« 「特売の減少」をダシに円安!を訴えていたテレ朝朝番の利韓偏向ぶり・・・。 | トップページ | 北朝鮮、張成沢の処刑と今後・・・。 »

電磁波工作の実態・・・。

『「●流人脈による不適応分子粛清工作の一つである日本国内で行われている電磁波工作の実態」が「どんどんエスカレートしている」。

「電磁波工作兵器」には「強力な物から微弱な物まで複数在る」。

「強力な物には相応に強い電源が必要になる」ので、

「強力」な「電磁波砲とでも言うべき工作兵器」は、

「主として建物の中に在る」。

「電磁波砲が当てられるターゲット特定を行っているのが、工作員が持つターゲットポインターと微弱~中程度の電磁波銃とでも言うべき工作兵器」だ。

「ターゲットポインターだけの場合」もあり「ターゲットポイント機能」は、

「工作員が持つ、ソフトをダウンロードしてある携帯でもスマートフォンでも可能になっている」と「共に」、

「ターゲットとされてしまっている人々(知らず知らずの場合も含む)が持つ携帯電話やスマートフォン等の位置情報の不当利用によっても使われている」。

「知らない人々もいると思う」が

「携帯やスマートフォンに表向きでは商業目的等でフリーメール等を送った場合(この時点で既に、電話番号やメルアドが工作側に取られていることになる。)、

位置情報の吸い上げも可能で、

一端位置情報が吸い上げられれば、

既に、電話番号やメルアド等が判っているその携帯電話やスマートフォンの位置から

個人を特定し、

その個人のその時の特定の身体部

(首の付け根や頭や顔や腰等々、

・・・どうも、工作電磁波は鉄との共振性等が高い様で、

人体の血液内の鉄分との共振等により、

身体不調をもたらしたり、発ガン等を企んでいる模様なのだ)

にを電磁波砲や電磁波銃等を当て続け追尾させる事も出来てしまう」のだ』。

『「電磁波を当てられた者の実感」としては、

「何か?変」

「何故か?疲れる」

「イライラする」等々がある。

「そんな場合は、電磁波工作も疑ってみる価値は十二分にある」のが「今の日本社会の実情」だ』。

『「防御は、もちろん電磁シールド」で「例えば、電磁砲等と人間との間に1~2ミリ程度のアルミ板を置けば、電磁波により-イオンが発生する」から、

「電磁波砲等が在る方向等も判る」。

「ただし、工作電磁波は、建物も素通りするので、方向の先の何処に電磁波砲等があるのか?を見つけ出すには、それなりに慎重な検証が要る」。

「ポイントアップする工作員は、近くに居る場合が多い」から、

「こちらは、比較的特定するのは簡単」だ。

「自宅内や仕事場等で電磁波工作のターゲットとされてしまっている場合」は、

「近くに居る工作員以外」にも、

「電磁波レーダー等で建物の壁を通して盗み見している工作員も居る場合が多い」ので、

「要注意」だ。

「工作員に工作員を見晴らせる機能も持たせ、裏切りや電磁波工作の露呈等を防いでいる」様相なのだ。

「ターゲットを追い続けていれば、電磁波工作だけでは無く、飲食物工作も可能」で

「弱毒物や有害物をターゲットに継続的に摂取させ続ける飲食物工作も実際にある」』。

『「電磁波砲や電磁波銃と言っても、もちろん、大砲や銃の形をしている訳では無い」。

「直進性のある特殊な電磁波をターゲットに当て撃ち続ける事が出来る機能を持っていれば、形を問わない」。

「摘発する時」は

「工作兵器の形で追わず、

電磁波の存在から工作兵器の場所を推定し、

大枠で人の移動も行動も完全に押さえた上で、

大枠から絞り込んで、工作兵器を見つけ出す様にすれば、

間違いの無い摘発が可能」になる』。

『「問題は、現状の日本の法体制と摘発体制」で「電磁波の悪用に対する罪や罰則の規程や摘発体制があまりにも手薄」だ。

「現状の技術レベルでは、見えない電磁波レーザーで殺人も可能」なのだから、

「殺人や傷害になれば、殺人罪や傷害罪で摘発・・・」等の

「悠長な体制では無く、電磁波の悪用自体を規制し取り締まる事が出来る様にするべき」なのである。

「因みに、長年に渡り特殊な強い電磁波が当てられたが故の発ガン等による死」では、

「因果関係の立証も困難になってしまう」のが、

「現行法」だ。

「飲食物中に工作物質混入し続けた場合でも同様」になる』。

『「何か?変」な状態では、

「人は本領を発揮し辛い」。

「日本内の●人脈に対する有益分子には、電磁波工作を行わず、不適応分子は電磁波工作のターゲットとし続ければ、

●人脈にとっての有益分子の力が増す」のだ。

「政財界・情報教育界・医療福祉界等々で、実権を持つ者の多くが●人脈の者」となれば、

「日本の乗っ取り支配も容易になる」』。

『「工作活動は現実に在る」のだから、

「対策は急務」だ』。

|

« 「特売の減少」をダシに円安!を訴えていたテレ朝朝番の利韓偏向ぶり・・・。 | トップページ | 北朝鮮、張成沢の処刑と今後・・・。 »

お知らせ」カテゴリの記事