« 中国の異常行動は中国共産党支配である限り続いてしまう・・・。 | トップページ | そろそろ終わりか、サンデー・モーニング・・・。 »

中国共産党記事も大変好評の様で・・・。

『「朝鮮の反日教育国同胞でもある中国共産党」に対する「記事をアップした後」も「応答性良く電磁波工作は過熱する」。

「せっかくだから、中国共産党の指令もバラそう」。

「中国共産党の指令」では、

「日本での工作活動において摘発は厳禁」なのだ。

「つまり、日本国内での工作活動は、日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手法」に「限られている」』。

『「具体的には、

朝鮮系の割合が高い●暴人脈や戦後支配体制構築時に米軍に取り入り仕込まれてしまった農協や日教組等教育組合等の組合実権者

(戦後、朝鮮系の人脈は、米軍に旧日本人人脈以外による組合等支配を提言し、懐柔工作等で取り入れさせたので、

農協等や教育組合等の実権者には朝鮮系の者が多く、

その後、朝鮮系の者を支配体制の中に着々と組み入れて来ている中国共産党支配下のそのスジの者も少なく無い)

に、

中国共産党からの指示が下され、

その下」で、

「それらの中で組織化された実動部隊」が、

「電磁波工作兵器を使った工作や、

工作物質を用いた飲食物や空気等々の工作を行っている」のだ』。

『「それらの工作の特徴」は、

「摘発逃れの為、急変を誘う事が意外と少ない事」だ。

「しかし、弱毒物の継続摂取等で人がどうなってしまうのか?」等を考えれば誰でも解る通り、

「その実効は、弱体化~病人化~早死に化」である。

「敵対人脈と決め付けた人々(中国国内で言うなら、不適応分子)等」を、

「出来る限り早く、

しかも、摘発されずに処分する

手法が取られている」のだ』。

『「元々は、急変を誘わない手法」だが、

「急変が起きてしまう事もある」。

「例えば、要人の実質的殺害」で、

「心不全や脳溢血や訳の解らない病気等の現象で突然死亡・・・」や、

「事故で突然死亡・・・」などと言う場合は、

「電磁波・飲食物等による工作活動がその原因の可能性大」なのだ』。

『「日本国も日本国民も何時までも平和ボケではダメ」である。

「日本国・日本国民の安全の為」には、

「即刻、スパイ・工作活動防止法&実効のある摘発体制を整備し、

現状では、日本国内で好き放題工作活動を行っている不健康な連中を

一刻も早く、監獄という名の病院に叩き込む必要がある」のだ。

「それらが、整備されるまでは、工作活動がある事を前提に自主防衛」である』。

|

« 中国の異常行動は中国共産党支配である限り続いてしまう・・・。 | トップページ | そろそろ終わりか、サンデー・モーニング・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事