« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

一桁政党が大威張り&芸能人に政治を語らせているテレビ政治情報の異常性・・・。

『「参院選が近づき、各テレビ局(NHKも含む)では、参院選がらみの情報提供番組が花盛り・・・」だ。

「ところが、その情報提供ぶりは明らかに異常」である』。

『「色々な政党から出演者を求め、色々な政党の出演者たちに語らせるのは良い」のだが、

「忘れてはいけないのが、その政党の現在の支持率と国会議員数」だ。

「ちゃんと各政党出演者の前に、現在の支持率と国会議員数が表示されている」なら、

「国会議員数一桁政党の大威張り発言」も

「国会議員数一桁政党の大威張り発言」として

「多くの視聴者に認識される」が、

「現状の様に、現在の支持率も国会議員数も隠蔽したまま、

横並びで発言を容認しているばかりか、時によっては、むしろ、一桁政党の方がより多くの時間を割いて・・・」となれば、

「そのテレビ情報だけから受ける視聴者のイメージ」では、

「あたかも一桁政党が大政党の如く勘違いし易い」のだ。

「その実体は、正に、情報工作であり、一桁政党を意図的に応援している大衆誘導でもある」』。

『「また、公共の電波を使って芸能人や特定極一部の人々に、それらの人々の政治理念や思想信条等を語らせている番組も少なく無い」が、

「こちらも、明らかに異常」だ。

「日本の芸能界は、朝鮮系の人脈の割合が一般日本社会より高い」。

「芸能人の発言は、韓国・北朝鮮・中国共産党を利している場合が多い」。

「例えば、日本のみ脱原発の実体」は、

「円高・ウォン安政策同様、

日本企業と日本国民を細らせ、

韓国や中国の企業や国民を太らせる事だが、

多くのの芸能人が脱原発論」なのだ。

「日本のテレビ情報」で、

「日本のみ脱原発の実体」を、

「ちゃんと伝えている所は実質的に皆無」だ。

「例えば、核のゴミ問題」とは、

「核のゴミ事業問題」でもある。

「日本が原発事業から遠ざかれば、必然的に原発事業も核のゴミ事業も他国が受け持ち易くなる」。

「その様な事態を特に望んでいる様相なのが、韓国や中国共産党」だ。

「日本の脱原発は、韓・中の原発事業に対する大きな応援になる」』。

『「そればかりでは無く、脱原発では、日本の電力が高値不安定になる」。

「何しろ、

再生エネルギー発電の多くは不安定で、

再生エネルギー発電による電力は長年高値買い取り(特に太陽光は特別に更にバカ高)が決められている」のだ。

「電気料金が高くなれば、日本企業は細る」。

「一般家庭の多くも、電気代が増える分、他の消費を細らせざるを得ない」。

「つまり、脱原発とは、日本企業を細らせ、日本国内の景気を悪くする特効薬」なのだ』。

『「韓流テレビご推奨の脱原発したドイツ」は

「電力バカ高となり、景気が良くなった企業は、再生エネルギー関連企業と、全体の極一部」なのだ。

「ドイツの脱原発には、東ドイツ人脈の首相によって実現された西側人脈衰退策略の要素」もある。

「つまり、ドイツ国内での東と西の利権争い」なのだ。

「ドイツ東側人脈の裏にも中国共産党の陰が在る」』。

『「発送電分離の裏に在る」のが、「韓国人脈による日本の脱原発&韓国原発電力の日本への売り付け策略」だ。

「日本が脱原発し、発送電分離となれば、

日本の電力は高値不安定となるから、

日本の企業は悲鳴を上げる」。

「そこで、韓国が安い韓国の電気で救いの手を出せば、

韓国の売電が成功すると共に、

韓国が日本のエネルギーの一部を支配出来る」のだ。

「韓国権力者たちが反日教育を正当化する為」には、

「韓国の反日史観を日本にも飲ませる必要がある」。

「今までは、教育と情報の支配で日本に自虐史観を無理強い出来ていた韓国権力者人脈だった」が、

「ネットの普及で、もはや、無理」である。

「そこで、情報・教育よりも更に強い締め付けが可能になる様に、日本のエネルギー支配に手を伸ばしたがっているのが、一部の韓国権力者たち」なのだ。

「エネルギーを支配されれば、嫌でも、自虐史観を受け入れざるを得なくなる」。

「利権集中&権力者を認める者へのばら撒きによる支配」と「同様の手口」なのだ。

「発送電分離は、慎重であるべき」だ』。

『「宗教団体の優遇廃止に言及している所も実質的に皆無」だ。

「日本の新興宗教の多く」は、

「日韓併合時に大量に日本に渡来した朝鮮人の為につくられた」。

「何故なら、元々の日本人は、江戸時代以前から日本本来の神社仏閣と縁を持っていた」が、

「渡来した人々が、いきなりそのコミュニティ入り込む事は困難」だった。

「其処で、朝鮮人の為の受け入れ口が、求められ、つくられたのが新興宗教」である。

「必然的に、新興宗教団体員の朝鮮人の割合は高くなった」。

「戦前~戦中までは、それでも、本来の日本の宗教にくらべて、細々だった新興宗教」だが、

「戦争で、数多くの日本人の命が失われ、

戦争にも係わらず、数多くの朝鮮人が日本国内でも生き残り、

戦後も数多くの朝鮮人が日本に居残った事」から、

「事態が急変」した。

「本来の日本の宗教等と馴染みが深い多くの日本人が戦争で死に、

戦争にも係わらず、生き残り、日本に居残った朝鮮人が多かったが故」に、

「多くの本来の日本の宗教等が科学時代と共に細って来た中、

新興宗教は、戦後急発展して来た」のだ。

(もちろん、公明党と馴染みが深い創価学会も民主党と馴染みが深い立正佼成会も新興宗教団体である。

新興宗教団体によって、飲食物工作や電磁波工作等々には手を染めない平和的要素が強いところもあれば、

確信犯で日本乗っ取り支配等の為に、あらゆる日本人弱体化工作等まで行っている非平和的団体もある。)

「戦後は、日本国籍を選択したり、元々の日本人と婚姻関係等を結んだりしている人々も多い」ので、

「朝鮮人では無く、朝鮮系の人々とでも表現した方が適切」だが、

「朝鮮系の人々の心の拠り所、もしくは、陰の連絡取り合い場所・施設・機関等、もしくは、実質的工作組織等」として、

「日本国内の新興宗教の多くが存在している」のだ』。

『「伝統文化遺産的な日本本来の宗教なら、伝統文化遺産等として保護・優遇すれば良い」が、

「新興宗教まで保護・優遇する必要は全く無い」。

「むしろ、新興宗教の保護・優遇は、例えば、日本乗っ取り工作組織の保護・優遇になっている場合もある」のだから、

「即刻止めるべき」である。

「会計・資産・構成員等は全て透明に、税金は企業や個人と同等に、等々が当然」だろう』。

『「芸能人やテレビ・マスコミ人の朝鮮系の人脈の割合は高い」。

「当然の如く、新興宗教団体員の数も多い」。

「そんな連中の既得権益の保護の為に、宗教関連改正問題が実質的に隠蔽されている」のだ。

「全てのテレビ出演者たち」の「所属団体・組織等は、出演者情報として公開されるべき」である。

「国会議員の場合と同様」で、

「それらの人々の実体情報と共に、それらの人々の事を見聞きするなら、多くの視聴者は誤解しない」が、

「例えば、新興宗教団体員である事を隠蔽して、政治問題で既得権益を批判・・・では、多くの視聴者が誤解する」のだ』。

『「そして、言うまでも無く、現行法の穴を突いて電磁波等々を悪用した工作等を行っている非平和的な宗教団体等は、法整備・摘発体制整備を早急に行い、摘発し、厳罰に処するべき」である』。

|

「日本のみ脱原発ありき」のテレビ・マスコミ等にご用心!・・・。

『「現在、日本のみ脱原発ありきを推奨している所」と「以前、民主党政権への政権交代を推奨していた所」は、「ほとんど同じ」だ。

「裏から見れば、民主党政権を誕生させるのと同様のメリットが日本のみ脱原発にはある」のである』。

『「民主党政権は何を行ったか?」

「象徴的なのが、円高・ウォン安政策で、日本企業を細らせ、韓国企業を太らせた事」だ。

「日本のみ脱原発はどうか?」

「韓国は原発輸出に熱心」なのだ。

「もう、誰にでも判る」だろう。

「日本のみ脱原発」とは「円高・ウォン安政策同様、韓国の為の政策」なのである』。

『「有権者」は、

「日本の政界を使って、

韓国の為の政治を行わせようとしている連中の策略に操られてはいけない」のだ』。

『「日本国内における大手企業等、表の状態」に「騙されず」に、

「韓流テレビは韓流テレビ」として

「韓流マスコミは韓流マスコミ」として

「実体通り、認識・把握」し、

「日本国内で過分な力を持たせないようにする事」が

「日本の復興にとっても、大切」なのである』。

|

自民党議員の醜聞暴露も結構だが・・・。

『「他の政党の陰に潜んでいる反日国人脈関連問題や宗教団体関連問題の方」が「遥かに日本国・日本国民に対する実害が大きい」のだから、「そちらの面でも頑張る」のが「日本のマスコミ等の役割でしょ!」』

『「反日国系人脈の日本国内マスコミ等なら、その手の仕事はやりたがらないでしょうけど・・・」』。

|

中・韓接近で「反日教育国連合」みたいな様相だが・・・。

『「このまま行けば、東アジア地域の状態は、日韓併合前のようになる」だろう。具体的には、「欧米列強等に食い荒らされる中国」と

「国としての存続さえ危うくなる韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」だ』。

『「何故か?」

「中・韓は、歴史認識でも明らかな様に、事実・現実の上に立とうとせず、

それぞれの国家権力者の意向の上に他国・他国民を従わせようとしているから」だ。

「当然、そんな中・韓の権力者の意向に沿おうとする他国・他国民はほとんど出ず、

多くの国々が、そんな中・韓を侵略文化を保持している厄介者の国と実態通り捉える」から、

「人間社会の中の中・韓の立場は、時と共にどんどん細る事になる」のだ』。

『「日本の問題」は、

「日本国内にいる中国共産党系・朝鮮権力者系の人々」である。

「何故なら、日本国内における立場や人数が決して小さく無いから」だ。

「今の内から、日本国・日本国民を守る為に、将来を見据えた現実的な対応が必要」なのである』。

|

参院選のポイントは「どれだけ反日人脈系の候補者を排除出来るか?」でしょ・・・。

『「自公」と「野党」の「対立」等々は、「大衆騙しの誘導情報」だ。「参院選の重要ポイント」は「どれだけ反日人脈系の候補者を排除出来るか?」に他ならない。

「だから、本来のマスコミなら、候補者全員の思想信条や政治理念を明らかにし、広報すべき」だ。

「自民党の候補者でも、内実は、親反日人脈系という候補者も少なからずいる」。

「自民だからオーケー」等と言うのは「幻想」である。

「公明党などは、支持母体が宗教団体で、日本のみ脱原発(表現は自民との連立を睨みだいぶ工夫してある様だが)はもちろん、外国人参政権賛成、在日外国人への特権容認と、まるで反日系人脈の政治思想そのものの様相ですらある部分を持っている」のだ。

「連立与党だからオーケー」等と言うのは「妄想の域に近い」。

「支持母体が宗教団体の政党が与党」では、

「宗教法人の優遇廃止も困難」だろう。

しかし、「消費税より前に、大儲け

(もちろん、お布施や賽銭や寄付・寄贈・寄進等々も、

その実体は経済活動であり、

儲けである。

宗教行為等だからと言って

経済行為実態が不透明で良い等というのは、

明らかに間違っている。)

している宗教法人から

多くの税金を取るべき

(宗教法人の資産にも大いに課税するべきで、

史実を踏まえた上で伝統文化遺産として認定された物等は非課税もしくは保護費支給等にすれば良いのだ。

何れにしても、新興宗教団体への企業並みの課税は必需である。

創価学会も立正佼成会も新興宗教に他ならない。)

である事」は、

「多くの日本国民の共通の思いである筈」だ。

「更に、

人並み外れた大金持ちや大資産持ちや超高給取り等々

(例えば、鳩山元総理の様な人を、またまた生み出す地盤を残す事が、どれだけ日本社会の損失になるのか?は、明らかだろう。

例えば、その人本来の能力が日本国・日本国民にとってマイナスであっても、総理大臣にまでなれる様なベース温存は、明らかに異常である。)

の課税強化を行い、

20兆円産業と言われているパチンコ業界への課税強化」等をすれば、

「消費税を上げる必要も無くなる」筈だ』。

『「大切な本来の役割がある」のに、

「悪戯な大衆誘導情報にしかならない短絡的な対立軸を大宣伝」したり、

「短絡的な対立軸をつくるべく自民党の醜聞や揚げ足取りを探し広報する事」等々に熱心な

所謂「マスゴミ」には、

「過分な立場も報酬も不似合い」だ。

「相応しい」のは「罪や罰」という「事態」に「ほとんど足を突っ込んで来ている」のが、

所謂「マスゴミ」なのだ』。

|

テレビ連中は、「民主」がダメなら「みんなの党」と「脱原発政党を推薦」の様相だが・・・。

『「都議選に続いて、参院選でも民主の壊滅的大敗はほぼ確定的」だろう。「かつての旧社会党の如く、日本の政治を滞らせる反対野党の本領発揮」で、

「野党が過半数の参院」では、

「会期末なのに、参院議長によるあり得ない手段で、総理の欠席を誘い、

総理の欠席をダシに、安倍政権を責め、

挙句の果てには、法案成立より問責決議案優先だったのだから!」

「政権担当時」の、

「円高・ウォン安政策を始めとする数々の反日国優先政策」という「悪の実績」に加え、

「今も尚、この実態」では、

「もはや、民主党に投票するな!」と「民主党自らが言っている様なモノ」なのだ』。

『「韓流テレビ等の得意技」は「反自民の受け皿」だが、

「そもそも、元々が多数政党寄り集まりみたいな自民に反が居るのか?」は、

「多くの人が良く考えてみるべき」だろう。

「むしろ、問題にすべきは、自民の中の実体」で、

「自民の中にも、親反日国人脈の人が権力を保持しているグループがある事は、多くの人々が知っている通り」である。

「そんな自民の中の親反日国人脈グループにプラスして、外側を、親反日国政党で囲わせる」なら、

「日本の政治も必然的に、親反日国に傾き易くなる」。

「そこで、親反日国が有利になる、例えば、脱原発等の政策を掲げている政党の応援に邁進している様相なのが、韓流テレビ」なのだ』。

『「いくら脱原発政党」でも、

「元民主党で政権担当時に実権を握っていた小沢氏率いる生活の党」や、

「旧社会党の流れの社民党」では、

「もはや、多くの視聴者の心はなびかない」。

「そこで、韓流テレビが白羽の矢を立てている」のが、

「みんなの党」という訳だ』。

『「反自民の受け皿を考える事」は、

「民主党政権誕生時」の「政権交代!策略に落ちるのと同様」で、

「韓流テレビ等による、

親反日政策実現策略に、

落ちる事」なのだ。

「脱原発等、反日国を利する政策を掲げている政党の国会議員を増やす」よりは、

「自民党単独政権を実現」させた方が、

「遥かに、日本の為になる可能性大」なのが

「現実」だろう。

「有権者が気をつけ、排除すべき(もちろん、本来なら、自民党自体がしっかり排除するべきだが・・・)は、自民党の中の親反日国候補者」である』。

|

自民党の中の脱原発論者たち問題・・・。

『「核燃料サイクルは破綻している・・・」、「核のゴミの放射能が減衰するのには、10万年もの年月がかかり、10万年後ではこの地球上に{日本人}が存在しているのかもわからない・・・」、等々の旨を述べ、

「安倍政権の原発政策に反対している人々」が

「自民党内に」居る』。

『「既に、お気づきと思う」が、

「10万年後では、この地球上に{人類}が・・・」等の「表現」なら、

「本当の日本人が言っている事かも知れない」が、

「{日本人}が・・・」なのだから、

「その言い分は、正に、反日人脈の言い分そのもの」なのだ』。

『「核燃料サイクルが破綻???」

「科学の進歩を否定した暴論」である。

「今盛んに巷で使われているリチウム電池」だって、

「開発当初は、作動温度が600度では使い物にならない説が主流だった」のだ。

「青色LED」だって、

「出来ない論が主流」だった。

「放射能問題を解決出来ない」のは「今の人類の科学のレベル上での話し」であり、

「人類が核関連技術の研究・開発・実用化を進め続ける限り、核制御はかなり高いレベルで可能になる」のが、

「科学の進歩が示している進化の方向性」に他ならない』。

『「更に、特徴的」なのは「中・韓等、日本以外の原発に対する言及が甘い事」だ。

「これも、反日人脈の得意技」に他ならない』。

『「表の顔は自民党」でも、

「内実、反日人脈の手先、もしくは、そのもの・・・である様相の人々」などは、

「有権者の厳しい目で当選させないようにする事が重要」なのだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」は、

「自民党の中でも、小泉ジュニア推し」だが、

「小泉ジュニアの言っている事」は、

「小泉元総理同様、利権集中悪徳改悪の要素が濃い事が多い」。

「こちらも、表の顔は自民党」でも「内実は、反日人脈を利する道を推奨している様相」なのだ。

「その手の者たちが、自民党の要人となってしまえば、自民党自体が先の民主党の様な状態となってしまう可能性大」だ。

「反日人脈を利する道を推奨している様な者たちには、過分な権力を与えない事が重要」である』。

|

電力会社5社の「日本のみ」脱原発否決の当たり前・・・。

『「人類全体が原子力技術から手を引く事などあり得ない」。「原子力技術は、人類が、避け、逃げるべき技術」では無く、

「原子力より高いエネルギー制御技術を得る為のワンステップに他ならないから」だ。

「人類が、避け、逃げるべき技術」では無く、

「ワンステップとして制御を極めるべき技術である原子力技術」の

「平和利用の一例」が、

「原発」だ。

「例え、特定の国や組織が何らかの事情で脱原発したところ」で、

「人類全体の脱原発には直結しない理由が其処にある」』。

『「原爆を投下された経験を持ち」、

「原発被災事故の経験まで持つ」、

「日本」が、

「選択すべき道」は、

「負の経験も生かして、原子力技術の安全性をより高め、

世界中の原子力技術の安全向上に貢献して行く道」であり、

「原発から逃げる道ではあり得ない無い」』。

『また、

「日本を原子力技術から脱させれば、

日本の脱原発により相対的にメリットを受ける反日の国々まで在る」のが、

「お寒い人間社会の実状」なのだ。

「例えば、中国も韓国も原発の輸出に熱心」だが、

「中国や韓国の原発が日本の原発より安全だ!というのは、幻想」である。

「実際に、共産党独裁政権下の中国の原発は、情報公開さえ不十分」だ。

「韓国の原発は、原発使用部品の試験データの偽造実績まであるアブナイ原発」である。

「そして、万一、中・韓で原発事故があれば、偏西風によって大量の核汚染物質が日本にやって来てしまう」のだ。

「客観的に考える」なら「中・韓の脱原問題の方が遥かに深刻」である』。

『「日本の原発の安全基準」は、「被災事故後、更に、向上させられて来ている」。

「中・韓の原発の安全基準は、未だに、???」である』。

『「日本で日本のみ脱原発運動等を煽っている人々の多く」は、

「中・韓系の人脈の人々」であり、

「その目的」は

「中・韓の原発産業を有利にする」と共に

「中国や北朝鮮の核兵器の脅し圧力をより高める」為なのだ』。

『「日本国民や日本企業」なら

「まるで鳩山元総理による自虐外交の様な、

日本のみ脱原発運動等に加担するべきでは無い事」は、

「明白」だ』。

『「当然」の如く、

「電力5社も脱原発案は否決」した。

「多くの一般日本国民」は「安堵」し、

「中・韓の手先」は、

「残念がっている・・・」かも知れない』。

|

「人は死なない」と思い込みたい東大救命医問題・・・。

『「霊や魂等の概念」は「丸ごと一人の死生観ゆえの概念」だ。「何故、人は、その様な概念を生出したのか?」を考えれば、「東大救命医の精神的問題も明らかになる」。

「全く、周りに本当の意味でのお友達となる様なちゃんとした精神医学医等はいないのだろうか?」

「何しろ、東大病院内のお医者さまの話し」なのだ』。

『「古の人々」は、「人の誕生・死が細胞ごとである事を理解・把握出来ていなかった」。

「人は丸ごと一人でいっぺんに死ぬ」と「思う」のが「自然な状態だった」のだ。

「その丸ごと一人の死に直面した人々の心理を考えてみよう」。

「例えば、死んだ人が、親しい人や、親兄弟姉妹親戚等だったなら、周囲の人々には、その人の死を否定したい心理が自然と芽生えていた筈」だ。

「死を否定したい人々」が「死体を見れば・・・」、

「見かけ上は生きていた時と同じ」である。

「しかし、其処には、生と死という大きなギャップが在る」。

「そのギャップを埋める{納得出来る考え・思い}を得なければ、

死を否定したい人の死を受け入れる事」は「非常に困難だった筈」だ。

「死んだ人が生きていた時とのギャップを埋める納得出来る考え・思い」として、

「魂や霊等」という「概念」が「生まれ」、

「多くの人々に受け入れられた」訳である』。

『さて、それでは、

「現代人の多くが少なくとも知識としては知っている筈の細胞ごとの死」なら「どうだろうか?」

「たった今、死んだばかりの自分の細胞に対して、霊や魂等の概念が必要な人は稀」だろう。

「細胞ごとの幽霊」なんて「恐くも無い」だろうし、「考える事自体、バカバカしく思える人が多い」と思う。

「丸ごと一人の死」という「現実離れした実態把握」ゆえに「必要になっていたのが霊や魂等の概念」であり、

「それらは、人間心理の産物」なのである』。

『「激務に見舞われている上に、人の死が身近で何度も繰り返されている救命医の心理」を考えるなら、

「最善を尽くしたのに、失われてしまった数多くの命に対する、合理的な解決」が、

「救命医の心理にとって必要になる事」は、

「多くの人が理解出来る」だろう。

「人の誕生・死は細胞ごとである事」を「知識として覚えているダケでは無く、実際に理解・把握している人」なら、

「人の誕生・死に対する現実との整合性が高い認識同様に、現在の医療や救命の仕事の現実を{ありのままに認める}」という

「事実・現実と整合性が高い基盤の上に自分を立たせる方法」を

「選択出来る場合が多い」だろう。

「ところが、人の誕生・死は細胞ごとという知識は覚えていても、実感等を持って着実に理解・把握していない人」だと、

「旧来からの文化を優先させたがる心理も増大し易く」、

「その結果として、丸ごと一人の死をベースとした心理的解決の一つである、

人は死んでも霊や魂は残ると思い込む方法」を

「選択する場合もある」のだ』。

『「細胞ごとの誕生・死という現実」から見れば、

「病気や怪我等の人が死ぬ前に苦痛の表情から解放される訳」も、

「普通に理解出来る」。

「脳内細胞の死」により「緊張命令が解かれれば、必然的に筋肉は緩む」のだ。

「何処かを見つめている様子」も「脳内のどの細胞の死が早かったのか?の差による現象の変化」である』。

『「若かりし頃、北アルプスからの滑落事故後の下山で聞いたという声」も、

「心理的にはよくある現象」だ。

「例えば、自己否定したくない、優等生的な人々」の「合理化」では、

「山に行く行為という自分の意思でつくられた行為を、自分が止める」のでは無く

「より上位と思える声等によって、止める動機を得る事」等は、

「よくある話し」なのだ』。

『「激務に見舞われているが故」であろう、「かなり現実離れした思いを、出版までしてしまった東大救命医」・・・。

「周囲の精神科の医者に、お友達はいないのだろうか?」』

『「それにしても、その東大救命医の現実離れ論を公共の電波を使って大宣伝したテレ朝昼番」は、

「現代のテレビ番組として大いに問題あり!」である』。

|

「何処と無く、鳩山元総理を許しちゃっている」人々が多い様ですが・・・。

『「余りの世間離れぶりゆえにか(?)鳩山氏の醸し出している雰囲気のせいか(?)何処と無く、鳩山元総理(現在は国会議員でも無い)を許しちゃっている様相の人たちも少なからず居る様」だが、

「日本が被っている実害を考える」なら、

「悪戯に許容するのでは無く、ちゃんと責任追及するべき」だ。

「ちゃんと責任追及されていない」から「何度も国益・国民益を損ねる愚行が繰り返されている」のだ』。

『「鳩山マネーのオコボレ頂戴わんわんたち」が「悪戯に鳩山を擁護・持ち上げたりしている」のなら、

「そんな連中も追及されて当然」である』。

|

「不正アクセスでも報道の為なら法律違反では無い」と主張している「国家・国民の上に在る何処かの独裁政党みたいな様相」の朝日・・・。

『「日本国・日本国民の上」に「日本国・日本国民を支配・指導する立場の者たちが・・・」という「病的な思想に取り付かれている人々」が「日本国内には少なからずいる」。

例えば、「日本の乗っ取り支配を画策している反日国権力者人脈系の人々等」で、

「その様な人脈と繋がりが濃い様相」の「朝日」が「同様の精神構造を露呈・・・」とは、

「ある意味、当然と言えば当然の現象」なのかも知れない』。

『「反日国の日本に対するスタンスも同様」で、

「反日国の下、もしくは、支配下、に日本がある状態なら友好関係」で、

「反日国と同等の立場に日本という当たり前の状態では、反省無き日本が不当に増長している!」なのだ』。

『「反日国」、

「反日国権力者人脈の日本乗っ取り策略に基づいて動いている日本国内にも居る人々」、

「それらの人脈が実質的に支配している企業・団体(宗教団体も含む)・組合等」、

・・・は、

「ある意味同類」なのだ。

「連中の判断基準は、反日>日本」であって、

「是々非々判断でも、日本>反日の判断でも無い」』。

『「是々非々判断も出来ない大手マスコミなど要らない」。

「今回の事例では、小さな事くらいに捉えてしまう人たちもいるだろう」が、

「小さな不正を容認する事は、大きな不正の容認に直結している」のだ。

「小さなと小さく無いの線引きをいったい何処の誰が行うのが正当か?」を考えれば誰でも判る様に、

「その判断を法律に委ねているのが法治国家」なのである』。

『「日頃は、悪法でも法である等の旨を散々大宣伝している朝日」が、

「自分たちが犯した法律違反行為に対しては、開き直っている」のだから、

「こんな連中に、公平・平等な報道等を望む事は無理」だろう。

「公権的要素も強い大マスコミの立場」に、

「そんな会社を鎮座させて置く必要は全く無い」のだ。

「購読者等もよく考えて、然るべき態度を示すべき」である』。

|

「自殺か?」「不適応分子の粛清か?」ブログ炎上岩手県議死亡事件・・・。

『「上辺の優等生ぶりや綺麗さに拘る、自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに他人を支配したり他人に自分を支配させたりする方々の集団」の「得意技の一つ」は、

「有益分子の育成と不適応分子の粛清」だ。

「有益分子」なら「何故??」というくらい「お金でも、人脈的応援でも、・・・何でもかんでも行う」

「異常な程の後押し」で、

「不適応分子」なら「弱毒物や有害物を摂取させ続けたり、電磁波を当て続けたり・・・等々という、本領を発揮させない粛清」や、

「命さえ奪う粛清」まで「行っている」のが、

「そのスジの人々」である。

「例えば、

警察が自殺や病死、或いは、介入不可能/介入不適当等々と認定し、

マスコミ等が徹底調査を封印してしまえば、

この手の工作活動は表に出ない」のだ。

「オウムの場合も、摘発以前は、正にその状態」だった』。

『「今回の県議死亡事件も、徹底調査されるべき」だ。

「県議になるくらい、ある意味では、図々しいお方が、そう簡単に自殺などするだろうか???」

「周りの上辺はお友達議員たち等」が、

「自殺を無理強いするくらいの周到ないじめを行っていた等々」の

「可能性」だって、

「考えられる」だろうし、

「そのスジの工作員による暗殺の可能性」だって「あり得ない話しでは無い」のだ。

「今回の事件をダシに、韓流テレビ等がネット危険論を当然の如く風潮している」のだから、

「その目的もあり、下手をした元有益分子を粛清」という可能性だってあるだろう』。

『「巷に溢れている電磁波工作の摘発さえ満足に行わない/行えない日本の警察」&「地元との結び付きが強い日本の警察」だけに、

「小沢氏等、その地元の権力者の意向も加わっている」のなら、

「自殺で処理すれば、地元権力者との衝突も避けられ、仕事も楽に終わる・・・くらいの認識が蔓延っていても不思議ではない」のだ。

「そんな怠惰さを容認させない為に重要」なのが、

「一般日本国民の厳しい目であり、厳しい世論」である。

「マスゴミご推奨の警察不祥事問題」には、

「現状の日本の警察の本当の問題」である

「体制・予算等の問題もあり、徹底捜査等が出来ていない問題」から、

「大衆の興味を逸らす目的もある」のだ』。

|

辛坊たちのヨット冒険って行う必要あったの???・・・。

『「全盲のヨットマンとテレビ有名人が、小型ヨットで太平洋を横断する事のメリットは何か?」

「全盲のヨットマン」にすれば

「ヨットを操る事による、

誰にでもある自己確認の代償欲求追及上の、

多くの人々はやらない・やれない、より過剰な物事」なのだろうが、

「テレビ有名人」にしてみれば

「テレビ有名人利権の増大」や

「テレビ番組視聴率アップ等の為の一策」なのかも知れない。

「何れにしても、実質的に、万全の準備が整っていない状態で冒険に出た事が原因」で、

「鯨に怪我をさせ」、

「海自の高い能力と、日本の血税を大量に使って、救助された」訳だ』。

『「鯨が沢山いる海域を、

鯨に避けさせる為の音波発信さえ行わずに、

小型ヨットで突っ切る」とは、

「無謀」で、

「無謀の裏にある」のが、

「自分は特別心理」だったりするのだろう』。

『「日本に渡来している朝鮮系の人々」は「元々からの日本人の多く」より、

「自分は特別意識を強く抱いている場合が多い」。

「特に、日本乗っ取り支配策略上で生きている人々はそう・・・」である』。

『「日本のテレビ等なのに、何故、韓流なのか?」等々を考えれば、

「誰でも解る事」だが、

「韓流テレビ常連出演者たちの多く」にも、

「自分は特別意識が蔓延っている」・・・。

それは、「芸NO人の図々しさ」や「芸NO人は特別だから・・・」等々の発言内容からも「良く判る」と思う』。

『「不当な特別意識」を「止めさせる為」にも、

「視聴者・有権者は、よく考えるべき」だろう。

例えば、「毎日の様に同じ顔」の「容認」は、

「利権集中をもたらすと共に、不当な特別意識を増大させる」のだ』。

|

投票率低下、民主大敗(当然)の都議選・・・。

『「民主党の壊滅的大敗(共産党より当選者が少ない)は当然」として、「問題なのは、投票率の低下」だ。

「結果、漁夫の利を得た様相」なのが、

「公明党」である』。

『「都議選前、参院選前である現在でも、韓流テレビ・マスコミ等」は、

「維新に対するバッシングを異常な程積極的に行っている」』。

『曰く、「橋下共同代表の従軍慰安婦発言等で支持を失った・・・」等々・・・。

「本当に酷い情報の捻じ曲げ」なのだが、

「未だに、韓流テレビ・マスコミ等が一方的に大量配信している情報こそが真実だと

勘違させられている視聴者・読者も少なく無い」だろう。

「橋下共同代表の従軍慰安婦問題に対する発言内容」は、

「ある意味ではスジが通っている出てきても不思議では無い論の一つに過ぎ無い」。

「だから、実際に発言内容を提示した上で、間違っているか?間違っていないか?」を問えば、

「7~8割の人々が橋下代表の言っている事は間違っていないと答えている」。

(当然の如く、この手の情報は韓流テレビ・マスコミ等では実質的に隠蔽で、発言内容を隠蔽したまま、韓流テレビ・マスコミ等の論を見聞きしているであろう人々を主にした調査等の結果が一方的に大量配信されていたが、それでも、半数以上の人々が、橋下悪くないだったのだ。)

「韓流テレビ・マスコミ等」は、

「橋下共同代表の従軍慰安婦問題発言が一つのきっかけ」となって、

「多くの一般日本国民が

従軍慰安婦問題等の真実を追究する様になって来ている事」を

「異常な程嫌がっている様相」なのだ。

「日韓併合以降の真実が露呈し、それが多くの一般日本国民の共通認識」となれば、

「何故、戦後のテレビ・マスコミ・教育等が、異常な程、朝鮮よりだったのか?」も

「多くの一般日本国民が知るところとなる」。

「韓流テレビ・マスコミ・教育等には正当性が無い事」も「多くの一般日本国民が知る事となる」のだ』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」は、

「自らの保身の為」に、

「橋下潰しを行う事で、従軍慰安婦問題等真実追及の流れを止めたい」のである。

「その実体は、本当に悪質な大衆誘導に他ならない」』。

『「韓流テレビ・マスコミ等が嫌がっている政党・政治家等々」は、

「韓流テレビ・マスコミ等が推している政党・政治家等々」より、

「日本の為に良い場合が多い」』。

『「維新は、自民同様、その内部にアブナイ面が少なからずある政党」だが、

「韓流テレビ・マスコミ等の嫌いぶりから判断する限り、

民主や社民や生活等々よりはずっと、

日本の為になる可能性が大きい政党」だろう。

「韓流テレビ・マスコミ等が一番嫌っている様相の自民単独政権

(そもそも、反自民という対立軸を無理やりつくろうとしている事がおかしい。

自民党自体、多党の寄り集まりみたいな要素が強い政党なのだ。

ただ、日本を優先した政治を行う面で一致できているダケ・・・だろう。)」が

「無理」なら、

「一度は、

自公政権では無く、自維新政権を成立させ、

実際に、日本の為の政治が行われるのか?」を

「試してみる価値」は、

「民主党政権への政権交代よりは、遥かに大きい筈」だ』。

『「参院選では、有権者は積極的に投票に行くべき」だ。

「公明党が与党である限り、宗教関連の現代化は困難」だろう。

「税金を取るなら、消費税の前に、内実バカ儲けしている宗教法人から」だし、

「宗教法人の会計内容が実質的に不透明なままで良い」という

「現状」から

「変えなくては、

本当の儲け度も分からない」のだ。

「また、オウムの例からも分かる様に、実体としては、反日国人脈の工作組織である日本の宗教法人等は少なく無い」のである。

「日本の宗教法人等は、

何しろ、お金が不透明で良く、数々の特別扱いもある」ので、

「工作組織の隠れ蓑としては、本当に好都合」なのだ』。

|

日本のテレビ・マスコミが左翼(=親反日教育国)に傾いている訳・・・。

『「全ての日本国民には、真実を知る権利がある」。例えば、「何故、戦後の日本のマスコミ・テレビ等が親反日教育国に傾き続けて来ているのか?」についても・・・』。

『「日韓併合当初から、当時の韓国権力者人脈の一部は渡米し、米国権力者人脈に取り入る工作を行っていた」。

「日韓併合とは、二国が一国になる二国間の合意契約」だ。

「当然、国力に応じた一国化だったので、日本よりの同化政策が行われた」。

「二国が一国になる日韓併合後の日本には、

朝鮮の権力者も数多く渡来し、

朝鮮王朝の人々は日本の皇室に準じる立場を得、

他の朝鮮から渡来した権力者人脈の人々も、

日本国民として、

政治にも経済にも情報・教育にも食い込んだ」。

「同時に、日本に渡来して、情報・教育や飲食接待業等の仕事を行った朝鮮系の人々」は、

「日本の好戦ムードを大いに煽った」。

「例えば、旧日本軍幹部の飲食等では、店等の直接の利益には結び付く訳も無いのに、過剰とも言える持ち上げ接待ぶり」だった。

「好戦ムード満載となり、軍に政権を握らせれば、開戦はある意味必然」だろう。

「元々、米国との戦争には、勝ち目が無い事くらい、多くの日本国要人が知っていた」。

「当然、開戦反対者も多かった」が、

「それらを潰す事にエネルギーをつぎ込んでいたのが朝鮮系権力者人脈の人々」である。

「まるで、日韓併合に反対だった伊藤博文総理を暗殺した様に」・・・。

(伊藤博文の暗殺は、表向きでは、愛国心に煽られた朝鮮人若者が行ってしまった事件だ。

しかし、実際は、朝鮮人の権力者人脈が朝鮮人の若者を煽り、殺人兵器化された朝鮮人の若者が起こした事件なのだ。

当時は、日韓併合がダメになる事=朝鮮の権力者人脈に先が無くなる事、

そして、日韓併合が成立する事=朝鮮の権力者人脈が、米国を利用して、日本乗っ取り支配工作を始められる事だったのである)』。

『「戦争に突入する中」で

「朝鮮人権力者たちは、

出来る限り多くの日本人男性を戦争で死なせる事と、

出来る限り多くの朝鮮人を戦争にも係わらず生き残らせる事を画策した」。

「配下の朝鮮人に、密航までして日本に渡来させる事を煽らせたり、

日本に渡来した朝鮮人に問題行動を起こさせたりする事」で、

「旧日本軍による朝鮮人に対する徴集を遅らせた」。

「旧日本軍幹部や当時の一般市民に対して、好戦ムードを煽った裏」で、

「朝鮮人が戦争後出来る限り多く生き残り、出来る限り多くの朝鮮人が日本に居残る事が出来る道を画策し、実践していた」のである』。

『「米国との戦争が異常な程長引いた裏にある」のが、

「好戦ムード満載だった大本営による発表と、それを大宣伝した当時の朝日新聞を始めとするマスコミ」だ。

「その悪の実効」は、「より多くの日米兵士・民間人の死亡」である。

「そんな中」で、

「この戦争がどうなるのか?良く見ておきなさい。

戦後、どう生きるのか、準備しておきなさい。」・・・とばかりに、

「生き残れる確率が高いところで、数多くの朝鮮人が朝鮮人権力者の思惑通りに、生活させられていた」のである』。

『「日本が敗戦し、米国による占領政策が始まる」と、

「米国内で米国権力者に深く取り入っていた朝鮮人権力者人脈の意向も汲んだ朝鮮人を利用した日本の占領政策が始まった」。

「朝鮮人も深く係わっている日本の占領政策故に、

日本のマスコミ・ラジオ~テレビ等や、政治に、多くの朝鮮系の人々が深く食い入れた」のだ。

「日韓併合以降、戦前~戦中~戦後~と、時を重ねる事に、朝鮮人系の人々が日本の権力機構により深く食い入って来ていた」のである。

「戦後朝鮮半島内にいた日本人は、ほとんど全てが強制的に帰還させられた」が、

「日本による植民地支配」なら、

「日本人が恐い、もしくは、嫌いな筈なので、非常にオカシナ話しだが、日本内にいた朝鮮人の多くは、日本に居残った」。

「日本を乗っ取り支配する為」なら「合理的」だ。

「米国権力者人脈に取り入っていたので、戦後韓国の初代大統領となれたのが、李ショウバン」である。

「李ショウバンは、北朝鮮に向かって開戦し、朝鮮戦争難民???で更に多数の朝鮮人を日本に渡来させ、武力による脅しで在日特権を通させ、勝手に李承晩ラインを敷き日本の竹島を不当占拠」した。

「李ショウバン等の思惑」では、

「日本と朝鮮半島全体を李ショウバン一派の人脈が支配するつもり・・・だった」のだ。

「先ず、北朝鮮を制圧し、その後、日本に既に送り込んである朝鮮系の人脈を利用して日本を乗っ取り支配する」という「策略」である』。

『「上記の様な歴史的バックグランドがあった」ので、

「戦後日本の政治・情報・教育は、異常な程親朝鮮だった」のである。

「しかし、ネットの普及によって、情報統制体制が崩された」』。

『「既に、実態としては、崩されている情報統制体制」だが、

「未だに、日本のテレビ・マスコミ等が異常」なのは、

「情報統制体制への回帰を企んでいるからに他ならない」。

「親朝鮮の政党や政治家等を国政や地方首長や地方与党の立場に立たせる事」は、

「情報統制体制回帰へ大きな力を与えてしまう」から、

「非常に危険」だ』。

『「思想信条等が左(=親反日国)だったり、

親現状までのテレビ・マスコミ(前途の理由により、親反日国の要素が強い)だったりする、

政治家や政党は、避ける事」が、

「多くの一般日本国民を守る道に繋がっている」のである』。

『「朝鮮は、日本を乗っ取り支配する為に、反日で無ければならない」し、

「そんな朝鮮の悪事を正当化する為に、日本を悪者にし続けなければならない」状態にあるのだ。

「真実」は、「そんな朝鮮(主として朝鮮人権力者)こそが、本当の悪」である』。

|

終焉前の前兆現象「ワールドカップ開催に反対するブラジル人」問題・・・。

『「かつては、貧しくても、サッカーの才能があり、才能を開かせる努力をすれば、サッカーを通じて大金持ちにもなれ、成り上がりドリームの象徴としても人気が得られていた有能サッカー選手たち」状態だったが、

「今は、金銭・環境的に恵まれた子どもたちの中で、サッカーの資質がある者が、豪華なトレーニング施設や、理に適った食事や、高給トレーナーたちによって、まるで、サッカーサイボーグがつくられる如く鍛えられ、成功した選手がまたまた高報酬を得る」状態である「サッカー」・・・。

「他の大衆惹き付け商業スポーツでも事態は同様」だ。

もはや、

「タカが、特定のスポーツが人並み以上に出来るダケで、人並み外れた高報酬」という「異常事態」は、

「多くの人が、ちゃんと異常事態として認識出来る様になりつつある」のだ』。

『「そんな選手たちを世界レベルで集め、競わせる事自体の意味や価値」も、

「実体通りに把握出来る人の割合が、どんどん増えて行く事になる」。

「オリンピックやワールドカップ等々の意味合いも大きな転換期に入っている」のだ』。

『「人類文化の一大転換期を今を生きている人々は生きている」のである』。

『「もはや、人の誕生・死も細胞ごとであり、細胞ごとの命の連続性の実態図も明らかになりつつある」のだから、

「人類誰もが、自らの実体が、地球の生命体の細胞群の一塊である事を、理解・把握出来ても何の不思議も無い状態」に近づきつつある。

「自分の実体」が「理解・把握」出来れば、

「自分の実体に沿った自分本来の目的に思いが至る」のは、

「ある意味当然の現象」だ。

「人類誰もの本当の目的は?」

「自分の実体に沿って考える」なら、

「それは、地球生命体の存続~永続である事」に「疑問を持つ人は少数派」だろう。

「少し考えれば誰でも解る事」だが、

「自分の実体の存続~永続が無ければ、他の何事も本質的に虚しい物事になってしまう」のだ』。

『「自分の実体から整合性を取る」なら、

「実体のホンの一部分の偏重が正当性を持てる場合は非常に限られる事」に、

「多くの人々が気づく筈」だ。

「ましてや、

タカが、スポーツが、人並み以上に出来る事や、

企業等で特定の立場等に立ち、多くの人々が可能な判断・指令等の積み重ねに成功したりする事や、

金転がし等々で、

他の人々の生涯報酬の何百~何千~何万倍もの報酬等が得られる事自体の異常性にも、

多くの人々が気づく筈」だ。

「異常性に気づいて、異常性を放置する」なら、

「おバカ、か、悪」である』。

『「異常性を治すと共に、人類誰もの自分の実体との整合性を取る本当の仕事を進める」なら、

「本当に優先されるべき仕事等も明らかになる」から、

「格差是正の前のお祭り騒ぎ等々という、バカげた事態も激減する事になる」のだ』。

『「人類誰もが、自分の実体に素直な道を歩むべき」である』。

|

都議選・参院選の争点を脱原発や憲法改正問題にしたい様相の番組・・・。

『「都議選」も「参院選」も「争点は明らか」で「日本の為の政治か?」「反日国や在日反日国系人脈の人々の為の政治か?」である。

「韓流テレビ・マスコミ等による政権交代誘導によって誕生してしまった民主党政権の実態」は、

「反日国や在日反日国系人脈の人々にとってメリットの大きい政治」だった。

「円高・ウォン安」で「日本企業を細らせ、韓国(反日教育国)企業を太らせ」たり、

「日本のみ脱原発」で「中国(もちろんこちらも、反日教育国)や韓国の原発産業を応援」したり、

「円高による輸入促進」で「中・韓の製品を大量輸入」したり、

「朝鮮系の孫氏と菅総理(当時)の間で決定された太陽光バカ高長年買い取り法案」で、

「日本の電気を高値不安定状態に導くと共に、孫氏の様な大規模太陽光発電事業者には長年に渡る濡れ手に粟利益を保証」したり・・・、

等々と、

「日本の為の政治」より「反日国人脈の為の政治」を「明らかに優先した様相」だったのが、

「民主党政権の実態」だった。

「日本国内にも反日国系人脈の人々が少なからず居て、反日国在住・在日を問わず反日国系人脈への利権誘導で政治までもが動かされてしまった現実」から、

「多くの有権者」は「先ず、日本の為の政治を行うのか?否か?」を「判断基準とする」様になった。

「その結果、実際に、衆院選では、民主党が大敗した」のだ』。

『それなのに、未だに、

「選挙時の争点」を

「日本の政治の根幹に係わる日本の為の政治をするのか?否か?」から「逸らす為」に、

「反日国の原発産業を利する、日本の脱原発感情を誘う論調による原発問題」や、

「拉致を始めとする電磁波工作や飲食物工作等非人道的な工作、

政界工作、

テレビ/マスコミ情報工作、

教育工作、

・・・等々、

数々の反日有益分子育成工作・反日不適応分子粛清工作の大問題等」から

「有権者の関心を平和ボケに誘導する為」の

「特に平和を強調した9条問題を強調した憲法問題」等などに、

「大衆誘導しようとしている様相」なのだから、

「日本の公共の電波を独占使用する事が出来ているテレビ局が放映している番組」として、

「本当に異常」である』。

『「反日国や反日国系人脈の人々を利したい」のなら、

「反日国で行うべき」だ。

「日本国内で、日本を貶め反日国系人脈を利する為等の不当な活動を行っている連中」へは、

「日本国籍を剥奪して元の国籍に戻し、

強制送還する等々の、

厳しい対応が取られるべき」である』。

|

麻生総理時の言葉狩り同様の高市政調会長に対する言葉狩りを始めた韓流テレビ・マスコミ問題・・・。

『「韓流テレビ・マスコミ等による、麻生総理への言葉狩りとその解説」を、「信じさせられた有権者がつくり出してしまった」のが「民主党政権」だった。

「それと同様の手法で、有権者の反原発感情を煽り、反原発を訴えている政党・候補者を有利にしようとしている」のが、

「今の韓流テレビ・マスコミ等」である。

「余程、日本の脱原発等を誘う事で韓国や中国の原発産業を有利にしたい」らしい。

「そのような実態」は「正に、韓国や中国共産党の手先」である』。

『「多くの韓流テレビ・マスコミ等」が、

「同じコメンテーターや大学教授等を使い、

世間に一方的に大量配信している論がまるで判を押した様に同じ」なのは、

「何故か?」

「もちろん、発信情報内容を牛耳れる立場が特定極一部の人脈の人々で押さえられているから」だ。

「何処のテレビ・マスコミ等」でも、

「長い間、拉致は無い事にされ続け」、

「中国や韓国に対して、日本が悪い事ばかり行って来た歴史的現実があるかの如く風潮し」、

「在日外国人に対する参政権問題でも、多くの韓流テレビ・マスコミ等が触れなかった」等々の「現実の裏に在る事」には、

「多くの日本国民が思いを至らせるべき」である』。

『「日韓併合当初から、米国に渡っていた日韓併合前からの朝鮮の権力者人脈の一部による米国権力者への取り入りにより、

朝鮮人人脈は戦後日本の占領政策に深く食る事が出来た」。

「その時に、情報・教育の要所を朝鮮系の人脈が押さえた」のだ。

「その流れのまま、不当に時が重ねられているから、未だに、日本の多くの情報・教育が異常」なのである』。

『「ある会社の朝鮮系の役員たち」は、

「朝鮮系に都合の悪い思想信条や事実暴露等を行う人々を決して重用しない」。

「逆に、朝鮮系に都合の良い思想信条や情報提供を行う人々は、積極的に重用する」。

「自社で重用しなくても、朝鮮系のお仲間を使って、独立させて重用させたりして、より多くの収入等をそのスジの人脈の人々に集中させる事を行っている」のだ。

「その業界での立場とお金を押さえ続けている限り、朝鮮系にとって都合の良い思想信条や意見等に幅を利かせ易い訳」である。

「情報・教育が実質大手独占に近い状態だった時代」は、

「その手法ゆえに、真実が葬られ、朝鮮系の人々に都合の良い情報等のみが、不当に日本社会でのさばっていた」。

「ところが、ネットの登場で事態が急変」した』。

『「そこで、昨今では、ネット情報からの切り離しを目的とした不当な情報の一方的大量配信まで行われている」と共に、

「朝鮮系の人々にとって不都合な政治家等に対する徹底的なあげ足取り等が行われている」』。

『「高市政調会長の言った事でも、全文を読むなら誤解は少ない筈」だ。

「実際に、原発事故直接で死亡した人はいない」。

「高市政調会長によるその時の話しでは、間接被害についての言及が乏しかったので、揚げ足を取られてしまった様」だが、

「他の多くの人々でも、この程度の隙はしばしば作っている」。

「しかし、他の多くの場合は、黙殺」で、

「麻生氏や高市氏の場合は、徹底糾弾」なのだから、

「韓流テレビ・マスコミ等が一団となって行っている情報の一方的大量配信」は、

「明らかに、不当な差別扱いであり、人権侵害でもあり、暴挙でもある」だろう』。

『「日頃から、自虐情報等で多くの日本人を貶めたりする事は、差別とも、人権侵害とも、情報による暴力とも、暴言とも、認めず、

朝鮮や中国等反日教育国の人々等が事実・現実を元に追求されたりする事があると、

差別だ!人権侵害だ!情報による暴力だ!暴言だ!等々とやっている」のが、

「多くの韓流テレビ・マスコミ等の実態」だ。

「日本のテレビ・マスコミ・教育等として相応しく無い組織や人たち」は、

「日本のテレビ・マスコミ・教育等の立場から退場させられるべき」である。

「日本国内の機関やそれに携わっている人々として客観的に見る」なら、

「そんな連中に相応しいのは罪や罰であり、過分な立場や報酬では無い」』。

『「何処かの、お利口ぶっている、おバカ、もしくは、悪、解説者等」は、

「多くのマスコミが一斉に間違う訳が無い・・・などという戯言」を

「公共の電波を使って一方的に大量配信していた」が、

「上記の様な実態を知る」なら、

「何処の局でも同じ顔、同じ論、の一方的大量配信の理由も分かる筈」で、

「多くのマスコミが言っている事だからと言って、日本国や多くの日本国民にとって正しい事である訳では無い事も分かる筈」だ』。

『「内実、おバカや、内実、悪は、過分な立場から駆逐されて然るべき」だろう』。

『「日本の産業を元気づける為に、十分な電力安定安価供給及び地球環境問題を考える」なら、

「現状では原発再稼働が最も合理的」だ。

「逆に、日本の産業の元気を削ぐ為の電力政策なら、高く不安定な太陽光発電や、円安状態とは相容れない輸入燃料頼りの火力発電等を推進すれば良い」。

「日本の脱原発は、中・韓の原発産業に対する最大の応援になる」と共に、

「中国や北朝鮮の核による脅しの力を増す道でもある」のだ。

「事実・現実に基づいてちゃんと考える力が有る多くの日本国民」なら、

「中・朝を悪戯に利する、悪戯な日本のみ脱原発に、悪戯に賛同する、自虐的な道は決して選択しない筈」である。

「それなのに、多くの韓流テレビ・マスコミ等では、その自虐的な道こそが正道であるかの如く大宣伝」なのだ。

「多くの韓流テレビ・マスコミ等が、

日本の為の情報提供機関では無く、

中・朝の為に多くの日本国民を操る為の情報工作機関である様な実態が、

其処には在る」のである』。

|

テレビ・マスコミ等はブログは恐い等のイメージ付けに躍起だが、昨今問題にされている人々って「韓流テレビ有名人」や「小沢が強い岩手の県議」等と、まるで「お仲間によるお手盛り劇」の様相でもあるのだ・・・。

『「参院選前に、出来るだけネット情報の価値を下げ、テレビ・マスコミ情報の価値を相対的に上げるべく、不健康な情報工作に邁進している様相」の「テレビ・マスコミ等が多い」。

「筆者の感覚」では、

「元々、料理では無くお金に魂売りました~みたいな雰囲気に感じる川越の問題発言や店の商売ぶり」も、

「岩手県議」の「おバカぶり」も、

「そんなモンでしょ・・・」、

「実体が露呈してよかったね・・・」であり、

「暴言」とか「酷い」とかいう「話しでは無い」。

だから、「ネット情報は、実体を露呈させる非常に有益な面がある」とでも「報じている」なら、

「テレビ・マスコミ等は、それなりにまとも・・・」とも思えるのだが、

「現状では、多くのテレビ・マスコミが、悪戯に、暴言扱い等し、ネットは危険のイメージを付けようとしている」のだ。

「むしろ、本当に危険なのは、その様な大衆誘導を優等生ぶって平然と行っているテレビ・マスコミ等である事」に、

「多くの人は気付くべき」だ』。

|

「電磁波は無害」という、まるでかつての「フッ素は無害」と同様の嘘論に騙されてはいけない・・・。

『「フッ素は無害」は「何故、嘘論だったのか?」「実際」に、「その人の人体の健康に有益~無害な範囲のフッ素は、有益な場合もある無害」だが、「過剰なフッ素の摂取は有害」だ。

「電磁波の場合」も「フッ素と同様」なのである』。

『「過剰にフッ素を摂取させられた人」は「例えば、本来なら脳の栄養分となる筈の糖分でさえ、フッ素と変に結合し易くなり、フッ素と結合した糖分は強酸になる」ので、

「脳の栄養分が酸に化ける事態に見舞われ、思考力が低下したり、イライラしてきれ易くなったり、・・・する」。

「フッ素は元々反応性が高い」ので、

「色々なフッ化物が生じ易く」なり、

「生じたフッ化物は強酸化し易い」ので、

「脳以外の他の臓器等にも傷害を与え易くなる」。

「つまり、適量~無害範囲のフッ素は無害で有益な場合も少なく無い」が、

「過剰なフッ素は明らかに有害」なのだ』。

『「電磁波の場合」でも、

「その人にとって、無害な範囲の電磁波」は「無害で、有益な場合も少なく無い」が、

「過剰に強い電磁波は、明らかに有害」なのである』。

『「例えば、

強い電磁波を脳に向かって照射されている状態の人と、

強い電磁波の照射が無い人とを比較すれば、

元々、脳内の思考回路等を巡っているのは電気信号である現実から容易に推定される様に、

強い電磁波を照射されている場合は、思考能力や集中力等が削がれ、イライラしたり、きれ易くなったりする」のである。

「身体に対して強い電磁波が照射されると、電子健康器具の使用時と同様に、筋肉等が緊張状態になる」。

「筋トレ用に特化した周波数等だけとは限らない」ので、

「筋トレにならず、身体への悪戯な負荷となり、疲れ易くなったり、痛みや、痒みや、チリチリ感等に見舞われる事になる」。

「内蔵に対しても有害」で、

「内蔵の働きが阻害され続ければ、当然体調不良に陥る」』。

『「電磁波の悪用」は「実被害をもたらす」のだ。

「実際に、電磁波を悪用している集団・組織も在るし、個人レベルでもいるだろう」。

「日本政府や警察等は、電磁波は無害などという工作に騙されないで、ちゃんと対策を取るべき」である』。

|

ブログによる情報発信にケチを付けるが、テレビによる情報発信の大問題は放置したままの醜悪番組・・・。

『「直接お互いの顔が見える場合は非常に少ないが、インターネット上で世界中に発信され、世界中の多くの人々が見る事が出来、世界中の多くの人々が自ら持ち書き込む事が出来るブログは、ある意味、お互い様の情報発信&共有が出来る、公平性・平等性が高い情報伝達ツール」だ。

対して、

「テレビによる情報発信」は、

「特定極一部の者たち」が、

「公共の電波を独占使用」し、

「多くの人々」に、

「一方的」に、

「出演している者たち」が、

「顔や意見を見せ付けている」、

「非常に公平性・平等性が乏しい情報伝達ツール」だ。

「公平性・平等性に大きな問題がある情報伝達ツール」だから、

「テレビによる情報発信では、特にその面に対する配慮があって然るべき」なのだが、

「日本のテレビ番組の実際」は、

「何処の局でも、

毎日の様に同じ顔、

ほとんどの場合で対論無き偏向論の一方的ばら撒き・・・状態」なのだから、

「現状の日本のテレビによる情報伝達は、本当に酷いモノ」である』。

『例えば、

「本日のテレ朝朝番の論調」では、総じて「ブログは危険・・・」だったが、

「実際」は、

「ブログによる情報伝達の方が、

色々な人々のブログを見る事が出来、

そうすれば、論の偏りや封殺も無く、

お互い様である事も出来ている分だけ、

情報伝達ツールとしては、

遥かに、安全でマシ」なのだ。

「ブログ情報」は、

「そのほとんどが、個人レベルの情報発信である為、

上辺の表現等は優等生的では無い場合も数多くあるが、

内実の論は多種多様」だ。

「テレビ情報」は、

「上辺の表現等は優等生的だが、

実質的には、偏向情報を上から目線で一方的に大量配信している面が強い」。

「ブログを利用する為には、見る方でも書き込む方でも、利用する側の資質が問われている事が、もはや、公然的に分かっている」が、

「実は、テレビを利用する場合にこそ、

公平性・平等性がブログより遥かに薄い分だけ、

発信側にも視聴者側にも、

ブログ利用以上の高度な資質が要求されている」のが「現実」なのだ。

「ところが、多くの人がこの現実をちゃんと把握出来ていない」』。

『「顔の見えないコミュニケーションは嫌・・・」と

「顔を一方的に見せ付けているコミュニケーション、もしくは、大衆誘導等は、平気の様相・・・」だった

「コメンテーター等の出演実態」からも、

「テレビ常連出演者たちの本当の資質が、よく判る」と思う。

「お利口面して、平然と大衆を操れる様な資質」は、

「表現が悪くて暴言扱い等され、猛攻撃されているブログ主の資質」より、

「遥かに危険度や悪質度が高い」と思うが・・・。

「上辺がどんなに優等生的」でも、

「内実は、本当にブログどころでは無い危なさ満載」なのが「現状の日本のテレビ」なのだ』。

『「ネット選挙が解禁になる」と、

「その分だけ、テレビ・マスコミ等による情報誘導の力が削がれる」。

「その辺りの懸念」から、

「出来る限り、テレビ・マスコミ等による情報誘導の力を温存すべく、

ブログをダシに、

ネット非難情報を、

公共の電波を使って一方的に大量配信していた様相」でもあった

「本日のテレ朝朝番」。

・・・「本当に醜悪」である』。

『「何れにしても、

日本の公共の電波を独占使用しながら、

毎日の様に同じ顔、

対論無き偏向論等の

一方的大量配信」は「直ちに止めさせるべき」だ』。

『「ネット情報の様に、見聞きする方が、色々な論を得られる状態」なら、

「見聞きした人が自らの頭で考え、結論等も自らの考えに沿って出す場合がほとんどになる」だろうが、

「偏向論等が、

さもそれのみが正論であるかの如く、

テレビ等の大規模伝達手段で、

一方的に大量配信された場合、

多くの人々が、自ら考える事を放棄し、

一方的に大量配信されている偏向論等を

覚え・信じる事を選択してしまいがちになる」。

「例えば、その様な事態が選挙に絡めば、あらぬ政権や首長等の誕生になってしまったり・・・する」のだ。

「この面からも、テレビ等による情報発信は大いに危険」である。

「テレビ等による情報発信者たち」には、

「上記の様な危険性を排除する為」に、

「ちゃんと、対論も提示し、現状常連出演者たちだけでは無く対論保持者も同等に出演させるべき責任が在る」のだ。

「そもそも、

毎日の様に同じ顔とは、

有名人利権製造そのものに他ならないのだから、

公共の電波を使った有名人利権の製造等は禁止するべき」である』。

『「上辺の表現は、如何にも優等生的なテレビ」だが「内実は、かなり酷い、現状の日本のテレビ」・・・。

「上辺の表現は、酷い場合も少なく無いネット」だが「内実は、上辺が優等生のテレビ等より遥かに公平・平等・安全なネット」・・・。

「現代を生きる人々」は、

「そのどちらも、それぞれの実体・本質を見失う事無く、利用し、

どちらも、是正すべき所は是正すれば、良い」のだが、

「公共の電波を使って、一方的な大量配信を行っている分だけ、

テレビの是正が優先されなければならない事」は

「忘れてはいけない」のだ』。

|

軽自動車の保有が史上最高だそうだが・・・。

『「昨今の技術の向上と、税金等の面での有利さから、軽自動車の保有割合が増えている」らしい。

「実際の軽オーナーの筆者の感覚」では、

「確かに、以前の軽よりは、遥かにマシになっている現在の軽」だが、

「やはり、軽は軽である事に変わりは無い部分も、未だ、多々ある」のだが・・・』。

『「車として軽の特徴を記しておこう」。

「ほとんどの軽自動車は、車の四隅に車輪がある」。

「つまり、オーバーハングが少ない」。

「サイズが軽であることと、オーバーハングが少ないことにより、取り回しは楽」だが、

「多くの軽自動車がホイールベースを目一杯取っているので、サイズの割りには、意外と小回りは利かない」。

「ホイールベースは十分に長い場合が多い」ので、「前後方向の揺れは相応に抑えられ、意外とゆったりしている場合が多い」が、

「トレッドが軽」なので「左右方向の揺れは忙しない」。

「更に、独立サスで無い場合は、その傾向がより顕著になる」。

「フロントが独立でリアが独立では無い車が多い」が、

「フロントの柔軟で路面追従性が良い感じ」と「リアの狭いトレッドのまま左右の車輪が同時に動く変な一体感とのギャップ」は、

「乗り心地自体の上質感を大きく損なう要因になる」。

「また、FFの場合はリアが、MRの場合はフロントが軽く軟弱な傾向があり、狭いトレッドと軟弱さゆえのヨレ感等は、やはり、軽は軽・・・」なのだ。

「総じて、運転していると、幅の狭い細長い乗り物を運転している感じ」がする』。

『「エンジンも、重量や空気抵抗等から本来要求されている排気量より小さい為、回転数等でパワーやトルクを稼がなくてはならず、ゆったり感や上質感とは遠い存在」だ。

「ターボ付きは、未だマシ」だが「燃費等まで考慮すると、実用速度がメーター上で120キロに満たない」ので、

「高速道路ではちょっと足らない」。

「高速道路を多用する」なら「実用速度が140キロ程度はある車が必要」だろう。

「実用でゆとりがある車を燃費良くゆとりを持って運転する事無しに、高速道路上での運転での上質感は得られない」。

「そもそも、軽の横幅規制とパワー規制には実用上無理がある」。

「幅の狭い車の需要もあるだろうが、せめてあと5センチぐらいは規制を緩くするべき」だろう。

「実質最大幅となる場合が多いドアミラー幅で規制する等の手段で、トレッドがもう少し取れる様にしないと、車として厳しい面が少なからずある」。

「パワーも今時64馬力未満は無い」だろう。

「せめて、99馬力まで等にしなければ、高速道路まで含めた実用で十分な性能は無理」である。

「99馬力規制等にするなら、ターボ等によるより高いトルクアップが可能になるので、

排気量660規制でも、

過給器車なら高速道路も含めて実用十分な車が出来る可能性大」なのだ』。

『「燃費の面を重視する」なら「排気量規制も999まで等にするべき」だろう。

「軽の重さや空気抵抗を考慮すると、過給しないのなら、999程度の排気量が要る事は、多くの人々の実感」だろう』。

『「要するに、軽は、規制ゆえにバランスが微妙に悪い」のだ。

「その辺りまで含めて納得の上、軽を選択する」なら良いのだろうが、

「今時の技術なら軽でも・・・や、流行って来たから軽・・・」等では、

「車自体が好きなら、後悔する可能性も小さく無い」と思う』。

『「燃費や経費の面」では、

「筆者保有の古い三菱アイ(ターボ付き)でも、

フロントをエコタイヤに替えたら実用でリッター15~6キロ(レギュラー)は走っている

(以前所有のE36の最終型320は、4輪エコタイヤ交換後、同条件でハイオクでリッター10キロ前後だった)」ので、

「軽は、確かに、燃費は悪く無い」。

「税金も安い」。

「しかし、乗り心地や上質感等は、古いBMWに比べても、かなり落ちる」。

「軽は、メーター類も少ない場合が多い」ので、

「水温系や瞬間燃費系やタコメーター等を車とのコミュニケーションに使う人には、

もの足りない面も少なからずある」。

「オーディオ・ラジオ等に関しては、そもそも走行中は遮音が悪くウルサイ上に、オーディオ等の質も良くないから、使う気にもなれない」。

「エアコンは、以前の軽とは違い、制御は大雑把だが実用十分範囲に入っている」。

「筆者の場合は、後輪駆動好きで年間走行距離もそれなりにあるので、車両価格等の他に、後輪駆動&燃費・・・つまり、エコの面から、現在の軽を選択した」が、

「昨今では、今の1シリーズが中古で安く出回る頃には、またBMWに回帰かなぁ・・・」とも思っている。

「でも、出来れば、国産で納得の出来の車に乗りたい」ので、

「規制面も含めた状態改善(国産車はエンジンは良いが、重量バランス・ボディ・サスペンションをケチらず、小型車でも、ちゃんとした後輪駆動もつくり続けるべき!)を望んでいる」。

「昔と違って、今は、所謂スポーツタイプほどムキムキの筋肉質感満載の車は欲しく無い」。

「昔と違って、今の技術なら、スポーツタイプでなくても、ちゃんと走り、ちゃんと曲り、ちゃんと止まるのだから、

むしろ、普通で上質な小型後輪駆動が望まれている」のだ。

「例えば、マツダロードスター等をベースに、エンジン共々小型化4ドアセダン化し、燃費よりに振った様な車」が、

「筆者としては理想」なのだが・・・』。

|

未だに、安保反対運動みたいな事を行っている人々は、オスプレイが要る訳くらい考えるべきでしょ・・・。

『「中国共産党の手先マスゴミ等に操られている方々、もしくは、確信犯の中国共産党の手先の方々」は、

「本当に哀れ」だ。

「日本国・日本国民の立場で考える」なら、

「オスプレイ反対!の前に、中国共産党等による日本国内での工作活動反対!!」なのだが!』

『「因みに、オスプレイ、翼がある分だけ、ヘリよりマシに見える」し、

「実際に、古いヘリより事故率も低く、初期故障の大部分が出切ったであろう今後は、更に安全性が向上する筈」だが・・・』。

|

プロデューサー等による嫁さん探しが「おニャン子」なら●●相手探しが「AKB」だったりして・・・。

『「日本社会の健康状態を良くする為」にも・・・、「何れにしても、その手の商売に貢いでいるくらい」なら「身近にいる異性にでも貢いだ方」が「人生より豊かになる確率が高い」と思うのだが』・・・。

『「筆者の感覚」では「芸能人の芸を見ず、芸能人そのものに貢ぎたがる人々=大丈夫?」なのだが』・・・。

『「NHKも公共放送」なら「利権がらみが濃厚な芸能人は、使うなら出演料=宣伝料を取るべき」だし、

「特定極一部の人々に有名人利権を与える不当な仕事をしない為にも、色々な一般の人々をもっともっと積極起用するべき」だが』・・・。

|

東京都議会選挙告示・・・。

『「参院選の前哨戦」とも言われている「東京都議会選挙が告示」された。「反日教育国を利する政治か?」「日本の為になる政治か?」が

「有権者にとって、参院選同様の根本的判断基準」であるべきだ』。

『「国政」でも、

「民主党政権時の政策実体」が、

「円高・株安誘導」、

「原発ゼロ政策」等々、

「まるっきり中国や韓国(どちらも反日教育国)等を利する為」だった事を、

「忘れていない」なら、

「政党や候補者が掲げている具体的な政策内容」から、

「その政党や候補者の実体を見抜く事は比較的容易」だろう。

「単純な話し、

円高・株安容認(円高状態では、日本国内の輸入品買いは有利になるが日本国内の仕事が細る)や、

脱原発(日本が原発から退けば、原発製作・使用&輸出に熱心な中国や韓国の原発が世界中に広まり易くなる。

共産党独裁政権下の中国の原発は、その実態さえロクに情報開示されていない。

韓国の原発は、原発使用部品の試験データが偽造されていたりするアブナイ原発だ。)

等々を掲げている政党や候補者は避けるべき」なのだ』。

『「散々、日本人・日本国を中傷してきた

反日教育国の手先テレビ・マスコミ・教育等」によって、

「日本の有権者の投票行動までもが、日本にとって自虐的な方向に操られて来ていた」が、

「都議選」でも、

「参院選」でも、

「その不健康な流れをしっかりと断ち切る事が重要」なのである』。

|

外された復興庁水野参事官のツイッター発言の実態は「内情暴露」だが・・・。

『「韓流テレビ等の連中にとって」は、「人脈・思想信条等上のお仲間」の「左翼のクソども」が「復興の足を引っ張っている実状の暴露」等は、「余程、嫌」なのだろう。

「実状暴露ツイッター問題」を「暴言問題とすり替えて広報している」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『オマケに、

「何時もの手口」である、

「常連コメンテーター等による上から目線解説付き」で、

「水野氏の発言内容自体を考えるのでは無く、

暴言として捉える事等が、

如何にも賢い解釈であるかの如く、

大衆誘導している」のだから、

「本当に醜悪」なのだ』。

『「復興等の仕事を進めようとする」と、

「自称市民団体(内実は日本の復興の足を引っ張る事で反日教育国の利を図る団体等)等が、

余分な、或いは、過剰な仕事を強いたり、

余分な質問を浴びせたり、

・・・する事等で、

意図的に、

時間をかけさせる事で、

本来の復興を遅らせる、

実質的な妨害行為に見舞われる」。

「今回の水野氏のツイートからも、その様子は良く分かる」。

「ましてや、水野氏が槍玉にあげていた国会議員の一人とは、社民党の福島瑞穂」なのだから、

「ほとんどの一般日本国民」は、

「水野氏のツイート内容だけ」からなら、

「韓流テレビ等の面々の様な異常に高い嫌悪感など持たない」筈だ。

「むしろ、

実状が分かる事によって、

復興の仕事に係わっている方々の苦労に共感したり、

実質的に復興の足を引っ張っている連中に対する嫌悪感が高まったりする」だろう。

「内情暴露ツイートそのものから分かる

復興の仕事の実状(実質的妨害工作等)を問題にせず、

他の問題では、散々英雄の如く扱っている内情暴露を、

今回の問題では、暴言発言問題にすり替えている」のだから、

「韓流テレビ等の今回の問題についての偏向情報の一方的大量配信は、本当に、悪質」である』。

『「こんな悪質な事を平然と行っている様な連中」に、

「日本の公共の電波を使わせ続ける必要は全く無い」。

「日本のテレビ番組の正常化」は「急務」だ』。

|

「左翼」じゃないでしょ!「日本の邪魔をしている人々!」でしょ・・・。

『「安倍総理の演説時の発言」にしても、「復興の仕事に携わっているお方」にしても、「左翼等とマスゴミが身勝手につくった実体離れした表現をそのまま使ったから誤解が生じ、

マスゴミにも不当に叩かれている」けど、

「実体としては、実質的邪魔をした連中」とは、

「本当の意味での左翼では無く、

主として反日教育国を利する為に、

日本の邪魔をしている人々に他ならない」でしょう』。

『「安倍総理を始め、邪魔された方々」も、

「マスゴミご用達の実体離れした常套句」を「使うのでは無く」、

「あなた方は、{日本の(復興の)邪魔をしたい人々}なのですか~!」とでも返していれば、

「マスゴミも言葉尻をとらえた責任追及等をし辛い筈」ですが・・・』。

『「このくらいの事」は、

「周りのブレインがちゃんと押さえておくべきでしょ!」』

|

昨今のテレビの得意技は「警察・柔道・野球への批判」だが・・・。

『「警察・柔道・野球が嫌い」で「民主党が好き」な様相の「人々とは?」

「日本の公共の電波を使って、一方的に情報を大量配信する」なら、

「政治問題でも経済問題でもその他の問題でも、両論併記的情報配信で、判断は視聴者に委ねる」のが、

「健康的な情報配信」なのだが、

「ほとんど常に偏った論ばかり、一方的に大量配信して、視聴者を操ろうとしている」のだから、

「情報工作による大衆誘導が目的と思われても仕方無い状態」なのだ。

「そんな事を恥じらいも無く行う人たちとは?」』

『「上辺の国籍は日本でも、中身の文化は何処かの反日教育国的」と「感じている視聴者は数多い」。

「いい加減に、日本の公共の電波の独占使用権の多くは、普通の日本人の人々の下に与えられる様にするべき」だ』。

『「反日教育国文化が濃厚な番組」では、

「日本の円高・株安を煽ったり」、

「自民党が歴史教科書の

事実が確定していない事を確定的に記す記述や、

自虐史観に基づいた記述」を「問題にした当たり前の対応」さえ、

「国権の教育介入で危険性がある」なのだから、

「本当に酷いもの」だ。

「その反面、韓国や中国の原発の危うさはロクに報じない」。

「鹿児島市長の上海定期便維持の為の税金使用問題」についても、

「税金使用は問題視している」ものの、

「反日教育国である上に

独裁政権中国共産党支配下の中国の上海への

定期便の必要性や危険性への言及は無いに等しい」。

「日本は国としても、

過去の反日教育国過剰状態がもたらした日本国・日本国民への不利益への反省等」から、

「現在では、明らかに、アジアでは否反日教育国である国々との連携を大切にし始めている」のだから、

「鹿児島も上海定期便をやめて、タイやマレーシアからの定期便の誘致でも考えるべき時なのに!」』

『「はっきり言えば、

反日教育国との定期便は、

反日教育国と日本を往復しながら日本国内でも反日工作活動を行っている連中の利便性を高めている面もある」のだ。

「タイやマレーシアへのビザ対応」と、

「フィリピン等へのビザ対応でも、違いがある」のは、

「フィリピン等は、中国共産党等反日教育国の影響が大きな面もある」ので、

「日本国・日本国民の安全確保の面からでもある」のだ。

「中・韓が反日教育国である間は、中・韓へのビザ対応をもっと、もっと、厳しくするべき」である。

「多くの日本国民が、自らの安全等を確保する為にも知っておくべき情報を実質的に隠蔽しながら、

反日教育国人脈による反日工作には有利になる情報を一方的に大量配信している様相」なのが、

「韓流テレビの実態」なのである』。

『「批判されるべきところは、何処のどんな人脈や組織等にでも少なからず在る」。

「警察批判も結構だが、反日教育国人脈による反日工作に対する批判も忘れてはいけない」のだ。

「柔道批判をしたからと言って、テコンドー等が無条件で良い格闘技には成り得ない」。

「実際、総合格闘技等を見れば明らかな様に、柔道やレスリング技は格闘技の技としてかなり優位」なのだ。

「警察の逮捕術でも柔道技がかなり生きている」。

「日本の野球を貶めたところ」で「例えば、韓国の野球が強くなる訳も無い」。

「それでも、日本の球界を貶める事により、若干の野球人気の減衰効果が出てしまい、微妙な悪の効果をもたらす可能性がある

(反日自虐教育を刷り込まれた選手が

反日教育国との試合で

本領を発揮し辛い精神的負担を背負わされてしまったりするのと

同様の悪効等)」』。

『「情報工作の多くは、微妙な効果の積み重ねにより、人々の心や思いを操る」のだ』。

『「日本を貶め、反日教育国を有利にする情報工作を行っている様なテレビ番組」に、

「日本の公共の電波を使わせ続けるべきでは無い」』。

|

安倍夫人って意外とおバカだったんですかぁ?・・・。

『「日本の原発の輸出に反対で、日本はクリーンエネルギー技術の輸出を・・・」と「まるで何処かの親反日教育国政党みたいな論を言っているという安倍夫人」・・・。

「家庭内野党宣言までしている」そうだ。

「日本の原発輸出を細らせればどうなるのか?」くらいは、

「ちゃんと考えるべき」だろう』。

『「日本が原発輸出を細らせれば、

原発輸出に積極的な韓国や中国(言うまでも無く、どちらも反日教育国)の

原発輸出がより容易になる」。

「一応は民主主義体制を気取っている韓国の原発とは、

原発使用部品の基準テストデータ等が偽造された部品(当然、不良品が多い)までもが使われている

非常にアブナイ原発」だ。

「共産党独裁体制の中国では、韓国の様な実態暴露ニュースも出て来ない」。

「中国共産党支配下の中国の原発の技術が、日米等より優れている」とは、

「まるで、旧ソ連の技術が当時のアメリカの技術より優れていると言う様な事態」だから、

「あり得ない話し」だ。

「日本の原発輸出を細らせる道」とは、

「中・韓のアブナイ原発を世界中に輸出し易くするアブナイ道」なのだ』。

『「原爆被害や原発被災事故被害で、核被害の酷さを十二分に分かっている日本人」が、

「世界中の原発事故の実態が実質的に人災である事を顧みる」なら、

「アブナイ人災事故が起こる確率が高い原発の製造を出来るだけ抑制させる道」こそが、

「日本が国として歩む道である事」くらいは、

「直ぐに解る筈」だ』。

『「首相夫人ともあろうお方」が、

「上記程度の考察も出来ずに、まるで、何処かの親反日教育国政党の如く、家庭内野党宣言・・・」とは、

「周りによからぬ人々が多数食いついているのか?」

「意外とおバカなのか?」のどちらかなのだろう。

「タダでさえ、大変な総理大臣の仕事の足を引っ張るような愚行」は

「是非ともお止め頂きたい」』。

|

反日教育国人脈の方々は円高・株安を望んでいる様相だが・・・。

『「元々、日銀総裁が黒田氏になった時」から、「円・ドルレートは、一ドル100円±5円」「株価は、1万3千円±千円」くらいになるだろうと、

「多くの人々が予想していた筈」だ。

「現在も、その想定の範囲で推移しているダケ」なのだから、

「大騒ぎする方がどうかしている」のだ』。

『それでも、「大騒ぎしている方には大騒ぎする理由がある」。

例えば、

「円高・株安不安を煽る事で、円高・株安に誘導しようとする大衆誘導」である。

「円高・株安を望んでいる人脈は?を考える」なら、

「どの様な人々が、大騒ぎしがちであるのか?」も「良く判る」と思う』。

『「反日教育国人脈」にとっては、

「円高・株安不安~円高・株安状態を作り出すことに協力的な人=有益分子」であり、

「反日教育国人脈の思惑通り動かない人=不適応分子」であり、

「反日教育国人脈の策略をバラす人=超不適応分子」なのだろう。

「日本国内でも、

電磁波等を悪用した、

日本の現在の法律や摘発体制では摘発し辛い、

不適応分子の粛清工作」が、

「実際に行われている」』。

『「親反日教育国の臭いが濃厚だった民主党政権時」は、

「異常な程の円高・株安状態」で、

「日本の不況は更に、更に深刻になった」が、

「反日教育国は、日本の円高故に潤い、

反日教育国人脈の人々は、反日教育国内企業が潤う事によって潤い、

資金を得た反日教育国人脈の人々は、日本の株を買いあさり易かった」。

「ある程度以上の株を保有すれば、その企業の人事を押さえる事も可能な場合が少なく無く」、

「上記の様な手段で、反日教育国人脈の人々が数多く日本の企業にも入り込めてしまっている」。

「その流れが、政権交代で変わった」』。

『「今後は、反日教育国人脈による不当な工作的企業等支配体制を崩し、

日本社会本来の姿を取り戻す道」を、

「日本社会は歩んで行く事になる」。

「多くの一般日本国民が、

反日教育国人脈の策略に騙されず、操られず、

反日教育国人脈等による日本乗っ取り工作等をちゃんと摘発する事が重要」なのだ』。

『「何処かの政党の謳い文句」は、

「もう、アメリカの言いなりはやめよう!」だったと思うが、

「アメリカの言いなりをやめる前に、

反日教育国人脈等による不健康な工作活動をちゃんと摘発出来る普通の国の体制が無ければ、

アメリカの言いなりをやめて、反日教育国の言いなりになる国になってしまう日本である事を、

多くの一般日本国民は十分に理解しておくべき」である』。

|

筆者の部屋の周りの強電磁波発生ポイント・・・。

『「駅中心から東北方位にある複合商業施設ビル」&「駅中心から南西方位にある複合商業施設ビル」&「筆者の部屋の東南~南方位にある個人宅」等から、「大出力の電磁波が照射される事がある」。

「狙い先を{指定}しているのが、覗き行為やストーカー的行為を行っている連中たち」で、

「もちろん、ターゲットは筆者だけでは無い様相」だ。

「また、前後等から、電磁波レーザーが出ている車も少なからず在り、

その車のナンバーに特定ナンバーが多い事も以前記した通り」である。

(「車の運転中」に、

「何故か???知らず知らずの内に、気持ちが悪くなり、顔の筋肉等も突っ張った感じがしたり、目が疲れたり、胸が痛くなったり・・・等々した場合」に、

「前後の車を意図的に避けてみると一機に変な症状も消失した場合があった」。

「当初は、前の車の排ガスのせいかな?」と思っていたが、

「その後、アルミ板等で確かめてみると電磁波の存在が推定された」。

「確実に、電磁波工作車も少なからずあり、電磁波工作は集団的工作」なのだ)』。

『「組織的に電磁波を悪用して、ターゲットとしている人々に、健康被害を与えようとしている連中がいる」のである』。

『「電磁波悪用実質犯罪行為に対して」も、

「日本の法律も摘発体制も不備だらけ・・・」だ。

「電磁波悪用組織がターゲットとしているのが、例えば、親反日教育国人脈以外」なら、

「それこそ、多くの一般日本国民が知らず知らずの内に健康被害を受けている事になる」』。

『「電磁波による健康被害」は、

「電磁波の特性や強さによって変わる」。

「当然の如く、

電磁波工作を行っている連中」は、

「より高い健康被害が出るように、実験や改造を続けている」。

「ターゲットにのみ高い確率で健康被害が出るくらいの高い電磁波を浴びせ、お仲間には出来るだけ当てない様にする為、

数々の工夫」が行われている。

「強電磁波照射建物+工作員が持っている小型電磁波レーザー工作兵器による電磁波照射等」による

「ターゲットのみ健康被害がより出易くなるレベルの電磁波攻撃などの手段」が「在る」』。

『「使われている電磁波」は、

「直進性がある事」や、

「レーザー幅の調整により、身体そのものに、火傷等の痕が残り辛いレベルに留められている事」や、

「テレビ・ラジオや電化機器との干渉を避けている事」や、

「アルミ等の金属物等に当たるとマイナスイオンが飛び出してくる事」等の

「特徴のある電磁波」で、

「市販の安物の電磁波測定器等では、摘発が困難・・・」かも知れない。

「筆者が調べようとした結果」では、

「アルミ板等を使って電界を図ると電磁波の存在が判る」のだが、

「安物の電磁波測定器は反応しない」。

「また、電界が-側では検知出来ず、+側で反応する時もある事」から、

「摘発が困難になる様に色々と工夫している様」だ』。

『「何れにしても、

電磁波レーダーやサーモグラフィ等を使った覗きや、

電磁波レーザー照射による身体への負担(筋肉の硬直や血流障害等々による実害)」は、

「実害を伴う犯罪行為」である。

「可視光線では無い強電磁波レーザーを脳や心臓等に当て続ければ、殺人も可能な筈」だ。

「寝ている時等の場合、ターゲットの脳や心臓等に強電磁波レーザーを当て続ける事は難しく無い」。

「電磁波レーダーを使った覗き」で「ターゲットの状態を把握すれば、簡単にその様な犯罪行為が行える」。

「実際に、ホテル等に持ち運び可能な電磁波レーダー+電磁波レーザー工作兵器を持ち込み、

脳卒中や心不全等でターゲットが殺せるか?どうか?」の

「実験も行われている様相」なのだ。

「電磁波悪用の犯罪に対する一刻も早い、法&摘発体制の整備が必需」だ』。

|

今更、民主党が反自民票を集めようとしても無理でしょ・・・。

『「反自民の色合いが濃い謳い事を並べ、参院選時の反自民票の集票に邁進している様相の民主党」だが、

「散々、中・韓(=反日教育国)の為に超円高政策を行い、日本の不況を更に深刻にした悪の実績が消える訳も無い」。

「参院選時の判断基準」は

「日本の為の政治を行う政党・候補者か?」

「反日教育国等の為の政治を行う政党・候補者か?」だ。

例えば、

「極東地域で日本のみ脱原発」とは、

「日本のみ超円高と同様」の

「反日教育国を利する政策」である事に

「気付く」なら、

「多くの有権者が騙される事も無い」のだ』。

『「表の顔が民主でも他の政党」でも、

「反日教育国を利する政策を行おうとしている政党・候補者に票を投じる事」は、

「日本の為なら自虐的」になるし、

「反日教育国の為なら合理的」だ』。

|

参院選前はパチンコ店や宗教団体等々の集金工作にご用心!・・・。

『「今回の参院選、そのスジの人脈にとっては、生き残りの為の最後のチャンス・・・」の様相だ。

「必死の集金工作が行われているとの事」である』。

『「パチンコ店関係者から聞いた話し」によれば、

「今は低設定・ボッタクリ設定の増大や、違法な個人ボッタクリ管理や、遠隔操作等々、どんな手段を使っても・・・集金」なのだと言う。

「もちろん、参院選の為の集金」である』。

『「一部宗教団体でも同様」で、

「必死の集金工作が行われているとの事」だ』。

『「それだけ、今回の参院選は重要という事」で、

「参院選で、

集金工作等々にも係わらす、反日教育国人脈の政党・候補者を出来る限り多く排除出来れば、

日本にとっては非常に好ましい状態になる可能性大」なのだ』。

『「参院選の政党・候補者選び」は、

「日本か?」

「反日か?」であり、

「日本のみ脱原発等、

実践すれば、

日本が不利になり反日教育国が有利になる政策を掲げている政党や候補者」こそ、

「真っ先に排除するべき候補者である事は間違い無い」と思う』。

『「また、警察等も今こそ、違法パチンコ店や宗教団体の摘発等を頑張るべき」だ。

「かなり、悪質な事も平然と行い続けているところが少なくない」のだから、

「本気になれば摘発も容易な筈」である』。

|

アベノミクス問題、実は、利権集中悪徳改悪を行わない事こそが経済成長の鍵なのだ・・・。

『「急速な少子高齢化を生み出したのは、言うまでも無く、小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪」だった。

「アベノミクスの成長戦略(???)で更に利権集中悪徳改悪を進めてしまう事」は、

「日本を細らせ、海外投資家や日本の極一部の経営者や大株主等を太らせる道に他ならない」。

「日本に必要なのは、悪戯な規制緩和では無く、

日本国・日本国民の状態を向上させる規制の適正化」である』。

『「当然、日本に向いた構造改革では、海外からの受けは悪くなりがちになる」。

「しかし、事実・現実に基づいた経済・科学技術等のベースを着実に為替等に反映させ続ける」なら、

「過度な円高・株安状態は抑制される」ので、

「日本国内にあるべき仕事の喪失は相応に抑えられる事になる」』。

『逆に

「悪戯な構造改革が行われれば、海外投資家や極一部の経営者・株主等へ利権分配割合が増える」ので、

「それらの人々の受けは大変良くなる」が、

「日本社会全体が細る」ので、

「内需も細る」。

「つまり、悪戯な構造改革」は、

「日本社会を細らせる事で、

多くの一般日本国民では無い人たちが、

短絡的な利益を得る為の

悪徳工作に他ならない」のだ』。

『「アベノミクス」が

「多くの日本国民にとっての益を生み出すのか?」、

「悪徳工作になるのか?」等々を、

「しっかり見極めながら、世論等は熟成させられるべき」だ』。

『「参院選で重要な事」は、

「反日教育国人脈の政党や候補者を大量当選させない様にする事」だ。

「反日教育国である韓国(韓国内の反乱軍政府である北朝鮮も含む)」は、

「竹島の不当占拠を竹島略奪へと悪徳増長させると共に、

日本から従軍慰安婦詐欺等の手段でお金等を奪う政界・情報/教育界工作や、

日本国内にいる日本人不適応分子(韓国・北朝鮮等にとっての)の粛清工作等々に熱心」だし、

「同じく、反日教育国である、中国共産党支配下の中国」は、

「日本の政治や世論を牛耳る事や、

日本国内にいる中国共産党にとっての日本人不適応分子の粛清工作等々の手段で、

尖閣諸島を話し合いで奪う事を画策しているのだから!」

「憲法や経済や原発等々ダケの問題に論点を集中させる情報等」は、

「反日教育国人脈の問題を隠蔽する為の情報工作」なのだ。

「反日教育国人脈政党・候補者の問題」は、

「多くの有権者がちゃんと考えるべき重要な問題」に他ならない』。

|

オバマ・周、米中首脳会談・・・。

『「尖閣諸島問題」では、「話し合いで解決を!」との「合意も出来た様」なので、「日本国内では、これから、益々、中国共産党系人脈による情報工作や不適応分子粛清工作が盛んになる筈」だ。

「日本政府・与党等も、日本国・日本国民の安全や人権の為にも、対応を急ぐべき」である』。

|

「原発関連産業利権を中・韓へ!」と騒いでいる様相の「日本のみ脱原発運動」に熱心な方々・・・。

『「日本国内で、本来日本にあった利権を既得権益と蔑み、中・韓に利権誘導している不健康な工作活動」に邁進している「確信犯の工作員と工作員等に操られてしまっている自虐的な方々の数」は、

「確実に減少している」が、

「未だに、踊っている悪やおバカさんたちもいる」様で・・・』。

『「日本でやる」なら

「日本のみ脱原発運動等」では無く、

「工作員&おバカ撲滅運動」の方が、

「日本社会の為になる」と思うが・・・』。

|

電磁波工作や飲食物工作の実態・・・。

『「今時は、何処の家でも、何処の企業でも、何処の学校等々でも、電気を使っていないところは皆無に近い」。

「電気を使う」とは、

「その建物内に電線が張り巡らされている状態」に他ならない。

だから、

「悪意を持った者たち」が

「その電線をアンテナとして電磁波を発生させる」と、

「その部屋・建物等内全体が、電磁波ホットスポット的な状態になる」。

「電磁波ホットスポット中で人が受ける実害」は、

「集中力の低下」や、

「肩こり、腰痛、頭痛、めまい等々」、

「多岐に渡る」が、

「みんな精神的症状とも取れる所謂グレーゾーンの症状」だ。

「電磁波工作など無い、或いは、電磁波工作自体知らない、人々」が

「その様な症状に見舞われれば、

気のせいと思ったり、

医者を訪ねたり、

薬や健康食品を求めたり、

自分の生活習慣等に原因があるのでは?等々と思い悩んだり・・・」するだろう。

「そして、半病人的な状態では、

その人の成長が阻害されたり、

その人本来の能力も発揮し辛くなる」。

「無意識レベルでの負担も問題」だ。

「快適な部屋等で勉強や仕事をする」のと、

「電磁波ホットスポット化による反病人誘い状態の部屋等で勉強や仕事をする」のでは、

「まるでハンディキャップレース状態」である。

「実際に、ターゲットにハンディを背負わす目的」から、

「電磁波工作は行われている」』。

『「どの様にすれば、電線から電磁波を発生させられるのか?」

「実は、その様な工作目的の研究・実験が随分前から反日教育国人脈の中で行われ、幾つもの手段が開発され、実践されている」のだ。

「基本的な理論としては、電線に高周波等を流せば電磁波が出る」ので、

「露呈し辛い高周波発生素子等を仕込んだり、

他の場所から高周波電磁波レーザーを電線が集中している所等に照射したりする手法が行われている」。

「高周波でゆすられた電流が内在する電線は電磁波を発生する」のだ。

「この健康状態阻害工作」は「電圧は低いものの、電線がある車でも可能だからか、車でも行われている」。

「部屋・家・建物レベルの場合」は

「電磁波ホットスポット化による電磁波継続照射で、直接、半病人化が可能なレベル」なので、

「半病人化等による足の引っ張りが目的の様相」だが、

「車の場合」は、

「前や後や前後双方や側面からの電磁波レーザー照射車による工作も加わった場合、

元々のプチホットスポット的状態だった車の中にいる運転者等が、

気持ちが悪くなったり、

めまい等を生じたりする」ので、

「事故狙いの様相」なのだ。

「また、プチホットスポット的な電磁波でも、メーター等からの電磁波を知らず知らずの内に長時間見る事で失明する場合もあるのだと言う」』。

『「部屋・家・建物レベルの場合でも、車と同様の基本的ホットスポット化&電磁波レーザーの照射による強ホットスポット化が可能」で、

「そちらの場合は、車レベルの健康障害では無く、

酷い場合には、心不全や呼吸不全や内蔵不全や脳血管障害等々で、人命に係わる事もある」。

「もちろん、電磁波レーザーをターゲットに当て続ける為には、ターゲットの居場所を常に追いかけ照射し続ける必要がある」から、

「壁・床・天井等を通して、

他の建物や部屋の中に居るターゲットの位置や姿勢を盗み見る為の

電磁波レーダーもしくはサーモグラフィ等が併用される」上に、

「電磁波レーザーを当て続ける為の専門の工作員が使われている」。

「ある意味では、VIP的扱いとも言えるかも知れない」が、

「人口の多い反日教育国等にとっては、VIP対応用工作員を大量に用意する事も比較的容易」なばかりか、

「日本国内では、反日教育国関連暴力団人脈を利用して、工作依頼」なのだ。

「結果、政治家から、一般人まで、VIP対応工作を浴びせられている人々は、意外な程少なく無い」』。

『「電磁波工作自体は、かなり前から、ライバルを蹴落とし、反日教育国人脈を有利にする為行われて来ている」。

「電子技術が今より劣っていた時代」では、

「飲食物工作が主流」だった。

「使われていたのは、当時の計測機器では発覚し辛いフッ素等」である』。

『「例えば、フッ素の場合は、入手も容易」で、

「知らず知らずの内の過剰摂取状態では、血液ドロドロ、身体酸化、集中力低下、イライラ感増大等々が起き易くなる」。

「フッ素は、糖質と反応すると強酸に化ける」ので、

「本来なら、頭の栄養となる糖質の一部が強酸に化けてしまう状態となる」のだ。

「そんな状態がある程度以上酷くなれば、学力向上も、仕事上の能力向上も、困難になる」』。

『「電磁波にしても、飲食物にしても、他の手段にしても、

工作により、

反日教育国人脈にとって都合の悪い人々に大きなハンディを背負わす、

非人道的な活動が、

戦後の日本国内では、現在でも行われ続けている」のだ』。

『「そんな工作員たちの連絡場所兼隠れ蓑が一部の宗教団体や企業・クラブ・団体等だったりする」。

「工作活動資金は、

要職をそのスジの人脈が握っている企業等の利益から、

露呈しない様に報酬等で一端個人に出された後(そもそも、人並み外れた高報酬が実際に必要な人など日本で暮らす限りほとんどいない)、

裏で出されていたり、

宗教・詐欺等の手段で一般日本人から吸い上げられていたり、

反日教育国自体からの工作資金の提供があったり、

・・・、

・・・、」しているのだ』。

『「日本国憲法でも定められている基本的人権に対し大きな害を及ぼしている不当な工作活動を撲滅する為」にも、

「相応の実効がある法体制&摘発体制の整備は急務」である。

「それが出来ない、やらない政界等の実態」は、

「政界等の工作に墜ちた酷い政界等に他ならない」のだ』。

|

「中国海軍の沖縄近隣訓練の宣伝」の実効問題・・・。

『「本日のテレ朝ニュース」では「中国海軍が沖縄近隣の海域で訓練を行った旨が宣伝」されていた。

「その実効は、多くの日本国民が考えるべき」だろう』。

『「中国海軍の進出に脅威を覚えさせる」と共に、

「別の情報・教育では、至るところで、平和を煽れば、どういう結論を多くの人々が出し易いのか?」は言うまでも無いだろう。

「多くの人々の中には、平和の為には中国(中国共産党)の言い分も聞くべきなのでは?」等々の

「思いが芽生え易くなっている筈」だ。

「正に、この様な手段こそが、情報工作による大衆誘導」なのである』。

『「多くの日本国民は、平和ボケの無害化からちゃんと実質として解放されるべき」だ。

「何故なら、平和を脅かす事で簡単に不当利権の取得がまかり通ってしまう人間社会」とは、

「アウトローが支配出来る人間社会に他ならないから」である』。

|

橋下オスプレイ八尾空港提案問題・・・。

『「地方首長がオスプレイ誘致に声を上げた事」は「相応に評価されるべき」だが、「八尾空港自体には、オスプレイに対する適性が無い」。

「つまり、地方首長が、実際は使えない空港を挙げて、オスプレイ誘致の声上げを行った」のが、

「今回の橋下の行動実体」なのだ。

「その事の実効」は、

「政府与党への援護射撃」と、

「大阪にはオスプレイを配備させない予防線」になる』。

『「ある意味、橋下は、狡賢い」。

「最初は、大阪府民にも嫌われるような声上げを行い、

実体としては、

検討しても使えない空港で、

オスプレイを大阪から遠ざける」のだから。

「つまり、橋下は、実質的に大阪の利を図っている」のだ』。

『「地方首長による声上げを歓迎した日本政府と、それに呼応した世論等」は、

「今後も地方首長等からの声上げを期待する」だろう。

「結果、オスプレイに対応出来る空港を持っている所にオスプレイが配備され易くなる」。

「ところが、その筋書きは、所謂マスゴミが、地方首長橋下の声上げを大きく評価せず、八尾空港の問題ばかり宣伝している」ので、

「既に崩されている様相」だ。

「中共・朝系人脈が牛耳っている様相のマスゴミの本音」は、

「日本からオスプレイを排除したい」のだろう』。

『「筆者は、オスプレイは、それこそ、八尾では無く、関空にでも配備すれば良い」と思っている。

「利用者の多い、人目に付く、大空港」に、

「民間機共々オスプレイが離着陸」すれば、

「多くの人々は、日本の安全保障について考えざるを得なくなる」。

「ついでに、

尖閣諸島に不当進出劇を繰り返している中国共産党の実態や、

竹島の実態等々」の

「大看板でも立てれば良い」と思う。

「関空を利用した日本側の人々」には、

「安全保障の重要性とオスプレイの必要性が認識」され、

「中国共産党等の側の人々には、オスプレイの姿を認識させる事が抑止力になる」』。

|

野中広務(敬称略・・・今や、一個人なので一応記しておきます)、政界引退しても「土下座外交」ですかぁ・・・。

『「既に、勲章まで貰って政界を引退している野中広務(敬称略、以下同様)を始めとする複数の人々」が「まるで、何時ぞやの小沢一派の如く、中国共産党を表敬訪問」した。

「曰く、日中国交回復時の交渉で、故田中元総理は、尖閣諸島問題を棚上げする事で周恩来と合意していた・・・という話しを聞いた」との事・・・。

つまり、「交渉過程中でその様な話しが出たかも知れない」という話しである。

「もちろん、最終合意文書の中にその様な内容は無い」』。

『「交渉過程中の話しの内容」は「その前後が無くては真意も判らない」。

「交渉の場を和らげる為の単なるリップサービスだった可能性だって大きい」のだ。

「国家間の交渉で力を持てるのは、最終的に双方が認めた合意文書」である』。

『「ところが、中国共産党は、その交渉過程中に出たかも知れない話し」を

「偏重し悪用する策略に邁進している様相」なのだから、

「本当に酷いモノ」だ。

「中国共産党系の新聞が既に大宣伝・・・」なのだと言う』。

『「更に、問題なのは、日本のマスゴミ」で、

「一応は日本政府の公式見解を沿えている場合もあるものの、

先ず始めに、中国共産党を利する情報提供を行っている」。

「野中等の話しの一部」を、

「まるで、交渉過程中の話しの前後を取って偏重する様な手法」で、

「偏重して宣伝する事」で、

「中国共産党を利する論を日本国内に充満させている」のだ』。

『「中国共産党と同様の策略的情報配信を行っている所の実体」は、

「少しずつ露呈し始めている」が、

「行っている物事が同様で、何処を利しているのか?」を考えれば、

「多くの人々が、おぼろげには、その正体に思いが至る筈」だ』。

『「政界引退しても尚、お仲間共々土下座外交を行っている様相の連中の正体」も、

「おぼろげには、見えて来ている方々も少なく無い」と思う』。

『「日本の中に巣食っている他国系人脈の問題」は「根が深い」のだ。

「しかし、どんなに深い根」でも、

「日本を侵略する根」なら、

「断ち切る」と共に、

「白日の下に曝し、再発を防止」しなければ、

「日本国・日本国民の安全保障は成り立たない」のである』。

|

原発による核のゴミ問題は世界中の問題でもあり「世界中で必要な事業(経済)」の問題でもあるのですが・・・。

『「日本ダケ脱原発」とか「日本の核のゴミだけ過剰に問題化」等々の「他国(韓・中でしょうけど・・・)に、原発関連事業(経済)を流す為の論」を「ばら撒いている人々」は、

「きっと、該当他国の手先」なのでしょう』。

|

靖国神社で放尿の韓国人と日韓併合前の韓国の文化・・・。

『「反日の意を示す為、靖国神社内の神聖とされている所で放尿した韓国人が堂々とその様子をネット上にアップした」。

「韓国人は、何故その様な行動を起こせるのか?」

「その裏にあるのは、日韓併合前の韓国の文化」なのだ』。

『「日韓併合前の韓国の文化」は

「被支配者側の文化」と

「支配者側の文化」に

「大別出来る」。

「当時の韓国の被支配者の多く」は、

「支配者側による政権交代を不可能にする為の衰退支配」により、

「貧しく、衛生・教育水準も低かった」。

「つまり、物も教養も乏しくさせられていた」のだ。

「その様な状態の被支配者たち」が

「怒りや抗議の意を示す時に取れた行動」が、

「人糞を投げる」

「放尿する」

「自らの血で抗議する」等だったのである。

「言論による抗議等」や

「物を使った抗議等」は、

「教育水準が低く、

抗議に使える物も乏しかった為、

出来得なかった」のだ』。

『「日韓併合以降、朝鮮半島内は日本により急速に近代化され、

被支配者側だった朝鮮人の教育・文化・衛生・経済水準は飛躍的に上がり、

朝鮮人人口は飛躍的に増えた」。

「日韓併合以降ある程度経った後」は、

「被支配者だった朝鮮人人脈の人々」も、

「言論や物による抗議が可能になった」のである』。

『「日韓併合前の韓国の支配者たち」は、

「韓国自体や韓国国民を衰退させても、

贅沢な生活が出来る様に、

他国のコバンザメとして生きる道を選択していた」。

「日韓併合前の韓国は、実質的に清の属国だった」。

「清の権力者たちのシモベとなる事で、

清が保持出来ていた当時の物や文化の一部を得、

当時の韓国の権力者たちは、

当時の韓国の権力者たちの周りのみ、

時代相応の物と文化で囲って、

贅沢生活をしていた」のである。

「他国のシモベの地位を維持する為」にも、

「韓国被支配者たちを支配する為」にも、

「相応の策略が必要」になる。

「宗主国の都合に沿っていると思わせ続ける為の策略」や、

「韓国被支配者たちを支配し続ける為の策略」の「文化」は、

「大いに蓄積され熟成されていた」』。

『「日韓併合により、韓国内は日本によって急速に近代化された」。

「当時の韓国被支配者たちにとっては、日韓併合は衰退支配からの解放でもあった」。

「しかし、当時の韓国支配者たち」は、

「日韓併合という

属国レベルでは無い

国家の吸収合併レベルの事態」を「素直に受け入れられなかった」。

「日韓併合をキッカケに、日本を乗っ取り支配する策略が生じた」。

「当時の権力者人脈の一部」は「米国に渡った」。

「つまり、

日韓併合で韓国権力者たちが選択した実体」は、

「米国権力者のシモベ化であり、

米国を利用して日本を乗っ取り支配する策略」なのである』。

『「日韓併合以降、大量の韓国人が時には密航までして日本に渡来した」。

「元々、米国との戦争は避けようとしていた日本だった」が、

「日本国内の好戦的な世論の増長により、日本は勝ち目の無い戦争に突入させられた」。

「日本国内の好戦的な世論の増長を裏で煽っていたのが、

当時の朝鮮人の一部(主として、日韓併合前の韓国の権力者人脈系)」である。

「日韓併合により、韓国の貴族は日本の貴族となり、日本国内でも相応に高い立場を得ていた」。

「また、衰退支配されていた当時の韓国の被支配者たちとは違い、当時の韓国の支配者たちは相応に金持ちでもあった」。

「日本に渡来し、日本で企業や商売を始めた当時の韓国の支配者人脈の者たちも少なく無い」。

(そんな人脈の多くが、戦後も日本国籍を保持したまま、戦後の日本社会でも大きな影響力を保持し続けようとして来ているのだ。)

「米国に渡った韓国の権力者人脈の一部」は、

「米国要人に取り入る事に成功」し、

「その結果、韓国人人脈の者たちが、戦後日本の占領処理にも大きく係われる様になってしまった」。

「そんな者たちが行ったのは、戦後火事場泥棒」である。

「朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全ては強制的に日本に帰還されられた。

それは、実質的な戦後火事場泥棒に他ならない。

日本の財産(個人の物も含む)でつくられたインフラ・工場・家等々は引き上げ時に持ち帰る訳にも行かず、まともな値段で売れる訳も無い。

当時の日本人の中には、自分の築いた持ち帰れない資産を朝鮮人に託し、

事態が落ち着いたらまた朝鮮半島内で平和時に仕事をしようとしていた人たちも居たが、

日韓基本条約で全てご破算である。

(因みに、日韓基本条約には、その様な火事場泥棒にお墨付きを与えた意義もあるので、

日韓基本条約成立に動いた日本国内の人々の朝鮮度は要注目!だ。)

それでも、日韓基本条約で戦後処理を終え、その後は日韓友好関係が築けているなら良いのだが、

日本側の大人の対応とは対照的に、朝鮮側では反日教育・親日罪・従軍慰安婦詐欺・・・なのだから、

本当に酷いものだ」。

「朝鮮半島内に居た日本人のほぼ全てが強制的に帰還させられた事とは対照的」に、

「日韓併合が日本による植民地支配が本当なら実に異常な出来事」だが、

「日本内に居た朝鮮人の多くは日本に居残った」のだ。

「そればかりか、その一部が、日本でも率先して戦後火事場泥棒を働いた」のだから、

「韓国権力者人脈にとっての日韓併合の実体」が、

「日本による植民地支配では無く、

米国を利用した日本の乗っ取り支配策略である事」は、

「もはや明白」だろう』。

『「朝鮮半島内の火事場泥棒を正当化する為の屁理屈」が、

「日本による植民地支配」である。

「戦後の混乱期に、韓国は日本領竹島の不当占拠まで行っている」が、

「常識的に考えれば実利の少ない小さな離島の実効支配」は、

「韓国権力者人脈にとって日本侵略成功の旗印」であると共に、

「植民地支配詐欺の道具」なのだ』。

『「戦後韓国内では、韓国権力者人脈が、反日教育を行って来ている」。

「韓国支配者人脈にとっては、

日本を否定する事は、

日本の乗っ取り支配に繋がる重要な要素」だが、

「韓国被支配者たちにとって、

日本を否定する事は、

日韓併合前の文化に戻る事でもある」のだ。

「上記の様なバックグランドが在る」から、

「被支配者人脈の者と思われる韓国人が、

日本の靖国神社で、

正に、日韓併合前の文化の再現である放尿抗議」なのである』。

『「はっきり言えば、今時なのに、未だに、不健康極まりない日本の乗っ取り支配策略に基づいて動いている不健康な韓国人権力者人脈を排除し、

韓国が反日教育や親日罪や従軍慰安婦詐欺等々を止め、

日韓併合の実態である日本による韓国救済を素直に認めるなら、

日韓の友好関係の構築は、

事実・現実に基づいて確実に可能になる」。

「日韓友好の障害となっているのは、

不健康な韓国の権力者による策略と、

策略に基づいて動かされている、或いは、確信犯で動いている、人々」なのだ』。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »