« テレ朝昼番の愚か論、「原子力は人知を超えた領域論」問題・・・。 | トップページ | 原発問題の本質隠し(?)「小泉vs読売の原発論合戦」・・・。 »

「日本人60歳までにアルツハイマー50%工作」の大迷惑・・・。

『「かつては、日本人寿命平均41歳なんて工作目的まであった」のが「戦後日本社会の現実」だ。

「その当時」は「薄い毒ガス等の中にいる(実際は、飲食物工作・空気工作の中に落とし入れる)から、平均寿命は将来的に41歳程度になる等・・・だった」のだ。

「現在では、電磁波工作と飲食物工作等によって、日本人の半分を60歳までにアルツハイマー状態に落とし入れてやる」というのが、

「反日政策(日本乗っ取り支配策略)の一手」なのだ』。

『「実効は???」だが「かつての平均寿命短縮工作時と同様に、多大な迷惑である事は間違い無い」。

「また、実際に、平均寿命短縮工作ゆえに短い人生だったり、病気や怪我等に陥り本来の人生を歩めていない人々も少なからずいる」。

「工作のお題目変え」は「大元の世代交代故」だろうが、

「そんな事までしても、工作員のまま生き残りたい連中が居る程、工作利権や裏切り懲罰は大きなモノ」なのだろう』。

『「何れにしても、迷惑な工作が可能となってしまっている日本社会の体制こそが問題」で、

「多くの一般日本国民を守る為」にも、

「スパイ工作活動防止法&実効のある摘発体制の整備は急務」である』。

『「法治を掲げている日本社会内での反日工作」は、

「主として、現行法では摘発出来ない、もしくは、摘発困難、もしくは、摘発されても微罪」という「手口」で「行われている」。

例えば、

「弱毒物や有害物を少量づつ継続的に摂取させる飲食物工作」や、

「工作物質(大抵は、その辺で簡単に手に入る物だが、燃料と混ぜると燃焼不全を起こしたり、有害排出ガス等を出したりする物)を混ぜて車等の燃料を悪質にする事等による大気悪化工作」や、

「ターゲット(多くは普通の日本人)に向かう風に乗せて石綿や生物的有害物や燃焼有害物等々を流したりする空気悪化工作」や、

「電磁波悪用による覗きと組み合わせて、

ターゲットの頭や頚椎や身体の特定部位に継続的に電磁波レーザーを当て続けたり、

強い電磁波レーザーを車の中や建物の壁を通して当てたりする電磁波工作」等は、

「現行法&現行の摘発体制では、その事自体の立証と因果関係の立証が困難」だ。

「例え、それらの事態で死亡した人が居たとしても、

現状では、病死等の扱いになり易いばかりでは無く、

例え、事件扱いになったとしても、現状の検視等では、ほとんど全てがスルーもしくは原因不明・・・」なのだ。

「宗教団体への勧誘&マインドコントロールそして、献金マシン化や工作員化」も「現行法&現行の摘発体制では摘発困難」だ。

「テレビ・マスコミ・教育等を悪用した情報工作&大衆誘導もまた同様」である。

他にも、

「政界工作」、

「企業工作」等々や、

「あらかじめ死角調査済みの防犯カメラを潜り抜け、

既に手に入れてある鍵やターゲット自身に鍵を開けさせる事で鍵を開け、

神経ガスや跡の残らないスタンガン等でターゲットの動きを封じ、

タンカー等で担ぎ、階上から落としたり、

首吊りさせたり、

服毒させたり・・・等々の、

イリュージョンマジックの様な手口を使う殺人」や、

「マイクロ弾」や、

「強電磁波レーザー」等々

「現行の摘発体制では摘発困難な手口の殺人まで行っている」のだ』。

『「急速な少子高齢化や、日本国内の日本人比率の低下等々の結果を生む、そういう迷惑な工作活動や殺し屋集金等々を続けてる連中が居る」のが、

「現状日本社会の現実」なのだ。

「対策は急務」である』。

|

« テレ朝昼番の愚か論、「原子力は人知を超えた領域論」問題・・・。 | トップページ | 原発問題の本質隠し(?)「小泉vs読売の原発論合戦」・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事