« 「放射能汚染」と「温暖化ガス」のどちらがこの世の終わりをもたらすチリなのか?・・・。 | トップページ | 脱原発発言で益々正体バレバレの小泉元総理・・・。 »

巷に溢れている電磁波工作車等の実態・・・。

『「運転ミスを誘う目的か?」「運転や自動車乗車に対する不快感を誘い、自動車離れを誘う目的か?」「それら複合的な効果で、日本社会や日本の自動車産業を貶めると同時に、日本人人口を削減する目的か?」

「異常な電磁波を前後等の車に照射している車が少なからず存在している」』。

『「電磁波の発生場所は、車の前後の下部である場合が多く、直進性のある電磁波の発生角度は、10度~30度程度地面水平から上向きに設定されている」』。

『「電磁波工作車から発せられている電磁波が当たる」と、

「前方からでも、後方からでも」、

「頭に当たれば、気分が悪くなったり」、

「胸に当たれば、胸が痛くなったり」、

「腰に当たれば、腰が痛くなったり」、

・・・する』。

『「照射角度とあまり広くない角度幅」から、「車の距離を調整する事によって、照射されてしまっている場所を身体からずらし続ければ、大勢に影響は無い様」だが、

「自分の方の意思で、そんな事が可能なのは、主として、道が空いていて、電磁波工作車が前の場合に限られる」。

「電磁波工作車が在れば、渋滞時などは、常に、前から、後ろから、或いは、その双方から、電磁波を浴びせ続けられる事になってしまう」のだ』。

『「もちろん、可視光線では無い電磁波」なので、

「察知は、検知器を使うか、体感或いは、アルミ板等によって-イオンの発生で知る等の手段で、知るしか無い」。

「また、照射されている電磁波の特性」として、「車のボディーの鉄や窓ガラスは素通りする」が、

「現状のモノは、アルミ含有トタンや、アルミ板と真鋳板等の合わせ金属は素通りしない様」だ。

「何れにしても、実際に在る工作活動であり、少なくとも迷惑行為」なのだ』。

『「筆者の場合」は「電磁波工作車の存在がはっきりした後」は、

「面倒なので、後ろ方向には、かなり下部から、頭部分まで、素通りしない金属板を置いている」。

「前方向にも、金属板を置けるところには置き、サンバイザーにも金属板をセットしてある」。

「照射角度等はある程度判っている」ので、

「上部等に置いている合わせ金属板等をやや下向きにすれば、反射波が距離によっては電磁波発生車の運転手に向かう様に」なる。

「オモシロイのは、電磁波を照射している車が、反射波を浴びると、程なく退散する事」だ。

「つまり、連中は、確信犯で、自分たちは浴びたく無い電磁波を他の車に浴びせている」のである。

「電磁波工作が続く様」なら、

「反射板を集光板的な曲率にして、置いてたら、どうなるか?・・・等の実験も行ってみれば良いかも知れない」。

「そんな事態が流行れば・・・」』。

『「迷惑な工作活動を行っている連中は、いい加減に止めるべき」である』。

|

« 「放射能汚染」と「温暖化ガス」のどちらがこの世の終わりをもたらすチリなのか?・・・。 | トップページ | 脱原発発言で益々正体バレバレの小泉元総理・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事