« 国家機密を守る為の法整備を口にした国家公安委員長・・・。 | トップページ | 高嶋・美元の離婚騒動で生活保護受給問題芸能人情報を隠蔽しようとしている醜悪テレビ・・・。 »

日本国債の金利上昇防止の為に消費税増税と言うけれど・・・。

『「日本国債のほとんどは日本の企業や個人が有している」。「海外の分は、セイゼイ数%」だ。

「それなのに、海外の脅しに呼応する」かの如く、

「消費税増税で財政再建のポーズを取る」とは、

「正に、売国政策と同様」である』。

『「日本国債の金利上昇を抑えるのに実際に有効なのは、財政再建」であり、

「消費税増税しても、財政再建が???」なら、

「それこそ、直ぐに、国債金利も上昇する事になる」。

「消費税増税で財政再建が出来るのか???」

「少し冷静に考えれば、誰もが解る通り、出来る訳が無い」のだ』。

『「元々、世界不況の原因」は、

「何度も指摘している通り、お金の実体経済離れ&金融投資界の過剰優遇」である。

「金融投資界の過剰優遇」は、

「大金持ちを認め、金権社会にしているから、起こっている現象」だ。

「利権集中や相続等により、大金持ちになった人々」は、

「当然、実体経済内のみで過剰なお金を消費する事など出来ない」から、

「多くのお金を金融投資界に預ける」。

「金融投資界に大量のお金を預ける事の実効」は、

「例えば、企業で言うなら、大量の株式を有する事と同じ」で、

「大金持ち一人の意向で、企業も、社会も動かし易くなる事」だ。

「政治に金がかかる」のも「同様の金権構造ゆえ」である。

「現状の先進国人間社会が民主主義というのは嘘」で、

「実態は、金権血統家族差別主義社会」なのだ。

「金権社会だから、大金持ち程、実権も大きくなっている」し、

「その血統相続等を認めている上に、大金持ちの相続税は実質的に格安」だから、

「世代間連鎖がある」のだ。

「もちろん、人類の世代交代は、個の保存では無く、種の保存」だから、

「現行制度は、自然の摂理を無視して世代間連鎖を生んでいる」のである。

「そんな病的なシステムに固執している限り、不況からの根本脱却も不可能」で、

「最終的には、戦争で誤魔化して来た」のが「人類の歴史」だ。

「多くの国々が核兵器まで保有している現状の人間社会では、大きな戦争も出来ない」のだから、

「今、人類が行うべきは、病的な経済システムの是正」である。

「大金持ちやその世代間連鎖を否定」し、

「過剰に強くなっている金権を弱くする政策」こそが、

「世界不況を是正する為にも、世界平和の為にも、実効のある処方箋」なのである』。

『「上記の意味からも、

消費税増税では無く、

相続税や所得税の累進性の強化や金融投資規制や貯蓄税等々が

財政再建の為にも、

不況からの根本脱却の為にも、

全世界的に必要」だ。

「日本の場合、当面は、円高・デフレ是正の為」にも、

「日銀券と交換可能な政府紙幣でも発行し、日本国民配当金でも出す事」で、

「財政再建ポーズを取れば良い」のだ』。

|

« 国家機密を守る為の法整備を口にした国家公安委員長・・・。 | トップページ | 高嶋・美元の離婚騒動で生活保護受給問題芸能人情報を隠蔽しようとしている醜悪テレビ・・・。 »

つぶやき」カテゴリの記事