« 憲法記念日だが(2)・・・。 | トップページ | 未だに河野談話を擁護している米国要人とは・・・。 »

強電磁波場科学を悪用した電磁波工作兵器にご用心!・・・。

『「強電磁場科学(一般的には、強光子場科学と呼ばれている様だが・・・)の理論や技術を悪用する」と「サイズが極めて小さな加速器をつくる事」さえ「可能」なのだ』。

『「強電磁場科学自体」は、

「日本では、既に公開されている学問」である』。

『「強電磁場科学技術を悪用した電磁波工作兵器」は、

「既に実際に作られ、法律で摘発されない程度の実験として、既に悪用されている」のだ。

「究極の目的」は、

「時が来た時に、その兵器の破壊力を飛躍的に上げ(高電磁場科学悪用の工作兵器ではそれが簡単に出来てしまう)、

一気に、都合の悪い人脈の人々を大量虐殺する事」だろう』。

『「日本の警察や政府等々も、今の段階(実験段階)の内に、電磁波悪用の犯罪に対する取り締まりや、

強電磁場科学を悪用した工作兵器実験を行っている悪どもに対する摘発を行うべき」である』。

『「因みに、

現時点(当初は、微弱だったが、筆者が対策を施すごとに出力が上げ続けられている)では、

筆者の居場所をレーダーで特定(つまり覗き行為)し続け、

執拗(余程暇なのか?その為に雇われている工作員ゆえ・・・か、筆者が自宅に居る時は、ほぼ常時2人が上で{活動中}で、外から強化係の技術屋?が時々訪れそれに加わっている)に、

筆者のところに向かって迷惑な電磁波レーザーを照射している連中が用いている電磁波レーザーの強度」は、

「就寝時の安全確保の為に、アルミ含有トタン板や鉛板やポリ版等を数ミリ重ねておいた下でも、マイナスイオンの飛び出しが十分に感じられる程度」で、

「かなり高い」から、

「本気で摘発すれば、殺人未遂レベルの罪に問う事も可能な筈」だ。

「その様な強化された電磁波レーザーが他の建物や一部の車(こちらは、それ程強くない)からも照射され続けている」ので、

「筆者は、仕方なく、対策を行い続けている」が、

「余分なお金がかかって非常に迷惑」である。

「電磁波工作車の数の多さ」や「筆者の自宅付近以外でも在る強電磁波レーザー照射建物の存在」から「推定される」のが、

「ターゲットとなっているのは筆者だけでは無い事」で、

「筆者の様に気づいて対策している人々ばかり・・・」とは「限らない」から、

「既に、傷害や死亡等の実害を受けてしまった人々も少なからずいる」筈だ。

「覗きや、殺人未遂行為に邁進している悪ども」の「摘発さえ行わない警察等」なら、

「そんな連中もお仲間・・・」という話しで、

「そんな人間社会なら、人類滅亡が必需になってしまう」が・・・。

「何れにしても、悪どもに未来は無い」のである』。

|

« 憲法記念日だが(2)・・・。 | トップページ | 未だに河野談話を擁護している米国要人とは・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事