« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

脱原発派の方々も「中国も韓国も原発を使い続ける中で日本のみが原発即ゼロにしたらどうなるのか?」くらいは考えるべきでしょ・・・。

『「日本だけ原発ゼロにしても、日本が原発事故による核汚染から逃れられる訳では無い」。

「中国や韓国の原発で事故があれば、核汚染物質は偏西風に乗って大量に日本に渡来する」。

「核のゴミ問題は、世界中の問題で、核のゴミ産業の問題に他ならない」。

「日本の再生可能エネルギー発電は長年・超高価買い取りが決められてる」ので、

「日本で再生可能エネルギー発電が増える事はそのまま日本の電気料金を上げる事に直結している」。

「電気料金が高い分、企業も個人も負担が増える」。

「原発を使い続ける中国や韓国は、この面で漁夫の利を得る事になる」。

「日本のみ原発即ゼロ」の「実体」は「利韓・利中政策」に他ならない』。

『「原発事故後の処理の問題」と「原発事故問題をごちゃ混ぜにしてはいけない」。

「原発事故後の処理の問題の多く」は「当時政権与党だった民主党等の事故後対策の悪さにある」。

「福島第一原発被災事故問題の本質」は「津波対策を誤った人災」だ。

「チェルノブイリでも他の原発事故でも、原発事故の原因は、基本的に人災」である。

「地震国に在る地震対策が取られている原発」と「地震が起き辛い国に在る管理の甘い原発」の「どちらがより危険なのか?」は、

「言うまでも無い」だろう。

「もちろん、チェルノブイリ原発事故の原因は地震では無い」』。

『「原発即ゼロで、再生可能エネルギー産業を増やす」とは、

「日本の基幹産業を変える政策に他ならない」。

「つまり、自動車・家電等の産業は、韓国にも、中国にも、ある産業から、日本を退かせ、再生可能エネルギー産業を重点的に行わざるを得ない状態に、原発即ゼロで導くという事」だ。

「原発を使い続け、自動車・家電等の産業を充実させようとしている韓国や中国の為」に

「原発即ゼロで、日本の企業・個人に意図的に電力面でハンデを背負わせ、更に、再生可能エネルギー産業にシフトさせる事」で、

「韓国や中国のそれらの産業に漁夫の利を与える」。

「日本の旧来からの企業を細らせ、内需も細らせる反面、

韓国や中国の自動車や家電や原発等の産業に対しては追い風を吹かす・・・、

それが、日本の原発即ゼロ」だ。

「原発即ゼロとは、円高・ウォン安/元安容認政策みたいなモノ」なのだ』。

『「再生可能エネルギー産業にシフト時」の「労働者実態」とは、

「まるで、かつて土木工事等を行っていた方々に、介護職へのシフトを推奨した様な事」だ。

「現場介護職に転職したほとんどの方々が、新人扱いとなるから、安い給料で、しかも、キツイ、長時間労働を強いられた」。

「資本を投じビジネスを仕掛ける方は、元々の産業が細れば細る程、安い労働力が山ほど状態・・・となる」のだ。

「再生可能エネルギー発電を長年に渡り超高価で買い取る事を決めた」のは「民主党菅政権時で、ソフトバンクの孫氏も大きく係わっていた」。

「高値買い取り=普及すればする程、既存産業の負担が増える事で、その分、安い労働力が流失し易くなる事」なのである』。

『「原発即ゼロ」という「実質売国政策」に、

「賛同させられてしまっている情報難民の方々」は、

「未だ、少なからずいるのだろうか?」』

『「マスゴミの政権交代!の煽りに載せられて、

民主党へ一票を投じてしまった方々」と

「同じ様な現象が、今回の原発即ゼロでも出てしまうのだろうか?」

「筆者は残念ながら、都民有権者では無いが、都民有権者のほとんどが、マスゴミに操られる事無く、選挙時の判断を間違わない事を願って止まない」』。

|

NHK籾井新会長「従軍慰安婦発言問題」を仕込んだマスゴミ言葉狩り情報工作の悪態ぶり・・・。

『「マスゴミによる言葉狩り」は、「この様に仕込まれ、この様に悪用される」。「正に、その分かり易い一例となった」のが「今回の籾井NHK新会長の従軍慰安婦発言問題」だ』。

『「先ず、新会長就任会見時」に、「マスゴミ自体は重々承知している、籾井新会長の歴史認識を引き出すべく質問」した。

「その上で、更に、煽り、従軍慰安婦に対する個人的見解まで引き出した」。

「籾井新会長は、発言前に、あくまでも個人的見解である旨釘をさした」が、

「マスゴミ」は、「NHK新会長就任会見の場の発言だ!」と「大問題化」した。

「そして、当初のマスゴミ報道」では、「個人的発言の言葉狩りを偏重した内容が、大宣伝された」。

「日本のマスゴミをマスコミと勘違いさせられている海外のマスコミ」は、

「日本のマスゴミに操られ、反日工作の手先となる情報を一斉に発信」した』。

『「しかし、民主党政権下でも無い今の日本国内」では、

「そのままでは、マスゴミ自体もアブナクなる」。

「そこで、海外発進が済んだ後」は「日本国内向けに、火消し工作に走っている」。

「会見時の実態情報も流す様になった」』。

『「もちろん、マスゴミをマスコミと勘違いし、載せられた籾井新会長にも、脇の甘い部分はある」。

「しかし、例えば、スリに財布を盗まれた場合でも、圧倒的に悪いのはスリ」だ。

「悪い目的の下の行動を仕掛ける方が圧倒的に悪い」のである』。

『「籾井新会長を責めて正義ぶるマスゴミの操り人形たち」は、

「いい加減に、マスゴミの操り人形から自分を解放するべき」だ。

「責めるべきは、本当の悪」である』。

|

インフルエンザ・・・。

『「電車で東京方面に出た2日後から、丸二日寝たきりになってしまっていた」。「かなりの高熱も出たので、免疫の無いタイプのインフルエンザにでも、感染した」のだろう。

「コレもまた、迷惑な連中による、不適応分子粛清工作の一つか?」と思ってしまったが・・・』。

|

電磁波工作と言うよりは電子銃/砲/レーダー工作と表現した方が適切な様で・・・。

『「電気回路に、激しくオン・オフする素子等を仕込むと電子が飛び出して来る」。

「電線の周囲には、全体的に、回路の末端部等先の無い比較的尖った部分からは、集中的に」。

「激しくオン・オフさせるリズムや周波数等によって電子の飛び出し方も違う」。

「筆者の周囲にも在る、今までは、電磁波工作と表現していたロクでも無い連中が意図的に行っている様相の工作の実体」は、

「電子銃/砲/レーダー工作」と「表現するべきだった」のだろう』。

『「もちろん、銃や砲」と言っても、「所謂、弾丸型の銃や砲の形をしている訳でも無く、弾を基本的に一つづつ発射する物でも無い」。

「むしろ、レーザーライトやスポットライトの光の様な形で、電子を放射する事が出来る、形は問わない物(例えば、カーオーディオも含むオーディオや、ラジカセや、カラオケ機や、掃除機や、電気ポットや、ライトや、照明機器等々、上辺は、何処にでもある電化製品で構わないのだ・・・)」だ。

「電子砲レベルの場合は、レーザーライトやスポットライトというより、サーチライトとでも表現した方が適切」だろう。

「普通の者なら、機器の専門的な詳しい調査をしなければ実体が判らず、

その機器が電子銃・砲化されている事を知り、

電子銃・砲として使う事が出来る者にとっては、それが、工作兵器になる、

そんな工作兵器が使われている様相」だ。

「小さなモニター画面があれば最低限の機能は有させる事が出来るので、工作兵器化された機器には、電子レーダー機能も組み込まれている場合も少なく無い様」だ』。

『「ドウリで、電磁波メーターでは、検出が困難なのに、電界メーターでは比較的容易に検出出来る訳」だ。

「また、ある程度以上の勢いのある電子は、大部分の非導体を通り抜け、導体でも余程拡散力が強い導体で無い限り、玉突き現象で実質的に通りぬける」。

「鉄で玉突き現象となり実質的に通り抜け、アルミで拡散分が出てマイナスイオンが発生する電子銃/砲/レーダーが使われている様」だ。

「レーダーの解像度は、上手く作っているなら、かなりのモノになっている筈」だ。

「最初から、動かない建物や家具等のデータを取り、フィルター効果で取り除いてしまえば、人だけを重点的に、かなりの高解像度で覗く事が可能な筈」である』。

『「車の場合は、電子銃レベルの電子放射」であり、

「建物等の大電力を利用可能な場合には、電子砲レベルの電子放射」となっている』。

『「電子銃/砲の威力を増す方法」が

「ターゲットの家や車の電気回路からも電子を放射」させ、

「電子放射の電気回路越しにターゲットに向かって当てる事」で、

「その場合は、電子銃/砲の電子に導かれたターゲットの家や車の電気回路の電子が大量に放射される」ので、

「電気回路の近くにいると、短時間で筋肉痛になってしまうくらいの威力がある」。

「長時間、強めの電子放射を骨や血液等に当てられ続ければ(レーダーによる覗きと、専属工作員もしくは、集団的工作員による集団ターゲット狙い続け等の手段で可能になるし、実際に、その様な状態もある)、

白血病やガンの発生率が飛躍的に上がると推定される」。

「また、ターゲットの家や部屋が電子で満たされている様な状態」なら「電子レーダーの感度や、解像度も高くし易くなる」』。

『「日本の警察等及び法律・司法者たちは、

日本国内で電子銃/砲/レーダー等を使って、

一般市民生活にも大きな迷惑を及ぼしている連中を、

ちゃんと取り締まり厳罰に処すべき」だ。

「現行では、電子悪用犯罪に対する法整備も摘発体制も不十分」だから、

「悪どもは、其処を悪用している」のだ』。

『「筆者がはっきりと確認している強電子放射発生場所(つまり建物)」は「10箇所を超え」、

「電子放射発生車の数」は「数十台以上」だ。

「そして、その場所は、関東平野でも甲信越にも在る」。

「携帯型の電子銃/レーダー工作兵器も在る様」で

「ホテル等に泊まりに行った時の上や隣からの場合も在った(上からの割合が多いが・・・)」。

「筆者の場合は、余程目を付けられている様(こんな事でのVIP待遇は迷惑以外の何物でも無い!)」で、

「携帯保持時の電子銃工作車出現割合が高い事」からも、

「システム的に出来ている不適応分子(もちろん、工作を行っている方が人道を無視して身勝手に決めている)粛清工作」と推定される。

「明らかに、組織的」なのである』。

|

某ラジオ番組のアンケートでは、新東京都知事に相応しい人で、田母神氏圧勝だが・・・。

『「実際の選挙結果も、田母神氏圧勝」なら「都民有権者の自虐度はかなり低い事になる」。

「しかし、実際は、混戦になってしまうのでは?」

「混戦では、票が割れた勢力が不利になる」。

「そのアンケートで二位なのが、ドクター中松・・・」という辺りにも、

「そのアンケートに投票している人々の実態がチラホラ」・・・、

「ワザとらしく(?)、舛添氏より細川氏を上にしているところにも・・・」・・・』。

『「多種多様な調査」で「田母神氏圧勝、もしくは、一番」なら「迷いの無い投票が一番」だろう。

しかし、「極一部の調査」での「田母神氏圧勝」は「票割り工作の可能性だってある」のだ。

「都民有権者は、その辺りを十分に確認した上」で「悔いの無い一票を選択し、投票するべき」だ』。

|

沖縄名護市長選、現職辺野古移設反対派再選で大喜びの韓流テレビ等&中国共産党・・・。

『「地方首長選挙の選挙結果」で「国政に大きな影響を与える事が出来る」は「ある意味、事実」だ。

「しかし、その影響が、日本を不利にし、反日国を有利にする」では、

「自虐投票もいい加減にしろ!の世界」である。

「名護市は反日国の策略的パラダイスドリームと引き換えに、現実の名護市を衰退させ続ける道を選択」した』。

『「一日本国民として、本当にお気の毒」と思う』。

『「今頃、反日国人脈の人々は、大喜び」だろう。

「何しろ、日本の一部が、自虐的な衰退を選んだ」ばかりか、

「米軍再編の遅れは、日米安保に影響を与え、中国共産党軍等の圧力を増させ易くなったから」だ。

「日本を反日ロジックで支配しそんな日本から搾取する事を目的としている人脈」にとっては、

「日本の衰退=貧困層の増加=支配が容易になる事」、

「日米安保の支障=反日国軍の圧力増強」で、

「そんな事態を日本国民自らが自虐的につくった」のだから、

「自虐投票者の数=既に、反日ロジックで操れている人々の数を立証した事と同じ・・・みたいな話し」だ。

「日本国内にいる反日国工作員たち」は、

「常々、工作員報酬アップに直結する、自虐操り人形大絶賛!」なのだ』。

『「早々に、韓流テレビ等では、地方首長選で日本の国政も動かせる!」等々と、

「まるで、政権交代すれば、より良い日本になる!旨のファンタジー宣伝」で、

「実質的に有権者を、騙し、操り」、

「民主党政権を成立させてしまった時と同様のキャンペーン」を

「大々的に始めている」。

「地方首長選が国政に影響を与えるのは事実」だが、

「国政に与える影響が日本を悪くし反日国を利す影響」なら、

「そんな影響は避けるべき」だ』。

『「沖縄の名護市長選では、マスゴミの自虐誘導に操られた有権者が多かった様」だ。

「果たして、首都東京都知事選」では、

「マスゴミの自虐誘導から解放されている有権者の数と投票行動」が、

「日本にとっての自虐候補の当選を防ぐ様になるのだろうか?」

「都民有権者では無い筆者」だが、

「その辺りは、大いに気になるところ」だ』。

『「現時点では、衰退を選択してしまった沖縄名護市」だが、

「一刻も早い自虐からの解放を願っている」』。

|

猪瀬徳州会マネー右翼仲介で浮かび上がってくる「利韓・利中共人脈が仕込んだ都知事選」・・・。

『「右翼と左翼は同じ人脈の裏表である場合も少なく無い事」を「ご存知の方々の多く」は、

「猪瀬都知事への徳州会からのお金を右翼が仲介・・・」という「報道」を「見聞きして」、

「やはり・・・」等の「感を抱いた」のでは無いだろうか・・・。

「右翼によるお金の仕込み」を

「同じ人脈の反対側である左翼マスゴミ等がバラし、都知事辞任に追い込む・・・」。

「そして、都知事選の実現」だ。

「更に、今、徳州会マネーをバラした左翼マスゴミ等が、実質的に推奨している」のは

「脱原発細川元総理」である』。

『「国政選挙がしばらく行われない見通しとなる安倍政権への政権交代がほぼ確実になった段階で、利韓・利中共人脈は考えた筈」だ。

「安倍政権成立・・・となれば、国政では、民主党政権時の様な、利韓・利中共政策を日本の国政が行う見通しは無い」のだから、

「国政以外の道でその事態を打破しなくては・・・」等と・・・。

そして、

「利韓・利中共人脈が、白羽の矢を立てた」のが「東京都知事選だった」のだ。

「安倍政権成立以降、出来る限り早く、{策略}東京都知事選を実現させる為に仕込まれた」のが、

「都知事当選確実だった猪瀬氏に対する徳州会マネー」だった。

「2020年東京オリンピック招致確定後のタイミングを狙って、それを徳州会マネー問題を仕込んだ右翼と同じ人脈の左翼マスゴミが露呈させた」。

「その結果が今回の都知事選」だ。

「そして、その都知事選でのホワイトナイト的に脱原発の細川元総理を担ぎ上げ、

マスゴミ等による善・好イメージ大宣伝等により当選させる事で、

国政にも影響を与え、都政でも国政でも利韓・利中共政策を行う人々に力を持たせたい」のである。

・・・「そんな構造が浮かび上がっている」のだ』。

『「日本にとっても、東京都民にとっても、特定人脈の策略ゆえの都知事選等は、迷惑な話し」だ。

「脇の甘かった猪瀬氏も問題」だが、

「今回の都知事選が、上記の様な策略によるものなら、変な策略を仕込み実行した連中は、もっと問題」である。

「しかし、日本の現行の法律や摘発体制」では、

「マスゴミどもの大衆誘導や、自虐・利韓・利中共教育や、電磁波工作や飲食物工作等、・・・さえ、野放し状態」なのだ。

「変な策略に対する対策共々、実効のある対策が急務」である』。

『「今回の都知事選が、もし、上記の様な策略によるものだったのなら」、

「いったいどれ程の都民有権者」が、

「詐欺師的人脈にはめられた都知事の辞職に伴う、仕込まれた都知事選に担ぎ出された上」に、

「詐欺師的人脈の推す候補への一票を投じる操り人形として、操られてしまう」のだろうか?』

『「利韓・利中共政策等は日本に行わせるべき事では無い」。

「日本で行われる政策は、利日本国・利日本国民で良い」のだ。

「利韓・利中共人脈等は、日本国内で、不当な工作活動等を頑張っている暇がある」のなら、

「韓国や中国に帰り(行き)、韓国や中国の状態を少しでも良くする事を頑張るべき」である』。

|

「ウィルステロの恐怖」と「電磁波(電子)工作」問題・・・。

『「浜松の集団ノロウィルス感染事件」でも「明らかな様に、例えば、集団ワクチン接種無きウィルスを使用すれば、日本社会弱体化工作は容易」だ。

「浜松の事件の実態・実体は今のところ???」だが、

「誰かが意図的に事故とも取れるノロウィルスをばら撒いた可能性だってゼロでは無い」のだ』。

『「何処の誰だったら、そんな事をするのか?」

「日本人・社会弱体化工作を行っている連中だったら、ありえる話し・・・」だろう。

「実際に、日本乗っ取り工作の一部である日本人・社会弱体化工作を行っている連中が居る」のが、

「日韓併合以降の日本社会の現実」である』。

『「戦後の具体例が、飲食物等の工作であり、情報・教育工作」だ。

「そして、科学技術の向上により、其処に電磁波(電子)工作まで加わっている」』。

『「自虐情報・教育工作の実態」は「もはや、多くの方々がご存知の通り」だ。

「日韓併合以降の事実無根の歴史観等が蔓延り、歴史上の事実・現実が長い事葬られ続けていた戦後日本社会の現実」は

「明らかに異常」だが、

「異常事態の裏」には、

「異常事態を引き起こしていた者たちが実際に居る」のだ』。

『「表沙汰にはなっていない」が「飲食物等の工作は、かなり前から行われている」。

「例えば、ある食品企業の実権を握る者が、そのスジの者等となれば、過剰な添加物が添加され続けて来ている」。

「過剰な添加を後押し・無理強い為」に「クレーム工作や脅し工作まで行われて来ている」。

「そればかりでは無く、工作員による、フッ素等の摘発困難で、一定の条件の下では蓄積され易く、過剰蓄積されると実害をもたらす物質の混入工作」まで「行われて来ている」。

「農薬混入事件の実在からも、その様な工作は可能である事が誰にでも解る筈」だ。

「農薬は、急激で判り易い実害を伴う」が

「フッ素等の場合、急変は無く、短時間区分では判り辛いが、継続汚染では、原因が良く判らない実害が出る」のだ。

「食品工場等で全体的に仕込む」と共に「ターゲットの家や部屋に侵入し、飲食物にフッ素等を加える」のが「実際の手口」だ。

「鍵にならない鍵が蔓延り、防犯カメラが普及していない時代」は、

「正に、仕込み放題だった」のである』。

『「鍵の向上や防犯カメラの普及により、ターゲット指定の飲食物工作が困難になる」と

「次なる手段として用意されていたのが、電磁波(電子)工作」だ。

「ターゲットの家の電気系統に、特定リズム極短時間にオンオフする素子等を仕掛ける」と、

「ターゲットの家の電気系統の電線から電子が放出される」。

「其処に向かって、更に、外から、電磁波レーザーを当て、それを家の中に居るターゲットに当てる」と、

「まるで、電子銃でターゲットを狙い撃つ様な事が出来てしまう」のだ。

「その為には、電磁波レーダーによる覗きと、電磁波レーザー銃も必要になる」が、

「昨今の科学技術では、その程度の物をつくる事は容易」である。

「電磁波レーザー銃は銃の形をしている必要は全く無い」。

「特定タイミングで極短時間でオン・オフする電気回路からは電子が飛び出してしまう」が、

「電子の飛び出し易い口」は、

「電線の尖った開口」なのだ。

「具体的に言うなら、意図的に、スピーカー裏の尖った電線開口部分等をターゲットに向け、その回路から電子を飛び出させる」なら、

「オーディオ機器等が電子銃になる」のである。

「また、オーディオ等の場合は、左右の電力差の調整も出来るので、それを利用すれば、当て先を変更・調整する事も可能になる」。

「多方向から、ターゲットの特定部位に向かって幅広い照準の電子銃を当てる」と、

「結果として、ターゲットの特定部位に照準を合わせた強い電子銃を撃ち続けた事と同じになる」のである』。

『「飲食物工作の実害」は「内蔵の不具合~ガン化等」や「イライラ等精神的障害」だ。

「酷い場合は、それが原因で、死にも至ってしまう」。

「電磁波工作の実害」は

「覗き」であり

「筋肉痛(電子機器による筋肉トレーニング偏在過剰状態)」であり

「白内障等の目の障害(何しろ、見えない極強い光が当てられているのだ、目を狙われ続ければ・・・)」であり

「リンパの流れ障害(イオンバランスが崩れる事による)」であり

「血流障害(イオンバランスの崩れや血栓製造による)」であり

「ガン化(白血病等)」であり

「それら等の結果としての傷害・致死」である。

「酷い場合には、いきなり脳血管障害や心疾患等で死に至らしめられる場合もある」』。

『「基本は、日本の現行法で摘発困難、もしくは、摘発されても微罪」が「日本での不適応分子粛清工作法」なのだ。

「しかし、何れにしても、そんな不適応分子粛清工作(実験も含む)を行える者たち」が

「横行出来ている状態こそが異常」である。

「スパイ・工作活動天国状態が温存されている現状日本社会は、明らかに異常」だ』。

『「日本乗っ取り支配工作等をやる連中のやり方」なら、

「例えば、ノロウィルステロもどき」を「材料」に「もっと実害の大きなウィルスをばら撒く等と、日本政府等を脅し」、

「自分たちの日本乗っ取り策略に都合の良い政権や政策等を実現させようとしている」だろう。

「しかし、日本政府も日本国民も、決して、それに屈してはいけない」のだ』。

『「全ての工作活動を陽の下にさらすと共に、日本国や一般日本国民に有害なスパイ・工作活動を行う者たちに厳罰を与える」のが、

「日本国として、正しい道」である』。

|

韓流テレビの小泉中心主義・・・。

『「話題の中心として特定の人を扱う事」が「どの様な効果を生むのか?」

「例えば、小泉親子なら、小泉親子の有名人利権が増大する」。

「そして、扱い時のイメージが善や好」なら「小泉親子は善い人々・好ましい人々」として「視聴者に刷り込まれる」のだ。

「小泉親子と対立する者・物・事」は、

「善や好との対立関係にある悪や嫌の者・物・事」として、

「視聴者に刷り込まれる」のだ』。

『「小泉に限らず、親子の宣伝は血統の宣伝でもある」。

「他の政治家や、芸能人の場合でも同様」だ。

「世襲批判で血統利権を否定」していても、

「世襲批判よりも、扱われている人の好や善のイメージが高ければ、その人の血統利権まで善や好だと勘違いさせられてしまう」のが、

「テレビ情報で操られる人々」なのだ』。

『「日本の選挙」は「散々、テレビ・マスコミファシズム下に置かれて来た」。

「細川政権」も「小泉政権」も「民主党政権」も、

「本当の生みの親」は、

「テレビ・マスコミ情報に操られた有権者の一票」である。

「そして今、韓流テレビが善や好のイメージで大宣伝している」のが、

「脱原発」であり、

「再生可能エネルギー発電」なのだ』。

『「韓流テレビ等のインチキ」は、

「脱原発&再生可能エネルギー発電の拡大」が、

「日本の電力を高価不安定にする事」を「十分に言わない事」だ。

「都合の悪い部分は実質的に隠蔽して、上辺の善・好イメージだけを一方的に大量配信している」のである』。

『「日本の電力が高価不安定になれば、どうなるのか?」

「日本国内の企業活動は大きなハンデを負わされる」。

「逆に、原発を積極使用する事で安価安定大電力を確保出来ている国々での企業活動は相対的に楽になる」。

「反日国でも近隣国でもある中国や韓国」は、

「原発積極使用」だ』。

『「脱原発で日本は核汚染の危険から逃れられる・・・」

とは「寝言」である。

「韓国や中国の原発で事故があれば、核汚染物質が偏西風に乗って日本に大量渡来する」。

「核汚染の危険から逃れたい」のなら、

「原発や核兵器を持つ国をゼロにする」か、

「原発や核兵器の管理技術を向上させる」かの、

「何れかの道しか無い」のだ。

「日本の脱原発が世界の脱原発に繋がると思っているなら、本当にオメデタイ」。

「日本が脱原発し日本の電力が不利になったところを突くのが、反日国のやり方」だ。

「それは、日本の悪戯な謝罪につけ込んで反日政策を増長させた過去の実績からも明らか」だろう。

「全世界の原発ゼロは、当分実現し得ない」』。

『「全世界の原発ゼロが不可能である現状人間社会」で、

「核汚染から逃れる為の道は核の安全管理技術を向上させる道しか無い」。

「核の安全管理技術を向上させる為には、実際に原発を持ち、運用しながら、より完成度を高める事が合理的になる」。

「福島第一原発被災事故を本当に反省する」なら、

「悪戯な逃げでしかない、悪戯な極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発」は、

「あり得ない選択肢」だ。

「世界中の原発が事故を起こさないで済む様に、安全管理技術を磨き、向上させ、有効な技術を提供する事」こそが、

「日本の取るべき道」である』。

『「核のゴミ問題」とは「核のゴミ産業問題」であり、

「核のゴミリサイクル問題」である。

「ホンの何十年か前、

科学の進化を否定する者たちにとっては、絶対実現不可能だった、

リチウムイオン電池だって、青色発光ダイオードだって、

今の世の中の当たり前」だ。

「今の核のゴミの問題」は「何十年か前のリチウムイオン電池や青色発光ダイオード」なのだ。

「最終処分場に何十万年も保管」など「あり得ない話し」である。

「安全で効率の良いリサイクル法が出来次第、核のゴミは、リサイクル燃料等に化ける」。

「それまでの一時保管場所」というのが「今の最終処分場」なのだ』。

『「上記の様に考えれば誰でも判る」だろう。

「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発」とは、

「善でも好でも無い」のだ。

「むしろ、日本の電力事情を高値不安定に導き、

日本を将来的に多大な利益をもたらす事が確実な核産業から退かせる、

悪や嫌の政策」に他ならない。

しかし、

「日本が衰退する事での不当利益を得たい反日国にとって」は、

「日本の脱原発政策は、不当利益をもたらす、鴨がネギを背負ってやって来る、日本の自虐政策の一つになる」のだ』。

『「細川政権」「小泉政権」「民主党政権」等成立時に、

「韓流テレビ等に操られて自虐的判断をしてしまった有権者」だが、

「またまたまたまた脱原発で騙されてしまうのだろうか?」』

『「韓流テレビ等が推しているダケ」で「脱原発の正体は明らか」だ。

「オマケに、脱原発派が、細川・小泉・民主党等」なのだ。

「それでも、判らなければ、本当に哀れ」だ』。

『「果たして、都民有権者の判断」は・・・』。

|

沖縄名護市長選、脱原発争点化都知事選、理想という現実衰退策に騙される方々・・・。

『「基地の無い沖縄・・・もちろん、理想的」だ。「観光や農業で景気向上・・・もちろん、理想的」だ。

「しかし、観光や農業での景気アップ努力は、以前から散々行っているのが、沖縄の現実」であり、

「観光や農業だけでは十分に豊かになれない」ので、

「IT企業の誘致等の振興策に救いを求めようとしたが、十分な実効が得られていない」のが、

「沖縄の現実」だ』。

『「冷戦が終わっても尚、何故、米軍基地が要るのか?」

「中国共産党や朝鮮半島の問題があるから」であり「自衛隊だけでは不十分だから」だ。

「沖縄を基地から解放する現実的な道」は、

「中国共産党問題や朝鮮半島問題を解決する事」だ。

「反日政策実行国に対する太陽政策の実効の無さ」は「過去数十年の実績が如実に示している」。

「反日政策実行国に対して、

日本側が大人の対応で暗黙の内に反日政策実行国を認める形で、悪戯に擦り寄る事=反日政策を認める事となり、

反日政策の増長をもたらしてしまった」のだ。

「是々非々の厳しい対応こそが、正常化をもたらす道」である』。

『「日米安保状態を悪くする事は、反日政策実行中の中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)等に漁夫の利を与える」。

「実際に、辺野古移設反対に舵を切った民主党政権の利韓・利中共ぶりは、かなりのモノで、

そんな民主党政権時の反日国の不当増長もかなりのモノだった」』。

『「脱原発・・・理想」だろう。「しかし、代替えはどうする?」

「再生可能エネルギー発電の多くは高価不安定」だ。

「何しろ、20年にも渡って超高価(特に太陽光発電が酷い)で買い取る事が決められている」のだ。

「火力発電には燃料輸入問題と温暖化ガス問題がセットで付いている」。

「再生可能エネルギー発電が主流の日本とは、電力高価不安定の日本」というのが「現実」であり、

「火力を主流とするなら、貿易赤字が膨らむ温暖化ガス大量発生国の日本」というのが「現実」だ。

「電力面や環境面で、そんなハンデを背負わされれば多くの企業が国際競争で不利になり、日本社会は衰退する事になる」。

「脱原発という理想論は、日本社会の衰退をもたらす現実政策」なのだ。

「多くの日本企業が不利になる事で漁夫の利を得る」のが「韓国企業であり中国企業」である。

「日本の電力を高価不安定にする政策」は「韓国や中国を利す政策」に他ならない』。

『「旧型ヘリよりは、安全面でも遥かにマシなオスプレイ」は

「中国共産党等にとっては、邪魔物以外の何物でも無い」。

「オスプレイ大反対の裏にあるのは、中国共産党等系人脈による工作活動」なのだ』。

『「有益分子の育成」と「不適応分子の粛清」というのが「中国共産党等の政治ロジック」である。

「中国共産党にとっての有益分子が、脱原発派であり、オスプレイ反対派であり、辺野古移設反対派」なのだ。

「北朝鮮ではいきなり公開処刑もある不適応分子の粛清が、

どの様な手法で日本国内では行われているのかについては、他の記事をご参照願いたい」』。

『「中国共産党や北朝鮮にとっての有益分子になりたい方々」や

「日本を犠牲にして韓国を利したい方々」は、

「是非とも、脱原発!オスプレイ反対!辺野古移設反対!」である』。

|

自衛艦「おおすみ」と釣り船の衝突事故問題・・・。

『「以前の自衛艦事故時にも指摘した」が「自衛艦は保護色」だ。「今回の事故原因」は「錯視である可能性がある」。

「この事故は、ほとんど同じ方向に向かっていた釣り船とおおすみ」が

「接近し過ぎているにも係わらず、どちらも、回避行動を取らなかった、取れなかった故の事故」だ。

「回避行動を取らなかった、取れなかったところに原因がある事になる」』。

『「回避行動を取らなかった、取れなかった事の原因として考えられる」のは、

「注意不足」だったり、

「意図的」だったり、

「錯視」だったり、

・・・する』。

『「大型船の急激な回避行動は、多くの場合、付近にいる小型船を危険にさらす」ので、

「普通は、小型船は大型船には近づかないもの」だが、

「保護色ゆえに距離感が騙されていれば、知らず知らずの内に近づいてしまう事もありえる」』。

『「小型船から見た場合、それこそ目の前に急に大型船が現れた様な状態になってしまう」のだ。

「似た様な例としては、広めで見晴らしが良い農道等の信号の無い交差点で起きてしまう自動車事故がある」。

「直前まで、どちらの車からも、相手の車は、未だ遠くを走っている様に見えてしまう(錯視)から」だ』。

『「以前の事故時にも指摘した」が

「自衛艦は、保護色なのだから、

交通量の多い海域では、

ライトを点けるとか、大弾幕をたらすとか、・・・の安全対策を行った上で、

航行するべき」だ』。

|

最近の記事も余程気に入らないみたいで・・・。

『「昨今の記事が、かなり痛いところを突いているからか(?)」で「筆者の部屋の-イオン発生量が飛躍的に増える事が増えた」。

「つまり、それだけ、周囲から電磁波が強く当てられている」のである。

「対策無き人々」なら「とっくに身体や精神の不調状態に追い込まれている」だろうが、

「対策すると、-イオンの量が増える」のだから、

「面白いモノ」だ』。

『「えげつない電磁波レーザー照射や電磁波悪用覗き行為等には呆れるばかり・・・」だが、

「電磁波悪用の犯罪に十分に対応出来ていない日本の警察等にも呆れている」』。

『「日本の警察等は、時代相応の犯罪対策を急ぐべき」だし、

「工作員たちは、効き目の無い工作を頑張るのでは無く、祖国・母国をまともな状態にする事を頑張るべき」だが』。

『「極東アジアの良い状態」とは、

「日本の足を引っ張らず、正々堂々と日本とのライバル関係を築ける、

真の意味で民主化された、韓国(北朝鮮も含む)や中国が出来た状態」なのだ。

「嘘だらけの反日政策の上に、日本の乗っ取り支配工作まで行わせている、国家指導者たち、及び、そんな国家指導者たちに従っている者たち」とは、

「永遠の恥辱に染まる道を歩んでいる人々」なのである』。

|

細川元総理陣営今後の戦略・・・。

『「都知事選への立候補を表明した細川元総理」だが「佐川急便からの1億円借金問題で総理辞任した」と「言われている」。

「今後、当然、この問題がクローズアップされる事もある」だろう。

「細川元総理陣営」も「そんな事は重々承知」なのだ。

「むしろ、ワザと問題にさせて、注目を集めさせる」と共に、

「実際は、既に、処理済みである事」を「大宣伝する事」で、

「正義・クリーンイメージを大宣伝する予定」なのだ』。

『「良く考えて欲しい」。

「もし、実際に問題の無い借金だった」のなら「総理を辞任する理由にはならない」筈だ。

しかし、「現実」は、「総理を辞任した」である。

「佐川急便からの借金が理由では無い」のなら、

「何故、辞任したのか?」が「問われて当然」だ』。

『「当時、総理辞任の理由」として「多くの人々が思った」のは、

「殿・・・ボンボン・・・ゆえの投げ出し・・・根性の無さ」だった。

「果たして、実体」は、

「その後処理出来ているとされている佐川急便からの借金が、総理当時には処理不可能だったからか?」

「ボンボンゆえの投げ出し・・・か?」

「何れにしても、その後政界引退を公言した」のも「現実」だった』。

『「そのボンボンが、今、何故、脱原発で政界(都知事選)に復帰なのか?」

「小泉元総理同様、年齢を考えても、理解に苦しむところが多々ある」』。

『「その答えは、担いでいる人脈にある」のだろう。

「(極東地域日本のみ出来るだけ早く)脱原発を実現させたい人々」である。

「その象徴として、都合の良い若手が見当たらない」から、

「仕方無く、70歳超えの有名コンビ」を「登板させている」のだ。

「もちろん、細川元総理も、小泉元総理も、韓流テレビ・マスコミ等によって、

好イメージでつくられている有名人」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等の人脈にとっては好」でも、

「多くの一般日本国民にとっては好とは限らない(悪かも知れない)事」には、

「要注意」である』。

『「今後も、韓流テレビ・マスコミ等は、脱原発と細川元総理・小泉元総理のコンビを大宣伝する」だろう。

「今の内」は、「先ず、脱原発を争点として認めさせるべく静かに・・・」、

「そして、脱原発の争点色を次第に濃く・・・」、

「最終的には、有権者の最終判断を脱原発問題によるものとするべく・・・」・・・。

「そのベースの上」で「脱原発派の雄のイメージで、細川元総理を実質的に推す」だろう。

「更に、普通に考えながら票を投じる非いきなり脱原発派有権者の票を割る」べく、

「舛添氏や田母神氏等と同様の政策を訴える有名人候補を後出し的に加える」だろう』。

『しかし、

「韓流テレビ・マスコミ等による偏向宣伝戦略自体」が

「日本の公共の電波や公共的マスコミから一方的に偏向情報を大量配信している悪事になっている事」を、

「忘れるべきでは無い」。

「悪事を行っている者たちが賞賛するのは、悪事を行っている者たちに都合の良い者たち・・・」なのだ』。

・・・・・・・。

『「平均年収1千万円超えのテレビ局社員」や「年収3千万円超えがゾロゾロ・・・というテレビ常連コメンテーター等」の中には、

「韓国株保有者も少なく無い」様で・・・』。

『「日本企業が衰退しても、多くの一般日本国民の雇用や収入が悪くなっても、自分たちだけ儲かれば・・・」という

「日本の文化の香りの無い方々」から「臭ってくる」のは、

「何処かの国の文化の臭い・・・」なのだ』。

|

「原発ゼロでも日本は発展出来るというグループ」と「日本が原発ゼロにしないと困るというグループ」の戦いですよね!小泉元総理!!・・・。

『「原発ゼロでも、多大な犠牲を払えば、日本は発展出来るだろう。しかし、原発も使えば、もっと犠牲も少なく発展出来るのが現実」だ。

「主題は、発展では無く、原発ゼロか?否か?」というのが「小泉元総理の弁の実体」で、

「主題を発展と思わせる策略的弁」なのである』。

『「策略的弁で人を欺いて操ろうとする・・・のは詐欺師」で、

「詐欺師と言えば、何処かの人脈のお家芸」・・・』。

|

「日本の脱原発がどうしても必要」な韓国企業株を大量保有している方々・・・。

『「日本国内には、人脈的繋がりから、韓国企業株に投資せざるを得ず、韓国企業株が値下がりしても、簡単に売り抜けられない個人・企業等が在る」。

「小泉政権時や、民主党政権時等、多くの日本企業を衰退させた裏で韓国企業を増長させた時」には、

「韓国企業に投資していた個人・企業等」が「多大な利益を上げていた」。

「ところが、安倍政権への政権交代で事態は一変した」』。

『「事態が一変しても、人脈的繋がり等から、韓国企業株を簡単に売れない個人や企業等」にとっては、

「韓国企業を利す急速な事態回復が無い事=困窮」になる。

「しかし、総選挙は当分無いと推定される」。

「その上、日本社会嫌韓状態」では、

「総選挙時に大量の利韓勢力を国政に送り込み、国に利韓政策を行わせる事は不可能に近い」。

「苦肉の策」が、「脱原発を争点とする都知事選」と言う訳だ』。

『「(極東地域日本のみ出来るだけ早く)脱原発」とは、

「多くの日本企業を不利にする利韓・利韓系人政策」に他ならない。

「実体通りに()内まで言う」と

「聞き手も他国を意識してしまい、脱原発訴えの実体もバレ易くなってしまう」ので、

「()内は言わない」という訳だ』。

『「韓国企業株等を大量保有している人脈が儲かる」と「民主党のような利韓・利韓系勢力が力を持つ」。

「利韓・利韓系人日本社会としたい」のなら「脱原発を訴えている候補に一票を投じるのが合理的」になる。

「日本の為・多くの日本国民の為を考える」なら「脱原発候補への一票は自虐的」だ。

「首都大地震の可能性もある、少子高齢化状態の、オリンピック・パラリンピックが決まってる東京で特に重要な事」は、

「脱原発という利韓・利韓人系政策を国に行わせる事」では「無く」、

「防災であり、少子高齢化の是正であり、オリンピック・パラリンピックを成功させる事」だろう』。

『「多くの一般日本国民にとっては、原発事故より遥かに有害になる利韓・利韓系人政策脱原発」だが

「利韓政策が行われないと窮地に至ってしまう個人や企業等にとっては、必需」なのだ。

「果たして、都民有権者の選択は?」』

|

東京都知事選、どんな人々が脱原発に賛成しているのか?・・・。

『「誰だって少し考えれば、脱原発が多くの日本企業を不利にする事くらい直ぐに解る」。

「それでも、脱原発を訴える人々とは、いったいどんな人々なのか?」

「その答えは、どんな状態の人々なら、脱原発で得をするのか?」を考えれば、

「誰にでも分かる」だろう』。

『「多くの日本企業を不利にし、韓国企業や中国企業を有利にする脱原発」なのだから、

「例えば、日本国籍を持つ者でも、韓国企業株や中国企業株を持つ者たち」なら、

「脱原発による韓国株・中国株の値上がりを期待出来る」。

「韓国企業や中国企業の経営に絡んでいる者たち」の「利権向上にもなる」』。

『「民主党政権時には、全体的に見るなら、日本企業の株価が下がり続けた反面、韓国企業や中国企業の株価が高くなっていた」。

「政権交代で、安倍政権となり、円高が是正されると共に、日本企業の株価は上がり、韓国企業や中国企業の株価は下がっている」。

「民主党政権時等に、韓国企業や中国企業の株を大量保有し、売り損ねている人々」にとっては、

「多くの日本企業を不利にすると共に韓国企業や中国企業の株価上昇をもたらす、脱原発が絶対必要になる」のだろう』。

『「ボンボンである細川元総理や小泉元総理や、脱原発候補を担ぎ出し支持しているお金持ちたち」の

「韓国株や中国株の保有状態」は、

「要注目!」だ』。

『「何しろ、佐川急便からの1億円(当時)借り入れ問題で総理を辞めざるを得なくなった」と言われている

「お金好き」と推定される「細川元総理」なのだ』。

|

細川元総理立候補で早速始まったテレ朝の「脱原発応援キャンペーン」・・・。

『「東京都民が電力に対してどの様な選択をするのか、世界中が注目している・・・」等と「脱原発問題を都知事選の主たる争点とするべく、

細川元総理立候補表明後も、

早々に大衆誘導を行っているテレ朝」・・・。

「もちろん、日本企業を不利にし、韓国や中国等の企業を有利にする日本の脱原発」に

「賛同してしまうおバカ都民有権者」は、

「それほど多くは無い」だろう』。

『「細川元総理を支持しているのが、民主党や小泉元総理である事」からも、

「脱原発推奨者たちの実体」が「判る」。

「利権を集中させ、

日本の中小零細企業等の就業者たちを人とみなさず人件費と見なす社会とし、

日本に在った仕事を、

韓国や中国の企業に流した連中」であり、

「円高・ウォン安容認により、日本の大企業まで細らせたと共に、韓国や中国の大企業を太らせた連中」である』。

『「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発政策」とは、

「そんな連中による新たな」、

「日本を細らせ、中・韓を太らせる為の政策」に他ならない』。

『「世界中の人々が東京都民の選択に注目している???」

「世界中が韓国や中国の反日指導者たち・・・なら、正にその通り」だろう。

「反日政策を行っている韓国や中国にとって、日本企業を不利にする政策が行われるか?否か?」は、

「正に、日本国内の反日工作の成果検証みたいな事だから」だ。

「多くの東京都民が日本にとって自虐的な選択をする事=自虐史観等の反日情報工作、もしくは、マインドコントロールが、未だに生きている事の実証にもなるから」だ。

「日本で自虐マインドコントロール等が生きている」なら「反日政策も行い続け易い」のである』。

『「普通の全世界が注目している」のは

「東京都民の選択した知事による新たな都政が、世界経済等へも貢献するか?否か?」だ。

「脱原発という自虐衰退政策を選ぶなら、日本株は売りで、韓・中の株が買い」になる』。

『「筆者たちから見れば、売国奴や反日国の手先の様に見える候補者たち」を、

「自虐マインドコントロールの一つの元でもある韓流テレビ等」では、

「まるで正義の使者の如く扱っている」。

「原発=悪」なら「使用部品の検査データの偽造まであった韓国の原発など許し難い悪の筈」だが、

「JR北海道の検査データ偽造等は、

大上段から厳しく責めても、

韓国の原発の問題は、実質的にスルーだった」のが、

「日本の公共の電波を使っている韓流テレビの実態」なのだ。

「悪なのは、原発自体では無く、事故である」というのなら、

「先ず、原発事故の実体が人為的ミスである事を大々的に言うべき」だ。

「福島第一原発同様、震源地近くに在りながら、女川原発や福島第一原発が大被害を出さず、福島第一原発だけが大被害を出した」のは、

「福島第一原発の津波対策が甘すぎたから」だ。

「津波対策を決めたのは人」である。

「人為的ミスの問題」で、

「旧ソ連製の原発まである上に情報公開も???の中国の原発や、全電源喪失も隠蔽していた韓国の原発」が、

「安全と思える」のは、

「本当にオメデタイ人」だ。

「日本の原発を止めて、中・韓の原発の活用を容認する選択肢」こそが、

「日本の政治が決める脱原発」である。

「そんなモノは、韓国や中国の手先の売国奴が行いたがる政策であっても、日本の為になる政策の訳が無い」』。

『「日本は原発無しでも発展できる」旨「小泉元総理」は言った。

「もちろん、それは一面では事実だろう」が、

「日本は原発無しでも発展出来るが、

韓国は日本の原発が動いているままだと反日政策を続けられなくなる」というのが、

「実態」なのだ。

「反日政策を継続させ、日本を衰退させると共に、中・韓を利す、日本の脱原発に賛成」なら、

「是非とも、脱原発候補に一票を!」という訳である』。

|

(極東地域日本のみ出来るだけ早く)脱原発とは(韓)国の存亡に係わることですよね。細川元総理!・・・。

『「ここでも、当然の如く、()内は言われない」。

「日本が脱原発しない事が日本国の存亡に係わる」と言うのなら、

「その理由もはっきりと言うべきでしょ!」』

|

日本は脱原発でも発展できる(が、韓国は日本が脱原発しないと危ない)・・・。

『(「日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に日本人の立場・財産等を奪って国を始めた」だけでは無く、

「戦後日韓双方の合意条約である日韓基本条約をロクに守ろうともせず」、

「未だに、反日政策を行っている韓国」を「存続させる為」には)、

「(極東地域日本のみ出来るだけ早く)脱原発!!!」』

『「上記()内を、言わない・言えない人」は・・・』。

|

「細川元総理、都知事選立候補表明」&「小泉元総理の応援付き」・・・。

『「世論調査は、訊き方と調査数によってかなり違う結果が出る」。「今回のANNの世論調査では、たった1000人(有効回答約5割)の調査で、訊き方も、争点とするべき事は?では無く、エネルギー政策を争点にしても良いか?」だった。

「明らかに、

脱原発問題の争点化を公然化する事と、

脱原発問題を都知事選の主たる争点とする事」を

「目的とした訊き方・調査の仕方」だろう。

そして、「脱原発問題が争点になっても良いが7割もいる」等と、

「公共の電波で自前の世論調査(?・・・むしろ、情報工作の為のツール作成とでも言うべきだろう・・・)の大宣伝までした」のだ。

「その実態は、正に、脱原発候補応援の為の、テレビを悪用した大衆誘導」である』。

『「都知事選で争点とされるべき事は何ですか?」等の「訊き方」なら、

「世論調査」だが、

「●●を争点にしても良いと思いますか?」は、

「●●を認めさせる為の情報工作になる」のが「現実」なのだ。

「テレビ・マスコミ等、一般レベルよりはるかに優位な状態で調査等が出来、調査結果等が使える、機関等による似非世論調査」等は

「厳しく取り締まられるべき」である。

「テレビ・マスコミ等による主観の刷り込みや誘導となる質問や情報の一方的な大量配信等は、禁止されるべき」だ』。

『「日本のテレビ・マスコミ等というより、

中共や韓の為の情報工作機関とでも言った方が

実態に合うテレビ・マスコミ等」が、

「未だに、大手を振って存在している事自体が異常」なのだ。

「他国の為の情報工作機関などは、マイナーになるのが普通の国の当たり前」である』。

『「都知事選での争点は、多種多様であって然るべき」だ。

「何処に焦点を当て、何を基準にして、どの候補者に、貴重な一票を投じるのか?」は、

「有権者個人個人に委ねられるべき」である。

「選挙前に有権者が、先ず排するべき」は「テレビ・マスコミ等による大衆誘導」だ。

「大衆誘導で操られる様」では、

「民主主義社会で一票を投じる者とは言えない」。

「テレビ・マスコミファシズム下の操り人形」である』。

『「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロ政策」とは、

「円高・ウォン安容認政策」同様の

「利韓・利中共政策」だ。

「それは、ちゃんと考えるなら誰にでも解る事」である。

「脱原発という耳障りの良い言葉で操られ、ちゃんと考える事が出来なくなっている人々の裏に在る」のは、

「極東地域日本のみ出来るだけ早く」を「意図的に」言わない「脱原発政策」という「名」の「策略」なのだ。

「日本のエネルギー政策」は、

「真に日本の為になるエネルギー政策は?」として「ちゃんと考える」と共に、

「利韓・利中共詐欺」には「騙されてはいけない」のである』。

『「小泉政権時の利権集中悪徳改悪」も「利韓・利中共政策」だった。

「利権集中悪徳改悪以降、益々、内需が細り、個人・零細・中小が持っていた利権は大に集められ、

結果として、少子高齢化も益々加速した」。

「利権が大企業・株主等に集中した事で、益々、円高になった」。

「日本にあった仕事は、円高により海外に流失」した。

「民主党政権時の円高・ウォン安政策等々」も「利韓・利中共政策」だった。

「日本企業が細った反面、韓国や中国の企業が太った」。

「細川政権成立時」にも「小泉政権成立時」にも「民主等政権成立時」にも

「多大な後押しをした」のが「韓流テレビ・マスコミ等」である。

「現実として、細川政権以前の日本」は「所謂総中流状態」で、

「悪い事をする力があるなら、普通に仕事して家庭でも持ちなよ!何故なら、仕事はあるのだし、普通に真面目に仕事をするなら家庭だって持てるのだから!」という「状態」だった。

「そして、細川(殿様系の血筋であると共に、朝日新聞上がり・・・たぶん、その時に散々毒されたのだろう・・・)や小泉や民主や韓流テレビ・マスコミ等、

日本を散々破壊・衰退させた者や政党等が推奨している」のが、

「ゾンビの如く政界の表舞台に復活して来た、元総理の細川」なのだ。

「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発政策の実体」は

「もはや誰にでも解る」だろう』。

『「政界引退を公言したのに政界にゾンビの如く復活した元総理のコンビ」は、

「細川元総理、都知事選への立候補」を「表明」した。

「大衆誘導が出来てしまう=ある種の大きな組織力がある、韓流テレビ等では、早速、大宣伝」している』。

『「東京知事選を悪用して、国政を揺るがし、日本を衰退させると共に、韓・中共を利す政策を行わせたい策略」に、

「いったいどれ程の都民有権者が騙されるのだろうか?」

「韓流テレビ等では、異常な程、細川・小泉を好イメージで宣伝している」。

「韓流テレビ等実既得権益受益者でも無い多くの普通の視聴者等」だが、

「韓流テレビ等虚既得権益受益者となってしまっている韓流テレビ等信者たち」は、

「小泉政権時や、民主等政権誕生時の如く、自虐的な投票行動を繰り返してしまうのだろうか?」』

|

「ゾンビ」元総理連合の宣伝に忙しい韓流テレビ・・・。

『「政界引退を公言した元総理の政治復活」は「正に、ゾンビ的」だ。

「短期決戦で、有名人が有利と言われている都知事選」で、

「東京都の問題と言うよりは、

日本全体の問題、

もしくは、利韓・利中共政策の問題に他ならない(極東地域日本のみ出来るだけ早く・・・は意図的に省かれている・・・)脱原発」を

「争点にしようとしている事」の「実体」は、

「政権交代波を仕掛けると共に、利韓・利中共政策を行わせる為の策略」に他ならない』。

『「未だ立候補表明もしていないゾンビ総理コンビ」を「既に偏重して大宣伝している」のだから、

「日本の公共の電波を使った情報発信としては、かなり悪質」だ。

「策略の為の情報工作を行っている様相」なのが、

「韓流テレビ・マスコミの実態」である』。

『「テレビ・マスコミ等、優位な立場から一方的に情報を大量配信出来る機関やそれに携わる者」に対して、

「厳しい罰則のある大衆誘導禁止法くらい設定するべき」と「思っている」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう。

「過去の好戦ムード煽り~戦争~」の「真摯な反省がある」のなら、

「大衆誘導こそが二度と行われてはいけない物事である事は明らか」だ。

しかし、

「似非平和主義者たちは、

利韓・利中共状態をつくり日本を衰退させる事で

日本を防衛さえ出来ない状態に追い込み

戦争を避けたい」様相なのだ。

「そんな連中にとっては、大衆誘導は必需品」なのである』。

『「ところで、超有名人(何しろ、韓流テレビ・マスコミ等では、どちらの総理も、総理から退いた後も、ことあるごとに、好イメージで宣伝し続けてきている・・・のだから・・・){ゾンビ}元総理コンビ」や

「脱原発という、聞こえは良いが内実は利韓・利中共政策」で

「操られてしまう人々」は

「どれだけ居るのだろうか?」

「愚民を操る事で日本に母国・祖国等を利させたい悪」には

「大衆誘導容認下の有名人選挙」が、

「非常に有用」なのだろうが、

「都民有権者の多くは愚民では無い筈」だ』。

|

脱原発という利韓政策に熱心なテレビ番組・・・。

『「民主党政権が終わった」ので「円高・ウォン安容認政策も終わった」。「結果、現状の円高是正レベルでも、日本企業の株価は回復し、日本経済も上向きに動き始めている」。

「日本経済が上向きに動いているのとは対照的」に、

「日本で円高容認政策が行われていた時は好調だった韓国経済や中国経済」は、

「元々の基盤の薄さの上に日本の円高是正の影響も加わり、下降している」。

「今経済面で困っているのは、中・韓」なのだ』。

『「経済回復の手段」として、

「技術力の向上等の正攻法では効果が出せない」のが、

「中・韓の実状」だ。

「其処で、為替メリットによる経済回復が不可能なら、エネルギー面で日本企業を不利にする策略を行おうとしている」のだ。

「その実態」が、

「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロ」である』。

『「冷静に考えれば、誰でも分かる」。

「中・韓で原発が使われている中、日本が原発を使わなくなれば、日本国内の企業が不利になる事」が。

「しかも、日本の再生可能エネルギー発電電力」は、

「民主党政権下で、バカ高買い取りが決められてしまっている」のだ。

「不安定バカ高再生可能エネルギー発電下の日本国内企業」と、

「安定・安価・原発発電も含む電力下の中・韓国内の企業等」という「状態をもたらす」のが、

「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロの実態」だ』。

『「日本で日本の脱原発を訴えている韓国や中国を利したい方々」は、

「韓国や中国に行き(帰り)、韓国や中国で正攻法の競争力を養う事に邁進するべき」と

「思っているのは、筆者たちだけでは無い」だろう。

「日本を不利にする策略に加担している」のは、

「自虐的日本国民」か、

「他国の手先」なのだ』。

|

実体の無い靖国神社参拝を問題にする反日国&実体のある反日政策を問題にしない日本のマスゴミ・・・。

『「靖国神社の参拝など実体は無いに等しい」。「何故なら、故人の霊魂など無いから」だ。

「人の誕生・死は細胞ごとに起こっている」。

「A級戦犯の合祀???・・・元々、実体の無い霊魂等を現実に祀る力も、合祀する力も、誰一人持っていない」。

「其処に在るのは、あくまでも、祀った、合祀したと言っている者たちの思い」であり、

「その思いを信じている、信じさせられている者たちの思い」だ。

「実体の無い物事」を「誰もが合祀したと言っている者たちの思いに従い、実在と思い込む必要は全く無い」。

「丸ごと一人の霊魂を祀ったり拝んだりする事の実体」は「現在生きている人々の思いの問題に過ぎ無い」。

「例えば、日本の総理大臣が国の為に命を落とした人々に尊崇の思いを表した」としても、

「実在しない霊魂、ましてや、実在しないA級戦犯の霊魂の、合祀を前提に尊崇の思いを評した」とは「限らない」。

「尊崇の思いを表した対象がどの様な人々であるのか?」は、

「総理大臣の意思によるもの」であり、

「A級戦犯を合祀した思いを抱いている者たちの意思によるものでは無い」』。

『「反日政策」とは「実存の政府による実体のある政策」である。

「実体など無いに等しい靖国神社の参拝」でも「反日政策の具として使っている」のが、

「反日政策の実態」だ』。

『「日中韓間にある主たる問題」は、

「実存の政府による実体のある中・韓の反日政策」であり、

「実体の無い、日本の総理による靖国神社参拝ではあり得ない」』。

『「こんな簡単な話し」は「米国政府要人も重々承知」だろう。

「もっとも、米国政府要人が、実体の無い霊魂等を信じている」のなら、

「話しは全く違って来る」。

「米国で、日本の総理の靖国神社参拝に遺憾の意を示している米国要人」とは、

「現代人らしからぬ、丸ごと一人の霊魂やあの世信望者たち・・・つまり、未だ現代人に至っていない人々・・・」だったりして・・・。

「現代の人間なら、問題とすべきは、実体のある実存の政府による反日政策である事」は、

「何処の誰にでも明白」だ』。

『「反日政策を問題にせず、日本の総理の靖国神社参拝を問題にしている日本のマズゴミ」は、

「反日政策国の手先」もしくは、

「現代人に至っていない人々」なのだろう』。

|

儒教信者である事を誇っているおバカ韓国・・・。

『「儒教の元は、孔子であり、論語」だ。「孔子とは実在の人物で、当然の事ながら、普通の人と同様の生臭い要素も多々在った頭の良い人」だった。

「孔子の行っていた事の実体は、高支配者層に入り込む為の社交術」で、

「実際にかなりの実効があった」から、

「追従したがる人々が増え、孔子の言動を記録するに至り、論語が誕生」した。

「つまり、元々の孔子とは、社交術の達人だった」のだ』。

『「孔子の社交術の弟子となった人々」は、

「孔子を神格化する事」で、

「孔子の就職の助けをし、孔子に恩を売った」り、

「孔子の弟子自身の価値を上げる事に利用した」。

「社交術の先生の弟子よりも、聖人君子の弟子の方」が「周囲の人々には、弟子の価値が高く思われる」のは、

「古今東西変わりは無い」。

「だから、キリストでも釈迦でも・・・、元々は実在の生臭い要素も多々ある人間」が、

「弟子の代以降は神格化」され、

「教え等は、神格化された象徴を頂く宗教化」され、

「宗教自体も時代に合わせて変化している」のだ。

「論語も聖書も仏教法典も・・・、時代と共に編纂された歴史的書物」だ。

「科学の増大により宗教心が希薄方向に向かっている現代」でも、

「人の精神構造にはあまり変化が無い」。

「現代では、商業スポーツ選手や芸能人等々が、ファンという信者たちによって、ある意味では聖人君子の如く、奉られている」。

「年収●●億円ものバカげた報酬さえ容認する人々の裏にある」のは、

「自分たちが信じている者の価値を高め、それを、他の人々にも認めさせたい欲動」なのだ』。

『「宗教とは、考え・思いによる納得法」である。

「ある考えや思いを信じる事で、納得心を抱く事により、個人・集団の精神的安定や社会的安定を得る為の一つのツール」だ。

「ところが、宗教で納得出来る者・物・事ばかりでは無かった」のが「人類の現実」だった。

「考え・思いによる納得」より「遥かに高度な検証を求める科学的検証法が次々に誕生」した。

「科学的検証が宗教より遥かに優れている事」は、

「実証や実現や再現が出来る事」で「良く判る」。

例えば、

「あの世や丸ごと一人の霊魂とは宗教上の概念」で「実証さえも出来ない」が、

「人類を含む生物の誕生・死が細胞ごとに起こっている事は科学的に検証された現実」で、

「実際に観察も出来るし、細胞培養だって出来る」。

「多種多様な科学的検証法を既に得、更に増長している現代の人類では、宗教要らずの人々も少なく無い」』。

『「儒教の究極的概念」は「仁」だ。

「社交術の達人、孔子の言った仁」とは、

「和互向生感」とでも「表すべき、人と人の間(個人・集団を問わず)に起こる感」だった。

「意見や立場等は違っていても和し、

互いに生きる方に向かう感が

起こった時」、

「その共有している感こそが、仁」である。

「もちろん、間に起こる感に実体があるのでは無い」。

「実体は、感を感じている当事者の感覚」だ。

「当事者がそれぞれ全く別の感を生じていても、それぞれが仁が生じたと納得出来る状態」である。

「そして、ここで言う生は、個人の生では無い」。

「個人が死す事で、その集団が生きる方向に向かい、その事を死す個人も認め、集団と和した時、仁という感が生まれる」というのが、

「孔子の考え方」だった。

「礼儀作法等の単なる社交術の価値を、仁で飛躍的に上げた」のが「孔子の社交術」である。

「殺し合いや死す事による責任取りが当たり前だった当時の権力者たちにとって、都合の良い要素が多々有った」ので、

「孔子の社交術はあり難がられ、孔子も権力者の中に入り込めた」のだ』。

『「孔子の言った礼」とは、「具体的」な「社交術」である。

「儀礼や礼儀作法等で、上下関係の秩序を守り、左右関係の協調を保ちながら、尚且つ、仁を生じさせる状態」を「目指し、推奨した」のだ。

「当時の上下左右の関係を認めながらも、

互いにその個人・集団が生きる方向に向かう事を信じている感じを持ち和している状態を

目指し、推奨した」のだから、

「当然の如く、当時の権力者たちにもあり難がられた」』。

『「孝も同様」である。

「孔子の言った孝とは、親の立場にある者に尽くす事で、尚且つ、仁が生じる事」だ。

「例えば、子の立場にある者が、自らの命を投じても、親の立場にある者に尽くし、

尚且つ、互いにその個人・集団が生きる方向に向かう事を信じる感じを持ち和している事」を

「目指し、推奨している」のだから、

「当然の如く、当時の権力者たちにもあり難がられた」』。

『「儒教が宗教化される過程」で、

「誰にとっても、

よりあり難みが増し、

より頼り易くする為」に、

「元々の社交術からこの世の全てを包む概念を包括し、変化して行った」。

「気の概念が取り入れられ、~朱子学や陽明学の形で編纂される様になった」。

「古の時代の人々にとって、それらの宗教や哲学は、正に、大きな頼り所」だった』。

『「多くの現代人の考え方は違う」だろう。

「儒教」も「道教」も「朱子学」も「陽明学」も・・・、「伝統文化遺産」である。

「既に、科学的に細胞ごとの誕生・死による命の連続性が明らかになっている」ばかりか、

「その命の連続性を遡れば、人類が人類では無かった時代にまで続いている事」も、

「多くの現代人が知っている」。

「家族や民族や同郷の族等々の血統集団的考え方」が、

「命の連続性のホンの一部ダケを切り取り、

偏重しているダケの

偏っている考え方である事」も「知っている」。

「優位民族等というのは宗教的概念に他ならず、

人の優劣は物事によっても違う

評価基準でも違う

個人個人で違う多様性のある事」という

「科学的現実」を「知っている」。

「精神的安定や社会的安定も、

個人個人の思いや考え方等々が、

科学的手段による正当性の検証に耐える事実・現実との整合性を高め、

それに基づいて社会等が構築される事により成される事」も「知っている」。

「考え・思いレベルの納得心に縋っている宗教依存者」や、

「偏向・偏重した考え・思いに執着している民族優位主義者等」の

「実体」が、

「現実理解把握不足の遅れた人々である事」も「知っている」。

「現代人の多くにとって、儒教は宗教であり、論語は歴史的書物」なのだ』。

『「孔子の言った君子」とは「敬称」であり、

「孔子が目指していたところと同様の者・物・事を目指す者」だった。

「具体的には、周の良い部分と孔子が思っていた文化の仁を伴う実現であり、その文化で仁を生じさせて治世を行う権力者等々」だった。

「必要な場面において、何時でも仁を生じさせる事が出来る様な人であるためには?」という

「ある意味では、孔子自身の自己保身の為の欲動」が、

「多種多様な者・物・事についての本質探求心を生んだ」のだ。

「仁を生じさせる事が出来る人として、当時の周囲の人々に納得心を生じさせる方法」も、

「論語には沢山載っている」。

「孔子の言った小人」とは「蔑称」であり、

「孔子が嫌っていた文化とは相容れない文化の者・物・事」だった。

「権力者が変わる」と「その権力者たちにとって都合の良い、君子・小人の解釈が行われる様になった」のも、

「古今東西同様の現象」である。

「現代では、権力の多くが一般市民にもある」ので、

「論語の解釈も一般市民にとって都合良く・・・」なのだ。

「そんな身勝手な解釈で遊ぶのも悪くは無いだろう」が、

「現代人として、

歴史的書物は歴史的書物として扱い、

古からの宗教は伝統文化遺産として扱う」のが、

「事実・現実に叛かない道」である』。

『「江戸時代の日本」では「客人を幽霊画の掛け軸で驚かす文化もあった」。

「丸ごと一人の霊魂やあの世を無意識レベルから本気で信じていた」のなら、

「そんなバチ当たりな事は出来なかった筈」である。

「日韓併合前の韓国」では「結婚前の女性が死ぬと十字路に埋葬していた」。

「丸ごと一人の霊魂を本気で信じていたが故の事」だろう。

「欧米列強の波が押し寄せた時、日本は、直ぐに対応出来た」が、

「中国や韓国は波に飲まれ、国の存続さえ危うくなった」。

「事実・現実を重んじる文化」と「伝統文化に固執する文化の差」が「露呈した」のだ。

「儒教とは、伝統文化にほかならず、現代人なら伝統文化遺産として接するべきもの」なのだ』。

『「現代人に至っていない人」は、

「自らが理解出来ない者・物・事を、無理やりでも自分の下に置く事」や、

「宗教や聖人君子等絶対的に頼れると信じられるものに縋る事」で、

「自らの心を安定させようとする」。

「日本を見下している韓国人の裏にある、哀れな現実」である』。

|

「極東地域日本のみ脱原発という利韓・利中共策略」の駒として担がれるのか?細川元総理・・・。

『「日本国籍を持っているにも係わらず、日本の為の政策より韓国や中国を利す政策を日本に行わせたい方々」が「今、実現させようとしている」のが、

「出来るだけ早く極東地域日本のみ原発ゼロ」である。

「出来るだけ早く極東地域日本のみ原発ゼロ政策」は、

「利韓・利中共の色合いが濃かった民主党政権時」の

「円高・ウォン安容認政策」同様、

「日本企業を細らせ韓国企業・中国企業を太らせる政策」に

「他ならない」』。

『「韓流テレビ等の所謂マスゴミ」は、

「当然の如く、

脱原発をあたかも正義の政策であるかの如く風潮し、

大衆マインドコントロールを行おうとし続けている」』。

『「日本のみ脱原発がもたらす実効」は、

「日本の核汚染の危険が減る事では無い」。

「対核汚染」では、

「日本が核産業から遠ざかる事による技術発展の遅れの分だけ日本の核汚染の危険が高まる」のが「現実」だ。

「原発事故=地震が原因」というのは「日本のみ脱原発を正当化する為の嘘」である。

「津波対策が甘かったが故の福島第一原発被災事故も含め、原発事故=人為災害というのが実体」だ。

「人為災害を免れる方法は、人為的な力を向上させる事以外に無い」。

「世界中で使われている原発」で

「日本の人為的な力を衰退させる日本の原発産業からの撤退」こそが「危険を増大させる道」なのだ』。

『「中国や韓国の原発で事故や戦乱等による破壊があれば、偏西風によって核汚染物質が日本に大量渡来する」。

「原発を無くすなら、人為的な力が怪しい所から、風上から、・・・が鉄則」だ。

「何故なら、より長く残されるのはより安全な原発になるから」である』。

『「他国領土への侵略も厭わない中国共産党支配下の中国の原発」や「北朝鮮と隣接している韓国の原発」が

「戦乱等の破壊に巻き込まれる可能性は、日本より遥かに高い」。

「中国や韓国の原発の人為的な力が、果たして、日本よりマシだろうか??」

「日本でも原発を使い続けると共に、事故時も含めた核技術をより向上させ、保持する事こそが、日本の核の安全に直結している」のだ』。

『「日本の脱原発」は「確実に韓国企業や中国企業の追い風になる」。

「電力が高価不安定になる日本」と「原発使用で安定安価な電力が得られる韓国・中国」では、

「企業が立つ地盤に差があり過ぎる様になってしまうから」だ。

「円高・ウォン安/元安政策」同様「日本を犠牲にして韓国や中国を利したい」のなら、

「出来るだけ早く極東地域日本のみ脱原発」は「非常に合理的」になる』。

『「日本で脱原発を訴えている政党や人々の実態を見れば良い」。

「表の政党名等は多々在れど、内実は、旧社会党や共産党の面々と、韓流テレビ人脈の面々が主流(つまり、実権を保持している)の政党等」だ。

「そんな面々に実際に政権を持たせてしまった実例」が、

「民主党政権」であり、

「細川政権(陰の主役は小沢)」だった』。

『「細川政権時に行われた代表的な事」は「選挙制度改悪」だ。

「当時の韓流テレビと細川政権は、中選挙区から小選挙区への選挙制度改革をそれこそが正義であるかの如く風潮し、実行した」。

「その結果」は、

「政党中枢への利権集中」と「政権交代の起き易さ」だった。

「つまり、ある政党の極一部の人々が、テレビ・マスコミファシズムを悪用して、政権を得る事が出来、政権取得後の政策の意思決定でも極一部の人々の意向を強く反映出来るようにした」のだ。

「そして、誕生したのが民主党政権(幹事長は小沢)」であり、

「民主党政権内の中枢メンバーの意思によって行われた政策」が、

「日米安保迷走・・・つまり、極東地域防衛力整備を遅れさせる事(鳩山)」や、

「円高・ウォン安/元安、容認政策」や、

「自虐上塗り総理談話(菅)」等々、

「利韓・利中共政策」だった。

「日本企業は細り、韓国や中国の企業は太った」』。

『「民主党政権より前になる」が、

「韓流テレビ等ご推奨の政治家である小泉元総理」が「行った事も酷かった」。

「小泉・竹中利権集中悪徳改悪の結果、多くの一般労働者の賃金は益々下がったが、経営者や株主たちは、より高報酬を得やすくなった」。

「利権集中悪徳改悪の実体」は「一般労働者を人として見るのでは無く、人件費として見る事を推奨した事」なのだ。

「利権集中悪徳改悪以降、少子高齢化が益々加速した」のは「当然」である。

「少子高齢化の増大と共に、年を重ねて出た結果」は、

「例えば、ソフトバンク孫氏の様な資産一兆円人(異常でバカらしい話しである)の誕生であり、

反面の(つまり、利権集中で取りたい放題取る連中の源泉とされている)

低賃金過酷労働の増加であり、

低賃金過酷労働ゆえの身体崩し等で働けなくなってしまった方々も含む生活保護受給者の飛躍的増加」だった』。

『「上記の様な現実」は「冷静に振り返るなら、誰にでも分かる」。

「それでも、尚、韓流テレビ等による脱原発マインドコントロール&細川・小泉正義マインドコントロール(つまり、利韓・利中共マインドコントロール)等」に

「操られてしまう都民有権者の数が多い」のなら、

「人間の無意識にも影響を与えている可能性がある、東京都を取り巻く地磁気がかなり乱れている可能性も大」だろう。

「つまり、先記の様な現象が顕著に出た」のなら、

「東京大震災は近い・・・」のかも知れない。

「東日本大震災は、所謂左翼(内実は、利韓・利中共)政権時に起きた」。

「その様な日本にとって自虐的な政権を選択してしまう人々が増加してしまう裏」には、

「地磁気が無意識に与えているストレスが在り、

そのストレスが自虐行動を誘っている可能性もある」と推定出来る』。

『果たして、「東京都知事選時に有権者はどの様な選択をするのだろうか?」』

|

冷凍食品農薬混入事件・・・。

『「日頃から、飲食物工作や電磁波工作が日本国内で行われている事を訴え続けている筆者」だが「今回の事件については、あえて、沈黙を保っていた」。

「何故なら、通常行われている工作とは、だいぶ様相が違うから・・・」だ』。

『「通常行われている工作」とは、

例えば、

「通常添加されている添加物等を必要以上に多めに添加し続ける・・・」とか、

「フッ素等の無害とされているが、実際は一定の条件の下では、蓄積され易く、体内に大量に蓄積されると害を発する物質を混入し続ける・・・」とか、

「その工作行為自体の犯罪性を立証する事が比較的困難」で、

「行為自体が実害の直接原因とはならず」、

「実害」は、

「病気(病死も含む)やイライラ等の精神障害がもたらす事故等々となる、

ある意味では、非常に気の長い、

無差別、

大量、

弱体化・傷害(致死も含む)目的の工作」だ。

「つまり、日本社会弱体化工作」である。

「そして、その様な工作を特定ターゲットに対して集中的に行う粛清工作」も在る。

「ターゲットの家や部屋等に違法侵入し、ターゲットの飲食物や水道等に仕込む」のが、

「集中工作の手口」だ。

「もっとも、防犯カメラと浄水器の普及(但し、フッ素等浄水器をスルーし易い工作物質には要注意)」で「集中工作は困難になっている様」だが・・・』。

『「ところが、今回の事件」は、

「検出が出来る有害農薬がかなり偏在していた事からも明らかな様」に、

「日本の現行法・現行の摘発体制では、摘発困難(電磁波工作は、かなりこの要素が強いからか、昨今では、飲食物工作よりメインになっている)な、

不適応分子(もちろん、工作を仕掛けている者たちにとっての)粛清(この場合は、ターゲットに対して集中的に工作が行われる)

&日本社会弱体化工作(無差別工作・・・もちろん、仕掛ける側の者たちは、仕込みの有り・無しを判別できる)」というより、

「無差別傷害・殺人(?)目的の八つ当たり的犯罪の様相」なのだ。

「日本の現行法でも、罪に問う事はもちろん、犯人の摘発は比較的容易な筈」である』。

『「臭いのある物質でも、混入する事」は「比較的容易」で、

「例えば、特定部位の筋肉等を緊張させれば、袖口等から噴霧出来る様に、種を仕込めば良いダケ」で、

「手品等では、常套手段」だ。

「もちろん、マジックショップは、群馬にも在る」』。

『「出来る限り早い真犯人逮捕」と

「背後関係の徹底解明」、

そして、「全ての企業等での再発防止策の設定」が望まれている』。

|

韓国の反日と日韓併合時の抗日・・・。

『言うまでも無く、「日韓併合は、二国間の合意契約」である。つまり、「当時の韓国権力者たちも合意し署名した国家契約」なのだ。

「日韓併合前には、当時の日韓は、先ず、保護条約を結んでいる」。

つまり、「当時の韓国権力者たちが望んでいたのは、先ず、保護・・・つまり、保身」だったのだ。

もちろん、「約5年間の保護条約時にも、多くの日本人が韓国に行き、保護すると約束した韓国内の状態改善を進めた」。

「保護条約時の初代韓国統監が伊藤博文」と言う訳である。

「状態改善に要した財も労も余りにも大きかった」ので、

当然の如く、「日本国内では、日本は韓国を併合すべし!」となった。

しかし、「当時の韓国権力者たちが求めていたのは、韓国内での韓国権力者たちの保身も保てる、日韓対等合併」だった。

「伊藤博文は当時の韓国内の実状を良く知っていた」から、

「日韓併合をするにしても、韓国権力者たちが望む様な対等合併に近い日韓併合には反対」だった。

「ところが、当時の韓国権力者たちは、血気盛んな若い朝鮮人を煽り、伊藤博文を殺害する事」で、

「韓国の実状を良く知らない当時の日本の権力者たちとの間に、内実が対等合併に近いどころか、一方的に韓国を利す、表の看板ダケは日韓併合」を

「実現させた」。

「それでも、韓国内での立場では、売国奴」である。

「そこで、売国奴が乗っ取り支配戦の英雄となれる様にするべく、策略を仕込んだ」。

「韓国内では、抗日運動を仕込み、日本による近代化の恩恵に預かる一方で、日本を非難した」。

「当時の韓国権力者人脈の一部」は、

「早々に渡米」し、

「米国内で日本による植民地支配からの解放を訴え、

植民地支配から独立の為・・・と、資金提供を求め、

そのお金で米国権力者たちの懐柔工作等を行った」。

「そんな裏事情を知らなかった日本」は、

「併合条約に忠実に、韓国内の近代化に多大なお金も労力も注いだ」。

「韓国内では、次第に、併合以前の社会体制より日韓併合~の社会体制の方が良いという世論が優勢になった」。

「抗日運動に興じていた人々は、当時の韓国人にもよって次第に北方に追い詰められた」。

「そのまま平時が続いていた」なら

「日韓併合による同一化政策(日韓併合なので日本よりの同一化政策だったが、当時の韓国人権力者たちの意向も大いに反映されていた)により、

日韓はほぼ一つの国となっていた」だろう。

「ところが、戦争になってしまった」。

「戦争の原因は多々ある」が、

「当時の中国内の混沌」と、

「日米関係の裏に巣食っていた米国に渡った当時の韓国人権力者たちによる植民地支配詐欺」や、

「日本国内に大量渡来していた韓国人たち(ところが、創氏改名で日本名を名乗れていたので日本人との区別は困難になっていた)の好戦ムード煽り」等も、

「大きな要因」だろう。

「日清・日露戦争の実体が防衛」であり、

「大正デモクラシーに代表される様に、日本人の多くは、当時も平和好みだった」』。

『「大戦が終わり、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で、朝鮮内の日本人の立場財産等を奪う事で、戦後の韓国は始められてしまった」。

「火事場泥棒にお墨付きを与えさせられてしまったのが、植民地支配詐欺に騙された当時の米国人権力者たち」だった。

「当時の米国人権力者たちに取り入って、戦後韓国の初代大統領の座を得たのが李承晩」だ。

「李承晩は、日韓併合の良さを知る朝鮮半島内の韓国民間人の多くを殺し、自らの支配地域を朝鮮半島全体と日本全部にするべく、朝鮮戦争を始め、竹島を侵略」した。

「中国の参戦もあって、韓国軍は逆に追い詰められた」が、

「朝鮮戦争難民を理由に、大量の韓国人を日本に渡来させる事に成功」した。

「戦争難民なら、戦争が終われば故郷に戻るが、日本乗っ取り策略の手先なら、日本国内で乗っ取り工作に励む」。

「日韓併合時に大量渡来した人々も、日本による植民地支配なら、戦後、朝鮮に戻る」が、

「被支配民では無く、日本での居心地が良かったのなら、日本に居続けたがる」。

「戦後の韓国人の実態を見れば、真実が何処にあるのか?」は言うまでも無いだろう』。

『「日本に居続けたがっている韓国人・元韓国人たちとは違い、朝鮮半島内は、戦後、韓国人による社会体制に戻った」。

「最初に襲ったのが、米ソによる分断」であり、

「次に襲ったのが、李承晩による朝鮮戦争」だった。

「朝鮮戦争後も、現在でも、北も南も日本より良い状態とは言えない」。

「そのまま、韓国人権力者たちの立場は弱い」ので、

「保身の為に日本を悪者に仕立てた」。

「日本を悪者に仕立てる事は、日韓併合時に仕込み、未だ継続中である、日本乗っ取り支配策略とも整合性が取れる」。

「韓国が、いくらか日本より優位になれていた部分もある程度あった時代」とは、

「日本国内で親韓・親中共政策を行う政権が出来た時」だ。

「つまり、韓国による日本の乗っ取り支配構造が強く働いた時のみ、韓国に日本より優位な部分が出てくる」のだ。

「韓国人権力者たちにとって」は、

「反日政策=日本乗っ取り支配策略=日本より韓国を優位にする策略=韓国人権力者たちの保身」なのだ。

「反日政策」は「韓国人権力者たちの保身がベース」なので、

「一般韓国人にとって良い事とは限らない」。

「現在の韓国の反日政策の実効」は「日韓併合時の抗日と同様」なのだ』。

『「多くの一般韓国人が反日政策が自分たちを不利にしている事に気づき辛くなっている元凶」こそが、

「戦後韓国が、日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒的に朝鮮半島内の日本人の立場・財産等を奪って国を初めてしまった事」で、

「火事場泥棒財産の上に立つ後ろめたさを誤魔化し続ける為」には、

「反日!!!」なのである』。

『「戦後、日本は大人の対応で、日韓基本条約により、日韓の問題は終了」としてる。

「つまり、日本は国としては、火事場泥棒的行為までもを水に流す事を認めている」のだ。

「逆から見れば、韓国側が日韓基本条約を認める限り、火事場泥棒等としては追求されないという事」である。

「ところが、韓国は、国としての条約の効力は個人とは別等と難癖を付けている」。

「それは、そのまま韓国にも跳ね返るから、火事場泥棒的行為等が再浮上し、益々、韓国の悪質度が全世界に知れ渡っている」のだ。

「戦後日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為で国を始めた事」は、

「日韓基本条約を認める限り免責になる」が、

「日韓併合当初から続けられている日本乗っ取り支配策略については、今後、益々、厳しい対応が待っている」』。

『「日本乗っ取り支配工作に限らず、他国の乗っ取り支配策略に邁進、或いは、協力等している者たちは、実質的に破壊工作員」に他ならない。

「日本国内でも、他国の多くの国々同様、破壊工作を行う者は、悪者として認定され、罰せられるのが当たり前」である。

「他国の乗っ取り支配を容認する人」では、

「何処の国の人々」でも、

「現在の国際社会で、悪評価受ける事になる」。

「そんな暇があるのなら、母国・祖国に戻って、情けない保身権力者たちから、母国・祖国を解放し、母国・祖国の状態をより良くする事を頑張るべき」だ』。

『「日本国内で日本乗っ取り支配工作に動いている者たち」は、

「母国・祖国に帰る・帰されるべき」である』。

|

「人気投票」で良いのか?!都知事選・・・。

『「マスゴミ」は「人気投票の都知事選を煽っている」。しかし、「有権者が選択すべきは、より良い都政を行う候補者」だろう。

「より良い都政は、人によって違う」が「多くの東京都民にとってより良い都政を行う候補者が当選」してこそ

「民主主義」だ』。

『「人気投票選挙」の「実体」は、「テレビ・マスコミファシズム」である。

「何故なら、人気の源泉がテレビ・マスコミだから」だ。

「何時までもテレビ・マスコミファシズムを容認していて良い訳が無い」』。

『「都知事選」でも、

「有権者の資質」が「問われている」。

「政党等の候補者選び」では、

「政党の資質が問われている」のだ。

「都知事選を前にして、まともなマスコミなら、先ず、この事を大々的に報じるべき」である』。

|

韓流新党への政権交代を未だに期待し続けている韓流テレビ・・・。

『「野党再編・・・無理でしょ。何故なら、現野党勢力のかなりの人々が韓流や中共(中国共産党)流で、もはや、日本で韓国の為や中国共産党の為の政治を行おうとする勢力に政権をもたせようとする有権者など圧倒的マイナリティーだから」だ。

「以前の政権交代の基」は、

「多くの一般日本国民の情報不足と韓流テレビによる大衆誘導」で、

「韓流も中共流も分からない状態だったから、韓流に都合の良い政権への交代劇が繰り返された」が、

「もはや、テレビ・マスコミ誘導で、親韓やアジアは内需や近隣国は大切等々で直接、大衆を韓流や中共流に導く事は不可能」だ。

「そこで、今、韓流テレビ・マスコミ等が行っているのが、間接誘導」である。

「表向きでは、韓国や中国共産党を批判しながら、実際の政策等ではそれらの国々を利する者・物・事を大衆に選択させようとしている」のだ』。

『「代表的なのが、原発政策」だ。

「日本の原発ゼロで利を得るのは、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党」に他ならない。

「大型太陽光発電所の大普及」では、

「日本の電力を高価(太陽光発電は現状の売値の約2倍の買い取り値・・・つまり、例えば、全部が太陽光発電となれば、電気料金は2倍)・不安定にする」から、

「日本国内の企業・個人共々不利にする」。

「日本の企業が電力面で不利になり、日本の個人が電力面で購買力等を奪われる事で、漁夫の利を得るのが、韓国や中国共産党」だ。

「脱原発」や「大型太陽光発電」を「押し進めようとしている人々」は「圧倒的に韓流が多い」』。

『「自民党に対抗する新たな野党、しかも、日本の為になる野党」なら、

「先ず判り易い電力面で原発推進を訴えるべき」だ。

「原発を推進し、大型太陽光による悪戯な電力料金の高額化等を防ぐ事」こそが、

「日本の為になる政策だから」である。

「そんな野党の誕生を促す」のが「本来の日本国民の為になる日本のテレビ・マスコミ等の役割」だろう』。

『「ところが、韓流テレビ・マスコミも、現野党勢力のほとんども、脱原発派・・・つまり、利韓・利中共派」なのである。

「そんなテレビ・マスコミや、野党などは、要でも無い」のだが、

「未だに、韓流テレビ・マスコミ等」では、

「日本国内に悪戯な脱原発{感情}を煽る事」と、

「脱原発野党を結集させる事」で、

「あらぬ勢力の強大化を企んでいる」のだ。

「多くの一般日本国民」は「この韓流テレビ・マスコミ等による詐欺的間接誘導にもはや騙されない」だろう。

しかし、

「騙された人々の数の分」だけ、

「あらぬ勢力が日本の政界であらぬ力を持ち易くなってしまう事」も「また現実」なのだ』。

『「脱原発」と言えば「耳障りは良い」が、

「その実体は、利韓・利中共」である。

「表の耳障りの良い言葉等で騙され、操られてはいけない」のだ』。

|

日韓併合の実態を知る朝鮮人民間人も大量に殺したのが朝鮮戦争だが、韓国の実体を知った数多くの日本国民を大量に殺す為の戦争を企んでいるのは・・・。

『「中国共産党の実体を知る多くの中国人を大量に殺す為の戦争を企んでいるのは・・・」。

「極東地域問題で今一番重要な事」は「悪どもの策略戦争開戦前に韓国や中国の実体を全世界に広め、事実・現実通りの世界共通認識を持ってもらう事」だ。

「悪どもも、全世界が敵なら、お手上げせざるを得なくなる」』。

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »