« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

「原発の新設反対!」は「バカ論」でしょ・・・。

『「原発を使うなら、より安全に使える原発を使うのが当たり前」だ。「古く、安全度の低い原発を早めに廃炉にし、代わりに、新しく安全度の高い原発をつくる」のは「当然の事」である』。

『「原発を無くすなら、全世界で、より危険度の高い原発から廃炉にする」のが「当たり前」だ。

「原発を使わずに、温暖化ガス問題の解決と多くの人類の実生活の質の向上を両立出来るのなら、

全世界の原発を危険度の高い順に廃炉にするのが当たり前」である』。

『「原発を使わなければ環境問題の解決も厳しい」のなら「原発を使うのが当たり前」だ』。

『「当たり前の事を言わない人々の中にある」のは「当たり前では無い思惑」で、

「例えば、(極東地域日本のみ・・・この部分は意図的に省かれている)原発即ゼロ等と言う政策を日本政府に行わせる事が出来てしまえば、

相対的に有利になるのは、韓国や中国」なのだ。

「つまり、極東地域日本のみ原発即ゼロの実体」は「日本に行わせる利韓・利中政策」だ。

「日本に売国政策を行わせたい連中の思惑」としてなら、

「(極東地域日本のみ・・・この部分は意図的に省く)原発即ゼロ」は「合理的になる」』。

|

韓流テレビでは「正義ぶる民主党」の宣伝に忙しいが・・・。

『「もはや、満足な対案も出せずに、クレーマー的質問や、パーフォーマンスだけ・・・の様相の民主党」・・・。

「本当に終わっている様相」なのだが、

「民主党政権を誕生させた親の様な韓流テレビ」では、

「未だに、国会ニュース等でも、民主党中心・・・」なのだから、

「本当に呆れる」』。

『「こんな連中には、日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を与え続けるべきでは無い!」等と「思っている」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ』。

『「どんなに民主党が正義ぶっても、民主党政権時の利韓・利中政策・・・つまり、実質的売国政策」は「消せない」。

「如何にも貴方の為を気取り、騙された人々から盗むのが詐欺師」だが、

「如何にも日本国・日本国民の為、もしくは、如何にも優等生」等を

「気取り、内実は、利韓・利中政策を行ったのが民主党政権だった」。

「そんな連中が正義ぶるパーフォーマンスをしている姿」は、

「滑稽ですらある」。

「クレーマー的質問」にこそ「民主党らしく、正義というより悪と感じてしまう」のが

「多くの日本国民の実感ではないだろうか・・・」。

「しかし、それは、民主党政権時の利韓・利中ぶりの実態を知っている視聴者の話し」で、

「民主党政権時の実態を良く知らない視聴者」は、

「正義ぶる姿やその擁護発言等をテレビが流している事=正義ぶる者が正義」等と

「勘違いさせられていたり、実質的に騙されている、可能性大」なのだから、

「日本の公共の電波の特定周波数を独占使用しているテレビ局の正常化は急務」だ』。

『「詐欺師的テレビやマスコミや教育等が横行し、大衆誘導が現れている人間社会」は、

「健康な人間社会では無い」。

「何故なら、人間誰もの基本欲動である自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求より、

その本来欲求の代わりに他人を支配したり、他人に自分を支配されたりする代償欲求が

横行している人間社会だから」だ。

「人間社会の健康化を疎かにすれば、人類の未来は短くなる」のである』。

|

ビットコイン問題・・・。

『「円やドル等の実体マネーをネット上のお金であるビットコインに変換してネット上の取引等で使える様にしていたビットコイン」。

「国境線の無いバーチャルマネー」だ。

「ネット上となれば、セキュリティーの問題が出る」が「其処が甘かったからか、まさか、確信犯・・・では無いと思いたい・・・が・・・、取り扱い所の一つが閉鎖状態となっている」。

「筆者たちの感覚では、そんなアブナイ物に実体マネーを変換する感覚は無い」のだが、

「マネーロンダリング利用」や「国境線の無いバーチャルマネー投資等で儲けようとしていた方々は少なく無かった様」で、

「何と、三百億円分くらいのビットマネーが使用不能状態」なのだそうだ』。

『「本格捜査等が入る事により、マネーロンダリング等の実態が露呈すればメデタイ」のだが、

「元が国境線の無いバーチャルマネー」なので、

「国境線を超えたネット・実体社会両方の本格捜査が必要になる」。

「現状の人間社会に、今回の事件の様な事件に対する実効のある捜査体制があるだろうか?」』

『また、「今回の事件がビットコイン潰しのテロ」なら「恐らく、個人レベルでは無い」だろう。

「組織や国家等が犯人である可能性が大きい」のだ』。

『「その後の報道」では「問題となっているマウントゴックスが倒産申請」なのだそうだ。

「実体マネーの方もかなり減っている」というから、

「確信犯の詐欺」かも知れない・・・。

「計画していたマネーロンダリング済み&集金実体マネー盗み・・・」を「隠蔽する為の今回の事件・・・」という「図式」なら、

「その図式にピッタリとはまりそうな国家や国家・国民より上の組織等がチラホラ・・・」だが・・・』。

『「現状人間社会」では「急速な科学技術の進歩により、犯罪も急速に多様化している」。

「実効のある対策は急務なのだが、何処の国でも、国境線無き犯罪に対しても、・・・遅れている」。

「こんな状態が続く」と「科学技術を悪用した悪どもが不当利権を得易い」のだ。

「そんな人間社会を誰が望むだろうか?」』

『「ビットコインの創業者等も、今までに、半端では無いかなりの利益を得ている筈」だ。

「通常レベルを極端に超える●●ドリーム容認の裏にある」のは、

「現状人間社会を生きている多くの人々の中に在る」、

「金権支配容認」という

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに他人を支配したり他人に自分を支配させたりする代償欲求の容認」や、

「異常な産まれながらの環境格差や相続格差等の容認」である。

「人類が、この手の問題解消に本気で取り組むべき時期は、とっくの昔に来ている」のだが・・・』。

|

アンネの日記関連図書損壊事件問題・・・。

『「多くの人々の心の中」で、「いったい何処の誰が何の為に行っているのか???なのが、この事件」だろう。

「筆者たち」も、「当初」は、

「これはむしろアンネの日記関連図書の宣伝工作か?・・・」とさえ「思ってしまっていた」。

「何しろ、佐村河内氏の例でも明らかな様」に、

「世間の注目を得た製作物(佐村河内の場合は音楽CD)」は、

「その購買行動がもたらす利益の先もロクに検証されないまま(佐村河内の場合は印税は佐村河内に入る)、大売れする事がある」のだ。

「アンネの日記関連図書の著作者や出版社」は「アンネの日記の内容からか、当然の如く、所謂左翼系が多い」。

「つまり、筆者たちも、所謂左翼が資金集めの一手段として、事件を起こした可能性だってあるのでは?」等の「感を抱いていた訳」である』。

『「ところが、韓国内では、何と!日本の右傾化の象徴事件として報道されている」のだと言う。

「所謂ヘイト・スピーチと同様の事件だ」と言うのだ』。

『「ここで、多くの人々が気づく」だろう。

「日本国内の所謂左翼も所謂右翼も、・・・同じ人脈(韓流、もしくは、朝流)」という「実態」から、

「何れにしても、そのスジの者による実質的工作活動である可能性」に・・・』。

『「果たして、真実は?」』

・・・・・・・。

『「元々、工作活動を行っている連中」は、「逮捕されても、本当の動機は言わない」。

「精神異常を装ったり、偏執者を装ったり、衝動性を強調したり、責任能力の無さを強調したり、・・・、」して、

「何処の誰の指示等による工作だ」等と、

「本当の事を言う場合は稀」である。

「日本国内で不健康な工作活動を行っている組織は、長々と生き続けている」』。

・・・・・・・。

『「一刻も早い真犯人の逮捕」と「本当の原因の追究が望まれている」』。

・・・・・・・。

『「日韓併合は日本による植民地支配だ!永遠に日本は謝罪せよ!!」等々と

「現実無視の戯言を言い続けている韓国」だが、

「そんな戯言を言う前」に、

「日韓併合以降日本に渡来した韓国人・元韓国人の全てを韓国に帰還させているべき」だろう。

「多くの韓国人・元韓国人が日本に居続けている現実が示している事」は、

「日韓併合が植民地支配などでは無く、多くの普通の韓国人・元韓国人のメリットにもなる実質的救いだった事」と、

「日本の乗っ取り支配工作を行う為の韓国人・元韓国人等が日本国内に居続けている事」等々だ。

「つまり、現状の日本」は、

「多くの韓国人・元韓国人にとっての救済国である」と共に、

「韓国人悪権力者人脈等による乗っ取り支配工作被害を受け続けている国」なのである。

「多くの日本国民が、この現実をちゃんと把握・認識する」と共に、「早急に実効のある対策を打つべき」だ』。

|

韓国の言い分を大宣伝したNHKニュース(夜)問題・・・。

『「朴大統領の高い支持率」&「歴史認識でも韓国の言い分を曲げない事が高い支持率に繫がっている」旨&「最終的には、米国は韓国の歴史認識に理解を示す」等の「韓国側の思い」等々を「大宣伝」した「NHKニュース(夜)」。

「まるで、多くの視聴者」に

「日韓友好関係を築く為には日本側の譲歩が必要なのだ・・・」等の「感を抱かせる為の情報工作」だった。

「NHKまで利反日国大衆誘導」では「本当に呆れるばかり」で、

「それは、民主党政権時に大幅改悪された現状のNHK番組実権者たちの問題」でもある』。

『「籾井会長の就任」で

「今後は、韓国等反日国の手先機関的状態から日本のテレビ局としての是正の動きが起こる筈」だが、

「そんな人事を行われたく無い連中」が、

「必死になって、籾井会長降ろしを画策している」のが「現状」だ』。

『「会長に辞表を預けさせられる事」は「内部の経営手法の問題に過ぎ無い」。

「他の会社や組織等でも実例がある」。

「実際に、預かった辞表を元に、酷い人事が行われたのなら問題」だが、

「辞表を出す覚悟を確認する意味等・・・つまり、仕事に対する真摯度・本気度を確かめる為等」で、

「辞表の提出を求めたダケ」を、

「大問題にして人事を変えようとしている」のが、

「民主党のやっている事」なのだ。

「内部の経営手法の問題」に対して、

「今までの人事を行わせていた民主党がクレームを付け、

それを民主党寄りのテレビ・マスコミ等が大騒ぎしている」のが、

「辞表問題」なのだ』。

『「多様な意見を押さえつける」のは「暴挙」だが、

「多様な意見の中の利反日国意見を偏重して大衆誘導する」のは「実害のある酷い暴挙」である。

「現状では、多様な意見を押さえていない」のが「籾井会長の実態」に他ならない。

「親反日国テレビ・マスコミ等に騙されてはいけない」のだ』。

『「どうせ、降ろされたり、反日国寄りの情報提供が行い辛くなるのなら・・・」と、

「本当に節操の無いくらい醜悪な情報を一方的に配信している場合も少なく無い」のが、

「今のNHKの状態」なのだろう』。

『「多くの視聴者」は「そんな詐欺的情報で操られてはいけない」のだ』。

『「(極東地域日本のみ・・・この部分は重要な要素だが意図的に省かれている)脱原発が良く思わせられている情報」も、

「戦後韓国の火事場泥棒的行為による国始めを正当化する為の反日歴史認識」も、

・・・「みんな利反日国情報であり、事実・現実情報では無い」のだ。

「極東地域日本のみ脱原発」では

「日本が、電気料金が高値不安定になるか、火力発電の大量使用で貿易赤字に傾き易くなるか等の不利な状態に追い込まれる」のが「現実」だ。

「日韓の歴史認識で言う」なら、

「1000年経っても変わらない実際の被害者は日本」である。

「国の存続さえ危うくなっていた当時の韓国」を

「日本が韓国を保護する条約~日韓併合という国家間の合意条約を結んだ後、

急速な近代化で韓国を救済し、

滅亡寸前の状態の国家の権力者であった当時の韓国権力者たちは、急速な近代化を行えていた当時の発展国の権力者となれた事によって、保身も出来た」のが「現実」である。

「滅亡寸前だった韓国を救ったのは日本」であり

「日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒を働き、

日韓併合当初から現在に至るまで、他国まで巻き込んだ工作活動まで行って日本の乗っ取り支配を画策して来ている韓国こそが加害者である」のが「現実」である。

「NHKも日本のテレビ局なら、事実・現実に基づいた情報を提供するべき」だ』。

|

冬季五輪&東京マラソン・・・。

『「参加者も、視聴者等も、おつかれ様」です。「地球環境問題が、かなり深刻になりつつある昨今、たまには、この手のスポーツって何?」くらい「考えてみるのも良い」かも・・・』。

『「金転がしでも、相続でも、泥棒でも・・・、源泉を問わない金権主義経済」や、

「多くの人々の思い等や需要と供給の関係で決められている実体離れしている経済評価」等も、

「環境問題共々、限界」でしょう』。

『「果たして、人類の英知は、人類のピンチを救えるのでしょうか?」・・・』。

|

ちゃんと政権崩壊したウクライナと政権崩壊さえ?の中国&北朝鮮&韓国・・・。

『「民の力が出せる国」では「多くの民の意思に沿わない政権は交代させられたり、崩壊させられたりする」。

「ウクライナの政権崩壊」は「民主化への第一歩」だろう。

「損得勘定で言うなら、損になる可能性が大きいEUが早々に支援を表明している」のは、

「キリスト教文化圏ゆえの施し精神かも知れない」が、

「何れにしても、ロシアも既に、旧ソ連では無い」のだから、

「ロシアが、旧ソ連的な手段を用いなければ、ウクライナの問題は、双方丸く収まる様に解決出来る筈」だ。

「対照的なのが、反日の国々」である』。

『「反日の国々」では「民の力が十分に育てない様」で、

「中国国民の約8割もの人々が、中国共産党にダメ出ししていても、未だに、中国も中国国民も、中国共産党の支配下」だ。

「北朝鮮に至っては、ナンバー2等の人脈を粛清(殺害)したという、とても、今時の国とは思えない状態」なのに、

「未だに、国(?)も国民(?)も、金日成・金正日・金恩日(つまり、象徴的支配者の裏に居る実権者たち)の支配下」だ。

「反日カルト宗教国家的韓国も同様」で、

「反日カルト宗教の世界へのゴリ押しは、正しく、永遠の恥辱に染まる道を歩んでいる事」なのだが、

「象徴的大統領は変わるもののその裏に居る実権者たちは変わっていない様」で、

「未だに、国も国民も、反日権力者たちの支配下」である』。

『「東西ドイツは統一出来、

冷戦も終わり、

旧ソ連もロシアになったのだから、

朝鮮半島の統一が出来ないのはおかしい」等々と「言われて久しい」が、

「多くの自国民を衰退支配する文化上」では、

「民の力が育ち難い」のだ。

「多くの自国民を衰退支配」すれば、

「自国を支配し続ける事は容易」だが、

「時を重ねれば重ねる程、他国との比較での衰退度が高まる」。

「結果として、貧に喘ぎ、鈍する事となる」のは、

「かつての清や韓国と同様」なのだ』。

『「清時代の中国は、欧米列強に食い荒らされ、日清戦争でも敗北」した。

「日韓併合前の韓国は、その清の属国状態で、単独では国の存続さえ危うい状態」だった。

「日清戦争後、韓国権力者たちの間に、清の支配から脱却すると共に、日本に助けさせ、将来的には日本を乗っ取り支配しよう・・・」という「策略が立ち上がった」のは、

「当然と言えば、当然だった」のだろう。

「韓国人(表面上の国籍は問わない)悪権力者たちによる日本乗っ取り支配工作は未だに進行中」である』。

『「元々が、自国民も他国民も自分たちの立場・財産・権力等を支えさせる為の道具」としか「考えていない」のが、

「自国民衰退政策を行う悪たちの実体」なのだ。

「どんなに衰退させられても、そんな悪たちに対抗する力を失ってはいけない」のである』。

『「反日政策や反日宗教に従順である事」は「悪権力者を支えている事と同じ」だ。

「中国共産党要人でも、韓国(北朝鮮も含む)悪権力者でも、正体を暴けば、ウクライナの大統領と同様・・・」という「者たちが多い」のではないだろうか。

「正体を暴こうとしない民」もしくは「悪権力者からのオコボレを頂戴しようとしているワンワンたち」では、

「自分の人生を生きていないクズ」である。

「クズばかり生じさせている国々が、ごみ溜めの様になる」のは、

「当然」なのかも知れない・・・』。

|

韓国人に騙された英国人問題・・・。

『「英国の寿司店で使われていたロゴ」が「旭日旗に似ている!」と「在英韓国人の学生がクレームを付け、旭日旗はナチス旗に相当するという嘘論をその寿司店に送った」ら、

「何と!嘘論に騙された寿司店が旭日旗似のロゴを改訂する旨回答してしまった・・・」のだと言う。

「韓国人の送った論の実体を検証しなかった英国人」が「韓国人の実質的詐欺に騙された」のだ』。

『「そもそも、韓国が旭日旗を無理やり悪者にしているのには理由がある」。

「日韓併合時には、韓国も日本と同様の立場」だった。

「旭日旗を使い、一部の当時の韓国人は実際の戦争にも参加している」。

「何故か?」

「日韓併合の実体」とは、

「日本による韓国の植民地支配などでは無く、日韓二国間の合意契約に基づいた同化政策の実行だったから」だ。

「遥かに近代化が進んでいた日本と同様に朝鮮半島内も近代化されたと共に、当時の多くの韓国人の経済・教育・文化・衛生水準も飛躍的に向上した」から、

「日韓併合により、韓国人の人口も劇的に増加した」のが「現実」だ。

「日韓併合時には、朝鮮半島内でも、多くの韓国人と日本人は、同じ国の民として、同様に仲良く暮らす方向に向かっていた」のだ。

「それなのに、戦後の韓国人が、反日を掲げ、旭日旗を忌み嫌う素振りを見せる」のは、

「戦後の韓国が、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で始められたから」である。

「韓国人たちは、朝鮮半島内の日本人の立場・財産等を奪って国を始めた事」を「正当化する為」に、

「日本を悪者にしている」のだ。

「日韓併合が本当に日本による韓国の植民地支配だった」のなら、

「日韓併合時には、自主的に支配国である日本本土に渡る韓国人は皆無に近かった筈」だが、

「実際は、多くの当時の韓国人(当時の国籍は日本)が、

自主的に、

より良い仕事やより良い立場等を求めて、

日本に渡来しているばかりか、

戦後も韓国に戻らない人々も数多い」のだ。

「植民地支配」なら

「支配民区別の為にも、日本人とは別である事が容易に分かる朝鮮名の使用を強いる」のが「合理的」だが、

「実際は、韓国側の希望に沿う、日本人名と同様の名前を使う権利である創氏改名まで認められていた」。

「日韓併合前の韓国の貴族は日本の貴族となり、朝鮮王朝の人々は準皇室となった」。

「つまり、貧しく荒れていた当時の韓国の権力者たち」が、

「日韓併合条約を結ぶ事により、一気に、近代化が進んだ国の上流階級の民になった」のである。

「日韓併合は、当時の韓国人権力者の保身の為でもあった」のだ。

「また、韓国人権力者の一部は、日韓併合当初から、早々に渡米し、米国人権力者に取り入っていた」。

「実際は、日本に助けてもらっていた」のに「当時の米国内では、植民地支配された!と嘯き、解放資金を集めた」のである。

「その解放資金を原資に米国要人の懐柔工作を行い、

日米の戦争を裏から後押しし、

日本の敗戦を良い事に、

朝鮮半島内の日本人の立場や財産を奪うと共に、

敗戦後の日本の乗っ取り支配まで画策して来ている」のが、

「悪韓国人たちの実態」なのだ。

「この歴史上の現実を知らない他国の人々」が「韓国人の旭日旗・従軍慰安婦等々の実質的詐欺に騙されている」のである』。

『「歴史上の問題が出てきた」のなら「捏造資料では無い事実・現実の資料を検証して結論を出すべき」だ。

「実質的詐欺師の差し出す捏造資料に操られてしまう事」は「恥辱の道を歩んでいる事」に他ならない』。

|

おバカ、韓国の朴大統領は韓国の言い分を無理強いし続ければ日本側が譲歩すると思っていると言うが・・・。

『「韓国の反日政策や歴史認識」は「事実・現実に基づいていない」。「反日思想を持つ韓国人の思いに基づいている」。

「そんなモノを日本等韓国から見て他の国々へ無理強いし続けても、もはや、韓国の孤立度が高まるダケ」である。

「かつての日本は、日韓基本条約で大人の対応を示した後、韓国側も大人の対応を示す事を期待した上で、過剰な譲歩まで行っていた」。

「しかし、過剰な譲歩がもたらした結果が、反日政策の強化だった」のだから、

「もはや、多くの日本国民が韓国に対する譲歩は逆効果」と「認識している」』。

『「昨今の日本の憎韓・嫌韓状態」を「つくり出してしまった」のは「韓国」なのである。

「もはや、韓国が反日の思いに基づいた日本に対しての無理強いを行えば行う程、

日本の憎韓・嫌韓が増大する」のだ。

「そして、その流れは、韓国側が、反日の思いの上から降り、事実・現実の上に立つまで止まらない」』。

『「はっきり言えば、日本は反日国と疎遠でも発展出来る」。

「むしろ、反日国等による盗みや邪魔等から疎遠になればなる程発展し易くなる」。

「無理強いに対して譲歩しなくても、困らない」のだ』。

『「孤立を嫌って韓国が中国共産党に近づく事」は、

「清時代の属国化と同様の道」で、

「清同様、泥舟状態の中国共産党に支配される道を選ぶ」のなら、

「韓国は、日韓併合前の様な状態にまで衰退する事になる」だろう。

「そうなってから、韓国が再び、日本に助けを求めても、今度は、日本は確実に断わる」だろう。

「韓国は、泥舟状態の中国共産党と一緒に崩壊への道を歩む事になる」のだ』。

『「韓国自体を崩壊へと誘っている様相の朴大統領の支持率が5割超え・・・、

しかも、外交政策が評価されて・・・」とは、

「韓国の政界には、ロクな人材が居ない事の証しの様・・・」で「哀れ」だが、

「韓国を国として見ず、反日カルト宗教団体として見る」なら、

「反日思想に凝り固まっているリーダー等への支持が高いのも、当然・・・」とも「思えてしまう」・・・』。

『「反日カルト宗教国家の民」が、

「マインドコントロールから解放されるのは、何時の日だろうか・・・」。

「韓国内の問題は、韓国の時間の流れにそって解決されれば良い」のだろうが、

「日本国内に居る反日カルト宗教信者の問題」の「解決」は「早急に行われるべき」だ。

「日韓併合が植民地支配だ!」と「主張する」なら、

「一刻も早く、植民地支配を行った酷い国から、韓国民を韓国へ帰還させるべき」である。

「日韓併合時に自主的に大量渡来した韓国人だけでは無く、

朝鮮戦争難民まで、

未だに、日本に大量に居続ける異常事態」の

「解消も出来ない韓国」では、

「植民地支配は嘘ですよ~」を「体現している事と同じ」なのだ』。

|

名古屋、車悪用無差別殺人未遂事件問題・・・。

『「繁華街の歩道に意図的に車で突っ込み無差別殺人を行おうとした容疑者」・・・。「幸いな事に死者は出なかったが、10人以上もの人々が傷害を負わされてしまった」。

「何故、この様な事件が起きたのか?」』

『「容疑者が使用した車からも、容疑者の心理が露呈している」。

「殺人が第一目的だった」のなら「セダンタイプよりトラック等の方が遥かに合理的」だ。

「ところが、今回の容疑者が悪用した」のは

「所謂Bセグメント、もしくは、Cセグメントの新型車(つまり、コンパクトカーの上の上のサイズ、もしくは、上のサイズの新型車)の

シルバー色の

セダンタイプのレンタカー」だった』。

『「大きめの、多くの人々の感ではトラックよりはカッコ良く感じるセダンタイプ」で、

「しかも、シルバー色」となれば、

「容疑者の心理の中」に、

「伝説感やカッコ良く思われる悪ヒーロー感や大物感等が宿っていた可能性が大きくなる」。

「何しろ、冬季オリンピックの報道等が巷に溢れている昨今」であり、

「レジェンド葛西が銀メダル」という「ニュース等が巷に溢れていた時」なのだ』。

『「レジェンド葛西は、もちろんプラスのレジェンド」だが、

「プラスのレジェンドを残せそうに無いと思い込んでいたであろう容疑者の心理の中」で、

「マイナスのレジェンドを残したい欲動が沸き起こってしまっていて、

其処に、現状脱出欲動の暴発が火を点けてしまった可能性がある」のだ。

「容疑者の第一目的は、殺人では無く、レジェンド」であった「可能性大」なのである』。

『「殺人が目的なら、より殺人に適した車+ナイフ等の殺傷道具が合理的になる」。

「ところが、今回の事件の容疑者は、ナイフ等で武装する事も無く、車を悪用した悪行の後は、じっと車内に閉じこもっていた」のだと言う。

「その辺りにも、今回の事件の本質が露呈している」と考えられる』。

『「上記の様な原因だったとする」なら「問題点は明らか」だ。

「レジェンド欲求」と「現状脱出欲動の暴発」である。

「レジェンド欲求」とは「自己確認欲求の代償欲求」で、

「しかも、大物感や世間認知感等が加えられて加工されている代償欲求」だ。

「そして、容疑者が抱いたレジェンド欲求」は、

「自分を生かす健康的なプラスのレジェンド欲求では無く」、

「自分を罰する事に直結するマイナスのレジェンド欲求」だった』。

『「元々が、自己確認欲求」なので「かなり加工された代償欲求であるレジェンド欲求でも、一番重要な要素」は、

「無意識レベルで、自己確認感が得られる事」になる。

「無意識レベルでは、自己確認感が得られる事が一番で、善悪やプラスか?マイナスか?等々は、その後になる」のだ。

「ここが、野放しにしている人の無意識の恐いところ」で、

「代償欲求の追及」という「本来欲求が充足される訳も無い行為」でも、

「無意識が一番に欲している自己確認等の欲に基づき動いてしまう場合もある」のだ。

「無意識の欲動に基づいた行動等」は、

「自分をより深いところから動かしてしまうが故に、

実際に現れる行動等も大事になり易い」』。

『「そんな野放しにされている様な無意識の暴走に火を点けてしまう役割を果たしてしまう事がある」のが、

「現状脱出欲動の暴走」だ。

「容疑者の現状が、現状脱出欲動の暴走を誘わない様な状態だった」のなら、

「今回の事件も起きていない」。

「しかし、事件が起きてしまった」のだから、

「容疑者の無意識レベルでは、耐え難い現状だった」と推定される。

「無意識レベルで耐え難い現状」から「脱出したい欲動」に

「火をつける直接のきっかけとなる者・物・事」は、

「本当に、些細な事であったり、一般的には良心的な事であったり、・・・する場合が多い」のだ。

「今回の事件の背後に薄っすら(?)と露呈」している

「レジェンド葛西銀」という「多くの日本国民が素直に喜べる事」でも、

「点火材料となってしまう」のが、

「野放しにされている様な無意識の欲動の恐いところ」である』。

『「どうすれば、同様の新たな事件等は防げるのか?」

「多くの人々が、自らの無意識や無意識の欲動の存在をちゃんと理解・認識・把握」し、

「野放しにされている様な無意識であるが故に起こってしまう暴走等」を、

「コントロール出来る様にする事」だ。

「その様な自助のベース」を「多くの人々が持った上」で、

「共助や公助のシステムを構築する」なら、

「かなりの割合で、同様の新たな事件等が防げる事になる」。

「つまり、大切なのは、情報・教育の内容」なのだ』。

『「道徳や儒教等をいくら教えても、無意識の自覚やコントロールは困難」だ。

「小学校高学年からでも、中学校から」でも、

「テレビ・マスコミ情報等」でも、

「無意識の自覚やコントロールの助けとなる、ちゃんとした心理学を教えるべき」である』。

|

朝日は村上春樹をヨイショし、現代は大雪対応で安倍総理や舛添都知事を責めているが、普通の日本国民は、上田埼玉県知事の自衛隊要請断断わりこそが問題だと思っている・・・。

『「朝日の村上春樹ヨイショ!」は「見苦しい」。「脱原発派」や「人脈的に近い者」の「ヨイショ!」の「様相だから」だ。

「問題となった小説内表現」は「明らかに時代遅れの表現」で、

「是正は当然」なのだから、「それを大人の対応と絶賛している様」では・・・。

「また、大量の春樹信者、もしくは、工作員たち、等が、対象となった地方自治体へ抗議メール」とは、

「まるで、命!命!!と日本人の命を欲しがっている様な叫びを上げて極東地域日本のみ即原発ゼロという利韓・利中政策に邁進している連中みたい・・・」で、

「日本の中の似非日本国民の問題は既にバレバレ」だが、

「似非日本国民の数が現状では意外な程多い」ので、

「多くの日本国民は、見て見ぬフリをしている様相」だが、

「本当は、深刻な問題」なのだ』。

『「もっと笑える」のが

「現代の安倍総理批判や舛添都知事批判」で

「こちらは、もはや、反日運動の様相ですらある」ので、

「今時の普通の日本国民にとっては、もはや、お笑い、もしくは、ゲテモノ興味の対象にしかなって居ない」だろう。

「まぁ、それでも、新聞や雑誌が売れて集金出来れば良い」のだろうが・・・』。

『「政界の実問題」は、

「秩父市からの自衛隊派遣要請を断わった上田埼玉県知事の問題」だ。

「こちらは、如何にも、民主党系の方という判断・思考の状態」が、

「埼玉県の県政に大きな悪影響を及ぼしている可能性さえ感じさせるから」である』。

『「民主党の方々の発想」は「中国共産党に近い」。

「国家・国民の上に在るのが中国共産党」で「国家・国民とは、中国だけに限らないから、中華思想」なのだが、

「民主党が与党だった時」にも「官僚を民主党の下に置き、権力を民主党執行部に集中させる事」まで「行おうとしていた」のだから、

「その相似性は明らか」だろう。

「官僚の上に立ち、官僚を支配する」なら「少なくとも、官僚より優秀で無ければ困る」のだが、

「多くの民主党の方々」は

「親反日ぶりでは、多くの日本国民を圧倒する程{優秀}」だが、

「日本国をより良い国とする能力については、明らかに官僚以下」だった。

「当然の如く、国政では民主党は政権与党から退かされた」のだが、

「地方首長では、民主党系の方が未だに健在」なのだ』。

『「その悪影響が露呈した」のが「今回の対応」だろう』。

『「埼玉県知事選を、前倒しで行うべき・・・」等と「思ってしまった」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だが、

「多くの一般日本国民」は、

「親反日国人脈の方々とは違い、揚げ足取り等で大騒ぎして、政権交代等を無理強いしない・・・」からか、

「今のところ、埼玉県民は静かな様」だ』。

『「埼玉県民の親反日国人脈人口割合等」を「調べてみる」と、

「他の都道府県より多かったり・・・して?」

「まあ、マスゴミや地方紙等にマインドコントロールされている方々の割合が異常に多い」と

「推定される、沖縄や北海道等よりは、少ないだろう・・・」けど・・・』。

|

川崎、京浜東北線脱線転覆事故問題・・・。

『「工事用車両と正面衝突してしまった終電後の回送電車・・・」。「異常な事」である。

「異常な事は何故起きてしまったのか?」』

『「一番の問題は、工事用車両の線路使用開始を、時間で指示していた事」だろう。

「時間では無く、回送電車通過後とか、線路閉鎖後等としていた」なら、

「今回の事故は起こっていない」』。

『「事故を招く可能性がある異常な指示や命令等の裏に往々にして在る」のが「悪意」だ。

「その悪意が、現状日本社会にダメージを与える為の工作活動である場合も少なく無い」。

「そんな悪意を持っている可能性が大きな人」等は、

「日本社会の重要な立場から排除されるのが当然だと思う」が・・・』。

『「旧国鉄とは、所謂左翼組合のパラダイスみたいなところでもあった」。

「現行法で摘発されたり、法律違反にならない事=やって良い事」というのが「所謂左翼の得意とする異常論」で、

「電磁波工作や飲食物工作や情報工作等々、多くの一般日本国民に実害や迷惑を与える事まで行っている者までいる」のだ。

「しかも、所謂左翼と●暴力が意外と仲が良い場合も少なく無い・・・」のは、

「ルーツの人脈ゆえ」かもしれない・・・。

「民営化され、東西冷戦も終結している今、所謂左翼要素はだいぶ薄まっている筈」と「思いたい」が、

「東西問題が左翼を生んだのでは無く、日本の左翼の元は反日」なのだ。

「こんな事故が起こる」と

「未だに、所謂左翼、しかも、過激派的な思想を持つ人々が、重要な立場にもいるのでは?」等の

「危惧感さえ想起されてしまう」。

「ホームドアの設置が遅い」のも「その辺の人脈ゆえ・・・」だったりして・・・』。

|

大雪の原因は地球温暖化だけ?・・・。

『「山梨・秩父・関東地方を襲った大雪」。「東京では、48年ぶりが二回」だが、「山梨・秩父では、観測史上初めて」だ。

「その裏に在るのは何か?」

「中国から渡来している雨や雪の芯となる大気汚染物質が元凶」なら

「山梨や秩父等西側の大雪がより多くなった事」とも「整合性が取れる」。

「当然、その可能性も高い」として「徹底的な調査・検証等が行われるべき」だ』。

『「それなのに、韓流テレビ等では、意図的にこの可能性に触れない」。

曰く「地球温暖化が原因だ・・・」等々。

「もちろん、地球温暖化による大気中の水分の増加は、原因の一つ」だ。

「地球温暖化が原因となっている気候変動も原因の一つ」だ。

「しかし、まともなマスコミ」なら、

「雨や雪の芯となる大気中の大気汚染物質の問題が無いと証明されていない以上、可能性の高い事の検証や追及も必需な筈」だ。

「現状では、意図的に避けている様相」なのである』。

『また、「地球温暖化が原因・・・」等と言いながら、

「原発再稼働反対・・・」等では、

「お話しにならない事になる」。

「それを誤魔化す為にか(?)ライフスタイルを変えるべき論等を風潮している所」にも、

「異常で醜悪な様相が在る」。

「地球温暖化が原因」なら

「火力発電等の使用を極力抑える為にも、安全に使える原発は出来るだけ早く再稼動させるべき・・・」等の

「当たり前の論が紹介されていて普通」だろう』。

『「普通では無いテレビ・マスコミ等の裏に在る」のが「普通の日本国民では無い人脈の問題だ・・・」等と

「思ったり、感じたり・・・、している方々」は「数多い」。

「普通では無いテレビ・マスコミ等の論の対極」に「日本の為になる事がある場合が多い」のだ』。

『「かつての韓流テレビ等のご推奨」は、

「小泉!」であり、

「政権交代!!」であり、

「民主党!!!」だった。

「そして、未だに、(極東地域日本のみ・・・この部分は意図的に省かれている)原発即ゼロを訴えている小泉元総理や、その次男の大宣伝・・・」なのだ。

「まるで、何処かの独裁国の親玉賛美・・・みたいな雰囲気さえある小泉血統宣伝等に醜悪さを感じる」のが、

「普通の民主主義国家の民」で、

「テレビ・マスコミ等が頼れ!」と「祀り上げている象徴的者」の「信奉者になっている」のは、

「民主主義国家で暮らすより、独裁主義国家で暮らした方がよさそう・・・な人々」なのだ。

「民主主義の基」は「民の基本的な力」である。

「自分で自分を健康にコントロールし続ける代わりに、他人を支配したり、他人に自分を支配させたり・・・する人々が多い人間社会」では、

「民主主義は成り立たない」のだ』。

『「上記の意味からも、テレビ・マスコミ等は、特定極一部の人を象徴扱いする悪行をやめさせられるべき」だ。

「逆に、自分で自分を健康にコントロールし続ける為の参考となる情報」や、

「自立の基ともなる偏向や脚色や大衆誘導目的等の無い事実・現実情報」等を

「ちゃんと配信するべき」だ』。

『「普通でない、まるで、反日国の情報工作機関の様なテレビ・マスコミ等」が「日本国内で大手を振って蔓延っている状態」は、

「本当に異常で醜悪」だ。

「反日国を利したい人々」は「反日国に行って(帰って)行えば良い」。

「日本国内で実質的工作活動を行っている連中に相応しいのは厳罰」である』。

|

福島第一原発高濃度汚染水大量漏れ問題・・・。

『「福島第一原発の今回の汚染水漏れ」は「タンクの弁の開け閉めの問題だった」のだと言う。

「つまり、人為的過失・事故、もしくは、工作活動等」が「原因という事」だ。

「ここで問題となる」のが「防犯カメラの設置さえ不十分な様相の工作活動に対する東電の対策の甘さ」である』。

『「日本国内には、(極東地域日本のみ・・・この部分は、意図的に言われていない)原発即ゼロ等という実質的利韓・利中政策」を

「日本に行わせたい連中が少なからず居る」。

「そんな連中の一部」は、

「多くの一般日本国民の原発に対する嫌悪感を煽り、

世{論}調査ならぬ世{感情}調査の結果等で、

日本の政治を動かそう・・・とさえしている様相」だ。

「そんな策略・工作的手段まで用いて」、

「極東地域日本のみ原発即ゼロという実質利韓・利中政策を日本に行わせようとしている連中まで居る」のが、

「お寒い日本社会の現状」なのだ。

「情報工作や大衆誘導に邁進している者が少なからず居る状態」で、

「福島第一原発被災事故をより深刻にする為の工作活動が行われない」等と「思っている」なら、

「かなりの平和ボケ」だ。

「その手の工作活動もあり得る」として「相応の対策をうつ」のが「当然」である』。

『「未だに、防犯カメラの設置も不十分」なら「東電の対応は余りにも甘い」。

「今回の汚染水漏れ問題」でも

「防犯カメラの設置があれば、

何時、何処の誰が、栓を開けてしまったのか?等々は、

早々に明らかに出来ている筈」だ。

「人為的ミスなのか?」

「栓の不具合等による事故なのか?」

「大衆の原発に対する嫌悪感を増長する為の工作活動等なのか?」

・・・等々の「区別」が「早々に出来ていた筈」だ』。

『「東電は早々に、危機管理をもっとしっかりやるべき」だ』。

『「危機管理が甘い会社だから、原発事故も起こしてしまった(福島第一原発被災事故の原因は、言うまでも無く、津波対策の甘さであり、それは人災である)」のだ。

「その事に対する真摯な反省があった」のなら、

「今回の事態は起きていなかったのでは?」等と

「思っているのは、筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「原発再稼働のハードルを自ら上げてしまう様な自虐的な事」は、

「行うべきでは無い」。

「もちろん、もし、今回の問題が、工作活動によるものなら、工作活動を行った者たちが悪い」のだが、

「それは、立証出来てこそ・・・」である。

「防犯カメラが設置されていた」なら「実質的立証は容易な筈」だし、

「防犯カメラの設置が、工作活動の抑止にもなる」。

「早急な対策が必要」だ』。

|

「集団的自衛権」解釈改憲問題・・・。

『「本来なら、憲法自体を改憲するべき」だが「マスゴミの大衆誘導の悪の成果」で「未だに、多くの日本国民が改憲を嫌っている」。

「しかし、日本国内の都合など関係無しに国際情勢は変化している」のだ』。

『「解釈改憲を嫌っている者たち」が

「日本は集団的自衛権を行使にない代わりに、核兵器も保有し単独防衛が可能な独立国家として発展するべき」等と「言っている」なら、

「未だ話しは解る」。

「ところが、その様な話しは欠片も無い」。

「現状で、集団的自衛権の解釈改憲に反対している者たちの実態」は、

「中国共産党や北朝鮮等の手先になる」のだ』。

『「普通に考えれば誰でも解る筈」だ。

「日本は米国の核の傘に守られている」から、

「北朝鮮も中国共産党も・・・、うかつに日本を核攻撃出来ない」のだ。

「集団的自衛権を否定し、日米安保が希薄になり、米国の核の傘もいい加減になる事の実効」は、

「先ず、北朝鮮や中国共産党の核兵器圧力を増大させる事」であり、

「その先にあるのが、北朝鮮や中国共産党が日本を核攻撃し易くする事」に「他ならない」』。

『「日本国会議員」が、

「日本の中の北朝鮮や中国共産党の手先の様相」では、

「今後の再選は危ういのが当然」だ。

「日本の集団的自衛権に悪戯に反対し、

北朝鮮や中国共産党を利している、

民主党等の国会議員は、

税金の無駄を防ぐ意味からも、

国会議員の座から退かされるべき」だろう』。

『「同様の意味」で

「日本の公共の電波の特定周波数の独占使用権を持っていたり、

日本国内で公共的マスコミの座にいながら、

実質的には、北朝鮮や中国共産党の核兵器圧力を向上させる論の容認へと、

大衆を誘導しようとしている者たち」も、

「それらの重要な立場から退かされるべき」である』。

|

NHK籾井会長をクビにしたい反日国の手先たち・・・。

『「親反日国の者が会長だった時」には「全くクレームを付けず」、「日本国民として当たり前とも言える見識を持つ現在の籾井会長」には

「内部情報の言葉の揚げ足取り等の手段まで用いてクレームの嵐を起こす」。

・・・「それが、日本国内に居る反日国の手先の醜悪な実態」だ』。

『「逆を考えてみよう」。

「日本国民にとって自虐的な親反日国が会長等実権のある立場に就いた時、

多くの日本国民がクレームの嵐を起こしただろうか?」

「否」。

「何故、多くの日本国民はクレームの嵐を起こさないのか?」

「それは、ここは日本であり、例え親反日国の者が実権を持つ立場に就いたとしても、最終的には日本の利となる状態で落ち着く」等と「思っていたから」だ。

「多くの日本国民は、日韓併合時から仕込まれている韓国悪権力者人脈による日本乗っ取り支配工作等」を「知らなかった」から、

「自然に任せておけば、当たり前の状態に落ち着くと考えていた」のである』。

『「反日国人脈は当然日本の中ではメインでは無い」。

「一般日本国民に比べれば、人口も圧倒的に少ない」。

「そんな反日国人脈の者が日本の乗っ取り支配を実現する為」には、

「日本の中の多くの実権のある立場を、親反日国人脈の者で埋め尽くす必要がある」。

「そこで、日本の中の実権のある立場に一人でも多くの親反日国の者が就ける様」に、

「テレビ・マスコミ・教育等を悪用して大衆誘導を行う」と共に、

「実権のある立場に普通の日本人が就くとクレームの嵐を起こして来ている」のだ。

「本当に醜悪な連中」である』。

『「そんなに日本人に自虐を求めたかったり、反日国を有利にしたい」のなら、

「反日国に行き(帰り)、反日国がより良い優れた国になる様に努力するべき」だが、

「日本の足を引っ張り、日本の中の実権のある立場を親反日国の者たちで占有する事等」で、

「反日国を有利にすると共に、日本の乗っ取り支配を画策している」のだから、

「本当に悪質」である』。

『「悪者たちは、悪者故に自己崩壊が進む」のが「自然の摂理」だが、

「自然の摂理が有効に働くには、長い時間がかかる場合も多い」のが「現実」だ。

「現状では、多くの日本国民が日本国内の反日国人脈による悪巧みに対して、防衛行動を起こす必要に迫られている」。

「反日国の手先たちが日本の中で大手を振って快適に暮らし、多くの一般日本国民が苦難を強いられている状態」は、

「絶対に避けるべき」だ。

「その為に直すべき事は直すべき」なのである』。

『「NHKが多くの日本国民の元気を呼び起こし、日本国内に居る反日国の手先たちの不当な元気を削ぐ情報配信をする」なら、

「それこそが、日本のテレビ局として正しい情報配信」なのだ。

「少なくとも、籾井発言の内実」は「その方向を向いている」。

「何処かのテレビ局の様」に、

「大衆誘導で親反日国政権を樹立したり・・・」、

「日本の有権者が決めた現安倍政権の意向等に対し、悪戯な反論を示し、反日国人脈を利したり・・・」、

・・・「する、実質的には、反日国を利する事を行う」のが、

「マスコミとしての自立性を保つ態度」では無い。

「事実・現実の検証に励み、その結果を情報として大衆に還元する」のが、

「マスコミ本来の役割」だ。

「過去の歴史においても、反日国のご都合歴史認識を紹介したりしている・・・」のでは、

「日本のマスコミでは無く、反日国の情報工作機関」である。

「従軍慰安婦問題」でも、

「靖国問題」でも、

「竹島問題」でも、

「在日韓国人・在日朝鮮人問題」でも、

「尖閣諸島問題」でも、

・・・、

「その問題の事実・現実をしっかり検証し、その結果を情報として還元する」のが、

「マスコミの役割」なのだ。

「マスコミとしての役割を果たすべき!という意見」に対しても、

「不当な悪イメージでクレームの嵐を起こした」のが、

「反日国の手先」である』。

『「醜悪な実質的悪たち」を「何時までも日本国内で大手を振って生活させておく必要は全く無い」のだ。

「日本国内で反日国の手先として一般日本国民に実害を及ぼしている者たち」は

「反日国に強制送致されるべき(北朝鮮なら、公開処刑の対象だろうが・・・)」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」。

「言論の自由」や「思想信条の自由」なら「問題は無い」のだが、

「テレビ・マスコミ等の優位な立場を悪用した大衆誘導」や、

「盗聴・盗撮・スパイ行為等々」や、

「電磁波(電子波)工作」や、

「飲食物工作」や、

「宗教等を悪用した詐欺的集金やマインドコントロール」や、

「株の仲間同士で行っているインサイダー取引や、パチンコ機器等の不正操作等による不正集金」等々、

・・・「を行っている者たち」や、

「それらの不正資金を利用して、日本国内に反日国組織を作り、反日国組織を維持して、反日国を利している者たち」等は、

「厳罰に処したり、

日本の税金を使って更生させようとするのもどうか?等と思うから、

日本国内から追い出すべき」等と

「思っている一般日本国民は多い筈」だ』。

|

先日不動産業者の者が来てから上の部屋からの電磁波(電子波)も強くなったが・・・。

『「上の部屋が空き室だった頃」から「筆者の所には電磁波が当てられていた」。

「その事態が示している事」は「空き室に立ち入れる者が電磁波工作を行っていた事」で、

「それが、空き室の管理を行っていた不動産業者の者であると強く推定される」のは「当然」だろう。

「工作員は、不動産業者にも居る」のだ』。

『「自室内で筆者の所に当てられている電磁波が強くなった時」には、

「不動産業者や設備業者の者」が「筆者の住むマンションに来ていた」。

「つまり、工作機器の性能アップの為や工作機器設置の為に来ていた工作員」は、

「それらの者たちである事が強く推定される」』。

『「上の部屋の住人が居る中、不動産業者の者も上がりこんで、工作機器の更新を行った」と「推定される」。

「工作員同士で工作機器更新作業の合意が出来ていた様」だ』。

『「電磁波(電子波)工作が組織的である事」は「以前にも記した」。

「建物や車に電磁波工作が仕掛けられている」ので、

「多くの建物に出入りが出来る不動産業者や設備業者の中に工作員が居る事」や、

「車に工作を仕掛ける為に、多くの車に触れる事が出来る車のディーラーの修理・整備や、カー用品ショップやガソリンスタンド等に工作員が居る事」が

「強く推定」される』。

『「また、組織的な工作」なので、

「新興宗教団体とか民族団体とか●暴組織等々とかでの繋がりや連絡がある事も推定される」。

「学友や友人・知人等を組織に引きずり込み支配し工作員として動かすリーダー的役割の者たち」が、

「その様な団体・組織等で連携している」と「推定される」のだ。

「組織的工作」なので

「オウムの時と同様に、警察や役所や政治家や官僚の中にも、工作員が居る」と

「強く推定される」。

「電磁波(電子波)工作を無い事にする圧力が在る」のは、

「北朝鮮による拉致と同様だ」と「強く推定される」のだ』。

『「外に向かって強い電磁波(電子波)を照射している車のナンバーにも特徴がある事」は、

「以前にも記した」。

「また、外見上」では、

「例えば、ブルーライトやベビーシールが好みの様」で、

「それらの外装のある車の電磁波照射率が高い事」も「特徴的」だ。

「ナンバーを改めて記す」なら

「13がらみや31がらみ(数字全部や二桁づつを足して、13や31になったり、●●●○とか○○○●とかの同じ数字三つと一つ、など)、

13と足して31になるからか?何処かの誰かの誕生日賛美の意味からか?18がらみの車の電磁波照射率が高い事も昨今の特徴」だ。

「1,3,8がらみも好みの様」で「例えば、49-62や85-35(選ばれる数字や順序等は自由)等は、それぞれ足すと、13と8となり、更に足すと21になる」からか、

「それらのナンバーの車から電磁波(電子波)が外に向かって出ている場合も多い」。

「13・31・18と共に、電磁波工作車の率が高い」のが「25(ニコニコ)がらみ」で、

「それは、何処かの開戦記念日故か?」

「それ以外では、21がらみや7がらみも率が高い」。

「こちらの7は開戦記念日がらみか?」

「21は、人脈が微妙に違うロイヤルのアールがらみかも知れない・・・」』。

『「電車やバスや街中等でも、電磁波(電子波)工作の標的にされる事は少なく無い」。

「工作員(複数である場合が多い)が筆者の近くに陣取り、電磁波発生方向を調整して身体の特定部(頚椎や心臓狙いが多い様だが・・・)に電磁波(電子波)を当てようとする」のだが、

「工作員が持つ工作機器は出力が小さい様で、注意深く何処から発せられているのか?を認識しようとしないと良く判らない」。

「しかし、出力が小さな工作機器でも、身体の痛みや違和感等が認識される場合が多い」。

「何か変・・・」の「先には電磁波工作がある場合が少なく無い」のだ。

「そんな時は、可能なら工作員から離れれば良いダケ」だが・・・』。

『「何れにしても、日本の中で日本人を標的にしている組織的な電磁波(電子波)工作がある事」は「紛れもない現実」だ』。

『「日本の中で日本人を標的にした電磁波(電子波)工作」とか「飲食物工作」とか「情報工作」等々の「反日(ソフト)テロ行為を行っている連中」は、

「反日国に強制送致されるべき!」等と「思ってしまっている」のは、

「筆者たちだけでは無い」筈だ』。

|

全世界は環境対策を十分に行わず悪戯な軍拡に邁進している中国共産党にクレームの嵐を与えるべきでしょ・・・。

『「異常な大雪の素となっている」のは「地球温暖化による大気中の水分増加」と「雨や雪の芯となる大気汚染物質」と「強く推定される」。

「その大気汚染物質を大量排出しているのが、中国共産党支配下の中国」だ。

「世界中」からの「中国共産党は、軍拡なんか行っていないで、環境汚染対策を十分にやれ!」等々の「クレームの嵐」が「当然」だろう』。

『「欧米要人等も、中国共産党による懐柔工作に甘えている場合では無い」のだ』。

|

クレームを問題にするおバカたち・・・。

『「クレーム」が「問題なのでは無い」。「何が事実・現実なのか?」が「問題なのだ」。

「実体が希薄でクレームが甚大」なら「そのクレームは悪質なクレーム」だが、

「実体があるクレーム」は「当然のクレーム」で

「実体把握や実体対応が不十分な企業等に対する改善を促す良質なクレーム」である。

「内実を問わず、クレーム自体を問題にする」のは「クレーム封じの策略」で

「それは、実質的に言論統制みたいな事」だ』。

『「クレーム自体を問題にする論を一方的に大量配信しているのが韓流マスゴミ等」なら

「それは、日本を虚勢化する為の情報工作という反日工作の一手」だろう』。

『「自由闊達な多種の言論等が渦巻く中、

事実・現実を把握・認識しながら、

その言論等の内実を把握・認識して行く人々が多い

事実・現実を見失わない活気がある人間社会」こそが、

「発展の元」なのだ。

「クレームが萎縮社会をもたらすのでは無い」。

「クレームの内実を問わず、クレーム自体を封殺する様な言論統制が萎縮社会をもたらす」のだ』。

『「日本社会を萎縮させようとする悪質な論」を「大量配信している悪質なマスゴミ等」に、

「大きな力を与えたり、呑まれ、操られたりしては、いけない」のである』。

|

マスゴミによれば「米国紙が日本発の極東危機を案じている・・・」だが・・・。

『「日本の中で反日工作を行っている様相のマスゴミ」は「米国紙等の一部の偏向論を特別に取り上げて大宣伝する」。

「タイトルの事例でも、顕著なところ」は、

「実際の可能性は全く無いに等しい、日本発の極東危機論」を「大宣伝した事」だ。

「実際に起こる可能性が高い」のは「中国発や北朝鮮発の極東危機」に他ならない。

「冷静に現状を見る」なら「誰でも分かる筈」だ』。

『「それでも、日本の中で反日工作を行っている様相のマスゴミ」は、

「ほとんどの米国要人が実質的には問題にしていない安倍総理の靖国神社参拝」を「大問題としたがる」。

「安倍総理の靖国神社参拝を大問題にしたい」のは「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)」であり、

「中国共産党や韓国(北朝鮮も含む)は、靖国神社の参拝を問題化する事で、反日政策の駒にしている」のだ』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党の崩壊」は「実際にありえる事」で、

「崩壊しそうになった時に他国を悪者にして戦乱を仕掛ける事」が「稀では無い事」は、

「人類の過去の歴史が示している通り」だ。

「反日政策実行国」とは「崩壊状態に近い国々」に「他ならない」』。

『「冷静に実態・実体を検証した上で考えれば誰でも解ると思う」が、

「崩壊に向かっている国々の指導者たちに極東地域危機問題の本質がある」のだ』。

『「ソ連がロシアとなってから久しいのに、未だに、中国は、中国共産党の支配下」である。

「国家・国民の上に中国共産党という状態」は「明らかに異常」だ。

「中国が民主化される」なら「極東危機はかなり小さな問題になる」。

「米国要人や米国メディア等は、決して中国共産党等の懐柔工作に落ちてはいけない」。

「米国要人や米国メディア等は、中国民主化の圧力をかけるべき」だ』。

『「米国要人の懐柔工作」は、「中国共産党より韓国権力者の方が遥かに早くから行っている」。

「何しろ、日韓併合当初から、当時の韓国人権力者の一部は渡米し、米国を利用して、日本を乗っ取り支配するべく動いていたのだから・・・」。

「その悪の成果」が、

「日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒的行為で出来た戦後韓国」であり、

「そんな戦後韓国の初代大統領李承晩」であり、

「李承晩が自らの支配地域を拡げる為に行った朝鮮戦争」であり、

「竹島不当占拠」であり、

「李承晩ラインの一方的設定」なのだ。

「李承晩は、日本の乗っ取り支配をより容易にする為に、日韓併合時に日本に渡来していた多くの在日韓国人を帰還させなかった」ばかりか、

「朝鮮戦争時にも、戦争難民という上辺の形で、更に数多くの韓国人を日本に渡来させ、

朝鮮戦争終戦後も居残らせている」。

「悪韓国人権力者による日本乗っ取り支配工作が、戦後の日韓の間の大きなストレス元になっている」のだ。

「日本の乗っ取り支配工作等に力を注がず、自国をより良い状態にする事に力を注いでいれば、韓国(北朝鮮も含む)の崩壊も防げる」から、

「極東危機も遠ざかる」のだが、

「悪が他国支配や自国民支配に邁進している」から「国が崩壊方向に向かってしまっている」のである』。

『「まともなマスコミ」なら

「反日工作(日本の乗っ取り支配工作)の手伝いなど行わず」に、

「自分で自分を健康にコントロールしない代わりに他国を支配しようとしたり、自国民を支配し続けようとしている悪権力者たち」という

「極東地域の元凶」を

「世界中に認識してもらう事」で、

「是正を促し、

・・・極東地域の危機を無くす事に力を注ぐ」が、

「悪権力者たちの手先と化しているマスゴミ」は、

「極東危機を増大させている」と共に「反日国の崩壊に力を加えている」のだから、

「本当に呆れる」のだ』。

|

マスゴミの世論(?)調査では「原発再稼働反対派が50%を超えている」と言うが・・・。

『「世論調査と言う」よりは、「世の人々の感情調査とでも言った方が適切」な事を「行い続けている」のが「所謂マスゴミ」だ。

「例えば、原発再稼働問題」でも「福島第一原発被災事故後の復旧・復興が未だ不十分な現状」では、

「多くの日本国民の感情」は、

「原発再稼働反対!」でも「何の不思議も無い」。

「しかし、

冷静に、

今の世界の状況や、

反日国の問題や、

日本経済や日本社会への影響を考えた上で、

日本の原発再稼働問題を考える」なら、

「日本を衰退させない事と整合性の取れる論理」とは、

「再稼動容認しか無い」。

「つまり、本当の世{論}調査」なら

「日本国民を対象として行う限り、再稼動容認派が多数派になるのが当然」なのである。

しかし、「マスゴミは、世{感情}調査を行っている」。

「何故か?」

「そもそも、

マスゴミ自体が福島第一原発の被災事故等を悪用して、

原発に対する否定的な感情を煽る情報提供を

大量に一方的に行い続けている」のだ。

「人々の原発嫌い感情を煽り、

世{感情}調査を行う事で、

あたかもそれが世{論}であるかの如く嘯き、

日本に自虐的な政策を行わせようとしている・・・」のが、

「マスゴミの実態」である』。

『「日本のマスゴミの実質的大衆誘導」は

「反日政策」や

「利韓(北朝鮮も含む)・利中政策」に「なっている場合が多い」。

「まるで、韓国(北朝鮮)や中国共産党の出先機関の様相」なのが、

「日本のマスゴミの実態」なのだ』。

『「そんなマスゴミの実質世{感情}調査にも係わらず、既に、3割超えの人々が原発再稼動を容認している」。

「マスゴミの感情煽りに操られず、日本の為になる論の回答をした人々」が「既に、3割以上も居る」のだ』。

『「未だに、マスゴミの感情煽りに載せられてしまっている方々」は

「出来るだけ早く、自らをマスゴミの操り人形から解放し、本当の自分を救い出すべき」だ。

「感情としては、原発嫌い・・・だけど、現実を考えるなら、再稼動するのが合理的」等と

「感情より理性を優先した回答が出来る状態」を「失っている」なら、

「それこそが非常に危険な事」である。

「戦前の好戦ムード感情」は「日本を自虐的な戦争に邁進させた」。

「その歴史から学ぶべき」は、

「平和ボケになる事」や「日本を卑下して反日国を利する事」等々では「断じて無い」。

「国やマスコミ・マスゴミ等の感情煽りに二度と載せられ無い事」だ。

「自らの理性を保ち、世論調査等でも感情より理性を優先させた回答が出来る様に、自分を保ち続ける事」だ。

「世{論}調査を行わず、大衆の感情を煽り世{感情}調査を行っているマスゴミ」の「酷さ」を「ちゃんと認識出来る事」だ。

「テレビ・マスゴミ等の感情煽りで操られてしまう人々が多い人間社会」では、

「民主主義は成立せず」、

「テレビ・マスゴミファシズム等が成立し易くなってしまう」。

「それこそが、本当に危険な状態」なのだ』。

|

東急の追突事故の原因は雪によるブレーキ能力の低下だそうだが・・・。

『「ATCは働いていた」のに「追突」とは「通常ならあり得ない事」だが、「何と!原因は雪によるブレーキ能力の低下」なのだと言う。

「そんな事で追突するなら、雪国の列車は大変な事に・・・」と「思ってしまう」が、

「実際は、そんな事は無い」。

「何故か?」

「東急の言った事の内実」は、

「雪によるブレーキ能力の低下を想定した車両やATCの設定になっていなかった」だ。

「福島第一原発被災事故の例でも明らかな様に、現代の文明は想定外に弱い」のである』。

『「想定外の雪をもたらした元凶は何か?」

「地球温暖化による気候変動と大気中の水分の増加」と、

「環境対策の甘さ故に大量排出された物が偏西風と低気圧の引き込みにより影響する中国由来の雨や雪の芯となる大気汚染物質の増加」と、

「日本で原発を止めているが故に大いに使用している火力発電所由来の大気汚染物質や、大気の温めによる低気圧への影響」だ。

「そして、上記の事を想定内に入れるのか?否か?」は、

「危機管理認識の問題」である』。

『「ホームドアの必要性等の危機管理認識は持っていても、現状人間社会がもたらしている異常気象故の大雪に対する危機管理認識が甘かった」のが、

「東急の実態だった」のだろう。

「当然、今後は改善される」と「思う」が・・・』。

・・・・・・・。

『「使える原発は使うべき」だ。

「温暖化抑止にも、

大気汚染物質発生抑止にも、

大気に大量の熱を与える事で低気圧等の進路に影響を与えたり、

竜巻の原因をつくったりする事の抑止にも、

・・・役立つから」だ。

「中国がちゃんと環境対策を行っていて、

日本がほとんどの原発を使って火力発電を抑制していた」のなら、

「大雪の被害も遥かに減っていた筈」である』。

『「反日国を利する(極東地域日本のみ)原発即ゼロ派等の方々」は、

「今回の異常な大雪に対してどの様な事を思っているのだろうか?」

「まさか、東日本大震災時に日本人が死んだ事を嬉しがっていた韓国人の様」に、

「大雪による日本国内の災害や機能不全を喜んでいる・・・」なんて事は無いと「思いたい」が・・・』。

|

都知事選原発即ゼロで敗北した韓流人脈の次の策略「自民党内分断対立」問題・・・。

『「日本の政治を邪魔する事で、何処かの国を利したい連中の行う事は本当に醜悪」だ。

「(極東地域日本のみ・・・意図的にこの部分は隠されている)原発即ゼロ」の「実体」とは、

「利韓(北朝鮮も含む)利中政策」に他ならない。

「策略の実態」は「以下の通り」だった。

「福島第一原発被災事故等故、日本国内に蔓延していた原発嫌い感情」に

「韓流テレビ・マスコミ等が、火に油を注いで煽り」、

「都知事選で、有権者の原発嫌い感情を元に、(極東地域日本のみ)原発即ゼロという利韓(北朝鮮も含む)・利中政策を実現させようとした」のだ。

「しかし、(極東地域日本のみ)原発即ゼロ策略」は、

「都知事選での即原発ゼロ候補の敗戦で、失敗に終わった」。

「今後も、既に、その実体が、利韓(北朝鮮も含む)利中政策である事が既にバレている(極東地域日本のみ)即原発ゼロ政策」は、

「日本国内で多くの人々に支持される事は無い」。

「日本国内の利韓(北朝鮮も含む)利中人脈」は「新たな策略の実行を迫られた」』。

『「其処で昨今出て来ている」のが

「元々、利韓(北朝鮮も含む)利中人脈の者も中に食い入らせている、現与党の自民党を対立~分断の混乱状態に追い込もう・・・」という「策略」である。

「現執行部が、対立~分断を恐れる余り、利韓(北朝鮮も含む)利中政策に舵を切れば、大成功」と言う訳だ。

「しかし、この悪の策略も、既に、多くの有権者にバレバレ」である。

「何故なら、

元々、自民党内の利韓(北朝鮮も含む)利中人脈の人々に違和感を感じ、

以前、自民党が与党だった時の利韓(北朝鮮も含む)利中政策にダメ出しをしていた」のが、

「多くの有権者だから」だ。

「韓流テレビ・マスコミ等は、自民党から民主党への政権交代の為に自民ダメ!の大衆誘導を行った」が、

「多くの有権者が自民ダメ!に同調してしまった原因こそが、自民党内の利韓(北朝鮮も含む)利中人脈の問題だった」のである』。

『「原発即ゼロという大衆誘導の為の美辞麗句」と「同様の美辞麗句」が

「自民党内対立~分断策略」にも「用意されている」。

「韓国や中国は重要な隣国」や、

「韓国や中国と仲良く!」等々だ。

「しかし、少し考えれば、誰にでも分かる」様に、

「反日政策実行国と仲良く!」とは、

「例えて言うなら、強盗や侵略者と仲良く!みたいな話し」なのだ。

「つまり、あり得ない話し」である。

「反日政策実行国が、重要な隣国」とは、

「反日政策を重要と言っている事と同義」だ。

「日本国民なら、そんなバカな話しは出来ない筈だが・・・」』。

『「韓国(北朝鮮も含む)や中国と日本が近隣国として密接に付き合う上で一番重要な事」は、

「先ず、反日政策を止めさせる事」だ。

「反日政策実行中である限り、疎遠である事が、国益・国民益を守る事になるのだから!」

「韓国(北朝鮮も含む)や中国の自浄作用で反日政策が無くなる事が期待出来ない」のなら、

「外堀を埋める政策等が有効になる」。

「今回の安倍政権になった後の否反日国との連携強化」こそが「合理的で正しい政策」に他ならない』。

『「自民党内の韓流(北朝鮮も含む)や中国共産党流の人脈の人々」は、

「極東地域日本のみ原発即ゼロ策略が潰れた事」で「既に、その立場が危うくなっている」。

「更に、反日政策を否定する国家運営を行い続け、それが、多くの日本国民の支持を得れば、自民党内のガンの様な人々」は、

「自民党から必然的に切除される事になる」。

「その様な人々が寄り集まって、少数野党として、日本の国政内に在ったとしても、大勢に影響は無い」だろうが、

「その様な人々に散々工作資金等をつぎ込んでいる反日政策国人脈の人々は、大きな不満を抱える」だろう。

「しかし、日本を反日政策の下に置こうという策略自体、元々、不健康な悪の策略」である。

「悪の策略に邁進する悪人たち」が「大手を振って歩く状態」は「不健康な状態」で、

「悪の策略に邁進する悪人たち」には「苦難が強いられる状態」こそが「健康な状態」なのだ。

「身から出た錆びで苦しみたく無い人々」は「錆びの出ない身になれる様に自らを健康化すれば良い」。

「出来の悪い人間社会」では「善人が縮こまり、悪者が大手を振って歩く」が、

「健康な人間社会は、其処で暮らす人々に、それぞれの健康化を促す」のである』。

『「日本社会も遠慮無く健康化されれば良い」のだ』。

|

またまた「雪」だが・・・。

『「黒潮の蛇行が原因」とも言われている「関東地方の雪」だが、「黒潮の蛇行だけでは、雪になっても、大雪にはならない」。

「大雪とか大雨をもたらす重大要素」は、

「大気中にある雪や雨の芯となる物質の量」で、

「それは、人工降雪機や人工降雨機の事を考えれば、誰にでも理解出来る筈」だ』。

『「そんな大気中に在る雪や雨の芯となる物質を大量発生させている」のが、

「現状の中国」で、

「中国で発生した雪や雨の芯となる物質」は「偏西風によって東に運ばれていると共に、低気圧に引き込まれる」から、

「先日の大雪も、異常な大雪となった」のだ。

「中国共産党が今行うべき」は「軍拡では無く、環境対策」である』。

『「この重要要素をあえて言わない」のが「日本の中の中国共産党の手先の所謂マスゴミ」で、

「所謂マスゴミの主張」が「(極東地域日本のみ・・・この部分は意図的に省かれている)原発即ゼロである事」は、

「単なる偶然では無い」のだ』。

『「オバマ大統領の訪日」も、

「韓国の割り込み」により

「2泊3日の国賓扱いが、1泊2日の国賓扱いに短縮されてしまった」が、

「中国にしても、韓国(北朝鮮も含む)にしても、反日政策実行国の行う事」とは、

「日本の邪魔をする事で反日国を少しでも有利にしようとする悪の策略」である』。

『「過去においては、散々韓国や中国の懐柔工作に落とされていた米国」も、

「さすがに、昨今では、韓国に対しても、歴史認識ばかり言うな!の旨{指導する}様になった」。

「歴史認識を語るには、歴史上の事実・現実の把握が必要」で

「歴史上の事実・現実の把握を多くの方々が行う」と

「日本が韓国を保護する条約を当時の日韓の国家権力者たちが締結した後、同じく、二国間の国家契約として成立した日韓併合の実体」が、

「植民地支配等では無く韓国(韓国人権力者の保身も含む)救済だった事」も「知る事になる」。

「その裏で、当時の韓国人権力者の一部が企んだ、日韓併合を日本の乗っ取り支配の開始と位置付けた策略工作」も「知る事になる」。

「当時の韓国人権力者たち」は、

「日本の乗っ取り支配工作をより容易くする為」に、

「日本人と同じ名前を名乗れる権利である創氏改名を望んだ」と共に、

「韓国人権力者自身も当時の日本の権力機構に在った貴族制度に基づいて、かなり高い地位を手に入れた」のだ。

「その裏で、韓国人権力者の一部は、米国に渡り、

米国要人に対して、植民地支配の被害者である旨嘯いて(植民地支配詐欺)、

解放資金としての募金を願い出る事で、米国人権力者人脈に食い入り、

解放資金であった筈のお金を懐柔工作に利用した」のである。

「その結果、戦前の日米関係は崩され、戦争に至ってしまった」。

「渡米した韓国人権力者に騙されていた米国人から見れば、日本はアジア各国を侵略~支配している悪い国」だが、

「日本側が行っていたのは、少なくとも、朝鮮半島内については、侵略でも植民地化でも無い」。

「日韓併合なので、日本寄りではあったが、朝鮮半島を急速に近代化する事や、朝鮮人が日本人と同様に暮らせる様になる為の同化政策」だった。

「そのメリットは、当時の朝鮮半島内の教育・文化・衛生・経済水準の飛躍的向上や、それらの好現象がもたらした朝鮮人人口の飛躍的増加」で、

「当時の多くの朝鮮人が日韓併合を日韓併合前の朝鮮王朝による支配より良い事として認識していた」。

「数の増えた朝鮮人たちの一部は、大量に日本に渡来し、日本国内で、日本人と同様の立場で、仕事をし、利益を得、少なく無い数の朝鮮人が、家等を持ち、繁栄していた」。

「植民地の支配民ではあり得ない事」である。

「渡米した悪韓国人等に騙された米国等による敵対政策が顕著になった後の日本」は、

「対抗上仕方無く、欧米列強と同等の力を得るべく、拡大主義に走らせられてしまった」。

「そんな時代に、日本国内に居た当時の元韓国人たちが、大いに好戦ムードを煽っていた(当時朝鮮半島内に居た日本人(故人)の証言では、軍の要人に対する大そうな接待を行った時に、本土内の朝鮮人はもっと凄い接待をして軍を大賛美し、好戦ムードを大いに煽った旨言われた、との事)」。

「今も韓国や中国共産党の手先的様相ですらある朝日新聞」も、

「当時は、大いに、日本軍を賛美し、好戦ムードを煽っていた」

「近~現代における極東地域の諸悪の根源」は、

「韓国人悪権力者等による日本乗っ取り支配策略」なのだから、

「朝日新聞等が日本の為の報道機関」なら、

「戦後」は、

「韓国や中国共産党側に立ち、日本に自虐を求める」のでは「無く」、

「韓国や中国共産党から離れ、米国に対しても、韓国人悪権力者たちによる策略から脱する様に情報提供する」のが「当然」だろう。

「ところが、韓国や中国共産党側に立ち、日本に自虐を求める情報を一方的に大量配信した事」で、

「実質的大衆誘導を行って来た」のだから、

「朝日新聞等の正体も明らか」と思うが・・・』。

『「植民地支配詐欺に騙された米国人権力者のお墨付きを得て戦後韓国の初代大統領となった」のは、

「日韓併合当初から渡米していた人脈の李承晩」である。

「李承晩は、朝鮮半島内の日本人を強制的に帰還させた事で、日本人の立場・財産等を奪い、国を始めた」。

「日本による植民地支配」なら「日本国内の朝鮮人を帰還させるのが当然」だが、

「日本の乗っ取り支配を企んでいる」から「日本国内の朝鮮人は、帰還させなかった」。

「そればかりか、朝鮮戦争を起こし、戦争難民として、更に、大量の朝鮮人を日本に送り込んだ」。

「戦争難民なら、戦争が終われば、帰るのが当たり前」だが、

「戦争難民である筈の多くの朝鮮人が日本に居残り、帰化している者も少なく無いのが実状」である。

「それも、その筈」で「李承晩」は「朝鮮戦争時に、竹島を不当占拠した」と共に、

「日本国内の在日韓国人に対する特別優遇を日本に無理強いし、在日特権をつくってしまっている」。

「日本の乗っ取り支配が目的だからこそ出来る蛮行」である』。

『「上記の様な実績を持つ韓国」が「言う、歴史認識」とは、

「日本に対して、韓国人悪権力者たちによる日本の乗っ取り支配を呑め」という事に「他ならない」。

「その後押しの為の反日政策」なのである。

「当然、今時の人間社会では、そんな歴史認識こそが異常で悪」なのだから、

「世界中のどんな国でも、日本に対して、韓国の言う歴史認識(その実体は、日本の乗っ取り支配)を無理強いする権利は無い」のだ。

「日韓併合時から戦前~戦中~戦後初期くらいまでは、当時の韓国人悪権力者の植民地支配詐欺に騙されていた米国要人」も、

「さすがに、今では、植民地支配詐欺に騙されたまま・・・では、居られない」。

「日韓の問題では、是正すべきところの多くが韓国側にある事」は、

「米国要人にとっても、もはや、常識」だろう』。

『「環境対策を十分に行わず、悪戯な軍拡に大枚を投じている中国共産党の問題」も、

「同様」で、

「現在実際に在る問題のスケープゴードとして、日本の歴史認識を持ち出しているその姿」は、

「正に、悪」である。

「しかも、バレバレの悪」だから、「今時の国家要人なら、先ず、騙されない」。

「それでも、中国共産党寄りの意見が散見される」と共に、

「それらのマイナーな意見が日本国内の韓国や中国共産党の手先的機関で大宣伝されている」のは、

「中国共産党による懐柔工作があるから」だ。

「悪故に本道で勝負出来ない者たち」は

「他国要人を懐柔する事や情報工作等により悪を認めてもらうで生き残ろうとしている」のである。

「そんな事態は、中国国民にとっても不幸な事態」で、

「現状でも中国国民の約8割がダメ出ししている中国共産党による支配」を

「一刻も早く、解消させ、中国を民主化する事に力を加える事」こそが、

「正義の国の要人の行うべき事」だ』。

『「正義の本道を歩もうとしなかった者たち」は「永遠の恥辱に染まる道を歩ませられる」のだから、

「懐柔工作や情報工作等々で落とされてしまっている要人たち」は、

「一刻も早く、身を正すべき」である』。

『「異常な大雪」も「異常気象」も、

「悪国家権力者たち」も、

「早々に解消させられれば良い」のだ』。

|

電気回路電子銃化工作は、至るところで行われている様で・・・。

『「先日、とある建物(鉄筋コンクリート5階建てだったと思う)を日にちを挟んで二度ほど訪れたら、屋上に太陽光発電パネル等を付ける工事を行っていた」。

「当然、既存の電気設備との調整も必要になる」。

「ところが、太陽光発電工事の後、その建物の電気回路から、電子が飛び出している様相」なのだ。

「以前には、全く反応の無かったアルミ板(筆者は常に携帯する様にしている)から、-イオンが飛び出してくる」。

「飛び出してくる電子が起因となる身体の傷みも考えられる」ので、

「その建物内に長い事居る方々の健康状態の今後は、気になるところ」だ』。

『「上記の例の様な事態」は「至る所で進行している」と推定される。

「恐らくは、原発事故由来と思わせるガン発生率を高める為の工作」だろうが、

「警察等も、いい加減に本気で捜査を開始するべき」だ』。

・・・・・・・。

『「トヨタプリウスが大量リコール」だと言う。

「電子回路を修正する様」なので、

「電子銃化工作を取り去る」のなら「良い事」だ。

「逆に、電子銃化を行う工作の為」なら「悪い事」だ。

「リコール対象のプリウスオーナーの方々」は、

「自車の電気回路から発生している本来なら微弱な電磁波、工作ありなら、末端部等から強い電子波等」を、

「リコール作業前後で、しっかり確認する事」を「お奨めする」』。

|

村山談話以上には日本を貶めなかった村山元総理の韓国訪問の様だが・・・。

『「はっきり言えば、村山談話そのものが誤解を生むところを大いに含んでいるので、本来なら、村山談話そのものを取り消すべき」だ。

「しかし、村山元総理には、其処までの日本国民としての自覚は無い様」である』。

『「村山談話の誤解の元」は「植民地支配を悪戯に認め詫びた事」だ。

「そもそも、当時のアジアの多くの国々は、欧米列強の植民地」だった。

「当時は、強国が自国の植民地を得る為に戦争行為まで行う事が当たり前だった」のだ。

「日本軍の進出は、アジアの多くの国々を欧米列強から解放したと共に、日本の支配下に置いた」が、

「日本の敗戦により残った要素」では、

「多くの国々で、欧米列強の植民地支配からの解放」が「一番濃くなった」。

「反日国以外のアジアの国々で、日本の評判が良い一つの理由」である』。

『また、

「そもそも、韓国に関しては、絶対に日本による植民地支配では無い」。

「日韓保護条約~日韓併合」とは

「当時の韓国権力者たちの保身の意向でもあった二国間の合意契約」であり

「その実態は、韓国人(権力者も含む)救済」である。

「日本による韓国保護条約締結後、

日本は、韓国を保護する為、

韓国内を調査し、

その余りの近代化からの遅れに対し、積極的な援助を行う事を早々に決め、

実際に、近代化事業に着手」した。

「保護条約時代の約5年間に、散々、日本の私財も含む財や技術等々をつぎ込んだ」のだが、

「当時の韓国の初代統領だった伊藤博文」は「日韓併合には反対」だった。

「むしろ、日本と切り離して韓国を自立させる派」だった。

「何故なら、韓国に渡っていた伊藤博文は当時の韓国人たち(特に権力者)の内実を良く知ったから」である。

「そのまま行けば、日韓併合は実現しても、その後実現してしまった韓国人にとって都合の良い日韓併合とはなっていなかった筈」だ。

「韓国人権力者の重用も程々、創氏改名は認めない等々の、日本人と韓国人の区別をはっきりさせた併合となっていた筈」である。

「そんな日韓併合では、日韓併合を日本の乗っ取り支配の開始と位置付けた悪韓国人権力者たちの策略は破綻する」。

「そこで、伊藤博文の暗殺」である』。

『「日韓保護条約後、日本は、本当に多くの財力と人力、技術力等々を用いて、朝鮮半島内の急速な近代化を行った」と共に、

「元韓国人も日本人も、同じ国の民として仲良く暮らせる様」に、

「元韓国人を保護し(日韓対等合併では無く国力相応の日韓併合だったので)日本人よりにする同化政策を行った」。

「同化政策の一つが、創氏改名という、元韓国人にも日本名を名乗る権利を与えた事」である。

「植民地支配なら、支配民を簡単に識別出来る韓国名のみの使用しか認めない法等が当然」になる。

「私財までつぎ込み、日本人も元韓国人も仲良く暮らせる様」に、

「韓国内で、多くのインフラ設備を整備したり、学校や病院等々を整備したり、近代化後の経済体制を整備したり・・・」した、

「当時の多くの日本人に対して、

「侵略者という表現は余りにも酷い表現」だ。

「元々は、仕事を依頼するにしても、荷物運びくらいしか頼めなかった人々が多かった朝鮮半島内の元韓国人」が

「大正末期~昭和初期には、会社の重要部分である経理を依頼出来る元韓国人も居たくらい」にまで、

「日韓併合時の朝鮮半島内の状態を改善する事に大きな貢献をした」のが、

「日韓併合時に朝鮮半島内に居た多くの日本人の実態」である』。

『「当時の日韓」は、

「韓国人権力者の保身の意向にも沿って、韓国を保護する条約を結び、

伊藤博文が暗殺されてしまった後、

韓国人に都合の良い日韓併合条約を結んだ」のだ。

「それを植民地支配と言わざるを得なくした」のが「戦後韓国初代大統領の李承晩」である。

「何しろ、戦後、日本の敗戦につけ込んで、火事場泥棒的に、韓国内の日本人の立場も財産も奪うべく、先ず、朝鮮半島内に居たほとんど全ての日本人を強制帰還させた」。

「朝鮮人の元々の文化に火を付けた様相の戦後の火事場泥棒的行為」は、

「本当に凄まじく、弱い立場に追い込まれていた引き揚げ日本人の財産を略奪した悪者まで少なからず居た」。

「逆に、日本に居た在日韓国人は、日本に居残らせた」。

「日韓併合が、日本による植民地支配」なら

「自国民の被害を無くす為にも、自国へ帰還させるのが当然で、こんな事態はあり得ない」。

「実際は、日韓併合時には、多くの韓国人が、日本により良い仕事を求めて、自主的に渡来している」ばかりか、

「中には、日本の乗っ取り支配工作の為に渡来した者たちも少なく無い」のだ。

「李承晩」はその後、

「朝鮮戦争を起こし、

竹島を不当占拠したばかりか、

一方的に李承晩ラインを敷いたと共に、

戦争難民という形で、更に多くの韓国人を日本に送り込み、

戦後も居続けさせていた韓国人共々、

朝鮮戦争が終わっても、多くを日本国内に居続けさせ、

在日韓国人への特別扱いまで強要した」のだ。

「火事場泥棒的行為で国を始めてしまった」ので、

「火事場泥棒的行為を正当化し続ける為」に、

「日本が韓国を保護する条約~日韓併合時」に「日本に助けて頂いた」と、

「事実通りには言えず」、

「日本に侵略~植民地支配されたニダ~!等」と

「大嘘を叫び続けようとしている」のが、

「今の韓国の醜態に他ならない」。

「本来なら、火事場泥棒的行為を詫び、日本に助けて貰った事に対する素直な感謝の意を示せば良い」のだが・・・。

「日韓基本条約」で「日本側が大人の対応を示し、過去を水に流した上で、未来志向の平和な日韓関係を築こう」としても、

「植民地支配を詫びよ!

従軍慰安婦(実際は、従軍高報酬売春婦・・・当時は、売春は合法の仕事、朝鮮半島内で意に沿わぬ売春婦を、売ったのも、買ったのも、朝鮮人・・・つまり、意に沿わぬ売春に対する補償を求めるなら売り買いした朝鮮人が正当)に補償せよ!」等々と、

「火事場泥棒を誤魔化す為の大嘘を叫び続けている」と共に、

「実現し得ない日本乗っ取り支配工作まで行い続けている」のが、

「韓国人(朝鮮人・・・実際の国籍だけでは無く内実も含む)の醜悪な実態」である』。

『「そんな、不純な者たち、もしくは、不健康な者たち、もしくは、悪者たち等々」に「元気を与える村山談話」なのだから、

「ちゃんと否定し、是正すべきは是正する」のが、

「日本国民としての正しい道」だ。

「村山元総理」は、

「保護条約後~日韓併合時に朝鮮半島内で朝鮮半島内の状態改善に平和な手段で大きな貢献をした

当時の多くの日本人を貶め続ける事を今後も平気で行い続けるのだろうか?」

「そんな人の国籍として相応しい」のは「日本では無く、未だに、反日政策を行っている韓国や中国等」だろう』。

|

「韓国や中国を太らせ日本を細らせた政治を行った」民主党の代表に「安倍政権の暴走・・」と言われてもねぇ・・・。

『「連合は、民主党から出るべき」だ。「その方が一般日本国民の支持が多くなる」。

「そして、残った民主党海江田や菅等々は、元々、社民や生活と思想信条が近いのだから、それらと一緒にまとまれば良い」。

「ほとんどの日本国民からの支持は得られず、ずっと一桁政党のまま・・・」だろうが、

「現行の制度なら、国会議員の極一部の座は得られる」だろう』。

『「日本が豊かになる反面韓国や中国が細る事」が「余程困るのか(?)」、

「民主党海江田代表は、安倍政権の暴走・・・」等と「戯言を言っている」が、

「散々、利韓・利中政策を行った事に対する明確で十分な反省も示していない民主党」が、

「どんなに強い言葉で安倍政権を責めても、多くの日本国民が同調する訳も無い」のだ。

「こんな当たり前の事さえ分からないのなら、国会議員としての資質が疑われて当然」で、

「今後選挙をどんなに繰り返しても、民主党である限り、その議席は減り続ける」だろう。

「民主党は、解党するべき」だ』。

『「韓流テレビ新党の臭いがいっぱい」の「結いの党」に「期待する日本国民も少数派」で「当然」だ。

「もはや、利韓・利中政策を行いそうな政党では、多くの日本国民の支持を集める事は無理」で、

「例えば、都知事選で争点の一つ」になった、

「極東地域日本のみ原発即ゼロ」の「実体」も「利韓・利中政策だった」から、

「宇都宮氏と細川氏の票を足しても、舛添氏と田母神氏の票を足した票に、78万票も及ばなかった」のだ。

「原発事故後の対策が不十分な現状」でさえ「既に、この状態」なのだから、

「今後は、事故後の対策が進めば進む程、

極東地域日本のみ原発即ゼロ等と言う、

内実利韓・利中政策に賛同する日本国民の数は減り続ける」。

「逆に、安全確保の上で原発を使用する事」が「経済面からも温暖化ガス抑止の面からも合理的である事」は、

「より多くの人々に理解される事になる」から、

「田母神氏の票が増える事はあっても、細川・小泉等の票が増える事は無い」のだ』。

『「実態として過去の反省も不十分なまま暴走している」のは「民主党」で、

「このまま暴走を続ければ、必然的に暴走~崩壊に至る事になる」のだから、

「連合等は、早めに民主党から出て、

利韓・利中政策を行わず日本の為の政策を行う労働者サイドに立つ新党」でも

「立ちあげるべき」だ』。

『「過去の反省も十分に出来ない攻撃の言葉も暴走している民主党」は、

「今後も、暴走~崩壊の道を進み続ける」だろう』。

|

村山元総理の韓国訪問・・・。

『「日本に戻らず、そのまま韓国人になったら・・・」等と「思っている方々も多い」のでは・・・』。

|

都知事選で大敗した「細川・小泉は何故勝てなかったのか?」と反省会を行っているテレ朝朝番の醜態ぶり・・・。

『「日本の公共の電波を使っていながら、特定陣営の敗戦反省会・・・」では「多くの視聴者も呆れるばかり・・・」だろう。

「本当に酷いモノ」である。

「こんなテレビ局からは、日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を剥奪するべき」と思ったのは、

「筆者たちだけでは無い」筈だ』。

『「元々、極東地域日本のみ原発即ゼロなどという日本を衰退させ韓国や中国を利する政策などに、賛同する日本国民は、メジャーに成り得ない」。

「都民有権者だって同じ」だ。

「その結果が、今回の都知事選」である』。

『「二位になったのは、テレ朝等が推していた細川氏では無く、共産・社民の支持した細川氏同様、原発即ゼロ訴えの宇都宮氏」だった。

「三位の細川氏の票と足しても、原発即ゼロなどという愚かな政策を支持している人々は、舛添氏が得た票より17万表も少なく、更に、原発使用に肯定的な田母神氏が61万票も取っているのだ」。

「原発はとりあえずは使わざるを得ず、次第にフェードアウトさせるべき(核燃料だって無限にある訳では無いのだから、当然だが・・・)」と

「普通に考えている方々」が「主流」なのである』。

『「それなのに、(極東地域日本のみ)・・・()内はワザと言わない・・・原発即ゼロ」を「主張している、まるで、韓国や中国の手先の様な人々」は、

「どうすれば、細川候補が勝てたのか?」

「もっと早く立候補していれば、勝てたのではないか?早く立候補していれば、マスコミでも早くから宣伝出来たのに!(つまり、マスゴミファシズム政治を行いたかった様相・・・)」

「宇都宮氏との一本化に成功すれば勝てたのではないか?(舛添氏と田母神氏の票から78万表も離されている事を自覚出来ていない様相・・・)」

等々・・・「なのだから、本当に呆れる」。

「そんなに韓国や中国を利する政策を行いたいのなら、韓国や中国で行えば良い」のだ』。

『「韓国や中国の手先の様な人々」は「日本のテレビ番組の常連出演者の座から退かされるべき」だ』。

|

とっても早かった「都知事選舛添氏当選確実」のニュース・・・。

『「余程はっきりした差があった」のだろう。「8時過ぎ直後には、舛添氏が当選確実との報道があった」。

「都民有権者は大丈夫?との感を持たせた」のは「二位が宇都宮氏」で、

「三位の細川氏も宇都宮氏に準じる数の票を集めていた事」だ。

「どちらも、極東地域で日本のみが原発を即ゼロにする、等と言う、日本にとって極めて自虐的な事を訴えていたにも係わらず、そんな結果だから・・・」である』。

『「四位の田母神氏もそれなりに票を集めた」。

「田母神氏は、原発問題でも、日本の景気を良くする為にも、東京の防災能力を高める為にも、現実的な政策を訴えていた」ので、

「夢追いで他国を利する自虐的都民有権者票の数よりも、田母神氏の票が多ければ、

都民有権者は結構まとも・・・等とも言えた」のだが・・・』。

『「舛添氏の支援には、自民党・公明党と東京都の連合が加わっていた」。

「つまり、組織票があり、大雪の余波が強く残っていた本日の投票では、組織票の強さがより顕著に現れた」のだろう。

「宇都宮氏にも、共産党の支援が付いていたので、こちらも、組織票もあり・・・」だ。

「細川氏にも、民主党や結いの党等の支援が付いていたので、こちらも、組織票あり・・・」である。

「朝日系のSPAでは、大雪が細川氏等を利する旨広報していた」。

「曰く、高齢の方々は、大雪では投票所に足を運び辛いが、若者は是非投票に!等々・・・」。

「それでも、細川氏は、宇都宮氏より下の三位」だった』。

『「日本国内で反日国の手先の様な事を行っている連中への支持」は、

「今後も高まる事は無い」。

「原発即ゼロという美辞麗句で大衆を欺き、反日国を利する政策を日本に行わせようとした策略」も、

「もはや、破綻したも同然」だ。

「それでも、諦めの悪い連中は、日本に反日国を利する政策を行わせる為に実効を持つ政治勢力をつくるべく、野党再編!とか騒いでいる」。

「今の日本に望まれている野党」とは、

「反日国を利さず、日本の為の政策を行う、労働者サイドに立つ野党」とか、

「反日国を利さず、日本社会をより良くする為に、日本社会を真に事実・現実との整合性の高い社会へと革新出来る改革野党」等々であり、

「日本に自虐を求める裏で反日国を利する野党ではあり得ない」。

「つまり、反日国を利したい連中がどんなに寄り集まっても、もはや、二度と、日本社会では支持は得られない」のだ』。

『「即原発ゼロ詐欺」は「もはや破綻している」。

「反日国を利したい連中」は「新たなる詐欺を考え実行する」だろうが、

「詐欺師は何時も同じ顔」である。

「即原発ゼロを支持していた様な方々」には「早々に日本の政界からご退場頂く事」が、

「日本の政治の停滞を防ぐと共に、税金の無駄使いを抑える道でもある」のだ。

「テレビ・マスコミ・教育等でも同様」で

「日本に自虐を求める裏で反日国を利す情報・教育を行おうとしている/行っている者たち」は、

「日本の主要な情報・教育の立場から退かされるべき」だ。

「今回の都知事選でも、原発即ゼロ国民運動仕掛け等に、その傾向があった」、

「実質的には、反日工作活動であるマスゴミ等による大衆誘導マスゴミファシズム選挙」等は、

「二度と行わせるべきでは無い」のだ』。

『「日本の原発即ゼロ詐欺で操られた都民有権者」は「早々に、詐欺から自分を解放するべき」だ。

「チェルノブイリも、福島第一原発も、原発事故の実体は、人災であり、古い、管理の悪い、危ない原発から無くさなければ意味が無い」のだ。

「日本の原発即ゼロの前に、中国の旧ソ連の技術の原発や、管理が???の韓国の原発を無くす」のが、

「核汚染の危険度を下げる実効のある道に他ならない」。

「地震国に在るが故に地震対策を行っている、安全管理を更に向上させている、日本の原発」と、

「管理の甘い、中国や韓国の原発の危険度では、圧倒的に中国や韓国の原発の危険度が高い」。

「中国や韓国の原発で事故があれば、核汚染物質が大量に偏西風に乗って日本に渡来する」。

「中国や韓国が原発を使い続ける中、日本が原発を無くせば、電気料金が高い日本での企業運営も個人の経済活動も衰退する」。

「まるで、円高・ウォン安/元安と同様の、日本を細らせ、韓国や中国を太らせる効果があるのが、日本のみ原発即ゼロ」だ。

「日本が衰退した分だけ韓国や中国は繁栄し易くなる」。

「韓国も中国も反日政策実行国」だ。

・・・「それが、現実」である』。

|

異常な大雪のせいもあり、投票率が低い都知事選だが・・・。

『「45年前の異常な大雪の元凶は、当時の日本国内から出ていた大気汚染物質」だった。「雨や雪の芯となる微小物質の量が多かったから異常な大雪になった」のだ。

「今回の大雪の元凶は、中国から低気圧により引き込まれた中国の大気汚染物質」だろう』。

『「投票率が低い」と「必ず投票に行く組織の票が集まる候補者が有利になる」。

「しかし、それでは、民主主義から、遠くなってしまう」。

「今後、投票率が飛躍的に上がる事を期待」している』。

『「原発即ゼロ候補という自虐的判断をする都民有権者は、もはや、少数派」だろう』。

|

永遠のゼロを批判しているニューズウィークだが・・・。

『「原爆投下の後ろめたさが反動形成で悪戯な攻撃を生んでいる様相」なのが「ニューズウィークに載っていた永遠のゼロ批判」だ。

「今時の多くの日本人にとって」は、

「今時のエンターテイメントは今時のエンターテイメントに過ぎ無い」のだが、

「それを、人々の思想信条の移行に直結させる」とは、

「さすが、エンターテイメントで多くの国民を操っている米国人脈の発想」である』。

『「事実関係で言う」なら「核兵器の製造が可能になった時」から「人類に本格的な戦争行為は許されていない」のだ。

「ところが、米国は実戦で核爆弾を使い、核兵器保有国は、核実験を繰り返して来た」。

「今、人類は、核兵器以上の破壊力を持つ技術を実用する事も出来る段階に達している」。

「もはや、大戦争=地球消滅、みたいな話しのレベルになっている」のだ』。

『「そんな時代に、過去の戦争時の特攻等がエンターテイメント上で若干賛美されたところ」で、

「誰もが、大戦を望む訳も無い」。

「むしろ、考えるべきは、戦勝国利権の無理強いによる悪影響」だ。

「戦勝国なら何でも通る・・・」なら「戦勝国の立場を得る為の再戦を望む人々が増加する」のが「当たり前」である。

「戦勝国が戦勝国としてその正当性を保つ為には、事実・現実との整合性が高い文化を保持し続ける事が極めて重要」なのだ。

「簡単に言うなら、事実・現実に基づいた是々非々判断がちゃんと出来る事」である。

「韓国や中国等の反日国のロビー活動(懐柔)に載せられてしまっている様」では、

「いったい何処が正しい国なのか???」

「正しく無い国なら、崩壊や滅亡が当然」となる。

「もし、米国等が、正しく無い道を歩み続けるのなら、その内実が、自己崩壊となるのか?他国による圧力になるのか?」は

「将来の事なので未定」だが、

「事実・現実との整合性が低い者・物・事を重用してしまった国」は、

「過去の日本同様、崩壊する」のだ』。

『「今時の多くの日本人」は「過去の国家神道・軍国主義大日本帝国」を「間違っていたと認識している」。

「国家神道と言う新興宗教で多くの国民を操り、他国との戦争で、多くの他国民の命を失わせたと共に、多くの当時の日本国民を死に追いやった酷い行い」は、

「二度と繰り返すべきでは無い」と「認識している」。

「それと同時に、他国から、かつての大日本帝国の様な状態で攻められれば、ちゃんと防衛しなければならない」とも「認識している」。

「極東アジアでの現状を見る」なら「多くの人々が、中国にかつての大日本帝国と同種のモノを感じる筈」だ。

「また、韓国による竹島侵略を正当化している米国」では「正義は無い」。

「大戦後の侵略を容認した事になるから」だ』。

『「米国は、

ちゃんと大戦後の侵略を否定し、

反日国等によるロビー活動(懐柔工作)にも負けず、

原爆投下の非は非としてちゃんと認める(補償問題は既に無し)事で、

初めて、戦勝国としての正義を保てる」のだ』。

|

佐村河内のゴーストライター問題で芸能界等を庇う方々・・・。

『「元々、芸NO人たちには、そんなにたいそうな能力は無い」。「人並み外れている能力は、高い厚顔無恥度、もしくは、図々しさくらい・・・」だろう。

「何故、そんな醜態になってしまっているのか?」と言えば、

「現状の日本の芸能界」は

「能力のある者をスカートして起用している」のでは「無く」、

「自分たちの人脈に都合の良い者を積極的に起用している要素が強いから」だ。

「その延長線で、芸NO人たちをコメンテーター等としてのさばらせていたり、

コメントを言わせれば、脱原発や韓国賛美等々、

日本に自虐を求めるコメントを連発している場合が多い」のだ』。

『「そんな芸NO人たち」でも「歌ったり、雑誌グラビアを飾ったり、写真集を出したり、曲を出したり、本を書いたりしている者も居る」。

「もちろん、有名人利権の増大と、集金が目的」だろう。

「しかし、元々が、元々なので、自分で、素のまま、歌ったり、写ったり、作詞や作曲や著作をすれば、その程度もそれなり・・・になる」。

「売れなければ困る、無理しても売りたい、連中」は、

「歌はや写真は加工し、整形し、作詞・作曲・著作物等は、有能なゴーストライター等を頼る」と言う訳だ。

「こんな事態は、決して褒められ無い・・・、どころか、容認され続けるべきでも無い」事は、

「明らか」だろう。

「それでも、未だに、芸能界のゴーストライターと佐村河内問題は別・・・」等々と

「公共の電波等を使って、一方的に訴え続けている」のが、

「見苦しい連中」である。

「連中の悪あがきの理由」は、

「芸NO人たちに言わせている日本に自虐を求めるコメント等の{正義ぶり}が崩れたら困るから・・・」だろう』。

『「佐村河内問題をきっかけ」に「芸能界等の大掃除等も行われれば良い・・・」等と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

『「要でも無い芸NO人の歌買い聞くより、自分で作詞・作曲をした方がずっと楽しい」と思うし、

「小説だって、コメントだって、エッセイだって、・・・同様」だ。

「自分でつくる為の元となる」のは、「要でも無い芸NO人たちのゴーストライターの作例では無い」筈だ。

「人類や生物やこの時空や世界や宇宙の真実を探求している方々の成果等を紹介している著作物等」だろう。

「事実・現実に呑まれず、心をうたれて、生み出される者・物・事」こそが「本当に魅力的」になるのだ。

「大被災等の大変さに呑まれて、硬直的に過去回帰を誘ったり、使える技術等を否定する者が作れる」のは、

「愚像」や「他国を利する策略の道具」なのだ。

「そんなモノは、多くの人々にとって不要なモノ」である』。

|

異常な大雪だが、日本国内の反日政策の元も異常な大雪状態なのだ・・・。

『「地球温暖化による気候変動の影響もある」のだろう。「関東平野の本日は、異常な大雪」だ』。

『「もしかすると、雨や雪の芯になる微小物質の影響もある」のだろう。

「反日国中国の環境問題に対する対応の酷さ」が「国を超えて日本に大迷惑を及ぼしている可能性も大」なのだ』。

『「反日国は、韓国(北朝鮮も含む)にしても、中国にしても、事ある度に日本に謝罪を求めている」が、

「それは、反日政策故の事業」に他ならない。

「問題なのは、反日国の工作員たちが、米国等の要人にも食い入り、米国等にも、反日国の主張(反日政策)を正当なモノとして扱わせている懐柔工作等」で、

「そんなミエミエの懐柔工作に落ちている米国等の要人も本当に情けない」。

「例えば、極東地域の平和安定を望んでいるのなら、米国が行うべきは、先ず、反日政策という敵対政策を止めさせる圧力をかける事」だ。

「日本に対して、反日政策に従え!」等と「無理強い」しても、

「それは、日本に対して反日国に支配されなさい!」と「同義」なのだから、

「そんな事をほとんど全ての日本国民が飲む訳も無い」のだ。

「反日国による侵略支配の手伝いをする米国要人」では、

「今時の世界の笑いモノ」である』。

『「ところが、その笑いモノが少なからず居るゾ~!」と「日本国内の反日国の手先であるマスゴミが事ある度に大宣伝している」。

「そんな大宣伝が、益々マスゴミの信頼を落としている」のだが、

「反日国人脈から、情報工作員としての報酬を貰っているからか?」

「反日国の手先を未だに止められないマスゴミは少なく無い様」だ。

「日本国内の病根も未だに深いまま・・・」なのである』。

『「何故、日本国内の病根が深いまま・・・なのか?」

「韓国(北朝鮮も含む)の例を考えれば誰にでも分かる」筈だ。

「戦後、朝鮮半島内の日本人のほぼ全ては強制的に帰還させられた」ので、

「韓国(北朝鮮も含む)内では、韓国に自虐を求め日本を利す様な事を主張するマスコミ等が主流になった事は無い」。

「日本国内には、例え、日本に帰化していても、本心では韓国(北朝鮮も含む)人という人々」が、

「本心の国へ帰らず、強制帰還もさせられずに、大量に居る」のだ。

「そんな地盤があるから、マスゴミのあり得ない情報も未だにある」のである』。

『「極東地域の平和安定を求める」のなら

「米国も是非、日本国内で日本を反日政策に従わせる為に居る実質韓国(北朝鮮も含む)人や中国人たち」の「強制帰還」を

「日本政府に促すべき」だ。

「地盤が普通になれば、国と国との間の普通の話しも成り立ち易くなる」のが「当然だから」である』。

|

再生可能エネルギー事業がそんなに儲かるのなら、とっくに皆事業を始めているでしょ!細川バカ殿くん・・・。

『「再生可能エネルギー事業」とは「バカ高買い取り法案まで成立している現状」でも「メジャーに成りえていない程の事業」で「そんなモノで国家全体が潤う事などあり得ない」のだ。

「少し考えれば、誰でも分かる事」だが「エネルギー事業とは、人類が必要としている事業の一部に過ぎず、現行在るエネルギー事業でもある程度は既に対応出来ている分野」なのだ。

「そんなモノに国の命運を懸けよ!」とは「筆者たちには、詐欺師の言葉にしか聞こえないが・・・」』。

『「そう言えば、詐欺が得意な●国系の方々の応援の臭いもチラホラ・・・どころか、濃厚・・・だったりして・・・」。

「日本の中の韓国(北朝鮮も含む)系人脈等による日本に自虐を強いる詐欺的行為」は、

「戦後蔓延り過ぎる程、蔓延ってしまっていた」が、

「昨今は、是正方向に向かっている」のに、

「未だに、自虐詐欺ですかぁ・・・」と「呆れている」のは、

「少なく無い数の日本国民だったり・・・」して・・・』。

|

都知事選、細川候補の応援に押し寄せている方々・・・。

『「街頭演説では圧倒的な聴衆を集めている」と「報じられている細川候補」だが、「どんな人々が集まって、拍手・喝采を上げているのか?」

「日本国籍を有さず、●国国籍を有している方々も多いんじゃないの・・・」と「感じた」のは、

「筆者たちだけでは無い筈」だ。

「何しろ、韓国や中国を利する日本の原発即ゼロ」である』。

『「熱狂ぶり・・・」も「まるで、韓国の大統領選時の様・・・」では、

「もはや、お郷はバレバレ・・・の様相」で、

「オマケに、細川候補を応援している人の中」には、

「北朝鮮の核武装が早く認められれば良い発言」の「なかにし礼」まで「居た」のだ。

「コレでは、普通の日本国民が離れるのは当然」で、

「同じ脱原発でも、まだ日本っぽいところが多い宇都宮候補の支持」が「一部世論調査では細川候補を上回る程多い」のも、

「2月1日~2日の世論調査では、細川候補が舛添候補に対し、トリプルスコアで負けている」のも、

「当然」だろう』。

『「共産党支持の宇都宮候補の問題点」は、

「共産党支持候補らしく、現状でダメなところを微に入り細に入り調べ、訴える事で、原発ダメ!を正当化している」が、

「現状でダメなところ=未来永劫ダメなところとは限らない」のだ。

「その辺りが、共産党の弱さでもある」のだが、

「現状でダメなところを細目漏らさず訴える事が出来る能力がある者=優れているので指導者なるべき者では無い」。

「政治等はあくまでもより良い未来をつくる為のシステム」で、

「将来の科学技術等の進化方向性まで織り込んだ現実的なより良い未来像をはっきりと示せない様」では、

「今後も、主流となるに十分な多くの方々の支持を得られる事は無い」だろう』。

『「日本を悪戯に不利にし、韓国や中国を利する、日本の原発即ゼロ」などという

「自虐的な将来像しか示せていない細川候補や宇都宮候補」は「問題外」として、

「舛添候補の将来像にも大きな問題点がある」。

「舛添候補の訴えでは、再生可能エネルギー発電の量を2割まで上げる」だが、

「現状の長年バカ高買い取りが決まっている枠のまま、そんな事を行えば、日本社会が大いに衰退してしまう可能性大」だ。

「再生可能エネルギー発電の量を2割まで上げる事=電気料金が1~2割上がる事(特に買い取り価格が高い太陽光発電の割合による)」だからだ。

「例えば、現状で月々100万円の電気料金がかかっている零細もしくは小さな規模の製造業等」なら、

「月々10万~20万円の負担増となり、それは人件費等の圧縮やリストラに直結する負担増」になる。

「そんな事態が多くの企業で起きれば、どうなるのか?」

「再生可能エネルギー発電の量を増やす前」には、

「長年バカ高買い取り(民主党政権時に菅総理・・・当時、と孫・・・ソフトバンク、で決めた・・・)を止めるべき」で

「先ず、其処を声を大にして訴えていなければ!」

「経済面でまともなのは、原発を安全に使う事を明言している(原発使用なら、電力面で日本経済の足を引っ張る事が無くなる)田母神候補」と、

「新エネルギーの実力が経済面でも本当に高い(この辺りの説明を誰もに分かり易く出来ていないところ、もしくは、行っているのなら、マスコミによる報道が全く無いに等しい・・・のが、大きな問題点)」のなら、

「ドクター中松候補」だ』。

『「原発即ゼロで命を守る!」と「訳の分からない事を言っている方々」は、

「雪による死者が数十人もいる現状をどう捉えているのだろうか?」

「被爆による被害は十年後に出る???・・・毒性の薄い放射性物質の害と毒性の強い放射性物質の害は全く違う」ので、

「今回の福島第一原発被災事故由来の十年後の被害が膨大になる可能性はほとんど無い」。

「万一出るにしても、十年後に出る害の実体とはガン」なのだから、

「今行うべき」は、

「被爆由来ガン対策を急ぐべく、相応の予算を付け、ガン対策体制をつくる事」で、

「十年後に被害が出るゾ!と脅し、悪戯に原発を止め、日本経済を衰退させる裏で韓国や中国を利する事では無い」。

「そんな事も分からない程、非現実的な方々、もしくは、確信犯の韓国や中国の手先等」を、

「都知事に当選させるべきでは無い事」は

「ほとんどの都民有権者が既に重々承知」なのだろう』。

|

チョウニチの応援している即原発ゼロ細川候補とは・・・。

『「朝日(チョウニチと読むべきかも・・・)の応援」は「往々にして、日本より韓国や中国木共産党を有利にする為である場合が多い」。

「今回の極東地域日本のみ原発即ゼロの細川候補も然り」だ』。

『「原発抜きでも日本は発展出来るが、日本が原発を利用すると韓国や中国の発展は???」というのが「極東地域の実態」だ。

「原発事故で直接亡くなった方はいない」が「原発事故後の対応が悪くて自殺や病死等に追い込まれた方々はいる」。

「忘れてはいけないのは、福島第一原発被災事故時の政権与党は民主党だった事」だ。

「つまり、政権与党である民主党の対応が不十分であったが故に、亡くなった方々はいる」とも言えるのだ。

「原発を使わなければ、日本の経済は悪くなる」。

「電力面で不利になるのだから当然」だ。

「経済的苦境から命を失わされた方々の数」は、「原発事故故に直接命を失わされた方々の数より遥かに多い」。

「日本でも、小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪」で「かなりの数の命が失われた」。

「原発即ゼロ細川候補の言っている命」とは

「まるで日本経済を悪くする事により日本国民の命が失われる事を指し示している」と

「感じたのは、筆者たちだけでは無い」。

「つまり、原発即ゼロによって、数多くの日本国民の命を失わせたい!」と「言ってる様なモノ」なのだ』。

『「都知事選で、一番現実的に日本を良くする事を言っているのは、田母神候補」だ。

「ネットでの人気一番は当然」だろう。

「しかし、問題なのは、ネット情報が無い/薄い有権者の数」だ。

「ネット情報が無い/薄い人々の多くは、テレビ・マスコミ情報に依存した投票行動を起こし易い」。

「マスコミ(マスゴミ)の一端である朝日(チョウニチと読むべきかも・・・)の世論調査」では、

「舛添候補がダブルスコアで細川候補をリードしていて、その他の候補はその後で、未だ4割の有権者が投票先未決定」だと言う。

「つまり、舛添候補が有利で二位が細川候補である事を示唆している」。

「その世論調査はどこまで実態に迫っているのか??」

「もしかすると、細川候補の二位は???で、実際の二位は朝日(チョウニチ・・・)の嫌う田母神候補なのかも知れない」。

「普通に考えれば、極東地域で日本のみが原発即ゼロにしたって何も良い事は無い」。

「韓国や中国を利するダケ」だ。

「核の安全にもならない」。

「韓国や中国の原発が動いている限り、韓国や中国で原発事故があれば、核汚染物質は偏西風に乗って大量に日本に渡来する」。

「核の安全保証にもならず、日本経済を不利にし、韓国や中国を利するのが、極東地域日本のみ原発即ゼロの正体」だ。

「こんな事は、少し考えれば、誰にでも分かる」。

「原発即ゼロ候補が多くの支持を得ている」とは、

まるで「おバカが大量にいるという様な話し」で、

「とても現実とは思えない」のだ』。

『「それでも、朝日(チョウニチ・・・)の世論調査では、舛添候補がリードし、細川候補等が追い、未だ決めていない方々が約4割」なのだ。

「朝日(チョウニチ・・・)の世論調査情報の示唆しているところ」が、

「追い上げている細川候補に未だ決めていない4割の支持の多くが乗るなら、細川候補の当選も可能・・・」だが、

「韓国や中国を利する原発即ゼロを支持している都民有権者の数」が「そんなに多い訳も無い」』。

『「むしろ、朝日(チョウニチ・・・)が一番恐れている」のは「思想・信条的には、朝日(チョウニチ・・・)から遠い、田母神候補の当選」なのだろう。

「未だ投票先を決めていない都民有権者の多くが一気に田母神候補に流れ、田母神候補が当選する事」が、

「朝日(チョウニチ・・・)にとっては、一番の悪夢になる」のだろう』。

『「朝日(チョウニチ・・・)等の世論調査が正確」なら「当選するのは、舛添候補」だろうが、

「田母神候補が当選する様なら、都知事選では、ようやくテレビ・マスコミファシズムから脱した事にもなる」』。

『「極東地域日本のみ原発即ゼロ」などという

「核汚染の危険からの解放にもならないばかりか、韓国や中国を利する政策を掲げている、実質的には、韓国や中国の手先の様な方々」には、

「決して都知事になって欲しく無い筆者たち」は、

「残念ながら都民有権者では無い」。

「しかし、都知事選の行方は大いに注目している」』。

『「当選可能なら、新都知事としては、田母神候補が一番良いと思う」。

しかし、

「田母神候補と舛添候補で票が割れる事で、

原発即ゼロ候補が当選してしまう事だけは絶対に避けるべき」と思う』。

『「小泉・竹中等による利権集中悪徳改悪による経済的苦境で、命を失わされた決して少なく無い数の日本国民の事」は、

「決して忘れるべきでは無い」。

「極東地域日本のみ原発即ゼロでさらなる犠牲者を出す事は絶対に避けるべき」である』。

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »