安保理決議違反・・・。

『「北朝鮮に安保理決議で禁止されている軍事用車両を輸出していた中国」。

「そんな国は、安保理の常任理事国から一刻も早く外すべき」だが、

「へタレ国連では、その様な当たり前の論も出ている様相すら無い」のだ。

「コレでは、米国等が国連無視したくなるのも、ある意味当然」だろう』。

|

ワールドカップ「アウェイ審判判定」と「生活保護不適切受給」・・・。

『「ワールドカップサッカー日本vsオーストラリアの試合」を見て、「審判の判定に???を感じた」と共に、

「生活保護不適切受給問題を想起した」。

「審判の判定もサッカーのルール上違法では無いが、不適切だったから」だ。

「どちらも、醜い!」と「感じている人々は少なく無い筈」だ』。

『「人間って、

意外と、

是々非々族と、

ズル容認勝った者・取った者勝ち族の

二通りに分かれている」のかも知れない・・・。

「筆者たちは、実感の在る自分本来の人生の為にも、出来る限り是々非々族であろうと努めている」が、

「勝った者・取った者利権以外に、頼る者・物・事が得られない本質的に貧しい状態の人々」や、

「勝った者・取った者利権に溺れている人々」は、

「実感の在る自分本来の人生より、勝った者・取った者利権という現実逃避ヤク」なのだろう。

「本質的な貧しさ」と「ヤク」こそが、「人類が撲滅すべき敵」なのだが』。

|

防衛オタク石破と森本防衛相の国会討論・・・。

『「とても民主党政権とは思えない状態」だった。「それだけ、民主党には防衛に適する人材がいない」のだろう。

「野田総理と石破と森本防衛相で話しを進めれば、多くの日本の防衛問題の処理も早い」かも知れないが、

「民主党党内の抵抗勢力が大きな問題」になる』。

『「日本の防衛体制をまともなモノにする事に抵抗する人々とは?」を考えれば

「そんな連中の正体が、誰にでも解る」筈だ。

「親日国や日本国の人脈で日本の防衛体制をまともなモノにする事に抵抗する人は稀」だろう。

「反日国人脈なら、抵抗も当然」である。

「誰にでも解る連中が多数いる」のが「民主党」なのだ』。

『「政界再編は必需」だ。

「政界再編の基軸」は、

「中国共産党や韓国・北朝鮮等、反日国の手先の様な人々を別にする事」である。

「言い換えれば、

略奪文化に基づいて動いている人々を、

日本の文化に基づいて動いている人々と別にする事」だ』。

『「小泉政権時」には、

「むしろ、日本の文化に基づいて動いていた人々が抵抗勢力として扱われていた」。

「利権集中悪徳改悪を行った小泉・竹中たちは、今の略奪文化の抵抗勢力と文化感が非常に近い」のだ。

「利権集中悪徳改悪」や、

「略奪の隙をつくる悪に都合の良い法律や摘発体制や防衛体制等々」を、

「要求している」のは、

「略奪文化側」である』。

『「日本の文化」は「性善説文化であり現実主義文化」だ。

「悪どもは、そんな日本の性善説文化を刺激して呼び起こし、現実主義文化による現実対応を封じて悪を実現して来ている」。

「略奪文化の人々が、政界にも、少なからず居る状態となってしまっている現状の日本に必要」なのは、

「略奪文化国家では当たり前の、対人不信原則に基づいた法や摘発体制」である。

「それこそが、今の日本に必要な現実対応」なのだ。

「悪どもの性善説文化呼び起こし策略に騙され続けていてはいけない」のである』。

|

ぶったまげたゾ!キンコン梶原の超豪華マンション・・・。

『「本日の国会中継で、自民党の馳議員が、調査の結果露呈させた生活保護不適切受給芸人のマンションの写真を見て、

本当に、呆れた」。

「普通の日本人の感覚なら、生活保護とは無縁の超豪華マンション」である。

「何しろ、元々は、月々10万円の30年超えローン、前倒し返済にした月々40万円ローンの期間が10年というくらいの値段」なのだ。

「オマケに、

同じ超豪華マンション群の別棟に、

生活保護不適切受給芸人と同様の扶養義務を持つ、

生活保護不適切受給芸人の兄までいる」のだそうだ。

「本当に呆れ果てる実態」である。

「馳議員は、芸能人名を具体的に名指ししていなかった」が、

「ローン40万・・・等々」と言っていたから、

「その芸人とは、キンコン梶原と推定される」』。

・・・・・・・。

『「現行法では、それでも違法にならない、生活保護不適切受給問題」。

「現行法の抜け道につけ込んでいる様相の不適切受給者たち」。

「まるで、出来レースの様相」である』。

『「出来レースの仕込みは?」を考えてみると、

「福祉や法律大好き党と言えば、旧社会党や共産党」だ。

「法治国家」とは「韓流テレビ・マスコミ等の常套句」である。

「教育現場も同様」だ。

「それらにも、朝鮮系という同一性のある人脈が巣食っている」。

「ついでに言うなら、現在与党の民主党とは、旧社会党の面々も(国会議員歴が長いので)実権を握っている政党」だ』。

『「生活保護の不適切受給」は、

「多くの日本人の感とは合わない」が、

「略奪文化の人々の感とは合う」。

「略奪文化の国々では、対人不信の原則に基づいた法や摘発体制が普通」だが、

「性善説文化の日本では、法や摘発体制まで性善説ベース」なのだ。

「日韓併合以降、日本に大量に渡来している朝鮮等の人々」は、

「どちらの文化なのか?」は言うまでも無いだろう。

「日本の病根は、何処か?」くらいは、

「多くの人々が考えるべき」である』。

|

今の民意は「消費税増税よりも解散総選挙」・・・。

『「新聞・テレビ等の世論調査を見る」と「韓流テレビ・マスコミ等の世論調査でも、今国会での消費税増税には反対」だが「年内までに解散総選挙を望んでいる人々」が、

「過半数」だ。

「財政再建は重要」だが、

「消費税増税という庶民も含む全ての国民からのお金集めで財政再建をする」より、

「今までの法や社会体制等でメリットを受けた人々からお金を集めて財政再建する」方が、

「より合理的である事」は「言うまでも無い」だろう。

「自公政権よりもっとダメだった民主党政権に国政を預け続けている事は、もう嫌」なのも、

「当然」である。

「結果」が、「年内までに解散総選挙&消費税増税は急ぐ事は無いという世論」なのだ』。

『「日本は、民主主義社会だと言うのなら、

民主主義社会を預かっている政権は、

世論に忠実であるべき」だ。

「消費税増税は急がず、解散総選挙は急ぐべき」である』。

|

またまた、またまた、無差別殺人・・・。

『「住む場所も仕事も無い容疑者」が「ナイフを購入し、自殺しようとしたが、出来なかったので、確実に死刑になる様に無差別殺人を行ってしまった」。

「今回は、大阪ミナミで起きてしまった」が、

「自殺等が出来ないから等と死刑等を狙う、

現状脱出欲動暴発型の無差別殺人事件」は、

「以前から何度も起きている」』。

『「問題」は、

「何故、その様な状態に追い込まれてしまう人が出てしまうのか?」

そして、

「何故、その様な人々を生み出してしまっている状態の是正が一向に出来ていないのか?」である』。

『「精神構造的に見れば、元々の元凶」は、

「比べっこ原理主義&競争主義である事」は「明らか」だ。

そして、

「その元の油に火を点けている」のが、

「比べっこ原理主義&競争主義賛美の情報・教育」である。

「結果、多くの人々の中で、他人との比較や競争での勝ち負けが、それこそ全ての様に感じ・思う精神構造が構築されてしまっている」のだ』。

『「他人との比較や競争での勝ち負け等」というのは

「本来の欲求の充足行為では無く、代償欲求の追及行為」である。

「代償欲求の追求だから、本来欲求は充足されず、いくら得ても欲動自体が収まらない」。

「むしろ、より過剰な者・物・事を欲する様にさえなってしまい易い」のだ。

「本質追求&現実を十分に教えず、

代償欲求の追及行為を賛美している情報・教育」の「結果」、

「同じ地球生命体細胞群の高度に構築された一塊である他人の犠牲も厭わず、

自分の代償欲求の追及行為を優先する人々が大量に生まれてしまっている」のが、

「現状の人間社会」だ。

「本来なら、人間や人間社会や自分についても本質を追求し、得られた結果を基に現実との整合性が是正され続けられていなければならない現代」だが、

「未だに、旧態依然とした比べっこ原理主義&競争主義」だから、

「現実との乖離がより大きくなり続け、結果、破綻が至る所で露呈している」のである』。

『「本質追求現実主義社会」なら、

「比べっこ原理主義や競争主義に基づいた代償欲求の追及行為などは、遊び程度に抑える様に、セルフコントロールも学び、社会体制も整えられる」から、

「現状脱出欲動を暴発させる人は激減し、破綻は起き辛くなる」。

「現状の人間社会の精神構造をちゃんと進化させない」から、

「異常な事件・事故が多発している」のだ。

「このままの状態で時を進めれば、

何れは、

人類自体が現実から弾かれるか、

戦争になってしまう事」も

「明白」である』。

『「人類誰もが、

自分の精神構造も人間社会の精神構造も、

早急に、正常進化させなければならない」のである。

「今回の犯人は、凶器がナイフだったし、周囲の人々の多くも必死に逃げたので、無差別殺人の犠牲者は、二人だった」が、

「凶器が銃なら更なる惨劇となってしまう可能性大で、

爆弾や薬物等々なら、

逃げる事も困難で犠牲者の数も一桁以上違ってしまう可能性も大」なのだ。

「実効のある対策を、早急に、実際に行わない限り、

同様の新たな、場合によっては、もっと悲惨な事件が、起こされてしまう事になる」のは

「明白」だ。

「基本的に、

全ての人の、

無意識レベルまで含めた現状脱出欲動を暴発させない精神状態が重要」なのだ。

「人類&人間社会」の

「比べっこ原理主義&競争主義」から

「本質追求現実主義」への

「精神構造の正常進化は、急務」である。

「同様の新たな事件・事故等を防ぐ為にも、情報・教育の是正は、直ちに行うべき」だ。

「何時までも、欲ボケたちやおバカたちや悪たちに、過分な立場を与えたまま・・・」では「いけない」のである』。

|

情報工作で日本の原発のみ止めたままにしたい様相ですらある「反原発派がゾロリ・・・」のサンデー・モーニング・・・。

『「福島第一原発の事故原因の検証も不十分だから、原発を再稼動させるべきでは無い」等の、

「インチキ論まで持ち出して、日本の原発のみ止めたままにさせたい様相」ですらある

「実質的情報工作番組、サンデー・モーニング」』。

『「福島第一原発の事故原因は、基本的には、誰もが解る様に、既に判明している」。

「言うまでも無く、滅多に起きない超大震災による超巨大津波」だ。

「基本的」には、

「超巨大津波に対応していなかった」から、

「電源が落ち、停止&冷却の手順が想定通り進まなかったから、あの大事故」なのだ。

「もちろん、水素爆発に対する認識や対策の甘さも在る」。

「当然、そんな事は、事故直後から判明していた」から、

「日本の他の原発は、福島第一原発の被災事故を受けて、相応の対策を既に進めている」。

「今、行われている検証作業」とは、

「学術論文の為の作業の様なもの」で

「実務対応の為の作業では無い」のだ』。

『「ところが、その学術論文の為の様な検証が済んでいないから、日本の原発は止めたままにせよ!」と言っているのが、

「反原発派のインチキ論理」なのだ。

「そんな事を行えば、日本の国益・国民益は大きく損なわれてしまう」。

「学術論文の為の様な検証作業が終わり、一定の結論が出た時」に、

「世界中の原発をその基準に沿って管理せよ!」とか、

「基準を満たしていない原発は止めろ!」等々と「言う論さえ言っていない」のだから、

「目的は、現状で日本の原発のみ止めたままにさせる事」と「言われても仕方無い」のだ』。

『「日本国内の情報工作」により、

「日本の原発のみ止めたまま」にすれば、

「日本の電力事情のみが悪くなる」から、

「漁夫の利的メリットを得るのは、現状で原発を動かし続けている韓国や中国」である。

「サンデー・モーニング等の反原発情報」では、

「実質的に、まるで、それらの国の為に、情報工作を行っている様な事になってしまっている」のだ』。

『「原発論を論じるなら、反原発派と原発推進派と中間派の全てを揃えて論を戦わせ、それを情報提供する」のが、

「公共の電波を独占使用しているテレビ局等の本来の役割」だ。

「偏向論を一方的に大量配信している連中」には、「公共の電波の独占使用権は相応しく無い」』。

|

生活保護の現物支給と宗教法人の優遇廃止は困る不健康な工作機関・・・。

『「お札やコインには経歴が記されていない」から、「どんな手段で得たお金でも、お金はお金であり、その使い方も自由になる」。

「結果、不健康な工作活動の資金にも成り得ている」のが、

「現状の人間社会の実態」だ』。

『「不健康な工作活動の資金」は、

「実態不明の会計処理からも生じている」。

「性善説に基づいた宗教法人の優遇税制」は、

「実態不明の会計処理を容認していると共に、不健康な工作活動の資金にも化けているお金を生み出している」のが、

「現状人間社会の実態」だ』。

『「真に生活保護が必要な人々」は、

「必要なのは、実生活の維持だから、ほとんどが現物支給でも何も困らない筈」だが、

「生活保護等のお金を工作資金にしている工作機関にとっては、現金で無ければ困る」のだ。

「不健康な工作機関にとって」は、

「工作員にメリットを与えると共に、工作資金も集められなければ、生活保護のうまみは半減する」。

「不適切な生活保護受給」も「新興宗教団体等と同様」、

その裏で、

「不健康な工作活動に繋がっている場合が少なく無い」のだ』。

『「結果、生活保護不適切是正問題や、宗教法人の優遇税制廃止等の問題になる」と、

「あらゆる手段を使って、

時には、さも優等生的にジェントルに、

時には、狂乱的にまで、

それらに反対する人々が跋扈する」。

「普通に考えれば是正するのが当然の者・物・事」に対し

「反対の意を表する裏」には、

「相応の実態が在る」のである』。

|

さすが民主党政権、あり得ない中国大使の生みの親は岡田だと・・・。

『「中国共産党と一般中国国民は切り離して考えるべきである事」は、「中国で商売をやる企業でも常識であるべき」だ。

「中国共産党のイエスマン」では、

「中国の民主化も本当の意味での現代化も遅れてしまう」から、

「中国共産党等を除く、日中双方にとって良い事など無い」のだ』。

『「ところが、この程度の当たり前の話し」も「???の様相」の「中国大使を任命した」のが、

「日本の国政が???の様相の民主党」である。

「日本の国益・国民益をこれ以上損ねない為にも、一刻も早い政権交代が必需」だ』。

|

オウム高橋の逃げ方・・・。

『「直近を押さえられていながら、未だ逮捕されていないオウム高橋」。「その逃げ方は、まるで工作員的」だ。

「オウム=宗教団体と捉えるのは間違っている」。

「オウム=反日国家系の工作機関の面もあった(日本人の無差別殺人や日本の政治中枢でもある霞ヶ関官僚含み狙いテロ等を行うのは、反日国家のスジ)」のだ。

「オウム高橋が工作員と考える」と、

「あの逃げ方も納得」なのである』。

『「手配写真で目立つ眉は、印象が別物になる様に毛を抜く(たぶん抜いたと推定される)」。

「別人になりすます為に、実在他人名義の戸籍を不当取得する(実在なので、かえってバレ難い)」。

「証明写真を撮る時」には、

「ワザと顎を上げ気味にして顔の印象を変える(=証明写真様カメラのレンズの曲率まで考慮した印象変更法である)」。

「逃亡時、銀行等、必ず記録が残る目立つ所」では、

「赤いリュックの様に、ワザと目立つ物を持ち入ると共に、本人は地味な服装」。

「そして、その赤いリュックは残して逃亡」。

・・・・・・・・』。

『「想定される事」は、

「工作員なら、常に次の逃亡を想定している筈」だから

「もう一つの他人名義の偽造戸籍等の保有」と、

「工作組織ゆえに、仲間の手助け」、

「逃亡時には防犯カメラ映像等が調べられるのは想定済みだから、逃亡時に撮られた風体とは別の風体での逃亡」だ。

「最初の移動手段は、防犯カメラに引っかかり辛い、仲間の車等である可能性が高い」。

「偽造戸籍等は、国内潜伏の為とは限らず、海外逃亡の為に使用された可能性も大」だ』。

『「反日国家系の人脈の実質的工作員」なら、

「反日国家では、英雄扱い」だろうから、

「その逃亡先も、反日国家である可能性も大」なのである』。

『「反日教育まで行っている国々や、親日が罪になる国は?・・・等々」を考えれば、

「オウム高橋の現在の居場所として可能性が高い所も推定出来るのでは?」』

『そもそも、

「異常に早いオウム菊地の逮捕&その公表(お仲間であるオウム高橋の事まで考えれば、菊地の周囲を洗うまで、公表を控えるのが定石だ)」と、

「韓流テレビ・マスコミ等による

逃亡時の状態をベースにした

オウム高橋を探そう!

情報の大量流布」等々も、

「臭気満載」なのだ。

(「オウム菊地の逮捕」と「オウム高橋を探そう!」で、

「生活保護不適切受給問題」は、「完璧の吹っ飛ばされている状態」だ)』。

『「オウム高橋」が「日本国内で、直ぐに逮捕」なら、

「良い」のだが、

「そうでは無い場合は、{その人脈}による仕込みである可能性大」なのである』。

・・・・・・・。

『「反日国人脈の工作員たち」に

「日本の公共の電波を独占使用させていたり、

日本の公共的マスコミの座を与え続けていたり・・・」しては「いけない」事は、

「言うまでも無い」だろう』。

|

東電OL殺害事件の再審・・・。

『「第三者の方が真犯人では・・・」と「疑うに足る新たな証拠が出て来た様」で「今回の東京高裁の判断では、再審決定」となった。

「問題は、そんな重要な証拠が何故、今まで出てきていなかったのか?」であると共に、

「真犯人の摘発・逮捕」だ。

「DNAが取れている」のだから、

「本気で調べれば、摘発可能」だろう』。

『「真犯人の摘発・逮捕が無ければ、

再審~無罪で冤罪被害者が解放されても、

事件の被害者も遺族も救われない」のだ。

「それなのに、真犯人の摘発・逮捕に言及しないテレビ・マスコミっていったい何!」』

|

最近の問題から薄っすらと浮かび上がって来ているもの事・・・。

『「生活保護不適切受給=現行法で摘発困難なら何をやっても良い=北朝鮮系工作組織のロジック」、

そして、「その実行者たちの中には、何と!菅との繋がりが指摘されている北朝鮮系の政治団体のメンバーも・・・」、

・・・「生活保護不適切受給に大きく絡んでいるのは、北朝鮮系の人脈」・・・』。

『「今、巷では、大人気の橋下・・・」。

ところが、

「日本の原発使用には消極的(発送電分離と合わせて、将来的には、韓国原発発電の電気でも、日本に売りたいのでは?)」、

「外国人参政権賛成派」、

「周囲を取り巻いている人々も???」・・・。

「橋下と孫との繋がりも言われている」・・・。

「こちらは、韓国系の人脈の様相」・・・』。

『「今後、想定される事態」・・・。

「生活保護不適切受給等を積極的に取り締まる橋下(韓国系人脈)たち」そして、

「正義の行動が賞賛されている裏で、外国人参政権を奪取・・・」。

「行く行くは、日本を大統領制にして、孫大統領・・・」。

「生活保護不適切受給の事態露呈&実行のある対策成立を食い止めようと、北朝鮮系人脈は、必死・・・」。

「自国民の多くを犠牲にしてまでも、あらゆる手段で集め集合させている大金(生活保護不適切受給からの上がりも含む)と日本国内の北朝鮮系人脈を使っている、

北朝鮮系人脈による日本企業・政治支配工作・・・」。

「とりあえずの表の顔は、誰でも、内実は北朝鮮系による日本支配を目指し、

行く末は、皇室を金人脈に変えたがっている様相の北朝鮮人脈・・・」』。

『「まるで、日本国内で、北朝鮮と韓国による日本支配工作合戦が行われている様相・・・」』。

・・・・・・・。

『「何れにしても、迷惑な連中」である。

「今時なのに支配工作に明け暮れている時代遅れの迷惑な連中」は、

「日本から追い出し、

支配ごっこが大好きな人々が多いお郷に帰すのが一番」だが、

「追い出す前でも、日本社会で力を与えているままではいけない」』・・・。

|

表現について・・・。

『「当ブログに限らず、情報を得る時」に、「結構表現で右往左往されている方々もいるよう」ですが、

「情報のやりとりで一番大切なのは、上辺にとらわれず内実を把握しあうこと」です。

「上辺にこだわる事」を誘う「言葉狩り・表現狩り」は、

「内実の伝達を損なわせる情報工作の一手法」としても「実際に、使われています」。

「多くの人々が上辺を第一に判断する」なら、

「受けのよい上辺をつくれば何でも通りやすくなり、

突ける上辺の部分を突けば、実質的に、内実まで否定出来てしまいます」。

「大手だから、

公的な教育だから、

上辺がジェントルな表現だから・・・、

上辺が乱暴だから、

上辺が稚拙だから・・・等々」で、

「操られてしまっていた人々が多かった事」が

「今の日本の苦境の一大原因」なのです』。

『「新陳代謝は知っていても、

丸ごと一人のあの世や幽霊を本気で信じているような

内実の把握が出来ていない人」を

「一人でも減らす事」が

「日本社会の成長の為」にも「重要」です』。

|

オウム高橋は何時捕まるのか?・・・。

『「個人で逃げている」のなら「それこそ、直ぐにでも捕まる筈」である。「何しろ、直近の居場所が特定されているばかりか、風体も特定されている」のだから。

「しかし、組織が逃がしている」のなら、

「逮捕は困難」だろう。

「組織は、警察内部も蝕み、警察情報も筒抜けの部分もある」し、

「警察の摘発体制や方法にも熟知している」から、

「その穴を狙って逃がす、もしくは、始末する筈」だ』。

『「組織の場合、確率が高いのは、海外への転送」で、

「オウム高橋は、既に、日本にいない可能性も小さく無い」。

「テレビ・マスコミ等に大騒ぎ出来る話題を提供し、生活保護不適切受給問題等の隠蔽に貢献した見返り」に、

「海外での安穏生活・・・」という場合もあり得るのだ』。

『「川崎市内の信用金庫から238万円(連中の大好きな足して13とは、ゲン担ぎか?)もの大金を引き出して、逃亡中」という「オウム高橋」。

「オウム高橋の一刻も早い逮捕を願う」と共に、

「生活保護不適切受給問題の実効のある解決を求める事も忘れてはいけない」のだ』。

|

BS朝日のごごいち!によれば、野田政権の退陣だが・・・。

『「支持率の高くない、幹事長も解散総選挙に消極的な野田政権が、唯一、消費税法案を可決させる事が出来る道」は、

「消費税法案の成立と引き換えの野田政権の退陣だ!」の旨

「宣伝していたBS朝日の司会者」だが、

「言うまでも無く、支持率が低いのは、民主党政権の民主党部分であり、野田総理そのものの支持率は、民主党の中ではマシな方」だ。

「世論の解散支持率も、野田退陣による新たな民主党政権成立支持率より、遥かに高い筈」だから、

「お得意の世論調査でもやれば良い」のだが、

「自分たちの意向に沿わない結果が出る事が確定的」だと、

「世論調査もやりたがらない」のが、

「インチキマスコミ」である』。

『「インチキマスコミ」の「実体」は、

「情報工作機関」で、

「その目的は、テレビ・マスコミファシズムの実践」であり、

「どんな人たちの為のテレビ・マスコミファシズムなのか?」は、

「論調から得られる結果を見れば明らか」なのだ』。

『「独立国日本の筈」なのに、

「朝鮮や中国共産党の手先みたいな人々が、うじゃうじゃいるばかりでは無く、

それらの人々が日本社会で意外な程実権を持ててしまっている裏」には、

「戦後日本の相応の異常な体制が在る」のである』。

『「多くの一般日本国民の利益や日本国の国益を考える」なら、

「野田政権の退陣より解散総選挙~政界再編による政権交代の方が、遥かに良い事」は、

「今更、言うまでも無い」だろう。

「朝鮮や中国共産党や日本国内にいるそのスジの人々の為の利益を考える」なら、

「民主党政権の維持」と「野田政権の退陣」だろうけど』。

|

またまた、マタマタ、またまた、世界同時株安・・・。

『「現行のインチキ経済システムを温存しようとしている限り、この様な事態が繰り返し、繰り返し起こり、

最終的には、庶民潰しの戦争になる事」は、

「以前から、何度も指摘している」。

「繰り返されている世界同時株安」は、

「現行のインチキ経済システムが生んでいる必然」なのである』。

『「その是正法も明らか」で、

「金融投資界に上がり過ぎているお金を実体経済界に還流すれば良い」のだから、

「全世界的に大金持ち&金融投資規制を行えば良いダケ」だ。

「戦争と大金持ち&金融投資規制のどちらを選ぶのか?」で、

「戦争を選ぶのは悪」である。

「悪の意向で人間社会を動かす」と「人間社会も悪くなる」のは「当然」だ』。

『「金融投資界のお金が余っている」から、

「株安になる」のだ。

「余っているお金は、

税金等で吸い上げ、

実体経済界に還流した方が、

金融投資界の為にもなる」のだ。

「大金持ちのところにも、余っているお金が大量にある」のだから、

「それらも、ちゃんと税金等で吸い上げるべき」である』。

『「株安になると、企業の資金も得づらくなり、企業活動も細るから、不況になる」。

(もちろん、企業が得る資金の主流は、実体経済内の経済活動利益からであるべきだが)

「しかし、実体経済界からの過剰な株購入資金の流入が株安の原因でもある」のだ。

「実体経済内での経済活動利益からの資金を主流とせず、金融投資界で得る資金を主流にしたい企業」は、

「株主配当を大きくする」。

「大きな株主配当という飴に集まる蟻が、欲ボケ投資家たち」である。

「いい加減に多くの人々が目を覚ますべき」である。

「実体経済内で安値を追求したり、

過剰な利益を得たりして、

過剰な余金を得、

その余金を金転がしで膨らませて貰おうと、金融投資界に預ける」。

「結果、実体経済界は細り、金融投資界が金余りとなる」。

「この欲ボケ行動が、不況の元」なのである』。

『「欲ボケ蟻たちの支持が集まる経済システムをつくった」のは、

「大資本家たちの人脈」である。

「大資本家たちが、自分たちの大資本を更に膨らまし易くする」と共に、

「大衆からの支持も得られ易い様に設計した」のが、

「現行のインチキ経済システム」なのだ』。

『「欲ボケ行動は、実体離れを加速し、実体離れは、実体経済界の不況を生む」。

「欲ボケ行動に基づいた不況を誤魔化そうと、実体を無視して、国境線を下げ、通貨統合等を行う」と、

「元々が、実体無視の通貨統合等なのだから、破綻が生じる」のは「必然」だ。

「同じ通貨圏にある国の破綻は、その通貨の価値を下げ、

通貨圏が狭く安定している国の通貨は、実体以上に価値を上げる」。

「そんな状態に抗う為、お互いに通貨を持ち合い、投げ合う」。

「それでも、経済界全体の実体からの乖離はどんどん進行してしまい、益々、不況になる」。

「そんな状態のまま時を重ねれば、更なる実体離れによる誤魔化しが必要になり、戦争になる」のだ。

「戦争により、多くの人々の実体を消し去る事で、

実体離れした経済システムのパイも縮小すると共に、

復興需要という実体が生じるから、

誤魔化せる」という訳である』。

『「戦争に反対する全ての人々」は、

「現行のインチキ経済システムの是正に力を加えるべき」である。

「金融投資と大金持ちの規制をすれば良いダケ」なので、

「戦争になれば、真っ先に殺される多くの庶民には、何の異論も無い筈」だし、

「民主主義で多数決なら、庶民の数の方が圧倒的に多い」のだから、

「必ず、是正させる事が出来る」のだ。

「経済システムを健康化する意向を封印すべく、

大金持ちに憧れさせる等の悪情報を一方的に大量配信し、

多くの庶民をマインドコントロールしている悪どもが元凶」なのである。

「言うまでも無く、大金持ちも欲ボケも悪」なのだ。

「悪を悪として認識出来ない」とは、

「ガン細胞を正常細胞と認識している様な事」である。

「そんな状態の人々が多ければ、人類の寿命が短くなるのも当然」なのだ』。

|

野田総理は「消費税解散の決心を!」・・・。

『「総理が重要と判断し、世論や政治家が割れている問題を決める為」には、「その法案に対する是非で解散総選挙する」しか

「実際の解決法が無くなる場合もある」。

「今回の消費税増税法案」にしても、

「自民案丸呑みなら、民主党内が割れ衆院で否決の可能性が高くなり、

自民案を丸呑みしないのなら、参院で否決になる」。

「自民が民主案に妥協すれば、自民の支持率は更に落ちる」から、

「よほど、自民党がおバカ、もしくは、内実的に民主党のお仲間、では無い限り、自民の妥協は無い筈」だ。

「採決しなければ、野田総理の総理としての資質自体が疑われる」。

「採決した場合、どちらに転んでも否決される可能性大」なのだ。

しかし、「否決されたら、即」、

「小泉政権時の郵政民営化選挙と同じ様に、消費税選挙を行えば良い」のである。

「野田総理が、本気で消費税増税法案を通すつもり」なら、

「当然、この方向も考えている筈」だ』。

|

生活保護不適切受給問題は終わったのか?(テレビ・マスコミ情報の異常性)・・・。

『「問題が露呈した後、重要なのは、ちゃんとその問題が解決方向に向かって動いているか?」だ。

「生活保護不適切受給問題」は、

「解決方向に向かうどころか、

不適切受給芸能人???を庇ったり、

他の情報で誤魔化したりした結果、

逆に、不適切受給を目指す人々が増大している始末」だ。

「こんな状態で、この問題を実質的に隠蔽しているテレビ・マスコミ等は本当に悪質」である』。

『「オウム菊地の逃亡生活」など「人々の興味を惹きつけてしまうが、実際には、どうでも良い事」は、

「大宣伝」し、

「国民生活に直結している社会保障の問題でもある生活保護不適切受給問題の件」では、

「早々と店じまい」。

「本当に、現状のテレビ・マスコミ等は異常」である』。

『「オウム菊地を庇っていた男性」は、「残念」だ。

「特別指名手配犯二人の情報を掴んでいて、ダンマリ・・・」では、

「本当にもったいない」。

「是々非々判断に基づいて、二人分の情報を警察に提供」していれば、

「賞金+名声さえ手中に出来ていた筈」だ。

「庇った結果は、罪人としての逮捕」である。

「この差は非常に大きい」のだから、

「まともなテレビ・マスコミ等なら、ちゃんとこの旨も広報しなければいけない」』。

『「オウム菊地に対する今回の通報者も警察の動きも、見事過ぎるくらいに見事」だ。

「オウム菊地は、報道された姿形と、手配写真等では、大きく違う」。

「それなのに、オウム菊地だと通報出来た人も見事過ぎるくらい見事」だし、

「その情報を元に、極短時間で、アッと言う間に動いた警察も、見事過ぎるくらいに見事」だ。

「情報提供者は、警察が確信を持って直ぐに動けるくらいの情報を提供出来た」のだろう。

「確実な事を知っていて(知らされていて)、

世間が芸能人???の生活保護不適切受給問題で大騒ぎしている時に、

大急ぎでその話題を逸らす大きな話題を持ち上げなければならない指令(自発でも他の人からの命令でも)」でも

「あったのか??」と

「疑われても仕方の無いくらい見事な状態」だ。

「プロの報道機関」なら、

「この面も徹底検証し、結果を公表するべき」だ』。

|

「民主党内には適材無し」防衛大臣の民間起用・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等ご用達の森本敏」を「防衛相として起用した野田総理」。

「ついでに、民主党の挙党一致にも配慮した内閣改造」だった。

「野田総理が、民主党に拘っている限り、日本の国政も前に進まないのは明らか」だが、

「未だに、民主党党内への配慮を排除出来ないところに、民主党の実体がある」。

「小沢一派と旧社会党一派と鳩山マネー一派が実質的な民主党の実権者」だし、

「それらは、

民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権を約束の小沢、

拉致問題でも日本<朝鮮の旧社会党、

ルーピーゆえに現実的判断も出来ず反日国に対しても異常な程無防備で朝鮮・中国共産党・ロシア大歓迎の鳩山」なのだ。

「菅(北朝鮮系の政治団体に大枚を寄付)や

岡田(外国人参政権賛成)や

前原(在日韓国人から献金受領の実績あり)にしても、

親朝鮮だから民主党内の御輿の上に乗れたダケ」だ。

「民主党内への配慮=朝鮮系人脈への配慮」みたいな事なのだ。

「そんな政党に日本の防衛大臣としての適材がいない」のは「ある意味当然」だろう』。

『「韓流テレビ・マスコミ等の情報に操られて、

先の総選挙で民主党や民主党の候補者に入れてしまった有権者の責任は本当に大きい」のだ。

「現在の日本の苦境の一大原因は、

間違い無く、

日本<朝鮮・在日の民主党政権にあり、

その生みの親である韓流テレビ・マスコミ等や教育等にある」のだ』。

『「民主党内の人々よりマシ」だろうが、

「森本も韓流テレビ・マスコミ等ご用達」だ。

「実体が明らかになるまでは、要注意」である。

「日本国内の朝鮮や中国共産党等の反日国による

日本国・日本国民を蝕んでいる工作活動等に対しても、

ちゃんと自衛しようとする」なら、

「信用しても良いと思う」が』。

『「防衛省は警察庁共々、

日本国・日本国民の安全確保上明らかに欠落している

スパイ・工作活動防止法&実効のある摘発体制の整備に、

もっと、もっと積極的になるべき」である。

「今時、他国が日本に武力による戦争を仕掛けるのは、本当に窮極的な事態に陥った時くらい」だ。

「しかし、

スパイ・工作活動は、

実際に、

現在の日本で多くの日本国民を蝕み日本の国益も損ねている」のだ。

「その一つの実例」が、

「韓流テレビ・マスコミ等の情報誘導」による

「日本<朝鮮、民主党政権の成立」だ。

「他国が武力侵攻を諦めるくらいの軍備」と共に、

「日本国内のスパイ・工作活動等の排除」は、

「本当に重要な防衛問題」なのである』。

|

オウム菊地は何故?今逮捕されたのか・・・。

『「オウムの指名手配犯、菊地直子が逮捕」された。「テレビ・マスコミ等は、当然の様に、そのニュースで大騒ぎ」だ。

「まるで、河本・梶原等の生活保護不適切受給問題を隠蔽する為」とも「取れる状態」だ』。

『「オウムと北朝鮮の繋がり」は、「当時から言われていた」。

「河本と北朝鮮の繋がり」も「言われている」。

「北朝鮮系の組織の意向」と考えると、

「帳尻が合ってしまう状態」が「ある」』。

『「工作組織にとって」は、

「指名手配犯」等「有名人」等も、

「駒」である。

「その駒をどう使えば、工作組織やその元が有利になるのか?」で、

「事は処理される」。

「今回の突然の逮捕劇の裏」にも、

「工作組織の意思があっても、何の不思議も無い」のだ』。

『「実際に、テレビ等の一方的大量情報配信ツールから」は、

「オウム菊地の逮捕」により「生活保護不適切受給問題」が、

「吹っ飛ばされた様相」だ。

「芸能人の離婚問題」では、

「十分に吹っ飛ばせなかった重大問題」でも、

「二段目的なオウム菊地の逮捕」の「後」は、

「見事な程、吹っ飛ばされている」。

「現状の日本社会に対する実影響」としては、

「明らかに、生活保護不適切受給問題>オウム菊地の逮捕」なのだが!』

『「日本社会の裏で蠢いている朝鮮・中国共産党等の工作組織」。

「工作組織に大きく蝕まれている様相のテレビ・マスコミ・教育・政治等々」。

「多くの日本国民が、平和ボケのまま・・・」なら、

「国も国民も、そんな工作組織に蝕まれてしまう」・・・。

「しかし、人口では圧倒的に、工作組織<一般日本国民」である。

「多くの日本国民が、日本国内における不当な工作活動を許さない意志」を示せば、

「悪どもに蝕まれる割合も激減」し、

「日本社会の状態も良くなる」のだ。

「多くの日本国民の意志に基づいたスパイ・工作活動防止法と実効のある摘発体制の整備は急務」である』。

|

テレビ・マスコミが生活保護不適切受給芸人を庇っている結果、生活保護不適切受給を狙う人々が急増・・・。

『「テレビ・マスコミ等公共性のある仕事をしている人々」は「もっと、ちゃんと、社会に対する影響を考えた上で、仕事をするべき」である。

「生活保護不適切受給問題の高収入芸能人???」とは、

「現行法に対して、違法行為は犯していない」が、

「そうすれば、適切ではないかも知れないが、生活保護が受給出来る方法を使用した人たち」だ』。

『「多くの人の感覚」では、

「そんな状態で、本当にもらっていいの?」

「ちょっとズルいんじゃないの?」等々と

「思えて{いた}事」だ。

しかし、

「多くの人が躊躇う状態や手段」でも、

「現行法では、生活保護が受給出来る事」を、

「実際に行ってしまっていた」のが

「生活保護不適切受給高収入芸能人???」なのである』。

『「不適切受給高収入芸能人を庇う情報や、生活保護の違法にならない不適切受給法情報が大量にばら撒かれた」のだから、

「多くの人々」が、

「不適切な受給でも庇われる」等と「思い」

「不適切な生活保護請求が急増しても何の不思議も無い」のだ』。

『「この様な事態の責任は何処にあるのか?」

「不適切受給高収入芸能人???を庇う事=国益・国民益より(業界)仲間益」である。

「お仲間の利益を優先」し、

「問題対処の影響まで考慮した是々非々対応が出来ない人々」には、

「公共的仕事をする資格などあり得ない」のだ』。

『「問題を起こした公共的芸能人???(有名人)は、公共的芸能人???(有名人)の立場から退かせるべき」だ。

「違法行為では無いから、クビにする必要までは無いだろう」が、

「不適切行為を行ったのだから、表舞台(=有名人継続)はダメ」である。

「不適切行為を行った者の表舞台(=有名人継続)を容認する事」は、

「不適切行為を容認し公然化する事と同じ」なのだ。

「そんな判断も出来ない様」なら、

「公共的仕事のお偉いさんとして失格」である』。

|

野田政権のネック、輿石幹事長・・・。

『「旧社会党・日教組の人脈である民主党輿石幹事長」。「消費税法案に対する対応」でも「正に、旧社会党の様な態度」で

「挙党一致&総選挙先送り=日本の政治を進めない事」に

「邁進している様相」だ』。

『「小沢の場合は、はっきりと反対の意を示しているので、まだ大衆にも判り易く、マシ」だが、

「輿石の場合は、上辺は如何にも仲間思いの善人仮面で、内実は、国益・国民益<保身・民主党益」なのだから、

「性質が悪い」。

「上辺の仲間思いが、国益・国民益に反している事を見抜けない状態の人々」は、

「上辺の善人仮面に、騙されてしまう」のだ』。

『「上辺の善人仮面とは、裏で悪さをしている学校教師の正義面の様なもの」で、

「何事でも内実が重要」なのだが』。

『「野田総理は、遠慮無く、輿石幹事長を更迭するべき」だ。

「民主党内より日本国・日本国民を優先している行動を示し続ければ、

民主党はダメでも、野田政権は悪くない」という

「評価も出て来る」。

「輿石・小沢等が、野田政権を転覆させる方向に動く」なら「遠慮無く、解散総選挙すれば良い」だけだ。

「解散総選挙になれば、輿石・小沢等々に勝ち目は無い」。

「逆に、輿石に屈して、民主党内優先の態度を取れば、野田でもダメ=民主党では誰でもダメ」という「評価にしかならない」。

「民主党の中に、ダメでは無い人もいる」のなら、

「取るべき手段は明らか」だ』。

|

大飯原発再稼働という現実的判断を受け入れられない現実離れしている人々・・・。

『「日本のみ脱原発」では「核汚染の安全担保にもならず、日本国・日本国民の益を損ねるだけ」である事は、

「少し考えれば誰でも解る筈」だ。

「ところが、他国人脈の情報工作機関の様相ですらある韓流テレビ・マスコミ等」による

「悪戯な原発不安情報」に

「頭の中を占領されたままの人々」は、

「日本のみ脱原発こそが正しい・・・」等と

「思わされている」のだから、

「哀れ」だ』。

『「大阪の橋下市長」なども、

「福島第一原発被災事故による被害の酷さのみにビビり、本質を見失っている様相」なのだから、

「公人でも、判断能力が???な人々」は「少なく無い」のだ。

「言うまでも無く、福島第一原発被災事故の問題は、原発の安全管理の問題」であり、

「他の被災地にあった原発が無事止まっている事からも明らかな様」に、

「問題とされるべきは、異常に酷い安全管理」なのである。

「東日本大震災の様な大震災」でも、

「普通に安全管理を行っていた震源地の他の原発は相応に大丈夫だった」のだ』。

『「大飯原発の安全管理のレベル」は、

「福島第一ほど酷く無い」。

「未だ未だ改善出来るところは多いが、東日本大震災時の福島第二や女川よりマシなレベル」だ。

「そんな状態の原発を使わず」に、

「電力事情を悪くし、国益・国民益を損ねる判断をする事」は、

「現実離れも甚だしい事」である』。

『「韓流テレビ・マスコミ等による悪戯な原発不安情報の刷り込みに呑まれて、正常な思考が出来なくなっている人々」や、

「確信犯」の「日本を不利にする事で他国(中国や朝鮮)を有利にしようとしている人々」が、

「未だに、現実的な判断を嫌がっている」のだ。

「情報工作の被害者たち」と、

「確信犯の反日工作員たち」が、

「日本のみ脱原発を訴え」、

「普通の人々」は、

「原発の安全管理を向上させながら、使える原発は使い、国益・国民益を守る方が良い」と「考えている」のだろう』。

『「現実離れしている人々の裏」には、

「相応の理由がある」のである』。

|

高嶋・美元の離婚騒動で生活保護受給問題芸能人情報を隠蔽しようとしている醜悪テレビ・・・。

『「はっきり言えば、芸能人の私生活などどうでも良い」。「公共的芸能人の問題行動等は、どうでも良いでは済まされない」。

「どうでも良い話題」で「どうでも良いでは済まされない話し」を「隠蔽しようと必死」なのが、

「多くの大手民放」である』。

『「不適切な生活保護受給問題」で「必死の火消し論の無理強い」が、

「更なる大火を招いている」と知ると、

「今度は、この醜態」だ』。

『「日本の多くのテレビ・マスコミ等の人々(高給取りも多い)」は、

「もっとマシな人々と入れ替えられるべき」である』。

|

日本国債の金利上昇防止の為に消費税増税と言うけれど・・・。

『「日本国債のほとんどは日本の企業や個人が有している」。「海外の分は、セイゼイ数%」だ。

「それなのに、海外の脅しに呼応する」かの如く、

「消費税増税で財政再建のポーズを取る」とは、

「正に、売国政策と同様」である』。

『「日本国債の金利上昇を抑えるのに実際に有効なのは、財政再建」であり、

「消費税増税しても、財政再建が???」なら、

「それこそ、直ぐに、国債金利も上昇する事になる」。

「消費税増税で財政再建が出来るのか???」

「少し冷静に考えれば、誰もが解る通り、出来る訳が無い」のだ』。

『「元々、世界不況の原因」は、

「何度も指摘している通り、お金の実体経済離れ&金融投資界の過剰優遇」である。

「金融投資界の過剰優遇」は、

「大金持ちを認め、金権社会にしているから、起こっている現象」だ。

「利権集中や相続等により、大金持ちになった人々」は、

「当然、実体経済内のみで過剰なお金を消費する事など出来ない」から、

「多くのお金を金融投資界に預ける」。

「金融投資界に大量のお金を預ける事の実効」は、

「例えば、企業で言うなら、大量の株式を有する事と同じ」で、

「大金持ち一人の意向で、企業も、社会も動かし易くなる事」だ。

「政治に金がかかる」のも「同様の金権構造ゆえ」である。

「現状の先進国人間社会が民主主義というのは嘘」で、

「実態は、金権血統家族差別主義社会」なのだ。

「金権社会だから、大金持ち程、実権も大きくなっている」し、

「その血統相続等を認めている上に、大金持ちの相続税は実質的に格安」だから、

「世代間連鎖がある」のだ。

「もちろん、人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」だから、

「現行制度は、自然の摂理を無視して世代間連鎖を生んでいる」のである。

「そんな病的なシステムに固執している限り、不況からの根本脱却も不可能」で、

「最終的には、戦争で誤魔化して来た」のが「人類の歴史」だ。

「多くの国々が核兵器まで保有している現状の人間社会では、大きな戦争も出来ない」のだから、

「今、人類が行うべきは、病的な経済システムの是正」である。

「大金持ちやその世代間連鎖を否定」し、

「過剰に強くなっている金権を弱くする政策」こそが、

「世界不況を是正する為にも、世界平和の為にも、実効のある処方箋」なのである』。

『「上記の意味からも、

消費税増税では無く、

相続税や所得税の累進性の強化や金融投資規制や貯蓄税等々が

財政再建の為にも、

不況からの根本脱却の為にも、

全世界的に必要」だ。

「日本の場合、当面は、円高・デフレ是正の為」にも、

「日銀券と交換可能な政府紙幣でも発行し、日本国民配当金でも出す事」で、

「財政再建ポーズを取れば良い」のだ』。

|

国家機密を守る為の法整備を口にした国家公安委員長・・・。

『「中国外交官スパイ?問題」を受けて、「国家機密を守る為の法整備を急ぐべき」旨公言した「民主党松原国家公安委員長」。

「もちろん、国家機密を守る為の法整備も重要」だが、

「拉致まで行われ、未だに、日本国内で数々のスパイ・工作活動が行われている現状」で、

「絶対に忘れてはいけない」のが、

「日本国民を守る為の法&摘発体制の整備」だ。

「ところが、その辺への言及は???」なのである』。

『「国家機密を強固に守り、国民を守る事は???」というのは、

「正に、中国共産党や北朝鮮等の独裁主義国家の体制と同じ」で、

「現代の民主主義国家のやる事では無い」。

「独裁体制に邁進している様相の民主党政権」は、

「一刻も早く政権交代させるべき」だ。

「多くの人々による解散圧力の増大が重要」なのだ』。

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »