« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

さすが「民団(在日韓国人の団体)とズブズブ・・・」なんて噂まである橋下新党「たちあがれ日本との連合は嫌・・・」だと・・・。

『「橋下を代表としている日本維新の会」。「内情を良く知る者が流したと言われている情報」では、

「民団(在日韓国人の団体)とズブズブ・・・」なのだそうだ。

「それでも、日本>韓国なら、たちあがれ日本との連合も日本の色々な世代の連合となるのだから、ありの筈」だが、

「日本<韓国なら、日本>韓国のたちあがれ日本との連合はあり得ない事になる」』。

『「民団が要求した外国人参政権を約束した」のは、

「生活が第一の小沢」だが、

「橋下新党」でも、「特別永住権保持者には外国人参政権を・・・」という「政治方針がある」との事だ。

「橋下率いる日本維新の会の内実は、石原新党より生活が第一寄り」なのである』。

『「日本の乗っ取り支配が必要」の「反日教育国人脈が実権を握っている政党」の「企み」は、

「総選挙時の話題」を

「原発や消費税にする事により、

反日教育国人脈が本当は欲しがっている

政権(つまり、日本国の実権)問題や、

外国人参政権問題や、

領土問題等を誤魔化す事」だ。

「だから橋下も、

脱原発には熱心でも、

反日教育国問題を表に出し、

日本の立場では、反日教育国人脈の在日外国人に外国人参政権などはやれない!等の

橋下ぶしをうなれない」のだ。

「生活が第一も同様」で、

「表立って訴えているのは消費税反対と脱原発」なのだ』。

『「安全保障問題という国政を預かる者の基本」を

「はっきり明示していない国政政党や国会議員をまかり通らせる事」は、

「侵略目的の外国人人脈が実権を握っている政党でも日本国の実権を握れる危険を内包させている事と同じ」なのである。

「こちらの危機問題は、正に人災の問題」であり、

「その悪影響は日本全体に及ぶのだから原発事故以上」なのだ』。

『「たちあがれ日本との連合を嫌がった事」で、

「益々、日本維新の会の実体が露わになった」。

「親反日教育国政党」を「一般日本国民が支持してしまうほど自虐的な事は無い」。

「原発・消費税等で誤魔化されないようにご用心!」』

|

韓流テレビによれば「昨今の右傾化に対応する左派勢力が必要・・・」だが・・・。

『「日本の場合、右翼・左翼の前に、日本本来の政党か?親反日教育国政党か?の区別があって然るべき」だ。

「日本本来の政党か?親反日教育国政党か?」の「区別をした後」で、

「日本本来の政党」の「内実を見れば」、

「既に、左翼(改革派)も右翼(保守派)も在り、

それらが、同じ大政党の中で混在している実態」に、

「誰もが気付く筈」である』。

『「つまり、韓流テレビの論調の様に、日本本来の政党か?親反日教育国政党か?を問わない右翼・左翼論の実体」は、

「親反日教育国政党を日本の国政に参加させる為の情報工作」なのである。

「韓流テレビ式の右翼・左翼論」では、

「右翼仮面を使ってでも、左翼仮面を使ってでも、親反日教育国人脈の国会議員が一人でも多くなる様」に、

「全体が右傾化すれば、左翼の必要性を訴え、全体が左傾化すれば、右翼の必然性を訴えている」ダケなのだ。

「平和ボケ左翼傾向が強かった時代」には、

「小沢一派の様な仮面右翼の必要性を訴え」、

「現在の様に、右傾化が強い時代」では、

「元々、親反日教育国人脈の割合が多い左翼の必要性を訴えている」のが、

「韓流テレビ情報の実態」だ』。

『「一般日本国民」なら、

「右翼でも左翼でも、日本本来の政党」であり、

「反親反日教育国人脈」である事が

「重要」で、

「それこそが、市民レベルの安全保障になる」のである』。

『「親反日教育国人脈の人々が暮らし易く、一般日本国民が暮らし辛い日本」では

「明らかに間違っている」。

「一般日本国民が暮らし易く、親反日教育国人脈の人々は暮らし辛い日本」が

「当然」なのだ。

「親反日教育国人脈の人々が日本で快適に暮らしたい」のなら、

「反日教育国の思想・信条・相容れない文化等々を捨て、親日になれば良い、

それが嫌なら、お郷に帰れば良い」というのが、

「普通の国の姿」である』。

|

「最後は金(政党助成金)目当てで解散先送り」の実態なら「民主党国会議員のほとんどの再選はあり得ない」・・・。

『「そもそも、10月初旬には召集可能だった臨時国会が何故今週まで延びてしまったのか?」

「言うまでも無く、与党民主党の引き延ばし策略が原因」である。

「与党なのだから、国家・国民の為に臨時国会の召集を急ぐのが当たり前の時」に、

「ここまで臨時国会の召集を遅らせた」のは、

「普通に考えれば、年内解散を先送りし、年明け解散にする為」だ』。

『「何故、民主党は年明け解散に拘るのか?」

「次の年の政党助成金の配分は、1月1日付けの国会議員数に応じて決まるから」だ。

「要するに金目当て」で「解散先送り」の為、

「国民生活に負担をかけてしまうかも知れない遅い臨時国会の召集」なのである』。

『「年内解散をしない様」なら「民主党の正体」が「また一つ明らかになる」。

「外国人献金の多さ」や、

「外国人参政権賛成派の多さ」だけでは無い、

「日本を売り、税金を食い物にしても、

自分たちや自分たちを支援してくれるお仲間の為にのみ動く国政政党」という

「オゾマシイ実態がまた一つ露呈する事になる」のだ。

「そして、そのお仲間というのが、

外国人献金や外国人参政権を求めている者たちの多くがそうであることからも明らかな様に、

反日教育国人脈・・・なのだから、本当に性質が悪い」』。

『「この後に及んで年内解散もしない様」なら、

「民主党」には「日本の国政政党としての資格が無い」様なものだ。

「年内解散もしない様」なら、

「民主党国会議員の全てが再選されるべきでは無い」と言っても

「決して過言では無い」筈だ』。

『「今頃になって、前原がワザとらしく脱デフレに熱心」だが、

「そんな事は、もっと、ずっと前に行えた筈だし、行っているべき事」に過ぎ無い。

「選挙が近くなってから、選挙前のイメージアップの為に動く工作的手段にしか見えない醜態」を、

「恥じらいも無く露呈する辺り」は、

「さすが、外国人献金受け取り実績のある者」である』。

|

石原氏による第三極連合は「反日教育国人脈対策が出来ているか?否か?」で評価できるでしょ・・・。

『「日本維新の会」「みんなの党」「石原新党」等による第三極連合は、「反日教育国人脈に対する対応をみれば、連合の目的も一目瞭然」。

「取材記者」は、ちゃんと、「外国人参政権」や「竹島問題」や「尖閣問題」について「聞き」、「その結果を全国的に公表するべき」だ』。

|

地方分権も結構だがその前に「反日教育国人脈対策」を忘れてはいけない・・・。

『「反日教育国人脈対策無き地方分権の実効」は「日本乗っ取り支配工作の応援」にしかならない。

「それは、北海道や沖縄の地方紙等の論調を読めば、誰でも判る」筈だ。

「全国紙でも韓流新聞の論調は酷いものの場合が少なく無い」が、

「全国紙の場合は、未だ、全国の縛りがあるので、日本の何処かではバレる酷い論調は載せ辛い」。

しかし、「地方紙の場合は、その地方さえ知らなければ、酷い論調でも平気で載せられてしまう」のだ。

「その上、地方紙の購読率は意外と高い」。

「北海道で鳩山の様な候補者が当選した」のも、

「沖縄のまるで中国共産党の応援の様なオスプレイ反対運動」も、

「その裏には、それぞれの地方紙の論調が在る」のだ』。

『「反日教育国人脈対策を行う前に、地方分権をする事」は、

「日本の一部を反日教育人脈が乗っ取り易くする事と同義」なのだ』。

『「反日教育国人脈対策」で「重要な事」は、

「日韓併合~現代に至る歴史上の事実・現実を多くの一般日本国民が理解・把握している事」であり、

「反日教育国が何故反日教育を行わなければならないのか?を多くの一般日本国民が理解・把握している事」である。

「その上で、スパイ・工作活動防止法等と実効のある摘発体制を整える事」だ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等による実質的情報工作」や、

「飲食物工作」、

「電磁波工作」等々に対して、

「丸腰のまま」の「平和ボケ状態の日本」では、

「地方分権は似合わない」ばかりか「危険」である』。

『「反日教育国人脈対策を十分に行った上での地方分権」なら、

「日本が活性化する」ので「良い」のだが、

「反日教育国人脈対策が十分では無い状態で地方分権を行ってしまう」と

「活性化するのは日本では無く反日教育国人脈になってしまう」のだ』。

『「何事でも順序が大切」である。

「地方分権の前には、反日教育国人脈対策が必需」であり、

「国際化の前には、

一般日本国民の多くが反日教育国と親日国の区別が十分に出来る事や、

総中流化が必需」なのだ』。

|

中国共産党に対しての一番重要な外交とは「侵略を諦めさせる事」でしょ・・・。

『「経済があるから・・・」等の理由で「中国共産党支配下の中国との友好関係を良好に・・・」等と訴えている人々もいるが、

「一番重要なポイントは、中国共産党が侵略を諦めるか?否か?」だ』。

『「侵略主義を実質的に認めたまま(明らかに侵略主義の否定を全面に持ち出していない外交では、実質的に侵略主義を認める事になる)の経済目的外交等」がもたらす「実効」は、

「中国共産党の侵略主義の支配下に日本社会を誘う事」に他ならない。

「侵略主義を認める事は売国と同じ」なのだ』。

『「中国共産党に対する一番重要な外交は、侵略を如何に諦めさせるか」だ。

「この面で実質的に一番重要なのは日米安保」になる。

「現状の日本の自衛隊だけでは中国共産党の侵略主義を諦めさせるには力不足」だからだ。

「自衛隊+米軍によるある種の脅しによる侵略の抑制~諦め」こそが、

「一番重要な外交」なのだ。

「文官や日本のマスコミ等の面でも、その面もちゃんと表に出して利用して、中国共産党に挑まなければ、中国共産党が侵略主義を諦める訳が無い」。

「文官や日本のマスコミ等が中国共産党のご都合情報に沿って動いている状態が続いている限り」、

「中国共産党は、

先ず文官や日本のマスコミの支配からだ・・・と、

工作活動を益々頑張り、

支配~侵略策を実行し続けてしまう」だろう。

「軍事的脅し圧力も含む実効のある対策で、中国共産党の侵略主義を放棄させる事が重要」なのである。

「残念ながら、それが、未だ戦争の歴史を引き摺っている人類の人間社会の実情」なのだ。

「本当の意味で、民主化された国ばかり・・・となり、

世界中が情報統制から解かれている状態になり、

人類の実体情報をほとんど全ての人類がちゃんと理解・把握出来ている様になれば、

何れは、軍事的脅しによる圧力も要らなくなる」のだが・・・』。

『「中国共産党の侵略主義を葬り去る」と、

「必然的に中国は民主化される」だろう。

「経済の話しは、民主化された中国と大いに行えば良い」のである』。

『「経済と安全保障はセットであり、経済の前に安全保障」が

「普通の国なら当然の普通の政策」だが、

「日本では、安全保障=極右の発想・・・と、教育・情報による大衆の思いの洗脳的改悪がある」ので、

「未だに、少なく無い数の一般日本国民が、経済と安全保障を別物にして考えている」。

「しかし、それは、現実離れしたファンタジーの世界」なのだ。

「中国共産党の侵略主義を放置したまま経済等で連携を強めれば、

経済等をも悪用(実際に、レアメタルの出し渋りや、輸出入審査の遅延等々の手段が、既に使われた)し、

中国共産党は日本の侵略・支配に邁進する(尖閣諸島海域への領海侵犯の実行は侵略行為の実行でもある。

領海侵犯とは、領土不当占拠へと繋がる入り口の戸に他ならない。

中国共産党は無理やりその戸を既に押し開け、押し開け続けようとしているのだ)」。

「現状の人間社会の現実」だ』。

|

薩長連合を例に出し「第三極連合」を呼びかけていた石原氏だが・・・。

『「薩長連合が成立したのは何故か?・・・言うまでも無く、日本国の為という同一の大義が有ったから」である。

「当時の世界情勢では、旧幕藩体制のまま・・・では、欧米列強に飲み込まれてしまう・・・」そんな「危機感」が、

「日本国の為という同一の大義を生み出し、殺し合いまでしていた薩長をも連合させた」のだ。

「因みに、危機感も十分に持てずに古臭い体制のまま・・・だった実態としては清の属国だった当時の韓国」は、

「清の弱体化に伴い欧米列強の進出に対し、単独或いは清との連合では国の存続さえ危うくなり、

日清戦争の勝者である日本に救済を求め、

当初は日韓対等合併を望み、

最終的には、国力相応の日韓併合を実現する事で、

欧米列強による食い荒らし~国の崩壊をギリギリのところで防げた」のが、

「歴史の現実」だ』。

『「現在の所謂第三極の面々を見てみれば誰もが解る事」だが、

「日本国の為に・・・という大義で連合するにはあまりにも無理がある」。

「日本国の為に・・・」なら、

「外国人参政権賛成や竹島を韓国と共同管理等々」など

「あり得ない事」だからだ。

「所謂第三極が連合出来るなら、日本国の為にという大義は必需」だが、

「所謂第三極の中には、

日本国の為に・・・より、

日本乗っ取り支配の為に・・・という臭いが濃厚な人脈が

実権を握っている者を押さえている様相のところが

少なからず在る」。

「冷静に考えれば、第三極連合は不可能」である』。

『「世界化と言えば聞こえは良い」が、

「反日教育国の為に日本の世界標準化を悪戯に急がせているところ」と、

「実体が違う反日教育国とそれ以外の国をちゃんと分け、

反日教育国以外の国と日本との相互利益の向上を図る為の世界化を取り入れようとしているところ」では、

「世界化の実体も大きく違う」。

「言うまでも無く、日本の為になる世界化は後者であり、前者の世界化は日本乗っ取り工作の為」なのだ』。

『「日本国の為と言うと、何か、極右の軍国主義者を想起してしまいがちな方々も少なく無いと思う」が、

「それは、日教組等による教育と韓流テレビ・マスコミ等による情報の悪影響」なのだ。

「現実の安全保障」は「国単位」である。

「日本国の為とは、国単位で区切られている安全保障圏が同じところで暮らす人々の為に」と「同義」なのだ。

「そして、それこそが世界標準」である。

「国単位である安全保障圏を無視して悪戯な世界標準を訴えている連中」の「実体」は、

「日本乗っ取り支配工作の便を図っている連中」なのだ』。

『「第三極連合が成立する為」には「日本国の為の連合が必需」だ。

「反日教育国の在日外国人が多数居る日本の実状」を考えれば、

「日本国の為に・・・の連合」なら

「外国人参政権反対」や、

「竹島や尖閣諸島や北方領土の領土問題に対し、歴史上も国際法上も正当性のある日本の立場を失わない事」や、

「拉致工作問題に対し、スパイ・工作活動防止法と実効のある摘発体制等を整備し、徹底抗戦する事」等々が、

「共通認識として成立していなければならない」。

「逆に、その面で共通認識を得る政党や国会議員なら、第三極に限らず、日本国の為に・・・で連合すれば良い」のだ。

「それこそが今の日本に必要な真の政界再編」である』。

『「そもそも、民主党を極として数える事を前提にした第三極話しも異常」だ。

「民主党の日本に対する害」は

「もはや言うまでも無い」だろう。

「日本に害を与え続けている政党を極の一つにする事自体、日本の政界を考える上で異常」である。

「自ら国会を召集する時期を遅らせておきながら、

未だやらなければいけない事があるから解散は出来ない・・・などと言う

詐欺的子供騙しで

政権の座にしがみついている政党」などは、

「壊滅するのが必然」だ。

「もっとも、石原新党の立ち上げにより、心ある民主党国会議員が数人石原新党に移るダケ」で、

「直ぐに、内閣不信任が可決される状態になる」のだから、

「民主党政権がどんなに見苦しい延命策をうっても、民主党政権は既に風前の灯」だが。

「何れにしても、反日教育国人脈が実権を蔓延らせている政党」などは、

「日本の政党として要らない」のである』。

『「政界再編の基軸」は、

「日本国の為か?」

「日本乗っ取り支配人脈の為か?」だ。

「そして、

政界再編の結果、

日本国の為派が主流となり、

反日教育国人脈が主流の日本乗っ取り支配人脈の為派がマイナーになれば、

日本の政治は正常化される」のである』。

『「経済政策や消費税・社会保障問題などは、

日本国の為派同士なら、

道は違っても得られる結論は何れ一緒になる」。

「現状でバラバラなのは、日本乗っ取り支配人脈の為派があらぬ所に混入し実権を握っているから」なのだ。

「日本乗っ取り支配人脈の為」となれば、

「経済政策でも、消費税や社会保障問題でも、最終的に日本が不利になる道を選びたがる」のは、

「ある意味当然」だろう。

「最終的に日本が有利になる道を選びたがるところ」と、

「最終的に日本が不利になる道を選びたがるところ」では、

「合わないのが当然」なのである』。

『「野田総理も日本の為の政治家なら、

民主党の解党を覚悟の上で、

政界再編を促す意味からも、

年内解散~総選挙を行うのが当然」なのだ』。

|

「たちあがれ日本」解党で石原新党・・・。

『「韓流テレビ等では、まるで石原新党と日本維新の会の連携が濃厚・・・」だが「実際は、その両者で合っている政策は脱官僚依存くらい・・・」だ。

「普通に考える」なら、

「竹島を韓国と共同管理・・・、特別永住者には外国人参政権を・・・」の「橋下代表率いる日本維新の会」と、

「竹島は日本領である事が明白、反日教育国在日人への外国人参政権の付与などもっての他」であろう

「保守を謳う石原新党が連携出来る訳が無い」。

「石原新党が保守を謳っていながら、上記の様な政策を取らない」のなら、

「石原新党は仮面保守」という話しだ。

「だから、上記の面をチェックすれば、石原新党の正体も直ぐに判る」』。

『「真正保守の日本の為の政党」ならば、

「石原新党は多くの一般日本国民に大歓迎される筈」だ。

「仮面保守」ならば、

「早々に表舞台から消える事になる」』。

『「今の日本に必要な国政を預かる政党」は、

「親反日教育国政治から脱する政党」である。

「隣国だが反日教育国である国」と「隣国より少し遠いが親日国である国」の

「両者をちゃんと見て」、

「ちゃんと反日教育国や十分な情報が無い世界全体に言うべき事を言う」と共に、

「親日国を大切にする政治が出来る国政政党が望まれている」のだ。

「何故なら、反日教育国のご機嫌を伺う国政政党では、多くの一般日本国民が不利益を被る」が、

「反日教育国や十分な情報が無い世界全体に正当な情報を発信する」と共に、

「親日国を反日教育国より大切にする国政政党」なら、

「多くの一般日本国民に正当な利益をもたらすから」である』。

『「反日教育には全く正当性が無い」のだ。(該当記事をご参照ください)

「反日教育国が反日教育を続け、その国の中等で反日教育が正当だと言い続ける為」には、

「日本の自虐が必需」なのである。

「結果、反日教育国人脈(工作員も含む)は、日本国内において不健康な乗っ取り工作活動に必死」なのだ。

「多くの一般日本国民に自虐を強い、

多くの一般日本国民の本領発揮を阻害する

大迷惑な工作活動が連綿と行われ続けてきているのが

戦後の日本の歴史の実態」である。

「例えば、日教組や韓流テレビ・マスコミ等による情報工作」、

「例えば、弱毒物や継続摂取により有害になる物を少量仕込み続ける飲食物工作」、

「例えば、電磁波工作」、

・・・・・・、

「数々の現行法や現行の摘発体制では摘発困難な工作活動が行われ続けている」のが、

「戦後日本の実態」だ。

そして、「それらの工作活動に対しても、十分な法整備も摘発体勢も整えさせない」のが、

「反日教育国人脈の息がかかっている日本の国政政党」なのだ。

「反日教育国人脈は日本弱体化にも熱心」なので、

「日本の産業を有利にする原発も大反対!」である。

「石原新党は原発反対では無い」ので、

「石原新党は、この面は既にクリアー」だが、

「橋下率いる日本維新の会は、日本の産業を不利にする原発ゼロを訴えている」。

「正に、正反対の様相」で、

「正反対の裏に確実に在るのが政党の実権を握っている人脈」なのである。

「反日教育国人脈」に「日本の国政を預けるほど日本国民として愚かで自虐的な事は無い」。

「多くの一般日本国民」は、

「保守仮面等の上辺」や

「学校教育だから・・・、大手だから・・・等と、日教組等による教育や、韓流テレビ・マスコミ等の情報」等々に

「騙され続けていてはいけない」のである』。

『「因みに、現民主党政権で実権を握っている幹事長の輿石」は、

「元社会党で日教組人脈の人」だ。

「日本の為の政治や多くの一般日本国民が求めている早期解散等々に不熱心」なのも、

「当然と言えば当然」なのだ。

「日本を良くしたいのなら、

選挙時には、

日本の為の政治が出来ない連中(特に反日教育国人脈の候補者)に一票を投じてはいけない」のである』。

|

橋下に詫びた週刊朝日・・・。

『「ん?何となく以前にも同様の話しが・・・、そう、韓流批判の芸能人が詫びた話し」だ。

「民団(在日韓国人の団体)とズブズブとも言われている橋下・・・」。

「そのスジを批判すると必ず詫びるハメになるゾ!」の「演出劇」ならば、

「正に、今回の週刊朝日騒動も合理的」だが。

「元々、チョウニチ傘下の週刊朝日が韓流の臭いが濃厚の橋下批判」とは、

「相応に臭かったと言えば、臭かった」のかも知れないが』。

『「因みに、そのスジを批判すると必ず詫びるハメになるゾ!等の脅し」は、

「●暴では常套手段」だが』。

|

本日も「原発不安煽りに必死な韓流ムラ」の方々・・・。

『「原発不安を煽っても、日本国・日本国民のメリットは無い」。「事故処理問題や核汚染対策を言うのなら日本の公共の電波を独占し配信している情報として相応に相応しい」のだが』。

『「例えば、原発近隣地域に住む人々の家をプチ核シェルター化する事」などは、

「実効のある核汚染対策になる。

「核兵器用の核シェルターとは違い原発事故に対する予防的措置」なら、

「家の機密性を高くし、空気の取り入れ口にフィルターを設置する程度でも十分な実効がある」。

「万一の事故時にも家の中に居れば取り合えずは安全・・・」と言う訳だ。

「更に、より強い放射線対策が必要なら、家を放射線から守る金属等で囲う様にすれば良い」。

「壁や戸は元々放射線対策をした壁とし、事故時には放射線を遮断出来る雨戸を閉める様な対策でも相応の実効がある筈」だ。

「上記の様な対策だけ」で「万一の事故時にもしばらくは相応の安全を確保して家の中に居る事が出来る様になる」』。

『「原発事故は核兵器による襲撃とは訳が違う」のだが、

「原発不安にかられている人々」は、

「核兵器不安は無いのだろうか???」

「昨今の不当に増長している中国共産党支配下の中国」も

「あの問題のある韓国内の反乱軍政府である北朝鮮」も

「核兵器保有国であり、反日教育を行っている」のだ。

「筆者たちの感覚では、何時起こるか???の原発事故を引き起こすぐらいの大地震や天災等の心配をしている暇がある」のなら、

「その前に、反日教育国等の核兵器対策」である』。

『「ところが、韓流ムラの出演者たち」は、

「この手の問題には沈黙・・・」で

「ヒタすら日本の原発だけをまるで巨悪の如く風潮している」のだ。

「そんな連中の思惑通りに、悪戯な原発不安を抱く事」は、

「本当に情けない話し」である』。

『「韓流テレビは韓流テレビとして視聴する」。

「一般日本国民としての立場・考え等々は失わない」。

「・・・その様な本来の自分に立脚した状態を維持し続ける事」こそが、

「心の健康の為にも、頭の健康の為にも、役に立つ」のだ』。

『「もちろん、日本国の公共の電波を使った情報提供」が、

「まるで中国共産党や韓国のご都合情報の一方的大量配信」では「いけない」。

「中国の船の領海侵犯にしても、中国共産党の言い分を大宣伝している様では、本当に異常」である。

「中国共産党の言い分など無視して、領海侵犯が大問題である事を伝える」のが

「普通の状態のテレビ情報」だ。

「日本の公共の電波の独占使用権は日本が取り戻すべき」だ』。

|

民主党執行部の本音は2013年年明け解散・・・。

『「解散の時期を巡る民主・自民の争いは熾烈」だ。「多くの一般日本国民の立場」からは「一刻も早い解散~総選挙~政界再編がベター」だが、

「民主党の多くの面々は、出来る限り解散先送り」なのだ』。

『「そんな民主党でも、さすがに、野田総理が近い内解散を公言した」ので、

「近い内から大きく外れる解散」は「行い辛い」。

「今、実際に争われているのは、年内か?年明け早々か?」である』。

『「もちろん、民主党政権の実績を顧みるなら、年明け解散などという実質的ご褒美延命はあり得ない」。

「むしろ、解散前倒しこそが正当」である。

「しかし、特例公債法案と一票の格差の是正だけは、行わざるを得ない」。

「普通に国会の仕事を行っていれば、10月解散・11月総選挙だった筈」だが、

「民主党政権が臨時国会の召集時期までも出来る限り遅らせた」ので、

「今では、11月解散・12月総選挙の様相になっている」。

「しかも、更に、民主党政権は解散時期を先送りする為に悪の策を駆使したがっている様相」だ。

「臨時国会を開くだけ開き、

特例公債法案や一票の格差を是正する法案を出すだけ出し、

国民生活や解散・総選挙を人質」に、

「野党が審議拒否なら野党が悪い、

野党の審議拒否ゆえに話しが先に進まない・・・等々」と、

「やりたがっている様相」なのだ』。

『「全く、誰がこんな連中を国会議員にしたのか!!!」

「先の総選挙時に民主党や民主党の候補者に投票した人の責任は重大」である』。

『「年明け解散などあり得ない」。

「カルト宗教的民主党の一部のロジック」では、

「2013年まで民主党政権を維持すれば、日本の支配権は特定人脈に・・・」なのだろうが、

「そんな事は、例え、北朝鮮や中国共産党が日本に宣戦布告してもあり得ないのが現実」だ。

「年明け解散」となれば「民主党国会議員の再選率が更に酷いものになるダケ」なのである』。

『「朝鮮や中国共産党では、一日でも長い他者支配=有能の証し」なのかも知れないが、

「日本では、支配するべきは自分であり、

自分で自分を健康に支配し続ける人々が一人でも多い状態を築ける者こそが

日本国の政権担当者として相応しい」なのだ。

「その基準に至らない事が明らかになった時、日本国の政権担当者なら潔く政権の座を降りる」。

「民主党の文化は、明らかに朝鮮や中国共産党的」である』。

『「同様の臭いが濃厚なのが日本維新の会」や「韓流テレビ・マスコミ等」だ。

「まるで、特定極一部の強く頼れそうな人に依存せよ!と言わんばかり」の

「権力集中&権力に従う大衆」という「構図」は、

「正に、他者支配と被支配大衆の構図」だ。

「現代の先進国の一般的基準」でもある「自分で自分を健康にコントロールし続ける人の集まり」という状態から、

「程遠い、一世代も二世代も前の価値観が其処には在る」』。

『「時代遅れの精神構造しか持っていない国政担当者などは、現代の日本国には不要」である。

「日本を時代遅れの精神構造を持つ政権に支配させる事」で、

「日本を時代遅れの国にしたい悪の思惑を持つ国々の人脈の人々」なら、

「その様な方向に邁進する」のが「合理的」だが』。

『「何れにしても、年内解散・総選挙は必需」である。

「野党はどんな手段を用いても、

日本国・日本国民にこれ以上不要な不利益をもたらさない為にも、

年内解散・総選挙を実現させるべき」だ』。

|

橋下がらみの記事も結構お気に入りの様で・・・。

『「筆者がアップした記事とその後の筆者に対する電磁波工作の熱心さには相関関係がある事」は「以前にも記した」。

「朝鮮がらみ」

「中国共産党がらみ」

「民主党がらみ」の「記事の後」は、

「何故か?」熱心になる。

「橋下がらみの記事の後でも熱心になる」ので、

「人脈的にはそれら四者は繋がっている」と「容易に推定出来る」。

「民主党や橋下新党を利用しようとしている朝鮮人脈」という「構図」等が

「見え隠れしている」のだが、

「その先には反日教育国繋がりで中国共産党も繋がっている」のだろう』。

『「日本国民として注意したい」のは、

「既に朝鮮人脈が食い入っている政党等を無用心に信じ、

例えば、

その政党の候補者になろうとか、

韓流テレビ・マスコミ等の論調に流されてその政党の支持者になろうとか・・・等々」の

「安易な行動に走らない事」だ』。

『「民主党の実例」からも、

「既に、幹部連中の首を朝鮮系人脈が押さえている様相の政党」では、

「日本の為<朝鮮の為」なのだ。

「拉致問題担当大臣の顔が次々と変わり、一向に解決方向に進まない裏」には、

「民主党で実権を握っている旧社会党人脈の影が在る」。

「藁をも縋る気持ちで旧社会党に相談に行った拉致被害者たちの事を朝鮮総連に報告に行った」のが、

「旧社会党の対応」だった。

「現在の民主党の対応は、担当大臣を次々と変える等、旧社会党同様の対応の様なモノ」である。

「実権者が同じ人脈なら、対応も同様・・・は、ある意味では、当然」なのだろう。

「そんな実権者が蔓延っている政党に日本の国政を任せ続ける事の不利益は計り知れない」。

「橋下記事での同様の対応」が「示すところ」は、

「橋下代表の日本維新の会」も「民主党同様の人脈に蝕まれている事」だ』。

『「旧社会党系の日教組等による学校教育の成果」で

「多くの一般日本国民は政治無関心となった」。

「その一つの結果」が「国会議員になろうとする一般日本国民の少なさ」である。

「国会議員世襲問題の根っ子は戦後日本の学校教育」なのだ。

「逆に、日本の乗っ取り支配が存続の為に必需な反日教育国人脈の人々」は、

「率先して帰化し、日本の国会議員に成りたがる率も高い」。

「結果、世襲議員を嫌うと自動的に親反日教育国議員を選び易くなってしまっている」のが

「日本の政界の実状」なのだ。

「そんな否世襲・親反日教育国政治家」を

「韓流テレビ・マスコミ等が大宣伝・・・」なのだから、

「要注意!!!」である』。

『「民主」も「日本維新の会」も「要注意!」という「程度の事さえ???な状態の者」では、

「日本の為の政治も???」だ。

「そんな人は、国会議員として立候補する前に、もっと真剣に日本の政治等の実態を理解・把握するべき」である』。

『「世襲でも鳩山(兄)の様に、反日教育国人脈の都合に沿う様に行っちゃっている者もいる」から、

「世襲なら安全とは言えない」が、

「日本の為の政治を行う可能性が高い候補者」としては、

「否世襲・親反日教育国の候補者」より

「たとえ世襲でも否反日教育国の候補者」である事だけは「間違い無い」』。

|

「怒りまくり醜態をさらしている橋下代表」では日本維新の会も終焉へ・・・。

『「週刊朝日の記事」は「酷い記事だとは思うが事実無根では無い」。「同和問題を盾」に「週刊朝日の親会社(100%出資)の朝日新聞を使い」、

「酷い表現かも知れないが、

事実無根では無い記事の配布に対して、

執拗に抗議し続けている橋下代表の姿」を見て

「多くの人々は暴力団等を連想する」のではないだろうか?』

『「そもそも、同和問題の解決」は

「元同和地域が公開されたからダメになる解決ではダメ」で、

「{言われ無き}差別をする側を規制したり、罰したりすれば良い」だけだ。

「ところが、元同和地域等に利権をばら撒く事で票田にしようとして来た政治家たち等によって、

本来の解決法は葬られ、歪な解決もどきが横行している」。

「橋下も政治家なら、先ず、この面を訴えなければいけない」』。

『「その上に、差別問題で重要な要素」は、

「{言われ無き}か否か」である。

「{言われ無き}差別は悪」だが、

「差別、もしくは、区別が当然の場合がある」。

例えば、

「特定地域に、昨今ニュースで露呈した角田美代子一族事件の様な事を起こす者が居て、

その特定地域に対する警察の事件介入に対し朝鮮総連捜査時の様な地域等からの国家権力介入に対する徹底した反発がある様な場合」は、

「多くの人がその特定地域やその特定地域の人を必然的に用心する事になる」。

「日本国の一員としてその地域やその地域で暮らす人々が在る」のでは「無く」、

「日本の国家権力は悪だ!」等の

「その地域だけのまるで治外法権を望む様な文化」が

「在る」のなら、

「一般日本国民が、その地域を区別し用心する」のは「当然」なのだ』。

『「被差別を訴える側」には

「日本国の一員である事が要求」され、

「差別する側」には

「言われ無き差別を止める事が要求」されているのが、

「差別問題の実態」なのだ』。

『「橋下の独裁ぶりや、激高ぶり」を見ていると、

「日本全体を自分たち(橋下一派)の意思の下に置きたい欲望」が「見え隠れしている様に感じる」のは、

「筆者だけでは無い筈」だ』。

『「100%出資の親会社の言う事」を「子会社が聞かない訳にはいかない」ので、

「週刊朝日の100%出資の親会社である朝日新聞の幹部人脈に橋下シンパが居る」のなら、

「同胞に頼んで同胞以外の人脈潰しという構図さえ見え隠れしている」のが、

「今回の橋下代表による週刊朝日叩き」なのである。

「そう言えば、朝日新聞は以前から橋下新党賛美の論調だった様な・・・」。

「さすが、中国共産党と同居のチョウニチ」・・・』。

|

週刊朝日「橋下代表ルーツ記事」問題・・・。

『「週刊朝日の記事の論調は確かに酷い部分も多い」と思うが「橋下代表は何故、そこまで自分のルーツをばらされる事に対して起こるのか?」を考えれば、

「この問題の本質が解る」』。

『「元被差別地域上がりという事」が「もたらす可能性のある大きな影響」は「人脈の問題」だ。

「元被差別地域には、日韓併合時に自ら進んで渡来し、日本本土で成功出来なかった人々も数多く住んでいる。

「日本本土で成功した朝鮮から渡来の人々」は、「例えば、世田谷の高級住宅地にも少なからず居る」。

「そして、成功出来なかった人々も成功した人々」も、

「表むきは宗教団体だったり、趣味の団体だったり、組合だったり、企業団体だったりしている、

朝鮮系の人脈組織で繋がっている場合が少なく無い」のだ。

「橋下代表による竹島を韓国と共同管理論の裏」には、

「その手の人脈の意向の臭いが濃厚」なのである』。

『「大阪という特定地域をマシにする為」なら、

「地域密着で、元被差別地域の人脈や朝鮮系の人脈にも精通している橋下氏の様な政治家が、

良く知る地元を少しでもマシにする為に、行動しても、

そんなに不都合は生じない」。

「何故なら、地元を少しでもマシにする目的は、地元の地域の別差が少ないから」だ。

「ところが、国政となると話しは全く別」である』。

『「橋下代表のルーツが大手媒体により明らかにされ、

ルーツゆえの影響と容易に推定される竹島を韓国と共同管理論等に多くの人々が思いを至らせる時」、

「橋下代表を顔としている日本維新の会の国政への適応性に大きな疑問を持つ人々も少なく無い筈」だ』。

『「被差別問題を盾」に「ルーツ情報の公開を封じようとしている様相でもある橋下代表」の裏には、

「橋下代表の本質を露わにする事にも繋がる」、

「橋下代表の政治思想・思想信条に大きな影響を与えている人脈の露呈がある」のだ。

「誰にとっても、自らの深層を読み解かれる事は、自分を攻撃する者にとって有利な材料となってしまう」から、

「誰もが、自らの深層を読み解かれる事は嫌う」。

「しかし、公人なら、自らの深層を読み解かれても尚、その上を行く崇高な理念・思想信条を持っているべき」で、

「ルーツをばらされたくらいで激高する公人」とは、

「ばらされたルーツがらみの利権の為の仕事に邁進している公人」である場合が多いのだ』。

『「おそらく橋下氏は、大阪地域限定で、今回の様な記事が出ても、痛くも痒くも無かった筈」だ。

「何故なら、大阪地域の人々の多くが実態を知っているから」である。

「全国誌での暴露に対して激高の裏」には、

「国政で実現しようとしていた政策等への影響ゆえ」という可能性が大なのである』。

|

フランス国営テレビの暴言問題・・・。

『「言葉の上辺に拘らせて大問題化する」のは「韓流テレビ・マスコミ等の得意技」だ。

「その実効は、無害化工作」である。

「言葉や表現の自由がある状態の下にある人々は生き生きと活発に発展し易い」が、

「言葉や表現を規制された状態の下にある人々は萎縮し易く発展し辛い」のだ。

「それは、自由主義体制の国々と言論統制のある旧社会・共産主義体制の国々を比べれば既に実証済みの事」でもある。

「日本を旧社会・共産主義体制の国々の様な状態にしたい連中」が、

「この手の言葉狩りに熱心」なのだ』。

『「言葉の上辺では無く、内実を捉える」なら、

「今回の問題」は、

「サッカーでフランス代表が日本代表に負けた事の悔しさがアリアリ・・・」で、

「まるでモンスターの様に手ごわかったゴールキーパーの川島選手の凄い活躍」を

「憎憎しく思うあまりの不適切発言に過ぎ無い」。

「日本国内で、被災者に向けて語られた言葉では無く、

フランス国内(つまり、他国内)で、フランス代表が負けた事の悔しさを思いつきで表現した言葉」なのだ。

「つまり、

わざわざ日本のテレビ・マスコミが大々的に取り上げ、

わざわざ被災者にまで大々的に知らせ、

わざわざ問題にする方がどうかという話し」なのである』。

『「わざわざ問題にする」のは

「その目的」が「無害化工作」という訳だ』。

『「本当に日本の大手民放は質が悪い」。

「小泉政権以降、昨今では、特に民主党政権になってからは更に、NHKも質が悪くなった」。

「日本のテレビ局では無く、反日教育国の出先の情報工作機関の色合いが濃厚」なのである。

「日本のテレビ局は、日本の為になる情報発信機関として日本の人脈の下に取り戻すべき」だ。

「反日教育国の情報工作機関・・・」では、

「日本の公共の電波を独占使用する権利を剥奪」が「当然の筈」だが』。

|

酷い!沖縄米兵女性暴行事件・・・。

『「帰国直前の暴行なら逃げられる・・・」等の「計画的犯行が濃厚の様相」ですらある「沖縄米兵による女性暴行事件」。

「本当に酷い事件」だ。

「その本当に酷い事件を政治利用する連中も本当に酷い連中」である』。

『「沖縄米兵に限らず、在日外国人による日本人女性暴行事件は少なからず在る」。

「米兵の場合のみが超大騒ぎとなり、テレビ・マスコミ等で大宣伝される事」は、

「言うまでも無く、事件の政治利用」である。

「在日外国人の日本人女性に対する暴行事件の問題を解消方向に向かわせる為」なら、

例えば、

「在日外国人の日本人女性に対する暴行事件を列挙し、

事件の実態(犯行時間・犯行形態等)を知らせ、

日本人女性に注意と自衛を促すと共に、

在日外国人の犯行自制に繋がるシステムつくりを行う等々」の手段がある。

「テレビ・マスコミ等でも、

在日外国人による暴行事件を列挙」すれば、

「米国人による犯行より

遥かに

韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)人や

中国人の犯行が多い事」を

「誰もが知る事になる」。

「米軍は日本の安全保障上実際に大きな役割を果たしている日本の為にもなっている組織でもある」。

「反日教育国の在日人が米軍以上に日本の為になっているのか?」を考えれば、

「誰もが、米兵による反抗のみ大騒ぎする事の異常性に気づく筈」だ。

「女性暴行事件で大騒ぎする」なら、

「米兵より前に、反日教育国の在日人問題」である』。

『「日本人女性を守る為」なら、

「米軍要らない!出て行け!!」より、

「反日教育国の在日人よ出て行け!!!」の方が、

「圧倒的に合理的」なのだ』。

『「それなのに、何故、米軍要らない!出て行け!!のみが

テレビ・マスコミ等まで率先して加わって大騒ぎされるのか?」を考えれば、

「誰もが分かる筈」である。

「日本から米軍を追い出したがっているのは、反日教育国であり、

反日教育国人脈の工作活動によりその様な事態が意図的に起こされている」のだ。

「一般日本国民ならそんな工作活動の駒として踊らされてはいけない」。

「日本人女性を在日外国人の暴行から守る為に運動がしたい」のなら、

「米軍出て行け!!の前に、反日教育国の在日人出て行け!!!」である』。

|

ソフトバンクの世界企業化・・・。

『「孫氏いよいよ日本離れの準備か?」と「思ってしまった方々も少なく無いのでは?」というのは、「朝鮮戦争時に密航船で渡来し、朝鮮人街で暮らし、密造酒の製造やパチンコ店の経営やサラ金で財を成し、正義氏の留学を可能にした、孫氏の親が既に韓国暮らしだから・・・」で、

「米国第三位の規模を誇る赤字携帯企業の買収」により、

「株価が下がっても、大量の買収資金の借り入れゆえ負債が膨らんでも、欲しいモノがあるから」のだろう』。

『「孫正義氏の親譲りの商売熱心さと金儲けの上手さ」は、

「ある意味では賞賛されて然るべき・・・」だろうが、

「もしドラ作家等による、孫大統領論まで出てくる様になると、一般日本人人脈とは文化の違いも明らか」で、

「反日教育国家人脈による日本乗っ取り支配工作との係わりの臭いさえプンプン・・・」なのだ。

「実際に、同様の文化の臭いが濃厚の菅前総理との連携で生まれた太陽光発電長年バカ高買い取り確約法案などは、

確実に多くの一般日本人に不利益をもたらす」のだから、

「本当に臭い・・・」』。

『「反日教育に染められた自虐日本国民も少なく無い日本と違って」、

「米国では、

日本では率先して日本系の企業製品を買わず、反日教育国の臭いが濃い企業の製品を購入し、友人知人等にも宣伝する、

反日教育国人脈企業応援人脈組織も在っても細々・・・だろうから、

果たして、ソフトバンクの米国での商売は???」

「日本のメガバンク」が「そんな企業に大量資金を融資」とは、

「他に貸し先が無いのか?」とは、「朝鮮系人脈の発想」で、

「内実は、ソフトバンクが米国進出に失敗すれば、ソフトバンクの経営権も実質的に債権者である日本のメガバンク、ソフトバンクが成功すれば利息分ちゃんと貰える」なので、

「どちらに転んでもメガバンクに損は無い」が「日本人脈の発想」なのだ。

「朝鮮系人脈の発想では、取った者勝ちの、朝鮮ハゲ山・・・」だが、

「日本人人脈の発想は、リーダーに上がったら下々まで豊かにする事で自分も利益を得る、ブタは太らせなければ食っても美味く無い・・・」なのだ。

「例え、大元の利己が変わらずとも、貧しい発想と豊かな発想は違う」のである。

「豊かな発想になると、大元の利己さえ乗り越える者も生まれ易くなる」から、

「日本人脈の発想は、更に、奥が深くなっている」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等が異常な程過剰に応援したが故の橋下新党の異常人気も

橋下代表の竹島を韓国と共同管理発言等々で、はじけ、

多くの一般日本国民が平和ボケ状態から抜け出した現在」、

「日本でのソフトバンクの好況も何時まで続くことやら・・・」。

「それにしても、

実質的にはソフトバンクであるウィルコム分と合わせてプラチナバンドを二帯分も保有とは、あり得ない話し」で、

「日本の企業らしい節操のある企業経営」を「示す為にも、即刻一帯分は返納するべき」だ。

「返納しない様なら、その辺にも、日本離れした、反日教育国では良く見かける文化が露呈している事になる」』。

『「アップルは何時までソフトバンクと一緒にやるつもり・・・なのか???」

「何故?日本でのアイフォン販売の最初がソフトバンクになったのか?」の「裏」は、

「アップル自身がよ~く調べるべき」だろう』。

|

選挙前から既に終わっている様相の日本維新の会だが・・・。

『「橋下代表」の「竹島を韓国との共同管理発言等」で「既にその実体が露呈」し「支持率も急降下」で、

「国政の先輩であるみんなの党等へ、今更ながら、ラブコールを送る事」で、

「第三極の座に縋り付こう・・・ともがいている様相」の

「日本維新の会」・・・』。

『「そもそも、民主党の正体がバレた時点で、日本の二大政党制という虚像は吹っ飛んでいる」のだから、

「今更、第三極も無いものだが!」

「日本に在る」のは、

「日本国民人脈が主流の政党」と「日本乗っ取り人脈が主流の政党」なのだ。

「当然、

その様な状態が分かっているなら、

一般日本国民は、日本国民人脈が主流の政党しか選びたくは無い」。

「そこで、日本乗っ取り人脈が主流の政党は、手を変え品を変え一般日本国民騙しに邁進して来ている」のだ』。

『「因みに、日本国民人脈が主流の政党でも、多様な意見があるが、最終的に得るべきは日本国・日本国民の利益だから、終局的には一枚岩になれる」。

「例えば、自民党の派閥などは、それぞれが別の政党であっても何の不思議も無い」が、

「大局的な目的が同じだから同じ党で在り得ている」のだ。

「所謂保守小数政党も同様」である。

「日本の政党政治は、元々大局的な目的が同じだから、形状的には少数多党による連立政治みたいなもの」なのだ。

「無理やり対立軸を持ち込む事=日本国・日本国民の利益以外の利益を求める事」なのである』。

『「無理やり持ち込まれた対立軸に騙されて来た人々」も「少なくは無い」。

「実際に、イデオロギー対立時には、旧社会党の票はかなりあった」。

「しかし、実際に、旧社会党の拉致問題に対する対応等からも、旧社会党の実体は、多くの方々がご存知の通り・・・」で、

「日本の政党というよりは、日本乗っ取り人脈の政党と言った方がより適切だった様相」なのだ。

「日本の乗っ取り支配を企んでいる人脈」は、

「国政政党も、暴力団も、企業も(大企業も含む)悪用している」。

「何処の国の人脈が、今時、そんな不健康な事を企むのか?」と言えば、

「反日教育国人脈」なのである』。

『「反日教育とは、言うまでも無く、事実・現実に基づいた教育では無い」。

「反日を基本に勝手に捏造された歴史等をベースに、特定の思想を刷り込む、カルト宗教信者養成教育」である。

「当然、普通の状態が続くなら、全世界的には通用し得ない」。

「反日教育というカルト宗教を正当化し続ける為」には、

「日本の乗っ取り支配による日本側からのお墨付きが必需」なのである。

「結果、反日教育国人脈は日本の乗っ取り支配に病的に熱心となっている」』。

『「多くの普通の日本国民が避けるべき政党は、反日教育国人脈の政党」である。

「見分け方は簡単」で、

「歴史上の事実・現実を事実・現実通りに捉え、事実・現実をベースに問題解決に当たろうとしているか?」である。

「この面から」も、

例えば、「日本維新の会の橋下代表の竹島論ははっきりと日本国民側に立っていない事が明らか」で、

「そんな反日教育国の都合に沿う政党など要らない!」というのが、

「多くの一般日本国民の偽らざる本音」だろう。

「日本維新の会以外にも、領土問題や外国人参政権問題等で、明らかに反日教育国の利となる政策を謳っている政党は少なく無い」。

「選挙時」には、

「その様な反日教育国人脈の政党や候補者を出来る限り廃除」し、

「日本国民人脈の政党や候補者を当選させる事が重要」なのだ』。

|

韓流テレビではiPS細胞世界初移植実用詐欺(?・・・一応付けておく・・・)者の宣伝に忙しいが・・・。

『「何故こんな人間が出たのか?」を考えると「今の日本の置かれている立場が良く解る」。

「何故そんな人間を韓流テレビが大宣伝しているのか?」を考えれば「韓流テレビの正体も丸見えになる」のだ』。

『「日本人ノーベル賞受賞者に対し、周りから勝手に余分な汚れを付けたい」のなら、

「iPS細胞世界初移植実用詐欺者(?・・・一応付けておく・・・)」の「行っている事は合理的」だ。

「その様な行為を大々的にしたい」のなら

「韓流テレビの行っている事は合理的」なのだ』。

『「日本人のノーベル賞受賞(世界的に認められる優秀な日本人の存在)を一番認めたがっていないのは?」を考えれば、

「誰もがその正体に気づく筈」だ。

「さすが、詐欺泥棒国家の人脈が牛耳っている韓流テレビ・・・」である』。

|

国会はどうなっている???・・・。

『「ご近所トラブルが原因と思われるが、隣人を日本刀で殺害した元警察官(警視)の事件もショッキング」だが「未だに召集されていない臨時国会はもっと、もっと、ショッキング」だ。

「何しろ、特例公債法案が通らなければ、お金が行き詰り、市民生活にも影響が出る」のだから!

「それなのに、この問題にロクに抗議もしない民主党ご用達テレビ番組」には、

「本当に呆れる」。

「未だに、臨時国会を召集していない民主党には政権与党の資格が無い」が、

「重要な臨時国会を未だに開いていない政権与党を問題視しないテレビ番組」では、

「日本の公共の電波を独占使用する資格は無い」。

「本当に民主党政権も韓流テレビも腐っている」』。

『「日本の文化」では、

「政権を取っても、多くの日本国民の支持が得られなくなったなら、潔く政権の座から退く」だが、

「朝鮮の文化」では、

「政権を取る為には何をしても良い&一端政権を取ったら何をしてでも政権維持に走る」だ。

「震災復興(福島第一原発被災事故分も含む)も十分に進められず、

もはや、多くの国民の支持を失っている民主党政権」だが、

「潔く政権の座から降りない事によって、民主党国会議員が再選されない確率は益々上がっている」のだ。

「そんな現実からの現実逃避の為か、国会召集さえ出来る限り先送り・・・」では、

「もはや、次期総選挙時には落としてください!と訴えているのと同じ」である』。

『「そんな状態の人間を与党国会議員として頂き続ける必要など全く無い」のだ。

「あらゆる手段を使って早急に解散~総選挙を実現するべき」である』。

『「今頃になって、党首会談を実施する事で合意」とは、

「国会召集先送りの為の姑息な策略に過ぎ無い」。

「先の問責決議を出さざるを得ない状態を作り、

問責決議が可決されたから・・・と文句を付け、

近い内解散を出来るだけ先送りしている策略と同じ話し」なのだ。

「党首会談など行わなくても、臨時国会は開ける筈」だ。

「民主党政権は、

与党としてロクな仕事も出来ていないばかりか、

往生際まで悪い醜悪な政権である事を

ワザワザ民主党自身が体現している」のだ。

「さすが、自虐的左翼と確信犯の悪の集まり・・・」である』。

|

iPS細胞の山中教授たちがノーベル賞受賞で・・・。

『「人類は、既に、細胞レベルの時代に突入している」。「医学や科学技術面での一つのトピックがiPS細胞の実現」だが、

「そうなると、当然、倫理面でも細胞レベルが必要になる」』。

『「もちろん、現代生きている多くの人々が自分のものと出来る倫理が必要になる」のだ。

「その実態」は、

「現実との整合性が高い死生観の整備」で、

「具体的」には、

「丸ごと一人」から「細胞ごと」への「正常進化」である』。

『以前より「当ブログをお読みの方々は、とっくにお気づきと思う」が』。

『「そこで、当然、その倫理を全世界の多くの人々に理解・把握してもらう為の仕事が生まれる」。

「具体的には、ゲームや映画やドラマや情報番組や教育等々が有用」だが、

「以前から、志あるつくり手は頑張る様に記して来た」が、

「未だに、実現している者はほぼ皆無の様相」なのだから、

「呆れている」』。

『「残念ながら今の筆者には、資金も環境も無い」ので、

「具体的な仕事への実現化は困難」なのだが、

「原案くらい」なら、

「当ブログ内で公示可能」だ』。

『「例えば、ゲーム」なら、

「死の恐怖を乗り越えて永遠の命に至るゲーム」とかは「どうだろうか?」

「第一章は、死の壁を乗り越える章」だ。

「死の実態は細胞ごと(誕生の実態も細胞ごと)なので、

丸ごと一人の死生観を強いる怨霊と戦い、細胞ごとの死生観という現実に近い死生観を得る事をテーマとする」。

「例えば、怨霊に対し、{細胞ごと}という呪文を唱えぶつけると怨霊が消滅する等の演出が可能」だろう。

「第二章は、細胞ごとの死生観を得た者が、細胞ごとの実体を把握する章」だ。

「具体的には、善悪愛憎喜怒哀楽等の元となる細胞ごとからの無意識の指令を理解する事をテーマとする」。

「その現実社会への投影・転嫁版である現実の善悪愛憎喜怒哀楽等がもたらす問題を、

細胞ごとの働きを元に整理・解消・解決して行くロジックを学べる様に設定すれば良い」だろう。

「具体的には、現実社会の数々の問題を大いに演出し、実際に解決出来る様にする外面は、幾多の今でもあるゲーム等の様にすれば良いが、プラスして、それが、実際は、細胞ごとの集まりがもたらす自らの健康問題に直結している事を理解・把握出来る様にすれば良い」のだ。

「そして、第三章は、永遠の命に至る章」である。

「以前から当ブログをお読みの方々なら、既にご存知と思うが、

地球生命体細胞群という広義の自我の永続性を可能にする事こそが、

現実に得られる永遠の命である」。

「細胞ごとを理解・把握したプレーヤーが、細胞ごとの世界を地球生命体細胞群全体に広げ、広義の自我を理解・把握する事こそが、このゲームの上がり」なのだ。

「さて、もっと詳しい原案を筆者共々作りたい方」や、

「原案の次のステップである原作者となりたい方」で、

「原案の面で筆者とも話してみたい方」や、

「実際に全世界で億の単位で売るべきゲームをつくってみたい方で、筆者の原案に乗る方」等々は、

「どうぞ、ご遠慮無く、筆者までご連絡を(もちろん、連絡法は、自力で調べてね)」

「筆者は、強欲では無い」ので、

「原案料(もちろん印税形式になる)部分以外の報酬は原則として望んでいません」。

「つまり、原作者やゲーム実売者は、大きな利益が得られる事になりますョ」』。

『「ノーベル平和賞(筆者は要らないが・・・)等狙いの方々」も

「どうでしょう?」』

|

反日教育に正当性は無い・・・。

『「中国共産党支配下の中国」や「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」では「反日教育が行われている」。

しかし、

「反日教育には全く正当性が無い」のだ』。

『「そもそも、何故、それらの国々が反日教育をしなければならないのか?」

「反日教育の実体」とは、

「特定他国(中国や韓国から見て)を悪者扱いする教育」である。

「何故、中国や韓国は、日本を悪者扱いしなければならないのか?」』

『「反日教育で強調されているのは、旧日本軍による侵略戦争&支配」だ。

「それでは、反日教育は、反戦争教育か?反遅配教育か?」

「全く違う」。

「反日教育の実体は、日本のみが悪いゾ!!!教育」なのだ』。

『「例えば、戦争で親や子や親戚や友人等々を他国の人に殺された人々が、その他国を憎く思ったりする」のは、

「人類全世界共通の普通の思い」だろう。

「しかし、人類全世界共通の思い」には、

「その先もある」。

「直接の殺戮行為自体のみをひたすら憎むのでは無く、例えば、戦争反対の思いを増大させたり、

戦争を行わないで良いようにする為には・・・?等々と思いを巡らす」。

「ところが、反日教育にはそれが無い」。

「反日教育は、ただヒタすら日本が悪い!!!」だけである』。

『「日本を悪者にしたダケ」では「実際は何も解決しない」し「何も生まない」のだが、

「唯一生む物事がある」。

「それは、反日教育をしている人々が正しい」という「反日教育の受けてに受け付ける固定概念」だ。

「実際は、日本をいくら悪者にしたところ」で、

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の全てが良い事には成り得ない」のだが、

「反日教育の思惑」では、

「日本を悪者にする事によって、中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の行って来ている者・物・事を正当化出来る」なのである』。

『「歴史上の現実」として、

「先の大戦末期」には、

「現在の中国領の中で、日本軍と中国共産党軍と中国国民党軍が三つ巴の戦争を行っていた」。

「中国共産党軍と中国国民党軍の戦争」とは、

「中国人同士の殺し合い」である。

「終戦時の勝者は、中国国民党軍」だった。

「その中国国民党軍を戦後、ソ連の支援を受けて、中国人同士の殺し合いで中国大陸内から追い出したのが、中国共産党軍」である。

「その上、中国共産党支配下となった中国大陸内で、中国共産党にとって都合の悪い人々を、不適応分子として、平時にも大量殺戮している」のだ。

「戦後しばらくは、戦勝国の権利は、中国国民党軍の流れの中華民国に在った」が、

「大きな中国という訳の判らない理由で、戦勝国の権利さえも、中華民国から奪い、無理やり、台湾は、中国の一部だとした」のが、

「中国共産党」である。

「もちろん、その様な蛮行が可能になった裏」には「東西対立とソ連が在った」。

「しかし、もはや、東西対立も、ソ連も無い」のだ』。

『「中国共産党が自らを正当化し続ける為」には、

「どうしても、中国人同士の殺し合いを誤魔化す必要がある」。

「日本軍による侵略戦争が悪い」と「言いながら」、

「戦争も侵略も否定出来ない理由」は「ここにある」。

「戦争も侵略も、中国共産党支配の生みの親」なのだ』。

『「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の事情は中国共産党とは違う」。

「戦時中は韓国は日本だった」のだ。

「韓国の問題は、戦後処理時に発生」した。

「戦勝国による戦後処理の真っ只中、

日本領だった朝鮮半島の扱いについて議論されていた時、

その議論のベースとなる情報を得る為、在朝鮮の人々に対する調査が行われた」。

「その時に、日韓併合は日本による韓国救済では無く、日本による植民地支配だと主張すれば、

朝鮮内の日本人を追い出せる

という甘い罠に落ちた」のが、

「戦後韓国の権力者人脈」なのだ。

「戦後の韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)は、

戦勝国を騙して、

日本人から立場・財産等を奪って始めた国」なのである』。

『「その様な韓国の実体を誤魔化す為」には、

「反日教育が必要」で、

「日本による韓国救済」は「日本による植民地支配」に「すり替えられた」。

「日本による侵略・日本による植民地支配」なら、

「日韓併合時に、大量の韓国人が、自ら進んで日本に渡来・・・」では、

「辻褄が合わない」から、

「反日教育では、強制連行」が「嘯かれている」。

「実際は、朝鮮王朝時代の悪政ゆえに衰退し、読み書きソロバンも満足に出来ない貧しい人々が多かったがゆえ」に、

「当時は、正当な商売だった公娼に、自らの娘や、他人の娘を売り渡した人々も多かった」。

「それだけでは無く、公娼の仲介業で生計を立てていた韓国人も少なく無かった」のが、

「日韓併合当時の実態」だ。

「従軍公娼で高給を稼げていた」では、

「朝鮮王朝の悪政ゆえの人民衰退も露呈し易い」ので、

「反日教育では、日本軍による従軍慰安婦」なのだ。

「朝鮮王朝時の韓国では、経済らしい経済は王朝存在地の近くにしか無く、

王朝存在地から離れて暮らしていた多くの韓国人は、

読み書きソロバンも出来ず、色の無い破れ汚れた着物を着ていたほど非常に貧しい状態」だった。

「現在では韓国第二の都市釜山」だが、

「日韓併合時の釜山は、何も無いようなところ」だったのだ。

「日韓併合により、日本本土との連絡口として急速に近代化され、発展したのが釜山」である。

「そんな日韓併合時の朝鮮王朝に、竹島の管理など出来る筈も無く、

日本は、日韓併合前に、平和時に、竹島を国際的手法で自国領として登録した」のだ。

「ところが、竹島が日本領である事は、朝鮮王朝の悪政を露呈させるきっかけとも成り得る」ので、

「反日教育では、竹島は日本に侵略された」である』。

『「反日教育には、全く正当性が無い」ばかりか、

「どの国にとっても有害」なのだが、

「有害な反日教育で自国民を洗脳し続ける事抜き」には、

「自らを正当化出来ない中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」では、

「未だに、反日教育に熱心」なばかりか、

「全世界を反日教育で洗脳するしか、生き残る道は無い・・・」とばかりに、

「現実と全く違う嘘情報の世界発信に異常な程熱心」なのである』。

『全世界は、

「正当性が全く無い反日教育を真に受ける事の無駄や害」を「避けるべき」だ』。

|

生活保護費を圧縮するなら「先ず在日・在留外国人分から」でしょ・・・。

『「在日・在留外国人にも野坊主に生活保護を与える様指示を出した」のは「言うまでも無く民主党政権」だ。

「もちろん、生活保護を与えるに適切な方々もいる」が、

「中には、生活保護受給で日本国内での日常生活を確保」し、

「仕事をしないで生活出来る時間を悪用」して、

「工作活動に邁進している不埒な連中も少なからずいる」のが「現状」なのだ』。

『「工作活動の発注先」は、

「中国共産党」だったり、

「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」だったり、

「それらと仲の良い日本の政党」だったり、

しているのである』。

『「具体的な工作活動の内容」は、

「電磁波・飲食物工作等による反対人脈の弱体化や反対人脈の人・企業等に対する邪魔」や、

「ネット情報操作」や、

「意図的に流してる噂話し等による情報操作」等々である。

+「そのスジの人脈の企業・店の応援(さくら役等)」なのだ。

そして、

「その様な工作活動の悪の成果」で

「ライバルの実力を削いだり、病気や事故死等で実戦から蹴落としたりして、蹴落とす事」で、

「例えば、企業等では、そのスジの人脈の人が出世出来ていたり・・・する」。

「反日教育国支持企業や、

反日教育国支持政党や、

反日教育国の都合に適う政策を行おうとする政党等の裏」には

「工作活動が在る」のだ』。

『「本来なら母国への強制送還や刑務所送りが適切な連中」にまで

「日本の血税である生活保護をばら撒く事で工作活動まで行わせている様相」の「民主党政権」・・・。

「民団による選挙応援」も「未だに民主党支持のネット世論」も

「至る所に在る様相の異常な電磁波」も、

「何故か?或いは、当然、飲食するとイライラしたり、集中力を削がれたり、体調が悪くなる飲食物」も、

「反日教育国に対する異常な支持情報」も、

「反日教育国支持政党や支持官僚や支持テレビ・マスコミ教育人等々」も、

「その元には、数々の工作活動が在る」のである』。

『「生活保護費を与えるだけでは無く、与えた者に対する実態調査を真剣にちゃんと行えば、実態は直ぐに露呈する」筈である。

「日本」の

「平和ボケの卒業」と

「政権交代」は

「急務」だ』。

|

全世界は、ソ連という根っ子を既に失っている中国共産党と先の大戦の終戦時の処理に漬け込み植民地支配という嘘で日本人の立場・財産を奪う事で国を始めた韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)に騙されてはいけない・・・。

『「ソ連の支援を受けて中華民国から中国を略奪したのが中国共産党」だ。「同様の手段で韓国を略奪しようとしたのが北朝鮮」である。

「それらの国々では、自国民に対する殺戮を誤魔化す為(中国共産党)や実質的詐欺・泥棒行為を誤魔化す為(韓国)の手段として反日教育が行われている」。

「その根っ子であるソ連はもはや無い」』。

『「全世界が付き合うべき相手では無い不当略奪政権」の「崩壊」、

そして「不当略奪政権に支配されている人々の不当略奪政権からの解放」は、

「必然」なのだ』。

|

「とっとと国会開け!国民栄誉賞等で誤魔化している時じゃないぞ!!民主党」・・・。

『「もはや議員報酬を与えるべきでは無いレベルを通り超して罰や罰金のレベルに達しつつある民主党の国会議員」。

「今まででも、その売国ぶり等は呆れるばかり・・・」で、

「仕事量も酷く少ない」ばかりか、

「東日本大震災後(福島第一原発被災事故も含む)の後処理」を見ても明らかな様に

「仕事の質も本当に悪い」。

「こんな連中に国会議員の立場や報酬を与え続ける事」は

「明らかに日本の国益・国民益にとって大きなマイナス」だ』。

『「既に召集されているべき臨時国会」でさえ、

「未だに否召集」とは、

「正に職放棄」で、

「税金泥棒はとっとと国会議員を辞めろ!!!」の域である』。

『「そんな実態なのに、未だに、民主党のズルがまかり通っている」のは、

「言うまでも無く、韓流テレビ・マスコミ等による情報隠蔽や偏向情報の一方的大量配布があるから」で、

「韓流テレビ・マスコミ等」は、

「日本の本来のテレビ・マスコミ等では無い」のだ』。

『「そんな実体が良く分からないおバカや操り人形たちや、確信犯の悪たち」が

「未だに、韓流テレビ・マスコミ等を日本のテレビ・マスコミ等としている」のだ』。

『「日本の政治を正常化する為」にも、

「日本の情報・教育等の是正は必需」である』。

『「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を韓流・・・に与え続ける必要など全く無い」のだ。

「日本のマスコミだと思って韓流マスコミの新聞や雑誌・書物等を買う事」は

「間違っている」のだ。

「日本の公共の電波は日本の下に、

韓流マスコミの新聞や雑誌・書物等は韓流の物として扱う事」が「重要」なのである』。

『因みに、

「早急に臨時国会を召集して特例国債法案を通さないと、

日本国はお金で行き詰まり、

国民生活に大きなダメージが与えられてしまう」事は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「未だに臨時国会を召集していない状態」とは

「日本国の政府としては、あり得ない状態」なのだ』。

|

代表選も総裁選も終わっているのだから「さっさと臨時国会開くべき」でしょ・・・。

『「延命の為に臨時国会の召集を遅らせている」様相の「民主党」。「本当に最悪の政権」である』。

『「その前の党首会談」など、

「三党合意時のまま」なら、

「特に行う必要など無い」のだ』。

『「野田総理が同じ」という事は、

「三党合意という公党間の合意も生きていて当然」で、

「総理が詐欺師では無い」のなら、

「近い内解散が当たり前」だ』。

『「近い内解散の為」には、

「特例公債法案」だけは「通さざるを得ない」。

その上で、「5増5減のみの何処の党でも反対する必要の無い定数是正法案」を、

「通すだけ通せば、周知機関に縛られる事無く解散も可能な筈」である』。

『「一日でも長い政権の座の為に、

なかなか臨時国会も召集せず、

国民生活を犠牲にし続ける民主党政権」は、

「日本国・日本国民の為の政権では無く、特定他国の為の政権なのだ!」と

「言われても仕方無い状態が今進行している」。

「こんな状態が続けば続く程、民主党国会議員の再選率は下がり続ける」のだ』。

|

自民党にまで押し寄せた事で益々正体が露呈している「反原発デモの方々」・・・。

『「日本の脱原発が日本の国益・国民益を損ねるだけでは無く、核の安全保障上でも、世界中に中国製や韓国製の原発が出来る事の応援にしかならないのだから良く無い事」は、

「少し冷静に考えれば誰でも解る」。

「今、日本で原発関連の運動を行う」のなら、

「脱原発!」では無く、

「もっと早く福島第一原発の被災事故の処理をせよ!(もちろん、その責任の多くは民主党政権にある)」とか、

「もっと原発関連の安全技術を磨け!進歩させろ!!」等々の「運動」だ。

「ところが、正当な運動を行う人々はほとんどいない」ばかりか、

「日本の国益・国民益を損なわせる為の運動を行っている連中が少なからずいる」のだ』。

『「何故そんな事態になってしまっているのか?」

「元々、日本で運動を行っている人脈は、所謂反体制の人脈」である。

「つまり、日本社会での不満を日本の体制に八つ当たりする事で晴らそうと現実逃避している連中」なのだ。

「普通の日本人なら、下手な運動を行う前に、日本社会での不満は日本社会自体に自らが参加し、改善の力を加える事で是正しようとする」。

「結果、日本で運動等に興じている連中」は、

「まるでカルト宗教団体の信者の様相となっている」のだ』。

『「そのまま放置していれば、何処かのカルトと同様の扱い」だが、

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の手先と成り下がっているマスゴミ」が、

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の利益を図る為」に、

「日本のカルト的運動を悪用している」から、

「事態が異常になっている」のである』。

『「マスゴミを普通のマスコミだと勘違いしている人々」が、

「マスゴミ情報を信頼に足る情報と勘違い」し、

「カルト的運動に過ぎ無い日本のみ脱原発運動やオスプレイ反対運動の本質も???のまま、

何となく、世論の流れはそっちなんじゃないの・・・等と勘違いさせられ、

操られている」から、

「本来なら、直ぐにでも収拾する事態がなかなか収拾していない」のだ』。

『「マスゴミ等悪に操られている大衆による多数政治等」こそが、

「愚民民主政治」で、

「その実体は、マスゴミファシズムに他ならない」のだ。

「愚民民主政治で国を動かしてしまえば、その国の衰退は必定」だ。

「国が衰退すれば、国益・国民益も衰退する」のだから、

「そんな事態を避ける為」にも、

「今こそ、多くの一般日本国民は、脱マスゴミ情報に傾注するべき」である』。

『「現政府でも無い自民党にまで、まるで嫌がらせの様に押し寄せている脱原発デモの連中の姿を見れば、

誰もが、その正体に気付く筈」だ。

「連中は、原発反対!のクセに、エネルギー対策として核融合を・・・と言っていた旧社会党連中の様なモノ」なのである。

「日本のみ脱原発という日本のみ非武装中立と同様」の

「思いの中のお花畑での酔いを現実社会で体現している現実逃避人間、もしくは、確信犯の他国人脈の手先である悪」なのである』。

|

世界中を中国製や韓国製の原発でいっぱいにしたい方々は「日本の脱原発運動」をどうぞ・・・。

『「何事でも進歩には方向性がある」。「科学技術の進歩の一つの方向性」は「より高いエネルギーを制御する方向」だ。

「科学技術の進歩が止まらない限り、人類は、原子力制御~利用を止める訳も無い」し、

「原子力以上の高エネルギーを制御する道へも進んで行く」。

「人類が宇宙に本格的に進出する為」には「重力制御が必要になる」が、

「重力制御を行う事は、原子力以上の高エネルギー制御を行う事と同じ」なのだ』。

『「例え、日本が脱原発したところで、人類全体での脱原発は無い」。

「原発とは原子力の平和利用であり、既に多くの国々で利用している技術」だ。

「核廃棄物を再利用する為にも、原子力技術の向上は必需」である』。

『「日本が脱原発しても、人類の原子力利用は止まらない」。

「その事が意味するところ」は「人類は原発生産国の原発を買い使い続ける事」である。

「日本の脱原発を望んでいる」のは、

「原発で商売したい思惑がある国々」で、

「具体的には、中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)等」なのだ』。

『「世界中を中国製や韓国製の原発で埋め尽くす事」を

「核の安全保障になると思っているのは、そのスジの人々か余程のおバカくらい」だろう。

「言うまでも無く、中国製品や韓国製品の質は未だ日本や欧米先進国のレベルに達していない(国の体制・・・精神構造上・・・支配・被支配関連以外では優秀な者が育ち辛いので、当然の現象なのだが)」。

「核の安全保障上より危ない状態を望み、

中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の応援をしたい」のなら、

「日本で脱原発運動」に「大いに励むと良い」。

しかし、

「自虐的で迷惑なおバカ」や「確信犯の悪の手先」が「実権を持つ事などあり得ない」のだから、

「日本の脱原発運動の実体」は「中国の反日デモの様なモノ」なのだ。

「中国の反日デモ」を見て、

「冷静に!」等と叫んでいる連中が、

「日本で脱原発運動・・・」とは、

「近親憎悪の世界に過ぎ無い」のだ。

「万一、未だに、そんな世界にいる日本人がいる(確信犯の悪は何れ自滅する)」のなら、

「日教組等の教育や韓流テレビ・マスコミ等の情報等々に負けず、

もっとちゃんと成長して頂きたい」と切に願う』。

|

全世界は中国共産党と韓国(北朝鮮も含む)に騙されてはいけない・・・。

『「現代の先進国の世界標準」は「何が事実・現実・真実か?」だが、「何が事実・現実・真実か?を追求する」と「政権の正当性が崩壊する中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」は、

「未だに、戦乱時代の価値基準である力こそ全て!を抱きしめ続けていなければならない」のだ。

「このベースを良く理解せずに、

上辺だけで

中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の言い分を

現代国の言い分として聞く」と

「おかしな事態になってしまう」。

「世界は、現代国に至っていない国の言い分は、現代国に至っていない国の言い分として聞くべき」である』。

『「中国共産党の言い分に支配されてしまった国の例」として「フィリピン」がある。

「フィリピンから米軍が居なくなった後、フィリピン領への中国共産党の進出は目覚しく」、

「少し前からは、中国共産党の工作員として仕立てられているフィリピン人も少なく無い」のだ。

「平和ボケ日本人」でも、

「さすがに昨今では、中国系の人々や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)系の人々に対する用心をする人々が増えた」と思うが、

「少し前からは、フィリピン系の人も、中国共産党等の工作員である可能性が増えたので、要注意!」なのである』。

『「中国共産党の手下化されつつあるフィリピン化」を防ぐ意味からも、

「全世界の人々」は、

「現代国に至っていない国の言い分は、現代国に至っていない国の言い分として聞くべき」である』。

『「力が全て!」で、

例えば、

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の言い分が正当性を持つ世界をつくる」とすれば、

「それらの国々が全世界を支配する必要がある」から、

「連中は、世界支配工作に熱心」なのだ。

「馴染みの深い周辺国を弱体化」し、

「馴染みが深くない遠方国は嘘情報で騙し」、

「拡大政策で周辺国を支配し続け、遠方国が対立出来ないくらいにまでその勢力を増大させる事」によって、

「初めて悪どもの策略は可能になってしまう」。

「そんなオゾマシイ世界は、21世紀の人間世界には相応しく無い」。

「何が事実・現実・真実か?」という「現代国の世界標準を全世界に行き渡らせる様にする為」にも、

「現代国に至っていない国の言い分は、現代国に至っていない国の言い分として聞き」、

「力が全て!の論理で動いている国々」へは、

「何が事実・現実・真実か?で動ける国々への正常進化を全世界レベルで強いるべき」である。

「その事によって、力が全てで動いている国々の国民も解放される」のだ』。

|

「近い内解散」が無ければ「特例国債法案」だって通りませんから・・・。

『「民主党の選挙対策内閣改造(元●●大臣と公言出来れば、いくらかは当選確率も上がる・・・から、一挙に大量の新人大臣&知名度・話題性の高い田中真紀子氏の起用)」も「済み」、

「後は、臨時国会の召集と、特例国債法案と定数是正法案の成立待ち」となった

「解散・総選挙」』。

『「一刻も早く、臨時国会を召集し、さっさと必要法案を通し、直ちに解散~総選挙」こそが、

「日本国・日本国民の為」だが、

「未だに、輿石一派等は、出来る限り長い間、出来れば、2013年まで民主党政権を続けたがっている」らしい。

「連中が拘っているのは、数字で、13好きの連中は、13年の選挙なら自分たちに祝福が来る・・・」と

「カルト宗教信者の心を篤くしている」のだそうだ。

「本当にどうしようも無い連中」である。

「一刻も早い解散~総選挙が必需」だ』。

|

「オスプレイ反対!」に興じている人々は「中国共産党反対!!運動」でもするべきでしょ・・・。

『「何故オスプレイの配備が必要なのか?」さえ考えずに「何となく危険そうな機体だから嫌!」とやっている様相の

「未熟者たち」や

「未熟者たちを操る事で中国共産党の利を図っている確信犯の悪たち」が、

「普通の日本国民になるのは、何時の日なのだろうか?」

「確信犯の悪本体、もしくは、確信犯の悪の手先」の様相の

「まるで、未熟者量産の為の様相ですらある、韓流テレビ・マスコミ等の論調も酷すぎる」が』。

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »