« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

補正予算の参院成立と転落の坂を転げ落ちている様相の民主党・・・。

『「参院民主党の反対にも係わらず、補正予算が参院で成立した」。「この議決に欠席するという他党とは違う行動を示した事で、宣伝効果を得た生活と裏腹に、民主党の存在価値はまたも落ちた様相」だ』。

『「そもそも、

民主党が行うべきは、

日米関係を悪化させたり、

東日本大震災からの復興を遅らせたり、

韓国や中国共産党を利する円高政策や日本のみ脱原発政策等々で日本の不況を深刻にした事等々に対する

全面謝罪」だ。

「政権実務能力が余りにも欠如していたクセに、

政権与党の座を欲しがり得た事による悪影響に対する全面謝罪」だ』。

『「それらを十分に行わず、内向きの議論で代表の顔を変え、内向きに納得している様相」の「民主党」には、

「もはや、未来は無い」。

「近々、現社民党と同程度の議席数に落ちる」だろう』。

『「支持母体である労組等も、政治に対する未熟さや日本に向かず中国共産党や韓国等に向いている様相の異常性が露呈した事」で、

「労組等組織内の問題も露呈した様なモノ」だ。

「日本や日本国民等の利益を第一に考えている当たり前の保守労組が無い事自体異常」なのだ。

「左翼や革新の実体が、親朝鮮・親中国共産党では・・・実質的には、全く、左翼でも革新でも無い」ばかりか、

「むしろ、特定極一部の人々(しかも外国人)に権力を預ようとする、日本国民としては異常な者の集団」である』。

『「もはや、存在価値さえ???の様相の民主党」・・・。

「二大政党の一角としての再生はおそらく不可能」だろう』。

『「元々、日本の政治には二大政党制が馴染まない」。

「韓流テレビ・マスコミ等+小沢等が主導して政権交代がより容易な小選挙区制にし、

小沢も実権者だった民主党政権の実現の為に悪用していた体制が、二大政党制・・・という様相」なのだ。

「二大政党制である事の必要性さえ???な日本で、もはや、大政党としての民主党の再生の可能性はほとんど無い」だろう』。

『「既に、状況把握が現実的な民主党国会議員は党を離れ始めている」。

「今の内向き的様相の民主党から離れる事は、相応の評価を得る材料にも成り得る」だろう。

「日本の国政で必要なのは、特定の政党では無く、真に日本国・日本国民の為になる政治」だから、

「当然と言えば、当然の現象」なのだ』。

|

今の人類に求められているもの・・・。

『「今の人類に求められているもの」は「人類の実体から整合性を取った最適化人間社会」に、

「現状の、いい加減で、自虐的な人間社会を進化させること」だ』。

『「現状のいい加減で、自虐的な人間社会における成功等の価値観」など、

「現実としては、いい加減で、自虐的な価値観に過ぎ無い」。

「そんなモノに過分な権力を持たせる事」は、

「多くの人類に、いい加減と自虐を強いる悪行」に他ならない』。

『「現状依存の価値観」では、「産まれや置かれている環境により、現状の価値観上の成功の得易さが違う」が、「それは所詮がインチキだから」だ。

「現実の価値観に基づいた成功」は、

「それぞれの人が今ある立場で取れる行動等」と「人類の実体である地球生命体細胞群の本来の目的であるその存続~永続への貢献度」により、

「結構、厳密に判定出来る」が、

「それぞれの人が今ある立場による責任も応分」だから、

「それぞれの人が今ある立場による有利・不利は無い」のだ。

「現状の人間社会でより多くの者・物・事(当然、お金も含む)を自分の意思で操れる立場にいる者の責任は、応分に大きく」、

「そうでは無い庶民の責任は、応分でしかない」のが、

「現実に立脚した責任」なのだ。

「つまり、現状のインチキ成功像にこだわり、実体としては、地球生命体細胞群の存続~永続に対する貢献度が低い(或いは、貢献どころか、破壊行為まで行ってしまっている場合も少なく無い・・・)者」は、

「現実として失敗の人生を歩んだ者になる」のだ』。

『「どんなに高価な墓をつくれても、現実に基づいた価値判断が覆せる訳も無い」。

「死んでしまえば関係無い」とは、

「死んでしまえば自らの今の意識・行動等は無くなる」が、

「そんな者の残した者・物・事は、功績にせよ、迷惑にせよ、現実として残る」のだ。

「人類誰もの実体である地球生命体細胞群が存続し続ける限り、その影響は、大なり小なり在る」のである』。

『「インチキ成功像に導かれて、自分の実体を不利に導く」のも、

「現実を良く考え、自分の実体を有利に生かし続けようとする」のも、

「一人一人の判断」だが、

「その判断こそが、その人の人生観の実体を如実に露呈させている」のだ』。

『「裸の王様が溢れている様相の現状の人間社会」だが、

「裸の王様ゆえに、風邪などの病気が蔓延すれば、人類滅亡となる」のだ。

「おバカと悪こそが、人類の本当の敵」である。

「誰もが、自分をおバカや悪にしない事=自分で自分を救う事」が「重要」であり、

「それこそが、成功の人生の最低必要条件でもある」のだ』。

|

安倍・オバマ会談・・・。

『「民主党政権による実質的失政により、日米間の信頼関係はかなり崩れた」。「その修復の第一歩である安部・オバマ会談」。

「民主党政権時のダメージがまだかなり在る」ので、

「安倍総理に、いきなりの大成果を望むのは酷」だろう。

「所謂民主主義国家同士なら、

国と国との交渉事や信頼関係は、

例え、首脳同士の会談でも、

いきなり急変するモノでは無い」。

「米国側は、日本の安倍政権がどの程度続くのか?を見極めた上で色々事に対する結論を出す筈」だから、

「参院選後までは、様子見の面もある筈」だ』。

『「それでも、米国の政権が急速に結論を出したがっているのがTPP」で、

「金権国米国内で実権を握っている大金持ちたちに、更なる利権をもたらす国境線ファイアーウォールを下げる条約の締結」は、

「オバマ政権の命綱の一つ」でもある。

「者物事の流通の完全自由化」は、

「大金持ちの望むところ」だが、

「もちろん、全ての完全自由化とは、あらかじめ掲げられた特定極一部の人々の理想」に過ぎ無い。

「実際は、実効がある自由化が得られれば、一応は成功」なので、

「日本側にも、当然、交渉の余地はある」』。

『「一番の問題は、物の流通自由化では無い」。

「者と事の流通自由化」だ。

「者の流通自由化とは、労働者等の流通自由化」で、

「そんな状態が担保されている人間社会では、経営者や株主の力が益々増す事になる」。

「事の自由化」とは、

「実質的内政干渉」だ。

「TPP条約加盟国標準の決定権を握っている者たちの利権増大状態が生み出させる事」となり、

「それらの者たちの意向で、TPP加盟国内の企業が支配される事になる」』。

『「物の流通自由化だって問題は多い」が、

「者と事の流通自由化がもたらす問題の大きさ」は、

「物の比では無い」』。

『「安倍政権には、国益だけでは無く、国民益をちゃんと担保させなければならない」のだ。

「国益だけなら、益にならない国民を大量殺戮しても、国が強大化すれば、国益に適うことになる」が、

「国民益を担保する」なら、

「そんな国民益を大きく損なう状態は決して許されない事になる」』。

『「現代人間社会は競争社会だと悪などは嘯く」。

「既に、近代化がある程度以上行き届いている先進国の現代社会に求められている事」は、

「競争では無く、最適化」だ。

「競争なら、他の者・物・事を排除したり、攻め落としたりしても、勝ちが得られる」が、

「最適化では、他の者・物・事に対する破壊行為は、全体としても破壊にしかならない」のだ。

「競争で葬られるべきモノがあるとするならば、正に、人類を含む地球生命体細胞群の存続~永続を壊す者・物・事」である。

「悪戯に、他の者・物・事を不利に追いやる事で、目先の勝ち???を得た妄想感に浸りたがる」のは、

「病人、もしくは、おバカ、もしくは、未熟人、もしくは、悪人」だ。

「病人やおバカや未熟人や悪人が力を持った人間社会」では、

「山はハゲ山となり、田畑は急速に痩せ衰え、漁業資源は枯渇する」ばかりか、

「他人の者・物・事でも盗んで悪用すれば目先の利は得られてしまう場合もある」から、

「詐欺・泥棒ばかりの人間社会になり易い」のだ。

「そんな愚かな文化は、とっくの昔に卒業できていなければならない」のが、

「人類が置かれている現状」である』。

『「安倍政権もオバマ政権も、悪戯な比べっこ原理主義政権から進級し、最適化政権となるべき」である』。

|

北方領土引き分け論問題・・・。

『「日本の政権が変わった事」で「北方領土に対するロシアの態度も変わった」。

「民主党政権時は、正に、攻め時とばかりに、大統領までもが不当に訪れていた北方領土」だが、

「安倍政権になってからは、かつての麻生政権時の如く、交渉ありき・・・」と

「普通の状態に戻った」』。

『「ロシアのプーチン大統領とは縁のある森元総理」が、「プーチン大統領との直接会談に挑んだ結果」、

「プーチン大統領から、引き分け決着論が出てきた」。

「引き分け決着論の内実は明らかになっていない」が、

「どの様な場合なら、引き分けと言えるのだろうか?」』

『「韓流テレビの論調」では、「二島返還」や、「三島返還」や、「面積割り半分返還論(三島+択捉島の半分弱)」などが、

「引き分けに相当する」とでも言いたげだったが、

「もちろん、そんなモノでは、引き分けにはならず、日ソ中立不可侵条約を破って不当占拠したロシア側の勝ち」である。

「それでは、どの様な状態なら、引き分けと言えるのか?」』

『「考えられるのは、北方領土の領有権は日本に、そして、三島は直ちに日本に完全返還し、択捉島の居住権や施政権の一部をロシアに・・・等の場合」だろう。

「そして、居住権や施政権の一部をロシアに与える事の担保としても、日露平和条約を結び、平和友好状態が壊れた時は、直ちに、日本に全面返還しなければならない事とする」。

「つまり、日露が平和友好状態を保っている限り、ロシア側には、択捉島内である程度の実権が持てる実利がある」が、

「日露の平和友好状態が崩れるなら、領有権が優先」し、

「北方領土内のロシア人は、他のロシアの領土内への強制移住が強いられる」状態だ。

「その様な場合なら、日露双方の平和友好関係を前提とした上で、ロシア側の返還負担を軽減する将来像が浮かび上がって来る」から、

「引き分けと言われても、ある程度の日本国民が渋々は納得出来るのではないだろうか?」

「今時、多くのロシア人が日本(とアメリカ)との戦争を望んでいる訳も無いだろうから、ロシア側でも同様」だろう。

「現状のロシア側の不当占拠の実績積み重ね状態の固着のまま」よりは、

「日本にとっては、一応は四島返還なのだから、いくらかはマシな状態になる」し、

「ロシア側にとっても、北方領土を返還した事や、日本との平和友好条約を結んだ事」は

「国際社会での信用の向上にも繋がる」ので、

「悪い話しでは無い筈」だが・・・』。

『「それにしても、ロシア側の勝ち状態」を「引き分け状態と嘯く」、

「韓流テレビの反日ぶり」は、

「異常」だ。

「こんな連中に、日本の電波の特定周波数の独占使用権を与え続ける必要は全く無い」』。

|

韓国人悪権力者にとって竹島は日本侵略の成功の象徴なのだ・・・。

『「終戦後日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒」で「国を始めたり、日本国内で数々の乱暴狼藉を働いた」のが「問題の国家の人々」だ。

「火事場泥棒を正当化する為の詐欺的屁理屈」が「日本による救済という実態を無視した、日本による植民地支配」である』。

『「更に、戦後で体制が不十分だった日本につけ入り竹島を侵略した」のが「問題の国家の人々」だ』。

『「そんな問題の国家の人々を操っている悪権力者にとって、竹島は日本侵略の象徴」なのである』。

『「問題の国家」には「3.1抗日記念日」がある。

「3.1抗日記念日とは、日本による救済行為に他ならない問題の国家内の近代化に対して、武力まで用いて反抗した事を記念している」のだ。

「当時のほとんどの問題の国家の民」が「日本による救済以前の余りにも酷い下々衰退再策を行っていた支配者たちより、日本による近代化の方が遥かにマシと思い、

そればかりか、近代化が出来る日本に行けば、もっと良い思いが出来る筈と、時には密航までして日本に大量渡来していた時」に、

「武力まで用いて、近代化に反抗していた事」を、

「植民地支配詐欺」と「同様のロジック」で、

「悪用しているのが実態」なのである』。

『「恥知らず国家」は「徹底して恥知らず国家」なのだ。

「事実・現実を認める人間として正常な頭や心が在る」のなら、

「誰もがそんな恥知らず文化のままでは、嫌で嫌で堪らなくなるモノ」だが、

「カルト宗教の如く、国家ぐるみで、産まれた時から民を洗脳・・・」なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「救われるべき人々」は「何も、開発途上国にダケ存在しているのでは無い」。

「上辺は先進国の仲間入り」でも、

「内実が、詐欺やパクリや盗みだらけ・・・で、国家ぐるみで民を産まれた時から洗脳・・・」では、

「自助努力を望む方が可哀そうなくらい」で、

「全世界の無差別的愛でそんな国の民がカルト宗教的文化から脱却する事を後押しする」か、

「事実・現実離れの激しい者・物・事は存続出来ないという自然の摂理の通り」に、

「問題の国が、時間の流れと共に滅亡への道を進む」か、

・・・「何れにしても、現状人間社会の主流である、普通の国の民にとっては、大迷惑な話し」である』。

|

大気圏突入時のエネルギーは広島原爆の30倍というロシアに墜ちた隕石だが・・・。

『「隕石報道のいい加減さが嫌と言う程明らかになった今回のロシアへの隕石落下事件」。

「NASAの発表で広島原爆の30倍の威力」と「見聞きした時」は「多くの人々が、とんでもない大被害が起きているに違い無い」と「思い込まされた筈」だ。

「中には、原発不安を煽る為に今回の隕石の落下を悪用していた様相の輩まで居た」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「広島原爆の30倍と風潮されていた今回の隕石落下による被害」は、

「衝撃波による破壊+α(隕石落下物による損傷)だった」のだから、

「多くの人々がそのギャップに???の感を得たのではないだろうか?」』

『「古い亜鉛工場の壁を破壊した衝撃波の威力を見せ付けられる」と、

「衝撃波による損害もかなり出ていそう・・・」と「思えてしまう」が、

「実際」は、

「隕石落下時に外に居た人々への影響はあまり無く、古いガラスや建物が衝撃波を受ける面積が大きかったが故に壊れた」程度だったのだ。

「更に、幸いな事に、隕石落下物の直撃被害を受けた者・物・事は、湖の氷ぐらいだった様」だ』。

『重要な事は、

「大気圏突入時には広島原爆の30倍ものエネルギーを保持していた直径17mクラスの隕石」が、

「実際にもたらす被害」である』。

『「大気圏突入時には、広島原爆の30倍のエネルギー」でも、

「大気圏突入後には、そのエネルギーは急激に減少させられる」のだ。

「大気との摩擦等により、熱エネルギーと化し、周囲に放散されると共に、隕石内部にも向かう事で拡散されるエネルギー」は、

「隕石自体を光輝かせると共に、大気を熱し、隕石を爆発させ・・・」、

「地上付近で実際に多くの人類の生活に影響を与える頃」には、

「衝撃波と少々の熱と粉々に砕け散った隕石の破片となる」から、

「今回の{大気圏突入時には}広島原爆30倍のエネルギーを持つ隕石」でも、

「実際の被害は、報道の通り」なのである』。

『「今回のレベルの大きさの隕石が地球上に落ちてくるのは、100年に一回程度」だと言う。

「また、人類に非常に大きな実害をもたらす隕石の落下は、相応に大きいから、観測により、ある程度前から分かる」のだ。

「つまり、隕石落下による被害は、予測可能か、人類全体としてみるなら実質的に決定的なダメージは無い」のが、

「現状」なのである』。

『「それなのに、広島原爆の30倍を強調し、その実体を伝えない多くの報道等の実態」は、

「正に、愚民化情報そのもの」だ。

「隕石の落下より、愚民化情報の方が遥かに危険」なのが、

「現状人間社会の実態」である』。

|

金正日の生誕71年ってNHKニュースで何分も時間を割くべき話題じゃないだろ!・・・。

『「本日の19時からのNHKニュースでは、金正日の生誕71年関連について結構な時間をかけて放映していた」。

「いったい何処の誰がこんな番組構成を行わせているのか?」

「もはや、実質的に死に体の北朝鮮の話題」など「極小で良い筈」だ。

「ましてや、金正日の誕生日をわざわざ大宣伝しているかの如き生誕71年関連の話し」など

「日本のテレビ局で時間をかけて放映する必要は全く無い筈」である』。

『「こんな番組内容がまかり通ってしまっている実態」からも

「NHK内部にも侵食している北朝鮮人脈の工作活動が浮上する」。

「工作資金や異性や脅し等々により、今回の様な番組内容が生み出されている」なら、

「本当に早急で実効のある対策が必需」である』。

|

日米同盟の進化の後押しにしかならない「核・ミサイル」に邁進している北朝鮮の愚・・・。

『「北朝鮮が核実験を行ったり、ミサイル発射を行ったり、すればする程、日米同盟は深化する」。

「それは、日本国内の政権が変わったから」で、

「北朝鮮親派が実権者にゴロゴロの様相だった民主党政権無き今の日本の状態」は、

「今後も長く続く(中国共産党や北朝鮮よりの政権が、この先、日本に生まれる事はまず無い)」から、

「北朝鮮の核・ミサイル」は、

「この先、北朝鮮にとっての自虐にしかならない」のだ。

「その様な事態」は「韓国でも同様」である』。

『「そんな状態を挽回しよう」と「日本や韓国内で、北朝鮮寄りの人々が実権を握る為の工作活動に邁進」しても、

「工作活動の存在や実態自体」は、

「かなり前からバレバレ」なので、

「今後は、日韓両国内での摘発体制の強化が行われる事になる」』。

『「北朝鮮が開戦しても、アッと言う間に北朝鮮の敗北となる」から、

「もはや、北朝鮮の先軍政治には後が無い」のだ』。

『「ここまで状況がはっきりして来れば、普通の頭があれば、

先軍政治から自国民を豊かにする為の経済政治へと転換する筈」だが、

「果たして、北朝鮮指導部の頭の程度は????」』

|

グアム無差別殺傷事件の動機を容疑者からの供述で得ようとすることの愚・・・。

『「無意識レベルの現状脱出欲動の暴発が引き起こした事件」の「動機」を「容疑者の意識から得ようとする事」は「ある意味愚か」だ。

「無意識レベルまでのセルフコントロールが行き届いていないが故の暴発」の「動機」は、

「主として、容疑者の供述から得ようとするのでは無く、主として、容疑者の無意識の把握から得ようとしなければ」』。

『「容疑者が置かれている状態」から「容疑者の無意識形成がある程度は判る」。

「所謂先進国文明社会で暮らす人類の多く」と同様に、

「容疑者が得られる情報から導き出していた人生の成功像」は、

「大金持ちになる事や、有名人(大物)になる事等々だった」に違い無い。

「ところが、この成功像は、人類の実体との整合性が???」なのだ』。

『また、

「容疑者には、観光等で地元であるグアムを訪れている日本人等は、正に、成功の象徴と思えていた」のだろう』。

『「容疑者の事件前に置かれていた状態」と「成功像」の「ギャップ」を、

「容疑者の意識も無意識も十二分に感じていた筈」だ。

「無意識部分では、人類の実体からの乖離部分のストレスも蓄積されている」から、

「そのギャップは容疑者の意識以上に膨大なモノになっていた筈」である』。

『「そんな暴発寸前の精神状態」は「現状人間社会では、多くの人々の中に存在する」。

そこで、「暴発させた容疑者が悪い!」と言うのは、

「我慢している自分は偉いでしょ!」と言っているのと同義なのだ。

「実態」は、

「我慢している」では無く、

「我慢出来る状態が整っている」である』。

『「我慢出来る状態が整っているでは無い、我慢出来る状態を努力して整えて来たのだ!」と言いたがる人も多いが、

「努力出来て整える事が出来る、ある意味では、相応に幸運な状況下に在った」というのが

「実態」である』。

『「その様な幸運な状況下」は「偶然生まれるモノばかりでは無い」。

「それこそ、全ての先人たちが生み出して来たモノ」なのだ。

「幸運の波の頂点に近い恵まれたところで、偶々産まれたり、生後の努力が出来て来た人々の中の極一部」が、

「現状人間社会で成功像とされている大金持ちや有名(大物)人等々」なのである。

「つまり、そんなモノを成功像にする事」は、

「ほとんど全ての人に失敗像を強いている事と同じ」で、

「ほとんど全ての人の失敗像と引き換えに得られている成功像」というのが、

「現状人間社会で風潮されている成功像の実体」なのだ。

「人類が、多くの人類を犠牲にした上で可能になっている成功像の実体」とは、

「自虐の無理強い以外の何ものでも無い」』。

『「ところが、

現状の所謂先進国人間社会でさえ、

その自虐の無理強いを目指せ!という、

傷口にばい菌を擦り付ける情報・教育が蔓延している」のだ。

「オマケに、人間の実体や自分の無意識等を理解・認識・把握する手助けとなる情報・教育は、圧倒的に足りない」。

「こんな状態」では「現状脱出欲動の暴発が起きない方があり得ない話し」なのである』。

『「現状人間社会での虚構の成功像の上に居座っている覚せい剤的満足感を得ている様相」の

「テレビ常連出演者等々」だが、

「そんな連中でも、もし、自分の実体や、人類の実体等々からの認識がちゃんと進む」なら、

「自らの裸の王様的状態が、恥ずかしくて恥ずかしくて仕方無くなる筈」だ。

「裸の王様が恥ずかしがる状態を見聞きする」なら、

「多くの視聴者も、自らを裸の王様にはしたがらなくなる」が、

「裸の王様が堂々としている」と、

「裸の王様でも王様だから目指す・・・」という「勘違い人間が量産されてしまう」のである』。

『「テレビ・マスコミ等」では、

少なくとも「毎日の様に同じ顔ばかり・・・」と言う

「多くの人々の不健康を増長している異常事態」は、

「即刻解消されるべき」だ』。

『「現状脱出欲動の暴発が引き起こしている無差別殺人」とは

「現状の人間社会で蔓延っている価値観等の全て」を、

「無意識レベルから、自分の存在も含めて否定する行為」である。

「無差別殺人行為」が「刃物や自動車や銃や軽度の爆発物で{済んでいる}現状の内」に、

「本格的な対策を行わなければ、現状脱出欲動の暴発が引き起こす無差別殺人の規模」が、

「それこそ地球を丸ごと消滅させるレベルにまで達してしまう可能性だって大」なのだから、

「人類にとって、情報・教育の正常化(現実・実体との整合性を高める事)による精神文化の進化は急務」なのだ』。

|

愛と憎しみは無意識の強い興味の裏表、グアム無差別殺傷の原因・・・。

『「日本(現状人間社会で成功とされている富・先進等の象徴)に対して強い興味を持つと、強い興味は無意識レベルにまで達する」。「日本(現状人間社会で成功とされている富・先進等の象徴)に対し強い興味を持ち、愛するほどに憧れていた人」が「日本に裏切られたと思い込んでしまう・・・」と、

「強い興味は、強い憎しみを生み易い」。

「その憎しみの思い」は「意識レベルで留まらず、無意識レベルの膨大なエネルギーを伴ってしまい易い」から、

「本人の自覚や自制の領域を通り越した現状脱出欲動の暴発を招き易い」のだ』。

『「現状脱出欲動の暴発」は「往々にして、無差別殺人等の実態に化ける」』。

『「上記の様な問題で一番問題になる事」は、

「日本(現状人間社会で成功とされている富・先進等の象徴)に裏切られたと思い込んでしまう事」である。

「実際は、その人と接した者等に裏切られたのか、策略的に乗せられ無意識を暴走させられてしまったのか、等々の場合が多い」のだが、

「無意識レベルで強い興味を持ち、丸ごと日本(現状人間社会で成功とされている富・先進等の象徴)を愛したり憧れたりしている状態」だと、

「日本(現状人間社会で成功とされている富・先進等の象徴)と思える者・物・事に裏切られる事=日本(現状人間社会で成功とされている富・先進等の象徴)全てから裏切られる事」と

「無意識レベルから勘違い出来てしまう」。

「情報・教育がしっかりしていて、無意識レベルからのセルフコントロールを知っていれば、この様な勘違いも意識化され、

現状脱出欲動の暴発も自制出来る」のだが、

「情報・教育が不十分だったりしている現状」では、

「セルフコントロールの意味さえ???な人々が数多くいる」。

「自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他人を支配したり、他人に自分を支配させたりする代償欲求に邁進している人々等々の

数の多さ」からも、

「現状の人類の、精神心理面での進歩の不十分さ」は、

「多くの人々が理解出来る筈」だ』。

『「この手の問題をお手上げ状態で諦める事」で、

「現状ゆえに得られている不当利権の維持を画策している人々が実権を持っている限り」、

「人類がこの手の問題から解放される事はあり得ない」のだから、

「いい加減に、多くの人々が自らの現状利権の不当部分を手放す覚悟で真剣に考えるべき」である』。

『「多くの人々が、遠い他人事と思いたがっている無差別殺人の実体」は、

「現状ゆえの不当利権にしがみ付いていたり、

情報・教育の正常化を行っていたりする人々が、

数多くいる限り、

何時でも、誰でもが、無差別殺人の被害者にも加害者にもなり得てしまう、

身近な、或いは、誰もの自らの問題」なのである』。

|

IOCレスリング除外候補決定問題でロビー活動の重要性を大宣伝しているロビー活動して欲しそうな方々・・・。

『「利権団体IOC」では「利権維持~拡大の為」に「持っている権利を最大限利用する」のは「他の利権団体と同様」だ。

「公共の電波を独占使用している利権団体であるテレビ局」でも「利権維持~拡大の為」に「持っている権利を最大限利用している様相である」ばかりか、

「そのオコボレ利権に預かっている常連出演者たち」も「持っている権利を最大限利用して、自らの下に転がり込んでくる利権を増大させようとしている様相」なのだから、

「本当に醜悪」だ。

「こんな状態」は「是々非々文化の先進国の状態では無く、血統利権に溺れている実質的独裁国の状態に近い」のだから、

「早急な是正が必需」である』。

『「そもそも、今回の除外候補決定問題で、先ず第一に問題にすべき」は、

「IOCの決定プロセスに対する情報公開の不十分さ」だ。

「是々非々文化の民主主義国のテレビ番組」なら「先ず其処を大々的に訴えるべき」である。

「その面を追求する事=ロビー活動の実態に迫る事」であり、

「ロビー活動の実態を露呈させる事」で「ロビー活動による不当裁定を防止させる」のが、

「是々非々文化の民主主義国の文化」だろう。

「逆に、ロビー活動の有効性を認め、ロビー活動を推奨する事」は、

「現状で利権を持つ者たちが、その利権をより容易に活用出来る文化を造成している事」と「同じ」なのだ。

「正に、現状で大きな利権を既に持っているテレビ局や常連出演者の利権増大を図る事にも繋がるお手盛り情報」なのである』。

『「常連コメンテーターの中には、小沢人脈等からの{ロビー活動}による利益を得ている者も少なく無い」というのが、

「現状の日本のテレビ界の実態」だという。

「そんな者たち」に「公共の電波を利用した、情報の一方的な大量配信権を、与え続ける必要は全く無い」のだ』。

『「今回の問題で{も}、

日本の文化を貶め、

韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)や中国共産党の文化を推奨している様相」の

「日本の公共の電波を独占使用出来ている韓流テレビ」・・・。

「こんな異常事態は即刻是正されるべき」である』。

|

北朝鮮の暴走を止めるには・・・。

『「韓流テレビ等では中国頼り・・・」だが「その中国の実権を握っている中国共産党の一部は朝鮮族」なのだから、

「中国共産党を血統主義から是々非々主義に改心させない限り、中国は頼りに成り得ない」のだ』。

『「是々非々主義は民主主義とも馴染みが良く、

血統主義は独裁主義と馴染みが良い」。

「中国共産党{独裁}である限り、是々非々主義への実質的な改心はほぼ無理」だが、

「中国が民主化されるなら、中国共産党だけでは無く、多くの中国国民の血統主義から是々非々への改心もあり得る」のだ』。

『「もはや、カルト宗教国家の領域に達している様相」の「北朝鮮」だが、

「中国共産党同様、反乱軍政府に他ならない」。

「中国共産党は、多大な人口を抱えたがゆえに他の国々からも、中国共産党支配下の中国が中国として、一応は認められている様相」だが、

「元々が反乱軍政府である北朝鮮が、国際社会で韓国以上に認められる為には、北朝鮮による韓国支配が必需」である。

「朝鮮半島統一の願い」は「韓国人脈より北朝鮮人脈の方が強い」』。

『「北朝鮮にしてみれば、朝鮮半島内を支配し、中国内の朝鮮族との連携を濃くすれば、中国共産党内での発言権も増す」から、

「今はその道を一歩でも前に進むべく一生懸命の様相」だが、

「前提としている中国共産党の存続自体がもはや怪しい」のだから、

「哀れですらある」』。

『「そんな道は歩まずに、血統主義から是々非々主義に率先して改心すれば、

国際社会からの信頼も一気に得易くなる」のだが、

「血統主義のカルト信者」に対しては、

「何を言っても無駄」なのは「想像に難く無い」』。

『「因みに、同じ朝鮮人の韓国が発表している北朝鮮の今回の核実験の威力は6~7キロトン」と「何故か6+7=13の13絡みの数値だし、広島原発の半分程度」だが、

「実際に観測された地震波等から推定される本当の威力は、4キロトン程度」と、

「広島原爆の三分の一程度」なのだ。

「この差は意外と大きく、広島原爆の三分の一程度では例え核爆発が起こせても、一気に破壊されるのは、爆心地から一キロに満たない」。

「欧米の核兵器先進国の核兵器で言う」なら「手持ち核兵器程度の話し」なのである。

「それを、ミサイルに積めるか?積めないか?」というのが「北朝鮮の現状」だから、

「欧米の核兵器先進国にとって、北朝鮮の核兵器は脅威になどなり得ず、迷惑なダケ」なのだ。

「一番の懸念」は「核兵器の国家レベルの保有からの流失」であり、

「個人や集団レベルで核兵器が保有される様になってしまうと、使用のハードルが一気に下がってしまう」から、

「その面を防止する為の策を講じなければならないから、迷惑」なのである』。

『「中国共産党が朝鮮族を抱えている限り、中国共産党による北朝鮮の支援も実質的には止まらない」だろう。

「それらの現状から言える事」は、

「この問題を本気で解決する気がある」のなら、

「遠回りの様だが、血統主義から是々非々主義への改心情報を世界的に大量配信し、

多くの人類が、血統主義の呪縛から解放される状態をつくる事から始める」のが、

「実効のある解決策になる」。

「人類内に行き渡る脱血統主義&是々非々主義の結果」として

「脱独裁主義が必然的に訪れ、

中国が民主化されてこそ、

極東地域の問題もまともな方向に動き始める」のだ』。

『「上記は、平和的手段による軟着陸の方法」だが、

「先進国が、一気に北朝鮮に攻め込んで強制的に北朝鮮の独裁主義を終わらせる事は何時でも可能」である。

「北朝鮮の民主化から中国共産党の民主化へと進むハードランディングの方法もある」のだ』。

『「一番いけない」のは

「ずるずると実効のある処理を先延ばしし、放置し、

北朝鮮や中国共産党を増大させてしまう事」だ。

「中国共産党等の増大を許容すれば、

先進諸国と中国共産党等との二大極戦争になってしまう可能性だって小さく無く、

その場合は、人類滅亡の確率がかなり高くなる」のだ』。

|

北朝鮮の核実験成功や脅威を宣伝している韓流テレビ・・・。

『「核実験の実体としては、爆発力がホンの少し増大した程度」の「北朝鮮の核実験」だったが、

「韓流テレビ等」では、「ホンの少しの威力増大」を「以前より数段強力に・・・」等、

「反撃核がある国々にとっては脅威はならず迷惑なダケの問題」を、

「大いなる脅威」等と、

「北朝鮮が核実験を行った事の価値を少しでも上げたいかの如き情報」を

「一方的に大量配信する事に邁進している」』。

『「実際は、核先進国の数十年遅れ、ミサイル先進国の数十年遅れ」で、

「もし北朝鮮が核ミサイルを撃っても、迎撃ミサイルで撃ち落せ、即座に反撃核ミサイルを発射出来、あっと言う間に制圧出来る米国等にとっては、

迷惑な話しだが、

北朝鮮は、脅威になどなり得ない」のだ。

「日本の場合も、米国の核の傘を維持するか、自前核兵器を持つかの何れかの状態を維持していれば、

北朝鮮の核ミサイルは迷惑な話しだが、脅威というほどの話しでは無い」のが、

「実状」だ』。

『「しかし、その様な実態通りの情報提供」では、

「多くの自国民の生活や命まで犠牲にしてまでも、

核兵器やミサイルに熱中して来た北朝鮮の指導部の立場は無い」。

「日本国民>北朝鮮指導部のテレビ等なら、実態通りの情報を配信する筈」だが、

「日本国民<北朝鮮指導部のテレビ等では、

北朝鮮の核実験やミサイルの価値を出来るだけ大きくする情報流布を配信している」のだ』。

『「核実験に対する制裁措置」として、

「北朝鮮系の工作員連中は、まとめて、強制送致し、再入国を禁止するべき」である』。

|

核実験を行った北朝鮮と日本が行うべき制裁・・・。

『「中国共産党や韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)のお友達的テレビ等」では「もはや、有効な制裁は無い・・・」等々と「北朝鮮が少しでも楽になる世論の造成に必死の様相」だが、

「日本が行うべき制裁」は「はっきりしている」。

「日本国内に居る北朝鮮系の工作員たちを出来る限り全て、微罪でも良いから、摘発して、

韓国(何しろ、国際法上では北朝鮮は韓国内の反乱軍政府)に強制送致し、

再入国を禁止すれば良い」のだ。

「それは、日本国民の安全確保の面からも必要」である。

「何故なら、北朝鮮の不当増長が続き、北朝鮮が戦争でも構える気になれば、

それらの工作員たちは、

日本国内で、

日本国民の殺害や日本にインフラ設備や建物等の破壊に邁進するから」だ。

「現状だって、ソフトテロ(日本の現行法では摘発困難な手法による日本国民弱体化工作)を行っている者たちも居るくらい」だから、

「今の内から、率先して、追い出しておく方が、本当に日本の為になる」のだ』。

『「政界工作も行っている連中」だから、

「自公政権が、果たしてどれ程、一般日本国民>北朝鮮系の工作員であるのか?」を「露呈させるリトマス試験紙にもなる

北朝鮮系の工作員の強制送致という制裁措置」。

「安倍政権は、

日本の為の政権だというのなら、

是非とも積極的に工作員の摘発~強制送致~再入国禁止に動くべき」だ』。

|

日本にとって一番深刻な越境公害問題とは「反日教育国の工作員」なのだが・・・。

『「中国の大気汚染越境公害問題」で「日本の技術を中国へ提供せよ!」とでも「言いたげな論調」を「風潮しているテレビ・マスゴミ等の多く」は、

「反日教育国の工作漬けの様相」だ。

「本来なら、中国の大気汚染に対しては、先ず、クレームが正当」である。

「何故なら、大気汚染を抑制する旧来からある技術自体」は、

「既に中国へも提供済み」で、

「中国で深刻な大気汚染が出た原因」は、

「ちゃんと大気汚染抑制技術を使っていないから」だからだ。

「元々、自分たちで開発せず、自分たちで使用している技術等の問題点や改善点の把握が不十分な状態」では、

「最新技術等を一方的に与えても、あまり意味が無い」。

「むしろ、汚染の責任が世界中から追求される事で、自分たちが行っている事の問題を自ら認識し、自主開発でその問題を解決する方向への道を歩み始めさせる様に導くこと」こそが、

「重要」なのである』。

『「実体」としては、

「重要なのは支配権で、

技術などは盗んだり貰ったりすれば良い等々」の

「反日教育国の文化こそが、汚染源」なのである』。

『「それなのに、今日も、反日教育国の工作で汚染されている様相」の「テレビ等」では、

「悪戯に、最新技術等を率先して日本側から中国に提供する事こそが、汚染問題の解決に繋がるかの如きいい加減な論調を一方的に大量配信している」。

「そんなおバカな日本世論を一番望んでいる」のは、

「反日教育国の悪権力者たちなのに!」』

『「汚染対策技術が未熟だった時代の汚染」と

「今の汚染」では、

「汚染の本質は全く違う」のだ。

「技術が無い時代の汚染に必要」なのは「技術」だが、

「技術が既にある程度あるのに汚染が出た場合に必要」なのは、

「ちゃんと技術を使える精神文化や社会構造」なのである。

「詐欺・火事場泥棒・他国からの援助による武力反乱制圧・自国民殺害等々で成り立っている反日教育国」に「必要」なのは、

「新たな最新技術の提供では無い」。

「精神文化や社会構造の進化」である。

「多くの視聴者等は騙されてはいけない」。

「泥棒に追い銭にしかならない最新技術の提供など必要では無い」のだ』。

『「日本にとって一番深刻な越境公害問題と言えば、反日教育国の工作員である事」も

「決して、見落としたり、忘れたり・・・していてはいけない」のである』。

|

さすが中国共産党、都合の悪い事は認めない文化の本領発揮か?・・・。

『「日本の自衛隊(別に、海軍でも良いけど・・・)に対するレーダー照準照射を否定した中国共産党支配下の中国政府広報機関」。

「事実・現実をありのままに認める」なら、

「中国共産党が旧日本軍以上に中国国民を殺害した現実も認めざるを得なくなるから」か、

「中国共産党にとって都合の悪い事実・現実」は、

「認めず、事実・現実を訴え出た方を批判する常套手段の情報工作に邁進している様相」なのだ。

「本当に見苦しい限り」である』。

『「もちろん、そんな手段は、未来永劫国際社会で通用する訳も無く」、

「多くの中国国民も既に嫌気が差している」から、

「中国国内では、中国共産党離れが益々加速している」のだ。

「面従腹背」は「清等他民族に支配された歴史を持つ中華民族の得意技」だが、

「今の中国共産党は、清等と同様に、極一部の人々が、多くの中華国民を不当支配している連中に過ぎ無い」のだ。

「そればかりでは無く、中国共産党による支配の為に旧日本軍より遥かに多くの中華国民に対する殺害行為まで行っている」のが、

「中国共産党の実態」である』。

『「中国共産党の生みの親であり後ろ盾だったソ連」は、

「既に崩壊し、ロシアになっている」。

「旧ソ連からの繋がりで、ロシアの戦闘機を輸入出来た中国共産党」は、

「そのパクリ機を中国国産と嘯いた」。

「機体のみは中国国産出来た戦闘機のエンジンはロシア製」である。

「パクリを中国国産と嘯いた事」で、

「もはや、ロシアにさえ呆れられている」のが「中国共産党」なのだ』。

『「元々がソ連の支援と虚構で立ち上げられていたのが中国共産党の実態」だ。

「その上に、中華国民の大量殺戮さえ行ってしまっている」。

「事実・現実をありのままに認める事さえ出来ない中国共産党には、

当然、事実・現実に基づいた公明正大な対応など、中華国民に対しても出来得ない」から、

「今の中国国内では不満が充満している」のだ。

「中華国民の不満を誤魔化す為の麻薬はお金(経済)だが、

インチキ手法で為替を人民元安に維持し続けようとしても、

もはや、反日教育国では無いアジアの国々の労働生産力等の方がずっと良いと理解している日本企業も数多いくらい」で、

「如何に、多い人口ゆえの消費を訴えたところで、中国共産党支配下の超格差社会での消費など、実質的には、人口ほど期待出来ない」のだから、

「全世界の中国共産党離れ&中国民主化の圧力」は、

「今後も増える事はあっても減る事などあり得ない」のだ』。

『「今回の自衛隊艦船等に対するレーダー照準照射事件でも更なる恥の上塗りを行っている様相の中国共産党」。

「もはや、その未来は確実に急速に短くなっている」』。

『「欧米」も「民主化した後の中国に期待するべき」で、

「中国共産党を窓口に、民主化前の中国の消費で儲けようとする」のは、

「余りにも拙速過ぎる」のだが』。

|

反日教育国へ技術等を教える必要は無い「正常化を求める圧力をかける」べきだ・・・。

『「詐欺・泥棒・現実逃避国家等」に「先進国が技術等を教えても、パクリを自国開発と嘯き、ちゃんした使用も出来ない」から、

「公害になったりして迷惑が広まるダケ」なのだ。

「詐欺・泥棒・現実逃避国家等に必要」なのは「先進国による技術提供では無く、正常化を求める圧力」である』。

『「正常化が進んだ分」だけ「そのご褒美として、技術等を提供すれば良い」のだが、

「その逆は、事態をより悪化されるダケ」だ。

「何事でも順番は大切」である』。

|

未だに「日本の原発のみ」に高い安全基準を訴えている「日本の電力を高価不安定にしたい」方々・・・。

『「原子力安全委員会がつくっている安全基準」をダシに、「日本の原発のみ」に「高い安全基準を強いる事」が「さも核の安全に繋がるかの如きインチキ論」を

「公共の電波を使って一方的に大量配信」なのだから、

「本日もテレ朝朝番は醜悪」だ。

「原発や核の安全保障問題を考える」なら、

「ちゃんと世界レベルで考えるべき」である』。

『「原子力安全委員会がつくっている新安全基準」は「それなりに実効がある」が、

「悪戯に、日本の原発のみに高い安全基準を要求する事の悪効」も、

「ちゃんと考えられるべき」だ。

「世界レベルでの原発の実情を踏まえた上」で、

「今の日本ではどの程度の対策を施すのが妥当か?」を

「考えるのが日本の為になる考え方」で、

「日本の原発にのみ高い安全基準を強い、日本の原発離れを誘い、日本の電力事情を効果不安定に導きたい」のは、

「原発発電の電力を日本に売りたがっている韓国等の人脈に都合の良い考え方に他ならない」。

「本日のテレ朝の朝番が巧妙或いは姑息なところ」は、

「原発安全基準の問題の前」に

「韓国人による対馬仏像窃盗事件をワザワザ今頃取り上げ、

対馬に在った仏像の返還を拒んでいる韓国宗教団体等の世論を批判した事」だ。

「前フリ」で「誰でも批判せざるを得ない様な話題で、韓国よりでは無い様なイメージを意図的につくり」、

「本丸では、日本を不利にする世論を造成しようとしている」様相の

「番組構成になっている」のだ。

「テレ朝が韓国権力者や中国共産党よりである事」は、

「過去の情報提供内容からも、既に明らか」なのだから、

「今更、泥棒根性批判で韓国嫌いを装っても、そのワザとらしさが目立つダケ」である』。

『「韓国人泥棒根性批判仮面」で「韓国系人脈より等では無い・・・等と、大衆を欺き」、

「実質的には、韓国原発電力日本輸出準備の為の世論を日本国内で造成・・・」という姿は、

「悪朝鮮人の得意技である詐欺の手法そのもの」だ。

「何しろ、植民地支配詐欺と日本の敗戦火事場泥棒等々で日本から立場・財産等を奪い国を始めたのが戦後の韓国の実態」なのだから

「悪朝鮮人の詐欺・泥棒の悪の才能は、かなりのモノ」になる・・・。

「そんな悪文化の臭いさえ漂っている様相の番組」が、

「日本の公共の電波使用」で「一方的に大量配信」なのだから、

「本当に醜悪」だ。

「日本の情報・教育等の正常化は急務」である』。

|

核・ミサイルに邁進している北朝鮮のおバカ度・・・。

『「核弾頭ミサイルなど、核保有先進国では数十年前の技術」だ。「核兵器の威力は核による報復手段を持たない国々にのみ有効で、

報復核を持つ国がより優れた技術を持っているなら

核は脅しにもならず、

核兵器を使う事自体が墓穴を掘る道でしか無い」のだ。

「それなのに、多くの北朝鮮の人民の生活まで犠牲にして核・ミサイル開発に邁進している北朝鮮」は、

「本当におバカ」である』。

『「北朝鮮の指導部がおバカ」なのは、

「人民支配の為に行っている反日教育等愚民化教育の効果によるところも大きい」のだろう。

「愚民化教育を行っている内」に「ミイラ取りがミイラになっているのである」とも「思った」が、

「実際は、北朝鮮とはソ連や中国共産党の愚民化教育によりその権力者たちが生み出された国」なのだから、

「元々おバカ権力者揃いになるのが当然だった」のだ』。

『「何れにしても、事実・現実の上に立てない=正当性の無い反乱軍政府に未来は無い」。

「同じく正当性が無い反乱軍政府である中国共産党にまでも呆れられている様相の北朝鮮の先は、

韓国が変に庇わなければ、

本当に短い」だろう。

また、

「韓国が北朝鮮を変に庇うなら、

韓国と北朝鮮は実質的に同じである事の証しにもなる」から、

「その場合は、韓国も北朝鮮も先が短い事になる」のだ』。

|

白ブタめがね君が訪れて上の階からの電磁波が強くなったが・・・。

『「本日の中国軍のおバカ事件の記事が余程お気に召したのか(?)非常にレスポンス良く、上の階に白ブタめがね君がやって来た」。

「ついでに、記しておけば、中国共産党支配の為の愚民化教育の犠牲になっているのが多くの中国国民なら、

韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)の権力者が国民支配の為に行っている愚民化教育の犠牲になっているのが多くの韓国国民(在日も仮面帰化も含む)」なのだ。

「愚民化されてしまったおバカたちは工作活動に励む事が正しい(良い)とさえ思える程おバカ」なのである』。

『「中国の大気汚染と同様で、日本国内で行われている悪の工作活動も自業自得となり自滅するのは仕掛けている方になる」のだが・・・。

「おバカたちがこの当たり前の論理を理解出来る日は来るのだろうか????」』

|

中国軍のおバカレーザー照準照射問題・・・。

『「おバカ」には、「意図的につくられているおバカ」と「天然おバカ」がある。「中国共産党支配下の中国」では「支配下の人民が中国共産党員よりお利口になれない様に、意図的なおバカが量産されている」のだ。

「その現れの実例」が「異常な大気汚染や中国軍のおバカ行動」なのだ』。

『「実は、反日教育とはおバカ量産教育に他ならない」。

「何故なら、事実・現実を検証するのでは無く、中国共産党が配布した思想を疑わずに覚えさせる教育だから」だ。

「汝考えるな!汝指導者の言う事を信じて良く覚えよ!」は、

「おバカ量産の常套手段」なのである』。

『「そんな情報・教育漬けにされている中国共産党支配下の中国国民たち」は、

「事実・現実よりも、支配権の方が重要」と

「知らず知らずの内に、勘違いさせられているのと同時に

事実・現実から色々な者・物・事等を考える習慣さえ奪われている」から、

「おバカになる」。

「中国共産党のご都合情報に過ぎ無い反日教育を素直に覚えた中国軍の軍人」なら、

「日本は悪いのだから一刻も早く戦争して日本を殲滅するべきだ・・・等々」と、

「現実離れしたおバカな思想を抱きしめ易くなっている」筈だ。

「おバカな人間」は、

「自分が信じ覚えてしまっている者・物・事は正しいと思いたがり、

自分が信じ覚えてしまっている者・物・事を否定されると、

自分自身が否定された様に勘違い出来る」から、

「おバカゆえに理性を失う確率は相応に高くなる」』。

『「元々が、戦闘機のエンジンさえロシアのパクリで実質的には自製出来ないのが中国の実情」で、

「そんなレベルだから、自業自得&大迷惑な大気汚染」なのだが、

「それでも、おバカ中国軍兵士たちは、日本+アメリカと戦争しても勝てる・・・等々と自覚無き状態」なのだ。

「自覚が無いばかりか、思い込みの上での強気により、自分に対する認定感も欲しがる」のが、

「おバカ故に本当の自信も持て無い連中の行い易い事」で、

「今回のレーザー照準の照射もそんな連中のおバカ行動の一つ」だろう』。

『「そもそも、中国共産党支配下の中国」とは「大戦後に中国国民党政府を武力により台湾に追い出した反乱軍政府に他ならず、

反乱軍共産党政府らしく、

その後も大量の中国人を」不適応分子として殺害して来ている」のだ。

「国際性の無さ」は「元々が反乱軍政府なのだから当然」で、

「国際性である事実・現実に基づいた道」を

「反乱軍政府が歩めるのか????」は、

「冷静に考えれば誰もが判る事」である』。

『「何れにしても、そう遠く無い将来、中国共産党は自滅する」。

「事実・現実離れが自滅への道を歩ませている」のだし、

「事実・現実を認める事は、中国共産党にとって自己否定になるから」だ』。

『「おバカ」も「意図的におバカを量産して来ている悪」も、

「現状人間社会の大迷惑」だ。

「罪の無いおバカ」は「別」だが、

「悪と罪のあるおバカ」は「どんどん縮小されるべき」である』。

|

殺害されてしまったファンドマネージャー夫婦問題・・・。

『「現状金権社会のスター選手、ファンドマネージャー」に「金転がしを依頼し、大きな利益を貪ろうとする人々」は「少なからずいる」。

「その多くは、あり余っている資産をタダ寝かしておくダケでは仕方無いから・・・と運用を依頼している大金持ちたち」だが、

「中には、一発逆転を狙う者たちもいる」。

「どちらの場合でも、ファンドマネージャーが仕事に成功すれば、依頼主もファンドマネージャーも大儲け」だが、

「もちろん、失敗する場合もある」。

「一発逆転を狙った者がファンドマネージャーに金転がしを依頼し、ファンドマネージャーが失敗したから、依頼者には後が無くなり、挙句の果てにファンドマネージャー夫婦を逆恨みして殺害してしまった」のが、

「今回の事件の実態の様」だ』。

『「現状人間社会」では、

「多くの人々が、大金持ちを成功者として扱い、

多くの人々が、大金持ちに憧れている」。

「しかし、その大金持ちの内実にまで思いを至らせている人々は、意外と少ないのではないだろうか?」

「ある人が大金持ちになっている裏では、数多くの人々が大金持ちのところに集中してしまっているお金の分だけ不利益を味合わされている」。

「金転がしで、金の量が増える事=実務をお金に変換している人々が不利になる事」なのだ』。

『「もういい加減に、人類の多く」が、

「人類にとっての本当の成功とは?」くらい「考えるべき」である。

「もういい加減に、人類の多く」が、

「惨劇を生み出し続けている現実離れしている現状の経済システムを是正する事に力を加えるべき」である』。

『「現状に媚びて、偽りの成功を得ようとする者たちの上」にも、

「現状ゆえに不当な不利益を否応無しに押し付けられている者たちの上」にも、

「本当の幸福はやって来ないのだから!」』

『「本当の幸福」とは「現実の上にこそ存在する」のだ。

「現実離れした経済システムや思想等の上に転がっている」のは、

「麻薬や覚せい剤の様なモノ」なのである』。

『「現実を知る為」には「自らの実体から現実的に把握し、自らの実体から整合性を取る事が合理的」だ。

「現状と現実は違う」のだ。

「現状では、多くの人々が、人の思いの集まりの上で社会的合意を作ってしまっている」が、

「自分の実体から見据えた現実から整合性を取る」なら、

「その砂上の楼閣ぶり」が「はっきりと認識出来る筈」である』。

『「人類、いい加減に、精神・思想等の面でも、ちゃんと進化しないと!」

「科学の世界では、現実離れでは何も実現出来ない」から、

「随分前から現実離れの是正は当たり前」だが、

「精神・思想等の面」では、

「人の実態は、約60兆の細胞群」だが、

「人の思いは丸ごと一人を自分と思う」実態からも

「良く判る様」に、

「精神・思想等の面では、人は自らの思いに溺れ易く現実離れを引き起こし易い」のだ。

「多くの人類がその面をちゃんと意識し、認識・把握する事から始めれば良い」のである』。

|

日本の規制緩和を望んでいる反日教育国人脈、日本に本当に必要なのは「規制緩和では無く、規制の最適化」である・・・。

『「規制緩和をすれば、資金等がある新たな人脈が規制緩和された仕事に食い入り易くなる」。「お金に色が付いている訳では無い」ので、

「その資金が例えば、日本乗っ取りの為の工作資金でも多くの人には判らない」。

「反日教育国人脈は、規制緩和が大好き」だ』。

『「今の日本にとって一番必要なのは、規制緩和では無い」。

「日本社会の状態が出来るだけ良くなる様に、規制を最適化する事」だ』。

『「規制緩和」は「バカでも出来る」。

「規制の最適化」を「行う為」には「高度な知識も思考も要求される」。

「規制緩和は、政治家や官僚等の資質を問わない」が、

「規制の最適化を行うなら、政治家や官僚等の資質は大いに問題となる」』。

『「バカや確信犯の悪にリーダーシップを取らせる道」は「亡国への道」だが、

「良い資質を持つ者をリーダーとする道」は「平和・安定成長・繁栄への道」なのだ』。

『「マスゴミ」は「規制緩和を訴える」。

「日本の為を考えている良質なマスコミ」なら「規制の最適化を訴えるべき」である』。

|

昨今の「日本スポーツ界貶め工作」は反日教育国人脈による日本のオリンピック景気破壊工作である可能性大なのだ・・・。

『「体罰の大宣伝」や「柔道金メダリストの告発事件」等々の「宣伝を熱心に行っている」のは、

「言うまでも無く、反日教育国人脈の実権が強い韓流テレビ・マスコミ等」だ。

「日本国内での大騒ぎ」は、「海外では、要人に対する内告工作に悪用されている可能性大」である』。

『「日本にオリンピックが来れば、当然、日本の景気も良くなる」。

「日本の景気が良くなって困る」のは「反日教育国」であり、

「円高・デフレによう日本の不景気で不当なメリットを受けていた」のも「反日教育国」だ』。

『「少なくとも、一般日本社会からは反日教育国の手先工作員等は排除されるべき」である』。

|

反日教育国人脈による日本衰退工作の実態・・・。

『「現状で誰もが認知し易い工作の例」は「日本の電力を高価不安定にする為の工作」や「日本の基幹産業である自動車産業や家電産業離れを誘う工作」だ。

「日本のみ脱原発では、核の安全保障にはならない」。

また、

「原発事故は人災的要因が一番大きい事を考えれば、

日本の原発以上に韓国や中国の原発を不安視するのが当然」だ。

「それなのに、日本のみ脱原発の運動等を行っている事の実体」は、

「日本の電力事情を高価不安定に導き、

日本の電力事情を不利にする事で、反日教育国等が不当な利益を得ようとしている事」に他ならない。

「日本の電力事情を高価不安定にする工作」は「主として情報工作と政界工作によって行われている」』。

『「日本の基幹産業衰退工作」は「韓国や中国共産党の為の円高策略」が「安倍政権の誕生によって壊された」ので「その分の被害は減って行く筈」だが、

「日本国内で、例えば、電磁波工作自動車の存在による自動車運転嫌い誘い工作」や、

「テレビ等家電製品から電磁波を発生させる事で、無意識に不快感等を植え付ける工作」や、

「電磁波工作や飲食物工作による反日教育国にとって都合の悪い人々を衰退させる工作」等は、

「未だに健在」だ。

「電磁波工作車の前後等に位置している車の運転手や同乗者」には、

「知らず知らずの内に電磁波が照射されている」ので、

「例えば、気持ちが悪くなったり、眠くなったり、何か変な感じがしたり・・・等々の症状が出る」。

「その多くは電磁波工作車の存在を認識していないと、何か変くらいにか感じず、ほとんど無意識レベルで何となく、嫌に感じる」のだ。

「家電製品に電磁波レーザーが照射されると、使われている家電製品内の電流と電磁波レーザーの相乗効果で、ある程度以上高い電磁波が発生し、例えば、テレビ等の画面を見ていれば、相応に身体に負担を与える」。

「例えば、職場のコンピューター等に電磁波レーザーが照射されていれば、身体への負担から、仕事は疲れやすく、効率も落ち易くなる」。

「社会人の前の学校教育時代から、

お仲間には当てず、蹴落としたい人脈の人には当てる等の工作が実際に行われている」。

「その結果の一つとして、高学歴者に反日教育国人脈に都合の良い人の割合が高くなっている」のだ。

「かつてはフッ素等を悪用した飲食物工作等が主流だった」が、

「現在では電磁波工作が主流」なのだ。

「上記の様な姑息な工作活動が大々的に日本国内で行われているのが実情」なのだ。

「電磁波工作や飲食物工作等の摘発を行う体制を作りちゃんと電磁波の実態を調べれば、直ぐにでも摘発可能」なのだから、

「日本の警察等もちゃんとした対策を行うべき」である』。

|

東南から南方面の建物から来ている電磁波が強化されている様で・・・。

『「マイナスイオンの大量発生で寒いくらい・・・」だ。「全く迷惑な連中」である。

「連中の手口」は「上の部屋に陣取っている連中が、

電磁波による覗き&照射ポイント指定を行い、

周囲の部屋や建物に仕込んであるいくつもの電磁波レーザーでそのポイントへ集中照射すること」だ。

「どうも、人間の骨や血液を狙っている様相なので、血液中の鉄分等に影響が出る周波数等を使っている」のだろう。

「もちろん筆者の周りは相応に対策している」から、

「電磁波が強化されるとマイナスイオンの発生がより強くなる」。

「対策無き人々だったら、とっくの昔に健康障害が出ても不思議の無いレベルの強さの電磁波だと推定される」し、

「電磁波を使った覗き自体、プライバシーの侵害行為」なのだから、

「日本の警察もちゃんと仕事をするべき」である』。

『「電磁波の調査をすれば、直ぐにでも摘発可能な事案」だ。

「何しろ、周囲の建物からも電磁波レーザーが照射されているのだから、ちゃんとした電磁波の知識がある人間が、ちゃんとした測定機器等を使って、ちょっと調べれば、直ぐに判る」のだ。

「工作組織を摘発すれば、相応に大きな仕事をしたことにもなる」のだから、

「ちゃんと体制を組んで真剣に取り組むべき」である』。

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »