« 「中国海軍の沖縄近隣訓練の宣伝」の実効問題・・・。 | トップページ | 「原発関連産業利権を中・韓へ!」と騒いでいる様相の「日本のみ脱原発運動」に熱心な方々・・・。 »

電磁波工作や飲食物工作の実態・・・。

『「今時は、何処の家でも、何処の企業でも、何処の学校等々でも、電気を使っていないところは皆無に近い」。

「電気を使う」とは、

「その建物内に電線が張り巡らされている状態」に他ならない。

だから、

「悪意を持った者たち」が

「その電線をアンテナとして電磁波を発生させる」と、

「その部屋・建物等内全体が、電磁波ホットスポット的な状態になる」。

「電磁波ホットスポット中で人が受ける実害」は、

「集中力の低下」や、

「肩こり、腰痛、頭痛、めまい等々」、

「多岐に渡る」が、

「みんな精神的症状とも取れる所謂グレーゾーンの症状」だ。

「電磁波工作など無い、或いは、電磁波工作自体知らない、人々」が

「その様な症状に見舞われれば、

気のせいと思ったり、

医者を訪ねたり、

薬や健康食品を求めたり、

自分の生活習慣等に原因があるのでは?等々と思い悩んだり・・・」するだろう。

「そして、半病人的な状態では、

その人の成長が阻害されたり、

その人本来の能力も発揮し辛くなる」。

「無意識レベルでの負担も問題」だ。

「快適な部屋等で勉強や仕事をする」のと、

「電磁波ホットスポット化による反病人誘い状態の部屋等で勉強や仕事をする」のでは、

「まるでハンディキャップレース状態」である。

「実際に、ターゲットにハンディを背負わす目的」から、

「電磁波工作は行われている」』。

『「どの様にすれば、電線から電磁波を発生させられるのか?」

「実は、その様な工作目的の研究・実験が随分前から反日教育国人脈の中で行われ、幾つもの手段が開発され、実践されている」のだ。

「基本的な理論としては、電線に高周波等を流せば電磁波が出る」ので、

「露呈し辛い高周波発生素子等を仕込んだり、

他の場所から高周波電磁波レーザーを電線が集中している所等に照射したりする手法が行われている」。

「高周波でゆすられた電流が内在する電線は電磁波を発生する」のだ。

「この健康状態阻害工作」は「電圧は低いものの、電線がある車でも可能だからか、車でも行われている」。

「部屋・家・建物レベルの場合」は

「電磁波ホットスポット化による電磁波継続照射で、直接、半病人化が可能なレベル」なので、

「半病人化等による足の引っ張りが目的の様相」だが、

「車の場合」は、

「前や後や前後双方や側面からの電磁波レーザー照射車による工作も加わった場合、

元々のプチホットスポット的状態だった車の中にいる運転者等が、

気持ちが悪くなったり、

めまい等を生じたりする」ので、

「事故狙いの様相」なのだ。

「また、プチホットスポット的な電磁波でも、メーター等からの電磁波を知らず知らずの内に長時間見る事で失明する場合もあるのだと言う」』。

『「部屋・家・建物レベルの場合でも、車と同様の基本的ホットスポット化&電磁波レーザーの照射による強ホットスポット化が可能」で、

「そちらの場合は、車レベルの健康障害では無く、

酷い場合には、心不全や呼吸不全や内蔵不全や脳血管障害等々で、人命に係わる事もある」。

「もちろん、電磁波レーザーをターゲットに当て続ける為には、ターゲットの居場所を常に追いかけ照射し続ける必要がある」から、

「壁・床・天井等を通して、

他の建物や部屋の中に居るターゲットの位置や姿勢を盗み見る為の

電磁波レーダーもしくはサーモグラフィ等が併用される」上に、

「電磁波レーザーを当て続ける為の専門の工作員が使われている」。

「ある意味では、VIP的扱いとも言えるかも知れない」が、

「人口の多い反日教育国等にとっては、VIP対応用工作員を大量に用意する事も比較的容易」なばかりか、

「日本国内では、反日教育国関連暴力団人脈を利用して、工作依頼」なのだ。

「結果、政治家から、一般人まで、VIP対応工作を浴びせられている人々は、意外な程少なく無い」』。

『「電磁波工作自体は、かなり前から、ライバルを蹴落とし、反日教育国人脈を有利にする為行われて来ている」。

「電子技術が今より劣っていた時代」では、

「飲食物工作が主流」だった。

「使われていたのは、当時の計測機器では発覚し辛いフッ素等」である』。

『「例えば、フッ素の場合は、入手も容易」で、

「知らず知らずの内の過剰摂取状態では、血液ドロドロ、身体酸化、集中力低下、イライラ感増大等々が起き易くなる」。

「フッ素は、糖質と反応すると強酸に化ける」ので、

「本来なら、頭の栄養となる糖質の一部が強酸に化けてしまう状態となる」のだ。

「そんな状態がある程度以上酷くなれば、学力向上も、仕事上の能力向上も、困難になる」』。

『「電磁波にしても、飲食物にしても、他の手段にしても、

工作により、

反日教育国人脈にとって都合の悪い人々に大きなハンディを背負わす、

非人道的な活動が、

戦後の日本国内では、現在でも行われ続けている」のだ』。

『「そんな工作員たちの連絡場所兼隠れ蓑が一部の宗教団体や企業・クラブ・団体等だったりする」。

「工作活動資金は、

要職をそのスジの人脈が握っている企業等の利益から、

露呈しない様に報酬等で一端個人に出された後(そもそも、人並み外れた高報酬が実際に必要な人など日本で暮らす限りほとんどいない)、

裏で出されていたり、

宗教・詐欺等の手段で一般日本人から吸い上げられていたり、

反日教育国自体からの工作資金の提供があったり、

・・・、

・・・、」しているのだ』。

『「日本国憲法でも定められている基本的人権に対し大きな害を及ぼしている不当な工作活動を撲滅する為」にも、

「相応の実効がある法体制&摘発体制の整備は急務」である。

「それが出来ない、やらない政界等の実態」は、

「政界等の工作に墜ちた酷い政界等に他ならない」のだ』。

|

« 「中国海軍の沖縄近隣訓練の宣伝」の実効問題・・・。 | トップページ | 「原発関連産業利権を中・韓へ!」と騒いでいる様相の「日本のみ脱原発運動」に熱心な方々・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事