« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

特定秘密法案の成立阻止を訴えている民主党と第三者機関の設置をテレビ番組で明言した第三者に近い方・・・。

『「特定秘密法案の早期成立で困るのはどんな人々か?」

「第三者機関と上辺の聞こえは良い(?)が、内実は第三国メンバーでももぐりこませたいんじゃないの?と思える状態をつくりたいのは、どんな人々か?」』

『「日本の中のガン的人々」は「祖国にでも強制帰還させるべき」だろう』。

|

当たり前のことを当たり前と認識出来ない方々・・・。

『「脳を多様に使用すれば、認知症を抑制出来る」のも「当たり前」だし「法治で事を収めようとしている現状国際社会」で「国際的法治外の事を行えば、トラブルになる」のも「当たり前」だ。

「当たり前の事を当たり前と認識出来ない方々の頭の中」には「当たり前では無い何かが巣食っている」』。

『「多くの場合、それが、個人的育成歴の反映」なのだが「個人的育成歴の反映」で「当たり前では無い方々を多数生み出してしまう社会を構築してしまう」のも、

「当たり前では無い頭の中を持っている国家主導者たちと、そんな国家主導者たちに国家主導権を与えてしまうそんな国の国民たち」なのだ』。

『「つまり、永遠の恥辱に染まる道を歩む、負のスパイラル上を歩んでいる方々」である』。

『「そんな状態の方々」が「そんな道上から当たり前の道上へ移動する」なら、

「人類の未来は明るいのだが」・・・』。

『「当たり前」とは「自分の実体との整合性を取った上で、自虐的では無い事」だ。

「当たり前で無い事を行う方々」は「自分の実体との整合性も???で、自虐的か?否か?も???である場合が多い」。

「つまり、未熟」なのだが、

「未熟なクセに未熟では無い人々の上に立とうとする」のである』。

『「成熟した人々の世界」では「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」で、

「事実・現実と共にある状態に自分を置く事で落ち着きも得る」が、

「当たり前では無い方々の世界」では、

「当たり前の世界で生きている人々さえ、無理やり、力ずくにでも、下に置く事で、当たり前にも至っていない自分たちの安定などを得ようとする」。

「それを、当たり前の世界では恥と言う」』。

|

「中国軍の言葉ダケのスクランブル」を大宣伝している日本の中の中国共産党の手先たち・・・。

『「千キロ以上も先の飛行場から戦闘機が発進したかも知れない事」は「実効のあるスクランブルにはならない」。

「日本で言うなら、尖閣諸島領空での他国軍機侵入に対して関空辺りから戦闘機を発進させたのと同様の事だから・・・」だ。

「中国空軍が今回の絵に描いた防空識別圏に対して、スクランブル行動が起こせる様になっている条件」とは、

「防空識別圏内に空母が在る」か、

「防空識別圏と接している海岸線部に空軍基地を持つ」か、

等・・・で、

「実際は、マダマダそんな状態では無い」のだ。

「今言っている中国によるスクランブルとは、今回勝手に設定した防空識別圏同様、言っているダケの域を出ていない」』。

『「それなのに、反日国の手先的テレビ・マスコミ等では、中国の発表を大宣伝している」。

「日本の中に、その様な反日国の手先がいる事自体が、反日国の不当増長の元凶」なのだ。

「因みに、日本政府発表」では、

「中国軍のスクランブルは認識していない」である』。

『「尖閣諸島付近で、偶発的衝突が起きてしまって困る」のは、

「日米が毅然とした態度を採るなら、中国側」である。

「何故なら、日米軍と中国軍では圧倒的に日米軍が秀でているから」だ。

「つまり、万一戦争になれば、負けるのは中国」なのである。

しかし、

「中国側の言い分を日本国内で大宣伝」して、

「万一の事が起きれば、日本が困る・・・かの如き、中国側を利する不当な恐怖心」を

「多くの日本国民に抱かせる実効を持つ情報」が、

「一方的に大量配信されている」のが「日本の実状」だ。

「日米に毅然とした態度を取らせない為の日本国内世論喚起の情報工作」が、

「主として、日本国内にいる反日国人脈により」、

「今、日本国内で行われている」のだ』。

『「日米が毅然とした態度を取れない世論が日本国内に充満してしまう・・・」なら、

「軍備では負ける中国側が、工作活動で不当利権を貪る勝利を得てしまう可能性が大きくなる」』。

『「日本国内の反日国に対する不安や恐怖心の増大」は「反日国に対する不当配慮を生み易くする」。

「日本国内の反日国に対する不安や恐怖心の増大」が「生み出すモノの一つ」が、

「反日国との友好関係という反日政策の受け入れ」だ。

「実際は、反日国との友好=売国・売国民」なのである』。

『「日本国内では、反日国人脈による情報工作」だけでは無く、

「電磁波工作や飲食物工作も行われている」。

「どちらも、現行の日本の法体系・摘発体制では摘発困難な、不適応分子粛清工作だから」だ。

「日本国内の反日国に対する有益分子は応援し、不適応分子は粛清する工作活動」は、

「戦後、長年に渡って行われ続けている」。

「そんな異常事態が可能になってしまっている一つの大きな原因」は、

「日韓併合以降、日本国内に、反日国人脈の人々が大量流入したままになっているからに他ならない」』。

『「法整備・摘発体制の整備は急務」だ。

「反日国権力者の反日政策の下で活動している日本国内の人々」など「反日国に国外追放すれば良い」。

「その位の厳しい対応をしなければ、一般日本国民の安全も???」なのだ。

「何しろ、反日国人脈の悪権力者たち」は、

「反日国人脈による

(つまり、日本国内の一般日本国民、主として、日本人の多く、を、粛清し、

日本国内の反日国人脈の血統の人々を増やす事で、何世代もかけて・・・)

日本の乗っ取り支配を画策しているのだから!」』

『「表の絵に描いた防空識別圏等の打ち上げ花火」は、

「日米の毅然とした態度」で、

「無効化可能」だが、

「日本国内の反日国による乗っ取り支配工作に対する実効のある対策」こそが、

「急務」なのである』。

|

「低減税率品目にするべきは?」で私利私欲丸出し、では、官僚や政治家等々に呆れられても仕方無いでしょ・・・。

『「多くの一般国民が、ちゃんと考えている状態」では「政治家も官僚等々もいい加減な仕事が出来ない」が、

「例えば、タイトルのような状態・・・」では、

「政治家や官僚等々の私利私欲を責められなくなってしまう」。

「そればかりでは無く、反日国人脈が、大衆の私利私欲感情等を操る事で、反日政策まで行えてしまう」。

「例えば、

良く分からないけど、

原発は恐い・・・、

原発は嫌い・・・、

原発は大変・・・、

福島の事故も大変・・・、

・・・等々」の

「感情」は、

「実際は、良く分からない時点」で、

「私利私欲感情になっている」のだ』。

『「原発が大変なのは、中・韓も含む全世界共通」であり、

「原発の安全が大切なのも、中・韓も含む全世界共通」だ。

「福島第一原発被災事故の後処理を、現実的に、速やかに、ちゃんと行う」のは「当然の話し」で、

「放射能潔癖感情を煽り、現実的な処理を遅らせる事で復興も遅らせる」のは「反日政策の一つ」に他ならない。

「実際は、その通り」なのに、

「韓国や中国(どちらも反日国)を有利にしてしまう、

極東地域日本のみ、

・・・等々を言わない、

脱原発」などに、

「賛同している一般日本国民が多い状態」等も、

「反日国人脈以外の官僚や政治家等からは、呆れられている状態に他ならない」のだ。

「極東地域日本のみ脱原発」は、「反日政策の一つに他ならない」のだ』。

『「日本国内で、反日政策を行ったり、行わせようとしている人々」とは

「反日国人脈の人々」や

「反日国人脈に操られている人々」に他ならない。

「日本の為の国政に汗水流している官僚や政治家が行っている事(こちらは、日本全体のバランスを考慮しながら慎重に考えが練られている場合が多い)」より、

「日頃見慣れている韓流テレビ常連出演者等の意見(こちらは、主として韓国実権力者やその流れの日本国内にいる人々に都合の良い状態の日本をつくる為の論が一方的に語られている場合が多い)の方が

正しそうに思えている」なら、

「頭の中は要チェック」だ』。

『「低減税率品目の場合」も「私利私欲では無く」、

「低減税率の適用で税収が減っても、景気や国内産業の優遇で税収を増やす事が出来るのは・・・」とか、

「温暖化抑制の為には・・・」等々の

「日本の国の状態を良くする事で、其処で暮らしている自分たちの状態も代々良くなって行くように・・・」的視点で、

「多くの一般国民が考えていなくては・・・」。

「そうすれば、官僚や政治家等、或いは、内実反日国人脈等の、インチキ等も見破り易くなる」のだから・・・』。

|

中国軍強気の態度の裏・・・。

『「米軍B52が二機も侵入したのにスクランブルも出来なかった防空識別圏を設定」という「オウンゴールの中国軍」・・・。

「しかし、未だに強気発言は止まらない(止められない)」。

「何故か?」』

『「はっきり言えば、その裏に在るのは、中国共産党員の軍事費利権」なのだ。

「賄賂・汚職だらけ・・・の中国共産党」では「当然の如く、軍事関連事業でもその状態」で、

「青天井の軍事費こそ、中国共産党の最大の裏利権の元」なのである』。

『「多大な軍事費をかけても、実効が無ければ、中国国民からも文句が出る」。

「そこで、実効をアピールする為」に、

「日米を含む、周辺関連諸国を迷惑な問題行動で、巻き込んでいる」

・・・「それが、中国共産党支配下の中国軍の実態」なのだ』。

『「冷静に軍備の実体を検証する」なら、

「例えば、戦闘機でも、周回遅れは明らか」だ。

「現代の戦闘機による空中戦」とは、

「100km以上も離れたところから相手の機体をロックオンし、ミサイルで撃墜する」のだから、

「重要な技術は、

ロックオンされない為のスティルス技術と、

より遠くから確実にロックオンする為のレーダー技術と、

確実なロックオンに基づいて確実に敵機を撃ち落せるミサイル技術と、

相手のミサイルを無効にする防御技術等々になる」。

「それらの技術の世代が違う」と、

「例えば、米軍の最新のF22と前世代のF16等が対戦すれば、百対ゼロでF22の勝利となる」。

「つまり、時代遅れの戦闘機では実戦力にならない」のである。

「海軍でも陸軍でも事情は同様」だから、

「中国軍で、万一の戦争時に使い物になるのは、未だ先進諸国でも実効のある防衛手段が乏しい、核ミサイルくらい・・・」なのだ。

「その核ミサイルだって、万一使えば、報復核が飛んで行くから、実際は使えない」。

「中国軍の軍備で、先進国相手に戦争すれば、100%勝ち目は無い」』。

『「本来なら、そんな無駄な軍拡になど大枚を投じないで、環境対策や格差是正に回すべき」だが、

「環境対策や格差是正」では「その実効も多くの人々が直ちに実感を持って分かる」ので、

「誤魔化し易い軍備の飴にしがみ付いている」のが、

「中国共産党の実態」なのだ』。

『「B52が二機も侵入したのに、スクランブルも出来なかった事」で「軍備の実効の無さを証明してしまった中国軍」・・・。

「スクランブル圏外を防空識別圏に入れ」、

しかも、

「その中を通過する他国の飛行機は事前通告せよ!」と

「国際的慣例も無視した過剰要求まで突き付けた中国軍」・・・。

「通常」は、

「防空識別圏から領空に向かって飛んで来る承認無き飛行機等」に対して、

「スクランブルをかけて防衛する為に設定している」のが「防空識別圏」だ。

「正に、オウンゴールラッシュ」の様相なのだ。

「軍の広報が強気の言葉を発すれば発する程、滑稽に見えて笑ってしまう・・・」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「元々が、投資目的だったので手抜き工事で私腹を肥やそう・・・として、新築なのに崩れてしまった豪華マンション」の如く、

「元々が、中国共産党員の金稼ぎ目的なので、ハードの面でもソフトの面でも足りない」のが、

「中国軍の実態」で、

「そんなモノに大金をつぎ込ませている状態」こそが、

「中国の環境も格差も是正出来ない一つの元凶に他ならない」のだ』。

『「中国は民主化を急ぐべき」だ』。

|

笑えるゾ!「中国の防空識別圏内」設定・・・。

『「中国共産党のオウンゴールラッシュ開幕」だろう。「スクランブルも出来ない防空識別圏の設定&防空識別圏内の飛行計画提出要求」では、

「益々、世界中から、中国共産党支配下の中国は未だに普通の国になれていない」の「評価を集めるダケ」だ』。

『「未だに、今時の普通の国家としての運営が出来ない中国共産党」では、

「中国国内からのダメ出しラッシュも必然」で、

「そもそも、

元がパクリ技術なので米軍等所謂西側先進諸国から周回遅れとなっている軍事技術で、

数と軍事費ばかり巨大な

中国軍」も、

「その主たる目的は、中国共産党の利権と中国国民に対する脅し」なのだ。

「中国共産党が今時の先進国レベルで出来ている」のは「スパイ・工作活動ぐらい・・・」である』。

『「米軍は、そんな実状を百も承知」だから、

「早々に、核搭載可能なB52を2機も、中国共産党が勝手し設定した防空識別圏内に飛ばした」が、

「中国側が出来た事は、大きな、上空飛行で映り易い状態のB52をレーダーで捉える事くらい・・・」だった。

「低空飛行だったり、スティルス機だったり・・・すれば、レーダー検知も出来ない」筈だ。

「それが、膨大なお金をかけて数や上辺の装備品目ダケは増大させている中国軍の実態」である』。

『「普通のまともな国家主導者たち」なら、

「そんな実効の薄い軍拡に、大枚を投じるのでは無く、環境問題とか、国内の格差是正に大枚を投じる」。

「その様に方向転換する」なら「国内不満を武力・権力等で無理やり押さえる必要も無くなる」と共に、

「世界的な信用や評価も上がるから」だ。

「中国共産党の行っている事は、時代遅れも甚だしい、おバカ」なのである』。

『「もっとも、中国共産党の場合」は、

「過去に、中国国民まで大量殺傷した大罪がある」ので、

「正道を歩めない」が故の「苦肉の策」なのだろうが、

「苦肉の策が続けられるのは、肉が腐る前まで・・・」で、

「既に腐っている肉は、もはや食べようが無い」のである。

「旧ソ連がロシアになった段階で、中国共産党や北朝鮮は詰んでいる」。

「詰んでいるのに、素直に投了しないで、雪隠詰めまで悪あがきする」のは、

「みっともないと思う」のが「普通の人々の感覚」で、

「恐らく、多くの中国国民もそう・・・」だろう。

「今の路線を歩み続ければ、近々、中国共産党は崩壊へと追い込まれ、中国は民主化される」事になる』。

|

「原発ホワイトアウト」のインチキ・・・。

『「テレビで顔出しも出来ない左翼(親韓国権力者・親中国共産党)現役キャリア官僚」が書いた「日本国内で、原発不安と原発嫌い感情を煽る為の本」としての「実効」を持つ

「原発ホワイトアウト」・・・。

「本日のテレ朝朝番では、大宣伝」だった』。

『「何処がインチキなのか?」

「普通の官僚」なら、

「総括原価方式の問題」で「原発嫌いを誘う」のでは無く、

「総括原価方式の問題点を詳しく紹介し、実際の改善法を提案する」。

「普通の官僚」なら、

「ヨーロッパの最新の原発の安全体制の良さを持ち出す事」で「日本の原発の不備を指摘し、大衆の原発不安を煽る」のでは無く、

「コアキャッチャーや二重防壁等の最新安全技術を日本の原発にも採用する為の問題点を指摘する事で、

日本の原発の安全性をより高めようとする」』。

『「韓国権力者や中国共産党の為に都合の良い原発論を日本の大衆の中で喚起させよう・・・」としているなら、

「韓国や中国の原発の危なさは言わず、日本の原発不安や日本国内での原発嫌い感情を煽る大衆小説等の手段」も

「有効」になる』。

『「上記の様な考察」は「冷静に少し考えれば、それこそ、ほとんどの日本国民が可能」だろう。

「ましてや、官僚や国会議員の世界では、常識」だろう。

「結果、テレビでの顔出しも、本名公開も出来なくなる」』。

『「一般日本国民として、一番慎むべき行動」は、

「テレビや小説等の裏等を、ロクに考えず」に、

「テレビを視聴したり、小説等読んだり・・・」して、

「そのテレビや小説等の論を鵜呑みにし、感情等を操られる事」だ。

「本当の自分の人生を失わない為にも、テレビ・マスコミファシズムの操り人形になってはいけない」のだ』。

|

イランと欧米の合意・・・。

『「イスラエルは嫌った」が「今回の合意」は「大きな意味が在る」。「イランの核兵器開発」が「確実に抑制される内容だから」だ』。

『「そもそも、今時、核兵器等によって、他の国や民族を支配しよう・・・という発想が時代遅れ」で、

「これから先の人類の常識」は、

「自分(たち)で自分(たち)を健康にコントロールし続ける本来欲求を充足する事」で、

「その代償欲求の暴走に他ならない他者支配や他者による支配による人間社会の構築を避ける事」だ。

「それぞれの地域の人々」が「それぞれの地域に根ざした文化を保持する事」で、

「人類全体の多様性を保ち」ながら、

「共存する」。

「それこそが、今の人間社会」である』。

『「代償欲求の暴走に他ならない、他の文化の地域への侵略・乗っ取り行為等」こそ、

「全世界的に禁止されるべき事」で、

「この世界標準」から「外れている国家運営を行っている国家主導者たち」こそ、

「悪者」なのである』。

『「イランの今の国家主導者は、悪者では無い様」だ』。

『「心配なのは、悪者たち」が「悪者たちの保身の為」に「悪者では無い国家主導者たちを暗殺等しようとする事」で、

「今後は、悪者では無い国家主導者を含む全人類の安全確保を全世界的に行う事が重要になる」。

「悪者たちの論理」では、

「悪者たちと悪者たちの支配下の者たちのみ」なら、

「悪者たちも安泰」だが、

「悪者たちでは無い者たちが相応に力を持ち、悪者たちでは無い者たちが主流となれば、

悪者たちの立場も人生も危うい」。

「だから、悪者たちは、悪者たちの立場を脅かしている者たちに対して、数々の悪工作等を仕掛けている」』。

『「しかし、それは、元々、悪者たちが、自らの欲動さえ満足に理解・把握出来ていないから行えている愚行に他ならない」。

「悪者たちを出来る限り少なくする為」にも「情報・教育の世界的進化」は「必需」なのだ』。

『「聖書預言」では「イスラエル周辺で最終戦争が起き、その後、千年王国が出来る・・・」だが、

「イスラエル周辺の最終戦争無き、人類の進化」だって「可能」なのが、

「未来は、未定という現実が示している事に他ならない」のだ』。

|

本日のサンデー・モーニングでは「韓国との関係改善」について話していたが・・・。

『「何故、韓国が反日政策を行えるのか?」を「抜きにした日韓友好論」は「情報工作の域を出ない」。

「何故なら、其処にこそ現状の日韓問題の本質が在るから」である』。

『「現状の弱体化している韓国が未だに反日政策を行えているのは何故か?」

「言うまでも無く、日本国内に韓国の下で動く人々が多数居るから」だ。

「隣国だから友好関係を!」

「隣国が困っているなら援助を!」等々と

「韓国の都合を叫ぶ人々が日本国内に少なからず居るから」こそ、

「韓国は、安心して反日政策を行えている」のだ。

それは、「もし、日本国内にその様な人々が居なかったら・・・」を考えて見れば「誰でも分かる」。

「日本国内に韓国の都合を叫ぶ人々が居なかった」のなら、

「韓国が反日工作を行う事が直に日本から得ているメリットを失う事に直結する」が、

「日本国内に韓国の都合を叫ぶ人々が居る」と、

「韓国の反日政策+日本国内の韓国人脈の叫びで、不当援助等の実現が可能になる」のだ。

「駄々をこねる子には、余分に飴をやって黙らせる」とは「朝鮮の文化」だが、

「駄々をこねる韓国に余分な配慮や援助等を与えさせる状態を作り出している」のは、

「日本国内に居る韓国権力者の下の意向で動いている連中」である』。

『「客観的に見る」なら「サンデー・モーニング等の韓流テレビ番組」も、

「その役割を立派に果たしている」様相なのだ』。

『「日本の公共の電波」は「普通の日本人の下に在るべき」である』。

『「現状では、日韓関係は疎遠が良い」。

「少なくとも、日本国内の韓国権力者の下人脈の力が悪影響を及ぼさない状態になるまで」は、

「日韓は疎遠で良い」のだ。

「疎遠であって尚、韓国に気遣うべき要素が持てるくらいにまで、韓国の状態が改善されるまで」は、

「疎遠によって、事実・現実の歴史を韓国が認める事を待つのが正解」なのだ。

「下手な配慮や援助は、反日政策を認めている事と同じ」だ』。

|

山本太郎宛の銃弾等の問題は「山本太郎の宣伝の為でしょ・・・」と思っている人々も多い様で・・・。

『「山本太郎の支持者を考えれば・・・」タイトルの事態もある意味当然かも・・・』。

『「もっとも、実際に、銃殺されれば、違う事になる」が、

「そんな事は起きないでしょ」・・・』。

|

日本国内で行われている粛清工作の実態・・・。

『「電磁波工作や飲食物工作や情報・教育工作等が行われている事」は「以前にも記した」。

「しかし、その目的については、あまり詳しく記していない」。

「其処で、今回は、反日人脈の粛清工作の実態についてもう少し詳しく暴露する事にする」』。

『「電磁波工作兵器利用の工作」は「直接、傷害や死亡を狙ったモノばかりでは無い」。

「気持ちの悪い電磁波で、何となく嫌感等を抱いたり、身体の調子がオカシクなったり、・・・した人々」は、

「どうするだろうか?」

「人によっては、引っ越す場合も少なく無い」のだ。

「この実態を悪用している」のが「不動産売買等の買い取り目的乗っ取り工作」である。

「有益分子では無い人々を有益分子が多く住むところから追い出す為に、ターゲットとした不適応分子」に対して、

「執拗な電磁波工作が行われている場合も少なく無い」。

「つまり、その地域の大半を有益分子で占め、地方分権でも実現しようものなら、その地域は、直ちに、実質的植民地化出来る」のだ。

「そんな工作が、実際に、日本国内で行われている」のだから、

「電磁波工作を取り締まる法体系・摘発体制の整備は急務」である』。

『「ネットを悪用した情報工作」についても「記しておこう」。

「例えば、如何にも、反反日国的なブログやツイーターを出現させ、人気ブログ・人気ツイート等に押し上げる」。

「其処に集ってくる人々の書き込み等を分析して、不適応分子を割り出す」。

「不適応分子を割り出したところで、次に、不適応分子が使っているパソコン・スマホ等の在りかを特定する(現状のネット技術では、意外と簡単な事だ)」。

「そして、割り出した不適応分子に対して、集中的に電磁波工作等を仕掛ける」。

「この手法により、反日国人脈にとってより有害度が高い不適応分子の粛清が効率的に行える」と言う訳だ』。

『「反日国人脈に担ぎ上げられているブログやツイッターで特徴的」なのは、

「反原発派が多い事」だ。

「言うまでも無く、日本を取り巻く核問題の実状を冷静に考える」なら、

「福島第一原発被災事故問題を深刻に考えるのは当然」としても、

「普通の日本人が、極東地域日本のみ原発ゼロ等の意見を持てる訳は無い」。

「日本の原発を止める前に、中国や韓国の原発を止めなければ、放射能の安全の確保も出来ないと考えるのが普通」で、

「極東地域日本のみ原発ゼロでは無く、

福島第一原発被災事故処理をもっと前進させるべきと考えるのが普通」である。

「原発問題とは違い、既に、世論的に結論がはっきりと判ってしまっている者・物・事では、如何にも日本側に立っていても」、

「日本国内でも世論が割れている事」では「反日国サイドに立ち易い」のが、

「象徴ブログ・ツイッター等の特徴」なのだ。

「その上で、世論が変わると、世論に合わせる事で、誤魔化し続ける」のが、

「象徴ブログ・ツイッター等の特徴」である』。

『「万が一、粛清工作が成功してしまった後は、それらの媒体で世論を操る事も可能になる」ので、

「仕込みには、相応の力(資金・人力等)が使われている」』。

・・・・・・・。

『「詐欺・工作・策略国家の流れの人脈が行っている事」は、

「知れている」。

「元々の文化が、自分たちでより良い者・物・事を創造するでは無く」、

「自分たちより良い者・物・事を持っている者たちを支配出来れば、自分たちが一番偉い」なのだ。

「自分で自分を健康にコントロール出来ていない未熟者たちの文化」とは、

「そんなモノ」なのである』。

|

中国の環境問題に日本が協力する必要など無いでしょ・・・。

『「中国共産党が軍拡より環境を優先する様に舵を切らない限り、中国の環境問題は解決しない」。

「逆に言うなら、中国共産党が軍拡より環境を優先する様になれば、中国の環境問題など、直ぐに改善出来る」のだ』。

『「何故なら、国家機密の軍事技術でさえ、盗人技術が山ほど・・・というのが中国の実態」で、

「中国共産党にとって環境技術を盗み、真似する事くらい、朝飯前」の筈だ』。

『「周りの国々」は「環境技術に対してのみ」は「自分たちの為でもあるから・・・」等と「見て見ぬフリをすれば良いダケ」で、

「ワザワザ、鴨がネギを背負って中国まで飛んで行く事など全く必要無い」のである』。

『「基本は、中国共産党が軍拡より環境を優先する様になるか?」で、

「それが出来ないのなら、中国の政権交代(つまり、民主化)の後押しをした方が環境対策としても実効がある」のだ』。

|

放射能潔癖症つくりは「原発コスト無理引き上げの工作」に他ならない・・・。

『「現実的に考える」なら「放射能問題」は「自然由来の物」の「上」に、「広島・長崎の原爆投下」や「中国や北朝鮮や欧米列強や旧ソ連等の核実験」による「放射能の問題が乗り」、

「その上」に、

「福島第一原発被災事故の放射能が乗っている」と「知るべき」だ。

「それらの合計で、年間被爆量1ミリシーベルト未満とし、その責任を全て福島第一原発由来と思わせている事」は、

「明らかに策略の域を出ていない非現実的な対応」に他ならない』。

『「数値の見直しや、責任の所在の見直し」は「必然」である』。

『「ところが、極東地域日本のみ脱原発派という、主として似非日本人の方々」は、

「極東地域日本のみ脱原発という反日工作を成功させる為」に、

「非現実的な嘘論を風潮し、善良な一般日本国民を騙そうとしている」のだから、

「本当に醜悪」なのだ』。

『「騙されて操られている」のに「平然としている方々の多く」もまた「似非日本人」である事は、

「そのルーツを綿密に調べれば良く判る」。

「少なくとも筆者の周りではそう・・・」で、

「電磁波工作等を行っていると推定される人々とも、当然の様に重なっている場合が多い」のだ』。

『「似非日本人の工作の目的」は、

「日本の乗っ取り支配」である。

「つまり、日本列島で暮らしている人々の血統を入れ替える事を目的としている」のだ。

「とても、21世紀の人類とは思えない発想」だが、

「連中の進化は、戦国時代・血統家族/民族主義で止まっている」のである。

「何故なら、其処から先の自力進化をしていないから」だ』。

『「技術等を盗み、上辺は同様の者・物・事をつくり出す事」は出来ても、

「自力進化が無い」ので、

「技術の基盤が無い」。

「結果、世界中に大迷惑を及ぼしている」。

「そんな連中に日本を乗っ取られない為」にも

「実効のある対策が急務」である』。

|

北朝鮮に擦り寄っている様相のテレ朝だが・・・。

『「スポーツ交流」等を話題に「北朝鮮の軟化???の宣伝をしていたテレ朝」だが、

「拉致被害さえ未だに帰さない実際の北朝鮮が軟化する訳も無い」。

「スポーツ交流等をダシにした上辺の軟化路線で騙し、裏では、日本乗っ取り支配工作を強化している」のが、

「昨今の在日北朝鮮人脈の実態」なのだ』。

『「日本側が行うべき対策は既に明らか」だ。

「日本国内で行われている工作活動を実効のある手段で取り締まる事」である。

「例えば、電磁波工作も飲食物工作も印象操作等も、現行の日本の法体系&摘発体制では満足に摘発&処罰出来ない」。

「工作活動を行っている連中は、日本の法律や摘発体制の穴を突いている」のだから、

「もっと、真剣に対策するべき」だ』。

『「北朝鮮の支配ロジック」は「共産圏の基本である有益分子の育成と不適応分子の粛清」だ。

「北朝鮮国内では、不適応分子の粛清は、公開処刑まで出来るので簡単」だが、

「日本国内では、電磁波工作や飲食物工作や印象操作等々の手段で、日本国内の北朝鮮にとっての不適応の力を削ぐ」と共に、

「政治家や大手テレビ・マスコミ等に対しては、懐柔工作を仕掛け有益分子化している」のが「工作活動の実態」である。

「身内に甘いテレ朝」は、

「優等生ぶっているダケ」だったり「偶然では無い」のだ』。

|

消費税低減税率問題・・・。

『「消費税増税分=基礎年金」なら「低減税率は要らない」。「しかし、消費税増税分=基礎年金では無いのなら、低減税率は必要になる」。

「何故なら、基礎年金以外の社会保障負担は、所得&資産等応分>平等であるべきだから」だ。

「基礎年金部分は、消費基本で平等分配的で良い」が、

「それ以外の社会保障は、平等分配では無く、所得&資産等応分にするべき」だ。

「何故なら、現状の人間社会経済システム自体が歪な物だから」である』。

『「消費税増税分を丸ごと基礎年金に充て、上積み年金部分は民間化する」なら、

「年金制度は非常にクリアーな物になる」。

「年金に係わっていた官僚たち」は「別部署に横滑りさせれば良い」のだ。

「元々が相応に能力のある人々」な筈だから、

「別部署横滑りでも、2~3年もすれば、十分に力を発揮出来る様になる筈」だ。

「余分なコストがかからないクリアーな制度の構築」こそ、

「本来の政治家の仕事」なのだから、

「それこそ、総理等が政治決断すれば良いダケ」だ』。

|

マスコミでは「ケネディ駐日大使の大宣伝」だが・・・。

『「ケネディー駐日大使のお父上」は「暗殺されてしまったケネディ大統領」だ。

「ケネディ大統領」と言えば、

「お金持ち一家の出」であるだけでは無く、

「ライバルだった共和党ニクソン氏に僅差で勝ち大統領になった」、

「所謂、赤狩り容認」、

「イスラエルの核武装反対」、

・・・という、

「関係各方面から殺したいぐらいに憎まれていても不思議の無い大統領」だった。

「そして、実際に、暗殺されてしまった」。

「しかし、暗殺される前には、訪日を希望されていた」のだと言う』。

『「そんなお父上の事がある」ので、

「多くの日本国民が、ケネディ大統領のお子様であるケネディ新駐日大使に大注目!」と言う訳だ。

「マスコミ等もここぞとばかりに大宣伝を行っている」』。

『「笑えた」のは「皇室の馬車の宣伝」で、

「ケネディ駐日大使」とは「本質的な係わりがある話しでは無い」。

「ちゃっかり、日本の皇室の宣伝もして、日本国内での営業をより有利にしようとしている辺り」が、

「日本のマスコミのカワイイ情けなさ」だろう。

「そんな態度」は、

「日頃から、有名芸能人/芸能事務所等にも過剰な配慮をしながらナマクラな仕事をしているから生じている」のだろう』。

『「本来なら、もっとケネディ駐日大使の本質に切り込んで報じるべき」だが・・・』。

・・・・・・・。

『「何れにしても、親日派の是々非々論者が本当」なら、

「大いに歓迎したいし、今後にも期待したい」。

「何しろ、現状の日本は、詐欺国家とでも言うべき反日国から大いに迷惑を被っている」のだから・・・』。

『「日本国内の反日国による工作活動の実態」は、

「米国の駐日大使なら、知る事になる」だろう。

「酷い実態を知って、見てみぬふり・・・」では、

「お父様の名を汚す事になる」・・・』。

|

韓国が菅官房長官の発言に猛抗議とは笑えるゾ!・・・。

『「安重根」とは「日本の初代総理大臣伊藤博文暗殺の実行犯」だ。

「もちろん、裏でけしかけていたのは、当時の韓国の権力者人脈の人々」である。

「理由は、当時の韓国の権力者にとって都合の良い日韓併合を実現させる為」だった。

「伊藤博文は、当時の韓国の実態を良く知っていたから、日韓併合にも反対だった」だけでは無く、

「例え、日韓併合という二国間の合意契約を結ぶにしても、当時の韓国の権力者に都合の良い日韓併合の状態などつくるつもりも無かった」。

「それでは、韓国の権力者たちは困る・・・」ので「鉄砲玉」という訳だ。

「しかも、後々尾を引かない様に、裁判後の安重根に、家族を使って、死刑の受け入れまで行わせた」のだから、

「本当に悪質」である。

「家族」から「死刑を受け入れなさい!」と言われた時、「安重根は全てを悟った筈」だ。

「自分が死刑を受け入れなければ、家族も危ない・・・」等と・・・』。

『「日韓併合時に朝鮮半島内に居た日本人の実感」では、

「朝鮮人には、大きく分けて、二通りの人が居る」。

「片方は、長い目で考えられない被支配者たち」で、

「もう片方が、私利私欲利権保持~増大の為には悪策略まで行う悪賢い支配者層の者たち」だ』。

『「今日に至っても尚、韓国権力者たちは、反日政策という策略の上で利権維持~増大を図ろうとしている」。

「時代錯誤も甚だしい反日政策を止めるまで、韓国は普通の国のレベルに至っていない策略工作活動国家に他ならない」のだから、

「日本は、反日国とは疎遠で良く、反日国の実体を他の普通の国々にちゃんと伝えれば良い」のだ』。

『「安重根も実行犯だから犯罪者」だが、

「安重根を鉄砲玉にした悪たちこそが、もっと悪質な犯罪者集団」である。

「未だに、悪質な犯罪者集団の文化を受け継いでいるから反日策略を続けている」のが

「現状の韓国のお寒い実状」なのだ』。

『「反日政策実行中の韓国」と「友好関係を結ぶ事」は、

「反日政策を認める事に他ならない」。

「反日政策を認める事」とは、

「反日政策に基づいて日本国内で行われている有益分子育成・不適応分子粛清工作を認める事」であり、

「韓国の反日政策を行っている権力者たちに日本を支配させる事を容認している事に他ならない」のだ』。

|

韓流テレビ・マスコミ等では「原発大変だゾ~!」の大合唱だが・・・。

『「福島第一原発で4号機内の燃料棒をより安全な所に移す作業が始まった」。「しかし、韓流テレビ・マスコミ等」では、

「事故ったら、大変だゾ~!」

「放射能恐いゾ~!」

「原発アブナイぞ~!」等々と、

「視聴者等の悪戯な反原発感情を煽る情報の大合唱」である』。

『「現実を冷静に見る」なら、

「福島第一原発の被災事故は既に収束し、事故処理も少しずつ進んでいる」。

「つまり、福島第一原発由来の放射能問題も減少して来ている」。

「核のゴミの最終処分場の問題は、全世界の問題」で

「現状では、中間貯蔵施設に留めて置いている核のゴミの量自体、一般ゴミの様に膨大では無い」。

「実際は、原発問題は、現実的に処理可能で、少しずつ改善されている」のだ。

「反対に、現状で圧倒的に野放しになっているのが、温暖化ガス」である』。

『「本来なら、温暖化ガスの問題こそ、全人類が本気の危機感を持って、解決を目指すべき問題」なのだが、

「温暖化ガスの問題を追及すれば、必然的に、環境より軍拡という中国共産党の問題にも直面するからか?」

「日本の原発再稼動が有効な対策となり、韓国の原発発電の電力を日本に売る策略が破綻するからか?」

「韓流テレビ・マスコミ等」では、

「悪戯な反原発感情を煽る事>温暖化ガスの危機感を持つ事」なのだ』。

『「明らかに策略的な、大量一方的情報発信が横行している日本の現状は異常」である。

「大手だから・・・」

「日本の公共の電波を使っているから・・・」

・・・と言って、

「他国悪権力者人脈ご用達の情報」を「大量発信していないとは限らない」のが、

「戦後日本のお寒い現状」である』。

『「多くの一般日本国民」は「いい加減に自虐やテレビ・マスコミファシズム操り人形状態を脱するべき」だ』。

|

テレ朝朝番では「日本には技術があるのだから、原発抜きでも温暖化ガスの抑制が出来る」のインチキ論・・・。

『「技術がある」のと「実用に耐える」は「全く別」だ。「実用に耐える為には、技術的信頼性のハードルだけでは無く、経済上のハードルも越えなければならない」。

「インチキマスゴミの論調」では「既得権益を持つ○○族等が、規制緩和等や新規参入の邪魔をしている・・・」だが、

「実際は、実用に耐える(経済性も含めて)新技術が在る」のなら、

「インチキマスゴミの言う既得権益や○○族等」が、「率先して、採用したがる」。

「インチキマスゴミの言う様」に、「政官財の繋がりが濃い」のなら、「規制緩和等だってアッと言う間・・・」だ。

「実際に、原発はこの道上を歩んだから、増設された」と「考える事だって可能」である。

ところが、「実用に耐える新技術など無い」のが「現実」だった。

「其処で、インチキマスゴミや民主党菅政権等が組んで無理やり実現させた」のが、

「経済面や安定面での実用の無さを無視」した、

「太陽光発電の超高額買い取り・風力等他の再生可能エネルギー発電の高額買い取り法」だった。

「日本国民や日本国内企業に負担を強いる事無しに、インチキマスゴミの言うファンタジーの極極一部でさえ実現していない」のだ。

「インチキマスゴミの言うファンタジーが増大すれば、日本国民や日本国内企業の負担は多大な物になる」。

「つまり、インチキマスゴミの論の実体」は「日本国民や日本国内企業に多大な負担をさせましょう!」なのである』。

『「ところが、インチキマスゴミは、この本質を言わない、もしくは、言っても、それこそほとんどの人々がスルーする程度で言う」。

「耳障りの良い事は大声で印象的に言い、都合の悪い事は実質的に隠蔽する」=「典型的な詐欺師の手法そのまま」だ』。

『「はっきり言えば、

現状の発電技術で、

温暖化ガス抑制効果が高い、

経済面も含む実用技術は、

原発と水力と地熱(何れも大規模)くらいしか無い」のが「現実」だ。

「経済効率を無視した、太陽光発電や風力発電等」は「異常な経済面での優遇ゆえに成り立たせられているインチキ発電の域を出ていない」。

「インチキ発電を主流としてしまう国家」では「衰退が必然」で、

「多くの学者等は、ドイツは衰退すると予測しているし、実際に、太陽光発電インフラ事業が終わった後のドイツの景気は???」なのだ。

「逆に、原発を続けるフランス等は、ゆとりが新たな産業等も生み出し易くし、好景気になる事となる」。

「子孫に残すべき」は、

「衰退国家か?好景気国家か?」を聞かれて、

「衰退国家を選ぶ人は稀」だろう』。

『「政府や官僚等はエネルギーのベストミックスという当たり前の道を考えている」様だが、

「インチキマスゴミは、日本の衰退を考えている」様相なのだ。

「いったい、何処の?誰の為に?」を「考える」なら、

「誰もがインチキマスゴミを牛耳っている者たち」に「思いが至る筈」だ』。

『「インチキマスゴミ」に

「電力政策でも、もちろん、選挙時にも、マインドコントロールされ続けないよう」に、

「くれぐれもご用心!!」』

|

COP19や国連は「環境対策より軍拡を優先している中国共産党を非難する決議」でも行うべきでしょ・・・。

『「日本の環境技術を中国へ提供・・・」は「必要無い」。「中国共産党が軍拡より環境を優先する」なら「中国の環境問題は解決出来る」。

「中国共産党が軍拡より環境を優先出来ないのなら、軍拡より環境を優先出来る政権と交代するべき・・・」でしょ』。

|

笑えるゾ!「国民の知る権利」を持ち出して特定秘密保護法案に反対している者たち・・・。

『「国民の知る権利」など「有名無実」なのが「戦後日本社会の実態」だ。

例えば、

「日本国内にどれ程の数の日韓併合以降の韓国からの渡来者がいるのか?」等を

「知る事が出来ている日本国民」は

「どれだけいるのだろうか?」

「昨今の日本社会」において、

「日本国内における朝鮮系の人々の出生率」と、

「日本系の人々の出生率」を、

「ちゃんと知る事が出来ている日本国民はどれだけいるのだろうか?」

「上記の問題」は、

「もちろん、民族差別等の問題では無い。

日本国内における日本乗っ取り工作の実態検証の問題」なのだ。

「実態検証が不可能な状態」こそ「乗っ取り工作が継続中の証し」なのである。

「もし、朝鮮系の人々が何の後ろめたさも無く、日本乗っ取り工作も行っていない」のなら、

「上記の実態が、広く日本社会で知られていても何の問題も無い筈」だ。

「しかし、意図的に、朝鮮系の人々の割り合いを多くする工作活動が行われている」なら、

「上記の実態を知られる事により、十二分にその様な事態が推定される」から、

「意図的に隠蔽」なのである。

「通称使用の問題も同様」だ。

「仮面日本人がまかり通っている状態」とは「国民の知る権利が阻害されている状態に他ならない」』。

『「戦後の米国による占領統治の全て」を「知っている一般日本国民」も「いない」だろう。

「財閥解体や農地解放等々の裏」で

「どれ程多くの朝鮮系の人々が、日本社会の要所に日本人として入り込んでしまったのか?」を

「知り得ている人」は「いるのだろうか?」』

『「国民の知る権利」を「言う者たち」が、

「上記の問題を全日本国民が知る事が出来る状態も望んでいる」のなら、

「未だ、言っている事の整合性が保てている事になる」。

しかし、

「国家安全保障上他国と共有しなければならない特定秘密等、日本の国家体制を丸裸にする為」の「知る権利」は「主張」しても、

「日本乗っ取り支配工作等に関連している事」の「知る権利」を「主張しない」のなら、

「その様な偏向した知る権利を主張している者たちの正体も明らか」だろう』。

|

「韓国政府が1950年代に作成した」強制徴用の資料発見だと・・・。

『「東京の韓国大使館の移築で、タイトルの資料が出てきた旨、報道があった」。

「1950年代とは、もちろん戦後」で「戦後の韓国初代大統領、李承晩の時代」の「作成物」だ。

「資料の実質を把握する為」には「李承晩の実体を知る事が大いに有効」になる』。

『「李承晩」とは「日韓併合初期から渡米」し、

「米国内で当時の数々の米国権力者」に対して、

「韓国は、悪い日帝によって、植民地支配されている。独立~解放の為の寄付を願う。等々の口実」で「擦り寄り」、

「米国権力者から見れば、安全パイの地位を利用して、米国権力者の弱みを握り、

米国権力者人脈の出世レースに陰から影響を与え、

韓国独立~解放資金を転用して、懐柔工作まで行っていた、

客観的に見るなら、悪者」である。

「米国と日本の開戦の後押し」をし、

「米国権力者との関係を悪用して、

戦後の日本の占領政策に朝鮮人を係わらせたり、

自らが戦後韓国の初代大統領の座を得たり、

大統領の地位を悪用して朝鮮戦争を始めたり・・・」したのだ。

「その目的は、上記の事実から、誰でも容易に推定出来る」筈だ。

「目的は、李承晩が朝鮮半島と日本の支配者になる事」である』。

『「元々、日韓併合とは、米国を利用した日本の乗っ取り支配の開始」というのが、

「李承晩たちの発想」だ。

「日韓併合という二国間の合意契約を結ぶ事」で、

「当時の韓国の権力者たちは、先ず、自らの保身を図った」と共に、

「日本のお金や人を使って、朝鮮半島内を近代化させた」。

「その上」で「大量の韓国人を日本内に送り込んで、戦後を待った」。

「日本の敗戦につけ込んで、朝鮮半島内の日本人のほぼ全てを強制的に追い出す事で、当時の朝鮮半島内に在った日本人の立場も財産も奪い」、

「戦後の混乱と占領政策につけ入り、日本国内に送り込んでいた韓国人たちに、数々の乱暴狼藉・火事場泥棒を行わせた」。

「その上」に「朝鮮戦争を起こし、戦争難民という形で、更に大量の韓国人を日本に送り込んだ」。

「日本国内に送り込まれた韓国人たち」は、

「日韓併合時は日本国民で、戦後も上辺ダケは日本に帰化したりして、

日本の政財界にも食い入った」。

「朝鮮戦争当時に日本の乗っ取り支配の証として竹島を不当占拠」した。

「その後の日本の乗っ取り支配」は、

「日本国内に送り込んである韓国人悪権力者の意図の下で動いている者たち(上辺の国籍は日本の場合も多い)の工作活動を主体として行い続けている」』。

『「元々、日韓併合の実態は、日本による韓国(権力者も含む)救済」である。

「ところが、それを日本による植民地支配と嘯き、解放~独立資金を!と米国権力者に取り入る材料にした」のが、

「李承晩」だ。

「日本による植民地支配という嘘論」は、

「戦後の火事場泥棒(朝鮮内・日本内共々)を正当化する為の屁理屈」にもされている。

「植民地支配詐欺」に「引っかかったのが、当時の米国権力者であり、戦後の日本国民」なのだ』。

『「詐欺師」は「一度詐欺で騙された人」を「何度でも襲う」。

「植民地支配詐欺」の「次」が、

「戦後補償詐欺」だ。

「日本側は、甘い大人の対応で、日韓基本条約を結び、決着済みとした」が、

「相手は、詐欺師」だから、

「収まる訳も無い」。

「その後も韓国は度々、日本に補償を求めて来ている」。

「昨今の従軍慰安婦詐欺も同じ」だ。

「日韓基本条約で済み」なのに、

「日本軍への仲介業者をやっていた朝鮮人が朝鮮人から買い日本軍に渡し従軍させた朝鮮人高報酬売春婦」を

「日本軍に強制徴用された性奴隷」等と「嘯き」、

「あらぬ補償まで求めている」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「李承晩大統領時」に「作成された強制徴用の資料」の「実体」も「もはや明らか」だろう。

「従軍慰安婦詐欺が上手く行かない」ので、

「新たな詐欺のネタを無理やり作り出そうとしている臭いが満載」なのだ』。

|

復帰テスト・・・。

『「おはよう!」・・・』。

|

サンデー・モーニングが「小泉元総理の原発ゼロ」を大宣伝している事からも「原発ゼロの正体」が分かるでしょ・・・。

『「小泉元総理」の言う、「原発ゼロを決断すれば頭の良い人が良い知恵を出してくれる・・・」の「正体」は、

「日本の原発ゼロが実現して、

高く不安定な再生可能エネルギー発電の大量使用で、

日本の電力が高値不安定になれば、

国を超えて韓国から韓国の原発発電による安い電力を買える様にする事」に決まっているでしょ!』

『「対論無き、親韓国・親中国共産党の論が得意・・・」の「サンデー・モーニング」が、

「ワザワザ、番組内の特集コーナーで、対論無き大宣伝をしていた」のだから、

「その事自体」からも「(極東地域日本のみ)原発ゼロの正体が分かる筈」』。

『「最終処分場問題」は「近未来では地球外保存も可能になる」のだから、

「地震国日本内で何十万年も・・・」は「あり得ません」。

「原発事故処理の問題が時間がかかっている」のは、

「放射線シールド技術が未だ未熟だから」で、

「放射線シールド技術」は「人類が宇宙に出る為には必需の技術」だから、

「国がお金も人材もつぎ込んで集中開発」すれば、

「意外と短期間の内にブレークスルー技術が誕生する可能性大」なのだ。

「万全な放射線シールド技術&ロボット技術」で「何れは、人が入ったロボットスーツで燃料棒を扱えるくらいの状態になる」のが、

「科学の進化の方向性」。

「科学の進化を否定する事=没落への特急券」に他ならない』。

『「(極東地域日本のみ)原発ゼロ」詐欺、「通常、()内の部分は言わない」に

「騙されてはいけない」。

「ドイツが再生可能エネルギー発電事業で好景気??・・・それは、インフラが出来るまでの一時ダケ」で

「発電設備完成後、どれだけの仕事が残っているのか?」を

「考えれば、ドイツの将来の衰退度は誰にでも分かる」。

「つまり、EU内でドイツの力を削ぐ為の工作」が「ドイツの脱原発」なのだ。

「旧東ドイツの首相を頂いてしまった事(日本に例えるなら、旧社会党の総理みたいなモノ)」で

「EU他国を利する重大政策が成立してしまった」のが「哀れなドイツ」である。

「日本で、原発ゼロ詐欺を仕込んでいる」のは、

「日本社会を蝕んでいる、詐欺がお家芸の、あの人脈」なのだ』。

|

おバカか(?)殺人ロボットを規制しようと考えている方々・・・。

『「自律型殺人ロボット規制」を「行おうとしているおバカな方々がいる」らしい。

「自律型では無い殺人ロボットは規制しない」という「オチ付き」だ』。

『「そもそも、殺人ロボットをつくっている/つくるのは、何か?」

「言うまでも無く、人間」である。

「人間が何故?殺人ロボットをつくるのか?」

「言うまでも無く、代償欲求の追及に暴走するから」だ。

「規制=コントロールすべきモノがあるとする」なら、

「殺人ロボットという表面では無く、代償欲求の追及に暴走する人間の状態という本質」である』。

『「上辺の規制」を「いくら行っても」、

「本質が変わらなければ、上辺が形を変えるダケ」だ。

「本質を変える事は、不可能では無い」。

「現状の余りにも自虐的な情報・教育を改善し、それを元に人間社会を再構築すれば良いダケ」だ。

「逆に、現状の情報・教育を維持し、現状利権を維持しようとする」なら、

「本質の改善は出来ない」から、

「上辺の規制で誤魔化そうとする」が、

「誤魔化しきれる訳も無く、次から次へと問題が噴出する」のだ』。

『「自律型殺人ロボットを規制しても、規制を破る者が容易に出てくる」のが、

「現状人間社会の根本的問題である事に気付く」なら、

「おバカな、上辺の規制ごっこ」なんかに「費やしている、時間も、お金も、労力も」、

「本質改善に回すべき」である』。

|

火力発電ガンガン炊いて原発抜きでも電気は足りたなんて戯言はもう止めるべきでしょ・・・。

『「火力発電の使用量=温暖化ガスの発生」だ。「温暖化ガスをどんどん出している{先進国}」では、「何処が先進なのか??」

「放射能不安を煽っているのはどんな人脈か?」を「調べれば」、

「反日国の策略に墜ちるのは、如何なものか?」』

|

たかだか震度4の地震で原発を持ち出すNHK等テレビニュースの異常性・・・。

『「言うまでも無く、地震国日本の原発は地震が起きる事が前提で造られている」。「震度4程度の地震で影響が出る訳も無い」。

「例え、万が一(実際は、地震に関してはあり得ないが・・・)色々な不具合が在る」としても、

「震度5未満の地震で原発を持ち出す事は明らかに不適当」だ』。

『「テレビが地震が起きる度に原発を持ち出す事」の「実効」は、

「原発不安を煽る事」だ』。

『「温暖化ガス抑制目標の大幅下方修正」にも「大いに関係がある」のが、

「原発の使用」だ。

「放射能と温暖化ガスのどちらが人類が実際にコントロール出来ていないのか?」を考えれば、

「誰でも分かる筈」だが、

「今の人類が実際にコントロール出来ていない」のは、

「原発の由来の放射能では無く、温暖化ガス」である』。

『「温暖化ガス大量発生の先進国」では、

「日本の信頼も失墜する」。

「日本の信頼の失墜を願っているのは何処の国か?」を考えれば、

「誰もが反日国を思い浮かべる筈」だ。

「極東地域日本のみ脱原発」は「反日政策の一つ」なのだ』。

・・・・・・・・。

『「今回の地震からも推定される様」に、

「関東地方にしても、東海・南海地方にしても、何れ、地震は来る」。

「地震対策のインフラ整備等&個人レベルの対策」は「急ぐべき」だ』。

|

「誰が?」で生きる愚民、「誰が?を悪用」する悪者、「何が?どうして?どうなるのか?」を考える普通の人々・・・。

『「誰が?で生きる」とは、「他人に考察等を委ね依存している生き方、つまり、自分の頭をあまり使わない生き方」に他ならない。「あまり頭を使わないのだから、頭が良くなる訳も無く、結果として、愚民化する」』。

『「悪者」は「誰が?の生き方文化を広め、象徴的人物を仕立て、多くの愚民を誰が?で操る事で陰で利権をモノにする」。

「頭は使っているのだが、使い方が悪い」』。

『「普通の人々」は「何が?どうして?どうなるのか?等を考える」。

「誰が?で考察を人に委ねず、自分の頭で考えるから、相応に自分の頭も育つ」』。

『「民主主義が成り立つ為には、普通の人がメインで無ければ」・・・』。

『「誰が?で生きている人々」は「何時になったら、正常化し、普通の人になるのだろうか?」』

『「多くの人類が誰が?で生き続ければ、人類は滅亡するが、それまで気づかない」のなら、「それが人類の宿命」だろう』。

|

科学の進化も考えない「核のゴミ問題解説」を「達人」と言われてもねぇ・・・。

『「核のゴミ問題は、世界の問題である事を忘れずに、科学の進化も含めて考えるべき問題」なのに、「大きな要素を外して、日本だけの今の核のゴミ問題を考えさせる事」の「実効」は、「人々の心の中の嫌原発感情を増大させる事」になるのです。

「人々の心を操る情報誘導は醜悪」ですね』。

|

笑えたゾ!「治安維持法」まで持ち出して「特定秘密保護法案」の成立を危惧していたテレ朝朝番・・・。

『「戦前~戦中の治安維持法」は「本当に酷いモノだった」。しかし、「その元凶は軍事政権に他ならない」。

「ところが、テレ朝朝番では、この一番の問題点を抜きにして、治安維持法を持ち出していた」のだから、

「明らかに、意図的な情報工作」だろう。

「もちろん、現在の特定秘密保護法案は、軍事政権下の物では無い、ばかりか、日本の法律では、日本が軍事政権化する事などあり得ない状態」なのだ』。

『「テレ朝が一方的に大量配信した内容から推定する」と、

「どうも、反原発・反TPP等の運動に支障が出る事を危惧している」様相なのだ。

「つまり、反原発や反TPP等で、テレビ・マスコミ等による大衆誘導が出来なくなる事を恐れている様相」なのである。

「逆に見れば、現状は、それらを含む多々な問題で大衆誘導出来ている状態」で、

「今回の特定秘密保護法案では、駆除出来ない、この問題利権の大きさを露呈している」のだ』。

『「もちろん、今回の特定秘密保護法案の実効」は、

「同様の法を持つ法治国家同士で、国家間をまたぐ秘密情報を共有出来る事」に他ならない。

「具体例を挙げる」なら、

「北朝鮮等反日国の工作活動に関する米国が持っている情報と日本が持っている情報の共有が出来る」のだ』。

『「多くの一般日本国民」なら「歓迎する状態」だが、

「反日国人脈にとっては、コレ程恐い状態は無い」のかも知れない』。

『「反対している面々の主張」を見れば、

「どんな人々が反対なのか?」は、

「既に明らか」だ。

「特定秘密保護法案反対派の多く」は、

「反原発」であり、

「中・韓(つまり、中・韓の今の体制)と仲良く・・・」である』。

『「バレバレ」なのに、

「治安維持法まで持ち出して、コントの様な解説を、生真面目で行っていた・・・」から、

「コメディ番組としてなら、相応に良く出来ていた事になる」が、

「コメディーを実と信じてマインドコントロールされてしまっている視聴者の数」は、

「大いに気にすべきところ」だ。

「それは、例えて言うなら、ウリナラファンタジーを信じ込んでいる韓国人と同様な事態なのだから!」』

『「マインドコントロール被害者の数が多い」のなら、

「特定秘密保護法案」とは「全く別」に、

「厳しい処罰規定のあるテレビ・マスコミ大衆誘導禁止法」を「成立させるべき」だろう』。

|

「総理の決断で原発即ゼロ」、「リメンバー広島・長崎」、今日本社会の裏で何が起こっているのか・・・。

『「北朝鮮が核保有国として早く認められた方が良い」旨「公共の電波上で述べていた、なかにし礼」が「反核兵器の歌」を「発表」した。

「是非とも、核兵器を保有していない日本では無く、北朝鮮で流行らせて欲しい!」と思ったのは、筆者たちだけでは無いだろう』。

『「小泉元総理」による「総理が決断すれば原発即ゼロ講演」の「大宣伝」を「韓流テレビ・マスコミ等」が「行っている」。

「意図的な大仕掛け」の様相だ』。

『「いったい、日本社会の裏に何が起こっているのか?」

「政権は、世論を軽視出来ない」から、「原発即ゼロの世論が主流となれば、総理の決断で原発即ゼロを可能に出来る」。

「もちろん、それは、{日本ダケ}の話し」だ。

「極東地域で日本ダケ原発ゼロにする事がもたらす事態」も「言わず」、

「極東地域で日本ダケ」も「言わない」のが、

「小泉元総理&大宣伝している韓流テレビ・マスコミ等による即原発ゼロ」なのだ』。

『「また、朝日等の世論調査の数値も疑わしい」。

「少なくとも、筆者の知る限り、極東地域日本のみ原発即ゼロなどという売国政策に賛同している普通の状態の日本人はいない」。

「韓国系の人々(帰化していても、内心では朝鮮人のままの人々)には、居る」。

「韓流テレビ・マスコミ等に操られていた実質的被害者は居た」が、「極東地域日本のみ脱原発が招く事態を知る」と「賛同を止めた」。

「世論調査は、質問の仕方や、対象となる人々の選び方によって、結果が大きく変わる」。

「今回の事態が大仕掛けの様相である事からも、出てきた数値を疑うべき」だろう』。

『「安倍政権になってから、韓国や北朝鮮や中国共産党は行き詰っている」。

「何故なら、日本による利韓・利北朝・利中共政策が止められて来ているから」だ。

「小泉政権時」や「民主党政権時」は、

「明らかに、利韓・利北朝・利中共政策の率が高かった」。

「少子高齢化も、利権集中二極化社会化も、ウォン/元安・円高政策も、・・・、・・・、」、

「その内実は、利韓・利北朝・利中共政策」に他ならないのだ』。

『「小泉元総理の発言」で「自民党内が揺れている~」と「大宣伝している韓流テレビもある」が、

「迷惑を被っている」が「実態」であり、

「迷惑を増大させている」のが「韓流テレビ」なのだ』。

『「韓流人脈は、母国の不利状態を解消させる為に、極東地域日本のみ即原発ゼロを実現させようとしている」のだ。

「日本社会は、何時まで、韓流人脈にテレビ・マスコミ等上での大きな実権を与え続けるのだろうか?」

「テレビ・マスコミファシズム」で「日本社会を牛耳らせない為」にも、

「早急な是正が必需」だ』。

『「恐らくは、母国から、韓流人脈に対する、脅迫に近い脅しが来ている」のだろう。

「元々、日本乗っ取り支配の為に、お金や等をつぎ込んで、日本に送り込んでいるお前らが、ちゃんと母国の為の仕事をしないのなら、正体をバラしてやるゾ!!」等々の・・・。

「日韓併合を日本の乗っ取り支配の開始と位置付けた工作活動」は、

「世代を重ねながら、今も、この日本社会の中で行われている」のだ』。

『「韓流人脈による日本乗っ取り支配を容認する日本人はまず居ない」筈だ。

「上辺だけを見ている」と、

「総理が決断すれば即原発ゼロ」は「原発嫌いの人々にとって耳障りの良い言葉」だが、

「その奥に潜んでいる物事まで考える」なら、

「現状日本社会の病根を見出す事は困難な事では無い」のだ』。

『「原発ゼロの前」に「日本の病根をゼロにするべき」だ。

「病根無き後で、ちゃんとした議論・考察を得たうえで、原発問題の結論を出せば良い」。

「韓流テレビ・マスコミ等に操られて、結論を出す」のは、

「知らず知らずの内に売国奴」への「特急券」なのだ』。

|

「韓国に日本の電力の一部を支配させる為」に「日本の原発即ゼロ工作」を行っている売国奴的方々・・・。

『「原発即ゼロ」等の言葉は、「原発嫌い」には「耳障りの良い言葉」だろう。

「小泉元総理」の様に、「総理が決断すれば!」という枕詞を付ければ、「益々、耳障りの良い言葉」だろう。

しかし、「原発嫌いの方々」は、

「日本の原発即ゼロがもたらす事態は?」を「ちゃんと考えているのだろうか?」』

『「よく考えずに、マスゴミ等に操られて、悪戯な一票を投じれば、酷い政権でさえ成立してしまう事」は、

「日本国民が既に体験済みの事」だ。

「原発問題は、好き嫌いで捉えるべき問題だろうか?」』

『「原発問題」とは「エネルギー問題」であると共に、

「世界的な問題である核管理の問題」であり、

「安全保障の問題」でもある。

「原発嫌いの人々」の場合「電力(エネルギー)のみしか考えていない場合が多い」様だ。

しかも、「原発抜きでも電力は足りた・・・」等々、「浅くしか考えていない場合が多い」様だ。

「それは、非常に危険な状態に他ならない」。

「何故なら、例えば、詐欺の場合、上辺の浅い所は、詐欺被害者にとっても、とても都合良く整えられている」が、

「内実は、詐欺師の都合に沿って組み立てられている」ので、

「詐欺師が詐欺被害者を騙す騙す事が出来てしまう」のだ。

「原発問題の浅い所だけ・・・という状態」は、

「総理が決断すれば原発即ゼロ詐欺被害」に「引っかかり易い状態に他ならない」』。

『「タイトルの事態」は「日本社会がどの様になれば、実現出来てしまうのか?」

「韓国の原発が動いている間」に、

「日本の原発がゼロ」になり、

「発送電分離」が成され、

「国をまたいだ電力の売買が可能」になれば、

「実現可能になってしまう」。

「実際に、ソフトバンクの孫氏など」は、

「その方向の政策支持者」なのだ。

「総理の決断」&「孫氏等経済界からの後押し」が「実効を持つ」と、

「日本の電力の一部を韓国に支配させる事」が「実現してしまう可能性がある」のである』。

『「韓国が反日政策を行っていない国」なら「まだマシ」だろう。

「しかし、実際の韓国は反日政策で成り立っている様な国」だ。

「反日政策実行国が、日本の電力の一部を支配すれば?」を考えるなら、

「総理の決断で(日本のみ)原発即ゼロ」の「危険性」に「誰もが気付く筈」だ』。

『「知らず知らずの内に売国奴となってしまわない様」に、

「例え、元総理の言う事でも、

大手マスコミ等が大々的に言っている事」でも、

「その内実を検証する努力を怠ってはいけない」。

「賛否は内実を検証した後、自分自身で考えて下す事」だ。

「元総理だから・・・」「大手マスコミの言うことだから・・・」と、

「判断を丸投げする事」は、

「テレビ・マスコミファシズムを容認している事」と「同じ」だ。

「個人個人の判断の集大成で動く事」が「民主主義の基本」なのだ』。

|

「極東地域日本のみ脱原発」が日本を不利にする事を伝えない為に「極東地域日本のみ」を除いて「脱原発」だけを言うテレビ・マスコミ等の詐欺師ぶり・・・。

『「全世界的脱原発」なら「日本だけが不利になる事は無い」。しかし「極東地域日本のみ脱原発」となれば、「日本が不利になる」と共に「極東地域で原発を使用している国々が有利になる」。

「以上、当たり前の経済・エネルギー力学の問題」だ。

「脱原発だけ」では、

「全世界的脱原発」と「勘違いする人々の少なからずいる」のだから、

「良心的なテレビ・マスコミ等なら、今、日本社会の中で溢れている脱原発論の多くの実体」が、

「日本のみ脱原発である事」を「はっきりと示す事」で「誤解を防ぐ」のが「当然」だ』。

『「ところが、多くのテレビ・マスコミ等」では、未だに、「脱原発オンリー」である。

「何故か?」

「極東地域日本のみ脱原発の実効」は「中国や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国を利する事」だ。

「反日国を利す為の情報工作」なら、

正に、「極東地域日本のみ抜き」の「脱原発」が「合理的」になる』。

『「現状の日本のマスゴミはとことんマスゴミ」である。

「上辺でどんなに嫌韓や嫌中国共産党等を謳って」いても

「極東地域日本のみという重要な要素を抜いた脱原発」で

「韓国(北朝鮮も含む)や中国を利しているのだから!」

「多くの日本国民」は、

「マスゴミ」の「肉を切らせて骨を断つ」的な「詐欺」等々に「騙されてはいけない」のだ』。

『「極東地域日本のみを言わない脱原発」は「中・韓(北朝鮮も含む)を利す為の詐欺」である場合が多いのだ。

「騙されない為にも、日本と同時の世界的脱原発が現実的か?否か?」くらいは「ちゃんと考えるべき」だろう。

「日本と同時の世界的脱原発が不可能」なら

「日本のみ先に脱原発は、日本を不利にするだけでは無く、

原発関連事業で、信頼性工学さえ???の中・韓等の力を増させる事に直結しているので、

一度事故等となれば全世界的な影響がある核の安全保障を遠ざける道でもある」のだ。

「また、核のゴミ問題は、核のゴミ事業である事を忘れてはいけない」。

「核のゴミ事業の創業者利益を得る為には、相応の技術的基盤に基づいた研究開発が必需」だ。

「現状では、日本は、そのトップグループの一角」なのだ。

「日本が本来なら得られる事業利権を放棄せよ!」というのは、

「反日政策そのまま」である』。

『「反日政策の操り人形」とされている「一般日本国民」は「マインドコントロール被害者」に他ならない。

「マインドコントロールを行っている悪」が

「必要情報を(意図的に)省く事で詐欺的情報を一方的に大量配信しているマスゴミ」という訳だ。

「脱原発」に「極東地域日本のみ」等を「付け足す事は容易い」。

「省く事も容易い」。

「そして、それぞれが視聴者・読者に与える実態イメージは全く違う」のだ。

「普通の良心的マスゴミ人」なら「この重大問題を放置出来る訳が無い」。

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等の手先」なら「意図的な放置が合理的になる」』。

|

元々、77%OFFという超大盤振る舞いの多数店舗巻き込み企画が無理過ぎでしょ・・・。

『「定価の77%、つまり、23%引き」だったなら、「無理が無かったのにねぇ・・・」。

「でも、無理の無い企画」でも「便乗悪は出ただろう・・・」から、

「楽天のチェック体制の甘さは大いに反省するべき」だ』。

『「会見で嫌々そうな謝罪と、対策を打つ旨言っていた」が、

「派手好きな経営者たちが現実的な対策を打てるのか?」

・・・「見物」だろう』。

『「従業員に、安い報酬(象徴的高報酬授与者&多数の薄給実務労働者でも全体では安報酬だ・・・)で良い対策等を無理強い・・・」で「ブラック化しないと良いのだが」・・・』。

『「何れにしても、何処の誰でも、超巨大資産保有者や超巨大権力保持者たちは、ある種の社会悪」なのだ』。

|

今度は、長々と講演まで行って「原発即ゼロ」発言まで・・・、小泉元総理の崩壊ぶり・・・。

『「総理が決断すれば、原発ゼロは直ぐにでも出来る!」「・・・即原発ゼロが良い・・・」等々の「実質的妄言」を「一時間半にも及ぶ講演まで行って述べていた小泉元総理」・・・。

「もはや、その崩壊ぶり」は「哀れ」でさえある』。

『「極東地域日本のみ原発即ゼロ」の「実効」は、

「中国や韓国(北朝鮮も含む)等の反日国を利する事」である事は、

「少し考えれば、誰でも分かる」。(良く分からない方々は、過去の記事をご参照下さい。)

「小泉元総理&韓流テレビ・マスコミ等による反日国の為の日本の大衆誘導のターゲット」は、

「考えない人々」なのだ。

「つまり、小泉元総理の原発即ゼロ発言に乗っている人々」は、

「ロクに考えないおバカか、もしくは、確信犯の親反日国人脈の人たち」という事になる』。

『「韓流テレビ」では、「また、また、また、また、小泉元総理だけでは無く、小泉ジュニアも宣伝して、実質的に、小泉血統有名人利権を増大させようとしていた」が、

「本当に腐っている」。

「日本の公共の電波は、そんな情報を一方的に大量配信する為に在るのでは無い」のだ』。

『「フィリピンを襲った巨大台風からも明らか」な様に、

「今の人類に望まれている」のは、

「脱原発では無い、脱火力発電」だ。

「脱車とも言いたいところだが、車の場合は、未だ、ガソリン・ディーゼル・ハイブリット・天然ガス・バイオ燃料(現状では極一部に限られている)等以外の車の実用性が不十分なので、

車で温暖化ガスの抑制をするなら、出来る限り燃費の良い車を選択するくらいしか、現実的な代替え案は無い」。

「しかし、発電の場合、原発は十分に実用出来る」のだ。

「この現状で、即原発ゼロ等では・・・正に、妄言の域」だ。

「世界的に考えれば妄言の域の日本の原発即ゼロ」でも、

「反日国メリットは計り知れない」。

「小泉元総理の日本の原発即ゼロ発言」は、「実質的に、反日国の為の発言に他ならない」のだ』。

『「日本の元総理でありながら、反日国を利する発言を公の場で長々と講演まで行っていた」のだから、

「本当に日本の事を考えている元総理として・・・」なら、「その崩壊ぶりは明らか」だろう。

「総理時代から、一貫して、韓国(北朝鮮も含む)等反日国を利する事を目的としている(実際に、小泉利権集中悪徳改悪以降、韓国や中国は急速に太り、日本は急速に細った)日本国内の反日国人脈の人・・・」なら、

「未だに、その反日工作ぶりは健在・・・」という話しになるが・・・』。

『「また、その講演を喜々として伝えていた」のが「報道ステーション」だった。

「言うまでも無く、報道ステーションも、利反日人脈色が濃いテレビ番組」である。

「一般日本国民なのに、利反日人脈番組に、マインドコントロールされている」のは「被害者」に他ならない』。

|

経済戦争が生んでいる「大規模自然災害vs人類の戦争」・・・。

『「フィリピン、レイテ島の甚大な被害」からも、「大型台風の元となった高い海水温の元の地球温暖化問題」が、

「本当に深刻な問題である事」が、

「誰にでも、良く分かる筈」だ』。

『「温暖化ガスの害」を「経済悪評価として、十分に取り入れていない現状の経済システム」は、

「既に破綻している」のだ』。

『「先進国・開発途上国を問わず、全世界的に、温暖化ガスの排出=害として扱う必要が既にある」。

「核の問題」と「地球温暖化の問題」は、

「人類全体の問題」なのだ』。

『「人類全体の問題」を「処理出来ない元凶は何か?」

「人類全体が共有出来る文化の構築が不十分だから」だ。

「人類全体が共有出来る文化が希薄な世界」では、

「相対的にそれぞれの地域の文化の価値が高くなる」ので、

「特定地域偏重文化の横行となってしまう」のだ。

「特定地域偏重文化の横行がもたらしている物事の一つ」は「戦争」である。

「人類全体が共有出来る文化」を「濃くする事」は、

「世界平和」にも、

「核問題や地球温暖化問題の解決」にも、

「非常に有効」なのである』。

『「何故なら、人類全体が共有出来る文化を濃くする事」は、

「直接は、特定地域文化の否定にならないから」だ。

「特定地域文化に+して、人類全体が共有出来る文化が蔓延すれば、特定地域文化の変化も起きる筈」だが、

「それは、軟着陸が可能な事」なのだ。

「人類全体が共有出来る文化を濃くする事を行わなければ、結果として、特定地域文化同士の争いとなる」から、

「例え、着陸が可能でも、ハードランディングになる」事を考えるなら、

「誰でも、どちらがマシか?」くらいは、

「直ぐにでも解る筈」である』。

『「人類全体が共有出来る文化」は、

「どの様にすれば構築出来るのか?」

「言うまでも無く、人類誰もの実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続との整合性を取り、

より整合性が高くなる様に構築すれば良い」のだ。

「例えば、

宗教の文化遺産化や、

丸ごと一人の死生観から細胞ごとの死生観への進化等々」は、

「自分の実体等、現実との整合性を取る」なら、

「何処の地域でも同じ話し」になる。

「宗教が文化遺産となれば、宗教戦争など起きる訳も無い」のだ。

「{人の思いは、丸ごと一人}&{人の現実は、細胞ごとの誕生・死}という

{世界中の誰もに共通な現実}を

{人類の誰もが理解・把握する}」なら、

「{人類誰もが、細胞ごとの生命大木の絵図を強く実感する事も可能}」で、

「{他人を支配したり、他人に自分を支配させたり、悪戯な比べっこ原理主義や代償欲求の追及に奔走する、等々の自虐}は減り、

{自分で自分を人類として健康にコントロールし続ける事}の{重大性}に、

{多くの人々の思いも至る筈}」だ。

「{地球生命体細胞群の存続~永続の為に、人類が行うべき役割}にも{思いが至り}、

{仕事と自虐行為の区別}くらい{多くの人々が正確に判断出来る様になる}筈だ」』。

『「大金持ちや大権持ちを夢」という「悪夢」から、

「ほとんど全ての人類が目覚め、

今、人類が置かれている現実をちゃんと見る」なら、

「人類全体で共有出来る文化」を「世界的に濃くする事」の「重要性にも気づく筈」だ』。

『「この面では、情報・教育の役割が大きい」のである。

「何時まで経っても、自虐的な比べっこ原理主義を増長させる様な漫画やドラマ等々ばかり悪戯につくり流す事で、自慰源泉の利権を得ている場合じゃ無い」のである。

「現状人間社会という余りにも出来の悪いモノにとっての都合の良い駒や操り人形等々を作り出す為の様な教育」など「止め」、

「誰もが、自分の実体知り、自分を健康にコントロールし続ける為に有益となり、

人類として地球生命体細胞群の存続~永続に貢献出来る様になる為の教育」を

「行うべき」である』。

|

「特定秘密保護法案を廃案に!」と叫んでいるアナログ世代のデジタル発想問題・・・。

『「田原・鳥越・青木等々、テレビ常連コメンテーター等が寄り集まって訴えた事がタイトルの事態」だ。

「良く思えない部分があるから、廃案に!」とは、

「丁半バクチの世界」で、

「とても、アナログ世代の発想とは思えない」のだが、

「日頃から大衆誘導情報工作に邁進している様相の連中」にとっては、

「正当な問題解決法の訴え<日本の政治の足を引っ張る事」なのだろう。

「極東地域日本のみ脱原発」と「同じ臭い」の、

「特定秘密法案反対!」なのだ』。

『「そもそも、学生運動等に身を投じた様な人々の大問題点」は、

「自らの行動等の内実も??のまま、

大局的把握もいい加減なまま、

ムードで正義と思える訴え等に動いていた事」だった。

「実際の内実は、親反日国勢力に操られていた駒だった」のだ。

「普通の人間」なら、

「社会に出た後、学生時代の自分の未熟さにも気づく」から、

「必然的に、路線は修正され、自らが居る日本の状態をより良くする事で自らも利権を得ようとする様になる」。

「この普通の路線修正も出来ず」に、

「未だに、親反日国勢力の駒のまま・・・」なのか、

「確信犯の親反日国勢力の者」なのか、

・・・というのが、

「多くのテレビ常連コメンテーター等と、

そんな者たちを重用しているテレビ」なのだ』。

『「親反日国勢力に操られていた駒たち」や、

「確信犯の操り側である親反日国勢力の者たち」は、

「人を操ったり、人に操られたりという文化を身を持って知ってる」ので、

「日本の公共の電波を使って、未だに、その不健康な文化を蔓延させる事に邁進している」様相なのだ』。

『「特定秘密保護法案に問題がある」なら、

「その問題点の是正を訴えるべき」で、

「国際情勢上必要になっている特定保護法案自体を廃案にせよ!」と「訴える事」の「実効」は、

「万一、そんな大衆誘導に多くの人々が引っかかってしまう」なら、

「日本の政治停滞が起きる分だけ、反日国を利する事が出来る事」に「他ならない」のだ』。

『「小泉政権や民主党政権の成立に大いなる貢献をした田原総一郎等々」の「言う事」で、

「また、また、また、また、騙されてしまう日本国民は、いったい、どれ程いるのだろうか??」

「万一、未だに居るのなら、自虐もいい加減にして頂きたいもの」だ』。

|

また、また、また、また、妨害工作とは・・・。

『「余程、昨今の記事も痛い所にヒットしている」らしい。「セキュリティー24導入済みにも係わらず、コンピがまともに動かない事態」が「また、また、・・・、生じていた」。

「迷惑な工作員たち」は「そんな事をやっている暇がある」なら、

「母国・祖国等の状態の改善に力を注ぐべき」だが』。

|

「日本人の信頼失墜に繋がる問題行動等」は何処から来たのか?・・・。

『「食品偽装問題等で注目を集めている日本の信用問題」・・・。「その元凶は?」

「サンデー・モーニング」等によれば、「グローバリズムの悪影響」や「近隣諸国への配慮等を含む周辺への配慮不足」等が「原因では?」という

「日本の公共の電波を使って、大衆を現実逃避させる論」の「一方的大量配信」だった。

「もちろん、元凶は別に在る」』。

『「食品偽装問題謝罪会見等でも明らかな様」に、

「現状日本社会で実権を握っている」のは、

「多くの場合、所謂、団塊の世代&その少し前の世代の人々」だ。

「それらの世代の人々が自らの価値観をつくる事」に「大きな影響を与えた」のは、

「戦後の学校教育やテレビ・マスコミ等による情報」である。

「戦後の学校教育やテレビ・マスコミ等による情報」が、

「異常な程、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を利していた事からも明らか」な様に、

「戦後の学校教育やテレビ・マスコミ等による情報の多く」が、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党系の文化で作られていた」のだ。

「そんな情報・教育でマインドコントロールされた様な人々が、経営者等となれば・・・、結果は多くの方々がご存知の通り・・・」である』。

『「未だに、その元凶の立場に在る(様な・・・一応付けておく・・・)サンデー・モーニング」では、

「日本人という表現」で「実際には、数多くいる日本国内の韓国系・中国系の人々を外して」、

「信頼失墜」とやっていたのだから、

「本当に醜悪」だ。

もっとも、「元々、韓国系や中国系の人々には、信頼など無い」という「判断の下」で、

「日本人という表現を使っていた」のなら、

「ある意味、合理的でもある」。

しかし、「信頼が無い事=優れている事」とでも捉えていない限り、

「それでは、韓国系や中国系の人々を貶めている事になる」から、

「常々、韓国系や中国系には大配慮・大甘・出来る限り利権増大・・・という論調のサンデー・モーニングの実態」から「推定」すれば、

「意図的に、日本人のみを貶めようとしている表現」なのだろう』。

『「日本の信頼を高くしたい」のなら、

「戦後の自虐・利韓・利中共・利在日等教育による多くのマインドコントロール被害者」の

「マインドコントロールを解く事が有効」だ。

「事実・現実に基づいた自尊無き人」に、

「信頼を求めても無理だから」である』。

『「事実・現実を否定している反日教育・反日政策上に生きている人々」が

「信頼出来る人に成り得ない」のも、

「この根本的理由が在るから」だ。

「信頼出来る人に成り得ない人」を「信頼出来る人にする為」には、

「先ず、事実・現実の上に立たせる必要がある」のである』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国等との真の友好関係」は、

「韓国(北朝鮮も含む)人や中国人の多く」が、

「事実・現実の上に立ち」、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国の政権が、事実・現実の上に立っている政権になってからで無い」と

「基本的に無理」なのだ。

「基本的に無理な状態を直さず、基本的に無理な状態を維持したまま、似非友好関係を築けば・・・、不当な利権を得るのは、虚構側」であり、

「虚構の利権が、時間の波に耐えられる訳も無い」ので、

「それは、崩壊への序曲になってしまう」のだ。

「大局的に見るなら、似非友好関係にはメリットが無い」。

「むしろ、正常化を先送りしてしまう大きなデメリットが在る」のである』。

・・・・・・・。

『「偽芝海老・偽サーロインステーキ等々で不当利益を貪っていた経営者等に相応しい」のは、

「立場の剥奪と罰金」だ。

「本来なら、詐欺同様なのだから、懲役刑でも良いくらい」だ。

「偽装で利益を増大させた人が出世出来た状態も異常」なのだから、

「企業自体も体制を正常化する必然性がある」のだ』。

『「世界中の多くの人々が弱肉強食の獣の精神構造や比べっこ原理主義から解放される」まで「同様の問題の根本的解決は出来ない」のだから、

「世界中の多くの人々が事実・現実の上に立ち、今の時代を生きる人類としての精神構造を持ち、例えて言うなら{本質追求理解把握現実主義}上で生きられる様にする為」にも、

「情報・教育の正常化は急務」だ』。

『「情報伝達でかなり優位な立場にある全国放送のテレビ番組」が、

「未だに、利韓・利中共・利在日等々、反日政策上で動いている様相の日本の現状」は、

「本当に異常」である。

「改善は急務」だ』。

|

田園調布女子中学生誘拐事件問題・・・。

『「偶々、別件での検問が拉致された少女の早期解放に繋がったのは、非常に幸いな事だった」が、

「闇サイトに集った何人かの人間(今回の事件の場合は3人の様だが・・・)」が、

「短絡的に犯罪行為に及んでいる現状」は、

「大いに考えるべき」である』。

『「ここで、闇サイトを閉鎖する対策を思い浮かべる人々が多数派となるべく、テレビ・マスコミ等では情報による大衆誘導を行っている様相」だが、

「それは、現状人間社会の根本的問題を温存したままの、上辺対策の一つに過ぎ無い事」を

「決して忘れるべきでは無い」。

「闇サイトという情報交流手段を封印したところ」で、

「本質的問題が温存されている限り、同様の事態は容易に起こってしまう」からだ。

「単純な話し、闇では無く、普通のサイトでも暗号で交流してしまえば、実質的に闇と同じ」である。

「闇サイトの封印では、大きな実効など望めない」』。

『「では、どうすれば良いのか?」

「根本的問題にメスを入れる事」だ。

「現状人間社会の根本的問題にメスを入れ、直す具体的手段」は、

「実際は、多数在る」。

「しかし、現状人間社会故の利権に溺れている人々」が、

「自らの利権の為に、現状人間社会の体制を維持したがっている」ので、

「なかなか事態が進展しない」のだ。

「はっきり言えば、その様な現状利権に執着している人々」も

「犯罪の元」なのである』。

『「自ら犯罪の元でありながら、しわ寄せで追い詰められたピークの者たちの犯罪行為を非難して正義ぶる・・・」とは、

「醜悪な世界」で、

「自覚があれば、確信犯の悪」であり、

「自覚が無ければ、未熟な、もしくは、足りない者」だ』。

『「悪や未熟者や足りない者ばかり・・・の人間社会なら、滅亡が相応しい」から、

「実際に、人類の未来予想図はロクなモノになっていない」。

「都合の悪い事からは現実逃避しながら、大量消費自慰生活に溺れている人々が多い結果、既に、温暖化は抑制不可能な領域に達している」。

「このまま行けば、それ程遠く無い将来、悪や未熟者や足りない者同士で、お前のせいだ!いや、お前が悪いのだ!」と

「戦争というケンカを始めるのがオチ」で、

「現時点で核兵器まで保有している人類が、戦争を起こせば・・・、地球上では、ほとんど誰も助からない事が判っている」から、

「自分だけ、自分の子孫だけ、は生延びたい、生延びさせたい、と思い込んでいる、自分の実体さえ???の悪やおバカどもたち」は、

「地球外で生延びる方法を真剣に模索中」なのだ』。

『「現状利権に執着している悪や未熟者等ども」が「普通の人間になる」のなら、

「現状のままでは抑制不能状態の温暖化問題の解決も可能になる」のだから、

「主従逆転した考えで、上辺で偽りの正義感に溺れている暇がある」のなら、

「ちゃんと、基本から考え直すべき」である』。

『「実際問題、何故、多くの人々が、比べっこ原理主義に走り、自分の実体さえ???なのか?」を

「ちゃんと考える」なら、

「多くの人々が、既にある程度は判っている自分の実体についての情報・教育を上辺の言葉や文章等でしか覚えていない事」に、

「一つの元凶が在る事に気づく筈」だ。

「古典では、堪忍という漢字は書けなくても、堪忍する心を知っている庶民と、

堪忍という漢字は読み書き出来ても、堪忍する心を持たない貴族の姿をオモシロ可笑しく書いた物もある」が、

「古の時代から現在に至っても、未だ、

上辺に拘る事で利権を得られてしまっている人間社会の根本的な大問題を十分に是正出来ていないのが、

人類のお寒い実態」なのだ。

「人類誰もの実体の内実から整合性を取って人間社会を構築する具体的な理論的理想像を描き(この程度の事は、少し考えれば、誰にでも出来る)」、

「現状人間社会と比べる(比べっこ原理主義の人々なら、大得意な筈だ)」なら、

「現状人間社会の問題を見出す事は容易」だ。

「具体的問題を見出せた」なら

「それぞれが、それぞれの立場で、現状利権の呪縛から自分を解放した上で、問題是正の力を発揮すれば良い」。

「自分の実体から整合性を取る事で、自分の実体である地球生命体細胞群の存続~永続を可能にする事こそが、

人類としての本来の仕事」である。

「自らを大量消費自慰生活や人間社会上の優位な立場で慰める事を目的としている」のは、

「悪事」であり、

「それを夢と勘違いしている」のは、

「悪夢と良い夢の区別もしない悪、か、

区別の出来ない未熟者等に他ならない」のだ』。

『「今回の事件の容疑者によれば、お金目的だった旨供述しているらしい」が、

「それもまた、上辺の一つ」だ。

「田園調布のお金持ちに対して、たった2千万円とは、少な過ぎる」。

「沖縄から東京に移動出来るくらいのお金」や、

「東京近郊に一戸建ての家や車を持ち、家庭を構えていた、上辺では、温厚な人」が、

「たった、約666万円(2千÷3)の為に、割の悪い犯罪行為を行った」とは、

「考え辛い」。

「むしろ、666万円を要求した3人の悪魔」と「暗示的に紐解く」と、

「本来の目的も推定出来るのでは?」と思える。

「例えば、連続人身売買計画の最初の一歩だったりする・・・」のなら、

「かつての拉致被害者が運ばれたルートからも、逃げ道も合理的」に成り得る』。

『「お金目的の犯罪を抑制する為には、人間社会の格差是正~総中流化」だ。

「性犯罪を抑制する為には、特定の容姿等偏重状態から人々の心を解放する事や自分で自分を健康にコントロールし続ける事をちゃんと行える人間社会にする事」だ。

「自己制御が健常な上辺差別無き人間社会」なら、

「元々、性別比率はほとんど同じなのだから、ほとんど全ての人々が、異性問題で不当な不利益を味わう可能性が無くなる」。

「現状の人間社会では、偏重&他者支配・他者による支配文化の蔓延」により、

「不当な不利益が増大させられている」のだ。

「何れの場合にも、自分本来の自信が得られる状態が望まれている」のだから、

「人類誰もが、自分の実体をしっかり認識・把握した上で、事実・現実の上に立つ事が出来る様(そうなれば、誰でも自分本来の自信が持てる状態になる)に、

情報・教育等の是正は急務」なのである』。

『「大量消費自慰生活」や「現状人間社会で優位な立場」や「現状人間社会中での大きな権力」等々に、

「憧れさせられてしまう人々」を

「大量生産している状態」である「現状の情報・教育等は、明らかに悪質」である。

「悪質な情報・教育等の元」は、

「現状利権に溺れている人々」なのだ。

「現状利権に溺れている人々は、実質的には、病人、もしくは、犯罪者等」に他ならない。

「病人や犯罪者等に過分な立場や権力や権力の代理にもなるお金等を与え続けている事」=「人類滅亡を誘っている事」である』。

『「人類滅亡を防ぎたいのなら、人間社会の是正は、急務」だ。

「何故なら、弱肉強食・比べっこ原理主義が蔓延っている限り、

例えば、地球を一瞬で消滅させる兵器を持った独裁者による脅し~支配も

人間社会の精神構造上否定出来ないから・・・」である。

「その様な場合では、独裁者の否定が地球消滅に直結している」のだから、

「即、人類滅亡」なのである。

「精神構造を進化させるか?」

「独裁者支配を誘うか?」

「人類滅亡を誘うか?」

「選択は、個人個人の自由」だ』。

|

「反中国共産党テロ」を「反日テロ」に「変えたい様相の中国共産党」だが・・・。

『「既にダメ出しを食らっている中国共産党」が「どんなに情報工作等を行っても、醜悪なダケ」で「益々、反中国共産党テロに力を付ける事になってしまう事さえ解らない程、中国共産党はおバカなのだろうか??」』

『「そんな事をしている暇がある」なら「クリーンな中国共産党員のみが中国国民と協力し合って、中国を民主化すれば、英雄になれるのにねぇ」・・・』。

|

「ホテル・デパート食品偽装問題」と「有名タレントサイン偽造ネット販売事件容疑者の摘発」・・・。

『「タイトルの事態を比べてみれば、ホテル・デパート等による食品偽装問題」に対して「本来なら、どの様な対処が行われるべきか?」の「想像も難く無い」筈だ。

「偽芝海老、偽サーロインステーキ等々」と「偽サイン」なのだから!』

『「有名タレントのサインを偽造して、ネットで販売し、荒稼ぎしていた者たちの行った事」は、

「有名タレントのサインと似たサインを捏造し、ネット販売していた事」だ。

「しかし、その偽サインを買った人々にとっての実効」は、

「偽物と判るまで、本物のサインの場合と大差無かった筈」である。

「もちろん、偽物と判った途端に、大いに失望し、怒りがこみ上げて来た」と思うが・・・』。

『「ホテル・デパート等による食品偽装もの場合も同様」で「買い手側の実効」は、

「偽装と判るまで、本物の場合と大差無かった筈」だ。

「どちらの場合も、仕組んだ方の目的はお金」だろう』。

『「有名タレントサイン偽造の場合は、有名タレントの権利を侵害している分もある」が、

「食品偽装の場合でも、本来の食品自体を貶めている事に変わりは無い」。

「両者の罪の構造は、実質的に同様」なのだ』。

『「本来なら、こんな詐欺的手段で利益を得たホテル・デパート等の関係者」には、

「刑事罰が与えられても何の不思議も無い」のである』。

・・・・・・・。

『「現状の社会システム上で、多くの人々よりお金持ちになれている人々」には、

「大きく分けて、二通りの人々が居る」。

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性が高い物事で、

人間社会や他の人々への貢献が大きかったりした事が、

正当な範囲で評価された事による見返り等で、

正当性のあるお金持ちになった人々」と、

「地球生命体細胞群の存続~永続との整合性は低くても、

現状人間社会システム故にお金持ちになれている人々」だ。

「現状人間社会システムには、詐欺や騙しや欺きに摘発も含まれる」から、

「現状人間社会システム故にお金持ちになれている人々の中には、他人を欺いたり、現行システムの穴を突いたりしてるが故に、お金持ちになれている人々も居る」のだ。

「例えば、テレビ・マスコミ等や情報・教育・政治等を通して、過剰評価を誘う事で大金持ちになれている場合等もその一例」である。

・・・「冷静に考えるなら、正当性のある大金持ちなどほとんど居ない事に多くの人々は気づく筈」だ』。

『「お金持ちになる事や、現状人間社会システム上で権力を得る事等々」を、

「人生の目的としている様な、迷子状態の人々」が、

「多ければ多い程、本来なら起こらないで済んでいる事件・事故等も起きてしまい易くなる」。

「多くの人々の人生の目的が、自分の実体から取る整合性の高さという判定基準上に存在する」なら、

「お金や権力は二の次、三の次になる」から、

「経済立場面では大きな格差を必要とせず、

総中流が当たり前で、

大金もちや大貧乏をつくり出す事は悪である」という、

「当たり前の状態に落ち着き易くなる」。

「その様な基本が出来ている人間社会」なら、

「タイトルの様な事件など根本的に起き辛い」筈だ』。

『「基本がいい加減な人間社会故に、数々の問題が起きている」のだから、

「基本を直そうとするのが普通の人々」で、

「基本を直そうとせず、現状人間社会システムの上で、お金や権力を追い求めている」のは、

「出来の悪い人々」である』。

『「出来の悪い人々が多ければ、出来の悪い人間社会の状態もなかなか改善されない」のは「当たり前」だから、

「誰もが、先ず、自分自身を普通の状態にするべき」なのだ』。

『「他人を支配しようとする前に、

他人に自分を支配させる前に、

自分で自分を出来る限り健康に(頭・心・体とも)コントロールし続ける事」が、

「今生きている人間としての普通の生き方」に他ならない』。

『「普通にも至っていない悪やおバカたち」に「過分な立場や報酬等は不似合い」である』。

|

アントニオ猪木参議院議員の北朝鮮訪問&平壌にNPO事務所開設問題・・・。

『「そもそも、拉致とは北朝鮮の対日工作活動の一つ」である。「北朝鮮が、拉致の様な日本人の人権を無視した極悪非道の工作活動を行って来た」のは、

「北朝鮮の政権が反日政策を実行し続けて来ているから」に他ならない。

「拉致以外にも、北朝鮮が日本で行って来ている工作活動は多数ある」』。

『「拉致問題を本気で解決したい」のなら、

「北朝鮮の今までの政権を変える」か、

「救出特殊部隊を送り込む」か、

等の「北朝鮮の今までの政権とは決別する徹底した対抗手段を採らなければ無理」だ。

「逆に、北朝鮮の今までの政権に擦り寄って行く事の実効」は「北朝鮮による工作容認になる」のが、

「現実」である』。

『「上記の様な現実が在る上」で、

「日本国の参議院議員であるアントニオ猪木氏」が、

「許可無き渡航禁止中の北朝鮮を訪れたり」、

「スポーツを軸に、北朝鮮平壌にNPO事務所を設置」すれば、

「北朝鮮側は、必然的に二元外交の一つの窓口として、アントニオ猪木氏等を北朝鮮の為に利用しようとする」事になる』。

『「拉致被害者は、北朝鮮の持ち札」となり、

「日本側が北朝鮮に都合の良い譲歩等をする度」に、

「北朝鮮にとって差障りの無い何人かが、ポツリポツリと帰される事態が起きる事になる」だろう。

「万一、北朝鮮の政権」が、

「反日工作の全てを放棄し、拉致被害者を全て戻す決断をする」にしても、

「その見返りとして、政権維持が容易になる位の膨大なお金等を日本から取る」だろう。

「何れにしても、北朝鮮の今までの政権を認めたままの解決法」が「もたらす実効」は、

「北朝鮮の今までの政権の延命」なのである』。

『「主たる実効」が「北朝鮮の今までの政権の延命になってしまう方向」へは、

「力は加えるべきでは無い」というのが「常識的な判断」だろう。

「アントニオ猪木氏に、常識的判断を望んでも無理そう・・・だが」』。

『「参議院議員アントニオ猪木」には、

「日本国の立場から国会で相応の懲罰が与えられる事になる」。

「そうしなければ、日本国自体が北朝鮮に対する二元外交を認める事になってしまうから」だ』。

『「一刻も早く、

拉致被害者はもちろん、

北朝鮮による工作活動の被害者は全て、

その被害から解放され、

応分の補償が得られる状態になるべき」だ。

「日本に対し、散々の悪行を行って来ている、北朝鮮の今までの政権」に「相応しい」のは、

「日本への謝罪と補償金等の支払い」であり、

「日本から、北朝鮮の今までの政権に、お金等を上げる必要は全く無い」のだ。

「この基本ライン」は「全ての日本国民(もちろん、アントニオ猪木氏も含む)が決して忘れるべきでは無い」』。

|

小泉元総理の問題行動「脱原発」を「大宣伝して大衆誘導を試みている」韓流テレビの情報工作・・・。

『「仕込みの種」が「今や一個人である小泉元総理による個人的な脱原発論」であり、

「種を育て、大きく花開かせようとしている」のが、

「日本の公共の電波を使っている韓流テレビ等」なのだ。

「一個人の脱原発論ダケ」なら「日本社会への影響はほとんど無い」が、

「韓流テレビ等が、元総理の発言として大々的に宣伝している」から、

「相応の影響が出てしまっている」のが「実態」だ。

「しかし、韓流テレビ等がどんなに頑張っても、極東地域日本のみ脱原発は実現しない」。

「何故なら、極東地域日本のみ脱原発がもたらす結果」は、

「円高政策同様、極東地域の反日国を利する事だから」だ。

「放射能問題で言う」なら、

「昨今のPM2.5問題でも明らか」な様に、

「万一事故が起きれば、放射能物質が偏西風に乗って日本に渡来する」のだから、

「中国や韓国の原発の問題が必然的にクローズアップされなければならない事になる」。

「ところが、元々反日政策上にある脱原発論」では、

「この重大事にほとんど触れない、

もしくは、

触れても、

地震が無いから

(もちろん、実際は、韓国でも中国でも地震は起きるのだし、原発事故のほとんどは人災の要素が極めて強い)

中・韓の原発は安全だ。

とか、

世界中を脱原発させる為にも先ず日本が脱原発してリーダーシップを採るべきだ

(もちろん、日本の脱原発が世界をリード出来るなどと言うのは、ファンタジーの域を出ないインチキ論だ。

核兵器無き日本がどれ程世界の核兵器廃絶に貢献出来たのか?

反日国の核兵器保有等を防げたのか?等を考えれば、

誰でも、インチキ論を見破る事は容易な筈だ。

国連決議などでは実効が無いのだ。

核兵器保有がバカらしくなる位の新型兵器の登場とか、核兵器保有が必要の無くなる世界の構築とか、

本当に劇的な変化が無ければ実現しないのが、世界中の核兵器廃絶である。

反核運動などやっている暇があるのなら、劇的な変化を創造する事に力を費やした方が、ずっと合理的なのだ。

核の平和利用である原発の世界的廃絶は、基本的にもっと困難であるばかりか、悪戯に原発を廃絶しようとすれば、温暖化ガスが増える事になってしまうから、原発の世界的廃絶で人類全体の首を絞めましょう・・・みたいな話しになってしまう。

日本ダケ核廃絶しても、日本にとって良い事は何も無い。反日国を有利にするダケだ。)

等」の

「インチキ論で誤魔化そうとしている」から、

「反日政策上の脱原発論を見分ける事は簡単」なのだ。

「もはや、{脱原発詐欺}に騙される日本国民は少数派」である』。

『「NHKでは、原爆投下時の放射能被害にスポットライトを当てて、放射能による害は何段階にも、何十年にも及ぶ・・・」と、

「放射能不安を煽っていた」が、

「それは、核爆発時の放射能被害」だ。

「元々、

毒性の非常に強いプルトニウム等がばら撒かれる核爆発と、

福島第一原発被災事故の様に、水素爆発で、放射性セシウム等の放射能物質がばら撒かれてしまった事態とは、

全くその実体が違う」。

「原爆投下後、約10年で被災者の白血病は急増した」が、

「福島第一原発被災事故では、その様な事態は起きない筈」だ。

「何故なら、毒性の強い、半減期も異常に長いプルトニウム等の放射能物質はほとんどばら撒かれていない上に、

事故後の被爆が、事故直後期を除いて、相応に抑えられているから」である。

「核爆発」と「水素爆発ゆえに放射能物質がばら撒かれてしまった事態」の「区別」を

「十二分に伝えていない」と、

「悪戯な放射能不安が増大する」のだから、

「ある種のイメージ操作やマインドコントロール情報になってしまう」のだ』。

『「68年前の核爆発は68年前の核爆発」

「2年前の被災事故時水素爆発等による放射能物質噴出は2年前の被災事故時水素爆発等による放射能物質噴出」であり、

「ばら撒かれてしまった放射能物質の内容も量もその後の対応も全く違う」のが「現実」だ。

「実害が大きく違うのは当たり前の話し」で、

「実害が似るかも知れない・・・」等と「不安を煽る」のは、

「明らかに不適切」である』。

|

「天安門自爆テロ事件」を「国際的テロ組織による重大事件」と認定した中国共産党・・・。

『「天安門で起きた自爆テロ」を「国際的なテロ組織が関与している重大なテロ事件」と指定した「中国共産党」。

「もちろん、それは、中国共産党から見て・・・の判断で・・・」だ』。

『「中国の国家・国民の上に在る中国共産党」の「判断」では、

「中国共産党は中国の国家国民の上だけでは無く、世界中の国々や国民の上」なのだ。

「だから、実際に、歴史上の現実を捻じ曲げた侵略行為まで正当化している」。

「今回の事件を国際的テロ組織による重大事件と認定した意味も其処に在る」。

「中国共産党から見れば、今回の事件でウイグル族側に立つ人々の全てが、国際的テロ組織のメンバー」なのだ』。

『「欧米の報道等」では「今回の事件をテロか?どうか?疑わしい旨述べていたところもあった」が、

「無差別殺傷の上に自爆」なのだから、

「明らかにテロ」であり、

「その動機も、組織的か?個人的か?は別にして、反現体制であった事」が「強く推定される」のだ。

「テロという手段自体が悪」であると共に、

「テロを受けた側が正義」というのは「幻想」である。

「正義・悪の区別」は「地球生命体細胞群の本来の目的であるその存続~永続から、整合性を取って決められるべき事」であり、

「其処から整合性を取る」なら、

「テロ自体」も、

「現中国共産党自体」も、

「圧倒的に悪の要素が多い事」が、

「良く判る」筈だ。

「ウイグル側に正当性がある」のなら「テロという悪い手段では無く」、

「情報発信や良心的他国人脈との連携等々」の「悪くない手段のみ」で、

「正当性から得られる結論を実態化する努力を重ねるべき」である。

「テロという手段を用いれば、中国共産党側が正義ぶる材料に出来てしまう」のだ』。

『「中国共産党の政治ロジック」は「有益分子の育成と不適応分子の粛清」である。

「中国共産党にとって都合の良い人々を育てる為に、情報統制を行い、反日教育を行っている」ばかりか、

「中国共産党にとって都合の良い

有益分子企業や有益外国人政治家等

(内実は、中国共産党要人にお金や異性等を献上している人々が経営している企業や

外国人政治家等だったりする・・・)は、

公害物質の放出等もやりたい放題だったり、

その国の中や国際社会で中国共産党の応援付きだったり・・・」なのだ。

その逆に、

「中国共産党を否定する人々に対して」は、

「国の内外を問わず、粛清工作をかけている」』。

『「今回の国際的テロ組織指定の持つ意味」は、

「粛清工作の増強」なのだ』。

『「当然、日本も含む国際社会は、そんな中国共産党の実態を十二分に承知」で、

「日本のロシアとの交流強化による米・ロ・日対中・朝ネットワークの構築」も、

「中国共産党のご乱行封じの一策」である。

「今後、日本国内でも、中国共産党等反日国人脈のご乱行を封じる為に数々の手段が増強されて行く事になる」』。

『「如何に強大な中国共産党」でも

「米・ロ・日ネットワークの防衛力の前には屈せざるを得ない」ばかりか、

「中国自体の経済が崩壊寸前」なのだ。

「経済崩壊間直」でも「戦争も出来ない中国」となれば、

「必然的に起きるのは、内部権力者の交代」で、

「中国は、近々、幾つかの国々に分かれて民主化される事」しか、

「生延びられる道が無い」のである』。

『「上記の様な現実」を「薄々は感じ取っている中国国内以外の粛清工作要員たち」は、

「新たな中国の体制が出来た時に生延びられる様に策を考える」から、

「必然的に粛清工作は骨抜きになっている」のだ』。

『「もはや、中国共産党の近未来は決まってしまっている様なモノ」だから、

「立場を悪用し大量集金した後は、中国を飛び出して、海外移住している元中国共産党員も少なく無い」のである』。

『「中国共産党が崩壊前に一暴れしようとすれば、直ぐに、米・ロ・日ネットワークのみならず、国際社会全体が、一気に反撃する事になる」だろう。

「中国共産党が戦争行為に手を伸ばせば、結果として、大乱は起きず、セイゼイ局地戦争レベルで終結すると共に、中国共産党の権威は益々失墜する事になる」のだ。

「ソ連がロシアになった段階で、既に詰んでいるのが中国共産党」なのである。

「本来なら、その時点で、新たな道を歩むべきだった」のだが、

「今からでも遅過ぎる事は無い」』。

|

原発輸出で賛否が割れている「維新の会」では支持率低下も当たり前・・・。

『「例え、日本が原発輸出を全て止めても、原発を輸入したい国々は他国の原発を輸入し使用する」。

「脱原発を世界レベルで行う事は、日本主導では出来得ない」。

「それが、現実」だ』。

『「日本の原発輸出が止まってメリットを受ける国々は?」を考えれば、

「日本の原発輸出を止めようとしている人々の正体も露わになる」。

「中国や韓国等の反日国も原発輸出に積極的」なのだ』。

『「日本が国として採るべき態度は明らか」だ。

「反日国製等のアブナイ原発を世界に広める事は、原発事故や核汚染を防ぐ意味からも避けるべき事」だ。

「原発を輸入したがっている非反日非侵略思想国家には、積極的に日本製の原発を売り込むべき」である』。

『「こんな簡単な世界情勢さえ???の人々」が「日本の原発再稼動や原発輸出に反対」なのだ。

「日本の国会議員としての資質が問われて当然の人々」が「党内で幅を利かせている様」では、

「維新の会の支持率が急降下するのもまた当然」である』。

『「維新の会の場合は、未だ、いくらかの救いがある」のは、

「党内で、日本の原発再稼動&輸出に賛成の人々」も「相応に力を持っている事」だ。

「原発問題でも、はっきりと日本の為になる路線を有権者の前で示す」なら、

「支持率アップも可能」だが、

「元々は、日本の為の政治<韓国や在日韓国人の為の政治と言う様な人々」が「心を改めた事」を「はっきりと示せない」のなら、

「日本国内での支持率アップは無理」である。

「人の心を改めさせる」のは「結構困難な場合が多い」から、

「維新の会は、

反日国に傾いている人々を外し、

日本の為の政治を行う人々のみを残し、

日本の為の政治を行う新たな人々を入れて再生する」のが、

「現実的な道」だろう』。

『「国会議員の場合、極東地域日本のみ脱原発派」と「反日国に傾いている人々」は「大きく重なっている」。

「反日国に傾いている人々が集まって脱原発新党でもつくれば」、

「有権者も選択が楽になる」筈だ。

「日本の為の政治を望む」なら「脱原発政党へ投票しなければ良いダケになる」からだ』。

|

山本太郎「手紙全文」問題・・・。

『「山本太郎が天皇陛下に直に渡した」とされる「手紙の全文」が「出回っている」らしい。

しかし、「山本太郎本人は否定している」』。

『しかし、「この問題が出た事」で「更に、山本太郎や福島第一原発被災事故被害者等に注目が集まる事態となっている」。

「つまり、今回の事態も、日本国内で大衆に悪戯な反原発感情を抱かせる為の道具」としてなら、

「有効に働いている」のだ』。

『「手紙全文の露呈」は「何処の誰が仕込んだ情報なのだろうか?」

「実効を考える」と「脱原発派の誰か、である可能性が高い」と推定される』。

『「更に、脱原発派の人」には、

「今回の山本太郎の行動は天皇の政治利用に当たらない」という「主張」までしている「人も居る」。

「曰く、天皇は日本の政治に係われないから・・・」だ。

「しかし、国会議員でも無ければ、山本太郎の様な人が園遊会に参加は出来ず、

園遊会で天皇陛下に直に手紙を渡す問題行動を起こせば、

今回の様に、大注目される」のだし、

「その手紙の内容まで話題になっている」のだから、

「実質的には、脱原発派山本太郎による天皇の政治利用」だ。

「それは、今回の事態から、天皇陛下を抜いてみれば、誰にでもよく判る筈」だ。

「山本太郎が、園遊会に参加していても、天皇陛下や皇室の方々以外の人に手紙を渡したダケ」なら、

「全く話題にもなっていなかった」だろう。

「つまり、天皇陛下に手紙を直に渡すという問題行動」ゆえに、

「大注目」され、

「大注目の下で、手紙の内容の一部を披露した事」で、

「福島第一原発被災事故被害者が大変な状態にあるというイメージ

(実態情報がほとんど出ていない、ばかりか、山本太郎の被災者の子どもを気遣う思い・・・演技か?本気か?は不明だが・・・が強調されていたので)

で、

大衆の心や思いに影響を与える事が出来てしまっている」のだ。

「天皇陛下抜きには成り立たない事態である事が明白」なばかりか、

「問題行動を起こし、マスコミの注目を集める事」で、

「山本太郎の政治の基本理念である脱原発に有利なイメージ」を「大衆に向けて大量配信出来た」のだから、

「策略的政治利用」と言われても仕方の無い状態である』。

『「日本国憲法で規定されている通り、天皇は日本の国家・国民の象徴」だ。

「日本の国民全体に手紙を渡す事」は「非常に手間もお金もかかる」が、

「その象徴である天皇に手紙を直渡しする事」で、

「多くの日本国民に手紙を渡したのと同様の効果を得ている」のだ。

「しかも、その手紙の内容は全部オープンにせず、多くの人々に反原発感情を抱かせるの十分な範囲で留めている」のだから、

「正に、情報工作的手段」なのだ。

「どんなに巧妙に行っていても、情報工作は情報工作」である。

「天皇陛下を情報工作に使った様な事」なのだから、

「実質的に反日国を利する(日本の脱原発の実効は、反日国を有利にする事に他ならない)工作員を国会の場から排除する為」にも、

「議員辞職」は「当然」だろう』。

『また、「政治利用と象徴としての役割の区別が???な方々もいる様」だが、

「天皇は日本の象徴」なのだから、

例えば、「日本の国事行為等への出席願い」は「妥当」で、

「それは、政治利用というよりは、象徴としての役割の範囲」になる。

「新たな国事行為等がつくられた場合、願い無し・・・では、それこそ無礼」だろう』。

『「真偽不明の手紙の全文」を「違う」と言うのなら、

「山本太郎が本当の全文を公開すれば良いダケ」だ。

「日本国民の象徴に渡した手紙の内容を公開出来ない」のなら、

「その事自体が、天皇陛下に手紙を渡した行為を実質的に否定していることになる」。

「手紙を渡す事が目的では無く、手紙を渡す問題行動で注目を集める事が目的という事」を

「山本太郎自身が露呈した事と同じになる」のだ』。

|

「(極東地域日本のみ)脱原発詐欺」問題・・・。

『タイトルの事態、「詐欺的思想にマインドコントールされている方々」も「詐欺的思想をばら撒いている詐欺師の様な方々」も「いい加減に目を覚ますべき」だろう。

「福島第一原発汚染水問題」に「IAEAの視察が入る」様だが、「其処に、何故か??韓国が加わりたがっている事」からも、

「詐欺的思想の元」は「容易に推定出来る」筈だ。

「何処が詐欺的思想なのか?」と言えば、

「日本を不利にし、反日国を有利にする」のが「極東地域日本のみ脱原発」の「実体」なのだが、

「その事を言わず、

極東地域の他の国々の原発は大問題とせず、

日本のみを原発ゼロ状態に誘う世論をつくりだそうとしているところ」だ』。

『「当時の韓国人権力者たちを救い、日本のお金・人・技術等々で朝鮮半島の急速な朝鮮半島の近代化が行われ、朝鮮人の教育・文化・衛生等々の水準が飛躍的に上がり、朝鮮人人口まで急増させた、

二国が一国になる(つまり、同化政策)合意契約、日韓併合」を

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒を正当化する為」に

「植民地支配と嘯いた」

「植民地支配詐欺」。

「親や同胞(つまり朝鮮人)が朝鮮人女性を日本軍の慰安所に渡す仲介者(こちらも、朝鮮半島内では、朝鮮人である場合が多かった)売った(つまり、売る事で儲けた)従軍高報酬売春婦(売られた方も高報酬だった)」を

「日本軍による性奴隷(結婚や辞職が出来る状態が奴隷???)と嘯いた」

「従軍慰安婦詐欺」。

(「元々、従軍慰安婦問題とは、戦時中の事」だ。

「戦時中」は、「多くの男性日本国民が、強制的に召集され、与えられた仕事は戦争という殺し合いだった」。

「強制的に召集された男性日本国民の仕事が殺し合いだった時の、強制的召集の無い売春婦の話し」なのだ。

「問題とされるべきは、戦争全体であり、従軍慰安婦単独では無い」。)

・・・等々と「全く同じ」なのが、

「極東地域で日本のみを脱原発」なのだ』。

『「日本の核汚染の安全担保にもならず(中国や韓国の原発で事故があれば、偏西風で核汚染物質が日本に運ばれるのだから、当然)、

日本国内の電力事情が高値不安定になるから、日本企業の競争力が損なわれると共に、日本の消費者体力も奪われるから内需も細ったりする、

原発を失った日本に原発を積極使用する韓国は電気輸出も可能となり、

日本のエネルギーの一端を押さえれば韓国による日本支配も有利になる、

オマケに、中国共産党や北朝鮮の核兵器圧力等が増したりする、

・・・ので、

圧倒的に韓国等反日国が有利になる事(つまり、反日政策)」なのに、

「福島第一原発被災事故ゆらいの反原発感情や似非倫理感等を煽る事」で、

「日本の脱原発は正しいと嘯いている極東地域日本のみ脱原発詐欺」』。

『「そんなモノを熱心に推奨している」のは、

「それが、例え、元総理であったとして、現職国会議員であったとしても、大手テレビ・マスコミ等の常連発言者であったとしても、教師や教授等であったとしても、大企業経営者であったとしても」、

「実質的に、反日国の手先か、売国奴か、詐欺師にマインドコントロールされてしまった被害者の何れか」だろう』。

|

ロス空港銃乱射事件の容疑者の新世界秩序思想・・・。

『「少数民族等の排除・弾圧を容認していた新たな世界秩序思想の実体」は「現実逃避思想」に他ならない。

「この手のインチキ思想の場合、世界秩序思想だけでは無く、世界支配思想もセットである場合が多い」のだ。

「今回の事件をきっかけに、インチキ思想では無い思想は?を考える」なら、

「それは、相応に人類にとって有益」だろう』。

『「そもそも、必然的に生じる新時代の世界秩序」とは、

「他者支配・他者による自分支配」というの「代償欲求過剰優位型世界」から、

「セルフコントロール中心」の「本来欲求中心型世界」への「進化」だ。

「本来欲求追求中心」と言うと、

「短絡的に低次元の欲求ばかりを重視したレベルの低い発想」等と「思い込んでしまう方々もいる」ので、

「若干の補足説明が要る」だろう。

「筆者の言う本来欲求」とは、

「地球生命体細胞群の根本的目的である存続~永続」という「本来の目的に沿った要求」だ。

「存続~永続為には、地球無き後でも存続を可能とする事が必需となる」から、

「この宇宙の構造を理解・把握し、地球外でも生息域を広げる事が出来る様にする為に行う物事」も

「本来欲求に当然含まれている」のだ。

「現状の生物構造では、その役割を負えるのは、人類以外に無い」ので、

「人類の本来欲求の範囲は、生物原理のみで生きている生物より広い」のである』。

『「地球生命体細胞群の存続~永続」と「整合性の取れる本来欲求を中心」とし、

「代償欲求を副とする(遊び程度にする)」なら、

「必然的にこの地球上は平和状態になる」。

「何故なら、何処の誰でも、地球生命体細胞群の一塊に他ならないから」だ。

「現状の人間社会で起きているくだらない権力争い、つまり、支配権争い」などは、

「代償欲求ゆえの産物」であり、

「本来欲求である、自分で自分を健康にコントロールし続ける事が、十分に充足出来ていない者たちが、陥っている罠に、他ならない」のだ。

「自分の実体を理解・把握し、自分の実体とその究極の目的から整合性を取る」なら、

「そんな稚拙で愚かな事に他人まで巻き込んで多大なエネルギーを費やす愚行」から、

「自分自身を救い出す事」は、

「それ程困難な事では無い」』。

『「当然、この様に、人類誰もの実体からの整合性を取る等の手段により、

根本的部分から人類が本来得るべき世界秩序を考える」なら、

「同じ実体の他人を否定する必然性も無くなる」から、

「殺人なという愚かな事態も引き起こさなくなる」。

「そもそも、丸ごと一人の殺人」等の「発想自体」が、

「丸ごと一人という実態離れした死生観ゆえの産物である場合が多い」のだ。

「実態として人の誕生・死は細胞ごとに起こっている」のだし、

「人の行動原理の源泉である脳細胞でもそれは同じ」なのだ。

「未だ実際に大罪等を犯してもいない殺したいと思える人」の

「思想や行動原理を変える事に重きを置く」なら、

「丸ごと一人の殺人の前」に、

「情報・教育等が在る事になる」のだ。

「丸ごと一人の殺人や傷害行為等の発想を生んでいる」のは、

「代償欲求に過ぎ無い短絡的な支配欲」である』。

『「人類誰もが、自分の実体から整合性を取る事が出来る様に、情報・教育を整備する」なら、

「必然的に世界は一つで平和になる」のだ。

「逆の見方をすれば、その事の邪魔をしたり、支配欲・被支配欲等の代償欲求を増大させる情報・教育を氾濫させる事」が、

「世界平和の敵」なのである』。

|

「放射能潔癖症」や「日本のみ脱原発詐欺」から抜け出すべきでしょ・・・。

『「年間被爆量1ミリシーベルト」とは「民主党政権時に、実質的には、日本の復興を遅らせる為に成立させられた、実害とかけ離れた数字」に他ならない。

「何時までも、そんなモノにしばられている必要は無い」のだ』。

『「幸いにも、今、自民党内では、1ミリシーベルトから3ミリシーベルトへの基準変更が検討されている」のだと言う。

「原発不安煽り&宗教的規制」から「被災事故実態把握&現実的規制」への「転換」は、

「必然」だ。

「避難地域を元気に走り回っている、イノブタ等の動物の親子を見れば、多くの人々にも避難地域内放射能の実害が分かる筈」だ。

「もちろん、避難地域内で飲食しながら、子どもを産んで育てている」のだ。

「それが、元気いっぱい」なのである』。

『「放射能による害が甚大で、未だに危険だ!」と言うのなら、

「実証が必要」だ。

「それこそ、元気に走り回っているイノブタ親子でも捕まえて、サンプル調査すれば良い」。

「放射能ゆえの異常個体はどれだけ誕生しているのか?」

「放射能ゆえの病変はどれだけあるのか?」

・・・「調べる気で調べれば、直ぐにでも判る筈」だ。

「反原発派が、率先して、調査行動を行わない」のなら、

「その事自体が実害の薄さを示している」』。

『「極東地域日本のみ脱原発」が「実質的に詐欺みたいなモノである事」は、

「前の前の記事に記した」。

「この実質的詐欺でメリットを得る」のが、

「韓国(北朝鮮も含む)や中国である事」からも、

「極東地域日本のみ脱原発詐欺」が「植民地支配詐欺」や「従軍慰安婦詐欺」と「同様の事」であり、

「詐欺指令部も同様の所に在る事」は、

「多くの方々が解る」筈だ』。

『「脱原発が倫理的に正しい???」

「人類の科学・技術の進化や原子力の理解が出来ていない人々の倫理では正しく思える」が「実態」であり、

「それは、進化否定論者たちの倫理」なのである。

「人類の科学・技術の進化や原子力の理解が普通に出来ている人々の倫理」では、

「倫理的に正しいのは、科学・技術の進化を否定せず、原発等の安全管理を向上させて行く事」だ。

「倫理面」でも「経済面」でも「反日政策対策面」でも、

「極東地域日本のみ脱原発」に「正当性は無い」のである。

「それなのに、日本のみ脱原発が正しいと思わされている人々」は、

「詐欺師の術中にはまっている」のだ』。

|

「議員辞職もの」参議院議員山本太郎の問題行動・・・。

『「下村文科大臣」によれば「議員辞職もの」の「山本太郎の園遊会時の問題行動」だが、「本当にその通り」だ。

「国会議員としての適性が大きく疑われる事態だから・・・」だ』。

『「民主党政権時」にも「有権者の責任」が「問われた」が、

「前回の参院選時に、山本太郎に一票を投じ、参議院議員山本太郎を誕生させてしまった有権者の責任」も

「大いに問われるべき」だろう。

「参院選時に山本太郎に一票を投じた有権者側から、議員辞職を促す・・・」くらいの「事態があって然るべき・・・」だろう』。

『「どの様な処分が下されるのか?」は「未だ不明」だが、

「日本人ならとても考えられない、常軌を逸脱した問題行動」に対して、

「大甘の処分・・・」では、

「多くの人々が納得出来ない筈」だ』。

『「こんな酷い国会議員が居る」と、「国会議員が園遊会に参加する時の細かな規制まで必要になってしまう」・・・。

「山本太郎がどんなに否定しても、

国会議員で無ければ、

山本太郎の様な人が園遊会に出席する事も実質的に不可能」だから、

「公人として」であり、

「公人の政治家である国会議員が、天皇陛下を呼び止めて、手紙を直に渡す事で、注目を集めた行為」は、

「天皇陛下の政治利用」になる』。

『「正に、議員辞職が相応しい」のが「山本太郎参議院議員だ」』。

|

韓流テレビでは本日も「山本太郎の宣伝」だが・・・。

『「園遊会で、天皇陛下を呼びとめ手紙を直に渡した問題行動を、問題行動扱いしない様では、他の全ての情報に対する信頼も得られない」からか、

「山本太郎の園遊会での問題行動は、問題行動扱いされている」が、

「未だに、山本太郎の言い分を動画で一方的に大量配信して、山本太郎の有名人利権を増大させている」のだから、

「酷いモノ」だ』。

『「テレ朝朝番に至って」は、

「山本太郎が不満の受け皿になっている」とか、

「変に国会で追及しない方が良い」とか、

「支持している人々が一定数いる」等と、

「実質的には、山本への応援になる情報発信まで行っていた」のだから、

「本当に醜悪」だ』。

『「そもそも、脱原発や山本太郎を支持させられている人々が一定数も出来てしまった」のは、

「テレビ・マスコミ等で、散々、原発不安を煽り、原発嫌いを誘い、山本太郎を宣伝して来たから」だ。

「元々は、少数だった山本太郎の支持者が膨らんだ大きな要因」は、

「韓流テレビ・マスコミ等による宣伝」である。

「例えて言う」なら、

「詐欺師集団は少数だが、詐欺師集団に騙されている人々が多数居る」から、

「詐欺師の支持者が一定数居る」と「言っている様なモノ」なのだ。

「極東地域日本のみ脱原発詐欺」の「片棒を担いでいる」のが、

「韓流テレビ・マスコミ等」という「図式」である』。

『「極東地域日本のみ脱原発」が「何故、詐欺みたいなモノなのか?」

「それは、極東地域日本のみ脱原発実現による、日本のデメリットや、中国・韓国のメリットを、判っているのに、はっきりと示していないから」だ。

「極東地域で日本のみ脱原発が招く事態」は、

「日本の化石燃料依存度&輸入費が増大する」、

もしくは、

「高価買い取りが決まっている不安定な再生可能エネルギー発電の普及により、日本の電力が高価不安定になる」、

「日本の核抑止力が衰え」、

「日本の電力が高価不安定になる事で、中国や韓国の企業が有利になり」、

「中国や北朝鮮の核兵器圧力が増す事」

・・・等々なのだ。

「福島第一原発被災事故の後処理」は「本当に重要」だが、

「原発不安を増大させたり、日本のみ脱原発させる事」と、

「被災事故の後処理を進める事」は、

「全く違う」。

「判っている事をちゃんと告げなかったり」、

「全く違う事をごちゃ混ぜ」にして、

「他の人々を操る」のは、

「詐欺師の常套手段」に他ならない』。

『「日本の公共の電波を使って配信する情報」なら、

「{(実質的)日本のみ脱原発詐欺}で騙されている状態の人々」を「少しでも減らす事に繋がる情報」であり、

「{(実質的)日本のみ脱原発詐欺}師の宣伝」や、

「{(実質的)日本のみ脱原発詐欺}で騙された状態の人々を賛美する情報」ではあり得ない』。

『「日本のテレビの正常化」は「急務」だ』。

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »