« 生活保護の現物支給と宗教法人の優遇廃止は困る不健康な工作機関・・・。 | トップページ | またまた、またまた、無差別殺人・・・。 »

情報工作で日本の原発のみ止めたままにしたい様相ですらある「反原発派がゾロリ・・・」のサンデー・モーニング・・・。

『「福島第一原発の事故原因の検証も不十分だから、原発を再稼動させるべきでは無い」等の、

「インチキ論まで持ち出して、日本の原発のみ止めたままにさせたい様相」ですらある

「実質的情報工作番組、サンデー・モーニング」』。

『「福島第一原発の事故原因は、基本的には、誰もが解る様に、既に判明している」。

「言うまでも無く、滅多に起きない超大震災による超巨大津波」だ。

「基本的」には、

「超巨大津波に対応していなかった」から、

「電源が落ち、停止&冷却の手順が想定通り進まなかったから、あの大事故」なのだ。

「もちろん、水素爆発に対する認識や対策の甘さも在る」。

「当然、そんな事は、事故直後から判明していた」から、

「日本の他の原発は、福島第一原発の被災事故を受けて、相応の対策を既に進めている」。

「今、行われている検証作業」とは、

「学術論文の為の作業の様なもの」で

「実務対応の為の作業では無い」のだ』。

『「ところが、その学術論文の為の様な検証が済んでいないから、日本の原発は止めたままにせよ!」と言っているのが、

「反原発派のインチキ論理」なのだ。

「そんな事を行えば、日本の国益・国民益は大きく損なわれてしまう」。

「学術論文の為の様な検証作業が終わり、一定の結論が出た時」に、

「世界中の原発をその基準に沿って管理せよ!」とか、

「基準を満たしていない原発は止めろ!」等々と「言う論さえ言っていない」のだから、

「目的は、現状で日本の原発のみ止めたままにさせる事」と「言われても仕方無い」のだ』。

『「日本国内の情報工作」により、

「日本の原発のみ止めたまま」にすれば、

「日本の電力事情のみが悪くなる」から、

「漁夫の利的メリットを得るのは、現状で原発を動かし続けている韓国や中国」である。

「サンデー・モーニング等の反原発情報」では、

「実質的に、まるで、それらの国の為に、情報工作を行っている様な事になってしまっている」のだ』。

『「原発論を論じるなら、反原発派と原発推進派と中間派の全てを揃えて論を戦わせ、それを情報提供する」のが、

「公共の電波を独占使用しているテレビ局等の本来の役割」だ。

「偏向論を一方的に大量配信している連中」には、「公共の電波の独占使用権は相応しく無い」』。

|

« 生活保護の現物支給と宗教法人の優遇廃止は困る不健康な工作機関・・・。 | トップページ | またまた、またまた、無差別殺人・・・。 »

テレビ」カテゴリの記事