« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

ロケットの中身は北朝鮮同様ロシア色濃厚、ようやく打ち上げ成功の韓国の人工衛星・・・。

『「韓国という国の立ち位置が良く判る一例」が「人工衛星の打ち上げ」だ。「ロケットの中身は北朝鮮同様ロシア色濃厚」なのである。

「同じ民主主義国家だから・・・」等々と「日米韓で一緒に・・・」という「綱引き的動きもある」が、

「韓国は、反日教育国である限り、民主主義国家とは成り得ず、むしろ、反日利権で談合している国家群の一員になり易い」のだ』。

『「韓国の反日教育を葬りさる有効な手段」は、

「日本国内の情報・教育を徹底的に正常化する」と共に、

「それらの事実・現実に基づいた情報を全世界に大発信し続ける事」だ。

「日本がダンマリ・・・」だったり「自虐」だったりしている間は、

「反日教育の横行は止まらない」だろう』。

『「日本の国政を預かる人々の資質が今問われている」。

「与党自民党・公明党の党員だから・・・」と言っても、

「事実・現実に基づいた歴史観等を保持している議員等とは限らず、

反日教育国の手先の様相の党員等が少なからず居るのが、お寒い実態」なのだ。

「そんな連中に絶対に力を与えない様にする為の特効薬」は、

「有権者がしっかりと事実・現実に基づいた歴史観等を保持する事」だ。

「政府主導の情報・教育の正常化の前に、多くの一般日本国民が自ら動いて情報・教育を正常化する/させる事が重要」なのである』。

『「事実とかなり乖離している反日教育文化を抱きしめている国々の技術」は、

「中国共産党支配下の中国の大気汚染」や、

「ロシア色濃厚のロケットの北朝鮮や韓国」を見れば「明らか」な様に、

「反日教育国だけでは、十分な高さに到達出来ていない」。

「反日教育国で先進国以上に育っている技術」は、

「電磁波工作や飲食物工作等々の工作関連の技術」なのだ。

「その実体」は「盗みやライバル蹴落としの為の技術」である。

「例えば、米国等では電磁波レーザーを兵器として使おうと開発して来ている」が、

「反日教育国では、

電磁波レーダーで盗み見、電磁波レーザーでターゲットを工作的に殺害する等の

姑息な電磁波技術悪用」なのだ。

「正攻法では事実・現実に基づいた情報・教育が蔓延している国々には適わない」から、

「裏道を歩かざるを得ない」のが「反日教育国の実態」である』。

『「裏道歩き」は「反日教育国の一般国民にとっても好ましい事では無い」。

「反日教育は一刻も早く解消されるべき」だ』。

|

「パワハラ自殺追い込み」と「暴力行為である体罰」と「言葉や文章表現によるいじめ」はちゃんと区別されるべきでしょ・・・。

『「パワハラによる物事」は「支配的立場と従属的立場がある」のだから「支配的立場の者がそれを悪用する事等は厳しく責められるべき」だ。

「暴力である体罰」も「支配的立場にいる教師等が一方的に行えているダケ」なら「パワハラ同様に責められるべき」だろう。

「言葉や文章表現によるいじめ」は「その内容が事実か?事実無根の誹謗中傷か?によって大きく違う」。

「その内容が事実に基づいた者・物・事である限り、いじめの実体は過剰表現等に過ぎ無い」が、

「事実無根の誹謗中傷の場合は、意図的な貶めであるから、厳しく責められるべき」である』。

『「いずれにしても、十羽一絡げにして扱う事は新たな問題を生む特急券」なのだ。

「その手の策略に踊らされない様に、十二分に注意するべき」である』。

|

いじめ対策法案も結構だが・・・。

『「この手の法案は下手をすると対象となる人々を悪戯に萎縮させるダケの悪法になってしまう」から「要注意」だ。

「ポイントは、どれだけ事実・現実との整合性が取れているのか?」である』。

『例えば、

「日教組等による日本人生徒に対する事実と乖離した自虐教育」等は、

「明らかにいじめ」だが、

「果たして、それらもちゃんと含まれるのか?」

「生徒同士の子どものケンカを悪戯にいじめとして法処罰の対象にする事の悪効はどうか?」

また、

「暴力である体罰」と「論争であるべき口頭や文面等の表現」の「処理」は「明らかに別にされるべき」だ。

「暴力は一も二も無く禁止で良い」が、

「論争であるべき口頭や文面等の表現」は

「それらが、どちらか一方が圧倒的に優位な立場に無い限り、

是々非々論であるべきであり、

どちらか一方が圧倒的に優位な立場である場合は、

パワハラとして厳しく罰するべき」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等による{パワハラ}は実害も招いているのが実態」だ』。

『「それらが、実体通りに応分に責任追及される様ないじめ防止法案なら実効もあり良いのだが、

いい加減ないじめ防止法案だと、

法のいい加減さが新たな利権を生み出すダケ」なのだ』。

『「安倍政権の実力がモロバレになる面もある{いじめ防止法案}」だから、

「景気対策以上に真剣に取り組むべき」である』。

『「悪マスゴミども」は、

「虎視眈々と、食いつけるところを狙っている」のだ。

「この手の法案は、

言いだしっぺや増長者等が確信犯のマスゴミの仲間の場合も多いのだから、

マスゴミファシズムの魔の手に落ちない様に、

慎重に行うべき」である』。

|

公務員報酬を下げた民主党政権最後の日本衰退工作・・・。

『「民間企業の給与が低かった」のは「多くの輸出製造業で成り立っている日本なのに、韓国・中国共産党の為の円高・デフレ政策を行っていたから」だ。

「その悪の政策が終わる事が決定的だった時期」に「民間企業の給与の低さを理由に無理やり公務員給料を下げる事を実行すれば、混乱が起きるのは当然」である』。

『「民間企業の給料が上がり、公務員より高い状態をつくれていてこそ、日本の政治家としての仕事がちゃんと出来ている状態」だ。

「高過ぎるのは、公務員給料では無い」。

「二極化格差社会・少子高齢化急加速状態をつくった事で、多くの一般日本国民を衰退させたクセに、

過分な報酬まで受け取っている政治家たちの報酬」だ。

「特に、小泉・竹中や民主党政権時の与党の連中などは、本来なら、報酬では無く、罪や罰金が課されるべき」だろう』。

|

アルジェリアテロ邦人死亡事件の本当の問題・・・。

『「この事件の本当の問題」は「内通者問題」だ。「だから、実際に内通者グループが庇った人々は生還出来た」が「内通者グループが部外者扱いした人々」は「犠牲になってしまった」のだ。

また、「実は、内通者問題」とは「対岸の火事では無く、日本国内の問題でもある」のである』。

『「アルジェリアについては門外漢なので多弁は避けたいと思う」。

「しかし、日本の内通者問題は、ある意味では当事者だから良く分かる」。

「日本の場合、多くの内通者の繋がり先」は「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)や中国共産党」なのだ』。

『「テロリストとは武力を用いる反乱軍」だ。

「武力を用いる反乱軍政府が政権を持てば、反乱軍政府」となる。

「当然、反乱軍政府は、是々非々論で政権を取った政府では無く、武力により政権を奪った政府」だから、

「近代化以降の国際社会ではなかなか認められ辛い政府」である。

「実は、そんな近代化以降の国際社会では認められ辛い政府」が「極東地域にはゴロゴロしている」のだ』。

『「韓国」は「日本の敗戦につけ入り、実質的には、{植民地詐欺}と{敗戦火事場泥棒}で国を始めた」。

「その後も、日本が敗戦後十分な体制が無い内に、竹島に武力侵攻し竹島を不当占拠し、

その延長線で、在日韓国人への特権や日本の情報・教育に対する侵略行為を行っている」。

「事実・現実に基づいた情報・教育が隠蔽されている近隣国条項」がそれに当たる。

「今の韓国の実体」は「詐欺と火事場泥棒と反乱軍による政府」なのである。

「その韓国内の反乱軍政府が北朝鮮」だ』。

『「中国にも同様の事態が在る」。

「世界大戦終了時の勝者は、中国共産党では無く、中国国民党」だった。

「その後、ソ連の支援を受けた中国共産党反乱軍が中国国民党軍を大陸内から追い出す中国人同士の殺し合いの結果、

中国共産党軍が中国大陸での支配権を得た」のだ。

「当然、反発も多かったので、国家・国民の上に中国共産党を据える事で反乱軍政府はスタートした」のである。

「その後も、中国共産党は、不適応分子の粛清で、中国人を大量に殺した」。

「元々、正当性の無い反乱軍政府が、無理やり人々を押さえ込もうとしたから、その様な殺戮行為までもが必要だった」のだ』。

『「それら日本の周りの反乱軍政府国家」は、「判で押した様に、反日教育国家」である。

「元々の正当性の無さを誤魔化す為に日本のみを一方的に悪者にしている」のが、

「反日教育の本髄」だ』。

『「当然、反乱軍政府国家政権」は「政権維持の為に、反日教育で悪用している日本国内でも反乱軍政府ご用達の内通者を持っている」。

「内通者からの情報に基づき、不適応分子の抹殺に動いているのが工作部隊」で、

「日本国内の場合、日本の摘発体制や法体制で処罰され辛い手法として、電磁波工作や飲食物工作が用いられている」のだ。

「内通者となっている者たち」は「売国民奴となっている」のである』。

『「当然、内通者にも情がある」から「人によっては、自分の知り合いを庇う為に、偽物の悪者(反日教育国権力者にとってだが・・・)を仕立てている場合もある」。

「つまり、元々は、何の関係も無い無垢の人間が犠牲になっている場合もある」のである』。

『「本来なら、大元の反日教育国権力者たちこそが、抹殺されるべき存在」だろうが、

「内通者や工作員たちの悪の行動により、

普通の日本国民が日本国の摘発体制や法体制で摘発され辛い手法により抹殺されている」のだ』。

『「日本国内の日本国民もちゃんと守れていない日本」に「海外の日本国民が守れる訳も無い」。

「日本の権力者たち」は、

「即刻、スパイ・工作活動防止法と十分な摘発体制を整備する」と共に、

「その適用範囲を海外の邦人にまで広げるべき」である』。

『「そのような当たり前の仕事も怠っている」と、

「技術の進化が民間人レベルの過剰防衛を引き起こすことになる可能性大」なのだから、

「いい加減に日本国政府も中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の手先と化しているマスゴミ」を

「国家反逆罪等で葬り」、

「ちゃんとした日本国・日本国民の為になるマスコミと入れ替え、

日本国・日本国民の安全為の体制整備を急ぐべき」である』。

|

不景気風を吹かせる情報工作に忙しい韓流テレビ・マスコミ等・・・。

『「円安になれば、ガソリンや穀物等々が上がり消費者の生活は苦しくなる・・・」等々と「まるで悪魔の呪文の様に、不景気風を吹かせる為の情報工作に忙しい連中」が、「未だに、日本のテレビ局や大手マスコミ等で大手を揮っている」。

「本当に醜悪」だ』。

『「日本の円安で困る」のは「韓国や中国等の製造輸出業」なのだ。

「つまり、韓国や中国共産党の手先」なら「日本を円高・デフレ・不景気に導く工作活動は正に合理的になる」のだ』。

『「特に、韓国は、ウォン安メリット抜きでは日本と勝負にならない」。

「韓国の製造輸出製品の多くは日本製とダブっている」。

「もちろん、それは、自動車にしても、家電にしても、多くが日本の教えによるモノだから当然と言えば当然」なのだ。

「韓国の悪質なところ」は

「実際は、日韓併合以降、日本から多大な援助を受けていながら、

植民地支配詐欺&日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始め、

反日教育を行い、

竹島を不当占拠し、その延長線で日本の実効支配を画策し、

日本が教えた技術等も韓国発等と嘯いていること」である』。

『「韓国の権力者が日本を支配する為」なら、

「事実無根の情報・教育や事実・現実の隠蔽や韓国の反日教育や日本の自虐教育等々が必需」かも知れないが、

「真の日韓友好状態を築く為」には

「事実・現実に即した情報・教育が必需」で

「反日教育の撤廃も必需」なのだ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等」が「韓国や中国共産党の手先で良い訳は無い」』。

|

またまた始まった「マスゴミどもの麻生に対する言葉狩り」・・・。

『「もし、麻生副総理が、発言内容の様な言葉」では無く、「個人の死生観や人権を守る意味からも、何が何でも生かし続ける終末医療のみを無理強いするのは如何なものか」等の「表現を使い、その旨述べていた」なら、

「マスゴミどもによる言葉狩りの被害には合わなかった」筈だ。

「内実で考えれば、誰もが判る」様に、

「マスゴミどもが行っている」のは

「表現の自由を支配したがっている事」なのである』。

『「表現形式を特定極一部の支配体制の下に導く事」は、

「その表現形式に慣れている者たちを優位にし、それらの者たちによる言動での支配を容易に導く道」だ。

「そんな不自由で息苦しい社会を望む」のは、

「特定極一部の人による人権支配が好きな連中」で、

「例えば、独裁国家の権力者の様な連中」に他ならない。

「他人を支配したり、他人に自分を支配させたりする、代償欲求の追及に生きる」のでは無く、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の追及に生きる」人々で溢れるのが、

「健康な国家」である。

「代償欲求を代償欲求と自覚出来ず、或いは確信犯で代償欲求を悪用し、特定極一部の人々の利権増大を謀る」のは、

「不健康な悪徳国家」なのだ。

「日本国民の多くは健康な国家を望んでいる筈」だ。

「日本を不健康な国家に導こうとしている悪ども」には

「過分な立場・報酬等は不似合い」であり、

「相応しいのは罪の適用と罰や罰金」である』。

|

韓流テレビご用達教育コメンテーター尾木は橋下代絶賛だが「お仲間同士のお手盛り劇」に見えるのだ・・・。

『「韓流テレビ上がりの有名人政治家の行動」を「韓流テレビご用達教育コメンテーター」が「絶賛」する「情報」を「公共の電波を独占使用して一方的に大量配信」なのだから、

「本当に醜悪」だ。

「もし、韓流テレビご用達教育コメンテーターだけでは無く、反論を持つ韓流テレビご用達では無いコメンテーターの論も合わせて配信する」なら

「上記の様な一方的情報による異常性はかなり排除される」のだから、

「日本の公共の電波を独占使用しているテレビ局なら全ての番組でその様な手法を用いるべき」である』。

『「今回の事件で一番異常」なのは「自殺の原因の解明」と「パワハラ自殺追い込み教師に対する責任追及」が「異常に甘く」、

「所謂体罰(その実体は教師等による一方的な暴力)」に対する

「上辺の押さえ込みが異常にキツイ事」だ。

「自殺してしまった生徒」が「人事権を持つ教師からのキャプテン圧力が無く、所謂体罰だけだったなら、自殺したのか?」を考えれば、

「多くの人々が分かる」様に、

「今回の問題の本質」は、

「権力を持つ者によるパワハラゆえの自殺追い込み」なのである。

「だから実際に、体罰だけで自殺を招いた教師」は「桜宮の他の教師にいない様」だ

「もし、体罰こそが自殺の原因」なら「他の体罰教師の下でも自殺者が出ている筈」である』。

『「お仲間同士のお手盛り劇」まで使って「パワハラによる自殺追い込み教師を庇い、パワハラによる自殺問題を露呈させない様にしている裏」には、

「当該教師が人脈的に庇いたい人」だったり、

「学校以外でも、企業や組合や宗教組織等でも、パワハラによる自殺追い込みが蔓延しているから・・・」ではないのか?』

『「韓流テレビによるお仲間同士のお手盛り劇等を鵜呑みにさせられてはいけない」。

「多くの一般日本国民は、小泉政権や民主党政権の成立でかなり懲りたと思う」が、

「韓流テレビ情報を無条件に正しいと思い込む人が多い事」=「韓流テレビファシズムを可能にしてしまう事」なのだ。

「日本を真の民主主義国家にする為」にも、

「情報・教育等の改善は必需」である』。

|

円安・株高で既に実効を上げているアベノミクスを非難している似非経済学者たち・・・。

『「金融緩和してもマネーサプライの受け入れ先が無い・・・」等と「寝言を言っている」のは「似非経済学者もしくは確信犯の工作員」だ。

「円安・株高状態が生む実効とは、日本の製造輸出業の増長であり、日本の製造輸出業が増長する事はマネーサプライの受け入れ先も増大する事に他ならない」。

「日本にとっての基幹産業である製造輸出業の増大」は「副次的効果も生む」から、

「マネーサプライの受け入れ先も副次的にも増える」のだ。

「日本経済・産業が増大すれば、日本の人口も増大し易くなる」から「少子高齢化で頭が痛い社会保証問題の解決にも光がさす」のである。

「因みに、出来の悪い政権だった民主党政権が訴えていた最低保証年金の実現は40年も先だった」が、

「近年中にベビーブームにでもなれば、社会保証問題は二十数年で解消可能」なのだ。

「こんな当たり前の事さえ???もしくは確信犯で無い事にしている」のに、

「経済の専門家ぶっていたりしているのは、似非経済専門家もしくは、確信犯の反日工作員」なのである』。

|

人民支配構造をつくりたい悪は支配組織づくりに熱心なのだ・・・。

『「人民を支配する為」には、「利権集中による支配・被支配の二極化格差社会構造」と「支配体制維持の為」の「言論/思想統制」や

「実質的秘密警察」や

「不適応分子の抹殺」や

「隣組的受罰共同体」等々の

「構築」が「必要」になる。

「民主主義を目指す」なら「人民を支配する事」よりも「それぞれの人々が自分自身を健康に質高くコントロールする事が重要となる」から、

「人民支配構造は排除されるべき構造」となる。

「二極化格差社会よりは総中流社会の方が民主主義への適合性は遥かに高い」。

「言論/思想統制を行ってしまえば、民主主義の扉はその時点で閉ざされる」。

「秘密警察やスパイなども排除されるべき者で、公然とした警察による公然とした取締りとスパイ排除による本来の技術開発競争等こそが、社会の豊かさの源泉となる」。

「民主主義社会での不適応分子」とは「自分で自分を健康にコントロール出来ず、余りに酷い不健康な行動等を行ってしまった者になる」から、

「公然とした取締りの上、公然と刑罰を与え、再生の道を歩んでもらう」のが「通常の姿」になる。

「罰が与えられる人の範囲」も「事実・現実に基づいた合理的な範囲にしなければ、民主主義は成り立たない」から、

「受罰共同体の設置はあり得ない」。

「この構図」から「政治実権者等」の「行動を検証」すれば

「その政治実権者の本質も露わになる」のだ』。

『「資本主義・民主主義の側に立っているフリをしながら、内実は、独裁主義社会つくりに邁進している様な政治実権者もいる」のだから、

「要注意!」である』。

『「因みに、人が他の人々を支配したがったり、他の人々に自分を支配させたりする」のは、

「代償欲求の追及行為がもたらしている未熟な状態」である。

「成熟した人の目指す支配」は「代償欲求による他者支配・他者による被支配」では無く、

「本来欲求の実現である自分で自分を健康に支配し続ける事」だ。

「独裁政権」が「劣る」のは

「この精神構造の面から見ても当然」なのである。

「自分で自分を健康に支配し続けたい健康な精神構造を持っている人」が「独裁政権の支配下に置かれている」のは「本当に不幸」だ。

「他人を支配したがる代償欲求に邁進している精神的未熟者たち」は

「自分の実体を実体どおりに把握・認識し、

代償欲求の追及に溺れている状態から自分自身を救い出す為にも、

巻き込んでしまっている他人への迷惑を解消する為にも、

自分で自分を健康に支配する本来の欲求の解消に努めるべき」である』。

『「今時なのに、その程度のセルフコントロールさえ出来ない様」なら、

「そんな者たちに相応しい」のは「支配者の立場・権力では無く、精神的未熟者を治療する為の病室」だ。

あるいは、「他人に迷惑をかけた分の罪を償う為の監獄」だろう』。

『「電磁波を悪用」し「覗きや、傷害目的の工作活動を行っている悪ども」に「相応しい行き先」は、

「監獄」である。

「不健康な独裁組織の手先」として

「秘密警察」や「不適応分子の抹殺の役割」を「行っているクズどもに先は無い」のだ』。

|

橋下の言い分だと「桜宮高校の全ての体育教師は自殺追い込み教師と同じ罪を犯しているかの様相」だが・・・。

『「その集団の中で一人の者が酷い事を行ってしまった時、集団ごと罰する」とは「まるで隣組制度の再興」だ。

「酷い事に対する責任は実体に応じて配分される」のが「現代の先進国人間社会の常識」だろう。

「今回の事件で、自殺追い込み体育教師と自殺者を出していない同じ学校の体育教師を同レベルで処分するのは明らかな間違い」である。

「自殺追い込み体育教師」は「自殺追い込み体育教師として厳しく処分され罪を問われるべき」だし、

「自殺追い込みを行っていない体育教師には、その実体どおり不当な処分は与えられるべきでは無い」』。

『「橋下のパワハラ」によって「自殺追い込みを行っていないのに処分された体育教師が抗議の自殺・・・」なんて「酷い事態も起こり得る」のだ。

「パワハラによる自殺追い込み」こそが「追求されるべき要素」であり、

「それを体罰にすり替えようと情報工作に忙しい韓流テレビ・マスコミ等は明らかに異常」である』。

『「パワハラ自殺追い込み教師を、実質的に庇う為に、同じ学校の他の体育教師や受験生や生徒たちさえ犠牲にしている様相」の

「橋下のパワハラ的処理提案」は「本当に重大な問題」である。

「こんな手法を用いる首長を選んでしまった」のは「有権者」なのだ。

「しかし、大阪の場合、有権者を悪戯に責められない」のは「対立候補や前体制もかなり酷かったから・・・」だ。

「一方、橋下は日本維新の会の共同代表でもある」。

「日本維新の会は、日本の国政政党」だ。

「維新の会の共同代表という面」では、

「有権者」は「橋下が維新の会でも実権を持つ事に対して十分に用心するべき」だ。

「有権者は、少なくとも参院選時までは、今回の事件に対する橋下の行動を忘れるべきでは無い」』。

|

経済的弱者救済の前には実収入&実資産等の把握が必需という当たり前・・・。

『「生活保護不適切受給問題でも露呈した」のは「実態と血税補助の必要性の乖離」だった。

「消費税増税時のとりあえずの低所得者対策」として「給付を行う」のなら、

「その前に、実収入&実資産等の把握の徹底は必需」である』。

『「生活保護不適切受給」は

「うるさく、図々しく、受給権利者である旨等を訴えた者たちには受給され、実質的には受給対象でもうるさい支援や図々しさの無い者たちには受給されなかったりしたことから起こった」。

「同様の事」が「消費税アップ時の低所得者対策でも起こり得る事」は、

「もはや、誰もが重々承知の筈」だ』。

『「それなのに、消費税増税時のとりあえずの対策として自民党が給付を打ち出したのは何故か?」

「公明党内にも賛同者がいる自民党内の不健康な人脈の圧力が見え隠れしている」』。

『「何れにしても、不健康な思惑をぶっ飛ばす秘薬」は、

「実態把握の徹底」である。

「健康な人脈はその面で大いに頑張り、絶対に譲るべきでは無い」』。

『「不健康な人脈と健康な人脈との力比べ」で「健康な人脈が負ける」様なら、

「自民党や公明党は、不健康な人脈が実権を持つ政党だ」という事に他ならない。

「もはや、有権者はその面を見逃さない」のだから、

「自民党も公明党も、しっかり覚悟して、自分たちが行う事の責任を負うべき」である』。

|

日本にとっての大迷惑、鳩山元総理の外訪・・・。

『「日本の外交に多大なる悪影響を与える罪」等の「法整備の必要性さえ浮上して来る」「鳩山元総理による身勝手な行動」・・・。

「例え、韓流テレビ・マスコミ等による大衆誘導の結果であるとしても、鳩山氏に総理大臣の座を与えてしまったのは、当時民主党に投票してしまった有権者の責任」だ。

「元総理」だから「未だに外国要人訪問も可能」で「中国や韓国やロシア等は、利用出来る者・物・事は何でも利用する」から、

「鳩山元総理は、それらの国々の駒にされている様相」ですらある』。

『「後始末をするのは、タダでさえ震災復興や通常の外交等々で大忙しの現政権&官僚たち」で、

「迷惑も甚だしい」。

「ほとんど現政権&官僚たちへの妨害工作の様相ですらある」のが

「鳩山元総理による身勝手な外訪」なのだ』。

『「民主党政権成立時に民主党に投票してしまった有権者」は「責任を取るべき」である』。

『「現政権も日本の司法も」、

「日本の国益・国民益を考える」なら「元総理に対する身勝手な外訪禁止令くらい出すべき」だ。

「国益・国民益を大きく損ねる行動に何の歯止めもかけられない様なら、そんな状態こそが異常」である』。

|

暴走、橋下市長&維新の会共同代表問題・・・。

『「パワハラによる自殺追い込み」は「犯罪として摘発されるべき問題」であり「体罰問題や学校教育問題等にすり替えられてはいけない」のだ。

「それなのに、個人の指導者の問題」を「学校全体の問題に拡張」し、

「しかも、独裁的に、入試まで中止せよ!」とは、

「正に、人間としての資質が問われて然るべき問題行為」である』。

『「指導者個人が暴走した裏」には「学校側の問題もあった」が、

「暴走の主たる原因は指導者個人にある」。

「暴走し、一人の人間を自殺にまで追い込んだ人」が「罪に問われない」のなら、

「それこそ、行政の責任が重大」だろう』。

『「生徒たち」は「指導者が得る評価の為に存在しているのでは無い」のだ。

「試合で勝てたなら、勝てる試合をした生徒たちへの評価が一番」であるべきで、

「指導者への評価は{良いサポートが出来ましたね。}程度で十分」なのだ。

「スポーツ有名校」には「スポーツの資質がある生徒たちが集まる」。

「指導者が変わったところで、合理的な指導を行っている限りそれなりの好成績等も続く筈」だ。

「圧力や脅しで生徒たちを追い込んで得た勝ち試合などに大きな価値は無い」。

「そんなモノは、審判を買収したり、相手チームの選手を飲食物や電磁波等で本来の実力が出ない状態に追い込んだりして得た勝ち試合などと同類の

フェアなスポーツ競技での勝ち」では無いのだ』。

『「非人道的な圧迫を加える事で、得ていた勝ち」を「評価する」なら「より非人道的な指導者がより良い評価を得てしまう」。

「そんなモノは、指導でも教育でも無い」のだ』。

『「橋下の暴走」は「止められるべき」だし、

「パワハラ自殺追い込み事件」は、

「問題の本質を変えられるべきでは無い」』。

|

初期故障(?)が続いている787・・・。

『「せっかくの最新鋭機」も「故障が連発」では「困ったもの」だ。「原因は何処にあるのか?」

「バッテリー・燃料漏れ・車輪・・・と、故障内容は多岐に渡っている」。

「共通項として可能性が浮上する」のが「振動」だ』。

『「787は複合素材の使用割合も多く、翼デザインも今までの機とだいぶ違う」。

「マッハ0.85と音速に近い速度で、ジェット気流内などを飛行した場合に出る振動」も、

「今までの機とは質が全く違う筈」だ』。

『「部品の接合」や「ねじ山形状」や「バッテリーの対振動特性」なども、

「今までの機とは別の適格化が必要」だが、

「恐らくは、その辺りは既存技術の流用」だろう』。

『「バッテリーの場合は過剰負担による故障」の「可能性もある」が、

「アース部分」が「機体と一体」の筈だから、

「アース部分の電流が振動で揺れたがゆえの過剰負担」という「可能性も浮上」する』。

『「他にも、今までとは違う機体形状ゆえの心理負担」から「製造ミス」の「可能性も浮上」するが、

「何れの場合」でも、

「原因追究をちゃんと行えば、それ程時間をかけずに問題は解消される筈」だ』。

『「燃費が良く環境負担の軽い航空機や車」は「現状人間社会の必需品」である。

「早く確実な問題解決」による「エコ替えの遅延防止」は「本当に重要」だ』。

|

中国の深刻な大気汚染の裏&中国軍の実情・・・。

『「中国では深刻な大気汚染が露呈」している。「その裏に在る」のは「言うまでも無く、いい加減なコピー、もしくは盗み技術」だ。

「例えば、自動車の排気ガスを無害化する為には、綿密な制御が必需」だが、

「いい加減な盗み、コピーでは、触媒は付けても、制御技術までもは???」なのだ。

「結果、大気は汚染される」。

「また、触媒は高い」ので「短絡的な営利主義の中国企業では触媒を本当に使っているのかさえ???」である。

「結果、自動車からも大気汚染物質が大量に・・・」というのが「中国の実情」なのだ』。

『「そんなお国柄」で「原発」や「軍隊」を「持って」も、

「内実は変わらない」。

「日本の原発より遥かにアブナイ」のが「中国の原発」であり、

「欧米最新の軍備を盗んだつもり・・・」で「内実は、自動車と同様の状態なのが中国軍」なのだ』。

『「現状人間社会の一大迷惑組織」である「中国共産党」は、

「何れ崩壊する」だろうが、

「崩壊前の悪あがき」は「大迷惑」である』。

|

筆者のところに工作活動を仕掛けているおバカたち・・・。

『「ウィンドウズのネットミーティングを悪用した工作」なども「行った」事から、「電磁波工作」だけでは無く「ネット工作」も「行える連中」である事が判る。

「電磁波工作の悪化度の向上」や、

「組織ぶり」からも、

「ある程度以上の資金力・技術力・人員力を持った組織である事」も判る』。

『「当然、日本の公安等」では「その実態も把握している」だろう。

「後は、何時、実効のある摘発が行えるのか?」だ』。

|

安倍政権は保守でもタカ派でもない、当たり前の「日本第一政権」・・・。

『「どんな国の政権」でも「先ず第一は自国」だろう。ところが、「日本では、日本を第一に考える政権」の事を「韓流テレビ・マスコミ等」が「保守」とか「タカ派」とか、

「堅物」や「危険」などの「イメージを伴う言葉で表現」し、

「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)や中国共産党に媚びる政権」を

「革新」とか「リベラル」とか「ハト派」とか、

「進歩的」や「親和的」や「安全」などの「イメージを伴う言葉で表現」しているのだ。

「本当に異常な状態」である』。

『「労組等でも同様」で「普通の国の労組等」なら、

「先ず自国の利を元にした自社の利でありそれを元に労働者の利が当然」だが、

「日本では、何故か?労組の実権者たちの多くが、親朝鮮・親中国だったりする」のだ。

「そして、中国経済や韓国経済を良くする事で日本製品の市場を広める等々」の

「日本の内需縮小・中・韓の利益増大等々」が「大好きだったりしている」。

「挙句の果てに、アジアは内需」と「言いながら、アジアの中身は中・韓」なのだ』。

『「普通に考える」なら「アジアの国々」は「以下の4タイプに大別出来る」。

「否反日教育国で民主主義国」

「否反日教育国で否民主主義国」

「反日教育国で似非民主主義国」

「反日教育国で否民主主義国」

「日本が先ず第一に付き合うべき相手」は、

「最初の否反日教育国で民主主義国」に他ならない。

「ところが、アジアは内需派の言い分」では、

「第一に付き合うべき」は「反日教育国で否民主主義国の中国共産党支配下の中国」なのだ。

「もちろん、そんな現実離れした体制の国と一番に付き合ってしまえば、現実離れ是正時の大乱の影響が何れは襲ってくる」のだから、

「先に崩壊ありきのお付き合いになる」のだ』。

『「女{性}を使って、米国人権力者を騙したり懐柔したりするのが大得意」なのが、

「反日教育の国々」で、

「米国人権力者の中にも、その手の工作に落ちた者たちが少なからずいる」のだから、

「呆れる」。

「日本の公使等による日本との不戦」と「中国人女性による日本との開戦」の「選択の結果」、

「日米とも大損害を被り、中・韓が漁夫の利を得た」のが「先の太平洋戦争」だった。

それなのに、「未だに、同様の手段」で「道を誤っている米国人権力者がいる」とは・・・』。

|

「パワハラによる自殺追い込み」を「体罰」と思い込ませようとしている情報工作・・・。

『「パワハラによる自殺追い込み」は「体罰とは全く違う」。「それなのに、未だに、韓流テレビ等」では「体罰の宣伝に必死の様相」だ。

「その裏には何がある?」』

『「お仲間の罪」は「出来るダケ軽く・・・」の為に、

「日本の公共の電波を悪用している」のなら、

「そんな連中からは、直ちに、日本の公共の電波の独占使用権を剥奪するべき」だが』。

|

「韓国の為の政治を行った民主党」にはもはや復活の目は無いが、「韓国の為の政治を行ってしまうかも知れない維新・みんな等には要注意」だ・・・。

『「韓国の為に円高・デフレ政治を行った日本の民主党政権」により、「日本の家電産業等は散々な目に合わされたが、その裏では韓国のサムソン等が史上最高の利益を上げた」。

「原発推進の韓国」が「日本に電気を売り易くする為の工作」とも取れる

「日本の電力事情を高価不安定に導く再生エネルギー発電買い取り法案」や、

「発送電分離策略」も「かなり酷いモノ」だ』。

『「それら酷い政策」を「行ったり、素地をつくったりした」のが「日本の民主党政権と韓流テレビ・マスコミ等」である。

「上記の例ばかりでは無く、

竹島の不当占拠も止めず、反日教育も止めていないばかりか、親日罪まである韓国に、

渡す必要の全く無い朝鮮王朝の書物を渡したり、

東日本大震災からの日本の復興を遅らせたり、

原発被害を過剰に宣伝したりして復興を遅らせたりしていた」のも、

「民主党政権や韓流テレビ・マスコミ等」だ』。

『「主として、日本の為の政治を行わず、韓国の為の政治を行っていた様相の民主党」には、

「もはや、復活の目は無い」。

「韓流テレビ等」には「日本の公共の電波を独占使用させておくべきでは無い」』。

『「そんな実態が露わになっている今日この頃」では、

「韓流人脈は、民主党の次の大衆騙し政党の準備に余念が無い」。

「生活」や「未来」などは「騙しでは無く、そのまま」だから、

「多くの一般日本国民は支持しない」だろう。

「騙し」とは「上辺では日本の為を嘯き、内実では韓国の為の政策を行おうとしているところ」である。

「そんな実態に近い」のが「維新とみんな等」なのだ』。

『「脱原発で利を得るのは日本では無く韓国」である。

「再生可能エネルギーの普及で日本の電力が高価不安定になってしまえば尚更」だ。

「発送電分離」で「韓国から海底ケーブルを敷けば、韓国は日本のエネルギーの支配権を得る事になる」。

「経済問題以上にエネルギー支配による実効支配の強化は危険な話し」なのだ』。

『「多くの日本国民は上記程度の認識は持つべき」である』。

|

日本の電力を高価不安定にする再生エネルギー&人災原発被災事故・・・。

『「再生エネルギー」とは「聞こえは良い」が「その実体」は「日本の電力事情を高価不安定に導く策略」だ。

「福島第一原発の被災事故」の「実体」は「人災」である』。

『「再生可能エネルギー発電」の「実体」は「日本の電力を高価不安定にする事」だ。

「それなのに、韓流テレビ等」では「再生可能エネルギー発電」を「救世主の如く風潮している」』。

『「原発の不安は人災」なのだから「日本の原発だけ気にするのは間違っている」。

「人災という観点から考えれば、日本の原発より中国共産党支配下の中国の原発や朝鮮半島内の原発の問題がクローズアップされて然るべき」だ。

「それなのに、韓流テレビ等では、未だに、日本の原発のみを大問題化すると共に、中国や朝鮮半島内の原発の問題はロクに取り上げない」』。

『「韓流テレビ等」は「日本のマスコミでは無く、中国共産党や朝鮮権力者ご用達の情報工作機関である」と「考える」と、

「整合性が取れてしまう実態が其処に在る」』。

|

日本に渡来している朝鮮人の多くは「ずる」や「悪」だったりして・・・。

『「日韓併合時」や「朝鮮戦争時」に「日本に渡来した多くの朝鮮人たちの実態」は「強制連行被害者でも無く、戦争難民でも無い」。

「朝鮮半島内の近代化を日本人共々頑張っていた時代」に「よりオイシイ仕事等があるから・・・」と「自らの祖国の近代化を手伝う道を選ばず、別天地を得る道を選んだずる」や、

「朝鮮戦争時でも十分な財力や人脈等を持ち、日本への渡来が可能だった北朝鮮との戦いを放棄したずる」や、

「確信犯で日本を乗っ取り支配するべく渡来して来ている悪」なのだろう』。

『「そう考えると、渡来後の言動との整合性が取れてしまう」のだ。

「植民地支配詐欺」「竹島不当占拠」「近隣国条項による情報・教育の隠蔽」「個人レベルでも、犯罪摘発率がかなり高く」、

「情報・教育の正常化(事実・現実化)もしようとせず、

一端人事権を持つ立場を得ると、お仲間ばかりを優先採用・・・等々」。

「反日教育をやめさせようともせず、反日教育等の大宣伝」。

「オマケに、酷い状態の韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮)にも係わらず、優秀な国等と風潮」』。

『「仮面帰化人が政界に食い入れば、韓国のための政策をゾロゾロ・・・で、日本のシャープ等は青息吐息の状態に追い込まれた裏では、韓国のサムソンは史上最大の利益・・・」。

「仮面帰化人が警察に食い入れば、ホンの僅かの数の北朝鮮の工作員を言い訳程度に摘発するダケで、韓国系の工作員の摘発は全く不十分・・・」』。

『「未だに、工作活動等、日本国・日本国民を不利にする悪さを行っている」、

「ずるたち」や「悪たち」は、

「在日はもちろん、帰化しているなら、仮面帰化を無効にして、祖国に強制送還するべきでしょ!」

「ずるや悪たちが嫌で、日本に渡来し、日本に馴染んでいる方々で、決して、ずるや悪に協力しない方々のみ」が、

「日本で暮らす正当な権利があると言える」のでは』。

|

「再生エネルギー買い取り法案」と「発送電分離」の目的・・・。

『「再生エネルギー高値買い取り法案」とは「日本の電力事情を高値不安定に導く道」に他ならない。

「発送電分離」で「韓国から海底ケーブルを敷けば、韓国は日本に売電出来る」。

ここで、「韓国が売電なんて、あり得ない!」と「思ってしまった人」は、

「韓国の事情や目的を知らない」のだろう。

「韓国では、原発比率を四十数%まで上げるべく、積極的に原発推進中」で、

「韓国反日権力者の思惑」では、

「日本への売電=日本のエネルギーの支配権を得る事」なのだ』。

『「上記の様な実情」を「考える」なら、

「菅と孫で決めた、再生エネルギー買い取り法案」は、

「日本の電力を高値不安定に導く為の工作」であり、

「昨今、韓流テレビ・マスコミ等で大騒ぎしている発送電分離」は、

「韓国の売電を可能にする為の工作でもある」という「実情に思いが至る筈」だ』。

『「維新やみんななどの政党」は「発送電分離に積極的」だが、

「その内実」は、

「韓国の為の工作」で、

「菅と孫による再生エネルギー買い取り法案の続き」なのである』。

『「多くの日本国民」は「日本の電力を高値不安定にしない為」にも、

「韓国に日本のエネルギーの一端を支配させない為」にも、

「再生可能エネルギーはコストや安定を十分に考慮の上取り入れ、

発送電分離には慎重であるべき」だ』。

|

韓国の権力者人脈にとっての竹島問題とは・・・。

『「日本にとって竹島は韓国に不当占拠されている日本の領土」だ。「韓国の被支配国民にとって竹島は竹島では無くドクトであると共に日本による植民地支配の為の侵略が開始されたところ」だ。

「では、韓国の支配側、つまり、権力者人脈の認識はどうなのだろうか?」

筆者が聞いた話しでは、

「韓国の権力者人脈にとって、竹島とは、日本の乗っ取り支配の始点であり成功例(戦勝例)」なのだ。

それなのに、「表立って、日本から竹島を奪った」と「言えないところ」に「日本乗っ取り支配人脈の本質がある」のである』。

『「日本国内での在日特権や情報・教育の近隣国条項を不当取得した日本乗っ取り人脈」は、

「日本国内にいる帰化したそれらの人脈の人々等も利用して、政財界・情報教育界・組合界等々でも、乗っ取り工作を続けて来た」。

「その悪の成果」が「村山談話」であり「河野談話」であり「菅談話」であり「渡す必要の無い必要の無い朝鮮王朝の書物の渡し」等々や、

「菅が総理の時に行った、

被災事故原発の、実質的、事故処理遅延工作・被害増大工作や、

止める必要の無い日本の原発の停止工作と、

実質的に、日本の電気エネルギーを高価不安定にする再生エネルギー買い取り法案」等々なのだ。

更に、「一般日本国民の弱体化・早死に化工作等々まで行われているのが実態」である』。

『「韓国の日本乗っ取り支配を目指している権力者の人脈」は、

「上辺では被害者を演じ、内実は日本侵略支配工作を行い続けている」。

「多くの日本国民が、その現実をしっかり認識・把握した上」で、

「日本の政治家たちは、早急に、実効のある日本乗っ取り支配&反日教育国対策を行うべき」である』。

『「日本乗っ取り支配を目指している韓国権力者人脈」は

「多くの北朝鮮の一般国民を犠牲にしながら、韓国内の反乱軍政府である北朝鮮を悪用して実質的に核武装した」のだ。

「そんな連中が未だに韓国内でも力を持てている韓国内」では

「本心では親北朝鮮派も少なく無い」のだそうだ。

「連中の認識では、

同じ朝鮮人なら朝鮮人権力者の為に尽くすのが当然なので下々の朝鮮人の犠牲は当たり前で、

国際社会も誤魔化し続けられた(連中の認識では騙すのは能力があるから騙せるで、騙す能力も高い能力)結果として、

核まで持てた」なのだそうだ』。

『「ドクトは日本に侵略された」で「操れている韓国人」は「下々」だそうで、

「権力者ならちゃんと日本乗っ取り支配の成功象徴点としてドクトを認識した上」で「表むきダケ日本による植民地支配を訴える」のだそうだ。

「下々の犠牲」と「権力者の金満・権満」は「支配されるべき者」と「支配するべき者」の「必然」なのだそうだ。

しかし、

「さすがに昨今では、そんな内実に嫌気がさした人々も出ている」ので、

「リーク情報が周りまわって出回っていたり・・・もする」のだ』。

|

日本国民なら「何故、竹島が不当占拠されたのか?」「何故、在日特権があるのか?」くらいは考えるべきでしょ・・・。

『「竹島の不当占拠は1952年1月18日」だった。「当時の日本は、戦後復興がようやく軌道に乗り始めていた状態」で「出来る限り外乱による脱線を避けたい状態」だった。

「もちろん、自衛隊等の整備もまだまだ・・・」だった。

「終戦直後から、日本の隙につけ込んでいた」のが「韓国」だ。

「朝鮮戦争を起こし、難民???という形で日本国内に更に多数の朝鮮人を渡来させた韓国」は、

「続いて、在日特権を認めさせた」。

「更に、勝手に李承晩ラインを敷き、竹島を不当占拠した」のだ』。

『「当時の日本政府」は「体制不備ゆえに即応出来ず、仕方無く、戦乱の排除を選択した」が、

「在日特権と共に無理強いされた情報・教育に対する近隣国条項」が

「その後も長く尾を引いて現在に至っている」のが

「日本のお寒い現状」なのだ』。

『「日本の敗戦につけ込んで、日本人の財産・立場等々を奪う事で国を始めた韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」は、

「その後も、日本の弱みにつけ込んで不当増長した」のだ。

「植民地支配詐欺と敗戦泥棒で肥えた悪」が、

「痩せていた、当時の日本を脅し、

武力で、竹島を奪い、在日特権を不当に得て、情報・教育の不当支配にあたる近隣国条項まで無理強いした」のが「実態」なのだ。

「日本が普通の国」なら「韓国に対する宣戦布告が相当」だが、

「敗戦時に米国に押し付けられている憲法等により不戦が大前提の日本」だから、

「未だに、韓国や中国共産党からもなめられている」のである』。

『「逆に見れば、多くの一般日本国民が戦争も辞さないくらいの覚悟を持てば、戦後の不当な中・韓の増長問題は、解決方向に動く」のだ。

「日本国民を拉致」されて、「帰してください」等と「寝言を言っている内」は「拉致被害者の帰還も無い(例えあっても、多額の現金等との交換等の不当な条件下になる)」が、

「拉致被害者を帰さないのなら、宣戦布告するぞ!」と「本気で言う」なら、

「勝ち目の無い戦争」と「拉致被害者の返還」の「選択になる」から、

「拉致被害者の帰還も現実になる」のである』。

『「中国共産党に対しても同様」で、

「日本の不戦というファンタジー」が、

「日本の国益・国民益や日本の安全・日本国民の安全を損ねている」のが「実態」なのだ』。

『「武力により日本の領土を不当占拠し、工作活動により日本国民を拉致しているのが韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の実態」なのだから、

「相応の対処をするのが当然」だろう。

「例えば、在日韓国人(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)を財産没収の上強制送還する等の措置があっても何の不思議も無い」のが「普通の国」である。

「その様な普通の国としての当たり前の対処をしていない状態の今の日本」では、

「それらの人脈の人々が在日特権等の不当な特権の延長線で不当に稼ぐと共に、

日本国内で不健康な工作活動を行い、

無垢の一般日本国民を拉致等の工作活動の犠牲者にしたり、

本来の力が発揮出来辛い状態に追い込んでいたりする」のだ』。

『「安倍政権」は「日本の為の政権」なら、

「一般日本国民の安全の為」にも

「反日教育国人脈による工作活動の徹底取締りを先ず行うべき」だし、

「拉致問題に対しても、

戦争を辞さないくらいの覚悟で挑み、

北朝鮮を不当に利する事無き解決を得るようにして頂きたいもの

(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮には一銭もやる必要は無く、

むしろ、拉致被害の補償を要求するべき立場にあるのが日本の状態)」だ』。

『「少なくとも、在日特権の撤廃や、近隣国条項の撤廃は必需」である。

「韓国は重要な隣国」なら、

「事実・現実を基に、過去(当然、戦後も含む)の不健康な事実・現実の解消を行いながら、未来志向で付き合うべき」だ。

「韓国側の言い分に過ぎ無い植民地支配詐欺や戦後の火事場泥棒を認めたままにしたり、

その後の日本の弱みにつけ込んだ竹島の不当占拠や在日特権・近隣国条項等を認めたままにする」のなら、

「それは、日本国の政治家では無く、韓国の工作員」になる。

「日本国の政治家なら、先ず、日本国内に日韓併合の実体が日本による韓国救済であった事を周知」し、

「戦後の韓国の不当な行為等についても事実・現実通りの情報・教育を大量配信するべき」だ。

「多くの一般日本国民が、本当の事を知り、日本国内の状態が正常化された上」で、

「日本は、現代人らしい不戦の決意を持つ普通の国の道を歩むべき」なのだ』。

|

反日教育国人脈最後の砦「参院選での反日教育国人脈の勝利」を崩せ!・・・。

『「参院選は既に始まっている」。「反日教育国人脈は、上辺の言葉の悪用や揚げ足取り等々、原発問題の悪用等々、TPP問題の悪用等々、消費税問題の悪用等々、その他、あらゆる手段を使って、参院選時に反日教育国人脈の参院国会議員が多数を占める様に、スティルス選挙活動を始めている」。

「実情を言えば、連中にはもう後が無い」。

「参院選で日本国内の反日教育国人脈が負ける事」は、

「日本国内での政界工作の実質的負け」になる』。

『「逆に見れば、反日教育国人脈の政界工作を弱体化する為」には、

「今年の夏の参院選での否反日教育国人脈の勝利が、非常に大切」と言う事だ。

「反日教育国人脈か?否か?」を「意識している日本の有権者」にとっては、

「既に答えが出ている参院選」だが、

「未だに、平和ボケだったり、反日教育国人脈の操り人形だったりしている有権者」は、

「要注意」なのだ。

「反日教育国人脈の情報等による工作等」は、

「そんな反日教育国人脈を意識していない人々を狙って襲い掛かっている」。

「同時に、反日教育国人脈にとって障害になる人々」には、

「電磁波工作や飲食物工作等々の手段による、

日本の現行法&現行の摘発体制では摘発困難な手段を使った傷害・殺人工作まである」のだ』。

『「筆者たちに対して工作活動を仕掛けている連中」も「必死の様相」で、

「電磁波工作の高度化に余念が無い」。

「もちろん、筆者は既に周知済み」なので「相応に対策を取っている」が、

「電磁波工作に対する対策無き工作ターゲット」なら

「容易に発ガン~死亡、もしくは、突然死等への道のりを歩まされていても何の不思議も無いくらいのレベルにまで筆者の周りの電磁波工作は高度化されている」』。

『「日本の警察」も「電磁波や飲食物工作等々に対する対策を急ぐべき」だ。

「政界・財界等の要人」で「その手の工作活動の犠牲になった人々の数も決して少なく無い筈」である』。

|

安倍総理の「韓国は重要な隣国」発言の上辺にこだわってしまう人々とこだわらせたい人々・・・。

『「韓国でも大統領が替わった」のだし「もちろん反日教育国でも隣国は隣国」だから「日本の総理大臣がとりあえずは友好的発言をする」のは「当たり前の外交手段」だ。

「問題は、実際に取られる政策」である』。

『「ところが、実際に取られる政策が未だ何もはっきりしていない状態」で、

「安倍総理の上辺の言葉のみにこだわってしまう人々がいる」。

「きっとその様な人々」は「韓流テレビ・マスコミ・ネット情報等々による上辺の言葉での操り」にも「呼応してしまう」のだろう。

また、「反日教育国人脈の工作員等にとって」は、

「上辺の言葉を利用して多くの一般日本国民を操れる」なら

「反日教育国に都合の悪い政権を転覆させることも容易になる」。

「その様な人脈の人々は、

多くの人々の興味を

実効がある政策部分では無く、

上辺の言葉にこだわらせたがる」』。

『「何れにしても、上辺の言葉へのこだわりは多くの一般日本国民にとっては自虐になり易い」のだ。

「一般日本国民が気にするべき」は、

「上辺の言葉等」では無く、

「実効がある政策等々」なのだ』。

『「2ちゃんねる」で「祭り状態」だという「安倍総理発言」だが、

「総理の発言を悪用し、

一刻も早く反日教育国にとって都合の良い政権へと日本の政界を導くべく、

反日教育国人脈は情報工作行っている様相」でもある。

「多くの一般日本国民」は「この手の情報工作等の操り人形状態から既に抜け出している」と思うが、

「未だ操られている人々がいる」のなら「出来る限り救い出すべき」だろう。

「情報工作に操られない様にする」のは「簡単」で、

「その情報の方向に進むとどうなるのか?を考えれば良いダケ」だ。

「例えば、脱原発の情報工作でも、日本のみが脱原発すればどうなるのか?を考えれば、

日本だけの脱原発で中・韓等が原発保有では日本を不利にし反日教育国を有利にする事が、

その情報工作の目的である事が露わになる」。

「今回の安倍総理発言」でも「同様」だ。

「総理の上辺の言葉にこだわることの実効」は

「日本国内で悪戯な対立を起こし、反日教育国人脈の発言力を高め、反日教育国を有利にする事」に他ならない。

「安倍政権が実際に行う政策が異常だった」なら「多くの一般日本国民が一致した抗議になる」だろうが、

「安倍総理の上辺の言葉に一々文句を付けてしまえば、

一般日本国民同士の言葉上の悪戯な対立が起きるだけでは無く、

政策実行の邪魔にもなってしまう」。

「結果、利を得るのは反日教育国になってしまう」のだ』。

『「多くの一般日本国民」が、

「反日教育国人脈等々による情報・教育工作活動等に操られてしまう状態」は、

「最低・最悪民主党政権と共に廃棄場行き」が「相応しい」。

「今の日本はそんな時代を迎えている」のだ』。

|

「維新」と「みんな」に対し「組めと言ったのに組まなかったから惨敗した」と新年会で言った小沢一郎・・・。

『「報道によれば、タイトルの様な事態だった」らしいが「タイトルの様な事態が示している事は重大」だ。

「維新」と「みんな」の「背後には小沢も居る」のである』。

『「橋下系維新」と「民団(在日韓国人の団体)等反日教育国人脈の繋がり」は「有名」だが、

「脱原発のみんなも同様の要素を抱えている」のだろう。

「言うまでも無く、脱原発で民団と外国人参政権を約束の小沢」も「同様」だ』。

『「一般日本国民」にとっては、

「反日教育国人脈と繋がりの濃い政治家」は

「日本の国政等担当者としてはご遠慮願いたい」だが、

「反日教育国人脈」にとっては、

「是非とも反日教育国人脈の紐付き政治家」を

「日本の国政等に送り込み大きな実権を持たせる事」によって、

「在日特権等反日教育国人脈の利権を維持・拡大したい」なのだろう』。

『「因みに、在日韓国人等に与えられている特権」は、

「韓国が戦後日本の体制不備につけ入り、竹島を不当占拠した時」に、

実質的に「多くの無垢の一般日本国民を傷付けられたくなければよこせ!」等の旨で、

「日本を脅すかたちで不当に得たモノ」なのだと言う。

「その様な実態」も「実質的に隠蔽している」のが、

「近隣国・近隣国民に対する配慮」という「訳のわからない、教育やマスコミ等の情報制限」なのだ。

「普通の情報・教育なら、事実・現実第一主義であるべき」である』。

『「何れにしても、不当な特権の撤廃は必需」だし、

「不当な情報・教育制限の撤廃も必需」だ。

「何れも日本国内の問題」だから「ある程度安定した政権が本気でやる気になれば、直ぐにでも出来る筈」だ。

「日本正常化の為」にも、

「参院選時にも、反日教育国人脈の候補者等は出来る限り当選させるべきでは無い」』。

『「参加者激減の小沢新年会」だが、

「その内容には決して無視出来ない要素もあった」のだ。

「多くの一般日本国民」は

「反日教育国人脈の連中を日本国内の重要な立場からほとんど駆逐出来るまで、

多くの一般日本国民の安全保障の為にも、

決して気を緩めてはいけない」のである』。

『「言うまでも無く、反日教育とは、日本国や日本人が悪いとする教育」である。

「侵略戦争が悪い、とか、人殺しが悪い、とか、略奪が悪い、では無いのだ」。

「反日教育の論理では、日本国や日本人の粛清は正義」なのである。

「だから、実際に、韓国は竹島を不当占拠したままであるばかりか、あり得ない補償まで何度も求めている」。

「中国共産党支配下の中国も尖閣諸島への侵略行為を止めようとせず、日本軍より遥かに多くの中国人を殺害した中国共産党の事は棚に上げ、日本のみに謝罪を強いる愚行を止めようとしない」。

「多くの一般日本国民の安全保障の為に、反日教育国人脈を日本の重要な立場から駆逐しなければならない原因」は、

「反日教育にある」のだ。

「中国共産党や、韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の権力者たち」が、

「真に、日本との友好を望んでいる」のなら、

「先ず、真っ先に、反日教育を止め、反日教育の害や誤りを正し、応分の謝罪・補償をするべき」だ。

「反日教育国が反日教育を抱きしめたままの日本との友好など幻想でしか無い」。

「反日教育国が反日教育を抱きしめたままなのに日本が悪戯な友好関係を築けば、

その実効は、反日教育へのお墨付きにしかならない」のだ。

それは、「日本の自虐」であり、

「反日教育国の工作の手助け」になってしまうのである』。

|

元旦から中国共産党や北朝鮮の宣伝などするな!ボケテレビ・・・。

『「日本の公共の電波」は「在日中国人や在日北朝鮮人の為にあるのでは無い」。「反日教育国情報」などは「極々マイナーで良い」のだ。

「それなのに、元旦から、反日教育国の宣伝を大々的に行っている」のが、

「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の手先と化したテレビ番組」である』。

『「安倍政権」には「実効のある反日教育国対策を行ってもらいたい」。

「実効のある反日教育国対策の手始め」は「日本国内の情報・教育の正常化」だ。

「多くの一般日本国民」が「正当な情報を把握・認識している状態」こそが、

「極東アジアの平和安定の第一歩」なのだ。

「何故なら、多くの一般日本国民」が「事実・現実をちゃんと把握している事」こそが、

「反日教育国人脈による日本国内での工作活動に対する実効のある抑止になるから」である。

「反日教育国人脈による日本国内での工作活動が無くなれば、日本の状態もかなり良くなる」。

「政権交代による情報・教育等々の正常化を期待している日本人の数はかなり多い筈」だ』。

『「差別や人権の問題」とは「どちらの立場に立つ者も、事実・現実の上に立っていてこそ成り立つ話し」である。

「事実無根のカルト宗教信者の様な者たち」なら、

「事実・現実の上に立つ多くの人々が用心する」のは「当たり前」だ。

「日本が悪いと一方的に決め付けている反日教育を信じている者たち」に対し「日本国内で過剰な人権を与える事」は、

「多くの一般日本人の人権を損ねる逆差別」になる。

「事実・現実ベース」の「是々非々判断が出来た上」でこそ、

「差別や人権も初めて語れる」のだ。

「何事でも順番を間違ってはいけない」のである』。

|

政権交代もあり新年らしい新年だ・・・。

『「2013年は、世界的に、事実・現実派が自分たちの思い派を駆逐する一年になる」だろう。

「例えば、ソ連がロシアに変わった段階で、中国共産党にも北朝鮮にも先は無い」のだが、

「中国共産党や北朝鮮の国家指導者の思い」では、

「中国共産党も北朝鮮も永遠」で「中国共産党や北朝鮮が全世界を支配する側」なのだろう。

「しかし、そんな特定極一部の者たちの思い」は「何れは、事実・現実の前に虚しく消滅する事となる」。

「その方向に進み始めた様相で、一年が始まった2013年元旦」。

「中・韓の為に円高・デフレ政策を行い日本国内の雇用や内需を崩壊させていたと共に、中・韓の雇用や内需を支えていた売国・売国民民主党政権時の元旦より遥かにメデタイ!!」』。

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »