« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

山口補選自民圧勝の当たり前・・・。

『「もはや、反日教育国や在日反日教育国人の利を図った政党へ投票する人など稀」なのだ。

「そうなると、{消極的選択}で自民が浮上する」のは「当たり前」である』。

『「ここで、反日教育国人脈の連中は、諦めるべき」だし、

「自民は、消極的選択を積極的選択に転換する努力を怠るべきでは無い」』。

『「自民党内にも、反日教育国人脈が巣食っている」のは、

「多くの人々が既に周知のところ」だ。

「自民党内の反日教育国人脈の駆逐が望まれている」のである』。

|

靖国神社参拝を政治問題にせざるを得ない反日教育国の衰退ぶり・・・。

『「日本の要人や一般日本国民に対して、それが、例え、総理大臣であろうとも、一人の人の思想信条について、他人が、ましてや、他国の者がとやかく言う権利はもちろん無い」。

「日本の立法府の人間が多数、靖国神社を参拝したから・・・」と言って「日本の法律や外交政策が変わった訳では全く無い」のだ』。

『「それなのに、反日教育国では、日本国の要人に対し、まるで行動制限をする権利を保持しているかの如く、高慢に振舞っている」。

「この事自体が示している事」は、

「反日教育国は、現代の国家として一定レベルの成熟度を有していない事」に他ならない』。

『「現代の国家として必要な一定レベルの成熟さえ保持していな国家」の「元凶」は、

「その様な国々の指導者たち」である。

「未熟な指導者たちは、何時の時代、何処の国でも、排除される宿命にある」。

「実際に、日本でも旧軍部は排除された」』。

『「反日教育国の現指導者たちが排除される事」が「国際的メリットとなる」のは、

「もはや、明白」だろう。

「何しろ、反日教育国の指導者でも、国自体が経済的に豊かになれば、まともな指導者たちになれるかも知れない・・・」と、

「異常な円高まで、甘んじて受け、多くの一般日本国民が多大なデメリットを受けながらも、

反日教育国にメリットを与え続け、

反日教育国の成熟を促して来た、

近々の歴史の実態がある」のだ』。

『「反日教育国の指導者たち」には、

「日本の円高容認政策により、経済的に豊かになれた時、少なくとも、反日教育という現実離れを是正し、

今時の国の指導者たちとして、当たり前の現実認識を保有する必要があった」。

「ところが、実際に、反日教育国の指導者たちが、選択した」のは、

「反日教育や軍備を強化し、益々、現実離れを誘う道だった」のだ』。

『「もはや、円高容認による手助けが、日本にとっても、国際社会にとっても、何のメリットも生まない事は明白になった」。

「当然、日本は円高を是正し、国際社会もそれを認めた」。

「是正の結果として、反日教育国の経済漁夫の利メリットは消失し始めている」。

「漁夫の利メリットが無ければ崩壊してしまう経済体制の裏に巣食っているのは現実離れした精神構造に他ならず、

現実離れした精神構造が生むストレスの八つ当たり先を向ける為の大衆誘導が反日教育」に他ならない』。

『「政府主導の歴史認識」とは、

「旧共産圏なら当たり前・・・」だろうが、

「今時の自由主義国家には、全く馴染まない」。

「反日教育国家とは、旧共産圏の様な国家」で、

「旧共産思想の変わりに、反日思想で大衆誘導しているダケ」なのだ』。

『「旧共産圏は、旧共産思想の現実離れ故に、時と共に消滅の一途」だ。

「反日教育の将来も同様になる」。

「歴史認識は政府主導では無く、事実・現実主導である」のが、

「今時の国家の当たり前」なのだ。

「例えば、大した武器も保持出来ていなかった旧日本軍の破壊力がまるで広島原爆並み・・・という南京大虐殺などのデタラメ等々を掲げて、

事実無根の反日感情を煽っている中国共産党」などには、

「長い未来はあり得ない」のだ。

「日本の参戦が無ければ、中国は欧米列強とロシアの植民地になっていた筈」だ。

「そればかりでは無く、中国国民党軍と中国共産党軍・・・つまり、中国人同士も殺し合いを行っていた」のだ。

「中国共産党が反日教育だけでは無く、反欧米教育にも、反中国国民党教育にも、同様の力を注いでいるのなら、未だ解る」が、

「反日教育だけは力強く、反欧米教育はや、反中国国民党教育は、ほとんど無し・・・」なのだから

「その現実離れぶりは明らか」だ。

「歴史上の現実」としては、

「旧日本軍が戦争で殺してしまった中国国民の数より、

遥かに多くの数の中国国民を、

戦争行為や不適応分子の粛清等々で殺して来ている」のが、

「中国共産党の現実」である。

「それは、反日教育という中国共産党にとってのファンタジーで騙しきれる話しでは無い」のだ。

「韓国にしても、

植民地支配詐欺と戦後火事場泥棒で不当に日本の財産等を奪って国を始めた上に、

日本の体制不備につけ入り竹島を不当占拠した蛮行は、

どんなに反日教育を行っても誤魔化せる事では無い」。

「むしろ、反日教育という工作活動を続ければ続けるほど、国際社会から孤立する」のだ。

「韓国は、歴史上の現実に素直に、

日本により国(の権力者)を救ってもらった事や、

日本による急速な近代化により、

朝鮮人の人口や教育/所得水準まで飛躍的に上がった事や、

旧日本軍の国土防衛の頑張りや朝鮮人に対する徴収が異常な程遅かった事等々により大戦にも係わらず多数の朝鮮人が生き残れた事等々を

日本に感謝するべき」であり、

「戦後の植民地支配詐欺や火事場泥棒に対しては、日本に侘び、補償をすべき」である。

「北朝鮮については、今更、言うまでも無い」だろう』。

『「国際社会の正常化の為」にも

「反日教育というカルト宗教の撲滅や、反日教育国国家のカルト宗教国家から普通の国家への転換」は、

「必需」なのだ』。

|

日本国主権回復の日だが・・・。

『「沖縄では大反対集会が起こっているという主権回復の日」・・・』。『「普通の日本人の感覚」なら「仲間の主権回復は、先ず、喜び、それに続いて自らの出来る限り早い主権回復も望む」というのが「筆者たち普通の日本人の感覚」だが、

「どうも、沖縄の方々は、随分と、反日教育国の工作で操られてしまっている様相」なのだ』。

『「反日教育国の操り論理」は「例え一つでも取りこぼしがあるなら、その事全てがダメでしょ!」であり、

「そんなロジックを人間社会に望む」なら、

「ほとんどの事が進展せず、停滞する」。

「だから、停滞によるメリットが反日教育国側にある場合」、

「往々にしてコノ手が使われる」のだ』。

『「仲間の主権回復を素直に認め、祝う」なら、

「それに沖縄の主権回復が続かない事を嫌に思う人々が沢山出る」が、

「仲間の主権回復も祝えない沖縄」なら、

「放置も当然でしょ!論さえ跋扈する」のが、

「人間心理」である』。

『「沖縄に自らを不利する選択を行わせるように、多くの沖縄市民を操っている」のは、

「沖縄が不利になる選択を行なわせた方がメリットのある連中」で、

「その実体は、中国共産党や朝鮮の国々等々の反日教育国の人脈である場合がほとんど」だ。

「反日教育国人脈の得意な手口」は、

「大戦時の記憶により、多くの日本人の深層心理に残っている反米感情を呼び起こし悪用する手口」で、

「米国の言いなり・・・論」が「ソレに当たる」。

「米国の言いなり・・・」では無く、

「反日教育国の都合に沿わない・・・」が

「実体」なのだが』。

『「筆者は、日本国の主権回復の日を祝うのも当然と思っている」し、

「沖縄の主権が本当の意味で回復される日が一刻も早く来る事を願っている」。

「だから、実際に、先ず、沖縄米軍は米軍の防衛機能をそのままに自衛隊と入れ替えろ!論者」なのだ。

「自衛隊と入れ替わっていれば、偏在を直す事も容易になる」のだ。

「そして、米軍が自衛隊と入れ替わった時点で、沖縄の主権は表面上は回復した事となり、

自衛隊基地の偏在是正が行われた後で、ようやく沖縄の主権回復の実が得られる」のだ。

「日本国民として、一刻も早くその様な状態が来る事を心から願っている」』。

|

中国共産党によれば「尖閣諸島は中国の核心的利益」だが・・・。

『「もはや、中国国民の8割もがダメ出しをしている様相ですらある中国・中国国民を支配・指導する立場の中国共産党」・・・。

「支配・指導し切れない中国国民では納得出来ず、他に支配出来るモノを求めて侵略行為を増長している様相ですらある」』。

『「旧共産圏の体制」では、

「共産党とは核心層」で、

「核心層の下に一般市民(自国・他国を問わず)」というのが「旧共産圏の社会体制」だ。

「一般市民に対し(もちろん、共産党にとっての)有益分子となる様指導する」のが「共産党の重要な役割」で、

「有益分子とならず不適応分子となってしまった人々を粛清する権利・資格があるのも共産党」なのだ』。

『「実にフザケタ新興カルト宗教団体的社会組織」だが、

「今時、そんな酷い新興カルト宗教団体員的社会組織員たちを、国のリーダーとして頂き続ける必要は全く無い」のだ。

「旧ソ連は既にロシアに正常進化している」。

「中国共産党も、北朝鮮の指導部も、とっとと、今時の普通の国のリーダーの体制に、

自ら進んで正常進化するべき」だ。

「全世界の人間社会という環境が要求している体制」に「進化出来ない不適応分子たち」なら、

「必然的に排除される事になる」のだ』。

『「今時の人類の常識」は、

「自分を自分で健康にコントロールし続ける本能欲求をちゃんと充足する事」により、

「その代わりに、他人を支配しようとしたり、他人に自分を支配させようとしたり、する、

代償欲求の追及行為に過剰に邁進しない様に出来る事」だ。

「何処の国の国民でも、

現代人なら、当たり前のセルフコントロールさえ満足に出来ていない時代遅れの者たち」を

「指導者として頂き続ける必要など全く無い」のである』。

『「今時の全世界の人々」は

「歴史的にも国際法的にも日本の領土である尖閣諸島への中国共産党による侵略行為を絶対に許すべきでは無い」。

「そんな暴挙を許す事は、中国共産党に人類の支配権を与える誘いになってしまうから」だ。

「何処の誰でも、代償欲求の追及行為は時と共に過剰になり易い」のだ。

「何故なら、本来欲求が充足されないから、欲求が足るを知る事が出来ないから」だ。

「充足されていない本来欲求は、更なる欲求の追及行為を欲する」が、

「それに同じ代償欲求の追求行為で応え続けようとする限り、その代償欲求の追求行為は時と共に肥大せざるを得なくなる」。

「だからと言って、他の代償欲求の追及行為に転換する為には、相応な納得が必要になる」。

「そして、例え、転換出来たとしても、本来欲求は足るを知る事が出来ない」のだ。

「他の者・物(もちろん、領土も含む)・事に対する支配権の拡大も、言うまでも無く、代償欲求の追及行為」である。

「この程度の人間の原理も???な連中」や、

「解っていてあえて道を踏み外している確信犯の悪たち」に

「リーダーの資格などある訳も無い」』。

|

未だに「反日教育国の立場」で靖国神社参拝問題を論じている醜悪番組・・・。

『「実体としては、円高是正に対する八つ当たりに過ぎ無い」のに、「北朝鮮問題の為」にも「日米間中の連携た大切だから、靖国神社参拝は控えるべきだった・・・」、

「日本は韓国より大きな国なのだから、大きな国の方が譲るべき・・・」、

「村山談話」等々とは、

「本当に呆れる」。

「靖国神社の参拝くらいで崩れる連携など連携では無い」のだ。

「万一、北朝鮮問題より靖国神社参拝問題を優先する国が在る」なら「その国は、現代の先進国とは言えない」。

「そもそも、朝鮮人は、当時日本人だったのが歴史上の現実」だ。

「しかも、旧日本軍が朝鮮人に対する徴集を異常な程遅らせた上に、国土防衛を頑張った」から、

「多くの日本人が勝ち目の無い戦場で戦死した先の大戦時に、多くの朝鮮人は生き残れていた」のだ。

「旧日本軍は、日韓併合時同じ日本国内だった韓国に対して戦争を仕掛けてもいない」。

「韓国は、旧日本軍に対し感謝することはあっても、文句を言える筋合いでは無い」。

「韓国は日本の歴史認識を言う前に、韓国の歴史認識を現実化するべき」だ。

「しかも、戦後、韓国に対しては、散々過分な気遣いを行って来たのに、未だに、反日教育国であり、竹島不当占拠状態」なのだ。

「北朝鮮も同様」だが、「朝鮮に対する気遣いはロクな結果をもたらさない」のである。

「村山談話」とは「実質的に、旧共産圏人脈の工作活動みたいなモノ」だ。

「旧共産圏権力者の支配ロジックは、有益分子の育成と不適応分子の粛清」である。

「村山談話により有益分子化されてしまった一般日本人の数は数多い」が、

「未だに、有益分子のままの人はそれ程多く無い」だろう。

「それなのに、公共の電波を使って一方的に情報を大量配信している者」が、

「村山談話もある・・・」などと「有益分子ぶりを発揮なのだから!」』

『「普通のマスコミ」なら

「先ず、事実・現実に基づいた歴史認識を広め、

内政干渉は止めるべき論を言うべき」だ。

「事実・現実に基づいた歴史認識を意図的に隠蔽し、

内政干渉を止めるべきとも言わないテレビ・マスコミ等」の「実質」とは、

「反日教育国の情報工作機関」なのだ』。

|

反在日デモに抗議も結構だが・・・。

『「在日の方々」は「非人道的な反在日デモに抗議するのも結構」だが「その様な誤解(?)を解消する為」にも、

「何時、どの様な理由で日本に来たのか?」

「何故、大戦が終わった時に帰らなかったのか?」

「何時から、どの様な手段で、其処に住んでいるのか?」

「これからもずっと日本で暮らすつもりなら、何故、帰化しない/出来ないのか?」

「日韓併合時代の日本による朝鮮半島内の急速な近代化をどう思っているのか?」

「大戦直後の乱暴狼藉についてどう思っているのか?」

「韓国による竹島不当占拠はどう思っているのか?」

「その事に対する反省や補償の意思はあるのか?」

「戦後の日本の韓国や中国に対する援助はどう思っているのか?」

「反日教育についてどう思っているのか?」

「竹島は何処の国の領土と思っているのか?」

「・・・くらいは、明らかににするべきでしょ!」

(本来、これらの質問は、日本のマスコミが多くの在日の聞き取り調査・実態調査を行い、その内容を誤解?を解く為にも大々的に報道するべきだが、日本ではマスゴミが蔓延っているので・・・)』

『「実体が明らかになった上で、日本にとって有害な人々が日本で非難されるのは当然」だろう。

「実体も明らかにしない」のでは、

「帰らない理由も、今其処に居る理由も、思想信条も、???」だから、

「日本乗っ取り支配工作の為に日本に居るのか?」

「日本人共々日本の発展に貢献する為に日本に居るのか?」等々も

「分からない」。

「人には分からない者・物・事は用心したり排除したりする本能がある」。

「よく分からない状態を自ら作り出しておいて、

分からない不安や確信の抗議を言う人々に対して抗議する」のは、

「間違っている」。

「全てを明らかにする」なら

「分からない不安等からの抗議や排除は激減する」から、

「ほとんどが、確信の抗議」になる。

「確信の抗議に正論で反論出来る」なら「何も恐れる事は無くなる」。

「逆に、確信の抗議がその通り・・・だったなら、日本で非難されるのは当然」なのだ』。

|

逮捕されたボストン・マラソン爆破テロ犯&釈放されたリシン送り付け犯とされてしまった人・・・。

『「イスラム系過激派の犯行の様相を示しているボストン・マラソン爆破テロ」。「何れにしても、犯人が一人は射殺され、一人は逮捕されて一段落」だ。

「ボストン・マラソン爆破テロに対して、リシン送り付け犯の方は、少し混迷している様相」なのだ。

「逮捕された人は犯人に利用された可能性が高い様」だ』。

『「他人を犯人に仕立てる事まで含めた犯行を行う」のは、

「工作」では「良くある話し」だ。

「リシン送り付け」の「真犯人摘発のニュース」も「程なくあり、背後関係も完全解明されると良い」のだが・・・』。

|

反日教育国のご都合情報を一方的にバラ撒いている醜悪テレビ番組・・・。

『「日本の要人の靖国神社参拝」を「意図的に、問題にしているのは、反日教育国」だ。

「反日教育国にしてみれば、円高是正に困っているのだろう」が、

「それをそのまま言えば、反日教育国自体の問題にも思いを至らせなければならなくなる」から、

「日本の要人の靖国神社参拝を問題にして八つ当たりしている」のだ。

「本当にみっともない話しでしかない」のだが、

「そんな反日教育国の都合に沿う情報(例えば、反日教育国に気遣うべきでしょ論等)」を

「日本の公共の電波を使って、一方的に大量配信している」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「日本の公共の電波を使って、日本の要人の靖国神社参拝の件を報道する」なら、

「先の大戦時の犠牲者たちや犠牲者たちが築いた物事等々に言及した上」で、

「要人参拝の事実を報道する」のが「普通」だろう』。

『「因みに、筆者は、日本の要人の本来の役割」は、

「犠牲者たちの遺族が国家神道宗教から解放される様にする事」だと思っている。

「しかし、その為には、前段階として、情報・教育の進化も必要だ」と思っている。

「情報・教育の進化が不十分な現状」では、

「日本の要人の参拝も仕方無い面もある」と思う。

「少なくとも、他国から非難される話しでは無い」のだから、

「非難している反日教育国が

あたかも正義であるかの如き印象を与える情報の

一方的大量配信は明らかに異常」である』。

『「日本の公共の電波の独占使用権を保有するに値しない連中」からは、

「即刻、独占使用権を剥奪するべき」だ』。

|

村上集金の様相だが・・・。

『「有名作家や有名ミュージシャンや有名企業経営者等々が、政治・社会問題等に言及していない限り、その面では大きな問題は無い」が、

「政治・社会問題等に言及するそれらの人々の実質的商売」を、

「公共の電波等を使って、実質的に大応援したりする事」は、

「非常に大きな問題」だ。

「有名人利権を悪用した大衆誘導に成り得るから・・・」だ』。

『「村上ナントヤラ」も「坂本ナントヤラ」も「孫ナントヤラ」も、・・・、・・・、

「実質的に、日本のみ脱原発の急先鋒」である。

「原発問題を訴える場合、

例えば、

世界的問題として扱い、

古く、管理体制も甘い、中国や韓国やロシア等の原発の問題を先ず言う」のなら、

「原発問題を公平に考えている」とも言えるが、

「地震等を理由に、日本の原発のみの不安を過剰に煽る事」で、

「日本のみ原発ゼロ感情等を煽ったり、

その事による太陽光等の利権を増大しようとしていたり・・・、

・・・する様相」では、

「明らかに、有名人利権を悪用した情報工作の域を出ない」のだ』。

『「日本人の筆者たちの感覚」では、

「実質的反日情報工作員等に、実質的に献金する事は、自虐であり、悪」である。

「有名人利権を政治・社会問題等で使わない、作家やミュージシャンや企業経営者等による者・物・事なら、気に入れば応援したい」が、

「有名人利権が政治・社会問題等に直結している様相の連中の産物等」は、

「例え、気に入っても、応援したり、金を貢いだりする気にはなれない」のだ』。

『「反対に、有名人利権を利用して、日本をより有利にしようとしている場合もある」が、

それは、

「浅く考えれば良さ気な事」だが、

「ちゃんと考える」なら、

「実体としては、一票の格差問題より遥かに深刻な格差問題」である。

「日本国・日本国民を不利にする、或いは、日本支配策略や反日感情等に基づいた悪意のある、有名人利権を悪用した情報工作等」に比べれば、

「日本国・日本国民を不利にしない、或いは、悪意が無い分だけマシ・・・とは言える」が、

「本来なら、有名人利権の本分外使用」は、

「世界レベルで禁止されるべき事」なのだ』。

|

マスゴミは何故、圧力鍋爆弾等は簡単に作れる等と「宣伝する」のか?・・・。

『「自分たちがテロ等の目標になると思っている」なら「そんな自虐情報は流さない」だろうが、「自分たちがテロ司令部のご用達等」なら

「自分たちは標的とならない筈のテロ増産の指令の意味等」から、

「簡単である旨の情報を一方的に大量配信する可能性大」なのだ。

「酷いところ」では、「つくり方まで紹介した様」で「本当に呆れる」。

それでは、

「工作員たちに、簡単に出来る手法によるテロを頑張れ!」等の

「指令を出している様なモノ」なのである』。

『「そして、その様な情報は、視聴者・読者の不安を煽る情報」でもある。

「萎縮社会化情報工作の一環と考える」と、「整合性が取れてしまう」のだ。

「自虐史観の植え付けと相通じるところがある、日本社会を萎縮社会化する情報工作」・・・。

「そんな情報を一方的に大量配信している連中に相応しい」のは「罪や罰」であり、

「過分な立場や報酬等である訳も無い」』。

|

元経産相のK氏が韓流テレビ常連出演者なのは「北朝鮮に都合の良い人だから・・・」だったりして・・・。

『「全く、呆れを通り超して哀れにさえなった」のが「本日のテレ朝昼番」だ。

「北朝鮮問題」では「元経産相のK氏」が、

「何と!北朝鮮の核保有を認める新たな対処法の推奨をしていた様相だった」のだ。

「以前にも、北朝鮮の核保有が認められれば良い・・・論の常連出演者を起用していた」のが、

「テレ朝昼番」だから、

「不思議では無い」が、

「本当に異常」だ。

「もちろん、北朝鮮の核保有は全く認める必要が無い事」である』。

『「何故なら、

北朝鮮の核は、

多くの北朝鮮国民を犠牲にした先軍政治の産物である上に、

核開発凍結や核放棄等の約束までして援助を受けた事によっても増大した物だから」だ。

「どんな手段によって得た物でも、

約束を破って増大した物でも、

実際に在るから・・・と、認めてしまう」のは、

「是々非々の合理主義者では無い」。

「実質的には、悪の手先」だ』。

『「K氏」は

「TPP問題等でも、是々非々&改革・成長論を展開している」が、

「今回の北朝鮮核問題に対する論を聞く」と、

「経済問題の是々非々&改革・成長論」も、

「悪の都合に沿う論」である「可能性が大」である事を、

「大いに感じさせられる」のだ』。

『「K氏の様な人々」も「韓流テレビご用達の常連出演者」なのである。

「韓流テレビの中には、

韓国より論で大衆誘導したがっている様相の番組もあれば、

中国共産党や北朝鮮寄りの論で大衆誘導したがっている様相の番組もある」のだ。

「逆に、真に一般日本国民の為になる論を展開している番組は、異常な程少ない」・・・。

「何処の局でも、毎日の様に、同様の論、同様の常連出演者、同様のコメンテーター等」という「異常事態」は、

「即刻、是正するべき」だ』。

『「政府の成長戦略」にも、

「成長戦略にテレビ・マスコミ等の情報分野の成長戦略が入っていない様相である事」は、

「明らかに異常」である。

「情報分野の成長」は、

「規制の適正化によりもたらされる」のだ。

「悪戯な言葉狩り等を止める、表現の規制緩和」と共に、

「人々の考える力や実体把握能力向上の為」にも、

「毎日のように、

どの番組でも、

同様の論だけ、

同様の常連出演者、

同様のコメンテーター等

・・・という

異常事態を止めさせる規制、

等々」が「必要」である。、

「情報分野の健全成長の為には、健全成長が出来る土壌が要る」のだ』。

『「情報・教育の成長無き社会」とは「愚民化社会」である。

「自分の下に集める金や利益や、高い立場ばかり追い求めている悪や愚民ばかり・・・」では、

「一時の輝きの後に消えるロウソクの火の様な人間社会が出来てしまうダケ」だ。

「健全成長出来る人が多数生まれる国の体制」こそが、

「その国で暮らす人々の能力も成長させる健全成長国の体制」であり、

「他国の優秀な者を集め易くする国の体制」とは、

「蟻に蜂蜜社会」なのだ。

「それは、

蜂蜜を撒く側に立てている大量消費自慰生物化した悪経営者・株主・政治屋・学問屋等が

愚民化情報・教育等やお金等々で他の者たちの多くを知らず知らずの内に蟻化し、

蜂蜜を撒く事で、

蟻化させられた人々を代々支配する

血統二極化格差社会の悪国」なのである。

「そんな社会で、

他の蟻より多く蜂蜜を貰えるから・・・等と、

喜ぶのは、

どんなに実務能力等が有っても、

基本的におバカ」なのだ。

「自分の実体を忘れていない、おバカでは無い人々」なら、

「蜂蜜に蟻社会は否定」し、

「誰もが人間である事が出来る社会」の「実現」に「力を加える筈」だが・・・』。

|

北朝鮮の瀬戸際外交では不安増大しないからか(?)、地震不安&原発不安を煽りたい様相の韓流テレビ・・・。

『「地震は不安がる事では無い」。「対策しておく事」だ。「地震予知は未だ十分に出来ない」が「地震対策は今でも十分に出来る」』。

『「日本は地震対策先進国でもある」が「対策不十分な所も未だ数多い」。

「対策不十分な所の地震対策は急ぐべき」だ』。

『「地震は世界中何処でも起きている」。

「プレート境界地震が多いのは当然」だが、

「プレート内の大地震もある」。

「ロシアでも中国でも韓国でも、大地震が起きる可能性はある」』。

『「地震対策は相応に成されている」のが「日本の原発」だ。

「中国や韓国の原発の地震対策は???」である。

「筆者たちの実感」では、

「地震ある事を前提の上で、地震対策を相応に行ってある日本の原発」より、

「地震対策さえ???な中国や韓国等の原発の方が遥かに危険度が高い」のだが、

「韓流テレビ等では、

日本の原発に対して、過剰な程危険なイメージを抱かせがちな情報流布を行い、

中国や韓国等の原発の危険度は十分に伝えていない」』。

『「地震は恐がる事では無い。対策する事」だ。

「核問題でも、本当に恐いのは、地震の対策さえ???な核施設」である』。

|

オバマ大統領にまで送り付けられた猛毒リシン・・・。

『「圧力鍋爆弾が使われたボストン・マラソン殺傷テロ」と「時期を同じく」して、「米国政治家ばかりでは無く、オバマ大統領にまで猛毒リシンが送りつけられた」。

「リシン」とは、「圧力鍋爆弾の様に、比較的多くの不特定多数の人々(シロウトも含む)が製作可能なモノ」では「無く」、

「シロウトには入手困難な猛毒」だ。

また、

「旧共産圏では、実際に不適応分子の粛清目的工作でも使われた事のある猛毒」だ。

・・・という、「記事をアップしたら、猛毒リシン送りつけ犯は逮捕されたというニュース」が流れた。

「早期の摘発という実態」からも、

「こちらは、米国内の政治・政治家不満犯等」である「可能性が高く」、

「ボストン・マラソン爆破テロとは無関係」の「可能性が高い」。

「しかし、リシンの入手先や、この時期に議員や大統領に猛毒を送り付けたという行動を生み出した裏等」は、

「要検証」だ』。

『「ネット上では、ボストン・マラソン爆破テロを{祝福}するメッセージ等」が「散発」した。

「{祝福}と言えば、筆者たち同様、何処かの宗教団体等の●●結婚等を想起した方々も少なく無いのでは?」

「また、日本人だと語っていた者のネット投稿内容は、日本人らしく無く、朝鮮人的だった」。

「ボストン・マラソン爆破テロを{祝福}する朝鮮人的な人」が「ワザワザメッセージを出した様相」なのだ』。

『「少し前の記事にも記した」が「旧共産圏系のテロ・工作活動等」は

「決して、犯行の大元や実態が、摘発されず、

テロ・工作活動等の長年に渡る継続可能状態を維持する事に重きが置かれ実行されて来ている」。

「しかし、大元が、全く誰にも推定もされない状態」では

「テロ・工作活動等の意味が無い」。

そこで、

「組織的・複合的な手段や直接交渉の中で・・・等」で、

「それとなく、

元が推定される状態をつくり、

多くの人々や交渉相手等々に、

元の存在を悟らせる事」で、

「テロ・工作活動等の脅しが生きる様にする手段が採られ易い」のだ』。

『「今回のボストン・マラソン爆破テロ」と

「時期を同じくして、起きた」、

(「米国政治家&米国大統領への猛毒リシンの送付」・・・「こちらは、無関係の様相」だが・・・。)、

そして、「ネットで散発した{祝福}情報」等々が、

「おぼろげに示している国や組織等」を考えるなら、

「誰もが、ある特定の国や組織等を思い浮かべる筈」だ。

「しかし、そんな想定先に恐怖心等を抱く必要は全く無い」のだ。

「正攻法が既に手詰まり・・・だから、姑息な裏技に走っているダケ」で、

「もし、姑息な裏技に誰も屈しない」のなら、

「姑息な裏技は無効になるから」だ。

「姑息な裏技を過激される心配をしてしまう人もいるだろう」が、

「姑息な裏技を過激にすれば、実際は、摘発の可能性が飛躍的に上がってしまう上に、反撃も強烈になる」のだ。

「テロの連発や、過激なテロは、簡単には行えない」。

「誰も屈せず、過激にすればバレ易くなると共に反撃も強烈になるダケ・・・」の、

「姑息な裏技は何れ無力になる」』。

・・・・・・・。

『「北朝鮮に戦争は出来得ない」。

「何故なら、戦争になれば即北朝鮮の負けとなるから」だ。

「開戦脅しでは、瀬戸際外交にすらならない」のが「北朝鮮の実情」だ。

「瀬戸際外交の力を維持する為」には、

「テロ・工作活動等の実行可能能力等を示す道くらいしか無い・・・」のが「北朝鮮の現状」だ』。

『「ボストン・マラソン爆破テロの真犯人」は、

「未だ摘発されていない様」だが、

「犯人が摘発され、その犯人が万一北朝鮮系人脈だった場合、米国はどうするだろうか?」

・・・・・・・。

「北朝鮮の主導部は、とっとと核放棄するべき」だ』。

|

日本の原発に安全を求めるのは大いに結構だが、中国や韓国の原発にも同じレベルの安全を求めなければ意味が無いでしょ・・・。

『「日本の原発にダケ高い安全を求めても、偏西風の元に危険な原発が山ほど・・・では、安心・安全日本社会には成り得ない」。

「中国や韓国に日本レベルの安全基準や安全管理が出来るのか?」も含めて考慮し、

「日本のみ・・・の自虐劇は、いい加減にするべき」でしょ』。

『「普通に使える原発は遠慮無く使い、電気料金の高騰を抑えなければ、中小零細企業まで景気が良くならない」のだから・・・』。

|

在日可哀そう論で北朝鮮に譲歩も止む無し感情を造成したい様相・・・だった、テレ朝昼番・・・。

『「大戦終戦時に、朝鮮内に居たほとんど全ての日本人は、朝鮮内の多くの資産等を置き去りにさせられたまま、強制的に帰国させられた」。

「しかし、何故か?日本国内に居た多くの朝鮮人は、朝鮮に戻らなかった」。

「そればかりか、終戦直後には、日本国内に居た決して少なく無い数の朝鮮人たちが、乱暴狼藉を働き、駅前の一等地等を不当占拠した」。

「戦後程なく、韓国は、日本の体制不備につけ入り、竹島を不当占拠した」。

「戦後日本人は、日本に残った朝鮮人たちに対し、仕事が無ければ食っていけないだろう・・・等々と救いの手を差し伸べ、

韓国に対しても、与える必要の無い援助まで繰り返し与えて来た」。

「それなのに、今だに反日教育国であるのが、韓国・北朝鮮」だ。

「北朝鮮に至っては、拉致を含む数多くの工作活動まで行い続けていて、日本に不利益を与え続けて来ている」。

「韓国にしても、日本の政財界に深く食い入り、例えば、ウォン安/円高誘導等で工作利益を得て来た」。

「工作活動は今も続いている」。

・・・・・・・。

「以上、一般日本国民が、決して忘れてはならない歴史上の現実」だ』。

『「偶々、朝鮮人として産まれた人でも、

是々非々判断が出来、

犯罪者では無く、

これからも日本で暮らすつもりの人々の多く」は、

「帰化して日本国籍を得ている」。

「元々、日本人と朝鮮人の遺伝子等は同様」なのだし、

「生活実態や将来を考えるなら、合理的な道だから・・・」だ。

「朝鮮内に親戚が居るから帰化しない」。

「あくまでも朝鮮人だから、帰化しない」。

・・・等々の理由なら、

「朝鮮に戻って暮らすのが合理的」である。

「今の北朝鮮が酷い・・・等と言う、北朝鮮系の人々」は、

「率先して、祖国に戻り、祖国を良い国にする努力をするべき」だ』。

『「長い間日本に住んでいて、将来も日本で暮らすつもり・・・なのに、

意図的に帰化していない、

犯罪者等で帰化出来ない(何故か???日本側も強制送還していないが、本来は、強制送還するべきだ)」のが、

「多くの在日朝鮮人の実体」なのだ』。

『「意図的に帰化しない理由は何か?」

「人それぞれだろうが、

その中には、日本は朝鮮人が支配するべき国という不健康な思いを抱きしめ、

支配者側である事を示し続ける為に、帰化しない人々も居る」のだ』。

『「在日朝鮮人問題」は「元々のボタンの掛け違いが全ての元凶」だ。

「朝鮮内の日本人のほとんど全てが、朝鮮内の資産の多くを実質的に放棄させられたまま強制的に帰還させられた事」との

「バランスを取る」なら、

「日本内の朝鮮人のほとんど全てが、日本内の資産の多くを実質的に放棄させられたまま強制的に帰還させられる事」等が

「必要」になる。

「その様な平等・公平関係が成り立つ基盤が無かった」から、

「朝鮮内では日本人脈の意向はほとんど反映されず、

日本内では数多く居残っている朝鮮人脈の意向が蔓延って来た」のだ。

「朝鮮人脈の意向を蔓延らせる為に大きな力を発揮し続けて来ている」のが、

「日教組等による教育と韓流テレビ・マスコミ等」だ。

「ボタンの掛け違いによる結果は既に顕著」なのだ。

「朝鮮内では、

反日教育が主流となり、

不当占拠した竹島は返そうともせず、

未だに、現実とは大きくかけ離れた、植民地支配や従軍慰安婦等の策略訴えにより、

補償まで要求し続け来ている。

韓国内の反乱軍である北朝鮮も同様で、未だに、日本からの賠償金を取ろうとしている。

反対に、日本内では、朝鮮に対する援助が当たり前の如く思わせられて来た」』。

『「ボタンの掛け違いを温存したまま、無理やり上辺を整えても、何れは破綻する」。

「今は、もう、ボタンの掛け違いそのものを直すべき時になっている」のだ。

「歴史認識は、事実・現実に基づいていなければならない」。

「歴史上の事実・現実が示している日韓併合の実態」は、

「日本による韓国救済」であり「日本による植民地支配」では無い。

「実際に、

日韓併合前は、国(・・・つまり、国の権力者たち)の存続さえ危うかった韓国は、

日韓併合により、

他国(・・・つまり、ロシアや清や欧米列強)からの侵略を免れ、

日本により急速に近代化され、

朝鮮人の教育水準・文化水準は飛躍的に上がり、

朝鮮人人口も飛躍的に増えた。

また当時の韓国の権力者(朝鮮王朝の者たち)は、天皇に準ずる待遇まで得ていた」。

「日韓併合時の体制」では、

「日本の皇室はもちろん、朝鮮王朝の人々の下に一般日本人も居た」のだ。

「歴史上の事実・現実に基づく」なら

「日本が韓国に植民地支配の賠償を行うのでは無く、

韓国が日本に助けてもらったお礼をするべき」である事は、

「誰が考えても明白」だ』。

『「偶々、在日朝鮮人の子どもとして産まれた人々に対する差別は、もちろんいけない事」だ。

「しかし、自らの意思の下で、在日朝鮮人であり続けている人々」が、

「ボタンの掛け違いや過去の不当利益等々を是正しようとしていない」のなら、

「内実を問われても仕方の無い状況はある」のである』。

『もちろん、

「国として」も、

「韓国に遠慮する必要は全く無く、

北朝鮮に譲歩する必要も全く無い」』。

『「日本のテレビ番組」なら「日本の立場を守り良くする論を放映すべき」だ。

「韓国や北朝鮮を利する論を一方的に大量配信して、日本を不利にし、韓国や北朝鮮や在日外国人等々を利している」のは、

「実質的にそのスジの情報工作機関」である』。

『「日本国・日本国民を不利にし、他国や在日他国人等々を有利にする、情報工作を行っている者たちに相応しい」のは、

「罪や罰」だ。

「過分な立場や報酬等々は、似合う訳も無い」』。

|

ボストン・マラソン爆破テロの真犯人・・・。

『「爆発物は圧力鍋+殺傷目的金属(釘らしい)、タイマー仕込みと推定される爆発が2個、不発の内に回収が5個」という「犯行実態」から、

「シロウト犯の犯行が疑われている」。

「圧力鍋爆弾の手口は、古くからアラブ系のテロリスト集団では、そのノウハウが知られていた」。

・・・・・・。

「現状までに上がっている情報から類推される」のは、

「米国国内人脈による銃乱射等と同様の無差別殺傷事件」や、

「アラブ系のテロリスト」による「犯行」だ』。

『「現在までのところ、未だ、真犯人は特定されていない様」だ。

「しかし、上記の推定とは別」に「テレビ・マスコミ等ではあまり言われていない」が、

「真犯人摘発の時から推定される犯人像がある」のだ』。

『「シロウト犯」や「アラブ系テロリスト」なら、

「比較的早く真犯人が摘発される事になる」。

「何故なら、それらの人脈の人々は、相応に豊かな物質・経済文明の下で暮らして来ている」ので、

「早急な結果を望む精神構造に基づいて犯行を行い易いから」だ。

「その結果、その犯行形態も、可能なら、派手になり易く、大きな犯行成果が得られる形態になり易い」。

「当然、そんな事をする為には、大掛かりな準備も必要になる・・・」から、

「犯行前の摘発の例も少なく無く、

犯行後でも真犯人を割り出す事に有益な物質等が数多く残るから、摘発も早い」のだ。

「今回の犯行は、時限式圧力鍋爆発装置という、地味で破壊力が比較的少ない犯行」だった。

「そこで、今、一番疑われているのが、シロウト犯という訳」だ。

「もちろん、シロウト犯なら、実写映像文明が発達している今日、摘発も容易な場合が多い」から「摘発は早い筈」だ』。

『「{真}犯人がなかなか摘発されない場合、急浮上するのが旧共産圏の人脈による犯行」である。

「元々、物質やお金が乏しかったので、共産主義という思想を用いたある種の宗教によって民を支配して来た」のが「旧共産圏」だ。

「物質やお金が乏しい、旧共産圏」では、

「早急な結論を求める事=現世実利を求める事=支配の破綻」なのである。

「旧共産圏の指導者たち」には、

「出来る限り指導者人脈による支配権を伸ばす為」に、

「支配下の民には、早急な結論を求めさせず、

「手下には、支配権維持の為に有益な工作活動等を行わせる文化が在る」』。

『「その文化に基づいて行われている工作活動やテロ等」は、

「派手な犯行成果より、

摘発されない事・・・つまり、今後も工作活動やテロ等が行い続けられる事・・・」に

「重点が置かれ、犯行が実行されている」のだ。

「旧共産圏の指導者たち」は、

「しばしば、それこそ世紀をまたぐ程の年月を厭わない指導の積み重ねによって、

理想の(つまり、指導者たちに都合の良い)人間社会を実現する」旨述べて来ているが、

「その実体は、指導者人脈による支配を未来永劫続けたいという事に他ならない」のだ』。

『「実際に、旧共産圏人脈による工作活動やテロ等の摘発」は、

「摘発されない事が一番の計画が実行されているので、応分に困難になっている」』。

『「上記の様な実態」から、

「{真}犯人の摘発時期によって、ある程度の人脈の推定は出来る」のだ。

「旧共産圏系の人脈によるテロ等の場合」は、「犯人を捏造する事も日常茶飯事」だ。

だから、「旧共産圏系の人脈による犯行の可能性がある事件では、真犯人か?否か?」の「検証」は「いつも以上に、慎重の上に慎重でなければならない」』。

『「真犯人の摘発が遅い場合」は、

「旧共産圏の人脈による犯行の可能性大である事」や、

「旧共産圏の人脈による工作活動やテロ等の基本ロジック」は、

「多くの人々が、知っているべき・・・」だろう』。

『「逆に言えば、旧共産圏の人脈による工作活動やテロ等を撲滅したい」のなら、

「バラすのが一番」なのだ。

「多くの虐げられている工作員たちが一斉に工作活動の実態等をバラすのなら、アッと言う間に消滅する」のが、

「旧共産圏の指導者たちの不当支配」なのである』。

『「今回のテロが、もし、旧共産圏の人脈による犯行」なら、

「真犯人は、米国政府と司法取引をするべき」だろう』。

|

昨今の記事はかなりビンゴの様で・・・。

『「上の部屋から等の電磁波工作のレベルが一段と上がった」。「より、透過性の良い周波数や波形や出力が使われている様」だ。

「筆者の記した記事内容と比例している」のだから、

「本当に、良く、工作員の人脈を露呈している様相」だ』。

『「日本や米国の政府や警察等」も

「表のミサイル等に吸い寄せられてばかりいないで、もっと、もっと、ちゃんと連中の本隊である、工作活動を取り締まるべき」である。

「不適応分子の粛清等を牛耳っているボスたち等を駆逐」すれば、

「北朝鮮や中国共産党等の問題の多くは解消する可能性大」なのだ』。

|

ボストン・マラソン爆弾テロ・・・。

『「ボストン・マラソンのゴール付近で爆弾テロがあり8歳の幼児まで含む死者が複数人出てしまった」。

「二度の爆発」と「爆発させられていない幾つかの爆発物の押収」があったと言うから、

「組織的犯行の可能性が大」だ』。

『「二度の爆発」とは、

「一度爆発が起きるとその所に、報道陣等が押し寄せるから、

其処を狙って二度目の爆発を起こさせる、

以前から、中東等のテロでは常套手段とも言える手口」だ。

「その場から逃げた、黒ずくめの20代男性を捕まえようとしている」という情報もあるので、

「その男性が見せダマなら、北朝鮮等の手口を想起させる」』。

『「未だ、犯行組織等の特定は出来ていない様」だが、

「爆発させられていない爆発物の存在」や、

「爆発した爆発物の解析」や、

「昨今の防犯カメラ等、映像社会の実態」からも、

「それ程遠く無い時期に、犯行グループ等は特定される筈」だ。

「問題は、その後」である』。

『「例えば、中東や南米や極東やの特定の国との係わりが非常に強い組織等による犯行と特定された場合」、

「米国はどの様な対応をするだろうか?」』

『「行き詰まり感が充満している現状人間社会」に

「またまたキナ臭い臭いが漂って来ている」・・・』。

・・・・・・・。

『「人類、いい加減に、誰もが、地球生命体細胞群の一塊である現実くらい理解・認識・把握」し、

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求に応える事」で、

「他人を支配しようとしたり、他人に自分を支配させようとしたりする、代償欲求の過剰追及行為を止めるべき」だ。

「同様に、本来の生体的自己確認欲をちゃんと理解・認識・把握」し、

「その代償欲求に過ぎ無い、お金や権力や立場や物品等々を過剰追求する欲から自分を解放するべき」である。

「ちゃんと自分の実体を理解・認識・把握」し

「ちゃんと自分の基本的本来欲求に応え続け、

自分で自分を健康にコントロールし続ける人々の集まりにしようとする人間社会の正常進化を、

誰もが実感している」なら、

「自虐的な戦争・テロ等による現状脱出欲動の暴発も無くなるのだから!」』

|

未だに、北朝鮮の脅威を煽っている情報工作機関、もしくは、韓流テレビ・・・。

『「北朝鮮の瀬戸際外交問題で伝えるべき重要な情報」は「悪戯な恐怖心を抱かせる様な情報では無い」。

「実体を伝え、対策を促す事が重要である事」は言うまでも無い。

「それなのに、北朝鮮ご用達の情報工作機関と化している様相の日本のテレビ番組が未だにある」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「はっきりしている現実」は、

「万一戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる事」だ。

「そして、それは、北朝鮮主導部も重々承知している」。

「だから、北朝鮮が実弾を撃てる可能性は、極めて低い」のだ。

「空ミサイル」が「日本の上空を通過し太平洋に落ちるかも知れない・・・」というのが、

「北朝鮮のミサイル発射実験の実態」だ。

「そして、ミサイル発射実験を行う事=北朝鮮の軍備が細る事」である。

「発射した途端、発射分のミサイルが減り、発射後は経済制裁が強化されるから再軍備も困難になる」のだ。

「核実験も同様で、核実験の実体は、北朝鮮保有の核物質の減少であり、その後の経済制裁の強化による北朝鮮の衰退」なのだ。

「つまり、北朝鮮のミサイル発射や核実験は、恐れる必要は無い」のである』。

『「それでは、北朝鮮は、何故、そんな北朝鮮にメリットの薄い事を行い続けているのか?」

「ミサイル発射実験や核実験」は「手品の見せワザ」なのだ。

「見せワザの裏で行われている事こそ、北朝鮮が本当に進めたい事」なのである』。

『「ミサイル発射実験や核実験の裏で何が行われているのか?」

「日・米・韓・中・ロ等の国々の中での工作活動」である。

「工作活動の目的は何か?」

「もちろん、それらの国々を北朝鮮にとって都合の良い国にする工作活動」だ』。

『「どの様な実行手段がとられているのか?」

「北朝鮮は旧共産圏の体制の国である事を忘れてはいけない」。

「不適応分子の粛清と有益分子の育成」が「主たる手段」である』。

『「日本国内でも、北朝鮮にとっての不適応分子」は、

「例えば、政治家なら、落選させる様に工作」し、

「例えば、一般人なら、工作活動で粛清」する。

「北朝鮮にとっての有益分子」は、

「例えば、政治家なら、当選し易い様に応援工作」し、

「例えば、一般人なら、商売・仕事・資金等を応援工作」する。

「不適応分子/有益分子の判定は、北朝鮮側が勝手に行っている」のだし、

「有益分子の育成にも、不適応分子の粛清にも、主導部が勝手に決めたノルマが在る」。

「ミサイル発射実験や核実験で煙幕を張っている間」に、

「例えば、日本にいる北朝鮮系の工作員たちは、ノルマ達成に向けて工作活動を頑張らなければならない」』。

『「ノルマ達成の成否」は、

「例えば、日本なら、日本の報道機関等が発表している記事やニュースで知る事が出来る」。

「例えば、北朝鮮の脅威を煽り、実質的に、瀬戸際外交有効化の応援をする論調や記事の増加」は、

「活動実績報告にもなっている」のだ。

「有益分子の出演率や、不適応分子の不出演率等」も、

「活動実績報告になっている」。

「北朝鮮が身勝手に決めている不適応分子認定」では、

「日本人である事自体が不適応分子」なのだ。

「だから、日本人の事件死・事故死・病死等々の数も活動実績報告になっている」。

「もちろん、一つの目標は、政策決定」である。

「例えば、日本政府が北朝鮮に対する援助を決定しり、北朝鮮や北朝鮮人脈に都合の良い法整備等を行ったりした」なら、

「瀬戸際外交トリックショーは成功」と言う訳だ。

「北朝鮮寄りの国会議員が多い政党が政権を握っていたり、

政権政党内で北朝鮮寄りの政治家が実権を握っていたり、

政権政党内の実権を持つ政治家が北朝鮮系の意向で操られていたり、

・・・すると、

北朝鮮に都合の良い政策決定が行われたり・・・してしまう・・・」のだ』。

『「北朝鮮による瀬戸際外交トリックショーの目的」は、

「例えば、

日本なら、

日本政府の北朝鮮に対する援助決定や

北朝鮮・北朝鮮人脈に都合の良い法整備等決定と、

一般日本国民の北朝鮮に対する脅威感増長と、

日本人の粛清」なのだ。

「戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だから、

「実弾は撃てない北朝鮮」だが、

「日本国内では、表の、ミサイル発射実験煙幕や、核実験煙幕の裏」で、

「着々と工作活動が行われている」。

「ミサイル発射実験や核実験は、迷惑だが、脅威では無い」。

「日本政府や、一般日本国民が一番注意し、排除努力を行うべき」は、

「日本国内で行われている北朝鮮の工作活動」である』。

『「それなのに、北朝鮮の工作活動に墜ちてしまった様相ですらあるテレビ番組が未だにある・・・とは!」

「そんな番組を放送している連中には、過分な立場や報酬は不似合い」だ。

「相応しいのは、国家・国民を不利にした事に対する罪と罰や罰金等々」である』。

|

中国国民の8割が不支持「中国共産党一党独裁体制」・・・。

『「コレでは、いくら不適応分子の粛清を行っても無駄である事」は「誰にでも解る」。

「8割粛清の大虐殺を行っても、2割で約3億人も残るのだから良い・・・」等と「考えるのは、人の皮を被った人で無し」だ。

「もはや、国家・国民の上に共産党&共産党員による指導&共産党員による有益/不適応分子の認定&不適応分子の粛清」という「体制」は、

「既に破綻している」のだ』。

『「旧ソ連がロシアになった時点」で「共産党支配体制には未来が無くなっていた」のである。

「旧共産圏で唯一、先進科学技術(所謂西側の先進科学技術とは随分様相が違っていたが・・・)を自前で開発出来ていた旧ソ連」が、

「所謂西側的な政治体制に転換した段階」で、

「旧共産圏には、先進科学技術を自前で開発出来る国が無くなった」のだ。

「先進科学技術の開発が自前で出来ない国々・・・」では

「戦争となれば、戦う前から負けが決定している」から

「追従国とならざるを得ない」のが「現状人間社会の実情」だ』。

『「旧ソ連がロシアになった事」は「旧共産圏が負け組となった事」に他ならない。

「負け組体制のまま・・・」では「ずっと負け組・・・」だから

「普通は、負け組体制から勝ち組体制へと体制を転換する」。

「旧ソ連はロシアになった」。

それなのに、「未だに、負け組体制を続けている」のが

「中国共産党や北朝鮮や南米の一部の国々」なのだ。

「負け組体制を引き摺っている普通未満の国々」では

「普通以上の国々より問題が数多く噴出」し、

「しばしばそれは国境を越えて他の国々へも多大な迷惑をかけている」。

「中国は早々に体制転換し民主化されるべき」だ』。

|

NATOまで参加のチキンレースで墓穴を掘った様相の北朝鮮・・・。

『「北朝鮮の瀬戸際外交」は「ついにNATOの参加まで誘ってしまった様」だ。「NATO」曰く、「北朝鮮の挑発行動は重大な懸念」で「重大な懸念に対しては相応の対応を!」だから、

「北朝鮮の瀬戸際外交により、益々、北朝鮮の立場は細った訳」だ。

「北朝鮮の瀬戸際外交」は、

「瀬戸際外交を行っているのが北朝鮮側ダケの時しか通用しない最初から錆びた剣」なのである。

「錆びた剣による瀬戸際外交」に対し

「それを突きつけられた国々が面倒だから・・・と応じていた時」は、

「既に終わり」、

「錆びた剣の瀬戸際外交」に対し

「世界の大勢が、鋭い剣による瀬戸際外交で応じ始めた」様相なのだ。

「もはや、錆びた剣の瀬戸際外交には先が無い」し、

「剣を交えれば、折れるのは錆びた剣である事は火を見るより明らか」だ』。

『「もはや、北朝鮮に残されている道」は、

「核&ミサイル&不適応分子粛清政策を止め放棄し、平和&人権国家に転換する道」と、

「錆びた剣で鋭い剣の大群と戦う道」だ。

「余程のおバカ&自虐国家主導者たち」で「無ければ」、

「選択する道は明らか」だが』。

『「北朝鮮に与えられている時間は、残り少ない」。

「鋭い剣を持つ多くの国々の国家主導者たち」は「既に、北朝鮮の為に異常な程長い年月と面倒だから・・・と不当な利権を与えて来た」から、

「今後は、短い時間しか待ず、利権も与えない」からだ』。

『「核・ミサイルを放棄」し「人権を守る国家にする」のなら、

「北朝鮮の現主導部も生き残れる可能性が高くなる」。

「過去の実質的悪行は、故人のせいにすれば良い」のだ。

「逆に、散々、実質的悪行を行わせて来た時期の国家代表的故人を国の象徴として拝み続ける」なら、

「北朝鮮の現主導部に長い未来は在り得ない」』。

『「果たして、北朝鮮現主導部の選択は?」

「保身欲が強ければ、平和・人権国家への道を選択する事になる」し、

「自滅欲が強ければ、故人の象徴に執着する事になる」。

「北朝鮮の主導部の自滅欲が勝る事が明らか」なら、

「他の国々は遠慮無く先制攻撃し、余分な被害を避けるべき」だ』。

|

本日は北朝鮮系ネット工作員たちもひまわりぶりを発揮している様で・・・。

『「北朝鮮では、本日4月15日は、故金日成の誕生日を祝う太陽節」なのだそうだ。「日本のネット界にも多数入り込んでいる、

北朝鮮系の情報工作員(情報工作だけでは無く、不適応/有益分子等の調査・洗い出しや、粛清等他の工作まで行わされている連中もいる様だが・・・)たち」にも、

「ひまわり(北朝鮮では太陽とされている金日成の方を常に向く)ぶりの発揮が要求されている様」で、

「ブログ上位ランキングの様相等も、何時もと違っていたり・・・」する。

どうせ、「祝いの日には不適応分子の記事はランキング上位から排除し、有益分子の記事でランキング上位を埋め尽くして祝福せよ・・・」とかの「命令でもあった」のだろう。

もちろん、

「不適応/有益は北朝鮮側が勝手に決める事(例えば、告発実績を上げる為に不適応分子が捏造される事も少なく無い)」なので

「実際のブログ作者がどうか?」とは「全く別の話し」だが』。

『「こんなところからも、北朝鮮系等の工作員の存在」が、

「誰にでも・・・、少なくとも、薄々はわかるのでは?」』

『「上記の記事をアップしたら、しばらくして、人気ブログ・ランキング上位も通常の様に様変わりした」。

「当記事に、

工作員たちにとって、

結構、困る内容が含まれていたので、

当記事の信用性を落とす為も含め、

バレバレの工作を止める指示が出た(元々、工作活動はバレる事を極端に嫌う。だから、北朝鮮の長男も不正入国がバレたダケで干されたのだ。)のか?」

「プロバイダーサイドによるランキング不正操作の是正の成果か?」は、

「不明」だが、

「何れにしても、異常が通常に戻った事は歓迎したい」』。

|

ディズニー・ランドの30周年記念と北朝鮮の太陽節・・・。

『「好きな人たちは一緒にお祝いしましょう・・・強制の無い自由なお祝い、繁栄の証しであるかの如く、誇らしげな物品・キャラクター等が蔓延しているディズニー・ランド・・・。

其処は、其処を訪れる多くの人々にとって、日頃の憂さを晴らす相応に健康的な現実逃避空間でもある・・・」』。

『「そんなディズニー・ランドが大好きという国家指導者を頂いている北朝鮮」では、

「故人である金日成が太陽で、その誕生日が、国一番のお祝い」なのだそうだ。

「もちろん、参加は強制的・・・で、

楽しくなくても、楽しそうにしなければ、

不適応分子~粛清かも知れない・・・」から、

「お祝いしている人々の

ひまわり(常に太陽の方を向く)役者ぶりが、

傍から見る者にとっては、見物・・・」だったりする。

「ひまわり役者ぶり・・・」は、

「日本や韓国や他の国々の北朝鮮人脈の人々へも強制・・・」なのかも知れない・・・。

「日本のテレビ・マスコミ等では、太陽節を、宣伝したい、もしくは、祝いたい様相のひまわり番組・記事等がどれ程出るのだろうか?」』

『「そもそも、北朝鮮が、金日成の時代より、その後の時代の方が遥かに良い状態・・・」なら、

「金日成の誕生日のお祝いが一番・・・」などという事態にはなっていない筈だ。

「今より、金正日の時代より、金日成の時代の方がマシ・・・」だから、

「未だに、金日成の誕生日が国一番のお祝い・・・」なのだろう』。

『「ディズニー・ランド好きの国家指導者」なら、

「とっとと、核放棄して、不適応分子粛清政策等々も止め、経済に生きる道を選択するべき」だ。

「平和安全善人国家北朝鮮となれば、

元々、平壌全体が大きなテーマパークみたいなつくりである上に、

内実はどんな状態でも指導部好みの表情や態度がつくれる役者揃い・・・」なのだから、

「観光収入も大いに上がる・・・」と思うが・・・』。

・・・・・・・・。

|

チキン国家指導者たちの終焉劇・・・。

『「北朝鮮のチキンたちの元」は「旧ソ連製の武器」である。「自国開発の武器では無く、旧ソ連の支援により旧ソ連製の武器を与えられ、その武器で、朝鮮人同士で戦争し、武力制圧した部分の残り」が「今の北朝鮮」なのだ。

「旧ソ連の支援で誕生した反乱軍政府」なので「北朝鮮政府は、本当の自信など持てる訳も無い」。

「結果、北朝鮮国民さえ恐れて来た」から、

「武力弾圧と衰退支配」を「行い続けて来ている」のだ。

「北朝鮮国民を政権交代も出来ないくらいに、武力弾圧や密告・粛清社会で萎縮・衰退させておけば、指導部は安泰・・・」という訳である』。

『「他国より優れた武器や製品等を自力開発する為」には「その国の中が豊かで自由である必要がある」。

「科学技術の発展には、物心双方の豊かさや自由さが必要」なのだ。

「政権交代を恐れて、衰退支配を実行している国々」に「十分な自力開発の力がある訳も無い」。

「そこで、そんな国々では、他国から技術等を貰おうとしたり、貰えない場合は、盗む」のだ』。

『「貰い」には、「懐柔工作等」が、

「盗み」には、「衰退支配実行の為の組織や技術」が「大いに役立つ」。

「衰退支配の実態」は、

「不適応分子の洗い出し」から「始まる」。

「その為の手段」が、

「盗聴・盗み見(盗撮)・脅し・・・、成果が上がらないと担当者が困るので、でっち上げさえアリ・・・」なのだ。

「そして、でっち上げも含む不適応分子の粛清を多くの人々に見せ付ける恐怖政治」を「行う事」で、

「多くの北朝鮮国民を萎縮させると共に、指導部に従順なシモベに仕立てて来ている」のである。

もちろん、「指導部に従順なシモベが世代連鎖する様に、教育も行われて来ている」。

「北朝鮮国内でそんな{仕事(もちろん、悪の・・・)}を行っている者たち」が

「他国に派遣され(日本や韓国には派遣するまでも無く、日韓併合時の北朝鮮系残留者まで多数いるが・・・)、

懐柔工作や、スパイ活動、粛清活動等々を行い、政財界工作まで行っている」のだから、

「北朝鮮指導部の本当の生命線は、核でもミサイルでも無く、衰退支配の為の組織や技術」なのである』。

『「北朝鮮国民による政権交代さえ恐れている指導部のチキン政策」により、

「北朝鮮内では、先進諸国を上回る技術発展は無い」が、

「チキン政策実行手段の一部である盗聴・盗撮・脅し等々の盗み等の手段を用いた、先進諸国からの技術盗みや粛清・政財界工作等々は在り続けて来た」のだ。

「その集大成的象徴が、先進国の数十年遅れレベルの核とミサイル」なのだ』。

『「当然、先進国側では、そんな時代遅れの武器による脅しなど、迷惑でこそあれ、脅威には成り得ない」。

「北朝鮮の核・ミサイルは、実質的には、北朝鮮国民に向いている」のだ。

「核・ミサイルまで持っている指導部なのだから、

政権交代など考えるな!

今の指導部に従順であれ!!」というのが、

「その意図」である。

「そして、その意図の下で、

数多くの北朝鮮系の人々や外国籍の人々が、

北朝鮮指導部の為の工作員として、

今、この瞬間も{仕事(もちろん悪の・・・)}をさせられている」のだ』。

『「自国民を武器と衰退政策で政権交代も出来ない様に押さえ込み続けないとダメな指導者たち」は、

「チキン中のチキン」である』。

『「先進国にとって、北朝鮮の核やミサイルは脅威とは成り得ない」が、

「衰退支配の為に異常な程に発達している工作等は脅威になりえる」。

「スパイやテロや政財界工作や先進国内での不適応分子の粛清等々」により、

「先進国そのものを親北朝鮮国家に改悪しようとしている」のだから、

「全ての先進国は、北朝鮮等による工作活動に対する実効のある対策を急ぐべき」だ』。

『一方、

「先進諸国」も「チキン中のチキンをわらってばかりは居られない」。

「チキン中のチキンが武力と衰退政策で自国民を政権交代が出来ない様に押さえ込んでいる」なら、

「現状の所謂先進国は、お金に過剰な力を与える事で、自国民も他国民も押さえ込もうとしている」のだ。

「もちろん、お金が力を持つ為には、国家・国民の多くが豊かでなければならない・・・」から、

「チキン中のチキンの様な自国民衰退政策は行わない」が、

「全体的に豊かにしてお金を増やし、

お金に力を持たせた上での、

お金の分配を牛耳る事で、

特定極一部の者たちが支配し続けようとして来ている」のだ』。

『「大権立場や大量資産の相続による世代間連鎖等はその顕著な例」で、

「そんな手段で、大権立場や大量資産を得た者たちの多く」は、

「当然の如くチキンになる」。

「先進国側でもチキン指導者ばかり・・・」で、

「もはや、腹をくくって、さっさと、チキン中のチキンを滅ぼし、

北朝鮮国民をも解放しようとする先進国指導者は、

実質的に、皆無」なのだろう』。

『「チキン同士」なので「チキンレースが成り立ってしまい」、

「未だに続いているから、多くの一般市民の迷惑が続いてしまっている」のだ。

「チキン中のチキン」は「そんな指導者たちを頂いている国の国民の多くがチキンでは無いのなら、

近々、焼き鳥にでもされる事になる」だろう。

「先進国のチキン指導者たち」は、

「いい加減に、

自分たちの人生に本当の自信さえ持てないから・・・、と、

子や孫に自分を勝手に投影・転嫁し、

大権立場や大量資産等々を与える悪習から抜け出すべき」だ』。

『「果たして、チキンたちが人間に成長することはあるのだろうか???」

「成長無きチキンたちに、分不相応な大権や大量資産等を保持させたまま・・・」なら、

「実質的には、人間社会全体がチキンみたいなモノとなってしまう」から、

「人類丸ごと焼き鳥にでもされる様な、人類滅亡が待っている」のだ』。

|

北朝鮮問題、藪睨み、各国の本音・・・。

『「瀬戸際外交も効かなくなったなぁ・・・。でも、どうしたら良いかわからないから、瀬戸際外交強化してみるか・・・。でも、ミサイル撃てばミサイル減るし、核実験すれば核兵器減るし、経済制裁されたら再軍備も困難になるから、米・韓・日が、一刻も早く瀬戸際外交に屈してくれないかなぁ・・・」(北朝鮮)

「日本で政権が変わり、円高によるメリットが消失し、不況になって来て困っていたけど、北朝鮮のせいに出来て、とりあえずは助かったなぁ・・・。そのお礼として、対話でもなげかけておくか・・・」(韓国)

「この際、重荷になって来ている米軍核の共同管理を日韓にもやらせる為のステップとして利用するか・・・」(米国)

「だから、三男では無く、長男にしろ!って言っておいたのに・・・。核放棄しないのなら、強制的にでも政権交代させてやるゾ・・・」(中国共産党)

「問題が深刻になれば、漁夫の利が得られるでしょ・・・」(ロシア)

「迷惑だけど、民主党よりずっと良い対応を示す事は簡単だから、支持率アップにも使えるなぁ・・・」(日本政府)

・・・だったりして・・・』。

|

米国ケリー国務長官の韓・中・日訪問の様子見でミサイル発射実験も出来無い北朝鮮・・・。

『「ミサイル発射脅しが脅しに過ぎ無い事を如実に露呈している」のが「タイトルの事態」だ。

「本来の予定なら、たぶん、金正恩になってから大好きである様相の12日つまり本日中にミサイル発射実験・・・の筈」だが、

「未だに、発射実験が行えない」のは、

「瀬戸際外交の効果見ゆえ」なのだ』。

『「もちろん、本日21時とか、12・21と語呂合わせの良い時に発射実験をする可能性は未だ残されている」が、

「発射実験に夜を選べる程、北朝鮮の体制は整っていない筈」だ。

「北朝鮮のレベルでは、夜では、せっかくの発射実験でもデータ取り等が不十分になる可能性大」なのだ』。

『「金正恩がある程度以上の頭を持っている」のなら、

「金王朝の駆逐による北朝鮮の核放棄」と、

「金正恩自身による核放棄」の

「どちらが、金正恩の為になるか?」くらいは、

「解る筈」だが』。

『「見方を変える」なら「核放棄も行わない(行えない)金正恩」とは、

「かなりのおバカである」という事なのだ。

「そんなモノなら、あり難がって拝んでいる者たちも、かなりのおバカ・・・と言う事になる」が』。

『「金正恩の立場で、カッコの良い道」は、

「金正恩主導で核放棄する」と共に、

「北朝鮮に豊富なウランを他国に輸出する事」だ。

「北朝鮮では核を使わず、しかし、ウランを欲しがる国々にウランは売る事」で、

「北朝鮮は、核を使わないクリーンな国として売ると共に、ウラン輸出の利益も得る」。

「性商売の親方が商品に手を付けないのと同じ様にふるまえば、アウトローとしては、相応にカッコ良い筈」だが・・・。

「もちろん、北朝鮮が正攻法で正義のヒーローになる事は、少なくとも当分は無理」だから、

「金正恩の代では見果てぬ夢」である』。

|

北朝鮮ミサイルの照準が合わせてある事と実弾を撃てる事は全く違うのですけど・・・。

『「日本に照準を合わせているミサイルは、反日教育国の至る所に在る」。「しかし、実弾を撃てる国は皆無」だ。

「何故なら、実際の戦争となれば、

例えば、

北朝鮮は即負けるから、

中国共産党は経済メリットを失い中国国民を押さえられなくなるから、

等々」である』。

『だから、

「北朝鮮による、ミサイル照準合わせてあるぞ~宣言」等を

「報道する時」には、

「その実体」が、

「瀬戸際外交利益を模索している情報工作に過ぎ無い事等」も

「ちゃんと広報しなければいけない」。

「情報工作の手段」として「エジプト等他国人脈を回して、さも、本気であるかの如く思わせる手法」も「用いられている」様だが・・・』。

『「北の言い分だけ伝え、悪戯な不安を煽っているテレビ・マスコミ等の裏」には、

「北朝鮮人脈の工作活動が巣食っている」』。

『「今回は、北朝鮮が一発でも実弾を撃てば、アッと言う間に北朝鮮の負けになる」から、

「北朝鮮に出来る事は、空ミサイルの発射実験や、核実験や、工作活動」なのだ。

「空ミサイルの発射実験や核実験の実効」は、

「北朝鮮の軍縮&更なる制裁強化による軍備増強の邪魔」である。

「気をつけるべきは、工作活動」だ』。

『「北朝鮮一般国民」が「戦争になっても良い」と「思っている」のは「当然」で、

「現状の北朝鮮の酷い状態」なら「その状態による不当メリットを受けている人々以外」は、

「ヤケになり易い」のだ。

「むしろ、人々の中では、現状脱出欲動が、戦争も含むあらゆる手段で、現状を変えて欲しい」と「欲している」のである。

「しかし、現状ゆえの不当メリットをタンマリ受けている主導部は全く違う」。

「下々には、人殺しや自爆を行わせても、聖人君子ぶり、贅沢自慰生活を維持したがる」のが、

「悪主導部の常」で、

「人一倍生き残り欲が強い連中」が、

「あらゆる手段で他人を蹴落とす、権力者レースで生き残っている」のだ。

「戦争になっても良いから現状を変えて欲しい一般国民」とは「裏腹」に、

「主導部は、戦争を起こせず、瀬戸際外交や工作活動で現状の不当利益を維持・増強したい」のである。

「そんな主導部はとっとと政権交代させるべき」だが』。

『「北朝鮮主導部には、保身欲は在っても、実弾を撃ち自滅する肝は無い」。

「それは、国の存続さえ危うくなっていたかつての朝鮮の権力者たち」が、

「日韓併合までして保身を図った事」からも「明らか」だ。

「そんな精神文化は一朝一夕では変わらない」から、

「北朝鮮では、

日韓併合前の様に、

北朝鮮国民の多くを衰退に追い込む事で政権交代を起こせなくすると共に、

またまた自国自体を細らせ、

それを誤魔化す為に先軍政治・・・」だったのだ。

「実弾を撃ち戦争で自滅するくらいの肝のある主導者」なら、

「死んだ気になって、核放棄し、北朝鮮国民に繁栄をもたらし、英雄になる事も出来る」から、

「余程のおバカで無い限り、核放棄を選ぶ」のだ』。

『「チキンレースの行き着く先」は「北朝鮮主導部の保身が化けて示されるダケ」なのだ。

「核放棄すら出来ない肝の無い主導部」なら、

「贅沢三昧の亡命隠遁生活でも餌にして、主導部自体を交代させれば良い」。

「米・中・韓は、既に、その道も探っている筈」だ。

「日・米・韓・中・ロ等々、どんな国でも、北朝鮮の瀬戸際外交を恐れる必要は全く無い」。

「それなのに、北朝鮮の脅威を煽っているテレビ・マスコミ等とは・・・」、

「余程、北工作のメリットや脅しでもあるのでしょうネ」・・・』。

|

空ミサイルと核物質減少核実験による瀬戸際外交を有効化させようとしているマスゴミども・・・。

『「北朝鮮の空ミサイルは、撃てば打つほど北朝鮮が細る」。「核実験でも同様」だ。

「だからと言って、実戦となれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」である。

「つまり、北朝鮮による瀬戸際外交は、全く相手にする必要が無い」のだ。

「気にするべきは、北朝鮮人脈による工作活動やテロ」である』。

『「それなのに、韓国は北朝鮮の瀬戸際外交に対して助け舟を出してしまった」。

「その裏に在る」のが「韓国内に巣食っている北朝鮮人脈による工作活動」と、

「米国内に巣食っている北朝鮮人脈による工作活動」である。

「北朝鮮の捨て身のフリ」は「演技」であり、

「実際に捨て身となれば、北朝鮮現政権の命は無い」のだ。

「元々、自爆テロ等で命を捧げる精神構造」は、「下々に植え付けられるもの」であり、

「自爆テロが出来る権力者などいない」のである。

「勘違いや認識不足による負ける戦争への邁進」はありえるが、

「自らが自爆する権力者はあり得ない」。

「北朝鮮にとっての実戦とは、権力者の自爆」に他ならない。

「他人を蹴落とし、自爆させ、権力者レースで生き残っているのが権力者になっている者たち」なのだ。

「つまり、権力者たちとは、人一倍生き残り欲が強い連中」なのである。

「北朝鮮の所謂金王朝が三代も続いている裏」には、

「所謂金王朝人脈権力者たちが、

相応に、北朝鮮内はもちろん、韓国・米国・中国・ロシア・日本等の実情を把握し、

それらの国々内で工作活動を行い、

工作活動や瀬戸際外交等で不当メリットを得て来たから」だ。

「その結果の代表例が、北朝鮮の核・ミサイルの増強だった」のだから、

「いい加減に、面倒だから・・・等々と、北朝鮮に譲歩する事は止めるべき」である。

「今回も北朝鮮に譲歩する事=北の核・ミサイル軍備の更なる増強を認める事」になる』。

『「現状なら、北朝鮮の核兵器は未だ少ない」から、

「北朝鮮の瀬戸際外交と同様の手法を米・韓・日等で採れば、北朝鮮は降参せざるを得ない」。

「しかし、十分な数の核兵器を保有してしまった北朝鮮が瀬戸際外交を行って来た時」に

「対応する為」には、

「韓国も日本も核武装せざるを得なくなる」。

「実際には、米軍核の共同管理になる」だろう』。

『「何れにしても、北朝鮮が最終的に勝つ道は全く無い」のだ。

「今の内に、北朝鮮にまともな政権を頂かせるか?将来にツケを大きくして回すか?」が

「今、問われている」のだ』。

『「各国内の北朝鮮人脈の工作員の排除は緊急課題」だ。

「スパイ・工作活動防止法等や実効のある摘発体制さえ???の日本はその面も急ぐべき」だ』。

『「北朝鮮問題」は「迷惑」だが「脅威では無い」。

「相手にしなければ、自滅するのは北朝鮮」である。

「脅威を煽り、援助しても仕方無いのではないか・・・」等々の「偽りの感情等」を、

「多くの一般国民に抱かせる事」で、

「北朝鮮にメリットを与える事を容認させる世論等を造成する論調」を、

「一方的に大量配信しているマスゴミ」にも、

「北朝鮮人脈の工作員が巣食っている」のだ。

「早急に行うべきは、北朝鮮との話し合いでは無く、各国内の北朝鮮人脈の工作員の排除」である』。

『「空ミサイルの打ち上げも、核実験も北朝鮮の軍縮」だ。

「ミサイルも核も無くなるくらいどんどん行わせ、

経済制裁すれば、

北朝鮮の軍備増強は出来なくなる」のだ。

「だからと言って、実戦を行えば、アッと言う間に北朝鮮の負け」である。

「こんな実態が在る」のに、

「瀬戸際外交に応じる事を煽ったりする者の裏には、

北朝鮮人脈の工作資金や脅し等々が巣食っている」のだ。

「行うべきは、北朝鮮の瀬戸際外交に応じる事では無く、各国内の北朝鮮人脈の工作員の排除」だ。

「多くの一般国民がその様な認識を持つなら、

北朝鮮人脈による工作活動の力を削ぎ、

北朝鮮問題を本当の解決に近づける事が出来る」のである』。

|

発射準備完了だと言う北朝鮮の空ミサイル・・・。

『「もはや、瀬戸際外交は破綻している」が「日本以上に北朝鮮人脈が巣食っている韓国では、韓国統一省等が北朝鮮に助け舟を出している」。

「それを、日本の韓流テレビ等が大宣伝して日本国内にも不安を充満させたい様相」だが、

「空ミサイルは空ミサイル」である』。

『「北朝鮮にとってのミサイル発射とは、実弾となれば、即戦争で、戦争となれば、即北朝鮮の負けだから、実弾は撃てない」。

「空ミサイル発射実験の目指しているところ」は、

「心理戦による脅し」で、

「面倒がったり、中には本気で恐がったりした、米・韓・日等」から、

「北朝鮮が、話し合いの申し出や援助が得られれば、北朝鮮の勝利」で

「北朝鮮主導部は、北朝鮮国民に対し先軍政治の正当性を証明出来るとでも、思い込んでいるダケ」なのだ。

「もちろん、そんなファンタジーは北朝鮮主導部限定で、一般社会では全く通用しない」。

「面倒だから・・・」と「北朝鮮の瀬戸際外交に乗り、北朝鮮の自浄を期待していた国々」も、

「さすがに、もう、面倒だから・・・と済ますつもりは無い」。

「核兵器を少しだけ持ってしまった我がまま国家」が、

「核兵器を沢山持った我がまま国家に成長する事」には、

「ほとんど全ての国が容認しない」のだ。

「北朝鮮に残されている道」は、

「核放棄」か、

「核放棄をする主導部への政権交代(戦争による主導部交代もありえる)」である』。

『「ファンタジーに現実逃避している北朝鮮現主導部等」には、

「記号依存の症状」もあり、

「金正恩になってから」は、

「ミサイル発射や核実験等の記念日は、何故か?12日」なのだ。

「おそらくは、1と2を合わせて書くとRとなり、ロイヤル(皇帝)の頭文字だから縁起が良い」等の「理由」だろう。

「日本国内でも、(北)朝鮮人脈と推定される連中」は、

「以前から、1.3がらみと共に、

1.2(もっとも、隠蔽の為か?逆にして21の場合が多いが・・・)がらみも、好んで使っている」。

「韓流テレビによれば、韓国からの話しとして、北朝鮮の液体燃料は投入後14日も打ち上げ可能状態を保てる・・・」だが、

「もちろん、それもファンタジー」だ。

「何処かの誰かが、ノウハウ(の一部)を北朝鮮に漏らしたところ」で、

「実際に、直ぐに、燃料や機体を安定的に維持出来る事には直結しない」のが、

「工業生産品の常」である。

「現実的には、14日も放置すれば、持つ{筈}のミサイルが発射の途端に爆発する可能性も大」だ。

「つまり、14日も持つという情報は、北朝鮮が不安増大の為に意図的に流した情報である可能性が大なのである」。

「そんなモノに乗るとは・・・、さすが韓流テレビ」だ』。

『「(北)朝鮮の連中の記号好きについて、他の例を示す」なら、

「(北)朝鮮の連中にとって、金日成は太陽」なのだそうだ。

「太陽である金日成の周りの国はひまわりで、ひまわりは、常に太陽の方向を向くから好ましい」のだそうだ。

そう言えば、

「原発事故時にも、

実際には効果が???だったひまわりの種をいっぱい撒いて、

ひまわりだらけにしようとしていた連中も居たが・・・」、

「そんな人たちの裏や中

(日本での工作活動の多くは、一般日本人を陰や中で操って、大衆を煽り動かしたりする手法が取られている)」には、

「そちら系の人脈の人々が少なからずいたり・・・」して』。

『「何れにしても、新興カルト宗教ファンタジー国家的様相なのが、何処かの国」である。

「迷惑な話」だが・・・』。

『「12を逆さにすれば、21だから、本日の21時」とか、

「明日12日」とかに、

「北朝鮮の空ミサイル(もちろん、擬似弾頭等の{重り}は載せるだろうが・・・)打ち上げ実験等は行われる可能性大」だろう。

「燃料注入後14日も放置する」なら

「公海や他国領域への打ち上げとはならず、北朝鮮内での爆発となる可能性大」だ』。

『もちろん、

「北朝鮮が実弾ミサイルを撃ち、戦争ともなれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」になる。

「米軍戦力だけで、北朝鮮の軍事施設を一瞬で破壊出来、その様な作戦も実際に在る」。

そして、

「その作戦が、北朝鮮以外の国々の被害が一番少ない」から、

「一瞬決着作戦(もちろん、核兵器を使う必要も無い)が用いられる可能性大」なのだ』。

|

未だに「北朝鮮の瀬戸際外交を有効化しようとしている情報を流している醜悪テレビ番組」・・・。

『「上辺では、北朝鮮の瀬戸際外交に屈するべきでは無い・・・」等々と「上辺だけ言い」、「内実」では、「韓国が弱気になりつつある旨等宣伝」し、

「日本も、米国も、北朝鮮との話し合いを・・・」等々の

「印象に導こうとしている情報提供を行っている番組がある」ので、

「本当に呆れる」』。

『「今、日本のテレビが流すべき情報」は、

「本当の戦争になれば、北朝鮮に全く勝ち目が無い事」、

「本当の戦争になれば、それこそ、アッと言う間に北朝鮮の負けで終わる事」、

「米国も中国も北朝鮮を核保有国として認める事は絶対に無い事」、

「北朝鮮現政権が核放棄しないのなら中国共産党までもが北朝鮮の政権交代工作を本気で行う事」、

「北朝鮮の瀬戸際外交は既に破綻し、

北朝鮮が瀬戸際外交で得られる成果は制裁の更なる強化等々で

北朝鮮にとって瀬戸際外交は自虐以外の何ものでも無い事」等々を

「広報」し、

「北朝鮮を核放棄に導く事」と、

「ミサイル発射{実験}は、実弾の装備無きミサイル発射{実験}である旨強調」し、

「視聴者に過剰な不安を抱かせない事」に他ならない』。

『「日本にとっても、米国にとっても、韓国にとっても、中国にとっても、・・・、・・・、」、

「北朝鮮現政権は迷惑」だが「脅威には成り得ない」のだ。

「今までも、面倒だから、瀬戸際外交に応じていたダケ・・・、で、

本気で脅威に思い瀬戸際外交に応じた事は、実際はタダの一度も無い」のである。

「そして、今は、もう、今後一切瀬戸際外交には応じない」のだ。

「どんなに過激な瀬戸際外交を繰り広げても北朝鮮にとってメリットは無く、デメリットが拡がるダケ」だ。

「だからと言って、開戦すれば、アッと言う間に北朝鮮の負け」だ。

「北朝鮮ご用達の情報工作機関では無く、日本のテレビだ」等と言うのなら、

「北朝鮮現政権にその事がちゃんと伝わる様な情報提供をするべき」である』。

|

あれ~??韓国の不況って北朝鮮のせいですか???・・・。

『「言うまでも無く、韓国の不況の原因は、パクリだから」だ。「パクリ製品とは、コピーバンドの演奏みたいなモノ」で、

「コピーバンドの演奏が応分に安ければダウンロードしたりする人々もいるかも知れない」が

「値段が、本家本元と違わなかったり高かったり・・・すれば、普通の人はまず買わない」のだ』。

『「日本が、韓国や中国共産党の為に円高政策を行っていた様相だった民主党政権」では「無く」なり、

「異常な円高の是正が始まった」。

「不当為替メリットが消失し、

価格競争力が削がれれば、

モドキ製品の売れ行きが下がるのは当然」である』。

『「韓国の経済発展は、コピー商品と為替不当利益によって蜃気楼の如く作り出されていたダケ」なのだ。

「北朝鮮の瀬戸際外交など今の騒ぎに過ぎ無い」。

「北朝鮮の瀬戸際外交が終わっても、韓国の不況は終わらない」。

「本家本元となる正道の努力を行えない精神構造を改めない限り、韓国に本当の繁栄は無い」』。

『「北朝鮮のせいで不況論」の「実体」とは、

「北朝鮮人脈による瀬戸際外交有効化の為の情報工作」で、

「そんなモノを信じる事」は

「北の操り人形になる事に他ならない」のだ。

「北朝鮮の瀬戸際外交を有効化しようとする者や、北に操られる韓国人たち」もまた「不況の原因の一つである事」くらい

「理解出来なければ・・・」』。

|

USJで迷惑行為のおバカな大学生たちと教育改革・・・。

『「だから、安倍総理も、今更、道徳などと時代錯誤の事を言っていないで、人間学でも教えるべき」なのだ。

「おバカな大学生たちが行いたかったのは、

自己確認であり、

本来の自己確認を知らないから、

代償欲求に邁進し、

比べっこ原理主義の下で、

より過激な自己確認の代償欲求を追及した結果が、

今回の迷惑行動なのだから!」

「この程度の事も???の大学生とは・・・本当に現代人か???」』

|

北朝鮮のミサイル発射{実験}は後60時間以内でしょ・・・。

『「液体燃料の注入を終えたミサイル」は「普通、72時間以内に発射する」のは「それ以上放置すればアブナイから」だ。

「既に燃料注入から半日程度は経っていると推定される」ので、

「北朝鮮によるミサイル発射{実験}は後60時間以内に行われる」だろう』。

『「北朝鮮のおバカなところ」は「ミサイル発射{実験}では、既に、瀬戸際外交の効果は喪失している、ばかりか、むしろ制裁強化の材料になっている事」を、

「ちゃんと理解していないところ」で、

「実験ではダメなら、実戦となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けである事」も、

「十分に理解出来ていない様相のところ」だ。

「今回のチキンレースで北朝鮮が諦めず、行くところまで行ってしまった場合」は、

「アッと言う間の北朝鮮の敗戦」なのだ』。

『「こんな現状」なのに、

「未だに、日本のテレビでは、北朝鮮ご用達(?・・・一応つけておく・・・)コメンテーター等」が、

「韓国軍と核を持つ北朝鮮軍が戦った場合、100%北朝鮮が勝つ(・・・いったい、何年前の話しなんですか~。当時の韓国軍強化の為の予算取り等の為のお話しなのでは・・・。もちろん、米軍の核の傘がある現状では全く意味の無いお話しです・・・)」

「北朝鮮から亡命した元北朝鮮の要人の話しでは、三日で釜山まで北朝鮮は制圧する(・・・既に故人となってしまった方が何年も前に、しかも、北朝鮮側の言い分を紹介したダケの、お話しでしょ・・・)」等々と、

「未だに、北の脅威を煽り、瀬戸際外交を有効にしようとしている情報工作に邁進していた様相」なのだから、

「本当に呆れた」』。

『「チキンレースの行き着く先」は、

「北朝鮮側の諦め次第」だが、

「最良なのは、もはや、瀬戸際外交は効果無しだから、核放棄するので、援助を・・・とお願いを申し出る道」で、

「最悪なのは、ミサイル発射{実験}では効果が無いから、実装ミサイルを発射して戦争を招く道」だ。

「何れにしても、米・中が既に、金王朝以外の政権を準備している様相」なのだから、

「北朝鮮の現主導部の人々にとって」は、

「とっとと、既に用意されているであろう亡命先に、出来る限り多くのお金を持って逃げ、隠遁生活を送る道」以外に、

「生き残れる道は無い」だろう。

「亡命するよりは、自ら進んで核放棄した方が、ずっとカッコ良い」と思うが』・・・。

|

北朝鮮問題で脅威を煽り北朝鮮の瀬戸際外交の後押しをしているマスゴミ・・・。

『「今回の北朝鮮問題でも、テレビ番組や新聞・雑誌等の正体は良く判る」。「脅威を煽り北朝鮮の瀬戸際外交の後押しをしているマスゴミ」と「北朝鮮の実態や防衛体制が万全である旨を告げ、北朝鮮の瀬戸際外交を無力化しているマスコミ」では、

「日本における存在価値が全く違う」のだ』。

『「マスコミには報酬を、マスゴミには罰や罰金を」が「正当な対応」だろう』。

|

韓国内外国人退去勧告でも、複数射程距離ミサイル一斉発射準備でも、全く瀬戸際外交が機能しない北朝鮮・・・。

『「韓国内の外国人に退去勧告まで出し、如何にも、直ぐにでも戦争が始まるかの如く勘違いさせたい様相の北朝鮮」だが、

「もはや、万一戦争になれば、アッと言う間に北朝鮮の負けである事」は、

「この問題を知る、北朝鮮系の人々を除く人々の間では、常識的共通認識」だ。

「北朝鮮が自滅を急ぐので無い限り、戦争は起こり得ない」から、

「韓国内から外国人は退去した方が良いですよ~!」と「北朝鮮が言ったところ」で、

「全く説得力が無い」のだ』。

『「複数射程距離ミサイル一斉発射準備」でも「同様」で、

「万一実弾発射ともなれば、直ぐに戦争で、アッと言う間に北朝鮮の負け」だから、

「ほとんどの人々は、実弾発射があるとは思っていない」。

「空ミサイルの複数射程距離一斉発射の実体」とは、

「北朝鮮の軍縮」なのだから、

「どうぞ、ご勝手に・・・」というのが、

「この問題を知る北朝鮮人脈以外の人々の常識的共通認識」だ』。

『「もはや、日本でも、いくらマスゴミが北朝鮮の立場で不安を煽って」も、

「北朝鮮の瀬戸際外交は全く機能しない」のだ』。

『「複数射程距離ミサイルの一斉発射」で、

「手持ちのミサイルを減らし」、

「核実験で手持ちの核を減らし」、

「瀬戸際外交のメリットはほぼゼロ」というのが、

「今回の北朝鮮の最後の瀬戸際外交作戦(こんな作戦を考えたり、実行命令を出したりする者は、本質的に、主導者の資質が無い)」で、

「その後の待ち受けているのは、北朝鮮国内での資質無き主導者に対する突き上げくらい」だろう』。

『「北朝鮮の現主導者たち」は、

「早々に、核放棄する事が出来ない」のなら、

「早々に、

既に用意しているであろう亡命先に、

持てるだけの金でも持って亡命し、

隠遁生活を送る・・・」くらいしか、

「生き残れる道は無い」のだ。

「それが嫌で実弾を撃つなら、寿命は非常に短いものとなる」。

「言うまでも無く、細胞ごとに誕生・死を繰り返す事で存続している人間に、あの世など無く、

生き残れない文化や思想等に注力していた主導者等が死後に受ける評価は惨憺たるモノになる」のだが』。

『「死の本能に操られ現実逃避している様な連中」には、

「過分な立場・報酬等々は不似合い」であり、

「現実離れしている連中が引き寄せているのは、現実からの排除」なのだ。

「あの世を信じている等の実体離れした思想に執着している現実離れしている連中」は、

「時間経過と共に、他の誰でも無い現実からの排除を自らの中から受け易い」のである。

「そんな者が、例えば、権力者の立場で他の人々を巻き込めば、

戦争になったりして、

数多くの他の人々までもが大迷惑を被る事になってしまう」から、

「そんな連中に対する先制攻撃」は、

「無垢の人々を守る意味からもアリ」なのだ。

「現実離れしたおバカ連中が実弾を撃つ様なら、遠慮無く先制攻撃するべき」だし、

「既にその用意は整っている筈」だ』。

|

日本のマスゴミが北朝鮮の代弁者を務めている訳・・・。

『「その訳」は「その事による実効を考えれば、誰にでも解る」。「北朝鮮の代弁者情報を日本国内に大々的に流し、それを真に受けた人々が萎縮すれば・・・」、

「過去においては、その手段によって、{戦争を避ける為には、譲歩・・・つまり、瀬戸際外交に屈する事・・・も止む無し}論が、優位となり、

結果、北朝鮮は不当利益を得られていた」。

「しかし、そんな事を積み重ねて来た結果、

北朝鮮は、核武装し、

ミサイル技術を発展させ、

瀬戸際外交は止めず、

むしろ、瀬戸際外交利益頼りの国政を行い続けている」のだ。

「今や、多くの一般日本国民が、それらの事実を深刻に受け止め、

もはや、瀬戸際外交に屈するべきでは無いと考えている」。

「核兵器をちょっとダケ持ってしまった、瀬戸際外交に依存している国」を、

「核兵器を沢山持った瀬戸際外交に依存している国」にしてしまう道に

「賛同してしまう程、多くの日本国民はバカでは無い」のだ』。

『「そんな現状」で「日本のマスコミが流すべき本来の情報」は、

「開戦となれば、戦勝国となる国々、及び、北朝鮮の実態をちゃんと暴露」し、

「瀬戸際外交の力を削ぎ」、

「北朝鮮が瀬戸際外交を諦め易くする情報」に他ならない。

「それなのに、未だに、日本のマスゴミでは、北朝鮮の代弁者がゾロゾロ・・・」なのだ。

「何故か?」

「その裏にあるのが、日本国内にも少なからずいる北朝鮮系人脈及びその下の人々の統率、そして、工作活動の続行指令」なのである。

「北朝鮮の瀬戸際外交は未だ未だ十分に機能しているから、

お前らも工作活動を頑張れ!」というのが、

「その指令の意図するところ」で、

「未だに、マスゴミどもがそんな指令情報を発し続けている」ので、

「未だに、不健康な工作活動を続行・強化している人々が、日本国内にも少なからず居る」のである』。

『「旧共産圏の不健康な工作活動の実態」を「知らない人々の為に例を示す」なら、

「諜報活動&不適応分子の粛清の為の組織が在り」、

「その組織内で出世する為」には、

「嘘でも、でっち上げでも、後で、粛清等の手段により帳尻を合わせる事が出来る諜報情報を上げ」たり、

「何の罪の無い平和思想の人々でも、不適応分子として粛清して実績を上げ」たりする事が、

「必需」なのだ。

「そして、司令側では、

多くの営業の仕事と同様に、もっと諜報成果を!もっと粛清成果を!の指令を出し、

成果が上がった者が出世する」。

「その結果、元の政治体系が変わらない限り、不健康な活動は、増大する事はあっても、無くならない」のだ。

「日本国内でも、中国共産党系の組織も、北朝鮮系の組織も、・・・増大・増強の一途を辿っている」』。

『「具体的な手口」は、

「例えば、中国では、

公害が起きている場所で、

諜報係が適当に諜報係が出世出来る様な情報を上げ、

それを元に、

粛清係が身勝手に決められた不適応分子に対して発ガン物質等を仕込み、

医者の仮面を被った粛清係が早々に死に追いやる」。

「同じ公害発生地域で暮らす人々」でも、

「有益分子扱いの工場労働者等にはガン死亡者が少なく、

不適応分子扱いの公害企業出て行け!派にはガン死亡者が多い事」には、

「上記の様な裏が在る」のだ。

「公害の無い場所では、身勝手にでっち上げられた諜報情報を元に、例えば、事故死等の手段で粛清実績が上げられている」。

「日本国内でも、病死・事故死等だからといって、安心出来ない」のだ。

「日本人のガンがやたら多い一因」は「不適応分子の粛清」だと推定される。

「反日教育国の不適応分子粛清係にとって、日本人の血統である事=不適応分子」なのである。

「弱毒物や有害物等を継続摂取させられ、何処と無く体調がおかしい・・・と、工作員が化けている医者の下を訪れてしまうと、

体調は改善するどころか、悪化し、

酷い場合には、うつ状態にまで追い込まれ、死に追いやられる事だってある」のだ。

「反日教育国人に有益な思想信条・行動実態を示している者たち」は

「とりあえずは後回し」にして、

「反日教育国人に不利益と判断した日本人粛清」と「無差別粛清」が「日本国内では行われている」のだから、

「日本政府も警察ももっとちゃんと実効のある対策を取るべき」である。

「弱毒物や有害物の継続摂取や、発ガン物質の仕込みや、電磁波工作や、いじめや、人事面等のパワハラ等々の手口」により、

「反日教育国の身勝手な判断では不適応分子である日本人」に対する「粛清工作が行われている」のだ。

「最終目的は、日本の乗っ取り支配」である』。

『「不健康な北朝鮮等を健康化する為」にも、

「日本国内で行われている元は他国人脈による不健康な工作活動を終焉させる為」にも、

「日本の政治家やマスコミの果たすべき役割は大きい」のだが、

「未だに、工作資金や異性工作や脅し等々に屈したり、確信犯だったり・・・して、

不健康な側の都合に沿う行動を続けている者たちも少なく無い」のだ。

「北朝鮮自体の問題も酷い」が、

「日本国内の問題も、未だに、酷い」のである』。

『「マスゴミ」は、

「自分たちは、工作資金や異性工作や脅し等々に屈した、もしくは、北朝鮮の出先機関なのだから、

視聴者・読者等も北の瀬戸際外交に屈指なさい」と言っている様なモノなのだ。

「本当に醜悪」である』。

『「マスコミは実態を暴露したりして一般日本国民に有益な情報を提供する」が、

「マスゴミは悪戯な不安を煽ったりして、北朝鮮や中国共産党や韓国等々や在日等々を利して来ている」。

「果たして、日本にマスコミはどれだけあるのか???」』

|

金融政策では良好な安倍政権だが・・・。

『「円安・株高の流れは益々強くなって来ている」。「その面では、韓国や中国共産党の為に円高状態より深刻にしていた様相だった民主党政権時とは全く違う良い状態」だ。

「しかし、忘れてはいけない」のが、

「自民党が信用を失った一番の原因」である

「少子高齢化の加速」と、

「二極化格差社会化」を「招いた」、

「小泉・竹中路線に対する反省と是正」だ。

「その面は、未だ未だ不十分」だから、

「現状のまま時を重ねる」と、

「益々少子高齢化が深刻になる」と共に、

「二極化格差社会化も深刻になってしまう可能性が大」なのだ』。

『「現状のまま・・・では、内需が本格的には回復出来ず、景気の良さはホンの一時でオシマイになってしまう」。

「非正規雇用を維持したまま、報酬アップしたところで、非正規雇用者の多くは、結婚・子造り等が困難」だろう。

「非正規雇用という枠もあるべき」だが、

「企業が野坊主に非正規雇用出来る状態は好ましく無い」。

「正社員と同等の仕事をこなし、その希望がある者のほとんど全てが正社員となれる状態」を、

「一刻も早く整備しなければ、少子高齢化の是正が遅れる事になる」。

「保育所等の整備」より、

「確実に取れる3年間の育児休暇と確実に戻れる職場復帰(実務能力がいくらか遅れたのなら、応分に給料・立場等は下げられても)が大切であるのと同じ」で、

「言い訳政策」と「実効の上がる政策」は「違う」のだ。

「大切なのは、ちゃんと実働者にお金が行き渡り続ける事」だ』。

『「また、バブル防止の面」からも、

「悪戯な不動産投資等に対する規制強化を急ぐべき」だ。

「実際に本人が居住実体を有する事、及び、短期間の土地転がしの原則禁止を基本にし、

それ以外は、不動産価格に応じて高ければ高いほど、累進的に冷遇(高税化)すれば良い」のだ。

「そうすれば、高額不動産転がしや土地転がしは行い辛くなる」。

「低額不動産を沢山持つ事による転がし」では、

「賃貸運用するにしても、相応に損しない為の工夫が必要になる」から、

「低額不動産転がしでは余り儲からない筈」だ。

「日本国籍だけでは無く外国籍も含む、拝金教人たちによる

不動産悪用の金転がし等で、

日本を荒らさせてはいけない」のだ。

「お金に色が付かない、

お金に換算する価値基準さえいい加減な、

現状のインチキ経済システム故の悪害」は、

「意識的に避けさせなければ必ず襲ってくる」。

「土地転がしでも、株転がしでも、金・原油・小麦等々現物転がしでも・・・、

●●転がし等により、

アブク銭を儲けようとする連中からは、

遠慮無く、思いっきり高い税を取れば良い」のだ。

「また、過分な相続や、過分な資産からも、ちゃんと、もっと、もっと、高い税を取るべき」である』。

|

北朝鮮の代弁者の様な番組さえあるテレ朝・・・。

『「さすが、拉致は無い&強制連行は悪い論の宣伝さえ行っていたチョウニチ系のテレビ局」だ。

「米国に大人の対応を求め、戦争を避けよ!」論まで言う「実質的、北朝鮮の手先コメンテーター」も、

「公共の電波で大いに語らせていた」のだから、

「本当に呆れる」。

言うまでも無く、

「北朝鮮が、核もミサイルも持ててしまった・・・」のは、

「過去において、散々、

北朝鮮が一番避けたい戦争を、

戦争となればアッと言う間に戦勝国となる国々が避けて、

北朝鮮に悪戯な譲歩をし、

悪戯な援助までして

北朝鮮を利して来たから」だ。

「北朝鮮の手先的論者」によれば、

「北朝鮮が、インドやパキスタンの様に、米国から核保有国として認められれば良い・・・」なのだそうだが、

「そんな者は、日本の公共の電波上で大々的に語らせる」のでは無く、

「お仲間、北朝鮮に強制送致すれば良い・・・」等と思ったのは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「本当に日本のテレビは異常」である』。

『「北朝鮮問題」は

「米・韓が戦争を恐れず、

北朝鮮の瀬戸際外交を無効化する事で、

初めて今までの異常路線から抜け出し、

本来の交渉の第一土台が出来る」のだ。

「第一土台の上で、北朝鮮に核放棄を迫り、現政権が核放棄しないのなら、政権交代させれば良いダケ」である。

「北朝鮮は、弾道ミサイルでも核でもどんどん使えば良い」。

「その分だけ確実に、弾道ミサイルも核物質も北朝鮮のお金(戦争体力)も減る」のだ。

「もはや、弾道ミサイル発射も核実験も脅しにはならず、自虐になっている事」を、

「北朝鮮の主導者たちが気づけていない」のなら、

「本当にお気の毒なくらいのおバカ」という事になる。

「今回行うであろう核実験で、全ての保有核を使い、もはや、核放棄した」から、

「交渉のテーブルを拡げてください」と「米国に頼む」なら、

「今の北朝鮮主導部は、おバカでは無いことになる」が・・・。

「もっとも、その場合でも、北朝鮮が不健康な工作活動を直ぐ止めるとは思えない」から、

「もし、その様な事態になっても、平和ボケは禁物」だが』。

『「正に、

北朝鮮人脈の、

日本の大衆に対する情報工作的様相」だった「テレ朝の昼番」。

「悪戯な不安を煽る情報工作」は、

「原発の汚染水漏れ問題でも変わらず、

こちらは、原発を大いに使おうとしている韓国や中国に対する援護射撃の様相」なのだ。

「もちろん、安全確保の意味からも、日本は積極的に原発を使い原発技術を磨くべき」だし、

「今回の汚染水漏れは、悪い話しだが、それ程深刻な話しでは無い」。

「実害は少なく、対応可能な範囲の問題」なのだ。

「それでも、原発嫌い感情を視聴者に植え付けるべく、大いに不安を煽っていた様相」なのだから、

「本当に醜悪」である。

「実質的」には、

「日本国・多くの日本国民の為にならず、

日本を核丸腰状態にしたい中国共産党や、

原発電力を日本に売りたい韓国等の援護射撃にはなる様な情報内容」なのだ』。

『「北朝鮮や韓国や中国共産党の手先の様な連中」に

「貴重な日本の公共の電波を使わせて、大々的に語らせている事」は、

「本当に異常」だ。

「そんな連中の実質的売国・売国民論等の後に、

ちゃんとした日本の為になる論や解説でも付け、

或いは、売国・売国民論等と日本の為になる論等を直接対論させ、

多くの視聴者が悪戯な不安を抱かず、日本の為になる考えを持ち易くなる様に情報提供するのなら、

事態は変わってくる」が、

「テレ朝にも、他の問題民放にも、その気は全く無い」様相なのだ』。

|

昨今の記事も大変ご好評だから・・・か、無差別工作の強化のせい?・・・か、電磁波工作車も増えている・・・。

『「本日も偶々、高速道を走る機会があった」のだが、「後ろを走ると気持ちが悪くなるくらい強い電磁波を発している特定ナンバーの車」に「何台も遭遇」した。

「電磁波が原因の事故も起こっている筈」だが、

「現状の警察では、そんな原因を特定する事も出来ていない」のでは・・・』。

『「逆に、電磁波による無差別殺傷、或いは、不適応分子の粛清の実験、もしくは、実践」は、

「そんな警察の不備を突いて、益々強化されている」のだ。

「日本の警察等も、根っ子は他国人脈等による工作活動の摘発を本気で頑張るべき」である』。

|

中華民族思想で宗教国家の様相を益々強めている中国共産党・・・。

『「今時なのに、今更、民族思想とは・・・。中国共産党はいったい現代からどれ程遅れた所を歩もうとしているのだろうか・・・」。

「言うまでも無く、民族思想とは、

地球生命体細胞群の壮大な歴史の

極一部の近片鱗を

権力者たちの都合で勝手にちょん切った上で

異常に偏重している

歪んだ思想に他ならない」。

「こんな事は、今、先進国で生活している多くの人類は既に重々承知」だ。

「それなのに、中国共産党は、そんな既に破綻している論理を前面に出して中国国民を支配しようとしている様相」なのだから、

「本当に呆れる」。

「さすが、中華人民を一千万人以上も殺したと言われている組織の考える事」だ』。

『「元々、中国共産党とは、ソ連が旧社会・共産主義の普及の為に中国国内で反乱軍を支援して出来た組織」だ。

「つまり、反乱軍政府」なのである。

「元々、反乱軍とは、同じ国の国民に対しても武力まで用いて反乱している軍」で、

「正道を訴え大衆指示を得る事」では「無く」、

「人殺しと脅しで同じ国の国民を支配しようとしていた連中」だ。

「反乱軍政府とは、そんな連中が反乱に成功してしまった結果出来てしまった政府」である』。

『「反乱軍政府」でも「出来てしまった後は、政権維持に躍起になる」。

「その結果、平時にも係わらず、戦時中異常に同じ国の国民を不適応分子の粛清というお題目の下で殺し続けて来ている」のが、

「現状の中国共産党」で、

「未だに、表立っている死刑でさえ年間一万人もあるとさえ言われている」。

「もちろん、反乱軍政府の人殺しのほとんどは表立たない手段」だから、

「裏の死刑=不適応分子の粛清の数は、普通に考えれば、桁違い」で、

「未だに、少なくとも10万人レベルの人々が不適応分子の粛清の犠牲になっている」と推定するのが「妥当」だろう』。

『「今時ならあり得ない反乱軍政府による宗教支配が可能になってしまっている様相の裏に在る」のが、

「大衆愚民状態」だ。

「現代を生きている人類として必要十分な情報・教育を金銭的・環境的・圧力規制等の手段で意図的に遮断する事等で行われている大衆愚民化」は、

「人権を大きく損なう悪行に他ならない」。

「多くの中国国民は、大衆愚民化状態から解放されるべき」である』。

『「そんな反乱軍政府と仲良く・・・」とは「普通ならあり得ない話し」で、

「欧米列強権力者の多く」では、

「反乱軍政府を利用して自国や自分の利を考える事」はあっても、

「反乱軍政府と仲良く・・・と考える平和ボケもしくは、自国/自国民を貶める確信犯の悪はいない」。

「ところが、平和ボケ宗教から未だに抜け出せていない人々がある程度いる日本」では、

「反乱軍政府と仲良くを謳い文句にする政党まで在ったりする」のだから、

「本当に呆れる」。

「もっとも、さすがに昨今では少数政党に成り下がっている」が・・・』。

『「日本政府の未だにおかしな所」は、

「中国共産党系にしても、北朝鮮系にしても、

・・・日本国民に対する反乱軍政府の不適応分子の粛清の対策が甘過ぎる事」だ。

「甘過ぎる状態が続きすぎている裏」には、

「日本の権力者の裏に巣食っている反乱軍政府の工作活動が在る」と

「推定されても仕方無い様な状態」である。

「日本政府がそれを否定したい」のなら、

「早急に反乱軍政府による日本国民に対する不適応分子の粛清への実効のある対策を急ぐべき」だ。

「早急に実効のある対策を行わない場合、何が起きても不思議は無い状態」は、

「直ぐ其処まで来てしまっている」』・・・。

|

大使館員退去推奨でも相手にされていない北朝鮮・・・。

『「4月10日以降は安全が確保出来ない・・・旨告げ、平壌の各国大使館員等に対し退去を推奨した北朝鮮」だが「勧告を受けた筈の各国の大使館側から、冷静さを保つ旨説教されている様相」で、

「北朝鮮による瀬戸際外交はもはや実質的には破綻している様相」なのだ』。

『「軍事訓練の実写映像も公開した」が、

「コピー&ペーストの元になった二機のホーバークラフトが鮮明に映っていた」り、

「まるで、ラジコンのオモチャの様な無人爆撃機を誇らしげにしていた」り、

「まるで、体操の様な陸軍軍人の武闘訓練」だったり・・・、

と、

「いったい何処の誰に何を誇示したいのか???」

「多くの国々では、北朝鮮に迷惑を感じていても、脅威など感じていない」だろう』。

『「日本海側に移された弾道ミサイルは二機という事」は、

「先ず、何も搭載していない一機を発射」し、

「万一撃ち落されなかったら、実弾装着の一機も飛ばせるゾ!」と「脅す戦略」かも知れないが、

「ミサイル防衛システムが機能する可能性は高い」から、

「撃ち落されて、少なくともその瞬間は、技術の差に愕然とし、ションボリする北朝鮮主導部の顔を思い浮かべると愉快・・・」かも知れない。

「撃ち落された後に何もしない訳にも行かない」だろうから、

「局地戦は起きてしまう可能性大」だろう。

「万一、ミサイル防衛システムが十分に機能しない場合」でも、

「北朝鮮の脅しが通用する訳も無く、米国はミサイル防衛が十分に機能しないなら、コレ以上の核兵器増産や核拡散等を防ぐ意味からも、先制攻撃を行う」だろう。

「中国共産党にしても、北朝鮮元主導部はお荷物」だから、

「米国と中国で、北朝鮮を米国が叩き、中国寄りの長男を新たに北朝鮮のトップに就ける合意が出来れば(既に出来ているのかも・・・)、

北朝鮮主導部交代の為の超短期戦争が行われる」だろう』。

『「北朝鮮の現主導部」は、

「生き残りたい」のなら、

「瀬戸際外交を放棄し、核放棄を全面に出す道を選択する」か、

「亡命先を得て、亡命先で隠遁生活を送る道を選択する」しか無いのだ』。

|

ミサイル発射準備の北朝鮮と未だに死刑年間1万人(推定)の中国共産党・・・。

『「北朝鮮はミサイル発射準備を行っている」。「もはや狼少年的な瀬戸際外交なので、何処まで行ったら以前の様な効果が出るのか?を試している様相」だ。

「しかし、今回、ミサイルを発射すれば、もちろん、米国が撃墜する事になる」。

「万一ミサイル防衛システムで撃墜出来なければ、米国の威信失墜になる」から、

「{おバカ}な北朝鮮は、米国のミサイル防衛システムの実力を測る意味からも、ミサイルを撃ちたい」のだろう。

「北朝鮮のおバカなところ」は「ミサイル防衛システムが機能しなかった場合に、米国が取る態度を見誤っているところ」だ。

「ミサイル防衛システムが機能しない場合の対ミサイル防衛法は、先制攻撃」である。

「米国内で、北朝鮮が大量の核を持つ前に先制攻撃すべき論は、直ぐに主流になり、

北朝鮮が早々に核放棄でもしない限り、

確実に、ミサイル防衛システムが機能しない米国は、北朝鮮に攻め込む」だろう。

「もはや、中国共産党にとっても、現状の北朝鮮を守るメリットは無い」。

「それこそ、3日戦争で北朝鮮は崩壊する」だろう。

「ミサイル防衛が機能した場合」は「北朝鮮が困窮する」。

「北朝鮮のミサイルを撃ち落されたのに、反撃しないまま・・・では、北朝鮮主導部がメンツを保てる訳が無い」。

「だからと言って、宣戦布告すれば、それこそ3日で負け」である。

「いくら口先で核兵器を言っても、実際に今の北朝鮮に数多くの核兵器は無く、

ミサイルに搭載可能な核兵器とは、セイゼイ、旧ソ連製の手持ち核の改造版程度(威力は、セイゼイ半径2キロくらい)」だろう。

「どんなモノでも、核兵器を使えば、核による報復が当然になる」。

「北朝鮮の{小さな核}ミサイルは、米国等の大きな核爆弾を北朝鮮に呼び込む特効薬にしかならない」のだ。

「何れにしても、ミサイル発射は北朝鮮を困窮に追い込むダケ」だ。

「北朝鮮主導部に残されている道」は「核放棄」か「金を持って亡命・隠遁生活」である』。

『「中国共産党は未だに、大量の中国国民も外国人も死刑にしている」。

「その数は、表に出ているモノの推計で、年間1万人」だそうだ。

「死刑と言えば、他の国と同様の犯罪者に対する厳罰と勘違いしがち」だが、

「中国共産党の行っている事は、死刑というより不適応分子の粛清と言った方が適切」な、

「何でも死刑にしてやるゾ!法に基づいた悪態」なのだ。

「死刑に{出来る}罪は約50もあり、

死刑にする/しないを決めているのは、

もちろん中国共産党指導の下に在る中国の裁判所」だ。

「そして、それは、表に出ている氷山の一角に過ぎ無い」のである』。

『「不適応分子の粛清」に「ワザワザ表の法制度を利用して、合法的に死刑にする」のは、

「手間がかかる」。

「合法的に死刑にする犯罪行為等に染める事が困難な人も数多い」。

「結果として、不適応分子の粛清は、非合法(何と言っても、国家・国民の上に在るのが、支配者中国共産党なのだ)的手段で行われている場合が多い」のだ。

「手口は、毒物や弱毒物の継続摂取や、病死・事故死の悪用や、電磁波工作等々」で、

「それら表の法や摘発体制に上がり辛い手段」は、

「中国国内ダケでは無く、日本も含む他の国々でも行われている」のが「実態」だ。

「旧ソ連の子どもの中国共産党の子どもの北朝鮮系の主導者の下」でも、

「不適応分子の粛清は当然の様に行われていて、表の法や摘発体制に上がり辛い手段による粛清」は、

「同様に日本も含む他の国々でも行われている」のだ』。

『「一説では、

中国共産党が死刑や不適応分子の粛清等々で、

既に殺した人々(主として中国国民だが中国以外の国の外国人も含む)は

既に一千万人を超えている」とも言われている。

「反日教育で散々旧日本軍や日本国(現在も含む)を悪者扱いしている中国」だが、

「内実では、

中国共産党の方が旧日本軍や欧米列強等々より遥かに多くの中国国民や外国人を殺している」のだ』。

『「北朝鮮は終わりが近い」だろう。

「中国共産党も早々に終わり、中国は民主化されるべき」だ』。

『また、

「日本国内等々の北朝鮮人脈や中国共産党人脈等々による不適応分子の粛清行為」は、

「即刻、実効のある対策により壊滅させられるべき」である』。

|

本日の一言・・・。

『考え・思いを公言しても他人に無理強いしない/他人を操る考え・思いを無理強いする・・・善良な(場合だけではないかもしれませんが・・・)一般市民と工作員の違い・・・ですね。

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに他人を支配しようとする悪人や病人たちや、自分を他人にコントロールさせている人たちは、自分を健康にコントロールし続けることが十分に行えていませんから、自己崩壊しやすいのです。

そんな人たちは自らの中の生の本能を忘れ(金や権力の圧力で忘れさせられ)、誰もが持つ死の本能に操られている悪に操られてしまっているのでしょう。
(人類誰もが、今この瞬間にも、細胞ごとの誕生も死も体験していて、それらは誰もが無意識レベルでは大量に感じているのですから、生の本能も死の本能も・・・誰もが持っています・・・今時の人なら常識でしょうけど・・・。)

自分を健康にコントロールしようとすると、他人を支配しようとしていたり、他人に自分を支配させていたりする自分の状態にも気づかざるを得なくなります。

多くの人が無意識レベルで死の本能を優先しているなら人類滅亡も実現しちゃうでしょうし、多くの人が自らの生の本能を生かし自分で自分を健康にコントロールし続けるようになれば、人間社会も天国みたいな話しになるのですが・・・。

因みに、細胞ごとの命の連続性を考えれば誰もが解るように、地球で生まれた生物の命の連鎖が永遠に続くことこそが、実現可能な永遠の命です。

自分の正体が細胞の塊であることを忘れていなければ、それは広い意味で自分の永続でもある訳です。(狭い自分のみに執着している不自由な状態の方々は、そんな状態から自分で自分を救い出すべきでしょう。)

自分を生かす生の本能も自分の正体も忘れ、(元は誰のものであれ)死の本能に操られていた未熟さを、自分にも他人にも詫びる状態になることで、ようやく自らが招いている地獄から抜け出せるのですが・・・。

自分の正体を忘れていなければ、地球で生まれた生物の永続に貢献する本来の仕事と破壊行為の区別くらいつきますよね・・・。

自分を健康にコントロールしているなら、本来の欲求に基づいた本当に自分が必要としていることと、代償欲求が誘っている強欲の違いくらい判りますよね・・・。

今生きている誰もが、自分本来の人生を歩めるべきです』。

|

選挙制度改革法・・・。

『「一票の格差の問題で選挙区割り・議員定数の話しばかりが言われている」が、「代理民主主義制」なのだから「先ず言われるべきは、日本社会で何人に一人を国会議員とするのが適性か?」を「決める事」だ。

「この肝が疎かになると、出来上がった制度により民主主義が破壊されてしまう事態も起こりえる」のだから、

「絶対にスタートラインは間違ってはいけない」のだ』。

『「国政における民意の代表者の割合」を「決めた後」で、

「一票の格差を是正」し、

「国会議員に対して支払われる税金の額等」を「決める」のが、

「正道」なのだ。

「先に、一票の格差是正論の実体」は、

「代理民主主義制の内実はとにかく、上辺ダケ格差を無くしましょう論」であり、

「先に、議員定数削減ありき論の実体」は、

「国会議員の金銭メリットはそのままに論」に他ならない』。

『「何人に一人を国会議員とするのか?」を先ず決め、

「次に、議員報酬を決める」。

「その後、選挙制度をどうするのか?」を決める。

「大選挙区にするのか?中選挙区にするのか?小選挙区にするのか?比例代表との組み合わせはどうするのか?等々」を決める訳だ。

「その後、選挙区割り」を決める』。

『「順序を間違わずに精査すれば、妥当な議員定数も、妥当な議員報酬も、妥当な選挙制度も、妥当な選挙区割りも・・・、

そう大きな困難も無く、

多くの人がほぼ同じ結論に辿りつく様になる筈」だ』。

|

北朝鮮の擁護を始めた中国共産党・・・。

『「核施設の再稼動」や「ケソン工業団地への韓国人立ち入り禁止」まで加え、「北朝鮮は瀬戸際外交を続けたがっている」。

「当然、米国や韓国、もちろん日本も、今更、北朝鮮の瀬戸際外交には応じていない」。

「唯一、中国共産党ダケ」が「核施設の再稼動等を受け、関係国は対話による解決を図るべき旨」述べ、

「今の北朝鮮が一番欲しがっている{開戦無き北朝鮮の戦勝}の後押しをしている」。

「北朝鮮にとって、米・韓から対話が持ちかけられる事=北朝鮮の軍事的脅しに米・韓が屈し、北朝鮮は戦わずして勝った事」なのだ』。

『「当然、今更、米・韓が対話を持ち出す訳も無い」のだから、

「中国共産党による北朝鮮援助」は、

「中国共産党の更なる信用失墜になっているダケ」なのだ』。

『「開戦となれば、それこそ3日で滅亡となる北朝鮮」。

「北朝鮮主導部に残されている実効のある手段」は、

「核放棄を全面に出した、北朝鮮からの対話要請くらい」だが、

「散々、痛めつけてきた北朝鮮国民の前で、北朝鮮の主導部が米・韓に降参する事」は、

「北朝鮮国民が主導部を見切る絶好の機会になる」だろう。

「北朝鮮の主導部が生き残る唯一無二の手段」は、

「さっさと金を持って逃亡し、隠遁生活を送る道」だが』。

|

サイバー犯罪特別捜査隊も結構だが・・・。

『「中国共産党や北朝鮮や韓国等の反日教育国人脈」や「その人脈と馴染みが深い日本の●暴や組合や宗教団体等の構成員等」が「行っている集団的犯罪行為」で、

「日本の警察の摘発体制が手薄な犯罪の代表例」が、

「サイバー犯罪」や「電磁波工作」だ。

「今回のサイバー犯罪特別捜査隊の設置は、前進」である』。

『「電子技術を学んでいる者たちに確認すれば、直ぐ判る」が、

「サイバー犯罪」も「電磁波工作」も、

「先進国で既に公開されている技術を元に、ソレ向きに研究すれば、

核やミサイルの様な大金も要せず、

使う時の小回りも利き、

現状の多くの国々の体制では摘発も困難で、

実効はそれなりにある、

悪たちにとってはとても都合の良い科学技術の進歩の悪用行為」なのだ。

「悪たちが持っている組織を使った組織犯罪となれば、尚更」である。

「日本の警察や政治家等も、要人はもちろん一般日本国民の安全確保の為」にも、

「もっと、もっと、

{電子技術悪用(集団)犯罪}に対する

実効のある摘発体制・法整備を、早急に、充実させるべき」だ』。

|

未だに、小泉・竹中路線の反省が足りない安倍総理・・・。

『「小泉・竹中等が言っていた{頑張った人が報われる社会}の実体」は「源泉が何であれ、お金を持っている人が頑張れば、それこそ、鳩山の様に総理大臣にもなれる社会」だが

「十分なお金を持っていない多くの人にとって」は、

「先ず、十分なお金を持つ事を頑張らなければならない社会」で、

「お金を持つ事を頑張る事の実態は、多くの場合、お金持ちや権力者のポチになる事」だった。

「規制緩和の実体は、金権増大」で「規制緩和で得られた実効は、二極化格差社会」だった。

それなのに、未だに、

「規制緩和=成長路線と思っている様相」だったり、

「国会答弁でも、平然と、頑張る人が報われる社会などと言っている」のだから、

「本当に呆れる」。

「安倍総理は、もっと本質を理解・把握する必要がある」』。

『「今の日本社会に必要」なのは、

「源泉を問わずお金を持つ者や企業が有利になる悪戯な規制緩和社会」では「無く」、

「規制を適正化する事で、多くの一般日本国民が健康な社会生活を営める様にする事」だ。

「源泉を問わずに、お金を持つ者や企業が有利になる社会」とは、

「お金の源泉が、他国からの工作資金であっても、過分な血統相続であっても、摘発されていない犯罪であっても、多くのお金を持つ者が有利になる社会」で、

「当然、そんな日本社会となれば、拝金主義は益々蔓延り、実質的治安も悪くなる」から、

「健康成長は見込めなくなる」。

「頑張った者が報われる社会が健康性を保つ為」には、

「頑張るスタートラインや環境等の平等・公平化が必需」なのだ』。

『「経済の大枠では、デフレからの脱却に合理的な方向に動いている安倍政権」だが、

「具体的な成長戦略等となると、未だに、???の要素が満載の様相」である。

「自公政権にダメ出しが出て、それより酷い民主党政権が出来てしまった」から、

「消極的選択で自民党を選択せざるを得ない有権者も数多い」が、

「現状の様な状態では、直ぐにまたダメ出しが出る事になる」だろう。

「その場合でも、受け皿すら無い」のが「日本の政治のお寒い実状」だ』。

『「悪戯な規制緩和を止め、日本社会を健康に導く規制適正化路線を打ち出す」のなら、

「安倍政権は長期政権に成り得る」のだから、

「よ~く考えるべき」だ。

「相続や高報酬等に対する適度な規制」と、

「高額なお金の源泉公開等」により、

「ある程度の公平・平等・公正状態をつくった後、

元々の環境やお金の差に余りにも多く影響されずに、

頑張った人々がそれぞれ頑張りに応じた利権を保持出来る事」で

「安定した立場・収入が得られる健康な社会にする道」を「提示すれば良いダケ」だから、

「頭の良い官僚ども」や「お偉い政治家たち」が、

「本気で考える」なら、

「半年から一年くらいの期間」で、

「十分な路線を提示出来る筈」だが』。

|

少子高齢化是正と格差是正無き成長戦略とは・・・。

『「アベノミクスの成長戦略も結構」だが「安定成長にする為には、少子高齢化是正と格差是正は必需」だ。

「ところが、未だに、それらに対する実効のある対策は示されていない」。

「企業に賃金アップを推奨したり、保育所等を増大させる事」は、

「コテ先の誤魔化しに過ぎず、実効は薄い」』。

『「企業に賃金アップを推奨する前に、利益配分が、もっと、もっと、実働者や設備投資等に向くように税制改正するべき(現状のレベルは、言い訳程度)」だし、

「そもそも保育所等の整備の前に、ちゃんと3年の育児休暇を取れ、3年の育児休暇の後に元の職場に戻れる事を徹底させる事が必要」だ。

「三歳にもならない極低年齢の内から、子育てが他人任せ・・・」では「親とは、いったい何なのだろうか???」

「企業利益の為に、多くの一般日本国民から{親権}を取り上げてしまう{親権侵害}状態が其処に在る」。

「親権を取り上げる国家として有名なのは北朝鮮」だ。

「北朝鮮では、全ての国民のお父様は金●●であり、お母様はその妻」で「親権などロクに存在する訳も無く、子どもは国家の物」なのだ。

「血統家族主義は一種の宗教みたいなモノだから否定されるべき」だが、

「個人の発育の為にも、

文化・思想等の多様性の為にも、

親子関係や家庭関係が重要」だ。

「家族として、極近くで、環境を共有し合い生活する事」は

「血統維持の為では無く(因みに、科学的には血統は実質的に維持出来ていない)、

人間個体の成長や多様性の為に重要」なのである。

「出来る限り多くの人々が、家庭でも快適な環境で暮らせる方向に導くのが良質な政治」だ』。

『「人間社会のベースを健康化する事」こそが、

「安定的成長の肝」なのである。

「少子高齢化是正も、格差是正も不十分なままの安定的成長」が「もたらす結果」は、

「極一部の金持ち達の安定的成長(???)と多くの庶民の安定的被搾取&衰退」に他ならない。

「その様な実態を招きたいからか(?・・・一応つけておく・・・)、

年収1千万円超えがゾロゾロのテレビ等では、

少子高齢化是正と格差是正による人間社会の健康化が

安定成長には必要不可欠である旨十分に訴えていない」のだ。

「もし、こんな当たり前の事さえ???」なら、

「おバカがテレビで一方的大量情報発信を行っている事になる」のだし、

「極一部の金持ち達の安定的成長(???)と多くの庶民の安定的被搾取&衰退状態に向かわせたくて、

本来必要な情報発信を行っていない」のなら、

「悪がテレビで一方的大量情報発信を行っている事になる」』。

『「テレビ等で稼いでいる有名人」とは、

「元々が、毎日の様に同じ顔やエコ贔屓宣伝等の異常な情報発信により、

無防備な視聴者等の悪戯な投影・転嫁・同一視心理を誘い、

その病的で悪徳な有名人利権を元に、自分の下に過分な報酬等を招きこんでいる事」を、

「平然と行えている人々」である。

「本質的、病人や悪人に本質的な健康を誘う情報発信を望む事には無理があるのかも知れない」が・・・。

「何れにしても、多くの人々を悪戯な投影・転嫁・同一視から解放し、

実体どおりの者・物・事の把握がし易い状態になれる様」に、

「毎日の様に同じ顔や、エコ贔屓宣伝等々」は、

「直ぐにでも禁止されるべき」だ。

「必要なのは、健康な人間社会に基づいた安定成長」である』。

|

両立し得ない核・ミサイルと経済の両方を掲げた北朝鮮の愚・・・。

『「北朝鮮が核・ミサイルに力を注ぎ続ける事=他のほとんどの国々が北朝鮮に対し経済制裁等を続ける事」だから「北朝鮮の核・ミサイルと経済発展背反する事どうしに他ならない」。

「客観的に考えれば」、

「こんな当たり前の事さえ???ならおバカ」だし

「解っていて尚且つ核・ミサイルに邁進させているなら

北朝鮮自体を衰退させる事を確信犯で目的としている悪」という事になる』。

『「当然、普通の頭があれば、上記の当たり前の理屈くらい分かる」から、

「当たり前の理屈が分かっていない様相の裏には、北朝鮮が優位になると信じ込める宗教的な裏が在る」と「考えるのが妥当」だろう。

「実効無き、どころか、実効がマイナスである実軍備の整備」の「裏」で、

「何が可能なのか?」を考えれば、

「誰もが、工作活動国家の実態に思いが至る筈」である』。

『「実際に、北朝鮮は工作活動国家」で、

「実軍備を用いた戦争では散々・・・だが、工作活動では数多くの実績を上げられてしまっている」のだ。

「北朝鮮の工作活動は、言うまでも無く、日本国内でも行われている」』。

『「それなのに、タダ平々凡々と北朝鮮は核・ミサイルと経済の両面政策を採用する事を党大会で決めた・・・等々と報道したダケ」の

「マスゴミ」には、

「一般日本国民の安全確保に対する貢献の気持ちの欠片も無い様相」なのだ。

「実質的には、日本国・日本国民の為になる情報を配信せず、悪戯に北朝鮮の宣伝を行っているダケ」である。

「そんなマスゴミの裏にも北朝鮮の工作活動が巣食っている」のだろう』。

『「北朝鮮等による工作活動は悪質」で、

「例えば、

善人面して仲間に入り、

仲間を煽って仲間に犯罪行為を行わせ、

その結果として、普通の人間の弱みを握る事で、

言う事を聞かせ工作員として利用する等の手段まで用いられている」、

「マインドコントロール等も当たり前の様にある」、

「本当に酷い状態」なのだ。

「ところが、工作活動同様に、現行の日本の摘発体制や法体制では摘発が困難」なのである』。

『「日本のマスゴミを悪用して、日本の隅々にまで行き届いた北の指令のせい」か、

「筆者の住んでいる地域(関東平野)でも、電磁波工作が一気に強化されている様相」だ。

「ところが、日本の警察等が本気で取り締まっている様相は無い」。

「それこそ、市役所にも、駅近くの建物にも、電磁波レーザーが仕掛けられている様相」なのだから、

「マスゴミでは無く日本の為になるマスコミなら徹底調査しその実態を露わにする」と共に、

「警察等も、いい加減に、実効のある摘発を行うべき」だ』。

『「その辺りの動きが異常に遅い事の裏に在る」のも「北朝鮮等による工作活動」なのかも知れない。

「日本の国会議員の中にも、北朝鮮に日本の血税を贈りたがっている議員や、日本国内の北朝鮮等による工作活動の摘発の邪魔をし応援をしている議員等も少なからずいる」のだろう。

「日本国内は日本国なのだから、侵略行為やその援助は大きな問題を起こす」。

「バレ無い様に乗っ取り支配工作活動等を続けているつもり・・・」でも、

「既にバレている」のだ』。

『「このままの状態を続ければ、何れ膿は破れ、場合によっては大量出血する事になる」。

「正当性の無い連中を正当に罰し駆逐する実効のある対策を急ぐべき」だ』。

|

暴走している北朝鮮の今後・・・。

『「次々と脅しの言葉等を連発した事」で「米・韓等が交渉等を持ち出す」なら、「我々は戦わずして戦争に勝利した!」とでも「やりたいダケ」で、

「実際は、米国も韓国も、もはや核兵器放棄無き交渉など行わない」だろうから、

「北の思惑は外れる事になる」。

「思惑が外れても、北朝鮮が戦争を仕掛けられる訳も無く・・・何しろ、戦力では圧倒的に北朝鮮が劣勢で、燃料も足りないから、戦争になれば、即、北朝鮮の負け・・・」なので、

「北朝鮮が出来る事と言えば、大声を張り上げている裏で行われている工作活動を強化する事と、セイゼイ北朝鮮内で核実験を行う事くらい・・・(米国本土核攻撃を公言してしまった以上、ミサイルを準備すれば、今度は米軍が戦争を仕掛ける絶好の理由となってしまう・・・)」でしょ』。

『「それにしても、戦争など出来得ない北朝鮮の状態を十分に言わず、戦争を避けるのが大人の知恵・・・と北朝鮮との対話でも推奨したがっている様相のテレ朝昼番には呆れた」。

「万一戦争になっても、即、北朝鮮の負け・・・で、今は中国共産党も静観せざるを得ないだろうし、今のままの北朝鮮が続いた場合と比較すれば、意外な程、韓国・米国・日本の実害は少ない筈」である』。

|

65歳まで雇用義務化&解雇の自由化・・・。

『「比べっこ原理主義に基づいた、何でも自由化の流れにより、今や、新たに雇う人の半分以上が外国籍という大企業まである日本社会」。

「節操無き自分の下への金集めに邁進した人々」は、

「当然、そんな自分に本当の自信さえ持て無い」から、

「身勝手に子や孫に自分を投影・転嫁しがち」で、

「結果、何でも自由化の前に是正されているべき相続格差はむしろ増大する一方」・・・。

「そんな既に歪過ぎる状態の社会を何とか維持しようとすれば、

現状維持の源泉となるお金集めに益々邁進する人や国が増える一方・・・で、

その反面、世界中各地で経済破綻国や環境破綻国等々がゾロゾロ・・・」』。

『「日本でも、急激な少子高齢化のツケが年金支払いの後倒しとして沸騰し始め」た。

「無年金無職者・・・では、生活保護・・・で、タダでさえアブナイ社会保障費も破綻・・・」だから、

「責任を他人に擦り付ける事が得意な官僚どもや政治家ども」は、

「ツケを企業に押し付ける事とした」。

「元々は、国の内実少子高齢化政策である二極化格差社会化政策が元凶」なのだから、

「本来責任を取るべきは国」で、

「企業に、解雇の自由化という飴で誤魔化して65歳までの雇用義務化を強いる前」に、

「国の責任において格差是正・少子高齢化是正の為の政策を行うべき」なのに。

例えば、

「現状人間社会ゆえに金銭的メリットが過剰な人々から応分の大量の税等を取り、

現状日本社会ゆえに金銭的メリットが乏しい人々へ、

日本国民配当金(言うまでも無く、外国籍の人間に出す必要は無い)でも配る、

人類の世代交代は個の保存では無く種の保存であり、

親が子に財産・立場等を継がせたいのは、本来の自分に自信さえもてなくなる酷い人生がもたらす代償欲求の身勝手な投影・転嫁である場合がほとんどなのだから、

一定以上の過剰相続分は認めずそのほとんど全てを納税させ、過少相続者(もちろん、日本国民に限る)に分配する、

・・・くらいの

大胆な是正政策が必要」なのだ』。

『「何事でも順序がある」。

「何でも自由化の前」には、

「産まれながらの基本的平等」が「無ければ、人間社会は益々不健康になる」。

「先ずは、各地域に根付いた歴史文化等の現実から目を背ける事無く、各国ごとに、産まれながらのスタートラインを平等にする事」は、

「基本的人権を守る事」に他ならない。

「似非人権主義者たちは、血統家族主義や不当利益・不当立場等を維持する為に人権を悪用している」が、

「本当に見苦しい」。

「産まれながらの平等」と

「生後の努力・実働・実効に対して」の、

「誰かの思いでは無く現実との整合性がある公平な対応」無くして、

「健康な人間社会は出来得ない」のだ。

「それらのベースが在って初めて、何でも自由化も正当性が得られる」のである。

「現実は、人類誰もが、地球生命体細胞群の一塊」だ。

「直近だけ、しかも、丸ごと一人の死生観等に基づいて丸ごと一人を主に考える、

現実離れした

時代遅れの

実質的には、一宗教に過ぎ無い

血統家族主義等」に、

「溺れ続けている人々が多ければ、そう遠く無い将来人類は確実に滅亡」する』。

|

北朝鮮党大会で決められた重要事項・・・。

『「重大な決定・・・」と「瀬戸際外交の決まり文句を言い続けていた北朝鮮が決めた事」は、「表向き」は、「核・ミサイル依存路線を歩み続ける事」だった。

それに加えて、「米国本土やグアムや日本の沖縄や三沢や横須賀も、韓国同様、攻撃対象とする事」等も公表されていた。

「つまり、北朝鮮が表むきに言っている事」は、

「攻撃対象と攻撃対象に対する必要兵器の整備」なのだ。

「これから、公表した攻撃地域を一度に攻撃出来る兵器を準備する旨、決定した」のだ。

「当然、今の北朝鮮には、今直ぐ公言した対象地域を一度に攻撃出来る武力は無いから、

もちろん、コレも瀬戸際外交の一部に過ぎ無い」。

「張子の虎の脅しである事は既にバレている」のに、

「未だに、懲りずに、張子の虎脅しを続けているのだから、・・・本当に呆れる」。

「張子を止めて、実物の虎にするゾ!と脅しても、

その頃には、先進国は今より遥かに高い防衛力を保持している事になるから時代遅れの核・ミサイルの増強は無駄」なのだ』。

『「そんな瀬戸際外交による効果」は、

「既に、おバカな北朝鮮幹部でも重々承知」だから、

「当然、裏が在る」。

「各国のマスコミ等を通じて広報された、北朝鮮の核・ミサイル増強決定」は、

「各国で工作活動に勤しんでいる工作員に対する工作活動増強命令」に他ならない。

「各国の国民の興味を核・ミサイルとそれに対応する制裁等に引き付けている裏」で、

「北朝鮮系の工作員による工作活動を益々増強」し、

「各国内の反北朝鮮人脈を衰退させる事により、50年~100年かけてでも、状況を北朝鮮に都合良くする」というのが、

「北朝鮮の現状の権力者たちの意向」なのだ。

「世代をまたぐ悪夢の実現画策」だから、

「世襲も必需」なのである』。

『「北朝鮮の核・ミサイル増強戦略に対する制裁も重要」だが、

「同時に工作活動対策も増強しなければならない」のが、

「北朝鮮が敵とみなしている国々の実態」なのだ。

「多くの一般日本国民」は、

「日本は国や自治体等としての工作活動対策は、無防備みたいなモノ」だから、

「工作活動には十分な注意・自主防衛が必要」である。

「連中の手口は、

以前は、弱毒物や有害物や虫や菌等を悪用した飲食物・空気等の工作や、

工作員医師等が裏で流しているインシュリン等の薬物工作が主流だったが、

今や日本の分析技術はかなり向上しているので、それらの微量有害物工作は露呈する場合もある」。

「旧来の微量有害物工作と代わり、現在主流の様相なのが、電磁波工作

(前後の車からの電磁波レーザーの照射により、心不全や脳神経麻痺状態が引き起こされ、事故が誘われたり、

家の中に居ても、窓やカーテンや壁などは簡単に通過する電磁波レーザーにより、

同様の事態が引き起こされ、

病死等と推定される状態を誘われたり・・・原因不明のコリや痛みや変な感じ等の裏には電磁波照射がある場合も少なく無い・・・連中は、例えば、首や頭や胸等を集中して執拗に狙い続けるので、電気的筋力強化器と同様の理屈でそうなるのだ・・・、

大切な仕事や試験等で集中力を阻害されたり・・・、

等々の悪例は、枚挙に暇が無い筈だ・・・)」であり、

「以前から続いている実権を持っている仮面帰化内実北朝鮮人等による政界・企業・裁判・病院等での工作も未だ盛んな様相」だ。

「防犯カメラの設置増加でかなり減ったが、工作員たちによる表むきは自殺等になる差知人も、未だある様」である。

「中国共産党系の連中や一部の●暴や組合や宗教組織とも馴染みが深い様」で、

「それらの人脈の表むきは普通(内実はそれらの組織員、もしくは、工作員として利用されている哀れな操り人形たち・・・)の日本人」が、

「変な事を行っている場合も少なく無い」のだ。

「北朝鮮や中国共産党等の手先として操られている日本人(金や弱みを握られていたり、脅されたりして、嫌々・・・渋々・・・なのかも知れないが・・・、

罪が深くなる前に抜け出すべきだ。

多くが一度に止めて、工作機器や人脈等を公開してしまえば、連中もどうしようも無いのだから、

今回の北のニュース等をきっかけに止めれば良いのだ・・・)は、

いい加減に目を覚ますべき」である』。

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »