« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

石原代表と橋下代表代行の言っている事が違う「大丈夫か???日本維新の会」・・・。

『「原発問題」で「橋下の言い分では、フェードアウト(・・・つまり、原発は無くす)だった」が、「石原の言い分では、原発は当然無くさない旨」だ。

「政権交代時の民主党同様」の「野合的雰囲気さえ醸し出している日本維新の会」だが、

「本当に大丈夫か???」』

『「石原やたちあがれ日本系の酸いも甘いも十二分に知り尽くした百戦錬磨の大人の判断」が、

「橋下やその裏にいる韓流人脈を説得して、日本の為の政治が出来る政党とする事が出来るのか???」』

『「原発問題」は「良く考えれば、バカや悪で無ければ分かる話し(他の記事をご参照下さい)」だ。

「比較的説得し易いと思う」が、

「それでも、橋下が実質的原発ゼロを謳っていた」ので、

「筆者たちの間では、維新もダメだった」のだが、

「石原がそれを否定する」と、

「たちあがれ日本のメンバーもいる事から、あらぬ期待感まで生まれてくる」。

「もしかすると、それこそが、石原流のしたたかな強さなのかも知れない」が、

「果たして、実体は・・・」』。

『「何れにしても、他に少しでもマシな選択肢があるのなら、君子危うきに近寄らずで良い」のだろう。

「日本維新の会」も「支持を得たいのなら、本気で、日本の為になる政策も提言しないと!」

「中央官僚支配の破壊・・・脱官僚」では、

「脱原発同様」で、

「日本の為になる訳も無い」。

「中央官僚の硬直を解き柔軟にする」なら、

「日本の為になる」のだ。

「その辺りに言及していないところ」や、

「政策野合ぶり」が、

「まるで、政権交代時の民主党」なのだ』。

『「無党派の筆者たち」は

「総選挙時の投票先を決める基本ロジック」を考えている。

「政党」は、

「先ず、反日教育国を有利にする日本のみ脱原発派を除く」。

その上で、

「他の政策も同様」に、

「一般日本国民を有利にするか?反日教育国人脈を有利にするか?を検証」し、

「多くの一般日本国民を有利にする事を公約している政党」にする。

「候補者」は、「反日教育国人脈に一番操られ辛い候補者」にする予定だ』。

|

思わず大爆笑!「小沢も使いこなせない様では官僚が使いこなせる訳も無い」と言って来いと「小沢に使いこなされている様相の嘉田党首」・・・。

『「日本未来の党」の出来方を見れば、「多くの人が、嘉田仮面を付けた小沢新党で亀井や河村も協力・参加・・・」と思う筈だ。

「嘉田新党だと思っている人は稀」だろう。

「それなのに、タイトルの様な発言」なのだから、「裏にどんな事態があったのか?」は「想像に難く無い」。

「茶番劇」に「感動した人は稀」で、「多くは筆者同様、大爆笑!」か、「呆れたか、等々・・・」では無いだろうか』。

『「そもそも、国会議員が官僚を使いこなす大前提」は、

「国会議員が善意の日本の為になる国会議員で、尚且つ官僚以上の能力を持ち」、

「対象となる官僚が善意の日本の為になる官僚である事」だ。

「対象が反日教育国の手先の官僚」なら

「使わず排除する」のが「正当な道」である』。

『「小沢の実績」を見れば、

「大量の子分(お仲間)を連れて、中国共産党を実質的に表敬訪問」。

「皇室の慣例をまげてまでも、中国共産党要人の要望を聞く」。

「与党幹事長時には、選挙時の小沢チルドレンの大量擁立や、幹事長室への権力集中」。

「オマケに、民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権を約束」。

・・・等々なのだから、

「実績から客観的に見て、反日教育国の手先的政治家」と「多くの人が思っている筈」だ』。

『「小鳩政権時に実際に与党で権力を握り、実際に国政を担当して、あの実績」なのだかあら、

「もう一度小沢に日本の国政を任せたいと思っている人々はほとんど居ない筈」だ。

「もっとも、中国共産党系の方々とか、民団の方々等々」なら、

「どんな手段を使っても、小沢政治で日本を仕切って欲しい!」であっても、

「何の不思議も無い状況」だが・・・。

「小沢を使いたがっている」のは、「そのスジの方々くらい」なのだ。

「お歳もお歳なのだし、

一度は日本の国政で幹事長という大権を揮ったのだし、

その結果、多くの一般日本国民からの支持は得られなくなったのだし、

もはや、政界から引退するべき状況なのが、小沢氏の実態」だろう』。

『「有能なAと引退するべきBを同列にならべて、Bの価値を上げようとする手法」は、

「情報工作の常套手段」なのだ』。

|

「脱原発最後のチャンス」&「経済の抜本的な構造改革」を生かしたい方々・・・。

『「脱原発最後のチャンス」と「言った事」は「今後、原発事故など起きない」と「思っているのと同じ」だ。

「少し考えれば、この程度の事は誰でも分かる」。

「経済の抜本的な構造改革」とは「TPPを連想させる」が、

「国境線ファイアーウォールを下げる事=金権増大」だから、

「金権をもっと抜本的に増大して欲しい」と「言っている様な事」なのだ。

「テレ朝昼番の最後のまとめがコレ」なのだから、

「どんな連中が番組を仕切っているのか?」が「良く判る」』。

『「福島第一原発被災事故の様な原発事故は起きそうも無い」が「日本を脱原発させたい」。

「経済の抜本的な構造改革」で「金権をより増大させたい」。

「そんな思惑を持つ権力者たちが多い」のは、

「日本では無く、反日教育国」だろう。

「何故なら、日本の脱原発で反日教育国の核兵器や原発の力は上がり」、

「国境線ファイアーウォールを下げ金権を増大させる事」は、

「反日教育国内で下々から散々搾取して金満状態の反日教育国の権力者」にとって、

「日本の乗っ取り支配工作がやり易くなる状態だから」だ』。

『「反日教育を正当化し続ける為」には、

「日本の乗っ取り支配&日本の自虐が必需」なのだ。

「反日教育が崩壊する事」は、

「反日教育国の権力者人脈がその地位や利権等を失う事に直結している」。

「結果、反日教育国の権力者人脈の人たち」は、

「不当な地位・利権等の維持の為に、

必死で、

日本の乗っ取り支配工作を行うと共に、

日本に自虐を強いたり、日本人に成り済まして日本の自虐を演じたりしている」』。

『「そんな連中の面々」で「画面が埋め尽くされている場合も少なく無い」のが、

「日本の韓(=反日教育国)流テレビ」なのだ』。

『「韓(=反日教育国)流テレビ」は「韓(=反日教育国)テレビ」として「視聴」して、

「日本乗っ取り支配情報工作の酷さを知り、早急に実効のある対策を行う人々を日本の国会に送り込む事」こそが、

「総選挙の争点」でもある』。

|

子育て援助金をもらっても、原発止めて景気を悪くしちゃ家計は困窮でしょ・・・。

『「おいしい話のみ」に「注目したがる人々は少なく無い」。「しかし、政治・政策等は全体を考えて判断しないと!」

「ばら撒きで権力が強くなるのは政治家」だから、

「強い権力を持ちたがる政治家はばら撒きを好む」。

「強い権力を持つ者とは、特権階級」で、

「特権階級社会の実例」は「例えば、反日教育国である中国共産党支配下の中国を見れば明らか」だ。

「中国共産党好きの小沢や実質小沢政党」は「ばら撒きも好き」が「必然」なのだろう』。

『「日本に求められているのは、特権階級の製造では無く、良い治世」だ。

「ばら撒きでは無く、良い制度による良い治世を目指すのが、正当な道」である。

「ばら撒きはバカでも悪でも出来る」が「良い制度の構築」には「相応の能力も良心も要求される」のだ』。

|

経済問題・・・。

『「元々は、支配者、もしくは、集団合意による価値の代理のお墨付き物」が「お金」だ。「現在」でも「その基本は変わっていない」。

「つまり、現状のお金」には、

「科学的に証明出来る現実的科学的な価値があるのでは無く、

人間間の合意による相対的な価値があるダケ」なのだ。

「ところが、多くの人々は、お金の価値を磐石と思いたがっている」。

「その裏に在るのは、投影・転嫁・依存の心理」だ』。

『「人を縛っている投影・転嫁・依存の心理から、自分を解放して、お金を考えてみる」と

「現状人間社会の経済システムの現実離れぶり」も「良く解る」』。

『「元々、お金の価値が現実との整合性を持つ為」には、

「人類全ての本質的目的である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が必要」になる。

「例えば、ある仕事や者・物・事が、地球生命体細胞群の存続~永続に対して有効」なら、

「その有効度に応じてお金の額が決められ、ある仕事や者・物・事に対して与えられる」なら、

「お金と現実との整合性も相応に取れる」。

「お金の価値も相対的では無く、絶対的になる」。

「地球生命体細胞群の存続~永続に対して有効な仕事や者・物・事はどんどん積み重なっていく」から、

「お金の量も当然増える事になる」。

「ある人が持つ、絶対的な価値基準を元に絶対値で与えられたお金の量」は、

「その人が行った地球生命体細胞群の存続~永続に対する有効な仕事等による」から、

「人と人との格差の裏にも、現実のお墨付きが生まれている」事になる。

「この様な絶対的価値基準を持った経済システム」なら「その中でお金持ちになる事を目指す事自体も悪くは無い」。

「現実との整合性が保てるから」だ』。

『「ところが、現状人間社会の現実離れした経済システム上で、お金持ちを目指す事」は、

「往々にして、人類誰もの本質的目的である地球生命体細胞群の存続~永続に有効な仕事や者・物・事とかけ離れてしまう」。

「現状経済システム上では認められている金転がし等の手段でのお金の増大」や、

「地球生命体細胞群の存続~永続に有効では無いばかりか、むしろ悪効をもたらす仕事や者・物・事での集金行為」等々の「手段抜き」に、

「現状人間社会でお金持ちになる事は、結構困難」だ。

「何しろ、元々が現実との整合性を持つ価値を持たないお金」だから、

「支配者的立場を得てしまえば、いくらでもインチキが仕込める」。

「地球生命体細胞群の存続~永続に有効な仕事や者・物・事」でも、

「支配者的立場の者による強制や、集団的合意で、お金の価値を与えなければ、経済上は価値ゼロに出来る」。

「逆に、地球生命体細胞群を崩壊させる仕事や者・物・事」でも、

「支配者的立場の者による強制や、集団的合意で、大きなお金の価値を与えてしまえば、経済上で大きな価値が生まれる」。

「現状の経済システム」は「明らかに現実離れしたインチキ経済システム」であり、

「インチキ経済システムや武力等を用いて、

本来なら、自分で自分を健康にコントロールする欲動を、

他人に投影・転嫁し、代償欲求化して、他人に対する支配欲や被支配欲としている悪もしくは未熟者たちの数」が、

「決して少なく無い」のが、

「現状人間社会のお寒い現実」なのである』。

『「元々が、インチキ経済システム」なのだから、

「為替等も、自国・自国民が有利になる様にする」のが「普通の国々」で、

「自国・自国民を不利にする為替状態等を作り、インチキ経済システムに媚びる事を優等生の如く風潮する」のは、

「他国人脈の手先」なのだ。

「自国・自国民の為にも、

その国やその国の国民の中で発生している

地球生命体細胞群の存続~永続に有効な仕事や者・物・事には、

率先して経済的価値を付け、

その分だけ多くお金も作れば良い」のだ。

「世界平和とも大きく係わっている現実との整合性が高い経済システムへの移行の為」にも、

「現実との整合性を高める正当性のある仕事等は、遠慮無く行うべき」である』。

『「因みに、地球生命体細胞群とは、誰もの実体であり、誰もの広義の自分自身」だ。

「現実離れしたおバカ、もしくは悪」は、

「狭義の自分である個体の永続性を求めたりする」が、

「それは、自我狭窄症状態」なのだ。

「広義の自分を実感出来るくらいにまで、現実との整合性を求め、

現実との整合性ゆえに得られる本当の落ち着きを得る」と、

「広義の自分の永続という実際に実現可能な永遠の命にも思いが至るもの」なのだ』。

|

脱原発派の皆さん!「日本の脱原発の前に、反日教育国の核兵器廃絶や脱原発を実現する具体的プランを示して頂戴!!!」・・・。

『「無責任に脱原発!」では「無責任に小泉!・民主!!・第三極!!!」と全く同じだ。

「確信犯の反日教育国の工作員」なら「確信を持って、日本のみ脱原発させる事で、反日教育国を有利にしようとしている似非日本国民」だ。

「ちゃんと反日教育国に核兵器廃絶と脱原発を実現出来るプランを持った上」で「日本の脱原発を訴えている責任のある者」は「いったい何人いるのだろうか????」』

|

実際に小泉・竹中等は官僚よりバカもしくは悪だったから以降の日本社会も酷くなった・・・。

『「改革・開国・規制緩和等々」と言えば「聞こえは良い」が「その実体」は「金権強化に他ならない」。

「官僚支配」と言えば「聞こえは悪い」が「その実体」は「国権による総中流化」でもある。

「金権支配のみに任せる」と「人間社会は、二極化格差社会になる」。

「国権のみに任せる」と「人間社会は、旧社会・共産圏の様になる」。

「しかし、金権社会と国権のバランスを取れば、総中流化も可能」だ。

「その総中流化を実現していた」のが「戦後の日本の法体制を巧みに利用した善意の日本の官僚たち」だった』。

『「しかし、一部の悪官僚たちは、官僚利権として、過剰な利権も求めた」。

「天下り天国の構築」は「総中流化報酬が当然欲しい官僚」にも「当然の如く受け入れられた」』。

『「ところが、小泉・竹中以降、総中流化は崩れた」。

「結果、適度な規制を行うお上」は「規制も行えない公僕になった」。

「官僚が公僕となれば、民間企業人より報酬が安いのも当然」だが、

「官僚を公僕とすれば、政治のほとんどは政治家が行わなければならなくなる」。

「政治権力は政治家に集中する」。

しかし、「果たして、官僚以上に頭も性格も良い政治家が何人いるのか???」

「政治家の多くが、図々しさだけは人一倍・・・と、まるで何処かの芸NO人と同様である事」は、

「多くの人々が知っている通り」だ。

「民主主義社会を目指す」なら、「政治家は図々しいお偉いさんでは無く、民意の代弁者で無ければならない」。

「民意の代弁者に政治を預ける」なら「民意も相応に賢くなければならない」。

「熟慮無き風潮論で政治を動かせば、不利益を受けるのは自分たち」だ』。

『「客観的に見る」なら「総中流化も経済発展も実現していた官僚政治」は、

「二極化格差社会を招いた小泉・竹中等による悪戯な政治主導利権集中悪徳改悪政治」より

「遥かにマシ」だった。

「熟慮無き風潮論の大衆政治で生まれた民主党政権政治」は、

「その前の自公政権より遥かに酷い政権」だった。

「実際に、民主党政権になってからの日本の不況や企業の苦境はとんでもないレベル」である』。

『「今回の総選挙」にあたり、

「有権者」は、

「少なくとも上記の現実」くらい「認識した上」で、

「熟慮の上で、投票を行うべき」だ』。

『「日本社会を良い方向に向かわせる」のも、

「より悪い方向に向かわせて易くしてしまう」のも、

「今回の総選挙の投票結果」が「大きく影響する」のだ』。

『「反日教育国人脈の売国政党・政治家」に「日本の国政を任せる事」程「愚かな事は無い」。

「日本人官僚を悪戯に悪者扱いする韓流テレビ・マスコミ等の論」に「操られて」、

「反日教育国人脈を利する選択をさせられてしまう事」は、

「自らを売国操り人形化してしまう近道に他ならない」のだ』。

|

衆議院解散総選挙「グリーンエネルギーで儲かるのは何処?」「原発再稼働で儲かるのはどこ?」・・・。

『「有権者は少なくともタイトルの様な事態くらいは良く考えるべき」だろう。

「グリーンエネルギーの税金まで使った積極導入」で「実際に儲かる」のは、

「皮肉な事に反日教育国」なのだ。

「日本」では、

「極一部」の「日本企業等がグリーンエネルギー事業で利益を出せる」が、

「全て」の「家庭・企業の電気料金が大幅に上がる」。

「エネルギー価格の高騰が招く企業・景気への悪影響は計り知れない」。

「その反面、太陽光パネル等は、中国でも韓国でも生産可能で、実際に作っている」から、

「表の顔が日本企業の太陽光パネル等でも、日本国内生産とは限らない」のだ』。

『「原発再稼働ではどうなるのか?」

「原発再稼働=原発ムラの為」と「韓流テレビ等は嘯いている」が、

「原発再稼働」すれば、

「日本国内全て」の「家庭・企業の電気料金は高騰しないで済む」。

「原発を積極的に使えば使うほど電気料金の値上げは抑えられる」。

「温暖化ガス対策としても、安上がりな道が、既存原発の積極使用」だ。

「既存原発の積極使用は危険」と「勘違いさせられている人々も少なく無い」が、

「あの未曾有の東日本大震災でさえも、

大きな実害を出してしまったのは、

福島第一原発のみ」というのが、

「日本の原発の実状」だ。

「より震源地に近い女川も、福島第二もちゃんと止まっている」。

「福島第一だって、津波対策と電源対策の両方が悪かったので、大被災を招いてしまったが、

そのどちらかが大丈夫だったなら、被害はかなり減っていた筈」だ。

「東日本大震災以降、より安全を求める事故対策が求められ実行されている現在、

日本の原発を止めたままにして置く事のメリットは非常に小さく、デメリットは甚大」だ。

「原発の更なる安全対策は、原発を動かしながらでも出来る」のだ。

「原発再稼働で損しない(≒儲かる)のは、多くの一般日本国民」である』。

『「それでは、何故、日本の原発は止められたままなのか?」

「福島第一原発の被災事故処理が余りにも遅く(その責任の多くは民主党政権にある)、

「韓流テレビ・マスコミ等が、過剰な原発不安を煽り続けているから」だ。

「つまり、日本の原発は実質的工作活動で止められている」のである。

「原発再稼働は、日本に損させない(≒儲けさせる)道」だが、

「反日教育国は、日本が原発再稼働すれば、儲からない」』。

『「原発再稼働すれば、全ての家庭・企業の電気料金の高騰が防がれる事」で、

「日本は大きなメリットが得られる」。

「日本国内の企業経営もやり易くなり、日本国内の景気も向上し易くなる」。

「しかし、反日教育国内の企業や企業株等で儲けたい売国奴たちは、儲からなくなる」。

「売国奴たちにお墨付きを与えない為」にも、

「総選挙時には、脱原発政党・候補者を排除するべき」だ』。

『「原発でも再生可能エネルギー発電でも、施設の世代交代は必需」だ。

「世代交代分の原発は新設するべき」であり、

「電力部門温暖化ガス抑制必要分」は、

「原発と、より温暖化ガスの発生の少ない火力への切り換えと、再生可能エネルギー発電でカバーするべき」だ。

「しかし、

何れの発電方法でも、

日本経済への悪影響を避ける為、

市場経済原則を守るべき」である。

「太陽光発電のバカ高買い取り」なんて、

「あり得ない話し」なのだ。

「10円台で売るものを42円で仕入れ、その付けは電力購入者に回す」とは、

「太陽光発電が増えれば増える程、現状キロワット/時あたり10円台の電気料金も、倍増どころでは済まない・・・」という事なのだ。

「多くの日本国民を高い電気料金で困窮させ、高い電気料金で多くの日本企業の息の根も止めよう、

というのが、脱原発&グリーンエネルギー発電事業の推進」なのである。

「その裏」で「反日教育国内企業や反日教育国内企業株はその分不当に上昇する」という訳だ。

「反日教育国の工作員、もしくは、売国奴たち」は

「日本のテレビ・マスコミ・政界・教育界から去れ!!!」』

|

藪睨み、政界離合集散「ゴミは集めて分別すれば資源に化けるが、ばい菌は集めても分別してもばい菌だ。」・・・。

『「政治理念・思想信条等が違う政治家が悪戯に集合すれば何も実行出来ず粗大ゴミ状態」になる。

「反日教育国の手先の政治家はどんな状態でもばい菌」だ。

「粗大ゴミ大政党にばい菌が入っていれば、粗大ゴミは腐る」。

「昔の自民党は粗大ゴミと資源の間くらいの状態だったが、ばい菌が入ったので腐った」。

「民主党は、最初からばい菌だらけの粗大ゴミだったから、分解も早かったが、腐っていたのでなかなか解散処分場にも運び辛かった」。

「元民主党の国会議員がなだれ込んでいる日本維新の会や日本未来の党」は、

「もう既に、分別資源の世界では無く、ばい菌もタップリのごちゃ混ぜゴミ山の様相」だ。

「最悪なのは、ばい菌の山」で「独裁菌を蔓延らせるとゴミの全てのばい菌化が出来てしまい易い」から「要注意」である。

「ゴミ山でも分別資源化するのなら良い」のだが、

「大きなゴミ山が出来てしまう」と「解散処分場へも運び辛くなる」。

「分別資源を増やすのか?」「ばい菌を増やすのか?」

「ゴミ山を大きくするか、小さく押さえるか」は「有権者次第」である』。

『「反日教育国への貢献」を「ばい菌マーク」として、

「各候補者の顔に貼り付ければ」・・・。

「鳩山元総理」

「小沢」

「菅前総理」

の「お顔はどうなる?」

「安住」や「前原」や「野田総理」の「お顔はどうなる?」

「与党は実権がある分だけ実害も招き易い」のだ。

「野党の面々」も「過去の実績に応じてばい菌マークを付けてみると良い」。

「各候補者に付いたばい菌マークを全て集めて党員数で割る」と「その政党のばい菌汚染度も良く判る」』。

『「有権者」は、「お顔がばい菌だらけの候補者・政党を先ず避けること」だ』。

|

「憲法9条改正に大反対!」デーブ・スペクターの正体・・・。

『「何気なく、フジの朝番にチャンネルを合わせたら、デーブ・スペクターが社民党の福島瑞穂をも圧倒する勢いで、憲法9条の改正に大反対していた」。

「何故?」

「デーブの言い分」では、

「今更、中国も韓国も戦争は出来ない」。

「憲法9条があるから日本は戦争に巻き込まれていない」。

「憲法9条は世界に誇る日本の法だ」。

等々の旨だが、

「もちろん、現実とは全く違う」』。

『「現実」は、

「反日教育国は、日本を軍事的圧迫や戦争の手段でほぼ完全に乗っ取り支配するまで反日教育の永続的正当化は出来得ない」から、

「実際に、今、着々とその準備を進めている」。

「日本のみ脱原発」で「日本の核丸腰状態を作り」、

「日米安保を遠ざけ、米国内に懐柔人脈を仕込む事で、米国による軍事力の傘を取ろう」

等々の「戦前工作に邁進している」のが「反日教育国の実態」だ。

また、

「もちろん、現実の人間社会」では、

「外交の裏にある軍事力が外交力に直結している」。

「反日教育国にとって」は「反日教育の永続的正当化(政権の正当性保持)」の為に、

「戦争、もしくは、それに準じる軍事的圧力や工作活動等で、日本をほぼ完全支配する事が必需」なのだ。

「戦前工作に邁進している反日教育国の現状」からも、

「今更戦争は出来ない」は「寝言」である』。

『「相応に頭がまわっている様相のデーブ」が、

「こんな簡単なロジックも分からない訳が無い」』。

『「そこで浮上する」のが「デーブ・スペクターの正体」だ。

「米国のシカゴ産まれ」。

「ロシア経由のユダヤ系の家系」。

「日本の韓流テレビ・マスコミ構成員」。

・・・。

「上記の事実が示している事」は「何か?」』

『「一説(都市伝説)では、CIAのスパイとも言われている」が、

「実態的には、むしろ、旧社会・共産主義圏~の手先であっても何の不思議も無い状態がある」。

「戦後の朝日を始めとする新聞の中国共産党との親密ぶり」は、

「昨今あまりにも有名になった」が、

「戦後の日本のテレビ局(民放)」と「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)との親密ぶり」も

「同様に有名になっている」。

「韓流テレビが積極起用している」とは、

「韓流に都合の良い人物」であり、

「人脈的にも韓流人脈納得済み」である可能性大なのだ。

「反日教育国人脈」として考えると、

「中国共産党も韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)も同様」で、

「韓国は自国内の反乱軍政府を利用して対日戦争・日支配工作等の為、核武装した」と見るべきなのだ。

「そして、反日教育国の生みの親が、旧社会・共産圏で、旧社会共産圏の大元はソ連(ロシア)」である』。

『「その様なバックグランドの結果、

当然の如く、日本の外交力や自主防衛力を上げる事に直結している憲法9条の改正にも反対」なのだろう』。

『「デーブ・スペクター」=「親日米国人」では無く、

「デーブ・スペクター」=「親韓(=反日教育国)人脈米国人」と捉えた方が、

「実態により近い」のだ』。

|

「政官業の癒着」は良くないが、それより遥かに悪い「反日教育国との癒着」を忘れてはいけない・・・。

『「原発産業や電力会社等をダシに、日本の政官業の癒着を訴えている政党・候補者・テレビ・マスコミ・教育人等」は「数多い」が、

「その多く」が、

「反日教育国と癒着しているんじゃないの・・・」と「疑われても仕方の無い状態」だ。

「日本人同士の癒着の害」より「日本の政治家や政党やテレビ・マスコミ・教育人等々の反日教育国との癒着による害」の方が、

「遥かに大きい事」は、

「決して忘れてはならない重大事」のだ』。

『「日本の政官業の癒着を訴え、日本の原発のみ危ない・・・」とやっている「状態」は、

「実質的に、正に、反日教育国の手先状態」で、

「そんな論を訴えている政党・候補者・テレビ・マスコミ・教育人等」の「反日教育国との癒着」は、

「疑われて然るべき」である。

「疑いもせず鵜呑みにする」のは「自らをよからぬ連中の操り人形へする道の特急券」に他ならない』。

『「物事には順序がある」。

「政治家等やマスコミ等や教育人等々、日本社会に大きな影響を与える立場の人々」の、

「反日教育国との癒着を断つ事」が

「日本国民同士の癒着を絶つ事」より「先で無ければならない」。

「それなのに、その問題を隠蔽したまま、日本国民同士の癒着のみを大問題化する事」は、

「反日教育国癒着利権温存の手助けになる」のだ』。

『「実際」は、

「反日教育国人脈の人々の方が日本に対して悪い事を行っている」のに、

「反日教育国人脈の悪事を言わず、日本の悪事を大宣伝する手法」は、

「反日教育国人脈が得意な情報工作手段」なのである』。

『「悪事は全て列挙」し、

「日本国・日本国民に対する実害が大きな者・物・事から排除する」のが、

「正当な道」だ。

「有権者」は、

「テレビ・マスコミ等の情報」で「知らず知らずの内」に「反日教育国人脈の操り人形」にされ、

「あらぬ政党や候補者に一票を投じてはいけない」のである』。

|

党首討論問題「民主党の宣伝になる党首討論だけやりたい民主党」vs「他の党も含めた選挙前討論会を提案の自民党」・・・。

『「駄々っ子と大人の違い」が「ここでも露呈」している。「お仲間、韓流テレビという土俵の上」で「演説には自信の野田」が「演説上手とは言い辛い安倍のみを相手にして、大衆にいいところを見せ付けたい民主」と、

「有権者が、総選挙の参考になる様に、民主・自民だけでは無い政党の党首まで含めた党首討論」を「韓流テレビによる何時もの民主に都合の良い編集やカメラワーク等が行われないネット中継で行おうとしている自民」。

「駄々っ子民主の醜さ」は「民主党のお仲間である韓流テレビ・マスコミ等に毒されていない多くの有権者が感じ取っている」』。

『「オマケに、財務大臣時には、実質的に中・韓の為の財政運営を行っていた、安住」が、

「ニコ動を偏向扱い」している。

それは、「まるっきり、反日教育のロジック」なのだ。

「自己正当化の為に、事実・現実を無視して、事あるごとに、悪いのは日本!」とやるのが、

「反日教育の基本ロジック」だ。

「ニコ動の事実・現実を無視して、悪もの扱いする」とは、

「安住の頭に巣食っているのは、反日教育ロジック」なのだろう』。

『「ルーピー鳩山」にしても、

「民団(在日韓国人・・・つまり、反日教育国の国籍を持つ在日外国人)と外国人参政権を約束した小沢」にしても、

「菅」にしても、「安住」にしても、

「・・・そんな連中が国会議員となり、政権まで取れたのは何故か?」

「言うまでも無く、韓流テレビ・マスコミ等による情報の影響」である。

「例えば、外国人参政権問題などは、多くの韓流テレビ・マスコミで実質的に隠蔽状態」だった。

「まるで、北朝鮮による拉致を隠し続けたように・・・」。

「その反面、自民党政権に対するネガティブ情報は大宣伝」だった。

「まるで、現在、在日外国人犯罪で、米軍兵事件のみを大宣伝しているように・・・」。

「コレが韓流テレビ・マスコミ等の情報提供の実態」なのだ。

「その偏向ぶりは明らか」だろう』。

『「はっきり判っている事」は、

「日本の多くの有権者が、これ以上、韓流テレビ・マスコミ等による偏向情報で踊らされてはいけない事」だ。

「どちらのスジの意見でもアップされるネット」と、

「韓流人脈に都合の良い意見が偏重されている韓流テレビ」とでは、

「情報の価値・意味合いが全く違う」のだ。

「韓流・・・つまり、反日教育国流・・・人脈による工作情報」は「一般日本国民にとって害」だ。

「その価値は、マイナス」である。

「偏向無き色々な人々の本音情報や、偏向無き完全生全中継も可能なネット情報」は「一般日本国民に相応の益をもたらす」。

「その価値は、+」である』。

|

米兵犯罪の大宣伝を行っている暇があるのなら、在日反日教育国人の犯罪もちゃんとまとめて報道するべきでしょ・・・。

『「基本的に戦後の日米は友好国同士」である。「当然、若い米兵にしても、一般日本国民に対して過剰な敵対心等は抱いていない場合がほとんど」だ。

「ところが、反日教育国人は違う」。

「反日教育により、日本からのあり得ない補償を思いの中に仕込まれている人々」は、

「日本から取る事=正義とさえ思い込んでいる場合も少なく無い」のだ。

「実際に、犯罪の数も悪質性も米兵の比では無い」』。

『「一般日本国民の安全の為の情報提供」なら、

「米兵犯罪の大宣伝」より、

「反日教育国人犯罪の実態をまとめて情報提供するべき」だ。

しかし、

「日米安保破壊の為の情報工作」なら「米兵のみ大問題化が合理的になる」』。

『「反日教育国人脈による情報工作の実害」が、

「反日教育国贔屓の民主党政権の誕生」であり、

「民主党政権による円高・ウォン安政策」であり、

「悪戯な原発不安」であり、

「悪戯な原発不安に基づいた、本来止める必要も無い原発の停止」であり、

「原発の停止による電気料金の値上げ」であり、

「円高・ウォン安政策と電気料金の値上げ等々による日本企業衰退化」であり、

「日本企業衰退化がもたらす給料・雇用の悪化」であり、

「給料・雇用の悪化がもたらしている不況」なのだ。

「拉致まで長年無い事にされて来た事からも分かる」通り、

「情報工作は甘く見てはいけない」のである。

「日本の不況の元」も「反日教育国人脈による情報工作」なのだから』。

|

「日本のみ」脱原発で日本の未来を危うくし中・韓を利す「日本未来の党」・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等は第三極の宣伝に必死」だ。「韓流テレビ・マスコミ等のお仲間、民主党は実績から勝ち目が無い」。

「韓流人脈にとって都合の良い政策を行おうする政党・候補者を出来るだけ多く日本の国会に送り込む為」には、

もはや「第三極しか無い」のだ』。

『「韓流人脈の実体」は「反日教育国人脈」である。

「事実無根の反日教育のあり得ない正当性を訴え続ける為」には、

「日本の実効支配」&「日本の自虐」が「必需」なのだ。

「戦後の混乱に付け込んで、日本の教育・情報・政治の実効支配を始めた反日教育国人脈」の「実績」は、

「皆様良くご存知」だろう。

「自虐教育・土下座外交・あり得ない韓国への補償支払い等々」、

「拉致までしばらくは無い事にされていた」。

「しかも、拉致を正当化する理由」として、

「元々全く比較の対象にならない、

戦時中の日本人の赤紙徴集と同列の強制連行(しかも、人数も非常に少ない)を

あたかも拉致・誘拐・強制労働の如く風潮していた大手マスコミまであった」のだ。

「反日教育国人脈による日本の実害はかなりのもの」である。

「日本が受け続けている多大な実害」と「日本の自虐」を「元」に、

「反日教育国は反日教育を正当化し続けて来ている」のだ。

「日本が普通の国の状態となり、反日教育の被害を全世界に向かって訴える様になる事」は、

「反日教育の崩壊」と

「反日教育を元に正当性を訴えている反日教育国の政権の崩壊」をもたらす

「反日教育国にとって絶対に避けなければならない事態」なのである。

「そんなバックグランドがある」から、

「反日教育国人脈テレビ・マスコミ等は、反日教育国贔屓政党・候補者の宣伝に必死」なのだ』。

『「日本のみ脱原発」では「結果として核も原発も持つ反日教育国を利するだけ」である事は、

「普通の頭がある人なら、少し考えれば誰でも分かる」。

「ましてや、国会議員になろうとする人々なら、分からない訳が無い」。

「本当に分からないのなら、その時点で国会議員の資質は無い」のだし、

「確信犯の反日教育国贔屓」なら「もはやそれは、実質的には、反日教育国人脈の日本政界工作員」だ。

どちらにしても、

「日本を不利にし、反日教育国を利する、日本のみ脱原発」を

「訴えている政党・候補者」は

「当選させる必要が全く無い政党・候補者」である』。

『「第三極というより」は、

「日本維新の会(因みに、コチラも、橋下代表代行の弁を聞く限り、日本のみ脱原発派の様相だが)」と

「日本未来の党(日本のみ脱原発派)」の

「寄せ集めちょっと大きめ二党」と、

「みんなの党や国民新党や新党改革や新党日本や社民党や共産党等(以上、国民新党を除き、実質的には、みんな日本のみ脱原発派の様相だ)他の少数政党」という

「多数政党状態になりそう」だ。

「元々、日本の政治には、二大政党制は馴染まない」。

「元々の多数政党制への回帰欲求」とも取れる。

「選挙制度も二大政党制が前提の小選挙区制など止めて、多数政党前提の中選挙区に戻せば良い」のだ』。

『「反日教育国人脈の人」でも「日本の有権者」なら「その意向は相応に政治に反映されて然るべき」だろう。

「但し、日本への実害に対しても応分の責任を求められる事が大前提」である。

「反日教育国人脈の有権者が実質的にスパイや工作員等ならその実体に基づいて厳しく責任追及される事が重要」なのだ。

「反日教育国人脈の有権者でも、日本に実害をもたらさない有権者のみの意向」が

「日本の政治に{応分に}反映されれば良い」。

「逆に、テレビ・マスコミ等を悪用した情報工作等により、

反日教育国人脈の{工作活動的意向}が日本の政治に{大い}に反映されてしまう状態」は、

「絶対に避けなければならない」。

「そんな事態を避ける為」にも、

「日本のみ脱原発派」は「排除するべき」なのだ』。

|

衆議院解散総選挙「国防軍」問題・・・。

『「実体を表す言葉」なら「日本の自衛隊は国防軍」だ。「しかし、多くの日本国民は軍嫌い」でもある。

「旧日本軍が勝ち目の無い戦争を長々と続け、

勝ち目の無い戦場に数多くの日本人男性を送り込み、

結果として数多くの日本人男性の命が失われた」ばかりでは無く、

「一般市民も膨大な被害を被ったから」だ。

「日本国民の軍嫌い、戦争嫌い」は「当然過ぎる程当然」である』。

『「もちろん、現状の自衛隊は、旧日本軍とは大きく違う」。

「専守防衛に徹しいる」と共に「文民統制」だ。

「しかし、内実は、軽武装の隊レベルでは無く、最新重装備も備えた軍」である』。

『「日本国民」の「思い」としての「軍嫌い」は「当然」だが、

「現実に平和を維持する為」には「現実に基づいて対応しなければならない事」も「現実」だ。

「言葉の上」での「思いと現実の対立」が「ここでも現れている」』。

『「現実主義者の筆者」は「何の迷いも無く軍は軍として表現するべき」と「思えている」。

「そして、

現実に平和を維持する為には、

核武装でもハリネズミの関係が重要であるのが現状人間社会のお寒い現実だから、

お寒い現実がお寒く無くなるまで日本も平和維持の為に核武装するべきとさえ思っている」。

「筆者の感覚」では「細胞ごとの誕生・死という現実>思いの上でのあの世の世界」だからだ。

「あの世の世界でどうなるのか?」を「考えているくらい」なら、

「今、この瞬間をどう生きるか?」を「考える方が楽しいから」だ』。

『「今、この瞬間をどう生きるか?」を「考える」と

「自らの個体の生きている細胞が呼応して来る」。

「あの世を考えている」と

「自らの個体の死んでしまった細胞に呼応を求める虚しい感がわいて来る」』。

『「現実社会の事」でも、

「お花畑の夢物語」は「極楽浄土みたいな話し」で、

「実存とは程遠い世界」だ。

「結果、より現実的な対応や言葉を好む」。

「お寒い人間社会の間」は、

「日本は、平和維持の為に核武装も辞さないと共に、軍は軍として表現するべきと思っている」と共に、

「お寒い人間社会の解消の為」に

「地球生命体細胞群という誰もの実体からの整合性を追求する文化の創造・普及」に

「微力ながらも力を加え続けよう・・・とも思っている」。

「核武装を前提としない中途半端な状態」なら、

「表現で下手な刺激をしない為」に

「表現は表現と割り切り、自衛隊ととぼけ続ける」のも、

「合理的な策だと思う」が、

「その場合は、実武装面でのハリネズミ状態が弱い分だけ、

お寒い人間社会を解消する為の文化の創造・普及がより急務になる」』。

|

上辺の言葉に騙されてはいけないのだ・・・。

『「規制緩和」と言えば「聞こえは良い」が「その実体」は「金権増大」だ。

「改革」と言えば「聞こえは良い」が「その実体」は「日本社会破壊&韓流社会化」だった。

「左翼」と言えば「何となく進歩的」だが「その実体」は「親中国共産党・親韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」というのが「日本の左翼」だ。

「保守」と言えば「印象が暗い」が「その実体」は「日本国・日本国民保護」でもある』。

『「規制緩和」で「金権増大」を謀り、

「血統相続を容認」する

「左翼主導」の「改革」で

「得られる結果」は、

「反日教育国人脈による日本支配」なのだ』。

|

衆議院解散総選挙「経済政策」・・・。

『「そもそも、日本をこれだけ不況に追い込んだ民主党」には「日本の為の経済政策を語る資格など無い」のだが、

「それでも、未だに、自民党安倍総裁の経済政策を批判している」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「財政規律と言えば聞こえは良い」が、

「内実」は「日本に{のみ}厳しい財政規律を強いる事」で「日本国民や日本企業から仕事を奪い」、

「日本の厳しい財政規律により、円高・ウォン安/元安状態を招く事」で「韓国や中国の国民・企業に仕事を与えていた」のが、

「民主党政権が行った経済政策の実体」だ。

「元日銀総裁の白川」も「民主党が散々ゴネて無理強いした人」である』。

『「安倍の言っている経済政策を行う事」は、

「日本国民・日本企業に仕事を戻す道」に他ならない』。

『「日本{のみ}」の「策略」は「要注意!!!」だ。

「財政規律」も「脱原発」も、

「日本{のみ}」なら「得られる結果は、中・韓を利す事」である』。

『「反日教育国を利す政策に邁進している売国・売国民政党や売国・売国民候補者」に

「貴重な日本の有権者の一票が投じられてしまう程、自虐的な事は無い」。

「皆様、くれぐれもご用心!!!」』

|

コッチのビル(国)の13階とアッチのビル(国)の18階を見えない橋で繋いであるから渡っても大丈夫だよ・・・。

『「反日教育国の論理とは、タイトルの様な話し」である。「見えない階段を否定するコッチの国の民を皆殺しにしたところで、実体の無い見えない橋は出現し無いのが現実なのだが」。

「実体の無い橋を信じて渡ろうとすれば落下するダケ」だ』。

『「落下して死んだ反日教育国人が出ても反日教育国人のお偉いさんは言う」だろう。

「見えない橋を否定する日本人が悪いのだ。見えない橋を否定する日本人全てを抹殺すれば橋は無事渡れるのだ。」等々と。

「その裏」で、

「世界中で一番優秀な民族である反日教育国のお偉いさん以外」は、

「適当に自滅させ衰退させれば、支配も簡単、簡単。騙されるバカは所詮下々さ。」等々と

「自己陶酔している」のだ』。

『「自らの実体や、自らの実体の本質的要求や、自らの実体の本質的要求と実現している行動の整合性さえ???のクセに、

優秀ぶっている悪こそ、

悪自身が提唱している実体の無い橋の上に立たされるべき」だが』。

|

韓流テレビ・マスコミ等による「ネット世論に悪イメージを付ける情報工作」・・・。

『「多くの日本人の価値観は、上辺<内実」だが「多くの内実反日教育国人の価値観は上辺>内実」なのだろう。

「何故なら、内実を大切にしようとしても、大切に出来る内実が無いから」だ。

「結果、上辺頼りの情報工作に邁進している」。

「滅び行く者・物・事」が「露呈する姿」は「本当に哀れ」だ』。

『「何事でも存続の為には、時間の流れに駆逐されない以上の構築度の向上が必要」である。

「実構築度の向上の為」には「内実であっても、外実であっても、実が必需」だ。

「嘘しか知らない人々ダケになれば、嘘が本当になると信じ込んでいる様相の反日教育国人脈の人々」は、

「科学的に絶対に不可能」な「実の無い実像つくりに励んでいる」のだ。

「そんな事に邁進すれば、・・・結果は最初から決まっている」』。

『「反日教育国人脈の人々」も「人類」なら、

「いい加減に虚しい努力は止め、実を構築する努力をしたらどうか・・・」。

「人類誰もの実体」である「地球生命体細胞群の存続~永続」と「整合性が取れる実努力」なら、

「無駄になる事も無く、虚しさとも無縁」なのだが・・・』。

『「余程のおバカでは無い限り、

侵略戦争をダメとせず、

日本をダメとする

ロジックのインチキぐらい分かる筈」だが・・・』。

|

「石原日本維新の会代表」の本音は「たちあがれ日本と言っても、多くの日本人がたちあがらなかったのだから、韓流支配でも良いでしょ・・・」だったりして・・・。

『「タイトルの様な事態もありえるのでは?」くらいの「疑いの心」も「忘れて」、「未だに、韓流テレビ・マスコミ・そのスジのネット論等々に操られている」のは、

「平和ボケ、もしくは、愚民等々と言われても仕方の無い状態の人々」だろう』。

『「新参者、日本維新の会」が「日本の為になるのか?」「日本仮面を被っている内実は反日教育国の手先なのか?」は、

「日本維新の会」が「提唱している政策等をちゃんと検証すれば、誰でも判断出来る筈」だ。

「誰だって、少しの合理的努力を惜しまないのなら、自分を平和ボケや愚民状態から解放出来る」のだ』。

|

衆議院解散総選挙「年金・社会保障問題」・・・。

『「年金等の問題を世代間問題にすり替える事」で「世代間対立を煽っていた」のが「本日の韓流フジテレビの朝番」だった。

「世代間対立を煽るメリット」は「反日教育国政党・候補者への票誘導」だ。

「親子対立等があれば、

親子で正反対に政党や候補者に投票する確率」が「かなり増える」。

「結果、有権者の一部」が、

「政党や政策の実体」では無く「親子等の対立を軸に投票行動を起こしてしまう」のだ。

「この手法は、より支持の低い有名政党や有名候補者を有利に導く」。

「政党や候補者の実体では無く、親子等の対立が軸となれば、

親、もしくは、子とは反対の有名政党・有名候補者が選ばれ易いから」だ』。

『「年金・社会保証問題」を「悪用」して、

「こんな情報工作を行っているテレビ番組」が、

「日本の公共の電波の独占使用に相応しいか?否か?」は、

「誰が考えても、明らか」だろう』。

『「因みに、年金・社会保証問題の解決」は、

「現状の政党や政治家では困難」だ。

「現状では、とりあえずは現状維持で、政党や政治家の正常化を急ぐ事が合理的」である』。

『「最低レベルの政策」が「先の総選挙時に民主党が提唱した{40年後には最低保証年金を!}」で、

「たった今、ベビーブームを起こせば、20年後には現行の世代間相互補助年金でも大丈夫になる現実」を「考える」なら、

「民主党は年金改革などやる気は無い」という「本音」が「露呈」するのだ。

「日本人のベビーブーム」を「封じている裏」では、

「反日教育国人の移民の企み」が「見え隠れしている」』。

『「今回の総選挙」で

「反日教育国人脈の政党・候補者を壊滅状態に追い込めば、

真に日本の為になる年金・社会保証政策も直ぐに出来る」。

「何事でも順番通りに行った方が良い結果が早く得られる」のだ。

上記の意味からも、

「今回の総選挙の争点」は「年金・社会保証問題」では無い。

「年金・社会保証問題」の「前」に、

「反日教育国人脈の政党・候補者の排除」である』。

|

衆議院解散総選挙「太陽光発電既得権益に邁進している連中」に他の既得権益を非難する権利は無い!・・・。

『「太陽光発電事業」は「かなり酷い既得権益」だ。「規制緩和とは真逆」の

「法による利権創出(新たな既得権益作り)」なのだ。

「菅と孫が無理やり決めさせた自然エネルギー買い取り法案」により、

「再生可能エネルギー発電の長期高額買い取りが強制」され、

「その後の買い取り価格の決定で、太陽光のみは特別に高い、長年に渡るバカ高買い取りが約束されている」。

そして、

「そのツケ」は「太陽光発電事業を行わない多くの電力使用者に強制的に押し付けられる」』。

『「筆者は、

燃料費タダで、

燃料は膨大にあり、

温暖化ガスも出さない、

太陽光発電自体」は、

「発電方法の多様化の面からも、一定程度は積極使用するべきと思っている」が、

「それを新たな既得権益にすると共に、

太陽光発電事業に参加出来ない多くの電力使用者に強制的に既得権益の負担を求める事」には、

「大反対」だ。

「本来、

太陽光発電とは、

市場原理に任せて、

安価・安定供給が可能な分だけ導入すれば良い代物」なのだ』。

『「脱原発で太陽光発電推進なんて言っている」のは、

「日本の為の政党・候補者では無い」』。

『「今回の総選挙」は、

「政党乱立で多くの候補者も政党間を右往左往・・・」だから、

「有権者にとって、混迷の総選挙と思えるかも知れない」が、

「脱原発組み」は、

「明らかに日本の為にならない」のだから、

「脱原発組みを総排除する」と、

「以外な程選択肢の少ない貧しい総選挙である事に気づく」』。

『「其処でも露呈する事」は、

「日本の政治」には、

「積極的に参加している、数多くの反日教育国人脈の人々が居る事」だ。

「多くの一般日本国民」が「日教組等の学校教育や、韓流テレビ・マスコミ等による情報」で、

「政治無関心にさせられ、政治家になろうという人々の数が減少させられている間」に、

「数多くの反日教育国人脈の人々が、日本の政界に食い入ってしまっている」のだ。

(この辺の策略は、昨今の若者の自動車離れを誘う情報・教育と全く同様のロジックだ)

「そんな連中を簡単に見分け、一挙に排除する簡単な方法」が、

「脱原発派の排除」なのである』。

『「要注意なのは、日本維新の会」で、

「韓流テレビ・マスコミ等の論調だけ見聞きしている」と、

「太陽の党と合体した後、微妙に脱原発のトーンが変わっている様に思えるかも知れない」が、

実際は、

「太陽光を含む再生可能エネルギー発電を積極的に導入する政策を訴えていて、

再生可能エネルギー発電の量を増やして、実際に脱原発が可能なら脱原発・・・」と、

「言っている内容」は、「現実主義的表現で脱原発派を謳っているだけ」なのだ』。

『「元民主党の国会議員がゾロゾロ」と押し寄せ、

「公認されている事」からも「判る通り」、

「日本維新の会」は、

「まるっきり、第二の民主党の様相」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミ等が大宣伝している」のも「当然と言えば当然」なのである』。

『「更に、将来の代表として石原代表から指名されている代表代行の橋下の政策」は、

「特別永住権を持つ在日外国人(つまり反日教育国人)に、参政権を付与」、

「竹島は、韓国と共同管理」等々と、

「日本では無く、反日教育国の方を向いた政策」なのだ。

「反日教育国を有利にしてその結果日本も良くなる」は、

「売国・売国民の論理」である。

「売国・売国民の論理で土下座外交等を60年以上も続けて得られた結果」が、

「反日教育国の不当増長」だ。

「国政は売国の論理で行ってはいけない」のだ。

「是々非々を完遂してこそ、国益・国民益も守れる」のである』。

『「民主党から維新に移った小沢鋭仁」は、

「パチンコ業界との繋がりも濃く、

外国人参政権賛成派であり、

更に、民主党内に在った在日韓国人(反日教育国人)の地位向上を目指す議員連盟のメンバー」でもあった。

「したたかな政治の為、どんな国会議員でも駒として使う為に受け入れた・・・等」と「思いたがっている人もいるかも知れない」が、

「橋下の訴えている政策との整合性」を見れば、

「多くの人々が、小沢鋭仁はむしろ同胞であり、駒にされているのは、元たちあがれ日本の面々なのでは・・・」と思う筈だ。

「更に、上辺で誤魔化しに必死な様相のエネルギー政策の面からも日本維新の会はダメ」なのである』。

『「日本の政界をまともにする為」には、

「反日教育国人脈の者を排除する」と共に、

「十分な数の、日本の為の政治を行う候補者を擁立する事」も

「急務」だが、

「もちろん、今回の総選挙には間に合わない」から、

「今回の総選挙では、徹底的に反日教育国人脈を排除する事が重要」なのだ』。

『「脱原発派の排除」で「かなり高確率で反日教育国人脈の政党・候補者を排除出来る」』。

|

衆院総選挙の争点は「原発・TPP・消費税」では無い「日本か?反日教育国か?」である・・・。

『「一般日本国民の{既得権益}を破壊する事によって、在日反日教育国人や反日教育国の利権増大を図る」のか、

「在日反日教育国人や反日教育国の利権増大は図らず、一般日本国民の利権を守り増大して行くのか?」こそが、

「総選挙の争点」だ』。

『「民主党政権の3年半」は、

「正に、

一般日本国民の正当な利権さえ既得権益扱いされ、破壊され続けた」と共に、

「在日反日教育国人や反日教育国の利権は増大され続けた3年半」だった。

「韓国の為の円高・ウォン安政策により、苦境に追い込まれ廃業にまで追い込まれた日本企業はかなりの数」で、

「日米安保停滞により、中国共産党の不当増長」等々を招き、

「朝鮮王朝の書物渡しや、あり得ない菅総理談話等により、韓国の不当増長」等々を招き、

「東日本大震災や東日本大震災による原発被災事故対策を遅らせる事」により、

「更に、日本企業を不利にし、給与も雇用も細らせ、日本国内を不況に追い込んだ」と共に、

「多くの一般日本国民の中に不当な脱原発感情まで植え付けた」のが、

「民主党政権の悪の実績」だ。

「多くの一般日本国民が苦境に追いやられた反面、在日反日教育国人等への生活保護のばら撒きはそのハードルが一気に下げられ大盤振る舞い」。

「正に、反日教育国や在日反日教育国人等を利し、日本を不利にする政治を行って来たのが民主党政権」である』。

『「そんな政治からの脱却」&「本来の日本を取り戻す事」こそが、

「今回の総選挙の争点」だ』。

『「反日教育国を利した裏で、親戚・知人等を通じ、反日教育国企業の株等で財テクを行っていた売国奴たち」は、

「工作員として摘発」し、

「厳罰の処すなり、お郷の国へ強制送還するなり、するべき」だ。

「日本を脱原発させる事」で、「反日教育国の原発産業関連で儲けようとしている連中も同様」である。

「一般日本国民」なら、「そんな連中を利する判断は絶対にしてはいけない」のだ』。

『「民主党政権で懲りた」のなら、

「二度と同じ過ちは犯すべきでは無い」。

「その政党や候補者」が、

「日本」と、

「反日教育国」の、

「どちらに向いているのか?」を、

「しっかり見極め」、

「日本の為になる政党・候補者にのみ投票するべき」である』。

|

人類は狩猟時代が一番賢かった・・・。

『「タイトルの様な思い違い」は「何故生じるのか?」

それは、「人類を個体でしか捉えずに論を組み立てようとしたから」だ。

「実際は、人類は集団的構築度を上げる事によって、狩猟時代より現代の方が遥かに賢くなっている」事は、「誰もが実感している筈」だ』。

『「学者バカ」は「まったく、もう・・・」』。

『「あらぬ質問もあったので、もう少し、付記しておこうと思う」。

「個体同士だけで比べても」、

「狩猟時代の人類」と「農耕が始まり集団で定住出来る様になった後の人類」とでは、

「頭の使い方が違う」のだ。

「大脳生理学的に見れば、環境適応の為の進化が脳に求められ、脳のより広い領域の野の脳細胞数が多い方が、脳細胞数が多いから、お利口・・・」と「考えたがる」かも知れないが、

「集団定住生活が可能になった後の人類の脳の進化は、主として、大脳新皮質部分の脳細胞の、数の進化では無く、構築度の進化」なのだ。

「細胞数の面では、ほとんど使われなくなった部分の細胞数が減っている」から、

「脳細胞数の減少=おバカ」と「考えるなら、バカになった」と「言いたくなる」だろうが、

「実際は、尻尾が退化した様な事」なのだ。

「脳細胞の構築度が上がった事によるお利口度の向上」は、

「ほとんどつかわれなくなった部分の減った脳細胞の数など問題にしないくらい桁違い」である。

(だから、実際に人類の文明は飛躍的に進化し、

精神面での進化も要求されているから、いくらかは進化しているのだ。

人類の精神面の進化は文明面に比べて、まだまだ不十分だが、

大々的進化のヒントぐらいは、当ブログの中にもちりばめられるくらいにまでなっているのが人類の実情だ。)

「脳細胞の構築度が上がるとは、神経細胞ネットワークがより望まれている実体との整合性が高い状態になる事」で、

「綿密に観察出来るなら、若干の神経細胞数の増大や神経の太さ等の増大が観測出来る筈」だが、

「現状の考古学では、頭蓋骨で、脳そのものでは無いから、困難」なのだ』。

|

衆院解散総選挙「実質的ネガティブキャンペーン」にご用心!・・・。

『「左翼(=親朝鮮・親中国共産党等)を良く思わせる為に、左翼人脈の連中が出来の悪い如何にも劣っている右翼も演じた事」は、

「最近になってようやく、多くの一般日本国民が知っている通り」だ。

「同様の手口」が「今回の衆院選でも用いられている」』。

『例えば、

「人気の無い、多くの一般日本国民が見放している政党」が「マニフェストはもはや嘘・・・」等とやり、

「政権公約を公言」すれば、

「多くの一般日本国民が受ける政権公約という言葉に対する印象はかなり悪いものとなる」と共に、

「マニフェスト」さえ「少しはマシに聞こえてしまう人々も少なく無い筈」だ。

「如何にも宗教等の政党等」という「多くの普通の一般日本国民が引く政党」が、

「原発の積極使用」を訴えれば・・・、

「それを見聞きした一般日本国民が受ける印象」は、

「原発の積極使用は怪しい政策・・・」等となり易い。

そんな状態になれば、「やはり、脱原発のが良いのでは・・・」等と「勘違いさせられる人々」も「少なく無い筈」だ。

(「実際は、原発の積極使用抜きに日本の電力事情を安価・安定させる事は出来得ない」のだが。

「長年に渡るバカ高買い取りが約束されている太陽光発電の割合が増えれば増える程、電気料金は大幅に上がる」のだ。

「天然ガス(石油よりは安いが)も含む化石燃料はランニングコストや温暖化ガスの問題がかかる」。

「環境税も当然かかる」から「高くなる」のだ。

「電気料金バカ高社会」では「企業活動や市民生活が楽に出来る訳も無い」。

「食料・エネルギーは人間社会生活の基本」なのだ)』。

・・・・・・・。

『「実際に上記の例の様な情報を提供している政党の実体は良心的訴えなのか?確信犯の情報工作機関なのか?、???」だが、

「上記の手段」は、

「情報工作の常套手段でもある錯視的手法」なのだ』。

|

思わず「中国の為の財政運営」を行っていた事を吐露した民主党安住・・・。

『テレ朝昼番で、「私が財務大臣の時、・・・そうやって、中国の経済状態を良くして・・・、・・・その結果、日本車の売り上げも伸びた・・・」旨と、

「中国の為の財政運営」を「行った事を吐露した民主党安住」。

「自民党菅もパナソニックやシャープの苦境を訴えていた」が、

「三党合意を意識してか(?)鈍い追及」・・・』。

『「そもそも、車の売り先が内需基軸から外需頼りになってしまったのは何故か?」

言うまでも無く、

「小泉・竹中以降の失政による内需崩壊」や、

「民主党の支持母体でもある日教組や韓流テレビ・マスコミ等による若者の車離れを誘う情報・教育」が、

「原因」であり、

「更に、民主党による韓国の為の円高・ウォン安政策は最悪だった」。

「結果、基本的に内需が細り、自動車産業等は外需依存状態となり、パナソニックやシャープが苦境に追い込まれた裏では、ヒュンダイやサムソンやLGが急成長」なのだ。

「エコカー・エコ家電の補助金・減税等」は

「正に、失政隠しの為の様相ですらあり、

タダでさえ苦しい税金から、餌を撒いて集めた客は一時しのぎ&その後の客喪失」というのが

「実態」だ。

「その上、中国経済を良くする為の財政運営まで行っていた」とは、

「正に、

韓国・中国の為の政治を行った実質的売国工作員で、

実質的には、多くの日本企業や日本国民の敵」である』。

『「中国も韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)は、反日教育国」だ。

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」は、

「反日教育という基本的理念を抱きしめて政権運営している国々」なのだ。

「何故なら、中国共産党や韓国の政権の正当性は、反日教育によって保たれているから(詳細は他の記事をご参照ください)」である』。

『「実質的カルト宗教国家である中国や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の内政は別」にしても、

「日本では、反日教育国の利を図る政治を行う者」を、

「日本の国会議員する必要は全く無い」のだ。

「反日教育国の利を図る政治家を日本の国会議員にする事は、非常に危険」である。

「何故なら、反日教育の永続的正当化の為には日本を滅ぼす戦争が必要になるから」だ。

「中国では軍拡を急いでいる」。

「中国の軍拡の一方で、

万一、

日本が2030年原発ゼロや、

日本の二極化格差社会化や、

TPPによる日本の米国属国化や、

自衛隊の国軍化等々の日本側の準備も整い、

反日教育国の連携が強化されれば、

反日教育国と日本との間に、

2031年極東地域大戦(日本侵略戦争)が勃発しても何の不思議も無い」のだ。

「極東地域に戦争の準備が整えば、嫌なフリをしてOKを出すのが米国のしたたか外交」である。

「日本人なら米国のしたたか外交」により「日米開戦に突入させられた過去」を

「忘れてはいけない」のだ。

「極東地域大戦となれば、

米軍は日本防衛軍の後から正義ぶって登場し、

米兵の死者を抑えながら、

反日教育国に鉄槌を下し、

米国の軍需産業が大儲けする、

筋書きになる」だろう』。

『「戦争を防ぐ即効薬」は「日本の核防衛(コレだけで反日教育国の日本侵略戦争欲がかなり吹っ飛ぶ)」だ。

「ジワジワと効く特効薬」は、

「反日教育情報や中国共産党の支配権の正当性に関する情報に対する事実・現実情報の世界的な徹底流布」だ。

「その実効」は、

「反日教育国包囲網の構築」である。

「反日教育国包囲網が出来れば」、

「必然的に、韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)脱反日教育&真の意味での民主化&中国共産党政権の崩壊~中国の民主化」となる』。

『「何れにしても、中国共産党支配下の中国や、反日教育を抱きしめたままの韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)を日本が利す事」は、

「反日教育国の軍備を増強させ、日本を衰退させる自虐にしかならない」のだ。

「外需を求めるなら、反日教育国以外」であり、

「財政運営も反日教育国以外を利する巧みな財政運営を行うべき」である』。

|

「脱原発で平和や核の安全が得られる」と勘違いさせられている方々へ・・・。

『「福島第一原発の被災事故」を受けて、「中・韓等の原発輸出企業」は、「事故を起こした国の原発より良いでしょ!」と「未曾有の大天災による被災の部分を抜かした不当宣伝」を行っている・・・。

「日本の脱原発」とは「その様な中・韓の原発輸出企業の不当宣伝にお墨付きを与える道」なのだ。

「日本が脱原発」となれば、

「中・韓の原発輸出企業」は

「日本の原発は、日本人でさえ危ないと分かったから、日本人でさえ使わなくなった。

だから、我が国の原発を・・・」等々とやる事になるだろう。

「それと共に、価格競争も行われる」。

「得られる結果」は、「世界各国に中・韓の原発が建つという事」だ』。

『「世界各国の中・韓の原発が建つ事」で「核の安全保障が得られるのか???」

「中国とは、高速鉄道が追突事故を起こし、建築したての豪華マンションや高速道路が崩壊する国」だ。

「韓国とは、原発事故を隠蔽しようとし、原発の部品に基準に満たない部品を使っていた国」だ。

「日本の脱原発は、世界各国によりアブナイ原発が出来る事」なのだ。

「万一の事故時」にも「中・韓がまともな事故処理をするとは思えない」。

「何故なら、反日教育というカルト宗教を平然と行っている国々だから」だ。

「反日教育国家にとって、悪いのは日本」であり「侵略戦争でも、ましてや反日教育国そのものでも無い」。

「結果、万一、中・韓の原発に、たった一つでも日本製の部品が使われていれば」、

「悪いのは日本製の部品だ!」

「だから、補償は日本に求めろ!!」とやる事は、

「想像に難く無い」』。

『「日本のみ脱原発」では「核の安全は得られない」ばかりか、

「反日教育国の原発産業を利す事」により、

「新たな不利益を抱え込む可能性を大きく拡げる道」なのだ』。

『「平和はどうか?」

「筆者は、日本が二度と戦争に巻き込まれて欲しく無いと心から願い、世界平和を望んでいる人間の一人」だが「現実主義者でもある」。

「現実主義者の目から見る」と、

「現状の人間社会の平和」は「ハリネズミの精神構造でようやく保てているレベル」だ。

「あの国に戦争をしかけたら、大変な事になってしまう・・・」という「抑止」抜きには、

「現状人間社会で国の平和を守る事は困難」だ。

「抑止力として大きな力を持っている」のは「残念ながら、核兵器」である』。

『「もし、日本が核武装する」なら、「どの国であっても日本に戦争を仕掛ける事が非常に困難になる」。

「逆に、日本が核丸腰」なら、

「例えば、反日教育国等は、日本に対する侵略戦争を仕掛け易くなる」。

「原発製造・管理可能国である事」とは、

「核技術の平和利用国である」と共に、

「何時でも核兵器に転用可能な技術・物質を持つ緩い核武装国でもある」のだ。

「米国による核の傘」と「日本自身が持つ緩い核武装の実効」で

「戦後戦争知らずで居られているのが現状人間社会の中の日本の実態」だ。

「もし、日本が米国による核の傘だけしか持たなくなってしまう」と、

「米国内に多数居る反日教育国人脈が米国の政治に影響を与え、

反日教育国が日本に侵略戦争を仕掛けた時には報復核は使わない程度の担保を取れば、

反日教育国は、直ぐにでも、日本を核攻撃出来てしまう」のだ。

「反日教育国にとって、反日教育の被害者である日本の存在がある限り、反日教育は正当化出来ない」。

「それは、詐欺・泥棒の被害者が死亡してしまえば、被害を訴えられないのと同様」なのだ。

「警察のある普通の国」なら「殺された被害者の代わりに、警察が詐欺・泥棒・殺人犯を摘発する」が、

「国家となると、滅亡した国家を理由に滅亡させた国家が責められ応分の責任を追及された例は無い」。

「存続している国家同士の利益の方が優先される」のが、

「現状人間社会の現実」だ』。

『「日本の脱原発」は、

「核の安全など得られない」ばかりか、

「反日教育国が日本に侵略核戦争を仕掛ける呼び水にさえなってしまう悪魔の道」だ。

「逆に、日本が真剣に核技術の向上・利用に取り組み、世界各国で建てられる原発をより安全な物にすると共に、

核廃棄物のリサイクル技術も処理技術も向上させる」なら、

「現実として、核の安全保証にも繋がる」。

「その上、核実用技術を持ち実用している日本との戦争は危うい」から、

「侵略核戦争等を仕掛けられる事の抑止にもなる」のだ。

「核の安全と平和を心から大切に思っている」なら、

「誰もが、脱原発の夢物語のお花畑から抜け出し」、

「現実的に考えるべき」である』。

『「付記」すれば、

「電力問題で、原発の代用になるのは地熱発電や大規模水力発電くらい」だ。

「しかし、新たにそれらをつくる為には、適性のある場所も少なく、膨大な費用もかかる」。

「石炭による火力発電よりは、石油による火力発電が、

石油による火力発電よりは、天然ガスによる火力発電の方が、

環境には未だマシ」だが、

「火力発電は火力発電で、大量の温暖化ガスを出す事に変わりは無い」。

「温暖化ガス対策が出来る火力発電所は限られ、温暖化ガス対策をすれば高くなる」。

「不安定な太陽光発電や風力発電は、あくまでも脇役にしかならない」。

「ベースの安定エネルギーとして原発を積極活用し、電気料金を出来る限り低く押さえる事」は、

「日本社会活性化の一つのベースになる」。

「多くの日本の企業にとっても、個人にとっても、原発の積極使用こそが一番有利で安全な道」なのだ』。

『「未曾有の大震災でも、福島第二も、女川も、大悪影響が出ない範囲で止まった」のが「現実」だ。

「今後、東日本大震災レベルの未曾有の大震災が来ても、十分な対策を行っていれば、原発は十分に使える」のだ。

「天災より懸念されるのが戦争やテロ」だが、

「原発使用は、むしろ戦争抑止になるのが現実」だし、

「テロに関しての対策をもっと充実させる事」は「日本社会の安全にも繋がる」。

「拉致までされて、スパイ・工作活動防止法や十分な摘発体制の整備さえ???な状態こそが、国際基準を外れた異常な状態」なのだ。

「情報工作や政治工作で日本の原発を止めたり、無くしたりさせたい」のは、

「反日教育国の手先」である』。

|

「国益」と「国民益」は違うのだ・・・。

『「大量移民で経済発展」でも「日本の国益は保てる」が「国民益は大きく損なわれる」。

「日本の国益という言葉」に「日本国民益まで含まれている担保が無い限り、ご用心!!」

「先ず、日本国民益でその結果が日本の国益になる」が「正当な道」だから、

「政治家」も「訴えるべき」は「日本国民益」だが

「心の中で大量移民を願っていると国益は言えても日本国民益は言い辛い」のが「人間の心理」なのだ』。

|

「規制緩和による自由競争」で得られる結果は「庶民の奴隷化&金持ちの王様化」でしょ・・・。

『「タイトルの現実」が「未だに???という人々」は「小泉・竹中等による日本社会の改革(実態は改悪)」により「どの様な実効が出たのか?」を「検証してみれば良い」のだ。

「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪」以降、

「二極化格差社会」と「少子高齢化」は「益々酷くなり」、

「円高・デフレ」となると共に、

「内需が崩壊」し、

「更なる不況になっている」のが

「現状の日本社会」だ。

「その反面、円高・ウォン安によって、韓国の大企業は大発展」である』。

『「今世界の流れ」は、

「規制緩和&何でも自由化による二極化格差社会化」から、

「総中流化に是正されようとしている」。

「実際に、米国オバマ大統領でさえ、ミドルアップ政策」なのだ。

「努力する庶民が中流になれる為」には「合理的で適度な規制が必要」なのである。

「何でも規制緩和による自由競争」が「正当性を持つ為」には、

「少なくとも、産まれながらの環境ぐらい平等で無ければ!」

「産まれながらの環境格差を是正する道」で、

「ソフトランディングをもたらす」のが「総中流化」であり、

「ハードランディングになり、多くの人々の命まで失わせる」のが「規制緩和による自由競争を強化させる事」なのだ』。

|

TPPを自由貿易のみだ、もしくは、わかり辛い、と勘違いさせる情報発信に熱心な韓流テレビ・・・。

『「TPPとは、環太平洋諸国の間で、人・金・物の流れの障壁を無くす条約」だ。「FTA等の所謂自由貿易つまり主として物の流れの障壁を無くす条約」とは「全く違う」のが「TPP」だ。

「こんな簡単な事」を「意図的に隠したり、わかり辛い・・・等とやる」のは「情報工作以外の何ものでも無い」』。

『「何故、そんな情報工作を行っているのか?」

「韓流テレビの情報工作により誕生した面もある」のが「民主党政権」だ。

「民主党はTPPに賛成」である。

「この状態が示している事」は「韓流テレビは、未だに、民主党の応援をしている事」に他ならない。

「日本の公共の電波を使ったテレビ局」が「特定政党のご用達・・・という状態」は、

「明らかに異常」だ。

「公共の電波の公共性からも即刻是正させられるべき」である』。

『「冒頭の簡単な説明だけ」でも「多くの視聴者がTPPの本質に思いが至る筈」だ』。

|

衆議院解散総選挙「TPP問題」・・・。

『「TPPとは何か?」「中国を睨んだ米国の政策」では「無い」。「中国共産党を滅ぼすに兵器や戦争は要らぬ。多くの中国国民が真実を知れば良い。」「中国経済は恐れるに足らず、もう直ぐバブルは弾ける。」が「現実」だから、

「TPP等を用意して、米国が中国を用心する必要は全く無い」のだ』。

『「それでは、何故米国はTPPを求めているのか?」

「米国に対する移民対策(不法移民も含む)」と

「米国大資本の利を図る為」と、

「仮想敵国中国の宣伝により米国軍需産業の利を図る為」だ』。

『「一般日本人の立場から言える事」は、

「移民対策と言う事は、低賃金労働者の自由化」だから、

「企業経営者にとっては安い労働力が得られ易くなるメリットがある様にも思える」だろうが、

「実際は、

低賃金と職を失う多くの一般日本人で日本の内需が細り、

日本の税収も減り、

・・・利権集中ピラミッドの頂点付近に居る極僅かの者たちを除いてほとんど全ての一般日本国民が衰退する悪の道」なのだ。

「オマケに、低賃金労働者の自由化により、中国共産党や韓国の工作員も容易に大量に入って来てしまう」から、

「日本乗っ取り支配工作が加速してしまう」のだ。

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」が「生き残る為に必需」なのが

「日本の乗っ取り支配&反日教育の正当化の永続」である。

「必然的に、

日本が低賃金労働者の自由化をすれば、

中国共産党や韓国の息のかかった環太平洋の国々の民が大量に日本に押し寄せる事になる」のだ』。

『「米国大資本の利を図る事」とは「新たなる金転がしによる金吸い取りの先を与える事」で、

「そんな米国大資本にとって、日本国民の貯蓄は喉から手が出るくらい欲しい金転がし場」だ。

「多くの一般日本国民の財産を守る」なら

「大資本が個人資産を巻き上げ易くする国境線ファイアーウォール破壊」は「断固阻止するべき」である』。

『「日本乗っ取り工作が加速すれば、米国も中国や朝鮮に対して軍事力を行使し易くなる」。

「そんな状態こそが、米国軍需産業にとってありがたい状態」なのだ。

「例え核戦争が起きても、米国とは遠い極東地域」なのだから、

「死の商人たちにとって、これ程オイシイ市場は無い」のだ』。

『「日本がTPPに参加する」なら、

「参加前に、核武装し、発言権を得た上」で、

「少々の経済混乱では多くの日本国民が困らない様にする為にも、総中流化が完了していなければならない」。

「その上で、反日教育国が反日教育を止め、日本乗っ取り支配工作を止めている状態」が「在る」のなら、

「初めて、TPP参加でも多くの日本国民が利を得られる様になる」』。

『「現実の現状人間社会は甘く無い」のだ。

「上記程度の想定・認識も出来ない様なら、平和ボケ」である』。

|

「中・韓の原発産業でもうけたい売国奴」は「日本のみ脱原発」に走れ!・・・。

『「グリーンエネルギー事業で好景気」など「増税無きばら撒き」同様「幻想に過ぎ無い」。

「日本の脱原発で好景気になりたい」のなら

「中・韓の原発関連株や安いからという理由で日本のグリーンエネルギー事業で使われる中・韓の太陽光パネル等の企業の株でも買う」か

「中・韓から日本のみ脱原発工作の報酬でももらう」のが「合理的」だ』。

『「売国奴になり下がりたければ、日本のみ脱原発をどうぞ!」

「普通の日本人なら、原発産業でも、先端技術を磨き・使い続ける逃げない道を選ぶ筈」だが。

「核のゴミ処理」からも「被災事故からの復興からも」逃げている連中が大好きな綺麗ごとが「グリーン・エネルギーで脱原発」なのだ』。

|

為替管理も満足に出来ない日本が自由貿易に参加してどうする?・・・。

『「為替管理で自国を有利にする為に必要なのは核兵器」というのが「現状人間社会の現実」だ。

「インチキ為替のままの中国が強気で居られるのも、核兵器あってこそ」である。

「韓国内の反乱軍政府に過ぎ無い北朝鮮が未だに国ぶっていられるのも、核兵器の存在による」のだ。

「核兵器」とは、

「核兵器を持つ国への戦争仕掛けを困難にするお守り」でもあり、

「核兵器を持たない国々に対し強気外交を行う事が出来る後ろ盾」なのだ。

「現状の人間社会では、経済の後ろ盾は未だに軍備」なのである』。

『「日本が核丸腰のまま核兵器保有国も含まれている自由貿易を行う」と、

「本当に綿密な日本側による規制」の「担保抜き」では、

「為替でジリジリ追いやられ、終局的には核兵器圧力で日本が不利になる」。

「核丸腰で完全自由貿易とは、日本を滅ぼす道」に他ならない』。

『「しかし、上記の様な現実の流れ」が「多くの一般大衆に理解されるまでには時間がかかる」。

「何故なら、自由貿易で一番最初に表れる現象」は、「消費者が関税撤廃による安い商品を得られる事だから」だ。

しかし、「安い商品という甘い蜜に溺れている間」に「日本国内では為替による不利益等で競争力を失った企業がどんどん潰れる事になる」。

「人件費は下げられ、雇用は細り、外国人雇用の自由化も加わればさらに日本人雇用は細り、

・・・いくら巷に安い商品が溢れていても、給料も雇用も細れば、

多くの日本人にとって、相対的にそれらの商品は手の届かない高い物になる」のだ。

「その一方で国境線ファイアーウォールを失う事」により、

「企業は生き残りの為の企業体力強靭化の為という大義を得られ、利権集中を行い易くなる」。

「利権集中で生き残れた企業の経営者や大株主たちにとって」は、

「国境線ファイアーウォール無き商売も、海外から入る安い者・物・事も、

本当に安い者・物・事」なのだ』。

『「日本による規制の担保が不十分な自由貿易」とは、

「日本社会を二極化格差社会にすると共に、多くの日本人を困窮に追い込む最悪の選択の一つ」である。

「其処に在るのは、特権階級と奴隷的人々に二分されたおぞましい日本社会」だ。

「その上、終局的には、核兵器無き日本が勝ち残れる道さえ無い」のだ』。

『「核兵器保有国が既に開始しているTPPの交渉に核丸腰で参加する事」とは、

「十分な拒否権を持たずに交渉に参加する事と同じ」なのだ。

「慎重であって然るべき」だが』。

|

衆議院解散総選挙、「若くても、世襲で無くても、反日教育国の手先じゃダメ」でしょ・・・。

『「年齢とか出自などでは国政に実影響は出ない」が「反日教育国の手先か?否か?」では「国政に実影響が大きく出る」のです。

「有権者の判断基準」として、「若いとか、世襲か?否か?等は捨てるべき」でしょ』。

|

未だに民主党支持が1割以上もある不思議・・・。

『「筆者たちの周囲ではほぼゼロになった民主党への支持」。「野田は良くても、民主党はダメという人々」も「少なく無い」が

「野田も民主党もダメ派」が「多い」。

「どちらにしても、比例で民主はあり得ない話しになっている」』。

『「何故か?・・・もちろん、3年半の民主党政権による実績が余りにも酷かったから」だ。

「そこから考える」と、

「未だにいる民主党支持者」は、

「3年半の民主党政権による酷い実績を知らないか、

もしくは、解っていて賛同しているか?」だ』。

『「鳩山総理による沖縄基地問題の混迷化~日米安保の低下」や、

「小沢幹事長による皇室の慣例まで変えさせた中国共産党要人の為の政治主導」や、

「菅総理による日本にとっての自虐談話・朝鮮王朝の書物渡し~韓国の不当増長」や「異常に遅い、復興や原発事故処理」、

「輿石幹事長による解散先延ばしによる不況の増大」等々・・・。

「それらを知っていて尚、民主党支持」なら、

「日本人と言うより、むしろ、反日教育国支持人とでも言った方が適切」だろう』。

『「反日教育国支持人に多い脱原発派」は、

「未曾有の大震災が大元である福島第一原発被災事故の様な大原発事故」が

「直ぐにでもまた起きるかの如く風潮している」が、

「忘れてはいけない事実として、未曾有の大震災でも福島第二や女川の原発は大被害を出していない」のだ。

「福島第一の教訓を活かして、安全対策を更に向上させるなら、

今後、例え未曾有の大震災があったとしても、

福島第一の様な大被害を伴う原発事故が起きる可能性は無い」のだ。

「脱原発の実効」は

「中・韓の原発産業を利する事

(この件で、売国投資を行っていたり、工作資金を受け取っていたりする脱原発派もゾロゾロ・・・)」と

「中・北朝の核兵器による外交圧力を増させる事」だ。

「酷い者に至っては、日本のみ脱原発が戦争抑止になり平和を導く・・・」なのだから、

「まるっきり、反日教育国人の論理」だ。

「反日教育国人にとっては、

反日教育国は核を持ち、日本が核丸腰になれば、

日本の乗っ取り支配は容易で、

戦争の必要も無い・・・」なのだろうが・・・』。

|

ソフトバンクやマルハンが政治資金提供とも言われている「日本維新の会」・・・。

『「石原の本音」が、「義経・・・橋下」「頼朝・・・橋下では無く、頼朝・・・孫」なら、

「究極の目標」は、

「多くの日本人を徹底的に細らせ、

日本乗っ取り支配人脈に利権を集中させる超二極化格差社会の下」で、

「孫大統領もしくはその後継者(当然、どちらにしても朝鮮系の人)が、韓日併合を実現する為の実行部隊」である可能性さえ大きくなってしまう、

「日本維新の会」だが、

「果たして実体は?」』

『因みに、

「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」にとって、

「実態は日本による救済だった日韓併合」を「日本による植民地支配と嘯く事(つまり国際的詐欺)」で、

「日本人の立場・財産を盗んで国を始めた事」を

「未来永劫正当化し続ける道」は、

「韓日併合で日本を押さえ込む道しか無い」と、

「日本乗っ取り支配策略人脈の司令部は思い込んでいる」・・・』。

『「戦後の日本」は

「そのスジの連中による日本乗っ取り支配策略」により、

「かなり荒らされている」のだ。

「情報・教育・政治・経済・外交・健康・子造り・・・」』。

『「裏では、日本乗っ取り支配策略を抱きしめたまま、

表の顔は様々に

(世間の意向に応じて、左翼・革新仮面を被ったり、右翼・保守仮面を被ったり、積極的にお仲間マスコミで取り上げてもらったり・・・、等々・・・と、

当選の為の大衆迎合的な場合が多い様だが・・・)

積極的に国会議員等に成りたがる連中も少なく無い」ので

「要注意!!!」である。

「日本人人脈の世襲候補より、遥かに危ない否世襲候補は少なく無い」のだ』。

『「自民党」でも「民主党」でも「日本維新の会」でも「その他の政党」でも、

「裏に韓日併合実現方向へ向かわせる思惑が見え隠れしている政党・候補者」への「投票」は、

「日本人なら自虐的」だ』。

『「見分け方はあるのか?」

「日本の国益・国民益を増大方向に導くか?否か?」だ。

「日本企業を活性化するのか?

日本企業を衰退させて、韓国や中国の企業に漁夫の利を与えるのか?」

「日本のエネルギーを安定・安価にして国民生活・企業活動を楽にするのか?

日本のエネルギーを不安定・高価にして国民生活・企業活動に負担を求めるのか?」

「結婚・子造り・子育てがし易い日本社会にして、日本人人口を増やそうとするのか?

日本人を少子高齢化状態に押し込めて、移民を推進するのか?」

・・・・・・・。

「各政党や各候補者の訴えている政策や思想信条・政治理念等を上記の基準で検証すれば、

ある程度の見分けは可能になる」筈だ』。

|

衆院解散総選挙「外交・安保政策」・・・。

『「今の日本が取るべき外交・安保政策は?」

それは、

「反日教育国の不当増長を援助しない、当たり前の外交・安保政策」だ。

「反日教育国以外とは、しなやかな外交で共通メリットを高めれば良い」。

「反日教育国とは、反日教育国が反日教育を止めるまで毅然とした態度で臨めば良い」。

「その様な、しなやかで、したたかで、強い外交の結果、得られる」のが「反日教育国包囲網」だ』。

『「反日教育とはカルト宗教みたいな物」なのだ。

「何しろ、事実・現実を捻じ曲げた特定の思いで大衆を操ろうとしている」のだから。

「反日教育国包囲網の構築」で「反日教育国に反日教育を止めさせる事」は、

「反日教育国の国民をカルト宗教から解放することと同じ様な事」なのである』。

『「普通の人間社会」なら「多くの人々がカルト宗教でマインドコントロールされている人々を救い出す事に力を貸す」。

だから現状人間社会で「反日教育国包囲網を構築する事」は「そんなに難しい事では無い」。

「要」は、

「反日教育というカルト宗教の一番の被害者である日本」が

「正しく、被害を訴えるか?」

「否か?」だ。

「否の外交・安保を続けて来た」から「反日教育というカルトの不当増長が起こった」のだから、

「今の日本が取るべき外交・安保」は「もはや言うまでも無い」だろう』。

|

衆院解散総選挙、被災地の皆さん!「衆院解散でも政府も参院も残っているから復興が出来ない訳は無い」のです・・・。

『「民主党政権による復興」は「衆院解散に係わり無く続いている」。「その復興に満足」なら「選挙時に民主党に入れれば良い」のだし、「民主党政権による復興に不満」なら「民主党政権よりマシな復興を行ってくれる事が期待出来る政党に入れれば良い」だけです。

「衆院解散を理由に復興を止めたり、遅らせたりしている様」なら「民主党政権とはそういう政権だと言う事」です』。

|

「現在の脱原発=戦後の軍否定」なのだ・・・。

『「終戦直後は日本の誰もが戦争コリゴリ」だった。「戦争のショックで、短絡的に戦争に直接係わる軍を否定した人々も少なく無かった」。

「しかし、現状人間社会の現実」は「軍事バランスにより自国の平和も保つ」と「ハリネズミ構造」なのだ。

「全ての国が軍を無くさない限り」、

「軍を持たない事=他国に侵略される道」でもあるが「現状人間社会の現実」だ』。

『「福島第一原発被災事故の後」は「多くの日本人が原発事故コリゴリ」だ。

「事故のショックで、短絡的に原発事故を原発自体にしている人々」もいる。

「しかし、日本だけ脱原発しても核の問題は解決出来ない」。

「全ての国が脱原発しない限り、日本のみが核技術平和実用の最前線から退く事になるダケ」で「核兵器や原発による、核汚染の不安も消えない」のだ。

「全世界の脱原発・脱核兵器は、当面は実現不可能」なのが「現状人間社会の現実」だ。

「核も軍同様ハリネズミ構造」なのだ。

「日本のみ脱原発は、日本を核技術実用競争で負けさせる道」なのだ』。

|

藪睨み「第三極のイメージ相関図」・・・。

『以下あくまでも藪睨みのイメージですが、「石原太陽の党共同代表・・・日韓併合時に日本に渡来した韓国系の系統の日本人で日韓併合や終戦直後の実体験者。故に、日本の良さも十二分に実感している。結果、日本>反日教育国の判断が出来る」。

「橋下日本維新の会代表・・・日韓併合や終戦直後の歴史上の現実について日教組等による学校教育や韓流テレビ・マスコミ等による情報で育った世代の日本人。周囲には朝鮮系の人々も多く、それらの人々からの情報もあり、日本にも反日教育国に対し反省すべき点が少なからずある等と思っている。結果、特別永住権を持つ在日外国人(その実体は、日韓併合時に自ら進んで日本に渡来した朝鮮人・台湾人だが)には外国人参政権を与えても良いと思っている。日本>反日教育国の判断が多少???の様相」。

「小沢国民の生活が第一党首・・・日韓併合時に朝鮮から渡って来た北朝鮮系の日本人の系統。元々、日韓併合時には日本による朝鮮半島内の近代化に反対していた人々が居た親中国(当時は清)の北方朝鮮系なので、中国が大好き。民団(在日韓国人の団体)と外国人参政権を約束した実績からも、日本>反日教育国の判断が明らかに???の様相」』。

『上記の様な藪睨みから、

「第三極の連合騒ぎを見ている」と、

「まるで日韓併合時みたいに、

日本が韓国(朝鮮内の近代化を歓迎)とは何とか一緒になれる」が、

「親中国の北方朝鮮とはダメ」という「図式」が「見えて来る」。

「日韓併合」では「韓国内は近代化され文化水準も上がり朝鮮人の所得も人口も増えた」が、

「終戦後の韓国の詐欺・泥棒ぶりを見れば明らかな様に、日韓併合は日本のメリットとはなっていない」』。

『「日本のメリットを考える」なら

「血統に支配されている者たちだけでは無く、日本人でも周囲の反日教育国人脈の思いで操られている者等も含む反日教育国人脈」には

「国会議員の椅子を与えない事」だ。

「下手な連合で反日教育国人脈を利する」なら、

「日本への思いより血の方が濃い」と「藪睨みされても仕方無い」だろう』。

『「古代の歴史」では「日本でも韓国でも無い小国乱立時」に「日本的な国々や人々は最終的に日本に集合」し、

「韓国的な国々や人々は最終的に韓国に残った」。

「そして、その状態で時が重なり出た結果が、衰退した韓国と、欧米列強による強制開国に直ぐに対応出来るくらい繁栄していた日本」なのだ。

「衰退人脈に例え頼まれても下手な救済は日本の為にならない実例が日韓併合」である』。

『「21世紀の今日の日本」に「歴史の教訓が生きている」のなら、

「多くの日本人は判断を誤らない」だろう』。

|

総選挙時の争点・・・。

『「解散の決定で日本の株価が上がったのは何故か?」その裏には「悪どもの財テクも在る」のだ。

「悪どもは、

反日教育国内の同胞を通じて、反日教育国内で、反日教育国の企業の株を買い、

日本のエネルギー事情等を悪くして日本企業を不利にする事等で、

反日教育国の企業を不当に有利にし、

反日教育国企業の株価を上げる事で濡れ手に粟の財テクを行っていた」のだ。

「解散」により、

「民主党政権の裏でもあるそのシステム」が「崩れる事が決定的になった」ので、

「反日教育国企業の株を売り抜け、日本の企業等にシフトした」から、

「日本の株価も上がった」のだ。

「経済対策としても、日本>反日教育国の徹底は、重要な要素」なのである』。

『「民主党政権が、原発事故の被害対策を十分に行って来れなかった裏」には、

「日本のエネルギー事情を暗転させる事により、恒続的に反日教育国内の企業を有利にする策略」があり、

「更に、日本のエネルギー事情の悪さにより日本企業がつぶれれば、反日教育国の同業者は大儲け&株価も一気に上昇」なのだ。

「日本のみ脱原発」とは「その策略の道」なのである』。

『「総選挙時の争点」は「日本>反日教育国の徹底」であり、

「日本の国益・国民益の死守~増大」だ。

「原発被災事故の対策は重要」だが「脱原発とは意味が全く違う事くらい理解出来なくては!」

「日本のみ脱原発すれば、確実に日本のエネルギー事情が不利になり、反日教育国等を利する」。

「現状の人間社会システムでは経済が命を育む」のだ。

「原発事故の十分な対策だって経済抜きでは出来得ない」。

「命!命!!と訴えるなら、先ず、経済発展」である。

「因みに、

経済が原因で、

結婚も出来ず、

子造りも出来ず、

自殺にまで至ってしまう人の数は、

どんなに少なく見積もっても、

数万~数十万以上の単位」だ。

「今回の、あの酷い、未曾有の大天災と人災がもたらした、酷い原発事故」で、

「果たして何人の命が失われたのか????」

「日本のみ脱原発という反日教育国の策略に騙されてはいけない」のである』。

|

総理たち・大臣たちへの責任追求・・・。

『「外交安保にしても、景気・経済対策にしても、・・・、自公政権より更に酷かった」のに「長過ぎた民主党政権もいよいよ終わる」。

「元々、民主党の場合は、衆院で大勝し政権交代し、ねじれでも無かった時でさえ、十分な現実把握能力も実務能力も無かった」から

「政治停滞を招いていた」。

「民主党政権が、自公政権より更に酷い政権運営しか出来ていなかった」ので、

「参院選でも民主党は負け」、

「長々と衆院解散も出来なかった」から、

「ずっと、政治停滞が起こっていた」のだ。

「自公政権より少しでもマシだった」のなら「参院選で負ける訳も無く」、

「ねじれは起きていない」のだ。

「参院選でねじれても、衆院の解散~総選挙を行って直近の民意を得れば政治停滞は防げる」。

しかし、「衆院選で勝てないから・・・」と「長々と選挙を先送りし、政治停滞時間を長引かせて来た」のが「民主党の醜い政権運営」だった。

「オマケに、今回の解散に対しても、10月初旬に召集出来た臨時国会をわざわざ10月末まで引き延ばしていた」のだから「本当に酷いもの」だ。

「自公政権より少しでもマシならクリアー出来た激低ハードル」さえ「クリアー出来なかった政治停滞を放置して来ていた満足に仕事していない政権」に、「復活は無い」。

「解散~総選挙となれば、もはや民主党が政権の座に返り咲く事は先ず無い筈」だ』。

『「筆者たちが興味を持っている事」は「有権者が総理・大臣経験者への責任を取らせられるか?」だ。

「最低の、元鳩山総理」&「最悪の、前菅総理」は、

「十二分に責任追及される資格が有る」。

「田中夫妻等大きな問題が有った大臣たちも同様」だ。

「有権者が再選する事≒禊」は「政治の世界の悪習」だが、

「その悪習は相応に実権を持ってしまっている」。

「再選される事≒責任を取らなくても良い事」なのだ。

(該当地域の皆様!ちゃんと責任を取らせてください!!!)』

『「有権者がある政治家に責任を取らせる意向が有る」のなら、

「その政治家には投票しない事」が「一番」だ。

「有権者による責任追及が機能する社会」なら、

「政治は投票行動で変える事が出来る」。

「そういう状態であってこそ、初めて民主主義と言える」のだ』。

『「民主党政権に戻すよりは、

民主党政権よりはマシな政権に戻す方が、

マシ」である事は、

「誰でも分かる」。

「しかし、多くの有権者が望んでいるのは、

日本の国益・国民益を守り、

安全保障や外交でも失政無く、

日本の景気・経済を良くし、

日本人人口を増やす事や日本人の命を守る政策を行う、

当たり前の日本の政権」なのだ。

「売国・売国民政策に走る政治家の後ろには、他国の操り糸が付いている」』。

|

祝!「金魚鉢破壊解散」・・・。

『「在日外国人まで党員/サポーターにした民主党」は「夢物語政権与党という金魚鉢を作り、有権者に見せびらかした」。

「大きな金魚鉢を用意し、沢山の人寄せ魚を集め、どじょうまで金魚鉢に入れたので、有権者はよろこんで見て、支持した」。

しかし、「金魚鉢に放り込まれた魚の中には、反日教育国の操り糸が付いている金魚まで居た」・・・。

「動きがおかしい金魚に怒ったどじょうが暴れ、めでたく金魚鉢は破壊された」。

「総選挙時には、二度と操り糸付き金魚を当選させない様にご用心!ご用心!!」』

|

第三極連合「官僚中央集権の打破」も結構だが・・・。

『「政治主導」「政権交代」と言えば、「先の総選挙時の民主党の謳い文句」で「民主党政権には、更に、政策の一致無き野合」も「付いていた」。

「そもそも、政治主導を任せられる条件とは、官僚より優れている事」だが、

「民主党の多くの面々は、明らかに官僚より劣っていた」』。

『「上記の実例」から「第三極連合を見ると・・・」。

「民主党では再選が危ういから(?)と第三極に流れている旧社会→●●→民主の様な人々」も「ゾロゾロ・・・」の、

「政策の一致無き野合」なら、

「石原氏等、官僚とまともに渡り合える一部の人々を除いて××なのでは・・・」』。

『「実際に、現在の民主党」は、

「官僚より優れているか?否か?は???だが、

少なくとも官僚の言う事は理解出来る野田総理等、

ある程度まともな人々を除いた民主党国会議員だけで十分でしょ・・・という雰囲気さえかもし出している」』。

『「官僚の言う事が理解出来ない出来の悪い国会議員等」は、

「往々にして、自分が理解出来ない事を言う官僚を悪者にしたがる」が、

「そんな者に国政を預ける事のデメリットは、少し考えれば誰もが分かる筈」だ。

「官僚の言う事を理解・把握出来た上」で「官僚以上の提案が出来る国会議員等」なら、

「多くの官僚が素直について来る」のである』。

|

本日15時半頃だろう、「金魚鉢破壊解散」・・・。

『「どじょうは泥の中でも生きていけるが、金魚は金魚鉢から放り出されると死ぬ」旨述べていたのは「民主党輿石幹事長」だが、

「本日15時半頃には、金魚鉢破壊解散が行われる事になった」。

「ここで考えるべき」は「金魚鉢とは何か?」だ』。

『「金魚鉢とは?」を考えると

「金魚鉢」とは、

「与党国会議員枠」で、

「与党国会議員枠の中に入る」と「お金と共に数多くの特典も付いて来る」・・・等と、

「思う人が多い」と思う。

「元々、金魚鉢の中で無ければ暮らせない様な訳の分からない軟弱な人間を国会議員にする必要は全く無い」のだが、

「言うまでも無く、金魚鉢の中に多くの金魚を放り込んだのは多くの有権者」なのだ』。

『「与党国会議員枠を金魚鉢にしか出来なかったから」か、

「民主党政権」は、

「自公政権よりちょっとでもマシなら超えられた激低のハードル」さえ「超えられなかった」。

「金魚鉢がハードルでコケれば、割れるのが当然」だろう』。

『「何れにしても、解散がほぼ決まった段階で、米国では株価が下がったのに、日本では株価が上がった」のだ。

「民主党ゆえの日本の不況」も「もう直終わる」だろう。

「政治と経済は密接にリンクしている」』。

『「経済をグローバルで考える時忘れてはならない事」は、

「国境線ファイアーウォール」と

「企業のグローバル化」は

「全く別の問題である事」だ。

「国境線ファイアーウォールによりその国独特のルールが在っても、

グローバル企業はそのルールに従う限り基本的に拒絶されない」のなら、

「大きな問題など無い」。

「むしろ、国境線ファイアーウォールによりそれぞれの国々及びその国々で暮らす人々の文化や社会や生活等を守るメリット」が、

「グローバル企業の世界展開を容易にするメリット」より、

「遥かに大きい」のが

「人間社会構築度の現実」だ』。

|

総選挙時には「地元だから・・・」「知り合いだから・・・」とファンタジー政策政党・候補者に投票してはいけないのだ・・・。

『「国政選挙の総選挙」とは「日本社会に大きな実影響を与える重大事」だ。「現実社会を良くする為にも、ファンタジー政策政党・候補者等への投票は厳に慎むべき」なのだ』。

|

ようやく解散11月16日~・総選挙12月16日がほぼ決まりだ・・・。

『「民主党内の多くの反対を押し切る野田総理の英断」によりようやく「タイトルの様な事態が実現する」。

「解散に反対している民主党国会議員の愚かな所」は、

「もし、民主党政権がダメ出しされた自公政権より少しでもマシだったなら、

こんな事態にはなっていない事を忘れている事」だ。

「既に3年半以上も経っている」のだから、

「ダメ出しされた自公政権以下の政権運営しか出来なかった事の責任は言うまでも無く民主党にある」。

「天災の有無など関係無い」。

「天災があった事を高い評価に結びつける事さえ出来なかった」のが「民主党政権の実態」だ』。

『「そんな中で、民主党野田総理等は良く頑張って、民主党<一般日本国民の判断を下した」。

「自公政権以下の政権運営しか出来ていなかったのに、この後に及んで解散に反対した国会議員など」は、

「総選挙時にも参院選でも、当選させる必要は全く無い」が、

「今回の解散に賛同している民主党国会議員」は「野田総理同様相応に評価されるべき」である』。

『「多くの有権者にとって総選挙時の投票先は悩みの種」だろうが、

「確実にブタを避ける一つの見分け方がある」。

「それは、ファンタジー政策を訴えているか?否か?」だ。

「小鳩政権時の増税無きある種の理想社会政策の如く」、

「ファンタジー政策では現実は進められない」のである』。

『「現状でのファンタジー政策の代表例は原発ゼロ」だ。

「人類のほとんど全てが核廃絶には賛同」だろうが、

「現実的には全世界的な核兵器の廃絶も原発の廃絶も困難」だ。

「何故か?」

「科学技術の進化の方向性は、より高エネルギーの制御に向かっていて、人類はその宿命から逃れられないから」である。

「人類が核エネルギー制御{程度}の高エネルギー制御から退く道」は、

「人類滅亡に直結している」のだ。

「何故なら、人類の存続~永続には宇宙への本格進出が必需」であり、

「宇宙への本格進出の為には、核エネルギーより遥かに大きな時空エネルギーの制御が必要であり、

人類が時空エネルギーの制御を手中に収める事により重力制御も可能になるから」である。

「上記程度の大局的見地は多くの一般市民が持つべき」だが、

「情報・教育が歪められているので未だに・・・」なのだ』。

『「政権交代ドリーム」が「悪夢になってしまった」のは、

「民主党政権がファンタジー政策政党だったから」だ。

所詮「ファンタジー政策政党が掲げているマニフェスト」など「夢物語」なのである』。

『「ファンタジー政策政党を除く投票行動」を「多くの有権者が取れば」、

「日本社会も現実的に動く様になる」。

「その動く方向を決める」のが

「現実主義政策の違い」だ』。

『「現実主義政策の違いの選択」は「個人個人の選択に委ねられるべき」である。

「それでこその民主主義だから」だ』。

『「総選挙時には、多くの有権者がファンタジー政策政党・候補者等に騙される事無く、

現実主義政策政党・候補者等の中から、

それぞれの有権者の意向に沿う投票先に投票する事を願って止まない」』。

|

「太陽の党」旗揚げで第三極連合を急ぐ石原氏だが・・・。

『「多くの一般日本国民の望み」は「脱野合政治」だ。「第三極連合より政界再編」である。

「それなのに、石原氏が第三極連合に拘っているのは何故か?」』

『「橋下維新の過ち」は「現実主義の深さが浅いのに、国政進出を急ぎ過ぎた事」だ。

「第三極連合を急ぐ石原氏を追い立てている」のは「危機感と年齢」だろう』。

『「第三極連合が政界再編への起爆剤になる」のなら「筆者は第三極連合に大賛成」だ。

「果たして、その見込みはあるのだろうか?」』

『「今の国会議員の一人一人の思想信条や政治理念や実現したがっている政策等を見る」と

「今の多くの国会議員を現状の党枠により拘束する事」には「無理がある」のは、

「誰もが実感しているところだ」と思う。

「有権者にとって」も

「選挙時の候補者」は、

「それぞれの思想信条や政治理念や実現したがっている政策等を基に分けられた政党に属するか、

無所属の一匹狼として立候補した方」が、

「誤った判断を招き難い」。

「今の日本の政界に必要」なのは「第三極では無く政界再編である事は間違い無い」』。

『「政界再編を困難にしている元凶」が「政権与党利権」である。

「政権与党から降りる事を異常な程嫌っている醜悪な様相」の「民主党常任理事の面々」を見ても、

「誰もが政権与党利権の大きさを実感する筈」だ。

「政権与党利権>それぞれの思想信条・政治理念・実現したがっている政策等」というのが

「少なく無い数の国会議員の実体」なのである』。

『「ここにある種の人間の本質を見る」のは「筆者たちだけでは無い」筈だ。

「人間誰しも自己の下の利権を他の者・物・事より大きく捉え易い」のだ。

「しかし、民意を代理する国会議員としての資質」として「考える」なら、

「自己の下の利権を他の者・物・事より優先されては、国民は堪ったものでは無い」。

「この意味からも、その様な国会議員は選挙時に落選させるべき」である』。

『「政権与党利権等自分の下の利権<思想信条・政治理念・実現したがっている政策等他の者・物・事」の「国会議員ばかり」なら、

「政界再編も容易な筈」だ。

「動かない国政」には「それだけ多くの主従逆転国会議員が居る」のである』。

『「主従逆転国会議員を排除する方法はあるのか?」

「有権者が候補者の実体を可能な限り認識・把握した上で投票する事以外の道は無い」のだ。

「候補者の実体を可能な限り認識・把握する為」には「有権者にも相応の資質が要求される」。

「この意味からも政治無関心や浅はかな政策思案ではダメ」なのだ』。

『「政治無関心を捨て、浅はかな政策思案から抜け出す」と、

「意外と候補者の実体も見えて来るもの」である。

例えば、

「人は、

福島第一原発被災事故の被災感を抱きしめたままなら、

脱原発感情を抱き易い」が、

「日本のみ脱原発で核問題は解決出来るのか?」

「脱原発で日本社会はどうなるのか?」

「反日教育国や核兵器保有国等に漁夫の利を与えてしまう事の実効は?」等々を

「冷静に徹底して考えれば」、

「多くの人々が脱原発というファンタジーから抜け出せ

現実社会で行うべき原発政策を見出せる筈」だ。

「その様なベースを持った上」で「候補者や政党の原発政策を見れば」、

「ファンタジーを掲げている候補者や政党の実体」が

「自分の下の利権>他の者・物・事である事」くらいは、

「多くの人々が気づく筈」である。

「自分の下の利権>他の者・物・事」の「候補者や政党」に、

「代理政治を任せる事ほど愚かな事は無い」。

「逆に、被害者感情を持ったままの人々には反感を買い易い原発維持、もしくは、推進派」は、

「短絡的には自分が嫌われても、日本社会の事を考えた上での判断を下している可能性が大きい」のだ。

「但し、原発産業利権目当ての人々は別だから、利権に絡んでいるのか?否か?は要チェック」だ』。

『「本来、民主主義とは基本となる民の力が充実してこそ可能になる制度」である。

「民の一人である自分の政治に対する認識・把握等を疎かにしたまま、

上辺だけ民主主義を求める」と、

「形式だけが民主主義で、内実は、例えば、テレビ・マスコミファシズムになったりする」のだ』。

『「太陽の党」が「連合を求めている政党」は、

「日本維新の会」にしても、

「みんなの党」にしても、

「原発ファンタジー党」である。

「つまり、自分、もしくは自分たち>他の者・物・事党」である可能性が大きい党なのだ。

「もっとも、日本維新の会には原発に対しては浅い現実主義の要素もある様」なので、

「今後の変化次第では分からない」が、

「特別永住権を持つ在日外国人には外国人参政権を与える」と言っている

「国の根幹についてのファンジーを抱きしめている間は他の政策がどんなに変化してもダメ」である』。

『「新・旧の戦い」とは「自公から民主への政権交代時の{政権交代!}みたいな事」で、

「もはや、そんな事では誰も関心しない」だろう。

「それでも、第三極連合を急いで、実現し、それが政界再編に繋がるのなら、

良い」のだが』。

『「有権者が総選挙時に、

政権与党利権等自分の下の利権>思想信条・政治理念・実現したがっている政策等他の者・物・事という候補者を当選させない事」こそが、

「政界再編への特急券」なのだ。

「ファンタジー政策を謳っている候補者を当選させず、

深い現実主義政策を謳っている候補者を当選させる道」こそが、

「日本復興への近道」なのである』。

|

本当に見苦しい「民主党常任幹事」の面々・・・。

『「この後に及んで、未だに、解散はあり得ない、与党で無くなれば権力も無くなる・・・」と「悪あがきしている様相」の「民主党の常任幹事(つまり、実権保持者)たち」。

「日本国民の生活よりも、日本の景気よりも、自分たちの利権・・・の様相」なのだから、

「本当に見苦しい限り」だ』。

『「総選挙時でも、参院選時でも、・・・こんな連中を再選する必要は全く無い」のだ』。

|

最初から負け戦となる事が判っている「日本のみ原発ゼロ戦争」に熱心な方々・・・。

『「福島第一原発被災事故の被害感情につけ込んで{日本のみ原発ゼロ戦争}を仕掛けた方々」は、「未だに敗戦工作もせず、未だに負け戦を続けている」ので、

「国会議員なら総選挙時には落選が当然」だろう』。

『「事故被害感情から抜け出し、物事を冷静に見て判断する」なら、

「日本のみ原発ゼロ=日本が率先して核の安全保障から逃げる事」である事が「誰にでも判る」。

「日本のみ原発ゼロにしたところで、世界中に在る核兵器も原発も無くならず、

日本のみ原発ゼロにする事は、日本のみが核技術から遠ざかる事だから」だ。

「核問題は、核兵器も含めて全世界レベルで対処すべき大問題」であり、

「核の安全保障の為には、核技術を核の平和利用である原発を通じて率先して高め続けなければならない」。

「それが現実」だ』。

『「原発の利用割合をある程度下げる事」は「合理的」だが、

「それは代替発電や安全・経済メリット等を十分に考えた上で慎重に判断」し、

「実用安全管理核技術の発展向上の意味からも、実用原発の割合が相応にあるレベルを保つのが合理的」だ。

「原発による発電とは発電量の急変を行い辛い発電」なので、

「例えば、昼夜引き続き必要な常用電力分くらいを当面は原発発電と地熱・大規模水力等変動の少ない発電で維持する事」等が

「合理的」である。

「原発・水力・地熱発電をベース」に、

「電力使用ピーク等に必要になる電力を天然ガス等の火力発電に委ねる」のが、

「温暖化対策でも経済効率面でもベターな選択」だ。

「太陽光や風力等変動の激しい発電法に多くを委ねる道」は、

「大規模なインフラの改造を必要とする」上に、

「太陽光バカ高買い取り法案まである」ので、

「電気料金大幅値上げの道」にしかならない。

「電気料金大幅値上げ」とは「日本のエネルギー事情の悪化」であり、

「日本の産業も家庭生活も大きなデメリットを受けてしまう」から、

「景気悪化~日本衰退の特効薬」なのだ』。

『「日本衰退~日本支配を目指している反日教育国人脈の人々」は、

「最初から負けが確定している{日本のみ原発ゼロ戦争}に熱心な場合が多い」。

しかし、

「昨今では反日教育国人脈の存在やその行動原理等も知る人々が増え」、

「原発問題」でも、

「被害感情から抜け出し、冷静な判断が出来る様になった人々の数が増えれば増える程、

日本のみ原発ゼロなどと言う、

おとぎ話、もしくは、日本衰退工作話に

共感する人が減っている」のが

「実情」だ』。

『「第二次世界大戦時に敗戦した日本人」は、

「中国や韓国内から強制的に追い出された」。

「日本乗っ取り支配工作人脈」も

「日本のみ原発ゼロ戦争等の敗戦を機」に、

「或いは、既に敗戦が決まっているのだから即刻」、

「自ら率先して祖国に帰るべき・・・」と思っているのは

「筆者たちだけでは無い」。

「政治工作だけでは無く、

情報・教育工作や、

飲食物工作や、電磁波工作等々、

迷惑な工作活動を行っている連中を暖かく歓迎し続けている必要など全く無い」のだ。

「反日教育国の工作員等は住み辛い、

多くの一般日本国民は住み易い日本」であってこそ、

「本来の日本社会」である』。

『「総選挙時の判断基準」は、

「先ず、例え、特別永住権保持者だけでも、反日教育国在日外国人に参政権を与えようとしているか?否か?

(与える事は反日教育国人脈による日本侵略の援助になる)」であり、

「次に、日本のみ原発ゼロ派か?否か?

(日本のみ原発ゼロは日本の衰退に直結する)」であり、

「次に、TTP賛成派か?否か?

(国境線ファイアーウォールを大幅に下げる事は大資本が全ての社会にする事と同じだ)」だ。

「上記三点が全て否」で、

「はじめて、多くの一般日本国民の為になる政治を行う候補者・政党である可能性が出る」のだ』。

|

週刊朝日橋下問題でも注目されているが「政治家は出自だけで判断してはいけない」のだ・・・。

『「政治家は公人なので出自等が明かされる事はある種の宿命」だ。「しかし、出自等だけでその政治家を判断しては判断を誤る事になる」。

例えば、

「橋下の出自や成育歴等を知る」と、

「橋下に同情・共感等の感情を持つ人々も少なく無いと思う」し、

「鳩山の出自や成育歴等を知る」と、

「鳩山に羨みや憧れ等の感情を持つ人も少なく無いと思う」。

「しかし、そんな感情のみに誘われてその政治家を判断しては判断を誤る」のだ』。

『「国民が政治家に委託しているのは、政策」だ。

「政治家が行が行おうとする政策の元となる」のが「思想信条や政治理念や出自・成育環境」である。

「出自・成育環境等も政治家が行おうとする政策に影響を与える」が、

「その割合は人によってかなり違う」のだ』。

『「つまり、余程明らかに大きな影響が出る事が判っていない限り、出自・成育環境等は参考程度にしかならない」のである』。

『「大金持ちに憧れ、大金持ちの鳩山が導く政治なら、日本国民の多くを大金持ちにしてくれる・・・」等と「妄想」して、

「鳩山民主党に投票した人々の期待」は、

「見事に裏切られた」。

「苦労人の現実主義者である橋下に同情・共感し、苦労人の現実主義者が導く政治なら、日本国民の多くがより良い社会に住める・・・」等と「妄想する事」は、

「鳩山民主党の二の舞への道に他ならない」のだ』。

『「政治家は、実行しようとしている政策の{上辺では無く内実}で判断しなければ!」

例えば、

「橋下氏」は、

「特別永住権保持者(つまり、在日韓国人・北朝鮮人・台湾人で戦前から日本に住んでいる者とその子孫等)には外国人参政権を与える政策」であり、

それは「全ての在日外国人に外国人参政権を与える政策では無い」。

「しかし、それは上辺の部分」なのだ。

「この上辺の部分に翻弄されて、本質を見失っている方々も少なく無いのでは?」

「もう少し深く、内実を考えて」みよう。

言うまでも無く、

「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)も中国」も、

「反日教育国」である。

「つまり、橋下氏の政策は、

上辺では、

如何にも、冷静に、現実的に、対処している様」だが、

「内実は、反日教育国の在日外国人に参政権を与える政策」なのだ。

「参政権とは日本国内の政治に参加する権利であり、言わば、日本内部に入れる権利」だ。

「反日教育国の国籍を持つ者を日本内部に入れる事」とは「正に侵略の補助」である。

「反日教育では、悪いのは日本であり、侵略行為が悪いでは無い(だから、実際に、韓国も中国も侵略行為を行っている)」。

「反日教育では、悪い日本をやっつけるのが正論」で、

「悪い日本に対するちょっとダケ侵略が実現すれば、

必然的に悪い日本を徹底侵略で良い日本に・・・と実行して来る」のが、

「反日教育国の必然」だ。

「反日教育国による悪い日本の徹底侵略&良い日本化を否定する事」は「反日教育の否定になってしまう」のだ』。

『「TPPに対しても、原発に対しても、

・・・、

橋下氏の政策」は

「上記の外国人参政権と同様に、

上辺は現実主義だが内実は非常に危うい・・・つまり、未熟である場合が少なく無い」のだ。

「未熟な理想(妄想)主義者に日本の政治を預ける事のデメリット」は

「鳩山民主党政権等で十二分に分かっている日本国民がほとんどの筈」だ。

「有権者は、同じ過ちを繰り返してはいけない」のである』。

『「地方では身近に問題が在り、身近な問題の対処の面では、橋下氏レベルの未熟な現実主義でも十二分な実効が出る」。

「橋下維新の適性は、今のところ地方レベルというのが現実」である』。

『「何事でも準備不足の暴走では得られる結果は破綻になり易い」。

「地方でもっと力を養いながら、

国政レベルの事実・現実に対する理解・把握を高めてから

国政を目指す」のが

「維新の正しい道だ」と思うが』。

|

TPP等の問題は「国を開く」では無い「国境線ファイアーウォールを下げる」なのだ・・・。

『「国境線ファイアーウォールを下げて利益を得るのは、相対的に力を増す大資本を持つ人や企業等」だ。

「そうでは無い多くの人々や企業等は、確実に力を増す大資本の下で、今まで以上に不利な状態に置かれる事になる」』。

『「大資本の飴」が「安い飲食物等」なら、

「大資本のムチ」は「大資本の犬以外は虐げる社会」だ。

「結果、人々は大資本の中で権力を持てる立場を争い、

大資本の利権はそんな事に人生を費やした未熟者の精神状態そのままに

代償欲求が誘う身勝手な投影・転嫁に基づき血統相続される事になる」。

「その反面、大資本に虐げられた人々」は「犯罪者集団となり易くなる」。

「元々の人間社会が反人間的」なら「反社会的な人間の数は必然的に増える」のだ』。

『「そんなおバカ状態で時を重ねれば、戦争~人類滅亡へと転げ落ちるのが当然」だ。

「人類滅亡を望んでいない」のなら「もっと、ちゃんと考えるべき」である』。

『「反人間的な社会をつくらない為」にも「多様な対策を行うべき」で、

「国境線ファイアーウォール」も「利用の仕方次第では有効なツール」なのだ。

「日本国民や日本企業のほとんどが大資本では無い」のに、

「大資本にメリットを与える国境線ファイアーウォール下げ・・・」では、

「多くの一般日本国民にとって、日本社会が反人間的な社会になってしまう」。

「逆に、国境線ファイアーウォールである程度海外大資本の力を抑制すれば、日本国内で中・小資本でも仕事が可能になる」。

「中・小資本でも仕事が可能という状態こそが、雇用が多い状態」で、

「雇用が多い状態」なら、

「働く意思」があり、

「仕事の努力」をした者の

「多くが、中流に成り易くなる」。

「それぞれの国々で、

それぞれに総中流化こそが、

世界平和~人類存続のベース」なのだ。

「人間という生物を健康に育て続ける為には、何事でも状態に応じた程々が大切」なのである』。

・・・・・・・。

『「もっとも、最近のTPPの問題は、

外国人参政権隠し、

親反日教育国隠し、

等々の為に使われている様相」でもあるのだ。

「外国や外国人等と親しくするなら、先ずは、反日教育国・反日教育国人以外」である。

「反日教育国包囲網を構築し、反日教育国を孤立させるくらいの状態に追い込み、

反日教育国が反日教育を止めたら、

それらの国々や国民とも普通に付き合える様になる」のが、

「国際上の現実」だ。

「反日教育が生きている間」は、

「例えば、日本にいるそれらの国々の人々」でも、

「日本を支配するのはそれらの国々の人々、もしくは、それらの国々に忠実な人々」という

「考え等を捨てきれない」のだし、

「そんな考え等の下で、日本の国政等に食い込もう・・・と帰化し、

日本の情報・教育に食い込んで親反日教育国情報で多くの一般日本国民を洗脳しようとしたり、

政治家として立候補したり、

反日教育国に有利な特定政党・候補等の応援・支援をする者も少なからず出続けている」のだから』。

『「元々は何処の国の人であっても、何処の国の人でも、

親日本なら、仲良くなり、互いに日本で快適に暮らし」、

「実質的工作員等なら、

友好関係はつくらず冷たく当たり、

日本では快適には暮らさせず、

母国への帰還等を促す」のが

「市民レベルの国家安全保障の当然」だ。

「日本人に自虐を強い、

反日教育国日本乗っ取り支配人脈の人々を賛美」し、

「日本人に快適では無い生活を促し、

反日教育国日本乗っ取り支配人脈の人々が日本で快適に暮らせる様に促して来た情報・教育等」は、

「明らかに異常」なのである』。

|

米軍による核の傘の重要性を公言した橋下・・・。

『「日本維新の会」は「脱原発・TPP賛成」派だ。「脱原発派なのに核の傘を認めている」とは、「現実主義者の様で内実は米国の犬派」なのだ。

「何故なら、脱原発とは日本の核技術の水準を著しく下げる事であり、

そんな状態で米軍の核の傘を求めている状態とは、

米国の犬になる状態に他ならないから」である』。

『「TPP賛成派である事」は「米国の犬として、スジが通っている」』。

『「反日教育国の国籍を持つ在日韓国人等へ外国人参政権を与える事にも賛成」という「橋下代表」。

「米国の犬」

「反日教育国の犬」

・・・では、

「正に、売国奴」だ』。

『「売国奴政党が大量の国会議員を持つ様」では、

「日本は崩壊させられてしまう」。

「総選挙時」には、

「多くの有権者が、

先ず、

親反日教育国人脈や、米国の犬等の、

売国奴政党・売国奴候補者を避ける事が一番」だ。

「その上で、経済政策や社会政策等で、

自分の考えに近い政党・候補者を選べば、

後悔の無い結果も付いて来る」筈である』。

|

小沢裁判高裁無罪判決・・・。

『「元々現行法では有罪困難だったから検察が不起訴。問題は、現行法で有罪困難なら何をやっても良いのか?否か?だ。特に立法府の人間である国会議員なら尚更。この問題は最高裁まで行くべき事例」。

「高裁無罪判決が出ても大手を振っていばれる事では無い」のだ』。

|

「売国奴」呼ばわりに反応抗議したソフトバンク孫正義・・・。

『「孫正義氏の実体を良く現している」のは「実質的に菅前総理と孫で決めた太陽光発電バカ高買い取り」だ。

「太陽光バカ高買い取りで有利になる」のは、

「長年に渡るバカ高買い取りを保証されている太陽光発電事業者(特に大規模)」で

「多くの一般日本国民や日本企業では無い」。

「太陽光発電事業に参入出来ない多くの一般日本国民や日本企業はむしろ不利益を被る」のだ。

「そんな太陽光バカ高買い取りを実現した事」の「実体」は、

「多くの一般日本国民や日本企業の不利益<自らの手元に転がり込むお金、もしくは、多くの一般日本国民や日本企業が不利益を被る事で利益を得る国や者への協力」なのだ。

「その様な実体もたらした者を売国奴と表現する者が居ても何の不思議も無い」のだが、

「売国奴呼ばわりは、商売上大きな不利益になる」。

「何故なら、多くの大企業のトップとは違い孫正義氏は一般大衆にとっても有名人だから」だ』。

『「孫正義氏は、何故、多くの大企業のトップの如く一般大衆にとって無名のままでは無いのか?」

「その要素に関連すると思われる事」として、

「孫大統領論の勃発」がある。

「特定の人々の思惑」では「孫氏の様な人を日本の大統領にしたい」のだ』。

『「日本は、言うまでも無く、大統領制では無い」。

「日本で大統領制や脱原発を望んでいる人々の多くは、何故か、或いは当然に、朝鮮系人脈」なのだ。

「韓流テレビ・マスコミ等」然り、

「民団(在日韓国人の団体)とズブズブという噂まである維新」然り、

「韓流マスコミの一員、もしドラの作者」然り、

・・・・・・・。

「もちろん、韓国は大統領制」だ』。

『「反日教育国である上に親日罪まである韓国」にとって、

「日本の衰退による韓国の漁夫の利」は「大歓迎」だろう。

「何しろ、自動車にしても、家電にしても、原発にしても、・・・日本の産業と韓国の輸出産業はダブっている場合が多い」のだ』。

『「昨今の孫正義氏は、自伝まで出して、イメージアップに躍起」である。

「しかし、孫正義氏を取り巻いている実態」は、

「実質的にとても親日とは言えない」のだ。

「むしろ、まるで、日本を韓国と同様にして、孫正義氏が大統領として日本を支配する方向に向かわせたいエネルギーさえ在る様相」なのである』。

『「名字から勝手に中国人だと思っている人もいる様だが、

孫正義氏は、

朝鮮戦争時に日本に密入国した韓国人両親の子で、

父親の密造酒製造・パチンコ店経営・サラ金等のお金・家庭環境で育ち・留学もし、

父親譲りの金儲け上手で大成功し、

1990年に帰化している朝鮮系の人」である。

「金儲けがし易い日本は大好き」なのだろうが、

「行っている事等の実体からも、本当の日本人好きとは到底思えない」様相なのだ。

「ソフトバンクのテレビコマーシャルにしても、

日本人の父親を白い犬で表現し、息子は黒人・・・と、男性陣を実質的にコキ降ろし、

母親と娘の女性陣は、比較的良い印象・・・」と、

「まるで、日本はイブの国という一部朝鮮人のカルト宗教的言い分そのままの表現」なのだ。

「日本に対する愛があり、日本に対する気遣いがあるのなら、当然、そんな、もし本意では無くても誤解を受け易い表現は使わない筈」だが、

「多くの一般日本人をバカにしている朝鮮人」なら「好んで使いそうな表現」なのだ』。

『「売国奴」呼ばわりに「反応抗議した事」には、

「商売熱心さ・・・金儲けに対する執着」は感じるが、

「日本国・日本人に対する愛は感じない」。

「日本支配の為の孫大統領実現の障害になる要素を否定したい気持ち」は感じるが、

「日本社会を良くする為の滅私奉公の気持ちは感じない」。

・・・「筆者たち同様、そんな印象を持った日本人が多い」と思うが』。

|

ついに朝から寝言レベル、今日もやってくれちゃっています。サンデー・モーニング・・・。

『「益々、偏向情報を一方的に大量配信する事で、偏向情報で操られてしまう人々を操る為の公共の電波の不当使用の様相を強めているTBSサンデー・モーニング」。

「本日に至って」は、

「中・韓問題」に対し、

「日本人の謙虚さを賛美する事」により「もう一度土下座外交を・・・とでも言いたげだった」のだから、

「本当に呆れる」。

「戦後60年以上も、温厚に謙虚に接し続ければ、例え韓国であろうと、中国であろうと、理解し合える・・・」と「実践して来た結果」が、

「韓国や中国の不当増長である現実を全く無視」して、

「正に、朝から寝言・・・」なのだ。

「反日教育国韓国による、竹島の不当占拠や、数々のあり得ない補償要求等々」も、

「反日教育国中国による、尖閣諸島侵略宣言等々」も、

「その元は、日本の{相手を間違った謙虚さ}」だ』。

『「中国国内で商売を行っている企業の例」は、

「中国国内で中国人にもメリットを与えている企業の例」に他ならず、

「良質な販売店を失う事は中国人にとっても不利益」だから、

「一部の中国人たちが、不利益状態の解消に役立った日本企業の謙虚さを賛美しているダケ」だ。

「国家レベルで謙虚さを発揮した実例が、過去の日本の政治・外交」であり、

「その結果が、現状の対立」なのである』。

『「どうやって問題を解決すれば良いのか?」

「先ず、反日教育を止めさせる事」だ。

「韓国などは反日教育だけでは無く、親日罪まである」のだ。

「中・韓が、日本を悪い国として扱い、親日を罪としている間」は、

「日本側は、毅然とした対応で中・韓と接するべき」である。

「反日教育」や「親日罪」が「在る」のに、

「謙虚な土下座外交等を行う事」の「実効」は、

「反日教育や親日罪の正当化」なのだ』。

『「日本が反日教育国から遠ざかり、親日の国々とより近くなる外交政策を行い続ければ、

孤立するのは、反日教育国側」である。

「何故なら、反日教育は事実・現実に基づいた正当な教育では無く、一種のカルト宗教だから」だ。

「反日教育国が孤立のデメリットを十二分に味わえば、必然的に反日教育を止めざるを得なくなる」。

「日本は反日教育を止めた後の中・韓に対し、日本らしく謙虚に接すれば良い」のだ』。

『「原発問題」でも「本日も、反原発派ばかりがズラり・・・」で、

「偏向情報の一方的大量配信だったサンデー・モーニング」。

「コメンテーターの一人は、日本は危ない国だから原発はダメ・・・」と、

「まるで反日教育同様の日本のみダメ論を風潮だった」のだから、

「本当に呆れる」。

「言うまでも無く、地球上何処でも活断層は在り、原発で実質的に危険なのは地震や活断層では無く、人災」なのだ。

「福島第一原発だって津波対策や電源対策が人災により不十分だったから、天災により大被害がもたらされてしまった」のだ。

「人災の面で考えるなら、日本の原発より部品さえ???な韓国の原発や、高速鉄道で追突事故が起こってしまった中国の原発等々の方が遥かに危険度が高い」。

「日本の原発がダメで、中・韓の原発は良いなどと言うニュアンスにも取られかねない話しは、寝言」である。

「核問題は、核兵器まで含めて、全世界で対応するしか解決法が無い」のだ。

「全世界で、核兵器廃絶&原発廃止という状態にでもならない限り」、

「核の安全保障技術を磨く為にも、日本の原発は積極使用するのが正しい道」である』。

『「偏向情報の一方的大量配信番組」よりは、

「例えば、原発問題でも反対派・賛成派双方の対論情報番組」の方が、

「おもしろい」筈だし、

「その方が視聴率も取れる」と思うが、

「反日教育国の為の偏向情報を一方的に大量配信する為の情報工作番組の様相」である「サンデー・モーニング」は、

「テレビ番組の王道から大きく外れた道を爆走中」なのだ』。

『「日本のテレビ番組としては、とっくに転覆している様相のサンデー・モーニング」は、

「何時まで続くのだろうか???」

「こんな番組にお金を出しているスポンサーって???」』

|

野田総理暗殺による解散先送り策略・・・。

『「韓流マスコミが野田総理の健康問題にまで言及し始めた」ので「タイトルの様な事態も要注意!」だろう。

「総理、電磁波工作と飲食物工作にはくれぐれもご用心!!!」

「体調不安が日々濃くなる様なら、即刻解散を宣言した方が良いかも」・・・』。

|

警察の弱点・・・。

『「サリン事件」や「脱法ドラッグ」等々で「明らかになっている弱点」は「化学物質の悪用」だが、

「化学物質の実質的悪用」は「飲食物工作でも行われている」。

「コンピューターの悪用」等々で「明らかになっている弱点」は「電子技術の悪用」だが、

「電子技術の悪用」は「電磁波工作(覗き・スパイ行為、電磁波レーザーによる傷害・殺人)でも使われている」』。

『「警察の弱点の裏に在る」のが「法律の整備不足」で、

「法律の整備不足の元凶」は「国会議員」だ。

「オウム事件の解決が長引いた元凶の一つ」も「宗教法人に対する法の甘さ」で、

「宗教法人と国会議員の繋がり」は、

「公明党と創価学会」や「民主党と立正佼成会」が「有名」だが、

「有名では無い新興宗教が裏に巣食っている政党も少なく無い」のだ。

「政党にとって宗教法人は、

集票マシンであると共に集金マシンでもあり

酷い場合には工作実行部隊でもある」。

そして、「工作活動の原則」は「表に大々的に露呈しない事」なので、

「現在の日本では飲食物工作や電磁波工作等々、

法律が整備不足な物事を使った摘発し辛い、

摘発されても厳罰が困難な手段による工作活動がメイン」なのである』。

『「何処かの政権にしがみ付いている政党の裏」では、

「工作員たちが、電磁波工作や飲食物工作等々を使って、反対勢力の弱体化に邁進している」のは、

「電磁波工作も飲食物工作も反日教育国人脈による工作だから」だ』。

『「反日教育国人脈が支援している政党」も、

「工作活動」も、

「その元の反日教育国人脈」も、

「日本には要らない」のだ。

「そんなに日本や日本人が嫌」なら「反日教育国で暮らせば良いダケ」だ。

「迷惑な悪事を行っている暇がある」のなら、

「反日教育国に行き(戻り)反日教育国を正当な手段で日本以上の素晴らしい国にする事にでも力を使えば良い」のだ』。

『「日本の警察」も「化学物質の悪用」や「電子技術の悪用」から「一般日本国民を守る為」に、

「実効のある対策組織をつくり運用するべき」だし、

「日本の国会議員」は「化学物質の悪用」や「電子技術の悪用」に対し

「実効がある抑止を行い易くする法整備」を「しっかり行うべき」である』。

『「オウムによるサリンテロの元々の計画は東京の中心部で70トンものサリンを散布し、日本を壊滅させる事」だった。

「オウムサリン事件で化学物質の悪用に対する対策は少しは進んだ」が、

「電子技術の悪用に対する対策は現状丸腰状態みたいなもの」である。

「反日教育国人脈が電子技術を悪用した大規模殺人テロを企んでいない」と

「誰が保証出来るのか???」

「もしも、

解散~総選挙までに、

反反日教育国人脈の政党・候補者・支持者の多くが電子技術の悪用や飲食物工作等によって葬られてしまったら・・・

(もちろん、これは最悪レベルの想定で、

実際は、電磁波工作により多くの人々の判断力や思考力を阻害すると共に、

反日教育国人脈テレビ・マスコミ・人情報等である程度多数の人々を操る事により、

選挙で勝つ工作程度が行われ、

傷害・殺人レベルの工作は主として色々な意味での要人に対して・・・なのだろうけど・・・)、

・・・日本に出来るのは反日教育国政権になってしまう」のだ』。

|

TPPの何処がいけないのか・・・。

『「TPPには策略が仕込まれている」。例えば「加盟国内での単純労働者移民労働を容易にする事」や

「超大資本家や大資本を持つ企業等による日本企業の買収を容易にすると共に、

それらの企業が不利益を被った時の解決を超大資本家や大資本を持つ企業等と馴染みの深い国際的司法に委ねられる事」など、

「少し調べれば、日本にとっては、とても積極的参加には値しない危うい条約」である事が

「多くの人に理解出来る筈」だ』。

『「それなのに、日本の政党である筈の日本維新の会やみんなの党はTPP参加に積極的」なのだ』。

『「何故か?」

「もし、日本を不利にする事で、例えば、韓国や中国共産党の利益を計りたい日本の政党」なら、

「日本のTPP積極参加」も「一つの合理的な戦略」となる。

「民主党がTPPに積極的になりつつある理由」も「その辺りに在る」のだろう』。

『「安全保障である日米安保と経済の問題であるTPPを意図的に一緒にして言う情報工作もある」が、

「TPPに参加すれば日米安保の実効が高まる訳などあり得ない」のだ。

「米国にとっての安全保障とは、米国の利益の為の脅しの部分も大きい」から、

「脅しの効果が出てしまった後の方がむしろ安全保障が疎かになる可能性も大」なのだ。

「日本が米国にとっての利益を考えさせる上で重要な事」は、

「日本が経済的にも一流国であり続ける事」で、

「その為のメリット・デメリットを冷静に分析すれば、TPPのデメリットの大きさも直ぐに解る筈」である。

「何しろ、TPPによるメリットを受ける可能性が大きいのは、極一部の大資本を持つ企業に限られ、

他のほとんどの企業や産業にとってTPPは国家枠というファイアーウォールを失わせる道でしか無い」のだから』。

『「国家枠ファイアーウォールを壊せば、金の力が増し、大金持ちや大資本は益々有利になる」が、

「それ以外のほとんど全てが、無防備させられ、金の力で支配され易くなってしまう」のだ。

「そんな状態を本気で望んでいる人」など「少数派」だろう。

「普通の一般日本国民なら、大金持ちや大資本の策略に載せられてはいけない」のである』。

|

島国根性&一国平和主義の悪影響の一つ「脱原発音頭踊り」・・・。

『「核問題は一国だけの対処では実効は???」なのだ。「何故なら、一度核汚染が起これば、核汚染物質はそれこそ地球全体に広がるから」である。

「日本だけ脱原発する事の実効」は「日本が核の安全保障から遠ざかる事」に他ならない』。

『「核がそんなに嫌ならば、全世界的に一緒に核兵器全廃&脱原発を行わなければ実際は意味が無い」が、

「核兵器全廃も全世界的な脱原発も未だ未だ夢物語であり、この先も実現の見込みは全く無い」。

「何故なら、人類の科学の進歩の方向性は、より高エネルギーを使い制御する方向に向かっていて、

人類が科学の進歩を放棄する訳などあり得ないから」だ』。

『「今の日本に望まれている態度」は、

「むしろ積極的に原発事業を推し進める事」で「核の安全保障の実用技術も磨く事」である。

「原発から遠のき、核の安全保障から遠のき、それらの人類としての重大な仕事を他の国々に任せる道を選択する事」は、

「例えば、中国共産党支配下の中国や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の様に、

日本より未熟な国に核の安全保障や核の実用技術を預ける道」なのだ』。

『「反日教育国の核兵器による脅し圧力を増させる悪の実効」まである「日本の脱原発」。

「それなのに、脱原発音頭を踊らされてしまっている一般日本国民の中」では、

「島国根性と一国平和主義の悪影響が渦巻いている」のだろう』。

|

韓流テレビでは年内解散・年明け総選挙の宣伝に必死だが・・・。

『「カルト宗教信者の如く、2013年の選挙ならそのスジの連中の当選率が上がる」と「信じたがっているおバカ」も「未だにいる」が、

「年明け選挙となれば、正月に日本人同士の交流がある分だけ、本当の事を知る日本人の数が増える」から、

「例えば、民主党国会議員の当選率は年内選挙より確実に悪くなる」のだ』。

『「以前の状況」では、

「例えば、正月休み等の交流」で、

「日本人同士の交流の輪の中に、実質的工作員が一人でもいる」と、

「実質的工作員による事実無根の図々しい論」を

「無用心に信じてしまい、実質的工作員が誘う方向への投票行動を起こしてしまっていた日本人が多かった」が、

「今はもう違う」のだ。

「むしろ逆で、

その交流の輪の中に、

例えば、外国人参政権に対する賛否等の事実・現実を知る者が一人でもいると、

事実・現実の説得力が投票行動を誘う状態」なのである』。

『「野田総理が、120人もの民主党国会議員を衆議院に残したい」のなら、

「年明け選挙より、年内選挙の方が有利」なのだ。

「衆院選挙では自らの当落が関係無い民主党輿石幹事長」は、

「何処かの国の為に、民主党政権の維持時間を延ばす事のみに必死な様相」で、

「同胞であるべき衆議院民主党国会議員の再選確率などは全く考えていない」のだろう。

「民主党の権力構造実体や本質を見極める事無し」に、

「民主党員となり、国会議員になってしまった足らない人々、もしくは、確信犯の権力ボケ等」は、

「大いに反省するべき」である』。

|

韓国車の燃費詐欺・・・。

『「実際の燃費より良い燃費を表示して販売した事」で「米国やカナダで既に訴訟になっている韓国車」。

「日本でほとんど売れていないのも当然」で、

「現在の韓国の自動車産業は日本の自動車産業が教えた技術で始まったから」だし、

「その後の技術も日本に遠く及んでいないから」だ。

「他の国で売れている」のは「円高・ウォン安ゆえに日本車に比べて安いから」である』。

『「安く燃費が良い」と「信じて買った」のに、

「実際は、安かったが燃費が悪い」では、

「購入者が怒るのも当然」だ。

「燃費が悪い・・・」が「誤差程度」なら、

「訴訟には発展していない」筈だから、

「燃費の悪さ」は「はっきり認識出来る程ある」のだ』。

『「日韓併合により日本に救ってもらい、朝鮮人の人口まで飛躍的に増えた」のに、

「それを、日本による植民地支配と嘯き、

日本人の立場・財産を詐欺・泥棒的手段で得る事で国を始めた」のが

「戦後の韓国」だ。

「その文化は、基軸産業でも生きている」』。

『「韓流テレビ」では「韓国の受験戦争ぶりを大宣伝」で「韓国は教育水準が高い国」とでも言いたげだが、

「教育」では「何を教えているのか?が重要」で、

「実際に出てきている現象」が、

「詐欺・泥棒・工作活動等々では大活躍」なのに、

「家電産業でも自動車産業でも技術の多くは外国人頼り・・・」では、

「何の教育水準が高いのか」も「一目瞭然」だろう。

「所詮、

事実・現実の歴史を教えられず(教えれば嘘つきである現在の韓国の自己否定にもなる)

偽りの反日教育を行ってる国」では、

「生徒たちも敏感」に、

「どうやれば嘘・偽りを、さも本当の如くいい続け、権威・権力等を保てるのか?」を

「学び取る」のが「一番」で、

「後は、既に判っている、世界中では多くの人々が知っている知識」を「ただ暗記する」のが、

「精一杯」だろう。

「人類に有用な新たな者・物・事を生み出す」のは「事実・現実のベース」なのだ。

「事実・現実の上に立つ事によるゆとり」が「事実・現実の更なる高度な構築を生む源泉」なのである。

「嘘・偽りの上に立つツッパリ」では「時間の流れに駆逐される砂の城をつくるのが精一杯」である。

昨今「世界中の社会で露呈して来ている結果」を見れば、

「過ちを認め、直すべきところを直す事をしなければ、韓国人の未来が無くなる事」くらい

「気づいても良さそうなもの」だが・・・』。

|

田中大臣「官僚の責任」なら「官僚を更迭するべき」でしょ(出来っこないけど)・・・。

『「大混乱を招いたのに、謝罪もしていない田中大臣(・・・と記したら、今日の朝、関係者向きの謝罪のみは行ったのだと・・・)」。

しかし、

「今回の問題で責任を誰も取らない事」は、

「大臣や官僚の権威・権力を失わせる為の工作活動みたいな事」だ。

「大臣」が「官僚の責任・・・」と言うのなら、

「責任のある官僚を更迭するべき」である。

「それが出来ないのなら、大臣自らが詫び、大臣を辞任するべき」だ』。

『「誰も責任を取らない裏」には「何があるのか?」

「今回の田中大臣の不認可発言」は「民主党政府も知っていた」。

「つまり、政府ぐるみの責任」なのである。

「そもそも、10月初旬には召集出来た臨時国会を10月末まで意図的に引き延ばしたのは、民主党」だ。

それは「主として輿石幹事長の策略」だろう。

「この後に及んで約一ヶ月も引き延ばしたから、

本来なら10月解散11月総選挙が可能だったのに、

更に一ヶ月も貴重な時間が失われ、

ロクな仕事もしていないのに民主党国会議員等に与えられる不当な報酬が増えている」のだ。

「年明けに総選挙となれば、1月1日時点での国会議員数に応じて決められる政党交付金の額が有利になるから・・・」と

「多くの一般日本国民の生活を犠牲にしてまでも、

自分たちの下に来るお金に走っている様相」なのが、

「民主党」である』。

『「田中大臣の問題では、実質的に政府ぐるみで大混乱を招いていて、誰も責任を取っていない」のだから、

「もはや、無責任民主党政権に政権担当の資格は無い」。

「一刻も早い解散~総選挙を行う事」だけ

が「野田総理が行うべき重大な仕事」だ。

「それ以外の仕事を行っても無駄・・・どころか害」になる』。

|

中国共産党の一八人民大・・・。

『「シナの国家・国民の上に存在する、中華人民共和国の支配者である中国共産党」が「共産党一番の権力者である総書記の交代も含む大党大会を開いている」。

「第二次世界大戦終戦時、混戦状態だったシナの中で勝利者となったのは中国国民党軍」だった。

「大戦後・・・つまり、他国との戦争が終わった後、

ソ連の支援を仰いでその中国国民党軍を駆逐し、

シナ国内を支配したのが中国共産党軍」だ。

「中華人民共和国は、最終的には、中国人が中国人と殺し合いをして中国共産党軍が勝ったので出来た国」なのだ』。

『「軍事的支配を平時支配に切り替える為に、シナの国家・国民の上に居座った」のが「中国共産党」だ。

「中国人が中国人と殺し合いをしたこと」を「誤魔化す為」の

「中国共産党による方便」が「反日教育」である。

「中国人同士の殺し合い」は「中国国内の内戦が終わった平時にも行われた」。

「中国共産党による不適応分子の処分」である。

「不適応分子として殺された中国人の数」は「大問題に捏造されている旧日本軍による南京大虐殺等より遥かに多い」』。

『「戦後、ソ連の支援を仰いで、中国人同士が殺し合い、国が出来た後も中国人が数多くの中国人を殺して、今も存在している国」が、

「中華人民共和国の実態」だ。

しかし、「中国共産党軍の勝利の生みの親であるソ連は既に崩壊している」。

「現在の人間社会では、歴史上の事実・現実を知る人の数が日々増えている」。

「時と共に、中国共産党による支配を続ける事は、どんどん困難になって行く」』。

・・・・・・・。

『「中国共産党に生き残れる道はあるのだろうか?」

「万物に働く共通の現象」は「事実・現実との整合性が高い者・物・事しか生き残れない」である。

「事実・現実との整合性を高める道以外に中国共産党が生き残る道は無い」。

「先ず、過去の歴史を事実・現実の通りに認める事」だ。

「中国人同士の殺し合いも、不適応分子の処分も、・・・その上で、詫びるべきは詫び、補償すべきは補償すれば、

初めて、中国共産党は、生き残りのスタートラインに立てる」。

「その後、国家・国民の上に存在し、国家・国民を支配するなどと言う、

代償欲求追及型の支配構造は止め、

中国共産党員も含み、全ての中国国民が、他人を支配したり、他人に支配されたり・・・という代償欲求の追及に生きようとして崩壊するのでは無く、

誰もが、自分で自分を健康に支配(コントロール)し続ける本来の欲求に忠実な人生を歩める様に、

社会体制を構築し直せば良い」。

「その様な道を歩まなければ、

中国共産党がどんなに頑張っても、

中国はそう遠く無い将来に民主化され、

幾つかの国に分かれる事になる」』。

『「日本の手助けが必要」なら、

「先ず、反日教育を止める事」だ。

「日本を悪者にしても、中国共産党の中国人殺しの多くが正当化出来る訳も無い」のだ。

「日本だけでは無く、欧米列強も含む、{侵略戦争を責める}」のなら、

「事実・現実との整合性も取れる」。

「{侵略戦争を責める}事は、中国共産党による侵略戦争も責められる事」になるので、

「世界平和の方向に向かう道を選択した宣言にもなる」のだ。

「因みに、現在の日本人のほとんど全ては、侵略戦争を責める人」だから、

「侵略戦争を行わない国同士なら、友好関係も持ち易い」のだ。

「反日教育を行い、中国共産党による侵略を正当化している内」は、

「中国は、現代人間社会の中での一流国と成り得ず、

日本との友好関係も持ち辛い状態のまま」で、

「そんな状態を続けようとしていれば、何れは、崩壊する」のだ』。

|

米国のせいで円高なのでは無い「民主党政権によるウォン安の為の円高」なのだ・・・。

『「円高にするのか?円安にするのか?は、日本政府の裁量次第でかなり実行出来ること」だ。

「極端な例を挙げれば、政府紙幣でも大量発行すれば直ぐに超円安に出来る」のだし、

「経済実態を破綻させない程度に困窮させ、経済実態に比べ金融を引き締めぎみにすれば、円高になる」。

「現在の状態は、経済実態に比べ超低金利でも少々の追加融資しても・・・金融がキツイ状態」なのだ。

「その大元の経済実態の困窮」にしても、

「家電産業の例を挙げるまでも無く、

経済実態の困窮状態は円高により意図的につくり出されている」のだ。

「日本の基幹産業でもある自動車産業や家電産業は、韓国の基幹産業でもある」。

「韓国の基幹産業を有利にする為の円高・ウォン安政策」なのだ』。

『「日米間では円高・ドル安でも、基幹産業の大勢に影響は出ない」。

「何故なら、米国自動車メーカーも、米国家電産業も、米国向きの生産が主流で、日本向けには不熱心だから」だ。

「米国同様のインフラ事情のある国々分」しか「影響は出ない」のである。

「米国輸出産業にとって、ドル安は重要だが、円高の必要は無い」のだ。

「ところが、

韓国の自動車産業や家電産業は、

日本の真似だから、

ウォン安だけでは不十分」だ。

「円安・ウォン安状態」では、

「韓国産業に日本産業との競争力は無い」。

「品質は???でも安い日本製品に似た物が

円高・ウォン安故に、

世界中に流通させられている」から

「韓国産業が成り立っている」のだ。

「円高・ウォン安による日本の産業への悪影響は非常に大きい」』。

『「それなのに、民主党政権は、ずっと円高政策」で、

「韓流テレビ・マスコミ等の情報でも円高賛美が多かった」のだから、

「連中は確信犯」なのである。

「確信犯」で、

「日本の輸出産業を不利にする事で、

韓国の輸出産業を有利にしようとしている」のだ』。

『「円高マネーで海外企業を買いあさったところ」で、

「海外企業支配による日本へのメリットなどは薄く、

セイゼイ一時の企業支配権を得て、その企業を改善すると共に、

何れは、企業ネタの金転がしを行うしか無い」のが

「実情」だ。

「戦争まで手段の内にしている何でもアリの金転がしが大得意なユダヤ系の人脈とかならとにかく、

多くの実直な日本企業が金転がしで大儲けしたままで居られる・・・とは思えない」のだ。

「最終的には大損する企業も出てしまう・・・」のが「オチ」だろう』。

『「何れにしても、

企業買収金転がし等の仕事???では、

日本の科学技術の発展も、

日本社会の健康化も、

???」である。

「実直に人類の未来を構築して行く一助の集まり」であってこそ、

「本来の日本」だと思うのは、

筆者たちだけでは無い筈だ』。

『「韓国の為の円高・ウォン安政策が行われている裏」に、

「何があるのか?」を考えれば、

「誰もが民主党政権や韓流テレビ・マスコミ等の正体に気づく筈」だが』。

『「日本に反日教育国人脈の政権は要らない」のである。

「反日教育国人脈が牛耳っているテレビ・マスコミ・教育なども要らない」のである』。

|

民主党政権の選挙対策人気取り(?)富裕層増税・・・。

『「今頃になって、富裕層への増税を検討・・・」とは「今まで何をやっていたのか???の世界」

だが、

「その内容も呆れるばかり・・・」である。

何しろ、

「年収5千万円以上で、現行の50%の所得税を55%に、

富裕層の相続税に至っては、現行の40%を45%に、

と、それぞれたった5%アップのアリバイ的対策だから」だ。

「消費税の増税幅じゃあるまいし、たった5%とはあり得ない話し」である』。

『「どの様な税制にすれば健康な日本社会が誘われ易くなるのか?」

「先ず、高額所得者の所得税の区分を年収1千万以上、3千万以上、5千万以上、7千万以上、一億以上、三億以上程度まで細分化し、

1千万で30%程度~一億以上で7~80%程度、

一般的なサラリーマンの生涯賃金額より多い三億以上は90~99%程度にまで累進課税をきつくする」。

「同時に、雇用が促進され、景気が良くなる様に、会社の人件費や設備投資については大幅な控除を認める」。

「相続に関しては、平均的相続額までは免税、

それ以上については所得税同様のきつい累進課税にすると共に、

過剰財産の累進課税で得た財源を元に過少相続者に給付を行い、

過剰財産・過少財産の世代間連鎖を抑える」。

「産まれながらの環境格差を是正し、

実働者を優遇する

総中流化社会」化する事が、

「重要」なのだ』。

『「その為には、多くの人々が血統家族主義の呪縛から解き放たれる必要がある」。

「科学的現実は人類の世代交代は個の保存では無く種の保存であり、

遺伝で伝えられているのは主として生物的環境適応情報であり、

両親から得た遺伝子が合わさった後に、

環境や偶然により発芽因子が選択され出現している主として生物的環境適応情報が元の子どもの実体」は、

「両親とは別の人格を持った別の個体」である。

「親子関係、家族関係で重要」なのは、

「主として、遺伝子の伝承では無く、伝承される文化・文明」なのだ。

「そして、伝承される文化・文明の本質的な価値」は、

「地球生命体細胞群という誰もの実体」の「存続~永続」との「整合性が取れるのか?否か?」で

「判断出来る」。

「つまり、人類滅亡を誘う文化・文明は特定一部の親子や家族や民族等々がどんなに大切に抱きしめようとしているものであっても、

根本的に間違っていて、

駆逐されるべき文化・文明」なのである』。

『「現行の地球生命体細胞群の存続~永続との整合性がいい加減な経済システム上」で、

「富裕層になれた事」などは、

「本質的な成功でも何でも無い」のだ。

「むしろ、富裕層である事自体が、地球生命体細胞群の存続~永続に与えている悪影響が大きい」のだから、

「本質的には失敗の人生」である』。

『「徴税が正当性を保つ為」にも、

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が必要」で、

「その面からも、富裕層へのきつい累進課税等は合理的」なのだ。

「現行経済・社会システム上の富裕で満足する」とは、

「麻薬中毒患者の幻想的満足の様な事でしかない」。

「富裕層増税により、その様な悪行を抑制する事」で、

「その様な悪行に憧れ、

悪行を目指す、

人間として産まれた本質的な目的を逸脱しようとする迷い子たち」の

「本来なら無い量産を防ぐ」意味からも、

「実効のある富裕層増税が重要」なのである』。

『「多くの人々の人生の成功や目的」から

「現行経済・社会システム上の富裕」という「麻薬」が「外される事」の

「健康効果は非常に大きい」のだ』。

『「実効が???なアリバイ的富裕層増税」では無く、

「地球生命体細胞群の存続~永続の為の実効があるちゃんとした富裕層増税を行うべき」である』。

|

田中真紀子文部科学大臣のご乱行・・・。

『「どうせ解散話題封じの為の民主党の策略でしょ・・・」と思っているのは筆者たちだけでは無いだろう。

実際に、「韓流テレビ・マスコミ等では、田中大臣による大学不認可問題で大騒ぎとなり、解散話題がかなり減った」のだ。

「本当にお見事な連携」である』。

『「民主党政権よりは遥かにマシだった麻生政権降ろしの為の偏向情報の一方的流布も酷かった」が、

「昨今の解散話題封じも酷い」。

「やはり、日本のテレビ・マスコミ、教育等の人脈はもっとまともな一般日本国民の人脈と総入れ替えされるべき」だ』。

『「民主党不況が続き、復興が異常に遅い事等々」も「マスゴミでは情報隠蔽状態」のクセに、

「どうでも良い様な、

地形も考慮していない、方向も何度も間違った、いい加減な汚染シュミレーションマップ等の

原発関連の情報は過剰宣伝」で

「未だに悪戯な原発不安を煽っている」。

「その実態は正に日本衰退の為の情報工作」である』。

『「普通の国なら情報工作員などを蔓延らせる訳が無い」。

「戦後の日本は未だに普通の国からは程遠い状態」なのだ。

「戦後の日本を普通の国の状態から遠ざけ続けている元凶の人脈は?」を考えれば、

「誰もが日本のガンの正体に気付く筈」だ』。

『「ガン治療」では

「物理的切除」や

「抗ガン剤や放射線等によるガン細胞の抹殺」が

「通常の治療法」だ。

「日本のガン」の「物理的切除」は「ガン細胞的人々の国外追放」であり、

「抗ガン剤や放射線等によるガン細胞の抹殺」は、

「情報・教育・摘発体制等々の正常化によるガン細胞的情報・行動の抹殺」だろう』。

『「竹島や尖閣諸島の問題」で「自衛隊や米軍等軍による国防が注目されている」が、

「その前に行うべき重要な国防がある」のである』。

|

「民主党不況」をぶっとばせ!!!・・・。

『「民主党政権であるがゆえの不況」を「1日も早く解消する為」にも「1日も早く解散総選挙!」でしょ・・・』。

|

そもそもどんな人々が日韓併合時や朝鮮戦争時に日本に大量渡来しているのか?・・・。

『「特定の環境で代々暮らして来た人々の深層に巣食っている文化」は「一朝一夕では変え辛い」。

「短期間で変える」なら、

「無意識野まで含む精神療法が必要」だ』。

『「日韓併合時に、時には密航までして大量渡来した朝鮮人たちの多く」は、

「近代化途上だった朝鮮内より

既に近代化されていた日本の方がより良い生活が可能と目論み、

自ら進んで渡来した人々」である。

「朝鮮戦争時の難民の中」には、

「逃げ出さなくても大丈夫だったが、

朝鮮戦争を理由に日本に入り込む方がメリットが大きいと目論んだ人々も

少なからず含まれている」。

「つまり、

大局的見地に立たず、

目先の利権に敏感で、

目先の利権を自らの下に誰よりも早く掻き込む事に熱心な人々」なのだ。

「その様な人々の文化」は、

「朝鮮ハゲ山の文化」とでも言うべきだろう』。

『「朝鮮ハゲ山の文化の生みの親」は「朝鮮王朝による支配体制」である。

「当時の下々を徹底衰退させる事で、当時の下々の中から王朝に代わる人々が生まれない様に押さえ込んだ支配体制」は、

「当時の下々から教養も文化も資産も失わせた」。

「結果、読み書きソロバンも出来ず、薄汚れた色の無い着物を着て、日々の生活が精一杯という人々ばかり」が、

「朝鮮王朝の周辺以外の朝鮮内で暮らしていた」。

(そんな朝鮮王朝には、離島の竹島の管理など出来る訳も無く、当時は今や韓国第二の都市釜山でさえ、ほとんど何も無い様な状態で、朝鮮内の多くを、開拓・近代化したのは日本である。

日韓併合当時の朝鮮内は日本で言うなら北海道の様に、要開拓地域だったのだ。

当時は、植民地を持つ事が一流国の証しだったので、開拓中の朝鮮を植民地朝鮮と言いたがった人々も少なからずいた。)

「当然、人口も少なく、国力も乏しかった」から、

「当時の朝鮮は、清の属国的状態で、清が欧米列強に食い荒らされたのと同様」に、

「清やロシア等により食い荒らされていた」。

「国の存続さえ危うくなった」ので「さすがの朝鮮王朝人脈」も、

「日本に救いを求め、当初は韓日対等合併を望んだ」。

「朝鮮側が望んだ韓日対等合併が国力相応の日韓併合になった」のだ。

「日韓併合後、日本により朝鮮内は急速に近代化」され、

「韓国は国としての滅亡を避けられた」ばかりでは無く、

「教育文化水準も飛躍的に上がり、朝鮮人の人口も急増」した。

「その日韓併合時」に、

「下々衰退政策の悪影響が強く残る文化を抱きしめたまま、目先の利権を求めた人々が多数日本に渡来した」のだ』。

『「日韓併合時や、朝鮮戦争時に日本に渡来した朝鮮人たち」は、

「日本でどんな事を行って来たのか?」

「元々が、目先の利権に敏感で自分の事しか考えていない文化を抱きしめている人々」なのだから、

「当然と言えば当然」だが、

「日本人との折り合いも良く無い場合が少なく無く、

軍による徴収も犯罪者並みに遅く、

結果、多くが戦争で生き残ったが、

終戦直後の日本では乱暴狼藉略奪三昧・・・」。

「終戦時には、終戦工作で連合国側に取り入り、

実態としては日本による韓国救済&朝鮮半島内の急速な近代化だった日韓併合を

日本による植民地支配と嘯き、

日本人の立場・財産等を奪い国を始めた」。

「強制連行病床利得利権の裏」で

「不当な利権を貪った人々が多く」、

「実際は、強制連行などでは無く、自ら進んで目先の利権を求めて渡来したという現実を公言した正直な人々」は、

「実質的に居なかった」のだ。

「戦後、韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)内で行い続けている」のが

「自己正当化の為に日本を悪者にする反日教育」である』。

『「戦後の日本の中」でも、

「元々の、目先の利権をわれ先に自分の下に掻き集める文化」は残り、

「例えば、パチンコ店の経営を行えば、インチキをしても、目先の利権・・・」なのだ。

「そして、そんな面が表立たない様に、監督者・政治家等の懐柔や、インチキの巧みさを磨く事には異常な程熱心」である。

「パチンコ店の経営とサラ金による利益で、多くの日本人にとって留学など高嶺の花だった時代でも、子どもは留学・・・」なんて人々も少なからず居て、

「有名なところでは、例えば、ソフトバンクの孫氏がそう」である。

「自分の下へ目先の利権を我先に掻き込む」と言っても、

「そんな自分では本当の自信など持てる訳も無い」ので、

「代償欲求による投影・転嫁」で、

「自分の範囲を同じ血統にまで、身勝手に中途半端に広げている人々が多い」のも、

「そのスジの人々の特徴」なのだ』。

『「反日教育国の国籍を持つ、そんな文化を奥底に持つ人々」に

「外国人参政権を与える」なんて、

「あり得ない話し」だ。

「あり得ない話しをしている連中」は、

「日本の国会議員としてあり得ない連中」である』。

|

公開された角田美代子の顔写真・・・。

『「他の人の顔写真を大手マスゴミまでもが角田美代子として公開していた」ので「被害者救済の為に・・・と、公開された顔写真」。

「特徴的なのは、鼻の中央が短く両脇が長い事」で、

「その特徴は、韓流スター等でも良く見られる」。

「凶悪事件にも係わらず、生い立ち等がなかなか公表されていない面」からも、

「そのスジの人脈による圧力の臭いが・・・」』。

|

米国大統領選「オバマ氏再選」・・・。

『「富裕層・企業減税」より「富裕層増税&総中流化」は「世界の流れ」だ。「何故なら、総中流化抜きに平和な人間社会は実現し得ないのだから」。

「トップダウンリードよりミドルアップ」である』。

『「ミドルアップ政策の問題」は「旧共産圏に多数居た狡賢いロクに働かずにより多くのお金やより良い立場を得ようとする連中の存在」で、

「それは、努力する/しないの問題では無い」。

「正直・実直さと狡賢さの対決」なのである』。

『「実は、その対決には既に結論が出ていて」、

「旧共産圏は狡賢さを蔓延らせたが故に自由主義圏に負けた」のだ』。

『「富裕層まで含む減税」とは「富裕層連中及びその太鼓持ちの狡賢い発想」で、

「現実に忠実なら、現状人間社会システム故に富裕層になれた人々を更に優遇する必要など全く無い」のである。

「富裕層が正当性を持つ為」には、

「産まれながらの環境の平等化」と

「お金に換金されている価値の現実化・正当化」が

「必需」だ。

「産まれながらの環境を平等」にし、

「人類誰もの本質的欲動であり存在意義である地球生命体細胞群の永続」という「基軸」との「整合性のある経済システム」が「構築されていて」こそ、

「その上で、富裕層が存在するなら、初めて富裕層も正当化出来る」のだ。

「現状の根本的現実との整合性がいい加減な経済システム」や

「産まれた途端に超大金持ちや極貧が混在しているいい加減な人間社会システム」上での

「富裕層」など、

「決して大威張り出来る事では無い」。

「富裕層に媚びる人間の多くはお金・立場目当てに過ぎず、

多くの普通の人々は富裕層に媚びる道は選ばず、

人間社会を正常化する道を選ぶ」』。

『「国としての財政赤字を理由」に「富裕層優遇を企んでいた狡賢さ」に

「米国社会は騙されなかった」様だ。

「現状の富裕層は真のトップでは無い」のだ。

「狡賢いトップのトップダウンリードよりミドルアップ」は「世界平和の為の必要条件」だ。

「米国大統領選の結果」からも、

「日本の小泉・竹中等々や橋下等々」や、

「中国共産党や韓国権力者たち等々」の

「先が無い事」は、

「誰もが薄々は感じ取れる筈」である』。

|

「侵略とは強姦の様な事」という現実が???の様相の「日本維新の会」・・・。

『「日本を侵略しようとしている国は?・・・もちろん在る。反日教育国は反日教育を正当化し続ける為に日本の侵略が必需」だから、

「実際」に、

「韓国は竹島を不当占拠」し、

「韓国内の反乱軍政府である北朝鮮は日本人拉致等の工作活動を行い」、

「中国共産党は有り得ない尖閣諸島の領有権を主張し、尖閣諸島海域への領海侵犯を行い続けている」』。

『「例えて言うなら、

日本は、

韓国に強引に腕を掴まれ、

北朝鮮や中国共産党には触られている様なもの」なのだ。

「外国人参政権となれば、国の中枢である政治に食い入るという事」だから、

「もはや、犯すぞ!宣言みたいなもの」なのである』。

『「強姦犯が、被害者に向かって、チ●ポの先っぽちょっとダケ入れさせてよ。それ以上はしないから・・・」と言ったとして、

「誰が信じるのか???」

「一度挿入すれば、止まる訳が無い」』。

『「それが、外国人参政権問題の本質」であり、

「現実主義を訴え、竹島の共同管理や在日韓国人等への外国人参政権付与を言っている橋下新党」の

「実体」とは、

「もう腕を強引に掴まれてしまっているのだから、やられちゃいなよ!に他ならない」のだ。

「日本維新の会」が

「平和ボケで強姦犯援助的政策を謳っている」のなら、

「是正されるべき」だし、

「確信犯で言っているのなら、日本の国政を預かる政党として相応しく無い」』。

『「自民党の安倍総裁」は

「維新の会が容認している外国人参政権に対して、即座にそれはダメ・・・と言った」。

「強姦犯援助的国会議員の数」は「減り」、

「強姦拒絶国会議員の数」が「増える」様で無ければ、

「日本の将来が守られる訳も無い」。

「日本維新の会はこれからの政党だから、確信犯で無い限り是正可能だろう」が、

「民主党や国民の生活が第一や社民党等に少なからず居る

強姦犯援助的政策に賛成が明らかになっている国会議員」は、

「総選挙時には、落選させられるべき」である』。

|

沖縄の方々は、米兵がそんなに嫌なら、「米軍と自衛隊を入れ替えろ!運動」を行うべきでしょ・・・。

『「在日米軍と同等の機能を持つ自衛隊(日本軍)と米軍とを入れ替える」なら「国家安全保障上の障害は無い」。

しかし、「悪戯な反米軍(米兵)運動」では、

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)等の反日教育国の応援にしかならない」。

「そのくらいの現実」くらい「多くの沖縄の方々もご存知」ですよねぇ・・・』。

|

原発直下の活断層を気にするのも結構だが・・・。

『「大飯原発等で注目されている原発直下の活断層の有無問題」だが、

「言うまでも無く、活断層が動く確率や時の問題を考える」なら、

「原発危機問題」では、

「原発直下の活断層より、

中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)等の反日教育国が

戦争や

工作活動を仕掛けて来た時の

危機の方が圧倒的に現実な

重大要項」である』。

『「何千年・何万年後に起こるか?起こらないのか?分からない事に熱中する余り」、

「目前に現実的にある危機の問題を十分に考え対処しない事」こそ、

「重大な誤り」だ。

「原発規制の組織」なら、

「それがどこであってもちゃんと現実的な危機の問題を無視してはいけない」のである』。

『「傍観者的であるしか無い場合も少なく無い一般日本国民の立場でも同様」で、

「韓流テレビ・マスコミ等が一方的に大量配信している情報を鵜呑みにしているダケではダメ」で、

「実際に危惧すべき問題については、多いに声を上げるべき」だ』。

『「何事でも、現実を良く見る様になれば、本当の問題も理解・把握出来易く」なる。

「本当の問題」には「実効のある対策で臨み」、

「話題が先走る見せ掛けの問題」には「無駄なエネルギーや資金等を投じない」

「現実主義的な合理的処理」が無ければ、

「それこそ、税金がいくらあっても足りなくなる」。

「税金の無駄を言う前には、何が無駄で何が無駄では無いのか?を見極められる必要がある」のだ』。

『「日本海側にある原発の地震問題」より、

「反日教育国による戦争や工作活動の問題」の方が、

「遥かに現実的な危険だ」と感じているのは、

「筆者たちだけでは無い」筈である。

「この様な問題を悪戯に隠蔽しない為」にも、

「親反日教育国の政権・テレビ・マスコミ・教育等々」を

「日本社会で蔓延らせていてはいけない」のだ』。

|

本日もやってくれちゃってます韓流サンデー・モーニング・・・。

『「韓流サンデー・モーニングの論調」では「日本の家電産業の衰退の原因」は「韓国の家電産業の様な戦略的経営が出来ていないから・・・」だが、

「言うまでも無く、実際は、日本の家電産業の衰退の原因は、一番に円高・ウォン安」だ。

「民主党政権によるウォン安の為の円高」が「多くの日本の輸出製造業の元凶」である』。

『「ところが、その一番の元凶をロクに言わず、

まるで日本企業の戦略が韓国企業に劣っているから衰退したのだ・・・とでも言いたげな論調を

日本の公共の電波を使って一方的に大量配信」なのだから、

「本当に醜悪」だ。

「現実としては、例えば、韓国企業が多数の技術を外注するのは、自らが技術を持っていないから」であり、

「他社に外注する事無しに、グループ企業内だけでかなりの部分が完結出来る日本企業は、相応に技術力が高い」のだ。

「経済原則無しには成り立たない韓国企業」と

「技術的基盤がある日本企業」とを

「比べれば」、

「どちらがより優秀なのか?」は「誰でも分かる」。

「日本企業の場合は、工作活動的超円高の中でも技術的基盤があるので生き延びる事が出来ている場合も少なく無い」が、

「韓国企業の場合ウォン安状態が崩れれば直ぐに崩壊」である。

「その様な実体を無視して、情報工作的に韓国企業を賛美している様な情報を一方的に大量配信している・・・」とは、

「正に、確信犯」なのだろう』。

『「スポーツ部門でも出演者が朝鮮系に偏っている様相のサンデー・モーニング」・・・。

「スポーツ部門では大きな実害は出辛いので、例えば、米国大リーグでも他国籍選手大歓迎・・・」だが、

「政治・経済・社会部門となれば話しは全く別」だ。

「日本を貶め切り売りする様な情報を日本の公共の電波を使って平然と大量配信出来ている状態自体が異常」で、

「そんな異常事態は一刻も早く是正されるべき」だろう』。

|

日本衰退工作派は利権集中悪徳改悪がお好き・・・。

『「命と生活を守る為、脱原発・・・」とは「何処かの左翼(=親反日教育国)政党の謳い文句」だが、

「多くの一般日本国民の命と生活を守る為」なら、

「脱原発より原発の積極使用の方が利に適っている」。

「脱原発では電気料金が上がり、企業経営(特に中小零細)も、市民生活も不利になる」ので、

「日本は更に不況になり易く、雇用も賃金も細るから、自殺者も増え、少子高齢化もより深刻になる」のだし、

「福島第一原発被災事故の様な酷い原発事故の起きる可能性は極めて低いから」だ。

「原発を積極使用して、電気料金を出来る限り抑制すれば、逆の方向に力が加わる」から、

「雇用も賃金も太らせ易くなる要素が増えるし、自殺者も減り易くなり、少子高齢化も改善方向に向かわせ易くなる」』。

『「脱原発」とは、

「例えば、長年高値買い取りが約束されている太陽光発電事業者にとっては、利権誘導的な都合の良い話し」だが、

「多くの太陽光発電事業にも参加出来ない一般日本庶民にとっては酷い話し」なのだ。

「脱原発」は「利権集中悪徳改悪に一手段」に他ならない。

「それなのに、その利権集中悪徳改悪の酷い話しをまるで救世主の如く風潮している」のが、

「所謂マスゴミ」である』。

『「脱原発と共に、利権集中悪徳改悪の臭いが濃厚」なのが、

「TTP」で、

「国境線を低くする」とは、

「大資本をより優位にする事と同義」なのだ。

「国境線が低くなればなる程、お金の価値が上がる・・・それが、現状の人間社会の現実」である』。

『「消費税増税」については、

「低減税率を用いるのか?全面増税で低所得者には給付金等の措置を取るのか?」で、

「利権集中悪徳改悪度がかなり違う」。

「生活必需品全般を低減税率にする」のなら、

「高消費税は贅沢品となり、主として、お金持ちにかかる様になる」から、

「利権集中悪徳改悪度は低い」が、

「全体に消費税をかけ、低所得者に給付金を与える手段」では、

「生活保護の不正受給同様、うるさく要求する者のみが不当な利益を得られ易くなるだけ」で、

「お金持ちの増税影響は抑えられ、結果、利権集中悪徳改悪は益々進んでしまう」のだ』。

『「上記の様に考えれば誰でも分かる」様に、

「日本維新の会」や、

「みんなの党」の

「実体」は、

「利権集中悪徳改悪派」であり、

「たちあがれ日本が母体となる石原新党」の「実体」は、

「反利権集中悪徳改悪」なのである』。

『「利権手中悪徳改悪が誘う人間社会」は、

「二極化格差社会」だ。

「言わば、奴隷とご主人様たちの社会」である。

「反利権集中悪徳改悪が誘う人間社会」は、

「総中流化社会」だ。

「言わば、誰もが主人公の社会」である』。

『「人間社会が平和を求める」なら、

「総中流化が世界の流れとなる必然性が在る」のだ。

「世界平和に反する二極化格差社会を求める者たち」の「実体」とは、

「自分で自分を健康的にコントロールし続ける代わり」に、

「他人を支配したり、他人に支配されたりする、代償欲求を追及している迷子たち」なのである。

「精神的迷子(実質的にはある種の精神病たち)」の「意向」で、

「人間社会を構築したり、動かしたりすれば、必然的に、人間社会も迷子(或いは病気)になる」。

「誰もが、健康を忘れてはいけない」のである』。

|

現在の日本には何故朝鮮系の人々が多数いるのか?・・・。

『「もちろん、日韓併合時に大量に自主的に時には密航までして渡来している」のが「元」だが、

「渡来したダケ」なら、

「多くの日本人男性同様、戦時中の徴集で勝ち目の無い戦場に送り込まれ戦死し、激減している筈」だ』。

『「ところが、歴史上の現実」は、

「朝鮮人に対する徴集は異常な程遅かった」のである。

「何故か?」』

『「その答え」は、

「朝鮮人に対する徴集時期と、監獄組みの徴集時期がほぼ一致する事から明らかになる」だろう。

「多くの統率が取り易い日本人が戦死してしまった後、

日本軍は止むを得ず、犯罪者までをも徴集した」。

「軍にとって統率が取れない事は致命的」だが、

「それでも、御国の為に戦争を続けざるを得ないという判断が在る」なら、

「統率がとり辛い連中でも徴集となる」のだ。

「つまり、旧日本軍の判断では、朝鮮人と犯罪者は同等だった」のである』。

『「何故その様な状態が生まれていたのか?」

「元々、日韓併合以降、多数の朝鮮人が時には密航までして日本に渡来していた」が、

「密航までして渡来する」という事は、

「何処に行ったか分からない事と同義」である。

「赤紙を発行しても応答が無い、しかも、何処に行ったか分からない人が、大量に公然化」すれば、

「赤紙徴集の権威も落ち、

多くの戦争に行きたくない日本人までもが徴集に応じなくなる可能性大」だから、

「旧日本軍は、その様な混乱が表立たない様に朝鮮人の徴集を遅らせた」。

「結果、朝鮮人の徴集は、犯罪者を牢屋から出す時期とほぼ同じ頃まで遅れた」のである』。

『「自ら進んで日本に渡来していた朝鮮人たちの素行も問題」だった。

「元々が、朝鮮王朝による下々徹底衰退支配政策の被害者たちだった人々が多かった」ので、

「目先の手に入れられる利権には過敏」で、

「結果、朝鮮王朝時代には朝鮮ハゲ山、

日本渡来以降でも、

例えば、関東大震災時等には、混乱につけ込んで火事場泥棒・・・という輩が少なからず居た」のだ。

「そんな者たちを軍隊に入れれば、敵に寝返れば優遇と知れば容易に寝返る・・・から、使い物にならない」。

「実際に、大戦末期には、旧日本軍の武器共々寝返れば将校として優遇という中国共産党軍に寝返った日本兵も居たが、その多くが監獄組みや朝鮮組みだった」のだ』。

『「朝鮮人に対する徴集が遅れた結果、多くの朝鮮人男性が生き残ったまま戦後を迎えた」。

「日韓併合による朝鮮半島内の日本による近代化により国としての存続も可能となり多くの朝鮮人の文化・教育・生活水準まで上がり、朝鮮人の人口まで増えたのが現実なのに、

それを日本による植民地支配と嘯く事で、

日本人の財産・立場等を盗み国を始めた朝鮮人たちによる終戦工作の酷さ」や、

「日本国内における朝鮮人による終戦直後の乱暴狼藉ぶり」は、

「日本国民の誰もが知っておくべき歴史上の現実」だ。

そして、「その目先の手に入れられる利権には過敏」という「朝鮮系の悪い文化」は、

「未だに、現在の日本でも生きている」。

「例えば、孫の太陽光発電利権」などは「その一例」だろう』。

『「はっきりしている事」は、

「朝鮮ハゲ山の文化を日本でのさばらせてはいけないという事」だ。

「朝鮮ハゲ山の文化を日本でのさばらせる事=日本を朝鮮王朝時の朝鮮の如く衰退させる事だから」である』。

『「筆者は、元は朝鮮系でも、旧朝鮮の悪い文化を引き摺らず、現在の日本をより良く発展させようとしている人々は好き」である。

しかし、

「朝鮮ハゲ山の文化から抜け出せずに、或いは、意図的に日本に朝鮮ハゲ山の文化を蔓延らせる事で、

日本を衰退させる方向に力を加えている連中は大嫌い」だ』。

『「小泉・竹中」や、

「民主党」や、

「日本維新の会」や、

「ソフトバンク」等々に、

「朝鮮ハゲ山文化を感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

|

筆者の周りの韓(=反日教育国)流人たちの特徴・・・。

『「ソフトバンクと小泉・竹中や橋下新党に好意的」&「原発否定派が多い」』。

|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »