« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

未だに大久保・新大久保の宣伝はしても在日朝鮮人に問うべき事さえ問わない酷い番組・・・。

『「本日、偶々見たテレ朝昼番は酷かった」。「テレビ世襲利権保持者関口息子が、大久保・新大久保を訪ねて、

{政治と文化は違う}とか、

まるで{直接お店に行ってよね!}とでも言いたげだった{直}とか、

という形でまとめて、大衆誘導したがっていた様相だったから」だ』。

『「せっかく、テレビ取材で大久保・新大久保に行って、在日朝鮮人の話しを聞く」なら、

「あなた方一族は、何時から日本に来ているのか?

(この質問により、日韓併合前か?日韓併合時か?戦時中か?朝鮮戦争時か?その後か?が明らかになる。)」

「日韓併合をどう思っているのか?

(日本による植民地支配というのなら、何故、植民地支配をしていた国に居るのか?)」

「竹島は何処の国の領土だと認識しているのか?

(戦後日本の体制不備につけ入り不当侵略した事の是非感は、その人の善悪観に相通じる筈だ。)」

「反日教育や親日罪についてどう思っているのか?

(もちろん、反日教育や親日罪は日韓友好関係を壊す酷い事だ。反日教育や親日罪を良いと思っていて、日韓友好が良いという人の実態は、日本は韓国の属国であるべき派だろう。)」

「終戦前から居るなら、何故戦後も居続けているのか?

(終戦時、朝鮮半島内の日本人はそのほぼ全てが強制的に日本に帰還させられた。

もちろん、平和に商売を営んでいた人々もだ。

例えて言うなら、今、大久保や新大久保で店を構えている人々が、店を放棄させられて帰還させられたのだ。

その様な事態に対して、どう思い、今、日本で店を構えているのか?)」

「外国人犯罪者の取り締まり強化や強制送還には賛成か?

(デモでも言われている事だが、もちろん正論だ。日本の血税で外国人犯罪者を優遇する必要は全く無い。日本での優遇措置は犯罪抑制にならず、例え捕まっても酷い目には遭わないから・・・と、犯罪促進にも繋がる。)」

等々、

「大久保・新大久保で店を構えたりしている在日朝鮮人の実体が明らかになる質問」をし、

「その回答を聞くべき」だ。

「実体が明らかになった上で日本人にとって安全なところなら、訪れるのも良いだろう」が、

「日本国・日本人にとって危うい実体が無い」と確かめられない限り、

「新大久保の焼き肉店で食事の後、入院した経験を持つ筆者」は、

「やたらな所に行かない、

やたらな所にお金を落とさない

(日本乗っ取り等の工作資金になりかねないので)」のが、

「日本国民にとっての正しい選択だ」と思っている』。

『「日本の公共の電波を使って情報を一方的に大量配信している」のだから、

「悪戯に在日の方々等を利する情報をばら撒く」のでは無く、

「ちゃんと多くの一般日本国民の為になる情報を提供するべき」だ。

「しかし、新聞では、

旧日本軍の数少ない戦時中の強制連行と引き換えに

平和時の北朝鮮による旧日本軍の強制連行数を遥かに上回っている様相の日本国民拉致・殺害を正当化し隠蔽していた様相」の

「朝日」系のテレビ局だから、

「是正は困難」かも知れない』。

『「テレビ局自らが是正出来ない」のなら、

「日本国・日本国民の安全の為」にも、

「日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続けるべきでは無い」』。

|

外国人記者への橋下会見・・・。

『「従軍慰安婦問題や沖縄米兵風俗利用すべき発言問題」で「橋下維新の会共同代表」が「海外特派員協会で会見を行った」。

「従軍慰安婦問題では、従来の主張を繰り返し」、

「沖縄米兵風俗利用すべき発言問題では、謝罪すると共に発言自体を取り消した」。

「問題は、海外メディアの反応」である』。

『「欧米の国々のメディア」では「概ね相応の理解を得た様」だが、

「韓国や中国等のメディア」では「未だに理解が??の様相」で、

「特に韓国のメディアなど」は、

「従軍慰安婦で補償が欲しいのなら国際司法裁判所へ訴えるべき」という

「日韓基本条約で日韓間の賠償問題は既に全て終了」という「現実」から

「国際常識としてあるべき正論」までをも

「批判している」のだから、

「本当に異常」だ』。

『「欧米メディアの問題」は「人権意識」だ。

「戦時中の人権を考えれば、誰でも解る事」だが、

「戦時中の兵士の人権は無いに等しい」。

「戦時中の従軍慰安婦の人権を今時の感覚で女性を強調して女性の人権問題として訴える事」は、

「明らかに妥当では無い」。

「従軍慰安婦問題は女性の人権問題として追求されるべき問題では無く、

戦争問題として追求されるべき問題」だ。

「戦時中となれば、人殺しも、命がけで人殺しに赴いている人々への売春も、・・・仕事になっていた」というのが

「現実」だ。

「第一に責められるべきは戦争」である』。

『「もっとも、米国等では、兵士の人権についても、それなりに真剣に考えられている様」で、

「昨今では、戦争行為による自国民兵士に対する人権上の配慮からか、

無人殺人兵器や、

遠隔殺人兵器が、

大流行の様相」だ。

「米国の敵対勢力も同様・・・」となれば、

「それこそ、ロボットバトルの世界」で、

「戦争自体が、現実化したゲームみたいな事」になる。

「そうなれば、兵士という仕事は無くなるから、兵士は失職」だ。

「元々、戦争も売春も、・・・みんな日々の生活維持の為」である。

「権力者たちが、利権を維持~拡大しながらの日々の生活を維持しようとすれば、ぶつかり合うのが当然」で、

「そんな権力者たちの衝突が戦争の火種」なのだ。

「権力者ご用達のその国のマスコミや教育機関等」は、

「権力者の意向に沿ってその国の国民の多くが動くように誘導している」。

「ぶつかり合う火種」に「大衆の力が加われば、戦争」である。

「人類は、戦争の歴史を繰り返して来た」』。

『「昨今の多くのマスコミは、少なくとも上辺では戦争嫌い」だ。

「今時、戦争!戦争!!戦争も厭わない・・・等々と喚いているのは、中国共産党や北朝鮮のマスコミくらい」だろう。

「権力者たちはどうか?」

「利権の維持~拡大を画策する代償欲求の虜となっている権力者たちは、未だに枚挙に暇が無い」。

「所謂先進国では、戦争による利権拡大では無く、経済戦争による利権拡大が、今の権力者たちの流行」である。

「経済戦争による特定極一部の人々の利権拡大を実現し続ける為」には、

「利権集中と搾取の構造が必需になる」。

「元々、兵士や売春婦にさせられていた」のは、

「否権力者であり、被搾取民」なのだ。

「ロボットバトルの世界となれば、人殺し戦争は無くせるだろう」が、

「失職する兵士や売春婦の日々の生活が維持出来る状態をつくる事なし」に、

「本当の平和は在り得ない」。

「現状経済社会」では、

「被搾取側の人々が、発揮能力の割りに低い報酬である意味では奴隷的に働かされている」。

「搾取が在るからその様な事態になっている」のだ。

「元々の搾取行為自体が、代償欲求の追及に基づく不健康な行為である事に気づく」なら、

「真の平和実現の為には、搾取の撲滅が必要な事」が、

「解る」筈だ』。

『「他の悪人を責めて、正義ぶっている」のは、

「橋下ダケの話しでは無い」のだ。

「先進国のマスコミ」なら、

「先進国のマスコミらしく、人間社会の本当の病根を暴き出し、大衆周知する事」で、

「人間社会の健康化に力を加えるべき」である』。

|

反日教育国包囲網・・・。

『「反日教育国とは実質的にカルト宗教国家みたいなモノ」だ。「何故なら、事実・現実に基づいた是々非々判断より

国家権力者が用意した思想信条を優先するように

その国々の国民を

まるでカルト信者の如く洗脳しようとしているから」である』。

『「そんな反日教育国で普通の事実・現実に基づいた是々非々判断による仕事を行おうとしても最終的に上手く行き辛い」のは、

「当然」で、

「反日教育カルト宗教国家の目的」は、

「反日カルト宗教の延長線で存続する事だから」だ。

「事実・現実に基づいた是々非々判断と反日カルト宗教が徹底的に対立した時、

最終的には反日カルト宗教を選ばざるを得ない国家経営を行っている」のが、

「反日教育国」なのである』。

『「当然、そんな国々に仕事を流す日本企業でも、

反日カルト宗教以上のメリットが無ければ、

反日教育国に仕事は流さない」。

「かつては、近隣国である反日教育国の人件費が日本国内より遥かに安かった」から、

「経済的メリットで仕事を流せていた」。

「しかし、その経済的メリットはもう縮小し、

反日教育国のデメリットが増大しているのが、

現在の実状」だ。

「普通の企業なら、

反日教育国に流す仕事を縮小し、

親日で人件費も安いアジアの他の国々に仕事を流す先を変えるのが当たり前」だろう。

「そして、実際にその流れは既に大流になりつつある」』。

『「安倍総理によるトップ外交ミャンマー訪問もその大きな流れの一つ」だ。

「軍事政権下では躊躇っていた企業」でも、

「民主化された後なら、親日であるミャンマーはアリ」なのだ。

「安倍総理に同行した企業の数がそれを雄弁に物語っている」』。

『「今後、アジア地域では、現実離れした反日教育国の衰退」と、

「日本を始めとする事実・現実に基づいた是々非々文化で仕事をする国々の繁栄」が

「同時に顕著になって行く」。

「中国は反日教育国のまま」なら「共産党政権も崩壊し、幾つかの国に分かれざるを得なくなる」。

「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)は、

反日カルト宗教国である限り、

何れ、事実・現実に基づいた是々非々文化となる世界から相手にされなくなり、

最終的には、国の存続さえ危うくなる」』。

『「人類の行き着く先」は、

「事実・現実に基づいた是々非々文化上を歩む」なら、

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性を取る歩み」となり、

「他者支配や他者に自分を支配させる事」等の「代償欲求追及型文化」から、

「自分を自分で健康にコントロールし続ける事」による「本来欲求充足型文化」に

「正常進化」する。

「事実・現実の把握度向上の必要性から、

考え・思いによる納得に答を求める宗教レベルの文化は伝統文化遺産等になり、

実体把握度がより高い科学レベルの文化が世界標準となる」。

「人類誰もが地球生命体細胞群の一塊である現実」や、

「人類誰もの誕生・死も細胞ごとに起こっている現実」が、

「人類のほとんどに理解・把握される様になる事」で、

「自虐的な社会システムや行動等がかなり抑制される状態になる」』。

『「人類は、

自分の実体さえ十分に理解・把握出来ず、

自分で自分を健康にコントロールし続けるのでは無く、

代償欲求の追及に奔走して来た、

・・・ので、

戦争の歴史さえ繰り返して来た」。

「戦争自体は決して美化されてはいけない事」だが、

「戦争とは、やはり代償欲求の追及行為である比べっこの一つの究極」なのだ。

「比べっこの本来欲求とは、自己確認欲であり、それも、生体としての自己確認欲」なのだが、

「自己確認欲が代償欲求の形で追求されると、

本来の生体としての欲だけに留まらず、

者・物・事に投影・転嫁し、更に、膨張した形になり易い」のだ。

「結果、代償欲求追及の集団的合意まで作られてしまうと、戦争さえ起こってしまう」・・・。

しかし、

「戦争で勝つ為には、

より進んだ科学技術や、

より巧みな戦術や、

勝つ為に必要十分な資源等という

事実・現実に基づいた者・物・事が必要になる」。

「より事実・現実との整合性が高い方が戦争自体では勝つ事になる」のだ。

「より事実・現実との整合性が高い者・物・事を追求する」のは「ある意味本道」である。

「本道だけで話しが済むほど実際の人間社会は単純では無い」。

「古の人々が悪魔に魂を売り渡した」等と「表現した者・物・事の実体」は、

「誰もの自らの中に在る死んだ細胞やガン細胞等が無意識にもたらしている信号の相似形を人間社会に投影した者・物・事」に他ならない。

「本道を突き詰めようとせず、他人の本道を盗んだり、他人の本道追及の邪魔をしたりすることで、

自分や自分たちを有利にしようとする等の行動等」は、

「正に、悪魔に魂を売り渡した者が行う行動等」に他ならない。

「本道を追求した者たち同士の戦争を悪用する者たち」等は、

「正に、悪魔に魂を売り渡した者たち」で、

「人間社会として一番に罰するべき者たちに他ならない」のだ』。

『「悪魔に魂を売り渡した者たち」に「対する対処」が「不十分」だと、

「人間社会全体が悪魔に魂を売り渡した状態に陥る事になる」。

「そんな人間社会に待っている未来」は、

「人類滅亡」に他ならない』。

『「先の大戦時」でも、

「代償欲求追及上にせよ、本道に生きようとせず、

悪魔に魂を売り渡す事で不当利権を得た者たちも存在している(他の記事をご参照下さい)」。

「世界がそんな者たちを容認し続ける事」は、

「人類滅亡へ直結している」のだ』。

『「地球生命体細胞群の存続~永続という永遠の命に至る道を進む」も、

「人類滅亡への道を進む」も、

「今の人類の判断」である。

「立場のある者たちの判断は、より影響度が大きな分だけ責任も大きい」のだ』。

|

橋下・元従軍慰安婦公開対談中止問題・・・。

『「韓国にとってメリット<デメリットとなるから、中止となった様相」だ。「元々は、橋下が元従軍慰安婦女性の前で土下座までするシナリオがあったとも言われている」ので、

「橋下さえ認め、謝ったのだから、全日本国民も・・・」というのが「韓国側のシナリオだった様」である。

「ところが、橋下大統領説まで出して橋下大物像で大衆誘導を試みていた様相の韓流テレビ・マスコミ等にも係わらず、

多くの日本国民は、橋下に依存していない」。

「橋下が事実・現実に基づいた厳しい追求を行わない」のなら、

「その時点で橋下も終わり・・・」だ。

「橋下が事実・現実に基づいた厳しい追求を行えば、

少なくとも、従軍高報酬売春婦の実態は明らかになる筈」だ。

「その後、詳しく調べる」なら、

「場合によっては、親にいくらのお金で売春婦斡旋業者に売られたのか?」さえ明らかになり、

「売春婦斡旋業者の者が朝鮮人だったことも明らかになる」だろう。

「橋下の土下座の価値」は「激減」し、

「実態が広く知れ渡る事」による「従軍慰安婦詐欺不可能状態」が「増大」する。

「韓国側が日本から補償等を奪いたい」のなら、

「正に、逆効果」だ。

「元々、日韓基本条約で日韓の間の戦後補償の問題は全て解決済み」なのだから、

「今さら、女性・人権等々を表に出して、従軍慰安婦詐欺で日本から補償等を奪おうとする事自体」が、

「本当に見苦しい事」なのだ。

「日韓基本条約を破棄する」なら、

「日本が終戦時に韓国内に残し韓国側が戦後火事場泥棒で奪い、

火事場泥棒を正当化する為に植民地支配詐欺まで大宣伝した

日本の財産等に対して、

日本側からの公の返還請求権が生じる事になる」から、

「韓国内は、日韓併合前の様に、ほとんど何も無い荒れ果てた状態に逆戻りする事になる」だろう。

「つまり、日韓基本条約を無しにする事によるメリットは、日本>韓国」なのである』。

『「国連や人権団体まで悪用して従軍慰安婦問題詐欺を行おうとしている様相の韓国」だが、

「韓国に悪用されてしまう国連や人権団体も大きな問題」だ。

「事実・現実に基づいた是々非々判断が出来ないモノには、大権を持たせるべきでは無い」。

「個人個人の判断は自由に出来るのが民主主義・自由主義社会」だ。

「個人個人の判断で、事実・現実に基づいた是々非々判断が出来ないモノはダメ」とするのは、

「個人の権利であり自由」だ。

「個人個人の判断の集大成が生かされてこそ民主主義社会」である。

「事実・現実に基づいた是々非々判断が出来ないモノはダメ」という

「個人の意思が多ければ、それが相応の生かされなければ民主主義社会では無い」。

「多くの人がダメ出しをする」なら

「国連でも人権団体でも権威失墜で、事実・現実に基づいた是々非々対応に改めざるを得なくなる」。

「詐欺の片棒を担いでいる間は、そんなモノに大きな価値も権利も与えてはいけない」』。

『「何れにしても、

戦後長年の間大人の対応を示し、

過分な援助までして来た日本に対して、

正に、天に唾している様相の韓国が得る未来」は、

「応分のモノになる」。

「事実・現実を認めず、

日本を否定する事により、

韓国内は、日韓併合前の様に酷く衰退し、

極一部の者たちが、過分な財産等を独占する状態に逆戻りする」だろう。

「世界中の国々が、

韓国や朝鮮人から遠ざかり、

何れは、

日韓併合により救われなかったらなっていた状態になる」のが、

「事実・現実を認めず、

反日を貫く

韓国と朝鮮人の未来絵図」になる。

「そんな韓国や朝鮮人の状態にしたくない」のなら、

「日本国内に居て、

タップリ日本の文化等々を吸収している朝鮮系の人々」は、

「率先して、朝鮮半島等に帰り、

韓国や朝鮮人が

事実・現実に基づいた是々非々対応が出来るようになる様に力を加えるべき」だ。

「日本国内で金だけ集めて送っている様」では、

「韓国や朝鮮人の{病気}は治らない」。

「日本人が言っても、

内実では、日本人だから・・・と聞く耳さえ持て無い、

同胞の{病気}を治すのは、

同胞の義務」だろう』。

|

橋下に会う為に来日している元従軍慰安婦の話しが少し出て来た・・・。

『「工場に行って稼がせてやる」と「言われて」「連れて行かれた」ら「従軍慰安所」で、「其処での仕事を嫌がる」と「殴られた」のだと言う。

「上記の話しの内容」で、

「従軍慰安婦問題上から、はっきりさせるべき事」は、

「何処の誰に工場に行って稼がせてやる」と「言われたのか?」

「最初は、何処の誰に連れて行かれたのか?」だ。

「何故なら、旧日本軍に渡された(売られた)後」は、

「旧日本軍が軍の仕事として行った事」だから、

「旧日本軍に渡された(売られた)後の責任の所在ははっきりしている」が、

「その前こそが、強制連行等の有無に大きく係わることだから」である』。

『「冒頭の話しを聞いて筆者が納得した」のは、

「従軍慰安婦募集当初は、女の子が泣き叫びながら連れて行かれていた」が、

「直に、女の子は泣かずに連れて行かれる様になった」という

「日韓併合時に朝鮮半島内に居た人の話し」の「実態」だった。

「その人からの他の話し」等から、

「当時の時代状況や自分の置かれている立場を悟った女の子が大人しく・・・」という可能性が高く思えていたので、

「以前の記事にはその旨記した」が、

「騙す手口が直ぐに流行した」から「その後は女の子が大人しく・・・」だったのかも知れない』。

『「今回話されている元従軍慰安婦の方が当時何処に居たのか?」も「事実を検証する為には重要な要素」だ。

「朝鮮半島内」なら「当時の状況から、騙したのは朝鮮人である可能性が非常に高い」。

「日本本土等」なら「何故、日本本土に居たのか?」等の「事実関係の確認が要る」。

「日本本土で騙しの手口が使われたのなら、日本人女性も騙された筈」である。

「その辺りの検証も必要」だろう』。

『また、

「韓国側等が主張している従軍慰安婦の問題」は、

「個別の問題として問題提起されている訳では無い」。

当然、

「全体像の検証も必要」だ』。

『「全体像を検証する」なら、

「従軍高報酬売春婦の実態も明らか」になり、

「女性の売り買いに係わっていた者たちの実態も明らかになる」。

「当時は特権階級的だった旧日本軍が従軍慰安婦募集を投げかけ、

女性を買い集め軍に売る事で金儲けした人たちが居て、

従軍高報酬売春婦として働いた(当時は合法の仕事)女性たちが居た」。

「従軍慰安婦の中には、お金等や親や家族や親類縁者や国や天皇の為に自ら進んでその仕事に就いた女性も居た」し、

「親や家族や親類縁者等に売られ」たり、

「工場で働かせて稼がせてやる等の手口で騙されたり」して、

「意に沿わず、従軍慰安婦の仕事を行わされた女性も居た」。

「そんな実態が明らかになる筈」だ』。

『「現代でも、意に沿わず{その}仕事に就いている人々が数多く居る」。

「国全体の主目的が、戦争の勝利、もしくは、本土防衛等だった時」は、

「戦争による殺し合い」も

「従軍慰安婦」も

「軍需工場等でのキツイ生産労働」も、

「仕事」だった。

「現在の経済戦争状態」では、

「経済戦争による利権争奪合戦」も、

「その勝ち負けの為の実質的殺し合い(病気・自殺等々を誘っている事は現実である)」も、

「みんな仕事扱い」なのだ』。

『「多くの人類は、もっと、もっと、仕事とは?」についても「考えるべき」だ。

「筆者たちの定義では、

仕事とは、

人類誰もの実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続と整合性が取れる事」である。

「その基準からすれば、

現状で仕事とされている物事の中には、

未だ、数多く、自虐や破壊行為等々が含まれてしまっている」のだ。

「戦争時の仕事」より「現在の平和な人間社会での仕事の方がだいぶマシ」だが、

「だからと言って、大威張り出来る様な状態では無い」のが「現実」なのだ。

「戦時中の仕事の多くを極悪扱いしたところで、

現状の仕事の全てが正当化される訳も無い」のが「現実」なのだ』。

『「戦争の反省」とは、

「余りにも、どちらにとっても自虐的な物事を仕事としていた事への反省でもあるべき」だ。

「余りにも酷い状態を少しでも良くするべく、戦争を放棄し、経済戦争に邁進しているのが人類の先進国の実状」だが、

「未だに、戦争行為さえも厭わず、支配圏の拡大を目論んでいる国々まである」のが、

「人類のお寒い実状」なのだ。

「経済戦争だって、それ程誇れた状態では無い事も、また現実」なのだ。

「多くの人類は、代償欲求過剰追及文化から卒業し、本来欲求健康充足文化へと正常進化するべき」である。

「他の者・物・事を支配したり、他の者・物・事に自分を支配させたりする」のは、

「代償欲求に過ぎ無い」のだ。

「自分で自分を健康にコントロールし続けるのが本来欲求」である。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には、

「事実・現実と共にある状態に自分を導く事が肝要」だ。

「歴史認識等でも、

事実・現実の一部を偏重するのでは無く、

事実・現実全体と共にある状態に、

自分を置く人々ばかり・・・」なら、

「変な問題は起きない」のだ』。

|

西村氏の発言を「韓国人女性に対する差別」と宣伝する人々・・・。

『「橋下氏の従軍慰安婦問題を受けて西村氏が語った内容{大阪には韓国人売春婦がウヨウヨしている・・・}は、事実」だ。

「本来なら、日本の警察も遠慮無く摘発し、強制送還&再入国禁止措置等を科すべき」だが、

「十分な裏づけ捜査や証拠押さえが必要となる警察自体が非常に忙しい実態や、

人道的見地等から、

比較的甘い摘発状態」というのが「実態」なのだ。

「韓国人女性売春婦発言は、

従軍慰安婦問題とは別の問題なので

従軍慰安婦発言問題についての公共の場であえて出すべきでは無い

不適切発言」だが、

「事実無根の差別発言等では無い」』。

『「ところが、それを韓国人女性に対する差別発言と宣伝したテレビ番組まであるのが、韓流テレビの実態」なのだ。

「日本の国内である大阪(関東圏や名古屋圏や福岡圏等々でも同様だが)に、

韓国人売春婦がウヨウヨいるのは何故か?」

「本来の日本のテレビ番組」なら、

先ず、

「韓国で売春を禁止し、

厳しい取締りを行っている結果、

韓国人売春婦が日本にも他国にも大量渡来している」という

「事実情報を視聴者に提供するべき」だ』。

『「その事実が在ったからこそ、西村氏の場不適切発言が生じた」のだ。

「西村氏の発言」は、

「事実を伴わない

悪戯な韓国人女性に対する差別意識から出た発言」とは、

「全く違う」』。

『「格差是正が出来ていない内に、

上辺の綺麗ごとを求め、

悪戯に厳しい売買春に対する規制を行った韓国が招いている」のは、

「韓国以外の国々への韓国人売春婦の出稼ぎ状態」で、

「その様相は、売春婦輸出大国」というのが「実態」なのだ。

「日本国内で韓国人女性差別!等々と叫んでいる連中(主として朝鮮系が多い様だが・・・)は、

韓国のその様な格差是正前に悪戯な上辺の綺麗さを求めその結果あらぬ事態を招いている状態等々の

是正に

力を貸すべき」だろう』。

『「日本人国会議員等々に対する差別的宣伝等々を行っている様相の韓流テレビ」が、

「差別を言う事自体オカシナ話し」だ。

「韓国系人脈に都合の良い国会議員等は上げ上げ・・・」で、

「韓国人人脈に都合の悪い国会議員等は下げ下げ・・・」なのだから、

「それこそ正に、公共的立場を悪用した差別に他ならない」ではないか!

「同様に、日本人の人権は???のクセに、韓国人等(在日も含む)の人権については、過剰なまでに大宣伝する差別的情報発信機関の様相」なのが、

「韓流テレビの実態」なのだ』。

『「日本の公共の電波の独占使用権を韓流に与え続けている必要など全く無い」。

「テレビ界の是正は急務」である』。

|

まるで韓国みたいな一院制をまるで日韓併合当時の韓国が望んでいた対等合併を持ち出して選挙公約にした維新の会・・・。

『「橋下共同代表の従軍慰安婦発言問題やその問題に関連した西村議員の処分問題でも同様」だが「維新の会」には、

「韓国系の臭いが充満している」様相なのだ』。

・・・・・・・。

『「韓国系の人々は、

日本で日本の政財界や情報・教育界等々に深く韓国系に都合の良い状態等をしみこませよう等としている暇がある」のなら、

「母国・祖国の韓国に戻って、韓国をより良い国にする様頑張るべきだ」と思う』。

『しかし、

「日韓併合時の様」に、

「母国・祖国内の近代化を頑張る事等よりも、

より良い待遇や仕事を求めて日本に時には密航までして渡来・・・という文化の上で生きている」のなら、

「日本からも韓国からも、

私欲を肥やすのに都合が良い

もらえるモノ取れるモノ等々は、

何でも得る事を目的としていても、

何の不思議も感じない」が・・・』。

『何れにしても、

「韓国優先文化(内実は、韓国に対する売国・売国民等である)や、

そんな私欲文化の下で日本の政治や経済や情報・教育等が乱される事」は、

「多くの日本国民が許すべき事では無い」のだ』。

|

北朝鮮3発&1発の短距離ミサイル発射問題・・・。

『「韓流テレビ等では、発射の意図が分からない・・・等と、ワザとらしくしらばっくれながら、北朝鮮の3発&1発の短距離ミサイル発射を大宣伝していた」が、

「北朝鮮が暗号指令工作活動国家である事を考える」なら、

「多くの人が北朝鮮権力者の意図に気づく筈」だ』。

『「3.1とは、言うまでも無く、抗日記念日の3.1と同様の意図」で、

「短距離ミサイルとは、小ミサイル」である。

「日本が安倍政権となっている現在、民主党政権時の様に大ミサイルの発射は行い辛い」のは、

「大ミサイルの発射=大規模、或いは、大胆な工作活動と日本にいる工作員たちが取ってしまう可能性があるから」だ。

「民主党政権なら、友好関係のある人脈を使って、日本の警察等の押さえも可能だった」のかもしれないが、

「今の安倍政権では無理」だから、

「小ミサイル=小規模、或いは、バレ辛い、

3.1=抗日工作活動を

行い続けよ!」の

「暗号指令の意図もあるのが実態」だろう』。

『「北朝鮮には、実戦争は出来得ない」。

「何故なら、実戦争となれば、アッと言う間に北朝鮮の負けだから」だ。

「北朝鮮の核・ミサイル等の兵器」は、

「瀬戸際外交の道具」であり、

「暗号指令の道具」なのだ』。

『「暗号指令&工作活動の司令部は?」

「北朝鮮の作戦司令部の親玉が、李である事は単なる偶然では無い」のだ』。

『「工作活動の指令を出している者たち」も、

「工作活動の実行こそがマッチポンプである事」くらい、

「いい加減に気づくべき」だろう。

「工作員たちは工作活動の実行と共に、実質的には、内情の暴露を続けている」のだ』。

|

従軍慰安婦問題「日本の責任を認めた上で・・・」の橋下の目的・・・。

『「強制連行があったとされているから、性奴隷として世界から非難されている」。「諸外国も当時も大戦以降も軍に付随する性処理問題では、慰安所を設けたり、現地の女性を活用したりしているのだから、日本だけが非難されているのは、事実誤認があるからだ」等々と、

「日本の責任を認め、元慰安婦の方には丁重に謝るべき・・・という立場」から「従軍慰安婦問題を語っている」様相の橋下・・・』。

『「日本の責任を認めの後に、慰安所を設けたり、現地の女性を活用した他の国々同様のの意がはっきりと示されていない限り」、

「橋下の日本の責任論は、また新たな火種となる」だろう』。

『「そもそも、従軍慰安婦問題で日本に責任を求めているのは韓国」だ。

「そして、日韓の間では、戦後締結された日韓基本条約により、戦後処理問題は既に決着している事になっている」。

「つまり、その時点で日本の責任は無くなり、韓国には請求権など無い」のだ。

「国と国との間で、既に戦後処理問題を引き摺らない事の合意が形成されている」からこそ、

「日韓友好(であるべき)」なのだ』。

『「日本側は戦後ずっとそのライン上で大人の対応を行って来た」。

「しかし、韓国は、竹島を不当占拠し、反日教育を行い、親日罪まで制定し・・・と、

次々と実質的条約違反行為を繰り返して来た。

それだけでは無く、度々、日本に対する実質的タカリ行為を繰り返し、

今度は、従軍慰安婦タカリを行おうとしているのが現状」なのだ』。

『「そんな状態で、

従軍慰安婦タカリの為に韓国や日本国内の韓国系の人々、及び、それらの人々に操られている人々等々、が、

それこそ国を挙げて担いでいる様相ですらある元慰安婦と会う」とか、

「どの様な責任なのか?をはっきり言わない、日本の責任を認めた上で発言まで付けて・・・」となると、

「橋下のやりたい事」が、

「いったい何なのか?」は、

「多くの人々が疑問に思う筈」だ』。

『「戦争はいけない」・・・「そんな事は、それこそ、人類誰でも分かっている」。

「では、何故?人類の歴史は戦争の歴史なのか?」

「その答」は「人類の過剰な代償欲求追及行為故」なのだ。

「本来、人類誰もが自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求の充足行為に邁進しなければ、本当の満足など得られない」。

「ところが、その自覚無き人々で溢れていた時代では、

自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、

他人を支配しようとしたり、

他人に自分を支配させようとしたり、

する事で、

本来欲求を充足しようと、代償欲求の追及行為に邁進してしまう人々が数多く居た」のだ。

「その様な集団で集団の意思を合意形成しようとすれば、

他者支配者が英雄となり、

武力等が劣る他集団の支配に邁進したり、

他文化を持つ集団の支配に邁進したり・・・という事に

賛同が集まってしまう」。

「お互いがそんな状態だった」から、

「戦争が起きた」。

「そして、代償欲求の追及では本来欲求が充足される訳も無いので、

代償欲求の追及行為は、時と共に過激になる」から、

「人類の歴史は、戦争の歴史となった」のだ』。

『「戦争で勝つ為」には、

「科学技術力や、資源力や、作戦力や、作戦遂行能力がより優れている事が必要」だ。

「そこで、少し前の時代では、多くの人々が、それらの向上に心血を注いでいた」のだ。

「富国強兵路線による植民地等拡大路線等がその道」である。

「世界中の多くの国々が富国強兵&植民地等拡大路線上を歩んでいた当時」は、

「その路線こそが、人類の最先端」だった。

「つまり、当時の人々の感覚」では、

「富国強兵&植民地支配拡大路線を進む事こそ、成功像だった」のである。

「逆に、失敗像とは、被支配国に成り下がる事」で、

「国貧しく、技術貧しく、資源貧しく、・・・では、被支配国になってしまうのが、当時の世界常識だった」。

「当時の日本は、欧米列強同様の富国強兵&植民地支配拡大路線を{歩もうとしていた国}だった」のだし、

「当時の中国や韓国は、被支配国に成り下がる状態の国々だった」。

「単独では国の存続さえ危うくなっていた韓国が、日韓併合という二国間の正式契約に動き、韓国権力者たちが保身に走ったのは、当然と言えば当然だった」のだろう。

「但し、日韓対等合併で無かった事は相当気に入らなかったらしく、日韓併合当初から、韓国権力者人脈の一部は米国に渡り、日本の乗っ取り支配工作を始めている様相」なのだ』。

『「第二次世界大戦により、植民地の支配者たちも戦争の勝ち負けで入れ替わった」。

「植民地支配争いの様相でもあった第二次世界大戦を経て、人間社会は、植民地支配から卒業する方向に動いていった」。

「韓国について言うなら、日韓併合という二国間の合意契約は平和時に行われたので、実質的には、植民地支配では無い」。

「実際に、日韓併合以降、

日本は、韓国に対しては植民地支配政策は行わず、

朝鮮半島内の近代化整備を行ったばかりか、

日本国内への朝鮮人の大量渡来まで認めて、

日韓同化政策を行った」。

「その結果、朝鮮半島内の環境・教育・文化・衛生水準は急速に飛躍的に向上し、朝鮮人人口も飛躍的に増えた」』。

『「日韓が同じ日本だった時に起きたのが先の大戦」である。

「朝鮮半島内は、インフラ整備が不十分だったので、開戦前の物流はそのほとんどが本土経由だった」。

「結果として、朝鮮半島内で暮らしていた人々の経済状態は本土より劣っていた」。

「実労働者として、元々の朝鮮王朝時の下々衰退政策ゆえに教育・文化水準が低い朝鮮人が多かった事も経済の面ではマイナスだった」。

「日韓併合以降、朝鮮半島内にも急速に近代の学校が整備された」が、

「元々、読み書きソロバンが出来る人が大勢いた当時の日本人」と、

「下々衰退政策の犠牲者で、読み書きソロバンが???の人々が大勢いた当時の朝鮮人」では、

「同じ学校は無理」で、

「日本人と朝鮮人の学校は分けられていた」。

「そんな状態だったが、日本人と同様の勉学が可能な優秀な朝鮮人は、日本人の為の学校へも入学出来ていた」。

「其処に在ったのは、差別政策では無く、実態に基づいた区別政策」だった』。

『「ところが、終戦時でも、

そんな実体を理解出来る程度の能力を保持出来ていた朝鮮人は意外と少なく」、

「元々の韓国権力者人脈の意向もあり、

日本の敗戦をチャンスとばかりに、

韓国は、戦後火事場泥棒を決め込んだ」のだ。

「米国内に居た朝鮮人人脈は、

裏で、米国による日本の占領支配政策に深く係わり、

戦後日本の占領支配政策に朝鮮人が係われるようにさせた」。

「日本国内に渡っていた朝鮮人は朝鮮に帰らず、

占領支配政策の実行部隊として火事場泥棒を行い、

朝鮮半島内に居た日本人はそのほとんど全てを日本に追い返した」』。

『「戦後火事場泥棒を正当化する為の詐欺的ロジックが日本による植民地支配」である』。

『「戦後火事場泥棒により、朝鮮半島内や日本本土内の日本人の財産・資産等を得てしまった朝鮮人たち」は、

「自分たちが行った悪事から目を背ける為に、植民地支配詐欺に同調」した。

「米国に渡っていた韓国権力者の一人は、韓国の初代大統領の座まで得て、

北朝鮮に対する支配の為に朝鮮戦争を起こし、

日本に対する支配の象徴として竹島を不当占拠」した。

「北朝鮮の支配は、戦争に勝つ事で得ようとし、

日本の乗っ取り支配は、数多く居残っている朝鮮系の人々(上辺は帰化している人々も数多くいる)を使って行うこととした」。

「植民地支配詐欺を未来永劫有効化する為の詐欺的思考に他ならない反日教育等を朝鮮内で行うと共に、

日本国内では、近隣国への配慮や自虐情報・教育で多くの日本国民を平和ボケに誘った」』。

『「従軍慰安婦の実態」は、

「従軍高報酬売春婦」に他ならない。

「当時は、売春も合法だった」。

「当然、数多くの日本人女性も居た」。

「命がけで、国や天皇や家族や親戚や友人等々の為に戦いに赴いている日本国男性に対し、

せめてもの奉仕として、

ある意味では納得し、

経済的理由等から、

従軍売春婦となった女性」というのが、

「当時の従軍慰安婦の実態」だった。

「当時の旧日本軍は、いわば、独裁的特権階級」で、

「従軍慰安婦の募集は行った」が、

「慰安婦狩りなど行う必要は全く無かった」のである。

「朝鮮半島内では、

従軍慰安婦として朝鮮人女性を親や親類等から買い集め、

軍に率先して献上し、

お金を得ていたのは、主として朝鮮人」である。

「当時は、教育・文化・衛生水準等がまだ違っていたので、

日本人のほとんどは、朝鮮人の家庭には入り込みたがらず、

ましてや、特権階級的だった旧日本軍関係者が慰安婦狩りなどする訳も無い」。

「朝鮮人への召集が異常に遅かった理由の一つ」は、

「当時の朝鮮人が数多く、勝手に本土に、時には密航までして行ってしまった事」と、

「旧日本軍がその実態調査等を積極的に行わなかったから」で、

「徴集が困難だったから」なのだ。

「自らの金儲けの為に、朝鮮人が朝鮮人女性を旧日本軍に売った事例は枚挙に暇が無いくらい多数」だが、

「旧日本軍が慰安婦狩りをした事などあり得ない話し」なのだ』。

『「元々、旧日本軍にとって、従軍慰安婦とは、言わば、余裕のある所のオマケ・・・」で、

「余裕が無い所や余裕が無くなった時」には、

「何でも現地調達だった」のが、

「旧日本軍」の「酷い実態」だ』。

『「しかし、その酷い実態時代に必死でその時代を生きようとした人々の事」を、

「現代人の立場から一方的に責める」のは、

「多くの場合代償欲求に基づく、責任転嫁等」だろう』。

『「戦争の元」は「他者支配・他者による被支配という代償欲求の追及」なのだ。

「日本の乗っ取り支配等、他者支配や、

他者による被支配によるセルフコントロール放棄等々を画策している連中」は、

「自らが戦争の元ロジックで動いている事くらい理解」し、

「代償欲求の世界から、自分で自分を救い出し、

自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求充足の世界に住む自分へと、

自分を正常進化させるべき」である』。

『「従軍慰安婦問題」も、

「従軍慰安婦の実態は、従軍高報酬売春婦」だった。

「男尊女卑、親権過剰の当時の社会状況」で、

「学や能力の無い当時の親等にとっては、

「比較的得難いお金に対し、比較的得易く価値薄い女児」だったのだ。

「そんな親等がお金の為に自らの下に産まれた女児を売り、

そんな親等の間を回って女児を買い集める事で金儲けをしていた人々が居た事」は、

「歴史上の事実」なのだ。

「明日の命さえ分からない戦場に赴いている日本国男性の為にせめてもの奉仕をしていた女性たちが居た事も歴史上の事実」なのだ』。

『「現代人の立場から考えれば、当時の多くが酷い事」である。

「従軍慰安婦も悲惨」だが、

「勝ち目の無い戦場に送り込まれた多くの男性たちも、

民間人なのに戦争に巻き込まれた人々も、

みんな、みんな、悲惨過ぎるくらい悲惨」なのだ』。

『「現代生き残れていても、

事実無根もしくは事実誤認の上に立ち、

反日利権増大工作の道具にまでされてしまっている、

元従軍慰安婦の方々」は、

「先の大戦時の悲惨に加え、

現代反日工作ゆえの悲惨まで加わっている様相」で、

「本当にお気の毒」だ。

「現在進行形の反日工作は、元が止めれば止まるのだから、

元従軍慰安婦の方を本当の意味で少しでも救う気がある」のなら、

「従軍慰安婦タカリ工作等は直ちに止めるべき」である』。

『「まさか、朝鮮人への召集が異常な程遅かったから、朝鮮人男性がほとんど従軍慰安婦のお世話になれていない事」の「逆恨み・・・」なんて話しでは無いだろうから、

「韓国も、いい加減に、みっともないタカリは止めるべき」だ』。

『「橋下は、日本の責任を認めるというのなら、日本のどの様な責任を認めるのか?それは、日本ダケか?国際社会全体の話しか?はっきりさせておくべき」だ。

「日本ダケ」という「あり得ない責任論の保持者」なら、

「橋下は韓国の手先濃厚」と思われても仕方無い』。

『「自分で自分を健康にコントロールし続ける為」には

「自分を事実・現実と共に在る状態にする事が重要」なのだ。

「歴史上の事実・現実さえも認めず、自らの嘘論等に縋り付いている状態」とは、

「亡者」である。

「事実・現実と共にある状態の人々」は「その気になれば、落ち着ける」が、

「亡者は、事実・現実が表れると、叫びで事実・現実を消したがる」のだ。

「昨今の反日教育国の叫び」や、

「日本のマスゴミの叫び」は、

「正に、亡者の叫びの様相」である』。

|

西村慎吾氏を除名扱いした維新の実体・・・。

『「韓国人女性が日本国内で売春行為を行っている事は事実」だ。「その一つの原因が、韓国で悪戯に売春を禁止した事にある」のも「現実」だろう。

「公党の立場の人の発言としては、過激かも知れない」が、

「直後に取り消している」のだから、

「除名扱い程の処分をする必要があるのか???」

「実は、その辺りに、現状で維新の実権を握っている人脈の問題が在る」のだ』。

『「西村氏が除名」で「小沢鋭仁の実権力アップ」という「様相の維新」では、

「もはや、第二民主党で、第三仮面旧社会党みたいな雰囲気さえ大いに臭わせ始めている様相」なのだ。

「そんな政党・・・」では、

「支持者離れの急加速も当然」だろう』。

|

韓流テレビが言わない「橋下の本当の目的」・・・。

『「従軍慰安婦問題や沖縄米軍兵強姦等防止問題」で「注目を集めさせている橋下」・・・。

「その本当の目的は何だろうか?」』

『「橋下の発言内容で特徴的な事」は、

「元従軍慰安婦と公の場で対談しても良い」だが、

「韓国の国策で元従軍慰安婦として名乗り出ている人」が、

「真実を話すのか?」

「韓国の利になる話しをするのか?」

は、「誰が考えても判る話し」だ。

「普通」なら、

「そんな韓国側の宣伝工作に使われかねない会談」などは

「日本の公人としては行わない」が、

「橋下は、まるで韓国側を誘っている」様相ですらある』。

『「沖縄米軍での失言~認識不足謝罪」も「まるで出来レース的」で、

「何処と無く、韓流批判で謝罪した芸能(???)人」等を「想起させる」』。

『「橋下のロジック」では「強制連行があったのなら、日本が悪い」だ』。

『「元従軍慰安婦との会談」で

「旧日本軍による強制的連行状態等の訴え

(もちろん、実際は朝鮮人による強制的連行はあったが、

旧日本軍による強制的連行は無かった)

を聞き、

認めざるを得ない等との理由で、

日本の公人として謝罪する橋下」という様な

「絵図が何処と無く臭ってくる」が・・・』。

・・・・・・・。

『「最初に責めていた者を後から褒め上げる手口」は、

「ドラマチック」だろう。

「韓流テレビ等は、その演出で橋下氏を持ち上げ、多くの一般日本国民を煙に巻きたいのかも知れない」。

「もちろん、その目的」は、

「従軍慰安婦詐欺を成立させる事で、日本から韓国への大金送金を実現する事」であり、

「橋下氏率いる維新の躍進」であり、

「特別永住権を持つ在日外国人への参政権付与

(在日韓国人の団体である民団が強く求め、橋下氏の政策では認めていた)」である。

「元々、橋下氏は、孫氏同様、

橋下大統領論等でも持ち上げられていた、

韓流人脈期待の星の一つの様相だった」のだ』。

|

橋下発言を戒めようとした米国女性高官問題・・・。

『「先の対戦中に女性の性売買があった事は、事実で、それは、女性に対する著しい人権侵害・・・。日本は過去の過ちを素直に認めアジア近隣諸国との友好関係を築くべき・・・。」等々と、

「全く、問題の本質が???のまま、過去の現実離れした政策線上を未来永劫歩みたがっている様相」だったのだから、

「本当に呆れた」』。

『「実際を良く知らない米国女性高官の為に記す」なら、

「昨今韓国が問題にしている従軍慰安婦問題」で「朝鮮人女性の性売買に直接大きく係わっていたのは、朝鮮人」である。

「旧日本軍は、従軍慰安婦の募集を行っていた」が、

「朝鮮半島内で朝鮮人女性を数多く買い集め、旧日本軍に売りつけ、金儲けしていたのは朝鮮人」なのだ。

「つまり、朝鮮人自らが過去の現実を謝罪し、同胞を売る事で金儲けしていた事等を反省するのが本筋」で、

「従軍慰安婦問題での日本への言いがかり&たかり行為は、

戦後火事場泥棒、

植民地支配詐欺、

竹島不当占拠等々に続く

韓国側の暴挙以外の何物でも無い」。

「因みに、日韓併合時の多くの朝鮮人」は、

「朝鮮半島内(つまり母国)の近代化を頑張るより、日本国内でのより良い仕事や待遇・・・」だったり、

「自らの子ども

(当時は不妊も不確実だったので、

子どもが出来易い夫婦等にとって子どもは得易かった)

より、

お金

(朝鮮王朝時代、下々衰退政策だったので、

多くの朝鮮人が日韓併合時には読み・書き・ソロバンさえ出来ない状態。

日韓併合以降日本による学校整備で、教養・文化水準は飛躍的に上がったが、

元が違い過ぎたので、当時の日本人並みの仕事が出来た朝鮮人はあまり多く無かった。

結果として、報酬の良い仕事に就けた朝鮮人も余り多くなかったから、

その様な人々にとってお金は得がたい物)という朝鮮人も少なからずいた」のだ。

「その様な状態での従軍高報酬慰安婦の募集だった」のだから、

「何処の誰の意思が一番強く働いて、

朝鮮人女性が数多く買い集められたのか?」は、

「少し考えれば誰にでも解る筈」だ』。

『「戦後の日本は、韓国による数々の不当な要求に対しても、大人の対応で、

アジア周辺諸国との友好関係を築くべく、ずっと我慢強い対応を行って来た」。

「その日本の大人の対応」に対して、

「韓国側が示した対応」は、

「反日教育」であり、

「親日罪」であり、

「従軍慰安婦による日本へのたかり行為」等々だ。

「米国高官が戒めるべきは、韓国」である』。

『「何事でも、最終的に力を得る」のは「事実・現実」なのだ。

「米国が韓国の日本たかりに力を貸す様な愚かな行為に手を染め続ければ、

最終的に恥をかくのは米国」になる』。

『「米国がアジア諸国友好関係構築の為に行うべき事」は、

「韓国に反日教育を止めさせ、親日罪を廃止させ、従軍慰安婦たかりを止めさせる事等々」である。

「日本側に未だ、いくらかは大人の対応を続ける価値があると思っている人々がいる間」に、

「韓国側がちゃんと事実・現実に基づいた対応を行う様にならない」のなら、

「日韓の間は、事実・現実に基づいて、決定的に裂かれる事になる」。

「米国人の多くだって、米国に対する火事場泥棒や詐欺や不当占拠やたかり行為等々は絶対に認めない筈」だ。

「多くの日本人も同様」なのだ』。

『「米国が世界の警察等として、世界から認められ続ける為」には、

「事実・現実に基づいた是々非々対応が必需」だ。

「韓国系人脈による、

情報操作や懐柔や金銭や弱み握り脅し等々の工作等々で

墜ちる米国・・・」では、

「世界の警察として認められ続ける訳も無い」』。

『「オバマ大統領」は「遠慮無く、役者不足の米国高官なら交代させるべき」だ』。

|

橋下従軍慰安婦発言問題でも顕著だが「上辺の綺麗ごと論に同調する様に調教されちゃっている一般大衆」ってどうでしょ?・・・。

『「上辺の綺麗ごとに拘らせる事で者・物・事の本質を見る目を削ぐ大衆誘導」は、

「旧共産圏等では、未だに顕著」だが、

「それと同様の被支配者無害化情報工作で操られている一般日本国民の数」が、

「未だに、意外な程多い様相である事」には、

「多くの一般日本国民が危機感を抱くべき」だろう』。

『「何故なら、現状日本社会の影の支配者は、日本人とは限らないから」だ』。

『「戦後日本の情報・教育では実質的に封印されて来ていた日韓併合以降の近現代史を紐解く」なら、

「日韓併合を日本の乗っ取り支配の開始と位置付けて行動している人脈の存在」が、

「多くの人々にも分かる筈」だ』。

『「日韓併合当時の韓国権力者人脈は、日韓併合という二国間の国家契約を結んだ裏で、

米国に韓国権力者人脈の一部を送り込み、

日本の乗っ取り支配工作を開始していた様相」なのだ。

「米国の送り込まれた韓国人脈の代表が戦後韓国の初代大統領の座を得た李ショウバン」である。

「日本が過剰に好戦的になり、負ける戦争に邁進した裏」にも、

「多くの日本人兵士が、玉砕戦法という命を失う為の戦闘行為に邁進させられた裏」にも、

「朝鮮人への召集が異常な程遅かった裏」にも、

「終戦工作が異常に遅れ、数多くの日本人も米国人も戦争で死に追いやられた裏」にも、

「終戦直後の米国による占領政策に朝鮮人が深く係われた裏」にも、

「戦後朝鮮による戦後火事場泥棒や、植民地支配詐欺や、竹島への不当占拠が可能になった裏」にも、

「戦後朝鮮半島内の日本人はそのほぼ全てが強制的に日本に帰還させられたが、日本内では数多くの朝鮮人が居残れて来ている裏」にも、

「戦後日本の自虐情報教育の裏」にも、

・・・、・・・、・・・、

「米国権力者人脈も悪用し、

日本の乗っ取り支配を画策し実行し続けている本当の悪の臭いが充満している」のだ』。

『「実は、従軍慰安婦問題の実態を暴露する事」は、

「韓国による従軍慰安婦詐欺の防止に直結する事」でもある。

「上記の情報等を知った上で、日本のテレビ・マスコミ等が、何故韓流なのか?」を考えれば、

「何故、日本のテレビ・マスコミ等が、この問題について、上辺の綺麗ごと論に多くの一般日本国民を縛り付けたがっているのか?」も

「良く分かる」筈だ』。

『「多くの一般日本国民は、悪どもによる無害化工作等に調教される事無く、

事実・現実に基づいた歴史認識を持ち、

事実・現実に基づいた、実際に問題の解決に結び付く、諸問題の解決法に思いを至らせるべき」だ』。

『「はっきり言えば、格差是正も、文化・環境・教育等の正常進化も不十分なまま、

タダ綺麗ごとで、売春等を封じ込めようとする事」では、

「女性の尊厳が保てる訳も無い」のだ。

「軍隊という非人道的抑圧組織(ある意味では暴行・傷害行為訓練組織みたいなモノだ)の中に

性欲溢れる者を押し込めておいて、

実質的に暴行・傷害行為を教えられている者が、

他の人々に対して性暴行・傷害行為を行わない様に徹底させる事など不可能」に近い。

「人間として本来先ず教えられるべきは、自分で自分を健康にコントロールし続ける事であり、

その代わりの他者支配や他人に自分をコントロールさせる事を抑制させる事」だ。

「ところが、軍隊では、上官支配によって、部下の性欲までコントロールさせようとしている状態」だから、

「無理」なのだ。

また、

「満足なセルフコントロールも学び取れて居ない連中に、

性風俗等を活用させたところで、

出て来る結果は、

性欲動解消体験を学ぶ事で、

更なる性欲動解消体験を求める状態」等で、

「性暴行・傷害事件の減少には直結しない」のだ』。

『「本来、人間として教え・学ぶべき」は、

「自分を自分で健康にコントロールし続ける事」であり、

「軍訓練(作戦指令による暴行・傷害行為の実践法)」や、

「性風俗(代償欲求の追及行為による性欲解消体験)」等々では無い。

「つまり、世界中の人々が、自分を自分で健康にコントロールし続ける様になり、

世界中が軍隊不要になり、

ほとんどの人々が、本来欲求として性欲動を処理出来る状態が得られる様にならない限り」、

「性暴行・傷害等の事件を、元から絶つのは困難」なのだ。

「元から絶つのが困難な場合の現状対処法」は、

「防衛」である。

「実被害を減少させたい」のなら、

「せめて、軍隊でも自分で自分を健康にコントロールし続ける事をちゃんと教え(その中の対症療法的極一部としてなら、軍隊のある現状では、性風俗の活用もアリ・・・だろう。

また、自分で自分を健康にコントロールし続ける事をちゃんと学び取ると、

上官の立場での部下支配や、

部下の立場での上官指令による自分支配等々に、

本質的な疑問を感じる人々も数多く出る筈なので、

軍隊組織としては、さじ加減が難しい・・・と思うが・・・)」、

「市民サイドでは、防衛力を向上させる事」が

「実効が高くなる」。

「防犯カメラ等の配備増加や、

緊急通報装置&緊急取締り体制の整備等々や、

複数人行動の徹底等々

・・・市民サイドの防衛力向上こそが、現状では実効が高い」のだ』。

『「格差是正を行い、

事実・現実に基づいた是々非々文化が蔓延する事」は、

「現状権力者等のインチキを見破る目を多くの一般人が持つ事」である。

「つまり、インチキ権力者から不当利権が剥奪される事に直結している」のが、

「その道」なのだ。

「大衆にその道を歩ませない為」に、

「大衆無害化工作に邁進しているのが悪現状権力者」で、

「悪現状権力者の犬」が「マスゴミ」なのである』。

|

橋下発言を非難する超党派女性議員たちと言っても、自・公・維新等の女性議員は参加していないのだが・・・。

『「NHK昼ニュースは酷い」。「橋下発言を非難する超党派???女性議員たちの実体」さえ「ちゃんと伝えようとしていなかった」のだから!』

『「NHKに限った事では無い」が、

「今更、橋下発言等を批判しても、

人権(日本国民の人権については反日教育国等の利にでも繋がらない限り???のクセに、反日教育国系の民等の人権については異常に熱心な・・・)

・女性(因みに、反日教育国の男尊女卑状態は日本より遥かに酷いのだが、それには触れようともしない・・・)等で煽っても、

・・・{自民以外票}の受け皿として、

親反日教育国政党が浮上する訳も無い」。

「誤解を招かないようにする為」にも、

「情報発信元等の団体・個人等の実体についての情報提供」も「ちゃんと行うべき」だ』。

『「今回のニュースでも、与党や維新の女性議員までもが、民主や生活の党等の女性議員と同じ意向」というのと、

「与党から遠い政党の女性議員たちだけが集まって言っている」のとでは、

「その意味合いが大きく違う」。

「視聴者に大きな誤解を与える情報提供」では、

「公共の電波の特定周波数を独占使用するのも、

NHKに至っては、視聴料金を一方的に徴収出来ているのも、

不適格」だ』。

|

飯島氏の北朝鮮訪問・・・。

『「元々、日韓併合時にも、朝鮮戦争時にも、数多くの朝鮮人が日本に渡来し、居続け、

金正恩の母親は在日朝鮮人で、日本国内には、その関連者も少なからずいる」からか、

「戦後の日本は、

朝鮮側が反日政策を取っていても、

何故か?親朝鮮政策」で、

「金正日からの世代交代時にも、

日本国内の朝鮮人人脈は、

北朝鮮への力添えを行い続けて来ていた」。

「そんな人脈により、

拉致や朝鮮系人脈による日本国内の工作活動は

長い間無かった事にされていたり、

小泉訪朝が実現し、拉致被害者の極一部が帰還できたり・・・している」のだ』。

『「安倍総理も、元々は、小泉元総理と同じ清和会系」で、

「清和会系の裏」には、

「そのスジの人脈の人々も少なからず居る」』。

『「民主党から安倍政権への政権交代時」には、

「顔色が悪かった韓流テレビの面々」が、

「喜々として、飯島氏の訪朝を伝えている実態」にも、

「日本国内におけるそのスジの人脈」の

「安倍政権食い入り度が見え隠れして来ている」』。

『「政権の中枢に特定の人脈等の意図を入り込ませる為」には、

「大量のお金が必要になる」と言う。

「その辺の資金の元は何処だろうか?」

「スパイ・工作活動防止法や実効のある摘発体制さえ持っていない日本の国内に、

北朝鮮人脈の隠し工作資金が在っても、

何の不思議も無い」が・・・。

「会計が不透明なままで済む宗教団体等を悪用している可能性も大」なのだ。

「消費税を上げる前」に、

「日本社会の健康化の為にも、

不当資金等を押さえるべき」だろう』。

『「どうせ、

北朝鮮問題で日本ダケ取り残されない様に・・・とか、

硬軟交えた戦略で・・・とか、

拉致問題解決の為にも・・・とか、

・・・、

・・・、

数々の耳障りの良い誘い文句も付いていた」のだろうが、

「それらは、そのスジの人脈の連中が、

日本を利用して、

北朝鮮で同胞権力者人脈を生かし続けたいから・・・かも知れない」のだ』。

『「日本の国益・多くの日本国民(戦後日本の国政を預かる人々は、多くの一般日本国民の為では無く、朝鮮系の為の政治に傾きがちな事がままある・・・)の国民益・全世界のメリット等々」を

「考えた場合」、

「北朝鮮に対して、どの様な対応を取るのが良いのだろうか?!」』

『「少なくとも、他国人脈による不当工作等を封じる為にも、

スパイ・工作活動防止法や、実効のある摘発体制の整備」が、

「急務である事は間違い無い」。

「核放棄しない北朝鮮の指導者は交代させるべきである事も間違い無い」。

「日本の{接触}が助けとなり、

金正恩が核放棄出来、

拉致被害者を全て帰還させる事が出来る」のなら、

「良い」のだが・・・』。

『「また、日本は、北朝鮮による工作に対し、ちゃんとその事に対する謝罪と補償を求め、得るべき」だ。

「国交回復や経済支援等は、その後の話し」である』。

|

どうも橋下は従軍慰安婦問題について強制連行の有無を問題にしているらしい・・・。

『「従軍慰安婦問題で世界から日本のみが非難されている」のは「日本のみは、従軍慰安婦を強制連行したと思われているから、その事をはっきりさせたい」というのが、

「橋下の意図の様」だ』。

『「世界の誤解」は

「言うまでも無く、韓国による事実・無根の嘘の誇大宣伝によるもの」だ。

「日本政府等がぼやかしている」のは「韓国に対する配慮」なのである』。

『「当時、強制連行的に連れ去られた朝鮮人の女の子が居た事」も「事実」だ。

しかし、その「実態」は、

「慰安婦を軍に売る事でもうけていた朝鮮人」が、

「その家庭の弱み(金銭・立場等々)につけ込み、安い値でその家庭の女の子を連れ去った事」だった。

「旧日本軍は従軍慰安婦の募集は行っていた」が、

「強制的に慰安婦として女の子を連れ去った事は無かった(そんな事をしている余裕など無かった)」のが「当時の実態」だ。

「旧日本軍の従軍慰安婦募集で金儲けしようとした人々(朝鮮半島内では主として朝鮮人)」が、

「時には、お金で親を納得させて、

時には、親の弱みにつけ込み半強制的に、

女の子を連れ去り、

旧日本軍に売り渡していた」のが「当時の実態」だ。

「実際に、当時朝鮮半島内に居た日本人」は

「朝鮮人により無理やり連れ去られた朝鮮人女の子の泣き声を何度も聞いている」。

「あんな風になりたくなかったら、一生懸命勉強しなさい!」

「一生懸命働いて、ちゃんとお金を溜めなさい!」等々の

「子どもに対する脅し的訓示(?)も在った」くらいだ。

「ところが、

戦後の韓国は、

事実・現実に基づかない、

日本のみを悪者にする、

反日思想の上に立っている」。

当然、

「朝鮮人が朝鮮人の女の子を買い集め、時には、親の弱みにつけ込んで、無理やり的に連れ去り・・・」という

「事実・現実に基づいた話し」では、

「朝鮮人自身が反省しなければならなくなる」。

「旧日本軍(こちらは、朝鮮人に対する召集が異常に遅かったので、ほとんどが日本人)が

朝鮮人の女の子を強制的に連れ去ったと{すれば}、

反日教育との整合性も取れる韓国にとって都合の良い話しになる」。

「そこで、

韓国及びその人脈の人々は、

全世界を韓国の嘘論で操るべく、

日本国内も米国内も含む至る所で、

異常な大宣伝を行い続けている」』。

『「因みに、現在の先進国の常識」では、

「事実・現実に基づいた是々非々論」だが、

「韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)や中国等」では、

「過去を過剰に重要視する文化がある」せいか、

「権力者の意向で世を染めればそれが真実となる」なのだ』。

『「結果、それらの国々」は、

「支配権の拡大」と

「権力者の意向による染め上げに異常な程力を注いで来ている」』。

『「韓国の場合」は、

「戦後、具体的問題の多くは、主として、日本との間の問題」なので、

「日本支配&日本を韓国権力者の意向で染め上げる事に躍起になって来ていた」のが

「実態」なのだ。

「しかし、昨今のグローバル化により、日本に対する工作活動等のみでは不十分となった」から、

「昨今では、全世界を相手に、最終支配&世界を韓国権力者の意向で染め上げる事に力を注ぐ様になって来た」のだ』。

『「全世界」は「時代遅れの文化を容認するべきでは無い」。

「時代遅れの文化で操られるべきでは無い」。

「事実・現実に基づいた是々非々文化」で無ければ、

「人類は滅亡するのだから!」』

『「態度を改め、

謝罪すべき」は、

「時代遅れの文化で全世界を支配し染め上げようとしている国々である事」は、

「少し考えれば、誰でも解る」筈だ』。

|

人権を言うなら「反日教育国の論理や自虐史観の無理強いで傷つけられている日本国民の人権」についてもちゃんと考えるべきでしょ・・・。

『「日本のマスゴミで人権を訴えている方々が主として考えている人権」とは「在日/仮面帰化反日教育国人脈の人々の人権」の様で・・・』。

|

橋下代表従軍慰安婦発言でも「(特別)人権」や「中・韓が激しく反発」を声高に叫び大衆誘導情報工作に邁進している様相の醜悪番組・・・。

『「人権」等の「如何にも大切な概念を示している言葉」は「言われた人権が差している内実がはっきりしない限り、要注意!」だ。

「今回の橋下氏の発言」には「もちろん、実際の人権侵害は無い」。

「女性に対する配慮」等とも言われていたが、

「上辺だけ美辞麗句を並べる事」が「実際の配慮になる訳も無い」』。

『「それは、韓国内で売春を徹底禁止した韓国の実例からも明らか」で、

「上辺だけ綺麗事を求めた韓国の売春禁止の実効」は、

「生活の為等の理由で売春せざるを得なかった韓国女性たちが大勢

他国で売春を行っている事」だ。

「今の韓国は性風俗輸出大国の様相ですらある」』。

『「物事には順序がある」。

「売春禁止の前には、

格差是正&

全国民の所得・生活・環境・教育文化水準の向上が必需」というのが

「現実」だ。

「それら本来売春禁止の前に行うべき物事を行う前の売春禁止」は、

「綺麗ごとを無理強いしたダケの実質的差別政策にしかならない」のだ。

「綺麗ごと無理強いの実質的差別政策」を

「人権を守る為に、女性に配慮した良い政策だ」等と「認識している」のなら、

「その人の認識力はかなり劣っている!と言わざるを得ない」だろう』。

『「現状を現状のまま、過去の歴史を過去の歴史のまま、認めた上」で、

「実際に現状をより良い方向に改善させるエネルギーを加えるのが健康なやり方」で、

「綺麗ごとの美辞麗句や上辺だけ立派な器等を賛美」し、

「内実を変えようとしない」のは、

「現状利権に溺れられている醜悪な権力者やお金持ち、

もしくは、

おバカや、操り人形たち」なのだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等の論調」は「正に韓国的」である。

「しかし、此処は日本」なのだ。

「橋下代表の発言内容には問題が無い訳では無いと思う(他の記事をご参照ください)」が、

「韓流テレビ・マスコミ等の論調は、橋下代表の発言よりずっと酷い」』。

『「反日教育国は、何かにつけて日本に反発する」のは

「反日教育国なのだから当たり前」だ。

「米国が、米軍兵士の性欲処理問題について公の場でコメントしたがらないのは当然」である。

「それらの当たり前の反発に合わせなさい!米国にも配慮しなさい!とでも言いたげな論調」の「実体」は、

「反日教育国のシモベとなれ!米国にはモノ申すな!という事」なのだ。

「それが、日本国民の為にならない事」は、

「誰にでも分かる」』。

『「内実を検証すれば、誰にでも分かる日本国民の為にならない悪論」を、

「上辺では優等生面しながら、一方的に大量配信」し、

「多くの日本国民を悪論支持者として操る」べく、

「大衆誘導情報工作を行っている様相」なのが、

「韓流テレビ・マスコミ等の実態」なのだ』。

|

今のレベルで円安騒ぎはあり得ないでしょ・・・。

『「今の円・ドル等のレート」は「民主党政権時にもたらされた異常な円高状態が是正されたダケ」で「決して円安では無い」。

「民主党政権時にもたらされていた異常な円高の実効が、日本の仕事を中国や韓国に流す事だった実態を顧みる」なら、

「円高是正が日本に仕事を戻す道である事は誰にでも分かる筈」だ』。

『「今のレベルで円安騒ぎ、円高嫌いを誘う風潮醸成を試みている連中の実体」は、

「円高是正で困る人脈等の連中」なのだ』。

|

韓流テレビ・マスコミ流の歴史認識を出来るだけ多くの日本国民に刷り込む大衆誘導問題・・・。

『「米国議会が気にしている」のは「日本の歴史認識そのものでは無く、日米間の連携」だ。

「しかも、それは、大問題では無く、ましてや、一般日本国民の歴史認識が問われている訳でも無い」。

「それなのに、

日本の歴史認識そのものが問題であるかの如く風潮し、

一般日本国民の歴史認識まで

特定の歴史認識で思想統一しようとしている」様相なのが、

「韓流テレビ・マスコミ等」なのだ』。

『「もはや、その悪質性」は「明らか」だろう』。

『「今時の国際政治」は、

「歴史認識などで左右されず、事実・現実関係に基づいて粛々と進められるべき」だが、

「国際政治の場で、歴史認識を大問題化する事」で、

「国内の支持率アップや国際社会での存在感等を上げようとしている

悪質な国々の指導者等がいる」。

「それだけの話し」である』。

『「それぞれの国々内での歴史認識」は、

「事実・現実に基づく限り、それぞれの国々内の歴史認識で良い」のだ。

「問題なのは、事実・現実に基づかない歴史認識を無理強いしている国家権力者等」である。

「問題のある国家権力者等を頂いてしまっている国家の民は、本当にお気の毒」だし、

「日本の場合」は、

「そんな問題のある国家権力者等の歴史認識に忠実であれ!」と

「大衆誘導している様相」の

「所謂マスゴミ」こそが

「大問題」なのだ』。

|

脱原発政党=反日国ご用達の様相、なのだ・・・。

『「もはや、選挙時の対立軸として、反日国人脈が大衆を不当に操れるツールは{反原発感情}くらいしか無くなっている様相」なのだ。

「その不当なツール」は、

「日本を利するのか?」

「反日国を利するのか?」を考えれば、

「多くの人が直ぐに見破れる安っぽいトリックでしか無い」』。

『「放射線被爆に対する予防的見地から、過剰行動等を取ってしまったり、萎縮行動等をとってしまったりする事」の「実体」は、

「例えば、交通事故を避ける為に、どの程度の予防的措置を取るのか?」を考えれば、

「誰にでも分かる」。

例えば、

「交通量の多い道を渡る時」、

「かなり離れているが安全度が高い歩道橋を選択する」のが、

「放射線被爆最小限派」で、

「ちょっと遠いが安全度が比較的高い信号機のある横断歩道を渡る」のが、

「放射線被爆出来るだけ少なく派」で、

「近くの信号機の無い横断歩道で、車等に気をつけながら渡る」のが、

「放射線被爆実害避ける派」で、

「その場所から移動せず、車等に気をつけながら渡る」のが、

「放射線被爆恐くないゾ!派」で、

「その場所から移動せず、車も気にせずに渡る」のが、

「放射線被爆自分は特別派」、

みたいな事なのだ。

「多くの人は、実生活でどの辺りを選択しているだろうか?」』

『「放射線被爆による害」は

「実例も少なく」

「発生している放射線によっても違う」ので、

「学説も様々」だ。

「その中から、一番厳しい学説を選択したくなる思いの裏に在る」のも、

「また、情報不足」なのである。

「放射線にこだわる余り、実生活を余りにも多く犠牲にしてしまう事」は、

「現実離れを誘ってしまう」のだ』。

『「福島第一原発被災事故ゆえんの放射線被爆による死者の数は?」

「将来的に見ても、そう多くはならない筈」だ。

「脱原発により、

日本経済がダメージを受ける事によって生じてしまう、

死者や、産まれてこれなくなる子どもの数は?」

「放射線被爆による死者の数より遥かに多くなってしまう事」は、

「多くの人々が理解出来る筈」だ。

「更に、日本の脱原発によって漁夫の利を受ける国は?」を考えるなら、

「日本>反日国という日本国民として当たり前の判断をする限り、

選択すべき道は明らか」だろう』。

|

橋下共同代表従軍慰安婦歴史認識問題・・・。

『「米軍に対して、風俗の活用を!・・・と現状改善の為の実効があると思える(少なくとも橋下氏の認識では)実践的方法論まで提言」した「橋下大阪市長兼維新の会共同代表」。

「従軍慰安婦歴史認識問題に対しても、発言があった」』。

『「日本の戦争責任を認めた上」で「戦時中の軍隊における従軍慰安婦の必要性を訴えた」様で、

「現存の従軍慰安婦女性に対し、公の場で会っても良い旨まで述べた」様だ。

「要約」すれば、

「戦時中の軍隊における従軍慰安婦は必要だったが、

戦争責任は日本にあり、

従軍慰安婦女性に対しては、厚遇せよ」という事になる。

「従軍慰安婦女性に対する厚遇を引き出す為に(?)現存の従軍慰安婦女性と公の場で会っても良い」という

「後押しまで付けた」様相だ。

「実に、韓国よりの歴史認識」である。

「さすが、民団(在日韓国人の団体)の応援もゾロゾロ・・・という話しさえある橋下氏」だ』。

『そもそも、「歴史認識を言う」なら、「史実の把握から始めなければならない」。

「従軍慰安婦の実態はどうだったのか?」

「天皇陛下や御国や家族や親戚や友人を守る為に、命がけで戦場に赴いた若い日本国の男性」に対して、

「せめて死ぬ前に異性体験はさせてあげたい」等と考えたのは、

「相応の人道的配慮」とも考えられる。

また、「血気盛んな若者に対し、異性体験を与えなければ、戦地でその地の異性に対し乱暴狼藉を働きがちになる」のは「現実」だ。

「実際に、大戦以降でも、その様な実態がある」。

「そんな従軍慰安婦」は、

「実態」としては、

「高報酬(戦地に赴くのだから当然と言えば当然だが)売春婦(当時は合法)」でもあったのだ。

「日本の時代劇でも、お金に困った親が娘を売る話等は、よくある」が、

「当時の日本国内(日韓併合時なので朝鮮半島内も他の日本領も含む)で、

困窮していた家庭(朝鮮人の家庭だけでは無く、日本人の家庭ももちろん数多くあった)」では、

「御国の為に命がけで戦っている男たちの為に、娘さん等が従軍慰安婦になった家庭が少なからずあった」のだ。

「その多くは、

娘さん自身も、

当時の家や社会の状況を重々承知で、

親の為に、

御国の為に命がけで戦っていた男たちの為に・・・と、

無理やり自分自身を納得させての事だった」。

「そんな中でも、意に沿わぬ従軍高報酬売春婦が生じていた」。

「借金等のカタに、無理やり・・・」と言う場合と、

「親や金儲け目的の大人たちが

無理やり女性を集めて、

軍に売り渡した場合」だ。

「開戦当時の朝鮮半島内は、

インフラ整備がようやく整いつつあった状態で、

インフラ未整備ゆえに物流が本土経由だった為、

朝鮮半島内に居た人々(日本人も含む)の多くは、

本土内に居た人々(朝鮮人も含む)より貧しかった」。

「そんな当時の朝鮮半島内」では、

「お金目的に女性を集め、軍に売る事で私腹を肥やした朝鮮人も少なからず居た」。

「そんな売人に娘を売ったのは、もちろん、親や親類縁者」だった。

「文化的に日本よりずっと女性に対して低い扱いをしていた当時の朝鮮人の間では、

お金>自分の娘という人々も少なからず居た」。

「そればかりでは無く、そんな状態に目を付けて、同胞である筈の朝鮮人の娘を集め旧日本軍に売り、私腹を肥やしていた朝鮮人も少なからず居た」。

「当時のその様な人々の感覚では、

お金は稼ぐのが非常に大変だが、

娘はまた造れば良い(現在とちがって避妊が容易ではなかったから、親の意に沿わぬ子どもたちが少なからずいたのが、当時の実状だ)・・・」だったのだろう』。

『「従軍慰安婦の実態」を「知った上」で、

「現在の韓国等による従軍慰安婦賠償騒ぎを見聞きすれば、

賠償騒ぎを行っている連中の実体が多くの人に解る筈」だ』。

『「戦後火事場泥棒」、

それを正当化する為の「植民地支配詐欺」、

「竹島の不当占拠」等々、

さらに、「従軍慰安婦騒ぎ」、

・・・、・・・、

「韓国(実態としては、権力者の一部が主導し、他国権力者等を懐柔すると共に、一般韓国国民をマインドコントロールしながら行っている様相だが・・・)の行っている事の裏」には、

「国際常識とはかけはなれた文化が見え隠れしている」・・・』。

『「また、短絡的に旧日本軍による戦争責任のみを一方的に強調し認めるのは如何なものか!」

「開戦の裏に実際に在った出来事は、要検証」である。

「例えば、何故?旧日本軍や日本の一般大衆が戦前、過剰な程にイケイケ!ドンドン!!になってしまったのか?」

「開戦の後押しをしたのはどんな人たち」で、

「開戦を避けようとしていたのはどんな人たちだったのか?」等々は、

「日韓併合以降の歴史の実体を知る上での重要なポイント」である』。

『「日韓併合当時、朝鮮半島内で、軍のお墨付きを得る事による利権を得ようと、

旧日本軍の要人を接待した人の話し」では、

「旧日本軍の要人が言うには、

お前たちの接待はもの足りない。

本土では、何のメリットも無い朝鮮人たちがお前たちを遥かに超える大接待を行っている!」だったのだそうだ。

「その辺の何故?」を考えたり、

「当時既に米国内に居て米国要人に深く取り入っていたが故に、

戦後韓国の初代大統領にまでなれた李ショウバンの事」等々「現実を知る」なら、

「多くの人々」に、

「開戦の裏や、

終戦処理が遅れた裏に

実際に在った者・物・事が

おぼろげには見えて来る」と思う』。

『「歴史は、史実に残っている象徴的有名人のみの産物では無い」のだ』。

『「日本から不当に補償を引き出す為(?)」の「橋下・慰安婦公会談」が、

「もし行われれば、韓流テレビ・マスコミ等はこぞって大宣伝する」だろう。

「そんなモノたちに操られない様に、くれぐれもご用心!!」』

|

民主党の政権復帰を望んでいるかの如きテレビ番組・・・。

『「反日教育国でもある中国や韓国に日本国内に在った仕事を流失させる事に多大な貢献をした異常な円高政策を行った民主党政権」。

「歴史認識でも、外交でも、安全保障でも、・・・、・・・、」、

「とても、日本の政権では無く、まるで、反日教育国の政権の様相ですらあった民主党」・・・。

「もはや、そんな民主党に政権復帰を望んでいる日本国民は、圧倒的少数派」だろう』。

『「実際に、一部マスコミの世論調査」では、

「民主党への支持率は、維新の会とほぼ同じ」で、

「何れも、一桁」だった。

「自民」と「支持政党無し」が、

「どちらも40%超え」なので、

「8割以上の人々が、自民か、支持無し」なのだ。

「ここで、支持無しの人々が、隠れ民主党支持者等と思いたがるのは、間違っている」。

「支持政党無しの多数派」は「日本の為の政治を望むが自民は嫌派」だろう。

「もはや、反日教育国の方を向いた政治を行う様相の政党を支持する自虐的日本国民は、圧倒的少数派」なのだ』。

『「そんな状態で、実質的に反日教育国を利した実績を持つ民主党の政権復帰を望む・・・」とは、

「あり得ない話し」だ。

「民主党が人気回復の為???開催」した、

「大反省会と名前と宣伝はかなり大仰」だった、

「今頃、何?反省会」の「実態」は、

「責任転嫁言い訳宣伝だった」様である。

「そんな民主党を相手にする人は、もはや稀」だろう』。

『「はっきり言えば、元々、思想信条・政治理念バラバラの政権交代目的寄せ集め政党」なのだから、

「民主党は、真に反省しているなら、先ず、解党するべき」である。

「その上で、

先ず、思想信条・政治理念等をはっきりさせて、

その思想信条・政治理念に合致する人のみが集まり、

新党を結成するべき」だ。

「今頃になっても、解党さえ出来ていない連中」に「漂っているのは保身の臭い」で、

「真の反省心」は「全く見えない」のだ』。

|

隣からの低周波攻撃を訴えていた容疑者が傷害事件問題・・・。

『「警察に相談」し、「殺してしまうかもしれない・・・とまで訴えていた」を「警察が、家人の下に帰しただけ・・・」で、「容疑者は、刃物で傷害事件」。

・・・「以前から、当ブログでは電磁波について何度も記している通り、警察も、音波にしても、電磁波にしても、

現代の科学技術を悪用すれば、

殺傷目的犯罪行為が行えてしまう物事に対して、

ちゃんと摘発できる体制を

早急に整えるべき」だ』。

『「今回の事例で、実際に、工作兵器等が在ったのか?否か?は分からない」が、

「音波や電磁波等を悪用した殺傷目的犯罪に対する十分な摘発体制が整っていた」のなら、

「低周波攻撃(この表現だけでは音波か?電磁波か?判らない)の有無を、訴えた者に対して、科学的に説明出来た筈」である。

「十分な納得が得られていたなら、今回の容疑者は、暴走しなかった可能性が大きい」だろう』。

『「音波や電磁波による攻撃を訴える事など」は、

「少し前の時代なら、正に、気のせいでしょ・・・レベルの話しだった」が、

「現在では、実際に、比較的容易(つまり、個人や小集団レベルでも・・・)に、

音波悪用による攻撃も、

電磁波悪用による、覗きも、電磁波攻撃も可能」なのだから、

「警察も科学技術の進歩に対応する体制を常に整え続けていなければ!」』

『「現在でも、取り締まる気がある」のなら、

「今低周波攻撃を受けている訴えのある時直ち」に、

「音波なら、音波探知機で調べ、音源方向の捜査を行えば良い」。

「電磁波なら、周波数特定が困難な場合もあるので、低周波等電磁波がやって来ている方向に、アルミ板等でも置き、電場(+・-双方)を確かめ、

実際に、電場が通常あり得ない状態なら、捜査を行うべき」だ。

「何れの場合も、

隠蔽をさせない為、

対象宅周囲全面をシッカリ押さえた上で、

スイッチオフにされた時の対応の為、金属探知機も加え持ち、

対象方向の徹底家宅捜索等を行うべき」だろう。

「工作機器の多くは、上辺では判らない様にカモフラージュされていたり、上辺は普通の電気機器だったりする」ので、

「場合によっては、電気機器等の差し押さえや、該当宅の電源・配線調査等、

かなり、大掛かりな徹底調査が必要になる事もあり得る」が、

「そんな判り難い場合は、

工作を行っているのが、個人より組織である可能性の方が大きく、

日本国内に巣食っている工作組織の摘発に通じる徹底調査」と考えるなら、

「やりがいのある徹底調査になる」』。

|

反日教育国流テレビ・マスコミ等では朴大統領による名指し無き歴史認識発言は「日本の事」だが・・・。

『「日本乗っ取り支配策略、戦後火事場泥棒、植民地支配詐欺、竹島不当占拠、従軍慰安婦詐欺、等々、反省するには、十分過ぎる過去の歴史を実際に保有している」のが、

「韓国の実態」だ。

「日韓併合以降の日本と韓国の関係」では、

「歴史上の現実」は、

「日本による韓国及び韓国民(権力者も含む)救済の裏で、

韓国権力者人脈の一部が

米国で米国を利用した日本の乗っ取り支配の策略を実行していた事」だ。

「その後に続いたのが、戦後火事場泥棒、植民地支配詐欺、・・・、・・・、・・・、等々」なのだから、

「日韓関係においては、歴史上の事実・現実を認め、反省すべき国は、どちらか?」は、

「実際の史実を知る人々なら、誰にでも直ぐに分かる」』。

『「良心的に解釈する」なら、

「そんな韓国への反省の意味も込めて、名指し無しだった」のが、

「朴大統領の発言だった」のかも知れない』。

『「韓国は、

日本乗っ取り支配工作を止め、

親日罪を止め、

反日教育を止め、

竹島の不当占拠を止め、

事実・現実に基づいた歴史認識を持つべき」である。

「歴史上の事実・現実を事実・現実通りに認めず、

自国の悪事を正当化する為に、

他国を悪国家扱いしている国には、未来は無い」。

「今時の国家の世界標準は、事実・現実に基づいた是々非々対応」なのだ』。

『「それなのに、反日教育国を不当に利する論を世界標準等」と嘯いている、

「反日教育国流テレビ・マスコミ等とは!!」

・・・「本当に醜悪だ」』。

|

北朝鮮のミサイル撤去は当然として、交通事故と噂の金正恩は生きているの???・・・。

『「発射タイミングさえつかめず、燃料注入後だいぶ経ってしまって、もはや、下手に発射すれば、アブナイ、ミサイルを引っ込めた」のは「当然」だろうし、

「北朝鮮が万一、一発でも実弾を他国に撃てば、即北朝鮮の負けとなる戦争・・・」だから、

「もはや、北朝鮮の瀬戸際外交は通用しなくなっている」。

「今の北朝鮮に出来る事は、工作活動ダケ」である』。

『「ところが、その工作活動でも、もはや、反金正恩人脈による工作活動の方が優位な様相」で、

「交通事故など起きる訳の無い北朝鮮で、

金正恩の交通事故による死亡を救ったとして、

交通警察関係の女官が異常な大表彰なのだと言う」。

「オマケに、その後、金正恩は表舞台に出ていない」』。

『「例え、生き残れていても、

反金正恩人脈による工作活動が恐いから、

表に出て来れない・・・」のだろうし、

「万一、死亡していて、替え玉を準備中・・・」なら、

「直ぐには、表に出て来れないのが当然」だろう。

「果たして、金正恩、もしくは、その替え玉は、何時表に出てくるのだろうか???」』

『「何れにしても、問題の元が北朝鮮の核兵器放棄拒否にある事は明白」だ。

「中国共産党さえ容認しない北朝鮮による核兵器保有という実状」では、

「とっとと、核放棄する事を公言し、見返りをねだった方が得策である事」は、

「世界中のほとんどの人が分かる話し」だ。

「金正恩が核放棄に舵を切るなら、歴史に名を残す北朝鮮の指導者になるだろう」から、

「普通以上の頭があるのなら、核放棄の道を選ぶのが当然だろう」』。

『「核放棄を拒んでいる北朝鮮指導者」なら、

「核放棄する北朝鮮指導者に挿げ替えようとする人脈からの工作活動の標的になる」のは、

「当然過ぎる話し」だ。

「何故なら、核放棄しない北朝鮮は、既に、詰んでいるから」で、

「ほとんどの人間は、それが北朝鮮の権力者でも、先の無い道は歩みたがらないから」である』。

|

情報元を訪ねる人が居たので・・・。

『「当ブログ内の記事の情報元は、もちろん、色々な人脈の複数の人々」だ。「もちろん、具体的には、情報元は明かさない事がエチケット」である。

「情報を得た時と、記事公開時は、ほぼ同時とは限らない」。

「かなり、前の情報でも、現在変わっているという情報が無い場合、最近記したりしている」』。

|

日本乗っ取り画策人脈の殺傷実験問題・・・。

『「日本乗っ取りを画策している連中にとっては、日本人人口をある程度以上減らす事は至上命題の一つ」だ。

「そこで、政界に食い入り、少子高齢化を加速させたり(どの政権の時のどの政策で少子高齢化が加速したのか?を考えれば、政界内の問題人脈も一目瞭然かも・・・)、

日本の現在の法律や摘発体制では摘発出来ない殺傷法を用いたり・・・」している』。

『「実際の手段」が「電磁派工作」や「飲食物工作」や「自殺と判断される殺人工作」等々なのだ』。

『「実際の工作員たち」は、

「●鮮人」なら「見かけ上あまり日本人と変わらないし、仮面帰化でもしていれば、法律上も日本人」だが、

「●鮮系ダケ」では

「如何にも・・・で、

用心されてしまうからか?

少なくとも元々は他国の人々(例えば、昨今韓国人がこぞって留学??のフィリピン等)も加わっている場合も少なく無い」のだ。

「もちろん、工作員は性別を問わない」』。

『「日本の政府や警察」は「防犯カメラ等の普及で、表立った殺人・傷害が比較的困難になっている今日」、

「未だに、対策が甘過ぎる電磁波レーザー等を悪用した殺傷工作の対策も急ぐべき」だ。

「因みに、電磁波レーザーが当てられると、衣服や身体等は、+に帯電し、チリチリしたり・・・」する。

「何の防御もしていなければ、

動脈硬化等も起こり易くなり、

脳溢血や心筋梗塞の確率も上がってしまうし、

発ガン率だって同様」だ。

「また、後が残るくらい強い電磁波レーザー(可視光線でないので、もちろん、肉眼では見えない。オマケに可視光線とは物質に対する透過性も違うので、壁・床・天井等は容易に透過する。)なら、その場での殺人も可能」である』。

『「そんな工作兵器を既に作り、拡散し、着々とその性能を向上させている悪どもが、日本国内に居る」のである』。

|

オバマ大統領に反日思想歴史認識を宣伝した韓国朴大統領問題・・・。

『「米国要人を利用して韓国の利を謀る」。「それは、日韓併合が対等合併で無かったから・・・と、

日韓併合を日本乗っ取り支配の開始と位置付け、

その後、散々、米国要人を悪用した李ショウバンたちから始まっている」。

「朝鮮王朝の権力者たち」とは、

「日韓併合を認める事により、

国の権力者としての立場だって危うかった事から逃れ、

日本の皇室に準ずる厚遇まで手に入れた、

日韓併合利権の享受者たち」だが、

「その裏で、

日本乗っ取り支配工作を既に始めていた、

実質的極悪人たちでもある」のだ』。

『「日本を米国との戦争に追い込み」、

「数多くの日本人を勝ち目の無い戦場で玉砕させると共に、

数多くの米国人の命も失わせ、

終戦工作を遅らせ、日本本土への原爆投下も含む大量虐殺で、多くの日本人を殺すと、

共に、

更に数多くの米国人の失わせていた裏で、

朝鮮人への召集は問題行動で遅らせ、

戦後まで数多くの朝鮮人を生き残らせる策略」は、

「実際に成功してしまった」』。

『「米国内で散々要人工作等を行っていた李たちは、

戦後韓国大統領の座を得ると共に、

日本と北朝鮮への侵攻を始めた」。

「日本の場合」は、

「戦後、朝鮮半島内の日本人はほぼ全てが強制的に日本に帰還させられたが、

日本国内には、日韓併合時に時には、密航までして日本に渡来した数多くの朝鮮人が、生き残り、居残った」ので、

「数多くの李の手下も居る」から、

「日本への侵攻は、象徴としての竹島で止め、

後は、日本国内の工作活動で日本の乗っ取り支配を進める事にした」のだ。

「北朝鮮に対しては、軍事侵攻で攻め落とそうとした」。

「つまり、李ショウバンは、日韓併合時の日本と朝鮮の全てを自分の支配下に置こうとした」のだ。

「李の意を受け継いでいる朝鮮系の人々は、未だに、韓国内にも北朝鮮内にも日本国内にも数多く居る」』。

『「そもそも、日本国の為、日本国民の為、その象徴の天皇陛下の為、に、命がけで欧米列強とた戦った旧日本軍」が、

「一方的に極悪扱いされる」のは、

「数多くの日本人を死なせてしまったから」だ。

「数多くの日本人が命を落とさざるを得ない状態をつくった者こそが、本当の悪」なのである』。

『「戦後、日本の乗っ取り支配等の為には、

左翼への転換が有利と判断してその論調を180度変えたのかも知れない

朝日・毎日等の大新聞やラジオ等」は、

「戦前戦中は、行け!行け!ドンドン!!の大合唱」だった。

「軍部要人の裏で、夜のお世話をしていた李の手下等々は、

直接それらの人々が儲かったり良い立場を得られたりする事に直結しない豪華な接待や性接待で、

軍部要人がより好戦的になる様に煽っていた」のだ。

「権力者の意向を好戦的に誘導し、大衆の意向はマスコミで操る策略」だったのである』。

『「異性・金銭・物品・サービス接待は、

米国要人に対しても行われ、

その結果が、

占領支配政策に李の意向を取り入れさせた事や、

韓国大統領の座だった」のだ。

「戦後日本の占領政策に朝鮮人が深く係われ、

朝鮮人による戦後火事場泥棒が可能になったのも、

植民地支配詐欺がまかり通ってしまったのも、

李人脈の工作活動が在ってこそ」である。

「そして、その人脈の工作活動は、今も、各国内で続いている」』。

『「上記の様な非常に不健康な策略の上に立たされている」のが、

「韓国朴大統領」であり、

「日本」であり、

「米国」なのだ』。

『「米国」も、

「日本」も、

「韓国」も、

「今時、そんな悪い策略から直ちに抜け出し、

事実・現実をベースとした健康な基盤の上に立つべき」だ』。

『「李ショウバン人脈の策略的歴史観」などに、

「踊らされる事」は、

「李ショウバン人脈の策略に落ち、実質的に、支配され操られる事」なのだ』。

『「今時なのに、

未だに、

不健康な誰かの手下の情報工作機関等に成り下がっている様相のテレビ・マスコミ等は、

何処の国の物でも、

即刻健康化されるべき」である』。

|

「歴史認識ガラパゴス」は反日教育国の方だろ!・・・。

『「何処かの特任教授の小此木によれば、日本は歴史認識がガラパゴス的・・・」だが、「実際は、今時の世界標準の歴史認識とは、事実・現実に基づいた歴史認識で、日本の歴史認識はその道の上に在る」。

「事実・現実に基づいた歴史認識では無く、

特定極一部の権力者等の思惑に基づいた歴史認識を

周り中に強要している」のが

「反日教育を行っている国々」だ。

「大学教授で、この程度の認識さえ持てていないのなら、バカ過ぎる」し、

「持てていて確信犯で反日教育国の歴史認識こそ世界標準だと言ったのなら、

正に、反日教育国人脈の情報工作員的様相」なのだ。

「そんな者を、

わざわざ出演させ、

公共の電波上で大々的に反日教育国に都合の良い論を述べさせた

テレ朝モーニング・バードも、

また、おバカ、もしくは、確信犯・・・」という話しになる』。

『「今時の人間社会」で、

「大した兵器さえ保持していなかった旧日本軍の殺傷力を原爆並みと嘯いている南京大虐殺や、

尖閣諸島は中国領だと嘯いている等々の

歴史認識を

強要している中国共産党」や、

「戦後火事場泥棒の正当化の為に、

実態としては、日本による韓国救済だった日韓併合を日本による植民地支配&略奪等だと嘯き、

実態としては植民地支配詐欺を行っている様相の韓国」の

「事実・現実から程遠い、

不当利権維持~拡大の為の歴史認識などが、

世界標準に成り得る訳が無い」』。

『「不当利権維持~拡大の為の歴史認識の蔓延りさえ、

終わらせる事が出来ない国々」とは、

「人類の正常進化から落ちこぼれている国々で、

実態としては、

現実離れに縋りつくが故に、

衰退~滅亡の道を歩んでいる国々」なのだ』。

『「歴史認識ガラパゴスの反日教育の国々」は、

「今までの過ちを改め、

事実・現実に基づいた正常な歴史認識に改める等の

現実路線に方向転換しない限り」

「今後、益々、国際社会での孤立を深め、

経済的にも、技術的にも、

不当な円高が是正されて来ている事や、

パクリ・盗み技術等をオリジナル等と嘯いて来ている事等により、

どんどん衰退する事になる」』。

|

村上春樹氏の講演・・・。

『「ユング派の臨床心理学者の故人(河合早雄氏)」との関連で「村上春樹氏が講演を行ったのだそうだ」。

「それを、韓流テレビは大宣伝」である。

「正に、既に売れている村上氏の新書等をもっと、もっと、宣伝したい様相」なのだ』。

『「幸いな事に、今回の講演では、村上氏は、時事問題に言及しなかった」のだと言う。

「その面では、実質的に、有名人利権に基づいて、悪戯に大衆を時事問題で操らなかった」のだから、

「ある意味では、健全な講演だった」のだろう』。

『「しかし、関連故人との係わり故か(?)その講演内容はかなり宗教的だった様」である。

「ユング派の精神心理学」とは「だいぶ前の精神心理学」で、

「宗教的な域を出切れていない精神心理学」だ。

「筆者たちの様に、無意識の底を、細胞ごとの物理反応の集大成に置く、科学レベルの精神心理学が当たり前と考えている現代人」から見れば、

「ユング時代の精神心理学の宗教性は明らか」だ。

「丸ごと一人の死生観に基づく考察さえ少なからずあるのだから!」』

『「村上教組」が「おっしゃった宗教的講演」に「賛同・感動できたのは、村上信者」なのだろう。

「宗教は既に伝統文化遺産」と「実感している筆者たち」には、

「益々、村上作品の内実の浅さが気になってしまう内容だった様」だが』。

『「文章表現テクニックで言うなら、ノーベル賞の川端氏はかなりのモノだと思う」が、

「その川端氏に対して、村上氏は近親憎悪の感情を抱いている様相ですらある」』。

『「元々、考える為の哲学」や「言葉(遊び)の為の文学」等々は「肌に馴染まない筆者たち」なので、

「村上作品には、献金した事も無い」が、

「韓流テレビ等が、どうして、そんなに村上集金を応援するのか?」の「内実」には、

「現状日本社会の重大問題の臭いが濃厚」なので、

「否応無しに興味をそそられてしまう」のだ』。

『「村上宣伝が、ここまで露骨だと、人脈を疑わざるを得なかったり・・・」する』。

『「村上氏が得ている筈の大枚の使い方も、気にせざるを得ないところ」だ。

「何しろ、韓流テレビ宣伝等との共同作業で得ている大枚である面も少なからずある」のだから・・・』。

|

韓流テレビ等では派閥=大問題だが・・・。

『「派閥も無い一枚岩の大政党」とは「どんな政党だろうか?」

「直ぐに思い付くのは、旧共産圏の共産党等」だろう。

「旧共産圏の共産党の様な大政党」なら、「多くの一般日本国民は支持しない筈」だ。

「派閥政治の実際の問題」は、

「利権誘導政治であり、政党内のグループである派閥そのものでは無い」。

「利権誘導政治を批判せず、政党内グループを批判する事の実体」は、

「旧共産圏の共産党の様な、

その政党の極一部の大権を保持した{支配者}が、

全てを牛耳れ、

利権誘導も好き放題行える政治体系への流れをつくる事」なのだ』。

『「旧共産圏の様な政治体制が必要になってしまう国々の実例」は、

「例えば、反日思想カルト宗教の国々」だ。

「反日思想をその国の国民に無理強いし続ける為には、

旧共産圏の共産党の様な、

上辺は一枚岩、

内実は、特定少数極一部の者たちによる独裁政治が行える政治体制が必需」になる。

「中国共産党や北朝鮮の政治体制は、旧共産圏の政治体制そのもの」だし、

「韓国の政治体制も同様の特定極一部の者たちによる独裁色が強い物」だ。

「民主主義国日本」には、

「そんな一枚岩大政党は似合わない」』。

『「自民党の実態」は「大枠では考え方を一致させる事の出来る中・小数政党の集まりみたいなもの」だ。

「それを一大政党として扱えば、自民党以外の勢力の必要性が訴え易い」から、

「反日教育国人脈等」は「好んで、多数寄り合い所帯自民党を一大政党としてのみ扱いたがる」』。

『「現状の政党支持率」では、

「自民が約4割、特定政党の支持を決めていない層が3割強」だ。

「もはや、

反日教育国人脈による実質的工作活動等に騙され、

自民への反感等から反日教育国人脈ご用達的政党等に流されてしまう層や、

確信犯のその人脈の層は、

激減している」のだ』。

『「4割支持の自民党の中を、実態通り中・小政党の集まりと捉える」なら、

「日本人脈の政党支持者層が約4割」、

「反日教育国人脈の政党支持者層、や、操られ層が最大でも3割に届かず」、

「決めかねている層が3割以上」なのだ。

「反日教育国人脈による実質的工作活動が山ほど在る現状の日本」で、

「反日教育国人脈の政党支持者層は、

その派手な工作活動にも係わらず、

既に3割にも届かない、

衰退の一途の様相」なのだ』。

『「派閥政治より遥かに深刻な問題」は、

「反日教育国・反日教育国民を利する政治」だ。

「利権誘導政治は批判されて当然だし、是正されるべき」だが、

「反日教育国・反日教育国民を利し、

日本国・日本国民を不利にする政治こそが、

日本国内で先ず第一に駆逐されなければならない政治状態」なのである』。

『「幸いな事」に

「民主から自民への政権交代後、

反日教育国や反日教育国人

(もちろん、どちらも、上辺では無く、内実の話しだ。

上辺は日本国民でも、内実は、身も心も、反日教育国の手先等・・・という場合も少なく無いのだ。)

を利していた異常な円高が是正されて来ている」。

「しかし、

未だに、反日教育国や反日教育国人を利し、

日本国や日本国民を不当に貶める

情報・教育・法律等が少なからず残っている」』。

『「竹島の不当占拠を止めない」、

「従軍高報酬売春婦(もちろん日本人も居た)を韓国女性だけの従軍慰安婦被害と嘯きあり得ない謝罪や補償を要求している

(そもそも、当時、朝鮮人の女の子を売春婦として狩り集めていた人々の多くは朝鮮人で、

女の子を売春婦として売ったのは、朝鮮人の親や親類縁者なのだ。

本人の意に沿わない従軍売春婦問題で、文句を言うなら、朝鮮人が朝鮮人に先ず言うべきである。

そして、従軍売春婦とは、

明日命が無くなるかも知れない、

国の為に命がけで戦いに赴いている日本国男性の為への

せめてもの奉仕だったのだ。

当時の戦争でも、その後の戦争でも、

従軍売春婦無き軍隊の場合、戦地でその地の民間人女性を強姦・殺害する事が横行したのだから、

戦争は責められるべきだが、

従軍売春婦自体を大表に出して責めるのは、間違っている。)」、

「戦後火事場泥棒や植民地支配詐欺も是正しようともしない

(日本により滅亡寸前だった朝鮮の権力者たちは、

国の滅亡を免れると共に、皇室並みの待遇まで手に入れた。

朝鮮内は日本により急速に近代化され、

多くの朝鮮人の教育・文化・衛生・経済水準も飛躍的に上がり、

朝鮮人人口も飛躍的に増えた。

しかも、日韓併合時には、多くの朝鮮人が時には密航までして、より良い仕事や待遇等を求めて日本に渡来している。

それらを日本による植民地支配~略奪行為だと言うのなら、

朝鮮人は、日韓併合前の朝鮮に戻れば良い。

在日朝鮮人も、植民地支配まで行う酷い国になど居るべきでは無く、未だ残っている者たちは、即刻、朝鮮に帰るべきだ。)」、

「多数の拉致被害者も帰さない」、

「未だに、不健康な工作活動を行い続けている」、

「尖閣諸島等に対する侵略行為まで行おうとしている」、

「・・・事実・現実に基づいた是々非々論をベースに事を進められない、

反日教育の国々、及び、反日に忠実な人々」には、

「早急な是正行動が求められている」のだ』。

『「日本人脈の派閥や世襲等を大問題化」し

「反日教育国人脈問題は問題にもしない連中」の

「実体」は、

「反日教育国や反日教育国人(何れも、内実)に利権誘導している実質的工作員」なのだ。

「そんな者たちに相応しい」のは、

「罪や罰」であり、

「過分な立場や報酬」では「あり得無い」』。

|

野尻湖に飛び込み死亡の駒大生問題・・・。

『「水温5度~3度の湖に衣服を着たまま飛び込めば、心停止の危険がある事くらい、小中学生でも知っている」だろう。

「それなのに、度を超えたおバカ行為を行ってしまった大学生の裏に何があるのか?」』

『「駒大とは、仏教系の大学」だ。

「仏教は、もちろん、古からの宗教で、丸ごと一人の死生観に基づいている」。

「輪廻転生も、心頭を滅却すれば・・・も、みんな丸ごと一人の死生観をベースとした考え・思いの上での納得」である。

「そんな納得を今時本気で信じている」なら「今時の普通の大学生というよりは、宗教団体構成員とでも言うべき」だろう。

「恐らく今回問題を起こしてしまった大学生たちも、そんな納得を本気で信じている程現実離れしていた方々では無い筈」だ。

「それでも、度を超えたおバカ行為が行えてしまった裏」には、

「そんな納得の影が全く無いとは思えない」のだ。

「つまり、仏教的思想に守られている特別感」である』。

『「特別感の世界で生きている人々は、度を超えた行動も行えてしまう可能性が非常に大きくなる」。

「特別感は、現実離れした全ての思想・信条が誘う悪魔の誘い」なのだ』。

『「学校教育で教えるべき大切な事」は、

「悪戯な特別感の虜にならない自己制御を身に付けさせる事」だ。

「事実・現実の上に立つ事を教える事」こそが、

「今時の学校教育の本分」である。

「宗教系の学校は、その宗教や宗教文化等をちゃんと歴史文化遺産等として教えているだろうか?」

「その辺りが曖昧な内は、

悪戯な特別感の虜となり度を超えた愚行に邁進していしまう生徒を生み出してしまう源泉を提供している状態から、

解脱(仏教用語)出来てない事になる」のだ』。

『「人間が自己に対する特別意識を持つキッカケになる要素として忘れてはならないもう一つの事」は、

「異常に阻害された環境等」である。

「酷い環境下では、多くの人々が無意識の内に、こんなに酷い目に遭わされる自分は特別だ!等」と

「勘違い出来易い」のだ。

「現実離れ思想・信条がもたらす特別感も問題」だが、

「酷い環境ゆえの特別感も大問題」だ。

「例えば、子どもにとって、親等に生物としてちゃんと相手されていない状態」は、

「正に、無意識レベルで酷い環境を実感するに十分な酷い環境」になり得る。

「人間として産まれながら、三歳にも満たない内から、親を遠ざけられ、十分な生体対応をしてもらえていない状態」や、

「同じ時代・同じ社会で生きていながら他の人々に比べて余りに劣っている環境等(つまり、格差社会状態の犠牲者)」なら、

「そんな特別に酷い状態下の自分は特別だから、

特別に他の人間たちより恵まれるべき、

或いは、

他の人間たちを支配出来るべき、

・・・等々の、

現実離れした欲動が、

無意識内、意識内を問わず、芽生えてしまっても、

何の不思議も無い」のだ』。

『「人類として自虐的な勘違い人間たちをつくり出さない為」にも、

「現実離れした思想・信条」や、

「親不在状態」や、

「同じ時代・同じ社会を生きている他の人々に比べ、余りに酷い生後環境(つまり、格差社会状態)」等々は、

「早々に駆逐されるべき」である』。

『「本質を是正しようとせず、

問題を起こした人や問題を起こしそうな人だけを

無理やり現状に合わさせようとする」のは、

「旧共産主義圏の不適応分子粛清思想と同様の現実離れした悪い考え方」なのだ。

「自由・民主主義を謳う」のなら、

「他者支配より、多くの人々が、自分で自分を健康にコントロールし続けられる状態をつくり出す事」だ。

「偶々、自分等が恵まれているから・・・と言って、他者に現状適応を無理強いする様」では

「現代を生きる人間として、大人とは言え無い」』。

|

未だに、ハト派/タカ派や革新/保守やリベラル等の概念で大衆誘導を試みている様相の呆れたサンデー・モーニング・・・。

『「もはや、ハト派や革新やリベラルの実体は、親反日教育国である事」は「多くの日本国民が知っている」。

「それなのに、未だに、過去の悪の栄光に縋っている様相」なのが、

本日の「サンデー・モーニング」だった』。

『「言うまでも無く、多くの一般日本国民にとって、重要かつ有益な判断基準」は、

「反日思想派か?」

「親日思想派か?」である。

「日本国民にとって、反日思想の権力者等を頂く事は自虐以外の何物でも無い」のだ。

「こんな当たり前過ぎる理屈」を、

「過去において」は、

「多くの人々が考えずにいた」から、

「反日思想派が不当な利権を日本で得られていたダケ」なのである』。

『「反日思想派の不当な利権は、情報・教育による大衆誘導によりもたらされていた」。

「その実態を裏から見る」なら、

「情報・教育による大衆誘導やそれに基づいた政治等の裏」に、

「反日思想人脈が巣食っている事が、誰にでも、容易に判る」』。

『「日本国民であるのに、反日思想では明らかに自虐的」だ。

「反日思想で自虐にならないのは、反日思想でメリットが得られる人々」である』。

『「例えば、反日思想により、

戦後火事場泥棒の公認や、植民地支配補償詐欺のメリットを

得られる人脈」なら、

「反日思想を多くの日本国民に無理強いする事にも整合性が在る」。

「実際に、多くの日本国民に反日思想を無理強いしている様相の連中」は、

「正に、朝鮮系・中国共産党系である事」が、

「少し検証を深めるなら誰でも分かる」・・・』。

『「もはや、日本国内からは、反日思想の無理強い等は駆逐するべき」だろう。

「反日思想の無理強い工作等を行っている連中」などは、

「例え、帰化していても、実質的には、日本国民には値しない」。

「そんな連中は、反日思想を抱きしめている国々へ、強制送還すれば良い」のである』。

|

戦争など出来得ない今の北朝鮮に手をこまねいているおバカな米国・・・。

『「今の北朝鮮なら、戦争など出来得ない」。「だから、米国が本気で北朝鮮の核武装を認めない」のなら「今の内に北朝鮮を遠慮無く叩くべき」だ。

「それを躊躇して、北朝鮮の核武装を本格化させる」なら、

「米国は、日韓へ米軍核の共同管理を求める必要に見舞われる」』。

『「問題は、中国共産党」だろうが、

「中国共産党だって、反日思想等の虚像の上にしがみ付いている間は、先進国の仲間入りは出来得ない」。

「中国共産党が北朝鮮を切り、反日思想を放棄する」なら、

「国際社会でも中国共産党を認めても良いだろう」が、

「北朝鮮や反日思想等現実離れした思想にしがみ付いている中国共産党」なら、

「何れ、中国国民からも決定的なダメ出しが出る(既に、約8割もの中国国民が中国共産党にダメ出し・・・なのだ)」のだから、

「米国も遠慮無く、その様な中国共産党ならダメ出しをするべき」だ』。

『「核兵器は、人類の実体の本来の目的である地球生命体細胞群の存続~永続との整合性を保てる国々のみが保有出来るべき」であり、

「核兵器以上の破壊力を持つ現代技術も同様」である』。

|

スタバで差別騒ぎの韓国人って自分のルックスがコンプレックスなの?・・・。

『「細い目のイラスト=差別では無い」。「何故なら、普通の認識では、細い目と太い目に優劣は無いから」だ。

「それを差別と感じたという事」は「そのご当人が自らの細い目を蔑んでいた」のだろう』。

『「上辺に拘る人々が多いからか(?)韓国では整形手術も大流行」だという。

「上辺に拘るとは、内実に自信が持て無い場合よくある話し」なのだ。

「内実に自信を持つ為には、事実・現実と共に在る必要がある」』。

『「実は、反日思想とは、現実離れ思想に他ならない」。

「現実離れを強いられてたり、自ら選択していたり・・・する」と「内実に自信が持てず、上辺に拘りたくなり、拘る上辺は現状での成功像頼りとなり易い」。

「自らの実体を否定する愚行さえ生み出してしまう思想や文化」は「本当にお気の毒」である』。

『「今時の普通の人」なら「そんな自虐思想・文化等から自分を解放する努力を怠らないもの」だが・・・。

「解放法は簡単で、事実・現実と共にある状態に自分を導けば良いダケ」なのに・・・。

「韓国人」が「韓国人自らが言う様」に、

「本当に優秀」なら、

「この程度の話しは、既に重々承知で、既に多くの韓国人が対策済み」で、

「変な問題は起きていない筈」だ。

「優秀だ!」という「思い」が「現実離れしている」なら、

「問題が連発して当然」だし、

「裸の王様的恥をかき続けない為にも、早急な是正対応が必需」だろう』。

|

もはや日本の経済も外交も反日教育国以外との連携強化となりつつあるが・・・。

『「この先も、現実離れが激しい思想でしかない反日に拘っている反日教育国は、現実の人間社会からどんどん遅れ、どんどん孤立する」だろう。

「今時の普通の国」なら

「歴史認識は事実・現実をベースに」、

「日本からの経済等の支援に対しては、普通に感謝する」が

「当然」だが、

「反日教育国」では「歴史認識は反日教育国権力者の思いに沿って」

「日本からの経済等の支援に対しては、日本は反日教育国にメリットをもたらすのは当然であり、もっと、もっと、よこせ!」なのだから、

「さすがに我慢強い多くの日本国民」でも、

「もはや、反日教育思想に拘っている連中とは、まともなお付き合いは無理」と悟っている。

「その様な事態は、官僚でも政治家でも同じ」なのだ』。

『「今後は、ASEANもインドもロシアも、日本共々発展する」だろう。

「反日教育国は、反日思想に拘っている限り、現代人間社会でのまともなお付き合いは出来ない」から、

「反日教育国人脈等による日本の政界工作ゆえだった

反日教育国を有利にする為の異常な円高が

是正されて来ている今後は

衰退の一途」になる』。

『「さて、ここで多くの一般日本国民が考えるべき」は、

「日本国内に少なからず居る反日思想に拘っている人々への対応」だ。

「政界工作だけでは無く、

情報・教育工作や、

一般日本国民の中の反日教育国にとっての不適応分子の粛清工作まで行っている連中が

日本国内に少なからず居る現実」に対して、

「どの様な対応を取るべきなのか?」

「粛清工作まで行っている連中」は

「例え、上辺は帰化していても、内実は帰化に値しないのだから帰化を取り消し、

とっとと反日教育国に強制送還するべき」だし、

「情報・教育工作や政界工作等々を行っている連中」に対しても「同様の措置が必要」だろう。

「その様な日本国民の安全を守る為の措置をちゃんと行わない事」は、

「日本国民を反日教育国人脈の工作の標的として差し出している平和ボケ」なのだ。

「平和ボケの間に、

反日教育国の為の異常な円高状態をつくられてしまい、

数多くの日本企業が倒産に追い込まれ、

数多くの自殺者まで出した上に、

少子高齢化が異常な程加速してしまった等々の事」を

「ちゃんと認識する」なら、

「平和ボケが如何に罪かも解る筈」だ。

「異常な円高の間に、

日本国内の反日教育国人脈の人々は、反日教育国からの輸入や、反日教育国の会社の株等々で、

利益を上げ、

日本国内における反日教育国人脈の割合を少しでも多くするべく、子造りにも励んでいた」のだ。

「元々が、有益分子の育成と不適応分子の粛清という政治文化」だから、

「当然と言えば当然の行動」だが、

「そんな行動が横行した日本社会が良くなった訳も無い」。

「戦後、朝鮮や中国内に居た日本人はほぼ全員が短期間の間に無理やり帰還させられた」。

「もちろん、朝鮮や中国の中で努力して築いていた資産等を無理やり放棄させられて・・・」である。

「反日思想に基づいた有益分子の育成と不適応分子の粛清という工作活動を行っている実質的日本の敵となっている人々」が、

「強制送還されないで良い理由は全く無い」のだ。

「反日思想に基づいた工作活動を行った者たち」は、

「日本に害を与えた工作活動に対する補償の意味からも、

日本国内に在る資産等は放棄させ、

とっとと反日教育国に強制送還するべき」だ』。

『「現実主義者が多い日本国」は、

「中国も韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)も、

反日思想から解放され、事実・現実をベースとする今時の普通の国になった」なら、

「近隣国として仲良く普通のお付き合いが出来る」。

しかし、

「反日思想に拘ってるのに、

無理やり付き合おうとすれば、

日本側に現実離れ&反日教育国のシモベ状態を強いられるので、

日本国・日本国民に多大なデメリットをもたらしてしまう」から「無理に付き合う必要は無い」。

「多くの一般日本国民は覚悟を決めるべき」だ。

「日本国内の反日思想に沿った工作活動をしている連中を強制送還して、日本の安全を保つ」と共に、

「反日教育国が現実離れゆえに孤立~衰退して反日思想を改めざるを得なくなり、

現実路線に乗るまで、

反日教育国とは、無理なお付き合いはせず、

のんびり待つ」くらいの

「覚悟が必要」なのである』。

|

未だに河野談話を擁護している米国要人とは・・・。

『「従軍慰安婦」とは「歴史上の現実では無く、実質的捏造概念に他ならない」。「歴史上の現実」は「従軍高報酬売春婦(当時は売春も仕事で合法)で、もちろん、朝鮮人だけでは無く日本人も多数居た」のだ。

「従軍慰安婦という概念」は「日本にたかり行為を行う為に、朝鮮系の人脈が意図的に広めた概念に他ならない」。

「歴史上の現実に基づいた現代を生きる人間として当たり前の歴史認識への是正」を認めようとせず、

「未だに、日本に対してたかり行為を行いたい工作活動国家人脈の情報工作を擁護する人々」には、

「異性や金や脅し等々の工作活動の臭いがいっぱい」なのだ。

「そんな人を要人として配置している国では・・・、とても、先進国とは言えない」・・・』。

『「河野談話を確信犯で意図的に擁護するなら悪」だし、

「鵜呑みにしているのなら、おバカ」だ。

「河野がどの様な人脈の人か?」とか、

「河野の過去の実績

(台湾に河野が乗った飛行機が着陸した時でも中国共産党に気を遣い降りようともしなかった。

現在でもまるで朝鮮系や中国共産党系人脈ご用達の番組の様相であるサンデーモーニング等の常連出演者。等々)

からも、

歴史上の現実に基づいた歴史認識を選択する多くの現代人とは違った歴史認識を持っている可能性が高い人」として、

「ちゃんと認識出来ていなければ、米国の要人として力不足」である』。

『「米国は、反日教育国や中国共産党の手先の様な人々を要人の座から外すべき」だ。

「何故なら、それらの下の人脈の人々では米国も日本同様に蝕むから」である』。

|

強電磁波場科学を悪用した電磁波工作兵器にご用心!・・・。

『「強電磁場科学(一般的には、強光子場科学と呼ばれている様だが・・・)の理論や技術を悪用する」と「サイズが極めて小さな加速器をつくる事」さえ「可能」なのだ』。

『「強電磁場科学自体」は、

「日本では、既に公開されている学問」である』。

『「強電磁場科学技術を悪用した電磁波工作兵器」は、

「既に実際に作られ、法律で摘発されない程度の実験として、既に悪用されている」のだ。

「究極の目的」は、

「時が来た時に、その兵器の破壊力を飛躍的に上げ(高電磁場科学悪用の工作兵器ではそれが簡単に出来てしまう)、

一気に、都合の悪い人脈の人々を大量虐殺する事」だろう』。

『「日本の警察や政府等々も、今の段階(実験段階)の内に、電磁波悪用の犯罪に対する取り締まりや、

強電磁場科学を悪用した工作兵器実験を行っている悪どもに対する摘発を行うべき」である』。

『「因みに、

現時点(当初は、微弱だったが、筆者が対策を施すごとに出力が上げ続けられている)では、

筆者の居場所をレーダーで特定(つまり覗き行為)し続け、

執拗(余程暇なのか?その為に雇われている工作員ゆえ・・・か、筆者が自宅に居る時は、ほぼ常時2人が上で{活動中}で、外から強化係の技術屋?が時々訪れそれに加わっている)に、

筆者のところに向かって迷惑な電磁波レーザーを照射している連中が用いている電磁波レーザーの強度」は、

「就寝時の安全確保の為に、アルミ含有トタン板や鉛板やポリ版等を数ミリ重ねておいた下でも、マイナスイオンの飛び出しが十分に感じられる程度」で、

「かなり高い」から、

「本気で摘発すれば、殺人未遂レベルの罪に問う事も可能な筈」だ。

「その様な強化された電磁波レーザーが他の建物や一部の車(こちらは、それ程強くない)からも照射され続けている」ので、

「筆者は、仕方なく、対策を行い続けている」が、

「余分なお金がかかって非常に迷惑」である。

「電磁波工作車の数の多さ」や「筆者の自宅付近以外でも在る強電磁波レーザー照射建物の存在」から「推定される」のが、

「ターゲットとなっているのは筆者だけでは無い事」で、

「筆者の様に気づいて対策している人々ばかり・・・」とは「限らない」から、

「既に、傷害や死亡等の実害を受けてしまった人々も少なからずいる」筈だ。

「覗きや、殺人未遂行為に邁進している悪ども」の「摘発さえ行わない警察等」なら、

「そんな連中もお仲間・・・」という話しで、

「そんな人間社会なら、人類滅亡が必需になってしまう」が・・・。

「何れにしても、悪どもに未来は無い」のである』。

|

憲法記念日だが(2)・・・。

『「どうせ憲法を考える」なら「ちゃんと、日本国民の実体から整合性を取った法律を考えた方が、より効率が良い事」は言うまでも無いだろう。

「日本国民の実体」とは「当ブログを以前からお読みの方々は既にご存知」だろうが、

「人類誰もの実体である地球生命体細胞群(仮称)」だ』。

『「地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続」との「整合性を取る立法作業を行う」なら、

「その立法作業自体」が「未来永劫残り得る有益な立法作業と成り得る」が、

「そうでは無く、特定極一部の考え・思いに基づいた立法作業」となれば、

「正に、天動説の世界」で、

「そんなモノは、何れ消滅する無駄な作業、或いは、現実との整合性が悪い非効率な作業、でもあり得る」のだ』。

『「どうせ仕事をする」のなら、

「最初から判っている無駄」に、

「多大な力を注ぐ」のは、

「虚しい努力」だ』。

『「せっかくの憲法記念日」だから、

「多くの人々」が、

「無駄にならない立法とは?」くらい

「真剣に考えてみたらどうか?!」』

『「くだらない集会」で「同類同士慰め合っていても」、

「エネルギーの無駄」で、

「何も良い結果は生まない」のだ。

「この世の迷惑はバカと悪」である』。

『「因みに、筆者が反日教育国やその人脈を嫌っている」のは、

「現実との整合性が悪いから」だ。

「現実との整合性に基づいて分ける」と、

「必然的に、反日教育国<中間国<親日国となる」のは、

「日本国自体の運営が、比較的現実路線が強いからに他ならない」。

「その現実路線をより強める」のが、

「日本国民の実体との整合性を取った法整備」なのだ。

「より魅力や価値が高い道」だと思うが・・・』。

|

憲法記念日だが・・・。

『「5月3日は憲法記念日」だ。「憲法改正は大いに結構」だが「自民党の草案には多くの問題点がある」。

「そんなところにも、自民党内に巣食っている反日教育国人脈の問題が露呈している」のだ』。

『「そもそも、反日教育国人脈をちゃんと反日教育国人脈として認識していないところ」が「大問題」で、

「どんなに手厚い援助を行って来ていても、反日教育さえ止めない国々の人脈の人々に対して」は、

「相応に冷徹な対応を取り、国益・国民益を守る事」こそが、

「日本国の国政を預かる者」の「取るべき態度」だ。

「それなのに、裏に、献金や政治(性事)協力があるからか?」

「反日教育国人脈なのに、手厚い対応・・・」とは、

「本来なら、あり得ない話し」なのだ』。

『「憲法ではっきりさせる事」は、

「国益・国民益を守る事」であり、

「その為には、反日教育国等、反日対応を取る国や者への対応をはっきり否定すること」だ。

「反日対応を肯定する事」は、

「反日本国対応や反日本国民対応を肯定する事と同じ」である。

「その上で、公共の益を言う」なら、

「公共の益=日本国・日本国民の益」だが、

「反日対応を肯定したままの公共の益」では、

「反日教育国人脈がマスゴミ等を悪用して大衆誘導し日本の政権を握ってしまえば、反日教育国人脈のやりたい放題になってしまう」のだから、

「日本国・日本国民の為の憲法なのか???になってしまう」のだ』。

『また、「国旗や国家は、最初に強制されるべき事では無い」。

「逆である」。

「多くの日本国民が国旗や国家を敬える様な国を造る事」が「先でなければならない」。

「例えば、経営者の多くが反日教育国人脈の人々で、低賃金労働者の多くが一般日本国民・・・という様な国」では、

「多くの国民が国に対して面従腹背状態」だろう。

「その様な状態を避ける為」にも、

「少数支配や略奪文化に対する規制は必需」だ』。

『「グローバルスタンダード」とは「詭弁」である。

「反日と親日とその中間とをちゃんと区別した上で、日本国・日本国民の益を守る」のが、

「現実との整合性が取れる手法」だ』。

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »