« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

日本国民白い犬化策略(?)・・・。

『「ご主人さまに忠実な犬」。「その昔、朝鮮内では、権力者以外は、着色の無い白い着物」。「白い犬が好きな企業等の実権者たちが、朝鮮系なら、これ程、日本の顧客をバカにしている象徴は無い」とも「考えられる」のだが・・・』。

|

「韓流テレビ・マスコミのご推奨は韓流支配には都合が良いかも知れない、結いの党」だが、「本来あるべき成長戦略」とは・・・。

『「情報提供」には「好感」と「嫌悪感」が「盛り込まれている」。「韓流テレビ・マスコミ等」も「情報を受ける側の多くが好感を抱く様にして、韓流に都合の良い者・物・事を伝え」、

「情報を受ける側の多くが嫌悪感を抱く様にして、韓流に都合の悪い者・物・事を伝えている」』。

『「例えば、維新の会と結いの党が合流協議を行っている」が、

「維新の会の石原共同代表は合流に反対」している。

「韓流テレビ・マスコミ新党的な、結いの党の力を増させたい韓流テレビ・マスコミ」は、

「当然の如く、合流協議を好感イメージで伝えると共に、合流反対の石原共同代表を嫌悪感イメージで伝えている」』。

『「民主党」は「韓流テレビ・マスコミ等のご推奨」だった。

「しかし、韓流テレビ・マスコミ等の多大な後押しにより、与党になれた民主党」の

「行った事」は、

「韓国や日本国内の韓流系にとっては良かっただろう」が

「日本にとって余りにも酷かった」ので、

「民主党政権の再来は、もはや無い・・・」というのが

「多くの日本国民が抱いている実感」だ』。

『「実質的に、民主党政権の再来は無理な状態」なので、

「日本で韓流にとって都合の良い政策を行わせたい日本の中の韓流人脈」にとっては、

「早急に、新たな与党候補を仕立てる事」こそが、

「現状の一大命題」となっている』。

『「韓流テレビ等」が、

「以前から、頻繁テレビ起用等」で、

「日本の公共の電波を使った有名人利権の増大等を仕込んであった」のが

「結いの党の江田」等だ。

「テレビ頻繁起用人」は「否応無く、日本社会で超有名人となっている」』。

『「しかし、超有名人政治家たちがもたらす結果等について」は「良く考えるべき」だろう』。

『もし、

「みんなの党を江田等韓流テレビ・マスコミご推奨の人脈が実効支配出来ていた」なら、

「渡辺代表とDHCの大金持ちとの問題も表に出る事さえ無かった」だろう。

「現状日本社会で表沙汰になる問題等と、なかなか表沙汰にされない問題等」の

「問題がある」のだ』。

『「韓国による竹島の不当占拠」や「北朝鮮による拉致」は、

「長い間表沙汰にされないまま・・・」だった。

「韓国や北朝鮮による日本国内の工作活動の多く」は、

「未だに、表沙汰にされていない」。

「何故なら、日本国内のテレビ・マスコミの多くが、未だに、韓流人脈の支配下だから」だ』。

『「この異常事態を是正する為」には、

「基本的に人を入れ替えなければ無理」である。

「何故なら、韓流人脈の者たち」は、

「日本政府等から強く抗議された事や、

既に大々的にバレていてもはや誤魔化し様の無い事でも、

出来る限り韓流へのダメージが少ない様に、・・・しか伝えない」。

「つまり、

元の人たちが入れ替えられなければ、

者・物・事が韓流にとって都合良く伝えられる事態は変わらないから」だ』。

『「戦後の日本国内で情報の一方的大量配信権を得続けている」のが、

「韓流人脈というのは、あまりにも異常」である。

「民放大手テレビ局や大新聞等が、戦後同じ会社のまま・・・つまり、その会社内で代々続いている人事のまま・・・」では、

「日本社会の正常化も進み辛い」。

「民放大手テレビ局や大新聞等が、日本の新興会社等と入れ替わってこそ日本社会の正常化も進み易くなる」』。

『「考えて欲しい」。

「携帯電話会社」では、

「ソフトバンクという韓流人脈が経営権を握っている新興会社」が「急速に大きくなれた」。

「その様な事態と同様の事が何故、テレビや新聞では起きていないのか?」

「韓流人脈の利権増大には緩く、日本人脈の正常成長にはキツイ状態」が、

「今の日本社会にある」のだ』。

『「そんな状態を是正する事」こそが「実効のある成長戦略になる」』。

『「一部具体的に記す」なら

「韓流人脈等は、都合の悪い者・物・事が成長しそうになる」と、

「スパイ活動で盗み取ったり、工作活動や暴力的行為まで使って邪魔をする」。

「そんな連中が日本国内にゴマンと居る」のだから、

「徹底摘発するべき」だ』。

|

安倍総理の韓国語挨拶を外交上の非常識と大宣伝する日本の中の韓流メディア・・・。

『「非常識国、韓国に対して、あらゆる手段を試し、常識国化を願う」のは「むしろ、大人の対応」だが、

「日本の中の非常識連中もしくは、確信犯の日本乗っ取り支配工作員たち」は、

「そんな大人の対応も情報工作の道具にする」』。

『「悪、もしくは、おバカどもの為に、あえて記す」なら、

「外交上の非常識」とは「事実・現実に基づかない者・物・事を公言する事」だ。

例えば、「国と国との正式合意契約である日韓併合」を

「日本の敗戦を悪用して、日本による植民地支配と嘯いたり」、

「日韓基本条約で既に終わっている日本と韓国の間の問題」を

「度々持ち出して来ている韓国」こそが、

「外交上の非常識国に他ならない」』。

『「日本の総理大臣の言葉の揚げ足取り」を行い、

「韓国を差別的に優遇するテレビ・マスコミ等」が、

「日本の中で幅を利かせている状態こそが異常」なのだ』。

『「未だに、日本の乗っ取り支配工作を行っている様な連中」は、

「現在の国籍が何処であれ、母国・祖国に強制送還されるべき」だ』。

『「ヒュンダイ」も「チョウニチ」も、

「そんなに韓国(北朝鮮)側の立場に立ちたい」のなら、

「韓国(北朝鮮)に行ってやれば良い」のだ』。

|

いよいよ怪しい(?)STAP細胞だが・・・。

『「理研研究者の中では、STAP細胞が続々と生産されている・・・」という話しもある様だが、「もし、それが、本当なら、他の研究機関等でも、再現実験が出来る筈」だ。

「STAP細胞問題で、一番の肝」は「何故、他の研究機関等で、再現実験が出来ないのか?」になる』。

『「理研は、もし、本当に、STAP細胞が生産出来ている」なら、「その詳細な実態を公表するべき」だ。

「その事により、他の研究機関等でも再現実験が出来る様になる」なら、

「未だ、救いはある」』。

『「しかし、もし、元々、STAP細胞が出来ていなかった」のなら、

「事態は本当に深刻」だ。

「その様な場合今回の事」は、

「日本の科学界を貶める為の工作活動みたいな事」にも「なってしまうから」だ』。

『「以前、日本の考古学では、{神の手事件}があった」。

「今回のSTAP細胞が、同様・・・」では・・・』。

『「何れにしても、裏は良く調べられるべき」だろう。

「STAP細胞がらみの集金行動の有無やその実態」は「特に要注目」だ。

「理研を躍らせる事で、大量の集金を可能とすると共に、日本の科学界を貶める事が出来る」のだから、

「反日国人脈の工作活動として」なら、

「正に、理に適っている」』。

|

日米韓首相会談と北朝鮮のミサイル発射・・・。

『「韓国内の意固地な反日に逆らえない為、安倍総理の韓国語挨拶をガン無視の朴大統領」。

「日米韓首相会談に合わせて、日本海に向けノドンミサイル発射で存在感を訴えていた北朝鮮」。

「今時の普通の国なら到底考えられない問題行動」は「どちらも朝鮮発」だ。

「ここにこそ朝鮮半島問題の本質が在る」』。

『「日米韓首相会談の目的」は「北朝鮮問題だった」と言うが、

「朝鮮半島問題の本質が朝鮮発の問題行動である現実」を

「現実通りに受け止める」なら、

「問題の元を二分割する事自体」が、

「問題解決を阻害している事に気付く筈」だ。

「米国は、この事をもっと真剣に考えるべき」である』。

『「日米は大戦まで行ったが、戦後は相互理解関係を築けている」。

「何故なら、どちらの国も事実・現実の上に立とうとしている国だから」だ。

「朝鮮の問題行動」は

「事実・現実を無視し、朝鮮を特別に優遇する事を求めるところから発生」している。

「もちろん、その裏にある」のは「朝鮮の歴史」だ』。

『「事実・現実を無視する」とは「現実逃避」であり、

「積極的な現実逃避を続ける元となる程酷い過去」が「朝鮮の歴史にはある」』。

『「一般的な国々の様に、どちらが正しいのか?やどちらが優れているか?や豊かさ等々を求めた支配戦争等を繰り返した酷い過去」なら、

「事実・現実を認め、過去の悪い部分は反省し、繰り返さないようにする事」で、

「相応に良い未来も築ける」から、

「必然的に、現実逃避を続けたい派より、事実・現実派が優勢となる」。

「ところが、朝鮮の支配権争いの歴史」は「その様な普通の国々とはかなり違っている」のだ。

「簡単に言う」なら、

「どちらがより狡賢く騙し・取る事が出来たか?」で

「朝鮮内の支配権が決まってしまって来ている」のである。

「元々の文化が支配する側もされる側も現実逃避文化」なのだ。

「もちろんその現実逃避は、特定極一部の者たちの現世利益追求の為の現実逃避」なのだが、

「現世利益を得られない人々も現実逃避させられる事で、お仲間現実逃避虚利益を得ている状態にさせられている」。

「カルト宗教状態」である』。

『「根本の文化を是正させる事抜き」に「朝鮮半島問題は解決出来ない」。

「文化是正の役に立つ」のは

「悪戯な援助では無く、全ての国々がまともな文化以外の窓口を閉ざす事」だ。

「虚構の文化の上では、まともな技術も現世実利も育たない」。

「いくら勉強等を頑張っても個々の中で情報を処理する精神構造が虚構型のまま・・・」では、

「ロクな結果は得られない」。

「何故なら、

例えて言うなら、

細胞ごとの誕生・死という現実情報を知っても、

現実を実感を持って理解出来ないから、

丸ごと一人のあの世を信じたがる状態のまま・・・等になるから」だ』。

『「上辺では、国際法上有効な協定等を国と国や国際社会内で結んでいても、

内実ではその重大事を実感を持って認められていない」のが、

「朝鮮の虚構文化の実体」なのである。

「それは、正に、永遠の恥辱に染まる道」なのだが・・・』。

・・・・・・・。

『「中国共産党にも、似た様な文化が在る」。

「中国の場合は、国際社会が閉ざすべき門は、中国共産党のその様な文化に対して」だ。

「中国内でも約8割がダメ出ししている中国共産党」が

「国際社会からも半拒絶状態に在る」様になれば、

「中国内は必然的に民主化される事になる」。

「中国は民主化されれば、中国発の迷惑行為も激減する筈」だ。

「何故なら、現状の中国発の迷惑行為のほとんどは、中国共産党の保身の為だから」だ』。

・・・・・・・。

『「欧米や日本社会の当たり前」は

「他人を騙す事等で利己を謀る者を集団的に許さない」だが、

「朝鮮や中国共産党の文化」では

「他人を騙す事等=能力であり、他人を騙す事等で大きな利権を得る事が出来る者=能力が高い者」なのだ。

「自分の実体さえ満足に理解・把握出来ていないが故の文化」だが、

「自分の実体を理解・把握する事のベースは、事実・現実」なのだ。

「悪卵(=現実離れしている自己把握)が先にしても、

悪鶏(=現実離れしている中国・韓国社会)が先にしても、

・・・是正の必需性は明らか」だ』。

|

嘘コラムまで出して日本社会での生き残りに必死な朝日、哀れなり・・・。

『「朝日天声人語に文句を付ける老人・・・という、テレビの朝日新聞の宣伝も哀れ」だ。

「身から出た錆び」だが、「枯れ行くモノの行き着く先は・・・」』。

『「朝日が、そんなに生き残りたいのなら、先ず謝罪!そして、売国奴的連中を追い出す事だろ!」等と「感じている日本国民」は、

「数多い」・・・』。

|

浦和レッズ無観客試合をもたらした差別的横断幕問題の深層・・・。

『「浦和レッズサポーター横断幕問題」等で「盛んに言われている差別」だが、「差別とは、差を付けて扱う事」だ。

「差を付けて扱う事自体がいけない」のなら「現状人間社会は差別だらけ・・・」になる。

「問題とされる差別」とは「正当な理由無き差別」だろう』。

『例えば、

「ホテル等で高い料金を払っている者」が

「普通の料金を払っている者に対し、良い部屋や良い待遇」という

「差別待遇を得る事」を、

「多くの人々は差別問題としない」だろう。

「犯罪者に対して、収監や懲役等の差別待遇を与える事」も、

「多くの人々は差別問題としない」だろう。

それでは、

「産まれながらの環境格差はどうか?」

「実態としては、同じ国の民の子でも、猛烈な差別待遇が在る」。

「商業スポーツをお金を払って観戦しているサポーターによる横断幕の問題」などより、

「遥かに深刻な差別問題が其処には在る」』。

『「ところが、その問題は、テレビ・マスコミ等で、大々的に問題解決まで誘う様な報道等はされていない」。

「その辺りに、差別的横断幕を責める事で正義ぶっている連中の本質が見え隠れしている」のだ』。

『「Japanese Only」とは「日本人だけ」であり「他の特定の国籍の者を卑下する差別では無い」。

「むしろ、もし、差別的意図があるとしたら、日本人に対する優位差別」だろう。

「現状人間社会では、優位差別が至るところに在る」。

「例えば、属に言う、ウリナラファンタジーの国」などは、

「優位差別の塊みたいなモノ」だ。

「ところが、こちらの問題は、筆者の知る限り、サポーター差別的横断幕問題が大々的に責められた時に、優位差別の例として、挙げられていない」』。

『「サポーター差別的横断幕問題」に対して、

「ウリナラファンタジーの国みたいなみっともない事だから、止めるべきでしょ!」等の「論が世間に大々的に出ている」なら、

「再発防止にもかなり有効な筈」だが・・・』。

『「血統差別は温存したい」が

「日本人優位差別を厳しく責める事」で

「日本社会を差別を悪戯に嫌う風潮で満たしたい・・・」。

「そんな臭いが充満している」のが「韓流テレビ・マスコミ等による情報の一方的大量配信の実態」だ』。

・・・・・・・。

『「産まれながらの環境格差の元」は「相続・報酬格差」だ。

「相続・報酬格差をもたらしている」のが「差別」である。

「産まれながらに同じ相続&同時間の仕事に対しては職種・立場等を問わず同報酬」なら、

「ほとんどの産まれながらの格差は無くなる」だろうが、

「その様な人間社会では、まるで、旧共産圏」だ。

「旧共産圏社会が、所謂西側に実質的に敗北した」のは、

「実質的には、

お金や法律という代理物の実権が薄く、

特定極一部の{優秀な???}人が大権を持ち、

他の多くの{優秀では無い???}人を支配・コントロールする体制」により、

「汚職だらけとなったり」、

「個人個人の能力発揮が阻害されたから」だ。

「元々の大前提であり、ほとんどの国民に適応された産まれながらの環境格差無し状態」から、

「国家体制設立者たちや、{優秀な???}指導者たちの家庭は除かれているところ」が、

「旧共産圏のインチキのミソ」だ。

「所謂西側社会では、お金や法律という代理物の実権が濃い」が、

「未だに、多くの人々が、自らの血統や家族・お仲間等に拘る差別を抱きしめている」から、

「膨大な産まれながらの環境格差を生じさせ続けているシステムが有効」なのだ』。

『「些細な差別的実態を責めて」も「自らが内実共正義の人になれる訳も無い」。

「しかし、それでも、多くの人々が、テレビ・マスコミ等が言う{差別という言葉}」に、

「過剰反応」し、

「言われている些細な差別的実態のみを厳しく責めようとしている」。

「その姿は、正に、テレビ・マスコミ等の操り人形」である』。

『「差別問題が言われた」なら「差別とは?今ある差別は?自分は?・・・等を考える」。

「それが、自分の実体を見失わずテレビ・マスコミ等に操られない道」なのだ』。

・・・・・・・。

『「国籍・民族等による優位差別を訴える事」は「みっともない」。

「何故なら、現実離れしているから」だ。

「人間の優位・劣位」は「国籍や民族等で決まるモノでは無い」。

「現実に在る優位・劣位とは、物事ごとに違う個人差の大きな事」だ』。

『「現状人間社会をある意味では蝕んでいる大きな差別問題」は、

「産まれながらの環境格差」だ。

「しかし、いきなりの大転換ではその反動も大き過ぎる」から、

「適度に現状を維持しつつ、是正し続ける速度を出来る限り早める事」が「必需」だ。

「現段階」でも、

「ルーピーを生じさせる程の大金持ち」は

「何処の国でも否定するべき」だ』。

・・・・・・・。

『「差別問題を言う」なら「実害の大きな差別から問題にするべき」だ』。

|

「負け組み中・韓」が捏造歴史認識でタッグだと・・・。

『「元々、現実離れ&人が持つ権力依存の人間社会に、勝ち目は無い」。「時と共に、負けがはっきりするダケ」だ。

「中国共産党支配下の中国」も「韓国(北朝鮮も含む)」も「現状先進国社会では、もはや負け組み」で、

「その経済も社会も、・・・崩壊寸前」なのだ』。

『「中国の場合は、共産党支配から解放されて、民主化されれば、回復の可能性はある」。

「しかし、韓国(北朝鮮)の場合は、回復はほとんど不可能」だろう。

「何故なら、虚構の上の国だから」だ』。

『「元々、日韓併合は日本による韓国の植民地化支配では無い」。

「実際は、日本による韓国救済」だった。

「現状は、韓国人悪権力者たちによる植民地支配詐欺」により「現実離れした戦後状態が生じているだけ」なのだ。

「詐欺上の国家が続く訳も無い」』。

『「日韓併合が本当に日本による植民地支配だった」のなら、

「戦後韓国(北朝鮮も含む)の主導者は、朝鮮半島内から出た筈」であり、

「終戦後直ちに、植民地支配という悪行を行った日本から全ての韓国人を救い出す為に帰還させていた筈」だ。

「ところが、実際は、戦後韓国の初代大統領は日韓併合当初から渡米していた人脈の李承晩」であり、

「北朝鮮の金日成は、旧ソ連からの人だと言われている」。

「つまり、どちらも、朝鮮半島内の人間では無く、朝鮮半島を飛び出していた者たち」なのだ。

「日韓併合時の朝鮮半島内では、多くの韓国人が日本による近代化を歓迎した」。

「何故なら、日韓併合前の政治・社会体制より、多くの韓国人にとって、遥かに良い状態だったから」だ。

「朝鮮半島内には、近代化による既得権益消失等に武力まで用いて反乱した者たちが居た」。

「当時の朝鮮半島内では、韓国人たちも進んで、その様な反乱者たちを鎮圧しようとしていた」のだ。

「元々は、既得権益維持の為の反乱暴れ者連中が後に、反近代化抗争を抗日と言い換えた」のは、

「韓国人悪権力者たちの中に在り続けている、日韓併合=日本の乗っ取り支配の開始」という

「悪の策略故」である』。

『「米国を利用して、日本を韓国人が乗っ取る策略」に「必要だった」のが、

「植民地支配詐欺」だ』。

『「植民地支配詐欺を自国民に認めさせる為に、日韓併合時の良さを知っている韓国人の多くを殺したのが、朝鮮戦争」だ。

「旧ソ連が担いだ者」と

「米国人を騙して戦後韓国の初代大統領になった者」による、

「朝鮮半島内の支配権争いダケが朝鮮戦争の目的では無い」』。

『「中国共産党軍」は「戦後中国内の反乱軍」だった。

「つまり、中国人同士が殺し合いをして戦後中国の大陸部内での支配権を得たのが中国共産党」だ。

「同胞を殺した悪行を誤魔化す為」に「もっと悪いモノをつくり出し、中国国民に印象付ける策略」が、

「反日教育や反日政策等」だ。

「実際」は、

「中国共産党が内戦時や平時の粛清で殺した中国人の数」は、

「旧日本軍が中国内で行った戦争行為で殺した中国人の数より、遥かに多い」』。

『「ある意味では、似た者同士である中国共産党と韓国(北朝鮮も含む)が、気が合う」のは「当然」だが、

「虚構の上同士がどんなに気を合わせて全世界を騙そうとしても、最終的には無駄になる」のだ。

「中・韓共々、没落し、永遠の恥辱に染まる道を歩もうとする」とは、

「そのまま・・・なら、ご愁傷様・・・」である』。

『「中・韓共々、

捏造史上で気を合わせるのでは無く、

現実人間社会上に立とうとする事で

気を合わせられる様に進化してくれれば、

良いのだが・・・」』。

『「現実を認める事=悪者である事を認める事」となる「主導者等を頂いている内」は、

「正常化も困難」だろう』。

|

大阪市長選「実質、橋下の負け」でどうなる大阪都構想・・・。

『「投票率が高く、橋下の集めた票が全有権者の三分の一超えだったのなら、株式会社株主の拒否権と同様、橋下にも新たな有意な権利が生じていた」かも知れない。

「しかし、実際は、投票率がたったの23%+だった」。

「その上に、白票や無効票が、何と!6万票超えもあった」のだと言う。

「この実態は、実質、橋下の負け」である』。

『「もはや、橋下には、カリスマ性も無く、新たな実権も与えられ無い・・・」。

「行おうとしている政策自体も、信用出来ない・・・」。

「独断的辞任選挙は税金の無駄だ・・・」。

・・・等々・・・。

「そんな有権者の思いが反映された投票結果」だろう』。

・・・・・・・。

『「今回の選挙により、税金が使われたと共に、大阪の政治が遅れた事だけは確か」だ。

「その損失と遅れを挽回出来る何かが無い」のなら、

「橋下は、責任上、退くべき」だ』。

|

プーチン大統領!ロシアは直ぐにロシア軍を引くべきです・・・。

『「欧米との戦争を望んでいないのなら、ロシアは、ウクライナに展開しているロシア軍を直ぐに引くべき」だ。「現状でも、既に、クリミア半島の実効支配はロシア側にある」。

「そのクリミアのロシア帰属を正当化する為」には、

「軍による圧迫の要素を出来る限り薄める事こそが、欧米社会に対する一番実効がある手段」に他ならない』。

『「ロシアがウクライナ方面に展開している軍を増強する事」は、

「クリミア半島の住民投票結果自体が、軍による圧迫抜きでは、違っていた・・・」等の

「イメージを全世界に抱かせる事になる」のだ。

「つまり、全世界サイド」が、

「ロシアによる軍事侵攻でクリミア半島が侵略されたと見る事になる」のである』。

『「逆に、ロシア軍がウクライナから遠ざかれば遠ざかる程、クリミア半島住民投票の軍圧迫要素は薄かった等のイメージ」が「全世界に広がる」。

「元々、ロシア人が多かったからロシアへの帰属を選択した事」を「全世界に納得させる為の鍵」が、

「ロシア軍の撤退」なのだ』。

『「非常に単純な話し」である。

「ロシアがウクライナに展開する軍を増強する」なら「欧米社会もそれに対抗せざるを得ない」。

「軍による対立の結果」は「歴史が示す通りの世界大戦」だ。

「核兵器まで保有している現状の人類の国々が世界大戦をする事=人類滅亡への特急券」に他ならない』。

『「人類滅亡が目的では無い」のなら「ロシアは軍を引くべき」だ』。

・・・・・・・。

『「生物の実体」は「宇宙の崩壊を加速させる為の装置」という「物理学的な見方が在る」。

「簡単にその概要を説明する」なら

「この宇宙のエントロピーが増大し続ける事によってこの宇宙が終わるのなら、

エントロピーの縮小を元に存続している生物の存在が、

より早いエントロピーの増大をもたらす事になる」という事だ。

「生物によるエントロピーの縮小の為には、通常の物理変化以上のエントロピーの崩壊が必要になっている実態が在るから」だ。

「もし、その物理原則が、人類に与えられた使命」なら、

「人類同士が地球生命体滅亡をもたらす大戦争を行う事」が「宇宙の寿命を延ばす事になる」。

「つまり、宇宙の寿命を延ばす為という大義の下の人類滅亡になる」のだ。

「しかし、それは、あくまでも、物理的な見方」である』。

『「人類も含む生物の実体」を「読み解く考え方」として、

「上記の物理原則以外」に、

「生物原則の読み解き方が在る」。

「つまり、宇宙自体も時間が在るのだから、ある意味生物的」であり、

「宇宙の中の生物とは、その元の生物に寄生している生物である」と「読み解く」のだ。

「そうなると、寄生生物の目的は、寄生体の存続では無く、寄生体に崩壊を強いても、寄生生物自体が存続する事」なのだから、

「物理原則の生物の読み解き方とは全く違う結果になる」。

「つまり、その場合は、人類を含む生物は滅亡すべき存在では無くなり、例え、この宇宙に崩壊を強いても、新たな宇宙と共に存続すべき存在」となる』。

『「物理原則の読み解き方」と「生物原則の読み解き方」の「どちらが正しいのか?」

「筆者は、少なくとも、自分の実体が生物である現実から、生物原則の読み解き方を正解にしたい」と「考えている」』。

『「大国ロシアの主導者たる者が上記程度の考察もしていない」とは「思いたくも無い」。

「ロシアの主導者も生物に他ならない」。

「是非とも、

生物原則の人類も含む生物の実体の読み解き方から得られる結論」である

「人類も含む地球生命体細胞群の存続との整合性が取れる判断」を

「下して頂きたい」と「切に願っている」』。

『「ロシア軍はウクライナから引く事」で

「世界大戦を避ける」と共に

「クリミア半島住民投票の民主性を全世界に訴えるべき」だ』。

|

相棒最終回の視聴率が19%超えだったのだと・・・。

『「法律厳守を訴えた杉下右京」だが「以前の相棒では実質的法律違反手法まで用いて捜査」していた。

「つまり、杉下右京の法律感」も「小野田公顕の法律感同様私的なモノ」だ。

「ところが、相棒今クール最終回」では「杉下右京の法令順守金科玉条ぶり」が「印象付けられていた」。

「テレ朝の番組だけに、その事の意図もある」のだろう』。

『「政界での法令順守金科玉条主張」と言えば「多くの人々は旧社会党等を思い出す」だろう。

「法令順守とは聞こえは良い」が「内実は、現行法遵守」であり、

「つまり、現行法で法令違反とされていない事はアリと言っている面もある」のだ。

「現行法で摘発困難な工作活動等を行っている連中」にとっては、

「法令順守!」は、

「正に、応援」なのである』。

『「法律をより現実的に良くして行く仕事」は「もちろん立法府の仕事」だ。

「立法府の実権は、与党が握っている」。

「現与党は自民党安倍政権」だ。

「もし、相棒の内容」が「主人公による法令順守訴えでは無く、現行法の不備を指摘すると共に、現行法是正を是とする内容だった」なら、

「多くの視聴者の中に同様の問題意識が生まれていた」だろう』。

『「現状で、その様な問題を提起されている状態」なのが「集団的自衛権の問題」だ』。

『「もし、現状の与党が民主党で、集団的自衛権に否定的だった」なら、

「恐らく相棒の内容」も「現行法の是正を促す内容になっていたのでは?」等と

「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「何しろ、民間キー局での視聴率が約20%もあった番組」なのだ。

「その番組が提供する情報」の「大衆無意識等への働きかけ」は、

「情報工作を意図する人々」なら「絶対に無視出来る訳が無い」』。

『「相棒は、良く出来たドラマ」だが、

「その良く出来たドラマの中」にも「テレ朝等の意図を感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

・・・・・・・。

『「ドラマまで使った大衆の無意識に働きかける大衆誘導」を「現行法では規制出来ない」。

「多くの視聴者」が「現行法で規制出来ていない不当な者・物・事」を「厳しく糾弾出来る事」が、

「極めて重要」なのである』。

|

舛添氏外国人参政権賛成派問題の裏・・・。

『「都知事選時にも言われていた外国人参政権賛成派・舛添」・・・。「もちろん、その目的」は、

「否原発即ゼロ派票の分断」だ。

「都知事選時に、舛添氏と田母神氏に票が分断され、即原発ゼロ派票を細川氏に一本化すれば、細川氏が勝てる」という「策略の延長線」に、

「舛添氏外国人賛成派宣伝が在った」のだ』。

『「都知事選時に、冷静に考えた、多くの人々が気づいた事」は、

「自民党と政策協定した舛添氏」には「外国人参政権を成立させる事は困難という事」だ。

「自民党は、谷垣自民党時代に、外国人参政権反対を明示し、その後、賛成に転じたという意思表示(あり得ないが・・・)をしていない」。

「その自民党との政策協定」なのだから、

「当然、舛添都政では、例え、舛添氏が外国人賛成派だったとしても、外国人参政権の実現は無い」。

「それが、普通の考え方」である』。

『「舛添氏の過去の発言」では「外国人参政権問題は重要な問題では無い・・・」というのが「在った」。

「つまり、賛成派とも反対派とも取れない発言があった事は事実」だ。

「しかし、それは、確か、親韓ブーム~民主党政権成立前の事だったと思う」。

「つまり、世間の空気に対して、自らを不利にしない為の保身が生み出した曖昧な表現だった」のかも知れない。

「その後、新党改革という河野洋平の新自由クラブも連想させる自民党から出た人になった事」も

「外から見れば、どちらかと言えば、外国人参政権賛成派寄り・・・」との

「感を抱く要素にもなった」。

「何れにしても、以前も、都知事選時にも、はっきりと反対の意を大宣伝していなかった事」が、

「問題」なのだ。

「しかし、現在では明確に否定している」らしい』。

・・・・・・・。

『「多くの政治家は、日本社会の風を無視出来ない」。

「何故なら、日本社会は、少なくとも、上辺では、代理制民主主義社会だから」だ。

「現在の舛添氏の明確な否定の裏にある」のは、

「昨今の日本社会」に、

「韓国や在日韓国人等に対してもはっきりとした態度を取る事を是とする風が吹いているから・・・」かも知れない。

「代理制民主主義社会」を「成立させ続ける為」には、

「民意」を「個人個人がネットも含む色々な所で示し続ける事」が、

「極めて重要」なのだ。

「もちろん、民意の元」が「愚」では「ダメ」である。

「それぞれの民は、自分を賢者とする為の努力を怠ってはいけない」のだ。

「愚衆は、マスゴミでも操れる」が「賢者の集団なら、マスゴミには操れない」。

「一時的に、感情に溺れさせられたりして、騙される者たちが出ても、直ぐに、快復出来る」。

「その様な状態こそが、脆弱では無い日本社会の基礎」なのだ。

「未だに、マスゴミは大衆誘導を諦めていない」が、

「テレビ・マスコミ・学校教育等、極めて優位な立場からの、日本国民を不利にする反面、他国民等を有利にする、大衆誘導をちゃんと罰する事」も

「極めて重要」だ』。

『また、

「電磁波(電子波)工作や飲食物工作」等々、

「日本国内で行われている現行法&現状の摘発体制では摘発困難な暴力的工作」は、

「早急に、排除されるべき」である』。

|

電磁波(電子波)工作兵器の性能がだいぶ上がって来た様で・・・。

『「科学技術の進化を悪用した電磁波(電子波)工作兵器の性能」も「科学技術の進歩と共に向上している」。

「今や、もはや、意図的殺人も可能なレベルに達している様相」なのだ』。

『「例えば、心臓狙いで電磁波(電子波)を意図的に照射する場合」、

「少し前までのレベルでは、心臓全体ぐらいに電磁波(電子波)が当たる感じ」で、

「心不全等による偶発死」や「心臓の調子が変・・・を感じた被害者が精神的に追い込まれる」等の、

「性質の悪い、現行法では立証困難な、主たる実効が、邪魔や弱体化等となるレベル」だた。

「それが、今や、1~2センチ~数ミリレベルの狭い範囲に、集中的に強い電磁波(電子波)を当てる事が可能になっている」。

「こうなると、例えば、心臓の血管等に直接ダメージを与える事も可能なレベル」で、

「余程、綿密に司法解剖等を行わなければ判らない、意図的な殺人も可能になる」。

「例えば、その様な最終焦点の小さな強い電磁波(電子波)を当て、心臓部の狭い領域で焦点を結ぶ様にする」と、

「皮膚面には、火傷やダメージがほとんど残らず、心臓部のみが破壊される」。

「その様な工作兵器で2~多方向から当てれば、かなりの高確率で、実効のあるダメージを与える事が可能になる」』。

・・・・・・・。

『「車の運転中の事故のニュースが続いている」。

「その中には、少なからず、電磁波工作車が起因となっているものもある筈」だ』。

『「建物内やホテル・旅館・商業施設等内での心不全死や脳卒中死の裏」にも、

「少なからず、電磁波工作によるものがある筈」だ』。

『「もはや、その様な事態が実感を持って感じられる程のレベルにまで電磁波(電子波)工作兵器の性能が上がっている」のだ』。

『「国も警察等も、・・・対策を急ぐべき」である』。

|

チョウニチによれば「嫌韓は危ない空気」だそうだが「植民地支配詐欺・敗戦火事場泥棒・日本乗っ取り支配策略・竹島不当占拠・従軍慰安婦詐欺等々の韓国に対する嫌韓は日本国民として当然」でしょ・・・。

『「日本国民の嫌韓は、韓国側の悪態が招いた必然」だが、「日本国内の嫌韓で危なさを感じている」のは「日本国内に居る韓国の手先」だったりして・・・』。

|

反首相の論客が干される????・・・。

『「散々、韓国(北朝鮮も含む)系や中国共産党系の人々にとって都合の良い論客ばかり偏重して来た状態」が「少し是正方向に動いたダケでしょ!」』

『「それなのに、騒ぐ・・・」のは、「テレビ・マスコミファシズム状態を崩されるのが困るから!」

「日本国内では、時と共に、日本乗っ取り策略等で動いている連中が困る様になるのは必然なのにねぇ・・・」』。

|

ネット・ベビーシッター二歳男児死亡事件問題・・・。

『「母親は、仕事の為にベビーシッターに二人の子どもを預けていた」。「しかし、その仕事の目的は何だったのだろうか?」

「経済原理で考える」なら、

「時間千円のベビーシッターに二人の子どもを預ける事=時給二千円以上の仕事をしなければ赤字」だ。

「若い母親の仕事の報酬が時給二千円を大きく上回っていたとは思えない」から、

「母親が子どもを預けた裏」には「経済原則以外の何かが大きく働いていた」と「推定される」』。

『「一般的に考える」なら「それは、子育てストレスからの解放時間」だろう。

「もちろん、それは悪い事では無い」』。

『「安請け合いのベビーシッター」の「問題」と「共に、上記の問題もよく考えられるべき」なのだ』。

『「子育てストレスは何故生まれるのか?」

「人間は、自分が良く知らない・解らない者・物・事や過剰な労働行為等に対してストレスを覚える」。

「義務教育時の学校教育や原家庭から、子育てを学んでいる人々は少数派」だろう。

「もし、ある程度、子育てについて身に覚えがあれば、子育てストレスは軽減される事になる」。

「逆から考えれば、義務教育で子育てを学べる事が、子育てストレスの軽減に繋がる」のだ』。

『「筆者は、元々、学校教育で倫理や道徳など教える時間があるくらいなら、ちゃんと心理学を教えるべき」と「主張して来た」。

「それに、学校教育で訳の判らない古代史等を教えている時間があるのなら、ちゃんとした子育てを教えるべき」との「主張も加えたい」。

「学校にも保育所機能が生まれる事にもなる」のだから、

「昼間待機児童の問題解決にも繋がる事になる」』。

『「そもそも、戦後日本の学校教育にはオカシナところが多々ある」。

「実用になる教育が余り行われていない」のだ。

「多くの人々にとっての実用を考えるなら、高等数学の前に、税の計算」だろう。

「物理だって、実用との接点をちゃんと実感出来る様に教育しなければ、多くの人々にとって、絵に描いた餅」なのだ。

「他の学科だって同様」だ。

「実用・・・現実との接点をはっきりさせる事で、学ぶ者にも実感が生まれるから、教育内容は初めて身に付く」のである。

「実用を無視した教育の象徴例が、新陳代謝という言葉を知っていても、あの世や霊を信じる人々」だ。

「現実的に見る」なら、

「それは、実に滑稽」なのだが、

「実感無き人々は、その滑稽さも自覚出来ない」から、

「未だに、あの世や霊を悪用した悪徳商売等に騙される人々も居る」のだ』。

・・・・・・・。

『「多くの人々が、子育ての基本を知っている社会」なら、

「親の子育てストレスは軽減」され、

「ベビーシッター等を頼める人々が普通に近所に誕生する」。

「学校にも保育施設機能が加わる」なら「昼間待機児童の問題も改善される」』。

『「いい加減に、

あの世や霊等に現実逃避させる事に力を加える様な現実離れした学校教育等は止め、

多くの人々が実感を持ってこの現実世界を楽しめる様になる事に力を加える現実教育を行うべき」である』。

『「今時なら、学校で教えるべき」は「倫理や道徳では無くちゃんとした心理学であるべき」だ。

「学校で子育てを教える」なら「昼間待機児童問題の是正や、少子高齢化の是正にも繋がる」だろう。

「学校で税金計算等を教える」なら「税制の改正もよりまともな方向で無ければ、通りづらくなる」。

・・・。・・・。

「現状の様に、現実逃避後押し要素がゴマンとある学校教育がつくり出している」のは、

「テレビ・マスコミファシズムで操られ易い人々に他ならない」のだ』。

『「格差是正」と「少子高齢化是正」と「学校教育とテレビマスコミ情報の是正」と「スパイ・工作活動の防止対策」は、

「日本国・日本国民の急務」だ。

「自国の自虐で他国を利し、他国の繁栄で自国を富まそうと思っても、実際に富むのは悪意を持った他国」になる。

「自国をしっかり良質にし、その流れを世界に発する」のが「悪を利さないやり方」である』。

|

嫌儲問題・・・。

『「ネットの所謂まとめサイトを閉鎖に追い込んでいる嫌儲連中の調査能力」は「まるで、プロの工作員」だ。

「ある意味では、言論封殺に近い悪い効果もある」のが「まとめサイトの封鎖」で、

「まとめサイトで儲ける(・・・と言っても、いったいどれ程儲かるのか???だが・・・)事」よりも、

「実質的言論封殺」こそが「大問題」で、

「実質的言論封殺こそが、韓流・中共流の狙い」だろう』。

『「当ブログは、儲けも読者の数も全く関係無し」で

「まとめサイトに引っかかっているのか?も分からない(つまり、まとめサイ側が勝手に取り上げている場合があるのか?否か?も知らない)アングラ」だから、

「当ブログは今回の問題とは実質的に関係無いと思う」が、

「筆者」は、

「大して儲かってもいないであろうと推定されるまとめサイトの運営を封じる為に、サイト主催者の個人情報等を曝す悪態」には、

「韓流(北朝鮮も含む)マスゴミや中共流マスゴミ等と同じ悪臭を感じている」』。

『「勝手に使われたく無いのなら、先ず、その旨は明記するべき」だ。

「そして、勝手に使われた事が不満」なら、

「勝手に使われたく無い旨明記してあるのに、勝手に使った事に対するクレームを付け、是正や謝罪を求めるべき」だ。

「まとめサイトの問題」は、

「報道の自由」と「プライバシーの侵害」の「関係の問題」である。

「勝手に使われたく無い意思表示=プライバシーの侵害をされたくない意思表示」で、

「そんな場合の報道の自由は、正当な理由がある場合のみ正当」になる。

「プライバシー保護の意思を明確にしていない場合のまとめサイトでの取り上げ」は、

「その取り上げが善意に基づいている限り、報道の自由の範囲」だろう。

「それとは別」に、

「個人情報を曝す暴力的手段こそ大いに責められるべき蛮行」である』。

『「それなのに、韓流マスゴミでは、嫌儲の個人情報暴露能力を高いと持ち上げているのだ」。

「それこそが、実質的には、同類である事の暴露みたいな事になっている」のだ』。

|

「ソメイヨシノ韓国起源詐欺」の目的・・・。

『・・・「植民地支配詐欺」・・・「日本敗戦火事場泥棒」・・・「従軍慰安婦詐欺」・・・「そして、今度」は、「ソメイヨシノ韓国起源詐欺」だ。

「もちろん、そんな現実は無い」。

「ソメイヨシノは日本原産」である』。

『「もはや、韓国の醜行は、哀れな領域も通り超して、ヒタすら醜悪なダケ」だが、

「今回のソメイヨシノ詐欺の目的に、李承晩名誉の増大目的もある様相」なのだから、

「その醜悪さは半端では無い」』。

『「李承晩とは、日韓併合当初時から米国に渡米していた当時の韓国人権力者たちの流れの者」だ。

「渡米韓国人たちは、

植民地支配詐欺を行い、

解放資金を集めると共に、

米国権力者人脈に食い入った」。

「そして、

日米大戦を誘い、

日本の敗戦時の占領統治にも、

それら渡米韓国人たちの意向が反映された」のだ。

「元々、日韓併合を

米国を利用した日本の乗っ取り支配の開始と位置付けていた韓国人たちが

渡米して米国人権力者に食い入れてしまっていたが故に起こってしまった

異常事態」である』。

『「渡米韓国人悪権力者たちによる植民地支配詐欺を元に、米国が占領統治を行った」ので、

「戦後の朝鮮半島内も、日本内も、当然の様に、異常になった」』。

『「李承晩とは、在米韓国人権力者の一人」で、

「余程、米国権力者への取り入り方が上手かったのか?

米国権力者たちのお墨付きを得て、

戦後韓国の初代大統領となれた人」だ』。

『「その李承晩が行った」のが「朝鮮戦争」だ。

「朝鮮戦争時には、数多くの日韓併合の良さを知る朝鮮半島内の民間人(日本人はほとんど全て強制帰還させられていたのでほとんどが韓国人)を殺害させた」と「共に」、

「大量の韓国人を、上辺は戦争難民として、日本に渡来させた」。

「元々が、日韓併合を米国を利用した日本の乗っ取り支配の開始と位置付けていた連中の行った事」なので、

「朝鮮戦争難民の中にも、

日韓併合時に自主的に大量に渡来した韓国人の中にも、

確信犯の日本乗っ取り工作要員が少なからず居る」』。

『「朝鮮戦争難民も、日韓併合時の自主渡来民」も、

「・・・未だに、多くが、韓国側の言い分では、植民地支配を行った悪い国に居続けている」のが、

「現実」だ。

「未だに、日本に居続けている韓国人(現状の国籍は問わない)」は、

「植民地支配を行った悪い国」を「乗っ取り支配する為に居続けている」のか、

「植民地支配を行った悪い国とは思わず、韓国人権力者支配の国より良いと思って居続けている」のか、

の「どちらかになる」』。

『「日韓併合を米国を利用した日本の乗っ取り支配の開始と位置づけ、

実際に、その策略の元で動き続けてきている李承晩も含む悪韓国人権力者たち」。

「朝鮮戦争時」にも、

「竹島を不当占拠」し

「在日特権を要求」し

「一方的に李承晩ラインを敷いた」、

「実質的には不当支配行為に邁進した李承晩」。

「その実態は、ヒットラーより遥かに姑息な悪」だ』。

『「そんな李承晩の名誉増大詐欺情報」が「またまた出る」様では、

「全世界が、韓国との付き合いを止めるのが正解」だろう』。

|

ロシア編入が圧倒的多数のクリミア半島住民投票・・・。

『「ウクライナの国としての大枠なら、無効」だが「国としての大枠を無視して、自治を尊重するなら、有効にする方が合理的」とも「思える結果」だが、

「その結果」が「ロシア軍の進駐の下というのが一大問題」だ。

「ロシア軍が引いても尚、同様の結果なら、クリミアの投票のいくらかは説得力が増す」。

「つまり、ロシア軍の進駐は、ロシアにとってのデメリットをもたらした」のだ』。

『「ここに現状人間社会の現実がある」。

「進軍や軍の駐留は、例え正当性がある事だったとしても、デメリットをもたらす」のだ。

「ロシアは、この事を良く考えるべき」だろう』。

『「進軍や軍の駐留と侵略は紙一重」だ。

「軍による脅しの下の者・物・事の正当性が疑われる現代の人間社会」では、

「もはや、軍は無用の長物に近づいている」のだ。

「中国共産党は、この事を良く理解するべき」だろう』。

『「もし、ロシア軍の駐留無き下で、クリミアの住民投票が行われ、その結果が、ロシアへの編入を求む人々がほとんど・・・だった」なら、

「世界の評価は、クリミアの自治性を認める評価に傾いていた」かも知れない。

「しかしそれは、国の中に、特定のその国の主流民族では無い人々が偏在する地域にとって世界共通の大問題になっていた」かも知れない』。

『「現状の人間社会には、その様な問題が内在されている」のだ』。

『「一般論で言う」なら、「ある国の中のある民族等の偏在地域・・・例えば、○○人街等・・・は、そのある国の一部」だ。

「何故なら、あくまでも、元にそのある国が在り、その中にその後、ある民族等が入り、偏在して生き残っている状態だから」だ。

「その様な場合、ベースの国が○○人街等を否定すれば、○○人街の存続も困難になる」。

「ウクライナのクリミアの場合はどうか?」

「元々、ロシア系の人々が主流だった・・・」という話しもある。

「ウクライナの国としてのクリミア自治否定が、そのままクリミアの存続否定にはなりそうも無い」』。

『「何れにしても、ロシア軍は引くべき」だ。

「軍無き状態で、民意の下の話し合いのみで最終決着を図るべき」だ。

「主権在民の民主主義社会」とは「その様なベースの上に立つものだから」である』。

『「現状の国境線が間違っている・・・つまり、現実との整合性が悪い・・・場合もある」のだ。

「現実との整合性を取る実務は、至る所で必需になっている」。

「また、現状を無理やり、特定の意志の下で変更させようとするのも間違っている」。

「乗っ取り支配工作や侵略行為等はその典型」だが、

「不健康極まりない軍事や工作活動等抜きに収まるところこそが、現実との整合性が高い現状に他ならない」のだ』。

|

進展するか?拉致問題&日本国内の工作活動摘発・抑止問題・・・。

『「非人道的な拉致」は「非人道的な工作活動の一つの象徴」でもある。「何故、日本の中では、異常な程、工作活動等が出来てしまっているのか?」

「もちろん、拉致さえも実現させてしまった程、工作活動への対策が甘いから」だ。

「象徴的に拉致事件が進展させられていても、日本国内の工作活動の対する対策が進んでいない」のなら、

「拉致とは違う形態の非人道的な工作活動による犠牲者が出続ける事になり易い」のだから、

「拉致事件の解決と共に日本国内の工作活動対策は極めて重要」である』。

『「ところが、この極めて重要な事」を「意図的に無視している様相」なのが、

「韓流テレビ・マスコミ等」で、

「拉致や北朝鮮の宣伝には過剰なくらいに熱心」でも、

「日本国内で行われ続けている工作活動への対策問題は、異常な程不熱心」だ。

「工作活動対策が進展すると、自らが危ういから・・・等の雰囲気さえ、醸し出している」』。

『「逆を考えて見れば、事態の深刻さは、誰にでも分かる筈」だ。

「中国や北朝鮮等で、日本側が工作活動する事」は、

「内通社会・秘密警察社会故に、非常に困難」でもある。

「つまり、仮に、日本側に悪がいて、産業スパイや、中国や北朝鮮の一般国民を衰退させる目的等の工作活動を行おうとしても、非常に困難」なのだ。

「もちろん、基本的状態が日本の方が遥かに良いので、産業スパイ等の必要性は皆無に近いし、日本の文化では、他国民を蹴落とす事で日本を有利にする事は恥」だ。

「中国や北朝鮮は、実質的に、日本側からの工作無し状態」である。

「産業スパイ等はもちろん、非人道的な工作活動まで仕掛けられている日本」と「工作無しの中国や北朝鮮が時を重ねるとどうなるのか?」

「中国の増長や、崩壊しそうで崩壊しないばかりか核武装を強化している北朝鮮」という「実態」が、

「現在までの結果」だ。

「その延長線上にどの様な極東アジアが出来てしまうのか?」

・・・「対策は急務」である』。

・・・・・・・。

『「帰還出来ない拉致被害者の裏には、北朝鮮による日本国内での工作活動がある」。

「北朝鮮にとって、未だ、十分に暴かれていない日本国内での工作活動にからむ拉致被害者」は、

「工作活動自体を止めない限り、帰す事が出来ない人」だ。

「逆から見る」なら「日本国内で工作活動を徹底摘発する事こそが、拉致被害者全員帰還への近道」になる。

「それなのに、この極めて重要な、日本国内での工作活動の徹底摘発に対し、政治もマスコミ等も、・・・異常な沈黙状態」だ。

「其処にこそ、今の日本の一大病根が在る」』。

『「戦後の政治やマスコミ等が、どの様な体制でつくられ、現在に至っているのか?」は、

「多くの日本国民が知るべき」だ。

「戦前から米国に渡り、米国要人に食い入っていた朝鮮人悪権力者たちの意向」が、

「米軍による日本の敗戦後統治に生かされた」と共に、

「戦後日本社会の政治やマスコミや教育等々にも、多大な悪影響を与えている」のだ。

だから、「実質的には、日本による韓国の救済であり、二国間の合意契約だった日韓併合」を、

「植民地支配とする悪韓国人権力者の実質的詐欺が不当な市民権を得」、

「戦後朝鮮半島内の韓国人による実質的火事場泥棒も可能となり」、

「戦後の日本国内でも、韓国人による火事場泥棒が横行した」、

「ばかりでは無く、日本の政界・マスコミ界・教育界の実権を、異常な割合で、韓国人人脈の者が得る事が出来てしまった」。

「火事場泥棒大資産持ちは、その資産を元に銀行から資金調達したりして、大企業等に化け、

マスコミ・教育等では、日本人に自虐を刷り込み、

日本国内の日本乗っ取り策略を抱く実質韓国人(国籍は問わない)たちに、不当な自信を付けさせて来た」。

「それだけでは無く、飲食物工作・電磁波工作等情報工作以外にも、日本人弱体化工作が行われて来ている」のだ。

「日本乗っ取り支配人脈は、票をつくる意図の下、子沢山が多い」。

「日本社会の急速な少子高齢化や二極化格差社会化という、乗っ取り支配が有利になる状態の裏に在るのも、悪どもの意志」だ』。

『「日本国内の工作活動の徹底摘発に反対する者たち」は、

「疑われて仕方の無い者たち」だ。

「日本国内で情報工作を行っている様相の韓流マスゴミの主張は、頼りになる野党が必要や脱原発等」である。

「頼りになる野党より、どんな与党しても、日本国民の為になる政治を行わせる事の方が遥かに重要である事は言うまでも無い」だろう。

「マスコミなら、日本国民の為になる政治や政策を提言出来る筈」だ。

「ところが、その様な日本国民の生活を良い方向に進展させる事」には「異常な程不熱心」なのが、「韓流マスゴミの実態」である。

「脱原発」と言っても「極東地域日本のみ」であり、

「その重要な要素は言わない」。

「何故なら、極東地域日本のみ脱原発で不当な漁夫の利が生まれるのが、中国や韓国だから」だ。

「(極東地域日本のみ・・・この部分は意図的に隠蔽状態)脱原発」は、

「中国や韓国の手先による日本を衰退させる為の論に他ならない」』。

『「反日国を有利にする情報・教育工作を行っている者たちに相応しい」のは「罪や罰」だ。

「飲食物工作や電磁波工作等を行っている者たちに相応しい」のは「より重い罪やより重い罰」だ。

「拉致や殺人等まで行っている者たちに相応しい」のは「・・・もはや言うまでも無い」だろう。

「普通の国なら、自国民の拉致や殺人に対してどの様な対応を取るのか?」

「工作活動に対する対応が異常に甘い現状の日本は異常」である』。

|

「河野談話の見直しはしない」という韓国への毅然とした態度・・・。

『「元々、河野談話」とは「日韓の間で、日本が河野談話を出すのなら、韓国は、日韓基本条約に基づき、先の大戦終戦前の日韓の問題に対して、それ以上何も言わない」という「実質的密約に基づいて出された談話」だった。

「ところが、河野談話以降も、韓国の反日増長・日本乗っ取り支配策略増長は止まらず、増大し続けて来ている」』。

『「そんな現状では、日本側が河野談話を見直すのが必然になる」。

「そこで、安倍政権日本政府は、河野談話の再検証を始めたと共に、韓国に対しても、韓国側が約束通りにしないのなら、河野談話自体も見直す等の旨を突き付けた」のだろう』。

『「韓国側も、日本側の民主党政権時とは違う攻めの姿勢に脅威を感じ、必然的に、鉾を収めざるを得なくなった」に違い無い。

「結果として、その後、安倍政権側も、河野談話は継承する・・・」なのだ』。

『「日韓併合時に朝鮮半島内に居た日本人の実感」では、

「朝鮮人に対しては、毅然とした是々非々対応が必需だという事」だ。

「日本人と同様の人々と思って、お互い様で接すると、必ずと言って良い程、狡賢い手段で不当利権を得ようとする」のが、

「朝鮮人の特徴だったから」だ。

「伊藤博文もその辺りを良く知っていた」から、

「朝鮮人を日本人と同様の地位に付ける日韓併合には反対」で、

「殺害されてしまった」』。

『「朝鮮人の文化」は「日本による救済だった日韓併合を日本よる植民地支配と嘯き戦後の実質的火事場泥棒で国を始めてしまった事」で、

「悪い面が増長されてしまっている」。

「今の日韓(北朝鮮も含む)間にある問題の多くは、そんな朝鮮人の悪いゆえの現象に他ならない」』。

『「日本側は、毅然とした是々非々対応で臨み続けるしか無い」のだ』。

|

実質的売国奴に厳しい「今の空気・・・」問題・・・。

『「ナショナリズム=悪では無い」。「不健康なナショナリズムは悪であり、健康なナショナリズムは善」だ。

「不健康と健康の判断」は「その国で暮らしている人々の実体からの整合性で判る」。

「例えば、ある国の乗っ取り支配工作を行っている連中にとっては、その国の中でナショナリズムが蜂起する事は、乗っ取り支配工作の障害になる」が、

「元々、その国で健康に暮らそうとしている人々にとっては、乗っ取り工作排除の為に、ナショナリズムの放棄は、有効になる」』。

『「韓流テレビ・マスコミ等」では「今の空気が余程痛い」のだろう。

「健康/不健康の区別無きナショナリズムまで持ち出して、今の空気を変えたい様相」なのだ』。

『「健康/不健康の区別無きナショナリズム批判」とは、

「健康なナショナリズムに対する差別論」に他ならない。

「そんな差別を公然と行っている連中が言う差別」もまた「健康/不健康の区別無き差別」で、

「それらの実態は、保身~利権増大の為の工作論」なのだ』。

『「元々、健康とは、自分の実体から整合性を取ってこそ成り立つ事」だ。

「自分の実体を無視して、特定の思想信条等の上で、自分を優位な立場に立たせる事」は、

「健康では無い」。

「その様な行動の実態」は「他人を犠牲にした自分の下への利権収集」である』。

『「自分の実体を検証する」なら、

「自分本来の居場所も明確になる」。

「健康な自分の実体との整合性が取れる場所こそが自分本来の居場所」に他ならない。

「多くの一般日本国民にとっては日本こそが、自らのアイデンティティも含めた自分の実体との整合性が高い居場所」だ。

「日本乗っ取り支配工作という不健康な事に邁進している連中にとっては、日本に居る自体が、自分の実体に叛く自分に対する反逆行為になっている」。

「つまり、自虐」である。

「何故なら、他者支配という代償欲求に邁進しているその実態」は

「自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求に背いているから」だ。

「もし、自分で自分を健康にコントロールし続ける本来欲求を満たそうとする」なら、

「日本の乗っ取り支配では無く、自分の祖国・母国で暮らしながら、祖国・母国をより発展させる(例えば、日本以上に)道の上を歩んでいる筈」だ』。

『「健康な道の上を歩まず、自分を不健康な道の上で歩ませ続けている連中に必然的に訪れる」のが、

「自己崩壊」という「自然の摂理」である。

「代々話しの自己崩壊」程「見苦しい惨劇は無い」』。

・・・・・・・。

『「一般日本国民や日本国の安全保障の為のナショナリズムは善」である。

「ナショナリズムを悪戯に悪とすれば、悪戯な国境線の低さが、悪を日本国内に引き寄せ、多くの日本国民に危険や危害を加える事になってしまう」のだ。

「少なくとも、反日政策実行国や、日本乗っ取り支配策略等に対する、実効のある対策が出来るまで」は、

「多くの日本国民が、日本の安全の為に健康なナショナリズムを保持するべき」である』。

|

日本の原発だけ再稼動しなくても核の安全保障にはなりませ~ん!・・・。

『「原発で一端事故が起きれば、核汚染物質は国境線を超えて放出されます」。「原発事故の原因は、人災」です。「日本に対する核汚染防止を考えるなら、韓国や中国の原発の問題は抜きに出来ません」。

「原発事故の原因である人災面で考えた時、中国や韓国の原発が安心出来るでしょうか?」

「中国や韓国が原発を使い続けている現状」で「日本の原発のみ止める事の実効は何でしょうか?」

「温暖化ガス抑制問題」や「電気料金問題」も「考えた上」で、

「上記の問題も、日本国民のほとんどが考えるべき」でしょう』。

『「少し考えれば、誰でも答えは、はっきりする」と思います。

「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロの実効」は

「日本の温暖化ガス発生抑制を阻害し、

日本の電気料金を上げるだけでは無く、

中国や韓国を利する事」に他なりません』。

『「そんな政策を望む」のは「実質的に、中国や韓国の手先」でしょう』。

|

ココログ広場障害、ココログ閲覧障害等の問題の裏・・・。

『「それらの障害が発生した時に公表されている記事等には、当然の如く、特定人脈にとって非常に都合の悪い内容が含まれている」のだ』。

『「逆から見れば、その様な障害が発生した時に公開されている記事は要注目!」である』。

|

アンネの日記損壊事件の動機・・・。

『「図書館で破かれた本の総数が311冊とは、出来過ぎている」。「3.1とは、言うまでも無く、対日抗争記念日であり、それが、一番とでも言いたげ・・・」で、

「アンネの日記損壊事件による日本社会への実影響は、反差別意識の増大だから・・・」だ。

「つまり、日本国内の仮面日本国民工作員等の隠れ蓑増大工作としては、悪戯な差別撤廃等が有効な上」に、

「その推定依頼元に対して、依頼元の意志に応えた旨も、損壊冊数で示せている状態」なのだ』。

『「差別と、日本国民の安全の為の区別とは別」である。

「言われ無き差別は罪」だが、

「例えば、犯罪者に対する差別的対応が是であるのと同様」に、

「一般日本国民に対して害を加えている、もしくは、加える意図で行動している、連中に対する差別的対応は是で無ければ、

犯罪者を野放しにしているのと同じになってしまう」のだ』。

『「差別等の問題を考える時に、万人に忘れてもらいたく無い事」である』。

・・・・・・・。

『「もちろん、根本的問題で言うなら、自分の実体に叛いている自虐的な行動を起こさせる全ての者・物・事に問題が在る」のだ。

「現状対策」としては、「悪戯な差別撤廃意識で、実質的犯罪者を許すべきでは無いという事」である』。

|

韓国人の嫌韓で移民増加の嘘・・・。

『「移民先で行っている事を知れば、誰でも分かるでしょ!」「日本に来れば、日本の乗っ取り支配工作」&「米国に行けば、日本海を東海へ、従軍慰安婦像の設置運動、等々」なのだから!

「中には、割合的には少ないと推定される(何しろ、韓国紐付き運動がこれだけ盛んに行われているのだから)が、本当の嫌韓も居るだろうけど、実際に現れている面は、韓国の為の工作活動実行要員」だ。

「韓国の紐付き工作活動実行要員を他国にどんどん流入させている」のが「韓国の実態」だろう。

「それを嫌韓と表現する」のが「韓流マスゴミの極意」だったりして』。

|

賃金アップ日本企業と日本人の賃金はアップしたくない日本国内の内実反日国企業・・・。

『「日本国内の企業を見る上で一つの判断材料になる事」は「日本国民を豊かにし、日本社会を豊かにしようとしているか?否か?」だ。

「多くの普通の日本人経営者にとって」は、

「日本国内で企業経営をし、その給与等を日本国内の人々に配分する事で、日本社会が豊かになる事=自分にとっての利益にもなる」だが、

「例えば、内実が在日反日国人の経営者だと話しは全く違って来る」』。

『「内実在日反日国人の経営の場合」は、

「日本国内を豊かにする事=祖国である反日国に居る親戚や祖国から大バッシングを受ける事」なのだ。

「結果として、利権集中体制を採りたがり、利権の多くを反日国人脈で分配すると共に、祖国の親戚や祖国へ還元したがる」。

「そんな企業で働く日本人は、奴隷扱いで良い」というのが「内実在日反日国人経営者の本音」だろう』。

『「小泉・竹中利権集中悪徳改悪」は、

「正に、内実在日反日国人経営者の望むところ」だった。

「その後の日本社会がどうなったのか?」は「もはや言うまでも無い」だろう。

「韓流マスゴミ等による{勝ち組み・負け組み}の{合言葉}の下」で、

「格差社会が公然化させられた」のだった』。

・・・・・・・。

『「アベノミクス」で「異常な円高が是正され、日本企業の株価も正常化されつつある」。

「結果として、当然、多くの日本企業の景気が良くなった」。

「株価が向上した事で、企業の資金調達は容易になった」。

「円高の是正で不当な輸出時不利も減った」。

「当然、企業は、利益を上げ易くなり、多くの企業の業績が回復しつつある」。

「普通の日本企業の経営者なら、回復しつつある利益を元に、従業員給与を上げる事で、日本社会の景気を良くし、景気の好循環を望むもの」だ。

「ところが、内実反日国人が実権を持つ企業では、上記の様に違う」のである』。

『「内実反日国人に日本企業の実権を持たせる事」は「日本社会にデメリットをもたらす場合が多い」。

「それでも、内実反日国人が実権を保持出来てしまっている日本企業の裏」には、

「一般日本国民を蹴落とす為の電磁波工作や飲食物工作等々」の

「現行法では摘発困難で現状の摘発体制では摘発困難な工作活動が在る場合が多い」のだ。

「日本社会の健康化&景気向上や少子高齢化の是正の為」には、

「内実反日国人たちによる不健康な工作活動封じが必需」なのである』。

『「内実在日反日国人たち」は「民主主義という仕組みまで悪用しようとしている」。

「日本人の少子高齢化を誘うと共に、日本国内の内実在日反日国人の数を増やせば、何世代かの内に、日本の乗っ取り支配が可能になると企んでいる」のだ。

「一般日本国民の少子高齢化をよそに、内実反日国人たちは、例え、生活保護を得ても、子沢山であるべきという指令が下っている」のだと言う。

「一般日本国民の少子高齢化の裏には、経済的圧迫も在る」が、

「電磁波工作や飲食物工作もある」のだ』。

『「日本国内に居て、日本の乗っ取り支配の為の電磁波工作や飲食物工作や情報工作や政界工作等々、

不健康な工作活動を行っている、

在日反日国人は、

全て、その母国・祖国に強制送還されるべき」等と「思っている」のは、

「筆者たちだけでは無い」。

「一般日本国民の安全の為にも、日本社会の健康な発展の為にも、対策は急務」だ』。

|

散々「日本差別」を行い続けて来ている韓流マスゴミの差別認識問題・・・。

『「日韓併合以降、何故、日本国内に大量の朝鮮から渡来した人々が居るのか?」

「以前の韓流マスゴミ」によれば、「それは、強制連行されたから」だった。

「もちろん、そんな実態は無い」。

「実際は、ほとんどが自主渡来」である。

「つまり、当時の韓流マスゴミ」は「日本に対する差別意識を元」に、

「日本を悪者に仕立てる情報を一方的に大量配信していた」のだ。

「実在した拉致問題」でさえ「無い事に・・・」或いは「強制連行と比べてどちらが悪質なのか?・・・」等々と、

「日本に対する差別が元に在る情報配信ぶり」だった』。

『「そんな韓流マスゴミが今問題にしている」のが、

「ヘイトスピーチ」であり、

「一部浦和レッズサポーターによる、Japanese Only 横断幕問題」なのだ。

「そして、その論調」が「差別は悪」なのだから、

「全く説得力が無い」のだ』。

『「自分たちが一方的に差別する側で在れた頃」は

「散々、日本差別情報を一方的に大量配信しておきながら、

自分たちが差別の対象になりそう・・・になると、途端に、差別は悪と嘯く」。

「差別問題の場合、先ず問われるべきは、内実」なのに』。

『「何故、内実を先ず問わなければならないのか?」と言えば、

「表現の自由や思想信条の自由や言論の自由等々の問題があるから」だ。

「つまり、内実が差別で無ければ、表現の下手さこそが{本当の問題}」なのだ。

「健康なマスコミ」なら「表現上手に誘うのが当たり前」である』。

『「内実で考えれば誰もが分かる」筈だ。

「下手な表現」は「表現の問題」である。

「上辺がどんなに美しくても、正義的でも、優等生的でも、・・・内実が差別」なら

「差別の問題として扱われなければ、本当の問題は解決出来ない」。

例えば、

「韓流に不都合な政治家に対する言葉狩り等」と

「韓流に都合の良い政治家に対する正義脚色扱い等」の

「差別」を考えれば、

「誰にでも、韓流マスゴミの実体が判る筈」だ。

「韓流マスゴミは、韓流にとって好都合・不都合で、者・物・事を差別して扱っている」のである』。

『「普通」に考えれば、

「日韓併合が日本による植民地支配だ!と韓国が主張するなら、その前に、日韓併合以降日本に渡来した韓国人のほぼ全てを帰還させている筈」である。

「日韓併合以降、韓国から自主的に大量に渡来し、日本に居続けている人々やその子孫等が大量に日本に居る事自体」が、

「日本による植民地支配を否定している事になるから」だ。

「少し考えれば、誰でも分かる」。

「自主的に渡来している人々が示している実態」とは「日本の方が良い」である。

「もちろん、中には、日本を乗っ取り支配する為の工作活動を日本国内で行う為に自主渡来~居続けている悪者も居る」が、

「そんな悪者がもし大量なら、それこそが、世界中から非難されるべき事」になる。

「日本差別を続けている韓流マスゴミ等」には、

「その悪者の臭いが濃厚に漂っている」のだ』。

『「悪者たち」は「善人を差別する」。

「何故なら、善人の存在は悪者を脅かすから」だ。

「日本差別をしている日本にとっての悪者たち」を

「日本の安全の為に、日本側が区別する事」は、

「当然の権利」だ。

「反日国や日本の乗っ取り支配工作を行っている国等」は、

「日本国・日本国民の安全の為」には「明確に区別されるべき」だ。

しかし、

「その様な日本にとって必要な防衛的措置」を、

「差別と認識させ、

差別問題の上辺に拘らせて、悪戯な無差別状態をつくり、

反日政策実行国系の企業や人等を利す事で集金を容易にし、

日本の乗っ取り支配工作等を容易に行うべく、

韓流マスゴミの悪あがきが続いている」のが、

「日本社会の酷い実状」だ』。

『「世界中の人々が本当に考えるべき差別問題」とは、

「上辺では無い」。

「内実」であり「内実に潜む悪質性」なのだ。

「上辺をどんなに美しく、優等生的に、正義的に、・・・整えても、

内実の本当の問題が解決されていない社会」では、

「その社会は、悪質な社会でしか無くなる」』。

|

浦和レッズサポーター「Japanese Only 横断幕」問題・・・。

『「サッカー界」では「人種差別問題も敏感にならざるを得ない」。「元々、代理戦争的要素もあるサッカーだから」だ。

「当然の如く、普通の世界では、

あまり好ましくないけど、

言論の自由や

表現の自由や

思想信条の自由等との

バランスを考えれば、

あまり厳しい対処も疑問・・・という事」でも、

「厳しい対処を取らざるを得ない」。

「今回のレッズサポーターによる、Japanese Only 横断幕問題」も、

「サッカー界で無ければ、対処が違って当然の事」だ』。

『「そんな事」なのに「報ステ」では「ヘイトスピーチまで持ち出して、同じ問題だ!」とでも「言いたげだった」のだから、

「この偏向お笑い番組」の「症状は重篤」なのだ。

「日本人差別&韓国人(・・・もちろん、内実・・・上辺の国籍は問わない)優遇情報」を

「一方的に大量配信しているテレビ番組の実態」とは、

「そんなモノ」なのである』。

『「代理戦争」は「サッカー等スポーツだけでは無い」。

「経済戦争」も「当然、代理戦争」だ。

「例えば、経済界で、サッカー界同様の厳し過ぎる人種差別対策を行えば、

瞬く間に、世界中は、スパイ工作活動が巧みな人種に支配されてしまう事になる」。

「悪戯な差別撤廃とは、狡賢い連中に不当利権をもたらしてしまう可能性がある両刃の剣」なのだ』。

『「韓国企業に技術流失させた日本企業の技術者のニュースが流れている」。

「悪戯に差別・区別を否定させた社会の危うさの一例」だ。

「少なくとも、反日政策を取っている国々やその国民に対する相応の区別は必要」である。

「それを、差別と表現して、悪戯な区別撤廃を誘う事で、反日政策実行国を利する」のは、

「実質的売国行為」に他ならない』。

『「Japanese Only 横断幕を掲げた者たちが、意図したところ」は、

「ゴール裏の聖地は、自分たちだけで!の気持ちだった」のだと言う。

「その自分たちが、環境的に日本人だけだったので、Japanese Only だったのだろう」。

「それを人種差別と取る事もどうかと思う」が、

「韓流マスゴミ等が日本国内で日本の揚げ足取りを至るところで行い、世界に対して日本の負のイメージを率先して発信している現状」からすれば、

「世界に対して、負のメッセージを発せられてしまう事」の「早期火消し」が「必要になってしまう」』。

『「しかし、本当に悪いのは、日本国内に巣食っている韓流マスゴミ等」だ。

「日本国・日本国民に不利益を与える情報を一方的に世界に向けても大量配信している連中を放置したままの状態が異常」なのである』。

『「Japanese Only 横断幕を掲げたサポーターたちの中に、外国人も少なからず居る様な環境だった」なら、

「横断幕の文字は違っていた」だろう。

「外国人共々の応援でも統率が取れる事を実体験していた事にもなっていただろうから・・・」だ。

「横断幕の文字」は、

「聖地サポーターOnly」等の「文字になっていたかも知れない」。

「そして、そんな横断幕が掲げてあっても、

聖地サポーター以外の人々も、

聖地サポーターは気合いが入っているな!等の感を抱いたかもしれないが、

遠慮無く入れた筈」だ。

「そんな横断幕でも、差別として罰するのだろうか?」』

『「問題となったサポーターたちの内実までは、報道されていない様」だが、

「意図的な問題行動だった場合」は、

「意味合いが違って来る」。

「今回のサポーターたちはそんな事は無いと思う・・・」が、

「ワザと問題行動を起こす事で、

差別問題論をマスコミ上に上げ、

その事で、韓(北朝鮮も含む)流・中共流の利権を増大する情報工作等」が、

「日本国内では溢れているから」だ。

「そのような情報工作等」は「徹底的に責められるべき」である』。

『「何事でも、表面上の者・物・事より、本質が重要」なのだ。

「本質を問題にせず、上辺の差別等を悪戯に騒ぐ事で、狡賢い連中に不当利権を与える事」は、

「絶対に避けるべき」である』。

|

福島第二原発の「英雄たち」をようやく紹介していたテレ朝だが・・・。

『「東日本大震災被災時には、全電源喪失状態に陥っていた福島第二原発だった」が「適切な判断と、死ぬ覚悟で電源ケーブルの設置を頑張った英雄たち」により「無事冷温停止出来ていた」。

「この事態」は「福島第一原発被災事故について報じられる度に、報じられているべき事だった」のだが、

「今頃になって、ようやく、テレ朝でも、紹介・・・」なのだ』。

『「東日本大震災被災時の福島第二原発の対応」こそが、

「原発を安全に使う鍵」で、

「原発事故は人災」だが、

「人災による原発事故の被害を出来るだけ少なく出来るのもまた人」なのだ』。

『「ここで、多くの方々は気付く」だろう。

「つまり、人の力が未熟なところの原発こそが危ない」のである』。

『「日本の原発は止めさせても、人の力が未熟な何処かの原発は温存したい意図に基づいて」だろう、

「福島第二原発の英雄たちの話しは、実質的に封印状態だった」。

「ようやく日本の公共の電波を使った普通のニュースショー番組の中でも、この話しが公開状態になった」のは、

「良い事」だが、

「そのトーン」が「原発はアブナイぞ~!的だった」のだから、

「未だに、真摯な反省はしていない様相」なのだ』。

『「原発はアブナイぞ~!人の力の未熟なところの原発こそがアブナイぞ~!!」なら、

「未だ良い」のだが、

「人の力の未熟なところの原発は温存させたい」が

「日本の原発は再稼動させたくない様相の連中のやる事」は、

「未だに、醜悪」なのである』。

『「福島第一原発では、人の力はあった」が「元々の設備が余りにも津波に弱い状態」だった。

「全電源喪失後の対応が取れなかった状態の是正」は、

「日本の原発では実行中」だが、

「人の力の未熟なところ」では「???」なのだ。

「この事態こそが、危機」で

「報道機関なら、ちゃんと調査し、報道する事で、世界的世論を喚起し、全世界の原発の安全対策の向上を誘うべき」である』。

『「ところが、人の力の未熟なところの原発を止めたくない連中」は、

「工作資金でも受け取っているからか?ハニートラップ的な懐柔工作や弱みつかみ工作に落ちているからか?弱みを掴まれた上に、脅しでも受けているからか?確信犯のお仲間だからか?・・・」

「健康な報道機関としての機能を果たさず、何処かの国に利権誘導する為の情報配信に必死の様相」なのだ』。

『「子どもたちを放射能の危険から遠ざけたい」のなら、

「止めるべきは、安全対策を行い続けている日本の原発では無い」。

「安全対策も???な人の力が未熟なところの原発」である』。

『「それなのに、日本の原発のみを止めさせ続けていれば、漁夫の利を得るのは、韓国や中国共産党支配下の中国等の反日国になる」のだ』。

・・・・・・・。

『「反日国の手先は、反日国に行けば(帰れば)良い!」等と「感じている」のは、

「筆者たちだけでは無い」』。

|

従軍慰安婦瀬戸際外交に載せられると・・・。

『「韓国(北朝鮮も含む)の文化」の「象徴」は「瀬戸際外交」だ。「瀬戸際外交に対して、比較的ゆとりのある国側が安易に応じる」と「どうなるのか?」

「北朝鮮の瀬戸際外交」を「太陽政策で宥め、北朝鮮をまともな国に導こう・・・」とした「結果」は、

「北朝鮮の核・ミサイルの増強」だった。

「つまり、瀬戸際外交に対する太陽政策」は

「より大きな瀬戸際外交を可能にする為の道具を増大させる事でしか無い」のである。

「それが、韓国(北朝鮮も含む)の文化」だ』。

『「何故、そんな文化を保持しているのか?」

「元々、日韓併合前の韓国内は、異常な程衰退していた」。

「異常な衰退の裏に在った」のが「瀬戸際外交に象徴される韓国の文化」だ。

「つまり、他者に対して駄々をこね、駄々を宥めようとした者から施しを得て、その施しを元に更なる大きな駄々をこねる」。

「その繰り返しが上手い者に国の支配権まで与えてしまった」のだから、

「衰退が当然だった」のだ』。

『「普通の国々の人々」は「自分や家族や郷土や国を良くする事を先ず自ら頑張ろうとする」。

「だから、普通の国々は、時間経過と共に、豊かになる」。

「ところが、韓国では、より多くの施しを得る事を頑張る」ので「日韓併合前の様に、鎖国状態となれば、時間経過と共に、衰退が必定になる」。

「終には、清からの施しを得ざるを得なくなり、清の属国として、細々と存在していた、のが日韓併合前の韓国」だ』。

『「日韓併合後」も「その文化は変わらなかった」。

「他者からの施しを得る事を頑張る文化」により、

「他者からの施しを得る為の道具の一つとして使われてしまった」のが、

「哀れな、意に沿わぬ、慰安婦女性たち」である。

「朝鮮半島内で朝鮮人女性を売り買いして、旧日本軍に渡す事で旧日本軍から施しを受けていたのは、韓国人」というのが、

「歴史上の現実」だ。

「意に沿わぬ慰安婦女性たちを生み出した源泉」は「韓国の文化」なのである』。

『「そして、今尚、韓国はその文化を前面に出して、従軍慰安婦瀬戸際外交を行っている」。

「北朝鮮の瀬戸際外交に対する太陽政策の馬鹿らしさ」は、

「世界中の多くの人々が重々承知」だろう。

「韓国の従軍慰安婦瀬戸際外交の場合も全く同じ」である。

「何故なら、同じ文化上の現象だから」だ』。

『「米国政府も、日本政府も、・・・全世界」も、

「韓国による、従軍慰安婦瀬戸際外交への対応を誤ってはいけない」。

「韓国を第二の北朝鮮にしない為」にも、

「従軍慰安婦瀬戸際外交」等、

「施し狙いの駄々っ子文化」には、

「キッパリとNO!!」を「突きつけるべき」である。

「施し狙いの駄々っ子文化を全世界がキッパリと否定する事」こそが、

「北朝鮮問題解決の鍵」でもある。

「従軍慰安婦瀬戸際外交に対して太陽政策で応える事」は、

「韓国(北朝鮮も含む)人たち」の「施し狙いの駄々っ子文化を膨らませる事」になる。

「韓国内にも北朝鮮に繋がる人々は多数居る」から、

「そんな状態をつくる事の実効」は、

「北朝鮮問題の解決を遠ざける事になってしまう」のだ』。

『「日米は、朝鮮半島問題への対応」を「誤ってはいけない」。

「施し狙いの駄々っ子文化を否定する事で、一時的に韓国が遠ざかって」も、

「終局的には、豊かさを求め、北朝鮮共々現状先進国側に擦り寄って来る事になる」。

「もしくは、中国共産党に擦り寄った場合」でも、

「韓国(北朝鮮も含む)と中国共産党では、同様文化の衰退ごっこになる」ので、

「時と共に、両者ともが急速に衰退する」から、

「我慢出来なくなった中国人たちが、国を割り、民主化する事になる」。

「極東アジア地域問題の解決の鍵」は、

「韓国(北朝鮮も含む)」等の「施し狙い駄々っ子文化の否定」に他ならない』。

|

福島の小児甲状腺ガンの問題を再検証していた報ステだったが・・・。

『「3.11東日本大震災が起こった時」は「第二次菅内閣」だった。「厚生労働大臣は、菅グループの細川氏」だった。

「原発被災事故由来の放射性ヨウ素が、福島の子どもたちに悪影響を与えるのか?否か?」を「検証する為」には、

「もちろん、事故直後の調査が極めて重要」だった。

「報ステの言い分」では「行政が止めた・・・」だが、

「行政と言うと、多くの視聴者は、官僚や地方公務員等を思い浮かべる」だろう。

「しかし、実際の当時の責任者は、上記の菅総理であり、細川厚生労働大臣になる」』。

『「津波対策を誤った福島第一原発も、爆発事故を起こしたチェルノブイリも、・・・、原発事故は、人災」である。

「そして、現在も、世界中に原発が在り、更に、その数は増えようとしている」。

「原発事故が人災である以上、今後も、原発事故が全く起きない可能性は低い」。

「人災が起きる可能性が高い所の原発の危険度はかなり高い」のが「現実」だ。

「福島第一原発被災事故直後の諸々のデータ」は、

「そんな世界の原発の、将来の万一の時の為」にも、

「極めて重要」だった。

「例え、誰かが、初動調査を止めていても、国が主導して初動調査を行わせるべきだった」のだ。

「それこそ、民主党が声高に叫んでいた{政治主導}」で、「事故直後のデータ収集を行わせるべきだった」のである』。

『「ところが、民主党の政治主導」は、

「官僚支配方向には力が注がれていた」が、

「現実社会の必要実務上」では、

「この例の様に、満足に出来ていなかった」。

「結果、当然の如く、政権交代になった」』。

『「民主党の実質的生みの親の一人の様な報ステだから」か、

「本当の責任者であった民主党菅内閣等への言及をせず、

行政が止めた・・・」と「表現した様」は、

「何処かのお国の方々が得意な詐欺師的手口で、報ステの裏に巣食っている文化の象徴」だろう。

「詐欺的上辺の情報に騙される視聴者」は

「行政という言葉を聞いて、現政権や官僚や地方公務員等を想起した」だろう。

「当時の菅政権の至らなさを思い出す事も忘れたまま・・・」』。

『「原発事故直後のデータ収集問題の最大責任」は、

「当時の菅政権にある」。

「民主党の生みの親的報ステ」だから「確信犯で言わなかった」のだろうが、

「もし、当時が自民党安倍政権等だったのなら、声高に最大責任を叫んでいた」だろう。

「その辺りの詐欺師的偏り」が「原発情報や集団的自衛権問題等々にもある」のだ』。

『「毎日の様に国会議員等の編集されていないままの生の声を見聞きする事が出来る人は、本当に少ない」。

「しかし、毎日の様に意図的編集の下の情報が一方的に大量配信されているテレビ番組を視聴している人々は数多い」。

「日本の公共の電波を使っている」のだから、

「大衆誘導に繋がる偏向放送等は禁止されるべき」だ。

「先の大戦の真摯な反省がある」のなら、

「マスコミ」なら先ず、

「戦前~戦中~、朝日を始めとするマスコミ報道等」が「散々行った」

「大衆誘導」を

「二度と繰り返すべきでは無い」。

「所謂右翼から所謂左翼に表の顔だけ変えて、未だに、大衆誘導に邁進している・・・」のでは、

「先の大戦の反省を真摯にしていない証拠」になる』。

『「民主党政権時の責任を言わなかったのが報ステ」が、

「公平を期し、正義ぶる為」には、

「現政権の責任も言わない必要が出てしまっている」のだ。

「ところが、現政権批判はゾロゾロ」である。

「その様な状態は、客観的に見るなら、ピエロ」である』。

『「多くの視聴者」が、

「報ステ」を「偏向お笑い番組等として視聴している」のなら、

「悪影響はまだ少ない・・・」のだが』。

|

東日本大震災を風化させないと宣伝している民主党政権時の酷さは風化させたい韓流マスゴミ・・・。

『「タイトルの様な事態を考えれば、風化の実体も分かる」筈だ。「東日本大震災については、風化出来る程、復興や対策が進めば良い」のだし、「悪政権には二度と政権を与えなければ良い」のだ。

「風化宣伝で、地震被害発生時のネガティブな雰囲気をずっと蔓延させ続けようとする」のは、「悪のやる事」である』。

|

東日本大震災復興遅れの一大元凶「民主党政権時のコンクリートから人へ政策」・・・。

『「復興の重機不足・人不足の元凶」は「民主党政権時のコンクリートから人へ政策」だ。

「タダでさえ不況だった当時の土木建築業界に更なる不況風を吹き付けたコンクリートから人へ政策」により、

「多くの土建業者が倒産したり、事業縮小したり、人減らししたり」した。

「3年以上も続いた民主党政権時の土建業者細らせ」が「無かった」なら、

「復興はもっともっと早くなっている筈」だ』。

『「そんな民主党の支持率」が「昨日のNHKによれば、何と!微増していた」。

「原因として考えられる」のが、

「韓流マスゴミ等による民主党国会議員正義ポーズ仕込み」だ。

「民主党政権の生みの親的な韓流マスゴミが調べ上げた現安倍政権の至っていないところ等」を、

「民主党国会議員が正義ぶって質問」し、

「それを、韓流マスゴミがテレビ放映等する」。

「そんな映像等に騙された、僅かな視聴者等」が、

「民主党って、意外と良いのでは・・・」と「思い込まされてしまう」・・・。

「その結果の支持率{微増}なのだろう」』。

『「復興遅れ」の「大宣伝をしている韓流マスゴミ」だが、

「その元凶である民主党政権時の日本細らせ策略の一環的なコンクリートから人へ政策」については、

「当然の如く、ダンマリ・・・」で、

「むしろ、正義ぶって質問する民主党国会議員の映像を流す事に熱心」なのだ。

「そんな民主党にも、マスゴミにも、騙される人々は、既に、激減している」から、

「日本の公共の電波も使った悪巧み・・・」でも「支持率微増止まり」なのだろう』。

|

死生観問題・・・。

『「人類の死生観」も「進化し続けている」。それは、「~大昔の死を良く理解出来なかった時代

~理解出来ない死{も}、神という極上何でも屋の概念({事})に預けた時代

~古の王陵等の埋葬実態から推し量られる実存主体になりつつあるも、あの世ありき、権力{者}頼りの時代

~{物}質文明の発達がもたらす権力分散に基づく、あの世ありき、~民族~家族~個人単位の時代

~科学の発達により判った死の実態に基づく、あの世を必要としない、細胞単位の時代

~・・・」という

「死生観の進化の歴史の実態」を「振り返れば、誰にでも解る」』。

『「もちろん、この手の情報は、学校教育でも提供されている」のだが、

「個々の事象がバラバラに情報提供されるダケ」で、

「死生観の進化の歴史等として多くの人々が理解・把握し易い様には、教えられていない」。

「結果として、教えられている情報等が受け入れ側にとっては、まるで他人事である場合が多くなる」のだ。

「他人事の情報が身に付く訳も無く、

学校でも情報提供されている筈の事なのに、

未だに、丸ごと一人の死生観・・・という人々が少なからず居る異常事態になっている」が「現状の人間社会」だ』。

『「遺体・遺骨に拘る文化」も「丸ごと一人の生死という、古い死生観ゆえの現象」だ。

「細胞ごとの遺体の実態」とは「毎日、誰もが、トイレに流しているアレ」なのだ。

「骨だって例外では無い」。

「細胞ごとに入れ替わり、分解された用済み代謝物は、トイレに・・・」である。

「その様な実態を実感を持って理解・把握している」なら、

「遺体や遺骨への拘りはかなり薄くなるもの」だ。

「現代人が拘り易い、故人の個別性の象徴は骨では無く、DNA」だろう。

「そして、現実として、人口DNAでも細胞培養が可能」だ。

「つまり、重要なのは遺体DNAでは無く、故人DNA情報」になる。

「そして、故人の思いや行動した実態にこそ、人間としての故人の主たる部分が在る」』。

『「上記の現実が示しているところ」は、

「個人ゲノム情報+個人の思いや年齢ごとの姿形や行動実態を示した情報が在れば、それこそが、現代の仏壇や墓に成り得る事」だ。

「現代の技術でもその収集は十分に可能」で、

「ディスク保存でも、メモリースティック保存でも、クラウド保存でも、・・・保存形態を問わず、

遺骨偏重&墓利権維持から脱却し、現代的な埋葬を可能にする法整備を行えば、

今時からの人らしい、故人の想起を手助けするツールへの

旧来のツールである墓や仏壇等からの置き換えは出来る」のだ。

「何時までも、旧来の遺骨・遺体既得権益を保持させておく必要は無い」のである』。

『「都会の一等地にも、墓地は在る」。

「現状の遺骨・遺体偏重文化上では、故人が増えれば増える程、墓の需要も高まってしまう」。

「果たして、そんな事態が、人類の未来にとって良い状態だろうか?」

「例えば、人類が宇宙に進出した時に、宇宙船の中や、他の星の上でも墓を作るのか?」

「バカらしい話し」だろう。

「本格的宇宙時代には、死因究明を徹底した上で、遺体は再利用出来るところは再利用する文化になる筈」である。

「それは、死生観の進化の歴史を振り返って、その延長線を考えれば、誰にでも解る事」だろう』。

『「死生観問題でも、多くの人々が考えるべき」だろう。

「今の自分の死生観」は、

「人類の現在や未来と、どれだけ整合性が高いのか?」

「人間社会の進化に、どれだけ力を加え、

現状維持、

もしくは、

退化に、どれだけ力を加えているのか?」』

『「人間社会の進化が可能になる為には、その前に、人類の存続が在ってこそ」だ。

「つまり、人類の存続との整合性の検証から始めれば良い」のだ』。

・・・・・・・。

『「死生観情報・教育」でも「退行情報・教育が主になっている裏」には、

「悪の意志、もしくは、おバカが在る」のだ。

「悪やおバカに相応しい」のは、

「過分な立場や報酬では無い」。

「罪と罰や一市民としての再勉強等」だろう。

「悪やおバカであるにも係わらず、過分な立場・報酬を得ている様が公然化している」のでは、

「その厚顔無恥ぶりや、不当利権の維持等が、犯罪や戦争という現状脱出欲動の暴発行動の源泉にもなってしまう」のだから、

「平和で安全な人間社会を構築する事に力を加えたい」のなら、

「先ず自らを律すべき人々」が「ゴマンと居る事になる」のだ』。

|

ヒロシマ・東日本大震災で大衆の心を欺いた佐村河内を正義ぶって責めているヒロシマ・東日本大震災で大衆の感情を煽り反日国を有利にしようとしている韓流マスゴミ・・・。

『「被害/被害者の悲惨さ」までをも「利己や売国行為に使う悪ども」は「本当に醜悪」なのに、

「操られちゃう大衆って、者・物・事を見る目無さ過ぎでしょ」・・・』。

『「まぁ、もっとも、幼少期から、韓流マスゴミや日教組等のマインドコントロール漬け・・・」では、「操り人形的人々の量産状態という結果が当然なのかも」・・・』。

『「操り人形の世代間連鎖を絶ち切るつもりがあるのなら、情報・教育の正常化が急務でしょ」・・・』。

|

当然の如く、3.11近くになると、東日本大震災問題の番組が多発するが・・・。

『「この手の番組で注意すべき」は「情報の偏向」だ。「例えば、被害や復興が遅れている部分を偏重した情報配信」なら、「必然的に多くの視聴者感情は、被害の甚大さに打たれ、復興を行っている者たち等に対する嫌悪感等を抱く」。

「反対に、被害を逃れられた者・物・事や、復興が進んでいる所を偏重した情報発信」なら、

「必然的に多くの視聴者感情では、自分は大丈夫感が増大し、復興を行っている者たち等に対し感謝等の感を持つ」。

「つまり、番組の編集意図次第で、多くの視聴者の心理等が操れてしまう」のだ』。

『「例えば、日本社会の中に脱原発感情を蔓延させたい」のなら、

「東日本大震災に基づいた福島第一原発被災事故被害の酷さや、大震災からの復興の遅れている部分を重点的に扱えば良い事になる」。

「逆に、日本社会の中で原発再稼働容認感情を蔓延させたい」のなら、

「東日本大震災でも大被災を免れた、福島第一原発と同様の震源地近くに在る福島第二原発や女川原発の堅城さを強調した情報提供を行い、大震災からの復興が出来ている部分を重点的に扱えば良い事になる」のだ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレビ番組」なら、

「上記の間の中立が妥当である事」は、

「言うまでも無い」だろう』。

『「その様な基本的な見方を持った上で、現状のテレビ番組を見る」と、

「異常な程、脱原発感情煽り&復興遅れの情報配信に偏っている事が判る」。

「もはや、ソレは、悪意を持った情報工作と言った方が適切なくらい酷いモノ」だ』。

『「極東地域日本のみ出来るだけ早く脱原発」という「日本の政策」が「行われる」と、

「漁夫の利を得る国々が在る」。

「言うまでも無く、原発を使い続ける日本と製造業の分野等が重なっている国々」だ。

「具体的には、極東地域では、中国共産党支配下の中国や韓国」になる。

「忘れてはならない事」は「中国共産党支配下の中国も韓国も反日政策実行中国である事」だ。

「反日政策実行中国に漁夫の利を与える情報による大衆誘導を日本国内で行っている連中の実体」とは、

「言うまでも無く、反日国の手先情報工作機関」になる。

「そんな反日国の工作機関に日本の公共の電波の特定周波数独占使用権を与え続ける必要は全く無い」のだ。

「反日国の工作機関に対する日本国内での相応しい対応」とは「罪に問い、摘発し、厳罰を与える事」に他ならない』。

『「反日国の手先」を「行っているのに、過剰な報酬や立場を得ている」のが

「現状の反日国を利する番組のプロデューサー等実権者たちや、その番組内で、日本に自虐を強い、反日国を利するコメント等をさも正論の如く発言し続けてきている、テレビ常連コメンテーター等」なのだ。

「そんな連中に何時まで不当な立場や報酬を与え続けるのか!」

・・・「本当に呆れる事態」だ』。

『「呆れる事態の是正」を「多くの人々の民意によって是正させる」のが、

「民主主義社会」だろう』。

『「日本が民主主義社会だと言うのなら、相応の実態を伴わせる責任が民にある」のである』。

|

脱原発派の方々は、ちゃんと自分で調査して自分の頭で考えていますか?・・・。

『「原発問題を考える時、重要な事は、多方面から事実・現実関係全般の情報を得た上で考えを構築する事」だ。

「例えば、福島第一原発被災事故の被害者情報を主に考えれば、多くの人々が反原発で当然」だが、

「全世界(特に、反日国)の原発や核兵器等の問題を考慮」し、

「人類としての科学の進化の方向性や、高エネルギー制御問題等を考慮する」なら、

「悪戯に原発事故被害者のみに立脚した日本の原発論は考えられない筈」である』。

『「総合的判断」では、

「福島第一原発被災事故被害者の救済や補償はしっかりやるべき」だが、

「極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロ等の政策」は、

「反日国を利し、日本を不利にし、日本の景気を悪くするから、避けるべき」だし、

「科学の進化の方向性を考慮しても、日本が核制御という高エネルギー制御から遠ざかるのは得策では無い」等と、

「考える人が主流になるのが当然」だ』。

『「当然では無い事態の裏」には「異常事態が在る」。

「例えば、上記の様な全体像」と「比べる」と、

「現状のテレビ・マスコミ情報等」は、

「異常なまでに、福島第一原発被災事故被害者情報等を偏重」し、

「視聴者等の反原発感情を煽る情報等に偏向している」等と

「多くの人々が気づく筈」だ』。

『「日本の公共の電波を使っていたり、日本で公共的なマスコミや教育等の仕事をしている連中」が、

「部分偏重」で、

「実質的には、反日国を利している」のは、

「明らかに異常」だ』。

『「反日国を利する情報・教育行っている様な連中」に「相応しい」のは、

「普通の国なら、国家・国民に不利益を与えた事を罰する、国家反逆罪等の罪」だろうし、

「中国共産党支配下の中国なら、国による強制摘発&労働&教育系等」だろうし、

「北朝鮮等の酷い国なら、公開処刑」だろう。

「自国(日本の場合日本)を不利にし、反自国(日本の場合反日国)を有利にしている連中」が

「異常で不当な高い立場で異常で不当な報酬等まで得られている」のは、

「日本くらいしか無い」のだ』。

『「異常事態の是正の元」は「民意」であり、

「異常事態の是正」は「当たり前の事」だ』。

|

おバカは学校教育や大手テレビ・マスコミ等が言う事を真実と思いたがるが、頭がちゃんと発達する人間はそれらの内実を確かめようとする・・・。

『「情報・教育等を鵜呑みにして、信じる事」は「自分をおバカにする特急券」だ。

「情報・教育等の内実をちゃんと考える」と「自分の脳も育つ」のは「当たり前の話し」なのだ』。

『「つまり、おバカになりたければ、自分を、学校教育やテレビ・マスコミ等を信じる操り人形にすれば良く、自分の脳を育てたければ、情報・教育等の内実をちゃんと自分の頭を使って考える習慣を持てば良いダケ」だ』。

『「情報・教育の操り人形」では「自分の意見等は持て無い」が、「自分の頭をちゃんと使えば、誰でも、自分の意見等を持てる」のだ』。

|

柏無差別殺傷事件容疑者の動機・・・。

『「またまた、テレビ・マスコミ等では、いい加減なお手盛り論が横行している」のが「タイトルについて」だ。

曰く、「ネット空間や、実体社会での孤立が犯行を生み出した・・・等々」の旨・・・。

「本当に呆れる事態」である』。

『「またまた、無差別殺傷事件は何故起こってしまったのか?」

「もちろん、未だに、多くの人々が、自らが(多少の出来た努力があるにせよ)偶々保有出来ている現状利権を温存したままの延長線に、人間社会を成り立たせ続けようとしているから」であり、

「自分の実体さえ???状態で、例え、実体社会内で生きていても、現実感も薄く、故に、満足な現実適応が出来ていないから」である。

「その一つの象徴が、平然と大衆の前に厚顔無恥ぶりを露呈し続けている常連コメンテーター等」なのだ。

「無差別殺傷事件」と「厚顔無恥常連コメンテーター等」の「現象」の「原因」は、

「同じ」なのだ』。

『「それなのに、厚顔無恥常連コメンテーターたちは、自分たちの事は棚に上げて、上から目線で、無差別殺傷事件容疑者や現状社会の問題点を言う」。

「本質的に見るなら、それは、醜悪な事態」に他ならない』。

『「そもそも、産まれながらの環境が、例えば、鳩山元総理の様な環境だったなら、今回の容疑者も無差別殺傷事件を起こしていなかった」だろう。

「何故なら、現状人間社会の多くの人々の心の支えとなっている共依存状態による自己確認の代償欲求の追及」が、

「容易に行えたから」だ。

「金権社会では、周りの者たちが、大金持ちのお坊ちゃまに対して、進んで共依存関係を持ちかける」ので、

「お坊ちゃまは、労せず、現状人間社会で横行しているレベルの自己確認の代償欲求の追求が出来続けてしまうから」だ。

「つまり、その様な状態」では「世間を見れば、ほとんど全てが、自分の状態以下・・・」なのだから、

「現状脱出欲動の暴発も起き辛く、無差別殺傷事件など起こす必要も感じない」のが、

「人類の実体」である』。

『「ところが、今回の容疑者も、現状脱出欲動の暴発を起こしてしまった」。

本来、「全ての人類」にとって「本当に必要な事」は

「現実適応であり、現状適応では無い」。

「容疑者が例え、現状で恵まれていなくても、現実適応を目指している状態だった」のなら、

「現状脱出欲動の暴発も無い」のだ。

「それなのに、現状適応を強いる情報・教育は溢れていても、自分の実体を理解・把握する為の情報や、現実適応を誘う情報・教育は、明らかに不十分」なのが、

「現状の人間社会」だ。

「今回の事件」でも、

「未熟な容疑者を責めるのは容易」だ。

しかし、「実際」は、

「現実適応を誘う情報・教育の不十分さ」や、

「偶々現状利権に恵まれている者たちの多くが欲している、現状適応を強いている現状人間社会」にこそ、

「大きな責任がある」のが「現実」である』。

『「無差別殺傷事件の生みの親」は、

「未熟な現状人間社会」であり、

「未熟な現状人間社会を自らの現状利権の維持の為に維持し続けさせようとしている者たちに他ならない」のだ。

「未熟状態を強いられている容疑者たち」が「そんな連中の操り人形の如く、無差別殺傷事件を起こし続けている」』。

・・・・・・・。

『「クソ馬鹿どもの常連出演等は、いい加減に止めさせるべき」だ。

「現状利権維持の公然化」は「新たな無差別殺傷事件の生みの親になる」』。

|

脱原発維新に未来無し・・・。

『「脱原発とは、高エネルギー制御から逃げ、利韓・利中共政策を取る道に他ならない」。

「そんな意思を示した段階で、日本の政党としては既に失格」だ』。

『「維新は、現代人として当たり前の原発容認派の石原氏等」と「中・韓を利す脱原発派が混在している」。

「維新も民主みたいなモノと言われる所以」だ』。

『「元々、韓流テレビがつくった橋下人気」であり、

「在日や公明人脈が橋下とベッタリ・・・の大阪」だ。

「そんな橋下を、石原氏が絶賛した段階で、石原氏の正体もバレバレ・・・」というものだろう。

「それでも、石原氏は、原発容認で骨のあるところを示している」が、

「在日や公明とベッタリ・・・出来てしまう方々」には、

「既に、その様な人脈と近いどころか、もっと韓流よりの、元民主党議員等までもが食いつき、

維新の中は、もはや、以前の民主党の如くの混在ぶり・・・」だ』。

『「政策面での是々非々判断を基調と出来る」なら、

「日本の場合、中・韓が原発を使い続けている限り、脱原発は否、原発使用が是である事」は、

「少し考えれば、誰でも分かる」。

「韓流マスゴミ等につくられた悪戯な脱原発感情に乗る事で、票集め・・・つまり、保身・・・を図る様な連中」は、

「維新という党名にも馴染まない」』。

『「そもそも、橋下氏だって、特別永住権保持者には外国人参政権を付与・・・なんて言っていた」のだから、

「韓流テレビがつくった橋下人気がベースだった維新人気の失墜は必然だった」のだ』。

『「そもそも、極東地域日本のみ出来るだけ早く原発ゼロや発送電分離や電力売買自由化等の政策」は

「韓国の原発電力を日本に売りつける事を可能にする為・・・つまり、韓国に日本の電力の支配権の一部を与える為」の「策略」に他ならない』。

『「だから、日本の中の韓流人脈」は「日本のみ脱原発」なのだ』。

『「利韓(在日・仮面帰化も含む)・利中共派を排除」し、

「日本の原発使用派等の方々のみが集合」し、

「真に日本の為になる政策実行集団を構成してくれたら良いのに・・・」等と

「思っている一般日本国民の数」は、

「韓流マスゴミ等が言うより遥かに多い筈」だ』。

『「反日国に尻尾を振っている反日国の犬たち」を「応援」し、

「日本の為になる政治家等」を「言葉狩りやあら捜しや悪イメージ操作等々で蹴落して来ている」のが、

「日本の中の韓流マスゴミ」の「実態」だ。

「そんなモノに左右される日本国民の数は今後も激減し続ける事になる」』。

『「維新は党として、原発使用を認めるべき」だ。

「脱原発維新では未来は無い」』。

|

ウクライナ問題の今後・・・。

『「ロシアは旧ソ連では無い」。「欧米側も戦争はしない」。「つまり、軍事衝突の可能性は極めて低い」。「万一軍事衝突が引き起こされたとしても、それは、内戦を仕掛けた策略が元」で、

「そんな場合は、程なく、策略の元がバレると共に、世界中から非難される事になる」から、

「今時、余程のおバカか、確信犯の悪で無い限り、そんな自虐的な策略も行わない」』。

『「ウクライナの今後は、現在の緊張関係の元となっているロシア軍等の既得権益問題」を

「主として話し合いで軟着陸させる事になる」。

「現状のロシアの圧力も、欧米の圧力も、その話し合い時により大きな力を得たいがゆえの行動」だ。

「若干の時間は必要になるかも知れない」が「そう遠く無い将来、妥協点に軟着陸する」のが、

「ウクライナ問題」だ』。

『「それなのに、日本の中の韓流マスゴミ等」は、

「ウクライナ問題をダシ」に、

「利韓・利中共世論を喚起するべく、情報工作に忙しい」。

「ロシアに近づいたのは、安倍政権の失政とまで言う愚か者たちまで在るのだから、本当に呆れる」。

「ウクライナが内戦になっても、日本が利韓・利中共に動けば良い・・・」等と

「動いている様相の連中こそが、世界のガンみたいなモノ」なのだ』。

『「中国共産党の大嘘」は「第二次世界大戦時の戦勝国ぶっているところ」だ。

「言うまでも無く、第二次世界大戦終戦時の戦勝国は、中国共産党では無い」。

「中国国民党軍が戦勝軍であり、中華民国(現台湾に続く)が戦勝国」だ。

「第二次世界大戦後の中国内の内戦で、旧ソ連の支援を受けた中国共産党軍が中国国民党軍等を台湾に追いやって、中国本土内を制圧した」のが、

「歴史の現実」だ。

「つまり、中国人が中国人同士、内戦で、殺し合った結果、反乱軍側であった中国共産党軍が勝利した」のだ。

「中国共産党政府とは、元々、反乱軍政府」だから、

「国家・国民の上に中国共産党を無理やり置かなければ、中国人民を支配・制圧出来なかった」のが「歴史の現実」だ。

「中国共産党が、第二次世界大戦終戦時の戦勝国をどんなに気取っても、反乱軍政府は反乱軍政府」であり、

「既に、中国国民の約8割もの人々が中国共産党にダメ出しをしている」のが「現実」だ』。

『「中国共産党が大枚を投じて整備している軍備の実態」は、

「旧ソ連の技術がベース」で、

「戦闘機でも、艦船でも、戦車等でも、・・・とても、現在の欧米側の最新兵器の敵には成り得ない代物でしか無い」。

「燃費も悪く、ミサイル等の命中率も圧倒的に違う」のだから、

「いくら数をそろえても、お金の無駄」だ。

「今の中国がやるべきは、環境対策」である。

「無駄な軍備にお金をかけるくらいなら、環境対策に巨費を投じ、世界中からの信頼を勝ち得た方が、ずっと賢明な事」は、今時の人々なら誰にでも「明らか」だ。

「それなのに、日本の中の韓流マスゴミ等は、中国共産党の無駄で不当な頑張りに対してエールを送る様な情報を一方的に大量配信している」のだから、

「本当に呆れる」』。

『「韓流マスゴミ等」曰く、「尖閣危機??」

「燃費の悪い中国の戦闘機が尖閣諸島まで来れば帰れない」のだし、

「空母が出れば、直ぐに判る」。

「今や、大きな空母=大きな標的でしか無い」のが「現代の軍事技術」で、

「万一、艦船等を使う実戦になれば、例え小さくても、標的に、より遠くから、確実に当てる事が出来る技術を持っている側が必ず勝つ」のだ。

「万一実戦になれば、日本側のミサイル等が、あっと言う間に中国の空母を撃沈出来てしまう」。

「帰れる場所を失った戦闘機のその後は、言うまでも無い」だろう。

・・・・・・・。

「中国軍で実効のある武器となり得るのは、核ミサイルぐらい・・・」だが、

「そんなモノを使えば、世界中から報復核が飛んで行く事になる」。

「つまり、核はもう使えないのが、人類の軍事技術の実状」だ。

「実戦となってしまえば、モノを言うのは科学技術力の先進性」なのだ。

「実戦では負ける事が判っている兵器に大枚を投じている」のが「中国共産党」で、

「それらの兵器は、実戦用では無い」のだ。

「情報工作のベース用」である』。

『「日本の中の韓流マスゴミ等の実態」は、

「中国共産党の情報工作に手を貸し」、

「日本を中国共産党寄りに動かそうとしている」のだ。

「売国行為に等しい情報工作を行っている」のである』。

『「ウクライナ問題」でも「中国軍問題」でも、

「悪戯に危機感を煽り、日本を韓・中共寄りに誘導しようとしている情報等にはご用心!」

「多くの日本国民は、絶対に、騙され、操られるべきでは無い」』。

|

中国の膨大な軍事予算の裏・・・。

『「中国軍が守るものは?」・・・「もちろん、中国一般国民では無い」。「国家・国民の上に在り国家・国民を指導する立場の中国共産党」だ。

「現状では、中国国民の約8割もの人々が中国共産党にダメ出しをしている」。

「結果として、中国共産党は、保身の為に、世界一の軍備が必要になっている」のだ』。

『「ところが、そんな中国共産党が膨大なお金をかけて準備している軍備の実態」は、

「米軍の周回遅れの技術」だ。

「つまり、例えば、米国との戦争では役に立たないレベル」である。

「それは、例えば、戦闘機の世代でも判る」。

「米軍F22とF16等の一世代違う戦闘機同士で空中戦を行えば、100対0でF22の勝ち」なのだ。

「他の軍備でも似たり寄ったり」である』。

『「中国は、そんな無駄にお金をかけている状態では無い」。

「現代人として当たり前に考えれば、経済発展に伴う環境対策にこそお金をかけるべき」だ』。

『「現代人として当たり前の考え方も出来ていない時代遅れの中国共産党」は、

「一刻も早く解消されるべき」で、

「中国は、一刻も早く、現代相応の民主化をするべき」である』。

『「ソ連がロシアになった時点」で「中国共産党や北朝鮮現体制等は詰んでいる」のだ。

「詰んでいるのに、投了せず、見苦しい勝負を続れば、待っているのは、雪隠詰めという、永遠の恥辱に染まる道」に他ならない』。

『「賢明な方々も多い漢民族」なら「既に答えは出ている筈」で、

「後は、その答えをどう現実社会に反映させるか?ダケの問題」だろう』。

『「全世界は、待っている」のだ。

「中国の民主化=現代化を!」』

|

北陸自動車道宮城交通高速夜行バス事故問題・・・。

『「運転手の健康問題はもちろん」だが「夜行バスの前後に付いて走っていた車による電磁波(電子波)工作等」も「要調査」だ。

「何故なら、筆者も、車の運転中」に「何か変?」「気持ち悪い・・・」「眠くなる」等々の「症状に襲われた事が少なからずあり、その時に、その前後に居た車を意図的に避けると症状が消失した事が稀では無いから」だ。

「当初は、前の車の排気ガス等を疑っていた」が「後ろの場合もある事から、電磁波(電子波)の意図的照射等と仮定する」と「妙に整合性が取れてしまう」のだ』。

『「日本弱体化工作を行っている反日国人脈の者たちによる現行法では摘発困難な手法による実質的犯罪」には「ご用心!!!」』

|

「北朝鮮の脅威に対抗する為には日米韓の協調が大切!」という戯言・・・。

『「北朝鮮は迷惑だが脅威では無い」。「そして、北朝鮮の問題とは、朝鮮の文化の問題でもあり、その面では、韓国も同じ」だ。

「韓国との協調は、朝鮮の文化との協調にもなり、北朝鮮を利する事になる」』。

『「日米韓の協調等とやっている間は、朝鮮半島問題は解決しない」。

「むしろ、全世界が韓国(北朝鮮も含む)の実体を知り、

全世界的に韓国(北朝鮮も含む)を孤立状態に放置する様な事態となれば、

朝鮮半島問題の解決は早い」のだ』。

『「因みに、中国共産党」も「下手に世界が助けなければ」、

「大きさに拘った事が禍して、遠く無い将来、自己崩壊する事になる」』。

『「手助けして、善い者ぶって、悪者たちを延命させている様な者たちの実態」は「未熟者、もしくは、確信犯なら悪者」なのだ』。

|

日本に「大人の対応」等を求める韓流論にはご用心!・・・。

『「中・韓に対する戦後の日本の対応」は「正に、大人の対応であり、紳士的であり、太陽政策状態」だった。「その結果、中・韓は{安心して}反日政策を増長させた」。

「中・韓の様な文化を持つ国々に対して、太陽政策状態で対応する結果」は、

「既に出ている」のが「現実」だ』。

『「それなのに、未だに、日本に中・韓に対する太陽政策を強いよう・・・とする論」が、

「米国内でも、日本内でも出て来ている」。

「もちろん、それらの裏にあるのは、韓流・中共流人脈による情報操作や懐柔等の工作」だ』。

『「現代の人類に求められている」のは「事実・現実の上に立つ事」だ。

「泥棒と被害者の中立を求める様な行為」は

「人類を事実・現実の上に立たせず、不健康な思いの上に立たせて、泥棒を利する行為に他ならない」。

「泥棒を摘発せず放置したまま上辺ダケの平和を保とうとするなら、その様な中立論が有効」だろうが、

「そんな事をすれば、泥棒が益々増長して、酷い行為を重ねるダケになる」。

「それは、日本側の大人の対応、もしくは、太陽政策に対して、反日政策を増長させて来ている反日国の実態を見れば、誰にでも分かる」』。

『「現代人として、行うべき」は「泥棒を摘発する事」だ。

「未だに、韓系・中共系の人々(国籍や居場所は問わない)だけでは無く、米国人等の中」にも、

「泥棒と被害者の中立を求める者が居る事態」は、

「異常」だが、

「それは、ロウソクの火が消える前の輝きの様な現象」なのだ』。

|

日本人遺骨を交渉の材料にしている北朝鮮&日本人遺骨をどうしたのか?韓国・・・。

『「日韓併合時や戦後の帰還時に朝鮮半島で亡くなった方々は、北朝鮮内にだけ居た訳では無い」。

「もちろん、韓国内にも居た」。

「韓国側から遺骨返還の話しが出ないのは何故か?」』

『「例えば、今や韓国第二の都市である釜山の元日本人墓地だったところは、戦後韓国人の住宅地になっている」。

「日本人の遺骨はどうしたのか?」

「返還されていない」のだから、

「遺骨の上に住んでいるのか?海にでも捨てたのか?」等々だと推定される』。

『「日本の敗戦につけ込んで火事場泥棒で国家を始めた者たちのやる事」とは、「そんなモノ」なのである。

「友好関係を言う前に、竹島不当占拠を止めさせ、今までの蛮行を謝罪させる等、韓国側に正常化を求めるべき事がある」。

「韓流テレビ・マスコミや韓流教育等では、当然の如くしらばっくれている」が』。

|

河野談話見直し賛同を責めるのは異常でしょ・・・。

『「反日国との友好関係をダシに、マスゴミが揚げ足取りを行い易くなる」ので「河野談話見直し賛同の意等を示すのは、得策では無いからか」、

「河野談話見直し賛同者への責めが横行している」。

「異常事態」だ』。

『「日本の公共の電波を使っているテレ朝報道ステーション」等は、

「未だに、中・韓との友好関係が大事等と、反日国を利する情報を公然と一方的に大量配信している」が、

「本来、日本国内で責められるべきは、この様な利反日国行動」だ』。

『「多くの日本国民が責めるべき者・物・事」を「勘違いさせられている」。

「そんな状態を生み出させた」、

「反日マスゴミのマインドコントロール」は「実質的に重大犯罪」に他ならない』。

『「重大犯罪を犯して来た様な者たちが、未だに、日本の公共の電波上で蔓延っている」のは、

「本当に異常」だ。

「罰するべきは罰し、実質的重大犯罪者たちによるマインドコントロール等で不当に虐げられて来た者・物・事の地位・名誉等は回復させられるべき」だ』。

『「日本の公共的マスコミや公共の電波上に反日国人脈を蔓延らせ続ける必要は全く無い」。

「実質的重大犯罪者たちは、過分な立場から早々に退かされるべき」である』。

|

「日本国民の立ち位置日本」を「中立では無い」という工作論にご用心!・・・。

『「中立の立場に立つ」とは「現実の上に在ってこそ実体も在りえる事」だ。

「日本国民なら立ち位置日本であってこそ現実の上に在りえる」。

「日本国民なのに立ち位置日本を否定する事」は、

「虚像の上に立つ事」であり、

「それは現実世界から自分を退ける自虐に他ならない」』。

『「戦後の日本の情報・教育内に蔓延っていた反日情報工作」により

「自虐を強いられていた日本国民の数は計り知れない」。

「つまり、戦後の日本国民の立ち位置日本を否定し、日本国民に自虐を強いた情報・教育」には、

「自虐の強要という罪が在る」のだ。

「罪人たちに相応しいのは報酬や高い立場等では無く罰である」』。

『「中立とは、それぞれの国の人々がそれぞれの実体に沿った立ち位置に立った上で、それぞれの思いでは無く、事実・現実に基づく事」だ。

「つまり、中立は事実・現実の上に在る」のである。

「日本国民の現実である日本を立ち位置とさせない事」は

「日本国民から現実を奪う悪の工作に他ならない」』。

|

既にバレバレの「お手盛り、ヘイトスピーチや落書き」をあたかも一般日本国民が行っているかの如く報道している現状NHK等の韓流汚染ぶり・・・

『「一般日本国民」なら「ヘイトスピーチや落書きの必要性は全く無い」。例えば、「日韓併合が植民地支配だと韓国が主張するなら、その前に、日韓併合以降日本に渡来した在日韓国人(当時の朝鮮人)を引き揚げさせているのが当然である」等の

「当たり前の事」を「主張」し、

「それを民意を元に、日本の国政に反映させれば良いダケ」だ。

「何も知らない他国の人々等」に、

「ヘイトスピーチや落書き等で、正当な論では無く差別を意識させる事」は、

「差別をテコに現状を維持~拡大したい在日韓国人等にとってのメリットは大きい」が、

「事実・現実に基づいた正論を基に日本社会を正常化したい一般日本国民にとってのメリットは無いから」だ』。

『「実際に、ヘイトスピーチや、日本国内で過剰な所謂保守を気取っている団体の{実権}者や{仕掛け人}たちの多く」は、

「韓国(北朝鮮も含む)系の人々」だ。

「例えば、若い女性の所謂保守団体でも、

その団体の名に花(ハナ・・・朝鮮語では一番・・・つまり第一・・・と何処かの国の第一ナントカをイメージさせる)まで入れられている裏には、

そのスジの者による団体に対する影響度が感じられる」。

「一般日本国民の立場」なら

「元々人口面ではメジャー」なのだから、

「あえて団体をつくる必要性は無く、むしろ、民意として、その意向等を持っている人々が多い事を示せば良いダケ」だ。

「つまり、普通の日本国民の行動」なら、

「自分本来の立ち位置(立ち位置日本)に立ち、その立ち位置に基づいた民意を示す事」と、

「立ち位置日本の民意を政治等に反映させる事(元々メジャーなのだから、反日大衆誘導等で操られる様な事態が無ければ必然的に反映される)」と、

「立ち位置日本では無いところに大衆を誘導させている情報・教育等に力を持たせない事&それらの中の悪質な者物事には罪と罰を与える事」等々が「主」となり、

「象徴的団体や人物等を意図的につくる必要は無い」のだ。

「しかし、逆に、韓流人脈の者にしてみれば、

多くの日本国民が立ち位置日本という当たり前の状態になった時でも、

日本社会を押さえる為には、

象徴的団体を設けると共に、

その団体の支配権を得ておく必要がある」』。

『「元従軍慰安婦と会おうとしていた橋下日本維新の会共同代表の事を思い出して欲しい」。

「もし、日本の所謂保守系の政党の共同代表である橋下氏」が

「元従軍慰安婦と会い、謝罪でもした」のなら、

「その事自体で、日本の中のその手の世論を一定の方向に導けてしまう可能性は大きい」のだ。

「逆に、橋下氏が、日本の弁護士らしく、事実・現実に基づいた論証を行い、従軍慰安婦に対する軍による強制連行性を見事に否定した」なら、

「その事自体が、日本の中のその手の世論を一定の方向に導いた筈」である。

「つまり、象徴的に祀り上げられた者の取る行動により、世論が左右出来てしまう可能性」は、

「未だに大きい」のが「日本社会の現状」なのだ。

「だから、象徴で日本を操る事で、保身等を図りたい韓国系の人脈の人々」は、

「象徴づくりに必死」になっている。

「韓流テレビ・マスコミ等による小泉血統の大宣伝」も「その一例」なのだ』。

『「全世界は騙されてはいけない」。

「ヘイトスピーチも落書きも一般日本国民が行っている事では無い」。

「例え、実行犯の中に一般日本国民が居たとしても、それは、韓流人脈に操られた哀れな操り人形」だろう。

「一般日本国民の立場」では「事実・現実に基づいた正当な民意を示し、それを政治に反映させれば良いダケ」だ。

「何故なら、元々、人口面でメジャーだから」である』。

『「それなのに、NHK等では、

あたかも一般日本国民が主体となって、

ヘイトスピーチや落書き等を行い、

その事を差別として宣伝し、

差別を一般日本国民の意思では無いと宣伝している」。

「その公共の電波を使った大宣伝の意図する事」は、

「一般日本国民なら、在日韓国人等に対する差別を意識し、差別するな!」であり、

「世界に対して、日本国内で在日韓国人に対する不当な差別をしている日本国民が居る」と「知らしめていること」だ。

「実態は、実質、お手盛りなのに・・・」である』。

『「ここでも、現状NHK等の異常性が露呈している」。

「日本のテレビ局」なら、

「日韓併合が植民地支配だと韓国が言うのなら、

戦後直ちに朝鮮半島内の日本人を強制的に帰還させた韓国と同様に、

日韓併合以降日本に渡来した日本国内に居る在日韓国人を帰還させているのが当たり前である」等の

「正当な論を、全世界に、先ず、知らしめるべき」だ。

「そして、ヘイトスピーチや落書きを行っている者たちは、いったいどの様な者たちなのか?」の

「実態調査を行い、それを、知らしめるべき」だ。

「ヘイトスピーチや落書きなどする必要の無い一般日本国民の現実も知らせず、ひたすら{お手盛り}差別劇を広報しているその姿」は、

「正に、異常であり、醜悪」である』。

『「そんな現状NHK等の是正は当たり前」なのだが、

「NHKの是正に相応の力を発揮しそうな籾井会長も、無理やり蹴落とそうとさえしている様相」なのが、

「日本国内に居る韓流人脈」なのである』。

『「全世界は、悪韓国権力者等による悪策略・悪工作の実態」を「知り、非難するべき」だ』。

|

河野談話の検証を行われたくない韓国・・・。

『「河野談話の検証を二枚舌と非難している韓国」だが「河野談話を検証すれば、韓国の二枚舌(どころでは無いが・・・)がバレる」事になる。

「大元は、日本の敗戦につけ込んだ火事場泥棒で国を始めた為、

日本が韓国を保護する条約~日韓併合という国家同士の契約」を

「日本による植民地支配と嘯いた」事と、

「日韓併合当初から仕込まれている、米国を利用した韓国悪権力者による日本の乗っ取り支配策略」が「元凶」だ。

「しかし、それでも、戦後の日韓基本条約で、日韓の過去の問題はオシマイ」というのが、

「国と国との約束」だった。

それなのに、

「河野談話を発表すれば、日韓の過去の問題は本当にオシマイ等」と「詐欺師的に擦り寄ってきた」のが、

「河野談話発表前の韓国」だった。

「河野談話は、韓国の要請を日本の中の韓国よりの人々が取り込み、韓国側の意向も取り入れて、つくられ、発表された談話」なのだ』。

『「つまり、河野談話を検証すれば、韓国の策略性や工作性が露呈する」のだ。

「世界の中で孤立する(既に、している・・・)」のは「韓国」である』。

『「反日韓国は、日本国内の教育・情報による統制がネットにより破られた段階で、既に詰んでいる」。

「詰んでいるのに、今までの愚行に対する罪を認め、謝罪しない」のなら、

「待っているのは厳罰」になる。

「世代間連鎖を切らなければ、永遠の恥辱に染まる事になる」のが「反日韓国の実態」なのだ』。

|

ネット情報の普及による多くの日本国民の中立(つまり、立ち位置日本)化・・・。

『「学校教育や朝日新聞を始めとする多くの戦後日本のマスコミ・テレビ情報等」が「導いていた立ち位置」は、

「韓国や中国共産党(在日も含む)寄りの立ち位置」だった。

「それを左翼や革新等と表現して、如何にもより進んでいるイメージにしようとしていた」のも、

「今から考えると、滑稽」だが、

「多くの一般日本国民は、性善説に基づき素直にその様な教育・情報を信じていた」。

「その結果」として、

「日本に自虐を強いた反面で韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党を不当に利す立ち位置」で、

「色々な者・物・事を判断・実行していた日本国民が多かった」のだ。

「反日国であるにも係わらず、韓国や中国は重要な隣国として韓国や中国と仲良くするのが良い等」と

「思い込まされていた人々が多かった」のである』。

『「ところが、その教育・情報が導いていた立ち位置」は「多くの日本国民が本来立つ位置では無い事」が、

「ネットの普及により多くの人々が知る事となった」。

「本来の立ち位置では無いところに導く教育・情報の策略性に多くの日本国民が気づいた」のである』。

『「もはや、ここで勝負あった!」なのだが、

「それでも、今尚、一人でも多くの日本国民を本来の立ち位置では無いところに導こう・・・」等と、

「策略性の高い教育・情報を行い続けている者たちがいる」のだから、

「本当に呆れる」。

「そんな状態が続くなら、何れは、厳罰とセットの国家反逆罪等が成立し、近未来においては、酷い犯罪者等として扱われるダケになる・・・」のだが・・・。

「連中は、未だ、その自虐性さえ分からない・・・様」なのだ。

「或いは、既に分かっていても、反日国の紐付きで、止めれば、反日国による粛清の対象となるから・・・」かも知れない。

「何れにしても、哀れな者たち・・・」である』。

『「問題なのは、そんな哀れな状態を無理やり世代交代で引き継がされている者たち」で、

「負の強制相続とでも言うべき状態」は、

「直ぐにでも解消可能と出来る様な措置が必需」だ。

「日本国内で負の強制相続や反日工作等の実態を告発した元反日工作員等に対する保護等」は、

「十分に篤くされるべき」である』。

『「ネットにより教育・情報の反日国よりの統制状態が崩れた事」は、

「ネットやネットに真実情報等をアップした者たちの大きな功績」だ。

「相応な社会的評価が当たり前」なのだが、

「反日マスゴミでは、未だに、ネットやネット情報等により、中立(立ち位置日本)化に悪イメージをつける情報工作にも必死の様相」なのだ。

「本当に醜悪」である』。

『「立ち位置日本」は「日本国民として中立(当然)」であり

「右翼でも左翼でも保守でも革新でも無い」。

「立ち位置戦前」なら「右翼や保守では無く、旧体制派とでも言うべき」だろうし、

「立ち位置米国」なら「右翼でも左翼でも保守でも革新でも無く、アメリカ派とでも言うべき」だろうし、

「立ち位置反日国」なら「左翼や革新では無く、反日本派とでも言うべき」だ。

「実態を表さず、言葉上のイメージで、大衆を実質的に騙し、反日国を利す方向等に導こうとする」のは、

「明らかに、日本国・日本国民に害を及ぼしている情報工作」である。

「それが、罪として問われない事は、明らかに異常」なのだ』。

|

浅田真央を絶賛した韓国ウリナラ族??・・・。

『「フリーで16位となり、もはや、キムヨナを脅かす事が無くなっていた浅田真央を絶賛して良い子ぶった」のは、

「安全パイなら絶賛して良い子ぶるが、ライバルならあらゆる手段を使って邪魔をする文化そのまま・・・」の様で・・・』。

『「良い子ぶり」を「紳士的等」と「嘯いて」、「日本の状態を非難する」のは「韓流マスゴミ(つまり、反日国の手先情報工作機関)のやる事」でしょ・・・』。

|

安倍内閣を「お友達・・・」と責める反日国のお友達マスゴミ問題・・・。

『「マスゴミの言う事を鵜呑みにせず、そのマスゴミの正体等を把握した上」で、「多くの日本国民にとってのメリット・デメリットを考える」なら「マスゴミに騙される人は稀」だろう。

「しかし、現状の日本」では、

「マスゴミが優位な立場」から

「偏向情報を一方的に大量配信している」。

「その結果」として、

「マスゴミの正体も確かめようともせず、

悪戯にマスゴミの言う事こそが正しい等と思い込まされている人々も少なく無い」のだ』。

『「お友達内閣」等の「言葉のイメージ」で、

「極親しい者たちだけで日本政府を牛耳っている・・・」等の「イメージを多くの人々に抱かせようとしている」のが、

「マスゴミ」だが、

「そのマスゴミのお友達とは、韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党等の反日国」というのが「実態」だ。

「それは、例えば、マスゴミが一方的に大量配信している情報のメリット・デメリットを検証すれば、誰にでも分かる」筈だ』。

『「日本人同士のお友達が、日本を良くする事を頑張っている」なら、

「例え、お友達内閣でも、多くの日本国民にとってのデメリットは薄く、メリットが多い」。

しかし、「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党のお友達マスゴミ」が、

「日本国内で、お友達を有利にする為の情報を一方的に大量配信している事」は、

「多くの日本国民にとって、メリットにはならない」。

「むしろ、そんなマスゴミを鵜呑みにして操られる人々が多ければ、多くの日本国民にとって多大なデメリットをもたらす事になる」。

「実際に、マスゴミ大衆誘導でつくられてしまった政権は、多くの日本国民に多大なデメリットをもたらして来た」。

「利韓・利中政策を行い、日本に自虐を強いた反面、韓国や中国を太らせる事に日本の力を出させていた事」も、

「格差社会化」も、

「急速な少子高齢化化」も、

「みんなマスゴミご推奨内閣で起こった多くの日本国民に多大なデメリットを与える現実」である』。

『「責めるべき」は、

「日本の為の政治を行おうとしているお友達内閣等では無い」。

「日本の中で、反日国を利する情報を優位な立場から一方的に大量配信」している

「韓国(北朝鮮も含む)や中国共産党のお友達マスゴミ」である』。

|

高学歴=高収入と考えるのはバカでしょ・・・。

『「高収入か?否か?」は、「お金を与える側が決めている場合が多い」のが「現状の未熟な人間社会」だ。

「もちろん、一番高収入になり易いのは、お金を与える者」である。

「お金を与える者たちは、与える源泉を増やす為に与えている場合も多い」。

「つまり、金転がしで増やす為に与えている」のだ。

「そればかりでは無い」。

「お金を与える者がお金をつくったのが人類の歴史の現実」だ。

「お金とは、家来を従わせる為に家来に与えるご褒美だったりした・・・」のが「古の時代」で、

「現状の経済システムだって、その経済システムの基本がつくられた時の権力者たちに都合の良い様につくられた」のだ。

「だから、金転がし出来、為替等による金の価値付けも、その権力者人脈に都合が良くなっている」。

「人類にとって良い経済システムとして考える」なら、

「人類の実体である地球生命体細胞群の本来の目的である存続~永続との整合性を取った経済システムであるべき」だ。

「例えば、お金に価値換算する者・物・事の価値」を、

「いい加減で相対的なモノでは無く、

地球生命体細胞群の存続~永続に対する貢献度という

絶対的にも算出可能なモノにすれば良い(当面は、その近似でも、現在の価値判断より遥かにマシになる)」のである』。

『「大金持ちになる事=人生の成功者」というのも「おバカな考え」だ。

「現状人間社会の特定の価値観等」が「自分の実体の成功実体と必ずしも整合性が取れる訳では無いから」だ。

「真に成功したい」のなら、

「先ず、自分の実体を把握・認識」し、

「その実体にとっての成功を把握・認識」し、

「整合性を取れば良い」のである』。

『「つまり、自分迷子状態の人間がつかめていると思い込んでいるのは、虚像」であり、

「虚像であるから、実感も無く、結果として、他の者・物・事による支えを追求する代償欲求の世界で溺れがちになる」のである』。

『「大金持ちでも不幸・・・」等の「実感」は、

「その辺りから生まれている」のだ』。

『「この程度の事も???」なら「高学歴の実体」は「何?」

「まさか、今時なら検索すれば誰でも得られる様な情報を{覚えている事}では無いでしょうねぇ・・・」。

「それで、高報酬や成功を欲しがってもねぇ・・・」。

「更に言うなら、自分の得た知識や技術を悪用して、他の人々を意図的に傷付けたりしている悪ではねぇ・・・」。

「もらっているのは、悪のボスからの工作報酬等・・・だったりする」のだから、

「そんなモノに多くの人々が価値を与え続けていてはいけない」のだ』。

『「勉強する事」や「学歴を得る事の実体や意味」や「自分の実体等」くらい「最初に考えるべきでしょ・・・」』。

|

「陸海空軍これを保持しない」の憲法で「自衛隊容認」なのに「集団的自衛権の解釈改憲はダメ」なんてあり得ないでしょ・・・。

『「元々、憲法9条の改憲が出来なかった」のは「日本の中の反日国人脈による大衆誘導等が元凶」だった。

「しかし、それでも、実際の国際社会情勢を鑑み、自衛隊は実在しているばかりか、その内実は陸海空軍」だ。

「自衛の為の実質軍隊の保持が良い」のなら、

「自衛の為の集団的自衛権の行使も良い」のが「当然」である』。

『「集団的自衛権に反対している者たち」に「共通している」のは、

「日米安保を遠ざけ、日本を中国等に近づけたい思惑が感じられる事」だ。

「言うまでも無く、中国等は反日政策実行国」である。

「それなのに、中国等に近づけたい思惑を持っている者たち」の

「実態」とは、「反日政策実行国の手先」だろう』。

『「日米安保が遠ざかる事の内実」は「米国による核の傘による保護が遠ざかる事」でもあり、

「その事により、中国や北朝鮮等による核の圧力が高まる事」でもある。

「つまり、中国等による核の圧力を高め、外交においても、日本を中国等の圧力下に置きたがっている連中」が、

「集団的自衛権の解釈改憲に反対している」のだ』。

『「テレビ等でどんなに優等生ぶったりして、

如何にも正当そうに、

集団的自衛権の解釈改憲に反対していても、

実質的反日国の手先たちの言う事を

鵜呑みにし、操られてはいけない」のだ』。

『「自衛隊問題を言わずに、解釈改憲の賛成・反対を問う」なら、

「多くの回答者は、解釈改憲である自衛隊の事などすっかり忘れたまま、解釈で改憲は不味い・・・等と勘違いして、回答する」。

「しかし、集団的自衛権も自衛隊問題と同様の問題である事を確認した上で、

解釈改憲の賛成・反対を問えば、

多くの人々が、自衛の為なら集団的自衛権の解釈改憲も可・・・等と回答する」。

「マスゴミの世論調査」には「必ずと言って良い程、質問方によるトリックがある」のだ』。

|

またまた懲りずに「ホームレスからハーバードへ」を放送していたらしいが・・・。

『「ハーバードを誇りたい」なら「自分の場合どの環境要素がハーバード行きに有効だったのか?」でも「言えば未だ良い」のだが、

「環境は関係無い」を「言った(言わされた)」のだから、

「本当に呆れる」のだ』。

『「伝え聞いた内容から、ハーバード行きに有効だった内容を記す」なら、

「先ず、挙げるべきは、父親による百科事典の読み聞かせ」だ。

「何故なら、全ての学問の基本は言語」であり、

「幼少期に作られる脳内の言語体制こそが、高学歴や学問書物を読み解き理解する為の鍵になるから」である。

「忘れてはならないのは、飲食環境と本人の生体特性で、本人の生態特性との組み合わせで、生体維持はもちろん脳の発育に十分で、脳まで含めた体調不良をもたらさない飲食物に恵まれている事」だ。

「そして、進学サポート体制も忘れるべきでは無い」。

「この話しでは、

高校入学時に、幸いな事に父親が無職・ホームレスなれど存命で、

知人の助けで知人の住所と電話番号を父親とその子の住所と電話番号として告げられ、

それが、嘘である事もバレ無かった」らしいが、

「その様な環境的要素が無ければ、高校進学さえ困難だった」筈だ。

「そして、多くのホームレスの子は、その様な環境さえ持っていない」だろう。

「そして、ニューヨークタイムスの奨学金も、彼女がハーバードに進学するタイミングで存在していなければ、彼女は、ハーバードに進学出来なかった筈」だ。

「これも、言うまでも無く、重要な環境要素」である』。

『「ホームレスの娘がハーバードへ」は、

「はっきり言えば、

類稀な、ハーバード入学に適した環境と能力を得る事が出来ていた、

たった一人の人間の実話」なのだ。

「その実話で良かったところ」は、

「その後の彼女が、

恵まれない環境の子どもたちでも高校進学が可能になる様に受け入れる高校をつくった事」だが、

「その事自体が、環境の重要性を体現して立証した事」である事くらい、

「ハーバードを誇りたいのなら、言わなければ!」』

『「感動物語として編集されていた」らしいが、

「内実」は、

「視聴者の感情を煽り、環境など関係無いとの思いを抱かせる事」で、

「視聴者に、現状で優位な者たちの立場・環境等を認めさせる為」の、

「現状ヨイショ!もしくは、現状優位者・現状権力者ヨイショ!!」の「内容に他ならない」。

「多くの視聴者は、こんなモノに騙され、操られてはいけない」のだ』。

『「大金持ちヨイショ!」では「健康な人間社会の構築に多くの力は加わらない」。

「大金持ちに憧れる心理が煽られ、

人々の金権崇拝度が高まる事で、

現状で既に大金持ちである者たちが、

更に有利になるダケ」だ。

「現在の大金持ちが持っているお金の実体を追求したり、現状の経済システムと健康な人間社会との整合性を検証したり・・・する情報」なら、

「人間社会の健康化に力を加える人々の増加に繋がる」。

「学歴でも同じ」だ。

「高学歴の実体を追求し、現状の学校システムと健康な人間社会との整合性を検証したり・・・する情報」なら、

「多くの人類にとって本当に有益」だが、

「ホームレスからハーバードへの内容」では「その実体は、人類滅亡の為に力を加えている情報に他ならない」』。

『「何れにしても、

内実が酷い情報は、

日本の公共の電波の特定周波数を独占使用させたり・・・して、

一方的に大量配信させ続けるべきでは無い」。

「情報・教育の正常化は急務」だ』。

|

「韓国と仲良く」・「北朝鮮とのパイプは大事」を無理強いしたい韓流テレビ・・・。

『「反日政策を行っている韓国や北朝鮮と日本が仲良くしよう、話し合おう等と悪戯に近づけば、メリットを得るのは、反日政策実行側」になる。

「詐欺師や泥棒に仲良くしよう、話し合おう等と悪戯に近づけば、メリットを得るのは詐欺師や泥棒」だ。

「詐欺師や泥棒は、益々増長して、新たなる詐欺・泥棒の手段を仕掛ける」のが「普通」になる』。

『「実際に、戦後の日本と韓国(北朝鮮も含む)の関係を見ても、上記の通りであった事」は、

「もはや、常識」だろう。

「戦後の日本は、性善説に基づき、韓国(北朝鮮も含む)に対して、悪戯に近づき、助けて来た」。

「韓国(北朝鮮)が行ったのは、歴史上の現実を無視した植民地支配に対する補償要求とか、拉致等の一般日本国民にさえ直接的に害を及ぼす工作活動」だった。

「日本側が日韓基本条約に基づいて、

過去は水に流し、

未来志向で良い関係を築こうとしても、

韓国(北朝鮮も含む)は、

過去の現実では無く、

身勝手な解釈に基づいた捏造過去話に基づいた不当な要求を増長させて来た」。

「敗戦火事場泥棒&植民地支配詐欺国家に悪戯に近づいて親切に接した」ら、

「従軍慰安婦詐欺を行おうとしている」のが、

「韓国の実態」だ』。

『「北朝鮮とのパイプを大切にする事の実効」は「北朝鮮現状権力者の保身」である。

「北朝鮮とのパイプを大切にしたから・・・と言って、北朝鮮による拉致等の工作活動問題や核・ミサイル問題等が解決する訳も無い」。

「北朝鮮による工作活動問題や核・ミサイル問題等の解決」は、

「北朝鮮の政権交代抜きにはあり得ない」のが「現実」だ。

「つまり、現状権力者たちの保身に手を貸せば貸す程、北朝鮮問題の解決は遠のく」のが「現実」である』。

『「反日政策を行っている国に悪戯に擦り寄る事」は「反日政策を容認している事と変わらない」のだ』。

『「日本が韓国(北朝鮮も含む)から遠ざかれば、日本にとってのマイナス要素が薄くなり、韓国(北朝鮮も含む)は不利になる」。

「反日政策を続け辛くなる」のだ』。

『「それなのに、韓流テレビでは、タイトルの事態・・・」なのだから、

「日本の中の韓国(北朝鮮も含む)の手先工作機関の様相」で、

「本当に醜悪」だ』。

|

「PM2.5はレーザー兵器防御に有効」発言で露呈した「レーザー兵器を恐れている中国」・・・。

『「中国防衛大の教授」が「タイトルの旨の発言をした」のだそうだ。「曰く、PM2.5があると、レーザー兵器の射程が、通常なら10キロだが、1キロまで減る」・・・。

「もちろん、ここで言うレーザー兵器とは、可視光線レーザーとは限らない」。

「中国共産党人脈や韓国(北朝鮮)人脈の工作員たち等」が、

「日本国内でも使っている否可視光線レーザー工作兵器の強大版」だ』。

『「散々、レーザー兵器で悪さをしている」から「同様の反撃を恐れる心理が生じ、思わず、レーザーに対する防衛等を口にしてしまう・・・」。

「そんな人間心理を暴露した」等と「感じた」のは、

「筆者たちだけでは無い」だろう』。

『「PM2.5もレーザー工作」も「迷惑」だ。

「迷惑行為を続ける限り、まともな世界からは後ろ指を差され続ける」。

「永遠の恥辱に染まる道を歩み続けたく無い」のなら、

「素直に、迷惑行為を止めれば良いだけ・・・」なのだが・・・』。

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »